青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「來~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~使っ 使っ~ ~使った 使った~ 使命~ ~使用 使用~ ~使者 使者~ ~來
來~
~例 例~ 例えば~ 例へば~ 例外~ ~侍 侍~ ~供 供~ 供給~

「來~」 37551, 373ppm, 260位

▼ 來~ (8751, 23.3%)

570 のは 269 のだ 243 のです 226 のである 120 のか 119 のを 91 んです 89 やうな 84 のであつ 74 ことを 72 ので 68 のが, 時は 66 もので 6054 やうに 53 のであります 48 ことが, ことは 45 と云 40 のだらう, 時に 39 のでした 38 時には 35 ものと 34 ものである 33 といふこと 323029 ものだ 28 のだつた, ものが, やうだ 27 のでせう 25 といふの, 日にや 23 のも 22 が, のかと, のさ, 時の 21 のであらう 20 のぢ, 樣子です 19 といふ, のと, 八五郎は 18 と思ふ, ね, やうで, 道を 17 ぞ, ぢや, ところで, ものは, ものを 16 ことも 15 ところを, と言, な, のかも, 男が 14 ことに, ときは, と見え, に違, のよ 13 がそれ, ばかりで, 人は, 所の 12 のであ, ので私, ものです, 者が, 自分の 11 と云つて, ものか, 方へ, 樣な, 筈だ 10 かと思ふ, こと, ことだらう, ところの, のかい, のでその, 事が, 女の, 時も

9 [15件] かといふこと, からである, ことで, ことの, ぜ, といふやう, ときには, としたら, のでそれ, やうである, 事は, 事を, 人の, 爲に, 者は

8 [11件] からで, がその, と言つて, もの, ものに, ものらしい, ガラツ八, ガラツ八の, 日には, 時から, 時と

7 [14件] かどう, がこれ, ので自分, ばかりです, わけだ, んで, 一人の, 人で, 來た, 八五郎の, 八五郎を, 時, 私の, 私は

6 [27件] かと云, かのやう, かも知れない, から, ことである, ために, ついでに, といふ話, ときに, と思, にし, のなら, もんだ, やうです, ツて, 人が, 人だ, 女が, 女中に, 彼は, 所で, 方が, 方を, 時私は, 最初の, 男の, 頃は

5 [19件] かそれ, が自分, だけで, といつた, ところだ, と思はれる, のださうだ, のに, ものの, ものも, わけです, 下つ, 平次は, 樣子で, 樣子は, 爲めに, 甲斐が, 相です, 駿介は

4 [43件] お品, がこの, が僕, ことだ, ことにも, これは, さ, といふ事, と同時に, と言う, に過ぎない, のでない, ので彼, ので急, のに氣, ばかりだ, ばかりな, ものであります, ものでない, ような, 事も, 二人の, 人です, 以上は, 八五郎に, 客を, 小馬, 平次に, 平次も, 平次を, 所が, 日本の, 時分に, 時駿介は, 東京の, 樣に, 水が, 筈の, 船は, 話の, 錢形平次の, 頃から, 頃には

3 [98件] が中, が今度, が其の, が渠, が私, しまた, だけのこと, ついでだ, といふわけ, といふ噂, とき彼は, ところでは, とする, とすれ, とは云, など, なア, に相違, ねお前, のかな, のかね, のでもう, ので二人, ので何, ので渠, ので驚い, のや, のやら, ばかりのところ, までのこと, ものぢや, ものであり, ものでありませう, ものな, ものなら, ものなる, もんで, もんです, やうぢや, やうでした, やうにも, ように, よつて, わけで, ガラツ八は, ンだ, ンです, 一本の, 事には, 人々は, 人から, 人である, 人に, 人達の, 人間の, 八五郎と, 大變, 女を, 子で, 客といふ, 山の, 平次の, 序に, 店の, 彼の, 手代の, 手紙に, 手紙は, 支那の, 新助, 方だ, 時お, 時である, 時代は, 時代を, 月を, 樣だ, 樣子, 此の, 澤山の, 男で, 男を, 當座は, 相だ, 筈です, 結果である, 者で, 者の, 色々の, 芭蕉の, 若い男, 荷物を, 許り, 路を, 近所の, 道, 道は, 雜誌を

2 [372件] あとで, おつぎ, おみつ, お光, お宅, お神さん, お米, お菊, お道, お靜, かお前, かといふ, かと問, かと思う, かと思はれる, かと申します, かと自分, かな, かなア, かの樣, からつて, からです, から何, から早速, から私, か何處, か分らなかつた, か又, か知らぬ, がいや, がお, がそこ, がそれから, がつた, がね, がまだ, がもう, がやがて, が今, が勿論, が單, が大, が此處, が辰男, が遠く, が錢形, けれどもその, けれど家, けれど私, ことか, ことだつた, ことであります, ことな, ことにな, さうし, さの次郎左衞門, し, その晩, それは, それを, ぞ來, つもりで, とある, といひ, といふもの, といふ三人, といふ感じ, といふ手紙, といふ方, といふ氣, といふ知らせ, といふ風, といふ騷ぎだ, とおも, とき, ときの, とき私は, ところ, ところに, ところへ, としてもその, とのこと, との噂, とはいふ, とほくそ笑み, とも言, と云う, と反, と同じ, と思はる, と思はれ, と思ひます, と思へ, と斯, と知らせ, と聞い, と聽, と莞爾, と見える, と見る, と言つた, にすぎない, にち, には違, に違い, に違げ, ねえ, のかしら, のでありまし, のであるらしい, のでいつ, のでお, のでござんせう, のでそこ, のでも, ので今, ので伊織, ので何となく, ので其處, ので初めて, ので即ち, ので妙, ので宗助, ので己, ので彼女, ので御座います, ので最早, ので此處, ので遂に, ので非常, のとは, のには, のに何ん, のに反し, のね, ばかりのお, ばかりの時, ものかと, ものかも, ものさ, ものだらう, ものでなく, ものらし, ものらしく, もんだらう, やうだつ, よう, ようです, よくお, よと門口, よ來, わけが, わけだつた, わけであります, わけである, アーサー, ガラツ八が, ナ, 一つの, 一切の, 三人の, 三四年以來の, 三輪の, 上で, 上は, 上を, 下女に, 下男の, 不幸な, 中年の, 中津川と, 主人の, 事, 事な, 二三の, 人たちの, 人ぢや, 人と, 人とも, 人達だ, 人達も, 人間が, 人間です, 人間では, 人間を, 仲間の, 位だ, 僧たちも, 先生の, 入口の, 八五郎も, 内儀の, 動機が, 千代子を, 原因は, 友人が, 友達の, 叔父さんと, 叔父の, 呉葉に, 呉葉の, 四人の, 土地の, 外に, 多くの, 夜道の, 女で, 女中は, 奴に, 妹の, 妻の, 姥は, 姫の, 娘だ, 娘の, 嫁の, 子な, 子の, 子供は, 學問である, 客の, 家中の, 家人の, 家持の, 家持も, 家職を, 家長老等にも, 平次です, 幽鬼の, 庭の, 建物の, 弟に, 弟の, 彼等は, 後な, 後に, 後世にな, 思想で, 息子の, 感じも, 我れ, 所は, 所を, 所以である, 手代に, 手紙の, 手紙を, 支那留學生の, 文化の, 文吾は, 新らしい, 方で, 方です, 方の, 方は, 方角だ, 日に, 日の, 時が, 時ちようど鷄が, 時で, 時でした, 時とは, 時にも, 時よりは, 時代の, 時僕は, 時分の, 時分は, 時彼は, 時文吾の, 時私の, 時自分は, 時馬を, 書が, 書である, 月が, 有名な, 木を, 本も, 材料は, 材料を, 東は, 樣である, 樣子が, 樣子だ, 樣子でした, 樣子も, 歌を, 歴史は, 母は, 民俗である, 氣が, 氣勢が, 水を, 汽笛代用の, 汽船が, 清治の, 源太郎の, 源氏の, 燒酎を, 物が, 猿が, 生活が, 用人の, 由來を, 男です, 男一が, 畫因が, 當座に, 癖に, 目の, 瞬間から, 社會で, 神の, 神祕感の, 私に, 私には, 程で, 積りだ, 笹原は, 美佐子の, 者である, 者なれ, 者も, 胸を, 自分が, 船が, 茶を, 荷を, 處だ, 處で, 處な, 處を, 西洋の, 言葉で, 記憶, 訣である, 話な, 話を, 譯では, 赤ん坊に, 路の, 身を, 身狹乳母は, 車も, 返事を, 連中が, 道が, 道に, 道徳的な, 邑, 部分に, 酒を, 重さ, 重苦しい家, 金の, 金を, 銘仙の, 間かう, 雄鷄, 雨を, 霞の, 霧の, 青年の, 非感覺的, 頃の, 類書も, 風の, 風呂敷包を, 風習と, 養子の

1 [3181件 抜粋] あたりの, あの想念, あれだけの, おきみ, おれが, お前が, お孃さん, お新, お河童が, お盆を, お葉, お酒, かえ, かとお, かと思はせる, かと聞け, かは無論, かみな, かも知れぬ, からいう, からし, からであります, からとてすぐ, からなので, からには義理, からをぢさん, から不安, から俺, から宿屋, から最, から義雄, から逃げなさい, かわからない, かを衝き止めよう, か一寸, か俺, か宵の口, か散々, か測り知れない, か知, か縁側, か言, があれ, がいよ, がここ, がそれでも, がどうも, がま, がアツシジ, が三味線, が二人, が今日, が何等, が先樣, が其時坂井, が到頭, が同君, が失明後, が少女, が彼, が思ひ直し, が挨拶, が最初, が死骸, が現在, が相, が第, が要するに, が途中, が邊鄙, が門, ぐらゐでは滿足しない, けれどまだ, けれどもん, けれど漢代, けれど雨, こととは, この一刻千金, この心境, この郷, ころまでは, しいつ, し一合, し彼女達, じつに優美, ぜもう, そしてこれから, そして船足, その原稿全部, その姿, その自分, それ等は, ぞ持っ, だけに却つて始末, だけの金, っけ, づらよ, という次第, といふくら, といふは適切, といふ亡くなつた, といふ山魚, といふ投げ, といふ江戸, といふ記事, といふ騷ぎでさ, とかで, とか氣, ときから, ときオランダ國王の, とき小便を, とき源吉は, とき順吉は, ところでした, としか思はれなかつた, とても何, となにげなく, とはわれ等, とは知らなかつた, とほのめかし, とも云, とやう, と云つて齋藤氏, と勘次, と思う, と思ひました, と慨嘆, と考へ, と自信, と語る, どごろ, なと思つて我慢, ななえ, にしろ, には相違, に過, ね何處, のから, のちの, のであれ, のでからだ, のでございませう, のでそれで, のでまた, ので一度, ので二三日無沙汰, ので優しい, ので再説, ので取外した, ので唯, ので外國掛, ので寸刻, ので心, ので意, ので是非さ, ので枕, ので死骸, ので牛肉, ので知つて, ので腰衣, ので見る, ので質素, ので部屋, ので間もなく, のなら知らず, のに何, のに氣附, のに餘儀, のよジエィン・エア, のジエィン, は何, ばかり, ばかりに女ども, ばかりの人, ばかりの新, ばかりの訪客, ふうで, までだ, ものかな, ものでございます, ものとばかりも, もののもうどうしても, ものの話, ものらしく思はれる, やうでございました, やつを, よど, よ確乎, わね, んでいつ, んで時分, アーチで, ガラツ八飯を, ゴオドは, タバコといふ, ナと思ひ, ネタぢや, バーといふ, ボーイを, ルリの, 一人は, 一大帆前船あゝ, 一枚の, 一群の, 七月初には, 三人が, 三四尺の, 三藏の, 上吐月峰を, 下女の, 不安に, 不義の, 丹波丹後あたりの, 主婦たちには, 乏しい蒐集, 事かなどと, 事と, 事よと, 事情解禁の, 二三人の, 二百兩の, 五人の, 五項の, 人, 人々も, 人でも, 人を, 人波其處に, 人達は, 人間でない, 今の, 今日では, 仕事の, 代官が, 以前に, 仲直りが, 伏見の, 佐々兼武が, 何人と, 佛蘭西の, 供の, 修業史である, 傳統的な, 兄だつた, 入江の, 八五郎だ, 六十近い, 其借金の, 出方は, 列車が, 前に, 加奈太政府の, 勢を, 十手は, 即ち形式的, 參詣の, 友達が, 取引の, 古兵としての, 合成酒のせゐ, 含嗽茶碗を, 品々は, 喜ばしい大, 囘教文學の, 國債の, 土地が, 土産物の, 場所かなんぞの, 境遇の, 夕立の, 多美治, 大きな面皰, 大坪石見と, 大番頭, 太子傳には, 奇妙な, 女でした, 女中の, 女馬ぢや, 奴なんか, 好い男, 妻が, 姉の, 娘とも, 子だ, 子供づれの, 學生だつた, 安井が, 定吉は, 家は, 宿屋の, 寛永から, 寮の, 封金に, 小さな圓, 小型の, 小染, 小説は, 少くとも, 局面に, 山男の, 岬も, 川越明仁堂の, 常識, 平次と, 年に, 幾年の, 弟たちの, 彦といふ, 彼らは, 後には, 御眞筆, 心の, 志村の, 恥辱が, 愛蘭は, 感銘では, 戀をばかり, 戲曲を, 手ぎはは, 手紙では, 手踊りの, 支那留學生などが, 故餘り, 數字に, 文吾が, 新しい畑, 新國劇, 方でございました, 旅人が, 日も, 日本海の, 昔は, 時あんまり, 時すぐ, 時です, 時のを, 時もう, 時ポッチリと, 時上の, 時他の, 時代も, 時分敏達天皇頃, 時十三兩三分の金は, 時外に, 時帳箱の, 時急に, 時机の, 時父が, 時病人は, 時自分國許の, 時買つた女のちひさい, 晩は, 曲者の, 最初で, 木靈が, 本は, 机を, 東海道の, 柄の, 桃色の, 森口は, 槎, 樣子ぢや, 櫟林に, 次第まで, 此時分から, 此變化が, 武家の, 死が, 母親だつた, 氣に, 水の, 氷島人等は, 汽車は, 法律で, 泥棒が, 浪人者の, 涙に, 淺葱の, 湯槽の, 濱子が, 灰それを, 無力感は, 熊の, 爲か, 爲めである, 父にも, 片身だ, 物理學は, 犬めが, 猫かの, 獨活の, 玉ちやんが, 珈琲に, 現實, 甚助の, 用事と, 田舍の, 男だ, 男も, 町の, 畜類と, 當初だけさ, 當座びつくらしてしまつてそれぢや, 疎開者に, 痛さ, 白い花, 皺は, 目には, 目録が, 相で, 眼には, 矢を, 短刀を, 石鹸や, 神無, 私などが, 秋の, 程どの, 稻田の, 立派な, 笹野新三郎は, 米桃の, 紙を, 細君の, 結果の, 網嚢入のを, 繪はがきの, 群と, 羽織に, 翌日門の, 老紳士, 者には, 耽美主義の, 背の, 自分には, 自轉車, 舊唐書などは, 船を, 花が, 若い浪人者, 若しくは海, 若造だ, 茸は, 菠薐草で, 落着きが, 蓙が, 藝文類聚初, 處さ, 蛾の, 血を, 西洋人の, 親分の, 觀の, 記憶から, 試驗期を, 話なぞを, 諸制度, 證據ぢや, 譯の, 豫備特務曹長の, 貸端艇, 足跡です, 蹴球に, 身體が, 輪に, 農産物, 通りまた, 過去の, 道へ, 部屋から, 都會生活の, 醉ツ拂ひだ, 野呂は, 金では, 金米糖なぞを, 錢である, 鐵砲の, 長論文, 阿良里と, 階段の, 隨つて自分の, 雜煮の, 雨に, 電報の, 青い竹の子, 青竹とで, 音とは, 頃な, 頃博士は, 順吉の, 顏の, 飼犬でも, 馬にも, 駒平がお, 驛の, 高津川の, 鰯の, 黄色い麥藁

▼ 來~ (8597, 22.9%)

293 のを 217 のである 181 のは 180 やうに 127 のだ 116 やうな 86 のです 84 のが 83 といふ 64 んだ 63 ことが 56 が宜, と, のであつ 52 と云 44 のでした 4140 ことを, でせう, ものは 39 のか, もので 38 のであります 3736 ことは, のも 35 がい, ことなら, ので 33 かも知れない 32 樣に 31 と思ふ, ものか 30 ことに 28 ことで 27 んです 24 ことも, と私, ものが, 時は 23 やうにと 22 前に, 筈は 21 のだつた 20 ものも 19 といきなり 18 かどう, から, ぢや, ように 17 であらう, と平次, ものと, やうで, を見 16 に違, ものだ, ものを, 筈だ 15 のであらう, ものでない, わけは 14 ことにな, ともう, もの 13 とお, とその, のだらう, ものです, わ, 度に, 樣な 12 からである, だけの事, ところの, とそれ, ものである, 事は 11 だけ早く, と思ひます, 事に, 人の, 者が 10 ぜ, と言, と言つて, ような, 前から, 筈の, 筈も, 間に 9 うちに, かも知れぬ, ことぢや, とこの, と同時に, ものぢや, を待つ, 人も, 日も, 時に

8 [12件] ことの, つもりで, と何, と思, と急, やうだ, を, 事が, 事も, 人を, 可き, 者の

7 [21件] か出, さ, だけ自分, だけ詳しく, とあの, といふやう, ところを, と云つて, と其處, と思つて, の, のに, ばかりで, ものなら, んだらう, 人が, 所の, 時, 時には, 樣子です, 筈が

6 [27件] かと云, かと思ふ, か來, くらゐ, こと, ことである, さう, ぞ, だけその, だけで, といふ話, とすぐ, と直ぐ, のであ, やうです, んぢや, 丈け, 人は, 女が, 所を, 筈である, 者は, 者も, 者を, 途中で, 頃には, 風に

5 [34件] かそれ, かな, かも知れません, がよい, ことだ, たびに, ために, だけ多く, といつた, と丁度, と大, と彼, と自分, にし, ね, のぢ, のと, のよ, ばかりである, までの間, もんか, ようにと, を迎, んでせう, 事を, 人に, 夏の, 彼の, 時の, 樣で, 氣が, 男が, 者, 足音が

4 [68件] かい, かしら, かといふ, からね, か八, か分らない, か否, が, がその, がそれ, けはひ, ことか, ことと, さうです, し, し又, ためには, だけのこと, といつ, といふ自信, ところには, とする, とまた, ともなく, とよく, と今度, と僕, と前, と彼女, と渠, と考へ, と聞い, に從, に決つて, に相違, に逢, のかと, のかも, のなら, のにも, のに會, ものであります, ものでなく, ものの, わけだ, わけである, 一人の, 事なら, 八五郎の, 冬の, 場合が, 外は, 奴が, 姿を, 方が, 日の, 日を, 樣だ, 樣子も, 歌を, 毎に, 氣に, 涙を, 程の, 筈です, 筈に, 限りの, 風が

3 [98件] かといふこと, かと思つて, かもしれない, かも知れん, からそれ, からだ, からと言, かわからない, かわかりません, か私, たんびに, だけいい, だけそれ, だけ私, といふ信仰, とかの, とか言つて, としよう, とすれ, と主人, と今, と八五郎, と早速, と此有樣, と氣, と見, と見える, と風, にせよ, にち, には來, に從つて, のさ, のだつたら, のであり, のでせう, のに氣, は, まで, まで待つ, やうぢや, やうにといふ, や否, や否や, わけが, を見る, ンだ, 一つの, 一種の, 丈けの, 中に, 人々の, 人だ, 人で, 人間ぢや, 位に, 八五郎です, 力が, 場合も, 夜の, 女ぢ, 客は, 客も, 小鳥の, 工夫は, 彼は, 彼を, 感じの, 感情を, 是れ, 時が, 時分に, 月の, 有樣, 柄では, 樣子は, 此の, 氣づかひ, 氣も, 水の, 海の, 滿悦を, 男に, 男の, 私は, 私を, 種類の, 筈で, 者に, 自然の, 藝ぢや, 譯である, 途中に, 途中も, 限り, 雲の, 風の, 風は

2 [340件] お鳥, かとまた, かと夢, かと思へ, かと訊いた, かね, かも知れず, からそしたら, からそれで, からで, からです, からね向, から何卒, から待つ, か一生, か知らぬ, か知らん, ことすら, ことです, ことでない, ことな, ことなどは, ごとに, さうだ, さうで, さうな, さに, しその, しそれ, し日暮れ, す, そこに, その時, その響き, それが, それは, だけ, だけお, だけだ, だけで滿, だけの助力, だけやつ, だけゆ, だけよく, だけ多, だけ完全, だけ忠實, だけ氣輕, だけ生き生き, だけ苦痛, だけ足, だけ遠く, だけ靜, ちやうど, つて出, つもりな, とあなた, とある, といふ風, とき, ときには, ときは, とき私は, とこれ, ところから, ところだつた, ところに, ところは, ところへ, とさすが, とす, とつい, となる, とは思はれない, とまるで, とも, とやがて, とガラツ八, とハタ, とヤン, と一, と一人, と一足先, と不平, と二人, と二階, と何やら, と何ん, と例, と元, と先刻, と同じ, と多, と奧さん, と少し, と左側, と後ろ, と御, と思つた, と手, と日, と旦那, と智惠子, と最早, と村, と東京, と橋, と此方, と氷峰, と熱い, と燒, と畑, と皆, と目, と祖母, と突然, と縱横, と聞, と聞いた, と自, と臺所, と蚊帳, と言う, と誰, と賣る, と途中, と遠く, と遺書, と部屋, と間もなく, と雨, と馬, と高い, と齒, な, など悉皆, にあ, におい此娘, にした, には及ばない, にも及ばぬ, に仕方, に及ばぬ, に及び, に會, に身心, のかい, のかね, のださうだ, のでお, のでございます, のでなけれ, ので斯, ので自然, のとは, のに目, のみならず, の出來, の日, の途次, はやく癒つて, は來, は萬年町山伏町, は誰, ばかりになつ, ひよめきの, ほどのお, ほどの心, ほど彼岸, までには種々, までの時間, まで其處, ものかと, ものだらう, ものであり, もので無い, ものとしか, ものな, ものに, ものやら, もんだ, もんぢや, も來, も此處ら, やうにも, ゆふ, ようです, よと捨て, よりやがて, わけで, わけにも, わね, をば待, をみ, をり, を今や, を待, を見た, を見よ, を見れ, んや, ガラツ八の, チイパツパ, 一切の, 一粒選りの, 事, 事である, 事なれ, 事やら, 二三人の, 二人の, 二十七日迄に, 人, 人々が, 人でも, 人毎に, 人物は, 人間が, 人間です, 仕事を, 以上は, 以前に, 位だ, 僥倖を, 元に, 八五郎は, 八五郎を, 分には, 前は, 前觸, 古い留學生, 古刀自, 可能性が, 夏も, 夕方の, 太吉郎の, 夫を, 女を, 奴なら, 子が, 學生が, 客が, 實に, 少し前, 平次の, 年の, 年も, 度毎に, 弟を, 彈丸は, 彌次馬を, 心の, 必要の, 愉快な, 愛の, 感じで, 所が, 折も, 旅客こ, 日が, 日で, 日は, 春は, 時分には, 時刻が, 時都合が, 暗い濠端, 朝の, 樣である, 樣子が, 樣子だ, 樣子だつた, 樣子で, 次第である, 歳では, 毎目, 氣の, 氣は, 氣遣は, 水が, 汽車の, 浪の, 物かな, 生活に, 田舍ものも, 男ぢや, 畏しい, 當麻曼陀羅の, 當麻路の, 神あり, 神來の, 神樣が, 秋の, 空の, 空を, 笑ひ, 筈だつた, 筈なし, 筈にな, 美登利が, 者で, 者には, 聲は, 肯定の, 自分は, 船を, 花の, 萬燈は, 處は, 處を, 術も, 見込は, 訣である, 訣な, 譯が, 譯な, 譯にも, 貿易船は, 跫音を, 軍勢の, 迄には少し, 迄は誰, 道が, 道は, 道を, 間この, 限りは, 電車も, 電車を, 音の, 音を, 頃, 頃に, 頃は, 頃まで, 類型と, 髮の, 魚が, 鳥の, 點に

