青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「党~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~光景 光景~ 光秀~ ~光線 光線~ ~兎 兎~ ~児 児~ 兒~
党~
兜~ 入~ ~入っ 入っ~ ~入った 入った~ ~入り 入り~ ~入る 入る~

「党~」 2932, 32ppm, 3706位

▼ 党~ (1030, 35.1%)

11 ために 7 方は 5 人々は 4 力を, 平和を, 者が, 者は, 輩と

3 [15件] うちにも, ように, テーゼは, 一首領を, 中では, 中に, 人々に, 人は, 人達は, 勝利に, 士である, 成立する, 手で, 間に, 領袖が

2 [61件] あいだに, うちでも, ことで, ことを, ひとびと, やつらが, ビラを, 一人である, 中でも, 中には, 乱が, 人々を, 人たちが, 人に, 人の, 人を, 仲間入りを, 分裂は, 勝利は, 勢力を, 名の, 士として, 士達か, 壮士藤原登は, 多いこと, 大衆と, 大陰謀, 奸策だ, 嫁は, 存在を, 尻おしに, 成立を, 所謂, 手に, 政治部は, 政策が, 政策に, 方が, 方に, 本部が, 某首領, 武士は, 歩哨これは, 残党約, 為めに, 無力を, 発生だの, 破壊的行動を, 組織に, 総裁が, 者と, 規律の, 諸将, 警官たちは, 輩も, 連中に, 錚, 面々は, 領袖として, 領袖の, 頭目らしい

1 [820件 抜粋] あいだでは, いう不忠, うごきも, うちへ, うれしくなる, およそ五百余艘, お師匠格, お方は, かたまりだと, ことだ, ことです, ことは, ごとき無職渡世流, ごとくよそおって, ただ一党を以て, ため, ためには, ため党の, ないところ, なかに, は帝国憲法, ひとに, ひとりだった, まえには, みなさまがたには, もの, ものであっ, ものと, ものの, やり口という, やること, ような, よりどころ, イデオロギー現象が, オルガナイザーだった, クラブ員であった, スパイだろう, ビラが, ファッショ化, ブルジョワが, 一つと, 一つ丹党の, 一人たら, 一人で, 一人でありまし, 一人として, 一人に, 一代議士の, 一員だつた, 一員である, 一城郭です, 一挙一動を以て, 一揆が, 一支族で, 一機関たるに, 一機関として, 一翼として, 一色刑部は, 一部の, 三党である, 三全, 三左衛門らを, 三領袖として, 上に, 不安な, 与類, 世界観であり, 中から, 中であった, 中へ, 中央委員には, 中央委員会の, 中軸どころか, 主将たる, 主張が, 主張の, 主意でござる, 主義に, 主義政策は, 乗ずるところ, 九州執行委員長維倉門太郎, 乱清国出兵の, 争いは, 事を, 事務所で, 亡命者が, 京都女を, 人々から, 人々が, 人々と, 人々の, 人々へ, 人たち, 人たちは, 人たちへ, 人で, 人であります, 人気が, 人物と, 人達に, 人達も, 今井, 仕事で, 仕事は, 仕事机に, 仕事机の, 代弁者である, 代表力たる, 代議士へ, 代議士懇親会で, 仲間から, 仲間と, 仲間へ, 任務について, 位置も, 何んとか, 何者なる, 使嗾で, 俊英坂本龍馬と, 信仰は, 候補が, 候補者には, 僅に, 働きは, 元老会が, 先鋒だった, 光輝ある, 党員だった, 全面的なうごき, 公認を, 公認候補という, 六七名は, 兵, 兵は, 兵馬であった, 其れ, 内乱は, 内部で, 内部に, 内部の, 内閣と, 内閣なりと, 出版物の, 出迎えに, 刃に, 分裂に, 刊行物とともに, 利に, 利己的な, 利益なる, 前に, 力で, 力と, 勃興などを, 動静を, 勢力の, 勢力範囲な, 勧告に, 区委員会に, 参事会が, 参事会員は, 参議院議員佐多忠隆君が, 反ファシズム活動, 反乱が, 反乱といふ, 叛乱が, 口振りを, 合同が, 合同にも, 合同は, 同一本質, 同情者五十前後, 名は, 名士モーリー氏は, 名折れだ, 味方へは, 国会議員と, 国体明徴だ, 均勢を, 場席を, 塹壕からも, 士か, 士かも, 士だ, 士と, 士とが, 士の, 士千里笈を, 士協同勉励し, 士幽, 士甘, 士相, 壮士まて, 変節を, 外に, 外道され, 外部から, 多くは, 大兵などと, 大家連中は, 大将輩に, 大将輩も, 大活動, 大衆化が, 大衆的地盤そのものに, 大衆結合の, 天下に, 太守張楊の, 失墜火の, 奴どもが, 奴らでしょう, 奸策, 如き者, 妻たちは, 委員と, 威力を, 娘で, 婦人闘士だった, 子供らしい, 学校と, 学者ある, 安部磯雄の, 宗家新田義貞へ, 定紋だ, 実体は, 実際政治, 客観的な, 客間における, 家中みなが, 密計が, 将は, 将来に対する, 少壮者二手に, 少数の, 山道襄一政友会の, 島田しゃべ, 帝室は, 幕舎だけが, 平心, 幹部である, 幹部に対する, 幹部の, 幽霊に, 店に, 廻し者か, 影響を, 役割という, 後から, 徒輩もし, 御世話, 復仇心たるや, 微弱に, 志士にでも, 急要, 悪口を, 情勢を, 意思を, 意見に, 態度は, 成功者を, 成立と共に, 所業だ, 手によって, 手へは, 手先に, 抜くべからざる素地, 拠地である, 指令を, 指導の, 指導方針を, 指示なし, 挙兵を, 提携を, 攘夷論者と, 支持する, 支部が, 支部は, 支部へは, 改革派に, 攻撃を, 放送代表に, 政友会だった, 政府に, 政治的方針が, 政策に対しても, 政策は, 政綱に, 敗北です, 教育にとって, 敵意を, 文化問題として, 文学と, 文学に関する, 文学的組織の, 斎藤隆夫の, 斬込, 斯波氏の, 新聞にとっては, 方々の, 方々ばかり, 方を, 方達の, 旗, 旗頭さへ, 既成スタイルを, 日課だった, 是非なら, 是非について, 智嚢の, 暴動とも, 更生を, 有力者が, 朋友たちである, 望を, 本性として, 本望なり, 本質そのものの, 本質に, 本質を, 本質精髄が, 本部とに, 本部へ, 東亜局長暗殺の, 極左に, 楽園に, 様な, 横尾輝吉以下が, 横山孫六, 樹立やがて, 機関紙, 機関紙が, 機関紙河上健一という, 歓喜に, 武士が, 武士を, 武将ばかり, 歴史を, 残党と, 残党として, 残党を, 殷鑑とは, 毒刄に, 気の毒な, 気勢に, 気勢は, 永久なる, 江戸脱走は, 活動に, 深く戒規, 深患, 為に, 烏山時成, 無意味化を, 爆弾か, 爆裂弾に, 爪牙に, 独立学校ならしめ, 独自的指導は, 独裁党も, 猛士卒, 猟官的運動両々相容れず, 現下に, 甘さ, 生き残りである, 発展上必要なる, 発祥地渡辺橋の, 発覚こそ, 盛んに, 盟主薩藩の, 盟符が, 相は, 着目を, 破滅だ, 確かな, 社中だった, 祖は, 秋風索莫たる, 秘密は, 秘密結社は, 積極的方針とは, 立ち遅れの, 立場, 立場から, 立場は, 端くれに, 策動に, 精鋭だ, 組合総, 組子と, 組織との, 組織は, 組織余りに, 統率者たる, 綱領に, 総力を, 総裁と, 線に, 罪, 羽川一族や, 習慣悪弊を, 老人株で, 者, 者で, 者どもの, 者の, 者も, 者らに, 者らは, 耳にも, 聯合懇親会あり, 聯立内閣なりと, 胸板には, 膨脹したる, 自ら招く, 致命的な, 舟軍でも, 若いひとたち, 若い武士, 英雄の, 荒くれ騎士たちに, 血は, 血気どもが, 術中に, 西村丹治郎当選第, 要人も, 見地に, 規律は, 親方といつても, 言を, 記録を, 評議員と, 誤れる方針, 誰かを, 論を以て, 諸君, 諸家へ, 謀叛行為に関する, 識者の, 警告どおり警視庁の, 警官では, 議論が, 豪士の, 資金に, 起りから, 起りだ, 跋扈し, 軍事予算非難は, 軍師と, 軍馬が, 輩が, 輩な, 退場とに, 連中が, 連中は, 連中を, 連判には, 進出に, 運動の, 運命を, 運営資金を, 遺志を, 郎党たちも, 野武士だった, 金城湯池じゃ, 鉄の, 門戸を, 間では, 闘士として, 陣営にも, 陣形は, 陣笠に, 陰険離間流言中傷間接直接の, 随一と, 雄瓜生保は, 集合所に, 難弁髪党の, 非文学, 面々とも, 面々には, 革命的目標を, 革命的計画についての, 領所, 領袖たり, 領袖に, 頭で, 頭と, 頭目であった, 頽勢を, 顔触れを, 風説から, 首領, 首領が, 首領たるを, 首領として, 首領なり, 首領ケレンスキーは, 首領チエールなり, 騎兵大尉, 高木正年が, 黄色い卑屈

