青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「光景~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

光~ ~光っ 光っ~ ~光り 光り~ ~光る 光る~ 光子~ 光明~ ~光景
光景~
光秀~ ~光線 光線~ ~兎 兎~ ~児 児~ 兒~ 党~ 兜~

「光景~」 3904, 42ppm, 2751位

▼ 光景~ (1386, 35.5%)

78 見て 39 眺めて 28 呈して 27 想像し 21 見ると 19 見た 16 想像する 11 眼の 10 描いて 9 呈した, 目撃した 7 目に, 眺めた, 私は, 見ること 6 みて, 想像した, 目撃し, 眺めながら, 見たこと, 見た時, 見るの 5 呈するの, 忘れること, 描いたもの, 現出し, 見たの, 見まわして

4 [12件] ながめて, 前に, 思い出した, 思い出して, 思い出すと, 眺めると, 眼に, 私に, 見せて, 見下ろして, 見出した, 見物し

3 [23件] よく覚え, 写生し, 叙し, 呈する, 心に, 思いやると, 思ひ出して, 抒し, 書いて, 演じて, 眺めること, 眺め乍ら, 示して, 私も, 見つめて, 見ては, 見ても, 見ながら, 見に, 見まいと, 見るに, 視て, 詠じたもの

2 [79件] ありありと, うたはれた, この室内, はっきりと, ぼんやり眺め, もって, よく知っ, ボンヤリと, マザ, 一目見た, 予想し, 伸子は, 写したもの, 呈し来るや, 喜んで, 回想し, 尋ねて, 後から, 思い出す, 思い泛, 思い浮かべて, 思い浮べて, 思うと, 思ひ出すと, 想つ, 想ひ浮べる, 想ふと, 描いた, 描いた芝居絵, 描き出して, 描叙する, 斜めに, 横目で, 残して, 現出した, 目のあたりに, 目前に, 目撃する, 眺めたり, 眺めつ, 眼前に, 窺ふ, 組織する, 考えて, 自分の, 表して, 見おろして, 見し事, 見せられた, 見たとき, 見たもの, 見たり, 見た丈, 見た事, 見た者, 見まもった, 見ようと, 見ようとして, 見るもの, 見れば, 見下した, 見下して, 見守って, 見守るより, 見損つたの, 覚えて, 記憶し, 詠んだつもり, 話して, 詳しく説く, 認めた, 説いて, 読者に, 連想させる, 遠くから, 青ざめさせて, 頭に, 頭の, 髣髴と

