青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「入った~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

兎~ ~児 児~ 兒~ 党~ 兜~ 入~ ~入っ 入っ~ ~入った
入った~
~入り 入り~ ~入る 入る~ ~入れ 入れ~ ~入れた 入れた~ ~入れる 入れる~

「入った~」 3952, 43ppm, 2727位

▼ 入った~ (536, 13.6%)

48 である 3128 です 19 であった 12 では 10 であるが, でした 9 だった 8 だが 65 だと, であろう 4 だから, だろう, ですが, はこの, はその, はそれ, もその, を見, を見た 3 かい, かな, だそう, だったが, であります, でしょう, ですか, ですから, は

2 [16件] かしら, がある, が彼, さ, だという, ですって, はちょうど, は事実, は夜, は曇った, は米友, もこの, やらまるで, をこの, を見る, を見届け

1 [250件] かこの, かそこ, かそれきり, かそれとも, かと思いました, かと思った, かと私, かはいずれ, かまた, かも知れません, かも知れん, かわからなかった, かジュリア, か何, か入らぬ, か入り, か博士, か四辺, か水面, か直ぐ, か遂に, が, があり, があるでしょう, がいい, がその, がそれ, がつかまった, がもの, がやがて, が一つ, が三十分, が三十歳頃, が不動銀行, が丹波道, が二ツ, が今暁, が元甲州, が兄, が八時, が六十歳, が十時半頃, が右, が向う, が失敗, が悪かっ, が明らか, が春部, が正面三間, が此の世, が此処, が残っ, が申, が癪, が白旗山, が突然, が縞芒, が置い, が買える, さね, さ教え, じゃ, じゃわし, だい, だけれども, だって, だとは, だとも, だな, だね, だろうか, だろうと, だろうな, だろう母, だ本統, であったが, でありまする, であるか, であるから, であるという, であろうか, であろう下, でございました, でしょうと, ですそう, ですね, ですもの, ですよ, です何ん, でなくタオル, とで次第に, ともう, と一緒, と二つ, と同じ, と同様, と奴二人, と殆ど同時に, など今, ならば, なら余, なら出た跡, なら喜んで, なら手引, につけこみ, には寝具, はありません, はいつ, はおそらく, はこれ, はすでに, はそれから, はたった, はだいぶ, はどういう, はどんな, はむしろ, はめくら, はやがて, はアンドレ, はクラブ, はシゴイさん一流, は一個, は七世紀頃, は三時頃, は並べない, は久しい, は二年前, は仁寮, は今, は今朝, は件, は伊東さん, は何時, は偽, は全く, は八時二十分, は六月, は六月下旬, は前述, は動坂三郎, は十一時半, は十二三, は十時, は千六百六十八年, は半年, は南, は原敬, は去年, は四時半, は地方武士, は大正六年, は妻, は宋, は実にどうも, は宵, は家, は少し, は山村さん, は差し出した, は年, は座敷帰り, は当然, は彼, は御存じ, は恐らく, は恐らくは, は戦後, は文化六年, は日暮方, は明治三十年, は春, は昨, は昨今, は昨年, は昨日, は暁方, は朝, は村, は極楽世界, は此, は死魂, は琵琶, は白い, は皮肉, は私, は私たち, は笹村, は美しい, は美保子, は美濃清, は翌年, は翌日, は船, は蔵, は襖, は見た, は誰, は調べ, は足掛四年前, は間もなく, は阿蘭陀煉, は音楽家, は駐在所, は鮎, へ二重蓋, もある, もあれ, もその道, もほんの, も主人, も侍冥利, も其の, も友人, も定か, も実に, も小説, も無理, も知らず, も見える, や耳, や赤, らしかった, を一つ, を両人, を出されよう, を取り出し, を差しあげ, を幸い, を後, を忠作, を怨ん, を持っ, を救い上げ, を機, を気取っ, を知っ, を知らない, を確か, を祝, を縛め捕った, を自分, を見すまし, を覚え, を誰, を買っ, を追, 人の, 許り, 鰤が

▼ 入った~ (196, 5.0%)

2 そこには, ために, 今度は, 何も, 叔孫には, 私は

1 [184件] あの人たち, あまり飛ばなかった, い, いったいどこ, ええばい, お島, かねて謀っ, ここでも, ここにも, ここの, このごろでは, このよう, この凝, この時, この晩, この谷, この際夏季中, これには, これを, さあスチーム, さいご, しばらくし, すぐ出, すこしも血, すこし後め, すると, そこで彼女, そこは, そして直義, そのとき, そのまま死ん, そのまま行方, その時, その時分, その背後, その間も, その頃世子, その頭上, その高揚期, それっきり帰っ, それでも幾等, それは, たちまち大勢, たまたま正造, ついに何物, ついに父, どうした, どことて, どの宿屋, なんでも, またたく間に, まだ三筋, もうどうする, もとへ, やがて茶, やがて遠, やっぱり芝居, よく道, ジタバタする, ドアの, ビュウロォに, 一時は, 一時半頃まで, 上杉に, 下の, 下仁田街道の, 中, 二年級に, 二晩と, 亭主の, 今に多く, 何しろこんな, 何となく無, 作曲を, 依然としてその, 入った日, 六月から, 其の狭い, 其所には, 冷たくて, 出ること, 十日の, 可愛い娘, 吃驚さし, 同じ状態, 同塾生, 名音は, 向うの, 味無しその, 四角八面に, 外糀町口の, 夜に, 夫の, 孔生は, 安子は, 安部は, 実は義仲, 将来名器の, 小児の, 小早川隆景及び, 少しも, 少年たちは, 山に, 彫刻科の, 彼は, 往って, 復へ, 惰けて, 慌しく小僧, 戸籍の, 扉口に, 手先が, 敵の, 既に佃, 明日の, 時既に, 暑くて, 暫くする, 最後その, 最後どうしても, 最後なかなか, 最後彼は, 最後掴ん, 最後盗ん, 最後箱詰め屍体に, 林中にも, 榻の, 次郎は, 歓び笑う, 正木さんが, 正面から, 残り一匹は, 永いこと, 深い闇, 漠然と文科, 然し北緯三十一度, 照降, 物凄い藪, 玉を, 用心深い夏侯淵, 甲州の, 百助は, 皆川の, 目の, 直ぐ左折, 真に怖, 秀英は, 稲葉山城の, 竹逕は, 笹村も, 籠の, 紅は, 終った所, 結局一時すぎ迄, 老人は, 老婆は, 肌の, 自分が, 自分で, 舞台は, 若侍ども, 茲は, 草原の, 荒模様に, 虫の, 見ゆるもの, 見れば, 言葉も, 説くほどに, 軈て, 途端に, 遠山の, 鉄造は, 鎮台は, 間もなく一抱え, 附添は, 陸遜, 障子の, 雨は, 雪の, 雪崩で, 風は, 馬の, 鰍は

▼ 入ったもの~ (184, 4.7%)

10 である 7 であった 6 ですから 5 がある, だ 4 であろう, です, と見え, はなかっ 3 じゃない, はない 2 だから, だが, でしょう, では, とも考えられる, もある

1 [117件] かと彼, かどう, かについて幹部, か検事, か私, か逃げ帰った, か遂に, が, がお, がない, がなつかしい, がほしい, がやがて, が一番上等, が三百何十種, が二通り, が出来ましたら, が番兵, さ, じゃろう, だけな, だけは大, だった, だてな, だという, だな, であったと, であって, であっても, でありながら, であります, であり金持, であるかは, であるが, であるらしい, である過去, でおまけ, でこれ, でございました, ですな, でなかろうかと, で元来, で届ければ, で当時, で斯, で最初台所, で本来, で本郷時代, で死因, で満腹, で無知, で膝, で舞台, で銭形, で難なく, で鶴木検事, といえる, といっ, とみえ, とみゆる, と判明, と思います, と思わなけれ, と思われます, と思われる, と想像, と見える, と見るべきであります, と言うべきである, と記憶, と認められ, などとは敗れ, なども作られます, なら当然, なら逃げ入ったでいい, には面会, にもやはり, によって教えられなく, に相違, のよう, の中, は, はあるまい, はごく, はなん, はやはり, は今, は伊賀境, は何, は先以, は暮, は永久, は運動, ほどいい, ほどよく, もいけない, も少く, や乱心, や黄色い, らしい, らしい私, らしくお, らしく思われた, らしく次第に, わ, をあげました, をそのまま, をとり, をなつかしく, をもっ, を勝, を持っ, を書こう, を着なけれ, を示す, を許されました, を風呂敷包

▼ 入ったこと~ (119, 3.0%)

9 がある 6 がない 4 になる 3 だろう, で, のある, のない 2 があった, がなかっ, である, は一度, もある, を知っ, を知らせ

1 [74件] か, がありました, がうかがわれ, がその, がわかった, が一度, が分った, が分ったらしい, が後日, が珍, が記事, さながらに, だと, だわね, であった, であろう, ですね, でも, で教師, で私, といつも, と存じます, と存ずる, と思う, ないわ, など, などは全く, などを思い合せ, など北, なので, にし, になります, によってついに, のあらわれ, はありません, はございません, はございませんです, はそして, はそれ, はない, はなかっ, は入った, は周知, は明かな, は決して, は甚だ, は疑い, は疑いよう, は眼, は確か, は確実, は私, は私共深沢, は考えられなくなり, は証拠立てられた, は誰, もあった, もない, も無かっ, やブッテルブロード, をきく, を告げ, を察知, を悔, を意外, を感じた, を歓び, を気づく, を知った, を破れた, を突止めました, を立証, を聞いた, を観察

