青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「入~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

光秀~ ~光線 光線~ ~兎 兎~ ~児 児~ 兒~ 党~ 兜~
入~
~入っ 入っ~ ~入った 入った~ ~入り 入り~ ~入る 入る~ ~入れ 入れ~

「入~」 2920, 32ppm, 3721位

▼ 入~ (750, 25.7%)

32 中に 17 中から 9 中を 8 時に 7 中には 6 中へ 5 上に, 方へ, 蓋を 4 ような 3 トランクを, 中の, 仕度に, 代りに, 寝るや, 指環を, 指輪を, 波へ, 箱を, 色に

2 [43件] い, ときに, ま, みぬま, ようだ, 下着を, 両袖, 中にも, 中は, 事を, 友仙は, 口へ, 外に, 大きな壺, 妻と, 小箱, 少い過去帳, 屆いた, 川の, 底へ, 彼岸花, 徳利を, 戸棚などを, 戸棚の, 折に, 時は, 時よく, 波, 波から, 爲に, 牛乳鑵が, 物を, 瓶が, 習合だ, 聟の, 股引を, 色, 金を, 金具を, 際に, 靱を, 顔を, 首を

1 [536件 抜粋] あった事, あった場合, あった時, あっぱれ草の, あつた, あるべきこと, ある四宿, いぶりくすぶった色あい, うえに, うつくしさ, おもい出ばなし, お仕度, お礼の, お菓子と, からだも, からみついた相手, くちもと, こころの, こと, ことか, ことが, ことは, ことや, ございましたので, さきざきで子供を, さとり楽し, しずや, したくにて, して, してない原本, その当日, たぎり立つ人気, ためな, ために, だらけた袖口, つくろひを, つもり御, ところへは, どてらと, なかから, なかを, ほかは, またいで, ままそれを, まま他の, まま茶を, むすめ, ものは, ものまたは, よい短い髭, ようである, よく行き届いた, アイスクリーム, アブセンス, エナメル靴を, オムレツを, カシミヤであったごとく, カマスは, コツという, シガレットを, シガレツト・ケースがの, シヨウルの, シルシまでに, スープと, セロファンの, ディーゼル, ドーブレクは, ビスケットを, ボロを, ポケツトから, ポタージュうまし, メタルに, メルトンの, ライスカレーを, レコード, 一つさえ, 一件であった, 一寸よい, 一年間を, 一箱は, 三兩の, 三国志に, 三組の, 上から, 上さんが, 上さんは, 上さんを, 上にも, 上へ, 上ん, 下には, 不器量, 不足を, 中が, 中入見た, 丸缶の, 丸薬を, 予測以上万事うまく, 事が, 事においても, 事について, 事や, 二二一を, 京人形蝶の, 人形を, 仕度が, 仕度の, 代は, 代金は, 佗助の, 作で, 侘助の, 供を, 側臣池田丹後守も, 傍を, 傘曳馬を, 僞首に, 儀は, 先陣は, 共同態でなく, 内容の, 処は, 出所などは, 函に, 函単位でない, 初期であった, 利益の, 前に, 前を, 前掛, 劍士との, 力を, 勘定だらう, 匂袋で, 化粧を, 十倉といふ, 十字架の, 千字文と, 半切を, 半纏を, 半襟栗梅の, 単物に, 博多の, 危険を, 卷煙草と, 原文は, 口を, 口約だけ, 口紅は, 古書や, 句と, 句を, 叺の, 叺を, 名で, 和本とが, 和紙に, 品として, 品まで, 品物の, 唐本で, 唐本の, 唐本を, 喜悲劇であった, 四角い行李, 型, 埋火, 城へ, 報告を, 場所である, 塩竈が, 外は, 多い職業, 多かつ, 夢や, 大きなよう, 大トランク, 大廂髪, 大書棚, 大理石を, 大盃, 大盞, 奇策は, 奥に, 好い所為, 如きも, 妻も, 姫との, 姿を, 