青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「光~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

先刻~ 先方~ 先日~ ~先生 先生~ 先祖~ ~先輩 先輩~ 先頭~ ~光
光~
~光っ 光っ~ ~光り 光り~ ~光る 光る~ 光子~ 光明~ ~光景 光景~

「光~」 21806, 236ppm, 418位

▼ 光~ (3991, 18.3%)

148 放って 121 受けて 112 浴びて 62 投げて 58 うけて 50 たよりに 44 帯びて 41 放つて 40 見て 33 浴びながら 30 反射し 27 放つ 19 あびて, もって, 見ると 17 含んで, 失って, 背に 16 見せて 15 頼りに 14 見た 13 発して 12 たたえて, 放ちて, 湛えて 11 おびて, 吸って, 増して, 宿して, 投げた 10 あてて, まともに 9 便りに, 出して, 持って, 照り返して, 遮って 8 放つの, 放つもの, 求めて, 見ること 7 さえぎって, 放った, 見た時, 送って

6 [11件] あびながら, ながめて, はなって, もつて, 一杯に, 仰いで, 発するの, 眺めながら, 眼に, 落して, 避けて

5 [15件] あげて, して, 仰いだ, 全身に, 反射する, 放ちつつ, 放ちながら, 放つが, 放ツ, 斜に, 映して, 消して, 眺めて, 見れば, 隠して

4 [27件] ある速, なげて, なして, 与えて, 出す鋼玉, 受けながら, 地上に, 増した, 当てて, 感じて, 投げかけて, 描いて, 揚げて, 放つこと, 放つよう, 放てり, 斜めに, 沈めて, 添えて, 漂はせ, 發する, 背中に, 背負って, 見つめて, 見ても, 貫いて, 透して

3 [48件] うしろに, かすかに, こぼして, まぶしそう, もとめて, 一ぱいに, 与える, 乱して, 仰ぐと, 借りて, 出すの, 加へ, 半面に, 厭うて, 反射させ, 反映し, 吸い込んで, 吸収する, 外に, 失った, 射て, 待って, 慕って, 投げながら, 投げる, 放して, 放ったよう, 放った時, 放つと, 放つ灼熱, 放射し, 放射する, 曳いて, 残して, 洩らして, 浮べて, 浴びせて, 照りかえして, 發し, 目あてに, 空に, 置いて, 與へて, 見ながら, 見る, 見るよう, 見出した, 身に

2 [202件] あたりに, あてること, いただいて, いっぱいに, うくる, うけながら, うつして, うら寂しく感じ, かくして, かんずる日, さえぎりその, さしつけて, さへ, そのほう, その眼, ちょいと, つかまへて, とおして, とって, ともして, なが, ながめながら, のみ十分, はなして, はね返して, ふくみに, ほの, ほのかに, みつめて, みとめて, むけました, もたらすもの, もて我, よんで, ギラギラと, ボンヤリ見詰め, 与うること, 与うるに, 与へ, 世界に, 二人の, 仰いだり, 仰ぐため, 仰ぐを, 便宜に, 保ちながら, 先ず浴びる, 入れて, 冷え冷えと, 出す放電管, 前に, 加えて, 千載に, 反射した, 取れる室, 受くれ, 受けさえ, 受けた九段坂, 受けてるその, 受けると, 受け止めて, 可愛がって, 向けた, 地面は, 増すの, 失う, 失った太陽, 失つた, 失ふこと, 奥深く見せ, 害ふ, 帯たま, 帯び初めた眸, 帯び始めた, 帶びて居る, 幻に, 庭一面に, 引きて, 当てると, 彩れる, 彼女の, 微かに, 恢復した, 恣に, 惜まず, 想い起こした, 意味する, 感ず, 懸ける, 我は, 投げかける, 投げました, 投げ夕日, 折り曲げるため, 持つて, 指さしながら, 振って, 掠めて, 撒いて, 放ちその, 放ちたり, 放ちどこ, 放ち熱, 放ち眉, 放つかの, 放つた, 放つに, 放つ一顆, 放つ時, 放つ烏賊, 放つ物, 明らかに, 暗く照り返し, 望むが, 望むこと, 望んで, 枯草の, 正面に, 殺して, 求め道, 洩さぬから, 流して, 浮べながら, 浴びた, 浴びたい, 浴びたまま, 浴びた死人, 浴びつ, 浴びつつ, 浴びては, 浴びる, 浴びる庭, 消した, 消してよ, 添えた, 添へ, 湛へて, 照し, 現して, 現わし, 痛感した, 発する, 発するかと, 発するもの, 発するよう, 直角に, 真正面に, 真面に, 眺めると, 眺め尽して, 瞳に, 研究し, 砕いて, 私に, 移して, 空中に, 羽色に, 翳しながら, 肩から, 肩に, 肩越しに, 與へ, 與へる, 落した, 落として, 蔽ひ, 見さえ, 見せずに, 見せる, 見たから, 見ただけでも, 見たの, 見たよう, 見つけた, 見つつ, 見ねば, 見ますと, 見るのみ, 見付けようと, 見出して, 見噪音, 見守って, 見詰めて, 認めて, 調伏する, 負って, 踏んで, 輝かして, 輝かしながら, 透かした耳, 透かして, 連れて, 遮断する, 避けんとて, 野にも, 閃かして, 静かに, 面に, 頒つ, 顏に, 顔に, 顧みて

1 [2046件 抜粋] あおいで, あつめた一隊, あてます, あはれ宿す, あびた美しい, あびるそこ, あらわし欲徳, いさめて, いふ, うけさせて, うけつけなくなったもの, うけるよう, うしなって, うつした雲, えがいて, おそれるよう, おびたきれい, お幸, かかげて, かくし七星, かけて, かすめた刀, かんじいま胃袋, きらった, こちらに, こぼしながら, さえぎった, さえぎりながら, ささせる効果, さしつけられること, さし向けて, さらさらと, しばらせるところ, しるべに, じぶん, すさまじく引き, すべらし取り残された彼方此方, そえて, そそぐ, そのひとみ, その口, その方, その顔, ぞうたふ, たすけて, たたえた大空, ただちに白髯サマ, たのしんで, たよりにて, ちょっと受け, ちらと, つくるには, つらつらに, てりかえして, とざし, ともす, どうして討ちとった, ながめました, なげかけました, なし蛍火, ならって, にじみ出して, はじいて, はなつから, はなつもの, はなつ灯火, はねたから, ばらまいたよう, ひそませた女等, ひとしく仰ぐ, びっしょりと, ふたたび消した, ふるわすのみ, ほとんど子供, まきながら, まし, ましました, ますと, まつまでも, まぶしさうに, みたよう, みとめたかと, みるの, めがけながら, もちしかも, もっとも恐れる, もてこれら, もてダンテ, もて西, やや弱め, よじって, よみとった, わずかに, クサンチスは, サッと向う, ドラクロア以後また, ポンと, 一つフウとは, 一度も, 一杯浴び, 一閃また, 上げた, 上方に, 与えた, 与えようという, 与え清潔, 両肩, 主力として, 争うほどに, 争ひし, 二の, 二重に, 五六の, 交し行動, 人の, 他へ, 仰ぎつつ, 仰ぎ見て, 仰ぐとき, 仰ぐ身, 伴って, 何処とも, 使う手段, 保つに, 傳える媒質, 先に, 八紘に, 再び絹ごし, 凝視めて, 出した, 出しました, 出すもの, 出す花火, 出来るだけ, 切々と, 列ねて, 刻む, 前髪に, 力を, 動かしたかと, 包んだわずか, 十間とは, 南へ, 厭うこと, 厭ふ, 反射せる, 反映してる, 取られかけるの, 受く, 受けたくら, 受けたコルシカ, 受けた大きな, 受けた樟, 受けた街上, 受けた闇, 受けてるらしく丁度, 受けなきゃなりません, 受けること, 受留める, 叱るよう, 合圖に, 向けて, 含めて, 含んだ空気, 含んだ青空, 吸い初め, 吸い込みました, 吸うよう, 吸つてぐつたりした姿で, 吸ひつけ, 吸収した, 吹き消す, 呼び起して, 和らげ, 咽喉一杯に, 喜んだ昔, 噴いた沿線, 圧すごとく, 地面の, 増したよう, 増し雲, 増すもの, 壁へ, 多く広げる, 夢で, 天井に, 失いかけて, 失いとろんと, 失い神, 失うこと, 失うの, 失ったの, 失った三十メートル, 失った悲し, 失つ, 失つた月を, 失はない釘, 失ふ, 失わずには, 失わない限り, 奪うこと, 奪って, 奪われて, 嫌うだけ, 子供に, 守る人, 宵, 宿したが, 宿す, 射さして, 射つけて, 射出した, 導き, 尻目にかけて, 川は, 差し添えた, 帯びそして, 帯びた大きな, 帯びた毛虫, 帯びた眼, 帯びた野州, 帯びた鳥, 帯び切口, 帰した, 帶びてヴェリチャーニノフの, 幅広く迸しらし, 広々と, 床の, 庵の, 引いて, 引けば, 強く受け, 強調せん, 当に, 待たざる, 待ちゐたらん, 後に, 得て, 心あてに, 心持ちよく, 忘れさ, 怖れる, 思い浮べて, 思わしめる一つ, 恐れて, 恐れるよう, 恥ぢず, 惜む, 愛しみに, 愛すること, 感じたせつな, 感じること, 感知しない, 慕ったり, 憎むほど, 懸けたり, 戸板や, 打ちながめながら, 投げかけさせて, 投げかけられたよう, 投げこんで, 投げたり, 投げてるきり, 投げるが, 投げるよう, 投げ入れたこと, 投げ得ただけの, 投げ競う光景, 投げ返すうそ寒い, 投じて, 投た, 抜き放つ, 拝むこと, 持ち異, 持った鱗, 指すと, 捕へて, 採りたり, 掬って, 描きつつ, 撫で, 放しじっと, 放す燈火, 放たずまた, 放たないの, 放たぬ小さな, 放ちそれら, 放ちぬ, 放ちました, 放ち初め, 放ち嘉門, 放ち始めた, 放ち暗夜, 放ち生きて, 放ち霰丸簇, 放った飾り, 放つごとく覚えた, 放つた家, 放つてる気, 放つとき, 放つにぞ, 放つほどに, 放つシャボン玉, 放つ中, 放つ夜, 放つ星雲状恒星, 放つ液体, 放つ珠履, 放つ金属, 放てる, 放射せしめた, 救うこと, 敬太郎の, 断念し, 明に, 映じて, 時たま淡く, 暗くする, 曳いたせつな, 最高列の, 有して, 有たなかつた, 有つと, 望み夕, 望め, 木立ち越しに, 林に, 根気よく, 棗形の, 横ざまに, 檻の, 歌つてこれほど, 残しつつ, 殺す隙, 水に, 水際の, 求めたい, 求める心, 沈めた幾面, 泛べた, 注いで, 注ぎ熱, 注ぐ, 洩して, 流した刃, 浮かべた, 浴せて, 浴びせかけるとき, 浴びせ掛けた, 浴びたところ, 浴びた人生, 浴びた状, 浴びた裸, 浴びてる雪, 浴びること, 浴び乍ら, 浴び神々しい, 海に, 消されて, 消しエンジン, 消滅さし, 混じたもの, 添え秋, 減ずるもの, 湛えた静か, 湛え酷薄, 溶かした波, 漂わして, 漂わせるのみ, 漏らさない料理旅籠, 漾は, 潜つて板塀の, 濾過し, 点して, 無くすると共に, 燈明の, 爭ふとい, 獲得しきった, 生じる, 生ずるは, 町, 発しいまにも, 発します, 発すは, 発すると, 発するガス, 発すれば, 発揮したる, 発見した, 發見したらしく, 的に, 盡し, 目映がっ, 直接に, 真下に, 眺めた, 眼いっぱいに, 睨んだが, 瞶めました, 知らぬの, 碎かれざる物, 示すもの, 私は, 空気の, 立てて, 競うよう, 篩し, 組成する, 縱横に, 纏ひゐた, 羽根一ぱいに, 聽き, 背と, 背景に, 自分の, 與へた人で, 色硝子の, 落すだろう, 葛木の, 蔽はれたる, 薄暗く室内, 袂に, 補なう, 見, 見いだしたよう, 見ざりしならば, 見ずまた, 見せようという, 見せるの, 見ただけで, 見たよ, 見た勞, 見つけて, 見つめたまま, 見て取った, 見ない数週間, 見ましたけれど, 見ようとして, 見られまい, 見るだけと, 見るや, 見る類, 見上げたり, 見伽羅, 見小鳥, 見彼女, 見渡すと, 見車蓋, 視ること, 觀て, 認めさせるよう, 認めた, 認めないと, 認めるの, 誰よりも, 謡って, 豐かに, 貫ける滝, 走らせた切先, 趁ひ, 踏みつつ, 軒並の, 輝さんと, 迎へる, 追いながら, 追おうと, 追って奥, 追ひ廻して, 送り込むニコル, 送れ, 透過させ, 通す葉, 逸らさずその, 遠く投げ, 遮つて, 遮られた寝室, 遮られ森林, 遮るほど, 遮る程, 避けました, 部屋じゅうに, 重ね纏, 金箔に, 鍍金し, 門口へ, 開発し, 降らす眞晝中, 除けて, 障子越しに, 隠すこと, 雄大な, 集め他, 離る, 震わして, 非常に, 頼め, 顏ぢうに現は, 飾る諸, 髪に, 麗しと

▼ 光~ (3585, 16.4%)

58 射して 53 さして 35 あった 22 見えて 21 ある, 見えた 19 洩れて 18 さしこんで 17 消えて 16 もれて, 一面に, 落ちて 14 見える 13 かすかに, 流れて, 眼に 12 パッと, 差して, 彼の 11 あって 10 あたって, きらきらと, ちらちらと, 射した 9 ぼんやりと, 輝いて 8 さし込んで, ただよって, 射し込んで, 斜めに, 漂って, 眼の, 窓から 7 さした, なかった, 満ちて, 私の, 空に, 部屋の 6 キラキラと, 出た, 出て, 照つてゐた, 窓の, 見えました, 閃いた

5 [14件] あつた, さして来た, それに, 一杯に, 反射し, 宿って, 廊下に, 映って, 森の, 水の, 海の, 照りつけて, 目に, 私達の

4 [30件] あたりを, あつて, あらわれました, うごいて, きら, さしました, さす, さすよう, さっと流れ, そこから, それを, どこから, ほの, スーッと, チカッチカッと, 人の, 変に, 家の, 当って, 彼女の, 映えて, 残って, 消えた, 煙って, 燃えて, 現われて, 走った, 輝いた, 部屋を, 雪の

3 [61件] あっても, あふれて, あるから, あるの, かすれて, きらりと, さしこんだ, さしたよう, さしてきた, さしてくる, さして居る, さんさんと, さッ, して, すべてを, その顔, ちら, ちらついて, なければ, ななめに, ほのかに, ほのぼのと, コゼットの, チラチラと, 一パイに, 入って, 冴えて, 動いた, 動いて, 地獄の, 夜の, 天幕の, 失せて, 妙に, 室の, 射しこんで, 差し込んで, 急に, 戸の, 放たれて, 斜に, 映つた, 東の, 横に, 洪水の, 流れこんで, 発して, 白, 眼を, 空を, 突然電燈, 窓に, 自分の, 虹の, 言つた, 赤, 走って, 遮られて, 金色の, 隠れて, 頭を

2 [252件] あかあかと, あたらないの, あったの, あらわれた, あるばかり, あればこその, いくつも, いっぱいに, いなずま, いりみだれて, うかが, うごいた, うすくなっ, うすれて, うっすらと, うつって, うら, おびただしく街路, おぼめいて, お定, かがやいて, きらきらし, きらきら照らし, きん色に, ぎらぎらし, ぎらぎらと, くっきりと, こうこうと, こちらに, こもって, ささないよう, さしそれ, さしてき, さしてゐる, さして白い, さし上る, さすと, さすの, さびしく波, しずかに, じりじりと, すうっと, そこに, そこを, その眼, その瞳, だん, だんだんと, ちらと, つづけざま, てらして, とどいて, どこからか, どこからとも, ない, ないで, なくなって, にじの, ぱっと射し, ひらめいて, ほとばしって, まざまざと, また射し, まぶしい, みちて, みなぎって, みなぎり小さな, みんなの, もれるの, ゆらめいて, ゆらゆらと, よく届かない, わずかに, わたしたちの, カッと, ギラギラと, サッと入っ, サツと, チラと, パツと, ボーッと, 一ぱいに, 一層燦然, 一種の, 両眼, 二人の, 交って, 人を, 今は, 今丁度, 作り出したもの, 僅かに, 僕の, 刎ね, 刎ねた, 別に理由, 加わって, 動いたの, 十分に, 反射する, 向うの, 四辺に, 地上に, 坂の, 塔の, 外から, 夢の, 太郎の, 太陽の, 失われて, 如何にも美しく, 室中に, 室内に, 室内を, 寒そう, 寝て, 射さぬので, 射したよう, 射し込んだ, 少しも, 届いて, 屋内まで, 山を, 川の, 年とっ, 幽かに, 幽に, 廊下の, 弱くなり, 強くて, 強くなった, 彼を, 彼等の, 後に, 微紅く, 必要であろう, 戯れて, 扉の, 揺れて, 散乱する, 明かに, 明るく見え, 映して, 映じて, 映す, 晴れやかに, 暖かに, 暗いので, 月の, 有って, 朦朧と, 朦朧として, 木の間を, 木立の, 来て, 松の, 松原の, 林の, 枝葉の, 次第に強く, 水に, 水を, 氷の, 沈んで, 波の, 洩れ玉, 浮いて, 海一ぱいに, 消えかかって, 消えると, 涙の, 涼しい風, 添った, 湖面に, 湧いたの, 溢れるよう, 漂うて, 漏れて, 漸く障子, 潜んで, 澄んで, 炸裂した, 点々と, 無いと, 無くニッケル, 無数に, 照らして, 王姓を, 畳の, 痩せこけた小作り, 痴川の, 目を, 眠って, 眩く洩れ, 眩しいほど, 眩しかった, 眩しく横, 瞬いた, 瞼に, 硝子窓に, 私に, 穴の, 空の, 空へ, 突然わたし, 窓を, 立った, 竹林の, 網に, 線の, 華やぎ出して, 落ちた, 蒼く澄ん, 蒼茫と, 薄かった, 薄れて, 蝋燭の, 行方不知に, 街路の, 襖の, 西の, 見えそれ, 見えなかった, 見えるか, 見えるだけ, 言った, 資治通鑑を, 足りないので, 車夫の, 透して, 道の, 遥かに, 野の, 閃, 閃めいた, 闇の, 闇を, 降って, 隅々に, 階段の, 隙間から, 障子越しに, 雨に, 雨の, 雲の, 青い棒, 静かな, 静に, 顔に, 顫え, 飛んで, 骨の

