青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「備~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~側 側~ ~偶然 偶然~ ~傍 傍~ 傍ら~ 傑作~ ~傘 傘~
備~
~備え 備え~ ~傳 傳~ ~傷 傷~ ~傾け 傾け~ ~傾向 傾向~

「備~」 1321, 14ppm, 8119位

▼ 備~ (265, 20.1%)

12 たもの 11 られて 7 つけて 6 たるもの, なければ 43 た俳優, てあつた, 申せし

2 [15件] かな, ざりき, しむ, しめ, たる人物なる, た女, た此新公園, た眼, つけの, ました, られたもの, われわれが, んが, 付けて, 付け工作にとりか

1 [180件] あらざりしもの, あれば, いきなり突っ, いった, おきたり, ける頗る, この調子, これを, させました, させられます, ざらんや, ざりしが, ざるべからざる, ざるべからず, ざるも, ざる人の, ざる人生相渉論, ざる者なり, ざる者は, しかも久保田君一流, しこと, しなり, しむる意, しめ身, しめ革, しチイリンス, し故, し男, し者, ず, ずして, ず慮らずして, せり, そして一時間近く爐, それに, たい, たいこと, たいと, たと云, たので, たまはん, たまふ, たやう, たる, たるが, たるに, たるは, たるを, たるテーベーの, たる人間を, たる其脛甲を, たる場合なかなか, たる夢を, たる宮の, たる尊氏義貞が, たる後に, たる情熱は, たる滑稽に, たる点に, たる磬を, たる騎兵まさきに, たる高尚なる, たれ, た一つ, た人々, た仏像, た六尺豊か, た同種, た喜劇, た大, た大兵, た奇怪, た奴, た婦人, た宮内先生, た怪物, た態度, た新進劇詩人, た春日若宮, た景色, た村, た様, た樽, た次の間, た歌人, た演劇, た烽火台, た特殊建築, た現代劇, た用心棒, た童心芸術, た美し, た美少年, た美術通, た自分, た著書, た見事, た読者, た長老, た露米會社軍艦, た青年男女, つ, つけた, つけたい意向, つけての, つけては, つけまた, つけられた, つけられたパラス彫像, つけられるん, つる腰纒, てあつて, であり又, ないもの, ない世人, なき精神, なくては, ましけむ, ましたが, また長壁, ようと, ようとして, られたる舞蹈, られたる號鈴器, られたベンチ, られた竹籠, られた自身, られん為, わが為, んとて, アカイア衆の, 上部は, 中央部より, 付けが, 付けたり, 付けては, 付けの, 住民の, 作りたまひき, 使者を, 八萬騎の, 其内六個は, 加勢は, 參詣の, 古見三村より, 国民の, 大都会, 奉らむ, 女は, 宣戦する, 就職し, 居る人間, 左右の, 平等の, 待てと, 御窮屈, 應接の, 朝夕披讀し, 未だ全く成らざる, 正に尋常, 殊に, 気局雄大なる, 海竜城地方から, 犀利な, 田舎は, 由緒ある, 男は, 神を, 給ふ, 置かずと, 能く, 自在の, 自然の, 設けし飮食, 設けて, 長剣を, 閲讀に, 附けられて, 霊を, 露伴は

▼ 備へて~ (216, 16.4%)