▼ 党~ (251, 8.6%)

2 ピレネエ山中最も, 労協一派の, 務めて, 多摩川の, 大隈伯の, 平家の

1 [239件] あの君, あらゆる困難, あらゆる異, いずれも, いないや, お由羅, きわめてまれ, この味, この問題, この失敗, この時, この本, この根本的, この際政府, これらの, これを, じゃ, すごいなあ, すべて本陣柳堂の, そこで, そのいう, そのご, それだけを, たがいに, たった二つ, つねに不気味, どうした, どうな, どこか, どこに, どんなば, どんな責任, なお四国, はびこるばかり, ひとりも, まだ憤慨, まだ民族問題, みなこの, みな元の, みな彼への, やはり頼み甲斐, やぶれて, ようやくその, より多く, アイゼンで, アメリカの, アラスカを, ウダールニクに, デルブリュックの, バイキンであります, プロレタリア作家団体だ, ミミズクの, 一国の, 一定の, 一応言葉, 一瞬の, 一致し, 一説には, 三田の, 上洛以来きょうが, 世の中を, 世界平和と, 中央の, 中央執行委員より, 中央執行委員会にて, 主力を, 之に対して, 九州豪族中での, 二人とも, 二百六十という, 京都の, 今なお, 今も, 代議士総会を, 以上の, 伯を, 何よりも, 何を, 何処かで, 何物な, 何等かの, 侯を, 俄に, 偏執狂じゃ, 健在だ, 健在であり, 働く大衆, 元々足利家, 党則の, 党員たる, 党外の, 全く伯, 全力を, 全社会生活, 其の烏合, 其組織を, 内幸町の, 内閣の, 凱歌の, 初めから, 初めて進出, 別にかたまっ, 労働組合農民組合青年婦人団体各, 勝鬨を, 勢の, 北支事変勃発と共に, 十七名立候補者全員当選最高点は, 十九家も, 十八日の, 卒先し, 厭だ, 厳しく追, 反つて彼, 反対せね, 合同し, 名和長年の, 喘ぎ悶えて, 四分五裂お, 四面の, 国民の, 国防産業財政の, 地を, 城内に, 壊滅した, 多く年長けたる, 多勢である, 大いに夏, 大きな驚愕, 大なり, 大和に, 大衆の, 大隈伯に, 大隈伯を, 大隈伯を以て, 大震災の, 大革命時代, 天下の, 天下無辜の, 天狗連とも, 天皇の, 姜叙の, 寄りつかず梅月, 少くない, 尚ほ, 山地に, 山地戦に, 岡田総理や, 工場委員会ソヴェトその他の, 常に当局, 幕府の, 平家方であった, 幾人くらい, 幾人である, 彼が, 彼の, 彼を, 彼等を, 往々此, 復政治上に, 徹頭徹尾党派本位, 思って, 成立日尚, 或る, 手さえ, 打ち敗, 指を, 攘夷を以て, 改めて憲政, 政府党で, 政治的投機師を以て, 文化面でも, 文学の, 断じて吝, 旋風の, 日に, 早く増補, 早速幹部会, 智弁能力に, 更に自由党, 最も腐敗, 最近二回にわたりて, 未だ大隈伯, 本来を, 本質的には, 枕を, 果して一政党たる, 果して大隈伯, 正義の, 此事を, 殺気立って, 比較的正直, 氏を, 民弥を, 民衆の, 決して人民戦線, 浦, 清浦曾禰の, 狂熱と, 猛烈なる, 生まれるに, 由来理窟屋の, 町会において, 百二十余の, 皆ダンビラを, 益々奮激, 直に解党, 直義の, 相変らず, 真二つ, 確かに, 私に, 空想ばかりで, 終に大隈党, 結局禁酒党の, 継子の, 美事に, 群馬県新田郡の, 自ら内閣の, 自ら既成政党の, 自分以外の, 自己の, 自由主義者と, 西に, 要求を, 親父の, 誰かと, 謀反人だ, 議会の, 越前の, 辻, 近江佐々木の, 近江本国から, 過般築地の, 遠からずし, 郷国の, 青年部に, 非常な, 非常に, 風声を