1 [2098件 抜粋] あいにくに, あたったとき, あたり一面に, あちらこちらに, あったに, あつて四辺, あの辺, あまりはいらなくなります, あらはれると, あります, あり家居風俗, あり空中, あるが, あるばかりじゃ, あれば, いい心持, いかにも涼しい, いくら眼, いちめんに, いつか空から, いつのまにかタタキ, いよいよ明るく, いろんな色, うすくな, うす暗くなった, うつくしく射し, うつろったり, おだやかに, おびただしい街燈, お召物までも, かえってたいへん恐ろしく, かがやきました, かげって, かすかの, かち合, かろうじてはい, きたので, きらきら流れ, きらめき信天翁, くるめき出したの, けざやかに, ここまで, このみすぼらしい, この時, こひしく, こんなにすべて, さう大して, さしかかると, さしこみまた, さしたので, さしてお, さしてそして, さしてほかほか, さしてるかの, さして夜, さして居ます, さして来なかった, さして熱き, さしはさみ, さし交した, さし合っ, さし始めた池, さし込み庭, さし込んだ, さすわの, させば, さっとその, さっと室内, さっと照らしつけました, さながら月夜, さわやかに, したたるばかりの, しぶき雨の, じぶん, すぐ脚, すっかり海, すべての, そうことになり, そこらいちめん, そとへ, その人形, その周囲, その底, その日, その無数, その量, その面, それでも冷たく, それら一群の, ただ一点闇の, たるんだよう, だんだん弱っ, だんだん蔭, ちょうどあの, ちょっとの, ちらつくだけ, ちらほらと, ついぞ一度, つきました, つぶさに茶碗, てらすと, とうもろこしの, とっぷりと, とどかないよう, ともった, どうしてあんな, どっと来, ないくら, なかったら, ながれました, なくなったろう, なく退出, にじみ出て, にわかに彼, のぼるのぼる, はっきり見え, はや幾分, ぱっとひらめいた, ぱっと射す, ぱっと輝り映え, ひじょうなはやさで近づい, ひときわ赤く, ひらめきました, ふえて, ふりそそいで, ほこほこと, ほとばしりだした, ほのめいたり, ぼうっとし, ぼつと, ぼんやりひらめい, ぽつぽつそこら, ぽんと, ました, またたき口, また幼かっ, また軟かな, まだ届かない, まったくと, まばゆくかがやきはじめる, まぶしいらしく, まぶしく私, まんなかの, みえたと, みちあふれ, みなぎりそれ, むこうへ, もう大久保, もつれます, もれた, やどって, やわらかな, ゆらぐごと, よくささない, よわくて, わたしの, キラキラし, クリストフの, コマ王姓を, サッと戸外, ジリジリと, タラタラと, チラチラ見え, パッパッと, ピッタリ止まった, ボンヤリと, ヴァイオリンや, 一つポッツリ点い, 一ヶ年かかっ, 一川の, 一枚の, 一筋か, 一般に, 丁度その, 三階だての, 下なる, 不足し, 中に, 中野さんの, 主人の, 二つこちらへ, 二十の, 井戸の, 人類の, 今度は, 会社帰りの, 低く流れ, 何ものにも, 何本も, 俊太郎に, 充ちて, 充満し, 光澤ある, 全く変, 八畳間一ぱいに, 其処に, 再び松林, 冴えきって, 冴え渡るやう, 冷やかに, 凝結した, 出ると, 初めて明かるい, 前方の, 加わるに, 動くもの, 北の, 十歳で, 卓へ, 去って, 又盛, 反映って, 各自の, 吸われて, 唐紙の, 四かくに, 四角い紫檀, 在っても, 地味な, 地面の, 堂の, 塵煙を, 増すと共に, 変るという, 夕方俄に, 多いため, 多少洩れ漉してる, 夜半に, 大きくうねっ, 大きなホタル, 大塔の, 大河俊太郎に, 天上から, 天子の, 太陽光面上に, 奧壁に, 如何に, 姉の, 存在する, 安硝子, 家々を, 宿ったが, 寒さ, 射さないから, 射しかけたの, 射したかと, 射した感じ, 射し出すの, 射し込み闇, 射すだけ, 射すの, 射す日, 将軍に, 小さな探照灯, 小箱の, 少し仄, 居れば, 届かない所, 届くや, 山の, 岩の, 川岸縁を, 左手の, 差しはじめた, 帯を, 年を, 幾つか, 広がって, 庭端から, 引力場に, 弱いので, 弱く一間, 強いとか, 強くどっち, 強く反射, 強すぎる, 強過ぎる, 当るよう, 役, 往来へ, 徐々に上, 心に, 必要であった, 快かった, 急速に, 怪しくなる, 恋を, 恵まれ肉, 愈, 慕わしくなる, 戦き戦き泳いで, 戸外へ, 投げたその, 折れ曲って, 掠めゆく, 揚がらないので, 放てなかったらほか, 散らばらないとは, 数十百年の, 新しく萌え出た, 日光の, 明け放たれた家, 明るくともっ, 明るく輝い, 明滅し, 映しこんで, 映しては, 映った時分, 昼を, 晴々と, 暗いから, 暗闇に, 最も日本的, 有明荘の, 木々の, 木立ちの垣に, 来たの, 東京の, 枕元の, 柔かに, 格子の, 梢から, 横から, 横切って, 樹立の, 檻の, 欄間の, 次第に明る, 正面から, 此の世の, 殆ど洩れ, 殺された日, 気乗りの, 水平線の, 氾濫し, 泉の, 泥坊泥坊と, 洩れもう, 洽く照り映えよう, 流れたという, 流れるに従って, 流れ込む, 浮んで, 浴槽の, 海岸を, 消えそして, 消えるか, 淀んで, 淡く燈, 深い黄味, 添ったよう, 減少し, 湧いて, 湯ぶねに, 満ち私, 溪間の, 漂つて吐息ほどの, 漏れるばかりと, 漲り渡って, 潮に, 澱んで, 火照ッ, 災難に, 点される, 烏帽子に, 無数の, 煙の, 照す, 照らし出されました, 照りわたっ, 照渡っ, 燃えた, 燐の, 物に, 物質等を, 猩々緋の, 王安石の, 現われうち, 現われまた, 瓦に, 生まれない以前, 男の, 異常に, 疎く成つた, 発し張, 白い漆喰壁, 白く冷たかった, 白く降っ, 白蓮の, 益々凄く, 目立って, 相対性原理において, 眞ツ直ぐに, 真空管の, 眩しくさしこん, 瞬間的に, 破裂する, 磨硝子の, 神経に, 私を, 穩かに, 空中の, 窓枠の, 立ちゆかない, 竹さんを, 筆太に, 米友の, 紙の, 細おもて, 緑色の, 縁側の, 縦に, 美しく映る, 翼ある, 聞くまいと, 背中一ぱいにあたつてきました, 自ら気づかない, 自手給事, 色の, 花と, 若葉を, 荘厳に, 落ちる, 蒼い影, 蒼白くお雪ちゃん, 薄くな, 薄らいで, 薄らぐと共に, 薄れるかと, 薄明く, 薄暗い水, 薄白く, 薊の, 蚊帳に, 蜘蛛手に, 行手に, 衣を通して, 襖や, 見えそめる, 見えたり, 見えないかと, 見えぬ光, 見えるじゃ, 見えるばかり, 見える様, 見え初める, 見ゆる, 覗き込むで私, 訪れて, 貴人などには, 赤く燒けたやう, 赫と, 跳ねおどって, 車の, 軒先に, 輝いてる薄暗い, 輝くの, 近づいて, 迸り出て, 透いたの, 透って, 這って, 運命の, 道化師の, 遠く廃きよ, 遮って, 部屋一杯に, 鈍かった, 銚子を, 鋭さ, 鐺を, 長く空, 閃いて, 閃き込んだので, 閃めく, 間もなく卓子, 附いて, 降り濺, 陣幕に, 隅から, 際限も, 雜司ヶ谷の, 雪に, 電燈の, 靄を, 青い苔, 青く洩れ, 青みを, 青白く雲, 非常な, 頭上に, 顔の, 風に, 飛ぶよと, 首領の, 高い円天井, 高座に, 鮮やかに, 黄金を, 黒い椴松

▼ 光~ (3396, 15.6%)

375 中に 98 下に 92 中で 69 下で 63 なかに 56 ように 49 中を 44 中へ 35 目の 34 なかで 22 もとに 21 ような, 方へ 18 中の 16 中には 13 うちに, 尾を, 輪の 11 なかを, やうに, 輪を 9 ために, やうな, 中では, 前に 8 なかへ, 帯が, 眼の, 輪が 7 方に, 波の, 裡に 6 さして, 上に, 下を, 中から

5 [11件] さし込ん, もとで, 下では, 反射を, 底に, 斑を, 方が, 波が, 波を, 直射を, 縞を

4 [17件] ある眼, ところへ, 下の, 中, 催して, 内に, 反射が, 明るさ, 束が, 棒が, 波, 洪水に, 流れて, 爲に, 線が, 縞が, 色が

3 [52件] か, かげんで, きらきらする, ことを, さしてゐる, さし込む, さすところ, さす窓, せいか, そらに, た, ない暗とは, ない暗も, ない眼, なかでは, なかにも, ほのかに, もっとも明るい, やうだ, わななき, 下へ, 中において, 二つの, 凝り成し, 前で, 加減か, 反射の, 圏内から, 圏内に, 増したり, 変化に, 大刀を, 子である, 射した窓, 帯の, 方で, 方を, 末に, 様に, 洪水の, 海の, 空を, 美しさ, 色の, 色を, 芸術は, 輪と, 輪も, 速度の, 速度は, 酒, 間を

2 [190件] あとを, あること, あるその, あるところ, あるもの, いとを, いのちを, いはれなくふと, うちには, うちを, かげに, きらめきに, ことは, ごときもの, さした町, したたり, すがた, するむしむし, する眼, せいで, せいばかり, その月, たたずみに, ためには, ない世界, ない土地, ない真昼, なかから, ながるれ, ながれたるかも, ひとすぢ, ひとでが, ひと幅, ふりそそぐ日比谷公園, ほうが, まわりに, まわりは, もとの, もと世界, アテーネー, 上を, 下には, 世界と, 世界との, 中だ, 中でも, 中ながら, 中なる, 中にも, 事を, 傍に, 傍へ, 充ちて, 光源が, 冴えて, 出るほど, 加減から, 加減で, 効果を, 反射で, 反射とか, 反映が, 反映を, 右の, 名殘, 周圍に, 国で, 圏内へ, 塊が, 声は, 天に, 太刀を, 奔流を, 如きもの, 如くなるもの, 姿を, 子で, 子に, 家の, 射した淡紅色, 射し込まない部屋, 射すあたり, 射すの, 尾が, 届かない家, 届かない部屋, 工合が, 工合で, 度や, 弱い火花, 強い西洋蝋燭, 強弱に, 当って, 影の, 影を, 心の, 忍び込むの, 手に, 手を, 揺らぐの, 方向を, 明澄さ, 晴れが, 暈が, 曲を, 朧, 条を, 柱は, 棒の, 棒を, 槍を, 死骸は, 死骸を, 河魚の, 波に, 洩れて, 洪水を, 流れは, 流れを, 海に, 海を, 浸み, 消えて, 消えに, 滴りに, 漏れるの, 漲って, 為に, 照明度が, 燦然として, 爪跡が, 現象は, 現象を, 理論に, 生涯の, 痛さ, 白さ, 眼光る, 矢の, 研究が, 穏やかな, 窓に, 立ちそめに, 筋を, 箱を, 粉が, 粉を, 粒だちのに, 粒子説を, 糸の, 紐が, 網, 網が, 網と, 網の, 網は, 線で, 線を, 線条が, 翼は, 翼を, 背後から, 膝を, 舞踊, 色に, 落ちたテエブル, 落ちた山みち, 落ちて, 裏に, 裡で, 角, 輝いて, 輝の, 輪に, 速度, 速度よりも, 進む方向, 過去の, 門, 閃り, 陰に, 隈なく, 雨に, 雨を, 霧の, 靄に, 顏を, 顔を, 養子と, 黄金の

1 [1539件 抜粋] あいだに, あざやかなる, あたる所, あの強烈, あらはれ, あるうち, あるほう, ある場合, ある櫛, ある白い, ある粘土よう, ある自分, ある靄, いる上段, うごいた刹那, うしろかげ, うす暗いなか, うちにも, うら青, おちる仔鹿, お酒, かがよ, かげんに, かなたにて, かめれおん, きらきらしてる, くるの, ぐあいで大きく, ことが, ことも, こなと, こぼれるやう, ころもを, ごとくだった, ごとく直線的, ごとく輝くこと, ご座所, さしこむ屋根裏, さしこんで, さしそめる, さした蓆壁, さしてる窓, さし込まない, さす店, さす湯槽, さみしさ, さわさわと, したでのみ, すあし, すぐわき, する友禅模様, する球, する鏡, ずれの, そこに, そのこと, そばに, そんな姿, ためか, ため彼の, だん, つづくの, てらして, とけこんだ靄, とどかない暗い, とどかぬ暗い, とどくところ, となり徳山の, とぼしい正直さ, ないただ, ないもの, ない中, ない土, ない暗い所, ない濃い灰色, ない空間, ない蒼白い彼女, ない青いメタン, なかでなく, なかの, なほとまり, にぶい腫れぼったい眼, ばねも, ひろがりが, ほうへ, ほかに, ほのかな, ほんのりし, まじった中, またたきは, まどろみの, まろぶ, みなぎる庭, めぐれる日, もとへ, もや, やうです, ゆらぐ様, ようだった, よくあたる, よどみを, わが媚, わきに, アテーネー彼を, エネルギーは, スペクトル線の, マスが, リボンの, 一つが, 一刀を, 一滴も, 一言一語をも, 万物の, 三番目の, 下だ, 下にがや, 下木目の, 世界では, 世界を, 両方です, 中でき, 中にて, 中乍らお, 中葉以降泰西各国の, 主は, 久しきを, 予感を, 亡骸の, 交錯だ, 交響楽に対して, 人間的技術の, 伊達卷き, 伝はる速, 低声, 作用である, 例ながら, 信号を, 借屋, 傍らに, 傘を, 元が, 元子は, 充ち溢れて, 先にも, 光芒は, 全存在, 内生活, 再現は, 冷たい反映, 冷やかな, 凝塊と, 出る理由, 分散に, 分極の, 列車の, 刺戟に, 前は, 力であった, 加減でしょう, 加減らしい, 効果か, 動き工合に, 十分届かぬ, 博愛平等である, 及ばない箪笥, 及ぶ範囲, 反射, 反射だけ, 反射屈折に関する, 反映で, 反映は, 反照を, 口術, 合唱を, 君が, 君の, 吸収とか, 吹雪の, 問題が, 四男である, 国たる, 圏に, 圏内まで, 圧迫が, 場合に, 場合は, 塵と, 増すにより, 壁に, 変乱を, 外から, 外は, 外何も, 多い町, 大いなるとは, 大集団, 天, 失せぬるを, 奉公し, 奧より, 女神ヘメーラは, 如き小さき, 如くちらちら, 如く懸つて, 如く流る, 如く肉, 妄想の, 姿が, 娘二人それに, 子だ, 子な, 字を, 安否なども, 家労働宮の, 寝床を, 寝所は, 射さない所, 射しこむあいだ, 射した水の上, 射し込む頃, 射す処, 射す迄は, 小さいこと, 小粒きらきら, 少い若松, 屈折率は, 届かない後, 届かぬ奥まった壁, 届かぬ湯, 届く所, 山などとの, 工合であろう, 巧さで, 差す辺, 布陣を, 帯に, 幅と, 平面を, 庄たけ光の, 店頭の, 廣まる, 廻折による, 弟子良忠が, 弥陀尊仏に, 弱い火, 弱った夕日, 強い一月, 強い土人, 強い星, 強い深夜, 強い電燈, 強く射す, 強度と, 当たつ, 当った表, 形而上学, 影が, 影には, 径の, 後の, 徒, 御前で, 微かな, 心に, 応用としては, 性格でも, 悠遠靉靆たる, 意思と, 感じが, 感覚でも, 截断刃が, 扇の, 手提袋の, 抜けて, 振動についての, 描く影, 放射しかけ, 救ひと感激の, 敷き詰めた路, 斑の, 斑点の, 断片に, 新刀なり, 方と共に, 方様の, 早さ, 明い処, 明さ, 明滅を, 映や, 時代が, 時分に, 晴夜の, 暗き處, 月が, 朦朧と, 本体であった, 本元としての, 村等々を, 条も, 来るとき稲茎, 来る細い, 板だ, 根元を, 棒, 業物であった, 槍襖を, 権者霊清よく, 横顏を, 機嫌を, 歌, 正中に, 歸り, 死を, 残ってる中, 比翼指輪を, 水中電灯を, 氾濫で, 江戸にも, 泡に, 波で, 波人の, 波動説と, 波状伝播を, 波長は, 波長自身が, 注ぐの, 洪水である, 流らふる, 流れてる地面, 流れ色の, 浮いた笑声, 海が, 海は, 消えたこと, 消えたスクリーン, 消えた白, 消ゆる, 淡い利助, 深く沈んだ, 渦に, 渦巻を, 満ちたよう, 満足に, 源も, 溢るる, 漂った架空, 漣に, 潛虚とかいふ, 澄んだ風, 澱んだ窓, 点々が, 点って, 烱, 無くなるべき眼, 無音の, 煌と, 照らして, 照るばかり, 熱心なる, 燦か, 燻しを, 片袖, 物語は, 独り美き, 珠と, 現象において, 環が, 瓜, 生家である, 甥にたいして, 画布は, 異なる原因物體, 病室の, 発見者にとっては, 白銀に, 目, 目標, 直射が, 眩さ, 眼であった, 眼には, 眼人の, 睛どうしても, 矢を, 研究で, 破片と, 礼手紙を, 神なる, 神聖も, 穂を, 穴は, 空へ, 筋, 節ま, 簇を, 粒子説や, 糸は, 紋流は, 紫に, 細くなった, 絲の, 網膜に対する, 編者に, 縞目を, 缺乏と, 群れが, 義, 羽搏き, 考えられぬ男, 聖徒を, 肉色, 肩に, 脇差が, 脳天ポンと, 舞踊を, 色により, 色やを, 花の, 芸術において, 落ちた影, 蔭に, 薄い湿っぽい待合室, 薄らぐ隅々, 薄暗さ, 虚しさ, 蛍の, 裡の, 複雑な, 襟足を, 見えないこの, 見える方, 見出せない二十五年, 覚束ない, 観音が, 触発性に, 言葉が, 許す限り, 話を, 説, 諸葉, 貴いこと, 資治通鑑である, 赫々たるを, 路を, 身の上に, 車, 輝きで, 輝く處, 輪, 輪や, 辞を, 返事, 逆光の, 透かし, 通る媒質, 速力に, 速度という, 速度を, 進行を, 道を, 遠いこと空, 遽に, 部屋は, 酒に, 野に, 量子説の, 針鼠の, 鈍さ, 鋭いこと, 鋭さ, 鍍金を, 門の, 閃きを, 間に, 関係で, 陰影が, 陽の, 隈で, 階段を, 集りである, 雨の, 雲のうねと, 電磁気説である, 霞が, 霧を, 青らむと, 面に, 鞭でた, 音と, 頃と, 頬に, 頸窪は, 顏らしい, 類, 飛白や, 骨まで, 魔術とでも, 鮮かに, 鳴り響く

▼ 光~ (1840, 8.4%)

80 照らされて 24 照され 22 輝いて 18 すかして 17 照らして 16 よりて 13 照し, 透して 11 照された, 照らされながら, 透かして 10 てらされて 9 眼を 8 反射し, 向って, 射られて 7 包まれて, 驚いて 6 なって 5 さらされて, して, 充ちて, 浴し, 照らし出されて, 背いて 4 あてて, かがやいて, かざして, ちるぞ, 包まれながら, 半面を, 揺れて, 濡れて

3 [24件] すかし見れば, ぬれて, ほの, むかって, むかひて, 似たもの, 彩られた, 恐れて, 映えて, 朦朧と, 染まって, 比べては, 満ちて, 煙って, 照される, 照らされた夕刊, 照らし出された, 燃えて, 目を, 眼が, 眼も, 見えた, 銀色に, 顔を

2 [119件] あたりの, あたりました, あへ, うちかざし, うづだかく, きらきらと, そむいて, それが, それらの, ちぢれて, つつまれて, なれて, ぬらついて, ぬれながら, ほのかに, ぼんやりと, 一方の, 中を, 二つの, 交って, 人の, 住む人たち, 何にか, 充たされて, 冴えた, 包まる, 向かって, 圧されて, 在つて, 多少あり, 妻が, 宛名を, 宵闇の, 小さくな, 少しずつ, 心を, 恐れた為, 息づく思へば, 慣れて, 憧が, 打たれて, 披い, 接する最小, 掻き消され横ざま, 於て, 映じて, 春の, 晒して, 暗い中, 曇る, 朦朧として, 欺かれて, 波打たせながら, 浮いて, 浮かされて, 浮き出して, 浮んで, 浴した, 浴するを, 溶けて, 滿ちた, 煙つた樣に, 照されぬ, 照しつけられ, 照らされたその, 照らされたところ, 照らされた両, 照らされつ, 照らされに, 照らしだされて, 照らし出されたこの, 照りつけられて, 照り映えて, 王姓を, 疾翔大力さまを, 白, 白き蝶, 眠って, 眩惑され, 眩惑される, 知人の, 翳して, 翼を, 耀いて, 聖書を, 背きながら, 背を, 自分の, 草の, 蒔く種, 蔽はれ, 被はれる, 見える, 見れば, 見惚れて, 言った, 誘はれて, 誘われて, 転ずるとき, 輝いた人通り, 輝けり, 輝し出されたる, 輝らされて, 透いて, 透かし見, 逢って, 遍照された, 酔つて小鳥の, 銀の, 陶然と, 電燈の, 青い油, 面を, 頭から, 顔中紫に, 風も, 飛ぶ, 飛ぶを, 黒

