青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「作物~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~作った 作った~ 作り~ ~作る 作る~ ~作品 作品~ ~作家 作家~ 作業~
作物~
~作用 作用~ ~作者 作者~ 併~ ~使 使~ ~使い 使い~ ~使う

「作物~」 1027, 10ppm, 10515位

▼ 作物~ (230, 22.4%)

6 見て 3 読む人々, 読んで, 讀んで

2 [12件] 中心と, 出して, 区別する, 整頓し, 栽培する, 眺めて, 美しくする, 育てるの, 荒すので, 見ると, 評したの, 読むこと

1 [191件] あちらこちらへ, あらすわるい, あゝまで, いずれの, かくの, こんな風, つくる方法, つけなかつた, とつた, とられた, どう歓迎, どっちかへ, ながめまた, また賞め, まづ, まれびとと共に, よく作る, わが子として, わるく評した, コンラッドが, 一つずつ, 一塊り, 一気に抹殺, 一貫し, 上演させ, 与えられたなりに, 中心として, 乗りこえて, 事もなげに, 人として, 人の, 今も, 仕上げたり, 仕付けるなと, 仕付ます, 何か, 佛へ, 作らずに, 作らないという, 作り作り, 作ること, 作る事, 例に, 借りた者, 先生が, 公けに, 公に, 公然発表, 具体化した, 出した, 出したり, 出してから, 出し渋ってること, 出す, 出すなぞ, 出そうと, 初めに, 前に, 収穫る, 取って, 取れば, 受け付けぬどころ, 司る猴神, 吊つて, 吟味する, 唯物的に, 喰ひ荒し, 多く出した, 大衆文芸視し, 天降らせ, 守って, 安全に, 実らせて, 客観の, 害し人民, 害し人畜, 展開する, 年代順に, 思い切って, 想像する, 愛すること, 愛する道, 愛誦し, 愛読し, 感染せしめよう, 手に, 手本に, 手離さなく, 批評し, 批評する, 抱いて, 抵当に, 挙げて, 捏ね上げたと, 掩う, 掲げその, 掲載する, 損じに, 携へて, 支配し, 支配する, 新しい新しいと, 書いた筋, 書かなくつて, 朗読し, 朗読した, 本位と, 棄てて, 植えること, 植付けた, 模倣し, 止めて, 残した, 残したに, 残して, 残しました, 殘す, 求めそこ, 流した人々, 測定器へ, 滅ぼしながら, 為して, 無理に, 熱愛し, 生む時, 生育し, 生育する, 産みたいという, 産んだ, 産んで, 盗みぬかれて, 盗んで, 矢継早に, 示したと, 称して, 穫って, 紹介した, 耕作する, 耳に, 耽読し, 耽讀, 育てて, 育てるため, 脚色し, 自然そのものと, 自由勝手に, 舞台にかけては, 荒された村人, 荒したり, 荒すという, 荒すを, 荒す事, 荒す悪い, 荒す物, 荒す猪, 荒す精霊, 荒らしアスファルト, 荒らす有害, 見たこと, 見ての, 見ても, 見ること, 見るを, 見れば, 見渡しても, 解剖し, 読まねば, 読むと, 読む場合, 読む者, 読んだあと, 読んだアゼンス, 読んだ一外国人, 読んだ方, 読直す, 諸処方々の, 讀者の, 豊穣に, 貰ひたいと, 買って, 蹴散らして, 躍如と, 転地先よりも, 通読し, 適宜の, 適度に, 選んで, 鋳物に, 離れたる後, 難して, 革命後第

▼ 作物~ (217, 21.1%)

7 中に 6 上に 3 上にも, 中から, 価値は, 価値を

2 [16件] うちに, なかで, よく出来た, 上で, 上にのみ, 上には, 上の, 上演という, 価値から, 名前も, 味が, 如きも, 幅が, 祝言を, 競争さし, 背景に