▼ 入ったよう~ (118, 3.0%)

8 な気 7 なもの 3 だ, に, に言った 2 でした, な形, な形跡, な心持, な態度, にいった, に見える

1 [80件] じゃ, であった, でありますが, であるが, でございます, ですね, ですネ, です私, なあたたか, なこと, なその, なつもり, なとき, なの, なガラン, な光明, な凛烈果敢, な啼声, な妙, な感じ, な新しい, な昂奮, な気分, な気持ち, な演説, な目元, な細工, な臭, な鋭い, な震え声, な露月, な顔つき, な風, な風除葛籠, にいう, にうずくまっ, にくわっと, にぐッ, にこう, にさやさや, にし, にしばらく, にそれ, にだ, になっ, になりました, にぬい, にのこ, にむくむく, にむっくり, にもうどう, にもない, にクララ, に云った, に仕組んだ, に何物, に出口, に嘉七, に囁いた, に壁, に川すじ, に思いました, に思われます, に怪しい, に感じた, に暗く, に桜, に烈しい, に熱く, に狭くるしく薄暗い, に痛む, に真暗, に私, に細く, に血, に覚え, に解釈, に貴女, に首, の気

▼ 入った~ (109, 2.8%)

5 思うと 4 みえて 3 すると, すれば, なると, 聞いて 2 いう, いうで, 云うよう, 書いて, 見えて, 言うの

1 [76件] あっては, いいます, いいまたは, いうか, いうが, いうし, いうだけの, いって, いわれた, えあれま何, したらどう, したらまだ, しらせて, する, そのとき, なりますと, ほうも, ほか云えません, みえますな, みえ笑い声ひとつ, みなければ, みると, よろこぶもの, 云うの, 云う大きな, 云う風, 云える, 云った, 云っても, 云ふ, 伝えられる, 同じあり, 同時に異様, 同時に近江, 同様な, 喜ぶ, 実感の, 思いいた, 思いながら, 思う, 思った矢先, 思ひながら, 思召せ, 松島は, 気がついたの, 申しますが, 百姓から, 知ったとき, 空想した, 考えると, 聞いたが, 聞いたならば, 聞いたので, 聞えて, 聞く大井川, 見えたらそれ, 見える, 見え叔父, 見え囈言, 見え天気曇り, 見え暗い, 見え本式, 見え洋服, 見え駒込, 見せかけあと, 見せたの, 見せて, 見て, 見ても, 見なければ, 見られる, 見ること, 言った, 言われて, 詫びろ能, 鼻毛を

▼ 入った~ (93, 2.4%)

2 と同じ, には私, はもう

1 [87件] あの衝撃, いつも現われる, おいたもの, お久, からし, からの事, からもう, からわが, から工場, から見え隠れ, から飛び抜け, から驚い, このお方, この句, さ, すでに引き裂い, すでに影, その危惧, その目前, その立派さ, その頃三年, であったから, である, でございますよ, です, と自由さ, にしめ切らない, にその, にたしか, にはお供, にはそれ, にはもう, には一人, には二階, には先ず, には女, には庸三, には日本, には薄, にまた, にも小雨, にザッ, にヒラヒラ, に一つ, に剥げ落ちたであろう, に取押えた, に山崎, に見た, に逆上せあがった, のこと, のごとき, のよう, の何と, の寂し, の心持, の景色, の話, の跡, はさすが, はそれ, は一滴, は三千噸, は五六人, は優に, は潮錆, は皆待合室, は紫, は舟崎, は道路, ひとしきり彼, ひょいとした, ふとその, ふと傍ら, ほどうれしく, までは気がつかなかった, もそち, もチャン, も何, より前, 一度ていねい, 入れ違い, 出て, 曇った午後, 空いて, 突然衝動的, 若くて, 言い出した

▼ 入ったので~ (81, 2.0%)

3 彼は, 私は

1 [75件] いささか宿酔, いちどまぢかに, いわば聯盟, かかる寒地, かぞえきれないで, かれは, この夏休み, これから御, これを, こんどこそ, ござります, そうする, そこに, その中, その混雑, それに, それに七十幾つ, それを, たちどころに山上, にわかに顔, のどかな, まず安心, わたしは, ローマから, 一時子分たちは, 一言お喋りを, 互いに少し揉みあった, 伊東も, 休意は, 会話は, 何処か, 余は, 元振, 出るわけ, 助かったが, 地球へ, 声の, 多年兵を, 夢中に, 嬉しくて, 家の, 寺から, 彼女は, 御座ろう, 心が, 急遽山頂, 戸浪三四郎は, 捕える事, 敷金が, 旅籠へ, 明教館の, 最初脱出の, 椅子が, 武蔵は, 氏郷自身まで, 気象台の, 無理でした, 珍しくも, 甲軍が, 町は, 疑いを, 看護婦かと, 私が, 立ち留まって, 義理の, 脚を, 角町へ, 調べて, 酔っ払いは, 隣の, 音楽家として, 騒がしかった, 高商, 高座は, 魯粛は

▼ 入ったところ~ (80, 2.0%)

2 にある

1 [78件] かどこ, かもしれない, からもう, から外, から幸太郎, から砂利, から私, があります, がドウセ今夜, が作り立て, だ, だまず, であった, でありました, であり海岸, である, でいつも, できく, でちょうど, でぼつぼつ, で三人, で先, で口, で家, で小, で彼等, で正造, で沈黙以外, で治左衛門, で滅多, で無事, で私たち, で表, にいる, にここ, にたたずんだ, にはそれでも, にはバカ, には耐火的, によれ, に仕切り, に婦人閲覧室, に彼女, に有名, に温根湯温泉, に逆上, に長い, に高, の仲徒士町, の十字路, の寝台, の広場, の店, の板じき, の樫, の正面, の海, の眺め, の細かい, の美平, の隅, はやはり, は二階, は広く, は玄関, は要らない, へ坐る, へ岡田, までのび, まで突止めました, もあったでしょう, を他人, を図, を描き, を見, を見る, を見届け, 或場所

▼ 入ったという~ (63, 1.6%)

4 ことが 3 のも 2 ことも, ことを, のか, のだ, のは, 説も

1 [44件] うわさも, おかる, おれの, お見こみな, ことで, ことであった, ことに, こと大学に, ところに, ところを, のが, のであった, ものさ, もので, ものです, ものは, ような, わけで, わけであった, んです, 事が, 事を, 事実そのものが, 人と, 人という, 人物である, 処に, 噂で, 地方も, 報らせである, 報知を, 夢を, 安心で, 急報です, 怪しい婆, 怪事件が, 情報を, 戦報の, 欽さんが, 気勢で, 評判であった, 話, 銅板の, 風に

▼ 入った~ (63, 1.6%)

126 だろう 5 です 3 だから, でしょう 2 だが, だね, だよ, ですが

1 [26件] さ, じゃ, じゃあないでしょう, じゃありません, じゃない, じゃないでしょう, じゃなかった, じゃナイ, だそう, だって, だってさ, だと, だな, だろうか, だ今三十五六歳, でございますが, でしょうなあ, でしょう親分, ですから, ですがね, ですけど, ですって, ですってね, ですね, ですよ, でなきゃ隣

▼ 入ったとき~ (50, 1.3%)

2 のこと

1 [48件] いかにも教習所仕立, おゆう, からあそこ, からもう, から一列, から唯, から急, こっそり海綿, その実, その書式, それから朝目, だけ光源, だけ特別, にすぐ, にそれ, になんだか, にはもうまったく, にはもっと, には霧, にもう, に兄さん, に君, に室内, に彼, に水銀灯, に父, に私, に考え, のよう, の一族方, の心持, の気持, の私, はおもしろい, はそれ, はもう, はやはり, はゴチックまがい, は七十五万, は十里, は四十あまり, は婦人, は実に, 思いがけなくドカン, 思ったの, 早くすぎれ, 突然何者, 蹴かえされて

▼ 入った~ (43, 1.1%)

3 どうか

1 [40件] あるいはなに, おぼえは, おまえは, さっきから, して, その間の, それは, だいいちその, どうだ, どこから, もうこいつ, わからない, わからないくらい, 一人の, 不思議だ, 何に, 侵入口が, 入らないか, 入らん齢, 八, 分かりますかい, 分らない顔, 判るだろうな, 又この, 又どうして, 想像に, 注射された, 滴が, 特幹でも, 犬の, 盗るもの, 知らないと, 知らぬが, 破鐘の, 聞返されて, 落入らない, 見定めた者, 解らないよう, 言も, 魏が

▼ 入った~ (39, 1.0%)

2 がなかっ, の一人

1 [35件] があった, がある, がいる, がおりおり, が多かっ, が御座いませんでした, が足, じゃない, であるから, で失敗, などありませぬ, にはどうしても, のよう, の主観的, の仕業, の制裁, の方, はありません, はあるまい, はいつか, はまだ, はみんな河原, はみんな窒息, はアイヌ, は三十代, は出, は学問的能力, は恙, は無事, は皆回顧, は自分, も一人, も無けれ, をもう一度, を引立て

