青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「先代~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

兄さん~ ~兄弟 兄弟~ 兄貴~ ~充分 充分~ ~先 先~ ~先ず 先ず~
先代~
~先刻 先刻~ 先方~ 先日~ ~先生 先生~ 先祖~ ~先輩 先輩~ 先頭~

「先代~」 1111, 12ppm, 9130位

▼ 先代~ (481, 43.3%)

14 主人が 9 主人の 7 主人は 4 成瀬屋の, 時から, 隠居半 3 久兵衞の, 大旦那, 娘の, 幽靈, 御内儀, 旦那が, 旦那の, 旦那樣が, 總七が, 頃に

2 [22件] 主人總兵衞の, 主人與惣六を, 千之, 坂東秀調が, 座頭久米の, 弟の, 御主人, 愛妾お, 旦那様の, 旦那樣の, 旧藩主, 時に, 殿様の, 玄策先生が, 甥で, 番頭今居定助と, 脇差で, 薄墨華魁が, 藤兵衞は, 遺志を, 遺言状, 頃から

1 [365件] おかみの, お父さんから, お館, ことだ, この屋敷, ごひいき, それと, ために, と少し, ひそ, やうな, やうに, ように, クヌード・ドラーゲ公も, クヌード・ドラーゲ公未亡人が, クヌード・ドラーゲ公生前の, コマ五郎であった, コマ五郎という, コマ五郎に, コマ五郎は, コマ五郎以来当家の, バッテキを, ミコサマの, ロスコーさんと, ロスコーさんに, ロスコー様に, ロスコー氏を, ワルソノーフィ長老の, 一人娘お, 一周忌の, 一方ならぬ, 不運を, 且, 世話に, 中村さんは, 中村芝翫を, 中陰の, 丸一小, 主の, 主人, 主人だ, 主人ぢや, 主人と, 主人とは, 主人に, 主人にも, 主人わたくしの, 主人を, 主人八郎兵衞は, 主人太, 主人夫婦は, 主人孫右衞門は, 主人安兵衛は, 主人安兵衞は, 主人宮古に, 主人新之助の, 主人榮左衞門樣は, 主人源左衛門から, 主人源左衞門から, 主人甚五兵衞が, 主人筑前守長政の, 主人筑前守長政は, 主人自分の, 主人與惣六は, 主君の, 久兵衛は, 久兵衞旦那を, 久兵衞樣は, 久木男爵の, 事を, 五平老が, 亡くなつた後, 亡魂が, 亮政公に, 人が, 仁政に対する, 仕事を, 仲伯先生も, 伊勢屋と, 伊勢屋忠右衞門が, 伝記を, 伯爵が, 伯爵を, 位牌に, 住持覚禅房胤栄という, 住職が, 住職の, 何かを, 作兵衞が, 作家大に, 例によって, 侯爵には, 信用が, 信用に, 信秀から, 信秀は, 側仕えを, 八郎兵衞さんが, 内儀が, 別家な, 勅語として, 勘弥の, 千橘, 半六, 友人だ, 受売り沁みた, 古今亭今輔といった, 史家は, 吉左衛門が, 吉次郎は, 名を, 名人が, 命日が, 和行ち, 商人らしい, 在世中には, 地奪回を, 坂東秀調壮年の, 堅気な, 墓まいり, 外記の, 外記は, 大守, 大江美智子の, 太左衛門さん, 失敗の, 奥様は, 女房お, 奴は, 好きな, 如くもらう, 妻は, 妾とも, 妾なんぞは, 姑から, 姪に, 姪の, 娘, 娘でございます, 娘で御座います, 娘には, 子で, 