青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「兒~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

光明~ ~光景 光景~ 光秀~ ~光線 光線~ ~兎 兎~ ~児 児~
兒~
党~ 兜~ 入~ ~入っ 入っ~ ~入った 入った~ ~入り 入り~ ~入る

「兒~」 1172, 13ppm, 8679位

▼ 兒~ (341, 29.1%)

21 やうに 6 やうな 3 母を, 顏を

2 [16件] うちから, それの, も出, 中に, 其の母, 心を, 感情が, 手柏の, 樣に, 死を, 注進で, 紅なる, 胸に, 身と, 頭に, 魂が

1 [276件] うち歌留多を, お雪, ことなども, ことに, ことは, ことも, ことを, ごとく, そばに, それに, それは, ため, ために, ためには, と似た, はひいでし, ひとりだつた, むすめ, やうだ, やうです, ように, ゐた宮, ゐること, アイヌが, アキリュウス・ペーレーデース故郷より, 一人へ, 一命に, 一寸に, 三人で, 下駄を, 中にて, 中より, 丹粉猶, 乾栗の, 事が, 二つの, 二人ある, 二番目だ, 五月五日の, 亡靈が, 人にも, 人別を, 仇を, 他の, 佐藤が, 佐藤だつた, 保姆, 保育是れ, 俥につき, 偏愛と, 健康を, 側には, 傍に, 兄は, 八五郎たちの, 八五郎であった, 其の日暮し, 出現を, 前に, 勞働に, 區別も, 十五六歳に, 友人も, 口巧者を, 名が, 名に, 名誦, 吾が, 吾身こそ, 命數この, 喜ぶ長袖, 國民外交の, 坊やの, 墓前に, 外に, 夢, 夢を, 如き心, 如き社會的愛情, 如き觀, 如く, 如くすかされて, 如くなり, 如くなりき, 如く啼きて, 如く泣きつ, 如く無, 如く無心, 如く畏怖知らず, 如く身, 如く辛うじて, 如し, 如しはや, 姿が, 姿に, 娘, 字を, 守り也と, 宮詣り, 寐姿み, 寢部屋の, 對譯と, 小く, 屍體を, 屍體求むべく, 屍體求めよ, 崎と, 席と, 帶に, 常人ならざるべき, 年の, 床に, 座席なり, 弟が, 弟を, 弟宗次で御座います, 弱々しい拳, 強情な, 後から, 後見人に, 從軍宜し, 御前に, 御身は, 心臟部の, 怒り昇天し, 恣ま, 恥だ, 悲鳴でも, 情もて, 意氣思ふべしである, 感傷にも, 憐むべ, 憤慨を, 成功を, 戲る, 房, 手が, 手で, 手を, 括頤, 拳ほどの, 捨三という, 救ひ, 數を, 斯く獄舍, 方は, 早く發, 時から, 時の, 時を, 時分から, 時分に, 時小, 枕頭に, 死ぬの, 死滅乞ひ求む, 死骸を, 死體でも, 母か, 母たりき, 気前を, 氣位に, 氣持が, 泣き聲を, 泣くを, 涙を, 漸くに, 無理を, 爪尖, 爲す如く, 爲の, 爲めに, 爲め一所懸命の, 父も, 父親に, 特性かの, 王, 王は, 王一柱, 生れたところ, 生死を, 生膽, 男同士で, 病に, 病床の, 目を, 看護に, 看護の, 眞實を, 眼と, 眼に, 着るもの, 着物を, 立てるあり, 節句に, 簡單服に, 簪らしい, 素質は, 罪な, 美の, 群とは, 群を, 義あれ, 聲ほど, 聲らしい, 聲を, 肩から, 胡弓の, 胸の, 胸へ, 胸を, 腕を, 腕前を, 腦より, 膝に, 芥子坊主にも, 苦心に, 萎縮, 葬式の, 藤作であった, 藤作の, 藤作猪之, 蠹を, 行爲は, 衣服の, 裡に, 見たる時, 親が, 親許を, 角太郎であった, 言語, 言語を, 記憶力に, 訴を, 詞を, 詩を, 語邦語にて, 譽ただ念ず, 讀書の, 象徴の, 贖に, 赤き哀歡, 起ること, 足に, 足を, 足音らしい, 足駄を, 身の, 身の上が, 遊ぶ聲, 間に, 陣に, 雀たちは, 面目に, 順吉を, 頬は, 頬へ, 頭かき抱き, 頭と, 頭蓋を, 額の, 顏, 顏が, 顏さへ, 顏でも, 飛び去らんを, 養育法を, 餡かけ, 首が, 首は, 駄洒落云ふ, 骨を, 魂は, 魂百歳までの, 齡と, 齡を

