青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「先方~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

兄貴~ ~充分 充分~ ~先 先~ ~先ず 先ず~ 先代~ ~先刻 先刻~
先方~
先日~ ~先生 先生~ 先祖~ ~先輩 先輩~ 先頭~ ~光 光~ ~光っ

「先方~」 2283, 25ppm, 4725位

▼ 先方~ (564, 24.7%)

9 様子を 6 人が 5 人も 4 感情を, 方が, 男は, 言うこと 3 二人も, 心の, 心を, 意志に, 男が, 身に, 都合を

2 [38件] いうこと, 事も, 云う事, 人たちが, 口から, 同意を, 声は, 女は, 奴が, 好意が, 家の, 家へ, 家を, 家庭の, 希望で, 幸福を, 心に, 意を, 態度は, 手に, 手を, 望みだ, 条件を, 毒悪の, 気に, 気を, 注文通りに, 申すには, 男の, 真似を, 耳には, 親たちは, 親の, 言ふ, 話が, 路を, 返事は, 頼みを

1 [431件] あいさつだった, いい値, いい分, いうが, いうまま, いう事, いう通り, いう通り卯年, いま言った, おふくろさんに, お姑さん, お客様と, お家へ, お家柄, お方にも, お母, お母さまの, お父さんが, お話を, からだを, が入った, きびしい請求, きょうだい小児が, きよと, ことだ, ことは, ことばどおりな, この言葉, さむらい, しかしから, つごうさ, とんだ見当違い, はなしとか, はなしを, ほうが, ものを, やり口に, ゴロツキの, ヒガミに, モデルと, 一かたまり, 一分も, 一通りな, 丘との, 両親か, 両親の, 主人達も, 主張を, 乞いを, 了簡を, 事だ, 事情が, 事情などは, 事情に, 事情を, 云い分, 云い込み, 云うところ, 云うなりに, 云う通り, 云う通り勘当, 云ひ, 云ふ, 云わる, 人たちにも, 人たちの, 人と, 人となりや, 人に, 人の, 人は, 人を, 人不在にて, 人品は, 人影が, 人影という, 人格を, 人物本位にと, 人物次第で, 人達から, 人間が, 仕事は, 仕打ちを, 代表として, 伝えんと, 住所を, 体ばっかり, 体面を, 何処かに, 余りの, 使いなど, 信仰力が, 信仰力で, 信用が, 値と, 兄と, 兄者に, 光りは, 内省の, 写真だけ, 写真ない, 写真も, 写真を, 出す手, 出ようを, 出よう一つ, 出を, 出方でを, 出頭を, 分は, 分らんという, 切り出すの, 剣術使いは, 動静を, 勝手だ, 医者も, 単純な, 厚意に対しても, 厚意を, 反感を, 受けも, 口上が, 口上に, 口上も, 口上を, 口振りが, 合羽が, 同じよう, 名も, 名を, 名乗りを, 名前は, 呼吸で, 咎めが, 噂を, 器物の, 堀も, 売りたいもの, 大先生, 大宣言, 大阪屋の, 天野の, 奥さんに, 女から, 女の, 女中さんも, 奴の, 奴も, 好みによる, 好意でした, 好意と, 好意に, 好意を, 妙に, 姑が, 娘は, 婿の, 子と, 子を, 安眠と, 宛名は, 実家に対しても, 実際的, 家では, 家に, 家には, 家まで, 家主だ, 家人に, 家職と, 宿の, 寅吉の, 