子な, 子爵だった, 子釆女が, 孫右衞門で, 安兵衛が, 安兵衞が, 実子には, 家に, 家業を, 容貌に, 實弟で, 寵愛を, 小左衞門, 小早川隆景公は, 小法師甲斐, 山口大人が, 山左衞門が, 山左衞門旦那は, 島吉に, 左団次が, 左団次であったらしい, 左団次の, 左團次一座の, 年齢との, 幽斎は, 庭掃の, 廟に, 延寿は, 建てた土蔵造り, 建物である, 引立てを, 弟で, 弟今の, 弟子と, 弟弟子だ, 御主人樣, 御位牌, 御墓, 御子の, 御新造さんから, 御新造さんの, 御書き, 御遺言, 御遺言通り, 徳五郎を, 徳右衞門さんとは, 徳右衞門さんに, 徳右衞門樣から, 徳右衞門樣とは, 心安くした, 心持が, 志を, 志ん, 忘れ形見お, 忘れ形見だ, 忠右衞門旦那の, 急死に, 怨みの, 恩を, 恩義は, 恩返しだ, 恩顧を, 息の, 悪口を, 惣領で, 愛臣, 愛臣を, 愛臣石田清左衞門樣は, 戒名が, 拳法が, 拳法という, 拳法とは, 拳法先生が, 持主は, 放埒の, 放漫政策の, 政を, 文の, 新十郎, 方が, 日なり, 日誰の, 旦那様が, 旦那様は, 旦那樣は, 昔は, 昭宣公が, 時なら, 時には, 時代は, 時分田中正造も, 時政公は, 書上と, 最後の, 朝井玄策が, 朝井玄策先生の, 木像と, 未亡人, 本當, 村井吉瓶だけ, 松前屋から, 松前屋三郎兵衞が, 松本の, 松柳亭鶴枝だった, 板倉屋さんは, 柳家小, 柳條さんたち四五人と, 梅幸に, 椿岳の, 櫻屋の, 權右衞門は, 死んだ時, 死後間もなく, 死態だ, 歿後三年の, 残した金, 殿様が, 氣持にも, 沢村訥子尾上菊四郎岩井松之助など, 法力が, 源之助も, 片岡市蔵, 狂死の, 王の, 甥の, 男爵が, 男爵家の, 男爵時代からの, 番頭である, 病床へ, 目がねによって, 相槌だった, 看板で, 眞實の, 眼鏡に, 矢つ, 矢張り薄墨と, 研究者の, 神尾に, 神尾の, 神尾主膳に, 神尾主膳様御, 祥月命日に, 秀調は, 秀調以来名高い, 秀調伯寧は, 穂積の, 笑名と, 築き上げたかなり, 總七は, 總七勝造達兄弟には, 總兵衞が, 總兵衞の, 總兵衞旦那樣で御座いました, 總兵衞旦那樣と, 罪悪を, 美濃清に, 美濃清は, 義弟と, 義理の, 翁屋小, 胤栄とは, 與右衞門の, 舊辭, 舊辭とを, 良持様, 茂木佐平治氏が, 茶店が, 荏原屋敷の, 菊五郎は, 菊次郎も, 著した本, 蒔岡家が, 藤原侯には, 藩主信順に, 親ご, 親仁と, 親旦那, 記念の, 設計で, 語部の, 課長は, 談洲楼燕枝蔵前の, 豊富な, 賛平氏時代も, 赤耀館主人であった, 軍, 近四郎, 追善興行と, 選手を, 遺した一人娘, 遺した産, 遺した雑賀屋, 遺物と, 遺産であっ, 遺言だ, 遺言を, 遺言状さ, 遺言状さへ, 遺言状は, 遺言状も, 遺言通り三千兩に, 邑井吉瓶だけ, 邸主は, 部屋だ, 配偶で, 配偶の, 配偶後家の, 重和という, 鑑識に, 長男で, 関三十郎を, 関係だ, 隠した宝, 隠し子だ, 隱し, 隱した, 隱居の, 霊の, 霊へ, 靈が, 頃吾妻屋と, 頃隱居が

▼ 先代~ (75, 6.8%)

