青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「先祖~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

先~ ~先ず 先ず~ 先代~ ~先刻 先刻~ 先方~ 先日~ ~先生 先生~
先祖~
~先輩 先輩~ 先頭~ ~光 光~ ~光っ 光っ~ ~光り 光り~ ~光る

「先祖~」 1705, 18ppm, 6214位

▼ 先祖~ (525, 30.8%)

7 代から, 霊が 5 位牌を, 城の, 城を, 墓を 4 うちには, お墓, 中に, 墓が, 墓の, 大婆サン, 霊に 3 お位牌, ことを, したこと, ような, 位牌に, 地だ, 宝が, 徳が, 時に, 骨が

2 [31件] お墓参り, ことは, たましい, 一人が, 中には, 事を, 亡霊どもが, 位牌, 位牌に対して, 位牌は, 功に, 名を, 地は, 地を, 城は, 墓に, 大切なる, 御遺言状, 心を, 拵らえた, 時代から, 有難味を, 死靈が, 真似を, 祭りを, 祭祀も, 菩提寺なる, 血が, 遺品外へは, 遺族を, 魂が

1 [371件] あの混沌, いちども, うずめた財産, うちで, うちに, お仏壇, お告げかも, お心, お棚, お祭り, お蔭な, ことが, ことで, ことである, ことについて, ことにも, こぼした花見, ごとく否, した通り自分, すがた, そんな悲劇, だれかが, ところへ, なかの, なした創業, のこした古い, はなしなど, まだ御, まつりを, むごい御, もう一つ, アダムが, アンリ四世から, ニュウトン先生を, パタシヨン・パタポンなんか, マルグリットの, 一人, 一人に, 一人の, 一海和尚の, 一貫した, 万福寺殿それに, 不正直な, 与左衛門の, 世話まで, 中で, 事でございます, 事業は, 事歴も, 事績として, 井伊直政に, 人が, 人は, 人物の, 仏壇を, 仏様が, 仏様がか, 仕事は, 代の, 仮位牌, 仮髪, 仲麻呂の, 伝説で, 位牌が, 位牌と, 位牌など, 位牌へ, 位牌も, 位置が, 位置を, 作った罪, 供養を, 倒れて, 像を, 儘の, 兄哥を, 先祖を, 光である, 光栄に, 光禄公は, 八幡太郎に, 八幡太郎を, 八幡太郎義家公それから, 六美様の, 冠を, 冥護にも, 出世物語な, 功業によって, 功業を, 功績と, 加藤清正が, 助六, 助六さま, 動く海藻, 動物心理を, 勲功による, 原始感情が, 口吻だ, 古い記憶, 古い順序, 古墳と, 名が, 名は, 名言を, 名跡を, 呉青秀以下の, 呼吸し, 固有名詞の, 土地が, 地か, 地が, 地で, 地でも, 地と, 地先祖の, 地図を, 埋ずめ, 埋めた大, 埋宝個処, 城が, 城だった, 墓は, 墓も, 墓や, 墓参かたがた訪れる, 墓参にと, 墓参りと, 墓参りを, 墓地に, 墓所が, 墓所へ, 墓所を, 墓掃に, 墓石の, 墓石は, 墓碑を, 墳へ, 墳を, 壇には, 壮麗な, 多くは, 大昔の, 天御中主神と, 天火明命を, 天皇は, 女神の, 始めた時勢, 婆さまが, 嫌疑を, 守隨兵三郎が, 安倍晴明以来ここに, 安日, 定家を, 宝物を, 家に, 家督をも, 宿禰にも, 寃を, 寺が, 寺へ, 封じこめた埋宝箇処, 尊氏についても, 尊霊に, 小屋, 山県三郎兵衛は, 巻を, 幽斎老が, 幽霊が, 幽靈, 庄司甚内樣は, 建てた家, 建立した, 弥右衛門という, 当時としては, 形見という, 御事であります, 御名立派に, 御命日, 御廟, 御心, 御手柄, 御旗持, 御殿に, 御蔭と, 御蔭による, 御遺命, 御霊廟, 御魂まつり場, 心に, 怠慢を, 怪奇深刻を, 恥さらし面目ない, 恩を, 恩恵にて, 情緒, 意に, 愛情の, 憩う姿, 戒とは, 手柄で, 抑圧を, 故郷の, 敵なる, 數が, 旧交あり, 旧姓を, 昔を, 昔話としか, 時代に, 時代には, 書いた物, 書き物としか, 村, 村住ひも正に, 染井右近の, 栄誉を, 桝目を, 武功も, 武運に, 歴史と, 歴史を, 残した文化的遺産, 氏神に, 気力を, 汚れ先祖の, 河太郎に対しても, 清正公の, 滅ぼされた原因, 滅んだ戦国時代, 漂浪に, 物を, 物語を, 猿が, 王様は, 甚内樣に, 生活が, 用心が, 男神, 畏敬すべき, 発祥地だ, 百年目の, 真の, 矢張り青眼と, 石坂左門次様が, 石塔を, 石川五右衞門樣に, 石神重助という, 碑の, 祀りに, 祀りを, 祀を, 神だったろう, 神と, 神様と, 神社が, 祟りであるとか, 祭り日と, 移住に, 立派な, 竹内スクネこれらは, 竹翁が, 系図を, 経験を, 綾姫を, 罪と, 罪の, 罪ほろぼしに, 罪業を, 羅馬王家の, 考えた宇宙, 者に対しても, 耻辱家系の, 肖像が, 肖像と, 肖像画が, 肖像画を, 肖像画二枚と, 腦神經系統を, 自伝の, 自由の, 花川戸の, 苦しみや, 苦心を, 茂左衛門基治は, 荒っぽい血, 荒廃した, 菩提寺へ, 菩提所が, 落伍を, 血だ, 血の, 血は, 血を, 血液が, 衆の, 行き届いた注意, 行状功績等をも, 親房という, 言い伝えだ, 言い伝えに, 言い残しにも, 言葉が, 言葉じゃ, 言葉である, 言語に, 計算を, 記念として, 記憶が, 記憶を, 訪問の, 設計に, 話だった, 話や, 誰かが, 誰かに, 誰からか, 財産へ, 贈物の, 跡を, 身分に関する, 身分職業を, 軍談を, 軍配であった, 近衞家, 迷信が, 連枝ながら, 運命を, 遺体せめて, 遺品として, 遺旨, 遺物まで, 遺産も, 遺産を, 遺筆も, 遺言が, 遺言だの, 遺言などが, 遺言通りに, 遺風を, 遺骸の, 邑落の, 酋長が, 鎮西八郎為朝公じゃあ, 開きたる所, 間に, 陰徳として, 陰気な, 隠した大金, 霊と, 霊との, 霊に対して, 霊に対しては, 霊の, 霊前に, 霊牌を, 霊魂を, 青山道斎が, 面を, 鞭を, 音丸久能は, 頃だらう, 頭から, 顔に, 顔も, 骨を, 鬼が, 鬼を, 魂も, 黒ずんだ肖像画, 黛芬姉妹から, 鼻の

