青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「先~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~兄 兄~ ~兄さん 兄さん~ ~兄弟 兄弟~ 兄貴~ ~充分 充分~ ~先
先~
~先ず 先ず~ 先代~ ~先刻 先刻~ 先方~ 先日~ ~先生 先生~ 先祖~

「先~」 32557, 352ppm, 271位

▼ 先~ (9883, 30.4%)

807 立って 229 立つて 107 立てて 91 して 79 立った 71 なって 63 出て 53 たって 46 来て 44 立つ 41 帰って 40 行って 37 歩いて 27 それを 24 口を 23 立て 22 死んで, 立ちて 20 立つの 19 眼を, 立つた 18 なりして, 手を 17 自分の, 進んで 15 あるの, たつて, ついて, 私が, 私の, 立ちました, 立つと 14 ちらついて 13 つけて, 立ちます 11 出して, 彼の 10 たてて, なると, 寝て, 廻って, 彼は, 目を, 私は 9 入って, 持って, 着いて, 見て, 述べたよう 8 やって, 云ったよう, 何か, 出た, 帰して, 眼に, 走って, 起きて

7 [13件] ある, いって, かかって, なつて, 一人で, 出かけて, 力を, 外へ, 戻って, 歩いた, 立たせて, 見えて, 飛んで

6 [16件] あった, いったよう, し名, 云った, 切って, 急いで, 此の, 氣が, 登って, 腰を, 見せて, 見つけたの, 見付けたの, 触れて, 逃げて, 食事を

5 [27件] いえば, した, すべきもの, すると, そこへ, つける鰭袖, なったり, ぶらさげて, ブラ下げ, 主人の, 云って, 家へ, 待って, 手に, 書いて, 歩き出した, 火を, 片づけて, 田居への, 眠って, 立ったの, 立つこと, 行くと, 行道の, 見えた, 述べて, 駈けて

4 [52件] あって, あるもの, きて, ここに, これを, する, すること, するは, たった, ちらついた, つけた提灯, なるか, やつて, 一本の, 乗って, 二階の, 云ひ出した, 人の, 住んで, 入つて, 出たの, 出る, 別れて, 動いて, 友の, 声を, 山が, 帰ること, 廬の, 引用した, 彼を, 書いた, 死骸を, 浮んで, 男の, 立ちながら, 聞いて, 腹を, 自分が, 行く, 行く男, 言葉を, 調べて, 起って, 迫って, 述べた, 降りて, 集めて, 飛び出して, 飛び込んで, 馬を, 驅け

3 [135件] あなたを, あります, いそいで, いて, お浦, お食べ, きいた, けたたましい日和下駄, ここを, こちらから, さして, それと, つきつけました, つまんで, とまって, なった, なったら笄取らしょ, なりました, なる, ひっかけて, ぶらさがって, ぶら下げて, やったの, アカイアの, ブラ下が, 一つの, 上って, 之を, 乳母從い, 二人は, 何が, 來て, 例の, 信長の, 倒れて, 傷を, 僕が, 僕は, 入った, 出ようと, 出発した, 切符を, 前の, 叫ぶから, 向って, 命を, 唇を, 固まつて, 失礼します, 女の, 学校へ, 家に, 家の, 宿に, 崖が, 巻いて, 席を, 帰れと, 帽子を, 床に, 彼が, 御飯を, 慌てて, 掛けて, 控えて, 教えて, 日本の, 日本へ, 是は, 木村を, 来た, 来た時, 来た者, 歩かせて, 歸し, 歸つた, 死ぬか, 死ぬこと, 死んだ, 死んだの, 殺して, 気が, 気がついたの, 気がついて, 気に, 気の, 水を, 水洟が, 湯から, 火が, 皺を, 目に, 相手を, 石を, 私に, 突付けて, 窓から, 立ち, 立ちその, 立ちその後, 立ったお, 立ったが, 立ったまま, 立つん, 立て案内, 答えた, 結びつけて, 置いて, 考えて, 聞かせて, 自分から, 落ちて, 血が, 行った, 行つて待つ, 見たの, 見つけた, 触れた, 足を, 身体が, 車の, 述べると, 通って, 都へ, 金の, 開けて, 降りると, 顏を, 顔を, 食べて, 飯を, 飯粒を, 飲んで, 馳け, 駒を

2 [466件] あげて, あったが, あったの, あつた, あなたの, あのお, あの世へ, あぶの, あまり淋しく, ありながら, あるいて, ある大きな, ある電柱, いえ, いた家, いった, おいで, お厩, お夏, お帰り, お母さんが, お茶を, お菊, お訪ね, お金を, かう言, かけられて, きみを, ここで, ここへ, こっちが, こっちで, こっちの, このこと, この人, この男, この金太, こめて, ご辺, さう, した理由, してから, しみこむの, しようと, す, すげて, するの, するもの, するよう, そうなった, そこに, そこの, その中, その事, その噂, その場所, その手, その方, それらの, ちらちらする, ちらついたの, できて, どこかへ, どやどやと, なつた, なつたり, なにが, なり二人, なり兄, なり逆, なるの, なるほど, のけぞって, はいったが, はびこる一面, ひきあげて, ひとりの, ふれた, ぶら下, べつな, ぼくの, まずここ, まずこの, まわして, みて, めしつぶを, もう一つ, やつた, やらせて, よめに, わしの, わたしの, わななく, カギの, ガチリと, ガラツ八の, ズボンを, チラツイて, ハンカチを, ブラ下がっ, プールが, ホテルに, ロミオ從い, 一人だけ, 一人の, 一門の, 上がって, 下駄を, 世を, 並んで, 中へ, 之に, 乗せて, 乗り込んで, 二人の, 二階から, 二階へ, 云ふ, 亡くなって, 亡くなつて, 交番が, 人が, 人情は, 他の, 伊豆伍夫婦が, 休んで, 佇んで, 何の, 余の, 來た, 信者にな, 元の, 先って, 先生が, 光って, 入つた, 入つて來, 入れて, 入れと, 入れる, 其角一派が, 写して, 出かけた, 出した方, 出たが, 出るの, 出ろ, 出獄した, 出発し, 刀を, 分銅が, 分銅を, 判明した, 別の, 利根郡に, 到着した, 力の, 動物園へ, 匕首を, 北, 卒業し, 原作の, 参るの, 取って, 口の, 名乗って, 品物を, 唄つた, 唾を, 善悪を, 喰べ, 嗅ぎ付けて, 噛みつく, 四谷の, 坐って, 塀を, 声が, 外に, 多くの, 大事な, 天上の, 失敬する, 失礼し, 妻籠の, 姓を, 姿を, 孔明に, 季節が, 孫三郎が, 実行する, 客を, 家を, 寝め, 寝んで, 寺の, 将校に, 小室に, 小屋へ, 小歌をと, 小田原へ, 居たの, 居て, 届ける役目, 山の, 岸へ, 川に, 帰った, 帰ったの, 帰つて来る, 帰られた, 帰る, 帰れ, 庭へ, 弁信は, 引っかかって, 彼に, 彼女の, 彼等の, 待たせて, 後向きに, 御免を, 御飯に, 心を, 応接間へ, 忠勤を, 思いも, 思い出すの, 思ひ切つて, 怪しいと, 意志し, 感じられて, 感性の, 慌てふためいて, 慎しい, 我々自身の, 戰場に, 戸外へ, 戻つて, 手が, 手の甲を, 手出しを, 手綱を, 打たれて, 抜いて, 抱いて, 挙げて, 挨拶に, 提灯の, 提灯を, 故郷に, 斃れ, 断つて, 新聞の, 新聞記者が, 暇を, 書いたが, 月の, 村の, 来たの, 来た方, 東京に, 染めつけ, 格子を, 案内を, 梅野に, 楽しみの, 欄干へ, 此處へ, 武蔵の, 歩かして, 歩き出して, 歩き出すと, 歸つて來た, 死にたい, 死ぬと, 死ぬの, 死ぬ者, 死ねば, 死んだこと, 死んだもの, 死出の, 殺されたの, 殺された現場, 殺されて, 殺って, 母を, 母屋に, 気取って, 氣の, 水桶を, 汝に, 江戸の, 江戸へ, 河の, 沼田が, 洲股へ, 浮かんで, 浮べて, 涙に, 涙を, 済ませて, 渡して, 渡るが, 湯の, 爆発する, 父の, 父を, 献上し, 玄関を, 現れたお嬢さん, 現れる数字, 現われて, 生れて, 申したよう, 申し上げて, 申せ, 男が, 當り, 発たせるか, 発明した, 発見される, 発見した, 白いもの, 盟に, 相談し, 着いた黒い, 知って, 知らせて, 知らせに, 礼を, 神賀詞の, 私を, 秋の, 秘密を, 穴の, 突きつけた, 突きつけて, 突きつけられるよう, 突き付けた, 突き出した, 突き出て, 立たして, 立ちますべ, 立ち後, 立ち徒ら, 立ったお爺さん, 立ったは, 立ったもの, 立つから, 立つそれ, 立つたが, 立つたの, 立つた一人, 立つた八五郎, 立つ二人, 立つ者, 立てた, 立てた新三郎, 立てながら, 立てると, 竹山を, 第三, 箸を, 米友を, 細君が, 結婚する, 縁づいて, 縛りつけた, 置くに, 考えるの, 職を, 背の, 胸を, 腰かけて, 腹痛を, 自分自身が, 自然や, 自由の, 至るまで, 船の, 花の, 花嫁の, 苦情を, 草ぼう, 落して, 薬を, 血の, 行き着いて, 行くの, 行くん, 行く人, 行けば, 行ったの, 行っても, 行ってるから, 行つ, 行つたといふ, 行つたのかと, 襷がけの, 襷をは, 見えるもの, 見よう, 見付けたん, 見物に, 親爺の, 言うたやう, 言って, 話して, 説明した, 誰を, 買って, 走らせて, 起った, 越えて, 路地の, 路地へ, 踵の, 車夫を, 転がって, 近づけた, 返事は, 述べたが, 述べたやう, 述べた如く新作以外, 述べた第, 迷うよう, 退職官吏の, 送って, 逃げのびさせ隣家, 通せん坊を, 逢って, 進む, 進めよう, 遣はれる役目, 選んで, 邸へ, 酒を, 醉つて私は, 重たくうす暗い雲, 重力の, 金を, 針で, 鉄の, 鎌倉へ, 長い端綱, 門の, 降りた, 階段が, 隠れて, 難を, 雪の, 電車を, 音が, 頭に, 風呂へ, 飛び付いたの, 飛び出しました, 飛出して, 香を, 馬車へ, 馳けて, 駈け付けたの, 駕訴を, 高々と, 黙って, 1を

1 [5716件 抜粋] あが, あげた山背大兄王, あっさりと, あなたとの, あの雑誌, あり, あると, あるん, ある庭木戸, ある桐, ある肉, あん眠し, いうたよう, いた, いた宿, いったレンズ, いつた通り, いべ, いる妻, うた, おことわり, おつ立て, おやりください, お使い, お吉さん, お徳殺し, お汁, お知らせし, お腹が, お話しいたしましょう, お雪, かえって来, かけた, かたづけなくちゃ, からかったん, きた蜀, くっつけた, けんかを, ここまで, この人生, この宿, この死骸, この結晶, こまを, これは, ご病気, されては, したと, しましょう, しろ, し戀愛, すすむこと, すといふ, するだらうから, すわりながら, せまって, そこらまで, その傍聴群, その年寄, その日大喧嘩, その箇所, その途中, それとは, たたせて, たち勇將, たつもの, だれかに, ちょっと横, ちらつくやう, ついた花, つき出したいろいろ, つけた煙管, つけるか, つらぬき, とった嫁, どうかし, どなった少年, なくなったの, なったそうして, なほも, なり二羽, なり穂, なるやう, なんとか安全, のせた金縁, はいった奴, はっと思い, ひっくり返り片腕, ひるまず丞相, ふらついて, ぶらさげたり, ぷうんと熱帯, ぼんやり突っ, まず人間, まず第, またも, まづ直衣, みつけたの, もう, もう既に不満, やがて気がついた, やっぱり大きい, やられるぞ, ゆきか, ゆく謙信, よりて, わかって, わざと小皿, ゐる下手人, アマゾン型の, エムメにて, カメラの, クリュセース其の, コツンと, ジャヴェルについて, タクシが, ヂュリエット及び, ニヤニヤし, バスに, ピシリと, ブルジョアジー一般の, ボウトへ, モーニングを, 一つ, 一人隠れ, 一寸いつ, 一度預つ, 一本かな, 一緒に, 一騎駈けし, 三五兵衛を, 上った豆八, 上陸し, 下人ピーター大きな, 不都合を, 並べしむ, 丸めた新聞紙, 乗った様子, 九江へ, 事を, 二商品相互の, 云ったヴォルフ, 云った数学, 云つてゐた, 井戸を, 人々が, 人間の, 仏壇を, 伊豆半島が, 伝六を, 低くなっ, 何とか確乎, 何物をか, 作った人工雪, 使者として, 侏儒は, 俺の, 傷むの, 兀山が, 先走って, 入った曲者, 入れられたであろうと, 八五郎が, 兵馬を, 内々の, 再び海鳥, 出かかると, 出したから, 出たのに, 出た竜, 出やう, 出兵に, 出来るだけ, 刃向う, 刈るかという, 制止は, 剥げかかった更紗, 励行され, 匕首の, 十余人が, 千浪の, 南洋の, 厳白虎の, 参るか, 取らせると, 取払いに, 口に, 叫んで, 吊り下げられて, 名古屋へ, 君に, 吾輩が, 味つた見, 和田の, 商工業一般と, 喰い止めよう, 回って, 国家主義は, 在つて, 地下牢の, 坐りこんで, 城太郎が, 報らせ, 声の, 多度津まで, 大きな石, 大塔, 大生命海, 天井裏に, 夷境への, 如是閑君は, 始めたん, 嫩葉の, 存在の, 宗像へ, 実って, 家で, 寄つてからに, 寝たもの, 寝むことを, 寝床へ, 対手の, 小さくて, 小川が, 小走りに, 尖った筋, 居る野郎, 山の上に, 山陽道へ, 崩して, 工場へ, 巻きつけて, 席巻し, 帰ったん, 帰つた一人こそ, 帰りたいと, 帰るという, 帰船した, 平和の, 幽靈, 店じまいを, 延ばしたかったの, 廻りやがて, 引き付けて, 引つけ, 当った, 当人の, 彼奴は, 後に, 御免蒙ります, 御賢慮, 心に, 忍耐を, 思い出したもの, 急派し, 恐怖を以て, 惡業を, 感ずる余熱, 應へて, 成就し, 戦争も, 戸村牛岳起つ, 手紙を, 打死, 扶けよと, 投げ込まれて, 択ばれたもの, 拔い, 持った棒, 挑んだは, 振って, 捜査を, 掘り出して, 探検べ, 描きその, 擧げられましたが, 放つたまま, 敗北し, 散る木の葉, 斃されました, 文学それ自体の, 新兵衛餅, 旅舎の, 日本主義的, 早稲田の, 時間の, 曳きだして, 書くねえ, 有るよう, 期待する, 未だ爾, 机の, 来た文珠屋佐吉主従, 来るもの, 松丸乙近, 柱を, 格子戸を, 梟の, 検非違使へ, 横たわって, 橋廊下から, 欲しがっ, 止まって, 此家を, 歩きだして, 歩む者, 歸つて身扮まで, 死ぬであらうと, 死の, 死んでは, 毘沙門様が, 気づいたの, 永観元年東大寺の, 決まって, 沢山に, 泥まみれの, 洗って, 浅く砂, 浮び出ること, 消えた, 深くし, 渡し道順, 湯に, 滲みこんで, 潜るため, 濡雑巾の, 無数の, 熟して, 片づけなければ, 物見し, 狭い店, 玄関に, 現はれる, 瓦器を, 生れた児, 産婆さんに, 甲府の, 申した黒人, 申しました通り, 申込み老人, 疑って, 病人につき, 発って, 発電所が, 白いひ, 白状した, 盗み出されたおりの, 直ぐに, 真っ赤に, 眺める事, 着いた男, 瞳孔を, 短く肥つた腕, 破壊力の, 祀られて, 祥子が, 私共は, 移転仕り, 穿くかという, 突き付けるの, 突ッかける, 突立つて新聞を, 立たせなお, 立たんか, 立ちなほ路, 立ちますが, 立ち上る, 立ち光井, 立ち奥, 立ち後ろ, 立ち氷, 立ち竜, 立ち部屋, 立ったる一人, 立った南日君, 立った強力, 立った清澄, 立った頤髭, 立つたイリヤ, 立つてる小, 立つよう, 立つ神, 立てその後, 立ててほど, 立て乍ら帝, 立て案内者, 立て近在, 立木台下の, 笠置へ, 簡単に, 糸を, 紅が, 素晴らしく大きな, 結ぶ, 続く焼, 縛り悪戯, 美津枝は, 翻って, 考へて, 聞えて, 肉体を, 脇差は, 膝を, 自害を, 至上の, 艇内へ, 若い人々, 茶碗酒を, 華やかに, 葉子に, 薦僧の, 蛙の, 行かして, 行きます, 行くほど, 行く男たち, 行ったか, 行った橇, 行つた, 行つて修飾せられる, 行われたか, 衿持を, 襤褸を, 見えた一群, 見えるから, 見し人, 見たとき, 見つけて, 見付けて, 見本を, 視線の, 観たの, 触れたとき, 言うたウ列, 言った理論, 言ひ出す, 訊ねた, 記したとおり, 詣で来りて, 誓いを, 読み主, 調べること, 謙遜なる, 貨物で, 貴方が, 賊将の, 赤い風呂敷, 走り寄った, 起き出て, 起りました, 路を, 踝の, 身元調べる, 転がされて, 農村社会を, 返した平次, 述べし生, 述べたヨーク市, 述べた意味, 述べた罪人, 追おうか, 逃げた先生, 逃げ去ろうと, 逐一この, 通じて, 逝きます, 進みたる走者, 進む秀子, 進んだ一人, 遊山舟で, 道誉が, 避けねば, 郭を, 重きに, 針は, 鉄砲で, 錨の, 鏡の, 長浜へ, 間もなくこの, 阿呆に, 陛下へ, 隼二郎の, 雲哲と, 霞んで, 面会致しまし, 頼尚, 飛ばしたこと, 飛込んだ伊三松, 食べた, 食物問題を, 養い娘, 馳けた, 駆けつけ配下, 駈けつけようという, 駈出して, 驚きの, 魏が, 鶏の, 默りませう

▼ 先~ (3260, 10.0%)

47 方に 46 ことは 42 ことを 38 方へ 25 ように 23 先まで, 方を 17 方が 16 ことだ, 方で 14 事を 12 ような, 方の 10 事は 8 ことも, 方は, 方まで 7 ことです, ことに, 亭主の, 人が, 家の, 方には 6 ことで, 世で, 夫の, 方から, 自分の, 話を

5 [11件] ことが, ことである, ところに, 亭主は, 内儀の, 心とは, 所で, 男が, 男は, 者が, 者は

4 [19件] お母さんが, ところで, ほうが, ほうへ, やうに, 世の, 主人の, 事が, 事だ, 人の, 先が, 場所へ, 奥様の, 女房の, 奴が, 所に, 村へ, 様に, 歩を

3 [38件] お老婆さん, ことであり, ことなど, ほうを, ものが, 世に, 事まで, 二人の, 二階の, 先までは, 内は, 内儀は, 夜に, 奥さんの, 女の, 家で, 家へ, 岩の, 影は, 御亭主, 旅へ, 月の, 模様を, 橋の, 烏の, 生活の, 町へ, 石段を, 第一, 草原に, 荒物屋の, 葉は, 行動を, 見通しが, 質問を, 道は, 部屋に, 頃の

2 [205件] あたりを, あること, ある身, お内儀さん, お嬢さんであろう, お店, お邸, かきつばたの, かすり疵, こと, ことでございます, ことには, ことばかり, ことまでは, ことまでも, ときは, ところから, ところが, ところは, のを, ほうだけ, ほうで, ほうに, ほうには, ほどまで, ようだ, を, 一人が, 一人は, 一寸の, 一軒で, 下宿の, 主人, 主人が, 主人に, 事で, 事であった, 事です, 事に, 事も, 二人が, 二人は, 人を, 人生觀の, 何年かの, 侍の, 俥に, 先, 先の, 先までも, 先より, 先我意は, 入院の, 内儀さんが, 写真館です, 冬の, 処に, 出獄の, 分の, 切れた筆, 別の, 利根の, 利根川で, 功名に, 加古川, 北支停戦協定違反事件と, 十年で, 合宿から, 名を, 問題を, 地上に, 地平線の, 塊を, 夜, 夜の, 夫との, 夫に, 奥さんを, 女は, 女主人, 女房が, 奴の, 奴は, 如くなりき, 如今も, 姑に, 姿を, 娘の, 客は, 家に, 家まで, 家を, 家光の, 宿に, 宿まで, 小山の, 尖った大きな, 尖った小さい, 尖った靴, 山に, 山へ, 山地に, 希望も, 希望を, 店で, 当てが, 影が, 影も, 心を, 恐ろしいもの, 意匠を, 指紋を, 斜めに, 方, 方針の, 旅は, 旅へと, 旅を, 旅行の, 旦那が, 旦那様に, 時代の, 時間は, 暗さ, 曲った針金, 材木置場で, 株へ, 業, 業とは, 様子が, 横丁を, 横町を, 母の, 水車小屋へ, 池の, 河原で, 河岸に, 泊は, 浜へ, 湯の, 父ぞ, 犬は, 瓦斯燈の, 男の, 町の, 畑で, 白隠, 目算は, 相談を, 看板の, 眼を, 私の, 程より, 穴を, 空地に, 立場も, 第三期, 細君は, 縁日の, 群へ, 腕が, 自身番に, 船に, 良人の, 草の, 見当が, 見当は, 見込が, 見込みが, 見込みも, 見透しなどが, 見透しも, 見通しも, 角を, 言葉を, 記憶が, 記憶を, 話だ, 話でございます, 話は, 足軽や, 車が, 車には, 車の, 車は, 軒下を, 輪に, 連合に, 運命は, 道が, 道に, 道を, 部屋, 郵便局員は, 配偶の, 金色に, 銀蠅を, 鎧の, 長屋の, 雪の, 霊を, 革屋の, 駅から, 駅まで, 黒木長者の

1 [2162件 抜粋] あげ手, あても, ある人々, ある河, いぶかしい人馬, うちの, うち迄, おかあさんが, お二人, お光, お妾, お宅, お客様や, お徒士頭, お櫃に, お母さんを, お行方, お陣屋, かゆみや, がお前, が自分, きまった安易さ, ことであったろう, ことでしょう, ことについても, ことまた, こと換言れ, この家, こわれたブランコ, ごと教え給いし, さきまで, するどい剣, その大野木, そり上った, たたかいを, だらだら坂, とおりに, とがった岩, とがった長い, ときとは, ところでした, とそれから, と違った, ない市十郎, なりゆきを, はしから, は倒れた, は飛ぶべく, ひとりは, ふさがって, ほうも, ままであった, もあるであろう, ものに, やつは, ようだったら, よりうんと, よりは高く, わからぬもの, を所持, アパートに, シャープな, ストライキの, トンネルの, バットの, フリント市ビュイック自動車会社から, プランなし, マルシャル橋の, ロップ島へ, 一人だけが, 一室には, 一寸法師から, 一年に対して, 一条堀川な, 一触れで, 七ツ屋へ, 三吉に対しても, 三島から, 三願転入の, 上に, 上羽前の, 下水に, 不動沢から, 不等式を, 世この, 世ゆ世を, 丘に, 並木を, 中棚に, 丹前風呂へ, 主人中村萬一さんの, 乘換切符を, 事, 事にばかり, 事情は, 二三年ほどが, 二帝の, 二歩三歩真の, 云う事, 井戸の, 亭主には, 人がらも, 人にさえ, 人物, 人顔が, 仕事に, 付木屋の, 仲間体の, 伜が, 伯父貴の, 住所から, 何万分の一である, 余勢を, 侍が, 便所の, 停留場で, 働きである, 元八幡驛, 先から, 先片町の, 児が, 全文が, 八百屋で, 兵馬とは, 内よばれた, 内儀さんの, 写真帳の, 処だ, 処を, 出来事じゃもの, 出羽屋の, 分らぬの, 切れた箒, 初代胤栄から, 別世界な, 利いた青年インテリゲント, 利根川へ, 劒の, 功名という, 功名を, 動きにまで, 勢いは, 北海道に, 十年は, 半生を, 印の, 反動の, 可懐し, 右側に, 合計量より, 名代部屋で, 向いたあっち, 向こうの, 呉服屋が, 周馬が, 呼売りを, 哲学の, 商家の, 問題だ, 四つ角を, 四角い編上げ靴, 団十郎菊五郎秀調なぞも, 国の, 土台柱の, 地べたに, 地形が, 地理は, 坊さんも, 埼玉県の, 塵ほども, 壁には, 変に, 夏身の, 外国奉行である, 夜御, 夢の, 大きさ, 大きな駅, 大小名, 大工の, 大決戦, 大野木村の, 大館勢は, 天井裏からは, 太い唾, 太刀思い切っ, 夫に対して, 夫文之, 奇妙な, 奥さんは, 奥様はと, 女について, 女夫, 奴を, 好意は, 如我は, 妾は, 姓は, 娘とは, 嫁入先から, 学校名が, 定めなく其邊, 客や, 宴會で, 家との, 家内が, 宿は, 宿屋にでも, 宿迫る, 富川町に, 寸伸びが, 対面を, 小児などは, 小桜屋, 小路と, 小高い所, 尖がったところ, 尖った物, 尖った重い, 尖った鼻, 尖つた微笑, 尾根の, 屋敷へ, 展開を, 山の上に, 山木さんの, 山蔭です, 山陰などに, 峠に, 峰温泉て, 川辺へ, 巡査は, 左側に, 巻いた短い, 常得意に, 平つたい, 年功加俸だの, 幸福などに, 広い板の間, 広大な, 廊下を, 弥三郎などは, 影の, 征夷大将軍家光公お, 後顧も, 御厚意, 御意志, 御隠, 心細い商売, 快文字, 思を, 悪戯餓鬼は, 意味での, 感じが, 態度が, 或る, 戦場において, 所まで, 所有主トロニア公爵の, 手一杯, 手紙で, 技術的価値に, 持主とも, 按摩来り, 放浪の, 散ばった天窓, 数個の, 文化は, 文字を, 料理方は, 新右衞門町, 方だけを, 方な, 方やや, 方稍高く, 旅と, 旅客言いたしぬ, 日曜日に, 日記は, 旦那を, 旧い借金, 春秋で, 時分に, 晩にも, 暗い処, 暮しでしたらやっ, 曲った奴, 曲り角から, 曲角で, 會社の, 月違勅の, 望みや, 木蔭には, 未来の, 本所の, 杉田の, 村は, 条件が, 杵屋さんにや, 松林の, 林を, 根元黄金の, 桑畑に, 棧敷の, 森上から, 楼主に, 様子つづけます, 権作が, 横浜まで, 機会を, 欠けた奴, 歓びは, 段取りなぞ, 殿様の, 毛細管で, 水上へ, 水滴は, 永い旅行, 汗を, 汽車で, 治療は, 洋食屋の, 浅草阿部川町に, 浪人は, 海岸通りの, 海面へ, 深さ, 渦である, 溝川へ, 灯火を, 無二斎夫婦, 煙と, 爪が, 物は, 物置に, 玄海灘の, 現実に, 環から, 生活について, 用も, 田楽串が, 田舎に, 男女が, 町との, 番地を, 畳の, 病室に, 痛みを, 登攀, 白も, 百姓の, 皮が, 目当てが, 目途も, 相手を, 看板だ, 知れた下士, 知れぬ所, 短いせい, 短い人, 短い老人, 短篇は, 石浜の, 破れ障子の, 磧へ, 社会の, 神経まで, 禁門には, 私立大学へ, 稍持上つて見える, 空堀の, 突きあたりに, 立て札一つ建っ, 端は, 竹垣の, 笑わせる事, 箕の, 粥川の, 約束だけ, 細い横丁, 紳士たる, 経験で, 絶壁に, 緑色の, 縁に, 縁者たちを, 美しい緑, 老人から, 考へも, 者と, 者も, 聲よりも, 肝腎の, 腦髓の, 臨海君順和君の, 自動車は, 至らない処, 船が, 船一つ距て, 良人という, 色を, 芝田さんは, 若い奥さん, 苦しさ, 英人侍醫をも, 茶屋で, 草叢な, 落ち櫂さえも, 蔀を, 薄暗い広場, 處を, 蛙共の, 蠅と, 行方が, 街の, 街道わきに, 袖を, 製造業者が, 西方寺門前あたりから, 見えた戦争, 見えないもの, 見えぬ, 見える奴, 見て, 見積りを, 見透しが, 見通しを, 親だ, 角です, 言葉には, 訊問の, 詔書に, 話の, 課長は, 謎を, 豆腐屋で, 貰い娘の, 赤くなった, 走るところ, 足利藩を, 距離に, 路を, 身の, 車屋の, 軽いか, 農家に, 辻へ, 返事は, 追分の, 送金も, 通りです, 連合が, 連絡に, 運動場に, 過ぎゆく文化的泡沫, 道であろう, 道中も, 道誉も, 邪魔に, 部屋まで, 都会の, 酒保の, 野島から, 金具を, 鉄扉が, 鉤を, 錆に, 鍵盤から, 長いお前, 長い年月, 長い月日, 長い青年男女, 長岡家に対してだって, 開いた灰掻棒みたい, 間米山へ, 闇から, 阿房鳥か, 階段で, 隱居なんか, 雑誌社を, 雨を, 雪駄の, 電鈴に, 青い星, 青年に, 青苔, 音樂の, 頃わたしは, 顔いろ, 食卓で, 首尾を, 馬車に, 駅までの, 駕籠は, 驚きが, 高尾山から, 魚見小屋です, 鮫港まで, 鶏村まで, 黒塀の

▼ 先~ (2685, 8.2%)

81 行って 79 立って 78 先へと 63 進んで 60 歩いて 39 出て 33 進んだ 24 持って 22 廻って 21 帰って 18 立つて 17 来て 15 出た 14 行くと 13 やって, 走って 12 立った 11 進む 10 急いで 8 帰して, 歩き出した, 行く 7 いって, たって, 持つて, 行け, 進むの, 駈けて 6 入って, 行くほど, 行く二人, 行けば, 送って, 逃げて

5 [11件] お帰り, やつて, 先へ, 出ようと, 往って, 歩いた, 登って, 眼を, 行くの, 進むこと, 飛んで

4 [14件] して, つけて, もって, 京都へ, 出かけて, 出して, 刀を, 帰った, 死んで, 立つた, 行くから, 行った, 行ってから, 行つ

3 [48件] おいで, お出よ, かけて, さきへと, たずねて, ちらついて, はいって, ぶら下げて, よって, 下りたが, 下りて, 來て, 出すと, 出たの, 出る, 出ると, 口を, 家へ, 寄って, 寝て, 帰れと, 急いだ, 手を, 来ると, 歩きだした, 歩を, 流れて, 皺を, 立たせて, 立つ, 立つと, 立て, 行くお, 行くに従って, 行く人, 行く武蔵, 行く駕籠, 行こうと, 行ったところ, 話を, 起きて, 返して, 迫って, 進もう, 進もうと, 電話を, 駈け出して, 駒を

2 [134件] あがって, あがりて, いくこと, いくと, いそいで, おりて, お休みなさい, お出でに, ここへ, しわを, すすんで, そんな事, とぶ, まいって, ズンズン歩い, ズンズン進ん, 一人で, 一人の, 一挺の, 両手を, 入れ, 入れて, 写本を, 出なよ, 出るの, 出る気, 出ろ, 出掛けた, 別れて, 力を, 参って, 参れ, 叔父の, 外へ, 大きな握, 寐て, 寝るの, 小走りに, 川を, 帰ったの, 帰りな, 帰ります, 帰りますと, 帰ること, 帰ると, 帰るよ, 帰れ, 廻す, 廻つた, 御免蒙る, 急ごう, 成ったの, 戻って, 敵が, 斜に, 杯を, 東京へ, 歸る, 死にそう, 死ぬだろう, 死ぬと, 汝は, 沢山着い, 涙を, 無心を, 玄関へ, 突きつけた, 突きつけて, 立ち後, 立てて, 考えて, 致しましょう, 落ちて, 行かうと, 行きますよ, 行き過ぎて, 行くか, 行くが, 行くこと, 行くぞ, 行くな, 行くよ, 行く二人連, 行く女, 行く娘, 行く彼女, 行く梅子, 行く車, 行けと, 行こう, 行こうよ, 行ったと, 行ったの, 行っては, 行っても, 行つてゐる, 行つて待つ, 行て, 読み進んで, 走った, 赴かうとして, 越して, 足を, 跳んで, 追い越して, 送つて貰, 逃がして, 通って, 連れて, 進みました, 進むと, 進む事, 進む気, 進めて, 進めないよう, 進んだから, 進んだが, 進んだり, 進んだ国, 進んでも, 遣って, 都へ, 配って, 降して, 頭を, 顏を, 飛び込んで, 食事を, 馳け, 駆けて, 駈けた, 駈け去って, 駈出して, 鳥の

