青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「光明~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

先頭~ ~光 光~ ~光っ 光っ~ ~光り 光り~ ~光る 光る~ 光子~
光明~
~光景 光景~ 光秀~ ~光線 光線~ ~兎 兎~ ~児 児~ 兒~

「光明~」 1224, 13ppm, 8361位

▼ 光明~ (322, 26.3%)

4 与えて, 投射する, 認めて 3 もって, 授け給, 放って, 求めて, 與へ, 見る限り

2 [16件] 与えるの, 与えるもの, 与へるもの, 失って, 得て, 投げて, 投げるよう, 投ずること, 投ずるもの, 拒否し, 放つて, 発して, 見たよう, 見て, 認めること, 高く仰がしめる

1 [260件] あくまで信じつづけ, いただきあたかも, いっそう注意, うばい去り暗黒, えがくこと, えて後, おん母子の, かくも, きたすもの, ここに, ことごとく吸収, ことごとく失った, さかんに, それでも行燈子自身, たれジュンジュン, つくり出して, どんなもの, なげること, なして, はな, ひし, ふたたび輝かせよう, みとめ内々ハリ, むしろ空想, もたらして, もたらし邪, もたらすか, もたらすが, もたらす可能性, もってるもの, 与うるは, 与えた, 与えたと, 与えなくても, 与えられしこと, 与えられた, 与える, 与えること, 与えると, 与えるという, 与えるよう, 与え政策, 与ふるもの, 与へよといふ, 与へる, 世にもたらした, 予想させる, 亡ぼす悪魔, 今も, 仰ぎこ, 仰ぎ得ずに, 仰望す, 体せん事, 來す, 全く発, 内包し, 再び取り返した, 凝視した, 包んだよう, 包んだ艶消し, 反射さし, 反映し, 取返しかけたという, 含んだ白, 告ぐるべく曉, 味わい得ないであろう, 喪ったよう, 四方に, 地上の, 増加する, 多少伝うる, 失う, 失うて, 失うに, 失ったもの, 失ったよう, 失つてゐた, 失はむ, 奪うもの, 奪ひ, 宿して, 広めるため, 彼の, 彼岸に, 待ち望んで, 待望する, 得たかの, 得たと, 得た思い, 得ること, 得るつもり, 心に, 怖れ, 思はせるもの, 愛して, 感じたこと, 感じられないほど, 感受され, 憧れて, 我々に, 我胸の, 托して, 投げあたえた, 投げかけたか, 投げかけて, 投げかける役割, 投げかける望み, 投げたの, 投げたのに, 投げた黎明, 投げつ, 投げなかった時, 投げるだろうか, 投げるもの, 投げ与えなければ, 投げ与える事, 投げ与へる思想, 投げ入れた, 投げ入れる力, 投じたの, 投じようとは, 投じるよう, 投ずべく其の, 抱いて, 押し上げようという, 持って, 持つこと, 持てばこそ, 持来し, 授けられると, 授けんこと, 掴み得たに, 放ちあるいは, 放ち春花秋月, 放ち来たり, 放ち甲板, 放ち紅玉, 放ち諸, 放った仏, 放つが, 放つこと, 放つた, 放つという, 映じ出せり, 暗い夜, 有しそして, 有して, 有するに, 有せざりし神, 望みえたよう, 望むもの, 望むよう, 未来に, 機械で, 次第に受け, 欲すること, 歌って, 求むるあわれなるものども, 求める者, 求め人生, 求め出でられ候よう, 求め空気, 汝の, 流出し, 浴びた, 消すため, 消そうと, 点じいよいよ, 点じて, 点じ周囲, 点ずる道具, 無窮の, 照射する, 獲べしと, 生ずる, 生み悪魔, 発したりと, 発すべしと, 発する, 発ちて, 発揮せし, 発見し, 発見せん, 発顕し, 發見する, 目ざして, 眩しい位輝, 示すよう, 礼讃する, 祈ります, 神聖な, 私は, 窺ひ, 臨んで, 自ら吹き消し, 自分の, 與えるかと, 與ふ, 與ふる, 要求し, 見いだしその, 見さ, 見た, 見たと, 見たり, 見つめつ, 見つめつつ, 見られるの, 見るに, 見出しうるに, 見出した, 見出したの, 見出したやう, 見出したよう, 見出した思い, 見出す, 見出すが, 見出すと, 見出すよう, 見出そうと, 見出そうという, 見失った人, 見棄てんと, 観じその, 誇る鼻, 認むるが, 認むることを得る, 認めえなかった最, 認めさせたの, 認めずまた, 認めた, 認めたという, 認めたと共に, 認めたの, 認めたる上, 認めた様, 認めてるよう, 認めとうございます, 認めなかったので, 認めながら, 認めました, 認める者, 認め之, 認め始めたのに, 認め得たの, 認め得るもの, 認め遂に, 語って, 説くは, 趁って, 追放する, 遊廓内に, 隈なく, 隔つる紙一枚の, 雲の上まで, 頭から, 願い求める彼, 點じ, 齎らさ, 齎らした

