青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「何処~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~何より 何より~ 何ら~ 何れ~ ~何ん 何一つ~ ~何事 何事~ ~何人 ~何処
何処~
何分~ 何卒~ ~何度 ~何故 何故~ 何方~ ~何時 何時~ 何時も~ ~何物

「何処~」 11747, 117ppm, 911位

▼ 何処~ (1466, 12.5%)

85 行くの 61 行っても 59 行って 51 行ったか 37 行つても 34 行つた 33 行ったの 32 行く 31 行くん 20 出しても 19 往った 18 行った 16 行ったん 14 連れて 13 行くと, 行こうと 11 行くか 10 往くの, 行くんだい 9 行ったもの, 行つたの 7 向って, 往って, 行くとも, 行ったって 6 おいでに, ゆく, 出ても, 往っても, 行くつもり 5 いっても, いらつし, なりとも, 何し, 行かう, 行かうと, 行くところ, 行つたのか

4 [15件] いらっしゃる, いらっしゃるの, なりと, ゆくの, ゆくん, 往く, 持って, 行きました, 行くにも, 行く当て, 行こうかと, 行ったと, 行っちまったん, 行つ, 飛んで

3 [28件] いったの, いらっしゃいます, つれて, やったか, やったの, ゆく気, 出て, 出掛けるにも, 参りましたか, 往くにも, 往ったろう, 抜けられるか, 持つて, 行かうか, 行かれたか, 行かれる, 行かれるか, 行きなさる, 行くだ, 行くという, 行くといふ, 行くべきかを, 行こう, 行ったかと, 行つてし, 行ても, 逃げて, 遊びに

2 [66件] いた, いった, おいで, お出でか, お出でなさる, お泊り, たのんで, です, どうした, やった, やら消えうせて, ゆくか, ゆくという, ゆくにも, 伴れ, 何う, 入らっしゃいました, 出かけるの, 匿し, 参って, 参りますか, 参るの, 坐ったらいい, 宿を, 帰るの, 往た, 往っ, 往つた, 捨てたの, 来たの, 来たん, 来て, 泊つたンだ, 消えたの, 消えて, 消えるか, 消え失せたの, 漂流する, 置いて, 置くか, 行かれたの, 行きはりま, 行きましたか, 行きましたん, 行くに, 行くねんな, 行くので, 行く当, 行く積り, 行た, 行ったえ, 行ったかしら, 行ったろう, 行ってたの, 行つたつ, 行つたと, 行つてた, 行つて何を, 行つて来た, 被行, 身を, 逃げたか, 逃げべ, 隠れたか, 隠れて, 飛んだか

1 [507件 抜粋] あずけたか, あたるだらうと, あつら, あなたが, いくにも, いったかね, いったらいい, いって, いつたの, いら, いらし, いらしたン, いらして, いらっしったん, いらっしゃいました, いらっしゃいましたか, いらっしゃいますか, いらっしゃるん, いらっしゃろうと, いらつしつたん, うつされても, おいたそれ, おいでです, おっ走るか, おつ, おまわり, お仕舞い, お出かけだ, お出かけでしょう, お出かけに, お出でかと, お出でだ, お出でで, お出ででした, お出でです, お出でな, お出でなすった, お出でに, お出ましです, お出掛, お出遊ばす, お前は, お勤めしてる, お勤めなさいました, お坐り, お嫁, お客様に, お寝み, お棄, お渡り, お知らせしましょう, お移し, お納めし, お行きやす, お金を, かう急いでるの, かえるやらと, かお出掛け, かお嫁に, かお寺参りにでも, かお忍びではござりませぬか, かけし飛んで, かこの, かゆく, けし飛んで, このひと, この河, ござらつし, ご微行, さして行く, さまよって, しばらく行つて, しまい忘れたか, じゃが余り, すすんで, そして何, その作家, だか, だろう, ちょっと障っ, つづくの, であるかは, です何処, でても, どうして人質, どう散っ, どう旅, どう行っちゃう, どんな家, なくしたっけかな, なにし, なの, なりといらして, なり行きますと, なり行って, のそのそ這い出し, ひろがるの, まいった, まいられた, まいります, まわったの, むかって, もぐり込んだの, もぐり込んで, もつて, やったえ, やっちゃったの, やって, やら出て, やら取除けられ古びた練塀, やら急ぐ藩士, やら消えて, やら遣ッ, やる気だ, ゆくあて, ゆくつもり, ゆくんだい, ゆく何処, ゆく逃げては, ゆけば, ケシ飛ん, ッ, ッて, 一体おいでに, 上りましたか, 下りましたぞの, 世帯を, 今まで, 今時分から, 今頃, 伝はり候や, 住みつくの, 住もうと, 何うそれ, 何の, 何を, 何百反置い, 使いに, 俄かに, 入らしたの, 入らしつた, 入らしッ, 入らつし, 入るか, 入れた, 入ろうと, 出かけたか, 出かけて, 出かけられるか, 出かけること, 出かける気, 出たか, 出たの, 出ましたやら, 出ましたら宜しゅう, 出ます, 出ると, 出るという, 出るに, 出るにも, 出るの, 出るもの, 出掛けたの, 出掛けたんだい, 出掛けて, 出掛けようね, 出掛けるか, 出掛けるの, 出陣する, 到着しよう, 勢ちゃん, 匍い出し, 匿された, 去きますか, 去た, 参った, 参ったこと, 参ったこれ, 参ったであろうか, 参ったらよろしい, 参つたらよろしい, 参らる, 参らるかな, 参らるるか, 参られるの, 参りました, 参りましたかと, 参ります, 参りますので, 参りませう是, 参る, 参ると, 参るにも, 参ろうかなと, 取り行くぞ, 向いて, 向うかと, 向けてとも, 向けますか, 向つて, 吸い込んで, 吸われて, 回つた, 売っても, 売り出さうと, 売り込む当て, 奉公に, 姿を, 嫁いて, 寄りましたかねえ, 寝反, 封じ込まねば, 導くか, 届いたやら, 届けたらいい, 帰ったの, 帰って, 帰りなますの, 帰ります, 帰り車だ, 帰るといふ, 帰るんざま, 帰る了簡, 引つぱつて来, 引越すの, 当ったか, 彼方が, 往かしった, 往かっしゃる, 往きや, 往きやんした, 往くかと, 往くこと, 往くったって, 往くであろうか, 往くという, 往くなに旦那, 往くん, 往く折, 往こうッ, 往っただ, 往ったら逢われよう, 往っち, 往ってる, 往つたつ, 往つたと, 往つたのだらう, 往つたらう, 往つた弥吉イ, 往つても, 打たう, 打つの, 払い落して, 抜けて, 抱いて, 押しこもうとも, 担いで, 担がれて, 振り落し, 振落しましたか, 放り出しても, 散ったか, 散らばつた, 旅する, 旅を, 昇つて行く, 来たって, 案内したら, 案内する, 棄てたか, 棄てたかと, 棄てたもの, 植えろと, 泊ったもの, 泊つたのよ, 泊まるの, 泊りましたい, 泊るかと, 泊るの, 泊るん, 泊るんだい, 泊る積り, 泊ろうと, 流れ去るとも, 消えたかと, 消えるだろう, 溜めて, 潜ったの, 潜り込んだか, 潜んだの, 潜んで, 片附けた, 物と, 産むか, 相談し, 眼を, 私が, 私を, 秘した, 移したかな, 移しまいらせようか, 突き抜けて, 立ち去って, 納まったか, 納まるとも, 紛れこんで, 縁づこうとも, 置いたろうこれ, 置かれて, 置きますか, 置き忘れて, 落ちたらう森, 落ちつくか, 落ちつくの, 落ちようと, 落ちるもの, 落ち着く目的, 落としたか, 落着けて, 葬っても, 蓄めて, 蠢めき去ら, 行かうなどと, 行かう何処, 行かむ, 行かる, 行かれた, 行かれたかと, 行かれましたさ, 行かれるん, 行きけん其影, 行きつくの, 行きて, 行きなさるだね, 行きなさるだよ, 行きなさる当所, 行きなすったの, 行きなすつたの, 行きましたかと, 行きましたこと, 行きましょうぞ, 行きましょうね, 行きます, 行きますかね, 行きませう, 行きませうね, 行きゃがった, 行きゃがったん, 行きや, 行きを, 行きア, 行き着いたか, 行き給, 行き給うぞや, 行くあて, 行くお前, 行くかと, 行くかという, 行くかに, 行くかね, 行くかは, 行くぞい, 行くぞと, 行くだい, 行くっ, 行くであらう, 行くでも, 行くとて, 行くなし, 行くのぢ, 行くのイッタイ, 行くべき, 行くも, 行くもの, 行くんぢ, 行くアテ, 行くン, 行く人, 行く手, 行く提灯, 行く日光, 行く星, 行く時, 行く東, 行く気, 行く汽車, 行く約束, 行けと, 行けないと, 行けば, 行けるもん, 行こうという, 行たか筆やへも, 行ったかは, 行ったこと, 行ったであろうその, 行ったでしょう, 行ったなに友達, 行ったやら, 行ったらいい, 行ったんだい, 行った事, 行っちまったか, 行っちまったの, 行ってた, 行ってたかと, 行ってや, 行っとるの, 行つたかつ, 行つたつておんなじです, 行つたつて気障がられ, 行つたつて相手になんて, 行つたつて駄目だ, 行つたとも, 行つたのかしら, 行つたのかと, 行つたのかな, 行つたのかも, 行つたのだ, 行つたのだらう, 行つたやら, 行つた帰りだ, 行つてどんな, 行つてらし, 行つてらしつた, 行つてる, 行つてゐる, 行つて仕舞ツたらう, 行つて是新聞を, 行つて見, 行つて見よう, 行て, 行のだらう, 行らし, 行らっしった, 行らっしゃる, 行らつ, 行ッていたい, 触ッ, 言ってたん, 誰が, 走って, 越すの, 転任させられる, 輸送する, 辿りつくの, 返したら好い, 返すもの, 迯げようぞ, 追払われるか, 送るの, 送ろうか, 逃げた, 逃げたかなど, 逃げたさあ, 逃げたらいい, 逃げても, 逃げや, 逃げやすか, 逃げよう, 逃げようと, 逃げる, 逃げるん, 逃げ出すかのう, 逃げ込んだん, 通じますな, 通る, 逝ったの, 遁ぐる, 遁げた, 運ばれたの, 運びだ, 運んで, 達するの, 遣ったん, 遣っても, 遣ッ, 附けたらよろしい, 隠くし, 隠さうな, 隠されたの, 隠した, 隠したって, 隠したもの, 隠して, 隠れたかという, 隠れたでしょうか, 隠れたの, 隠れたろう, 隠れ込んだ, 雲が, 預けると, 飛び込んだか, 飛ぶの, 食ひ, 飲みに, 首札を, 駆出して, 駈け出しな, 駕を

▼ 何処~ (1229, 10.5%)

52 あるの 36 あるか 29 いるの 16 ある, 居るの 15 いるか 14 行つても 13 あるかと, あるん 11 いる, いるん, 居るか 10 住んで 9 あるかを, ゐるの 8 居たん, 隠れて 7 住んでも, 何を, 在るか, 行っても 6 いて, 何う, 在る, 在るの, 居る, 居るん, 潜んで, 隠して 5 あらう, いたの, いても, ゐても, ゐるか, 居ても, 居ます, 居ります, 行って, 行つた

4 [13件] あつた, ありますか, ありや, あるかという, あるかは, どうし, どうしていた, 何んな, 在るかと, 寝て, 行くの, 行ったか, 身を

3 [24件] あったか, あつたの, あるかといふ, あるだろうか, あるや, あるやら, あろう, いたんだ, いるだ, さ, もさうし, ゐる, ゐるん, 何うし, 何が, 何処に, 居たの, 居て, 忍んで, 持って, 於ても, 求む可, 移つても, 行つてる

2 [65件] ありましょう, あります, ありませう, ありやと, あり得よう, あるかも, あるだろう, あると, あるんだい, あろうか, いたかという, いらっしゃるの, いるかを, いるだろう, いるだろうと, いると, いるね, いるんだい, おいでなせえました, おるか, こんな暖かい, ござりましょう, ござろう, ごわせう, しましょう, しまつ, しよう, せうそしたら, そんなもの, そんな家, どうしてゐる, どうして居る, ひそんで, ゐたつて, ゐら, ゐるんだい, 住って, 住む者, 去るもの, 向つて, 在ると, 在るや, 如何に, 居たか, 居るかと, 居るぞ, 居るとも, 居るやら, 居るんだい, 求め得よう, 置かれて, 自分が, 蔵され, 蔵つてある, 行きしや, 行く, 行くかと, 行くという, 行くん, 行くんだい, 行こうと, 行ったん, 行つたつ, 連れて, 金を