1 [3396件 抜粋] あたりでは, あらゆる音, えなみさん, おばあさんを, お姫樣, お正月, お鮒, かぎり多量の, かといふ新しい, かと尋ね, かと思ひ取られた, かと自問, かな迫る, かもわからない, からあす, からその, からと一時, からと手金, からなア, から不思議, から十年, から妙さ, から採用, から父, から訊い, かわからん, か何, か判, か惡戲者, か知れない, か見, があく, がそこ, がエレフワンチン, が僕, が化石, が地上, が如き, が態, が活字, が肚, が西洋人, くらゐである, けれども併, けれども第, けれど自分, ことおそく, ことなら遣ります, ことアない, この夜ごろ雲, さざら波, さ坊主, しそんな, し困つた, し指導者, すべて, そして僕, その殖え, その雪, それには, ぞぢ, ため危急の, だけし, だけたつ, だけの一致, だけの外光, だけの材料, だけの補助, だけは融通, だけスポオテイヴ, だけ之, だけ元, だけ善い, だけ威勢, だけ平明, だけ息, だけ搜, だけ映, だけ氣さく, だけ澤山吸, だけ相手, だけ精密, だけ膨らます, だけ裸體, だけ調べられた, だけ輝かしく, だけ鈴, だけ鳴け, つもりか, で浮び上らう, という想念, といふその, といふ前, といふ好運, といふ時にはじめて, といふ決心, といふ結論, といふ飯, といろ, とかへつて, ときつ, とき人は, とき稻莖は, とここ, ところであつ, とさてと, としても如何, とすっかり, とその後, とぞろぞろ, とだしぬけ, ととたんに, とながい, との評判, とは何事ぢ, とは預期しなかつた, とべら, ともん, とも此約束, とやはり, とオグデン氏, とフト八五郎, とムカムカ, と一段落, と上, と主張, と云つて約束, と人々, と今井君, と低く, と何時もくるり, と信じた, と健吉, と先程驛, と共に死, と兼吉, と力, と南瓜, と反身, と向う, と唯もう, と均平, と大急ぎ, と太兵衞, と好かつた, と孝子, と家中, と專次さん, と屹度, と庭, と彼等, と心, と思う, と思ひ込ん, と惡, と戰爭, と手近, と文化, と方々, と明日, と智, と木の根, と枕元, と樟腦, と母堂, と河, と流石, と源吉, と然し, と申し, と當然, と目明, と眺め, と神田中, と立川景子, と約束, と結び燈臺, と老人, と腰, と船, と苦, と蜂, と裏, と解すべきである, と話相手, と貴, と躄, と近所, と道路, と銀之助さん, と間違, と電燈, と顧みたれ, と黒山, どころかてんで, なとうとう, などは十七文字, なんざ, な樹樵來, にきまつ, につれてその, にはお, には皆んな, にも拘はらず, に及ばない, に從ツ, に誰, に隨, のであった, のでことさら, ので一先國元, ので大抵一本, ので心配, ので此, ので渠, ので私, ので遽, のにつれて, のに實, のに逢, のねそれから, のをと, はつねに, は去るである, は座がしら, は海, ばかりのヴェリチャーニノフ, へし, ほどで, ほどに私, ほどをだに, ほど確か, まであつし, までどこ, までにはちよ, までに成人, までの四半刻, までの途中, まではま, までは死骸, までひどく, までジエィン・エア, まで半, まで押え, まで義男, まで陰氣, ものかなと, ものときまつ, ものなれ, もの四つの, もんかよ, も當然, やうであれ, やうにとの, やも知る, や古, や自分, ゆゑ小兵衞は, ようにも, より受取, わけぢや, わけも, をいふ, をねが, を半四郎, を宜, を待設, を招く, を眺め, を粂之進, を許されしや, んじ, んで困つ, イドメネー, クローヂヤスは, ツマリ印度の, ニユースを, フン種族の, ラヂオの, 一人一人を, 一年一度の, 一臺の, 一陣の, 丈は, 丈幸福に, 三丁目の, 上に, 不吉な, 不氣味さ, 丸い欄干, 亂刄避け, 事であります, 事ツて, 二十五日拂曉橄欖島の, 亞剌比亞からも, 人たちによ, 人とて, 人家は, 人車と, 人間でも, 仕掛にな, 伊太郎です, 佐渡の, 何物も, 使者が, 信吾の, 倨傲の, 僥倖は, 兄哥は, 光景が, 共少し, 其の悠長, 其男は, 冬, 凉しい, 刺戟を, 前上州の, 力感と, 勞働者を, 十日迄に, 印象は, 原稿を, 口もとを, 同年輩の, 周三と, 唯一の, 單調なしらべである, 國友の, 地方の, 塲所が, 夕闇の, 夜と, 夥しい事件, 大潮の, 天文學の, 夫我子をも, 女の, 奴です, 好意を, 始末だ, 娘さんにも, 婆あや, 嬉しさ, 子供にも, 存在で, 學者で, 定吉は, 客とては, 家でなし, 寸法さ, 小娘が, 少數人, 工夫が, 常次, 年毎に, 幾多の, 張合ひ, 影だに, 彼方に, 後までも, 心靈が, 急激に, 息が, 惡戯に, 感じが, 態度, 我ヂュウスは, 戰暴れ, 所にて, 手紙は, 折柄三更を, 損害を, 故何分穩便, 敵を, 文藝も, 新聞紙を, 方を, 日だけ, 日雇人とが, 明るさ, 時いかばかり, 時にも, 時わが, 時代是が, 時山の, 時溪流中に, 時節も, 時間よりも, 智識を, 曲者の, 月給な, 望みも, 木の葉を, 村を, 林檎や, 植物だの, 模樣が, 樣にも, 權利が, 歡樂哀傷の, 死と, 母と, 氣かも, 氣持ちな, 氣遣ひ, 汐風の, 河を, 泥棒は, 涙の, 滔々たる, 激浪が, 灯影に, 無氣力, 熊蜂の, 爲め五十嵐が, 物が, 物貰ひでは, 状の, 珍しい人, 生徒でした, 用人平助の, 甲子は, 男だらう, 畑が, 痛さ, 白紙の, 直き, 眞下でと, 石段を, 神が, 神女かれ, 私の, 程なら, 種は, 空腹を, 筈な, 精一杯の, 細き葉, 結果で, 繪紙の, 義雄自身も, 者たちの, 聯想によるのみ, 脚から, 自己隱閉の, 與助と, 花川戸の, 若旦那かへと, 茶入や, 葡萄が, 薄暮と共に, 處ぢや, 蚊を, 行粧は, 西南の, 要求の, 親類だけでも, 話で, 論爭にな, 譯は, 貧しい老爺, 越後者が, 跡には, 軍馬の, 迄にはまだ, 迄に變, 迄は夜, 迄は竊, 迄家, 迎へ, 逆流水, 途中には, 途中須田町に, 遊冶郎の, 道から, 道徳と, 道者の, 醉と共に, 野郎ばかり, 金五郎でない, 錢錢錢薄暗い, 間は, 限りたのしまれ, 限り居る, 限り長い, 隙の, 雨を, 雲さ雲が, 電車の, 青年達や, 音に, 頃です, 順序を, 顏に, 飛衞に, 餘地さへも, 馬子も, 鬼どもが, 鰻の, 黒い脚

▼ 來~ (6742, 18.0%)

163 ゐた 130 ゐる 118 くれ 99 ゐるの 64 ゐて 61 見ると 42 居る 39 ゐると 38 下さい 31 くれた 30 見れば 29 來た 27 くれと, 居ります, 見て 26 しまつ, ゐたの 25 居るの 21 それを, ゐること, 來る 20 ゐるので 19 居た, 私の 18 くれたの, ゐるやう, 呉れた 17 それが, ゐたので, ゐるん, 居て 16 くれました 15 ゐます 14 居ると 13 何か, 自分の 12 くれて 11 ゐない, ゐなかつた, ゐるから, ゐるが, ゐるもの, 居たの, 私は 10 呉れ, 私を 9 いる, そこに, みると, ゐたが, ゐるか, 居りますが, 居ること

8 [12件] いた, くれたので, ゐながら, 一緒に, 下されば, 呉れと, 居りました, 居りまして, 居るが, 居るので, 貰は, 貰ふ

7 いるの, くれたり, くれないか, さうし, ゐるのに, 來ました, 始めて, 居つたの, 彼は, 立つて

6 [15件] くれると, くれるやう, くれれば, ゐる人, 下さいよ, 來て, 居るから, 居るやう, 平次の, 彼の, 待つて, 急に, 教へて, 氣が, 見るが

5 [30件] いろ, くれないの, そつと, とう, もらつて, やつた, ゐたから, ゐても, ゐました, ゐるで, ウロウロし, 下さるやう, 下すつたの, 主人の, 二人で, 何を, 呉れるの, 呉れろと, 坐つて, 居つた, 居ます, 居るもの, 店の, 私に, 置いて, 見せて, 貰ひ, 踊らぬか, 間も, 飯を

4 [56件] おくれ, お前は, くる, くれたこと, くれなければ, くれましたが, くれるの, しまつたのです, しまつてゐた, それから, それと, それも, ならなかつた, ゐたと, ゐないと, ゐは, ゐますよ, ゐるといふ, ゐるところ, ゐるに, ゐる自分, 一と, 下さいました, 下さるの, 下すつた, 之を, 二人の, 云ふ, 今では, 今の, 今度は, 例の, 僕の, 僕は, 前に, 君の, 呉れたの, 呉れたので, 呉れて, 家の, 居つて, 居るのに, 居るん, 山の, 床の, 手を, 日本の, 植ゑし, 男の, 腰を, 自分は, 蒔き來, 部屋の, 難波に, 非常に, 頂戴

3 [84件] ある, お前と, お爺さんの, お目, お茶を, お靜, ください, くれさうな, くれたお, くれたか, くれたな, くれたん, くれといふ, くれる, くれ手, しまひました, すぐに, その中, それに, ちよつと, ぴたりと, やる, ゐたこと, ゐたやう, ゐたん, ゐた事, ゐないの, ゐないやう, ゐるし, ゐるぢ, ゐるよ, ゐるン, ゐる上, ゐる樣, ゐれば, 一しよ, 下さいな, 下さいツ, 主人を, 二人を, 人を, 今まで, 今日では, 他の, 何も, 何刻に, 何處へ, 來ます, 其を, 前の, 呉れたり, 呉れた時, 呉れるもの, 土間に, 居たので, 居たん, 居ない, 居ますが, 居るさ, 川の, 彼に, 後から, 御覽, 戸を, 死骸を, 母と, 水に, 渠の, 火を, 私が, 立つた, 義雄の, 自分も, 見せました, 見てくれ, 見るがい, 話を, 貰つた, 貰ひたい, 輕く, 遊んで, 錢形の, 靜かに, 鳴け

2 [345件] あげます, あたりは, あつしに, い, いつた, いなかつた, いふには, いやな, いらつし, いるん, いろいろと, おくん, おせい, おれは, お前が, お前の, お呉れ, お呉れだ, お孃さん, お駒, かう安らか, かの女, きた, くるもの, くれさ, くれたから, くれたが, くれたね, くれたもの, くれたをば, くれた人達, くれてから, くれても, くれない, くれないと, くれまして, くれません, くれませんよ, くれよ, くれるだらう, くれるだらうと, くれるもの, くれる事, くれる人, くれ氣, くれ給, くんねえか, けれや, こ, こと, この島, この店, これで, これは, これを, ごらん, ごらんなさい, さう, さまよへば, しかたが, しまつたのだらう, しまつてゐる, しまへば, そこから, その上, その人, その大國主, その時, その虻, たうとう, たまるもの, ちやうど, ちらと, ついて, ならない, ふうと, ふと足, ぶら下, ませんか, また急, まだそんな, みた, みたが, みのるの, みれば, みんなに, やると, よりの, われは, ゐたかも, ゐたもの, ゐた人々, ゐた時, ゐた若い, ゐては, ゐないが, ゐないで, ゐないん, ゐますが, ゐるうち, ゐるお, ゐるかと, ゐるかも, ゐるだらうが, ゐるとか, ゐるとは, ゐるね, ゐるのよ, ゐるんで, ゐる下, ゐる事, ゐる位, ゐる姥, ゐる彼, ゐる感じ, ゐる時, ゐる筈, ゐる者, ゐる間, ガラツ八の, ザツと, ドアを, ドカンと, 一人の, 一度に, 下さいと, 下さいといふ, 下さいね, 下さいませんか, 下さつた今朝, 下さらないの, 下さらぬの, 下さりました, 下されたと, 下されと, 下され私, 下男の, 不意に, 世話を, 中にも, 人の, 今は, 仕方が, 以來それは, 住んで, 何といふ, 何の, 何時もなら, 佛樣の, 停つた, 僕に, 元の, 兄の, 先に, 先生の, 兩國の, 其處に, 助けて, 匕首を, 千代松の, 厭やに, 又驅, 君は, 呉れたこと, 呉れない, 呉れないの, 呉れました, 呉れませんか, 呉れると, 呉れるとは, 呉れる人, 呉れる時, 呉れれば, 唐の, 唯一宇あつ, 困つた, 國語の, 土間の, 坐つた, 坐ると, 壁に, 夜の, 女の, 姫の, 婚禮の, 子供の, 寢る, 居たが, 居たつけ, 居たと, 居たり, 居た男, 居つたもの, 居ても, 居ながら, 居なさる恐ろしい, 居ますよ, 居まする, 居りましたが, 居りますから, 居ります例へば, 居るお, 居るし, 居るで, 居るよ, 居る譯, 島の, 巣を, 帳尻を, 平次と, 平次に, 年の暮れに, 幾度も, 床に, 店へ, 座敷の, 庭の, 彌三郎, 彼と, 彼れ, 彼を, 彼等の, 後には, 後ろから, 徐, 御米, 心が, 忘れたま, 怪しんで, 愉快で, 憚りなく, 戀人の, 我が名, 或る, 扉を, 手に, 挨拶した, 斯う, 日の, 昔の, 朝は, 木戸を, 杉枝の, 棄てやあ, 森の, 止る位, 母屋の, 氣の, 氣を, 水の, 水は, 汝を, 泳いで, 洗滌を, 浮んで, 渠は, 漸く本屋, 灯の, 無理やりに, 無造作に, 煌々と, 爲方が, 父親の, 犬の, 瓶に, 用を, 疾くに, 皆の, 皺一つよせぬ, 相應, 相變ら, 眼に, 眼の, 眼を, 石を, 私たちは, 私たちを, 私と, 私共を, 私達の, 秋に, 穴填, 窓の, 窺ふ, 立かけし, 結構だ, 綺麗な, 義雄に, 聞いて, 聲を, 胸に, 自分で, 自分を, 自然に, 色々な, 菓子を, 行く, 衣通姫が, 襖を, 見せた, 見たころ, 見たところ, 見たの, 見たま, 見たん, 見た時, 見た目に, 見ても, 見な, 見ないかと, 見ろ, 見ろと, 見張つて, 見給, 覗いて, 言葉を, 護摩を, 貰つたが, 貰つたの, 貰ひたいと, 貰へ, 身を, 轡をが, 追ひ, 過ぎて, 醫者は, 鍵が, 長い間, 門を, 陽の, 階段の, 障子の, 雨の, 雪の, 頂いたの, 頂き度, 頂くやう, 頂戴よ, 頭の, 顏を, 食事を, 馬車に, 駿介は, 鳴く, 鳴くの

1 [3682件 抜粋] あがり口, あげやせう, あつしの, あなたは, あの屏風, あはれあはれ空し, あるから, ある二輛, あんまりひどい, いきなり刺された, いくつかの, いたの, いつの間にか足掛五年, いないので, いやに, いるそれ, いろりの, うつるかと, うんと脅かされた, おくれそれから, おさまりが, おどおどし, おや旦那, お世話に, お家で, お正月が, お皆, お若, お辭儀, かうから, かならず瀬戸神社, きいて, くださるな, くだすって, くれいよ, くれたくら, くれたと, くれたらしいが, くれた位, くれた森口, くれては, くれなくちや厭, くれぬ鐡砲百合, くれよと, くれるとは, くれる情報, くれろや, くれ玉, くんねえが, ことことと, この古宇村, この山麓, この男, この風景, これが, こんな口, さがして, さては論文, しきりに鳴い, しまつた, しまはない, しまふのに, すぐその後, すつかり, する事, そこで技手, そしてぶる, そのあと, その下, その側, その妻, その後すぐ, その春, その病院, その谷, その鳴く, それからズーツ, それだけだ, それには, そろ, たちの, たのみも, ちよツと, つどふよろこび, とまりたれば, どうしても食べ, どこへも, なくては, なほ四五ヶ月胃腸病院に, はか, はては印度洋, ひとり杖を, びつくりした, べつにどうと, まあ貴方, またそれ, また走り出した, まだ十五六丁, まゐりました, みたのす, みれこれ, もうだいぶに, もう三週間, もう少しで, もらつたらと, やすが, やらねえぞ, やるわ, より一月, より既に八日, わが傍, わたくしを, ゐさうな, ゐたけれど, ゐたのに, ゐた二十, ゐた山陰線, ゐた本, ゐた窓外, ゐた醜, ゐないさ, ゐない時, ゐまい, ゐません, ゐよう, ゐるかといふ, ゐるぞ, ゐるつて, ゐるよなんて, ゐるんでね, ゐる人事相談, ゐる大岩, ゐる小さな, ゐる手前, ゐる木賃宿, ゐる水上, ゐる畝, ゐる若い, ゐる身の上, ゐる風, アプロヂュテーヂュウスの, エレンが, コソコソと, ジヨバンニに, チフス後は, デカルトに, ハリーと, フツト自分ながら, ヘーレー何を, ホッと, マジマジと, ユックリと, 一々此戸, 一ぺんに, 一先づお前を, 一寸嗅ぎました, 一局二局と, 一日を, 一時間許り, 一生懸命で, 一睡しない, 一部は, 七日の, 三人は, 三日間興行を, 三週間程, 上げるからね, 下さいそつ, 下さいます, 下さい清次郎, 下さつたん, 下さるか, 下さる樣, 下すつたわねえ, 下にも, 不思議さうに母を, 且口説い, 中央支那の, 主人に, 乾された薄板, 了ツた, 二三度も, 二十歩と, 二重の, 五人も, 些々擽る, 亭主の, 人數を, 今さら氣, 今度入獄すれ, 今朝三輪の, 仕へて, 以來一週間も, 以來毎晩斯うし, 仲間に, 休む仕度, 何かを, 何やら家, 何彼と世話, 何本も, 佛像から, 便所へ, 俺と, 傳説的な, 僕がわ, 兄貴を, 先刻から, 兎に, 全く妙, 兩手で, 共に文學談, 其前に, 其時は, 其話を, 冠物の, 出入り商人に, 列車が, 別に餓死, 刳拔きの, 助ける積り, 勝手に, 北海道とか, 十二時ちかく, 千日あまりも, 南部家に, 危ふく頭を, 參ます, 又川崎, 友人の, 受取つて押し頂く, 古代の, 史記以來唐迄の, 合圖を, 同居した, 向ひ, 呉し, 呉れた下宿屋, 呉れた洋服, 呉れないのに, 呉れよ, 呉れるので, 呉れ手, 呑牛の, 哈爾賓で, 商業は, 喉笛を, 嗄れた聲, 囁く者, 國を, 在所を, 坂を, 坐わ, 執こく, 境田さんに, 夕方どこの, 外を, 夜中に, 大きいの, 大分イキが, 大層世話, 大衆作品を, 大雪山, 天地を, 奈何し, 奧さんの, 如何にも親し, 姉が, 婆さんに, 子供達を, 宗三郎に, 客間兼書齋に, 家僕のみが, 密かに, 寢ころぶ, 寢相の, 寶珠嶽を, 小さな聲, 小屋が, 少しばかりの, 居たからでも, 居た女房等, 居つたか, 居つた増田, 居ないから, 居ない國, 居ましたが, 居らなかつたらしい, 居りましたこれ, 居りますので, 居り四分, 居るがい, 居るつもり, 居るは, 居る姉, 居る時, 居る神, 居る黒田幾久子さん, 屋根傳ひ, 山田元, 帆ぞ, 帽子を, 幽趣, 床下から, 座り込んで, 廊下から, 引取手の, 強心劑を, 役所の, 往つ, 後醍醐天皇も, 御新造さんに, 微に, 心得た庭木戸, 忌々しさうに地鞴, 忽ちに岩角, 思ふさま七月, 恐る, 恰度小學校の, 愈々以, 慰問した, 懷手を, 或事情, 房州から, 手傳って, 手紙を, 折角生えかけた, 拔き去つた, 指が, 振り鳴らす鈴, 掘り出しますかな, 接待する, 擽つて, 改札に, 散々かき廻し, 文太郎の, 新しい印象, 旅行に, 日本海の, 早く立ち, 明神下から, 昨日か, 時を, 晩餐を, 暗黒を, 曲み, 更に衰, 書物の, 會話は, 木戸番の, 机に, 村人を, 東印度會社の, 枕元へ, 染めやうと, 桃太郎君と, 梅鉢屋の, 植ゑてもそのまゝでは實は, 樂しい, 樺太の, 權右衞門の, 歌つた, 此の, 此幅を, 此處らの, 歩むに, 死んだおいら, 殆ど絶望的に, 殺つ付けたん, 比べて, 水天宮樣へ, 池に, 沸湯の, 泊つた鈴木の, 泊るから, 泣き乍ら伜, 洗濯する, 浮んだ, 涙までが, 湖が, 漁夫の, 漱石の, 漸次秋, 火の, 焉馬が, 煙の, 燧臼と, 父親もさ, 物置の, 獅子を, 王にな, 瓶を, 生後六十日目に, 田甫の, 町の, 畢つたと, 疲れて, 白い雌鷄, 百姓を, 盆の, 目禮一つせず, 直助, 眉が, 眠らんと, 矢を, 知り人, 碁の, 祕藏の, 禁軍の, 私達と, 積み上げられて, 空家から, 窓を, 窺つてゐた, 立ち表, 立止つて悲しい, 第二版, 籠を, 終日或は, 結局西域の, 締まつた, 織ること, 羊羮に, 翌朝は, 聖母の, 聽い, 胃の, 脛から, 臀く, 自分と共に, 至らぬ隈, 興味を, 色氣違ひ, 若い時分, 苦み走つた, 草かげろふ, 莫斯科から, 蒲團の, 蚊を, 血色も, 衣裝箪笥の, 裂いて, 西山から, 見せえ汝げ, 見せびらかす旦那, 見たり, 見なさい如何, 見ませんか, 見りや, 見る思ひを, 見渡す限り, 親の, 覺束なく, 言ひました, 話して, 話は, 諭鶴さんが, 讀經が, 貰えば, 貰つて嬉しく, 貰ひたい今晩中には, 買つてや, 赤い座蒲團, 越後屋の, 躓きぬ, 近所に, 逃げ出したくなるの, 造らせたといふ, 遂に日本文化, 遊ぶちふ家島, 道具を, 遣り寐, 部屋へは, 酒に, 重兵衞, 金を, 鉢合せを, 鐃や, 長い滯在, 門口から, 間もなくの, 障子が, 離屋で, 雷が, 面會を, 音に, 頂きませう, 頑張り出入り, 頻りに演説, 風呂に, 食べて, 飮んだり, 餘り, 馭者と, 駿介を, 驛迄乘せ, 髮を, 鳥を, 鹽原に, 黒柿の, 默祷し

▼ 來ない~ (1926, 5.1%)

68 のだ 52 のである 36 やうな 34 のは 32 と云 28 やうに 24 であらう 23 のです 20 ことだ, ことは, んだ 19 ことです 17 といふこと, のであります, のを 16 ことを, よ 15 ぢや 14 うちに, か, からである 13 ことも, のか, のが 11 ことが, ことで 10 だらう, といふ, と言 9 でせう, でゐる, のであつ, もので, ものである, わ, んです 8 と思ふ 7 といふの, とすれ, と思, のだらう, のも 6 だらうと, ので, ものだ, 樣な

5 [17件] かも知れない, から, こと, ことに, ところに, となる, と思つて, のだつた, のであらう, ので私, のに, ものと, 事です, 事は, 程の, 筈だ, 自分の

4 [15件] が, ことである, さう, では, と言う, の, のかと, のでございます, ものです, ものは, 事が, 事だ, 事を, 時に, 有樣

3 [31件] うちは, から自分, ために, だらうか, で困つて, と, といふやう, といふ點, と思ひます, ならば, にし, ね, のでお, のでこの, ので彼, のと, のよ, ものが, ような, 一種の, 中に, 事で, 方が, 氣が, 相談だ, 相談で, 相談である, 相談と, 相談を, 筈は, 者は

2 [71件] うちから, かい, かどう, かも知れぬ, かも知れません, からその, がそれ, が私, ことだつた, ことぢや, ことな, ことにな, ぜ, それは, だけのこと, つて法は, で, でもない, で居る, ところが, としたら, とする, と信じ, と同じ, と思つた, と氣, と言つて, にきまつ, にしろ, に違, のさ, のでせう, ので其儘, ので又, ので御座んせう, のみならず, ほど, ものかしら, ものかと, ものだらう, ものとも, ものに, ものにな, やうです, やうにも, わけだ, 不思議な, 中には, 事であります, 人で, 仕事だ, 以前の, 位なら, 位に, 前の, 場合が, 女だ, 樣子です, 爲めに, 理窟だ, 男だ, 相談です, 私は, 程で, 筈である, 筈の, 自然の, 藝當ぢや, 藝當である, 運命である, 限りに

1 [809件 抜粋] あこがれを, あの特有, あるひ, あれ丈腹の, いやな, え, かがわかつた, かぎりは, かしらと思つてぐづ, かつて云, かといふ風, かと叫ぶ, かと心, かと竊, かと誘, かのやう, かはり, かもしれない, からお, からだ, からで, からとりあへず, からと云つて毎戸, からどうか, からやむなく, からやめ, からツ, から一人, から今朝小僧, から依然として, から六尺棒, から因果的, から外食券, から妙, から從弟, から抵抗, から明るみ, から有馬, から毎日學校, から百, から自由, から豫算, から送金, から默つて, かわかりません, か分りません, か屹度, か甚だ, か私, か考へ, か面白い, がせめて, がその, がね, がよく, がソコ, が一例, が一體, が何, が僕, が其の, が創作, が小説, が幸, が思は, が或は, が此際銅器, が深い, が縱, が舟, が若し, が裏山, が見てくれ, が頼み, くせに, けれど, けれども, けれども是等, けれども鐵, ことかも, ことだらう, ことと, ことなどを, ことばかり, こと恐らくは, この威嚇, この頃, し, しその, しそれに, しわし, し二人, し平, し愈々, し毎日, し獨, し自分, そうです, その心持, その身, それによ, それほど純, それ程に, ぞ如何, た, たちの, ためである, だけが厄介, だらうが, だらうよ, だろう, つてわけは, つて云ひ出す, つもりだ, つもりだらう, つもりね, でいい, でいつも, でじつは, でただ, でだらし, でほしい, でみんな, でもツ, でよく, でゐた, で低く, で内心, で彼, で據所, で文化四年, で曉, で氣, で泣き, で皆, で私, で花, で貴島, で輾轉, で隅, という重ね, といつ, といはれた, といふだけだ, といふふう, といふ報知, といふ年齡, といふ有, といふ有難い, といふ氣, といふ細工, といふ觀念, とき, とけふも, ところだ, ところ迄, とさ, としてもよろこばなけれ, とでも, となつ, とのこと, との反駁, との通知, とは決して, とは考へられない, とは限らない, とみえ, とも考へられる, とも限らぬ, とよ, と一度, と元, と先生, と囘答, と彼, と思はれる, と斯, と斷, と村, と極り, と決つて, と番人, と私, と義雄, と聽, と自分, と見た, と話した, なあ, なと言, などと思つて, なら來さうに, なら絶食, なら返事, な松太郎, に相違, のかい, のかも, のださうです, のであ, のでこれ, のでし, のでしよう, のでその, のでどう, のでやはり, のでボート四隻, ので五日, ので兎, ので即ち, ので囮, ので妹, ので定吉, ので對屋, ので幼い, ので彼等, ので往來, ので心配, ので或, ので押, ので支那, ので机, ので母, ので渠, ので燒, ので病氣, ので矢張り氣候, ので禹貢, ので聞え, ので腹, ので腹癒せ, ので言, ので近所, ので霞ヶ浦, のとで, のなら, のにと訝, のには, のに氣, のみでなく, はずである, は問題ぢ, は考へる, ばかりかその, ばかりか社員, ばかりで, ほどになる, ほどに浮誇, ほどの不具, ほどの病人, ほど一ぱい, ほど乘客, ほど古い, ほど寒い, ほど打ち割る, ほど變つて了, ほど重視, また手, また隱, までもせめて, もの, ものか, ものださうだ, ものとお, ものな, ものには, ものの, ものを, もんです, や, やうで, やうなら, やら, らしかつ, わい, わけに, わと思ふ, われわれ全, んでさ, んでし, マルクス主義が, 一つの, 一とつの, 一切の, 一體あなたは, 一體あんな, 丈だ, 上に, 不文律が, 事だつた, 事ぢや, 事なく, 事なら, 事も, 事實と, 人が, 人でも, 人も, 人物である, 人間だ, 人間で, 人間と, 今一人居た, 今日の, 他の, 以上は, 以前家の, 位だつた, 位である, 位な, 何でいけない, 何十羽といふ, 俗惡の, 俺に, 僅な, 八五郎の, 其でも, 内に, 几帳面な, 出來, 前から, 前に, 力で, 力を, 力を以て, 半凡夫, 半身が, 危險に, 即ち光明, 即ち第, 又お父さん, 叩き了る, 君が, 哲學者の, 唯一の, 問題では, 四十にな, 國である, 土地では, 境地に, 境界を, 墓場と, 外國の, 大聲, 奴でございます, 奴隷の, 始末さ, 字を, 孤獨と, 學者といふ, 家では, 家元と, 寂寞を, 實に, 寮の, 小さな子供, 小池といふ, 島も, 工夫まで, 年齡に, 幻か, 建物全, 形而下の, 彼に, 彼女からは, 從つて木の葉でも, 御獄, 心持を, 心的現象は, 急務だ, 性分な, 性分の, 性質の, 情趣を, 想像で, 愚將である, 愛情が, 感動であり, 態の, 戀愛の, 或深い, 所さへ, 拂ひ, 文士よりも, 文章で, 方な, 日の, 日劇ミュージクホールの, 日本の, 昨日の, 時には, 時二階の, 晩も, 暫く博雅, 朝に, 東京へ, 樣です, 樣に, 樣子である, 正直さを, 此身, 殘忍な, 段じゃ, 氣持だ, 汚名を, 法律と, 淺薄な, 濁れる所, 無用な, 然し人, 爲に, 爲め女への, 父親の, 物です, 物象を, 状態である, 現實, 甞て, 生活が, 男が, 男な, 疑も, 癖に, 目の, 矢張り支那の, 祖父の, 神佛の, 福である, 程たくさん, 程に, 程俄, 程嚴肅, 程小食, 程悲慘, 程意識, 程歡喜, 程氣持, 程澤山世話, 程胸, 程話し, 程高遠, 穴である, 空地だ, 端麗な, 竹刀の, 筈であります, 筈です, 筈も, 約束にな, 純眞, 綺麗に, 習慣で, 老人です, 者から, 耻かしい, 聲である, 自分である, 自尊心が, 般若三藏を, 荊棘と, 萬事を, 藝と, 藝當だせ, 藝當です, 行かう, 裏板か, 見も, 親から, 親が, 記事を, 記憶の, 話で, 謎で, 謎でした, 譯である, 譯に, 譯は, 豫感が, 貪婪な, 身だ, 身にな, 身の上と, 迄も兎, 途方も, 運命の, 道理である, 重態だ, 野郎である, 鋭敏さで, 限り決して, 障害に, 青春すらも, 音が, 須く, 頭は, 體格の, 鮮かな, 麓の, 點で, 點な