▼ 光明~ (160, 13.1%)

12 中に 6 うちに 4 世界を, 方へ 3 ように 2 やうに, 世界に, 出口に, 天つ, 子で, 日天子をば, 美をば, 遍照に

1 [115件] あるよう, ある前途, ある哲学, ある場所, ある方向さ, ある生活, ある立派, ある結末, いくぶん, うちにも, おかげで, ことそれらを, ごと, さなかに, ために, ない境地, ない点, ない闇, なんたるを, ひろ場を, まったく失せた, われより, ダンダラ縞を, ハイキング倶楽部の, 一撃を, 一炬を, 一線は, 一道を, 下に, 世が, 世へ, 世界こそ, 世界では, 世界についても, 世界の, 世界夜は, 中で, 中において, 中の, 中へ, 中心, 乱舞が, 今宵の, 使命が, 先触れを, 光が, 光り輝くの, 光生ける, 六合を, 冠を, 前には, 前表, 反映が, 口には, 圏内に, 堅陣忽ちに, 夜あり, 夢を, 天神に関する, 学徒を, 山に, 巣と, 影とが, 彼岸迄, 御仏, 御姿, 微分子, 微塵も, 文学の, 新天地に, 新天地を, 方面には, 明です, 星も, 時節でも, 書と, 本質と, 来る時期, 槍に, 欠如を, 殊妙な, 洩れる度, 淵に, 満ち溢れた日, 無明を, 無期の, 犠牲を, 狂へる如き, 町たる, 神あれ, 神が, 神である, 神と, 神を, 神惡の, 精神が, 網を以て, 網變じ, 背景として, 胸毛, 表に, 裡に, 言い知れぬ反照, 諸帝, 諸神, 跡を, 輝きを, 輪を, 途に, 連続が, 運命の, 郷に, 都拉薩の, 量なる, 雲が

▼ 光明~ (100, 8.2%)

3 射して 2 あったの, ある, さしてきた, 射しました, 湧いて

1 [87件] あたえられること, あった, あること, あるとは, お互いの, かがやきだしたよう, かっと射しました, この勉強, さしたせい, さして来, さして眼, さして金襴, さしユウレカ, さすかと, さながら洪水, どんな策動, ない, はいって, はいり他方, ぱあつと, ひらめくの, サッと出ました, サッと射し込みます, サツと, サーチライトの, パッと, ピカリと, 一杯部屋, 一瞬に, 一筋しらしらと, 七彩嚇灼の, 七彩赫灼の, 与へられるよろこびを, 内に, 内より, 存し, 存するが, 存在し, 射した, 射したの, 射します, 射し込んで, 嶮山の, 巨大な, 彼に, 待って, 待ってるかも, 心の, 必要だった, 必要な, 捕われて, 放たれて, 望見せらる, 望見せらるる, 次第に彼, 次第に暗く, 求められなければ, 油然と, 泉の, 洩れて, 消えうせること, 満ち満ちて, 満ち溢れて, 物体と, 現れたの, 現われて, 畳数に, 盲目なら, 眼も, 突如と, 立ち上りかけてるの, 耀いたり, 聖なる音楽, 見える東方, 見え出して, 見出された如く感ぜられた, 見出されるか, 詰って, 認められたやう, 走り流れ穴, 輝いたの, 輝いて, 輝いで, 輝き出たと, 追, 遠くなり, 閃きますが

▼ 光明~ (86, 7.0%)

