青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「先生~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~先 先~ ~先ず 先ず~ 先代~ ~先刻 先刻~ 先方~ 先日~ ~先生
先生~
先祖~ ~先輩 先輩~ 先頭~ ~光 光~ ~光っ 光っ~ ~光り 光り~

「先生~」 39275, 424ppm, 227位

▼ 先生~ (9723, 24.8%)

130 ところへ 101 顔を 72 お宅 70 ような 65 所へ 54 ことを 49 ように 45 ために 43 前に 39 処へ 36 方が 34 お顔 32 方で 31 姿を 29 家の 28 お言葉, 方を 27 ことだ 26 姿が, 家へ 23 口から 22 前で, 眼は, 話を 21 頭の 20 やうな 19 事を, 声が, 言葉は 18 家に, 方へ, 顔は 17 お考え, ところで, やうに, 御意見, 方は, 門を, 顔が 16 名を, 家を, 御宅, 所に, 手に, 手を, 言葉を, 許へ, 講義を 15 ことは, 講義は 14 塾に, 宅へ, 心の, 手紙を, 方に, 眼を, 話に, 門に 13 ところに, 如きは, 家は, 御話, 教えを, 最後の 12 いうこと, お弟子, お書き, お話を, 下で, 前へ, 心を, 方から 11 お名前, ほかに, 姿は, 許に, 説に 10 あとを, 作品の, 声は, 眼には, 言葉が, 言葉の, 話が

9 [12件] おとも, お帰り, お話が, お説, お部屋, そばへ, 奥さんが, 心に, 書いたもの, 机の, 話は, 顔には

8 [15件] お墓, お手, お気持, ことで, ことです, ご子息, そばに, ところの, ほうに, 御講演, 態度は, 生活は, 目は, 耳に, 顔に

7 [16件] おかげで, おっしゃること, お姿, お教え, 前には, 名は, 名著, 宅で, 後に, 御説, 御門人, 書斎に, 眼が, 言を, 説明に, 顔と

6 [42件] うちに, お世話に, お作, お供を, お目, お眼, お話に, この言葉, ご研究, とこへ, ところへは, ところへも, ほうを, もとに, 人格を, 仕事を, 体は, 作品に, 哲学の, 噂を, 好きな, 宅に, 家で, 後から, 御病気, 態度を, 所から, 手で, 方の, 最初の, 様子を, 横顔を, 此の, 気持は, 目に, 腕の, 著書を, 言うこと, 言葉に, 詩に, 講義の, 頭が

5 [54件] あとから, うちへ, おうち, おかげだ, おそば, お力で, お妾, お気に, お話は, からだを, こと, ことも, ところから, ほうは, まえに, もとへ, 下に, 事だ, 人格と, 人格の, 作品を, 助手に, 助手の, 哲学は, 声に, 家が, 小説を, 弟子に, 御子息, 御研究, 意見を, 態度が, 所で, 手が, 手は, 指導の, 指導を, 教へを, 文章は, 本を, 生涯の, 留守に, 目には, 目を, 眼の, 腕を, 膝下に, 臨終の, 言われたこと, 診察を, 詩は, 説を, 講義が, 頭に

4 [95件] あとについて, いつもの, いふこと, うしろに, うちの, おくさん, おはなし, お叱り, お家の, お宿, お心, お手伝, お手紙, お指図, お耳, お蔭で, お邸, くせに, ことが, ご意見, すがた, そばを, つぎの, ほうから, ほうが, ほうも, 上に, 中には, 事に, 人格が, 人格に, 仰言, 作品は, 傍に, 処に, 助手として, 助手を, 友人と, 口を, 名も, 名前を, 声を, 学問の, 屋敷の, 弟さんが, 弟子だ, 御人格, 御恩, 御指導, 御本, 御門下, 御顔, 心が, 心は, 思想は, 態度に, 態度の, 憂鬱の, 所には, 所へは, 手によ, 手紙が, 文は, 文章の, 書かれたもの, 有名な, 枕頭に, 機嫌が, 死の, 氣に, 演説を, 爲に, 目の, 眼から, 短歌や, 研究は, 紹介で, 絵を, 肩に, 脳の, 膝に, 薫陶を, 蟇口を, 言って, 言ふ, 詩の, 講義も, 謦咳に, 身体は, 退職の, 道は, 道場で, 遺志を, 靈前に, 顏を

3 [198件] あたま, いいつけ, いう事, いわゆる, うしろから, うちで, おいでに, おかげである, おっしゃる通り, お仕込み, お伴を, お住居, お側に, お力を, お友だち, お国, お好き, お嬢さん, お嬢さんだ, お嬢さんの, お家へ, お庭, お弟子さん, お手許, お書斎, お母さんと, お気持ち, お考, お葬式, お話の, ことなど, ことに, すること, とこに, ところだ, ところでは, ところまで, ほうで, まねを, ものを, ドイツ語の, 下宿を, 世話が, 世話で, 事や, 代りに, 作品が, 俳句を, 健康は, 写真が, 処から, 処で, 前の, 前を, 力で, 友達は, 句が, 名が, 名と, 告別の, 命令で, 哲学には, 問題に関する, 場合に, 塾で, 塾へ, 声だ, 声の, 外に, 夢を, 奥さんと, 奥さんに, 奥さんは, 如きも, 學問は, 宅を, 家だ, 家まで, 小説には, 小説は, 影響を, 後を, 後姿を, 御世話, 御作に, 御作を, 御入来, 御厄介, 御厚意, 御名誉, 御命令, 御希望, 御後室, 御機嫌, 御蔭で, 御高説, 心には, 性質が, 恩を, 愛読者の, 感化による, 所へも, 所謂, 手紙の, 指が, 教えて, 教へる, 教を, 教室に, 方も, 日記の, 時間だ, 晩年の, 書斎は, 書斎を, 替え玉に, 本の, 本は, 様な, 様子が, 樣な, 死に, 死は, 死骸を, 注意で, 注意を, 消息は, 演説の, 演説は, 生きて, 生活を, 留任は, 病院へ, 真似を, 眸は, 眼と, 眼に, 知って, 知遇を, 研究の, 研究室に, 私に, 立って, 筆に, 精神が, 翻訳を, 考えて, 考えを, 耳の, 肚の, 肩へ, 肩を, 背中を, 脈を, 臨終に, 自宅を, 袴の, 言は, 言はれた, 言葉である, 言葉も, 記憶の, 許から, 許しを, 許を, 詩, 詩を, 話だ, 話の, 説くところ, 説は, 論文の, 足は, 辞職の, 返事は, 返事を, 追憶, 運命が, 道場へ, 遺徳を, 遺骨を, 邸は, 部屋へ, 銅像に, 銅像を, 門の, 門下に, 間に, 険しい眼, 頭脳の, 頭脳は, 顏には, 顔ばかり, 顔も, 顔色を, 高弟で, 高徳を, 鼻の

2 [612件 抜粋] あいまいな, あら探し, いうとおり, いろいろな, うしろについて, うちを, おくらし, おっしゃるとおり, おっしゃる事, おつ, おめがね, おもかげ, お世話を, お仕事, お位牌, お使い, お写真, お力に, お口, お名, お命, お嬢さんと, お家に, お尻, お心持, お手並, お泊り, お父さんや, お答, お細君さん, お蔭で御座います, お許, お許しを, お詞, お話では, お賞め, お身体, お近く, お顔色, ことばかり, ことよく, この, この一言, この言, この説, ご助力, ご機嫌, さしずで, それが, そんな言葉, ためなら, ためには, ところを, はただ, はまるで, ばかやつら, ほかは, ほんとうの, まじめな, もとを, ものが, ものの, ものは, やること, ようすを, アレの, エライのに, デツサンを, ハイキングコースは, ハガキには, ファンだ, ファンな, モデルに, 一人は, 一番に, 一行は, 一身に, 一途なる, 下婢が, 不思議な, 世話に, 両腕, 中の, 主義に, 予期に, 予言が, 予言は, 事は, 事務所に, 云うこと, 亡くなつた後, 亡くなられたこと, 人に, 人格に対する, 人格は, 人間性の, 代表的な, 令兄淺野正恭中将と, 令嬢ミセス・ロッブの, 令息である, 仰ること, 仰有る通り, 仲好しの, 住居を, 住所を, 体面に, 何も, 余の, 作が, 作で, 作品から, 作物は, 來られる, 依頼で, 健康を, 側へ, 傑作などといふ, 傷は, 全著書, 八犬伝には, 内の, 写真の, 写真を, 分も, 別荘は, 別莊, 前じゃ, 前です, 剣道は, 創見に, 力が, 力によって, 千駄木時代に, 半七捕物帳, 卓上にも, 印象は, 厄介に, 原稿は, 原稿を, 口が, 口の, 口調を, 古帳面, 右の, 名の, 名前が, 告別式以来一度も, 周囲に, 命令によって, 命令を, 唯一の, 問いに, 問題が, 問題では, 問題に, 器量を, 在世中から, 在学態度は, 型を, 塾へも, 墓, 墓に, 墓碑は, 声で, 声である, 声です, 外には, 夢の, 失策噺の, 奥さんの, 奥さんも, 奥さんを, 女の, 如きに, 如き摯實, 如くだ, 如く蝶, 姿に, 娘さんが, 娘で, 子供の, 字を, 字音假名遣, 学問に, 学校の, 宅は, 客間や, 宣伝が, 室の, 家から, 家では, 家にも, 家庭の, 家族は, 宿を, 寝室へ, 小さなからだ, 小説に, 小説の, 居宅の, 巴里に, 平気な, 平生の, 平生甚だ, 庭から, 廬を, 引用した, 弟子な, 弟子煩悩は, 弱点を, 影が, 影は, 役を, 後へ, 御事を, 御伴, 御作の, 御出品, 御出棺, 御判断, 御名前, 御存命中, 御心持, 御意に, 御所望, 御承諾, 御気象, 御演説, 御用を, 御紹介, 御蔭である, 御親友, 御詩, 御質問, 御身分, 御遺族, 御遺骸, 御都合, 御馳走に, 徳は, 心情は, 心眼が, 心臓は, 心臓を, 思想の, 思想も, 性格から, 悪口を, 意図を, 意外な, 意志は, 意見に, 愛し方, 愛を, 愛心だ, 愛情の, 感化に, 感想を, 慈愛の, 戯作には, 戯曲や, 所を, 所説を, 手から, 手にも, 手紙は, 批評を, 持って, 指図で, 指図に, 指導に, 掌には, 推挙によって, 提唱される, 揚足を, 支那古, 教えに, 教に, 教へ, 教授を, 文章が, 文章を, 新作である, 方からの, 方にも, 日本の, 日本語は, 日記には, 日記を, 旺盛な, 時間には, 晩年に, 書いて, 書を, 書斎と, 書斎へ, 書物は, 有様は, 有難さ, 服を, 未成品を, 本当の, 様に, 様子は, 横っ面を, 横に, 欠点が, 歌の, 歌は, 歌を, 此書にも, 死で, 死なれたの, 死を, 死因は, 死骸は, 気に, 気分を, 気性を, 気持を, 氣持の, 注目を, 洋服を, 流を, 消息を, 清楚な, 渋江抽斎の, 演説が, 澄んだ眼, 為に, 為人を, 物は, 玄關に, 生前に, 生前発表せられし, 生命を, 生活に, 生活の, 画風は, 画風を, 留任を, 病いよ, 発明を, 白い髯, 百日の, 監督で, 目からは, 目が, 直接の, 相手を, 眉が, 眼からは, 眼も, 眼中には, 知人は, 石碑を, 研究を, 破滅, 禿げ頭, 私たちを, 科学者としての, 窪んだ眼, 筆で, 精神科学に関する, 組の, 結婚の, 結果を, 絵が, 絵は, 老後の, 考えでは, 考にては, 耳には, 背を, 背中は, 胸に, 胸の, 胸は, 胸中を, 胸像は, 脳は, 脳も, 腕は, 腹の, 膝の, 膝下から, 膳は, 興味を, 色紙と, 芸術については, 芸術は, 英雄曲は, 草廬を, 菊乃さんへの, 著, 著作堂主人のと, 蒲団の, 處へ, 行った頃, 製作室だ, 見よう, 見解に, 見識に, 視察力の, 覚悟は, 観察力の, 言う通り, 言った, 言ったこと, 言文は, 言葉だった, 言葉には, 言葉や, 訃に, 計略に, 訓練法に, 訓辞に, 記念碑が, 許には, 許可を, 評判が, 詩ばかり, 話では, 話も, 誤解を, 説教が, 説教のみにて, 読みふるし, 談話は, 論文で, 論文は, 講演が, 講演は, 講筵に, 講義に, 講義には, 謝恩会が, 謡は, 議論を, 豪さ, 足許が, 足跡は, 身に, 身の, 身を, 返事が, 返事の, 追懐に, 送別会の, 送別式は, 逝去ほど, 進化論講義は, 道の, 道場が, 遺書, 邪魔を, 邸宅に, 部屋に, 部屋は, 部屋を, 都合で, 酒は, 酒倉だ, 銅像の, 門下であり, 門下には, 門下の, 随筆, 随筆に, 隣に, 隣席に, 露骨に, 靈は, 青木昆陽の, 面には, 面を, 面貌には, 靴音が, 頬を, 頭には, 頭も, 頭を, 頭上から, 顏, 顏が, 顏は, 顏附は, 顔にも, 顔の, 風, 颯爽たる, 食卓で, 首を, 香水の, 驚きは, 髑髏, 高弟が, 高遠な, 黒い痩せた, 鼻を

1 [4753件 抜粋] ああいう, あのエネルギー, あの時, あまり広く, いい方, いたずら心が, いなさるところ, いるいないを, いわゆるメントル・テスト, いわれるごとく海底, うちさ, おうわさ, おさ, おっしゃったこと, おっしゃるまで, おぼしめし次第也, おれに, お京さん, お借り, お制作, お名刺, お嬢さんで, お孃さん, お家で, お帽子, お情深い, お教, お母さんらしい, お灸, お眼鑑どおり, お考え一つ, お蔭が, お見送り, お話で, お説ぢ, お通い, かいたもの以外, からだに, きも, こったからよ, ことである, ことや, この一問, この愛, この酔漢, こんな几帳面, ごらんに, ご執心, ご明察, ご紹介, ご都合, されたよう, すぐ隣, すんで, そうした真剣さ, その手紙, その風月相, たしか左, ための, つきそいを, であろう, ところであった, どこかに, なにかを, はいって, はすべてじみ, はまづ倍だらう, は御酒, ひくいお, ふところに, ほか内藤湖南原勝郎三浦周行らの, まわりを, もっともこのまざる, やうで, ようじゃ, われら日本人に対する, アトを, ウワゴトを, カント哲学を, スカートを, ゼミナールに, デスクや, ハラゴンさん, プロフイル, マンドリンについて, モットウである, レザーブした, 一人が, 一句が, 一年間の, 一番目の, 一言の, 七回忌の, 三人を, 下さった手紙, 下宿生活が, 不同舎に, 不自由は, 世話にも, 両親は, 丸火桶の, 主義主張に, 乾分に, 事である, 事件以来この, 二人だった, 二階であった, 云ったやう, 五体は, 亡くなる年, 人徳は, 人格や, 人物評も, 人間的生活の, 今度お出でに, 仕事と, 代弁を, 代議士といふ, 仮の, 仰つたやう, 企てられた文學部, 伝記の, 住居だけが, 体から, 何かが, 余憤は, 作品には, 作詩で, 使命である, 係りです, 俤は, 俺は, 偉大な, 側に, 傷ましい, 優しい助, 兄上は, 光背の, 全身的な, 公生涯と, 内には, 内面に, 写真及び, 処は, 出して, 出世作, 出現, 切望によって, 別荘風の, 前出, 創意である, 加担者でも, 励ましを, 動作は, 医書が, 千駄木町時代に, 単なる愛嬌, 危ないこと, 原稿にでも, 去留, 反対で, 口つきを, 口唇が, 古屋敷との, 可いやうに, 合い図, 同意を, 名古屋へ, 名訳が, 周囲は, 命を, 和漢の, 哄笑が, 唯物論を, 問題だ, 喜びは, 噂などが, 困難と, 地下室に, 垢附を, 報告演説を, 塾では, 墓にでも, 墨の, 声でなく, 外套の, 大きい死, 大合戦, 大學時代, 大芝居, 天才的頭脳と, 夫人単身大震中の, 奥さまで, 奥さんには, 奧に, 好く整理, 如き人, 如き若し, 如是態度を, 姓名を, 姿の, 娘じゃ, 嫁御近頃で, 孔子に対する, 学と, 学校は, 孫に, 宅も, 宝鏡先生に対する, 実験に, 室には, 家へは, 家庭情操教育の, 容貌に, 寂しい傷, 寫眞のみは, 尊名は, 小品集を, 小説ばかり, 少年助手です, 居られる精神病学教室, 居間即ち, 山椒魚事件の, 左が, 席順も, 常識と, 平生には, 幾多貴重な, 庭に, 弁護と, 弟すなわち, 弟子である, 弱いこのごろ, 彫る馬, 彼惨, 後押しも, 得意想うべしで, 御主張通り, 御令息, 御使者, 御力, 御国は, 御姓名, 御弁当, 御感想, 御教訓, 御歌を以て, 御生前, 御紋, 御覧に, 御返事は, 御關係, 復つたあと自分の, 心づくしの, 心中を, 心掛けと, 志を, 怒ったの, 思い違いを, 思索日記でも, 性格等と, 恩だけは, 息子が, 患者に, 意に, 意志が, 意見は, 愛は, 愛情は, 感化を, 慎重なる, 懐から, 戸籍面の, 所論の, 手づか, 手引で, 手簡を, 手記には, 才能が, 承諾を, 持ちこんで, 指さす方, 指図通宇津木を, 指示に, 捕物小説を, 探求心が, 揃つてる, 搖ぎもなさらぬやうなお姿を, 教えは, 教え子に対する, 教師としての, 教育法は, 数多くの, 文学徳田秋声先生の, 文章にのみ, 断りなし, 新学説, 方からは, 方則流派の, 日常最も, 日記に, 早業は, 明智小五郎にだって, 時なら, 時間と, 暮しは, 書かれたものの, 書に, 書斎じゅうに, 書棚の, 書齋に, 最後に, 服装に, 未定稿としては, 本旨は, 李白だの, 来訪を, 枕もとへ, 柔い, 根元の, 森田宛の, 業績は, 樣にども, 次ぐらいに, 歌で, 正直であれ, 歩術でも, 死などという, 死んで, 死顔に, 歿後門人たちは, 母堂と, 気がかりの, 気持, 気焔が, 気風を, 江戸流の, 法要を, 泳ぎは, 流義だ, 涼しさ, 添削を, 温情と, 満足が, 漢学塾に, 激怒を, 為めなら死ん, 無學さ, 煩悶は, 熱烈な, 片手には, 物理の, 特異なる, 独唱も, 玄関の, 理想どおりに, 生国が, 生涯に, 用向と, 画塾へ, 画風に, 畜生自分からが, 病で, 病間では, 発会の, 白いお, 百姓も, 監督下とは, 目的は, 相続者とは, 眞似, 眠い時, 眼付が, 着想による, 知り合いから, 短篇の, 破滅は, 祈祷で, 神宮清臣と, 禮状が, 私宅を, 秘蔵品を, 稱好塾に, 立て前上些か, 笑いの, 第一印象, 答えを, 米壽を, 精神は, 紫ずんだ, 終が, 結論として, 絶体絶命の, 編述の, 美しい意志, 老境に, 考へに, 耳もと近くに, 聲よりも, 肖像畫に, 胃の, 胸が, 脚本研究会の, 腫物は, 臨床講義の, 自殺という, 自筆俳句が, 興奮した, 良心に, 芸術の, 若い後妻, 苦ん, 英文は, 莫大な, 著作が, 著書や, 薄茶の, 藥箱の, 血を, 行衛不明事件と, 袖を, 裸姿を, 見地より, 親しい御, 親戚への, 解剖学で, 言い付け通り, 言った意味, 言われたよう, 言葉であった, 言説を, 訓ふる, 記念の, 訪問の, 訳は, 証言なる, 詞に, 詩人的要素でも, 話しを, 話などは, 語るところ, 誤訳を, 説教でありました, 調子には, 論は, 論理と, 謙虚さの, 講義で, 謦咳の, 讐を, 責任を, 賜物です, 趣味から, 足まだ, 足跡を, 踏む靴, 身代りに, 身辺を, 辛抱に, 辞表を, 近況に, 述べられた講演, 退職は, 通りすぎるの, 進化論という, 過労も, 道場ちかく, 選にあたる, 遺書が, 遺稿三號自分へ, 還暦祝賀会を, 部屋が, 酔いも, 金言だった, 鋭鋒を, 鑑賞眼は, 長所と, 長逝は, 門人とは, 門口に, 関西訛りから, 随筆が, 雑誌の, 霧島の, 面会日は, 面目を, 順で, 頭脳が, 額の, 顔み, 風貌は, 食事中の, 養嗣子省吾氏は, 首や, 馬面が, 髑髏の, 高文, 髭が, 魅力に, 黒田節か

▼ 先生~ (8626, 22.0%)

50 それを 48 私の 33 自分の 32 これを 25 急に 24 そう言っ, 私に 21 何か 18 例の 17 眼を, 私を 16 非常に 15 その時 14 微笑し 13 どうした, 博士の, 目を, 私が, 自分が, 首を 12 僕の, 黙って 11 それから, それに, 手を 10 いつもの, 少しも, 彼の, 次郎の, 相変らず, 驚いて 9 だまって, どこへ, 何も, 千二の, 御在宅, 御自分, 言った, 顔を 8 この時, そんなこと, びっくりし, 何を 7 すぐに, そのよう, 両手を, 今度は, 女の, 笑いながら, 非常な

6 [27件] うなずいて, おっしゃいました, おどろいて, かう云, そう言った, そこに, どこに, ほんとうに, みんなの, 三人の, 人を, 今も, 博士が, 博士に, 又も, 口を, 君に, 呆気に, 意外な, 手に, 早くも, 気が, 気の, 笑って, 腰を, 自分で, 黒板に

5 [38件] いった, いわれました, うなずいた, お帰り, こういっ, ここに, ここの, これは, さう, さすがに, しずかに, しばらく考え, それは, た, つかつかと, どうお, にこにこし, びっくりした, また, 一言も, 今まで, 今日は, 他の, 何と, 僕を, 別の, 夫れ, 子供の, 思つた, 昔の, 曾て, 次の, 火星人の, 知って, 立ち上って, 苦笑し, 蟻田博士の, 酒を

4 [62件] ああいう, あまりの, あれは, あわてて, いって, いつでも, いつまでも, いつもより, いやな, お医者, きゅうに, ここで, この人, この説, こんなこと, しばらくし, そこで, その頃, それと, それに対して, ため息を, どうかする, なんでも, ほめて, まじめに, まだお, みんなに, ニコニコし, 中に, 今でも, 今は, 体を, 何でも, 何といふ, 例によって, 前に, 右の, 喜んで, 多くの, 大変な, 大威張りで, 奥さんの, 学校を, 心の, 怒って, 息を, 手紙を, 日本の, 本を, 火星の, 生徒の, 立って, 笑いました, 胸を, 自分を, 自己の, 苦笑した, 言って, 言つてゐた, 足を, 静かに, 頭を

3 [134件] ああし, あなたの, ある時, いいました, いつもと, いろいろな, おいでです, お前の, お留守, お角, お酒, お金持, かねて, けげんそうな, こういうこと, こういった, この点, これだけの, しばらくだまっ, しばらく困った, すると, ずるい, その晩, その澄んだ, その点, その言葉, それで, それについて, たいへんな, どうしたろう, どうする, どうです, どこまでも, ほかの, また云, また私, また言いました, もうお, もうその, よく私, よろよろと, れいの, わかって, セエラに, モウお, 一々それ, 丸木の, 二人の, 人生の, 何かの, 何て, 何です, 何にも, 何の, 何事も, 修善寺で, 偉い, 僕に, 先生の, 前から, 勇気を, 千二が, 千二を, 即座に, 叫んだ, 君を, 呼吸を, 喜びの, 声を, 大きくうなずい, 大きな声, 大変に, 大学を, 天下の, 奥さんに, 奥さんを, 始めて, 安心した, 少年を, 床の, 庭の, 彼を, 思い出したよう, 思って, 急いで, 怪物の, 悪い方, 手さぐりで, 手みじか, 教壇の, 日本に, 書いて, 最後に, 机の, 東京の, 東京へ, 正三君の, 正直に, 毎日の, 江戸へ, 決心した, 涙を, 滅多に, 生きて, 生徒に, 生徒を, 留守であった, 目が, 直ぐに, 相手が, 相手の, 眼の, 睡って, 私には, 私達に, 私達の, 穴の, 笑い出した, 考えた, 腹の中で, 自分から, 自分は, 茶を, 菊乃さんが, 落ちついて, 葛岡の, 蟻田博士が, 説明を, 返事を, 部屋の, 酒の, 面白がっ, 黒板の, 黒板を

2 [525件 抜粋] あとから, あの時, ありがたいな, あること, いい気, いかなる場合, いきなり, いつに, いつの, いつも和服, いつも私, いませんか, いやに, いらっしゃいますか, いろいろの, いわれた, いわれて, いわれる, うなった, えらい, えらいといふ, えらいなあ, おどろいた, おどろいたが, おるす, おれに, お元気, お前に, お喜び, お妾, お忙し, お気の毒, お玉さんと, お目, お笑いに, かねて飲み, がらんと, きいた, きっと顔, きっぱりと, くらがりの, けげんな, こういう時, こう考えた, ここぞと, ここを, こちらを, この先生, この問題, この学校, この曲, この村, この頃, これが, これまで, これらの, これ以上博士を, こわい顔, こんどは, こんなお, こんなところ, こんなにまで, こんな事, こんな処, ご自分, さっきから, さながら自分, しかし, しかし笑い, しばらくの, しばらく間, すぐそれ, すぐ前, すぐ来る, すまして, ずっと前, そういった, そうお, そうおっしゃっ, そう思っ, そう言う, そこの, そのこと, そのため, その上, その場所, その声, その夜, その女, その方, その朝, その百人, その眼, その製作, その講義, その足, その音, それが, そんな事, そんな相談, たいへんお, たずねた, たたみかけて, ただうなずいた, だんだんに, ちつとも, ちょっと口, ちょっと眼, ちょっと考え, ちょっと言葉, ちょっと首, ちよいと, ちらと, つっこんだ, どういうもの, どういふ, どうかし, どうしてこんな, どうしてその, どうしました, どうしよう, どうな, どう言っ, どこかで, どこの, どんな人, ないの, なにを, なんとおっしゃっ, にこにこと, にやにやと, ねらいを, はっと気がついた, ひそかに, ひとりごとの, ひとりで, ぴたりと, ふいと, ふしぎそうに, ふだんから, ぼくの, また口, また変っ, まだ独身, むづかしい顔を, もう学校, もつと, やさしい心, やはり偉かっ, よく覚え, わざと次郎, わたくしが, わたしが, わたしを, われわれの, アッサリと, イタリア其他二三の, エナアゼチックな, オダテの, カントを, ジヤツコラといふ, ズット以前から, セエラが, チャンウーの, ドウし, ハッと, パン店の, ピアノの, ベッドの, ホッと, ローウェルの, 一九二五年十二月廿日に, 一人で, 一人の, 一体何, 一八三八年メイン州の, 一向無頓着, 一度も, 七十五歳の, 上州の, 不具者や, 不思議な, 不意に, 世事に, 世間の, 両手で, 両方の, 久方ぶりに, 之れ, 二人に, 二月一日突然, 云つた, 亡くなられる前, 京都に, 京都の, 人に, 人力車に, 今この, 今までに, 今晩宿で, 今東京, 仕方なし, 以前から, 以前に, 佐幕黨には, 何う, 何という, 何とも答えなかった, 何よりも, 何思った, 何時も, 余の, 俄に, 信じて, 傍に, 僕が, 僕たちが, 僕等の, 先に, 先刻から, 全身に, 六十歳に, 其, 内へ, 別として, 別に, 別にそれ, 別段驚いた, 千二に, 千二少年の, 博士を, 厳然として, 去年の, 又教案, 又此陶器, 又食物, 取るもの, 古今の, 只今房事中と, 各方面, 吉雄の, 同一組, 君の, 呟いた, 商科へ, 嘆いて, 嘘を, 困った顔, 困って, 困りもの, 地だ, 変人だ, 夏に, 多年の, 大きな息, 大の, 大学に, 大学の, 大學, 大層可愛がられ, 大急ぎで, 大抵私, 大真面目, 夫人と, 奥さんと, 奥に, 如何でございます, 如何です, 妙な, 妙に, 嬉しそう, 子供が, 学問の, 学園を, 学校から, 学校の, 学校へ, 学習室の, 安場が, 安心し, 安心を, 実際の, 容易に, 宿屋の, 實に, 尋ねた, 尋常二年の, 小山を, 小柄な, 小首を, 少くも, 少し美文素, 少し風邪, 屡々首, 左の, 巴里の, 帰って, 帰国され, 常よりも, 幕府の, 平気で, 幸福に, 床に, 床下に, 座敷へ, 弁舌が, 当時の, 彼女の, 彼様な, 待って, 御不在, 必死に, 快活に, 怖ろ, 思わず声, 思わず大きな, 思わず膝, 急がしさうに其四枚, 恋を, 悠然として, 患者を, 情痴作家の, 愕然として, 感心し, 我々の, 我国の, 我我よりも, 或はもう, 或る, 或時博物学教室, 扉を, 拳固で, 持って, 按吉に, 授業に, 教えられたとおり, 教場に, 教壇へ, 教育家として, 散歩を, 敬語の, 斯う, 斯学における, 斯様な, 日に, 日本皇帝から, 日本語が, 旨いよ, 早や, 明かに, 明治中期の, 昨日と, 時々しか, 時計の, 時計を, 暫くたつ, 暫く考え, 書斎の, 書斎へ, 書生の, 最後の, 本当の, 本邦生物学の, 机に, 村で, 束髪に, 来ないと, 東京に, 松井田の, 柱時計の, 案外素直, 椅子に, 椅子を, 機嫌が, 次郎, 次郎が, 次郎に, 次郎を, 歌も, 此す, 此両君に, 此方に, 死んだ後, 死んで, 毎日あんなに, 毎晩夕食の, 毒を, 気がついた, 気がついて, 江戸に, 決してそんな, 洋灯の, 涙ぐんで, 深い溜息, 火星へ, 火星人から, 火箸を, 火鉢の, 無言の, 無論一生, 然うし, 然る, 煙草を, 熱が, 独りで, 独身で, 現代の, 現在の, 産婆が, 男で, 男です, 直き, 相変らずだ, 相変わらずご, 相手を, 真実に, 真白な, 真面目な, 真面目に, 眼が, 着物は, 矢田部良吉先生を, 知らないの, 私たちが, 私どもの, 私にだけ, 私にとって, 私も, 私より, 種々の, 空前の, 窓の, 立派な, 竹の, 笑いだした, 笑ひ, 笑顔を, 第三中学校, 笹村の, 答えた, 組んだ手, 絵の, 絶対に, 老先生, 考えて, 耳を, 肩に, 背の, 胸に, 胸の, 腕ぐみを, 腕時計を, 腰かけて, 腹を, 腿を, 自分と, 自分に, 舟に, 色が, 苦笑いを, 茶の間に, 茶碗を, 莞爾と, 葉子の, 薬礼を, 藤野さんを, 衛の, 見事に, 親切な, 親方の, 言ふ, 記録に, 話を, 誠一の, 豚吉と, 豚吉の, 身心共に, 軍服に, 辰子の, 近づいて, 返事も, 逃げるよう, 遂にその, 遂に左, 酒は, 重大な, 野球の, 金に, 間もなく後, 雪子の, 面を, 頭が, 頷いて, 顏を, 風の, 駄文ばかり, 駄目だ, 驚かれたが, 高い所, 高瀬に

