青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「仰し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

仮り~ ~仮定 仮定~ 仮面~ ~仰 仰~ ~仰い 仰い~ 仰ぐ~ ~仰し
仰し~
仰せ~ 仰向け~ ~仲 仲~ ~仲間 仲間~ ~件 件~ ~任 任~

「仰し~」 1100, 10ppm, 10479位

▼ 仰しやつ~ (229, 20.8%)

24 たの 19 て下さい 148 て下さいまし 6 た, て下さる 5 て下され 4 たが, たでせう, たやう, たん, てゐる, て下さいました 3 たか, たこと, たぢ, た通り, て下さらない

2 [14件] たお, たから, たつて, たと, たに, たは, たわ, た事, ていらつ, てゐ, て下さいます, て下さいませ, て私, て頂戴

1 [80件] たあなた, たけれど, たじや, ただけ, たつてね, たとき, たとも, たので, たのよ, たばかり, たもん, たり異見, た事實, た御, た時, た時計, た樣子, た私, た聖母さま, た計り, てお, てお出かけ, てお母さん, てくれません, てこの, てしまへ, てそれ, てでも, てね, てはいけません, てはなりません, ては困ります, ては滅多, てほんの, てました, てよ, てらつし, てゐました, てツイ家, て一, て一人, て一杯, て二三日前材木, て亥刻, て何時, て俺, て其, て同じ, て唯しばらく, て四十, て夜分, て大きな, て大変, て大層, て家中, て居た, て居る, て御, て御覧, て持つ, て支配人, て旦那樣, て昨日久し振り, て此處, て毎度私, て泰然自若, て淋し, て滄浪, て番頭さん, て相手, て聽, て血, て行列, て覆面, て誰, て貴君, て閼伽桶, て頂け, て頂けませう, て高

▼ 仰しゃる~ (69, 6.3%)

3 から私 2 かも知れません, から, だろうと, でしょう, にはお, に違えねえ

1 [54件] いずれ沙汰, かも知れない, からお, からお供, からここ, からそっと, からそれ, からは御, からへえ, から今日, から別段, から安心, から少し, から左様, から帰っ, から心配, から来た, から泊る, から私共, から買っ, から養子, か必ず, がよい, が作者, が無駄, この下情, しかも二人, そうかと, そこで本堂, と何, と関取, ならば, にはいずれ, には及びません, には御, には手前, には朝鮮, には本田, には白島様, には粂之助, には老, に及びません, に相違, は何ともどうも, は己, は御, は此方さ, は甚だ, よろしい登ろう, ネ, 切れば, 尤もお母さんぐるみ, 死ぬ程, 飛んでも

▼ 仰しゃる方~ (18, 1.6%)

3 がある

1 [15件] があるなら, がございます, がたずね, が無い, だが, ではございません, とはどこ, にお目にかかりました, は, は小室さま, は未だ, は無い, へ附い, もありましょう, もございましょう

▼ 仰しゃらないで~ (16, 1.5%)

6 下さい 2 下さいませ 1 お姉さま, そのままお, 下さいこの, 下さいつまらない, 下さいと, 下さいまし, 下さい本当に, 買って

▼ 仰しゃる事~ (16, 1.5%)

3 だから 2 は出来ますまい

1 [11件] があります, がよく, が出来ますまい, が有る, なら参りましょう, なら唯, には随分, に於, はよく, は一々, は我

▼ 仰し~ (15, 1.4%)

6 つても 4 つて下だ 1 つて, つてから, つてでございました, つて揃つた材木を, つて早く

▼ 仰しゃる通り~ (14, 1.3%)

1 [14件] だこんな, でございます, でございますが, でごぜ, です, に頭, の名前, の頭, よ, 出来得べくば, 取るに, 実は三人, 御尤も, 死んだ筈

▼ 仰しゃるのは~ (13, 1.2%)

1 [13件] おいくつ, お疲れ, たしかあなた, つましい人, どういうこと, どうして理解, 少しおぼしめし, 御無理, 早うございましょう, 本当はやはりその, 若しや, 誠に迷惑, 違うと

