青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「全身~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

入道~ 入院~ ~全く 全く~ ~全体 全体~ 全国~ ~全然 全然~ ~全身
全身~
~全部 全部~ 兩~ ~八 八~ ~八五郎 八幡~ 八月~ ~公 公~

「全身~」 3414, 37ppm, 3146位

▼ 全身~ (769, 22.5%)

16 耳に 10 現わし 9 包んで 8 あげて 7 もつて 6 もって, 浸して 5 つつんで, ゆすぶって, 投げ出して, 支配し 4 緊張させ, 走った, 走ります, 顫わして

3 [13件] あらわして, くねらして, ふるわせて, 包んだ, 捧げて, 水の, 濡らして, 現した, 硬直させ, 震はせて, 震わして, 顫は, 顫わせて

2 [46件] こわばらせて, ひたして, ぶるぶると, ぶるぶる震わせ, わなわなと, ゾク, ブルブルと, ワナワナと, 包まれて, 固くし, 固ばらせ, 地獄に, 埋めて, 怒に, 慄わせた, 戦慄させた, 投げかけて, 投げかける, 挙げて, 捉えた, 掻きむしるほどの, 擧げて, 映して, 水に, 没して, 流れた, 流れて, 浸すの, 湯に, 湯の, 現すと, 現は, 生埋めに, 痙攣させた, 硬ばらせ, 神経に, 絞り上げるの, 練絹の, 繃帯で, 脱脂綿に, 襲って, 覆うて, 震わした, 震わせながら, 露わして, 顫わせた

1 [540件 抜粋] あきらかに, あたためること, あびせたまま, あらは, あらわしたでは, あらわした二人, あらわした藍色, あらわすこと, あらわそうと, うち任せる, うち込んだ, うつした, うねらせた, おおい隠しそのまま, おそった, おそつた, おののかせながら, おほひ隠し, かえり見た, かくすほどの, かけながら, かける者, かしこに, かつて見る, かの女, がたがた震わせ始めた, きざみ上げる悲泣, くねらせたの, くるくる回し, くるむ音響, くわっと醒まし, ぐいと反り返らせた, ぐたりと縁側の, ぐったりと, ぐっと前, ぐッたり, こすって, こちらの, こまかくふるえ, こまかく震わし, ささえて, ささげようと, ささげるほど, さらして, しばられて, しぼって, しめつけて, しらべ舌, じっと見つめ, じりじりと, すつぽ, すぼめて, ずぶ濡れに, そこに, そそけ立てた, そのなか, その水, ぞくぞくさせます, ちょうど弓, ちりばめられた等身大, つけるといふ, つつみ胴中, つつむこと, つつむだぶだぶ, つつむの, つつんだの, つらぬいた, つらぬく自分, とらえた, ぬらして, のたうちま, はい歩いた, はしるの, ひきしめられた, ひきしめる, ひきずり込むよう, ひっかぶって, ぴりぴりと, ふく余裕, ふるいたたせて, ふるはせて, ふるわせつつ, ふるわせ父, ふるわせ黙つて, ぶちつけ, ぶちまけた手紙, ぶち込まうと, ぶつけあう清潔, ぶつつけ, ぶる, ぶるぶるふるわせ, ほたるいかの, ほてらせる, まかせ詩, まっくろこげ, まつ直ぐ, まわりだした感じ, みたして, めぐった, めぐり始めるよう, めぐり富岡, もがいて, もたせかけたが, もて嗅ぎ触れ知る刹那, もみこの, ゆすった, ゆすぶり上げて, ゆだねました, ゆだねますが, よじるよう, わななかせた, わななかせつつ, わななかせながら, わなわなふるわせ始める, わなわな震, わなわな顫, アラビヤ人風に, ウネウネと, ガクガク顫わせながら, ガーンと, グルグルと, グルグルグルグルグルと, ジロジロと, スラスラ事務的, チクチクと, ヌッと, バネ仕掛けに, パフの, ヒッソリと, ビク, ビクンと, ピリリと, マムシの, ムズ痒く, ワナワナガタガタと, ワナワナ顫わせて, 一しょに, 一つの, 一廻転させ, 下の, 乗り出した総, 乗り越したぞ, 乳湯の, 仕事に, 任して, 任せて, 伝って, 伝つて流れ下る, 伝わって, 傾けながら, 全裸の, 内部から, 冷たい爪, 冷たく襲っ, 冷やしつづけたワケ, 冷水で, 冷汗が, 凛とあらわし, 凝つと, 凝り固めた, 刀と, 切られた指, 切り刻まれる様, 刺すよう, 刺戟され, 刺戟し, 刺戟する, 劇しく, 力づよい潮に, 動かした, 動かして, 動作の, 包まれたが, 包まれたと, 包まれ浮き立たない頬, 包み同じ, 包むの, 包む苦痛, 包んだその, 