青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「信者~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

信ずる~ 信一郎~ ~信仰 信仰~ 信州~ ~信念 信念~ 信玄~ ~信用 信用~
信者~
~信長 信長~ ~信頼 信頼~ 俥~ 修業~ 修行~ 俯~ ~俳優 俳優~

「信者~」 1628, 17ppm, 6757位

▼ 信者~ (309, 19.0%)

12 家に 5 中に, 数は 4 家を 3 一人に, 姿は, 心を, 群は, 間に

2 [12件] あいだには, うちの, なかに, をばさん, 一人で, 一人であった, 保護を, 前を, 姉は, 数が, 様子を, 群の

1 [244件] あとから, ありかを, あること, ある者, いうところ, いう所, いなかったこの, いること, いる中の間, いる九条村, いる町, うちには, うち新しい, うち重立った, おかず媼さんばかりは, おかず媼さんを, お一人, お小言, お爺さんが, お老爺さん, お蔭で, かたが, ことです, ことを, ごときは, すべてが, そうし, その夜自分, その泰然, そばまで, それである, それは, それよりは, ない家, なかで, なかでも, なかの, なかへ, ひとたちは, ほかは, やうに, ような, ように, ザンゲを, フリを, メッカに, 一人であり, 一人でも, 一人と, 一人な, 一人なる, 一人は, 一人ヂヨゴという, 一人一人へ, 世話で, 世話を, 中から, 中では, 中でも, 中の, 中心地に, 乳母や, 事で, 云うこと, 人々は, 人です, 今村左伝夫妻に, 仕業でしょう, 仲間だった, 会話は, 伯母仏教に関する, 住居だ, 供養を, 俗心を, 信仰から, 信仰は, 信仰を, 側でも, 催眠中癩に, 入つて, 其一軒に, 内の, 出て, 列に, 前に, 前へ, 助けによって, 助けを, 協力の, 卦に, 厄介者だ, 参集を, 反動を, 反抗も, 取扱い方, 叫は, 合唱を, 名前と, 問に, 喜捨金一包を, 団体が, 団体は, 団欒する, 固めに, 国や, 地頭東条景信は, 場合でも, 塋穴は, 多いあの, 多いこと, 多いの, 多い土地, 多い東, 多い東国, 多数の, 大きい群, 大多数, 大検挙以来, 大願も, 奔走によって, 女が, 女の, 女子供たち, 女房が, 好意で, 姿が, 威しつけたの, 娘だ, 娘モニカの, 婦人が, 嫉妬が, 嫉妬だった, 子供数人を, 存在をも, 宗団では, 官吏の, 実験も, 家が, 家であった, 家にて, 家へ, 家族を, 寄進した, 寄進によって, 巨漢は, 布施も, 形容を以て, 彼おかず媼さん処へ, 後から, 復活を, 復活及び, 心持ちの, 心配を, 情緒は, 感話位のね, 懺悔を, 戸別訪問を, 所へ, 手前も, 持家へ, 捕縛転, 教師ならびに, 数へ, 数日に, 數は, 斡旋で, 方々は, 方々も, 方から, 方からは, 方にも, 方は, 方へ, 日本海廻りにて, 村に, 来る度, 某々二氏が, 森村市左衛門氏が, 様子などを, 標徴であった, 標本と, 武士たちその, 死を, 母は, 漁師の, 熱心な, 物問い度げな, 特色では, 状態を, 状況を, 狂信を, 狂態も, 生活習俗に対して, 男女は, 町を, 病気だ, 社会的生活における, 空想した, 空想する, 筆頭と, 答えを, 組織に, 羅馬人に, 群が, 群れが, 老人を, 耳に, 自分に, 自発的な, 舌が, 船が, 船頭が, 苦痛が, 葬儀に, 葬式が, 葬式の, 行なうよう, 表左の, 見たるあからさま, 親戚や, 解釈を, 言葉で, 話を, 誰かれ, 貢という, 跋渉せざる, 身に, 身体が, 退職騎兵大尉と, 途を, 遭遇した, 重立つ人々, 間の, 間を, 集まって, 霊的物的財的奉仕これを, 霊魂さらに, 霊魂は, 霊魂天主の, 頭に, 頭の, 頭を, 顔は, 黙祷を

▼ 信者~ (190, 11.7%)