5 なる 4 向つて 2 包まれた, 向かって, 照らされて, 照らされますだけでも

1 [69件] あたりを, あふれて, あふれ歓喜, あらずや, いたしまして, いつしか融け, して, すぎなかった, つつまれた章, なって, なるの, みちたわれら世界人類, みちびくの大戦, 信念を, 充たされました, 充ちた態度, 充ちた語, 充つる霊, 出会わないうち, 力が, 包まれて, 包まれてるよう, 参じ虚実交, 參じ, 向つてちよ, 喘ぐ時, 宜しからずし, 導くのみ, 差異ある, 影も, 心跳り, 接したるなり, 接した心持, 接した際, 接するの, 掻き消されて, 正に視る, 浴してるごとく思われる, 浴し得て, 浴せしめんといふ, 満たされながら, 満ちた献身, 満ちた生活, 満ち満ちたもの, 無量無数の, 照されます, 照らされざりし, 照らされるゆえ, 照らされる時節, 真向きに, 眩まされた憧憬, 眼みひらいた, 眼醒め, 縋って, 縋つて, 耀いた二人, 背を, 触れること, 觸れ, 身を, 返る, 遇ふ, 達し得る最上, 達するで, 達するには, 達せさせる, 酔って, 面す, 飢えて

▼ 光明~ (62, 5.1%)

3 なって, 暗黒の

1 [56件] ある者, いいすこぶる, いえども, うす闇, し住居, であり吠えまた, ながめて, なさねば, なった, なり得ぬこと, なる, なるであらう, 人道と, 仮現, 修養の, 元氣, 力との, 力とは, 力に, 勝利に, 化して, 叡知よ, 宇宙の, 安住とが, 安心とを, 安心には, 希望に, 快活と, 思って, 情熱と, 木陰の, 歓喜に, 歓喜の, 歓楽に, 正しい刺激, 法悦を, 活動的理想主義との, 滿足そこにも, 熱に, 熾烈な, 生命との, 生命の, 申したの, 真理とを, 紙ひとえ, 紙一重で, 紺碧の, 結びついたため, 美の, 透明さとが, 透明さに, 陰影, 陰影との, 隔絶され, 題せる, 魂とを

▼ 光明~ (41, 3.3%)

2 人を

1 [39件] あった, ある, かのアレッサンドロ・アキリニイ, この一燈, ないといふ, なかった, はるか彼方に, むしろ過去, やがて私, わが掌, 上の, 光明の, 光明を, 全景を, 十方を, 半輪の, 射さぬであろう併, 幼いロザリー, 広がって, 彼から, 彼の, 忽ち失せ, 忽ち暗中, 思想や, 持たなかったこと, 既に消えうせ, 映りたらずや, 期待されない, 母の, 決してこれら, 決して人間, 燃えて, 燃え上がる, 発し得ないと, 空から, 自ら目ざす, 趣味の, 間もなく消え, 闌干

▼ 光明優婆塞~ (34, 2.8%)

2 ならもっともっと

1 [32件] その人, であった, であるまいか, でもある, とのその, とは役, ともあろう, と今, と名, と呼ん, と酷似, に対し憎悪, に逢った, に魅せられ, の全, の容貌, の顔, はある, はひた走った, は動かなかった, は叫びつづけた, は合掌, は巡錫, は帰っ, は彷徨, は恋人, は教団, は湖水, は立ち, は走り出した, へ近寄った, を除外

▼ 光明~ (30, 2.5%)

6 をモデル 5 の面影 2 の枕仏

1 [17件] がその, とであった, と大仏殿, と彫刻家問答師, に代表, に対する特殊, の大患, の晩年, の顔, はある, は亡き, は観音像, を彫像, を生んだ, を産んだ, を見, を配

▼ 光明~ (29, 2.4%)

1 [29件] がいえ, が抜群, が牙, とか島村俊明, とか自分, とは互いに, とは特に, とは私, と一緒, と交, と打ちつれ, と私, なり俊明氏, による, に勧められ, の名前, の知遇, はいかにも, はしきり, はその, はちゃんと何もかも, は最初, は柳, は私, は静か, もお, もやはり, も光, も手伝われる

▼ 光明~ (20, 1.6%)

1 [20件] うちくだかれて, それらの, ない, ない生涯埋れ木, ない自分, なくみじめ, なければ, やがて消えうせる, 何も, 増加し, 希望も, 平安も, 得られなかった, 意味され, 暗憺, 暗黒も, 空が, 見えなかった, 見出さなかったの, 認められぬやう

▼ 光明一派~ (10, 0.8%)

1 から密旨, が王様, が騒ぎ始めた, と通謀, のやり, の刺客, の密旨, の測り知られざる, の莫大, や反日スパイ団

▼ 光明峰寺~ (10, 0.8%)

2 にとどきます, へそれぞれ, へ移されました, へ移し納め, をはじめ

▼ 光明~ (10, 0.8%)