包んだよう, 包んだ黒紗, 占めて, 双眼鏡の, 反り橋の, 取りかえしの, 句作に, 叩きつけて, 向こうの, 吸い込む喜悦, 呑噬されなけれ, 嗅ぎ廻ったり, 固く緊張, 固めて, 固張らせる, 圧した, 埋めた犬, 埋めるほどに, 埋め込まれるよう, 大きくゆるがし, 大岩の, 大鏡の, 太陽に, 奇異な, 奪われること, 好奇心に, 委して, 威嚇し圧し, 安川の, 安息に, 宙に, 宿命的に, 寒くし, 寒くした, 射るが, 射竦められて, 小刻みに, 小波立たせる, 屈らせ, 巡り始めた, 巻立て, 庇いました, 弓の, 引きしめて, 引き締められるの, 強ばらした, 強ばらせ両手, 強直さした, 当惑の, 後ろへ, 怒りが, 恥かし, 恰も身, 悪寒をさえ, 悶えさせた, 想像し, 感覚の, 憤怒の, 戦かせながら, 戦慄に, 手早く検査, 打ちこみは, 打ちこんで, 打ち込むといふ, 打ち込むもの, 打った, 托した, 托して, 投げかけたの, 投げかけながら, 投げかけるよう, 投げ出したかも, 投げ掛けながら, 投ずるの冒険, 投出して, 抛つて愛着, 抱きかかへて, 押しつけるよう, 押しひさし, 押し揉むよう, 押し詰まされるよう, 拡げよ, 拭う, 拭うと, 拭う気力, 持って, 指揮棒に, 捕えて, 掛け置くと, 掠めて, 掻きむしるの, 揉み終ったあと, 揺がした, 揺すって, 揺すり上げて, 揺ぶっ, 揺ぶった, 揺ぶる様, 揺り動かして, 搖する, 搖る, 摩擦し, 撫でま, 撮つた極彩色, 擦って, 擦り始めた, 支えて, 支えるん, 支える力, 支へて, 支へる, 支配した, 支配する, 改めた, 斜めに, 曝して, 曲った片肢, 月光へ, 木乃伊の, 柔かに, 根こそぎ叩きつける, 検分し終る, 検査される, 検査した, 検査する, 死は, 残る隈, 毛布で, 汚穢な, 沒入する, 沒頭せ, 没入し, 波上に, 波打たせて, 波立たせて, 洗いやがて, 洗って, 洗われながらも, 流れるの, 浮出させました, 浴せて, 海に, 浸けたとき, 浸し変態的, 浸し連日, 浸すと, 消化器の, 温泉に, 湿おす, 満足の, 漬けて, 潤しさて, 濃い雰囲気, 火の, 灼かれたとき, 点検する, 焔に, 焦いた, 焼いた, 焼きつけて, 焼くに, 焼く人間, 照らされた, 照らしつけた, 煮え返らせながら, 熱湯の, 燃えさせて, 燃え立たせた, 燃した, 狂い廻った, 現したは, 現したら東京駅, 生きた鋼鉄, 甲冑で, 甲虫の, 男に, 疼かせつつ, 痙攣させ, 瘤に, 目に, 目分量した, 直くし, 真紅な, 眺め廻して, 眼と, 知識慾の, 石の, 砕き太平, 砕くよう, 硬張らせ, 硬直させた, 硬直させなけれ, 稲妻の, 空気の, 突き刺した, 突き通った, 突き飛ばされ心, 突っ張ったまま, 箱に, 米の, 精密に, 紫斑色に, 絞め上げる死, 緊張させた, 総毛立てて, 縛って, 縛りあげて, 縦横上下に, 縮めながら, 纏うて, 膾の, 自己に, 舐めまわして, 舐り合った, 船体と共に, 若返らせながら, 茹で上げて, 蒸すの, 蒼白めさせた, 蔽い包むほどの, 蔽うよう, 蔽う位, 蔽はれ, 蚊の, 蜂の巣の, 蝋質撓拗, 血に, 表は, 被ひ, 装飾した, 裏表あらためて, 襲う, 襲うて, 襲った, 襲つた, 襲ふ, 覆う, 覆うほどの, 覆う密毛, 覆う暗, 見あげ見おろしした, 見あげ見おろしするの, 見あげ見おろし今さら, 見うるよう, 見たもの, 見たる人, 見て, 見まわした, 見ること, 見廻し昼, 観私, 診察した, 調べて, 調べ終って, 貧乏ゆるぎさせ, 貫いた, 貫いて, 責めつける, 賭ける魂, 赤い桜, 赤くする, 赤は, 走ったり, 走って, 走りました, 走り過ぎると, 走ると, 走るの, 躍らして, 躍らせて, 身体に, 身近く引き寄せ, 近くわが, 逆さに, 逆流し, 透きと, 這いまわりはじめるの, 這ひおり, 通り抜けた, 通り過ぎた, 通り過ぎるの, 部屋の, 金六と, 針攻めに, 鉄片で, 鎧って, 長な, 隙間なく, 隠すその, 隠せど, 電気に, 震わしたそして, 震わせそれでも, 震わせると, 震わせるよう, 震撼させた, 震盪する, 震駭する, 露出させ, 露出し, 非難の, 鞭索の, 鞴の, 響かせるの, 領し, 顫わし隅から, 顫わせながらも, 顫動せしめる, 馳け, 駆けて, 駆けめぐり始めたから, 駆けめぐり私, 駈けめぐって, 駈けめぐつて, 駈けめぐる, 駛って, 高圧潜水服と, 鱗の, 鳥肌立てながら, 麻痺せしめる, 黒衣に

