青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「光り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

先生~ 先祖~ ~先輩 先輩~ 先頭~ ~光 光~ ~光っ 光っ~ ~光り
光り~
~光る 光る~ 光子~ 光明~ ~光景 光景~ 光秀~ ~光線 光線~ ~兎

「光り~」 3409, 37ppm, 3151位

▼ 光り~ (725, 21.3%)

30 放って 26 浴びて 22 受けて 13 帯びて 11 たよりに 8 増して 7 まともに 6 持って, 放つて, 浴びながら, 背に 5 うけて, 受けた美し, 含んで, 投げて, 照り返す平面, 眺めて, 竪に 4 あびて, もって, 持つて, 持つほど, 見つめて, 見て, 頼りに

3 [13件] あげて, して, もつて, 仰いだ, 便りに, 反射する, 失って, 投げかけて, 放ちながら, 求めて, 発して, 見ると, 避けて

2 [36件] うちに, さえぎって, その眼, まじまじと, みて, キラリと, 一杯に, 二人の, 他の, 仰ぎながら, 凝視し, 反射させ, 反射し, 吸収し, 帯びた, 帯んで, 感じた, 慕って, 放たれて, 放ちつつ, 放つ, 放つの, 暗い鋪道, 有つてゐた, 正面に, 求め光りを, 浴び光りに, 湛えて, 湛へて, 照り返して, 發し, 見せた, 見た, 見つめながら, 透かした雲, 避けるよう

1 [410件] あげたよう, あげる, あつめた紫色, あびてる幼, あびるごと, あらわして, いだく今, いつまでも, いろんな方向, うけては, うけると, うすくし, うつして, うつしながら, おかみさんの, おびたが, おびて, かくして, かくしながら, かげと, かぞえて, きらめかせて, くぐッ, この動物, さしかけましたので, させた池, さへ, すかして, そそぐべきもの, そつと, その中, たたえて, ぢつと, つくりかけの, ともした, ともな, とらえて, どんなに愛した, ながめて, なすと, ねらって, はじけかして, はっきりと, はなって, はなつとも, はらんで, ぱっと差しつける, ひいて, ひく, ぴしゃぴしゃ撥ねかえし, ふり仰いで, ふるはせると, ましたくなって, また見詰めた, まだ覚え, みたし数, みつけた, みなぎらせて, もつくせ, もつたもの, もつ四つ, もつ眼, やどして, ゆかしく罩め, よく知っ, わきか, スッカリ見えなく, タツプリと, チラリと, 一同に, 一面に, 七色に, 上げた断面, 下から, 不思議そうに, 不思議な, 与えた, 与え得るが, 与へて, 与へられたもの, 与へるため, 中に, 中野君の, 乱す鮎, 乱反射する, 争は, 交しながら, 人中に, 仰いで, 仰ぎつつ, 仰ぎつづけた, 仰ぐこと, 仰ぐには, 伝つて眺める, 作りつ, 倒して, 充分に, 先登に, 全身に, 出して, 分けて, 切つてヒウと, 刻々に, 刻んで, 加えました, 加へ, 加減し, 区切ったため, 反して, 反射しいしい, 反射的に, 反映し, 反映した, 受けた明るい, 受けた眼, 受けた童顔, 受けた顔, 受けた駿馬, 受けた黒い, 受けてるせい, 受けてる方面, 受けない一面, 受けない影, 受けながら, 受けまるで, 受けると, 受け留めるため, 受て, 口を, 吐いて, 含む石, 含んだ八手, 含んだ小さい, 含んだ粉々, 吸いながら, 吸い取って, 吸う鏡, 吸おうと, 吸って, 吸つて乳色の, 吸収的に, 吸取りながら, 吹き消す翼, 呼んだ, 咲かせて, 喜び, 喝采し, 喪った, 四方から, 四辺に, 圍み, 地面の, 堪えて, 増さんぞと, 夜に, 夜明けと, 失い天末, 失い月, 失うわけ, 失う篝火, 失った思い, 失った額, 失つた眼両端が, 失つてから, 失つてゐる, 失ひ始めて, 失わなければ, 奪いつつ, 奪うとも, 奪って, 奪われた糠星, 奪われて, 妨げて, 妾の, 姫の, 孔雀の, 守りと, 宿して, 宿しながら, 射こんだ創作態度, 射込んだの, 射返す, 小暗くし, 工夫し出し, 帆に, 帯て, 帯びたの, 帯びるよう, 帯び柔, 帶たはね, 幾すじも, 広げて, 強く投げた, 強めたかと, 強めて, 彷佛する, 彼の, 待たなければ, 待ちこがれて, 待つ我身, 得つる如く, 微かに, 心から感歎, 忍んで, 怖れる, 思いおこさせます, 思い出して, 思うが, 急に, 恐れて, 恐れないよう, 感じ, 感じもう一度, 慕ひ, 払ひのける, 投げかけること, 投げかけるよう, 投げかけ心, 投げた, 投げながら, 投げると, 拝まねば, 拡げなければ, 拾ふための, 持たない暗黒, 持たなければ, 持ってる小皿, 持つた人, 持つの, 持つ生きいき, 指して, 振り返った, 捉えること, 採るばかりの, 掻いくぐって, 揺りて, 擴げた, 放ちさながら, 放ちすがすがしい, 放ちました, 放ちまるで, 放ち出したという, 放ち各層, 放ち変えて, 放ち髪の毛, 放った, 放ったまま, 放った女, 放った絶壁, 放ってる眼, 放つこと, 放つた, 放つたが, 放つた短篇, 放つては, 放つもの, 放つやう, 放つよう, 放つ大, 放つ鋭い, 放つ魚, 放つ鳶色, 放散し, 教えて, 散らしながら, 斜めに, 斜め後ろから, 映して, 時々見る, 智慧から, 暖く, 暗い室内, 曇らせた, 曠野いつ, 根源において, 楽しみ自然, 求むる心, 求める行動, 泛べて, 波の, 注いだ, 洗ひ, 浮べて, 浴びせた, 浴びせて, 浴びせられた, 浴びたまま棒立ち, 浴びたもの, 浴びた山々, 浴びた膚, 浴びた蒼白い, 浴びつ, 浴びる, 浴びる心地, 浴びる心持, 浴び幼い, 浴び風, 浴み, 消しそれ, 消した, 消して, 消すの, 添えて, 添えながら, 添へて, 添へる, 渇仰する, 湛えそれら二つ, 滋養として, 滑らせた如く此処, 滑るかの, 漂は, 漲らして, 漾よわせ, 焦点作らせ, 然しあくまで, 照り返した, 燈し, 物憂気, 現して, 生む爲め永劫, 用ひ, 発したの, 発し仏, 発見した, 白, 白眼みまわした, 目ざして, 目交ぜし, 眠むそう, 眺めた, 眺めた時, 眺めました, 眼に, 矢代は, 知って, 知らない痴呆性, 知らぬ盲目, 破つて, 私は, 秋の, 稚市, 索めて, 絶えずきらきらと, 縮めて, 背後に, 臆面も, 自分の, 艶子の, 落して, 落しますと, 落すのみにて, 薄くし, 蝙蝠傘に, 見, 見ずや, 見せて, 見せながら, 見せる, 見せる隈, 見つけた様, 見てかの, 見ても, 見ながら, 見ます, 見やった, 見る, 見るの, 見る時, 見上げた, 見上げて, 見捨てて, 見渡す限り, 見納めました, 見詰めたまま突, 観て, 認めたとき, 認める偉大, 調節し, 踏みつつ, 蹴つて, 身体一杯に, 輝かせて, 追って行った, 追ひ詰め, 送りその, 透かして, 透かしながら, 透して, 遮ぎつてゐた, 遮ぎるのを, 遮られてるせい, 金属光と, 鋭くぶち, 長く敷いた, 閉ざす地, 闇の, 除けるため顔, 除け暫く, 隠くさ, 隠したという, 隠して, 集めて, 震えつつ, 震わせて, 頭いっぱいあび, 頭いっぱい浴び, 頼つて屋根裏の, 飛び散らして, 飽満し