4 出來 3 あった, いて, ふえて, 出来た, 自分の, 集まって 2 こ, 刑戮に, 十一軒も, 集って

1 [160件] あえて自由思想家, あったため, あった如くキリスト教, ありました, ありますか, あり宏壮, ある, あるでしょうか, あると, あるの, いくら自分, いた, いる, かの如き, この愛, この狭い, この頃新, こんな商売, じっと立っ, その二万人, その神, それを, そんなに子供, ただ一人に, できた, できると, なくなったの, ふえる, ふえれば, ふえ霊験あらたか, ふへた, もらいに, ユダヤ人と, 七万殖えた, 三年がかりで, 不思議の, 二十名ばかりも, 五目飯なぞを, 他力本願に, 任命せられ, 会堂に, 何と思おう, 便所の, 俄かに, 信仰を, 信心こめた, 倒れたの, 偏頗心で, 傍に, 充満し, 全国に, 八万の, 八萬の, 其の記標, 其信仰を, 其様な, 出入り口から, 出来たか, 出来たと, 出来たの, 出来るそれ, 出来ると, 出来るといふ, 前に, 十五人ほど, 博多の, 参加した, 参詣に, 各自自分の, 同伴した, 告げに, 善光寺身延へ, 喜びますそう, 四方より, 在住支那人中に, 基督の, 増えて, 増した, 多い所, 多かった, 多くて, 多くなった, 多くなり, 多く美しい会堂, 夜中の, 女学校で, 女學校で, 女性である, 学者の, 宗教を, 家主である, 寄進せ, 寺院に, 少ないから, 居て, 居てね, 届けて, 山上に, 布施を, 引き続き参詣, 引取り, 待ち受けて, 得られるという, 怒つて代官, 怒るの, 恐ろしげ, 憤りやしませんか, 戦争を, 持っても, 持つべき考え, 接吻する, 数人警護の, 数人集まっ, 断えない, 断食を, 日増しに殖え, 日曜日毎に, 本堂の, 本当に正義, 来て, 死ねば, 気味悪くなっ, 油虫も, 波間の, 浴水を, 減った, 溢れて, 火の, 無数に, 爭うて, 王侯も, 現れて, 画像を, 登山する, 皆一堂, 目立って, 相当数に, 相当数訪れる, 立ちあがって, 立ちまして, 立って, 聖母の, 聖餐を, 自分に, 自分を, 見たらどんなに, 諸国から, 身を, 迎いに, 送りに, 部屋の, 長崎の, 開いて, 陰暦四月十六日以後三日間の, 集つてつい, 集つて異口同音に, 集まりつつ, 集ると, 集る筈, 雌鳥を

▼ 信者たち~ (161, 9.9%)

5 の熱心 4 の信仰, はこの 3 が集まっ, の活動 2 がこれ, がそれ, に云い聞かせた, に非常, の態度, はまるで, は熱心, は集まっ

1 [126件] があつまっ, がいかにも, が三箇, が会堂, が別れ, が同じ, が同伴, が宣教師, が富裕, が彼, が後で, が持っ, が活溌, が盛大, が神佛, が貧民救済, が貧民施食, が車, でございますから, とつきあっ, と共に一五六一年, と共に働ら, と共に大きい, と別れ, と協議, と呼応, と密か, にすすめ, にとっては大きい, にとってもこの, にとっても非常, には非常, にミサ, に信仰, に別れ, に勧め, に取り巻かれ, に向っ, に接した, に教えさせた, に教え込ん, に款待, に秘密, に見せ, に送られ, のため, のみで, のグルウプ, の中, の二艘, の人波, の信頼, の労働, の多く, の強い, の愛, の戸口, の手, の敬虔, の歓喜, の発議, の盛り, の盛大, の近親, の選んだ, の間, の集合的, の驚いた, の骨折り, はいろいろ, はもっと, はガゴ, はトルレス, はヒソヒソ, はフロイス, は一五五四年, は一度家, は二十人位, は会堂, は信長, は公然, は十カ月, は同, は天国, は安全, は将軍, は心から, は手, は月, は歓呼, は殆, は毎月三, は泣い, は神父, は秘, は自分, は自発的, は船, は花, は警備, は貧民, は銀三本, は領主, は頻りに, は風炉, もおどろい, もこの, ももう, もビジテリアン, も会堂, も勿論, も又, も同, も殉教者, も諸方, や沢城, を一層, を保持, を喜ばせた, を山崎, を従え, を恍惚, を洗い立て, を脅かした, を訪ねた, 努めよ