1 [744件 抜粋] あとに, あまり度々見せられた, あらわして, ありのままに, いたるところ, いったので, いつのまにかうっとり眼, いぶかしげ, いよいよ陰惨, いろいろと, いろいろの, うっとり見やっ, うつらうつらた, うつらうつらたどっ, お見せします, かえって夢, かもし出しながら, ぎよつとして眺め, くりひろげた, くりひろげたが, くわしくドン助, こう書い, こは, これまで, こわごわ見, ごく貪欲, さらに殷々, しつかりと, しばらく眺め, しみじみ味わい知れ, じっと見, すっかりながめた, そっくりそのまま観る, そっくり移し, そのま, そのままに, その人間, その夜, その細胞自身, それも, ただ通りがかり, たとえば北川桃雄氏, たまたま通り, ちょっと珍, ちらちら見た, つかまえ今, つくるところ, ていしながら, できるだけよく見, どう考え, ながく見, ながめたいと, ながめただけ, ながめつつ, ながめてるの, なして, なすこと, のぞいた, のぞき見ようとして, ば, ひろ子は, ぼんやり見物, まざまざと, また思い浮かべた, また氏, まるで見, みせつけられること, みな知っ, みよ子は, みるとき, みるなり, むちゅうになってのぞい, もうすこし眺め, もっとはっきり出, やがて眼, よく見, よく見た, わしの, アナウンスする, エレナーは, ガチヤリポカリと, クルクルと, ジッと, テレビジョンで, トーキーに, ドウゾ, ハッキリ物語っ, ボンヤリし, マリユスは, マンは, 一つ描写しなけれ, 一人黙っ, 一層効果, 一層浄化, 一心に覗き, 一目に, 一瞥し, 一瞥する, 上気した, 不思議に, 丑松は, 世に示したであろう, 予想させ, 予想できなかった, 二倍に, 二度三度と, 人知れず嘲笑, 今だに, 今日の, 今胸に, 他人に, 代表明示し, 伝えると, 何に, 何遍と, 余所に, 保つもの, 保は, 俯瞰した, 俺は, 傳へて, 僕は, 其後長い, 再び目, 再演したなら, 再現する, 写した, 写し出して, 写すに, 写生した, 写真で, 写真の, 冷観しよう, 凝つと, 凝然と, 出現する, 初めから, 創り出すの, 半分物珍し, 反射的に, 取卷くの, 叙した, 叙すだけで, 口癖の, 句に, 右から, 吊ひつ, 名づけて, 向う河岸, 吾, 吾ながら, 呈しおれる, 呈したが, 呈した所, 呈しては, 呈します, 呈し出したの, 呈し得るの, 呈し暮, 呈す, 呈するが, 呈するその, 呈するでしょうね, 呈出し, 味わった, 喋った, 喋って, 回想した, 垣間見たひと, 変えたよう, 夢に, 夢みなかった, 夢幻的に, 好く, 好奇心深く, 如何にもソヴェト的, 婦女に関する, 子規の, 実に冷酷, 実に次, 実現した, 家へ, 察すべしである, 小気味好く, 小高い築山, 少年はつひぞ, 展眸し, 展開させ, 展開しました, 展開する, 希望に, 帶びて居る, 平気で, 幻の, 幻想し, 幻視し, 幻視せし, 幾度か, 彩り人々, 彼から, 彼れ, 御存じです, 心から泣い, 忘る, 忘れて, 念頭に, 思いおこした, 思いだして, 思いやらせた, 思いやること, 思い出さざるを, 思い出したから, 思い出しました, 思い出し絶頂, 思い出し話して, 思い出すさえ, 思い出すの, 思い泛べた, 思い浮かべた, 思い浮べる表情, 思い起さぬでも, 思って, 思ひ出させます, 思ひ出したので, 思ひ出したもの, 思ひ出す, 思ひ出すの, 思ふと, 思わしめる程, 思出し, 思浮べ, 恐ろしいとも, 恒夫は, 悠々と, 想いだした, 想い出した, 想うと, 想つた, 想ひ, 想ひ出す, 想ひ起した, 想像しなく, 想像すれ, 想起し, 愉しん, 感じて, 感激的に, 戸倉老人や, 手真似で, 扱つた, 折から, 拙者も, 指摘する, 振り返って, 捲き起した浪人たち, 探しまわった, 描いたいろんな, 描いたたった, 描きあらわしたもの, 描きあらわしつつ, 描き出すと, 描き出す茲, 描くかも, 描くには, 描く時, 描ける風俗的景色画, 描写する, 撮つた断片的, 故老に, 斯うし, 日本の, 日記に, 早速に, 明かに, 明白と, 明瞭ならしめ, 映し出して, 映画に, 昨日の, 暗々裏に, 書くべく会場, 望みて, 期待し, 期待する, 朧ろ朧ろと, 未だかつて経験, 本当に見た, 来した, 桟窓越しに, 椽側から, 楽しみつつ, 楽しむ, 楽むか, 樽野は, 次の, 死屍の, 殆ど眼底, 残りなく, 毎日目撃した, 永遠に, 泰造は, 活人画に, 活躍せし, 深く理解, 満足げに, 演じるであろうからと, 演じ親愛, 演出する, 潜在意識が, 照らしだして, 照らし出したこと, 物凄くした, 物古り, 物語るよう, 犯人は, 現したよう, 現し一望, 現すの, 現は, 現わす, 現示する, 田山白雲は, 画きて, 略想像する, 痛感する, 発見する, 白樺の, 目を, 目撃しましたろう, 直視する, 看て, 真に味, 眺めしが, 眺めたらどんなに, 眺めたら何, 眺めた僕, 眺めた彼, 眺めた時, 眺めてるだけの, 眺めまわして, 眺めるとも, 眺めるや, 眺め入, 眺め受持, 眺め渡しながら, 眺め返して, 眼も, 眼前から, 知つてゐる, 知らない, 知りながら, 示します, 示すには, 示そうと, 私達が, 私達に, 空へ, 空想し, 窓の, 窺うばかり, 窺って, 立ち去らずに, 笑って, 簡単に, 精細に, 紙上に, 紹介しない, 絵絹の, 美しいと, 美化する, 羨し気, 考えた, 考えました, 考えると, 考えれば, 考へて, 考へると, 聯想せず, 聴手は, 背のびし, 背景に, 胸裡に, 脳裡に, 自分に, 自分は, 色刷版に, 花やかに, 薄暗い燭台, 薄板工場の, 表現しよう, 見かけるが, 見し浪子, 見すごしたと, 見せたから, 見せたそう, 見せつけられた, 見せましょう, 見せられた百姓, 見せられて, 見せられること, 見せる, 見たが, 見たがって, 見たそして, 見たため, 見たばかり, 見たやう, 見たろうか, 見た上, 見た刹那, 見た市長, 見た時私, 見た気, 見つけたところ, 見つけました, 見て取りました, 見て取ること, 見ないでは, 見ないわけ, 見ない様, 見ぬうち, 見まいとしても, 見むとて來, 見やって, 見ようでは, 見ようといふ, 見られないと, 見られる, 見るたび毎, 見るため, 見るとき自分, 見るとも, 見るまで, 見るや, 見る四人, 見る時, 見わたし, 見んと, 見下すと, 見下ろした, 見兼ねて, 見出したの, 見守った, 見届けて, 見廻しつ, 見廻して, 見恍, 見慣れたる余, 見渡した, 見渡した時, 見過して, 視せられて, 覗くと, 観た, 観ること, 観るの, 観察した, 観察し見おろし得る, 観望する, 觀測する, 解しかねたよう, 記憶で, 記述し, 詠じた佳什, 詠みたるもの, 詠んだもの, 詩中に, 話した, 話しながら, 詳細に, 語ったり, 語らないもの, 語り聞かせた, 説き楽しく快き, 説き私共, 説明する, 読んだ, 諷刺した, 議一は, 豫想しつ, 賞めた, 迎えて, 近頃の, 追懐いたします, 逆に, 通り過ぎたが, 連想した, 遠く眺めやっ, 遠巻きに, 長い間, 門越しに, 隙見した, 雑然と叙, 露台から, 青白く映し出し, 高い竹筒, 髣髴させ, 髣髴たらしめます, 髣髴として, 黙殺し

▼ 光景~ (645, 16.5%)

19 まざまざと, 目に 13 眼に 11 ありありと 7 展開され 5 あった, そこに, 展開し, 彼の, 浮んで, 私の 4 展開された, 電光の 3 ある, うつって, はつきりと, 展開される, 展開する, 演ぜられた, 見えて

2 [51件] あまりに甚, あらわれた, あらわれて, ありあり目, くりひろげられて, ぐるぐると, はっきりと, ひらけた, まる見え, よみがえった, よみがえって, 一変した, 一変する, 一層不思議, 今でも, 其処に, 写真に, 出て, 前に, 土地慣れぬ, 室内に, 展開した, 常に私, 彼に, 待って, 心に, 急に, 想像され, 想像される, 手に, 描かれて, 描き出された, 映つた, 映出されるの, 書いて, 浮かんで, 浮んだ, 焼きつけられた, 現れました, 現出した, 現実の, 目の, 眼の, 見える, 見えるん, 見せたい, 見たくて, 見られた, 見られる, 見られるの, 見られるもの

