青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「何卒~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

何ら~ 何れ~ ~何ん 何一つ~ ~何事 何事~ ~何人 ~何処 何処~ 何分~
何卒~
~何度 ~何故 何故~ 何方~ ~何時 何時~ 何時も~ ~何物 ~何等 何等~

「何卒~」 1063, 11ppm, 10202位

▼ 何卒~ (148, 13.9%)

5 勘弁を 4 勘弁なすっ, 慈悲の, 慈悲を以て 3 慈悲を 2 取次を, 威光を以て, 安心下さいまし, 容赦を, 慈悲に

1 [118件] あわれみをもちまして, こし可, すすめ可被, ぼしめしニ相叶候品, 一報下さる, 一所に, 一答待ち奉り, 一答承りたく, 一緒に, 上京御, 両親様お, 両親様はじめ御一同様お, 乘なす, 二人樣を, 交際下さいまし, 亭主に, 体を, 使用下さい, 僧において, 処置被, 出生の, 助け下さる樣偏, 助け下る, 勘弁をは, 勘弁下されませ, 勘弁遊ばし, 勘弁遊ばしまし, 勘辨下されよ仰, 受取下さるべし, 受納下され, 吟味願ひ奉, 喜び被, 執次, 執計, 堪忍成れ, 奉行樣にて, 奉行樣へ, 宅の, 安心下さい, 安心下さいませ, 宥し成れ, 家老の, 寛り, 寛容下さいます, 尊父様並に, 尋願, 帰りでしたら, 帰りなすっ, 待受被下度候, 忘れおき賜わり度候, 忙敷も, 快諾の, 思い返し下されまして, 思召の, 恩報じ, 情けを以て, 情に, 情にて, 慈悲にて, 承引の, 承知置下さる, 推察下さいます, 推察願ひ奉, 支配ヘハ話ヲシテクレルナトテ和ボクヲシタソレカラ酒ガ又, 救ひ成れ, 明察を, 検脈下され, 構いなすって, 止まり下さる, 気を, 渡し下されよと, 漏し奉願候, 無事で, 父様右の, 用心被, 用意の, 知らせを, 示下され, 立腹あられぬ, 立腹でも, 立身出世を, 糺明の, 納め下されまして, 腹蔵なく, 自愛下さい, 自身で, 落手相願度此段得貴意候, 覽被成下其の, 許し下さいませ, 話に, 請取下され, 賛成奮っ, 賢察を, 賢察下し置れ, 賢慮を, 賣拂, 赦し下, 赦免の, 足おす, 返の, 返濟, 迷惑ながら, 逢いでしたら宜, 逢いでしたら宜しく, 遠慮なく, 遠慮なくお, 遠慮なくネ, 遠慮なく私, 遣しの, 重役ニ宜, 長屋拝借仕度奉, 随意に, 面遠, 頼みします, 頼み申と, 願いです, 願い申しまする, 養子の

▼ 何卒~ (100, 9.4%)

6 ゆるし下さいませ 4 上り下さいまし, 暇を 3 ゆるし下さいまし, 静かに, 頼みする 2 ついでの, ゆるし下さい, 察し下さい, 父様も

1 [69件] かえなすって, かまい下さいますな, きき下さらないで, たの, ねがひ申します, ゆるし下さいといふ, 上り, 上りなすっ, 上り下さいお, 乘なされといひける, 二階に, 休み, 光を, 免し下さいまし, 力添えある, 助けを, 助け遊ばし, 助太刀下されい, 医者様を, 取次を, 受取下され, 宥し下さい, 廢めに, 心安く, 忘れの, 恵みを, 情に, 手を, 手許へ, 抱へ, 探ねなすって, 放しなすって, 望みの, 案じ下されます, 構ひなく, 火鉢は, 煙草の, 父さまや, 父様丈には, 父様御, 療治を, 目通りが, 目通りを, 硯を, 累の, 線香の, 聞き届けを, 膝を, 藤を, 蘭さん, 見せに, 見せを, 見知り置き, 見知り置れ, 見逃し下さい親共, 見遁, 護りなすって, 買いなすって, 赦し下さいませ, 身体を, 通りを, 連れなすって, 金子が, 隠しなさらず仰せ, 頼み申します, 頼ん申します私, 願えで, 願ひ, 願ひします

▼ 何卒~ (46, 4.3%)