婆あ, 嫡子紀伊守が, 子とも, 子の, 子息紀伊守が, 字を, 季題に, 学用品などを, 孵卵器を, 安いの, 安物であります, 宝袋なぞ, 客人に, 家士竹村小平太だ, 容貌評については, 密書を, 寒蘭の, 寝巻に, 寝衣, 寝部屋, 小さな時計, 小バケツ, 小册子, 居室だった, 届いた頭髪, 届か, 屍蝋と, 山を, 山伏は, 岡崎奇襲の, 巻煙草と, 布子に, 帽子を, 幾分を, 床几の, 底が, 底に, 弁護士か, 引出物にといふ, 引率する, 当日であろう, 得意顔を, 御法事, 御申渡, 恰好には, 悩みは, 悪い映画通, 悪かった, 悪魔を, 意中それも, 意味を, 戦法は, 戦略は, 戸棚とを, 所在さへ, 手当てとして, 打物白紙を, 折は, 折手本を, 持主の, 持主は, 指環が, 指環です, 指環や, 指輪と, 指輪の, 指輪よりも, 捜査を, 支度で, 数多い諸国, 新刊書の, 方が, 方は, 方も, 方法を, 日である, 日の, 日を, 明石唐繻子の, 易経十三冊は, 昔話は, 昼寝も, 時も, 時より, 時を, 時使つてそれつ, 時支度の, 時肝腎の, 晩花嫁を, 書は, 書物では, 書物に, 書翰に, 有樣, 服を, 松の, 根締の, 根附が, 桶が, 楷書で, 楽の, 槍踊りは, 様式である, 樽を, 櫛を, 欠けた研究態度, 歌の, 正宗の, 武勇も, 武名にまで, 段口に, 殺風景で, 殿樣に, 母や, 毛衣だけは, 気持で, 水を, 沢へ, 波の, 波まで, 波までは, 注意は, 洋書が, 洋菓子の, 減つたに, 減つた時に, 減少, 満洲服, 滋養麺麭, 澤へ, 灰へ, 烏めと, 煙管は, 煙管を, 熱すぎない, 牧場なぞが, 牧場に, 牧場を, 玉の, 玉子焼なぞが, 玉子焼は, 現在作物の, 瓢は, 瓢箪を, 瓢箪今日は, 瓢箪裸男の, 瓢箪誰の, 用向を, 田舎の, 畑に, 當不當は, 白だ, 皇帝の, 目録代りに, 直径は, 相方に, 真中に, 眼が, 着流しその, 石印本などが, 砲丸で, 破屋の, 硝子壜だった, 硝子壜を, 神籤を, 種物沢山で, 積りで, 空瓶を, 空罐を, 立合が, 立札が, 立派な, 端を, 笑いには, 筒で, 筒袖で, 策も, 箪笥の, 箱が, 箱の, 約二十倍, 紋附を, 紙は, 紙や, 紙を, 紙幣は, 紫を, 結構な, 絽の, 続く商売, 綿が, 縁に, 缶の, 美本を, 羽織を, 翅を, 老母や, 老臣伴道雲が, 考えが, 耳を, 聟が, 聟森武蔵守が, 聟森長可めに, 背中を, 胸に, 胸の, 自由です, 茶, 茶の, 茶台に, 草双紙に, 菓子なり, 菓子を, 菓子箱としか, 落ちて, 著物, 蓋附桶を, 薄い菓子, 薫の, 藁沓や, 虐殺を, 行列から, 行列などが, 衣朝な朝な, 衣裳の, 衣裳や, 袋であった, 袖に, 袖無を, 裏である, 裏の, 補ひとなり, 見事な, 視察を, 角砂糖を, 記には, 許も, 話なんか, 話には, 證據が, 財布の, 財産に, 貧乏徳利を, 賞の, 贈物を, 贋物に, 足もとに, 軍勢も, 軍監と, 透明な, 途が, 途を, 遊覧目録といった, 道は, 道中と, 道具が, 道案内も, 適齡期をや, 遺族たちを, 遺族と共に, 酒だるだ, 酒を, 酒壜を, 酒樽を, 醜男の, 醤油徳利と, 醤油樽を, 重要書類を, 金といふ, 金に, 金具だ, 金具だの, 金具の, 金具ばかり, 金魚や, 鈴木家の, 鉄砲玉を, 銀の, 銀瓶と, 鑵詰に, 長唄を, 長嫡子, 長男紀伊守之助と, 間に, 間へ, 際の, 際英為替二志三片であった, 雑炊を, 雑誌などにて, 雲山は, 霜菊の, 面紗で, 靫を, 鞄から, 鞄を, 韃靼服を, 頃は, 頌文を, 顔に, 類は, 類を, 餅である, 餌が, 餌もね, 馬の, 鳥銃が, 鶏, 麦湯を, 黄財布だ, 黒痘瘡だ, 鼻紙を

