青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「住民~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

低く~ 住~ 住み~ ~住む 住む~ ~住ん 住ん~ 住宅~ ~住居 住居~
住民~
佐~ 佐々~ 佐々木~ 佐渡~ 佐藤~ ~体 体~ 体系~ 体験~ ~何

「住民~」 1245, 12ppm, 9105位

▼ 住民~ (327, 26.3%)

5 中には, 大部分 4 ために, ように, 多くは, 数が, 有無を 3 勤労が, 数を

2 [19件] 三分の一は, 健康には, 多数は, 大多数, 女の, 存在を, 家を, 心に, 手内職である, 数は, 生存に, 生活が, 生活に, 生活の, 百姓達と, 移動が, 約四分の一, 衣食住, 迷信を

1 [253件] あること, あるもの, ある者, いかなる人たち, いるところ, いろいろな, うちに, ことごとくを, ことで, ごとく桐, さまで, すべてを, そのよう, それに, ための, どれよりも, なかに, なんという, ほとんどが, めい, ような, ゐない家, フィン人は, モン族の, 一人, 一人かとも, 一人が, 一人です, 一人を, 一人二人に, 一般的健康に, 七割強が, 三, 三分の一ないし, 上に, 不可解な, 不安は, 不足し, 中から, 中で, 中でも, 中にも, 中別居し, 主たる食糧, 九割が, 九割は, 九割九分までが, 九十パーセントは, 事です, 五十倍もの, 人別に, 人數を, 代表者を, 体格面相とか, 体格面相など, 佳い音楽, 使った土器, 使つた土器がか, 保存された, 信仰一途の, 信仰厚, 信用を, 信頼と, 信頼も, 倦むこと, 倭種たるを, 偉大な, 健康状態は, 先祖は, 入って, 六分の一と, 内で, 分布薄疎, 動揺は, 動静を, 半ば以上を, 半分が, 半分ちかく, 半分を, 半数は, 半数以上が, 参拝が, 受持ちの, 合意が, 向背に, 向背は, 命は, 四パーセントしか, 國な, 地方住民に対する, 塩にたいする, 境遇を, 増加には, 外は, 多くが, 多くの, 多数を, 多數, 夢を, 大群は, 大部は, 女だった, 女と, 姿を, 子孫には, 子孫の, 学校程度の, 宅に, 宇宙始源に関する, 安泰無事加へて, 定住性土着性が, 宣撫といふ, 家は, 家号に, 家宅の, 富源と, 対自然観を, 尊敬する, 尊敬も, 山間に, 幾割が, 復帰する, 心の, 心理に, 心理は, 心臓を, 心身に, 必需品の, 思想的自由の, 怠慢と, 性質に, 性質を, 性質如何は, 情けに, 愛好飲料と, 憎悪は, 懶惰極まる, 戸籍を, 手に, 投票を, 指紋を, 文明進歩の, 旅立ちその他すべて, 春季大祭に, 最大部分を, 服従を, 本家なり, 来歴が, 果して何割, 構成が, 構成などが, 横穴だの, 歌声が, 歓迎について, 歸る, 死活にも, 殆ん, 残したもの, 比率である, 気ッ風に, 気持が, 気持を, 気風の, 水際だった, 永年に, 漂流が, 無智, 父祖から, 物解り, 特異な, 状態や, 生命を, 生存を, 生態をさえ, 生活との, 生活とを, 生活にまで, 生活は, 生活を, 生活力と, 生活意欲の, 生産的労働は, 生計は, 産業を, 用いたもの, 用ゐる, 男手が, 畏敬を, 白血球は, 皮膚も, 直接の, 直接投票に, 禍福に, 移住が, 立場としての, 笑いと, 粗野な, 約五分の四, 約十分ノ一, 結婚式を, 絶望の, 羅布人が, 義務を, 考えても, 耳に, 脂汗と, 臨時の, 自治原則確立日独に対する, 自発的な, 自發的活動力, 自立権の, 興奮が, 航海状態から, 良心を, 行動に, 行為を, 衛生状態に, 見聞も, 視角に, 言語反省が, 記憶及び, 証跡とに, 負担が, 負担と, 貧乏な, 身長は, 農業上の, 迷惑にも, 逃げた後, 運命でした, 過剰と, 過半が, 過半数は, 都合で, 長い記憶, 間では, 間に, 間には, 間にも, 間の, 闘諍盛衰が, 階級職業によ, 階級職業によって, 難を, 難澁, 霊を, 非常な, 非常手段による, 頭に, 顔色は, 風俗も, 食べるオートミル, 骨が