▼ 仰しゃっても~ (11, 1.0%)

1 [11件] あゝ痛い痛う, おとなしく聞く, その時, ちっとも可哀そう, また何時あなた, 別れるの, 宜かろう, 宜しい, 本当に七夕様, 篤と胸, 長く苦痛

▼ 仰しゃれば~ (11, 1.0%)

1 [11件] あの男, おかしなこと, どんな無理, 云いますお前さん, 何故に, 思い出したあの, 揉みます, 死にます, 死ぬわ, 覚えて, 阿闍利さま

▼ 仰しゃっては~ (10, 0.9%)

3 困ります 1 分りませんので, 困りますお, 困りますそれでは, 困りますねえ, 困りますわ, 困りますわたし, 困りますナ

▼ 仰しゃると~ (10, 0.9%)

1 あのプレドポスィロフ, お声, お枕元, その位, どんな質問, もしそれ, 又娘, 少しつんと遊ばしまし, 思って, 詰りどう

▼ 仰しゃった~ (8, 0.7%)

1 そういう意味, そうで, そのお, その時, たぶん御, ワ, 大きな鍵, 故摺火打

▼ 仰しゃるお方~ (8, 0.7%)

1 がある, がお, では有りません, なん, に足軽奉公, はどういう, もなかっ, も有ります

▼ 仰しゃるなら~ (7, 0.6%)

1 この光景, それでもいい, とにかく一応配属将校, 出て, 実は私, 幾許上げたら, 直に兄

▼ 仰しゃるか~ (6, 0.5%)

2 知れませんが 1 又金, 宜しいお, 拾ったなら拾ったに, 知らんが

▼ 仰しゃるのを~ (6, 0.5%)

1 伺っただけ, 探し廻るの, 聞いたという, 聞いたとか, 聞いたとき, 聞いたの

▼ 仰しゃるんですか~ (6, 0.5%)

1 いや飛ん, えへ, この私, まあ, もちろんはずす, 驚きましたね

▼ 仰しゃったから~ (5, 0.5%)

1 出したが, 差し上げたのよ, 帰って, 御親切, 打たせたのに

▼ 仰しゃった事~ (5, 0.5%)

1 があった, ですから, は無い, を始め, を慥

▼ 仰しゃらずに~ (5, 0.5%)

1 お願えです, つと子宮, どうぞ父娘, 御勘弁, 黙って

▼ 仰しゃったでしょう~ (4, 0.4%)

1 そうじゃ, それならことづけ, ですからそう, とかよ

▼ 仰しゃっても私~ (4, 0.4%)

1 はもう, は否, は是, は本当

▼ 仰しゃり~ (4, 0.4%)

2 付けて 1 はしない, 出すと

▼ 仰しゃるが~ (4, 0.4%)

1 あの河馬, 何故そん, 弱え, 御組

▼ 仰しゃるそれ~ (4, 0.4%)

1 じゃア, はお前さん余り, はそう, は水戸藩

▼ 仰しゃる訳~ (4, 0.4%)

1 がない, で併, には行きますまい, はある

▼ 仰しゃったが私~ (3, 0.3%)

1 のほう, は気, も其の

▼ 仰しゃったって~ (3, 0.3%)

1 まさかあなた, 帰れません, 慌て

▼ 仰しゃったと~ (3, 0.3%)

1 伺って, 同じよう, 申しますから

▼ 仰しゃったので~ (3, 0.3%)

1 そのまんま, 云おうと, 気がついたん

▼ 仰しゃっちゃア~ (3, 0.3%)

1 いけません師匠, 困りますが, 困りますねえ

▼ 仰しゃって下~ (3, 0.3%)

1 すった, すったから, すったらそう

▼ 仰しゃることは~ (3, 0.3%)

1 聞いたよ, 重いです, 随分一人ぎめ

▼ 仰しゃるとおりです~ (3, 0.3%)