▼ 入~ (715, 24.5%)

45 出して 33 して 15 忘れて 14 持つて 11 着て 9 取り出して, 腰に 7 持って 6 した, 取出して, 手に 5 出した 4 すること, 出すと, 取って, 取出した, 帯の, 拔く, 置いて

3 [15件] したこと, したの, しようと, すると, するの, 取り出した, 取出し, 取出しました, 懐に, 拔い, 着せられた, 縫って, 腰へ, 見ると, 重ねて

2 [33件] お忘れ, させたらばと, させて, させること, したものの, したよう, したり, しないので, しなければ, するよう, せられた事, ぶらさげて, 二枚重ね, 以つて僅かに, 何枚も, 借りて, 加えて, 取りに, 左の, 得て, 懐中へ, 手から, 手拭に, 抜いて, 抜きました, 抜き出して, 拔きます, 探り出して, 提げて, 盗んで, 納ひかけた, 開けたら三千代, 開けると

1 [410件] あけて, いくつも, いただき候, いつも一人, うけるが, うんと大きな, おしの, かえさし数日間, かさねたこと, かさねたぽか, かさねる, からまれたよりは, がらがらさせ, きた一人, くれて, くれますの, ここへ, こしら, こっちへ, この小説家, さしたり, さして貰った, さし刀, させた, させたくない, させたという, させられては, させ時おり, さらった第, さらつて姿を, された, されるよう, しかけて, したかも, したが, したと, したのち, したので, したばかりの, したやう, した今, した女, した日下部, した見事, してから, しても, しないと, しない囲, しなかつたの, しなくちや, しなくてもよ, しまい風呂敷包, しましょうかネ, します, しますと, しまった, しまって, しまひ込み, しやう, しようかと, しようとして, しろナニ晩餐, すすめたわけ, すっかり空っぽ, すべき時節, すましかかったが, する, するです, するという, するとき, するとき頭, するについては, するにも, するやう, するんで, する図, する好い, する家, する時, する樹明君, する畑, する肥, する芸人たち, する芸人達, する角力取, する金櫛, すれば, ずらかし込んで, せぬ処, そのまま懐中, それごとお, だした, とられたが, とり上げながら, とり出した, どこへ, なくした顛末, なさっても, なしても, なすって, ぬいだ身心, ぬがう足袋, ぬぎ火燵, ぬって, はじめたり, はじめるかな, はじめ嫡男の, はたいた, ふらふら, ぶらさげ舳, ぶら提げて, ぶら提げながら, また取出した, もって, やつた, やられたの, わざと丁寧, ズイと, ライターと, 一つと, 一つ取出しました, 一つ拾うた, 一つ見付けた, 一万四百と, 一函頂戴した, 一枚づゝ帶を, 一枚正一に, 一箱宛買いに, 一箱買い求め, 三箱買う, 両手に, 乞うことば, 二つこし, 二つ襲ね, 仕組んだ野郎, 仕舞い忘れて, 仕舞つて起ちかける, 他所の, 伊沢の, 何うし, 何と引, 何んだ, 作らなければ, 作りました, 先鋒と, 入れたの, 其の包, 写し出すこと, 出し, 出しかけたが, 出したが, 出したので, 出しながら, 出しまして, 出し笛, 出し鍵, 出す, 出せば, 出そうと, 加えたり, 加えた物置, 勧める小娘, 包み帯, 取つて, 取つて貰つて, 取りだして, 取りだすと, 取りや, 取り上げた時, 取り上げて, 取り上げると, 取り出しその, 取り出しながら, 取り出し徐に, 取り出す, 取り出すと, 取り出すの, 取り出そうと, 取り扱うよう, 取ろうとも, 取ッ, 取上げて, 取出しながら, 取出し一服, 取出し中, 取出し厭, 取出し帛紗, 取出し平次, 取出すと, 取出すの, 取出せしが, 受取って, 受取ると, 叩いて, 右手に, 司り以, 合せて, 呑氣に, 命ぜら, 命ぜられた, 命ぜられたが, 命ぜられ家督相続, 命ぜられ英太郎, 命令的に, 唯一つふところ, 啓け, 増加せん, 多くせん, 奪はれし, 始めた, 始めたといふ, 始めなければ, 始め祖母, 嫌がる人, 差して, 差すと, 差込みながら, 差込む, 帯に, 帶から, 帶の, 弄つてゐた, 引き寄せて, 引つぱり, 引出して, 引出しながら, 引出すので, 引奪り, 引寄せる, 引寄せんと, 強うる, 彫つた遊び人, 彼女に, 彼女の, 待ちうけ, 待って, 得るかと, 得ると, 得心あろう, 忘れたり, 忘れた事, 忘れた焚付, 忘れましたが, 怠らしめざるよう, 怠りそれ以外, 急ぐなり, 恍惚視めて, 意気込んで, 懐より, 懐ろへ, 懐中し, 懷に, 懷ろに, 所持なし, 投ります, 抜いた, 抜いたの, 抜きます, 抜き出したが, 抜き取った時分, 抜き取ってね, 抜き取り浜納屋, 抱えた山羊髯, 拔かれ, 拔き取つ, 拾ったもの, 拾つたときすぐ, 拾つた者は, 拾つてその, 拾つてや, 持て居ない筈, 持ぬ, 持出して, 持込んだ, 持込んだ人間, 持込んだ奴, 指差し, 挙行されない, 挙行する, 振り振りモッコ, 挿み, 捨てて, 捻り出す, 掌の, 掏った, 掏られ, 探す隙, 探って, 探らせるので, 提げ不粋, 提げ惣次郎, 提げ片手, 握った手, 握つたま, 握り頭, 放すに, 敲いては, 斷つて潔白な, 早く腰, 月の, 木兎引の, 検視し, 横目に, 死なせたは, 死骸から, 死骸の, 添へて, 済ましてから, 済ませたらうと, 済ませて, 満座の, 濟ませ, 濟ませました, 為す事, 照らして, 爲るで有らう, 田町の, 申付けられた, 発見され, 盗み取るかを, 盗んだ武士, 盜らず, 相手の, 着かけた時, 着たなり, 着たまま, 着た下女, 着た肩, 着はかまハ, 着物越しに, 着用せり, 着込んで, 知つてるだらう, 私の, 突きつけて, 突込んだ, 終りて, 縁側へ, 置忘れました, 老人の, 聞きつけて, 股引へ, 脱いで, 脱ぎ捨て, 腰から, 膝に, 致さねば, 致したと, 致して, 致しては, 致しましたの, 致します, 致度候に, 落したか, 落したって, 落したもの, 落した時十二文, 著た, 著て, 蒲團の, 處理する, 行李の, 衝立の, 衣嚢に, 袂なり, 袷に, 裸の, 要も, 見せたが, 見せて, 見た, 見たし, 見たるも, 見つけようと, 見て, 見ま, 見付けたの, 見極めなかつたん, 見物に, 見送った後, 許された, 証拠として, 評して, 認めないやう, 誤りて, 誰が, 調べて, 調べ出した, 買う, 買おうと, 買った, 買って, 買つたのよ, 貸して, 走らせて, 足下から, 通すだけでも, 違棚から, 重ねた上, 釣つたのさ, 開く, 隠して, 隱した, 頂戴し, 預けて, 預ったという, 頼むと, 頼んでから, 鳴らしながら, 黒襦子の

