青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「借り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~個性 個性~ 倍~ ~倒れ 倒れ~ ~倒れた 倒れた~ ~候 候~ ~借り
借り~
借金~ 値~ 倫理~ ~偉い 偉い~ ~偉大 偉大~ ~停車場 停車場~ 健~

「借り~」 3788, 39ppm, 2959位

▼ 借り~ (2798, 73.9%)

103 来て 39 住んで 30 いた 26 きて 24 來た 23 来たの 19 いる, 來て 17 言えば 15 来た 13 来たもの 12 それを 11 来い, 読んだ, 読んで 10 いて, 着て 9 いるの, いるん, 云えば, 來る, 来たん 8 いえば, いる部屋, 住んだ, 行くぜ 7 くれ, 来ると 6 いると, いる家, おいて, これを, そこに, 自分の

5 [11件] いたの, きた, きたの, ゐた, ゐた家, 仕事を, 來い, 来る, 自炊を, 行く, 行くよ

4 [26件] いたが, いた家, いへば, いること, いる二階, きたん, こい, それが, それに, ゐて, ゐる, 下さい, 云へば, 外へ, 始めて, 帰った, 帰って, 帰つた, 戻る, 手紙を, 暮して, 来たので, 来なければ, 私の, 置いて, 行って

3 [35件] ある, いうと, いたので, いました, いる者, きたもの, そこへ, ひどい目, みんなで, やって, ゐたの, ゐるから, ゐる二階, ゐる家, ゑときを促す, 世帯を, 之に, 之を, 事を, 何を, 使って, 婆やを, 心まかせ, 戻つた, 扉を, 持って, 暮らして, 来たと, 来た猫, 来ること, 来れば, 横に, 行きます, 行きますよ, 連れて

2 [165件] あったが, ある自分, ある部屋, いたから, いたこと, いたもの, いた二階, いって, います, いるので, いるばかり, いるよう, いる女, いる室, いる月琴ひき, いる植木屋, え, えの, おいで, おいでな, おくの, おちつく雪見, おれが, お君, お産を, お町, くる, くること, くるの, くれて, くれ給えな, ここで, この世に, この辺, こられた議論, これも, しまった, そこから, そのま, その上, その財産, つっぷして, つても, もって, やるから, やろうと, よいなら, ゐたので, ゐます, ゐる部屋, ダンスホールへ, 一と, 一年分の, 丁寧に, 三人の, 三沢の, 下さるまいか, 二階を, 今夜は, 今日の, 以来順一は, 住み自炊生活, 住むと, 住む事, 住んだの, 何やらサラサラと, 來ても, 來ました, 其処に, 写したん, 出た, 出て, 出掛けた, 刀を, 前の, 古人を, 同棲した, 同棲しよう, 呉れて, 埋めて, 夜中に, 女子づれは, 家へ, 家財だけでも, 寫したん, 小作を, 居た, 居たの, 居た自炊, 山に, 己れ, 帰ること, 年に, 張り込むこと, 彼の, 往った, 往來から, 後から, 急いで, 急に, 急所々, 戸外に, 手足を, 控えの, 数人の, 日本流行大, 明神池見物に, 暫くの, 来たが, 来たよう, 来た書物, 来た本, 来た由来, 来ては, 来な, 来ないと, 来ました, 来よう, 来ようと, 来られたの, 来るという, 来るの, 桃を, 棲んで, 歩いて, 母屋に, 水を, 沖へ, 湯治し, 湯田へ, 準備を, 漸と, 生きて, 着たお, 私も, 移って, 移り住んだ, 細君の, 置くこと, 自分は, 自炊生活を, 薬舗を, 蛾の, 行きましたよ, 行くぞ, 行くの, 行った, 行ったり, 行つた, 行つた限それなりに, 街へ, 表現する, 裏門を, 見たり, 見て, 言を, 身を, 近所の, 返さず親友, 返さぬという, 遠く千住の, 野菜を, 開帳し, 雨の, 養生を

