青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「信~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

俊~ 俗~ 保~ ~保つ ~保存 保存~ ~保証 保証~ ~保護 保護~
信~
~信じ 信じ~ ~信ずる 信ずる~ 信一郎~ ~信仰 信仰~ 信州~ ~信念 信念~

「信~」 4545, 47ppm, 2480位

▼ 信さん~ (467, 10.3%)

8 は私 6 というの 5 という人, のこと 4 の下駄, はどう

3 [14件] かへと受け, がこの, が母さん, じゃありません, と一緒, どうした, なんぞは足, に逢いたい, の外, はさ, はその, は更に, 居るかと, 有がたう

2 [37件] がいない, がここ, がさう, じゃない, その人, だから, だもの, です, とお, ともあろう, と云っ, と雑談, にし, に宛て, に聞い, に逢っ, のおっしゃる, のため, の取越し, の声, の姉さん, の歔欷, の胸, の身体, の顔, はまだ, はわたし, は半年前, は子供, は弁信さん, は最う, は眼, は背, への手紙, もそれ, らしい取越し苦労, を知つて

1 [319件] あのお喋り, おりますか, お大切, お目, か, かと爪立て, かねて, から受けた, から承, が, があぶない, がいい, がいう, がいや, がこちら, がこれ, がこんな, がさ, がそう, がその, がそれ, がまた, がまだ, がもしや, がよく, がわたし, が乞食, が二人, が今, が今晩ここ, が伯父, が何者, が優しい, が先, が到頭, が却つてそれ, が土蔵, が姙娠, が婿取り娘, が子供, が家, が家出, が心配, が明朝, が暇, が来, が来た, が森本, が止める, が殺された, が着のみ着のまま, が稀, が自ら後, が親, が言い争った, が言う, が近い, が鷲, しっかりなさい, じゃねえ, すぐに, せっかくだ, そういうこと, そういう無茶, そうし, そりゃお前, そりゃ仕方, それでは当分こちら, そんなに取越し, だけの世界, だって, だまっといでよ, って名, て, ていう人, てそんなに, てなあ誰だい, ての, て言う, であつ, であの, でさえ, ですね, でなければ, では, というもの, という人質, といつ, といふ人, といふ女, とおっしゃる, とお雪ちゃん, とが奥, とき, ときた, として存分, とそういう, とちょっと, との恋, とも約束, とやらの頭, とわたし, と何方, と大, と娘, と森田, と直接会つたの, と石太郎, と言い, と邂逅, どうしましょう, どうなる, どしたいふ, どんな工合, ならば, ならもうちっと, ならわかり過ぎるほどに, なんぞは塙保己ちゃん, なんぼなん, にだけは逢える, にだまされた, について来る, にとつて, にひとめ, にもわからなけりゃならない, にも困った, にわかれた, に会, に婿, に対してどんな, に対する感情, に届く, に手, に教え, に教わった, に既に, に特に, に相談, に給仕, に羽, に親しく, に解い, に近づけた, に逆戻り, に逢いたがっ, に違い, に適当, に関心, に限っ, に顔, のあの, のいう, のたより, のなさる, ののべつ, のは一段と, のよう, のズルイの, の七つ八つ, の不心得, の乳房, の俤, の傍, の前, の力, の勘, の吩咐, の唇, の境遇, の姿, の宅, の屁, の屁弟子, の情夫, の所為, の手, の方, の東京, の柔かい, の為, の生, の眠たい, の紙入, の美しい, の耳, の腰, の行先, の親切, の言, の言い争っ, の訪問, の話, の身の上, の身代り, の部屋, の間, の面影, の願望, は, はあすこ, はいったいどう, はおし, はお雪さん, はこれ, はさう, はさっし, はしょっちゅう, はじれつた, はそっち, はそれ, はただ, はちつ, はほんとう, はまた, はもう, はもうすつかり, はもう近々, はオセッカイ, は一人, は一寸, は一生土蔵, は不幸, は乞食, は人, は今にも, は今度森田, は伯父, は何, は併, は元, は先生, は内地, は別物, は少し, は屁, は居なかつた, は恨めし, は悪く, は手, は手負, は時々, は時々ああ, は果報, は正午, は涙声, は照れ隠し, は片足, は琵琶, は生ん, は男の子, は疲れ, は矢張り上海, は絶えず, は脊, は自分, は見, は謂, は躊躇, は身体, は身動き, は軽く, は遠慮, は金太郎, は附近, は頻りに, へ届け, ほどの孤独, ほどよい, まあこっち, また山鳴り, みたよう, もうそういう, もしかしてあなた, もとんだ, も今の, も弁信さん, も従い, も落ち, や, ゆっくり聞い, ようやくお, よくおいで, よりも茂ちゃん, らしくも, をあっし, をおぶいましょう, をおぶっ, をきめつけた, をその, をよく, を助け, を卑し, を呼ん, を呼寄せよう, を失つて了, を娘, を娶はせる, を忘れられない, を思ひ出す, を恨む, を斬りそこねた, を森本, を睨みつけた, を肉親, を自分, を落さなけれ, を見返つた, を訪ね, を起しましょう, を身代り, を養女, 何とお, 出ようよ, 寄って, 教えて, 早く行きましょう, 淋しいね, 聞いて, 遅くなっ

▼ 信~ (422, 9.3%)

8 面を 5 姿が 4 ために, 前へ, 名を, 姿を, 頭の 3 ことを, 傍へ, 前に, 勘の, 方に, 方は, 方へ, 立って, 耳に

2 [28件] あとを, おとなう声, お喋りが, ことは, ような, ように, 上に, 世界に, 口から, 名は, 国境を, 天竜峡に, 姉に, 安眠を, 寝顔を, 後ろに, 御機嫌, 心を, 焔は, 相手が, 耳には, 言うところ, 返事は, 鋭敏な, 面の, 頭を, 顏を, 顔を

1 [306件] あるところ, いずれの, いったこと, いるところ, いわゆる悪, うち, おける事実, おもちゃや, お喋りの, お経, かおには, こうしたシーン, ことだけを, ことも, これまでの, ごとき公卿たち, ささやきを, ためには, つねに着, ない世界, はそれ, は条理整然, ひき連れ, ひとり言は, ほった池, むごい姿, ものいえる, もので, やつが, やつれた法衣, やつを, スヤスヤと, 一のみ, 一字が, 一字に, 一字以て, 一義に, 一義を, 七歳の, 三国に, 不意を, 不自由な, 世界において, 世界は, 両使, 両国に, 中から, 中であった, 事は, 二人を, 二字の, 人が, 仕事は, 以て, 伝説である, 住んで, 何者である, 來去する, 保証だけに, 兄であり, 兄弟へ, 先に, 兵が, 兵は, 兵二三百が, 切なさ, 別, 前にのみ, 力が, 力さえ, 力は, 加勢と, 勘が, 勘には, 勘も, 友と, 名による, 名族に, 呼びかけた声, 呼びかける声, 命, 命一柱, 命尾張の, 唇に, 喋った通り, 噂を, 国境山脈に, 国境山脈を, 国境山脈即ち, 地方から, 地方にも, 坐って, 基隆で, 堅く立つ, 場合に, 墓の, 声が, 声で, 声では, 声は, 外に, 夢, 大群を, 天女よりも, 失踪すらも, 失踪と, 失踪捜査願い, 奴が, 奴と, 奴信の, 好みに, 如し, 姿だけを, 姿では, 姿崩れ, 子, 子の, 子一致, 存在に, 存在を, 安眠に, 家に, 家来安中越前守長房これなる, 小屋という, 小楯に, 小舎で, 小舎は, 小舎まで, 尖鋭照著なる, 山奥とは, 山川に, 差し上げて, 巻, 帰らない夜, 平家琵琶の, 弟, 弟です, 弟伴大次郎の, 強い力, 後を, 御親切, 心の, 心境が, 心持は, 志を, 忠告に従って, 念頭には, 怒気は, 怯懦に, 恋の, 恐怖を, 悲歎は, 意を, 意識の, 感情は, 感覚には, 態度が, 憐れな, 所々を, 手に, 手を, 手戒の, 手紙を, 抄する, 持って, 振向いた面, 掌の, 措けるもの, 描いたの, 方が, 方にこそ, 方の, 方を, 最期に, 本體, 来たの, 枕許に, 枕許には, 株を, 案内者に, 楽屋から, 槍も, 横へ, 歌風を, 死は, 死後再生した, 死骸は, 母娘は, 母娘巡禮は, 沓をも, 法則と, 法衣の, 法諡である, 注意には, 注視する, 清醇, 減らず口は, 漂泊俳人井月の, 為さんよう, 無い心, 無事通過を, 物怖じを, 王国は, 珠玉の, 生の, 生命の, 異心, 病間を, 発言である, 直感も, 眠りを, 眼が, 眼は, 着早々の, 睨みの, 知ったこと, 祈念と, 稚子, 種を, 種真言の, 空小舎を, 笑には, 笛源中納言具行の, 第六感に, 筆を, 答えであっ, 答弁ぶりに, 糺問に, 系圖として, 系統に, 纏うて, 置ける女, 美しさ, 耳が, 耳の, 肉体に, 肖像畫を, 股くぐり, 股の, 肩から, 背中に, 背後へ, 背後まで, 胸が, 胸にかけて, 胸の, 脅迫を, 落ちつきは, 薄き我精神, 血は, 行きついた時分, 見えざる世界, 見た火, 言い分が, 言うには, 言葉には, 言葉を, 評判は, 話しかけるの, 話は, 語る平家, 誠ある, 説明が, 説明に, 読経が, 読経も, 調子は, 諸将, 諸州にも, 諸豪, 豪傑がりも, 身が, 身の丈よりも, 身は, 身を, 身代りの, 身體まで, 軽い寝息, 述べたところ, 過程において, 道を, 遺物は, 部屋から, 部屋で, 部屋といふ, 里元町の, 錯覚が, 長物語に, 附録, 附録二枚, 面から, 面が, 面に, 音だけは, 頬の, 頭が, 頭上のけやき, 顏には, 顔も, 顔色の, 駒ヶ岳を, 高原を, 魂と, 麻の, 黒髪を, 鼻っぱしを