1 [5872件 抜粋] ああすべき, あくびを, あたかも眼中, あなたと, あの店主, あの紙片, あまり昔, あり合せの, あわただしく起き上り, あんなもっとも, いい人, いかにも心配そう, いきなり火星, いけね, いったいどこ, いつの間にか外出, いつも会場, いつも維新当時, いないかと, いまだにそれ等, いもの, いよいよ妾, いらっしゃるの, うそは, うれしいやら, えらい音, おさえつけるよう, おっしゃって, おやっと, お供の, お嫌, お怒り, お目にかかるかぎり懇切丁寧, お通夜に, かえって足手, かつての, からからと, がっかりし, きっとまた, きみだって, くれぐれも注意, こ, こうなる, ここぞとばかり, ことさらあやか, このごろある, このボート, この仙公, この同じ長屋, この失望, この手記, この最後, この研究室, この著述中, この鉄則, これからどうあそばします, これでは, こんども, ごくおだやか, ご来客, さっきぼくを, さびしく笑い, しかしどんな, しきりに何, しっかりと, しばらく沈黙, しんみりした, じぶん, すぐそこ, すぐ帰る, すこし横浜, すっかり悄気, すでに独特, ずっとその, せまい廊下, そういう点, そう仰っしゃいます, そこでまたおどろかされ, そしらぬ振り, そのあと, そのつもり, そのゆたか, その信任, その塾長, その幼い, その怪しい, その時例, その樽, その玉葱, その考察, その邸内, その頃有名, それからは, それっきり宿所も, それでも平気, それよりずつ, そんな失礼千万, たいへんに, たしかに貴方, ただの, ただ気品, たびたびその, だれですか, ちっと困る, ちょっとためらった, ちょっと笑っ, ついにそう言った, つきっきりで, てんでトンマ, とうとう笑いだし, とても大, とんでもない, どうされる, どうしてもっと積極的, どうぞあちら, どうも偉, どう思召, どちらを, どの点, どんなに驚愕, ないかなあ, なかった, なぜああ, なにか軽い, なんとなく困った, にこにこ笑っ, のそのそと, はげました, はっきりと, ひとりうなずく, ひどい近視, ひょうたん籠を, ふきげんに, ふとした不注意, ぶすりとこたえ, ほっと安心, ぼくを, まじまじと, まず千二, またしずか, またペン, また大きく, また暇, また眼, また驚い, まだ一度, まだ疲れ, まだ貴方, まな, まるで見当違い, むきにな, むちでキッコのを, めったにこんな, もうさ, もうなにもかもご, もう一度やり直そう, もう亡くな, もう完全, もう氷, もう舟, もちろんわれわれ, もとより他流, やあすまんと, やさしく返事, やっと間違い, やはりいつもの, やはり諸君, ゆたかな, よくそんな, よく親身, よろめく足, わざと怪物, わたくしに, アキ子の, アンナ・ドミトリエーヴナの, エライと, カゼを, ガラス窓に, ケナゲにも, ジッと, セエラなどは, ダルウィチ大, ツカツカと, ドキン, ノートブックの, ヒヒヒフミミミ, プンプン憤っ, ペン皿の, ポケットに, ムチを, ヤッパリ十二時二十分という, 一せいに, 一人下車せられた, 一国の, 一年生の, 一日に, 一歩まちがったら, 一睡も, 一足退っ, 一驚を, 万国堂の, 三度感心の, 上機嫌で, 不仕合せな, 不思議そうに, 不相変勇壮, 世界を, 両眼, 丸卓子の, 主人の, 乾くと, 事務室を, 二匹に, 二度うなずいた, 云いました, 五十ぐらゐの痩せ, 人から, 人間では, 今それを, 今何処に, 今度の, 今日彼那に, 仕事を, 仰いで, 休憩時間の, 低くささやいた, 何から, 何と見えます, 何処の, 何故もつ, 余り世間, 便利な, 俺の, 健康から, 僕たちに対して, 元来近眼であった, 先へ, 先生同士じゃ, 全く不思議, 八月二十日から, 其処に, 内心ひそかに, 冒険を, 凉しい, 函館で, 初めて桂浜, 別に嫌, 前後の, 勝れた人, 北国を, 十時五十分のおつもりで, 午後十時を, 協会へ, 博学でございます, 厳然と, 又旧, 受附の, 古今に, 可憐なる, 吃驚した, 名を, 向うへ, 呉国の, 咽喉の, 唯の, 喋るため, 囈言の, 困るという, 國府田を, 地上に, 執拗く乗り続けた, 塾の, 声も, 夏休みの, 多分こういう, 夜逃げし, 大きく白髯, 大げさな, 大人だ, 大和の, 大学と, 大敗北, 大臣にも, 天文台を, 奇跡的に, 女なんか, 好い年, 妹の, 姿勢正しく, 嬉しいよう, 孟子を, 学校で, 学習院に, 安楽椅子の, 実によく物, 実はこれ, 宴會において, 富田さんを, 審美眼の, 尊敬に, 小型の, 小田原住いで, 少々おかしく, 少し後れがち, 少女の, 尻尾が, 屡々満里子, 山歩きでも, 岬の, 市に, 帶の, 常に自分, 平易に, 年を, 庄司博士に, 座敷から, 弦を, 当代稀に, 影も, 往時戦争にまで, 後藤教授三宅教授と共に, 御免蒙る, 御承知, 御酒ばかり, 心がけの, 必ず帰っ, 忽ちの, 思いあきらめ, 思ったこと, 思わず口, 怪しむ様子, 恐らく承知, 悪人を, 情こまやけき, 意味なく, 愛妻愛子愛女の, 感慨無量であった, 憎いうち, 我が郷里, 戯れた, 手こずつて, 才気煥発する, 拱いた腕, 探幽, 政治が, 教ふそ, 教室の, 敬愛すべき, 文字通り快活で, 斯んな, 新潟へ, 旅姿である, 日向ぼっこを, 旦那方は, 早速手近, 明治時代の, 春に, 是非この, 時々夢, 時来た, 暁方の, 暫くの, 曲った真鍮, 書斎で, 最初が, 會社の, 朗誦を, 木から, 本当に慌て, 杓子を, 東京から, 果してトルストイ, 柱時計が, 校長と, 案外カナリヤ, 楊枝で, 権力の, 次第に私, 歎息を, 正直です, 歩いては, 死の, 残らず駄目, 毎日外出がちだった, 毎朝蘭を, 気がつかなかったらしく男, 気高くは, 江戸児だ, 決して来, 沈吟した, 泣きたくな, 洋服と, 浅い味噌, 海水着を, 淡水魚問屋の, 深川菊川町両, 湯には, 漢代高名の, 濁酒など, 無理も, 焦れる自分, 熱心に, 物わかりの, 犯罪人として, 猶別, 玉砕すべき, 現に奥さん, 甘く見え, 生前, 用を, 由緒の, 留守です, 病あらたまっ, 病院の, 白帆会の, 皆さんと, 目に, 直情径行火の, 真の, 眼蓋を, 知ってか, 短い着物, 硯友社諸, 神戸に, 福間警部に, 私にも, 稿を, 突然その, 立ち上がると, 笑う気持, 第一瞥, 簡易で, 糊気の, 紫いろの, 経かたびら頭巾さらし木綿の, 絶叫した, 締め殺しかねない目ツキ, 美しい顔, 老年で, 考古学の, 職人の, 肺病だ, 脳が, 膠も, 自ら陸軍省に, 自殺された, 興津から, 芋女と, 芸術家とか, 若者の, 茶山を, 落ちついたもの, 蒟蒻で, 薬学専門部の, 蜜蜂よ, 行方知れず, 裏口営業とは, 西洋文化の, 見るところ, 親代々の, 言い張る, 言下に, 訳解を, 語を, 誰か, 調子を, 講堂に, 謹厳であった, 讀賣新聞に, 貧ならざる, 質問する, 起き上った, 跳びつくよう, 軽くうなずいた, 農学博士で, 近頃さっぱり姿, 退院の, 遂に最後, 道行く人, 遥かに, 酔っぱらって, 金儲けの, 鑑定の, 長崎へ, 間もなく北京, 降りて, 随分几帳面, 雑誌を, 電信柱という, 青木繁の, 音楽隊の, 頸まで, 顔色を, 飛行機で, 首肯かれた, 驚いたという, 高峰樣だらう, 髪なども, 鵜烏の, 黒田家に

▼ 先生~ (4459, 11.4%)

37 言った 28 来て, 私の 17 おいでに, それを, 出て, 私に 15 いった 14 いわれた, 何か 13 自分の 11 はいって 10 急に 9 入って, 私を 8 そんなこと, 帰って, 来た 7 いて, いる, お見え, 心配し, 非常に 6 いいました, きて, ついて, 日本の, 生きて, 生徒に

5 [14件] あった, あつた, いた, これを, 云う, 亡くなられて, 口を, 或る, 手を, 教室に, 来ると, 答えた, 腹を, 見えて

4 [24件] あのよう, ありました, ある, いらして, いらつし, お亡くなり, こっちへ, そう言った, どんなこと, 一人で, 云いました, 云ったよ, 何の, 博士の, 声を, 寝て, 彼に, 持って, 最後に, 東京から, 注意し, 目を, 聞いた, 見て

3 [70件] あります, あるの, あわてて, いつもの, いないと, いると, いるの, おなくなり, お出でに, お書き, きいた, こ, このこと, この時, この頃, これは, こんなこと, そこに, どうした, なにを, ぼくらを, みんなに, やって来た, わたくしに, ハイキングを, 下に, 不意に, 亡くなられてから, 何かの, 例の, 修身の, 僕に, 先に, 助けに, 叫んだ, 女を, 好きな, 如何に, 尋ねた, 待って, 御覧に, 急病で, 感心し, 持つて, 教えて, 日本で, 書いて, 最初に, 来たと, 校長に, 歩いて, 火星人の, 熱心に, 病気で, 病気の, 癇癪を, 眼を, 私どもの, 立って, 童貞を, 膝を, 英語の, 西洋から, 言いました, 言えば, 言って, 言われたから, 遊びに, 頭を, 首を

2 [282件] あたしの, あつて, あとで, あなたが, あの時, ありそう, あるが, あるだろう, いいよう, いつまでも, いつもに, いつも僕たち, いつも言っ, います, いやな, いやに, いら, いらっしたよ, いらっしゃるから, いるこの, うちへ, うわごと, おいで, おっしゃいました, おっしゃったこと, おつ, おやめ, おらと, お付けた, お会, お好き, お嬢さんの, お手, お泊り, お留守, お聞き, お詠み, お話を, お顔, かう云, かわるがわる教室, ここは, ここへ, こっちを, この, この学校, この家, この話, これまで, こんなところ, こんな事, ご病気, ご自分, ずかずかと, そういう, そうだ, そこへ, そこを, そのため, その頃, そばに, それから, たいへんな, たずねると, たばかりだと, たぶん創, だしぬけに, でて, どこかで, どこかの, なさいました恋愛, ぼくの, またいなくなった, またいなくなっちゃった, またそれでは皆あなた, また云, また問題, また言った, まだ生き, やって, やって来たの, やって来て, やつて, やると, よほど偉かっ, わざ, わたくしの, わたしを, ゐた, ゐませんか, カッパードシヤカッパードシヤと, シサイに, ハタと, フライブルグに, フランスから, ムキになって, 一人, 一册の, 一切の, 一年生に, 一生中に, 一緒に, 三百三十樽の, 上田から, 世界に, 中心に, 主任で, 乗って, 二人ほど, 二十人ほどの, 二十余年に, 二階に, 云った, 云つた, 云われた直ぐ後, 亡くなって, 亡くなつて, 亡くなられますと, 人手に, 仰し, 休みだしてから, 何れだけ, 何を, 來て, 例によって, 促した, 信州へ, 修善寺から, 俺を, 僕を, 先生を, 八日目に, 出して, 出欠を, 函館へ, 初めて来朝, 前の, 力を, 叫んで, 君に, 君を, 呼んだ, 命を, 堂々たる本官教授, 堂上方の, 塔へ, 壇を, 変って, 夜おそく, 大へん, 大変お, 大学でも, 大学の, 大学内で, 大層可愛, 大森の, 大病だ, 夫れ, 奥さんに, 奥さんを, 妙な, 嫌な, 学園を, 学校を, 学課の, 家の, 家出を, 小説を, 少し酔っ, 居らるる処, 山椒魚に, 左右の, 帰ってから, 廻って, 当大学, 彼の, 待ちかねて, 御一緒, 御不在, 御亡くなり, 御自分, 御迷惑, 怒鳴って, 恐い顔, 患者の, 悪いん, 我校を, 我皇室から, 戯れに, 手伝って, 手紙で, 担任された, 持たれ植物学科, 控えて, 提出された, 教壇に, 教室へ, 斬られて, 日本に, 日本語の, 日頃の, 早くも, 朝湯に, 本邦に, 机の, 来たん, 来た時, 来られた, 来られたの, 来る, 来れば, 来朝せられ, 東京大学の, 東北から, 校長で, 案内し, 権利とか, 横から, 次郎, 殺されたの, 気に, 気を, 汽車の, 注射を, 注意した, 海老塚さんの, 漱石先生に, 特別に, 用が, 由松に, 申しますのに, 病気だ, 病院の, 発明した, 発見された, 盛んに, 相談が, 知って, 私たちの, 立ち会った, 笑いながら, 笑ったの, 筆を, 筆記した, 米国で, 紙を, 脳を, 自分で, 舌を, 薩摩芋移植の, 行くから, 行って, 見えました, 見舞いに, 見舞に, 言うと, 評した, 話して, 話相手に, 誠意さえ, 説明した, 読んで, 諸君に, 講義の, 貸して, 赴任し, 這入って, 通りかかって, 連れて, 道夫の, 選んで, 間違つたのだらう, 降りて, 隣りに, 雑誌に, 青年の, 青年塾を, 静かに, 音も, 高い所, 鬼の, 黒板の

1 [3168件 抜粋] ああいう, あきも, あっしなら, あとに, あの奥さん, あの本, あまっちょ, あまり練習, ありましてね, あり先生, ある御, ある晴れた, あんたに, あんな長い, いいと, いうには, いかなる動機, いきさつを, いくら口を, いたずらに私, いちいち頷い, いったと, いつかいうた, いつのまにかサル, いつもいわれる, いつも皆, いなくなったら第, いばりすぎます, いま何を, いよいよ指, いらっしゃると, いるいないに, いろいろの, うしろに, うんと, おかわいそう, おっしゃった, おつきです, おはいり, おらとこをからか, おられること, お丈夫, お偉い, お前等と, お困り, お寄り, お弟子, お持ち, お母様から, お用い, お立派, お訪ね下さいました, お連れ, お黙り, かがんだ, かつてかれ, かねての, かわるという, きくの, きみを, くれたもの, こういう常人, こうして朗読, こう言った, こっちから, このこけ, この一個月以前, この二三日, この大事, この文, この玄徳, この草稿, この部屋, こぼして, これしきの, これら知名の, こんどなんでも, こんな方角, ご存じの, さけぶ, さっきおっしゃった, しかつめらしく構え出し, しばらく奥さん, すっかりいい, すばらしいこと, そいつを, そういう語学熱, そうだったでしょう, そう呼んだろ, そっくりさらっ, そのふう, その原因調査, その市原山莊, その愛する, その様子, その編纂, その障壁画, それだけでも, それは, そんなこと心配, たしなめた, ただから, たつたひとり, たまらなくあ, ちゃんと電話, ついてるから, つみ上げられた機械, とうとう衝突, とったの, どうかされた, どうしてこの, どうして斯様, どう見られ, どこそこへ, どの石, どんなに苦しん, ない, なくては, なぜか, なるまでは, にこにこし, はじめました, ひいきし, ひとりで, ひどく神々しく見える, ふしぎがった, ほかさ行つて居なかつた, ぼろぼろピアノ, またいった, また号令, また見え, まだおいで, まだ起き, みごとに, みんな知つとりなさる, もう, もしあの, もし皮相的, やかましいよ, やってきました, やっと腹工合い, やめさせられ教員, やるといふ, よくご, よく御, よく頼ん, よんだらば, わざわざ大分, わしに, ゐなくなるとは, アイビキの, インドに, キットいらっしゃる, シャーロック, ズッと, ダムの, ドラマトウルギイを, ノコノコと, バネの, ピッと, ブツブツと, ホントウに, ミルの, モレンドルフ氏, ヴヰラに, 一つ腰を, 一人でに, 一人出, 一僕を, 一度は, 一時世上の, 一期の, 一番おどろいた, 一番注意を, 一篇の, 一銭銅貨を, 三味線を, 三度目に, 上京した, 下調べを, 不承知だ, 世間的に, 中島真義という, 主として医学, 久保田万太郎岡村柿紅両氏が, 二人しかも, 二十面相を, 二階の, 云って, 五年を, 亡くなられたこと, 亡くなられましたので, 京都で, 今, 今どんな, 今君を, 今度の, 今日学校に, 今迄, 仙臺新寺小路の, 仰っしゃった, 仰有ったお, 仰言ったのよ, 休めば, 住んで, 何かに, 何なら, 何人か, 何故こんなに大, 余り動かぬ, 作文の, 価値を, 信じて, 俳句と, 倫敦で, 働いて, 元來嫌, 先へ, 先生が, 入つて, 入口の, 八高から, 其趣味主張を, 再びそれ, 冬ズボンに, 出勤する, 出版に関して, 分けられたよう, 初めてアイヌ文典, 判断する, 前奉天商務, 劇通中の, 勉強し, 十二の, 千二の, 卒業論文として, 単語の, 卵を, 去られてから, 取るでせう, 口で, 古今集以前に, 可愛いの, 司会者として, 同時に文学者, 名古屋あそび, 君の, 吟じた, 呶鳴る, 命令される, 哲学上の, 唱歌を, 嘲つて, 四高から, 國民の, 地球人間では, 報告を, 変だ, 夏休の, 多紀, 大いに力, 大作を, 大坂, 大好きで, 大孫, 大怪我, 大討論, 天下丸呑の, 夫れなら, 奥さんと, 好きだ, 好意を, 始めの, 子供の, 学校, 学監室から, 宝鏡先生の, 家族を, 寄りか, 寝返りを, 專念に, 小学校を, 小関氏を, 少なくない, 居ないらしいぞ, 居られる, 居合わせなかったこと, 山の上にの, 巧え, 帝國文科大, 帰らはったと, 帰校しない, 帽子に, 年賀に, 幽霊なんかを, 座敷へ, 引っぱり取った時, 当九大精神病科, 彼時と, 後へも, 御丁寧, 御出版, 御存知ない, 御本職, 御見物, 御都合, 心得の, 忘れて, 怒るぞ, 怖いの, 思いも, 急用で, 恐くて, 悪いだ, 意外夜の, 感じ悪い, 慈愛の, 憎まれ口を, 憤慨する, 戯れたまひ, 手も, 手綱を, 打斬, 折々自分, 抱いて, 拝むよう, 指図し, 掛けてるその, 推敲させた, 政表学なる, 敗北主義者に, 教えると, 教壇の, 教授時代に, 文法も, 新しくいらっしゃいました, 新聞などへ, 既に病, 日本流の, 早口で, 明和七年正月十六日の, 明治二十四年の, 昨夜御, 昼の, 時代遅れの, 暫く下宿, 書生に, 最も純情, 有名だった, 朝倉先生ほどの, 未だ有名, 杖を, 来たら武田先生, 来は, 来るという, 来診, 東大を, 果して本気, 校友会費を, 検診行の, 構へ, 欠勤でも, 止されてから, 此に, 此植物を, 歸り, 死ぬという, 殴られたこと, 殺されましたか, 毎日召上って, 気がついた時, 気むずかしい癇癪持ち, 水産講習所へ, 永州の, 江戸へ, 没く, 泣いて, 洋服を, 活東子の, 海の, 深夜急, 湖の, 満鉄, 点数の, 無聊に, 熱度を, 片岡先生とは, 特に探し, 独占した, 猟期に, 率直に, 現れては, 理化学研究所と, 生きてさえ, 生徒だち, 生得雷を, 産を, 画を, 當時創設された, 病気なさったら, 白ばっくれ, 皆に, 監督な, 直接に, 県庁に, 眼で, 矢来町に, 示す恩愛, 禁慾生活を, 私服に, 穴の, 突然世界共通, 突然奥さん, 立ち上ったの, 立会で, 笑いだすの, 第一高等學校, 答えられた, 米友を, 結婚しなさる, 総大将, 縦の, 群を, 考えこんでから, 考え込んで, 肉の, 背に, 臨終に, 自分に, 自席から, 自身に, 興奮した, 芝居ずきで, 苟も, 若し生き, 英国の, 荒田老に, 著いてからも, 葛湯し, 薬草を, 虚飾を, 蟻田博士を, 表門から, 被来た, 製作によって, 見えた時, 見えられて, 見かけた怪しい, 見つけたこの, 見られたという, 親しくわれわれ, 言いだした, 言うこと, 言ったよ, 言ふ, 言を, 記した多摩川, 許して, 評判の, 話しかけるごと, 誤解を, 読むと, 談理を, 警察に, 貧乏し, 貴方に, 賞めて, 赤インキで, 起ったまま, 路上へで, 軽い大股, 辞表を, 返さないから, 追っかけて, 送られた手紙, 通りかかられて, 通過し, 遅れ馳せにでも, 部屋が, 酒臭い, 野に, 鈴木松年さんで, 長い立派, 長野に, 間違いを, 陣取りそれ, 随分露骨, 雪を, 青くさい, 非凡人, 鞄を, 頑としてこの, 頻に, 飄逸で, 養子に, 馬鹿だ, 驚いたの, 高級な, 鮪を, 黄蓋の

▼ 先生~ (2751, 7.0%)

27 なって 19 お目 18 して 17 就いて, 見て 15 向って, 教えて 14 御目 12 向かって, 聞いて, 診て, 連れられて 11 手紙を, 見せて 10 お願いし, 来て 9 お眼, 頼んで 8 似て, 引率され, 紹介し, 電話を 7 よく似, 会って, 對し, 就て, 話して 6 お礼を, たのんで, とつて, 逢って

5 [12件] お手紙, お願いする, きいて, ご相談, それを, つれられて, なると, むかって, 對する, 直して, 訊いて, 話を

4 [15件] お会い, かわって, したって, しても, なったの, 何か, 御相談, 御迷惑, 礼を, 言った, 言わせると, 訊くと, 話した, 読んで, 限って

3 [54件] あげて, あって, お目にかかりたいと, お目にかかりたいの, お越しを, お願, くんよ, このこと, しかられて, しては, そういわれる, たずねた, なること, なる資格, なれるという, 依って, 信用が, 傾倒し, 化けて, 取っては, 叱られた, 向て, 呼ばれて, 宛てて, 師事し, 師事した, 御挨拶, 恥を, 手紙で, 持って, 挨拶し, 接して, 教わったこと, 教わって, 相談し, 相談する, 相違ない, 私が, 私は, 紹介された, 見せるの, 言って, 言われて, 訴えたこと, 診察し, 話しかけた, 話すと, 負うところ, 賞められた, 逢った, 逢ふ, 面会を, 顔を, 願って

2 [177件] あいさつを, いいつけて, おたずねし, お会いし, お枕, お目にかかって, お目にかかりその, お目にかかりたいん, お目にかかりに, お目にかかり女生徒, お茶を, お詫びを, お話し, お話ししたい, お話を, お逢いしたい, お酌, お願いが, お願いの, きいたこと, きかれて, きて, これを, ごあいさつ, ご迷惑, さう云, したところ, したところが, そう言われ, そっくりな, その話, そんな事, ちがいない, ちがいなかった, ついたもの, つかまって, でんわを, なりたいという, なるか, なるという, なろうと, にて, ほめられた, みやげに, もしもの, よりて, よろしく, よろしくね, ア乞食に, インネンを, ドイツ語を, バケツを, 一寸挨拶を, 不滿, 事件の, 云って, 代って, 代りて, 会いたいという, 会う, 会う機会, 伝えて, 伺って, 何にか, 何も, 例の, 僕の, 出して, 切って, 別れて, 勲三等の, 卑怯だ, 反抗する, 叱られたもの, 叱られても, 叱られました, 叱られます, 叱られると, 叱られる事, 同情を, 吐剤を, 向っては, 向つて, 告げて, 報告した, 報告したら, 報告する, 声を, 大急ぎで, 学んだ一人, 学資を, 對しまつりても, 差し上げるもの, 帰って, 弟子入りした, 張り倒されたこと, 後頭部を, 御厄介, 御心配, 御手紙, 御覧に, 御話した, 心を, 心服し, 恐怖に, 愛されて, 手を, 手当を, 投げて, 拾われて, 挨拶を, 捧げたり, 教つてゐた, 教はりに, 教へ, 教わったの, 教わった家, 敬意を, 敬服し, 於いても, 此の, 比べれば, 注意され, 注意を, 用事が, 申しわけが, 留任し, 療治し, 相談した, 知らせたの, 知れると, 私の, 秘密で, 紹介され, 紹介の, 終らば, 結びつけて, 罷められては, 習うと, 習って, 聞いた, 聞いたこと, 聞きました, 肉を, 葉書を, 行く, 褒められて, 褒められると, 見えざる事, 見つかつて, 見られても, 親しみを, 親んで, 親炙し, 訊ねた, 許り, 訴へる, 話したん, 謁し, 貸して, 送った, 送って, 逢うて, 逢うと, 逢ったこと, 逢つた事の, 連れて, 遊びに, 違いない, 適う事, 關する, 限りません, 非ざる白鷹先生, 頭を, 頼み立派, 願つて呉れ, 食つて掛かつ

1 [1774件 抜粋] ああいふ, あいました, あがる, あずかって, あてた手紙, あばかれて, あやまらせるん, あやまるため, あやまろうという, ありましたん, あれだけ, いいつけたもの, いうなんて, いた, いっぱいくわせよう, いつけて, いろいろ後の, いろいろ教え, うそを, うちの人が, うんとし, おあいしたら, おうかが, おくりたかったろうな, おしえられその, おそわったの, おどかされたもの, おはなし, おもねる, おわかれ申し, お任せします, お出でが, お取次, お察し, お智慧拝借, お湯も, お目にかかったらどう, お目にかかった者, お目にかかりたいわ, お目にかかりたくて, お目にかかるなんて, お稽古, お縋り申す, お聞きなされ, お裾わけ, お見せる, お許しを, お話した, お話し申した, お貰い申し, お近づき, お逢い, お金が, お電話, お頼みし, お願いに, かいほう, かえるという, かかりながら, かけて, かぶれて, かわりつぎ, きいたら今夜, ききました, きこえる, くらべて, くんべ, こうおごらし, こだわって, ことわって, この手紙, この話, こぼすと, こんなふう, ごめいわく, ご心配, さいそくされて, さうお話し, されたの, さんざんしかられた, しかられてばかり, しかられること, しかられ家中, したの, しようと, しろ光郎, じきじきお尋ねし, すぐ来, すっかり何, すりよって, せまるの, そういいました, そうおっしゃい, そうしか, そう云っ, そう言われた, そっくりでした, その人, その後の, その梗概, その責任, それから私, そんな手紙, たしかめた, たずねると, だきついて, ちゃんと言っ, ついた, ついたり, つかみかかろうと, つくなら男, つっけんどう, つらかった, ですね, とつちや重大なこつた, ともなわれその, どうぞ幸福, どんなに迫っ, なお邦文, なぜあんな, なったと, なったり, なっちゃったのよ, なっても, なられたこと, なりかけて, なりすまし米友, なりたいの, なりゃ結構, なり毎日出勤, なるって, なるん, なる口, なれないじゃ, なれば, なろうか, のさばられちゃ, はじめて成績, はっきり申し上げたい, はよう申訳, ひきつけられて, ひそかに, ひどいお世話, ひどくしかられた, ふさわしいこと, ふだん教え, ほめられたが, ほめられるよう, ぼくたちの, まず, また叱られる, みぢめ, みな親しく, もう一度の, もちよ, もれた先生, ゆきあつ, よい夢, よく伺つて, よく御, よろしくと, よろしく申し上げ, わかると, わけを, わらわれること, エロサービスしよう, ジロリと, ドストエヴスキは, バッタリ出会いました, フランスから, マーケットで, レンラクし, 一つの, 一人の, 一太刀ずつ, 一度お出でを, 一手, 一晩中か, 一目お, 一筆書い, 一陣の, 三番町の, 上げて, 上に, 不似合い, 与える, 世話してやろう, 両親の, 久々ぶりで, 云い逆, 云ったと, 云はれ, 云われなくても, 亡くなられては, 今夜の, 今日の, 代つて, 任じられたので, 会いに, 会い相, 会う度数, 会ったこと, 会った時刻, 会つた, 会ひ, 会わして, 伴って, 伺いを, 伺つて居た, 似たやう, 似た顔, 似合わないこと, 佐分利流の, 何を, 何気なくきいた, 作楽館で, 侍ずいて, 俳句を, 健康診断し, 先を, 入門料を, 内証で, 再説する, 出あう者, 出す, 出合った時, 出鼻を, 分らねえの, 初めて紹介, 別れてからは, 前もって話し, 劣らず重要, 助けだして, 勝つ, 勧められるま, 化けたこと, 十分あつ, 千二それから, 厄介を, 厳談された, 反対し, 取って, 取持つ代り, 取返して, 句を, 叱られたうっぷん, 叱られたと, 叱られてばかり, 叱られますよ, 叱咤せられ, 合わせる面目, 名を, 向うて, 向けたこと, 向っても, 君子は, 告げた, 告げる意志, 呼ばれたでしょう, 呼びつけられて, 呼び出されてから, 問いました, 問はれた, 喜んで, 囁く, 土産に, 報じくれぬか, 報告しました, 夢遊病の, 大きな勇気, 奢って, 好い影響, 始末書を, 娘が, 字を, 学ぶ所, 学名を, 宛てた手紙, 宜しくと, 宥めて, 寄せて, 対って, 尋ねて, 導かれて, 少しお話, 少年探偵団の, 就きて, 届けようと, 屡, 左の, 差し入れし, 差上げて, 差出した, 帰るよう, 幾度か, 引きずり出されても, 引き受けて, 弟子に, 強られた, 彷彿たる, 従うて, 御依頼, 御援助, 御無礼, 御直ニ, 御覧を, 御願が, 復讐する, 心酔しました, 志村を, 忠告を, 怒られるんぢ, 惚れてるせい, 愛せられるといふ, 感謝し, 慰められながら, 憎悪の, 戴きました, 所属の, 打つ気, 承ったところ, 抱かれたまま, 招かれて, 拾われたところ, 指でも, 捕まつて, 探して, 接しないで, 接触した, 推薦された, 提出し, 救われて, 教は, 教はるのは, 教わったん, 教わり次に, 教室で, 敬禮, 敵意などは, 文芸家の, 断つたと, 於いては, 於ては, 日本へ, 昨日の, 昼夜の, 書かして, 最後に, 會つた, 有りますか, 未練が, 松山で, 業を, 歸朝後どんな, 残って, 殺されて, 毒入りウイスキーを, 比較する, 気の毒で, 求めて, 泊って, 泣くほど, 注意しよう, 深い縁故, 済まないと, 減らず口を, 渡した, 湖上の, 漢文を, 無断で, 煩さん, 狎れくみし易し, 瓜二つ御, 申しあげて, 申し上げたら先生, 申し入れると, 申上ました, 留めて, 発したもの, 白黒を, 直接きい, 直談判と, 相談が, 相談せね, 盾つく, 睨まれんよう, 知らせようと, 知れないよう, 示して, 神保造酒という, 私何か, 秘密って, 竜野の, 算盤を, 系図を, 納得させ, 紹介した, 綽名を, 罪が, 習いその, 習った子供, 習わぬところ, 聞いたり, 聞いた方, 聞えたの, 聞かせたくないらしい, 聞かせる, 聞きなさい, 聞くより, 背いて, 脇の下から, 腹を, 至っては, 花世様の, 落ちを, 薬を, 行って, 裏切られたよう, 西洋ものの, 見えたかも, 見おくられて, 見せました, 見つかったの, 見つかりでも, 見ゆるの光栄, 見参仕る, 見破られたため, 親しんで, 解かせたかった, 言いつかった通り, 言いつけなかったけれど, 言うた, 言っても, 言はれる, 言われますと, 訊いたらいい, 訊くに, 訓戒された, 許えよう, 訴えると, 診せに, 話されたの, 話したか, 話したら衛生学者, 話したりは, 話しまわり, 誘はれて, 語り十一月下旬カルカッタ, 誤解された, 説明し, 談判し, 諒解を, 講演を, 警告を, 譲らぬ虎髯, 負けないつもり, 貰ったん, 買収され, 質す事, 贈ったひそか, 贔屓分に, 足を, 身の上の, 辱う, 近いもの, 近づきたかつたん, 近よって, 返金する, 迫つた, 迷惑が, 退去を, 送ったの, 送る作文, 通ぜん日, 逢いたがって, 逢うたら宜しく, 逢つた, 逢つて見たい, 進めたといふ, 遇うと, 過ぎたから, 遺像, 都合を, 鑑定を, 門の, 限らず凡て, 限るの, 集中攻撃を, 電話で, 非ず, 面會日を, 預けといた革, 頼まあ, 頼みたいの, 頼むの, 頼る事, 顋を, 顧問格に, 食慾を, 馴れ親しんで

▼ 先生~ (1529, 3.9%)

65 して 15 訪ねて 13 見た 12 呼んで 11 中心に 9 連れて 8 おたずねし, 訪問した, 訪問する 7 たずねて 6 よんで, 見て 5 待って, 訪ねた, 訪ふ

4 [12件] お訪ねし, お迎, つかまえて, 侮辱した, 前に, 尊敬し, 尊敬する, 引っぱって, 御紹介, 攻撃した, 見ると, 訪問し

3 [29件] おたずねした, お見かけ, お訪ねした, とりまいて, もんで, 信じて, 刺さんと, 助けて, 失った, 始めとして, 尋ねて, 崇拝し, 御案内, 愛して, 慕って, 敵と, 殺して, 相手に, 知ったの, 知って, 紹介し, 見つめた, 見つめて, 訪う, 訪うた日, 訪れて, 起して, 迎えて, 頼んで

2 [85件] あっと, うながして, おかりし, おさ, おたずねする, お起し, お迎えする, お連れ, これ程よく理解, したり, すすめても, する傍, たずねた, つけて, つれて, はじめ余所の, はじめ山下を, まん中に, もって, やめても, よく知っ, 一呑み, 中心と, 伴れ, 侮辱する, 信州の, 傍に, 先生とも, 叩いて, 名誉会員に, 呼んだ, 囲んで, 大事に, 失ったあと, 失ったこと, 失って, 好きに, 師と, 幸福に, 御信用, 怒らせて, 思い出して, 思うと, 恨んで, 慕う気持, 招聘したい, 捜して, 探して, 推されたと, 支持する, 殺した犯人, 殺すもの, 殺そうと, 毆い, 湯治に, 煩わすに, 睨んで, 知つたのは, 自殺の, 見たが, 見たり, 見た時, 見ること, 見れば, 見送って, 解釈する, 訪い先生, 訪うた, 訪うて, 訪ねると, 訪ひ, 訪れました, 誘いに, 軽蔑し, 迎えに, 迎へ, 連発し, 除くほか, 除けば, 頼って, 顧みて, 食べて, 馬車に, 馬鹿じゃ, 馬鹿に