▼ 信者~ (121, 7.4%)

3 これを 2 急に, 由良に, 由良の

1 [112件] あの村落, ある, あるん, あれは, いう, いうので, いつかの, いままで, いわゆる有識階級, いわゆる詐欺的信者, うろたえて, おじゅず, かかる態度, かかる際, ここらあたりで, こんな式, しばらく黙っ, じっとこちら, じつに世間, すべて臨終において, そのこと, その住ん, その神馬, そろそろ警戒, そんなこと, ただ涙, できたが, ほとんど皆焼け跡, ますますふえ, ますます殖え, また急, また格別, また食卓, みなそれを, もう一度斎戒, もとよりの, よっぽど居る, アリガタ迷惑だった, キリストを, シナ人と, 三百人に, 久し振りだ, 二三年の, 云った, 云って, 云ふであらう, 人間の, 今やその, 今日の, 他の, 代り代りに, 以前に, 会堂における, 余り人前, 信仰を, 僅少の, 初めてにっこりし, 勿論イエス, 地下に, 増加し, 多数に, 女の, 學校や, 宣教師に, 己の, 希望なく, 彼と共に, 彼等の, 忍んで, 恐らく地下, 悲ま, 感傷的に, 手のか, 振り返って, 教祖の, 昔の, 曖昧に, 次に式場全体, 殴られても, 水面へ, 永年の, 沸き立った, 由良が, 男の, 町から, 百万に, 百分の三十四なり, 百分の三十四ユダヤ教徒は, 皆商人で, 目的なき, 相変わらず信仰, 石の, 祖師様と, 神学を, 神様より, 笑いながら, 結構でしょう, 聖餐の, 膝に, 自分たちよりも, 行列を, 親切に, 話した, 賤しい, 身も, 迫害した, 都会および, 酒を, 陸続京都へ, 食事の, 食事を, 馬二頭と

▼ 信者~ (98, 6.0%)

7 なって 5 なった, なったの, なるもの 3 なったもの 2 であった, 見えて

1 [69件] いうに, いえるかね, いったって, いっても, かういふ對話, したので, すること, する宣教, せんに, つきあうだけで, なったが, なったため, なったと, なったトメ, なったトメ内田, なった人々, なった日本人, なった私, なった老人, なった者, なった近衛家関係, なってからは, なつた, なつて, ならずには, なり, なりかけて, なりしかも, なりたる例, なりて, なりオーカミイナリ, なりガゴ, なり仏教信者, なり六百人, なり商売, なり既に, なり本国, なり父, なり終, なるかは, なると, なる善良, みえて, みえ牢舎, もう学者, 一緒に, 一諸に, 並んで, 呼ぶならば, 嫌われて, 学者との, 学者の, 恋に, 教主の, 数カ所の, 来ては, 殆ど変らぬ, 為り勉めて, 爲り, 看做しますぞ, 称するもの, 約束は, 見て, 見るであろう, 訳したら或は, 誤られて, 談合し, 違つて布教師に, 雖ただ

▼ 信者~ (91, 5.6%)

7 なった 6 なって 3 なつた, なる, なると 2 して, しました, なったの, なる気, 非ず

1 [59件] いうと, この事, さして, さずけられる, しこたま金, なったと, なったらしい様子, なった場合, なった者, なった訳, なつたら, ならない訳, なりかねない自分, なりたいという, なりて, なりますには, なり平民, なるかも, なるの, なるバカ, なる事, なる人, なる必要, なる氣, なる老若男女, なる者, なれないの, なれないやう, なれると, なろうと, ひとこと花江と, 与えた印象, 代って, 伴われて, 化けさせて, 化けて, 化け込んで, 取り巻かれて, 向かっては, 多いので, 好き模範を, 守られて, 導かれて, 懺悔を, 手厚い保護, 此事を, 法を, 申訳も, 相違ある, 礼拝を, 自分が, 触れて, 訊いて, 訊き正しに, 許るし, 読ませる為, 過ぎないよう, 道を, 面会す

▼ 信者~ (83, 5.1%)