1 [415件] あからさまに, あざやかに, あたしの, あったか, あったの, あったよ, あとから, あまりにも, あまりに現実的, あらはれて, あらはれるあの, あらわれます, ありそんな, あり被告, あるかと, あるの, あるよう, いいの, いい気, いかなる価, いかにも異様, いきいきと, いくたび, いつもより, いやに, いろ, いろいろ映っ, うかびあがった, うかぶ, うきあがったでは, うつしだされた, うつしだされたが, うつったこと, うつったでありましょうか, うつりました, うつり出すこと, おこった, お心, お角, かえって心, かなたに, かなりはっきり記憶, かなり鮮明, かれの, くりかえされて, くりひろげられる, ぐんぐんと, このあといつ, このよう, この世ながらの, この人, この句, この映画, この歌, この琵琶僧, こんなにも変っ, こんなふう, しばらくは, しばらくぶり, すでに面白い, すべての, ずらりと見える, そうであったろう, そこで, そして子供, そっくりそのまま実現, そのままに, そのまま街, その報告, その奥座敷, その理由, その風景, それから, ただあわただしく, ただちに見る, たった一こま, ちぎれた画, ちょっとピサロ, ちらついて, ちらと, ちらりと浮んだ, つぎつぎに, つぎの, つづいて, つむぎ出された, とてもハッキリと, どうかし, どうしてもま, どうしても事実, どうして演ぜられ, どうである, どの様, どれも, どんな事, なぜか, なまめかしい, なんだか滑稽, なんとなく山城, なんとも珍しく, はっきり浮ん, はつきりわかつた, ひどく嬉しくて, ひどく珍しく不思議, ひどく美しく長閑, ひどく芝居風, ひよつくり浮んだ, ひらかれて, ひらけて, ひろがって, ひろげられて, ひろげられました, びっこリンプを, びょうぼうとして, ぴたりと, ぼんやりと, ぼんやりながらも, まあどんな, まさしく主客顛倒, まざ, またその, また頭, まだうろつい, まるで人, みられるからと, むらむらと, もう見られなくなっ, もう許さない, もし今, もの足りなく, やがて通禧ら, よほど気に入った, わたしの, われわれを, イギリスの, カメラの, ジェネ, タマラナク咽喉が, テレビジョンの, ネクラソフの, パノラマの, モウパッサン一流の, モノ凄かっ, ローリイの, 一々覘眼鏡, 一つの, 一つ残らず, 一ぱいに, 一室を, 一層広, 一層私, 一度に, 一種の, 不思議を, 丸で, 二つある, 二三十基も, 五十年後の, 人々の, 今では, 今も, 今後の, 今見た, 伸子を, 似合って, 何か, 何とやら, 何の, 何んと, 何故か今, 例えば豊満, 僕らの, 僕を, 光の, 再び思ひ出された, 写されて, 写実的なる, 写真の, 凄く見える, 凄じい, 出現した, 出現する, 分明見える, 到る処, 前面に, 動いて, 勝重の, 十通りにも, 印象され, 厭も, 叙べて, 吉原の, 同じ五人, 同僚たちの, 含まれて, 吾, 唯涙脆かっ, 四三調の, 回復されました, 壊れて, 変つて天勝その, 変に, 変るもの, 多少和らげられ, 夜の, 夢でなかった, 夢の, 夢幻の, 如何に, 妙な, 季和の, 官能を, 宛も, 実にありありと, 実に鮮明, 密接に, 察しられるであろう, 察する, 少々意識, 少年を, 少年時分の, 展開されるであろう, 屡, 巨大な, 帆村の, 常にかれ, 幕を, 幕面に, 平常と, 幻の, 幻影と, 幻影の, 幾らとも, 幾分かは, 強く彼, 強く彼女, 当り前の, 当分眼を, 彫んである, 彷彿する, 彼等の, 微かに, 必ずその, 必要以上に, 忽ちわたし, 忽然と消え失せた, 思いやられる, 思い出されて, 思い出され自分, 思ひ描かれて, 悪夢の, 想像せられた, 意外の, 拡がつて, 捨て難く, 描かれチャーリー中野, 断片的に, 旅の, 既に二日, 日本の, 明かでない以上, 映りだした, 暫く眼, 暫く続く, 暴露され, 月の, 有らう, 望遠鏡の, 柔かく私, 椅子の, 極めて明, 樵夫の, 橋の, 此世の, 歪んだり, 歴々と, 殆ん, 残されるばかり, 毎夜深更に, 沢山ある, 津田の, 活, 浮かびました, 浮かび出る, 浮かんだ, 浮き出して, 浮びあがったの, 浮び上って, 浮ぶ, 浮ぶが, 浮ぶの, 浮べば, 浮んだの, 消えて, 涙に, 渦を, 滑稽な, 滝の, 演じられたの, 演じられて, 演ぜられて, 漸く灰, 無いで, 無限なる, 焼付いた, 燒きつけられた, 物の, 物寂び, 物悲しくなりました, 特に彼, 特に私, 現はれる, 現れた, 現れるの, 現われた, 現われて, 現われました, 現われる, 現われるその, 現われるであろう, 現出された, 現出する, 現出するでしょう, 画に, 画の, 画家の, 異様な, 畳と, 白, 白雲の, 目前に, 眼を, 眼前に, 眼瞼の, 睡つけない闇, 瞭, 石子の, 硝子をでも, 私達を, 穩か, 空も, 空想せられる, 突然頭, 笏梧朗を, 第一句, 紅を, 続いた, 続けさま, 美奈子の, 群がり寄せて, 能く繰り返された, 脳裡の, 自分には, 自分達の, 航時機の, 船中一同に, 荒涼そのものの, 荒涼と, 華々しく映った, 華麗な, 葉子の, 薄霧, 藍を, 蘇って, 蜃気楼の, 行くに従って, 行手に, 街道に, 要介, 見えた, 見えたの, 見えたよう, 見えなくなりその, 見えるところ, 見えるの, 見たくって, 見られたであろう, 見られるかと, 見られるじゃ, 見られるであろうか, 見られると, 見られるという, 見るも, 見渡される, 観客の, 記述せられ, 記録され, 變つて賑かに, 起るだろうと, 躍如と, 身の毛も, 転がって, 追っても, 連想される, 連続し, 遽に, 鏡の, 長く彼, 閃くよう, 開けた, 間もなくわたし, 間もなく彼等, 陰惨に, 隅々まで, 電燈の, 面白かつ, 面白くて, 頭から, 頭に, 額ぶちに, 香の, 髣髴と, 鮮明な, 鴉の, 黒い影絵, 黒塗り蒔絵の

▼ 光景~ (581, 14.9%)