▼ 入~ (216, 7.4%)

7 して, 調べて 6 なって 5 入れて 4 手を 3 煙草が 2 するとか, 何の, 挾んで, 眼を, 見て, 調べた上

1 [172件] あらず必ずしも, いくらある, いって, お化粧, お育てなさる, お腹を, かかって, かかる, かかるほどに, くるまれて, さがしたの, したの, しては, しまう時, しまひ, しようと, しらべて, しろ形, しろ村長, すこしの, せねば, そねみや, その銀貨, なったあなた, なったが, なった事, ならなかつたの, なりおる小さき, なりましては, なりませんでしたろうか, なり吉見英太郎, なる, なるお, なる徳川喜久子姫, ぬい入れて, まさると, やった, わたくしは, イヤな, コツンと, スポリと, 二つ三つ小粒が, 二十両遺っ, 二階を, 何か, 余所行の, 作ったもの, 作る, 依つて富, 僕の, 入って, 入つて, 入れた, 入れたが, 入れてよ, 入れないで, 兩方を, 八十五錢と, 出かけたるが, 出かけて, 出て, 出来て, 十コペエケンより, 及ぶもん, 及んだ列卒, 口を, 同じ羽織, 呼出されても, 土鉢ながら, 在る水, 地球の, 夢中に, 大金を, 女房の, 始まって, 宜い, 對し, 小粒が, 届いた, 嵌めて, 巻いて, 引いて, 引懸った, 往こうと, 往來から, 從つて植村家へ, 心を, 心配なく, 手間取り午後, 抵り, 押しながら, 拂あづかり, 担ぎそう, 挾んだま, 挾んだ小菊, 挿して, 捜し廻った末, 捲き込んだ品, 掛る, 搜し, 敷島を, 文藝春秋社の, 新橋を, 日数を, 時間を, 有合せの, 来た頃, 染めて, 検出しました, 汚れて, 注意した, 洗って, 渋で, 湯銭も, 火を, 焼き付けられて, 煙管の, 片づけた後, 物思ひ, 監督を, 相成りその, 相成りました由, 眺めて, 着更, 瞞着れ, 立ち合つた, 粗末な, 納めて, 紫袱紗で, 紺足袋穿という, 締って, 縛られちゃ, 縮緬の, 落語を, 葬られた老, 行かねば, 行く奉公男女, 行った時, 袴を, 要する資本, 見ると, 見廻つたといふ, 覗いて, 観察し, 觀察し, 言う以上, 訊ねて, 診た後, 診察した, 認めなくっちゃ, 誘われ秀吉, 調べたこと, 調べましたが, 調べられました, 調べるの, 調べ始めたこと, 調べ始めました, 譲って, 足らざるの, 身仕舞を, 通って, 逢うの, 遣って, 金は, 金を, 鉈豆の, 銭が, 閉めて, 頼んじまおうじゃ, 駈けつけた隣, 黒手八丈の, 鼻を

▼ 入~ (174, 6.0%)

5 あつた, 落ちて 4 して, ない 3 ある 2 あって, ありましたよ, あるので, どうした, 無くなったり, 無くなつ, 物を, 赤や

1 [137件] あったり, あってから, あつて官林, ありその, ありそれ, ありは, ありません, あるかも, あるから, あるけれども, あるだけ, あると, あるはず, ある時計, ある莨入, あれば, あろうと, あんまり厳しい, こたえました, この奇襲直前, これへ, ころがって, ございます, させたい御, そこで, それが, それだけの, それだけ減る, それを, たった一朱, ないッさ, ない切符, なかった, なかつたの, なくつてさ, まだ池田勝三郎, よく行屆, ケチを, ゲンゾ古い, チヨイチヨイおこなはれる, 一つ, 一つそこへ, 一つ乘つ, 一つ金唐革の, 一人で, 一個有りました, 与つて力, 乗って, 乘つては, 二つ要る, 京都でも, 京都大学でも, 人殺しの, 今度は, 今日フト箪笥の, 今朝庭に, 何事かを, 何時の間にやらなく, 作戦の, 入れて, 八十円ぢや, 出来たの, 出来て, 出来ないので, 出来ること, 出来るの, 到着する, 加はり錯乱し, 十と, 十七も, 半三, 參れ, 可い, 吾, 品切れて, 垣の, 城主と, 多くて, 大変と, 大變, 好き, 始まると, 完全に, 寂しくては, 屆かねえ, 山で, 岩崎城の, 年に, 幾分減つた, 引っかかったの, 惡くつて, 手を, 早かった, 昔あった, 昨夜主人の, 有さうな, 有るが, 有る者, 木蔭に, 本當, 村に, 梯子の, 梯子段の, 死骸の, 殺された半三, 流行った, 済みました暁, 済んだらお, 渋の, 潜めて, 番頭が, 皆江戸物, 私の, 秘計を, 突ッ立った, 終ると, 老母に, 肚を, 腹心の, 自分の, 自身馬を, 落ちやす, 行われて, 行屆い, 行届いて, 見えなかつたとやら, 見えなくなりましたよ, 見えませぬ故, 見付かりました, 證據に, 遅いから, 運悪く, 遺して, 間に合いませんで, 阿倍川町の, 飛んで, 高くなる