5 作った 4 集めて 2 して, 作って, 得た事, 持って

1 [66件] お試し, たずねて, だまして, つくって, ひっつかまえて, ふやしたり, ふやす義務, 一とわたり, 作ったの, 作り乍ら, 作り仏寺三カ所, 作るのに, 作れば, 保護する, 信用させる, 偵察に, 全く無視, 出したと, 助けること, 収容し得べき, 同様に, 呵責し, 多く持っ, 守って, 守らせること, 守る人, 安心させる, 得て, 得ようと, 得ること, 得ると, 恐れて, 愛護する, 感動させた, 感動せしめた, 慰問, 持ちわけても, 持ち易い, 指して, 改宗させる, 数多く獲得, 有するに, 殺したが, 満載した, 熱狂させ, 熱狂せしめた, 牧する, 獲得し, 獲得した, 知って, 私に, 突き飛ばそうと, 笑って, 置いてきぼりに, 苦しめず会堂, 見るよう, 見舞った後, 見降ろしながら, 訪ねた頃, 訪ねて, 語源と, 趣味上の, 迎えたの, 追って, 随分よく保護, 集めたり

▼ 信者~ (65, 4.0%)

3 の間, はこの

1 [59件] からはさ, から見れ, がお松, がこれ, がそこ, が仏陀, が住ん, が押し寄せ, が祝, が親切, が集つて, が集まっ, だ, である, と其処, と等しく, と途中, に一礼, に対してみっともない, に見せびらかし, に説いた, のなか, の住む, の富, の早急, の熱心, の熱意, の病氣, の親愛, は, はかれと, はそれ, はヂシビリナ, は三班, は代る代る, は何と, は四福音書, は声, は夕暮れ役人, は寧ろ, は山, は役, は感動, は慌て, は或, は泣きだし, は特別献金, は狂人, は皆, は裸体, は静粛, もどれ, も兩手, も寄り, を動かした, を板の間, を皆んな上役人, を眺め, を背中

▼ 信者~ (64, 3.9%)

6 あつた 2 新教を

1 [56件] あつたり, あつて, あまり大きく, あらねば, ありなさったし, いらっしゃいました, いらっしゃいますから, いらッ, ござりまし, ごったがえして, さあ, さる修験者, その富, その血, その領土, それが, でも, な, ね, まことに善良, まことに評判, オルガンの, テコでも, フランス語を, マインツの, レアンの, 一にも, 一切酒を, 且只, 予言者の, 京都叡山の, 何かといふ, 商店の, 在らつし, 外川先生の, 家には, 彼の, 御心, 感ずるところ, 支那や, 改宗を, 教育事業に, 普門品などを, 曽ては, 朝夕は, 毎晩神棚の, 毎月の, 洗礼名を, 清教徒風の, 無神無, 神仏を, 神戸の, 私たち五年生の, 終始神様, 角田勘五郎と, 道教以外の

▼ 信者~ (33, 2.0%)

1 [33件] あったが, あるが, あれば, いました, お嫌い, すこしは, すこぶる多い, なく従って, なく自然, へり後援者, まちがって, やはり余興, 一名だけ, 人から, 出ない代り, 出来ないので, 十万以上に, 多いので, 多かった, 多くなり, 多分に, 待たずに, 得られなかった, 怒ること, 急に, 性根を, 沢山ある, 由良の, 相当に, 考えて, 自分を, 花江に, 間もなく湯

▼ 信者である~ (29, 1.8%)

2 かそれとも, ことを, と同時に, 一人の

1 [21件] からこれ, からわざわざ, が日蓮聖人, こと, ことが, ためかと, ためときどき, だけにいよいよ, という, と云う, と見る, に拘らず, もしヤソ会, 三人の, 事は, 前に, 大身数人が, 姫君が, 彼女は, 火烙りされた, 関係から

▼ 信者~ (24, 1.5%)

2 よ教法

1 [22件] が含嗽, と談合, にとつ, に十字架, のため, の信仰, の意見, の祈る, の自由, はそれ, は城内, は是非一晩位, は毎月三人, は毎朝鐘, は皆殺し, は絶えず, は非常, もそれぞれ財物, も合唱, も漸く, をつれ, を組織

▼ 信者~ (20, 1.2%)

2 といふハイカラ

1 [18件] から, からたまらない, からね, からねえ私, から家主さんの, しそれ, しトラピスト, そうです, つたと, つたのです, という, ということ, という理由, とまわり, と云, と云つて讃め, と教え, よ