▼ 先祖代々~ (151, 8.9%)

10 の墓 5 の位牌 4 の墓地, の家 3 の財産, の進化, 之墓

2 [12件] からの遺伝, から伝, から伝わっ, から遺伝, が進化, の動物, の商売, の宗教, の家業, の屋敷, の血統, の霊

1 [95件] お船手頭, からのこっ, からの堅い, からの宝物, からの宝石好き, からの山, からの百姓, からの習慣, からの農民, からまだ, から伝わった, から其の, から受け伝え, から子々孫々, から流れ伝わっ, から禄, から稟, から積み重なっ, がここ, がせっかく, が住ん, が体験, が何度, が古めかしい, が命, が生れ, この地方, ずッ, だけれど, つたわッ, とともにお, と囘向, に当る, のお, のたくさん, のやり方, のノレン, の乞食, の人, の人々, の仕来り, の何億, の信心, の医業, の古文, の商人, の土蔵, の堂上方, の姿, の宝, の宝物, の家伝, の小さい, の形容, の御, の御霊, の忌日命日, の志, の戒名, の故郷, の日本人, の業, の様々, の正しい, の江戸ッ子, の無上, の爐, の物々しい, の瓦落多, の百姓, の相模屋, の石塔, の祕傳, の禅宗, の秘密, の精神生活, の精霊, の者, の職務, の肖像, の肖像画, の臣下, の苦心, の蓄積, の諸, の貧乏大名, の連中, の都会生活, の魂, やつて來, よりの齋藤一家, より困窮, 伝わる家宝, 執念深いの, 食べないの

