青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「元~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

僧~ 僧侶~ 儀~ 億~ ~儘 儘~ ~優しい 優しい~ 優れた~ ~元
元~
元年~ 元来~ ~元気 元気~ ~兄 兄~ ~兄さん 兄さん~ ~兄弟 兄弟~

「元~」 6613, 71ppm, 1580位

▼ 元~ (3329, 50.3%)

182 ように 82 通りに 49 位置に 40 場所へ 39 座に 3432 ところへ 30 場所に, 席に 28 所へ 27 やうに, 道へ 25 ままに, 席へ, 所に 24 ような 23 とおりに 22 ままの 20 ところに, 座へ, 通りの 19 様に 18 道を 16 部屋に 15 ままで 14 処へ 13 位置へ, 部屋へ 12 古巣へ, 椅子に 10 処に, 姿勢に, 座敷へ, 形に, 持主に 9 からだに, 主人の, 姿に, 身体に, 静けさに 8 乱の, 如くに, 室へ, 形を, 路へ 7 体に, 家へ, 静寂に, 鞘に 6 姿を, 岸へ, 方へ, 枝へ, 穴へ, 路を, 道に, 鞘へ

5 [14件] お身, ごとく, ままだ, やうな, 世界に, 人間に, 大通りへ, 姿で, 家の, 寂かな, 巣に, 意味は, 至正, 通りには

4 [18件] とおりの, ひつそと, ままであった, ままです, 世祖の, 住所を, 儘に, 内儀の, 叢に, 場所から, 屋敷に, 巣へ, 広間へ, 形が, 方に, 日に, 椅子へ, 闇に

3 [37件] ことで, ことを, ところで, ままなる, ポケットへ, 世界へ, 乱に, 人間の, 儘である, 前に, 古巣に, 名は, 姿勢で, 客間へ, 室に, 室の, 座席へ, 廊下を, 形は, 時に, 末に, 根に, 水に, 状態に, 生活に, 男の, 窓から, 箱に, 箱へ, 至元, 蒙古, 蒲団の, 話を, 通り窓の, 金を, 頃に, 順帝の

2 [162件] うちに, おもかげ, お神さん, さびしい孤立, とおりな, ところまで, ままであっ, ままである, まま柔かに, ものと, ようで, わが家へ, コンクリートの, サヤに, サヤへ, サンリスの, ブランコに, ポケットに, モクアミ, 一つに, 世の中へ, 世祖が, 世祖は, 主人は, 乱を, 亭主の, 亭主を, 人見廣介に, 仏間に, 伯顏が, 位置を, 住家へ, 假名遣, 儘の, 入口に, 公園の, 処女らしい, 出発点に, 卓子の, 原稿の, 友人的な, 名の, 名を, 商品の, 土の, 土地へ, 地獄へ, 地球へ, 場所まで, 壁へ, 外には, 夜から, 夜の, 大きさ, 大樹の, 大洋へ, 天国へ, 女房の, 妻で, 姿勢の, 娘の, 客間に, 家に, 家には, 家を, 家出に, 家庭へ, 寝床へ, 小圓太, 屋敷の, 師匠の, 床の, 床几に, 店へ, 座敷に, 庭へ, 形である, 形と, 微笑に, 急足で, 意味が, 意味を, 懐中へ, 成宗の, 所まで, 持主として, 持主を, 支配の, 方が, 方で, 方には, 方の, 方は, 方へと, 方角へ, 旦那, 旦那が, 旦那の, 時でも, 暗闇に, 暗黒に, 末には, 朱世傑の, 杢阿, 東西山梨の, 枕に, 枝に, 棚に, 森に, 武家に, 沈黙に, 法幣を, 海岸へ, 涼しさ, 狐の, 百姓に, 着物を, 石炭に, 穴を, 窓の, 窓へ, 籠に, 籠へ, 緘默に, 緘黙に, 縁側へ, 舞台に, 舟へ, 藪へ, 處へ, 裏口から, 親には, 解剖室の, 調子に, 論文は, 貸本屋の, 身に, 身体には, 身分が, 身分に, 身分は, 身體に, 輝が, 通りで, 通りである, 通り仲の, 通り包み込ん, 通り静かに, 道の, 道理に, 邸の, 部屋で, 野原の, 金が, 陽気な, 隅へ, 靜寂に, 顔に, 顔を, 顔色の, 風俗を, 食堂に