1 [1169件 抜粋] あおられて, あこがれて, あたりて, あちこち跳ね, あって, あてました, あてると, あふれた空, あふれ妙, あへる, あらず, あり, あわすこと, あッと, いつも翳, いやに, い往く月待ち, うごめいて, うたれた娘たち, うち揚ぐる夜の, うつる人, うつる影, うとき夕顏, おおわれ顔全体, おそれて, おどろいたよう, おののかせた, おびえてか, お桐, かがやかして, かがよ, かざせば, かすかに, かつて舞台, かまわずに, がた馬車駆る, きらきら光る, きらびやかに, きらめいて, きらめく波ぎわをみるに, きらめく湖面, ぎら, くずれだしたの, けおされて, この呪われた, さく花, さそはれて, さも感, さらされあるいはまた, さらすこと, さらわれて, したがって, しみじみと, すかしながら, すすめ自分, その声, その目, その長い, そむくよう, それを, たえられないで, ちかづいて, ちかづこうと, ちくちくと, ちらと, つきて, つけたまま失神, つつまれた世界, つつまれてるよう, てこ, てらされた岬, てらされつを, てらされる彼女, てらしつけられて, てらし出されて, てりはえるの, なおさら白い, なごむ氷雨, なにやら知れぬ, なる, なれた私, なれるまで, ぬくめて, ぬるみ, ねむる写真師, はっきり数えられた, ぱっと輝, ひたされて, ひたること, ひらめかした, ふとこの, ふれずに, へた張っ, ほけたの, ぼい消されて, ぼうッと, ぼかされた海, ぼっと白波, ぼんやり姿, ぼんやり照らされ, まず照らされた, まだ一人, まばゆいほど, まるで宝石, みせられたの, みたして, みちたあの, みちた広間, みちみちて, みるみる山, むかへば, むき出しに, むせるよう, もし今, やや大降り, やわらかさ, よく磨かれた, わけ入れば, われらは, キラ, キラキラ光っ, スッポカされ, トレードを, ペルシャ絨毯の, ユラリと, 一切の, 一生忘られない, 一瞥の, 上より, 両手を, 乗って, 二人ちょこなんと, 互ひ, 今日は, 以前通りの, 任して, 会うとき, 会ったらたぶん, 似たおぼろ, 似たほどの, 似たる薔薇, 住む, 何處と, 作用した, 依り断じて, 値へる, 倦み果てたよう, 優る如くわれら, 充ちた両, 充ちみちて, 光沢の, 入るでも, 兵士たちが, 冷たさ, 凍えついて, 初見, 前方も, 力なく, 動く, 勾配を, 包まれ, 包まれたところ, 包まれてるよう, 包みながら, 包んで, 半蔵の, 南京玉の, 及び雁, 只目が, 向つて一道, 吸はれた, 咲きいでて, 営みに, 因て, 在る, 堪えられないだろう, 堪へうるやう豫め備, 塵の, 変ったかと, 変つてし, 変り澄んだ秋空, 変わりました, 外させた比翼指輪, 多く蔽, 夜を, 夢の, 天誅を, 妙な, 家を, 寒げに, 寸分も, 射されて, 射られし目, 射られた老人, 射竦められて, 小さな鏡, 就いても, 工業化, 差し突けたお, 干されて, 平次も, 引きつけられて, 当たってるあれら死人同様, 当った霧, 当てたら新しい, 当てる視覚, 影暗き, 彼女が, 彼女自身の, 御主人, 御心, 御輝かせ, 微笑した, 心地よく曝し, 思いしらせるため, 恐れけんその, 恐れ野, 悦び充ち足りたか, 愈々鮮やか, 感じて, 感じ易く, 感謝し, 慣れしむ, 憧れて, 憧れるしかも, 懶怠けはてた, 我の, 手紙を, 打たれなば, 打たれ街, 挨拶し, 捉えられないため, 接して, 接すると, 接せぬ北極, 散って, 散る冷, 文學などを, 於ける波動説, 明かるい, 明るかった, 明るく透け, 映えます, 映え輝く若き, 映しだされないよう, 映じた時, 映ゆる, 映りまして, 映るもの, 映る物凄い, 晒されたやう, 晒された表札, 暁と, 暈と, 暗い陰影, 暗まじり, 曝した時, 曝しながら, 更に鮮, 未練が, 村の, 枝葉の, 染まりかけて, 染みし叢雲, 染めた, 染められた海, 柿江は, 梢の, 檐前を, 欺され, 正面し, 歸る, 残酷な, 比して, 気がつかずあらぬ方, 氣が, 水底の, 沈む, 沿って, 泣きし尼君, 洗われたよう, 浮かぬ顔, 浮かれて, 浮きいでながら, 浮き出たとき, 浮き出て, 浮彫の, 浴するあの, 浴する僕ら, 浴せる, 浸らせようと, 消えて, 消された, 涵って, 混って, 渇きつ, 満たされたその, 満ちあふれて, 満ちた大手, 満ちた岡, 満ちた燦然, 満ちた透明さ, 満ち戸口, 満つる, 溶かされて, 溶解される, 溺れた髮, 潤うたる瞳, 濃い暁闇, 濃く白かった, 濡れそ, 濡れたよう, 濡蓑は, 炎と, 焼かれたる心, 煌い, 照さ, 照されたる, 照しだされ, 照って, 照らさる, 照らされた, 照らされたよう, 照らされたカアテン, 照らされた壕, 照らされた岸, 照らされた往来, 照らされた横顔, 照らされた湖, 照らされた珍しく, 照らされた蒼白い, 照らされた鈴子, 照らされてるが, 照らされやっと, 照らされること, 照らされると共に, 照らされる古馴染, 照らされん, 照らされ半, 照らされ引手, 照らされ朦朧, 照らされ猪首, 照らした顔, 照らしだされ幻燈, 照らし出されたの, 照らし出された十畳, 照らし出された明, 照らし出される寝室, 照りかえされて, 照りつけられた大路, 照り出された, 照付けられた, 照出される, 照明せられ, 燃える, 燃ゆる, 燦然と, 爛として, 物なやましく, 物凄く映っ, 特に白い, 狂者を, 獲物, 王子は, 現はれ, 現われ天幕, 生動が, 甦へ, 當る, 白い帆, 白くかすん, 白く輝いてる, 白紙へ, 白雪を, 盈ち久しぶり, 目眩し, 目覚時計だけが, 相変わらない, 真紅に, 眩惑せられ, 眺めるよりも, 眼で, 眼鏡なし, 破損が, 私たちの, 移さば, 移りつ, 立つと, 立寄り見れば, 笑って, 紅宝玉の, 細分され, 統率され, 綾を, 縁側を, 縛らせたこと, 美しく見え, 翳した, 耐ふる, 耳環の, 聞いた, 肖た所, 背中を, 脂の, 腰を, 至つてあらゆる, 舂き濡れて, 舷側の, 色が, 花の, 華やぎいろ, 葡萄鼠の, 蒸されたせい, 蒼ずんだ, 蕭条と, 薄痘痕, 藍の, 融かされて, 血が, 被われて, 西洋鍵が, 見えて, 見える音, 見て, 見ゆる, 見ること, 見ると, 見るよう, 見入って, 見出されたが, 見廻は, 覗くと, 解くる, 触れる, 觸れたる, 言ったの, 談しかける, 變つてし, 變へて, 變る, 貫かれて, 責められるよう, 赤うかがやい, 赤く焼け, 起されて, 踊って, 転輪, 輝いたが, 輝いた知恵, 輝いてる瓜畑, 輝かしつつ, 輝かせながら, 輝き勢子, 輝き港灣, 輝く男達, 輝く聖徒, 輝らされるに, 輪廓の, 近いところ, 近き名, 近づかしめき, 迷ってる蝿, 送られると, 透し見ると, 遇ひぬ, 過ぎなかった, 遠き囹圄, 遠くは, 遭ったよう, 酔うた枝, 酔はんが, 酔わされ頭, 金色の, 鋭く反射, 関係しない, 陰を, 隙か, 際立つて, 雪は, 震えて, 霜ぞ, 露の, 青く見えた, 青春の, 靜かな, 面差しの, 音に, 頭の, 頼りて, 顫え, 風は, 飽きあかり, 飾緒の, 馴れて, 驚いたよう, 高く盛りあがった, 鮮やかに, 鳥は, 鷽鳥啼けり, 黒く出

▼ 光~ (1740, 8.0%)

10 消えて 9 彼の 6 言つた 5 彼女の, 空に, 自分の, 薔薇いろ 4 そこに, それを, ゆるゆると, 女の, 平一郎に, 急に 3 お光, ない, なんだかさっき, 夜の, 早くも, 窓の, 立つて, 黙って

2 [126件] あれど, いよ, うす青くこの, お桐, かう思ひながら, かげって, くまなく, ここにて, こんなこと, さして, さッ, さツ, すすり泣けり, そう言っ, そなた, その努力, それが, それに, ちらちらと, どうか, どこにも, どこへやら, ないが, なかった, にこやかに, びつくりし, ぼんやりと, まっすぐに, 一しきり赤く, 一ぱいに, 一人で, 一層瑠璃子, 一面の, 下りて, 下女に, 主人の, 二階へ, 人間の, 今の, 他の, 俺が, 僕を, 光に, 冬子と, 冬子に, 冷えはてて, 前栽の, 土蔵の, 地に, 大へん, 天の, 太陽の, 宵, 家の, 射し入れり球根, 少しも, 山や, 己が, 平一郎の, 広々と, 床に, 形円き, 影を, 彼等の, 後に, 微かに, 必ずある, 思った, 恥を, 我我と, 我我の, 斯う, 旦那の, 明らかに, 明窓から, 暗くなり, 朦朧と, 東方より, 森の, 橋場の, 次第に強く, 次第に栗, 残って, 段々冴え, 水泳を, 永遠に, 流るれど, 流れて, 海の, 消えた, 涼し田, 淺ましい, 清く照らせれ, 漸次に, 煌々と, 父われの, 猪之, 環を, 町の, 畑の, 痛ましい光景, 真昼の, 真珠の, 眼を, 知らなかつた, 神より, 空気の, 納戸へ, 綾子の, 縫物を, 見て, 訝りの, 谷の, 身に, 軒先に, 遊べども, 遠くにまで, 遠くの, 銀の, 闇の, 隈なく, 雲に, 霧らふらし, 風に, 鮮かに, 麥の

1 [1395件 抜粋] あくまでもさえぎった, あたふたと, あつて, あはれなれ, あまりに美しく, あらはれ然るべき, あわてて, いきなり小, いたずらに, いっそうあざやか, いっぱいに, いつの間にか黄いろく, いつぱいみちてゐる, いつも昔, いまさらの, いやでならなかった, いよいよその, いよいよ明るい, うしろの, うつくしいの, うららかに, おかしい, おごそかに, おのが, おりおり雲間, お勝, お銀様, かう言つて, かつて私, ききとして, きら, きれぎれ, きわめて透明, ぎよツと, くっきりと, くれで, けっしてそこ, ここに, ここまでも, この先, この情景, この流派, この茅屋, これと, これを, こんもりと, さういふ時, ささない, さし込んで, さっきから, さながら谷間落葉, さまざまの, しきりに針, しだいに薄れ行き, しめやかな, じつに強く, すぐれての, すこしも, すでに彼, すべて旗の, ずいぶん早く, そういう男女, そうした瞬間, そう言われ, そこへ, そっと幽か, そのあこがれ, その塀, その幸福, その晩, その正面, その源, その盛りあがった, その翌日, その葉, その邊, その頃兄, それから, それほどつよく, そを, たいまつの, たしかに透明, ただぼんやり, ただ心で, ただ斜, だん, だんだん強く, ちっとも動ぜず, ちょうど窓, ちょっと振り, つと火鉢, ときどきに, どうし, どうしよう, どこから, どこまでも, どんな影響, ないね, なくなって, なつかしい, なんだかさつき, にこにこし, はや我等, ぴりりと神経に, へだてざりけり, ほとばしって, ほのぼのと, まさしく光栄, まさしく片岡中将, ますますうらら, ますます明るく, まず山, まず申分, また今更, また父, まだそこ, まだ帰っ, まだ檜, まだ行き渡らぬ, まったく消えうせ, まづ山, まはる, まるで無造作, みなぎって, みんなノロノロ, めでたいもの, もうはしゃぎ立っ, もう一日, もう四十, もう落ち, もっとさかん, もとよりこの, もの懐しく, やがて天空, やみの, やわらかに, ゆたかなる, ゆれて, よくあたる, よく記憶, われわれの, アメリカに, イノチな, オレと, キラキラと, シベリアの, ションボリと, ジリジリと, ツンと, トロリと, ハッキリと, ハンケチで, ヒヤリと, ペテロと, 一たびこれを, 一と, 一刻一刻に, 一度に, 一時こんなにも, 一本や, 一瞬尊氏の, 一際明るく, 七光の, 三十分も, 下て, 下へ, 不安らしく訊いた, 不断着を, 世を, 主人公の, 乗客が, 二三日前から, 二十の, 二千万マイル以上の, 五十を, 人いきれで, 人家の, 人間社会の, 今將, 今既に, 今更氣, 仕方なし, 仙妃の, 仰げなくなるの, 低き戸, 佐々の, 何かと, 何と, 何を, 何故か平一郎, 何處へ, 依然として勤勉, 俺には, 個人の, 偶然では, 僕らという, 兄の, 充實と, 光ある, 光を, 全く室外, 全く竹むら, 八橋と, 其の, 其処に, 再びその, 冬子の, 冴ゆる, 凍ったよう, 出ぬ, 初めて乘つた汽動車, 刺すが, 前方十一二歩の, 勿論嵐, 十二や, 十八唯, 十分に, 十方無碍に, 半ば恐ろしく, 厚い窓掛, 厭味らしく, 又一方, 受けては, 口輕く, 各自の, 同じ力, 名を, 向きが, 呟いた, 和らいで, 嘉吉が, 器用な, 四方に, 国の, 地面に, 堅いもの, 増さむ, 声を, 夕日の, 多ししかして, 夜泣きの, 夢の, 大事に, 大鹿と, 天井から, 天地に, 天雲の, 太陽に, 奥深い洞穴, 如月の, 妙に, 媚を, 子供にでも, 宛ら紗, 室の, 室内を, 寒くなんとなく, 射さなかつた, 射し込んで, 小さい娘, 小川亭が, 少ししか, 少し斜め, 少し言い渋っ, 尚深く, 屋外に, 山と, 崩れかかった島田, 巡査の, 差止める様, 巻き上げた支那簾, 帰らなかった, 幅びろく隈な, 平一郎も, 平一郎一人の, 幼い時分, 幾度も, 広間の, 店を, 庭いっぱいに, 弱いが, 弱く悲しかった, 弱く鈍り衰え, 強くて, 強く輝き, 強って, 形よく, 彼にとって, 彼女を, 往来を, 微笑した, 心の, 忘られない, 忽ちに消え去つた, 思ひながら, 恋の, 恰度陸上の, 悲しげ, 情を, 感傷である, 戀である, 我面を, 房子の, 所謂鎭西派の, 持ち主の, 改つた顏を, 数度にわ, 斯の, 新興プロレタリアートの, 既にその, 既に対岸, 日々の, 日に, 日本人だけ, 早川の, 明け方の, 昔と, 映さない, 昨夜御, 時計が, 智の, 暗かつ, 暗黒に, 暮れて, 更にあたり, 更に半, 最早水面, 月の, 有りとは, 朝の, 朦朧として, 木の葉に, 末が, 来るん, 東北から, 松火だ, 板場から, 柔かに, 梯子の, 極みなし, 樅の, 横の, 樹木や, 次第にうるんだ, 次第に消える, 正面に, 此デイレンマに, 此間機械體操とかで, 段々と, 気の毒が, 気障がっ, 水銀灯が, 汝の, 決して孕みません, 沖の, 治郎右衛門忠明の, 波間に, 泣きながら, 派手好きで, 流行かぜから, 浜への, 海に, 消えうせて, 消えなかった, 涙に, 淋しく照, 淡く白く痛くいつ, 深い渦巻, 深度を, 溢れつくして, 滴り風, 濁りて, 炳乎として, 無かつ, 無数の, 煖炉の, 照る, 燈の, 父親の, 牛車の, 物悲しそう, 特権を, 猫板に, 獨言を, 玉を, 玻璃窓を, 琥珀の, 産まれ出た螢, 町は, 留針を, 異様に, 発光体から, 白き鳥, 白味を, 皎, 益々光, 目を, 直線を, 相模灘に, 眞白に, 真如を, 眼から, 知った, 石段の, 礼手紙を, 神像の, 私達を, 空を, 空間を, 突然こんな, 窓を, 立ちぬ雲, 立つても, 笑つた, 笑ひ出した, 粒子として, 納戸を, 紫の, 細やかで, 結末に, 絶えず海, 継子だ, 綾子が, 編笠の, 縞目を, 羅馬旧教風な, 羽織を, 考えて, 聖き, 聲を, 肩の, 背中に, 膚理の, 自分が, 自己の, 船員の, 色の, 花と, 花火の, 茫と, 茶の間の, 草の, 落花点々たる, 蒼然として, 蓐火鉢と, 薄かった, 薄らいで, 薄暗く其煙, 薊の, 蝋燭幾本の, 血けむり, 表面平静を, 褪せて, 見えず雨, 見えない, 見せて, 見られないだろう, 見るとも, 見臺, 言って, 説明した, 貧相な, 赤からず, 赤味を, 足許の, 踰ゆべからず, 身支度しかけた, 輕く, 近くなった, 送り出して, 通鑑を, 遠退い, 遮られ小さ, 野に, 金沢の, 針や, 鉄瓶から, 銀貨を, 鋭く眼, 長くつ, 門口まで, 開け広げた家, 陸軍省贈, 隙間を, 雨と, 電報を, 霑ひ, 靈の, 青壁の, 青白く落ち, 音に, 頷いて, 頼むよう, 顏を, 顕著に, 食器を, 驚いたよう, 高き花瓶, 高く着物, 鮮明に

▼ 光つて~ (690, 3.2%)

148 ゐた 111 ゐる 27 ゐるの 19 ゐました 18 居る 17 居た, 見えた 12 ゐて, ゐます 8 居るの, 見える 6 居ります 5 みえる, ゐたが, ゐるので, をりました 4 ゐるし, ゐると, 居りました, 立つて 3 た, ゐるところ, ゐるやう, 流れて, 見えるの

2 [20件] なみなみならぬ, ゐたこと, ゐたと, ゐたの, ゐたので, ゐるいくつ, ゐるか, ゐるが, ゐること, ゐるばかり, ゐる太陽, ゐる彼, ゐる星, ゐる水, ゐる男, 居りますが, 来た, 来ました, 見えて, 見ゆるやら

1 [196件] いらつし, うねり真実, かかりました, きらりと, くる, けむり時々, このくらい, この魚, しいんとなく, すばらしく立派, その上, その口邊, その孔雀, たわ, だだツ廣, つこと, ながれて, なんだか白熊たち, はら, はゐなかつた, は消, は消え, は消えしました, は芍薬, は芍藥, ふツ, またた, またたいて, まばたきも, まるでお, まるで昼間, まるで砥ぎ, みえた, みえると, も其, ゆれて, よくは, るやらう, る樣, る水, る海水中, る真珠, る眼, ゐたあごひげ, ゐたから, ゐたけれども, ゐたし, ゐただけに, ゐたといふ, ゐたばかり, ゐたもの, ゐた太い, ゐた窓, ゐた罪悪, ゐない, ゐなかつたらそして, ゐなくつて, ゐますが, ゐよう, ゐようぞ, ゐるかと, ゐるかといふ, ゐるかも, ゐるこの世, ゐるさま, ゐるその, ゐるたつたそれ, ゐるだけに, ゐるだらう, ゐるでは, ゐるどこ, ゐるのに, ゐるほん, ゐるまだ, ゐるもう, ゐるトタン, ゐるレール, ゐる一つ, ゐる丈, ゐる中, ゐる化物, ゐる台所口, ゐる圓盤, ゐる坊ちやん, ゐる大竹藪, ゐる天井, ゐる天氣, ゐる失はれた石, ゐる女, ゐる宵, ゐる床, ゐる廊下, ゐる所, ゐる掌, ゐる数多, ゐる文字, ゐる春, ゐる時刻, ゐる有様, ゐる林檎さ, ゐる柄, ゐる柱, ゐる水面, ゐる沈み岩, ゐる海, ゐる灯り, ゐる灯火, ゐる片方, ゐる白い, ゐる相当, ゐる相模灘, ゐる真向, ゐる眼鏡, ゐる砂地, ゐる自分, ゐる菜切庖丁, ゐる貝殻, ゐる道路, ゐる部分, ゐる限り, ゐる離室, ゐる面, ゐる魚, ゐる黒い, ゐれば, をります, をる, をるで, 一層しとやか, 光りぬく, 其の前, 冷たさ, 出た, 寒い風, 居たらうと, 居た柿, 居て, 居ました, 居るが, 居るぜ, 居るところ, 居る三尺, 居る外, 居る奧方, 居る岸, 居る棒, 居る水の上, 居る涼し, 居る獲物, 居る顏色, 廻るばかし, 搖れた, 散ばつた, 映つて來, 本当にかみつき, 本當, 来たの, 来るか, 来るん, 汚れた硝子窓, 泳いで, 流れる, 消えた点, 消えて, 消えました, 消える, 涼しい, 痛いも, 目立つやつ, 立つたの, 続いて, 続く長い長い, 美しい, 見えそこ, 見えたが, 見えた光, 見えるだけ, 見えるので, 見える一つ, 見える位, 見える河, 見える郭公, 見へた, 見るから, 見るからに, 見渡された, 走り出した其の, 輝いて, 輝きつ, 過ぎて, 降り始めた, 降る糠雨, 隠れて, 青い簪, 飛んで, 黒ずんで

▼ 光~ (629, 2.9%)

28 見ると 8 照らされて 5 あつた, すかして, 照らして 4 それを, ちりばめられて, 顔を 3 かすかに, ちりばめられた十字架, ぼんやりと, 彼は, 眺めて, 眼が, 私の, 読んで, 輝いて

2 [30件] そこらが, ちらと, ほの暗く照, もって, よくその, よく見る, よく見れ, 一面に, 勉強した, 区切って, 或は明るく, 振り上げた相手, 明らかに, 書物を, 満ちて, 照され, 照し分け, 照らしさ, 照らし出された, 物を, 皺だらけな, 自分を, 見た時, 見た通り, 見ても, 見る, 読んだ, 道を, 部屋の, 隈なく