1 [568件 抜粋] あたるか, あったかと, あったかを, あったっけねえ, あって, あってか, あっても, あつて, あの放縦, あの泥だらけ, あやまりが, あらうが, あらうとも, あらず, ありしかを, ありました, ありましたえ, ありますかと, ありますの, ありまた, あるかが, あるかとか, あること, あるであろう, あるでしょう, あるでしょうか, あるという, あるといふ, あるなどと, あるにも, あるもしや, あるもの, あるもん, あるよりも, ある山, ある山岳, ある蚊帳, あろうぞ, あろうとも, あろうもん, あんなに金, いたか, いたかって, いたかと, いたっけなあ, いたって, いたという, いたとも, いたんだい, いたんだえ, いったら一たい息, いっちゃったん, いのちが, いました, いましょう僕, います, いよう, いら, いらしたの, いらしつたの, いらせられても, いらっしゃいましたか, いらっしゃいますか, いらっしゃること, いらっしゃるん, いらつし, いられるの, いるかと, いるかも, いるぞ, いるもん, いるよ, いる乎, いる小作, いる敵, いる金, おいて, おいで, おかれて, おくべきかといふ, おられるか, おられるかを, おりますか, おるこの, おるぞ, おるやら, おる坊主め, おろうか, おわすか, お出でに, お居, お島, お見出し, お諏訪様, お酒, かくした, かくしてしま, かくれたか, かくれて, かゆく, くつつけ, こういう技法力, こんな烈しい, ございます, ござります, さうし, したもの, しまつて, しょうなあ, しょう思, じゃ, するかは, するの, そういう処, その人, その女, その家, その恐ろしい, その日, その痕迹, その謎, そんな憂色, そんな興味, たって, たづねん, だつて, ついてるん, つれて, てか一度, です, とり極めたもん, どういう糸, どういう風, どういふ, どうしてござろう, どうしてゐるだらう, どうして御座らう, どうして而, どう潜った, どう潜ん, どう行く, どう誰, どこに, どの材木, どれだけの, どんなにし, どんな本, どんな森, どーし, まぎれたの, まれ動き進もう, やすらうも, やつた, やましい点, ゆきけん仮に, ゆくの, われわれの, ゐた, ゐたか, ゐたら安全, ゐて, ゐますか, ゐるかと, ゐるかを, ゐるだらう, ゐるつて, ゐると, ゐるよりも, ゐるらむ, ゐるン, ゐる時, ウロウロし, エ, ドウなった, ランプが, 一つ女らしい, 一つ批点を, 一つ毀れた, 一つ点の, 一つ純金らしい, 一つ表裏が, 一処に, 上陸する, 下駄が, 人生が, 人生に対し, 今いる, 今ごろ咲い, 今居る, 今時損徳も, 他奇, 会う奴, 会が, 伝わった物, 住は, 住まうが, 住まなければ, 住まわせたもの, 住むよう, 住む人間, 住んだつて関, 住んだ時, 住んでるどういう, 何時までに, 何物に, 何者の, 作者の, 価値が, 便所が, 保存し, 光りと, 入らしつたの, 入らっしゃる, 入れて, 其の寝台, 写しても, 出て, 出口が, 到るかは, 到る道, 刻まれて, 割り込んで, 創一つあるで, 務めて, 勤めるでも, 原因が, 去ったか, 去つたか, 去りしか, 参りましても, 又と, 又味方, 口が, 同情などを, 向かって, 向くべき調べられなば, 向って, 向つて奔, 君を, 営んで, 因らずで, 在しますぞ, 在すぞと, 在ったか, 在ったかと, 在りと, 在りましょう, 在りますか, 在りや, 在り何処, 在り如何なる, 在るかを, 在るだろうか, 在るやを, 在るんだい, 在る人, 坐るの, 坐れば, 埋もれて, 売って, 外傷が, 夢が, 女らしくない, 如何なること, 如何月日, 婦人に対して, 嫁った, 存するや, 存在する, 定めたもん, 実つた杏子, 家が, 家を, 寄らなくとも, 寄辺も, 寝たか, 居た, 居たかさえ, 居たかと, 居たつて, 居たはる, 居た人, 居ましたか, 居ますか, 居らっしゃるの, 居らる, 居られても, 居られましたか, 居られまするな, 居られるでしょう, 居られるな, 居りましょうかの, 居りますか, 居りますやら, 居りまするか, 居るお方だい, 居るかしらん, 居るかな, 居るかは, 居るかも, 居るかを, 居るだえ, 居るだらう, 居るだろう, 居るだろうと, 居るって, 居る姉さん, 居る時, 居る者, 居を, 居住し, 屈托した, 己りゃ酔う, 師走の, 帰するであろう, 帰り誰, 幾何の, 建物が, 引籠っ, 当るか, 彼の, 彼れ, 彼女が, 往っても, 徂かむ, 待って, 待ってるの, 待つて, 心が, 忘れて, 怎使つて了ふ, 恋愛の, 悪いこと, 悪いところ, 悪い処, 愛着を, 感情の, 憎い所, 懸つて, 我等の, 戦争が, 打ちとけられないわだかまりが, 拉し去られたの, 拠らず私, 持つて, 持来りし, 故障が, 敵が, 文化人の, 文学が, 於てよりも, 昔の, 晴され, 暗夜が, 暮し何処, 書いて, 最も好く, 有るか, 有るん, 本当の, 果は, 桜が, 棲むの, 棲む鼠, 正しい定命, 此那のが, 求むべきであろう, 求めよう, 求めようか, 泊つたのです, 泊つても, 泊るの, 流れて, 流れ去るの, 消えしと, 消え失せて, 消費し, 消費しよう, 源を, 潜み心, 潜める, 潜んでるん, 火打箱は, 炎え, 焦焦した気味, 特色が, 犬が, 現われるか, 現在の, 現実が, 現実の, 生えて, 生きて, 生き甲斐が, 生れたもの, 画さるべき, 発見せられる, 目的の, 着いて, 知己が, 神代という, 私の, 秘蔵し, 空間の, 立って, 立つ, 立つて, 立つべきであるかという, 立てりや, 節子を, 納涼し, 繃帯を, 置いて, 置かれても, 置きよう, 美の, 羨ましいこと, 義務が, 翻さるべき, 耳を, 聞こうか, 育ち今年何歳, 自分は, 興味が, 芸術的の, 落したか, 落ちたか, 落ちつくの, 落つく我儕, 落着かう, 落着く, 蔵つた, 蔵ひし, 血管が, 行かう, 行かうと, 行かれたか, 行きたる世間, 行くあて, 行くつたつて, 行くと, 行くとても, 行くとも, 行くを, 行けば, 行った, 行ったって, 行ったとて, 行ったの, 行ったやら, 行つたつて有る, 行つたのか, 行つた彼処に, 行つてみ, 行つて居た, 行て, 行と, 被居っしゃいます, 褪せ去ったか, 見える, 見られる雲, 見るでしょうか, 見出されよう, 見出せるので, 見所が, 親より, 解決の, 訴えて, 証拠を, 認むる事が, 誘う風, 誘はれて, 誰が, 謎の, 貯へて, 賢者が, 起ってるの, 越したの, 趣味が, 転が, 逃げたって, 逃げようと, 通報すべきである, 運ぼうと, 限らず行って, 隙洩る, 際限が, 隠したか, 隠すべくも, 隠れても, 隠れられたもの, 隠れ住, 雷神が, 露頭が, 非難が, 頭を, 頼るべき途, 風吹く, 風流街の, 鬼が

▼ 何処~ (804, 6.8%)

20 家でも 18 国でも 14 国に 13 国の 12 人だ 11 者だ 10 誰だ 8 家にも, 者か 7 何という 6 世界に, 国が, 国にも, 家の, 者とも 5 何者とも, 誰が 4 国へ, 家も, 家庭でも, 店も, 紳士かと, 誰とも

3 [13件] お方で, だか, 人です, 何奴だ, 何者だ, 奴だ, 学校へも, 展覧会へも, 店の, 誰か, 隅にも, 馬の骨だ, 馬の骨とも

2 [55件] あたりまでぞ, お方か, お方です, ことか, ことだ, だい, なんという, ものだ, 人, 人かは, 人で, 人間をも, 会社でも, 何某から, 何者である, 何者の, 劇場でも, 博物館にも, 場末にも, 壁にも, 女も, 娘も, 学校でも, 学校へ, 家で, 家に, 家にでも, 家へ, 家よりも, 宿屋でも, 宿屋に, 小屋でも, 山から, 川底も, 店でも, 店にも, 料理屋へ, 村でも, 村も, 横町へ, 港へ, 港を, 猫か, 田舎にも, 窓から, 窓にも, 細道じゃ, 者じゃ, 者だい, 誰と, 誰な, 誰の, 隅々までも, 隅から, 隅に

1 [470件] いかなる素姓, おん婆さんだ, お人, お大尽, お姫様の, お嬢さん, お嬢さんが, お嬢さんた, お嬢さんです, お嬢様か, お子さんと, お宅, お料理, お方でございやす, お湯に, お生れ, お産まれじゃ, お茶屋いも姿見せんように, お邸, かお邸へ, かみさんも, か伯父さん, か店, か座敷, が良い, ことかな, ことだろう, ことも, さうし, そそっかし屋, だ, ですか, どいつが, どいつだ, どいつだか, どいつの, どういう地点, どういう陶土, どなたさまの, どの辺, なんといふ, のろに, は偽物, ひとな, もたいてい, ものじゃと, ものだい, もので, もんだ, も同じ, よりも此, より美味い, カフエーで, ステーシヨンで, テーブルに, ポケットへ, ユダヤ人にも, 一流の, 一隅からも, 七夕祭りを, 三流都市よりも, 下宿へ, 世に, 丘陵地帯を, 主人公か, 交番で, 人か, 人が, 人だい, 人だろう, 人とも, 人手に, 人間だろう, 人間でも, 仏さんに, 代官に, 令嬢でも, 仮寝か, 伊達者だ, 会とまでは, 会へ, 佃煮屋漬物店に, 何う, 何ものを, 何んと, 何んといふ, 何人である, 何人とも, 何号室から, 何奴じゃ, 何奴だったでしょう, 何奴で, 何寺の, 何村と, 何某が, 何某に, 何某の, 何者か, 何者であろう, 使人ぞ, 俗間にも, 停留場にも, 停車場で, 公園の, 出の, 出生なら, 別荘番も, 劇場で, 動物園でも, 勢ぞ, 勢力範囲だ, 区にでも, 医者でも, 医者も, 博賭場で, 原野の, 口から, 古着屋も, 台所でも, 台所へも, 周旋屋へ, 唄と, 唐変木か, 唐草の, 図書館にも, 国々でも, 国かと, 国から, 国だ, 国で, 国と, 国どの, 国にか, 国やら, 国を, 国何処の, 国何時の, 国籍の, 国籍を, 国語か, 土地が, 土地だ, 土地でも, 土地にも, 土工部屋にも, 土産物も, 地へ, 地方にも, 城にも, 城跡へ, 場でも, 塀でも, 墓地で, 売出しの, 大学の, 大尽かと, 大洋の, 天ぷら屋へ, 奥さんだって, 奥さんで, 女だ, 女である, 女でも, 女中でも, 女優だ, 奴か, 如何した, 姫でも, 娘かいナ, 娘かと, 娘が, 娘だ, 娘です, 娘を, 婆アだ, 婚礼にも, 嫁が, 嫁にも, 子じゃと, 子だ, 子だい, 子でも, 子も, 子人の, 子供だ, 子供でも, 子供も, 子女よりも, 学府でも, 学校だ, 学校で, 学校に, 学校にも, 学校や, 学校を, 学校出られた, 宅だって, 室から, 室に, 室の, 家だ, 家でだって, 家にだって, 家のより, 家の子か, 家は, 家人, 家庭にも, 宿で, 宿であった, 宿屋で, 寝台も, 寮だ, 寺でも, 寺の, 小屋にも, 小説欄に, 屋敷でも, 屋根瓦も, 山だ, 山で, 山にも, 山の, 山の端で, 山村も, 山猿かしら, 山辺に, 山野の, 峡で, 島からとも, 島へ, 島も, 川口でも, 川通りだって, 巡礼さんか, 巣に, 工場でも, 差配人さんへ, 市でも, 帰りさ, 帰りだった, 幽谷に, 店を, 座敷に, 役人にも, 役人に対しても, 役者な, 御新造だろう, 御方かは, 御穴, 戸を, 所か, 所だ, 所に, 扉も, 捨小船にも, 支店詰と, 教会に, 文学にも, 料理です, 料理は, 料理店で, 新造が, 方から, 方です, 方とも, 旅の, 旅籠屋にも, 旅館に, 旦那さんも, 早馬か, 景色か, 木の, 本屋でも, 本屋にても, 杏が, 村, 村にも, 村へ, 村方には, 林に, 果か, 果なりとも, 果に, 柿も, 柿より, 校長でも, 棚に, 森の, 植物かと, 業平なり, 極でも, 樹木にも, 武士どもか, 水で, 水源から, 河いず, 津より, 活動小屋にも, 流しへでも, 流れにか, 流行かと, 浜にでも, 浦辺からとも, 海で, 海辺へでも, 涯にも, 深山から, 渓谷も, 渚にも, 渡船も, 港だ, 港に, 漁師だ, 漁師でも, 火の見が, 無線局である, 燈だろう, 片隅か, 牛肉屋が, 牢屋へ, 物です, 物置でも, 犠牲に, 犬なれ, 犬やら, 犬殿にて, 獄に, 王様が, 王様でも, 玩具屋でも, 玩具屋にも, 珈琲店にも, 生れだ, 生れの, 産かと, 産だらう, 産で, 産地の, 田舎の, 男とも, 町, 町でも, 町とも, 町に, 町にも, 町まで, 画家でも, 留置場でも, 畠のと, 異人めも, 病舎に, 病院が, 療養所でも, 監獄にても, 社でも, 社会でも, 神が, 神だ, 神は, 神社にも, 秘蔵でも, 称呼であろう, 穴から, 空に, 空へ, 窓誰が, 竜宮へ, 素浪人か, 細君だつた, 細君連も, 細道じゃも, 組で, 組の, 縁台も, 縁日だ, 美しい方, 者かしらと, 者ぞ, 者です, 者と, 者にて, 肉でも, 舞ひもが, 舞台で, 舞台でも, 芝居でも, 芝居の, 花だ, 茶の間でも, 茶屋でも, 藩だろう, 藩でも, 藩中である, 藷畑だ, 蜜柑山の, 街である, 街の, 親でも, 親方さんか, 言葉か, 言葉だ, 言葉でしょう, 託児所も, 記憶か, 誰かといふ, 誰から, 誰じゃ, 誰ぞ, 誰ぞとも, 誰だって, 誰だろう, 誰であろう, 誰でございます, 誰でござる, 誰です, 誰という, 誰といふ, 誰ならん, 誰れ, 誰れじゃ, 踊子も, 軍隊ぐらいの, 農家から, 辺りか, 辻の, 辻馬車の, 通りを, 造船所で, 連中だ, 遊郭にも, 道具屋で, 道路だって, 部屋から, 郵便局で, 郵便局でも, 都会でも, 都会にも, 酒場でも, 酒場も, 酒屋が, 野べ, 野末にも, 野路を, 野郎だ, 鉄道線で, 鍛冶屋で, 長屋にも, 門でも, 門も, 防ぎも, 隅にまでも, 雑誌か, 雑誌だって, 雑誌へも, 雑誌店でも, 雑誌社で, 雲間に, 靴屋にも, 領主でも, 風呂屋も, 飼犬でも, 馬の, 馬の骨か, 駅に, 高等女学校へ, 高貴の, 髪結さんが, 鮎が, 黒髪山か

▼ 何処~ (797, 6.8%)

12 遠くの 6 他の, 遠くへ 5 似て, 山の 4 その辺, 外へ, 近くの 3 この辺, 心の, 新鮮な, 田舎の, 農家らしい, 遊びに, 違って, 遠いところ

2 [53件] お心当り, きりりとし, このあたり, すぐ近く, そこへ, そのあたり, ほかで, リヽーだけが, 不安な, 不思議な, 京都の, 人の, 人を, 人目に, 休む処, 似たよう, 凉しい, 分らぬ舞台, 別の, 可笑味, 外で, 外に, 女性的な, 彼方の, 恁う, 悪いの, 悪いん, 手近の, 打ち所が, 斯う, 曖昧に, 東洋的な, 此の, 涯しらぬ, 滑稽な, 獅子を, 田舎へ, 知らない遠い, 知らぬところ, 行きそう, 見覚えの, 訳の, 貴族的な, 近くから, 逼らない, 違う, 遠くで, 遠方の, 遠方へ, 間の, 隙間が, 静かな, 高いところ