7 今も 4 今でも, 私の 3 まだ彼, 一幅の

2 [33件] あまりにも, これを, それは, ない, なかった, ふしぎな, まざまざと, もしこの, 一変し, 一変した, 今猶, 冬である, 大都, 察する, 實に, 屡詩歌, 彼の, 忘れ難い, 悲しいもの, 想像し, 折々西洋, 映画などで, 正三, 永く私, 當時の, 疲れた母親, 美しき女, 自分は, 自分並びに, 蓋し天, 行く先に, 行燈の, 見る事

1 [494件] あたかも火事場, あとから, あの通り, あまりに現実的色彩, ある予感, いかがでした, いかなる戦陣, いかにものんびりし, いかにも遥々した, いきいきと, いくばくか, いっそう自分, いつの間にか消え去りました, いつも三吉, いつ見, いとも見事, いまだかつて一回, いよいよ絶好, おそらくは火吹竹, おそろしく眞劍, およそ想像, かえってすさまじい, かくも, かなりものすさまじい, かなりよくでき, かなり可愛らしい, かなり物珍しい, かれの, きのふ暗く, きわめて的確, けだし珍妙, けだし逸品中, こいつは, こう古, ここで, ここへ, ことばにも, このとおり活如, このグロテスク, この一語, この鉱山, こんなもの, こんな非常時, さすがに, さぞよかっ, さながらに, さながら一幅, しかし誰, すぐに, すこぶる狼藉, すさまじいとともに, すべて一場の, そういわれ, そうした興味, そこで, そのひと, そのま, そのものの, その日, その時, その片かげ, その瞬間, その部屋, それこそ, それに, それに対する, たいへん夢幻的, たしかに興味, たしか古代, ただ熱気, たった一つ, ちょうど木乃伊, ちょっと他, ちょっと微笑ましい, とても下界, とても大正昭和, とても私, どうしても頭, どうなる, どうももやもや, どうも腑, どう見直し, どう見直した, どこへ, どこを, どんなでした, どんな眠たい, どんな野蛮, ないだらうと, ないもの, なかなかよかっ, なかなか彼女, なかなか立派, ながめること, なごやかなものであった, なぜだ, なんだろう, なんという, なんとし, なんとなく穏, なんともいい, はた目にも, はっと思う, はなはだ生活的, ひろ子を, ふしぎきわまる, まあどんな, まことに厳粛, まことに平和, まことに戦時気分, まことに爽快, まことに私, まことに観る, まさに悪事, まさに西海, ますます乱雑, またとなく珍しくなにか, また見物, まだ眼, まだ胸, まるで凱旋将軍, まるで血の池地獄, むつまじい新婚, めづらしくおもしろいそして, もうおそらくは永久, もう二度とこの世, もう何処, もう見られない, もちろんうまく, もちろんざら, もっと街上, もはやぼんやり, やがて二人, やがて夕闇, やはりちょっとした, やはりまだきわめてすばらしい, やはり陸, よく描かれ, よく沼畔, よく解りました, わたくしを, アトカタも, クリストフの, クリヴォフ夫人の, グラン・ブル, ソヴキノの, テレビジョンに, フィルムにも, マズレールに, マリイ夫人の, モスク, 一々かれ, 一つの, 一人の, 一寸嬉しい, 一寸想像, 一寸見には, 一層盛大, 一生涯忘れよう, 一種不気味な, 一種特別であった, 一種特別の, 一重の, 丁度眼前, 三人の, 三吉の, 上海郊外には, 不思議な, 不思議にも, 丑松の, 世に, 世界の, 中央道路に, 主人公が, 予て張番, 予期し, 事もなげに, 二人の, 互に鼓動, 五六年前の, 人心に, 今では, 今なお, 今にも初冬, 今は, 今まるで, 今丑松, 今日の, 他に, 以前の, 仲, 伸子に, 何か, 何かしらこの世ならぬ, 何だか自分, 何と, 何となく人, 何となく知らぬ, 何ともいえない, 何に, 何んで, 何処から, 何時来, 何枚続きの, 何者かが, 作者の, 例えばれんげ草, 依然として脳底, 充分私, 入って, 全く一変, 全く慘憺, 全く測り知り, 全く独特, 全く見た, 全く變つて, 全く震災, 全然夏, 其で, 其の儘読者, 其処にも, 冬の, 凄いと, 凄まじく烈しく又, 凄味に, 凄惨を, 出現しなかつた, 切迫し, 初めてだ, 初夜の, 到底君, 前方千メートル位の, 勇ましいもの, 十分に, 十年前には, 半蔵の, 厳粛であり, 又, 又た, 台が, 司令艇の, 名状すべからざる, 唯屋根, 固より, 国の, 地に, 地上的で, 地獄か, 地獄絵であった, 場所が, 壊れて, 壮観, 壮観だった, 壮麗に, 変らずに, 変りはてた, 変化の, 夏の, 外部からも, 多くの, 夢にも気, 夢みるに, 夢みるにさえ, 夢魔に, 大体想像する, 大袈裟すぎる, 大都会, 女気ぬきで, 如何である, 如何にも靜, 宛然幾千万片の, 宛然幾千萬片の, 実によく自分, 実に世界, 実に恐ろしい, 実に悲惨, 実に戦慄, 実に珍無類, 実際覚え, 寒気が, 寧ろ人々, 寧ろ岸本, 将来への, 少しづつ整理, 島原の, 川の, 川楊が, 川越でも, 巴里蚤の市の, 市に, 常に彼, 幕が, 平凡なりに, 幻の, 幽鬼的と, 幾幕と, 広間の, 廣間の, 強烈に, 当世書生気質中の, 彼が, 彼を, 彼女にとって, 彼女の, 徐徐と, 心に, 心の, 心界の, 必ず馬鹿者, 忘れること, 思い浮べるが, 急変し, 恐らく予想, 恐ろしかったらしい, 息子, 恰も一枚, 恰も人間, 恰も永い, 悲痛を, 惨憺たる, 惨憺実に, 想つても, 想像した, 想像すら, 想像する, 想像に, 想像以上の, 愛だの, 我ら数人の, 我眼前に, 戦時に, 手に, 描写する, 数年前最後に, 文章にも, 斯うい, 既になつかしい, 日常の, 日本の, 日毎に, 旧によつ, 早くも, 明治三十五六年の, 明白に, 昔がたりの, 昔と, 昭和の, 暗くて, 曇つた暗い, 更にわかりません, 松の, 果して如何なる, 案外遠く, 極楽浄土絵でなく, 楽天的に, 次第に遠く, 次郎の, 歌劇の, 正しくそれ, 正に迷妄世界, 正視する, 此節同人より, 歴々と, 歴史を, 歴然として, 殆ど余を, 殆ど見られなくなった, 殊に蓮太郎, 気の, 気味悪いと, 気高く美しい物, 氷光か, 永久に, 決してあまり見よい, 油地獄で, 洗練されたる, 洵に, 活動写真とは, 浅次郎の, 浮んで, 消えて, 消え地上, 淋しい鎌倉, 深い震撼, 深く強くかの, 深く脳底, 滅多に, 滑稽でも, 漸時に, 燭の, 爛漫たる, 物すごいばかり, 物凄いもの, 物凄かった, 特に黒い, 狼藉に, 獣類とは, 現実ば, 甚だ珍妙, 生気の, 男性と, 略ぼ, 異常な, 異様な, 當時北清在留の, 痛く精霊, 白い波, 白昼婦女に, 皆自分に, 直ちに読者, 眞田が, 眼前に, 確かに, 神の, 祭礼の, 私が, 私たち大阪の, 私にとって, 私には, 私を, 私達を, 空前である, 突如と, 立田の, 第一番, 筆にも, 筆も, 素朴な, 絶えずかれ, 絶えず動い, 綾錦に, 総て驚くべき, 緩慢で, 美しい, 考えさせられるよ, 耶馬渓に, 自分たちの, 自分の, 興味が, 舟の, 若し傍観者, 苦しかった, 萬葉集中の, 葉子の, 蓋し經驗, 蓋し逸品中, 虫の, 蟻の, 街道を通して, 街道筋に, 衣桁に, 見えず貸し望遠鏡, 見せたいよう, 見たこと, 見ないで, 見られない, 見るからに, 見るに, 見る人, 見わけられなかった, 見事だ, 見馴れて, 親愛な, 言ふ, 言亡慮絶の, 詳しく言う, 誠に奇妙, 誠に興味, 誰の, 變らざれ, 豊かな, 跡も, 身に, 通りがかりの, 達雄の, 違つた, 遠からずし, 部屋の, 重騎兵, 野蛮な, 鏡の, 長い間, 長閑な, 関東大震災の, 陸上では, 静粛で, 非常に, 非暴力, 面白かった, 飛行機から, 高輪の, 高速度撮影機を, 鮮かに, 龍宮城の