▼ 光り~ (685, 20.1%)

14 あった, さして 12 して 10 彼の 6 一面に, 射して 5 ある, 妙に, 室の, 洩れて, 消えて 4 くるめき出したの, さし込んで, する, ちらちらと, 出て, 流れて, 流れ込んで, 眼に, 見えて 3 さんさんと, 冴えて, 射し込んで, 彼女の, 添は, 薄れて, 輝やい

2 [40件] あって, あつた, かすかに, くっきりと, さした, さしてきた, さしてくる, さして来た, ない, ひらめいた, みえた, ゆるやかに, わたしの, 一杯に, 今ま, 僅に, 在った, 変に, 室に, 室内に, 小屋の, 差して, 微かに, 戸の, 斜に, 日に, 曇りすぐ, 月あかりの, 服を, 次第次第に, 水の, 浮き出して, 淡く流れ, 漂って, 瞬いて, 空に, 落ちて, 見えた, 輝いて, 闇の

1 [461件] あかがねの, あが, あざやかに, あたかも火, あてて, あらはれはじめました, あらわれて, あらわれはじめました, あり夫, あり情景, あり通り, あり顔色, あるの, あるほど, あるん, いつかは, いつしか漲っ, いつとは, いつもみのる, いよいよ輝く, うららかに, おどるよう, おぼろに, お前達を, お坊さん, きて, きらきらと, きらめき出した, ぎらりと, ぐる, ここへ, この室, この湖水, この血, ささない桜, さしこんで, さしたとき, さしたの, さしてその, さして彼, さして遠く, さして鏡, さして黒い, さしはじめたの, さしません, さすわいな, さっと浴せかかった, さっと浴びせる, さっと若者, しかも恰度人間, した, しっとりと, しつこく宿っ, してを, じかに照りつけてる, じっと見詰め, すいすいと, するつて, する岩石, そこここに, そこでは, そこへ, そしてその, その一呼吸毎, その人物, その模様, それほど揺れなくなった, それほど搖れなく, だだ白く, だんだんに, だんだん小さく, だんだん怖く, だんだん消え, ちら, ちらちらひらめい, ちらちら月, ちらちら浮いてる, ちらと, とても明るく, どういう種類, どんよりと, ないの, なくいくら, なくて, はっきりし, はっきりと, はてしなく照らし, ぱっときます, ぱっと室内, ひそんで, ひらめいて, ぴか, ぴかぴか光っ, ふっと陰っ, ほとばしって, ほんのりと, ぼやけて, ぼんやり見えてる, ぼーっとかすん, ぽッ, まじまじと, ますますこの, まったく溶け合い, まつわりあって, まともに, まばゆく目, まぶしかつ, みちてた, みのるの, やって来たよう, よいよう, よくて, ガン人には, キラ, キラキラと, キラッと, ギラ, ギラギラと, ギラッと, ギラリギラリと, クルクルと, チラチラあっ, チラチラと, チラリと, テーブルの, ホンノリと, ランプの, レールに, ローマ人の, 一つ森の, 一ぱいにたゞよってその, 一またたき, 一層鮮, 一度に, 一斉に, 一杯の, 一杯当っ, 一杯私, 一点現れた, 一直線に, 一種の, 万遍なく, 三ツに, 三方の, 上から, 上の, 下に, 二つ三つぱっちり, 二つ三つひらめい, 二つ三つチラチラ, 二ツ三ツ落ち, 二度ばかり, 五燭の, 五色の, 交叉し, 交錯し, 仄, 伸びたかと, 何となく見覚え, 何んだ, 余りに明るく, 余り明る, 俄に, 倒れて, 偃松の, 停止し, 入って, 全く消え, 全く消えきらず, 全く消え失せ, 再び元, 再び照らされる, 冴えきってるのに, 冷い, 冷たく縮こまっ, 凄くなり, 処女の, 凪いだ水の上, 出る, 出ると, 出羽守の, 到らぬ隈, 刺した, 剃刀の, 前夜の, 割りつけた, 加へ, 包んだとき, 十ヤードばかり, 十分でない, 半眼に, 単に物象, 反射し, 吸い込まれて, 吹き消されたよう, 吻つと, 味へる, 和やかに, 噴出し, 土塊を, 変ったの, 大に, 大口袴を, 大幅の, 大手を, 