専務個人で, 小坂吉之助氏だって, 尻尾は, 屋根の, 山主が, 山河内の, 希望が, 希望であり, 帳面による, 帳面へ, 店員は, 弱気を, 弱点を, 当の主, 当人とを, 当人筒井直介は, 当局に, 後立ては, 後詰の, 得手に, 御三方, 御人, 御住所, 心が, 心持が, 心持を, 心田に, 忘れた時分, 応援隊ががや, 怒を, 思いやりなどは, 思う壺, 思う通り, 思惑を, 息子は, 悟り方, 悦びそう, 悪く落着, 意に, 意の, 意味が, 意志を, 意見に対して, 意見を, 態度それらを, 才能の, 打日の, 扱い如何に, 承諾を, 指定した, 指導霊とも, 政治的意圖に, 料簡を, 方は, 旦那が, 旦那様が, 旦那様は, 望みどおりの, 望みの, 望み手というは, 条件は, 検分を, 様子から, 横柄な, 横田とかいう, 横顔だけは, 歌に, 武士が, 母親が, 母親さんが, 気に入らぬよう, 気に入るだろうか, 気に入るよう, 気の, 気分を, 気質が, 求めにより, 河野一家の, 注文から, 注文には, 泰然自若たる, 浪人は, 浪人を, 満足と, 瀬越なる, 為にも, 父親さんが, 父親なり, 独り定めに, 申し入れに, 申し出でにより, 申すとおり, 申出で決まっ, 申出は, 申出を, 男に, 男や, 男女の, 男子は, 番頭から, 番頭は, 疑問に, 疑惑は, 病人が, 病気を, 病院に, 癇癪玉を, 発音も, 目だって, 目を, 目的が, 真価が, 眼中には, 知らぬを, 知れる事, 知識の, 研究の, 秀吉自身が, 種仕, 稼業が, 立場その他を, 答えが, 答次第で, 篠田家が, 籍に, 群へ, 習慣に, 老人夫婦の, 老女が, 考えは, 者から, 耳目を, 肉屋に, 肚が, 肚だ, 肚は, 胃袋が, 胸に, 胸を, 胸元に, 腹は, 腹を, 腹立を, 膝に, 自宅で, 自決を, 自然にばかり, 臺灣旅行で, 舟の, 船が, 船でも, 船を, 若党も, 若武者共に, 茶や, 莫大な, 落ち度を, 薄闇を, 虚を, 行き違い, 行動に, 行方が, 要求でも, 要求通り謝罪文を, 要求通り越しち, 要求通り越しちまう, 要求通り鳩に, 見込みな, 見送り人には, 視線と, 親から, 親たちの, 親に, 親切に対しても, 親戚の, 親戚は, 親戚二三人と, 親爺が, 言いなりに, 言い分にも, 言い分を, 言い分をも, 言うとおり, 言うの, 言ひなり, 言葉に, 言葉は, 言葉へ, 言葉を, 許諾を, 診断書を, 註文を, 註文通りに, 証人に, 話すこと, 話を, 話次第で, 誘降文に, 誠意の, 誠意を, 誤認する, 説のみに, 読み方の, 談判には, 議いまだ, 譲り渡しに, 財産は, 買直が, 賢不肖なんぞは, 越度に, 身上を, 身体に, 身体も, 身元を, 身分, 身分さ, 身分も, 身許を, 軌道の, 軽い言葉, 返事よりも, 返事を, 返事次第です, 返答は, 迷惑に, 迷惑をも, 遣口, 都合が, 都合で, 都合な, 都合は, 都合も, 鈍感な煮え切らない曇った, 鎖国家古風家も, 間違いと, 隊は, 隊長に, 随意に, 電話機の, 青女房, 青年団の, 非を, 面の, 面体を, 面色に, 領分だ, 頭の, 頼みじゃ, 顔には, 顔色を, 食えない腹の中, 馬から, 馬が, 馬どもは, 馭者が, 馭者の, 馭者も, 驚き方と, 魔が