▼ 信~ (395, 8.7%)

4 少しも 3 お銀様, こういっ, こう言っ, それを, 例の, 容易に

2 [13件] それに, まだ米友, 一議に, 何か, 何と, 信である, 坐ったまま, 提灯を, 散々水を, 杖を, 自分の, 見えぬ眼, 首を

1 [347件] あり得ない, ある日白, ある時, あわてて, いっこう透さず, いつに, いつ起きた, いても, いまいましげに, いやおうなく, いよいよ圧迫, いよいよ心得た, いよいよ悲鳴, いよいよ群集, いら立って, おしいただいて, おとなしいもの, おとなしく向き直っ, おびただしい部下, おりますが, おりません, お勝手から, お勝手の, お雪ちゃんに, お雪ちゃんを, かたかった, かねて, こう言いました, ここまで, ここまでは, こちらの, こちらを, このところ, この室, この後, この時, この魂, これ幸ひとこの, こんなこと, さう, さすがに, さすが軍人, さっさと歩き出し, しきりにいやがっ, しきりに悪気, しきりに数, しきりに水, しっかり者, しょせん自分, じっと聞き澄ました, せっかくの, せっかく琵琶, そういっ, そうは, そこで前後, そこで気安く, そっけない, その上, その周囲, その声, その提案, その本, その次, その見えぬ, その隣り, それとは, それほどの, それほど好き, それをも, それ以上には, たしかにあの, ついに井戸, とうとうあの, とうとう今, ともかく米友, とりあえず飛騨, どうしたら, どうしたろう, どうしても持っ, どうです, どう思うだろう, どきりとした, どんな女, なお暫く, なお縁, なくて, なぜ暇, なにかに, ひとり曠野を, ふたたび内記所, ふとその, ふらふらと, またも, また同じ, また法然頭, また生んだ, また病気, また立ちどまっ, また静か, まだあの, まだ不, まだ十歳, まだ四十七八, まだ子供, まのあたり見, まるで薄, むろん見る, もうピタリと, もう少し長年, もう座前, もつれるよう, もはやしゃべりません, やがて帯, やはり前, やや進み出, ゆくえ知れず, ようように, アッと, ケロリと, ソクラテス流の, ソロソロと, ドヤドヤと, ハッと, 一別来の, 一向それ, 一向そんな, 一向ひるまない, 一向役人, 一子一致を, 一息に, 一挺の, 一膝進ませ, 一間の, 丁寧に, 三之助と, 三味線を, 三日を, 中を, 事もなげに, 二人の, 二十萬にて, 二度と再び無事, 二階に, 五兩しか, 人と, 人にも, 今し, 今その, 今その他の, 今眼前に, 仔細に, 以て, 仰ぐとも, 仲が, 体を, 何んだ, 何日かかっ, 信念であり, 偽を, 傲然として, 先刻心得面に, 先月の, 入れなかった, 全く落着, 八番目に, 其のダマスコ途上驚絶, 其評判を, 内に, 再びおもむろに琵琶, 再びたちどまりました, 再び彼, 再び縁, 再び馬, 出て, 切支丹と, 別の, 前の, 力ない, 力なき声を, 力なく, 勘の, 十五六か, 半ぺん坊主の, 厳粛な, 取合わないで, 口の, 口走って, 右の, 合掌し, 命を, 喋りまくって, 報福寺の, 塵打払い, 声の, 声を, 大阪屋花鳥の, 天の, 好事の, 委細かまわず突き進ん, 姿勢を, 嫌に, 守って, 宮の台の, 家の, 容を, 容太郎の, 寧ろ稀少, 小花の, 少年時代に, 岸へ, 常に衷, 平家琵琶を, 平気で, 廊下から, 弁信としての, 引きずられるよう, 当の安川, 彼を, 後で武家, 得意に, 心の, 必ず失敗, 必死に, 忌わしい体感, 思わず叫ん, 思わず合掌, 思わず呟いた, 思わず振り返った, 怠らずに, 急に, 恐怖は, 息を, 意と, 意外な, 意識を, 慶応紀元二月十八日に, 憂え面で, 憑かれたもの, 我がため, 或る, 手に, 手を, 手籠に, 持てなかった, 指で, 捨つべからず, 斯う云っ, 日ごろの, 旧の, 智慧を, 暫らく脅え, 更にその, 松の, 果して滑らか, 柄の, 機械人形の, 此気運の, 武家の, 武州高麗郡の, 歩いて, 歩き出した, 死んだもの, 毎夜琵琶を, 水の, 池を, 沈みきって, 泣いた, 泣きながら, 活版ずりで, 消えた提灯, 清元を, 清吉の, 湖岸の, 湿っぽい路次, 滿面の, 漫々たる, 澄ましきって, 火の, 灰に, 無口ない, 無性にムチ, 無造作に, 熊の, 物おじたる, 物を, 理由を, 琵琶の, 生きて, 異議なく, 白骨に, 盲信と, 盲目だ, 盲目であり, 相変らずうつむい, 相手が, 真蒼, 私達の, 積み荷に, 穏かに, 米友を, 細身な, 終りに, 結婚した, 絶大な, 網代の, 総身ゾッとして, 緩慢であった, 義の, 考えこんで, 考えて, 聞き耳を, 背中に, 背後へ, 自ら手綱を, 自業自得でうつかり, 色々と, 若黨, 茂太郎と共に, 茂太郎に, 茂太郎の, 茶を, 菩提を, 蒼白い痩せた, 親方の, 言ったもの, 言葉を, 討死に, 詐わっ, 詩人竹山静雨が, 詩人竹山靜雨が, 誰に, 身の, 身を, 逃げようと, 逃げ惑う人, 透かさずこれ, 鐙小屋の, 長く息, 長堤十里見通しの, 闇黒を, 降服し, 階下の, 隱れん坊の, 顏を, 馬の, 高祖に, 魂の

▼ 信~ (341, 7.5%)

7 もって, 置いて 6 置くに 5 うちこんで, 天下に 4 して, 措き難い, 措くに 3 うけて, おいて, おくに, 得ること, 殺したの, 置くこと 2 中に, 出す, 娶合せ越前屋, 得て, 現す宗教, 第一, 置き難い, 置くの, 裏切ったこと, 起したの

1 [261件] あなたは, ありがとう, いたわりながら, うしなって, うぬら, うらやまぬもの, えたり, えんひと, おいたよう, おきえない, おきかねたが, おきがたい, おき城中, おき得ないもの, おくでありましょう, おくでありませう, おくべくば, おく事, おけないもの, おけない杜撰, おけると, おけるはず, おこさするとは, おこして, おこし縁, おんぶした, かいたの, かきおくるの, かきその, かきました, かき二十日すぎ, かき退けると, かく, かけて, かわいそうだ, ききて, この貴重, これに, させて, しっかりと, しりめに, たしなめるの, つかまへました, つなぎ得る者, つれて, とりて, どうしよう, ながめました, なして, なだめて, のろひ, まともに, むりやりに, もて來, やです, よく思っ, よく知らない, 一足先に, 一身に, 上品と, 乱した如く美, 他に, 伏し拝んだ光景, 伝ふる, 作り出すよう, 侮り韓信, 促し立てるの, 促すこと急, 信じて, 公邸の, 出して, 出し十五日頃, 出で, 劬わっ, 取りトロイヤ人, 取り上げたが, 取り得れば, 取り戻すか, 取れと, 受けたの, 可愛が, 名づけて, 呼び出させた平次, 呼ぶと, 呼べ, 問わないその, 喪った, 固うし, 固くし, 報ずる鳩, 増さするならひ朝日かげ玉だれ, 増した, 増し寄手, 声に, 夢の, 失うぐらい, 失うこと, 失うであろう, 失うという, 失うに, 失えば, 失った, 失った物慾世界, 失な, 失はざりき, 失わしむ, 失わず貿易, 失わなければ, 失墜する, 夷狄に, 奪ふ, 奪ふべき, 好めば, 好んで, 如何ともし, 守り現在, 守ること, 守る義士, 寄せて, 尊ぶに, 導いたもの, 導いて, 巣鴨の, 引寄せ, 引捉え, 引起し, 強め自己, 強請つた, 後ろから, 後世に, 得たこと, 得たるは, 得た者, 得次に, 忘れ, 忘れると, 思いがけなく自宅, 恨みました, 惹くべきであり此頃, 愛して, 慰めて, 憎み憤って, 憐んで, 手ごめに, 手に, 手放したこと, 手放して, 抑えました, 投函する, 抱いたなり, 抱いたもの, 抱いて, 抱きしめて, 招ずるが, 拝し, 捉え容易, 捧ぐべきです, 捨て去らんか, 措いて, 措かざるべければ, 措かざる者, 措かなかったが, 措かぬもの, 措きませんが, 措き揚々, 措き衆, 措く訳, 措け, 握り, 攻むそは, 斬ったこと, 斬れば, 早く探し出せ, 明らかに, 書かせました, 書き引つづきこれ, 書き送った, 書く, 根本と, 案内し, 植えつけられるから, 極度まで, 残した多景島, 殺したとも, 殺すほどの, 浚い上げました, 獲て, 獲る優れた悦び, 生きながら, 生むにいたれるものとともにわすらる, 発見け, 知って, 知らなかったの, 竹生島へ, 笈ぐるみ荷って, 繋げる, 缺く, 置いたところ, 置いては, 置いても, 置かしむる勿, 置かずに, 置かず認識, 置かない, 置かれるもの, 置きがたく, 置きそれ, 置きっぱなし, 置きます, 置きません, 置き得なかった, 置き過ぎたため, 置くと, 置くべからず, 置くべきか, 置くべきもの, 置くを, 置く可, 置く結果, 罵った, 美しいと, 老公と, 聴きたいもの, 背負ったお雪ちゃん, 背負って, 自己の, 致し是, 與ふ, 與ふべき, 舟から, 蔭へ, 行はば, 見たまえ, 見つけた時, 見上げました, 見失うでは, 説いて, 賣るもの永遠, 賣るを, 起さするため, 起させる教, 起されたか, 起し易い, 起すべく三階, 軽く見よう, 迎えに, 送り出す我が, 送る, 通じ有る事, 通ずるが, 通ぜんと, 連れて, 過たすなよ, 遠くに, 重んずと, 除いての, 離れ無, 頼ったが, 驚かすこと, 驚かそうという, 鼓吹し