1 [479件] あたりが, あたりの, あたりを, あふれて, あらためて主, ありありと, あるいは暁, あるいは曙, あるいは闇夜, いくども, いちめんに, いつも見, いぶって, いま落ち, いろ, うなされて, おぼろに, およその, お六, お濠, お賤, かぞえ見ること, かっと明るく, きらきらかがやい, きれいに, くらやみを, ぐるっとまるく, こういう朝命, ことさら青白い, このあ, こまかい破片, これから我々, これは, さうし, さぐって, さしのぞく, さっきの, さまざまな, しかも大, しかも彼自身それ, しみじみ見, すかし見ると, すぐ分った, すっきりと, すみずみまで, そうでなけれ, そこそこに, そこに, そこらを, そのおばけ, その怪し, その数行, その文字面, その板, その珠毎, その男, その絶壁, その造られた, その面, その顔, その風采, その黒塗, そらを, それが, それと, それとなく見る, それも, ぞろぞろ通る, たがいに, ただその, たった一つ, たった一度お, ためつしかめつして, ちらっと見た, ちりばめられ, つづいて, つらぬこうと, てらしだしたの, てらすと, できたパイプオルガン, どんどんどんどんペムペル, ながめながら, なすったの, なんにも見えない, はじめてうかがっ, はっきり見え, はっきり読まれた, ばけもの, ぱっと燃えあがった, ひとつひとつすかし, ひどく眩しかった, ひやっこく光っ, ふちどられた絨氈, ほとんど光, ほの, ほのかに, ほんの一瞬間, ぼろを, ぼんやりそれ, ぼんやりとしか, ぼんやり下の, ぼんやり漁師, ぼんやり金ぴか, また私, まだあけた, まだ明るい, まぶしいほどに, みすぼらしさ, みますと, もう一度, もう一度調べ, もう少し奥, やっと見分, ゆるやかに, ようやく物, よくよく, よく見えた, よく見えない, よく見えました, よく見えます, よく見える, よく見た, よく顔, わが姿, わたくし共の, わたしの, わたしは, わづか, オリヴィエは, カーテンに, キラキラと, キラリと, クリストフは, ゴツゴツだ, スクリーンに, ソッと, チラと, テナルディエの, ドアを, ハーケンを, ポッと, マドロスの, モールス信号を, ユーゴーの, 一つ一つはっきり, 一ツの, 一帶に, 一度目標, 一杯に, 一目に, 一目見た, 三人の, 下から, 不潔な, 世を, 丸太を, 二人の, 二人は, 二女はじッと, 二階の, 人々の, 人を, 人夫の, 人影が, 今時分河岸へ, 仔細に, 以て, 仰向けに, 何か, 作ったの, 例の, 僕は, 元気を, 先生たちは, 其處らが, 円錐形に, 凡そ此世界, 出来た鋳物, 刃を, 分るの, 切り取られた, 判然と, 刻むよう, 前よりも, 勉強し, 動いたらば, 包まれた, 包まれた得, 十メートルさきまでも, 千種の, 南条の, 却って係長, 反射する, 反撥し, 取り巻かれて, 古城を, 台処の, 同じ真珠色, 同じ色, 周囲を, 唄って, 器を, 四人の, 四辺の, 地を, 地上にまでも, 地上は, 地下道の, 地面が, 地面の, 地面を, 垂直に, 埋まるよう, 塔の, 夕食を, 夜の, 夜一人きりの, 大きな手文庫, 大刀を, 天を, 天井と, 奇怪な, 女の, 好く照らし, 字を, 宝石の, 室の, 室は, 家の, 寒竹の, 寝台の, 寺の, 対手とは, 射とおして, 射向けられるやう, 少し縫い物, 少女たちは, 少年の, 展かれ, 岡田の, 島原一揆の, 崎嶇たる, 川の, 左膳は, 巨大な, 常よりも, 干すと, 干鮭, 床に, 庭の, 強いて, 弾いた, 弾薬を, 彼等の, 彼自身の, 往来を, 徑を, 御覧に, 微に, 微白い, 忍んで, 思いかえされた, 悪病の, 悲惨なる, 懐紙に, 或は暁, 或は闇夜, 扉と, 手早く次, 撮った写真, 敵は, 新聞を, 明く見える, 明るい, 明るい川, 明るい窓, 明るかった, 明るくなった, 明るく照らされ, 明るく照らし出され, 明瞭り見える, 昼の, 昼間の, 時々少し暗く, 時計を, 暖を, 書きもの, 朦朧として, 朧気に, 木村の, 枕元に, 林檎を, 横目に, 樹, 橙黄色に, 母に, 比丘尼婆の, 気持が, 氣に, 泉水の, 洞窟蟋蟀その他の, 浮き出て, 海が, 海の, 深紅に, 清められたかと, 渦い, 満ち渡ると, 漸く物, 無いこと, 無害な, 焼くこと七たび, 煌き出す, 煙の, 照された, 照し, 照してやれ, 照し出され, 照し出す, 照らされた, 照らされた彼ら, 照らされた時, 照らされた輪, 照らされながら, 照らし出されること, 照らせば, 照明され, 熟く, 燃える焔, 父の, 独寝の, 猩々緋の, 王は, 現は, 現われて, 白く光つて, 白く浮上, 白く見える, 白んで, 目測し, 目釘を, 相当に, 眞夜中に, 真青な, 眩しく光らせ, 眺めること, 眼を, 知れる小, 磨ガラスの, 祖父ジャン, 私たちの, 穴の, 空地は, 突嗟の, 窓の, 立ち読みを, 等分に, 紫陽花の, 経文を, 結晶し, 網を, 綴じ紙を, 縛りつけて, 羽子を, 考えに, 育ちだすという, 背を, 胎内の, 胡粉の, 脚下を, 脱衣場を, 自分が, 自分の, 艦隊の, 若い女, 苦しい独り子, 苦労も, 落葉を, 葉の, 虱は, 虱を, 虹の, 血の, 行はれた, 行手を, 裁縫を, 見えた, 見えたそう, 見えなくなるよう, 見えるの, 見える彼, 見える総司, 見おぼえて, 見た, 見たこの, 見たの, 見たら方々, 見た一昨日, 見た処, 見た彼, 見た景, 見た目が, 見て, 見ては, 見ま, 見られる, 見るの, 見るスズメ, 見る父, 見る用意, 見れば, 見出される, 見合わせたという, 見廻して, 見比べるよう, 見渡された, 見直すと, 見言葉, 見送って, 覚悟の, 解釈され, 認めた, 認められた, 読みふけったこと, 読むと, 読もうと, 調べたとき, 調子を, 谷, 赤く照らされ, 赤く見える, 踊つてゐる, 身仕度を, 車夫の, 輝かしたの, 輝き安全, 輝やい, 透かして, 透かすと, 透き通るほど, 通りすがりに, 部屋は, 部屋中薄蒼く, 針を, 針仕事を, 鉛色に, 銀色に, 鋭い浮彫, 長い白い顏, 門の, 間に合せかすかに, 院の, 陣十郎を, 陰気に, 隈々隅々まで, 雪が, 電灯の, 露に, 青い空, 青白い面, 青白くキラキラ, 音の, 頭だけ, 顏には, 顔に, 顔の, 飯が, 飯を, 飽くまで透明, 香を, 高い天井, 高い鼻, 鶏を, 黄疸病の, 黄色く浮き出した, 黒い薄暗い室, 黒く渦, 黙読した, 鼠蛙等を

▼ 光~ (572, 2.6%)

13 なって 12 影の 11 熱とを 10 影との 7 いっては 6 なつて, 色との 5 熱と 4 云えば, 影, 影とを, 波の, 熱, 熱との

3 [19件] いっしょに, お夏, なりて, なりに, 一しょに, 人間の, 創紋の, 力とを, 動く光, 夜の, 影とが, 星の, 熱とは, 熱を, 空気と, 色と, 色の, 闇との, 風との

2 [36件] いえば, たつた二人, なる, ほらず物, 云ふ, 人の, 兄は, 冷かな, 同じよう, 同等に, 山の, 己が, 影とは, 影に, 影を, 愛と, 愛の, 手を, 暗の, 潮ざいの, 生命の, 秀は, 空気とを, 紅の, 能率の, 自分の, 色音香味熱と, 血の, 轟々たる物音, 雨露の, 雪の, 音との, 音とを, 音の, 風と, 風の

1 [349件] あざみの, ありつつ, いいすべて, いう, いうか, いきなり立ち上っ, いずこ, いって, いつしよ, いはず水色, いひ克己, いふが, いふとも, いふよりも, いわんには, うつり合って, うまく調和, おた, おっしゃるけれども, おなじよう, おなじ早, お前は, かかりあって, くらあ, この頭, さんさんと, した, じかに結びつく, すさまじい物音, その光, それから, それからあちらこちら, それから彼, それが, それに, たがい違い, つれだって, てらし合わせて, どす赤い, なった, なっても, なつた, ならむ, なりし, なりし導者, なりましょう, なりませう, なりゆるき, なり諸, なるべき淑女汝, なるべし大学, なるやう, なる悦び, なる文学, においは, ぬくまりとが, ねばつこい風, まじりて, まるっきり違う, やや東北, ゆるやかに, よくうつり合っ, よく燃え, サモイレンコの, トム公は, ベカベカな, 一しょには, 一しよ, 一つに, 一緒でなけれ, 一緒に, 三蔵と, 三蔵との, 乗客達の, 二人で, 二人一緒に, 云うもの, 云っては, 云つても, 云は, 人家ばかり, 今見, 代り合って, 仲光の, 会うだけ, 保命には, 働きの, 光の, 光花とは, 入れ換, 全く同じ, 冬子が, 冬子と, 冬子との, 冬子に, 冬子の, 冴える神經, 冷ややかな, 凉しい, 創紋, 創紋だ, 創紋とは, 創紋を, 力とが, 力を, 動力の, 匂いが, 匂いを, 匂と, 匂に, 印象, 印象が, 反射と, 叫喚を, 同じく偶然, 同じく生命, 同じやう, 同じ様, 名づけた, 名づけもう, 名づけ音, 君たちは, 呼び列王記, 呼んだと, 命とを, 喜びに, 喧嘩し, 塁の, 変じて, 変幻する, 夜気とを, 大きな字, 大きな影, 大洋の, 太陽の, 家じゅうの, 容一郎が, 寒い風, 寒さ, 小僧一人の, 小池との, 小鳥の, 平一郎の, 平三と, 平和とに, 幸福に, 弥生の, 張りとを, 形そう, 形を, 影が, 影と, 影とで, 影ばかりが, 彼の, 微苦笑とを, 微風とが, 微風との, 徳山とで, 快活とを, 思い得られる激しい, 悦びに, 悦びの, 悲哀とで, 情熱的な, 愛これを, 愛との, 憤りの, 憤怒とに, 戸棚の, 提灯の, 撒き水きり, 断定できる, 新鮮な, 新鮮なる, 春野に, 昼の, 暑気とに, 暖さの, 暖な, 暗, 暗を, 暗黒とが, 曾て, 月の, 木の, 来り新宿, 松明の, 植木や, 樂しく, 歓びと, 歓びへと, 死の, 母との, 比較し, 水とが, 水の, 水道橋の, 汐風に, 海の, 淡い月, 深い空, 温とを, 湿った空気, 溢れるばかり, 滴る滋味, 潮風に, 潮風の, 澄み渡る深い, 濃い湯気, 火を, 灰色の, 炎とを, 炎熱との, 烈しい音響, 煙りと, 煙を, 煙塵の, 照らんあ, 照り合って, 熱とに, 熱に, 熱は, 熱砂の, 物象とを, 物質とは, 生々しさ, 生命と, 生活の, 申します, 申せし, 町の, 番頭の, 白くいぶる, 白梅の, 目を, 相並び, 相俟, 眼の, 瞬きの, 研水の, 秀が, 秀の, 私の, 秋の, 科学の, 称する感覚, 空に, 空の, 空気とが, 空気とに, 空気との, 空氣を, 窓外の, 笑いを, 筵目も, 精神の, 約して, 紗の, 紺泥の, 紺青の, 結びつけて, 結び合ふ, 絶えざる溝蚊, 綾子を, 線による, 縁に, 繁華な, 織りなして, 群集とに, 考へる何ら, 聖者の, 聲とに, 腹匍いに, 船から, 色, 色とに, 色とは, 色とを, 色なるほど, 色に, 色を, 色彩が, 色彩の, 色調で, 草履の, 落ち着きとを, 蔭が, 蔭と, 蔭の, 融け合って, 血に, 見えんの, 見ゆれど, 言い大きな, 言う感じ, 話なんか, 軟かい空気, 輪との, 轟音, 運動と, 避難する, 重力の, 釣り合って, 鉱物で, 閉ぢゆき, 闇と, 闇の, 降矢木の, 陰と, 陰とから, 陰との, 陰とを, 陰の, 陰影とが, 陰影との, 陰影の, 陰無音と, 陽炎の, 雑沓が, 雖も, 雖われらを, 電燈とが, 電磁気との, 青田一万石を, 非常に, 音が, 音と, 音とは, 音楽が, 音楽とが, 音楽との, 音響が, 頬の, 風が, 風月堂へ, 香の, 香ばかり, 騒音の, 騒音を, 騰る, 驚き呆れる, 高利貸か, 高張提燈の, 鮮紅な, 黒き影, 黒けむり, 黒煙の, 黒白斑

▼ 光~ (454, 2.1%)

6 消えて 4 ない, なくて, 見えなかった, 音も 3 あると, して, なかった, 今は, 信じずには, 月の

2 [27件] あからさまには, あらぬ春, ありませんでした, うすき寒空, それみずから集団的構成としての, ないので, なく, なければ, またレンズ, わすれ現身, 今日は, 全く消え, 匂も, 射して, 形も, 感情も, 放たず終るべ, 木の, 洩れて, 渡りつつ, 澄める湖, 色も, 艶も, 見えず, 見えず白雲, 見えなければ, 見せで

1 [360件] あたたかい, あった, あやに, あらはれ大地, あらわれず大地, ありがたい, ありません, あり独特, ある, あるを, いくらかずつ, いつか何となく, いつか影歛め, いつもの, いつもより, いと慕, うつらない, おそろしく強く, おぼろに, おぼろの, お夏, かげり何やら, かすかなる, からだの, こうした苦艱, ここに, ここまでは, ここらで, ことごとく一瞬間以前, このしぼみかかった, この暗い, この横丁, ございませぬ, さう言, さえぎるばかり, ささず, ささずある, ささずうっかり, ささずまた, ささず地面, ささず蝶, ささせ給はず, ささない彼, ささぬ如法暗夜, さしたり, さして, さしてゐます, さすがに, さっぱり届き兼ね, さやかわが, しんめりし, すがすがしく鉄路, すがすがしく鉄道, すこしも顕れ, そこへは, その眼, それが, それほど彼, それを, たしかな, だんだん底, だんだん衰え, ちがって, でずっと, とどかないずっと, とどかないほど, とどかない暗闇, とどかない神秘, とどかなくなって, どうやら鈍く, どこかに, ないの, ないのに, ないまったく, ないよう, ない今度, ない時, ない渋紙色, ない竹杖, ない茶筌, なかつた, なくその, なくなって, なくなってるよう, なくまるで, なく人, なく何, なく夜, なく夢, なく大樹, なく希望, なく愛, なく日中, なく本心, なく真っ暗, なく矢張り画相応, なく紫, なく見開かれ, なく道, なつかしい色, なんとなく生き生きし, にやりと笑つた, はじめは, はっきり見えなかった, はや大, ひときわ鮮やか, ひるがえるよう, ふっつりと, ほとんど射し, ほとんど射し込まない, ほんの幽か, ぼやけ闇, ぼんやりと, まためぐっ, また有限, また朧, また清く, まっ赤, まるで磨いた, みんな消え, もうここ, もう明けれ, もとの, ものものしい月人部隊, もれず真, もれない真っ暗, やがての, ゆるや, ようやく遠く, よく見えない, よじれぬほど, わたしの, パパーッパパーッと, ボーッと, 一しょに, 一休も, 一寸ひやりとする, 一旦は, 一番は, 一緒に, 上洛した, 不足してる, 主人も, 乏しい深さ, 互ひ, 五欲の, 人を, 今宵は, 何時か, 何物か, 先刻から, 内心綾子を, 冬とは, 冷く, 冷たい, 冷たくない, 冷たくなっ, 冷たく自身, 凍る午前四時, 出づら, 勿論あるだらう, 十字の, 半ば夢の, 南隣の, 即諾し, 可哀そうだ, 同時にハツ, 同時に縁側, 呼んで, 和げられ竹藪, 和らぎ蜩, 唇から, 土ぼこりで, 地上には, 増さむ, 声も, 多分に, 大将の, 太陽が, 太陽の, 女の, 孤城の, 安全に, 容一郎も, 宿すべく濡色, 寂しそう, 寒く輝き候, 寝覚めが, 射さず曇って, 射さぬ岩壁, 射すお勝手, 小さい盃, 小唄の, 小屋を, 小池と, 居づらい, 届かないほどな, 届かぬ, 屋根に, 山も, 差さず物凄い, 帰つて来た, 弱り蝉, 強く大きく見える, 強く生まれついた, 当たらずに, 当って, 役に立たぬ, 彼自身も, 待つうち, 微かながら, 思って, 息をの, 態とらしい欠伸, 技も, 揺れて, 放たない, 數へ, 昔は, 映って, 時には, 時にはいる, 暗いので, 暗い木立, 暗し, 暗である, 暮れて, 曇るほど, 朧なり, 木立に, 森に, 横に, 次の, 次第に弱く, 次第に考, 次第に遠く薄く, 歌人だ, 此處までは, 武者たちの, 段々に, 母への, 水, 泄れた, 洩らすまいと, 流れたりけり, 浜辺の, 消えた, 消えようと, 消え去りおれ, 消え果つる, 消え褪せた一片, 消え顔, 消ゆる, 淡くなっ, 淡くほのか, 淡れ, 混じって, 清い, 清くなる, 清らかな, 滅多に, 漏らさないほどの, 漏らさない窓, 漏れず又, 漏れて, 漏れぬ, 濁って, 灰いろ, 無くなって, 無く色, 無用の, 煙に, 煙も, 煙りも, 照らさない陰気, 熱も, 白っぽく夜明け, 皆ものの, 目に, 目眩しい, 眼に, 知らず冷たい, 知らぬげに, 神より, 私に, 秋は, 稻の, 空気も, 笑つて氣味の, 笑ひながら立上つて, 紫外線も, 美も, 自分の, 若様お, 苦笑いを, 落ちたとは, 落ちない師走, 蔽う舐めつくすよう, 薄くこの, 薄くな, 薄く木立, 薄く洩れ, 薄く薄く消え, 薄く雪, 薄れけり, 薄暗く商店街, 街道にあたって, 表通りから, 見えず二日三日, 見えず夜, 見えず影, 見えず昼, 見えだしました, 見えて, 見えないほどに, 見えないよう, 見えない何となく, 見えない夏, 見えない曇り空, 見えない目, 見えなくなった, 見えぬ遠い, 見えません, 見える, 見ずと, 見ずに, 見なかった, 認識し, 謎も, 識って, 豆ランプの, 貪り喰つた肉, 足許だけしか, 輝かなかった, 通して, 過ぎにけりわが対, 過ぎにけりわが對, 遠く薄く射す, 針仕事には, 鈍く呆け, 鈍褪ぬ, 陰も, 隠れて, 雨に, 雨音の, 電気力の, 霜も, 青, 青いわか, 青い空, 青澄む, 静かである, 面白いこと, 顔の, 風に, 香も, 鮮やかなる, 鶏の, 黄色く, 默つて後から

▼ 光さん~ (237, 1.1%)

4 の手 3 が言った, のこと, のよう, の姿, はその, もまた 2 お光さん, か, が, が惡, だった, のおっかさん, の顔, はとうとう, はまた, は家

1 [195件] かね, からその後消息, からもそうちょっと, から東京, か年紀, か誰, がいた, がおいで下, がそれ, がまた, がわるい, が亭主, が僕, が出, が大抵, が帰っ, が彼, が欠伸, が縫い上げた, が若し, が見えない, が貴方, が追, が鮎, こそいつ見, だからね, だけへの話, だの愚連隊, ちっともお前, てえいい, て呼ぶ, でしたね, でも, で若い, で見りゃ, といいます, というの, という清元, といっ, とこの, としては稀, とにかく一つ, との連絡, とはうまく, とは言はず, と共にいた, と同じ, と或, と接近, と末娘, と私, どうか悪く, なんざま, なんざ半歳前嫂, に, にきびしい, については一口, にはあまり, にはこういう, にも読み, に会わなけれ, に向け, に済まねえ, に渡した, に眼, に縫っ, に言ってる, に話せ, に送っ, に逢おう, に逢つた事, に関しての話, のお, のお話, のたわ言, のところ, のゐた, の一定, の仲人, の側, の元, の命, の唇, の境遇, の夢, の夫, の好き, の家, の影法師, の後, の所謂狒々, の手紙, の折れ, の方, の智恵, の格, の様子, の歸, の気, の片づかねえ, の甘い, の眼, の笑靨, の考え通り, の耳たぶ, の肩, の話, はあたり, はいつも, はうしろ, はうるさい, はきかなかった, はきらり, はじっと, はそれで, はどうしても, はどこ, はひと, はまず, はもう, はやはり, はわざと, はナンキン墓, はパッ, はポケット, は一週間, は両手, は予, は争った, は今年三, は何, は何もかも, は俥, は先, は南京洋妾, は南京街, は反対, は器量, は四半刻, は堅氣, は夫, は夫人, は姉, は実は, は平気, は平然, は平等, は平調, は彼, は恥し, は折角, は指環, は期待, は来, は椅子, は活溌, は港内, は潮田傳五郎工学士, は犬, は皮肉, は相手, は私, は立った, は笑っ, は腰, は豊津, は軽く, は道理, は重ね, は金剛石, は階下, は首, へ呶, まで体, もうれし, もさすが, もただ, もたっしゃらしく, も可哀そう, も大抵, も平気, も待っ, も愚連隊たち, も来, も迷惑, も部屋, やみんな, や愚連隊, や黒眼鏡, を惡, を指した, を探し, 一体今度, 又来た, 行こうぜ

▼ 光~ (215, 1.0%)

10 の心 4 の手, の部屋, は, はだまっ 3 のかお, の御, の目, はもう

2 [18件] のわき, の口, の声, の姿, の様子, の耳, の背, の言葉, はそう, はその, はだまった, は心, は急, は手, は気, は目, は自分, は障子

1 [141件] から信濃, から聞く, があんまり, がお, がどうか, がなおっ, が一日, が入っ, が紫, が自分, この人, じゃありません, だったでしょう, だと, であった, である, という人, といふ名, との感情交錯, と一緒, と二人, と御, と紅葉城君, と聞ゆ, にしゃべりかける, にはわからなかった, によい, に思ってる, に教, に時々, に連れられ, のいつ, のとこ, のどっち, のものため, の上, の前, の哀れ, の後, の悲し, の方, の時障子, の様子等, の母上, の泣い, の涙, の眼, の瞳, の美くし, の肩越し, の話, の足, の身, の躰, の車, の頬, はあかり, はあんな, はいかなる, はうす, はけっして, はこの, はこれ, はこんな, はさらにもう, はすぐ, はそこ, はそれ, はそれどころ, はとどろく, はどうせ, はどうも, はどんなに, はなおった, ははなされない, ははばかる, はまがお, はまじめ, はまだ, はよく, はよろこび, はわき, はクルリ, はソー, はポツン, は云っ, は人, は人形, は今更, は他人, は何となく, は動こう, は千万, は去り, は声, は夜昼, は大変熱, は始終, は嬉し, は居たたまれない, は幼子, は幾度声, は幾日ぶり, は当直, は彼, は思い切っ, は思った, は恐れる, は恥し, は悲しみ, は持っ, は朝夕鏡, は桐壺帝, は椽, は母君, は毎日, は気抜け, は涙声, は淋し, は熱, は着せ終っ, は紅, は美くし, は衣, は西, は語る, は長い, は青ざめ, は静, は頭, への供養, までまっか, もだまった, やその他, をおそっ, を一人, を中心, を大切, を書こう, を置い, を迷わす

▼ 光~ (141, 0.6%)

87 のアガメムノーン 64 のヘクトール 2 との中, なる神, に浴, のメネラオス, の將ヘクトール, わが苦痛, を他, を彼, を我, を汝

1 [96件] あらしめぬ, あり便利, あるグウテンベルグ以來, ある名簿, ある生, がつて, ぞ, たらしめた恩人, だね, つねに持つべし, でありまた, であるか, であると, であるならバルバロッサ, でも滿足, と, といはね, として他, として君, と存じ神樣, と感激, には未だ, にみち, にわれと, に思ひます, に感泣, に望, に浴する, のその, のわが, のわが子, のアキルリュウス, のアートレ, のヘクトール屍體, のヘクトール戰, のメネラオス王, のメネラーオス, の位置, の天王, の將ヘクトールおのおの, の敵メネラオス, の敵王, の死, の花環, の譽, はクロニオーン, はダンテ, は同一, は哲學, は我, は汝, は當, は縱令其極處, も, も持たない, や演出, をいざ, をかち得なん, をほ, をわれ, をわれら汝, をアキルリュウス, をクロニオーン, をクロニーオーン, を世界, を今ヘクト, を信ずる, を全う, を加, を囘顧, を彼ら, を得ない, を得る, を恢復, を感じました, を感ずべき, を持たぬ, を有した, を歸せん, を神, を約束, を羸, を與, を誰, を賜, を贈る, を限り, ヲ加冠スル羅馬法王トシテ, 失はれしかも, 奪ひ, 得べからず, 得べき奮戰, 得るべきを, 朽ちざらむ, 與えずや, 賜ぶべきを