1 [621件 抜粋] あかるい空, あどけないところ, あの柳, あるかしら, あんな所, あんまり遠く, いいどこ, いんさん, ええ処, えお出で, おせい, おどおどし, おどけたところ, お上の, お前の, お加減, お寺の, お竜ちゃん, お花, お遊さん, かたくなっ, かなり深い, くすぐられるよう, こう正太さん, この付近, この先きの方, この地上, この晴れ渡った, この近所, これから半夜, ごつい東国武士, さびしげ, さびしそう, さみしいが, しっとりした, しゆ, ずっと此, ずらかったも, そう思わせない, だ, だだッ児, ちがった響, ちがって, ちょっと気, であったろうと, であると, である街, であろうと, でこほろぎ, でした, でして, でしー, ところを, どっしりしてる, のと, のんびりと, ひと所ぐらゐ褒めた, へすッ, ほかな, まだ悪い, もっと山, もらって, やさしい女らしい所, やや広々と, ゆっくり遊び, よく似, よその, よぼよぼし, わからないところ, わきの, アルフレッド大王に, イイ処, イギリス臭い, インチキな, ケーベルさんと, コセコセし, サッパリした, ジョン, ソコラの, デスペレートな, ナポレオンの, ピンと, プロヴァンスや, ホテルで, 一つ共通でない, 一ヶ所隙を, 一ヶ所雨戸の, 一個所を, 一処に, 一徹らしい, 一方に, 一方を, 一本筋に, 一番高い, 一箇処男性の, 一緒に, 一脈の, 一角から, 一間借り, 丈夫な, 三吉には, 三畳の, 上品な, 上等の, 下宿へ, 下萌, 不合理な, 不審な, 不快の, 不快のか, 世界の, 丘の, 中流以上の, 事務的な, 人品が, 人気の, 人知れぬ, 人間離れが, 今日の, 他に, 他へ, 他出した, 以前の, 仮衣, 休所の, 似たところ, 似たやう, 似よりを, 似通うた戦争, 似通って, 低能らしい, 体の, 余悠の, 作家でなけれ, 作法の, 使つて遣つ, 侍屋敷へ, 便所は, 俤の, 倅の, 傷は, 僕の, 優しく何処, 兇暴な, 兵営での, 其の円天井, 其れ, 其処らに, 其処らの, 其処等に, 其辺まで, 冷たい大気, 冷たい所, 冷たい理性家, 冷徹な, 分らない山, 判然しない, 別な, 力が, 加減が, 卑しいところ, 南の, 危い, 厭味の, 取り着きにくい, 古い画巻, 古京の, 可愛げ, 同人雑誌でも, 向ふ, 呉服屋でも, 呑気な, 商人らしく撮れ, 商人風の, 商店の, 囚はれ, 国なまりの, 国訛の, 土地を, 執拗れてる, 塩を, 売り口を, 売れ口でも, 壺に, 外から, 外の, 多分西, 夢を, 大いなる蝙蝠, 大店, 大陸に, 天道を, 奥の, 女と, 女らしい点, 女らしい答ぶり, 好い貰い手, 姿が, 嫁いて, 孔でも, 学校にでも, 安い間, 室の, 家が, 宿を, 寂しいエゴイズム, 寂しい町, 寂しそう, 寂然として, 尊敬され, 小さな町, 小意気に, 小春に, 少し足りない, 少し遠い, 居る処, 屈託あり, 山へでも, 山蔭の, 山陰あたりの, 岡場所に, 岩の, 幇間に, 平凡の, 平日とは, 幼顔に, 床しい処, 底に, 廊下で, 弁じがたし, 弛んで, 弱くて, 強い決心, 役所か, 彼自身の, 往って, 往時の, 待合か, 後の, 微かに, 徳川御三家の, 心当りは, 必ず曲つて, 快活な, 思ひあ, 急いた調子, 性に, 怪我を, 怪我アせん, 怯が, 悪いところ, 悪い処, 悪い所, 悪かった, 愉しくない, 愛嬌ぶ, 成島柳北の, 我々に, 戸じ, 戸閉り, 手堅い真面目, 手強くつっぱねる, 手近な, 技振りの, 折り合, 折目の, 抜けて, 押し潰されたよう, 挙動が, 捜して, 捨鉢な, 教えてたも, 教師の, 散歩からでも, 敬之進に, 新しい桃, 方角も, 旅行が, 旅行した, 日本人離れの, 旨い口, 昂奮したらしい, 明るい所, 明るい花やか, 春らしい, 是から, 時も, 晴々と, 暢びりと, 東京へでも, 東北訛りの, 東洋種らしい, 林の, 柔らかさ, 柳島の, 格好な, 極倹約, 様子が, 様子に, 歓楽の, 正直な, 此国の, 此方のと, 歩いて, 毛の, 毛むくじゃらな, 気が, 気に入らぬ節, 気性の, 気持悪しけれ, 気楽な, 気高いよう, 江戸の, 江戸前な, 沈んだやう, 河の, 洒落な, 流行に, 浅草田圃の, 浮かれ気味, 浮腰で, 淋しい声, 淋しい所, 淋しそう, 清涼な, 温い気分, 温泉の, 温泉へでも, 温泉宿で, 演奏旅行の, 漢文的口調の, 濁りの, 火の, 無愛相, 無茶苦茶に, 焼け出され金持, 爺さんの, 物哀しく, 物陰に, 特徴の, 狡い賢さ, 猛烈な, 瑞西の, 生一本な, 生活の, 生理的にも, 用事の, 田園の, 田舎娘らしい, 町はずれに, 異国の, 異状が, 畸形的な, 病身らしい, 痛みは, 登り口は, 登る所, 白紙の, 眼の, 矛盾が, 知ってる所, 知らせて, 知らないが, 知らない遠く, 知らない霊界, 知らに, 知らぬ古, 知らんが, 知らパツ, 知ら脱, 知れない処, 知れない所, 知れぬ処, 知合いの, 破れたよう, 確かな, 神経質な, 私の, 穢多, 空の, 空気の, 空虚な, 突かかる, 笑いに, 筋肉が, 粘土質の, 精悍な, 素人じみた罷, 紺碧の, 絶えずおどおどし, 絶海の, 緊張し, 緋や, 縁が, 置き忘れたよう, 老成の, 聞き覚えの, 肉の, 肌合が, 胸の, 脾腹でも, 腺病質な, 自動車俥宿は, 自由を, 良い所, 良い穴, 良くなっ, 艶めいたす, 苛ら苛らと, 若々しい独創的, 苦しいの, 茶屋へでも, 荷物の, 落付か, 落着い, 落着いた, 蒼みのある, 薄弱な, 薄明い, 薄明り, 虚を, 行くところ, 行く先は, 行く先を, 行く所, 行っちまったと, 裏通りの, 西洋人臭く, 見えない所, 見えない木立, 見えない枝, 見たこと, 見当の, 見物に, 見覚えて, 見馴れない所, 言いたいこと, 計画的に, 訪問し, 誰かに, 誰も, 豁然と, 赤い沓下, 趣向だ, 足りない, 身体の, 辺陬の, 辻褄の, 近まわり, 近代的で, 近処, 近在へ, 近所に, 途中にでも, 這入りいい, 道路の, 違うでは, 違った物質, 遜って, 遠い停車場, 遠い処, 遠い奥, 遠い所, 遠い海, 遠い見えない, 遠くない, 遠方で, 遠方を, 遠足へでも, 遥かな, 邸の, 郊外の, 郊外へ, 鄙びて, 酒の, 酒場にでも, 野放しの, 釘が, 閑散として, 間延の, 阿蘭陀の, 降りる道, 隠し切れない人, 隠れた性格, 隠れ場所は, 雄大で, 離坐, 雲を, 電気が, 非凡な, 預けるところ, 頭の, 頼もし気, 飛び越えて, 首でない, 高い山, 高原の, 高張でも, 黒いよう, 齲んだ

▼ 何処までも~ (655, 5.6%)

21 何処までも 8 続いて, 自己自身を 6 自己自身の 5 かかる立場, 真直に, 自分の, 超越的なる 4 それを, 歩いて 3 ついて, つづいて, 作られたもの, 我々に, 相反する, 私達を, 続くの

2 [34件] 一と, 一直線に, 他を, 個物として, 個物的であり, 個物的として, 対立する, 恁うし, 我々の, 押し通して, 晴れ続いて, 正直な, 此処から, 気に, 決定せられた, 沢を, 物質的生産的でなけれ, 皮肉に, 直観的に, 相互否定的に, 真直ぐに, 矛盾的自己同一的に, 私が, 自分を, 自己に, 自己矛盾的に, 行為的直観的に, 表現作用的に, 表現的に, 論理的でなけれ, 論理的に, 責任を, 過去と, 隠して

1 [495件] あの女, あの日, あるいて, いけない, うねうね登っ, おとさぬやう, おどけて, おらの, おらを, お亡くなり, お人柄, お供を, お供申し, お俊, お前亭主と, お嬢様を, お目出度い, お関, お附き申し, かかる世界, かかる方向, がらくたである, がんせん, きみは, こ, こいつで, この世界, この純, これに, これを, さばけたる人, じみに, するすると, ずうずうしく, ずうずうしゅう芝居, ずうと, そいつは, そう云い張る, そう思わし, そのまま歩き続けたい, その不屈, その中, その物, その独逸建築, その男, その精神, その解釈, それが, それぞれの, ちぢれて, つづく山路, ひと足ずつ, ひら, ぶっきらぼうで, ぶつかって, ほり抜くと, もくもくと逼, やるん, ゆく少し, ゆっくり歩い, よく出来, アイヌだ, イデヤ的形成的という, ウロウロ従い, ウ親を, エゴイストである, クラン・マッキンタイア号の, ズット伸ばす, ズンズン歩い, デカルト的でなけれ, フランス流の, ポイエシス的に, ミトス的に, 一しょに, 一つものとは, 一である, 一人で, 一度的なる, 一緒に, 三人が, 三人の, 下ること, 不徹底である, 不思議に, 不浄取りが, 与えられたもの, 世界史的使命を, 主体が, 主体と, 主張を, 主語的なる, 之を, 乗って, 事件の, 二であっ, 二人だ, 二人で, 云ひ募ります, 云わんで, 云わんと, 人を, 人工の, 人格が, 人格的自己として, 人生の, 人間的な, 今まで, 他人を, 付いて, 付き纏って, 付き纏つて来る, 仙波の, 伯父や, 伴いて, 伸して, 何処まで, 何時までも, 何時間も, 余所余所し, 作った顔, 俳句としての, 個人的自己として, 個物と, 倹約しろ, 健康らしく, 優しいところ, 優しく尋ねた, 全体的一の, 公明正大なる, 公武合体で, 共同だ, 共同の, 其の後, 内なる, 内に, 冷かしてか, 冷やかに, 凝乎, 出ないので, 切れずに, 切れないの, 利口に, 利己的である, 剛情を, 創造的である, 創造的という, 劇に, 助けようと, 努力出来る, 動き行く, 動揺的である, 勝利者である, 化学的物理的現象に, 十七字の, 十八世紀の, 参りますから, 友誼を以て, 友誼的に, 反対申しあげね, 反撥した, 叔母の, 可愛く思う, 各自に, 合目的的世界たるを, 否定的分析という, 否定的実在と, 否定的自覚自覚的分析である, 否定的自覚自覚的分析でなけれ, 吹き飛ばされて, 吾人は, 品の, 品物を, 囚われて, 声の, 変らぬ, 外国人で, 多から一, 多である, 多と, 多の, 夢です, 夢の, 大である, 大原の, 天保時代の, 夫を, 奇麗にて, 女たれ, 女房を, 奴隷的な, 好きなり, 妥当性が, 委しく読まなく, 嫌ひなり, 子供らしい, 定見の, 実に信頼, 密会者で, 対立的である, 対等に, 将来の, 小説の, 少女歌劇と, 尾い, 尾けて, 届け出ますじゃ, 層に, 川に, 川田の, 市岡に, 師匠の, 幕府の, 平和の, 平行し, 引き寄せて, 引絡ん, 引込んで, 弟子として, 弱々しくそんな, 弱い涙, 弱い者, 強情を, 強気に, 強硬に, 当為的である, 当為的でなけれ, 形成作用的である, 形成的である, 彼の, 彼らしい, 彼を, 彼女は, 彼奴ら二人に, 彼等の, 彼自身である, 復讎し, 循環的の, 徹りそう, 徹底せる, 徹底的に, 心が, 必要だ, 忠ならん, 快活な, 怪美人を, 恋の, 悪い然し, 悪るいさ, 情け深そう, 情を, 惨苦です, 意地を, 意識的である, 愛の, 慎しみ深く, 慾望を, 我々に対する, 我々を, 我が日本, 我儘通し, 我国体の, 我田へ, 打通さなけれ, 技術的と, 抽象論理を, 拡がって, 拡って, 挑戦的に, 支那を, 放浪の, 政治の, 教養で, 敬語として, 新しいかと, 旅の, 日本文化の, 旦那から, 旦那を, 旧通り, 映されたもの, 時間的な, 普通の, 書籍を, 服従すべき, 本当に表現, 本気さ, 検べ, 横着な, 欲求的である, 止まず研究, 止まない, 正太は, 此の, 此水でございませう, 歴史的に, 歴史的自然の, 歴史的行為として, 死を, 殊勝気に, 母だ, 民族と, 気を, 汝が, 泡鳴式にと, 注意しなきゃいけません, 活きたる人間, 流れの, 涙で, 深く国体, 深く概念的, 深く研究, 深く通っ, 添い遂げるという, 清らかで, 温順しく, 澄んだ蒼穹, 無限進行でなけれ, 爾考えられる, 物に, 物惜みなされ, 犯人は, 犯罪だ, 独立的たる, 独立的に, 現在に, 現在において, 現在の, 理髪師らしくない, 生前の, 生命の, 生家の, 生粋の, 田舎らしき, 田舎書生の, 男たれ, 疑が, 疑問を, 登って, 登り詰めよう針ノ木峠, 登ると, 登るの, 白っぱくれ, 百姓を, 相対立, 相手に, 相手を, 真っすぐに, 真つ, 真を, 真剣さと, 真剣らしい, 真実な, 真清無垢として, 真逆様に, 矛盾を, 矛盾的に, 矛盾的自己同一的現在として, 知らぬ分, 知らぬ顔で, 知るという, 確めて, 社交的性質の, 社会的という, 私たちを, 私は, 私を, 秘密じみ, 秘密に, 種的形成であり, 穏やかで, 空間的であり, 突きつめて, 符号的に, 粂之助様と, 純日本式, 細で, 結び附くもの, 絶やさないよう, 絶対現在的であれ, 絶対矛盾的自己同一として, 絶対矛盾的自己同一的世界の, 絶対矛盾的自己同一的現在においての, 続いた, 続いてるレール, 続いで, 続きます, 続く砂, 続ける, 総司様の, 縋って, 纏りつい, 美しい親子, 羽を, 職人的で, 能働的と, 自分だけは, 自分と, 自分という, 自己によって, 自己の, 自己中心である, 自己否定によって, 自己本位の, 自己矛盾的である, 自我の, 自由の, 自由競争の, 至純だった, 芸術と, 若立役, 草を, 蘆原で, 虚偽の, 虫っけ, 行かうと, 行きたま, 行きやしないから, 行くなら川, 行くの, 行って, 行つた, 行儀よく, 表現作用的形成の, 表現的であり, 表現的という, 見るからに, 見失わないよう, 見渡される広い, 覚えは, 観なり然, 言語の, 討たんければ, 詫びて, 詮索せぬ, 詮議を, 誠実であり, 論理性を, 論理的である, 論理的という, 謙譲で, 謹恪で, 豊島屋で, 責任を以て, 買物等を, 質素な, 走って, 走つて, 超越的一に対するという, 超身体的, 路幅の, 蹤い, 身に, 転がって, 辿って, 追うよう, 追って行った, 追っ駈け廻す積り, 追つかけ, 追つかける, 追つて, 追究される, 追究し, 追駈け, 退屈な, 送らせる, 送らんと, 通さうと, 通じて, 連れて, 過去から, 過去が, 遠く遍歴, 遠慮深くおとなしく, 遡ること, 遣るの, 遣る覚悟, 長々と列, 長く滝, 開かないで, 陳べて, 随い, 隠居を, 集団的で, 離縁を, 雪の, 雲や, 電話で, 面白そう, 頑張って, 頸を, 頼りに, 飛べる発明, 馳せ参ずる所存, 駈引, 高く踏ん