大気の, 大氷原, 大路小路に, 天に, 天にも, 太陽色に, 女神の, 如何に, 始めて, 宇津の, 室中を, 室中一パイに, 室全体に, 家並の, 寒く震え, 射しても, 射し一本, 射し込み自己内部, 射し込むと, 射し込むまで, 射す時, 射込むの, 小さな庭, 小六, 少しも, 少し蔭, 尾を, 届かなくなった暗がり, 巨大な, 差した, 差してる大学前, 幽かながらも, 幽かに, 広々と, 庭を, 庭先の, 庭石や, 廊下に, 廻ると, 弱々しいせい, 弱く曇っ, 強く洩れ, 強く目まい, 強く腹, 彼らの, 彼女を, 彼等の, 徐々に変り, 微塵も, 心の, 忘れられなかつた, 思い出せた, 急に, 怪人物の, 息も, 息を, 惜し氣, 感ぜられる, 折々風, 押し合って, 拝まれますよ, 描けたろう, 擂鉢型の, 斜めに, 日の出の, 明るくさして, 明るく指し込ん, 明滅し, 明滅してる, 明神樣の, 星の, 映って, 映つた, 映りゆらめきいせい, 映る, 春婦たちの, 昼でも, 時々陰った, 暗い中, 暗い空, 暗くなっ, 暗さ, 朧ろに, 末期の, 来そして, 柵を, 案外に, 梢に, 植え込みの, 横ざまに, 横に, 樹の, 次第に強く, 次第に爛々炯々, 次第に移っ, 歴々と, 氷柱に, 江戸の, 洩れた, 洩れる, 洩れ覗けば, 流れた, 流れてるきり, 流れるに, 流れるよう, 流れ出して, 流れ空気, 流れ込んだ, 浮いて, 海の, 消えはじめるまえに, 消え失せて, 消え彼, 淀ませて, 淡き雲, 深い軒, 深い雲, 清く流れ, 渓川の, 湛えた, 湛へられ, 満ちて, 満ち満ちて, 溢れて, 滴り落ちて, 滴るよう, 漏れて, 漠然と彼, 漲って, 漲りわ, 潮し, 潮の, 灰色の, 点いた, 点いたり, 烈しい勢ひで五体, 無性に悲しく, 照らして, 照りわ, 照り付けて, 燦爛と, 父の, 物凄く輝い, 狐火の, 現われたの, 生きたよう, 発しるよう, 発る, 白, 白く水, 白く牙, 皆の, 皎, 真昼の, 真赤だった, 真黒な, 眼の, 矢継早に, 研究所を, 砕け薄あかり, 硝子に, 私の, 稀に, 程近い, 空家の, 窓から, 窓の, 籠って, 籠もっ, 終日の, 絵の, 縞にな, 美しいので, 美しい色, 美しく輝い, 自動的に, 自由に, 舞ひ込ん, 茫と, 茫然と, 華, 落ちないと, 蔦の, 薄い瞼, 薄く洩れ, 薄く流れ, 薄暗くなりかけた, 虹の, 袋の, 覆ふて呉れるだらう, 見えたので, 見えなくなった, 見えます, 見える時, 見え初める頃, 見られるの, 見られるよう, 見る影, 覗き込みます, 触れたかと, 語る真, 赤い青い光脚, 走った, 走ると, 足元の, 軒先き, 輝いたという, 輝き出して, 輝き落ちて, 輝き青空, 輝やき充ち, 透いて, 透けて, 透さない遠い, 道の, 達する限り, 遠くまで, 遠く遠く, 部屋の, 部屋へ, 野にも, 鋭く流れた, 鋭く眼, 鋭く磨ぎ, 長く波, 閃めい, 閃めいた, 降りか, 降り濺, 降り濺ぐように一面, 降るよう, 隅々まで, 隈なく, 障子に, 障子の, 隣りの, 集注し, 雨の, 雪の, 雲を, 雲間を, 電光で, 霧を, 青い銀, 静まり返って, 頁に, 頭上の, 風でを, 風に, 颯と輝き落ち, 飛沫を, 香ふ, 高い窓硝子, 鮮かで, 麗しかった, 黒く冴え返っ

▼ 光り~ (557, 16.3%)

52 中に 21 なかに 17 中で 15 下に 8 ように 7 やうに, 下で 6 うちに, ような 5 代りに, 暈は, 筋が, 筋の, 輪を, 風 4 しづまつた山の端, やうな, 方へ, 棚雲を, 海から, 輪が, 霞に 3 して, ために, 暈が, 海に, 輪の

2 [24件] する大きい, する池, する繻子, なかを, ダイヤが, 下へ, 中から, 中へ, 円は, 塊が, 尾を, 幾部分かを, 底で, 強いところ, 方が, 洪水の, 流れは, 海の, 眼で, 窓が, 箭が, 箭を, 美しさ, 裡に

