青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「入道~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~入る 入る~ ~入れ 入れ~ ~入れた 入れた~ ~入れる 入れる~ ~入口 入口~
入道~
入院~ ~全く 全く~ ~全体 全体~ 全国~ ~全然 全然~ ~全身 全身~

「入道~」 1223, 13ppm, 8368位

▼ 入道~ (206, 16.8%)

4 ような, 宮は 3 宮が, 宮の, 宮へ, 宮も 2 ことを, むすめ, ように, 心は, 手に, 言葉を, 頭を, 首は

1 [170件] おちつき顔, おもて, お世話に, からだには, からだを, ことだけ, ことなどが, せいに, とき伊ぶき, のそ, ひょっとこ踊りに, ほうが, ほうで, もってる七尺, もとへ, やうな, やうに, やしき, 一存で, 世盛りには, 中宮様は, 仏徒嫌いは, 仕方と, 体に, 信西は, 働き, 兵に, 兵も, 処へ, 到着を, 前に, 前へ, 力であった, 力を以て, 勢を, 名に, 咽笛めがけ, 墳墓の, 声が, 変った姿, 夢の, 大きな短所, 天下が, 女八重姫に, 妻の, 姫君の, 姫宮の, 姿で, 姿にも, 姿へ, 娘が, 娘に, 娘を, 嫡子で, 子, 子三郎頼隆と, 子孫の, 子律師則祐などの, 子息なる, 子蔦王という, 学問と, 宅さ, 宮からも, 宮ででも, 宮などの, 宮に, 宮へだけ, 宮へとの, 宮を, 宮様に, 家であった, 家まで, 容体が, 尼夫人は, 屋形で, 屋形へ, 屋形を, 屋敷の, 屍の, 帰衣ふかい, 床几の, 張抜きを, 形に, 影に, 彼としては, 御館へ, 心事には, 忌日とて, 怒りを, 思い上がった人品, 息子で, 息本間三郎から, 悪いところ, 意見は, 懸人, 所へ, 手で, 手を, 手元へ, 手紙は, 手紙を, 持って, 支持者では, 方針だった, 暴状は, 末路, 次男だ, 正体を, 死を, 歿後中院窮困した, 気もちとしては, 清盛だけ, 無智, 狂暴は, 独裁ぶりを, 独裁振りやら, 生贄に, 病について, 目玉は, 直系である, 眸は, 眼の, 矢は, 知らない愛嬌, 神尾主膳で, 禅室でも, 私邸を, 筆です, 縁は, 肚の, 肝煎ぶりという, 胸に, 藏書目清原業忠の, 衣装を, 袈裟法衣小豆大納言の, 袖に, 裸うとまし, 言と, 討ち死にが, 話の, 話を, 超人的, 足もとへ, 踊りの, 身と, 身分に, 通るの, 道心によ, 遺臣であった, 遺言を, 重い病, 鉄の, 青侍を, 面には, 鞍壺の, 頃から, 頃の, 頭から, 頭に, 頭脳という, 顔いろは抑えきれない, 顔を, 類には, 館だ, 首も, 首を, 首級と, 首級は, 首級を, 魂には

▼ 入道~ (164, 13.4%)