▼ 信~ (244, 5.4%)

5 それを 4 なくては, 自分の 3 小首を 2 こう言っ, 例によって, 先に, 急に, 感得しました, 死んでからは, 背負って

1 [214件] あつて, あの島, あの柔軟, あまりにいたましく, あり漢画, ある, ある時, いいました, いっこう気乗り, いったん寺, いない, いないこと, いよいよ法然頭, いること, うわごと, おけないから, おけぬ理由, おもむろに続けました, お供に, お嬢様と, お茶を, お里を, お金の, お銀様, かえって沈黙, かえって荒誕, ここで, これに, こんなこと, さかしら, しくしくと, その弁口, その恐怖, その輪講, その騒ぎ, たずねました, たたき起こした時, たちどまって, たった一人, ちょこなんとかしこまり, どうして浅井, なくなる, のみこみました, はじめて法然頭, ひとり合点で, ぼうと, また立てつづけ, みずからその, ハッと, フランスで, 一息に, 一月寺の, 一通来た, 三味線の, 下の, 不安を, 中年の, 二度目に, 二足三足歩き出す, 云い終ると, 京へ, 仏前の, 仕手役に, 伏見御, 休んで, 伝って, 伝右衛門の, 何か, 何事か, 備えて, 僅か三日, 先刻心得面である, 全く小首, 六所明神で, 再び呼びかけた, 冷然として, 凝然として, 出て, 出羽, 利巧なせゐ, 劉高の, 加わること, 勘で, 十五の, 即ちお喋り, 口を, 同じ部屋, 名乗った通り, 天井から, 失せる時, 失踪した, 奥の, 姿を, 実の, 家を, 寮へ, 尋ねて, 市中町法を, 市井の, 帰らないのみ, 帰ると, 常吉と, 干渉する, 広間へ, 庭で, 後ろから, 後ろを, 徒らに, 忘れられなくなって, 思ひの, 怪しい死に, 怪しい死樣, 悄々として, 感心を, 憎い, 懐妊し, 手引であっ, 手紙の, 打発する, 投げ込まれた井戸, 抜からず引きとって, 抜からぬ面, 招ぜられたの, 持ち得ないの, 持てない容子, 持てると, 措けなかった, 提げ出したこと, 教えるまでも, 断定を, 時々會つて, 暗いところ, 最も炉辺, 杖を, 来たもの, 来ようとも, 次の, 死んで, 殉死しよう, 母疑い, 気の毒がっ, 泣きました, 漂浪時代に, 澄ました面, 無い為, 熊の, 物々しくあらぬ, 独りでに口走った, 現れないも, 琵琶を, 生きて, 留まれば, 発狂し, 白い布, 眞つ, 睨みつけたが, 私の, 突然に, 突然顔, 立ちどまって, 立ち上がらぬ前, 立ち竦んだの, 立って, 立つ幕僚, 立てば, 竹の, 笈を, 笠を, 答えますと, 答える, 答へ, 米友に, 素直に, 結婚致しました, 絳灌樊, 縁の, 縁へ, 置けぬと, 義良親王を, 考え込まざるを, 聞きとめて, 聞き洩らすはず, 股を, 股ア潜りだ, 背のびを, 腰を, 苦しい恋愛, 草鞋の, 莊太郎の, 蝿打ち, 蠅打ち, 行くところ, 裏口を, 見えぬ眼, 覚悟を, 言ったので, 言つた, 訪ねて, 訪れたこと, 試みたと, 調戯半分に, 足を, 通り過ぎを, 遊びに, 鈴慕の, 鎮台兵を, 附いて, 静かに, 響きの, 順を, 飛来した, 首を, 高倉の, 高橋梅である

▼ 信法師~ (152, 3.3%)

3 はこう, はこの 2 でありました, の頭, の饒舌, はまた, は琵琶, もまた

1 [134件] かしからずん, から真中, が, がいいます, がお喋り, がこう, がこの, がつい, がなお, がはたと, がやっと, が一人, が一息, が傍, が傍ら, が参りました, が念, が息, が我, が抜からぬ, が曾無一善, が最初, が有縁則住, が浴槽, が狂気, が琵琶, が積み上げた, が竹生島, が虫, が返事, だけがどう, だけが案内, であります, でもう, とは別に, と二人, と共に業火, と同じ, と大鷲, ならずとも, なる者, にとってはなん, に似, に嗅ぎつけられ, に導かれ, に於, に相違, に迫っ, に限った, のいう, のいる, のおとずれ, のこと, のせっかく, のため, のよう, の上, の口, の報告, の声, の如き, の容態, の専売, の山登り, の平家物語, の広長舌, の心, の怖, の手引, の知らせ, の耳, の胸, の言葉, の語調, の身, の辞儀, の面, はあれ, はいわん, はここ, はこれ, はしょぼしょぼ, はすでに, はそういう, はそれほど, はちょこなんと, はといえ, はまたたき, はまだ, はもう, はソロソロ, は一気に, は一面, は今, は以前, は何事, は嗚咽, は地上, は天, は小賢しく, は平家, は座, は引きつづき, は得意, は撥, は昨夕, は暗中, は最初, は杖, は法然頭, は炉辺, は爆発, は相, は真, は確か, は聴衆, は肌, は自他共, は観念, は身なり, は長浜, ふと或, もお, もお茶, もつい, もやって来る, も再三, も少しく, も広長舌, も竹生島, をひとり, をもてなそう, を伴っ, を発見

▼ 信~ (126, 2.8%)

8 向って 3 背ける者 2 よりて, 入るという

1 [111件] あずけ, あっては, あてて, あてての, あるらしいけれど, お茶と, お銀様, こだわって, この部屋, ささえられて, しても, しろ一行, その根本, たびたび提案, つきて, できないなら阿松, できないので, ならない証拠, ならんね, なるかしら, まかせて, や, ゆだねたり, 一献差す, 世界の, 今日の, 会いに, 会ひ, 信頼を, 傷つけられた時, 傷苦, 充ちた語気, 其然る, 写さした新, 出づ, 勝ったと, 千載及び, 印捺されたる, 取っては, 向っても, 問いかけます, 因縁を, 図星を, 声を, 奇勝なり, 奉仕した, 女親, 好みを通じて, 安らいだ時, 對し, 對する, 導かれ或, 帰著すべし, 平次は, 引合わされて, 当るの, 彼女の, 得難, 恋する心, 情ふかく, 憎しみよりも, 托して, 拠って, 振舞いました, 接しては, 掴出せ, 教へて, 断り得られよう, 有之, 横刀ありき, 此の, 氣が, 活き切る法味, 深く崇神, 然らむ, 然る, 甘えないという, 生きたキリスト, 由つて私は, 由り戒, 相手に, 知る男, 突きつけたが, 答うる, 結婚を, 聽き, 股を, 胃病なるべし, 背くこと, 背けること, 著しく見えた, 行当った, 見せるよう, 言はれ, 言ひしが, 言わせない先, 訊いて, 話しかけながら, 説く條, 譲らない饒舌, 豪岩の, 退引, 逢い凝花舎, 逢ったらオーゴンレコード, 逢ひました, 過ぎ疑うもの, 邇し, 重きを, 限って, 面して, 頼んで

▼ 信~ (121, 2.7%)

7 の半生 6 はこの, は才能 4 の心, は今日, は彼, は或, は未だに

2 [33件] にはその, には憎まず, には曇天, には真理, には確か, には薄暗い, に体刑, に自然, の家庭, の情熱, の挨拶, の独歩, の生まれた, の衷情, はもの心, は中学, は中学時代, は全然, は其処, は到底, は壜詰め, は大, は当然又, は意地, は未だにありあり, は本, は法科, は試験, は鮮, は鼠色, も, よりも寧ろ, を