22 ゐる 8 ある, ゐた 7 ゐて, ゐるの 5 ゐること, ゐるので 4 ゐるといふ 3 ゐなければ, ゐると, ゐるもの, 置く, 行つた

2 [12件] あるなり, ある長い, ゐたこと, ゐなくては, ゐら, ゐるから, ゐるそして, 居たが, 居ること, 居るの, 居る事, 置けば

1 [111件] あるでは, あるの, あるらしい, あるらしかつ, ある怖, おいでに, おかう身, おくこと, おけるもの, くれて, さうし, その御子, その打解けた, ぢつ, やれば, われわれの, ゐたある, ゐたといふ, ゐたに, ゐたの, ゐたもの, ゐたやう, ゐたわが, ゐた二葉亭, ゐた人, ゐた筈, ゐない室, ゐなかつたそれで, ゐません, ゐるかと, ゐるけれども, ゐるとは, ゐるのみ, ゐるはず, ゐるやう, ゐる事, ゐる恰好, ゐる様, ゐる猶, ゐる理由, ゐる者, ゐる軍艦, ゐる風格, スカアトに, 一と, 世間の, 人に, 以て, 何の, 來た, 俳句の, 側面の, 全く同等, 四時間に, 団員の, 固く閉す, 塀外に, 大土祖神埴山彦神埴山媛神あらゆる, 容易に, 尋常な, 居た, 居た為, 居て, 居ない一證, 居り河底, 居る, 居るかと, 居るから, 居るが, 居るけれど, 居ると, 居るばかり, 居れば, 廟に, 待つ時, 御上筋だけの, 心がけて, 必ずしも陳腐, 更に深く, 朝夕之を, 朝夕講習せよ, 本隊の, 来た, 来たの, 来たので, 来ました, 来ると, 来るの, 格子を, 決して開かない, 生れるもの, 用心を, 私は, 私を, 節を, 粋士の, 終日椀や, 置いたもの, 置くこと, 舞臺から, 行つて居た, 講習せしめた, 講習を, 資本の, 進行した, 道場と, 酒倉の, 酒樽到着の, 青銅を, 頂きたう御座いますその, 頭の

▼ 備~ (195, 14.8%)

9 つてゐる 7 つてゐた 5 りて 4 つて居る 3 つてない, 自分の

2 [11件] つたもの, つてを, つて居り, らんことを, 勇気を, 手を, 母が, 母の, 眼を, 驚いて, 驢の

1 [142件] あえて卑下, あくまで素直, あわてて, いぶかって, いよいよ感じ, おどろいて, きっと漢, きびしい母, ここまで, ここ楼桑村の, さしうつ向い, さして武術, さらに改めてその, しかし, すぐ剣, すぐ地上, すぐ張飛, そこで初めて, そこで黄巾賊, そのいずれ, そのやかましい, その機, それに, それには, それを, そんなこと, つたから, つたと, つた実証と, つた才能徳望の, つた杏林の, つた碩學を, つて, つてある, つてこれだけは, つてゐなく, つてゐなけれ, つてゐます, つてゐよう, つてゐる冒し, つてゐる如く, つて來る, つて姿形さへ, つて居た, つて居なかつた, つて居らぬ, つて居ります, つて居れ, つて来た, つて胸から, つて陽の, つぶやいて, なおさらもがいた, なおさら大, にわかに胸, ふと, ほどよく礼, また黙想, まだ思い出せなかった, むりに, やがて打つ手, やむなく肌, やや後, より以上, らば業挙らむ, りやが, れる舟, れる諸, われを, 一喝に, 両手を, 並行し, 久しく流浪生活, 二人の, 云いの, 今こそ, 今まで, 今ようやく, 伊勢与三郎藤田伝五郎等二千人である, 何を, 備うる, 先に, 剣の, 励まして, 勿論ストーブ, 卓の, 否やも, 問屋から, 困ったが, 城内の, 失くし, 家の, 家を, 察した, 小勢です, 幾たび死線を, 強いて, 当惑顔に, 彼女の, 怖れた, 悶々と, 我という, 振り向いて, 星を, 時勢の, 最前から, 望みを, 木蓮の, 正四位下朝臣, 殆ど身を, 母と, 母に対して, 気を, 津田与三郎志水嘉兵衛など, 漢の, 窓の, 終始黙然と聞い, 縛められて, 耳を, 舌打ちし, 船の, 芙蓉の, 茫然と, 蜀を, 襟が, 西北の, 言葉しずかに, 認めた, 賊の, 起ち上がって, 身うごき, 身の, 身を, 近づいて, 迷惑がっ, 通りませぬかと, 間もなくそこ, 飛びついて, 首を, 驚いた, 驚きを, 驢にも

▼ 備~ (102, 7.7%)