1 [1605件 抜粋] あぜ道に, あるところ, うしろ姿を, おこりを, おゆみさん, お前さんに, お勢, お寺の, お金を, かたちと, きつねに, ことづてをまもって行く, この家, ごとくであるが, ごとく光って, ごとく壺, ごとく枕辺, ごとし, しじまに, すずしい上品, そちらの, そもそもの, つめたさ, とおりである, とおりまた, とおり平然と, とおり機械台の, ところです, なじみの, ぱっちりした, ひどさ, まじめな, ままかも, ままだった, ままでも, ままには, ままみずみずしい美し, まま埋められ, まま自覚され, もぐさ採り, ものよりも, やうにも, ゆくえは, よい機嫌, ようには, アパートへ, エネルギーを, ガラス箱の, サクラに, スイッチを, テオリーに, ハイドラバッドの, パッチリ, ピンピンした, ペダンや, モクアミ自信を, ランプを, 一人とな, 一字を, 一高の, 三十五円程度の, 三角暗礁内の, 下り道, 下駄脱ぎ, 不決断, 世祖に, 世間へ, 中央公論社で, 中門廊の, 主へ, 主人神樂坂の, 久米正雄の, 乱, 乱は, 乱平治の, 亂平治の, 事件を, 二人です, 二階に, 五彩に, 京都の, 亭主に, 人込の, 仕事場へ, 仲間が, 伊世珍の, 伊東が, 会社へ, 伯顏は, 位置と, 低い鼻, 住んで, 佐敷校長, 佛間へ, 作男の, 佳節相, 価の, 俤を, 倉へ, 借間程, 停留場へ, 停車場の, 備中熊山の, 儘にか, 優しい口調, 元年五月は, 元氣, 入口を, 兵隊が, 円らかさに, 冷めたい自由, 冷静に, 出入口まで, 出雲氏の, 切り口と, 初期に, 力である, 勉強部屋に, 勿来関へ, 区域の, 千代子の, 南葛飾郡の, 原型と, 厠へと, 友人で, 収入を, 古い捲線, 古藤さんは, 台座に, 同心部屋へ, 名, 名前は, 名画も, 味いはなく, 商人として, 商略から, 善良な, 営内に, 四つ身の, 四畳半に, 固い地面, 国統が, 圓城寺さんの, 土地に, 在所へ, 地主から, 坐へ, 埒外に, 場席に, 塀について, 塩に, 墓場へ, 士族で, 声を, 夕闇ほの暗き, 大名華族の, 大寝坊, 大御堂, 大蔵省ビルの, 大軍, 天台の, 天暦年間李は, 太祖が, 太租, 夫の, 奈々子の, 奉行所へ, 奥様を, 女の, 女房だ, 如くちゃんと, 如く三浦, 如く並び立てり, 如く包んで, 如く棺桶, 如く窓, 如く静, 妻と, 妻竹村華子が, 姫路城へ, 姿では, 姿には, 姿はや, 威権と, 子孫であり, 字は, 存在論的哲学の, 孫悟空に, 宗像博士の, 定宗貴由汗, 実験室へ, 室へとも, 宮様である, 家にね, 家族である, 宿, 寂しい平凡, 富岡門前で, 寝息に, 寵臣を, 封建の, 小判に, 小屋に, 小男に, 小部屋, 尺度財で, 居住地を, 居間に, 屋敷を, 屍は, 山の, 山地へ, 岩井一座なら, 岸へも, 島田に, 川へ, 巣を, 平和が, 平靜な, 幽玄の, 広間に, 店に, 店頭に, 座標軸の, 庫裡から, 庭前へ, 廊へも, 弁証法, 引出しの, 形, 形だろう, 形にな, 形態の, 彼に対する, 往來へ, 後が, 御主人様, 御厩橋の, 御所へと, 御神酒所の, 御門も, 徳力屋に, 心の, 心情を, 心臓が, 快速潜水艇の, 怪塔王に, 悪友仲間の, 情夫が, 意義は, 感じから, 憎々しい人, 懺悔である, 所で, 所有者へ, 扉の, 抜け穴を, 持ち主の, 持主は, 指は, 授時暦に, 支配は, 放ち門, 敬義学校の, 文吉に, 新聞紙の, 方を, 方向まで, 旅易者に, 日であった, 日本語は, 旦那です, 明るさ, 星雲に対して, 時から, 時泰山に, 暖炉の, 暗闇が, 書斎へ, 月江に, 服装に, 木の, 末年には, 本丸跡が, 本官本領に, 本物の, 机の, 杢阿弥だ, 来寇を, 東京へ, 東海道の, 板戸の, 枝まで, 柳橋の, 根柢を, 案内で, 桟敷へは, 棒と, 検事正塩田先生の, 楽屋へ, 様子を, 横向きに, 機械は, 歌の, 此処の, 武士の, 武家による, 残党境界の, 母上で, 母屋に, 気持が, 水を, 江戸川の, 沙漠へ, 河床に, 法院長の, 泣面事業の, 活動街の, 浄い, 浜へ, 浮かぬ顔, 海へ, 消息は, 淋しい荒海, 深い沈黙, 清澄な, 湖水が, 滅亡まで, 漢字に, 瀧口は, 灯の, 無形体, 無銘摺上げ, 焼跡の, 煙草入に, 爲に, 物置へ, 特徴の, 状態が, 狐に, 玄関へと, 理想に, 生地の, 生活が, 生神様, 用箪笥に, 田舎の, 男が, 畑の, 病人へ, 白い砂, 白色に, 皇后伊香色謎命を, 盛時に, 目録に, 真の, 眼窩に, 知らぬ人, 石川氏に, 社会党代議士フランチェスコ・フロラに関して, 祇園藤次に, 神棚へ, 福禄座に, 私の, 種を, 穴に, 空地の, 空虚と, 窓際へ, 童心の, 笑顏にな, 笹家からは, 箱根路へ, 節の, 粥河様に, 紙の, 素知らぬ顔, 細君を, 組に, 緊張に, 緘黙を, 縁で, 縁側に, 縁台の, 老中の, 聲を, 肉体へ, 肉體へ, 肱掛椅子の, 胸へ, 臥床の, 自分とは, 自己へ, 船首で, 色香は, 茶の間へ, 菊之助に, 落合と, 薄暗い窮屈, 薩都刺の, 藤村家へ, 虚無僧一管の, 蟹江城の, 街道の, 袂に, 裏二階へ, 裏門の, 裸一貫と, 西瓜に, 親たちは, 観音の, 言葉は, 許婚と, 詩二首を, 話は, 諫言に, 講堂が, 貧しい盗尉部, 賃銀率, 賤ヶ嶽へ, 起こりは, 身では, 身上の, 身分を, 軍人だ, 軽い調子, 辺まで, 通りここに, 通りだ, 通りはっきり, 通り一文も, 通り世にも, 通り仲好く, 通り其處で, 通り可愛く, 通り埋, 通り夫婦の, 通り建てる, 通り復縁させる, 通り戸棚に, 通り持っ, 通り書物を, 通り本の, 通り格子へ, 通り此の, 通り火桶を, 通り着物を, 通り箱に, 通り継い, 通り肩に, 通り蓋を, 通り錠が, 通り閉じ, 通り風呂敷に, 通潔白な, 連隊の, 道これで, 道士馬臻は, 遠巻き戦術に, 遺臣なりし, 部下も, 部屋には, 部屋へは, 郷愁について, 鄭所南の, 里方の, 金堂の, 金藏の, 鋤へ, 長官との, 門近く, 関係を, 闇の, 陣線へ, 際から, 隱居家の, 集落へ, 雇人は, 離れに, 霧の, 静な, 静粛に, 面会所へ, 面積は, 頂きに, 頃と, 頃まで, 頑な, 顎は, 顔へ, 風に, 食堂あの, 飼主たる, 馬の, 馴れ馴れしさ, 駒井能登守今は, 高僧も, 鬼検事正塩田先生の, 鳴鳳楼, 黙阿弥で

▼ 元~ (722, 10.9%)

7 武家の 6 武家だ 5 それを, 榊原様の 4 一つで, 多かった 3 あった, 侍で, 叫びました, 山人が, 彼を, 由緒ある

2 [33件] やはり髯籠系統, 一つである, 伸子が, 侍だ, 加茂家の, 単純な, 印度から, 召使を, 四十歳の, 天王寺の, 富んで, 小出様の, 左右の, 年増でも, 御湯殿, 徳川幕府の, 敢然として, 旗本の, 村の, 榊原の, 榊原藩で, 武士だ, 江戸の, 私が, 立派な, 職人ででも, 衝立の, 親分の, 財産家な, 身分の, 金持の, 阿波の, 隠しじるしの