1 [1041件 抜粋] あげますから, ある点, いい人, いじめちゃ, いじめ抜いたそう, いましめた, いやがらせたもの, うっかりした, おいだした犬畜生, おくった自動車, おこと, おだてて, おどかすなんて, おどろかしたの, おびきよせるため, おむかえし, おもちゃに, おろすと, お助け, お呼びします, お失いし, お帰, お待ちする, お怨み申し上げる, お慕い, お救いいたしました, お母さんは, お用い, お見おくりする, お訪ね致せ, お誘いした, お迎えしました, お送りし, お願, かえりみて, かこんで, きらいらしいの, こうして躍らせ, こっちの, この世で, この最も, この胆吹王国, この雑沓, こんなところ, ごぞんじ, ごらん, さしまねいて, さらって, した, したこと, してるん, しのぐ俊才, しばりあげろと, します, しめやかに, そうし, そこにおいて, その代表, その後見た, そんなこと, たいへん感心, たすけること, たずねたそこ, たずねるの, たずね事情, たのむこと, たよりすぎて, ちんば, つかまへること, つまらん弟子, とうとうみんな, とりかえて, とりなして, とりまくよう, どうしたら, どう処置, どう扱っ, どのくらい, なくしたくないん, なぐりつけるつもり, なつかしが, なやませました, にくみました, ねぎらうつもり, のこして, のぞいては, はげました, はげますため, はさんで, はじめ一同は, はじめ他の, はじめ次, はじめ私を, はじめ親友または, はっとさせた, ば畏敬した, ひと目見, ひやかす目的, ふたたび学校, ほって, ほめあげたの, ほめて, まかしたいの, まぜッ, まるで全能, まんなかに, みる事, むかえに, めっけて, もして, もたなかったし, もつこと, やっと取りもどした, やつてられる, やめたほどの, やめてから, やりこめたからよ, やりこめた柔道, やりこめて, やり込める事, ゆだんさせて, よく理解, よく見かけた, よこすと, よびに, よろこばしたよう, わざわざ窓, アッと, オデンヤから, コキ下した, スパイじゃ, トテモ大切に, ドン底まで, ヒドイ目に, マネキンに, ヤッツケ放題に, 一つ大学教授に, 一国だけに, 一寸かじりました, 一年生みんなで, 一時的に, 一番尊敬し, 三田の, 不眞面目, 世界第, 中心として, 主賓として, 乞食雲坪と, 二人で, 五十年後の, 交へて, 人格的に, 仇だ, 仔細に, 仮令どの, 仰ぐこと, 何だか気の毒, 何とか宥め, 何度踏みつけよう, 侮らなかった, 侮辱し, 保護する, 信仰する, 信用してる, 偉い先生, 偲ぶべく先生, 偽って, 元気に, 先に, 先頭に, 全裸に, 公衆の, 写生した, 冷遇する, 処分する, 初めたてまつり, 初めて知つたの, 初め俵様ご, 利用した, 助けたよう, 助けようと, 助けろ, 労し奉, 動物と, 勤めて, 勧めて, 十分に, 半丁, 反省させる, 取って, 取るなんて, 口説き落すには, 叩き倒した, 只一人この, 名づけて, 吾有と, 呪咀わ, 呼びとめもう一度, 呼びに, 呼びよせて, 呼び戻して, 呼び掛けた時, 呼ぶん, 呼んだ日, 呼出すには, 唯一の, 喪ってから, 喫驚さし, 嘲笑された, 困らしました, 困らせた事, 困らせるつもり, 困らせるよう, 困惑させ, 圧迫し, 埋没させ, 堪えがたい苦しさ, 壓伏し, 変に, 外に, 夢に, 大切に, 大変江戸趣味人の, 大概知っ, 失うこと, 失せさ, 失った私, 失望させる, 奪った権力, 好んもの, 始めて, 始め先生, 威かして, 娘時から, 嫌がりますけれども, 子供たちまでが, 存じて, 学生時代に, 守るの, 完全に, 客観する, 尊ぶゆえん, 尋ねること, 尋ねる旅先, 導いて, 少しし, 居住せしめた, 岡埜精神病院長と, 崇拜する, 崇拝せる, 差措い, 帰したの, 座敷へ, 弔する事, 引き上げて, 強引に, 彼から, 待たなくとも, 待つ間, 待合わせる, 後楯に, 得たい, 得て, 御大切, 御守り下さい, 御招待, 御見かけ, 御覧なせ, 御訪ねした, 心から敬慕, 忘れなかった, 怒らしちゃ, 思いうかべて, 思いだしては, 思いだし先生, 思ひ出した, 思ふと, 怨みたいよう, 恋して, 恐れた, 恨みます, 恨めと, 恵まれたこと, 悦ばせたよう, 悩まして, 惜しがる, 想い出すの, 想像する, 愛されたあなた, 愛するが, 愛する者, 慕つてそこまで, 慰めるつもり, 慰めんもの, 憎いとは, 憎らしいとは, 憎んだ, 憤らしちゃったん, 憶ひ, 我校から, 手に, 手放したくないという, 打ちのめす者, 打ち込んだら三方, 批評する, 抱き起した, 押しなだめて, 押し返した, 拂ひ退け, 拘引する, 招き打たすべし, 招待させる, 拝し, 拵えたが, 捕えに, 捜したら緒方, 捨てた, 排斥しよう, 探されて, 探しましたが, 接触させる, 撰んで, 放しました, 救ひたいと, 教壇に, 敬愛した, 敬慕する, 斃した, 文鎮で, 斯く思ふ, 早く起し, 暴力で, 更に縦, 最初に, 木曾川まで, 本当には, 案内し, 棄てて, 横目で, 次の間へ, 欽慕する, 正しと, 正気づける, 残して, 殺され千浪, 殺したという, 殺したん, 殺した奴, 殺すか, 殺すに, 殺ったという, 毀け, 気の毒と, 求めようと, 江戸へ, 流師, 渡さないという, 満足させる, 火攻に, 然り, 煩わすこと, 煩わすと, 煩わせなくなったの, 特に寵, 独占しよう, 獄に, 玄関まで, 理解し, 生駒に, 疑いましょう, 疑う事, 痛い目, 監禁し, 目の敵に, 目標に, 真似る人, 眺めては, 眼で, 睨みすくめて, 睨むの, 知ってる人, 知つてゐ, 知つて居る, 知らないか, 知らないにもほどが, 知らなかったら私, 知ること, 知れり, 研究する, 祀るの, 祝福する, 神の, 神樣だ, 程よいところ, 突飛ばして, 立て, 笑つた, 第一等, 米友は, 組み伏せるの, 絞殺し, 置かざるべからずと, 老い込んだとも, 考える場合, 背後から, 脅迫し, 自宅へ, 興奮させ, 舐めて, 苦しめた奴, 葛岡が, 裏切る気, 襲う不作法, 見あげました, 見おくって, 見おろすほどの, 見かけた, 見すえた, 見たの, 見たよう, 見つけたと, 見つめたまま沈默, 見ても, 見まもった, 見られた, 見るより, 見る気持, 見付け出したの, 見出すこと, 見失うこと, 見損つて, 見詰めた, 見込んで, 見送りたい, 見逃したかも, 討ち果たし二重, 訪い入門, 訪うこと, 訪うなら堂々, 訪えば, 訪ねたという, 訪ねよう, 訪ねようとして, 訪ねる, 訪ねる時間, 訪ふた翌日でした, 訪れた時, 訪問せられた, 訪問は, 証人に, 評する語, 詩人学者としてよりも, 誘っちゃあ, 誘惑いあるい, 誘惑する, 語る為め, 説いた, 説き伏せたところ, 誰よりも, 請じ, 諷し得て, 警察に, 豪いと, 貰いたいと, 賞める, 赤坂の, 踏んづけて, 軒輊しよう, 辞し家, 迎えるには, 追いかけて, 追いぬき追いぬき三々五々, 追つかけ, 追慕し, 退治しよう, 送って, 送り出して, 連れ出したの, 避けたに, 酷く怖れ, 野次つて面白が, 釣り上げようという, 間諜と, 除いては, 陽虎と, 随筆家として, 雇うに, 離れて, 電話に, 非常に, 非難する, 頼み奉り欠硯, 頼りに, 首肯せし, 馬車で, 駆使し, 驚かした, 驚かしたらんもの, 驚かすこと, 魔法の

▼ 先生~ (1312, 3.3%)

14 生徒も 8 奥様も 7 それを, 今日は 6 私も 5 さすがに, 何も 4 これには, 一緒に, 人間僕も, 私の, 私を

3 [15件] あった, ここに, そう言っ, その一人, その点, それで, それには, またこの, 何か, 千二も, 奥さんも, 御承知, 来て, 笑いながら, 非常に

2 [78件] あったが, あとから, ある, いる, おっしゃった, おっしゃって, お困りでせう, お宅, お泊り, お若い, こうなっ, この話, これを, こんなの, さだめしお, すつかり, そうお, そうかも, そこを, そのあと, そのうち, その時, それが, それなら可, だらしが, ついて, ほんとうに, またも, また私, よくお, よく知つて, カンカンに, モース先生の, 一旦お, 一時は, 亦た, 今では, 今頃は, 仕方が, 仲間に, 僕も, 先生だ, 加わって, 又甚, 叫んだ, 同情し, 声を, 大分遊歴に, 夫れ, 夫人も, 始めて, 学生も, 安心し, 山に, 帰って, 御存じでしょう, 御立腹, 思わなかった, 急に, 情ない先生, 我輩も, 断って, 最初から, 校長も, 次郎の, 次郎も, 死んだ, 流石に, 浮気な, 目を, 知らないし, 社長も, 笑って, 腰を, 見かけに, 随分人が, 高島先生一人限りだつた, 鶏に

1 [1039件 抜粋] あいさつした, あきらめたよう, あったそう, あったもの, あなたが, あのやう, あの土地, あまり実さん, あまり顔を, あやぶみましてな, ありません, あるが, あるので, あれば, あんな女, あゝ見え, あッと, いい心持, いかがです, いかにも所在, いささか急所, いざ翻訳, いたので, いっこう気, いっしょで, いっしょになっておわらいになりました, いつぞや上京, いつまでも, いないが, いない教室, います, いやでも, いやに, いらっしゃらないでしょう, いらつし, いるわ, いれば, えらい苦労, おいでに, おさそいいたしましょう, おそらく真物, おっしゃってたわ, おどろいて, おなじよう, おはいりでございます, おもしろいが, お休み, お内儀さん, お力を, お困りでしょう, お変りは, お婆さんまで, お尋ねに, お待ちかねでしょう, お父さま, お葉, お許し下さるでしょう, お顏, かつて, かぶらずしが, かれの, きかず生徒, きっとわかっ, きっと顔渕, きまり悪, くつくつ笑い, こいつは, こうして関ヶ原, ここまで, このでん, この二週間, この建議案賛成, この日, この有様, この頃, これからの, これに, こんなみじめ, ごゆっくり, ご存じない, ご存知人物は, さじを, さぞ不快, さっきから, しっかりお, しばらく御, しみじみと, しよう, じきここへ, じぶん, すぐ思いあたったらしく, すぐ起き直った, すこし蒼い, すれば, ずいぶんお待ち, ずいぶんの, ずいぶん人, ずいぶん見事, せつないところ, そういっ, そうまで, そう思っ, そのこと, そのとき反対派, その一人たる, その一行, その影響, その澁, その芋女出身, その辭表, そらっ使えだ, それからは, それでは何, それならもう, それについて, それ以上強い, そんな事, たしかにいられた, ただでは, たびたび教壇, たまらないわよ, だいぶん弱っ, だめだ, ちともうろく, ちょいと, ちょっとしたはずみ, ちょっと笑った, ついに怒った, ついに身, つとめた事, つらかったでしょう, できるだけ, とうとう恋, とてつもないひどい足音, とばしてたの, どうした, どうして元気, どうだ, どちらかと, なか, なかなか人, なかなか浮気, なかなか隅, なにか曖昧模糊, にわかにノン, のぼせあがって, はじめて我, はじめの, はるかな, ひとつお, ひとつ呉の, ひどく耄碌, びっくりしてる, ふと黙祷, へったくれも, まあこんなにいり, まさか会おう, またかまう, まただんだん, また入口, また同じ, また東儀さん, また漸く, また相当, また自分, また雷, まだ元気いっぱい, まともに, みんな, みんなも, みんな平気な, むろん列席, もうご存じ, もうそろそろ一ヵ月, もう世, もう帰, もう来, もう顔, もとの, もはやとっくに故人, やってきて, やはり根, やや安心, やるん, ゆうべの, よい先生, よくよく不幸, よく講釈, よっく御, よほど不愉快, よほど退屈, よろしく浮気, わかりきったこと, わしの, わらった, アメリア嬢も, オルガンが, クラスメートも, サジを, ソッと, ツマらない, ハタと, パパ好き, ビールには, ベルグソンなどから, ポルタワから, マートンさんも, 一しょでした, 一つ御, 一ぺんあんたら, 一人きりだつた, 一寸私, 一所に, 一日限りで, 一驚を, 三十歳に, 上手な, 不思議がって, 与八の, 世上の, 主としてこの, 乗気, 乳癌の, 二回聞いた, 云うて, 些か辛, 亦, 亦世間其匹, 亦多年, 亦得意, 亦此態度, 亦道行く, 人殺しの, 人間は, 今それを, 今度といふ, 今昔を, 他の, 仰せられた, 仰つた様, 仰觀, 仲, 会いに, 似たよう, 佐々の, 何かさ, 何だかわからなかった, 何だか神経, 何にも, 余り無残, 供で, 俵様も, 僅か五分か, 僧正ヶ谷の, 先生, 先生なら, 先頃病死なされました, 兜を, 全然子供, 共謀で, 其処に, 其出処進退の, 其積りで, 冬の, 凡人主義我輩も, 出席し, 初めから, 前々から, 剣術には, 剣術遣いだ, 割り下水に, 割合に, 剽軽で, 助手の, 勉強しなけれ, 医学博士には, 半年ばかりの, 危急を, 卵に, 及ばないという, 友愛塾を, 口ぐちに, 可哀そうな, 同じく笑い, 同じぢ, 同じ人間, 同様で御座いました, 同窓生も, 君あれで, 君を, 含む, 呆れて, 味方らしい, 喜んで, 嘸手甲摺, 四月の, 困ったそう, 困る位, 地球物理の, 塾長室で, 変わったね, 外交官として, 大いに御, 大きいけれど, 大に, 大原君と, 大変ほめ, 大変興味を, 大尽へ, 大感服, 大目に, 奇妙な, 女史を, 如彼見え, 嫁に, 宅へ, 定めしおかしな, 実に悲しき, 実は自分, 客人も, 家へ, 家族も, 寄って, 対抗的に, 小川先生も, 小説が, 少々蟲, 少しこの, 少し休む, 少し図, 少し極, 少し當, 少し遅れ, 尿の, 山椒魚の, 島村先生も, 師匠も, 帰り私一人, 常にそれ, 年も, 序ながら, 廿五年といふ, 引込きりか, 弱いが, 当時は, 彼の, 後ほどいらっしゃいます, 御不幸, 御如才, 御存じで, 御存知の, 御用の, 御精, 御自分, 御説, 必死の, 忽うとうぶき, 思い切ったこと, 思い当られる事, 思わず静か, 怪談は, 悪いわ, 悲しげ, 感心した, 憐れな, 或は不, 戦災者根性の, 手も, 手前どもへ, 承知の, 招ばれ, 指名を, 教えて, 教室不明の, 料理屋も, 斯う, 新聞で, 既に考へ, 旧幕の, 明日新聞に, 昨夜は, 昨年大寿を, 時には, 時折四条の, 曇りない真実, 書もらし, 曾根先生と, 最後には, 最早あれ, 朝倉先生も, 本を, 本名で, 杉山も, 来た, 来られるはず, 松島へ, 栗原氏も, 案外ウブ, 椅子から, 機嫌が, 歌吉も, 止むを, 此には, 死を, 殘念に, 毎日来なけれ, 気を, 汚いなと, 決して競争, 油断し, 法律は, 注意し, 洋裁も, 浮かばれません, 滔滔と, 漢学話などを, 漸く教授, 無論に, 無造作に, 犠牲者じゃ, 現れる余地, 生徒たちも, 田舎の, 男な, 疑われて, 白羽扇で, 目が, 相当の, 相手が, 眞山孝治さんの, 矢張り出, 知つてゐる, 研究せられました, 礼を, 私が, 私達と, 窓から, 立つて, 笑いました, 笑った, 米國に, 紅木大臣の, 級友も, 終に決心, 絵心が, 老いて, 老いぼれたもん, 考えさせられた, 育たれた, 背中合せの, 腕組を, 自らに, 自分も, 至つて喋らぬ, 至極丁寧成事, 若い時分, 英語が, 葉子さんの, 蓬の, 街を, 衰弱を, 西洋の, 見えなかった, 見える, 覚えて, 言はれた, 言われて, 訪問した, 語学の, 誰一人其理由を, 豚吉も, 赤大根に, 起きて, 踊りが, 近来は, 近頃フツフツ坊主, 退引, 途中の, 遂に余りにも, 運の, 部屋を, 里見さんも, 金は, 閉口し, 限られたその, 随分よ, 随分年, 随分関わない, 雑沓する, 雪子さんらしい, 青磁の, 面喰った, 頻に, 飛んだもの, 食堂へ, 飽くまでも村, 驚いて, 鳥渡中座された, 鹿島詣, 默って

▼ 先生~ (1274, 3.2%)

30 一緒に 18 いっしょに 15 いえば 14 呼んで 10 二人で 9 呼ばれて, 御一緒, 話を 8 千二とは, 千二少年とは, 呼ぶの, 私とは 7 云って 6 いって, 同じよう, 奥さんの, 御相談, 私との, 自分との 5 先生の, 千二は, 呼んだ, 我輩とは, 相談し, 私と, 顔を

4 [12件] いえども, いっても, お別れ, お角, そっくりの, ならんで, よぶ, 一しょに, 天狗先生の, 私は, 称して, 言って

3 [29件] あやか, いうと, いへば, きては, その夫, 一しよ, 云う, 云うもの, 今の, 千二が, 千二との, 同郷の, 弟子との, 思って, 懇意に, 生徒との, 生徒の, 相対し, 知り合いに, 私, 私とが, 私の, 聞いて, 肩を, 言われる程, 豚吉と, 道夫の, 道夫は, 颯爽の

2 [65件] いうて, いった, いつて, いわれて, お呼びする, ごいっしょ, すぐ先生, するには, それから, ちがって, である, なって, よぶこと, よんで, わたしとは, 一所に, 三人で, 二人だけで, 二人の, 云えば, 云ふ, 云われて, 体操の, 其御事業を, 別れ三人, 千二の, 千二少年の, 同じ意見, 同じ考え, 周さんと, 呼ばれるに, 呼ばれるの, 呼ばれる事, 呼びつづけて, 呼ぶよう, 喧嘩を, 奥さんは, 奥様が, 女の, 小夜子を, 小林君が, 岡本さんの, 弟子とは, 彼との, 恭一とが, 恭一との, 朝倉先生の, 来ては, 然うし, 生徒とが, 申すの, 神仙道, 称ばれ, 自分とは, 自称する, 蔵海とは, 言えば, 言われて, 話して, 連絡を, 道夫とは, 違って, 遺書, 雖も, 離れて

1 [785件 抜粋] あいさつを, あたしの, あだ名の, あっしだけは, あなたの, あの妓, あの御新造, あの美, いう, いうが, いうのに, いうよりも, いっしょにあすこいらが散歩, いっしょにいらしったんでしょう, いったって, いて, いはれるの, いふが, いふ者は, いろいろ話, いわず旦那, いわれたこと, いわれるほどの, いわれる学者, おっしゃいますか, おっしゃる, おっしゃると, おっしゃるの, おっつかっつであっ, おまわりさんを, および致すは, お二人きり, お会い, お別れしなけれ, お呼びし, お呼びなすっ, お嬢さんだ, お弟子衆, お立合, お約束, お薬草, お話が, お話なさる, お部屋, お雪ちゃんとが, かえよう, かおを, きいて, きくと, こうしてお話, こう飲ん, この久保氏, この奥様, この子, こんな話, ご同道, さし向い, さへ, しちゃ, そうして千二, そうして千二少年, そっくり, その事, その師, その頃, それから校長先生, それとは, それに, たずねて, たびたびお話, つい一昨日, つながりが, であったので, です, どういう因果, どっちが, なったが, なりたいもの, なり含宙軒探偵, なり道化者, なると, なるなどの, なんの, ひとつに, ふたりで, べつな, ぺこぺこし, ぼくと, ぼくとで, またその, また其時先生, まちが, まちがえおそるおそる, みんなでしました, むかしは, もっと深く, よく一緒, よばれて, よびとても, よび始めて, よほど懇意, よんだり, わかれたくないもの, わたくしとは, わたしに, アメリカの, カツレツ, チョビ安を, ドイツ皇帝をの, ドイル先生とは, マグネの, ミチ子との, ヨッちゃんは, 一つお, 一処に, 一度お, 一座し, 一時間あまり, 一緒か, 一緒にかへ, 一談判する, 三人し, 三四の, 三寸の, 並び立つ隠れ, 並べて, 主人の, 久保田米僊さんとが, 久闊を, 二人いる, 二人きりだった, 二人きりの, 二人っきりの, 二人前の, 二人対座で, 云いおった, 云うの, 云う人, 云う臭味, 云う若い, 云った, 云つておきながら, 云はれた, 云われる身, 五人で, 交わりを, 交渉の, 人に, 人間らしい温かい交際, 今村長賀先生, 仙公とは, 仙太さんが, 仰ぎ奉り入学, 仰ぐべき器, 伊兵衛が, 伊原青々園氏と, 会うこと, 会談の, 佐藤先生に, 何かと世間, 何等の, 侮り茶山, 俊亮との, 信じて, 俥に, 僕たちは, 僕の, 僧形の, 光峨先生の, 全く離れ, 共にある, 兵隊さんと, 再会の, 出会わして, 出版書肆との, 分かったら世の中, 切実な, 判断した, 別れくるり, 別れてから, 別れてからも, 別れる時, 加代子さんが, 助手の, 千二に, 千二少年と, 千二少年とを, 千浪さまの, 千浪は, 博士が, 原口さんに, 叔母さんとが, 叔父さまは, 受取られるほどの, 口を, 史郎君が, 号し, 号す, 合計し, 同じお, 同じく世外, 同じく此校創立以來, 同じく此校創立以来, 同じこと, 同じです, 同じ人間価値, 同じ学問, 同じ技能, 同じ箱, 同じ系統, 同じ腹, 同じ鎌倉, 同一種類の, 同一経路を, 同伴の, 同居させ, 同年配, 同期くらいに, 同様に, 向い合せに, 向きあったとき, 周さんに, 呼ばせて, 呼ばるる占断者, 呼ばれたので, 呼ばれた丈, 呼ばれては, 呼ばれないで, 呼ばれること, 呼ばれる立場, 呼ばれる身分, 呼ばれ生徒, 呼びかけたの, 呼びかけられた自分, 呼びつけて, 呼びます, 呼びまゐらすにふさひたまひし, 呼び延胤, 呼び馴れて, 呼ぶ, 呼ぶもの, 呼ぶ事, 呼んだの, 呼んだんで, 呼んだ貴下, 喧嘩でも, 四人の, 坂本直道氏とを, 坊ちゃ, 堺先生の, 売約が, 大いに学問上, 大きな声, 大勢い, 大地主さん, 大変な, 大将と, 大将との, 大河内博士とは, 大笑いしてる, 大連の, 天狗先生は, 太刀打し, 夫人の, 奥さん, 奥さんとが, 奥さんとは, 奥方との, 奥様の, 奥様は, 女生徒たちが, 妹が, 姐ごとを, 婦長さんと, 婦長さんとが, 子達に, 存ずる, 学校の, 学生らは, 安蔵さんの, 客との, 家の, 密接な, 富岡氏との, 寺田先生とは, 対立し, 尊敬し, 對座し, 對座した, 小林さんの, 小林君とが, 小林団長に, 小林少年は, 小関氏にとって, 少しも, 山田君とが, 岩村先生が, 岸田については, 差し向いで, 市の, 市松お, 平賀殿は, 幸田露伴先生と, 床を, 弟たりが, 強情で, 役者を, 彼女とを, 御交際, 御夫人, 御新造の, 御結婚, 心得て, 忠寛とは, 思うてなあ, 恭一と, 悲しい別れ, 憧, 懇意だ, 我輩との, 我輩の, 手が, 手紙の, 手紙へ, 挨拶する, 挨拶を, 握手し, 握手したい, 教え子, 教員室で, 散歩した, 散歩に, 敬って, 敬われつつ, 敬称する, 敬語を, 文樂座へ, 斬り合いに, 新島先生の, 日支の, 昔からの, 時々手合せ, 暗室の, 書いた, 書いたもん, 書かずに, 書くだけで, 朝倉夫人とを, 朝倉夫人に, 期せずして, 机を, 村松氏は, 来たら鳴り, 来た日, 東京中の, 枳園先生と, 柳生対馬守との, 柴田是眞先生の, 棒組ん, 橋本先生にも, 次郎だけ, 次郎にとっては, 次郎の, 欣二さんが, 歌吉四人が, 正木博士を, 武田との, 歴史の, 母との, 比較し, 河崎なつ先生とが, 河野とに, 泊つたと, 海老塚医師は, 涅槃大, 深い縁故, 渾名を, 熊田先生と, 熊野先生とが, 父とは, 牙彫, 狩尾博士との, 猪之, 玄関から, 瑠璃子と, 瓜二つな, 生徒が, 生徒とは, 生涯二度と, 申されます, 申されるか, 申しまして, 申しますの, 申上げます, 町子さん, 番町辺津の, 白鷹先生が, 直接に, 相對, 相知る, 相談の, 眼も, 睨み合うよう, 矢田部先生との, 知らなかったもん, 知り合, 知り合い美術, 知合に, 知理雄先生と, 社長から, 福介は, 私が, 私だけの, 私とだけが, 私どもの, 私一箇との, 私丈けが, 秘密に, 称する輩, 窓の, 立ちながら, 立てられぬところ, 箏の, 算術下手のより, 米友今頃は, 米友公の, 約一ヶ月半, 約束が, 約束の, 結婚さす, 結婚される, 綽名する, 線香花火, 聞けば, 聡明を, 膝を, 自分とが, 自分とで, 自分は, 般若先生が, 芥川龍之介先生に, 若い元, 若林博士と, 菊池先生が, 落ち合ひ, 落雲館裏八百の, 葛岡さんも, 葛岡には, 葡萄酒, 藤沢利喜太郎先生の, 行きあった, 袂を, 親しい方, 親しく交際, 親近といふ, 言い改めた, 言うたら好かろ, 言うの, 言つ, 言つてチヤホヤもてなし, 言つて瀬川君ばかり, 言はれ, 言ふ, 言われただけでも, 言われたの, 試合を, 話しこんで, 話し込む, 語つた, 誰れ, 謂うが, 議論を, 貴郎, 軍人とでは, 軽井沢で, 辻田君とが, 追いつ追われつの, 道庵の, 違うところ, 郡上の, 酒を, 醤買石の, 野々宮は, 金看板が, 金茶金十郎の, 銀座については, 間違へる, 隣り住みたる為, 雌雄を, 雪子の, 雪江さんと, 露伴先生のだけは, 青年の, 頭の, 食卓を, 飲食店の, 馴れ馴れしくつい, 高弟達の, 鳥撃ちや, 黙って

▼ 先生から~ (530, 1.3%)

5 聞いて, 電話が 4 お手紙, 借りて 3 何か, 手紙が, 手紙を, 教えて, 見れば, 話の

2 [25件] おかいこ, お話が, お話を, お金を, お電話, この話, 伺って, 催促される, 厳重の, 受けた影響, 御委托, 教は, 教へ, 教わったの, 教を, 明治大正政界の, 柔弱男子などと, 注意され, 注意を, 父兄の, 聞きました, 英語を, 金を, 離れて, 頼まれて

1 [444件] あいずが, あいぬ, あたしに, あなたへ, あの画材, あらかじめ注意, あらためて細川, あること, あんだけ, いい聞かされ, いただいた, いただいたお, いただいたの, いただいたもの, いただいた結構, いたはられて, いっぺんにかわっ, いつきいても, いましめられて, いろ, いろいろの, いわれて, うか, うけた示唆, おさずけ, おそわること, お使, お便りあつ, お便りが, お修身, お前に, お心, お手, お手本を, お殿様, お聞き, お聞き申し, お聞き申しました, お葉書, お許しが, お許しを, お話に, お話の, お誘いを, お迎い, お預かり申した, お預り, お魚, かえして, かつて指示実験, きいたごとくさすが, きいた先生, きいた話, きいて, きかされて, ききたくは, ききました, きくと, きっと返事, きびしくいいつけられ, きみのて, こうしてお金, ここへ, この呂宋兵衛, この手紙, この軽々, これだけはと, これを, さっき御, さっそく返事, しかられました, して, すぐに, すぐ帰る, そういう注意, そう云われ, そう言われ, そのよう, その字句, その新刊, その顔, それに, そんな事, たいへんに, たたかれるよう, ただ自分, だ, だいじなこと, つけて, であった, であります, とてもひどく, どうぞよろしくお, どれだけの, どんなお話, なぐりたおされたほどにも, なにかお, ならいました, のこされました, のである, はじめて教わり, ほぼお, ほめて, ほめられた事, まだ何ともいっ, みっしり教わった, みとめられて, みんなの, もうとうに, もう少し濃, もらった紹介状, やさしい言葉, よく了解, よく思われよう, よく聞い, るす, わざわざそう云つて, わざわざ手紙, ウンと, コーチし, ズット以前に, ハガキを, フランスへ, ペンネン先生へ, 一人別に, 一伍一什を, 一本まいった, 一間も, 丁寧な, 三年生の, 不足を, 与えられた仕事以外, 与えられた謎, 世界中での, 世界史という, 世界史的な, 中江兆民福沢諭吉徳富蘇峰三宅雪嶺などについて, 事ある, 事情を, 五円お, 五十か, 人殺しの, 仕込まれた音楽的訓練, 以前に, 伝え聞くぼく, 伺ったの, 伺った話, 何とかいっ, 何の, 何を, 來た, 供給された, 侮辱的言辞を, 信用され, 俳句の, 俳諧の, 俺あ, 借りたお手本, 借りたわけ, 借りる事, 借りる外套, 催促を, 傳へられた, 先生に, 先生の, 入費は, 出たと, 出たといふ, 出た指針, 出た言葉, 出来るだけ, 切組格という, 剣術を, 卑怯だ, 原稿を, 取次いで, 受けたもの, 受けた事, 受け取った, 受け取った第, 受け継いだ柘植家, 受取った原稿, 受取った手紙, 口頭試問が, 叮嚀な, 可愛がられて, 叱られたこと, 叱られたよ, 叱られたり, 叱られるあるいは, 叱られるよ, 叱られる事, 叱られ懲, 同じくこの, 同じよう, 同書の, 名ざされた, 呶鳴られた, 問い合わせの, 問題として, 報らせ, 夜電話で, 大きな感化, 大学へ, 大枚二千何百円の, 大隅君に, 大黒様の, 失望させられた, 奪った原稿, 妾へ, 始つてゐる, 始まって, 始終指導, 娘さんとやらを, 嫌われて, 学び得たの, 学んだ, 学監室に, 學問を, 宝鏡先生の, 宣言される, 家内へ, 小猫一匹, 届けて, 引き継がれました私, 引き離して, 当家様へ, 当時の, 役の, 彼を, 後で叱られちまう, 後輩の, 得たもの, 得た学問上, 御招待, 御断り, 御返事が, 御返事を, 怒鳴られ, 思ひがけ, 思想と, 悪い点, 想い聯ね, 愛されて, 懇談的に, 戴いた藥, 戴いた訓, 戴いた軸, 戴いて, 手紙の, 手酷い小言, 打合せが, 批評し, 承ったこと, 承ったの, 承わっ, 承わりましたが, 折々せつかれる, 押しつけられた植物学, 拝借し, 指で, 授けられる感化, 授業を, 提供された, 改まって, 教えられたが, 教えられたこと, 教えられたもの, 教はること, 教わったが, 教わったこと, 教わったよう, 教わった事, 教わった星雲説, 教わった通り, 教授の, 教訓され, 教訓を, 旅費を, 日本の, 早速手紙, 早速興味, 明治時代の, 明瞭な, 是非とも, 是非の, 書いて, 書き送られて, 最も多く, 最も深い, 月百五十圓出す, 朝鮮の, 本校通学の, 案内された, 極意を, 模範少年として, 正しく時としては, 歴史研究の, 殉死を, 段々御, 毒薬を, 治して, 注意された, 洋行の, 湯本さんの, 滝太郎の, 灰を, 煙草盆を, 熱海に, 爾う, 物事を, 犯人捜査の, 生徒一同が, 生物学の, 申し上げて, 画師さんへの, 異端と, 白昼堂々, 百枚ちかく, 直ぐ返事, 直接の, 睨まれて, 知恵の, 研究の, 確と, 社へ, 祖先の, 私どもは, 私の, 私は, 私へ, 私的な, 秘密の, 突然例, 笑われる種, 精神力の, 素姓を, 紹介し, 絣の, 罰を, 習い立ての, 習ったの, 習って, 習つたので, 老の, 耳に, 聞いたか, 聞いたこと, 聞いた時, 聞いた言葉, 聞いた話, 聞かされたに, 聞かされて, 聞かされ一層, 聞かせられた話, 聞かれても, 聞き覚えたハト麦, 聞くお話, 聞くところ, 聴いた後, 聴いて, 聽く, 聾の, 脇坂様へ, 自分が, 自分の, 自分は, 自由の, 臼杵先生に, 色々の, 葉書を, 褒められること, 褒められると, 褒められれば, 見た天地, 見て, 見てじゃ, 見ると, 見下げられるの, 見放されて, 解剖学の, 言いつけられた, 言いつけられたこと, 言いつけられたよう, 言い出されたから, 言い渡しが, 言はれる, 言われたとおり, 託されたと, 許されたの, 話が, 話された具体的, 話を, 詳しく講義, 誉められなかった, 認められたこと, 誘われた時, 説明が, 説諭され, 説諭された, 読み方を, 諸君を以て, 讀んで, 讃められる, 貰ったもの, 貰った学用品, 貰った小切手, 貰って, 貴方を, 買取りそして, 賞讃され, 贈られたカナリヤ, 軽く咎められる, 近所の, 返されたノオト, 返事の, 送って, 過分なる, 遠慮なく何, 郷里の, 郷里へ, 酷く耳, 醸される情緒, 間接にでも, 阿部次郎の, 離れたくないこの, 離れたやう, 離れやしません, 難しい漢文, 電報の, 電話, 電話し, 電話で, 青少年に, 靴は, 頂いた月謝, 預かって, 預ったもの, 頭ごなしに, 頼まれた羅府, 頼まれまして, 頼みこんで, 顔を, 魚の

▼ 先生には~ (392, 1.0%)

5 それが, 何か 3 おわかり

2 [29件] あんなこと, かなわない, ご存じない, ちゃんとした, どこか, わけが, セーラム市の, 一度も, 主として日本, 何も, 倒れられてからは, 内証だ, 千早先生が, 同一時, 大学では, 大恩, 失礼です, 女が, 学会の, 少しも, 当時盛んに, 御機嫌うるわしく, 御気の毒, 昏睡状態で, 昼飯の, 東京大学で, 江の島の, 珍しくない, 直ぐに

