青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「入口~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

入り~ ~入る 入る~ ~入れ 入れ~ ~入れた 入れた~ ~入れる 入れる~ ~入口
入口~
入道~ 入院~ ~全く 全く~ ~全体 全体~ 全国~ ~全然 全然~ ~全身

「入口~」 6122, 66ppm, 1725位

▼ 入口~ (2082, 34.0%)

97 方へ 84 扉を 63 戸を 45 ところに 44 方を 40 扉の 34 扉が 31 ところで 30 扉に 28 戸が 26 ドアを 25 方に 20 柱に 18 ドアの 17 土間に, 戸に 16 ところへ, 障子を 15 方から 14 所で 13 ほうへ, 前に, 扉は 12 所に, 格子の, 格子戸の 11 処に, 庭の, 戸の, 石段の 10 格子を 9 戸は, 近くに 8 ような, ドアが, 上に 7 処で, 庭に, 方で, 石の 6 ところまで, ほうを, ドアに, 前で, 戸も, 扉には, 敷居の, 楢の, 横の, 石段を

5 [11件] ように, ドアは, 傍の, 硝子戸の, 硝子戸を, 襖の, 鉄の, 隅に, 階段に, 階段の, 雨戸を

4 [17件] やうな, 上の, 前には, 右側に, 唐紙を, 土間へ, 外の, 室に, 左右に, 扉にも, 敷居を, 柱の, 格子戸を, 沓脱の, 階段を, 障子が, 雨戸が

3 [44件] すぐ側, そばに, ところの, むしろを, カーテンを, ガラス戸に, ドアまで, 一番左側には, 側の, 処へ, 前の, 前を, 唐紙が, 土間の, 壁に, 壁の, 外へ, 夾竹桃の, 左側に, 左手に, 廊下から, 所へ, 所まで, 方の, 暖簾を, 朝顔を, 柱にも, 格子が, 格子に, 棚に, 横に, 正面に, 硝子戸が, 硝子戸に, 脇の, 襖を, 近くの, 重い扉, 錠を, 閾の, 闇に, 障子は, 響板が, 鴨居に

2 [95件] あたりを, すぐそば, すぐ右手, ところでは, ところにも, ない部屋, ほうに, まわりを, やうに, ガラス戸が, ガラス戸の, ガラス戸を, スイッチを, ベルが, ベルを, 三疊の, 両側に, 両側には, 両脇, 事務所の, 低い木, 側で, 側に, 側柱に, 傍に, 右側の, 右手に, 四畳半に, 土間には, 土間は, 土間を, 場, 壁際に, 外で, 外に, 外には, 大戸の, 太い柱, 室は, 室へ, 小窓, 岩の, 岩を, 工合などを, 左側の, 左右の, 庭へ, 建てつけ, 戸で, 戸へ, 所から, 所の, 扉と, 扉や, 掃除を, 方が, 方へと, 方向を, 暗い二階, 暗い土間, 書生部屋を, 木戸を, 板戸を, 格子をも, 横手に, 橋の, 正面の, 段々の, 段々を, 潜戸の, 狭い所, 番を, 看守はさみし, 看板を, 石段で, 硝子扉が, 端に, 締りを, 菰を, 角で, 近くまで, 部屋に, 重い鉄扉, 鉄扉を, 鍵を, 門の, 門は, 閾に, 閾を, 附近の, 隅の, 障子に, 障子二枚に, 飯屋へ, 鴨居の

1 [698件 抜粋] あいだには, あいて, あたりから, あたりで, あたりには, あたりは, あの重く, ある緊張, ある長い, いくつかの, いちばん左側には, うすもも色, おでん屋で, お母さんの, かかりと, かくし戸, かたすみ, ことで, ことであろう, この出窓, すぐ前, すぐ右側, すぐ奥, すぐ左手, すぐ片隅, すぐ脇, すぐ近く, ずっと手前, そとに, そとには, その店, そばへ, たいてい原, ために, ちかくで, ちょうど宿屋, ちょうど正面, つきあたりに, つき当り, つっかい棒に, ところには, ところや, ところカヌーが, とっつきに, とびら, どぶ, ないコンクリート, ない沼, ない石室, のれんが, はうへ, ひろい石段, ふみこみの, へんにまで, べとべとの, ほうばかり, ほうへと, むこうが, も廊下, やや人足, より奇妙, ろうかの, わきの, わずかな, アーチの, カーテンが, カーテンに, ガス燈と, ガタピシした, ガラスの, ガラス張りの, ガラス扉の, コンクリートの, シムラという, ステエシヨンに, タタキの, テーブルが, テーブルに, ドアたった, ドアで, ドアには, ドアにも, ドアのよ, ドアーに, ドアーの, ドア一つピシと, ドブ板の, ドーアを, フタの, ベンチで, ホールへ, ボックスに, ポーチに, 一つが, 一と, 一側には, 一室は, 一方には, 一本の, 一角を, 一部屋に, 七八人は, 七割五分農村の, 三畳で, 三疊それに, 三疊には, 三疊一パイにな, 上で, 上にも, 上を, 下の, 下駄箱から, 下駄箱の, 中で, 中へ, 事を, 事務所で, 二畳が, 二疊に, 二疊次の, 交番へ, 人が, 人を, 人波の, 人混みの, 代用として, 休所へ, 低い襖, 例の, 修羅場に, 側, 傍で, 光景が, 兩側に, 八疊に, 八百屋にも, 六疊に, 六疊母家の, 円鈕を, 写真の, 処には, 処へは, 処まで, 凸凹鏡の, 制服の, 前あたり, 前は, 前まで, 前背戸の, 勘定の, 勘定台には, 勘次声を, 南京錠がは, 印度人の, 厚いドア, 厚い西洋扉, 厳重な, 厳重に, 取着きの, 受付けから, 受付で, 右は, 右側には, 右手扉を, 右隅に, 合鍵を, 名札に, 向うで, 向う側に, 向う端に, 向こうから, 向ひ, 向ふ, 周囲に, 周圍の, 呼鈴を, 唐紙から, 唯一の, 四畳半の, 四角なあげ, 図においては, 土に, 土塀それで, 土扉が, 土間から, 土間で, 土間なんどいにしえの, 土間や, 坂などは, 垂れ布を, 垂れ幕を, 垂幕を, 垣の, 堅牢な, 塩盛の, 境に, 外にも, 外は, 外側で, 外套帽子あずけ, 大きいガラス戸, 大きな構, 大きな横木, 大きな牌楼, 大きな鉄板, 大きな開き扉, 大と, 大ランプ, 大堰堤, 大戸が, 大扉, 大神と, 大通りに, 大鏡, 奥の, 奥は, 女の子に, 孔から, 室の, 容易に, 寸法を, 小い, 小さいバア, 小さい茅葺家, 小公園, 小川の, 小座敷の, 小暗い処, 小部屋, 少し入, 屋根の, 岩は, 工合などが, 左に, 左上に, 左側で, 左側土堤の, 左手が, 左手へ, 幅が, 幅の, 幕の, 広いところ, 広茫, 庇の, 庇下に, 庇戸袋板目なぞも, 店屋で, 庚申塚の, 庭が, 庭で, 庭では, 廂へ, 廊下, 廊下に, 廻転ドアの, 引手に, 御影, 情景であった, 戸には, 戸一重の, 戸前に, 戸棚の, 戸袋の, 所は, 扉, 扉から, 扉だった, 扉であった, 扉などを, 扉も, 扉際で, 掘立柱, 掘立門, 提灯に, 撻押しあけ, 擦硝子, 敷居に, 敷居際で, 敷居際に, 新聞を, 方からは, 方でした, 方にあたって, 方には, 方は, 方へな, 方まで, 方向へ, 旅籠の, 智恵子の, 智惠子の, 暖簾先に, 暗いところ, 暗いカフヱー, 暗がりの, 暗の, 暗礁へ, 暗道, 木の本まで, 札に, 札を, 材木を, 松の, 松原で, 板の間が, 板戸が, 板敷から, 板蓋いを, 柔らかい芝草, 柱へ, 柱や, 柵を, 格子と, 格子は, 格子戸に, 格子戸は, 格子硝子に, 桑の, 梁に, 棕梠竹を, 森林に, 椅子の, 椅子のうへに, 槃を, 様子や, 標札を, 標柱は, 横から, 横手の, 樹蔭に, 檐に, 檐の, 欄間に, 歩道の, 段に, 段の, 段を, 洗ひ, 浅瀬めいた, 浅黄色の, 海老錠が, 海老錠を, 混雑は, 混雑を, 湯檜曾温泉で, 漆喰壁へ, 潜り戸を, 火鉢や, 灯が, 無いところ, 無い金庫室, 燭光の, 片側に, 片側町を, 片隅に, 片隅には, 牛小屋だ, 狭いところ, 狭いにも, 狭い洋風建築, 狭い湾, 狹い, 用水桶の, 町並一帯の, 発声機から, 白いカーテン, 白樺造りの, 目じるしである, 目標に, 看守に, 真前には, 真向いまで, 真正面を, 着到板, 知識を, 石に, 石段が, 石階の, 石階を, 砂蕎麦の, 破れ目は, 破風の, 硝子扉にも, 穴が, 穴を, 窓が, 窓口へ, 立看板の, 端近くへ, 竹の, 竹藪が, 筵を, 管理人の, 簾屏風の, 米屋の, 純白な, 細道にも, 網扉を, 締りにも, 締りの, 縄筵から, 羅生門の, 羽目板に, 肴屋は, 背後に, 腰障子を, 自働電話, 花屋で, 茶屋で, 茶棚傍を, 草を, 荒物屋で, 落し蓋の, 葭戸を, 蒲す, 蓙を, 蔦の, 蔭に, 薄明の, 薄暗い土間, 藁た, 處から, 處には, 蜂の巣を, 衛兵所を, 襖が, 襖に, 見えないところ, 見張所, 見当に, 角に, 計数器の, 計算台, 警官に, 赤錆色の, 踏み段に, 踏段の, 軒に, 輪飾りが, 辺から, 辺までという, 辺を, 近いところ, 近くじゃ, 近くで, 通路から, 通路の, 造花の, 道が, 道へ, 違った診察室, 邊で, 部屋には, 郵便局に, 酒場に, 金具も, 金子額境内の, 金屏風の, 鉄ごうしの, 鉄扉が, 鉄扉は, 錠前に, 鍵が, 鍵は, 鎖さない木戸, 長押に, 長旗に, 長火鉢の, 門と, 門に, 門を, 門扉も, 門燈の, 開いたこと, 開き戸が, 間には, 間へ, 間近に, 隅には, 階段が, 階段で, 障子には, 障子の, 障子戸に, 障子際に, 隣, 雑巾で, 雑木山も, 雪あかりの, 電燈が, 電飾は, 青柳の, 響板の, 風鈴の, 食器口から, 餅屋の, 高張家の, 鴨居には, 黒板には