2 て子供, て彼

1 [42件] て, てうまく, てお, てこの, てその, てまあ, て一生, て一目, て今夜, て先, て其の, て其方, て友達, て和尚さん, て夫, て夫文右衞門殿, て子, て安五郎, て宗蔵, て客, て市村君, て引張り行かん, て弟, て彼奴, て我, て我々, て我輩, て斯, て早く, て早く新しい, て東京, て此, て此奴, て武家, て生き, て私, て突き出そう, て能子供, て良薬, て藤五郎, て逢いてえ, て音信

▼ 何卒~ (41, 3.9%)

2 がなほる, しに, の云う, の娘

1 [33件] がお, がそんな, が亡, が今, が目, しの, しへ, しを, し儀, し儀罪, にお守り, に丁度宜, に世の中, に小麦, に御, に手紙, に聴かし, のこの, の事, の助太刀, の友情, の愚かさ, の愚劣さ, の書いた, の様, の生命, の真志保, の言, の話, へ縄, を, を可, を手放し

▼ 何卒この~ (13, 1.2%)

1 [13件] ことで, まま私と, 三百円だけの, 不具者に, 二基の, 児を, 場合精紳を, 後は, 後も, 御鎮圧, 数ならぬ, 病気癒させ給え, 金を以て

▼ 何卒まあ~ (13, 1.2%)

1 [13件] ウマくやっ, 一日も, 事業の, 今日の, 以後御, 何分宜しく, 彼方の, 是方へ, 是非御, 皆さんに, 皆さんの, 私を, 辛抱せよ

▼ 何卒此方~ (13, 1.2%)

92 へお 1 へおかけ, へ誠に

▼ 何卒これ~ (12, 1.1%)

2 にお 1 お累確か, だけのもの, でお, についても御, に御, へ入, までのよう, までの思出, を, を御

▼ 何卒その~ (12, 1.1%)

3 おつもりで, 事は 1 外の, 大島小, 時の, 言葉を, 誓ひ, 頃の

▼ 何卒~ (11, 1.0%)

3 の事 1 のお, の上, の人, の儀, の娘, の懐剣, の鎌, ぶじなる事

▼ 何卒宜しく~ (10, 0.9%)

2 お取り, 御鳳聲, 願ひます 1 お前云っ, お頼ん申しやす, お願, 御鳳声

▼ 何卒よろしく~ (9, 0.8%)

1 おつたえ下さいませ, お願, お願いします, お願い申上ます, とくり返し, と繰り返し, と言, 御願い, 御願い致します

▼ 何卒お許し~ (8, 0.8%)

5 下さい 1 を願います, 下さいますよう, 下さいませ

▼ 何卒御免~ (8, 0.8%)

3 なすって 1 し下されよ, なされて, を, 下さるべしと, 下され度候

▼ 何卒~ (8, 0.8%)

3 れへ 1 は, は一つ, は前非, れまで, を盜

▼ 何卒何卒~ (6, 0.6%)

1 お察し, 後生です, 御あわれみ, 御頼みします, 王様私の, 私娘の

▼ 何卒~ (6, 0.6%)

1 く御, 御取, 御願申上候, 敷お, 敷云ひ含め, 敷願上候お詫びは

▼ 何卒あなた~ (5, 0.5%)

1 から今夜, がこの, にもお, の身の上話, を救

▼ 何卒お願い~ (5, 0.5%)

2 だから 1 で, 致します, 致しますわ

▼ 何卒それ~ (5, 0.5%)

1 だけはお釣り, だけは御, によって御, ばかりは勘忍, までに届け

▼ 何卒早く~ (5, 0.5%)

1 お帰り, 兄さんに, 其れ, 又市, 夏休みが

▼ 何卒此段~ (5, 0.5%)

2 御取次 1 御勘辨下, 御糺明下し置, 御賢察

▼ 何卒あしからず~ (4, 0.4%)

2 おゆるし下さい 1 おゆるし下さいまし, 御承知

▼ 何卒~ (4, 0.4%)

2 う願 1 うなって, う云つて説明

▼ 何卒そこ~ (4, 0.4%)

2 にゐ 1 の所, まではお

▼ 何卒もう~ (4, 0.4%)

1 一ぺん神尾の, 四五年お待ち遊ばし, 眠らずに, 私も

▼ 何卒先生~ (4, 0.4%)