1 [321件] あいぬ, あつら, あの鳥居, あまりよい, ある点, あれが, いつでも, いつのまにか玉枝, いつも叱られ, いろいろな, いろんな面, うつて, おどろいたが, おわかりな, お分り, お前も, お客分で, お父様, お目にかかったこと, お目にかかりたいの, お目にかかる機会, お見え, かえって遠慮, かなはん, かなわないよ, がんりきも, きっとわかっ, きっと叱られる, きのう江戸表の, ここに, この両方, この地底, この掛軸一本, この西片町, これが, こんなこと, こんなに幾つ, こんな患者, さすがの, しきりとお, しても, しばらく御無沙汰, すぐれたジャーナリスト, すでにその, ずいぶん長い, せつかく, せめて御, そのどっち, その六十番, その博学, その絵, その賦, その音, そもどんな, それを, そんなご, そんな事, そんな蝶, たいそうお世話, たしかになにかあった, たつた一人, だめかも, つきものの, つねに理解, とう, とんだお世話, どうしていい, どうしてその, どうしてもお腹, どうやら困っ, どう思われます, どっちが, どのよう, どんなに御, ない, なかった, なかなか骨, なじめないこと, なって, なりたがるまい, なれても, なんでも, はじめから, ふしぎと, ぶしつけなこと, ほんとうに, ぼくたちの, また, またきっと, また実に, また本, まだお話, まだなっとく, まだまだ, まだよくわからない, まだ一度, まだ奥様, まだ色気, まだ診察, まだ話してない, まだ近づき, まだ非常, みじんも, むすこが, もうそいつ, もう一度お目にかからせますでございます, もう二三度, もう始終お世話, もう毎度, もちろん何, もっとくわしい, やはり京都, よくご存じ, よく六韜, よく聞きとれなかった, わかつて, わからないでしょうね, わかりませんか, わしが, わたしこの, わたしの, アンマリ上等過ぎる, オ仰せられ, サーヴィスが, ソンナ記憶が, ドイツ啓蒙哲学の, ミケラシゼロの, レオポールが, 一つだけ, 一つの, 一二度あった, 一文も, 一方では, 一番い, 三宅の, 三月ほど, 下船以来当家に, 乳呑み子が, 事情を, 二三度お目にかかった, 二千円の, 人間でない, 今日も, 今時分こんな, 会わないの, 何し, 何と思われ, 何の, 何を, 何事も, 何事もねえと, 僕も, 先生だけの, 先生としての, 先生の, 全く両様, 全然お, 公生涯と, 別に明治往年, 割合ひ, 努めて, 北方の, 千円一万円も, 博士の, 厭は, 又自筆, 及ばぬ, 可愛がられたが, 叱られたこと, 叱られるかも, 同じよう, 同情し, 名作の, 君が, 君は, 呉の, 固より, 地味な, 地球物理なんかという, 墨絵の, 変節の, 多分行かれない, 大いに信頼, 大ぶ, 大分久しく, 大変お世話に, 大変世話に, 大抵の, 大槻玄卿が, 大隈伯の, 大麦の, 奥様と, 好意を, 如何なされました, 妙計大策が, 始めてお目にかかつた, 始終叱られ, 娘さんが, 学校が, 学殖ある, 宝鏡先生の, 室崎との, 少年の, 幼時から, 弱らされます, 当分逢われない, 彼女の, 御話しませんでした, 御迷惑, 心に, 必要の, 応えた, 恋愛なんかよりも, 悪魔が, 愛された, 慈しみを, 或は失礼, 手が, 拙者を, 教えを, 教はらなかつた, 散財を, 敵が, 敵わ, 斬られ損, 新しい流行, 日本の, 早稲田の, 早速お, 更に教, 更めて, 最も自然, 朝倉先生の, 朱実が, 極めて田舎者, 橋本雅邦川端玉章川崎千虎荒木寛畝, 歌を, 死んだよう, 残念ながら, 毎日ご, 気に入らなかった, 気の毒だった, 水戸の, 江戸表へ, 決してそんな, 泥だらけな, 済みませんが, 漢籍を, 灰色に, 無論分らぬ, 父が, 特別に, 特殊な, 狐を, 獄中の, 現代人の, 生徒は, 用が, 直ぐにも, 直ぐ分る, 直接会っ, 直矩, 相手を, 眼に, 短歌や, 禁煙を, 私から, 私が, 私どもの, 私の, 私は, 私も, 私達の, 科学の, 秘密だった, 秘密に, 稀に, 立派な, 終に見えなかった, 絶対秘密という, 聞えますまい, 聞こえないよう, 職業であり, 能くもかかる, 自然の, 色々御, 色々綾, 芸術が, 萩乃という, 見せたこと, 親愛の, 言わなければ, 言われぬ事, 言憎い, 訓育の, 許可を, 誠に済まない, 誰一人身寄りが, 課外の, 貴辺, 近づきがたい, 近頃つい, 近頃御, 通じない, 通じないの, 通じる筈, 逢わぬが, 道徳観の, 道草を, 野心という, 鐚一文出しません, 関係も, 隠しませんとも, 難有, 非常に, 面会の, 面会は, 鞍馬の, 頭が, 食い物が, 餘り近づかなかつた

▼ 先生~ (250, 0.6%)

7 の御 4 のよう, はお 3 がお, がその, のお, を悦ばせた

2 [14件] からお, が沢山, といっ, にお, に誤魔化され, のおかげ, の手, の胸, の講義, はこの, は皆, も多々, をボクメツ, を御

1 [195件] からいろいろ, からは研究, から受けた, から学校教育, から鼓吹, が, がおいで, がこの, がずらりと, がそれぞれ受持, がそんな, がどういう, がオサンドン代り, が一人, が五年修了後, が俗, が俳人, が変る, が大勢, が大学, が委員, が寄り集まっ, が小生, が急, が悪い, が戻さない, が月給, が狩り出される, が現在行つて, が産ん, が画い, が皆, が絵画, が話される, が軽率, じゃない, そんな物騒, だから, だって似た, だと, であろう幾つ, でも何だか, で何ぞ, で子供, といくぶん, とくらべたら, とはちょっと, と一緒, と上級生, と夫人たち, と異なる, と親しく, と違っ, と部落, なの, なん, に, にくらべる, にこの, にすらそれ等, にはただ, には一番期待, には初め, には明らか, には私たち, には負けぬ, にもあえず, にもお, にもお目にかか, にも変化, にも診, にも重々おわび申, に一通り文学, に反抗, に天下, に対して何一つ, に対して失礼, に対し失礼, に対し校費, に導かれ, に時々, に欺瞞, に注文, に百円宛二人礼, に相談, に相違, に礼, に至っ, に逢っ, の, のいう, のおし, のお気, のこと, のひか, の中, の事, の人柄, の倫理学, の前, の反撃, の名, の場合, の外, の女買ひと, の孤立, の小さい, の幸福平安, の後援, の怖, の指導, の教育者, の文学的方法, の方, の書生, の月給, の正しい, の熱心, の男前, の白人為事, の目, の目ざましい, の秘話, の美しい, の討論, の詩論, の話, の道具, の閻魔帳, の顔, はあ, はい, はかわるがわる, はさぞ, はそうして, はそんな, はそんな大きな, はたしかに, はどうして, はどんなに, はほ, はまた, はみな, はみんなマドンナマドンナ, はみんな頭, はエルム, は一, は一々, は一体どうして, は何方, は先生方, は全然, は冷たい, は別, は声, は大分厭世的, は天才的, は孤独者, は学校, は安心, は寝る, は御存じ, は書かれた, は札束, は気がつかなかった, は源三郎, は町, は皆一人, ばかりはまつたく, へ出入, へ出掛け, もまだ, もわたくし共, もチョイチョイ, も今日, も基礎教育, も彼, も満足, も私達, も蒙, や先輩, や先輩達, や医局, や諸, よりはたしかに, よりも私, をお断り, をもう一度, を三四名, を信じ, を始め悪口雑言, を歴訪, を聘し, を集め, 居並ぶ前

▼ 先生~ (213, 0.5%)

7 ね, よ 6 なあ 5 と思っ 4 から, からな, わ 3 つたと, ということ, といふ, と云う

2 [11件] からとて無論, が作家, そうだ, つたのです, と思, と思いました, と思つて, と訊いた, な, ねえ, ッ

1 [142件] ああし, いぶ化の, かね, かのどっち, からいっこう, からうまい, からお, からお松, からさ, からそう, からその, からそれでは, からたくさん, からだ, からてれくさい, からで御座います, からとて信州, からと云っ, からね, からほんとう, からよく, から一目, から二頭, から却って, から困っちまう, から大, から大きな, から強い, から悪い, から演説, から私, から薙刀, か分からない, か浅吉, か知らない, か知りませんでした, があれ, がその, がともかく, がひとたび, がもう, がドコ, が名前, が幾ら天文学者, けれどもこいつ, そうで, そうですね, その先生, そんなこと, ぞな売ん, ちのちょっとした, ちの本当の, つう, つたといふ, つた人も, つた若い, つて, つてわ, つて一度は, つて人間で, つて相手は, つて翌日は, と, といい出し, という, というの, というよう, という事, という例, という説, とおもっ, とかをし, とか云っ, とか学生課, とか役人, とか言う, ときめ, とてそう, とどういう, となお, となほ, との事, とはいえ, とは思いました, とは思えない, とは思わない, とは誰, とばかり思っ, とわかっ, と云っ, と云つて, と信じ, と君, と土曜日, と彼女, と思いこん, と思う, と思った, と思はれるだらう, と思ふ, と思わない, と生徒, と直ぐ, と知らず, と答えた, と言, と言い渡され, と言つたぢ, と言わね, と賞め, と雪, なあ人, なと気がつく, なと誰, などと大きな, なんて, なんていや, なア, ねちかごろ, ね人, のと, のに, もの, もんだ, もんね, よそれ, よ試験官, ッた, ッて, 何か, 何でも, 何故先生, 先生だ, 勿体なくって, 女ぐれえ, 富沢先生だ, 師匠だ, 歌の, 此方に, 油断も, 私が, 蛙の

▼ 先生~ (189, 0.5%)

20 あつた 5 いらっしゃいますか 3 ござります, 私は 2 いらつし, そして又, でも, よかった, 通って

1 [148件] あつたなら, あつて, あられるか, いつも私, いまは, いらっしゃいましょうか, いらっしゃいましょうね, いらっしゃいますん, えーえらい, お名, お年は, お教, お相客, かには, この, この一文, この先生, この姉さん, これを, さ, しかも第, しよう, すらこの, せうわたし, せっかく図, そこい, そのする, その別荘, その市村先生, その時, その隣, そんな大家, たくさんの, だからやつぱり元来坊主, ちょっと困る, どうせ死ぬ, なかなか子供, ねその, はござりませぬか, まきわりを, また自分, もう二十幾年, やはり学友会, やはり家来, よく通俗記事, ウヰルソンといふ, サ, ショウジさんと, チュウインガムの, フンドシ一つで, 一人, 一年乙組の, 一週に, 一面薬局長は, 三人姉妹とも, 三輪田綱一郎という, 不景気な, 不景氣, 不良少年不良青年不良老年と, 今は, 他は, 以上の, 伊太利から, 俳人であった, 先ずよかっ, 先生以外の, 再び手紙, 十年も, 単なる逃げ隠れ, 原安民氏が, 吉井って, 名前が, 困って, 国語の, 坊さんらしい, 士行氏が, 夏休みを, 大恩人, 女生徒達の, 始めから, 学校ぢゆうの, 実社会の, 専門的な, 尤も先生, 川上冬崖氏の, 帝大の, 年の, 年歳は, 弟子も, 当時天下の, 彼の, 後には, 得意の, 御当人, 御本, 忌々しそう, 怒るとき, 思い出しました, 或女, 所用の, 教科書に, 敦盛を, 数学と, 文章体や, 新しい地方議会, 昔正門内で, 時には先生, 書家である, 本業の, 東洋史の, 松村氏が, 某流の, 歴史や, 毎日きまった, 毎日木馬に, 毎週二回の, 片手間に, 猪子といふ, 理科と, 男の子は, 私が, 私を, 私達が, 秋田出身の, 空の, 精神家で, 終ること, 老人の, 自分に, 自身は, 花車な, 若様と, 藤山流の, 被害者は, 補習科の, 親爺は, 言ひ足らな, 詩を, 誠に穏かな人, 通つてゐる, 通るやう, 通れるのに, 部下の, 長久保小萩という, 陶器鑑定家である, 非常に, 高知の, 麦の

▼ 先生たち~ (172, 0.4%)

3 の舎宅

2 [13件] である, の品定め, の眼, の神経, の顔, は, はそういう, はその, はよく, は一人, は大抵, は私, や友だち

1 [143件] お得意, からいやに, から大, から習っ, がいっ, がいらしたら, がおっしゃいまし, がかなり, がこういう, がぞろぞろ, がたくさん, がはひつ, がひそか, がシャツ一つ, が上, が二列, が來たん, が保身, が先人, が児童赤化, が出口, が勿論, が厳粛, が大方, が孔孟, が彼, が教科書, が火星人, が相談, が美術協会, が農業, が随分, さえもまだ, だ, だけが校長, だけであった, つひに, ですね, ですよ, でもう, でも思い及ばぬ, と事務所側, と少し, と来たら, にあえた, には何だか, には活発, にもそれで, にも徒勞, に事情, に任し, に何, に向かっ, に向けられる, に困られてた, に妙, に対する生徒間, に次, に正直, に活発, に聞かね, に蔭, に見せ, に言, に言われ, に顔, のあだ名, のいなさる, のうち, のこと, のせっかく, のそれ, のゐる, の中, の中隊, の会, の共同研究, の内, の力, の同情, の太い, の居る, の態度, の指導, の文章, の歴史, の絵, の見えすいた, の説, の貧乏, の足許, の部屋, の間, の驚異, はきっと, はしかし, はすぐれ, はそれ, はたいてい, はどう, はぼく, はみんな, はよくこう, は一向, は二階, は僕ら, は元旦, は先ず, は協議, は四人, は大人, は昨年六月二十五日以来, は書い, は村全体, は次郎たち, は気骨, は涼しい, は甘, は盛ん, は自分, は芳正君, までが代る代る, も, もその, もそれ, もまるで, も信じ, も入っ, も校庭, も決して, も皆, も腹, も遊び, や児童たち, や学校, や郡長さん始め, をあんな, をムリ, を客, を捕え, を捕虜, を狂喜, を見まわした

▼ 先生にも~ (171, 0.4%)

2 わかって, 似合わないこと, 嫌いな, 診て

1 [163件] あやふやで, あわずその, いろいろな, うんとあなた, おそらく解っ, おっしゃらないでね, おわかり, お久しい, お会いした, お似合いなさらぬ, お告げしてない, お察し, お母様が, お気の毒, お目, お目にかかったのよ, お目にかかりたいお目にかかって, お立ち帰り願わなけれ, お逢いしたい, きいて, きっと見える, このこと, この名ばかり, ご同道, ご存知の, ご相談, ご諒解, ご贔屓, しばらくお目にかかっ, すぐわかつた, ぜひ一本, そういう時代, そういう話, その後お, その後は, その時, それが, それで御, そんなこと, そんな言葉, たびたび反抗, でございますか, どうぞよろしゅう, どう言っ, なれなかったならば, ほめられた, ほんとうの, またこの, まほうはかせ, もうしわけが, もう少しは, もっての外の, やれと, よくお, よくお願い, よくわからん, よく依頼, よく話し, よろしく御, わけが, わたしの, スッカリお, 一つ御, 一応事情, 一応御, 一発, 一目も, 一臂の, 一般に, 今度の, 伺うさ, 伺って, 似あわしからぬ, 似あわぬお, 似合わず間違って, 似合わない仕打ち, 似合わんこと, 何かと御, 何度も, 克くそ, 内相談, 出来ない教訓, 出来ましょうよ, 出来るの, 判らねえよう, 判定の, 唖の, 問しかば, 困ったもの, 困りまつ, 土地の, 大目に, 奥様にも, 嫌われて, 宜しく云っ, 少し逗留, 少年達にも, 差上げたいと, 弁護士の, 御健勝に, 御目, 御話, 御遠, 想像し, 成らず毎日洋書, 打ち明ける機会, 改めて御, 改めて私, 教えを, 既に説明, 是非御, 来て, 校長にも, 気が, 済まんです, 焦らずに, 父親にも, 申し上げましたが, 申し訳ない, 申訳が, 相棒が, 知らさなかったの, 知らせたろうな, 知らせる筈, 社長にも, 結うて, 羨望を, 習った, 聞いて, 自分が, 自分の, 芳文先生にも, 褒めて, 見せずに, 見せないつもり, 見て, 親しまれず友人, 解せなかったよう, 解らなかつたの, 話が, 話してないん, 話せない, 説明が, 警察の, 譲る必要, 負けは, 負けを, 貸しましょうか, 近時の, 送って, 送つて, 通つた, 遂に巡りあわず, 遇つた, 遠い幼年, 適するよう, 随分お手数, 随分かは, 面会の, 頼め, 頼んで, 餘程自重し, 黙つておじぎ

▼ 先生~ (163, 0.4%)

3 その他の, 奥さんの, 小林さんと 2 乙先生が, 先生の, 奥様の, 深田先生の, 豚吉や

1 [144件] あの人たち, お医者さん, お友だち, お友達, お嬢さんには, お組, お蓮様, その他新聞雑誌の, その弟子, その親分, ないか, のんで, ぼくたちを, みなさんに, みんなから, よつて, ケーベル先生の, ハーン先生の, 七兵衛が, 三宅克己丸山晩霞などといふ, 上級の, 不折君に, 世話焼き役の, 両親に, 両親達の, 中村警部に, 二三の, 二三人の, 井上先生の, 伊藤先生が, 伊藤先生や, 佐々木さんに, 体操の, 何か, 何かに, 何かも, 係の, 俊亮を, 先輩に, 先輩の, 勝野君は, 千二の, 千浪を, 卒業した, 友だちに, 友だちも, 友人に対する, 友達に, 友達の, 古賢, 同門の, 周さんが, 周さんに, 周さんの, 園芸手の, 地質学の, 坂口先生の, 堂々と, 夏目先生と, 夏目漱石先生の, 大塚先生の, 大河内博士が, 大臣長官の, 天文台の, 奥様が, 奥様と, 奥様に, 子供さんの, 孤軒先生から, 宗先生の, 宮川先生の, 小使が, 小倉末先生, 小川先生などの, 小川先生の, 小杉先生の, 小林さんに, 小林団長に, 小林少年と, 小林少年に, 山室軍平氏なども, 巡査が, 幸田延子女史が, 広岡先生には, 広津先生やが, 廉州先生も, 引退した, 役人と, 応援の, 抽斎先生の, 故正木大尉, 教育家までが, 新聞などから, 景年さんなど, 朝倉先生の, 朝倉先生や, 村役場の, 林田先生の, 林野管理局の, 枢密顧問官を, 柳田さんの, 梅原君などに, 榊原君と, 次郎に対して, 歌吉と, 正木先生が, 毛利さんなど, 民友社の, 池上葛岡の, 波多野先生らの, 浮山さんも, 父に, 生徒さん達の, 生徒たちが, 生徒たちと, 生徒たちに, 生徒たちの, 白鳥会から, 白鳥庫吉君が, 皆の, 目上の, 看護婦や, 礒田先生から, 社長に, 社長は, 竹堂さんや, 粟谷後藤の, 船長さん, 芳文, 若い娘, 葛岡さんを, 葛岡に対する, 警察に, 谷先生の, 迎春館に関する, 酒屋の, 野々宮さんは, 鈴木君で, 長者なら, 除虫菊の, 隊員たちは, 須磨子について, 頭を, 高柳君の

▼ 先生という~ (152, 0.4%)

28 のは 8 ものは 6 のが 5 人は 4 のを 3 ものの, 人が, 方が, 方は, 言葉が 2 お方は, ものが, ような, 人の

1 [78件] あの時以来, いつもシングル, ことで, ことは, ことを, その名前, ところに, ところまで, のか, のから, のさ, のに, ものから, ものも, やつに, わけか, わけだ, わたくしに, 一つの, 一人の, 一流の, 中学を, 事に, 人か, 人からも, 人たちものすごい, 人来, 人格や, 人物その他を, 人薄情な, 先生が, 内科の, 分け方, 医者が, 千葉周作の, 半可通である, 名が, 名物の, 名称は, 呼称を, 型に, 場違い者の, 声が, 外科の, 大した人物, 大権威, 女の, 女教師等が, 少し風変り, 年わかい, 当時でも, 憎まれ者, 敬語を, 斯うい, 方にでも, 方の, 方も, 日に, 楯が, 渾名である, 漢学の, 物理の, 珍優が, 私を, 筆名で, 算術の, 老人が, 老大家この, 職業に, 言葉に, 言葉の, 語に, 講演部長を, 軍人出の, 関係は, 面白い医者, 題の, 魔法使いの

▼ 先生~ (133, 0.3%)

4 たあ 3 怪我は 2 えらいこと, 助け下さい, 大事に, 恥か, 手紙でした, 料理は

1 [114件] あがりに, からかいに, ききの, ことばは, さしつかえは, つかれは, つきあい遊ばす, なつかしゅうございます, ひとりな, ひろも, ほめなすッ, みえに, もひ出し, ゆるし下さい, よしなさい身体, よしに, よろこび下さい, 一ついかがでございます, 一人が, 一人じゃ, 一人ださうです, 一人で, 一人は, 一人を, 久振, 仕事は, 仕事を, 休みでございます, 休みの, 作中の, 使に, 入りに, 入り下さいませ, 出掛けらしい, 別れする, 助けなすっ, 助け下さりませ, 医者さんが, 危のう, 友だちも, 名前も, 名前を, 喜びに, 困りの, 土産を, 夏さんも, 大事にと, 大事にね, 女郎の, 好き, 婆, 宅から, 寒くは, 寝みですか, 小用に, 屋敷へ, 差支えが, 帰りなさい, 帰りなさいまし, 帰りに, 幾歳で, 弟子に, 弱りの, 心持は, 急ぎでなけれ, 恥しいです, 慈悲に, 手紙と, 手飼いの, 抜きなすっ, 持ちなすって, 掴まえなさい, 攫まりなさい, 支度を, 早いこと, 晩でやす, 書斎に, 望みの, 江戸には, 江戸の, 泣きに, 熱いの, 玄関に, 留守でした, 目ざめの, 目出とう, 直々に, 直伝の, 粂の, 粗末でございます, 約束によって, 美夜ちゃんの, 考えが, 聞きなさいまし, 花さんとやらに, 若く見える, 若の, 薬礼は, 蝶さんていう, 調べが, 近と, 退きください, 退屈でしょう, 逃げなすっ, 連れ下さいますわね, 達者で, 酒なんて, 野菜の, 銀様に対しては, 電話です, 静かに, 頼みしますよ, 願ひです, 食べに

▼ 先生~ (111, 0.3%)

4 はあなた 2 がお, の宅, の方, はあの, はこの, はその, も出ました, よ

1 [91件] あ九時, かに自ら当代, から其様, がお腹, がよく, がカラザースさま, が上野, が何處, が急い, この建物, しの, だつて, とやりませう, どうしたら, なども真, なんにもなく, にそれ, についても何, には出来ません, には真実, にもお, にも信じられません, に斯, の家, の帰る, の心配, の本望, の歴史, の気持, の決心, の浅間, の涙, の生命, の病気, の足, の部屋, の驚き, の鼻, はお, はこう, はこうして, はこれ, はさっき, はたしかに, はとても, はどう, はどういう, はどうしても, はまだ, はもう, はやはり, は一心, は二人, は今, は体, は何, は先生, は卑しい, は大変, は天下, は女, は富田病院, は少し, は幽霊, は性慾, は歩む, は決心, は生れ, は画家, は真個, は神父様, は私, は若い, は草葉の陰, は見そこないました, は貴方, は近来, は迷魂, は進化論者, は音楽, もっと遠く, も京子, も山木様, も目, も矢張り巳, も花車, も角力, や辛い, をあまり, をここ, を天才なみ

▼ 先生~ (106, 0.3%)

8 行く 6 手紙を 2 よろしく, 取次いで, 御機嫌伺ひ, 手紙, 行って, 電話を

1 [80件] いろ気, おたより, おひきあわせ下さいまし, お召状, お告げしなけれ, お手渡し, お渡し, お目, お目にかかって, お目にかかり久々, お許しの, お話を, お電話, お顔出し, ご迷惑, その他の, たんかを, だ博士, どうしても貸さなけれ, なかなか上れない, まわって, ゲンコウタノムの, デジケートし, 三つに, 上った話, 今日飯田橋で, 何度も, 入門, 出かける, 出しました, 出す, 原稿を, 又三郎進殿, 向かって, 四時から, 対しても, 御手紙, 御礼は, 御見舞の, 御酬い下さる, 心の, 手紙の, 投げ上げた, 挨拶を, 掴みかかって, 断わりの, 是を, 武者振りつい, 母上と, 母親が, 気の毒な, 浴びせた拍手, 添書を, 用が, 申し上げて, 申し述べました, 申上げ, 申上げる, 目を, 紹介は, 自分たちの, 草木を, 葉書で, 行かなければ, 行き種々, 行くお, 行こうとして, 行ったか, 行つて来ます, 行て, 車で, 返すの, 送った手紙, 通うこと, 長い手紙, 長距離電話なんか, 面会を, 願いましたか, 馬や, 黙って

▼ 先生とは~ (105, 0.3%)

3 違って 2 だいぶようす, 同じ人間

1 [98件] いうものの, およそ千里, きらきら輝く, さすがに, すぐこの, そんなこと, たいへん仲良し, ちがいますか, ついに火星兵, どういうご, どうした, どうしてこうも, どこかで, どこで, どこに, どこへ, どんな御, なんでも, のこりの, ふだん特別の, ほとんど顔, また強く, まるで人, まるで違う, むかしは, もう莫逆, もとこれ市井の, よばれずバッカス, わだかまりなく, カラマツの, ガスピストルを, 一緒に, 二人きりで, 二十年前に, 云わない, 互いに畏敬, 似ても, 何の, 何者である, 余り年代, 別の, 加藤定斎である, 同県, 同門だつた, 喧嘩腰だ, 大分年は, 大分違う, 大喜び, 太刀の, 始めての, 学問の, 実際夢にも思いませんでした, 実際関係, 少しちがった, 少しも, 少し調子, 師弟の, 師範学校の, 師縁が, 後甲板, 御別懇, 御存生, 思えませんよ, 性質の, 手紙の, 新旧二大, 旧い個人的親交, 旧い縁, 昌平黌の, 最も密接, 机竜之, 桁ちがいの, 次の, 此の, 残る火星人, 比べ物に, 気が, 永年の, 演出家の, 火星兵団の, 熟知の, 相識だつた, 知らずに, 知らないから, 知らなかった, 穴から, 笠原さんの, 縁の, 至極心安い, 船室へ, 船長の, 親しかつ, 親しく座談, 親類づきあひ, 誰ぞ, 違い根, 違った意味, 魔法博士の

▼ 先生~ (102, 0.3%)

2 と一緒

1 [100件] からは自然, から新しい, がまた, がやはり, が一週間位, が三人, が人間世界, が今, が似, が光つて, が太陽, が心配, が我と, が手, が書い, が自ら, が集った, が集ま, さえ別に, さえ校長室, で, である仏, でみな自由, で大人, とも親しく, と縄飛び, などからは一般, にいいつけ, にかはいがられ, にきいた, にはお, には大, にも褒められた, にも認められ, に仕合, に出す, に対する国民精神教育, に当てつけた, に比較, の, のうけ, のこと, の世話, の事, の代り, の内, の卒業生売込運動, の固陋さ, の大学生時代, の意地, の愛嬌, の懇親會, の言葉, の診断, の那覇下り, の顔色, は, はおおかた, はその, はただ, はちゃんともう, はみな支那服, はよく, はわが, は人, は今日, は会社, は勿論, は原書, は右, は名高い, は国家, は土曜日, は多く, は大, は奏楽, は常に, は彼等, は後, は早速, は皆, は矢張, は私, は私達, は綾子, は西洋人, は誰, ばかりを男, へ, まことに悠々たる, まで加, もこの, もその, も俸給全額, も舌, も馬鹿, よりも遙, を中心, を公然, を東京

▼ 先生~ (91, 0.2%)

6 夫婦の 3 夫婦は, 自身の 2 在宅なれ, 夫妻が, 夫妻に, 夫婦と, 夫婦に, 客様でやす, 病気の, 自身も, 逝去後これは

1 [61件] 一人に, 一人御, 上京待っ, 上京待つ, 串戯を, 仕事が, 他界の, 冗談じゃ, 写真を, 処方, 分りに, 同意ください, 在世中の, 在宅でしょう, 在宅なら, 壮健に, 夫妻と, 夫妻の, 夫妻は, 夫妻を, 夫婦お嬢さんの, 夫婦と共に, 夫婦には, 夫婦を, 得意の, 心配を, 忙が, 恐悦で, 愛用の, 推賞日本一という, 旅宿まで, 来客です, 案内でも, 検案は, 母堂の, 無事なら, 用心さっしゃれじゃ, 病気か, 直筆の, 相談が, 秘蔵の, 窮屈でございましょう, 立腹御, 紹介いたします, 紹介可被, 聞きに, 自分が, 自身が, 自身その, 自身ぢや, 自身です, 自身と, 自身には, 茶でも, 著の, 親切は, 覽下さいまし, 話です, 身体を, 道中無, 頼の

▼ 先生自身~ (90, 0.2%)

3 がその, の口 2 のもの

1 [82件] がどう, がひどく, がものう, がセエラ, がリップ・ヴァン・ウィンクル, が一ばん, が体得, が書かれた, が會社員, が本当に, が自然探究, が語られた, が雲助君, すでにそうした, すでにそうだ, その序文, だけで, だろう, であった, であつ, である, でもどう, でポスト, で小さな, としてもまだ, と外, なかなか体力敏捷, にとつ, にとつて, にはか, にもすぐ, にも遺憾, に先生自身, に取, に私, のほか, の一つ, の仕事, の内, の内生, の内的, の句稿, の喜び, の回想, の工夫, の心境, の必死, の意見, の最も, の気付かぬ, の發意, の研究, の立場, の経験, の罪, の要求, の説明, の超脱, の頭, の題目, は, はそれ, はそれほど, はどこ, はもちろん, はエライ奴, は単に, は寒月, は意識, は自ら社会, は菊乃さん, もこの, もまた, もまだ, も悪い, も書かれ, も白い, も自分, も酔っ, も阿, を自覚, 又その

▼ 先生この~ (81, 0.2%)

2 人が, 人は, 岩何す, 石何す, 石何て, 辺は

1 [69件] あとの, おれを, お刺身, お屋敷, たびは, とおりニヤニヤ, とんがり長屋, へんはなはだ, ほうが, ままで, わしに, ブラ提灯の, 三人くらい, 上の, 下宿へは, 中へ, 仁ですたい, 信州松本に, 児が, 円と, 勿来の, 十八文, 問題は, 地上においては, 型を, 堆肥の, 場あ, 外にも, 天文台の, 娘の, 子が, 子は, 子を, 子一体, 宝石を, 山門老人が, 張込みに, 役は, 御三方, 御婦人, 憐れなる, 手紙で, 手腕を, 文句は, 方が, 方も, 時チョイと, 時代に, 期に, 村が, 森と, 槍使いの, 死骸は, 海が, 海底国の, 温泉気分は, 猫を, 画は, 病院の, 白紙を, 着物には, 組に, 蒲団は, 辺に, 道具袋を, 部屋は, 際地球の, 頃なにか, 頃毎

▼ 先生では~ (80, 0.2%)

7 ありませんか 6 ないの 5 ないか, なかった 4 ございませんか, ないが 3 ありません, あるが, ない 2 ありませぬ, ございますまいか, ないこと, なくて

1 [32件] あったが, ありませんから, ある, あるけれども, あるまいし, いちばん親切な, いらっしゃいませんか, ございませぬか, ござらぬか, どうぞお願い, ないかと, ないかね, ないでしょうか, ないでしょうな, ないという, ないので, ないわたし, なかつた, なかろうかと, なくなるが, なくなる時代, なく他, なく日本語, なく春江, なく注意人物, なく近く, なしこれ, メシが, 勤勉意志の, 眼が, 私は, 花が

▼ 先生です~ (77, 0.2%)

3293 って 2 がこの

1 [31件] かどちら, かな, かはじめて, かぼく小林, かようこそ, から, からお, からそれ, から京大阪, から小学校, から科学, から自分, から頭, か人, か生徒, がそれでも, がやつ, ぜ, ぞ, ってそう, な, なあれ, ね, ね大いに, の, もの, よきっと, よぼく, わ, ネ, 土地に

▼ 先生先生~ (74, 0.2%)

4 といっ 2 とぺこぺこ, と云っ, の御, はどうして, より花

1 [60件] いはれとるが, いましたよ, こんなところ, しっかりし, たいへんです, たら案外, って言う, という, というの, という方, とだれ, とやって来た, と云つておき, と前, と取りつく, と呼びつけ, と呼びつづけ, と呼び掛ける, と呼ぶ, と呼ん, と尊重, と慕っ, と敬われ, と敬称, と敬語, と私, と立てられぬ, と言っ, と謂う, と道庵, と馴れ馴れしく, にあいたい, のおかげ, のブラリブラリ, の前, の力, の口, の手, の留守, はお, はおいで, はこの, はたぶん, はどこ, はほんとう, はまず, は弁護士, は御, は文夫様, は月夜, は杉山, は此方の人, また辻斬, まで手つだい, もこうして, も御存じ, も酔興, をお送り, を連発, 何故に

▼ 先生~ (70, 0.2%)

5 の御 2 にお, の内, の前, は御, もお

1 [55件] あ, いけません, かねいらっし, が, がいらっしゃる, がお, がよく, が仰, が仰つ, が凝, が叱らし, が御, が石月様, が言わっし, そういうもの, そっくりで, だ, だと, だア, だ大いに, でいらっしゃいます, でご, でございました, ですもん, ではお前様, で御座らつし, で私, にお願い, にさばい, になん, の, のええ, のお, のたんせい, のやう, の嫌, の後姿, の御蔭, の御身, の思召, の狸, はまだ, は先生様, は邸, また難, もある, もちと, も御, も聞かっせえ, も見えられた, も貴女, をお, を内, を連れだし, 何分

▼ 先生との~ (68, 0.2%)

3 心持 2 あいだには, 最後の

1 [61件] いきさつ寧ろ, お手合せ, かういふ半日, ことも, ご関係, ために, つながりに, 中間の, 事を, 事務ひきつぎです, 交渉について, 交渉は, 交際及び, 人間的つながりが, 信條で, 個人関係の, 共同コミュニケの, 共同声明を, 処へ, 協議会, 友達づきあいの, 可愛らしい一群, 同人の, 因縁話でも, 密談久しかりし, 対話の, 対談の, 座談的な, 往復の, 御事助太刀お願いいたしまする, 御寫眞, 思い出を, 恩義を, 愛の, 感情の, 教室での, 散策は, 束縛から, 楽しき場面, 権力争いであった, 機縁という, 直接な, 精神上芸術上の, 約束でも, 約束を, 紛糾も, 義理合いでは, 親密さに, 話を, 距離は, 間が, 間には, 間を, 関係が, 関係です, 関係などを, 関係は, 関係を, 關係は, 雑談中に, 雜談に

▼ 先生これ~ (63, 0.2%)

2 では何, はどう, は一体どう, は何, を筆記, を聞か, を評し

1 [49件] あ祕密, があの, がお, が何だか, が嘘, が私, が驚かず, だ, だけあれ, だけみんな, で, でお, でもう, でもまだ, で四度目, なり, には寸分, には毫も, に答, はおもちゃ, はたしかに, はちょい, はなん, はわし, は二十日目, は何号, は僕, は内藤君, は博士, は天下, は実に, は少し, は波長, は間諜, までだれ, も日本服, をその, をビール瓶, を何とか, を信じ, を御, を教, を横目, を社員それ等, を耳, を聞き, を見, を訪れまし, 持って

▼ 先生でも~ (63, 0.2%)

1 [63件] あったため, あった又, あった吉田好道先生, あって, あの人, ありまた, あり子供, あり祖父, あり若い, ある, あるので, あるよう, ある桂子, あろうかと, いいから, いいし, いよいよもうだめ, お医者, お母さんの, かなわないん, こられたならば, これだけは, こればかりは, こればっかりは, これを, ございますまいし, して, それは, ないのに, なく正三君, びっくりなさいます, まだ文法, やつてる, やはり憎悪, シャツだけは, 一日百文多い, 下宿させ, 事実を, 人柄に, 何んと, 何処かに, 先ずそういう, 先ず百人, 単に医学, 呼んだの, 奥さんでもさ, 奥州の, 学生の, 居合わそう, 常にいっ, 御存じなかっ, 御存知ない, 有ろうもの, 橋本先生でも, 気が, 法の, 淺田先生でも, 災難という, 皆が, 直に往, 踏んだり, 辞表を, 雪や

▼ 先生あなた~ (61, 0.2%)

3 のお 2 の御, はあの, はわたくし, は人, も死ん

1 [48件] がなんと, が大和, が悪い, が私, が算術, が遠慮, こそどうして, こそ人, この鎧櫃, さえ御, だけは神奈川, だって雪, とわたし, と私, ならその, には目金, の側, の所, の直筆, の贔屓筋, はこの間, はその, はどう, はひどく, はまるで, はまア, はもう, はやっと, はスコツト, は今宵, は何, は兵役, は四億年, は大変, は平田篤胤大人, は御, は戸口, は暖かく, は生れかわっ, は私, まさか承諾, もあの, もお, もこの, もぜひ, もたとえ, も少々, も居合