▼ 兒~ (154, 13.1%)

4 抱いて 3 殘し 2 おぶつ, して, つれて, 人柱に, 可愛が, 有せる, 母に, 連れて

1 [131件] あはれ可愛, いだいて, かかえて, かき抱き, ことごとくま, さへ, さほど欲し, しかと抱きたる, すつかり, そのま, ちらと, とらへて, とろとろと, なかに, なくした嘆, ひきとつ, まうけ, また呑ん, もつた隣人, ピッタリと, 上り框に, 不愉快な, 世界の, 作つて了つたのだらう, 側へ, 其のせめて, 分娩し, 去りて, 可愛がる男, 可愛がる處女, 叱つたの, 叱り叱りバタバタ, 合して, 呪詛しつ, 呼び起す, 哭すべし涕, 喪つた悲痛な, 塗れるあり, 夥かに, 失つた, 失つてからは, 失はんこと, 奮起せし, 如何に, 守り亭主, 守る汝, 家に, 家の, 家郷の, 宿に, 崇めしむ, 帝國の, 延き, 引き取りて, 引取り, 得て, 悸え, 愛撫する, 抑へ, 抱いた亭主, 抱いた背, 抱きしめて, 抱きました, 抱き取り手中, 抱き慟哭, 抱き片手, 抱き行きて, 抱き行く, 抱く恩愛, 抱へて, 抱直し, 振りかへ, 振り返つて, 捕へて, 措いて, 搖つて相, 搜り, 携へて, 撫で, 擧げ得たり, 更に年齡, 歸す, 死より, 殆ど死に, 殺して, 殺すに, 求めしめると, 温ためよう, 無くなしなほ三人, 牲に, 犬ツころの, 生み其の, 生んだと, 生んだといふ, 生埋, 生埋する, 生埋せう, 産ませたが, 産むそして, 産む女, 産んだ, 略して, 相手に, 筋鐵の, 背負つた十一二の, 背負ひ込ん, 脅かす輩, 脊負て, 膝の, 自分の, 蔽ひ守る, 見てからといふ, 見に, 見る如く, 誰でも, 護るべき要, 豺狼の, 負って, 負つて, 賺しながら, 載せ玩具食品, 迎ふる, 連れ自分, 道伴れ, 集めその, 靜かに, 養はんと, 養育し, 餓鬼と, 驚かせて, 麾くと

▼ 兒~ (108, 9.2%)

6 歩む

1 [102件] いづこ, おとなしく默つて傍, この話, ごくむ, さけぶ, さばかり面白, しなしなと, すぐ立ち上つ, そこに, そのたび, そのめぐり, その前, つぶされて, びつくりし, また涙, まだ乳房, まだ學校, むかし花の, もう其樣, シク, ジヤズの, ナカ, ワシは, ワー, 一つ上の, 一人も, 一時金魚の, 一樣に, 一番不器量だ, 三十日目に, 乳を, 二つ返事, 今度初めて, 僞物の, 價値の, 先き, 其時六七歳だつた, 出産後三十一日目女兒は, 別として, 勇雪了智の, 向合, 君に, 吾勝ちと, 喇嘛の, 四つでも, 夢の, 大喜び, 大柄で, 奮然と躍り, 妙な, 容易に, 寒い風, 寫眞機を, 山内杉雄と, 島民らしくない, 忽ちにし, 怖, 思ひついたか, 怪しげなる, 悦んで, 手を, 捧げ持ちたり, 斃るべし, 既に半ば出家, 旱魃を, 晴々見上げ, 椿さは, 母乳の, 水生を, 永く, 江戸の, 池の, 田舍ものだ, 眞實であり, 眞赤な, 知らぬ牧者, 社會全體の, 私に, 私の, 素ばらしい, 絶えず夜泣き, 美麗の, 翁の, 聲を, 肯緊を, 自分等の, 舟中に, 身なし, 軍歌うたひ, 遂に死去, 遊びに, 遊ぶ, 違つた, 遠くから, 銀笛の, 閏月などを, 雪下駄竹草履それは, 靜かに, 靜こころなく, 餘り, 驚かない恐がら無い, 黒目勝ちの