▼ 光~ (109, 0.5%)

5 と別れる 4 の顔 3 という芸者, とのこと, のところ 2 のこと, の声, の姿, は大きな

1 [83件] がいつか, がいない, がいる, がさ, が入っ, が団扇, が帯, が見たかった, が遠く, が顔, が養女, が馬鹿, だけが残っ, だけを隠した, でもぐっと, という芸名, という芸者さん, といえ, とが, とが来, とどんな, となっ, との奇妙, とは別れた, とは曲り角, とは潜伏, とを尾行, と切れよう, と勝則, と母, と結婚, と踊った, と逢い, にどんな, にはない, には定められた, に君ん, に強い, に眼, に許婚, の手, の舞姿, の行方, の言葉, の許婚, の語調, の踊り, の隠れ家, はうつむい, はうなだれ, はくるり, はここ, はこの, はころころ, はその, はちょッ, はもう, はわたし, は二階, は僕, は幾度, は座敷牢, は御殿女中, は男, は監禁同様, は看板, もそれ, も会釈, をうけとった, をすこし, をやる, をわたし, を一体, を呼ぶ, を呼べ, を呼ん, を呼んだ, を強姦, を検番, を此港, を縛っ, を裁縫稽古場, を降した

▼ 光~ (88, 0.4%)

2 それに, つつましい杏仁水, 星の, 色に, 雲の, 音が, 黄色い光

1 [74件] あざやかさが, いや光, きんし, その家来ども, その微か, その硝子越し, そよ風が, そんなもの, つよい息吹, またその, ピースが, 乗客の, 人の, 何かで, 何処からとも, 声や, 大外套, 天なる, 天井に, 孤独などの, 小夜時雨, 差物が, 己が, 形, 形が, 形を, 影や, 影を, 日も, 明の, 時勢の, 槍や, 樹木の, 橋の, 次第に集ま, 氣は, 水菓子屋の, 油煙とともに, 深夜の, 火や, 火薬や, 灯火の, 熱は, 熱を, 爽かな, 瑞のみ, 砲車の, 秀でた眉, 空気と, 空気に対する, 空気の, 粉砕す, 紫金の, 美が, 臭いという, 色であっ, 色の, 色は, 虫の, 街路の, 赤い光, 越後に, 近所の, 運動の, 陰には, 露の, 音の, 風を, 食べものよりも, 馬の, 騒がしい空風, 騒音に, 鳥の, X線や

▼ 光ちゃん~ (68, 0.3%)

2 が便所, に子供, のこと, の家, は, 待って

1 [56件] あんた栄ちゃん, お遊び, かって死ん, から大急ぎ, がいいました, がお, がききたい, がね早く, がよく, が僕, が好, が小さい, が物かげ, が生れた, が見たら, が逃げ出しました, こそ忙, こないこ, この頃, です, ですよ, などと冗談, にいわしたら, にお, に出前, のお, のお父さん, のお父さん小野宮吉さん, のした, のため, の命, の夢, の好き, の帰る, の性質, の愛, の知っ, の顔, はお, はとう, はどう, はまた, は外歯, は夢, は大きい, は私, は臆病, まだ寝, もえび, もまだ, も家庭, も川, も益々, わかった, 早よしい, 死んで

▼ 光~ (54, 0.2%)

2 の御, の顔, はそれ, は自分, 後伏見

1 [44件] が打消した, が次, すら二十歳, でございます, です, とは知っ, にはいろいろ, に急かれ, のうしろ, のす, のどなた, のみかどすら, のみかどの, の三院, の二上皇, の初心, の弟, の弟ぎみ, の手, の死, の耳元, の返辞, はあたり, はかえって, はそう, はその, は世間, は云い出す, は何, は堤, は外, は心, は怪しみ, は次, は気の毒, は法衣, は病身, は胸, は顔, もやがてすぐ, よく分った, をつかまえ, 後村上, 頼んだぞ

▼ 光との~ (50, 0.2%)

7 中に 5 間に 2 中で, 交錯した, 関係に

1 [32件] きれめ, ために, つながりが, 三人の, 世界である, 二つの, 交錯する, 前々からの, 合奏によって, 問答の, 回折や, 大きな帯, 差を, 快い愛撫, 早替り仲光屋敷では, 暗影を, 横溢の, 源泉たる, 溢れた眼, 相等しい, 話を, 距離に, 転換の, 過去の, 錯綜を, 長い筋, 間柄は, 関係, 関係並びに, 陰影を, 饒舌を, 點である

▼ 光によって~ (47, 0.2%)

4 明瞭である, 私に 2 知られて, 輝く病人

1 [35件] いくらか洗われ, いずく, おごそかに, この辺, そそられたの, それを, である, やって, ホールの, 世界を, 内側が, 区別せずし, 名を, 変化されない, 如何程多く, 寸秒の, 彼は, 彼らを, 御身等が, 把握し, 明晰で, 明瞭でない, 照らされた, 照らされるとき, 犯人の, 異常な, 真である, 私は, 美を, 色の, 蒼白く鮮やか, 認識せられた, 説明されよう, 読み残しの, 開かれました

▼ 光ある~ (45, 0.2%)

3 ものに, 物なりける 2 もの, 風に

1 [35件] ことを, こと金銀の, さまの, と見, に気圧さる, に至ら, ばかりだった, ものである, ものと, を認む, を認め, コバルト色の, 世界に, 事を, 今の, 処へと, 切長の, 天は, 実在を, 幻影が, 御空, 最後の, 物が, 目に, 眼下の, 碧色の, 社会へ, 穉子なり, 罪, 脚に, 處に, 蛇お, 見て, 雲の, 髮は

▼ 光から~ (45, 0.2%)

2 意志の, 身を, 顔を

1 [39件] ざるを, ざる光を, して, すべての, せた洋服姿, せて, のがれて, 云ひ, 出て, 出来て, 宏壮な, 手を, 抜け出したよう, 抜け出たよう, 数間の, 暗い部屋, 最も遠く, 来るらしい朦朧, 水の, 源吉の, 独立には, 磁気を, 縛られ地蔵, 背かせること, 背けて, 背け黙って, 色を, 起つた公羊學派, 跳ね返される事, 逃げるよう, 遠ざかった私, 遠ざかると, 遮って, 郵便小包出ないらしい, 闇と, 隠すこと, 隠れるよう, 電報を, 麻布古

▼ 光という~ (44, 0.2%)

7 ものは 6 ものが 2 のが, ものを

1 [27件] ことさえ, ことを, のだけは, のは, ものであろう, ものと, もんです, やつが, ような, 一語を, 人から, 人は, 代議士が, 光を, 全く経験的, 大名の, 女が, 娘を, 字が, 役僧は, 武士二人, 相手が, 者が, 若い住職, 言葉の, 青坊主が, 順に

▼ 光~ (44, 0.2%)

2

1 [42件] か, からいわれた, から次, がどういう, が亀山, が住む, が唱えた, が知っ, が鷺山, だった, だったこと, であったそう, であろう, でござる, でもなかっ, とふたりきり, にはうれしい, のそれ, のよう, の妻子, の姿, の率いる, はそこ, はといえ, はふと, はまだ, はもう, はものいう, はやがて, はよく, は十兵衛, は呵々, は城頭, は始終, は安土, は死に場所, は狭間, は聞き終る, は肱, は胸, ほどな, をも帷幕

▼ 光~ (43, 0.2%)

6 てる 4 たりする, ている 3 たりし, てゆく 2 たり消, たり消え, ていた, ています

1 [15件] ぁん信の, あんに押し付け, あんの, たりしました, たりし初める, たりなどした, たり光らなく, たり熱した, ちや居ない, ていなかつたら, ております, てること, てる様に, て過ぎる, 顔

▼ 光でも~ (42, 0.2%)

2 なければ

1 [40件] ありがた味が, あるか, ございません, さし出したの, さそうもの, それは, ないの, ないもの, ない穂末, ない速射砲, ない闇, ない音, なかった, なく, なく松明, なく電気燈, なつかしく吸い寄せられ, まぶしいほど, もしくは渇仰, やせっぽ, わかる, ピカピカ光る, 不自由なく, 云うに, 出すよう, 同じ事, 四畳半の, 太陽の, 室の, 射す事, 愛の, 投げかけること, 歌わせて, 永い間, 物を, 発するもの, 見つけたよう, 見分けられる程, 靜かな, 非常に

▼ 光~ (42, 0.2%)

3 の家 2 にも電報

1 [37件] でなきゃ納まらないん, というヤクザ, にあった, にいった, にきびしく, にすべて, にひたと, にもたれる, にわかれた, に取っ, に合点, に向け, に手引き, のいった, のくせ, のそば, のたった, のちょうど, のところ, のよう, の乱暴, の伯父さん, の喉, の声, の妹, の席, の手首, の方, の書斎, の権幕, の球, の脚, の腕, の舌頭, の論旨, の負傷, はいった

▼ 光には~ (39, 0.2%)

2 嬉しかった, 実際多少の

1 [35件] いつもほのか, かないませんみじめ, すこしの, それが, できなかった, ないよう, ならないでしょう, まだ残暑, よく呑み込めなかつた, わかるよう, 不思議に, 五月の, 付き兼ねた, 何となく人, 何故かどんな, 冷たい清冽, 卑しい身分, 嚇, 天雪の, 女が, 学校は, 容一郎が, 彼女一人の, 必ず影, 恐ろしい気持, 拒絶した, 昼近い, 此の, 熱も, 発見出来なかった, 知らない他所, 耐えられないの, 耐らない, 闇という, 魔あり

▼ 光では~ (38, 0.2%)

3 なかった, なくて 2 あったが, あるが

1 [28件] ありません, あるまいと, いつも熱, それも, たよりない, とっさに, ないか, ないと, ないの, なくぽ, なくボウ, なく別, なく屋根, なく緑, なく重い, なく電光, やや重苦しく, よく赤児, コースが, 之は, 井戸の, 思うよう, 枕もとの, 無い, 監房の, 見とどけられないほど, 見わけ, 黒い物

▼ 光とが~ (38, 0.2%)

1 [38件] ある, あるもの, いくらか仰がれる, おのおのを, さし込んで, その徴候, その顏中, つづけざま, にわかに働きだし, まじつて縦横に, やさしく声, 一層濃, 一緒に, 入り交じって, 入れ交じりあるいは, 入れ交じる, 冷たく冴え, 句の, 同じ力, 同居し, 存し, 影の, 微妙に, 必要な, 暗と, 曲げたため, 欠けて, 決して生じない, 無限に, 直線, 相容れないよう, 相映じ, 神秘な, 私の, 空氣に, 躍りはじめた, 追いつ追われつして, 連れ立つて

▼ 光つた~ (36, 0.2%)

5 ものを 4 と思ふ 3 ものが

1 [24件] うちの, かと思ふ, かはい, からである, ぞ, ぞ屹, といふ話, ときは, ところが, ところは, と思, と見える, ので落ちつき払つて家, もので, ものに, やうだ, よ, 古畳, 太い柱, 小さな石, 広い板間, 広い路, 或る, 白い帽子

▼ 光~ (36, 0.2%)

3 に奉公

1 [33件] が声, が爆発, が聞い, が見, が言わせた, が館, と実に, と改めた, と称した, にさせたい, にする, に宛てた, に拝謁, に捧げる, に謁, に阿部, のいる, の亡くなった, の保護, の周囲, の奥方, は, はこう, はじき, はすぐ, はたびたび, は座, は忠利, は聞い, は鉄砲十挺, は駕籠, 公の, 殿御三方に

▼ 光にも~ (34, 0.2%)

2 ゆる, 一向気, 土地の, 悲あり

1 [26件] すすめ自分, たじろいだ事, タバコを, 不潔な, 似たもの, 似たる眼, 似て, 別に故障, 創紋にも, 呆れた, 堪えぬもの, 堪えられないほど, 幾日も, 恐れず寸刻, 我と共に浴びぬ, 敏感で, 明かであつ, 曇りが, 照らされず黒い, 照らされて, 白くはっきり, 磨かれて, 等しかった, 耐えぬかの, 行かない, 響きわたった

▼ 光さえ~ (32, 0.1%)

2 今は

1 [30件] お向け, こっちのは, して, ない部屋, なかった, みえる, 今日では, 修理には, 凩の, 宿って, 射して, 届いて, 幽かに, 弱って, 彼は, 微弱に, 思いなしか, 此頃は, 洩らさないよう, 浮んだ皓歯, 湛えて, 火焔が, 煙ろうばかりに, 眼眩しい, 見えない位, 見せて, 雷光か, 髣髴い, 鶴には, 黄色く靄

▼ 光~ (31, 0.1%)

2 の茶所, の門, の門前

1 [25件] というお寺, というの, という寺, などの廂, などを朱, にまかりける, にまつる, に今, に詣る, に詰め, のすぐ, の墓所, の外, の尊号, の是信さん, の書院, の檀家, の畳二百畳, の長老, へあの, へ泊められた, まで行っ, もまた, をおとずれた, を建立

▼ 光とは~ (27, 0.1%)

1 [27件] このこと, こんなこと, その地位, たまらなくいいもの, どう考へ, べつな, まるで違った, むしろ神経質, 互に働き合う, 仲好しであった, 全く違った, 其の働き工合, 其の力, 凡そ異, 密室の, 山脈の, 岩の, 市民たちの, 恐ろしい力, 火箭の, 相違する, 私から, 続日本紀大宝三年四月, 西洋と, 見えざれども, 詩である, 風吹く

▼ 光~ (27, 0.1%)

3 の光

1 [24件] が, があがり, がタラタラ, が一瞬間, が三つ四つ五つ, が流星, が空中, が頃合い, と中空, に照, に照らしだされた, のゆらめき, の光り, の打上げられ, の照明下, の破裂, の銀色, はだんだん, はひっきりなしに, は須田町, を打上げ, を放った, を発射, を落した

▼ 光あり~ (23, 0.1%)

1 [23件] こは, これを, て, てその, て一目, て夜, て我, て焼跡, て細き, て虎形, と見し, や, 一二の, 世は, 其他の, 力ある, 外には, 推古の, 能く, 諸池水中衆花具足, 長十余丈, 陰あつ, 雷声す

▼ 光ちやん~ (23, 0.1%)

1 [23件] からも愛され, から愛され, がお父さん, がねえ, が拒ん, が田舍, だけに知らせました, といふの, とお, と呼ん, と嫂, などはとても, にこんど, に負, の云, の田舍, はどう, は今何, は少女, を可愛がる, を愛し, を愛する, を憎んだ

▼ 光とを~ (23, 0.1%)

1 [23件] その境界, もって, もて汝, もて汝等, 一時に, 与えよ, 与える, 世に紹介, 併せて, 受け入れて, 受け書斎, 彼は, 持つて, 朧げながら, 生命の, 目守る, 立てながら, 結んで, 蒸発する, 見たとき, 見ると, 認めた, 重苦しい眼

▼ 光化門~ (23, 0.1%)

2 よお前, よ光化門

1 [19件] がその, が取り毀される, こそは貴重, と題した, において人, について, に続く, の如き, の存在, の死期, はその, は景福宮, よりより, よ如何に, よ愛する, よ長命, よ雄大, を仰ぐ, を破壊

▼ 光~ (23, 0.1%)

2 の開智校

1 [21件] から出す, から寿阿弥号, という寺, といふ寺, とかいうお寺, などでも同じ, に住, に和尚, に昔禅師, に詣で, の了源, の境内, の学頭, の山門, の本堂, の遊行上人, の長老, の門前, へついた, へ押込み, を破壊

▼ 光~ (23, 0.1%)

4 の場合 2 のところ

1 [17件] がすぐれた, がアヤマチ, が単に, であり一代男, とする, とたそがれ, と黄昏, の厳粛, の問題, は公人, は因果モノ的, は理知性, は選挙対策, も因果モノ, も理知, を家出, を慕っ

▼ 光より~ (22, 0.1%)

2 他の, 光に, 闇を

1 [16件] いで, こま唐土も, これらを, そともに, その量, もっと根本的, 一の, 他に, 光, 光と, 始まると, 家庭を, 強い, 成れる観, 生命と, 赤い焔

▼ 光~ (21, 0.1%)

1 [21件] が帰依, が後家, が来, といっ, と本願寺方, に与えられる, に向けた, のため, のなした, の室, の手, の番, の老後, の良人, はいきなり, はだまっ, はとうに, は一溜り, は幽か, は答えず, を呼んだ

▼ 光川左門太~ (21, 0.1%)

1 [21件] が書いた, だけでした, だったん, でないと, ではなかっ, に逢う, の懊悩, の手紙, の真, の筆蹟, の言葉, はせいぜい, はその, はむつかしい, はフッツリ姿, は三十五六, は手習師匠, は昂然, は頑固, も佐々波金十郎, も平次

▼ 光~ (21, 0.1%)

2 の中

1 [19件] あり精采, がグングン, が河, だけは観え, と音響, と黒, に護国, の, は満天, をたた, を吐く, を描い, を放たしめる, を放った, を放つ, を発し, を盛る, を連ねた, 放たしめ

▼ 光だけが~ (20, 0.1%)

1 [20件] いやに, どこからといふ, ほのぼのと, むちうつよう, よく散乱, わずかに, ボッと, 人懐かしく, 人懷しく見えた, 如何にも晴れやか, 実在の, 曲者も, 機敏に, 残る, 点々と, 番を, 目には, 空に, 素敵だった, 闇の

▼ 光れる~ (20, 0.1%)

1 [20件] お峯, をみる, 中に, 北を, 宝玉を, 山中湖と, 山頂さへ, 手に, 掾側へと, 支那の, 昼の, 櫛の, 濃き固き磨ける, 皿あり, 秋を, 腹を, 金の, 釣鐘草の, 鉱山の, 鑛山の

▼ 光~ (20, 0.1%)

2 が京都, の側近く

1 [16件] お自ら, がある, がご, が雑司ヶ谷鬼子母神, に仇, に至っ, に訴えました, のご時世, の御, の御前, の御墨付, の肩先, はもちろんもう, を親, を討つ, 御直筆

▼ 光~ (19, 0.1%)

2 ということ, 雨の

1 [15件] から, からそう, から能, か解らない, そりゃあ, つたで, つた電燈が, とか夜光蟲, と思っ, と考へ, なと感ずる, よ, 反射だ, 君は, 白衣観世音も

▼ 光瑤氏~ (19, 0.1%)

3 はその 2 の作品

1 [14件] から学ばなけれ, が, の, のやう, の作品全体, の作風, の場合, の強烈, の本質論, の満々, の画的経歴くら, の精神的部分, の面目躍如, は時代

▼ 光である~ (18, 0.1%)

1 [18件] かのよう, かも知れぬ, がこいつ, がこれ, がゆえに, けれども霧, ことが, ことは, ことを, これが, という説, と信じ, はずの, ように, リズムである, 事は, 拙者は, 東西諸

▼ 光~ (18, 0.1%)

2 おお緑, 願はくは

1 [14件] あれ, すべて人たる者の, とみに隱, われわれの, 世界の, 光よ, 己が, 彩なき, 我は, 水脈よ, 汝に, 汝は, 潮満ち満つ, 赤く照らす

▼ 光~ (18, 0.1%)

1 [18件] が不充分, が甚だ, が違う, が鈍い, なので, の変化, の強き, の減ずる, は光, は減っ, は続い, をだんだん, を加減, を失い, を失った, を強め, を感じた, を速やか

▼ 光~ (18, 0.1%)

2 の光, を消し

1 [14件] がお, などが置い, などを点じ, に照らされ, に辟易, のスタンド, の数, の明る, の秋風, をいっぱい, を点じさせた, を燭, ヲ二階, ヲ消

▼ 光といふ~ (17, 0.1%)

4 ものを 2 のは, ものが, 名でした 1 ことである, ことなど, のが, 乳母, 会社員の, 女主人公, 奴を

▼ 光なき~ (17, 0.1%)

4

1 [13件] ものの, 世に, 十一の, 地下の, 地獄の, 幻影, 昼の, 晶玉の, 者こそは, 谷には, 身の, 闇をも, 黄金の

▼ 光をも~ (17, 0.1%)

2 ほとほと掩

1 [15件] 与えないこと, 受けること, 受け眺め得られるおお, 天に, 完全に, 恵みと, 愛したが, 感ずること, 描かず小, 永久に, 漏らさぬ密林, 盃に, 神の, 絶望の, 齎しは

▼ 光仙林~ (17, 0.1%)

2 をお

1 [15件] から逆, にしばらく, に倉庫, に置くべき, のいずれ, のうち, の不破, の中, の屋敷, の林, の秋, の門, の門内, へ立, を造っ

▼ 光と共に~ (16, 0.1%)

2 胸に

1 [14件] いかにも万夫不当, ラディオの, 一人の, 働いて, 全く消えうせ, 動いた, 城門は, 忽然と消える, 我が法, 掻消え, 梭の, 物淋しく見えはじめる, 雨の, 飛び抜けようと

▼ 光よりも~ (16, 0.1%)

2 むしろ煙

1 [14件] この郷土民, なほはるかに, むしろその, むしろ輝き, もっとやさしい, 低くおり, 夜の, 女の, 少し低い, 強く輝かしく描き出す, 彼自身の, 早く, 早く走ります, 非常に

▼ 光光氏~ (16, 0.1%)

4 の場合

1 [12件] がすぐれた, がアヤマチ, が単に, の厳粛, の問題, は公人, は因果モノ的, は理知性, は選挙対策, も因果モノ, も理知, を家出

▼ 光~ (16, 0.1%)

