青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「作っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~余程 余程~ ~余裕 余裕~ ~余計 余計~ 佛~ ~作 作~ ~作っ
作っ~
~作った 作った~ 作り~ ~作る 作る~ ~作品 作品~ ~作家 作家~ 作業~

「作っ~」 3604, 36ppm, 3255位

▼ 作っ~ (3333, 92.5%)

136 いた 122 いる 116 いるの 28 おいて 26 それを 22 ある, いたが 21 いて 20 いるが 17 いるよう, 置いて 16 いたの, いると 15 いました 14 しまった 13 いること 12 あるの, いるので, いるもの, 居る 11 くれた, その中, やった 10 あって, いたこと, これを 9 あった, います, 置いたの 8 いるところ, いるん, そこに, その上, それに, みると, やって, 持って 7 いるから, くれたもの, くれました, みようと, 行くの

6 [11件] いたという, いたので, いない, いれば, おる, くれと, みた, みたが, やったの, 待って, 流れて

5 [15件] あったの, いるに, おいたの, しまったの, そこから, みせる, みたいと, みて, もらって, ゆく, 住んで, 来て, 行った, 見せて, 見た

4 [27件] あります, あるから, あるが, いるうち, いるという, いる所, いる間, おいた, おいでに, おりました, おります, くれ, くれたの, くれませんか, やろう, ゆくこと, ゆくの, 居ります, 来た, 生活し, 私の, 立って, 置かなければ, 自分の, 行かなければ, 見たの, 見ると

3 [42件] ありまして, あるので, いても, いないの, いますから, いるか, いるため, いるばかり, いる中, いる場合, いる家, いる点, おく, お目, くれたので, くれたり, くれるの, みせた, みようかと, もらうこと, やるため, やろうという, 下すった, 並んで, 出て, 口を, 呉れた, 売って, 居た, 居りました, 彼を, 暇を, 来たの, 来たもの, 来る, 自分で, 見せたり, 見せながら, 見せる, 見ても, 見ようと, 見ようという

2 [145件] あったので, あったり, あるし, あるもの, あるわけ, ある大きな, ある畑, ある麦, いそう, いたかと, いたため, いたと, いった, いましたが, いるそう, いるだけ, いるらしい小さい, いる人, いる会社, いる原子, いる時, いる歌, いる百姓, いる者, いる自分, いる部屋, いる霧, い店, おいたから, おかなければ, おくの, おくよう, おくれ, おく方, おりますが, お辞儀を, きたもの, くれたこと, くれたと, くれた弁当, くれた物差し, くれる, くれるだろう, ぐるぐると, ございます, しまいました, しまうと, しまったん, しまって, それが, それで, どうしよう, ひとみを, ます, みせたり, みせるぞ, みたくて, みたこと, みたところ, みたの, みたり, みたん, みては, みる, みる気, もって, もらいそれ, もらいたいと, もらいました, もらうの, もらった, もらったこと, やったこと, やったり, やらなければ, やりたいと, やりながら, やりました, やること, やるの, やるん, ゆくという, ゆくもの, ゐる, 一部の, 人を, 余の, 先頭に, 入れて, 出すこと, 列んで, 喰べ, 売ること, 多数の, 女の, 好きな, 実験を, 寝て, 少しも, 少数の, 居った, 居って, 居りますが, 居るの, 居る家, 帰ったためし, 播いて, 昔の, 朝夕に, 来たから, 来たので, 棲んで, 横に, 欲しいと, 歌って, 死ぬ, 河水を, 泳いで, 現場に, 発表した, 置けば, 自分は, 薫は, 行く, 行くこと, 行くところ, 見たいと, 見たが, 見る, 見ること, 見るという, 見るの, 見ろと, 見物を, 覚束ない, 貰った, 踏込んで, 送り込んだの, 進んで, 都へ, 青年に, 食べて, 食べる, 魂を, 黒い幹