▼ 入ったから~ (38, 1.0%)

5 である

1 [33件] あすこには, いいよう, お目, こちらへ, すぐこい, それ行け, だが, だでございますから, ちょいと, ちょっとお, でしょうと, もう一度本題, ッて, 一緒に, 八十両まんまと, 再遊, 勝手が, 君は, 堪らない, 多少は, 大丈夫, 後年の, 我らの, 案外風が, 残るところ, 漢文を, 生命に, 私も, 羽ばたいて, 茶を, 試して, 驚いたん, 驚いて

▼ 入ったばかりの~ (35, 0.9%)

2 ところに, 所に

1 [31件] こと, ところだった, ところは, ところへ, ところを, ホヤホヤな, 三四郎の, 人吃, 右側は, 右手に, 寒い日, 小店を, 年齢の, 当座は, 時大, 松ヶ谷学士が, 板の間に, 樹の, 火鉢の, 片側は, 私に, 穏やかな, 若さ, 藤夜叉を, 銀座裏へ, 門の, 雲の, 青年で, 頃栄子と, 頃現れた, 顔を

▼ 入った~ (25, 0.6%)

6 相違ない 5 違いない 2 しても, 相違なかっ 1 かかわらず文学, した処, しろかねて, しろそこで, すぎない, すぎなく一日本紳士市村録太郎氏, 決って, 違いありません, 違いございません, 違いなく

▼ 入った~ (21, 0.5%)

2 のない, もない

1 [17件] がない, が有る, が無い, だろうが, で, でございます然るに, で是, とガンデン・チー・リンボチェ, と真珠, のなかっ, はあるまい, はおくび, はわかっ, は申す, も知った, を云っ, を喜ぶ

▼ 入った~ (19, 0.5%)

1 [19件] はち, 人形が, 今の, 君っていう, 君の, 悦の, 梅は, 氷, 澄の, 祝に, 綾殿だ, 綾殿の, 角は, 銀の, 銀様には, 銀様の, 銀様は, 雪が, 風呂に

▼ 入った様子~ (19, 0.5%)

2 です

1 [17件] がない, が見えない, だが, であったが, である, でこう, でこんな, でご, でございます, でそっと, に思わず, に成っ, に顔真赤, のない, はない, もありません, 御家老

▼ 入ったばかり~ (18, 0.5%)

2 なので, なのに

1 [14件] だった, であった, であったが, である, であると, であるのに, であんな, でお客さま, ですが, でその, でなく鳥獣昆虫その他すべて, では, でも, で陽気

▼ 入ったまま~ (18, 0.5%)

1 [18件] あるの, その戸棚, であるし, であろう, でいる, で離縁, とすれ, の聖母像, ふかくつつしん, またしばらく, まだ外, もうどこ, 再び味方, 吊り下されるの, 大先生, 帰らぬと, 救い難い, 還って

▼ 入った大きな~ (18, 0.5%)

2 両面の

1 [16件] お下げど, ものだ, ダイヤが, 包を, 戸棚に, 手に, 櫛や, 湯沸しと, 箱を, 罎が, 袋と, 袋を, 銀色の, 鞄を, 風呂敷を, 風呂敷包を

▼ 入ったかと~ (16, 0.4%)

9 思うと 1 いうと, 云う事, 尋ねるため, 牛丸少年の, 疑った, 見おろしましたが, 見ると

▼ 入ったその~ (16, 0.4%)

1 [16件] あたりから, けはい, わからなさ, 俸給の, 光景は, 女の, 新時代的教養, 日私たちは, 春に, 時は, 玉を, 箱ぐるみ一個の, 箱は, 過般の, 金額は, 雛その

▼ 入った~ (15, 0.4%)

2 にその

1 [13件] から出, が高知県出身, だった, ちょうど可, である, で内, にあった, に仇, に志す, に茶, のもの, の片側町, らしゅうございますから

▼ 入った~ (15, 0.4%)

1 [15件] から四里, から特別, から目立っ, から身内, が至味, ちょうど都, であった, で足, にはこれ, には日, の支那人, の男子, は猶, は高等学校, 如何なる風

▼ 入ったわけ~ (14, 0.4%)

4 である 2 です 1 じゃなし, だが, だったん, であった, ですな, では, なの, は世の中

▼ 入った~ (14, 0.4%)

1 [14件] がお, がまた, が出, が少い, が調査, であります, です, の事, の体, の作, の歌, の話, も多く, も少く

▼ 入った~ (14, 0.4%)

1 [14件] から武蔵, で吹きつける, で店, には海保竹逕, に江戸, のだる, の彼, の残光, はぐったり, ひどく貧乏, も城内, も彼, も西ヶ岡方面, を自分

▼ 入った~ (14, 0.4%)

2 がいい, がよい 1 がい, がずっと, がよかっ, がよかろ, が好から, が年数, が父, が結局都合, とは反対, の

▼ 入った~ (12, 0.3%)

2 を出し 1 とマッチ, の一つ, も使用, をとうとう, を卓子, を持っ, を盗った, を臼, を貰った, を長助

▼ 入った~ (12, 0.3%)

3 がある 1 でごぜ, で持ちきりであった, などを聞く, ならば, になった, になります, はいずれ, をし, をした

▼ 入ったすぐ~ (11, 0.3%)

3 のところ, の壁 1 の所, 右手に, 右手の, 横の, 正面より

▼ 入った形跡~ (11, 0.3%)

2 がない 1 があります, が少し, のなかっ, は, はありません, はなかっ, はなく, もなく, を見た

▼ 入ったそう~ (10, 0.3%)

4 です 2 じゃ 1 で, ですよ, で世の中, で切って

▼ 入ったものの~ (10, 0.3%)

1 いいぶり, 何の, 呼覚される, 多かった, 彼は, 心では, 支度すら, 母親が, 無事に, 知能の

▼ 入った以上~ (10, 0.3%)

1 その分, はいよいよ, はチベット人, は一刻, は身, は退, へえそう, もうあんな, もう打明け, 極力講義

▼ 入った~ (10, 0.3%)

1 だった, でした, と大黄, をとりあげ, をとる, を手, を盗ん, を盗視, を置い, を見つけました

▼ 入ったこの~ (9, 0.2%)

1 中ぐらいな, 夏八月の, 時に, 時の, 曲の, 腕時計を, 通り荷物を, 際に, 頃でも

▼ 入ったため~ (9, 0.2%)

1 かその, しがないの, であろう, で博士, に, に何もかも, に大, に竹刀, の御

▼ 入ったとは~ (9, 0.2%)

1 いえ町, いえ陽気, いわれない, 反対側の, 異なって, 考えられない, 考えられないから, 考えられなくも, 言いながら

▼ 入った~ (9, 0.2%)

1 である, でファラデー, にある, には縦, に水道, に金箔, の峠, の社員達, らしかった

▼ 入ったきり~ (8, 0.2%)

1 であった, でたえず, で仕事, で外, で暫く, なんとも出来ぬ, 出て, 出ても

▼ 入ったけれども~ (8, 0.2%)

1 この連中, その秘密国, その足, 坊さんか, 必ず何れ, 落ちついて, 裏木戸の, 非常に

▼ 入っただけ~ (8, 0.2%)

1 そしてその, である, ですよ, でその, でよかっ, で小説, で残り, で気

▼ 入ったあと~ (7, 0.2%)

1 から素子, でいたずらに, でもいかに, で針箱, は妙, をぱたり, を閂

▼ 入った事情~ (7, 0.2%)

2 がある 1 が, があり, があります, があるらしい, もございます

▼ 入った~ (7, 0.2%)

1 カバンを, 匙を, 旗が, 猫が, 箱が, 箱を, 籠を

▼ 入った手紙~ (7, 0.2%)

1 が二つ, だと, のこと, のよう, を出し, を受取った, を警察

▼ 入った~ (7, 0.2%)

2 のこと 1 からすでに, から睡眠治療, にはほんとう, にヒチリン, は日曜日

▼ 入った時分~ (7, 0.2%)

2 にそれ 1 から各, でした, には鼻持ち, に何, に日

▼ 入った~ (7, 0.2%)

1 なもの, なもん, な形跡, な気, な異様, な者, な訣

▼ 入ったある~ (6, 0.2%)

1 夜明け方に, 夜雷鳴に, 日後, 晩であった, 朝, 路次の

▼ 入ったとも~ (6, 0.2%)

1 いえましょう, いわれたの, いわれ将, 判らぬ男, 思える, 考えられません

▼ 入ったのに~ (6, 0.2%)

1 この照りつけ, すぎないの, すぎなかった, まだれんげ草, 自分の, 運が

▼ 入った~ (6, 0.2%)

1 などをさげ, をかつぎ出し, を下げ, を抱えた, を肩, を見せた

▼ 入った~ (6, 0.2%)

1 だの皆壕, で患部, は氷上, をかけ, をさげ, をしっかり

▼ 入った証拠~ (6, 0.2%)

21 であります, である, は歴然, もない

▼ 入った調子~ (6, 0.2%)

21 でこう, で下手, で始めました, なので

▼ 入った~ (5, 0.1%)

1 こいつは, しっかり蓋, ッ, 俺も, 打ち殺せッ

▼ 入ったところが~ (5, 0.1%)