1 [1684件 抜粋] ああし, あげずか, あてがって, あの人たち, あらん限り, あるらしいビル, ある以上, ある程度までは, いい, いくらでも好い, いたくらい, いたその, いたアパート, いた事が, いた八畳二室, いた女給さん, いた少壮, いた書籍, いた玉造, いた紅矢, いた裏, いた間, いた鳥打ち帽, いった, いった金, いないとは, いふならば, いますもの, いやが, いらっしゃい, いるきり, いるだけ, いるのよ, いるよ, いるバンガロー, いる丘上, いる人, いる別荘, いる女優, いる定さん, いる帯, いる有様, いる池内家, いる荒物屋, いる間, うちの, えが, えとき, おいた, おいでの, おきました, おく気, おこうかしら, おった, おられる土地, おるの, お写し, お出で成さい, お守袋を, お累さん, かえったが, かく陳ぶる, きたまえ, きたよう, きたモティーヴ, きた三味線, きた京洛小品, きた恐ろしく, きた衣紋竹, きた鍵, きょうは, くりゃ宜, くるが, くるやれやれ, くる発禁, くれた, くれた家, くれとでも, くれまいかと, くれれば, くれ給えそうすると, こうしてこれ, ここへ, こなければ, この件, この問題, この際ソークラテス, こようと, こられる実在性, これに, ころがして, さしてみました, しきりと, しまいました, しまえば, しまったらとまで, じまんの, すっかり手, せめて不安, そうじしつ, そこで入浴, そこで時子, そのままもらっ, その伝統, その心靈, その明くる日, その死骸, その紐, その通り, その風呂敷, それで頭, それへ, たくさんの, ちび, つい返す, できあがるよう, とりあえず目賀野, どうにかこうに, なかつたり, なほも, のんびり暮せ, ひそかに, ふたたび江戸, ほんとにありがとう, まず以, まだまだ話相手, みずから説く, みたこと, みようと, みる気, もどらう, もらうつもり, やった, やって来た, やっと勝った, やらなければ, やること, やろうか, ゆくぞ, ゆくよ, ようやくこの, ようようこれ, よめるいくつ, わたしたちの, ゐたすべて, ゐたマッチ, ゐた宿, ゐた書物, ゐた部屋, ゐるが, ゐるだけ, ゐるもの, ゐるん, ゐる地所, ゐる日本人, ゐる由, ゐる農家, ゐる面々, ウラの, オレに, グランドピアノを, サンドヰッチの, セントルイスへ, バラツクを, フランシス・メイスンを, メリヤス類足袋新モス腹巻そういった, ラジウムの, 一つは, 一人で, 一代と, 一匹の, 一息入れる, 一時住む, 一泊させる, 一言話した, 七百本も, 三日間開催され, 上げるだけの, 下手人を, 両袖, 中村君に, 久しく還さなかつた, 乗りまわしたり, 乘つて來た, 争おうと, 二人は, 二号艇の, 云い表わしたもの, 云うと, 亡き者, 京都まで, 人寄せが, 人間本位で, 今朝方, 他方へ, 仮住居, 伊達本領の, 住す, 住みしが, 住み始めました, 住むつもり, 住む医師小島, 住む趙錢李孫, 住んでからは, 何んの, 作って, 作物を, 使ふんだ, 來ては, 來るなり, 信心気の, 借りて, 傷を, 僕が, 充分に, 先に, 光秀は, 入れ高架鉄道, 八五郎と, 其処で, 其陋醜を, 再び街, 写したり, 写すよう, 冠つたのだ, 出たり, 出るの, 切り抜いて, 別に弟子, 別居し, 前曲, 助けられたこと, 勝手から, 千浪を, 半切四枚書きなぐる, 