▼ 來~ (878, 2.3%)

12 しが 8 て我 7 て彼 5 しなり, てこの, てこれ 4 て, てお, 給へ

3 [13件] しや, し故, し時に, てより, てわれ, て余, て待てり, て我等, て死骸, て病, 彼の, 是は, 訪ふ

2 [33件] しかど, しもの, しものの, し二人, それを, たるを, てそば, てはじめて, てトロイア, て之, て全く, て君, て國民, て在り, て御, て新, て曰く, て汝, て裸男, て見よ, て鏡, を何時, 我等に, 日かげの, 會す, 汝の, 皆, 給ひ, 襲ふ, 見よ, 觀る, 訪ひ, 門口より

1 [719件 抜粋] あふぐ時, いつも人氣, いと白々しく, おとづれぬ, お花, お茶でも, かなたなる, けれど死, し, しお, しかと御, しかど更に, しかは知らざる, しが三五郎め, しが今日あたり, しが先, しが別れ, しが向, しが忽ち, しが怪し, しが手元, しが日, しが此咄, しが此時, しが猶, しが程ヶ谷, しが親分長兵衞, しぞと狸寢入, しぞ何, しぞ庄兵衞ヘイ二三年跡身代零落, しとて件, しとは思へ, しと一什, しと云, しと有り, しと正直, しと聞渺, しと見え, しなら, しにより是幸ひと乳母, しに仁術家業, しに付き, しに何, しに元, しに兄嫁, しに女房, しに小, しに最前, しに清兵衞, しに渠如才, しに白洲, しに非, しは六つ七つ, しは冷泉, しは天晴頼母敷, しは彼少女, しは日, しは此, しは貴, しばかり兩隣, しものなる, しも此譯也又其節先生, しやは寧ろ, しや先, しや大膳太夫殿, しよとのこと, しを不便, しを吾助, しを幸, しを忌, しを知りぬ, しを聞, しを見れ, しを話, し一勇士, し小西屋, し打, し故今, し村井長庵高手小手, し程, そしてただ自己, そして語る, その一部, その下, その武具, その若干, それが, たり, たりと假定, たり汝聲, たるに, つつある, てあ, ていぬ, ていひける, てか, てかの文書, てからはどうも, てさしも, てさま, てすく, てそ, てた, てためらはず, ては無心, ては自, ては閑, てみなこ, ても碌々挨拶, てアキリュウス, てアヌンチヤタ, てオヂュシュウス, てカドモス, てダンテ, てヘクトールわれ, てポセードーン他, て一世, て一宿, て七右衞門, て上等室, て交迭, て人, て人波, て休息, て住む, て何, て何くれ, て傳吉殿此人, て兄弟, て兩人, て兩岸これ, て共に, て凉むもあり, て利兵衞方, て十兵衞, て十年, て南湖, て又, て叔母, て口, て句, て右, て吉之助, て呉, て咫尺辨, て囘答, て四五軒, て國境, て地下鐵道, て堪ふ, て大, て大いに, て天, て夫, て失望, て嫉み, て家搜, て導, て屠れる, て岸の上, て己, て席, て平兵衞, て座, て引込, て彦兵衞悴, て待つ, て御身, て急, て惜別, て惡獸, て我が, て我と, て我面, て我頭, て房戸, て所々方々, て拙者共, て捨て置く, て控, て攫みたるなり, て支那, て敵將, て旅人, て旦那, て曰, て最も, て杯酌, て松輪, て正, て此家, て毫も, て汚き, て河原, て浦嶋太郎, て湊河口, て湯, て火, て煖, て物, て獅子王, て疥癬治療, て疲甚, て白き, て白銀, て相, て看よ, て神, て種々, て美, て羽, て自ら禍, て與, て舟, て茶, て薊, て處, て衆, て行事, て襲, て見る, て語る, て諸, て賞玩, て蹈舞, て近く側, て逆さ, て道, て門, て陣營, て階級, て青銅, て騷ぐ共, て驚きぬ, て高い, と立上り音, ながら肝腎, になつて, にも反する, のま, の人, の信仰, の動機, の型通り, の心的葛藤, の歴史, はこんな, まして我姪, みな泣きつ, やがて干, やがて水, を以て居合せ, アカイアの, アキリュウスを, アテーネー神女に, スラヴ諸, ダカラ學者は, テチスの, トラツク途中にて, トラツク遂に, トロイア中に, ナニ悴が, ミユツセ詩集其他貸, メーリオネースの, ローマニアの, 一すじは, 一店に, 一應の, 一昨日御, 一瓢を, 七右衞門の, 三年前より, 上座に, 且推移した, 世に屬, 世を, 並木の, 中にも, 二三日逗留しける, 二十の, 二時の, 互ひ, 人心を, 人生れ, 人界に, 今一石, 今刑場, 今朝馬丁の, 今逃出ん, 何こを, 何卒今一度母, 余が, 例の, 信州飯田行の, 候ひぬれ, 候へども, 候者共方へ, 候自ら末路を, 偖も, 傍に, 傳吉に, 先々御, 先生然, 入亂, 兩人に, 兩親始め忠兵衞にも, 其の國, 其の法, 其境地に, 其岩窟に, 其所に, 其時我々は, 其處に, 其設置を, 内々相談に, 再び上, 列竝む, 加は, 加はり, 加はる, 加はるもの, 勢猛く, 北京に, 北米の, 又去る, 又同じ, 各, 同道にて, 單獨にて, 嘉傳次の, 四時五時六時と, 四邊近所の, 圍み, 夜前清三郎が, 大汗, 天一坊は, 天忠に, 夫と, 夫れ, 奉行越前は, 委細を, 嫁した, 家内を, 家搜し, 富豪の, 實在, 對面致し, 小波山人が, 小石川御, 少女彼らの, 居間へ, 市の, 師匠の, 平伏ある, 平石に, 年去り, 廓の, 彦兵衞事右等の, 彼庄藏三郎兵衞の, 彼是なす間に, 後藤の, 御上使, 御洗, 御用の, 御申越, 心を, 忽ち去り, 患者の, 悦びを, 我に, 我は, 我家へ, 我等二千七八百兩の, 我等何分にも, 戰場に, 戸を, 打叩く, 投込む, 拙作上場の, 拙稿ひとりごと六月の, 掠奪の, 改めし, 改め見し, 文字通り解釋し, 斯樣, 新生社拙著腕くらべ印税金到底, 新生社振出し, 新紙幣二千圓, 日本酒及料理を, 旦那樣變な, 明日は, 春去り, 是偏へに, 暫く此寺, 暫時休息なし, 曰ふ, 更に又彼, 會し, 會せざりき, 本郷に, 松前氏の, 極めて秘密, 樣子を, 次右衞門, 歐洲賣, 此一書を, 此村の, 此等を, 武藏屋長兵衞方に, 武裝せる, 永く居り, 汝を, 汪, 汽船に, 油掃除し, 流れ去る, 浪人に, 淺草觀音地内の, 源泉溢れ, 漸, 激しき戰鬪, 灯を, 無心を, 然も, 爭ふ, 爰に, 獨逸人レオナルドフランツ作小説, 用事を, 申ける, 留つた報を, 留守を, 當御支配内の, 疵所を, 白洲へ, 白米を, 皆必然性を, 皆目を, 研究の, 秋去り, 程なく廣州, 稍時候の, 種痘を, 立乍ら大音上天一坊は, 第二伊藤侯, 簾の, 給ひしと, 給ひねと, 給へと, 絶え間なく, 美山の, 翌日午前十時頃起き, 聞に, 聽けり, 膳を, 與力に, 舊オペラ館踊子其他公園藝人の, 舞ふ, 船ごとに, 草稿の, 萩の, 葉は, 藥えて, 虎松を, 行違ひ, 表の, 襲ふとき, 覗ふ, 訪ふも, 説去る, 誰も, 譜代同, 貴君樣には, 赤飯を, 越前守に, 迎ひ, 迎ふる, 迎へ, 近しく交はる人, 近江屋與惣次と, 逗留し, 遂に此地, 過去帳を, 過日神田今川小路の, 鍵番に, 鎌倉文庫支拂印税金一萬圓を, 門前にて, 陣門の, 陣頭に, 集ひ, 集へる, 雲の, 雷夥多敷鳴渡れ, 霧愁ひ, 面會を, 願ふべし, 館柳灣が, 首筋の, 鹽を, 鹽原家忠に, 齒を以て

▼ 來~ (798, 2.1%)

7 歴史を 5 もので 4 ものである, 客に, 客の, 性格を, 美しさ

3 [14件] ことで, ものと, ものは, ものを, 大主, 性質に, 惡い, 意味に, 意味を, 歴史に, 目的から, 目的を, 雨で, 面目を

2 [46件] は, もの, ものなりや, やうに, 人に, 人は, 仕事, 傳承, 像としては, 刺戟から, 刺戟によ, 刺戟は, 刺戟を, 前言往行を, 外に, 年代に, 形式は, 彼の, 志向は, 性格として, 性質を, 意を, 意味における, 意味は, 意義を, 態度を, 探偵小説を, 支那の, 本を, 權利を, 歸化僧などに, 浮世の, 溜飮を, 獨居癖, 田地を, 目的に, 筆者と, 習慣で, 習慣を, 者共を, 著述を, 藝術を, 道徳習慣が, 郵便局の, 高等な, 高麗馬に

1 [632件 抜粋] あらゆるよき, ある島, い, いいお前, いい出版物, いい子, おも, お二人, お吉, ことが, ことである, ことと, ことの, この喜び, しきたりの, すがた, すき心によの, たつた今家, と違つて, は何とも, は誰, ひと雨, ぼんくらか, まま錯覺的な, まれびとに, ものより, もの即ち, もの更に, もの自身が, やり方で, やり方である, よい樣, よくねえ, わりい年, わりい田圃ぢ, ん氣屋にて, ノルウェイ語は, 一切の, 一味を, 一大衝動を, 一風潮である, 三宗教の, 上から, 下女などは, 下痢症な, 不具者にて, 不可知論は, 不可能事を, 中にも, 中齒の, 主意に, 乘合客も, 事なれ, 事まで, 二字を, 人が, 人も, 人を, 人家近く水に, 人相學骨相學筆蹟學の, 人間とは, 人體解剖圖を, 今昔を, 仕事などといふ, 仕事を, 仕來, 任用肥後表へ, 住宅に, 佛蘭西新詩を以て, 作を, 佩刀を, 使命を, 倫理思想の, 假名づかひ, 偉人傑士の, 健康さを, 傳えごと, 傳授が, 傳説が, 傳説の, 傳説は, 傳説を, 傾向に, 傾向の, 傾向は, 僕の, 價値の, 儀は, 儀式に, 儚い宿命, 入口を, 公判の, 其の上, 典籍を, 内には, 内閣に, 分析的な, 制度習慣を, 刺戟が, 刺戟に, 刺戟中より, 劇場側に, 力と, 力との, 勢力を, 北派の, 半身二世の, 印象を, 友の, 友を, 友人である, 友達で, 古宗教等, 古家も, 句より, 史家は, 同人は, 同期卒業生丈けの, 名刀だ, 名族專有の, 哲學史を, 唐紙を, 善美なる, 喜び, 四季の, 因習を, 國家的産業は, 土地まで, 地名を, 地震嫌ひでは, 垢肌を, 報を, 壓制道徳から, 壯子の, 外から, 大した御, 大仙と, 大成を, 大變革, 天地に, 天荒を, 夷乃至, 奇法が, 奔走は, 奧に, 女の, 女形と, 女袴, 好きである, 好物だ, 如き模倣的投機的精神, 妄想が, 妙案でした, 姿, 姿として, 姿に, 姿において, 姿は, 威神力に, 季節の, 學者此矛盾を, 宗教, 宗派の, 定型に, 客が, 客人をも, 客體的現, 宮神社へ, 家と, 家も, 家寶だ, 家庭教師に, 家族主義を, 寡言な, 實を, 寫しで, 寫實派が, 小説の, 少い親類, 山人で, 島で, 工業および, 市五郎と, 市街を, 希望に, 常習地といふ, 常習地の, 常習地を, 年中行事を, 年代は, 幸福を, 床の, 店構へで, 廓の, 弊風は, 弟子坊主を, 形に, 形を, 形式を, 役目の, 心理學に, 心理學の, 志も, 思ひに, 思想と, 思想の, 性, 性格である, 性格でも, 性格に, 性格においては, 性格純, 性癖と, 性質, 性質と, 性質としては, 性質とは, 性質の, 性質上主, 性質上必然に, 性質上意味を, 性質上無, 恨みを, 恨み思ひ知, 患者が, 患者は, 惡さといふ, 惡さは, 惡思想が, 意味で, 意味の, 意味自己の, 意圖が, 意義でない, 意義幾多の, 愛情と, 感覺鋭敏なる, 憑據だけでも, 懇意なる, 懇意に, 懶惰なる, 成立ちである, 戰術も, 所在地で, 所説に, 才分境地には, 技と, 技能が, 技術である, 持物で, 持論で, 探偵小説殊に, 支那人に, 支那人は, 政教を, 政治的野心家で, 教育者である, 文明の, 文物が, 文章下手で, 方から, 方には, 方向と, 方式では, 方法を, 既定の, 日本建築に, 日本統一に, 易から, 易と, 易の, 昔から, 昔し, 春風を, 時に, 時國難が, 景教碑に, 暴風も, 書は, 書物を, 書籍の, 最も大, 最中に, 有限性の, 期を, 末に, 本意をも, 本望を, 村を, 東京ツ子口調を, 果てしないの, 極みなき, 榮に, 樣子を, 歌の, 正史の, 歴史の, 歴史家の, 毒藥が, 比良山脈と, 氏に, 氣弱者經驗の, 水兵達に, 法に, 法を, 注疏に, 流行色では, 浪人で, 海中仙山の, 清音は, 游學者の, 漢字で, 濫觴である, 無數, 無頓着好き, 煩悶懊惱を, 物語, 特性に, 特殊的な, 狂僧とのみ, 猪八戒と, 獨り, 王應麟などの, 珍客を, 生活と, 生活との, 用及ひ, 田舍人が, 由書状到, 男女は, 男立だ, 町を, 異同を, 異族, 疑問に, 疲勞の, 發掘物等に, 白樺の, 白粉にも, 盃盞を, 目的である, 目的など, 目的は, 目録學の, 相違で, 相違といふ, 眞蹟に, 知れぬ婦人, 知己でも, 石母田景頼に, 研究に, 磁器皿と, 社會の, 神をも, 神社であります, 祭祀の, 私から, 私生活さへ, 秩序を, 稚拙や, 空想の, 立花左仲持參の, 童話精神を, 筆意を, 糠味噌樽へ, 約束と, 素懷を, 素質の, 素質を, 經書の, 經驗と, 繪と, 繪卷を, 美を, 習俗なり, 習慣, 習慣である, 習慣にて, 老樹しげり, 者奸曲の, 聖人で, 聖王禹も, 職業である, 肩の, 胃病この, 臆病から, 臆病と, 自信を, 自分には, 自己主張自己の, 自己通りの, 自然科學の, 興味に, 興奮が, 興忽ち, 舊交ありと, 船の, 船は, 良い人間, 良い娘, 良い菊人形, 良い褒め, 良臣といふ, 色, 花街を, 芳酒の, 若者を, 苦惱は, 英雄豪傑と, 茶人が, 菓子折の, 著述の, 蓄積が, 蔦衣を, 藝妓, 虚弱とて, 虚靈の, 行き方, 行状は, 製作には, 複合した, 要求に, 要求は, 見識だ, 親友の, 親友は, 觀念より, 言葉を, 計畫, 記事に, 詩だの, 詩人や, 詩人的氣禀は, 詩學の, 認識に, 認識の, 語である, 語法と, 説は, 説を, 調子それ自身が, 論理的興味は, 諸哲學, 諸藝道, 豫感に, 負けぬ氣, 賢哲は, 趣味を, 趣旨を, 身着の, 辻で, 近の, 道が, 道の, 道徳に, 道徳或は, 道徳習慣に, 道理から, 遠い親類, 遠い證據, 適度な, 遺跡である, 部下として, 郷土を, 酒として, 酒井樣御下屋敷に, 酒好きで, 醫師聞く, 釣好きで, 銘酒白鷹の, 錺屋に, 鐵砲では, 間に, 關係に, 附益でない, 陋習を, 際何事も, 隱謀を, 雨なごりも, 雨は, 零露曉寒に, 霜に, 面目で, 面目にか, 面目は, 革命の, 靴を, 音響を, 響と, 頗る不振, 顏つきに, 願望が, 風俗と, 風俗を, 風俗習慣と, 飛行器の, 馬見たいに, 體に, 體は, 鼓吹を

▼ 來~ (467, 1.2%)

19 のである 12 と云 9 やうに 7 のは 6 ことを, といふ, ものである, 事は 5 ことは, ものが, もので 4 ものを, 前に 3 と思ふ, と言, のであつ, のを, やうな, 筈である, 間に

2 [35件] かと團扇, からとてお, がの, が何, が佛像, こぐらかつ, ことである, といふやう, とて一日大立腹, と同, と思ひます, のが, ので御座んする, のと, のも, ほどに跡, ほど青雲, ものか, ものと, ものに, ものは, 中に, 人の, 勝の, 境遇である, 掟にな, 有樣, 源さんも, 物を, 理由が, 男で, 結界を, 藝だ, 間の, 點が

1 [282件] か, かえ, かとて道別笑, かと叱られぬ, かと行つて, かもうましら, かも知れない, かも知れぬ, かも知れません, かや堪忍, かや此後, からいづれ, からその, からそれ, からね, から何時, から何程, から勢, から自然興味, から預つ, かモウ今日あたり, か但し, か否や, か氣, が, がかの, がその, がそれでも, がともかく, が一度, が一般, が三代以上, が今日山, が其の, が其一種, が客人, が察, が工藝, が恆信風, が或は, が折角, が支那人, が書名, が流出額, が確, が豫, が鑛毒, けれどもしかも亦, けれどもその, けれども之, けれども其他, けれども吾人, けれども盜跖篇, けれど崇, こそ殘, ことで, ことであり, ことと, ことなり, ことにな, ことも, さうで, さきに, さきにに, ぞ此騷ぎ, たちだ, だから女子, ぢや, でせう, とあ, とあれ, といふ大, といふ心理状態, ところでそれ, ところに, ところまで, としても形式, としても春秋戰國時代, とすれ, とぞ, となり, との理窟, とは兄, とも限らぬ, と人, と僕, と幼い, と必死, と怒鳴り, と斷, と斷定, と明言, と煩悶, と竊, と答, と考へ, と聞えぬ, と苦情, と見せかけた, と言つたの, と言つて, と言つて其, と述べられた, と頭, どころで, なぜなら, にし, にはあらじ, に水仙花, のか, のだ, のださうである, ので, のであらう, のであります, のでだまつて, ので有, ので立往生, のみか却つて時, のみならず, の詮議, は, はずは, は不思議成, は道理, ひとつの, ひまを, ほどのもの, ほど形, ほど惡, までもと, までも少く, もの, ものある, ものつく, ものであり, ものなれ, ものばかり, やうである, やうにと, ゆゑ據ころなく, よし千五百萬圓, わいの, わが鳥, わけは, を見, アポローン彼を, ウント氏は, テイク, ミルミドネスの, 中にも, 中は, 主の, 事が, 事で, 事と, 事も, 事や, 事情に, 事故の, 亡き人の, 人が, 人な, 人は, 人も, 人間だ, 人間で, 人間な, 人間も, 今日とな, 今迄は, 仕事である, 代りに, 以上この, 以前に, 位である, 位其人に, 位重い, 何かの, 何よりの, 余輩は, 例へば二, 例所詮, 個體と, 先き, 其鬱結を, 制限された, 前から, 加之, 古代の, 吠陀の, 塲合には, 境に, 夢なれ, 奧の, 孤島である, 學生が, 宿, 宿人は, 少くとも, 尤も余とても, 嶮しい, 巖の, 弱い軍隊, 彼らは, 彼女自身の, 心持に, 性情の, 性質だ, 患者は, 意思とは, 我も, 我慢を, 所であります, 損失では, 故彼是, 文太郎は, 日とては, 早やも, 時は, 時も, 更にこ, 期待なら, 本が, 業である, 業なり, 樣に, 歸趣する, 死人を, 死骸と, 氣高い, 汝その, 海蛇丸は, 濁りが, 然るに此, 熟睡ぞ, 爐の, 物だ, 物なら, 物に, 状態に, 現實, 理想を, 相談を, 眞ん, 眞心に, 矢張因果法と, 秋, 程である, 程大きな, 程弱者の, 程恥かしい, 程悲しん, 程愍然たる, 程海, 程甚しか, 程高大な, 筈だ, 筈で, 結果の, 結果を, 者が, 者は, 自己主義の, 自然な, 見方である, 話である, 證據で, 譯であります, 身を以て, 迄も一應相談, 迎ひ, 遐か, 道臣は, 道路とは, 部分が, 醫師では, 鈍い響, 院長は, 風の, 體なり, 齒輪車は

▼ 來ました~ (430, 1.1%)

137291812 がね 1085 か, から, わ 4 がそれ 3 がお, がこの, がその, のは, よこの

2 [11件] がもう, が親分, それは, といつ, のが, ので, ので私, のや, よ親分, んや, 時に

1 [160件] え, かい, かどう, からた, からどうかよろしく, からわざと, から一ツ, から些, から今度, から他, から土地, から是, から時々, から皆, から茲, から雜烹, があつし, がお茶, がこと切れた, がこれ, がさうかと, がたつた, がちょうど, がつまり, がでも, がとんだ, がどう, がどれ, がなあに, がねあつし, がねその, がね皆んな神妙, がまだ, がネ, がポツン, がラスキン, が一頃, が丁度, が三方, が三輪, が之, が何となく, が何ん, が先程鎌倉町, が兎, が八圓七十錢, が其, が其の, が其中, が其懷疑主義, が其顏, が冷たく, が北方, が南北朝頃, が取, が四本目, が寅吉さん, が小, が少し, が後で, が御用, が心當, が故郷, が昨夜, が最後, が檢屍, が次ぎ, が歸つて來, が死ん, が無事, が然し, が當時, が神, が私, が若, が裏木戸, が赤ん坊, が身持, が黄八丈, けれども兎, けれども源氏的, けれど今後, これが, しかしもし, しトラピスト, し今日, し印度人, し御, し昔馴染, し父さん, し遺族, つけと, でせう, といふ, ときわたくし時計を, ところ戰地からの, ども弟, な, なんてね何, ねあの, ねこれ, ね姉者, のであります, のでお力, のです, のでそれとなく, のでタケシウチ, ので何, ので其方, ので國家, ので妙, ので矢張り三年掛つて, ので緑, ので隨分, ので震災十周年記念, のよ, のよそして, のを, ものです, ものを, ゆゑ勾引と, よこれ, よさ, よと笑, よと言, よまた, よウ, よ南側, よ唯, よ少し, よ番頭, よ頼む, わね, んで家内, んやろ, マハーブハラタと, 一部あげます, 何故とも, 其背後には, 右と, 四十一萬圓の, 四部の, 尤も外より, 崇文總目といふ, 序と, 弘法大師全集を, 或支那人, 敵軍は, 新吉郎は, 新律綱領, 此の, 此等は, 池には, 河川法第, 私も, 親分, 詩に, 貞元録には, 頃支那の, 髯の

▼ 來~ (369, 1.0%)

97 ばそれ 6 ば來 5 ばい, ばお 4 ばその, ば又 3 ども, ばさ, ば即ち, ば好, ば自然

2 [28件] と勅, ばいい, ばいづれ, ばえ, ばこの, ばこれ, ばとて, ばどんな, ばもう, ばよかつ, ばわかる, ば一切, ば世, ば世界, ば出, ば可, ば同じ, ば寄らない, ば彼, ば明らか, ば潟, ば無論, ば直に, ば私, ば誰, ば重, リバーノより, 我等は