▼ 住民~ (217, 17.4%)

3 これを 2 主として狩猟, 牛羊の

1 [210件] あくまで勤勉, あまねく旅行家, あるいはかえって, いけません, いつの世どの, おたがいに踏み殺し合う, かかる有力, かねて, かわるがわる来, ここでも, ことごとく切歯扼腕, この一語, この二年間, この平等, この異様, この種類, この誰, これには, ごくわずかな, ごく少ししか, すっかり逃げ, すべて屍体の, すべて鉄の, そこの, その住居, その地形的特徴, その子孫, その都市的共同組織, その面貌, それが, それきりイデンに, たいていバッブラッブベエダ, たいへん困りました, たうとう, とうの, とにかくとして, どのくらいも, どれも, どんどん家, ぶうぶう云う, ほとんどマホメット, ほとんど存在, またおそろしい, まだかうした, みな親切である, みな避難し, みんなよい, みんな木戸の, みんな死んだ, みんな殺される, むかしの, もう連年, もとより全, わざわざ食物, われわれの, アイヌとは, エヴァキュエート, オコオタ河が, カンカン虫, スラれない, ミュンヘンよりの, レスパネエ夫人と, 一つの, 一人残らず, 一時かなり, 一種の, 一般に, 三倍の, 不意うちを, 世態の, 九十戸ばかりの, 予てから独逸人, 二十七家族で, 二十九日爆弾の, 二十九日間穀物を, 五六年に, 人夫に, 人肉を以て, 今でも, 今日漁業と, 以前の, 体重が, 何れも, 何を, 何事も, 何処からとも, 何所かへ, 何時の間にか日本軍, 余地と, 依然素樸, 信じて, 健康な, 僅か二, 僧侶と共に, 元康の, 充ち満ちて, 先祖の, 兎は, 八十名近い, 八百人という, 六千の, 冬の, 労働や, 区内の, 十万人死んだ, 十五年に, 厳しい掟, 古い藩法, 古きイスラエル, 各戸蕎麦大豆の, 君迎へ, 囚人ばかり, 四分の三迄, 土着民族で, 地球上の, 城へ, 夏も, 多くは, 多く牛, 多小, 大きくなり, 大抵平生五万位, 大部分野菜, 天体の, 天然の, 好んで病死, 安ん, 実に石器時代文化, 実在し, 寒地に, 山にも, 市内だけで, 常にその, 常に自国, 平素宿の, 強くて, 当然の, 彼迎へ, 性が, 支那人の, 数において, 文字通りに, 日々の, 日本軍の, 日頃の, 時々インディアン, 最も近い, 朝をもって, 未だに野菜, 村, 極の, 極力原型保存, 次第に露人, 此附近まで, 武力抗争という, 殖える一方, 毎日イルミネーションを, 気違ひのやうにな, 洗礼を, 洪水を, 海馬が, 激しい欠乏, 煽動された, 牛か, 犬神に, 独墺人などとは, 猫神に, 現在よりも, 甚だ低級, 男か, 百千の, 皆日の, 益々兵隊, 矢はり普通の, 石器時代以来の, 破滅し, 禍いなる, 稍久しく, 穏か, 素朴である, 維也納などに, 胸を, 自分たちの, 花好きと, 草の根や, 荘園の, 蒙古兵, 虎でも, 蛇を, 蜘蛛を, 西の宮の, 西蔵の, 言わば暴動, 言葉や, 賑いと, 身の, 軍艦オリオン号が, 農業片手間に, 遊牧民とは, 道や, 野獣的にも, 長い間外国人, 長髯, 防空壕の, 隣接の, 非常に, 食糧を, 騎馬兵と, 魚群な, 鼻垂先生と

▼ 住民~ (129, 10.4%)