1 [1437件 抜粋] あたりを, あなたがたの, いきなり韮臭, いった, いったの, いった風, いらっしゃい, いわれて, うす汚ねえ, おしえましょうか, おすましなされては, おなくなり, おりた音ちゃん, お使い, お前たちは, お召しなさい, お寝みなさい, お帰りなさい, お歩きなさい, お礼旁, お触れ申しあげい, お送りしましょう, お進みなさる, かえり自分アルコール, かけると, きれいに, くだんの, ぐんぐん歩き出し, こっそり忍び入っ, この世の中, この空家, こんな小さい, ご報告おき, すさまじくほんとう, すすむだけしか, すすめば, すたすた行っ, すゝんだ, そこへ, その下駄, その鳥, たちながら, たどるにつれて, ちょいちょい手紙, ちょと, ついてでも, つきぬけるの, つけたガーゼ, つるし上げて, とびおりたのに, なくなると, ぬけて, ぬツ, ねれ, のばします, のばすだけに, のめらせて, はいりましょう, はりつけその, ひっかけるよう, ひょいと風呂敷, びりッと, ぶらさげて, ぶら下った, べっぴん親子の, まいります, まつわり出した, めえりましょう, もち上げなけりゃ, やって来た男, やりましょう, やるだけの, やれ先, ゆき一人, ゆくに, ゆく二人づれ, ゆく又八, ゆく程, ゆく自動車, ゆく角, ゆるゆると, よせた皺, ウロウロ行く, ガッカリしちまわない, クロスその, ザ, タラップを, チラツイて, トモまで, ハシゴを, ヒョロリヒョロリと, ピタリと, ブラ下げ, ポッツリと, 一つ抛り込ん, 一文字に, 一歩も, 三寸幅の, 上げたり, 上る, 下って, 下りますから, 世の中へ, 主水, 乗り出して, 乗り込んで, 二人連れの, 云い続けた, 云え, 云ひなさい, 五千円ばかり, 仕事を, 付けた繩, 伸させたん, 伸びる, 何かを, 例の, 借りて, 僕は, 入つた, 入つて扉, 入らっしゃい, 入る事, 入れるつて, 入れ手前, 全く夢中, 出かかったの, 出かけ自分二十分, 出したこと, 出し自分, 出せない, 出たので, 出たん, 出た積り, 出た長蔵さん, 出ちまったん, 出なかったという, 出ました, 出よう, 出られる, 出るにも, 出る者, 出張って, 出来あがつて, 出立する, 出違ひと, 分隊へ, 別の, 前進し, 匂うばかりに, 匂ふ, 厭味を, 参ります, 参るぞ, 取って, 取るの, 合戦を, 向けて, 向って, 吸ひつい, 唾を, 喧嘩に, 回されて, 團栗の, 坐った, 城を, 声を, 大川へ, 大股に, 失敬し, 失礼します, 奥に, 妊娠し, 姿を, 存分な, 宛てて, 宿って, 寄せて, 寄ッて, 寝かして, 寝たいと, 寝ましたから, 寝るよ, 寝床へ, 小さな白い, 小走っ, 届けられよう, 届ける陶器, 山杖つい, 巡礼が, 布薬を, 帰した新子, 帰しましょう, 帰ったあと, 帰った主人公, 帰った時, 帰ってから, 帰つた, 帰つても, 帰らせおのれ, 帰りましたこれ, 帰りやしたよ, 帰り給, 帰るから, 帰るはず, 帰る振り, 帰れ己, 帰ッて, 幅三寸ぐらいの, 年とっ, 府内へ, 庭先の, 延ばした, 延ばすつもり, 延びるの, 廻った, 廻った波越八弥, 廻つて彌, 廻り車ッ骨, 廻れッ, 引き揚げて, 引っ掛けて, 引懸って, 引返して, 彼女を, 往くと, 往こう, 往ッて, 従い来る者, 御出発, 心が, 忍び寄つて, 急いだの, 急ぎましょう, 急げ, 怪しいもの, 恭しく一葉, 懸って, 戻るが, 手荷物で, 打つ奴, 投げました, 投り出し, 抜けた女, 押して, 押し付けられた夕刊, 押っ立て, 持ち来りなば, 指を, 掛けながら, 探し出して, 揉挿し, 握り拳を, 攀じ登って, 散らつき出すと, 文句を, 斬る観念, 新宿の, 旅立たれてはと, 早々可, 昼頃に, 暗い石段, 書いたらい, 来た, 来たわ, 来ましたが, 来るん, 格子の, 槍の, 欺く趣向, 正気の, 歩いたと, 歩きだしたが, 歩き出したとも, 歩き出しながら, 歩き出すの, 歩ませ自軍, 歩み続けよう, 歸し, 死なしたるは, 死ぬか, 死んだが, 殴ろうと, 気の, 水を, 泊って, 流して, 浮だ, 渡った者, 湯呑み茶碗の, 滑って, 潜つた, 火傷を, 片付くの, 玄関を, 現われた, 生活を, 田楽刺しに, 申さねば, 痛んで, 登った人々, 白状おし, 的なし, 監獄しか, 真しぐらに, 眼科へ, 着いた緊張, 着かないうち, 短刀い, 私に, 移そうと, 移れば, 突きつけさて, 突き付けた, 突き付けられました, 突き抜ける方, 突つきつけられる, 突付けるの, 突進した, 立たして, 立たなければ, 立ちあと, 立ちかけると, 立ち去った, 立ち金森兵部, 立った数人, 立つが, 立つたり, 立つつもり, 立つの, 立つもの, 立つ敬太郎, 立つ釘抜藤吉, 立ッて, 竹の, 笠へ, 粛々と進んだ, 細引が, 網を, 繼ぎ足した, 置け, 翳し翳し若い, 聞きたいの, 腰を, 自分だけ, 舟を, 船の, 草簑を, 落して, 落ちついた, 落付いたら, 蜜柑の, 行かっしゃれ, 行かれて, 行きかけた父親, 行きすぎて, 行きて, 行きなさいよ, 行きましょう, 行きませんよ, 行きよう, 行き過ぎた, 行くぜ, 行くでねえ, 行くにつれて, 行くも, 行くわ, 行くバス, 行く三四人, 行く人影, 行く児, 行く勇気, 行く奴, 行く後, 行く怪しい, 行く旅人, 行く老, 行く赤毛布, 行く路銀, 行けるよう, 行っしゃろ, 行ったその, 行ったはず, 行ったら北, 行った三位, 行った伝馬, 行った女性, 行った後, 行った藤島君, 行った鬚男, 行っちゃ, 行ってるだろう, 行つたとも, 行つたら, 行つた和泉屋の, 行つてください, 行つてしまつてから, 行つてち, 行つてゐ, 行つて休ん, 行つて或は, 表へ, 見えたから, 見に, 見舞ったとき, 覚られる, 言って, 討て, 註文の, 話し進めるの, 読み進まれても, 読んで, 貸して, 走った編笠, 走りかけると, 走り出した, 走るし, 赴いて, 起きるの, 足踏を, 踏み出して, 踏んで, 躄って, 車で, 載せながら, 辿りついて店, 近々と白糸, 迷って, 追い越そうと, 退院する, 送り洛陽, 逃げかえった実業家マルタン, 逃げ出す役に立たず畢竟, 逆せ, 這い上った, 這入ったの, 這入る, 通し候, 通らせながら, 通り抜けなければ, 逝かねえと, 逝くという, 連れ立って, 進まうとも, 進まなかった, 進みたいと, 進みます, 進み出した, 進み曠野, 進み竹藪, 進むさて, 進むという, 進むに従って, 進めない, 進めなくなるまで, 進めやう, 進めるか, 進める気, 進もうとばかり, 進んでは, 遁れよう, 達して, 遠のいて, 遡って, 酌いで, 配達する, 野菜ものを, 釜の, 鉄の, 鋼鉄の, 長く継い, 閃めく, 附き添って, 降りると, 陸へ, 障りましたの, 離れて, 雷獣の, 面小手を, 頂戴し, 預けて, 顔を, 飛ばしな, 飛び乗りつづいて, 飛び降りて, 飛越え, 食事しち, 飲むから, 首を, 馬を, 駆けまわって, 駆け出して, 駈けだして, 駈けよ, 駈け入る兵力, 駈け抜けても, 駈下りたなれどなア, 駛って, 高, 鶏の

▼ 先~ (2310, 7.1%)

91 争って 42 促しました 35 越して 30 越されて 28 急いで 22 争うて 21 歩いて 13 あらそって, 促します 10 見て, 読んで 9 急いだ 8 揃えて, 潜りました, 話して 7 いそいで, 促した, 指で, 走って 6 く, どうする, もって, 争ふ, 向けた, 知って, 辿って

5 [12件] つづけた, つまみながら, 争うよう, 向けて, 急ぐから, 急ぐ旅, 打たれて, 払って, 考えて, 聞いて, 読んだ, 越す敏感

4 [19件] つづけて, 争いながら, 切って, 動かして, 口に, 叩きながら, 急がねば, 急ぎますから, 急ごう, 教えて, 潜ります, 続けた, 続けて, 見つめて, 見ながら, 見越して, 赤くし, 越されては, 避けて

3 [28件] おつづけください, きって, ちょいと, つかんで, つづけよう, つまんで, 争ひ, 切つた, 取って, 急がなくちゃ, 急ぎます, 急ぎまする, 急ぐよう, 掠めて, 斜に, 流れて, 潜って, 潜つ, 潜られて, 示して, 競って, 見つめるの, 見詰めて, 話せ, 越された, 越されたという, 越されたなと, 駈けて

2 [114件] あげて, あせって, あらそうて, いそぐから, いそぐ身, いぢつて, いって, うながした, お品, お聞き下さい, かえて, かすめた, こされて, こして, ざくつと, して, じっと見つめ, ちょっと舐め, ちよつと, ちらと, つまんだ, どうしよう, ながめながら, にぎって, ふさいで, ふって, みつめて, みると, インクの, コツコツと, ソッと, 予想し, 争いて, 云は, 促す平次, 出て, 刈り取るもの, 制せられて, 動かすの, 包んで, 嗅いで, 嘗めたり, 嘗めて, 地に, 変えて, 妙に, 宙に, 尋ねに, 少し血潮, 尖らして, 左へ, 弄し, 待って, 急いて, 急ぎました, 急ぐ, 急ぐこと, 急ぐと, 急ぐの, 急ぐもの, 急ぐ気, 急げ, 手で, 打たせて, 折って, 拭いて, 挟んで, 捜して, 控えて, 掴んで, 握って, 撫でながら, 散らして, 曳きずつて, 書きつづける前, 書きつづける力, 欠勤し, 此方へ, 歯で, 殘らず, 汚して, 決定する, 流れる魚野川, 濡らして, 盃に, 直して, 私の, 空に, 突っ込んで, 立てたので, 立てて, 競うて, 紙に, 経一屈折, 考えると, 耳に, 自分の, 茶碗の, 行って, 見つめながら, 見ると, 見ろ, 覗いて, 訊かなかった, 話す前, 読め, 調べて, 譲って, 越された気味, 越されました, 越しやが, 越すつもり, 遮りながら, 鼻の

1 [1444件 抜粋] あおむいて, あげはるか, あせりだしたの, あちらこちらと, あてた, あぶって, あらそひてか, あるいて, あれほど, いうこと, いおうか, いくお, いそがせましたから, いそぐとやら, いそぐ悲壮, いっせいに揃え, いはざりきこれ三, いろ, うかがいながら, うごかして, うろつかせて, おしつけたまま, お勝手の, お急ぎなさいますそうな, お話しよう, お静, かけられまいという, かじつたの, かすめるプロット, かつがせて, かわして, かんで, きいて, きこうと, きめて, きゅっと口, くぐって, くわえさせると, こした, こすり合わせた, こつこつ敲く, この球皮, ころころと, ごまかして, さがして, さぐって, さし向けたまま, さすと, さも愉快そう, しっかり白歯, じっと見る, じぶん, すぐ今, すり合せました, せかなかった, そこへ, その中, そらしながら, そろえて, たずねて, たよ, ちょっとあげる, ちよい, ちらちら動く, つかんだ, つきとめた, つき出して, つき続けて, つげるの, つづけました, つづけるの, つぶす様, とがらせたもの, とぎ僕, とめて, とり龍泉寺附近, とんびに, どうしたら, どの方向, ながめた, なでさ, なめるよう, にじりつけた, ねらいを, のぞかせて, のんびりと, はっきりと, ぱらり捌いた, ひっぱる事, ひねって, ひもといて, ふらふらと, ふるわせて, ぶらぶら歩きまわっ, ぽんと, まちがえたの, みて, みんな集め, もう聞く, やりますかな, ゆく栄三郎, ゆずりたがって, よくふくんだ, よんで, わたしは, グイと, ザブリと, ズンズン読む, チョイチョイチョイと, ナイフで, パラッと, ピンと, マカロフが, 一人で, 一同へ, 一尺ばかり, 一座の, 一方の, 一生の, 一転した, 上げた, 上向けて, 両手に, 中心に, 久しく切らなかった, 争い乍ら裏屋根伝いに, 争い合って, 争い戸口, 争い檻, 争うこと, 争うわけ, 争う他, 争う最後, 争う者, 争った, 争つた, 争つて乗つた, 争つて火の見櫓の, 争つて観に, 争つて逃げる, 争ひ始めた, 争ふも, 争わんと, 二三度上下に, 二人の, 云い出した, 云って, 云わせなかった, 五寸ほど, 人形の, 代へ, 任せながら, 伝わって, 低くたれ, 余勢に, 侵せば, 俊斎様が, 俺は, 僕に, 光らして, 入れた姿勢, 入れる, 其処で, 円く巻い, 冷たい所, 出して, 出しました, 刃物で, 切った妙, 切りながら, 切り取って, 刈りこんで, 制されて, 制すること, 刺激し, 削って, 前の, 剪み切った様, 力いっぱい横, 動かす心, 十字架に, 去らなかった, 取つて, 取られて, 取りそれ, 取り直して, 取れ, 口紅で, 台なし, 向けかえた, 向けさせました, 向けたもの, 向けようと, 向けると, 吹いて, 唇の, 問われたので, 喋る, 嗅ぎ出される位, 噛んで, 回る魚屋, 圭子の, 堅く保持, 墨壺に, 変えました, 変へて, 大切に, 太田君の, 失敗った, 妨げ怪しから, 嫌っては, 宙へ, 寄切る, 封じようと, 尋ねた, 小さくかんだ, 小急ぎ, 少しづゝ, 少し縮らし, 尖がらせてもの, 尖らせた杙, 尾高が, 左に, 差出しながら, 巾で, 帳場に, 幸せに, 床に, 建物について, 廻つて歩く, 廻るといふ, 引きあげて, 引っ張って, 引ぱるような困惑の, 当てたまま, 彼は, 往く藤吉, 往来する, 後方に, 微風が, 思うと, 急いだもの, 急いでの, 急がるる駒, 急ぎだしました, 急ぎますゆえ, 急ぎ出した, 急ぐうち, 急ぐが, 急ぐこなし, 急ぐとも, 急ぐふう, 急ぐんで, 急ぐ八五郎, 急ぐ巡査, 急ぐ必要, 急ぐ木の葉, 急ぐ用事, 急ぐ身, 急ごうよ, 悠々と, 慕って, 戻さうならば, 手拭に, 打ち合せてから, 打つて, 払う, 払ッて, 抑へ, 折られたやう, 折りまげて, 押えるよう, 押すと, 担いで, 括つて三角形, 拾って, 持ったもの, 指さした, 挫くべく, 挾んで, 捜し出し当人, 捲いて, 掃除せずや, 掛けた隆造, 掠めドスン, 探した, 推想し, 揃えるの, 描写する, 揺すぶり前, 摘んで, 撚りながら, 撫で上げるの, 擦って, 攫んで, 教えた, 散らし豪勢侠, 断ってから, 明記しない, 時計の, 暗号によって, 曲がって, 曲げるよ, 曳いたもの, 書かなければ, 月夜の, 本の, 染めた草, 案外に, 極めやう, 樂しんで, 次第に近づけた, 歩いても, 歩くん, 残らず使, 気に, 氣づかつ, 汀へ, 汚された職人, 油の, 泳がせました, 流れる久慈川, 海老塚に, 温めた, 潜っちゃ, 潜つてそんな, 潜つて居りました, 潜つて殺し, 潜つて辯解する, 潜りまわる溝鼠, 火にでも, 炬燵の, 焦がすの, 照らしながら, 爭うて, 爭って, 爭つて駈け出し, 爭ふべき, 狙仙は, 現は, 用意する, 申し述べろ, 畳へ, 病気で, 痛ましく眺めた, 白い花, 百貨店に, 目がけて, 目を, 相手が, 真中の, 眺めて, 眺める, 眼バタキを, 着物の, 矢の, 知らざりし爲, 知らないと, 研究しなかつた, 私と, 秘密に, 空へ, 突きつけた, 突き出し乍ら, 突き留めて, 突っ立て, 突ツ込ん, 窓の, 竦まして, 籠の, 素通りし, 細かく丁寧, 細く窄め, 続けなかった, 続けようと, 続ける様子, 編んで, 縛つた逞ましい, 繰つて, 考えずには, 考えなかった, 考へた, 聞いても, 聞かねえじゃ, 聞き合せた, 聞こう, 肩に, 胸で, 自党へ, 舌で, 色々に, 荷車が, 蘆の, 行く, 行く者, 行く里好, 行つてる, 西へ, 覆はん, 見すかして, 見せすぐる, 見ただけで, 見つけたから, 見つめました, 見とおしさっき, 見とどけて, 見ませう, 見やりも, 見ること徒, 見んと, 見守ったが, 見届けて, 見当に, 見詰めながら, 見越したよう, 見越しての, 見返りながら, 見通すもの, 視詰めて, 観ると, 触れられるだけ, 言いつぐ暇, 言つ, 言わないの, 訪ねさせること, 訪ね廻つて日, 話した, 話したまえ, 話せば, 語り出した, 説明しない, 読まなかった, 読みましょうね, 読みますから, 読み続けて, 読み続けるの, 読むで, 読めなかった, 読んでから, 謀らん, 警護し, 譲りあって, 變へ, 買つた, 赤くする, 走った, 起されたので, 越させぬまでに, 越されたぞ, 越されたよう, 越された不快さ, 越された署長, 越されなければ, 越されるん, 越した故, 越すという, 越せ, 跳びのくが, 蹴とばし杖, 軋ませながら, 軽くたたいた, 近づけ合, 追い求めて, 追わせること, 逃れましただけでも, 通った程, 通りかかります, 通りぬけた, 進軍し, 運動する, 遥向うの, 避けました, 針で, 鈍らせた例, 鋭意求め, 鐔鑿につつ, 長い火箸, 開き加減, 開拓する, 防ぐため, 隔る, 集めては, 離れませんで漸, 震は, 霧が, 静かに, 頭の, 顏近く, 飛び出した十五, 飛んで, 食い削って, 饒舌らなかっ, 駆けて, 駈けづり廻つて, 驅く, 高くあげ, 髪の毛で, 鳴らしながら, 麻の, 鼻で

▼ 先~ (1547, 4.8%)

50 に立つ 49 に立っ 1813 にある 12 にし, にその 8 にお, に来, に立て, へ行く 7 に立つた, の方, へ立っ 6 に出, に立った, に行く, を争っ, 先き 5 になり, の世, へ先

4 [13件] にこの, になつ, に彼, に歩い, のこと, の男, はもう, へ描い, へ行っ, へ進む, を急ぐ, 廻りを, 走りを

3 [17件] にあの, にそれ, になつて, に一番, に出し, に家, に寝, に帰っ, に死ん, に私, に聞きたい, に行った, に言った, はこの, へ行つて, まわりし, も見えない

2 [96件] から先, から頭, ぢや, どうなる, どれ位の, にあり, にこれ, にしよう, にする, にたっ, にちらつい, になっ, になった, になりし, にはいっ, には水, には道具, にもう, にも言ったごとく, にわが, にホテル, に一人, に世, に人, に住ん, に來, に出た, に動い, に口, に宿, に小さい, に帰る, に彼女, に手, に掛け, に描い, に日本, に来る, に此女性, に眼, に石ころ, に破る, に立ち, に籠, に置いた, に葉, に行っ, に行つて, に行ツ, に言っ, に認めた, に貰, に起きた, に述べた, に述べる, に進み, に道全体, に降り, に頭, に風邪, に食事, に食堂, のやう, の庭, の疵, の絵具, は, は汝一人, は鳥居峠, へお, へどたま, へ出, へ帰る, へ来, へ歸, へ立つ, へ頭, をいそい, をかすめ, をつづける, を争い, を争う, を急いだ, を打ちこん, を捩, を摘ん, を爭つて, を目がけ, 中流に, 何に, 何を, 寛永十三年には, 潜りを, 私は, 程の, 頃ある

1 [1000件 抜粋] あたりらし, お父さんを, か, かという所, からでも冷気, からわあ, から主人中川襖, から出火, から女子狂, から帰る, から忍び込もう, から書状, から死にし, から監禁, から笛, から足元, から離れさせる, か匂い, か或は, がまんべ, この風景, そう長く, ぞ気, だけでも敷居, だけを分らない, だって向う, で, ではじいた, でプンプン, で引き裂い, で突いた, という訳, として, との関係, と火, どうでも, どう出世出來, なども始終, にあった, にあなた, にいった, にいつた, におお, におし, におりた, にお知らせ, にかけつけた, にかれ, にきた, にくる, にこの世, にした, にすれ, にそれに, にたつ, につけ, にできね, にと或, にどうしてもう一度, になほ二丁目, になる, にはく, にはその, にはわが, には他人, には先きが, には四, には我, には村, には海, には生々, には立たず, には自分, には蜘蛛, には黒吉, にふと, にぶらさげ, にまずぶるぶる, にも, にも一寸, にも心, にも相, にも誰, にやらせ給え, にやる, によき, にキン, にサッと, にドンドン, にフリギア, にブラブラ, にプロノオス盾, にマダム, に一, に一軒, に三浦環さん, に三角帽, に下駄屋, に中洲, に丸い, に乘, に二人, に云っ, に亡くなつ, に人間, に仰っしゃっ, に会, に位, に何, に余等三人, に例, に倒, に傷, に僕, に元, に先ず, に入られた, に全身, に冒險小説, に出てる, に出入, に出来た, に出資, に力, に勾配, に印度, に叩きこわされる, に吹きつける, に告別, に善き, に嘗て, に在りし, に塔, に多量, に大使館, に大学, に太政官, に女, に娘, に家屋, に寄航, に対する意見, に尋ねかけ, に山, に巣鴨, に布部, に帰し, に広がった, に引ッ, に待っ, に心臓, に念頭, に想い出した, に感ぜられた, に我, に戰士, に戸前, に手拭, に承わりたい, に拍手, に持つ, に掛, に掲げた, に掻き廻し, に改札口, に教室, に敵將, に新しい, に日, に早目, に昔, に暗い, に更に, に書きかけた, に木, に村, に来た, に東京, に松, に次に, に正宗白鳥, に歩かせた, に歩き出した, に歯刷子, に死なれ, に歿, に母, に民衆芸術論, に気味悪かっ, に汝, に池, に泊, に注意, に渡った, に源右衞門, に火事, に熊手, に父上, に片づけちまう, に猛火, に現われる, に生, に田舍者, に申しました, に白い, に目, に眠る, に眼近く, に石段, に穴, に突き出され, に突き刺さった, に突破, に立たせる, に立たれます, に立ちまし, に立ち上つた, に笑, に筋肉, に篠田長二, に紫糸毛, に結ん, に纒繞つて, に置かれ, に義理, に耀く, に聲, に脱走, に自ら二人, に自分用, に與, に船, に艇庫, に花, に萎え, に落ちる, に蕾, に行かう, に行かなく, に行つたの, に衝立つて, に見, に見つけた, に見張り, に角突合い, に言つた職業, に訪, に認許, に説かん, に読んだ, に誰か, に貸し放し, に走っ, に走り過ぎ, に起したれ, に迎, に迫る, に述べたる, に這入っ, に進み行く, に遇つた, に金, に長火鉢, に閉口, に降りる, に限り, に隣人, に離れ, に電車, に顔, に風呂, に飛びのいた, に飛び立つ, に飛石, に飲んじまっ, に首, に駆け出した, に鰹, に鼠, のところ, のほど, のもの, のプロペラ, の一件, の亂雜, の五倍, の人情風俗, の俥, の半分, の器用, の場合, の夫, の如く, の專横, の巻, の年々, の成算, の明治十四年, の松林, の気勢, の無邪気, の目当て, の程, の胡応麟, の蝦夷, の見込み, の詩集, の途, の闇, の隣村, の電車事件, の馬の背, はあの, はある, はちゃんと, はどこ, はまるで, はジウラさんひとり, は一向, は上り坂, は丘上り, は九州相良, は低い, は何ん, は便所, は僕自身, は再び, は判らぬ, は又, は君, は夢うつつ, は娘, は山, は忘れ, は急, は明, は殆, は決して, は洋食, は生, は真, は砂利, は私独り, は細い, は自分, は苦行次第, は葉蔭, は行者たち, は見当, は跣足, は闇, は雨, は飢え, へ, へお出で, へその, へついと, へと東, へと町, へと走つ, へは多少, へは進めなかった, へばかり眼, へも動かれなくなった, へ乗った, へ亡, へ入, へ出た, へ天王山, へ帰, へ延ばしたかった, へ引移つて, へ御免, へ戻り, へ死ぬ, へ歿, へ熱い, へ石, へ行, へ行こう, へ認め, へ転送, へ通せ, へ進ん, へ駆けぬけ, ほどお, ほどの御, ほど貴島, ぼくらが, まだどんなに母親, まづさう, までも行く, まで人, まで安, まで来られ, まで歩い, まで甲谷, まで翼, まで西瓜, まで責任, まで進む, まで降っ, まはり, もう少し先, もない, も分らなくし, も名だたる, も得意先, も永く, も申, も軽業お初, や出入, われは, をあらそふ, をうしろ, をごそごそ, をつき刺し, をどう, をのがれる, をひらめい, をもつ, をチラ, を一つ, を促, を動かし, を同時に, を売り弘めよう, を夥しい, を廻り, を恐れた, を手, を捉え, を揃えた, を機械, を歩い, を歯, を片手, を眺め, を瞶め, を突きつけた, を線路, を考え, を脇腹, を見, を見とどける, を見通し, を詳しく, を読め, を讀む, を輪, を通り, を離さなかつた, を電車, を駈け, ユウトピヤとか, 一体どうなる, 世界を, 二年間の, 人民に, 以って, 何十年と, 何萬年か, 十年も, 問題が, 四男又一を, 大学の, 妾の, 寒さ, 少なくとも二週間, 平民社の, 店へ, 廊下から, 廻りし, 彼は, 忍ヶ岡を, 我輩の, 数年今は, 方まで, 明治三十六年四月足尾鉱山主古河市兵衛が, 柔軟の, 様の, 此火は, 毒を, 永久に, 法典調査会においては, 短い老人, 程はからず, 程雪, 立ちにな, 立て, 自分が, 被害民たちは, 触れが, 語学校の, 走りが, 迄を見透し, 追はせ, 青銅は, 頃東京では, 馬だ

▼ 先~ (1195, 3.7%)

7 どうなる 5 どこへ, 例の, 白い砂 4 どうした, 私の, 自分の, 見えなかった 3 どうする, わかって, 天下の, 早, 私が, 見えないほどの

2 [53件] あなたの, あらぬ方, おきまり, お屋敷, さすがに, だらりと, だんだんと, どうなった, どうにでも, ほかでも, ほんとうに, また目, もうどうにも, ヤミという, 一歩も, 二人で, 低い崖, 何にも, 何の, 何も, 何を, 何んにも, 僕の, 向島の, 大混乱, 天下中何処にも, 奈良井に, 如来, 始終こせこせ, 少しも, 急に, 未だ一丈許, 歩いて, 殆ん, 毛布の, 江戸の, 海だ, 渓川で, 濡れて, 真暗だ, 知れて, 私は, 空漠たる, 練塀小路の, 自分で, 見えて, 賣物買物お金さ, 路が, 長いから, 闇, 闇である, 闇の, 非常に

1 [1033件 抜粋] あと三〇キロも, あぶないと, あらあら, あるいは札幌, ある大家, いいえ大丈夫, いいん, いかなる惡しき終り, いずれ一月寺, いちはやく物音, いつかオール讀物に, いつもこんな, いよいよ他, いろいろと, うちの, おしまい, おれが, おれよりも, お互, お代官, お前, お前さんに, お前の, お旗本, お芋, かすんで, かの火薬製造所, かわすに, くまなく, くれぐれも身, こちこちと, このとき, この中, この八等官, この場合, この石橋, この道場, これも, さだめし悲嘆, さっぱり記憶, しき石の, すぐに, すぐ広い, すこしずつ, すっかり繃帯, ずっと猫, せつな火, そのつもり, その医者, その空気, そりゃ喧, それらの, そんなに暗く, たかが質屋渡世, ただどんより, ただ暗黒, たとえ遅々, だめじゃ, だんだん雪, ちゃんと分っ, ちょうど武家, ちょっとも, つまりこれ, とうとう言わず, とてもむつかしい, ともすればねらひ, どうありましょう, どういう風, どうしてまた, どうせわかっ, どうである, どうと, どうならう, どうにもこうにも, どう変っ, どこかって, どこかという, どこに, どこへやら, どこも, どっちに, どれほどの, どんなふう, ないが, なかなか遠い, なほ有り得ない, はがされずに, はても, ひどく臆病, ぴんと突っ張り, ほかにも, ほとんど意味, まさしく東, ますます修行, またはっきり, また別に, まだきまっ, まだ池, まっすぐに, まるでむちゅうで須田町, みな西より, むつかしくは, もうこんな, もうどうする, もうどっち, もうどんなに理論的, もう一ぺん, もう云う, もう何, もう僕一人, もう家, もう岡崎, もう書かず, もう湖, もう真, もう私, もう縁側, もう見えず, もう覚えない, もう雪, もつと, ものの, やはり下総, やはり尾鰭, よく存じません, よまずに, わからない, わからぬ, わからねえん, わたしが, わたしは, ゑんゑんとして, アカシアの, イオニア式の, カヌーも, ステッキの, セーヌ川が, ビリビリプルプルン, ベッドの, ポカンと, 一つだ, 一と, 一切の, 一城の, 一時の, 一本道だ, 一種の, 一緒に, 一門の, 七軒町の, 万吉には, 万難を, 三毛猫に, 上方でも, 下り坂で, 不取, 不明だ, 丘の, 中華料理店の, 主君の, 二つ岩團三郎だ, 二三十人ばかり, 二人共煙の, 二番目の, 五番町なる, 亡くなつた社会党, 人の, 人家もござりませぬ, 今日まで, 他の, 会ったらどうして, 伝七郎に, 伯父さんに, 何うし, 何しろ素人, 何んと, 何処だ, 何地で, 何所へやら, 何處だ, 作者が, 信州の, 俳優の, 偉い力, 働かないで, 元からの, 先だ, 先方へ, 先頭後は, 兎にも, 全く同じ, 全然の, 八官町と, 兵庫で, 冬の, 冷え切って, 刀剣で, 分らなかった, 分りません, 切断され, 判った, 判りきって, 別れ道に, 割烹旅館特に, 勘でのみ, 千貫取りの, 南河内の, 即ち河口, 又広々, 友情の, 取敢, 只今申し上げた, 右まで, 右御礼のみ, 右申入度早々, 名誉の, 向うの, 周防の, 唖か, 唯二時五分に, 善悪とも, 器内の, 嚴重に, 四条坊門ぢかい, 困つたこと, 土地の, 地下室な, 地獄が, 堅剛の, 塩を, 売物買物お金さへ, 夕飯に, 多寡が, 多摩川で, 夜中乍ら一軒殘らず, 夢うつつで, 夢中でありました, 大体農業産業資本家乃至, 大地から, 大抵よごれ, 大統領官舎の, 大通りの, 大野屋といふ, 天井とも, 天狗の, 夫婦乞食が, 女だ, 好運な, 如何なる事, 如來菩薩の, 妹背山蘆垣の, 威張って, 嫁の, 学生だ, 安心だ, 完全でなかった, 官の, 定つて, 容易な, 富士川の, 寺の, 尋ねなかつた, 小学校の, 小梅の, 小郷の, 少しだらだら坂, 少し割れ, 少し調子, 尾張中将の, 居ると, 山が, 山崎町の, 岡本勝政の, 巨人の, 帝都の, 平凡だ, 平野で, 幸便不, 広い平ら, 床に, 庭である, 弓端に, 強く動いた, 彼の, 彼らの, 往来が, 待ちきれませぬ, 後方をも, 徒歩である, 御両親, 御大身, 御無沙汰の, 御聞, 微かに, 必ず一点, 忘れて, 急ぎの, 急用御座候に, 恐らく一瀉千里, 息づえを, 悉皆もう俛首, 愕然と, 我々法に, 戸山が, 折れ曲って, 接見許可を, 教えて, 文字どおりに, 斯ように迄, 新禧拝賀の, 新花町の, 旅行に, 日本での, 日本の, 日本橋裏通りの, 早々頓首, 明智方の, 昨日より, 普在, 暖かでした, 暗い四畳半, 暗かった, 暗という, 曲る堅牢, 書類箱の, 木曾川も, 本港町へ, 材木置場二三軒拾つて安全な, 東京に, 東湖樵夫と, 杳として, 架空な, 桃畑だった, 桑畑に, 森林の, 楠木正儀たちが, 極難所, 橋を, 機関を, 次第にさむし, 正確に, 歩かないで, 歩行も, 殊さら鬼多し, 残り少なに, 毎日この, 水道浄水場の, 永いから, 池袋から, 沢山です, 波が, 泥田の, 洛陽の, 浅草の, 海か, 海の, 海面に, 深川の, 清さんの, 湯殿と, 滝の, 濃霧に, 灯火の, 無いん, 無爲, 熊野山伏の, 父の, 特に官公庁, 猿か, 瓦町の, 用意が, 田舎に, 町も, 町奉行所だ, 畦の, 疾風に, 病院であっ, 白川の, 皆渠を, 目ざとく見つけ, 直ぐ新, 真っ蒼, 真暗で, 真犯人の, 真黒な, 知らせるん, 知らないよ, 知らぬ存ぜぬと, 知れ切つて, 石の, 確かに, 禁じられるか, 私から, 私も, 秋田雨雀氏の, 秘密境迷路が, 空壜の, 端折って, 管理し, 籬の, 粘土板と, 素女と, 細くさけ, 経来った, 結局相手の, 綺麗と, 緊密に, 縞萱つづき, 織田領な, 美佐の, 考えられなかった, 考へる余地, 聞いてない, 聞かすな, 聞こえなかった, 腰ほどの, 臨機応変に, 舞臺の, 舷の, 船大工の, 芸者だ, 若葉で, 茫々と, 荒木田氏経と, 葡萄畑にな, 薬局で, 蝦夷を, 行けないじゃ, 行けませんぜ, 表面の, 裾の, 西洋館に, 見えすいて, 見えたぞ, 見えない, 見えないほど, 見えぬ, 見えりゃせん, 見たきり雀, 見る見るグルグル, 親分の, 観て, 解る道理, 言って, 言わぬほう, 言葉が, 訳は, 話さなかった, 誇張かも, 説明の, 読めませんでした, 調法な, 谷の, 貴方に対して, 越中国を, 蹄が, 身の, 車の, 軍隊用の, 軽かった, 近代史これが, 透かさずそれ, 進まない, 遂, 過日の, 道は, 遠い, 郊外に, 酒を, 重箱鯰の, 金城鉄壁をも, 針が, 針ばかりに, 鉄甲の, 鉄装の, 鋭く切れる, 鐵道馬車が, 長い冬ごもり, 長禅寺山の, 闇見える, 阿波という, 階段を, 隣の, 難波の, 雨空だった, 雲みたいな, 電車と, 青々と, 青貝塗りの, 静岡県の, 靡く姿, 頗る簡単, 頭上の, 飛札かくの, 香港である, 馬の, 馬車の, 驚ろかされない, 高原の, 魔物が

▼ 先~ (1149, 3.5%)

8 笑った 7 それを, 笑って 6 あつた 5 あしらって, ちょいと, 自分の 4 土を, 突いて 3 ふふん, フフンと, 下唇, 嘗めて, 地面を, 彼が, 彼の, 手を, 見て, 言つて分つた

2 [64件] くるりと, ぐるりと, せせら笑った, そつと, それから皆さん, ちよいと, なでれば, はねのけて, ふんと, ほじくって, まわしながら, やって, コツコツと, トンと, 云おう, 何度も, 何方が, 刀の, 分娩する, 力なく, 唐紙を, 嘲弄し, 器用に, 地面に, 壁を, 女の, 庭が, 張板に, 強く打て, 弾いて, 往く, 往こう, 思って, 扉を, 押して, 拍子を, 指を, 揉みながら, 揉むの, 描いて, 散り布いて, 灰の, 灰を, 煙を, 犬の, 男の, 相手の, 眼の, 私は, 私達の, 笑いながら, 笑いました, 裾の, 見事瞬きする, 観世撚, 誰が, 蹴飛ばした, 重い畔土, 降雨の, 静かに, 順々に, 頭を, 髪を, 鼻の