1 に思ふ, の知略, もともに, を御

▼ 何卒堪忍~ (4, 0.4%)

4 して

▼ 何卒格別~ (4, 0.4%)

4 の御

▼ 何卒直に~ (4, 0.4%)

1 お上ん, お引き, 行って, 遣って

▼ 何卒~ (4, 0.4%)

1 変らず来て, 変りませず, 変りませず今夜, 替らず御

▼ 何卒自分~ (4, 0.4%)

1 にかわっ, に任せ, を許し, を訴え出た

▼ 何卒お気~ (3, 0.3%)

1 に障えられぬ, のお, を着けなすつ

▼ 何卒くれぐれも~ (3, 0.3%)

1 気持を, 考えて, 風邪を

▼ 何卒~ (3, 0.3%)

1 ゆっくり, 用捨下さりませ, 疑念を

▼ 何卒一度~ (3, 0.3%)

1 だけ御, はお, 御来診

▼ 何卒~ (3, 0.3%)

1 は長松どん, へ, を御

▼ 何卒今宵~ (3, 0.3%)

1 の大難, はこの, も安らか

▼ 何卒~ (3, 0.3%)

21 なりと

▼ 何卒~ (3, 0.3%)

2 して 1 してたべ

▼ 何卒助け~ (3, 0.3%)

1 て下され, て呉れ, て遣し

▼ 何卒叔父さん~ (3, 0.3%)

1 からお, と御, 御書き

▼ 何卒~ (3, 0.3%)

1 の儀, の品其許, の表札

▼ 何卒奥様~ (3, 0.3%)

1 にもそう, に安眠, を恵ませ

▼ 何卒~ (3, 0.3%)

3 れの

▼ 何卒~ (3, 0.3%)

1 へて下さる, へて下され, へて貰ひたい

▼ 何卒~ (3, 0.3%)

2 の骨 1 の言葉

▼ 何卒いつ~ (2, 0.2%)

1 までも, までも今

▼ 何卒お前~ (2, 0.2%)

1 が差図, に逢っ

▼ 何卒お待ち~ (2, 0.2%)

1 なすって, 遊ばして

▼ 何卒お返し~ (2, 0.2%)

1 を, 下さいと

▼ 何卒そう~ (2, 0.2%)

1 思って, 被仰らず

▼ 何卒そういう~ (2, 0.2%)

1 感を, 真似だけは

▼ 何卒それでは~ (2, 0.2%)

1 少許, 馬に

▼ 何卒よしなに~ (2, 0.2%)

1 ご加護, 御指導

▼ 何卒わたし~ (2, 0.2%)

1 のこと, をあなた

▼ 何卒~ (2, 0.2%)

2 お頼

▼ 何卒~ (2, 0.2%)

2 けて下さい

▼ 何卒~ (2, 0.2%)

1 の事, 暫く御

▼ 何卒令弟~ (2, 0.2%)

1 の死, の絶筆

▼ 何卒何分~ (2, 0.2%)

1 お頼み, 願いますと

▼ 何卒~ (2, 0.2%)

1 きに, を読ん

▼ 何卒入らしっ~ (2, 0.2%)

2 て下さいまし

▼ 何卒十分~ (2, 0.2%)

1 に言, に飲食

▼ 何卒召上~ (2, 0.2%)

2 って

▼ 何卒国家~ (2, 0.2%)

1 のため, の為

▼ 何卒安心~ (2, 0.2%)

1 して, 下さいませ

▼ 何卒~ (2, 0.2%)

1 の帰る, も偶

▼ 何卒~ (2, 0.2%)

1 が本当に, を怒らないで

▼ 何卒後生~ (2, 0.2%)

1 ですから, のお

▼ 何卒御構~ (2, 0.2%)

1 いなく御, いなく私

▼ 何卒御覧~ (2, 0.2%)

1 なすつて, 下さい

▼ 何卒怠惰屋~ (2, 0.2%)

1 にし, の弟子

▼ 何卒悪から~ (2, 0.2%)

1 ず御, ず思召

▼ 何卒悪しからず~ (2, 0.2%)

1 御諒察, 御諒読

▼ 何卒我が~ (2, 0.2%)

1 得意先を, 過去の

▼ 何卒我慢~ (2, 0.2%)

1 して, をし

▼ 何卒~ (2, 0.2%)

1 に入れ, を引い

▼ 何卒明日~ (2, 0.2%)