3 死んで 2 生きて, 身代限りを

1 [68件] あまねく徳, あんな男, いまだに達者, お呼び止めなされた, お屋敷, お雛, かかれたの, これを, そこの, その妹, なくなって, ぽつくり死にまし, まだ生き, よう云われた, 一代に, 亡くなったの, 亡くなった大, 亡くなってからは, 亡くなつた, 亡くなつて, 亡くなり三年目, 亡くなると, 企業の, 伊予の, 何處かに, 作ったので, 使つた縫箔の, 依託した, 信心と, 兄弟分の, 写したらしい武器, 出格の, 取決めた重, 土中から, 始めた上海, 少々の, 少し中, 当家の, 後半世を, 急死する, 怪しい御, 採集の, 木曾福島へ, 柏原肥前守から, 格別入, 死ぬと, 死ぬとき, 死ねば, 死んだ, 死んでから, 死んでからは, 殆ど縁を, 爲した, 砲術の, 秋田から, 秋田の, 細筆で, 繁昌し, 肥前唐津に, 行方知れず, 裏庭の, 調べだしたもの, 買い取って, 買った土地, 貿易商を, 身の, 鉄馬殿と, 頂戴の

▼ 先代から~ (34, 3.1%)

2 勤めて, 奉公し, 御恩, 身上を

1 [26件] お附き合い, つけて, 三月に, 並々ならぬ, 仏を, 伝った古い, 伝って, 傳はつた, 出入りの, 厄介に, 受けついだもの, 受繼ぎましたので劉, 引續い, 当代に, 御有福, 怨を, 懇意で, 懇意な, 母娘二代の, 現代へ, 薄雲, 譲られた長火鉢, 買った暖簾名, 重宝がられた, 重寶, 面倒を

▼ 先代~ (34, 3.1%)

1 [34件] あの先生, お目附, この引き堀, どういうもの, どうしても承知, ひどく知吉さん, むろんそういう, もう本年八十四歳, よくこの, ゼンソクその他の, ゼンソク退治の, 七兵衛, 上総の, 人物でした, 何かで, 固かつ, 多那川橋の, 大日様を, 山氣が, 当商会, 御さられ, 御倉屋敷の, 徳五郎と, 悪人な, 支那で, 早くも, 朝井玄策と, 洒落れた人, 無二の, 猫なんか, 理髪養成学校の, 琉球の, 癩病を, 苗字帶刀を

▼ 先代からの~ (26, 2.3%)

1 [26件] お出入り, お附合, この老舗, 下女奉公である, 不和だ, 人を, 仲違ひで御, 例として, 借財が, 出入りで, 古い出入り, 古い番頭, 古い馴染, 合名会社が, 奉公で, 奢りを, 引繼ぎで一と, 懇意で, 扶持や, 江戸の, 爺さまの, 知己で, 知縁, 藏書に, 遺伝と, 雇人だった

▼ 先代~ (25, 2.3%)

3 太つ 2 奉公人とも, 引取られ

1 [18件] まかせて, 一層輪, 不意の, 仕へた忠義者萬助, 仙人と, 優ると, 優るとも, 取立てられるまでに, 嗣子が, 彫刻に, 拾はれ, 殉死される, 殉死を, 男の子が, 託されて, 輪を, 長次郎という, 預けたまま

▼ 先代~ (14, 1.3%)

2 説いて, 騙して 1 くわしく知る, しのぐと, それほど憎ん, みても, 助けて, 強請ったという, 恥か, 殺した下手人, 笑つてゐた, 誰が

▼ 先代~ (13, 1.2%)

3 の政岡 2 には雀, の千松 1 じつに政岡, というの, の床下, はどんな, をやっ, を見

▼ 先代~ (12, 1.1%)

1 [12件] いって, 世の, 今日とでは, 仲が, 先々代の, 口約を, 彌惣, 懇意な, 早川さんの, 比較し, 甲子太郎までも, 言つても

▼ 先代以来~ (10, 0.9%)

1 なみなみならぬ, の借財, の幸運, の恩, の恩顧, の悪縁, の老臣, の臣, 持てあまして, 無い事

▼ 先代~ (10, 0.9%)

2 の大将 1 からいわせれ, か足利勢, が鎌倉, などははや, の余類, の北条時行, の脆, は

▼ 先代には~ (9, 0.8%)