▼ 先祖~ (142, 8.3%)

3 住んで 2 この土地, どこかに, 建立した, 生きて, 百姓を

1 [129件] あったの, あの人, ありまして, ありもっと, いまだ水中, いまだ猿同様, おやぢ, お遺しあった, お釜, かかる場合, かくして, かつてはなはだ困難, ここに, この山, この戦役, これを, しこたまためこん, しこたま溜めこん, したごとく附会, そうであった, そうとは, その中, つくった贋物, どういう訳, どこに, どれだけ, なく自分, やって, 一つで, 七八十年前に, 七分禄を, 上方下りで, 乙姫に, 二本の, 人を, 今の, 今も, 他日の, 代官を, 何かの, 何らかの事情, 偉くても, 兵を, 出て, 出る前, 出立したる, 切取強盗, 初めてここ, 勳功に, 同じ兄弟, 名づけたこと, 嘗てそんな, 国王より, 大川村の, 大陸からの, 天皇だ, 天皇だった, 奥方や, 存在せず, 実際動かし, 寂しかった, 富士を, 封じたもの, 居られた時代, 巨大異, 平家であろう, 幾分か, 幾度と, 建てさ, 建てて, 征途に, 御用達を, 戦功を, 拝領した, 掘り下げて, 斉に, 斯様な, 昔の, 最後の, 木曾に, 来たり, 権現様から, 此の, 死の, 死際に, 殺したんで, 池速別皇子という, 狐と, 獲得した, 王族から, 生國, 男に, 皇胤名流であっ, 相州の, 矯正しない, 祝賀の, 神武天皇に従って, 立てた一流, 笑を, 築いたん, 簔虫や, 経験した, 結った日本髪, 經驗した, 繰返しおびやかされて, 義朝と, 聖武天皇の, 芋の, 落ち込んで, 落伍した, 蝦夷の, 見ては, 語り興じたいろいろ, 誰も, 象と, 象徴を, 起き上り, 起伏す, 造り出したの, 運動の, 遺したと, 里人の, 鍛った, 関ヶ原あたりで, 関東から, 須田房吉の, 馬と, 鬼だった, 鰐に

▼ 先祖~ (140, 8.2%)

2 アダムである, 食人種であった

1 [136件] あの時平, あの池, いい先祖, いずこから, いつしか陰翳, いづれ渡來民族, おのおのその, きっと一家, こ, この乱, この国, この地, この楼台, この法神流三代, これで, こんな大きなもの, さう, じつは動物, そそっかし屋揃い, そのとき, その生涯, そも何地, それぞれこれらの, それを, ちょうどここにいなさるからすさんのご先祖, どういう方, どこか, どこから, なぜこの, みな旅から, みな無給で, みんなを, もと川上の, もと府下, よっぽど寝不足, よほどかわり, アダムだ, ザクセン王国の, フランドルの, 一億萬年もの, 下野の, 中央アジアより, 人様の, 今から, 仏陀御, 代々この, 代々津軽藩の, 何と仰, 何も, 信州上田の, 六孫王経基と, 冬の, 出羽の, 勝利者で, 北畠親房で, 十八大通と, 十六歳の, 参河国苅屋の, 吉利支丹宗の, 同じである, 同じよう, 同一である, 土蜘蛛では, 土雲だ, 士分では, 士族とは, 多分かう, 大いに違う, 大して古く, 大倭大根大神という, 大金持, 太古から, 失意の, 安日長髄, 小田原に, 小田原北条の, 尾張国寺本に, 山上の, 己が, 常陸坊海尊, 彼等の, 忍術という, 悪い予言, 播州から, 政宗, 敗北者で, 明るい大地, 朝廷を, 東山将軍義政に, 楚の, 楠家から, 権現様より, 武家出で, 永年顧問官や, 江戸に, 決して徳川氏封建末路, 浦粕町の, 海から, 炭屋を, 爬虫だ, 狼だ, 猛獣毒蛇に, 猿かも, 猿である, 猿でしょう, 白痴だ, 百姓か, 皇胤名流であった, 盆の, 相当に, 神, 神八井耳命から, 神様に, 福島正則が, 穴に, 約三十万年前, 細川高国の, 老子だ, 菊池の, 蒲冠者範頼から, 蛇である, 言外を, 詩と, 誰々だ, 諒と, 赤手を, 通り名の, 遠州, 部落の, 金沢の, 長髄彦, 阿倍の, 青山監物とは, 高名, 高貴の, 鯰であった