1 あの人, さ熱い, まったく仰し

▼ 仰しゃるの~ (3, 0.3%)

1 あんなふうにかよ, そうお, ねえあなた

▼ 仰しゃる人~ (3, 0.3%)

1 だ, ですね, に殺されなさる

▼ 仰しゃいな~ (2, 0.2%)

1 と云った, どうした

▼ 仰しゃったお方~ (2, 0.2%)

1 がまア, をお伴

▼ 仰しゃったお言葉~ (2, 0.2%)

1 を守っ, を考え出したら

▼ 仰しゃったが~ (2, 0.2%)

1 お父様, 乗出して

▼ 仰しゃったって僕~ (2, 0.2%)

1 は一向, は驚き

▼ 仰しゃったところで~ (2, 0.2%)

1 あの二人, ほんの乳臭い

▼ 仰しゃったように~ (2, 0.2%)

1 信ずること, 致しますの

▼ 仰しゃったら~ (2, 0.2%)

1 その人よそ, 死なんとも

▼ 仰しゃっちゃ~ (2, 0.2%)

2 困ります

▼ 仰しゃっていた作品~ (2, 0.2%)

2 なの

▼ 仰しゃってみて~ (2, 0.2%)

1 下さい, 下さいませんか

▼ 仰しゃってもわたくし~ (2, 0.2%)

1 の方, は少し

▼ 仰しゃらず~ (2, 0.2%)

1 漸く他, 漸と

▼ 仰しゃらないから~ (2, 0.2%)

1 ああいう, 知らないけれどもと

▼ 仰しゃらない方~ (2, 0.2%)

1 がよう, がよろしい

▼ 仰しゃらなかったが~ (2, 0.2%)

1 お心, ごようす

▼ 仰しゃらんでも~ (2, 0.2%)

1 宜い, 宜しい先ず

▼ 仰しゃるお嬢さん~ (2, 0.2%)

1 とお, は元気

▼ 仰しゃるが私~ (2, 0.2%)

1 の方, の跡

▼ 仰しゃるとおりだと~ (2, 0.2%)

1 思います, 致しましょうもう

▼ 仰しゃるとおりに~ (2, 0.2%)

1 致します, 致しますどうぞ

▼ 仰しゃると此方~ (2, 0.2%)

1 はなか, は島流し

▼ 仰しゃるのが本当~ (2, 0.2%)

1 だという, ですよ

▼ 仰しゃるのだ~ (2, 0.2%)

1 うむそれから, お内儀さん

▼ 仰しゃるのですかとんでも~ (2, 0.2%)

1 ないそんな, ない十九

▼ 仰しゃるのは何ん~ (2, 0.2%)

1 でございます小判, で御座いましょう

▼ 仰しゃるものですから~ (2, 0.2%)

1 それとなし, もう閉場間際

▼ 仰しゃるもんだから~ (2, 0.2%)

1 お目, なおわからなかった

▼ 仰しゃるよう~ (2, 0.2%)

1 に致します, に計らいましょう

▼ 仰しゃるんだ~ (2, 0.2%)

1 そんな大した金, っていうこと

▼ 仰しゃる所~ (2, 0.2%)

1 は一々, も一理

▼ 仰しゃる通りわたくし~ (2, 0.2%)

1 の心得違い, は頼り

▼1* [494件]