1 [16件] があらわれた, がこう早速, この吉備彦, すぐに, といえ, の手紙, の邸, はた, はたった, はたつた, はたとい, は不思議そう, は受け取った, は画室, ばかりでなく, も酷く

▼ 信~ (113, 2.5%)

5 一緒に 3 忠信は 2 お蝶, 千太の, 申す盲目, 近所の

1 [97件] あり, ありますが, あるとおり, いい義, いい長幼, いう, いえども, いえば, いって, お便りいたします, お雪ちゃんが, お雪ちゃんの, これも, しめし, しようぞ, し難し, すべきもの, せざるべからず, せず, せず審, せば, その幕僚, なし人, なり外, なり治者被治者, よぶ当時, わかった, 三人づれで, 不信とにも, 二個の, 井伊直盛の, 京二郎は, 京二郎も, 京二郎妙信は, 刃を, 勇気の, 勤勉とを, 同じこと, 同じ饒舌, 名のりつつ, 向い合ったところ, 呼ばれた小, 商とは, 妙海とは, 学の, 小花を, 常吉, 平和の, 忠信が, 忠信と, 忠信の, 忠信兄弟の, 思ひ込んだの, 恋を, 愛とが, 愛とを, 懇ろに, 所信との, 書いたり, 書きました, 書くの, 望と, 望とにおいて, 望みともに, 根本的に, 楽天に, 正義を, 清澄の, 為す, 熱と, 申して, 申しまする琵琶, 申す小坊主, 申す者, 番号が, 直とは, 相談し, 知との, 純と, 義とを, 自己との, 茂太郎とが, 茂太郎とを, 茂太郎に, 行との, 行とは, 行とを, 見るべきもの, 証とが, 話を, 誠とを, 誠実な, 論じ合ったところ, 金之助の, 鐙小屋の, 隣の, 黒崎が

▼ 信~ (99, 2.2%)

2 のほか, の陣, はなお, も, もその

1 [89件] から右, から城内, がいおう, がこの, がどう, が二千余人, が戦い半ば, が洲股, が激怒, が自己, が訪れた, こそ適任, それから身分, だけは穏やか, であった, である, という人間, とても左様, と大久保忠世, と荒木村重, と衝突, などは営外, などを武将, にし, にせよ, につづい, に一任, に三箇城主, に計らえ, のす, のやしき, の一通, の一隊, の受取状, の城, の大敗, の庇護, の手, の手簡, の答え, の肚, の舎弟, の許, の配慮, は, はあわてた, はいま, はしきり, はしばらく, はせきこん, はそれ, はつかつか, はつぶさに, はべつ, はまさに, はまた, はもう, はやく使い, は一五七四年以来, は一人, は三箇, は上, は主君, は信長, は傲語, は四郎勝頼, は大, は小宴, は心外, は急, は愛知郡山崎, は止む, は総, は誘い, は近親, は頭, へ三千, へ酌, もぜひ, もまた, も帰っ, も明智光秀, も武井夕菴, も諒, も首, やマンショ, や羽柴秀吉, を見, を遣っ

▼ 信~ (90, 2.0%)

3 の方, の財産, らしい青年 2 が死んだ, だったん, と茅ヶ崎

1 [75件] から纏った, が八時頃東京, が別荘, が声, が待ってる, が死に, が結婚, が連珠, じゃない, だそれ, だった, だなんて, という姓名, という男, という青年, との約束, とは元々よく, と卓一, と死者, と盤, と言った, なり永辻, になっ, になる, になろう, にはもう, に化, に取ついたらしい, に向っ, に成り, に渡した, に聞け, のいう, のいる, のいるいない, の一家, の事, の別荘, の友人, の屍体, の態度, の打った, の洋服, の耳, の足, の遺産, の顔, の顔色, はあ, はうなずい, はお, はぎょっと, はそう, はその, はやって来た, はニヤリ, はポケット, は以前, は司法主任以下, は屍体, は待呆け, は得意そう, は悲痛, は昨日午後六時三分茅ヶ崎発, は此処, は茅ヶ崎, は見る, は金曜日, は飛ん, は馴, を見かけた, を見る, を賞讚, を追って, 死んだ遺族

▼ 信~ (87, 1.9%)

3 [22件] が何時も, が部屋, が難, とて千筋, と訓, に聞えし, に逢, のつくる, の事, の尻おし, の役, の後, の意久地, は今, は机, は物, は田町, は雨傘, もふつ, を待合, 困り切るに, 小包み

2 が何, が妙, が我が, とか何とか, は斯, も此人

1 がなにがし, それではお前, と正太郎, の恋心, の淡く, はかかる, もこの, も各自, 元来かかる

▼ 信~ (71, 1.6%)

2 が宗家, である, に報じた

1 [65件] が一旦, が倅蘭軒, が此人, が武氏, が猶, が留守中, が福山侯, が膝下, に与, に伝へられた, の三十三回忌, の仕へ, の像, の創立, の友, の同, の女, の女幾勢, の妻, の妻伊沢氏曾能, の妻曾能, の妻曾能五十七歳, の家督相続, の師武田長春院, の時, の最初, の母, の称, の肖像, の長女幾勢, の長子蘭軒, の養母, の養母大久保氏伊佐, の養父信政, の養父信栄, はこの, はこれ, は三十三歳, は二十五歳, は五十七歳, は五十五歳, は五十八歳, は五十六歳, は修養, は六十三歳, は冢子蘭軒, は古文孝経, は宗家四世, は寛政六年十月二十八日, は年三十四, は本郷, は板橋, は此年五十四歳, は此年五月二十八日, は此時二十三歳, は武于竜, は養祖父, より始つた, より少き, をし, をた, 即井出門次郎, 去後, 大升, 第三蘭軒

▼ 信~ (68, 1.5%)

2 忠信も, 有る

1 [64件] ある, ある情不足, ある情意, ある情智不足, ある意, ある意情不足, あれでは, おける, ここでは, さもこそと, されそして, そのお喋り, その通り, それを, どうした, どうで無い, ないの, なきこと, またいかにも, またその, またそれきり, また一乗要訣, また彼, また昔, また絃, また背, また自ら, 何を, 切支丹の, 利害を, 力である, 否み兼ねて, 固かった, 塚原卜伝も, 姿を, 寄りつきません, 念仏も, 手を, 昔の, 暇が, 有る情, 有る意不足, 有る智意, 有る智意不足, 江戸へ, 泳ぎを, 浮ばれるわい, 涙を, 無く居らせられ, 特に狼狽仰天, 狼狽し, 盲目的な, 竜之, 第三信, 篤くため, 粟田口あたりで, 詮方なく, 負けずに, 迷も, 追いついて, 閑却され, 降将, 須田大, 馬の背から

▼ 信ちやん~ (66, 1.5%)

2 からは女体, の心, の絵, は永遠, は生れ

1 [56件] がさ, がそれ, が僕, が死ね, だけがこの, だらうと, といふ美しい, と常吉, なんかもその, に, にだけはさ, にはその, には似, には女体, には有る, にもよい, に吸つて貰, に愛されたい, に捧げられた, のからだ, のため, のやう, の天来, の目, の自信, の言葉, の誕生日, の酒, はずゐ, はたぶん, はなぜ, はやらない, は人, は僕, は好ん, は如何なる, は岡本先生, は常に, は愛される, は此處, は消えうせる, は現に, は現実的, は生活上, は絵, は自ら, は自分, は薄情冷酷, は贋物, は骨董趣味, を口説く, を愛したい, を愛す, を見, を追, 方の

▼ 信~ (40, 0.9%)

4 である

1 [36件] から彼, がある, たる音樂, だけは自得, だつたの, であり又, であり得る, ですから, で私, として, としてあらゆる, としての正直, としてゐる, として信じ, と一貫, と爛, と爲, にせよ, によつて努力, に基づいた, に幾分, に於い, のみを有し, のみ有, の中, はそれ, は前, をつかん, をもう, を受納, を奉ずる, を抱いてる, を持つ, を有し, を與, を調べ

▼ 信~ (37, 0.8%)

1 [37件] がよく, が即時, が揚つた, が見え, が見えました, して, してるん, であ, であつ, である, である位, で西, とか今, にし, には頓着, に變つた, のやう, の光, の標識, の火光, の言, はある, はたちどころに, は何時の間にか, は各, は現世, や相, をする, を揚げ, を揚げた, を有する, を見た, を試みる, を試みん, を試みんとなら, を認め, を電燈

▼ 信~ (33, 0.7%)

2 は微笑

1 [31件] からの火急, が合図, は, はおっかぶせ, はここ, はもう一度, は不, は便室一杯, は右京, は唇, は声, は寒, は急ぎ足, は手, は書類, は朗らか, は板倉, は火箸, は燭台, は狩野正信, は稲葉, は茶, は茶碗, は蒔絵, は越前, は身体, は阪井右京, は高声, は黙っ, へいった, も解せる

▼ 信という~ (31, 0.7%)

3 のは 2 ものの, 人は, 女に

1 [22件] おしゃべり坊主は, のが, もの, ものが, ものでござん, ものを, ような, 人であった, 人に, 十四に, 口の, 坊主は, 奇怪な, 女が, 女中が, 女中は, 女中を, 存在が, 小法師, 男が, 番号とん, 絵師の

▼ 信~ (28, 0.6%)

3 に随 2 の姉もと姫

1 [23件] がこれ, が封, が浜町中屋敷, して, である, と越前国鯖江, に扈随, に謁, の中小姓, の側, の室欽姫, の室欽姫附, の意識, の族, の近習, の館, は二十六歳, は四十歳, は平素, は平素国猿, は柳島, は頗る, を柳島