2 な富みと 1 だから, な方向, な楽章, な楽観, な淨土, な脈動, に力づけ, に見た

▼ 光明であり~ (9, 0.7%)

1 国の, 希望であった, 幸ひである, 慰藉で, 救ひ, 理想である, 生命であっ, 男子なら, 郷土の

▼ 光明とを~ (9, 0.7%)

1 もたらすであろう, 仰ぐこと, 伴って, 分かちその, 掲げそれ, 社会組織より, 見つめる厳粛, 載せて, 闘争せる

▼ 光明世界~ (9, 0.7%)

1 そして声朗らか, だ, にまで引っくり返し, に上った, に急変, のある, へ, へ飛翔, を見ざる

▼ 光明ある~ (8, 0.7%)

1 功徳譚と, 姉妹の, 未来へ, 消息は, 者と, 者の, 者は, 部分は

▼ 光明太后~ (7, 0.6%)

1 が摂政, とよばれた, の一周忌, の異父兄, の耳, はそれら, は御

▼ 光明遍照~ (7, 0.6%)

3 の文 2 の大海 1 の富士教団, の蒼空

▼ 光明なる~ (6, 0.5%)

1 ところに, 勇気と, 大胆なる, 生命を, 者ならざるべからず, 表面は

▼ 光明天皇~ (6, 0.5%)

1 とはすなわち, の北朝, の皇太子, はまだ, ほどお, をわが

▼ 光明~ (6, 0.5%)

1 と暗黒界, に出, に導き給う, に踏み止まった, を出さなけれ, を眼

▼ 光明~ (5, 0.4%)

1 己には, 満たされて, 生活の, 電燈を, 鳴りわたる頭

▼ 光明によって~ (5, 0.4%)

1 世界の, 得られたもの, 悪魔を, 照され始め, 輝かされるが

▼ 光明さん~ (4, 0.3%)

1 がよく, その人, その他三, の彫刻

▼ 光明その~ (4, 0.3%)

2 時御 1 才能は, 膚に

▼ 光明である~ (4, 0.3%)

1 ことが, のを, 愛の, 間は

▼ 光明~ (4, 0.3%)

1 喜悦の, 悦びを, 暗示を, 華麗さやを

▼ 光明~ (4, 0.3%)

2 のハイキング 1 よりし, より発する

▼ 光明優婆~ (4, 0.3%)

1 塞がいたればこそ, 塞がどんなに, 塞が依然として, 塞が俗人

▼ 光明~ (4, 0.3%)

2 と暗黒神 1 と暗黒, の側

▼ 光明~ (4, 0.3%)

1 とは反対, と闇黒面, なしや, を体現

▼ 光明~ (3, 0.2%)

1 なる四畳半, 暗黒か, 暗黒かの

▼ 光明~ (3, 0.2%)

1 とか太陽, と指, 暗の

▼ 光明でも~ (3, 0.2%)

1 あった, あつた, あるかの

▼ 光明という~ (3, 0.2%)

1 優婆塞が, 牙彫, 牙彫りの

▼ 光明とが~ (3, 0.2%)

1 この, 必要であり, 求めら

▼ 光明とに~ (3, 0.2%)

1 充ちた生活, 満ち溢れた美し, 溢れた海

▼ 光明との~ (3, 0.2%)

1 うちに, 方への, 間に

▼ 光明とは~ (3, 0.2%)

1 かなり勝手, 知識精神の, 蒼空や

▼ 光明にも~ (3, 0.2%)

1 あくがれ彼ら, いたしましょう, まさった影

▼ 光明~ (3, 0.2%)

2 向かって 1 弦之

▼ 光明をも~ (3, 0.2%)

1 見せて, 認めること, 認め難き

▼ 光明弁天~ (3, 0.2%)

1 というの, の名, の尊像

▼ 光明擁立派~ (3, 0.2%)

1 は皇帝, を抱込ん, を突

▼ 光明~ (3, 0.2%)

1 に在る, に接, に過す

▼ 光明赫灼~ (3, 0.2%)

1 たる弥陀, として闇夜, のなか

▼ 光明輝く~ (3, 0.2%)

1 ばかりの衣服, 悲しさ, 黄金仏も

▼ 光明あり~ (2, 0.2%)

1 て社會, 労働し

▼ 光明から~ (2, 0.2%)

1 きたり, 投げ倒されて

▼ 光明たり~ (2, 0.2%)

1 しイタリー, 得るの

▼ 光明であった~ (2, 0.2%)

1 ので, のです

▼ 光明には~ (2, 0.2%)