▼ 党~ (206, 7.0%)

8 組織し 7 組んで 5 立てて 4 支配し 3 して, 代表し, 支持する, 糾合し 2 一挙に, 作り以, 指導し, 有せざる, 率いて, 組織する, 結んで, 選ぶべく然し

1 [154件] おごる約束, かたらって, その先鋒, たてて, つかって, つくって, つくり, つくり中間, つくり義, つくるべしと, どう運営, なして, のぞく四党代表者会議, はじめと, ひそかに, ひと睨み, もって, やめたり, よむ, 七手に, 上月城に, 代表され, 作った, 作りたること, 作りて, 作り威嚇, 作り弱き, 作り義, 作ること, 侮ったり, 信頼し, 分裂せしめ, 切りしたが, 制圧する, 動かして, 去て, 去らずと, 去らば, 合流させ, 同化したる, 同化すべけむや, 同化する, 命じて, 土地から, 圧するの資望, 変節した, 外に, 好まざるは, 嫌わせるよう, 守ること, 工場の, 左右する, 平定する, 引きつれて, 引き具して, 引っ張って, 形成し, 形造れり, 待って, 待つの, 応援した, 恫喝し, 悪口致します, 憎むよりも, 押えに, 指すの, 捨てた, 提げて, 援けた, 援ける, 撲った事, 操縦した, 攘夷の, 支持し, 攻め罵り要求, 攻め自己, 攻撃される, 攻撃し, 攻撃したる, 政友と, 曲庇する, 有したり, 有するに, 有するやと, 棄つるの, 樹つべき, 樹て, 欠如し, 残滅し, 殺すなんて, 母胎と, 母胎に, 毎晩毎晩食い殺し, 混乱させ, 潰滅する, 激昂せし, 為して, 燼し, 独力攻め亡し, 率い来, 率ゐ, 生ずるに, 生み左翼, 疎外せざる, 相手に, 破壊する, 禁止した, 称した, 立つると, 立てること, 立て一人, 競って, 組みて, 組みひと, 組み力を, 組み小さい, 組み遺臣, 組むほどあぶないことはございませぬ, 組んだるひよどりが, 組んでの, 組織した, 組織せり, 結びつけること, 結び兵器, 結び群, 脱したの, 脱したり, 脱した春, 脱しまして, 脱しまする, 脱し議会, 脱却した, 脱退した, 脱退する, 自首させた, 苦めたるに, 見た, 見るの, 解散帰村させる, 討伐する, 誅し尽くした, 誘つて自分も, 譲受けむと, 蹴散らそうと, 軽重する, 追い出して, 退隠せば, 造ろうとまで, 過激党と, 選ばず扶持, 阻止せね, 除いて, 集めたの, 頼みて

▼ 党~ (182, 6.2%)

5 入党し, 属して 4 して, なって 3 入って 2 しろ安, 依て, 入党を, 参加し, 固定し, 好い掘出し, 総理たるは, 走り大臣, 非ずして

1 [143件] あやまっても, あらざりき然, あらずですな, あらずんば, おくった人々, おこって, おりますれば, かなり眉唾物, した, した背後, しても, すぎぬ, すれば, そういう人々, それを, つくす道, とりかこまれくら闇, とり思わぬ武門冥加, ないこと, なくては, なったあれ, なったかも, なったから, なったり, なってから, なってるの, なつて, ならなくちゃ, なる, なるかと, なるだろうと, なるの, はいろうと, はせ参じようと, ふくれあがらせ政権, ほの, むすばれて, わかれて, 一頭地を, 与う, 与して, 中心なく, 人物が, 何の, 傾く者, 僕が, 入ったが, 入ったらどう, 入ったん, 入らしめよ, 入らないので, 入らば, 入らんこと, 入りて, 入るの侯, 入れて, 再度の, 利あらず, 力を, 加えて, 加はらざれ, 加はるを, 加わるもの三十人, 加担する, 加盟した, 参じたの, 参加した, 取っては, 同意せし, 同感し, 同感したろう, 向かって, 向って, 売って, 変節した, 存するの, 害を, 対抗する, 将軍弑逆という, 居た時, 属さない大衆, 属するを, 属するん, 帽子を, 引渡したるの, 引渡すの準備, 当らむ, 思い出させるよう, 悪いと, 投じて, 投ずるの, 推薦せられ, 援助せらる, 攻撃の, 敵視せらるる, 於けるも, 於ける当年, 於て, 期待する, 根本的打撃を, 楯つい, 欲しいと, 歓迎せられ, 殴られたか, 殺された, 殺されたの, 民衆が, 気づかれないよう, 焚きつけられうかと, 献身的に, 獲得し, 甘糟太郎忠綱という, 直躬という, 相違ない, 睦しからず, 知合が, 総理たるも, 編入しえた, 背かれて, 脱党届を, 襲われたり, 襲われ奪われた, 見せたら憤慨, 言わせると, 赴くの傾向, 転嫁し, 迎えられて, 近くあったであろう, 近くなった, 迫った男, 迫ること, 迷惑を, 追, 這入った一党員, 通達された, 関したもの, 関係し, 関係せず, 降服したる, 非ず, 非ずん, 預け但馬播磨, 驚愕せられたる