▼ 信~ (24, 0.5%)

1 [24件] が, が見える, だけは信長, であった, です, とはそれ, とひとり, と聟, のうしろ, のほう, のむかし, の兵四千, の四千人, の子, の手勢, の槍踊り, の股, は信長, は後, は携え, は武者ぶり, は隊, も一子勝九郎, も今朝出陣

▼ 信~ (23, 0.5%)

2 の子孫

1 [21件] がない, だとよ, とを傷つける, とを尊ぶ, と稱, ならん, な友情, な眞摯, には隨分確か, の四子, の如き, の子, の曾孫, の歌, の筆, の肖像畫, は勿論, は已に, より六代目, を思, 又引き

▼ 信さんお前~ (21, 0.5%)

3 は腹

1 [18件] がその, がわざわざ, が今晩ここ, が逃げよう, そこであに, と一緒, にこれ, の前, の平家, の身体, はものしり, は大変, は眼, また高, むずかしいこと, もかなり, 寝過ごしちゃ, 怖くは

▼ 信から~ (19, 0.4%)

1 [19件] その危険, みじかい挨拶, 後すっかり, 昨年一杯までの, 暴力を, 書面を, 来た常, 東美濃の, 濃尾地方, 生まれたもの, 移された自信, 脅迫状の, 解放され, 言伝てられた, 語らせよう, 起ったので, 逃げろと, 逆に, 離れて

▼ 信~ (19, 0.4%)

3 は信長 2 は光秀

1 [14件] が倒れた, が健在, である, などの一軍, に取っ, の妻, の家, の家老, の部下, は僚将, は軽捷無類, へたいして, を始末, を襲っ

▼ 信さんあなた~ (17, 0.4%)

3 の言う

1 [14件] が待っ, との間, にはあの, のおっしゃる, はこの, はこれから, はどこ, はわたし, は人並み, は法恩寺様, ほど深く, もあんまり, も賛成, を待っ

▼ 信~ (17, 0.4%)

2 の方

1 [15件] でございますから, では無明, では薫習, と申します, によります, のうち, の中, の真如, の終り, の要領, の講義, は論議, をお, を捧げ, を紹介

▼ 信~ (16, 0.4%)

2 の前

1 [14件] だけがさすが, というの, と光広, と顔, の父, の讃, はその, はにやにや, はやむなく, は館, もおくれ, を使, を迎え, 再び幸村

▼ 信~ (16, 0.4%)

2 やその他

1 [14件] が信玄, が城, である, には裏切られ, の不審, の声, の岩殿山, は, はすこし, はたしか, はまた, は充分, は勝頼主従, は柵

▼ 信には~ (15, 0.3%)

1 [15件] こたえられまい, さう, その振舞, ただ立ちすくん, なさりますめ, ならぬ, なりは, なれひとり, 分らぬ知れぬとばかり, 弱ったなと, 散歩の, 新しい趣向, 見えないながら, 見て取ること, 高倉を

▼ 信~ (14, 0.3%)

2 下女の, 美の 1 いつでも, お上り, くるしいかい, また帰順, 俊成俊慧や, 原田宗時等が, 安川が, 宝幢院の, 彭越らの, 親鸞の

▼ 信~ (14, 0.3%)

1 [14件] と見, の住居, の方, の邸, の首, はどこ, は勇猛, は山木家, やある, をかこみ, を討ちとめた, を討ち取ったっ, 三の, 三国の

▼ 信する~ (13, 0.3%)

1 [13件] いわゆる自由, こと最も, ときは, ところと, ところに従い, によるにあらざる, に足る, の弊, は善し, ように, 宗教のみを, 者を, 餘り

▼ 信~ (12, 0.3%)

3 の太刀 1 が刀, とうとう血祭り, の一腰, の光, の刀, の柄, の鍔, へ達し, を引っ提げた

▼ 信さんわたし~ (11, 0.2%)

1 [11件] が急, が死ぬ, じゃありません, には全く, はここ, はこのごろ, はもう, は先生, は旅, もその, も女

▼ 信忠信~ (11, 0.2%)

5 の兄弟 4 のふたり 2 の両

▼ 信ある~ (10, 0.2%)

2 者には 1 ことである, ものと, 友なき, 友は, 女房を, 御方にこそと, 比丘は, 者と

▼ 信国境~ (10, 0.2%)

2 の山々 1 にある, のイザルケ岳, の山脈, の山際, の峻峰, の浅間山, の碓氷峠, の鳥居峠

▼ 信ちゃん~ (9, 0.2%)

1 がいいました, がとめました, なん, に吸っ, の云う, の死, はねぐ, は人, は黙ってる

▼ 信なき~ (9, 0.2%)

2 者には 1 ともがら, や, を助け, 一人に, 瞳, 者, 諸

▼ 信兵衞~ (9, 0.2%)

1 といふの, の碁敵, はあわて, はうまい, は少し, は相手, は腹, を押し留め, 御無理

▼ 信~ (9, 0.2%)

2 相半 1 たちまちところ, ともにその, の取捨如何, の際, の魔女, 取捨その, 空有因果等ある

▼ 信~ (9, 0.2%)

1 であるが, によってはもう一度, によって子供, の力, の念, の道者, も信神, 深い人, 深い仕事

▼ 信さんお前さん~ (8, 0.2%)

1 という人, には分るまい, のその, の言う, はあの, はなん, はまあ, も了見違い

▼ 信さん何~ (8, 0.2%)

3 かは心 2 うした 1 が悲しい, と言っ, をおっしゃる

▼ 信~ (8, 0.2%)

1 さるものあれ, さる所, てかの, て咎めざる, て容易, て巷, て断橋, て繙

▼ 信である~ (8, 0.2%)

2 と言い得ないであろう, 誠であり 1 が, が故に, もの, 国への

▼ 信不信~ (8, 0.2%)

1 すらも南無阿弥陀仏, によって効験, によつて, もこれ, をばまったく, を待たず, を省みず, を言わず

▼ 信~ (8, 0.2%)

1 が, が殺された, である, なども見舞, の最後, の身の上, もそれ, を殺した

▼ 信~ (8, 0.2%)

4 して 1 しなければ, せる者, の者懈怠, も歴史的

▼ 信~ (8, 0.2%)

1 か, であった, です, というの, という寺, の池, の雄山, へ出かけ

▼ 信~ (8, 0.2%)

1 という老人, などいった, などが加わっ, などの一座, や親友, 五味国太郎演り, 氏が, 氏と

▼ 信~ (7, 0.2%)

1 てこの, て之, て福田, て股肱, ロシア皇帝を, 今日迄, 内に

▼ 信でございます~ (7, 0.2%)

21 からお雪ちゃん, が, がはからぬ, もしまた, よわたくし

▼ 信との~ (7, 0.2%)

4 一致の 1 繋りが, 花火芸術の, 間には

▼ 信なる~ (7, 0.2%)

1 が故に, ものが, ものの正体, ものは, 一将が, 者は, 言葉では

▼ 信~ (7, 0.2%)

1 でも昇, な人, な忠告, な西宮, にされる, を尽し, を聞

▼ 信~ (7, 0.2%)

1 などの旗, のこと主人, の城墟, の墓, の菩提所, は武石大和守信広, 寺といふ

▼ 信殿~ (7, 0.2%)

1 かよく, だけをつれ, とかぶせた, とその, は女王様, も米友公, を尋ね

▼ 信造さん~ (7, 0.2%)

1 から知らせ, とには関係, に不動様, に宜しく, のお, の別荘, の懐中

▼ 信なら~ (6, 0.1%)

1 ざらんや, ば今, ば今日, ば右, んと, んには

▼ 信にも~ (6, 0.1%)

1 よくわかります, よくわかる, 会ったが, 可申上候, 渡りを, 背水の

▼ 信~ (6, 0.1%)

1 おそなえした, 何らかの旨, 依頼状を, 宛てて, 宛てての, 目礼した

▼ 信~ (6, 0.1%)

1 が五十八歳, が八十一歳, に至る, は桃酔軒, は蘭軒, を設け

▼ 信~ (6, 0.1%)

1 でございます, の名作諏訪法性, の実子, の現場, へ急いだ, を軽蔑

▼ 信~ (6, 0.1%)

2 なの, はもう 1 して, を失っ

▼ 信~ (6, 0.1%)

2 するに 1 し難き, すべき他, すれば, 出来ない気

▼ 信~ (6, 0.1%)

1 からきつ, で井生村, に関係, の, の大, の宣言

▼ 信~ (6, 0.1%)

3 の浅間山 1 にあります, の大高山, の山

▼ 信盛父子~ (6, 0.1%)

1 の追放, はいわゆる, はここ五年, は生ける, へこれ, へ下った

▼ 信~ (6, 0.1%)

1 で支那料理, の支那料理, の支那食, へより白檀, へ行く, へ食事

▼ 信輔筆~ (6, 0.1%)

5 の六歌仙 1 の名筆

▼ 信~ (6, 0.1%)

1 との相違, に現, を通じて現出, を開い, を開かず, を開き

▼ 信および~ (5, 0.1%)

3 俚伝 1 俚俗, 民俗

▼ 信ちや~ (5, 0.1%)

2 ん康ちやん 1 ん何処, ん自身, ん行く

▼ 信~ (5, 0.1%)

1 あつた, かいたから, ござります, 二十三日のは, 十月三十一日までを

▼ 信といふ~ (5, 0.1%)