2 あわてて, それを, 見て, 非常に

1 [156件] あくまでも狡獪, いきなり長, いずれに, いつに, いよいよ明石, いんぎんに, おもしろいです, かくの, きょうは, くっきょう, くやしがっ, げん松と, げん竹と, こう妻, この, このごろしきりに, これへ, しゃがれ声, すぐその, すぐに, すでに公務, するすると, そっと婚姻, その位置, その前, その子, その活眼, それに, そんなこと, そんな上手, たとい王侯将相, どうしておる, なおいろいろ, なおそう, なかば頃から, なって, ひどく不機嫌, ひょいと背, ますます行いすまし, まだ知るまい, まっさきに登っ, みだれ立つ郎党たち, もう眉, やさしい武士, ゆるゆると, わが一族, カンカンに, バカである, ヘヘノノモヘジの, 一室から, 一族の, 一言激越に, 一隅から, 上下萬民の, 上人, 上人の, 中にも, 主の, 予期どおりに, 事実かれ, 云い終るなり, 亡くなられたとか, 人の, 今さら, 仏の, 以前から, 伝統の, 例の, 信仰生活を, 元より, 先の, 又, 同時に兵馬, 吠えるよう, 呆と, 味方の, 地侍だ, 変な, 大事がっ, 大切に, 失せに, 娘への, 子煩悩な, 室を, 家康に, 少しも, 尚西方, 役目を, 後夜に, 心を, 息子の, 感動し, 懐から, 戦国の, 播磨での, 敬服し, 斟酌も, 断言した, 時にひとり, 暗に宮方, 書きおろしの, 正直な, 此の, 武田家譜代の, 死ぬ時, 気も, 水番小屋の, 汗を, 決して承知, 決して知らず, 泣く泣くほめたたえ, 派手に, 涙も, 深く律師, 源氏に, 無学の, 猛気, 玄人らしく弾く, 琴を, 琵琶法師然, 申し入れの, 病んで, 目を, 眼を, 立ち昇る, 罵った, 義王の, 義貞の, 老いを, 腹を, 自分を, 自家で, 自身で, 舞姿を, 艶かしい, 行って, 言いながらも, 言うの, 言って, 言ってから, 訳も, 誂えた穴, 誂へ, 誰だつた, 負ければ, 足代の, 辞去した, 過去から, 重衡朝臣, 金に, 阿新, 鞍から, 鞍の, 顔色を, 馬から, 驚いて

▼ 入道~ (98, 8.0%)

2 透見する

1 [96件] あって, あつた, あばれ出して, いたしました願, いった, いつぱいかいてあつた, おおいに叫ぶ, おりまする, お伴を, きのうの, くわつと, こうさけんだ, この一行, この妙見様, こもって, こわがっちゃ, そういう, その加勢, その無聊, どんなに孫, なくなった, なぜか, なんと言おう, ひげ, また語, むりやりに, やがて総員上陸, ウヨウヨし, グワンと, ノッシノッシと, ムクムクと, 一石千貫の, 万事本職で, 上がった上がったねえ, 両手で, 中庭に, 云うのに, 亡くなる間もなく, 仏兵助, 住吉の, 保元以後頭角を, 入道としての, 八坂の, 八本足で, 八本足の, 出ました, 力任せに, 北條方から, 叫ぶと, 大きな声, 大事な, 大眼玉, 天を, 子の, 寺内の, 屍を, 彼へ, 後姿頭陀の, 惶懼書を, 愛したか, 押しつけられて, 持って, 来て, 母の, 法然に, 源氏に, 源氏を, 無道の, 現在では, 申されました, 病気見舞いに, 白旗の, 眉目の, 着いた, 睨んで, 福原へ, 秘蔵の, 空巣働きを, 空脛の, 笛を, 第四, 筑紫入りの, 絶句した, 耳を, 胸を, 自己の, 自然片寄った, 船で, 船夫を, 袞竜の, 言う, 言った, 試して, 質しかけた, 非道の, 飛び出して

▼ 入道さま~ (79, 6.5%)

4 の御 3 にお 2 が将軍家, にし, のお, の名越, はお

1 [62件] から遠, がお, がそろつ, が新造, それから私たち, とお呼び, とは互, などはとんでも, など打, には似合はず, にもお, にもまだまだ, に一切おまかせ, に向, に風流, のこと, のはう, のぶしつけな, の事, の大人物, の息せき切, の皺苦茶, の見苦しい, の言, は, はお客さま, はきよろ, はしさいらしく, はすぐ, はその, はただ, はちら, はともかく, はまことに, はやつぱり, はれい, は互, は参議雅経さま, は将軍家, は手続き, は法名, は狼狽, は相州さま, は頬, また尼御台さま, もいま, もお, もこの, もこんど, も拍子抜け, も捨て置けず, も相州さま, も逸早く, や問註所, や相州さま, をおから, をこつ, を京, を召し, を将軍家, を相手, 御一存

▼ 入道相国~ (46, 3.8%)