半身を, 単に自己, 去年の, 参りやした, 參ります, 取鎮めようと, 台所の, 同居し, 君が, 呉れヤイ, 哲学的範疇としての, 商売の, 営業し, 四郎兵衛を, 土産ばかりに, 坂下関亀山三箇所の, 城を, 墓の, 夏季修養会を, 外に, 夜釣を, 大げさな, 大学の, 天ぷらで, 夫婦同様に, 女中を, 女教祖, 妹と, 娘らしく着飾つ, 學校へ, 宗家の, 実なき, 実際に, 家庭教師を, 家財道具全部を, 寄寓し, 寝床の, 封建より, 専門知識の, 小作し, 小樽の, 尼に, 居た家, 居て, 居られる, 居るね, 居る所, 居士自身の, 屋井が, 山三郎は, 工事を, 差して, 帰ったモスリン, 帰つて行つた, 帰り候, 帰るに, 常吉は, 年う, 店の, 建物の, 弁当を, 弾いたり, 当日じ, 彼等の, 往復二度半荷物は, 後々そういう, 徳川を, 思いがけない愛撫, 悪事を, 懸命に, 我顔を, 戦陣を, 戸袋の, 戻って, 戻る河風, 手柄爭ひ, 払うから, 投げるよう, 押し退ける, 拝ませいという, 持つて, 振子から, 授業を, 損料十円, 放ちやり自分, 散歩に, 文面は, 新編集部, 旦那寺の, 明らかに, 是から, 晴雪楼詩鈔を, 暫く其處, 書かうと, 最初の, 朝と, 木底から, 杉山と, 来かかった旅人, 来たい, 来たか, 来たしと, 来たのよ, 来たまえ, 来たり, 来たタイプライター, 来たブルウ, 来た五合, 来た友人, 来た小形, 来た提燈, 来た権威, 来た猫みたい, 来た葦毛, 来た足駄, 来た駒, 来なくても, 来ましたから, 来ましょう, 来られた写実的, 来るつもり, 来るよう, 来る金, 校勘し, 棲んだところ, 横丁から, 歌を, 此方で, 歸つて讀ん, 歸京の, 殆ん, 母親と, 毎晩さわい, 毛利の, 沖の, 法律案を, 浜へ, 淨瑠璃音頭で, 渓流の, 源次郎を, 漢字を, 漸くの, 灯も, 焼芋屋, 煙草入を, 爺とともに, 犯人を, 独立しよう, 珠の, 生活し, 田地を, 男が, 男恥ずかしい, 発掘する, 皆持ち寄り, 直ぐ仰向き, 看た, 眼を, 着たの, 着ながら, 着込んで, 石崎金次を, 破壊の, 祝宴を, 私が, 私は, 秘かに, 移った, 移転した, 立ててから, 立退, 紅と, 紹介しよう, 絵を, 編輯室と, 縁側に, 置いた劇場, 置かうかとか, 置きながら, 置くと, 置く位, 美味さうに二三服続け様, 聖人にも, 肚の, 胸に, 臨時公演を, 自ら左の, 自分も, 自家へ, 自身で, 舷へ, 芋や, 若干の, 苦学生を, 菜葉を, 葵一茎白薔薇一枝を, 薪代と, 蝋燭を, 行きお礼参り, 行くいずれ, 行くといふ, 行く客, 行こうと, 行ったには, 行った金, 行つたあの, 行つた所が, 行つて一向, 表現せん, 袴と, 裏返しに, 西町奉行所へ, 見た時, 見ました, 見るの, 覧て, 親類も, 言い表わすこと, 言わせて, 詐偽を, 詮議する, 読まうと, 読みつくしとうとう, 読む, 読むという, 読む方, 読んだ時, 譬喩的説明を, 讀む方, 讃美し, 貰いそれ, 貰った, 貰つた訳ぢや, 賊を, 身体に, 辛く膝, 返さない三百円, 返すとして, 逃げて, 通りか, 連絡を, 遅れて, 遣らなくっても, 部屋, 酒に, 重吉の, 金三郎さまと, 釣りでも, 長崎を, 開くこと, 間に, 関東の, 閲して, 隣の, 雑誌社に, 霧繁き, 音楽大会を, 顔の, 飛ばしたいえらく, 飲んだそして, 餅を, 騎らんことを, 髪を, 鳶口を, 黄昏までに

