青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「先輩~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

先ず~ 先代~ ~先刻 先刻~ 先方~ 先日~ ~先生 先生~ 先祖~ ~先輩
先輩~
先頭~ ~光 光~ ~光っ 光っ~ ~光り 光り~ ~光る 光る~ 光子~

「先輩~」 1871, 20ppm, 5700位

▼ 先輩~ (466, 24.9%)

4 お宅, 前に, 家を 3 一人に, 一人は, 世話で, 名を, 眼は, 言葉が, 言葉を, 詞が, 間に

2 [26件] お世話で, お組, ことだ, 一人として, 三輪の, 人々も, 人に, 作品を, 信用を, 勧めで, 句を, 士甚だ, 家へ, 尽力を, 心に, 意見に, 意見を, 方が, 書いたもの, 書物を, 研究, 紹介で, 藤屋八郎氏は, 説に, 説を, 驥尾に

1 [375件] あとを, あなた様の, あるもの, あれは, いかにも先輩, いろいろまちまち, うちに, うち片桐春一北原稲雄原信好の, うわさなどが, うわさは, おやまが, おれの, お伴を, お政, お方と, お方も, ことが, ことなどで, ことを, ごときは, ごとく学問, ごとく身, ご馳走も, それでいて話好き, それとは, ためでしたろう, ために, つとめであり誰, つとめという, ところへ, ひとが, ひとたちにも, ぽんたん, まだ気付かぬ, もっと上手, やつた, スコッチが, ダンサーが, フランチェスコ・タマーニョの, ベンが, ヨネ子から, ルービンシュタインは, 一人から, 一人が, 一人だった, 一人で, 一人を, 一人二人の, 一生を, 一言に, 一言一行も, 万鉄五郎の, 上を, 上手な, 上泉伊勢守殿, 上長者町の, 下に, 不信用, 不誠実家は, 世話に, 中で, 中でも, 中に, 中の, 中わたくしには, 亀次郎にも, 事を, 事務所で, 事業の, 云う事, 云う通り, 京都土産には, 人が, 人たちが, 人は, 人達の, 今日の, 仕事は, 企てし演劇改良策, 体験者の, 作や, 作を, 作歌を, 作風を, 例で, 例に, 侮辱された, 修業の, 傍に, 働く女性たち, 先例を, 先生, 先生の, 先生方や, 内村裕之博士の, 冷笑にも, 冷笑を, 出世談なる, 分と, 判断を, 前へ, 劇作家として, 力が, 力を, 助命の, 努力によって, 勧めと, 医員の, 原信好が, 友人と, 反省を, 口利きで, 口調で, 各方面, 吉田直次郎君を, 同僚の, 同心でありました, 同情を, 同族を, 同窓生で, 名も, 名前を, 命題を, 四宮理学士と, 団十郎に対して, 国学者の, 土肥庄次郎や, 地位を, 坊主に, 堂々たる有様, 報告には, 墓を, 声援に, 多いその, 多くの, 大家方や, 大胆さには, 大胆な, 好意あふれる, 好意で, 妾お, 婦人作家が, 婦人作家の, 嫉視を, 子路だって, 学内行政進出を, 学者が, 学者たちが, 學生間に, 宅で, 定められた学語, 家から, 家が, 家と, 家庭に, 宿を, 富岡と, 対手に, 小説にも, 尻馬に, 尾上松助に, 居候は, 山上さんの, 山上の, 山城正忠が, 山岸外史氏の, 山本とを, 岩井半四郎などの, 島田から, 川口清英君と, 巨魁に, 巽聖歌さんが, 市松にも, 師匠連は, 年功の, 序文を, 弁護を, 弔辭の, 弟子たち親友たちが, 弥次郎兵衛と, 弥次郎兵衛喜多八が, 弥次郎兵衛喜多八は, 彫刻家だった, 彫刻家だつた, 影響は, 彼女より, 彼氏へ, 後について, 後姿を, 御後援, 御意見, 御用聞三輪の, 御用聞石原の, 心さ, 心にまで, 心地と, 心情即ち, 快活で, 恩惠に, 恩顧に, 悪口を, 悲壮の, 意気込みを, 意見は, 感化で, 感情を, 態度を, 憤激する, 手で, 手の, 手法を, 手紙の, 承認を, 招きと, 指導よりも, 挙兵が, 探偵小説作家も, 推賞を, 支持を, 教えを, 文学に対する, 斡旋で, 方は, 方を, 日本訳の, 日観師が, 暮田正香であった, 暮田正香や, 書かれた古い, 書きのこしたもの, 書斎で, 有名な, 服部四郎, 木下尚江は, 木川に, 朱筆の, 東先生という, 某が, 某氏に, 某氏の, 校友諸姉までが, 案外元気, 業績を, 権威で, 機嫌を, 歌の, 歌を, 正香, 死, 死を, 死顔は, 油井伯が, 注視が, 注釈書に, 消息を, 漫画が, 熊本博士を, 熱した頭, 片山先生が, 牧師, 牧師に, 牧野が, 犠牲の, 玄洋社連が, 理解ある, 生涯は, 生駒君と, 用事の, 田楽は, 由, 男らしい音声, 男らしい顔, 留学生の, 番頭理三郎左太松を, 病気を, 発表中の, 発見した, 真意も, 石川五右衛門氏が, 石川五右衛門氏の, 研究に対する, 研究の, 研究は, 祇園と, 私宅へ, 積りで, 立像と, 立場を, 篤実な, 粟生氏が, 精神の, 細君で, 經營し, 罪です, 義務であろう, 義務として, 老僧友月, 老堂守, 老御用聞, 考えとは, 耳の, 職工だつた, 背中に, 胸に, 胸にも, 胸中に, 脇の下へ, 至嘱を, 苦労を, 苦心が, 萬七に, 著書によって, 著述を, 薄命を, 薫陶もしくは, 虚名に, 行跡を, 表情そのまま, 製作した, 襟懐己を, 見識も, 解釈にも, 言うこと, 言うには, 言に, 言の, 言動だけを, 言動は, 言葉だ, 言葉には, 訓を, 許を, 評である, 評論家に, 詩人の, 話にも, 話を, 誤解である, 説くところ, 説く処, 説く所, 説も, 説よりも, 読み物であった, 誰かの, 誰彼と, 諸氏は, 諸算書, 講演殊に, 負傷は, 賞賛が, 足跡を, 身辺が, 近づきがたい, 返事が, 送別会の, 連中でも, 遊学心得は, 過去に, 遺骨の, 野村の, 錚, 門を, 面を, 韋誕といふ, 須永助教授の, 頑固さである, 頬へ, 顔を, 顔色ばかりを, 風貌に, 骨折は, 骨折りが, 高い情熱, 高潔な

