青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「光秀~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~光っ 光っ~ ~光り 光り~ ~光る 光る~ 光子~ 光明~ ~光景 光景~
光秀~
~光線 光線~ ~兎 兎~ ~児 児~ 兒~ 党~ 兜~ 入~

「光秀~」 1234, 13ppm, 8300位

▼ 光秀~ (348, 28.2%)

7 すがた, ために 4 首級を 3 むすめ

2 [24件] きんか頭を, ひとみは, ほうが, やうに, ような, 前に, 声は, 夫人や, 娘である, 心の, 心事を, 方が, 方は, 死を, 耳に, 胸に, 言に, 軍は, 面にも, 面を, 面色は, 顔を, 首は, 首を

1 [279件] いぶかしい思い立ち, いる八幡, いる本丸, うちは, うなずきを, うるわしい声, きのうからの, きょうの, きんか頭に, けしきは, こころを, ことな, ことばに, ことばは, ことを, この腹中, ごとき優れた知識人, すぐ前, すすめに, そうした大志, そうした胸, そばを, ため鄭重な, つきつめて, つよい理性, ところへ, なきあと, は後者, ひとみが, ひとみや, ふたりだった, ふたりと, ほうへ, まなじり, まわりに, ものやわらか, やうな, 一子十次郎は, 一挙一動が, 三人は, 三女であった, 世話に, 乱に, 乾坤一擲は, 予期よりも, 二女の, 人がらに, 人物を, 代に, 体を, 使者は, 健康に, 健康診断が, 側から, 側でも, 側臣たちの, 側近くいる, 働き場だった, 光秀たる, 兵理軍学の, 内に, 内意を, 凝視は, 前へ, 前面は, 力で, 功が, 功も, 勝敗も, 勢いが, 勧誘に, 反旗を, 反逆に, 叛逆が, 叛逆は, 口から, 口からは, 司令も, 名と, 名分は, 吐いた声, 命による, 命日には, 唸きと, 場合と, 塔が, 声が, 声で, 天下は, 夫人と, 夫人は, 夫人へ, 失意を, 女が, 女婿でも, 奸智を, 如きも, 妹と, 妻子眷族まで, 姪が, 娘じゃ, 娘たる, 娘の, 娘よと, 娘を, 婿でも, 子では, 存在を, 孫林又, 実の, 家庭は, 家族は, 容子にだけは, 宿痾であろう, 寝室の, 寸言は, 小栗栖に, 小袖から, 少し前, 居城の, 居室を, 履歴には, 帰国については, 床几に, 床几の, 影は, 役目を, 従兄弟に, 徳と, 徳に, 心には, 心を, 心事という, 心事は, 心境にとっては, 心底を, 心気を, 心理にとっては, 心裡にも, 怒りは, 思い立ちは, 急なる, 性情を, 性格と, 成功が, 所領な, 手が, 手には, 手もとに, 才分は, 才識は, 才識を, 指揮は, 敗れ去った旧, 敗北は, 敗軍と, 敵は, 方とを, 方に, 方へ, 旨を, 明晰な, 是々非々など, 晩節は, 智謀才識到底, 末の, 本営から, 本心と, 本能寺襲撃か, 本能寺襲撃は, 本質は, 本軍は, 本陣は, 来襲ある, 構えの, 横奪, 死も, 死骸を, 母という, 母として, 気もちに, 気色も, 活躍し, 深慮聡明な, 漂泊時代について, 為に, 為人を, 無理な, 焦躁は, 爲めに, 特長でも, 狂躁を, 献策で, 献言した, 理念的な, 理性を, 生命は, 生真面目な, 用向きは, 画策は, 異様な耀き, 発した密使, 発句, 発句に, 登城と, 眼からは, 知性の, 細かい神経, 考えは, 耳は, 耳へ, 聡明でも, 聡明な, 聡明も, 肚は, 肩を, 背へ, 背後に, 背後には, 胸には, 胸にも, 胸を, 胸中に, 膝が, 膝の, 臣四天王但馬守の, 苦悩を, 苦痛が, 苦笑を, 蓑を, 虚を, 行動と, 複雜な, 襟が, 観るところ, 言は, 計画を, 許を, 誘いを, 誘降を, 謀叛は, 質問には, 身の, 身を, 軍と, 軍へ, 軍を, 軍隊は, 退去が, 逆を, 運命を, 部下と, 閉じて, 附句で, 陣に, 陣を, 陣営御坊塚から, 陣地を, 陣所へ, 隊が, 面から, 面相が, 領する, 頭脳と, 頭脳には, 顔ひとつが, 顔へ, 顔も, 顔色を, 顰蹙し, 風懐と, 饗応として, 首も, 首級と, 首級ひとつに, 馬の, 馬前に, 馬盥から, 駒が