1 の晩, も無事息災

▼ 何卒~ (2, 0.2%)

1 しの, の御身

▼ 何卒晋帥~ (2, 0.2%)

2 が墓

▼ 何卒歸つて~ (2, 0.2%)

2 と例

▼ 何卒江戸~ (2, 0.2%)

2 へ参り

▼ 何卒皆さん~ (2, 0.2%)

1 お引き, へも宜

▼ 何卒真平~ (2, 0.2%)

1 御免なすっ, 御免遊ばし

▼ 何卒聴かし~ (2, 0.2%)

1 て下, て頂戴

▼ 何卒自害~ (2, 0.2%)

1 するの, をさし

▼ 何卒貴方~ (2, 0.2%)

1 お宅, は私

▼ 何卒辛抱~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 何卒願います~ (2, 0.2%)

1 と云う, 少々お

▼1* [403件]

何卒われと思召, 何卒あと二三の質問, 何卒あなた方の方, 何卒あなた様の御, 何卒あまり過分の, 何卒あんた逆らわずに, 何卒あんたさんもその, 何卒いちどたのみます, 何卒いらっしゃって私, 何卒お上んなさいまし, 何卒お前さんお自害, 何卒お前さん坊の始末, 何卒お前丹精をし, 何卒お呼びなすって, 何卒お嬢さんはッ, 何卒お客様御一同, 何卒お構いなく彼方へお出で, 何卒お母さん得心して, 何卒お湯をもう, 何卒お笑い遊ばすよう, 何卒お許し下さりますよう, 何卒こうせいと, 何卒こちらへ, 何卒この間にお, 何卒これらの品々, 何卒これ位で切り上げ, 何卒せめてこの半分, 何卒それだけ約束し, 何卒そんな我が儘を, 何卒たれか長崎, 何卒ちょっと嬢様に, 何卒云はれた, 何卒どうか私の, 何卒どんな事でも, 何卒ないしょにお, 何卒なされて下されませ, 何卒なにぶん一つよろし, 何卒ま斯, 何卒はあ決してやりません, 何卒まあ何分宜敷やうに, 何卒まあ宜敷御, 何卒まア早く帰っ, 何卒もうすこしも関わずに, 何卒もう少し御待ち, 何卒やって下さいまし, 何卒ゆっくりお寝み, 何卒よく眠つて頂戴, 何卒わが生命に, 何卒わたくし共一同, 何卒わたくし不調法を御, 何卒て下さいます, 何卒ゐらして下さい, 何卒アントニウスの出家, 何卒コノ上ハ新シイ恋人ト幸福, 何卒ソノ塩餡と云, 何卒タクシーを呼ん, 何卒て, 何卒て, 何卒お躯, 何卒マア文さんも首尾, 何卒リチヤアド・デヰスさんやマリイ・ヰルキンスさん, 何卒一つ充分に彼, 何卒一つ十分に, 何卒一人でなりとも, 何卒一先戻して, 何卒一先づ戻して, 何卒一刻も早く, 何卒一寸お帰り, 何卒一度拝顔を得たく心得居りました, 何卒一日も早く, 何卒一晩何様な処, 何卒一杯召し上, 何卒一目お目, 何卒一緒に連れ, 何卒一遍は旦那様, 何卒三十ばかり, 何卒上げて下さい, 何卒不悪御思召被, 何卒不慮の禍, 何卒丑松が帰つて, 何卒世話をし, 何卒両方へ義理, 何卒中納言樣へ御, 何卒主人の一命, 何卒乞食の生命, 何卒乱筆乱文御許し, 何卒亀有まで遣っ, 何卒了休禅坊御懇親, 何卒なく遣る, 何卒二体一身の屍, 何卒二十円だけ用意, 何卒云って下さい, 何卒亡母が遺言, 何卒亭主に為, 何卒今一度御面会仕候時ハよほどおもしろき, 何卒今一度母や弟, 何卒今回は金拾円, 何卒今夜の御, 何卒今年中御まち, 何卒今度ばかりは諦め, 何卒今度切りですから, 何卒今後お見知り, 何卒今日までの私, 何卒今晩一晩お泊め下され, 