▼ 入口~ (1303, 21.3%)

83 立って 34 立つて 13 出て 12 来て 8 なって, 腰を 7 向って, 立った, 近いところ 6 佇んで 5 突っ立っ, 立ったまま, 立つた, 近い椅子 4 人の, 待って, 現はれた, 現われた, 着きました, 立ち塞, 近い所, 近づいて, 顔を

3 [27件] まっすぐに, むかって, 一人の, 二人の, 人力車が, 人影が, 倒れて, 出ると, 向けて, 姿を, 引返しました, 待たせて, 手を, 現はれ, 眼を, 立ちは, 立ち止って, 立った時, 立つ, 立つた時, 立つと, 行った, 行って, 身を, 錠を, 頑張つて, 顏を

2 [87件] あったの, あって, あるお玉さん, いたので, うずくまって, かかった, さしか, たたずんで, たどりつく, ちぎれた古い, つきました, つっ立って, なつて, ピタリと, 下って, 了輔の, 二列に, 佇立した, 住む靴屋, 住んで, 俯伏し, 入るや, 八島嘉坊と, 凭れて, 四人の, 坐り込んで, 差しか, 帰って, 張って, 待たして, 待ちかねて, 待つて, 新婦の, 木戸を, 札が, 来ました, 来ると, 横附け, 樹林を, 残って, 犬と, 珍しく茘枝, 現れた, 現れて, 番を, 着いたの, 石の, 石膏の, 突っ立った, 突つ立つ, 突立っ, 立ちはだかって, 立ちました, 立ち塞がるよう, 立ち止まった, 立ったが, 立つだけで, 立てかけて, 立てた衝立, 置いて, 膝を, 落ちて, 血を, 行き着くという, 見張って, 迎へて, 近い処, 近い卓子, 近い方, 近い片隅, 近い窓際, 近くなりました, 近く立つ, 近づきました, 近寄って, 返事を, 進んだ, 過ぎないが, 過ぎぬ, 達した時, 達する, 鐙摺の, 門が, 門番の, 面して, 頑張って, 駐まり