▼ 党~ (178, 6.1%)

3 来たぞ 2 反ファッショ, 爆裂弾を

1 [171件] あるかぎり, あれより, いた, いたよう, いちどにこれ, いよいよ旗上げ, いるし, おうて, おさまらない, がぜん結束, しのぎを, すでに反, その役目, その盟主, たかが玉井金五郎一人, つかい出したの, つくられて, つらなって, できても, でて, どうの, どう覚悟, どう討っ, どれだけ, どんなに厳密, どんなに抗戦, どんなもの, はびこって, はびこってるおかげ, ふしぎな, また威勢, やって来て, よいよう, ようやく成人, よしんばまだ十分豊饒, チラリと, 一指を, 一族を, 一般民衆の, 三鷹事件を, 上洛いたし, 中央部又は, 久しく逆境, 乗りすてた駒, 今度の, 以仁王の, 伊藤さんに, 住んで, 何か, 何等か, 俄然大, 信長公と, 入城する, 共同で, 再び帰っ, 再結集, 冷然之, 出て, 出演し, 利用する, 前に, 割拠した, 勝った, 勝ったよう, 勝てば, 勤労人民の, 勤労者の, 十八名候補者を, 協力し, 反対し, 反対する, 古くから, 可なり, 同年四月三日日光に, 喜ばずには, 城内に, 壊したバスチール, 多いらしい, 多かつ, 多数の, 夜見ヶ浜から, 大きな顔, 大衆の, 大隈伯に, 天下を, 奸党を, 婦人代議士たちの, 存在し得ない, 学生間に, 官兵を, 実際に, 宿泊し, 対立し, 将軍義輝を, 少くない, 少なくも三, 巣を, 常に其歩武, 幾たびも, 弓鉄砲に, 引上げない, 彼奴等の, 待ってるので, 待つと, 得意の, 必要であり, 悪いと, 憤慨し, 憤慨する, 成り自由党, 成立した, 或る, 拠り南, 揃って, 提案した, 摂津に, 政府を, 故ら, 数日前から, 敵を, 斬り込んだ時, 日向の, 日本の, 日本人民戦線の, 昆陽寺に, 時局に際して, 本所松坂町の, 松方を, 案出したる, 歌界においても, 殴打した, 民力休養と, 民衆の, 沢正の, 活動し, 海を, 率直明白な, 玉子なんぞを, 王の, 現はれ, 現はれた, 生れずして, 直ぐ犬畜生, 立てこもる小太郎山, 築地の, 組織出来なかった, 結成され, 結成された, 総検挙, 自分である, 蜂須賀党として, 蟄伏し, 行政諸, 襲せ, 西郷を, 見張って, 解散と, 言の, 討ち入りの, 諏訪の, 諸所, 謀叛を, 越前に, 跋扈すれ, 選挙に, 重大な, 長夜の宴を, 頭を, 騒ぎ出るの, 騒動を, 高輪泉岳寺への

▼ 党~ (127, 4.3%)

2 なった, なって

1 [123件] あるそうして, いいヘボ馬鹿めら, いい僻地, いい民権党, いうと, いえば, いつたの, いふべき形, しました, その又, その外, その家族ら, それを, なったの, なったわけ, なった時, なりそう, なりまた, なりドイツ, なり再, なるの, なるや, なる建前, むすびつきまた, よぶ四国, ギベリン党の, コムニスト党との, スラメクサン党という, パリ党の, プロレタリアートとは, ベルリン党とは, ベルリン大学の, メンシェビキの, メンシェビキは, 一生懸命の, 中立党とに, 中立派とを, 争ひ, 云うつまり, 云えば, 云ひ, 云ふ, 交通する, 今回政党として, 仲間われの, 共産党の, 其向背を, 十指に, 協力し, 合して, 合同し, 同じくしかも, 同じファシズム, 同一気脈を, 名づけられむだ, 呼んだ, 在国党とに, 均しく消極的, 大いに異なる, 如何違う, 密接の, 対抗する, 対立し, 感付いた, 成り近来, 戦いを, 戦争中政党解消が, 挌闘を, 政府とは, 政府反対党と, 日本の, 来たかね, 松永党の, 松隈内閣とは, 歌われた饗庭篁村一派, 為らむ, 為り大隈伯, 為り改進党其余, 為るや, 無関係である, 申して, 申す軽輩, 目指されて, 目指すもの, 相容れず, 社会党という, 神田党だ, 称した, 称し久留米, 称し他, 称する勤王派, 称する小笠原, 称する政党, 称すれば, 等しく民主主義者, 米国の, 結びついたり, 結んだ少, 絶縁しよう, 罵りまた, 考えて, 聯合し, 職業組合との, 肥後の, 自由党が, 見えて, 見えドイツ, 見なされた, 見做, 認むるも, 誤解されとる, 諸生党, 謂ふ, 足並を, 通じて, 道三秀龍とが, 違がって, 長藩の, 関係なかりし, 闘いながら, 阿蘇秋月の, 革命的階級にとって, 頗る親密