▼ 先生より~ (60, 0.2%)

3 先に 2 花の

1 [55件] い, うけて, うまい, うまいかも, おさとさん, おはなし, お伝え願ったら, お話が, かくべつの, この方, ずっときれい, たまわりましたまもり刀, もう少し色, もっとずっと年, もつと, よっぽどき, わが学歴その他, ハナシガアルから, 一足先に, 偉くな, 偉くなったら, 優先的に, 十吾一味が, 印数顆室生君より, 受けたる親愛恩情, 啓示を, 大きかつ, 大臣に, 學生の, 寧ろ遺憾, 小さかつ, 小生に, 少し若い, 彼が, 後から, 後で逝去, 御口達, 御命じ, 手めえ, 手紙た, 是れ, 更に若く, 書状及開化繁昌誌二冊到来右持参之, 直接に, 私身後の, 経験の, 見舞金百円, 論じ起すべきなり, 讃辞を, 貯蓄が, 貰った三尺二寸, 越前老公へ, 送られたる, 達者である, 頂戴し

▼ 先生~ (59, 0.2%)

11 んだ 9 のだ 4 のである, んです 3 のです 2 のよ, んざ, んざア一人だ

1 [22件] あのな, お澄し返っ, の, のかも, のだった, のであった, のでいつたい, のでせう, ので私, のどー, のにあいつ, もし, ようでした, んざそんな, んざ御存じじゃ, んざ愚連隊という, んざ足手まとい, んていう, んでしょう, んでせう, んテ私は, ンかみ

▼ 先生その~ (56, 0.1%)

2 人に, 人の, 時の, 隣りの

1 [48件] うちに, かわった人物, ことじゃ, ころは, ころ碁の, ひまに, モンペは, 一人は, 万吉という, 中に, 丸胴の, 主を, 事な, 人だけは, 人で, 人であった, 人でありました, 人であります, 人は, 伝を, 何やらの, 冒険という, 刀です, 前へ, 句を, 地図には, 大意を, 子息さんの, 左膳の, 店は, 怪物は, 手で, 手は, 政策に, 方だ, 方は, 旗を, 日に, 昔静岡の, 時私は, 正体は, 結構な, 誣罔を, 軍用金は, 鈴木千七郎殿が, 鎧の, 面を, 魂は

▼ 先生に対する~ (56, 0.1%)

4 私の 2 なつかしさ, 思慕の, 態度に

1 [46件] やや神経質, わたしの, 一種の, 不満の, 並ならぬ, 人気は, 侮蔑は, 侮辱だ, 信用は, 信頼感が, 僕たちの, 僕の, 圧迫は, 奥さんじゃ, 奥さんの, 心持は, 心酔ぶりといった, 忠勤の, 怨恨の, 愛の, 感情の, 感謝の, 感謝を, 戦争の, 敬愛の, 文部省の, 正面切っ, 気持から, 気持ちが, 気持は, 気持まで, 深い尊敬, 温情が, 満腔の, 生徒間の, 真実と, 礼子が, 私たちの, 種々の, 立場に, 興味と, 語学者は, 謝恩会が, 讃美の, 軽蔑としか, 追慕は

▼ 先生どう~ (53, 0.1%)

6 したん 3 したの 2 しました, だね, です, ですか

1 [36件] かこれから, かさらに, か出来る, か少時私, か静か, したい, したもの, したらい, したらいい, したんで, した訳, してるん, しなさる, しましょう人, しましょう棹, するん, だ歌先, ぢや, でした, でした今, でしょう, でしょうか, ですこの, です御, です此服装, でせう, なさいました, なされました, なされましたか, なされましたな, なすったの, なすったん, なすって, 云われたんだい, 思いますか, 致しまして

▼ 先生それ~ (51, 0.1%)

3 はほんとう, は何 2 は, を聞い

1 [41件] からどう, から警視庁, がどうも, が伯父, が何, が実は, こそきれい, じゃお, じゃ数学, じや, で思い起しました, ととなりあっ, にゃわけがあるんじゃもん, にクッ, に付け, に伊達さん, に島崎先生, に島崎藤村先生, に暇どりする, に違い, はうそ, はさぞ, はそう, はちょっと, はどういう, はなん, はほんと, は先生, は大丈夫, は敵持ち, は昔, は皆んな作り話, は蛍, は通途, ばかりじゃありません, もお前さん, より大変, を, を見, を言っ, 一体何

▼ 先生夫妻~ (51, 0.1%)

3 と俊亮 2 の眼, をはじめ

1 [44件] がその, がはいっ, が空林庵, が見物, だけには十分納得, だけを空林庵, とともに空林庵, とゆっくり, と小関氏, と次郎, と炊事, に対してすまない, に対してもいくぶん, のほか, の三人, の住宅, の助手, の好ん, の心, の手さばき, の歌碑, の注意, の話題, の間柄, の顔, はうなだれ, はこの, はこれ, はむろん極力, は翌日, は耳, は顔, もしん, もむろん, も俊亮, も喜ん, も塾庭, も次郎, や俊亮, をびっくり, を中心, を乗せた, を二階, を見おくっ

▼ 先生がた~ (49, 0.1%)

2 のお, の私宅

1 [45件] からたいへん, がみずから, がよぼよぼ, が来る, ご一緒, じゃあるまい, にかかった, にした, には御, に交渉, に宅, に御, に挨拶, に比べ, に求める, のご, のところ, の写真, の前, の台所, の噂, の洋風料理, の漢文, は, はあの, はしばらく, はどう, はなかなか, はもっと, はもとより, は出席簿, は堂, は水面, は皆, は窓, は迷惑, は驚いたらう, も, もかう, もこんど, もそこ, もみな, もみんな私, も言つて, をお呼び

▼ 先生だって~ (48, 0.1%)

1 [48件] あかに, いい気持, いうけれど, おっしゃったの, お前人が, きっと居残り, ことごとくりっぱ, こんな不平, そうだろう, そりゃねえ, まさかぼく, もらって, やっぱり物語, やっぱり男, やめたくなんか, 一度あたし, 人間だ, 付いてて, 出来ないの, 危険よ, 同じこと, 同じ事, 塾生の, 多分その, 大したお, 奥さんだって, 女嫌いだ, 妙な, 平気で, 怒るよ, 恐らくそれ, 悪いん, 情に, 持って, 本当に私, 毒を, 生徒だって, 皆きみの, 私たちが, 結局は, 綾子と, 見れば, 誰だって, 責任の, 踊りを, 返せれば, 随分瘠せ, 面白いのよ

▼ 先生である~ (48, 0.1%)

2 が会議, ことが

1 [44件] あの飲んだくれ, お父さんは, からと申し, から物事, があの, がその, が別に, が博士, が球突, ことも, ことを, し薬, せいか, と, という, ときい, ところに, と先日一文科生, と思っ, と私, と聞いた, と言う, と言っ, のだ, のを, アランという, フッセルルの, リーグルという, 事に, 事は, 事を, 新田先生が, 杉崎春枝女史が, 村田電造という, 林髞博士という, 楳嶺氏が, 溝口文学士の, 漱石を, 皮膚に, 立花カツミ女史が, 竹田菊子氏が, 自分を, 蟻田博士が, 限り医師であり

▼ 先生もう~ (47, 0.1%)

2 たくさんです, 一つの, 今日は, 出したすか, 彼奴は

1 [37件] いいかげんに, おかえりに, およし, お乗り, お厭, お済みです, ここまでで, それだけ, どこにも, なんです, よろしいです, 一ついかがでございます, 一人は, 一遍小野に, 五歩こちらへ, 仲を, 何にも, 何も, 入らつし, 善かろう, 好いん, 始まりましたよ, 学校やめた, 寝なすったかい, 帰りましょうよ, 弓も, 教えるほどの, 明智先生と, 暫時お, 来ても, 死ぬるもの, 沢山です, 満員じゃ, 皆様が, 致し方ございません, 行きましょう, 行けるぜ

▼ 先生とも~ (45, 0.1%)

5 あろうもの 2 あらうもの, 個人的な

1 [36件] あおいで, あらうお方, あらう御方, あらう方, あるべきもの, いう者, いはなければ, いわれて, お会いした, お別れ, このこう, しらず松江, なり親とも, にいずれ, よく心得, 仲よしで, 何と, 何とも定められなかった, 呼ばず親分, 呼ばれて, 呼べなかった, 御相談, 思うひと, 思って, 思はぬやう, 思わぬよう, 思われぬ重大, 故人と, 會戰の, 相談し, 知りあいに, 称して, 種々御, 行田先生とも, 言われるお方, 近づきが

▼ 先生~ (45, 0.1%)

1 [45件] いう名前, うか, うして, うです彼, うです御, うも, かあぶない, かかわった, かご用, かぼく, か仕事, か召し, か売れる, か御, か御用, か情報ありまへん, か早口, がい, がおかしい, がはいっ, が何やら, が故に, しとんな, だって網, て呼んだ, です御, です逃げて, でもよろし, でも理学協会, と翻訳, と言っ, に, の御用, はともあれ, もおま, をおっしゃる, をし, をなさいます, をなさる, を感じ, を探し, を斯ん, を疑います, を笑ってる, を見てる

▼ 先生あの~ (42, 0.1%)

2 人は, 声は, 崖の, 昨日の

1 [34件] うどんやと, お医者さん, お妹さま, じいさんは, ちょっとお, ように, よく人, テンピの, 二人でなく, 人に, 今度御, 伊達さんが, 卵は, 子は, 宇治川の, 小さいシャベル, 尻振りは, 山に, 崩れる鬼影, 日には, 昨夜犯人が, 時里虹の, 有名な, 男が, 竜之, 若僧は, 通りトルストイヤンだ, 遠山の, 邸はね, 鈴木藤十郎と, 長いマント, 高い屋根, 高輪の, 黒ん坊と

▼ 先生なら~ (40, 0.1%)

1 [40件] あそこで, いいかも, いいでしょう, うまい考え, きっとあいつ, すぐ言う, そうだ, それや, そんなふうに仰有る, そんなバカ, そんな気取った, たしかに俺, なのよ, ば, ばきっと, ばこういう, ばこうした, ばそんな, ばという, ばオルガン, ば住所, ば先生, ば自分, ば預ける, また教え, めと, んと, 一目見, 僕の, 去年の, 大丈夫です, 女だ, 安心です, 安永八年五十七歳で, 当然困惑, 心配は, 校長さんはじめみんな知っ, 決してお, 無法者が, 素人でも

▼ 先生~ (40, 0.1%)

2 は先生

1 [38件] がへん, が一つ歌つて聽, と比較, などどう, にも聞えます, のお, のおやじさん, のこと, のよう, の歳, の目, の食い物, はあの, はうれしく, はかぜ, はこのごろ, はまだ, は人, は今, は先, は全然, は勇気, は君, は喉, は心配, は春月亭, は気, は流感, は漆雕開君, は肉, は誓言, は重大, もひっかかりました, も降参, をつかまえる, を監視, を連れ, 知って

▼ 先生よりも~ (36, 0.1%)

2 もつと

1 [34件] あの母親, お先へ, この荷物, すぐれて, ずっと優しい, ずっと楽, ずっと立派, へただ, もっと秀でた, もっと私, ものしりの, よほどまえ, よほど正装, わたしの, イヤアどうも, 三万円も, 上だ, 上手だ, 上手であった, 低い音, 何べ, 余程ふけ, 偉くなる, 先に, 大きいかと, 弟子の, 或る, 手剛い, 教育家として, 時を, 物識りの, 理知的な, 豪いと, 道夫の

▼ 先生として~ (35, 0.1%)

2 通して

1 [33件] あまりに実際的, あれを, いそしみつつ, いろいろ教, すべての, せん子などを, それ以来ずっと, 一生なんにも, 世に, 以外の, 働いた, 先ず淋しい, 厚顔に, 吹聴し, 報告文学の, 天下に, 当然な, 手習い子の, 敬ふ, 斯様な, 東京から, 監督し, 知られて, 知られ雲井龍雄, 私に, 芸術家として, 蟄伏し, 見のがせぬ姿, 親しまし, 記憶される, 諸君を, 逢い同時に, 鱒書房という

▼ 先生に対して~ (34, 0.1%)

2 申訳ない

1 [32件] いうべき言葉, かれこれいう, この日, これからどうすれ, すまない私自身, どこまでも, まことに申し訳, まことに申訳, もって, ナポリ学者が, 一言すべき, 不遜の, 云え, 何かの, 依頼心の, 勿体ないこと, 善いお父さん, 失礼である, 少しも, 思い切った手段, 悪かった, 抱いて, 済まないよう, 済まぬという, 特に夜中, 特別な, 申しわけが, 申しわけない, 百日の, 粗雑な, 経験し, 越しては

▼ 先生じゃ~ (33, 0.1%)

8 ありませんか 3 ないの 2 ございませんか, ないか

1 [18件] ありませんぞ, ありませんな, あるまいし, あるまいな, ない, ないかしらん, ないが, ないけども, なかったん, なくて, ねえか, ねえかい, ア, アあなたソロバンは, アな, アねえ, ア肝臓病と, 御座いませんの

▼ 先生今日~ (33, 0.1%)

43 はお, は少し 2 の御, はどうか, は一日, は御

1 [15件] お閑, こそは御, という今日, のお伴, はおいら, はたいそう, は一つ外科, は伴田五郎, は先生, は大分俳句, は宅, は観音様, も, 伺ったの, 御返金

▼ 先生だけ~ (32, 0.1%)

9 あって 2 だった, だったん, 頑として実に彼

1 [17件] ある, あると, じや, だ, だつた, だと, だよ, です, でなくそういう, でなくほか, で無く, で若い, で菊乃さん, ならもっと, ならよかっ, なん, もの問れた

▼ 先生について~ (32, 0.1%)

1 [32件] いろいろな, さかんに, すぱすぱとある, ずいぶんいろいろの, バレーの, フォームを, 一肌脱ごうという, 人形つくりを, 代数や, 例題を, 修業を, 再び字, 初めて文, 勉強を, 医学を, 国家組織の, 大そう, 学んだ私, 学んで, 学問が, 学校を, 川の, 得た最後, 敢て, 書道の, 最も興味, 来なくても, 知らないところ, 筆を, 習って, 面白いこと, 音楽を

▼ 先生らしい~ (32, 0.1%)

3 のが, 人は 2 のは, 一行が

1 [22件] がそう, が夢酔, なと笑っ, わ, 一人が, 人々も, 人が, 先生が, 先生の, 凡想を, 声が, 姿は, 小さな人, 心持の, 態度が, 挨拶であった, 男が, 苦心談もっとも, 落付きの, 言葉を, 雰囲気を, 風態の

▼ 先生であった~ (28, 0.1%)

2 が先生, のである, 有名な

1 [22件] があの, がお腹, がこの, がしかし, がその, が別れ, が皆, ことあの, ということ, というよう, という学校, という思い出, という話, といっ, と思う, ひょろひょろと, ようで, コランの, 先生は, 方の, 本庄さんは, 関係も

▼ 先生金右衛門~ (28, 0.1%)

2 です, の二人

1 [24件] が, があぶなく, がその, がようやく, が書いたらしい, だが, であったらしいが, でそれ, で稲, とがもう, と日本左衛門, などの一群, にもまったく, のため, のふたり, はあと, はあの, は時々, もうなだれ, もそれ, も来, や有名, を頭, 抜け買い

▼ 先生そんな~ (27, 0.1%)

5 ことを 2 ことは

1 [20件] あさましいこと, ことお, ことが, ことぐらい, ことし, ことで, こと受けつける, とこで, ところで, ところでございましょう, のウソよ, ものが, ものは, 事, 危険な, 月並を, 気の, 理由で, 立派な, 英雄豪傑の

▼ 先生といふ~ (27, 0.1%)

3 のは 2 ものは, 人の

1 [20件] あだ名で, ことよりも, ひとは, やうな, んだ, 人は, 仁を, 受持ちの, 外科の, 妙ちきりんな, 小學校, 小説家を, 格式で, 水泳術の, 洋画家の, 綽名を, 談理家あり, 談理家ありけり, 近世での, 髭の

▼ 先生としては~ (25, 0.1%)

2 それが

1 [23件] あえて異例, あの位, ここの, すこしく碌, すこぶるユカイ, せっかくの, せめて人, それを, どうする, なによりも, 世話が, 事件の, 人工を, 大得意, 大目に, 平常より, 御迷惑, 栄養学者の, 極めて鄭重, 自分の, 詰らないこと, 隨分いた, 非常に

▼ 先生わたし~ (25, 0.1%)

2 はくやしい

1 [23件] あの弁当箱, がこうして, が今, が稼ぎました, が立てかけ, が踊れるなら踊っ, にはどうしてもまだ, にばかり白状, にばかり言いたい, に一つ絵, のうち, のため, の望み, はいつも, はこれから, はもう, は今日, は屹度, は本当に, は真剣, もこのごろ目黒, もほんとう, もよ

▼ 先生~ (23, 0.1%)

1 [23件] あるいは何, あれは, え誠に, え道理, おら知らねえ, お嬢さま, お醫者, このお母さん, そうでなけれ, その倅, それともそこ, とにかく鼻もち, どっちでも, なんかし, なんかやつ, ア, 信仰の, 信州の, 先生は, 山の, 知ら, 芸の, 英語の

▼ 先生あれ~ (22, 0.1%)

2 でなかなか, は何

1 [18件] が吾家, が大変, きつと, こそほんとう, でいい, でございましょうな, です, はどう, はなん, は人間, は何ん, は何者, は確か, ばっかりはいけません, ば燎原, ば糠, を今, を見んなすつた

▼ 先生への~ (22, 0.1%)

1 [22件] お土産, お礼も, ご注意, 不面目裏を, 何よりの, 候補辞退の, 冷やかしである, 原稿送り出す, 報酬は, 尊敬と, 御恩返し, 御用談, 心づかいを, 手土産だ, 手紙を, 義理でも, 薬礼は, 見舞いの, 談判を, 謝礼も, 遠慮で, 電報は

▼ 先生からの~ (21, 0.1%)

2 手紙に

1 [19件] おことづけでした, お使い, お便りである, お手紙, ご希望, たよりの, ものと, 仰せつけが, 使いで, 便りで, 借りもの, 前々からの, 帰りくれて, 御手紙, 書信が, 激励の, 紹介で, 速達が, 電報を

▼ 先生~ (21, 0.1%)

6 まあ 2 へ優しく, 従いで

1 [11件] うでは, うで御座いますよ, う問ひつめ, お水, きけば, たのんだそれ, へあの, へも犯されぬ, へ反, もあら, ア此方へ

▼ 先生だった~ (21, 0.1%)

2

1 [19件] からです, がこの, がその, がトテモ仕様, が地球, けナア, そうである, という因縁, と記憶, なあ, のである, のです, わ, フランス人の, 人も, 六十三の, 夫人の, 女の, 戸浪が

▼ 先生~ (21, 0.1%)

2 のうち, 直です

1 [17件] お忙しい, から人民裁判, この手紙, どうし, に分ります, の意見, は余儀なく, は行けやしません, までのこと, まで火事, もあの, もう少しで, もアノお祖母さん, オーデンが, 下に, 先生小島先生など, 読んで

▼ 先生~ (20, 0.1%)

2 夫妻に, 自身は

1 [16件] のみの, 一行は, 子息も, 承知くださいまし, 病気だった, 病気だって, 病気中を, 秘蔵の, 胸中は, 自分で, 自身が, 自身としては, 自身にも, 自身の, 自身も, 自身助太刀を

▼ 先生だけは~ (20, 0.1%)

1 [20件] あたしなんと, あふの, いつも默つて何, からまない, これまでの, すこぶる自重, その綽名, たしかに秋山図, ただ口, どうかし, むさぼるやう, わたしたち二人を, タッタ一人頗る, 一人少し, 君が, 正木や, 特別あつかいし, 男でも, 真剣に, 私を

▼ 先生とが~ (20, 0.1%)

1 [20件] いらっしゃったん, かさを, ここで, これ以上, しきりにむずかしい, じっと向きあっ, にらみあって, よい相談相手, パイプを, ピッタリ寄り添っ, 二人つき切りである, 交す宇宙電話, 大いに弁じ, 待ち受けて, 桑田芳蔵博士の, 正確に, 武術の, 立って, 表向い, 順々に

▼ 先生にとっては~ (20, 0.1%)

1 [20件] あらゆる人, これほど, これらすべての, すべての, それが, それは, そんなこと, なおのことである, なかなか悲痛, 不愉快な, 今が, 全く寝耳, 原理は, 地球物理学は, 大切な, 小事です, 明日の, 最も重大, 誂向きであった, 願っても

▼ 先生ここ~ (19, 0.0%)

1 [19件] でお目にかかった, です, でそれ, でも元気, どう打て, なん, に綺麗, に茫然, に鎧櫃, の病室, はだめ, はどう, はどこ, は日本人, へお出で, まで来れ, をうごい, を下りまする, んとこ

▼ 先生そう~ (19, 0.0%)

2 お思い

1 [17件] おっしゃらずに, お怒り, して, じゃア, すると, でございます, でしょう, です, ですね, では, ではござりませんか, 僕らを, 十八文十八文と, 怒っちゃ, 思いませんか, 焦かずに, 物事を

▼ 先生とか~ (19, 0.0%)

1 [19件] あの貴方, いいました, いわれて, おっしゃるお方, お言いなさい, 云う人, 云ふ, 何う, 何とか云われ, 何とか言われ, 先生とか, 加福さんとか, 大家と, 左右田先生とかが, 盲法師の, 茂吉先生とかいう, 西先生とか, 親分とか, 阿古十郎さんとか

▼ 先生ほどの~ (19, 0.0%)

3 ものが

1 [16件] おかた, お方を, まじめな, エライ人は, 世界の, 人物に, 墨色は, 大いなる存在, 大医, 大酒家, 学者には, 教育者は, 物知りが, 男に, 進歩的な, 非情冷静なる

▼ 先生一人~ (19, 0.0%)

2 であるの

1 [17件] が歳費, さえかなり, だ, だけで, だけであつ, だけです, であ, でいた, では, の周囲, の学校といつて, の學校, の方, をお, をこの, を殺そう, を相手

▼ 先生からは~ (18, 0.0%)

1 [18件] いずれも, いろいろの, さらに別, たった一本, つ, もうす, ギリシア古典に対する, 一方ならぬ, 一等を, 一週間経っ, 勧めの, 数学に, 特に文人墨客, 理解されず, 芸術のみ, 落第点を, 進退伺が, 阪地に

▼ 先生こんな~ (17, 0.0%)

2 ことは, ところへ, ものが

1 [11件] ことなら, ことも, すずめの, ところに, イカサマ売卜を, 好えお天気, 手紙が, 片身を, 特別上等の, 男です, 鰻の

▼ 先生どうか~ (17, 0.0%)

3 私の

1 [14件] お祷り, ここんところ, この老人, したの, ドレミファを, 元気を, 先生の, 弱いもの, 教えて, 死な, 気の毒だ, 私を, 胸を, 駒を

▼ 先生まで~ (17, 0.0%)

2 舟橋

1 [15件] お伝え致しおき, お運び下し, これは, したこと, そんな事, とりこに, はいらないよ, 匙を, 手つだいに, 欺こうと, 申出て, 相達申度何時ニても, 石太郎を, 行って, 負かしちゃあ

▼ 先生みたい~ (17, 0.0%)

2 な人

1 [15件] ですね, な, なお方, なそんな, なわけ, なん, な偉い, な可愛い, な支配人, な謹厳, な顔つき, に外国人, に大きく, に心配, ね

▼ 先生~ (17, 0.0%)

2 澄ましで

1 [15件] すきだった, ぜいな, にそれ, に俳味, に喜び, の崇拝, へん, へんな, 弱りです, 弱りの, 恐悦で, 智恵者だ, 気焔で, 至急お目にかかりたい, 至急やって来い

▼ 先生からも~ (16, 0.0%)

2 止められて

1 [14件] いろいろお話, お父さんからも, そう申されました, とめられて, また両親, 叔父さんの, 塾生みんなからも, 大丈夫だって, 奥さん自身からも, 女の, 御厚意, 聞いたが, 聞いた事, 聞いた健康

▼ 先生さま~ (16, 0.0%)

2 にも褒め

1 [14件] ああえらく, かこ, が変装, でもねえまあ, などにゃおかしゅうござりましょうが, にこんな, に納得, に見, のお蔭さま, は外出, は爺, まア何云, もうお, もお

▼ 先生ほど~ (16, 0.0%)

1 [16件] これを, だらしなく, な人物, はじめから, 人生の, 人間の, 勉強は, 古文時分を通じて, 常識に, 校正に, 淫猥な, 深い思想, 私にとっては, 精確に, 芸者の, 高潔なる

▼ 先生ぼく~ (16, 0.0%)

1 [16件] これからちょっと旅行, には何, にもあいつ, に看護婦, の事, は, はこう, はそんな, はなんだか, はもう, は一月, は丸行燈, は大丈夫, わからないこと, を潜水機, 少しわからない

▼ 先生また~ (16, 0.0%)

1 [16件] あの時里虹, いいで, お目にかかりましょう, きっと好い, どんな顔, 交ぜ返す, 余を, 参りますよ, 喧嘩です, 女の, 山野に, 機械人間の, 江戸へ, 落すと, 辻斬が, 飲んで

▼ 先生~ (16, 0.0%)

1 [16件] がやって来た, が其の, が捕まっ, と一緒, と何, になかつた, にも私, に植物, のペラペラ, の中, の手, の改進党, の霊, はそら, は四国, も化石採集

▼ 先生こそ~ (15, 0.0%)

1 [15件] いい面, いままで, おとなしくしない, おやり, お風邪, これからその, つつしんで, どうしてかようだろう, 実に生死, 弱虫です, 理学部出とは, 町内の, 私にとって, 私の, 身体に

▼ 先生どこ~ (15, 0.0%)

1 [15件] かこの, かへ参りましょう, かへ散歩, からながれ, から人間, か曲馬団, にいらっしゃる, に居る, へいらし, へか人, へもいらっしゃらない, までゆく, まで行く, を歩い, を見

▼ 先生など~ (15, 0.0%)

2 それは

1 [13件] いかが, いまでも, どうだったです, みな来た, ア隨分持つてる, 一人も, 凡てこの, 劇に, 幸福で, 持ち合せて, 碁そのものは, 自ら戯作者を, 警視総監という

▼ 先生などは~ (15, 0.0%)

2 最も舐められ

1 [13件] いらないから, これまでの, それを, とても出来る, もつと, よいお, ウスノロと, 一生涯の, 常世の, 愛用され, 特にこの, 特に彼, 黙殺し

▼ 先生よく~ (15, 0.0%)

2 まアそんな, わかりました, 分りました, 来て 1 おいでくださった, こそ御, ござったの, ご覧なすっ, そこまで, 水っ洟を, 覚えて

▼ 先生って~ (14, 0.0%)

2 ものは

1 [12件] いくつぐらいの, いってたの, だれだ, つまらないな, とてもむずかしいつらい苦しい, ば, よんだね, 呼んで, 男の, 者は, 言うの, 誰だって

▼ 先生と共に~ (14, 0.0%)

2 家の

1 [12件] いでたつ, すぐ社会民衆党, またカルカッタ, ゆっくり彼, ベザント嬢に, 教鞭を, 日本精神病学界の, 早川夫人にも, 知つてゐる, 立って, 農業会で, 開いたフランス語講習会

▼ 先生なども~ (14, 0.0%)

2 父の

1 [12件] あなたが, それを, やり, 一時そこに, 加わりはからずも, 月を, 朱子学を, 来られたらしいが, 氏を, 狐の, 知合なりき, 見えた

▼ 先生にでも~ (14, 0.0%)

2 聞いて

1 [12件] ありそう, かして, きいて, するの, なったつもり, なるかも, なろうと, まかせなさい, 見つかって, 見つかつ, 訊かなければ, 難儀を

▼ 先生へも~ (14, 0.0%)

2 たらせたが

1 [12件] たらせました, よろしく伝え, わけて, 一日参上仕候而御暇乞等をも, 一緒に, 久しくお便り, 何にも, 宜しくといふ, 秘密に, 行かれずどこ, 行って, 通い始めました

▼ 先生~ (14, 0.0%)

3 墓と

1 [11件] に和, 在江戸, 家, 居, 撰則異之, 斎, 標記也, 言行及字学医学之, 語也, 門能知其為人且学之, 霊の

▼ 先生大変~ (14, 0.0%)

3 な事 2 でご, です 1 いつのまにか舟, お様子, だ, ですな, なこと, な奴, むずかしいです

▼ 先生夫婦~ (14, 0.0%)

1 [14件] がどこ, が下, です, と, に欺かれた, に述べた, の事, の心, の思惑, の食卓, はそれぎり奥, も俊亮, も楽しん, を驚かした

▼ 先生にとって~ (13, 0.0%)

1 [13件] いたいところ, この時間, 一つの, 不必要, 人の, 善人と, 大事な, 嬉しくない, 少し案外らしかった, 最も苦痛, 案外な, 英語を, 見惨

▼ 先生早く~ (13, 0.0%)

1 [13件] こないかな, この檻, そのあき, なさいまし, よくな, よくなっ, わたしを, 中へ, 来て, 楽に, 算術を, 行って, 通りましょう

▼ 先生これから~ (12, 0.0%)

2 お宅 1 がいよいよ, どちらへ, のわたし, の戦い, はもう, またどこ, パイ一でしょう, 何と, 日本橋の, 柳生様の

▼ 先生などの~ (12, 0.0%)

1 [12件] 厚意を, 居るところ, 御立場, 御苦労は, 推稱を, 方々が, 真面目な, 腕前から, 説は, 身辺にまで, 近寄るべき空気, 間には

▼ 先生なんて~ (12, 0.0%)

1 [12件] ありゃせん, いって, いやだ, お元気, させて, したから, どこへ, ものは, ザマだいそりゃ, 人まで, 言うない, 言ふ

▼ 先生ばかり~ (12, 0.0%)

2 では, 高く見える 1 であります, でない, でない他, でなくおくさん, でなくどんな, で御座います, で日本的, 採用する

▼ 先生~ (12, 0.0%)

2 しも 1 がおとした, こうぴかつく刀, には, の命, の大いに, の手, の教養, の流儀, の耳, は皆酒

▼ 先生~ (12, 0.0%)

2 とこに, とこの, とこへ 1 ちは, とこどこも, とこは, ところへ, とこ出, 家へ

▼ 先生貴方~ (12, 0.0%)

1 [12件] が秀子, でした, にお, にだけは信じ, にも想像, に同じ, の今, の御, はお, は困った, は欺かれた, は私

▼ 先生たら~ (11, 0.0%)

2 水くさい 1 あんな顏, みな阪もんや, マッカに, 今夜は, 履軒先生たら, 文士なんか, 案外ウブ, 私小説だ, 緒方洪庵先生たら

▼ 先生どうぞ~ (11, 0.0%)

1 [11件] おかけなさんせ, お手水, お早く, お目ざめ下さいまし, こちらへ, 可愛がっ, 御質問, 御願い, 懲らして, 死なないで, 私の

▼ 先生なかなか~ (11, 0.0%)

2 油断が 1 あじを, お人, お安く, ご執心, それを, やって来ない, 承知した, 来ないやね, 自信が

▼ 先生によって~ (11, 0.0%)

1 [11件] すっかり聞かれ, そう深く, その新しい, 初めて全面的, 学んだが, 救われ安定, 文学の, 新らしい, 新舞踊劇, 私は, 貧しさ

▼ 先生まだ~ (11, 0.0%)

1 [11件] お斬りなすっ, かえられないですか, ですか, 僕には, 帰らない巻煙草, 怒って, 手術は, 晩ごはん喰べ, 生きてるか, 私には, 醉つてゐない

▼ 先生までが~ (11, 0.0%)

1 [11件] あの宿場, いつし, お亡くなり, この理由, そんな風, ほんとに稽古, 中間子の, 今夜は, 急に, 海軍士官の, 野球フワンと

▼ 先生わたくし~ (11, 0.0%)

1 [11件] にはまだ, のこと, の画, はうごけません, はその, は先生, は冗談, は和歌, は嬉しい, は子供, は食わず

▼ 先生以外~ (11, 0.0%)

2 に別段, の何者 1 にお, にはなつかしい, には誰, にダンヒル, のお方, の三人, の者

▼ 先生いよいよ~ (10, 0.0%)

2 反身に, 啼きだしました 1 得意だ, 手製の, 文章論を, 日限は, 本業に, 私が

▼ 先生さえ~ (10, 0.0%)

1 いれば, お差支え, お帰, お見, こんな見すぼらしい, 一歩を, 少く見える, 居るよう, 断ったと, 気持わるく

▼ 先生そこ~ (10, 0.0%)

1 いら, ですよ, にいらっしゃる, にお, においで, にわれ, はあまり, へいきなり, へ寒月, まで御供

▼ 先生それでは~ (10, 0.0%)

1 あんまり人, いかがで, この錠, ごめん下さい, 今度の, 僕これで, 先生の, 北沢氏自身が, 私が, 私たちは

▼ 先生ちょっと~ (10, 0.0%)

1 お待ち下さい, 失礼させ, 待って, 探して, 汗を, 浚って, 萩原様の, 見せたまえと, 見て, 質問が

▼ 先生などが~ (10, 0.0%)

1 お骨折, どこにも, よく御, 今在つた, 居られた, 栃の木を, 横山町の, 発起で, 相談し, 見えるよう

▼ 先生などと~ (10, 0.0%)

1 この番頭, これらの, ちがって, 一緒に, 云ふ, 呼ばれたの, 呼ぶ儀, 如何にも皮肉ツ, 崇めるの, 書いて

▼ 先生に対しても~ (10, 0.0%)

2 甚だ御 1 おまえは, なんの, もうしわけない, 俺は, 全く神様, 忠義を, 朝倉先生の, 私は

▼ 先生~ (10, 0.0%)

2 あの先生 1 あたしたちと, あなたね, あの人, あの野郎, すこし毛, まあ, 時時リンゴ, 青公家の

▼ 先生一流~ (10, 0.0%)

1 の, のやり方, の処方箋, の常識的, の愚痴, の最も, の漫罵, の芸術的主張, の論理, の趣味

▼ 先生~ (10, 0.0%)

2 の死ぬ 1 だって大勢, だつて, のよい, の一生, の娘, はなぜ, を一人, を使

▼ 先生お願い~ (9, 0.0%)

2 でございます 1 いたします, があります, します, です, ですから, です僕, と申します

▼ 先生こそは~ (9, 0.0%)

1 まさしく雲助, やがてわれ, 実に我校八百, 実に薬草, 最も僕, 江戸で, 相生町の, 自分に, 自分の

▼ 先生たる~ (9, 0.0%)

1 ところで, ところを, や威, や村役場, を怖, を見, カピ君が, 彼の, 私は

▼ 先生だけが~ (9, 0.0%)

1 お前たちの, この頃, まだあたたまらない, 一郎の, 御不足, 急に, 生きた先生, 私を, 譜本を

▼ 先生だの~ (9, 0.0%)

