青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「傍ら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

健~ 健全~ ~健康 健康~ ~側 側~ ~偶然 偶然~ ~傍 傍~
傍ら~
傑作~ ~傘 傘~ 備~ ~備え 備え~ ~傳 傳~ ~傷 傷~

「傍ら~」 1320, 14ppm, 8126位

▼ 傍ら~ (507, 38.4%)

11 立って 10 立つて 7 腰を 6 寝て 5 来て 4 坐って, 座って, 置いて 3 ある, 佇んで, 寄って, 彼の, 控えて

2 [20件] あって, ある人, いて, うづく, きちんと膝, わたしは, 一人の, 同じく腰, 咲く花, 寄り添, 寄り添うて, 投げ出して, 探偵方面にも, 書きかけの, 現れたの, 突き出て, 立ちはだかって, 腰かけたまま, 落ちて, 近づいて

1 [401件] あがるが, あったお, あった大きな, あった孫策, あった椅子, あった瓶子, あった辻堂, あった鉄棒, あった香, あっても, あつた, あつて, あつて他人, あの少女, あらざれば, ありて, あるかわいらしい, あるこそ, あるの, あるもの, あるロータス, ある墓石, ある小さい, ある玄徳, ある百合, ある石燈籠, ある羊皮, ある船大工, ある貂蝉, ある馴染, ある麻箱, いたお, いたという, いたひとり, いたレディ, いた三名, いた中村捜査係長, いた事務員, いた北条時政, いた堀久太郎秀政, いた宇津木さん, いた家臣, いた松岡長吉, いた看護婦, いた穴山梅雪, いた親戚, いた諫議大夫, いた青年, いつも坐つ, いでたり, いようと, いるおも, いること, いるたびごと, いると, いるの, いる一人, いる伊織, いる劉備, いる周瑜, いる彼, いる甥, いる美しい, いる顔中傷だらけ, うずくまった低能娘, うずくまる, うず高く, おられた津田青楓氏, おわします弗函, お給仕役, お艶, お角さん, お隣り, かなり古色, きまつて, これらの, これを, こんもり庭木, ごろ寝し, さし置かれた長い, さらに建立, したり, して, しや, しょんぼりと, じっとし, すやすやと, すわって, すゝみました, すゝみ寄り, その偉, そんな寝, た, ただ控, たどりつくので, ちょこなんと畏まっ, ついて, どこから, ないため, ぬうツ, ひかえて, ひかつて, ひざまずき崇敬, ひっぱって, ひらりと, ふくは, ぽつんと寝かされた, まばらに, もう一つ, もう一つ別, もち出すと, やはり通訳, よりながら, ゐた後備兵, ゐた私, ゐた芸者, ゐるやう, ゐる一人, ゐる夫君, スケ三遊亭圓生と, スッと, ツウィングリ広小路と, バサリと, フラスコや, ホッと, マグロの, 一しげみ萩の, 一つ宛の, 一の, 一むら茂き, 一台の, 一時仮, 一本, 一片の, 一碑あり, 一青年の, 三尺の, 下水溜が, 並ぶ一本, 並べた硝子, 並べるなど, 並んだこと, 中学校あり, 丸くなる, 乍恐縮かの, 乱れた秋草, 二三人の, 二三枚ちらばっ, 五葉の, 人あり, 人ある, 人は, 人気を, 人間は, 仆れ, 介抱気取りで, 介添役の, 仏壇とも, 他の, 