▼ 先祖から~ (77, 4.5%)

6 伝わって 2 傳はつた, 分かれ降ってから, 分れ降つたこと, 来て

1 [63件] うけついだ船宿, この家, して, ない内, 人と, 今まで, 代々さう, 代々貴様までも, 伝えて, 伝えられた家業, 伝えられて, 伝はつた, 伝わった, 伝わったよう, 伝わった仕事, 伝わった天国, 伝わった家, 伝わってるもの, 伝わるところ, 伝わる由緒, 伝わる遺伝, 伝来の, 出た他, 出た同族, 出た血, 分かれ降り, 分れ降つたもの, 南朝方に, 受けた習慣, 大事に, 子孫へ, 子孫へと, 岐れ出, 御坊を, 恐らくはあの, 承けついだ吸血病, 承けて, 持ち伝えた山, 持ち伝えた山林, 持ち伝へた山林, 持ち伝へた病気, 持ち傳, 數へて, 残されて, 生じたもの, 生まれたもの, 継承の, 譲られた家督諸道具その他一切, 譲られた家督財産その他一切, 譲られた廃屋, 譲られた迷信, 譲られた遺産, 譲り渡された物, 起こった, 起こって, 道場が, 遺伝された, 遺伝し, 遺傳, 金陵に, 門外不出と, 降り同一, 陝に

▼ 先祖伝来~ (55, 3.2%)

2 と誇っ, の伝え, の大切, の家具, の家禄, の物, の鎧櫃

1 [41件] この風, とは申せ, のこれ, のふるさと, のもん, のわずか, のコミンフォルム様, のパッパ様, の何物, の切支丹, の名刀, の品, の商売, の堂々たる, の大, の天皇様, の定め, の宝物, の家, の家屋敷, の家屋田畑, の小さい, の庭木, の所謂恒産, の掟, の時計及キヤベツ, の正統, の田地, の田畑, の盆踊り, の知行所, の祭事, の秘法, の稲扱万牙, の莫大, の軸物, の途方, の通力, の遺言, の饅頭種, はともかく

▼ 先祖~ (53, 3.1%)

2 しては

1 [51件] あやかり他, お供えした, さかのぼってまで, ささげられた後, して, してやるから, すまないじゃあ, すまないの, どう顔向け, なったという, なりました, なるべき笑い, なる場合, もつ瀬戸家, もつ閨秀作家たち, ソンナ徹底した, 一人の, 事うる, 代って, 何か, 光栄を, 切支丹の, 劣らざる勇気, 勧善懲悪説あり, 合する, 多少の, 大変に, 大臣が, 對し, 帰化人が, 弓削, 当るお方, 当る人々, 当る或, 当る神様, 支配被, 敬意を, 斬られた顔, 武人が, 比べると, 済まない, 済みませんわね, 申し訳が, 相州の, 祭りあげる, 負けないえらい, 貴き者, 違いない, 遡って, 顔が, 鷹匠が

▼ 先祖~ (53, 3.1%)

2 尋ぬれ, 祀つて

1 [49件] お祀り, お調べ, けがし子孫, たずぬると, たずねられると, たずねると, たずねれば, ただせば, はじめ十七代も, まちがえばかり, もちながら, ゆるがせに, 一人残らず拝まし, 亡ぼして, 仏だ, 侮辱する, 助けたの, 同じくする, 埋められたと, 妖怪として, 尊び玉, 尊むと神明を, 尋ぬる, 尋ねて, 崇び墳墓の, 崇め尊ぶの, 引導す, 後世に, 忘れて, 拝むの, 持ち同じ, 捕えて, 敬うべし, 書くか, 死せりと, 狂人の, 申せとある, 異にする, 祀つたの, 祀つた殿, 祀るもの, 祭り老人を, 祭り骨を, 祭ると, 祭るもの, 絞め殺したこと, 絶えず脅かし, 記念する, 説くに