1 ものは, 二十八九の, 僧が, 十八に, 十四に

▼ 信とは~ (5, 0.1%)

1 かくの, たつた一つ違, 一間ほど, 愛し敬う, 近江の

▼ 信~ (5, 0.1%)

1 が浅井道忠, のとりなし, は意, は知多郡, へ

▼ 信切に~ (5, 0.1%)

1 世話し, 云ッて, 夫を, 言て, 言ッて

▼ 信~ (5, 0.1%)

1 であつ, の世, の夫人, の女, の宝暦

▼ 信~ (5, 0.1%)

2 をうけ 1 の現われであった, はいま, もうけたが

▼ 信~ (5, 0.1%)

1 がいかに, といい, に書い, の孫, は創業

▼ 信打発~ (5, 0.1%)

4 の契機 1 の機縁

▼ 信~ (5, 0.1%)

2 なるもの 1 の問屋, の機関, 機関の

▼ 信あり~ (4, 0.1%)

1 其の人懇篤, 夏を, 戒を, 迷いある

▼ 信お前~ (4, 0.1%)

1 なんぞが出よう, は口, も珍しい, を殺したくなった

▼ 信~ (4, 0.1%)

1 と, 両三枝, 故に余, 故に吾人

▼ 信その~ (4, 0.1%)

1 人にとっては, 人の, 策真に, 釵は

▼ 信だけは~ (4, 0.1%)

1 つけたりに, まだ斬られ, 立派な, 親しく口を

▼ 信では~ (4, 0.1%)

1 どうだ, ないかしら, ないこと, 物足らなかつた

▼ 信としては~ (4, 0.1%)

1 あえてたくん, いっこう感じた, 珍しく唇, 目こそ

▼ 信なく~ (4, 0.1%)

1 んば, 全く忠誠, 望なく, 義も

▼ 信なりと~ (4, 0.1%)

1 せば, 出づ, 源叔父が, 答ふ

▼ 信全作~ (4, 0.1%)

1 に起った, のところ, の所番地, も一色

▼ 信八郎氏~ (4, 0.1%)

1 が先ず, が有った, に手, は言下

▼ 信~ (4, 0.1%)

2 をもっ 1 の差違, は残っ

▼ 信十郎~ (4, 0.1%)

1 になり, になりきっ, も, を征服

▼ 信~ (4, 0.1%)

1 といっ, なども, など反, は白竜

▼ 信~ (4, 0.1%)

1 が伊沢分家, は六つ, は長女, を助け

▼ 信姉さん~ (4, 0.1%)

1 と双葉, と同じ, の気持, 憎らしくなる

▼ 信~ (4, 0.1%)

1 であつ, は三十一歳, は巌松院道盛, は年三十四

▼ 信~ (4, 0.1%)

1 のあと, をうけ, をうける, を受け

▼ 信~ (4, 0.1%)

1 一に, 二に, 二を, 二信は

▼ 信自身~ (4, 0.1%)

1 が提灯, が現れた, であったとは, は拭う

▼ 信號兵~ (4, 0.1%)

1 だよ, は命, は戰鬪樓, は指揮

▼ 信號旗~ (4, 0.1%)

1 が上つた, は風, を高く, 上る

▼ 信~ (4, 0.1%)

1 に与え, に渡し, の様子, までがいつのまにか

▼ 信阿闍梨~ (4, 0.1%)

1 が折り入っ, のこと, の使い, はこれ

▼ 信~ (4, 0.1%)

2 を利用 1 が印度, に任せ

▼ 信~ (4, 0.1%)

1 の国界, の山上, の深い, の界

▼ 信あん~ (3, 0.1%)

1 ちゃ, ちゃさ手紙, ちゃエハガキ

▼ 信~ (3, 0.1%)

1 なるお, 不信かで, 茂太郎か

▼ 信さんあたり~ (3, 0.1%)

1 が相, が相続, の言う

▼ 信さんこれ~ (3, 0.1%)

1 が歌, でもまだ, でわたし

▼ 信さん去年~ (3, 0.1%)

3 も己

▼ 信さん友達~ (3, 0.1%)

3 がひ

▼ 信さん寄つて~ (3, 0.1%)

3 お出

▼ 信さん行~ (3, 0.1%)

3 てお

▼ 信すべき~ (3, 0.1%)

1 十分な, 気も, 理由が

▼ 信~ (3, 0.1%)

2 のという 1 つたのさ

▼ 信として~ (3, 0.1%)

1 さまで, 三十一日の, 居りましたか

▼ 信とを~ (3, 0.1%)

1 対せしめては, 見ること, 誓える

▼ 信に対しては~ (3, 0.1%)

1 客分米友に対しては, 竜之, 非常に

▼ 信への~ (3, 0.1%)

1 感想を, 手紙が, 手紙を

▼ 信まで~ (3, 0.1%)

2 ついて 1 到達しました

▼ 信~ (3, 0.1%)

1 がある, もない, もなかつた

▼ 信わし~ (3, 0.1%)

1 の作った, は良順, は食べ物

▼ 信を以て~ (3, 0.1%)

1 世に, 交わりたい年少者, 横溢する

▼ 信ジテ~ (3, 0.1%)

1 之ヲ心ニ考ヘザレバ則点一ニ帰スルナク貿貿乎トシテ霧中ニ, 疑ワ, 疑ワナカッタ一ツノ理由ハ

▼ 信~ (3, 0.1%)

1 傷ケザルモノナク日露戰爭ヲ, 好ンデ学, 存シ

▼ 信三信~ (3, 0.1%)

1 と書い, と書く, の中

▼ 信~ (3, 0.1%)

1 にまかせた, にも弁信, に与えた

▼ 信~ (3, 0.1%)

1 が天王寺口, で通った, と書い

▼ 信~ (3, 0.1%)

1 に嫁, の名, の子

▼ 信~ (3, 0.1%)

1 が, はどう, を起し

▼ 信嘉氏~ (3, 0.1%)

1 が或, の監理, も帰県

▼ 信~ (3, 0.1%)

1 だよ, の祥月命日, は寺社奉行所

▼ 信太夫~ (3, 0.1%)

1 と云う, よりか余程, をたすけだし

▼ 信如い~ (3, 0.1%)

3 かにしたる

▼ 信如こ~ (3, 0.1%)

3 まりて

▼ 信如大黒屋~ (3, 0.1%)

3 の美登利

▼ 信如袖~ (3, 0.1%)

3 ふり切りて

▼ 信寂房~ (3, 0.1%)

1 が暫く, というの, はやはり

▼ 信~ (3, 0.1%)

1 ありと, といふの, を例

▼ 信常氏~ (3, 0.1%)

1 が九州, は, はその

▼ 信忠信兄弟~ (3, 0.1%)

2 の妻 1 が有名

▼ 信托会社~ (3, 0.1%)

1 と裏書人, へ持つ, も関係

▼ 信~ (3, 0.1%)

1 に頼ん, は佐藤一斎等, は自分

▼ 信~ (3, 0.1%)

1 がゐた, が歿, の師

▼ 信~ (3, 0.1%)

1 と共に長篠, と名乗る, に届け出た

▼ 信昌公~ (3, 0.1%)

1 にはただ, には嘆, には板垣三郎

▼ 信~ (3, 0.1%)

2 濃地方 1 にありし

▼ 信~ (3, 0.1%)

1 が庭, と引換, はお

▼ 信法印~ (3, 0.1%)

1 と言, の畫きしもの, の筆跡

▼ 信盛どの~ (3, 0.1%)

1 が仰せ, にはまっ先に, をもっ

▼ 信~ (3, 0.1%)

1 のため, の実, を求め

▼ 信神渡航者~ (3, 0.1%)

2 ノ一行ニハ 1 のこと

▼ 信~ (3, 0.1%)

1 の, の画証録, の説

▼ 信~ (3, 0.1%)

1 という関東武士, といひ, は殺され

▼ 信號燈~ (3, 0.1%)

1 と鐵路, の輝い, や何

▼ 信~ (3, 0.1%)

1 が今, と書いた, にあたる地名

▼ 信~ (3, 0.1%)

2 が家 1 長じ

▼ 信あつき~ (2, 0.0%)

1 少女の, 巫女

▼ 信あれ~ (2, 0.0%)

1 ば地それ折, ば徳

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 蝶三人の, 蝶米友の

▼ 信お母さん~ (2, 0.0%)

1 はどう, を疑いたく

▼ 信からの~ (2, 0.0%)

1 使いが, 横槍を

▼ 信この~ (2, 0.0%)

1 二人の, 紫数珠を

▼ 信これ~ (2, 0.0%)

1 が立派, はマズイ

▼ 信さらに~ (2, 0.0%)

1 秦明, 花栄欧鵬らの

▼ 信さんあれ~ (2, 0.0%)

1 はいや, は鈴慕

▼ 信さんおいら~ (2, 0.0%)

1 はその, は京都

▼ 信さんだつ~ (2, 0.0%)

1 た, たと

▼ 信さんイヤ~ (2, 0.0%)

2 に明るい

▼ 信さん今~ (2, 0.0%)

1 になっ, までお前

▼ 信さん火事~ (2, 0.0%)

1 というもの, は本宅

▼ 信さん自身~ (2, 0.0%)

1 が出, が思ひ

▼ 信した~ (2, 0.0%)

1 ことが, 古い神道

▼ 信せず~ (2, 0.0%)