1 いささか湯, これも, やがて昨晩, 不精の, 暑くて

▼ 入った小さな~ (5, 0.1%)

1 バスケット一つに, 籠を, 羽なぞを, 羽を, 肖像を

▼ 入った~ (5, 0.1%)

1 挨拶だ, 挨拶で, 案内ぶり, 親切です, 願いです

▼ 入った~ (5, 0.1%)

1 がある, が有った, が答える, の姿, はだれです

▼ 入った~ (5, 0.1%)

1 がまっ先に, の句一点, はその, は余計, は又

▼ 入った~ (5, 0.1%)

1 であったが, である, で楽々, と雨, に結び

▼ 入ったかの~ (4, 0.1%)

1 ごとく評判, ようであった, ように, 見当も

▼ 入ったからと~ (4, 0.1%)

1 いうて, いって, 云って, 使が

▼ 入ったけれど~ (4, 0.1%)

1 ついて, どこへ, 五つ位まで, 母親との

▼ 入った~ (4, 0.1%)

1 その他の, 両方の, 判も, 小さな舟

▼ 入っただけで~ (4, 0.1%)

1 傷には, 命に, 幸運に, 簡単に

▼ 入ったとか~ (4, 0.1%)

1 人の, 日劇へ, 生爪を, 行くとかいう

▼ 入ったとたん~ (4, 0.1%)

1 にこちら, に女房, に応接椅子, に頭

▼ 入った~ (4, 0.1%)

1 あゝ痛い, どうも怪しから, 中, 富五郎困りました

▼ 入ったはず~ (4, 0.1%)

1 だが, である, なの, もありません

▼ 入ったもん~ (4, 0.1%)

1 じゃねえです, だ, だった, ですから

▼ 入ったバケツ~ (4, 0.1%)

1 が三つ, をさげ, をもち, を提げ

▼ 入った~ (4, 0.1%)

1 での話, で本当, は世上, は御免

▼ 入った人々~ (4, 0.1%)

1 が唸っ, にも娘, は明治以来, を打ち鎮めよう

▼ 入った人間~ (4, 0.1%)

1 には不平, の姿, を先ず, を調べる

▼ 入った包み~ (4, 0.1%)

2 を持っ 1 をぶら下げ, を網棚

▼ 入った~ (4, 0.1%)

1 で夏子夫人, に自分, の前, よりかいくら

▼ 入った小さい~ (4, 0.1%)

1 壜を, 懐鏡だった, 折鞄を, 鏡を

▼ 入った平次~ (4, 0.1%)

1 その時, と八五郎, は二人, は若い

▼ 入った~ (4, 0.1%)

1 か幼稚園, だ, に病気, 買って

▼ 入った~ (4, 0.1%)

1 の内的生活, の見慣れない, はミチミ, は体じゅう

▼ 入った提灯~ (4, 0.1%)

1 がいくつ, の明り, をつけ, を借り

▼ 入った日本~ (4, 0.1%)

1 としての女権拡張, の上層者, の侵略戦争, の短刀

▼ 入った~ (4, 0.1%)

1 がもう, をいくつ, を方々, を発見

▼ 入った次第~ (4, 0.1%)

1 でご, でございますが, ですよ, で何分

▼ 入った理由~ (4, 0.1%)

1 があり, が判った, はわし, は云う

▼ 入った~ (4, 0.1%)

1 の上, を動かし, を取り出し, を抜身

▼ 入った着物~ (4, 0.1%)

1 が思う, を着, を肌, を若し

▼ 入った瞬間~ (4, 0.1%)

1 から関係, にその, に職人, は誰

▼ 入った~ (4, 0.1%)

1 の後, は多分, もわからない, を逆

▼ 入ったかという~ (3, 0.1%)

1 ことに, ことも, ことを

▼ 入ったかも~ (3, 0.1%)

1 しれないとも, しれぬ, 知れねえな

▼ 入ったからには~ (3, 0.1%)

1 天魔鬼神でも, 明らかに, 汝と

▼ 入ったころ~ (3, 0.1%)

1 はずいぶん, は町, を見はからっ

▼ 入ったせい~ (3, 0.1%)

1 だ, であろう, もある

▼ 入ったそれ~ (3, 0.1%)

1 とは現, は非常, も贔屓

▼ 入ったなり~ (3, 0.1%)

1 じっと考え込ん, 晩食まで, 有ったから

▼ 入った~ (3, 0.1%)

1 この人, 名高い談, 天幕の

▼ 入ったふう~ (3, 0.1%)

1 である, で油, をし

▼ 入ったほど~ (3, 0.1%)

1 いろいろの, である, 大切に

▼ 入ったほどの~ (3, 0.1%)

1 ものが, 娘が, 時間が

▼ 入った~ (3, 0.1%)

1 一人の, 同じじゃ, 同じ事

▼ 入った~ (3, 0.1%)

1 お前, りか身体の, 車を

▼ 入ったガラス管~ (3, 0.1%)

1 の中, はあいかわらず, を中心

▼ 入ったビラ~ (3, 0.1%)

1 が撒かれ, にその, の工場内

▼ 入った三味線~ (3, 0.1%)

1 が暫く, を二梃, を土人街

▼ 入った事件~ (3, 0.1%)

1 だね, の比率, をさばい

▼ 入った仕事~ (3, 0.1%)

1 に働い, をやっ, を見せます

▼ 入った~ (3, 0.1%)

1 して, で, で煙草

▼ 入った入口~ (3, 0.1%)

1 の側, の扉際, へそれ

▼ 入った刹那~ (3, 0.1%)

1 だけ様々, にはやはり, に千段

▼ 入った厚い~ (3, 0.1%)

1 コンクリートの, 峰の, 帯の

▼ 入った右手~ (3, 0.1%)

1 にある, に詩人, の安楽椅子

▼ 入った問題~ (3, 0.1%)

1 であった, の手近, は全然

▼ 入った場合~ (3, 0.1%)

1 にはまま, には法律, に当然

▼ 入った場所~ (3, 0.1%)

1 がわかりません, が判っ, で遠方

▼ 入った~ (3, 0.1%)

1 事件を, 狼狽の, 風呂敷などを

▼ 入った~ (3, 0.1%)

1 にある, に小さく, に居る

▼ 入った~ (3, 0.1%)

1 ならや, の仕業, ばかりを集め

▼ 入った~ (3, 0.1%)

1 である, はあっち, はもう

▼ 入った小包~ (3, 0.1%)

2 が届いた 1 にせよ

▼ 入った当座~ (3, 0.1%)

1 しばらくの, はちょうど, は早く

▼ 入った~ (3, 0.1%)

1 で, で芬, に結っ

▼ 入った徳利~ (3, 0.1%)

1 が二本, に石見銀山鼠, を捧げる

▼ 入った~ (3, 0.1%)

1 からながめる, には神, のあと

▼ 入った感じ~ (3, 0.1%)

1 がある, が無い, です

▼ 入った手桶~ (3, 0.1%)

1 と真鍮, を取っ, を担い

▼ 入った時私~ (3, 0.1%)

1 に逃げ, は其処, は輪田

▼ 入った最初~ (3, 0.1%)

1 の三分間, の印象, の婦人作家

▼ 入った~ (3, 0.1%)

2 のよう 1 ぼりや

▼ 入った模様~ (3, 0.1%)

1 が切り込ん, の浮彫, を描く

▼ 入った~ (3, 0.1%)

1 よりかよっぽど, を飲まされた, 冷たい水

▼ 入った煙草~ (3, 0.1%)

1 ずきの, でもっ, を探した

▼ 入った男女~ (3, 0.1%)

1 の客, を傷, を見届け

▼ 入った~ (3, 0.1%)

1 があい, と出た, を見詰めた

▼ 入った~ (3, 0.1%)

1 から二階, がバタンバタン, がポッカリ

▼ 入った~ (3, 0.1%)

1 一の, 一日に, 三日に

▼ 入った~ (3, 0.1%)

1 とペンキ, をぶら下げ, を用意

▼ 入った~ (3, 0.1%)

1 で三本, はたった, を見た

▼ 入った~ (3, 0.1%)

1 りで力, りの, り位

▼ 入った~ (3, 0.1%)

1 がある, であれば, で仇

▼ 入った財布~ (3, 0.1%)

1 をね, を取り出し, を落し

▼ 入った~ (3, 0.1%)

2 がない 1 がなけれ

▼ 入った途端~ (3, 0.1%)

1 しかし意外, に, にお松

▼ 入った連中~ (3, 0.1%)

2 の一人 1 は出

▼ 入った重い~ (3, 0.1%)

1 ものを, 濁り声で, 財布が

▼ 入った~ (3, 0.1%)

1 で手詰り, を儲けた, を置いた

▼ 入った~ (3, 0.1%)

1 がある, の中, の向う

▼ 入った~ (3, 0.1%)

1 としてね, をもっ, を私

▼ 入った風情~ (3, 0.1%)

1 でいい出した, です, にこう

▼ 入ったあたり~ (2, 0.1%)

1 で鳴っ, はまだ

▼ 入ったいろいろ~ (2, 0.1%)

1 な品物, の噂

▼ 入ったお湯~ (2, 0.1%)

1 だったろうと, なんか出し

▼ 入ったかは~ (2, 0.1%)