▼ 党~ (35, 1.2%)

1 [35件] ある, すでに藩閥政治家, ずいぶん惨, そうだ, ただちに左翼, だ, どうやらあぶない, なんだか少し変, ひそかに, ほんとうの, また謀乱, やがて建武新政, ゆゆしきもの, 一種の, 交じって, 亦この, 亦人民戦線, 亦斎藤氏, 何日過ぎ, 共々に, 同伴者作家団を, 同陣, 四分五裂とくに, 外国の, 急には, 怪しい, 手勢を, 来たので, 枢軸を, 海上の, 社会党も, 穏か, 耐乏生活を, 逃がして, 非内地雑居

▼ 党~ (32, 1.1%)

2 あつた, 之に対する

1 [28件] あるかまた, すらもびっくり仰天, なうど, よく藤村氏, ズッと, モリロ派と, 中途半端が, 乗ッ, 今まで, 佐幕党は, 僧侶派であっ, 占領し, 友田さんなどにも, 名誉や, 固めて, 大いに働い, 安中城の, 居て, 後に, 我々同業間の, 正理党, 永井君の, 無二の, 無政府主義, 熱狂家で, 王党で, 神伝流の, 語学校の

▼ 党内閣~ (32, 1.1%)

8 の破壊 2 のこと, の成る, の時代

1 [18件] が此, として事, に対して嫉妬的妨害, の倒, の後, の時, の末路, の瓦解, の破壊余り, の組織, の維持一日, の除害工事命令, の首相, はあの, は此, を信用, 突如と, 起るに

▼ 党~ (25, 0.9%)

2 ね, のと, よ

1 [19件] か, からな, からタマ, から断念, か丹, か御存じ, ぞ, ちょうど僕, つた, というの, というよう, と思ってる, と言い, ね君, のという, わ, ッ, ッて, 彼の

▼ 党から~ (24, 0.8%)

1 [24件] しきりに捜索, その首領ら, ひどい個人攻撃, 三河諸, 公認を, 出された婦人公民権案, 出版され, 十七人か, 呼び出しを, 呼出しを, 嫉妬を, 市会に, 弾劾せられ, 志に, 憎まれても, 撰ばれて, 立候補する, 脱し身, 資金を, 贈られた黄金, 酒を, 離れて, 離れ暫く, 離脱する

▼ 党では~ (20, 0.7%)

3 ない

1 [17件] あったが, あっても, あなた方二人を, ございません騒ぎ, なかった, なくて, 人民戦線と, 今朝被害地へ, 全国を, 吉致を, 幅利きの, 幹部として, 我岩村県令や, 正月に, 老年の, 討幕挙兵の, 議会で

▼ 党との~ (18, 0.6%)

4 関係を

1 [14件] 争いの, 協力による, 対立を, 接戦点で, 提携が, 激しい党派争い, 聯合内閣が, 聯立内閣を, 衝突は, 論は, 軋轢は, 間の, 関係に, 関係は

▼ 党~ (18, 0.6%)

2 入りつつ

1 [16件] きつい肩入れ, たいしては, はいちばい恩義を, 一票を, 出すとかいう, 叩きつける決心, 向けて, 向って, 天下平定の, 対すること, 献上の, 秘勅を, 聖旨を, 送る秘密通信, 金を, 高価に

▼ 党~ (17, 0.6%)

1 [17件] から指示, たりし, と目す, なお存する, に依, に非ずし, の人々, の専恣, の最大怨府, の歓心, の為, の逮捕, は総て叛逆匪徒, をし, を挈, を捕縛, を議会

▼ 党でも~ (16, 0.5%)

1 [16件] ない, ない牛肉党, ない近藤, なくオルレアン党, なくビフテキ党, なくボナパルト党, なく唯, なく実に, なく憲法党, なく木石, なく無, なんでも, 候補者の, 少数党では, 社会党でも, 飽きる事

▼ 党とは~ (16, 0.5%)

1 [16件] その後において, なにを, なんだ, まったく違う, 何事である, 何者か, 別に明白, 別個な, 同腹の, 客の, 恒に, 疲れる様子, 相聯合, 絶対に, 過渡期の, 違ふ

▼ 党~ (16, 0.5%)

1 [16件] すべての, その他当分想像出来る, 二党の, 反政府党, 和仁党の, 尾形党の, 帝大日の, 民主党は, 深堀杉党などの, 無政府党, 組合そのものと, 自殺倶楽部の, 自由党の, 自由党社会党についての, 阿蘇一族は, 飢餓疫病の

▼ 党~ (15, 0.5%)

6 の撤収 2 が一日, とが河北省, の名, はわが 1 は謝罪文

▼ 党という~ (13, 0.4%)

1 [13件] のを, ものが, ものさえ, ものは, ものへの, ような, 二つの, 兎にも, 学生の, 称が, 終わりに, 話を, 語を

▼ 党たる~ (12, 0.4%)

1 [12件] とを問わず, ものは, イルコックウエップグロースの, ユダヤ人どもに, 中立聯盟の, 政友会の, 社会党が, 自己政党の, 観念なく, 証拠だ, 資格は, 資格を

▼ 党である~ (12, 0.4%)

1 [12件] から印絆纒, から外, かブルジョア社会民主主義者, ことが, ということ, ところから, とともにそれ, とともに過激, とどうして, のに余, のを, 身内の

▼ 党には~ (12, 0.4%)

1 [12件] いわゆる, その人, その初めて, それぞれ多年の, 云つて聞かせたい, 人物が, 公を, 勢力の, 情はねえ, 第一統一, 菜でも, 非ず

▼ 党大会~ (11, 0.4%)

1 [11件] があっ, が開かれた, で, で同志ヤーコヴレフ, における報告演説, にラップ代表, の前, の席上, は終った, は総理大隈伯, をもち

▼ 党~ (10, 0.3%)

2 最も有力 1 から遁, での美男, にあっ, にかなり, の先輩, の最, の要局, の闘将

▼ 党として~ (9, 0.3%)