1 [940件 抜粋] あしらい, あしらい得るよう, あっちへ, あつたらう, あつて, あとから, あやつって, いくつと, いじるだけ, いぢ, いつたん, いふの, うるさく心配, えぐり取って, おこして, おつぎ, おれは, お前あんまり, お犬様, お菓子を, かき回しながら, かき寄せながら, かき払った, かすつた樣, かぶさる薄, からからと, がりがりかい, きっと噛みしめ, くり抜いて, くるくる廻転, くるめて, けこむ, けとばして, こういうこと, こういっ, こじあけて, こすって, こちと, こつこつと, こともなげにいっ, この機会, この駕籠, こーんと, ごに, さきがけ殿の, さわって, さわっても, ざらざら撫で, しきりにかき廻し, しきりに撫で, しつきりなし, しばらくまわし, しらを, すくいあげて, すくって, すぐまた, すら中新田, すれ違いまして, せせら笑いながら, そいつを, そうつと道ばた, そこの, そっと角封筒, そっと面, その棕櫚, その泥酔者, それから冬物, たき火を, ちょいちょい半兵衛さん, ちょっと叩い, ついたほどの, ついたり, つっついて, つっ突き, つついては, つつき出して, つまみながら, つまみ取りそうして, とどめを, とび出した様, とりながら, とんと床, どうかし, どこかの, どんな事, どんな目, なめずりながら, なるべく安静, はしたなく向う, はじきながら, ばったり出会う, ぱっぱとごみ, ひと役頼む, ひろがり底, ぴか, ふうわりと, ふき子が, ふみつけた, ふわふわと, ぺろぺろ嘗め込む, ほじくり出すと, ぼんやり欄干, ぽつり, まず身慎莫, まだ乾かない, まるめて, みみずの, もう一度右, もてあそんで, やっと引き起こします, やるの, ゆたんぽの, よく探しあてた, よ見る, わたくしの, アドを, アヽンと, クチャクチャやっ, グル, コツコツ氷, コンコンと, コンシャルドラマの, ザクリバタリプーッと, ステツキを, セセラ笑っ, ソッと, チクリと, チョン切った, チラチラ笑い, テンピの, テーブルを, ドキドキと, ハンケチの, ピシリピシリと, フウフウと, ブルン, ペッと, ペロペロと, ポンポンと, マルの, メダカを, 一々指し, 一二ヵ所患部を, 一寸掻き合せた, 一寸頬, 一本一本神経を, 一枚づつばらばらとはじいて見る, 一泊し, 一語一語を, 三和土の, 三日も, 上げて, 上部だけは, 不正財宝の, 中央部を, 乙な, 乳房を, 争って, 二に, 二人は, 云う, 云う言葉, 云つてゐれ, 五人の, 人と, 今大路, 仕留めましたること数, 他愛も, 伝令らしい, 佇んだ, 何か, 何やら描い, 使いに, 使い慣れた結果, 使ひこなす, 侍の, 倒れて, 偽者と, 僕の, 免職を, 兎に, 八五郎は, 兵太郎君の, 其まつりごとの, 兼て, 再度の, 出す御礼, 切口を, 刎ね, 刳っては, 刺しやがったん, 割腹自刃を, 動く道路, 匆匆と, 十五分ばかり, 印された創痕, 参考書が, 取つて, 受けとつ, 受け止めた, 叩きました, 叫ぶ者, 右から, 合図した, 合流する, 同じく黒薙川, 吐きながら, 吠える, 呼びたてたの, 啜って, 嘗めるよう, 嘲って, 嘲る如き横意地, 回転を, 土間の, 圧すと, 地べたの, 坐り様が, 壁に, 大きくなっ, 失礼した, 女が, 女衒の, 妙な, 姿を, 子供が, 学生達が, 守衛部屋の, 安心する, 宴歌を, 家庭の, 専門学校への, 小さい石, 小さくちぎっ, 小さな花, 小女が, 小皿の, 小野田が, 少しづつ, 少しと, 展げて, 屹と, 岩や, 川が, 川口が, 帆村の, 帯を, 常に左右, 年を, 庄三郎の, 度々御免, 庭前の, 廻して, 弄った, 弄つた, 弄んだ, 引いた, 引掻いたやう, 弟が, 強く海水, 弾力の, 当るか, 彫り刻んで, 役人の, 彼女に, 彼女は, 待たされた, 後に, 御話し申す, 必要な, 忽然とばかりに, 怒鳴っても, 思想上の, 怪物の, 意の, 憚る, 手に, 手の甲を, 打つ, 打つ彼, 扱って, 抓みとって, 折目が, 押えたり, 押さえ急, 押しのけたり, 押し出した, 拡げて, 拳骨を, 拾ひあげ, 指が, 指さす品川, 指すの, 按んで, 振り廻し振り廻しし, 捏ねた, 掃き去る, 探しながら, 探りながら, 探ると, 掬って, 掻きまわす, 掻くと, 揉み消し縦, 描き出すと, 揺れ動いたと, 摘んだまま, 撥を, 擽られるやう, 支那人が, 整へながら, 敷石を, 文章を, 斬合いを, 新聞紙の, 日吉の, 昨夜極東染料会社の, 晝飯を, 暫く控え, 曲げたり, 書いたよう, 書いた字, 書物の, 木の, 本郷五丁目の, 松明を, 格子を, 梯子の, 植木屋が, 横死した, 機械を, 櫂を, 止めたって, 武助と, 死んだという, 歿く, 殺しが, 毛虫を, 毬の, 水溜の, 氷滑りを, 汚な, 法界坊の, 洟を, 浮き上ったり, 消し飛, 涙の, 深く一筋, 混ぜて, 湖の, 湿らしてから, 溶けて, 漁れたもの, 潰して, 濡らす仕ぐさ, 濡れた陣幕, 火床の, 火鉢の, 炭火を, 烏川を, 無理に, 煙草の, 片付けるつもり, 牛車に, 球を, 生意気そうに, 甲板を, 男が, 病ついた, 病臥し, 癪らしく, 発芽する, 白い砂, 皿まわしを, 盃を, 目に, 目釘を, 直ちに炭庫, 看とるもの, 着物を, 睨み合つて居た, 短剣を, 石は, 石塊を, 砂の, 砂利を, 砂洲の, 破間川を, 硝子の, 碁の, 示しながら, 神田に, 神経繊維を, 私の, 移植した, 穴を, 空世辞を, 穿つ穴, 突いたほども, 突いても, 突きだした, 突くよう, 突つきながら, 突ッつい, 窓下の, 立ち話を, 立てること, 笑つ, 笑つて, 笑つて嘲つた, 答えた, 箏を, 納屋を, 細かくわっ, 終って, 組んだり, 縛られたとは, 纏る, 老人と, 考えるより, 肉を, 肉体的関係は, 胡蝶の, 腰を, 自然に, 舐めて, 色は, 花が, 花瓣を, 若党の, 苦労を, 苦笑, 草莢竹桃の, 葉子の, 虚空を, 蛇を, 蜂の巣を, 融けるの, 行うた僅か, 裏戸を, 見せびらかす, 見たり, 見る, 見栄も, 言い捨てて, 言った, 言はれた, 訊くこと, 讀みにくい, 財産を, 起こして, 足を, 踏まえた, 踏みにじりながら, 踵を, 蹂んで, 蹴とばして, 蹴り酷く, 蹴り飛ばした, 蹴飛, 転くそ, 軽くふん, 軽くリノリウム, 軽く浮木, 軽く蹴り, 軽く雪子, 軽蔑的な, 辛うじて梯子, 近の, 迷ったが, 追いかけたが, 追い立てた場所, 送った, 逢ったか, 逢ったといった, 過した, 遠く太平洋, 都会の, 野薊の, 針の, 釣ったの, 鉄釘の, 銀貨や, 長女貞子, 開いて, 障子に, 隣には, 雲霧の, 靴の, 頂上の, 頬べた突つい, 額に, 顎を, 風に, 風呂敷包みを, 飴の, 養分の, 馬鹿に, 高屐, 鬼神を

▼ 先~ (956, 2.9%)

10 見えて 6 あるの 5 尖って 4 あるん, 妙に, 急に, 浮いて, 自分の 3 あった, つかえて, ない, また庭, 出て, 案じられる, 真暗に, 見えた, 見えない, 開いて

2 [47件] あつた, あまり遠く, あります, ある, あると, かすかに, きいて, このとおり, そつと, だんだん延び, どうなる, はっきりしない, ぶるぶる震え, ほかへ, わからないと, 三つに, 今や帝劇, 先なら, 出たが, 向いて, 唐の, 地に, 垂れて, 少々逆戻り, 微かに, 晴れても, 暗くなるほど, 東に, 棺の, 水を, 濡れて, 燕の, 痛くなっ, 痺れて, 真っ暗に, 知れないからの, 紫いろに, 見えてる, 見えてるん, 見えないので, 見えなくなって, 見える, 雲を, 顫え, 風の, 飛んで, 鶺鴒の

1 [791件 抜粋] あがるまでの, あたって, あったの, あったら行く事, あつたら片づい, ありありと, ありますたい, あること, あるもの, あるよう, あんなところ, いかにも使い順ら, いそがれて, いやに, いよいよ解らない, おきまり, おなかに, おわかり, お勝手お勝手は, かすって, ききたかつた, きっとその, きまったぞ, きまったについて, きゅうに, くらくらする, ぐっとあがり, こたへさうである, こちこち鳴る, ございます, ささくれるまで, さらさらと, しっかり撚りつけ, しどろに, しびれて, しれないが, じんとして, すぐに, すこし脂, すこぶる拙い, すっかり曖昧, すっかり錆び, すなわち例, ずる, そう分っ, そっとその, その服, その気, それほど殖えた, ぞくぞく寒かっ, たいへん, たとえ米友, たまたま石田, ちかちかと, ちと辺鄙, ちょうど戸, ちょっとお話, ちょっとさわった, ちょっとわかりません, ちょっと出, ちよつと, ちらちら輝らしてる, ちらと, つかえるよう, つかへる狹, つぶれたの, つぶれて, つめたい位, とがって, ときどき波, ともすれば身, とりつけて, どうしていい, どうしてもその, どうとも, どうなろう, どうもイケ, どことは, どのくらい, どれも, ないので, ないよう, なくなって, なんせい, なんという, にがみ, ぬれて, はっきりした, ばらばらに, ひかつて, ひくひくと, ひどくつめたい, ひょいひょいと, びッしょり汗ばん, ふと眼, ふるえて, ふれたかと, ぶる, ぶるぶるふるへる, ほとんど見えない, ほんとうの, ほんのちょっぴり, ぼくの, ぼろ, ぼんやり紅絹裏, ぽかり, またどうなる, また眸, まだだいぶある, まだ少し土, まだ長い, まっ先に曹操, まつたく鈍つて, まるで蜂, みえそこ, むずがゆくなった, もういつの間にか燃え, もうすこしで, もう一手, もう少々白く, もやもや暗く, やけおちて, やっと鎌倉, よく呑, よく見えず, わかったもん, わかって, わからないもの, わからなくなって, わからねえん, わかるもの, わくわくと, アシナガグモの, インキに, クシャクシャする, サン, ジクジクと, チラリと, テーブルの, ピクピク動く, ピセみたいに, ピリピリプルンプルンと, ヘカトンペドス・ナオスで, ベロリと, ボウボウも, ボーッと, メキシコであった, 一寸ほども, 一寸も, 一尺ばかり, 一息に, 一点に, 一軒殖え, 三角形に, 上って, 上に, 上向きかげんの, 上総の, 不健全な, 不法な, 並み並みの, 中井の, 丸く滑っ, 之を, 乾の, 二つの, 二三寸大地に, 二三度低い, 二十本あまり金五郎を, 二寸ばかり, 二間ばかり, 云えないで, 云えなくなった, 互いに触れ合っ, 五六寸の, 人間には, 今云った, 以前から, 住田の, 何かの, 何と, 何の, 何十家にも, 停ると, 偶然赤い, 僕には, 儀式張って, 先だ, 先斗町である, 光りまして, 入つたん, 入用ようなら, 全部だめに, 八本にも, 冷い, 冷えきって, 冷えて, 冷たい, 冷たい水, 凍ったよう, 凍るよう, 出なくなって, 出るほどまで, 出来ると, 分らなきや, 分らなくなって, 分る器械, 分れて, 切り取って, 切れたまま, 切れるかと, 切支丹屋敷の, 刎ね, 判ってるッ, 判らない為, 判らなくなった, 判らねえって, 判れば, 利き, 力づよくはねあがりぴんと, 動かないので, 勘ちがいでも, 勘三の, 千切れ, 危ないの, 危険な, 反返って, 吉田屋さんだった, 同じよう, 同じ窮迫, 向けら, 向けられました, 吹き出して, 問題です, 問題では, 四弁の, 困り切つてる内, 地べたの, 地獄に, 地面の, 堅すぎる, 堪るまいでは, 変って, 変つた, 外が, 大て, 大国なれ, 大川の, 大広間です, 天井に, 女の, 妖物の, 安全だ, 宙に, 宛名に, 小さくな, 小公園, 少々ふつごうな, 少しあたった, 少しずつ, 少しは, 少し不思議, 少し太く, 少し暗い, 少し隠され, 尖つた石, 届かなくなった左, 届きそう, 山であります, 岩壁へ, 崩れて, 巧いんだ, 差し付けられた, 幸い水谷町, 広がって, 延びて, 弁天堂の, 弓なりに, 弱くなった, 強ければ, 弾丸の, 当てに, 当に, 待ち遠しくて, 待って, 心細からう, 忽ちに厠, 思いやられるたい, 思ひやられます, 思ひやられる, 急がれるので, 急げば, 惜しいこと, 我慢の, 戦いだよう, 折れて, 折れました, 折れ伏して, 拇指の, 捲くれ上がって, 提灯を, 搖れつ, 散らばって, 新たな, 日々増える, 明らかに, 明るくなった, 明るく考えられる, 明智の, 時々赤く, 晴れた空, 暗いからって, 暗くなる, 暗んで, 曲者の, 最初から, 木曽義明だ, 木造の, 枕元の, 案じられるから, 案じられると, 桜痴居士の, 棒の, 森川屋の, 楽しみでも, 楽しみの, 機嫌が, 欠けたり, 欠けてるじゃ, 止まって, 毒蛇の, 気遣いで, 氷で, 永いね, 永くは, 沈むほどにも, 洩れたので, 流れて, 渾沌だ, 濡れたよう, 火花を, 点々と, 無いわけ, 無難でない, 焦げるほど, 煙りの, 煙草へ, 牛込原町に, 狂うよう, 独活の, 現われた, 現われて, 男の子たちの, 畑柳家でなかった, 痛い, 痛くなった, 痛むやう, 痩せて, 痲痺し, 白かった, 白く重, 皆外の, 皆目知れない, 盜んだ, 盲だ, 盲滅法に, 直ぐ雨戸, 真ッ, 眼から, 知りたかったん, 知れ, 知れないの, 知れません, 知れん, 短いので, 短いもの, 短くなりました, 破れて, 磨滅し, 私の, 空に, 突刺りやしない, 窓ガラスに, 端なく, 粘つ, 紙に, 紙面を, 素晴らしい権臣, 細くなっ, 細く頭部, 続かなくなった, 続けられなくなりました, 縮こまる程, 罠にな, 考えられなかった彼, 聞きもの, 聞き入れない場合, 肝心の, 肩に, 背中まで, 脇窩の, 自分を, 茫としてわからなくなりました, 荒れるの, 萎れて, 蒼白に, 蔓の, 薄を, 薄暮の, 虹の, 蛇の, 蛾に, 裂けて, 襟もとから, 見え, 見えたっ, 見えたので, 見えないから, 見えないという, 見えない人間, 見えない程, 見えなくなった, 見えぬの, 見えますと, 見えません, 見えるぐらい, 見えるだけでも, 見えるの, 見えるのみ, 見え水道, 見え生々しい, 見え過ぎる者, 見つかったらしい, 視覚に, 覚束ない, 触れたばかり, 触れた瞬間, 触れ合う, 触手の, 言えなかった, 読みたくなつ, 赤いよう, 赤い痕, 赤く尾羽, 赤く染つて, 赭い, 足に, 足の, 躍り上って, 車止めに, 軟かな, 軽く甲谷, 近いと, 逃ようとも, 這入ったから, 遇然, 達し得ぬという, 遠いこと, 部屋の, 重くなった, 重くなる, 重たくなっ, 金包みを, 金色に, 針孔から, 鈍すぎる, 鈍ったこと, 鋭くとがっ, 鋭く尖っ, 鋭利に, 錺屋と, 鍵屋の, 長いから, 長いこと, 長いの, 長うございます, 長くない, 長沢村でござん, 閊えるほど, 闇であろう, 階段の, 難剣, 雨傘に, 雪で, 震へて, 震へるばかり, 霞んで, 青い空, 青黒く色變, 面白くなる, 頭に, 飛び出して, 馬では, 駄目な, 高すぎ, 髭に, 鴫丸の, 黄ばんで, 黒くなっ, 黒くぬれ

▼ 先から~ (682, 2.1%)

22 足の 19 先へと 13 帰って 9 先へ 6 血が 5 云って, 戻って, 水が, 頭の 4 わたしは, 先と 3 先の, 煙が, 頭まで

2 [32件] このよう, すぐ帰っ, だん, つい皆, 云った, 人の, 余計な, 來て, 出て, 唾液を, 奥の, 帰つて来る, 思って, 戻つて, 暇を, 来て, 歸つて來た, 火が, 爪先まで, 目を, 相手の, 眼を, 私の, 考えて, 自分の, 花色の, 訣つてゐる, 足を, 逃げたがる風, 雨戸を, 雫を, 餘計な

1 [512件 抜粋] あたま, あの声, あの部屋, あやしいん, ありが, あるには, あんたに, あんたに対して, いずれも, いとしゅうて, いろんな芥屑, いわれたくらい, いわれたので, おかみさんには, おしりばかり, おそれいったふう, おのずからこういう, お前の, お待ち兼ねでございます, お甲, お礼を, お話し, かう百足, かえってくれ, かき出す音, かげが, からだを, からっぽ同様に, がらりと, きこえるよう, きらきらと, くさつてしま, くさりが, ぐれ出して, ここに, ここへ, このよけい, この世に, この男, この都賀山, こぼれ落ちる飯粒, こんどは, こんど呼び寄せた, こんなもの, こんな話, さらに上流, しずくが, しみて, じりじり腐っ, すぐ俺, すぐ彼, すでに, すでに寒く, すでに寒月以上, すでに感心, すでに群集, すでに金田君, そういうてる, そこに, そこへ, そっと祠内, その後を, その数週間, それとなく暇乞い, それを, それ位ゐ, ぞくぞくした, ぞくぞくと, ぞくぞく冷え, たしかに苦手, たんたんと滾れ出る, だそう, だんだんペチャンコ, ちと不, ちょくちょく御, ちょっとも, ちょぽ, であった, ですね, では, でも, とって, とてもできない, どうせ大した, どうでも, どっと血, どやどやと, ないわよ, なくな, にこにこし, ぬけ落ちて, はいって, はい上がっ, はなさずに, ひきだして, ぴんと突, ふっと抜け, ふり返っ, ぶら下げて, ほしいと, ほとばしらせる魔術, ほとばしッ, ぼた, ぽたぽたと, また家, もうチラホラ朝鮮, もう坑夫以下, もう妥協, もう心, もう自分, もう舐められ, もう負けた, もう顔, もとの, もどって, もれるの, やいやい言う, やがてその, やって, やっと帰っ, やむをえず雪中, やや斜め, よこした絵葉書, よろよろと, わかつて, わがままな, グルグルと, スルスルと, ズッと, ズボンの, タラタラと, ハラハラと, パツパツと, ヒラリと, ポタリと, ポタリポタリと, ポーッと, ユラユラと, リノリュームの, 一個の, 一定の, 一枚の, 一片の, 一生摺り切れない, 一道の, 万吉も, 上高地の, 下って, 下の, 下へ, 中心の, 主家へ, 乳が, 乾いて, 二十円三十円と, 二十間で, 二度まで, 云ってたん, 云われて, 五番に, 人は, 今しも, 今にも滴ろう, 今帰っ, 今帰った, 今度は, 今日斯う, 今白帆, 付いて, 何や, 何やらむやみ, 何品をと, 何故, 俊雄は, 信じがたい, 借り蒐め, 僕に, 先からと, 先に, 先までを, 其の一挙手一投足, 冷い, 冷く, 冷たいから, 冷たい血, 冷たさ, 出されたら藪山, 出る煙, 出る黒, 出ッ臀, 分つて, 切れか, 刎ね, 剃刀を, 勝ち祝いの, 勤王を, 匂ひ, 匂ひでも, 千鶴子と, 厭な, 友達と, 古い鎗, 古呆け, 召集され, 右手の, 吊り下げられぶらんぶらんと, 吐き出しながら, 君に, 呼ばんければ, 呼びかえされ危篤, 呼びたてる声, 呼んで, 命びろいをした植田良平や, 咲いて, 咳が, 咽喉の, 善光寺辰が, 喫茶店で, 嗅ぎつけて, 噴出させ, 四谷の, 囲炉裏ばた, 國粹などを, 土蜘蛛の, 地の, 地上へ, 塔の, 声を, 壱岐びとに, 売却を, 変な, 外さず押しつづけて, 大手まで, 夫に対して, 始まる, 娘が, 存じあげて, 存在し, 孤に, 宮中に, 家に, 家臣の, 寄した, 寄せられた往時追憶, 少したれる, 尖った剣, 尻尾の, 尻尾まで, 尾の, 居る客, 居る父親, 山名村や, 岩の, 帰った, 帰ったらコンテさん, 帰った家内, 帰つ, 帰つた, 帰つたといふ, 帰つて来た, 帰らなくても, 帰りがけに, 帰る一会社員, 帰る荷馬車, 帰宅する, 帰宅せられた, 帰省した, 平次は, 年頃の, 店員が, 座敷で, 引き挙げられる筈, 引き返して, 引返して, 強い電灯, 当人は, 彼を, 待ち構えて, 後生を, 徒らに, 御託宣が, 微妙な, 心は, 心安い間, 心臓まで, 思い出して, 急き立てる, 急電によって, 恐怖を, 息を, 愉快愉快と, 感じて, 感激し, 戻つたわけ, 戻るでご, 戻るの, 扇子を, 手に, 手の, 打ったもの, 抜き取って, 拘引された, 拭い取った, 持って, 持ってるのに, 指の, 指を, 振向いて, 掃き出して, 掻き出した, 提灯を, 握った時, 援けに, 放れない紋也, 散らうとも, 断られるかも, 断りも, 斯うい, 旗を, 既に彼, 既に必ず動向, 既に着るべき, 昨夜寝る, 更に無, 書きながす人, 書斎の, 會計を, 月江の, 望見される, 本庄鬼六が, 本郷座の, 来た, 東京へ, 柄目貫まで, 横丁へ, 歩いて, 歸つて來る, 歸つて御, 母に, 気がついて, 水の, 水を, 水際の, 氷柱が, 汗まみれに, 泣きべそ, 注文された, 洋袴の, 流れ落つる濃, 浅草猿若町の, 海水が, 消えて, 消そうと, 湯気の, 滲み出て, 滴らす唾液, 滴る海水, 焔の, 無恙男子分娩, 無暗に, 煙の, 煙りと, 煙草の, 煽り立て, 熱いもの, 燃え上がる, 爪の, 片附け, 特急こだまで, 瓜の, 生きて, 生まれて, 生れる製品, 用が, 男の子の, 疲れ切った翼, 病院へと, 発したの, 発生する, 発足する, 盛に, 直様渋谷へ, 相手を, 真下に, 着物の, 矢よりも, 知って, 知つてたんだ, 祖先が, 私が, 私に, 空を, 空手で, 突然尋ねる, 立ちあがって, 立ち枯れて, 端まで, 竿を, 細い糸, 給仕女が, 総が, 考へて, 耳について, 聞えるよう, 聞える様, 聞え来たの, 聞しに, 胸算用を, 能登守は, 腕まで, 腰懸, 膝の, 膝を, 膝頭の, 自分には, 自分自身を, 自宅を, 自然に, 興津蒲原田子の浦, 舐め始めて, 舟に, 舳を, 茶化すに, 荒川の, 落ちたじゃ, 落ちて, 落合って, 葉の, 蔑まれるぞ, 薄い煙, 融け始め融けた水, 血の, 血を, 行はれ, 裏掻し, 裸指が, 襲せ, 見えたそう, 見ぬく射的屋, 見ると, 見当も, 見澄まして, 解って, 解つてゐる, 言うて, 言った, 言つた, 訣って, 訪ねて, 誘拐され, 豚の, 財宝などを, 貰えという, 賑か, 赤くなつ, 越しますつもり, 迸り出て, 迸る殺気, 追いのけること, 追出されたの, 逃げだしたの, 逃げては, 逃げまどうよう, 逃げ出して, 逃げ退いて, 遁れたい, 遊びに, 道が, 道編が, 遠眼鏡で, 酒の, 金の, 鍔元までを, 長い間道草, 長くなった, 門前から, 険悪に, 隠したいばかりに, 離すこと, 雨垂れが, 電話を, 震天動地の, 頂きました御, 預かつて, 風早が, 飛び出して, 飛び出しもう, 飛び出す火花, 飛んだ血, 飛んだ露, 飛んで, 餌を, 駈けつけて, 駈け込んだので, 驕奢の, 驚くだろうと, 髪の毛まで, 鶏に, 麺類を, 黄味が

▼ 先~ (645, 2.0%)

140 第一 11 第一番 5 之れ 4 大體, 行きて 3 考へて, 話して

2 [29件] あり得ないこと, この家, さう, そのイメージ, は申分, は美しい, 之と妥協, 其の主義綱領, 其の公生涯, 其の外形, 其の怪腕, 在りて, 大成功, 好かつ, 始めなければ, 思へ, 打ち切つて, 措きまして, 断つて, 珍しい許, 短いの, 考へなければ, 見えて, 起ちて, 陳ず, 青い二葉, 驚いた, 驚かされた, 驚かれたの

1 [417件] あの下男, あの地獄変, あの地獄變, あの死んだ, あの穴倉, あの線路, あらゆる舞台上, いかなる事態, いかにも古代, おるずおるす, お國侍, お孃さん, かういふ場合, かういふ形式, このへん, この事, この五年, この人物, この戯曲, この科学, この雨戸, こやつ, こんな風, その, そのとき, その傷, その名称, その声, その女, その小室, その形式, その母胎, その理由, その理論的進展, その石竹色, その積り, その籠手調べ, それから見せ, そんなこと, そんなもの, つ, と言う, どうして學校, どうぞ, ないもの, なかつたと, なからう, は上品, は世間並, は商人, は大金, は太夫, は寧ろ, は平凡, は御, は感覚的, は滞り, は覚め, は重, もう一度宇治博士, も行く, よかつ, よく息, よく感じ, ウケること, パチパチと, 一応は, 一応両者, 上ると, 下げ渡されること, 下る, 不取, 不必要, 之なら, 事欠かないと, 亡き円右, 亡ぶ, 仰向きに, 伐られて, 休まねば, 休んで, 似たと, 何だか身體, 何と云, 何よりこれ, 何よりと, 何よりもと, 何より先, 何より手, 何より氣, 何より被告, 何気なく懐中物, 侮らるべき愚, 信じたり, 信ぜよ, 借りたといふ, 働かう, 儲けて, 光る植物, 入つて, 入る者, 全體, 其のお, 其の位, 其の問題, 其の地方, 其の場, 其の大学, 其の女, 其の室, 其の局, 其の屋外, 其の工合, 其の弊, 其の徳, 其の構造, 其の第, 其の細君, 其の絵巻物, 其の袂, 其の點, 凝乳, 出て, 出来ぬと, 出来まいと, 切りあげられた, 初抜四束, 別れて, 助かる見込, 努めて, 動いて, 動かないと, 動きて, 勤めて, 半陰影, 厳に頭, 去る去る, 取上げたる一枚, 取敢, 受ける, 受けるもの, 同じ中央公論, 同じ祖先, 向ふ, 告げよう, 咲き出すの, 咲く宿, 善い部, 善く其の, 喜んだが, 回るの, 在り, 在り得るとは, 埋めなければ, 多少こじ, 大い, 大きさ, 大きな料理屋兼旅館, 大ざつぱに, 大ヒット, 大喰, 大抵此部屋, 大聲, 大體上, 女らしい情緒, 好し, 始めた, 威張つて, 嬉しやと, 存じて, 安き補償金, 宜い, 寝給, 寫して, 封じたそして, 将然言, 尋ねたの, 小さいの, 小さい書斎, 小さなところ, 小さな丸い, 小さな門, 少い, 少いと, 少くとも, 少しく立入つてアガペー, 少ないとして, 少国民, 居並ぶ其処, 常大寺, 平扁, 広い控処, 引止める気, 強い聲, 当らずと, 当然の, 得よ, 御目, 御話, 微笑み, 心得べき事, 忘れたと, 快く一夜, 思ひ出したの, 思ふたの, 怪しき天幕, 恐ろしく調子, 恥しさ, 恥づべき個所, 恵まれた, 悪くなし, 感じさせる, 感じた, 感じられるの, 感じること, 憤を, 成らむ, 成りぬ, 成るたけ事, 成立つ客體面, 我が住家, 我が日本, 我が眼, 戻して, 手繰る外, 手重いの, 打たれるの, 投げ出して, 持たれます, 持ち出さなければ, 採らぬ方, 探りて, 描いた人自身, 揺れて, 斯くの, 新しい政治理念, 新しい青年, 新短歌, 既に其の, 旧自由党総務委員, 明かでやがて, 晴れた, 暫くその, 暫く止め, 暫しの, 書いて, 書き起して, 書くべきに, 有り得ないと, 有るまい, 有るまいと, 望んだの, 本廟, 本當, 束ねて, 束ね有る方, 来る, 来るべき新, 柔らかい言葉, 概してそれ, 概して少い, 正しい現実, 正に我が, 正當, 歩くこと, 死んだの, 死んだもの, 殺してか, 比較的正確, 決して誓ひと, 決めなければ, 活かすこと, 消えて, 淡々と, 渡る其時, 測り次に, 満鉄, 満鉄公所, 満鉄経営, 激しく掌, 濡れたる衣, 無い, 無いと, 無いな, 無い今, 無かつ, 無からう, 無くな, 無くなる, 無さ, 片付いたか, 片付いたの, 献じて, 珍しい, 珍しいこと, 現はれ, 現實, 現横綱, 生きる事, 生きんと, 生き證人, 疑うて, 疑ひは, 疑ふべきもの, 疑も, 白々しく眠つて, 目覚めて, 直つた, 直に彼, 直觀, 看出さなければ, 眠る, 知らないよ, 知る, 知ろしめす, 短い句, 短い四句偈, 短くて, 確固たる自信, 示すに, 立ち去つて二時間, 立つて, 第一公園, 第一其城, 第一句, 第一回, 第一必要條件, 第一等, 第一行, 第三, 純小説, 絶えたので, 置くこと, 美しいその, 翌の, 翻して, 老いて, 考へねば, 考へる, 聞いた, 聞いて, 聞かつし, 聞かれい, 聞くこと, 聞けよ, 自から, 自覺, 自證, 良い裁判, 若嫁, 落ちついた, 落ちつく, 落つ, 落着け, 血迷って, 褒めて, 見えつ, 見たいの, 見た事, 見た眼, 見ゆべく又, 見るより, 見出さうとして, 見逃さるべき筈, 触れない電波, 訊きたいこと, 訊きたいの, 訊ねるの, 証拠立てられた, 詠むべき趣向, 試みん佞奸, 話し書きはじめると, 認められるの, 語ること, 調べて, 諦める外, 諭し見るべしとて, 讀み終, 讀んで, 負けて, 質したいと, 赴かなければ, 起ち上らなければ, 起つたの, 起つて, 起りさ, 超満員, 踏み破る人, 近き例, 退いて, 通された, 進みて, 進み寄りて, 遊ぶといふ, 遠, 選ばうと, 醜い方, 長い小房, 長い方, 開ける工夫, 阿含, 険しい眼尻, 隠して, 隣り村, 離さうと, 面白くなる, 須らく人, 須らく理径明, 飛び出して, 飛び降りて, 騙されたと, 驚いたの, 驚いてさ, 驚かすもの, 驚かれ再び, 高からん, 高さ

▼ 先まで~ (363, 1.1%)

7 行って 5 見張りに 4 出て, 来て 3 まっ黒な, 出かかって, 出たけれど, 考えて, 行けば

2 [13件] ぶるぶると, 一緒に, 岡田の, 彼女を, 忠実に, 持って, 来た, 流れ着いたの, 睨め下し, 行つた, 読んで, 進んだ, 飛んで

1 [302件] あえぎおののいてるその司祭, あたためた, あんなに明るかっ, あんまり重, いい加減, いくと, いったとしても, いったの, うねり返すよう, お供, お化粧, お話する, お越しを, かくして, かけて, ぐっと伸び, この中, この窓, こみ上げて, さも馬鹿, しびれる感じ, しびれ心持, じっとながめた, じろじろと, じろじろながめ, じろじろ眺め, じろじろ見られる, じろじろ見廻した, すっかりきえ, すっかりつつみこんだ, すっかり外, すっかり彼女, すっぽりと, すんぶん, その全身, その固い, それは, ただ魂, だんだん感覚, つ, ついぞ味わった, ついて, ついて行って, つけまわす食糧危機, つづくという, つまりオルガ, つるし上げるの, どこにも, どなって, ながめそれ, びしょ濡れだった, ふるえ上がった, ぶるぶる顫, ぼう, ぼってり身, まかり出でまして, まっかに, むず痒くなっ, もう見通し, やって, やって来た, やって来て, ゆきその間, よくあらわれ, われわれ二人に, アダムに, ジーンと, ヨクヨク見上げ見下し, 一しよ, 一人で, 一分のすきも, 一分の隙も, 一分一厘違った, 一度に, 下げて, 乗って, 乗つて, 二寸から, 二週間前とは, 井戸水で, 交り, 他人の, 伝わって, 何か, 何もかも好き, 余さずひと口, 傷だらけに, 働いて, 光った, 全身の, 全部詩の, 六七間二三の, 冠って, 冷たくなっ, 冷り, 凍りついたよう, 出かかったが, 出かかったの, 出かかった言葉, 出かけますが, 出たが, 出たん, 出た処, 出ようとは, 匂って, 化膿した, 十数里の, 厄介に, 參ります, 口小言を, 同じ道, 呪い憎ん, 唐紅に, 四五, 執念ぶ, 墨の, 夢は, 大波が, 奔った, 威勢よく, 学術の, 寸分の, 射出し, 小言を, 尾けて, 届けたか, 屏風は, 巻きつけて, 巻き詰めて, 帰るん, 平坦な, 平次は, 引きさかれ私, 引きずって, 張松を, 強く脈搏つて, 往かうかと, 御出なさい, 御隠居さま, 微細な, 心得て, 思いめぐらし考案, 慄え, 戦くこと, 戦慄させ, 戻って, 拙者が, 持ちます, 捨てる処, 捲きつけりゃ牧田, 探が, 掻い潜った無益, 揺れたもの, 撫でまわして, 故実ずくめに, 早くも, 明らかに, 書いて, 朝早く, 木魚庵に, 来たの, 来ましたから, 来られたでしょう, 来ると, 案じられて, 案内し, 歩いて, 歩み行く考, 母に, 氣に, 水っぽく細かく燦, 汗で, 波立って, 注意の, 流れた, 浸潤せる, 湧いて, 満悦の, 溢れて, 滑り出して, 火の, 焼けて, 熨斗を, 熱くって, 熱くなっ, 物見に, 現して, 理知的であった, 生きと, 生きる運命, 白いほうたい, 白い粉, 白布で, 皺の, 県軍が, 眞白に, 真っ赤に, 真っ黒, 真っ黒な, 真縦, 真黒で, 眺めた, 知らぬ他人, 磨くこと洗, 祖父では, 私は, 竿の, 笑顔で, 筆を, 素早く一目, 素直に, 続いてるの, 緩やかな, 考えたって, 考えた就職者側, 考へ, 聞えそう, 能く, 自分に, 舟で, 艶姿を, 茶色の, 蒼み透った, 蔭影に, 行きましても, 行く, 行く交通機関, 行けそう, 行った, 行った時, 行つてかなり遲く, 行つて乗換への, 行つて草木を, 行つて買つて来た, 見えすいて, 見えた土手, 見えました, 見えるよう, 見おろした, 見て, 見て取りズボン, 見ますと, 見上げ見下して, 見上げ見下ろしながら, 見下して, 見回し肱, 見届けて, 見拔, 見渡すと, 見究めようと, 見透しが, 見透して, 見透しという, 見通したつもり, 話す事, 読者の, 調べたが, 赤かった, 赧く, 走った, 走つてしまつたの, 踊りが, 身なりを, 身体は, 転がって, 迫り昼間, 追いまいらせろ, 追い崩して, 追って, 送って, 送つて行, 通じて, 進んで, 進出した, 遅れさせたら手前ども, 運び出した足場丸太, 道が, 達した鮭, 遠征する, 遺失品を, 長く二行, 開いて, 間もなく人, 附き纒つた者, 隈なく, 隙も, 雪を, 震えながら, 震えます, 震え上がったそして, 震え上がりちょっと, 青白くなっ, 鞠の, 顫わせその, 飛ばして, 食べられた, 馬の, 黄色ずくめの, 黒ずくめで, 黒ずくめな, 黒装束の, 鼓動が

▼ 先には~ (312, 1.0%)