3 いるの 2 ちょっと四五人, ギリシア人でない, 之を, 混淆なく, 直接これを

1 [116件] あった, あったと, あつた, あふれるほど, ありと, あると, いて, いないならば, いないの, いること, いると, おかれて, およいで, かくも, ことに客商売, この地形, この恐るべき衝撃, この方面, しばしば他国, すてて, すべて前年に, そうした脱獄囚, そのトリニティ教会, その勤労, その国, その東方, その現実, それにも, とても訓練, どうして現在, のこった, ほとんど全部キリスト教徒, ほとんど死ん, まず驚いた, まだ多く, まるで公式的, やはりや, やはり電波通信, よほど訓練, わたしの, ゐるの, カイトの, ケティを, 一日の, 一朝一夕に, 不思議な, 世界の, 二人悪鬼の, 云う, 他に, 他国へ, 住んで, 何かの, 使って, 依然牧畜状態, 全く枕, 全滅した, 共産体を, 冬期に, 初めに, 勤労により, 南朝と, 参加する, 各戸で, 哀れだ, 地を, 外国と, 多く仕事, 大砲弾に, 奈良宮廷の, 安居し, 安易な, 家を, 寄せて, 屋上に, 山から, 年々死亡する, 怠惰で, 我々に, 承知しない, 政府に, 数世紀に, 日本の, 最も多い, 最も野蛮, 未だに鷄, 東方日出処を, 柵の, 次第に南支那, 次第に大, 殺すの, 浅草の, 漁業の, 生きたと, 知らずに, 神様の, 移住し, 稲の, 羅馬貴族である, 自然が, 虐殺されかかっ, 裸体で, 踊の, 逃げ出したもの, 逆さに, 過剰である, 道の, 附けたとしても, 隅田川で, 随時集まっ, 隨時集まつ, 集まって, 離散し, 非常な, 頻々と, 馬鹿でない

▼ 住民たち~ (102, 8.2%)

2 [11件] とも決して, と交わる, に嘲笑, のこと, の多く, の生活, の生計, の認識, はこの, は思いだす, は独特

1 [80件] からも敬われ, がその, がだんだん, がどこ, がどんなに, がエトラスケール種族, が六七人, が出, が同意, が如何なる, が欧州人, が無礼, が貴人, が農耕, とである, とも馴染む, と親しく, なん, にとっては大きな, にはなん, には大して, には眼, にもかなり, にも山, によって拒否, にわかる, に予知, に対してこういう, に対してわが, のうち, のもっ, の力, の同意, の大, の家, の家財道具, の心, の恐怖, の悲し, の悲惨, の考え方, の脳底, の記憶, の貧窮, の責任, の身体, の風俗, の鼻, は, はあたふた, はいろ, はしまいに, はそのまま, はそれ, はそれら, ははち切れる, はヤーフ, は二十六日, は今, は侵略, は古く, は土産, は地下室, は変り果て, は女子供, は悪夢, は感じる, は時々, は案外, は殆, は深く, は知らず, は窮乏, は肩身, は苦しん, は蘇生, もほか, も幾分, を立ち直らせよう, 特に女

▼ 住民~ (80, 6.4%)

5 して 2 手なづけ, 集めて, 養うこと

1 [69件] いたわるよう, おしなべてアラビア人, おどろかしました, そっくり洪水, ぶったくるよう, ほかへ, みなごろし, もたない, もつ芸術家, 一般的に, 不眠性神経衰弱に, 他国に, 倭奴とか, 全部絶滅し, 分担し, 包む気分, 包含し, 北夷の, 可憐なる, 呼んだ名, 呼んだ名称, 喜ばせるため, 安堵せしめ, 容易に, 征服, 思いうかべるほか, 悉くキリシタン, 想像し, 愛護し, 慰撫し, 拉して, 招いて, 持つよう, 指す言葉, 挙げ得ようが, 擁する土地, 救おうと, 数え得ようか, 有したと, 根こそぎに, 根絶する, 極めてゆるい, 殺して, 殺すまいと, 殺戮するだろう, 沈静に, 焦烙破, 犠牲に, 狼狽させた, 現在の, 生活不可能状態に, 示すため, 立退かせて, 結合し得る, 絶滅する, 脅迫する, 萎靡さし, 落ち付かせて, 見たこと, 解放しよう, 追い払ったの, 集めた, 震え上らせたという, 食ひ, 養い得るもの, 養うに, 餓死する, 駆逐し, 驚かすこと

▼ 住民~ (59, 4.7%)

1 [59件] あやしまれて, いたりては, かぎったこと, この事実, この増加率, これほど, されて, その子孫, とつて, とりて, なったという, なつた, もたらされる苦痛, よりて, わたしが, キリシタンと, 伝え青年団, 供養さると, 充ち溢れて, 共通し, 出逢ったり, 分配され, 十分光り, 十分光を, 及ばなくなること, 古衣類, 向つて, 吹聴しました, 命じて, 多大の, 大歓迎, 姿を, 少分, 就て, 強いたこと, 強制立退, 必要な, 恐怖を, 感謝せられ, 拡大される, 捉えられたこと, 救はれたる, 於ては, 於ても, 横領された, 欠くべからざる托児所, 江伯兒と, 江戸ッ子が, 火の, 無限の, 知れわたったら彼ら, 示すこと, 縁故近き, 聞き正したところ, 自然な, 與へる, 話して, 馴れて, 魅入って