3 を見 2 逝いて

1 [41件] あり三個, から託された, がきい, がなお, がよく, が六十余州, が政治家, が輦車, となっ, との衝突, と雖, に, には何, に及ばざる, に対して漸く, に譲り, のさしも, の五十六歳, の剛腸, の夢, の如き, の専横, の御意, の恩命, の政策, の既成概念, の烱眼, の聟, の身近, は, は一人, は俄然, は恰も, は誰, も一具, も唯, も面白, をし, をはじめ平家一門, を切諫, を知らず

▼ 入道~ (37, 3.0%)

1 [37件] あんまりいい, うなずいた, おぞ毛, がっくり投首, きまって夜半, ぬいと, また山賊退治, よい折柄, よく弁え, 不安に, 今後の, 今日は, 供養法を, 偉いと, 出れば, 反対であった, 大蝦蟇, 姫君の, 当然である, 心を, 思わず失笑, 憎いやつ, 我にも, 我らには, 手もとから, 才覚中の, 撰択に, 明らかに, 朝霧の, 法衣の, 疑いを, 知らなかった, 稍, 軽く見, 返事によっては, 閉口だ, 黄門どのへは

▼ 入道~ (35, 2.9%)

1 [35件] あらゆる面, さしむけて, はじめ一族やら, はじめ四天王以下の, ふてこそ, ゆだんさせるため, 一人ぼっちで, 与らせること, 世間から, 主と, 云い負かしたが, 介抱し, 仕入れたので, 仰ぎ見て, 初め大仏庄左衛門諫早五郎など, 叩きのめして, 堂々と, 害し寺, 引っくり返すと, 待て, 忌み嫌う者, 思い返事, 批難した, 描くの, 書いて, 極度に, 畏敬する, 背負うたやう, 見ると, 討ちもらしたの, 討った者, 誅するといふ, 足下に, 途に, 遂げた西行法師

▼ 入道~ (33, 2.7%)

2 いえば

1 [31件] あだ名を, いい出家, いい近年, いって, おぼえたり, その子伊豆守を, なった, なって, なつて, なり身, なり鳥嘴, 中納言阿闍梨尋玄の, 二人の, 二人酔っぱらっ, 云う人, 云って, 云つた方が, 似たよう, 六波羅への, 号する紀州, 同行する, 呼ばれて, 呼んだ, 思いこまれたまま, 末近, 法の, 甥の, 相談の, 称して, 聳えあの, 間違へる

▼ 入道殿~ (33, 2.7%)

4 のお

1 [29件] じゃ, であったとは, といふ言葉さ, とおっしゃいます, とはその, にはにわかに, にひと目, にもいちど, に侍, に進め, のあんまり, のご, の一身, の三男宗盛, の云いつけ, の仕業, の修羅, の庵室, の御前, の扶植, の方, の館, はそれほど, へ呼ばれ, ほどの御仁, も本来, よりそれ, をかさ, をさえ煩わした

▼ 入道~ (30, 2.5%)

3 の一つ, の中 2 などを持ち込んだ

1 [22件] というもの, としてだけ与えられ, として持つ, と一緒, なら自分, なんか要りません, におむつ, にする, に地球儀, に附い, の夥しく, の手箱, の積ん, の算段, の部屋, の鏡, まで丁と, をこし, をその, を全部, を見せる, を誰

▼ 入道~ (28, 2.3%)

1 [28件] お与え, ぐたりとした真綿の, されたも, たいしふかき, つかへた武士, なってから, なり代, なるかな, なると, ふりかかって, まいられて, わたすと, 与えて, 云わせると, 劣る遠き, 化けたの, 取次ぎを, 対面し, 心を, 惜しいところ, 意中の, 愚弄される, 裸おどりで, 見えるであろうから, 見出されて, 言って, 責められて, 面会した

▼ 入道~ (13, 1.1%)

1 [13件] てからただ, てから三河, てから真価, てそのまま, てのち, て寂心, て山林, て念和尚, て所証日, て謙信, て道鬼, 脚名山を, 臨終正念に

▼ 入道という~ (10, 0.8%)