▼ 先方~ (266, 11.7%)

3 それを, 忘れたかも

2 [12件] 何の, 何も, 僕達の, 公立なりとて, 大勢此方は, 意外に, 町内の, 突然な, 立派な, 脛に, 自分を, 道中の

1 [236件] あ, あまりは, いじくり廻された上, いそがしくも, いつでも, いつも太郎一人, いつも夫人, いつ迄でも, いよいよ澄まし返っ, えらい乗り気, おおぜ, お前さんより, お前今も, お嬢様だ, お客だ, かえってキョトンと, こちらに, こちらを, こっちの, この次, こんな哀れ, さほど興, すさまじい豪傑笑い, そこから, その意味, その挨拶, その漢字, その辺, それでさも, それでもよろしい, それは, そんなこと, そんな思惑, そんな金五郎, たしかにこちら, たちまちぐいと詰まっ, ちょっと妙, ついぞ振, ついには, つまり習い, どうあろう, どうしてなかなかきちんとした, どこまでも, どっかへ, なおの, なにも, はなはだ悠長, ばかに, ふるえあがって, ほんの一挙手, まだ何, まっすぐに, みすぼらしい労働者みたい, みなしんせつな, みょうなしわがれ, むろん断った, もうつい鼻, もっと心得, ものに, やっぱり竿, よく, よく覚え, ウンとも, フグを, ホラ気違いが, ホラ気違ひ, ポカンと, 一応辞退, 一所懸命な, 一段と親し, 一言も, 三人連だった, 三割くらい, 不相変にこやか, 丸顔私は, 二千人からの, 二階家な, 云う, 今度の, 今時分こうして, 以前から, 何う, 何かと用心, 何と, 何れほど, 何んだ, 何んて, 余りない, 依然として俯向, 先づあらかた話の, 全く石井翁, 全く静か, 全然我ひとり神がかり的, 八千円の, 兵力を, 出たそう, 刀に, 分りませんけれども, 切れものを, 初めから, 剣士と, 君を, 商人である, 四人でしょう, 執権の, 外でも, 多少迷惑, 大喜び, 大変に, 夫人であった, 奉公中一晩でも, 女だ, 妙な屈み, 妙に, 実に憮然, 尋常に, 小児だ, 小児な, 小学校を, 小柄の, 小柄私は, 小舟だけに, 少しも, 少し酔っ, 尺八の, 帝国大学教授理学博士矢田部良吉という, 幕府の, 平均点を, 年上だけに, 年頃の, 幾ら黒門町だの, 彼な, 御用達で, 微笑で, 心得て, 心持首を, 怒るまいこと, 思いきや, 思い掛けざりしにや, 思うて, 恐れ入ったよう, 感づいてでも, 慶応と, 憶え居るだろと, 戸惑いを, 戸締りが, 手に, 持病の, 揃いの, 撮ったが, 敵の, 文学自体が, 断ったの, 断然たる決心, 既に一家, 日本人で, 早や, 星野氏の, 是非という, 是非に, 曲芸を, 更に鞠躬如と, 有野村の, 本来譲り渡す, 本気か, 来る早々, 格子戸に, 案外かけ, 横浜の, 正しく後方, 正面を, 此方の, 此方を, 此頃茶を, 殿様だ, 気を, 氣付かず, 法学士で, 浪人者で, 狎れ狎れしくあいさつ, 狼狽した, 猶々痛み入る, 玄人だ, 現ナマ, 現在の, 甘いこと, 田が, 田舎育ちの, 男の, 発奮んだ, 益々冷, 直ぐ追っかけ, 相変らず, 相手に, 眼の, 知らなくても, 知らん, 祀って, 私から, 私が, 私以上に, 突然の, 笑って, 笑つて輕く, 第二句, 紅提燈が, 編上靴で, 羽根の, 聞きとれないらしかった, 自分から, 自分だけの, 自由自在に, 行方知れず, 表具屋の, 見えないつもり, 覚えて, 言うまでもなかろう, 謙遜し, 責任者が, 走るの, 足弱だ, 遊んで, 遠慮なく近づき迫っ, 金が, 金庫にも, 金持こちらは, 金持だ, 金持ちな, 電気が, 電話を, 非常に, 領土が, 食物屋で, 驚いて, 鬚だらけの, 鮮かに

▼ 先方~ (229, 10.0%)