▼ 入~ (155, 5.3%)

3 ない 2 出て, 届いて, 恐ろしい広い緩傾斜, 秀吉の, 錦かなんかの

1 [142件] あるが, いくらで, いたしたくございません我儘, おかしげに, おすみです, お金を, この日, この蓋, これに, ございました, さっきから, さらに歎息, したものの, したやう, その問題, その筈, その頃, そばに, それじゃ, それ程好い, できないわと, できまいか, どうなった, どこへ, どんなもの, なお叫ん, なかつたの, なきも, なんとし, のこる二千人, のび上がって, はてと, ひどいで, まさしく天下, またすぐ, もう済んだ, もぐらの, もって, もっておる, やりたいの, よして, よもしまい, よろこびを, るるとして, スルスルと, ハチ切れ, 一ヶ年に, 一同へ, 一族を, 一段落で, 一路三州岡崎を, 三兩や, 三日前淺草の, 三蔵に, 下品な, 世にも稀, 之助が, 二三度それを, 二男の, 他人からの, 何時も充実, 何者の, 信雄が, 全部主人が, 八五郎に, 出来ない, 割高と, 半三, 印傳の, 古い, 古池を, 可能である, 坂下の, 場所柄に, 多いけれども, 如何し, 底の, 座布團の, 廿三ヶ村あり, 影も, 彼が, 彼の, 往來か, 往来か, 待ちもうけた, 待てと, 徒歩だち, 怒りを, 恐らくある, 恰も富籤, 懐中に, 持って, 既に, 日に, 明日ださうである, 是非持て居ました, 暇々に, 最もおもしろい, 有難い, 松に, 格子から, 此部屋に, 死ぬの, 母の, 毎年残暑の, 気がつかずに, 江戸に, 江間氏の, 燒け, 現金買を, 甚だ宜しい, 用が, 男の, 疾う, 相當額, 眉を, 眞つ, 秀吉へ, 秘策を, 穴にでも, 終ったろうか, 総て品質値段時季産地等その間の, 聟の, 腰を, 膝を, 若主人, 若主人藤吉, 茶人だけに, 落馬しかけた, 虚空で, 見とがめて, 覺束ない, 話を, 誰の, 軍議なら, 遠くの, 金之助憎, 間違ひもなく, 陣羽織の, 隣だけに, 面目なかった, 顔を

▼ 入~ (77, 2.6%)

2 いって, その煙草入, 一緒に, 嫡子の, 煙管とを, 煙管を, 細紐を, 閻魔

1 [61件] あらためて, いいこの, し空罎, すれば, せる所以, それつ, なるは, よぶ宿院, ガマは, 一所に, 一挺の, 二十本入が, 云うて, 云ひ掛くる, 云や, 交換条件に, 仲間の, 会って, 兼用の, 十能を, 同じ勤, 同志に, 変えて, 寫眞機を, 帽子とを, 庄司右京の, 愛想つか, 手拭と, 手拭は, 承わって, 揚弓を, 支出縣の, 武蔵守の, 気ま, 永楽銭の, 火打道具, 煙草入だけを, 熟して, 牛乳入蒼黒い, 申しますが, 疑へば, 真鍮の, 知つてそんな, 秀吉と, 称して, 等しくせ, 紙入を, 細紐は, 編みさし, 聞いた, 見えて, 見える新しい, 親父は, 言う, 貰つて春風の, 違って, 銀貨入の, 鋳かけ錠前直し, 錠と, 鎌倉河岸の, 閻魔とは

▼ 入~ (77, 2.6%)

3 多分に, 好みで 2 しなかった, せずに

1 [67件] あって, ある, いたむ, お前に, したいが, しない, しないに, しないの, しなかつた, しねえで, し本部, そんなもの, ちゃんと箱, できる御家人並, ない, なくただ, なく只, やつと, ガマも, 一般地方の, 中に, 中の, 中身と, 今夜の, 何もかもすんで, 傍に, 僕の, 全くあの, 出来て, 出来ぬ上, 出来るから, 半歳程, 取出し煙草入, 口を, 多いこと, 多く人氣も, 多く無く, 大抵で, 小男じゃった, 延びて, 後から, 所持し, 拵えます, 持たねえ人間, 持つちや, 持つて, 書生に, 果て鬼武蔵, 武蔵守も, 気に, 決して袋物屋, 無いあつしだから, 無い境遇, 無かった, 無に, 無用の, 煙草入も, 空つ, 紙入も, 背も, 蒲生氏郷も, 行き届いて, 見つからなかつた, 遠いこと, 都合よく, 面白いな, 餌壺も

▼ 入から~ (68, 2.3%)