▼ 全身~ (675, 19.8%)

10 感じた, 水を 9 力を, 汗を 7 廻って, 浴びながら 6 感じて, 浴びて 5 冷水を 4 こは, みなぎって, 伝わった, 受けて, 汗が, 流れる冷さ, 漲って, 異様な, 血を, 金箔を 3 上って, 刺青を, 大火傷, 毛が, 痙攣を

2 [47件] こたえて, どうにでも, ひどい変化, まつわりついて, みなぎりあふれて, 一種の, 亙って, 伝わって, 冷汗を, 力が, 均衡を, 媚が, 寒気を, 彫青, 彼等の, 情熱を, 感じられた, 慄え, 打撲傷を, 持って, 数千本の, 汗の, 沁み渡る, 波を, 流れた, 浴びたまま, 浴びつつ, 浴びると, 浴み, 湧き上って, 満ち満ちて, 溢れた, 溢れて, 漲つて, 濃く白粉, 無数の, 無邪気な, 熱を, 疼いて, 発汗し, 白粉を, 繃帯を, 花の, 苦痛を, 覚えた, 降り注ぎその, 黥を

1 [457件] あたらしい血, あびせかけて, あびたよう, あびた喪心, あびて, あふれて, あふれる幸福, いきどおり, いっぱいつまっ, いつも倦怠感, いろいろの, うけた衝撃, うずいて, うって, おできだらけの, おどって, おぼえるけだる, かいた冷汗, かつて覚え, かんじられた, ぎくっと, くばられた用意, こじれた憤怒, こたえた痛み, こたえ出して, こみ上げて, こめて, こわばった筋, さざ波の, さっと不気味, さわって, しがみついて, しずくを, しみいる, しみこんだ, しみつき物腰, しみて, しみとおるの, しみわたって, しみわたりどんな, しみわたり音, じつとり汗, すき間も, すこしも知覚, すさまじい怒り, すっかりむくみ, すつかり風, するどい痛み, するどく研い, その強い, その意味, その艶美, たたえて, ただよって, ただ死の, たまらなく充ち満ち, だらだらと, ちらばつ, つたはる力よ, つたわって, つたわりその, つめたいふるへ, とげが, とどめの, なる, なんとなく衰, なんともいえぬ, にじんだ汗, ぬくみ, ねっとりと, はげしい寒さ, はげしい戦慄, はめて, はり満ちた力, ひどい皮下出血, ひろがって, ひろがりやはり, ひろ子は, びっしょり冷たい, びっしょり汗, ふるえが, ほどこす, まはつ, まはり, まばゆい喝采, まるで眩暈, まわったが, まわって, まわりついに, まわるの, みちあふれ, みちみちて, みなぎった, みなぎらした, みなぎらして, みなぎりたつ殺気, みなぎり七月, みなぎり亢奮, みなぎり何物, みなぎり富岡, みなぎり彼, みなぎるを, みなぎる緊張, むず痒く感じ, めぐりかけて, もとめて, やけどを, よみがえって, ジットリと, ゾーッと, ダンスする, チクチク刺さる, ハズミを, ヒヤリと, ビッショリと, ビッショリ冷や汗を, ビッショリ汗を, ビリビリした, レースの, 一つの, 七八個所の, 上った, 与えること, 乗って, 五百六十五も, 亘って, 亘る診断, 亙る容赦, 伝えるこの, 伝えるの, 伝は, 伝へる, 伝わる, 伝わる悪感, 作りそれ, 傳へる, 働いた, 元気みちわたり, 充ちた, 充ちて, 充ち渡った, 充満し, 充満する, 光の, 冷い, 冷いものを, 冷たい戦慄, 冷たい汗, 冷やあせ, 冷や汗が, 冷汗が, 凝って, 凝縮した, 分布し, 刺さって, 刺し込まれても, 力闘の, 勇気の, 動きいつか, 匍いあがっ, 匍ひ, 匐い上った, 化粧が, 十二三ヶ所疵し, 及ぶ, 及ぶよう, 及ぶ由, 及ぼし心, 及んだと, 反射交感する, 反抗の, 受けながら, 受けました, 受ける, 名状すべからざる, 吸つてゐる, 吹きつけ私, 吹出物を, 咬みつくやう, 囁きわたるの, 囁き込む生きた抗議, 四ヶ所だけ, 四ヶ所の, 回りはじめた頃, 塗っては, 塗りつけて, 塗ると, 壮烈な, 夕日を, 妙な, 嬉しさ, 密生し, 少年の, 尺布も, 広がれる知覚, 張りつめて, 強い衝動, 強烈な, 快い酔ひ心地, 怒りと, 恍惚の, 恐怖が, 恐怖の, 恐怖を, 悪寒を, 悪感を, 感じさせた, 感じそれ, 感じたこと, 感じたジヤアナリスト, 感じながら, 感じました, 感じられる, 感じる作用, 感ずる遠い, 戦慄を, 戰慄が, 所謂粟を, 打ちかかる, 打ち込んで, 押っ被さる, 拡がって, 拡がりつ, 拡げ悠長, 挫傷及皮下出血多く, 搦んで, 救はれた, 数えられぬほどの, 敵意が, 斑点状の, 施こされ, 日光を, 明るさ, 朝日を, 木犀草の, 桃色斑点を, 植えつけられたの, 横波を, 残って, 毒が, 毒気を, 比して, 毛を, 気味の, 気持の, 気魄が, 水が, 水の, 沁みつくして, 沁みて, 沁みとおった, 沁み入るよう, 沁んで, 油汗が, 油汗を, 泌み, 泌み渡る, 泡を, 波立せた, 泥が, 泥を, 注ぎかけられたよう, 流るるの, 流れて, 流れました, 流れるあの, 流れるの, 流れるほどの, 流れる冷いもの, 流れ出すので, 浮揚感が, 浴び, 浴びせられて, 浴びた一人, 浴びた大岡忠相, 浴びた巨鯨, 浴びた栄三郎, 浴びつ, 浴び短い, 浴び銀色, 浸み, 浸みと, 浸み渡ったです, 深々と, 深傷, 渋に, 渡って, 渦巻かせて, 渦巻きみちみち, 渦巻き伝わり狂い, 湛えながら, 湛へて, 湛へながら, 湧き上がり言い知れぬ力, 湧き立ちました, 湧き起った, 満ちあふれ初め, 満ちた時, 満ちて, 満ち渡る骨, 満ち満ちた, 満ち溢れると, 満る, 溜つてゐる, 溢れた力, 溢れるだけに, 溢れ出た, 溢れ出たの, 滅多打ちの, 滝の, 滲み出た一種圧迫的, 滲み渡る, 滲み渡るの, 滲み通って, 滲んで, 滿ち, 滿ちる, 漂って, 漂わすに, 漲った, 漲つた, 漲らして, 漲らせて, 漲り溢れるの, 漲るの, 漲るので, 激しいカッタルサ, 濡れたよう, 濺が, 瀰漫し, 火の, 火を, 烈々気魄が, 焔, 無數, 熱い汗, 熱が, 熱気が, 燃えたかの, 燃えて, 燃えます, 燃え上ります, 燐光を, 獣的な, 現れて, 現われて, 甚しい, 生きて, 生気が, 生汗, 異状な, 疲れが, 疼き拡がって, 痺れ渡って, 発して, 発疹した, 白い布, 白い物, 白なまずが, 白衣を, 真黒な, 矢の, 硬直状態が, 秋の, 突然狂気, 立った, 粟を, 粟粒の, 紅い斑点, 緊張が, 縋りついて, 縦横無尽の, 縫いぐるみみたいな, 繍ひ鋳りつけ, 纏つて素裸で, 群青を, 胴震いし, 脂汗を, 脈うっ, 自信が, 自信満々たる, 自分の, 興味の, 興奮を, 般若の, 良く油, 艶, 苦痛が, 荒い脈搏, 菌が, 蔓衍し, 蘇って, 虚勢を, 蚤が, 蛇が, 血が, 血ぶる, 血潮が, 血潮を, 行きわたらせること, 行き亘つた, 行き届いて, 行き渡って, 行き渡る, 行亙っ, 襲いかかって, 襲つて來た, 見えるか, 見ごとな, 覚えて, 角が, 赤, 走つた悲し, 走らせたと, 起して, 起りました, 跳ねあがつた, 身震いを, 身顫ひ, 軽い痙攣, 輝き満ちて, 輝き溢れて, 返り血, 送ったならば, 送られます, 通はせる, 通りすぎました, 通過する, 酒を, 酔いが, 重点が, 金ぶち, 鉄の, 鉄を, 銀色に, 鋭い目, 鏤ばめられた, 長い吹出もの, 隈なく, 雨を, 雪を, 電撃を, 電気を, 電流の, 需給され, 震えながら, 音楽的リズムが, 響き渡るかと, 響くらしい, 響く怪音, 顫え, 風の, 颯と流込む, 飽かず眺め入, 黄疸の, 黒衣を, 黥したる

▼ 全身~ (648, 19.0%)

78 力を 57 血が 19 神経を 18 血を 17 注意を 14 力が 13 血は 12 筋肉が, 細胞の 9 注意力を 8 力で 7 筋肉を, 血の, 血潮が, 重みを 6 骨が 5 細胞が 4 神経が, 神経は, 重みで