▼ 光秀~ (326, 26.4%)

4 それを 3 心の, 筆を, 自分の

2 [13件] ここに, これを, それに, ふいに, 信長に, 信長の, 急に, 林の, 私憤を, 藤孝と, 虚を, 面を, 駒を

1 [287件] あきらかに, あくまで真面目, あくまで謙虚, あの賢才, あらかじめ思い極め, あれにこそ, いずれの, いそいで, いったい何, いつか主君の, いつのまにか正しき, いつもの, おそるおそるにじり寄っ, おらぬか, お許, かすかに, かたわらを, かなり長く, かりそめ, きのうお, ここで, ここへ, こちらを, このとき, この九日, この大, この日, この美童, さすがに, さっきから, じっと床几, すぐさり気, すぐその後, すぐ寝入っ, すぐ引っ返し, すぐ本能寺, すぐ身, すでにその, すでに寝所, すでに破られ, そういっ, そこに, そのまま黙る, その人々, その壺, その夜, その後で, その後でも, その手勢, その日, その時分, その晩, その機, その言, それまでの, ただ漠然と, つぶさに世, つぶやきながら, どこにも, なおさら徒ら, なおもっと, なお一抹, なお沈黙, ながめ遣って, なすこと, なぜ百姓, なにか驚いた, にじり寄って, にやにやし, はっと何, ひそかに, ふたたび唇, ふたたび憂悶, ふとたじろぐ, ふと眉, ふと自己, ほっと大きな, また, またしばらく, まだそう左右, まだ懐紙, まったくいつ, みずから慰めよう, むしろいつか彼, もうむかし, もっと積極的, もとより寺子屋, もどると, やがて禄五千貫, やむなく坂本城, ゆるめて, よくその, わずかに, われと, われとわが身, 一切を, 一室で, 一日ごとに, 一日吉田城へ, 一旦勝竜寺城, 一歩前へ, 一行十三人の, 一言, 一言に, 三十九歳, 下へも, 不意に, 世馴れて, 主君と, 之より, 二三献すごした, 五十五年の, 京畿の, 人々と, 人間の, 今ここで, 他念も, 会おうとも, 何でも, 何やら心, 信長には, 偈の, 兄の, 先導役に立った, 光春が, 切々彼, 刎ね, 初めて又兵衛, 初めの, 力を, 努めて, 勇躍し, 十三日の, 十三日午前中全, 去った, 口少なく, 同じ夜, 呼んで, 和歌も, 唐突に, 団十郎皐月は, 声を, 夢から, 大志あれ, 女婿の, 子福者で, 容易に, 寝返りを, 小荷駄の, 少なからず, 山崎円明寺あたりの, 岐阜の, 幕舎の, 平伏して, 幾度も, 庫中の, 引き退った, 強いて, 強いて一笑, 当然作戦, 当然彼, 彼の, 彼一箇の, 徒歩で, 従兄弟の, 御免と, 御坊塚に, 心待ちに, 必ずしも僕, 思う, 思ったに, 性格的に, 恩を, 息子の, 悍馬の, 意に, 慰撫の, 憤りを, 憮然として, 懸念した, 手に, 手の, 手を, 拝伏した, 拝殿の, 拝謝した, 敗れたといふ, 敢えて云い張った, 文武の, 断じて都, 旌旗を, 日頃世話に, 日頃従兄弟に, 旧知の, 早くから気がつい, 明晰に, 晩年閑を, 書房の, 木蔭から, 杯を, 桂川を, 横を, 歩いて, 毒虫や, 比田帯刀則家を, 毛氈の, 気がついた, 池田勝三郎の, 決して思い, 決定的に, 河原に, 沿道に, 沿道間者を, 洞ヶ嶺伏見淀その他の, 湯小屋で, 滅んだの, 濠橋の, 濡れた顔, 火神の, 炮術の, 焦躁した, 玄関へ, 甘んじて, 生涯の, 画巻の, 留守居軍の, 異常な, 疾くに, 疾く天王山, 白地銀襴の, 眉を, 真から, 眸を, 破格な, 祐筆を, 神経質な, 秀治へ, 立ち去る従兄弟, 童形の, 笑った, 第三軍, 答えなかった, 紹巴に, 織田家の, 羨ましげ, 義昭の, 翌十日, 老臣斎藤利三一族の, 聞きながして, 肥前肥後の, 胸の, 胸を, 膠着した, 膳部を, 自分に, 自己なる, 自身から, 自身幼年から, 苦笑した, 茂朝に, 莞爾として, 落馬し, 藤吉郎の, 藤吉郎へ, 藤田伝五その他四五の, 謙遜って, 躁ぐ色も, 身に, 逆境を, 鉄砲を, 銃器の, 長く観, 隠しも, 雨を, 革新的な, 鞍つぼ, 順慶の, 頭も, 額ずいた, 顔から, 風呂に, 首を, 馬を, 馬上へ, 驚いて, 黙々として, 黙って