1 [607件 抜粋] ああじゃ, あったと, あつた, あまり聴かぬ, あるが, あわてて, あんな寝入った, いうたらあの, うるんだ眼, おばの, お前様と, お大名, お旗下, お迎, お部屋, きっと如何那, きつくふった, くずさずやって, ここから, ここの, この初夏, この動機, この方面, この暗い, この草, これ, これも, これ以上は, ごくり, さてこそと, しばらく言葉, すこし厭, すでに碑文谷署, そういっ, そこらに, そっと立聞き, そのままテーブル, そのよう, その人々, その位, その高い, それから, それぞれ何とか, それでもよかっ, それで直ちに, それらの, それ者だった, それ自身一つの, ただ二月, ただ単に, だらりと, ちゃんとかけなかった, ちょっと考えこん, ちょっと考えこんだ, ともに一大元, とれたが, どういう修法, どうか知らねえ, どうした, どうやら痩, どこにも, どこを, どんなもの, なにか深い, はじめっ, ひげこ, ひそめた声, ひとつで, ぴたりと, ふたたびテーブル, ほんとにあんた, またそう, また泣いた, まだ婚姻, まだ残っとる, もう五十以上, もっときっぱりと, もっと下手, やっぱりあの, やっぱりその, やっぱり伸子, やはりさ, やはり不安, やはり字義, やはり屋外, やはり揚幕, やはり石器, やはり藁人形, ゆるやかな, よくわからない, よくホラ, よく当てた, よし原, よそ国, ろくに勘定, アイヌの, カフェーの, カルコという, キノヲ, シナあたりから, ソコヨリの, タンポポと, タンポポも, トンボノキュウリという, ミルズ, ミルズ・アンド・ブーン株式会社です, モンジヤといった, 一かい二やり, 一つの, 一つ方法を, 一人で, 一夜の, 一帯に, 一族内の, 一本の, 一面の, 三万八千石の, 三十年の, 三崎の, 三年越し, 上から, 上州沼田の, 上方から, 上方生れ, 下寺の, 下谷の, 不意に, 与一の, 両手を, 中京の, 中学校の, 中津川の, 丸で, 主であった, 乞食の, 乞食を, 乱世に, 事実上に, 二十九番の, 二度迄も, 二本差した, 二本差ぢや, 二百石とりの, 五卷書である, 五月の, 京都の, 京都大学に, 人命の, 人間に, 今日は, 他の, 伊東家から, 会津様の, 伸子と, 伸子を, 佃島の, 位の, 何から, 何だかさっぱり分りません, 何だった, 何であろう, 何でも, 何も, 何万という, 何十石取, 侍だった, 侍では, 侍今は, 偶人で, 傑出した, 僅か百年位, 元だ, 元始人類が, 先代八郎兵衞の, 先祖が, 全く無形, 八円五十銭, 八百石取, 公卿の, 共産党に, 其社が, 円いの, 再びこの, 冬の, 凡夫なり, 刀鍛冶でしょう, 分かって, 切畑が, 勝藏にも, 北樺太に, 区長も, 医者です, 十右衛門が, 卑しい黒鍬組, 単に岳, 占ひ, 即ち劉, 去る七月十一日, 反って, 只かい, 召使に, 台所へ, 右に, 各支店, 同じく大和, 同じこと, 同じもの, 同じ家中, 同一人種, 名主だつた, 吹屋町で, 命令の, 和歌山県の, 唱門師同様の, 土地の, 堅固に, 場内整理に, 場所が, 境遇の, 墨に, 声を, 外交官の, 外来の, 多かったであろう, 大きい呉服屋, 大きく合點, 大きな声, 大ブルジョア, 大審院の, 大小を, 大工だろう, 大社の, 大阪に, 天下の, 天子様御, 天津神, 夫と, 夫とは, 夫婦の, 奉公人だった, 女学校の, 子供が, 学校の, 学校へ, 宇賀神すなわち, 定本の, 宝船が, 実に浪漫派, 実用の, 家々で, 家来で, 寅と, 富樫白生流と, 寝間着の, 寺奴から, 小学校の, 小藩, 小説戯曲勃興の, 少なくとも村落, 尠く, 尾州侯の, 尾張に, 屋敷内に, 屡く, 山人の, 山伏し, 岡野今の, 岩瀬と, 川越種です, 左官だ, 己と, 市川市十郎と, 市民の, 常世から, 年の, 幸福を, 幸若の, 幼時から, 廖化に, 廷珸の, 弘化二年巳年の, 弟の, 弱い心, 強い者, 強情に, 彼の, 彼奴も, 待乳の, 後醍醐も, 徒刑囚だった, 御出家様, 御姉さん, 御老中, 必ずしも八日, 必ずその, 必ず大きな, 必ず餅, 快活な, 急に, 怪しい女, 意を, 意味深く, 扨こそと, 技巧として, 折からの, 拍子を, 捕物の, 支那か, 支那に, 支那の, 支那産の, 斎の, 斬り捨て御免の, 新宮で, 新橋で, 新橋の, 旗本だ, 日本橋で, 日本橋の, 旧十月朔日, 旧暦十月であった, 早月家には, 是に, 是よりも, 時計塔と, 暫くぼんやり, 暫く話し, 書舗なりし, 最も神, 本多長門守の, 東枕に, 松平某と, 果して一つ, 枯枝の, 柱に, 根本問題だ, 根津の, 椅子に, 極まって, 欧洲に, 正一郎の, 此の, 此処に, 武士だった, 武士であった, 武士でありました, 武士でござる, 武家だった, 武家で, 武家出と, 武家出の, 歳神迎への, 殆どこの, 毘沙門様の, 毫もなかつた, 水の, 水を, 水司又市と, 江州坂田郡勝村の, 江戸から, 江戸本石町佐渡屋和平, 池袋でも, 決して下, 法律書生でし, 洲崎か, 活動小屋だった, 浅草に, 清和源氏で, 湯本から, 瀑壺の, 火山である, 無罪に, 熟語を, 父に対する, 物置か, 狂言方である, 狐の, 珍らしく酔っ, 現身霊を, 生れない前, 生れぬさき, 由ある, 由兵衛の, 男な, 男三十歳女二十五歳以後は, 男女が, 町人で, 畏い神, 病気の, 病気を, 癆咳を, 登降に, 百姓であった, 百観音の, 皆な, 皆心がらとは, 皆戦場かせぎ, 皇太子妃が, 皮膚其ものである, 盛り場の, 相当の, 相応な, 相応の, 真しや, 真っ蒼, 知多郡の, 石勢籠山であった, 神奴で, 神意の, 神樣に, 神田橋近辺に, 神秘な, 禄を, 福地権現であったろう, 私共の, 私娼を, 移動神座なる, 稀であった, 穢多, 竜神を, 竹やぶだった, 簡単に, 粗野なる, 純粋で, 紙毯の, 紛失物などの, 結合し, 絵を, 織田勢に, 罪人の, 義雄から, 翁の, 考えて, 耳も, 脇本陣だった, 脳溢血で, 自分で, 自分も, 自己の, 興行元の, 船に, 船長であった, 芭蕉の, 花札は, 芸者だ, 若旦那の, 英吉利文学を, 茶の間へ, 茶屋にでも, 荊州の, 蓋を, 蚊帳の, 行方知れず, 行水を, 装飾だ, 西洋の, 許嫁の, 誰袖華魁だ, 諏訪家の, 諸遊星, 谷出羽守様の, 貴族の, 貴様も, 赤と, 赤色だった, 蹴ること, 躊躇し, 身動きも, 身拵えを, 轟の, 農村を, 農業の, 近くの, 迷惑さうにその, 遊者は, 遠縁に, 都から, 都の, 野州塩谷郡塩原村の, 鎮魂の, 長芋を, 閏年だけ, 関船手形だけで, 関西から, 限られて, 院, 隱岐が, 雍家花園とか, 雷鳥が, 非常な, 面白いこと, 韓愈, 韓語らしい, 韓退, 顔を, 香りの, 髪結だった, 魔法を, 鹿や, 黒尉を

▼ 元より~ (683, 10.3%)

7 覚悟の 6 私は 4 それは, そんな事, ない, 何の 3 その時, です

2 [39件] いうまでも, ここは, この種, これに, さやう, その舌, それにつれて, それも, それを, わが民族的芸術, 上手に, 下水に, 世話に, 云うまでも, 云ふ, 人跡の, 人間は, 何ごとも, 何らの, 厳密なる, 大して高い, 女は, 娘の, 当人は, 当然の, 彼の, 彼は, 彼も, 悧巧な, 愛想が, 最初から, 木板画にのみ, 気が付かずに, 狂人の, 知る由, 祖先の, 覚悟だ, 親兄弟, 誰も