3 [11件] 各器官, 感覚を, 毛穴から, 毛穴を, 神経に, 精力を, 血液が, 血液を, 血潮を, 関節が, 顫え

2 [29件] 体力が, 体操を, 弾力を, 想見出來る, 想見出来る, 愛で, 感じが, 毛穴に, 毛穴の, 気息の, 注意は, 皮膚の, 皮膚は, 皮膚を, 筋の, 筋肉は, 細胞に, 緊張を, 繊維が, 肉を, 肉附は, 肌に, 苦痛を, 血に, 血管悉く, 調子を, 重みが, 重量を, 鱗が

1 [249件] あつさ, あらゆる感覚, いたみが, いと大いなる, おののきを, かゆみも, しずくを, すべての, だるさ, とろけるやう, どこにも, なかでは, なまなましいから, ひだるさ, びをいたします何年ぶりでしょう, ほぐれるの, まるで骨, むくみも, よろこびと, エネルギーを, シコリを, ソレとは, ドコと, ネジが, ネヂが, 一致調和した, 三分の二くらい, 上で, 不安と, 中に, 事情を, 体液を, 信頼を, 働きが, 冷水に, 冷水摩擦でも, 分泌物を, 到る処, 力がくづれてゐた, 力と, 力は, 力もて, 努力によ, 努力を, 努力を以て, 勇を, 勇気を, 動きと共に, 動きや, 動悸火の, 勢いを, 勢力で, 反射交感機能が, 反射交感機能の, 口惜しさ, 古傷から, 哀れを, 圧痛部と, 均衡が, 声だ, 好奇心を, 姿の, 姿勢が, 官能が, 局部局部の, 工合を, 左半分に, 弛みで, 弛むやう, 弛むよう, 弛緩の, 張力を, 弾みを, 弾力とで, 心が, 心持を, 怒張が, 急性関接リューマチスの, 悪寒を, 悪寒戦慄が, 悲哀と, 情熱を, 意識が, 意識の, 愛を, 感激が, 感覚に, 憎しみを, 憤怒と, 成長も, 戦きは, 戦慄と, 戦慄とを, 戦慄を, 所有なれ, 抑制された, 拵えが, 掻ゆさは, 支柱に, 支柱を, 整形外科手術を, 整形手術を, 斑が, 曲線を, 期待を以て, 構えに, 構えも, 機能的に, 機関が, 武者振い, 殺気が, 毛孔が, 毛孔は, 毛孔中から, 毛穴が, 毛髪は, 気力が, 気力を, 気孔から, 気組を, 気魄も, 汗が, 汗は, 汗も, 汗を, 汗腺が, 汚血, 油を, 泥水は, 注意が, 注意で, 注意力と, 活動力が, 深いところ, 深苔, 温味を, 濡れそ, 熱情が, 熱血は, 物凄い分解, 獅子を, 生毛, 生皮を, 疲れが, 疲れの, 疲れを, 疲労と, 疲労甚だしく, 疼通に, 痙攣を, 痛みに, 痛みも, 痛みを, 痛覚が, 痺れるやう, 痺れ工合が, 瘡を, 皮が, 皮下溢血が, 皮膚が, 矢傷刀傷です, 神経で, 神経の, 神経へ, 神経末梢, 穢れを, 空想する, 笑, 筋彫りが, 筋肉に, 筋肉の, 節々を, 粧いからは, 精魂を, 細胞との, 細胞は, 細胞を, 細胞各個に, 細胞同志の, 細胞相互の, 細胞相互間の, 細胞群の, 組織の, 絵として, 緊張が, 緊張は, 総血, 線や, 繃帯から, 美しい色澤, 美しさ, 肉づき, 肉体美と, 肌が, 胆汁を, 脂の, 脂肪が, 脈管に, 膏汗に, 膨脹悪戦苦闘の, 至る所, 色が, 芝居で, 苦痛で, 血と, 血といふ, 血圧分布の, 血液は, 血潮に, 血管に, 血管は, 血行を, 衣を, 表情が, 表現が, 表現と, 表現は, 衰弱に, 衰弱を, 診察が, 調和が, 豊満な, 貧血神経の, 貧血虚脱と, 身ぶりで, 輝くよう, 透視像が, 運動の, 重さ, 重味で, 重心が, 重心と, 重心を, 関節に, 関節の, 陰影からは, 雰囲気が, 露出面に, 顫動する, 骨と, 骨という, 骨に, 骨の, 骨を, 骨格を, 骨片が, 骨肉が, 魂を, 鼓動を

▼ 全身~ (339, 9.9%)

4 わなわなと, 熱くなっ 3 すうと, 急に, 砥石にか

2 [15件] あらわれたの, ぞくぞくし, ひとつの, ゾーッと, 一時に, 何とはなし, 俄かに, 凍りついて, 木の葉の, 水に, 海の, 熱くなる, 燃えるよう, 眠って, 震えて