4 煙草を 2 出た鍵, 医学士久保田某と, 煙管を, 紙幣を, 自分の, 金を

1 [52件] あらゆるかくし, いくらかの, お守札, 一人碁, 一本とり出し, 五十銭玉一つを, 代を, 傍に, 其のざく, 出したあの, 出したが, 出したの, 出して, 分割し得べき, 刻みを, 十圓也やつぱり一錢を, 半紙を, 取り出した, 取れたの, 取出したの, 取出して, 取出しました其の, 同じむね, 名刺を, 太い紙巻, 定期だ, 小さい円い玉, 小さい紙片, 小粒を, 幾らかの, 引き出したところ, 引出して, 弾機の, 当座の, 彼の, 折好く, 抜取られて, 抽き取った, 敷島を, 札と, 札を, 煙草の, 秩父の, 篠井山の, 自分も, 身ぐるみ脱い, 金三枚を, 金口を, 銀の, 雲井を, 青鷺の, 風呂銭として

▼ 入~ (68, 2.3%)

5 あります 3 あった

1 [60件] あったか, あって, あつた, ありました, ありましたが, ありますから, あるが, あるぞ, あるの, からだに, げすが, げすがね, この節, ございます, ございますから, ござんす, さあ, せうな, なさった橋本幸三郎さん, なるほど斯, メッチャラコ唯, 三十円も, 下手上手にか, 中から, 之は, 人を, 休暇を, 傍の, 其れ, 冷血な, 出来た処女会, 出来た養子, 前掛, 千種十次郎も, 午後は, 単なる脅かし, 問屋筋の, 坊さんの, 坊様を, 報道され, 大名等へ, 大家の, 宣伝し, 山河内の, 幾冊も, 急に, 恐ろしく丁寧, 息子を, 手堅く暮し, 掌中の, 昔の, 星は, 此節は, 無一物な, 百合子女史の, 紺羅紗の, 置換したら, 誠に御苦労様, 近衛家の, 銀の

▼ 入~ (56, 1.9%)

2 内相の, 塩胡椒で

1 [52件] ありしよし, お仕舞, かね掘出す, さうし, その箱, はて, ほと, やると, よくよく, ロースに, 一時間煮, 一種の, 両手を, 主を, 二十分間位煮込ます, 來た, 來る, 例の, 先ず摺木, 兒の, 別話, 呉れい, 呉れた煎餅, 嘗めさせた, 天下の, 宿を, 少し煮, 川下に, 干て, 座敷へ, 彼の, 忍なき, 擦る数珠, 数歩流渠あり, 更に丁寧, 来た, 棺桶の, 氷で, 洗ふ, 猿猴橋京橋を, 画が, 篩出します, 置かなくつちやなんめえな, 置くの, 置く箪笥, 置て, 見れバ, 遣た者, 間もなくそ, 頻に, 頼みが, 骨董器を

▼ 入~ (56, 1.9%)

3 の手 2 があった, がある, とはひどく, の上さん, の爺さん, ばかりでなく, へ嫁い

1 [39件] から女, から行く, があっ, があつ, がお, が千葉, が相当, が言った, が面会願い, とかへ嫁い, としては親切, にたずねた, には当っ, に手数料, のおやじ, のでさあ, のばあさん, の娘, の嬶, の店, の暖簾, の番頭, の紹介, の縦看板, の高い, の鼓, は既に, は鞭, へ出かけ, へ持っ, へ遣っ, まで迎え, も近年, も近江屋, を兼ね, を媒介者, を抜け出し, を覗きまわっ, を通じてまず

▼ 入する~ (38, 1.3%)

2 ことが

1 [36件] かも知れない, ことで, ことによって, ことは, こと位が, しかない, と言う, については友人安倍能成君, に止まっ, のが, のさ, のだ, も其事, やうな, やうに, んだらう, んです, 件であった, 作用を, 前であった, 前追ひ廻し, 外途の, 女性の, 時から, 時の, 時計ちくたく, 氣だつた, 氣持しか, 者が, 能は, 若殿を, 話が, 語句二章, 説話である, 請宿が, 譯は

▼ 入~ (25, 0.9%)

2 浪花を, 鉄漿もらひ来る

1 [21件] よそ目ながらの, カバンを, ガマの, 吸口ごと奪, 壽の, 多見, 大豆の, 得意を, 時計を, 母に, 氏郷の, 浮世繪風の, 火口の, 燧石袋や, 秋風遠く, 税金の, 籠や, 財布の, 財布抔が, 身の, 銭入も

▼ 入~ (22, 0.8%)

1 [22件] から戻つた, から男の子, から追出された, がある, がきまった, であった, でも幅, というの, に納まるでせう, に轉げ, のこと, の家, は相当, へもう, へウロウロ, へ存分, へ片付く, も不縁, も沒落, を秘密, を見つける, を逃げ

▼ 入には~ (20, 0.7%)

1 [20件] いって, ちと子どもッ, まだ老い, もう一つ物, 一文も, 二つの, 入れ忘れたまま折目, 多分に, 少しも, 恐ろしく派手, 模様風に, 気の毒でない, 煙草は, 白銀黄金を, 相違なかつた, 穴の, 粟の, 美女の, 翌日の, 鉛筆小刀メートル尺消しゴムなど

▼ 入~ (17, 0.6%)