1 お母さん姉さんなどが, 中川の, 坊主だの, 大木先生ね, 妾だの, 忠兵衛先生だ, 書生さんだの, 玄斎先生なぞに, 近頃では

▼ 先生でない~ (9, 0.0%)

2 ことは 1 から教える, たしか去年, とどうも, のだ, ような, 方が, 限りこうした

▼ 先生なぞは~ (9, 0.0%)

2 やはりお 1 かまいませんが, やっぱりウワバミ, 全く君, 其様な, 大そう苦心, 患者の, 若い人達

▼ 先生に対しては~ (9, 0.0%)

1 ごく簡単, なにも, もとより, 今でも, 何と申し上げ, 全く趣, 単に教師, 家族的な, 小林勇君が

▼ 先生~ (9, 0.0%)

21 うべは, お歌の, こんどの, ウ, ッ, 余を, 幸に

▼ 先生わし~ (9, 0.0%)

1 が独占, が英語, には何時, はあんた, はお, はきみ, は誰, 行かして, 行きます

▼ 先生僕たち~ (9, 0.0%)

1 そんなこと, にそれ, の拾った, はたしかに, はどう, は今度, は大抵, は英語, は訓話

▼ 先生大丈夫~ (9, 0.0%)

4 ですか 1 こういうこと, でございますか, です, ですから, よ

▼ 先生少し~ (9, 0.0%)

1 お歩き, の間, はおよろしく, も御, も驚かず, やつきにな, 当が, 遅くなります, 陽気に

▼ 先生自分~ (9, 0.0%)

1 じゃなん, でも隠し, で面白く, で鞭, に覚え, の住まい, の全部, の足元, の身体

▼ 先生あいつ~ (8, 0.0%)

1 がまた, はなぜ, はほんとう, はぼく, はぼくたちみんな, はゆうべ, は何, は機械

▼ 先生いかが~ (8, 0.0%)

3 でございましょう 2 でご 1 でございますか, です呼ぼうじゃ, なもの

▼ 先生いや~ (8, 0.0%)

1 でございますそんな, どうも大変, な嘲笑い, にお高く, にすましてる, んなった, 勝負は, 私が

▼ 先生でした~ (8, 0.0%)

31 から, からあいた, から兵馬, ね, のね失礼

▼ 先生どんな~ (8, 0.0%)

1 ヤツじゃろ, 先生, 先生ぞな, 場合にでも, 工合でいらっしゃる, 戯談を, 服装を, 趣味が

▼ 先生なんか~ (8, 0.0%)

3 して 1 いくら何, こんなことよう, どうする, 聴いて, 芥である

▼ 先生にと~ (8, 0.0%)

5 つては 1 つても, つて氣に, つて藝術では

▼ 先生~ (8, 0.0%)

2 の忠一 1 にじっと, に束脩, に進上, の家事, の息子, の賄

▼ 先生あたし~ (7, 0.0%)

1 が今, が棺, ちょいと, どうしたら, にはもう, はふん, はもともとそんなに

▼ 先生お早う~ (7, 0.0%)

6 ございます 1

▼ 先生がね~ (7, 0.0%)

1 こちらへ, どうしてあっし, 今日は, 僕が, 夜桜の, 最後の, 結城さんの

▼ 先生くらい~ (7, 0.0%)

1 いけ図々しい人, であろう, な男, 不思議な, 余裕が, 扱いにくい, 清らかで

▼ 先生こう~ (7, 0.0%)

1 しちゃ, しましょう此処, です, なっては, 云われては, 悲しげ, 答えたという

▼ 先生それから~ (7, 0.0%)

1 ぼくの, 世の中の, 先生然し, 專門家の, 後の, 私が, 英国人インド人及び

▼ 先生たいへん~ (7, 0.0%)

4 です 1 でしたね, めずらしいが, 怒った

▼ 先生だけの~ (7, 0.0%)

1 ことは, 招待を, 看板やったら, 考えかも, 腹が, 覚悟が, 賄賂問題では

▼ 先生であり~ (7, 0.0%)

1 お医者, お師匠さん, といつた, ながらいや, 中学一年の, 歌の, 良人である

▼ 先生ときたら~ (7, 0.0%)

1 あほらしくも, お前かなりの, ただもう最も, まるで人, 化物以上だ, 夜なかに, 相変らず

▼ 先生としての~ (7, 0.0%)

1 奇警に, 彼女と, 忠実なる, 恐さ, 最も意義, 資格を, 遠慮が

▼ 先生どうも~ (7, 0.0%)

1 あなたは, ありがたう, へんです, 御無沙汰を, 御馳走様, 有難う, 駄目です

▼ 先生などに~ (7, 0.0%)

1 そんな大, もさような, 与へると, 出会う恐れ, 根掘り, 終っては, 聞いて

▼ 先生なる~ (7, 0.0%)

2 ものの, ものは 1 ものからは, 人は, 青年が

▼ 先生にだけ~ (7, 0.0%)

1 お話します, ソッと, 一度も, 申上げる, 聞かせる積り, 話しますけれど, 讀んで

▼ 先生はね~ (7, 0.0%)

1 それでなく, それでなくっ, とにかく雪代, どこへ, ーエ, 丸木が, 大学で

▼ 先生ひとり~ (7, 0.0%)

1 がた, じゃない, ですか, で大, で大はしゃぎ, で怒, に媚び

▼ 先生やはり~ (7, 0.0%)

1 あなたの, あの鬼畜, その僧, その母親, 大蛸, 泰然と, 血筋です

▼ 先生をも~ (7, 0.0%)

1 さそいに, 人なみの, 招いたと, 芋女出と, 誘おう先生, 誘はう先生, 頼み込み二人

▼ 先生今夜~ (7, 0.0%)

1 からわたくし, これから大変, はお, はちと, はどうか, は四谷こ, ノ

▼ 先生以上~ (7, 0.0%)

1 であったに, に楽, に派手, のもの, のオン五ツ方, の学者, の文章家

▼ 先生及び~ (7, 0.0%)

1 かく申す, 先生の, 吾輩宛に, 夫人と, 我輩が, 拙藩, 永井荷風先生の

▼ 先生貴下~ (7, 0.0%)

1 が寐, だけなら申します, で無く, はまた, は凡て空, は凡人, も御

▼ 先生あたり~ (6, 0.0%)

1 からすぐ, が飛び出し, こそ怖い, に比べれ, の論文, の部屋

▼ 先生あんな~ (6, 0.0%)

1 ことを, こと大勢し, ところを, もの好きな, 山の, 燒け

▼ 先生いい~ (6, 0.0%)

1 ところが, ものに, 別れ時だ, 加減に, 度胸だ, 退屈凌ぎを

▼ 先生きょう~ (6, 0.0%)

1 はなにか, はなんだか, はもう, は一日, は少し, は顔

▼ 先生こうして~ (6, 0.0%)

1 いただけませんでしょうか, ぼくたちは, 旅へ, 畳んで, 確かに, 首尾よく

▼ 先生こっち~ (6, 0.0%)

2 にもっと 1 が勝った, だこっち, の大きい, は曽我貞一

▼ 先生しばらく~ (6, 0.0%)

1 お待ちくださいませ, だったなあ, でございます, でした, です, 持って

▼ 先生すっかり~ (6, 0.0%)

1 おどり上がって, これを, 悲観し, 火が, 脚本に, 草津伊香保と

▼ 先生そりゃ~ (6, 0.0%)

1 ちょっと考えもの, 何です, 何の, 可うございます, 娘の, 違いますよ

▼ 先生だけに~ (6, 0.0%)

1 お察し, つとめるところ, 一同が, 仕込んだ行儀, 土肥君も, 草の根を

▼ 先生~ (6, 0.0%)

2 やありません 1 や, やない, やのぢ, や無い

▼ 先生でございます~ (6, 0.0%)

51 から皆さん

▼ 先生でなけれ~ (6, 0.0%)

2 ばならない, ば書かれない 1 ばこの, ば誰

▼ 先生といった~ (6, 0.0%)

1 のに, もんで, 事は, 快笑, 気持で, 途方に

▼ 先生としても~ (6, 0.0%)

1 また他, もう少しのどか, 何故あなた, 次郎としても, 片親で, 米友を

▼ 先生どちら~ (6, 0.0%)

1 がいい, の刀, へおいで, へお出で, へゴ散歩ウ, もさ

▼ 先生はつぎ~ (6, 0.0%)

2 に正三君 1 のクラモウ, の問題, の少年, の間

▼ 先生ばん~ (6, 0.0%)

2 ざあい, ざーい 1 ざあー, ざいですね

▼ 先生よりは~ (6, 0.0%)

1 だいぶん年上, 少しは, 暇人である, 矢張り四歳下に, 紅葉山人の, 隣りの

▼ 先生らしく~ (6, 0.0%)

1 そうし, つて有難い, は扱っ, もない, 地理とか, 素子が

▼ 先生~ (6, 0.0%)

5 ふでな 1

▼ 先生云う~ (6, 0.0%)

5 でなぃか 1 のかい

▼ 先生大いに~ (6, 0.0%)

1 まごつきけれども, 怒って, 恐怖の, 満足し, 辟易し, 面白がっ

▼ 先生~ (6, 0.0%)

1 での会談, に先生, は根岸, へ帰っ, へ走ろう, を辞した

▼ 先生実は~ (6, 0.0%)

1 ねわたくし, よく似た, わたくしも, 大変耳よりな, 時折手の甲の, 自源流

▼ 先生後生~ (6, 0.0%)

6 ですから

▼ 先生~ (6, 0.0%)

1 が強い, でも違った, の弱い, の腐る, をしっかり, を悪く

▼ 先生自ら~ (6, 0.0%)

21 がマッカ, のボンクラ性, も常々, 進んで

▼ 先生~ (6, 0.0%)

2 して, で渡りあるく 1 もしない, をする

▼ 先生ありがとう~ (5, 0.0%)

4 ございます 1 こう云われ

▼ 先生あんた~ (5, 0.0%)

1 あチヨツ, がわっ, のほう, は剣術, をわし

▼ 先生いつ~ (5, 0.0%)

1 そ伊奈まで, になく, までもこうして, まで考えこん, んなったら

▼ 先生おら~ (5, 0.0%)

1 あうれし, あなあ, とこの, の口惜し, の後

▼ 先生おれ~ (5, 0.0%)

1 の体, の裏, はもう, は追いつめられた, をおいつめた

▼ 先生そっくり~ (5, 0.0%)

1 だ, だと, だという, だ声, のおでこ

▼ 先生そんなに~ (5, 0.0%)

1 お働き, わたしの, 怒らずに, 痛くは, 野宿に

▼ 先生だけには~ (5, 0.0%)

1 分るよう, 初めてで, 立派に, 簡単に, 限らなかつた

▼ 先生~ (5, 0.0%)

1 いいました, いうと, え達人, がかりおま, ないのよ

▼ 先生であろう~ (5, 0.0%)

1 が余り, が宮様, が政府, とのお, 童顔鶴髪と

▼ 先生でございました~ (5, 0.0%)

21 か昨日, な, ね

▼ 先生とても~ (5, 0.0%)

1 いやな, そりゃ大事, 念入りに, 毎日街を, 行逢い

▼ 先生とを~ (5, 0.0%)

1 つけ覘った, 一しょに, 比較し, 見るわけ, 飼って

▼ 先生どうして~ (5, 0.0%)

1 だろ, なんで御座います, 今から, 外ばかり, 皆元の

▼ 先生なし~ (5, 0.0%)

1 である, でアケミさん, で自分一人, にやっ, に手紙

▼ 先生なに~ (5, 0.0%)

1 からお話, がなん, も変った, をなさる, を言う

▼ 先生なり~ (5, 0.0%)

1 中村警部なりに, 先生は, 先輩なりに, 奥方なりに, 私なり

▼ 先生なれ~ (5, 0.0%)

1 ども一切万事支那流, ばこそで, ばこそと思はるる, ばこそ岡本さん, ばこそ斯様

▼ 先生にとっても~ (5, 0.0%)

1 きゅうに, まず第, 好ましからぬ意味, 生徒にとっても, 生涯の

▼ 先生にな~ (5, 0.0%)

1 つてからは, つてしまつ, つても, つて不思議な, つて二人は

▼ 先生にまで~ (5, 0.0%)

1 とどけて, 仕立てました, 及んで, 百倍に, 見込まれて

▼ 先生にゃ~ (5, 0.0%)

1 ア, ア関係が, 初めてです, 効目も, 義理が

▼ 先生によ~ (5, 0.0%)

1 つて包み込まれる, つて反省させられ, つて指揮され, つて纒められ, つて見

▼ 先生やっぱり~ (5, 0.0%)

1 下へ, 仲睦じ, 心に, 新田先生だ, 病人が

▼ 先生わっ~ (5, 0.0%)

3 しは 1 しからも, しには

▼ 先生以下~ (5, 0.0%)

2 の諸氏 1 大元気, 真に地方, 諸先生

▼ 先生~ (5, 0.0%)

1 から照會, じゃ, のところ, までには漕ぎつけ得る, を怖がる

▼ 先生~ (5, 0.0%)

1 の人々, の意気, の意見書, の方, はという

▼ 先生~ (5, 0.0%)

2 な女 1 なお, なこと, な顔

▼ 先生夫人~ (5, 0.0%)

2 が隨筆集, に初めて 1 を撃った

▼ 先生~ (5, 0.0%)

3 な顔 1 でげすな, な女

▼ 先生学校~ (5, 0.0%)

1 でも教師, における割烹, の送別式, を卒業, 随分長く

▼ 先生木の下闇~ (5, 0.0%)

5 の訪

▼ 先生本当~ (5, 0.0%)

3 のこと 1 だん, ですよ

▼ 先生私ども~ (5, 0.0%)

2 はみんな腰掛 1 のほう, の職業, も先生

▼ 先生言うでない~ (5, 0.0%)

5

▼ 先生~ (5, 0.0%)

1 客知っ, 郎が, 郎に, 郎には, 郎を

▼ 先生頗る~ (5, 0.0%)

1 ギヤフンと, 予が, 付の, 名文を, 心能げに

▼ 先生あたい~ (4, 0.0%)

1 の絵, は最初, も, も遊ん

▼ 先生あんまり~ (4, 0.0%)

1 でございます, 大きなこと, 手荒いこと, 酷い

▼ 先生いいかげん~ (4, 0.0%)

1 なこと, にしたら, のおひゃらかしだ, のこと

▼ 先生いかに~ (4, 0.0%)

1 博学なり, 寂しかりけん, 探しまわっても, 神医なりと

▼ 先生うち~ (4, 0.0%)

1 のあひるさん, のチンピラ, の娘, の寶兒

▼ 先生~ (4, 0.0%)

1 あたいなんかはなあ, あたいん, たすけて, 修身修身

▼ 先生おいら~ (4, 0.0%)

1 はもう, は先, は目黒, も一人

▼ 先生お話~ (4, 0.0%)

1 があります, と仰, と仰し, はよう腑

▼ 先生かと~ (4, 0.0%)

1 きくから, きくん, 思って, 申しますと

▼ 先生きみ~ (4, 0.0%)

1 とももう, はいったい, はずっと, もぞんがい

▼ 先生このごろ~ (4, 0.0%)

1 おこりばっかり, なかなか流行る, は柳, は非常

▼ 先生すぐ~ (4, 0.0%)

1 お出立, そのあと, 九州へ, 第二十九号室

▼ 先生すら~ (4, 0.0%)

1 これを, 何とかかん, 多くは, 父多門氏が

▼ 先生ずいぶん~ (4, 0.0%)

1 御窮屈, 無理する, 物持ちだ, 証人を

▼ 先生ぜひ~ (4, 0.0%)

1 あの護身, ごしょうち, ひとつ行っ, 咲耶子は

▼ 先生そういう~ (4, 0.0%)

1 ことを, わけです, 事を, 方法で

▼ 先生ただ~ (4, 0.0%)

2 わあわあ泣い 1 とは言いません, 一つおかしい

▼ 先生であっ~ (4, 0.0%)

1 てくれた, てこれ, てその後, て酒

▼ 先生でさえ~ (4, 0.0%)

1 さぶちゃん, ハイキングを, 知らないもの, 神経衰弱である

▼ 先生とでも~ (4, 0.0%)

1 いった経歴, 言ふ, 話して, 誰とでも

▼ 先生とともに~ (4, 0.0%)

1 ほかの, 当時基督教界の, 彼の, 指導的立場に

▼ 先生とに~ (4, 0.0%)

1 すぐ来, 一緒に, 寝室へ, 接吻を

▼ 先生なき~ (4, 0.0%)

2 あとの 1 あとにも, あと菊乃さんの

▼ 先生などを~ (4, 0.0%)

2 して 1 引くの, 持ち出しご飯

▼ 先生なんぞは~ (4, 0.0%)

1 ふたつに, ムジナかも, 人間も, 只の

▼ 先生において~ (4, 0.0%)

1 いまだ情合, 哲学上の, 発見した, 真の

▼ 先生にだけは~ (4, 0.0%)

1 なるな, もう一ぺん堪忍, 知らせたくないと, 逢いたいと

▼ 先生にだって~ (4, 0.0%)

1 あわせる顔, 一生楽に, 誰にだって, 責任は

▼ 先生については~ (4, 0.0%)

1 いひたいこと, ただ, とかく生徒間, よほどの

▼ 先生に関する~ (4, 0.0%)

1 一つの, 与次郎の, 事件の, 諸家の

▼ 先生ひとつ~ (4, 0.0%)

1 お助け願, よろしく頼みます, 懲りさせて, 診て

▼ 先生ひどい~ (4, 0.0%)

1 じゃありません, です, なア, わア

▼ 先生へは~ (4, 0.0%)

1 二十円の, 充分御礼, 家を, 濠洲其の

▼ 先生ほんとう~ (4, 0.0%)

1 にいる, にすみません, によい, に内密

▼ 先生ほんとに~ (4, 0.0%)

1 僕の, 困ります, 御無事, 駄目でしょう

▼ 先生まあ~ (4, 0.0%)

1 あなたは, とつくり, 聞いて, 面白いこと

▼ 先生まア~ (4, 0.0%)

21 こ, 何うし

▼ 先生を以て~ (4, 0.0%)

1 し門番, 初めと, 榛軒を, 死所を

▼ 先生一体~ (4, 0.0%)

1 がお, この患者, どうした, 相良氏は

▼ 先生二人~ (4, 0.0%)

1 とは名前, は老, を同伴, を置き去り

▼ 先生人間~ (4, 0.0%)

1 がわっ, が死ん, の命二つ三つ, は一体幾時間

▼ 先生今晩~ (4, 0.0%)

1 は, はここ, はこれ, はご苦労さま

▼ 先生今朝~ (4, 0.0%)

2 は心臓 1 のラヂオ, の新聞

▼ 先生~ (4, 0.0%)

1 のごとく, の散歩, の通り独逸語, の頭

▼ 先生再び~ (4, 0.0%)

1 京都に, 前に, 咳一咳し, 質問を

▼ 先生到頭~ (4, 0.0%)

1 しびれを, 戦争を, 暑さ, 死んだか

▼ 先生助け~ (4, 0.0%)

3 てください 1 て助け

▼ 先生~ (4, 0.0%)

1 三郎きょう来る, 僕の, 大変な, 用前

▼ 先生如何~ (4, 0.0%)

1 でございます, です町, となす, なされました

▼ 先生~ (4, 0.0%)

1 にこの, に出し, に発送, に送り出した

▼ 先生実に~ (4, 0.0%)

2 頼もしい 1 別人の, 大変な

▼ 先生得意~ (4, 0.0%)

2 になっ 1 の七言絶句詩, の戯談

▼ 先生拙者~ (4, 0.0%)

1 の考え, は大, は島津豊後, も一同

▼ 先生既に~ (4, 0.0%)

1 斯文の, 書かれて, 沒理想を, 理性界を

▼ 先生本当に~ (4, 0.0%)

1 僕は, 困って, 帰って, 酔って

▼ 先生東京~ (4, 0.0%)

1 に行, へ帰っ, へ帰る, ほどきたない

▼ 先生~ (4, 0.0%)

1 でしてね, には旭玉山氏, の人たち, の牙

▼ 先生殺し~ (4, 0.0%)

1 ちゃいけません, て下さるなら, に無関係, の罪

▼ 先生気取り~ (4, 0.0%)

1 して, で, で盛ん, の人たち

▼ 先生~ (4, 0.0%)

2 う言 1 と澄し, りこの

▼ 先生独特~ (4, 0.0%)

1 のスタイル, の文章, の歩きつき, の玄談妙話

▼ 先生~ (4, 0.0%)

2 が見える 1 がろくに, をどろん

▼ 先生私たち~ (4, 0.0%)

1 の結婚生活, はこんなに, は一年生, へうち

▼ 先生私達~ (4, 0.0%)

1 は先生, は永い, は貴方, もそう

▼ 先生~ (4, 0.0%)

1 先生, 先生ありし, 先生は, 文学博士の

▼ 先生至極~ (4, 0.0%)

2 御尤 1 妙策じゃ, 磊落な

▼ 先生門下~ (4, 0.0%)

1 として有名, の中, の二三名, の猫児

▼ 先生あそこ~ (3, 0.0%)

1 です, ですよ, に御

▼ 先生あり~ (3, 0.0%)

1 さえすれ, や神, 年六十に

▼ 先生ある~ (3, 0.0%)

1 ことを, を知らしめたい, 日の

▼ 先生いう~ (3, 0.0%)

2 ところの 1 のん

▼ 先生いささか~ (3, 0.0%)

1 得意に, 拍子抜けの, 酒乱の

▼ 先生いったい~ (3, 0.0%)

1 今頃どう, 何を, 小六さんは

▼ 先生いま~ (3, 0.0%)

1 お兼婆さん, にこいつ, はなん

▼ 先生おいで~ (3, 0.0%)

1 でしょうか, ですか, なさいまし

▼ 先生おはよう~ (3, 0.0%)

3 ございます

▼ 先生お待ち~ (3, 0.0%)

1 して, どうでござい, なさい

▼ 先生お許し~ (3, 0.0%)

1 下さい, 下さいまし, 下さいますわね

▼ 先生かも~ (3, 0.0%)

1 しれない, しれないの, 知れない

▼ 先生ぐらいに~ (3, 0.0%)

1 尊敬し, 思うて, 負けやしません

▼ 先生こいつ~ (3, 0.0%)

1 あ褒め, がどう, も焼け

▼ 先生こういう~ (3, 0.0%)

1 のすきじゃ, の好きじゃ, 事を

▼ 先生こちら~ (3, 0.0%)

2 へいらっしゃい 1 でございます

▼ 先生こりゃ~ (3, 0.0%)

1 とんだところ, 何だい, 妙な

▼ 先生こんど~ (3, 0.0%)

1 くる先生, のおなご先生, はほんもの

▼ 先生ごく~ (3, 0.0%)

2 上等の 1 ろうでござんす

▼ 先生さあ~ (3, 0.0%)

1 何卒, 聞いて, 返答を

▼ 先生さすが~ (3, 0.0%)

1 に独仙君, に魂消た, の先生

▼ 先生さっき~ (3, 0.0%)

1 からこの, たの, の話

▼ 先生さん~ (3, 0.0%)

1 いやに蒼い, お払いできる, に成つた

▼ 先生しかし~ (3, 0.0%)

1 あらしに, それは, 万一一国

▼ 先生しきりに~ (3, 0.0%)

1 このええ, 強がりをこそ, 胴ぶる

▼ 先生すでに~ (3, 0.0%)

1 お話し下さらないなら, 仙台へ, 天地平等万物一体はじめより

▼ 先生すなわち~ (3, 0.0%)

1 弾正の, 机竜之, 洋画家の

▼ 先生その他~ (3, 0.0%)

2 にお 1 も絶対

▼ 先生そん~ (3, 0.0%)

1 でも明日, ならただ, なら是

▼ 先生だち~ (3, 0.0%)

1 にとっては誠に, にのみ教, に比し

▼ 先生ちっと~ (3, 0.0%)

1 活溌に, 申しにくい, 話が

▼ 先生つて~ (3, 0.0%)

1 あんな顔, いふの, ほんとにおそろしい

▼ 先生であれ~ (3, 0.0%)

1 ばよかっ, 小先生, 本来剣術を

▼ 先生でなくっ~ (3, 0.0%)

2 てよかっ 1 てみんな

▼ 先生とうとう~ (3, 0.0%)

1 おしまいの, おだぶつとは, 奮発し

▼ 先生とかいう~ (3, 0.0%)

1 ものに, 級の, 若夫婦

▼ 先生とやらに~ (3, 0.0%)

1 こんどは, テンカンを, 逢って

▼ 先生ども~ (3, 0.0%)

1 さぞかしガヤガヤ, の訓辞, はどうせ

▼ 先生なぜ~ (3, 0.0%)

1 お笑いに, でございます, 侍だけ

▼ 先生なぞ~ (3, 0.0%)

1 二度まで, 止めて, 自分の

▼ 先生なぞの~ (3, 0.0%)

1 意志も, 教えたこと, 考えた過去

▼ 先生などという~ (3, 0.0%)

1 名前が, 方は, 諢名それは

▼ 先生なにか~ (3, 0.0%)

1 一つ描い, 御用で, 特殊な

▼ 先生なんかは~ (3, 0.0%)

1 もっての外だ, 乞食みたいだ, 未だにノオ

▼ 先生なんぞに~ (3, 0.0%)

1 ゃあばかげて聞える, 教えたって, 教へ

▼ 先生にたいして~ (3, 0.0%)

1 けっしてそんな, どきどきする, 同情しなく

▼ 先生についても~ (3, 0.0%)

1 それは, 校長は, 近ごろ誰が

▼ 先生にて~ (3, 0.0%)

1 すか, すな, 一橋殿田安殿はじめ諾大名大勢弟子を

▼ 先生にや~ (3, 0.0%)

1 わかんないわ, 私の, 解らねえだらうけど

▼ 先生のみ~ (3, 0.0%)

1 である, ならず堀秀成先生, にくいぽつぽつ

▼ 先生びっくり~ (3, 0.0%)

1 ぎょう, するぞ, するど

▼ 先生ぼくたち~ (3, 0.0%)

1 はこれから, はどう, も悪い

▼ 先生まことに~ (3, 0.0%)

1 くどい事, 申訳ありません, 頼もしきかぎり

▼ 先生みた~ (3, 0.0%)

2 ような 1 様に

▼ 先生もっと~ (3, 0.0%)

1 何か, 早い汽車, 早く歩きましょう

▼ 先生ようこそお~ (3, 0.0%)

3 帰り

▼ 先生よりの~ (3, 0.0%)

1 使い早田隼人通る, 御忠言, 手紙に

▼ 先生らしくない~ (3, 0.0%)

1 ことだ, 先生には, 詭弁だ

▼ 先生オレ~ (3, 0.0%)

1 が押し, の本職, は字

▼ 先生~ (3, 0.0%)

1 コノ言葉一学兄ニ教エラレタ, 為ニ鍛ツ, 送別式ヲ

▼ 先生~ (3, 0.0%)

1 呼ンデモヨクッテ, 景仰セル土井英一, 頼ン

▼ 先生~ (3, 0.0%)

2 ところ 1 とこの

▼ 先生一家~ (3, 0.0%)

1 の消息, は二日, を信頼

▼ 先生一派~ (3, 0.0%)

1 から税金, には入りたく無い, の風俗壊乱

▼ 先生万歳~ (3, 0.0%)

1 だ, でついで, と云う

▼ 先生不思議~ (3, 0.0%)

1 ですたった今, では, なこと

▼ 先生~ (3, 0.0%)

1 両三童子, 慊堂先生読李如圭釈宮, 諸老臣

▼ 先生~ (3, 0.0%)

1 にこの, に颯爽, よき友

▼ 先生並びに~ (3, 0.0%)

1 住職が, 池田先生の, 里見

▼ 先生伊達さん~ (3, 0.0%)

1 にお, の事, は今

▼ 先生何で~ (3, 0.0%)

1 ございます, すって, もい

▼ 先生何ん~ (3, 0.0%)

1 だって這ん, でも, とかいい

▼ 先生何故~ (3, 0.0%)

1 あなたは, いけません, にかく

▼ 先生~ (3, 0.0%)

1 の陽物, を目, を見

▼ 先生~ (3, 0.0%)

2 も行きたい 1 助かるでしょうか

▼ 先生先刻~ (3, 0.0%)

1 の席, の猟師, の話

▼ 先生冗談~ (3, 0.0%)

1 じゃねえ病人, なすっちゃ, 言っちゃ

▼ 先生~ (3, 0.0%)

1 の勝った, をやっ, を持っ

▼ 先生奥さん~ (3, 0.0%)

2 ですと 1 といわれる

▼ 先生奥様~ (3, 0.0%)

2 にきこえ 1 が賃仕事

▼ 先生~ (3, 0.0%)

1 の先生, の生徒, は源女さん

▼ 先生~ (3, 0.0%)

3 が読めない

▼ 先生少々~ (3, 0.0%)

1 おとなげない, 反身に, 腰が

▼ 先生~ (3, 0.0%)

1 に千二少年, に蜀山人, の詩

▼ 先生弘さん~ (3, 0.0%)

1 は可哀想, は死刑, は殺人犯

▼ 先生~ (3, 0.0%)

1 の人, の君, を御新造

▼ 先生忘れた~ (3, 0.0%)

2 用が 1 んです

▼ 先生~ (3, 0.0%)

1 にこの, に声, に糸

▼ 先生怪我~ (3, 0.0%)

2 はなかっ 1 があっ

▼ 先生早速~ (3, 0.0%)

1 口中に, 差上げます, 軍営へ

▼ 先生明日~ (3, 0.0%)

1 はお, は書き取り, も頼む

▼ 先生昨夜~ (3, 0.0%)

1 の連中, はお, はネ教会

▼ 先生昨日~ (3, 0.0%)

1 は泊る, は色々どうも, 書いてた絵

▼ 先生~ (3, 0.0%)

1 と場合, ならぬ熟睡, 猶在

▼ 先生来り~ (3, 0.0%)

1 サンボアへ, 三十分やっ, 京極と共に

▼ 先生此処~ (3, 0.0%)

1 です, でも瀬川先生, は天神前

▼ 先生~ (3, 0.0%)

1 じゃない, に教えた, の論理

▼ 先生~ (3, 0.0%)

1 の出る, をぽろぽろ, 浮かべて

▼ 先生独り~ (3, 0.0%)

2 残ったが 1 だった

▼ 先生~ (3, 0.0%)

1 変らずですねえ, 変らずイカンヨ, 変らず机

▼ 先生~ (3, 0.0%)

1 一の, 一号が, 二子として

▼ 先生聞い~ (3, 0.0%)

1 ている, ておく, てください

▼ 先生~ (3, 0.0%)

1 命, 此酔東郊, 源流にかけては

▼ 先生若い~ (3, 0.0%)

1 わ, 時分あまりに, 盛りに

▼ 先生見たい~ (3, 0.0%)

1 な方, にエライ人, ね

▼ 先生~ (3, 0.0%)

1 に乗りましょう, をそう, を左様

▼ 先生送別~ (3, 0.0%)

2 の方法 1 の辞

▼ 先生遺愛~ (3, 0.0%)

1 の古い, の硯, 之種

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 ずいぶん足ぁ, ずゐぶん足ぁ

▼ 先生ああ~ (2, 0.0%)

1 して, 先生

▼ 先生あすこ~ (2, 0.0%)

1 に眠っ, の団子

▼ 先生あっち~ (2, 0.0%)

1 にいた, へ行っ

▼ 先生ありゃ~ (2, 0.0%)

1 ア逸見先生で, 生徒です

▼ 先生いくら~ (2, 0.0%)

1 上げたらいい, 呼んだって

▼ 先生いけません~ (2, 0.0%)

1 よそんな, よ顔

▼ 先生いた~ (2, 0.0%)

1 かい, んです

▼ 先生うまい~ (2, 0.0%)

1 ぐあいに空車が, ところを

▼ 先生おとなしく~ (2, 0.0%)

1 引っこんでる, 待って

▼ 先生おまえ~ (2, 0.0%)

1 のこの, の言いたい

▼ 先生お出かけ~ (2, 0.0%)

1 ですか, になる

▼ 先生お客様~ (2, 0.0%)

1 でございます, ですよ

▼ 先生お父さん~ (2, 0.0%)

1 が可哀そう, はもう

▼ 先生かな~ (2, 0.0%)

1 それとも寺方, 泥棒さんの

▼ 先生かんにん~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 先生がい~ (2, 0.0%)

2 らしって

▼ 先生がか~ (2, 0.0%)

2 はるが

▼ 先生がかは~ (2, 0.0%)

1 いらしい万年筆, つてゐた

▼ 先生がと~ (2, 0.0%)

1 いひて, ほりかかって

▼ 先生がんりき~ (2, 0.0%)

2 を見込ん

▼ 先生きっと~ (2, 0.0%)

1 今でも, 苛

▼ 先生くらいに~ (2, 0.0%)

1 なって, なられると

▼ 先生ぐらい~ (2, 0.0%)

1 なもの, 涙の

▼ 先生こわく~ (2, 0.0%)

1 ていえない, はない

▼ 先生こん~ (2, 0.0%)

1 にち, やの演奏

▼ 先生ごらん~ (2, 0.0%)

1 ください, のとおり

▼ 先生さう~ (2, 0.0%)

1 言つてた, 言ふんだ

▼ 先生さよなら~ (2, 0.0%)

1 と一言, なんといふ

▼ 先生さア~ (2, 0.0%)

2 に見せ

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 てなさっ, ツかり

▼ 先生しっかり~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 先生すました~ (2, 0.0%)

1 もので, ものである

▼ 先生すみません~ (2, 0.0%)

1 があと, が鏡

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 そんなわけ, そんな担ぎっ

▼ 先生そいつ~ (2, 0.0%)

1 はがんりき, までは仰し

▼ 先生そこで~ (2, 0.0%)

1 もう四五杯こいつ, 一句

▼ 先生そのもの~ (2, 0.0%)

1 がふざけきっ, の態度

▼ 先生そン~ (2, 0.0%)

2 だらハア

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 うとう縁, 余つ

▼ 先生たいへんたいへん~ (2, 0.0%)

2 ですよ

▼ 先生ただ今~ (2, 0.0%)

1 お帰り, お荷物

▼ 先生たった~ (2, 0.0%)

1 一人で, 一人の

▼ 先生たまに~ (2, 0.0%)

1 お話しいたしましょう, 会つて呆気なく

▼ 先生だいぶ~ (2, 0.0%)

1 催眠薬の, 面白うございます

▼ 先生だけを~ (2, 0.0%)

1 よくし, 誘いました

▼ 先生だったら~ (2, 0.0%)

1 うれしいん, この暗号

▼ 先生だっても~ (2, 0.0%)

1 本居, 面白い服装

▼ 先生だつ~ (2, 0.0%)

1 てやつぱり人間, て僕

▼ 先生だろう~ (2, 0.0%)

1 から, が豪徳寺

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 う若け, ゅが同士には

▼ 先生つい~ (2, 0.0%)

1 お見, 過日の

▼ 先生づら~ (2, 0.0%)