▼ 借り~ (265, 7.0%)

8 なって, 來た 7 来たの 6 来て, 行くと, 行った 5 行つた 4 来た, 来たこと, 行くこと, 行って 3 して, 行くの

2 [25件] いったもの, きたの, なった金, ゆくそれ, ゆくという, ゆくの, 來る, 出かけて, 来たり, 来たん, 来た一段, 来ても, 来ました, 来る, 来ること, 来るの, 来るよう, 来る者, 社へ, 行くん, 行ったの, 行ったはず, 行ったん, 行った女, 走って

1 [147件] いけるだろう, いった, いったくらい, いったこと, いって, うつらなかったこと, おっぽ, きた, きたん, きた男, くるからね, くること, くると, くるので, くるも, くる大名, くる芸術的, けり, こられたため, なったの, なったよう, なった家, なっては, なつた, なつて, なりますか, やってきました, やって来る, やりましたから, やると, やろう, ゆかなければ, ゆきくらし, ゆくところ, ゆく手, ゆく時, よこされたから, ミドリの, 両三度, 乗りつけられたという, 人を, 來たんだ, 來ました, 來やが, 來れ, 入ったが, 出かけた, 出かけようと, 出かけるほど, 出て, 出ようと, 出入し, 参ったの, 参ります前, 参り候, 参り遠い, 寄ったり, 往った, 往つた, 来たか, 来たからって, 来たが, 来たじゃ, 来たその, 来たと, 来たとは, 来たな, 来たに, 来たもの, 来たらしい, 来たんぢ, 来た序, 来た旬報, 来た時, 来た様子, 来ちゃあ, 来っこないよ, 来ては, 来ない, 来ないの, 来は, 来ます, 来られた義理, 来られる訳, 来り二十円, 来るじゃ, 来るとは, 来るのに, 来るもの, 来るよ, 来る一郎, 来る人, 来る今回, 来る位, 来る客, 来れば, 東京へ, 此方へ, 歩いて, 歩く交通費, 母屋へ, 百姓家へ, 落ちこんだよう, 行かうか, 行かうと, 行かなければ, 行きたれど, 行きぬ, 行く, 行くだけの, 行くという, 行くとしても, 行くなどという, 行くので, 行くのに, 行くほどの, 行く所, 行く時, 行く気, 行く者, 行けば, 行こうかと, 行こうといった, 行ったが, 行ったこと, 行ったって, 行ったと, 行ったとき, 行ったので, 行ったもの, 行ったらもう, 行ったら兄, 行った呉梅村詩, 行った帰り途, 行った時, 行った間, 行っても, 行つたのである, 行つたら, 行つたん, 行つて皇軍の, 見えたの, 見えました, 走ったの, 走りまわらんならん, 遣つた, 駆けつけました者

▼ 借り~ (79, 2.1%)

8 あるん 6 ある 5 あって 4 あるの 2 あった, あるから, あること, あると, あるわけ, ほうぼうに, 出来た, 利くので, 溜まって

1 [38件] あったから, あったね, あつた, あつて, あるかは, あるがね, あるって, あるとは, あるなど, あるので, あるよう, ある身, いくらに, おそろしいほどの, ございましたし, ございます, たくさん控え, できずまた, できたの, できたん, できて, できてるわけ, ひかれて, 出來, 出来いや, 出来たの, 出来たよ, 出来たらしい, 出来て, 出来てるので, 出来るの, 多いので, 左の, 有る者, 溜ったので, 溜つてもう, 溜つてゐる, 相当ございます

▼ 借り~ (53, 1.4%)

24 して 2 しても

1 [27件] いじめて, かえすため, こしら, こしらえた例, した, したところ, するの, つくるよう, みな払っ, やめて, 作って, 全部すましたら, 全部払った, 全部支払っ, 帳消しに, 思ひ出したんで, 払ったとか, 払って, 拵えた覚え, 拵えると, 拵へて, 月に, 薬屋に, 責め立てやがって, 返せない, 追い立てたって, 重ねて

▼ 借りたり~ (43, 1.1%)

11 して 5 した 2 何しろ細工

1 [25件] いろいろ世話, したいきさつ, したが, したん, しても, しなければ, しましてね, すること, するの, するよう, するよりは, するんで, つまり日蝕パレス, ややこしいこと, ティ・ルームで, 亭主に, 仕事口を, 他人の, 仲御徒町の, 写させて, 四方八方から, 手を, 杖を, 足柄を, 饂飩粉を

▼ 借りもの~ (41, 1.1%)

3 のよう 2 だと, の小説

1 [34件] じゃない, だ, だが, だぞ, だっけな, だったと, だったの, であった, であったり, であり恥かしく, ですが, でないよう, でもなく, でも不知哉丸さま, でも真似, で結果, なんかで, になっ, になってる, に過ぎない, に過ぎなかつた, のフロック, の思想, の機, の沖仲仕, の白むく, の籠, ゆえここへ, らしい姿, をこれ, をしか人々, をはさむ, を俄, を容易

▼ 借り~ (39, 1.0%)