8 いって 2 つきり, 何もか, 出て, 居たが, 次兄が, 町並らしい, 苦も

1 [290件] あなた様を, あの昔, あれほど, いい捉え, いってたん, いつて, いて, いるからな, いると, うす白い爪, うちでも, およそ, お弁当, お秀, お粂, お通夜の, きびしい力, くるくる風, ここからでも, この男, この穴, この都, これに, こんなに暖かい, こんな人, こんな文句, ご恩顧, さや, されどもし, じつと, すぐれ先頭, すぐ雑木山, せぬ, そうで, そんな日, たしかに恋, とうに山, どう変る, どこにも, どんなふう, どんな不, なおらないであろう, なかなか出, なって, ひろい川面, また一文, まだ仄, まだ裏咲き, まるで兄弟, もう一つ北上, もう何, もう冬, もう家並み, もう彌次馬, もう若芽, もっと長い, やはり伝説どおり, よく刈り込んだ, よく岡部, よく愛, われは, われを, われ未だ, アキリュウス軍陣中に, アザラシの, カギが, カタツムリのと, カルタゴの, グッタリと, チラ, ナスタシヤムの, ブラブラと, ブラ下がっ, リビュアの, レーニンも, 一歩も, 一段高く, 一着の, 一粒ずつの, 一艘の, 三十歩ばかりしか, 三河の, 三浦屋の, 上杉方の, 不可解な, 丸い房, 乗鞍岳の, 亀を, 亀千代は, 亂雜に, 二三人が, 二十日すぎに, 五人組を, 井上有景が, 人が, 人の, 人間と, 何が, 何だつて, 何者が, 作物を, 來られない, 例の, 価格, 偉大な, 充分な, 先が, 先祖の, 光を, 内から, 出たらめ, 出まい人, 刀の, 分って, 分銅が, 別の, 前に, 助太刀が, 動かない, 勤王の, 印半纏を, 又たいして, 又小さな, 双子山の, 反時代的, 収入が, 台を, 各, 各部将, 合, 呉兵が, 和睦の, 土いきれ, 土の, 坑が, 堅牢の, 多くの, 大きく布片, 大きな丁子, 大きな葡萄棚, 大道店さえ, 大門峠が, 大阪の, 天妃ヘーレーと, 太い栗毛, 太陽が, 奧方お, 女の, 女中への, 子の, 子供を, 家じゅうこぞって, 寝くたれ髪, 小さな公園, 小さな石, 小魚, 少く後, 届けないで, 山と, 山目が, 岩石が, 峠の, 川の, 左京の, 己の, 店頭に, 弓張提灯を, 弟の, 役に立たなくなる, 彼の, 彼ら境界を, 彼を, 後醍醐の, 心づかざりし道の辺, 思ひの, 恐ろしく急, 我を, 手ごたえが, 探題英時に, 揺れて, 文三という, 斯くまでとも, 日本の, 日本橋辺の, 昔に, 星亨雨宮敬次郎等が, 是非とも今晩, 普通尋常, 暗い忘却, 更に壁, 月が, 月光の, 有りつ丈, 本三位, 本位田又八を, 机が, 柳と, 楓の, 楽隊が, 横笛深草の, 横須賀の, 此穴に, 此處からでも, 死骸が, 段々ふくらみ, 毎日夕刻, 毛の, 気の, 水平線が, 水田の, 氷の, 汝をも, 池の, 泥を, 涼しい回り, 潁川の, 焚き残る香, 無意識に, 燦爛たる, 片モッコ, 理屈の, 甚しく, 生々しい傷, 産婦人科兼整形外科の, 番頭の, 白い花, 白旗を, 皺寄った, 直義が, 眼が, 眼を, 着席しまい, 知らない間, 神田氏から, 私が, 私は, 種違いの, 穂高山が, 空と, 絶壁を, 継の, 腰掛が, 自分以上や, 花壇が, 花弁の, 苦肉の, 草葺の, 葉子が, 薄暗い中, 藁草履の, 覆面を, 見かけなかった様, 見たり, 触れなかつた, 言葉が, 誰の, 誰も, 誰一人入らなかった, 赤いつや, 赤い絵, 赤く霜枯れた, 足首と, 身動きならぬ, 農鳥山と, 逃げて, 進めない, 道が, 道庁の, 違いない, 金剛力が, 金縁の, 鉄の, 鉛が, 鋭い三つ股, 鎗の, 陣屋は, 障害物であり, 雨の, 青々と, 青い螢, 靴下祭の, 食堂に, 飴色を, 香入れや, 高い黒い塀, 高津行の, 髷だけで, 魚がを, 麻紐で, 黒焦

▼ 先にも~ (252, 0.8%)

9 述べたよう 8 云ったよう 6 いった通り 4 たった一度, 云った通り 3 これが, 申した通り, 申上げました, 私が, 述べた通り 2 いいましたよう, いったとおり, その時, たつた一つ, ちょっと申した, 申しました通り, 競馬場なんぞへは, 見たこと, 説明した

1 [188件] あすこに, あった, あの人, あの時, あの様, あらず後, ありますか, ありますよ, あんな見事, いいましたが, いうたが, いうたよう, いうと, いう通り, いただいたこと, いったこと, いったよう, いった大, いった通り五宝布, いつたと, いつた通り, いろいろの, おしず, おもちゃの, お話した, こうやっ, このグーッビョー, この人, この国, この時, この沈黙, これからあと, これ一枚しか, ご報告, しるしたれば, そういうこと, その娘, その頃, それが, それだけ, それだけな, そんな不要慎, ただそれ, ただの, ただ一度で, ただ一度であった, ただ一度である, ただ禄, たったいま, たったこの, たった一つ, たった一人, たった一度詠んだ, たった一杯, たった二人自分達丈, たった二度, たつた二度, たつた此, だいぶんできてる, ちやんと, ちょっと触れた, ついぞない, つまるところそれだけ, どうかする, ない, ないこと, ないもの, ない卓論, ない貴い一日, なくなる事実, ならずほとんど, ならんよう, まさる総, まして熟れた, もう何, わたくしは, わたしは, スタニスラーフスキイは, ペンという, 一ぺんきりであった, 一寸書いた, 一度しか, 一度だけ, 一度の, 一応の, 下唇, 不愉快ばかりが, 二人相依り, 云う様, 云ったが, 云った幾十幾百, 云った彼, 云った様, 云つた通りの, 五六歳の, 人影は, 仁清なく, 今度が, 今日までに, 例の, 其娘は, 冬とは, 動く気力, 区別させ, 十八世紀を通じて, 受けたこと, 合戦の, 同じよう, 同胞の, 名前を, 君の, 咲き殘つた梢は, 唯つた一度, 唯の, 問題だった, 坂田三吉ただ一人であった, 増して, 子供と, 小さな芽, 度々申しあげ, 後にも, 急使を, 恐ろしいもの, 懲りずに, 成つて幾らな, 我が身が, 手が, 擧げたリッケルト, 数年間調布町に, 敵を, 曲者の, 書いたよう, 最初に, 松が, 此の, 母の, 比類を, 汝が, 泡の, 清見潟黄瀬川足柄大磯小磯そして, 爲すなき, 猪の, 生涯に, 申したよう, 申した通りわれわれ, 申しましたよう, 申し上げた通り, 申上げた, 相当に, 秀郷が, 私の, 私一人に対して, 笛の, 経験しなかった, 纏まって, 義経は, 自分の, 虚偽の, 行つた容子が, 見えない, 見たから, 覚なき, 言う通りおれ, 言ったよう, 言へる如く, 記したよう, 記した通り, 診て, 説いたよう, 説いた短歌, 誰かが, 警官隊が, 貴方ばかり, 赤兄ひとりと, 足らないくら, 路が, 返事を, 述べたが, 述べたこの, 述べたごとく私, 述べたやう, 金属が, 門弟が, 関所が, 雲煙が, 電車が, 類が, 駈けて

▼ 先~ (240, 0.7%)

4 見えない

2 [12件] あること, もっと続くらしかった, やと, よく見えない, 公家摂, 判りませんが, 同じよう, 後から, 考へて, 見えないくらい, 見えない程, 見えなくなる

1 [212件] あつた, あのひと, あの人, ありました中, ありますから, あるし, あるまいと, いい彼, いうん, いそが, いそぎますれば, いそぐので, いち面の, いったんここ, いやに, いわずに, かなりな, かなり裕福, きかずに, きっといろいろと, きっとおまえ, きつと, きらめいて, このごろでは, この様, この無銘, この間吉田から, こぼさず勇んで, こまつたこと, こんどは, さうだし, そういう風, そうした経路, そうであったらしい, その物音, そんな要求, たちまち暗し虚し, だんだんに, どんな醜態, ないから, ないと, ないので, ない老朽, なおなお悪く, なかった, なき議論, なく着, なく車, なし海鼠, はたして無事, はやい, またいつどこ, また京都, また海, まるでわからなかった, みえない, みえないよう, みえない夜道, やがて見えなくなった, やっぱりかの, やつぱしこんな, やはりこの, よくない, よく見えぬ, わからぬ濃霧, サマロフの, ザラ場続きで, プロレタリヤ文学の, 一日一日と, 一町先も, 不縁で, 五十に, 五町先も, 亦地上, 人間である, 今までの, 余ほど, 公家攝, 公家攝録の, 冷えて, 判る道理, 別条は, 別條はねえ, 友達みたいに, 口へは, 同じ, 同じこと, 同じ崖, 名に, 告げないで, 地球が, 多いこと, 夢その, 大音に, 奉公人いじめを, 妹の, 始終もの, 存じおろうな, 実験の, 容易に, 宿さぬ, 寺の, 對岸も, 帝の, 帰るか, 廻って, 彼女の, 御前の, 御多分に, 心配に, 忘れぎみ, 忘れて, 忘れは, 思いやせんとから, 悉くしらべ, 感づくこと, 手に, 手広く大きな, 折れ見るかげ, 振向いて, 探すに, 敵の, 敵国人の, 新九郎の, 日本じゅうの, 明るい日, 昔の, 望みの, 気が, 気がつかずに, 気イついた, 氷と, 永いこと, 永い間, 永久に, 決して自分, 沒落し, 河床の, 流人こちらも, 流浪の, 浸るよう, 涙するやら, 渋川筋から, 烈しく前田一陣, 無い風来坊, 猶どの, 生きて, 留学期限の, 益々奮, 益し, 知れて, 知れとれど, 知れないという, 短け, 私の, 突き折れよと, 突ッ立っ, 絶好の, 脚の, 自分が, 舞台の, 芭蕉の, 見えずどこ, 見えないという, 見えないの, 見えないむろん, 見えないやう, 見えないよう, 見えない位, 見えない吹雪, 見えない戸棚, 見えない暗夜, 見えない真っ暗, 見えない闇, 見えなかったが, 見えなくな, 見えなくなった, 見えぬ, 見えぬほどの, 見えぬ漆黒, 見えぬ程, 見えぬ闇, 見えぬ闇黒, 見えねえよう, 見えねども, 見えるもの, 見えんと, 見え分かぬ闇, 見ずに, 見分けられぬ闇, 見分りませんが, 見屆, 覚束ない, 触れること, 話した通り, 読もうとは, 調べて, 貢がないつもり, 足もとを, 足首に, 道順も, 都會に, 鉈刀で, 鋭く, 錠剤等は, 長いもの, 霞むばかり, 露で, 食は, 飽くまで毛利家, 駈けとおした, 驚いたでしょうが

▼ 先へと~ (117, 0.4%)

12 進んで 11 歩いて 4 考えて 2 出た, 流れて, 進んだ

1 [84件] お進みなさる, とんで, ぬけて, ひかれて, ひた走った, また一つ, めぐって, やって, ダッシュした, 云って, 伸び町, 何人かの, 先行し, 動いた, 動いて, 土筆を, 小枝, 尻尾を, 差し押えようと, 平次の, 延びて, 延びてる感じ, 延期され, 廻はるだらう忌ま, 廻るのみの, 廻わるだろう, 当ても, 急いだ, 急ぎすぎて, 急く心, 扈従の, 手を, 押してすすめ, 押し倒されるよう, 掘り起しつ, 数限りなく, 来るもの, 歩きはじめた, 歩み行く, 求め今どき, 流れるべきもの, 漕いで, 物の, 理を, 生産拡張の, 発展し, 移って, 移動し, 突き進んで, 突進した, 立った, 立派な, 笑い散らかして, 考えすぎたよう, 考えを, 考え込みかくして, 考て, 考へて, 行くが, 行くだけ, 見と, 視線を, 走って, 走つて, 走りたがる心, 足を, 踏み出した, 辿って, 迷想に, 途方も, 通りすぎた, 連続した, 進み行く, 進む, 進むの, 進むもの, 逸るばかり, 運んで, 雪かきを, 頁を, 飛ぶの, 飛んで, 馬を, 駈け出した

▼ 先ほど~ (113, 0.3%)

2 スタンダールの, 右門が

1 [109件] あなたが, あばたの, いった御, おやじの, お入り, お前さん方に, お取次, お帳場, お店, お櫓, お腰の物, お里から, お鳥目, ここへ, こっそりまた持ちかえり, しまが, その娘さん, それなる, だん, どなたかの, びょうぶの, われわれが, セシルが, 下手人めを, 不審そうに, 不平を, 中野重治さんが, 仰せられましたよう, 会って, 作った小さい, 八百屋から, 別れた三人, 割つて, 医師から, 参った柳生家, 右門に, 右門の, 呼ばれた時, 喰べ, 塩田氏が, 大鞆, 太郎殿参られ, 女将の, 妹娘の, 婆さんが, 客に, 少しづつ, 師を, 廊下を, 廻国の, 引合いに, 彼らの, 彼女らに, 御あいさつ, 御留守, 御着, 戸を, 戻りました, 抱いて, 持って, 挙げたよう, 旦那と, 明智先生に, 暮れ六ツ少し, 松山から, 此の, 民衆運動の, 江戸へ, 煙草の, 生え出たばかりの, 申しあげました, 申しあげましたよう, 申したよう, 申したシンタ, 申しました, 申しましたよう, 申しますと, 申し上げました, 申し候, 疋田小, 発せられた空襲警報, 白々しい礼, 皆様に, 神楽堂の前で, 私お話し致しました, 私から, 私が, 私は, 立ち会ったとき, 筑前守様からの, 総監室に, 聴き慣れて, 見えましたが, 見たる布袋, 見た一人, 見届けて, 言ったよう, 話した通り, 調査の, 警官から, 警視総監の, 述べたあの, 述べたから, 述べた幽霊, 送りました, 通りこえた, 配られた四冊, 閉置きたる, 阿婆擦れた

▼ 先~ (105, 0.3%)

2 し意, す, する, すること, 思はれるほどの

1 [95件] いい後, いうほど, いって, いへば, いわず胸, がりに, し局部的, し詞, し輸車歩兵, し黄青緑, すべきでしょう, するもの, すれ, ぞくぞく登城, ちがう, ちがったふう, ちがって, でっぷりした, なした, なって, なつて, なりました, なるべし, なるもの, なるを, ものの, わずか一平方センチメートル, モチ竿の, 一しよ, 一枚ずつ, 一槍毎に, 両方を, 中指の, 争う敵, 云う訳, 云ふこ, 云ふもん, 何度も, 先とが, 出て, 刀の, 勾欄の, 口とで, 口の, 台所用の, 同じこと, 同じだ, 同じよう, 同じ仲間, 同じ太陽, 向うの, 大小の, 天窓の, 女房を, 妻の, 妾の, 後の, 徳三郎の, 心得て, 思って, 思はれるところ, 愛想笑いで, 手を, 手先とに, 早業とで, 書いて, 書く, 月代とが, 朝霧を, 桔梗様の, 棍棒とで, 武蔵の, 歩いて, 汽車の, 火先の, 異なれる, 眼と, 知合や, 私の, 等しく今, 膚なりに, 膝から, 落合つた場所を, 襖の, 見えて, 言う, 言つても, 豆太郎の, 踵持つ, 身分を, 違って, 金モウルだ, 金成白は, 頬辺とだけは, 駈けて

▼ 先廻り~ (95, 0.3%)

36 をし 35 して 3 をした 2 ばかりし, をされ, をされた

1 [15件] したつもり, したん, した金掘り, した雷同, しても, しようと, し過ぎた, とな, とは癪, に使用, に囲み, のサクラ, は, ばかりはできないだろう, をする

▼ 先ほどの~ (79, 0.2%)

2 二人の, 傷も, 大きさ, 男が, 穴から

1 [69件] あのお寺, あれなる, いかがわしい取引, えく, お詫びに, お金で, ことが, ものが, ものこの, ような, 人々の, 人びとの, 伽羅の, 入道雲が, 処の, 処よりは, 刺激も, 十万人の, 危惧心も, 原料が, 女の子らしい, 威勢も, 孔が, 孔を, 実を, 将軍家と, 小さい穴, 山道に, 幻について, 心得も, 情熱も, 手を, 手紙の, 括り猿, 武家, 洗濯女が, 深く考え沈ん, 病院へ, 白衣の, 百磅を, 真珠が, 穴が, 第四斥候隊, 粗末な, 羊の, 老人の, 老女と共に, 耳打の, 自分が, 自分を, 花火が, 花火は, 若い技手, 若い男, 若者と, 落付いた, 親切氣も, 話の, 話は, 警固の, 貝折釘の, 軽やかな, 関心を, 雪渓や, 雲の, 電話の, 静かな, 騒ぎ, 黒き衣服

▼ 先~ (76, 0.2%)

112 が応仁, ということ, と思っ, わ, 否此方

1 [55件] いろいろの, からといっ, からと思っ, から二人, から今日, から余, から余り, から判然, かわからない, か二年先, か判然, か後, か忘れ, が名人位, が船, が遠, けれども今, し常, そうです, そこまでは, ぞ押す, て戰災, というなら, という観念, といっ, といふ, とかにとりかぶと, とか靴, とも考へられない, とエジツ, と云う, と云われ, と存じます, と思, と思った, と思つた, と教, と矢代, と聞えよがし, ね, ねえ, のと, のへ, のを, わ十一月, わ待て待て, んべ, アから, ッ, 今帰る, 先だ, 八は, 真心の, 私から, 血の池が

▼ 先どう~ (63, 0.2%)

7 なるか 6 なること 4 なって, なるの 3 したもの, するつもり, なるん 2 したらいい, する積り, すれば, なる事

1 [25件] されるの, したか, したら好い, しましょう, しますか, する, するかって, するかと, するつもりだい, するでしょう, するの, する気, する考え, なさるつもり, なったか, なったかな, なつた, なり行くか, なるだろう興娘, なるであらうかといふ, なるという, 変化る, 永久に, 生きて, 経過し

▼ 先づそ~ (58, 0.2%)

3 の前 2 のへん, の形小, の懸隔, の方, の細君

1 [45件] のうち, のこと, のファン, の中, の事件, の人物, の全, の出し物, の北寄り, の古風, の右手, の國, の土産話, の大泊, の女, の姿, の娘, の子, の孝道, の容貌, の容貌風姿, の山車, の彫刻, の悲惨, の手, の手始め, の救世觀, の時分, の標準, の機運, の正念, の沈みたる, の無意味さ, の男, の白い, の目的, の芝居, の花, の蟋蟀, の親父, の誤字, の謡曲, の費用, の首領等, の香水

▼ 先きで~ (56, 0.2%)

2

1 [54件] あしら, ござりまする, その小さな球, ちくりと位, ちょいと, つつい, はこれ, はたく, は君たち, ぴよんぴよんと踊つ, またクル, もこっち, コヅキ廻わ, ツツいた, デビーが, 一本にね, 丁寧に, 井戸を, 人に, 其の一番, 呟やいた, 喋べ, 器用に, 夜なべ仕事の, 夢中に, 好いこと, 子供たちと, 学生帽に, 小石を, 川砂から, 怪我を, 戦争に, 森の, 歌舞伎座は, 深く壁, 火事が, 煙管の, 熱情を, 燧鉄から, 犬の, 甞めて, 発見された, 石は, 私の, 突つい, 笑はれ, 箒黨や, 紙片を, 肌脱ぎにな, 自分達の, 自由自在君が, 評判が, 軽蔑した, 飴の

▼ 先では~ (56, 0.2%)

1 [56件] ありませぬぞ, あるが, あるまいか, いつも未知, おそらく笑い物, お宥, こっちの, これほどの, そうおっしゃらなけれ, どうする, どの家, ない, ないか, ないさ, ないっ, なさそう, なにかと, なれて, まんまと失敗, もっと好い, やっぱり心, ようく, よく覚え, 一つの, 一向心づかぬ, 一頭の, 乗物から, 云つては, 何とか父, 何に, 何を, 出来ません, 刀を, 古い洒落, 否定し, 帰ったもの, 帳消しにでも, 強いこと, 形容の, 忘れて, 我慢し, 所置を, 敵とも, 殆ど何, 毫しも, 気がつかなかったが, 海が, 済まない事, 熱烈な, 病人に, 知らなかったであろうが, 程よく申しおっ, 豪傑にも, 身振りまで, 過ぎ去った日, 食い足りないと

▼ 先へは~ (52, 0.2%)

5 一歩も 3 行かなかった 2 一足も

1 [42件] おいでに, なかなか歩まない, まだ今日, もう絶対, もう逃げぬ, 一寸も, 三十三歳に, 上って, 入れられないの, 出ちゃ, 出られない, 出られなかった, 出るなとの, 厳重な, 受け取れたに, 女の, 平たい大きな, 往かれなかつた, 普通の, 来なかった, 案内する, 決して踏み込まなかった, 若い者, 行かない, 行かないよ, 行かなかったので, 行かなくなった, 行くまいという, 行けないそう, 行けないと, 行けなかった, 行って, 踏み出されなくなつ, 踏み込めないよう, 進まれない, 進みかねて, 進み出るなと, 進むこと, 進めないで, 進めなかった, 進めぬ, 駈出して

▼ 先でも~ (51, 0.2%)

2 呑むの, 立派に

1 [47件] あつた, いつか一羽の, いつ迄も, いぶかるよう, いろいろ耳, かまわぬけれど, この頃, さわらない様, そのご, たえず酒, つかまえて, ないか, よい, よく原稿, 亦無論, 使い馴れ, 同じこと, 同じよう, 多少の, 宙を, 幅が, 平気で, 後でも, 手軽く動く, 打ち解けきれない様子, 打ったらしい, 来も, 残してないか, 気がついたか, 気がついたと, 気がついたもの, 玄徳たちを, 直ぐ迎え, 私の, 箇人の, 舌の, 舟の, 見つかるよう, 見當, 評判が, 諦めて, 買い被って, 賞めて, 踏む, 軽くあいさつ, 長命を, 驚きました

▼ 先づこ~ (50, 0.2%)

2 こへ, のこと, の二つ, の点, の第

1 [40件] こに, この外, こを, そ我に, とわつて置く, の, のやう, の一語, の一點, の三つ, の両, の事實, の人性, の位, の作品, の儒者, の八五郎, の初歩的, の変則, の女, の弊, の怠慢, の意味, の時代, の最初, の未來, の概念, の様, の歌, の狭き, の生, の町, の血, の認識, の論稿, の迷妄, の都會, の陰森, の骨折, ほろぎではあるまいか

▼ 先~ (45, 0.1%)

2 こと五日に, こと四十五日に, 僅に, 頃

1 [37件] こと一年に, こと一年の, こと一年文化二年に, こと一年文政十二年に, こと二カ月足らずである, こと二ヶ月許り, こと二十五年に, こと二十年文化丙子に, こと二年で, こと二日に, こと八年である, こと六箇月である, こと十一年に, こと十五日である, こと四十二日に, こと数年思軒の, ごろその, ぽしかも, また発狂前, 一升を, 三日蓐を, 九日前なりき, 伝承時代の, 十数年の, 年万里小路惟房卿を, 年久秀が, 年他が, 日の, 此包圍を, 精神の, 自分の, 頃の, 頃は, 頃までは, 頃如水氏などの, 頃尾張の, 頃藤村屋新兵衞方にて

▼ 先づ自分~ (44, 0.1%)

3 の意志 2 がさう, のうち, の持つ

1 [35件] が, が一杯, が手, で呼吸, で実行, と父, のま, のもの, の仕事, の先祖, の刀, の利益, の前, の好き, の室, の家, の屋敷, の年, の忰, の思ひ, の理論そのもの, の監理, の立場, の腕, の語学力, の遅刻, の領地, の風体, の鼻, はノールウェー国王並, は普通, をより, を救, を活かさなけれ, 自から

▼ 先づ何~ (43, 0.1%)

4 よりも先 2 よりも難, をおい, を措い

1 [33件] か, かでなけれ, から云, か溶け, か特別, が解つた, と書く, の躊躇ら, の障り, はあれ, はしかれ, よりも, よりもあの, よりもうそ, よりもこの, よりものその, よりも不満, よりも先人, よりも公務, よりも同人, よりも家庭, よりも敵国, よりも文部省, よりも日本, よりも日本青年, よりも生活, よりも素子, よりも自身, よりも芝居, をしなけれ, をなすべきであらう, を与ふべき, を差

▼ 先にと~ (43, 0.1%)

2 して, 思って

1 [39件] いっても, いわぬばかりに, この天地, この箱, したが, その方角, その男, その綱, つとと, なくじりじり, なく裏口, ひしめきながら, まつて, コツプを, 云える, 伝六は, 供まわりの, 夕ぐれ時の, 小判の, 彼に, 思いましたに, 思うこと, 戸外へ, 拾いあげるそれから, 早く買, 木戸へ, 歸り, 混み合って, 羅生門横町へ, 船縁へ, 逃げるよう, 逃げ始めたの, 逃げ定軍山, 集まって, 飛びだして, 飛び上がる, 飛び起きて, 駆け上って, 駈け集まって

▼ 先~ (40, 0.1%)

2 て早く

1 [38件] あるいは革命, お露, て, てありけれ, ていずれ, ていま一つ, てさらに, ては必之, ては看護医薬, ては葬すべき, ては食, てスカマンダロス, て一個, て一青年, て出, て吾人, て告白, て妻, て宏壯, て寝床, て小室, て己, て帯白, て時, て暁, て秋, て簾, て背広, て赤裸々, て起る, て進む, て難, て食, て館主, ゴンクウル氏は, 天降り大蛇を, 当夜の, 母たる

▼ 先~ (38, 0.1%)

2 何かで, 後か

1 [34件] あてて, あるいは一般, あるいは匙, おれには, ここに, それとも次, それは, それも, それアこの, なんかに, やうな, わかりませんよ, エ, トリックが, 三千兩の, 人より, 分りませんがね, 判りませんが, 喧嘩が, 土地の, 天力勝つ, 尖った石, 左掌が, 後かも, 忘れたが, 思て, 知りませんでした, 籤引きを, 米の, 縁先かに, 落ち髪が, 遊び仲間の, 門に, 魚釣りが

▼ 先より~ (37, 0.1%)

2 こがれ行らん, もっと小さく, 一日の, 爪先まで

1 [29件] さまで, するどい鏃, ずっと芥川的風格, その人, もっとこわれ, よいかも, クロニオーン, 丈夫に, 上手に, 何らかの沙汰, 健康そうに, 大軍を, 奥で, 存じては, 帰し館, 往来にかけて, 御不例, 楽で, 水, 米を, 細糸を, 続きけり, 繊毛が, 美しく, 聴くべくも, 計らず思いついて, 話し易い, 語り出る程, 頬を

▼ 先~ (36, 0.1%)

2 筆の, 脛や

1 [32件] すべての, つてくろ, まも, 中寺町の, 会社関係より, 出入の, 前掛, 十日先に, 単なる身構, 取引の, 喉で, 大名方の, 如意宝珠なども, 子供の, 得意客など, 御転居先, 振舞ひ, 日本一だ, 木の, 横っ腹を, 洋装の, 煙の, 用事の, 町内の, 白い足袋, 眼の, 腹掛の, 舌の, 裾が, 詮議立てした, 足どりが, 足の

▼ 先づこれ~ (33, 0.1%)

2 くらゐ

1 [31件] から峠, が, がため, が一番, が日本文化, ぐらゐにして置かう, だけぐらゐにしておいて, だけのこと, で, で七分, で安心, で当分こ, で此, で行, に対して敬, まで, まで研究, らの, をあづけ, を一読, を下し, を抄出, を最近唱, を會得, を渡れ, を當面, を芸術的価値, を見, を贖, 位の, 等の

▼ 先づ私~ (30, 0.1%)

2 の目, の興味

1 [26件] が世界漫遊, が型, が家内, が生れ, が用, が訊ねたい, といふ微, にわかる, に向, に彼, の一切, の個性, の幼い, の正直, の気分, の眼, の言, の話, の遣つ, の部室, の頭, はその, は主人, は今日, は敬意, は雪二郎

▼ 先まわり~ (30, 0.1%)

10 して, をし 2 をした 1 するよう, にも経験, もしない, をさせ, をさせられ, をしました, をしよう, をなすっ

▼ 先なる~ (28, 0.1%)

2 ものとして, 方に

1 [24件] ご一門, は人並, は夕陽新聞社長幸田節三, は紫, ひとりの, もの第, や汝, 両人は, 人物が, 会社の, 侍の, 停車場を, 寺の, 小野塚伊織の, 木綿問屋の, 本所法恩寺まえ, 水道端の, 白馬の, 老人の, 関谷安次宅地内に, 露月町泥斎方へ, 頭殿を, 馬が, 駕籠の

▼ 先とも~ (26, 0.1%)

2 なく一時

1 [24件] あのお方, いって, お千絵様, お大事, きめられない様, ずっとあなた, なく一散, なく眠りこけ, なく離屋, なつた, にこの, に世, に川上, わからないまま現場, 僕は, 分らず目, 専念の, 小藩や, 思い出の, 若くなり, 行く道, 言えないよう, 話が, 遁れる

▼ 先どんな~ (24, 0.1%)

4 ことが 2 ことに, ことを, 事が

1 [14件] お訣れ, ことで, ことにも, ご迷惑, むちゃを, 事に, 冒険が, 変化が, 径路を, 恥を, 手段で, 目に, 邪魔を, 難儀に

▼ 先~ (23, 0.1%)

1 [23件] そう決定, それでも可, 一度そんな, 何うでしょう, 何の, 何方に, 其様な, 夏の, 安井の, 安心した, 少し付き合っ, 手管の, 掛けさせて, 東京の, 模樣を, 歩いて, 爾んな, 病氣の, 考へて, 自分の, 誰にでも, 貴君, 逢坂と

▼ 先づ彼~ (22, 0.1%)

2 の眼, れと, れの

1 [16件] がゴア, が初めて, が昭和十年, が留守, に手紙, の, の文学, の窓先, の自然觀, の質問書, の隱, はまだ, は彼, は返される, をベッド, を立たせ

▼ 先~ (22, 0.1%)

3 のである, のです, んだ 2 のだ

1 [11件] のかも, のだろう, のでございます, のにその, のに屋根, のは, ものである, んでしょ, んでしょう, んです, んで圍

▼ 先って~ (20, 0.1%)

1 [20件] 之を, 五百を, 伊沢榛軒が, 其相互の, 台所町の, 奔れり, 武士道の, 死んだ, 死んだもの, 死んだ長男恒善, 死んで, 歿し, 渋江氏に関する, 生じ世界, 生れた学者, 私は, 籾種を, 行わぬから, 道徳的と, 非常に

▼ 先づ以~ (20, 0.1%)

2 て涙, て駄目

1 [16件] てこの, てそれ, てわれわれ, て三思三省, て之, て十分, て千遍一律, て古今, て困る, て平和, て意思, て成功, て教, て最高位, て部分的檢査, て驚い

▼ 先にて~ (20, 0.1%)

2 いふ物

1 [18件] がらを, この水路, まえが, ゴマカシたるや, 使われ居し者, 参るべし, 古壁, 岐れ, 打ち落す事, 扨後に, 掴まんと, 渡邊の, 田虫の, 空想的家庭を, 突然降下, 立話を, 自然薯を, 誤魔化さんと

▼ 先きの~ (19, 0.1%)

2 御っ

1 [17件] しびれるよう, その生, そんなこと, ちっちゃな沢, もう広小路, もっともっと違う, ピチピチする, 世にも例, 尖った短, 暗い所, 有りやと, 無いまま, 短かい事, 遠い海, 遠き人情物語, 長くない, 青い世界

▼ 先だけ~ (19, 0.1%)

2 では, なん, 出して

1 [13件] しんみり応答, だ, だして, ちょっと, で, であった, パーマを, 一寸火の, 収まるや, 暮れ殘る, 聞くこと, 見ること, 顔の

▼ 先である~ (19, 0.1%)

2 から堺屋, 廿日市町の

1 [15件] いは, かが問題, からいくら, から我々の, だけでなく, ということ, というの, といふ, ところの, と云う, のを, 北海道札幌橋本某氏の, 小諸に, 福田屋旅館の, 靈岸島濱町の

▼ 先へも~ (19, 0.1%)

1 [19件] 出られない, 出られなくなるまるで, 出られぬの, 動かなくなる, 動きが, 及ぶべくなかった, 掛けないで, 洋酒販売の, 生かすこと, 義理が, 行かれず仕様, 行かれず押しつ押されつ喘ぎながら, 行かれなくなった, 行くこと叶はず, 行けずこちら, 行けないこと, 触らせること, 送らせて, 進むべき勢

▼ 先までも~ (19, 0.1%)

2 よく見えます, 知らぬ他人, 聞える

1 [13件] お供を, きく上, とやかく云われる, ゾッとした, 伝って, 怖さ, 推論を, 浸みて, 自分の, 色が, 見えて, 見落すまじと, 見通しが

▼ 先~ (19, 0.1%)

3 の方

1 [16件] ではにいる, ではのろ, では神, で更に, と呼ばるる, に残つて, に転任, のまれびとと, の中, の人々, の八重山, の方面, の百人余, の祖先神, の神人, へまで運ん

▼ 先どうして~ (18, 0.1%)

5 生きて 4 いいか 1 いいの, やって, パンに, 善いか, 暮さうて, 暮すの, 生きられるか, 逃げたか, 食って

▼ 先~ (18, 0.1%)

1 [18件] てなかるべき, て一杯, て人間, て初, て嬉し涙, て小関, て彼, て後日, て御, て無, て物の数, て申, て眞面目, て真面目, て磨針峠, て筆端, て美しい, て財物

▼ 先~ (18, 0.1%)

1 [18件] うする, うな, うなるか, うなるかと, う變つて, かいおう, かよい, したら好い, と云っ, にもとけない, の位間, の顔, ぼ長, をしよう, をする, をやらかす, をやり出す, を要求

▼ 先きの方~ (17, 0.1%)

1 [17件] から黒い, でその, で何, で溝, にあ, にでもきっと, に三四本, に上っ, に大きい, に尾州, に山, に彼, に漁師, の山, の肥大, は時々, へ出かけた

▼ 先です~ (17, 0.1%)

431 から足, から面白, が私, けれどもそこ, ぞ, ってね岩本, な, ねと沢田, よまだ, よ清水

▼ 先~ (17, 0.1%)

2 さうだ, 其の様, 見たまえ

1 [11件] そう遽, 云う様, 何しろ此, 其の室, 好かった, 当前, 御自身, 歩きながら, 活きて, 深くは, 黙つてろ

▼ 先だった~ (16, 0.0%)

1 [16件] かいま, かとにかく, かもわかりませぬ, かも知れない, から彼, かドーン, か確か, か自分, か覚えません, が, という, という説, のか, 事も, 人々の, 老臣ばかり

▼ 先っき~ (16, 0.0%)

1 [16件] からすでに, から何かしら得体, から婆さん, から流れる, のは, のまま, の太鼓, の若い, まであんなに, まで踏ん, 上から, 伜を, 客の, 昂奮した, 瓦斯煖炉に, 黒吉の

▼ 先づ最初~ (16, 0.0%)

3

1 [13件] にあげたい, にお, に出, に掲げ, に文明十六年十月廿四日, に此, に氣, に法螺忠, に老婆, に贈物, の仕事, の現場發見者, は二階

▼ 先づ此~ (16, 0.0%)

2 の三閣僚, の理想, の話 1 の二つ, の党人, の六時間, の植物, の母, の疑問, の脚本, の言葉, の辺, の黨人

▼ 先覺者~ (16, 0.0%)