▼ 住民~ (24, 1.9%)

2 我我の

1 [22件] います丸太式, この, これを, ずっと東方, ほかへ, また極めて, また老幼, まるで異, やっと落着, 一緒に, 同様な, 土地を, 多くは, 多く集り, 引き上げたらしい, 後に, 従って, 数人ヴァン・タッセルの, 海岸地方よりは, 続々帰り住み, 蝦夷としては, 静かであっ

▼ 住民~ (21, 1.7%)

1 [21件] いわゆる今来, なった彼ら, なって, なつた, なるため, なるであろう, なれるの, 一生を, 云うノロワシイ条件, 云っても, 交は, 先年ちゃんと, 前に, 妥協し, 山窩とは, 称して, 考へる外, 腹を, 芸術との, 蝦夷や, 見えて

▼ 住民~ (19, 1.5%)

1 [19件] があまりに, が半分想像, が田植え, が自ら, であった, であろう筒袖, のこと, の憂, の日常生活, の間, はすべて道具類, はそれ, はばら, はみな眼, は大抵, は田舟, は禍, は私達, は里別郷別

▼ 住民から~ (13, 1.0%)

2 成ろうと

1 [11件] なる単なる, オウタハイト及び, スパイの, 分限相当に, 土地を, 崇敬せられ, 成り立つて, 次第に圧迫, 町の, 畏敬され, 見ると

▼ 住民には~ (9, 0.7%)

1 いちばい生々しい, そんな非, まず企てられない, 人の, 今更何等, 其風習が, 到底思いつかれ, 善良なる, 見る能わざる星

▼ 住民との~ (8, 0.6%)

2 間に 1 あいだに, 一番大きな, 不用意な, 生活の, 親しみも, 訴訟を

▼ 住民~ (7, 0.6%)

1 が抵抗, が海面, と手眞, の思惑, の目つき, の社会状態, も元気

▼ 住民~ (6, 0.5%)

1 あつた, あらうといふ, これを, 埋められて, 後に, 日夜山を

▼ 住民では~ (6, 0.5%)

1 あったの, あつた様, それが, なかつたと, なかつたのに, なく島原半島

▼ 住民ども~ (6, 0.5%)

1 がこの, がにわかに, が車騎, だ武芸, は山腹, を圧し伏せ

▼ 住民なる~ (6, 0.5%)

1 カムチャダールを, 丁霊族の, 千島アイヌを, 山人は, 蝦夷族の, 里人が

▼ 住民よりも~ (6, 0.5%)

1 かかる請求, はるかに, よほど長い, 安穏には, 忍耐心の, 進歩したる

▼ 住民にとっては~ (5, 0.4%)

1 これは, 十分な, 大へん, 街に, 迷惑千万の

▼ 住民~ (5, 0.4%)

1 と食物消費量, に対する年結婚, の四倍, は一七一, を同一

▼ 住民たる~ (4, 0.3%)

1 その友人, に過ぎない, 白熊に対しては, 蝦夷の

▼ 住民~ (4, 0.3%)

1 が地主樣, つた僕に, という, と謂つた

▼ 住民である~ (4, 0.3%)

1 ことが, ことを, のかも, 以上かならず互いに

▼ 住民として~ (4, 0.3%)

1 実に洗練, 朝夕その, 産まれた梟帥, 記されて

▼ 住民とは~ (4, 0.3%)

1 ちがう柔軟さ, なるが, 福建の, 血族關係が

▼ 住民にも~ (4, 0.3%)

1 すぐ吹聴, 意味が, 蒲姓の, 語ったらしいの

▼ 住民であった~ (3, 0.2%)

1 ことそれと共に, ためか, チアム民族も

▼ 住民でも~ (3, 0.2%)

1 そうし, なければ, 時々は

▼ 住民について~ (3, 0.2%)

1 こういうこと, よくその, 充分研究すれ

▼ 住民に対して~ (3, 0.2%)

1 その科学知識, 極めて寛大, 次の

▼ 住民に対しては~ (3, 0.2%)

2 春秋四季の 1 いきおい軽薄

▼ 住民に対する~ (3, 0.2%)

1 平均結婚比率を, 比率が, 都市住民の

▼ 住民~ (3, 0.2%)