1 [807件 抜粋] あせた棉門, あたる所, あった, あった御柳, あっても, あの亡くなられた, あらわれた, あらわれたなら呼びかけて, あらわれては, あるこの, あるところ, あるグランド・メーナン, ある与力詰所, ある二棟, ある函, ある喫煙室, ある壁, ある大木, ある小さな, ある校門, ある桐, ある繁華, いかにも, いくたりも, いすを, いたがな, いた五人, いた女給, いた弟子たち, いた銀座署長, いつの間にかお, いつもの, いるの, いる均平, いる玄関番, いる警部, うぢ, うら, おしよせる観衆, お島さん, かういふ札, かかげて, かかってる自分, かかりましたら一本, かき出して, かけられて, かしこまった, きちんと膝, こしかけて, こんなに大勢, さ, さがって, さしかかったところ, さしかかった頃, さしかかりました, さしかかると, さつきの, さよ子が, しずかに, しっかりと, しばらく佇ん, しゃがんで, じっとかくれ, すぎない, すわって, せまりケレンコ, それを, たおれて, たたずみながら, たちはだかって, たどりついた, たどり着いた, ちかいところ, ちかい隅, ちかよって, ちがいは, ちょっとした潜り門, つ, ついたの, つかえて, つくと, つなぐところ, つらなつて, とびのること, とまりや, ともって, どかりと, どたどた, なだれこみあッ, なにか騒がしい, なめとこ山, ならんで, なるから, ぬいで, ぬっと現われた, のぞいて, のれんを, はかの, はたごと, はまって, はられて, ひしめいて, ひとりたたずむ, ぴったりと, ふと立った, ぶらさがって, ぶらぶらむれ, ぼんやり立つ, まがらうと, またせて, まわると, むかしは, むさし屋, もたせかけた, ゆっくり顔, ゐたやう, ゐた少女, ゐる人, アレキサンダア大王の, ガルソン, シイカの, シメを, ステッキの, スリッパーが, セルの, ダイナマイトを, ドラム缶が, ヒモを, ビールの, プロペラの, ボンヤリと, ムヤツォという, ライターを, 一人ポッチで, 一人残った, 一寸立ち止った, 一杯にな, 一枚大きな, 一軒の, 七八人の, 三峰講と, 三百ポンドも, 三輪の, 下した, 下品な, 世界の, 並べし下駄二三足料理番, 並んだ二人, 乗り捨てられて, 乾いて, 五井屋と, 人々の, 人間の, 今年の, 他の, 仲間が, 佇んだ, 佇んだ時, 何か, 俥止の, 倚つ懸つ, 停った, 停車場を, 備えて, 傾けて, 先ず六右衛門, 先刻の, 入る姿, 全身の, 共同井戸は, 内側から, 出た頃, 出る, 出るまでには, 出迎え本陣, 切符を, 別に中門, 別荘風の, 到る一側, 厚いカーテン, 厳重な, 取付けて, 受附を, 古ぼけた暖簾, 台が, 向い合った奥, 向かって, 向けたお, 向ったとき, 向ふ, 吸いこまれた, 呆れたよう, 四五人用の, 固めの, 土の, 在るので, 在るラクソール, 地獄の, 地藏樣が, 坐ったまま両手, 坐つて, 坐り込んでしまつたの, 垂れた幕, 垂れ下って, 堆高く空き函, 夜空に, 大きい石碑, 大きな提灯, 大きな立看板, 大きな米国国旗, 大勢並ん, 大番頭, 奇麗に, 女が, 女客, 妙な, 宗像研究室の, 寄ると, 封筒が, 射して, 小さい藤棚, 小さな鳥居, 小僧は, 小山の, 少し田舎, 尻餅を, 居る青白い, 屈んで, 山の, 巨漢木華里が, 差し掛る, 帰るとしても, 幾個も, 座って, 引っかかって, 引出して, 張番し, 強烈な, 当って, 彼女の, 彼等を, 往来の, 待せ置き, 待ち合せて, 待受けて, 御仕立物, 懸った薙刀, 戻つた, 投げ出した, 投げ出してあつ, 押しかけると, 押しつめられたまま, 持って, 持つて, 据えられて, 掛けたる厚き, 接した土間, 控えて, 控える, 掲げられた宮志多亭, 掴まって, 支いて, 数多な, 整列し, 敷きゆき子, 斃れ, 新しい海堤, 新夫, 時々眼, 暗い細長い路次, 最も近い, 木標を, 机でも, 来か, 来た, 来たとき, 来た人, 板葺で, 架けた翁瓦, 柱に, 柿色の, 校長の, 梨枝子の, 植えかえること, 検査済の, 構へて, 止んで, 此方を, 歸る, 残された伊吹大作, 殺到した, 氏子出張し, 永田親方の, 江原が, 沈むを, 河岸へ, 注意を, 洋灯が, 清水が, 渓の, 渡したる石橋, 溜って, 潮浪里と, 焚かせて, 然るべき根拠地, 煙の, 爆薬の, 片膝, 物々しく訪づれる聲, 特別はり札が, 猛兵, 猿廻しが, 現れたの, 現れたん, 現われたお方, 現われて, 現われわざと, 琴曲指南山勢門人何とかの, 甘い香, 番兵らしい, 番頭が, 白い服, 白銀堂といふ, 百人ぐらいの, 目を, 相對, 相良十吉の, 真新しい雪駄, 着いた, 着いて, 石が, 磨硝子の, 祀るは, 秀子が, 移つて来た, 突き立った, 突っ立ち, 突伏し, 突立ってる, 突立つ, 突進した, 立たせました, 立ちつくして, 立ちはだかった, 立ちはだかったまま, 立ちふさがった, 立ちますと, 立ちわが子, 立ち停まった, 立ち塞がって, 立ち塞がりました, 立ち止つて奥手, 立ち止まつた, 立ち現われた, 立ち番, 立ったとき, 立ったの, 立ったまま道路, 立った彼, 立った私, 立っては, 立つたその, 立つたとき昨日, 立つまだ, 立つ三人, 立て, 立てた, 立てたのみ, 立てようかと, 立てる三人, 立て廻して, 立停っ, 立塞ツて, 立派な, 端坐し, 竹の, 筵が, 箱車や, 粘つ, 細い下, 細い杖, 結びつけさて, 縛られて, 置いたよう, 置いた洗面器, 置いた風呂敷包, 置く, 老文豪, 耳を, 職業服の, 背を, 自然木の, 萩の, 落すもの, 蓋にな, 蛇の, 蜘蛛が, 血滴り, 行き扉, 表彰された, 複雑な, 西洋の, 見えた, 見えて, 見た時不快, 見なれない婆さん, 見はり, 見出した, 見張りを, 見当を, 覗いて, 角形の, 設けられたクロンスタット要塞, 警察の, 貼られるカラクリ, 貼付けて, 貼紙する, 赤い煉瓦, 走りついた, 走りでた, 蹲まっ, 蹲まりました, 車が, 辨慶松あり, 辿り着いた, 迎へた娘お, 近いいつも, 近いから, 近いカーテン, 近いストーヴ, 近い中, 近い側, 近い兵士たち, 近い南洋杉, 近い叢, 近い右岸, 近い土間, 近い場所, 近い定席, 近い席, 近い座席, 近い板の間, 近い棚, 近い窓, 近い藤岡, 近い護國寺, 近い隅, 近い階下, 近い黒部川, 近くゐた, 近く二三の, 近く卓子腰掛けなど, 近く地歩を, 近く座を, 近く架けられた, 近く眼に, 近く高い, 近づいた二人, 近づいた時, 近よる, 近附く, 送って, 逍遙し, 這い出して, 造られた番所, 過ぎない, 過ぎないので, 達して, 達す, 達する丈, 遠い方, 邀撃する, 金五郎が, 金壺眼を, 鍵が, 長押に, 門松を, 關を, 陣どって, 陳列され, 集まりました, 集まり心配そう, 雪囲を, 青い暖簾, 青芝, 靴の, 頑張らせ二人, 飛びこんで, 飛び出して, 飛んで, 馬車を, 駆けつけた, 駕籠屋が, 騒がしい物音, 骸骨を, 魚の, 鳥原青年の, 鳴子が, 麥藁を, 黒い背広

▼ 入口~ (457, 7.5%)

10 塞いで 8 あけて 7 ふさいで, 入ると, 開けて 5 見ると, 覗いて 4 くぐった, はいって, 出て, 発見した, 背に, 見た, 這入ると 3 はいると, 入ろうと, 出ると, 探し出すの, 見せて, 開いて, 開けると

2 [26件] あがりこんだ中也, くぐって, のぞいて, はいりますと, ふさがれて, 入らうと, 六助に, 出たりは, 出ようと, 向けた牡蠣船, 塞いだの, 塞いだ細工, 左へ, 指した, 掃いて, 正面に, 潜った, 眺めて, 示したが, 見張つて, 見張りました, 覗きに, 覗きましたが, 通る度, 開けた, 開けるの