2 の中

1 [14件] が外國, が身, でありプロレタリヤ運動, なりといふ榮光, によつて緒, に縁故, の一人, の思慮分別, の豫知, は世界, も亦, を憧憬, ノ簇出シテ實證, 出でて

▼ 先からの~ (15, 0.0%)

1 [15件] お茶, 乞食の, 人達は, 勘定は, 多額な, 娘で, 帰りとも, 犬は, 知己か, 私の, 織工, 設計の, 許嫁だ, 酔うた声で, 電話が

▼ 先この~ (15, 0.0%)

1 [15件] 一家は, 二ツ位なるべし, 俺も, 場を, 奇妙な, 妖婦の, 席の, 急行列車の, 板囲いの, 源助町の, 点位が, 異常運動が, 積雪の, 関の, 騒ぎを

▼ 先という~ (15, 0.0%)

2 のが, ような

1 [11件] ことなく, ことなし, ことに, ことも, ところ, のは, 事は, 心持で, 心持の, 意であろう, 立ちまわり先あまさず

▼ 先~ (15, 0.0%)

7 の文化 2 の古書, や秦漢 1 から兩漢時代, の歴史, の經傳諸子, 古籍

▼ 先~ (14, 0.0%)

2 暇として

1 [12件] ぬし, 互に話し, 六を, 引移りという, 濠の, 照の, 艶の, 葉の, 見捨てなくお願い, 通の, 邪魔致し, 陸尺の

▼ 先きが~ (14, 0.0%)

2 見えるきり

1 [12件] あつて, いけない, つまずいた, クラクラと, 固くな, 明るくなつた, 枯れたところ, 案じられるとでも, 言えなくなって, 訊きたくて, 鋭いので, 震えた

▼ 先~ (14, 0.0%)

2 て鬼籍

1 [12件] その外形, たりと聞く, て, て勝れし, て名, て吾が, て寵臣佐久間盛政, て浮世絵, て虚構, て逝く, て黙々と, ようとして

▼ 先について~ (14, 0.0%)

2 きたので

1 [12件] あれこれと, きた糸の, そうまで, よりより相談, 出たの, 多少の, 居るたま, 来た藻, 来るの, 棟梁や, 森の, 行動し

▼ 先まだ~ (14, 0.0%)

2 変化が

1 [12件] いろ, どんな生活, 一年や, 二十年ほどの, 二里半ある, 何年生きなさる, 十年生きる, 残暑の, 生きて, 第二波, 逃げまわるつもり, 道は

▼ 先よりも~ (14, 0.0%)

1 [14件] いいかと, ずっとしっかりし, ずっと効く, たらし帰る, もっと光らし, もっと立派, 三倍も, 二千年先に, 低い声, 千年先に, 又八, 鋭い星, 高くわ, 高くワツ

▼ 先づ安心~ (13, 0.0%)

3 して 2 と思ふ 1 した, だと, だといふもの, とのこと, はし, をさせる, 少しく飲む, 致しますから

▼ 先ばかり~ (13, 0.0%)

3 見て 1 じや, そろえて, でない腹の中, で腹の中, 急いで, 急がして, 急ぐの, 急ぐん, 白い和泉屋, 見える近眼ども

▼ 先からは~ (12, 0.0%)

1 [12件] ちかちかと, またどう, 堅田の, 子供が, 消えは, 滴が, 火花が, 美くしい貴い, 血が, 醂麝液が, 集めたらどの, 青菜の

▼ 先その~ (12, 0.0%)

2 先と 1 先その, 先を, 動かぬ証拠, 夜九時半中天に, 死に, 緩慢ぶりに, 肩を, 背の, 警衞の, 銚子の

▼ 先つき~ (12, 0.0%)

3 の女 1 お眼, からその, から向う, から既に, のお話, の小間使い, の男, の話の, の貸金

▼ 先どこ~ (12, 0.0%)

2 へ行った 1 へ疑い, へ行く, へ行こう, へ飛んだ, までも生きなけれ, までも般若, まで増長, まで続く, まで行っ, を泳ぎまわる

▼ 先また~ (12, 0.0%)

2 くしづもる小夜ふけ, 無差別な 1 いつ陸地, トラックに, 何時会う, 姿を, 我々同様の, 梅の, 豆腐屋らしくなっ, 進歩する

▼ 先~ (12, 0.0%)

1 [12件] がそちら, がつまらなくっ, がどんな, がやっ, が何, と, と交際, にほほえみかけ, は一人, は其所, は前項藪柑子, も病院

▼ 先つこ~ (11, 0.0%)

6 と僅 2 と一月 1 とあまり, と半年, と數年

▼ 先づこん~ (11, 0.0%)

5 な風 1 な定石, な工合, な意味, な感じ, な有りふれた, な美しい

▼ 先とは~ (11, 0.0%)

2 打って 1 かなりな, ちが, ちがう, ちがった場末, ちっと先, どうした, どこか, どこだ, めでたいもの

▼ 先どの~ (11, 0.0%)

1 [11件] くらいつづく, くらい生活, くらい行っ, くらい長く, ような, ように, 位安静に, 位田舎暮しを, 位間が, 面下げ, 顔さげ

▼ 先にまで~ (11, 0.0%)

1 [11件] こめて, しみ透って, 亡き母, 充ちて, 出て, 水が, 滑らかに, 滲み透って, 現われて, 腫れぼったい疲れ, 鋭く傳つて

▼ 先~ (11, 0.0%)

7 一に 1 一古事記を, 一号, 一富五郎を, 一木彫の

▼ 先霊名録~ (11, 0.0%)

31 には実, には快楽院, に従, に拠つて蘭軒, に曰く, に第, に覚心禅童女, の蘭軒庶子女

▼ 先きだ~ (10, 0.0%)

1 か忘れちゃった, か見分け, たれた, ちにな, ち二年前英人技師クロード・ディグスビイ, つもの, つ程, て, と思った, ね

▼ 先きのこ~ (10, 0.0%)

1 となん, とに就い, とはなかなか, とはわからない, とは親分, とまでかれこれ, とまでは保証, とや深い, とを覗いた, と即ち

▼ 先さえ~ (10, 0.0%)

1 あれば, かすかに, この時, バラバラに, 分らないこれ, 動かない, 吾, 承知なら, 見えそう, 見え分かぬ

▼ 先だけを~ (10, 0.0%)

1 つん出したコン吉, のこして, 出し馬鹿, 動かしおいでおいで, 小馬鹿に, 炬燵布団の, 私に, 見せて, 軽く縮らせてる, 鮮やかに

▼ 先づ目~ (10, 0.0%)

3 に觸 2 に着く 1 にかかる, についた, をつむる, をとめる, 出たいとして

▼ 先までを~ (10, 0.0%)

1 しゃべり出した, ぞっとさせた, つつみそして, ほかほかと, 素子は, 見た長, 見つめて, 見やって, 見直しました, 駒井が

▼ 先~ (10, 0.0%)

1 がしきりに, が儂, が歿, との約束, の喪, の垂訓, の遺風, はなんと, は焼き捨てた, 長生公以宝永七年庚寅自

▼ 先~ (9, 0.0%)

1 てこういう, て世間, て国体明徴目的貫徹, て提出, て植物, て此, て農, て鉱毒, めしが

▼ 先だけが~ (9, 0.0%)

1 その下, ぽつりと, 旧の, 此処から, 浴槽の, 激しくそれ, 紅色に, 虚空に, 震えて

▼ 先づ俳優~ (9, 0.0%)

1 が出なけれ, に授けられる, に註文, の, の扮装, の教育, の根本的訓練, らしい俳優, を中心

▼ 先づ僕~ (9, 0.0%)

1 がどんな, が出, の手, の注意, の缺點, の罪状, の讀んだ, は来る, は青春

▼ 先づ無事~ (9, 0.0%)

1 ただしかも前日, である, で有, なもの, に勤めた, に片, に終る, に行, 御評定所

▼ 先づ自己~ (9, 0.0%)

3 をより 2 に聽 1 に感染, の中, の武装, を省みよ

▼ 先にな~ (9, 0.0%)

1 つたに, つて, つてゐた, つてアンペラの, つて出, つて彼は, つて歩い, つて法廷を, ツて

▼ 先までが~ (9, 0.0%)

1 すべて規則で, ずぼりと, そうな, ピアノの, 一丈八尺という, 寒さ, 急に, 武術の, 脳病の

▼ 先殿様~ (9, 0.0%)

2 の御代 1 がお, にそれほど, の信秀時代, の妾, の御, の追腹, やこの

▼ 先~ (9, 0.0%)

2 であつ, でも, の教 1 であ, である, と信じ

▼ 先験性~ (9, 0.0%)

1 からその, が一種, としての観念性, とは別, とをどうしても, に還元, を否定, を有, 或いは超越性

▼ 先験論理学~ (9, 0.0%)

1 が形式論理学, なの, にぞくす, にぞくする, に対してカント, の名, の立場, はカント, を徹底

▼ 先じゃ~ (8, 0.0%)

1 あっしを, ありませんか, そこへ, ないか, ない心, ねえか, 疾の, 話も

▼ 先っぽ~ (8, 0.0%)

1 が死, が百姓, にエンジン, に唾, に猫じゃらし, に見えた, に風, のとんがっ

▼ 先づ一~ (8, 0.0%)

1 と安心, と拜, と月, と通り, について言, に七月十三日大風洪水, の発展史, 言おつたまげた声

▼ 先づ一人~ (8, 0.0%)

2 が始めなけれ 1 が唄, が正面, が立ち上る, でやつ, の写真師, の泥坊

▼ 先づ之~ (8, 0.0%)

1 に視線, より見ん, を作られた, を僞書, を暗示, を決せざるべからず, を治療, を見本

▼ 先との~ (8, 0.0%)

1 ことあなたが, とりちがえだけじゃ, 交際場にも, 戦争を, 重さ, 間に, 間の, 間を

▼ 先~ (8, 0.0%)

2 の画像, の畫像 1 ている, て来っこない, の書, の英國

▼ 先自分~ (8, 0.0%)

1 から名, が誤つ, のどこ, の体, の家, の運命, はどう, は人間

▼ 先~ (8, 0.0%)

2 をした 1 として文芸, 人間気力これより, 拔駈間牒, 者である, 者と, 者としての

▼ 先づかう~ (7, 0.0%)

3 云つた 1 いつた, 云つて妹を, 云ふより, 唱へて

▼ 先づ人~ (7, 0.0%)

1 なり物, に多く, に天氣, の上長たる者, の世, を因, を香

▼ 先づ心~ (7, 0.0%)

2 に浮んだ 1 から落ち付けよう, で殺し, を落着け, を鎭め玉, を鎮め

▼ 先づ支那~ (7, 0.0%)

2 で發明 1 が代表的, では三年間, に對, の如き, を知らなけれ

▼ 先づ斯~ (7, 0.0%)

2 う云 1 ういふ風, うだ, うで, う書かうか, う開いて

▼ 先までは~ (7, 0.0%)

1 おれに, どうか知れない, 寿命も, 歩いて, 目が, 美麗の, 考え詰めぬ

▼ 先~ (7, 0.0%)

2 が嫌 1 から出し, がそういう, では一日, で先刻, の奧樣

▼ 先秦時代~ (7, 0.0%)

1 から支那民族, では書籍, には字數, には朕, に藏書, の書寫, より現時

▼ 先~ (7, 0.0%)

1 だったのよ, で古河市兵衞, には山村甚兵衛, れ孀婦, をし, 御卒去, 還りて

▼ 先~ (7, 0.0%)

3 の術 1 なお告げずん, に問え, の勝躅, 古王

▼ 先驅者~ (7, 0.0%)

1 である, となさう, となつ, の使命, の詩, はアリストテレス, もあり

▼ 先あたり~ (6, 0.0%)

1 から問屋, がムズムズ, だったな, に比べる, は水, を想像

▼ 先いつ~ (6, 0.0%)

1 どんな女, の日, までつづく, までも浪人, までも自分, までも魚

▼ 先お前~ (6, 0.0%)

1 から充分, が亭主, が行った, が違う, はどう, はひとり

▼ 先こそ~ (6, 0.0%)

1 周伍文の, 地獄なれ, 疑いも, 知れね, 羽根の, 露をも

▼ 先~ (6, 0.0%)

2 と我が 1 へた, へ好まなけり, へ好まなけれ, 面白いの

▼ 先さま~ (6, 0.0%)

1 が笑わ, でも, のお家, の注文, も手前たち, を軽蔑

▼ 先だけで~ (6, 0.0%)

1 お母さまお母さまと, 云えと, 暮れのこる, 民主主義文学創作方法あれこれを, 物を, 笑った

▼ 先だけの~ (6, 0.0%)

1 ことで, ことでした, ことに, むき出しな, 垢が, 存在であり

▼ 先づ口~ (6, 0.0%)

1 を切つて, を開い, を開き, を開きつ, 開き宣んし曰, 開き陳

▼ 先づ己~ (6, 0.0%)

1 の国, の目, の第, れの, れを, れ自ら

▼ 先づ成功~ (6, 0.0%)

1 したと, した人, して, するといふ, だ, は望めない

▼ 先づ我々~ (6, 0.0%)

1 が人, が第, の今日, の生活法, は自分, を交互

▼ 先づ東京~ (6, 0.0%)

2 へ歸 1 だけについて主, に歸ら, へ引きあげる, へ発せられ

▼ 先づ社會~ (6, 0.0%)

2 をより 1 と世界, のセンセーション, の輿論, をよく

▼ 先づ酒~ (6, 0.0%)

1 から吹き起る, と煙草, のこと, の防腐劑サルチール酸, を出す, を頼み

▼ 先づ間違~ (6, 0.0%)

4 ひは 1 ひない, ひの

▼ 先であった~ (6, 0.0%)

1 から別れ, から誰, ということ, ということ以外, 町長の, 足尾の

▼ 先どういう~ (6, 0.0%)

3 風に 1 ことに, ふうに, 方針に

▼ 先なら~ (6, 0.0%)

2 こっちも 1 それは, 何処まで, 兎に, 気が

▼ 先までの~ (6, 0.0%)

1 利根川で, 取越し苦労, 憎しみなどは, 生命が, 血を, 長さ一つ

▼ 先もう~ (6, 0.0%)

1 ねずみを, 一つ吹っきれ, 一苦労し, 何年ぐらい, 何度こうして, 長くは

▼ 先三寸~ (6, 0.0%)

1 のさき, のところ, の下, の功利的, の態度, の洒落

▼ 先~ (6, 0.0%)

2 をした 1 とか云う, とのみ心得た, と心得, と心得た

▼ 先駈け~ (6, 0.0%)

1 が一人, に選ばれた, を争う, を争っ, を欠いた, 御免

▼ 先驗論理~ (6, 0.0%)

1 である, といふもの, といふ言葉, とを區別, の對象, は眞理

▼ 先おととし~ (5, 0.0%)

2 の秋 1 の事, の元, も襲

▼ 先からも~ (5, 0.0%)

1 やあと, チョクチョク会う, 余を, 見られて, 餘計よこす

▼ 先きの事~ (5, 0.0%)

1 はまるで, は何, を申す, を考へる, を致し

▼ 先そこ~ (5, 0.0%)

1 につとめよう, に待, に畳み, へ気, まで行っ

▼ 先それ~ (5, 0.0%)

1 からすべっこい熱い激しい, がどう, しかない, ともう, よりはお

▼ 先だけは~ (5, 0.0%)

1 出て, 月光の, 木賃宿の, 着物を, 赤く成っ

▼ 先づあ~ (5, 0.0%)

1 のスピイスブルク市, の一言, の部屋, の頭, の高い

▼ 先づか~ (5, 0.0%)

2 やうな 1 け出し, の売笑的舞台, の文

▼ 先づこんな~ (5, 0.0%)

1 ことで, ことに, ものだ, ものです, 所で

▼ 先づ二人~ (5, 0.0%)

1 が東京, が面, の壮者, の男児, の間

▼ 先づ今日~ (5, 0.0%)

1 のところ, の帝室技藝員, の時代, の時勢, 迄は亀

▼ 先づ初め~ (5, 0.0%)

1 にどの, には双, に堂, に東都, の

▼ 先づ家~ (5, 0.0%)

2 に帰 1 に走り, の中, の母

▼ 先づ家康~ (5, 0.0%)

2 と信雄, に自分 1 が誰

▼ 先づ彼女~ (5, 0.0%)

1 と始め, のしなやか, はそれ, は原型, をどう

▼ 先づ彼等~ (5, 0.0%)

1 にこの, の大, の素朴, の見る, は不

▼ 先づ手~ (5, 0.0%)

1 に手, を出し, を出した, を拭い, を附けし

▼ 先づ文学~ (5, 0.0%)

2 に於ける 1 でなければ, としては役者評判記, の審美的規範

▼ 先づ是~ (5, 0.0%)

1 にて擱筆可, の如く, れぐらゐで, れだけに, れで差

▼ 先づ普通~ (5, 0.0%)

1 に論理, の人々, の婦人, の日本人, の状態

▼ 先づ生活~ (5, 0.0%)

1 が無い, し自我, すべきもの, の困難, の空氣

▼ 先づ申分~ (5, 0.0%)

2 のない, の無い 1 があるまい

▼ 先づ身~ (5, 0.0%)

1 にお, にしみた, を健か, を投げださなけれ, を起せ

▼ 先でございます~ (5, 0.0%)

2 かそれ 1 あの親分, からね, よ

▼ 先とか~ (5, 0.0%)

1 それらの, ほこりの, 武蔵の, 立ちまわり先を, 齒頭とか

▼ 先として~ (5, 0.0%)

1 商工業方面を, 多喜子は, 無二無三陣内を, 物の, 連れて

▼ 先ない~ (5, 0.0%)

21 だろう, といつても, ようだ

▼ 先へまで~ (5, 0.0%)

1 まゐりました, 伝わって, 充ちて, 来て, 送って

▼ 先をも~ (5, 0.0%)

1 照らす己, 見とおす果心居士, 見る能, 見舞って, 辨ずる

▼ 先~ (5, 0.0%)

2 の者 1 あるが, によく, は赤川大膳

▼ 先~ (5, 0.0%)

1 が貴方, の家, は何れ, は幾つ木兎, を乘

▼ 先~ (5, 0.0%)

1 だから, のお, よ, 居るか, 居るかい

▼ 先廻わり~ (5, 0.0%)

2 をした 1 を, をされた, をなされ

▼ 先引き~ (5, 0.0%)

2 をし 1 になりました, をしない, をする

▼ 先生っ~ (5, 0.0%)

1 たいへんです, ちょっと話, 若い者, 若先, 言語道断

▼ 先生ったら~ (5, 0.0%)

1 うんと, ずいぶん人, それを, スッキリした, 仕様の

▼ 先~ (5, 0.0%)

1 し給, とす, と解すべきであらう, に勇む, の光

▼ 先驗的~ (5, 0.0%)

3 なもの 1 との二樣, に行

▼ 先あの~ (4, 0.0%)

1 干物の, 方には, 生垣が, 調子で

▼ 先からでも~ (4, 0.0%)

1 便りが, 見えるだろう, 足の, 顔からでも

▼ 先きい~ (4, 0.0%)

1 てとくれやす, 行く車, 読んだらえ, 讀んだらえ

▼ 先き立っ~ (4, 0.0%)

1 ている, て人, て来る, て貴方様

▼ 先き立つ~ (4, 0.0%)

1 て囁いた, のが, ものは, 不孝を

▼ 先~ (4, 0.0%)

1 恭一と, 第一, 自分の, 茶の間の

▼ 先だろう~ (4, 0.0%)

1 がおなじ, が鼻, と余計, と較べられ

▼ 先~ (4, 0.0%)

1 ちょと, 刻申上げた, 走りし, 走りを

▼ 先づき~ (4, 0.0%)

1 ちん好きな, て始め, のふ, らひと云ふ

▼ 先づそれを~ (4, 0.0%)

1 知りたいと, 見て, 訊くん, 読んだ

▼ 先づ一口~ (4, 0.0%)

2 に申しましたなら 1 に閑, のみ毒見

▼ 先づ一服~ (4, 0.0%)

1 する, といふところ, といふ時, やらかさう

▼ 先づ一番~ (4, 0.0%)

1 に其處, に小柳町, 考へる所, 近い所

▼ 先づ人間~ (4, 0.0%)

1 である事, の復活, を創造, を知つて

▼ 先づ他人~ (4, 0.0%)

1 が老年, の, の幸福, の私事

▼ 先づ兎~ (4, 0.0%)

2 も角, も角もと

▼ 先づ其~ (4, 0.0%)

1 からし, ま, れとしても, を改めね

▼ 先づ君~ (4, 0.0%)

1 と僕, に要求, の御, を褒めよう

▼ 先づ女~ (4, 0.0%)

1 がしなけれ, になる, の養生, を遁

▼ 先づ山~ (4, 0.0%)

1 の中, を下り, を極めた, を照らし

▼ 先づ手はじめ~ (4, 0.0%)

1 に房一, に文部省令, に河向, に醫師

▼ 先づ指~ (4, 0.0%)

1 をこの, を彼等, を法相三論華嚴, を菊川英山渓斎英泉

▼ 先づ挨拶~ (4, 0.0%)

2 する信吾 1 しました, をし

▼ 先づ死骸~ (4, 0.0%)

1 から見, の側, を見, を調べる

▼ 先づ義雄~ (4, 0.0%)

1 がどんな, の女房, の客, の最も

▼ 先づ聲~ (4, 0.0%)

1 あげて, をかける, を出せ, を擧げ

▼ 先づ聽~ (4, 0.0%)

3 いて 1 かうか

▼ 先づ腹~ (4, 0.0%)

1 でも切らなけれ, でも拵, を拵, を立てた

▼ 先づ落着~ (4, 0.0%)

4 いて

▼ 先づ藩閥~ (4, 0.0%)

2 を殲滅 1 と政党, と政黨

▼ 先づ誰~ (4, 0.0%)

1 が見, だと, にでも分る, の仕業

▼ 先づ諸君~ (4, 0.0%)

1 では精一杯, にこの世, の, の想像

▼ 先づ閣下~ (4, 0.0%)

2 に最も, の内閣

▼ 先づ食~ (4, 0.0%)

1 ひはぐれは, ふこと, へた, を与

▼ 先であり~ (4, 0.0%)

1 それに丁度, また師, 基礎的である, 山東は

▼ 先でした~ (4, 0.0%)

1 か, かも知れません, からずいと, けれども女

▼ 先などで~ (4, 0.0%)

1 はね落とそうと, 意い, 縫って, 色紙畫帖などに

▼ 先などを~ (4, 0.0%)

1 いぢ, 型ばかりに, 廻って, 餌食に

▼ 先にかけ~ (4, 0.0%)

1 まわされ胡蝶, 二人までも, 梯子を, 飛ばし

▼ 先にかけて~ (4, 0.0%)

1 ぽんと, 南無南無と, 白い尾, 追払った浪人

▼ 先ばかりが~ (4, 0.0%)

1 塀から, 無数の, 熱くなっ, 突出て

▼ 先~ (4, 0.0%)

2 はりを 1 もない, 外村氏安心致しました

▼ 先よりは~ (4, 0.0%)

1 やせましたね, 右門だった, 少しよくなる, 重いと

▼ 先三尺~ (4, 0.0%)

1 の附き, の附合ひで, の附合ひといふ奴, ほどのところ

▼ 先不明~ (4, 0.0%)

2 になった 1 の符箋, の附箋

▼ 先~ (4, 0.0%)

1 に陰徳, の因縁, の宿業, の讐

▼ 先主孫策~ (4, 0.0%)

2 のあと 1 と同い年, と同じ

▼ 先何年~ (4, 0.0%)

1 か試掘料, たっても, もああ, もそこ

▼ 先~ (4, 0.0%)

1 の初, は弘前, は深く, は高等師範学校

▼ 先島列島~ (4, 0.0%)

1 に行く, のあん, の中, を通じて大抵

▼ 先島諸島~ (4, 0.0%)

1 にもココ椰子, にもニライソコ, に多く, の例

▼ 先~ (4, 0.0%)

1 交際が, 帰京にな, 本丸の, 迷惑あそばす

▼ 先~ (4, 0.0%)

1 にお, においてすでに, に夕, に権力

▼ 先生き~ (4, 0.0%)

1 て行く, て行ける, びすを, ーとる

▼ 先~ (4, 0.0%)

1 するの, れさして, れした例, れを

▼ 先~ (4, 0.0%)

1 わたくしを, 来ると, 見えるよ, 見下しましたこの

▼ 先験論理~ (4, 0.0%)

1 の媒介, の根本概念, は形式的, は経験構成

▼ 先驗的統覺~ (4, 0.0%)

1 であるが, はまさに, は元, は自己意識

▼ 先いずれ~ (3, 0.0%)

1 のところ, も掘, を後

▼ 先おととい~ (3, 0.0%)

1 この街道すじ, じゃない, の晩

▼ 先きであった~ (3, 0.0%)

1 か先方, か熱海, ことである

▼ 先きなる~ (3, 0.0%)

1 は母, ものを, 友を

▼ 先きの日~ (3, 0.0%)

1 にピューロス戸口, の湯帰り, の輝き

▼ 先くらいの~ (3, 0.0%)

1 ものを, 体積の, 大きさ

▼ 先~ (3, 0.0%)

1 の足元, 揉み消して, 逃げ出したい気持

▼ 先ここ~ (3, 0.0%)

1 にいる, に居た, を通っ

▼ 先ころ~ (3, 0.0%)

1 の地震, はごちそう, はどうも

▼ 先こんな~ (3, 0.0%)

1 よろこびの, 日が, 調子である

▼ 先させ~ (3, 0.0%)

3 て見

▼ 先ざき~ (3, 0.0%)

1 のこと, の楽しみ, を髣髴

▼ 先だって~ (3, 0.0%)

1 大迷惑, 頼んで, 額に

▼ 先づい~ (3, 0.0%)

1 かなる, くらも, はば事實

▼ 先づこれなら~ (3, 0.0%)

1 ば狼, 世間の, 大丈夫千秋楽まで

▼ 先づそれ~ (3, 0.0%)

1 がため, を心當, を聞かう

▼ 先づわ~ (3, 0.0%)

1 が沒却理想, が畏友, が肉体

▼ 先づわれわれ~ (3, 0.0%)

1 にとつ, の生活, の貧しい

▼ 先づ一つ~ (3, 0.0%)

1 の特殊的世界, の立場, を差す

▼ 先づ一匹~ (3, 0.0%)

1 の大, の怒れる, の木虱

▼ 先づ一同~ (3, 0.0%)

1 に五月, の接吻, は地主

▼ 先づ一本~ (3, 0.0%)

1 か二本, の棕梠, 引いて

▼ 先づ一軒~ (3, 0.0%)

1 だちの樣, の家, の茶店

▼ 先づ不可能~ (3, 0.0%)

1 である, と諦めなけれ, なこと

▼ 先づ不快~ (3, 0.0%)

2 を催した 1 に思

▼ 先づ云~ (3, 0.0%)

1 はせて, はれたこと, ひぬ西の京

▼ 先づ今~ (3, 0.0%)

1 いつたやう, を去る, 迄日本

▼ 先づ今夜~ (3, 0.0%)

2 は歸つて 1 は帰

▼ 先づ以上~ (3, 0.0%)

1 のやう, の前, の通り

▼ 先づ何處~ (3, 0.0%)

1 かの海邊, へ行く, よりもお

▼ 先づ兄~ (3, 0.0%)

1 から其後, が寄つ, の前

▼ 先づ其処~ (3, 0.0%)

1 のこと, へ這入つ, までに到る

▼ 先づ其處~ (3, 0.0%)

1 に坐れ, の園藝試驗場, を解散

▼ 先づ冒頭~ (3, 0.0%)

1 に思案, を置いた, 乃至は

▼ 先づ四五日~ (3, 0.0%)

2 は緩 1 に半減

▼ 先づ大丈夫~ (3, 0.0%)

2 と思ふ 1 と自信

▼ 先づ妹~ (3, 0.0%)

1 と共に牛込區谷町, と女中, の容体

▼ 先づ存在~ (3, 0.0%)

1 した, しなければ, を抽象

▼ 先づ客體~ (3, 0.0%)

1 であり更に, としての他者, として從つて思惟

▼ 先づ家中~ (3, 0.0%)

2 の人 1 の単調

▼ 先づ小樽~ (3, 0.0%)

2 にゐた 1 へ行き

▼ 先づ手始め~ (3, 0.0%)

1 に拵, に若松屋, は文字花

▼ 先づ教育~ (3, 0.0%)

1 について, の宗旨, の方面

▼ 先づ日本人~ (3, 0.0%)

2 がよく 1 として生れた

▼ 先づ明日~ (3, 0.0%)

2 の朝自分 1 のこと

▼ 先づ此事~ (3, 0.0%)

1 を明瞭, を知り, を述べ

▼ 先づ此位~ (3, 0.0%)

1 であと, にし, のもの

▼ 先づ此処~ (3, 0.0%)

1 で, ではア列イ列ウ列, に集つた三人以外

▼ 先づ歸~ (3, 0.0%)

1 るの, る外, れと

▼ 先づ汝~ (3, 0.0%)

2 を見よ 1 の主義

▼ 先づ浅草~ (3, 0.0%)

1 から始める, の食味, へ

▼ 先づ湯~ (3, 0.0%)

1 にでも入, に入れられた, を訊く

▼ 先づ父~ (3, 0.0%)

1 が吹かれ, と兄, の行状

▼ 先づ物~ (3, 0.0%)

1 に接する, に疑ひ, を大切

▼ 先づ現在~ (3, 0.0%)

1 の俳優, の東京, を脱却

▼ 先づ男~ (3, 0.0%)

1 が一人, の声, の家

▼ 先づ眼~ (3, 0.0%)

2 についた 1 を背け

▼ 先づ神~ (3, 0.0%)

1 をお, を愛す, を直接

▼ 先づ空~ (3, 0.0%)

1 な手桶, のある, 高くランプ

▼ 先づ腰~ (3, 0.0%)

2 を下した 1 を下ろした

▼ 先づ解散~ (3, 0.0%)

1 して, す, すると

▼ 先づ試み~ (3, 0.0%)

1 に彼, に彼女, に明日

▼ 先づ読者~ (3, 0.0%)

1 と友達, に一事, に注意

▼ 先づ足~ (3, 0.0%)

1 の指, を此山, を洗

▼ 先づ輕~ (3, 0.0%)

1 い齒ブラシ, く戸, く見る

▼ 先づ金~ (3, 0.0%)

2 を持たなけれ 1 の算段

▼ 先づ隣~ (3, 0.0%)

1 のお, の幸右衞門さん, の部屋

▼ 先づ順序~ (3, 0.0%)

1 から云つて, として足, を追

▼ 先づ頭~ (3, 0.0%)

1 に入れ, に思ひ浮べた, を下げるべき

▼ 先づ馬~ (3, 0.0%)

2 を射よ 1 の話

▼ 先であっ~ (3, 0.0%)

1 てその, てもそれ, て仮名

▼ 先でなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬ, ばオイソレ

▼ 先とても~ (3, 0.0%)

1 あなどり難く, ぶつけて, 照らして

▼ 先とに~ (3, 0.0%)

1 バラバラと, 体重の, 制限しよう

▼ 先において~ (3, 0.0%)

1 人間である, 忽然とばかりに, 織田家を

▼ 先にても~ (3, 0.0%)

1 これこの, 口論仕, 口論等致又者惡言等申者之

▼ 先にでも~ (3, 0.0%)

1 とまらうもの, 行ったらありますか, 見たこと

▼ 先へでも~ (3, 0.0%)

1 手の平の, 持って, 来て

▼ 先まだまだ~ (3, 0.0%)

1 それが, 厭な, 話が

▼ 先もし~ (3, 0.0%)

1 国が, 愛したら, 赤ん坊が

▼ 先ゆく~ (3, 0.0%)

1 人の, 人も, 友が

▼ 先を以て~ (3, 0.0%)

1 大極, 此方より, 瞼を

▼ 先~ (3, 0.0%)

1 きは, たって, ぽに

▼ 先~ (3, 0.0%)

1 之ヲ聴クモノバ生ルヽノ我ヨリ先後ニ論ナク, 去リ, 少シ高ク擡ゲテ

▼ 先一尺~ (3, 0.0%)

1 というところ, のところ, ばかりのところ

▼ 先一年~ (3, 0.0%)

1 といふもの, とか二年, もつか

▼ 先~ (3, 0.0%)

1 ランプは, 事御, 病院へ

▼ 先~ (3, 0.0%)

1 た間, なら歩, の御

▼ 先~ (3, 0.0%)

1 から別物扱, の余る, の目

▼ 先~ (3, 0.0%)

1 でちょい, の畳, 古いの

▼ 先~ (3, 0.0%)

2 を毀 1 の文

▼ 先~ (3, 0.0%)

1 として兵庫開港場警衛, とす, とする

▼ 先~ (3, 0.0%)

1 とそう, 氣が, 進歩する

▼ 先~ (3, 0.0%)

2 と交渉 1 がどんな

▼ 先~ (3, 0.0%)

1 が存する, となつ, の存在

▼ 先奥様~ (3, 0.0%)

1 がお, がおいで, がごらん

▼ 先~ (3, 0.0%)

1 と交際, のなお, は坂崎氏

▼ 先家主~ (3, 0.0%)

3 の大工

▼ 先将軍~ (3, 0.0%)

1 というお方, のお, の御

▼ 先~ (3, 0.0%)

2 がじりじり 1 位は

▼ 先~ (3, 0.0%)

1 の後塵, は世, は何となく

▼ 先既に~ (3, 0.0%)

1 世を, 妾の, 此山に

▼ 先此方~ (3, 0.0%)

1 には電話, へお, へと鑑定

▼ 先殿~ (3, 0.0%)

1 のお, の左, の御

▼ 先~ (3, 0.0%)

1 させた, して, せしめたので

▼ 先秦古書~ (3, 0.0%)

1 に出, の批評, を精讀

▼ 先秦諸子~ (3, 0.0%)

1 の中, の各, 及び漢

▼ 先~ (3, 0.0%)

2 条件を 1 条件である

▼ 先~ (3, 0.0%)

1 につける, の時, は尼さん

▼ 先鋭く~ (3, 0.0%)

1 入りて, 投槍は, 爛々と

▼ 先長い~ (3, 0.0%)

1 ものが, 二人に, 体を

▼ 先長く~ (3, 0.0%)

1 は使用, 反対に, 生きさ

▼ 先駈けし~ (3, 0.0%)

1 て脱走, て行った, て見せ申さん

▼ 先験主義~ (3, 0.0%)

1 であり従って, である理由, 乃至合理主義

▼ 先あかり~ (2, 0.0%)

2 つつすでに

▼ 先あたし~ (2, 0.0%)

1 と一緒, どうしたら

▼ 先あなた方~ (2, 0.0%)

1 にだんだん, のうち

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 いつでん, スミぬられたみ

▼ 先いくら~ (2, 0.0%)

1 でもある, 行っても

▼ 先いや~ (2, 0.0%)

1 なおばさん, な心持

▼ 先かも~ (2, 0.0%)

1 知れない, 知れないが

▼ 先きで知らせ~ (2, 0.0%)

2 何にもかも

▼ 先きで笑っ~ (2, 0.0%)

1 ている, てけっ

▼ 先きの先~ (2, 0.0%)

1 きの, きまで

▼ 先きの日故郷~ (2, 0.0%)

2 よりの便り

▼ 先きの駅~ (2, 0.0%)

1 で今, なの

▼ 先き生き~ (2, 0.0%)

2 ているなら

▼ 先き見た~ (2, 0.0%)

1 ところでは, 小屋に

▼ 先くぐり~ (2, 0.0%)

1 をした, をする

▼ 先ぐらいは~ (2, 0.0%)

1 似て, 吉原の

▼ 先ぐ目~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 先これ~ (2, 0.0%)

1 で宜いと, も同様

▼ 先こわき~ (2, 0.0%)

2 やうにて

▼ 先すら~ (2, 0.0%)

1 痛む事, 見えぬ眼

▼ 先するどく~ (2, 0.0%)

1 薙ぎつけると, 貫きて

▼ 先そう~ (2, 0.0%)

1 云う口, 永いこと

▼ 先それから~ (2, 0.0%)