▼ 先輩~ (149, 8.0%)

7 して 3 手を, 與へ

2 [12件] 依て, 向って, 就いての, 当って, 敬意を, 相談し, 相談した, 紹介され, 見えて, 迎合する, 酒を, 頼んで

1 [112件] あいさつし, あてこんな, いくらか, いたるまで, いわれて, お仲間入り, お任せする, お命じ下さい, きいて, こう申し上げ, こっそり出した, さんざん自分たち, すべてお世話にな, すまないか, そう自分, たずねるの, ちよつと, つとめて, つれられたり, なつた, なるわけ, なろうとでも, むかつて, めぐり遇つた樣, 一度廃学, 会つた最初の, 会ふこ, 伺ひを, 使って, 依つて, 依囑, 保護を, 傚うて, 先んじて, 冷かされた, 出逢ったの, 半分承諾を, 去年の, 叛逆し, 可愛がられる特徴, 名高い西行法師, 向ひ, 向ふと, 呈すること, 媚びる心, 嫁く, 学び浪々幾年, 対して, 對し, 就いて, 師事し, 当つて, 当り筆者, 当るある実業家, 当る一人, 当る人, 当る園芸家, 当る夢, 当る小説家, 当る山内得立博士, 当る文芸批評家, 当る相馬尚子, 当る詩人, 御願い, 怒られたり, 持つの, 捨てて, 授けられたこと, 接触したら, 教えて, 教えられ初めて, 文学上の, 本草学植物学に, 楯を, 橋本景岳という, 水戸風な, 泣きつき出版社, 熱烈な, 當る, 盃を, 知らるる機会, 紹介状を, 耳を, 背かない樣, 腹の, 見参に, 親むこ, 親シャ, 言ったところが, 言ひたい, 計った, 試験を, 誘はれて, 謀り当路, 譲つた, 負う所, 負ふ, 質問し, 越智彦四郎武部小四郎今村百八郎宮崎車之助武井忍助, 近づかず硯友社, 追随し, 逢いもしくは, 逢ひ, 連れられて, 連れられ赤坂, 違なかっ, 違ひ無い, 金魚屋を, 関したこと, 限られて, 飽き足らぬ乍ら, 高市連黒人が