1 その家畜, 家屋を, 童は

▼ 住民一同~ (3, 0.2%)

1 から銅像, を死罪, を郊外

▼ 住民大衆~ (3, 0.2%)

1 にアッピール, に食物, の負担

▼ 住民~ (3, 0.2%)

1 三十名と, 三千三百万いわゆる, 二千人と

▼ 住民としては~ (2, 0.2%)

1 まったく理想的, 理智的に

▼ 住民とも~ (2, 0.2%)

1 思われないほどの, 見えぬご

▼ 住民と共に~ (2, 0.2%)

1 教会に, 花を

▼ 住民~ (2, 0.2%)

1 のだ, ので誰

▼ 住民における~ (2, 0.2%)

2 人口に対する

▼ 住民にとって~ (2, 0.2%)

1 不必要, 病気で

▼ 住民によって~ (2, 0.2%)

1 盛に, 附けられるから

▼ 住民に関する~ (2, 0.2%)

1 いろいろな, 文献の

▼ 住民~ (2, 0.2%)

1 拡大した, 米を

▼ 住民より~ (2, 0.2%)

1 これを, 遥かに

▼ 住民及び~ (2, 0.2%)

1 グリーンランドの, 各土地占有者

▼ 住民登録~ (2, 0.2%)

1 がどう, の方

▼ 住民~ (2, 0.2%)

1 死ぬが, 逃げて

▼ 住民自身~ (2, 0.2%)

1 の伸び, も同様

▼1* [108件]

住民かともおもいましたが, 住民からの収奪であった, 住民ぐらいのものであった, 住民ことに旅館や, 住民これを許し, 住民ごとすっかり天空, 住民しか見られずその, 住民じゃねえか, 住民たちがけもののよう, 住民たりしこと, 住民だけが依怙地に, 住民だけを残して, 住民だった僕に, 住民だったらもっと善い, 住民であったなら我々は, 住民であろうとは思われない, 住民でさえこれを, 住民というのは, 住民としてだけ彼等を, 住民としての親が, 住民とても殆ん, 住民とに近づきに, 住民ども破れ半纏のお爺さん, 住民なく隠れ住む, 住民なぞはもうバラック, 住民などではなく由緒, 住民などに見る粗野, 住民などの玩弄物に, 住民にたいして實は, 住民にとりましては有難いこと, 住民になつたのを, 住民によつて直接選擧さるべき, 住民による新しい中国, 住民に対しても面目ない, 住民のみの男鹿では, 住民はいふもさら, 住民ばかりか役人たちも, 住民への負担加重を, 住民また甚だ太古, 住民まだ蝦夷の, 住民まで殺された, 住民までがそれを, 住民までも飛行機と, 住民みずからが漁, 住民みたいである, 住民もずつと東方の, 住民よりはアメリカ合衆国の, 住民らしい心持に, 住民らしく自然道の, 住民をも襲ったと, 住民を以て例によって, 住民を通じての空気であり, 住民アウグスッス帝に兵隊, 住民アメリカ極北の住民, 住民全然英人ト人種, 住民クヲテンを懼, 住民コロボックルの生活, 住民サーッと丘, 住民ダナ民族のその, 住民一人残らず桔梗様, 住民一斉に騒ぎ立てる, 住民一致して, 住民七八十戸が全部人形操, 住民与えられた国における, 住民で最善, 住民二十万は住む, 住民二四七七三三を奪い, 住民代表が全部集つて, 住民以外内地の人, 住民にゲラ, 住民全体では一日八斗, 住民全滅現在の村民, 住民全部によって歓迎, 住民六十万が存在, 住民千余人も彼, 住民各自に自衛, 住民同志知って, 住民四十万ないし五十万, 住民困んで祠を, 住民で多く願人坊主, 住民婦女子まで自決, 住民家屋の種類, 住民をともに, 住民て砂, 住民しからず粗暴野鄙, 住民或は異民族, 住民散じ今は, 住民断えず猴と, 住民のタヾ, 住民次第に分散し, 住民殆ど四五十なるが, 住民気象は武士, 住民種々異同有り, 住民も元, 住民等英政府を厭, 住民等蝮を常食, 住民素樸にし, 住民総員の熱意, 住民の前半, 住民諸共海底に陥没, 住民諸君の方, 住民豕一疋に村, 住民軽んずべからず寧ろ真, 住民逃げ散じて市ため, 住民途方に暮れ猫, 住民集つて大宴会, 住民驕奢にし, 住民鹽無しと詐