4 何も 2 それに, びっくりし, 一寸振り返る, 六人で, 告訴を, 慌てたり, 気がつかないの, 泣きを, 親らしい, 迷惑する

1 [205件] あなたに, あぶないの, あまり乗, あまり落着きすぎ, あれを, いう, いかにも立派, いきおいこんで, いつまでも, いよいよいけ図々しく, いよいよ恭謙, いるなり, うまく引, おとなしくし, かわいそうです, きき耳, ぐずぐずいえ, こうでる, こっちの, こっちへ, こっちを, この胡服, この計略, こッち, ご城門, そういう品物, そうで, そう申す, そない, そのツモリ, その気, その注意, それで, それで滿, それに対して, それを, それ以上の, そんなにいい, とうとう腹, どういう気, どうしてもきかねえ, どうしても上人様, どう出るだろう, どんなこと, なんと言っ, なんに, また同じ, やって来ますよ, わざわざ訪ね, ウンと, タニシの, チョットかわいそう, 一度私, 一遍兄さんに, 乱暴で, 乱暴を, 仕合前に, 会いたがっても, 何とかんぐろう, 何とも思わなくっ, 何とも言っ, 何の, 信用する, 先きであった, 全然無抵抗, 六じゃ, 其の積り, 分って, 分ってれば, 判断する, 別段傲慢, 勝手に, 勢力家でも, 勸誘に, 却て, 反問し, 取らうと, 受け取らないと, 口を, 口籠れ, 叫んで, 同じ素性, 同化し, 吹矢の, 吾面に, 商人の, 國際法學者まで, 売らないという, 売りに, 夢中に, 大きいから, 大槻伯爵の, 大金持, 女だったら, 女な, 威儀作ろう, 婦人にも, 守らない以上, 容貌が, 庭の, 強い, 強いので, 強っ, 強過ぎ, 得たり, 御主人, 必ず打ち込ん, 忘れたもの, 忙しそう, 応酬した, 怖がってよけて, 恨まぬ筈, 悪い, 悪いん, 悪る, 情痴作家と, 惡る, 愚図, 或提議, 手出しを, 承知し, 承知しない, 承知する, 承知で, 承諾の, 抜掛れ, 指定し, 斬り込んで, 断り様が, 旗本で, 早くも, 普段からの, 木綿もので, 横柄な, 欺いたの, 此だけ, 此方に, 此方を, 気の, 水遁の, 油断し, 注意しない, 無情だ, 無暗, 無礼の, 留守だった, 疲れて, 知つてゐた, 砕けて, 確かに, 神でも, 神妙に, 稚い娘, 突き当ったと, 笠を, 答えて, 籍を, 精神状態を, 素直に, 考へて, 聞えた旧弊, 聞き入れざるとき, 職務に, 職業的に, 職権として, 背を, 自分の, 自動車で, 藤野屋杢左衞門だ, 術に, 見覚えて, 覚えて, 言うの, 言えば, 訪ねて, 評価を, 話して, 誂え通り, 誤った観念, 警察に, 警戒します, 譲らないと, 負けた口惜し, 賣りに, 軍艦や, 返事を, 迷惑がる, 迷惑を, 追っ駈けて, 追駈け, 逃げて, 金を, 金持ちで, 閉口しない, 非常な, 音信を, 願を, 食酔っ, 馬鹿に, 駄目を, 駕籠の, 騒ぎ立てるん, 驚いて, 驚かないの, 驚きあわてて

▼ 先方から~ (207, 9.1%)

4 声を 3 こちらへ

2 [12件] いわれて, お世辞, やってくるの, 僕に, 先に, 売り込んで, 提燈が, 気を, 言葉を, 話かける, 話を, 返事が

1 [176件] あなた様に対して, あまりに浅間, いい出したこと, いい出すまでは, いう人, いって, いわン, お出でなすったら, お銀様, かかって, かかり明日, きり出す, くれたので, こういう仕事, この客, こんな事実, すつと, そういう話, そう云っ, そう声, そんな意味, ちかづいて, ちゃんと近づい, つけて, つつましや, どんな苦情, のしかかって, のっけに, ばたばた駈け, まる見え, やって来る打開, よく散歩, わざ, ジリリリと, 一人の, 丁寧に, 三助を, 不意に, 世の中の, 中途半把な, 予告も, 争って, 云うよ, 仕掛けた刃傷沙汰, 低く草履, 何か, 何かの, 何だか君, 何とかいはん, 何とか返答, 何の, 何も, 使賃として, 來た, 依頼する, 借りる上草履, 借用し, 倦きる, 再三招待, 出て, 出向いて, 切り出した, 別に尋ねられ, 動いて, 勝手に, 勝手元を, 参ったもの, 参りますから, 取り除いて, 取ると, 受け取らんの, 受取つた金は, 口を, 合図が, 名乗って, 名乗りかけたとて, 向いて, 吹っかけて, 告訴を, 呼びかけられなければ, 呼びかけるもの, 喧しくいわれる, 変えられて, 変な, 女中の, 寝返りを, 實物を, 待って, 待つて, 怨まれなど, 悪かった, 惚れて, 意外な, 意外の, 慣, 慣れ慣れしく声, 慰めの, 憑い, 懇望し, 懸って, 戻って, 手ごたえが, 手前方へ, 手紙が, 手紙の, 折れて, 押しかけて, 押しつけるよう, 招かるるので, 持ちかけて, 持ちこまれて, 持って, 持出された, 指して, 挨拶の, 捩じこまれるまで, 探し当てて, 接待員が, 攻め来る時, 断られたの, 断られるであろうが, 望まれるとおり, 来たもの, 来た六頭立, 来た外套, 来るとき, 此方へ, 法に, 注文を, 泳ぎよっ, 物を, 田舎風に, 発送し, 真白昼押掛け, 知らせて, 破談に, 礼を, 私の, 素気なく, 聞いて, 自分を, 色んな事, 苦情が, 袈裟料とでも, 襲撃される, 見くびられた時腹, 見られること, 見られる心配, 言って, 話しかけた, 講和を, 車を, 軽はずみな, 返事の, 返辞を, 返還を, 追っかけて, 逃げて, 遊びに, 達っての, 違えまする道, 遣って, 遣つて, 避けて, 金持に, 降参し, 陽子の, 電話が, 電話で, 頭を, 頼まれて, 頼みたいこと, 頼んで, 馬車を, 馴れなれしく近寄っ, 鳴海と