▼ 先輩~ (118, 6.3%)

2 あつた, ある, 金に

1 [112件] あったが, あったの, ありました, ありましてな, いう, いかに思慮, いた, いたし, いた訳, いつかかう, いて, いても, いなくては, いるし, えらい音, おるよ, お前が, これまで, さきへ, しげしげ来, そこに, その三千円, その負傷者, その部屋, それだけ, それほどの, そんなふう, そんな話, たずねて, のこして, ふと思いつい, まだ帰任, みんなした, やったよう, よくまあ君, ゐたので, ゐた私, 一体どうした, 三人も, 上機嫌で, 人の, 今まで, 今日まで, 仲良さそう, 住む家, 何といおう, 其だ, 創造の, 卒業した, 占領し, 可懐しけれ, 同じよう, 同じ土地, 同じ村, 命がけで, 四国の, 夜に, 大いに居中調停, 大ストライキ, 嫌いだった, 宿所姓名を, 少なくも二人, 帰省の, 建てた家, 彼女の, 後輩に対する, 後進に, 御一新の, 心血と, 忍受し, 思いついて, 恋愛事件で, 揃わぬの, 新進作家の, 早く書かなけれ, 早老だ, 早老であれ, 易読の, 時に現われない, 更に力強い, 校内を, 案出せられ, 次代の, 歩いて, 残した仕事, 残した記録, 残して, 求めようと, 泊つて居た, 海底地震の, 然う, 独逸から, 瓢箪から, 生物を, 男女学生を, 真面目に, 硝子板を, 私に, 立って, 細君へ, 経営する, 自分の, 芸者仲居に対して, 行ったらどう, 言った, 設けて, 誰でも, 造り今, 道化役者なら, 開拓した, 雑誌を, 面番と

▼ 先輩~ (96, 5.1%)

2 また先輩, 後輩を, 私に, 非常に, 頻りともう

1 [86件] あば, あわれむべき哉, いい事, いません, いろいろと, うちそろっ, お前よりも, こう言った, ことごとくこれ, これを, すべて祝詞の, それは, どういう俳句, どうするだろう, どう考え, どれどれと, ないもの, なぜ君, にこにこし, もう一つ船醉, 一人残らず泣かされた, 両手を, 中学を, 井伏鱒二氏一人と, 人の, 今では, 今更の, 伊那の, 余り慎重, 先輩だけに, 其向か, 勿論先生達, 即座に, 古びた神棚, 只管に, 叱つたり, 嘆賞した, 坐って, 声を, 女形の, 如何なる処, 尊敬しなけれ, 山上か, 常に敬意, 幕府方の, 平気な, 引こみました, 彼方へ, 後輩が, 後進を, 怒ったよう, 怒鳴りだした, 急を, 憐むように, 憐憫に, 打揃っ, 拳闘家で, 既に義しき者, 明治二年に, 晩酌を, 書斎で, 最初水戸の, 概ね平俗, 歩き疲れたという, 申すまでも, 神の, 私の, 私を, 私宅の, 笑いながら, 笑い出した, 細君を, 結婚式も, 自分に関する, 艮斎が, 色の, 茶山と, 行つて了つたと, 話を, 語を, 誰も, 頬杖を, 驚いて, 高柳の, 鮎の, 齋藤茂吉氏と

▼ 先輩~ (76, 4.1%)

5 凌駕し 2 つれて, 動かしてこそ, 紹介しよう, 見るに, 頼んで

1 [61件] いたわりかつ, うやまうこと, こころから好い, だまして, ないがしろに, みな師として, もつよう, 主賓として, 乗りこえて, 乗り越えて, 乗越して, 以つてした, 侮る如きは, 傲らしめ後進を, 凌駕する, 呼び出した, 困らせたこと, 困らせるほど質問, 尊び遜って, 尊敬する, 尋ねて, 師と, 待たせて, 得たという, 得て, 恐れるといふ, 悦ばせても, 慕う真実, 折伏し, 抜いて, 持ちすぎて, 持つた私, 持つて, 振捨てて, 救って, 数えること, 晒し物, 有すること, 有って, 欺き犯すこと勿, 歴訪せし, 気取って, 活神様に, 無理に, 狼狽赤面させる, 瞠若せし, 羨ましがっ, 見うるよろこびを, 見出すわけ, 見失うまいと, 見失うまいとの, 訪ねたの, 訪ねて, 訪は, 訪れる先輩, 訪問し, 訪問する, 詣でた式, 起して, 軽蔑し, 追いかけるの