2

1 [15件] からかん, から五十円, から怠らず, といつた, といふ, といふ蟒, とかそういった, とか様々, とか立派, とか電気局, と申しました, ねなんていつも, よ, 恐しい, 滅多にある

▼ 入という~ (14, 0.5%)

2 のが, のは, 事について 1 のを, 事が, 前の, 昔話が, 男が, 言葉が, 言葉は, 順序であった

▼ 入~ (10, 0.3%)

2 の方 1 になった, の処, の縁, へさがった, も附い, 見たやう, 見たよう, 附きの

▼ 入~ (9, 0.3%)

1 ある, どこかに, はり立ちか, わからぬが, 印籠を, 四斤入の, 根津か, 櫛が, 煙草入に

▼ 入~ (9, 0.3%)

2 んです 1 ので人前, 奴を, 打合わせが, 旦那樣は, 男で, 細工だ, 計算の

▼ 入~ (9, 0.3%)

1 して, してからは, しなければ, するソレ給費, せずに, の命令, の期, を欲, 早々ば

▼ 入などを~ (8, 0.3%)

1 あまりせぬ, しなさらぬよう, 作る, 出しちや, 取出します, 拔き, 拾っては, 渡す

▼ 入~ (8, 0.3%)

1 いって, ねじこんで, ぽんと, 入れたので, 入れて, 巻莨を, 手わたし, 村長が

▼ 入~ (7, 0.2%)

2 なすって 1 さすった時, なさいます, なすった時, なすつたら, なったの

▼ 入違い~ (7, 0.2%)

1 にここ, にこの, に尋ね, に小, に快活, に洋燈棚, に綱次

▼ 入にも~ (6, 0.2%)

1 ガマ口にも, 使う人, 入れて, 定めの, 少しも, 非ず

▼ 入まで~ (6, 0.2%)

1 強請らせるとは, 手あたり次第何でも, 気色に, 絶えず変化, 置いて, 飲んで

▼ 入です~ (5, 0.2%)

1 が, がね, が途中, しそれ, ね

▼ 入でも~ (5, 0.2%)

1 あります, させ越しかた, するよう, 為さば, 銭形平次の

▼ 入といふ~ (5, 0.2%)

1 のは, ものから, ものに, 時その, 晴れたり

▼ 入など~ (5, 0.2%)

1 かたがた三年にも, そこまでの, どこへ, 一式揃っ, 握み出して

▼ 入にて~ (5, 0.2%)

1 じょさいあるべしとも, そのゑと申, 午の, 酔狂にも, 風寒し

▼ 入~ (5, 0.2%)

1 した人, した者, と同時におよそ, の式, の時

▼ 入だの~ (4, 0.1%)

1 唐桟の, 垣根の, 手拭だ, 歌稿などが

▼ 入では~ (4, 0.1%)

1 ございません, 五百圓の, 暖か過ぎる, 生計費に

▼ 入とか~ (4, 0.1%)

1 いろ, 手拭とか, 毎日, 紙入の

▼ 入より~ (4, 0.1%)

2 他は 1 取り出すを, 祁寒雪も

▼ 入~ (4, 0.1%)

2 などについては疑問, もない

▼ 入その~ (3, 0.1%)

1 中には, 積弊の, 頃よく

▼ 入だって~ (3, 0.1%)

1 こんな大きな物, なかった, ばらばら石を

▼ 入とが~ (3, 0.1%)

2 机の 1 乳兄弟であった

▼ 入として~ (3, 0.1%)

1 用いられ形, 立ちにくい, 編入替

▼ 入などは~ (3, 0.1%)

1 勿論ここら, 手も, 私の

▼ 入なら~ (3, 0.1%)

1 少々ぐらい, 最後に, 煙管が

▼ 入よりも~ (3, 0.1%)

1 この日, ずっと上, 夥しい書棚

▼ 入~ (3, 0.1%)

2 しって 1 しったら今度

▼ 入~ (3, 0.1%)

1 であり邸, と云つて, の巡見

▼ 入~ (3, 0.1%)

1 内儀の, 玄関より, 装束召換巳時と

▼ 入~ (3, 0.1%)

1 という札, とも一緒, のある

▼ 入~ (3, 0.1%)

1 に関するもの, より筆筒, ノ未

▼ 入これ~ (2, 0.1%)

1 には摺附木, には親分

▼ 入そして~ (2, 0.1%)

1 一冊の, 私自身結庵入

▼ 入だけは~ (2, 0.1%)

1 出なかったという, 出なかつたといふ

▼ 入ては~ (2, 0.1%)

1 いけません, 教室に

▼ 入といった~ (2, 0.1%)

1 ところで, 風な

▼ 入とも~ (2, 0.1%)

1 存じませんから, 言わず片手

▼ 入とを~ (2, 0.1%)

1 揃へて, 片手に

▼ 入などに~ (2, 0.1%)

1 小判を, 細工を

▼ 入なんか~ (2, 0.1%)

1 持込まなきや, 買って

▼ 入について~ (2, 0.1%)

1 商人中もっとも, 四郎太夫を

▼ 入についても~ (2, 0.1%)

1 いえる, 本郷神田辺の

▼ 入にな~ (2, 0.1%)

1 つてし, つて阿波屋三郎兵衞の

▼ 入ほど~ (2, 0.1%)