1 [292件] あつくなりました, あらわれて, ある, うずうずし, うずくよう, うつった, うつって, おそろしく傷つけられ, おのずと痺れ, かっとあつく, かっとし, かつかつと, かゆくなる, かるくなっ, がくがく震へる, がたがたと, がたがたふるえ, きかないの, くっきり浮き出す, けだるく暑さ, こわばって, しびれて, しびれるので, しびれるらしく口, しびれ出す, しびれ強直, しびれ荒い, じわ, すっきりし, すー, そこへ, そのまま私, その刹那, その流れ, その熱, それに, ぞっとする, ぞっと冷たく, ぞっと寒く, ただ一途, だるくきしん, ちぢまって, つかれて, つつまれる, どことなく冷え冷え, どんなに蒼白い, にわかに汗ばむ, はずんで, はちきれそう, はちきれんばかりに, はっきり映る, はっきり見えました, ひきしまるの, ひどくふるえた, ぴりぴり痛む, ぴんと職業的, ふっくらした, ふらつきだして, ふらふらに, ふるえての, ふるえるほど, ぶるぶると, ぶるぶるふるえた, ぶるッ, へんな, ほてつて, ほてるから, ほてるばかり, まきこまれるところ, まだあの, まッ赤, むず痒くなつた, むづ, もう震動, もえあがらんばかりに, ゆで小豆, ゆらゆら揺れ動く, ゆゑ知らず畏れ, よく動き, わなないた, わななき出すの, ガタガタと, クッキリと, グタグタに, シインと, ジリジリと, ズウーンとして, ズシンと, ゾ, ゾオッと, ゾクゾクし, ゾクゾクとして, チョウチンの, ニユツと, ブルブル震つた, ブルブル顫, ボウと, メラメラ立ち上る, リズムに, ワナワナと, ワナワナ戦きだした, 一度に, 上へ, 不思議な, 不随に, 二度ほど, 信仰の, 倒れた反動, 像の, 僕の, 光の, 光るよう, 内からの, 冷え切つて, 冷却する, 凍てついて, 凍り付いたよう, 凍るの, 凍るよう, 凝固する, 初めて写った, 刺青の, 剃刀の, 力だった, 動物的な, 包まれたよう, 呼吸の, 喜びで, 固くなっ, 地獄の, 埋って, 女の, 妙な, 妙に, 宇治の, 官女の, 少し青く, 崩れはじめたよう, 弓の, 引き入れられて, 引き裂かれるよう, 強直した, 弾きかえされるよう, 待つ事, 微かに, 微笑し, 心臓の, 恐怖の, 息苦しく蠢動, 感じられて, 感じるだけ, 感情に, 感覚で, 感電した, 慄毛立った, 捻れて, 擽り回されるよう, 敷居を, 断末魔の, 映つて, 時々ちらっちらっと目, 木の, 木端微塵に, 染まって, 染まつて, 梵鐘の, 横から, 歓喜驚き, 武者ぶる, 歪みある, 死人の, 毒に, 比較的はっきりと, 毛だらけで, 毛だらけでございます, 毛に, 気懶, 氷の, 氷柱の, 汗ばんだ, 汗ばんで, 汗ビッショリに, 波を, 浮き上つて感ぜられる, 浮き上る様, 温まって, 満たされて, 源十郎を, 潤うの, 激しい嫉妬, 濡れ雫, 火と, 火に, 火の, 火焔を, 火照る感じ, 焔の, 無限に, 熊の, 熱くなった, 熱くなつた, 熱を, 熱病患者の, 熱鐵の, 燃えた, 燃え上るよう, 猛獣の, 獰悪な, 現われた, 現われて, 生きた叱責, 生きて, 異様に, 痙攣した, 痛いよう, 痛むの, 痲痺した, 痺れて, 白と, 眞白で, 真っ黒だ, 真赤に, 真黒で, 眼に, 石の, 石像の, 破れそう, 硝子で, 硬直し, 硬直した, 硬直する, 空洞に, 竦んで, 笑つてゐる, 粉々に, 粟立って, 紅ばんで, 紫色に, 紫色の, 細かくふるえ, 綿の, 緊張し, 緊張する, 縛られて, 總毛立つ, 繃帯で, 美しい翡翠色, 考えて, 耳だけに, 耳ばかりに, 胸の, 脳髄な, 膨れあが, 色蒼ざめた感じで, 草の, 萎縮し, 落ちて, 蒟蒻の, 蒸発し, 蛍の, 見えて, 見えるであらう, 見えるところ, 赤っぽい, 軽々とモンドリ, 軽い透明, 軽く爽やか, 透きとおって, 透明に, 金で, 閃めいた, 隠れて, 震えた, 震える, 震えるの, 震へて, 震へるの, 震撼した, 露出した, 青い, 青褪めた, 鞠の, 鞣めされ, 響きあって, 顫え, 風船玉の, 飛び立つ鳥, 鳥肌に, 黒い鉄, 黒くなる, 黒ビロオドの, 黒布によって

▼ 全身~ (164, 4.8%)

3 恐怖の, 火の 2 まっ白で, 怒りの, 汗ばんで, 綿の, 緊張の, 電気を

1 [146件] あたかもミイラ, あぶら額, あらわれた, あんの, いかなる炎, いたるところ, かつて覚え, がたがたふるえ, この肺, さかしまに, しびれて, すつかり汚れ, ずきずきと, そのまま押し通る, その婦人, その罪悪, ぞくぞく寒い, ぞっとする, た, どうな, なにか雷気, ねっとりと, ひきしまった, びツし, ふるえて, ほてって, まったく他人, まるで火, まるで聴覚器, ものうさ, わなわな顫, ウミガラスに, カッと, コチコチに, コブまた, ビショビショだった, ポプラの, ワナワナと, 一瞬に, 一陣の, 乗物の, 争闘心に, 今は, 何故か知らず, 俄に, 光りか, 光りに, 冷たくなり, 冷たくなりかけ, 凍り付いて, 反抗の, 右へ, 否定し, 咄嗟の, 唯がた, 圧力から, 夜光虫の, 夥しい宇宙線, 少し汗ばむ, 布の, 弛かった, 強い電気, 彼女の, 急に, 急激に, 恍惚と, 悉く腐爛, 悪寒では, 慄へ, 憤恚, 或る, 戦慄し, 揉み苦茶, 敏感に, 新しい汗, 早や, 暑さ, 本能的に, 板の, 枯痩し, 柔いものに, 棒杭の, 次第に衰弱, 歓喜に, 死相を, 殆ど僧に対する, 毛に, 水を, 水晶に, 氷の, 氷を, 汗で, 油液を, 泡沫の, 海綿だ, 渇き切って, 潔いの, 激しい疲れ, 濡鼠の, 灰色で, 烈しい暴風, 無感覺, 無邪気と, 物を, 瑞々しい歓び, 痛んで, 痩せて, 痺れて, 白金が, 直に麋爛, 真白に, 真黒で, 石の, 神棚の, 私達の, 程好く, 空に, 紙の, 緻かく, 肌迄, 臓腑まで, 艶を, 落花の, 血に, 血みどろに, 象皮病の, 軽く震え, 透通るかとばかり, 適度の, 酷い汗, 重く勇気, 鉄ねずみ色である, 長さ幾寸, 隙だらけであった, 隠して, 震えおののい, 震えました, 青春そのものの, 青色に, 静かに, 鞘を, 顫え, 顫え始めた, 風に, 鳥膚に, 麻痺し

▼ 全身~ (68, 2.0%)

2 ぶつかって, 泣いて

1 [64件] きくの, ぎくりとおののい, しがみついて, する, そう云った, そう叫ぶ, そう感じ, そう言う, その人, それを, たたかわなければ, つき始めて, ひきこまれた, びくり, もがいた, もって, もつて, わなないて, トロッコを, トロツコを, 働いたあと, 凭れかかって, 受けとめて, 受け容れた, 叫んだ, 呶鳴った, 喜びました, 嗚咽し, 堪へて, 寂しさ, 居直った, 思ひこんだ, 悲鳴を, 感じた, 感じて, 感じながら, 感ぜられたもの, 戦争を, 押しつぶし片手, 木崎を, 柱へ, 死を, 気圧の, 沁, 浴びて, 爪立って, 父を, 物を, 狙ひ, 理解し, 生きると, 直かに, 真赤に, 私の, 精進し, 聞きながら, 若いひと, 表情を, 起きて, 身顫いした, 遊んで, 門の, 闘って, 震えるの