1 [570件 抜粋] あつたでせう, あの高札, あらゆる微細, あらゆる穢れ, いける口, いふにも, うまいとは, うろおぼえ, おやじの, おれから, お前様が, お婆, お敏, お蝶, お関, かかる事, かの女, かような, きょうとは, きょうの, こうした場合, こう嚇され, こちらも, このこと, このよう, この山, この身, この辺, この辺り, これが, これで, これには, これは, これまでの, こんな場合, こんな貧亡, こんな軍事, さかしら, さして広い, じゃ, ずっと草原, そういう趣味, そうする, そう云う, そこに, そこらに, そちも, そのくらい, そのつもり, そのまま肯定, そのよう, その一つ, その家庭生活, その目的, その間も, その雑誌, それで, それらの, そんなこと, そんな忠告, そんな縁故, そんな言語道断, ただの, たった一つ, だ, ちがうが, であろうが, でしょうね, ないもの, なかった, なしほか, なって, なりと, なれない, ぴたりと, ふとん引さがしたる上, また御, もういい, やすいは, わかって, わざわざ云う, わしとても, わしの, われら如き, ザラの, フオーストの, ユリの, 一つ長屋に, 一カラット二カラット四カラットから, 一刻半, 一家の, 一撃, 一方口, 一時的の, 一歩も, 一気に書かれた, 一片の, 一瞥だ, 一藩の, 一通りの, 万事慾と, 万太郎とても, 丈夫でございます, 三人とも, 上々です, 上乗身分素姓は, 上総沖から, 不完全であり, 不思議でも, 不敬の, 不知, 世の常の, 世界の, 世間に, 中から, 中には, 了解する, 二人の, 些細な, 人の, 人工の, 人間喜劇の, 仁義忠孝之, 今の, 今は, 今戸の, 仏教徒である, 他の, 他国からも, 他意は, 以上に, 以前百年ばかりの, 以後も, 伜の, 体さえ, 体に, 体中に, 何ら警戒的, 何一つ印, 何等観察眼など, 作為である, 作者などの, 侠と, 信玄公の, 信用する, 修行一筋の, 個々の, 偽首でありました, 僕が, 僧俗の, 兄や, 先は, 入れて, 全く違っ, 公では, 六丸込ミな, 共に, 其の当, 其支度大方は, 其死たる, 冤罪の, 刀杖瓦石の, 分らぬ, 初めから, 初めからの, 初代豊国に, 判然たる, 到る処荷物, 前後三回の, 動かぬ女, 勧進帳の, 北条一家も, 十一月一杯などで, 卑俗の, 危険と, 双方の, 取り繕った様子, 取るに, 受けとれない, 口実裏には, 句など, 只今すぐ, 各個人, 合点でございます, 吉次も, 同一國語を, 同三十年頃, 同日の, 同然の, 否やは, 呼ばれましても, 命まで, 和歌の, 和蘭陀銅板画の, 商売に, 商売筋へまで, 問題に, 国王に, 変な, 外国の, 外部の, 多くは, 多病有り, 多端なり, 大した区別, 大兄の, 大切だ, 大坂から, 大泥坊, 天下の, 天性に, 女の, 好いて, 好むところ, 好物である, 如何な, 妻の, 嫌いで, 学文も, 安全で, 宗盛たちは, 実平の, 實業家にも, 實際を, 尊君の, 尋常の, 小城だ, 小説など, 小赤壁, 小隊の, 少いから, 少からず, 屑ならぬ, 山家の, 山霊を, 岡本の, 岩石も, 峰松と, 師として, 幕よりも, 平家の, 幾何も, 幾十年来功労の, 広大無辺じゃ, 庭も, 庭園法に, 弓馬槍剣といった, 強健な, 強弱敵し, 強胆無比, 当の鍛冶, 当主公爵も, 当座の, 当然すぎる, 形ばかりの, 彼に, 彼には, 彼らの, 彼等の, 往来の, 後に, 御同意, 御家計, 御憎悪, 御文, 御本役, 御身たちと, 御霊会の, 徳川時代の, 心当りという, 思いも, 怠り給ふ, 怪談らしい, 怪鳥走, 恋するもの, 悪戯好きな, 悪魔の, 惜しくは, 愚物所では, 成算が, 我が号砲, 我国の, 戸閉まり, 手おくれであった, 手前の, 抗弁する, 拙者とても, 拙者役目違いの, 振分けの, 支那小説の, 文化問題を, 文壇不遇の, 文章も, 文藻に, 斬って, 斬り落し, 斬れるに, 新九郎の, 新蔵の, 旅いで, 日本ならざる, 早くに, 早業の, 明かでないが, 星明りに, 春信清長栄之らに, 是れ, 是必然の, 書いた武田君, 書類を, 月足らずにて, 望むべからず両, 望む可, 期して, 木彫の, 未了であった, 本望の, 本気じゃ, 柿右衛門の, 栄蔵自身でさえ, 棄てた一生, 椰子の, 極まったお話, 極秘, 機會を, 欠けて, 歌舞伎役者の, 此儘維持する, 此原因ある, 此度の, 此方たちは, 此方ハ死かく, 此處に, 武蔵も, 武辺に, 武道においても, 歯牙に, 歴然, 死刑を, 母の, 氏が, 氏素姓も, 民の, 気に入った人物, 気の, 気ままな, 気立ての, 求むべくも, 江戸の, 江戸大, 江戸時代の, 沈静の, 河原を, 泊船亭や, 浮気者だ, 海上へは, 清十郎殿とは, 渡りに, 火酒椰子酒コニャックウイスキイジン, 無事お, 無事な, 無我と, 無益の, 無稽の, 無視できない, 無関心, 然あるべき, 燃料も, 物の, 物の数でも, 犬の, 狭い地下室, 玄徳には, 生命は, 生返事位に, 男の, 異議は, 異議を, 病勢は, 白色, 百姓郷士農事の, 皮じゃもの, 益する所, 相応の, 相手欲し, 眞相の, 着物を, 知って, 知らないので, 知らない気紛れ, 知られて, 石云はず人答へ, 砂地で, 破門の, 社会的の, 神仙秘伝, 禄は, 私たち作家にとっても, 私とて, 私どもの, 私にも, 私の, 私ハ用向と, 秘密だ, 精神の, 紛るべく, 紛議も, 素志に, 素足の, 経験の, 結城の, 絶対的に, 綜合統理の, 總て, 罪の, 羊は, 美術に, 美術の, 考へて, 聞いたが, 聞える筈, 聞きづらいもの, 聴くべし, 職を, 職業としては, 自信が, 自分たちに, 自分でも, 自分の, 自動車と, 自由にて, 船手だの, 茶事という, 葺替え造作田地開発などの, 薄色の, 虫けらの, 衣食の, 被告と, 複雑な, 見事に, 親類へ, 覺悟候ひし, 言うまでもない, 言う迄も, 言ふ, 言ふべき, 言ふまで, 誉むべき, 誤って, 説明を, 誰に, 誰を, 論なし, 諸国より, 豊かで, 豫期し, 貪慾好色な, 貯え金は, 質素で, 贅する, 路は, 身持の, 軍配の, 軽きに, 較べ物, 迂濶, 迂闊な, 近く相, 退屈男の, 逃げ途, 連れて, 進んで, 遊びは, 道は, 道三秀龍に, 道徳学上の, 道路改修の, 都会の, 酌めないが, 酒の, 野駈け, 金吾も, 金精峠の, 釣る氣, 鏡智流の, 門は, 門番とか, 間にあうはず, 阿佐ヶ谷神楽の, 阿母さん, 隣家で, 隣座敷で, 靜かな, 非道なり, 領民一統枕を, 願うところ, 養ふ, 高いの, 魚籃も, 黒田官兵衛の

▼ 元~ (329, 5.0%)