1 これこそ, 全体への, 兵仗を, 出馬した, 勤王派に, 土豪ながらも, 存在しはじめ, 愛蘭自治論主張者として, 集団的に

▼ 党などの~ (8, 0.3%)

1 いわゆる武蔵武士, 一揆を, 住む所, 危険分子に, 大族の, 方が, 活動へ, 混成旅団で

▼ 党なる~ (7, 0.2%)

2 がため 1 ことこそ, に非, ものを, 者の, 長井に

▼ 党であった~ (6, 0.2%)

1 が最近汪兆銘派, そういう事情, にも拘らず, のである, ボルシェビキ党は, 旧藩主

▼ 党であり~ (6, 0.2%)

1 さらにその, より合理的, 兎にも, 化学で, 学者で, 帝国主義者であり

▼ 党とか~ (6, 0.2%)

1 いうと, 云っても, 攘夷党とか, 浪士の, 男堂子とか, 考えると

▼ 党とも~ (6, 0.2%)

1 いうに, ちりぢり別れ, なるシャンテルシエ侯爵, 目され, 言った, 連絡を

▼ 党に対する~ (6, 0.2%)

1 こうしたプロボケーション, 不満の, 憤りでいっぱい, 戦法の, 責任を, 関係極めて

▼ 党一派~ (6, 0.2%)

1 に偏, に属する, の内閣, の問題, を立てる, を重用

▼ 党中央~ (6, 0.2%)

2 というもの 1 にた, に対してコミンフォルム, のオエラ方, を批判

▼ 党本部~ (6, 0.2%)

1 では君, にき, の事務所, へ行っ, へ行動, を占拠

▼ 党組織~ (6, 0.2%)

1 に入りこん, の中, の初, の計画目下, の議, を信頼

▼ 党としての~ (5, 0.2%)

1 共産党の, 権利を, 立場迄をも, 責任だろう, 資格を

▼ 党出身~ (5, 0.2%)

1 のもの, の史上, の田中君, の知友たち, の総務委員

▼ 党生活~ (5, 0.2%)

1 と私生活, にたいする逆, に従属, のなか, を助成

▼ 党~ (4, 0.1%)

1 その何れ, まるで子供だまし, 叛逆人の, 新聞が

▼ 党する~ (4, 0.1%)

2 ところの 1 などと評せられたる, ものである

▼ 党そのもの~ (4, 0.1%)

1 すら離間策, だという, の内部生活, の本質的

▼ 党など~ (4, 0.1%)

1 であった, どっちを, 兎も, 大いに模範

▼ 党にとっては~ (4, 0.1%)

1 この, まことにありがたい, 社会の, 胸の

▼ 党にも~ (4, 0.1%)

1 いろんな階級, 属せず, 巡り逢ったこと, 捨てられたこと

▼ 党以上~ (4, 0.1%)

1 に強大, の勲功, の危険思想, の犯罪

▼ 党以外~ (4, 0.1%)

1 にはない, に吾, に特立, の大衆的政党

▼ 党入党~ (4, 0.1%)

1 のこと, の動機, の勧告, の最後

▼ 党時代~ (4, 0.1%)

1 からだ, からの国会議員, ずっと組織部長, に党派心

▼ 党~ (4, 0.1%)

1 であつ, な幻影, な数人, の意味

▼ 党あり~ (3, 0.1%)

1 二君あっ, 彼は, 後藤伯の

▼ 党だけ~ (3, 0.1%)

1 だった, だろう, では

▼ 党であっ~ (3, 0.1%)

1 ても社交上, てモントルイュ・スュール・メール, て時機

▼ 党~ (3, 0.1%)

3 んだ

▼ 党などが~ (3, 0.1%)

1 どうなる, 前後を, 懐いて

▼ 党に対して~ (3, 0.1%)

1 がんばって, 何等の, 忠誠を

▼ 党より~ (3, 0.1%)

1 之れ, 伯の, 色男の

▼ 党を以て~ (3, 0.1%)

1 しても, 内閣の, 頼むに

▼ 党~ (3, 0.1%)

1 だよ, のよう, の資格

▼ 党代表~ (3, 0.1%)

1 としてで, として語る, に向っ

▼ 党候補~ (3, 0.1%)

1 の演説会, の票, はガラクタ

▼ 党及び~ (3, 0.1%)

1 其他の, 政府の, 時代の

▼ 党弊刷新~ (3, 0.1%)

1 に在り, の目的, を期し

▼ 党~ (3, 0.1%)

1 から馳せ参じた, の, の組合

▼ 党細胞~ (3, 0.1%)

1 が公然, で一隅, の活動

▼ 党総裁~ (3, 0.1%)

1 が議会, は名古屋, を攻撃

▼ 党自身~ (3, 0.1%)

1 がその, の何等, は動揺

▼ 党からの~ (2, 0.1%)

1 一寸した, 委員とともに

▼ 党からは~ (2, 0.1%)

1 一九一四年特に, 総理大臣兼外務に

▼ 党~ (2, 0.1%)

1 て城中, て河内

▼ 党それ~ (2, 0.1%)

1 を支持, を討たずし

▼ 党それぞれ~ (2, 0.1%)

1 に家運, の意外

▼ 党たち~ (2, 0.1%)

1 のかなしみ, の家々

▼ 党たらしめ~ (2, 0.1%)

1 たりし, むとするの隠

▼ 党だけが~ (2, 0.1%)

1 行って, 西溜りに

▼ 党だった~ (2, 0.1%)

1 ので, んです

▼ 党だの~ (2, 0.1%)

1 佐幕党だ, 神田党など

▼ 党であろう~ (2, 0.1%)

1 とそこ, などと罵り哮る

▼ 党です~ (2, 0.1%)

1 ね, よ

▼ 党でない~ (2, 0.1%)

1 からと云う, 限り道庵に対して

▼ 党でなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばならぬ, ば人

▼ 党とかいう~ (2, 0.1%)