▼ 全身から~ (60, 1.8%)

2 力を

1 [58件] ありとあらゆる精力, いっせいに感覚, たらたらと, つまり歩く, においの, にじみでたあと, にじみ出る雰囲気, ふき出た汗, ふり絞っ, ほとばしりひとり, まさしく殺気, また冷汗, タラーリタラーリと, チューリップ色の, 一時に, 何か, 冷汗が, 冷汗の, 出したの, 出る金色, 力が, 喜悦が, 嘆息を, 噴きだした, 後光の, 搾取し, 放った火達磨, 放って, 放散し, 歓喜が, 殺気を, 水の, 汗が, 汗の, 沈々と, 油が, 流れこめかみ, 流れた, 深酷無残, 湯けむり立て, 湯気が, 湯気を, 溢れさせて, 溢れた, 滲み出して, 滴を, 煙草の, 生々しい戦さ, 発射した, 発散する, 直覚的に, 眼に, 立ちのぼる妖しい, 脂汗を, 蛍烏賊の, 血の気が, 陰気な, 鱗が

▼ 全身~ (54, 1.6%)

2 な信頼

1 [52件] だ, であった, で創作, で没我的, で音樂的, な, ないや, なもの, な不快, な事柄, な努力, な反抗, な嘔吐, な対話, な快楽, な思想, な恋, な恨み, な憤怒, な水浴, な注意, な漠然と, な発裂, な衝動, な衝撃, な酔ひ, な陶醉, にうけ, になる, にのしかかっ, にはいり込む, には解らぬ, にやつ, に作用, に元気, に全身, に参加, に叫んだ, に孔子, に彼等, に感じた, に挑み, に搖, に普通, に灼きつい, に燃え立つた, に理解, に生き甲斐, に真剣, に階級闘争, の氣力, の緊張

▼ 全身には~ (32, 0.9%)

2 只ならぬ

1 [30件] あらずと, この世ならぬ, すぐ威厳, だんだんと, だんだんに, どっか際だって, なまなましい紫斑, びっしょり汗, みるみる不思議, エネルギーが, ジットリと, ロスコー氏の, 俄かに, 夏も, 大出血特有, 奇異な, 恢復期の, 悪熱悪寒, 殆ど火焔を, 湯気の, 溢る, 瀕死の, 灰色の, 玉なす, 私の, 粟が, 紫の, 緩慢沈鬱の, 針の, 隆々たる

▼ 全身~ (19, 0.6%)

1 [19件] かけて, かけての, かけ着て, ひろがって, エレキの, 万遍なく, 五色の, 伝わって, 充満した, 塗って, 循環させ, 流れて, 滝の, 灼い細い, 痲痺が, 眼を, 送り出して, 響いて, 響く痛み

▼ 全身~ (16, 0.5%)

4 心を 3 心で 2 心魂の, 魂が 1 心に, 心の, 靈はを, 靈を, 魂に

▼ 全身~ (15, 0.4%)

4 にまみれ

1 [11件] がびっしょり, が走り, となつ, になつて, になつて苦勞, になり, にぬれ, に濡れ, びっしょりだった, をかい, を掻き

▼ 全身~ (13, 0.4%)

1 [13件] がじっと, が見えない, であつ, である, にまで盛り上る, の形, の銅版画, をその, を描い, を更め, を製作, ノ姿ニオイテ, ノ形ニオイテ

▼ 全身~ (11, 0.3%)

1 [11件] きかないの, すっかり緊張, また潜水夫, むくんで, 丁度其儘, 上げて, 弱りて, 描きだすよう, 明るすぎる, 血, 顔も

▼ 全身まっ黒~ (10, 0.3%)

2 な怪物 1 なすがた, なの, なまるで, な大, な小人, な服装, な犢, のおそろしい

▼ 全身三十兆~ (7, 0.2%)

5 の細胞 1 の市民, の細胞同志

▼ 全身~ (7, 0.2%)

1 に光つて人魚, に漬, に漬つて, に濡れ, に濡れた, をあびた, を浴

▼ 全身からは~ (6, 0.2%)

1 まつたく力, 全身として, 厳粛な, 感覚が, 波打つよう, 滝の

▼ 全身ずぶ濡れ~ (6, 0.2%)

3 になっ 2 になった 1 の経帷子

▼ 全身鳥肌~ (6, 0.2%)

2 立って 1 になりました, の立つ, 立ったほどの, 立つほど

▼ 全身麻酔~ (6, 0.2%)

2 にかかる 1 で行う, にしちゃった, にはクロ, に致します

▼ 全身を以て~ (5, 0.1%)

1 味は, 彼に, 復讐の, 書きあげた記述, 生きながら

▼ 全身~ (5, 0.1%)

1 にそまっ, にまみれ, に染っ, に染まり, に染ん

▼ 全身~ (5, 0.1%)

1 になっ, に焼かれ, のよう, ぶくれと, 燃え立ち居る大きな

▼ 全身不随~ (4, 0.1%)

2 となった 1 となつ, の老

▼ 全身濡れ鼠~ (4, 0.1%)

2 になっ 1 になつ, になつて

▼ 全身金色~ (4, 0.1%)

2 に光っ 1 にかがやく, のふしぎ

▼ 全身~ (4, 0.1%)

1 でぐしょ濡れ, で白かっ, で真白, の中

▼ 全身ずぶ~ (3, 0.1%)

1 ぬれである, ぬれです, ぬれに

▼ 全身~ (3, 0.1%)

1 する努力, なると, 家とを

▼ 全身にわたって~ (3, 0.1%)

1 印されて, 行うの, 鵜の

▼ 全身ぬれ~ (3, 0.1%)

1 てくる, ねずみの, 鼠に

▼ 全身まっ白~ (3, 0.1%)

1 なん, な小さな, のライオン

▼ 全身バラバラ~ (3, 0.1%)

1 に切断, のこの, の大

▼ 全身~ (3, 0.1%)

1 がいたい, でキリキリ, によって間隙

▼ 全身泥まみれ~ (3, 0.1%)

1 で髭, となり, と化し

▼ 全身異様~ (3, 0.1%)

2 な憤激 1 な光輝

▼ 全身白く~ (3, 0.1%)

1 あるいは体, 喙烏に, 塗れた櫛まき

▼ 全身真っ黒~ (3, 0.1%)