▼ 先方~ (188, 8.2%)

7 行って 5 往って 3 お断りを, 持って, 行くと

2 [14件] ついて, 伝えること, 出かけて, 届いたか, 注意し, 渡して, 約束の, 行くなと, 行つて直ぐ家を, 行つて立つ, 訪ねて, 話して, 進んで, 頼んで

1 [139件] いいかげんな, いって, いらっしゃると, おききなさい, くれて, くれろそれ, これこれこう, さういふて, そういうこと, その旨, その話, たずねたの, つくと, でございます旦那, とどけて, どうも妹, なすりつけて, のばして, ひびいて, まあ小間使い兼細君候補生, まだはっきり返辞, もう呉れ, やりまして, ゆき着けば, レンラクする, 三ヶ年三十両の, 乗りこむと, 乗り込んで, 事の, 交渉って, 伝えるもの, 何知らぬ顔で, 使者に, 入籍も, 出かけても, 出して, 出向いて, 出張し, 刃を, 参って, 参りましたならば, 参りまして, 参りません前, 取次ぐに, 口添えを, 向って, 問い合せると, 問合せた上, 報らせ, 妾にでも, 対して, 届きましたか, 届くし, 届けて, 届けやっと, 延びずに, 往くと, 徹するよう, 承知しました, 押しかけて, 掛け合って, 掛合った処, 正しく伝えた, 泊るなら私, 渡さず隠しありしゆえ, 渡した, 渡したくないどんなに, 渡すの, 渡せと, 渡せばい, 理解させる, 申し込んだ事, 申し込んで, 申込みに, 着いたくらいの, 着いた頃, 着いて, 着いての, 着いても, 着き次第, 着くと, 着くまでに, 着けたか, 知らせる, 礼状を, 私が, 答へ, 紹介した, 線を, 聞えやしまいかと, 行きたもう, 行きましたの, 行くの, 行く様, 行く樣, 行けば, 行った, 行ったならば, 行った上, 行っては, 行つてし, 行つて鑑札が, 要らざる念, 見せたの, 言いますまいねえ, 訪問に, 話を, 談合に, 謝るに, 譲歩を, 貰われるとは, 贈るよう, 躄った, 輿入れの, 返したって, 返す小袖羽織, 返せと, 返事し, 返事の, 送って, 送りとどけた話, 送り届けて, 送り届けるん, 送り返すの, 逆送し, 通じて, 通じないらしい, 通じない人, 通じ先方, 通ずること, 通ずるそこで, 通らないもどかし, 通らなかつたら餒, 連れて, 附くの, 電送されない, 順序を, 願って, 駈けつけますと

▼ 先方~ (166, 7.3%)