12 して 10 なって 8 戻した, 戻って 7 戻して 6 なつて 5 還って 4 もどって, 復して, 微笑を, 戻すと, 戻った

2 [20件] なるの, より長い, 一癖の, 一種の, 埋もれて, 復り, 恢復せぬ, 戻す, 戻すこと, 戻せないなと, 戻つて, 戻る, 歸れ, 流星の, 渡した, 策して, 返した, 返して, 返った, 還ること

1 [213件] あつて, ありったけの, いた時代, いた植亀, うかぶ一線, おさまり何事, おさめた, かえされたの, かえして, かえしますが, かえすこと, かえす仕事, かえった, かえってその, かえって写真機, かえって十一年目, かえりゃしない, かえると, からまつて, くさったトマト, したもの, した手當, した鳳仙花, し之, ただよって, ちょっと心当り, なおし動かした跡, ながして, なったの, なる, なると, なるという, なるので, なるもの, なるよう, なる一般的事実, なる文明開化, はね上ったそう, ひざまずいた, ひれふし慈悲, ほれたとか, ほろぼされた, ほろぼされ宋, まけといて, むいて, もつて, もどして, もどそうと, もどった, もどらなかった, もどること, もどるの, もどれば, やさしい笑み, ウットリと, ヤッホー送る, 一本太い, 下ろしました, 下品な, 不孝を, 中るよ, 二元から, 代つて天下, 仰向けにな, 伏せた, 会いに, 会おうと, 会って, 住むもの, 俊雄は, 優るとも, 入ってから, 冷笑の, 刺し通し打, 及第した, 取っては, 取り入って, 合力する, 含ませて, 吸いよせたと, 和らぎの, 噛付い, 坐りこんで, 変らぬ元気, 小さい土煙, 小さい蜻蛉, 小さな蕾, 居れと, 山の, 嵌めた, 帰させようという, 帰し, 帰つた, 帰つてこんな, 帰つてやはり, 帰りたいもの, 帰ろうと, 引き戻す覚悟, 引籠り, 復した, 復したから, 復へ, 復らなかつた, 思い切って, 恢復し, 愛嬌が, 成ったの, 戯れついた若い, 戻さうと, 戻しじっと, 戻しそして, 戻したが, 戻しても, 戻しなお, 戻しました, 戻し今度, 戻し春, 戻し涙, 戻すすべ, 戻すに, 戻すの, 戻すべく反逆そのもの, 戻すまで, 戻す技術, 戻そうと, 戻った熱, 戻った青白い, 戻つた事, 戻らない, 戻らないわ, 戻られたの, 戻りましてから, 戻ります, 戻り外部, 戻り少女小説, 戻り復活, 戻り油障子, 戻るの, 払込まない口実, 押しあてた, 押出された, 支配された, 教えたの, 於けるが, 於ける歴史, 於て, 朝貢した, 歸した, 気を, 水の, 法帖造りの, 注ぐこと, 流して, 浮かぶ一線, 浮かべられる邪悪, 浮べたが, 渡すこと, 漂わせ可愛いい, 無限の, 申し遣わすべし最早, 登庸され, 皺を, 直した, 直した信玄, 直すと, 直るの, 直るまで, 相当の, 知らして, 立戻, 笑靨を, 納まり再び, 結びつけて, 至るの, 至るまで, 至る間, 花を, 苦しんで, 落ちて, 蘇えっ, 表れた口, 見せつ, 課せられること, 調査を, 讓つて老, 買いに, 走り又, 蹲まっ, 近い内容, 近く快復なさる, 返し, 返しながら, 返すが, 返ったけれども, 返った口ぶり, 返って, 返つて林田, 返ります, 返る, 返る譯, 進み翁, 還し或, 還すため, 還すの, 還す異人, 還つて, 還る, 還るが, 還るまで, 降つて, 降り宋, 頼んで, 高利貸を

▼ 元~ (181, 2.7%)

10 戻して, 戻って 4 返して 3 戻すと

2 [15件] お帰, やって, 帰って, 戻した, 戻すこと, 戻つて, 戻りますが, 戻る, 戻るが, 戻るほど, 手を, 返した, 返って, 逆戻りする, 還って

1 [124件] あて呼吸, あばれ込み丹造, いきなり本, おさめた, お召し, お帰り, お縋り申し, かえされちまったの, かえすの, かえせ, かえるならいつ, かえる術, そそがれた, とびこみこっち, べつたり, もどして, もどしやんせ, もどす, もどすよりも, もどりつして, もどるが, もどること, もどる拍子, やったという, 下がったばかり, 下げて, 下つた許, 下るところ, 予約金を, 修繕に, 元へと, 半廻し, 夢の, 完全に, 寄って, 帰して, 帰ったの, 帰った方, 帰りまた, 座を, 弄花に, 引きつけられるの, 引き戻すに, 引き返したと, 引き返して, 引っ返すわけ, 引っ返そうでは, 引取らせ, 引寄せ, 引戻す, 引戻そうとは, 引返して, 復る, 戻さうと, 戻さなければ, 戻さねば, 戻されて, 戻したもの, 戻しても, 戻し溝, 戻し自分, 戻す, 戻った, 戻ったところ, 戻ったので, 戻っちまった, 戻つちまつた, 戻つて了, 戻つて順八, 戻らない, 戻らなかった, 戻らなくなる事, 戻らなければ, 戻りお, 戻りかけた話しも, 戻りまして, 戻りませぬ, 戻りゃしませんとさ, 戻り始めた, 戻り後, 戻り愚, 戻り或, 戻り長七郎山, 戻るし, 戻るに, 戻るの, 戻るやう, 戻るよう, 戻る即, 戻る徴, 戻る気, 手紙を, 投げ戻されて, 投げ文, 持ち帰りましょう, 捨てたまま, 歸つた方が, 歸つて來るらしい, 残して, 洗い物に, 溯れば, 直して, 窄つて両方へ, 立ち戻ると, 納まった, 納めて, 納めるつもり, 給使が, 落ちて, 行って, 見えたかと, 返しさり気, 返すこと, 返すよう, 返せの, 返つて, 返らないもの, 返り返っては, 返る, 送りかへ, 還ること, 集って, 音も, 飛んで

▼ 元から~ (165, 2.5%)

2 知って, 考えて, 許嫁や

1 [159件] あったと, あった傷, あつた村, あまり多く, あまり肥え, あるので, あるもの, ある借金, ある家, ある小学校, ある本, あんなじゃ, あんなで, いえば, いくらかの, いつもの, おとよ, おれの, お前さんには, お前様の, ぐらついて, こう云う, この夏, この男, この船, この通りすこやか, ご辺, さ程, して, じわと, そういうこと, そういう方, そうで, そうであった, そうでした, そうな, そう悪い, その女, それほど秩序, ぞくぞくする, ちょいと, できて, ですから, でて, なくて, まとまった金, よくない, アンナは, ススケ峰, ツユが, ドッとばかりに, プロレタリア文化運動の, マリユスが, 一分刻みに, 一時に, 三河在国の, 上枝葉が, 不了見, 乞食では, 二元に, 二間も, 云はれた, 人の, 仲は, 伝は, 伸子は, 何か, 余り気に入らない, 余り興味を, 優しい方, 具わって, 兼公が, 凌遲と, 切るん, 別に一家, 到着した, 刹那主義な, 区別の, 千仭の, 厄年に, 厭世家であった, 叱られるかも, 味方を, 嘘の, 壞れ, 天人達は, 天寳君を, 奪い取り白河戸郷, 好まないので, 嫌いな, 宏荘な, 家の, 小柄な, 幽霊は, 延び出, 引断れ, 強請る金, 彼の, 彼女の, 悪口や, 悪童では, 手先きのことは, 拾ひあげた, 持って, 持つて, 損れ, 数百元位の, 敵に, 是非内田百間さん, 曲尺二尺一寸五分ばかりの, 有ったの, 朝起きが, 林町は, 此處に, 武士でございました, 歸り, 毎夕二升入りの, 比べれば, 江戸へ, 深い識合い, 溜まらない程, 無かった, 無口だった, 無口な, 熱湯好きだった, 犬など, 瘠せたよう, 白かった, 百両の, 盗みを, 盗み出して, 直接持っ, 知ってる間柄, 知つてゐた, 神寳君を, 神社に, 私が, 私は, 細い眼尻, 美人に, 美少年では, 老僕周吉と, 色の, 葉書が, 西隣の, 見せて, 解放された, 起った大雪田, 起った長大, 起って, 身うちの, 這入って, 鋩子さきまで, 関係が, 靈寳君を, 頬が, 頻りに強請まれ, 頼まれて, 馬の