▼ 光秀~ (89, 7.2%)

2 苦吟の

1 [87件] あたりの, いかに人士, いつか自己に, お嫌い, かかえて, きいた, きょう舟中の, これにて, さらに前進, すまし過ぎて, そういう横顔, その平内, その由来, それきり沈黙を, つづいて, ひがんでは, ひどく気, ひょっこり帰っ, ほんとに眠り, まだ名, まだ茫然, むなしく洞ヶ嶺, 一夜に, 一緒に, 不意に, 丹波へ, 之を, 二条の, 任じられて, 任ぜ, 信長に, 信長を, 再び牢人, 初めて坂本城, 又市, 取るか, 叛旗を, 口を, 名を, 君臣の, 命は, 咄嗟に, 夕顔棚の, 天王山に, 妹から, 小栗栖に, 小栗栖長兵衛, 小栗栖附近で, 展開を, 山を, 山崎の, 山崎へ, 左右に, 床几を, 座中を, 必然なる, 手を, 手習子に, 旅に, 時にも, 時折に, 本能寺に, 欲し, 死を, 江湖を, 牙城と, 特に彼, 献上の, 生憎そうな, 発句する, 真面目に, 眠りに, 眼を, 粽の, 粽を, 老, 自分の, 衆人の, 謀反に, 足を, 迂闊に, 逡巡なお, 長く天下, 長駆桂川を, 門を, 降りると, 駒を

▼ 光秀~ (58, 4.7%)

1 [58件] おそわれて, こうすすめ, こたえて, この余裕, この時, ささやいた, その余裕, その地方, その隠忍, それを, そんなもの, つき不利, なぜか, なる傾向, チクリと, 会った, 伝えたところ, 信頼する, 加担し, 加担の, 劣らぬ勉学家, 取っては, 取つて, 叱られて, 向って, 告げぬ, 命を, 対して, 弑された, 当るべくたれよりも, 従わぬ為, 心服した, 恃み, 意見を, 才なく, 抱いて, 撃たれるかに, 攻めほろぼされた時, 敗るる, 施されたる御, 本能寺で, 殘酷な, 殺された, 殺されたさうだといふ, 殺されたの, 殺された天正十年, 殺されちまったん, 殺されてから, 申そうという, 紹巴を, 諂えない, 返しながら, 逆らうよりは, 通知した, 面会いたした, 飲めない酒, 養はれし, 饗応の

▼ 光秀~ (55, 4.5%)

2 半平は, 直の, 紹巴, 苦戦を

1 [47件] いいます, いい山間, いう, いえば, いった, そう相, その侍将たち, まずい感じ, わしとは, 一戦を, 並び称されて, 丹吾宅の, 会うため, 会うだろうが, 会見し, 会見する, 何か, 光春とは, 半平も, 半平を, 同様な, 同道し, 大八郎, 妙に, 帷幕の, 彼が, 彼とは, 愛宕権現で, 政孝の, 日ごろ親しき, 気味合の, 波多野秀治とは, 白河半平が, 秀治とは, 細川藤孝が, 細川藤孝その, 細川藤孝との, 細川藤孝を, 結ぶ者, 藤吉郎とは, 藤吉郎の, 藤孝との, 藤孝とは, 親しむの, 親交の, 隣りあって, 馬首を