1 [160件] あるもの, ある部分, うちで, うちには, ことや, こと馬の, しなびた葉, ためでない, できば, なかには, みいりは, よい物, ようだ, 一つ, 一つに, 一種とも, 一附属としての, 上においてのみ, 上をも, 下葉, 不振で, 中にも, 中の, 中晩年の, 主人公か, 事だの, 事小, 事更に, 何と言, 価が, 価の, 価値とを, 価値に, 価値には, 価値の, 傾向, 傾城遠山と, 優れたもの, 先き, 全リズム, 全体に, 内叙景詩には, 内在的価値からばかり, 内容を, 凡でが, 出たの, 出來だ, 出來る, 出来不出来, 出来栄が, 刈入れを, 創作心理から, 勢力を, 包有する, 印象を, 収獲, 取れること, 取れる收入, 名前すら, 商標と, 多寡で, 大体を, 奥より, 妨げを, 安全を, 実らぬ土地, 対象人物とが, 幾分は, 形式と, 後に, 従属でない, 性質が, 性質は, 性質や, 性質上近松巣林子であっ, 愛読者を, 感覚に, 憑し, 成功それに, 成熟した, 成長と, 成長の, 手入れを, 批評, 批評などでは, 批評や, 批評を, 持つた臭気, 排列が, 探索では, 揺れて, 損害を, 文因を, 方で, 方に, 時局性の, 最万葉式, 未だ出来上っ, 松に, 松の, 松を, 枯れないぐらいの, 根柢と, 栽培を, 検査にまで, 構成方法が, 様に, 樣に, 次々の, 正しい標準, 殻を, 注解分, 活力を, 活溌な, 熟達至極に, 現れよう筈, 現状と, 生命が, 生命は, 生気を, 生育から, 畦間を, 発育の, 発表慾とか, 相場の, 短い形, 研究を, 神と, 種子を, 種類によって, 種類の, 種類や, 種類を, 種類別を, 種類性質に, 穗先は, 結構は, 缺點は, 美が, 育たない畑, 育ちようそこに, 能く, 舞台面に, 花が, 芸術的価値が, 茎に, 被る損害, 製作に, 評論である, 話などを, 豊饒を, 象の, 豫祝から, 趣旨に, 車に, 車の, 非凡なる, 頭と, 魂を, 魅力に

▼ 作物~ (93, 9.1%)

3 出來 2 まるで裸虫, 三種までも, 出来たの, 多く出, 意味を

1 [80件] あるか, いかに先生夫婦, いつ何時, いやに, こうして続々, これまで, すべて眞面目な, だんだん深, ちぢみかえって, できないよう, とれずそして, どうしても出来あがらなかった, ないと, まかれました, よくでき, よく出来た, よく実, よく成熟, よく穫れた, 一つ出來た, 一つ出来た, 一冊も, 今日なお, 何らの, 作れるの, 作者本位に, 俵に, 僅な, 全く問題, 公然と, 出たこと, 出来ないから, 出来なければ, 出来るか, 出来るだろう, 出来ると, 出来るという, 出来上ると, 出来損, 印刷される, 取れない, 取れないそれ, 取れるかと, 固定した, 増殖する, 多いよう, 大きくなつ, 大入を, 大変よく, 安定に, 実のらぬ, 実朝, 少ない, 居留し, 彼等の, 愈進ん, 持て囃された時代, 文学の, 早く逸散, 枯れ腐って, 根を以て, 此態度から, 気に, 清新なる, 演って, 畑に, 眼に, 自分から, 舞い込んだかと, 藩士の, 負けて, 輓近四五年間に, 輯められ, 近ごろ世間で, 金に, 金港堂の, 頭を, 高く伸び, 高価な, 鳥の

▼ 作物~ (90, 8.8%)

2 素直である, 遊びである

1 [86件] あまりに尠い, いくらも, お好みなされぬ, かなり, この両個, さすがに, すつかり萎び, その追跡, それ自身に, ただ苦しい, たと, だめだ, とてもた, ない, ないから, ほとんど取れなかった, みなだめに, みんな許され, もとより草, スバルと, 一つも, 一日二日の, 下落する, 世界共通の, 何も, 何れも, 何一つ残さず読んだ, 余の, 作りたくない読みたくないと, 作者が, 依然として歌舞伎, 全滅, 全滅一年間の, 出るに, 出るの, 出來, 出来るはず, 卑近なる, 四割だめ麦納入不能, 多くは, 多く讀んだ, 夥しい知識, 大抵閨怨, 如何です, 始めてであるし, 子規以後一種の, 実は彼自身, 小豆一粒欲しい, 少なかつた, 常にその, 張文成の, 後世の, 後代程, 心配だ, 惜しいけれども, 惡く, 憧憬が, 掠み取られいや, 既に一つ, 時代の, 根こそぎに, 根本的に, 歿後冬照の, 殆どみんなモスク, 殆ん, 民衆の, 無価値, 狭い文壇, 現代精神を, 生き返ったよう, 生命に, 甦るでしょう, 皆な, 皆相当に, 破壊意識の, 秀歌が, 穫れなく, 経信以後の, 自然下手から, 萎れがち, 裏葉が, 読者を, 貧窮の, 進歩しない, 隨分驚く, 駄目だ