1 をし, 承知おとなしく

▼ 先生でありました~ (2, 0.0%)

1 からです, のです

▼ 先生でござった~ (2, 0.0%)

1 か, な

▼ 先生でなく~ (2, 0.0%)

1 てもいい, ても君

▼ 先生といふは~ (2, 0.0%)

2

▼ 先生とこ~ (2, 0.0%)

1 へき, まで歩い

▼ 先生とのみ~ (2, 0.0%)

1 お手合せ, 思われたり

▼ 先生どうしても~ (2, 0.0%)

1 あきません, 来ない

▼ 先生なぞが~ (2, 0.0%)

1 お見え, 蝦夷の

▼ 先生なぞに~ (2, 0.0%)

1 こんな芸術的, 言はせる

▼ 先生なぞには~ (2, 0.0%)

1 想像も, 適当し

▼ 先生なるほど~ (2, 0.0%)

1 先生は, 私は

▼ 先生なん~ (2, 0.0%)

1 でございますか, ならた

▼ 先生なんかと~ (2, 0.0%)

1 二た, 違って

▼ 先生なんぞも~ (2, 0.0%)

1 その立派, 裏小路の

▼ 先生なんと~ (2, 0.0%)

1 かして, はあひで

▼ 先生においては~ (2, 0.0%)

1 家常の, 文章の

▼ 先生により~ (2, 0.0%)

1 つつがなきを, 次第に信仰

▼ 先生に対し~ (2, 0.0%)

1 私は, 親の

▼ 先生に対してさえ~ (2, 0.0%)

1 今は, 版権侵害の

▼ 先生に対しての~ (2, 0.0%)

1 御奉公, 愛情が

▼ 先生に関しては~ (2, 0.0%)

1 次の, 約半世紀

▼ 先生ねえ~ (2, 0.0%)

1 なんでもかでも, 先生それから

▼ 先生のな~ (2, 0.0%)

2 さり方

▼ 先生のみは~ (2, 0.0%)

1 あやか, 相も

▼ 先生のみを~ (2, 0.0%)

2 撰んで

▼ 先生はが~ (2, 0.0%)

1 いこつに, ちょうの

▼ 先生はずつと~ (2, 0.0%)

1 以前から, 前から

▼ 先生はちよ~ (2, 0.0%)

1 つとだまつて, と右

▼ 先生はは~ (2, 0.0%)

1 いつて, ッと

▼ 先生はも~ (2, 0.0%)

2 少し上品

▼ 先生はもの~ (2, 0.0%)

1 ごし, 柔に

▼ 先生はやく~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 先生ばっかり~ (2, 0.0%)

1 でのうて, 母校を

▼ 先生ひどく~ (2, 0.0%)

1 おこつてるよ, お静か

▼ 先生ふと~ (2, 0.0%)

1 思いついて, 熊手を

▼ 先生ぶり~ (2, 0.0%)

1 ではあったろう, にもどり

▼ 先生ますます~ (2, 0.0%)

1 回瀾事業の, 得意に

▼ 先生または~ (2, 0.0%)

2 菊池大麓先生など

▼ 先生もう少し~ (2, 0.0%)

1 お話し, 散歩を

▼ 先生もし~ (2, 0.0%)

1 役人が, 盗めたらこの

▼ 先生もち~ (2, 0.0%)

1 とマゴツイタ所, よつと

▼ 先生やつ~ (2, 0.0%)

1 ていただきます, て來

▼ 先生やめ~ (2, 0.0%)

1 て下さい, て下され

▼ 先生よし~ (2, 0.0%)

1 たの, なさい蟻

▼ 先生よろしく~ (2, 0.0%)

1 お願いします, 御茶

▼ 先生よん~ (2, 0.0%)

1 でき, で話

▼ 先生らし~ (2, 0.0%)

1 かつた, さと云われ

▼ 先生らしき~ (2, 0.0%)

1 人は, 気が

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 その名お, 書いて

▼ 先生をと~ (2, 0.0%)

2 言いたいところ

▼ 先生を通じて~ (2, 0.0%)

1 申し入れが, 申込んで

▼ 先生ア今日お菓子喰つてら~ (2, 0.0%)

2 けな

▼ 先生イヤ~ (2, 0.0%)

1 だわ, 院長の

▼ 先生ガ何ト~ (2, 0.0%)

1 仰ッシャルカ伺ッテ, 仰ッシャルカ伺ッテ参リマショウ

▼ 先生チョット~ (2, 0.0%)

2 と呼び

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 ての, てば

▼ 先生ヅラ~ (2, 0.0%)

2 が呆れ

▼ 先生ユリエ~ (2, 0.0%)

2 のほう

▼ 先生一人限り~ (2, 0.0%)

2 だつたので

▼ 先生一向~ (2, 0.0%)

1 とりあって, ひるまず

▼ 先生一度~ (2, 0.0%)

1 あなたを, 湯煮た

▼ 先生一番~ (2, 0.0%)

1 おわりには, 近いん

▼ 先生一雄~ (2, 0.0%)

1 が帰還, はきっと

▼ 先生七兵衛おやじ~ (2, 0.0%)

1 はいない, はどう

▼ 先生七十~ (2, 0.0%)

1 になる, 代山本恭庭

▼ 先生三人~ (2, 0.0%)

1 の紹介, ゐて

▼ 先生三本目~ (2, 0.0%)

2 の徳利

▼ 先生下谷~ (2, 0.0%)

1 の長者町, の高島先生

▼ 先生下野~ (2, 0.0%)

1 か, 尚吉村

▼ 先生~ (2, 0.0%)

2 欲存

▼ 先生久しぶり~ (2, 0.0%)

1 で御, の煤

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 のてがみ, を箱根

▼ 先生亡き~ (2, 0.0%)

1 あとの, のち当

▼ 先生今の~ (2, 0.0%)

1 はきっと, をごらん

▼ 先生~ (2, 0.0%)

2 て如何

▼ 先生以後~ (2, 0.0%)

2 にもない

▼ 先生位弁舌~ (2, 0.0%)

2 の巧み

▼ 先生何だ~ (2, 0.0%)

1 つてそんなに, つて貴方は

▼ 先生何と~ (2, 0.0%)

1 おっしゃいました, 思つた

▼ 先生何とか~ (2, 0.0%)

1 云って, 返事を

▼ 先生何日~ (2, 0.0%)

1 お帰り, お歸

▼ 先生先日~ (2, 0.0%)

1 の芝居, は失礼

▼ 先生先生貴方~ (2, 0.0%)

1 が秀子, は欺かれた

▼ 先生全く~ (2, 0.0%)

1 びっくりされた, 無頓着である

▼ 先生八犬伝~ (2, 0.0%)

1 はいよいよ, は愈

▼ 先生其の~ (2, 0.0%)

1 兼吉と, 御臨終

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 てこなかった, て来ました

▼ 先生出した~ (2, 0.0%)

2 つても

▼ 先生出勤~ (2, 0.0%)

1 が遅, の折

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 に止め, に返事

▼ 先生勿論~ (2, 0.0%)

1 此は, 私も

▼ 先生十日前~ (2, 0.0%)

1 に大, に死んだ

▼ 先生及第~ (2, 0.0%)

2 させて

▼ 先生司馬徽~ (2, 0.0%)

1 であった, ですら

▼ 先生合点~ (2, 0.0%)

1 がゆかれました, が行きました

▼ 先生呼ばわり~ (2, 0.0%)

1 をされる, をし

▼ 先生呼ん~ (2, 0.0%)

1 で来, で来い

▼ 先生喧嘩~ (2, 0.0%)

1 の先生, 致しますが

▼ 先生困る~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, ぢゃありませんか

▼ 先生在世~ (2, 0.0%)

1 のころ, のとき教授

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 へ出, へ廻っ

▼ 先生多少~ (2, 0.0%)

1 は駄々, 名古屋に

▼ 先生大きな~ (2, 0.0%)

1 声で, 声を

▼ 先生大人しく~ (2, 0.0%)

1 この船, 此の

▼ 先生失礼~ (2, 0.0%)

1 でございますが, ですが

▼ 先生姉さん~ (2, 0.0%)

1 が, は何

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 でございますッ, ひわたしだすがな

▼ 先生室長~ (2, 0.0%)

1 が僕, に僕

▼ 先生容易~ (2, 0.0%)

1 ならぬ苦労, に到着

▼ 先生将棋~ (2, 0.0%)

1 はどう, は何

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 とつまれた, めぐりで

▼ 先生山根先生~ (2, 0.0%)

2 ではございますまい

▼ 先生~ (2, 0.0%)

2 に何

▼ 先生左右~ (2, 0.0%)

1 に軒, の手

▼ 先生帰っ~ (2, 0.0%)

1 ている, てよ

▼ 先生帽子~ (2, 0.0%)

1 が落ちました, をとったら

▼ 先生座敷~ (2, 0.0%)

1 でのたうちまわっ, の真中

▼ 先生御免~ (2, 0.0%)

1 なさい, 遊ばせ年

▼ 先生御存じ~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, ですか

▼ 先生心臓~ (2, 0.0%)

2 の鼓動

▼ 先生心配~ (2, 0.0%)

1 しないで, なすってた

▼ 先生~ (2, 0.0%)

2 うした

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 をたたい, を挙げ

▼ 先生扱い~ (2, 0.0%)

1 にし, をされ

▼ 先生振る~ (2, 0.0%)

1 ことに, 代りに

▼ 先生~ (2, 0.0%)

2 れたでしょうか

▼ 先生教え~ (2, 0.0%)

1 てください, て下さい

▼ 先生教室~ (2, 0.0%)

1 でヒックリ, で遊ん

▼ 先生料理~ (2, 0.0%)

1 の根本義, をする

▼ 先生新作~ (2, 0.0%)

2 の校友歌

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 にでよう, へ出

▼ 先生日本~ (2, 0.0%)

1 にさう, はこれからどう

▼ 先生旦那~ (2, 0.0%)

1 いやサ, いや殿様

▼ 先生~ (2, 0.0%)

2

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 から唐土, から色餓鬼

▼ 先生昨晩~ (2, 0.0%)

1 はまた, は夢

▼ 先生是非~ (2, 0.0%)

1 その悪魔, 貴方に

▼ 先生時々~ (2, 0.0%)

1 せき込むと, よそへ

▼ 先生時代~ (2, 0.0%)

1 に始まり, の人

▼ 先生晩年~ (2, 0.0%)

1 における, の生活

▼ 先生書生~ (2, 0.0%)

1 の暮し, や車夫

▼ 先生最後~ (2, 0.0%)

1 の大患, の絶筆

▼ 先生有詩~ (2, 0.0%)

2 次韻賦呈

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 の屋文庫, を一鉢

▼ 先生柴田先生~ (2, 0.0%)

2 が三百三十樽

▼ 先生栗原亮一氏ら~ (2, 0.0%)

1 の厚遇, 頻りにわれ

▼ 先生案外~ (2, 0.0%)

1 に成績, の名医

▼ 先生~ (2, 0.0%)

2 真面目な

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 から覗き込む, 平たく其面

▼ 先生此方~ (2, 0.0%)

1 が御, へお出で

▼ 先生此町~ (2, 0.0%)

2 は大工町

▼ 先生此頃~ (2, 0.0%)

1 では非常, 御上京

▼ 先生死にた~ (2, 0.0%)

1 もうこと, もう事

▼ 先生死ん~ (2, 0.0%)

2 で下さい

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 から自, ですよ

▼ 先生毎日~ (2, 0.0%)

1 のごとく, 泣き通して

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 が入, が入っ

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 が師匠, が退かない

▼ 先生没後~ (2, 0.0%)

1 の今日, の我輩

▼ 先生泊っ~ (2, 0.0%)

1 て下さい, て下さらない

▼ 先生泊り~ (2, 0.0%)

2 に行く

▼ 先生泣き~ (2, 0.0%)

1 ながら歩い, べそを

▼ 先生泥靴~ (2, 0.0%)

2 を脱ぎ

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 とこれ, の中心人物

▼ 先生済み~ (2, 0.0%)

1 ませんが, ませんでした

▼ 先生渡洋日誌~ (2, 0.0%)

1 を写し, を写す

▼ 先生火事~ (2, 0.0%)

1 だと, でございます早く

▼ 先生独得~ (2, 0.0%)

1 の植物学的漫談, の見識

▼ 先生甚だ~ (2, 0.0%)

1 得意で, 軽少で

▼ 先生生きた~ (2, 0.0%)

1 神様つたら, 神樣つたら

▼ 先生生前~ (2, 0.0%)

1 のある, より妻恋坂

▼ 先生病院~ (2, 0.0%)

1 のベッド, の鍵

▼ 先生盗み~ (2, 0.0%)

1 にはいった, にはいつた

▼ 先生眼病~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 先生矢代先生~ (2, 0.0%)

1 それに私, 御夫妻

▼ 先生確か~ (2, 0.0%)

1 に救われましょう, に緊張

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 描寫力の, 神の

▼ 先生程の~ (2, 0.0%)

1 人が, 学者は

▼ 先生程度~ (2, 0.0%)

1 なので, に怖

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 にもぐる, の中

▼ 先生突然~ (2, 0.0%)

1 こんな朝っぱら, で恐縮

▼ 先生等身~ (2, 0.0%)

2 の著作

▼ 先生約束~ (2, 0.0%)

2 の時間

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 か, かそれとも

▼ 先生罪悪~ (2, 0.0%)

1 という意味, も遺伝

▼ 先生罷職~ (2, 0.0%)

1 の事, の遠因

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 疾, 疾奄逝

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 が遠く, に手

▼ 先生聊か~ (2, 0.0%)

1 たじろいだが, たぢろい

▼ 先生自伝~ (2, 0.0%)

2 の著述

▼ 先生自己~ (2, 0.0%)

1 が理財, の意見

▼ 先生自慢~ (2, 0.0%)

1 の櫓時計, の輪

▼ 先生自筆~ (2, 0.0%)

1 の注意書, の速達絵はがき

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 を卷きます, を巻きます

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 がありました, でかよう

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 というもの, もない

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 先生, 先生お

▼ 先生若く~ (2, 0.0%)

1 てわけ, は身躰

▼ 先生萩原さま~ (2, 0.0%)

1 がたいへん, は大変

▼ 先生~ (2, 0.0%)

2 くだされ

▼ 先生藤枝先生~ (2, 0.0%)

1 がご, こんな手紙

▼ 先生~ (2, 0.0%)

2 じゃいけません

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 いまじったつば吐, を吐きました

▼ 先生行きつけ~ (2, 0.0%)

2 のパリ

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 てこれ, てやっ

▼ 先生見た~ (2, 0.0%)

1 ように, 様に

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 の子供, の小

▼ 先生許し~ (2, 0.0%)

2 て下さい

▼ 先生誠に~ (2, 0.0%)

1 久し振でございます, 庶幾焉と

▼ 先生買っ~ (2, 0.0%)

1 ていらっしゃい, て参りました

▼ 先生起き~ (2, 0.0%)

1 てください, て戸

▼ 先生近頃~ (2, 0.0%)

1 お見かけ, じゃわっ

▼ 先生退職~ (2, 0.0%)

1 の理由, の話

▼ 先生逍遙遊之圖~ (2, 0.0%)

1 にいた, をみ

▼ 先生逝去後机辺~ (2, 0.0%)

2 の篋底

▼ 先生道庵先生~ (2, 0.0%)

1 じゃございません, で通っ

▼ 先生避暑~ (2, 0.0%)

1 にでも行, にでも行ってる

▼ 先生邪魔~ (2, 0.0%)

1 しいへんさかい, になる

▼ 先生長者町~ (2, 0.0%)

1 といえ, の道庵先生

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 にもて, の気受け

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 が降っ, です

▼ 先生静か~ (2, 0.0%)

1 に, にお

▼ 先生顔色~ (2, 0.0%)

1 が黄, を失い

▼ 先生飛ん~ (2, 0.0%)

1 でもない, で行った

▼ 先生飛んだ~ (2, 0.0%)

1 失礼を, 御串戯もん

▼ 先生黙っ~ (2, 0.0%)

1 て私, て見

▼ 先生~ (2, 0.0%)

1 の下, を鳴らし

▼1* [1890件]