仰しゃいましては困ります, 仰しゃいましてももう取返し, 仰しゃいましてもあなた其様な事, 仰しゃいましてもどっちへお出かけ, 仰しゃいましても兄には婦人関係, 仰しゃいましても私共には何, 仰しゃいましよあちらの方, 仰しゃいますのは女の子だったの, 仰しゃいますゆえそんな事, 仰しゃいまするし私共もお, 仰しゃいませんしそれでお, 仰しゃいませんでそれから店, 仰しゃいませんでは私は斯, 仰しゃったあたりまえの御用, 仰しゃったあなたまでが, 仰しゃったあれはこの, 仰しゃったお墓を見る, 仰しゃったお言葉お話し致しましょう, 仰しゃったか知りたいと, 仰しゃったかと思いますが, 仰しゃったからあとはどう, 仰しゃったから一盃頂戴と斯, 仰しゃったから私も何, 仰しゃったから若旦那に覚え, 仰しゃったか気がかりでございますもの, 仰しゃったがチャンと目標, 仰しゃったが三の倉で旦那さま, 仰しゃったが村の年寄, 仰しゃったが益満さんに縋っ, 仰しゃったが貴方は何方, 仰しゃったくらい人は何, 仰しゃったけれどあたしいかなかったわあたしがいかなかった, 仰しゃったけれども一体つまらぬじゃございませんか, 仰しゃったけれど殿さまのこと, 仰しゃったことがあります私には実, 仰しゃったことがまだ一度もない, 仰しゃったことが本当だと, 仰しゃったことはよく存じて, 仰しゃったことはわたくしが云った, 仰しゃったことは本当かもしれない, 仰しゃったことを覚えて, 仰しゃったことをお話し申しましょう, 仰しゃったし忰も今, 仰しゃったし証書を盗みだす, 仰しゃったそうだそれともお, 仰しゃったそうで大奥様, 仰しゃったそうでございますが隆吉の前, 仰しゃったそうでござりますがお父様, 仰しゃったそうですあとでお許し, 仰しゃったそうですから私は今, 仰しゃったそうですがまた攘夷, 仰しゃったそうでそれにきめた, 仰しゃったそれがほんとう, 仰しゃっただけの物を持っ, 仰しゃったって旦那のほう, 仰しゃったって私は嫁, 仰しゃったって結局なに一つわたしの研究, 仰しゃったですなしかしそれ, 仰しゃったではございませんか現に見た, 仰しゃったというお言づてを伺った, 仰しゃったというから私はそれ, 仰しゃったという訳じゃございません, 仰しゃったとおりに貴方のお, 仰しゃったとおりのことをしました饅頭から古道具屋, 仰しゃったとおりの事情で御座います, 仰しゃったとおりポントスは死ん, 仰しゃったとき僕ははじめ, 仰しゃったところ殿さまがそれ, 仰しゃったに唯真赤, 仰しゃったのか知りませんが, 仰しゃったのだが其れじゃ, 仰しゃったのでこれで仏さま, 仰しゃったのですかそしてそれ, 仰しゃったのではなく何だかお, 仰しゃったのではなく何んだか, 仰しゃったのでほかのこう, 仰しゃったので日本温泉論にあります, 仰しゃったのにおた, 仰しゃったのはあなたでしたの, 仰しゃったのは慥かに覚え, 仰しゃったのよく覚えて, 仰しゃったのよ夜中にそっと, 仰しゃったのを戴きませんでは, 仰しゃったのを側で聞い, 仰しゃったのを心当てに尋ね, 仰しゃったのを新七はたしかに, 仰しゃったのを本気にし, 仰しゃったのを無理に出た, 仰しゃったは誠に厚き, 仰しゃったもんで圖らずも, 仰しゃったようでごぜえますがむずかしくって, 仰しゃったようですが私はまだ, 仰しゃったようなどこの馬の骨, 仰しゃったような未來の百萬長者, 仰しゃったようにヴェリチャーニノフさんと仰し, 