▼ 信者では~ (14, 0.9%)

2 ありません, なかつたけれども 1 ありますが, ありませんからね, あり且, ない, ないかと, ないの, ないのよ, なかった, 心細かろう, 無く殊に

▼ 信者であった~ (13, 0.8%)

1 [13件] から二階, から子供, から寝棺, が同じ, という, ということ, とかいう, と推測, にし, にした, のだ, 為めに, 為めわが

▼ 信者として~ (12, 0.7%)

2 守らなければ 1 この式場, 住んで, 又一種, 妻子を, 教会員の, 期待しなくなった, 生きたい, 第一, 聖人の, 身を

▼ 信者には~ (12, 0.7%)

1 [12件] いい加減, かまわずさっさと, ならなかったが, なれなかったのに, むしろ女, 主の, 信仰の, 大工が, 無論なる, 祈りが, 禁じられて, 黙って

▼ 信者たる~ (11, 0.7%)

2 ことを, 所以は 1 ことまた, を要せず, 先生を, 公侯の, 支那人の, 王が, 男女を

▼ 信者でも~ (11, 0.7%)

1 [11件] あるが, あろう, ないさ, ないので, ない赤, なおこの, なく弘法大師, なければ, なんでも, 何でも, 善の

▼ 信者から~ (10, 0.6%)

1 お前は, まき上げた金, 一挺の, 上がったの, 僧侶に対して, 寄附金を, 聞かされたところ, 花江の, 草鞋銭を, 遠ざかること

▼ 信者~ (10, 0.6%)

3 のです 2 んです 1 のである, のでなん, ので互に, んだ, んでねえ

▼ 信者でない~ (9, 0.6%)

2 者は 1 からあんな, ことを, ものの, ものは, ものも, 人が, 者迄

▼ 信者です~ (8, 0.5%)

1 か, から, からお, からね, から一種, から向う, がそんな, とさ

▼ 信者~ (8, 0.5%)

1 ラマの, 会堂に対して, 児童を, 弟子が, 慈善家や, 神様の, 道友が, 道友の

▼ 信者であり~ (7, 0.4%)

1 キリストの, 伯母であっ, 兄弟二人も, 同情者であります, 武者小路の, 異端者である, 首から

▼ 信者であっ~ (6, 0.4%)

1 てはならないでしょう, てポントアーズ, て島田, て時々, て決して, て父親

▼ 信者なる~ (6, 0.4%)

2 を聞き込み 1 が故に, ものに, 智恵子の, 智惠子の

▼ 信者じゃ~ (5, 0.3%)

2 ありませんか, ないの 1 ねえですあれ

▼ 信者と共に~ (5, 0.3%)

1 この島, 使者の, 捕えられて, 祝うつもり, 翌日直ちに

▼ 信者にな~ (5, 0.3%)

2 つて村の 1 つたが, つて朝夕仏壇の, つて朝夕佛壇の

▼ 信者のみ~ (5, 0.3%)

1 でありしかも, では, ならず一般, ならず信者, ならず船

▼ 信者仲間~ (5, 0.3%)

2 の人達 1 には天罰, の歓迎会, の石山氏

▼ 信者だった~ (4, 0.2%)

1 という点, のである, ので本郷, もんです

▼ 信者とは~ (4, 0.2%)

1 どういうわけ, 云はれない, 云われませぬ, 違って

▼ 信者なり~ (4, 0.2%)

2 世には 1 し預言者, デモクラシーの

▼ 信者一同~ (4, 0.2%)

1 が仏前, の参加, は宣教師館, を代表

▼ 信者でした~ (3, 0.2%)

1 がある, が娘さん, が短命

▼ 信者ども~ (3, 0.2%)

1 には許されない, はバラバラ, は口

▼ 信者にも~ (3, 0.2%)

1 変動なく, 日曜日に, 異教徒にも

▼ 信者に対して~ (3, 0.2%)

1 ご託宣, 決して肉食, 自由選択を

▼ 信者らしい~ (3, 0.2%)

1 ものや, 信者の, 感じを

▼ 信者以外~ (3, 0.2%)

1 の全て, の者, はでられません

▼ 信者~ (3, 0.2%)

1 に座っ, の一番前列, の方

▼ 信者からの~ (2, 0.1%)