▼ 何処かへ~ (553, 4.7%)

46 行って 18 出て, 消えて 11 逃げて 10 姿を 9 飛んで 7 行つ, 連れて 6 出かけて, 往って, 遊びに 5 持って, 消え失せて, 置き忘れて 4 飛び去って 3 出掛けて, 往った, 行かうと, 行くの, 行こうと, 行ったの, 行つてし, 隠れて, 駈けて

2 [23件] お嫁, かくれて, かなぐり捨てて, なくして, ひそかに, 伴れ, 何処か, 出かけるの, 出掛けるの, 影を, 持つて, 立ち去った, 立ち去って, 落して, 行きたい, 行きましたか, 行くん, 行つてしまつたのが, 越して, 身を, 逐電し, 運命の, 隠して

1 [317件] あの可愛らしい, いって, いつて, いなくなって, いらつし, お伴を, お使い, お出かけ, お出かけかね, お出でなすった, お出なさる, お出掛, お出掛け, お出掛けなさる, お寄り, お廻り, お立寄, お送りなすった, お金の, くれて, ぐれ込むつもり, けし飛んでしまつた, このま, ころがして, ころがり消えて, しまうだろう, それを, ちょっと旅行, でかけるん, とおく落ちのび, とびだして, なくな, ぬけ出して, はいって, はぐれて, はね飛ばされて, ふうわりと, ふっ飛んで, ぷいと姿, もう縁談, やって, やり法被姿, 一人で, 一寸飲み, 一晩泊る, 上陸し, 世話し, 今出ようとして, 休もうじゃ, 住み込みで, 何か, 使いに, 使に, 俺を, 入らうよ, 入れて, 入寇の, 出かけたいと, 出かけたかった, 出かけたん, 出かけたんぢ, 出かけた後, 出かけちまったら困るからね, 出かけませう, 出かけようと, 出かけようという, 出かけられる御, 出かけるつもり, 出かけるところ, 出かけるん, 出られたの, 出口を, 出奔し, 出張なさる, 出掛けたと, 出掛けちやつたん, 出掛けました, 出掛けよう, 出掛けようとして, 出掛けるつもりぢ, 出掛けると, 出掛けるところ, 分れる乗り, 別家を, 匿した, 去って, 去つたが, 参らなければ, 参詣に, 向けて, 向つて歩, 吸い込まれて, 吸い込まれるよう, 吹き払って, 吹き飛, 吹き飛ばされて, 吹き飛んでしまつて, 吹飛され, 坐って, 場所を, 売り込もうと, 外出するらしい, 夜逃げし, 夜連出し, 失せて, 奉公する, 奉公でも, 奪われて, 女か, 女郎買に, 嫁に, 寄って, 寄ろうと, 封じて, 店ごとそっくり, 廻ったこと, 廻るん, 引っ張って, 引っ掛けて, 引っ越して, 引つぱつて行つて, 引ッ掛っ, 引上げて, 引籠った, 引越したいと, 引越して, 当りましたかな, 彼女を, 往くぞ, 往けなんて, 徃って, 御避暑, 急いで, 手を, 手紙を, 打棄ら, 抜け穴に, 抱いたよう, 押しつけ様押しつけ様と, 押し隠したい心, 押流され, 担いで, 担われて, 招かれたという, 招かれるの, 振り落し, 捌け口を, 捨てて, 掲載し, 攫って, 散じて, 散って, 旅に, 旅立ったもの, 旅行しよう, 旅行中の, 暫く転地, 書き入れようと, 案内する, 棄て, 棄てて, 棄てましたよ, 没し去って, 泊つたんです, 流れついて, 流れつくまでは, 流れて, 浮気に, 消えちまう時, 消えるとでも, 消え失せ余, 消し飛んで, 漂浪し, 無くして, 片付けます, 片附け, 用達しに, 申し合わせたよう, 発散し, 直ぐに, 着いたの, 知らせに, 破れ草鞋の, 移さなくっちゃ, 移さなくつちや, 移したこと, 移して, 移ったので, 移って, 移っても, 移らねば, 移るつもり, 移ろうじゃ, 移住させる, 移動する, 突抜けて, 突走れ, 立ち退いて, 立ち退く算段, 立って, 立つて, 立去った, 立去つた, 紛れ込んで, 続いて, 緑いろ, 縁づくと, 縁付いたこと, 置忘れられた, 翔け去って, 脱ぎすて, 落として, 行かうそれ, 行かうよ, 行かう腹, 行かなければ, 行かねば, 行きさ, 行きしばらく, 行きそう, 行きたいと, 行きたいなんて, 行きたいの, 行きたかったが, 行きたかつた, 行きましょうか, 行きましょうと, 行きませんか, 行き度, 行くか, 行くこと, 行くだろう己ンとこ, 行くで, 行くと, 行く汽車, 行く義務, 行く途中, 行こう, 行った, 行ったじゃ, 行ったので, 行ったまま, 行っちま, 行っても, 行つたぢや, 行つちまつた, 行つていらつ, 行つてしまつ, 行つてしまつた, 行つてしまつたと, 行つてしまつたのよ, 行つてしまつた一ツ端忙しい, 行つてしまは, 行つてしまへ, 行つて了ひたい様な, 行つて仕舞つた, 行つて居た, 行つて見えない, 行らつ, 行方を, 行方知れず, 要領よく, 見えなくな, 見えなくなつ, 誘って, 貸した際紛失, 走った, 走って, 越しましょう, 越年の, 転地させた, 転地なさる, 辿り着くの, 退いた後, 逃がしでも, 逃げこんだらしいさ, 逃げたくなるの, 逃げたよ, 逃げちまわア, 逃げでも, 逃げやがったの, 逃げる積り, 逃げ出して, 逃げ出す支度, 逃げ去ったが, 逃げ去って, 逃げ道を, 逃亡し, 逃出した, 逃避したい, 連れ去られたか, 連去られね, 遊びにでも, 運び去られるの, 運んで, 遠退い, 避暑に, 避難しよう, 酒でも, 金を, 隠いてしも, 隠くし, 隠れでも, 隠れねば, 難を, 頭痛が, 飛び上ったと, 飛び出して, 飛び去ったもの, 飛び去ったよう, 飛び去つて, 飛び去りました, 飛び散ったの, 食べに, 飲みに, 駈け出して, 駈け散らかって

▼ 何処から~ (497, 4.2%)

17 来たの 15 出て 13 来て 11 来たか, 来るの 10 持って, 見ても 9 来たん 8 何処まで 7 来るか, 飛んで 5 何処へ, 何処までが, 入って, 手を, 来た 4 聞いて, 這入って 3 かじっと, やつて, 何うし, 出や, 来たもの, 来た人, 来るとも, 連れて

2 [16件] お客が, かお麗さんを, きて, だか, でも, 何処と, 入るん, 出たもの, 吹き込んだか, 手に, 来る, 来るかと, 渡って, 生じたもの, 生れると, 産まれたの

1 [290件] あの峰, あんなに凄まじい, あんな文句, あんな本物, いつどう東, いつの間にはいっ, いらっしゃいましただの, おいで, お招き, お聞き, お聞きつけ, お買, お買い, かお小言が, かかうお前, かかるの, かした, か黒い雲, きこえて, きたか, きたかなどと, くるの, このごみごみ, この光り, この石, これを, これ程の, こんな街, こんな袋, さし込んで, した, そいつを, その沼, その石, その美し, その鍵, そんなこと, そんなもの, そんな立派, そんな金, そんな魔法, だという, でしょう, とりよせたか, どうしてい, どうして来た, どうして聞き出した, どうつい, どうめぐっ, どう入っ, どう御, どう抜け出した, どう押し, どう生れる, どこまで, なん, ひとり出, まいりましたので, もれたもの, や, やって来たん, 一揆の, 上ったもん, 上っても, 下りて, 不浄に, 云つても, 伝ったか, 伝わったか, 伝わって, 伸びたか, 何う, 何と, 何を, 何んな, 何処に, 何処までも, 何処位ゐ, 何故に, 何時の間に, 何時の間には, 使者が, 借りて, 僕の, 先は, 入った, 入ったか, 入ったかの, 入ったの, 入つて, 入りましょう, 入れるんだい, 入国した, 其様に, 出して, 出すとも, 出す積, 出たか, 出たかと, 出たかを, 出ただ, 出たろう, 出たん, 出た乞食, 出た事, 出た爆薬, 出た私ア, 出た話, 出てると, 出ますか, 出る, 出るか, 出るかと, 出るの, 出る声, 切込んでも, 割り出したん, 割出して, 勾引し, 取って, 取り出したの, 取り込んで, 取付て, 取出して, 取寄せた肉, 吹いて, 吹く風, 呼ばうと, 呼んだ湯島, 塵埃と, 如何し, 如何に詠み出すべき, 始まったか, 嫁を, 射すとも, 尾い, 工面し, 工面した, 差込ん, 帰つて来た, 常識が, 得たか, 得たであらうか, 得た資本, 得て, 得来る, 忍び込んだ, 忍び込んだか, 怎歩いた, 我がロシア帝国, 或ひ, 戻つて, 手の, 手紙が, 持つて, 持て来る, 探し出したか, 推量した, 撃ったかという, 攫って, 散ったか, 散つたか, 旅費が, 昇るん, 春の, 書いて, 来たかと, 来たかという, 来たかは, 来ただね, 来たと, 来たとも, 来たのう, 来たので, 来たもん, 来たんで, 来た新しい, 来た案山子野郎だい, 来ても, 来なすった, 来ました, 来り如何, 来るえ, 来るかについて, 来るかの, 来るので, 来るん, 来る何物, 来る光, 来る其の, 此の, 此の方を, 洩れたか, 流れた, 流れて, 清浄に, 湧いて, 湧き出づるのか, 滑り落ちたか, 潜りこんで, 火が, 焼け始まって, 現れたかしら, 現れた何, 現れた風来坊だい, 現れて, 現れるもの, 現われたか, 現われたの, 生じるの, 生れたか, 生れたかと, 生れて, 生れる, 生れるかと, 生れるので, 発散し, 発生し, 眺めても, 知れても, 私は, 種が, 筆着け, 考へられよう, 聞いたか, 聞いたん, 聞えるの, 聞き込んで, 脱ける, 自立的な, 臭つて来る, 舞い込んで, 舞って, 舟を, 行くかと, 行ったという, 襲つて来た, 見えられたの, 見て, 見るに, 読みは, 読みはじめて, 誰が, 誰に, 貰うの, 貰ったの, 貰つて来る, 買って, 買入れたか, 起こり又, 起って, 起つて, 起り何処, 迷い込んだか, 迷って, 迷ひこんだ, 迷ひ込ん, 迷込んだ, 送って, 逃げますか, 逃げようかと, 這い上がるとも, 這入った, 這入ったか, 這入ったらよう, 這入ったろう何しろ, 這入った此奴め, 這入った締り, 這入りました, 這入りました家尻, 這入りや, 這入るか, 通つてゐる, 運び入れるの, 金を, 鍵を, 附届を, 集まって, 集めて, 響く音, 飛び出して, 飛び出すかに注目, 飛出したか, 飛込んだらつん流されべ, 食う物, 養つて来る, 駆落して, 駒込から, 魚を, 齎して

▼ 何処にも~ (483, 4.1%)

25 ない 15 見えなかった 8 ないの 6 なかった 5 なかつた, 見当らなかった 4 それらしい, 見えない, 見えなかつた, 見出すこと 3 ありません, ある, あるまい, ある事, ないよう, ない筈, ゐない, 見えません, 見出されないの

2 [28件] ありは, その姿, ないから, ないと, 偽りの, 傷らしい, 勤めて, 姿が, 彼女の, 持って, 書いてない, 書いてなかった, 無い様, 異状が, 砂なんか, 私たちの, 致命傷らしい, 荘田と, 落ちて, 行かないで, 見られない, 見られなかった, 見出されなかつた, 見当らなかったので, 見当らなかつた, 認め得ない, 起って, 黥の