▼ 兒~ (107, 9.1%)

2 出來, 男だつた

1 [103件] あかあかと, あつた, あります, ある, ある知る者, いたいけに, いぢ, おまへの, おもち, お文, さう叫びながら, その方, その背後, たくさんゐた, ただひとり, ためと, ちょうどいい, とある家, ひすと, もつと, やとて, ゐないこと, ハラ, メルリンで, 一人あつ, 一人上つ, 一番無遠慮に, 三人あつ, 三人ほど, 世によくある, 二人ある, 二人來て, 人形の, 仕事を, 何うし, 同じ級, 啼き群れて, 嗄れた聲, 囘向院の, 四五人ばら, 堅魚釣り鯛釣りほこり七日まで, 場銭を, 大人を, 奧樣の, 寃死した, 寒さうに, 小兒麻痺症, 小聲, 尻まで, 居た, 居るのみ, 崖崩れに, 徒に猫, 怪訝相な, 怯えたやう, 惡戯を, 感に, 抱れ, 拗ねでも, 探偵小説だけは, 書いたやう, 本所の, 本能的に, 水を, 汝は, 泣いて, 泣きながら, 活動により, 淋しく待つ, 測り難き, 溝板を, 無いと, 爺婆に, 生れたといふ, 生れたの, 生れたので, 生れた時, 生れてから, 生れてからは, 生れると, 生れるまでは, 生れる二年前, 生れ居る, 生涯の, 目を, 相手の, 着附萬端姫樣, 神に, 稍大きい, 突然一年生, 立つて, 美しい人形, 群れて, 腹つくばひ, 袖を, 言つてゐた, 質問を, 起るので, 身の毛も, 軒下で, 鞦韆より, 顫へて, 餘り

▼ 兒~ (63, 5.4%)

3 なつた, なつて 2 乳を, 生れ變

1 [53件] ある忘れがたい, お前さん札を, きかれた, さへ, さへも, して, すぎない, そのまま蒲團, た, ならうと, なり千葉, なる, なるだらうこと, なると, なるん, ひどく惡性, むかふ人, 乳房を, 代りて, 似たりき, 似たる感情, 倶せん, 優しき姉, 出られないだらうな, 分らないの, 取つて, 同じ, 向ひ, 呼び叫ぶ其ヘクトール門外, 命じて, 哀憐を, 喜ばれるか, 外ならぬ, 寄せられた惠, 寸分違は, 就て, 平分せん, 打たれた子供, 押當て, 接吻し, 洗禮を, 淺瀬と, 渡しながら, 種痘を, 立てねば, 紅晴を, 胸を, 苛責られ, 角が, 論語を, 還つて, 限りました, 非ず

▼ 兒~ (34, 2.9%)

11 あつた 4 あつて

1 [19件] あつたら, あらうと, さあ, つい此, 二人三人目は, 今年八歳に, 今迄, 以て, 兄は, 六歳ばかり, 四歳ばかり, 娘盛りにな, 引取られ, 恐怖の, 此が, 當歳か, 縁側から, 行列の, 金も

▼ 兒~ (33, 2.8%)

2 なつた

1 [31件] いふ者が, その相棒, それに, とある隅, なさじ, なつて, ならねば, なりたること, なりて, なりぬ, なり切つたの, なるの, なる日, わかつて, 丁穉一人つれ, 三人で, 五つの, 女の, 娘, 廂合の, 獨樂を, 生れ三歳, 申す事, 聖人は, 自分とは, 蒼白い顔, 訓を, 遊び爭ふと, 遊ぶやう, 遊ぶ事, 鷙鳥とは

▼ 兒~ (26, 2.2%)

1 [26件] あったが, あつた, いつか戰が, うろ, さらはれ, またこぞり, やはり不仕合せ, 二人三人見える, 今では, 仕合せに, 僕に, 出て, 同じ, 如何にも面白, 妻も, 居り貴, 或は年, 最早八歳, 有つた, 生れる兒, 皆死ん, 睡って, 老も, 親知らずで, 鞦韆に, 飛出して

▼ 兒たち~ (17, 1.5%)