1 [297件] あせた存在, あたるところ, あたるもの, あちらに, あふれる森閑, あまりの, あるところ, あるの, ある夏, ある斑, ある星一つ, ある顏, ある黄汁, いろの, うすもの, うすれたるを, うちにも, おもさ, お家の, かすれたよう, くるまで, けんらんたる, ごく弱い, ごとく発したの, さしのぼって, さし始めたよう, さるとりいばら, しずまった山の端, するくろい, するほんとう, するゴザ, する卑しい, する夜, する方, する星, する様子, する燈明皿, する眼玉, する短銃, する石, する稲妻, する綿, する綿入, する美し, する美しい, する翅, する背広, する轆轤, する鋼鉄, する錐, する長い, する頭髪, する顔, せいか, そこここに, ためか, とどかぬ森, とどかぬ雪, ない月, ない未来, ない浅いの, ない眼, ない稟性, なかで, ぬしは, ひとすじが, ひどい屈曲, ほうきぼし, まだ消え残っ, まはり, ままに, まわりに, もとで, もとに, もの凄さ, もれて, ようであった, ようにも, アルプスとでも, ダイヤと, ダイヤを, メロデーと, レースを, 一帯は, 一條が, 一直線が, 一閃, 上に, 下では, 下には, 世を, 中での, 中における, 中を, 中央に, 中心に, 中心には, 中心を, 乱射を, 乱舞は, 事は, 交換である, 交錯の, 仄かな, 伴ふ, 似合う静, 侵入の, 信号とを, 具合は, 円を, 円形の, 冴え渡った空, 凝り成し, 出所が, 前で, 前に, 前の, 加減で, 効果を, 動きが, 印象が, 及ぶ限り, 反射を, 反映は, 吸収を, 国へ, 変化にも, 外に, 夜霧の, 夢の, 失せた眼, 如き一直線, 如き涯, 嬉嬉と, 射さない家庭, 射し込まぬ暗い, 射し込んで, 尾が, 尾の, 屆か, 屈折が, 屈折に, 届かぬ植込み, 届かぬ繁み, 山が, 工合で, 工合落付き工合実に, 差す様, 帯が, 帯としか, 帯を, 幕を, 底を, 座の, 庭が, 廻って, 弱った夕暮, 張った鏡, 強い新型, 強い星, 強い雪, 強弱薄, 強烈さ, 影の, 影を, 循環に, 徹らぬ小屋, 忍んで, 意味は, 戯れなの, 戯れの, 所に, 持主は, 文字が, 斑点が, 斑点などを, 方に, 方向へ, 明るさ, 暖かさ, 暗い襖, 暗示と, 有る眼, 服を, 朝寝坊の, 束, 束で, 柔軟な, 柱が, 根源の, 棒が, 棒でも, 業物を, 正体が, 此雲彼雲の, 歯の, 気まぐれな, 氣まぐれな, 沓を, 泉が, 泡の, 洩れる窓, 洪水, 流れて, 流れに, 流れる部屋, 浮いたの, 浮いてる淋しい, 海と, 海を, 消えたと, 消えた砂浜, 消化と, 淡いの, 淡い寂しい空, 清らかな, 渦が, 渦巻きを, 満ち和ぐ思い, 滲み上げて, 澄み加減, 炎とも, 点が, 点の, 点滅も, 無言な, 照つて居る, 照り輝いて, 物質への, 特別な, 玉は, 甲冑やら, 皺が, 瞬きも, 破片と, 禿げや, 稲妻に, 空息苦しい, 筒を, 粉が, 細胞は, 線と, 線を, 縞を, 美くし, 美しく澄ん, 群れが, 翼を, 色は, 色を, 花粉を, 落ちて, 薄い星, 薄くし, 薄暗い家, 表とも, 見えないの, 見えない方, 見える微行姿, 見ゆるの, 諧調の, 謎を, 變化を, 赤い色, 赭ら顔を, 足りない払暁, 路が, 輪は, 輪廓は, 速さ, 進むか, 遅い廻転, 遍照した, 重さ, 鈍い円み, 鈍い午後, 鋭い如何にも, 鋭く竹, 閃光が, 陰気な, 隈が, 隙間が, 隙間を, 障子に, 集中し, 雨の, 雫を, 霞を, 靄を, 青い目, 顔を, 飛び散るよう, 飛ぶごとくに, 髪, 髪の, 鱗屑の, 黒いお爺さん

▼ 光り~ (354, 10.4%)

12 輝いて 11 照され 9 照らされて 7 照し 6 すかして 5 戯れて, 透して 4 あたるもの, 映えて, 眼を, 透かして, 馴れて 3 光って, 向つて, 満ち満ちて, 瞳を, 驚いて 2 かがやいて, キラ, マトモに, 包まれて, 包まれながら, 向って, 浴した, 満ちて, 照らしながら, 自分の

1 [244件] あくが, あたりは, あたるよりも, あてて, あへば, いつも脅かされた, おどろいて, おのずと怯え, おぼろに, お鳥, かざしながら, さそい出される涙, さらしながら, した上等, して, すかしました, すぐぼんやり, そう簡単, その裏, その都度千鶴子, そびやかして, ちらついて, つつまれて, つつまれ静寂, てらされて, なった黒い, なりかねない艷, はるかの, ぱッと, ひかる道路, ひらめかしながら, ふるへ, ほつれた髪, ぼかされて, ぼんやり照らされ, まじりながら, まだ十四, みち, みちた地上, みちて, チラリと, ヒラヒラと, ピカピカと, 両の, 久慈も, 五六間先を, 交る, 仄かに, 仄めかそうと, 今は, 代って, 代りかけて, 代る代る浮き上らせた, 仰天し, 俥は, 傍に, 光ったパイプ, 光つてゐる, 光つて見える, 光り棕櫚, 光る中, 光る川面, 光ッた, 冴え返った空, 加はつた, 包まれたよう, 包まれた地上, 反射し, 向かわせ, 吸い寄せられるよう, 吸ひとられ, 和田弁太郎は, 咲き出た夜, 土手の, 地下も, 変った, 外ならなかった, 始めて青白い, 姿を, 宮子の, 寄る魚, 射し返った金色, 射とおされた理性, 射られて, 射られながら, 射抜かれて, 小さな築山, 就いては, 山山の, 強く射られ, 彈かれた, 当るの, 影みえ, 彼は, 後光が, 心の, 応うる, 応じて, 忽ちその, 怯えて, 悩まされて, 憧れ影, 我ながら, 我身を, 打たれたよう, 打たれた悪魔, 押えられて, 据えて, 接し得ら, 推敲を, 擽られるかの, 文学の, 明かるく, 明らかに, 曝した, 曝して, 朦朧と, 机や, 染りつつ, 楓の, 横が, 横溢した, 正造の, 沢山の, 沾れた, 洗はれた, 活気づいて, 浮彫りされた, 浴し, 浴びて, 浸された原野, 消ゆる, 淡く光っ, 満たされたその, 満ちた世界, 満ち満ちた一つ, 満ち満ちた王宮, 溢れて, 溢れる月, 溶けそしてまた, 溶けて, 漂ひ, 潜んで, 澄みながら, 濡れながら, 灼けきった石, 灼け切つた石, 焦がされて, 焼かれた為, 煙った海, 照された, 照て, 照らさせて, 照らさるれば, 照らされた, 照らされた一基, 照らされた丸山, 照らされた子供, 照らされた安全地帯, 照らされた祖父, 照らされた雪, 照らされた麻畑, 照らされながら, 照らされはじめたの, 照らしだされて, 照らして, 照らし出されたこの, 照らし出されたの, 照らし出されたタタキ, 照らし出された十二三, 照らし出された怪物, 照らし出された花壇, 照らし出されて, 照らし出されると, 照りはえて, 照り透されて, 燃えて, 琅, 白く見える, 白っぽく見え, 百姓だ, 相手の, 磨かれて, 禿上っ, 空かけ, 突き出た髮, 粉の, 紅く黄いろく輝い, 紛れて, 絡んだ彼女, 縫われて, 缺けて, 美化され, 脂の, 艶の, 花を, 菜などを, 薄あかるく, 薄明るく, 蘇つて行楽を, 行きあたるまで, 被われて, 襤褸の, 見えた, 見えたり, 見えて, 見えました, 見えるばかり, 見かえると, 見ると, 見惚れて, 調和させ, 調和すべく, 較べる事, 輝いた, 輝いてる一筋, 輝いてる花, 輝き濡れて, 輝く, 輝くかと, 輝くよう, 輝く青葉, 輝やい, 輝らされたさまざま, 輝らされた中, 輝らされた線路, 輝らされてる四角, 輝らされると, 輝らされる時, 透いて, 透かしながら, 透かすよう, 透きとおる白雲, 透し見れば, 逢うて, 遮られて, 酔う, 酔ひ痴れた, 隅々まで, 露骨な, 青ざめて, 静まった萩, 非常に, 頼つて安心する