1 [307件] あけた, あけたの, あけるの, あらためると, あれこれと, いっぱいに, いま一台の, いよいよ暗く, うかがいながら, おおうて, おりて, かえり見た, かくして, かたくとじる, かためて, かためろ, がらりと, くぐったこと, くぐったはず, くぐりましたがね, くぐり天井, くぐる, ぐっと仰い, こういうふう, こしらえて, さがして, さがしはじめた, さぐりあてて, さして出入り, しっかり締め, しめて, しめてカーテン, しめて雪, しめました, しめると, じろ, すかし見て, すっかり心得, すべて取りかこみ, すべて塞い, するりと抜け, ついにくぐっ, つかわないとき, つけて, とおって, ぬけて, のぞき込むやう, のぼって, はいった, はいったとき, はいったところ, はいってからが, はいること, はいれば, ぴったりふさい, ふさいだ, ふさいだの, ふりかえったが, ふり向いて, またいだの, またぎながら, またごうと, まっすぐ入っ, まるで金色, みた, みたが, みつけそうして, みつけて, めがけて, めざす人, もった三階, もった石造, もつ売春宿ホテル・ノルジスカ, ゆすぶって, よく見張っ, わからなくしたり, われわれは, ガッチリと, スケッチし, ノックする, ボイラアの, ポンと, 一つしか, 一パイに, 一手に, 一歩入る, 一間ばかり, 主人は, 二つ持っ, 何か, 何度も, 作える, 作って, 作り入口毎, 作るからねえ, 作る仕事, 入った, 入ったが, 入ったすぐ, 入った左, 入った武士, 入って, 入つた, 入りますと, 入るまでは, 入る時心がまえ, 八五郎に, 兵が, 具へて, 兼ねた古風, 出かけて, 出た, 出たが, 出たり, 出るとき, 出るの, 出入りする, 分ちしなり, 包んで, 半分ほど, 半分塞い, 原の, 厳重に, 叩いて, 叩くと, 叱られぬだけに, 右に, 各所に, 向いたその, 向けて, 囲い風, 囲む街燈, 固めました, 固めろ, 地獄穴と, 塞いだと, 塞いだ前, 塞いだ大男, 塞がないで, 塞がなければ, 塞がれたが, 塞ぎ乍ら, 変えて, 宇治は, 守りもう, 守るという, 守備し, 尋ね畑, 小走りに, 少し嗅, 岩で, 幅一杯に, 広くあけ, 広げたり, 廊下に, 後ろに, 打ち砕かんと, 扼された, 扼しそれら, 押開け, 持った一軒建, 持って, 持つ三つ, 指ざし, 指し示した, 指示する, 挟んだ両側, 振り向きました, 振返った, 挾んで, 捜が, 捜したが, 捜して, 捜しに, 捜すわけ, 探しあてた, 探して, 探しましょう, 探すよりも, 探ったり, 敷居にかけて, 日本女は, 暗くする, 曲ろうと, 望み一方, 松原越の, 横町へ, 此方に, 歩いて, 毀さなければ, 求め家, 洒掃し, 流れ込んで, 潜って, 潜ると, 照らして, 照らしは, 爭ひ, 発見する, 皆で, 目がけて, 直ぐ右側, 真暗な, 眺めながら, 眺めやった, 睨み立ち列んで, 石を以て, 示しそこ, 示したもの, 示して, 示せりしかして, 簡単に, 素通りし, 細目に, 組み上げた材木, 網で, 締めて, 締る, 脊に, 自らぴたり, 自分の, 色どりしつこい, 蓋して, 蔽いながら, 蔽われて, 行き悩んで, 覆って, 覆つて, 見たが, 見たとき, 見たらピオニェール, 見つけたの, 見つけて, 見つけること, 見つけるの, 見つめる人々, 見て, 見てたん, 見はって, 見やった, 見やつ, 見る事, 見下ろすこと, 見付けた今, 見付けるよう, 見出し人夫, 見守って, 見守る, 見張つたこと, 見張らせて, 見張りし, 見張れ, 見返った, 見返ると, 見附ける為め, 見附け損, 覗いただけ, 覗くと, 設けない, 設け窓, 調べ始めました, 護る年番諸侯, 貫いて, 跨いで, 跨ぐと, 蹴りつける音, 這入った, 這入って, 這入る己, 這入る時, 通して, 通つてまた, 通らなければ, 通りすぎる, 通りぬけると, 通る機会, 通ろうと, 造える, 連想させる, 過ぎたが, 遠ざかりながら, 遠まき, 遮断し, 鋭く見遣れり, 閉ざして, 閉ぢて, 閉て, 閉めた, 閉めて, 閉めようと, 閉める青江, 開いた, 開かんと, 開き内容, 開けば, 開けるから, 開けるに, 開け放しに, 間違へて, 降りて, 降りながら, 除いた外, 隔てた古い, 隔てて, 雑草が, 預かって, 飾りその

▼ 入口から~ (449, 7.3%)

11 出て 10 入って 6 中へ 5 外へ 4 はいって, 三番目の, 這入って 3 一人の, 入つて, 声を, 暗い牛舎

2 [29件] のぞいて, ズッと, ソッと, フラフラと, 一つの, 一番遠い, 丁字形に, 三ばん目の, 三本目の, 中を, 入る, 入るの, 向島の, 奥の, 家の, 少し上, 帽子を, 手を, 死骸の, 火を, 片一方の, 聲を, 行き違い, 見えたので, 見て, 見透しの, 足の, 階段を, 顔を

1 [335件] ああし, あちこち見廻し, あふれるほど, いきなり二階, いまに, うかがうと, おもいがけなく一人, お客を, お尻, お雪, がた馬車に, くわつと, こちらを, ころげ込むやう, こんな茶人, さくら井屋の, さしあげて, さして, さす薄曇り, さらって, さらつていつ, しずかに, しのびこませた, しのびこんだ, しめ出された, すぐに, すぐ見える, するの, ずっと遠い, せきこんで, そつとは, その中, その男, それを, ぞろぞろと, ちょっと右, でっかいおまわりさん, でなくて, でなく側面, でなければ, とびこむと, なかへ, なにかしら, ぬー, のさりと, のぞき込みながら, のぞくと, はいりましたが, ばらばらと, ひょっこり姿, ぷんと石炭酸, ほとんど同時に料理場, ほど遠くない, ぽつぽつ出, まだ中, まっ暗な, まわって, もうどの, もうひとり, もう七八人, アストラカン, ガレイジへ, クーパーが, コックや, コッソリと, ゴシゴシと, サッと光, サッと大きな, サンホセ盆地に, スタスタ出, スリッパで, ズーッと, セルの, ニジリ上がる, ノッソリ這入っ, ピオニェールが, マアこれは, ランプの, ワイトマンの, 一寸覗い, 一時に, 一歩外に, 一番奥の, 一隊は, 一階へ, 七八メートルに, 七八町も, 三寸と, 三郎を, 三間許り, 三頭の, 上つて行つた, 上野の, 世田ヶ谷の, 両側の, 中に, 中の, 中は, 中腰にな, 主人の, 亀井兵助と, 二・三軒先き, 二三十間も, 二三十間を, 二人の, 二歩ばかり, 二町ばかり, 二階の, 云って, 人々は, 人数へ, 今の, 伸子は, 傲然と, 先刻の, 入ったすぐ, 入ったところ, 入つた, 入つて來, 入らつし, 入らなくても, 入り乱れ重なり合うため, 入り込むいさ, 入ると, 入る時, 入れて, 入ろうと, 入口へと, 八名の, 六七間奥まった, 内部が, 内部を, 凡そ四五町も, 出したまま, 出口の, 出口へと, 出口まで, 出口までの, 初さんの, 別の, 別れたが, 別れて, 前の, 力士に, 包囲攻撃を, 十間とも, 取っつきの, 右手の, 司法主任がは, 各の室, 各階へ, 吊皮, 向って, 四, 四五間の, 四五間奥の, 四人の, 四歩左手の, 地面まで, 垣うちに, 城太郎は, 堂々と, 塔の, 墓碑までの, 壇の, 声かけ, 声が, 外に, 外国の, 外国人が, 大きな声, 大川が, 奔流の, 女の, 女生徒が, 安治川を, 室までの, 宿屋に, 寝ぼけ面を, 寺の, 射し入る青白い, 射す光線, 射す夕暮, 射す燈火, 小さい猿, 小さな怪物, 小太郎の, 少し外れ, 左に, 左の, 左へ, 左側を, 左岸に, 左手の, 左手へ, 平岡を, 平栗と, 年四十二三の, 底に, 庭に, 庭の, 庭下駄をつつ, 廊下へ, 張上げるの, 影の, 後に, 念を, 急いで, 悠々と, 悠然と姿, 我が当面, 我が當面, 戸外へ, 扉を, 手燭を, 投り込ん, 押されて, 散歩から, 数名の, 斜めに, 斯う, 昇降が, 普通ある, 暖簾を, 暗い牛舍, 曲者が, 来る月光, 案内を, 棺前迄, 次の, 正面の, 此処迄, 武石が, 歩廊に, 歩道へ, 母屋に, 水が, 水路発電所堰堤と, 汪克児が, 洋服の, 洩れて, 派手な, 流れこんで, 流れ込んで, 消える, 深々と, 湯殿まで, 炉辺の, 熱田の, 燕尾服を, 特務曹長が, 玄関前の, 王様を, 甲板の, 男優, 病室まで, 目を, 直ぐの, 直ぐ引っ返し, 直接部屋の, 真暗な, 真白な, 眺めて, 眺めながら, 矢代を, 硝子戸を, 礼子と, 私は, 秋子の, 立派な, 等身大の, 約五十間, 細長く土間, 組合事務室へ, 縁の, 縄で, 老人の, 聞えた, 聞えて, 聴衆の, 肉挽器械の, 背を, 胎内へ, 脱ぎ捨てた草履, 脱兎の, 膝行し, 自分の, 自動車に, 螺旋階段へ, 見えるよう, 見ますと, 見上げると, 見物の, 覗いて, 覗きこむ, 覗き込んだ, 誘いこまれて, 警官に, 赤毛布に, 走り出して, 走り込んで, 車輪の, 轉がる, 近いところ, 近づいて, 追つ, 逃れて, 這いだして, 這入りかけると, 這入る所, 這入ろうと, 連れ出されたと, 道を, 長靴を, 阿片に, 降ろされ出した, 随身門まで, 隔たりたるに, 離脱した, 雪崩れ, 雪崩れこんだ, 順々に, 顏を, 顔だけ, 風が, 飛びこんで, 飛び出して, 飛び出そうと, 飛び立つた, 食堂に, 首を, 馬と, 駈けこんで, 骸骨の, 黒衣に