1 [17件] がまた, が單純, が裸足, でも小, とはすこぶる, とを比べ, と一所, と温優貞淑, と酒, にまだ, のそんな, の小遣, は, は何, は皆, をお, を最後

▼ 兒~ (14, 1.2%)

1 [14件] ああ見よや, われの, 天の, 心せよ警戒, 悲哀切なる, 我は, 我を, 戰の, 戲奴よ, 望みを, 汝より, 汝城壘の, 汝曰ふ如く, 速かに

▼ 兒~ (10, 0.9%)

1 から何方, から守袋, が惜むら, けれど左右, つたと, つてのは, といふ, とか何ん, とプラトーン, 大氣

▼ 兒にな~ (10, 0.9%)

1 つたお夏, つたのを, つた氣持の, つてそれから, つて出た, つて困つ, つて居た, つて引取られ, つて御新造の, つて本

▼ 兒~ (8, 0.7%)

1 が集つて, しか守れ, と智惠子, の聲, は, は勢, を, を憐

▼ 兒らしい~ (8, 0.7%)

1 一瞥です, 剽輕さを, 氣前の, 氣紛れで, 青年たちが, 青年で, 面影が, 黄牡丹インコの

▼ 兒である~ (7, 0.6%)

1 からといつ, がその, ぢき, といふこと, といふ點, ときいた, と信ずる

▼ 兒ども~ (7, 0.6%)

1 か胎毒, が栗毛, の夥伴, の樣, の死に目, の面, を集め

▼ 兒には~ (7, 0.6%)

1 あらず, もつて, われえ, 五人の, 日本人なら, 珍しいと, 珍らしき

▼ 兒あり~ (5, 0.4%)

1 てその, や懷, エテオクレスポリュネィケスといふ, 夕ぐれ其門を, 聲を

▼ 兒ちやん~ (5, 0.4%)

4 のかんこ 1 はおや

▼ 兒たる~ (4, 0.3%)

1 オヂュシュウスの, ヘープァイストス呼び, 吏黨が, 王メネラオス悠然と

▼ 兒たれ~ (4, 0.3%)

1 かし勇猛の, はげしき勇, はげしき苦鬪心, 衆の

▼ 兒です~ (4, 0.3%)

1 からねだ, が先生, が無理強, な

▼ 兒といふ~ (4, 0.3%)

1 意味です, 物を, 病氣が, 診斷

▼ 兒との~ (4, 0.3%)

1 二部に, 圖の, 身の上は, 顏を

▼ 兒~ (4, 0.3%)

1 乞食に対してさえ, 喝食を, 水品陣十郎の, 生るる

▼ 兒をば~ (4, 0.3%)

1 しばしこ, 右手に, 國に, 夙くより

▼ 兒~ (4, 0.3%)

1 に優る, に戰爭, の命, 逝く我

▼ 兒とが~ (3, 0.3%)

1 此室に, 殘つてゐた, 立つて

▼ 兒とともに~ (3, 0.3%)

1 あり, めぐりつ, 東京に

▼ 兒なる~ (3, 0.3%)

1 かな, ことにより, 吾

▼ 兒みたい~ (3, 0.3%)

1 だ, にし, に密

▼ 兒より~ (3, 0.3%)

1 外に, 蠅を, 高いので

▼ 兒日出雄少年~ (3, 0.3%)

1 とに對面, の名, を伴

▼ 兒~ (2, 0.2%)

1 一年置き, 寄つてたかつ

▼ 兒かの~ (2, 0.2%)

1 低き處, 敵將を

▼ 兒ぞと~ (2, 0.2%)

1 いふ, 引き合せ給

▼ 兒だけ~ (2, 0.2%)

1 手許で, 車に

▼ 兒~ (2, 0.2%)

1 や, やで

▼ 兒でも~ (2, 0.2%)

1 何でも, 生んだといふ

▼ 兒とは~ (2, 0.2%)

1 ならざれども, 思い及びも

▼ 兒と共に~ (2, 0.2%)

1 奧の, 暮らすこと

▼ 兒~ (2, 0.2%)

1 のぢ, のである

▼ 兒にも~ (2, 0.2%)

1 不安の, 數千年先から

▼ 兒サルペードーン~ (2, 0.2%)

1 の友, をアカイア

▼ 兒~ (2, 0.2%)