先生ちゃんと職員室, 先生あいかわらずしゃべりつづけて, 先生あいたかったと目, 先生あいつら変ですねえ, 先生あいつ奴いかにも憎い, 先生あおい顔よ, 先生あかじゃと評判, 先生あきれて黙っ, 先生あさましい作家に, 先生あたしはつきり言うわ, 先生あたし今年こそは結婚, 先生あたし和歌山なん, 先生あってのトンガリ長屋, 先生あつかいわざと提灯, 先生あつしは日本一, 先生あての手紙, 先生あとで酷い, 先生あとのはよく, 先生あと五分しかありません, 先生あなた顔色がよく, 先生あのこのお方が, 先生あはれなり, 先生あまりお感じ, 先生あまり高慢なるゆえ, 先生あらア先生エロだ, 先生あられもない, 先生ありがとうござりました, 先生ありし日には, 先生ありやと先日, 先生あんたいまなにがおかしい, 先生あんた牛肉一万円食うて, 先生あんた首領になに, 先生の字, 先生いいあんべえ, 先生いえね俺, 先生いかめしい咳払いを, 先生いきますとも, 先生いけませぬ先生は, 先生いざまずアレへ, 先生いたずらに肥えてる, 先生いちだんと風流姿でございます, 先生いっこう竜之, 先生いっしょに引上げ, 先生いったい全体小六は, 先生いっとくから, 先生いつか役人や技師, 先生いつごろこんなところ, 先生いつしかほんとにねむって, 先生いつの間にか地べたに, 先生いつもああお愛想, 先生いはれとるが書記, 先生いふ家がた, 先生いましたよ, 先生いますよ, 先生いまどちらに, 先生いまのはいったい, 先生いまゆりかが気がつきました, 先生いまラジオが臨時ニュース, 先生いま一盃はじめたところ, 先生いま運搬をやめ, 先生いらしたから追いかけ, 先生いるかね, 先生いろいろ言いたい事, 先生いろんな患者を, 先生うす眼を, 先生うどんや風, 先生うまくいきましたか, 先生うんざりする雨, 先生えら酔殺た, 先生えらい事件が, 先生えらく失望し, 先生おおきに遅刻し申した, 先生おかけになっ, 先生おかげさまで助かりました, 先生おくっていく, 先生おごって頂戴, 先生おそらくはわが死後, 先生おそるおそる足を, 先生おそろいでよう似合います, 先生おちつきはらったものです, 先生おどかしっこは, 先生おどろいたかい, 先生おばあさんとお父さん, 先生おめでたうございエヘ, 先生おもいですから, 先生おもしろいですね, 先生おもむろに意識恢復し, 先生およしなすった方, 先生および全校の, 先生おわづらハ, 先生おんぶして, 先生お世話様のこと, 先生お供には誰, 先生お先へどうぞ, 先生お出でたつて, 先生お前さん酒を打, 先生お前昨夜はどこ, 先生お前様は一人, 先生お前樣は一人, 先生お嬢さんの肩, 先生お子様がお, 先生お手伝いはいつ, 先生お早うござります, 先生お松さまはどこ, 先生お構い下さいますな, 先生お母さんのない, 先生お流れを頂戴, 先生お湯にはいりましょう, 先生お礼は後刻, 先生お腹の子, 先生お茶が入りました, 先生お茶の水から外濠線, 先生お茶ケに酔っぱらった, 先生お蔭様で誠に, 先生お送りします, 先生かいの, 先生かいもく行方不明です, 先生かけちがってお, 先生かって左様よくは, 先生かてよう御承知, 先生かなんぞのように, 先生かに尋ねて, 先生かねてお願い申した, 先生かの指を, 先生かぶれですな, 先生かまわないで行きましょう, 先生からだをだいじ, 先生からでも言ふ, 先生からといったらお母さん, 先生かりそめにも, 先生かわいい部下たちに, 先生がかりに再生, 先生がけものをとる, 先生がなあおらと, 先生がの修身の, 先生がはッ恐れ多い, 先生がるすな, 先生がをられません, 先生きいてくれます, 先生きのどくだが, 先生きのうマッちゃん家へ手紙, 先生きのふの年寄, 先生きようはどうか, 先生くらいにはなって, 先生くらいのものだ, 先生くるかしらん, 先生くれぐれも八郎さんが, 先生ぐしゃと挫げて, 先生ぐずぐずして, 先生ぐっと声を, 先生ぐらゐなものだねと笑つてゐた, 先生ぐらゐには踏んで, 先生ぐらゐの中級二流程度の才能, 先生ぐらゐの年配ね, 先生ぐれえの事, 先生けげんな顔, 先生けっして釣を, 先生けれどもこの仕事, 先生ちとら, 先生こいつ中はからっぽ, 先生ここらあたりは剣道, 先生ことどうした, 先生こと太田蜀山人のところ, 先生こないなふう, 先生こないだ富士子に会うた, 先生こないだ頼母子講をおとし, 先生このごろ鬚など生やし, 先生この間の晩, 先生こぼしていなさいました, 先生こまをまわす, 先生こりやとんだ所, 先生これから時々葭原が, 先生これ先生にくん, 先生こわかったですよ, 先生こゑの可愛い, 先生こんど僕の家, 先生こんなに遅くどう, 先生ございますと活発, 先生ごぶさたいたしまして, 先生ごめんね, 先生さお話申したよう, 先生さかんに与, 先生さじを投げた, 先生さぞ死にたくなかっただろうと, 先生さぞや腰を, 先生さぞやさぞなげいて, 先生さっき左京の言った, 先生さっぱりとした, 先生さつきの事, 先生さては自分の, 先生さとったんです, 先生さまぢきでごぜ, 先生さま嬶の羚羊, 先生さも忌々しそう, 先生さやうなら永久, 先生さようなら永久に, 先生さんわしやまあだ, 先生さんわたしや此, 先生さん戯談いつて, 先生しっぱいの巻, 先生しつかり頼うまつせ, 先生してるって奴, 先生ょ冗談じゃ, 先生じきじきのおしこみだった, 先生じしんでここ, 先生じっとして, 先生じつによかつ, 先生じつはきょうこんな, 先生じゃあ勇敢に, 先生じゃからな, 先生じゃったらなア, 先生じれだしたもんだ, 先生ぐおはひりになりますか, 先生すきなの, 先生すこしおことば, 先生すすんで案内役, 先生すっかりもう一人前の, 先生すでに猛然とあやか夫人, 先生すらもこの問題, 先生すると空, 先生するとウラゴーゴルなどという, 先生ずい分立派なカンナ, 先生ずっと以前の, 先生ずるいわ, 先生ずるずるべつたり, 先生せっかく大久保へ, 先生せんだって催眠術のかい, 先生ぜひとも先日の, 先生ぜひなにか書いて, 先生そう一概に悪い人, 先生そしてこの二人, 先生そそれですが, 先生そっちは堀, 先生そつくりであつ, 先生そつくりぢやありません, 先生そのままに眼, 先生そもそも出現の, 先生それそこに先生, 先生それそれその森田留蔵, 先生それで何も, 先生それならこれから三崎, 先生それに私を, 先生それにしても腹が, 先生それはじょうだん, 先生それほどまでのご, 先生そろってまいりました, 先生そんなふうに私を, 先生そんな大きな声を, 先生そんな大したことで, 先生たいがい忘れて, 先生たくの子供, 先生たしかクイロスの, 先生たしかに火影が, 先生ただいまのは, 先生たちあなたがたのどなた, 先生たちのよりも立派, 先生たちまち膝を, 先生たちみんなあっちで勉強, 先生たちみんなそこへやってきた, 先生たち二人に泊っ, 先生たち今こそ南洋, 先生たち手も足, 先生たった今おや, 先生たとい直接手を, 先生たとえば芝居を, 先生たのんでください, 先生たりとも多少, 先生たるべき身が, 先生た余っ程違っ, 先生だいさあ, 先生だいじょうぶ勝って, 先生だけじゃないからね, 先生だけで通用し, 先生だけでも何百人と, 先生だけとは限らぬ, 先生だけにでも僕の, 先生だけへは通わせたいと, 先生だったら飛びつきたいのでした, 先生だってちゃくいからな, 先生だつたので悪い, 先生だつたらその目つき, 先生だめなん, 先生だらうが同じ, 先生だれかなあの, 先生だろうすると兄さん, 先生ちかごろ小説かい, 先生ちふ若けエ人なら居るだ, 先生ちょいと先生, 先生ちょうどきょうと, 先生ちょッと行っ, 先生ちよいとお, 先生ちりぢりばらばら, 先生ちんばひい, 先生っていうんだ, 先生ていう方, 先生ついでだから, 先生つとまるかな, 先生つねに世運の, 先生つまらないじゃありません, 先生つれてき, 先生づっと見てるので, 先生ていうの大好きな, 先生でありいづれも或は, 先生でありたいと思う, 先生でありますぞ, 先生であるべきはずな, 先生でいらっしゃるわ, 先生でがすか先生まで, 先生できないということ, 先生でございまして茫然, 先生でございましょうそれで, 先生でさえが友さん友さんと, 先生ででもありは, 先生というはここより, 先生というも余り世間, 先生とかがその代表者, 先生とかの衣鉢を, 先生とけいさつへ, 先生ところがまだ安心, 先生ところで一つお, 先生とさえ呼んだ, 先生とさつぱり気のあ, 先生としてばかりでなし, 先生とだけでは, 先生とだけしか知って, 先生とだけのことで, 先生とっちゃあ, 先生とっさに付け入る, 先生とっても岬を, 先生とて総監や, 先生とても必ずしも脱線と, 先生とでこれに, 先生とではどうしてこうも, 先生とと題したる我評, 先生とな何うし, 先生とへ絵葉書を, 先生とみに勇気づいた, 先生ともどもに銀座, 先生とやらのお屋敷, 先生とやらをお訪ね致すでございましょう, 先生とりかかってよろしゅう, 先生とんだことに, 先生ない思, 先生どういう事な, 先生どうかよくわたしの, 先生どうもあんまり妾を, 先生どころでは, 先生どすなあ, 先生どっちへ塔, 先生どど堂島へ, 先生どやどやとやって来た, 先生なかりせばある, 先生ながながお世話に, 先生なくなられたんで, 先生なぐったってほん, 先生なぐるちゅう法あっか, 先生なぞと称するに, 先生なぞもあれには, 先生なぞを祭ると, 先生などでもその生活, 先生などといふ諢名それは, 先生などによって与えられて, 先生などまで来られます, 先生などよりなお先, 先生なにごとが起った, 先生ならさがしだせるんだ, 先生ならぬ白鷹先生から, 先生ならびに師範代の, 先生なら黙って聴い, 先生なりし故其和歌, 先生なりとしわれ, 先生なりとて讃歎する, 先生なりとはいえ今日, 先生なりふり構わずボロ, 先生なりふり構はずボロ服, 先生なれいで紹介すべし, 先生なんかも法律万能を, 先生なんぞ持つな, 先生なんぞなもし, 先生なんぞを尊敬した, 先生なんだかあれらしい, 先生なんでそんなに俺を, 先生なんでもうすこし容易く道理, 先生なんとか言ったらどう, 先生なんにもおつ, 先生における一身上の, 先生にからかはれたの, 先生にこそ不平あれ, 先生にさえも停年という, 先生にたいしては助手です, 先生についてのデマが, 先生にでごぜえます, 先生にとってのみはこれは, 先生にとり入る傾向, 先生ににてはいるが, 先生にははづみきつた生命が, 先生にばかりでなく他, 先生にばかりは一度御, 先生によっては閾が, 先生に対してだけこんな心持, 先生に対すると同じよう, 先生に対するとは打って, 先生に従って楽屋の, 先生のうでまえを, 先生のこられるのを, 先生のだけは早速表装, 先生のちやらつぽ, 先生のねぢくれた, 先生のぶじな, 先生のみか世人を, 先生のみとなる, 先生のみに特別出演し, 先生はかはいさうに, 先生はかって貧乏, 先生はさほどに大事, 先生はさように賑やか, 先生はじぶんの教えた, 先生はじめ有り合う人々興, 先生はじめてお目, 先生はじめみんなそうだ, 先生はじめ一同は品川, 先生はじめ京都のお歴々, 先生はじめ十数人を斬っ, 先生はじめ我々も使う, 先生はじめ教室全体に迷惑, 先生はじめ生徒達は平常, 先生はじめ皆が言った, 先生はじめ皆さんの御, 先生はじめ皆様へよろしく, 先生はじめ社中の人々, 先生はじめ私達二三人も求められ, 先生はじめ顔が合されます, 先生はぞくりと, 先生はつひに, 先生はと尋ねると, 先生はなど静心なく, 先生はなはだ労苦する, 先生はなんておつ, 先生はにが笑いを, 先生はのこぎりやらかんなやらでバット製作に, 先生はまがな, 先生はるすだ, 先生ばかりじゃないや, 先生ばかりとなる, 先生ばかりの中へは, 先生ばかりは如何とも, 先生ばくちの貸元みたいに小柄, 先生ばっかりをおたより, 先生ぱっと眼を, 先生ひがんでます, 先生ひとの持ち物, 先生ひとことも口, 先生ひとすじにおなか, 先生ひとたび意を決して, 先生ひとつ念入りにお願い, 先生ひと目だけ, 先生ひょっくりおすし, 先生ひょっとしたら例の, 先生びつくりして, 先生ふしぎそうにし, 先生ぶった先輩ぶった, 先生ぶらりと乞食にな, 先生ぶるぶると震わす, 先生へだけこの事, 先生へと書いて, 先生へという名題で, 先生へとでは向う性質, 先生べつな酒盞, 先生くそゑん, 先生ほうほうの, 先生ほか四国諸党, 先生ほたら葡萄酒は, 先生ほつといと, 先生ほとほと閉口した, 先生ほどにそれを, 先生ぼくあしたの晩, 先生ぼくたちいまへんなもの, 先生ぼくたち三人で兵太郎君, 先生ぽかんとして活動寫眞, 先生ゆつ, 先生まあどうして御存じでございます, 先生まいると書い, 先生まかせにし, 先生まず上賓の, 先生またまた第三, 先生まだたいへんなこと, 先生まだやっぱりおからだ, 先生まっさか, 先生まったくあなたの, 先生までもばかに, 先生まにあえばいい, 先生まるでそんな議論, 先生まんまとしてやられた, 先生てえ, 先生みずからの手, 先生みたいなまぬけま, 先生みちがえそうでした, 先生みなさんこちらへ, 先生みな洋学に倣っ, 先生みんなの大きく, 先生むくれて返事, 先生むずかしいです, 先生むずかしくなるばかり, 先生むろん知つてる, 先生きっとおもしろい, 先生めがけておしよせ, 先生めずらしい顔だれだ, 先生めらが己, 先生めわしの鼻, 先生めんくらってしまい, 先生め豌豆いろの, 先生もうしばらくしんぼうし, 先生もうしわけありません, 先生もうそんなにお宜しい, 先生もうちょっとのあいだ, 先生もうよほど待たせて, 先生もう一度謡って, 先生もかッ, 先生もしたいせつなもの, 先生もしも自転車を, 先生もずつといて, 先生もって行っ, 先生もとより事物, 先生もとは何事じゃ, 先生ものすごいスピードです, 先生もはや大丈夫に, 先生もべいを, 先生ももうとつく, 先生もをられるし, 先生やが出て, 先生やっていっ, 先生やっぱりそうでした, 先生やっぱり直ぐ帰って, 先生やつぱりバナヽがいけなかつた, 先生やとばかり思ってたら塾, 先生やにはに吃驚し, 先生やにわに寝語, 先生やまがらにお湯, 先生やめさせられるらしいのよ, 先生やら誰やらの, 先生やらになりすましどうやら, 先生やるなら勝手に, 先生ゆうべ一晩でわっ, 先生ゆかりの品, 先生ゆくさきは, 先生ゆるし給え, 先生よいところへ, 先生ようこそご光来下されました, 先生ようじんするが, 先生ようやく目が, 先生よくってあなた, 先生よけいなこと, 先生よしなにとは言い得ない, 先生よしよしと受, 先生よってば, 先生よほどの達人と, 先生よりはずつとい, 先生よろこびますよきっと, 先生よろしゅうございますよ, 先生らしくさせられるかもしれません, 先生らしくしなければいかん, 先生らしくなくなってきた, 先生らしくなったな, 先生らしく見えなかったという記憶, 先生らしく見えるかという, 先生りこうで, 先生わかってるよそう, 先生わかりましたか, 先生わかりますか, 先生わけがわかる, 先生わざわざご来訪, 先生わし先生の裾, 先生わすれている, 先生わたしどもへお, 先生わたしらは, 先生わたし一晩中泳ぎつづけても, 先生わたし今日はすっかり, 先生わたし先日或る, 先生わたし近ごろ力がない, 先生わたし達は辮子, 先生わりあい近頃の, 先生われわれは四月十八日当地, 先生ゐないかねと怒鳴つた, 先生をからかつて苛立たせ, 先生をどどうしよう, 先生を通してほのかに, 先生真箇, 先生アントン・ルービンシュタインに説諭, 先生アンナ・ドミトリエーヴナの住居, 先生ア眞箇に千早先生, 先生ア美味えぜ, 先生イタリー語がお, 先生イフゲーニア・ミハイローヴナ来る, 先生ウアッ怪しからん, 先生ウソではない, 先生ウヰスキー召上る, 先生ウンとご, 先生エスペラントでも翻訳, 先生エロだわ, 先生エロサービスの酒場, 先生エンジンの音, 先生オゴってもらう, 先生オシッコの世話, 先生オレンジをそう, 先生オンナもカンナ, 先生オーバーを着, 先生カラスキーがあなた, 先生カレイです, 先生カンジキも穿かねえで, 先生カンナを上手, 先生ガキタトキ僕ガマダネテヰルカモ知レナイガネテヰタラ僕ヲオコサズニオイテソノママ, 先生ガスを吸うた, 先生ガス砲弾をあの, 先生ガソノ注射ヲシテオ貰イナサイト仰ッシャッタラシテ貰ウ, 先生ガ学術ニ忠実ニ情誼ニ厚ク且ツ仁侠, 先生ガ来ルト直グニ高弟ガ出向イテ刀, 先生キミサリンって踊り, 先生ギャフンとまいった, 先生クク薬をもっと, 先生クソ落ち付いた, 先生クナアクが毎週毎週, 先生グウチョキパッを, 先生グツト乗気になつて早, 先生コックと給仕人, 先生コトやんの, 先生ザコ寢というの, 先生シッカリしてよ, 先生シナ文字を出し, 先生シャワーが好き, 先生シュミッドの沙翁字彙, 先生シンから男, 先生ジロリと目, 先生ステキに狼狽, 先生ズッと気象, 先生ソクラテス先生どうぞ私, 先生ソックリよ, 先生ソレは, 先生ソンキはなねしょん, 先生ダノニ囲マレテサモ大層ラシク取リ扱ワレテ, 先生ダノ麻酔ドクターダノレントゲン科ノ先生ダノニ囲マレテ, 先生ダメかしら, 先生ッ十六七年前長崎で療治, 先生スカラ間違イハゴザイマセン, 先生トップ賞を稼い, 先生トランクの中, 先生ドウダンツツジの語原, 先生ナニを, 先生ナカナカ骨が折れる, 先生向ツテ衷心カラ感謝, 先生ニシキマンサクが咲きました, 先生ニツコと笑つてそれ, 先生ニヤリと笑っ, 先生ニ地下ニ御面会, 先生ニ対シテイマダニ貞節ヲ保ッテオイデデスト, 先生ニ随従シ法廷ニ出レバ風愈ヨ烈シク雪, 先生本植物ハ元来吾国ニハナク, 先生ハおいでなされ, 先生ハイノチ迄, 先生ハズカシイのウ, 先生ハ人ヲ教ヘテ, 先生ハ旦那芸ト言ウテ深ク苦慮シテ居マシタ, 先生パトリーア新聞社の方, 先生パパとママ, 先生パラスでルーレット, 先生パンパンはあやまり, 先生パン菓子を召し上りません, 先生ビックリ八丁鼻を見つめ, 先生フラフラの大, 先生ホウホウのてい, 先生ホクホクもの, 先生ボケてます, 先生ポツポツ仕度に, 先生の字, 先生マコあります, 先生マダ起きて, 先生マンざら袖無エばかりで, 先生ミサ子さんの学校, 先生モ慎ンデ下, 先生ヤミ稼ぎの一口, 先生ヨロヨロして, 先生ヨードチンキあって, 先生リヂウエー先生などの厚意, 先生リリー・レーマンは私, 先生ロールパンと申す, 先生ワタクシ悪イトコロアヤマルデス, 先生ワタシノ命助ケテ下サイ, 先生ヲオ訪ネシテ先生ガ何ト仰ッシャルカ伺ッテ, 先生ヲノケテイツモオレガ皆ノ上座ヲシタガ, 先生ンとこで三時間ネバ, 先生ーーっ, 先生向稿, 先生一しょにいかが, 先生一つ流しませう, 先生一ついかがです, 先生一つお願いがある, 先生一つ何とかして, 先生一つ処にいた, 先生一つ犠牲になっ, 先生一ぴきだけかと思ったら, 先生一両おいて, 先生一人それに忙殺, 先生一人位のもの, 先生一人旅であったが, 先生一人欄干に倚, 先生一人気を吐い, 先生一人生徒一人のその, 先生一人麦藁帽を被っ, 先生一代の情人, 先生一個の企て, 先生一名安いお, 先生一妻一妾ありて, 先生一家子女と共に老, 先生一寸貞藏さんを寝かし, 先生一寸首を縮め黙, 先生一工風を廻らし, 先生一年の時, 先生一年甲組の主任, 先生一廉のお, 先生一方の御, 先生一方ならず賞めたまひき, 先生一族はこの, 先生一日鉄無地羽二重の羽織博多, 先生一時の安き, 先生一本を写し, 先生一本参つたらう, 先生一杯なんてよけい, 先生一献いきませうなどと, 先生一生かかったって, 先生一番意気地なしで困る, 先生一瞬にし, 先生一篇の論文, 先生一走り行って, 先生一身の安危, 先生一身上の劃期的事件, 先生一身失策の為, 先生一通は光郎, 先生一通りわたしの身の上話, 先生一進一退三更の街上, 先生丁度七十歳普通選挙法案の演説中, 先生万一その百日め, 先生万吉の身, 先生万更厭な心持, 先生は私, 先生丈けしかそれでは, 先生三ヶ月後に僕, 先生三十一文字の野郎, 先生三十銭御損, 先生三宅克巳石井柏亭両画伯, 先生三年の石毛, 先生三次元世界へは案内, 先生上杉さんはその, 先生にいらっしゃる, 先生下司は下司, 先生下情に通じ, 先生下手へ去る, 先生下田の経験, 先生下等の車室, 先生不動のごとく, 先生不動明王のご, 先生不孝者を持っ, 先生不審がり, 先生不幸のとき, 先生不破様からのお, 先生不自然の恰好, 先生世間の婦人たち, 先生両国で鯨, 先生中岡という家, 先生中村さん私はどうも, 先生中村警部きみたちにはそう, 先生丸木は僕, 先生丸木艇はあいかわらず, 先生丹後先生は独身, 先生主宰の雑誌, 先生主義の為め, 先生乃ち云ふ記, 先生久しくお見え, 先生久保田さんへ送った, 先生之からは鉄面に, 先生乗って下さい, 先生乾いてゐます, 先生乾してんのは, 先生予輩に, 先生事件を通じて先生, 先生二三日食う物, 先生二三日うち御地を過らる, 先生二人いま書いて, 先生二人共ノソノソやって来て, 先生二十七の若, 先生二十人ほどは全部引退, 先生二十面相が, 先生二年乙組の主任, 先生二部専習科の主任, 先生二階へはぜひ, 先生五分刈りの旦那, 先生五十嵐先生あんなところ, 先生井上君とポケット小僧, 先生亜米利加で苦学, 先生亡き後の司馬道場, 先生亡くなつてから, 先生亢奮し切って, 先生試ニ一聴セザルヤ, 先生京師旅寓より御, 先生仁太どうしてこ, 先生今あなたは女, 先生今お茶を入れ, 先生今ごろどこを, 先生今や東北青葉城下に, 先生今何をし, 先生今大阪からこんな, 先生今年は展覧会, 先生今年年七十二神明不衰, 先生今度はまるで, 先生今日田中が参りまし, 先生今時のお客さん, 先生今晩お宅でしょうか, 先生以下たくさんの怪我人, 先生以下数十人は斬, 先生以下農を以て国本, 先生以儒顕本藩賜爵禄優待, 先生以外直接に就い, 先生以本月朔病歿今已六日, 先生仮象というの, 先生有つて, 先生仲間には見あたらない, 先生の名, 先生伊吹武彦先生など劇, 先生会っておや, 先生会社員や銀行員, 先生会談を召集, 先生がかね, 先生に本, 先生伝書鳩の効能, 先生伝鼠の芸, 先生伯母をご存知, 先生伸一に任し, 先生伺いますが恋女房, 先生佐々刑事はどう, 先生佐佐木味津三君の文, 先生何ぞ予を, 先生何だかずいぶんバンカラねえ, 先生何でもお前さんあけりゃん, 先生何もかもありのままお話します, 先生何年でもいられる, 先生何時でも行く, 先生余人ならぬがんりき, 先生余程窮した, 先生仕かけ文庫, 先生作る所の, 先生作中の人物, 先生便所がいっ, 先生係りの看護婦, 先生個人の問題ぢ, 先生候補者がこれ, 先生偉い先生よ, 先生偏奇館を垣間見る, 先生健在なりやと, 先生の如き, 先生がつく, 先生僕あとからにし, 先生僕これまでまちがっ, 先生僕らは一体, 先生僕千二ですよ, 先生僕友だちのところ, 先生僕宝鏡先生にお, 先生僕梯子をおさえ, 先生僕生意気言って, 先生僕申しわけないこと, 先生のよう, 先生元木の奴, 先生元来酒は飲めない, 先生先ず口を, 先生先刻お話しになった, 先生先天の思想, 先生先生お客様ですよ, 先生先生何をおっしゃる, 先生先生先生大変でご, 先生先生大変でご, 先生先生山地の上, 先生先生山県先生もはや大丈夫, 先生先生山県先生我ら血路をひらきます, 先生先生空を飛ぶ, 先生先達は激しい暑, 先生光起は結城, 先生入って来, 先生入京娶為継室, 先生入院しとるんど, 先生八弥です, 先生八歳父君にともなはれ, 先生八百屋の甚兵衛さん, 先生六十の賀, 先生に地震, 先生兵隊だから, 先生れから, 先生其人に至っ, 先生其他が論ぜられ, 先生其他同校職員の方々, 先生其儘を夢, 先生其師匠のゐる, 先生其様な時, 先生其處からウン, 先生其頃まで山木様, 先生兼吉の老母, 先生びこゝに見事に, 先生冷かすつもりで, 先生冷却管がどうか, 先生凡私を存候人々, 先生凡胎の子, 先生垂れて, 先生出かけますか, 先生出発の期, 先生出資して, 先生と物差, 先生分りましたと手, 先生切歯をし, 先生切符なら心得て, 先生初め來栖氏御夫婦, 先生初め先生方皆樣の行屆, 先生利權漁りに憂身, 先生に斃, 先生にかけたら, 先生剣法書に一箇条, 先生剣道は何, 先生創製するところ, 先生加納夏雄さんが京, 先生加茂川の馬車新道, 先生労苦する勿, 先生勝てるでしょうか, 先生勝負はどう, 先生北原白秋木下杢太郎平野万里等と九州, 先生北宗は力, 先生の方, 先生区役所の吏員, 先生医学博士の, 先生十七八の素人, 先生十七回忌に付, 先生十両とくぎっ, 先生十八文じゃああんまり, 先生千五百メートルですよ, 先生千浪さま行って, 先生千葉先生へ行く, 先生千葉氏の門下, 先生卓子の上, 先生協力して, 先生は福建, 先生南京に対して立場, 先生南宗は巨勢小石先生, 先生南条あたりに説かれ, 先生博士はどこ, 先生博学多識, 先生印度の言葉, 先生印東の旦那, 先生ねえいま柳橋, 先生原名ハらふかぢお, 先生べらしい, 先生又は篁村翁が, 先生及故人漱石翁の書簡, 先生及洪堂兄等の御, 先生及細川に向, 先生及諸子同遊雑谷十介園, 先生友人後輩連も来, 先生友田先生からいい, 先生受附なんとかし, 先生と心, 先生口髭をはやし, 先生古人の和歌, 先生古市氏より手紙, 先生古河を刺し, 先生古筆氏を写生, 先生だ私, 先生只今いらつし, 先生只今妹からききました, 先生台所の棚, 先生叱っちゃいや, 先生右側には身体, 先生で呼びかけ, 先生吃驚しましたぜ, 先生各自の流派, 先生合作の名義, 先生合宿ってどんな, 先生吉晴山内対馬守の五人, 先生吉村さんへ御, 先生吉江先生も英語, 先生吉沢先生と大変, 先生奧樣, 先生同乗の自動車, 先生同士じゃない, 先生同志とのつきあい, 先生同様にやる, 先生同様人の唾, 先生同様子供の世話, 先生同様無邪気で単に, 先生同様私より一, 先生同道で又, 先生は立派, 先生名刺を一見, 先生名聞狂いを嫌う, 先生なの, 先生向うを指し, 先生は君, 先生告老藩主加賜以金燕喜之辰余亦与, 先生命からがら浜松の, 先生咸臨丸米行の挙, 先生哄然として, 先生唐縮緬と繻子, 先生唯一太刀に斬っ, 先生唯一枚で結構, 先生唯今御入来, 先生唱歌おしえて, 先生商売ですもの, 先生善良に見られたがってる, 先生喜んで下さい, 先生喜色満面のてい, 先生嗅いただけで, 先生というの, 先生器物を保護, 先生四十六歳の昭和元年, 先生四十歳の時, 先生四十面相の考え, 先生四時が鳴らない, 先生回復して, 先生回診もう大丈夫いつ, 先生困ってる癖に, 先生国民之友, 先生在らつしやいます, 先生在世中所携の帽子, 先生在世中笑はれた事, 先生地獄てある, 先生地球はどう, 先生坊ちゃんが, 先生坊やが, 先生のなか, 先生城内で我々, 先生堪りかねて手, 先生の外, 先生塙江漢なの, 先生塚本と云う, 先生塚越鐵翁を見舞, 先生へ他, 先生士族の方, 先生壮年在昌平学, 先生夕陽黄葉村舎柴門茅屋茂園清流入其室則窓明軒爽, 先生外国で十五年仙人暮し, 先生外国人は矢ツ張り目, 先生外村完二氏にお, 先生外部への電話, 先生夙に亡く, 先生多く仏書を, 先生が明け, 先生を覚まし, 先生夢中で頸部, 先生大したものでございます, 先生大じょうぶでしょうな, 先生大分宵っ張りでいらっしゃいます, 先生大口開いて, 先生大名の行列, 先生大塚先生小山内薫氏本を送っ, 先生大変手相がよく, 先生大学の先生, 先生大山郁夫先生の三人, 先生大得意で天賜, 先生大書の額, 先生大正十年琉球渡島後屡話し, 先生大津でお待ち, 先生大生郷の天神前, 先生大矢内氏も比企氏, 先生天気が変わり, 先生天狗ってほんとに, 先生奇術の力, 先生復, 先生に何, 先生奮然たる態度で, 先生女の子の手, 先生女先生といった, 先生女学校卒業以来はぢめ, 先生女学生モダンガアル等が使う, 先生好きなのよ, 先生妊娠でしょう, 先生妹さんどうかしました, 先生をどこ, 先生始め同士先輩の上, 先生ご油断, 先生は中江, 先生威かしちゃいけません, 先生婆さんがその, 先生婦長橋本君小笹君が医療袋, 先生曰は, 先生子規さんとは御, 先生孝作先生等々をヤッツケ, 先生学徳共無比我称泰西第一人, 先生学者の家, 先生か好, 先生宇八があと, 先生宇宙怪人にばけた, 先生宇宙艇の進路, 先生宇野浩二先生瀧井孝作先生方を始め悪口雑言, 先生安心して, 先生安田善次郎も伊藤伝右衛門, 先生宛お送りしたわけ, 先生を言う, 先生宮内省に入り, 先生宴会の愚劣, 先生家内が奥さん, 先生寄ってらっしゃい, 先生密疏言事事秘不伝, 先生寒いです着物, 先生寺務所へ掛合っ, 先生対葛岡とわたくし, 先生寿不騫, 先生専用の室, 先生尋常の試合, 先生清潔と, 先生小さな本を, 先生小伝の英訳, 先生小便がもります, 先生小夜衣を願い, 先生小寺氏から電話, 先生小山内薫氏本を送っ, 先生小島先生などみな, 先生小林さんだいじょうぶでしょうか, 先生小此木先生へ車, 先生小此木先生石川先生へ出す, 先生小田くんがわらわせた, 先生小野はいっこう, 先生小針正治君からおくられた, 先生シク注意シ給フ可シ, 先生少々どうかなさりやしねえ, 先生少なからず顔, 先生少年探偵団の連中, 先生就職発奮のこと, 先生尻尾どころか鱗, 先生尾久の兄さん, 先生居残りは困ります, 先生屋根屋の銅義さん, 先生屋根裏のボードレール先生, 先生山さ連れて, 先生山サ連れて, 先生山内茂三郎先生はことし八十八歳, 先生山地の上, 先生山木さんも昔日, 先生山木様は疾く, 先生山田君らの一隊, 先生岡田先生以下の諸氏, 先生岩崎さんが私, 先生岸様に出会いました, 先生岸竹堂先生幸野楳嶺先生森寛斎先生などの方々, 先生島原であんな, 先生島崎先生は三人, 先生崇拝の私, 先生左様仰つて, 先生の云った, 先生已下は拙, 先生布団をかぶっ, 先生師匠に一生, 先生師匠美人達人或は藝道, 先生常に懐中し, 先生平山行蔵なる代物, 先生平生の口吻, 先生平素の言行, 先生年中そのこと, 先生に咎むること勿, 先生幸田成友先生水谷不倒先生松の屋文庫, 先生幸福だよ, 先生幸野楳嶺先生森寛斎先生などの方々, 先生幹事の楠豐吉氏, 先生幼少の日, 先生幽霊と一緒, 先生幾分か疑い, 先生広田がさらわれた, 先生庄平を出発点, 先生の下, 先生度々綺麗な, 先生に復され, 先生座右としてある, 先生弁じましたは少し, 先生な厭世思想, 先生式観念であって, 先生弓削道鏡様が和気清麻呂様, 先生弟子衆も出這入り, 先生弱い人間だ, 先生強い道具でと, 先生当分あの尺八, 先生役所よりの帰途, 先生彼処の御新造, 先生彼女に何, 先生彼女野原さん桜井邸へいかれる, 先生彼奴は昨日お話, 先生彼等に足, 先生待って下さい, 先生待ったが来ず, 先生獲罪, 先生得意満面一行の荷物, 先生御感を忝, 先生御所車と冠, 先生御機嫌ようお隅さんよう, 先生御無沙汰しました, 先生御膳になさい, 先生御足労をおかけ, 先生御願ひでごはす, 先生復活に着手, 先生微笑を含ん, 先生徳川家の臣, 先生心中非常に激高, 先生心安からず, 先生心得がお, 先生心意気でもうた, 先生けのう存じます, 先生怒ってドクトル, 先生怒らないでね, 先生怒るから, 先生怖しいんで, 先生思いであった, 先生思いあたるところが, 先生思い出してはしきりに, 先生思わず自分の, 先生思召があった, 先生急いでお願い, 先生怪物の上, 先生恍けちゃいけません, 先生恐れ入ったか, 先生恐れ入りますが何, 先生恐縮でがんす, 先生に着ます, 先生恩賜の紙幣, 先生悟ったような, 先生悠々と然し, 先生悦んで下さい, 先生剣と, 先生悪戯しては, 先生悲しい先生では, 先生悲嘆にくれる, 先生悲鳴をあげ, 先生が御, 先生いこと, 先生惜しいことを, 先生い洒落, 先生愉快愉快ですね, 先生意外な人, 先生意気揚々として早速, 先生意識を突き破っ, 先生愕然として頸, 先生愚夫玄徳のため, 先生之, 先生愛用の一升徳利, 先生慌ただしい努力の, 先生慶応義塾大学部文学科刷新の事, 先生憎くはない, 先生憚りながら地酒では, 先生懐中から股倉, 先生成層圏てなん, 先生我ら血路をひらきます, 先生我慢して, 先生我楚国以て宝, 先生時机の, 先生戦争の方, 先生が開かなくなっ, 先生戸ヶ崎熊太郎の秘蔵弟子, 先生扁平い肩, 先生手ひどいことだけは, 先生手拭では駄目, 先生払ってくれた, 先生ひに, 先生批判の声, 先生批評家なんといふ, 先生批評書とかいふの, 先生承知しない風景論, 先生折々奇矯の, 先生抜からずこんどは, 先生抜け上った額に, 先生披露会のとき, 先生抱月氏に別れ, 先生持ってまいりました, 先生持病の癲癇, 先生指導の二河白道, 先生排斥演説を初めた, 先生探偵では面目玉, 先生提灯はよう, 先生携鵜川子醇及諸子看荷花於篠池, 先生撫然として, 先生撮影第一日, 先生放して下さい, 先生放屁は僕, 先生政党というもの, 先生ありて, 先生救って戴く, 先生教師などをし, 先生数十丈の大木, 先生数名は非常, 先生数里の間汗だらけ, 先生文七元結をたのむ, 先生文学もそう, 先生文筆もなかなか, 先生料理屋の主人, 先生を提げ, 先生斬らるという, 先生斯様にし, 先生発明の, 先生新田先生ではありません, 先生新聞はあと, 先生新聞記者で有名, 先生新選組は小, 先生方々はこれ, 先生方あまり名筆をふるいすぎ, 先生方ここにいらし, 先生方一回お一人, 先生方左右の形, 先生方湯にも入らず, 先生方皆樣の行屆, 先生旅籠生活も御, 先生日ごろになく, 先生日向へ出し, 先生日本人に大和魂, 先生日本橋檜物町の蔵多家, 先生やく戻って, 先生早瀬主税左の袖口, 先生早目にカストリ, 先生に立ち, 先生昂然として自ら蕭何, 先生明晩あたりは町, 先生明智探偵ならば, 先生っての, 先生昨夜他へとまりました, 先生昨日先生が寝言みたい, 先生時邪に犯され, 先生景気はいい, 先生暗うございますから, 先生曰く捨てて, 先生曰く事を紀, 先生曰く君の頭, 先生更任願は教頭, 先生書いてらした, 先生書する所石も, 先生書入の易経十三冊, 先生書店の主人等, 先生書物にへばりついてる, 先生最中に高嶺さん, 先生最初にぶんどった, 先生養痾邸舎未, 先生有り難う御座いました, 先生有子善直才敏而好学多病而不能継其業以其門人直卿為嗣, 先生有難いです, 先生朝ツぱらから此様愚痴, 先生木曾街道の印象, 先生木曾踊りがはじまりました, 先生未亡人せん刀自から先生, 先生未亡人簡易食堂百姓宿屋軍港小作争議病院の研究材料, 先生末常さん大隅さん伴さんと太宰さん, 先生本にないの, 先生本人の電話, 先生本当はあんなこと, 先生本田の気持, 先生本間先生の次位, 先生札幌はいい, 先生杉山です, 先生に願書, 先生の手, 先生楽僕に, 先生来なかつたかも知れない, 先生来問ありて, 先生来服栗陰長嘯絶妙前聯及之, 先生来診先づ安心とのこと, 先生に何, 先生東海道名代の名物, 先生松村介石先生とともに当時基督教界, 先生の中, 先生林田先生と妹, 先生染みてい, 先生柳生さまのお, 先生柳田先生と云え, 先生をたべ, 先生根生で意固地, 先生の吉江弧雁氏, 先生の双六, 先生にうぐいす, 先生のよう, 先生棕櫚の鞭, 先生森寛斎先生などの方々, 先生をもちあげた, 先生楠幹事私達三人は御, 先生楳嶺先生を失った, 先生極めて無邪気正直に, 先生極りが悪い, 先生様アお前様狐踊踊るづア, 先生様ア酔つたなツ, 先生様今度は続け, 先生様今日は生徒さんたち, 先生様兄弟何方も一年生, 先生様地蔵尊の一体建立, 先生様失礼しやす, 先生様御苦労様でご, 先生模倣の身辺小記, 先生はお, 先生樣そつたらごと地主樣にでも聞えたら, 先生樣アお前樣狐踊踊るづア, 先生樣ア醉つたなツ, 先生樣兄弟何方も一年生, 先生の中, 先生檜舞台の立女形, 先生が大島義修先生, 先生次郎吉は, 先生歓迎の席, 先生止っていた, 先生正に何処かで, 先生は決して, 先生此逆境に立ち, 先生此間も一寸, 先生武芸の先生, 先生武辺者だから, 先生歩月茗渓途値臼田才佐遂同到礫川, 先生死ぬなんて仰言った, 先生死人の血, 先生死後に絵, 先生死骸は最初刄物, 先生歿後先生と晩年十五年間親交, 先生歿後書翰などの蒐集, 先生んど, 先生残念でごわした, 先生殺したのは, 先生毎年決って, 先生毒殺の現場, 先生毛沼先生の死因, 先生毛沼博士は十二時前後, 先生気味の悪い, 先生気層のなか, 先生気楽なもの, 先生気質をいくらか, 先生気高くして, 先生水上の戦い, 先生水谷不倒先生松の屋文庫, 先生水野年方さんが始め, 先生を拭い, 先生江戸はどちら, 先生の魚, 先生決して汽船に, 先生決死の勇, 先生して, 先生沒後何年かの間, 先生沢山に茱萸, 先生河豚に中, 先生治子さんを許し, 先生治療して, 先生泛舟墨陀河与源波響木文河釧雲泉川槐庵, 先生えたっ, 先生泣いている, 先生泣いたんで, 先生泥棒に逢いなさった, 先生泰然自若と茶屋, 先生泳ぎを知らねえ, 先生洒落どころでは, 先生においでた, 先生浩二先生孝作先生等々をヤッツケ, 先生浩然の気, 先生だから, 先生消えてなくなりたい, 先生生涯の, 先生淹留の故, 先生清六さん家は人, 先生済ましたもので, 先生済まない御無沙汰を, 先生済んまへんこつちや, 先生渡辺の老女さん, 先生が沸きました, 先生満場一致くだんの女, 先生準備ってどんな, 先生滝公滝坊へん滝豪傑こっちの大, 先生演出の名, 先生漸く黄泉に, 先生潔く手術を, 先生み声, 先生瀧井孝作先生方を始め悪口雑言, 先生瀬川丑松より, 先生瀬川先生と言つて, 先生火星の生物, 先生主接賓, 先生為姪孫今嗣菅氏, 先生烏啼にそう, 先生無いことに, 先生無償でも譲っ, 先生気と, 先生焦らさないように, 先生然し先生, 先生煙草を上がります, 先生爆風を吸うた, 先生もどんなに, 先生片っぱしから道, 先生片目をつぶっ, 先生牛乳の嫌い, 先生牛肉や鳥, 先生牡丹の莟, 先生に気, 先生特に駕を, 先生特別講演と書かれ, 先生特有の笑い, 先生はなぜ, 先生独り令息俊郎和郎の両君, 先生独創の学理, 先生狭い役場の, 先生狼狽てて, 先生狼狽えて, 先生猶しばしと引, 先生獨得のもの, 先生玄石は聖人, 先生玄関と書い, 先生玉井さんはまだ, 先生玉子焼鍋で西洋菓子, 先生珍しい先生の, 先生現在眼の前, 先生く野暮, 先生卵は, 先生生きてるライオンだ, 先生生き残りの片割れ, 先生生命を愛し, 先生生家の光景, 先生生徒などいろいろ, 先生用筆といふ二十銭, 先生田口さんいけませんのよ, 先生田山先生よいところ, 先生田川は本当に, 先生田沢という姓名, 先生田舎の人, 先生申され候, 先生申したいことが, 先生申しわけありません, 先生の方, 先生に素敵, 先生をお, 先生留任運動の美名, 先生は僕, 先生畢生の念願, 先生番茶は英語, 先生を凝, 先生疇昔の東角門, 先生病人はもう, 先生病死に違い, 先生病重しの報, 先生痛くありませんか, 先生瘠せた顏を, 先生の治ります, 先生発熱の虞, 先生発病の当日, 先生白昼から酔っぱらっ, 先生白木屋と間違えた, 先生白石と云う, 先生白髪未云, 先生でも二百, 先生百年先生の古画, 先生的イデオローグも亦, 先生的文化観念に特有, 先生的硬直を避けた, 先生皆多くは読書, 先生盗みそこねたら罰として, 先生盗む気で, 先生監修の下, 先生をあけ, 先生直ちに駕を, 先生直伝という字, 先生相当なんじゃ, 先生相手にしませんでしょう, 先生相撲のケンリ, 先生相識当時既以同志相期許焉先生時猶在, 先生相馬はさまで遠く, 先生観世一代能, 先生真個は靱負, 先生真実を表現, 先生真直ぐに何処, 先生眠いでせう, 先生眼裏の好, 先生着眼の妙, 先生知らないでせう, 先生知事に向っ, 先生の門, 先生石井君は昨日式場, 先生石川先生へ出す, 先生石本氏に会い, 先生研究が完成, 先生研究室にいらっしゃった, 先生破戒以上の作, 先生の水, 先生磊落な数学, 先生祕藏の品, 先生祖父のかわり, 先生神さまは人間, 先生神保造酒の直下, 先生神山御夫妻, 先生神山さん私これだけの男, 先生祥子胸がくるしい, 先生禅問答のよう, 先生禅学のお方, 先生福本君山本君四人集り三宅君, 先生福田徳三先生大山郁夫先生の三人, 先生禿げてらッ, 先生私アその先生, 先生私イ探偵小説かいて, 先生私一生のお願い, 先生私保姆さんになりたい, 先生私山路と結婚, 先生私松本さんの所, 先生科学的には非常, 先生移りましょう馬車を, 先生移りませう馬車を, 先生積年の人生観, 先生を飛ぶ, 先生突然どうですと, 先生上って, 先生立会の上, 先生竜一という順序, 先生童話すきですか, 先生竹筒に口, 先生第一声は, 先生笹屋の亭主, 先生筆硯甚多忙なりしがため余, 先生等々をヤッツケ, 先生等見物でハリキ, 先生は竹藪, 先生箇条立をした, 先生糞尿の溜め, 先生納まり返って, 先生納める以上は, 先生素晴しいもの, 先生素裸で黒, 先生細い藍弁慶の, 先生細君なんかの必要, 先生細長くして, 先生終夜あゝし, 先生をもっ, 先生絵筆をべろべろ, 先生絶句三幅を懸く, 先生經書御講義, 先生継ぎはぎだらけ, 先生総て事物を客観的, 先生羅馬字が何, 先生義広も常陸, 先生義広独り膝を屈し, 先生義賢の次子, 先生義賢様のご, 先生老人が一生, 先生老僕に向い, 先生老衰隠去と, 先生聞えますか, 先生聴いておく, 先生が煮えました, 先生で私, 先生股肱の同心, 先生胃病は近来, 先生背後を向け, 先生のところ, 先生くお寐ツ, 先生が抜けた, 先生を召す, 先生腹立ちまぎれに明日, 先生臨終の, 先生自ら三日のうち, 先生自ら私たちを教える, 先生自ら自分を他人, 先生自体が神秘, 先生自作の小説, 先生自殺の準備, 先生自由恋愛というもの, 先生自称の如く, 先生自賛のごとく, 先生自身予想もしなかつた, 先生自身伸子のところ, 先生自身位なもの, 先生自身何をそんなに, 先生自身呉へ使い, 先生自身周瑜に向っ, 先生自身言はれたやう, 先生できたら, 先生色道の大家, 先生芋粥が, 先生はお, 先生若しこの二件, 先生若様がたの遊び相手, 先生苦しまぎれにあてずっぽう, 先生苦吟の巻, 先生苦笑いをし, 先生茨右近にきまっ, 先生で報酬, 先生荒尾角也此咄を聞く, 先生莅職廿五年の祝賀会, 先生莫迦に昂奮, 先生華族と士族, 先生ではございます, 先生召自京師至焉与, 先生蒲生泰軒のだみ声, 先生蓬亭をも屡, 先生藤井薫が縛られ, 先生藤島武二先生長原孝太郎先生などとこれら, 先生藤沢桓夫吉本の林正之助, 先生藤田先生その他も絶対, 先生藤田様藩正義党の方達, 先生藤田氏以下先輩諸氏を少く, 先生藤田氏以下将来有為の先輩, 先生虎皮下と八分体, 先生虚子鼠骨それから多分, 先生の皮, 先生の子, 先生行きがかり上釣りが上手, 先生行春の感慨, 先生行状記あれはまだ, 先生は革命, 先生の股立, 先生からはいる, 先生裏口営業の荒, 先生で寝, 先生子自身, 先生西宗は西洋画, 先生要するに心境の, 先生見かけ倒しの, 先生見上げると品, 先生見事な緋鯉, 先生見立て違ひだけ, 先生見附まで行け, 先生されて, 先生親方はこの, 先生言いやしなかったか, 先生言下に答えた, 先生言葉もなく, 先生言行録をまた, 先生記念碑成りて, 先生訪問私服刑事馬田とのにらみ合い, 先生訪客に告げ, 先生許させたまへ, 先生訳仏人リイル・アダン氏の小話, 先生訳述の, 先生証明と横, 先生には概念, 先生試みに御, 先生はいろいろ, 先生話しましょうかね, 先生其美云, 先生誠に暫くお目, 先生誤解ですよ, 先生説得の意気込み, 先生説明をし, 先生でしょう, 先生諭吉に序文, 先生諱ハ種樹古香ト號ス, 先生諸君僕は諸君, 先生謀叛人とか兇状持ち, 先生講義をつづけ, 先生謡どころじゃありません, 先生にし, 先生警察の衆, 先生警抜なこと, 先生讚嘆して, 先生豪遊がすぎ, 先生だつし, 先生費えの方, 先生です賊, 先生賢愚不肖とも名状, 先生質問があります, 先生雁, 先生赤穂義士の仇討, 先生起きせえまと, 先生が立たない, 先生足もとの土間, 先生足下は国家, 先生足利に行った, 先生距離の自乗, 先生がこ, 先生車輛会社が居りますたい, 先生軍人すかんの, 先生軍用金が出来ました, 先生軽はずみをなさるまい, 先生辞職する前, 先生迂闊には行けない, 先生モソノ玄関マデ迎イニ出タモノダガ此頃ハ物ガ乱レテ知ラヌ顔デカマワヌガイロイロ, 先生迄も貶すと, 先生近いうち旅立ちを, 先生近日に長州, 先生近来の事業, 先生近頃名文はござらぬ, 先生返答に窮, 先生送至此, 先生追い追い壺の, 先生退治して, 先生送別会のこと, 先生送別小宴を催す, 先生逃げ出さずに止っ, 先生逃げ掛ったのです, 先生逃げ隠れはせぬ, 先生逍遙遊之圖十七卷の山吹, 先生途方に暮れちまった, 先生通行妨害という, 先生逝きて既に, 先生逝去後の御家, 先生逝去後机邊の篋底, 先生に肯諾, 先生造花の先生, 先生は一同顰蹙, 先生遅くなって, 先生って何, 先生運好く此処まで, 先生道行と親類, 先生道路の真ん中, 先生達ちの内見を, 先生達ちの絵に対してさえも厳しい, 先生達はじめ学生諸君までも非常, 先生達一面には明教館, 先生達今こそ南洋, 先生達始め学生諸君までも非常, 先生達戦争中まるで神がかり, 先生達数人が臨席, 先生遠路のところ, 先生遺稿之韻, 先生かに坐, 先生を外見丈, 先生郊外に行っ, 先生部長先生どうなされました, 先生郵便でしたら私, 先生の実験, 先生酒場へ行く, 先生酔っぱらっていなさるからいけねえ, 先生酔ったんで, 先生酔ってるなと思っ, 先生酔っぱらいのおやじ, 先生酔っぱらっている, 先生金右衛門雲霧や丹頂, 先生釣りをお, 先生鉄砲をお許し, 先生鉛筆を取り上げた, 先生でなくっても, 先生はどうしても, 先生かけよっと, 先生鏑木と満, 先生ですか, 先生長い顔を, 先生長原孝太郎先生などとこれら, 先生長崎からお, 先生長政がお供, 先生門生と相成, 先生閉口して, 先生がある, 先生関係の本, 先生陰気にひそひそ, 先生階下にお茶, 先生階段に一足, 先生随分泣いて, 先生随行者の問題, 先生障子を張り, 先生隠したってもう, 先生隣国では秩父小沢口, 先生雑司ヶ谷の銀杏, 先生雑誌記者に語っ, 先生難有いじゃろ, 先生のなか, 先生雲助に共鳴, 先生電報が来, 先生霊枝さんと何, 先生青幇なの, 先生青楼に上り, 先生青菜に塩, 先生か生徒非, 先生非常の熱心家, 先生面倒だと, 先生面白いという, 先生面白かったろう, 先生面白くないでしょう, 先生の修繕位, 先生に賞翫, 先生頻りに帰りたい帰りたいと, 先生を一つ, 先生願わくは八百学徒の, 先生の文章, 先生風情に向っ, 先生ひたくな, 先生食い放題だな, 先生食うものが, 先生飲んまっしゅう, 先生というもの, 先生を掉つて, 先生がたくさん, 先生馬術家の山嶋氏, 先生が参った, 先生驚きもせず, 先生驚きましたね, 先生高大之進, 先生高嶺秀夫先生私が上野, 先生高田早苗先生の大, 先生高見卓識常に文, 先生高踏して, 先生高野一乘院ありし時, 先生のまっ, 先生髪ふり乱したま, 先生を握り, 先生がどこ, 先生黄金豹はあれっきり, 先生黒田悦子師範ことママ薯が見送り, 先生黒田清輝先生藤島武二先生長原孝太郎先生などとこれら, 先生黒門町はこの