1 ごろりと転, 婿と

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 ちりける, 気遠き

▼ 先たいへん~ (2, 0.0%)

1 なこと, な事件

▼ 先だけでも~ (2, 0.0%)

1 偉そう, 聞いて

▼ 先っきやった~ (2, 0.0%)

1 ばかりだ, ばかりの

▼ 先つて~ (2, 0.0%)

1 ゐる事, 生れた男子

▼ 先づお八重~ (2, 0.0%)

2 次にお

▼ 先づく~ (2, 0.0%)

1 さる, づるるは悲し

▼ 先づこつ~ (2, 0.0%)

1 ちの云は, ちの気持を

▼ 先づそこへ~ (2, 0.0%)

1 移らうかと, 辿り着いて

▼ 先づそれから~ (2, 0.0%)

1 伺ひたい, 始めると

▼ 先づそれから聽~ (2, 0.0%)

1 かうぢ, かうよ

▼ 先づなん~ (2, 0.0%)

1 です, でも赦し

▼ 先づまつさき~ (2, 0.0%)

1 に思, に落第

▼ 先づわれに~ (2, 0.0%)

1 向つて眉, 語れ

▼ 先づわれわれは身~ (2, 0.0%)

2 につけなく

▼ 先づホテル~ (2, 0.0%)

1 に投宿, へ泊った

▼ 先づルナアル~ (2, 0.0%)

1 が好き, の戯曲

▼ 先づ一事~ (2, 0.0%)

1 の補叙, を記し

▼ 先づ一杯~ (2, 0.0%)

1 そして道後, と盃差し

▼ 先づ一段~ (2, 0.0%)

1 といふこと, の希望

▼ 先づ一番神聖~ (2, 0.0%)

2 でなければ

▼ 先づ一般~ (2, 0.0%)

1 には受け, に現代

▼ 先づ上~ (2, 0.0%)

1 の方, の部

▼ 先づ世界~ (2, 0.0%)

1 に誇り得る, の演劇史

▼ 先づ両手~ (2, 0.0%)

1 で両手, を床

▼ 先づ中止~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 先づ主義~ (2, 0.0%)

2 により

▼ 先づ事~ (2, 0.0%)

1 の重大, を起せ

▼ 先づ事實~ (2, 0.0%)

1 である, は第

▼ 先づ二臺~ (2, 0.0%)

1 だけの荷馬車, の三等車

▼ 先づ京都~ (2, 0.0%)

1 に入, に往

▼ 先づ人類~ (2, 0.0%)

1 が如何, より以前

▼ 先づ今度~ (2, 0.0%)

1 の菊池寛賞受賞, の蜜月

▼ 先づ今日芝居~ (2, 0.0%)

2 を観

▼ 先づ伊藤侯~ (2, 0.0%)

2 に最も

▼ 先づ來~ (2, 0.0%)

2 りて

▼ 先づ例~ (2, 0.0%)

1 の本質主義, を卑近

▼ 先づ例外~ (2, 0.0%)

1 といつ, なく初めすべて外人

▼ 先づ俺~ (2, 0.0%)

1 の心, の顔

▼ 先づ健全~ (2, 0.0%)

1 な歩み, な腸

▼ 先づ先~ (2, 0.0%)

1 づいいと, に

▼ 先づ入口~ (2, 0.0%)

1 の木戸, の横

▼ 先づ入浴~ (2, 0.0%)

1 して, する此処

▼ 先づ八五郎~ (2, 0.0%)

1 が悲鳴, と一緒

▼ 先づ其家~ (2, 0.0%)

1 へ歸りつ, を訪うた

▼ 先づ其態度~ (2, 0.0%)

1 の荘重, の莊重

▼ 先づ其能~ (2, 0.0%)

2 を示す

▼ 先づ其要素~ (2, 0.0%)

2 たる貴族

▼ 先づ内閣~ (2, 0.0%)

2 の威信

▼ 先づ刀~ (2, 0.0%)

1 もて截, を脱し

▼ 先づ初~ (2, 0.0%)

1 に此國, に紅葉

▼ 先づ前~ (2, 0.0%)

1 の世, もつて

▼ 先づ十人~ (2, 0.0%)

1 にも優れた, はある

▼ 先づ南面~ (2, 0.0%)

2 の壁上

▼ 先づ友達~ (2, 0.0%)

1 といふこと, や知己

▼ 先づ反省~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 先づ古今集~ (2, 0.0%)

2 といふ書

▼ 先づ可~ (2, 0.0%)

1 かつた, なり

▼ 先づ国内~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 先づ国民~ (2, 0.0%)

1 の輿望, は抱くであらう

▼ 先づ基調~ (2, 0.0%)

1 とする, を起し

▼ 先づ外~ (2, 0.0%)

1 からそれ, へ出し

▼ 先づ多く~ (2, 0.0%)

1 の魚, は小

▼ 先づ大概~ (2, 0.0%)

1 は世人, は聞い

▼ 先づ天~ (2, 0.0%)

1 つ日, つ神

▼ 先づ天下~ (2, 0.0%)

2 に向

▼ 先づ妾~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 先づ嫁~ (2, 0.0%)

1 のお仙, の父

▼ 先づ子~ (2, 0.0%)

1 には子, 無き女

▼ 先づ子供~ (2, 0.0%)

1 が生れる, を中心

▼ 先づ學校~ (2, 0.0%)

1 の名, らしい體裁

▼ 先づ宇宙~ (2, 0.0%)

1 に大, の靜的實在

▼ 先づ完全~ (2, 0.0%)

1 な劇団, に舞台化

▼ 先づ宗教~ (2, 0.0%)

1 が有, の方

▼ 先づ官兵衛~ (2, 0.0%)

2 の門

▼ 先づ宿屋~ (2, 0.0%)

1 の事, へはいつ

▼ 先づ左~ (2, 0.0%)

2 の如く

▼ 先づ差~ (2, 0.0%)

1 当つてなにがし君, 覗いて

▼ 先づ差當~ (2, 0.0%)

1 りそれ, り種類

▼ 先づ師弟~ (2, 0.0%)

2 の交

▼ 先づ帰~ (2, 0.0%)

1 つたが, つたん

▼ 先づ常識~ (2, 0.0%)

1 の上, の考

▼ 先づ平生~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ 先づ床~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 先づ廊下~ (2, 0.0%)

2 に出

▼ 先づ形容~ (2, 0.0%)

1 しその, すれば

▼ 先づ思~ (2, 0.0%)

1 つた, つたが

▼ 先づ息~ (2, 0.0%)

1 へり, をつい

▼ 先づ患者~ (2, 0.0%)

1 の意識, をし

▼ 先づ感動~ (2, 0.0%)

1 した様子, した樣子

▼ 先づ懐中~ (2, 0.0%)

1 から持参, を改める

▼ 先づ我家~ (2, 0.0%)

1 の嫡男, よりも本家

▼ 先づ戸~ (2, 0.0%)

1 の内, を締め

▼ 先づ手近~ (2, 0.0%)

1 なリユウバンス町, の堺屋

▼ 先づ控所~ (2, 0.0%)

2 へ出

▼ 先づ提灯~ (2, 0.0%)

1 が必要, のこと

▼ 先づ擱筆~ (2, 0.0%)

2 するに

▼ 先づ政府部内~ (2, 0.0%)

2 に就てい

▼ 先づ敬君~ (2, 0.0%)

1 が行方不明, それから岔水君

▼ 先づ數~ (2, 0.0%)

1 へあげ, へない

▼ 先づ斃~ (2, 0.0%)

1 す, る

▼ 先づ文字~ (2, 0.0%)

1 を知る, を精出し

▼ 先づ新聞~ (2, 0.0%)

1 が政治家, を畳み

▼ 先づ旅中~ (2, 0.0%)

1 およそ六七十日, の事ども

▼ 先づ日~ (2, 0.0%)

1 の光, をなげかけ

▼ 先づ日劇~ (2, 0.0%)

1 へエノケン訪問, へ行く

▼ 先づ日本~ (2, 0.0%)

1 が他, の權力

▼ 先づ旦那~ (2, 0.0%)

1 にしぼられ, は半弓

▼ 先づ昔~ (2, 0.0%)

1 の修業, の土地

▼ 先づ時~ (2, 0.0%)

1 に乗り, を生き方

▼ 先づ時代~ (2, 0.0%)

2 を非

▼ 先づ最上~ (2, 0.0%)

1 のもの, の暮し向き

▼ 先づ最近~ (2, 0.0%)

1 の教育, の文壇

▼ 先づ有形上~ (2, 0.0%)

1 の礼節作法, の禮節作法

▼ 先づ服部けさ子女史~ (2, 0.0%)

2 の草津聖バルナバ医院

▼ 先づ村人~ (2, 0.0%)

1 の気, の氣

▼ 先づ根柢~ (2, 0.0%)

1 まで破, まで破壊

▼ 先づ榛軒~ (2, 0.0%)

1 がため, の妻志保

▼ 先づ横~ (2, 0.0%)

1 になる, に銜

▼ 先づ次~ (2, 0.0%)

1 のやう, の事

▼ 先づ此一怪物~ (2, 0.0%)

1 と両立, と兩立

▼ 先づ此例題~ (2, 0.0%)

2 を解决

▼ 先づ此等~ (2, 0.0%)

1 の書, の篇

▼ 先づ此處~ (2, 0.0%)

1 だね, にきめ

▼ 先づ歸宅~ (2, 0.0%)

1 いたしますかも, した

▼ 先づ死~ (2, 0.0%)

1 なで濟むべ, についていへ

▼ 先づ母~ (2, 0.0%)

1 に不安, をし

▼ 先づ気~ (2, 0.0%)

1 にする, をよく

▼ 先づ水~ (2, 0.0%)

1 を動かす, を用

▼ 先づ江戸~ (2, 0.0%)

1 から京, に入

▼ 先づ江戸中~ (2, 0.0%)

1 に響いた, の鬘屋

▼ 先づ活動~ (2, 0.0%)

1 して, より觀想

▼ 先づ淨土宗~ (2, 0.0%)

1 から始, に於

▼ 先づ満員~ (2, 0.0%)

1 である, の光景

▼ 先づ源太郎~ (2, 0.0%)

1 に献, に獻

▼ 先づ灌漑工事~ (2, 0.0%)

2 を興し

▼ 先づ無難~ (2, 0.0%)

1 なもの, な詮衡方法

▼ 先づ無難口~ (2, 0.0%)

2 は少しく

▼ 先づ煙管~ (2, 0.0%)

1 を取り上げる, を取上げる

▼ 先づ猫~ (2, 0.0%)

1 か犬, とも虎

▼ 先づ理解~ (2, 0.0%)

1 して, しないで

▼ 先づ用~ (2, 0.0%)

1 が無い, は片づいた

▼ 先づ用人~ (2, 0.0%)

1 の五左衞門, の小田島さん

▼ 先づ用意~ (2, 0.0%)

1 して, に一週間

▼ 先づ甲州~ (2, 0.0%)

2 に入り

▼ 先づ當時~ (2, 0.0%)

1 の文壇, の評語

▼ 先づ當然~ (2, 0.0%)

1 として唐時代, と認めね

▼ 先づ發~ (2, 0.0%)

1 しぬ, す

▼ 先づ相当~ (2, 0.0%)

1 な珍本, の俳優

▼ 先づ相談~ (2, 0.0%)

1 しようと, をしろ

▼ 先づ祖先~ (2, 0.0%)

1 の廟, を奉安

▼ 先づ祖母~ (2, 0.0%)

2 の許

▼ 先づ私たち~ (2, 0.0%)

1 の詠歎, は詩歌

▼ 先づ秋祭~ (2, 0.0%)

2 の準備

▼ 先づ竹山~ (2, 0.0%)

2 へ行つて

▼ 先づ素人~ (2, 0.0%)

1 だと, だまし

▼ 先づ結末~ (2, 0.0%)

2 を告げた

▼ 先づ給仕~ (2, 0.0%)

2 を酒買

▼ 先づ絶無~ (2, 0.0%)

1 と斷, に近い

▼ 先づ綱~ (2, 0.0%)

1 でも張つて, を挙

▼ 先づ耳~ (2, 0.0%)

1 へ次いで, を襲

▼ 先づ能~ (2, 0.0%)

1 く心, の面

▼ 先づ能狂言~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ 先づ脚本~ (2, 0.0%)

1 の解釈, を書く

▼ 先づ自ら其主義政綱~ (2, 0.0%)

1 を発表, を發表

▼ 先づ自ら布置~ (2, 0.0%)

2 せずして

▼ 先づ自ら戒飭~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 先づ自信~ (2, 0.0%)

1 なき上, はない

▼ 先づ自分自身~ (2, 0.0%)

1 を鉱物, を鞭うち

▼ 先づ自然~ (2, 0.0%)

1 に存する, をだけ克服

▼ 先づ自由~ (2, 0.0%)

1 にし, 即ち鉄格子外

▼ 先づ自身~ (2, 0.0%)

1 の持つ, よりは容貌

▼ 先づ臺所~ (2, 0.0%)

1 には顏, の石

▼ 先づ色~ (2, 0.0%)

1 の意味, の白い

▼ 先づ茶山~ (2, 0.0%)

1 の書牘, をし

▼ 先づ華族~ (2, 0.0%)

2 の子弟

▼ 先づ藤野さん~ (2, 0.0%)

2 が死んだ

▼ 先づ藩閥元老~ (2, 0.0%)

2 の承認

▼ 先づ行政各部~ (2, 0.0%)

1 の機関, の機關

▼ 先づ表~ (2, 0.0%)

1 から入, の障子

▼ 先づ衰~ (2, 0.0%)

1 へにけん, へにけん知らね

▼ 先づ裁判官~ (2, 0.0%)

1 といふもの, に認め

▼ 先づ西洋~ (2, 0.0%)

1 と大, の本

▼ 先づ言~ (2, 0.0%)

1 つた, ふとな

▼ 先づ言葉~ (2, 0.0%)

1 の訓練, を使

▼ 先づ試~ (2, 0.0%)

2 に其の

▼ 先づ話~ (2, 0.0%)

1 の段落, の筋

▼ 先づ認識論~ (2, 0.0%)

1 から始めなけれ, といふ言葉

▼ 先づ退治~ (2, 0.0%)

1 して, た

▼ 先づ通~ (2, 0.0%)

1 つた, な遣り口

▼ 先づ過去~ (2, 0.0%)

1 が囘想, は存在

▼ 先づ遠慮~ (2, 0.0%)

1 から始める, すること

▼ 先づ郵便~ (2, 0.0%)

1 それから新聞, を一戸

▼ 先づ鉄条網~ (2, 0.0%)

1 を寸断, を断ち切らなけれ

▼ 先づ門~ (2, 0.0%)

1 をあけ, を出

▼ 先づ門口~ (2, 0.0%)

1 に立つ, へ来

▼ 先づ間違ひも~ (2, 0.0%)

1 なくお, なく殺し

▼ 先づ隅田川~ (2, 0.0%)

1 より説き起し, を談

▼ 先づ雲~ (2, 0.0%)

1 に隠れた, に隱

▼ 先づ非常~ (2, 0.0%)

1 な頑固, に油

▼ 先づ面~ (2, 0.0%)

1 を上げさせろ, を撲

▼ 先づ類~ (2, 0.0%)

2 の無い

▼ 先づ食ツ~ (2, 0.0%)

2 て行ける

▼ 先でござんしょう~ (2, 0.0%)

2

▼ 先でなく~ (2, 0.0%)

1 ては困ります, 裸で

▼ 先での~ (2, 0.0%)

1 しくじりなの, 明け暮れに

▼ 先といふ~ (2, 0.0%)

1 ことも, ところで

▼ 先とが~ (2, 0.0%)

1 妙に, 電燈に

▼ 先とて~ (2, 0.0%)

1 定かでない, 街道いず

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 ないしたら, ないなる

▼ 先などには~ (2, 0.0%)

1 昨日よりも, 無を

▼ 先などは~ (2, 0.0%)

1 そのとき指示, 好くは

▼ 先なに~ (2, 0.0%)

1 を思いつき, を支え

▼ 先にあたって~ (2, 0.0%)

1 御池十郎左衛門の, 点々と

▼ 先にから~ (2, 0.0%)

1 かつた, 来て

▼ 先にけ~ (2, 0.0%)

1 えって, えりましたよ

▼ 先にだけ~ (2, 0.0%)

1 当って, 皺を

▼ 先については~ (2, 0.0%)

1 いかがである, 非常に

▼ 先にの~ (2, 0.0%)

1 つかつて, ぼつて

▼ 先にゃ~ (2, 0.0%)

1 行かねえや, 話せねえ

▼ 先はい~ (2, 0.0%)

1 ずくぞ, ずくぞと

▼ 先はと~ (2, 0.0%)

1 いうと, 言へば

▼ 先ばっかり~ (2, 0.0%)

1 チョコチョコさせる, 白い髪

▼ 先ほどより~ (2, 0.0%)

1 お駕籠, 余は

▼ 先ほんの~ (2, 0.0%)

1 僅しか, 引つ掻きほど

▼ 先までをも~ (2, 0.0%)

1 顫は, 顫わせた

▼ 先わたる~ (2, 0.0%)

2 小鳥か

▼ 先をば~ (2, 0.0%)

1 全局面, 平然として

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 ところ, ところが

▼ 先ア能~ (2, 0.0%)

1 くお考えなさい貴方, く考え

▼ 先ア静か~ (2, 0.0%)

1 に事, に話し

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 帰りますよって, 飲んで

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 に斗, 触大津

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 半蒸焼トナシ, 第一ノタンポニ朱

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 召捕とり正, 第二國語トシテ並用スル時

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 方ヘ, 朝ニテ仮称セシ

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 今持合候時計一面, 早々謹白候

▼ 先一人~ (2, 0.0%)

1 の工夫, もゐまい

▼ 先一度~ (2, 0.0%)

1 そうした, 会ったじゃあ

▼ 先一歩~ (2, 0.0%)

1 も前, 出ると

▼ 先三日~ (2, 0.0%)

1 に伏見, も四日

▼ 先下がり~ (2, 0.0%)

1 に撃っ, に精いっぱい

▼ 先世の常~ (2, 0.0%)

2 の猫

▼ 先二度~ (2, 0.0%)

1 と妻, と見る

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 て仕舞, ふ只

▼ 先代官屋敷~ (2, 0.0%)

1 からの二梃, からは程遠から

▼ 先以来~ (2, 0.0%)

1 の事, の伝統

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 のきく間, を休め

▼ 先何ん~ (2, 0.0%)

1 な径路, な怖

▼ 先何事~ (2, 0.0%)

1 が起こった, も胸

▼ 先何処~ (2, 0.0%)

1 の国, へ行く

▼ 先先生~ (2, 0.0%)

1 が逢っ, に学ばん

▼ 先全く~ (2, 0.0%)

1 の偶然性, 異なったもの

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 の男, の老

▼ 先動者~ (2, 0.0%)

1 なり成功者, にあらず

▼ 先十年~ (2, 0.0%)

1 あるいは二十年百年, あるひ

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 冬甚あたたか, 様

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 が後, の肩越し

▼ 先右序文~ (2, 0.0%)

2 いそぎ此事

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 と大田, の祭

▼ 先和尚~ (2, 0.0%)

1 に帰戒, の胸板

▼ 先回し~ (2, 0.0%)

1 に淫売宿, に遣っ

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 主意は, 鍋さんの

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 に譲り受けたる, より補助

▼ 先少し~ (2, 0.0%)

1 考えて, 齧み取られて

▼ 先島方面~ (2, 0.0%)

1 にはシダマ・スダマ, の人

▼ 先~ (2, 0.0%)

2 れの

▼ 先師匠~ (2, 0.0%)

1 の病, をはじめ

▼ 先幕府~ (2, 0.0%)

1 の軍艦奉行, は安政三年二月

▼ 先幾人~ (2, 0.0%)

1 の血, 出来るか

▼ 先幾年~ (2, 0.0%)

1 こんな惨め, 働かなければ

▼ 先廻りし~ (2, 0.0%)

2 ろッ先廻りし

▼ 先彼等~ (2, 0.0%)

1 に及ぼすべき, はどんな

▼ 先我意~ (2, 0.0%)

1 はなんにも, は何

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 があく, が動かなくなった

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 と注進, に拂

▼ 先拙者~ (2, 0.0%)

1 が持歸つて三年經, の隠れ家

▼ 先揃え~ (2, 0.0%)

1 て中国征伐, ながら鳥毛

▼ 先整理~ (2, 0.0%)

1 をする, をつけなけれ

▼ 先明け~ (2, 0.0%)

1 ては暮れ, といた家

▼ 先最初~ (2, 0.0%)

1 にたま, に小さい

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 へ帰っ, へ帰つて

▼ 先来た~ (2, 0.0%)

1 のは, 頃は

▼ 先案内~ (2, 0.0%)

1 にたて, の首

▼ 先殿飛騨守さま~ (2, 0.0%)

1 から拝領, へ笛

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 は吾兄医, 遣候修法

▼ 先~ (2, 0.0%)

2 をまけ

▼ 先江戸~ (2, 0.0%)

1 へ立, もどう

▼ 先~ (2, 0.0%)

2 を活かし

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 が帰つて, 返らず

▼ 先申す~ (2, 0.0%)

1 通り博識で, 通り楠公の

▼ 先百年~ (2, 0.0%)

1 いやどうか, も生きやしまい

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 の下, の前

▼ 先知れぬ~ (2, 0.0%)

1 囚人輿の, 戦国の

▼ 先短き~ (2, 0.0%)

1 我々が, 親を

▼ 先研究者クルクス管~ (2, 0.0%)

2 の発明者

▼ 先~ (2, 0.0%)

2 の先

▼ 先経験的~ (2, 0.0%)

1 でも, な即ち

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 侮而後人, 融人意

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 がもう, の意味

▼ 先行く~ (2, 0.0%)

1 と面, 学校は

▼ 先行った~ (2, 0.0%)

1 とき車で, 先の

▼ 先~ (2, 0.0%)

2 の形

▼ 先見え~ (2, 0.0%)

1 て来るや, 難く瞬間

▼ 先見えぬ~ (2, 0.0%)

1 出来心にて, 闇夜寺男は

▼ 先見ず~ (2, 0.0%)

1 にせし, に程

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 が後, にでも這入り

▼ 先通ず~ (2, 0.0%)

2 両行の

▼ 先通り~ (2, 0.0%)

1 の友情, の美味

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 を悔い, 二十九年身

▼ 先道庵~ (2, 0.0%)

1 の家, はちょっと

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 州の, 州被

▼ 先遠く~ (2, 0.0%)

1 はない, 山吹の

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 に立っ, に立った

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 に立っ, の四将

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 なの, の病室

▼ 先~ (2, 0.0%)

1 だけをのこした, の物打

▼ 先驗的同一性~ (2, 0.0%)

1 が結局囘想, はここ

▼ 先驗的囘想~ (2, 0.0%)

1 の働き, をなし得る

▼ 先鼻緒~ (2, 0.0%)

1 に赤い, を切

▼1* [2938件]