何卒以前の御, 何卒以御書面私共より魯西亞人, 何卒仰しやつて下, 何卒の呪願, 何卒伊貝さんに宜しく, 何卒伯林市ケオニッヒ街万国地学協会もしく, 何卒伯林海軍省もしくは軍令部, 何卒伯母の健康, 何卒伯父さん立会の上, 何卒何となりと, 何卒何事も包まず, 何卒何卒よろしくお願い申上ます, 何卒何卒宜敷願上候お詫びは, 何卒何時までもよろしく, 何卒余所ながらも承はり, 何卒便宜を以て御, 何卒保子さんに出来る, 何卒保留して, 何卒倍旧の御, 何卒に打ち明け, 何卒のやう, 何卒兄貴の処, 何卒充分にお, 何卒先生主義の為め, 何卒く考へて, 何卒全く人違いにて, 何卒兩三日の間, 何卒兩人夫婦にさせ, 何卒公儀御威光, 何卒うして, 何卒其丈は思ひ, 何卒其処へお, 何卒其古金の内, 何卒其御心積りにて何となく, 何卒其處に住まはせ, 何卒其許の御名, 何卒其金をと涙, 何卒内々にて御, 何卒内済にし, 何卒再び家を, 何卒出して御, 何卒出ないで呉れ, 何卒出来るだけの御, 何卒別懇に扨実, 何卒割むばかりの拍手を以てお迎えあらむ事, 何卒助けると思召, 何卒勘當の詫, 何卒勝手でもお, 何卒の奉公, 何卒十日ほどの御, 何卒半分なりと仕事, 何卒南殿村へはくれぐれも, 何卒原先生にも御, 何卒去年御頼申上候父上, 何卒り度由長庵, 何卒少し療治, 何卒叔母さん此方へお, 何卒叔父さん和尚様にお, 何卒取って置い, 何卒を副, 何卒相成候, 何卒右願上通御聞届, 何卒合口をお返し, 何卒君彼様いふ悪い風潮, 何卒君生徒を是処, 何卒君私の云, 何卒吾が隠れ家へ, 何卒呼んでおく, 何卒ばかりは御, 何卒命乞成下さる, 何卒和君からはお話, 何卒喜八を助けん, 何卒であって, 何卒嚴重な監督, 何卒四月の九日, 何卒回向を頼み度旨申聞候, 何卒國家の爲, 何卒大事に行っ, 何卒大坂か江戸, 何卒大将にはおっしゃらない, 何卒大目に見逃がし, 何卒大艦打造り公卿より列侯以下万国航海, 何卒天晴な婿, 何卒までお, 何卒奥さんは思いきり, 何卒を除く, 何卒しへも, 何卒姉さんに強, 何卒委しく尋ねて, 何卒嬢様にも入っし, 何卒子孫に行, 何卒宝石はお, 何卒富右衞門の首, 何卒寛裕して, 何卒小三郎さま道中にて凶事, 何卒小使に左様, 何卒小生ノ微衷, 何卒小生著作中へ転載, 何卒少々の合力, 何卒少しにても茂兵衞, 何卒の一事, 何卒左様仰つて, 何卒左樣御計らひ下されたく候, 何卒帰つて下さい, 何卒帰つてと例, 何卒帰る日まで, 何卒平にゆるして, 何卒平生の心事, 何卒年来の師壇, 何卒に御, 何卒幾重にもお許し下さいませ, 何卒廿三日までお, 何卒を助け, 何卒弟たちの学費, 何卒そうな, 何卒彼品御かえし下されまする, 何卒彼方へ入らせ, 何卒御世に出し奉らん, 何卒御世話下されまじきやと, 何卒御仁惠の御沙汰願, 何卒御国の議論, 何卒御寝なって, 何卒御新造樣私し共, 何卒御殿樣の御, 何卒御衣の袖, 何卒御許し下さいまし, 何卒御身御大切, 何卒たお, 何卒を改めて, 何卒心配せんで, 何卒忠兵衞へ御, 何卒忠義ゆえと思召, 何卒ニ御, 何卒急速に常, 何卒悉皆地親さんの, 何卒悪事を止め, 何卒愚僧が掛合, 何卒我らが亡き, 何卒我国に於ける, 何卒我家へ回し, 何卒出ましたら些, 何卒入って, 何卒折角の壮挙ゆゑ三田, 何卒拙者に料理方, 何卒拝領相願度其かわり何ぞ御, 何卒持參金ばかりにて勘辨致, 