▼ 光り~ (200, 5.9%)

5 又空, 深夜の, 薄れて, 霞みも 4 消えなかつた 2 いまだ浅けれ, 彼の, 永久に

1 [170件] あかるく円屋根, あちらこちらに, あとかたも, あるもの, いつのまにか陰っ, いつまでも, いまだに目, いまだに眼, いよいよ明る, うず巻いて, かすんで, かつて小坂部, きらめいて, くずれかかって, くっついては, くるが, この為, この黒布, ござんせん, さっとゆらい, さながら人, しだいに薄れかかっ, しないよ, しなかったが, しませぬでしたか, しません, しんしんと, すぐ消えた, せぬ青, その刃先, その大, その物凄い, その繪自身, その道, それと, そんな不思議, ただの, だんだん淡く, ぢめた, どうだ, どこにも, ないが, ない筈, なか, なかった, なく朧ろ, なんであろう, のどかだ, はなはだ青白く, ほの暗い御堂, ますます明るく, ますます鮮明, まだ其の, めぐる, もう山の手, もちろん歓楽, やがて又, やはり疑う, よくこの, わたつみの, イシカリ河口に, ボーと, 一寸遠く, 一層あかるく, 一面に, 丁度姫, 上へ, 下に, 主人の, 乳色の, 二人の, 人の, 人間にとって, 人魚の, 仄かに, 今にもしずか, 今思はぬ, 何となく淋し, 光りそれ, 全く遮られ, 全部消え, 其処迄, 再び消え, 再び現われなかった, 凍るよう, 南より, 又何, 只事では, 固より, 圃に, 夏と, 夢の, 天武天皇の, 天頂の, 太子の, 太陽が, 女と, 如何にも日本婦人, 妙に, 届かない, 屋根や, 岡山生れであり, 峯吉の, 幻灯の, 庭から, 弱々しく森, 彼女が, 彼自身ので, 急に, 怪しい光りだ, 恰度鶴の, 数百歩を, 新しい小屋いっぱい, 星と, 時々小枝, 朝靄を通して, 机の, 東京に, 東方より, 枠に, 案山子の, 次第に衰え, 此方, 水銀の, 沈み与平, 油も, 泡の, 流れて, 浅ましい物欲, 海面下から, 消えた, 消えて, 消えなかった, 消えました, 消えようと, 淡い歡樂, 淡かった, 淡くなり, 濠の, 男の, 町, 白い單衣, 益, 真中に, 私の, 秋に, 秋の, 窓から, 紅くなり, 花の, 花や, 若若しく疲れ, 見えなかった, 見えなくなる, 見たこと, 見られない, 観る者, 訶和郎の, 身に, 身をめぐって, 輝き出ずるの, 近代都會人の, 遠のき雨, 都の, 重厚な, 階段の, 雪の, 靜かに, 顔一っ, 風は

▼ 光り~ (87, 2.6%)

3 なって, 熱とを 2 一緒に, 愛を, 赤い放浪記

1 [75件] いひ彼女, その上, その陰影, なるもの, ろめる, エッフェルと, チラチラチラチラと, 二重の, 価値を, 偉大な, 光りとの, 光りを, 其の沢山, 出発を, 地獄の, 変って, 娘の, 屍体の, 強烈な, 影その, 影との, 影については, 影の, 思うた時, 感じ熱と, 技倆の, 折から, 日の, 明け残った半月, 曲線の, 月光と, 木の, 楽音を, 気配りとを, 水あかりとに, 波音とを, 清らかな, 灯の, 烈しい気象, 烈しい氣象, 煙り, 照し合っ, 照明弾と, 熱に, 爭つてゐる, 物質との, 眼尻の, 眼眸の, 神鳴りとが, 空気の, 線は, 美の, 翳を, 色とに, 色彩の, 蔭とが, 蔭との, 言ひ, 言ふ, 言ふかね, 軽い風, 酒の, 闇が, 陰影に, 雷鳴とが, 電燈一つだけ, 静かな, 音と, 音との, 音楽と, 音響と, 音響との, 顔の, 風を, 香水の

▼ 光り~ (79, 2.3%)