5 母は 3 森の 2 そばへ, 前に, 手を, 浅小, 襟が

1 [84件] いる小, からだを, きき腕を, すぐそば, ために, とある城下町, ない軍隊, ほうへ, 不遜あくまで, 両手を, 乱れた所, 二つの, 五カ年計画の, 体も, 体を, 使者と, 傳説の, 切々な, 別天地, 別天地巴峡の, 原隼人武田逍遙軒も, 口真似し, 声に, 声は, 大きな眼, 姿が, 存在に, 家, 家には, 家の, 家は, 家まで, 家を, 寸志です, 将十時伝右衛門である, 山間小さな, 庭からも, 後に, 心にも, 打ちつづけて, 掌を, 書中に, 最高学府, 杯へも, 歌と, 死後その, 母には, 法を, 津田与三郎は, 生れた家, 留守中は, 疑いも, 眼の, 笑顔に, 答えは, 罪は, 肩に, 肩を, 胸は, 腕く, 腰に, 腰の, 腰を, 腰抜け呆れた, 腸を, 至徳にも, 襟を, 襟首を, 覚悟を, 言を, 讀んだ耶馬臺, 身の, 身は, 身分で, 軍資金に, 遺命を, 隊まで, 面へ, 面を, 頂上に, 顔を, 首が, 首それでしょう, 驢と

▼ 備つて~ (40, 3.0%)

8 ゐた 5 居る 3 ゐるの 2 ゐる, ゐるから, 居るの

1 [18件] こそ生れ出る, も祀る, ゐたし, ゐたの, ゐた事, ゐると, ゐるにも, ゐるのに, 居た, 居たので, 居た土地, 居ても, 居なかつた時, 居なくては, 居るから, 居るもの, 居れば, 輝くやう

▼ 備~ (40, 3.0%)

2 して, 立てて

1 [36件] なさざれば, なし, なして, もって, 仰がねば, 包囲し, 十時伝右衛門後備は, 同日に, 命ずれば, 問わず銃, 城へ, 孤立させ, 屠ってから, 庇いだて, 廻って, 後ろに, 怖れ, 成すごとく, 成せり, 指さして, 援けて, 救つた蜘蛛の, 果しそっと, 殺すでしょうよ, 直しました, 直す暇, 立て直す氣, 立直したと, 立直そうと, 見ごろ, 見ると, 討とうという, 譲らんこと, 連れて, 遮二無二切崩し, 鞭打って

▼ 備うる~ (37, 2.8%)

3 ときは 2 ことの, 覚悟を

1 [30件] が如き, ことと, こと久しけれ, ところが, ところの, とも青年, なりまた, に猴, に藉, に遑あらざら, のである, のみ, の経世的, はおもしろし, は彼, ものである, ものなれ, ものは, 事あり, 事も, 人の, 必要あり, 手段を, 方法を, 為に, 短所を, 者どもは, 者に, 者は, 肉体的存在なり

▼ 備って~ (33, 2.5%)

3 いた, いる, いるの 2 いると

1 [22件] いただろうか, いたところ, いたとでも, いたの, いたよう, いて, いなかったの, いなかったので, いるが, いるという, いるので, いるほどの, いるよう, いる人間性そのもの, いる最も, いる進路, すこしの, 居たの, 居る, 居るの, 居る訳, 金には

▼ 備へる~ (31, 2.3%)

3 ために 2 蓄が

1 [26件] くらゐ, さうです, ためでは, ためには, ための, ため庄左衞門らに, だけである, といふ制度, といふ程度, にすぎず, に至, のが, のである, のを, の要用, やう詔勅を, 事にな, 元氣, 必要から, 必要が, 為に, 爲に, 眞劍な, 覚悟を, 軍隊の, 飛道具で

▼ 備ふる~ (27, 2.0%)

2 ことを, 人才を

1 [23件] か否, とは何ぞ, とは即ち, にやなど語り, により彼黨此黨, のみにて足れり, ばかりになりぬ, もの, ものが, ものと, ものなり, ものに, ものは, ものを, も到底, を見れ, 一室位は, 人の, 所あり, 猛勇の, 者, 船舶に, 食積を

▼ 備~ (22, 1.7%)

1 [22件] あつて, おろおろと, すがりつかんばかり, その大, その死, たちかけると, どこからか, 出かけた頃, 出て, 口ごもって, 呂布の, 問うと, 声を, 小沛, 少年の, 攻められても, 曹操の, 来ました, 眼を, 茶壺を, 蜘蛛に, 辭世の