付ききり, 住んだとは, 住んだり, 余は, 併載し, 例の, 侍うて, 侍し, 侍せしめて, 侍せる重, 侍って, 侍らして, 信孝を, 俯向に, 倒に, 倒れて, 備へて, 僕だけ, 先祖代, 兎の, 出た, 出迎え慇懃, 刃物を, 副官結城少佐が, 半兵衛と, 半日本, 半纏を, 名ばかりの, 善女龍王雨壺の, 営まれて, 四つ手網型の, 四十格好の, 土人の, 土蔵の, 在ったこと, 在った豚, 在つて人生, 在らざるも, 在りしに, 坐つたが, 坐つて, 坐りこんだ, 坐りました, 坐る時, 報告を, 売る掛茶屋, 夜具を, 大きな石, 大きな紙, 大きな花環, 大樹が, 大橋図書館を, 奏楽場あり, 女の童が, 奴姿を, 妖怪に関する, 宝石の, 家が, 寄せ秀吉, 寄り添つて, 寄り添ふけ, 寓居を, 小さく誌, 小説類や, 小金を, 少女あり, 尽して, 居たら, 山の, 差しかけが, 師の, 幾張りもの, 庄太郎が, 座し語るので, 座を, 建って, 建てて, 弁三の, 弁護士嬉野が, 引き添った同僚, 引き添って, 張り盛ん, 当たれる庵原郡倉沢村, 彼らを, 待ちかまえて, 徒歩で, 快川長老, 思はずぼんやり, 悲痛な, 投げだして, 抜足で, 押しやって, 拝跪礼を, 持たず中国語, 持ち出して, 持って, 持出す地球儀, 捨札が, 控えさせて, 控えながら, 掲示を, 描き残された妙, 文字を, 斜めに, 方丈なる, 旗竿を, 昏倒したる, 春日新九郎が, 書き遺した短冊, 材木伐, 村長を, 来りて, 柳の, 棄てられた二匹, 椅子を, 植物園動物園あり, 極めて粗造り, 榎木ありけれ, 樹木が, 欲しかった, 歌舞伎座の, 歌舞伎座をも, 歩いて, 歩みよりました, 残したの, 民の, 気づかわしそう, 泣き崩れて, 添うて, 清澄の, 火消壺だけが, 焚き火を, 熊送りの, 猛き, 猩々卯, 現れるの, 生い立った萓, 生じた噴火口, 男女が, 略譜として, 百日紅の, 盤踞し, 直立し, 看護婦が, 眺めながら, 眺められる黒い, 石ころの, 石油缶を, 研究し, 種々の, 積んで, 突つ立つ, 突然不, 窮屈さうに胡坐を, 立ちつくした, 立ちつくして, 立ちて, 立ちながらも, 立ち上った妻, 立ち文帝, 立った, 立ったまま, 立つ, 立つた儘, 立つと, 立て, 立てかけて, 立てて, 立てり, 竹ぼうき, 籃が, 粗朶籠など, 縊死の, 置いた紅, 置き, 置きて, 置きながら, 置きぬ, 置き身体, 置くわけ, 置けば, 翳して, 聞いて, 聳えて, 肉体の, 肥った身体, 背中を, 脱ぎ棄て, 膝まずい, 臥したる人, 自ら薬餌を, 自己の, 色褪せて, 花さい, 若干の, 茶を, 草履を, 著作の, 葬られた, 薄闇に, 薬瓶らしい, 虎の, 西瓜あり, 見えるわけ, 見るに, 見るもの, 見出したところ, 見台が, 見張りを, 見物し, 観世音を, 証明され, 警固し, 走る, 足を, 転がせて, 輝子が, 退けて, 退けました, 通りかかりしに, 進み寄つて, 達しじっと, 避けた, 重ねて, 重ね今, 重太郎の, 錬歯粉, 開けたまま, 附着した, 陣取る, 隠れがを, 隠れて, 集つたといふ, 雜誌で, 雪子が, 首を, 馬を, 駆け寄った, 駆け寄って, 駈け寄らうと, 鳴り渡つた, 黙念

▼ 傍ら~ (300, 22.7%)