2 があった

1 [14件] がする, がユラユラ, が拡, が殆ど, が見えた, が通っ, でも射す, といっ, の正体, は在るらしい, は正に, は衝, 干台, 有り頗る

▼ 光~ (16, 0.1%)

2 は, はぶら

1 [12件] が奇術師, だつた, とつさに, の手先, の気持, はしん粉, はその, はそれ, はどうにも, はまた, は奇術師, は嬉し

▼ 光とも~ (15, 0.1%)

1 [15件] しき, つかないもの, つかない擾乱, なし愛, なり力, なんとも形容, また見, また見よう, 分らないが, 影とも, 思って, 敬はれ, 知れない青白い, 見ゆる様, 響きとも

▼ 光~ (15, 0.1%)

2 の作品

1 [13件] が全く, といふ画家, と似, の仕事, の描く, の本質, の理想的美, の画風転換作, の精神的, の脂肪, の花, はこ, は勿論

▼ 光~ (14, 0.1%)

1 [14件] お樂, この世界, とまれ希望, ねばっこい小豆色, まざまざと, やがて死, 何とも, 女の, 払を, 月光か, 知らぬが, 花か, 落ち込み白泡, 風かという

▼ 光~ (14, 0.1%)

2 づもり鳥屋の, づもる木々の, てはたたがみ堂, て依り来る 1 あかければ, それよ, づまぬ夜半の, て来, て船, 清ければ

▼ 光だけ~ (14, 0.1%)

4 では 3 である 1 せめては, であった, でなくこれ, でみるみる, でスパイダー, なら恐らく, 集めて

▼ 光とともに~ (14, 0.1%)

1 [14件] しずかに, 人の, 吸い寄せられでも, 天才を, 平靖号を, 心に, 息を, 扇形の, 掻き消えて, 河底から, 灰白色の, 燃ゆる, 私は, 雨の

▼ 光~ (14, 0.1%)

3 のだ, んだ 1 のであった, のであります, のである, のであろう, のです, ほさへや風の, よら, んです

▼ 光によ~ (13, 0.1%)

4 つて明瞭である 2 つて知られ 1 つてうす, つて凡ての, つて明瞭でない, つて眞である, つて見る, つて認識せられた, つて飽くまでも

▼ 光丸さん~ (13, 0.1%)

1 [13件] が居る, が来た, が逃げ, てきれい, という芸者, と二人, と踊り, には許婚, のいなくなった, はどこ, はもう, へ, もうあんた

▼ 光~ (13, 0.1%)

1 [13件] がこれ, などの全, にご, に出かける, に命じ, のふたり, は, は去った, は廻っ, は答え, や堀秀政, をのこし, を池田隊

▼ 光つたの~ (12, 0.1%)

2 である, を感じ 1 だと, であると, ですから, では, よその, を土産, を誰か, を買

▼ 光として~ (12, 0.1%)

1 [12件] うけとれるよう, その崇拝, 今も, 使って, 利用する, 尊崇せられ, 感知すれ, 英訳し, 蔭として, 蔭としてのみ, 説明され, 體驗の

▼ 光その~ (11, 0.1%)

1 [11件] 中に, 冷たそう, 匂を, 夜の, 底には, 柔かな, 清らかな, 物を, 緑の, 顏を, 餘光を

▼ 光のみ~ (11, 0.1%)

2 ゆるとき, 眩しく照つて 1 であった, では, なる精神, 侘しげ, 本來眞, 汝これを, 見ゆ

▼ 光仁天皇~ (11, 0.1%)

2 の御 1 が御, の宝亀二年, の宝亀年間, の寶龜七年, の寶龜九年, の御世, の皇子春日王, まで七代, 迄この

▼ 光~ (11, 0.1%)

2 を殺し 1 という代議士, とか山ロシヅヱ, と云, と樂, なる娘, に, に從, の中, は自分

▼ 光~ (11, 0.1%)

1 [11件] がそこ, である, につき門弟, に尋ねられた, に尋ね問われる, の門流, の高慢, は心, は心中, も固, をひき合い

▼ 光~ (11, 0.1%)

2 の奥書院 1 だ, ではそういう, では新生寺さん, なんかに足, の執事, の生命, の総務, へ行っ, を理想的

▼ 光あれ~ (10, 0.0%)

1 である, と言い, ども, どもその, ば必ず, ば爾, よと, 力あれ, 眼玉, 荒磯邊

▼ 光~ (10, 0.0%)

2 へ朧げ 1 へ, へも涙ぐむ, へナカ, へ射し, へ最, へ洩れ, へ見えず, へ避けゐたる

▼ 光なく~ (10, 0.0%)

1 して, すやすやと, そして醜悪, ただ白く, ただ赤く, なやめる, 力なく, 望みなし, 音なく, 顏あ

▼ 光まで~ (10, 0.0%)

2 続いて 1 さして, じっとし, その位牌, なんとなく重, 土埃が, 威勢が, 揃って, 青く映ずる

▼ 光保治~ (10, 0.0%)

1 が訪れ, にはよく, に眼, の内部, の部隊, はいろいろ, はなお, は戦時中, は時々, は細川

▼ 光厳上皇~ (10, 0.0%)

2 の御 1 こそかけがえ, とてこれ, と新院豊仁, と豊仁親王, の御幸, の皇弟, はこの, はその

▼ 光厳帝~ (10, 0.0%)

1 にせよ, にまみえ, の傅, の朝, はいっそもう, はまだ, はもう, は輿, をはじめ, 後伏見

▼ 光~ (10, 0.0%)

1 かお前, が魔, には窕子, のあるじ, の戀文, の方, の阿闍梨玄尊, は少し, を口説いた, 来な

▼ 光~ (10, 0.0%)

1 が低い, が眼, が色々, になった, の行先, の集合場, の集団, を反射, を対岸, を送る

▼ 光~ (10, 0.0%)

1 ありて, なり, なりと解する, の中, の外, の海水, より日光, をわれわれ, を実際, 薄し

▼ 光~ (10, 0.0%)

1 が走り出し, に打たれ, のよう, の圏内, はその, を何海浬, を刀身, を生ん, を輝かせ, を遺し

▼ 光~ (10, 0.0%)

4 の妹 1 とは少し, の家, の所, はそれ, は横ぶと, は笑っ

▼ 光~ (10, 0.0%)

1 が室, が廻っ, が空, が董卓, もしくはその, もなく, を曳き, を眼, を納めます, を集めた

▼ 光つた眼~ (9, 0.0%)

1 がある, が酒, で呆, で富岡, の底, の裡, は金杉, をあちこち, をチラリ

▼ 光とで~ (9, 0.0%)

1 まるで様子, まるで樣子, 今日の, 出来て, 法師丸には, 目覚しく見えた, 薄暗かった, 違った色, 食事し

▼ 光に対する~ (9, 0.0%)

1 マイダスの, 作用や, 作用を, 感度の, 我々の, 特殊な, 磁場の, 磁気の, 考えかたである

▼ 光ばかり~ (9, 0.0%)

1 そこらいちめん, そよぐなり, ださえ, ぢや, であった, でなく栄, では, で物, で闇

▼ 光~ (9, 0.0%)

1 さけんで, そちの, ぴゅっと飛ん, 一所クッキリと, 云った, 伸ばし, 往つての, 探り寄った, 横面を

▼ 光~ (9, 0.0%)

1 が方々, という踊り, と徳兵衛, はすぐ, はもう, は泣き, は答えた, も泣き, も顔

▼ 光寿~ (9, 0.0%)

2 の子 1 が四十一歳, が歿, が襲いだ, でそれ, で天保十一年, は迷庵, を経

▼ 光麻呂~ (9, 0.0%)

1 が下げ髪, と娘, に逢える, の四人, は六つ, は十一, は母親, は遠い, をひき分け

▼ 光すら~ (8, 0.0%)

2 後を 1 ささない日, さすの, まったくさえぎっ, 其瞳には, 見えなかったの, 認め得なかつたの

▼ 光~ (8, 0.0%)

1 うつる春, や, 満ちに, 照らすさ, 燃えあがる, 現れける, 絶えせぬみ, 隠れたる

▼ 光です~ (8, 0.0%)

2 か, よ 1 から私たち, さうき, よ憚りながら, 清浄です

▼ 光なり~ (8, 0.0%)

1 けれ, この真夏, 人神恩に, 地の, 愛なり, 柳が, 熱なりが, 美の

▼ 光にて~ (8, 0.0%)

1 マッチの, 一樣に, 察せらる, 愛これに, 水色の, 照らしたま, 見るに, 飾られし第

▼ 光まばゆき~ (8, 0.0%)

21 この夕, 一星あり, 女王よ, 廊下を, 洞窟の, 照る日影

▼ 光~ (8, 0.0%)

2 てゐた 1 た, ちやん, てそして, てゐる, て胸頭, て見る

▼ 光~ (8, 0.0%)

2 が詩 1 のところ, の処, の詩, は云つて寄, は僕, は元気

▼ 光~ (8, 0.0%)

2 ができ 1 かざす天, のよう, をいただい, をつくる, を太陽, を頂い

▼ 光~ (8, 0.0%)

1 が, が自分, で, といふ切前, とはお, の少し, は, は簡單

▼ 光さす~ (7, 0.0%)

2 入日たゆ 1 かとぞ思ふ, かとふと, ところあり, 時巫女, 道を

▼ 光つて來~ (7, 0.0%)

21 た額, ました, ます, る, るやう

▼ 光とに~ (7, 0.0%)

1 あふれ空, 對し, 思を, 我を, 満ちてる芝居, 練り合わされて, 調和する

▼ 光なし~ (7, 0.0%)

2 燻し空 1 であります, という, 否闇, 石と, 色も

▼ 光など~ (7, 0.0%)

1 あらゆるもの, あらゆる形容, ことばに, 威風は, 彼の, 投げかけたところ, 通そうとは

▼ 光のみが~ (7, 0.0%)

2 輝いて 1 あざやかに, ありしにかわらぬ影, 冷たい空気, 残った, 走る

▼ 光~ (7, 0.0%)

1 がこちら, が立っ, じゃったな, とは顔, と別れた, に向い, に気づい

▼ 光~ (7, 0.0%)

1 と音響, のリズム, の刺激, の踊り, の進行, はまさしく, を目

▼ 光~ (7, 0.0%)

1 と七堂伽藍支院, の中, の前, の見物, はここ, は三代, は今

▼ 光~ (7, 0.0%)

2 の下 1 きらめきぬ, に接する, の眩惑, も見える, を扱える

▼ 光~ (7, 0.0%)

2 ある歴史, は上 1 と游狎, と衰頽, に醉

▼ 光~ (6, 0.0%)

1 ぎろなし人は, ぎろなし弘法麦の, 光お, 手植桜, 銚子が, 鮨が

▼ 光お前~ (6, 0.0%)

1 にした, にも色々, はそんな, はどう, も可, 行かんか

▼ 光こそ~ (6, 0.0%)

2 すべなけれ 1 さながらやがて大, プロメテウスの, 今は, 鋭く強かった

▼ 光さし~ (6, 0.0%)

3 たり 1 たりあ, 続く幾, 艶が

▼ 光つてる~ (6, 0.0%)

1 ことを, のだ, のに, のも, のを, ものが

▼ 光であった~ (6, 0.0%)

1 からそれ, が, が他, ことは, ことも, と言っ

▼ 光であり~ (6, 0.0%)

1 かつまさしく, その龕燈, ながらちょうど, 他は, 彼は, 悲しみの

▼ 光とか~ (6, 0.0%)

1 山ロシヅヱとかいう, 建物の, 物質とか, 竜田静枝とか, 言う人, 電子とかいふ

▼ 光などは~ (6, 0.0%)

1 もう少し意欲的作品, 凡て自分の, 別して神秘的, 届かないのに, 殺気を, 祖流に

▼ 光なら~ (6, 0.0%)

2 ばそれ 1 どんなささい, どんな微か, ばこちら, 無地と

▼ 光なる~ (6, 0.0%)

1 ものが, ものは, もの出で, を知らず, 主の, 娘は

▼ 光に関する~ (6, 0.0%)

1 有名な, 波動説と, 理論の, 自伝的描写, 論説を, 部分を

▼ 光までが~ (6, 0.0%)

1 底深い, 忠利の, 暗くなる, 物珍らしかった, 目に, 虹いろ

▼ 光みたい~ (6, 0.0%)

1 なそんな, なまたは, なもの, に力づよく, に杉本, に音響みたい

▼ 光を通して~ (6, 0.0%)

1 さらに何もの, その音, だんだんさういふ, 丑松は, 燃えくすぶって, 見たの

▼ 光~ (6, 0.0%)

1 があっ, がふる, と黒い, はしずしず, は放れ, は東京あたり

▼ 光~ (6, 0.0%)

1 には暗, に凭, に満ち, に碎け, に迸, に達せざりき

▼ 光~ (6, 0.0%)

1 にあり, に接す, に接する, をかすめ, を染め, を焦がし

▼ 光~ (6, 0.0%)

1 で願, とも善光女, の五百人, の仏話, を見, 死すと

▼ 光~ (6, 0.0%)

1 がかわるがわる, がちらちら, で明滅, の散らばる, を作つて, を具え

▼ 光母子~ (6, 0.0%)

2 の運命 1 が生活, が芸娼妓紹介, とを結びつけた, には未だ

▼ 光~ (6, 0.0%)

1 がその, にはッ, をふりかぶった, をほとばしらせ, を描い, を閃

▼ 光燦爛~ (6, 0.0%)

4 たり 1 たる一室, たる海軍大佐

▼ 光~ (6, 0.0%)

1 がある, との無言, と全, のうち, の破片, を昂め

▼ 光~ (6, 0.0%)

2 を射たる, を射る 1 の影向, を射

▼ 光~ (6, 0.0%)

1 と輝き, にうえ, にぬられ, にぼうっと, の光, の光円

▼ 光遍く~ (6, 0.0%)

6 一座を

▼ 光さえも~ (5, 0.0%)

1 ない濃い真っ暗, 吸い取って, 射して, 神経を, 見えぬ

▼ 光しか~ (5, 0.0%)

1 さしこまぬ濃い, ないほの暗い堂内, なかった, 無かった, 無くチェリー

▼ 光じゃ~ (5, 0.0%)

1 でのう, ない, なくて, はっきり判らねえ, 我を

▼ 光そのもの~ (5, 0.0%)

2 の中 1 が人間的類型, が散つ, であ

▼ 光だった~ (5, 0.0%)

1 が中身, と云う, のかと, のだ, のである

▼ 光つあん~ (5, 0.0%)

1 お家はん, 先程は, 兵隊さんは, 其處だ, 物は

▼ 光とでも~ (5, 0.0%)

1 いうべきもの, いうべき光, いったもの, 云う可, 申しましょうか

▼ 光ほど~ (5, 0.0%)

1 で地面, 不思議な, 六かしくは, 懐かしきもの, 津田と

▼ 光~ (5, 0.0%)

1 以テ道路ヲ, 消ス, 発シ水水銀ヲ, 與フベシ, 隔ルニ喩へ

▼ 光一人~ (5, 0.0%)

1 で見, に育てられ, のため, の手, はぱっと

▼ 光~ (5, 0.0%)

1 から船, だの深川亭, といった一流二流, の楼上, も近く

▼ 光~ (5, 0.0%)

1 だと, にする, に似た, の周囲, をかすか

▼ 光光嬢~ (5, 0.0%)

1 に関する限り, の武家時代, の行為, はフロシキ包み, は身

▼ 光即ち~ (5, 0.0%)

1 ヨハネ, 人の, 己が, 正義を, 神の

▼ 光厳院~ (5, 0.0%)

1 の後, の御, の第, ノ朝, 御自撰

▼ 光及び~ (5, 0.0%)

2 色及び 1 其弟子蓮阿, 日輪の, 電子が

▼ 光~ (5, 0.0%)

1 に関する限り, の武家時代, の行為, はフロシキ包み, は身

▼ 光~ (5, 0.0%)

2 らし四方 1 して, し三, るに

▼ 光~ (5, 0.0%)

1 が十九歳, の紹煕三年, はその, は十九歳, を隱居

▼ 光射す~ (5, 0.0%)

1 口を, 復活の, 程は, 紫の, 総の

▼ 光~ (5, 0.0%)

1 が場合, が有限, が現われる, を出現, を錯覚

▼ 光~ (5, 0.0%)

1 という文士, という疎開者, などの日記, は風景, よりも衣子

▼ 光微か~ (5, 0.0%)

1 にかなた, にし, にその, に眠る, に薄らぎ

▼ 光~ (5, 0.0%)

1 が北斗, のきらめき, の如く, の閃, への過渡期

▼ 光~ (5, 0.0%)

1 と天草商事, のよう, の生態, の謎, は宇宙

▼ 光~ (5, 0.0%)

2 の大 1 なん, に比すべく, に被われ

▼ 光煌々~ (5, 0.0%)

1 たり, たる波止塲, と, とあたり, と一列

▼ 光緒帝~ (5, 0.0%)

1 と共に西安, の二十八年, の自分, も西太后, を廢

▼ 光華門~ (5, 0.0%)

1 では当時此処, にて, のそば, の一角, を訪うた

▼ 光遍寺~ (5, 0.0%)

1 の三更, の住職, の初夜, の方, の本堂

▼ 光かすか~ (4, 0.0%)

1 なピアノ, にし, に日, に消

▼ 光こもらふ~ (4, 0.0%)

2 梅の, 黄金雲蒸す

▼ 光だけでも~ (4, 0.0%)

1 ないぞ, われわれの, 既に満足, 無事に

▼ 光だけは~ (4, 0.0%)

1 かすかに, わかりました, 永久に, 炯々として

▼ 光だの~ (4, 0.0%)

1 そういうもの, 何のと, 希望だ, 空気だの

▼ 光つめたき~ (4, 0.0%)

3 笹の 1 小竹の

▼ 光であろう~ (4, 0.0%)

21 と思う, 四辺が

▼ 光などの~ (4, 0.0%)

1 ように, 一切を, 小武族も, 持明院統の

▼ 光によつ~ (4, 0.0%)

4 て私

▼ 光に対して~ (4, 0.0%)

1 生来強者である, 白く匂い, 調節の, 開放され

▼ 光ばかりが~ (4, 0.0%)

1 こうこうと, 彳んで, 音楽堂の, 響き廻る

▼ 光また~ (4, 0.0%)

1 かうかう, 偉大なる, 眼に, 総角の

▼ 光まばゆい~ (4, 0.0%)

1 ばかりに飾りつけられた, 勲章を, 花火が, 電気鳩が

▼ 光もて~ (4, 0.0%)

1 これを, 忽ち頭腦, 死と, 被ひ

▼ 光よりは~ (4, 0.0%)

1 お染, 三つ四つ若い, 垢光り, 太陽の

▼ 光~ (4, 0.0%)

1 など指, の若, むか照さむ, もおる

▼ 光わが~ (4, 0.0%)

1 上にと, 心を, 方に, 目を

▼ 光をば~ (4, 0.0%)

1 何という, 何と云, 散らさない, 闇に

▼ 光~ (4, 0.0%)

2 槍ブスマ 1 網目ヲ, 輪ノ

▼ 光丸君~ (4, 0.0%)

1 とのこと, の方, はもう, をよう

▼ 光~ (4, 0.0%)

1 は竜渓文雄さん, をよく, を見, 見て

▼ 光君様~ (4, 0.0%)

1 の御, はとうとう, は御, を御したい申し

▼ 光~ (4, 0.0%)

1 とのコル, ともお, への往復, より五十七米

▼ 光~ (4, 0.0%)

1 だの尉遲勝, などと共に賊, の九天察氣訣, はいずれ

▼ 光~ (4, 0.0%)

1 で包まれた, に包まれ, の中, をかい

▼ 光水色~ (4, 0.0%)

1 の中, の美し, は決して, を吟

▼ 光~ (4, 0.0%)

3 ひ御璽 1 へたる夕顔

▼ 光無き~ (4, 0.0%)

2 冬の, 外に

▼ 光~ (4, 0.0%)

1 などと一緒, のほか, の如く, もかかれ

▼ 光~ (4, 0.0%)

2 に展開 1 に接, の人

▼ 光見る~ (4, 0.0%)

2 が中 1 から暖かき, とわたし

▼ 光輝く~ (4, 0.0%)

1 峯の, 意味を, 桑港の, 鉄杖を

▼ 光返照~ (4, 0.0%)

1 おちつけ, すべし退いて, の境地, の雨

▼ 光~ (4, 0.0%)

1 には腕, の感覚, の青春, を陸

▼ 光~ (4, 0.0%)

1 が入り, などが甲斐源氏, の前, の首級

▼ 光電眼~ (4, 0.0%)

1 がつい, はテレビジョン, をつけた, を通じて観測員

▼ 光~ (4, 0.0%)

1 が廻転, の光, の方向, を過ぎる

▼ 光颯と~ (4, 0.0%)

2 窓を 1 射したれば, 葭戸を

▼ 光あっ~ (3, 0.0%)

1 てその, て始め, て強

▼ 光あふるる~ (3, 0.0%)

1 大地を, 天の, 虹の

▼ 光いつ~ (3, 0.0%)

2 ぱいに 1 となく

▼ 光いと~ (3, 0.0%)

1 ほがら, 強く輝, 高く人

▼ 光いよいよ~ (3, 0.0%)

1 明るくそこら, 明るく虫, 暗くなる

▼ 光かく~ (3, 0.0%)

1 あざやかならざりしなるべし, 大いならざりしなるべし, 是に

▼ 光これ~ (3, 0.0%)

1 に映る, は強い, は神

▼ 光さんわたし~ (3, 0.0%)

1 が一生, は天野, は明日

▼ 光~ (3, 0.0%)

1 がもと, ひくる心地, へむ

▼ 光それ~ (3, 0.0%)

1 がことごとく, が煙らし, に奉公人達

▼ 光それら~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 が入り乱れ

▼ 光ただ~ (3, 0.0%)

2 に思は 1 に身

▼ 光だけを~ (3, 0.0%)

1 たよりに, ギラギラさせ, 分析し

▼ 光だろう~ (3, 0.0%)

1 が音, とふしぎ, と気

▼ 光ちゃんと~ (3, 0.0%)