▼ 入口~ (340, 5.6%)

7 待って 5 あつた 4 彼は

2 [19件] その人, その日, イヤと, ベルが, 中では, 代助, 何か, 俯伏し, 俺と, 客を, 拾ったライター, 放尿した, 立ち話を, 竹山を, 自分の, 車を, 銀簪に, 顔を, 黒い袋

1 [286件] あたかも道路改修中, あとずさった, うけて, うろうろし, おきよが, おまえは, お万さん, お孃さん, お帰り, お瀧, お萬さん, お辞儀ばかり, げすから, ここに, ことこと戸を, この喜劇, この学問, この男, ござります, ござりまする, ごとんご, しょんぼり立っ, すずらんの, せいぜい一尺四方, せわしく下駄, そうきかれた, そこから, そこに, そこには, そっと浅山, その流言, その辺, それと, それは, そんな噂, ちゃんとお金, ちょっと躊躇, ちらと, つかまへ, とまると, なおケリッヒ夫人, はっと軽く, ばたばた雪, ばったり給仕, ぱったりあなた, ぱったり出逢った, ひよつこり星城子君, びっくりし, ふとすれち, ふり返っ, ふるえてたわ, まごまごし, またひとり, まづ躊躇, もじもじし, やかましい人, やられた人, よくおやじ, アッと, カーキ色外套の, ガヤガヤやっ, キップを, キャラコさんを, クルリと, コウカサスの, ジャン, スパイと, タクシーを, ノドを, パパに, ヒョイと, ヒーフーミーヨーッで, プログラムを, マントや, モギリの, リスさんに, 一人の, 一寸足, 一寸首, 一色が, 七輪を, 三人やっつけた, 三橋ゴロツキに, 三礼し, 上はずつ, 下足番の, 下車する, 主人が, 二人の, 互いに突き当っ, 五十一歳の, 京一さんと, 人々が, 人力車から, 今これから, 今僅か, 仰しやつ, 会ったの, 会ったギター, 何遍も, 停った, 停ると, 六代目と, 内から, 内に, 写真を, 出会頭, 出勤札を, 出逢, 分らせると, 別れた, 別れると, 別れを, 刺されたと, 医師が, 受取るなり, 古風な, 叮嚀に, 吹鳴される, 吾儕は, 周囲には, 呼びとめる者, 哥薩克娘に, 囮の, 売って, 売卜者を, 外側に, 外套氏は, 大きな声, 大変に, 大曲り, 太平の, 女の, 女は, 女中を, 威勢の, 威張つて, 嫂と, 子供たちは, 学生に, 安全灯を, 安南人, 安治川石炭に, 宿を, 山の, 山崎譲と, 山椒の, 巡査から, 式台の, 彼女はも, 待ち伏せして, 待ち疲れた, 待った, 待ってて, 待機しとった, 御隠居さま, 徳田が, 怒鳴つた, 思わず釘附, 急に, 憮然と, 拡散させ, 擦れ違った仏蘭西人, 擴散させ, 支那人の, 新宿の, 新聞記者にも, 施物を, 明るみの, 明智探偵を, 時間が, 暗がりから, 木戸番が, 案内者を, 様子を, 樫の, 機関を, 欠伸ばかり, 止った, 死んだ人, 母親が, 気の, 水仕事を, 沢山の, 泰造と, 流も, 消えて, 淺五郎を, 渡された紙, 漢訳の, 火を, 熾烈の, 男に, 男は, 番頭と, 癪を, 発見した, 目を, 直ぐに, 相談し, 眺めて, 眼を, 砲撃された, 礑と, 福太郎が, 私たちは, 私たちを, 私の, 私を, 立ちすくんだ, 立ちどまった, 立ち止った, 立ち止まった, 立ち留った自分, 立ち阻め, 米軍の, 素子が, 素子は, 細君の, 絞めあげるとき, 絶えずそれら, 編み物を, 聖降誕祭の, 聞きますると, 背中から, 脱いで, 脱がないで, 腹を, 腹をか, 自分を, 自動車が, 自動車の, 自動車を, 興奮し, 船長を, 若々しい女, 若い巡査, 葉子たちと, 蒸芋を, 行つた, 表の, 襲うの, 西の, 見たの, 見つけたの, 見てたん, 見張りを, 見慣れぬ老爺, 見込が, 見送りの, 角力など, 角力などと, 言い争って, 訣れました, 誰かが, 議員を, 貯金の, 貰った芝居, 貰って, 貴方が, 買って, 足の, 躊躇し, 躊躇した, 躓いて, 辷って, 追い返すん, 通せん棒, 金を, 銀白色を, 銘々が, 間違って, 防寒靴を, 阿爺, 降りた, 階段の, 非常に, 靴を, 顔見, 飲み始めたビール, 飲食券を, 馬を, 馬車を, 駕籠を, 鳴海君一人, 默つて下し

▼ 入口~ (252, 4.1%)

11 あって 10 あった 9 ある 4 あいて, あるの, 見える, 開いて 3 あります, ついて, 二つある, 見えて

2 [16件] あると, あるので, あるん, ある筈, がらりと, わからないので, ガラリと, パッと, 一つと, 二つありまし, 二つ三つ見えた, 二畳それに, 小さい月, 背後に, 設けられて, 開いた