1 [1810件 抜粋] あげたり, あげましょう, あげますから, あげるの, あったが, あった縄, あとの, あの人, ありますから, あり山手, あり銀, あるけれども, あるのよ, ある事, ある座席, ある椅子, ある簾, ある野菜, いいかさえ, いくつも, いたい, いたそう, いただきます, いたに, いたん, いた二人, いた地所, いた怪しい, いた此, いた畝, いた素直, いた訳, いた遠方, いったの, いどみかかって, いないよう, いなさるん, いますが, います陶器, いらっしゃい, いられたら至楽, いるあいだ, いるかという, いるこの, いるしか, いるそのもの, いるであろうと, いるはず, いるらしいところ, いる一帯, いる会, いる半分, いる友人, いる図, いる土地, いる天井, いる実験室, いる工場, いる幻想, いる微粒子, いる折, いる最も, いる根本, いる此処, いる河岸, いる畑, いる笹野新三郎, いる芝生, いる菜園, いる足軽たち, いる題目, いろいろやっとるけん, うんと肥やさ, おあげなさい, おいたよう, おいた別製, おいた幟, おいた罠, おいた防塞, おかせるという, おきどんな, おき翌朝これ, おくに, おく品物, おけよ, おしもの, おったそこで, おもむろに壺奪還, おりその, おり年二回発行, おる港, お出, お師匠さん, お母さまに, お水, お葬り, かえり夜, かの不貞, きて, きましたよ, ください, くだすった, くれたあの, くれたごちそう, くれたという, くれたよ, くれた合鍵, くれた弁当箱, くれた最後, くれた袋, くれた鍵, くれないでしょうからね, くれますから, くれるため, くれるよう, くれる実業家, くれる裁縫師, くれ赤瀬, けって, ここぞと, こちらへ, この不思議, この老人, これに, ござる, ごらんなさい, さすがに, さまざまな, しきり, しずしずと, しまう, しまう心, しまったらしい, しまわなければ, すばやくふたり, せめてもの, そうして時々, そこへ, そのまままだ印刷, その八犬伝, その売られ, その害, その戦車長, その横断面, その発会式, その膳, その通り, それから伯父さん, それ等を, ただ雑然と, ちょうだいね, でかける, ともかくも, どんな経路, ならせて, ならんで, はびこって, ひとりで, ほとんど自然心, まいりましたが, また愛らしい, みせて, みたいそうして, みたいよう, みたところが, みた歌, みました, みようとも, みること, みんなの, もう一度古藤, ものに, もらいたいですなあ, もらいたいん, もらい夫婦, もらい用, もらったの, もらってから, やったが, やったろう, やっちょろまかせのよやまかしょというものを, やって来た子供たち, やらなかった, やりそれから, やります, やるは, やる必要, やれるよう, ゆかは, ゆくか, ゆく女, ゆく者, ゆっくりくつろごう, よかろう, らした俳句, わがイギリス, わたしたちの, われ等を, アメリカ行の, カーテンの, クララを, コロンビア, サンシエ・ムーフタール四つ辻に, デディケートしたい, トランプ遊びを, ネタに, フウフウと, プチ・ブルジョワの, ヤルマールに, ロープで, 一パイに, 一同の, 一山を, 一方は, 一本の, 七八丁つながっ, 上げる, 上流社会の, 下さいました, 下さったものの, 下さった私, 下さるまいか, 与えました, 与え才能, 世間話を, 両親と, 中央の, 久保君に, 九条や, 了った, 二川邸を, 二段飼ひ, 互いに見せ合った, 亜米利加人の, 人々を, 人名字書中の, 今日の, 仕事を, 仮に隣, 伶人に, 住んだ, 何か, 何んに, 何者が, 作者は, 信玄が, 俳諧なんて, 倫敦へ, 僅か二三回の, 僕を, 先生に, 六七人の, 共倒れに, 其處へ, 冷蔵庫へ, 凶歳の, 出しましたら, 出向いた, 分類し, 前髪を, 勿論ねらい, 医務局の, 千代紙の, 協議を, 原料価格と, 参詣する, 只持っ, 各, 同一の, 名を, 吹いた者, 呉れた家, 呉れるの, 呪詛の, 咲き靡い, 喰べて, 困るの, 国木田独歩岩野泡鳴ら同, 地下一二尺の, 城門から, 増幅回路へ, 売りだした, 売り歩き, 売る店, 売出すか, 外に, 夜の, 大きな円い, 大勢の, 大空狭し, 太平洋に, 女王に, 子を, 学位の, 安全を, 実行し, 宮は, 寄せて, 寒い夜更け, 寸から, 小さな宴会, 小早, 居たらしく, 居なければ, 居りその, 居り対馬娘子, 居るから, 居るそれ, 居るところ, 居る人, 居る太い, 居る間, 居流れた, 屋根の, 山狩りを, 左手に, 己の, 帰る腹, 幅広の, 平家史蹟を, 幾組も, 引き寄せるだけの, 彼らが, 彼女に, 待受けて, 後ねだり, 徘徊いたす, 御批判, 御飯が, 心を, 思い思いに, 悩むの, 憎々し気, 成功した, 手を, 投稿し, 押し返して, 持っとる, 損を, 教えたの, 整然として, 文学的標題を, 新手村の, 日本に, 旧九月, 明日の, 昨晩の, 時々講演者, 暗夜に, 暮れぬ中, 曹子建に, 望遠鏡の, 木剣を, 本調子, 来たかを, 来た悪, 来ては, 来るので, 柱に, 梢を, 検校の, 様々の, 次に図, 歌はせる, 武蔵の, 歩き出したが, 殆ど明石海峡, 母の, 毎日真っ黒に, 水に, 水量の, 法学通論および, 津村に, 活計を, 浪漫主義として, 渡しましょう, 満足し, 潮に, 烏林赤壁の, 煙筒を, 牽止させる, 独りで, 献じようと, 玉の, 生けがき, 用いた最初, 用心を, 男が, 画に, 瘧病を, 百八個媒が, 皆卒業し, 盲人に, 直義の, 相馬殿が, 眼瞼を, 石に, 石川を, 示威運動を, 祝ったもの, 神聖なる, 私たちを, 私を, 空の, 穿くよう, 突撃隊を, 立ち並んだ, 立てるならわし, 笑いを, 第一群, 筋の, 米友一人と, 納めたり, 細々に, 終生愛し, 結晶の, 続々徒渉, 網破損針金と, 縁取し, 置いたと, 置いた動機, 置かない, 置きなすったの, 置き換え本物, 置くなども, 美術学校を, 義貞へ, 脇へ, 自ら吹いた, 自然からの, 自由な, 船岡の, 花に, 苦しむ必要, 荷物を, 蔽いかぶさるよう, 藩の, 蜿って, 行かなくっちゃあ, 行くという, 行く上, 行く必要, 行こうと, 行婬, 製作者と, 見せたくなった, 見せます, 見せるであろう, 見たいが, 見たと, 見た重水, 見ました, 見ようでは, 見るとか, 見れば, 観劇に, 言う, 記したもの, 試験する, 話して, 読者の, 謂わば, 貰いたい, 貰うの, 貰った手網, 貰っては, 贈って, 起き上がった, 足拍子揃え, 踏み破る最初, 身広, 辻川で, 返しても, 送るという, 通用させ, 進ぜる, 遊んだり, 過して, 遣した, 部下へ, 野を, 野遊びや, 鉦を, 錘から, 開いたり, 間もなく狂死, 降りて, 雑誌も, 電車を, 青いペンキ, 頂けますまいか, 須磨へ, 風洞で, 食い食えば, 食べさせて, 食用に, 飲むの, 香りの, 駈け出す, 高麗鼠に