1 大した大きい, 邪魔な

▼ 入らむ日~ (2, 0.1%)

2

▼ 入らツ~ (2, 0.1%)

2 しや

▼ 入をと~ (2, 0.1%)

1 にわかにお, 貰ひ集めた

▼ 入一昨年~ (2, 0.1%)

2 はそらね

▼ 入~ (2, 0.1%)

2 へて居た

▼ 入~ (2, 0.1%)

1 できないぞ, を許されない

▼ 入~ (2, 0.1%)

1 に早, の岡本

▼ 入~ (2, 0.1%)

1 などおよそ, は一安心

▼ 入~ (2, 0.1%)

1 でございますよ, のう皆さん

▼ 入皆自分~ (2, 0.1%)

2 が手

▼1* [161件]

および信州小野村の, 入おれの持っ, 入かうもり日傘何もかも, 入からも申し述べたいこと, 入がねえと, 入ぐるみ手も着けない, 入ごと五兩の小判, 入さえ見すぼらしく詩人, 入じたくをこしらえ, 入じゃとか風呂敷とか, 入すぐ右に, 入すら出来ないやう, 入せざるを得ない, 入そこへまたどう, 入その他徳利盃洗などとし, 入それへポン, 入たりと覚たり, 入だけが黙然と対坐, 入だけも立ち上る途端, 入だけを二三日借りる, 入だつたんです, 入だ見覺え, 入っ子一人居ず家, 入ちやなら, 入つたる此道得たる, 入であったればこそ見合, 入でなかったろうか, 入でなかつた私は, 入というかどで最初, 入とかに転用する, 入とかもほぼ極り, 入とかを届けようとて, 入としてはこの, 入とて無かった, 入とでは大きなひらき, 入とともに泳ぐ形, 入とになって, 入との会ったとたん, 入とは二劉の, 入と共にあえなく散った, 入などでこれも, 入などの事を, 入なども今は, 入において特製品において, 入についての走りが, 入にても相成り候儀, 入にまで及ぼすくらい, 入によって新たな, 入によるその反応, 入ばかり煙草なし, 入へも同様な, 入までも仏人に, 入もにことして, 入よい雨の, 入よりと嬉しく候, 入よりはかえって伝八郎, 入よろず我儘の, 入らっしゃると好かっ, 入われら見世番にて隙, 入をという事に, 入をねぢ込む, 入をも忘れて, 入をもって開始する, 入ホウレン草と新, 入一行の醉, 入下着羽織送りました, 入あた, 入二千匹入などを作る, 入井師の深切, 入今春は私, 入代った時室には, 入代書人や弁護士, 入伊那へ向, 入伝右衛門下男刀持て表, 入何ごとじゃの, 入側付きで折, 入側様になりたる, 入がいよ, 入初年一反歩に附き, 入半分は化粧道具, 入即ち明征伐で, 入に入っ, 入右御供致当五月十一日, 入団子たべたや, 入土地境界婚姻損害賠償等の規定, 入堀秀政などの諸, 入の人, 入迷惑じゃ, 入大きいのを, 入大根よ早く, 入奥さんが縫う, 入宝玉の手奩, 入の日, 入封筒巻紙花紙すこし持たせ, 入屋ニテカナリノ家作ガアルカラ買ッテヤッタ剣術仲間ヘ頼, 入山影落闌干雲嶂晩来霽, 入市税関税はすべて, 入店後徴兵検査までの約, 入の彼女, 入後奥台所の大, 入徐に一服吸ひ, 入性運動靜止及び數, 入し水, 入手拭銀貨入手提の革鞄, 入手提の革鞄, 入折鞄その他種々の容器, 入支度として僕, 入といふ茶摘, 入時計大きな木札, 入時農婦等その日, 入晴れるとさすが, 入替わり立替わり美しい, 入からのほろ酔機, 入朝餉としては昨日, 入もすぎ, 入森武蔵は前々, 入椋梨伝八郎来ル, 入槇園君のは二合入, 入氷売団扇売土方日傭取などが一廓, 入浴衣の洗濯, 入漬物入等より筆筒, 入火皿までついてる, 入灰皿なども用意, 入灰皿額縁などが洩れ, 入米万年筆小刀鉛筆手帳夏シャツ手拭縫糸針ちり紙煙草マッチ郵便貯金通帳ハガキ印鑑, 入煙管ヲ買ワシタマタ酒モ呑メトセメタラ同断ノ挨拶, 入煙草入の代, 入狩野又九郎, 入琉球紬の下著, 入白足袋に表付下駄, 入百余日さまよいある, 入空華月所如是縁庵等と号, 入ぬる恋, 入二隊の, 入の上, 入の買出し, 入細川藤孝筒井順慶蒲生氏郷蜂屋頼隆など居流れ, 入だ議論, 入の切, 入を上陸, 入胴卷を拔, 入舎披露の費用, 入莨入などに細工, 入黒い地, 入薄色の鉄, 入蝙蝠傘を我, 入の中, 入裸男のは六合入, 入して, 入つて, 入の話, 入進まぬながら是, 入の吸殻落, 入銀延の細い, 入銀鎖製の蟇口, 入鋏磨紅梅の井戸端, 入覆を, 入の娘, 入駒下駄と云, 入鬘衣裳も手, 入が食べたい