▼ 先祖~ (45, 2.6%)

4 すること 2 なって, 一緒に, 申すもの

1 [35件] あの女, いえば, いっしょに, する考, する者, それから親戚, どちらが, なつて, なり都会工場, なるべきもの, ほとんど同じ, ほとんど同一, ます御, 両親の, 云ふと, 人間の, 兩親との, 出雲國造の, 同じく終に還る, 同じであっ, 同じもの, 吾等の, 坐す天孫瓊, 子孫とは, 将門の, 思われる天狗煙草, 成つたと, 推定せられ, 申せば, 神棚の, 縁の, 見ること, 言はれ, 認めら, 説く神話

▼ 先祖~ (42, 2.5%)

3 御一統

1 [39件] ありがとうと, お名, かも知れない, からの財宝, が乗っ, が無心徴発苦, が若い, と申せ, と言う, なん, なんぞは大方, にたいしてもそ, にもすまなえつ, にも又, にも相, に会い, に対してなりませぬ, に対して済まない, に対して申訳, に申しわけ, に顔向け, のお, のまつり, のよう, の位牌, の墓, の御, の御座, の着た, の祀り, はといえ, へ, へお詫び, もみんなおい, もめづらし, や日輪様, を持ち出す, を祀った, 何卒純一

▼ 先祖さま~ (30, 1.8%)

1 [30件] お心, から伝えられ, から譲られた, がさう, が如何にも, が引き合わせ, が慶長元和, が見, が遺言状, が馬籠, でも, といふばかりでなく, にお目にかかり, にはまことに, に対しても申しわけ, に申しわけ, のお, のやう, の力, の日, の菩提かたがた百五十年祭, の遺言, の遺言状, はよい, は東山将軍義政さま, は永昌院殿, みて, もうしろ, も仰っし, を思ふ

▼ 先祖からの~ (26, 1.5%)

2 歴史の

1 [24件] この三輪, この家, しきたりだ, やしきであるイギリス, 主君の, 云い伝え, 仏壇を, 位牌が, 剣法を, 地を, 墓地を, 官途の, 家の, 家伝による, 屋敷に, 屋敷の, 持ち傳, 掟を, 書附も, 田畑を, 由緒書きだ, 財産が, 財産を, 鯉が

▼ 先祖~ (23, 1.3%)

2 を得た

1 [21件] というもの, に, にはかう, には何故か, には年次, には錦橋, にも及んだ, に上り, に云, に影響, の寛保二年錦橋八歳, の文, の方, の錦橋, は元治元年, は奈何, は此家, を借る, を受理, を差し出した, を引き

▼ 先祖たち~ (20, 1.2%)

1 [20件] から受けた, から現在, がいた, がきっと, がその, が自分, に代っ, の中, の信仰, の各, の火花, の肖像, はそういう, はみんな, はむしろ, は自然, は近隣, ばかりだった, もどれほど, やこれから

▼ 先祖以来~ (20, 1.2%)

1 [20件] ご恩顧, たくわえた金銀財宝, の, の剣道, の副業, の国土, の大, の家, の家格, の屋敷, の御, の徳川, の恩, の慣れた, の教え, の物, の祭り事, の遺伝, の関係, の面目

▼ 先祖~ (18, 1.1%)

4 昔は 2 あつた, えで 1 その昔, 一番えらい, 亀右衛門, 其の時, 夫餘から, 徳川家康公とは, 怖しい, 毎年の, 白井半之, 顏役とは

▼ 先祖~ (13, 0.8%)

3 対して 1 与え斯, 告奉りて, 対しても, 対し家名, 対する心, 済まないから, 済まない上, 相済まん, 言いわけ立つベイ, 賜わった者

▼ 先祖~ (13, 0.8%)