1 そういうオッチョコチョイ, どれ程, 他人の, 何か, 命まで, 妹さんの, 子供が, 恩義を, 盲人が

▼ 先代吉左衛門~ (9, 0.8%)

1 から譲られた, が余生, が彼, が残した, と半蔵, に似, の墓, の祖父, も彼

▼ 先代までは~ (6, 0.5%)

2 つましい藁屋 1 大町人中でも, 宮中の, 田無の, 盛んな

▼ 先代~ (6, 0.5%)

1 その先々代, どうする, やっぱりああし, やはりこの, 赤坂あたりの, 頑固爺だつた

▼ 先代より~ (6, 0.5%)

1 お譲受, その個体性情, 困窮の, 將軍家にまでも, 引続い, 当村

▼ 先代~ (6, 0.5%)

5 ん生 1 ん生の

▼ 先代~ (6, 0.5%)

1 がこうして, がシャム国, が過っ, とは碁, の妄執, への御

▼ 先代小さん~ (5, 0.5%)

1 が大阪, つまり禽語楼小さんさん, に傾倒, をば, 同円右

▼ 先代菖助~ (5, 0.5%)

1 がのこし, がのこした, が横死, に似, の後妻

▼ 先代中村屋~ (4, 0.4%)

1 から店, がパン, が再び, のいっさい

▼ 先代伊之助~ (4, 0.4%)

1 が亡くなった, が生前, もまだ, を先立て

▼ 先代~ (4, 0.4%)

3 主人の 1 木井男爵の

▼ 先代春團治~ (4, 0.4%)

1 と金語楼君以外, のあの, の一種, はまた

▼ 先代總七~ (4, 0.4%)

1 が思ひ, が死ん, の弟, は實弟

▼ 先代菊五郎~ (4, 0.4%)

1 が, の演, の片倉, は見なかった

▼ 先代訥子~ (4, 0.4%)

1 だらう, のやう, はその後十年以上, は猛

▼ 先代鶴枝~ (4, 0.4%)

1 と死んだ, についてはこんな, の場合, の技巧的

▼ 先代~ (3, 0.3%)

1 女形としては, 徳宗皇帝の, 私には

▼ 先代よりは~ (3, 0.3%)

1 ずっと下, とにかく東京, 表面運動多き

▼ 先代七兵衞~ (3, 0.3%)

1 がその, のところ, は十年

▼ 先代信秀~ (3, 0.3%)

1 から信長, から平手中務, が信長

▼ 先代先々代~ (3, 0.3%)

1 からの種ヲヂ, と頼家, の長老

▼ 先代~ (3, 0.3%)

2 旦那の 1 旦那様から

▼ 先代小左衞門~ (3, 0.3%)

1 に見込まれ, の實, の忘れ形見

▼ 先代左団次~ (3, 0.3%)

1 の伊達安芸, の十三回忌, は見た

▼ 先代徳右衞門~ (3, 0.3%)

1 の女房, は薄々, を罪

▼ 先代文楽~ (3, 0.3%)

1 だお前さん, とそれぞれ, や先代志

▼ 先代木村重松~ (3, 0.3%)

1 の, の世話, の哀調

▼ 先代~ (3, 0.3%)

1 が亡くなられ, の御, の法要

▼ 先代という~ (2, 0.2%)

1 のは, 人に

▼ 先代にも~ (2, 0.2%)

1 いまの, お前は

▼ 先代にゃ~ (2, 0.2%)

1 あ世話, 正妻に

▼ 先代への~ (2, 0.2%)

1 義理でございます, 義理で御座います

▼ 先代~ (2, 0.2%)

1 下岡蓮杖や, 友二郎が

▼ 先代ゆずり~ (2, 0.2%)

1 のお, の座敷

▼ 先代よりの~ (2, 0.2%)

1 持傳家藏は, 洋物流行新

▼ 先代侯爵~ (2, 0.2%)

1 が見染め, と夫人

▼ 先代信栄~ (2, 0.2%)

1 の子, の歿

▼ 先代八郎兵衞~ (2, 0.2%)