1 海軍ニ從事セシメ且ツ巡洋艦ヲ, 講義スル如キ今

▼ 兒ヶ淵~ (2, 0.2%)

1 といふの, にいたる

▼ 兒三人~ (2, 0.2%)

1 なりき, も加はり

▼ 兒及び~ (2, 0.2%)

1 萬幡姫兒の, 諸勇士

▼ 兒童女~ (2, 0.2%)

2 の罩衣

▼1* [126件]

また提香爐, 兒あらずなりなば我小家, 兒あゝ汝, 兒いかにして, 兒いまなほ生ける者, 兒お前悉皆世話, 兒かと思ふ小さな, 兒かなしい蛾蟲の, 兒から案出し, 兒ぐらゐに思ひ過して, 兒こぞりて十二人, 兒ごころのあやし, 兒へ存在, 兒さがすや金茶, 兒さもあれ我, 兒さんのやう, 兒その中に, 兒その間に閏, 兒それからその隣り, 兒たり得まし, 兒だつたので前, 兒ちやんおや, 兒つてばかり言, 兒でしたが, 兒ではあつて, 兒とから慘らしく起り出した, 兒とだけ呼ぶこと, 兒ども簇りて, 兒などを譯し, 兒なに故悲むや, 兒なり何處よりか, 兒なりと讚めき, 兒なんぞ連れちや來, 兒なんていふ暗い, 兒におけるごとくこまやか, 兒にかへつたやうにそれば, 兒にて詐りて, 兒ねえあなたは, 兒のうへにも榮光あれか, 兒のけふ日の, 兒のみ卑怯者のみ, 兒はがつこと, 兒ひとり小籠に坐り, 兒ひとり恐怖をしらず, 兒ロクロク小使さえ, 兒ほど泣き易く, 兒まじりの聲, 兒また寡婦と, 兒まで打まじり, 兒がなど, 兒めくひとと, 兒もながら一番小さい, 兒もろともに, 兒ゆゑと感念したか, 兒ゆゑにあはれとはいみじかりけることを言ひつる, 兒ら棒の折, 兒をも迎へ, 兒アキリュウスこなたに, 兒アキリュウス君われに問, 兒アキリュウス岸の傍楊柳, 兒アキルリュウスは汝, 兒グイードの才ダンテ, 兒トロイア亡ぼして, 兒ト一處ニ教育セザル道理ノ一ツモ, 兒ト云フ稱ハ物ニ見エタルコト, 兒ト同一ナル權利ヲ有, 兒ハ英ノ小, 兒パトロクロスの傍, 兒ヘクトールこれを眺め, 兒ヘクトール彼の軍勢水陣, 兒ヘーパイストス精妙に, 兒メネラオス斯くも, 兒メネラオス汝は敢, 兒メネラオス汝目を張り, 兒ヨリ一層敏捷ナレドモ, 兒は激しく, 兒二人家族といつては其丈, 兒何處へ行き, 兒保育會なるもの, 兒保育等を主, 兒兄弟が預けられた, 兒光榮のアキルリュウス, 兒六分に變人二分, 兒剛勇の男子, 兒十四五歳になり, 兒好運穴と, 兒問題などもさ, 兒善惡の名, 兒四人手に, 兒在原業平が歌舞音曲, 兒女男の數, 兒小姓森田圖書十四歳で傍輩, 兒少女の騷ぐ聲, 兒屋根命が天照大神, 兒崇め尊ぶ時來る, 兒の女房, 兒に抱かれ死すべき, 兒抱くを眺め, 兒教育の法, 兒文殊を描きました, 兒最少なしと, 兒死亡率の防止, 兒汝ら戰ひて, 兒泣いてやまざる, 兒泣蟲の小僧, 兒卷き流るクサントス, 兒に引かる, 兒病氣か, 兒をこすり, 兒ふ女子, 兒して, 兒臭いから夏向, 兒藤野さんはキッ, 兒見るたびクロニオーンつねに, 兒豚兒の友人, 兒負うて歸, 兒送らんことを, 兒の狐, 兒野々口清作といふ人物, 兒銀弓のアポローン彼, 兒閂峰吉が駒箱, 兒青銅鎧ふヘクト, 兒預り所は一體どこ, 兒飛箭飛槍の間, 兒養育の法, 兒麻痺症であ