7 椅子に 3 小卓 2 一本の, 人に, 冷えた大, 木の, 樹に, 窓から, 者に, 衣桁に, 襖が

1 [272件] その同僚, ものが, ものに, カーテンから, ガラス窓を, ソフアーに, テラスに, ハンドルを, バスケツトから, ブランコに, ベッドの, ボストン・バツクの, ラッキング・チェアに, 一人に, 一人は, 一冊の, 一刑事を, 一室を, 一職員が, 七輪に, 三畳を, 三輪車の, 下役に, 与三爺の, 丘小一へ, 主殿, 乘客も, 九兵衛を, 乱れ籠の, 亭々たる, 人々を, 人が, 人夫の, 休み茶屋へ, 伝二郎を, 伴れらしい, 低地において, 佐久間玄蕃允盛政を, 何番目かには, 例の, 侍女を, 侍臣へ, 保護者に, 儀右衛門を, 兵士に, 円座へ, 冬枯れた, 几に, 刀を, 切株へ, 初瀬に, 副官に, 助役へ, 助手にも, 北条時政土肥次郎千葉常胤などを, 卓子の, 叢から, 古井戸, 古家具, 古木綿の, 古本舗, 台ランプに, 呂凱に, 喫茶店へ, 土塊に, 土肥次郎実平に, 地上へ, 地名だ, 地名に, 地名を, 堆高い土塊, 塗筥を, 壁に, 壁にかけて, 壁には, 壁の, 壁を, 士官が, 声楽家に, 多津, 大きな樹, 大太鼓, 大杉の, 大槻の, 大野の, 天水桶へ, 太刀を, 太郎義信に, 妻を, 妾の, 婦人が, 字を, 宇津木兵馬を, 実弟久作を, 室から, 室では, 家具に, 寝台に, 小さい坊さん, 小姓たちへ, 小川の, 小径に, 小木魚, 小杉さんに, 小松の, 小窓, 小頭の, 小高いところ, 少年を, 山林の, 岩に, 巡査に, 席を, 床几に, 座席の, 弟へ, 弟子に, 彦兵衛の, 志丈も, 愛刀阪東二郎幸村の, 成何へも, 手筥へ, 手術台の, 手鏡を, 捕り手, 文子夫人の, 文机や, 斎藤利三に, 方に, 於松の, 於松へ, 旗本たちを, 既に葉, 日向で, 明りも, 月江を, 有合せの, 木に, 木へ, 木函の, 木寺相模を, 木戸を, 木立の, 本を, 朽ちた木株, 杭に, 松の, 松の木の, 松林へ, 松枝に, 板石の, 林の, 林間に, 枝へ, 枯芝の, 柘榴の, 柱の, 柱をか, 柳については, 柳生家の, 柿の木と, 栗の, 桜の, 梶原景時の, 棒杭に, 棕梠の, 椅子にかけて, 椅子には, 椅子を, 楓の, 榛の, 槻の, 樹を, 樹枝で, 樹蔭に, 正木作左衛門に, 歩道で, 母に, 水の, 水桶を, 水田の, 泥田の, 津幡秀子に, 流れを, 渓流に, 湧水に, 湯こぼし, 漁夫の, 灌木の, 火鉢で, 炭壁の, 炭壁を, 炭籠の, 狭屋, 玄蕃允も, 珈琲店の, 瓶の, 生垣の, 生駒雅楽助や, 男を, 男衆に, 畑に, 番号を, 異国風の, 畳四枚を, 白柄細身を, 盛土の, 石ころを, 石を, 砂日傘の, 硝子函から, 硯を, 磁気有線検電機, 福島市松と, 窓が, 立ち木を, 立札を, 端公たちにも, 竹中半兵衛が, 筧に, 範覚へ, 籬の, 米国に, 素子を, 美しい女, 美しい妹, 美和子に, 義時へ, 者が, 者へ, 脇差を, 脇床に, 腰掛けを, 芝生には, 花を, 苜蓿畑を, 若い叔母, 若い男, 茶屋で, 茶釜を, 蕗の, 藪から, 藪へ, 誰かに, 諸将, 趙雲子龍を, 路面から, 農夫に, 連翹や, 道を, 部下を, 野原へ, 釜に, 鋸屋と, 鏡を, 長持の, 長椅子の, 門人へ, 闇黒が, 阿賀妻に, 陣鉦を, 雑木林の, 雛妓を, 雪洞を, 風呂敷包を, 飲み屋へ, 飾り盃を, 馬へ, 駅手に, 高氏は, 魯粛は, 鶯の