1 上りものも, 縁談を

▼ 信者ここ~ (2, 0.1%)

1 にも立派, に登山参拝

▼ 信者だって~ (2, 0.1%)

1 その通り, 理に

▼ 信者でし~ (2, 0.1%)

1 てな, て御

▼ 信者でなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばならぬ, ば出来

▼ 信者とが~ (2, 0.1%)

1 あった, ここだけで

▼ 信者としての~ (2, 0.1%)

1 実隆は, 死を

▼ 信者としては~ (2, 0.1%)

1 その神聖, 持つべからざる考え

▼ 信者との~ (2, 0.1%)

1 応接間だった, 間から

▼ 信者とを~ (2, 0.1%)

1 つれ博多駐在, 見捨てなかった

▼ 信者なら~ (2, 0.1%)

1 それを, 声を

▼ 信者~ (2, 0.1%)

1 対するよう, 近づいて

▼ 信者より~ (2, 0.1%)

1 千金万金を, 鶏を

▼ 信者一人~ (2, 0.1%)

1 のポルトガル人, をつれ

▼ 信者三人~ (2, 0.1%)

1 と共に九月中旬府内, は別れず

▼ 信者~ (2, 0.1%)

1 其の幾人, 第一

▼ 信者~ (2, 0.1%)

1 である, を容れる

▼ 信者~ (2, 0.1%)

1 一日余の, 女も

▼ 信者~ (2, 0.1%)

1 に別れ, はニコニコ

▼1* [103件]

信者ありとのこと, 信者若くば, 信者がをつた相な, 信者ぐらい霊魂いじりの, 信者なは, 信者すなわちヤソ教を, 信者すらも得難い, 信者たち一同と祈祷, 信者だけでこういう, 信者だけが孔子様を, 信者だつたので本郷, 信者だまり建物の, 信者だらうと思はれた, 信者やない, 信者つたら本当に駄目, 信者づれも苟且の思ひ, 信者でありしゆえ近所近辺にては, 信者でありまして当, 信者でしょうか, 信者というわけで, 信者といふつながりで, 信者としても熱心で, 信者とだけである, 信者とても会堂を, 信者とともに泣く愛, 信者どうしが集っ, 信者などが押しかけて, 信者などと澄まして, 信者などはそんなにない, 信者ならぬ者は, 信者なりから受けた上, 信者なりしがこの, 信者においてこれを, 信者について歩いて, 信者にて世を, 信者にとつての, 信者にとっては許されないこと, 信者によって語られて, 信者による説教礼拝も, 信者に対しては裸体で, 信者に対する説教の, 信者はとつくの昔, 信者ばかりである, 信者もろともその, 信者ゆえぜひにも, 信者よりはむしろ在天, 信者らしく謙遜に, 信者らしくやるんだ, 信者をも出したの, 信者を通じて見て, 信者アントニオが朽網, 信者ヂヨゴなどが同行, 信者タメイマイチド生レ変ッテ仏法, 信者メオサンの親戚, 信者一万のうち八千人, 信者衆一心一志無, 信者争って寺, 信者二百余人をひきい, 信者二百余名が跡, 信者五十五人が長崎, 信者代表として読みたい, 信者全体の汚, 信者全部ひッ, 信者八千の霊魂, 信者六十三人を逮捕, 信者加藤清正であった, 信者十七人が京都, 信者十数人を検挙, 信者十萬日々の賽錢祈祷料, 信者即ち覇道主義が, 信者四人の其一人, 信者四千人につき一カ寺, 信者四方より雲集, 信者外川先生の門弟, 信者多き地には, 信者多しその本尊木彫, 信者娘一人後とりの後見, 信者当人の取り, 信者思春期から妙, 信者は, 信者数一万を超え, 信者数二万に達した, 信者数多ありいずれ, 信者曰くわれよく君, 信者曰く君なんぞヤソ教, 信者てねぎらひ行く, 信者だった, 信者は殊に, 信者法華経第十六寿量品, 信者無私の愛, 信者な持ちつ持たれつの, 信者會同公用諸物凡鬻産業依, 信者うること, 信者總出でお, 信者を訪ねた, 信者群れをなし, 信者自身自分の宗旨, 信者諸氏と同じく, 信者諸氏処を換え, 信者の間, 信者道宗の物語, 信者部落は焼け跡, 信者でも問題