1 [320件] あたいの, あって, ありそう, ありますまい, ありやしないから, ありよう, あり得ない, あるからと, あること, あると, あるという, あるといふ, あるまいと, あるよう, ある必ず, ある筈, ある金線蛙, いそう, いない, いないの, いないもしくは, いないん, いなかった, いらつし, いる処, おられん, おるまい, おビール, お種, かくにも, ここにも, これという, これに, ころがって, こわれた跡, すべて行きわたらない, そう云う, その, その廃墟, その踪跡, その面影, それを, そんな所, そんな章句, そんな花, そんな高, ちょっと見当らない, つながりを, どこにも, ないかの, ないこと, ないぢ, ないであろう, ないとしても, ないやう, ない情緒, なくなって, なく人影一つ, なく研究, なささうだ, なさそう, なし, はしょらずテーマ, はつきり痕を, ひけは, まいりは, みえない, みせない一種, みること, ゆくところ, よくある, わたしが, ゐて, ゐないの, ゐないゐなくな, ゐなくなつ, ゐぬと, ゐら, ゐるとは, ゐるもの, アクセントが, イデオロギーも, イヴが, ミスルトウの, レコードに, 上下の, 与えて, 丑松の, 丸鑿を, 争う二, 云って, 人が, 人の, 人らしい, 人影が, 人影の, 人影は, 住んだこと, 何も, 何物にも, 余り好い, 余病は, 作者の, 傷が, 傷の, 入れられないの, 入れること, 其に, 具体的に, 出かけなくったって, 出さない方, 出なかつた, 出ること, 出掛けないと, 切り込む隙, 力の, 博士の, 又と, 反響しなかつた, 吐く処, 否点を, 四五人ずつ, 在りゃせん, 地球を, 壮美が, 変った点, 夏の, 大晦日の, 大阪には, 女は, 子供の, 存しない, 存在しない, 存在し得ない, 存在する, 安住出来ず, 安南王, 完本は, 実現されない, 宵の, 家財を, 宿り何処, 尋ねられどんな, 居ず誰, 居つたの, 居ないし, 居ないでは, 居ないの, 居ないので, 居なかった, 居ませんよ, 居らんので, 居りませんが, 居る, 山に, 左様な, 平素と, 広がる太陽, 延びて, 影は, 彼が, 彼の, 彼女は, 往かないで, 得られないま, 思い出されない, 怪しい点, 怪我らしき, 怯えた気色, 恰好な, 感じられない, 感じられ人, 感ぜられない, 憎い処, 成立し, 手応えが, 手掛りが, 手落は, 持運びは, 挙げて, 掛つては, 揃ったもの, 救いを, 日が, 明記してない, 普通に, 書かれて, 書き伝うべきもの, 有るもん, 有る苛めッ児, 未だ無, 本当の, 森林が, 棲家を, 椅子を, 楠公の, 殆ん, 残って, 残つてゐなかつた, 気味の, 永く尻, 決めて, 沢へ, 波紋一つ立たないだろう, 消息は, 清水なぞ, 温かい家庭, 漂着しないらしく, 潜んでは, 灯の, 灯りひとつ, 無い, 無いで, 無い灰色一色, 無かった, 無かろう, 無くなって, 父の, 狂人らしい, 現われて, 瓦斯や, 生えて, 異状は, 疲れた風, 疵が, 疵は, 病者らしい, 発表しない, 発見されなかつた, 発見する, 発見せられなかった, 発見できなかった, 発見出来ない, 発見出来なかった, 白粉の, 目的は, 目立つよう, 眼の, 示されて, 示されては, 祭礼らしい, 祷るところ, 私の, 私は, 範疇という, 精神の, 縁づかずに, 縁の, 縁日が, 織り込んでない, 聞かない, 自家の, 自然に, 興味を, 茶室の, 落ちつき場が, 蕪村の, 行かないあなた様, 行かないから, 行かないでね, 行かないというじゃ, 行かぬこと, 行きどころ, 行き場が, 行く場所, 被行ら, 見あたらない, 見あたらなかつた, 見あたらぬであらう, 見えず二日, 見えないので, 見えない奇妙, 見えなかったが, 見えなかったという, 見えませんよ, 見えん, 見かけないの, 見かけるよう, 見ら, 見られないほど, 見られないよう, 見られない丸, 見られなかったでは, 見られぬほど, 見られまいと, 見られるでしょう, 見出されない, 見出す事, 見出せなかつた, 見出せませんでした, 見当たらないと, 見当らないん, 見当らなかったけれど, 見当らなかつたので, 見当らぬやう, 見当らぬよう, 見当りません, 見懸ける不潔, 観察される, 記して, 記してない, 認めません, 誤りは, 負けない豪奢ぶり, 負けは, 貴重がらるる, 赤いジヤケツ, 転がって, 輻湊し, 道らしい, 金銭の, 銘は, 防空壕が, 隠れて, 隠れ場, 青んで, 青空など, 風邪の, 風雨の, 飽かぬは

▼ 何処かに~ (476, 4.1%)

11 隠れて 7 潜んで 6 残って 5 ある, 穴が 4 住んで, 生きて, 自分の 3 ありそう, あるの, 人の, 消えて, 私の, 置き忘れて, 見覚えの, 身を, 隠して

2 [33件] ありさうな, あるに, いて, いるの, かくして, こびり付かせて, どうやら法喜, なければ, まごついて, 人を, 備は, 備わって, 出かけて, 匿され, 可なり, 嘘偽りが, 幽かに, 彼の, 悪の, 愚鈍な, 持って, 持つて, 滑稽な, 疾患を, 私を, 空虚を, 聞えた, 苦い所, 蛇多き, 行って, 行つて了ふ, 見覚, 非常に

1 [337件] あからみを, あった, あったかと, あったであろうと, あつて, あの般若, あらはに, ありは, あるでしょうね, あると, あるという, あるやう, あるらしい, ある癖, ある荒廃, いなければ, いるかも, いると, いるに, いる藤吉郎, えらい所, おどけた頓間, お勤め, お嫁, お祭り, お稽古, お遊さん, かくれて, かすかに, かすれた一つ, きわめるべき組織, ぐるぐると, こそこそ人, この窓硝子, この自分, これと, これを, こんな奇妙, こんな言葉, さういふ絵, しがみついたきり, しけ込んで, しばらく一時, しまい忘れたん, しみこんで, しんと, しんみりと, じっとし, すきが, すぐ近く, すこしく悲愴, すばらしく大きな, そういう事実, そういう存在, その少年, その強い, それが, それに, それを, たとえばお, ちよつと, ちらちらと, とても大きな, ないであろう, はっきりした, はつきりした, ひかへて, ひそんで, ひっかかりながらも, ほころばせて, ほんとの, まぎれ込んで, まだあの, まだきっとある, まだ感ぜられ, ゐさ, ゐて, ゐるん, アイネ・リィドが, シャーリー・テンプルに, ショックを, ストライキが, ダッチ風な, ネネ, ヱロチシズムな, 一つ凸出し, 一つ宛雁や, 一点の, 一瞬間無邪気な, 不愉快な, 不満を, 不満足, 争われない処, 争われない気品, 人なつこいところ, 人に, 人間の, 人間らしい情慾, 伏在し, 伝つてゐる, 伝播されるであろう, 似たところ, 位置を, 何か, 何かの, 健かに, 健在なり, 優し味, 元木が, 入って, 入れて, 入院加療し, 共通の, 共通点が, 内証の, 冬に, 冷たい処, 冷たさ, 冷淡しい, 凜たる, 出て, 出られそう, 出る珍しい, 出掛けて, 別々な, 割り込まして, 助かって, 動いて, 勝鬨めいた, 去って, 収容せられ, 取らうと, 名医が, 吹きとばして, 品の, 商店の, 四人は, 因縁を, 国民性の, 土が, 在ったから, 在るので, 在る幻, 埋没し, 変ったところ, 多少有害, 失くし, 失して, 奉公にでも, 奉公口を, 奔走し, 好いて, 好い口, 姿は, 存在し, 安定感を, 安心し切れない, 実在し, 実質的な, 宿るつもり, 寄つておそ, 寄宿する, 密偵が, 寛大な, 尋常な, 小鳥の, 尚だ残ってる, 居ると, 居るに, 居る筈, 工場でも, 帰りゆくよう, 幼ない, 底力の, 引きつけるよう, 引掛っ, 引移りたい, 引緊って, 弱さ, 影響を, 往って, 忍んで, 怪我が, 悔恨に, 悲哀の, 悲惨の, 愛の, 感じられる, 憂の, 戦場往来の, 押し流して, 持ち出されるの, 指導的な, 振りおとして, 捨てに, 撥を, 救いの, 救ひ, 新しいところ, 新しいまだ, 旅行でも, 日の, 明かな, 昔なり, 昔の, 時流を, 晏如たる, 有ったとしても, 有るの, 本当の, 杖を, 東洋風の, 柔らかい厳格さ, 棲んで, 楽園が, 構成上統一の, 欠けて, 欠点が, 欠陥が, 次手でも, 正しい秩序, 残したよう, 残して, 毎日つかわれ, 気の, 沿海州, 泊つて家へは, 流行し, 浮気な, 消えない霜, 消して, 消散し, 消滅し, 温気を, 漂って, 漂つてゐた, 漂つてゐる, 漠然と潜ん, 無理が, 無邪気い, 燃えてる筈, 爺, 物質が, 犬小屋が, 猶かくれたる, 現れた月, 生えて, 生温い涙, 男好きの, 病気を, 痕が, 皮肉な, 目に, 相手が, 真実が, 知合とでも, 石井鶴三氏の, 確りした, 秋の, 稜角ある, 種を, 突き堕された気, 突っ込んで, 立ち去って, 立ってるよう, 精神的な, 絶えないの, 繁くバタバタ, 繩で, 置き忘れたよう, 置き遺れて, 羅典か, 老後の, 聞きながら, 至る所, 舞込んで, 色ッぽい, 色香の, 艶めかしい, 芸術が, 芸術に, 落して, 落ちつく事, 落ちては, 落ちてるな, 薄気味悪い落つき, 行き着くこと, 行つたの, 行つたのだらう, 行つてゐない, 行つて了つたら, 行つて了つて隅の, 製造所が, 西洋的な, 見えて, 見つけるの, 見て, 見出すで, 見当を, 見落しを, 触ったと, 触れたらしくあっと, 計算間違いが, 誇りをも, 読まれるもの, 車を, 転校し, 迯げる, 通ずる, 連れて, 遊びに, 遠い親類, 遺って, 遺漏が, 酒呑の, 酒宴でも, 釈然と, 銅を, 鋭い響, 錆を, 間違ひ, 間隙でも, 闊達な, 阿娜, 障碍が, 隠させ後, 隠し込んで, 隠れた足, 隠匿され, 頭を, 頽廃の, 顕われ, 飛んで, 首を, 馬市でも, 鳩も, 鴉が

▼ 何処かで~ (454, 3.9%)

18 見たこと 12 見たよう 7 お目 5 誰かが 4 飯でも, 飲んで 3 お前を, そんな声, 人の, 死んで, 聞いて, 見たやう, 見た事, 見覚えの

2 [24件] お茶でも, お見かけ, のっこり立ってるさ, 一時を, 一緒に, 云って, 休んで, 何か, 半鐘が, 声が, 平衡を, 時計の, 次第に増し, 泣き出す赤児, 物の, 犬の, 聞いた話, 自分を, 自殺を, 艶いた, 見たな, 見て, 読み覚えたもの, 銃声が

1 [332件] あの作, あの物語, あの男, あの薄らあばた, いう, いそがず綿密, うまく撒かれ, うるおしたこと, おせいと, おっ落して, おめ, お互に, お憩, お母様が, お母様の, お目にかかるとき, お見受けした, お飯, かすかに, かんて, きこえた, きゃっ, けた, こう言った, こしらえあげられて, しめやかな, すこしずつ, すこし休ん, すさまじい笛, する, その人, その可能性, その喬木, その話, そんな気, たっぷりと, ちらと, とっくに云っ, とても公開, どうかした, のたれ死し, ひそかに, ひたひたと, ひどく違っ, ほととぎすが, まだ三味線, めぐり逢うと, もう一辺お茶, もう死んじ, やつて, ゆがめて, ウウーンと, オオーイと, ガサゴソと, ガチャリ, ガラリと, キリン, クスクスと, ゴーガンの, ジャーッという, チリリと, パンパン, ヒソヒソ声, ヒタキが, ベロベロに, ホッと, ホテルの, ホーイと, ボデーが, ボーン, ポツンポツンと, メタン瓦斯の, 一ぱい遣ろう, 一処につき, 一升買つて来た, 一口や, 一声高らかに, 一度くら, 一度ならず見た, 一杯おごりましょう, 一杯や, 一杯やりません, 一杯飲まう, 一杯飲ろうか, 一致し, 丁子が, 予定し, 二三人の, 二時を, 人間の, 人間らしいあったかい人づきあい, 企て, 企てて, 休まらない眠り場所, 休みながら, 休止し, 会ったこと, 会ったよう, 会って, 会つた, 会はう, 何とかの, 何事か, 使って, 働いて, 働き廻って, 共鳴音を, 其様な, 内地で, 写したもの, 出征が, 出来る丈, 動いたやう, 動いたよう, 区別される, 十字路頭に, 千鳥が, 午飯を, 半身を, 叩いて, 叩かれて, 叫びたいと, 君を, 吠えはじめた, 告白し, 呼ばれたので, 喚く声, 喜んで, 嗅いだこと, 声色使いの, 夕飯を, 夕餉を, 外泊りする, 多分農学生, 大きな人声, 大きな欠伸, 大工が, 大抵その, 大正琴を, 失くし, 妥協し, 媾曳してる, 子供が, 子守達に, 存在し, 実地に, 実行した, 家の, 寝たいもの, 寝て, 小峯セツ子に, 小鳥が, 小鳥の, 山村と, 山鳩が, 屹度為造に, 工しようの, 幽かな, 幽な, 度々見た, 彼の, 待って, 後指を, 御大喪中の, 御飯を, 微かな, 必ず待っ, 忍び笑, 忘れられたやう, 急須と, 悠くり御飯でも, 悪いこと, 慶子が, 戦の, 戸が, 扉の, 打つかりますよ, 拡大され, 拾って, 持って, 指揮の, 捕まって, 捨子を, 掘出して, 昼飯でも, 時を, 時計が, 晩御飯を, 最近見た, 期待する, 木を, 木魚を, 此の, 死んだでしょうから, 死者を, 殺さる, 殺されたに, 水の, 沢山の, 泊つて来よう, 泊ろう, 法螺の, 泳いで, 消えて, 消えるとも, 渠らと, 演じて, 演じられたやう, 演つてゐない, 火に, 火事でも, 烈しい気合, 熱いの, 牛の, 猫イラズでも, 現代の, 琴の, 環が, 生れて, 男と, 百舌が, 百舌の, 百舌鳥の, 皮切りでも, 相触れなけれ, 看護婦達の, 眼に, 瞥見した, 短かい, 砂を, 祭の, 私は, 秋の, 稽古でも, 管弦楽を, 簡単に, 糸を, 紐を, 素晴しい, 結ばれて, 繰返されて, 美しいと, 羽音を, 耳を, 聞いたこと, 聞いたよう, 聞いたろう, 聞いた名前, 聞えたと, 聞きかじった話, 聞きます, 聞き覚えの, 自分が, 自分でも, 自分の, 自転車を, 臼を, 舌を, 花火が, 萠しはじめる, 落合った鎌子, 虫の, 蛇の, 蛙が, 蝉の, 行き遇った覚え, 行き違い, 褒められて, 見かけた覚え, 見たの, 見たもの, 見つけ出さなければ, 見る様, 見付かります, 見掛けたやう, 覚えて, 観たこと, 観たやう, 角笛でも, 言つた, 話して, 話しましょう, 読んだこと, 読んだ星占師, 誰か, 誰が, 諸の, 講演した, 豚が, 貴方が, 貴様と, 買い求めて, 貸オートバイ, 賑やかな, 赤児の, 赤犬の, 轡虫の, 追ひ立てられ, 通って, 逢う機会, 逢える様, 逢ひます, 逢へるだらう, 逢わない, 遇つた, 遠い鐘, 郭公が, 酔いつぶれでも, 鍛冶の, 関係が, 障子の, 雪の, 電話の, 静かに, 非業の, 響の, 飛行機の, 飯を, 飲みたいもの, 飲み倒れて, 飲み直したらいい, 飲もうと, 騒がしい人声, 鮭を, 鳴いた小鳥, 鳴いて, 鳴いてる蝉, 鳴つて, 鳴りでも, 鶏が, 鶏の, 鼠でも