▼ 光秀~ (55, 4.5%)

3 して 2 ガッカリさせる, 亡し, 退治し

1 [46件] いちどに奔河, いびり給うの, おやりなすった, かこむ騎馬, もって, やりたいとも, やる時, 中心として, 主と, 介して, 使嗾し, 信じて, 口ぎたなく罵った, 呼べ, 呼べッ, 囲んで, 圧し内, 始めここ, 客として, 忌避し, 打ち破るかなどの, 打擲した, 折檻させた, 抱き起して, 援けて, 撃つか, 案内者と, 父と, 牽制し, 目の, 突いたという, 葬り去った, 見て, 討たずして, 討たずには, 討たんという, 討ち今頃, 討ち取つた, 討ち清洲会議, 討ったとき以外, 討ったの, 討ったるは, 評して, 誅戮し, 退治て, 逆賊と

▼ 光秀~ (53, 4.3%)

1 [53件] えらいには, ここ老, この日, さすがに, さすがは, そう思っ, そう見た, そこまでの, その中, その心, その戦略眼, その真情, その腹心たち, それを, つづいて, まずかく, またそれ, またもっともっと, また多少, また御坊塚, また沈黙, また非業, また高い, もう策, やがて馬上, ようやくそれ, わしを, 一手の, 一言与えた, 交じって, 今朝は, 信長の, 信長を, 内心は, 初めて解け, 半平も, 外へ, 奉行の, 安八郡の, 心の, 思うて, 恐く竹槍, 愛して, 振り顧, 旅装を, 止まった, 死ぬまで, 洩れなかった, 笑顔で, 腕時計を, 討たれたと, 豊臣秀吉も, 馬を

▼ 光秀~ (35, 2.8%)

2 にお

1 [33件] が, が天下人, が故, そして万, だったの, とおんなじ, とは思い, にいちど, におかれ, にし, にはあれ, に心服, のお, のまわり, の善政, の心, の戦歴, の才能, の歌道, の聡明, の胸, の顔, はあらゆる, はいつも, はわし, は丹波境, は時に, は時折, は膝, も遂に, らしくも, を始め, を迎え

▼ 光秀~ (13, 1.1%)

1 [13件] いった, すすめて, 云い送りまた, 向き直って, 向けて, 向って, 問いたいこと, 感謝する, 接するよう, 示した, 言伝てとな, 通じて, 頭を

▼ 光秀から~ (11, 0.9%)

1 [11件] うけた作戦, こう訊かれ, こよい, はなしかけた, 伝令を, 手を, 毛利輝元へ, 気まずい激語, 直接に, 近江半国の, 這般の

▼ 光秀どの~ (10, 0.8%)

1 から詳しく, が最も, こうして自然, のお, のさらし首, の手勢, の軍勢, はこう, を重臣, 御自身

▼ 光秀には~ (10, 0.8%)

1 いったい如何なる, この老臣, その蕪, たしか息女, 人まばらな, 何となく痛痒い, 反骨が, 時々一家中, 疾くより, 見えた

▼ 光秀とは~ (7, 0.6%)

1 そういうふう, ほとんど一心同体, 九歳の, 多年莫逆の, 心交を, 性格的にも, 親戚以上の

▼ 光秀自身~ (7, 0.6%)

1 からであった, から味方, がつねに, にし, の肚以上, もふかく, もまた

▼ 光秀という~ (5, 0.4%)

1 人物への, 人物を, 名を, 者と, 野郎も

▼ 光秀との~ (5, 0.4%)

2 一戦 1 あいだに, 話の, 関係は

▼ 光秀~ (5, 0.4%)

1 またその, 光春へ, 勘助などは, 子の, 松井友閑を

▼ 光秀~ (4, 0.3%)

1 はない, はなかっ, もある, もない

▼ 光秀~ (4, 0.3%)

1 の右翼, の右翼伊勢与三郎等, の左翼, はつづい

▼ 光秀とか~ (3, 0.2%)

1 木下藤吉郎とかいう, 申しました, 細川藤孝という

▼ 光秀などは~ (3, 0.2%)

1 大いにその, 後に, 自分の

▼ 光秀ほどの~ (3, 0.2%)

1 人物も, 利口な, 者が

▼ 光秀征伐~ (3, 0.2%)