5 して 2 伝えること, 深い悪意, 詫を, 載つて, 通じて, 都合の

1 [149件] あったのよ, ありまして, ある, あるかも, あるの, いたもん, いわせるだけを, いわせれば, ききとれない細い, くつ附く, したところが, しても, その希望, つく, とどいて, ぶつかって, ぶつかつて, ほぼ交渉, まいりますと, またそれぞれ朋, みょうちきりんな仕草, もしその, わかるだろうからね, わたすこと, ゐるうち, ユスリだの, 一歩譲った, 不幸でも, 不愉快な, 与えない様, 与えなければ, 与えるの, 与える訳, 与える迷惑, 与へ, 丘陵が, 予備認識を, 二晩泊つて火曜日の, 二晩泊まっ, 云は, 人数が, 伝えて, 伝えられる, 伝わりその, 位が, 何人の, 備わって, 充分警戒させ, 分からぬと, 分って, 劣らず拙い, 卯の, 参りまして, 取って, 受け入れられなかったとしか, 合点させる, 向って, 告げずに, 喋る隙, 喜ばれるほどに, 在るわけ, 在る牧場, 多少足許, 好みが, 好意が, 子供扱ひされる, 射込むよう, 對し, 届ける, 座敷の, 当りの, 心配を, 思いとどまって, 思わぬじゃま, 恩に, 悪意の, 意志や, 接収され, 援軍が, 敬意を, 斬られもん, 断りを, 権力が, 機会を, 機先を, 気が, 気づかれないよう, 気づかれぬ様, 気を, 法師姿を, 洞穴が, 洩れて, 渡すよう, 滞在する, 無礼が, 申し訳が, 申訳が, 益も, 眼を, 着いて, 着きかねるといふ, 着くと, 着くまで, 着して, 知られて, 知れて, 知れてる筈, 移すこと, 紙芝居屋の, 聞えるくらいの, 腹を, 自分の, 至りて, 花を, 行かないよう, 行きますと, 行つては, 見えないのに, 見え出したとき, 見せなければ, 見られて, 解らないかつ, 解らない且つ, 許婚の, 話すと, 話せば, 話を, 談判は, 談合し, 諾否の, 質して, 迷惑を, 送りと, 通じさせる工夫, 通じたと, 通じないと, 通じなかった, 通じるか, 通じるの, 通じる仕組み, 通ずるの, 通用させよう, 遺憾なき, 金が, 銀色の, 長い溝, 長男が, 顔を, 高圧に

▼ 先方~ (114, 5.0%)

4 さるもの 2 中, 手を, 私を

1 [104件] あくまでからかっ, あてに, あわて, いとインギン丁重, いろいろ困っ, おきき, お喜び, お役に立っ, お雪ちゃんの, ここに, ここまで, こっちも, この気分, これに, さうかも, じれったがっ, そうだろう, そうであるらしい, そう思う, それと, たあいない, ただの, たぶんそう思っ, どうかし, どっこい此方, はじめて気がついた, まずかろう, また必ず, また我々, もう我慢, もう気取られた, もちろん私, チャアリイに, ノソ, 一人娘だ, 不動の, 乗馬で, 亦ペタリ, 今さら後悔, 何らの, 出て, 初婚という, 勾配の, 十分支度し, 同じやう, 同様でなけれ, 同然です, 吸いかけて, 呼吸が, 商売, 商売じゃ, 商売である, 営利的に, 坪四銭が, 多分奥様, 大いに不幸せ, 大変好感を, 大莫迦, 安いからこそ, 安心し, 少しあきれた, 少しは, 少し癇癪, 届けるの, 徐, 急いで, 悦ばう, 悪ければ, 憤つたといふ, 手ブラで, 拙者を, 正直な, 正規の, 気づつなくなりましたものか葉書を, 気の毒浪もか, 氣が, 満更打っちゃっ, 然うだった, 爵位を, 犬を, 独立独歩の, 癪に, 直参の, 相当に, 相当心臓を, 祖父の, 私と, 私も, 種々な, 穏かに, 縁側へ, 茶人だ, 落ちついて, 見合いを, 諦めて, 踏みます, 近づいて, 遠慮は, 面白くないらしく, 頭を, 首を, 驚いたが, 驚いたと, 驚くだろう

▼ 先方~ (103, 4.5%)

3 調へて 2 何も, 入れても, 全部負担する, 白旗を, 話題を

1 [90件] あなたからの, いきなりピストル, いや氣, おとなしい挨拶, こっちを, このくらい, すぐれた絵, するの, そう仰し, そう決め, どうか解決, はいったの, まだ気, みつけたの, もしこの, もそねえに, 一人ギメに, 世話を, 丼ものなど, 云うに, 云うには, 交際を, 会いたいという, 会うこと, 俺の, 借りると, 先に, 入れないでしょう, 出して, 出すとも, 切れれば, 勧められた酒, 博士を, 原子核勢力の, 厭な, 反感を, 受けたその, 受取ったという, 君に, 咎めるでも, 實は, 少しく暇, 己の, 希望するなら, 引きとって, 引留めるだまア, 弾かせられては, 当惑する, 待ち受けられて, 得心するなら, 怖がります田舎, 戻って, 打ちや, 打って, 折れて, 挨拶を, 断わる以上, 是非貰う, 望んで, 殴つて, 毒を, 気取られて, 満足させ, 準備を, 熱心なら, 犬が, 現金よりも, 白つぱくれ, 真実の, 私を, 立腹する, 縁談が, 聞き入れません, 自分を, 自然に, 苦状を, 言い出したの, 言おうと, 請出すと, 負担する, 買うと, 迷惑する, 逃げよう, 逢わない, 連れて, 郵送すれ, 金を, 金額の, 隠れたの, 驚いて