▼ 傍ら~ (94, 7.1%)

5 聞いて 2 それを, 一人の, 書きかけの, 私は

1 [81件] あまり大きな, いくぶん違つた道, おかみさん, おそくまで, その光景, その容態, た, ひとりの, ふざけ合って, ぼんやりと, まだ移転, よろしい, カルタを, ハルミが, フーフーと, ブリユウが, リラや, 二人の, 仁王の, 体温表を, 供養に, 俄作りの, 信濃川へ, 僕の, 僕は, 凝つと, 叫ばれるや, 周囲の, 味うのも, 坐つたまま居眠り, 墨を, 夢を, 大鼾, 妻の, 妻も, 孝子伝や, 寝るまでの, 将棋盤に, 山と, 彼の, 彼は, 待ちうけること, 待合せた, 悦びの, 折々居眠り, 拡げて, 斯んな, 旺な, 時外れにも, 暮らしながら, 朝酒の, 朝餉に, 煙管を, 燗番役を, 独酌し, 獨酌し, 玄徳は, 百合子が, 盃を, 私の, 空想した, 笑いかけた声, 答えた, 絵具を, 聞きながら, 腕組みを, 腕組を, 自然に, 若先生, 蓄音機が, 藁を, 蘇生した, 見て, 読みました, 讃美歌を, 通夜を, 開帳される, 雑誌の, 面も, 音田は, 風船を

▼ 傍ら~ (55, 4.2%)

8 見ると 2 向いて, 通過せる

1 [43件] まはつ, むいた時, パジヤマの, 下りもと, 占めた人々, 去らずに, 女子青年の, 寄切つ, 急行電車が, 拳を, 指さした, 擦り抜けようと, 歩きながら, 流るるガンジス川, 流れて, 流れる大利根川, 流れる豊川, 流れる酒匂川, 照らして, 独りで, 脚速く, 見た, 見たが, 見て, 見降すと, 通ったとき, 通らないこと, 通りか, 通りすぎる, 通りでも, 通り抜けた時, 通り抜けながら, 通り抜ける風, 通り過ぎた, 通るたび, 通過せし, 離れて, 頤で, 顧みて, 風の, 香水の, 騎馬の, 鼠の

▼ 傍らから~ (54, 4.1%)

3 見て

1 [51件] お絹, お銀様, さう云つて, すぐに, すすめても, その美人, のぞき込んだ, ジミーが, マラソンでも, 一人の, 三谷が, 云った, 云った侍従, 他の, 何を, 再び細君, 出て, 切り離すわけ, 力を, 口を, 呶鳴った, 団扇の, 坂本氏が, 坂道に, 大将を, 差出口を, 庇護う, 微笑んで, 念を, 思わず感歎, 手に, 故小山内薫氏, 武一が, 殺出して, 烈しい火, 無造作に, 白雲が, 突然夏侯覇, 答えた, 老臣たちが, 見たの, 見たやう, 解説を, 言いました, 身を, 鉄甲五六騎ばかり, 降りへ, 離れずに, 離れ去ったの, 青年二が, 頭もろとも

▼ 傍ら~ (48, 3.6%)

4 寄って 2 腰を, 走つて, 走り寄ると

1 [38件] おっぽ, きて, しかし打つ, すゝんで, つぶやく, ふらふらと, やってきて, よんで, ピタリと, 下ろされたり, 伏し転んだの, 匍ひ, 呼んで, 寄せた白土, 引つぱり, 志ばかりと, 手燭を, 打捨てて, 押しやって, 振向けた, 朔郎が, 朝も, 歩いて, 歩み寄つた, 独り言の, 立札を, 置いた, 置き一つ, 自分の, 走って, 身を, 近づいて, 近よりました, 近寄って, 近寄つて, 送って, 駆け寄った, 駆け寄ると