▼ 先輩~ (68, 3.6%)

3 二人ぎりに, 自分との 2 一緒に, 云ふ, 和解する, 相談し, 長者との

1 [52件] あがめて, あまり変り, いうより, いっても, いわれめでたく, しほとんど, なった岸本以下数名, なって, なつて, なるとき, わかれた後, ソリの, 一しよ, 並んで, 云っても, 云つても, 云わねば, 交際を, 仰いで, 仰がれて, 仰ぐ仏蘭西劇作家, 偶然新宿で, 元町通りを, 友人とが, 取り組み合うという, 同じくやはり餌, 同じよう, 同じ部屋, 呼ぶ, 呼ぶならば, 妻の, 威張つてる奴ら, 後輩といふほどの, 後輩との, 後輩の, 手柄爭ひ, 拝んで, 敬って, 歴史とが, 牛鍋つつき, 目黒で, 相談の, 祇園藤次を, 称しハオリ袴, 細君とが, 肩を, 自分と, 見られるよう, 見れば, 親爺が, 諸友, 院長の

▼ 先輩~ (63, 3.4%)

6 あつた 2 この苦難, 貴族院議員で

1 [53件] あつたらしい, あなたの, あらう, あらうの, かつては, かつまた友人, かつまた非常, すらややもすれば, すら余生, その上世話好き, その頃有名, ね蜂矢十六, ぼくは, もうすでに文壇, ブンヤも, 一二回会った, 三輪の, 久しく交っ, 予て世話, 今の, 今も, 今コンミシヨンマチヤント, 今帝国ホテル, 他の, 代數, 伴という, 僕の, 入院し, 劇薬の, 向うでは, 在學中, 女といふ, 安永天明の, 官界の, 将官級に, 尊敬し, 居られるのに, 山椒魚の, 戦前素子は, 房次郎の, 文学に, 料理が, 早くから才名, 早稲田の, 昔は, 有名な, 東京の, 樫田喜惣次が, 海外の, 町の, 石炭に, 西行法師の, 鯖江侯の

▼ 先輩として~ (54, 2.9%)

3 尊敬する 2 尊敬し, 後輩を

1 [47件] いくぶん幅, お元氣, これを, しばしば小杉先生, その指導, それから數年, そんなこと, なかなか敬服, また俳友, もって, 一度でも, 事ごとに, 事細かに, 交って, 仰いで, 信頼し, 加わる事, 助言した, 友達として, 同じ高等学校, 君を, 国史国文に, 実にあの, 実際ま, 尊ばれたといふ, 尊敬できない, 尾佐を, 常に彼, 思いやりの, 恩人として, 慕つて居る, 或る, 持ち上げたもの, 推服する, 敬意を, 敬服し, 最も敬意, 決して甘く, 父親として, 現代スペイン音楽の, 疑を, 結論を, 語って, 譽の, 貢献した, 顔を, 高村光太郎あり

▼ 先輩たち~ (46, 2.5%)

2 の, の噺, の経験

1 [40件] がその, がジャーナリズム, が同人雑誌, が孔子, が当時, が待っ, が星辰, が知らない, が非合法運動, であった, にまじっ, に話したらしかった, に連れられ, のその, の動き, の口調, の家庭, の心持, の性談, の悪口, の気ッぷというものを研究, の紹介, の顔, は, はこの, はどっと, はも少し, は何, は山の上, は当時, は皆ここ, は絶えず, は自然, も予期, も仏教臭味, も感, よりもその道, を相手, を紹介, を除い

▼ 先輩~ (38, 2.0%)

2 友人が, 友人を, 友達や, 審査員の

1 [30件] それから彼, それぞれの, 仲間の, 入院当時の, 前人の, 友人たちが, 友人と, 友人の, 友人も, 友人達や, 友達と, 同僚から, 同僚に, 同僚には, 同志の, 同志諸君に, 同窓に, 応援の, 恩師の, 教導者の, 案内に, 津島君なぞが, 牧師等の, 真面目に, 知人たちと, 知人に, 知人の, 筆者を, 長上や, 長上を

▼ 先輩~ (31, 1.7%)