1 光明の, 奇異な

▼ 光明より~ (2, 0.2%)

1 流れ出ずる趣味, 発し光明

▼ 光明~ (2, 0.2%)

1 が流れ, は常に

▼ 光明~ (2, 0.2%)

1 したの, して

▼ 光明后枕仏~ (2, 0.2%)

1 の伝説, の面影

▼ 光明~ (2, 0.2%)

2 の形

▼ 光明~ (2, 0.2%)

1 がかた, として聖武天皇

▼ 光明学校~ (2, 0.2%)

1 の会, の夕

▼ 光明崇光~ (2, 0.2%)

2 の三上皇

▼ 光明徹裡~ (2, 0.2%)

2 の寒月

▼ 光明~ (2, 0.2%)

1 というの, の手紙

▼ 光明~ (2, 0.2%)

1 のごとく, よりも明

▼ 光明~ (2, 0.2%)

1 では処々, の方

▼ 光明温暖~ (2, 0.2%)

2 のうち

▼ 光明真言~ (2, 0.2%)

2 の唱え

▼ 光明磊落~ (2, 0.2%)

2 なる心事

▼ 光明竹内久一~ (2, 0.2%)

1 の両, 両先生

▼ 光明赫燿~ (2, 0.2%)

1 として雲, と願え

▼ 光明~ (2, 0.2%)

2 の此原

▼ 光明~ (2, 0.2%)

2 を閉ざす

▼ 光明顕色~ (2, 0.2%)

2 の浄瑠璃

▼1* [103件]

光明かくて燦然, 光明こそまったく怪しげ, 光明さえも投げられなかった, 光明さん系統の刃物, 光明すでに五千尺の, 光明そのものだった, 光明ぞとばかりに感ぜられ遙, 光明たらむ更に, 光明だの太陽だ, 光明であって何年, 光明でなければならない, 光明ではあったが, 光明とかいう文字を, 光明とともに人類の, 光明となつたのも, 光明とのみであった少年, 光明ともなって, 光明心地は, 光明なお薄く知者, 光明などは少しも, 光明にさえうんと喜悦, 光明にたいしていだいてる率直, 光明になつてその, 光明によつて照らされ, 光明へと高め昇せること, 光明への予感が, 光明またまたなにをか, 光明歓喜よ, 光明らしいものを, 光明をこそ驅使すべく, 光明をさえみいだすこと, 光明一時して, 光明三昧がある, 光明に曝ら, 光明世界人間の顔, 光明と龍馬, 光明主義でしてね, 光明に唐, 光明復何言, 光明人権出版の自由, 光明何らかの活路を, 光明先生なども来られたらしい, 光明は前方, 光明十方世界を照らす, 光明りて, 光明小椋少将藤原定信同, 光明后宮の維摩講, 光明后崩御の時, 光明后施浴の伝説, 光明垣間見られ予感され, 光明という筆屋, 光明太后摂政とはいえ, 光明島村俊明金田兼次郎塩田真前田健次郎大森惟中平山英造の諸氏, 光明希望勇気を与えられた, 光明希望金力争闘邪智愛慾それがありません, 光明には夫人, 光明弁天堂の善昌, 光明徹点瑕無, 光明思慕の一念, 光明すらもなほ, 光明慰籍に候, 光明ふる曙十たび, 光明方面を遮っ, 光明日月を勝, 光明旭玉山金田兼次郎島村俊明の諸氏, 光明歓喜の酒, 光明氏島村俊明氏などを筆頭, 光明氏等へ味方, 光明河砂のごとく, 光明派現実派と理想派, 光明淨土へ入る, 光明清白なる晝間, 光明温熱夜が與, 光明烈耀爰桓武天皇御宇延暦之此, 光明無量であること, 光明無量三学無碍億億衆生引導の能化, 光明照耀日光のごとく, 光明なるが, 光明かなる, 光明特に火焔の, 光明的方面を觀, 光明的進取的の思想等, 光明眞言などは七つ八つ, 光明真理の権化, 光明を含み, 光明穏健といったよう, 光明を誦むと厄, 光明自分の魂, 光明の如く, 光明若しくは鏡に, 光明苦悩を蝉脱, 光明として暮らす, 光明赫々たるを見, 光明赫奕として居らる, 光明越しに自分, 光明迷信と智恵, 光明透徹して, 光明遍照十方世界念仏衆生摂取不捨, 光明遍照十方世界念仏衆生摂取不捨の心, 光明道隆氏が, 光明きとき, 光明の内, 光明つべく