▼ 傍らには~ (41, 3.1%)

3 一人の

1 [38件] ここにも, この通り種子ヶ嶋, これも, しほり, モーナルーダオの, 中形の, 二三冊の, 今朝の, 何れも, 刀剣二本を, 大いなる土竃, 妙に, 小さな字, 小金を, 居らぬがち, 布で, 幾つも, 床を, 店の, 彼が, 彼の, 接客用の, 昔なじみの, 本が, 村の, 正義標の, 洋風の, 洗礼室あり, 清冽な, 特別に, 狩人を, 祖母の, 種々の, 節を, 篝火が, 素人製の, 胴まわりが, 要介

▼ 傍らなる~ (6, 0.5%)

1 マハン造船所の, 冉有に, 小門の, 川中に, 柱に, 相当高級の

▼ 傍らまで~ (6, 0.5%)

1 いざり寄られ針, 人工的に, 来る事, 歩いて, 落ちのびた時, 達して

▼ 傍らでは~ (5, 0.4%)

2 御面師 1 何等の, 決して鉄砲, 銀原と

▼ 傍らでも~ (3, 0.2%)

1 眠らなかつた, 眠ること, 通りすぎると

▼ 傍らにも~ (3, 0.2%)

1 あった野薔薇, ときどきの, 少しも

▼ 傍らより~ (3, 0.2%)

1 然し來城君, 膝を, 見学いたし

▼ 傍ら文学~ (3, 0.2%)

1 の仕事, の研究, を研究

▼ 傍ら近く~ (3, 0.2%)

2 に置かれ 1 歩みよ

▼ 傍らその~ (2, 0.2%)

1 ウェルズの, 作品を

▼ 傍らにおいて~ (2, 0.2%)

1 それを, 例の

▼ 傍らへと~ (2, 0.2%)

2 出た

▼ 傍ら~ (2, 0.2%)

1 申しました漢学, 迄の玉帳

▼ 傍ら~ (2, 0.2%)

1 他方不, 自然的生への

▼ 傍ら小説~ (2, 0.2%)

1 をかい, を書いた

▼ 傍ら常に~ (2, 0.2%)

1 上述の, 怠たらず力説

▼ 傍ら弟子~ (2, 0.2%)

1 を取り, を教える

▼ 傍ら~ (2, 0.2%)

1 は出来事, は自分

▼ 傍ら或は~ (2, 0.2%)

1 それ前に, 書添へ

▼ 傍ら支那~ (2, 0.2%)

1 の學問, を知る

▼ 傍ら新しい~ (2, 0.2%)

1 進歩主義を, 青年層の

▼ 傍ら熱心~ (2, 0.2%)

2 に柔道

▼ 傍ら~ (2, 0.2%)

1 は古い, は小学校

▼ 傍ら~ (2, 0.2%)

1 を作っ, を作り

▼ 傍ら高利~ (2, 0.2%)

2 の金

▼1* [157件]