2 後輩も

1 [29件] あり従って, あるのに, あるよう, いない, かなり要領, このごろは, ない後輩, なく参考画, なければ, ふゆは, またその, まだ言っ, もう私, もて餘, よく口, 亦私, 何とも, 出来引廻, 及ばないほどの, 友人も, 多くある, 少くない, 居たほど, 彼にとって, 皆この, 立役の, 親兄弟, 面くらいそこ, 頬を

▼ 先輩~ (30, 1.6%)

62 と思っ

1 [22件] かの家, からといっ, からね, からカンベン, から親しく, があれ, がね駿三, が彼, が道三, これを, しまた, ぞとよく, とさえいえない, として敬意, とは思つて, と云, と思う, と言われた, などと思っ, なんて良い, もんなあ, アね

▼ 先輩~ (29, 1.5%)

1 [29件] から受けた, から怒鳴られる, がぼく, がむかし竜土会, がズラツ, が大学, が講義, が賛成, が軍法, が順当, だとて, との直接, にずいぶん, には今, に伍, に言わせれ, の人格, の本当に, の眼, の笞, の罵声, の見苦しく, はその, は庸, は感心, は長閑気, も, もいる, も方言

▼ 先輩である~ (28, 1.5%)

1 [28件] あなたは, が令兄, が更に, ことを, この若い, しその, その老, というわけ, という確信, といふ観念, と考え, と考へ, に過ぎません, サン, ロシア語の, 主人の, 元知事目賀野俊道氏, 同志たちが, 山崎君の, 山田氏で, 当時警視庁の, 支那の, 有名な, 楢崎佐保子の, 章炳麟は, 芳川厳太郎博士が, 親戚から, 詩人で

▼ 先輩から~ (23, 1.2%)

2 小説の

1 [21件] おさかずき, お借りした, くれぐれも注意, まず志賀直哉, 二十年後には, 先生に, 学び得た心, 所謂支那料理を, 承け継いだ国学, 承りました御, 教えら, 望みを, 注意され, 田舍者の, 白眼視され, 紹介され, 結婚の, 親しく聞いた, 言つても, 長島に, 陣中見舞と

▼ 先輩たる~ (23, 1.2%)

1 [23件] それが, ものが, アルファの, フォアの, 主人と, 人が, 人の, 俳優にとっては, 国権論派の, 坪内君に対して, 大才, 富井博士は, 山内駒之助と, 川崎も, 情愛と, 斎藤さんの, 斎藤君の, 某作家, 柳田國男君から, 柳田國男君が, 江漢先生の, 申子は, 蛇笏君の

▼ 先輩に対する~ (17, 0.9%)

3 礼を 2 後輩の, 敬意を, 親しみで 1 後進者の, 心持ちとは, 気兼ねから, 礼と, 礼儀であっ, 礼生徒が, 自分の, 謝意に

▼ 先輩であり~ (13, 0.7%)

1 [13件] その人, ながら大きな, またあなた, また穏健, 几董召波あたりより, 劇界の, 同時に同僚, 命の, 師父の, 恩師にあたる, 明智滝川なども, 親友である, 随って

▼ 先輩という~ (11, 0.6%)

2 ものが, ものは 1 のは, ものでありました, ものを, やつは, わけね, 失礼な, 者は

▼ 先輩諸氏~ (11, 0.6%)

3 の怒 1 に学ぶべきだ, に迷惑, の示教, の義慨, への餞, もだんだん, も決して, を少く

▼ 先輩であった~ (10, 0.5%)

1 がふたり, が私, が非, ことは, とは違っ, と思う, のは, 土田杏村氏が, 沼間守一は, 片岡仁左衛門の

▼ 先輩でも~ (10, 0.5%)

1 あった, あったが, あって, あり一部, あり当時, あり恩人, あるの, ない, なく先生, 歴史でも

▼ 先輩~ (10, 0.5%)

3 のである, んだ 1 のだ, のであります, のです, んぢやからの

▼ 先輩に対して~ (10, 0.5%)

2 金の 1 むしろ内心, 事情の, 今日この, 屡, 敢て, 最も不満, 礼を, 起る心

▼ 先輩友人~ (10, 0.5%)

2 に色々 1 が讀ん, が集つた會合, とのツキアイ, に教, の好意, の御, の激励, の驥尾

▼ 先輩~ (10, 0.5%)

2 先生の 1 先生が, 先生と共に, 先生を, 博士の, 友の, 名士を, 士を, 科学からの

▼ 先輩知友~ (9, 0.5%)

1 に暇乞い, に書, に謀り, のすべて, の無言, も君, を煩わし, 並びに出版, 多く見送らる

▼ 先輩では~ (8, 0.4%)