1 とその, の遠い

▼ 先代写し~ (2, 0.2%)

1 に日常, に高座

▼ 先代半六~ (2, 0.2%)

1 が隠居所, のあと

▼ 先代同様~ (2, 0.2%)

1 にいや, の怜悧

▼ 先代~ (2, 0.2%)

1 といっしょ, の門人

▼ 先代~ (2, 0.2%)

1 左衞門, 左衞門が

▼ 先代夫人~ (2, 0.2%)

1 が心臓麻痺, 即ち公高

▼ 先代夫婦~ (2, 0.2%)

1 の亡き, の甥

▼ 先代小法師甲斐~ (2, 0.2%)

1 には甲子太郎, の倅甲子太郎

▼ 先代徳五郎~ (2, 0.2%)

1 が金沢町, の身代

▼ 先代忠兵衛~ (2, 0.2%)

1 が五百, が歿

▼ 先代木村重友~ (2, 0.2%)

1 や当代, を養父

▼ 先代未聞~ (2, 0.2%)

1 のこと, のこと也

▼ 先代松前屋~ (2, 0.2%)

1 のもの, の娘

▼ 先代桂春團治~ (2, 0.2%)

1 が, は平常

▼ 先代梅玉~ (2, 0.2%)

1 にもらはれ, はあれ

▼ 先代楽遊~ (2, 0.2%)

1 の節調, や円車

▼ 先代~ (2, 0.2%)

1 の圓, の圓門下

▼ 先代正蔵~ (2, 0.2%)

1 が小, の時代

▼ 先代燕枝~ (2, 0.2%)

1 にもらはれ, の弟子

▼ 先代馬琴~ (2, 0.2%)

1 なんぞが活躍, の読み

▼1* [191件]