1 [13件] お喜び, この明神, この河, ひとつの, キリシタンを, 五十や, 同じこの国, 天照大神の, 孫も, 山に, 播州から, 考えること, 野州塩谷郡塩原村で

▼ 先祖より~ (13, 0.8%)

1 [13件] さらに一層の, 伝わりたる財産, 伝わる幾万両, 伝わる秘宝, 分派し, 子孫に, 子孫へ, 子孫を, 家宝として, 日本人の, 讓られた, 起こり魚類, 遺言状の

▼ 先祖~ (11, 0.6%)

2 ということ 1 か実は, そうです, ぞ, といつか汽車, と云う, と父, と言い做し, と言つて, な

▼ 先祖たる~ (8, 0.5%)

1 に耻ぢ, ものは, フリードリヒ・ウィルヘルム公, 忠行の, 無花果などを, 瓊瓊杵尊との, 菊池氏も, 饒速日命と

▼ 先祖である~ (7, 0.4%)

2 とは云われなかった 1 といふ傳説, ところの, 呉青秀の, 所の, 魚の

▼ 先祖~ (7, 0.4%)

2 へお詫び 1 で通つて, にお, に合せる, への申澤, へも御

▼ 先祖という~ (6, 0.4%)

2 のは 1 のも, ものが, ものは, 事じゃが

▼ 先祖には~ (6, 0.4%)

1 あったもの, お百姓, 六字の名号, 前通りの, 濟ま, 護り袋

▼ 先祖傳來~ (6, 0.4%)

1 の古家, の大, の所謂恆産, の田地, の糠味噌樽, の蓄積

▼ 先祖~ (5, 0.3%)

1 のこと, の季節, の時, は複雑, をする

▼ 先祖にも~ (4, 0.2%)

1 すまない, 上げて, 優れた砲工兵, 死んだお父さん

▼ 先祖に対しても~ (4, 0.2%)

1 何の, 済むまいがな, 父上に対しても, 申し訳が

▼ 先祖がた~ (3, 0.2%)

1 の裔, の霊, への面目

▼ 先祖へも~ (3, 0.2%)

1 申しわけありません, 申しわけが, 面目に

▼ 先祖代代~ (3, 0.2%)

1 のこの, の墓参, の殿様

▼ 先祖御一同様~ (3, 0.2%)

1 がどんな, に誓つて, の前

▼ 先祖調べ~ (3, 0.2%)

1 が始まります, をし, を行っ

▼ 先祖道斎~ (3, 0.2%)

1 が建立, が村民, をはじめ先代吉左衛門

▼ 先祖~ (3, 0.2%)

1 と我と, に顏向, は誰

▼ 先祖さん~ (2, 0.1%)

1 からのしきたり, のおられる

▼ 先祖といふ~ (2, 0.1%)

1 ものが, ものは

▼ 先祖とても~ (2, 0.1%)

1 人間である, 同じこと

▼ 先祖なし~ (2, 0.1%)

1 に初, に生まれた

▼ 先祖については~ (2, 0.1%)

1 こういうお話, 昔の

▼ 先祖に対して~ (2, 0.1%)

1 申しわけが, 相済まぬ

▼ 先祖のみ~ (2, 0.1%)

1 たまも, 霊に

▼ 先祖よりの~ (2, 0.1%)

1 御遺言状, 貴かりし

▼ 先祖をも~ (2, 0.1%)

1 フチと, 追い越して

▼ 先祖~ (2, 0.1%)

1 元ト是百済人也, 遠イ昔ハ江州商人

▼ 先祖以來茨城~ (2, 0.1%)

2 の結城郡

▼ 先祖伝来派~ (2, 0.1%)

1 の旗頭, は利益

▼ 先祖~ (2, 0.1%)

1 に御, の遺命

▼ 先祖清正公~ (2, 0.1%)

1 の霊, はここ

▼ 先祖細川幽斎~ (2, 0.1%)

2 のこと

▼ 先祖譲り~ (2, 0.1%)

1 の大きい, の揃い

▼1* [129件]