2 ないか 1 あるが, あるけれども, あれど, これは, なくして, 木脇兵蔵野沢小才次菅沼忠三郎それから

▼ 先輩にも~ (8, 0.4%)

1 あまりおらぬそう, つい御, どうしてみよう, 出入り油断なく, 分かって, 別に遠慮, 紹介し, 過ちの

▼ 先輩といふ~ (7, 0.4%)

1 もの, ものは, 事に, 城壁を, 敬意を, 義理の, 言葉には

▼ 先輩とも~ (7, 0.4%)

1 あるべきもの, いわれる人物, 兄とも, 先生とも, 同輩とも, 往来し, 言うべき義髄

▼ 先輩らしく~ (7, 0.4%)

1 もない, 世話を, 慇懃に, 本堂の, 深切で, 聲を, 規律を

▼ 先輩暮田正香~ (7, 0.4%)

1 からのうれしい, から友人, がこの, に面会, のこと, の口, は京都皇学所

▼ 先輩婦人たち~ (6, 0.3%)

1 が早く, が虚礼廃止, に抗議, の徒労, はすべて因習, は全く

▼ 先輩後輩~ (6, 0.3%)

2 の関係 1 であろうか, に面会, の気分, はな

▼ 先輩としての~ (5, 0.3%)

1 利己主義を, 子規居士や, 尊敬や, 私に, 親切という

▼ 先輩なり~ (5, 0.3%)

1 友達なりが, 教育家なり, 第一, 親切に, 議論こそ

▼ 先輩にあたる~ (5, 0.3%)

1 大内青巒氏は, 斯界の, 村松に, 河部といふ, 須永助教授を

▼ 先輩らしい~ (5, 0.3%)

1 優越感に, 先輩といふ, 忠告なんて, 感情で, 暖かさ

▼ 先輩知己~ (5, 0.3%)

1 に宣伝, に戻そう, の好意, は大抵, を訪問

▼ 先輩~ (5, 0.3%)

1 からは, がぼく, に語らせる, の真似, はこれ

▼ 先輩としては~ (4, 0.2%)

1 この田之助, 十分に, 後進を, 木下尚江氏大場又

▼ 先輩との~ (4, 0.2%)

1 いきさつで, いきさつを, ことを, 手紙の

▼ 先輩なる~ (4, 0.2%)

1 が故に, 現左大臣, 鈴木卓苗氏を, 高等学校の

▼ 先輩について~ (4, 0.2%)

1 はじめて国学, まあ模倣原型論, よく研究, 書いて

▼ 先輩への~ (4, 0.2%)

1 同情も, 手紙, 敬意というばかり, 礼を

▼ 先輩作家~ (4, 0.2%)

1 だけは始終, のもと, の悪口, をたよっ

▼ 先輩大家~ (4, 0.2%)

2 を罵倒 1 の仕事, の文学

▼ 先輩師岡正胤~ (4, 0.2%)

1 は当時弾正大巡察, をはじめ, を中津川, を美濃

▼ 先輩~ (4, 0.2%)

1 で白河家, のアク, の牛山充氏, らしい

▼ 先輩諸君~ (4, 0.2%)

1 で, の言葉, の訓戒, もアチコチ

▼ 先輩だけに~ (3, 0.2%)

1 告白ける, 木暮の, 自分の

▼ 先輩だった~ (3, 0.2%)

1 が今, のだった, ので祖父

▼ 先輩には~ (3, 0.2%)

1 かまわず自分, 北沢新次郎河合栄治郎の, 相違ありません

▼ 先輩によって~ (3, 0.2%)

1 一往完成せられた, 代表された, 創められた

▼ 先輩ぶり~ (3, 0.2%)

1 たがるところ, の態度, も一向に

▼ 先輩同輩~ (3, 0.2%)

1 に好かれる, に対して実に, を通じて私

▼ 先輩弥次郎兵衛喜多八~ (3, 0.2%)

1 が到る, が東海道膝栗毛, の足らざる

▼ 先輩諸家~ (3, 0.2%)

1 に買, に買いかぶられ, の批評

▼ 先輩かも~ (2, 0.1%)

1 知れないくらい, 知れぬの

▼ 先輩たり~ (2, 0.1%)

1 しはげ亀, 恩人たる

▼ 先輩でし~ (2, 0.1%)

1 て, てそして

▼ 先輩です~ (2, 0.1%)

1 がいつも, ものね

▼ 先輩といった~ (2, 0.1%)