1 [258件] あ俺, いざ, かし, かのえ, この近, さらば我汝, しかせ, と, といひ, といひつ, といふ, といふこの, とお, とのたま, と三度うた, と下知, と乞, と命じ, と急き, と我, と言, と身構, どはじめて, ども春, ども止まらず, ども貸, ど枝, ど開く, はこれ, は伊豆, ばあなた, ばあら, ばいさぎよし, ばいつ, ばいや, ばう, ばうしろ, ばうれしき, ばお前, ばかうし, ばかち, ばきつ, ばこそ羨し, ばこつ, ばそれで, ばそれほど, ばそれ相當, ばそんな, ばたどたどしい, ばだ, ばち, ばぢ, ばといふ望み, ばとて隣, ばと思ふ, ばどこ, ばなり, ばなんぼ, ばほか, ばまた, ばまなかひ, ばむすびし, ばやがて, ばよし, ばより, ばウェルギリウス, ば一千萬石, ば一枚宛手, ば一番無事, ば七月二十四日, ば下町生れ, ば五十錢, ば人生, ば何, ば何とか, ば侯, ば便, ば俺, ば倒れる, ば僕, ば僕等, ば先づ危險信號, ば全く, ば八五郎, ば八年, ば其の, ば其從者, ば其村, ば出るだらう, ば分る, ば別に, ば則, ば動かぬ, ば包み, ば占めた, ば厄介, ば反動, ば右舷, ば向, ば向う, ば吾人, ば命, ば喜ん, ば四顧瞑漠百歩, ば國語, ば地上, ば壁, ば夜具, ば大, ば大した, ば大抵, ば大概, ば天國, ば天地一切, ば太子, ば好い, ば如何, ば姉, ば子らつど, ば學生, ば小遣, ば小雨, ば少し, ば山, ば山縣系統, ば屹度清々, ば屹度爐, ば岸, ば巍々, ば左舷, ば已む, ば幾等, ば待つなり, ば得意, ば從つて, ば御嶽山, ば心, ば恰も, ば意味, ば或は, ば拒まず, ば數學, ば文, ば文化的歴史的時間, ば新, ば明石, ば春徳寺, ば晴, ば最う, ば望外, ば本社近く脚下, ば村, ば枯れた, ば根據, ば橋, ば機屋, ば次右衞門, ば次右衞門申やう町奉行大岡越前守使者平石次右衞門天一坊樣御重役山内伊賀亮樣, ば此方, ば此處, ば歸つて, ば死ぬ, ば母性, ば毫も, ば法螺, ば浪漫主義, ば淋しく, ば滿足, ば漠然無意義, ば澤山子供, ば無用, ば爲替相場, ば物思, ば狹霧, ば甘く, ば生れる, ば病氣, ば癲癇, ば監獄, ば矢張り一番, ば祝言, ば神, ば禹貢, ば私あなた, ば私たち, ば秋, ば科擧, ば稻, ば空氣更, ば立派, ば第, ば精一杯, ば結婚, ば聖フランシス, ば肢を, ば臆病, ば自然主義, ば自然何處, ば與三郎, ば色鳥, ば若い, ば褒美, ば西南, ば西暦紀元, ば覺悟, ば諸君, ば越前守申さる, ば足揚, ば路上みな美人也, ば身體, ば軍勢, ば近く屹立, ば逢はん, ば遂に, ば道徳, ば酒, ば錢形, ば鎌倉時代, ば長, ば閣下, ば限り, ば隱, ば非常, ば駒塚昆沙門堂, ば魔法, ば鳥網, ば鷄介, やもう, や直, や職業, や荊棘, りやア, われの, われ責めず, カイーノと, 二人の, 人に, 人多かれ, 人間, 共お光, 初雁, 同僚, 彼輕舸の, 必ず諸子, 我れ, 斯民を, 此地の, 波浪を, 無情の, 片端より, 而し, 聖の, 褒むべ, 見よ日, 道こ, 雄の, 雜色の, 願く

▼ 來なかつた~ (356, 0.9%)

38 のです 21 のである 16 のだ 11 のは 75 からである, ことを 4 であらう, でせう, のか, のが, のだらう 3 かい, かそれ, ことが, と云, ので, のでせう, ものだ, んだ, 事を

2 [19件] かね, から, がこの, がただ, けれどもしかし, といふ, と見え, に相違, ね何, のでした, のと, のも, ものか, やうな, んだらう, んです, 事は, 筈だ, 行きなり

1 [168件] お品, お皆, かと云, かも知れぬ, からあいつ, からおれやつぱり歸, からで, からぶら, から多分, から突然, か念入り, か聽, が, ががつ, がこれ, がしかし, がそれ, がともかく, が今, が何と, が兔, が又, が咄嗟, が太子, が妾タキ, が座敷牢, が彼女等, が掏摸, が金, くらゐであります, けど, けれどもその, けれどもそれでも, けれども何かしら樂, けれども何となく, けれども快活, けれど下司, ことであります, ことである, ことと, し, しきたりを, しまた, し使, し蘭書, し起し, だけだ, つけが, でもあらう, といふこと, といふの, といふ話, とき私は, としてもたとへば, としても尠, とすれ, とのこと, とは屡, とも言, とも限らない, とペルリ, と奧樣, と思ふ, と或, などといふこと, に違, のであつ, のであらう, のであります, のでい, のでお, のでかう, のでございます, のでございませう, のでふと, ので今日, ので何故, ので古, ので學, ので山津浪, ので川村義雄氏, ので帆, ので庫裡, ので御座います, ので或, ので房, ので方角, ので時間, ので毎日, ので氣, ので私, ので突然, ので笑つて, ので貰, ので隱居, のに不思議, のへ, のを, までのこと, ものが, ものは, やうだつ, やうです, やうに, わ, わけだ, わけ見, んでございませう, 世の中です, 事も, 人々をも, 人間が, 代りいつも, 位である, 位の, 作品で, 便宜も, 僕を, 兩脚が, 力, 勝利の, 原因は, 喜三郎と, 四人の, 大問題, 失望が, 失策は, 嫡子平内と, 庶民の, 廣大な, 弟が, 彼が, 彼は, 心持が, 性分で, 戀人同士が, 成績を, 所の, 手代の, 日には, 時には, 時の, 時は, 時代には, 時代日本が, 樣です, 樣に, 樣子です, 無名の, 爲だ, 爲に, 爲めに, 爲今日に, 申しわけとして, 神の, 秋が, 種類の, 總兵衞でした, 老婦は, 者を以て, 處に, 要するに極めて玄妙, 誇りとか, 謎で, 赤十字社の, 逆説の, 騷ぎだ, 點である

▼ 來なく~ (273, 0.7%)

52 なつた 36 なつて 13 なつたの 8 なつて來 7 ちや 6 ちや面白く, なる 5 つちや 4 なると 3 ても可, なるの

2 [19件] たつて, ちやならない, ちやならなかつた, ちやなりません, ちやテニヲハの, ちや話が, つたつて, つても, ては仕方, なつたが, なつたこと, なつた事, なつた時, なつて了, なるに, なるやう, なツ, に, ツても

1 [92件] した, ちゃなん, ちやあ, ちやね, ちや親分が, ちや錢形の, つちや駄目, つてさこの, てそここ, てその, てはならなくなる, ては學者, ては島樣御一家, ては自動車, ては面白く, てばつ, てもいい, てもそれ, てもやるべき, てもよい, ても僕, ても大して, ても學問, ても宜いと, ても將來, ても居られねえ, ても怨ん, ても樂みなもの, ても此, ても自分, ても船, ても飯, て唯, て小母さん, て恥かしゆう, て私, て秋前, て突き刺した, て自利, て親父, て連袂退社, て駿介, ともあいつ, ともかうした, とも小, とも歌, とも見舞, とも近頃, なつたから, なつたかを, なつたし, なつたね, なつたので, なつたよ, なつたらしく, なつたわけ, なつたん, なつたんだらう, なつた吾人, なつた場所, なつた太郎兵衞, なつた爲め, なつた男, なつちやつて困, なつて了ふから, なつて申刻, なつて畢, なるいつも, なるかも, なるから, なること, なるさ, なるぜ, なるぞ, なるだらう, なるだらうから, なるつちつた位, なるであらう今, なるといふ, なるところ, なるまでは, なる何, なる其處, なる殆ど無一文, はない, 僅に, 思ふたが, 成つた, 成つたのである, 成つたのは, 成りました, 成りますからね

▼ 來たん~ (271, 0.7%)

9724 だから 22 だが 21 だらう 8 だよ 7 でせう 6 だね 4 だもの 3 だがね, だけど, ださうで, だわ, だ相, やもん 2 だけれど, ださ, だぞ, だつけ, だつて, だと, だらうが, でしたが, や

1 [46件] だあつ, だあんな, だお袋, だからと, だけどね, だこつちの方, ださうだ, ださうだが, ださうでして, ださうです, ださうですが, ださうで札幌小樽, だすかいな, だぜ, だそう, だその, だつていふ, だとか, だな, だよう, だらうか, だらうから, だらうぢ, だらうといふ, だらうな, だらう恐ろしい, だらう惚れたら惚れたと, だろ, だろうな, だ何故, だ安く, だ少し, だ惡, だ欲し, だ眞, だ路地, でしたよ, でしよう, でね, な, ならうまい, ならそんな, ならもう, やない, やよ, やろ

▼ 來~ (242, 0.6%)

13 てゐる 5 てゐた 4 方を, 時は 3 て來, て居る, 方の 2 その權力, ときは, ものを, を考へ出し, 方に, 時さつと, 男の, 聲を, 路を, 頃は

1 [187件] があ, がそれ, が不, が太い, が未だ, が當代, こ, こそ意外, ことぞと, ことを, この先着, この山, この方, さう, さうし, さうなあの, そぞろ道, ぞ, ぞ語れ, たりし, たりする, ていた, てから五十年經つた文禄元年, てから六百餘年, てき, てくる, てくれ, てそれ, てはゐないだらう, ても幕府, ても時, てゾラ, て一種, て世の中, て世紀, て人戀, て仕舞, て以來, て僅, て僅か, て君, て大, て太陽系, て居た, て居ります, て日本, て殊に, て沼, て漸く, て罷り下る, て聲, て肥滿, て自分, て自然, て見る, て語り續けたん, といふこの, ときに, とき何と, とき我は, とし, と云譯, と問, ながら振り向かう, なり又, にこ, にはあらず, にはあらずや, にや足場, により妻, により當暮, により私, にわれ, に圖ら, に我, に見附, に逆らはずぐん, は疵帶, や, ゆゑ診察する, より再び, より最, を審, ポルチカル人の, ユウリピロスは, ルッカ市聖マルチーノの, 一武將オトリュオニュース打ち果す, 事を, 二頭の, 人々は, 人の, 今ぞ, 伊奈美國原, 何れの, 僧等は, 其母むかし兩親に, 初に, 又一つ, 同列十七人興慶宮に, 善助と, 國土産と, 夏の, 大坂, 天の, 妖鏡を, 安け, 宿の, 少くとも, 少し眺望, 少女は, 岩屋道かな, 巨大の, 幾度びか斷然吾が, 度支紊亂自ら支ゆる, 座蒲團に, 彼を, 從來の, 心にて, 愛の, 我ぞ, 我國高僧も, 援軍共に, 故人, 數多き, 文見れ, 方いと, 方へ, 方行く末お, 旅の, 日, 易い, 易いもの, 時かならず, 時とのみ, 時なりき, 時向, 楫取, 樣, 歸らなけれ, 民も, 氣力の, 河のべ, 波蕩風響し, 海へは, 無法の, 熟, 片野路, 物なれ, 物足らぬ, 王子は, 現世の, 男を, 異國人, 種々の, 紹介された, 翁に, 者なり, 者なれ, 而し, 船を, 草の, 藻草と, 處士政客大抵京城の, 衆軍を, 袖も, 言葉が, 誠に我等迷惑至極, 譯なり, 谷村の, 身の, 身内も, 軍兵が, 迅き, 道に, 道の, 道は, 道より, 道を, 那古の, 邦を, 部下に, 郷は, 醫師が, 間幾時も, 頃には, 頃よりの, 鰐怒り餌を

▼ 來~ (234, 0.6%)

2 いは, には居ぬ, にゐる, に考, は人知れず, ば夫, 却て, 更にその, 而も

1 [216件] あなたこなた, お咲, こんな風, さうかと云つて, さうかと云つて彼, さりとて主家, さりとて使用人, しばらく亂戰, すべて英露諸, そこで孔子, そこに, そしてあす, そしてもう, そのくせ佛樣, そのころ林三郎, それを, てはかな, ですから僕, とも先づ絶無, とも刹那刹那, とも格別, とも流行, とも誰, と云, と斷, と誰, どうしても三里内地, どちら付かず, にあつ, にし, にしまつ, にしまふ, にすんでしまつた, にその, にだしぬけ, につゆ, にはおかない, にはゐない, にはゐなからう, には居らぬ, には居られまい, には居られません, にひつそり, にま, にもがい, にゐ, にゐた, に佐野松一人, に十幾年, に卒, に唯, に困ります, に國, に居た, に居つた, に居ります, に居る, に引き取つた, に彼, に彼女, に戻つ, に死ななけれ, に清ちやん, に片側, に私, に終, に終り, に肺病, に草刈鎌, に裳, に親分さん, に豐吉, に貴島, に身, に鷺宮, に鼠穴蠹腹, はふり, は一時, ばよかつた, ば此方, ば自, ひどい面倒, また其の, また夜なか, また帝國學士院, まるで半, ま一文字, アツと, ビール樽の, ベンチに, 一人で, 一人胸の, 一族は, 一本の, 一生不遇に, 三日來ない, 三輪の, 下調も, 且つやがて大尉, 世の中に, 中の, 主人の, 乞食の, 二度に, 二日來ず, 亡夫甚五兵衞の, 人々は, 人に, 人垣の, 今日あたり一つ此方から, 代々木より, 佐伯からの, 何か, 何れ艇の, 何處へも, 併し, 假堂を, 偖は, 先づ外から, 兎角娘, 其ま, 其人の, 其他の, 其日の, 別に他, 勝手の, 却つて前日の, 又それ, 又マリヤン, 又古今東西, 又孝道, 友白は, 友達として, 叔父の, 口も, 只, 只餓死, 可愛さうに彦兵衞, 史記の, 否遂に, 多分ウカウカ, 大學, 夫こそ, 字を, 孤立し, 客は, 寺社奉行の, 小僧の, 小走りに, 山神慨然として, 島で, 差當り, 希臘内地の, 幕にな, 平次は, 年中殆, 庄司の, 店の, 彼の, 彼等の, 必や, 慰めの, 懊惱煩悶し, 戌刻半, 我日本人にも, 手代の, 手傳ひ, 扶植し, 押默止て, 拔け, 既に中毒性, 日光の, 明日からは, 明日發つて十里許り, 是は, 是非なく, 木の下一面に, 東京に, 次第, 此上居喰に, 此邊を, 濛々として, 灰も, 物を, 現在でも, 町へ, 番頭も, 當面の, 禪頂小屋に, 私の, 稼業の, 答えも, 素足の, 細胞の, 結局敗け, 翌朝跡方も, 而て, 腹では, 自ら自己の, 自ら黄帝の, 自分の, 自分も, 船頭の, 若い方, 若い時, 茶に, 親類中で, 辨當袋を, 途方に, 郵便は, 酒色にも, 隱然獨立の, 首尾よく, 馬を, 體得出來ずして, 魚市場金座大商賣

▼ 來たら~ (213, 0.6%)

3 私の, 自分は

2 [13件] お前の, かの女, どうする, どうするだらう, よかつ, 一人として, 何か, 其時の, 宜からう, 彼れ, 散々と, 昔し, 私も

1 [181件] あなたと, あの三河屋, あの騷ぎだ, あれほど, あれも, いい汽車賃, いかにも聖徒, うんとやれ, うんと意見, うんと脅かし, おぢ, おれだつ, お前が, お前も, お前達は, お嫁, きっとその, このおれ, これほど, さいは, さぞ面白から, すぐかへ, その不潔, その唐櫃, その小説, その時, それこそ, それでもう, それで本望, それで歸, それを, それ以來積ん, といつも, とてもいい, と云, と小, と思, どう, どういふ, どうして私, どうします, どうだ, どうで, どうな, どれだけ, どんなに仕合せ, どんなに嬉しい, どんな云, なあ, なんともはや珍妙, ば, ばこの, ばと思, ばと思ふ, ばと私, ばま, ば我, ひどい目, ぶち殺し, まあ怎, みなでど, もうぐうぐう眠つて, もうすでに馬場, もう一遍ゆつくり, もう立つ, やつぱり何つて云つても, よからう, よく聞い, よさそう, よろしう, んに, カツ子を, ギユウと, タチが, タミ子が, ポトポト水, 一層の, 三人前の, 三千兩は, 三年越の, 之に, 些細な, 今でも, 何う, 何うしよう, 何とで, 何ねエな, 何もかもはつきり正直, 何を, 何ん, 傷の, 僕は, 全く金佛, 全て眼に, 兩手で, 兩親だつ, 其の氏, 其は, 冬に, 冷評し, 十年前の, 十錢やる, 可い, 君の, 周三等の, 因業で, 土橋の, 大へん, 大變, 太神樂と, 夫こそ, 夫婦養子の, 奧さんに, 女はちよツと, 好いぢ, 宜しく被, 家主が, 實に, 小使ひ, 山毛欅が, 幸である, 御存じの, 御義理, 御飯に, 必ず自分, 忽然樣, 怎です, 惡い, 扨て, 拂つて頂戴, 斯んな, 既往をでも, 日本一の, 早速明け, 是非何卒, 暫らく上方へでも, 有名な, 本街道, 村の, 村長の, 横着な, 正直で, 武生へ, 歸つて來た, 殆ど終夜一睡, 母さんが, 比類が, 氣持を, 治外法權は, 渠等も, 潮の, 無精で, 熊坂の, 父親の, 爺樣, 用意が, 田へ, 男も, 盲目の, 直は, 矢ツ張りあなたで, 矢ツ張りお客に, 私が, 私は, 紙の, 素早いところ, 結構だ, 總ての, 老人も, 耳を, 聽か, 自棄に, 色つ, 親族の, 誰にも, 途中で, 郊外へでも, 郵便局で, 酒亂で, 雜木の間で, 鬼の

▼ 來ます~ (213, 0.6%)

3813 から 105 ね, よ親分 4 ぜ, わ 3 からね, がね, とも, と云 2 からお, が, がその, と家, な, の, のが, 君なら

1 [106件] いつもあなた, かこれ程, かと, かね, からさ, からその, からそれ, からちよい, からです, からと痩せぎす, からと言つて, からなか, からね私退院, からよく, から些, から人民, から何卒, から其邊, から安倍家, から寫, から森林, から直し, から自然, から遠方, から非常, かわたし, があの, があれ, がぐわんこで意地, がこの, がさて, がそのうちだんだん, がなに東京, がねエ, がね八釜敷こと, が一體, が下り, が兒, が平常, が手, が本職, が町, が精神, けれど, さ, さらば, しみんな親切, し椰子, ぜへツ, ぞな, だよ, でそれ, といつしか, といふ, といふこと, とこ, とこちら, ところを, とごまかし, とそれから, とだ, ともさ, と丁度もう, と今私, と他, と使用, と前, と天照大神, と奧, と嬉し, と宣言, と山, と彼, と押, と最後, と林, と潟, と私, と答, と言, と言つて歸, と豐田さん, と高い, のです, のね, のは, まで, ものは, やうなれ, やら品物, よ埼ちやん, よ平常, よ鹽辛聲, ツて, 何故つて, 八五郎は, 前に, 嘸高い, 急水止, 時には, 由は, 空飛ぶ, 織物は, 胸が, 途中でも, 鐵車の

▼ 來ても~ (186, 0.5%)

3 それは, 出來 2 それを, 却つてほのかな, 呉れまじ去年向島, 家庭の, 必ず獨特, 結界を, 腹の, 船は

1 [164件] あがらせるなと, あなたは, あの通り, あれだけは, あんまり地味, い, いいで, いいという, いいわ, いい働き, いつの, おふさ, おふさがた, お勝手の, お蘭殺し, お蝶, かまひません, こいつは, ここから, この鑑定, これでも, これは, さして貧乏, そこから, そのまま氣, その一端, その年, その感情, その返事, そんな時刻, ただそれ, どうも僕, どんな新しい, まだおばあさん, まだ不良少年, まだ友人, まだ心, まだ直らない, よいと, よささうな, ろくに挨拶, ゐる, ブランコへ, 一口も, 一茶の, 一見し, 並の, 乙の, 互ひ, 五六圓の, 五分, 五十兩や, 五十圓の, 仕樣, 何にも, 來なく, 依然として重い, 信念が, 俺は, 僅かに, 入れるやう, 全く注意, 其の女子, 决し, 十分に, 半ば無意識に, 又鴉片戰爭, 反對, 可い位, 合格米ばかり, 同じこと, 同じやう, 同じ部屋, 命を, 善いの, 喜ばれるでも, 囘向に, 困らない養分, 固定した, 埒が, 多少自分, 夜である, 夜中に, 大した罪ぢ, 大丈夫です, 大抵お, 大變, 天鵞絨み, 娘の, 宜い, 宜いといふ, 富貴を, 己の, 庭や, 彼が, 彼には, 待つ物, 御商, 心の, 急いで, 急に, 戀の, 所謂完全な, 持つてる人, 指一本差せる, 支那の, 新羅, 是非に, 智識が, 書けない, 村會が, 格別見識學問を, 案内料は, 殘し, 氣性の, 汚ならしい, 決してい, 決して受け付けた, 沖繩の, 波の, 泰然自若たりだ, 消されずに, 疑つて, 癒らぬ, 目の, 直ぐには, 直ぐ放れ, 神には, 神を, 私は, 私をも, 窮乏陋巷に, 立退き先, 精神には, 聲を, 自分の, 自分は, 萬に, 葉や, 見られるの, 解明できない, 言葉遺ひ, 誰も, 誰をも, 財産が, 身内の, 輕蔑する, 返事を, 返濟, 追つ, 通すこつちや, 過ぎた昔, 遠慮しなけれ, 金が, 銀座の, 長女だけは, 開けられさ, 顏へ, 飽くこと, 餘り, 騷が, 驅け, 高價, 魚屋が

▼ 來たり~ (177, 0.5%)

39 して 18 した 4 する, するの 3 しは, すると 2 しながら, し時, し樓, し門前, するので

1 [96件] あるひ, お百度, ける物, さうし, しが, しこと, したが, したところ, したよう, したん, した儘, した揚句, しと, しに, しはじめた, しばかり, しましたから, しましたので, し乍ら, し人, し如き幸福, し松川屋敷, し表門, し體, するが, すること, するたんび, するだけ, する世話, する事, する子, する時, する氣, する爲, する習慣, する若い, する苦悶, する電車, する頃, すんぢ, そりや, それを, ちよつと, て召, て我, て此家, なば, また下り, また短い, まん, わらな, レコード屋が, 人助けの, 入替り立替り, 兩手を, 出來なかつ, 勘三郎や, 又それ, 又人, 始終動い, 子供を, 少し薄暗く, 居留木角左衞門と, 御奉行樣, 忙しく世話, 惡が, 我々が, 或はパンポル, 或は又, 手紙を, 斯, 新しい學問, 時に雷雨, 朝の, 杖を, 栗を, 殊に, 氣を, 水を, 流行は, 直に傳吉, 眞鐵なす, 立つたり, 給ひし, 線香を, 而も, 自分等と, 舞ひ戻つ, 花火を, 茶を, 荷車が, 薄暗闇, 誤字が, 送つて, 途中鴻巣宿を, 高低さまざまなる

▼ 來~ (166, 0.4%)

2113108 來い 6 ツ八 3 ツて, 坊やは 2 と呼びかける, ならば, 三五郎お前は, 薄馬鹿野郎め弱虫め腰ぬけ, 謝罪て, 買つてやる, 途方も, 顏を, 馬鹿

1 [84件] あとで, お前には, かねは, こいつは, これから忙しい, だが叔母さん, て言, といふお, といふお話, といふ氣持, といふ電話, とかとは奈何, とさう, との親心, と二階, と女中, と私, と言, と言つた, な, などと云, な又, のところ, の國, の場面, の家, の意, の状態, の相手ぢ, の膽, の遊び場, の體, ま, もう一度振り出し, ガラツ八, ツ三人共膾に, ツ女言ひ, ツ爺奴, ツ藤助, ツ親爺, 丁稚, 些と, 今度は, 何でも, 何處へでも, 來いつ, 來たれ, 八お前は, 八五郎, 八番所へ, 凧揚れ, 危い, 叔母さん茜裏の, 大急ぎだ, 太て, 好い修業, 子供は, 室を, 尾が, 山吹來い, 急ぎだ, 樺太などへ, 歌留多なら, 此處へ, 殺しの, 汝等片端より, 爺さんひどく, 申聞かす, 白犬よ, 白痴ツ, 皆んな母屋で, 相手は, 社の, 細工は, 苦い飮, 茶を, 藥を, 赤い桃, 遊びに, 運動に, 醫師も, 飯, 飯を, 馬鹿野郎

▼ 來れる~ (164, 0.4%)

4 なり 32 にあらず, を見, 一群の, 也, 所に, 所以を, 方法は, 自己の

1 [141件] かといふ, かを知らない, か分らん, こと, ことなし, ことは, ことも, こと一夜の, この人々, さま, さまを, しまた, すべての, その兩親, と問, なりおも, なりこの, なりといふ, なり我, にそれ, には非ずし, に最, のみその, は, はさ, はさる, は今朝, は何故, は夜光命, は將軍家御朱印入, は我等, ふたりの, ほかの, も, もかれ, もこれ, ものいよ, ものなり, ものなる, ものなるべし, ものに, ものは, もの也, も今, やその, やわが, やをいへ, やを約やか, や何事, よりこの, よ他, をいへるなら, を嘉せ, を怖, を我, を推する, を示す, を見る, を見れ, アキリュウス, アンキーゼの, イダイオス彼らの, ガリバルヂーなり, ティスベこの, トスカーナ人よ, トロイアの, トロイア亡命の, ピュラモス猛, フォティヌスを, フレジェトンタの, 一書あり, 一紳士, 事の, 事實に, 人等よ, 使者なり, 其中に, 凡ての, 副將, 力を, 四月の, 國民的運動を, 多量の, 大神ヂュウスに, 天使なれ, 女の, 孤獨寂寥の, 幾多の, 必然の, 患者などはずつと, 我, 我は, 所愛が, 掟なり, 敵あまたこ, 敵將の, 方針の, 旅客の, 日ごとに, 時この, 時に, 時の, 時より, 時ウェルギリウスの, 時カクスは, 暗愚の, 書生に, 材多く, 次第は, 次第を, 此金殘らず, 民あり, 民ありき, 民泣い, 氣色鋭き, 汝は, 決斷なり, 法則あり, 潛勢力による, 爲一三〇一年に, 由を, 盛岡三萬の, 種々なる, 種々の, 粗野の, 結果あれは, 結果のみ, 群あり, 者ありき, 者なる, 者なれ, 者は, 者よ, 處なれ, 請願人民に, 軍勢の, 轅に, 部分を, 魁偉なる, 魂なり, 魂等特に

▼ 來てから~ (152, 0.4%)