▼ 元~ (161, 2.4%)

10 ただせば 3 た, 喪うを, 洗えば, 糺せば 2 たずねれば, つくったの, 二人で, 出して, 尋ねて, 思えば, 残して, 見て, 見や

1 [121件] いえば, ぐうッと, このまま直ぐ, して, する, するよう, たづね, つきつめたく思いましたが, つれて, とり返して, とるつもり, なしたの, なすに, なだめるよう, はじめ鉄道桟橋汽船帆船沿岸諸, ひっかけ小手, ひらいた, ひらいたの, ふやせば, ほほえませて, やった, よく言い置い, よろこばせないであろう, ウットリと, 一寸引, 一銭に, 二に, 云やあ, 仕入れに, 作るの, 兼ねて, 出そう, 切るん, 切る者, 削って, 割り当てられました, 勤める, 卓子に, 卸して, 取って, 固めるため, 失いこれから, 寄附された, 寝室に, 尋ねると, 引き起さないよう, 強奪された, 強奪し, 強奪した, 御僧, 心もちおろす, 忘れて, 忘れなかった, 忘れると, 忘れるやう, 忘れ奢り, 怖い眼, 打ち込み参ったが, 払われて, 握詰め喉, 搜つてゐました, 摸して, 撓めながら, 撫でたま, 撫育する, 撮まれて, 攫み出しそれ, 支出し, 放って, 明かされると, 染めて, 桜色に, 欠かさないという, 正せば, 此方からも, 洗へば, 温い風, 照らしたり, 理想真如もしくは, 疑うわけ, 皺ませ, 直して, 眺めずには, 知って, 確める, 突きとめると, 突きとめれば, 突き止めたかい, 突附け, 立てんと, 笠に, 紅くし, 紅くした, 細いしなしな, 細くし, 細めながら, 絶って, 絶つて, 縛し置けりとの, 縛るん, 考えると, 自在に, 苦笑ひさせる, 荘家で, 薙ぎられたり, 見た, 見ると, 見付けました, 見届けるため, 見附けた, 覗いて, 覗ひ, 贈りなお, 越えた究竟, 越して, 追われたおれ達夫婦, 送ったそう, 送りもの, 進物する, 食い込むし, 體し

▼ 元~ (129, 2.0%)

4 元だ 3 死骸を 2 あんなこと, ここへ, ぱっちりし, やるなら何, 元だけに, 日本を, 用が, 笑って, 親分の

1 [104件] あるといった, あるよう, いつ止められるかも, いらねえだで, おのれの, こ, この伝記, この合集刊行, この紳士, これほど, じっと壇, そういうこまかい, そこに, それを, ただで, とれるじゃ, どうした, どんなもの, ぱっちりとして, まだ碑文谷署, やって来ようし, わかって, カパラであった, モスク, 一二寸夜光に, 一番先に, 三氣に, 中途で, 予約の, 事実なら, 事業の, 二十年も, 二肢あっ, 五軒だった, 亡くなると, 京都の, 今度発見される, 仲働きの, 住んで, 何かの, 僕という, 元です, 元やよつて, 入れたといふ, 其の頼み切った, 分るよう, 切れた, 初めて御新造, 前盛んに, 副へ, 取れるじゃ, 君と, 唐土を, 商人出で, 困るから, 士族様の, 外神田の, 天下を, 失敗した, 安物で, 封じ込んだ品, 崎である, 巾着切で, 引越したから, 急に, 手廻しよく, 押入った被害者宅, 掛からない手細工, 損を, 政吉を, 斯う, 普通悪い, 暢気な, 有ったって, 有つ, 朔漠から, 果して日本, 歐亞にかけて, 武家だけに, 武家の, 江戸へ, 浅井道忠を, 涼しく唇, 減らずに, 潮来の, 無事であれ, 無事に, 真に受ける, 知れた次第, 突然その, 箸だ, 綺麗に, 締り色くっきり, 罪に, 義雄自身な, 自分の, 自分のであった, 自由党で, 芝翫に, 見付けて, 豪奢遊蕩の, 質素に, 魔法修行者だった, 黒塗りの

▼ 元~ (123, 1.9%)

5 天若日子の 3 なつた 2 いうば, お鉄, した擬古文, ちがって, なって, 一緒に, 口元に, 違って

1 [99件] あるからには, いいやはり, いっても, いひながら, お仲, お由利, この木, この歌, したる, して, し劇烈欝勃, するの, する説, その輩, なったと, なった少数, なつて, なりて, なりますが, なり遂に, なるかも, なる出生数, ふたりで, やらいう家, より製作的, 一卷ありまし, 上に, 世に, 中山は, 二百圓の, 云ふ, 亞拉伯の, 何処の, 余り変っ, 価なし, 其の姪淑望, 出た自分, 出水中山津守宅訪ふ, 劒岳の, 十時間で, 同じだし, 同じだった, 同じに, 同じ側, 同じ姿勢, 名乗った, 因縁深き, 地場の, 変るところ, 大きく出し, 大洞山という, 女中の, 平治の, 引き續き, 御崎と, 心の, 支那から, 支那の, 政吉とに対する, 政吉は, 朝鮮の, 杜詩の, 来た道, 梅次郎とが, 此歌を, 武家出と, 為った頓, 爲り, 甲乙二者に, 申す女, 男王ありし, 白昼の, 直径三十三メートルばかり, 眼を, 神妙に, 私は, 称しこの, 窮屈なる, 縦覧所を, 義助と, 考えた部分, 考へた部分, 考へられ勝ち, 胸を, 花札を, 芸妓でありまする, 表町裏町の, 製産費外に, 言ふも, 言ふ思ひ, 話せるか, 話の, 豪族に, 越後の, 造化の, 阿部伊豫守様の, 阿部様の, 雁田の, 鼠との

▼ 元~ (78, 1.2%)