仰しゃったように義理も人情, 仰しゃったらいいでしょう相手は誰, 仰しゃったら幾らでもじかに, 仰しゃったろうお高, 仰しゃったわねわたくしがしあわせ, 仰しゃったんだからねなんだ描きかけだなんて, 仰しゃったんだから絵をごらん, 仰しゃったんでしょそうでしょう, 仰しゃったんですって天皇だから, 仰しゃったんですものお忘れ, 仰しゃったんですわ私たちのこと, 仰しゃった一と言, 仰しゃった他から奥方, 仰しゃった兄上のお, 仰しゃった反駁はそう, 仰しゃった場所へ行っ, 仰しゃった娘が, 仰しゃった時に始め, 仰しゃった柔仏の王, 仰しゃった様子で, 仰しゃった殿様のお, 仰しゃった言葉は隨分, 仰しゃった訳でもございません, 仰しゃった通りに云う, 仰しゃっちゃいけません私は御覧, 仰しゃってあろうとこうして神谷, 仰しゃっていいんですかお位牌, 仰しゃっていたはっきりそう云う, 仰しゃっていたからといって奥さんは預かっ, 仰しゃっていたがそんなこと, 仰しゃっていました本当はここ, 仰しゃっていましたけれどもむろんそんな, 仰しゃっていましたねりっぱな武士, 仰しゃっていました高松とはもちろん, 仰しゃっていますがと云う, 仰しゃっていらっしゃいました位でございますから, 仰しゃっているそれに手前, 仰しゃっているのが聞えました, 仰しゃっているのですものどうかよそ, 仰しゃっているんですわたくしには仰し, 仰しゃっておいでだただ母上, 仰しゃっておいでですわお姉さま, 仰しゃっておいでゝございましたがどう云う, 仰しゃってお暇に成るだろう, 仰しゃってお連れ下さいましたもの, 仰しゃってきかないんですのまだ起き, 仰しゃってくださらないでも結構ですよ, 仰しゃってくださるならなおさら結構, 仰しゃってしまえばそれでお, 仰しゃってたがそうだろう, 仰しゃってたけれどもが俺ら理窟抜きに好き, 仰しゃってたものですよそれが昨年, 仰しゃってちょうだい万三郎さまを諦める, 仰しゃってで其の代り, 仰しゃってでございます若い御, 仰しゃってでしたあの方, 仰しゃってねえ皆な気, 仰しゃってはお師匠さんに済みません, 仰しゃっては圖書は立端, 仰しゃっては我慢がなりません, 仰しゃってましたし罠や鉄砲, 仰しゃってもあたしにはとんちんかん, 仰しゃってもあなた私が当家, 仰しゃってもあれから半日, 仰しゃってもいう事を聴く, 仰しゃってもお前がそれ, 仰しゃってもお母さんの言う, 仰しゃってもそれまでと覚悟を致し, 仰しゃってもだめですよあなたのいらっしゃる, 仰しゃっても二百両にでも三百両, 仰しゃっても今上げるもの, 仰しゃっても今どきのお, 仰しゃっても仕方はねえ, 仰しゃっても仕様がございません, 仰しゃっても僕は政治, 仰しゃっても其れは, 仰しゃっても別に何, 仰しゃっても只今申上る通り当人, 仰しゃっても幽霊が出た, 仰しゃっても御家内様も子分衆, 仰しゃっても我等がそのまま, 仰しゃっても手前の方, 仰しゃっても柳に受け, 仰しゃっても桐沢さんがなんと, 仰しゃっても矢はりそう, 仰しゃっても私共は生き, 仰しゃってよいざと, 仰しゃってよお母さまあの声, 仰しゃってるか自分でもよく, 仰しゃってるだおめ, 仰しゃってる男の積り, 仰しゃってゞ誠に好く, 仰しゃって目を掛け, 仰しゃって紙に包ん, 仰しゃらずにいらしって頂きたいの, 仰しゃらずに人に知らす, 仰しゃらずに余り憎らしいじゃ, 仰しゃらずに往って入, 仰しゃらずに最後の一句, 