1 な一寸法師みたい, な猫, に焼け切っ

▼ 全身真白~ (3, 0.1%)

1 で一本, で鴨, な艶

▼ 全身真黒~ (3, 0.1%)

1 な人造人間, な小, になっ

▼ 全身硝子~ (3, 0.1%)

2 の破片 1 ででき

▼ 全身蘇芳~ (3, 0.1%)

2 を浴びた 1 を浴びたやうになつて

▼ 全身~ (3, 0.1%)

1 が一時, と汁, にまみれ

▼ 全身血だらけ~ (3, 0.1%)

1 だったそう, の武士, の重傷

▼ 全身隙だらけ~ (3, 0.1%)

2 であった 1 にはなりますまい

▼ 全身麻痺~ (3, 0.1%)

1 したよう, して, の恐るべき

▼ 全身黒く~ (3, 0.1%)

1 なって, 塗られて, 痩せて

▼ 全身あけ~ (2, 0.1%)

1 に染っ, に染まっ

▼ 全身いたる~ (2, 0.1%)

2 ところに

▼ 全身その~ (2, 0.1%)

1 歩き方, 理想に

▼ 全身ただ脂~ (2, 0.1%)

2 の汗

▼ 全身どこ~ (2, 0.1%)

1 からでも平気, ともなく

▼ 全身にかけて~ (2, 0.1%)

2 皮膚を

▼ 全身にぞ~ (2, 0.1%)

1 つと悪寒, ーっと

▼ 全身にも~ (2, 0.1%)

1 単純失神特有の, 見える憎悪

▼ 全身ふるえ~ (2, 0.1%)

1 ています, ている

▼ 全身むず痒く~ (2, 0.1%)

1 その虫, なります

▼ 全身わなわな~ (2, 0.1%)

1 と顫, 顫え

▼ 全身をめぐって~ (2, 0.1%)

1 おります血液, 来た大

▼ 全身ビッショリ~ (2, 0.1%)

1 と冷たい, と生

▼ 全身一面~ (2, 0.1%)

1 に同じ, に浮き上らせた

▼ 全身全力~ (2, 0.1%)

1 で, をうち

▼ 全身~ (2, 0.1%)

1 のご, を塗った

▼ 全身強直~ (2, 0.1%)

1 して, といふ訳名

▼ 全身悉く~ (2, 0.1%)

1 パトロクロスを, 真っ白な

▼ 全身~ (2, 0.1%)

1 にし, になつて

▼ 全身汗だらけ~ (2, 0.1%)

1 だった, になつ

▼ 全身~ (2, 0.1%)

1 につかっ, を浴び

▼ 全身火焔~ (2, 0.1%)

1 に包まれた, を噴き出し

▼ 全身灰色~ (2, 0.1%)

1 の変装, をし

▼ 全身照射~ (2, 0.1%)

1 にみられる, の結果

▼ 全身~ (2, 0.1%)

1 で白井君, も多けれ

▼ 全身疵だらけ~ (2, 0.1%)

1 で文字通り満身創痍, の連中

▼ 全身症状~ (2, 0.1%)

1 で有無, としては照射後数時間

▼ 全身痙攣~ (2, 0.1%)

1 が激しく, の為

▼ 全身白毛~ (2, 0.1%)

1 の子, を冠

▼ 全身~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼ 全身硬直~ (2, 0.1%)

2 する思い

▼ 全身~ (2, 0.1%)

1 になっ, に染ん

▼ 全身綿~ (2, 0.1%)

1 のよう, の如く

▼ 全身緊張~ (2, 0.1%)

1 させて, させまた

▼ 全身~ (2, 0.1%)

2 彫青

▼ 全身~ (2, 0.1%)

1 でした, のやう

▼ 全身~ (2, 0.1%)

1 になろう, のご

▼ 全身蜂の巣~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼ 全身血達磨~ (2, 0.1%)

1 のごとき, の青年

▼ 全身衰弱~ (2, 0.1%)

1 いちじるしく一週間, しきって

▼ 全身~ (2, 0.1%)

1 であって, でその

▼ 全身~ (2, 0.1%)

1 か銅, でできた

▼ 全身~ (2, 0.1%)

1 ということ, とはこれ

▼ 全身~ (2, 0.1%)

1 と泥, に濡れしょぼたれ

▼ 全身黄色~ (2, 0.1%)

1 にそまり, のなか

▼ 全身黒褐色~ (2, 0.1%)

1 で胸, のあらい

▼1* [300件]