2 ために, 寺へ

1 [35件] あるもの全部, ある大屋さん, ある聾桟敷, ある茶屋, ある賣女屋, ある連中, きく飲み屋, ことを, できたあと, できるくらい, できるの, ところから, ものが, 二百フランだけに, 住居を, 全部を, 利くの, 姐さんと, 家から, 家を, 帳消しなど, 帳面づら, 年増を, 広告を, 建長寺内の, 払いや, 方が, 暮しを, 武者修行者か, 溜って, 生活から, 発音らしい, 者ども, 連中が, 部屋の

▼ 借りても~ (25, 0.7%)

3 いい 2 いいの

1 [20件] あなたに, いいし, いいでしょう, いいなと, いいん, きっとだれ, その数千分の一以下, そんなに見物, よい, 何の, 可いかね, 好い, 尚お, 必ずだれ, 急を, 期日には, 相当用は, 親の, 返す見込み, 駄目

▼ 借りては~ (20, 0.5%)

1 [20件] いけないでしょうか, どうだろう, どうです, ならずそれ, よく絵, ゐるが, 何うかと, 其児の, 其処から, 彼方に, 指摘出来ない, 此方に, 的を, 自分の, 過ごして, 酒色に, 集会や, 面白いもの, 食いして, 食い借りては

▼ 借り~ (14, 0.4%)

2 したが

1 [12件] おろか塩の, しないよ, ないぜ, ないという, ねえん, 借りだ, 勝負の, 小さくは, 帳消しに, 拵へる, 致さぬ, 踏倒すつもり

▼ 借り~ (14, 0.4%)

1 [14件] した覚え, しないのに, せずに, その中, できて, できるが, ないから, なく家内中, 出来た, 四百円に, 嵩んで, 拵へ, 相当溜つて, 貸しも

▼ 借りそれ~ (11, 0.3%)

2 を持っ 1 がまだ, が積り積, にのっ, も同様, を東海道, を河原, を知らず, を返せない, を部屋

▼ 借り~ (11, 0.3%)

1 [11件] いって, いと云う, いと思つて來, いと思つて來たん, いと思ふ, いな, いの, い事, い其の, い為, えとあつし

▼ 借りそこ~ (7, 0.2%)

1 から博文館, にて自炊, には一脚, に一人住, に四五十人, はもう, を発行所

▼ 借りながら~ (7, 0.2%)

2 その本心 1 テンポの, 小さい聲, 山羊脚の, 立ち上がらせた, 自ら言った

▼ 借りやう~ (7, 0.2%)

1 かしら, かと思つて, が無え, と云, と思った, と思はぬ, と覚悟

▼ 借り~ (6, 0.2%)

1 その叔母さん, ノッポで, 山の手から, 引き籠, 来た時分, 間に

▼ 借りでも~ (6, 0.2%)

1 あったの, あるか, あるの, したかの, 世帯を, 返す工夫

▼ 借りその~ (5, 0.1%)

1 ま, 抵当に, 蒐集せし, 貌を, 門の

▼ 借りっぱなし~ (5, 0.1%)

2 でとても 1 で盛ん, になっ, 負けた方

▼ 借りての~ (5, 0.1%)

1 ことで, 一人住居母親が, 方から, 話だった, 走り書であろう

▼ 借り~ (5, 0.1%)

1 なの, にやっ, に年, のつもり, を値切ってる

▼ 借りっ放し~ (4, 0.1%)

2 にし 1 さ, にしてる

▼ 借りてでも~ (4, 0.1%)

1 会話に, 彼等仲間の, 来たらしく思われますが, 洋服を

▼ 借りきり~ (3, 0.1%)

1 で壹圓五十錢, の部屋, の食堂

▼ 借りさえ~ (3, 0.1%)

1 あるかも, しなきゃあ, すれば

▼ 借りそこで~ (3, 0.1%)

1 極度に, 花を, 身なりを

▼ 借りそれから~ (3, 0.1%)

1 もう一間, 丁度日清戦争, 飲み歩く九州

▼ 借りつけ~ (3, 0.1%)

1 になっ, の裏, の賄屋

▼ 借りばかり~ (3, 0.1%)

1 だ, 作って, 次の

▼ 借りまた~ (3, 0.1%)

1 その人, その手形, やり方が

▼ 借り~ (3, 0.1%)

1 ず, り, れるなり

▼ 借り~ (3, 0.1%)

1 くること, くるには, くるを

▼ 借り~ (3, 0.1%)

1 たったこと, たった言葉, たれり

▼ 借り~ (3, 0.1%)