仰しゃらず一生苦しんで, 仰しゃらず二つお揃いで持参, 仰しゃらないでお願いよお姉さま, 仰しゃらないでくださいお願いです, 仰しゃらないでくださいよアレクセイ・イヴァーノヴィチなんだか悲しい, 仰しゃらないでねお母さままたあの, 仰しゃらないでわたくし死んで, 仰しゃらないで大事をする, 仰しゃらないで往ってください, 仰しゃらないと思うわ, 仰しゃらないというわけだ文句はない, 仰しゃらない今年一杯居ても, 仰しゃらなかったかもしれないがおりにふれ, 仰しゃらなかったが何うも, 仰しゃらなかったしもともと遺産, 仰しゃらなかったし西沢も固く, 仰しゃらなくっちゃ解らないわ, 仰しゃらなくってもあなたの云おう, 仰しゃらなくてもいいん, 仰しゃらなければいけないわだっていつ, 仰しゃらぬが宜しい, 仰しゃらぬとくすぐりますヨ, 仰しゃられてはそれまでですが体質の遺伝, 仰しゃられてもそれは不可能じゃありません, 仰しゃられるまでも無くわたくし, 仰しゃられれば尼になる, 仰しゃらんなら私と一緒, 仰しゃらんのさ若旦那様や嬢様, 仰しゃりそうじゃありませんかそううまく, 仰しゃりたいことは節子にはよく, 仰しゃりながら撮影をお許し, 仰しゃりはしまいかとそればかりが心配, 仰しゃりますから一口召上りまして, 仰しゃりますじゃアございませんか, 仰しゃりますとやっぱり荘田, 仰しゃりもせずうかがいも, 仰しゃりゃまたこしらえさせます, 仰しゃりゃー承知しないから, 仰しゃりやんしたからお顔, 仰しゃりアしめえし, 仰しゃり付けでこれから, 仰しゃり度いので, 仰しゃり顛末をお話し, 仰しゃるあたりまいでございます小言, 仰しゃるあなたは本当に, 仰しゃるあなたは嫌いです, 仰しゃるお客さまは存じあげません, 仰しゃるお茶屋だの料理屋しるこ屋色々, 仰しゃるお言葉で殿下, 仰しゃるかあ知らねえが, 仰しゃるかは聞くまでも, 仰しゃるからって私はおまえ, 仰しゃるからにはつなさんに相違ないと, 仰しゃるか手討にする, 仰しゃるか貴女のお, 仰しゃるがこれが間違, 仰しゃるがそれはあの, 仰しゃるが二人で居た, 仰しゃるが人の物, 仰しゃるが今のよう, 仰しゃるが外のお客, 仰しゃるが男爵は一体, 仰しゃるが米でも麦, 仰しゃるが足下知らないから, 仰しゃるが身を売っ, 仰しゃるけどなあのお嬢さん, 仰しゃるけどねそういうお前さん自分, 仰しゃるけれどあのくらいの, 仰しゃるけれどほんとうは単に, 仰しゃるけれども貰わなければ, 仰しゃるけれども今日はなん, 仰しゃるけれども孝行じゃア, 仰しゃるけれども文さんのよう, 仰しゃるけれども朝晩如来様に向っ, 仰しゃるけれども虚言ですネ, 仰しゃるけれどわたしだって宅, 仰しゃるけれど文さんは此地, 仰しゃることあなた此の間の松魚節味噌, 仰しゃることができなかったのだと存じます, 仰しゃることがよくわかりましたわそれでいちどわたくし, 仰しゃることが変じゃありません, 仰しゃることが本当なら婿養子, 仰しゃることさえ仰しゃってしまえば, 仰しゃることでご謙遜, 仰しゃることなら原田どのも聞くでしょう, 仰しゃることにお氣をつけ遊ばせ, 仰しゃることはありませんわ信じなかったの, 仰しゃることはごもっともですがしかし現在, 仰しゃることはなんでも致しますから, 仰しゃることはよく知って, 仰しゃることはわたくしの身, 仰しゃることは先刻うかがいましたが, 仰しゃることもおかみさん, 仰しゃることもあってそれから何, 