▼ 備~ (19, 1.4%)

2 孔明の

1 [17件] お呼び下さい, した, す, ちがって, なし地紀, 共に躍り狂う, 合したならば, 墨色鮮やかに, 孔明との, 安心をも, 幾つも, 張飛へ, 徐州の, 戦った折, 母の, 芙蓉の, 軍紀に

▼ 備はる~ (18, 1.4%)

2 といふの, と云

1 [14件] が如く, といふ, によりていよ, は神, ものとして, ものにて, を求めない, 丈の, 品位の, 愛即ち, 藝當だ, 装飾才能を, 詩劇の, 點に

▼ 備はり~ (14, 1.1%)

3 たり

1 [11件] かつこれ, マホメット教徒の, 主に, 二番, 人間も, 唐虞の, 天の, 希有の, 心立おとなしく, 而かも, 自らに

▼ 備へを~ (14, 1.1%)

1 [14件] かためいつ, したな, したもの, して, します, する日, りたり, 忘れなかつた, 成さ, 直しました, 立て直して, 立て直しました, 設け京坂, 誇るわけ

▼ 備~ (14, 1.1%)

1 [14件] きまらぬところ, すぐ, そっちのけに, それが, ついに意, ついに観念, のって, 亦漢, 孔明も, 思わず伸び上がった, 思わず石欄, 木石では, 知って, 身構も

▼ 備~ (9, 0.7%)

2 のは, 天性の 1 だけで, にさ, にさえ到った, 貴族的なる, 銀杏

▼ 備~ (8, 0.6%)

1 に其兄, に其哀愁, に其言, に挙がり, に苦毒, に述べ, に開封城中, に難

▼ 備った~ (8, 0.6%)

1 おん方は, のである, 二十三十歳代の, 今日でも, 所として, 方に, 時代で, 正当な

▼ 備うべき~ (5, 0.4%)

1 はずの, を備え, 仏具を, 手段もござりまする, 策にも

▼ 備どの~ (5, 0.4%)

1 それによそながら, と聞いた, ならそこ, の家, 嘘と

▼ 備はらざる~ (5, 0.4%)

1 ところあれ, を責むるなかれ, 人の, 先に, 文士の

▼ 備へた人~ (5, 0.4%)

2 でもない 1 が芸術家, が車夫, で確か

▼ 備へに~ (5, 0.4%)

1 うつ太鼓, する, なれば, 私は, 驚きの

▼ 備~ (5, 0.4%)

21 たりされど, て固し, 空間が

▼ 備附け~ (5, 0.4%)

1 てあ, の梵鐘, の武器, の硯箱, の袴

▼ 備青年~ (5, 0.4%)

1 が答える, の眼, はあたり, は空, は錫

▼ 備~ (4, 0.3%)

1 これその, 前者は, 古の, 幸に

▼ 備ふべき~ (4, 0.3%)

1 必然の, 性なり, 機關は, 言葉の

▼ 備へながら~ (4, 0.3%)

1 あまり出, 僅か二十五歳, 男子は, 身に

▼ 備うべく~ (3, 0.2%)

1 あまり自棄, 朝鮮から, 燈籠の

▼ 備~ (3, 0.2%)

3 てしまうた

▼ 備~ (3, 0.2%)

2 人物と 1 さしむ

▼ 備はらず~ (3, 0.2%)

1 またかく, 考証未だ, 馬鹿を

▼ 備はれる~ (3, 0.2%)

3 かと嬉しく

▼ 備~ (3, 0.2%)

1 夜討ノ, 此学ヲシテ益明ナラシムル所以ノモノハ皆一トシテ財ヲ, 漁猟ヲ

▼ 備ある~ (2, 0.2%)

1 其關門の, 戰艦を

▼ 備~ (2, 0.2%)

1 とあり, 可き

▼ 備から~ (2, 0.2%)

1 おはなし, 口を

▼ 備さえ~ (2, 0.2%)

1 心の, 聞いて

▼ 備という~ (2, 0.2%)