▼ 作物~ (86, 8.4%)

5 なると 2 して, 出て, 及ぼす影響

1 [75件] あった, あらわれて, あらわれるの, かう挨拶, これだけの, これらを, せよ何処, それが, それほど興味, ちょっと巧, なったか, なって, ならないと, ならんと, ぶつかると, よりて, 何が, 候, 健全な, 優れたもの, 写実味の, 十倍増し, 及ぼす関係, 同じよう, 名を, 向うと, 命が, 嘘の, 国民性全, 堕落が, 変りは, 多くの, 妄評を, 存外不徳義, 害を, 對する, 就いて, 就て, 愕かれた, 感激させられた, 接して, 接し度, 於ては, 時々万葉, 東洋の, 止めては, 正しさ, 正直な, 比べて, 深い興味, 為立てる, 熱中し出す, 現れたが, 現れた彼, 現れて, 現れるの, 盛られたもの, 祟ると, 絶えざる新鮮味, 続くと, 至りては, 至ると, 興味を, 表示される, 見られるやう, 見失はれがち, 転廻が, 過ぎない, 違ひない, 適するかを, 適せぬ, 醜さ, 限ったわけ, 静かで, 飽き足らぬか

▼ 作物~ (27, 2.6%)

2 出来る

1 [25件] あります, えいようでなど, その種類がち, その通り, できるのみ, ない冬季, むしろでき, ようできます, 一と, 世界的に, 僅かに, 出来なくなるといふ, 吉から, 吹き荒され万目荒寥, 多く残つて, 強い印象, 是れ, 會話の, 枯れて, 此作風からは, 生れて, 生れないはず, 知りませんが, 立派であり, 見えて

▼ 作物~ (22, 2.1%)

2 なって, なつた

1 [18件] したの, すれば, なりました, なるそう, なるよう, 一つの, 人物とを, 同じ平面, 名を, 奢侈と, 思うて, 比べると, 生活とを, 百首歌や, 習作集とで, 評論と, 違って, 雖も

▼ 作物には~ (21, 2.0%)

1 [21件] ずっとと, それ相当の, どこか, なおも作為, まだ万葉, よくないだろう, 一個の, 中心たる, 今日の, 古今集の, 常に注目, 序詞を, 手を, 文学として, 根津界隈を, 沢山残っ, 沢山残つて, 源氏物語の, 見られる, 趣きを, 輸入の

▼ 作物から~ (13, 1.3%)

2 見て

1 [11件] なお或, わらひとわびし, 万葉式な, 互に自撰, 出たの, 判断する, 単なる人生, 当然得べき, 悟つた, 発散する, 芸術としての

▼ 作物~ (13, 1.3%)

3 に書い 1 にこの, にない, に入込ん, に出, に反射, に新, に材料, に経, に織り込まれるなら, の光景

▼ 作物に対する~ (12, 1.2%)

1 [12件] ごとに, ためでは, 土人の, 好厭, 好悪の, 時間また, 物忌みが, 理会などが, 礼儀では, 自己の, 貶称意味が, 農民の

▼ 作物である~ (9, 0.9%)

1 かのよう, かの目標, ことに, ため疾病が, ということ, にもかかわらず, 事は, 山林である, 筈は

▼ 作物に対して~ (8, 0.8%)

1 ある程度以上, かなり神経質, 他の, 我を, 持つて, 敬遠主義を, 殆ど大, 自己の

▼ 作物~ (8, 0.8%)

1 コーヒーの, 人を, 切株などの, 又は西洋, 採取物の, 生活方迄, 画具を, 論議やを

▼ 作物であり~ (7, 0.7%)

2 又絵, 又繪 1 そしてそれ, ながらこういう, 又別にさ

▼ 作物として~ (6, 0.6%)

1 あらわるる, 今日は, 作られたのに, 居る, 心を, 見る時

▼ 作物~ (6, 0.6%)

5 のである 1 のは

▼ 作物~ (5, 0.5%)

1 あつた, 世界に, 競争し, 自然物で, 養ったという

▼ 作物そのもの~ (4, 0.4%)

1 についてこそ云われべき, についてこの, にまた, は劣る

▼ 作物でない~ (4, 0.4%)