仰しゃることも道理だ, 仰しゃることをよく聴いてね, 仰しゃるこれは貴公, 仰しゃるこんだから戴いて, 仰しゃるし何だか足, 仰しゃるしお嬢様は自害, 仰しゃるそうですが不届きであるという, 仰しゃるそれゆえまア此処, 仰しゃるだ憎くて, 仰しゃるだけで仕方がありません, 仰しゃるだろうが直にお, 仰しゃるだろうが此のお方, 仰しゃるとおうに策があっ, 仰しゃるとおりいい父, 仰しゃるとおりだとしますとどうして国, 仰しゃるとおりだわあたしのよう, 仰しゃるとおりでげすところで柿崎さん, 仰しゃるとおりですそれに相違, 仰しゃるとおりですと結局はストライキ, 仰しゃるとおりですわあんな僅か, 仰しゃるとおりです拙者の不調法, 仰しゃるとおりで葬式へなんぞ行く手, 仰しゃるとおりなので私は満, 仰しゃるとおりわからずに済むかも, 仰しゃるとおりわが家は伊達家, 仰しゃるとおり今日のお, 仰しゃるとおり佃煮とお新香, 仰しゃるとおり気が強, 仰しゃるとおり父が来る, 仰しゃるとおり重々御尤, 仰しゃるとおり銀之丞はもう, 仰しゃるところは道理ですけれども, 仰しゃるとつまりその時, 仰しゃるとどういう意味ですその, 仰しゃるとやはり外務省の方, 仰しゃると何ですか, 仰しゃると前にも家, 仰しゃると墨を磨る, 仰しゃると孝助が間, 仰しゃると昇も, 仰しゃると無理じゃア, 仰しゃると皆さんのお, 仰しゃると矢張り親の敵討, 仰しゃると私は田舎者, 仰しゃると面目次第もない, 仰しゃるなぞはこれは妙だ, 仰しゃるなどというためしはこれまでの御前, 仰しゃるなみんなわかって, 仰しゃるならば言いますが, 仰しゃるならわたくしがすぐ, 仰しゃるなら仕方がありません, 仰しゃるなら園田氏と雖, 仰しゃるなら私がお, 仰しゃるな喜右衛門どのからあなた, 仰しゃるな年寄の愚痴, 仰しゃるにゃ及ばねえだよ, 仰しゃるのあなたたちは, 仰しゃるのがちら, 仰しゃるのがあなたの気まぐれなの, 仰しゃるのが先生のいつも, 仰しゃるのだえ私はそんな, 仰しゃるのだからこのまま, 仰しゃるのだから二人共ぐずぐず云わねえで, 仰しゃるのだ全体お前何だって巡礼, 仰しゃるのだ江戸の町人, 仰しゃるので困りますよ, 仰しゃるのでお供をし, 仰しゃるのでございます死ぬなどと, 仰しゃるのでございますかというの, 仰しゃるのでございますわたくしは自分, 仰しゃるのでしたらそのよう, 仰しゃるのでしたらもう暫くせめてもうひと月, 仰しゃるのでしたら失礼ながらお, 仰しゃるのですお返事丈, 仰しゃるのですか寛文八年高力家は所領没収, 仰しゃるのですもの本当は二三十人, 仰しゃるのですよ妾冗談だとばかり, 仰しゃるのです戦場へゆく, 仰しゃるのです桜子様貴女の本心, 仰しゃるのでなそういう事, 仰しゃるのと解って, 仰しゃるのと何処が違う, 仰しゃるのならば田舎でいらっしゃ, 仰しゃるのなら僕は何時, 仰しゃるのなら金子はさしあげ, 仰しゃるのにこの子, 仰しゃるのには上の手, 仰しゃるのには四月の十四, 仰しゃるのにまた驚きました, 仰しゃるのに手前の了簡, 仰しゃるのねこれは蕗の薹, 仰しゃるのね永井さまとお, 仰しゃるのはあたしが色仕掛け, 仰しゃるのはあなたがりっぱ, 仰しゃるのはお大名ということ, 仰しゃるのはお道理とちょうど, 仰しゃるのはこちらへの情誼からだ, 仰しゃるのはどういう訳ですかと, 仰しゃるのはペルゴレーズ街の殺人事件, 仰しゃるのは何う云う, 仰しゃるのは何方のお方, 