3 あれが, 見えなかった, 黒い巌石 2 一時に, 薄い木陰, 薄い木陰全体, 黒い巖石

1 [62件] あてないなんて, あはれなりけり, うすらいで, うその, ことごとくその, この兄弟, し光らなくも, するぢ, せず静か, せぬ不気味, せねば, それ程の, とおして, ない, ないので, ない果物, なかった, なかつた, なく庭, なく立つ, なく鈍い神経, なく風, なければ, ドンヨリと, 何か, 僅かな, 僅かに, 夜々に, 奥の, 安らかな, 定かならず, 弱いが, 強い風, 強くて, 影も, 彼れ, 心に, 持つこと, 掻き消すばかりに, 放って, 昔の, 染みて, 根方までは, 洩れぬ壁, 消えか, 濁って, 無い中, 無い暗闇, 異様な, 真暗に, 空気も, 色も, 蔭って, 薄い木蔭全体, 覆ひ隠し地上, 見えず老少共, 見えないの, 見え分かぬ雪, 見ました, 見出せない叙情味, 透き通るほどの, 隠れて

▼ 光りながら~ (78, 2.3%)

4 だんだんうしろ 2 山椒魚の, 枝が, 波打ち, 走って, 風の, 鼻の

1 [62件] あちらこちらに, お末, この兄妹, こぼれて, すべてが, するすると, そこらに, はらはらと, ほとんど前の, まるでのびあがる, もりあがる勢, キャラコさんに, グラグラグラと, 一瞬の, 丘を, 中空に, 二人の, 伏せて, 伸び渡つてゐる, 円る, 出て, 前方に, 原つ, 向こうから, 帯の, 底の, 弾力の, 彼女の, 待って, 悠悠と, 折からの, 數滴の, 月も, 横たわって, 水に, 流れて, 流れるの, 浮き出した, 消えて, 滑らかに, 皮を, 盛に, 私の, 窓の, 粘り付いて, 緑葉の, 緩んだ綴目, 翻る, 草地の, 落ちて, 蛇の, 跳ねて, 転って, 迅り切っ, 過って, 長く伸び, 阿蘇の, 青い水, 風に, 飛ぶの, 飛んで, 鱗波を

▼ 光り~ (49, 1.4%)

2 あざやかなる

1 [47件] あきらかに, ありに, いませ, とどろきぬ汐首岬, ほそき磯はな, まばらなる, ゆらめくみ, よもに, 他を, 企む虫, 入相の鐘の, 動く山ひとつ, 圓し, 変る, 夜の, 大なる, 居たり, 御左手, 昨夜の, 波紋のみ, 流れ落つる浪, 浄玻璃かと, 消えゆけり, 消ゆる, 涙ぐむ, 深き巣, 渦巻くらしも, 眦り, 瞳と, 砕くる彼波, 落ちたり, 落つるたまり水, 薄青く, 蝙蝠の, 覆ふ, 見ゆるに, 見渡す限り目, 貴き珠, 透明なる, 遙に, 鋭き一, 雨ふる, 顔色は, 飛びゆけるその, 飛べりうす, 鮮か, 鳥も

▼ 光りつつ~ (18, 0.5%)

4 あり 2 とまり後, 一木白樺, 入る 1 あらむ, うち震える, つぶやきつつ, 暮れゆく人, 横わっ, 涙の, 熟視めつつ, 輝きつつ

▼ 光り~ (10, 0.3%)

2 は狂人, をし, をする 1 が一つ, だ, である, はせず

▼ 光りそれ~ (9, 0.3%)

1 からあの, がすべて意外, が一度, が不安, が夕暮, が落ちかかっ, と向かい合った, に対するよう, 自から

▼ 光りかた~ (8, 0.2%)

1 が, がちがっ, がまつたく, で, である, でした, も夫婦, をし

▼ 光り~ (8, 0.2%)

3 うして 2 う思うた 1 えどんより, し込む森, へ覺

▼ 光りその~ (8, 0.2%)

2 手は 1 うら淋しさ, 下には, 全身から, 刀は, 外は, 足あとには

▼ 光り~ (8, 0.2%)

1 ありありと, ハッキリと, ハッキリ分る, パッと, 分った, 抽出し, 笑い出した, 見て取った時

▼ 光りにも~ (8, 0.2%)

1 そのおのおの, ぴかりと光った, 似たるもの, 似て, 値せぬ事, 彼女の, 秋らしい, 空気密度にも

▼ 光り~ (8, 0.2%)

1 どこか, 光沢を, 太陽の, 強い花, 影を, 浪の, 舌の, 黄色い色

▼ 光りとを~ (7, 0.2%)

1 与へて, 交錯させる, 仰ぎ見ました, 信愛し, 持って, 持つて, 長え

▼ 光り~ (7, 0.2%)

1 が一間, で解る, と遊ん, に対しても土下座, の悪口, へというよう, へ出かけ

▼ 光りだけが~ (6, 0.2%)

1 まじまじと, わずかに, 千枝太郎の, 明るい, 淋しく並ん, 見えた

▼ 光りとが~ (6, 0.2%)

1 一つに, 在った, 大切な, 既に夕陽, 近づき難い, 遠くへ

▼ 光りと共に~ (6, 0.2%)

1 おが屑の, それが, 少女は, 微風が, 消え失せた, 消え消えに

▼ 光りまた~ (5, 0.1%)

2 隠れて 1 その燐骨, 消え照り, 陰影を

▼ 光り~ (5, 0.1%)

3 にすら明盲 1 にすら明盲い, を画く

▼ 光りある~ (4, 0.1%)

1 けしきは, ものの, 救ひ, 枕の

▼ 光りかが~ (4, 0.1%)

1 やくすがた, やけること前, ようという, よふ

▼ 光りかつ~ (4, 0.1%)

2 白き屍 1 をぐらく, 眞實あらしめん

▼ 光りから~ (4, 0.1%)

1 周平は, 後を, 愛その, 顔を

▼ 光りだけ~ (4, 0.1%)

2 でそれ 1 だ, なんで

▼ 光りなく~ (4, 0.1%)

2 春さく花の 1 して, 暮さねば

▼ 光りに対する~ (4, 0.1%)

1 歓喜の, 理解の, 理解を, 緊張が

▼ 光り具合~ (4, 0.1%)

1 が強, は弱々しく, も常, 少し鷲

▼ 光り~ (4, 0.1%)

4 の戦ぎ

▼ 光り~ (4, 0.1%)