1 こいも, とみ子さんは, 私とは

▼ 光つた海~ (3, 0.0%)

1 が車窓, の上, を沖

▼ 光でない~ (3, 0.0%)

1 か, ことが, 物體である

▼ 光などが~ (3, 0.0%)

1 ぼんやり見えまし, 彼らの, 火の

▼ 光なれ~ (3, 0.0%)

21 ばなり

▼ 光なんか~ (3, 0.0%)

1 では, 吹っとばされたよう, 恐れは

▼ 光について~ (3, 0.0%)

1 伊那丸も, 彼れ, 描きたいこと

▼ 光により~ (3, 0.0%)

2 汝の 1 微妙に

▼ 光による~ (3, 0.0%)

1 もので, モールス信号を, 明暗の

▼ 光ばかりに~ (3, 0.0%)

1 して, 埋まって, 欺むかれ

▼ 光ひとり~ (3, 0.0%)

2 で行つて 1 の通行人

▼ 光ほどの~ (3, 0.0%)

1 ほんの微光, ものに, 相違です

▼ 光らしい~ (3, 0.0%)

1 が若, と想像, のを

▼ 光を以て~ (3, 0.0%)

1 光を, 天下を, 精霊の

▼ 光~ (3, 0.0%)

2 ている 1 た洋服

▼ 光~ (3, 0.0%)

1 の波立つた, はよき, は眉

▼ 光~ (3, 0.0%)

3 ぐもたふとしや

▼ 光何ぞ~ (3, 0.0%)

1 斑點と, 薄き, 駛する

▼ 光~ (3, 0.0%)

1 の榮, を待つ, を忝

▼ 光~ (3, 0.0%)

2 かに殺気 1 かな露

▼ 光厳天皇~ (3, 0.0%)

1 が御, はこの, をはじめ

▼ 光地上~ (3, 0.0%)

1 にうつり, に射す, に裂く

▼ 光~ (3, 0.0%)

1 が写し, の生涯, の肖像画

▼ 光寫圖~ (3, 0.0%)

1 に等しき, のやう, の妙

▼ 光射る~ (3, 0.0%)

1 がごとく, が如き, 黄銅製の

▼ 光帽影~ (3, 0.0%)

1 が閃, で取囲まれ, を眺め

▼ 光~ (3, 0.0%)

1 であります, の評判, は方士

▼ 光~ (3, 0.0%)

1 がいる, である, はそれ

▼ 光~ (3, 0.0%)

1 はどぎまぎ, はまた, は日毎夜毎

▼ 光~ (3, 0.0%)

1 に輝く, のしづく, を浮べ出

▼ 光~ (3, 0.0%)

1 で遮った, により生ずる, を交叉

▼ 光榮彼~ (3, 0.0%)

1 に與, のもの, の身

▼ 光榮至極~ (3, 0.0%)

1 に存ずる, に感ぜ, のこと

▼ 光榮與~ (3, 0.0%)

1 ふるを, へたる, へんず

▼ 光照らす~ (3, 0.0%)

1 とき, 前, 洞窟に

▼ 光燈ランプ~ (3, 0.0%)

2 が輝い 1 ヲ外シテ

▼ 光~ (3, 0.0%)

1 と隆治さん, の留守, の線路

▼ 光~ (3, 0.0%)

2 の雪 1 を照

▼ 光~ (3, 0.0%)

1 で射たれる, の火, の秘密

▼ 光~ (3, 0.0%)

1 に関する問題, は檀下, は融通

▼ 光~ (3, 0.0%)

1 の底, を観察, 各異

▼ 光~ (3, 0.0%)

1 めき炎々, めく, めくと

▼ 光~ (3, 0.0%)

1 のうち, の還暦, を破る如く

▼ 光電作用~ (3, 0.0%)

1 もまた, を利用, を只

▼ 光~ (3, 0.0%)

1 か雲, の下, の中

▼ 光顕伯~ (3, 0.0%)

2 が大変心配 1 やそれ

▼ 光鮮やか~ (3, 0.0%)

1 なもの, なるこれ, に映り

▼ 光あたり~ (2, 0.0%)

1 にかがやけり, に現

▼ 光あまねき~ (2, 0.0%)

1 太陽に, 野つ

▼ 光あまねく~ (2, 0.0%)

1 御飯しろく, 潮の

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 でん暁近く, 照りかへ

▼ 光いつ杯~ (2, 0.0%)

2 に漲り

▼ 光いま~ (2, 0.0%)

1 いずこ, いづこ

▼ 光うち~ (2, 0.0%)

2 蒼み

▼ 光うちつけ~ (2, 0.0%)

2 に面

▼ 光がね~ (2, 0.0%)

1 万年筆が, 金さんに

▼ 光~ (2, 0.0%)

2 ゆるまで

▼ 光くま~ (2, 0.0%)

1 なく紙, もなし

▼ 光くわうくわう~ (2, 0.0%)

2 と流れ

▼ 光~ (2, 0.0%)

2 ふぞ

▼ 光この~ (2, 0.0%)

1 處より, 魂の

▼ 光さしそ~ (2, 0.0%)

1 ふはる, ふ日

▼ 光さながら~ (2, 0.0%)

1 にやがて, 絵に

▼ 光さんお前さん~ (2, 0.0%)

1 だけはわたし, は俊太郎さん

▼ 光しらけ~ (2, 0.0%)

2 てやをら代

▼ 光しんかんたる~ (2, 0.0%)

2 に真竹

▼ 光~ (2, 0.0%)

2 がしき鴨萱

▼ 光する~ (2, 0.0%)

1 を見る, 泥の

▼ 光そこ~ (2, 0.0%)

1 にかんかん, には翼

▼ 光そら~ (2, 0.0%)

2 いろ

▼ 光たちまち~ (2, 0.0%)

1 地金を, 消えて

▼ 光だけで~ (2, 0.0%)

1 生きてるよう, 間に

▼ 光だに~ (2, 0.0%)

1 漏らぬ樹蔭, 眼に

▼ 光ちかし~ (2, 0.0%)

2 と横雲

▼ 光ちゃん明日~ (2, 0.0%)

1 も来, 出られへん

▼ 光ちや~ (2, 0.0%)

2

▼ 光つた中~ (2, 0.0%)

1 に数, に數

▼ 光つた奴~ (2, 0.0%)

1 はなかつた, を握つ

▼ 光つた帯~ (2, 0.0%)

1 で飾られ, を結んだ

▼ 光つて水~ (2, 0.0%)

1 はその間, を切つて

▼ 光つて波~ (2, 0.0%)

1 がさらさら, をたてました

▼ 光つて湛~ (2, 0.0%)

1 へてゐる, へられて

▼ 光つて窓~ (2, 0.0%)

1 からは涼しげ, の外

▼ 光であっ~ (2, 0.0%)

1 てしかも, て風

▼ 光でさえも~ (2, 0.0%)

1 見分け難い, 音波の

▼ 光とかいう~ (2, 0.0%)

1 ものの, 文字を

▼ 光とから~ (2, 0.0%)

1 出て, 玉走る

▼ 光ななめ~ (2, 0.0%)

1 にぞなる, にたたきかわされ

▼ 光なほ~ (2, 0.0%)

1 増して, 附け加

▼ 光にあたって~ (2, 0.0%)

1 あたりの, 水にでも

▼ 光にか~ (2, 0.0%)

1 はらうと, へる海原

▼ 光にさえ~ (2, 0.0%)

1 なること, もとの

▼ 光にたいする~ (2, 0.0%)

1 趣味を, 避難所だった

▼ 光によっても~ (2, 0.0%)

1 消しさる, 見ること

▼ 光に関しましては~ (2, 0.0%)

1 むかしから, 僕は

▼ 光ばかりは~ (2, 0.0%)

1 どうした, 遙かに

▼ 光ばかりを~ (2, 0.0%)

1 差別し, 眺むるより外は

▼ 光ぴつかりとする斗人~ (2, 0.0%)

2 の涕

▼ 光ほそう~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 光ほのか~ (2, 0.0%)

1 にさし, にさす

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 どの雪, ぼろし

▼ 光までも~ (2, 0.0%)

1 かく申し, 一緒に

▼ 光まばゆく~ (2, 0.0%)

1 も, 輝きわ

▼ 光めいた~ (2, 0.0%)

1 ものが, 生白い一道

▼ 光もの~ (2, 0.0%)

1 がチカチカ, のよう

▼ 光やは~ (2, 0.0%)

1 二階を, 見し

▼ 光ゆらぎ~ (2, 0.0%)

2 止みたる

▼ 光ゆらゆら~ (2, 0.0%)

1 と昇っ, と漂う

▼ 光れる見れ~ (2, 0.0%)

2

▼ 光わびしい~ (2, 0.0%)

2 陶磁とか

▼ 光われら~ (2, 0.0%)

1 に神, を中心

▼ 光をかぞへ~ (2, 0.0%)

2 見よ

▼ 光をさえ~ (2, 0.0%)

1 含んだこの見知らぬ, 避けようと

▼ 光をなんて~ (2, 0.0%)

2 気持が

▼ 光ガラス~ (2, 0.0%)

2 のついたて

▼ 光パラフヰン~ (2, 0.0%)

1 の, の蒼いも

▼ 光ベアトリーチェ~ (2, 0.0%)

1 に反映, に注ぎ

▼ 光レリ鏡~ (2, 0.0%)

2 ノ中

▼ 光ヶ丘病院~ (2, 0.0%)

1 というの, となりました

▼ 光一点暮色~ (2, 0.0%)

2 漸く到り

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 なるもの, に現われた

▼ 光不断光~ (2, 0.0%)

2 難思光

▼ 光世界~ (2, 0.0%)

1 のどこ, の愛人

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 が何びと, が草鞋

▼ 光仁帝~ (2, 0.0%)

1 の大昔, の時代

▼ 光作用~ (2, 0.0%)

1 がうまく, といいます

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 にあかるく, に明く

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 はらざる, はらざる人

▼ 光~ (2, 0.0%)

2 えたつ

▼ 光冷やか~ (2, 0.0%)

2 に白露

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 でかれ, で入る

▼ 光到らぬ~ (2, 0.0%)

1 闇に, 隈も

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 の止むる, はぬ

▼ 光十七夜~ (2, 0.0%)

2 の月

▼ 光十方~ (2, 0.0%)

1 にあまねく, に布く

▼ 光厚う~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 光厳光明崇光~ (2, 0.0%)

2 の三上皇

▼ 光厳法皇~ (2, 0.0%)

1 だけは伏見, やほか

▼ 光又は~ (2, 0.0%)

1 ラジウム性放射線が, 電子等の

▼ 光及ばぬ~ (2, 0.0%)

1 処には, 隅の

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 と名乗る, は蓮月尼

▼ 光君さま~ (2, 0.0%)

1 の召使, の御

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 ひじめじめ, ふ

▼ 光国師~ (2, 0.0%)

1 に謁, の熱喝

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 の底, を投げ拡げ

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 など, のベランダ

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 たまたま人, より白米

▼ 光天皇~ (2, 0.0%)

1 の応永二十七年九十六, は南朝

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 ある事, なる春

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 だけか眼, と其の

▼ 光威氏~ (2, 0.0%)

1 に話し, を振り

▼ 光宅ら~ (2, 0.0%)

1 せ王沢, せ王澤

▼ 光寂しき~ (2, 0.0%)

1 森の, 芝山内の

▼ 光寂び寂びし~ (2, 0.0%)

2 プラチナの

▼ 光富不思議~ (2, 0.0%)

2 及ぶべしやは

▼ 光対岸~ (2, 0.0%)

2 の林

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 からくらい深淵, の氷壁

▼ 光川様~ (2, 0.0%)

1 の本名, は御存じ

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 のこの, はこの

▼ 光廉入道~ (2, 0.0%)

1 がそう, にわたす

▼ 光弾性~ (2, 0.0%)

2 の研究

▼ 光~ (2, 0.0%)

2 鏤の

▼ 光微粒子説~ (2, 0.0%)

1 でも一時, の一部

▼ 光怪陸離~ (2, 0.0%)

2 たる情火

▼ 光我等~ (2, 0.0%)

1 の左, をいましめ

▼ 光~ (2, 0.0%)

2 ひは

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 である, ならこの

▼ 光摺りきれず~ (2, 0.0%)

2 海砂利水魚水魚末雲来末風来末食来寝る

▼ 光放つ~ (2, 0.0%)

1 ときその, ものあり

▼ 光~ (2, 0.0%)

2

▼ 光明子~ (2, 0.0%)

1 とよばれ, も晩年

▼ 光明子立后~ (2, 0.0%)

1 のこと, の事

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 の下, の羽搏

▼ 光染み~ (2, 0.0%)

2 てすずしき

▼ 光格天皇~ (2, 0.0%)

1 は御, 御即位

▼ 光榮われ~ (2, 0.0%)

1 に貸し, に賜ぶべく

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 の焦点, は五秒毎

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 に強く, に燦

▼ 光殿~ (2, 0.0%)

1 かと思わるる, へ泊った

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 がこの, の目

▼ 光法師~ (2, 0.0%)

1 は盃, は配慮

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 のお, よりのぼりくる

▼ 光清らか~ (2, 0.0%)

1 である, の月

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 ある毛, にまた

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 なして, に砕け

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 かがやく壁, であった

▼ 光~ (2, 0.0%)

2 対光不断光難

▼ 光無辺光~ (2, 0.0%)

2 無対光

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 をのこし, を曳い

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 として遥か, めくよ

▼ 光燦然~ (2, 0.0%)

1 たる緑, として漲る

▼ 光球雲~ (2, 0.0%)

1 よりも低, よりも低温

▼ 光田の面~ (2, 0.0%)

2 移ろふ

▼ 光疑ひ~ (2, 0.0%)

2 て眼

▼ 光発す~ (2, 0.0%)

1 なり, 一朝に

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 しその, し開くただ

▼ 光白菊~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 を焼い, を燒

▼ 光石氏~ (2, 0.0%)

1 の石, も手伝いました

▼ 光禄太夫~ (2, 0.0%)

1 の大官, 正三品

▼ 光立ちゆらら~ (2, 0.0%)

2 に紅き大き

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 の, を吸

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 にあの, の一大明星

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 が臨終, が自分

▼ 光緒二十六年~ (2, 0.0%)

1 つまり明治三十三年, の十二月

▼ 光緒四年~ (2, 0.0%)

1 の重, の饑饉

▼ 光美しく~ (2, 0.0%)

1 立つ光景, 透きて

▼ 光自身~ (2, 0.0%)

1 は自分, もヨロヨロ

▼ 光色彩~ (2, 0.0%)

1 に対する感じ, の濃い

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 のかがやく, の微光

▼ 光華印刷~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ 光~ (2, 0.0%)

2

▼ 光薄けれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば小雨

▼ 光薄れ揺らぎ~ (2, 0.0%)

2 つつ青み

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 の羽音, の聞

▼ 光~ (2, 0.0%)

2 の小河

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 ふるごとく, へ

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 む, われ日の

▼ 光見れ~ (2, 0.0%)

1 どもわかぬ, ば

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 卿は, 卿を

▼ 光親卿~ (2, 0.0%)

1 の運動, は涙

▼ 光調子~ (2, 0.0%)

1 といった事柄, の集合

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 ある桂, のため

▼ 光赤色~ (2, 0.0%)

2 に變

▼ 光趣き~ (2, 0.0%)

2 を如何

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 が暉, に当っ

▼ 光転旋~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 光轉旋~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 光~ (2, 0.0%)

2 入る水かげ

▼ 光速度~ (2, 0.0%)

1 はできない, は観測者

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 に深い深い, の

▼ 光~ (2, 0.0%)

2 りて

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 が出た, を贈っ

▼ 光院殿~ (2, 0.0%)

1 この上, の前

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 思光清浄光など, 思光清浄光の

▼ 光電燈~ (2, 0.0%)

1 がつけられ, はエネルギー

▼ 光音苦痛~ (2, 0.0%)

2 及びこれ

▼ 光音香味~ (2, 0.0%)

1 の元子, はいずれ

▼ 光~ (2, 0.0%)

1 は一層, ますます好く

▼ 光顕伯土方寧博士広井勇博士~ (2, 0.0%)

2 などの名士

▼ 光養麿~ (2, 0.0%)

1 の本当, の祖父

▼1* [1093件]