▼ 光景~ (311, 8.0%)

8 目を 6 なって 4 なった, 接して, 接すると, 眼を, 見とれて 3 なつて, なる, 一種の, 對し, 興味を

2 [20件] うたれて, さらに凄惨, ぶつかった, ぶつかって, われを, 心を, 我を, 接した私, 接するや, 接触する, 気づいて, 気を, 深く感, 直面し, 私は, 見惚れて, 違ひなかつた, 馴らされて, 驚いて, 魅せられて

1 [222件] あきれて, あたりを, あっけに, あっても, あまり変り, ある意味, いたく異様, うそは, うたれ, うつつを, おどろかされた, おびやかされた, お浜, お目にかかった, きっと眼, ぎょっとし, さすがに, して, すっかり心, すっかり面食らっ, そぐわぬの, それを, ちがいない, つながり呼吸, なりましたが, なるの, なれて, のまれて, ぱつたり出合つた作者は, ひかされ吸いつけられたの, ひきつけられた, ひどく驚いた, びっくりさせられた, ふさわしい, ふさわしいと, ふさわしい言葉, ふら, ぶつかるが, ぶつつかつ, ほかならぬの, ますます心, また一つ, むかって, やっと安心, よくぶつかる, ハッと, ピアノの, ムラムラと, 一の, 一ぱいだった, 一度は, 一方ならぬ, 一段と陰惨, 一段の, 一瞬心を, 一種不気味な, 三四郎は, 不似合, 不思議さうに見入るだらう, 不思議は, 不機嫌な, 両人とも, 久し振, 二三度接し, 交じえ, 今夜から, 伸子は, 作者は, 依って, 依ると, 偶然にも, 僕は, 凝し, 出会いたいもの, 出会うこと, 出会ったけれども, 出会ったこと, 出会った時, 出逢, 出逢う, 出逢うの, 出逢った, 出遇, 出遇つた事, 出遭, 出遭う, 列席者は, 劣らないもの, 化して, 匹敵する, 向けたり, 吾等の, 呆れて, 呆然と戦慄, 呑まれて, 味到するであらう, 圧倒され, 堪え得なかった, 堪へ一身, 変じて, 変って, 外ならない, 夜も, 夢中に, 大きな衝動, 失神し, 姑も, 威圧され, 学士は, 寒さ, 対したもの, 対比し, 少し圧倒, 就いて, 引立てられて, 形どっ, 復って, 心は, 思い至らねば, 思はず目, 思わずおどろき, 思わず声, 思わず目, 恍惚と, 愕か, 感ずる余り, 慰安されたらしく, 戦慄しつ, 打たれたと, 打ちのめされて, 押えつけられたよう, 押し入った五人, 接した, 接したかった, 接したが, 接したこと, 接したの, 接したばかりか, 接した事, 接した時自分, 接した目, 接しては, 接しますが, 接し絶美, 接す, 接すやいなや, 接する, 接すること, 接すれば, 搏たれた, 新しい物音, 旅の, 昂奮し, 比較し, 気が, 気絶し, 汗を, 満たされた, 無限の, 狂いそう, 猪飼先生いよいよ, 生気を, 生理的の, 用いられるという, 留意し, 異ならない, 異常な, 百合子は, 目が, 相対した, 眺め入, 睛を, 私の, 笑って, 絶大な, 縛りつけられたよう, 繋つてゐる, 羽柴君は, 肌を, 胆を, 臨み黙って, 至つて初めて, 至るまで, 興奮と, 舞子と, 著眼し, 融けこんで, 見えて, 見入って, 見入つてゐた, 見恍, 視入, 触れても, 説明を, 變じ, 趣味を, 辟易し, 辟易せず, 近い状態, 返った, 逢著する, 違いなかった, 遭遇し, 遭遇した, 配せられて, 酔った, 醉ひ, 類する恐怖, 馴れない目, 馴れ冷淡, 驚いた, 驚いたか, 驚かされた, 驚かされたかすか, 驚かされて, 驚き且つ, 驚き乍ら, 魂消た, 魅せられたの, 魅せられたよう, 魅入られたばかり, 麻痺させられ