先代先々代かの, 先代からのという古い蔵書, 先代からも正しい主筋, 先代さえ早死を, 先代さまのお, 先代だってあんな死, 先代ですよ, 先代とともにこの鐘, 先代との間に, 先代とは懇意に, 先代なる近江屋の, 先代むらくの, 先代よりも凡, 先代コマ五郎が喜兵衛, 先代バンカラ新坊, 先代ヨリ勤メタ故役所, 先代ルドヴィ・ステーンセン伯爵は単に, 先代一週忌の法会, 先代一閑斎の時代, 先代一閑斎殿或る, 先代一龍斎貞山の十八番, 先代丁字屋傳右衞門からうけ, 先代七兵衛の娘, 先代万三郎氏のもあつ, 先代三木助に言われる, 先代三語楼今の正蔵, 先代三遊亭円遊の忘れ形見, 先代三遊亭円馬が青春旅日記, 先代三遊亭圓遊今の桂文楽君, 先代五兵衛尉が, 先代中村屋店主と口論, 先代丹波守樣が, 先代主人の骸骨, 先代主殿頭の養子, 先代久兵衞の伜, 先代亀太郎は明治二十年代, 先代二代目三木助師の家, 先代二十三世の妹, 先代五左衞門の子, 先代井伊掃部頭が彦根, 先代輔先々代正蔵先代圓生当代文治が, 先代以来ここの番頭, 先代以来十二月の三十一日, 先代以来天下に鳴りわたっ, 先代以来斎藤家とは切っ, 先代以来特別の目, 先代伊之助あたりののこし, 先代伊之助それらの故人, 先代伊勢屋忠右衞門の遺言状, 先代伊織樣とは御同, 先代伯爵の東京遷都建白等, 先代信秀様以来まずない, 先代儀十郎まで落合, 先代元良の女信子, 先代先代といっ, 先代兵衛様おなくなりあそばす, 先代円右に似た, 先代円馬が手ほどき, 先代円馬のもみな, 先代出羽守の時, 先代助六先代今輔, 先代助次郎の追善, 先代勘弥第一, 先代勝三郎の門人, 先代于の, 先代友松どののお, 先代右団次そっくりの, 先代吉岡拳法の実弟, 先代和泉守友純様だ, 先代圓右の軽, 先代圓右先代志ん生, 先代圓生もハッキリ, 先代圓生当代文治が睦会, 先代圓馬門に投じ, 先代團蔵の声色, 先代塩原の家, 先代多助の御, 先代大目附を勤めた, 先代大隅太夫は修業時代, 先代夫妻の媒酌, 先代妙解院殿よりも出格, 先代子爵の遺書, 先代存命中から周防宮市, 先代孫右衞門に頼ん, 先代孫策の室, 先代安倍丹後守の墓, 先代安兵衛の遺言状, 先代安兵衞の遺言状, 先代宗之助の縁故, 先代宗兵衛に死, 先代宗十郎はどう, 先代家橘の与三郎, 先代小せんを車夫, 先代小円朝今の金語楼, 先代小団次が当たり, 先代小圓朝門下で圓喬, 先代岩てこバンカラ辰三郎に比肩, 先代岩てこバンカラ辰三郎らが至芸, 先代岩てこ太神楽の人々, 先代左団次一座に先代猿之助, 先代左團次と秀調, 先代市川団蔵の世にも, 先代市川松蔦よりは融通, 先代平助の跡継ぎ, 先代弾正の筆, 先代当時の繁昌, 先代彦三郎の原田甲斐, 先代徳兵衞樣の, 先代志摩守歿後ドサクサ紛れに三萬六千兩, 先代惣右衛門の出発点, 先代拳法の天分, 先代政祐のとき, 先代文内の嫡男与四郎, 先代文團治の, 先代文学にならはう, 先代十郎の, 先代新宿末広亭主人によつて, 先代方齋は, 先代事を, 先代時分には何憚, 先代月輪軍之助, 先代有章院七代家継公のとき, 先代朝井玄策の伜, 先代木暮武太夫は自由党時代, 先代木村重正からはこの, 先代李彩で木村錦花氏, 先代東家小楽燕の悲愁, 先代東次郎氏の座頭, 先代松前屋三郎兵衞の隱, 先代松坂兵衛様のご, 先代松本健三翁の追善能, 先代松鶴が京都, 先代板屋順三郎の後家, 先代林右衞門が二本差, 先代染井鬼三郎の奇癖, 先代柳亭市馬がかねがね, 先代柳田茂十郎さんと言え, 先代桂三木助氏をわが, 先代桂春團治立花家花橘などがその, 先代桜川善孝といったよう, 先代梅幸と六代目菊五郎, 先代梅若実翁の笠, 先代楠本正敏男が改進系, 先代榮右衞門の頃, 先代榮左衞門と先, 先代歌麿の面影, 先代正弘は棕軒, 先代正蔵君金五楼君は私, 先代正遠さまの代, 先代氏康の用意, 先代清元延壽太夫の細君名人, 先代清兵衛氏も当時, 先代瀬川如皐の弟子, 先代燕枝華柳先々代柳枝先代助六先代今輔, 先代猫八はみんな二, 先代猿之助だの今, 先代玄策樣のお, 先代玉川勝太郎である, 先代生前の頃, 先代田之助及び彼, 先代章助は神原家, 先代竹葉の主人, 先代精一氏あたりが力こぶ, 先代織田信秀からその, 先代義康は安房, 先代舊事本紀には書名, 先代良持のよう, 先代良持さまの荘園田領, 先代芝翫の松前鉄之助, 先代茂木佐平治の句, 先代莊左衝門が生き, 先代蔵人正利が頭目, 先代蘆洲門下に走っ, 先代訥子現在延若を越える, 先代謙信の遺, 先代貞氏の喪, 先代赤星家の主人, 先代足利家時が自殺, 先代輝音侯というは頗る, 先代で当代, 先代郷田謙三の思ひ, 先代重松は門人, 先代重正の前名, 先代重行松太郎小金井太郎の諸家, 先代金兵衛の晩年, 先代長政が臨終, 先代長次郎氏に認められ, 先代隠居半六, 先代順三郎樣の謠, 先代馬琴門下だから, 先代鴈治郎ガ新富座デコレヲ出シタ時ノコト