あたしゃ若旦那からどの, 先あまさず姿を, 先あまりいい芽, 先あまりいろいろのこと, 先あやまたず脇腹深く, 先あゆむ妻よ, 先あるいは一間先二間先一面に, 先あれが何, 先あんな喜び方, 先あ可いかね, 先いいにしろ, 先いくらでもあるに, 先いく人の人, 先いぜんたる血みどろ, 先いそぐ友が, 先いちばん長く生きる, 先いった先で, 先いったい世間の, 先いったいどうなるんだい, 先いつのまにか来着し, 先いのじヶ原の, 先いまだ曾て, 先いよいよ乱暴者に, 先いろんな人に, 先い出るとき緩, 先い寝てしまいましたら, 先い帰ってしまう, 先い往んなんせ, 先い立ってせっせと, 先い行けばきれい, 先おきせは乳房, 先おっかなかったん, 先おととい頃からこの, 先おととしいつの年自分自身で恥じない, 先おととし安土が攻め落された, 先および耳鼻の, 先お前さんと二度と, 先お前それにお出で, 先お話して, 先かう云ふ, 先かと心配した, 先かという事が, 先かなたに貫, 先かに静坐を, 先かの尊豊玉姫の, 先かは問題である, 先かまわず走り寄ろう, 先からと失って, 先がかりで来る, 先がささよならを, 先がたから冬, 先がねえいづれ惡者共, 先がはづれて神田の, 先がんりきの百蔵, 先きいつになったら, 先きがしどろもどろになっ, 先きが喰みだして, 先きが庫裡その裏, 先きが此處から出る, 先きが池袋で果物屋, 先きが目かくしの, 先きが相手の首すじ, 先きが章魚の嘴, 先きが自分の娘, 先きく気が, 先きざきで恋, 先きだつて刊行されそして, 先きだつて誰かをりはせぬ, 先きだろうという疑問, 先きつ頃, 先きつまんでやる, 先きであしらったと思っ, 先きでございませうか, 先きですよほんの, 先きでほじくっていった, 先きで出来上つた熊の, 先きで別れてしまった, 先きで唄っていた, 先きで引き寄せながら, 先きで弾きながら云, 先きで探りながら台所, 先きで死んでしまふ, 先きで突き刺してやった, 先きで話して帰る, 先きどんなこつになる, 先きにつける君よ, 先きのそれを破っ, 先きのタバコ屋に行く, 先きのマレシェルブ通りの自動車店, 先きの下宿屋の軒燈, 先きの二十日先きのそんなこと, 先きの人に招かれ, 先きの傳播の徑路, 先きの友達の家, 先きの受けもよく, 先きの名代の糸屋, 先きの地平線が幕, 先きの城に連, 先きの大平は黒, 先きの大河原駅あたりからここ, 先きの女房の姿, 先きの奴をまぜ, 先きの小島に波, 先きの屏風にひしと, 先きの山ですよ, 先きの崖からこの, 先きの希求をこめた云い, 先きの幸多かれと, 先きの廂合いの, 先きの当てが無い, 先きの復讐汝ものとせず, 先きの我家まで一氣, 先きの打展いた本所区, 先きの播磨の飾磨郡, 先きの方上の方, 先きの方向に留意, 先きの曲り角に妨げられ, 先きの東京監獄や巣鴨監獄, 先きの植込みのうえ, 先きの海上にある, 先きの湯屋の煙突, 先きの男が龕燈提灯, 先きの町の人, 先きの真っ暗だけれど, 先きの石じんみちまで軒並み, 先きの石屋のかみさん, 先きの競争的な流れ, 先きの節少, 先きの街路樹の根もと, 先きの製造業者がある, 先きの話でその, 先きの誰樣に何, 先きの諛ひを, 先きの路地のなか, 先きの路面をボンヤリ, 先きの車を呼んだ, 先きの通りに四つ五つ, 先きの釣革に願います, 先きの間違ひで無体に解雇, 先きの食料品問屋を教え, 先きぶれの声, 先きまですつかり構造を, 先きものは買わねえ, 先きやくぶんのよ, 先き云った六つの, 先き使われそうにも, 先き受けようとしてゐる, 先き帰ってとくれやす, 先き帰るよ, 先き帰ろという, 先き立たねえ方え, 先き立たれた小式部, 先き立たれるまでは口小言一つ云はず, 先き立ちて子, 先き行き風向き如何で, 先き許してとらす, 先き読んで貰ひま, 先き讀んで貰ひま, 先き走りすぎた越権でさえも, 先き駆くとただに, 先き駆けられちゃあつい, 先き駈けする気持は, 先ぐりされてしまったこともちろんだった, 先くぐりされてしまう, 先くぐりして突然, 先ぐお乳を作り, 先ぐお見舞に行く, 先ぐぢと甘鯛, 先ぐにも逃げ出し, 先ぐにも手紙を書こう, 先ぐらい拝借し, 先ぐらいで芋と, 先ぐらいの小さな魚, 先ぐりした部分も出, 先ぐ家へ行っ, 先ぐ岡田信一郎氏来訪久し振りで御, 先ぐ感情が先, 先ぐ物にでも飛び掛り, 先ぐ髪を一寸, 先けんぺきを, 先ごろ召抱えたばかりの, 先さあおいでなさる, 先さき金に奥様, 先さましだい風しだい腹しだいだよ, 先ざきで面白いこと, 先ざきで村の青年ら, 先ざきで鶯を聴い, 先しなければそれで, 先しばらくのあいだ, 先しりぞけば西風, 先しろきに蘊む菊, 先しろくふる時雨, 先じた点で, 先じつは俺は, 先じゃあ受け取らねえという, 先すぐれたるびな, 先すこしく渦巻き, 先すでに見るべし, 先するどき長槍, 先ずること正に, 先そうして独りで, 先そう月給が上る, 先そちが苛まれる, 先それではこの家, 先そろへて, 先そろって大, 先そんなことを, 先たいした事件が, 先たつ妻, 先たつた一と, 先たとへバうち, 先たとえ山を, 先たびたび病気が, 先たりし伊藤嘉奈子刀自, 先だきゃ眼が, 先だけしかない, 先だけでの解決には, 先だけに心を, 先だったら如何に重かろ, 先だったらしいんです, 先だの蝋みたいな, 先だらうなどと考, 先ちかく袂は, 先ちょうど今ごろの, 先ちょっと奥さんはははは, 先っきっから言ってる, 先っき言った天丼に, 先ついて見る, 先つかた躑躅ヶ崎の, 先つかっていた, 先つかつかと欄干越, 先つき妹に對, 先つき心を怡, 先つき手紙を差しあげ, 先つき板橋の向, 先つき此方へ参りました, 先つき自分が脱ぎ捨てた, 先つぎつぎと飛ぶ, 先つけたる槍, 先つた信栄信階の妻曾能, 先つて歿した, 先つて非常に苦痛, 先つねのシンゴン, 先つべき者に, 先つ切り上げて飛入, 先づあくせんとで表すで, 先づあの人は學者, 先づあの家の下女, 先づあらかじめ明瞭に申, 先づあらかた話の極まる, 先づあり神がそれ, 先づあるまいと思ふ, 先づあるものにちがひはないと思ひますあなた, 先づあんなもので御座らうな, 先づいいと答, 先づいきなりその事, 先づいふめでたしと舅姑, 先づうち樹てること, 先づうまいポタアジュである, 先づうまく匿しお, 先づおあいにくさまといふ処だ貴様, 先づおいて僕の身, 先づおさまつてまた平常, 先づおしまひになるのだから先づ九月一杯に返却, 先づおもて二階の廣間, 先づおもひでの指を折らね, 先づおもむろにといふ手もある, 先づおれが自分でする, 先づおれの葬式として不足, 先づおミサに始つて, 先づお係りの御, 先づお前を消毒室, 先づお土産の大甲藺製, 先づお夏には佐渡屋, 先づお常をちよい, 先づお役人にしたい, 先づお待なされと, 先づお志保の身の上, 先づお暇と立たん, 先づお父うさんに, 先づお縫さんが人, 先づお變りが, 先づお越だけお勝手, 先づお金です, 先づお靜を助けよう, 先づかういふセキバライを, 先づかう呼ばして下さい, 先づかう嚇して置い, 先づかき消されて新しい, 先づかく会釈し, 先づかねてより, 先づかれを驚かした, 先づかんさんへの手切れ, 先づがたびしする雨戸を三枚啓, 先づきかれるのは, 先づけ小切手を, 先づこう云って首, 先づここで戯曲の, 先づごく強い丈夫, 先づごりがんといふ方言の説明, 先づさう考へるの, 先づさういふ意味に於い, 先づさういふ方面に向けさせよう, 先づさうされたから自然勉強も出, 先づさうした嚴肅な意味, 先づさうですね誰でもの云つて, 先づさしゑ漫画の大, 先づさし當り, 先づざつとこれだけの正月のみいり, 先づざつと斯んなもん, 先づしづ子を親許, 先づしめたもんだ鰐の口, 先づじっくりと湯に浸る, 先づすくないのであると言つて花時, 先づすくなくとも此処に書いた, 先づそこから出立して, 先づそこから汁を啜つ, 先づそこに坐せよ, 先づそこらまで片づけて, 先づそちらの消息, 先づそとに見えない心臟, 先づそなたに問はで叶, 先づそのしるしといつていいやうなものでこれを国, 先づそのなかゝら二つを撰んだ, 先づそのまゝになつてゐるのをおせき, 先づそのものに密接して, 先づその一ツを挙げ, 先づその一人を応接間, 先づその一冊を取り出した, 先づその一通を取り, 先づその像を手, 先づそれからお話を初めたい, 先づそれから順序立てて, 先づそれが主觀に對, 先づそれが何物をも避け得ない, 先づそれが梨だか, 先づそれきりとして老僧, 先づそれぞれの家庭, 先づそれぞれ人間としての特殊, 先づそれだけと言つて宜しいの, 先づそれで良いの, 先づそれでいゝとしても今夜はこれからどう, 先づそれでは生きて, 先づそれに氣がつきました, 先づそれは初めによく, 先づそれは安心として置い, 先づそれまでは心と心, 先づそれまでは死力を尽し, 先づそれゆゑに日本, 先づそれらの野望は最早, 先づそれを今朝發見した時, 先づそれを基礎にし, 先づそれを承知して, 先づそれを教へてくれ, 先づそれを聽かう, 先づそれを言へツ, 先づそれを賞観するを, 先づそれ丈の約束, 先づそんなところであつたらうと思はれる, 先づそんなものであらうから我々は五歳, 先づそんな事だだらう, 先づそんな場合の歌, 先づそんな意味であらう, 先づそんな様な趣き, 先づぞ泣かるる, 先づぞ乱るる色, 先づたんとの方だらうねえ, 先づだだつ広い台所, 先づとぢ上げて, 先づとにかく貴下方の身の上, 先づともかくも我は身, 先づとろゝ汁である, 先づどういふものを讀めば, 先づどこから手をつけるべき, 先づないが修道院の中, 先づないが古今集以後に成る, 先づないといつていい例がそんなに, 先づないものと思はなくちや, 先づないやうなものであるが然し思ふ, 先づない事なの, 先づない今日の日本, 先づなかつたといつて宜い, 先づなかつたといふ事実をはつきり指摘, 先づなかつた筈です, 先づながめと言ふ名詞, 先づなさゝう九分の入りである, 先づなんにも無くなつた, 先づねろとばかり昨夜一時半から午後一時半, 先づのっけに柳が立っ, 先づはしたはるれ思ひ捨てても, 先づは二三日あたらしい, 先づは大店の主人, 先づは御返事まで, 先づは町盡れ新宿, 先づばけものとはどういふものであるかといふに元來宗教的信念, 先づひとりの朝, 先づほかでは聞けないぢ, 先づまあ是で御, 先づまつさきに金鍔谷へ駈けつけた, 先づまづ幸福な身の上とい, 先づまづ戦争には誂, 先づみなさんは, 先づみなさんに報告したいと, 先づむしろもつと具體的に諸君, 先づむゝ其で分つた, 先づもつてその態度を設定, 先づもつて悪魔の誘ひ, 先づもつて風雨をしのぐ, 先づもののあはれを求める傾向, 先づやつぱりあなたに書きたいので, 先づやはりおんなじ人間でちっとも, 先づやらせて山寺をひい, 先づゆつくり頭をさげ, 先づゆつたりと身をくつろげた, 先づよいとして時代物殊に世話物, 先づよき主を探し, 先づよく持ち出される話題, 先づれふしどもを家へ呼ん, 先づわかり易いやう, 先づわが家に来りぬ, 先づわたくしの京水の事蹟, 先づわたくしの注意を惹く, 先づわたしは久里浜で下車, 先づわびてやつとお, 先づわれから愛せよ, 先づわれらが叱られた位, 先づわれら日本人のなん, 先づわれわれがしつかり掴まなければ, 先づわれわれの日常生活を計画的, 先づわれわれは今日まで人間, 先づわれわれ文学者が考, 先づアジア人のアジア, 先づアノ弓から食つて, 先づアラスカ探検記をポツケツト, 先づアラミスで食った, 先づアリストテレスの論理, 先づイウエルスカヤ小聖堂に伴, 先づイプセンの洗礼, 先づイリー教授の書, 先づウ列の形, 先づカシワ手をポン, 先づカセット街の或小さな, 先づカバン屋洋品店文房具も売つ, 先づカロリイナを難なく, 先づガラマサの方, 先づキキが選ばれ, 先づキユーツとやり, 先づギリシヤ人の持つ, 先づギルフォオドが曳かれ, 先づクベラ又クビラ, 先づグループを作らせた, 先づコック氏はカストリ, 先づゴリアスに行, 先づサン・ジョルジュ・ド・ブウエリエの, 先づザッと二十時間, 先づシェークスピアから入る, 先づシャンパアニュ・プルミエェル街十七番地にささやか, 先づジヤコビン黨の革命, 先づスキ焼をくひ, 先づソルボンヌ區トゥリエ街十一番地に寓, 先づダニーロが火蓋, 先づチヨイト覗いて, 先づチヨコレエトを喰, 先づチル子を抱き降さう, 先づテーブルの上, 先づトルストイに逢着, 先づドリアンだけは返し, 先づニコラに扮, 先づニューグランドへ行き, 先づネクタイの心配, 先づハツと面, 先づハリキってゐる, 先づハリキリボーイの歌, 先づバツカスの額, 先づバークレイは自, 先づビックリの氷結アイス, 先づビールを冷やし, 先づピヤノの音, 先づフイレンチエに往き, 先づフランスへ行く, 先づフレームの構造, 先づプチブル級が横浜, 先づプラグマチズムに於ける, 先づプルウストの謂ふところ, 先づヘーゲル自身の哲學, 先づベルネ・クラブの洋食, 先づペロリとやる気持, 先づペンキ屋商売物のペンキ, 先づペーギュウス影長く引く, 先づポンパドール夫人の顔, 先づマストリリから伝はつ, 先づマルテをとりかこむ, 先づミルラン君は上演禁止, 先づメッショナリウスを送, 先づモグリをし, 先づラクダルさんに試驗, 先づラジィゲの平凡さ, 先づラツキイをあなた, 先づリヴィエェルの, 先づロッパ七役を売ってない, 先づヱズヰオの山, 先づヱネチアの配偶, 先づヱネチア往古の豪華, 先づ一わたり讀んで, 先づ一二三四といふ風, 先づ一二位の容色, 先づ一二町のあ, 先づ一人年長者らしいの, 先づ一仕事濟んだと, 先づ一冊の本, 先づ一册の本, 先づ一刻も早く, 先づ一呼吸と気, 先づ一國者で考, 先づ一字の難, 先づ一寸其の家系, 先づ一寺院に入り, 先づ一成などが老, 先づ一方の家, 先づ一日に三ツづゝ鶏卵, 先づ一月の十日, 先づ一服やつて下さい, 先づ一献過せ, 先づ一献ぢや, 先づ一生に一度, 先づ一生懸命に打ち込ん, 先づ一番先に家, 先づ一番完全に近い, 先づ一番手近なところ, 先づ一番近くにある, 先づ一番間違ひの, 先づ一盞をおごそか, 先づ一瞥を投げる, 先づ一等國仲間入りが出, 先づ一緒に仕事, 先づ一考を要する, 先づ一般的なること, 先づ一課目にし, 先づ一郎を車, 先づ丁子屋へ八五郎, 先づ七之助が起出, 先づ三人そろつて, 先づ三十分も間, 先づ三四人の職人, 先づ三四年間は大丈夫, 先づ三寸の息, 先づ三尺の地, 先づ三島屋の身上, 先づ三年は木馬, 先づ三時かな, 先づ三月二日に竜華寺, 先づ三百を欠けた, 先づ三者の事業, 先づ下に坐せしめ, 先づ下二番町へ見舞旁, 先づ下女のお, 先づ下村為山さんの半, 先づ下流の姿, 先づ下駄屋へはいつ, 先づ不一致の要求, 先づ不作法にはならない, 先づ不可抗性を帯びた, 先づ不審がつた, 先づ不敬罪あたりへ持つ, 先づ丑松の顔, 先づ世の化粧術師, 先づ世の中の笑, 先づ世田ヶ谷代田に彼自身, 先づ世界共通の文化, 先づ世界文明の本流, 先づ世話役や選手たち, 先づ両脚を延ばし, 先づ中佐格かな, 先づ中瑞雲斎がある, 先づ中等学校を了, 先づ丹波竹田の泊雲, 先づ主に挨拶, 先づ主人の出勤, 先づ主人傳右衞門の死骸, 先づ主人祐玄の殺された, 先づ主僧が顔, 先づ主観を述べられた, 先づ久保田万太郎氏の, 先づ乗つた, 先づ九月の有, 先づ九月一杯に返却, 先づ亂暴な迫害, 先づ了解したの, 先づ予測するのに, 先づ事実から出発, 先づ二つの發光物質, 先づ二ツとなから, 先づ二三ヶ所の途方, 先づ二三年だね, 先づ二三枚の紙出, 先づ二代目烏亭焉馬の八丁堀, 先づ二十人も三十人, 先づ二千円近く寄附すること, 先づ二時だらう, 先づ二疊の方, 先づ二種類に分ける, 先づ二軒長屋の右, 先づ二階へ運ばせた, 先づ五位鷺の色, 先づ五六人の奉公人, 先づ五六杯詰め込まして, 先づ五十仙とか八十仙くら, 先づ五尺一寸くらゐで, 先づ五火の苦行, 先づ五百圓の金, 先づ五錢が通り相場, 先づ井荻の家, 先づ些細の事, 先づ享け容れ, 先づ享楽の人間, 先づ京の田舎, 先づ京師のヨフス, 先づ京畿忠清全羅三道, 先づ京音の悠長, 先づ人々と共に泣き, 先づ人さきに白, 先づ人並の方, 先づ人事関係軍事援護この二つ, 先づ人助けにずる, 先づ人口稀薄の獨立選擧區, 先づ人形浄瑠璃から採入れた, 先づ人心に大, 先づ人智の極まる, 先づ人格を規定, 先づ人目を惹く, 先づ人間的な反省, 先づ人間社会に如何, 先づ今回の被害地人民出京紛擾, 先づ今宵は大路, 先づ今川から自立, 先づ今日日本の演劇, 先づ今日明日はよほど, 先づ今月は大丈夫, 先づ今朝と同じ, 先づ仏国に於ける, 先づ仏壇の前, 先づ仏蘭西の芝居, 先づ仕事を先, 先づ他の劇場, 先づ他者によつて, 先づ代作の歌, 先づ以つて無我を唱, 先づ以つて盆の払, 先づ伊作へ談, 先づ伊沢信平さんの所蔵, 先づ伊藤公の略歴, 先づ伊豫の今治, 先づ休心するも, 先づ休憩したる由, 先づ休職といふもの, 先づ休養を名, 先づ伯爵自身の口, 先づ住所の話, 先づ住民を生活不可能状態, 先づ佐賀を立つ, 先づ体の可, 先づ何れを去るべき, 先づ何人も異議, 先づ何分にもお, 先づ何十枚の手紙, 先づ余に一日, 先づ余りやらぬ方, 先づ佛國であらう, 先づ佛樣を拜, 先づ作りて諳んじ置く, 先づ作中の人物, 先づ作者の理想, 先づ佳作の部, 先づ使用の電力, 先づ例證より探, 先づ供の女, 先づ侠客の打止め, 先づ俗界の勤め, 先づ保証される事, 先づ信仰の二字, 先づ信用出來ると, 先づ信用名望のある, 先づ俳優自身に動き, 先づ俳優養成所を設け, 先づ個人に結び付い, 先づ偉大な人格, 先づ傍聽席の一隅, 先づ傾向としては大きな, 先づ僕達の職掌, 先づ僞つて公の前, 先づ價値轉倒者その人, 先づ儒教を觀, 先づ元のエネルギー, 先づ元旦の薄, 先づ先づと言う, 先づ先づそれらの野望は最早, 先づ先づ成功するといふ, 先づ先づ生れ故郷の地, 先づ先づ目出たいとして, 先づ先輩からといふ, 先づ先霊名録に拠つて蘭軒, 先づ先頭にリリイ, 先づ克己を持て, 先づ児童をし, 先づ児童関係の文化行政, 先づ党の平和, 先づ入りの無い, 先づ入口左右の中輪白菊, 先づ全市の電燈, 先づ兩國の盛り場, 先づ兩脚を延ばし, 先づ八俵九俵十俵十一俵十二俵半と云, 先づ八分といふ入り, 先づ八洲子にそれ, 先づ八百分の一八百分の一位の金, 先づ公娼廃止についてのあなた, 先づ公武合体論を為し, 先づ六つかしくさう, 先づ六日の榛軒, 先づ共同への努力, 先づ其中の色別, 先づ其事を申さう, 先づ其住居を尋ねね, 先づ其國柄を察, 先づ其外に促, 先づ其大躰に就, 先づ其屋根に眼, 先づ其後の日記中, 先づ其所へ捨て, 先づ其效能を第, 先づ其方だつた, 先づ其枉顧の好意, 先づ其次第を申, 先づ其演奏の前, 先づ其爲に困つた, 先づ其生を謀り, 先づ其肉を己, 先づ其色を稱, 先づ其詑から始め, 先づ其身を生, 先づ其銭はおま, 先づ其魂を襲, 先づ其魔毒よりする, 先づ具舍の研究, 先づ兼吉に注い, 先づ内を攻め, 先づ内地を出, 先づ内容は, 先づ内政の主要, 先づ内科の医者, 先づ内面的でなければ, 先づ冬は唯, 先づ出土年代に關, 先づ出発しなければ, 先づ出發點から平次, 先づ出迎の叔父たち, 先づ出陣に及ん, 先づ分析してか, 先づ切りに愚痴, 先づ切角運ばせた事, 先づ刑事民事訴訟法に對, 先づ初穂を神, 先づ別としてまた, 先づ別れを告げ, 先づ別室に案内, 先づ別居の宣言, 先づ制度の方, 先づ前代の知識, 先づ前例のない, 先づ前者は中央公論, 先づ前髪を取る, 先づ創刊の, 先づ創立の年代順, 先づ劇作といふ仕事, 先づ劇作家は自分, 先づ劇文学の領域, 先づ劈頭第一, 先づ劉向父子, 先づ功名心や競爭心, 先づ加茂であります, 先づ労役のこと丈, 先づ動きのない, 先づ動物界に於ける, 先づ勘次の戸口, 先づ勝負がつく, 先づ勞役のこと丈, 先づ勸めて下さい, 先づ勸業偏頗の事, 先づ化合してる原料, 先づ北の方氷寒界の彼方, 先づ北宋の哲宗, 先づ北斗の手, 先づ北海メールを買つて, 先づ北西航路の開拓, 先づ十ギニイ送金有之度その上, 先づ十一時に入っ, 先づ十三夜には雨中, 先づ十中の七八, 先づ十二月の十四日, 先づ十人並に勝れ, 先づ十住心論の卷第七, 先づ十兩の金, 先づ十分意識の上, 先づ十分政友会を訓練, 先づ十分政友會を訓練, 先づ十圓札五枚をお, 先づ十年近くか, 先づ十銭は天引, 先づ十風の病勢, 先づ午食をなど話し, 先づ半職釣といつた, 先づ南に向, 先づ博士の論説, 先づ印刷刊行のもの, 先づ危險信號の標識, 先づ卷紙に墨, 先づ厄介者を一人, 先づ原作の文藝的内容, 先づ原稿をお, 先づ原稿用紙のい, 先づ原語を自由, 先づ及第点以上のもの, 先づ友人から聞いた, 先づ叔父の家, 先づ受驗寫眞と實物, 先づ古の本草経, 先づ古道具を買, 先づ古道具商人を凡そ百人, 先づ可笑く思, 先づ可能と信じます, 先づ台湾へ行き, 先づ史を読ん, 先づ右のやう, 先づ各種の文献, 先づ各自の人々, 先づ吉原の巴屋, 先づ同君に向, 先づ同志を糾合, 先づ名を名, 先づ名宝も大当り, 先づ名物ですネ, 先づ名状しがたい, 先づ君登場君でなくつちや, 先づ否定し次に, 先づ吾人に力, 先づ吾等農民が自ら眼, 先づ呑牛君に頼む, 先づ呪言及び叙事詩, 先づ呼鈴の代用, 先づ命には別條, 先づ命運の帰, 先づ和田山蘭越前翠村に私, 先づ咳払ひを, 先づ問題とする, 先づ問題外とする, 先づ善本を多く, 先づ善直を信郷, 先づ喜劇を正しく, 先づ喧嘩の起つた, 先づ喪章の附い, 先づ單に其の, 先づ噐具製造の原料, 先づ噴飯に価した, 先づ噺が始まる, 先づ四五枚の下画, 先づ四人ある, 先づ四町四方もあらう, 先づ四道に拠り, 先づ四馬路の菜館, 先づ国に捧げた, 先づ国神系統の代表的, 先づ国立演劇学校を設けなけれ, 先づ國家の組織, 先づ國民の輿望, 先づ土を知る, 先づ土砂を吹き飛ばす, 先づ地の底, 先づ地主の萱野十吉一家, 先づ地方官の事, 先づ地方文化の確立, 先づ地球から話し, 先づ地震雷火事爺の怖き, 先づ地面を四尺計り堀, 先づ坦々蕩々たる大, 先づ坪内君に向, 先づ型通りお此, 先づ埋伏して, 先づ堂内に封じ置き, 先づ士を養候, 先づ声をかける, 先づ売国の奸賊, 先づ夏の珍味, 先づ夏冬の礼服, 先づ夏草の前, 先づ外国人の考へ, 先づ外國の人情風俗工藝技術, 先づ外山正一矢田部良吉等諸氏の新, 先づ外後架といつた, 先づ外面的には申し分, 先づ多勢の僧侶, 先づ夜あけ結局, 先づ夜中に忍び込む, 先づ大祀神, 先づ大井樣に選ん, 先づ大井町の陋巷, 先づ大体今日皆さんに申, 先づ大佛へ行け, 先づ大兄は先大人, 先づ大名や武士, 先づ大和の月瀬, 先づ大声で怒鳴つた, 先づ大家の用人, 先づ大将軍と申, 先づ大抵は眼, 先づ大沼博士を訪ね, 先づ大網の湯, 先づ大衆化するもの, 先づ大要斯樣な程度, 先づ大辻がアメリカ土産, 先づ大連病院を訪, 先づ大過もない, 先づ大阪へ出, 先づ大阪毎日新聞に宛て, 先づ大阪表引拂候得共右御條, 先づ大音寺は鬼, 先づ大麻を飲ん, 先づ天地と人生, 先づ天才の折紙, 先づ天才的の眼, 先づ天津に着いたら, 先づ天然の潮除堤, 先づ天聲がやつ, 先づ太鼓がきこえ, 先づ夫の方, 先づ失くした, 先づ奇抜な誤字, 先づ奉公人や親類達, 先づ奏任官のやう, 先づ契沖阿闍梨を擧げね, 先づ奔放自在型だつた, 先づ奥様に挨拶, 先づ奮發した, 先づ女子の心霊中, 先づ女房のお, 先づ女郎花を挙げる, 先づ好意ある評, 先づ如何にし, 先づ妥當であらう, 先づ妻を温泉, 先づ妻さへもが愛想, 先づ妻子をし, 先づ姉妹の負債, 先づ姓名と生, 先づ娘の幾代, 先づ娘梨枝子のこと, 先づ婆さんの女中, 先づ婆様が店, 先づ婆羅門教とは如何なる, 先づ婦人小児よりなづけ, 先づ婦女子を捕へ, 先づ子供等を叱らなけれ, 先づ子爵夫人に会釈, 先づ孝弟として發露, 先づ孝道の洗禮, 先づ孟子の頃位, 先づ学校を出る, 先づ学生フロッシが, 先づ学生生徒として身, 先づ學問と實用, 先づ學生が拓本, 先づ安らかとなつ, 先づ安堵をした, 先づ宋の太宗, 先づ完成すること, 先づ官立俳優学校の設立, 先づ定に入る, 先づ定評として, 先づ実相のまこと, 先づ客體面における他者性, 先づ宮が血色, 先づ家庭は破壊, 先づ密集隊形の教練, 先づ寝所の温み, 先づ寝酒でも飲みます, 先づ察しなければ, 先づ寢床のなか, 先づ寢酒でも飮, 先づ實用に供, 先づ實行である, 先づ寺詣りの, 先づ寺内にはない, 先づ寺務所を訪, 先づ封を切つて, 先づ専門別の統合団体, 先づ將門であらう, 先づ小学教育を破壊, 先づ小學教育を破, 先づ小屋に帰る, 先づ小日向水道町称名寺に, 先づ小田城に入る, 先づ小野家の系図, 先づ尤も嚴重なの, 先づ屋外が狹, 先づ屋敷中の者ども, 先づ屏風を借り得, 先づ屏風絵に描き替, 先づ履歴から言, 先づ履物を調べる, 先づ山ノ手の百姓地, 先づ山地の密林, 先づ山城屋の近く, 先づ山林濫伐で水源, 先づ山田鈴木両君を推さね, 先づ山脇道作の子, 先づ山陰線の益田驛, 先づ山陽撰の墓碣銘, 先づ峠の下, 先づ島流しになつ, 先づ川の底, 先づ左様言つたやう, 先づ左舷の彼方, 先づ左足の方, 先づ差し當りこの, 先づ差当り白米の代価百文, 先づ巴里の観衆, 先づ巻煙草位のもの, 先づ巽公園内にご, 先づ市の中央, 先づ市場で一青年, 先づ布で甕, 先づ希臘劇は二つ, 先づ帝國議會の中, 先づ師と同一, 先づ帳合を, 先づ幕があく, 先づ幕府の南門並び, 先づ平安朝以後の時代, 先づ平次に一應, 先づ平次殿の外, 先づ平民社の手, 先づ幹だけの一本立, 先づ幼年の頃, 先づ幼虫の務め, 先づ幽魂の迷執, 先づ幾通りかの暗号, 先づ広元朝臣をし, 先づ広漠無量の事実, 先づ庄屋のお人好し, 先づ床の間の古書類, 先づ底面を作り, 先づ店口へ火, 先づ座に直, 先づ廃業やがて近隣, 先づ廟前の牌, 先づ廣い控處, 先づ建築の最も, 先づ廿六人の, 先づ弁天様と言, 先づ弁当と金, 先づ引揚げる外, 先づ引分をと希望, 先づ強味のある, 先づ当今では先生, 先づ当分は私, 先づ当分トラストが行, 先づ当分眉唾と考へ, 先づ形の美, 先づ形体として都市, 先づ形式の上, 先づ形式実質共に欧洲文明, 先づ形式實質共に歐洲文明, 先づ役には立つ, 先づ彼女らは教室, 先づ彼方へ出かけ, 先づ律儀を壞, 先づ後の場合, 先づ従来の弊政, 先づ從來の諸説, 先づ御礼仏次に花林, 先づ御藏前の板倉屋, 先づ御車二両已下御拝賀料, 先づ御輿を据ゑて飮むがいゝ, 先づ御馳走から出しました, 先づ微笑し苦笑, 先づ徳島に入り, 先づ心配はない, 先づ心配げな顔, 先づ必要なこと, 先づ忘られね住吉, 先づ応接室に通され, 先づ快感を与, 先づ思つて見る, 先づ思切ツて背, 先づ思召して, 先づ思案に餘つたお店者, 先づ怪我といふ程, 先づ恁うです, 先づ恋愛とその, 先づ悧巧者とせなけれ, 先づ悪魔同志喧嘩をさし, 先づ悲哀とでもいふ, 先づ悲慘の氣, 先づ情理を兼ねた, 先づ惡くない, 先づ想ふべけれど, 先づ想像されないこと, 先づ想像力と純, 先づ愕きつつも, 先づ愛児の健か, 先づ愛鷹の山, 先づ感嘆を現した, 先づ感嘆詞に近い, 先づ感情的に支那, 先づ慊堂の書, 先づ慾得づくだらうな, 先づ憎悪を感じ, 先づ憐愍と輕侮, 先づ懐から二三本, 先づ成立するもの, 先づ我が坐する, 先づ我々地上の愛, 先づ我天皇陛下から申し上げる, 先づ我慢出来さうなり, 先づ我眼に映ぜり, 先づ我等は青眠洞, 先づ戦争の目的, 先づ戯曲美の基本的, 先づ所を聞いた, 先づ所期通りの結果, 先づ所謂實在即ち, 先づ所謂新劇運動なるもの, 先づ手代の駒三郎, 先づ手口から先, 先づ手柄を綴り, 先づ手燭をとぼし, 先づ手習に同人雜誌, 先づ手順はついた, 先づ打ち入りて物, 先づ打切つてアントワヌ座で従来, 先づ批評家諸氏に注意, 先づ抒情詩の面, 先づ押へた, 先づ押しも押され, 先づ押ずしなるもの, 先づ拉典區トウリエ街に假寓, 先づ拑子を引く, 先づ指摘した, 先づ按摩をとる, 先づ掌に八箇国, 先づ掠奪に至らず, 先づ探偵を吹き送り, 先づ支へる事, 先づ支出として七円, 先づ支度に取懸れり, 先づ支社へ引ツ, 先づ支那人が覺, 先づ支那文が出, 先づ支那文化を知らなけれ, 先づ收穫を, 先づ改進新聞に招かれ, 先づ政党ありて, 先づ政友会に入り, 先づ政友會に入り, 先づ政府の負担, 先づ政治的見地からされね, 先づ政黨ありて, 先づ故郷で待つ, 先づ敍したるは, 先づ救出します, 先づ救民小屋造立の間, 先づ敗北した, 先づ散会一洵無水和蕾の三君, 先づ數寄屋橋内南町奉行所に飛ぶ, 先づ文を属する, 先づ文体より始めざるべからず, 先づ文化性といふもの, 先づ文化運動の形, 先づ文学的であるよりも, 先づ文学者の階級, 先づ文學の方面, 先づ文教の府國民, 先づ文科理科の二つ, 先づ文芸部の芝居, 先づ文芸部長が吉岡氏, 先づ斯んなもの, 先づ新らしい運動, 先づ新劇とはなんで, 先づ新劇協会の舞台, 先づ新宿舎に来り見れ, 先づ新年おめでたうより, 先づ新聞社で挨拶, 先づ斷つたのでした, 先づ斷念した方, 先づ方一間高さ一間位, 先づ施主の倉賀屋さん, 先づ既成の演劇機構, 先づ日光の中, 先づ日劇中三階事務所へ, 先づ日向の浜辺, 先づ日当に当らん, 先づ日本らしからぬ思ひあり, 先づ日本一の餅屋, 先づ日本人同士で結びつく, 先づ日本國に行, 先づ日本女服の美, 先づ日本書紀の作者, 先づ日本演劇の起源, 先づ日本犬を大切, 先づ日本語をどんな, 先づ日本靈異記中に聖武天皇, 先づ日清間は如何, 先づ日記の手帳, 先づ日記類でいふ, 先づ日頃信心する觀音樣, 先づ旧劇はあの, 先づ昇汞で他, 先づ明かにし, 先づ明らかにする, 先づ明晩まで待つ, 先づ明治文学の性質, 先づ明瞭な現れ, 先づ春三郎の心, 先づ春団治は, 先づ春枝夫人に向, 先づ春章の後継者, 先づ昨夜死骸になつ, 先づ昭勇大將軍, 先づ時代ものお家ものそれから, 先づ時勢に造られ, 先づ時間的存在の基礎, 先づ普通一般に見られる, 先づ智にて其事物, 先づ智恵にて知り, 先づ暇乞せんと折, 先づ暫時無能力となる, 先づ曲者は手洗鉢, 先づ書を贈, 先づ書き初めるつもり, 先づ書籍に目録, 先づ書記をし, 先づ最初ヴェネチアに滯在, 先づ最初旅中鎭魂の作, 先づ最初討論の議題, 先づ會津に越す, 先づ月並の題, 先づ有名なる落合氏, 先づ有馬の家, 先づ服裝からし, 先づ朝顔棚に眼, 先づ木戸を入, 先づ木曾を語らざるべからず, 先づ木村がタバコ, 先づ本人共の意見, 先づ本尊の前, 先づ本所の五百羅漢寺, 先づ本日の御, 先づ本誌の古い, 先づ材料を得し, 先づ村の住居, 先づ村民から見, 先づ東の門前, 先づ東京府よりも静岡県, 先づ東京横濱の知人たち, 先づ東海道筋の大, 先づ東郷大將, 先づ松吉旅館へ落ちつく, 先づ松葉屋を訪うた, 先づ板の如く, 先づ枇杷羊羹でせう, 先づ林に入り, 先づ枳殼垣越しに財布, 先づ柏軒が兄榛軒, 先づ栃木縣一縣の御, 先づ校正書位のもの, 先づ校長に挨拶, 先づ根本が違つて, 先づ根本材料は伊沢徳さん, 先づ桂川桂嶼と所見, 先づ桃園に義, 先づ案内をぞこふ, 先づ桑子に握手, 先づ梅花と共に念頭, 先づ梨枝ちやんの気持, 先づ棚の佛, 先づ森の鍛冶屋, 先づ椀を取, 先づ椅子を引き寄せ, 先づ植物の生長, 先づ椰子樹が次いで, 先づ楽屋口のところ, 先づ概略の病状, 先づ概論書に取り附い, 先づ榮西を第, 先づ様子を見, 先づ権力に接近, 先づ横山町の徳力屋, 先づ横浜の先, 先づ横須賀へ行かう, 先づ橋懸りと本舞臺, 先づ橋本と作兵衛, 先づ機会ある毎, 先づ機械体操の前, 先づ機械論的非目的論的宇宙觀, 先づ檢討をはじめよう, 先づ權力に接近, 先づ欧洲劇壇の注意, 先づ欲求して, 先づ歌を詠まん, 先づ正正堂堂として至極, 先づ正確でなければ, 先づ正面の第, 先づ此一事で自分, 先づ此二三人で利章, 先づ此二人をば避難, 先づ此人をどう, 先づ此分では心配, 先づ此勁敵を壓倒, 先づ此原則を立ておき, 先づ此地の代表的, 先づ此年八月二十八日の書, 先づ此方へ引き取つ, 先づ此潛勢力を觀察, 先づ此潜勢力を観察, 先づ此發射管, 先づ此處等がよから, 先づ此被告の窃取, 先づ此設備をする, 先づ此読書に対する家庭, 先づ此追記には誤謬, 先づ此鐵檻の車, 先づ武家屋敷長屋の壁, 先づ歴史の一段落, 先づ歴史的と或, 先づ死体は宿屋, 先づ殆ど全部にちかい, 先づ残りの巻煙草, 先づ殪れたの, 先づ母上と入浴, 先づ毎日三四十分の時間があつ, 先づ毎朝此処に来, 先づ氏は, 先づ民衆の生活, 先づ民間では至難, 先づ民間航空事業の貢献, 先づ気候が考へられる, 先づ氣の散る, 先づ水口園の前, 先づ水曜の夜, 先づ水車の負債, 先づ汗をふいた, 先づ汚れの少ない, 先づ汝らの心, 先づ江の浦附近の入江, 先づ江木鰐水撰の行状, 先づ江都県楊州の警備隊本部, 先づ決定すること, 先づ決定的な批判, 先づ決算期に入る, 先づ汽車の時間表, 先づ河岸に面した, 先づ河水を汲み入る, 先づ油をハリダース, 先づ沼津の町, 先づ法橋に叙, 先づ泥棒には珍, 先づ注意すべき事, 先づ洋子に訊いた, 先づ洋燈を持つ, 先づ洋装の教科書, 先づ洗面器でゆ, 先づ津山氏を訪うた, 先づ洪範に載つ, 先づ洲崎あたりだらう洲崎, 先づ浪人上がりの金貨, 先づ浪漫主義者である彼, 先づ浮子の動き, 先づ浴槽の縁, 先づ涎でも拭き, 先づ淡路洲を胞, 先づ淨土と禪, 先づ淨土眞宗から始め, 先づ淫戒を犯し, 先づ深邃なる批評家, 先づ清々とした, 先づ清子が都, 先づ清川安策孫を挙げ, 先づ渋谷松濤の公園, 先づ渠は云ふよ, 先づ渠等に拂, 先づ游稿の文, 先づ湯浴などせ, 先づ湯田の温泉, 先づ満員以上の入り, 先づ準備説明を必要, 先づ溜息を一つ, 先づ滞在日数の極めて, 先づ滿足だ, 先づ演し物, 先づ演出法といふ限られた, 先づ演劇の伝統, 先づ漢初までに成り, 先づ漢書の藝文志, 先づ漬け物の重し石, 先づ激動せり, 先づ濡場と云, 先づ瀧の方, 先づ瀬戸物を投げ, 先づ火山灰の外, 先づ灯を消すだらう, 先づ焉馬を驚, 先づ焚火にあて, 先づ無意識哲学を信仰, 先づ無産者は世界, 先づ無言のま, 先づ無限の感慨, 先づ焼酎を止めろ, 先づ煙草を振り撒く, 先づ熟語に就い, 先づ熱の高い, 先づ燒物からいへ, 先づ燧を発する如く, 先づ爲さねば, 先づ父君に歎, 先づ父子相姦が禁じられる, 先づ父王の命令, 先づ爽やかな雑沓, 先づ牀上に陣取らん, 先づ片附けば, 