▼ 光景~ (164, 4.2%)

11 中に 5 うちに, 中で, 前に 3 なかに, 中へ

2 [12件] おかげで, やうに, 一つ一つが, 一部を, 印象を, 叙事たるに, 如きも, 悲しげ, 描写の, 方が, 映写の, 間に

1 [108件] あちらの, あまりに天然, ある形態, うえに, うちで, うつりかわりが, おこりが, ことを, すぐあと, すさまじさ, すさまじさは, すべては, ためであったろう, ために, なかをも, ひとつである, ほうが, ま, まん中に, やうだ, ゆくりなくそこ, ような, ように, わるく無気味, スナップを, スナツプである, 一つが, 一つである, 一変した, 一変する, 一端を, 一部は, 上にも, 中から, 中その, 中には, 中を, 中其の, 中心に, 代償の, 伴奏として, 何ぞ全く変りはてたる, 全然一變, 全部は, 内に, 写真が, 凄愴たる, 反復であった, 叙べ, 叙述を, 向うには, 唯一の, 報道という, 場所の, 場所へ, 壮大性永遠性の, 天地でも, 如きは, 如き其一, 如く天, 如何に, 実際を, 展開に, 展開は, 幕そういった, 思い浮かべられる機縁, 恐しさ, 悉くを, 意味を, 映写される, 映画を, 晩餐会が, 歌である, 潜在像は, 物々しさ, 特質は, 珍しさ, 目まぐるしさ, 眼前に, 神々しさ, 移り変ること, 第一歩に, 細目まで, 総てが, 美しさ, 聯想は, 自らわたしに, 花やかな, 裏に, 裡に, 要素とを, 見えて, 見事さは, 記憶が, 記憶これらの, 記憶は, 記憶も, 詠嘆が, 詳細を, 誘惑が, 連続であった, 間で, 間を, 陰惨な, 雄壮なる, 雄大さ, 雄大さあるいは, 鮮かに

▼ 光景~ (88, 2.3%)

3 その時, なって, 云わざるを 2 そっくりでした, なった, なりました, 江戸名所の, 風俗とは

1 [69件] いいひょっとしたら, いうよりも, いったらなんと, いっては, いふべきもの, おなじ殺風景, こ, ここに, この光景, さしたる相違, さわぎとを, す, すれば, そういうこと, その事情, その姿, その歌, その生活, その車道, それに, それは, なつて, なりし云云, なり漕いでも, なる, なるの, みえて, ダブる, 不思議に, 世の, 云い四辺, 云えよう, 人事に, 今まで, 今此處, 似て, 全く同じ, 其生活とには, 化し去って, 同じこと, 同時に彼, 変つたのである, 大した差違, 大した相違, 子どもたちの, 家で, 寸分たがわない, 少しも, 布団を, 庄兵衛と, 弁士が, 思われるのに, 戦う, 打って, 映帯, 海に, 混合った, 異つて文人画, 異常な, 相對, 素子が, 給仕女の, 舟中の, 花卉とを, 茅が, 解したい, 言わなければ, 選ぶ所, 酷似し

▼ 光景~ (70, 1.8%)

22 あつた 4 あらう 2 私は

1 [42件] あらねば, お蓮様, この映画, これは, せう, その大学, その辺一面, それも, それを, べつだん何, もし人, キリキリ舞いを, 一寸想像, 乗って, 何の, 僕が, 初めての, 厭味の, 夜は, 大花瓶, 太政官政府の, 家郷を, 席は, 幼心にも, 彼女は, 昼なほ暗い, 櫂を, 母親も, 気合の, 法も, 浮き立った, 男に, 眼球が, 私宅なども, 空には, 続けさま, 落葉が, 藩庁は, 街道の, 貧しげ, 醒めたならば, 電車自動車と

▼ 光景~ (69, 1.8%)

1 [69件] ありあり目, ありません, ある, ある綱引き, いっさい趣向以外の, いつしか彼, いまは, およそこんな, かくやと, かなりに, ここに, この程度, さつぱり, その二階, それが, なくて, のどかな, またしばし, また何, また大, また生れ, よくでき, クリストフにとっては, ボンヤリし, ポーデル博士も, 一変し, 一層の, 一瞬間はっきり, 不風流なる, 亦しばし杖, 亦古今, 亦現代人, 何となく町, 余計に, 全く見違える, 写してあつ, 初めと, 南国らしい, 場所柄だけに, 変わった, 変わりつつ, 多少変っ, 展開する, 当時の, 彼を, 忘れ難い, 思ひやられる, 最早日本人, 朧ろげに, 検視が, 次第に目慣れ, 気分も, 珍しい, 珍らしく, 町の, 界隈としては, 目に, 眼ざむるばかりに明るく, 知らずに, 私は, 紙屑に, 若い放浪者, 見えず何時, 見えた, 見える, 見せて, 連想を, 陰々たる, 面白くは

▼ 光景~ (39, 1.0%)

3 物音を 2 茫然と

1 [34件] いろいろよく, が彼ら, さうし, そういう, そしてとうとう, そのまえ, できごと, ほとんど忘れかかった, ゆきちがう, セント・オラーフの, 事実の, 人の, 人気なかっ, 友と, 叫び泣きの, 各親分, 同じく馬場下, 在留する, 場面の, 女の, 店の, 心理描写が, 救われてから, 新奇さで, 新奇な, 書物の, 林町の, 毒薬の, 状態を, 珍妙な, 繋留気球が, 興奮が, 警察医の, 過去の

▼ 光景には~ (31, 0.8%)

3 さすがの

1 [28件] あきあきするほど, それほど滑稽, たった一目, つと胸, なりません, また髪, 一口触れる, 一方ならず熟し, 何か, 何ひとつ変りが, 実に言葉, 少し調和, 引きかえて, 引きかへて, 引しまったリズム, 心付かなかったらしく交渉, 思わず茫然, 慣れて, 慥かに, 未だ逢著, 洩ざりける, 理窟ぬきに, 目も, 眼も, 考えさせられるもの, 調和し, 較べ物, 違いありません