3 何年に 2 初めての, 本當, 間も

1 [143件] あわてて, いろ, お靜, かつた, かれこれ二十三年, きれいな, この二ヶ月, これに, ざつと百日の, して, すでに一カ月, その持參金, その次, それを, ただジッ, だぢ, だつて, だと, であつ, である, でなくつちや, でも, で辰巳, ふとこの, ふと思ひ出した, まだ一年, まだ半年, もう三ヶ月, もう三年, もう二十日, もう何日, もう十ヶ月, もう牛乳屋, もう隨分, もさういふ處, よくあすこ, モウ彼是半年に, 一刻近くなる, 一寸逢ふこ, 一層風儀, 一年半程に, 一度の, 一月程, 一週間に, 一週間ばかりも, 七日にも, 三年にも, 三年目の, 三週間しか, 世人は, 二十五年にしか, 二日にしか, 二週間も, 五年に, 五日目一番後の, 以來俳句が, 以後の, 以後殊に, 仲間の, 何もかも洗いざらい懺悔, 何れとも, 何を, 何年振, 偶然に, 僕は, 六日目の, 其の峻烈, 其小さな, 再び枕, 初めて知る, 別れると, 勘次は, 十幾年願念寺の, 博士の, 又一層精しく, 又三百年, 君を, 四五日の, 四五日經ちました, 四年の, 四度ランプを, 四日目の, 夏など, 夕餉の, 多量の, 大へん, 始めての, 寺西家の, 工藤ときちんと, 幾ん, 廿二年後の, 後に, 後の, 後ろを, 後氷島人の, 感じた, 所帶持ちの, 數學は, 新たに, 日一日と, 早くも, 早や, 暗い空模樣, 朝草刈に, 森口の, 殆ど通行人, 淺草で, 渠は, 滿一年半の, 漸, 獨逸語や, 瓜畑は, 甞て, 生憎と, 病院通ひ, 知つてゐる, 禮状を, 移つた家も, 立派な, 米しつかり, 義雄は, 義雄を, 腰に, 自分も, 臺どころの, 薄曇つた日ばかり, 見るとも, 許り, 話を, 足掛四年に, 近所の, 通りが, 逢ひたい, 遊藝や, 郷里へ, 長年暮しつづけ, 間もなく本, 間もなく美佐子, 間もなく誰, 雲雀の, 馬の, 騷ぎが, 高價

▼ 來ては~ (147, 0.4%)

2 かいまみして, くれなかつた, それを, ならぬと, ゐるが, 厭や, 嫌や, 居なかつたの, 挨拶を, 藕絲を

1 [127件] いかんといふ, いけないと, いけないなどと, いろいろの, いツ, おのづか, お玉を, お酒びたり, かなり陽氣, くぐる子ら, くださるまいと, くれまいか, この不思議, さすがに, すいと, そこらを, そんなこと, たまらない, つい社, つぶれして, つぶれ出來, どうかと, どうする, なほ更苦笑せざる, ならず一切我, ならぬこと, なりません, ひるこの, ほとんどいつも家人, またもぐり込む, また無くなる, また飮, よく眞面目, ゐたが, ゐない, ゐないから, ゐなかつたの, ゐねえん, ゐは, ゐるの, オハヨウゴザイマスと, タイヤを, モンマルトルの, 一とか, 一册持ち行き二册取去り, 一度勘當, 三年前に, 下さるまいし, 互ひ, 人氣を, 他目には, 何か, 何故かアルコール分子, 兄貴を, 先生から, 全く金釘流, 兩國の, 其奴に, 勝手な, 又供, 口に, 口を, 口説たてる, 可かん, 向柳原, 呉まじ, 存外武器, 學校の, 客の, 實に, 尾を, 居ず佛樣, 居ず浮世草紙, 居つたが, 居りません, 居るが, 巖を, 底拔けの, 引返しじり, 引返し仙人の, 彼女を, 御馳走する, 思ひ當, 振り向いて, 擦違, 日本一の, 時を, 木片へ, 樣子を, 歌ひました, 止り行, 水神の, 火鉢へ, 熱度表に, 猫の, 生々した, 甲板の, 皆食物の, 目敏く卯平, 着物に, 石にて, 私の, 脱ぎ捨て, 自分に, 船員の, 莫迦に, 見ぬか, 見舞つた, 親分の, 話しなど, 誠に意氣地, 讀むので, 讀んで, 足もとを, 軟かな, 農男を, 迚も, 錢形平次の, 雪の, 電柱に, 頓狂な, 頻りに啼く, 餌を, 駄目だ, 駄目です, 體裁能く, 魔法で

▼ 來よう~ (140, 0.4%)

149 とする 5 と思 4 としてゐる, と思ふ 3 かな, といふの, と言

2 [14件] かと思つて, かと思ひます, としなかつた, とは思はなかつた, とは思ひ, とも, と思つたの, と思つて, と思ひます, ならお力, なら直さま, にと思ふ, や又, わい

1 [67件] かしらん, かしら警察, かと思はれ, かと思へ, かと腰, かと迷, かなと思つて, から, からそしたら, から再び, か彼, か明日山, か知らん, が三昧, が挨拶, が法律, が船, さ, しかし當, しかし責め, ではない, といふ, といふ氣さ, とお, とした, として居る, として苦しん, としない, とそれ, とはせず, とはちつ, とは夢にも, とまで一度, ともしない, ともそれ, とも渡す, とも野生, と一友, と云, と云つて, と今, と僕, と再び, と學校, と小止み, と庭, と彼, と待ち構, と志し, と思つた事, と思つて母, と思はれる, と思ひました, と思ひ立つた, と我知らず身, と獨, と私, と考へてた, と見向き, どんなこと, などとは些, などとは夢にも, などとも思ひもうけなかつた, ね, はない, も知れない, イヤ佛法僧

▼ 來~ (134, 0.4%)

9 しないかと 6 しない 3 しまいかと 2 さう, しないか, しないよ, すまいかと, せぬかと, せぬかといふ, 家の

1 [102件] あつた, いかにし, お金が, かうである, かかる觀念, さうし, さまざまで, しても, しないかな, しないと, しないわ, しまいと, しません, しませんよ, その官職, その頃九州や, ないと, なかつた, なかつたの, わからないが, キリストの, ペルリの, 一種の, 世界婦人會などを, 二つだけの, 二十人ばかり, 五代史志と, 今來, 以上の, 來ても, 先づ此二三人で, 先平助へ, 全く忘れた, 別としても, 別個の, 別神, 前の, 勿論今日, 區, 卜問者に, 古し聖徳太子, 同じ字, 同目的, 呉服屋で, 國の, 地二〇・五五以下に, 多分當時吾國, 大分其熱が, 大食の, 大體, 女太夫な, 如何なるもの, 威公の, 娘お, 實際の, 專ら牛乳の, 小學校, 小舟で, 少しは, 山林で, 左右藤五郎兄弟を, 帝王神權説を, 店に, 弘仁の, 感覺によ, 支那駐在の, 新聞を, 日本諸, 早々退けり, 明治後期以後の, 普通だ, 書に, 杉野の, 正しからん, 殊に此字, 殘ず, 水郷として, 漢書藝文志に, 漸次骨折, 火の番の, 無心である, 照の, 生々した, 生の, 白梅屋敷の, 相類似, 知らないが, 神經痛で, 祭の, 私が, 私の, 空間的規定な, 立ち去つて, 裁判所の, 評定所の, 賦家として, 運座といふ, 道を, 遲過ぎる, 郷里に, 隋唐二代の, 風雨に

▼ 來~ (128, 0.3%)

4 待つて 2 つた, 信ぜずしては, 召抱へ, 相手に, 考へると, 誌した, 述べて

1 [110件] いひ或, いへば, お話する, お話致しまする, さへ, たづねたが, つたなどと, また感謝, めぐつて, るな, わが眼, ダンテに, 一つの, 一寸述べ, 云へば, 今は, 付て, 佛家の, 供に, 信じて, 信ずるのみにて, 全く知らぬ, 八つの, 前に, 取り入れて, 取卷く見物, 叙し, 同氏によ, 吟味した, 呼び出され明朝, 呼んで, 圍む數千の, 始め與力同心打驚き是は, 尋ねると, 尋ね遂に, 尋る, 待ちあぐねて, 待つ, 後先に, 得る條, 忝うし, 意味する, 愛し古, 慮り半夜惘然, 我意に, 持て滿悦, 持出して, 持羨まし, 明かに, 書いた, 書いたが, 書いた人, 書いた僞筆家, 書きいよいよ, 期すること, 樹木の, 殖せし, 母の, 洲本の, 無禮討, 疑は, 疾や, 眞に, 睹て, 知らずば, 知りいと, 知るため, 知るべき材料, 知る必要, 研究し, 研究しまし, 破壞, 空しくせぬ, 糺明に, 組んでよ, 結つて側へも, 結び前後, 絶つて, 總集した, 繰返しその, 考へて, 考へるやう, 聞くこと, 致す道理, 被つた山間, 補足する, 見なん, 見るに, 見るには, 記しそれ, 記した最古, 記して, 記せる一段, 記るせる, 設けたるに, 語つて清子に, 語る, 説いて, 説き且つ, 説き畢, 論じ得失, 辨ぜ, 送迎する, 連想する, 遣つて強奪, 遣は, 重んじて, 重んずると, 防ぎとめる役目, 防禦しよう

▼ 來~ (122, 0.3%)

14 けり 3 ける, 就いて 2 はかり知られぬ全盛, 就いては, 關する, 隱れ

1 [94件] あらずと, あるだけで, いたるべく鹿島, けりと, けりとお, けりひた堪へむとす, けりまさしく, けり如月, けり月出づる方, けり櫨, けり父, ける砂利, ければ, けん, し天使, する, ない一家, ない心, ない晨, なき失策, なくうまいもの, なつたら, なつて, ならないで, ならないの, ならなかつたの, なられた事, なりましたか, なります, なりますなら明朝, なりますわ, なりませう, なりません, なりませんでしたから, なる, なること, なると, なれば, のがれた, ひきかへ, まかして, や, よりて, 九條殿の, 付其許の, 付夜中をも, 仰らる, 候とも, 備へて, 先だつて, 先だつ四十年, 出來上つた場合, 占領せらる, 及べば, 取つて, 取立てられお, 召抱へ, 同情と, 味岡勇右衞門と, 天晴器量人候とな, 天鵞絨を, 寄托し, 就いても, 居るし, 居る伜, 居る勘當, 山内伊賀亮といふ, 島流しです, 引較べ, 從つたのか, 從つて知らないなら, 御取立, 御召抱, 怪しい者, 悟り初めて, 成つてから, 拘らず私, 於ける最近, 於ては, 暇を, 暴露され, 氣も, 無い心安い熟睡, 申付火急の, 相違なき, 石川安五郎と, 至つ, 至つて時勢は, 至るまでや, 説き及び, 負ふ, 逢ひ, 開門は, 階段の

▼ 來~ (107, 0.3%)

6 しむ, ず 53 しも 2 あ, ざりき, ざるべしと, ざる由, ねば, むことを

1 [75件] ざりき何と, ざりしかと, ざりしさき, ざりしぞと, ざること, ざるさき, ざるはか, ざる中, ざる人, ざる以前, ざる將來, ざる民, ざる限り, しむフランチェスカ, しめた者, じか, じと, す時, す爛々, ずしかも, ずと, ずとの, ずば, ずやと, ず依て, ず傳吉, ず共, ず十口坊, ず唯, ず四人爐, ず徳利, ず暗闇, ず望み, ず此方, ず死, ず然, ず爰, ず電氣焜爐, ず飢, せたま, せて, せよ, せよかくして, な, ないで, ないもん, なかつたら私奈何, なくつて, なければ, な皆, ぬうち, ぬと, ぬとは, ぬの, ぬは, ぬもの, ぬやう, ぬ君, ぬ湖上, ぬ私, ぬ者, ね, は葢, ば, ば大丈夫, ば如何, ば我, ば或は, ば斯樣, ば早々, ば神, ば第, ば讀者, まじ安らか, る越前守殿

▼ 來ません~ (103, 0.3%)

186 か, ね 4 からね, わ 3 が, の 2 からねえ

1 [57件] かつた, から, からそこ, からと自分, からまだ, から宿, から新しい, がかうし, がこの, がしかし, がその, がまだ, がまア, がやがて, がネ, が世間, が全島, が八五郎, が天道樣, が宜し, が平次, が曇つた日, が浪花節, が算盤, けれど元, けれど或は, し, しお, しさうな, それにこの, でせう, とも云, と云うてた, と女, と答, な斷, ねえ, ねもう, のあなた, のです, のでせめて, ので汽車, もの, や, よあんな, よ生憎口, よ神山樣, よ親分, わね, ナニサ兎は, 何卒私, 其, 可け, 吾等は, 明瞭に, 皆んな私の, 私を

▼ 來~ (103, 0.3%)

16 しない 10 がる 8 がれ 5 しないよ, しません 3 しないか, はつた 2 がる一昨日半次, しないぢ, しないん, しねえか, アが, アしない

1 [41件] うかと云, うかと思ふ, うし又, がった, がらん, がるお, がるぢ, がるなんて, がる俺, がれお, がれツ, がれ手前の, がんね, した, しないかと, しないさ, しないしさ, しないの, しなかったかい, しませんか, しませんぜ, しませんね, しませんもの, しませんよ, つて來る, つて居つた, はつたいふたら, はつたんや, はりましてん, はりますさかい, はりまツしやろ, はるさかい, はるにや, はるよつてほんまに, はる人見な, はれへん, よ雀汝, アがる, スマトラや, 人氣が, 家族に

▼ 來した~ (87, 0.2%)

5 のは 4 もので 3 のだ, のである 2 ことが, と云, ので, ものと, ものは, 最初の, 藤原の

1 [58件] あの蘭醫, か, かといふ, かと驚き, かは夷大黒, からといふ一事, が一五四七年, が戰爭, が空, ことである, ことと, ことな, ことを, それは, ために, といふ場合, といふ説, とかで, ときの, と斷, と解釋, のが, のであ, のであつ, ので此他, ものが, ものの多い, ものの深い, ものも, ものを, ラテン語が, 事と, 以上は, 例が, 例も, 兩度の, 兵法は, 印刷術が, 原因を, 和蘭藥草の, 帝紀と, 師説に, 年代には, 徑路を, 故人が, 文化の, 時代すら, 根本の, 死後の, 法かも, 白居易の, 稀な, 種々の, 笑の, 西域の, 記憶が, 譯である, 鉛活字を

▼ 來いと~ (86, 0.2%)

7 云ふ 3 いふ電報 2 いふ, て頭, 呼つれ, 呼ばれて, 命じた, 命ずる, 申しました, 言ふ

1 [60件] あつた, いうの, いふので, いふやう, いふん, いふ氣, いふ端書, お高, せがむの, つけ加へ, の事, は氣違, むつは, 云つ, 云つた, 云つたとか, 云つたら, 云つては, 云つてや, 云つて人を, 云つて來た, 云つて來たんださうです, 云つて置いた, 云は, 云はれ, 云はれた, 仰し, 出立る, 合圖を, 吹つかけた, 呼びにも, 呼びよせさへしたのであつた, 命じたので, 御隱居樣, 手招ぎをして彌次郎を, 散々に, 書いて, 案内が, 母から, 母にも, 父さんが, 申しました文右衞門樣何, 申します, 直樣坂本, 私を, 繰り返して, 菅君が, 襟髪を, 言うん, 言つ, 言つた, 言つた顏を, 言つてゐる, 言つて來ました, 言つて遣つた, 言て, 言ひました, 言ふんぢや, 言へ, 飛んでも

▼ 來りし~ (82, 0.2%)

3 時は, 頃は 2 所に, 者なる

1 [72件] ことどもを, とき我憂は, とき舟中に, には種々, にやあらん, に原田治助, に因る, ものに, ゆゑ久兵衞は, ゆゑ何卒, トロイアの, 中に, 也因て, 事なれ, 事より, 事を, 人あり, 人で, 客は, 干柿あれ, 廿五兩の, 弟十兵衞を, 役人體の, 後は, 所手拭にて, 所此病氣に, 所途中にて, 方は, 方法は, 早打の, 時, 時その, 時よりぞ, 時仁左衞門大音揚コレ三吉汝は, 時奏し, 時我樣子を, 時日は, 時杖に, 時正午に, 時河原にて, 時火を, 時皆, 時盜賊に, 時足の, 時足を, 暦を, 樓の, 樣子なり, 此人は, 水なれ, 水干に, 活字版, 活字版を, 牧人を, 狗群速, 由を, 甲斐も, 稍以前より, 笈摺には, 者が, 船は, 處喜八が, 語なる, 譯なる, 路に, 道の, 醫師をば, 錢をも, 頃には, 頃跡に, 頃馬は, 馬二頭ありし

▼ 來なけれ~ (79, 0.2%)

9 ばならない 7 ばならぬ 6 ばならなかつた, ばよかつ 4 ば駄目 2 ばせめて, ばなりません, ば好い, ば幻燈, ば歸

1 [37件] ば, ばあの, ばいけない, ばいけなかつた, ばお前, ばこつちで, ばそれツ切り, ばと言つて, ばどうか, ばならなく, ばならなくなる, ばよう, ば下り, ば世間, ば乾燥, ば人, ば伜金之助, ば何處, ば冴, ば分らない, ば勝手, ば原子物理學, ば可, ば向う, ば夫, ば好, ば承知, ば文章, ば旅費, ば眼, ば私, ば私達, ば空氣, ば窓, ば處分, ば豐田, ば貴公

▼ 來られた~ (77, 0.2%)

3 ね, のだ, のは 2 ことが, と云, のが, のです, ものの, やうに

1 [56件] あなたに, お客は, お盆の, か, かも知らぬ, から我先知汝來, かを知らなかつた, か不思議, がたぶん, きりで, ことは, この町, さつきとは, ぢや, といふ不安, とき自分達は, とふじ子, とも思, と憶え, に, のだつた, のであらう, のである, ので其話, ので土産物, ので大貫, ので沖繩見物, ので私, のに, のも, ものだ, ものである, ものと, やうな, わけでも, んじ, んでせう, ンぢや, 姿は, 小僧を, 少女に, 岡さんの, 方々を, 方は, 日にや, 時お前は, 時から, 時は, 末ツ子を, 美しい長女アンドロマツヘ夫人, 義理では, 者で, 自分の, 藤村君にも, 頃は, 餅を

▼ 來~ (77, 0.2%)

3 だから, のです 2 です, とも限らん, のかい, のぢ, も知れず

1 [61件] おつ, おぬし, かい, かとかなんとか, かなう, きにの, ことにや, ことばかり, ことを, さ, だか, ださ, だつて, だつて云つけ, だな, だよ, だらうか, だろうから, ぢやつたら, でも, で出, で困ります, といふことに, といふ事, と云う, と笑ひながら, と言つて, なつてゆつたの, ならん, なんていふ, なんて卑怯, なア, には此, に二人, に何, に其處, のか, ので詰り, のは, のやもん, は定, は目, までの費, ものが, もんだから, も誓, を待て, を許し, アラ笑止の, 世の, 年の, 年も, 年を, 年日, 折には, 方が, 日が, 日まで, 日を, 疾風の, 魂に

▼ 來~ (72, 0.2%)

21 へすれ 14 うも 7 うもない 3 うもないこと 2 うした, うもないが, うもないと, へすり

1 [19件] うして, うもないからね, うもないし, うもないので, うもない事業, うもない相手, うもない連中, うもない離れ業, うもなかつた, うもなくそれほど, うもなくな, うもなく思はれるので, うも無い, うも無いすぐれた娘, つせい, つせえ, ないもの, へしたら, へする

▼ 來さうな~ (70, 0.2%)

8 ものだ 6 氣が 4 空合だ 2 ところだ, 事よく, 日和だ, 顏を

1 [44件] お婆さんでした, ことである, しめつた空, ところである, ので, のでちよツ, のでビクビク, のを, ものです, ものと, ものなれ, もんだ, んです, 場所から, 大粒の, 小船が, 形を, 感じさ, 所を, 手がまへを, 日和でも, 時分だ, 晩でした, 暗影を, 氣は, 氣も, 氣分で, 氣持が, 氣色なれ, 氣配が, 涙を, 男では, 秋の, 空合だつた, 空合で, 空模樣だつた, 空模樣で, 空模樣に, 詩では, 豫感が, 陰氣な, 雨を, 音樂に, 風體で

▼ 來てる~ (66, 0.2%)

7 んだ 3 のだ 2 ぢや, でせう, の, のか, ツて

1 [46件] か, かどう, からお, からさ, からたまらない, からたまりません, から宛然火の玉, から校長, がね君, が一階, が日本人, ぞ, だけな, とい, といい, といふ, といふぢ, と怎, と思ふ, と機嫌がい, と知らせ, と見え, に違, のであたかも, のです, ので彼, のね, のを, もんです, よ, よお, んだい, んぢや, んです, バラツクだ, ンです, 上母親の, 位な, 女中さんかい, 所から, 時ぢや, 樣な, 物だ, 男さね, 筈です, 處が

▼ 來るだらう~ (66, 0.2%)

9 と思, と思つて 64 といふ 3 と思ふ 2 と思はれる, と思ひます

1 [31件] かといふ, かと問, かと思つたの, から, からお前さん, からその, か少く, けれどもこの, さう, し僕, その傷ついた, といつも, といふ十月二十八日, といふ極めて, といふ説, とはいつも, とは意識, と云, と待つ, と思つたの, と思はれた, と申し, と皿小鉢, な, ね, のにと思はれ, よ, ハツハツハツ, 何方が, 煙草と, 體裁上日本に

▼ 來たる~ (63, 0.2%)

4 に逢 3 を待つ 2 ところの, 子なれ, 時は

1 [50件] か, ことなれ, こと遲し, ごとに, さかい何時, ぞ, ところを, と云, なりと, にぞ長, にはあらずや, に先立ち, に女房娘, に水戸, は, はその, は同じ, ものなり, ものには, ものは, もの多し, もの無し, も心, や, よ, を不思議, を厭, を女, を待ち, を見れ, を豫想, 也, 事主親を, 個人の, 學生や, 小兒, 故に人, 旅人あり, 時に, 樂し, 死は, 濱木綿の, 絲は, 者あり, 者共へ, 能はず, 衣服并に, 譯又店にて, 足がる, 金なる

▼ 來~ (62, 0.2%)

3 ある 2 安價

1 [57件] あつた, あるが, いけるたち, さう華奢, どんな複雜, ひどかつ, やかましい, よいと, よくて, よくない, わるかつ, 世話好きで, 主に, 他に, 他力本願で, 仰がれ野, 低能者の, 何う, 何人位ゐた, 何年都會に, 來り, 入用な, 出來, 分らないと, 分り其の, 初代キリスト教徒にと, 北朝其の, 北派の, 可い, 外丹の, 多くて, 大に, 奉仕的な, 如何に, 實に, 小さい乳首, 惡い, 惡いから, 惡かつ, 惡く, 惡るい是は, 惡田で, 懇切な, 支那の, 文弱で, 書いて, 最大の, 會話故, 槍だ, 温順しい, 然して金, 自然の, 與へた影響だけでも, 良かつ, 違は, 頑丈な, 頼まれて

▼ 來する~ (61, 0.2%)

3 のである, のを, やうに

1 [52件] おちか, から世間, ことの, とか未見, ときまつ, と説く, ので, のに夏, ひとびとへいちいち輕, までに返, までの寄せ, までの間, まで孤立, ものであり, ものである, ものです, ものと, もろもろの, ピラミツド型の, 下駄の, 事實で, 人の, 佛僧工人等の, 例へば芝居, 南歐の, 向學心の, 和蘭船の, 固有なる, 始めで, 小舟の, 小蒸汽, 心持は, 怪盜が, 怪盜鼬小僧の, 怪賊金高にて, 感情の, 所は, 所も, 時は, 有樣, 此上も, 源は, 百般の, 絶大の, 經驗は, 處遠く, 變幻の, 足音と, 間に, 雲の, 雲霧と, 頃には

▼ 來られる~ (55, 0.1%)

3 かどう, でせう, のか, のを, わけは 2 やうに, 筈は, 都合なら

1 [34件] か, かどうか, かの如き, かわからない, ことが, ことに, ため私の, たんびに, といふ, とさ, とはら, と口, と戰慄, と折角, と申します, と聞いた, と船頭, と骨, にはそれだけ, のかね, のが, のだけは, のに, のにこちら, のは, まで持出された, ものか, やうな, よ, んだ, 前どこに, 方から, 時留學生の, 資力と

▼ 來やが~ (53, 0.1%)

16 つた 5 つたな, つたんだ, つて 4 つたか 2 つたん

1 [16件] つたお前が, つたぜ, つたね, つたのか, つたものだ, つたらう, つたらうへ, つた眞つ, つた親分惡い, つた近頃は, つた野郎ツ, つてお早うとも, つてドジも, つて人の, つて旨い, つて水を

▼ 來られ~ (53, 0.1%)

2 てゐた

1 [51件] しかとは粗末, しと語る, し俗名齋藤時頼, その他の, それから西域人, それ以來有名に, たりし, たり此事確, ちや叶は, ちや困る, てからにし, てからは著しく, てからも渠, てから今, てたまる, てちやん, ての話, ては兎, ては全くどう, ては内外, ては困る, ては窮屈, てびつくり, てふだん, てもい, ても別段, ても困ります, ても安心, てよかっ, てゐる, て一切, て不機嫌, て今, て假名, て其上, て其處, て和助, て夏期, て嬉し, て富山, て手柄, て私, て醫, て餘, めえと, りやア鶴田君も, 上より, 久留島武彦君も, 私は, 親戚知己の, 重五郎

▼ 來るなら~ (48, 0.1%)

2 何か, 何時か, 宮廷の

1 [42件] いつもローウッド, ばかう, ばこの, ばせめて, ばその, ばまだ, ばわたし, ばロダン, ば俺, ば先生, ば其處, ば十日, ば千重, ば恐らく, ば我等, ば格別, ば水, ば私, ば自分, ば責め, ば足利時代, ば非常, やつて, 今からでも, 今だ, 今日は, 何う, 何でも, 何處かに, 來い, 來ては, 兎も, 刀で, 大いにやつ, 御馳走し, 心配は, 成丈早く, 百兩やらう, 石打付け, 私は, 自分で, 飯の

▼ 來~ (47, 0.1%)

2 くれ, くれやす, 之が

1 [41件] あり文字, いて, いふが, いへども, くれやすや, さし招く, さへ, その方法, それから日本, つてね, でありそして, ほき濱びゆ, 並んで, 云ふんだ, 云へば, 云且水田屋藤八よりの, 亡き友, 何れにて, 信じ四十八萬七千五百七十二人, 別誂へ, 叫びて, 呼れ, 引いて, 思つてゐる, 思はるる迷信, 成れなば, 成主人と, 有ば, 樂しよ, 申すか, 申神田豐島町酒屋にて, 申越れ, 相見え, 知らす顏付, 知られけり, 群行の, 言老, 身がるに, 重大なる, 隋末唐初までの, 順位

▼ 來るべき~ (43, 0.1%)

2 ものが, ものである, ものを

1 [37件] おそろしき死, こと二人の, により御, はずである, めつき, ものは, や否や, をや, 世界に, 世紀の, 人が, 充分の, 其の本, 冬の, 善美なる, 多くの, 完全なる, 島では, 心遣, 戰爭に, 改選期に, 日の, 日は, 暴風が, 本妻離別の, 歳末又は, 永遠において, 永遠は, 災難を, 現實, 純粹, 結婚の, 總選擧の, 美の, 航海日和の, 革命が, 黄金を