4 あつた 2 今でも, 彼の, 死んで, 満州が

1 [66件] あつた様, あつて, あらうが, お前が, がすよ, この催し, この陰惨, じっと私, じろり文三, すでに牢死, ちよろり, つぶやいたが, どことなく体, にやにや眺め, ぱったり止みました, ひろ子を, ほとた, まっさきにその, むらむらと, よくない, キンタマが, バショウの, 中国と, 主としては, 互の, 亡くなりその, 何となく設備, 働く母, 優しく笑った, 出来得る限り自由, 印度から, 友達に, 受けて, 土地でも, 売買人から, 実はスポーツ, 小勇ン畜生め手前の, 御母さん, 心臓を, 思いがけない事件, 思はぬ戀, 手風琴を, 才腕は, 指す, 有と, 未だ市場, 本疱瘡, 殺すと, 水には, 氷を, 永久に, 洗物など, 準之助は, 火口の, 病気に, 白い男, 盛に, 睾丸炎に, 祖母さん初め傍の, 笑った, 肋膜炎を, 腸窒扶斯に, 自滅する, 茶化しに, 買い取った者, 躄者に

▼ 元~ (74, 1.1%)

44 子も 2 切れ宿賃

1 [28件] ああいう, おとなしく承知, けさは, このまま問答, この和泉, こも, しどけなく博多, するぜ, また第, 不幸に, 今は, 偉かった, 先も, 分った王冠, 口元も, 大目に, 奉じて, 女中たちも, 姿を, 娘の, 嫁の, 彼と, 成るべく脚本, 手代の, 母屋の, 見せないが, 覚悟した, 調べましたが

▼ 元はと~ (43, 0.7%)

23 いえば 9 云えば 5 言えば 3 いへば 1 いうと, 申しますと, 言いば

▼ 元~ (24, 0.4%)

2 の着物, はいった, は小

1 [18件] から剥ぎとった, が天子, が巾, とは夜, と小, に頼ん, の夫人, の屍, の榻, の顔, はそれ, はどうしても, はやっと, は忽ち, は承知, をだまし, を伴, を嫌う

▼ 元よりの~ (22, 0.3%)

4 こと 2

1 [16件] ことめったに, こと別け, こと次男三男でも, こと蔵元屋の, こと馬も, こと騒ぎらしい, 事うん, 事でございます, 事わし達の, 事一言半句の, 事御, 御事である, 東京人にて, 洋行帰りの, 田舎そだち, 草の

▼ 元という~ (21, 0.3%)

3 のは 2 のが

1 [16件] のでなく, のに, のも, 事に, 人は, 十九の, 名に, 商売だ, 女が, 女の, 安いの, 意でござる, 最も適切, 者の, 通りだ, 長者が

▼ 元まで~ (21, 0.3%)

2 轉がり

1 [19件] かぶったこんど, きり込んで, たれて, ちゃんと一目, べっとり血, 二人は, 八寸八分, 向うへ, 吸いつくした煙草, 忍んで, 来て, 深く咽喉, 窘めると, 行くと, 行って, 転がりながら, 込み上げた免職, 通って, 駕籠へ

▼ 元~ (18, 0.3%)

2 ということ

1 [16件] から, からお断り, からこれ, からそれ, からといふ理由, から商人, から女, から心配, から忍ん, かわからない, がどこ, が異族, という, と簡単, と説く, よ

▼ 元~ (18, 0.3%)

3 の妻

1 [15件] に会おう, のまえ, の家老, の近侍, の邸, はつめよる, はなお, はゆうべ, は室内, は抑え, は筆, は精読, もむしろ, も迷っ, を出せ

▼ 元平治~ (17, 0.3%)

2 の乱, の二度, の大乱

1 [11件] ああいつ, にわたっての未, のむかし, のよう, の乱以後, の亂, の二乱, の二次, の昔, の時代, もつらぬい

▼ 元からの~ (16, 0.2%)

1 [16件] その性格, 友人であった, 名であった, 妻が, 家の, 旦那で, 是に, 林が, 柳橋, 森の, 独り住いの, 用心棒何の, 看護婦が, 許嫁な, 野生では, 題号である

▼ 元として~ (16, 0.2%)

1 [16件] かなり手びろく, なんら拠り, ゐるもの, ダージリンの, 一刀流を, 其を, 千鶴子に, 実験し, 潤色し, 相互に, 私は, 粋を, 自己を, 製した, 造つたもの, 選ばれた純

▼ 元には~ (14, 0.2%)

2 笑の

1 [12件] おそらく信仰, お鉄, すぐれた御, また一種, もどれないのよ, ホンノリと, 一業を, 傷ついた苦力, 微笑が, 心の, 鷲津丸根を, 鼠が

▼ 元との~ (12, 0.2%)

1 [12件] ままの, やうに, インタービューに, 交易を, 交通は, 夫婦仲も, 愚痴話を, 本人に, 白ら地が, 話が, 道を, 間に

▼ 元なく~ (12, 0.2%)

3 思はれますとて 1 ためらいながら, てならぬ, 思った, 思はれたので, 水汲み, 煙草へ, 父の, 疑ふやう, 見える助言

▼ 元とは~ (11, 0.2%)

1 [11件] だいぶ違ったでしょう, ちがって, べら棒な, ラテン語の, 取りわけて, 大変ちがっ, 柔かな, 第一混洞太無元, 詩経に, 違って, 高い今

▼ 元~ (8, 0.1%)

1 うして, 下女の, 八元で, 十二元で, 十元で, 夜が, 捨てねば, 訣らぬ

▼ 元よりも~ (8, 0.1%)

2 倍以上に 1 なお昂奮, 三十余年前の, 落付いた, 誠太郎が, 遥に, 高いコンクリート塀

▼ 元さん~ (7, 0.1%)

1 が縁側, では, のお, のそば, のやう, はサーカス, は三年前

▼ 元といふ~ (7, 0.1%)

1 のも, 三十女が, 偉い坊さん, 大金を, 女が, 歌人は, 語に

▼ 元~ (7, 0.1%)

3 んです 1 のさ, のだ, のでいつも, や

▼ 元にも~ (7, 0.1%)

2 なる 1 上る, 何やら厳しい, 口元にも, 増した不景気, 漂い出した

▼ 元~ (7, 0.1%)

1 三十万元あった, 三聖といふ, 口元に, 平治の, 平治は, 背の, 近所の

▼ 元です~ (6, 0.1%)

21 から槍, とまだ, な, 第二

▼ 元ない~ (6, 0.1%)

1 ので附い, ような, 事だ, 仕儀と, 色を, 調子である

▼ 元~ (6, 0.1%)

1 が寺川氏, である, と広島, を携, を生みし, 承緒

▼ 元寛さん~ (6, 0.1%)

1 から餅, がやつ, の好意, は元, へも馬酔木さん, を訪ね

▼ 元寛君~ (6, 0.1%)

1 からの手紙, に先日来方々, の厚意, へ, へ駈けつけ, を訪ね

▼ 元~ (6, 0.1%)

21 のごとき, のラショナリズム, はその, を語る

▼ 元である~ (5, 0.1%)

1 から麹, ということ, と長い, ので, 和尚の

▼ 元なる~ (5, 0.1%)

1 人の, 同村へ, 宣詞が, 興文社が, 関の

▼ 元だった~ (4, 0.1%)

1 かとも見られる, し汚水売却, のでいわば, んだ

▼ 元であった~ (4, 0.1%)

1 かと思う, か人家, ようです, 日本プロレタリア文化連盟が

▼ 元では~ (4, 0.1%)

1 ございませんか, なかった, 五万人の, 支那の

▼ 元でも~ (4, 0.1%)

1 ある, あれば, えらい噂, こっちの

▼ 元ばかり~ (4, 0.1%)

1 呉れと, 熱くなっ, 狙ったん, 狙つた

▼ 元へは~ (4, 0.1%)

2 帰らぬの 1 かえらない人, 又し

▼ 元ほど~ (4, 0.1%)