1 これから追, 屍体解剖の

▼ 入ったくらい~ (2, 0.1%)

1 だった, でしたから

▼ 入ったこれら~ (2, 0.1%)

1 の品, の色

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 あいさつです, 様子です

▼ 入ったそして~ (2, 0.1%)

1 今冬子が, 博士は

▼ 入ったつもり~ (2, 0.1%)

1 であるのに, で歩調

▼ 入ったところ戸~ (2, 0.1%)

1 がしまっ, の内側

▼ 入ったとして~ (2, 0.1%)

1 それを, 曲者は

▼ 入ったとの~ (2, 0.1%)

1 ことでございます, 推定であろう

▼ 入ったなあ~ (2, 0.1%)

1 冷酒の, 阿能

▼ 入ったねえ~ (2, 0.1%)

1 併し, 成程

▼ 入ったばかりに~ (2, 0.1%)

1 猛烈な, 肺が

▼ 入ったひと~ (2, 0.1%)

1 でもすぐ, 凄いわね

▼ 入ったまで~ (2, 0.1%)

1 だたくらんで, なんだ

▼ 入ったんで~ (2, 0.1%)

1 びっくりしただろう, 跣足でしょう

▼ 入ったコップ~ (2, 0.1%)

1 が無かっ, をそのまま

▼ 入ったサック~ (2, 0.1%)

1 を下ろし, を机

▼ 入ったザル~ (2, 0.1%)

2 を抱え

▼ 入ったズック~ (2, 0.1%)

1 の鞄, を重

▼ 入ったナースチャ~ (2, 0.1%)

1 は思いがけず, は首

▼ 入ったヒビ~ (2, 0.1%)

1 に対する膏薬, はしょせん

▼ 入ったボール箱~ (2, 0.1%)

1 とを小脇, を見つけた

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 腕を, 軍は

▼ 入った丸い~ (2, 0.1%)

1 煎餅の, 缶を

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 でも引きつけられる, 再び立

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 ならば, のこと

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 があれ, のよう

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 もかなり, をすぐ

▼ 入った光景~ (2, 0.1%)

1 だけでも田園生活, は広間

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 をひっ, を頭

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 がございました, だけで九万八千八百八十八

▼ 入った半纏~ (2, 0.1%)

1 を引っかけ, を着

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 がある, が来る

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 で日頃, とは対向い

▼ 入った大きい~ (2, 0.1%)

1 指環まで, 木の

▼ 入った夫婦~ (2, 0.1%)

2 でなくては

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 がもう, なの

▼ 入った姿~ (2, 0.1%)

1 だった, を見れ

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 が小さい, はありゃ

▼ 入った封筒~ (2, 0.1%)

1 とこの, の中

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 だという, よりのところ

▼ 入った左手~ (2, 0.1%)

1 に机, の坂

▼ 入った巾着~ (2, 0.1%)

1 とパイプ, を卓

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 の間, を派手

▼ 入った当時~ (2, 0.1%)

1 からなかなか, もなお

▼ 入った御飯~ (2, 0.1%)

1 たべて, をこしらえ

▼ 入った情報~ (2, 0.1%)

1 は, をお話

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 が萎びた, を付け

▼ 入った新調~ (2, 0.1%)

1 の夜具蒲団, らしいお召

▼ 入った時そこ~ (2, 0.1%)

1 に屏風, の邸

▼ 入った時二人~ (2, 0.1%)

1 の間, は何

▼ 入った時人々~ (2, 0.1%)

1 の不安, の気

▼ 入った時彼~ (2, 0.1%)

1 はすぐ, は不思議

▼ 入った時間~ (2, 0.1%)

1 から見る, を調べ

▼ 入った棺桶~ (2, 0.1%)

1 がどこ, だ

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 があったら, の箱

▼ 入った武士~ (2, 0.1%)

1 が右源太, もあった

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 でなければ, で居

▼ 入った水差し~ (2, 0.1%)

2 とが置い

▼ 入った泥棒~ (2, 0.1%)

1 はお, をムク

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 とでもし, に一町許

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 あ忘れる, に動じない

▼ 入った用心~ (2, 0.1%)

1 をいろいろ, をし

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 土台トーキー, 記し彼ら

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 と丘, のとうもろこし

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 はちょうど, はなかなか

▼ 入った直ぐ~ (2, 0.1%)

2 のところ

▼ 入った相談~ (2, 0.1%)

1 にはいらなけれ, はしなかった

▼ 入った経文~ (2, 0.1%)

1 を唱え, を唱えた

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 に目, をかい

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 を取出した, を転がし

▼ 入った罎銅~ (2, 0.1%)

2 や鉄

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 は彼女一人, を謝

▼ 入った自分~ (2, 0.1%)

1 の意識, の愛情

▼ 入った自然主義~ (2, 0.1%)

1 の思潮, は社会

▼ 入った若い~ (2, 0.1%)

1 丸顔の, 婦人までが

▼ 入った茶碗~ (2, 0.1%)

1 を執りあげた, を手

▼ 入った茶褐色~ (2, 0.1%)

1 の液体, の薬液

▼ 入った表情~ (2, 0.1%)

1 になった, をたたえ

▼ 入った裏町~ (2, 0.1%)

1 の一隅, の露路

▼ 入った裏通り~ (2, 0.1%)

1 のなかごろ, の小さな

▼ 入った親切~ (2, 0.1%)

1 と用心, もあった

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 の漬物, を豚

▼ 入った貧しい~ (2, 0.1%)

1 母親と, 行李を

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 がもし, は実に

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 ですぐ, で桂離宮

▼ 入った路地~ (2, 0.1%)

1 のお, をポント町

▼ 入った身の上~ (2, 0.1%)

1 だがね, だ斯

▼ 入った部屋~ (2, 0.1%)

1 には壁間すき間, は家具

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 の焚き, はウイスキー

▼ 入った醤油~ (2, 0.1%)

1 で付け焼き, で山椒焼き

▼ 入った重吉~ (2, 0.1%)

1 が上京, のこころ

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 とを飾った, なぞを取出した

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 があった, を取出した

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 だけしか見なかった, に今

▼ 入った陸地~ (2, 0.1%)

1 すなわち海上, と海そのもの

▼ 入った青い~ (2, 0.1%)

1 笠が, 縁無し帽を

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 の, は手

▼ 入った~ (2, 0.1%)

1 を平次, を蓼斎

▼ 入った風呂敷包~ (2, 0.1%)

1 を持っ, を提げ

▼ 入った風呂敷包み~ (2, 0.1%)

1 を抱え, を持っ

▼ 入った食物~ (2, 0.1%)

1 は直ちに, をたべさせられた

▼ 入った麺麭殻型~ (2, 0.1%)

2 の火山弾

▼1* [1069件]