▼ 光景では~ (28, 0.7%)

4 ない 3 ありませんか, なかった 2 あるが

1 [16件] ありますまいか, ありません, ある, あるまいか, たとえ徳川, ないか, ないだろうか, ないの, なかったろうか, なかつた, なかつたらうか, なかろうかと, なくして, なさそう, 其十二の, 無いの

▼ 光景~ (27, 0.7%)

2 と思った

1 [25件] か分るでしょう, がこれから, がその, がね, がカタログ室, が白地, が近く, っけ, つた細君も, と, という話しだ, といっ, といつ, とは思えなくなっ, と僕, と千代松, と思, と思います, と思つて, と私, ね, の, のも, ものだ, ものです

▼ 光景~ (23, 0.6%)

5 のである 3 のだ 2 のが, んだ

1 [11件] のであった, のであり, のであります, のでこの, のでございました, のです, のでついポッカリ, のでモスクワ, ので私, ので茫然, んで傍

▼ 光景である~ (21, 0.5%)

2 ために, ということ

1 [17件] かどう, がしかし, がそういう, がまたしかし, がめつた, が万有, が中でも, が満, が私, ことが, それは, と思う, と想像, のは, やうに, 彼等は, 限り沿岸だけが

▼ 光景から~ (18, 0.5%)

2 目を

1 [16件] やがて陽, 伸子の, 何度も, 古風な, 引きづつて行つて, 心に, 恐怖や, 感じた, 推察し, 日の, 明る陽, 月明を, 特殊な, 眼を, 私は, 魔呵なる

▼ 光景でも~ (14, 0.4%)

2 ある

1 [12件] あった, あれば, いいかと, その女, ちょっと簡単, なく青竜刀, トモと, 名高い宮殿, 如何に腥, 想像し, 時として私, 時の

▼ 光景などを~ (14, 0.4%)

1 [14件] あげた, おもしろく語った, じいと, ぼんやりと, 彼の, 思い浮かべて, 思浮べ, 手真似で, 映写した, 眺めたり, 考えまいと, 見せないよう, 近くの, 頻りに目前

▼ 光景であった~ (12, 0.3%)

1 [12件] か, がこの, がしかし, がしかしまた, が商売柄, ことが, ことでしょう, ことと, にせよ, に相違, のである, のであろう

▼ 光景だった~ (10, 0.3%)

1 か想像, けれどこの, ししかも, ということ, とそれ, と思われます, に相違, ねえ, のか, ので私

▼ 光景とは~ (10, 0.3%)

1 いったいどんな, いつかすっかり, なった, まるで似寄り, 一見直接, 不似合, 打って, 私の, 言ひ, 遺憾なく

▼ 光景とを~ (8, 0.2%)

2 変じて 1 吾人の, 喜ぶの, 想像する, 比較する, 聞いたり, 見た者

▼ 光景などが~ (8, 0.2%)

1 あたかも見る, そうした感じ, それとは, 心に, 映ったならば, 最も直接, 目に, 虚空の

▼ 光景にも~ (8, 0.2%)

1 さほど狼狽, 何かしら一種の, 因りましたろうが, 少し飽き, 彼は, 意外の, 語られて, 顔を

▼ 光景であり~ (7, 0.2%)

1 あるいは水鳥, またその, また私, サルヴァトール・ローザの, ザインである, 心境であった, 菩提の

▼ 光景という~ (7, 0.2%)

4 ものは 2 のが 1 ことに

▼ 光景などは~ (7, 0.2%)

1 この土地, その踏切, もう見る, 容易に, 楽しむどころ, 消し飛んで, 黄海と

▼ 光景として~ (6, 0.2%)

1 何でも, 思い出された, 眺め渡す, 見られたの, 見送られるに, 覗いて

▼ 光景に対して~ (6, 0.2%)

1 殆ん, 水夫が, 私は, 私達は, 足の, 釜沢の

▼ 光景それ~ (5, 0.1%)

1 から来る, が見事, は天空, は実に, をその

▼ 光景であろう~ (5, 0.1%)

31 そこには, と思う

▼ 光景です~ (5, 0.1%)

1 からお, から着物, しかしその, 三十六七歳の, 吸入器と

▼ 光景ばかりが~ (5, 0.1%)

2 煎り付く様 1 パラ, 明かに, 浮んだ

▼ 光景だけは~ (4, 0.1%)

1 なつかしく目, 実にはっきりした, 見えますが, 見まいとしても

▼ 光景なり~ (4, 0.1%)

1 余は, 場面なりが, 情緒なりが, 行動なりに

▼ 光景なんか~ (4, 0.1%)

2 今でも 1 いつか書きました, 一生見られなかった

▼ 光景ほど~ (4, 0.1%)

1 うたた物, 人に, 悲壮に, 荘厳に

▼ 光景までが~ (4, 0.1%)

1 おりおりかれの, そっくりそのまま形態, どうしても現実, 弁信が

▼ 光景までも~ (4, 0.1%)

1 ありありと, 変えたこと, 見せたり, 見透かして

▼ 光景~ (3, 0.1%)

1 ういふ, へも傍観, へ目撃

▼ 光景しか~ (3, 0.1%)

1 思い出せなかつた, 映りませぬが, 浮んで

▼ 光景との~ (3, 0.1%)

1 ある関係, 新奇さを, 違いは

▼ 光景など~ (3, 0.1%)

1 想像された, 眼に, 見える様

▼ 光景なども~ (3, 0.1%)

1 おもしろい, はつきりと, 面白い

▼ 光景について~ (3, 0.1%)

1 モー一つ言い残し, 少しも, 精細の

▼ 光景にな~ (3, 0.1%)

1 つて來た, つて来た, つて波濤と

▼ 光景ばかり~ (3, 0.1%)

1 だった, では, 出て

▼ 光景~ (3, 0.1%)

1 持って, 紅色の, 見張

▼ 光景をも~ (3, 0.1%)

1 想像し, 物羞しく思ふ, 異に

▼ 光景其の~ (3, 0.1%)

1 ま, 兩者の, 醜陋寧市中

▼ 光景及び~ (3, 0.1%)