1 でなくその, な威, 焦燥らない, 珍重されない

▼ 元~ (4, 0.1%)

1 にかけて曲, に浙江蕭山, に蒙, の的迷失吉

▼ 元~ (4, 0.1%)

1 が出, は明, は歴代, を研究

▼ 元~ (4, 0.1%)

1 となる, にあり, の無稽, を立つる

▼ 元だけに~ (3, 0.0%)

1 あった, すつかり, 隨分男出入りも

▼ 元であり~ (3, 0.0%)

1 かねて知人関係, その権能, 更に此

▼ 元なら~ (3, 0.0%)

1 こんな面白, 口元なら, 同藩

▼ 元までの~ (3, 0.0%)

1 本より, 間に, 間は

▼ 元亨二年~ (3, 0.0%)

2 の春 1

▼ 元寛居~ (3, 0.0%)

1 で稀也送別句会, を訪ね, を訪ねる

▼ 元~ (3, 0.0%)

1 に至り, に起こった, の陶宗儀

▼ 元~ (3, 0.0%)

1 なもの, な彫刻, のもの

▼ 元~ (3, 0.0%)

1 とは眤懇, と字, はたうとう

▼ 元ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 事は, 頭に

▼ 元だろう~ (2, 0.0%)

1 と思い, よ

▼ 元であっ~ (2, 0.0%)

1 てみれ, て之

▼ 元でない~ (2, 0.0%)

1 のは, 印度から

▼ 元とか~ (2, 0.0%)

1 乃至義太夫, 正とかの

▼ 元どおり~ (2, 0.0%)

1 にした, に胡桃

▼ 元なくなっ~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ 元について~ (2, 0.0%)

1 なにか気, ゐる鈴

▼ 元にて~ (2, 0.0%)

1 はや永から, 役者の

▼ 元にな~ (2, 0.0%)

1 つて出來て, つて居ります

▼ 元に対して~ (2, 0.0%)

1 困った立場, 金票十二円三十銭の

▼ 元への~ (2, 0.0%)

1 命令が, 直接予約者は

▼ 元ほどの~ (2, 0.0%)

1 味なく, 誅求は

▼ 元~ (2, 0.0%)

1 乱の, 乱以前から

▼ 元~ (2, 0.0%)

1 の文書, の銘

▼ 元亨釈書~ (2, 0.0%)

1 などに出, に見え

▼ 元以上~ (2, 0.0%)

1 で売れ, にわたって実際

▼ 元以下~ (2, 0.0%)

1 じゃ見のがされん, の進士等

▼ 元~ (2, 0.0%)

1 から涙ぐましい, は近ごろ市中

▼ 元李西涯等~ (2, 0.0%)

2 と朋友

▼ 元殿~ (2, 0.0%)

1 のお, の妾腹

▼ 元~ (2, 0.0%)

2 直為

▼ 元直さま~ (2, 0.0%)

1 か, は急

▼ 元~ (2, 0.0%)

1 一書房主も, 三冥寂玄通元である

▼ 元~ (2, 0.0%)

1 と亥刻, と御

▼ 元~ (2, 0.0%)

1 は二つ, を記した

▼ 元観殿~ (2, 0.0%)

2 に入れよう

▼ 元~ (2, 0.0%)

1 は中, は太

▼1* [154件]

あったところで, 元かの懸賞金が, 元からが不等辺三角形, 元からなだれて, 元さんお前が面, 元さんその他の人々, 元ている, 元したとある, 元じゃねえかねえ, 元する母体の, 元たりし面影どこ, 元だけが損に, 元だけしか出して, 元だけで笑う, 元だけを見せて, 元だったらしく合歓木を, 元だつたよ, 元でありますから殊に, 元であるまいかと考え, 元であろうと矢代, 元でございますからなあそこで, 元でなければ駄目, 元とかいふ民族の, 元とから善い村, 元としてのとだえない影響, 元とでそれへ, 元とへ持つて, 元とも言ふべき, 元なき海鼠の, 元などいう清水, 元などと麻雀卓を, 元なんていふ諺, 元にかへる如くわれら痴者, 元にかけて一種特別の, 元にかへらむ力あらなく, 元にすらただわが身, 元にとつては, 元にゃあなりきる, 元に対してもここで, 元に関する未熟な, 元のう存ぜられます, 元のみに気を, 元はって言えば, 元へかへる, 元へと話を, 元へまで戻って, 元やら後には, 元よりでござります, 元よりは低く降りた, 元をもってする, 元を通じていつか自分が, 元ウラジーミル大公の邸, 元チョイと物, 元ニ帰スとこう, 元捨テルニシノビズ死ヲ, 元一体論にもとづく, 元一般準備金から五万元, 元上陸部隊満載のもの, 元世界の一つ, 元かつて旱, 元中九年八月二十六日より遠く, 元事件は元, 元と大した, 元五一仙株主準備金から二万元, 元亨元年元徳二年, 元亨元年天皇に政, 元亨利貞の四字, 元亨四年七月十七日為藤は五十歳, 元亨釋書のいふ, 元享永祿の昔, 元享療牛馬駝集伯楽相馬経等の諸, 元仁年間見眞大師, 元代のは史料, 元代以後稀には行, 元以後の禅味, 元以後頭角をあらわし, 元自獣樽, 元の収入, 元何ともいえない色気, 元何やら存る, 元作君が橋本宗吉, 元元春御意の通り, 元八會の字, 元其顔色は実に, 元兼清兼吉初代兼光はすぐれ, 元内火艇十元短挺四元, 元という, 元協代末森第四, 元協年既に二十, 元叔父良広の子, 元叡空の弟子, 元口元豊よかな頬, 元君立の書後, 元和尚は毎日, 元の年中, 元嘉二十三年六月のこと, 元嘉京洛の貴婦人, 元四六仙これが填補, 元均窯といふ名, 元売れると言え, 元多きは百数十元, 元宰先生に会う, 元の三君, 元寛さん馬酔木兄さんに逢, 元寛兄俊兄星城子兄入雲洞兄, 元寛兄白船兄樹明兄そのほか同人諸兄姉, 元寛寥平緑平俊の諸兄, 元寛氏時雨亭氏に, 元寛馬酔木寥平の諸兄, 元小野伝兵衛友次久野与右衛門宗直宝泉院勝延行者の四人, 元岡邦雄石原純その他の諸氏, 元年頃定家四歳位のとき, 元幾何学的の一点, 元後一日次豆日小集韻, 元によつて根據, 元の伝記, 元悪人の手, 元拓明拓といふやう, 元文生として五十六歳, 元は四人, 元などはお, 元には最近, 元正紀大論に甲子, 元正造が名主, 元泰名は直, 元洞神の三部, 元海風送暖曙光喧, 元を, 元用九坤の用六, 元眞言宗の庵室, 元挺四元上陸部隊満載の, 元空間中においてある, 元という人, 元紙幣三百八十元を強奪, 元者吉之始也を引い, 元航空母艦に, 元著者名発行年月を手帳, 元の連発砲, 元襄陽名士のひとり, 元襟元の白, 元西田幾多郎の諸氏, 元に達する, 元が矢痍, 元贈ろうとした, 元の権三, 元づぶりとつき立てた, 元過去現在未來の三際, 元道号を鳳雛先生, 元かつて酔っ, 元部洞神部の名目, 元隆章閣の人, 元の彼ら, 元頃日向守通憲が伝えた, 元駆逐艦には一万元