入ったあくる日自分の, 入ったあじきなさを, 入ったあと扉をしめ, 入ったあと栄介は城介, 入ったあと欄干の前, 入ったあと沢村さんがぼく, 入ったあの姿が, 入ったあれを蒔いたら, 入ったいい匂いの, 入ったいたずらだ, 入ったいまに緋, 入ったいろは茶屋の暖簾口, 入ったうまさは, 入ったおのずからのもの, 入ったおれの立つ瀬, 入ったお前はタニス, 入ったお召の二枚袷, 入ったお菓子をその, 入ったかい何も, 入ったかごを持つ, 入ったかなどの細部の, 入ったかなりやでも, 入ったかに思われたが, 入ったかばんの上, 入ったからがくりッと, 入ったからとて喜んで, 入ったがやッぱりあの時の, 入ったきりどこへも出, 入ったきり一つ座敷で後口, 入ったきり夜一夜かねをならし, 入ったきり姿を見せぬ, 入ったきり日和のお, 入ったきり食事も碌, 入ったきんかんを買っ, 入ったくらいに力を, 入ったくらいのものであった, 入ったぐらいの年であった, 入ったこじんまりとした, 入ったこってりしたスープ, 入ったことあんまをされた, 入ったこと俊夫君がそれ, 入ったこと金も衣類, 入ったころはずゐぶん雲, 入ったころわれわれは形式, 入ったころ平塚雷鳥などの青鞜社, 入ったさきで折合い, 入ったしかも非常に, 入ったすき間からど, 入ったすら多く仏書, 入ったすると蛙の, 入ったいぜ, 入ったそしてまた樽を, 入ったそのまままた出, 入ったたたた, 入ったためしはない, 入ったため意外にも陣十郎, 入ったため無理からぬ, 入ったため籍もろとも実家, 入ったため非常警戒となり, 入っただけを数えて, 入ったちょうど日露戦争時代の, 入ったっていうですからな, 入ったつづらを天秤棒, 入ったつれの男, 入ったせう, 入ったでもあろうにと, 入ったとある方面よりの, 入ったときさつま芋を五銭, 入ったときそこに発見, 入ったときヴェールを脱ぐだろう, 入ったとき一番最初に目, 入ったとき一行の中, 入ったとき上へ身, 入ったとき中に居る, 入ったとき享年七十歳であった, 入ったとき伏勢を廻し, 入ったとき伸子はわざわざ, 入ったとき僕はなにか, 入ったとき南口付近はマニラ, 入ったとき女はカンヌキ, 入ったとき宣誓をさせられる, 入ったとき将門が敵, 入ったとき彼の心, 入ったとき日本女は軽く, 入ったとき暁方の風情, 入ったとき瑠璃子は遉, 入ったとき竹内被告の主任弁護人, 入ったとき義政がよろこび, 入ったとき自分の身体, 入ったとき誰しもそこ, 入ったとき酒を一本注文, 入ったとき青年の姿, 入ったとき鶴さんもぶつぶつ, 入ったところナポレオンが同じ, 入ったところ会社側も負けじ, 入ったところ位で止りました, 入ったところ尊氏すでに狩野河, 入ったところ火を有, 入ったとしか考えられません, 入ったとしても私の, 入ったとたん春木少年は思わず, 入ったとやらで三輪, 入ったとろとろの飴, 入ったどてらを着, 入ったどもそこへ, 入ったなとみんなの, 入ったなどただ事では, 入ったについては例の, 入ったにもかかわらずそれら, 入ったのちようやく気がつい, 入ったのみで黒部, 入ったはっとして見直そう, 入ったばかりから病みついて, 入ったばかりじゃないか, 入ったひだりにまろ, 入ったほかの書物, 入ったまき葉が一節ごと, 入ったまじめなふるえた声, 入ったまっ黒な煙, 入ったまでの運動を, 入ったまではいいが, 入ったまま今もって, 入ったまま今日に及んだ, 入ったまま全部をゼーマン, 入ったまま凝固しかけて, 入ったまま合掌して, 入ったまま姿を消し, 入ったまま密輸入されるのに, 入ったまま床の上, 入ったまま彼の歯, 入ったまま息を殺し, 入ったまま斬死なされました, 入ったまま消息をたっ, 入ったまま生死不明となっ, 入ったまま私の手, 入ったまま紙幣の束, 入ったまま絽蚊帳の裾, 入ったまま見事に喉笛, 入ったまま長火鉢に軽く, 入ったみほ子の方, 入ったもしやと思っ, 入ったもの腰部の形, 入ったもみじ形の葉, 入ったやうな気, 入ったやっぱり路次の, 入ったやや重症の, 入ったやら近いうち, 入ったやり方を誇らしげ, 入ったよし何よりよろこばしい, 入ったれいの美少年, 入った機会として, 入ったアンカにのせ, 入ったウィスキーを飲む, 入ったカシュミル国の僧伽跋澄, 入ったカステーラなど一切, 入ったカフエー・モンナミを見付けた, 入ったガラス窓が閉められ, 入ったガラス絵の法, 入ったギリシア劇が主として, 入ったグラスを高く, 入ったグラン・プラトーの人, 入ったケースと幾種類, 入ったココアの味, 入ったコーヒーを啜り, 入ったゴワゴワした掌, 入ったサルトルなどが不自然, 入ったサン・メード・レイズンとハインツ, 入ったスエタアを着, 入ったスパイの大泉兼蔵, 入ったスパゲティだった, 入ったスリッパや小さな, 入ったズボンを穿い, 入ったソックスもしきりに, 入ったソヴェト生産拡張五ヵ年計画を根柢, 入ったテームス川寄りの取遺された, 入ったトスカニーニの, 入ったナアけどが, 入った表徳さん主は, 入ったハトロン紙の封筒, 入ったバイキンはあらゆる, 入ったバスよりまし, 入ったバスケットを座席, 入ったバラ色の服, 入ったパイを食う, 入ったパイプが何物, 入ったパン菓子の暖め, 入ったビーカーがとん, 入ったピストルを肩, 入ったフィクションをつくらね, 入ったフィッシャーの, 入ったフーベルマンとフリートマン, 入ったブリキの大きい, 入ったブリキかんを下げ, 入ったベルトを巻かれた, 入ったホットドックを三つ四つ, 入ったボール紙の箱, 入ったモザイクのゆか, 入ったヤカンをさげ, 入ったライオンや熊, 入ったライオン虎熊などの猛獣, 入ったライカを首, 入ったラジウムだった, 入ったランプが残され, 入ったルパンでのみスコット, 入ったレポによる, 入ったレンズやその他いろいろ, 入ったワッハハアッハハそれからどう, 入ったヴァイオリンをお預け, 入ったと組, 入った一そうの大きな, 入った一つの行李, 入った一人足の勇, 入った一八七一年の初版, 入った一八九〇年代の初め, 入った一千余の将士, 入った一座をたちまち, 入った一挺の角柄, 入った一旒の旗, 入った一日宇佐八幡宮に賽, 入った一物見のことば, 入った一番無能な社員, 入った一細胞としての個性, 入った一群はひた遡り, 入った一行の感覚, 入った一軒の乾物屋, 入った一隊は無残人形, 入った丁坊をだきあげ, 入った七兵衛が何心, 入った七月二十日過ぎからがいい, 入った万吉はまだ, 入った三土興三も変り者, 入った三木俊連の一隊, 入った三造は呼吸, 入った上山草人の夫人山川浦路, 入った上高地は泣きたくなる, 入ったッ端の, 入った不動の状, 入った世界的レベルの絵画, 入った世間騒がせをした, 入った両側の二階屋, 入った中共の解放軍, 入った丸屋六兵衛殺しを手柄, 入った丸柱を視, 入った丸窓を指す, 入ったの姫, 入った主君のもどり, 入った九尺二間の長屋, 入った九平太はいま, 入った乞食袋を手がかり, 入った事ゆえ卒業の後, 入った事務局とは本質的, 入った事実はこういう, 入った二人は恐ろしい, 入った二十歳のゴーリキイ, 入った二年目の秋, 入った二日の朝, 入った二本の刀, 入った二葉亭の成功, 入った五十年配の俥ひき, 入った五十箇以上の弓張提灯, 入った五右衛門風呂には新しい, 入った五日あとだ, 入った井戸水を注意, 入った交換条件の下, 入った人たちではなかっ, 入った人形や羽子板, 入った人殺しや自殺, 入った人生の悟道, 入った人造人間の前, 入った人達の仕事, 入った仁丹を出し, 入った今日この頃, 入った仏像が一つ, 入った仔細があっ, 入った仕掛けもあった, 入った仕方でござるな, 入った代物だもし, 入った代表は首相, 入った以上それを封じ込め, 入った以上左顧右眄すべきでは, 入った以上葬式もやはり, 入った以前かつて私, 入ったでもある, 入った伊乃という娘, 入った伊那丸勢のまっ, 入った伝単が製粉工場, 入った伯父姪のいきさつ, 入った伴奏を琴, 入った伸子の最初, 入った佐賀藩士福岡藩士十六年イワナイ郡前田村を拓いた, 入ったは今, 入った作家たちに深く, 入った作左衛門は一封, 入った作物のよく, 入った使命があるらしい, 入ったが湯, 入った便所の内, 入った俗説じゃろう, 入った俵一八郎も万吉, 入ったをさし, 入った催しをする, 入ったな陶器, 入ったは大抵, 入った僻村であるもの, 入った儀右衛門を村次郎, 入った儀式がある, 入った離れなかった, 入った優しさに, 入った田圃であった, 入ったが赤, 入ったもある, 入ったでも鼻, 入った八寸の鏡, 入った公共の建物, 入った六波羅密牒の内容, 入った共口の壜, 入った兵隊服を着, 入った其の時から, 入った其方一世一代の腕, 入った内容を持ちはじめ, 入った円塚山というは名称, 入った再び合す顔, 入った冷たい空気が, 入った凄い連中の, 入った出来ではない, 入った出版物が発行, 入った函卓子がだんだん, 入ったを二, 入ったではない, 入った列国代表者のデリケート, 入った初めの一分時, 入った初秋のある, 