▼ 來たつ~ (39, 0.1%)

4

1 [35件] けな, ていい, ておかみさん, ておれ, てさ, てよ, てわけ, てゐた, て仕方, て他, て來, て勘辨, て外, て屁, て師表, て手, て暮れ以來, て構, て殺される, て男の子, て知らない, て聖天堂, て荒い, て言, て詰まらない, て話相手, て賣り切れやしねえ, て退屈, て露月町, て餘, て騙され, て驚くこつ, とかう, 切りあとは, 切りこの

▼ 來まし~ (39, 0.1%)

3 て, てん 2 たらう, てそこで, てそれ

1 [27件] その父, てこ, てその, てなこの, ても多忙, てよ, て一體それ, て先の日, て其勢力, て到る, て劉氏, て參政權, て夜遲くま, て天子, て崖, て斯, て果して, て格子, て自分, て變つた音, て赤い, て踵, て近頃, て鏡作, て馬, やうか, を

▼ 來ませう~ (39, 0.1%)

1732 か親分, とてはたはた

1 [15件] かと問うたら, からそれ, か植物性, がその, が橄欖島, が驚き, し北, それだ, と出, と温め, よ, よといつた, よわたしあなた, 今夜は, 犬養さんは

▼ 來~ (37, 0.1%)

4 であらう

1 [33件] ぎてしまつた, ことあるべき, ことが, ことに, ことも, ことを, とは, と云, に違, のが, のだ, のであ, の因, もとだつた, もの, ものである, ものでなく, も畢竟, やうな, わけである, を免れず, を免れぬ, を見る, 人間の, 原因と, 姿を, 戰爭の, 所以は, 敵將の, 神經の, 變革が, 道理が, 階梯たらず

▼ 來つた~ (35, 0.1%)

6 ものである 3 もので 2 ものが

1 [24件] かといふこと, が果さずし, が矢張水, が種々, ことは, ことを, といふ確, ところの, とみる, と言, に拘らず, のであつ, ものであり, ものに, ものも, やうな, やうに, 以上は, 全思想, 堅く狹, 如く生, 第二の矢, 若い歌人, 諸段階

▼ 來~ (35, 0.1%)

6 けりや 3 かつたさうです 2 いくらゐ, ごあん, さるが, んだに

1 [18件] ことで, ことを, さでは, さらねエ, さるで, ないの, のかも, はつた, ば來, ば却, よ, んだ, んだの, 子等でも, 後學, 歸り, 話が, 馬鹿野郎

▼ 來やう~ (33, 0.1%)

4 が遲 2 とは思はなかつた, と思ひました, と思ふ

1 [23件] か, か扨, がもう, が氣, が長, が餘, ぞ眞赤, といふもん, といふ時分, といふ樣, とすれ, とはどうしても, とは思はず, とは思へなかつた, とは考へぬ, とも自分, と思ツ, と濟, と行さ, に此長兵衞, は全く, も知れず, 即ち敵

▼ 來たい~ (31, 0.1%)

2 といふ, にも來, のは

1 [25件] から少し, けど今, つてお, といはれ, といふ下心, といふ衝動, とお, とその後, と云, と思, と思つて行つた譯, と思ひます, と思ふ, と打てない, と父, と申します, と言, などといふ繰り言, のだ, はゆる, また差入れ, ものも, ろ, んなら, 雜誌も

▼ 來てを~ (31, 0.1%)

5 ります 2 りますが, るん

1 [22件] ぢさんの, つた, つたのです, つたのは, つた英國人の, つて大いに, どる故, られた, られますか, らんと, りかつまた, りその間, りました開いて, りますね, りますので, りません, りませんから, りまた, り奧, り英語, ること, れば

▼ 來~ (30, 0.1%)

11 がつて 8 がつた

1 [11件] がつたあと, がつたな, がつたの, がつたん, がつた永山將軍, がつた活字製法, がつた組織, がつた芥川, はせ給, ひて, ひならば

▼ 來たらしい~ (30, 0.1%)

2 のを

1 [28件] がまだまだ, ことを, この手筐, ぜ氣, ぞ, といふ, のです, ので平次, 人達も, 勘當された, 女房が, 容子で, 小工場, 文句を, 東京風の, 橋の, 氣配が, 氣配に, 燭臺の, 眼潰しの, 竹の, 綴も, 荒削りの, 跡が, 金之助でした, 鉢植が, 雨つ, 食物は

▼ 來てからは~ (30, 0.1%)

1 [30件] それは, とくに息せき切, まあちやん, まことに身持, まだ四年, 先の, 全く生活, 全く靜, 劍淵村の, 嚴しく, 妙に, 安心し, 少しづつ變, 尚更で, 御陵は, 早起き遲寢で, 時々向う, 正史は, 毎晩温習へる, 毎晩私の, 甥を, 田舍で, 碁會所の, 編年體の, 腹が, 自ら思立つてか, 草刈の, 荷風君は, 餘り, 高熱が

▼ 來さうに~ (29, 0.1%)

5 もない 3 ない 2 なつて, も思へない, 思はれる

1 [15件] するの, なると, なるので, もありません, もありませんでした, も思はれた, も思はれません, も見えなかつた, 思はれさすが, 思はれた, 思はれない, 思へた, 思へるくら, 見えた, 見える

▼ 來たんぢ~ (29, 0.1%)

9 やない 5 や, やありません 4 やあるまい 2 やが, やねえ 1 やある, やねエ

▼ 來らん~ (29, 0.1%)

11 とする 2 ず, とす, と思ふ

1 [12件] そのとき, といふのほか何, として, としてゐる, と樂, と湯殿, にと急かれ, にはそ, には其間無限, は困難, を候, 程のもの一人

▼ 來上る~ (28, 0.1%)

2 頃には

1 [26件] かも知れぬ, ことやら, ごとに, と, といふこと, といふ時分, ところの, とそれ自身, との事, と二人, と正しい, と間もなく, にはかけなけれ, のかも, のです, のは, のを, までにはアメリカ邊, ものである, や否, よ, 夫婦の, 時に, 迄の來歴, 迄は二時間, 間三人の

▼ 來から~ (27, 0.1%)

2 言へば

1 [25件] お呼寄せ, つれて, 主として東洋, 公認され, 分類の, 呼戻されます, 存し, 少し離れ, 抱いて, 斯道に, 日本人一般としては, 最早申刻, 楊雄が, 此處まで, 歸つて來て, 歸らなき, 歸れない, 江戸へ, 漢代までの, 無名人, 相傳, 美人畫家は, 若旦那の, 言ひつたへられ, 象形文字を

▼ 來たなら~ (27, 0.1%)

1 [27件] あの蛾, さぞ驚く, それだけでも, ば, ばあの, ばかうだらう, ばその, ばそれ, ば一つ自分, ば其の, ば再び, ば北條, ば吾, ば少女, ば日本, ば本, ば正貨, ば此方, ば經濟界, ば茲, 何と, 其の電報, 大へん愉快, 大抵安全, 彼の, 瀧へ, 郷土

▼ 來~ (27, 0.1%)

2 つた, つたん

1 [23件] かし此處へ, さらば汝等, つたのは, つたんで, つて一體何の, つて寄合には, やよ我戀人, アルフイイアス恐ろしき, シシリヤの, ヂュウスの, 他の, 匂よ, 大佐渡も, 我友, 我汝を, 文三と, 此姿に, 殘り無く, 汝の, 猛火, 眞先き, 私は, 詩は

▼ 來れり~ (27, 0.1%)

2 其命に

1 [25件] げにいかなる, さきの, しかして贖, その姿, その衣, と叫ぶ, と意, と自分, われの, ウェルギリウスその, テバルデルロは, ヘクトール新たに, ボーレア口を, 人間の, 何れにも, 出で, 口吃り目眇み, 天の, 彼は, 愛我を, 我等すでに, 是においてか, 汝の, 海岸の, 淑女等涙を

▼ 來~ (26, 0.1%)

4 あつた

1 [22件] あつて, あらう, さへ, そしてウー, そして果して, それが, ぼくの, もと遊離, 一瞥し, 儀式の, 十七の, 女中に, 子供等は, 梁に, 無く日本神傳, 百五十石御, 短歌として, 職を, 育つたお, 邸内の, 隨從した, 默つてゐる

▼ 來まい~ (26, 0.1%)

4 と思はれる 2 ぞと笑, もので, よ

1 [16件] か, から, からな, か知ら, しそれ, し原因, とおれ, とばかり斷念, と思つて, と思ふ, と斷言, と考へた, などと云, 二度と來, 彼の, 百圓位は

▼ 來ませぬ~ (25, 0.1%)

2 けれど出, でも他, と斷つて, 大勢の, 夫れ, 親は

1 [13件] からこれ, から今日, から其項目, から必ず, がそれから, が大, が鑛毒, それでやはり, と思ひます, までも皮切, 其中に, 厭な, 只

▼ 來るであらう~ (25, 0.1%)

83 と思ふ 2 隨分胸の

1 [12件] かそれ, かと思ふ, かどうか, といふ心, と信じ, と安心, と思はれる, 今朝からの, 信濃の, 其の節, 小さな者, 愈々然うなつたら

▼ 來~ (24, 0.1%)

2 して, しないで

1 [20件] あり得なければ, あるが, いいの, ここに, しないの, しねえんで, しれず, せずに, やせしか, わるからぬ, 亦ある, 分り昔, 多かつ, 失敗も, 實は, 止るばかりの, 決して模範的, 濡れ鼠, 色々ありませう, 隋志に

▼ 來~ (23, 0.1%)

4 ばならぬ 2 えぞ, えな, ば

1 [13件] えが, えつちやつたつけが, えつちやつた此んで, えつて, えで, えところ, えと思つて, えべ, ど好物, ば晝, ば此方, ば無駄, 商賣だ

▼ 來なら~ (22, 0.1%)

1 [22件] ばお, ばペルシヤ陶, ば今日, ば來, ば大, ば守隨, ば支店長, ば父親, ば目出度い, ば磔刑, ば自分, ば親, ば隨分念, もう少し早く, 三輪の, 下は, 其の席, 別行, 實地を, 小母さんと, 直に本郷, 眞平だ

▼ 來ねえ~ (21, 0.1%)

3 んだ 2 ことも

1 [16件] から知らなかつた, から遠く, ことは, しなア, でたの, のだ, のでどうも, ふに, もので, ものなら, もんでござんせう, んです, ンだ, ンぢや, 兼次が, 場處を

▼ 來得る~ (21, 0.1%)

3 限りの

1 [18件] かぎり原意を, かぎり支れ, かと思ふ, かも知れぬ, だけ永く, だけ高から, と信じ, 丈けの, 樣に, 限りは, 限りヂョウジアァナと, 限り其處の, 限り動かす, 限り善く, 限り壓縮しよう, 限り斯樣な, 限り明るく, 限り暴力を

▼ 來たわけ~ (20, 0.1%)

19 ぢや 1 みんな言つ

▼ 來るべし~ (20, 0.1%)

2 と云, と申付

1 [16件] と思し, と思ひ, と申, と申し渡しけれ, と申渡され, と申渡せ, と竊, と約束, と遣, と酒屋, イーリオン聖なる, 來りし, 此方よりこそ, 汝心に, 而し, 自ら制し

▼ 來ごと~ (19, 0.1%)

1 [19件] があっ, があつ, だつた, だつたので, であつ, であるの, という, などはすっかり, なの, なれば, については固く, にヴェリチャーニノフ, の全, はなかつた, まで思, らしいもの, をかくし, を思いめぐらそう, を指す

▼ 來この~ (18, 0.0%)

2 書は

1 [16件] やうな, 一節は, 信仰だけは, 兄弟は, 士官室なる, 寺は, 山の, 帶の, 弟子は, 恒數は, 模造碑を, 温泉は, 組織に, 般若三藏は, 菩薩の, 計畫

▼ 來まして~ (18, 0.0%)

62 なア 1 から佛教者, から宋, ねいづれ, ねす, ね大層, ね私, 今の, 奈良朝の, 自分の, 閑暇な

▼ 來上り~ (18, 0.0%)

1 [18件] かかつて, さうに思はれた, さうもない, たり, たるもの, て夕方, について批評, に滿, ぬ, の催促, の品物, の形, の新聞, は井戸端, を眺め, 主人矢之助は, 方も, 方を

▼ 來つて~ (17, 0.0%)

1 [17件] いかにも努力, この巖, そして其の, そして更め, は恐らくは, は語る, ゐるの, 下さらないのね, 他動物, 入學, 其の視, 初めて覓め, 如何にもゑらさうに鑑定, 居るの, 居る人, 自國固有, 起つて

▼ 來られない~ (16, 0.0%)

1 [16件] かも知れない, から末段, ことは, ことも, さうです, とわかつ, と言, のだ, のです, のでメイスン氏, 女子は, 憐れな, 次は, 處です, 話で, 谷間と

▼ 來りけれ~ (16, 0.0%)

1 [16件] ば二人, ば和尚, ば大橋, ば家主巳之助, ば待儲, ば心, ば文右衞門, ば早速, ば是, ば此方, ば皆, ば確, ば虎松, ば道筋, ば靱負, 藤八お節の

▼ 來その~ (15, 0.0%)

1 [15件] ピンクの, 中には, 人が, 山の, 彫りかたも, 意味から, 文字を, 桝の, 目録と, 石の, 老爺といふ, 解釋が, 讀んだ印象, 趣意その, 顎の

▼ 來たらしく~ (15, 0.0%)

1 [15件] しまいに連れ, その兄, つ, ときどきちらちら光つて, まだ筋, 勝手の, 平次の, 思はれますが, 濡れ鼠にな, 登子は, 眼には, 窓は, 見えなかつた, 針を, 餘り落ちつい

▼ 來べき~ (15, 0.0%)

2 筈の

1 [13件] あし分船のさ, か, ことであり, にあらじ, に暫し, ものぞ, ものだ, もので, ものでない, 唯だ, 場合には, 時なれ, 疑問が

▼ 來合せた~ (15, 0.0%)

1 [15件] からよ, のが, のも, はマヌリ, 八五郎と, 動物を, 千駄木の, 友白は, 土地の, 寄進主の, 平次, 御用聞眞砂町の, 有名な, 機關長に, 錢形平次を

▼ 來たらう~ (14, 0.0%)

3

1 [11件] かに就, か恐らくは, が, が西洋, し出島商館, といふ, との弱音梅花道人序開き, とボオイ, と後悔, と思ふ, どうぢ

▼ 來たれ~ (14, 0.0%)

2 ど今頃, ば暫時 1 そして我が家, とばかり心身, ども夫, ども殆ど困窮, ど馬車, ばとて此方, ば寶澤, ば最早, ば此次, ば清兵衞

▼ 來~ (13, 0.0%)

41 か仙さん, さうす, とこの, な, なお, な一杯, よはやく, 爺が, 直に來

▼ 來~ (13, 0.0%)

6 かつた 2 かつてゐる 1 かつてゐた, かつて海岸橋下, やうな, 何にかの, 幇間の

▼ 來~ (13, 0.0%)

2 から, て下さいません 1 かそれ, かな, かなそり, から學校, ちやつた, ちやつて, 寢よな, 立て, 處らえ

▼ 來てからも~ (13, 0.0%)

1 [13件] まだ續, もう昨夜, もんは, よく顏, 一番氣にか, 二三日そんな, 二番目の, 少年には, 手紙を, 發熱する, 矢ツ張り, 自分で, 隨分出した

▼ 來なかつたら~ (13, 0.0%)

1 [13件] うから, その人, その時, と考へ, どうする, どんな事, ひどい目, また惡, 二つとも, 仕方が, 僕が, 夜でも, 私切符なし

▼ 來なすつた~ (13, 0.0%)

6 んだ 2 んだらう, んで 1 あのお, かな, やうだ

▼ 來なかっ~ (12, 0.0%)

72 たん 1 たが, たの, た或は

▼ 來ながら~ (12, 0.0%)

1 [12件] あんまり出歩く, さう, さて彼, たちまちに, フェアファックス夫人は, 人間は, 何等の, 教會の, 此所で, 私の, 私達の, 駿介は

▼ 來なき~ (12, 0.0%)

1 [12件] やそんなに, やならない, やまだ, や上らねえ, や今日あたり, や十手, や困る, や玉屋, や舞臺, や鼻, アわしは, ア越前屋の

▼ 來りける~ (12, 0.0%)

1 [12件] が御者車, が目, に平, に跡, ものをと, を不, 折から, 故三五郎, 故仲間, 故叔母, 爰に, 箱番所には

▼ 來りたる~ (12, 0.0%)

1 [12件] ものを, パイストス, ポセードーン, 一個の, 也, 先例に, 唯一の, 富貴名利の, 審美學の, 者なり, 負傷の, 頃魔風遽に

▼ 來させ~ (11, 0.0%)

1 [11件] それを, たり茶, てそれ, てみちのく紙, て下さいまし, て大, て萬事, て酒, て野呂, て飮, 無理に

▼ 來たす~ (11, 0.0%)

1 [11件] か, ことが, さびや, にきまつ, に與つて力, のが, のであります, もの以上, 戰場に, 此人ア, 眼に

▼ 來ての~ (11, 0.0%)

3 話に 2 報告は 1 そりと, 唯一の, 報告に, 弟の, 第一着, 話なりといふ

▼ 來とる~ (11, 0.0%)

2 んや, 方だ 1 ものが, んぢやけに, んやけに, 人間だ, 田圃で, 男ぢや, 筈だ

▼ 來るらしい~ (11, 0.0%)

2 影が 1 が叔母さん, のでした, 二三人の, 山の, 希望かとも, 氣配は, 紅潮皺枯れ, 足音が, 透明な

▼ 來いつ~ (10, 0.0%)

42 て云 1 ていつ, てそれでは, て云つた, て言

▼ 來たであらう~ (10, 0.0%)

21 かと疑ひたくなる, が勝負, が卵, が否, が物, けれどもいかに, ことは, と想

▼ 來たと~ (10, 0.0%)

2 からかはれ, さへ 1 こさ, て, てだまされ, て自分, て餘, へ淡くあつ

▼ 來たま~ (10, 0.0%)

51 だ若い, はば, へよ, へり, へ好い

▼ 來ちや~ (10, 0.0%)

1 あつしは, あ忘れる, あ貴島さん, くれまい, どうだい, どうです, 全く變, 全然箸, 放つて, 騙して

▼ 來つる~ (10, 0.0%)

2 を見す 1 いとあさまし, かも, ぞや, と耳, にふた親, のみといふ我聲, をば蓮葉, 故は

▼ 來てからの~ (10, 0.0%)

1 お時, ものなる, 三年の, 事と, 君が, 定め通り午前六時には, 彼は, 智惠子は, 生活と, 短期間中で

▼ 來よと~ (10, 0.0%)

1 主の, 云にぞ, 云ひつ, 云れ, 命下す, 思ふのみ, 文し, 染むるにや, 言ながら, 言はれた

▼ 來りぬ~ (10, 0.0%)

1 さは, とも請, ひとつ來りぬ, ゆ, よりぬ, 人の, 名主甚兵衞は, 心得たり, 續い, 關門は

▼ 來さう~ (9, 0.0%)

2 であつ 1 がない, ぢや, でゐ, で出, といふ欲望, や, 也

▼ 來さうだ~ (9, 0.0%)

2 ぜ, と思ふ 1 から條件さ, がなか, と思, な, なオ

▼ 來それ~ (9, 0.0%)

1 がだんだん, がちよろ, がぱく, が漸次, が開閉, と共に新しく, の存在, を他, を有

▼ 來たて~ (9, 0.0%)

1 に大阪, に私, ね, の假名, の味噌汁, の新造, の新造つて奴, の時分, まんぢ

▼ 來たとい~ (9, 0.0%)

1 つたとか, つたのを, つた時分の, つては, つても, つて涙を, つて私達親子の, はれるこの, ふんで

▼ 來~ (9, 0.0%)

1 からその, から其の, から物, さう, つたといふ, つて自然良く, とひそか, と思つて感心, な

▼ 來つたの~ (9, 0.0%)

6 である 1 でありました, である歟, は一般氣運

▼ 來なくなり~ (9, 0.0%)

1 その上, つつあつ, はすまい, もんは, 即ち鏡イツパイ, 又著述, 嗚咽し, 父親の, 細君たちの

▼ 來なす~ (9, 0.0%)

1 つた, つたえ, つたと, つたとか, つたのだ, つたのは, つた時目白の, つた時蔭で, つて

▼ 來ぬれ~ (9, 0.0%)

31 と叫びぬ, ど鶯, ばいちはやく, ば命, ば海賊もの, 今宵は

▼ 來より~ (9, 0.0%)

1 その時代, どれ程, 一分半分なりとも, 人の, 大分御座る, 奉書の, 自動車工業の, 言ひ, 野菜を

▼ 來りしか~ (9, 0.0%)

2 ば後藤, ば早速 1 ば半四郎イヤ釣, ば妻子, ば止, ば百姓, ば祐

▼ 來るで~ (9, 0.0%)

4 はない 3 はありません 1 はなく, もあらう

▼ 來合せ~ (9, 0.0%)

3 てゐ 1 たりする, て, てゐた, て立, て細君, て自分

▼ 來懸りし~ (9, 0.0%)

1 が此容子, が死骸, が私語, に向, に夜更, に最早, に誰, 所に, 途中にて

▼ 來日本~ (9, 0.0%)

1 にも隨分, にゆ, の印刷原版, の古墳, の國民性, の法律, の社會, は古代, は支那

▼ 來せし~ (8, 0.0%)

1 がこの, と申, により急ぎ歸村, は哀れ, ゆゑ丸龜より, 故今, 日に, 旨を

▼ 來てよ~ (8, 0.0%)

6 かつた 1 くさう言, 御馳走なんぞ

▼ 來でも~ (8, 0.0%)

3 したやう 1 したもの, した樣, するやう, たまには, 寺崎廣業の

▼ 來りたれ~ (8, 0.0%)

1 どさき, ど只一向に, ど東照宮, ばなり, ば二十二日夜八時東京監獄, ば先此所, ば甘藷, 外に

▼ 來るだろう~ (8, 0.0%)

2 か, から彼 1 かどう, と思いました, と思つて, と迷つて

▼ 來掛る~ (8, 0.0%)

1 に何やら, に茶店, を見, を近寄見れ, 利根川堤早瀬の, 挑灯を, 時先刻殘りし, 頃は

▼ 來させる~ (7, 0.0%)

1 ために, と引窓, のでした, のは, よつて, より仕方, より外

▼ 來ずし~ (7, 0.0%)

1 ては天性, て冗長, て動, て國家的, て大事, て已むと, て永眠

▼ 來たこ~ (7, 0.0%)

1 とかかる, としかも, ともう少し, とも事實, とも默つて, とゆゑ, と前述

▼ 來たした~ (7, 0.0%)

2 のは 1 かは直ぐ, のであります, ものな, 原因は, 結局の

▼ 來たで~ (7, 0.0%)

4 はない 1 はありません, は遠, 當分東京さ置ぐからつて手紙寄越す

▼ 來つた所~ (7, 0.0%)

1 がある, によつて, によつて吾, によりて推す, によれ, に萬世一系, の政治道徳的

▼ 來つつ~ (7, 0.0%)

1 あつた, ある, あるとしても, あるの, あるもの, あるやう, しづけさ

▼ 來といふ~ (7, 0.0%)

1 ことの, ことは, 一大事件が, 一大潮流の, 文には, 時が, 由緒の

▼ 來なさる~ (7, 0.0%)

1 お客樣だ, かえ, がい, がね, とその, までそつ, 晩で

▼ 來~ (7, 0.0%)

1 んの, 人を, 同領内上新田村無量庵, 向ふ, 横切る時, 流れて, 追ひやられ

▼ 來~ (7, 0.0%)

2 かりしもの 1 いな, い思, え, えか, かりしに

▼ 來まする~ (7, 0.0%)

21 とその, と店口, 其御邸と, 歸り, 程に

▼ 來~ (7, 0.0%)

1 その心理, 一切生物の, 一方から, 水中でも, 自分も, 自我の, 近頃の

▼ 來年度~ (7, 0.0%)

1 から作らし, には減債基金, に一般官吏, のこと, の割當段別, の煙草耕作, の經營

▼ 來難き~ (7, 0.0%)

1 ゆゑ貴殿十五兩才覺し, 御事なる, 所なる, 故縱令公邊沙汰, 旨申斷り, 有樣, 由を

▼ 來からの~ (6, 0.0%)

1 信仰に, 制度でありまし, 家族制度を, 歴史と, 法が, 響幾人もの

▼ 來せる~ (6, 0.0%)

1 を知る, 事實と, 學問僧に, 彼は, 日本固有の, 精神に

▼ 來たさうだ~ (6, 0.0%)

2 が, な 1 がお前, がどこ

▼ 來てた~ (6, 0.0%)

1 ぞ, の, のか, よ, 人ぢや, 時で

▼ 來では~ (6, 0.0%)

1 ないが, なかつたが, よくは, 彫刻は, 忠誠な, 無いの

▼ 來にて~ (6, 0.0%)

1 井戸源次郎と, 何を以て, 山内伊賀亮と, 某が, 町ぢゆう, 當時は

▼ 來ますまい~ (6, 0.0%)

21 からこの, から仲直り, と思ひます, よ

▼ 來ませんでした~ (6, 0.0%)

1 から, のでついた, ので私, エドワァドさまが, 可哀相に, 辛との

▼ 來また~ (6, 0.0%)

1 その勞働, 天の, 把握せざる, 料理屋や, 暖房の, 盜坊に

▼ 來幾多~ (6, 0.0%)

1 の世界, の人間, の建築家, の男女, の童話, の註釋書

▼ 來難い~ (6, 0.0%)

1 ことで, ことである, としても兎, のであ, ものである, 仍て

▼ 來さし~ (5, 0.0%)

1 たりその, てザツ, て嫌, なよ, やつた

▼ 來ざりし~ (5, 0.0%)

1 が一日, が漸く, ぞ, とき人々は, 金が

▼ 來ざれ~ (5, 0.0%)

1 ど主として, ば三吉, ば偖, ば其儀, ば越前守殿仰せ

▼ 來しかた~ (5, 0.0%)

1 の追憶, を不知, を憶ひだ, を説い, を説きつ

▼ 來すべき~ (5, 0.0%)

1 か, ことは, ことを, 瞬間をば, 重要な

▼ 來せしか~ (5, 0.0%)

1 は其罪, は明瞭, ば一同, ば何事, ば親子お金

▼ 來つた時~ (5, 0.0%)

1 がそれ, にそれ, にやや, は吾, 及び時間性

▼ 來てからでも~ (5, 0.0%)

1 い, もう倍, 千四百年に, 最早十年, 獨歩や

▼ 來てさ~ (5, 0.0%)

2 う言 1 うして, それも, インテリ一般勞働者農民一般を

▼ 來てね~ (5, 0.0%)