1 ひたもの, ゆる事, をすます

▼ 借り~ (3, 0.1%)

1 が勝手, は妻, も高輪田さん

▼ 借り自炊~ (3, 0.1%)

1 の保養, をし, をしてやる

▼ 借りから~ (2, 0.1%)

1 一軒の, 満州へ

▼ 借りここ~ (2, 0.1%)

2 で夫婦差し向い

▼ 借りこれ~ (2, 0.1%)

1 に乗り, を着まし

▼ 借りだけは~ (2, 0.1%)

1 一生かかっ, 返すこと

▼ 借りちゃ~ (2, 0.1%)

1 いないん, 好くない

▼ 借りてが~ (2, 0.1%)

1 おがむ由, 見つかった由

▼ 借りてと~ (2, 0.1%)

1 云うの, 火急に

▼ 借りてまで~ (2, 0.1%)

1 我々に, 金を

▼ 借りであり~ (2, 0.1%)

1 何かという, 鳥屋で

▼ 借り~ (2, 0.1%)

1 つた金の, 云っても

▼ 借りという~ (2, 0.1%)

1 のは, ひょんなこと

▼ 借りなんぞ~ (2, 0.1%)

1 あっちゃ, してる始末

▼ 借りにな~ (2, 0.1%)

2 つてゐた

▼ 借りには~ (2, 0.1%)

1 いつたとき, 行けぬと

▼ 借りものの~ (2, 0.1%)

1 いわゆる, 智恵なんかは

▼ 借りよう~ (2, 0.1%)

1 にも身, をする

▼ 借り下女~ (2, 0.1%)

1 を一人使つて下宿, を雇い

▼ 借り久米~ (2, 0.1%)

1 を借り, を借りし

▼ 借り~ (2, 0.1%)

1 へ食事, を相

▼ 借り二階~ (2, 0.1%)

1 へお, へこちら

▼ 借り~ (2, 0.1%)

1 がなく, の猟師

▼ 借り~ (2, 0.1%)

2 に立憲大臣

▼ 借り切り~ (2, 0.1%)

1 にし, にした

▼ 借り~ (2, 0.1%)

2 に利

▼ 借り実家~ (2, 0.1%)

2 の別姓

▼ 借り~ (2, 0.1%)

1 の中, への途中

▼ 借り数年~ (2, 0.1%)

2 に亘っ

▼ 借り歩き組~ (2, 0.1%)

1 の主婦, の代表格

▼ 借り~ (2, 0.1%)

1 を一杯, を汲ん

▼ 借り~ (2, 0.1%)

2 まする敷金

▼ 借り自分~ (2, 0.1%)

1 に残った, の終り三日

▼ 借り蚯蚓~ (2, 0.1%)

1 を掘っ, を掘つ

▼ 借り~ (2, 0.1%)

1 て大, て大いに

▼ 借り~ (2, 0.1%)

1 で勿來關址見物, で勿来関址見物

▼ 借り逃げ~ (2, 0.1%)

1 されるよう, は致さぬ

▼ 借り~ (2, 0.1%)

1 だけは家主, をよばれ

▼ 借り~ (2, 0.1%)

1 を借り, を料理

▼1* [201件]