1 [162件] あいた, あいたらしく, あくかも, あく毎に, あったん, あつて, あまりせまい, あらわれるという, ありここ, ありそれ, ありません, あり丁度二三人, あり二階, あり家族, あり時に, あり暖, あるあすこ, あるか, あるが, あるがね, あるね, あるまいが, あるよ, あるらしいですぜ, かすかに, きた, こうまで, こわれる程, しまって, しまると, すぐあった, すぐそこ, すぐむこう, すこしひらい, せまい, その先, たった一つ, できて, どうしても, どれも, どんなようすか, ないと, ないという, ないの, なくて, なければ, ならんで, にわかに騒々しく, ひとつしか, ひらいて, ひらくん, ほとんどみえなくなっ, ほとんど暗かっ, ぽかり, みんなあり, やかましくなった, やはり竹, アングリと, スーッと, タクサンあらア, パン屋の, フランスの, 一つある, 一つつい, 一つで, 一層際立っ, 一箇所だけ, 三畳それから, 丸い, 二た, 二つあっ, 二つにな, 二つ並ん, 二つ許り覗かれた, 二間程も, 五つある, 五六段にな, 五六段の, 今夜は, 何だかうろ覚え, 何となく入り, 入れなかった, 全然人目, 内廊下, 円門の, 出来て, 出来足, 分らない, 別々に, 別に, 十も, 南と, 南側に, 即ち出口, 右な, 四ツ在る, 壊れたと, 大きく開い, 大きく開かれた, 大阪に, 奥へ, 完全に, 実に妙, 小さくて, 小さく見え, 少しばかり, 崩れたッ, 左右に, 巨大な, 帳場に, 帳場にな, 幾つも, 後方に, 明け放しに, 有るので, 格子で, 横に, 欠伸でも, 正北, 漆喰で, 火を, 無ければ, 狭いので, 狭く奥行き, 狭く窓, 猿倉の, 現れた, 現われるが, 眼に, 眼前に, 石の, 見えその, 見えた, 見えないほど, 見えました, 見えるよう, 見え東, 見つかった以上, 見つからない, 見舞人で, 路次に, 軒並から, 近いと, 近くなっ, 道路に, 門形に, 閉って, 開いてるので, 開かれた, 開くかと, 開くと, 開くの, 開く毎, 開けた, 開け放して, 闇の, 附いて, 階子段の, 雪崩で, 静かに, 頗広い, 高いところ

▼ 入口~ (215, 3.5%)

10 出て 7 行って 5 来て 4 立って 3 出た, 往って, 来ると, 案内し, 顏を, 顔を

2 [17件] かかると, きた, やって来た, カバンを, 往った, 懸けて, 来た時, 現はれた, 置いて, 腰を, 行った, 行つたです, 見知り越しの, 走った, 走って, 起って, 首を

1 [137件] かかって, かけだしました, かけつけました, さしかかりました, さしかかると, すべりこむと, それを, たちさらせ明智, たどりついた, たどり着くと, ちゃんと両手, つ, ついたとき, つかつかと, とまったもの, どう思った, はいった新吉, ひきかえしました, ぴたりと, ふと浮かびでる, ぶらさげ停留場, まわって, むかって, もうだいぶ近づいたらしい, もどらなければ, もどり甲州街道, やってくると, よろめき出て, サト子を, ジャックが, ノルマンを, ペタンと, 下げさせる, 並んだ, 仕切られた背中, 低い綱, 倒れ込んだ, 入って, 入ってから, 入つたとき, 入つて, 入ろうと, 兩脚を, 出たお, 出ました, 出ると, 出る迄, 切符を, 十歩も, 危い, 参り潜入者, 参り香具師風, 同年兵が, 向いて, 向う道との, 向けて, 向けるという, 向って, 向つて, 君も, 吸い込まれて, 呼出して, 回って, 大きな犬, 姿を, 寄って, 導いて, 川上の, 差しかかると, 差しかかるの, 帰って, 廻った, 廻ったらしく下, 廻ると, 引きかえして, 引き返す, 引返して, 往こうと, 戻って, 戻りました, 押しに, 押し縮まって, 振り向けた, 挿入した, 旅僧が, 案内した, 横づけ, 歸りました, 殺到した, 母屋から, 沢一寿の, 泳ぎつい, 浮き出たまま水, 登った, 眼を, 着けて, 石つ, 突き進みます, 突進した, 立った, 立つた細君, 立つと, 立つの, 続いた通路, 締りを, 老爺は, 背を, 舞ひ戻る, 行きました, 行き肩, 行くと, 行つてコツ, 行燈を, 詰め寄らうと, 足を, 身を, 辿り着いた時, 近づいたの, 近づくのに, 近寄った時, 近寄つた時, 送って, 這人って, 通じる前, 通り抜けて, 連ねて, 進んで, 達しました, 金五十銭を, 釣竿を, 集って, 飛び下りた足どり, 飛び出した, 飛出して, 食い物の, 駈けつけた巡査, 黒塗の

▼ 入口~ (189, 3.1%)

3 たつた一つ, 狭いが, 非常に 2 その横手, ないか, 往来よりも, 河に, 狭くて, 竹にて, 開いて, 霧除け

1 [164件] あいた, あいたまま, あの妖酒, あるかと, ある演芸場, お前だけの, お勝手の, お城, かかる荘厳, かなりよく掃き清められ, かれの, こ, ことごとく細い, このエハガキ, このドアひとつ, この寺, この洞窟, しめられた, すでに水, せまい, そちらです, その格子, たいがい良い, たそがれ時係り役人の, たたきつぶされ変電所, ただお前, たった一つ, ちゃんと洋風, づれと言つても, とっつきの, どこか, どこだ, どんなになっ, ない, ないかと, ないの, ない代り, ない様子, なかなか見つからなかった, まず汽車, まだ見えない, まるで肥料倉庫, みながんじ, みな閉って, みんなごちゃごちゃ, やっと二人, やはりこの, わいわいいう, わからなかった, バスの, モンパルナスの, レールに, 一つだ, 一間ぐらいの, 一面の, 三坪ばかりの, 下駄の, 乗馬の, 二つある, 二つ一つは, 二尺ばかり, 二畳で, 二疊で, 五色の, 人ひとりが, 人間ひとりやっと, 会計所一方の, 低い板間, 低く穴室, 其處に, 出口じゃ, 別で, 動乱する, 勿論窓, 半くずれ, 厚い板戸, 向うです, 喫茶小, 四十二尺だ, 四半分ほど, 土間の, 堂々たる古い, 塞がれた, 壁土の, 夕方は, 外でも, 多分十時, 大抵は, 大混難, 大階段室, 妙に, 家全体の, 小さくし, 小さくそこ, 小さなもの, 少々暗い, 少し狭う, 屹度南向きである, 崖の, 左の, 左右から, 左手の, 幅三尺六寸高, 廊下から, 廊下に, 廊下を, 往来に, 思い切り大きい, 怪塔の, 想像も, 扉の, 手狭い洒落た, 控え目で, 料理店の, 斯様に, 明いて, 明けっぱなしで, 明け放しの, 東側の, 桟敷の, 植木屋の, 極秘中の, 横に, 正面の, 此處だけ, 水面の, 海水の, 炊事所に, 狭く開い, 狹いが内部は, 狹かつ, 用心よく, 直径五尺ほど, 真黒く閉, 着剣した, 矢張り斯う, 石楠の, 磯舟に, 能楽の, 腰を, 芝田村町放送局工事場, 花室だ, 蕨の, 薄暗いので, 表の, 西に, 見えない, 見る間, 角を, 路地を, 近年できた, 運動場の, 部下の, 酷く雑踏, 野生の, 開けっぱなしで, 開けつぱなしで, 開けはなたれて, 障子敷居下は, 雜用藏の, 電車通り, 風と共に, 馬や, 高くて

▼ 入口には~ (158, 2.6%)