▼ 先方では~ (101, 4.4%)

3 もう忘れ 2 若し福造, 貴方に対して

1 [94件] あた, あなたの, あの研究, あんたが, いろいろと, こちらよりも, このポット出, この釣竿, さも待ち切れない, すでに用意, その根本方針, その間に, それと, それを, たいへん乗, どういうん, どうしても自分, にこにこ笑いかけ, ふいと, まずこういう, まだまだ知らない, まるで馬鹿, むろん話頭, もうとく, もう疾くに, わたくしに, わたくしの, ヒドク落胆し, 一生見捨てぬ, 之を, 今朝にも, 仕事の, 何う, 何か, 何と言おう, 僕が, 僕と, 全く知らない, 公高に, 六十回払え, 判定が, 博士の, 取り合われなかったと, 名づけるそう, 吾等を, 地下室に, 夜具も, 大に, 妻に, 學資の, 家族が, 寝耳に, 待って, 後から, 忙しい時, 惚込んだ, 意外に, 憎しみを, 所有主を, 支度も, 日本人を, 早くも, 早くもを, 是非一度逢いたい, 月給に, 柄の, 次第に元金返済, 毛ほども, 気がつかないが, 気が付かなかったもの, 泊って, 渡さんと, 爾う, 病院より, 知つて居る, 知らないだらうが, 知るまいが, 私が, 私に, 私の, 私を, 自分を, 芋を, 裏を, 要らないと, 見えなかったかも, 見合の, 見合を, 譯が, 貴様が, 貴顕の, 逆に, 非常に, 願ったり

▼ 先方でも~ (84, 3.7%)

2 僕を, 承知する, 眼鏡の, 自分を, 覚えて

1 [74件] あなたに, いつのまにか水晶, いよいよ付きまとっ, お前さんが, この話, そういう考え, そう苦, そう言っ, その視線, そんな積り, つい音信, まだ誰, やはり斯, ジロリと, ハッと, 一方ならん, 世間へ, 了解に, 二つ返, 今度の, 何か, 何言も, 傘を, 僕の, 光子さん欲し, 出来るだけ, 列から, 割に可愛, 双眼鏡を, 否とは, 喜んで, 器量望みで, 困るん, 声に, 大っぴらに, 大事に, 大変喜ん, 大層喜ん, 大臣の, 少し首, 当惑したであろう, 御立腹, 快く祝い, 思いがけぬ私, 急いで, 恐縮し, 手を, 折れて, 気を, 深切に, 用心し, 眞の, 真の, 知ってるだろう, 知て, 私に, 私の, 笑い出されたよう, 自分の, 落籍祝いに, 訝しく思わない, 誰か, 謝罪文要求は, 責任を, 足元を, 逸早く私, 随分好, 雑物を, 雷蔵の, 面倒の, 頻りと, 顔に, 顔を, 驚いて

▼ 先方~ (37, 1.6%)

2 歩いて

1 [35件] うごかす以外, しやくつて, すかして, ひき付けて, ズンズン歩い, 中学校の, 先輩として, 出ると, 動かさぬは, 呼び出して, 問糺し, 困らす動機, 困らせぬいた揚句, 尊敬した, 引っくくられては, 怒った, 怒らせさ, 怒らせるか, 承知させた, 指差す, 捜して, 望み一, 望んで, 殺すか, 殺す者, 気楽に, 見つめて, 見ると, 話しな, 走っては, 軽蔑した, 逃がすの, 飛びだして, 驚かさないよう, 驚かした

▼ 先方には~ (26, 1.1%)

2 何とも返事, 大人の

1 [22件] あなたさまの, いかにも殊勝げ, お父さんや, くやしかつ, ピストルの, 一から, 他の, 何も, 何んな, 光秀自身筆を, 六左衛門といふ, 図体と, 土方も, 年老いた母親, 幾らも, 待合所が, 明智小五郎っていう, 用が, 聞えない, 良人も, 財産など, 隠然亭主と

▼ 先方~ (18, 0.8%)

2 のお, の形相

1 [14件] からは届けられ, から加様, でねえ, でも, に義理, のこと, の思惑, の性根, は何と, は大, へ私, むくれと, も同然, をなぐり返す

▼ 先方にも~ (15, 0.7%)

2 荒神様が

1 [13件] いと不思議, その心, 亡父の, 備えが, 反映し, 房一が, 手違いが, 無限の, 無駄足を, 納得が, 通じたの, 通じるらしく元来, 過誤が