借りあらゆる名ある, 借りあるひは, 借りいちばん上の十二, 借り君を, 借りお袋や妹, 借りかつフィジオクラットが, 借りかみさんは麻つなぎ, 借りぎりで遺骸を郷里埼玉, 借りぐらいは返せるだろう, 借りこっそり隠れるよう, 借りこの高時, 借りこもごもに語りあっ, 借りこれから働いて, 借りあ行っ, 借りしかも階下は, 借りしみ吉野の竹林院, 借りしも二度三度車夫亦, 借りすぐ書面を, 借りそくなったので, 借りそして二句拾ふ, 借りそれ以上の作, 借りたりさ厭, 借りたりなどした別荘, 借りよ, 借りだけあって, 借りだらけになった, 借りちやゐないん, 借りっきりなのよ, 借りってそれさえ, 借りついでに煙草, 借りついには主人, 借りてからにしようと, 借りてさ天引四割と, 借りてさのん気に, 借りてね君の, 借りてまでも行きたか, 借りてを見つけなさるかも, 借りともなれば, 借りとを調べ上げ一つ, 借りどんなブルジョウアかと, 借りなお大臣から, 借りながらでもたった十四文字, 借りなどする事, 借りなにかサラサラと書きつける, 借りなんか拵へる, 借りにでもなれるならみんな, 借りにとゆく農家, 借りにばかり往って, 借りにも行かなくなってから, 借りはじめて世帯を, 借りばあやを一人雇って, 借りぱなしにしていることまで彼等の攻撃材料, 借りふたりで住み, 借りまで背負いこんだ様, 借りむろん安二郎は, 借りもの七分オリジナルの部分, 借りもの責め手もみ, 借りやあがった襖, 借りやすくなったので, 借りようやく小屋掛けも, 借りオリガとその, 借りオリュンポスに逃, 借りガレージのゆか, 借りコロツケを貰, 借りチグリス河をさ, 借り放しだそう, 借りッぱなしである, 借りバットの箱, 借りラヂオ避難所となす, 借りまづ決算, 借り一人の子供, 借り一同をそこ, 借り一年の後, 借り一時信州の里, 借り七月一杯は居た, 借り三人ともに腹切, 借りから下, 借り申候, 借り世帯を持ちまし, 借り両国から向嶋, 借り二町程離れた, 借りけてゐる, 借り他人の暴威, 借り佐吉は店, 借り來つたに拘らず, 借り來つて地に置き, 借り來つて彼の人物, 借り來つて首尾よく東漢, 借り修繕を加え, 借りひぬ, 借りへたる, 借りに費用, 借り元気は一時, 借りの家族, 借り共々に戸, 借り其所におりました, 借りへて僅, 借り十四五名になった, 借り半ばは個人教授, 借り半分ずつ使っ, 借り友達の夫婦, 借り取立て申すもの有, 借り同志大和田忠太郎君のところ, 借り同棲すること, 借り吾らに手出し, 借り和訳された漢文口調, 借り哀れなる一夜, 借り園長の指紋, 借りにも見た, 借り大奥の腰元全部, 借り大家さんは裏, 借り大工を雇っ, 借り天道様の顔, 借り奸計を用, 借りの寝台, 借り威風堂々と, 借りに小間物, 借り学校が同じ, 借り學問上非常に意味, 借り石川原町の, 借り小女を雇っ, 借り少しずつ貧しい, 借り少時計算せらるると, 借り山田が差, 借りに幸田先生, 借りの御駐, 借り帰朝後僅かな月給, 借り度いからあつし, 借り度いものだな, 借り子の, 借り役所をし, 借り彼等をそこ, 借りに正確, 借り得らるる便宜, 借り御馳走になる, 借りが薄い, 借り掃除をし, 借り放題にあさ, 借り数日の米, 借り方便にすべき, 借り明け方まで抱い, 借りからお, 借り春野八重子の引抜き, 借りとすれ, 借り木ぐつをつくって金のかわり, 借り本家の下男, 借り本道を回り, 借りを貰, 借り梯子をおろし, 借りと同じ, 借りの枝, 借りの日, 借り武田一族を狩りつくす, 借り武者にて伏見, 借り毎日毎日馬にばかりかかっ, 借り永島たち三人は無論, 借り深夜孤燈の下, 借り煙草に点火, 借り燗瓶杯洗を調え, 借りのよう, 借りの外, 借り真に身ぶるひする, 借り神妙に小説, 借り私達は自炊, 借り稲刈を共同, 借りの上, 借り紋太郎が江戸, 借りはば二割三割, 借りがなんで, 借り聴衆を集め, 借り自らこれをまとう, 借り自動車や黄包車, 借り自炊生活でもやる, 借りして, 借り芝居の衣裳付, 借り葮簀張の掛茶店, 借り蒐めてゐる, 借り蒲團の床, 借り衣裳をし, 借り衣食いっさいのこと, 借りの辨當屋, 借り言葉だ, 借り諸君の一粲, 借り足駄を借り, 借り近所の婆さん, 借り道太郎や他, 借りを貰う, 借り野良犬から狎, 借り釣り竿と魚籠, 借りの前, 借り長兄の家, 借り非常に暑熱, 借りのよこ, 借り顔良文醜などを, 借り食ひで仆されて, 借り食事は外, 借りを薫じ, 借り打毬場, 借り馬籠の伏見屋あて, 借り高く吾人の, 借り高飛車に出た