1 えかね, それとほか, カマは, 狂亂が, 蛙は

▼ 來とは~ (5, 0.0%)

1 こ, 云へ, 何事なら, 思はぬぞや, 知ざりけり

▼ 來ども~ (5, 0.0%)

1 が駈けつけ, の口, は今度, を集め, 素より手薄

▼ 來にくい~ (5, 0.0%)

1 ことである, といふこと, のです, ものであります, やうであります

▼ 來ぬなら~ (5, 0.0%)

1 ば切め, 學問は, 未だ至らざる, 李堂か, 矢張永久に

▼ 來~ (5, 0.0%)

1 えの, え思はしからぬごとく, へですつかり, みての, 訴へ

▼ 來~ (5, 0.0%)

1 さば, さば案内する, へう, へん, ツさかい

▼ 來よる~ (5, 0.0%)

1 かと思う, ぞ, と讚岐屋, のが, 葦村の

▼ 來られぬ~ (5, 0.0%)

1 ところだ, にや, 事が, 人々をこそ, 同君ま

▼ 來り臨む~ (5, 0.0%)

2 如來像を 1 まれびとの, 外に, 者の

▼ 來るなり~ (5, 0.0%)

1 先づ最初に, 即刻佐世保の, 坐りも, 彼は, 敷居際に

▼ 來思想~ (5, 0.0%)

1 があらゆる, で文字, とが合せる, の惡化, の歴史

▼ 來懸る~ (5, 0.0%)

1 に當時, に路, 折しも, 處を, 處此方は

▼ 來文化~ (5, 0.0%)

2 が渡來當時, の影響 1 に接觸

▼ 來うる~ (4, 0.0%)

1 かぎり急速に, かぎり明瞭な, 限りの, 限り精細な

▼ 來これ~ (4, 0.0%)

1 に第, の葦邊, は實際, を愛好

▼ 來させた~ (4, 0.0%)

1 のぢ, のよ, ツて, 籠に

▼ 來しこ~ (4, 0.0%)

2 ともなく 1 となかりき, と口惜

▼ 來たくら~ (4, 0.0%)

1 ゐだ, ゐですから, ゐですもの, ゐ人參

▼ 來たせゐ~ (4, 0.0%)

1 かその, か今度, か年, か生々

▼ 來ただ~ (4, 0.0%)

1 あ, がえらい, ものでない, よ話

▼ 來たばかり~ (4, 0.0%)

1 これで, さ, 日盛りと, 里は

▼ 來だした~ (4, 0.0%)

2 やうに 1 のだ, ものの

▼ 來つれ~ (4, 0.0%)

1 と引き寄せ, ば喉, ば身, 外すまじと

▼ 來てあつ~ (4, 0.0%)

1 た, たさうでそやつ, たの, たので

▼ 來てと~ (4, 0.0%)

2 まつた 1 いうよりも, 云うて

▼ 來てや~ (4, 0.0%)

2 しない 1 がる, しないのに

▼ 來なかつたらう~ (4, 0.0%)

2 と思ふ 1 かねえ, と道綱

▼ 來なから~ (4, 0.0%)

2 うと 1 う, うが

▼ 來ぬで~ (4, 0.0%)

2 はない 1 もあるまい, 補償と

▼ 來ぬる~ (4, 0.0%)

1 とき忽ち, 參詣の, 我なら, 時我に

▼ 來やあ~ (4, 0.0%)

1 がつた, がつたな, がつたもん, しない

▼ 來ようもの~ (4, 0.0%)

1 ならあの, ならもう, なら大, なら河

▼ 來よう筈~ (4, 0.0%)

2 のない 1 はございません, もない

▼ 來らし~ (4, 0.0%)

1 とある旅人, むべし, むる汝の, 木の間洩る

▼ 來られし~ (4, 0.0%)

1 や云, 御心根, 途すがら溪川の, 鳴雪翁持寄り

▼ 來りしならん~ (4, 0.0%)

1 此方へ, 殊に草鞋, 返答の, 面白し

▼ 來るこつちや~ (4, 0.0%)

2 ありません 1 ないから, ないが

▼ 來わが~ (4, 0.0%)

1 日本語は, 生まれた家, 目らに, 見て

▼ 來をと~ (4, 0.0%)

2 なしきを, なしき上

▼ 來を以て~ (4, 0.0%)

1 しこれ, 右の, 紀州表へ, 紀州表相調べ候に

▼ 來一定~ (4, 0.0%)

1 したるもの, の性格, の方針, の法

▼ 來~ (4, 0.0%)

1 に依, に反, に次いで, に耶蘇教徒

▼ 來寺山~ (4, 0.0%)

1 に登つて佛法僧, に登る, の佛法僧聽きが, の山の端

▼ 來申さず~ (4, 0.0%)

1 と云, 何卒右, 候金子が, 夫が

▼ 來過ぎた~ (4, 0.0%)

1 やうに, よ, 嫌ひ, 方

▼ 來難く~ (4, 0.0%)

1 なり自然自分, 先立不孝は, 其故別して, 其譯は

▼ 來あがる~ (3, 0.0%)

1 しめしめ, にち, やうに

▼ 來いっ~ (3, 0.0%)

2 てさ 1 ていってた

▼ 來いといつ~ (3, 0.0%)

2 て下さる 1 て邸内

▼ 來~ (3, 0.0%)

1 づおづした眼ざし, もてには, 菊は

▼ 來かかる~ (3, 0.0%)

1 と女, と硝子, 懷疑的學者が

▼ 來がけ~ (3, 0.0%)

1 にさう, に同じ, に寄つた大阪

▼ 來さうで~ (3, 0.0%)

1 あぶなくつ, どうも夜, 怖うございました

▼ 來さぬ~ (3, 0.0%)

1 とも限らぬ, のである, ものである

▼ 來さん~ (3, 0.0%)

21 いざや

▼ 來ざる~ (3, 0.0%)

1 は敢, 爲に, 處あり

▼ 來したる~ (3, 0.0%)

2 事なく 1 時には

▼ 來しと~ (3, 0.0%)

2 て此處 1 て持來

▼ 來しもの~ (3, 0.0%)

1 かなと, なる由, 正眼かなしく

▼ 來そこ~ (3, 0.0%)

1 でも修行, ないの, なひは

▼ 來たかし~ (3, 0.0%)

1 て, て一夏, て小僧

▼ 來たさうです~ (3, 0.0%)

1 からこの, が窓, よ何處

▼ 來たし~ (3, 0.0%)

1 てゐる, て苦しむ, 子供の

▼ 來たのも~ (3, 0.0%)

1 この叫び, この山, その爲

▼ 來たらし~ (3, 0.0%)

3 かつた

▼ 來たりと~ (3, 0.0%)

1 云へ, 云へば, 大勢馳來り

▼ 來ちやつたん~ (3, 0.0%)

1 だもの, ですからねえ, ですが

▼ 來つこない~ (3, 0.0%)

1 けれどもし, つて威張つてゐる, のよ

▼ 來つち~ (3, 0.0%)

1 まつた, まふん, めえ

▼ 來つて彼~ (3, 0.0%)

1 の人物, は熟, を慰め

▼ 來つら~ (3, 0.0%)

21 むと取る

▼ 來てか~ (3, 0.0%)

2 今も 1 へり見る我家

▼ 來てからと~ (3, 0.0%)

2 言ふ 1 思つてね

▼ 來てな~ (3, 0.0%)

1 なえの, はつたんだす, 看護婦だの

▼ 來てない~ (3, 0.0%)

1 と氣, んぢや, 當局役人は

▼ 來です~ (3, 0.0%)

1 かと聞く, が今, ね

▼ 來とく~ (3, 0.0%)

2 なはつ 1 なはれ

▼ 來と共に~ (3, 0.0%)

1 バプテスマの, 勇氣を, 取出して

▼ 來なされた~ (3, 0.0%)

2 處を 1 か如何

▼ 來なせ~ (3, 0.0%)

21 へと忙しなく

▼ 來なる~ (3, 0.0%)

1 ぞ以後, ぞ必ず, 石川安五郎と

▼ 來には~ (3, 0.0%)

1 家來の, 未だ數, 眞の

▼ 來まじ~ (3, 0.0%)

1 とは言, と云, 過去し

▼ 來ませる~ (3, 0.0%)

1 こと恐し, をなほ, 由は

▼ 來やせん~ (3, 0.0%)

1 ぞ, なあ辰さん, わい

▼ 來やれ~ (3, 0.0%)

1 と云, な, 是さ

▼ 來ようぢ~ (3, 0.0%)

2 やない 1 やありません

▼ 來よりの~ (3, 0.0%)

1 字にて, 學者として, 懇意と

▼ 來らざる~ (3, 0.0%)

1 かの孰, は世, も固

▼ 來らずし~ (3, 0.0%)

1 て内, て天, て後ろ

▼ 來られしや~ (3, 0.0%)

2 と問 1 と申

▼ 來られなく~ (3, 0.0%)

2 なつた 1 なつたの

▼ 來られよ~ (3, 0.0%)

1 との事成ども五兵衞, との御意, と云

▼ 來りけり~ (3, 0.0%)

1 この, まさやけき, 手を

▼ 來りしに~ (3, 0.0%)

1 付何方へ, 内より, 果して猫

▼ 來りな~ (3, 0.0%)

1 ば, ば仔細, んで

▼ 來りや~ (3, 0.0%)

1 もう, もう大丈夫, よかつ

▼ 來り見る~ (3, 0.0%)

1 に平四郎, に年, に油屋番頭久兵衞

▼ 來るし~ (3, 0.0%)

1 先生も, 夜中にも, 餅の

▼ 來る思ひ~ (3, 0.0%)

2 がした 1 つきや

▼ 來る言葉~ (3, 0.0%)

1 であつ, を小鳥, を補

▼ 來れた~ (3, 0.0%)

1 のです, のは, 意地を

▼ 來~ (3, 0.0%)

1 民族主義ナリ, 混血融合ノミナラズ同一人種中ノ, 舊套ヲ

▼ 來全く~ (3, 0.0%)

1 相異, 私が, 詩人的天質を

▼ 來同じ~ (3, 0.0%)

1 ことを, 一つの, 鯨音を

▼ 來地震~ (3, 0.0%)

1 の記事, は地層, を考慮

▼ 來多く~ (3, 0.0%)

1 の偉大, の哲學者, の點

▼ 來尊敬~ (3, 0.0%)

2 する高士 1 のこころさ

▼ 來彼女~ (3, 0.0%)

2 に戀 1 はその

▼ 來得るなら~ (3, 0.0%)

1 ば事理, ば子規, ば自分

▼ 來次第~ (3, 0.0%)

1 出して, 直ぐ歸, 返すよ

▼ 來正直~ (3, 0.0%)

1 なる半四郎ゆゑ, に致せし, の九

▼ 來社會~ (3, 0.0%)

3 をより

▼ 來~ (3, 0.0%)

1 において感覺, は旅行, は此

▼ 來立て~ (3, 0.0%)

1 に義雄, の, のアツプルパイ

▼ 來述べ~ (3, 0.0%)

1 て來, 來た, 來り

▼ 來過ぎ~ (3, 0.0%)

1 て困る, て居る, であると

▼ 來非常~ (3, 0.0%)

1 に保守的, に小, の神經質

▼ 來革命~ (3, 0.0%)

2 の國 1 に二

▼ 來鳴く~ (3, 0.0%)

1 小雀は, 障子の, 鳥

▼ 來あがらぬ~ (2, 0.0%)

2 心に

▼ 來あがり~ (2, 0.0%)

2 てやがて

▼ 來あの~ (2, 0.0%)

1 文は, 方は

▼ 來ある~ (2, 0.0%)

1 日その, 歴史の

▼ 來あんす~ (2, 0.0%)

2 でア

▼ 來いなん~ (2, 0.0%)

1 て仰, て自分

▼ 來いよ~ (2, 0.0%)

1 と呼び, 御奉公

▼ 來おる~ (2, 0.0%)

2 を恐れ

▼ 來かかれ~ (2, 0.0%)

2

▼ 來かけ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てをりました

▼ 來かつ~ (2, 0.0%)

1 たの, 直接に

▼ 來くれ~ (2, 0.0%)

2 大急ぎだ

▼ 來けれ~ (2, 0.0%)

1 ば取次案内, ば淨土宗

▼ 來さうだつ~ (2, 0.0%)

1 た, たその

▼ 來さざる~ (2, 0.0%)

1 ことは, を得ざる

▼ 來さして~ (2, 0.0%)

1 やつて, 頂戴

▼ 來さす~ (2, 0.0%)

1 かと思ふ, のは

▼ 來さず~ (2, 0.0%)

1 に五十年, に日本

▼ 來させます~ (2, 0.0%)

1 から, わ

▼ 來ざら~ (2, 0.0%)

1 しめて容易く, ん

▼ 來しか~ (2, 0.0%)

2 小林の

▼ 來しかば~ (2, 0.0%)

1 今は, 姉妹手と

▼ 來してる~ (2, 0.0%)

1 ぢや, 人は

▼ 來しなる~ (2, 0.0%)

2 にやあ

▼ 來しました~ (2, 0.0%)

1 が徳太郎, のは

▼ 來しも~ (2, 0.0%)

2 無かつ

▼ 來しや~ (2, 0.0%)

1 とよく, どをいで

▼ 來しよう~ (2, 0.0%)

1 とやはり, とアメリカ大陸

▼ 來すか~ (2, 0.0%)

1 は彼自身, わからないと

▼ 來せた~ (2, 0.0%)

2

▼ 來せぬ~ (2, 0.0%)

1 から一寸, とも限らぬ

▼ 來せん~ (2, 0.0%)

1 ことを, とする

▼ 來そう~ (2, 0.0%)

1 だし, にする

▼ 來そこね~ (2, 0.0%)

2 親父が

▼ 來それから~ (2, 0.0%)

1 什伍千百といふ, 次第

▼ 來そ天~ (2, 0.0%)

2 つ日

▼ 來たおり~ (2, 0.0%)

1 かにも聞い, かは帳場

▼ 來たか~ (2, 0.0%)

1 とちよ, や

▼ 來たがえ~ (2, 0.0%)

2 其果てに

▼ 來たさう~ (2, 0.0%)

1 で, であつ

▼ 來たさうで~ (2, 0.0%)

1 主人も, 大騷ぎ

▼ 來たされ~ (2, 0.0%)

2 んと

▼ 來たじゆん~ (2, 0.0%)

1 とお, はそんなに

▼ 來たち~ (2, 0.0%)

1 は主人, をお

▼ 來たつた~ (2, 0.0%)

1 のである, のを

▼ 來たです~ (2, 0.0%)

1 から, が

▼ 來たまれ~ (2, 0.0%)

1 びとなる語は, びとの

▼ 來たより~ (2, 0.0%)

1 は遙, も更に

▼ 來たらき~ (2, 0.0%)

2 ツと

▼ 來たらさう~ (2, 0.0%)

1 云へ, 傳へて

▼ 來たらん~ (2, 0.0%)

2 ともお

▼ 來たら思ふ~ (2, 0.0%)

2 さまいふ

▼ 來たりける~ (2, 0.0%)

2 足音の

▼ 來たりなど~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 來たりぬ~ (2, 0.0%)

1 と思ひ, 折しもお

▼ 來たりの~ (2, 0.0%)

1 ま, 不動明王では

▼ 來たりは~ (2, 0.0%)

1 しないで, しません

▼ 來たるべし~ (2, 0.0%)

1 との仰せ, 何事も

▼ 來たわい~ (2, 0.0%)

2

▼ 來た思ひ~ (2, 0.0%)

1 で全く, をすれ

▼ 來だつた~ (2, 0.0%)

1 が釜屋半兵衞殺し, のでお蔭

▼ 來ちや駄~ (2, 0.0%)

2 目だつて

▼ 來~ (2, 0.0%)

1 や, やゐ

▼ 來つかん~ (2, 0.0%)

2

▼ 來つて爾後二十年間家政~ (2, 0.0%)

2 を看る

▼ 來つと~ (2, 0.0%)

1 え, 人の

▼ 來てかの~ (2, 0.0%)

1 女は, 女を

▼ 來てけ~ (2, 0.0%)

1 ふあす, ふは

▼ 來てまで~ (2, 0.0%)

1 シヤバに, 空元

▼ 來てん~ (2, 0.0%)

1 の, のね

▼ 來である~ (2, 0.0%)

1 か邦人, 事の

▼ 來とも~ (2, 0.0%)

1 全く一致, 書て

▼ 來ない美しい~ (2, 0.0%)

1 ものに, 色の

▼ 來なかつ~ (2, 0.0%)

2 たりし

▼ 來なかつたなら~ (2, 0.0%)

1 それこそ, 漸く咳きやんだ

▼ 來なさい~ (2, 0.0%)

1 と觸, な

▼ 來なり~ (2, 0.0%)

1 一體公家方は, 是迄の

▼ 來において~ (2, 0.0%)

1 一層の, 自然に

▼ 來については~ (2, 0.0%)

1 定かなる, 淡々として

▼ 來にな~ (2, 0.0%)

1 つたなら, つてそれを

▼ 來ねえで~ (2, 0.0%)

1 わしや, ダンスでも

▼ 來ねば~ (2, 0.0%)

1 思ひきりて, 駄目だ

▼ 來ぶり~ (2, 0.0%)

2 といひ

▼ 來べけれ~ (2, 0.0%)

1 と老公宣給, ばさる

▼ 來べし~ (2, 0.0%)

1 と箒木, 我々始め村中より

▼ 來べと~ (2, 0.0%)

1 思つたつけが, 思ふん

▼ 來ましたなら~ (2, 0.0%)

1 ば嘸, ば幾らか

▼ 來ましたら~ (2, 0.0%)

1 木曾の, 細い方

▼ 來ましたれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば善

▼ 來ましょう~ (2, 0.0%)

1 か, よ

▼ 來まする成るべく~ (2, 0.0%)

2 は鳥渡たち歸

▼ 來ませ~ (2, 0.0%)

1 とあり, んでなす

▼ 來ませう遊ん~ (2, 0.0%)

2 で遊ん

▼ 來ませし~ (2, 0.0%)

1 今日等は, 喜を

▼ 來ませんです~ (2, 0.0%)

1 が, て

▼ 來まれ~ (2, 0.0%)

2 の拾ひも

▼ 來むそ~ (2, 0.0%)

1 が黎明, の日

▼ 來む年~ (2, 0.0%)

1 ぞ繁葉, ぞ花

▼ 來~ (2, 0.0%)

1 えが, つきり憂欝

▼ 來やう筈~ (2, 0.0%)

1 がございません, はありません

▼ 來やすのさ~ (2, 0.0%)

2 だけれどもお

▼ 來よう何處~ (2, 0.0%)

2 でも皆

▼ 來よりました~ (2, 0.0%)

1 が, んぢや

▼ 來られなかつた~ (2, 0.0%)

1 ね, のです

▼ 來られます~ (2, 0.0%)

1 とあの, とも

▼ 來られるだらう~ (2, 0.0%)

1 といつ, よ

▼ 來らんこと~ (2, 0.0%)

1 を希望, を待つ

▼ 來らんめ~ (2, 0.0%)

1 えつて云つた, えつて云つたの

▼ 來らん時~ (2, 0.0%)

1 に汝ら, は青銅

▼ 來り見~ (2, 0.0%)

1 て涙しづか, むと云へば

▼ 來り近づき~ (2, 0.0%)

1 て, 手を

▼ 來り迫る~ (2, 0.0%)

1 を覺, 時

▼ 來るからさう思ひ~ (2, 0.0%)

2 なほんとに

▼ 來るだ~ (2, 0.0%)

1 で, アから

▼ 來るであら~ (2, 0.0%)

1 うかと危まれ, うかと思

▼ 來るであろう~ (2, 0.0%)

1 が, と豫期

▼ 來るべく~ (2, 0.0%)

1 ば, 勸諭の

▼ 來るらしく~ (2, 0.0%)

2 彼の

▼ 來る光り~ (2, 0.0%)

2 の霞

▼ 來る見れ~ (2, 0.0%)

1 ばおそらくは, ば馬

▼ 來れるならず~ (2, 0.0%)

1 ば何ぞ, 汝等の

▼ 來れるみ~ (2, 0.0%)

1 たりの伴侶, たりの淑女

▼ 來われ~ (2, 0.0%)

1 の友, は

▼ 來ハワース~ (2, 0.0%)

2 の牧師補

▼ 來リズム~ (2, 0.0%)

1 を受, を愛する

▼ 來ルベキ~ (2, 0.0%)

1 第二, 第二世界

▼ 來ロシヤ~ (2, 0.0%)

1 の對日方針, へも輸出

▼ 來一切~ (2, 0.0%)

1 の世界, の社會

▼ 來一腹一對~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 來三月~ (2, 0.0%)

1 ともなれ, になつて

▼ 來上がる~ (2, 0.0%)

1 ことか, と八五郎

▼ 來上らない~ (2, 0.0%)

1 でその, 大きい女

▼ 來不足~ (2, 0.0%)

1 なり大坂, を感ずる

▼ 來二人~ (2, 0.0%)

1 の牧者これ, は前世

▼ 來先輩~ (2, 0.0%)

1 と長者, 諸博士

▼ 來凡庸~ (2, 0.0%)

1 なあの, の人

▼ 來出る~ (2, 0.0%)

2 だけ

▼ 來勝ち~ (2, 0.0%)

2 なので

▼ 來半島~ (2, 0.0%)

1 のある, の要地マラツカ

▼ 來同時に~ (2, 0.0%)

1 一と, 富士山が

▼ 來~ (2, 0.0%)

1 乘佛教の, 膽な

▼ 來始め~ (2, 0.0%)

1 てこんな, て作つて

▼ 來學問~ (2, 0.0%)

1 の傳來, の嗜も

▼ 來~ (2, 0.0%)

1 の手, の生

▼ 來志向~ (2, 0.0%)

1 する所, する所意味

▼ 來愛敬~ (2, 0.0%)

2 のなき

▼ 來慣れ~ (2, 0.0%)

1 て勝手, て駿介

▼ 來懇意~ (2, 0.0%)

1 の人々, 成しが

▼ 來我々~ (2, 0.0%)

1 はその, は行ふため

▼ 來~ (2, 0.0%)

1 へ入, へ入る

▼ 來掛りし~ (2, 0.0%)

1 所重四郎が, 頃は

▼ 來支那~ (2, 0.0%)

1 から逆, でも日本

▼ 來日本人~ (2, 0.0%)

1 が排外主義, は地方語

▼ 來時間~ (2, 0.0%)

1 にしばられる, も午後一時

▼ 來朝廷~ (2, 0.0%)

1 に於, の政治的威力

▼ 來木造~ (2, 0.0%)

1 の家, を以て一貫

▼ 來杉村~ (2, 0.0%)

1 がこの, を認めた

▼ 來東西~ (2, 0.0%)

1 に興つて今日, の物知り顏

▼ 來正しい~ (2, 0.0%)

2 らしいだけに

▼ 來歴史~ (2, 0.0%)

1 の研究, を評論

▼ 來流行~ (2, 0.0%)

1 の式臺, ませんからな

▼ 來無い~ (2, 0.0%)

1 から矢張り小者, が墨子

▼ 來無く~ (2, 0.0%)

1 てチラ, て矢張りチラ

▼ 來珍しく~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ 來男女~ (2, 0.0%)

2 の別

▼ 來~ (2, 0.0%)

2 待久矣と

▼ 來睡眠~ (2, 0.0%)

1 に不足, を取る

▼ 來紹介~ (2, 0.0%)

1 した幾多, し來

▼ 來絶え~ (2, 0.0%)

1 て其比, て芳ばしき

▼ 來背景~ (2, 0.0%)

2 の大和繪風

▼ 來自己~ (2, 0.0%)

2 におけるもの

▼ 來記述~ (2, 0.0%)

1 せる如く孝道維持, の方式

▼ 來~ (2, 0.0%)

1 の情操, の詩

▼ 來賢哲~ (2, 0.0%)

1 のわかりし, の間

▼ 來進歩~ (2, 0.0%)

1 したどの, といふもの

▼ 來頻りに~ (2, 0.0%)

1 啼くの, 民主

▼ 來馴れ~ (2, 0.0%)

2 て左

▼ 來馴れた~ (2, 0.0%)

1 もので, やうに

▼ 來馴れたる~ (2, 0.0%)

1 中の, 足場を

▼1* [1147件]