2 に廻れ 1 の戦

▼ 光秀さま~ (2, 0.2%)

1 が御, を取り囲み

▼ 光秀そのもの~ (2, 0.2%)

1 が自然, に謀叛気

▼ 光秀といふ~ (2, 0.2%)

1 みえで, 名が

▼ 光秀としては~ (2, 0.2%)

1 宿怨を, 最大な

▼ 光秀としても~ (2, 0.2%)

1 四十年来たのみ, 左馬介を

▼ 光秀とて~ (2, 0.2%)

1 徒然の, 決してそれ

▼ 光秀とも~ (2, 0.2%)

2 あろうもの

▼ 光秀などが~ (2, 0.2%)

1 どう憂い, 分担し

▼ 光秀なる~ (2, 0.2%)

1 人間の, 篤学な

▼ 光秀について~ (2, 0.2%)

1 囁く人, 来た側臣

▼ 光秀のみ~ (2, 0.2%)

1 でなく誰, ならず全

▼ 光秀ほど~ (2, 0.2%)

1 な者, 信頼し

▼ 光秀一箇~ (2, 0.2%)

1 の心, の生命

▼ 光秀主従~ (2, 0.2%)

1 の影, はそこ

▼ 光秀以下~ (2, 0.2%)

1 の一族, の人馬

▼ 光秀秀吉~ (2, 0.2%)

1 の三人物, もともに

▼ 光秀討伐~ (2, 0.2%)

1 の陣頭, を志し

▼ 光秀退治~ (2, 0.2%)

1 が秀吉一人, に及び

▼1* [86件]

光秀いかにお祝酒, 光秀かならず一身を, 光秀からの吉報を, 光秀ぐらいなもの, 光秀こそは何を, 光秀さえ昨夜小栗栖で, 光秀ゃあるめえし侍が, 光秀じしん悪因悪果土冠の, 光秀すら信忠から, 光秀ただひとりであった, 光秀たちのひと, 光秀たらしめなかったものは, 光秀たりと繰り返しては, 光秀たりともそんな具, 光秀たるところを, 光秀だけは是非一度見, 光秀だけを抑えに, 光秀だったのである, 光秀であったが次に, 光秀であったろうが藤孝, 光秀であると弟, 光秀とかいう声は, 光秀とかがこの模倣, 光秀として用兵上すこぶる, 光秀とてもそれくらい, 光秀とても決して自然の, 光秀とともにきょう半日を, 光秀とをいろいろから, 光秀のである, 光秀なしと叫んだ, 光秀などの当面し, 光秀なども意外となした, 光秀などを見た, 光秀なればとて自身, 光秀にたいする眼は, 光秀にとってそれは, 光秀にとっては何よりも, 光秀にとってもまさにここ, 光秀にも後まで, 光秀に対してはそう楽, 光秀のてがらと, 光秀はぞくと, 光秀はもいちど大地に, 光秀みたいな男, 光秀よりもう一枚大物, 光秀よりは彼の, 光秀一人ほかに小姓, 光秀三日天下といふこと, 光秀不破河内守等が馳せ来っ, 光秀丹羽五郎左衛門などの諸, 光秀丹羽長秀松井友閑などがこもごも, 光秀亀山の城主, 光秀以上明智の全, 光秀以上適任なもの, 光秀以下幕僚たちも揃っ, 光秀以下敵の一族, 光秀以下明智家の将士, 光秀以下騎馬の幕僚たち, 光秀先陣に立てり, 光秀光春の妻子, 光秀去ってふたたび, 光秀参拝のうえ, 光秀反逆の原因, 光秀四代目坂東彦三郎蘭丸市川猿蔵であつ, 光秀謀叛だ, 光秀役者がことごとく, 光秀恐懼身のおき, 光秀戦場なれば, 光秀から密使, 光秀旗本五千余騎を従え, 光秀殿などは殊, 光秀もまた, 光秀白河半平の三羽ガラス, 光秀な慇懃, 光秀直属の五千人, 光秀衣孤剣の, 光秀が陣, 光秀細川藤孝とともに三文化人, 光秀編輯長の白河半平, 光秀自身筆をとっ, 光秀菊五郎春永なり中幕団洲, 光秀を知りたい, 光秀退治自然の通路, 光秀陣中の場, 光秀飲めと大杯, 光秀麾下の雄