傍らいい気に, 傍らいろはたとえの, 傍らこの大作に, 傍らこれへ立寄りまする, 傍らそれに縁, 傍らですつかり現つ, 傍らなって, 傍らといへるほどの, 傍らないほど楽, 傍らについて診療する, 傍らにてあるいは太鼓, 傍らににぢり, 傍らにほどよく積む, 傍らひそかに彼等, 傍らふと考えると, 傍らまたミルの, 傍らみや子の注意, 傍らものも沢山, 傍らをとほりか, 傍らをもすぎ扉, 傍らアルバイトに婦人服, 傍らジャーナリズムチックな編集, 傍らストリンドベリイの, 傍らポーの探偵小説, 傍ら一シイズンに十五, 傍ら一ヶ年か, 傍ら一人の作男, 傍ら一般史學に關, 傍ら一葉がまだ, 傍ら万葉振りの歌, 傍ら三田の夜学, 傍ら三田文學を主宰, 傍ら不思議にも安心, 傍ら無きが, 傍ら仇敵の挙動, 傍ら他方には新た, 傍ら拵えの, 傍らをしよう, 傍ら何とかして, 傍ら作曲しその, 傍ら修辞学や露文学史, 傍ら俳句を泊雲君, 傍ら兄弟子から芸, 傍らに申しました, 傍ら八方人を走らせ, 傍ら六号活字で, 傍ら其處の商科, 傍らの存在, 傍らの理あい, 傍ら創作をし, 傍ら劇作の筆, 傍ら医者の真似, 傍ら十五世紀から十八世紀, 傍らないを, 傍ら又は外に, 傍ら受験勉強をなし, 傍ら古い縁故を, 傍ら各種の遊芸, 傍ら同じ市の, 傍ら喜劇を書き, 傍らに聞く, 傍ら四囲の自然, 傍ら国中の霊地, 傍ら在来の脚本, 傍ら坂崎氏に就き, 傍ら売っている, 傍ら外国の作家, 傍ら外祖父などの為, 傍らは村里, 傍ら大いに研究を, 傍ら大学の講義録, 傍ら大槻玄沢の弟子杉田忠恕, 傍ら姉妹娘に料理法, 傍ら娼婦の様, 傍ら婦人作家の研究, 傍ら子供らへの心, 傍ら家計を支え, 傍ら小遣取りに小説, 傍ら少しずつ洋画, 傍らの書斎, 傍ら形勢を観望, 傍ら往々言うべからざる醜行, 傍ら復習を名, 傍ら徹夜までし, 傍ら忠実に通つて, 傍ら忽ち平げて, 傍ら思ふにその, 傍ら感情も分らぬ, 傍らる出版社, 傍ら戯曲を書けるなら書い, 傍ら戸ヶ崎熊太郎の道場, 傍らを売っ, 傍ら托鉢に生活, 傍ら探偵学を説く, 傍ら数多の驢馬, 傍ら文学経済学哲学等の研究, 傍ら新作に相応しい, 傍ら日本作家の手, 傍ら是等遺物の存在, 傍ら普通の非人, 傍ら更らに彼, 傍ら書きたいという気持, 傍ら本郷西片町の小さな, 傍ら村内の警固, 傍ら柄杓を取っ, 傍ら株券の売買, 傍ら根源と完成, 傍ら棺龕十字架の表象, 傍ら横浜にあつ, 傍ら欧米へ紹介, 傍ら沼沢の周囲, 傍らを食, 傍ら狩猟に因っ, 傍らなもの, 傍ら相応の年貢, 傍ら社会問題に対する野枝, 傍ら私立学校の教師, 傍ら算術なども教え, 傍ら索引をこしらえ, 傍らをかく, 傍ら絵画の知識, 傍ら綱吉の偏執的, 傍ら翻訳をやってる, 傍ら考古學の講義, 傍ら自分の慰み半分絵, 傍ら自分たちの生活, 傍ら自己発揚の機会, 傍ら色々の事, 傍ら英学を修め, 傍ら茂太郎を引きつけ, 傍らと俳諧, 傍ら著述などに耽つ, 傍ら求とか, 傍ら装束仮面等を手入れ新調, 傍ら西洋古家具骨董商, 傍ら言語学古典学等の研究, 傍ら詩人であったよう, 傍ら詩作をやっ, 傍ら読書や執筆, 傍らの分らぬ, 傍ら踊りの指南, 傍ら近代英文学の社会観, 傍ら運動具の店, 傍ら郁太郎を坐らせ, 傍ら金田一先生のアイヌ語研究, 傍ら金貸しもした, 傍ら釣りもやろう, 傍らを表わし, 傍ら陶工に耽り, 傍ら雑書を読め, 傍らの様, 傍ら露国の新聞, 傍ら音韻の研究, 傍ら食物の共進会, 傍ら飲むことを, 傍ら駆使に任じ, 傍らを飼っ