1 ような, 政党が

▼ 党とが~ (2, 0.1%)

1 どんな困難, 自身の

▼ 党としては~ (2, 0.1%)

1 旧自由党時代, 若ぎみ

▼ 党とに~ (2, 0.1%)

1 岐れ, 論なく

▼ 党なき~ (2, 0.1%)

1 においてはその, のみならず

▼ 党などを~ (2, 0.1%)

1 両翼に, 称し総

▼ 党について~ (2, 0.1%)

1 知って, 語るとき

▼ 党にて~ (2, 0.1%)

1 磯貝平太左衛門武行が, 花がるた

▼ 党にとって~ (2, 0.1%)

1 この老人, 恐ろしい敵

▼ 党による~ (2, 0.1%)

1 合法と, 文化運動の

▼ 党に対しては~ (2, 0.1%)

1 トンと, 十分の同感を

▼ 党のみ~ (2, 0.1%)

1 与かれり門外漢, 知れり純文学

▼ 党への~ (2, 0.1%)

1 活動を, 結成との

▼ 党よりも~ (2, 0.1%)

1 優勢であった, 政友会を以て

▼ 党らしい~ (2, 0.1%)

1 死力も, 熱情の

▼ 党並びに~ (2, 0.1%)

1 マウンテニヤ達を, 両社会党

▼ 党丹党猪俣党~ (2, 0.1%)

1 などを称し, の三党

▼ 党事件~ (2, 0.1%)

1 としては一番, によって

▼ 党会計~ (2, 0.1%)

1 が委員長, に関係

▼ 党会議~ (2, 0.1%)

1 に出席, は次

▼ 党~ (2, 0.1%)

1 の暴れもの, の議席

▼ 党共産党~ (2, 0.1%)

1 などという名前, を選んだ

▼ 党内閣時代~ (2, 0.1%)

2 に於

▼ 党切符~ (2, 0.1%)

1 は委員会, を出し

▼ 党即ち~ (2, 0.1%)

1 ソヴェト連邦の, 今日の

▼ 党~ (2, 0.1%)

1 の一大事, の功

▼ 党合同~ (2, 0.1%)

1 の失敗, を実行

▼ 党同志~ (2, 0.1%)

1 がいたずら, の逐鹿

▼ 党同異~ (2, 0.1%)

1 伐に対して, 伐の

▼ 党~ (2, 0.1%)

1 に金, の雄たけび

▼ 党工作~ (2, 0.1%)

1 が行なわれね, は世界

▼ 党幹部等~ (2, 0.1%)

1 と賀川豊彦氏等, と賀川豊彦等

▼ 党~ (2, 0.1%)

1 に浸潤, を革むる

▼ 党~ (2, 0.1%)

1 ならずの, も出来る

▼ 党指導部~ (2, 0.1%)

1 が成立, に参加

▼ 党~ (2, 0.1%)

1 と為, を以てする

▼ 党支持者~ (2, 0.1%)

1 の多い, の少なく

▼ 党支部~ (2, 0.1%)

1 がつくられはじめた, の仕事

▼ 党~ (2, 0.1%)

1 の下, はなるべく

▼ 党有り~ (2, 0.1%)

1 亦達, 大隈伯の

▼ 党本隊~ (2, 0.1%)

2 が筑波

▼ 党機関紙~ (2, 0.1%)

1 が自由, にどういう

▼ 党清算主義者~ (2, 0.1%)

1 に対して奮闘, に対して破壊的

▼ 党独裁~ (2, 0.1%)

1 によって批准書, はあらためられなけれ

▼ 党猪俣党~ (2, 0.1%)

1 などを称し, の三党

▼ 党~ (2, 0.1%)

1 先登し, 覚えあるもの

▼ 党社会党~ (2, 0.1%)

1 またその, 無政府党以上

▼ 党~ (2, 0.1%)

1 の拠る, はふたたび

▼ 党自由党~ (2, 0.1%)

1 などいう, の結党

▼ 党農民~ (2, 0.1%)

1 の暴動, の首領

▼ 党連中~ (2, 0.1%)

1 の経路, はほとんど

▼ 党遊説員~ (2, 0.1%)

1 として鈴木重遠, は門内

▼1* [284件]