何卒握飯を三ツ許, 何卒放しておく, 何卒救い助けたまえ一体竜宮, 何卒を討ちたい, 何卒文右衞門樣御歸りあらば, 何卒方丈様の御, 何卒日延の儀, 何卒日本の政道, 何卒日機の織れる, 何卒旦那これだけは私, 何卒早く面白いものが, 何卒之助, 何卒明年も御, 何卒明朝より夜, 何卒明白の御, 何卒是方へ, 何卒是非一つ聽いて, 何卒の弁当, 何卒暫しの苦悶, 何卒暫時頼み進らすと云, 何卒服装ばかりでなく, 何卒朝日初めて出る, 何卒来年の三月, 何卒松島さんお盃, 何卒て御, 何卒を此, 何卒柔順に親方様, 何卒柳行李と弁当料, 何卒梅子さん只だ一言判然, 何卒楽屋古来の慣例, 何卒樟脳をどつさり入れ, 何卒機会を見, 何卒此上とも我, 何卒此事ばかりは御免, 何卒此儀をお許し, 何卒此差出人にお, 何卒此御身の上は今一應越前, 何卒此手を放し, 何卒此方樣に出, 何卒此死人を火葬, 何卒此身を遊女, 何卒此際厳重に撲滅策, 何卒死なして下せい, 何卒殿様お願いでございます, 何卒毎日来て, 何卒をお, 何卒は辛, 何卒法律の前, 何卒泥烏須如来に背き奉り, 何卒淀殿が男子, 何卒添わして上げたい, 何卒温かき御同情, 何卒湯一ツ賜れと, 何卒滿場一致の諸君, 何卒為政者の気, 何卒無事に役, 何卒うして, 何卒父利兵衞吉三郎ともに御免, 何卒父親さんや母親さん, 何卒爾後は時々, 何卒片時も早く, 何卒独得の真摯, 何卒がどこ, 何卒王様私の申す, 何卒男子保護政策として別れた, 何卒番頭久兵衞へ御, 何卒當年の如く, 何卒當店へ, 何卒百姓居に被, 何卒の者, 何卒皆さん此方へお, 何卒皆様に宜, 何卒皆樣に宜しく, 何卒真率になられん, 何卒石井氏一つ召上って私, 何卒とお, 何卒神様のお力, 何卒私共もあやかりたい, 何卒私娘の生命, 何卒私心根を不憫, 何卒の矢, 何卒節句過まで, 何卒篠田に面, 何卒篠田さん御赦し下さいまし, 何卒粟田口國綱の刀一刻, 何卒精神鑑定を施し, 何卒紀州御政府, 何卒純一の身, 何卒紙背の微意, 何卒細かに仰せ聞けられ, 何卒置いてくれ, 何卒の夜此處, 何卒老体の私, 何卒老女さん行衛知れずの, 何卒済んで, 何卒聞いて下さい, 何卒能嫁取て, 何卒能手段を以て三五郎, 何卒至急御送り下され, 何卒と御, 何卒舎利弗が馳走, 何卒良き交友続けられる, 何卒芳子にはモウ学問, 何卒若年の拙者, 何卒若旦那の御, 何卒苦笑して, 何卒に見られる, 何卒草葉の蔭, 何卒行逢ぬ樣, 何卒入って, 何卒裁判長にも充分此, 何卒見せて下さい, 何卒覚えて居, 何卒でない事, 何卒親分願書を認め, 何卒親子の者, 何卒親御の意, 何卒親方半治さん, 何卒を密, 何卒許して下さい, 何卒詳細御調査, 何卒警官にそうはっきり, 何卒讐討つて下ださ, 何卒貴僧樣の御, 何卒貴殿の周旋, 何卒貸し呉よと申, 何卒に嫁, 何卒を投げます, 何卒身代を持直し, 何卒輝子に読ませ, 何卒返却して, 何卒迷いを晴らし, 何卒をお, 何卒して, 何卒連れて行っ, 何卒はし, 何卒遣って下さいまし, 何卒那酒を少し, 何卒都合宜きよ, 何卒長くご逗留, 何卒関取なら愛敬, 何卒閣下是をお召, 何卒降雪ねば可, 何卒を見, 何卒青眼先生是非その, 何卒非常回天之御, 何卒面倒を見, 何卒面白い話を, 何卒頂かして下さいまし, 何卒頂戴致したいもの, 何卒飾棚の一隅, 何卒餘人に御, 何卒黙ってい