1 かと思ふ, ということ, と云, と云え

▼ 作物でも~ (4, 0.4%)

1 あった, あつた, 全然真, 構わないから

▼ 作物との~ (4, 0.4%)

1 中間の, 内に, 関係を, 關係生活の

▼ 作物とを~ (4, 0.4%)

1 取除いたならば, 私にとって, 紹介し, 非常な

▼ 作物について~ (4, 0.4%)

1 日張博士が, 直接に, 細かに, 言ふ

▼ 作物より~ (4, 0.4%)

1 価値が, 優れて, 得る吾人, 見るならば

▼ 作物たち~ (3, 0.3%)

1 の喧嘩, はみんな顔, は自分

▼ 作物~ (3, 0.3%)

1 から文學, そうだ, と思います

▼ 作物では~ (3, 0.3%)

1 ありません, ないが, 科学的には

▼ 作物にも~ (3, 0.3%)

1 其を, 別に銘, 愛惜が

▼ 作物~ (3, 0.3%)

1 である, に触れる, も其現れ

▼ 作物~ (3, 0.3%)

1 にでもあり, の瑣細, は出来た

▼ 作物たる~ (2, 0.2%)

1 万象に, 聖書と

▼ 作物だけは~ (2, 0.2%)

1 大いに利用, 概して穣

▼ 作物とは~ (2, 0.2%)

1 収穫する, 非常に

▼ 作物などに~ (2, 0.2%)

1 どうしても嫌, なると

▼ 作物などを~ (2, 0.2%)

1 チヨイ, 残した

▼ 作物において~ (2, 0.2%)

1 これを, リストにも

▼ 作物によ~ (2, 0.2%)

1 つて知り, つて組み立てる

▼ 作物に対しては~ (2, 0.2%)

1 この保護金, 誰よりも

▼ 作物への~ (2, 0.2%)

1 影響は, 愛情が

▼ 作物まで~ (2, 0.2%)

1 利用する, 浮ぶま

▼ 作物をも~ (2, 0.2%)

2 見たが

▼ 作物を通して~ (2, 0.2%)

1 知って, 見た一葉女史

▼ 作物自身~ (2, 0.2%)

1 が悪い, が読者

▼ 作物~ (2, 0.2%)

1 には精察, にもさ

▼1* [80件]

作物ありて其, 作物判斷の, 作物からの書き抜きは, 作物からのみ得られべき感情, 作物からもちようど中間に, 作物へすくすくと, 作物する髪を, 作物その物について, 作物だけなの, 作物だけに限局し, 作物だけについて検し, 作物であったことは, 作物でありますがここ, 作物ですからいや, 作物でなく一時の, 作物でなければ決して, 作物というものが, 作物とか或は無名作家, 作物とがまじつてゐる, 作物としての価値に, 作物としてはもの足らない, 作物としても変な, 作物ながら女房の, 作物など感興の, 作物などに対しても葉子の, 作物などは短歌でも, 作物などより珍重し, 作物なら書き落すはずの, 作物なり家畜なりに, 作物なる事を, 作物にあたってとかくの, 作物にこそ甚深の, 作物については彼は, 作物についても見ること, 作物によって運ばれて, 作物によっては三毛作も, 作物のみ上演と, 作物のみが代表的作品として, 作物のみとは限らず批評それ自身作物, 作物のみを奨励し, 作物はめつたにない, 作物ばかし困んだと, 作物ばかり作つたらうと, 作物ばかりが累々として, 作物食い付いて, 作物らしい色を, 作物を以て人麻呂の, 作物を通じて著者の, 作物ガスケルのクランフォード, 作物トマトとかレタス, 作物の評価, 作物主義の為め, 作物以外には其古典, 作物例えば物語や, 作物其方退けに, 作物出来ず国必ず, 作物即ち原稿を, 作物又は論議を, 作物及びひとまろ, 作物同じ屋作りの, 作物品種との関係, 作物四ドル五十セントにあたる, 作物家畜製作品土工の性質, 作物小鳥日の光, 作物とか地方長官, 作物果実を成長, 作物果樹をここ, 作物特に芸術作品を, 作物生長の各, 作物盗人と映る, 作物競争と見る, 作物等土地に伴う, 作物納屋が住宅, 作物総体をある, 作物自らあまり露, 作物蔽い囲む石橋の, 作物蕃殖を猴, 作物りに, 作物試験用地が四十二町, 作物選擇の標準