たるを, 光あかき磯の, 光あかし刈り棄てに, 光あかるし病鶏や, 光あけの明星, 光あけぼの來ん年日, 光あつて公, 光あつきこの往還, 光あの目を, 光あふれて, 光あまねし浮世夢の, 光あまり大なるが, 光あらしむるには折々, 光あらしめる道では, 光あらなくに瞼慧, 光あるいは透明体を, 光あれ輝きあれ大日本, 光あん早速小女, 光いかにして, 光いささか述懐の, 光いたらぬ山の, 光いづれも同じ, 光いまだてらさず白雲, 光いまだに堂内に, 光け, 光うごけばしくしく, 光うしないて, 光おそろしき水牛の, 光おばあ様, 光および暮れが, 光かい光や, 光かがやきて乾き, 光かしこより注がる, 光かつてゐたが, 光かと思われるほど, 光かな裸身に, 光かなりに広い, 光かの大なる, 光かも風にかも, 光かやの秀, 光からはなれた暗い, 光からも何かの, 光かる頭にも, 光かを発散し, 光がとがある, 光きえ涼しき風, 光きみの性格, 光きわめて恐ろし, 光ぐらいしか覗けません, 光ぐらいでは到底達, 光ほしきあまり縁, 光こうこうと鳴く, 光ここにあつまり, 光こそは世界の, 光こなたに進めり, 光この世の物体, 光こぼつ日を, 光こまかにふり, 光こまかき朝桜かも, 光これらの要素, 光さきに歌, 光ささんとし, 光さしあはれ静かなるこの, 光さしもまた涙ぐましき, 光さし人の声, 光さし出づる八月九日此の天主堂, 光さし申世にて候間, 光さびしき明眸の, 光さまを坊, 光さやけき黄金の, 光さらに増して, 光される照明灯だけが, 光さんお前も俺, 光さんこれはわたし, 光さんどこへ, 光さんトム公ってな子供, 光さん一つ上げよう, 光さん今こちらへお客様, 光さん今日わざわざお, 光さん写真も写真, 光さん大事にしなけり, 光さん本当かい, 光さん私だ榊, 光さん聯想と云う, 光さん談してばかり, 光しかもそれが, 光しげく今少し, 光したらその側, 光しづかなる長崎, 光しづけき秋の, 光しみつつすぐろなる, 光しらしらと, 光ぶんと, 光すずしくなりにけり, 光すなわち心眼を, 光すらも見えました, 光するどき星ひとつあり, 光すゞしく, 光すゞしき夕月か, 光そういうわずかな, 光そしていつも満員, 光そのもの同様な蒼白, 光その間を爽, 光それから着物の, 光それそれあの西洋人, 光それに孫吉といふ, 光がため, 光たったひとり罪もとがも, 光ために暗き, 光たらしめよ, 光たるやなんとも, 光だけでもと思えるの, 光だけになった, 光ださうですよ灯, 光だったではありません, 光だって寒いから, 光だらうと思つて, 光だんだんに薄暗く, 光ちゃんあんたかって口惜し, 光ちゃんうちのこと何, 光ちゃんお腹減って, 光ちゃんさい承知やったらもしも, 光ちゃんそないいう, 光ちゃんそこにす, 光ちゃん一人なの, 光ちゃん一人丈夫そうにぴんぴん, 光ちゃん一日暇やねんわなあ, 光ちゃん何処ぞええ, 光ちゃん僕を第, 光ちゃん僕えびをとっ, 光ちゃん大変だよ, 光ちゃん嫁に持つ, 光ちゃん白状しないと, 光ちゃん私にいうた, 光ちやんたちに言, 光ちやんたらどうしてもあの, 光って見えた, 光つくじゃない, 光つたおぜにがいる, 光つたちやんと並んだ, 光つたやうだつた, 光つたゆき子の眼, 光つたように思, 光つたステッキをつき, 光つたナイフの尖端, 光つたリーゼントの頭, 光つた一つの玉, 光つた一面をもつ, 光つた不思議な頬, 光つた丸帯を出し, 光つた作家の前進性, 光つた儘忽ち風下, 光つた処には魚, 光つた刃をふと, 光つた化粧をし, 光つた印度人の巡査, 光つた原石のダイヤモンド, 光つた四十位の男, 光つた土の上, 光つた坂道を濡れ鼠, 光つた坊主である, 光つた場合には生きてる, 光つた外光の中, 光つた如くに思はれた, 光つた尻尾の尖, 光つた屋根瓦に雀, 光つた岬影の一部, 光つた彼女の眼, 光つた所は水道タンク, 光つた手際は学問, 光つた才能の萌芽, 光つた抽斗の金具, 光つた持物であること, 光つた晩こつそり鶴, 光つた服をき, 光つた村よ, 光つた枯葉や丈, 光つた槍の穂先きが, 光つた機械の前, 光つた機關車に機關手, 光つた此が旅行案内, 光つた洋紙で一面, 光つた湖水があつ, 光つた物象がその, 光つた目をし, 光つた眼差しで加野, 光つた着物などを着せられる, 光つた石を押す, 光つた硬貨がまじつて, 光つた空はまだ, 光つた笑顏に相違, 光つた笑顔に相違, 光つた笹藪なぞが多く, 光つた縁側で裸體, 光つた肌をさらし, 光つた膝小僧が出, 光つた自動車がしゆんしゆん, 光つた色がちかちか, 光つた茶釜と牝鶏, 光つた藪睨みの眼, 光つた處には魚, 光つた虫が青い, 光つた衣服を着, 光つた袴など穿き, 光つた親星があるだらう, 光つた針が, 光つた銀貨をかぞへ, 光つた鋲のついた, 光つた錻力の煙突, 光つた長靴総のついた, 光つた閃光がギザ, 光つた電車が走, 光つた露となつ, 光つた青色の水, 光つた風が地平, 光つた高価な鋏, 光つていやな光, 光つてさうして, 光つてそこには白帆, 光つてそれは本, 光つてひつつれて, 光つてぷるぷるぷるぷる顫へてゐる, 光つてらあ星, 光つてアップに結, 光つて一ぺんひるが, 光つて上を下, 光つて下り鼻下の薄い, 光つて二三町と思はれる, 光つて二十五といふ, 光つて人魚さながらの, 光つて停車場からは白い, 光つて効果はやはり, 光つて午後五時ごろの日, 光つて口からは酒, 光つて名人を見つめ, 光つて向うの丘, 光つて唇が薄気味悪く, 光つて大事さうに並べてあつ, 光つて大変ハイカラに見えました, 光つて少年の視線, 光つて座布團一枚ありの, 光つて彼等は眩し, 光つて往來を流れ出す, 光つて所々に名, 光つて手には銹びた針金, 光つて折柄廊下を小走り, 光つて抛物線がいくつ, 光つて斜めに上, 光つて旅人を寂し, 光つて柱のやう, 光つて水鏡に映つ, 光つて河下へ下る, 光つて泉の湧く, 光つて海面に落ち, 光つて深沈としてすべて, 光つて淵のやう, 光つて滅え去れ, 光つて漾つた, 光つて潜く, 光つて火に舐められた, 光つて矢のやう, 光つて私の胸, 光つて竹矢來の中, 光つて緋色の線, 光つて美濃紙を卷いた, 光つて舟は底, 光つて芝の上, 光つて芝居全体を先づ観客, 光つて蒸發して, 光つて行つた時あの狆, 光つて谷底を, 光つて跳ね上つた, 光つて近所の犬, 光つて通つた, 光つて遊山船の櫓, 光つて道には霜柱, 光つて遥かの山々, 光つて電燈がぱつと, 光つて面に仄か, 光つて頬に渦, 光つて顏は白く, 光つて髭がぴんと, 光つて魚の跳ねる, 光つて鰯の捕れる, 光つぶらな白い, 光つまり豊かなる, 光づけられるのである, 光りかへ, 光てらすとき, 光てりそふ, 光できら, 光でございます子を, 光でございまするが, 光でさえそう云う, 光でさえが後にひどい, 光でしょうか, 光といへる僧, 光としてのタングステン燈は, 光とぞ思ふ, 光とだけになって, 光となツて, 光とによって心乱される, 光とのみ書きて, 光ともやの紫いろの, 光どおりの名, 光どこか生一本, 光どのと呟い, 光ない生涯を, 光ながめてひと, 光なく甘げに, 光なければ埋もれ, 光なごやかに幽, 光なぞは消えさせて, 光なだるるなだら, 光などでも単一な, 光などとともに歌風は, 光などとはまるで違った, 光なども見えて, 光などよりも寧ろオアシス, 光などを光と, 光なみ打ちて, 光ならざるはなし, 光なりきと書い, 光なりと真個に, 光なり罪すべくんば罪せよ, 光なんぞは有っても, 光なんてささないん, 光にあたる黄金の, 光において殘る, 光におけるクリストファー, 光にかへつた, 光にからかはれて, 光にけたれ, 光にしか見えないくらい, 光にずつと目を, 光にだけは邪険に, 光についてという風な, 光にてもわが目, 光にでも乗つたやう, 光にとくるとき, 光にとっては祖父にあたる, 光になつてわ, 光にばツかり, 光にもやさる, 光によりてその形, 光によるだけでなく露, 光に関して地理的にも, 光のうづのやうに夜空を, 光のうへに暗く, 光のこれるはあけぼの, 光のどかに照り, 光のどけき朝日子に, 光のべたるみ空趁へば, 光のみは自由に, 光はげしく闌けに, 光はずつと向うの, 光はたして流祖, 光はだらに, 光はと振り返へると, 光はとはに若うし, 光はなちて行く, 光はにほふ天, 光ははツとして, 光はみへなく, 光はや汝の, 光ばかりで有りますけれども, 光ばかりとを眺むるより外なかっ, 光ばかりの世界な, 光ひかりこぼるる麗らか, 光ひさご通りの, 光ひそまり昼深し, 光ひたと声せず, 光ひっきりなしにつづく下駄, 光ひとつ見えずに, 光ひどく巧く, 光ぴつかりとするばかり人の涕, 光ふかしも, 光への大道路, 光ほどに光つてみえる, 光ほのめき立ち次第次第に, 光ほんとうに明るい, 光までもが皆彼女の, 光まともに我等, 光まばゆし天の, 光まばらになり, 光まぶしげに, 光まぶしい顔を, 光まぶしく野天風呂に, 光みがける欄干に, 光みなあらはれむ, 光みなぎる青空の, 光みめよき孕み猫悠然, 光がうかがった, 光めがけてとんだ, 光めぐるなり, 光めそれきり多日顔, 光もさびしかりけり, 光もっと冷たいもっと, 光もののね色, 光やすらふほとり朱, 光やや強まるなべ, 光ゆらめくときは, 光よし様とか何とか, 光よそよりも明か, 光よというような, 光よともしむわれ, 光よりか少し背, 光よわく遠き千住は, 光るい所へ面, 光わかわかしき血の, 光わが身のま, 光わりに不活溌, 光われをさ, 光をかへしつ, 光をと喘ぐやう, 光をねやの中まで, 光をのみぞ頼む, 光をのみ見て, 光をよこざまに, 光ををくつて, 光を通じて試験を, 光アリ故ニサヽユリト呼ブ五月茎梢ニ花, 光ウ秀エどン, 光オーケアノスに沈み去り, 光ガラス器のきらめき, 光キノを見せた, 光シュッと走っ, 光スペクトルの研究, 光チラと見ゆる, 光マヒゴノカラダモアタマモアタマノケモヤツトフダンノ通リ人間ノ, 光パツと消え, 光リュクサンブールの園, 光ルノガ一層ヨク目立, 光ルノガ目立ッタソレト云ウノガソノ手袋ガ恐ラク佛蘭西製, 光レールには例, 光ヲシテ絶無ナラシメバ聴覚ノ困, 光一つをたより, 光一ツ暗に無う, 光一人男は二人, 光一切人間の胎内, 光一団の申し出, 光一散見事に流す, 光一時にバタバタ, 光一点は巧, 光一筋二筋裾広がりにぱつと, 光一路うねうねと, 光一過うわあッ, 光一閃だも, 光一閃小太郎の脇, 光七八里隔たりても, 光七面鳥は行きとどまらず, 光万物が成熟, 光万頃終宵照殺遠, 光三寸颯々と音, 光三男が忠幹, 光不安な不思議, 光両君の代表的, 光に此身, 光中此の身, 光丸さん気分でも悪い, 光丸はんお師匠はん, 光丸はんうちの妻太郎はん, 光丹波の人, 光のめされ, 光主義の理論, 光久遠に亘る如し, 光乏しき天然の, 光が作らしく, 光事件は, 光二人は月夜, 光二人掛りのよう, 光二十一春秋かぞへいよ, 光二十六年版の, 光云うべくもあらず, 光五度冴え五度, 光五彩の変, 光亜比西尼亜珊瑚の森, 光亞比西尼亞珊瑚の森, 光亨一の字, 光の容, 光人文の注入, 光人顔定かならぬ明る, 光仁天皇御宇の旧制, 光明るい中, 光いづこ, 光今夜はよく, 光今夜ここへもさして, 光今宵ばかりの月, 光今朝や鰯, 光の天, 光他方は闇, 光仙林王国が新た, 光以上の人間, 光以下三人の男子, 光以前のこと, 光以外の燈火, 光以後は公羊學, 光以後愛甲郡毛利に住み, 光は未だ, 光体それに似た, 光かい, 光來者の義, 光例へば螢では, 光は漢, 光信号を交換, 光と一処, 光偽りを許さぬ, 光をサッと, 光となり, 光充溢せる光, 光光光光金の閃光, 光光光金の閃光, 光光女史の事件, 光光正一の因果モノ的関係, 光光金の閃光, 光入湯の所, 光八年に僅か, 光八日見山を首, 光其他を度, 光其自らがたま, 光内膳と数馬, 光を作っ, 光凄く澄み渡る風, 光凄まじく頬の, 光凍れば, 光に爛々, 光出して暖かい, 光出づる迄炎々, 光刀影にビク, 光がよどん, 光分ったよ, 光刺戟によつて, 光をもっ, 光りて, 光しからざるが, 光動き相會, 光動光は四十一年成功雜誌, 光を渾身, 光千万の物音, 光千代の寝, 光千萬の物音, 光助が, 光半ば開きたる窓, 光協会日本社山海堂の七社, 光と槌印, 光厳おまえも気, 光厳さんお前さんも天狗, 光厳さんその後でまた, 光厳帝さまもひとしく, 光厳浄の構成, 光厳院法皇の御, 光遠く見, 光反する方に, 光反射の検査, 光反射鏡の完成者, 光受け口のまつ, 光古い城あとそして, 光古典の命, 光古市播磨守宗珠宗悟紹鴎が風, 光であった, 光新浜正福寺の, 光同じく小次郎などの, 光君看取せよ, 光含院孤峯心了居士元祿七年甲戌十一月二十三日, 光含院孤峰心了居士といへり, 光吾子が昼寝, 光ひて, 光咲き亂れたる花, 光咸豐同治, 光員佐々木高綱堀藤次同じく四郎, 光と相, 光啓年中一種の不思議, 光で検査, 光囂然たる銃声, 光図幅である, 光汝頴の, 光国師モロコシヨリ帰リテ初テ建シ寺也今ハ寺モ菩提樹モナシ畿内ニアルハ昔此寺, 光をなし, 光園對鴎館など好ましき, 光土曜は鼠, 光坊お前は大工さん, 光坊お前やる気なら俺, 光城君この人, 光に入る, 光と迷い入ったら, 光塔街にある, 光は供養塔, 光壁更たけて, 光壮吉時代にはまだ, 光の香, 光夕さり永し芽, 光がなくなった, 光多くの星, 光多ければ神, 光大地に觸, 光大将までいる, 光天上の魚, 光天色次第に金色, 光太からも久振り, 光失せ二十年すぎ, 光失へば, 光女史の事件, 光女魂既に亡, 光如来と呼ぶ, 光宇宙をばその, 光安始め誰もが年, 光に浮い, 光公の, 光実には性信親王, 光室内でかの, 光宮玉の人, 光容円備不異神功, 光宿屋の飯盛, 光として雪, 光寒きから松, 光寺上流の山, 光寺天台宗の妙法院, 光寺良念寺徳雲寺と四軒, 光寿氏著の, 光かへす, 光射し滿つ, 光射し満つ我が丘, 光将軍からむざんの死, 光將軍の時日本, 光尊師は幼い, 光稲と, 光尚も思慮ある, 光尼どのでお, 光尼六代家宣七代家継九代家重十二代家慶十四代家茂などであっ, 光尽きざる物思ひ, 光届きかねたれど木の間木の間, 光届きかねつ心あり, 光屋敷では仲光, 光などにおいては推古式, 光を砕い, 光岩鬼岩蟇岩帽子岩ただ見あ, 光岳君は後藤貞行氏, 光岸浄達信士という卒塔婆, 光峨先生の合作, 光島影に接, 光嶽林明大姉同人妻, 光川さんの外, 光川巡査が出張, 光川左門太押っ取り刀, 光川様あなたはすんで, 光川様藤枝蔵人様が三河屋, 光工廠大爆撃, 光入るか, 光の顕治, 光市上島田より, 光布く限り汝の, 光希望直線暗黒宿命ぐるぐるまひ, 光帯びて, 光に包まれる, 光平原を領する, 光に陰々, 光の毛皮, 光じゃない, 光底長蛇を逸し, 光にあり, 光廉入道長閑斎というあの, 光が, 光の響, 光弱げに飛ぶ, 光強き十五の, 光強くして, 光弾下に青白く, 光弾円蓋火箭ああその, 光弾性的研究や黒田正夫君, 光弾性縞や等, 光形春日雪見などある, 光彩りくりとした, 光影火水このきらびやか, 光より反映, 光彼女の手, 光徐々に薄らいで, 光ならず, 光するや, 光復會を起した, 光見えし, 光微風の快, 光の中, 光快い温かさ植物の, 光思想を食める, 光がある, 光怪しの人影, 光恋しみわれ, 光恋しき玻璃の, 光恩寺の和尚様, 光息づきにけり, 光なくのん, 光悲しげに, 光愛妾のお, 光が留守, 光憂ひの獄, 光憤怒はげしく迫り, 光ふれども, 光我々の知識, 光戟風のあいだ, 光房法力房安楽房等の弟子達, 光投げ柴の, 光が現われ, 光をつひ, 光へられたる, 光放ちて空, 光放てる露の, 光放電の方, 光なくし, 光教総務となっ, 光敬氏から, 光文化の芽, 光斑らの仔牛眼, 光斑点の動き, 光斗牛を射る, 光日光に加はり, 光日光参拝にでかける, 光日精の美, 光旭影満東軒, 光明るく梅の, 光明るし何処やらに, 光などというところ, 光春の面には何, 光昨日新しく大連本社, 光時代の末, 光時代寛永年間のこと, 光時親と代, 光く其甲板, 光智禅尼といった, 光なれば, 光暖かにし, 光と云, 光暗い光燃える, 光暗うして, 光暗しと, 光暗にうごめく黒い, 光べたるみ空趁, 光暴力によってあがなわれたる, 光れる空, 光曇らず海に, 光曇らねど, 光し山気冷然, 光の光, 光朦朧たるほとり, 光朧気に透き, 光木の間を洩れ, 光未だ出でぬ前, 光が生き物, 光敏を, 光来いなと無理, 光来る夜の, 光のあかし, 光林藪しわかねばい, 光栄三郎の背後, 光榮ハ其レヲ維持スベキ物質的條件, 光榮冥王に魂魄, 光榮君に與, 光榮惠まれて, 光榮授くるは, 光榮汝に與, 光榮神に出, 光榮者は彼野口, 光榮至上の, 光榮身にあまる, 光の穂さき, 光様直々のオサトシ, 光樂座で實演, 光次第に衰ふる如く, 光歓びの波, 光正一の因果モノ的関係, 光して, 光残して飛び, 光残りて行く, 光さず洩れて, 光殿賦のうち, 光の身体, 光賣の, 光毫もなし, 光氏式に描かせた, 光民衆の額, 光を非常, 光水気を帯び, 光水氣に和らげ, 光水色ために異彩, 光水茶屋のお, 光沈む影, 光の向, 光油絵の具の匂, 光法衣のてまえ, 光泛日霧初消, 光泰二騎を従える, 光泰先に立て, 光泰片桐助作などに護らせた, 光洩れ來し, 光活力のない, 光に唾, 光派以来混雑の往来, 光派印象派の色彩, 光派的に生かす, 光派風の画, 光流らひに, 光流出柳箭けだし参, 光みて, 光浴む一人はわれ, 光浴む病癒えむか, 光海君以下王妃宮嬪数十人李山海柳成竜等百余人に護られ, 光海坊主米屋のアンニャ, 光消えさる, 光消えざるさきに, 光消えぬ矣簒奪星, 光消える頃列車は, 光淋屏風かな, 光淋風に円く, 光淡くなりもてゆきて, 光淡く浅ましい寝すがた, 光淨菩薩を顏子, 光深井行方の知れぬ, 光渦巻きにけり, 光渾沌のなか, 光満ち夕光に, 光溢れて, 光滋ゼロでエノケン, 光の, 光漲るなかに, 光澄みつつ外, 光澄んだ夜に, 光濁り瞳動くこと, 光の光, 光火事頭巾火消目付の緋, 光火影世漸く将, 光灰色の胸毛, 光炎菩薩太陽マジックの歌, 光炎菩薩太陽マヂツクの歌, 光照りそ, 光炳然たり, 光とともにスツポン, 光照りそ, 光焔万丈をあげ, 光焔世界を現出, 光焔天に冲らしめむ, 光焔背の銘, 光焔頭より肩, 光無うして, 光無く球形に, 光訥子の, 光煙り逃げ迷う人々, 光煙地を這いまわるほ, 光照り添いて, 光照り出でもろ, 光熱等の輻射, 光熱等輻射のエネルギー, 光熱電気等の影響, 光燃える紅しみ入る, 光燈トフローアスタンドノ白日ノ下, 光燈ニスルトラジオニ雑音ガ交ルト云ッテ妻ヤ敏子ハ当時反対ダッタノニ僕ハ視力ガ衰エテ読書ニ不便デアル, 光燈ニ改メタノモ実ハイツカハコウイウ機会ガ来ルデアロウ, 光燦らかに円く, 光といふ球, 光爛々として知る, 光物質中に突入, 光物靜夫が目, 光狙いは胸, 光狭くはある, 光玉並蓮と云つて, 光の歿年, 光王地蔵菩薩の金像, 光はれ出づる時, 光現象に注目, 光琳水ともつかず, 光瑞師は外国, 光はそれ, 光瑶君の一行, 光を争, 光甚酔曜余一分天青瑠璃亦甚清浄表裏, 光生ける者の, 光や甥, 光った山, 光異なる種々の, 光の上, 光もない, 光発しその清し, 光発し見ゆ, 光発し開くただち, 光発ちつつ和, 光白きは晴天, 光白光の入りまじり, 光白日朗らかな眼界, 光白色白光をやった, 光白駒飛ぐるま, 光顯はれ, 光皚々たるヒマラヤ, 光をし, 光盛等をし, 光直射して, 光和する聖徒, 光の智, 光ゆき舞踏室, 光眩き大玄関, 光眩し気に, 光眩しきこと夏の, 光むれば, 光眺めてまじまじ, 光ける光, 光がぶつかっ, 光知るらん, 光という房州北条, 光石君の石, 光砕きつつ朗らか, 光砲火の下, 光硝子で作った, 光を照, 光禄公は康煕年間, 光禄勲徐自為, 光禄卿を申, 光禄太夫従三品銀青光禄太夫正四品上, 光禅尼にはもと, 光禅師を見, 光禅童女である, 光の名, 光じゆくした實, 光と名, 光に射る, 光空間階調構図色彩等の相, 光に逢った, 光筑波根の, 光がほとばしっ, 光篝火の光, 光粒子の存在, 光紫霧の賀瑞, 光紹鴎利休の茶道, 光終日斜にさすなり, 光におちつき, 光経どのの所, 光と二, 光継洞院ノ実, 光の振袖, 光の五代, 光緒三十三年香港の礼賢会, 光緒三十二年に刑事民事訴訟法, 光緒二十九年五月即ち我明治三十六年, 光緒二年に北京, 光緒十二年に建てた, 光緒己丑三月英倫の務め, 光緒己丑三月英倫役満東帰由法国之馬賽口登舟遇日本井上甫水兄, 光緒帝崩御の時, 光緒年代にかけて約, 光緒皇帝がまだ, 光が描きだす, 光いて, 光ひ, 光をかすめ, 光翠髪を薙ぐ, 光耀き永劫に, 光耀く青銅の, 光老士は門弟, 光肥えて炬, 光を投げ, 光から消え, 光であつ, 光も其活動力, 光色ニュアンスそのすべて, 光色彩運動そんなもの, 光色音影声言葉線運動という風, 光色黝然たらん, 光も好し, 光芙美子来る進むべき道, 光芙美子ダンス中ハリキリすぎて, 光花林のごとく, 光花香水酒気煙草が作る, 光茉莉花の, 光茫充満し半天, 光茫場にあふる, 光茫然飛入老婆房, 光に流れる, 光荒々しい身振りや, 光華明彩六合の内, 光華門中華門雨花台等の戦跡, 光華門城頭高く日章旗, 光華門突入決死隊の一人, 光の湿り, 光葉木でその, 光蒸していま, 光蒼白し行く人, 光蓮寺の山門, 光るる燈火, 光薄うして, 光薄き浜びの, 光薄く而し, 光の妹, 光のごと其陰上, 光蠅ふたつをり, 光行く所の, 光より出, 光被せる地方で, 光装置を使っ, 光西洋蝋燭が二本裸, 光見え初め暫くし, 光見ゆるはげに, 光生活準, 光誉春琴恵照禅定尼と墓石, 光護る不思議の, 光譽あらしむ故, 光譽大ならむ, 光豊かなる水, 光象写機に表現, 光象手描を成, 光象生活準志, 光象生産準志, 光賑やかで眩しく, 光に嫁, 光賢卿に松向寺殿, 光までが白光, 光赤色赤光白色白光をやった, 光いたの, 光越しに覗い, 光を成し, 光輪後光籤の光明, 光透きしたたり, 光の刻, 光速度恒常の法則, 光逡巡せる光, 光遍き秋空に, 光達距離は凡そ十里, 光遠く四境を, 光の雲, 光の閃光, 光金学甫とともに三人正面, 光金属的な黄色い, 光金糸雀のごとく, 光金銀をちりばめた, 光鉄窓を洩れ, 光のチャキチャキ, 光鋩一つ動かない, 光鋭き一點の, 光鋭く見つめら, 光錦繍の戸帳, 光鎮む不二ヶ嶺, 光鐵窓を洩れ, 光閉ぢたる目, 光開いた傘つぼんだ, 光の中, 光して, 光降り歌ひつ, 光院殿御尊讐吉良上野介殿討取るべき志これ, 光陰色の閃, 光隈々には届きかねつ, 光を透し, 光隱ろひて, 光から麝香, 光雨中に尾, 光雨土の養分, 光の如き, 光雲煙を破り, 光雲間をわけ, 光電効果のよう, 光電受信機の発達, 光電子の電流, 光電子管の作用, 光電效果的崩壞について考察, 光電流測定の方, 光電現象であるとか, 光電社へ電球包装紙, 光の漂ひと, 光の趣, 光が漂っ, 光青年の顔, 光音言葉のいろいろ, 光韻鏡等の著者, 光からし, 光は出羽, 光顕先生の筆, 光顕子は土佐出身, 光顯子は土佐出身, 光飢え渇き暗やみを, 光飯廃寺のもと, 光が施, 光の女, 光の蹄, 光にもあらず, 光懸照紗空, 光高く燃えあがるに, 光はげ眉, 光に己, 光の閲史, 光鵜舟の篝, 光の巣, 光の声, 光鷺山伊東岳泥股山などの大山高岳, 光鸚鵡貝の螺旋, 光麗色に眩暈, 光麦色已残春壮游未脱風流癖, 光黄ばみて, 光黄色黄光赤色赤光白色白光をやった, 光しその