▼ 何処~ (330, 2.8%)

15 何を 6 手に 3 お目, 何う, 誰に

2 [15件] あの方, それを, どういう人, どんなこと, やって, やるの, 宿つたのか, 拾ったの, 拾ったん, 暮しても, 殺されたの, 聞いて, 見たの, 酒を, 飲んだの

1 [270件] あたしを, あつた, あなたの, あらうか, あらうが, いつの間に轢潰, いつ起つ, うまく探しあてる, おいて, おぼえて, おわすか, お会, お別れ, お前え, お手, お月さま, お目にかかったでしょうな, お釣りにな, かうした災難, かく美装, こういうこと, こういう表装, この月, こんなトマト, ごまかされたもの, すえ, するの, せうか, せうと, せうね, そう儲けた, そしてその, その旅装, そんなしゃれた, そんなにお, そんな事, そんな大尽遊び, だいいったい, だか, だつて, だつて云, であつ, でくは, とられたの, どうされた, どうしてあれ, どうして死んだ, どうやっ, どう一日一日, どう云う, どう捜し求め, どう金, どう関係, どれ程, どんな兇器, どんな冷汗, どんな約束, なにを, ぬぎすてたん, ね, もさうであるが, やっても, やられたの, やるか, スイッチを, チェホフの, ランデブーを, 不意に, 世話に, 乗つたもの, 乞うたら可, 人が, 仕事を, 会おうかも, 会おうと, 会った誰, 会った顔, 会って, 会つても, 会ひたい用事は, 会ふかな, 伺っても, 伺を, 何うし, 何と云う, 何んな, 何時何が, 何様な, 何町ぐらい, 作って, 作つ, 作られたん, 働いたって, 儲けたところ, 先生は, 其子を, 出会うでしょうか, 出遇つて, 切符を, 別れたの, 別れて, 別れましたか, 勝つかと, 友達に, 受けと, 受けるか, 君が, 周子の, 唸って, 商売する, 嗅ぎつけたか, 堀主, 塒を, 売って, 売ってるか, 売つて, 売つてると, 売つてるんだい, 夫婦の, 失策を, 如何に, 妖怪に, 始まつた廓内, 宣下された, 宿ったの, 寝るつもり, 工面を, 引いたの, 引いても, 弾かれるか, 待ち受けたか, 待つて, 御葬式, 御馳走に, 怎う, 思ひ出しても, 憶えたの, 成り立つか, 我がままを, 所謂小説の, 払うん, 払った物, 投げつけるやう, 拾って, 拾つてきた, 持つて, 捕ったの, 捕縛された, 捜し出したらいい, 掘り出したの, 摺り換えたか, 教わるとも, 敵に, 断ち切らうと, 明かしたか, 昼食を, 晴らされるの, 暮すの, 書いて, 最初に, 有ろう室, 歌を, 此出来事に, 死ぬか, 死ぬかも, 死ぬかを, 死ぬ身, 死んだの, 死んでも, 段階が, 殺されたかの, 殺害が, 殺害する, 求めたもの, 汽車に, 泊るの, 浮気し, 演る, 瀬川の, 火薬を, 父が, 父に, 父や, 生れたか, 生れたかという, 生れたの, 生れたもの, 発見した, 盗んだか, 盗難に, 稽古を, 終っても, 終つても, 習った, 習ったの, 習つたと, 聞いたか, 聞いても, 聞きや, 聞き覚えて, 脱いで, 自から, 自動車返したら, 芝居を, 英語を, 落したか, 行はれ, 行はれた, 行われたと, 行逢おう, 見せるん, 見たか, 見たと, 見た人, 見た雛, 見て, 見ても, 見るんだい, 見分けたか, 覗いて, 覚えたか, 覚えたん, 覚えて, 訊ねたらわかるだらう, 読まれるかという, 読んだ文章, 誰から, 誰が, 誰れ, 貪食家共は, 貰って, 貰ッて, 買ったかと, 買ったもの, 買ったよりも, 買って, 買つた, 買つて来た, 費す時間, 逢うの, 逢おう, 逢おうと, 逢おうなら郵便, 逢った, 逢った人, 逢ってたん, 逢っても, 逢つた, 逢つたのだ, 遇つても, 遊びほうけ, 過ごして, 過したか, 道が, 道を, 那, 金が, 釣って, 開きませうか, 間違って, 降りたかも, 降ろされるかも, 雇われた雑軍, 離れたの, 離れて, 食事を, 飲もうか, 飲んだつて, 鳴くとも, 鳴って

▼ 何処~ (330, 2.8%)

28 見ても 19 何う 17 探しても 12 どう歩いた 11 歩いて 9 捜しても 7 どう歩い 6 うろついて, 押せば, 通って 4 眺めても, 見るとも 3 向いても, 歩いても, 見て, 風が

2 [13件] さして, どうして潜り込んだ, どう流れ, どう行った, どう通った, みても, やられたの, 何うし, 尋ねても, 指して, 歩いたの, 然言, 走って

1 [163件] あてとも, あてども, あるきましても, いうたもの, うらぶれて, うろついたって, うろついてを, うろつき, うろつこうとも, うろ付い, お出, ごらんに, さがしたって, さがしても, さして申上げ候, さそうとしても, さまよ, して, た, つかまえて, つついても, どうあるいた, どうさがし, どうさまよい歩いた, どうしてこの, どうして出, どうして屋敷, どうして渡つて, どうして知れます, どうして通っ, どうどの, どうはいっ, どう下りた, どう動い, どう彷徨, どう抜け出し, どう探す, どう改良, どう疾, どう登った, どう破っ, どう行き, どう逃げ, どう逃げた, どう逃げ廻った, どう通っ, どう通り抜けた, どのよう, どれだけ, どんな風, ながめても, なにし, ひつぱたかれたとか本郷の, ひらいて, ふらついて, ほうつい, ほっつきまわってるん, ほツ, まごついて, まは, めくっても, めくつて, よんで, ウロウロし, ドウ通り抜け, ホッツキ, 下りたらいい, 云って, 今過ぎ, 何し, 何方に, 出た人, 切違へ, 力を, 取つたらいい, 叩いても, 吹くの, 吹く風, 奈何捜し, 好いと, 如何し, 如何潜り込んだ, 如何車が, 如何迷う, 射ったん, 尋ねたつて, 尋ねて, 崇拝する, 彷徨いて, 彷徨って, 徘徊い, 御遺蹟, 打ったん, 打つても, 押えて, 持つて, 指していう, 捜させても, 捜した所, 探が, 探したつて, 探して, 探そうと, 探って, 掴んで, 揉んで, 攻めるという, 故国と, 散歩した, 斬られるか, 曲がっても, 曲るん, 歩いたか, 歩いたつて, 歩いてたの, 歩いてるか, 歩いてるの, 歩いてるんで, 歩かうといふ, 歩き廻ってたん, 歩けば, 水が, 流しても, 漁っても, 登って, 登るの, 的とも, 的とも無しに, 眺むるにも, 睨むと, 確保する, 突いても, 突き留めよう, 突つつい, 裂きて, 見たって, 見てるだらう此人, 見てを, 見まわしても, 見る, 見るの, 見廻しても, 見渡しても, 覗いて, 覘つてゐる, 訪れても, 読んだの, 走ってたの, 起算点と, 蹈んで, 逃れて, 通ったの, 通ってるかも, 通つてゐよう, 通つて城ヶ沼に, 通過し, 遍歴って, 選んでも, 遺蹟と, 際立って, 雪が, 顧みても, 風がという

▼ 何処かの~ (309, 2.6%)

7 隅に 5 隅から 4 家の 3 学校へ, 家に, 家を, 港の

2 [15件] 中学の, 仕出屋の, 内儀さんが, 別荘の, 国の, 工場の, 市の, 店の, 教会の, 旅団か, 田園であり, 空へ, 空間に, 雑誌へ, 駅と

1 [251件] おばあさんに, お侍さん, お侍さん達, お大名, お寺の, お祖父さんが, やうに, アイヌの, カッフェへ, コンクリの, サナトリウムには, デパアトメント・ストアに, パイプから, ビルディングの, ボックスで, レコード会社の, 一と, 一寸した, 一点に, 一隅に, 一隅には, 丘と, 主婦さんが, 事務員にでも, 二階へ, 人, 人が, 人ごみで, 人さ, 人にゃ, 人みた, 人間が, 令嬢でありましょう, 令嬢に, 仮装舞踏会に, 会議室で, 佗び住いで, 偉い坊さん, 停車場で, 八ツばかりの, 公園にでも, 別な, 別荘で, 別荘らしい, 原へでも, 古墳からでも, 句会に, 命令航路の, 四辻に, 団体の, 国と, 国へ, 園芸手に, 土地に, 地に, 地下室で, 地主の, 地方で, 坂の, 坂へ, 坊さんに, 坊さん学校へ, 壮士に, 壮士芝居で, 外交員らしい, 大きな庭園, 大名から, 大学生やら, 大通が, 天幕で, 女の, 女中が, 姫の, 娘の, 子供が, 子供に, 子供にでも, 学校に, 学校の, 学者です, 宝玉屋から, 家で, 宿なりと, 宿へでも, 宿屋で, 宿屋を, 寄席で, 寺では, 寺へでも, 寺院から, 小さな気持ち, 小作男, 小使の, 小娘の, 小学校から, 小径へ, 小父さんに, 小祠にでも, 山から, 山の, 山へ, 山村を, 山路で, 岸へ, 島の, 島へ, 崖が, 川に, 工場で, 工場に, 工場を, 巫女が, 席で, 帰り, 御家中が, 御隠居, 忘年会の, 戸が, 拳闘の, 政治家の, 料理屋で, 料理屋へ, 新聞で, 新聞に, 新聞記者に, 昔の, 景色とか, 暑い暑い風景, 暗い隅, 曲者に, 朝の, 木からど, 本屋へ, 杉の, 村で, 村へ, 校長にでもな, 植込みで, 権妻だ, 橋を, 檀那と, 欄に, 水産講習所や, 河で, 沼の, 泉で, 法事にでも, 洋上を, 洒落者の, 洞穴に, 浜へ, 海に, 海上の, 海岸なり, 海岸へでも, 海辺の, 淋しい山, 淵川にでも, 温泉地で, 温泉場にでも, 温泉場へ, 港へ, 湖畔で, 火事の, 炭坑が, 点で, 点に, 無名画家, 無電が, 煖炉に, 物陰に, 狂人でしょ, 独房から, 狭苦しい室, 田圃の, 田舎から, 田舎茶屋へでも, 甲板に, 男が, 男と, 男に, 画会に, 画室の, 畑で, 病室に, 監房が, 知らない西洋人, 研究所に, 穴にでも, 空を, 空地に, 窓が, 端へ, 筋肉が, 米屋の, 細君らしい, 老爺さん, 者に, 耕地へ, 舞妓さんの, 色女の, 芝居の, 花魁に, 芸妓であろう, 若い人, 草むらから, 葬式の, 藩中だろう, 蜜蜂飼か, 見世物小屋で, 観光団か, 註文だ, 語学校とかへ, 誰かが, 講演で, 谷底へでも, 貴い大徳, 貸馬車置場, 軍事探偵では, 軒の, 辻へ, 逆旅に, 道に, 邸の, 邸宅には, 部屋で, 部屋でも, 部屋の, 都に, 都市で, 酒庫からは, 里へ, 野原で, 金持が, 銀行で, 銀行へ, 門に, 門燈が, 陽の, 隅っこで, 隅で, 隙間からでも, 隙間を, 隠居が, 雇ひ, 雑誌に, 青年が, 領事館であった, 領事館らしい, 飼犬が, 鮨屋へ

▼ 何処まで~ (255, 2.2%)

25 行っても 11 行つても 8 行くの 6 でも 4 行つたつ 3 いっても, おいでです, 歩いて, 盛り続けるかと, 続いて, 自分の, 行くん 2 あるか, お前は, 気の, 行けば, 馬鹿に

1 [170件] あなたに, いらっしゃいます, いらつし, お出で, きた, この煙草だらけ, しめく, しゃべったか, ついて行くの, つけあがるの, つけあがるん, とついて, ほんとうか, ほんまか, もとあと, もとひた, もと其後, もと川, もと思っ, もと我, もと追いかけた, もと追って, ゆきなさる, ゆくらん, ゆらいで, キチンとして, 一緒に, 不可解ずくめなんて, 主人公の, 乗ろうと, 云えば, 人の, 人を, 人間を, 似たそれでいて, 体言で, 信じて, 信用すべき, 俺に, 俺は, 俺を, 倖せな, 僕を, 切迫し, 力の, 動いて, 厚かましいねん, 参ること, 図々しい奴, 太いん, 太え, 奥様然, 女に, 実力ある, 実行せられ, 尊重する, 小さくなれ, 居る了簡, 屈辱を, 届けたらええ, 広いか, 延びて, 強情か, 弾むか, 形式内容が, 彼は, 彼女自身であっ, 往くん, 往けるか, 往っ, 往って, 従順だ, 心に, 感の, 手を, 打って, 押し通せるか, 拡がって, 暗い行手, 曲り出すもの, 曲るか, 書いて, 書けば, 本当だ, 本当にし, 本心な, 本気で, 此流行が, 歩いても, 歩きつづけるの, 歩くの, 水汲み, 汎人類的に, 汚れて, 流されたか, 深いか, 深くつづい, 深く日本, 烟草を, 独りで, 用言か, 疑るの, 発展する, 発育し得る, 登って, 相互の, 真実か, 真実である, 突込んで, 続いてるか, 続く事, 習っても, 習つた, 耐へ, 聴いたっけ, 自分を, 自然に, 落ちて, 行かるるか, 行かれるでしょう, 行かれるん, 行きなさる, 行きなさるだ, 行き候, 行くか, 行くぞ, 行くつもり, 行くでしょう, 行くもの, 行くんだい, 行く何処, 行く其中庵, 行けるか, 行ったかのう, 行ったって, 行ったの, 行ったらその, 行って, 行つたつて迷児になんか, 行つたら, 行つてし, 行つて停止する, 行らしった, 衝突なく, 許され何処, 話したっけ, 誠を, 読んだ, 貴様の, 走つて, 走るん, 転々し, 辛辣に, 追払うつもり, 追求し, 送っても, 送つて, 逃げたん, 逃げても, 逃げろと, 進もうと, 進んで, 進んでも, 進展しよう, 遡つて, 避けても, 面倒に, 響くか, 頭が, 馳けて