2 [11件] あたれど, いつもの, 二三人近所の, 人を, 大勢の, 小さい庭, 小さい貼紙, 納涼台でも, 赤と, 露店を, 青い布

1 [136件] いかにも前史的, いこもうとして, いつも玄関番, いると, お冬, お豐さん, お辰, かつて私達, がんじ, きっともう扉, こんな木札, さざえの, それぞれ厚ぼったい, もう一人, もう大, ようよう人間, アドゥの, ウインネッケ彗星大, サフラン湯本舗という, セゾンの, ダリアが, チャーンと, ホテル・モンソー・エ・トカヴィユと, マネージヤアの, ヴイラ・セリユバンといふ, ヴェニス提灯が, 一々値段, 一人の, 一種の, 三所ほどに, 両側に, 主催者側の, 乗馬や, 事務員職工従者等の, 二枚の, 二軒の, 二階が, 人間一人居なかった, 仲間の, 休日と, 低き竹垣, 僕が, 公教要理の, 出ても, 化銀杏が, 十数名の, 半白の, 厚い天鵞絨, 厨夫らしい, 古の, 古ぼけた木, 古代の, 商売店なども, 国家警察局の, 埠頭を, 壞れた, 外国の, 大きな柿の木, 大きな池, 大篝火, 大須観音の, 太い欅, 奇怪な, 女の, 実際殺された, 寒月君と, 小川から, 少しばかりの, 山岸少年の, 巨人の, 店を, 彼の, 戸も, 扉も, 数字で, 文五郎と, 料理を, 料理人の, 斜月三星洞の, 昼でも, 有島さんの, 本日休業と, 杜の, 松の, 板切と, 枯枝の, 桃色だの, 楼の, 楽屋番の, 欅尺二の, 武装した, 毎日もろもろの, 注連縄が, 注連縄の, 海水が, 漢字を, 炎々たる, 焦茶地へ, 父親を, 物凄いドーベルマン, 特務曹長が, 甘粕氏の, 町木戸の, 番人が, 番所が, 番頭の, 白い字, 百十七八人の, 盲目が, 石の, 破れ靴や, 神様の, 筵を, 絡みつけた常春藤, 締りを, 縄筵が, 自動車や, 落葉を, 蓆が, 蔀障子が, 薄黒い, 蛤仔や, 赤地に, 遊女屋が, 酒屋の, 野良猫の, 鉄の, 銭箱が, 錢箱が, 鍵が, 雷除け, 青い暖簾, 靴磨きを, 頑丈な, 黄色い髪の毛, 黒いマント

▼ 入口まで~ (151, 2.5%)

10 来て 9 来ると, 送って 8 出て 7 来た 4 行って 3 来たとき, 立って 2 くると, 一緒に, 來た, 来た彼, 来た時, 送つて, 這って, 連れて

1 [82件] いった, いつても, お立出, かけて, かけ出して, この広大, たどりついたが, たどり着きました, ついて, つづいて, つれ立って, とどくの, のぼって, のぼりついたの, まんべんなく検査, みちびいた, ゆきついた, オリヴィエについて, 一と, 七里十一町あり, 上って, 何とは, 余の, 來て, 來る, 出かけて, 出で, 出る, 出ると, 出向いて, 出迎えた, 半里位, 参りは, 射し込んで, 尾根の, 届くと, 帆走する, 帰って, 帰つて来た, 引込みおるもの七ヶ所, 引込んで, 忍んで, 戻って, 来そこ, 来たが, 来たこと, 来たので, 来たばかり, 来たり, 来た時不意, 来る, 案内してた, 歩いて, 歩を, 歸つて來た, 泥の, 流れて, 無理に, 続いて, 舟を, 行かないと, 行くから, 行くと, 行った, 行つた, 行つて恐る, 走って, 走り出して, 身の丈け, 辿りつくと, 迎えに, 送り出した, 透し見た, 進んだ, 運ぶ, 運んで, 運搬する, 酒が, 隙間も, 顔を, 馬車で, 駈けこみイカバッド

▼ 入口~ (70, 1.1%)

4 反対の 2 いって, いっては, 入口が, 出口が, 出口を, 反対側の, 直角に

1 [52件] あとは, ある間, いうか, いひ一つ, す, する, する部屋部屋, そのそば, それに, なって, ななめに, のみなりき, わが言, アーチが, スウィッチまでの, 一行其他, 並んで, 云えば, 休憩所の, 出口とから, 出口との, 出口には, 別の, 台所殊に, 同じよう, 同じ光景, 同一なり, 同平面, 向き合つてゐる, 和洋の, 壁の, 奥とでは, 対頂角を, 建築場の, 思われる方, 書いて, 正反対の, 正反対側に, 浴室と, 相対し, 相隔たる, 私の, 窓の, 筆太に, 見える少し, 覚しき所, 違って, 鋪道を, 間違へて, 障子の, 食堂の, 高札を

▼ 入口~ (37, 0.6%)

4 出口も, 窓も 2 開いて

1 [27件] あれと, すっかりよろい戸, すっかり壁, その鍵, ない山上, なければ, なまめかしくさも, ふさがって, べつに, ほうぼうに, まったくあと, 何も, 何んの, 出口もねえ, 台所へ, 屋根も, 戸を, 明け放しで, 狭い狭い家, 異る, 締めず用心, 自由であった, 裏木戸も, 見えぬ, 見廻り念, 過ぎ西谷, 閉めて

▼ 入口からは~ (20, 0.3%)

3 いると 2 いつて, 火光が

1 [13件] いる気, だれも, はいらなかった, 一と, 元の, 入る光線, 周りに, 寒風が, 待って, 機関車が, 肩へ, 自由に, 遂にわ

▼ 入口近く~ (19, 0.3%)

2 には土だらけ, に立っ

1 [15件] でも曲芸, なかったネ, にある, にいくつ, にいつも, になっ, に三尺四方, に座, に投, の席, へ皆椅子, 彼女から, 来ると, 置いて, 陣取って

▼ 入口より~ (16, 0.3%)

2 して, 入って

1 [12件] ルキフェルまでの, 中洲へ, 出口まで, 奥まで, 少しく延び, 少し前, 成吉思汗の, 見る正面, 豐島ヶ岡の, 進み入りし, 進む, 遠い奥

▼ 入口にも~ (14, 0.2%)

1 [14件] お定まり, たれたまま, たれて, 同じよう, 射して, 帳を, 微かな光り, 漂って, 現はれなかつた, 甲斐甲斐しく服装, 行つて立つ, 達し得なかつたこと, 鍵が, 雑草は

▼ 入口らしい~ (14, 0.2%)

2 ところで, ものも 1 がこの, ところを, のが, ものが, 仄明りが, 体裁を, 処へ, 所に, 方を, 石橋の

▼ 入口~ (13, 0.2%)

2 ということ, よ 1 からあまり, から大して, かわからない, がなう, つたのです, というもの, と思った, と思ふ, 地獄の

▼ 入口~ (13, 0.2%)

1 [13件] かやぶき, まわりのに, ガラス戸の, ストーブの, 中央を, 仕事臺の, 便所の, 山の, 水路工事などの, 窓で, 窓の, 間取りの, 階段口には

▼ 入口である~ (12, 0.2%)

2 ことが, と共に出口 1 ことを, ために, というよう, やうに, ように, 出口に, 北に, 襖の

▼ 入口では~ (12, 0.2%)

2 何の 1 ありません, ここかしこの, ない, エプロンを, 人の, 出入りの, 勤め人らしい, 坑夫達が, 子供が, 高浜さんの

▼ 入口~ (10, 0.2%)

3 のである 1 のじゃ, のだ, ので, のです, ので考え, んだ, んだろう

▼ 入口へと~ (8, 0.1%)

1 いそぐの, さぐり寄った, やつて, 導いて, 消えて, 行つた, 見物の, 近づきポケット

▼ 入口なる~ (7, 0.1%)

1 半間の, 可く, 川口屋お, 石に, 門川までは, 閂の, 青く柔かき芝生

▼ 入口までは~ (6, 0.1%)

1 いくらも, 一丈三尺餘の, 丁度この, 歪んだ煉瓦, 緩い傾斜, 見通しだ

▼ 入口です~ (5, 0.1%)