入った別天地に私, 入った制度を見る, 入った刹那それがバンデリエイル, 入った刹那上体を右腕, 入った刹那星田代二は真, 入った刹那本庄は救われた, 入った刻み煙草それとパイプ, 入ったですね, 入った剣聖ともいうべき, 入ったのある, 入ったが苦し, 入った勉強を始め, 入った動機及びその後, 入っただからね, 入った勤労大衆だ, 入ったを取出し, 入った匕首の言葉, 入った化粧をし, 入った北沢が二合瓶, 入った十個ほどの提灯, 入った十六隻のラガー, 入った十能を持っ, 入った千両箱が揚がっ, 入った南京砂も雛, 入った南瓜がいい, 入った博多の帯, 入った印半纏を着, 入った印袢纏を着, 入った原因をいえ, 入った原稿料を三分, 入った左衛門は, 入った双眼鏡椅子にのせた, 入った取調べにいつか日, 入った口上を言っ, 入った口調で話す, 入った古い掛鏡が, 入ったで秋風, 入った台附コップだの封蝋, 入ったの角, 入った右側下落合一ノ四三七, 入った同じ模様の, 入った同勢は庭, 入った同志が真実, 入ったは自分, 入った名前に違い, 入った名越は, 入った向うの露地口, 入った味方の一手, 入った呼吸を具え, 入った品々は重役, 入った品がわりだけをケンズイ, 入った唐桟の襟付き, 入った唐沢氏がおしも, 入ったは支那製, 入った器械の傍, 入った四五尺もあろう, 入った四円の定食, 入った四斗だるを, 入った四条通りを歩い, 入った四角な黒鞄, 入った因果をごく, 入ったの都, 入った国府弥八郎さんも大, 入った国府弥八郎様のお, 入った園主のよう, 入った土器とその, 入った土手が来た, 入った土民集まり土を掘っ, 入った土産を出します, 入った地図売ってるん, 入った坑夫のうち, 入った堀与次郎と一, 入った報せなの, 入った場合これを試みない, 入った場末の酒場, 入った境界の作, 入った壁際にも荒繩, 入った士官が真青, 入ったで, 入った声量測定器なの, 入ったを取り出し, 入った夏防空演習があった, 入った夕日の光, 入った夕暮の街, 入った多くの兵士, 入った多分は婆, 入った夜具を上, 入った大ぶろしきの包み, 入った大久保忠世の兵, 入った大作はすぐ, 入った大変にお, 入った大家は少く, 入った大将は思いがけない, 入った大工の新, 入った大店の御, 入った大瓶を掘り出した, 入った天平建築家の感覚, 入った天明八年には允成, 入った太いガラス管の, 入った女そそれが水神様, 入った女学校の試験, 入った女房を店, 入った女達があまり, 入った妹妹と云っ, 入った姉弟がその, 入った姫熊笹を飛び飛び, 入った娘お里の曾, 入った婦人はむこう, 入った婿選びをした, 入った安宅先生とは違った, 入った宗達について是非, 入った官軍の別働隊, 入った宝石函長い海獺, 入った実は池上へ, 入った客室には二十四人, 入った家康の複雑, 入った容子をあわれ, 入った容易ならぬ事件, 入った宿屋は粉屋, 入った宿所は古い, 入った寝坊をし, 入った封書などをよこす, 入った小人のよう, 入った小国村のもの, 入った小型な西瓜, 入った小布が死体, 入った小柄に似た, 入った小犬を持ち還り, 入った小田原提灯が今, 入った少尉二人の場合, 入った少年をしっかと, 入った尺取虫と, 入った居酒屋の前, 入った屋敷というの, 入った山崎譲と七兵衛, 入った山桜がたった, 入った山気をひとり, 入った山荘庵の丘, 入った岡本は今度, 入った峡谷に見える, 入ったの中腹, 入った嵐気峡に漂う, 入った川内警部はそこ, 入った川口が見, 入ったをつくる, 入ったの隅, 入った左京は猛烈, 入った左側で硝子, 入った巨岩が其処, 入った市九郎はただ, 入った帆村はだいぶん, 入ったのお, 入った師直勢をいたる, 入った帽子を被った, 入ったを立て, 入った干物一度稀に豚, 入った干菓子の折, 入ったべったい, 入った平野の村, 入った年スパセニアが十歳, 入った年輩者の座持ち, 入った幽霊がふう, 入った廊下には誰, 入った弁当も無事, 入った弓張提灯を持っ, 入った引合で他日彼, 入った引揚第一列車, 入った之丞, 入った弱気な奴, 入った強盗の話, 入った当てズッポーばかりで, 入った当初の志望, 入った当番の看護婦, 入った形跡絶無なこと, 入ったを見送っ, 入った影絵がかかり, 入った彼女が兄, 入った彼女自身の物語, 入った往来に住ん, 入った後トビアスはシルクハット, 入った後二時迄, 入った後復一は硝子鉢, 入った後治療の法, 入った心もち鼻へかかる, 入った心持はわるく, 入った心持ちは何事, 入った心霊的技巧がいらない, 入った忍び足で玄関, 入った恋人は仇, 入った息づかいが胸, 入った恰好をした, 入った患者こそ迷惑千万, 入った感情は洒々落々, 入ったで説く, 入った態度は示さない, 入った我々は装具検査, 入ったる日, 入ったは明日, 入った戸口に近い, 入った戸板の担架, 入ったを堆く, 入った房子は歯, 入った所為か清之介君, 入った手代の新, 入った手先まで伸び, 入った手匣を持ち込む, 入った手提げ金庫などを運ん, 入った手洗の中, 入った扱いはできない, 入った批評家のため, 入った技巧でたどっ, 入ったを提げ, 入った折人気者の花夜叉, 入った押絵がある, 入った指環を抜い, 入った指輪や金時計, 入った挨拶でもない, 入ったを口, 入った提燈が二つ三つ走り, 入った握飯を行く, 入った擂鉢の中, 入った支那の切手入れ, 入った支那茶をくれました, 入った支那語すなわち宋音, 入った救命具を頭, 入った教え子と妻, 入ったを算, 入った数人の作家, 入った敵兵は袋, 入った敷蒲団を二, 入った文化の必然, 入った文章の中, 入った文芸を少し, 入った文芸部の貴島, 入った斉彬は眠っ, 入ったらしいレコード, 入った新しきヒューマニズムの, 入った新米連中が一人一人, 入った旅僧は夢, 入った旅川周馬の筆跡, 入った旅籠へすぐ, 入った旅行中の徳川家康, 入った旗本たちにはその, 入った日姫路の黒田宗円, 入った旨新聞にも出た, 入った早く出合え, 入った早業いつか火縄に火, 入った明智勢はいたる, 入った春日重蔵と千浪, 入った時あたりは全く, 入った時あとにのこる, 入った時ここの大, 入った時ホテルに泊まろう, 入った時ヤッペの顔, 入った時一通の電報, 入った時万三郎は羽織, 入った時主人は生き, 入った時五百らは少しく, 入った時五郎は背, 入った時代のこと, 入った時伯爵は等身大, 入った時余はええ, 入った時兎雄鶏鵞を食わぬ, 入った時八千戸ある村, 入った時公儀のお, 入った時分宇津木兵馬は上野原, 入った時刻と死んだ, 入った時剣のささやき, 入った時千世子は居ない, 入った時召を受け, 入った時四人の男女, 入った時土人騎兵を半人半畜, 入った時城介から祝い, 入った時壁には黒く, 入った時大勢の者, 入った時女中が玄関, 入った時小平太は思わず, 入った時彼女は骨, 入った時従来の徒士足軽, 入った時改って体, 入った時敵の屍体, 入った時斉彬公方の人々, 入った時木蓮の花, 入った時武田博士はうれし, 入った時水入れと壺, 入った時津田は外部, 入った時火で囲み焼く, 入った時玄関口に積まれ, 入った時紅茶を出すべき, 入った時胃液が滲入, 入った時自分は思わず, 入った時自己表現的なる歴史的実在, 入った時避難民の群衆, 入った時那伽種この辺, 入った時隣席の学生, 入ったには必ず, 入った晩兵馬さんがちゃんと, 入った景教と同じく, 入った暫らくの間, 入った暴論ではありませぬ, 入った曲者に刺し殺され, 入った曳出しを掻き廻す, 入った書物を皆, 入った曹洪曹純などは兄, 入った最上のお茶, 入った有力な原因, 入った有名なる数十章, 入った有様だ, 入った木の下なぞをあちこちあちこち, 入った木彫の面, 入った木曾を中心, 入った木村鐙子夫人, 入った木炭の数片, 入った木箱を持ちこん, 入った未決檻の方, 入ったの作者, 入った本屋は新しい, 入った本田は入口, 入った本質でその同じ, 入った札入などは手, 入った村里を廻る, 入った条件を行一, 入った板戸の上, 入った林檎とをその, 入った果実汁を持っ, 入ったの重い, 入った柳川の立花飛騨守宗茂, 入ったのところ, 入った柿色の制服, 入った桐箱をあがり, 入った桜井静堂氏宅と私宅, 入った桶類によい, 入ったべ方, 入った椰子の葉, 入った極めて不幸な, 入った構内の夜, 入った槍大和の国三輪大明神, 入ったは宮廷貴族, 入った模様憂鬱なり, 入った横丁でも自転車, 入った横寺町の通り, 入った機縁は全く, 入った檜垣の主人, 入った欠伸をする, 入った次に嫁の, 入った次の間を見た, 入った欧州の近世, 入った欽明朝の時, 入ったのよう, 入った歌反古を持っ, 入った正攻法を守っ, 入った正確な経路, 入った正行が筆, 入った正面の高, 入ったの通り汗, 入った武井某の娘, 入った武器を引張り出す, 入った武者人形の包み, 入った武者振りやあの, 入った武蔵野館ひどい暑さ, 入った残酷技術の花々し, 入った母音の相違, 入った民間日本人の観覧席, 入った気持がした, 入った気配をききすませ, 