▼ 何処からか~ (250, 2.1%)

7 出て 6 帰って 5 聞えて 3 吹きこんだ朝山颪, 持って, 洩れて, 現われて, 起る一番鶏, 飛んで, 鴛鴦の 2 不意に, 嗅ぎつけて, 引っ張って, 強い甘い匂, 盗み出して, 聞き込んで, 這い出して, 金の, 降つて

1 [193件] あわただしく立ち帰っ, いつもの, いわれたよう, おいてけ, かすかな, かすかに, この渓谷, ごうごうという, たしなみの, ひそひそと, ひとりでに出, ひとりの, ぼんやり帰っ, ぽたり, まぐれ犬が, まだ子供, やって来て, わたしに, カンナの, ストライキ全盛時代に, トルテーク族が, ヌウッと, ビールと, 一人の, 一人帰っ, 一匹の, 一本の, 一頭の, 三挺の, 不当な, 不思議の, 与えられなければ, 人声の, 今帰っ, 今立ち帰っ, 仮りて, 便りが, 借りて, 兎を, 其処へ, 其処へは, 写真を, 冷, 冷たい風, 凱歌の, 出さうなもの, 切々と, 到来物らしい, 匂って, 医師の, 去年の, 又一羽, 又帰つて, 取り出した小さな, 受とる, 合鍵を, 向う側に, 吹き込んで, 吹き送って, 味噌汁の, 嗅ぎ出して, 噂を, 声が, 夥しく輸送, 女の, 女を, 委しく調べ, 姿を, 家伝の, 射して, 屋外へ, 山独活と, 山鳩が, 岩石を, 左大臣の, 帰つて来た, 広いトタン板, 引き出して, 彼が, 彼等は, 微風が, 志道軒の, 応答が, 悪い狼, 慈善箱の, 戻って, 戻つて, 手紙が, 持つて, 指輪が, 捨てに, 探し出して, 探し出すこと, 携え来って, 敏捷に, 救いの, 教えられて, 数人の, 新しい料理, 早く金, 早速に, 映す春, 暁角が, 机を, 来て, 板敷に, 枯れた小枝, 柳絮が, 椰子や, 母が, 汚ない, 洩って, 流れ出て, 海鳥の, 湧き出て, 溢れて, 漂うて, 焼け跡へ, 犬が, 現れて, 現れては, 現われた, 琵琶の, 生れるもの, 生れ出た, 申込が, 番人が, 皇海山に, 矢が, 知れるだろうという, 石を, 神経的なすすりなき, 空中を, 立ち帰って, 箒を, 紛れ込んで, 素早く, 素麺を, 縁が, 羊歯を, 聞いたの, 聞いて, 聞える, 聞きだして, 聞きつけて, 聞こえて, 胸の, 臭って, 花鋏の, 若い女, 蓐の, 虚無僧二人が, 蠅の, 袴を, 見えるに, 見出されたならば, 見附出し, 覗いて, 謡の, 貧乏徳利が, 貰って, 買い入れたもの, 賤しく, 起って, 跫音が, 辛うじて金, 近づいて, 這いだして, 這い込んで, 連れて, 運ばれて, 運んで, 遠いざわめき, 部屋に, 酒や, 野良猫が, 金糸雀の, 釣針を, 鉄炮の, 電話が, 電話で, 青い動物, 静に, 響いたよう, 響いて, 風の, 飛び込んで, 飼い鶯, 餞別と, 駈け足, 鳩も, 鸚鵡の, WGY局へ

▼ 何処~ (244, 2.1%)

18 云って 8 いって 5 いふあても 4 なしに 3 なく気品, 言って

2 [13件] いつて, なくその, なく上品, なく偲ばれた, なく凄味, なく力, なく心, なく恩愛, 云うこと, 云つて悪い, 何処が, 当も, 思う

1 [177件] あてども, あてどもない, いはず食器, きまった床屋, さして歩みたる, どこへ, なく, なくあかぬけ, なくあど気, なくいうべからざる, なくいかつい, なくお, なくしんみり, なくすう, なくちらつい, なくど, なくひどい偽, なくまとまり, なくや, なくイナセ, なくガラン, なくボンヤリ, なく不安定, なく不純, なく不自然, なく世間, なく乾いた, なく人生, なく仄, なく似, なく余, なく余悠, なく優しいところ, なく冴, なく力無げ, なく厳いところ, なく去, なく古武士, なく名匠, なく呆け, なく哀れ, なく変, なく夜明け, なく女, なく女離れ, なく好い男, なく好くて, なく子供, なく子供子供, なく定まっ, なく少々, なく岡埜博士, なく平素, なく底冷, なく張りつめた, なく当り, なく彼, なく彼女, なく息苦しいと, なく悄, なく悠長, なく愛嬌, なく憔悴, なく懐かしく思ふ, なく斯, なく昂奮, なく昔, なく暗い苦痛, なく朗らか, なく柔かくむっくり, なく植民地, なく残つて, なく気, なく気分, なく沈ん, なく洞察, なく浅薄, なく浪人, なく浮き浮き, なく消え残つ, なく淋しみ, なく深夜, なく深山, なく湿気ます, なく滑稽, なく潤う, なく無理, なく熱, なく爽, なく物, なく犯す, なく独創的, なく現れ, なく町角, なく異状, なく痳痺, なく真面目, なく硫黄, なく穢, なく純粋, なく練香, なく肌, なく肌寒さ, なく自分, なく苦労人, なく苦痛, なく茫茫, なく荒れ, なく荒涼, なく菊五郎張り, なく落着, なく薄ら, なく薄暗い, なく衰, なく見出す, なく角, なく評判, なく諷刺一般, なく豪いところ, なく豪快, なく贅沢, なく閑寂, なく間, なく間違った, なく陰気, なく陰気臭く眺められた, なく陰鬱, なく険, なく隠れ, なく頑丈, なく領袖, なく顔, なく香り, なく駅路, なく鷲, なく鷹揚, なく黙阿弥劇中, なし外, なし落着, なし馬糞, 三四軒の, 云い取り乱された形跡, 云うあて, 云うきまった巣, 云う心当り, 云つたら, 云つてち, 云つて或, 云つて異論を, 云はずたかつ, 云ふ, 云ふこ, 仕合する, 仰し, 住居を, 何の, 何処とを, 何処に, 信って, 問わば, 定かにも, 定めたらいい, 度重なって, 当所も, 心得て, 悪いこと, 我問へば, 指せぬ程, 無く微, 片附ける, 白妙の, 見廻して, 言つて万葉式では, 言つて美しい, 言つて非難すべき, 限ったこと, 顔を

▼ 何処へか~ (205, 1.7%)

23 行って 14 出て 10 姿を 6 逃げて 5 消えて, 立ち去った 4 立ち去って, 連れて, 飛んで 3 往って, 捨てて 2 吸い込まれて, 奉公に, 持って, 消え失せて, 立去ったの, 遊びに, 隠して, 隠れて, 飛び去って, 駈け落ち

1 [104件] いそいで, かけて, へるつもり, やって, わからないただ, 一時消え, 一緒に, 世話を, 他の, 出かけたぎり, 出かけて, 出かける, 出たらしく女房, 出ないか, 出奔し, 去ったの, 去って, 去つて仕舞, 去つて仕舞つたの, 参りましたか, 参る, 取失って, 吹き飛ばされて, 呼び出して, 囲って, 埋めて, 売り飛ばして, 夜逃げの, 奉公でも, 嫁に, 家を, 寄り道でも, 寄附された, 山にでも, 帰って, 廻り道し, 引っ越したいと, 引越したかも, 引越して, 引込めて, 影を, 彷徨って, 往た, 御縁, 忘れて, 慌忙て, 押込めて, 担ぎ去られ其あと, 持ち運ばれて, 敗れ去るお, 散って, 散り失せて, 散歩に, 旅行しよう, 旅行でも, 泊つたと, 流されて, 消えた, 消え去つて仕舞, 消え去るなり, 消え失せたり, 立ち去ったと, 立ち去ったので, 立ち去ったよう, 立ち去った者, 立ち去りました, 立ち去ると, 立ち退いて, 立退いて, 翔りゆきけ, 行かう行かうと, 行かずには, 行きそう, 行くか, 行くという, 行くので, 行けと, 行ったか, 行ったまま, 行つ, 行つち, 行つてゐた, 行つて了つた, 誘拐し, 走ったグヰン, 身を, 車に, 転宅し, 追払, 送って, 逃げられるとは, 逃去申候たいへん, 逐電し, 連れだすなり, 運んで, 遣らなければ, 避難し, 金魚を, 陣替えしました, 預けて, 飛ぼうと, 駈けて, 駈け去りぬ, 駈け去り去りぬ

▼ 何処でも~ (182, 1.5%)

73 自由に 2 いいから, いいと, 兄の, 可い, 同じ事, 悔みを

1 [160件] あの珊瑚, あんなもの, いい, いいさ, いいしつとり, いいん, いい人眼, いう常識, ええけど, おなじこと, お弁当, お目にかかったこと, かまは, かわらない自慢天狗, したという, すげなく断られ垢, する怪談ばなし, そういうもん, そういう困る, そうだ, その噂, その通り, それを, つかって, つて訳ぢや, とおるん, ふられる, まあ食, まず例外, まだ誰, まん中から, みつけなさい, めぐりあったこと, やって, よい, よいから, よいよ, よい暗い隅, よい此, よろしおまっ, わが土地, ヒドクなっ, 一応は, 一番先き, 中央に, 乗廻わして, 仲の, 会う老人, 会ひもしなかつた, 何に, 何時でも, 俥を, 借りられるの, 偉大な, 入れる, 冬季に, 出て, 出来ます, 到る処, 勧めるからね, 午前十時頃と, 原子爆弾は, 可成り, 同じであります, 同じである, 同じよう, 同じ時, 吸って, 地方は, 塵埃の, 売つてるぞ, 夕餉の, 多少の, 好い評判, 好い身柄, 好きな, 好んで, 家を, 寝られる修行, 小さい狭いもの, 小作争議が, 差支ない, 差支へ, 広々と, 店の, 待つに, 得られなかった, 得られるという, 心ある, 思い思いであった, 感ぜられて, 戸を, 手あたり次第に, 手を, 手当り次第に, 拵えられる, 支度が, 教勢の, 旅人が, 明るく見えました, 昼飯を, 村の, 構は, 構はずはね, 構わず寝るの, 構わず草, 構わないで, 構わぬ貴公, 歩いた, 歩いて, 母屋や, 気軽に, 泊めない, 涼しいです, 然うらしい, 片輪, 田舎は, 町の, 発生する, 皆な, 皆芸者が, 相当な, 相手に, 知って, 知られて, 私を, 粥を, 繰返されて, 習える, 聞いた事, 聞かれるが, 背の, 能い此家, 腹が, 自動車で, 行けさ, 行つた, 行はれ, 見出せるもの, 見物し, 訳は, 貴方が, 買って, 足が, 通用する, 都合の, 釣れるが, 開けて, 随時この, 食べさせます, 食べて, 食べられるもの, 食事を, 飲み水, 飲めること, 飲食する, 馴れないモスクワ, 高足といふ, 鳴いては, 鼻撮みで

▼ 何処からとも~ (180, 1.5%)

5 なしに 4 なく, なく聞え, なく響い

2 [14件] なくまた, なくボソボソ, なく一人, なく出, なく吹い, なく宿, なく水筒, なく流れ, なく煤烟, なく犬, なく追, なく風, なく飛ん, 知れない光

1 [135件] しれずとんと, とれるやう, なくある訊問者, なくいつのまにか, なくえ, なくお, なくきこえた, なくこうして, なくしみ込ん, なくする, なくそう, なくその, なくそよぎはじめた, なくそわそわ, なくただ, なくちぎれちぎれ, なくちょっと, なくちょろ, なくぬ, なくはい, なくぽつりぽつり, なくもう, なくやって来, なくクワッ, なくコトリ, なくスラリ, なくヒューッ, なくピューピュー, なく一匹, なく世上, なく人, なく仄か, なく伝わっ, なく何故, なく便所, なく其奴ら, なく冷, なく勇ましい棟上げ, なく単調, なく又, なく取出され, なく可, なく吹き, なく唄声, なく四発, なく声, なく多く, なく夜, なく大勢, なく嫌, なく学期, なく客間, なく寄せ, なく寄つて, なく寒いの, なく射し, なく小さな, なく小銃, なく小鳥, なく展ら, なく帰宅, なく幽に, なく幽玄, なく戻つたまま, なく押し, なく持っ, なく散る処, なく明るみ, なく来, なく枯葉, なく此, なく歩い, なく水, なく沢山, なく法螺貝, なく洩れ聞え, なく流れ入った, なく流れ寄っ, なく流れ来る, なく流氷, なく海草, なく涼しい空気, なく淡い温泉, なく温い風, なく湧い, なく湧き出し, なく漂浪, なく潮, なく物, なく物怯, なく物音, なく現われた, なく白羽, なく目, なく矢, なく知れる, なく秀子, なく絹, なく耳, なく聞い, なく聞えた, なく聞え始めました, なく聞こえ, なく聴, なく胡弓, なく荊州, なく蕎麦, なく蝉, なく襲っ, なく誰, なく赤, なく走っ, なく起こる, なく起っ, なく金属, なく鉄板, なく錫杖, なく電話, なく音楽, なく響きます, なく頭, なく飛びつい, なく飛び出し, なく飛行機, なく香ばしい花, なく香気, なく鸛, なく鼻, 無く来, 無く無数, 無く蜂, 無く響く, 知れず一, 知れず犬, 知れぬが

▼ 何処へでも~ (144, 1.2%)