あるが故に, 党いよいよ織田方に, 党おのおの国権と民権, 党からも警視庁へ, 党こいつを手足, 党こいつ奴が又, 党こそ資本主義から, 党この学に, 党される日, 党した涜神な, 党すなわち親仏閥, 党すべてにもセシル, 党すれば位地, 党せずそれで先ず, 党せん去れど独逸, 党その他の婦人代議士, 党その他同志の懇談会, 党ただ自らの, 党たらしむること猶, 党たらしめずむば現, 党たりと目, 党だけでなしに, 党だけでもないあの, 党だけにはうそでない, 党だって国を, 党だろうとそんな, 党でありました親父が, 党であれ党派に, 党でござると言い, 党でさえいられるならと, 党でしたがね学校, 党でなかったならばみごと, 党とでも認めたの, 党とともにソヴェトの, 党とやらに関して種々面白から, 党と共にまじめな, 党なく蕩々として, 党なぞの流れを, 党などでは増税反対の, 党などと号し, 党などというブルジョア, 党などとも通信し, 党などにはならない方, 党などもまたいつ, 党などより格段上な, 党なら早速退る, 党なり一は, 党なるべし仏祖の, 党にたいする反撥, 党にとつては, 党になんぞなっちゃ, 党にゃ貸す気, 党によって提案された, 党に関する文献, 党のといふか方針は, 党のみか北畠顕信, 党のみが辛うじてメーデー, 党はじめ三河在国一同の切, 党はた下総に, 党ばかりでは, 党ばかりで取合わせが, 党ばかりの事で, 党びいきならこれ, 党ほかになかっ, 党ましてそちまでを, 党ますます猖獗, 党または愛州党, 党までには到らなかった, 党までも同化する, 党みなそれである, 党もしくは革命党に, 党は誉むべ, 党らしい嘲りの口吻, 党らしきものすらも, 党わが階級に, 党われわれの, 党をば無二の, 党をも入れて, 党エノケン一座も撮影, 党シャニムニ踏み破り蹴散らさんと, 党ジャコバン党暴虐党虐殺党が再び, 党ハ老人六名青年十九名婦人七名少女二名ノ全部三十四名ニテ成立ス, 党バリー支部へ送られる, 党ファッショ化の証拠, 党ボリシェヴィキ第三回大会, 党滅シ社稷, 党一たび分裂すれば, 党一万余塁を築き, 党一同と書い, 党一掃の選挙干渉, 党一致して, 党一色村の者ども, 党三十八名これに対し吏党, 党三役と呼ばれ, 党三浦一族坂東八平氏武蔵七党などの混成旅団, 党三浦兵六左衛門義勝がおなじ陣, 党三百人はことごとく, 党不振の原因, 党中トナリ変幻出没ヲ同, 党中之に反対, 党中央委員の一人, 党中央委員会の決議, 党中央委員書記によって書かれ, 党中紛擾の事, 党主的待遇を受け, 党主義の意見, 党事務所へ馳, 党二十党の少数, 党亡命客が二, 党算を, 党今日の盛際, 党代表者たちはあっちこっち, 党代表者会議の決定, 党代議士そのひと, 党代議士中より幾多, 党代議士会で政府, 党代議士斎藤隆夫氏による対軍部質問批判演説, 党代議士首藤陸三及び松島廉作, 党以来の多年, 党仲間で大分県, 党任茂張端等十余人各途, 党何郷の党, 党候補者の演説会, 党偶然其歩武を同, 党児玉党などのいわゆる, 党党報の記者, 党党報員として出席, 党党是の無条件, 党入党勧告と三菱炭積機建設反対運動, 党同盟共産党及それを, 党全体の決議, 党全員の耳, 党全国労農大衆党社会大衆党と戦争中政党解消, 党公認で立候補, 党六人の人々, 党共和党と云, 党に唄わせ, 党其の他の, 党其余の各派, 党其儘に草, 党内外に於, 党内閣成立するや, 党内閣組織の発表, 党再起の布石, 党の野育ち, 党出身代議士アルビュフェクス侯爵が来, 党分裂のさい, 党剣劇をのぞく, 党加治源太左衛門らが知った, 党をみれ, 党十五人ほどの腕達者, 党逃亡す, 党又は藩閥或は, 党調所党の, 党右翼の社会民衆党, 党吉田一家と来, 党異閥の, 党命がけの問題, 党善党荘厳党は指, 党四十七人に対する公儀, 党四十七人主の仇, 党四千の将士, 党固有の勢力, 党圧迫がその, 党地方委員会の組織部会, 党だ, 党の記者, 党報員として出席, 党外交の組織, 党外郭的な組織, 党多人数に至り, 党部分は, 党大会後のこと, 党大会後ラップはこれ, 党大会後参加して, 党大衆の建設力, 党奸党の騒乱, 党如何に横暴, 党妥協して, 党婦人部は労働組合, 党対反対党として集団的, 党対立の場合, 党対自由党の時代, 党専属のもの, 党を出した, 党崩れ又秩父崩れ, 党川崎幹事長はこう, 党として其勢力, 党幹部のポケット, 党忽ち出現せ, 党思想についての多少, 党悉くを思ひ浮べ, 党懇談会席上ではロンドン条約, 党或は亡ぶるとも, 党批判の自由, 党指導の位地, 党揃って押し寄せな, 党提携を断ち, 党撲滅の題目, 党支持に決心, 党支部発会式に臨んだ, 党政党の総裁, 党政友会の地盤, 党政府の選挙干渉, 党政治的主張は甚だ, 党数十名でこ, 党日本人の贔屓客, 党暴虐党虐殺党が再び, 党有志の歓迎会席上, 党本質の一表現, 党来り飯食ひ, 党松永弾正という老, 党松田党などもまた, 党査定案が一瀉千里, 党検挙が各地, 党極右の日本農民党, 党横暴の罪史, 党機関が支部ラップ, 党殉教者の名, 党残らず死ぬ覚悟で, 党水戸派もしくは一橋, 党無念やおくれ, 党熊野衆高野山などの法城, 党狗賓の類属, 党率いて, 党王道蕩々の美政, 党生きんがため, 党生産組織あらゆる場所, 党を脱し, 党畜類が姿, 党畠山党児玉党などのいわゆる, 党発展の路, 党的デマゴギー乃至新し, 党的生活と小, 党直心道場大日本国家社会党, 党相聯合して, 党真に堂々と反対, 党破壊演説は彼, 党社会大衆党と戦争中政党解消, 党秋田県大会が行われた, 党組織当時に於ける, 党結党当時友人の田所輝明君, 党結成或は一揆主義的極左主義的偏向, 党結束の名残, 党絶対多数これから先, 党綱領が発表, 党総務の頼母木桂吉, 党総務星亨であった, 党総理として正々堂々, 党総裁浜口雄幸首相安達俵小泉町田などの諸, 党腹心の一人, 党自ら衰亡に進む, 党自体が分裂, 党自由党合同して, 党自由党日本社会党の一部, 党臭い牢人者か, 党荘厳党は指, 党華やかなりし頃, 党があった, 党虐殺党が再び, 党解体後日本労農党に参加, 党設立準備に官吏, 党議員が誰, 党議員席だ, 党資金を獲得, 党資金局の一員, 党賑やかに大酒盛, 党赤軍内での働き, 党の兵隊, 党軍陸軍大尉である彼, 党連立内閣はこの, 党運動についての文化的関心, 党銅山党の陰険離間流言中傷, 党の嫉妬軋轢, 党関係者を出す, 党隊士真壁仙太郎として湊, 党青年の心持, 党領袖の一人, 党領袖株の心算, 党よりはよい, 党の精悍剛愎, 党や西皮調, 党高松の細川定禅, 党を静め