あがった赤砂利の, 來あがるだらうよ速成の, 來あたりの水の上, 來あったことが, 來あまり科學が發達, 來あまり遊び過ぎて, 來あんすから此等こと, 來いたし候に, 來いづみ屋のお客, 來いでもえ, 來いで湯のなか, 來いましたよ, 來いま歸りがけ, 來いようお菓子だ, 來いろいろ計畫, 來い捕つたぞ, 來い突き合せる人間が, 來うかと思ふが, 來うつて云, 來おなじことが, 來おれは机, 來お前達は得生, 來お産の神樣, 來かかった時豫告でも, 來かくの如く, 來かけた者が, 來かたが早, 來かなたには自分等, 來かねまする, 來かねたのである, 來かねますが, 來かねる樣な, 來からは切ては, 來がちなもの, 來くれられぬは横着, 來ぐあひを以て, 來ぐあひを調べて, 來ぐつと踏みこたへは, 來けらし軒鐘, 來けるとなむ, 來ここに, 來こんな情無い, 來ごころとは思はれません, 來ごと覺悟の前, 來さうだつたんだ, 來さうであるからこれ, 來さうですが人間, 來さうな太い幹の, 來さうな明るい表情である, 來さうな暗い空合に, 來さうになつたりした, 來さうに心が豐, 來さしたブンガ・スンピンといふ, 來さした握太な, 來さすがに可, 來さずして卻つて幾, 來させざりしなり, 來させし奇しき情, 來させずにや置かない, 來させないために, 來させまいと云, 來させましたが鶯茶, 來させませうか, 來させようか, 來させればどうにか, 來させ急いで飮みほ, 來さては其また, 來さぬではなから, 來さねばならぬ, 來されたことだらう, 來されるところの, 來さ男女は, 來ざらめや, 來ざりしか, 來ざりければフランチエスカ, 來ざるべしといふ, 來しいづこ友の, 來しかた行末を考へた, 來しかと竈の, 來しかの鳥, 來しけるを御, 來したでは無い, 來したなアる, 來した出來した, 來しなりまづ學問, 來しばかりにてまだ, 來しばしば語られて, 來しひいて全, 來しましても少し, 來しみ酒ぞ, 來しわれゆゑに, 來し張る氣を, 來すおそれなし, 來すかそれでなくて, 來すぎて花見, 來すこと其例, 來すべしといふ, 來すものであ, 來すんだか, 來す事で神經質, 來す人があつ, 來ずされるま, 來ずつとさういふやり方, 來ずやと言, 來ず出懸ける譯にも, 來ず去りながら又, 來ず困り拔い, 來ず憤恨を, 來ず込みあへる乘客の, 來ず退くことも, 來ば之, 來せしやと取, 來せり神明の, 來そこねたとて塵塚, 來そして切手を, 來そしてまた事實上時としては, 來そびれてしまつて, 來それだけに推理に, 來たいたづらな, 來たえてなかったことだった, 來たかういふ書物は, 來たかがわかるの, 來たかせは舟, 來たかたちだ, 來たかつたけれど大, 來たからさういふのが, 來たかれの猫, 來たか出來ないか, 來たがりでもする, 來たくちなはが堀, 來たくなければ來, 來たくなり夜みちを, 來たくなるのよ, 來たけはひがし, 來たこつたかな歩きつき, 來たさせるやうその, 來たしぼりの山茶花, 來たすべく前後ひとしく, 來たすよすがとなる, 來ただらうがその, 來ただ可能的なもの, 來ただ精神に精神, 來ただ言葉において與, 來たつきや, 來たつちんでがす, 來たてぢやありません, 來たて上からぱらぱら, 來たで有らうが夢みさせた, 來たなら知らないとも云え, 來たぬれた藺笠を, 來たばかりらしく着物の, 來たひにや, 來たみよへ煙草, 來たやぶ蘭の, 來たゆゑ必定破談に, 來たより後のこと, 來たらかうやつて, 來たらかうして戸外, 來たらこがれ死に, 來たらしい可愛い素足に, 來たらしい白い前掛, 來たらたべた方が, 來たらなアと, 來たらぬとも言, 來たらぬつかのま, 來たらねばならぬ, 來たらはくことに, 來たら仕やうが, 來たら呼んで下さい, 來たら困るぢや, 來たら投げ出して命乞, 來たら泊めないことに, 來たら病氣も治し, 來たら聞いて御, 來たら見つけるものも, 來たら蹴倒すだけのこと, 來たら返すとして, 來たりがないさ, 來たりぬべきに我, 來たりやほととぎす, 來たるなれ夫に, 來たる者よ汝, 來たる間の空, 來たろうに, 來たんか何言うて, 來たんぢやあないんで, 來た凝がまだ, 來た出來た, 來た古びた大きな邸, 來た吊臺は, 來た如くまた一齊, 來た如く見ゆる場合も, 來た巡洋船で, 來た憤つた群集の, 來た濡れた一と, 來た煤けた自在鍵が, 來た熟して半ば, 來た破壞者の, 來た見て居たら, 來た見すぼらしい爺の, 來た隣り近所の, 來やつてる, 來ちゃ一時間も, 來ちやいか物喰ひで大變, 來ちやお話にならない, 來ちやそつちこつち掃除, 來ちやつていいの, 來ちやアいけねえ, 來ちやツたんだらう, 來ちや不可なくつて, 來ちや五月蠅くつて仕, 來ちや何方も負けず劣らず, 來ちや惡戲をし, 來ちや江戸の町, 來ちや生で卅五把, 來ちや經營管理をやれ, 來ちや網仲間に言, 來ちや苦手だね, 來ちや談じつけられて, 來ちや頬つぺた, 來ちや駄目だア, 來こなしだ, 來ついで釉藥が, 來つこありませんねと嶮, 來つこないだらうあゝし, 來つこねえんです, 來つたぢやありません, 來つたること申す, 來つたエロースより區別, 來つたニコライ・ハルトマンが今春, 來つた不安と動搖, 來つた中年の女らしい, 來つた事で惡, 來つた二個の人, 來つた傳統的のもの, 來つた善良の風俗, 來つた土地は死ん, 來つた壽宮の神君, 來つた夢の其の, 來つた學者には, 來つた家業であります, 來つた山林田畑を自分等, 來つた徑路を示し, 來つた思想が何らかの, 來つた情勢を見た, 來つた態度につき辯明, 來つた村を潰す, 來つた樣に動悸, 來つた海底戰鬪艇は本艦, 來つた濡れもの, 來つた現在はその, 來つた眞志屋文書に據つて, 來つた私の詩的閲歴, 來つた者である, 來つた者たちの行動, 來つた處の文化, 來つた街へ行く, 來つた説を以てこれ, 來つた身的行爲を讎的, 來つた通りであるから, 來つた過去を顧みる, 來つちゐと發音, 來つづいて主人, 來つてこれを強める, 來つて人間に最も, 來つて休息あれと切に, 來つて何うも, 來つて先生の下, 來つて其根柢に變化, 來つて加はるであらう, 來つて叱責罵倒の標的, 來つて地に置き, 來つて奇無しと雖, 來つて學を爲, 來つて對象して, 來つて峻嶺をあるひ, 來つて恍惚たる繪畫, 來つて我に告げる, 來つて我首を取, 來つて手に, 來つて最初のた, 來つて東山の林間, 來つて樹葉に唾, 來つて此盛裝せる汝, 來つて火窓に衝突, 來つて爾後八星霜といふもの, 來つて現在となり, 來つて白紅緑の燈光, 來つて百千萬人を論じよう, 來つて盛岡の街, 來つて眼を害する, 來つて石本は痩せた, 來つて研究する材料, 來つて肉は落ち, 來つて著者押川春浪氏の爲, 來つて諸君の前途, 來つて赤の士, 來つて身分高き中央縉紳, 來つて鞣皮をつくる, 來つて首尾よく東漢, 來つひには島田, 來つらくのみ, 來つるならば此矢彼, 來つる物は玉, 來つる目にはさしも, 來つる間に天皇, 來てえおりかさん, 來てかかつた, 來てかと奧樣お, 來てからずつと引立つた, 來てからにそばへ, 來てからものの一と, 來てくろ, 來てさえをどなつた, 來てじやれつ, 來てて僕の, 來てどつかり椅子, 來てなんか下さらないと, 來てねえ丁ど, 來てひどい目に, 來てひどく氣に, 來てもをかしくは, 來てよと乞うた, 來てるらしい氣管部の, 來てわづかな暇, 來てんのに遣る, 來でありますが併, 來とうとうしまいには心配, 來とくんなはれ, 來との交錯状態が, 來とりやせんぢや, 來とるらしいんぢや, 來どうも瀧に, 來どこでも弊害, 來どの作家でも, 來ないかなしい人間に, 來ないし屋敷賣, 來ないとおもひます, 來ないなつかしいものである, 來ないふかさから, 來ない偉い心の, 來ない心苦しさを, 來ない悲しさ, 來ない正しい方法で, 來ない汚點を, 來ない淋しさである, 來ない深怨の, 來ない深い悲みの淵に, 來ない良さ古, 來ない貧しさで, 來ない醜劣な, 來ない醜いものと, 來ない重重しいものであるらし, 來ない長さ, 來ない面白い圖です, 來ない高い衣類は, 來なかつただらうと信ずる, 來なかつたであらうか, 來なかつたですか, 來なかつたらしいのだ, 來なかつたら瞑すべしわたくしも, 來なかりし大詩人, 來なかアありませんや, 來なかツた, 來ながらもその間何を, 來なくなりたうとう茣蓙, 來なくなりましたが歌, 來なけやならぬ, 來なけや引張つて行つてやる, 來なけりやいけない, 來なさつたんだ, 來なさらうと此約束, 來なし目も, 來なすつたさうで裏門に, 來なぞ聞知る, 來なと心切めかし, 來など云ふ, 來などがよほど大きな, 來なはるとえ, 來なべえ, 來なむと待つ, 來なりしを其餘, 來なんぞは問題ぢや, 來なんら批評でなく, 來な立つて居, 來について判明せぬ, 來につけ狙はれ, 來にては丸龜中先一番の, 來にも二度繰返され, 來にやあらん折, 來によつて見, 來による材料を, 來ぬだらうか, 來ぬであらう斯う, 來ぬであるから予, 來ぬとおつしやいます, 來ぬらしかつた, 來ぬらしく尾を, 來ぬ犯しの爲, 來ぬ絶えて音, 來ねえだよ, 來ねえと言う法, 來ねえもあるもんぢ, 來ねがひたる念慮, 來ねばいつとてか, 來ねばよいがと氣, 來ねば深く押隱し, 來ねへか其所の, 來のみなる淨土教, 來のやはな息子には, 來はじまつちや來ます, 來はじめてゐた, 來はじめる頃だ, 來はもうよこせなく, 來ひさは更年期, 來ひだりの孔, 來へも夫, 來へんし無, 來ほんとうの盆, 來まさざりせば, 來まさずやと案内, 來まさんことを, 來まさア石川五右衞門が夫婦づれ, 來ましし大穴牟遲の, 來ましつるよさき, 來ましつれどもその, 來まじき土藏の, 來ますちつと待つ, 來まするならば, 來ませぬで唯此處, 來ませんもつと外, 來まつさ, 來みな友人の永田氏, 來世にも, 來むきつにあむ, 來むぞ此處の沼, 來むと思ひつつさ, 來むと我はもふ, 來むねに描きし, 來む一たびすでに, 來む世思はず欲ら, 來む人も吾, 來む壽永の秋, 來む早や待つ, 來む春のめでた, 來む歳ぞ實らむ, 來む滅亡知れれば, 來む狐に浴, 來む馬競べに第, 來めいがな, 來めでたい話である, 來もよほす薄墨色, 來やうわけがない, 來やう故意ならずとも, 來やせぬやらなければやらない, 來やつたんやない, 來やと日々案じ居ける, 來やはつてから, 來やらぬうちに, 來ようとつかと戸外, 來ようガオの人々, 來よう併し新しい, 來よう明日からまた早速, 來よう理は無い, 來よう行つて見て, 來よう訣がありません, 來よとのことで, 來よなどと言はれ, 來よのお詞, 來よほど惡戯者らしい, 來よれへんか, 來らあなそんだが, 來らざる間を窺う, 來らしめ目を放ち, 來らせんとてはや, 來らむとする, 來らむかくて我等, 來らむとしてしかも未だ來ら, 來らむとする新勢力, 來らむとするものは正に即ち, 來らむとする冬を待つ, 來らむとする議會に對, 來らむとする運命の危機, 來らむには却, 來らむ世においてはこの世, 來らむ今はアポローン, 來らむ日を待つ, 來られたらしい仕事着の, 來られないではない, 來られなかったからである, 來られなくなるそれからは, 來られぬだらうからよく, 來られねば心のどか, 來られまして慇懃, 來られましたがこの, 來られませんでしたから, 來られやしねえんだ, 來られようものなら, 來られるじやない, 來られるなら其の時刻, 來られ驚いた振りを, 來らんお里は其中九郎兵衞殿, 來らんトロイアの禍難, 來らん先は五ヶ年留守, 來らん其時一緒に見, 來らん同僚を, 來らん彼岸遠からじ, 來らん汝わが槍, 來らん者は何人, 來らアね, 來らツたから, 來りいづれも武裝, 來りいぶけば潮澎湃, 來りかの者豪勇, 來りかれ自ら神の, 來りさうもなき富士山下, 來りしなればと燃立胸, 來りつ更にまた, 來りであるけれども大, 來りぬれば進み寄, 來りやア死ぬ悲痛, 來りやア教育家としても君, 來りや丸で斷, 來りや毎晩熱いうまいスープ, 來りや百人力だどうも, 來りよばはり, 來り仕へ居る, 來り仕へて近, 來り住みたるものなる, 來り入らざる差出口過言なり, 來り出逢ひがしらに, 來り到らんことを, 來り去つては, 來り取散らしたる盃盤を, 來り叫びていひける, 來り合せたるにくさ, 來り啼かず羊痩せ, 來り坐しヂュウスの, 來り宿せし所也, 來り居たり, 來り引き留めてプロチアオーン, 來り往きては還り, 來り待つぞと問, 來り招き致しさへ, 來り捧ぐれば, 來り描くを待つ, 來り摘まんとす, 來り攻めんものこそ, 來り止まりて叫び, 來り潜みてこの, 來り留まるアカイオイ, 來り着きそこに, 來り着く現在とは, 來り着ける時, 來り臨み村人すべての, 來り臨んで其村人ども, 來り臨んだらうと云, 來り見えて共に, 來り見れば娘, 來り診し苦心治療を, 來り語らう事も, 來り語る外にも, 來り誦し去つた時には, 來り賀するに逢, 來り跪き我手を, 來り退引させず, 來り遊びし時には, 來り遊ぶ處なり, 來り過ぎ行かんとして我等, 來るおちよぼの外, 來るかれヘクトール打斃せ, 來るしくみになつて, 來るじゆんを呼びとめ, 來るじゆんじよを知らなかつた, 來るせえ, 來るせゐかも知れない, 來るたつた一つの, 來るちうとなんぼ, 來るつたけ彼女, 來るであるからし, 來るでしようか, 來るで御座んしやうかとて, 來るで御座んせうかとて問, 來るで有うと思ひ, 來るぬしはいつも, 來るまじよし又, 來るみくじのこと, 來るやろおもたにな, 來るらしい底知れ無い青い光, 來るらしくひたしめに, 來るるものは, 來るんかい, 來るんでしたね親分, 來る凍つくやうな, 來る出來ない, 來る呼びて窓, 來る坐敷の, 來る如く涕流し, 來る怒濤の, 來る憂ひなし緩り, 來る成らんと深江村, 來る疑ひを直ぐ, 來る荒れてゐる, 來る荒れ果てた道を, 來る見ゆ, 來る見あげるやうな, 來る見知らない男の, 來る言葉共を後々, 來る詰り上下君臣或は, 來る誤つた結論に, 來る降りては倏, 來る響き波が, 來る骨や角, 來る骨牌仲間も, 來れこなたに, 來れつけど, 來れとく愛の, 來れぬ時は, 來ればれて, 來れませんので今日拜, 來れめざめよ, 來れよと宛然丁稚小僧, 來れるありティスベ月光に, 來れるかそは何, 來れるなれば, 來わたしは同, 來わるくて寢, 來をぞ戒め置, 來んで暮して, 來ん時誤りて見失ふ, 來アラビアと支那, 來オホなれど, 來カクテル文化は日本, 來クロポトキン等を學ん, 來サザル者ナク獨立問題ノ如キ希フト雖モ生起セザルハ論ナシ, 來シエクスピイヤが千魂萬魂, 來シーボルトに弟子入り, 來怖アル者ト推定スベシ, 來タセシニ係ラズ彼ガ旅順包圍軍ヨリ寛過サレシ理由, 來タレル露西亞ガ其ヲ侵略セントセシガタメニ, 來こない, 來返ヘル者, 來ニ至リ心意開發セズ是唯樹ニシテ能實ヲ結ベドモ, 來ノーベル賞は世界, 來バラモンの遺習, 來フアンタスチツクな夢, 來ユーゴーの詩集, 來ライデンの教授, 來リ且ツ異ニスベキ將來, 來リ住ムヤ蘆荻谷ヲ塞キ荊棘徑, 來ルベキト日本ガ國防上朝鮮ニ據リテ戰フコトハ國家ノ國際的權利ナリ, 來ルベキ可能ナル世界ノ平和ハ, 來ル反省改過ハ鏡ニ掛ケテ, 來ル思想ノ自由信仰, 來ル者ニシテ大ニシテ文章, 來ル道バタ赤クツイタ柿ニ歩イタ等の僕, 來レリト宜シテ終ニ羅馬, 來レル異人種, 來レル所以ヲ考, 來レル藩屏ヲ撤去シテ明治維新, 來ロダンの祕書役, 來踪跡スレバ支那ニ取, 來は患者, 來一つ二つの感情, 來一世の文豪, 來一口づつ呑合し者は今さら, 來一年餘身體肥るにつれて, 來一方で抒情詩, 來一時は一念, 來一月や二月, 來一歩の進歩, 來一流の作家, 來一統いろ, 來一般の思想傾向, 來一貫して, 來一部支那人の間, 來一面空想的であると共に, 來七八年して, 來三十餘年既往は眞, 來三國魏の時, 來三月三日の會見, 來三段の記事, 來上がらないとかそんな, 來上らうとする, 來上らずに徒, 來上らずして其の, 來上らずじまひ, 來上りしとの手紙, 來上りましたが唯, 來上りますと良, 來上り候早めさせ給, 來上り建具屋疊張付諸造作庭廻り, 來上り方の中, 來上り案配をけなし, 來上るであらうと思ふ, 來上ればそれで, 來上納方に差支, 來上衣を脱いだ, 來下戸だから, 來不明の祓, 來不正なり, 來不離不即, 來且つ安價, 來世俗の見解, 來世界中の文藝, 來世話女房と云, 來並びに現代の, 來中央も地方, 來主義政見の一致, 來久しく註無し唐の, 來二十有三年後の今日岩波書店主, 來二度ほど内地, 來二百年の間, 來五助方へ夫婦引取り, 來井戸源次郎にてあり, 來人なつこく出來, 來人文の中心, 來人物評をする, 來人間の體, 來は一種, 來今代に通じ, 來伊藤半右衞門, 來休みを利用, 來低能なの, 來住み慣れた家の, 來住居罷り在, 來何とも云へ, 來何れの國, 來何事に對, 來何度も聞かされた, 來何處へ行, 來佛教各宗, 來保守主義に囚, 來信心なす金毘羅, 來俳句は如何, 來健康勝れず臥床勝, 來健忘のみならず, 來健脚であつ, 來といふの, 來の植物採集, 來であり得ない, 來優劣なしと, 來先生の作品, 來先頃殺された用人進藤市太郎, 來光明の子, 來入り居り, 來入り參ゐ來, 來入ることの, 來兩國の川開き, 來兩替屋等も出, 來八度以上の熱, 來兵士といへ, 來れを, 來其の朝に, 來其後戰國の初め頃, 來其詩篇が一々, 來具合を話す, 來兼ねたり越前守殿コレ勘太郎汝, 來兼ねるので, 來内宮は天照大神, 來再び無頼の, 來凡兆杜國史邦野水なぞの俳諧, 來凡兆等の蕉門, 來出品の量, 來分類法も色々, 來初め小亞細亞, 來到りて穴, 來到る處に, 來前田五郎八と云, 來動き易き摸造, 來動作と物, 來勤め白鼠と云, 來北條氏康の時, 來北海道現住のアイヌ, 來十年わたしは一歩, 來半年會はない, 來卒業論文を漸く, 來印度人の非常, 來待取, 來て後世, 來古書畫の入札, 來合せたるもの哉, 來合せたれば賣, 來合せると八五郎, 來吉住求馬と申す, 來吉原の者, 來君主專制の國, 來否十數年來執り來, 來咽喉を害し, 來哲學が科學, 來善い土で, 來嘗てないこと, 來嘗めつくしたり, 來噴火しかけて, 來四部と一定, 來固有な生み, 來國來と引い, 來土匪や流賊, 來つてものを, 來垂れ下つてゐた, 來執り來れる, 來基督教的な心, 來夏期には目立つ, 來外國語の出來, 來多く口を開かず, 來大いに衰へ, 來大抵の國, 來天上に樂土, 來天子を指す, 來天帝と解し, 來天才は臆病, 來天文により, 來天皇即位という大きな, 來太い方の, 來奉公に參, 來奧羽は日本武尊, 來好きでない勘次, 來好き嫌ひの, 來好くば六日, 來好んで菜蔬, 來好奇心が有る, 來如何に動いた, 來な束髮, 來子供自身の心, 來するかを, 來存在して, 來學校宴會旅行などにも洋服, 來宇宙の或, 來宗教的なもの, 來宗教的信念又は迷信, 來宗旨として日本, 來家族制度の國, 來寄るさざなみ刈株, 來寄れば, 來密通いたし居聟, 來密集生活を營, 來富國強兵を目的, 來富永は何で, 來寺田志齋がその, 來將攻之時出鹽盈珠而令溺, 來小事小患に懸, 來小包の意味, 來居るものには, 來山の上から眺め, 來山中の一軒家, 來山口惣右衞門伴佐十郎建部郷右衞門の三人, 來山河の秀でたる, 來山登りをやめ, 來工合を見, 來希望であるため, 來常に責任内閣藩閥打破を, 來幕府自體, 來年々に不, 來幾らか年が, 來弑逆罪に對, 來引きつづいての, 來弘法大師が支那, 來弱々しく幾度か, 來彼らの場合, 來彼等は多年, 來律義に勤, 來從つて蔡倫はただ, 來復讎を是認, 來徳川幕府の方針, 來が惑亂, 來心夫も無理, 來心靈研究が又, 來必ず彼を, 來必要な時, 來志す所は, 來志田義秀さんの研究, 來思惟とは如何なる, 來性格的にもそんな, 來性質を異に, 來恐れますのは, 來に引かざりしか, 來意味するかを, 來意思なるもの, 來愚鈍なる生れ付, 來慣れたる道なれ, 來慣れぬ此里に, 來懸りて遙, 來懸念した, 來成り來つた村を, 來成れたで有うに今日, 來我等のすべて, 來ひは, 來或は又天耳, 來打ち續いた, 來け荷, 來持つて居る, 來持て囃された傳書鴿の, 來指定された日時, 來捨子なる由最初, 來掛り此體を見, 來接近して, 來摺つては來, 來支那教界の大, 來支那西洋の國語, 來政治上の變遷, 來政治的權力なるもの, 來教育のない, 來散る氣は, 來數學も歴史, 來文化的主體, 來文壇並びに思想界, 來文字にも書く, 來文學の事, 來文章の素養, 來文部省からの海外留學, 來方言急就, 來旋律は拍節, 來日なほ淺く作, 來日本國は自, 來日本國民が十分, 來日本建築は漸次, 來日本本州の方, 來日記は漢文, 來早起きした蜜蜂, 來明るいぼつと, 來明年の好望, 來明晰に考へる, 來易いところで, 來の人, 來映えでございました, 來時に或は之, 來時宗遊行派の阿, 來晩酌せざる日, 來智識の威力, 來暗い所で, 來更に次の, 來最大詩人の一, 來有名な支那, 來有所云爲輒灼骨而卜以占吉凶先告所卜其辭如令龜法視火, 來朝鮮人が澤山, 來朝鮮人ト日本人トハ米國内ノ白人ト黒人トノ如キ人種的差別アル者ニ, 來朝鮮琉球間の交通, 來木版ないし銅版, 來未見の人, 來本質的に切り離せぬ, 來本邦の學者, 來東京の空氣, 來東洋文化と云, 來枯葉走, 來柴田文内と吉住求馬, 來栗山父子は若年, 來極めて初心な, 來次第アメリカへ渡る, 來次第己がすぐ, 來次第應援に出かける, 來正直者故我が身, 來の字, 來武者修業といふ稱呼, 來殆ど自國, 來殆ど一種の慣例, 來殺生さへも嫌ひで虫一つ, 來比較的高いのに, 來民族だらう, 來氣持のよい, 來氣遣はねへ, 來求めて居つた, 來決して兩立す可き, 來汽車の窓, 來河野は如何なる, 來法帖に依, 來法律には法律主義, 來法治國とは違, 來活きてゐる, 來流行つて來たの, 來海外文明の伸展, 來海岸に棲んだ, 來淡く秋の, 來清國の青年, 來清淨なる快, 來渇仰されて, 來は人生, 來渡海詣中, 來溜めて置いた, 來滅多に心, 來漸く蓄へ, 來潔白にて只, 來澤山のミシン, 來無きものが, 來無くなりそうつと手, 來無人島か否, 來無口な性分, 來無意味なこと, 來熱心なりし醫學, 來爪立てにつかみ, 來牧野小左衞門, 來物堅いので近所, 來物狂ほしいほどの, 來物置きから, 來物腰を眞, 來獨逸人のごとき, 來現世と人間, 來現今の國家組織, 來理窟屋の集合, 來理解力の少ない, 來甘いものである, 來甚だ不器用な, 來甚だしく體力も, 來生れで人魚, 來生ビールのスタンド, 來生一本で起つた人, 來生活らしい生活, 來を渡つて來, 來當時より分, 來當時月島の端, 來病身なお金, 來病院の勝手, 來百卷九十二册あるべきところ, 來百姓たちの金, 來百濟といふもの, 來監房へ入る, 來目的論を否定, 來知り難し恐らくは, 來知る筈は, 來知識を海外, 來知識人ほど妙, 來知識欲は一般, 來研究させそれ, 來硬軟の二派, 來磯中三五郎殿行つて訊ねて, 來と雖, 來は毎年秋, 來禁じられてゐる, 來福島屋は上品, 來私たち風流人の美しい, 來私共は彼等, 來種子はた, 來種子無しになつて仕舞, 來積り積つて恰も小山, 來穴居なるもの, 來空想的な傾向, 來簑笠を著, 來をよねと言, 來精神の貫通, 來精神的事業に出金, 來系統があり, 來紀州殿非分なりといへ, 來數ヶ月に, 來紅葉といふもの, 來細き身代なれ, 來細ツこい體質, 來絶えず過去と, 來綜合的統一でありその, 來縁起はこれ, 來縁遠い誘惑である, 來置鹽棠園さんに由つて委, 來の水手, 來老子も李姓, 來而諮之曰, 來耐震性に富む, 來肖像畫は畫, 來肥料商も粗, 來と肩, 來腐敗したあらゆる, 來自分の履歴, 來自動車工業は難, 來自然の定則, 來自然界の一部, 來自由派の爲め, 來自由詩の動機, 來自由貿易策は英國, 來至急を要するに, 來臺所の方, 來花びらのくづれおちるときの音, 來脉路を, 來英明にましませ, 來草莽の微衷, 來萬人の行き, 來るしく廢頽的傾向, 來藝術にあ, 來虚構がある, 來蝦夷と云, 來蟋蟀の聲, 來補弼の重臣, 來西洋でする, 來見世物が賑, 來親方徒弟農奴がある, 來觀念といふ名, 來言葉を表現, 來記憶力に乏しき, 來詩集といふもの, 來誠に融通の, 來論理的なもの, 來諸所を調べた, 來謙虚な性質, 來謹厚愼密にし, 來讀者の方, 來赤い薔薇の, 來趣味なるもの, 來足らぬ事なき家に, 來足跡の義, 來蹉躓に蹉躓, 來輪廻と云, 來辭書編纂の業容易, 來述べましたが如く, 來逐電の始末, 來通り母堂と新, 來通典の如き, 來連絡のあつ, 來進藤勝之助を本所相生町, 來運命であるため, 來運河とはその, 來過ぎると資本主義社會, 來過去の智識, 來過敏な僕, 來道家を學んだ, 來道徳は政治文學哲學等, 來淺など, 來遠縁の家, 來邪心を抱く, 來部門や卷數, 來郵便局とやらに勤めた, 來醜き男にて, 來釋地以下釋水に至る, 來釋訓以下は次第に, 來重大なる問題, 來金石殊に碑文, 來針めどは見えず, 來鍛錬し得たる手腕, 來まつて, 來間もなく二つの, 來隋書經籍志は史部, 來集散などの大, 來難ければ貴, 來難し依ては, 來の白玉, 來青年團の人たち, 來靜岡には親戚, 來韻文を律する, 來頗る努力しつ, 來には表, 來飜譯や受け賣り, 來飢饉が多い, 來馴れし人の, 來髀肉の歎, 來鬪舞空之花蝶, 來鬱積沈滯せる者頃日, 來鬼畜となつ, 來鳴きけむ川門, 來鳴き雨霽れわたる, 來鳴けなぐさもるべし, 來鹿島に押し, 來麻雀とは雀