1 のが, 中には

▼ 先輩とか~ (2, 0.1%)

1 云ふこ, 友人とかの

▼ 先輩とは~ (2, 0.1%)

1 みんな知合いに, 偽だ

▼ 先輩ども~ (2, 0.1%)

1 は, へお

▼ 先輩などの~ (2, 0.1%)

1 やり方が, 死について

▼ 先輩にでも~ (2, 0.1%)

2 呼び捨

▼ 先輩に対し~ (2, 0.1%)

1 あまり尊敬, その生前

▼ 先輩ばかり~ (2, 0.1%)

1 でちいさく, でなく彼

▼ 先輩ぶっ~ (2, 0.1%)

1 ている, てポン

▼ 先輩ぶった~ (2, 0.1%)

1 もしくは兄貴, 言い方を

▼ 先輩~ (2, 0.1%)

1 多くは, 遠慮を

▼ 先輩~ (2, 0.1%)

1 が乗鞍, をも振り返っ

▼ 先輩をも~ (2, 0.1%)

1 加えて, 決して崇拝

▼ 先輩を以て~ (2, 0.1%)

1 みなわが, 居るといふ

▼ 先輩原信好~ (2, 0.1%)

1 が神祇伯白河殿, の住む

▼ 先輩友人たち~ (2, 0.1%)

1 と全部, を見せ

▼ 先輩友人諸君~ (2, 0.1%)

1 の勧誘, の驥尾

▼ 先輩友人諸氏~ (2, 0.1%)

1 に私, の好意

▼ 先輩同輩後輩~ (2, 0.1%)

2 というもの

▼ 先輩~ (2, 0.1%)

1 がこの, はどう

▼ 先輩学者~ (2, 0.1%)

1 との耳, の意見

▼ 先輩崇拝~ (2, 0.1%)

1 ということ, といふこと

▼ 先輩已に~ (2, 0.1%)

2 之を

▼ 先輩庄吉~ (2, 0.1%)

2 の近作

▼ 先輩振っ~ (2, 0.1%)

1 て云っ, て指図がま

▼ 先輩柳八重子女史~ (2, 0.1%)

1 であった, であつ

▼ 先輩~ (2, 0.1%)

1 にももどき, は田楽

▼ 先輩長老~ (2, 0.1%)

1 という, を立て

▼ 先輩長者~ (2, 0.1%)

1 としての尊敬, に向っ

▼ 先輩~ (2, 0.1%)

1 で言つて, をし

▼1* [194件]