2 のが, のは 1 ものが, 奴が, 牢固として, 者が, 者吉水の, 長者の

▼ 入道から~ (9, 0.7%)

1 いえば, いつと, かの殿, そっと報ら, 更に左大臣頼長, 書状が, 相談したい, 自由に, 送って

▼ 入道~ (9, 0.7%)

1 なり申し遣って, 切りつけた, 娘の, 思い遣って, 手渡した, 終身預けに, 訴願した, 近寄った, 返辞を

▼ 入道には~ (7, 0.6%)

1 ずいぶん思いきっ, なんとお, もはや今日, 何し, 孫である, 孫に, 幾分の

▼ 入道姿~ (7, 0.6%)

2 はかくれ 1 だが, などは洒落た, になった, の者, を珍

▼ 入道清盛~ (7, 0.6%)

1 がそう, さても, のいわゆる, のやう, の苦悶苦闘, も死ん, をはじめ

▼ 入道高時~ (7, 0.6%)

1 にも日ごろ, のそば, の夢, の暗愚, はあの, もまだ, を頭

▼ 入道~ (6, 0.5%)

1 あつて, おざった, 一見温和, 色飽くまで, 蔽われ掛って, 衣の

▼ 入道~ (6, 0.5%)

1 が影, の黒い, をとくい, をふり立て, をガクガク, を幾つ

▼ 入道した~ (5, 0.4%)

1 という名, といふ, わけで, 人です, 形を

▼ 入道では~ (5, 0.4%)

1 あっても, ありません, ないか, なく資盛, なしあなた

▼ 入道より~ (5, 0.4%)

1 ひがんで, まだ汚い, 彼に, 数段下じゃ, 物わかりが

▼ 入道~ (5, 0.4%)

1 の関白太政大臣, の関白太政大臣様, 関白云云, 関白太政大臣, 関白太政大臣様

▼ 入道正宗~ (5, 0.4%)

1 じゃありません, だらう, ですか, でなければ, というところ

▼ 入道相國~ (5, 0.4%)

1 が多年, が花見, が非道, の然, は折柄

▼ 入道~ (5, 0.4%)

1 の扱い方, の耳, はそれ, よいや, を捻じ向け

▼ 入道せいた~ (4, 0.3%)

4 か入道

▼ 入道~ (4, 0.3%)

4 ら入道せいた

▼ 入道へいが~ (4, 0.3%)

4 のこ

▼ 入道~ (4, 0.3%)

1 宇都宮の, 朝霧官女の, 津戸三郎は, 見越し入道の

▼ 入道~ (4, 0.3%)

1 いよいよ深い, の分地, の父忠朝, 方の

▼ 入道信西~ (4, 0.3%)

1 であった, の子, は博学宏才, をし

▼ 入道浄海~ (4, 0.3%)

1 が現われない, に賄, は平家, もいない

▼ 入道道三~ (4, 0.3%)

1 と称した, のこと, の一族, はその

▼ 入道道誉~ (4, 0.3%)

1 が二階堂, に申しつくる, は生駒山, もこの

▼ 入道~ (3, 0.2%)

1 これは, ね, よと云おう

▼ 入道である~ (3, 0.2%)

1 ことは, 事を, 百姓町人の

▼ 入道とは~ (3, 0.2%)

1 松江市から, 涼しいもの, 顔見合せ

▼ 入道どの~ (3, 0.2%)

1 とも称された, の御, の悪い

▼ 入道にも~ (3, 0.2%)

1 人なみの, 辞り, 運命は

▼ 入道ぶり~ (3, 0.2%)

1 がもはや, も異彩, を手ひどく

▼ 入道円心~ (3, 0.2%)

2 の息女 1 の娘

▼ 入道勢源~ (3, 0.2%)

1 のわかれ, の一族, の正しい

▼ 入道~ (3, 0.2%)

1 から金, のこと, の者

▼ 入道~ (3, 0.2%)

1 には敢, のお, の軍

▼ 入道自身~ (3, 0.2%)

1 すら遠慮, の身, はこれ

▼ 入道興里虎徹~ (3, 0.2%)

3 の一刀

▼ 入道これ~ (2, 0.2%)