▼ 先方より~ (14, 0.6%)

2 頭を

1 [12件] こちらが, 余に, 兵端を, 切出されぬ, 声を, 捜し出さるるを, 汽笛の, 汽車の, 私をとの, 船便に, 話を, 進歩する

▼ 先方からは~ (12, 0.5%)

1 [12件] おっかぶせるよう, たくさん宝物, 何んとも, 同氏の, 大きな一貫目近く, 常見と, 急ぐ何, 打ち合わせが, 明智の, 有名なる, 正式に, 郵便配達夫が

▼ 先方からも~ (10, 0.4%)

3 口へ 1 なるだけ, 何とも挨拶, 大村の, 委細承知した, 毎日の, 逢いたいという, 頼まれて

▼ 先方~ (9, 0.4%)

1 して, すれば, 内約が, 戰爭を, 打ち合せを, 目が, 直接お, 直接に, 示談した

▼ 先方からの~ (8, 0.4%)

1 好意が, 希望つきで, 強っての, 挨拶にも, 望みであった, 申條に, 申込み善, 返事が

▼ 先方へは~ (7, 0.3%)

1 おお様, 三十位に, 何とか然るべき, 承諾の, 承諾を, 未払, 着きませぬかな

▼ 先方だって~ (6, 0.3%)

1 まさかそんな, 万, 人情です, 充分嬉し, 先生の, 声が

▼ 先方~ (6, 0.3%)

1 はそれ, や小幡上総守, や朝比奈駿河守, や椎名四方介, や永井豊後守, や間宮武兵衛

▼ 先方さん~ (5, 0.2%)

1 がそう, のこと, はお, へは何と, へは寔

▼ 先方じゃ~ (5, 0.2%)

1 もうすっかり気に入っちゃっ, アお前を, ア最少し, 五月蠅と, 奥から

▼ 先方へも~ (5, 0.2%)

1 云って, 云つて置いた, 申込むから, 通じたの, 通じたので

▼ 先方まで~ (5, 0.2%)

1 聞えねえ作右衞門どん, 行く気, 送って, 送りたい願い, 連れて

▼ 先方さま~ (4, 0.2%)

2 でも 1 が御, へ申し上げ

▼ 先方に対して~ (4, 0.2%)

1 それを, 何とか返事, 失礼に, 非常に

▼ 先方に対する~ (3, 0.1%)

3 最敬語

▼ 先方じゃあ~ (2, 0.1%)

1 思も, 頻りに呼び込もう

▼ 先方~ (2, 0.1%)

1 っけね, つてまさか

▼ 先方としては~ (2, 0.1%)

1 五六七八の, 当然であり

▼ 先方とも~ (2, 0.1%)

1 打ち合わせました, 此方とも

▼ 先方~ (2, 0.1%)

1 奴が, 身体も

▼ 先方にとっては~ (2, 0.1%)

1 人の, 銀行利子よりは

▼ 先方への~ (2, 0.1%)

2 送金に

▼ 先方よりは~ (2, 0.1%)

1 こちらの, 電話で

▼ 先方~ (2, 0.1%)

2 着いてから

▼ 先方~ (2, 0.1%)

2 の性根

▼ 先方門野~ (2, 0.1%)

2 を呼ん

▼1* [40件]

先方がにこ, 先方こそついぞ振向い, 先方さえ異存が, 先方しだいだから, 先方や知らない, 先方だけで勝手に, 先方だけに知られて, 先方だってもあの通り, 先方やああ, 先方ってのは, 先方でしてくれる, 先方でしなければ立退くまい, 先方でだってかえってその, 先方でばかりそう, 先方でもねお稲ちゃん, 先方としてそれを, 先方としてもまだ脂っこい, 先方との意志の, 先方とは無論北井家, 先方にだってしかとした証拠, 先方にて話の, 先方にとつては, 先方にゃ大砲から, 先方に対し仲に, 先方はと聞いて, 先方へばかり気が, 先方までの長蔵さんは, 先方よりも遠慮し, 先方即ち海軍の, 先方唯一の武器, 先方委せ先方の, 先方続養子, 先方弟子の娘たち, 先方御親父が府会議員, 先方或は江戸川口の, 先方手取一万円引ナシとは大層, 先方が着かずで, 先方衆大将衆御曹司様奉行衆どんなに勇気, 先方行ってからが実際, 先方貴人に候