先祖両親の, 先祖ここに地下, 先祖さま今日は, 先祖さま達も紅い, 先祖その外の, 先祖だけあって, 先祖だけはいっしょにと, 先祖だったか知れぬ, 先祖ちふのは, 先祖ってえもの, 先祖であった或る, 先祖でも何でも, 先祖として仰ぎ奉る彦火火出, 先祖とて何の, 先祖とともに高天原なる, 先祖との光りが, 先祖とは兄弟である, 先祖とも言われるべき道化人形, 先祖どもが腐, 先祖などもすぢ, 先祖なら恥かしい, 先祖なり子孫なりが, 先祖なりと出し居る, 先祖なんかが日輪を, 先祖にあたる大谷源兵衛老人は, 先祖にあたるもの秦時の, 先祖にたいしてもうしわけの, 先祖にたいしましても子孫に, 先祖はどいつもこいつ, 先祖はねそんな言いつたえ, 先祖への顔が, 先祖へまでも恥を, 先祖め故郷ぼ, 先祖らしいお互, 先祖ていうわけ, 先祖一人而も其の, 先祖七代までの間, 先祖七葉などと記され, 先祖代々ここの神殿, 先祖代々これにばかりは叱, 先祖代々のであろう, 先祖代々七八代も続き, 先祖代々刻み着けて, 先祖代々子々孫々までも憤つ, 先祖代々家老は家老, 先祖代々川下の河内平野, 先祖代々師と仰がれし, 先祖代々息子が嫁, 先祖代々本能的に天朝様, 先祖代々異国と御直, 先祖代々百年も使い馴らした, 先祖代々芸術家を好き, 先祖代々馬廻りで候, 先祖代々魚爬虫猿等の生活器官, 先祖代代安喜香我美南郡はかせ頭役仕来, 先祖代代日本橋のほう, 先祖以来ここに六代, 先祖以来わしどもはその, 先祖以来一人格と見, 先祖以来二千六百年来の皇恩, 先祖以来公儀の眼, 先祖以来桐を用い, 先祖以来禄盗人であったという, 先祖以来穴倉に隠し, 先祖以来茨城の結城郡, 先祖以来藤原家がこの, 先祖以来貨殖の道, 先祖伝来大切の宝, 先祖伝来物だが, 先祖伝来秘蔵の名刀, 先祖伝来門外不出の言い伝え, 先祖御入國, 先祖は江州坂田郡勝村, 先祖其角の住家, 先祖を奉じ, 先祖十二人の棺, 先祖又右衛門の名, 先祖及び火という, 先祖后稷ここに棄てられた, 先祖塩原多助の書類, 先祖外河美濃守が, 先祖大場甚内樣大坂夏冬の陣, 先祖天兒屋根命が天照大神, 先祖孝行かしれぬ, 先祖安倍晴明殿のため, 先祖安藤五郎と云, 先祖宗介様が正親町天皇天正年間, 先祖宗武卿がお, 先祖家時公の置文, 先祖山浦常陸介様以来の家名, 先祖島村弾正が尼崎, 先祖巌上甕猿は, 先祖平田将監が主君新免氏, 先祖忠秋以来ちと頑固, 先祖思いなので, 先祖慶長の頃, 先祖摂津国池田より相州鎌倉, 先祖文石大白君と共に斉, 先祖早雲入道これを築き, 先祖書中錦橋の条は錦橋自己, 先祖書初代瑞仙の条, 先祖有賀長伯一家の歌學, 先祖朝秀卿の行き届いた, 先祖末代がけであった, 先祖護りくれた族霊, 先祖正成より伝わりました, 先祖武内宿禰以来韓土と交渉, 先祖武蔵の久下二郎重光, 先祖武蔵国府中より罷出, 先祖犬山姥を殺し, 先祖田原藤太秀郷の郷, 先祖由緒深い血筋, 先祖相伝予が家僕, 先祖相伝余が家僕, 先祖神霊の御, 先祖累代の墓所晝猶, 先祖義家公にも奥州征伐, 先祖肥後守清正が一代, 先祖観阿弥清次が応安, 先祖途中で狼, 先祖江守政一樣以來茶道の, 先祖重代の刀, 先祖金丸王の金, 先祖鈴木所兵衛と対談, 先祖長髄彦以来のもの, 先祖青山道斎のこの, 先祖音丸久能の怨み, 先祖重公, 先祖高清入道のとき伊