先輩それともそう, 先輩からといふので, 先輩からはいろいろな, 先輩からばかりでなくまた, 先輩からも忠告さるる, 先輩これは賊, 先輩じゃないか, 先輩その他水木京太勝本清一郎高橋邦太郎などに會, 先輩ただ今お帰り, 先輩たち無意識なサラリーマンスユニオン, 先輩だけあるの, 先輩だけには話さう, 先輩だけは生き延びさせなければ, 先輩だけを招いて, 先輩だって逃げて, 先輩だの若い女, 先輩だろうと何, 先輩やない, 先輩つきか, 先輩でありますから大兄, 先輩でございまして別段, 先輩でしたから何ご用, 先輩でなくてはここ, 先輩とちがつた, 先輩とてあまりに今, 先輩とでも一つの, 先輩と共に帝国ホテルに, 先輩などは殿軍に, 先輩ならびに友人に対して, 先輩なりに添削し, 先輩なりの考え方には, 先輩なんかでしたらきまり, 先輩なんて可笑しな, 先輩にさえ気が, 先輩にすら躊躇した, 先輩についての自慢話に, 先輩にとっては楽しみが, 先輩によつて研究し尽された, 先輩に対しても皆丁寧に, 先輩ぶつて曰く, 先輩ぶらずに対等, 先輩へも質し申さぬ故, 先輩また友達に, 先輩または馴染の, 先輩までも家に, 先輩もしくは親分と, 先輩やの言葉に, 先輩やら朋友やら, 先輩やらの知名の, 先輩イエーツがやう, 先輩ガ窮屈極マル, 先輩アリ長, 先輩ニコラス・ルービンシュタインに献ずる, 先輩ラシイヌに脱帽, 先輩ルウソオと枕, 先輩ロヨラであつ, 先輩同交詢社, 先輩一人をきめ, 先輩三木清氏との名, 先輩三輪の萬七, 先輩上座として表面, 先輩且つ恩人である, 先輩並びに同輩の, 先輩その人, 先輩中原庸彦中佐の戦死, 先輩二人の創設, 先輩京山が猫, 先輩佐山文随また青年, 先輩保護者上役いろいろ有りうる, 先輩の岸田劉生, 先輩がいけない, 先輩内藤濯氏の近著, 先輩加藤の虎, 先輩北原稲雄の住む, 先輩北小路文学博士でしたが, 先輩十風の命名, 先輩即ち私の, 先輩及友人諸氏の履歴弔詞, 先輩友人五人の同行, 先輩友人等から雜誌, 先輩司馬相如を慕, 先輩同人の考へ, 先輩同僚患者すべての人, 先輩同士もいろいろ, 先輩同志で酒席, 先輩同業を乗り越し, 先輩同業者と同じ, 先輩名護小学校長島袋源一郎さんがまだ, 先輩の真, 先輩塙江漢とはここ, 先輩塙江漢老人をたずね, 先輩塙老人のまえ, 先輩塾生中には湯淺一郎, 先輩増田はと見る, 先輩物理学者パスカルが, 先輩大杉栄氏を訪ねたかつた, 先輩大沢殿と松村殿, 先輩大臣は其, 先輩奧平北湖先生二三日うち御地を過らる, 先輩女中のハツエ, 先輩子供らしく芸術家肌, 先輩尋花去, 先輩小説家の, 先輩山上か, 先輩山崎楽堂さんが続けられ, 先輩山本で増田, 先輩岡本綺堂先生に依っ, 先輩岡見彦曹と云う, 先輩岩崎長世の大, 先輩崇拜といふこと, 先輩秩東作平賀鳩渓らと, 先輩幸田節三に救い上げられ, 先輩幹部に対する批判, 先輩幹部連は現代学生, 先輩弟子の与えた, 先輩弥次郎兵衛氏喜多八氏の如き, 先輩当年の苦心, 先輩後輩間の封建的, 先輩後輩関係背景そして紹介状, 先輩思想家にし, 先輩怪しからんぞ, 先輩意識が起り, 先輩或は周囲の, 先輩折々矢来の, 先輩招待式の様, 先輩指導者としての責任感, 先輩教員らのへつらい, 先輩教授から見, 先輩教育家道徳先生皆多くは読書, 先輩数人を加え, 先輩既に之を, 先輩日本でたつた, 先輩時重博士をたずね, 先輩曾國藩は死に, 先輩朋友の間, 先輩居宣長の, 先輩杉山さんが泊っ, 先輩某氏の邸, 先輩柳家三語楼昇龍斎貞丈尺八の加藤渓水, 先輩柳生石舟斎様そのまた, 先輩柳田君の賜, 先輩で浪士間道通過, 先輩梶新左衛門の眼, 先輩歌人を通じても又, 先輩正香ですら, 先輩武部小四郎先生の壮烈, 先輩水谷準氏, 先輩江戸川乱歩氏と大下宇陀児氏, 先輩載, 先輩津島修治の噂, 先輩洲崎の金六, 先輩熊谷財閥のオン大, 先輩牛山充氏に見せた, 先輩な感情, 先輩直接には保護監察所関係諸氏, 先輩知人でこれ, 先輩石坂氏へのせめて, 先輩稲右衛門を説き, 先輩は立出, 先輩らしい, 先輩総代として硯友社調, 先輩義髄が西, 先輩老人既婚の人たち, 先輩胡翰も蘇伯衡, 先輩自分らがかつて, 先輩芸者の春次, 先輩芸能の舞台, 先輩芸道なる曲舞, 先輩落語家の物真似, 先輩葛西善蔵の暗示的, 先輩葛西善藏の暗示的, 先輩藤野正啓氏に相談, 先輩蟹口運転手を頼っ, 先輩行長の覚悟, 先輩西郷氏の軍, 先輩親戚等に頼ん, 先輩記者の一人, 先輩の如く, 先輩諸兄よスキー, 先輩諸国の経験, 先輩諸子の既に, 先輩諸氏愚昧小生の如き, 先輩豊太閤歿後の大, 先輩金田一京助氏と土岐善麿氏, 先輩長上に対して不, 先輩長上指導者の言動, 先輩に右翼的日和見主義, 先輩関東新報社の社会部長, 先輩はできない, 先輩に門, 先輩を吹かせ, 先輩馬場孤蝶氏は大杉君, 先輩高木孟旦翁の話, 先輩高野斑山翁によつて