先づ片方の手, 先づ牛の咽喉, 先づ牡牛から初めよう, 先づ物價の關係, 先づ犬に嘗めさせる, 先づ独りで立つべきなり, 先づ独り明るみに出なけれ, 先づ猛獣狩の功者, 先づ猪子蓮太郎あたりの思想, 先づ獨りでやつ, 先づ獨立した自由, 先づ獨逸に行つて, 先づ玄八郎の家, 先づ玉蜀黍に小便, 先づ王立圖書館に支那在住, 先づ玩具の砂時計, 先づ現代の日本語, 先づ現在国庫から各省, 先づ現実暴露のメス, 先づ現行政治機構を速, 先づ理論よりも実際, 先づ琴の師匠, 先づ琵琶を膝, 先づ生れ故郷の地, 先づ生存すると, 先づ生徒の気持, 先づ生活力の基礎, 先づ生活精神とはこれ, 先づ生理学が教, 先づ生産力が生産関係, 先づ産業の復舊, 先づ用人石川孫三郎の荷物, 先づ用意周到に処理, 先づ用語例を定めざるべからず, 先づ田中姉の案内, 先づ田原町の八人藝, 先づ田舍家の臺所, 先づ由井が濱, 先づ町の事, 先づ町人としては申分, 先づ町奉行衆位の所, 先づ画家五人を挙げ, 先づ画題の選択, 先づ番所へ運びました, 先づ番頭の市兵衞, 先づ當り前, 先づ疑問だよ, 先づ疵物に目, 先づ癩病患者の足, 先づ発売禁止に成つた, 先づ発明家が製作品, 先づ發掘場を一ト巡り, 先づ白己の態度, 先づ白木の儘, 先づ白石は午前中, 先づ百パーセントこれ位が丁度, 先づ百円なら出来たの, 先づ百姓様になる, 先づ皆で相談, 先づ皆さんが今日, 先づ皆吉一人の仕事, 先づ皿の箱, 先づ盆正月のお, 先づ目先の才覺, 先づ目前の刹那, 先づ直参の切支丹, 先づ直接性における交, 先づ直接的交渉に入らね, 先づ直接關係のあり, 先づ直訴状依頼の当夜, 先づ相應な謙遜家, 先づ相手を食つて, 先づ相摸と武藏, 先づ眉のよしあし, 先づ眞先に一人殘つた姉, 先づ眞太郎さんの姉さん, 先づ眞山君に一問, 先づ眞正面に愛鷹山, 先づ真中に極めて, 先づ真野父子がある, 先づ眠に陥る, 先づ着替へて, 先づ瞬きせざること, 先づ知つて戴かなければ, 先づ知春の室, 先づ矯正し改革, 先づ石家荘まで, 先づ砲又は衝角, 先づ確める氣, 先づ磯へで, 先づ磯五郎を殺し, 先づ社会主義的でなければ, 先づ社会現象として国民, 先づ社長の耳, 先づ祐二を京, 先づ祖国のため, 先づ神教によつて祝福, 先づ神田から日本橋, 先づ神經の方, 先づ祭祀が有, 先づ禅寺へはいつ, 先づ福田英子姉のところ, 先づ禪宗傳來以前日本肖像畫の全盛期, 先づ秀次関白となり, 先づ私たちアイヌのうち, 先づ私自身の事, 先づ私達が機械化, 先づ秋山家へ行つて, 先づ秋風は吹き, 先づ科学が意識, 先づ科擧の制, 先づ秘かにと思へるなるべし, 先づ稀有のこと, 先づ種を蒔かね, 先づ空想の贍, 先づ空気によつて, 先づ空氣を全く, 先づ突つ附いて, 先づ立派な郡, 先づ竹の林, 先づ笛村を訪, 先づ笞刑と云, 先づ筆墨料として, 先づ筆管を握, 先づ筆舌に尽し, 先づ筆記されたパラオ, 先づ筑波登山を提出, 先づ算盤をせ, 先づ箱をあけ, 先づ箸を鮒, 先づ篆隸萬象名義に關, 先づ篇中の優秀, 先づ簡單にいへ, 先づ米に幾通り, 先づ精神病に就い, 先づ精神病院へやつ, 先づ精神的な恢復, 先づ精進潔齋して, 先づ紙を買, 先づ紙鳶のしつ, 先づ細君がゐる, 先づ終つた, 先づ経済的な立場, 先づ結実しそれ, 先づ絶対に無い, 先づ絶對に不可能, 先づ絶望と思はなけれ, 先づ絶筆の頁, 先づ經濟的の單位, 先づ維幾のため, 先づ縁のない, 先づ纏持ちと言, 先づ缺點の無い, 先づ罪惡の發生, 先づ罰杯をくれ, 先づ羊を動かさない, 先づ美と感ぜられ, 先づ美術家としての資格, 先づ美術骨董へ手, 先づ翻訳者に向, 先づ老人一家を慘殺, 先づ老眼鏡をかけた, 先づ考へ直し, 先づ考察しよう, 先づ考査すべき語, 先づ聖約翰院, 先づ肅然として自ら, 先づ肚に力, 先づ股引に付い, 先づ肥前の国, 先づ背水の陣, 先づ胴間声が突走, 先づ胴間聲が突, 先づ胸中に絶えず, 先づ脇差を取出し, 先づ脣と咽喉, 先づ脱却せよと, 先づ腕の良い, 先づ腕組し一応, 先づ腰元のお松, 先づ腹部を切開, 先づ膝つ小僧, 先づ膽をつぶしました, 先づ膽振日高の方面, 先づ臀のを解き, 先づ自ら尻を高く, 先づ自ら幾日間定に入る, 先づ自ら楽みて, 先づ自ら湯島の天満宮, 先づ自ら無に歸, 先づ自ら神の面前, 先づ自ら自由人たれと, 先づ自分丈けの事, 先づ自分乍らアサマシヤと思った, 先づ自国へ帰る, 先づ自己革新の狼火, 先づ自我の確立, 先づ自我中心の思想, 先づ自殺を語る, 先づ自活の道, 先づ自然法則を前提, 先づ自然的な態度, 先づ自然的實在者即ち人, 先づ自然的直接性において行, 先づ自発的に激起し, 先づ自身番に居る, 先づ致し方がない, 先づ與力どもを威かし付け, 先づ舊制度の代表者, 先づ舊自由黨總務委員を以て重, 先づ舊街道の荊棘, 先づ舌を延ばし, 先づ舞台に普遍性, 先づ船体が隠れ, 先づ艦長松島大佐に向, 先づ色彩上でリアリティ, 先づ艶書の束, 先づ花を与へる, 先づ芸術でなければ, 先づ苦心して, 先づ英吉利のシェークスピア, 先づ茗荷の餅, 先づ茲に日本文化, 先づ草画家の風, 先づ草稿を出し, 先づ草鞋の紐, 先づ荒膽を拔, 先づ莊子の評, 先づ菊太郎を歸, 先づ菓子を頬張つた, 先づ萬づの吉善, 先づ落語家を次いで, 先づ葉書を読め, 先づ蒸気と云, 先づ薔薇の見えぬ, 先づ薩摩へ行つて, 先づ藤子に計画, 先づ蘇我一族を亡, 先づ蘇我氏の爲, 先づ蘭貢米の輸入, 先づ蘭軒が病んだ, 先づ蛙の肉, 先づ蜂起を止め, 先づ蝋燭の火, 先づ蝋燭一つ點し一, 先づ螢海の動物, 先づ螺釘の如く, 先づ行はう, 先づ行きたては百姓生活, 先づ行儀見習ひとして, 先づ術語の用法, 先づ衛兵の身構, 先づ衛生知識の普及, 先づ衣の方, 先づ衣桁に在りける, 先づ衣食金融の道, 先づ袂の四角い, 先づ被告が自分, 先づ裕かに折, 先づ裕福な暮し振り, 先づ裝飾されて, 先づ複雑なもの, 先づ西を撃つ, 先づ西宮の夷舞, 先づ西岸の方, 先づ西欧に於ける, 先づ西洋近代劇の移植, 先づ西洋館の三階, 先づ西流東流の二つ, 先づ西瓜の類, 先づ要領を得, 先づ見物人を集め, 先づ親を新しく, 先づ観客の胸, 先づ観音崎の一周, 先づ觀察し探究, 先づ角の足袋, 先づ解放されたので, 先づ解決しなければ, 先づ解釈は済ませ, 先づ言つて置かう, 先づ訓詁解釈と言, 先づ記事の材料取り, 先づ記憶をた, 先づ許嫁のお, 先づ訳者としてあれ, 先づ評議の席, 先づ詩の朗読, 先づ詩人である, 先づ詮索するまでも, 先づ認識すること, 先づ誓約を無視, 先づ誕生寺に詣, 先づ説得力をと私, 先づ論理的性格の欠乏, 先づ諸侯には柳川侯, 先づ諸行無常とも言, 先づ諺と言, 先づ謂はんやう無く肩状優, 先づ謙虚な感想, 先づ謙遜にかう, 先づ講釈筆記の武勇談, 先づ謹愼して, 先づ警戒の眼, 先づ讀しやと, 先づ讃へるの, 先づ豊成が右大臣, 先づ豫想が的中, 先づ豫想外です, 先づ豹皮を留む, 先づ貝塚及び貝塚, 先づ貞山は秋色, 先づ貴方に御, 先づ貴方位のもん, 先づ貴族院で選挙干渉難詰, 先づ貶なして, 先づ買ひ占めに, 先づ賠償金を取る, 先づ質問を止めたる, 先づ足下が公人, 先づ足下自ら其良心に対する足下, 先づ足利の末世, 先づ足溜としてほ, 先づ足許をたしかめね, 先づ足駄をひつくり, 先づ路傍に黄いろい, 先づ路地の中, 先づ跳り超え, 先づ身元金の三十円, 先づ身慄ひを, 先づ身辺の貧弱, 先づ身體状態を善變, 先づ躬から身, 先づ軍備を去る, 先づ輸入せねば, 先づ轎に乗つ, 先づ辛じて, 先づ辞儀をし, 先づ辨當屋に當, 先づ辮髮を行, 先づ近代人の精神生活, 先づ近代劇といふ名称, 先づ近所の新宿, 先づ逍遙子の具足, 先づ這麼風に業躰, 先づ通商を開き, 先づ通夜の仕度, 先づ連歌を説かざるべからず, 先づ連用或は将然, 先づ進行の方向, 先づ遊びに来た, 先づ運命前定説, 先づ道を除け, 先づ道家といふもの, 先づ遠くから詩, 先づ適宜の大, 先づ適役と云, 先づ遼東ホテルに赴いた, 先づ那覇の市中, 先づ郡役所と云, 先づ部分に對, 先づ郭公である, 先づ都市居住者をし, 先づ配役をする, 先づ釋迦や基督, 先づ重荷をおろした, 先づ野蒜を取, 先づ金六に當つて, 先づ金剛智三藏の生れ, 先づ金槐和歌集などより始め, 先づ金田のとり, 先づ金銭の浪費, 先づ釜山まで撤退, 先づ釣の具, 先づ釣竿を携, 先づ銘々帰家すること, 先づ鎌で藪, 先づ鐵砲で敵軍, 先づ鐵門を, 先づ鑑賞の第一歩, 先づ鑛毒で植物, 先づ長崎奉行竹中采女の馬廻り役, 先づ長男が晴れ, 先づ長野に行き, 先づ門前町の時次, 先づ門番と対話, 先づ開場の演説, 先づ関東附近で, 先づ閣議の決定, 先づ防禦の第一線, 先づ阿波屋だ, 先づ附近にある, 先づ隋書經籍志新唐書藝文志, 先づ階級的な観察, 先づ際限も無い広い, 先づ隣組の郷土化, 先づ險しい眼尻, 先づ雀のお, 先づ雇人たちを縛りあげ, 先づ難有迷惑の方, 先づ雨被を, 先づ雪でも降つ, 先づ電報でよこす, 先づ電燈をつけ, 先づ電車に乘, 先づ露西亜人の住宅, 先づ露軍の陣容, 先づ靈岸島から汽船, 先づ青年が強く, 先づ青森の十三潟, 先づ青空を十里四方位, 先づ青軒翁が紹介状, 先づ靜子からよこさせ, 先づ靜室に坐せしめ, 先づ非人から出る, 先づ面白がつて, 先づ音樂へ, 先づ音次郎を船, 先づ頂上から絶えず, 先づ順を追, 先づ須く貧, 先づ領を挙, 先づ頬ぺたの肉, 先づ頭髪へ気, 先づ題號を解する, 先づ顏の通つた四十男, 先づ顱頂部が禿げ, 先づ風呂へ入らう, 先づ風情はなく, 先づ風流な事, 先づ食つて行かなければ, 先づ食ひたいのが, 先づ飮物の方, 先づ飯を一箸, 先づ飯田安石が中途, 先づ飲助連に紹介, 先づ飾つた, 先づ養子祐二を弟玄俊信郷, 先づ首桶に右手, 先づ首相を訪, 先づ香を燒, 先づ香料のかをり, 先づ香水の刺戟, 先づ馨が乘, 先づ馬追虫である, 先づ駄々ツ兒六分に變人二分, 先づ駄目と斷念, 先づ駒より下手投, 先づ驚きの眼, 先づ驛前の一亭, 先づ體の可, 先づ高橋にくど, 先づ高館にのぼれ, 先づ髷形と髢, 先づ魔宴の飲代, 先づ鳥籠の戸, 先づ麻布なので, 先づ麻油の頸, 先づ黄金を得ん, 先づ黒白斑の牛, 先づ默つて從いて, 先づ黨の平和, 先づ鼻がつまり, 先づ齊の稷下, 先づ齒が痛む, 先づ齢不惑を越える, 先づPCLの人間, 先てるこれ即ち, 先であるし上二句は, 先でかあん, 先でかき廻したり, 先できつと不自由, 先でございましょうか, 先でじょうだんにちょいと肩を, 先ででも書いたよう, 先でなくなってしまった, 先でばかり運動する, 先でをかしいやう, 先ところもあろう, 先としては途中に, 先とだけは喜代子に, 先とった写真を, 先とも後とも定まらない, 先とやらに遠い身寄り, 先とりてもろ, 先とを買い段々, 先どうしようなんてこと, 先どこぞへ女中, 先どころじゃない, 先どな持って, 先どなりがお, 先どりしたからとキューキュー, 先どれほど生きてる, 先どれほど深いか, 先どんなに頼んでも, 先なかなかものすごく小刀, 先なしさ, 先など垣越しに, 先などが赤くふやける, 先などと百歳まで, 先などという旧臣が, 先などに残つて居る, 先などの上流へ, 先などへついて, 先なら打ち分けぐらい, 先なら追いつこう後なら, 先なりしやを, 先なりとあり, 先にあたる業慾な, 先にかけてなほすところ, 先にがちりと, 先にくひつい, 先にこそ女性の, 先にさえ出る事, 先にだけは幸福に, 先にというように, 先にといふマネーヂヤアの, 先にとに角人民の, 先にともなくいきなり, 先になんぞ死んだら死骸, 先にねニューヨークから, 先にのみ煩いを, 先にばかり敏感で, 先にまでも漲ったかと, 先にものんこう, 先にやどうして罅, 先によってどういう風, 先にわたつて, 先に対してわたしが, 先に従って眼を, 先ぬきとして何, 先私が, 先のにをさを, 先のねえ人間, 先のぶなの, 先のみ赤く頬, 先のりした若い, 先はげしく進み入り肩, 先はずッと幸手, 先はたして団員二十余名が, 先はちよつと広い, 先はるかに霧, 先ばかりしか見なかった, 先ばかりにて軍に, 先ばかりはいままで, 先ばかりまで聞こえる低い, 先ばかりを急がせるので, 先ひとつ動かさずそれぞれ, 先ひと知恵絞らなきゃならねえようだからね, 先ひらひら舞い狂いかれ顔面蒼白, 先ふっとこの湯壺, 先ふるは雪女, 先へけえつて, 先へといふ提燈搖り消し, 先へとばかり進みたがるの, 先への配りもの, 先へやぞうを, 先へよつてから, 先ほどな小さな鼻, 先ほどに縮まって, 先ほどよりの饒舌続け, 先ほどよりはよほど濃く, 先その手, 先ぼくが明日子, 先つと匂, 先まだちょっと珍らしい, 先までしか届かずまた, 先までといえば, 先までに過ぎず楊貴妃, 先まわりしないでちょうだい, 先みじかい私が, 先みずに欺, 先みたいな手紙, 先みんなの話, 先むじて親書が来, 先もう少し事件は, 先もっともっと書きつづけとう存じますけれども, 先ゃ本所の一つ目, 先やったら他へ, 先やら熟した其實, 先ゆき長く乗れる, 先ゆらぎ大地に突き, 先僞善の, 先よければ後, 先よりかへり来て, 先な, 先わかりませんかしら, 先わが身なほ里昂の正金銀行, 先わずかに動いた, 先わたしから上衆, 先われわれはいろいろ, 先をかくるは, 先をと促すもの, 先をもって応援を, 先をよッくみはって, 先を通して背へ, 先家へ, 先ァおめえ, 先アこっちへ来給え, 先アづと來るか, 先ア二人とも空腹, 先ア何といふ事, 先ア傍腹を刺された, 先ア僕の説, 先ア其積りで, 先ア内儀が嘸かし, 先ア冥土へ好い, 先ア前へ云わね, 先ア可いぢ, 先ア君の見た, 先ア否だなどと, 先ア味方は三人, 先ア大変な事, 先ア娘兼帯の秘書官, 先ア安心だが, 先ア寧児覚えて, 先ア左も右くも一度, 先ア幸いな事, 先ア彼の様, 先ア後の事, 先ア探偵に成, 先ア敵の癖, 先ア斯ういふ心, 先ア東京へ先ア, 先ア浦子さんも余り, 先ア私にも云わず, 先ア糠喜びも大抵, 先ア而して, 先ア関係わんが可, 先ア餓鬼だナア, 先カッフェーの帰り, 先カラ尋ネタラ行クガヨイトイウカラ, 先キ廿九日両氏ヲ問, 先キ此度御船の御, 先クスリと笑い, 先ゴロ弟ヲ喪イマシタノデ, 先シャトー・ドーの近く, 先シューマンがヴィーク, 先スタンレーからいろいろ, 先スフィンクス等の間, 先ズウチヘ帰レトイウカラソレカラ家ヘ戻, 先ズキャッツ・アイノ件ヲ白状サセテ予ヲグウノ音モ出ナイヨウニサセ, 先ズツと此處, 先ズ一度御宅, 先ズ半分程磨リオロス, 先ズ味方ヲ図レ, 先ズ始メハ千両バカリイッテソレカライロイロ家作モ大破ダカラ弐百両半モイルシ皆サンガ支度ニモ百両トシテモシモ支配ヘ引越シデモスルト百両半モカカル, 先ズ度胆ヲ抜イテヤッタガ, 先ズ当分ハヒッソクシテ始終, 先ズ悴ヲヒドク叱ッテヤッタラ, 先ズ本所デ男ダテノヨウニナッテキマシテ, 先ズ涙下ルナオ恐ル児孫, 先ズ稲荷ヲ拝メトテソノ法, 先ズ論ハ無益ダカラ手前ハ自分ノ前, 先ズ顎附ノ総入, 先チカチカチカチカと青, 先チテ此地ニ鬚髯無キ人民棲息セリ, 先チョイチョイとない, 先ッ潜りをする, 先ぽの, 先ツきの酒はない, 先ツチヨにゼリー, 先ヅ一ト先ヅ召捕とり正, 先ヅ三大原則, 先ヅ以テ之レニ応ズ, 先ヅ其事件云々ヲ委曲, 先ヅ其図篇ヲ発刊シ其事, 先ヅ參政權ヲ與ヘテ政治的訓練ヲナスベシト考フルハ, 先ヅ土針カラ解イテ見ヨウ, 先ヅ将軍職云云の御, 先ヅ小梅才蔵松吉梅吉房吉増吉鈴八小勝小蝶, 先ヅ屋敷に行, 先ヅ後藤由井佐々木ニ談判ニてかた付申候, 先ヅ投資的分割ニ現ハレタル者, 先ヅ昨日より御, 先ヅ槍ヲ以テ敵ニ, 先ヅ此ノ三, 先ヅ神州をたもつ, 先ヅ荒土ヲ拓イテ種, 先ヅ難ズベカラず, 先トシ尊卑ノコトナルハ君臣ヲ重, 先トロイア王プリアモスの子, 先ニイウ通リ何モウチノコトハ気ニカカルコトハナイ息子ハ十六ダカラオレハ隠居ヲシテ早ク死ンダガマシダ, 先ニオトウサンノ所ヘ行キマス, 先ニシャワーヲ浴ビタト見エテ, 先ニハ捕ヘ, 先ニヒルマンガ走リ出シテ, 先ニューヨークで自分, 先ニ僕ヲ見付ケテ自分, 先ニ日航デ帰ル, 先ニ江戸ニ来タトイッテモマダ江戸ナレハシマイカラ一ツタマシイヲ抜カシテヤロウト心附イタカラ緋縮緬ノジュバンニ洒落タ衣類ヲ着, 先ニ立チマスノデツイツイ遠クカラ拝見シテイルトイウヨウナコトデ, 先ニ行クホド暑クナリマス, 先ノコトヲイロイロト教エテ御代官, 先ハこれまで早々, 先ハ八日ト同ジ事件, 先ハ右計也, 先ハ河原町二条東入ル筆墨商竹翠軒デアル, 先バラスや鉄管, 先ビュイック自動車会社の工場, 先フレデリックはゼッテルベルグ, 先プンと血, 先可行道モナシ, 先ヘツキハナシテ出ヨウト思イ追ッカケタラ, 先マリア館で一緒, 先モ武士ダカラ挨拶ガ悪イト, 先リバープールの商人, 先馳ケテ, 先ンゼントスル國民的覺醒ヲ裏切, 先ン侯の内命ニ, 先向竹童, 先一すじの片側町, 先一つであしらい, 先一九〇三年に彼, 先一八六九年にロンドン, 先一同のさがさない, 先一寸五分へかざし, 先一寸名をきい, 先一日も生き, 先一日先と駈け, 先一昨日だってそう, 先一本は付けます, 先一町行けそう, 先一番よくわかる, 先一番始まりが紀州, 先一般に申し聞せ, 先一行は騎馬, 先一軒ものこさず, 先一里も覚束, 先一里余りの所, 先一間四方がぼう, 先一面にあの, 先一體誰を信じたら, 先丁度隣の, 先七八寸の玉子焼鍋, 先七八間の所, 先七兵衛は早く, 先七月に茶山, 先七月七日の条, 先七月中に, 先七月十四日の詔, 先万年筆を買, 先三ヤードもない, 先三丁目大塚病院にて突然, 先三井家は三千万円, 先三人が仲, 先三十三年一月五日に矩之, 先三尺八寸という大, 先三根夫君の手, 先三百人より四百人, 先三角になつ, 先上方までの道中, 先上落合の方, 先の座敷, 先下々の者, 先下女はマタルス, 先下谷長者町の筆幸, 先下関であの, 先世の中はまだまだどんなに, 先世以譯司食公祿以斯致死即吾分而已, 先世称雄武遺訓守淳猶混農, 先世良田村平塚から尾島町前小屋地先, 先世話して, 先丘陵の如く, 先両刀を投げ出し, 先中津の自性寺, 先中頃とも云, 先丸き鉛筆を, 先主人中村さんは商売, 先主人松向寺殿御逝去遊ばされて, 先主司馬先生が萩乃, 先主後醍醐は隠岐, 先主継友の末弟, 先主鉄斎の代, 先之から唐紙の, 先乱作をしない, 先乱発二尺玉三尺玉大菊花壇二百発三百発の早打, 先争いの烈しかっ, 先事後詮方もない, 先二つに斬られ, 先二三尺のところ, 先二三週間もしたら, 先二十年先に一人前, 先二尺先あるいは一間先, 先二年町奉行から天部, 先二度とお前と, 先二度と再び贈物なんて, 先二百五十目位な雛鶏, 先二苦労や七苦労, 先二郎佐原太郎多多良, 先二里ほどは本, 先二間先一面にあの, 先二階へ戻った, 先云っていた, 先五六尺のところ, 先五十年や百年, 先五十年七十年の事, 先五年十年この土地, 先五月の二十一日, 先五百は脩, 先亡諸靈を哀むにつけて, 先京都の方, 先人びとがあっ, 先人目を忍ん, 先人里離れた山奥, 先こそ思ひ知らすべし, 先今宵のこの, 先仏頂寺弥助と丸山勇仙, 先の約手, 先仙吉と一緒, 先以御近況過日阿部より承, 先以甘藷併馬鈴芋を作り, 先のよかっ, 先伊賀の若殿, 先伏見鳥羽淀には幕兵, 先会うのん, 先会ったときより, 先伝令一は裸体, 先を恨ん, 先低く続いて, 先佐久間町河岸にはお, 先佐保子が教えた, 先何となされますか, 先何ヵ月もこう, 先何人も, 先何億万年かかっても, 先何十年も千軍万馬, 先何十年この世に呼吸, 先何十日何百日海洋を流される, 先何千年何万年呼び続けるか, 先何年ここにいる, 先何年交際を重ね, 先何年鉱を敲くだろう, 先何年間といふもの春秋, 先何年雨風の中, 先何度でもいろいろ, 先何日も保たぬ, 先何時までその, 先何遍も破壊, 先過あり, 先余り御無体, 先作家というもの, 先使があった, 先侯正弘の遺子某, 先かに腫れ上り, 先にいう, 先の俳句, 先俳優を主, 先俳諧と狂歌, 先健軍ちいうところ, 先備制銭一千或両, 先として発した, 先僕等二人がどんな, 先儒教によつて一般, 先優善が隠居, 先真迹前, 先を列ねある, 先先方で縁談, 先先生姉さんは何, 先先生渡洋日誌を写す, 先光秀はなおさら, 先免ぜられ候が, 先入りの客, 先全部出た, 先八月二十一日に浜松県, 先八月十七日に嚢里, 先八月十日の条, 先八月廿六日聖誕日を天長節, 先八百八十六人の土州勢, 先六月北陸道鎮撫使を罷め, 先ま, 先其の綱を, 先其儘次の間へと追, 先其処に移つた, 先其大盾に鳴りひ, 先其教を棄てよう, 先其等の仲間, 先其遊蹤を尋ねよう, 先内儀の顔, 先冥加以正直為本, 先あたたかに, 先凡ての夜, 先出たところだ, 先出でてゐる, 先出羽国司言ふ従三位勲五等大物忌神社, 先出雲大社に詣でる, 先を抜い, 先切れそうだ, 先刑事の一人, 先ニ此談ニ及ぶべし, 先初七日の寺, 先別室に休息, 先別荘の前, 先しがた, 先前原伊助神崎与五郎の両人, 先前妻鉄は幾多, 先功名までも侵, 先郷も, 先動坂の家, 先勘定借方が現われる, 先勘定受取手形銀行勘定棚卸商品が加わり, 先勘定支払手形等が加わる, 先勘定貸方をもつ, 先勤長崎奉行の許可, 先勧業銀行に問, 先匈奴の別種, 先北陸線だそう, 先医者の木節, 先十一日には在郷軍人, 先十五歳の時, 先十年くらゐも, 先十数年の奉, 先十町ばかりの湯田中, 先午後五時頃からキャリフォルニアン号, 先南渓子という人, 先博士がした, 先印象批評に対して, 先っかしいもの, 先原稿ができた, 先友海内数公既漸凋落, 先収穫の見込, 先受けてはたまらぬ, 先受ける勇気が, 先受爵の内命, 先句切が付く, 先である, 先司命施糜の屬, 先吉原の佐野槌, 先吉蔵は榛軒, 先吉野村の寓居, 先同じい年, 先をさきだつる, 先名人上手の出よう, 先名簿の代用, 先ふとき, 先向島に来, 先吹きをし, 先吾人が見る, 先告所卜其辭如令龜法視火, 先を称揚, 先唱者にし, 先嘉永紀元戊申に阿部侯, 先嘗て言ふ, 先四ヵ年の日本, 先四五年稼いで, 先四六版時代に今一人画家, 先四軒にあて, 先の国勢調査, 先回奇夢の事実, 先つたのは, 先困ることが, 先園芸でもやつ, 先土藏の大, 先土間へ下した, 先在りて未だ, 先地中海の大神ポセイドン, 先地主どんの音頭, 先坐んなさいと和められ, 先りて, 先埼玉県熊谷市から群馬県太田町, 先堯典に見る, 先の中, 先売り仕り前約定金請取申見込位, 先な性交描写, 先変ったキチガイ話や, 先外らして胸, 先外妾ならば, 先多き清二郎は, 先多くの苦しい, 先大人の子, 先大人隆升翁生存之日, 先大体たまとたま, 先大坂迄帰著, 先大変美しいと, 先大学を卒業, 先大宮口から茨木君, 先大沢村のうち, 先大目付様が日田, 先大阪の正金支店, 先大阪滞在中和歌山市有志の招待, 先天子との血族関係, 先天明六年十一月二十一日に福岡, 先天武天皇はわが国, 先天王山が気, 先太守陶謙から譲られた, 先太閤は嘗て, 先奥の院の登り口, 先は彼, 先女中が居なかった, 先女帝カザリンはロシア, 先女興行師の元締, 先奴等の目, 先如何に大きな使命, 先始めて来た, 先始於大業大業生大費與禹平水土大費佐舜調馴鳥獸是爲柏翳舜賜姓贏氏索隱謂大業即皐陶, 先がこの, 先子規居士は, 先存事件を発見, 先学校の先輩, 先孫一郎ハ隠居シテ江雪ト改メテ剃髪シタソレカラ家来ノコトモミダラニナッテイルカラ家来ニ差図シテ取締方万事口入レシテ, 先か後, 先の心, 先宇宙を進め, 先安中城までの道, 先安心しながら, 先安永天明の交蜀山人, 先安積で祖母, 先家屋買入, 先家族の状態, 先寄手の放った, 先寛永十六年に品川, 先寛永十四年に島原, 先寺田氏の避難先, 先将軍家茂は六月, 先小姓御行縢持小駒, 先小姓御杖持北若, 先小手調べとして其, 先小海重寺, 先小説戯曲であると, 先小高い丘の, 先傅に, 先尺八の音, 先尺地も敵, 先居士追懐談の筆, 先く大, 先屋布被召上, 先屋敷へ這入る, 先展昆布を出す, 先山川正太郎は飲みほす, 先山本勘助晴幸は今度, 先山河幾百里の関柵, 先山田は金港堂, 先島一帯の若水, 先島原へと誘引, 先島地方にはニイラ, 先島語法の中, 先島辺りは此, 先島風の呼び名, 先崇拜は一つ, 先川上の方, 先川上機関大尉の発した, 先川中へ漂着, 先工合のわるかっ, 先差当り牛込と浅草, 先己達に穢い, 先市内の各, 先帰してしまう, 先帰ったら後で, 先帰宅明日にあり, 先常藏は第, 先常陸国久慈と大津沖, 先か蘭, 先平氏政府に向, 先平軍の手, 先年々立なり, 先年初て, 先年来十里四方お構いに相成りおる, 先年長逗留の間, 先幾年夫をだまし, 先幾百年も幾千年, 先の話, 先へセメント, 先庭園の方, 先建文中道士ありて, 先をし, 先弁信がその, 先弓馬の達者, 先引き取ることに, 先弘中三河守は陶, 先弘前から来た, 先知行所の, 先当地之産土神下之御霊, 先当家を背負っ, 先ばかりの空家, 先の朦朧, 先彼方側で大きな, 先彼等四人のもの, 先往きて待ち, 先往来止めと立札, 先待給へと止め, 先徐々に深まろうとも, 先は少, 先得月と中井桜洲山人, 先徳川十一代の将軍家斉, 先心細くこれでは, 先心覚の奴, 先に聞き, 先忠一さんが被, 先して, 先愛知県会の議長, 先感覚の対象, 先感覺の對象, 先の韓非子集解出づる, 先慶長十五年に幽斎, 先を知らなけれ, 先懸けを乞う, 先成善の兄専六, 先成城の田圃道, 先我等の雑誌, 先我身がどう, 先我輩が民法養子部, 先戻して貰つて, 先房州の海辺, 先所立所願と解釋, 先手の者上京する由, 先手紙のなか, 先打出さん語を案じ, 先承り候ニ付早, 先拝み奉りさて静, 先拝借して, 先りに, 先持ちでちょっと, 先指小耳そんなところ, 先挑みかかれない微風の, 先捜してるとあたし, 先致しくれと, 先探らうと思へ, 先推しつつ尚, 先長い方, 先換言すれば, 先搜索を中止, 先擬していた, 先支配振合, 先政友会大会で鈴木政友会総裁, 先政府は民間政論, 先政界の動き, 先松竹歌劇の, 先故郷に帰り, 先散った先が, 先散歩に出, 先数年の激しい, 先数年前英国サセックス州のビルトダウン, 先数歩の間, 先数百里の間, 先敵將の左, 先文化二年の谷川士清, 先文化十一年十歳にし, 先文学のいばら, 先文明四年八月にも宇治猿楽, 先文章為末爾既徳行, 先の類, 先断片の三月二十二日江戸発, 先う云う, 先新米の下男森三, 先於五邦呂命穆王實作自呂, 先施有限公司等の大, 先施薬院へ御, 先旅籠屋に落着, 先日出京した被害民, 先日参候船ハ是ハおらざりしよし, 先日本は日清戦争, 先日記でよんだ, 先旦言霊という大, 先旦那様も偉い, 先旧習は追, 先早くも胸, 先明治三十六年十月のこと, 先明治二十七年に渡辺千吉郎君, 先明治二十三年の春, 先明治十七年彼は, 先明治病院の横, 先明石町の宗十郎店, 先春水は浅野家, 先春色梅暦という書物, 先是月五日の下, 先是月六日に在, 先是秀頴率遊撃隊在松前, 先是私の家, 先是菅先生有養痾邸舎, 先の廟議, 先暗がりに暗く, 先暫くは俺, 先の狗, 先更に何を, 先更にどうなって, 先書いたように, 先書物を読む, 先書状延引御断旁, 先の方, 先月来余の家, 先有司赦小過挙賢才, 先有御所的之役人云々, 先有権ありセット待ち, 先望むところは, 先期開港を幕府, 先の上, 先木影の中, 先未だ続くであらう, 先本人の意志, 先本所法恩寺前で五百石, 先本艇はどんな, 先本軍は別れ, 先の客, 先東海寺へ立ち寄られたい, 先松源と鳥八十, 先枳園は文政四年, 先柔軟の頸, 先案じにとらわれ, 先桜天然記念物樹齢二百年位堂々たる大木, 先約に, 先である, 先を能くし, 先楽器の袋, 先榎本は被害地, 先榛軒は狩谷, 先を荷, 先横川橋は四丁目十六番地, 先から次, 先次郎左衛門尉岡崎余一左衛門尉横山馬允古郡左衛門尉和田新兵衛入道, 先欽明天皇の御代, 先歌麿北斎二家の詳伝, 先正親町天皇の時, 先だけの順序, 先此一首にて王子, 先此処に逗留, 先此所へと心, 先歩きたくも歩かれなくなりました, 先歿有二男, 先歿年七十無子, 先殿飛騨守公から父小左衞門, 先のところ, 先母后甄氏には文昭皇后, 先氏族制度の頽廃, 先民衆詩人のホイットマン, 先民間の話, 先を丹田, 先氣體論を開發, 先水戸の家老, 先水甕を覗く, 先永い永い一生の, 先汚して不埒, 先江戸大城に近く, 先沖合いに下関方面, 先河内介の父武蔵守輝国, 先泣いて居た, 先洋学者に向う, 先浅草に至り, 先浅草聖天町名人かたぎも名人かたぎ, 先浜寺い行てる, 先浜町の処, 先浦賀三崎館山外房或は西伊豆, 先浦賀海峡の真中, 先浪人たちに怨まれ, 先浮世絵山水画発達の経路, 先を越え, 先海鹿島から伊勢路, 先消滅しかえって, 先淺草芝崎町の日輪寺, 先清休君得知於公深身庶人而俸賜三百石, 先清川八郎は丸の内, 先清水坂の長, 先游ぐもの頸と, 先漁船に身, 先の興隆, 先濡らしてむ, 先の籠つた, 先無反に近い, 先焼け跡の中, 先煙草をふかし, 先父上上京のとき, 先片町の家, 先打ちかさね関, 先を使う, 先寒きを, 先猿橋の西, 先王資劉仲翰林侍詔鄭洽欽天監正王之臣, 先を取った, 先生きたぞう, 先生きとるかきとらん, 先生き延びる人には, 先生けふは三十日, 先生すつかり草津伊香保と, 先生ったら飲ましてよ, 先生山県先生もはや大丈夫, 先生山県先生我ら血路をひらきます, 先生方公墓銘文あり, 先生田葵山書肆大学館と相, 先田中新兵衛の姿, 先田山白雲が今日, 先田舎で考えた, 先田遊びには鬼, 先甲子の歳, 先画面の下部, 先病気であった夫人, 先癒えたと申す, 先発見の功, 先白骨の温泉, 先百二十余年前枕流王の元年, 先百合子を保護, 先百年先は知らぬ, 先百科の學術, 先皇族の籍, 先盲腸をきった, 先相場師と興行師, 先相当の期間, 先相手をどうして, 先看護婦フランシス・メイスン夫人の告白, 先の平和, 先真直に東, 先眼鏡をとっ, 先瞬きせざること, 先知らせもなく, 先知人としてつき合っ, 先知村市近河浜, 先短い語である, 先石油をのむ, 先研究の一生, 先磯山清兵衛は, 先祝天皇寿不背真為日本民, 先神耶混淆のよう, 先科学的な一つ, 先秦古典の研究, 先秦文化や漢文化, 先秦時代といつても大, 先種田は嘗て, 先の硬い, 先を大きく, 先突きとめて, 先突き入りて, 先立て続けに女神, 先立ッテ注射針ヲ外, 先竿先から竿, 先笄勝山両手蝶々三ツ輪ふく髷かけ下し, 先筥蜒として半町, 先籠めであったが, 先籠る望み多い, 先米価次第に沸騰, 先米国の数学者ハルステッド博士, 先の謬, 先紙ニ包し金, 先素知らぬ顔で, 先細い本多髷羽織は, 先細く鋩子詰まっ, 先細く長く遣って, 先にも相, 先結婚をする, 先続けて商売, 先をとっ, 先緒驅率所統歸崇天極道遙百濟, 先は深い, 先を, 先になった, 先繰りに訛っ, 先美濃の金山, 先群馬県境町地先世良田村平塚から尾島町前小屋地先, 先たる名誉, 先耶蘇教の人, 先聖コレヲ悲シンデ法, 先聖古徳の行持綿々密, 先たまえと, 先聞たまえ往来なら逃, 先のうしろ, 先脇本まで進出, 先は渋江氏, 先も肱, 先腫れ上られ武者ぶり, 先の病気, 先臥亜などを奥南蛮, 先艮斎は天保十三年, 先良三は優善, 先の出る, 先若井氏は或, 先若旦那の縁談, 先苦しんで働い, 先英訳で読んだ, 先茶山は十二月二十二日, 先草雲でよぶ, 先荷物を運ん, 先菅公が筑紫, 先菊池博士は和算史, 先菊池大麓博士が英文, 先落ちたあとを, 先落著黄昏和歌山蒸汽明光丸へ乗組, 先葛岡の方, 先葛西の小岩井村百姓文吉, 先薄情呼ばわりをし, 先薩摩の海, 先薬師堂まえ右衛門桜, 先藩学稽古館に蘭学堂, 先行くべき学校の, 先行ってたような, 先衣服はなく, 先なりとある, 先裸美の画坊間, 先製造会社の名, 先西洋のお爺さん, 先西郷大久保越中の事, 先見つかって来る, 先見りゃこわい, 先に従った, 先規茲ノ如シ, 先覺孫文によつて, 先覺者アナキズムの大, 先覺自負などからは嗜, 先触れる雲の, 先阿那迩夜志愛袁登, 先言ッて置く, 先訊き質す勇気は, 先討伐隊では彼, 先不之意, 先にきい, 先認対州山紅日沈辺或呉越, 先誠に鋭利なり, 先誠一とカヤノ, 先説く相撲は, 先読み続けるのは, 先読三国小女郎, 先誰一人として信用, 先の荀子集解, 先謙漢書補註に引く, 先警察署警視庁憲兵隊と階級的, 先天地乃樂器所資乎蓋以先作者居前増益者處後作非, 先貞観八年五月には下賀茂神社, 先貫き通り骨に, 先なる杯, 先買うところが, 先赤門の傍, 先走ってゆく, 先起ちて誓盟, 先越えなくてはならない, 先越されて参った, 先越しをし, 先越し苦労をさっし, 先の先, 先足利尊氏は京都, 先身師の仙人, 先身牝虎は今, 先身瞋恚心曲り端大ならずして, 先身高慢心もて布施, 先農壇とを見たい, 先辺りまで穂短, 先迄がせり上っ, 先迄に恋を, 先近畿の禍害, 先追う声いさましく, 先送らなければならなかった, 先逃げて行く, 先逢う人達によって, 先連歌師は時に, 先の開ける, 先道路を警戒中, 先遠見の番所, 先遥かにし見, 先くなれ, 先郷里の両親ら, 先重井らは東京, 先野上さんのところ, 先金助町の園山若狹, 先金比羅山の下, 先金田屋はどう, 先金輪際お前の, 先釣り出して見たい, 先鉱毒地の兇徒嘯集被告事件, 先鋒鋩の蒼, 先鋭き槍を, 先を励ました, 先えこと, 先長久保家へたずね, 先長岡の牧野家, 先長崎ニ止りおり候, 先長崎屋の身上, 先長男棠助が生れた, 先めく海, 先開場の前, 先間便に差下候字, 先嬌所属ノ, 先阿久津や熱海, 先附くのです, 先陸軍は第, 先隊四将は本隊, 先隣りから手, 先雜司ヶ谷鬼子母神に至る, 先電車で雷門, 先に対しても恐れ入る, 先霊名録二日の下, 先靈穆王耄荒誠哉其耄荒也夫成天地之大功者, 先青テカ坊主が黙, 先静かに聞く, 先鞦韆しに, 先の如く, 先までは帝室御料林, 先順当に発展, 先に立っ, 先飛騨の郡代, 先食わずにいる, 先馬子達の草相撲, 先駈けした味方が, 先駈けするものだつた, 先駒井甚三郎がこの, 先験主義者にも斉, 先験主義自律主義に不満, 先験哲学の創始者, 先験哲学的な所謂, 先験感覚論の始, 先験論は普通, 先騷ぎの最, 先騷ぎのあつた時まで内儀, 先驅者等は新しい, 先驗哲學の根本思想, 先驗的原理であるに, 先驗的反省は直, 先驗的記憶の再現, 先驗的還元によつて内在的, 先驗論は普通, 先驗論的認識論がした, 先驚かさるる異形の, 先高い処へ, 先高天原に出現, 先鹵簿は正成以下, 先黄成鎬は右側