1 それに, 問答, 庭上階下窓外の

▼ 光景ある~ (2, 0.1%)

1 のみである, を免れざる

▼ 光景こそ~ (2, 0.1%)

1 一生忘れられない, 見えませんでしたが

▼ 光景さえ~ (2, 0.1%)

1 予知し, 随所に

▼ 光景そのもの~ (2, 0.1%)

1 からいう, が派手

▼ 光景ぞや~ (2, 0.1%)

1 七人の, 余は

▼ 光景たる~ (2, 0.1%)

1 やたしか, 也

▼ 光景だけ~ (2, 0.1%)

1 であった, でその他

▼ 光景~ (2, 0.1%)

1 や, やない

▼ 光景であっ~ (2, 0.1%)

1 て周囲, て山

▼ 光景でなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばならぬ, ば立体派

▼ 光景といふ~ (2, 0.1%)

1 ものは, 事に

▼ 光景とか~ (2, 0.1%)

1 そういう零細, 忽然それが

▼ 光景としか~ (2, 0.1%)

1 かれ等, 思えない

▼ 光景なぞも~ (2, 0.1%)

1 こ, 考えた

▼ 光景にまで~ (2, 0.1%)

1 しだいに上り, 人の

▼ 光景または~ (2, 0.1%)

1 娼楼大広間見通しの, 遊廓にて

▼ 光景やら~ (2, 0.1%)

1 それに, 食卓を

▼ 光景よりも~ (2, 0.1%)

1 ライカの, 桜の

▼ 光景~ (2, 0.1%)

1 微ニ, 想像スル

▼ 光景~ (2, 0.1%)

1 の現実, の立像

▼ 光景~ (2, 0.1%)

2 つながら

▼ 光景~ (2, 0.1%)

1 には大胆, に寺院

▼ 光景~ (2, 0.1%)

1 なほ忘れ, も見ゆらん

▼ 光景次第に~ (2, 0.1%)

1 凄くなった, 月明に

▼ 光景~ (2, 0.1%)

1 はその, は一生懸命

▼ 光景~ (2, 0.1%)

1 いろ, は無論

▼1* [154件]

光景いかに凄絶なる, 光景いぶせき路地裏にても, 光景いよいよ珍らしい, 光景おのづから俳味, 光景おのずから吟情を, 光景からの断片で, 光景からは聴くだけでも, 光景がをかしく見え, 光景こそは死んでも, 光景ことにそれと, 光景これはブリューゲル, 光景さえも誰憚らず, 光景さては夜も, 光景さながら指点する如くである, 光景やあるまい, 光景じゃないでしょう, 光景すらなく刻々, 光景そこへその, 光景そして遠慮なくよばれ, 光景その場に, 光景それからそれへと, 光景それらが彼, 光景たとえは窓, 光景だけが絶れ, 光景だけでも田園生活の, 光景だけになつて, 光景だったり今しがた, 光景だっていうこと, 光景だつたらしくさ, 光景だつたので私, 光景だの無邪氣, 光景だらうか, 光景って何て, 光景であります陸に, 光景でした本当の, 光景でしょうか, 光景でないものは, 光景でなくてなん, 光景とかのものでしょう, 光景とが現われて, 光景ときたら婦人や, 光景とぞ喜びし, 光景とも見えないこと, 光景ともの音の, 光景と共にかかる人情, 光景なぞ今更珍, 光景なぞが我々の, 光景などよりは幾層倍も, 光景ならんと, 光景なるに呆れ, 光景なればのべ, 光景にたいして少しも, 光景についてはコゼットも, 光景についてもわたくしは, 光景にても眺めな, 光景にのみ筆を, 光景にばかり気を, 光景によって否応なしに見せつけられた, 光景により以上興味を, 光景に対し何んの, 光景に迄なって, 光景生活という, 光景のみが彼の, 光景のみを択んで, 光景はみものだった, 光景ばかりを伸子は, 光景ひとえに人の, 光景またその時候, 光景までを夜の, 光景もとよりわが, 光景より他には, 光景らしく判断された, 光景わが目には, 光景をすら見ずに, 光景をずつと子供の, 光景をば今は, 光景クジマの顔, 光景コロシウムの廃跡等, 光景ゾロリとした, 光景一国の元首, 光景七星の天, 光景丸太や桁材, 光景乱山堆裏一船奔, 光景亀戸あたりの托児所, 光景互に相似たるを, 光景人物の顔, 光景仔細に写し出し, 光景て掬す, 光景以上に不思議, 光景伸子がこれ, 光景何となく仮を, 光景何より申上げ候はむ, 光景倒壊の趣, 光景入り六分強位で, 光景全く名所絵と, 光景全般の恐ろし, 光景十郎権頭が最期, 光景升屋の老人, 光景単身で敵し, 光景即ち葬式の, 光景古き土佐絵の, 光景四年前日夜目にせし, 光景執行官まはり, 光景の山, 光景大きく観客に, 光景大地から上っ, 光景如此かと御覧, 光景山本五郎塩田真大森惟中諸氏の手, 光景平日に比すれ, 光景彼女に依つ, 光景思出し大和守, 光景恐怖の念, 光景を含んだ, 光景悲劇の荘厳, 光景悲憤のそれ, 光景憎悪に燃える, 光景憐れに冷ややか, 光景の光景, 光景最初の間, 光景柳原の郡代, 光景殺気満々たるすさまじさ, 光景気分の断片, 光景の弛んだ, 光景汽車にまるまっ, 光景爛漫とし, 光景目前に見る, 光景着換の爲, 光景瞬間に変じ, 光景三ページは, 光景筆端のよく, 光景等々実に旨い, 光景等十人足らずの諸氏, 光景絞首の刑, 光景考えるとやっぱり, 光景航海中の出来事, 光景葬列墓参というふう, 光景蓋し斯の, 光景街路を通ってる, 光景仰下, 光景になっ, 光景見おろして胸, 光景見るが如き, 光景るが, 光景豪気将呑五大洲, 光景のさらい, 光景輝かしい天国の, 光景描寫した, 光景運動色彩感じというよう, 光景間もなく鳥居の, 光景離れの様, 光景頗る凄壯, 光景風俗草木の色, 光景風景の感情, 光景風物場面をその