1 漢, 者が

▼ 備はらない~ (2, 0.2%)

1 ことに, ところの

▼ 備はらね~ (2, 0.2%)

1 ばならぬ, ばなるまい

▼ 備ふべく~ (2, 0.2%)

1 凝血洗ひ, 罪を

▼ 備へで~ (2, 0.2%)

1 あつたの, あらう

▼ 備への~ (2, 0.2%)

1 かしこに, 無きには

▼ 備へは~ (2, 0.2%)

1 あり部落, 愈々嚴

▼ 備へも~ (2, 0.2%)

1 すぐ馴, 直さず眞一文字

▼ 備~ (2, 0.2%)

1 泣いて, 漢室の

▼ 備れり~ (2, 0.2%)

1 とぞいふなる, 唯之

▼ 備~ (2, 0.2%)

1 は玄徳, は純

▼ 備小野和泉~ (2, 0.2%)

1 が出, 入替って

▼ 備無し~ (2, 0.2%)

1 と言わしめ, 然れ

▼1* [105件]

ありやを顧み, 備うるか泰西にいわゆる, 備うれば限り, 備おろかなる都, 備阿備, 備からも双方ともに, 備これを敬う, 備ごときに説法, 備さまだ, 備て行っ, 備したる民権論派の, 備じゃないか, 備せしむるのみならず備えたるある, 備せしむとあるに, 備せよ鬣美なる, 備そこへ気, 備その次が, 備と思う, 備ってしもうたようである, 備っての稟賦雪を, 備つたことに, 備つた器量だけのもの, 備つた徳人と云, 備つた芸容の大き, 備つてさへゐれ, 備居ると, 備てめえが俺, 備ですよ, 備ではないが, 備とが戦って, 備とは共に宗親, 備なくして, 備なさしめよ故人, 備など充分に, 備などが出掛けたが, 備などは社殿の, 備なるか, 備はかろく微笑を, 備はらうが其の, 備はらなければ何, 備はらぬ場処に, 備はらんのでね, 備はりたるをこそならべ, 備はり居ると然, 備はり熟し圓なり, 備ひとりではない, 備ふまで中に, 備ふれば, 備へただけで, 備へたり彼は, 備へた一種の軍艦, 備へた形になつて, 備へた紙として是, 備へた船が, 備へた離れの居間, 備へての足ならし身鍛へ, 備へてはあるが, 備へてをりながら, 備へではないの, 備へといふもの, 備へとしてゐたこと, 備へよと要求する, 備へんことは, 備ぬ樣, 備らしきが意気, 備られた為に, 備らんことを人, 備りあれば某, 備りひのみこ, 備り給う処女マリヤに, 備り過ぎる位いに, 備るべき位置から, 備れる一つなり, 備れる居るに宜しき, 備エテ仰山ナ準備ナドヲセズ, 備エテ麻酔ドクターニ附キ添ッテ貰イ酸素吸入ノ用意, 備テ道糧ト作ス又芝草ハ一年ニ三タビ花サク, 備ハラザルコトナク皆其本能ニ依テ知ラズ識ラズ其本分, 備ハラザルヲ思ヒ此ニ漸ク一挙両得, 備ハリ歌謠ヲ能クスル者ハ, 備フルト共ニ物價ヲ合理的ニ調整スルヲ得ベシ, 備フルハ大ニ便, 備ヘタル秀麗ノ君子人トナス, 備ヘヲバ突キ崩サレ一町バカリ引退ク処ヘ又, 備ワッテイルアノ長所ヲ長所ト知ラズニイルデモアロウガ, 備一郎君等の法学院派, 備不異神功, 備事資器用今謂, 備以上気高い威圧, 備伎楽管絃備わらざるなく, 備作二州の強兵, 備地方を巡遊, 備居る侍を, 備張飛関羽の桃園義盟, 備心肺ともに酸く, 備怠ること勿れ, 備成りてなほためら, 備本多平八郎榊原小平太直ちに勝頼, 備無きを覘, 備萬民乃有居后稷, 備葛孔明の, 備辺陬の山地, 備鉄道に乗り換え, 備関羽らの命, 備附けられたものの