1 ついに禍いわれ, 殊には

▼ 信そのもの~ (2, 0.0%)

1 が小兵, の形

▼ 信だの~ (2, 0.0%)

1 清水金一など, 誠実だの

▼ 信ちゃ~ (2, 0.0%)

1 とられたもの, 喜んでるん

▼ 信ちゃんお前~ (2, 0.0%)

1 はいつも, は彼処

▼ 信ちゃんわたし~ (2, 0.0%)

1 はね人間, は都合

▼ 信であり~ (2, 0.0%)

1 何が, 弁信が

▼ 信とか~ (2, 0.0%)

1 いったよう, 言ふ

▼ 信とが~ (2, 0.0%)

1 真面目くさって, 血を

▼ 信など~ (2, 0.0%)

1 いふこと, みな官途を

▼ 信などは~ (2, 0.0%)

1 さすがに, その明らか

▼ 信のみが~ (2, 0.0%)

1 寛宏な, 彼女の

▼ 信ほどの~ (2, 0.0%)

1 ものが, 悪党が

▼ 信より~ (2, 0.0%)

1 発す, 起つて

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 の大, までがみな負傷

▼ 信らしい~ (2, 0.0%)

1 人の, 願いである

▼ 信られぬ~ (2, 0.0%)

1 ようだ, 話の

▼ 信一座~ (2, 0.0%)

1 が東京旗上げ興行, の俳優木田三千夫氏

▼ 信乃ち~ (2, 0.0%)

2 やん

▼ 信之等~ (2, 0.0%)

2 は決して

▼ 信以後~ (2, 0.0%)

1 の発達, の趣向歌

▼ 信~ (2, 0.0%)

2 土人称破

▼ 信兄さま~ (2, 0.0%)

1 が来, のこと

▼ 信~ (2, 0.0%)

2 通ず両行

▼ 信卿瑞仙弟京水父~ (2, 0.0%)

2

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 するなんぞも, であつ

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 や置い, を

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 伍が, 伍は

▼ 信如元來~ (2, 0.0%)

2

▼ 信如夫~ (2, 0.0%)

2 れでは

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 は允誠, は君悌

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 において, の前

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 であり日頃, に諫め

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 は, は此信階

▼ 信恬按ずる~ (2, 0.0%)

1 に兵火, に此両記幽斎紀行

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 でもし, を明日

▼ 信時潔氏~ (2, 0.0%)

1 の作曲, 之を作曲

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 の言われる, はお

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 の上の空, を頂いた

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 に出, は一昨日

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 の不動明王圖, は信實

▼ 信深く~ (2, 0.0%)

2

▼ 信澄ら~ (2, 0.0%)

1 の味方, の校閲

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 と生駒八右衛門, や佐久間甚九郎正勝

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 とした, を賜わり

▼ 信盛堂~ (2, 0.0%)

1 で歯みがき, はそう

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 に子, の養子

▼ 信祝殿~ (2, 0.0%)

1 の御, は当代

▼ 信神者~ (2, 0.0%)

1 であらう, になっ

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 に向っ, の処

▼ 信米友~ (2, 0.0%)

1 でございと, の行先

▼ 信統会~ (2, 0.0%)

1 と合併, と昭和神聖会

▼ 信若園清太郎~ (2, 0.0%)

2 のどれ

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 に仕え, の家

▼ 信號標~ (2, 0.0%)

1 のあかり, もつい

▼ 信號機~ (2, 0.0%)

1 がかたり, を風

▼ 信賢さん~ (2, 0.0%)

2 に問う

▼ 信輔自身~ (2, 0.0%)

2 も亦

▼ 信違う~ (2, 0.0%)

2 ことなく

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 に讒言, の家老

▼ 信鉄沿線~ (2, 0.0%)

2 の有明村

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 という念仏道場, の僧たち

▼ 信階筮仕~ (2, 0.0%)

1 の日, の記念会

▼ 信離氏~ (2, 0.0%)

1 の池, は御

▼ 信電力~ (2, 0.0%)

1 の金原様, の金原氏

▼ 信電鉄~ (2, 0.0%)

1 でちょッ, という下仁田行き

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 すれば, をかくる

▼ 信駿~ (2, 0.0%)

1 の三ヵ国, 遠の

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 の道聽塗説, の道聽途説

▼ 信~ (2, 0.0%)

1 など, や真田兄弟

▼1* [489件]