3 やいて 1 やく玄関構え

▼ 光り~ (4, 0.1%)

1 ある日, が換気孔, なきに, を起こし

▼ 光り~ (3, 0.1%)

1 波か, 解らないまま, 鱗の

▼ 光りさえ~ (3, 0.1%)

1 まぶしいらしく, 帯びてるよう, 見えない暗黒世界

▼ 光りさえも~ (3, 0.1%)

1 するが, 此の, 洩れそう

▼ 光りそう~ (3, 0.1%)

1 で気, な娘, 思うた時

▼ 光りという~ (3, 0.1%)

1 もの, ものは, 事を

▼ 光りといふ~ (3, 0.1%)

2 ものを 1 程の

▼ 光りとに~ (3, 0.1%)

1 すかして, 二人の, 和し

▼ 光りとの~ (3, 0.1%)

2 間を 1 接触光り

▼ 光りとは~ (3, 0.1%)

1 そぐは, ふた組に, 全然違った

▼ 光りとも~ (3, 0.1%)

1 ない毒火, また量, 見えぬ海

▼ 光りなき~ (3, 0.1%)

1 ものの, を愧づと無上, 目が

▼ 光りによって~ (3, 0.1%)

1 その幹, 主人の, 鍛えられた血

▼ 光りよう~ (3, 0.1%)

1 と云ったら, や顎, をなさる

▼ 光りをもって~ (3, 0.1%)

1 うつって, 居ない事等, 居るの

▼ 光り~ (3, 0.1%)

2 の罪 1 も見

▼ 光り~ (3, 0.1%)

21 が鳴い

▼ 光りあるいは~ (2, 0.1%)

1 煙りあるいは, 照らして

▼ 光り~ (2, 0.1%)

1 定紋に, 粂が

▼ 光りかへ~ (2, 0.1%)

2 さず

▼ 光りこれ~ (2, 0.1%)

1 はなにか, は尋常

▼ 光りそして~ (2, 0.1%)

2 今日も

▼ 光りたまたま~ (2, 0.1%)

2 芝居見

▼ 光りたり~ (2, 0.1%)

1 真の, 翁ぐさの

▼ 光りたりしか~ (2, 0.1%)

2 さきほどの

▼ 光りだけに~ (2, 0.1%)

1 なると, 照らされた暗

▼ 光りとか~ (2, 0.1%)

1 そんな言葉, 身辺の

▼ 光りところどころ~ (2, 0.1%)

1 すずらんの, すゞらんの

▼ 光りどんどんどんどん~ (2, 0.1%)

1 北の, 北の方へ

▼ 光りには~ (2, 0.1%)

1 何処にも, 堪えられない様

▼ 光りはた~ (2, 0.1%)

2 落つる

▼ 光りばさばさ~ (2, 0.1%)

2 の髪

▼ 光りひばり~ (2, 0.1%)

2 は高く高く

▼ 光りまでも~ (2, 0.1%)

1 ブルブルと, 半分にな

▼ 光り一つ~ (2, 0.1%)

1 の下, 見えずそこ

▼ 光り~ (2, 0.1%)

1 唇を, 瞼が

▼ 光り~ (2, 0.1%)

1 の輪廓, を丈夫

▼ 光り~ (2, 0.1%)

1 の中, れる山頂さ

▼ 光り~ (2, 0.1%)

2 でたれ

▼ 光り~ (2, 0.1%)

2 ふ法

▼ 光り南洋土人~ (2, 0.1%)

2 の頭飾

▼ 光り~ (2, 0.1%)

2 消える

▼ 光り向う~ (2, 0.1%)

2 の山

▼ 光り~ (2, 0.1%)

1 る, るとの

▼ 光り小波~ (2, 0.1%)

2 の皺

▼ 光り屋形~ (2, 0.1%)

2 の三角帆

▼ 光り~ (2, 0.1%)

1 から, から後

▼ 光り~ (2, 0.1%)

1 であった, となり

▼ 光り~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 光り~ (2, 0.1%)

2 は美しく

▼ 光り~ (2, 0.1%)

1 にも空, のせ

▼ 光り琥珀~ (2, 0.1%)

1 いろに, いろにか

▼ 光り~ (2, 0.1%)

1 が追, は身体

▼ 光り~ (2, 0.1%)

2 の場合

▼ 光り~ (2, 0.1%)

1 が鳴い, しげく跳び

▼ 光り~ (2, 0.1%)

2 か消えつ

▼ 光り閃めきぬ~ (2, 0.1%)

2 はたためく

▼ 光り電線~ (2, 0.1%)

2 は切れ

▼ 光り~ (2, 0.1%)

1 の肉, の色

▼ 光り~ (2, 0.1%)

1 に罪, の金縁

▼ 光り~ (2, 0.1%)

2 と鶴

▼ 光り~ (2, 0.1%)

1 からふうふう, は高く太

▼1* [286件]