1 からそこ, から泊り, が羽咋郡, よ, んだ

▼ 入口という~ (5, 0.1%)

1 ことで, のは, 入口には, 入口を, 立札に

▼ 入口にて~ (5, 0.1%)

1 初て, 午餐す, 我等に, 月桂朱欒の, 枯川は

▼ 入口出口~ (5, 0.1%)

1 に關, のこと, の要所, は電車, を固め

▼ 入口あたり~ (4, 0.1%)

1 がひときわ, で彼方, で誰, まで来

▼ 入口だった~ (4, 0.1%)

2 のです 1 その天井, ね

▼ 入口ちかく~ (4, 0.1%)

1 のテエブル, の片隅, 席を, 掲げられて

▼ 入口とが~ (4, 0.1%)

1 ひろくない, 丁字形に, 同一に, 鍵の

▼ 入口として~ (4, 0.1%)

1 考へること, 長久手の, 開けて, 魔人が

▼ 入口とは~ (4, 0.1%)

1 別の, 向きが, 斜めに, 気が

▼ 入口に関する~ (4, 0.1%)

1 各地の, 幌別の, 沙流の, 酋長談

▼ 入口をは~ (4, 0.1%)

2 いつた所 1 ひつてからが, ひると

▼ 入口~ (3, 0.0%)

1 え, さもなければよそ, 境か

▼ 入口かと~ (3, 0.0%)

1 思うほど, 思った普請小屋, 思われる物々しい

▼ 入口だけ~ (3, 0.0%)

1 だつた, 格子や, 残して

▼ 入口といふ~ (3, 0.0%)

2 のは 1 入口には

▼ 入口などで~ (3, 0.0%)

1 いろんな乾菓子, せっかく自分, はっとする

▼ 入口一パイ~ (3, 0.0%)

1 に立, に立ちはだかっ, に立ちはだかります

▼ 入口~ (3, 0.0%)

1 が彼, の顔, はドルィドィリッツ

▼ 入口~ (3, 0.0%)

1 帰つて来, 来た雌雄, 行つて一寸迷つた

▼ 入口かも~ (2, 0.0%)

1 知れない, 知れないと

▼ 入口~ (2, 0.0%)

1 うすると, 立つて

▼ 入口だけが~ (2, 0.0%)

1 口を, 彼には

▼ 入口であった~ (2, 0.0%)

1 ことすなわち, 事を

▼ 入口でも~ (2, 0.0%)

1 崩れたの, 自然は

▼ 入口との~ (2, 0.0%)

1 中間の, 二つであった

▼ 入口なぞ~ (2, 0.0%)

1 からひ, どっちでも

▼ 入口などは~ (2, 0.0%)

1 扉の, 解らなくて

▼ 入口にあたる~ (2, 0.0%)

1 仏領ジュプティの, 浜の

▼ 入口において~ (2, 0.0%)

1 ある大きな, 先ず法学

▼ 入口にかけて~ (2, 0.0%)

1 二回往復し, 歩道を

▼ 入口にと~ (2, 0.0%)

1 くいたる, さしかかった

▼ 入口にまで~ (2, 0.0%)

1 着いたの, 運ばれて

▼ 入口に当たる~ (2, 0.0%)

1 浅いところ, 設備は

▼ 入口のみを~ (2, 0.0%)

1 残し内部, 貴女に

▼ 入口へも~ (2, 0.0%)

1 いろ, 顔を

▼ 入口までも~ (2, 0.0%)

1 恐怖を, 達か

▼ 入口わき~ (2, 0.0%)

1 の凹み, の正

▼ 入口一方~ (2, 0.0%)

2 は板塀

▼ 入口一杯~ (2, 0.0%)

1 になる, にはだかっ

▼ 入口付近~ (2, 0.0%)

1 に屯する, の密林中

▼ 入口~ (2, 0.0%)

1 には携帯機関銃, にピタリ

▼ 入口~ (2, 0.0%)

1 が独立, と窓枠

▼ 入口~ (2, 0.0%)

1 にゴンドラ, に八つ

▼ 入口~ (2, 0.0%)

2 から三十間

▼ 入口近き~ (2, 0.0%)

2 ところに

▼1* [127件]

入口ありて他方, 入口あるをみよ, 入口かに懸けて, 入口からのつた, 入口からもなんの, 入口ががちゃりと, 入口ががたりと開いて, 入口ぎはで信心ぶかく, 入口こそ平らでも, 入口さえ通って, 入口さては神棚の, 入口しか見えない, 入口しばらくの間, 入口そこで私は, 入口その外を, 入口ぞと覺りぬ, 入口たる基隆港について, 入口だけであと天窓ほかない, 入口だけを舞台に, 入口だろう口が, 入口であら姐はんという, 入口でございましてこの, 入口でございますよヘイ, 入口でさえも密生し, 入口でしたね私, 入口でのお見, 入口とでも云った感じ, 入口とによって指示される, 入口とも思われる一方, 入口なき象牙の, 入口なぞも去年の, 入口などに杙を, 入口などの傍を, 入口なら入口へ, 入口なり牛部屋なりで, 入口なんて全くヘン, 入口につつ立つて, 入口にでもひょいと這入った, 入口になつて二筋の, 入口にばかり気を, 入口によつかかつて, 入口のくづれたる岩面を, 入口のねあすこだ, 入口のまん前には, 入口のみ殘りぬ, 入口はずれと言っ, 入口はと言へば, 入口ばかり氣に, 入口ばかりからはいれること, 入口ばかりを見つめて, 入口ひらかざるなり, 入口ひろきにより, 入口へにゆつと, 入口へまで送って, 入口まえの芝生, 入口までずつと石を, 入口みたいな荘重, 入口めがけて, 入口よりにおかれて, 入口を通して直ぐ向, 入口アウトフィッチング・デパートメントの一部, 入口カペテントという野外カフェ, 入口シテ柱で正面, 入口ヒヨイと見る, 入口ポートセイドの騷, 入口ロビイと呼ばれる, 入口一つしか無い, 入口一間半ばかりの小さな, 入口に余程, 入口三枚の雨戸, 入口三階に大小, 入口二箇所に小, 入口人数の配置, 入口以外の扉, 入口何処の田舎, 入口の一角, 入口八ツ山下船着場限り上陸致し神奈川宿辺, 入口六ヶ敷候に付増夫, 入口共同井戸の前, 入口利根川の月夜野橋, 入口厳重に戸, 入口去年と同じ, 入口右側に, 入口右手の地唐臼, 入口同志でも一二度, 入口品川にとどまっ, 入口土間の敷居外, 入口天空高くそびえる, 入口妙法院領三畝三歩の地, 入口寄りの方, 入口封鎖を見事, 入口山腹の中途, 入口左右の中輪白菊, 入口左方の杉並木の下, 入口廊下から直ぐ, 入口悉く滿たす, 入口や襖, 入口敷居から土間, 入口敷物の下, 入口時間は午前十一時, 入口板廊下の隅, 入口板戸の横, 入口桝形の茶屋, 入口正面に前山, 入口狭く玄関いきなり, 入口男の子の入口, 入口直下についてい, 入口相生町の埋立地, 入口神奈川の警衛, 入口突当りに通天門, 入口という窓, 入口竈雪隠土蔵井戸築山泉水茶室納屋隠居所風呂牛部屋厩窓口裏口等いずれも建方, 入口精錬所の建物, 入口若松と戸畑, 入口踏石垣根便所にかけて花, 入口迄は女子供も, 入口近いところに, 入口近かった, 入口近く一団となっ, 入口近く腰をおろした, 入口追浜には海軍, 入口道普請が大変, 入口閉塞有元, 入口附近に居住, 入口階上の食堂, 入口に立っ, 入口高く掲げて