あいつがこの, 信あだ名は鎮三山, 信あらん人は, 信ありければ今, 信いずれも傷, 信かと思ったら, 信ぐらいだろう, 信ぐらいしか書いて, 信けて弓を, 信ければ後, 信これらを知らぬ, 信あんしっかり, 信さあーん, 信させてそして, 信さまでは, 信されている, 信さんあたいが悪かっ, 信さんあなた一人だけでなく, 信さんいつまでもここ, 信さんいやに澄ましこんでる, 信さんお前あたいにかまわず, 信さんお前ここをどこ, 信さんお前さっきから目, 信さんお前何を見, 信さんお前誰かに斬られた, 信さんくらゐの, 信さんさっきお前がしきりに, 信さんそこへお, 信さんたちが凄い, 信さんほんとうにわたし, 信さん一人なん, 信さん一刻も早く, 信さん世間の学者たち, 信さん久しぶりにお, 信さん今時分こんなところ, 信さん今晩は寝かしません, 信さん位のもの, 信さん出鱈目を言っ, 信さん大丈夫かエ, 信さん大変が出来ました, 信さん奥にいる, 信さん山科の光悦屋敷, 信さん弁信さんて言う, 信さん弁信さんさっきお前がしきりに, 信さん御無沙汰どころじゃなかろう, 信さん急に人, 信さん昔の弁信さん, 信さん星がキレイ, 信さん横になっ, 信さん母屋が焼け, 信さん気が狂っ, 信さん理窟は抜き, 信さん琵琶を持っ, 信さん私のうち, 信さん草鞋をお, 信さん親孝行するん, 信さん訪問の一条, 信さん誰もお前さん, 信さん贔負に思はず, 信さん道中氣をつけ, 信さん雨が降り, 信しからず覚ゆるまでに, 信すでに狂って, 信す可からざる, 信ずらんやうに, 信せしめるものである, 信せたる幾分の, 信せらるべきものである, 信たちのいう, 信たらしむるもの是れ, 信だけ尤もこれ, 信だけがまざまざと, 信だに王に, 信ちゃんそこにいる, 信ちゃんたちがべいごま, 信ちゃんなにしてんだい, 信ちゃん乱暴な事, 信ちゃん何かし, 信ちゃん僕はもう, 信ちゃん吉川先生がきた, 信ちゃん死は勝利, 信ちゃん私は敗北者, 信ちやん論を知つて, 信って確っかり見詰めない, 信つぶさに朝廷の, 信であって舟, 信でさえも妙な, 信ですからいかなる, 信でないことが, 信でも何でも, 信とかいうような, 信としての当座の, 信とて悪くない, 信とのみ稱する, 信とも知りあい彼の, 信ともしていた, 信どおり飽くまで彼, 信どのはわし, 信のです, 信なし力を以て, 信などがめいめい数百騎を, 信などとも名乗った, 信なども野心満々たる, 信などより百倍も, 信ならずとも感づく, 信ならずして曲, 信なればこそ仔細, 信においても美においても, 信にとっては与えるほどの, 信によって火の, 信によつてわたくし, 信による往生が, 信によるのみ人この, 信に対して特殊の, 信に対してのみどんな待遇, 信に対する恨みは, 信に対すると同一の, 信五信かと, 信のちからからことさら, 信のみは有り得ない, 信はさのみ失望, 信はんはす, 信へも一応報告, 信べからざるとを, 信べきと信, 信いちど案を, 信めいつまで何, 信め妹めと何, 信め小娘をあやつる, 信もて我が手, 信やることを, 信ゆえに栄誉, 信よりはもう少し稚, 信らいをうらぎる, 信られがたいよう, 信をすらも取り得ない者, 信をだになほ装へる, 信をと念を, 信をのみ左様に, 信をも一味へ, 信ジタル様ナレドモ身ハ人身ニ似テ畜身ナリ, 信ジテ以テ悉ク己ノ心ニ得タリト為シ独ダ一ニ書, 信ジテ居タ今日フト此句ヲ思ヒ出シテツクヾヽト考, 信ジテ幸福ト栄名ヲ此一挙ニ期シ, 信ジテ而モ殺スコトヲ否ム, 信ジナイ宗旨ナドハ何デモイヽ予ニ神様カ佛様ガアルトスレバ颯子ヲ措イテ, 信ジニナッテ下サイオ嬢サンガスベテ御存ジデス, 信ジル者ハ一人モイナイヨトソウ云ウト本当ニ一人モイナイデショウカト五子ハ妙ナ笑イ方, 信ス余ハ石見人森林太郎トシテ死セント欲ス宮内省陸軍皆縁故アレドモ生死別ル, 信ズト共ニ暫クノ近キ將來ニ存在スベキ其等ニ對シテ, 信ズルコトヲ肯ンゼザルナリ制度ハ国ノ制度, 信ズルノ徒ハ真理ノ有, 信チヤンを御, 信チンがうらやましく, 信チンあなたは, 信一人ぐらいがつこう, 信一円甲州のほぼ, 信一同へ話せ, 信一致の父子, 信という子, 信上人忙しくなりだした, 信上人今なん, 信上人西行法師のこと, 信上越界の草津白根, 信退, 信である五月丸, 信丹次平柄銀次, 信九十二度きのうは朝, 信は別, 信二はさも意外そう, 信二人の巡禮, 信井伊直盛等が本営, 信の間柄, 信するの, 信京二郎安川らの一行, 信で饗宴, 信人情深くし, 信以来の絵様見立て, 信以来皆たけを高める, 信任せる丞相の, 信が写本, 信か, 信という二人, 信とを指斥, 信も程度, 信の一部, 信億劫にもえがたし, 信兄弟の家, 信八郎とある, 信を威嚇, 信公伝というの, 信兵衞實は私, 信兵衞殿が話された, 信切顔をし, 信別にハガキ二枚, 信副使津田信勝のふたり, 信あり沙門ため, 信勘忍して, 信勤念定慧の五, 信が生れた, 信匡十六女たかよ, 信十九日に到着, 信凝で相談, 信南山篇にも禹, 信博学機に会, 信卿君大野清敬君の賛成, 信卿通称は圭二, 信厚字は朴甫, 信厚学ヲ修シ, 信厚盤安は柏軒信重, 信厚筑前伊沢道盛信全, 信及びその情人, 信受奉行せよ, 信の給する, 信史進秦明らがたちどころに, 信樣の, 信同行の一類眷属, 信は保留, 信周諸君位のもの, 信を生んだ, 信無定數, 信には誰, 信やなどと共に松山, 信四州の兵, 信国公文公之神位, 信国祠の壁, 信國境と彫, 信地方に多い, 信基左中将清経また幼少年, 信の山間, 信大伍さんに来, 信大伍夜の部, 信大伍氏だけにきまっ, 信大納言言われけるは, 信太夫松倉良助の両人, 信如きの頭, 信如尼によって修補, 信始め従士をし, 信にかかわる, 信婦人の車, 信孝悌だの, 信守そこにおれ, 信守信昌信綱信虎を経, 信守君を葬りました, 信安等の叛乱, 信宗土佐守兼光らなど指, 信定小山田備中守などの譜代, 信家信武信成信春信満信重信守信昌信綱信虎を経, 信家在銘で山水, 信宿して終に, 信實あれわがいのち, 信實一家傳來の法, 信實追討之訖, 信射って其馬, 信小山秀朝江馬越前守三浦ノ介, 信小島小鳥田中未知草萬代恒志の諸氏, 信尹公のこと, 信尹本阿彌, 信山岡景隆長谷川秀一多賀秀家らの部隊, 信崇三十四歳養子信平十三歳であつ, 信崇方へ寄留, 信已来濃, 信と書い, 信常さんの友達, 信常に奮って, 信つもりて, 信年十七の若武者, 信は, 信府統記ノ著者モ国師甲武信, 信度河を渡り, 信度産の良馬, 信の諸, 信廉原隼人内藤修理菅沼刑部などの隊, 信廉穴山梅雪原昌胤菅沼定直などの三千五百余, 信弟子に限った, 信張良の智謀, 信が会ひたい, 信恒子爵来り明日満州, 信恬二世の像, 信恬字は憺甫, 信恬数詣公夫人, 信恬朱文は字澹父, 信恬草之, 信恬通称は辞安, 信愈々惑いて, 信なる者, 信は田中悌庵, 信慶実家森本善次郎へ被, 信手招来少仮思索, 信打開のとき, 信托会社小田原出張所などといふ札, 信托株式会社も其一つ, 信拠すべからざる, 信は, 信教念善性了海等である中, 信は富田能登守, 信昌信綱信虎を経, 信是非に及ばず, 信などいずれ, 信時時綱信家信武信成信春信満信重信守信昌信綱信虎を経, 信曰く殿下爾したもう, 信林冲史進秦明などは挙げ, 信條トシ謙遜ハ美徳ヲ教養セラレタル日本民族ニ, 信條宗教會議の法規, 信條皆これより出, 信という人, 信樂豊前は目付役, 信樂豐前というお方, 信を昌平橋, 信欺かざるを主, 信武藏左衞門尉景頼生虜了行法師矢作左衞門尉, 信死生同, 信は堀越城主武田重信, 信母娘がふだ, 信や朱雲, 信治郎さんとはもう, 信とは他, 信法師あたりにもぶつからない, 信法師ひとりでお雪ちゃん自身, 信法師もどきに食後, 信法師一流のいい, 信法師後ろなるは, 信法自在の権利, 信の高府街道, 信に負け, 信海勅を奉じ, 信には棠軒, 信淳通称は春安, 信渡してくれた, 信に就い, 信満信重信守信昌信綱信虎を経, 信澄様以下お味方, 信澄滝川一益丹羽五郎左衛門などの諸, 信澄自身の著, 信澄麾下の新参, 信濃化されて, 信無くばこの世, 信無しといふべし, 信照庵に営まれた, 信燕順矮虎白面郎呂方郭盛石勇と今日, 信燕順雷横施恩穆弘鄭天寿黒旋風の李逵, 信父子へ伝え, 信牌航海図きりしたん, 信牌航海図切支丹ころびに関する, 信で驕慢, 信現ぜりと王曰く, 信のごとき, 信甲二州の諸, 信甲駿の空, 信白川院の御遊, 信盛どの森可成どの, 信盛一昨日の防戦, 信盛丹羽長秀の二将, 信盛丹羽長秀池田信輝羽柴秀吉滝川一益など, 信盛以下の将兵, 信盛以下城兵一千余はもちろん, 信盛以外の幕将たち, 信盛坂井右近木下藤吉郎などいた, 信盛夕菴光秀の三人, 信盛山県三郎兵衛昌景内藤修理昌豊小幡信定小山田備中守などの譜代, 信盛柴田勝家もまだ, 信盛様の御, 信盛様以下城とともに悉く, 信盛池田庄三郎信輝滝川左近将監一益丹羽長秀なんぞの勇将, 信を叩い, 信でした, 信の部下, 信直等馳合せて, 信通じ密使, 信県君に封ず, 信真実の証, 信着九日づけ, 信礼拝だ, 信社南洋貿易などの先駆, 信祝様より御, 信神家らしい男, 信神慈善の業, 信神渡航者ガぷりもすニ到リ着セル時ハ, 信神渡航者一行百二名ノウチニハ僧侶ト名ノルモノ一人モコレ有ラザリキ, 信程の天賦は, 信空馬を二頭これ, 信に大仁大信, 信の文字, 信等事に当りし, 信という地名, 信筑川であること, 信が届かなかったであろう, 信算額なるもの, 信節情義など武門生活, 信節翁の, 信篤き敬称廿世紀の, 信篤行の君子ザウィエール, 信を御存じ, 信の中, 信は望, 信の墓前, 信くぐりさ, 信もまた, 信く駛流, 信また徐州, 信別而家内, 信英布にも劣らない, 信茂原隼人佐を加え, 信茂太郎の徒, 信茂跡部勝資などの旗幟, 信茂跡部大炊助勝資等, 信茂長坂長閑などもい, 信荒木陽を連れ, 信莊太郎の弟, 信蓮房が導師, 信薛永蒋敬馬麟らの寨友たち, 信虎の子が信玄, 信號命令だつたらうと, 信號手がまた, 信號柱の下, 信號檣の他, 信號檣下に立つた, 信號水夫は右手, 信行員となった, 信衛早川庚弌の諸氏, 信西念唯信, 信親のは刃金, 信親丸山などになる, 信親王や藤原宗子, 信に重大, 信覺善覺淳慶順乘專存覺并びに善鸞法善, 信すれば, 信許し難いけれども, 信許すべからざることあり, 信を観音寺城, 信といふの, 信誉自然現成大姉, 信誠寺という真宗, 信読之藤房従而受業或云, 信を重んずる, 信を約せ, 信である, 信講崇敬講神風講関東講などと書いた, 信豊その他の一族, 信豊山県昌景小山田信茂跡部勝資などの旗幟, 信豊馬場信房小山田昌行などの二千人, 信貞その他各隊, 信貞信秀その他が遊撃隊, 信貞入道昌安の兵, 信負傷のまま, 信貴公はその, 信と称せられし, 信が後家, 信賢著墓所集覽で谷中長運寺, 信質岩崎長世原信好か, 信輔どのへもう疾く, 信輔卿は一巻, 信輔辻村太郎氏等の諸, 信輝佐久間大学森可成, 信輝入道勝入斎, 信輝柴田勝家等がはやる, 信輝滝川左近将監一益丹羽長秀なんぞの勇将, 信輝筒井順慶蒲生氏郷蜂屋頼隆などあらかた, 信輝羽柴秀吉滝川一益など, 信輝蜂屋頼隆等みな同様に心, 信輝高山右近などからさえまだ何ら, 信造宛に, 信遂に怒って, 信過程の一産物, 信邦様と申せ, 信の依頼, 信郷大方科を業, 信郷居を御池通車屋町西, 信などもさ, 信長めが京師, 信長井丹後などの六波羅, 信門建立の絶対, 信第一浅間山, 信陽館という下宿屋, 信階三十五歳の其妻, 信階五十六歳の曾能, 信階信恬二世の像, 信階父子の家, 信にはなく, 信離山本五郎納富介次郎松尾儀助大森惟中塩田真岸光景等十人足らずの諸氏, 信離松尾儀助岸光景山本五郎塩田真大森惟中諸氏の手, 信電気の小舎, 信順二公にかわるがわる, 信順以下の家族及家臣, 信順在世の日, 信順附にせられ, 信風情が取付, 信飛地方の峡谷, 信飛界大喰岳