光りあちこちの樺の木, 光りあれが更生部落, 光りいかにも弾力ある, 光りいままで酔った, 光りいまだ茴香の, 光りおりから羽目板, 光りかぎろひし瘋癲院, 光りがさッと走った, 光りがともつて, 光りがにぢみ, 光りがもや, 光りきつねのしっぽ, 光りくちびるはぶるぶる, 光りぐあいでどんな色にでも見える, 光りこそ疑いも, 光りこんなものに, 光りさらさらと音, 光りしか眼に, 光りしばらく沈黙が, 光りすべて断食のあけ, 光りすらなかった, 光りすらも見えない暗い, 光りよとの風, 光りそこを行く, 光りそりやア, 光り今は, 光りたまになっ, 光りだけで辿って, 光りだけの塊り, 光りつりがね, 光りつるりと往来の, 光りときどき並みは, 光りとともに何処かの, 光りどうやら敵機の, 光りどこに一ヶ所, 光りどっと潰れた, 光りなく赤い北の, 光りなど戦後の, 光りなどにも何となく目前, 光りなどは見ないといふ, 光りなども昔と, 光りにあたって来た矢代, 光りにかの女の, 光りに対して防御壁を, 光りのうへに魚と, 光りのみ仏を, 光りはかはらざりけり, 光りはるかな沖, 光りばかりでなく千二百年, 光りばかりがハタハタと, 光りばっかりは骨身に, 光りひとならび力, 光りひとつが頼り, 光りひどく痩せて, 光りへんに口, 光りほど人間に, 光りほどに淡く見える, 光りほの暗い横丁を, 光りほんのり血がの, 光りことの, 光りまで判然り, 光りまでが珍らし, 光りもう一方は, 光りやうや顎, 光りふ光り, 光りあれ而, 光りよりも此場合三藏に, 光りたりて, 光りわれは睡り, 光りアヽ夢の世, 光りエボナイト製のしっかり, 光りオフイスの窓硝子, 光りオルガンが愉し, 光りカイゼルひげがぴりぴり, 光りガラスの沓, 光りクラレの茎, 光りゲッソリと凹んだ, 光りサマ的では, 光りタバコ色の落葉松, 光りチンチンチンと鱗, 光りトマトの実, 光りプロムナアドには人影, 光りボタンが三つ, 光りマニラ帰りらしい薄, 光り一所白壁が水, 光り一所風に波立っ, 光り且つ揺れくつが, 光りで鼠, 光り主人はけらけら, 光り二個所に鍵, 光り井伏さんも近年, 光りの歩め, 光りにも雨, 光り今上皇后両陛下, 光り仏印の時, 光りにけり, 光りに不思議, 光りな唄, 光りには念入り, 光り兩軍のひとしく, 光り兵士はみんな目, 光り凄まじきまで凝り詰むれ, 光り分銅はおどっ, 光りなめ飛び居りあはれ, 光り初夏傾けて, 光り別々に混つて, 光り勤め人風に刈りこまれ, 光り匂やかな露, 光りの岡, 光り北山をにらん, 光り卑くして踰ゆ, 光り及び生命の, 光りも利, 光り口紅の濃い, 光り口辺に皮肉, 光りの眼, 光り右内は心, 光り同じような, 光り和らかにさながら, 光り咽喉がゴクリ, 光り四辺は火事場, 光り地上には人, 光り夕ぐれのうつろい, 光り大きさ飯器の, 光り大人しく灸す, 光り大地はうるほふ, 光り天地は無数, 光り女體の方, 光りの横顔, 光り姿よりも匂い, 光り学生達は瀟洒, 光り容易につる, 光り寒げな靄, 光りは群青, 光り岩上に落花, 光りの砂, 光り峽間の風, 光り工合も分別らし, 光り左右の眼, 光り左団次など間, 光り帽子にも, 光り平和の光りだ, 光りくやう, 光りがあざやか, 光り影冴て, 光りはいつも, 光り征矢の如く輝き出し, 光りも知らぬ, 光り本尊は, 光り心理の追究, 光り思わず片膝, 光りに焦茶色, 光り息使いも苦し, 光りの色, 光り流迦と, 光り我指の, 光り敏く自分の, 光り敷居の上, 光り旅行者に乞食, 光りを照り返し, 光りてる霧, 光り望み生命を感じた, 光りで気, 光り朦朧として力, 光りにけり, 光りのかげ, 光り枕時計の針, 光り枯草続きの汀, 光りの頭, 光りから軒先, 光り棕櫚はさや, 光り楕円形に広がっ, 光りで解る, 光りの幹, 光り殊に赤い窓, 光り殺気漂うばかり, 光り水気と云, 光り沙漠には砂糖水, 光りの如く, 光り泪一つこぼさず三味線, 光りの色, 光りがながれる, 光り淋しく法衣着た, 光り深紅の舌, 光りは陽気, 光り漸くにし, 光り潮合の, 光り濃く秀でた眉毛, 光り瀬戸の古, 光り火口の如き, 光り灯台の光, 光り灰色に沈んだ, 光り炭車もケージ, 光り烈しく熱さ堪えがたけれ, 光り無情の雪, 光り煙うづまく, 光り燃焼する空, 光りく刀, 光りとして雲, 光りかな冷, 光り状態甚だ険悪, 光り狂人以上にただならぬ, 光りしく露滿, 光り生命の熱, 光り画面にもの, 光りは澄ん, 光り目くらのため, 光り目映ゆいばかりの, 光り直ぐ弓形の, 光り眉毛と睫毛, 光りゆきガス電燈, 光りは向け, 光りが長く, 光り睫毛の長い, 光りの如く, 光りをまきあげる, 光りから陥ちこんだ, 光り立木一本ない不毛, 光り笑顔が湧き立っ, 光りの舌, 光り細かい雨が, 光りのなか, 光りに一筋, 光り美しく帽子には, 光り羽虫のよう, 光り耀ふマリア, 光り文明は, 光りは雪, 光り肌理細かに蒼い, 光りにまたがれ, 光りと腹, 光りの辺, 光り腕力なども強い, 光りの辺, 光り舞台一面の広場, 光り艦現実を溯る, 光り致さんは, 光り花やかなるを, 光りはだんだん, 光り草葉の霜, 光り荒神の松, 光り菓子の塗り箱, 光り華麗に, 光り蒐集箱の硝子, 光りからとつた, 光り鳴く田, 光りの屋根, 光りの木々, 光りのあたり, 光り西側の窓, 光り赤い光り, 光りいて, 光り近きあたりは, 光り近眼鏡の奥, 光り近親の人たち, 光り通りすがりの人, 光りはどこ, 光り遠いところから, 光り遠きは綿, 光り遠くに竹島, 光り金髮が搖れ, 光りがごとく, 光り鈍く薄暗い停車場に, 光りのやう, 光り銀子は何, 光り鋭い叫声が, 光り長い尾が, 光り長三乃至六フィート, 光り陽炎の中, 光りのやう, 光り雨しとどふりし闇, 光りに映じ巡, 光り雫石川がまるで, 光りは静, 光り電燈がぼやけ, 光り電車すぎゆく, 光りの懸, 光り静かな音, 光りや塗料, 光りをひそめつ, 光り飛びかひぬ柳絮は持たず, 光り香料を塗りこめた, 光りる白蛇, 光り高射砲を鳴り響き, 光りは深林, 光り鹿でも跳ぶ