1 にあり, を築き

▼ 入道じゃ~ (2, 0.2%)

1 な, ないか

▼ 入道~ (2, 0.2%)

1 とある, 臨終に

▼ 入道でない~ (2, 0.2%)

1 ことに, 事は

▼ 入道でも~ (2, 0.2%)

1 幽霊でも, 旅行する

▼ 入道~ (2, 0.2%)

1 のだ, のであります

▼ 入道ひとり~ (2, 0.2%)

1 だけに過ぎません, を以て足れり

▼ 入道みたい~ (2, 0.2%)

1 なやつ, な男

▼ 入道~ (2, 0.2%)

1 に布令, も居ながれ

▼ 入道をも~ (2, 0.2%)

1 そういっ, 驚かすほどの

▼ 入道一鉄~ (2, 0.2%)

1 であった, に託し

▼ 入道丸附~ (2, 0.2%)

1 の家来, の家臣

▼ 入道以下~ (2, 0.2%)

1 あえなく内山, の黒焦げ

▼ 入道伝来~ (2, 0.2%)

1 の, の獅子舞図

▼ 入道信玄~ (2, 0.2%)

1 にはこの, の首

▼ 入道~ (2, 0.2%)

1 入さま, 入斎

▼ 入道勝入~ (2, 0.2%)

1 にはちと, は秀吉

▼ 入道少納言通憲~ (2, 0.2%)

1 の子, の孫

▼ 入道常見~ (2, 0.2%)

1 が陣頭, といふもの

▼ 入道日浄~ (2, 0.2%)

1 の末, の流れ

▼ 入道永観~ (2, 0.2%)

1 はもう, も駈け合わせ

▼ 入道法達~ (2, 0.2%)

1 が泣き声, だの安間了現

▼ 入道盈進~ (2, 0.2%)

1 がおく, までおん

▼ 入道祐親~ (2, 0.2%)

1 から山木兼隆, も手勢

▼ 入道義昌~ (2, 0.2%)

1 が戦死, をここ

▼ 入道道蘊~ (2, 0.2%)

1 が, だった

▼1* [194件]