▼ 作ったり~ (132, 3.7%)

17 して 8 した 4 すること, するよう 2 し, する, それを

1 [93件] あるいは耳たぶ, あるいは自分一個, いたずらに水彩画, おかゆを, お母様が, したため, したもの, した岡田道彦, した手際, しましたが, するだけ, するなんて, する主人, する事, する例, する値打ち, する時, する時代, する模様, する近代, そう一人, その他へんな, また屍様図, また戦時, また暇, また粗略, もし必要, ビールびんで, フワリと, ロケーションに, 両手を, 仏像を, 何か, 例の, 健康を, 医者の, 十七字の, 又は木, 取扱ったり, 古いの, 和文を, 商品を, 地上の, 堤防を, 塔を, 売ったり, 大根などと共に, 太閤秀吉が, 女は, 安もの, 小費いを, 幽かな, 庭の, 強いて, 怪しげな, 恥を, 我を, 或いはお松, 押入を, 支那蕎麦を, 教科書を, 文部大臣直属の, 書物を, 本を, 概括を, 水筒に, 泉水に, 漫談に, 用いたり, 相変わらずの, 硝子板に, 神おろしめいた, 究理実験を, 簑を, 細ごました, 細工物を, 草履を, 襞を, 解いたり, 記念碑を, 豆を, 野原に, 野菊や, 雪の, 韻ふた, 食ったり, 髪を, 鯖が, 鳥の, 鳥居を, 鶏を, 麦条を, 鼓を

▼ 作っても~ (63, 1.7%)

2 これが, 作り過ぎること, 作れば, 大工や

1 [55件] いいとかいう, いいの, いた, おじさまの, かっぽれ, しかたが, そういうこと, そう急, そこに, その句, それを, どうなる, よいかと, よいという, よい権利, よさそう, よろしい, スタンダールの, マア坊が, 与八が, 乗る奴, 五個しか, 伝統的な, 作っても, 依頼され, 勢いの, 名を, 大しておいしく, 好いだろう, 始めから, 小説である, 居りました, 差支ない, 当り前により, 怪しまれぬだろう, 旅人の, 旅人程度を, 日本の, 歌を, 死して, 真に俳諧, 真心さえ, 知人たちに, 研究の, 碌な, 祖母の, 締めくくりに, 編集者の, 肥料が, 育ちが, 芝居道に, 落される方, 詩を, 足りない, 風が

▼ 作っては~ (50, 1.4%)

2 いたが, いない, いるが, それを

1 [42件] あても, あるが, いけない, いけないとか, かせて, くださいません, くれませんでした, その中, その計, だめじゃ, どうか, どうであろう, どうもちょっと勿体ない, なくて, なく偶, ならないので, ならぬ, ならぬという, ならぬ事, ならぬ人, ならぬ秘密, なりませぬ是非, また東京, 下さいません, 下水道を, 人知れずお供え, 出来たもの, 切り棄てる事二万哩, 却って観破される, 喰べ, 喰べした, 壊し大震災, 恥じだという, 来るがね, 毀しするので, 毀した経験, 毀し作っては, 派手な, 話して, 鉢植えに, 露の, 高価で

▼ 作ってから~ (11, 0.3%)

2 十日も 1 でなきゃ駄目, 三年の, 二三度以上も, 何十年経った, 数日の, 早朝出発する, 次の, 長い年月, 雨村は

▼ 作ったりなど~ (5, 0.1%)

4 して 1 した

▼ 作っちゃ~ (3, 0.1%)

1 いかんという, いけないわ, いられませんね

▼1*

作ったって亡国の, 作ったりもする, 作ってさえ見せて, 作ってという風に, 作ってなアそして, 作っての越前の, 作ってばかりいる