全身あぶら汗と, 全身あますところなく, 全身あまねく火と, 全身あわつぶだってそこ, 全身いきいきと元気, 全身でダコ, 全身うずうずと顫, 全身ッと, 全身かっかと熱くもはや, 全身かっと熱くなった, 全身かゆがって, 全身からの太息, 全身がかッと, 全身がくがく震えて, 全身がさつぱりと軽くなり, 全身がたがた震えるの, 全身づれかかるもののなかに起ちあがらう, 全身くたくたに疲れ, 全身くまなく打撲傷, 全身ことごとく疲労し, 全身こまかにふるえ始め, 全身これらの感覚, 全身これ剣精構えのない, 全身これ四百四病じゃない, 全身これ待機の姿勢, 全身これ恐縮といった身振り, 全身これ火であった, 全身これ神経と化し去っ, 全身これ秘密だらけといっ, 全身これ窮屈ですといふ, 全身これ精悍と思われた, 全身これ耳と化した, 全身これ闘志と云, 全身これ隙のごとく見せかけ, 全身これ隙それがよい, 全身こわばって身, 全身さながら憤情, 全身しびれてオシ, 全身しぼるほど濡れた, 全身しもやけに, 全身しらみだらけで, 全身すこぶる熱暖なりし, 全身すっかり隠れて, 全身すっぽり黒マントに, 全身すでに硬直し, 全身すべて是れ誠, 全身ぞくぞくと寒気, 全身ぞっとし髪の毛, 全身たちまちぱっと火炎に, 全身ところきらわず火傷, 全身として発火し, 全身と共にぶるぶる顫, 全身ので若い, 全身にまで上った多く, 全身にわたってさえ見られると, 全身にわたり著明, 全身に対して訳の, 全身はかーっと, 全身はくわっくわっと喘ぎぬい, 全身はれあがつてし, 全身ひかり輝く君よ, 全身びしょ濡れになり, 全身びしょ濡れ泥だらけで向う岸, 全身びっしょり汗を, 全身ぶよぶよにな, 全身ぶるぶる震わせながらの, 全身ほとんど隙だらけである, 全身まさに完全な, 全身まだ宙に, 全身まっかな傷, 全身まで沈みこんで, 全身までが真黒に, 全身まるで隙だらけだ, 全身むくみかけてきたむす, 全身むくみ上って宛然小牛, 全身もと云つて聴かない, 全身やけどをした, 全身やせ細ってい, 全身よく肥えて, 全身より鬼火の, 全身をも揺り撼, 全身をよつんば, 全身ガ明ルイ光ノ輪, 全身グッショリ濡れて, 全身コチコチに石, 全身ズブぬれの, 全身ズブ濡れになっ, 全身ドロと血まみれ, 全身ニ汗ヲ掻クト, 全身ネズミ色の毛むくじゃら, 全身重ミヲ感ジ, 全身ノグルリニ潜ンデ, 全身ハ白地ニ粗イグリーンノ縦縞, 全身バリバリニコオル手モアイゼンバンドモ凍ッテアイゼン, 全身ブルブルとふるえだした, 全身ポマードの悪臭, 全身一つの光った, 全身一人立の図, 全身一団の火焔, 全身一斉に, 全身一点のすき, 全身一種の緊張, 全身不随症の建物, 全身がドブ泥, 全身で彫刻製作, 全身些かの隙, 全身亢奮に狂っ, 全身何処にも疵, 全身余さず酒漬に, 全身に強烈, 全身保護色して, 全身倒れか, 全身倦怠皮膚蒼白の前駆症, 全身倦怠頭痛悪心嘔吐眩暈脱力などという嫌, 全身におおわれ, 全身傷だらけだ, 全身像半身像を据ゑつ, 全身像惚た眼, 全身のみなる, 全身光りかがやくという猿田彦, 全身入るところには, 全身六ヵ所の傷, 全身冷えきる心持に, 全身冷水を浴びた, 全身冷水灌漑を行, 全身冷汗強度寝衣, 全身凍ったように, 全身として気魄知識, 全身到る所に, 全身をはねかえす, 全身動かず死したりと思いし, 全身各部の表現作用, 全身同時に意識し合い, 全身呪詛のみどり, 全身咒縛にかかった, 全身四ヶ所の淺, 全身垢まみれの男, 全身埋没して, 全身堅くひきしまり思わず, 全身塗金であったの, 全身火傷を, 全身完全だと, 全身宛ら茹蛸の, 全身小麦色になる, 全身を漏る, 全身引き込まれなければやまない, 全身引くるまって乗っかった, 全身微睡みながら覚めかかった, 全身心持悪るく, 全身快く疲労し, 全身と悔, 全身惣毛立つの, 全身才智と胆力, 全身打ちこみ執念深くおまけ, 全身打ちのめされたように, 全身摩擦しながら, 全身教室の中, 全身数カ所に何, 全身数ヵ所の鑓瘡, 全身数百の筋肉, 全身數十ヶ所の傷, 全身によっては身体, 全身検査をし, 全身横ざまに地底, 全身次第に腫れて, 全身歯牙となっ, 全身殆ど裸で僅, 全身残りなく検, 全身毛深うて, 全身毛深く時に, 全身水しぶきをあび, 全身水びたしに, 全身のよう, 全身汗だくである, 全身汗水漬になる, 全身をもっ, 全身泥だらけでもかまわない, 全身泥土をもっ, 全身洋食の如き, 全身海水に濡れたる, 全身消毒ののち, 全身満面に刀痕, 全身となっ, 全身のごとき, 全身漆黒の長い, 全身ってその, 全身濡れて冷え切り北鎌コル, 全身濡れたため身体に, 全身濡れ透ってしまった, 全身火傷の患者, 全身になっ, 全身に包まれ, 全身無数の細胞, 全身無気力に投げ出された, 全身焼け爛れ乍らカッ, 全身焼け爛れてとうてい, 全身して, 全身熟柿の如く, 全身熱くなった, 全身熱湯を浴びせられた, 全身ゆるが如き思い, 全身爛焼の火山, 全身特に顔面は, 全身生不動のよう, 全身疥癬に苦しめられ, 全身疲労れて, 全身痩削して, 全身痺れるほど怖, 全身して, 全身発熱して, 全身白色に変ずる, 全身白衣のニーナ, 全身的感覚を動かし, 全身的疲労の一部, 全身的要求の感覚, 全身皮膚なめらかにクレオパトラ, 全身皺だらけになつ, 全身眞白になつて, 全身眞紅色をした, 全身真紅の色, 全身真赤に焼け爛れ, 全身毛を, 全身石柱をあざむく, 全身砂埃を浴びた, 全身ッテ力ナシ何トカ湯俣迄ト思フモ有元ヲ, 全身碧血に染んだ, 全身磨きあげられた象牙の, 全身だつよう, 全身粟生てり, 全身粟起するを, 全身糜爛の怪物, 全身純白な鵠, 全身素ッ裸の賭事, 全身紫色になった, 全身絵具箱から這い出した, 全身綺麗に刺青, 全身緊張そのものにハリキッ, 全身緋色なん, 全身の露, 全身緑色嘴と足, 全身繃帯でつつまれ, 全身美しい血に, 全身羽毫の隙, 全身躍り血, 全身肉落ち涸れては, 全身胆ッ玉といわれ, 全身脈々と湧く焔, 全身腐乱して, 全身腐肉のやう, 全身腫れあがりて, 全身自由の精神, 全身失する, 全身若がえりたるを覚え, 全身茶褐色の雌鷄, 全身萎えてもはや, 全身落つる日を, 全身蒸気が消え, 全身黒くなり, 全身蒼白に痩せ衰えた, 全身薔薇の花だらけ, 全身虱だらけの乞食, 全身のごとく, 全身や蛾, 全身血だるまのよう, 全身血まみれになつ, 全身血みどろになった, 全身衰微の色, 全身裸体となっ, 全身解剖をした, 全身負傷を被り居る, 全身赤く蠕めく, 全身赤味がかった栗色, 全身赤裸々である, 全身透き通るように, 全身重い鉄で, 全身金属の怪物, 全身針鼠のよう, 全身を受けた, 全身随意ならば, 全身隙間なく鎧いたる, 全身隠れ鵜の, 全身電波の如く, 全身震えながらお, 全身にびしよぬれになる, 全身のてっぺん, 全身えて, 全身飛沫を浴び, 全身飛白の紺, 全身のごとく, 全身を抜かれた, 全身麻醉をかけられ, 全身焦に, 全身黒み痩せて, 全身黒一色の怪物, 全身黒毛で被, 全身黒焼けとなり, 全身黒色に灰色, 全身黒衣をかぶり, 全身鼈甲の斑みたい, 全身鼠色で尾