仰しゃるのは吉原でございますか, 仰しゃるのは愚劣ですよ, 仰しゃるのも無理はない, 仰しゃるのをお嬢様は婿, 仰しゃるの西原さんのこと, 仰しゃるはお情ない左様, 仰しゃるほど辛抱人に成った, 仰しゃるまいと思った, 仰しゃるまでもございませんよろこんで, 仰しゃるまでもございません此の後, 仰しゃるまでもないと自認, 仰しゃるままよつな, 仰しゃるものじゃありませんワ, 仰しゃるものだからよけいいけなかった, 仰しゃるものだからびっくりして, 仰しゃるものだから一寸お嬢様にお, 仰しゃるものだから文さん憤ッ, 仰しゃるものですからわたしもそう, 仰しゃるものではありませんよそれはお, 仰しゃるものではございません虫の知らせ, 仰しゃるようではまだお遊びがお, 仰しゃるようなそんな御, 仰しゃるようなお口ぶりをなさる, 仰しゃるような型じゃなく, 仰しゃるように押しづよく, 仰しゃるように幕府が封建, 仰しゃるように法科を出, 仰しゃるわ心配が大変, 仰しゃるんだから俺は我慢, 仰しゃるんだから此処へ来, 仰しゃるんだか私にはてんで, 仰しゃるんだと思いますけれど, 仰しゃるんだよそしてね, 仰しゃるんだろうけれども本田さんだッ, 仰しゃるんでしょつなさん, 仰しゃるんでしょうがそれならその, 仰しゃるんですそうすると私, 仰しゃるんですかそれはもう, 仰しゃるんですから今までと違いますれ, 仰しゃるんですけれどそれにちょっと, 仰しゃるんですとんでもない, 仰しゃるんですのここにあなた, 仰しゃるんですものみんなあとで顔, 仰しゃるんですよ二階の静か, 仰しゃるんです誰かその, 仰しゃるんでそれも思い当りません, 仰しゃるんならそちらへ行っ, 仰しゃるんなら帰りもしましょう, 仰しゃる仁かえ, 仰しゃる任務よりも人間, 仰しゃる何うしても, 仰しゃる元はお, 仰しゃる彼の人, 仰しゃる思召し千万, 仰しゃる意味が呑みこめない, 仰しゃる新吉さんは実, 仰しゃる時に新, 仰しゃる棟梁さんのお, 仰しゃる殿下のお, 仰しゃる気遣いはありません, 仰しゃる疵も何, 仰しゃる私は何, 仰しゃる若様から頼まれる, 仰しゃる血筋でございますけれども, 仰しゃる貴方は此, 仰しゃる通り二十三にも成ッ, 仰しゃる通り今茲処で私, 仰しゃる通り旦那さまのお, 仰しゃる通り武田から御, 仰しゃる通り沈著者で種々, 仰しゃる通り私は時々, 仰しゃる通り色白の可愛らしい, 仰しゃる遊女や役者, 仰しゃる達也は誰, 仰しゃればいいじゃアないの, 仰しゃればお腹も立ちましょう, 仰しゃればそれは何, 仰しゃればそれまでですけれど話し, 仰しゃればまだしもの事だけれども, 仰しゃればよろしいのに賭け試合をなすった, 仰しゃればヘーッてんで直に, 仰しゃれば一度はお, 仰しゃれば些申したい事, 仰しゃれば今思い出しました, 仰しゃれば仕方が無い, 仰しゃれば何処かお優しい品, 仰しゃれば僕も男, 仰しゃれば出家の身の上, 仰しゃれば唯と二ツ返辞, 仰しゃれば是非もござらぬ, 仰しゃれば此方は別に, 仰しゃれば武雄さんはどこ, 仰しゃれば癒る癒ら, 仰しゃれば真実生涯見棄てぬ末, 仰しゃれば私は余程, 仰しゃれば船宿の亭主, 仰しゃれば行きもしましょう, 仰しゃれば身寄親類ではなし上げる, 仰しゃろうとして思い止まった事, 仰しやつたよりも一時間遲ら, 仰しやつたんでせう, 仰しやつちやアいけませんよ, 仰しやつちや何にもなりません, 仰しやらしないで, 仰しすでに快癒