入道たまながら, 入道あらゆる人びとの, 入道おもわず驚嘆の, 入道からの可否は, 入道こそと憎しみの, 入道こそは弟にも, 入道このような, 入道さながら相馬の, 入道さま大官令さま武州さま修理亮さまそのほか御家人衆, 入道さま民部大夫行光さまだけが伺候, 入道さま相州さまとお呼び, 入道さま等のお, 入道され法名を, 入道したいと頼む, 入道したるなりもし馬琴, 入道しようとこう, 入道ばい坊鬼火怪火陰火の, 入道その子佐渡, 入道その他の人々, 入道ただ一人であったの, 入道だけは泣いてばかり, 入道だのいろいろな, 入道ちらとこの, 入道であったがこの, 入道であり見送る人の, 入道でございますが附, 入道ですが彼, 入道でなければ越中, 入道といふことにな, 入道とか遠くは, 入道としての面目を, 入道とても日和見の, 入道とでさっそく上洛, 入道ともお成りあそばしたら, 入道とを一ッ時に, 入道と共に還りし跡, 入道どろどろどろと, 入道など源氏にとっては, 入道などから見たら義朝, 入道などが十数ヵ所に, 入道などと謀り当時, 入道などというものは, 入道などはたれより, 入道なども必死な, 入道などをも随所の, 入道ならずともとうぜん, 入道ならぬ元の, 入道ならねば野, 入道なればわざわざ, 入道に対しては関白も, 入道のみであった, 入道はじめ三好伊三穴山望月海野筧等六人の荒子姓, 入道はじッと郷士, 入道ばっかりで当, 入道ふと絶句で, 入道または赤橋守時といった, 入道が阻むなら, 入道め荷馬車にでも轢き殺され, 入道やがて頭を, 入道やら軍師の, 入道らしいが実際, 入道をば説き伏せ切れずやむなく, 入道ッ面をあげろ, 入道一刀斎の行く先, 入道一刀斎先生の分け入った, 入道一箇半身にて不思議, 入道万鉄いずれも頼みきったる, 入道三樂齋など頗る, 入道の評判, 入道今川伊勢辺見左京一騎当千という, 入道仏誓をし, 入道以上大将軍六人戦場を遁, 入道休無となっ, 入道信玄ここにあり, 入道信生千葉六郎大夫入道法阿渋谷七郎入道道遍頓宮兵衛入道西仏等の面々今, 入道信輝と聟, 入道兄弟牆にせめげ, 入道光安様とか聞きました, 入道具一切が陳列, 入道具簡もこんど, 入道内府がかつて, 入道円喜が彼, 入道出羽守高崎悪四郎左衛門高直, 入道加賀権守親季朝臣の子, 入道勢源先生をご, 入道北条時頼であった旅僧, 入道参進して, 入道同左馬助大道寺駿河守遠山豊前守, 入道さえ持ちません, 入道周防の大内義弘, 入道善昌へあご, 入道嘉心は此後二十五年, 入道堀口貞満篠塚伊賀守などと入洛, 入道夕菴に命じ, 入道大入道の酌, 入道大入道三ツ目小僧などいい, 入道天罰の明刀, 入道夫人の祖父, 入道まだ来ねえ, 入道如水が大阪, 入道宗伊上原豊前守, 入道宗夢の物語, 入道宗広が彼, 入道宗立三斎殿御事松向寺殿を始, 入道定次の所領, 入道兼の, 入道弐妙恵, 入道少し困ったな, 入道尹時卿の家人, 入道崇顕の声, 入道相国と, 入道広元さま相州さまの御, 入道の中, 入道の薄, 入道もこのごろ, 入道阿が, 入道思元とその, 入道恵性ともいっ, 入道惟方卿の娘粟田口禅尼, 入道懐手の袖, 入道禎と, 入道投げた方が, 入道授戒ことばは違う, 入道昌安の兵, 入道昌山といっ, 入道しあれば, 入道朝敵退治の都立ち, 入道横笛が墓, 入道武実を呼ん, 入道武時以下の一族, 入道武者を見, 入道死出の道, 入道殿下を見る, 入道永観らと共に船上山, 入道河童天狗等のポピュラー, 入道法達らは, 入道法達神宮寺正師などの, 入道爲蓮佛之承, 入道狐狸猫も鼬, 入道玄宣等はおりおり, 入道玄長法師がもろく, 入道甚だ安からず思っ, 入道生活をし, 入道田夫野人の為, 入道直実に行き, 入道相國清盛の平家一門榮華, 入道真性のせがれ三郎盛高, 入道真観といった人, 入道蔵に, 入道石舟斎の身辺, 入道は狸, 入道等覚の門人, 入道終夜思ひ煩, 入道絵図割りをいただい, 入道義昭らの三隊, 入道は鬼卒, 入道聖恩が禅僧みたい, 入道聖秀ともいう, 入道に移り, 入道菊池武時の首, 入道蓮生塩屋入道信生千葉六郎大夫入道法阿渋谷七郎入道道遍頓宮兵衛入道西仏等の面々今, 入道藏書目録などになる, 入道蟄居せり寿永三年八島, 入道の小児, 入道西阿という, 入道西仏等の面々今, 入道西忍が館, 入道門論, 入道見たいにヌツ, 入道覚阿の亭以下四十余宇焼亡, 入道討ち死にの話, 入道諸事深く信仰頼入り, 入道謙信は, 入道逍遥軒をはじめ, 入道道円という者, 入道道西とわかる, 入道道西ほか士分二十余名荷駄足軽の供数十人, 入道道西国府尉右衛門などである, 入道道西神保若狭同八郎右衛門, 入道道遍を通じて法然, 入道道遍頓宮兵衛入道西仏等の面々今, 入道道鬼がまず, 入道江守時政北条郡に, 入道に來, 入道里見義胤らにその, 入道長閑斎というあの, 入道関白の奥書, 入道性房等の, 入道隠居の身, 入道雅経朝臣の挙, 入道雲水ばかり出来, 入道を撫でまわした, 入道高田又兵衛といえ, 入道がと立乱れ騒ぎ