入った水勢は底, 入った水晶の栓, 入った水沫をただよわせ, 入った水産試験所は関西, 入った江藤老人がバア, 入ったの水, 入った決心を眉, 入った沈痛なもの, 入ったと植物, 入った油土と漆喰土, 入った油揚があら, 入った泣き声はどう, 入った泥棒たちは寝, 入った洋服箪笥それ等はあった, 入った洋袴をつけた, 入った洗面器をかかえ, 入った洞察をし, 入った津田はおや, 入った浅山の顔, 入った浅葱の浴衣, 入った浪人体の強盗, 入った浪人者を追い飛ばした, 入った浮世絵師竹内は医師, 入った浮気振りじゃ, 入った淀みに朽ちた, 入った減らず口を叩い, 入った湯呑茶碗なぞが置い, 入った湯西川の源流, 入った溶岩の岬, 入った滝縞のお召, 入った漆喰の余り, 入った漢民族の革命, 入った漢語においてはもっと, 入った漱石の豊富さ, 入った火事でありました, 入った火鉢を出し, 入った炭屋の穿かえた, 入った無気味にほんの, 入ったも滑り, 入った燻精師長のうしろ, 入った父君が来た, 入った牛乳とをならべた, 入った物盗みと白状, 入った物象である, 入った物音を聞きつけ, 入った特殊事項について二三, 入った犯人なら昨日, 入ったの夢, 入った状袋をしっかり, 入った独楽だ, 入った狭い小路に, 入ったのよう, 入った猟夫が暗い, 入った猟犬をまず, 入った獄中の消息, 入った玄蕃は編笠, 入った理事が自分, 入った理屈は立派, 入ったのよう, 入ったパンの, 入った生き法と云わなけれ, 入った生物学者の場合, 入った生産拡張の五ヵ年計画, 入った田月の菓子, 入った田沼主殿頭意次, 入った田舎の木綿縞, 入った男の子がいいました, 入った男変装に巧み, 入った町工場の沢山, 入った留置場は一号監房, 入った疎林の樹, 入ったを血, 入った白きものの, 入った白く光る朽木, 入った白壁だった, 入った白緞子で包んだ, 入った白雲の足どり, 入った白骨に変っ, 入った百余名の旧, 入った百円紙幣が服, 入った目的も宝暦以来, 入った盲法師光明真言の唱え, 入った直後にまだ, 入った相手がわかりました, 入った相撲だ, 入った看護婦はすぐまた, 入った真剣なもの, 入った真暗な煙, 入った真槍の穂, 入った眼下の湯, 入った眼鏡に遮られ, 入った着物一つ着られまいかと, 入った瞬間だれでもちょっと, 入った瞬間殺気は若き, 入った瞬間舞台のぽんたんと, 入ったを思い起せ, 入った短刀を取出した, 入った石畳の上, 入った砂糖入れをもっ, 入った研究や調査, 入った硝子瓶がちらばら置かれ, 入った硝子管が止め, 入ったの方, 入った祝いに瑛子, 入った神境を写した, 入った神業だねえ, 入った神秘の曲者, 入った神酒を聞召, 入った秘密映画会に映写, 入った称讃浄土経も大和一国, 入ったの快, 入った空地であった, 入った空瓶を拾うた, 入った窓枠などを照, 入った窓越しにこの, 入った競馬の騎手, 入ったぼらを, 入ったなどがやがて, 入っただ, 入ったとは到底, 入った筋立ては出来ない, 入った箇性の運命, 入ったを頭, 入った箪笥の抽出, 入った箱弁当を娘さん, 入った籠絡の手管, 入った粉末のもの, 入った精神的な仕事, 入った精進料理が出た, 入った紅茶の空きかん, 入ったを目, 入った紙包みと何ら実際, 入った紙片を手渡した, 入った細君をわざわざ, 入った細部を後, 入った紳士で薄い, 入った組立にいまだに, 入った経済の事, 入った経過を考える, 入った結果それらのもの, 入った結果秋風と去来, 入った結構らしいの, 入った結髪及び男子, 入った絨毯が部屋, 入った絶対のもの, 入ったの靴下, 入ったと引き入れられた, 入った綺麗な本, 入ったの紋綸子, 入った総つきのでも, 入った緑色の洋袴, 入った縮緬の兵児帯, 入った織田信長や木曽義仲, 入った缶詰を用意, 入った署長はその, 入った羊皮紙色の皮膚, 入った羊羹はとても, 入った羊飼の声, 入った美しい人を, 入った美少女とピンピン, 入った義弟を訪ねる, 入ったを拾った, 入った羽二重しぼりの, 入った翌年死んで, 入った翌日のこと, 入った老若男女が夥しかっ, 入った者どもが無血占領, 入った耕地材木をつみ, 入った職人とは, 入った肉体とその, 入った胴乱から鼻紙, 入った脅迫状というの, 入ったを独, 入った腹合せの帯, 入った臥床から復, 入った自然の姿, 入った芋焼酎をかかえ, 入った芝居ほど運動場, 入ったの簪, 入った花鉢が一つ, 入ったがやれない, 入った若旦那それでは貴方, 入った若者がある, 入った茅野雄が組みつい, 入った茶わんを見つめた, 入った莨入の代り, 入った菓子折を持っ, 入った菓子箱が贈られた, 入った菜の花に夕日, 入った著者が大, 入った葛籠を一人, 入った葡萄畑なんぞの真ん中, 入った蓄音機の幾何学的整列, 入った蓋しかねて, 入った薄い服, 入ったを飲め, 入った薬びんと何, 入った薬品棚標本棚外科器械棚などが如何にも, 入った薬罐をつきだし, 入った薬鑵を僕, 入った藁灰や桑, 入ったの花, 入ったの如く, 入ったのよう, 入ったっ貝, 入った蝙蝠かずら, 入った蟇口を拾い, 入ったをぷッ, 入った血風闘地の死にものぐるい, 入ったはいらぬ, 入ったの太子, 入った衣服を着, 入った袋露路には仲間, 入った袱紗包みをもたせ, 入った装身具類などを悉く, 入った装飾的な文字, 入った裏口のたたみ, 入ったの厚い, 入った複合体であると, 入った複雑な気持, 入った褞袍にくるまり, 入ったのかかった, 入った西洋紙に横, 入った見ごとな香箱, 入った見事なケーキ, 入った親友であった, 入った観客は俄, 入った言葉だった, 入った言葉づかいを強制, 入った言葉数で女, 入った計算を始めた, 入った記念のため, 入ったと言わしめた, 入った話その他いろいろの, 入った話興に入っ, 入った語気で答えた, 入った調べものがある, 入った調停者の手紙, 入った調度と数々, 入った警報にもとづき, 入った讒言悪口がある, 入った豆みたいに包み, 入った貞世の姿, 入った貞女だなあ, 入った貨車に飛びつき, 入った貴方がた三人以外に足跡, 入った賊共に違いござらぬ, 入った賭け面がふたつ, 入った賽銭泥棒がかくれ, 入った贈物を感謝, 入った贋金使いの男, 入った趣向だね, 入った路地あたりらしかった, 入った踊りの手, 入った踊り子さんがトランク, 入ったがまえである, 入った身体じゃどう, 入った軍勢などその, 入った軍服のズボン, 入った近日びらの市中, 入った近臣たちも不体裁, 入った途端これは殺風景, 入った途端ぼく達の耳朶, 入った途端プンと血, 入った通路のところ, 入った連鎖によって支持, 入った遊技で理解, 入った道中姿じゃナ, 入った道具と小さな, 入った道行をなさろうてえ, 入った達しなので, 入った達人になる, 入った邪魔な奴, 入った郵便局からの, 入った金庫鉄骨流れ藻のよう, 入った金盥のなか, 入った釜場の扉口, 入った釣り人は全く, 入った釣鐘堂の横手, 入ったの箱, 入った鉄函を吸いつけ, 入った鉄瓶を熱, 入った鉛管が並ん, 入ったと茶道具, 入ったの鉢, 入ったを打っ, 入った銚子が一本, 入ったの中, 入った錯覚に陥れ, 入ったの音, 入った長い大昔波羅奈国に, 入った長櫃を掻, 入った長芋を老爺, 入った長虫ですから, 入った長襦袢で, 入ったは半分丈, 入った間もなくから柳, 入った関係でからみあい, 入った阿羅漢だろうこの, 入った限り影も形, 入った陰陽道の思想, 入った陶器の壺, 入った隅っこに隠す, 入った障子を細目, 入った隣室との間, 入った雑多な隙間, 入った雑炊売るの, 入った雑誌を読ん, 入ったが体, 入った雨戸を元, 入った雨落ちのところ, 入った雪堤である, 入った電報では館林署長解散, 入った電灯でありその, 入った電燈の花笠, 入った青年は我, 入った青酸を私, 入った面白いものだ, 入った革袋も渡しました, 入った頃主人の永左衛門, 入った頃先生はまだ, 入った頃日本の文学, 入った順序は全く, 入ったを痒い, 入ったへ唇, 入った額田王の歌, 入った額縁がいくつ, 入った顔付で直ぐ, 入った顔色で, 入った顛末を尋ねました, 入った風呂上って, 入った風呂しきにしまわれる, 入った飛騨の山中, 入ったになる, 入った飲物を一斉, 入ったです, 入ったで豚, 入っただと, 入った馬大尽嘉門にもしも, 入った馬超の一党, 入った馳走に成る, 入った駕籠の後ろの, 入った縁の, 入った高氏のお, 入った高館などの大, 入ったを如何, 入った魏延はもとより, 入った魔法壜とを河合, 入ったは残念, 入った鮫川の上流, 入ったのよう, 入ったとともにその, 入ったの類, 入ったをかごごと, 入った鶴見の面前, 入った鹿皮の小さな, 入った麗姫が努めずし, 入ったや粟, 入った麦酒一ダースを贈られた, 入った黄ろな壁土, 入った黒い風呂敷を, 入った黒ん坊踊りを演ずべき, 入った黒吉の胸, 入った黒地友染の下, 入った黒姫山の裾野, 入った黒木の山, 入った黒田松千代が, 入った黒蛇を写した, 入った黒蛇蜂に螫, 入った黒鞄をひろげ, 入ったを川, 入ったの先