6 出て, 行って, 連れて 3 勝手に, 自由に, 行つ 2 ふら, 持って, 歩いて, 行く, 飛んで

1 [107件] あなたが, い, おじさんの, お世話を, お出なさい, お帰り, お逃し申す, すぐ行ける, とっとと消え失せろ, はいって, はいれるよう, ふり撒いた, ぶつ倒れた, まいります, やつて, やりたいと, よく歩, 下りられる処, 云われるまま, 会の, 伴れ, 何処でも, 何処へでも, 入りこんで, 入ります, 入り込む, 出かけた, 出かけて, 出かけよう, 出かけるん, 出せる男, 出よう, 出入りする, 出向いて, 出掛けるやう, 可い, 吊り下げたり, 同伴し, 呼べる種類, 坐って, 売りとばして, 宜い, 帰れこの, 引張って, 引渡して, 往きましょう, 往きやすがな, 往くが, 往けと, 往ける立派, 往ったろう, 往って, 忠実に, 忽然とし, 抛り出しゃええ, 押掛けたの, 拡つて行く, 拵える事, 持ち廻るという, 掘れるさ, 敷いて, 旅行すれ, 消え失せろ, 登れる, 立ち寄つて, 立ち退いて, 背負って, 腰を, 自由にと, 自由自在に, 落ちて, 行かれるから, 行きかねやしますまい, 行きたいの, 行きたい所, 行きなさいッ, 行きます, 行くし, 行くだらう, 行くと, 行くに, 行くわ, 行く不定期貨物船, 行く何, 行く己, 行く気, 行け, 行けるが, 行けるやう, 行つてしまへ, 訴えろ, 走りどんどん, 身軽に, 逃げちめ, 通ふも, 運んで, 遠く漂流, 遠出が, 遠征し, 遣るかね, 附いて, 隠れて, 顔を, 飛びあるいた, 飛べ, 飛出して, 養子に

▼ 何処とも~ (143, 1.2%)

6 なく姿, なしに 4 なく出 3 なく立ち去った, なく逃げ 2 なく立ち去って, なく運び, なく風, なく馳

1 [113件] きめないで, でんぼう肌, ない波, ない笑声, なき青葉, なくお, なくさまよい, なくすうと, なくケン, なく他愛, なく伝わった, なく冷たい香ばしい風, なく凝っ, なく凝視め, なく力, なく厭味, なく去った相良金吾, なく去って, なく去りける, なく去る, なく吹き去られ, なく吹き払われる, なく吹き払われ打ち消され, なく品格, なく唯, なく大きな, なく大勢, なく天外, なく奪い去った, なく導かれ, なく展ら, なく巡査さん, なく巷, なく引越し, なく彼, なく往, なく微妙, なく怪しい声, なく情緒, なく打付, なく揺るがし, なく散つて, なく数百, なく晦まし, なく木魅, なく柳, なく様子, なく活, なく流れ, なく消え去って, なく漂っ, なく潜ん, なく甘い香り, なく町, なく眼, なく秋, なく立ち去った屑屋, なく立ち去りました, なく立去った, なく立去りました, なく耳, なく聞, なく聞えなくなった, なく脱走, なく舁き行かれそうろう, なく舞い連れ, なく落ち, なく落ちのび, なく落ち延び, なく落着, なく行っ, なく読ん, なく起っ, なく轟, なく逃げました, なく逐電, なく連れ去って, なく遊び, なく遠い雷鳴, なく雛, なく響い, なく飛び出し, なく騒々しい, はっきりとは, わからないところ, 今を, 分らぬ, 分らぬが, 存じて, 無く悪人, 無く愁, 無く空, 無く踏迷, 知らず流されて, 知らず真夜中, 知らず逃げ失せたの, 知らず駈出して, 知れず予猫, 知れず吹, 知れず流れて, 知れず流れるの, 知れず立ち去った, 知れず聞えて, 知れず見知らぬ, 知れず走るの, 知れない場所, 知れぬ処, 知れぬ大海, 知れぬ放浪, 知れぬ遠い, 知れぬ重苦しい, 行方は, 違つたキメ

▼ 何処へも~ (143, 1.2%)

4 出ずに, 出て 3 抜けられず行止り, 持って, 行かしまへん, 行きは

2 [13件] お廻り, 到着する, 寄らずに, 行かずに, 行かせまいとして, 行きやしません, 行き場の, 行く処, 行く当て, 行く所, 行けへんなあ, 行こうという, 行つたらあかん

1 [97件] あの女, お出で遊ばす, お渡し, まいりませんあなた方, やらずに, ゆかないよ, 一処に, 休まないで, 伴れ, 入って, 入らぬ様, 再縁せず, 出かけたこと, 出かけられやしないぢ, 出さずに, 出ず外, 出ず過したしかし, 出たくなかったの, 出たこと, 出ちゃ, 出ないで, 出ない主人, 出なかったか, 出られないよう, 出られねえ, 出られる筈, 出掛ける気, 別にまいる, 勤めに, 参る処, 取次いで, 噛みつくこと, 嫁がずに, 嫁付く, 寄らなかつた隆造, 寄らんで, 往かずに, 往かないそれで, 往かれめ, 往かんでも, 往きません貴方, 往き処が, 往き所は, 往く処, 戻れないの, 持つて, 改めては, 旅行せず, 歩いて, 沙汰の, 片付かずに, 発表しない, 登る足がかり, 知れず身匿, 稽古に, 縁付く様子, 自分の, 落ちずに, 行かないだろうと, 行かないでも, 行かないの, 行かなければ, 行かねえて, 行かれない俺達, 行かれる筈, 行きたくない, 行きたくなかった, 行きたくは, 行きません, 行きません見捨てるなどと, 行きゃあ, 行きゃしないって, 行きゃしないでしょう, 行きゃしないと, 行きよう, 行き所, 行くこと, 行くところ, 行くべき郷里, 行くまいと, 行く事, 行く子, 行く御用, 行けず困ると, 行けないこと, 行けないの, 行けやしないし, 行ったこと, 行った事, 行つ, 見せに, 言って, 訪ねて, 適き, 避けること, 音信が, 頼まれて

▼ 何処~ (137, 1.2%)

14 彼処も 7 かしこも 6 お負傷 3 一様に, 怪我は, 此処も 2 お怪我, 同じこと, 同じやう, 彼の, 彼も, 悪くない, 長つ

1 [87件] あてに, お傷め, お悪く, お痛み, かもが, かもすっからかんと, かもを, かも暗い, かも痛いたしい, かも舌を, かも釘づけ, ここもが, この景色, すつかり, ないわ, ひっそりし, りてか, 一杯で, 一杯です, 不良い, 似て, 何とも無い, 何も, 何等の, 傷が, 僕は, 入りはい, 入営者の, 冬仕度で, 分らないよう, 切れた剥げちょろ, 同じだ, 同じで, 同じと, 同じよう, 同じ彌次馬, 同じ習, 同一雪国の, 型の, 変りは, 変わらぬ村, 大売出し, 大抵知つて, 寝しずまって, 寝静まつて, 床屋は, 彼処もと, 往きません, 悪い所, 悪くないです, 戸を, 文章として, 旅籠を, 暗くなり出し, 歩きやしません投げ節, 気に入らないだけ, 気候が, 洗いも, 清潔で, 濡れて, 火事でない, 痛めは, 白山小, 目的がねえ, 真白に, 知らないが, 知りません, 知る筈, 脹らんで, 行く所, 行ったらいかん, 見られませんぜ, 豆腐湯波干, 起きてる家, 路は, 身体に, 返事も, 遍歴らない, 遺りませんか, 都会といふ, 鍵が, 開けたよう, 開け放しだ, 陽気が, 霧で, 非常に, 食うもの

▼ 何処~ (130, 1.1%)

4 悪いの 3 お悪い, 好いん 2 い, いいの, どうと, よからう, よかろう, 偉いの, 変か, 対立し, 良いの, 面白いの

1 [100件] いいでしょう, うまいか, うまいの, ええと, ええ悦ちゃん, お見込, こんなに似, しつかりして, じゃ, そんなにお気, どんな風, よいかと, よくって, よくて, よろしいの, よろしくて, トンガラシに, 一番いい, 一番賑やかな, 一番近い, 不似合, 不具で, 不浄を, 不良い, 不良という, 人を, 似て, 何うだ, 何だか全然夢中, 何処やら, 先には, 全体似, 初まり, 可い, 可笑しいン, 国家の, 変だ, 変って, 多いか, 好いだらう, 好いで, 好いと, 好い者, 好い言, 好えの, 嬉しくてか, 平塚さんを, 引っ切れた, 彼にと, 悪いか, 悪いかと, 悪いっても, 悪いでなく, 悪いと, 悪いといふ, 悪いとも, 悪いや, 悪いん, 悪かつ, 悪くて, 故郷である, 故郷な, 日本人だ, 最もよい, 最も暑かっ, 最高点である, 栄誉に, 気に入らないの, 気に入らなかったの, 気に入らなくて, 浅間しい, 焼けますの, 男らしくない, 痛いの, 目あてとも, 終りな, 美いとも, 羨しいの, 肩の, 能いとか, 自分の, 良いか, 行きどまりだ, 親友な, 調和する, 近いです, 違うの, 違って, 違ふ, 鉱区で, 間男だ, 間違って, 面白いか, 面白いかと, 面白いかという, 面白かった, 頭で, 馬に, 高原の, 鼻やら

▼ 何処~ (106, 0.9%)

983 ア, 何処だ 2 かわからない, か些, か知らない, か知りません, つて関は, と思っ

1 [71件] いと一人, えそれ, え上方, え寮, え慥か, かお, かさっぱり, かちよ, かどう, かへ連れ, かまだ, かまるっきり, かよく, かわからず, か一向, か僕, か分らない, か分りません, か判らない, か判ります, か少し, か廻っ, か得体, か暗い, か松井, か町, か知つて, か確, か私, か薩張, か見当, つたつけ, つたのです, つて, つていい, つてさう, つて好い, つて構ふこ, つて珍らしく, ということ, ときく, とはっきり, と叫び, と思います, と思ひます, と思ふ, と思召, と梯子段, と申す, と知った, と聞け, と言, と言う, と訊い, と訊いたら, な, なにを, のかは, べと思い, やら, よ, ッ, ッ誰が, ネ職業, ンべか, 姉上の, 川の, 此港は, 玄関, 番町能谷邸に, 親は

▼ 何処にか~ (77, 0.7%)

5 ある 3 隠して 2 南北あらん, 吾は, 心の, 隠れて

1 [61件] あらんこの, あらんなどと, ありませんかい, ある如し, これに対する, ピオの, 住む, 厳しい正義, 去れる, 去れる杜鵑, 取りかたづけられて, 在る, 埋め隠して, 多少の, 失せて, 失せに, 奉公口を, 存在する, 存続し, 容れら, 封建の, 引っかかりたらん, 引っ掛って, 引つ掛つて, 往くよく, 必ず変化, 我が仕事, 抜穴を, 持って, 振落し, 日本人の, 最初より, 残って, 残つて居ませう, 求めむ, 求めん, 泊る家, 消えて, 潜めゐる彼人, 潜伏し, 現存し, 病気でも, 破綻を, 穏やかでない, 罪過なく, 置くべき, 船泊すら, 落着の, 蔵し, 行かんと, 行きけむ, 行きを, 逃げて, 遊びが, 遺って, 隠れ家が, 雨気が, 雪消の, 風吹き, 食を, 骨の

▼ 何処にでも~ (71, 0.6%)

5 ある 2 あると, あるに, あるもの, いる女, ゐる, 居るの

1 [54件] あつて, あつて自分達, あります, ありますけれども, ありますぜ, あり余るほど, あるが, あるがね, あるし, あるだろうが, あるでしょう, あるの, あるよ, あるよう, あるん, ある形, いますからね, いる, いるし, いるという, いるもの, いるん, いる弱い, いる気, お供が, みんなが, よくある, ゐるからね, ゐるが, ゐるなんて, ゐる平凡, 一つの, 二人は, 人気が, 人間の, 住まば, 使はれ, 匿す, 売って, 少数の, 成り立つもの, 控へて, 沢山い, 潜んで, 発生しうる, 科学を, 立てかければ, 自由に, 見つけられるが, 見られること, 見受けられるありふれた現象, 通じて, 造れる, 飛びこむという

▼ 何処からも~ (52, 0.4%)

5 出て 2 日の

1 [45件] きこえて, 一人も, 上陸する, 人に, 何の, 何物をも, 何等事件, 入って, 入る所, 出ては, 危険は, 声が, 家の, 家賃一つ入, 尻の, 尻も, 届けも, 応答が, 扶持も, 招待状が, 日の目が, 来なかった, 来ません, 来る, 槍は, 決して帰っ, 泥棒などの, 涌いて, 生れて, 相手に, 相談を, 絶対に, 聞えて, 葉書一枚来ない, 見えなかったの, 見えるという, 見へる筈, 見ゆ, 言って, 証拠だ, 貰手が, 起った, 起らなかった, 起らなかつた, 金の

▼ 何処やら~ (51, 0.4%)

2 似て

1 [49件] ただもの, ちょっとクライブ・ブルック, でくす, では, で偶然泊つた, で単調, で夕鴉, で嬰児, で尤も, で微な, どっしりした, のっぺりした, む, むかすかに虫, ゆっくりし, わが同種, アラン, 今から, 共通の, 分らしめへん, 努力の, 勇ましかつ, 品の, 地から, 垢ぬけ, 寝顔に, 対象の, 居馴染まぬ, 年齢の, 床しいところ, 床しげ, 旦那様の, 暗い方, 武骨な, 気の毒な, 淋しさ, 由緒あり, 異って, 痩せが, 白いよう, 知れぬ人, 知れぬ空, 股とかを, 芸人らしく, 薄黄色ばん, 見当も, 言葉足らずに, 釈と, 野暮くさい

▼ 何処迄も~ (40, 0.3%)

2 何処迄も

1 [38件] お前に, しらを, それを, つづいて, やる, 三枚目なり, 不思議に, 主張しよう, 其処に, 厳酷に, 又市, 声を, 外科医の, 大真面目, 強情を, 悪く善い人間, 我輩を, 接触し, 散歩客の, 是れ, 果ての, 気にか, 沈着である, 河原を, 滑稽で, 漢学的であった, 生理的だ, 相手に, 知らん顔で, 穴を, 続いて, 続けて, 脱線する, 西の, 追ひ掛け, 遣る覚悟, 随い, 隠せば

▼ 何処です~ (37, 0.3%)

1532 かその

1 [17件] かあ, かい, かといふ質問, かと問う, かと訊いた, かな, か知りません, それから当家, それは, といふ, と聞く, な, の, ネ, 君達の, 国境です, 貴郎

▼ 何処~ (36, 0.3%)

2 その辺, 行きはりまん, 近いとこ

1 [30件] ああこれ, あなた様が, いいところ, ええとこ, お怪我, お痛み, お痛め遊ばしましたでございませう, ここら辺に, この辺, そこら辺, で晩, もっと手前, や, やったん, やと, オドオドした, 人に, 問屋の, 場所を, 外い, 専門の, 御体, 御気分, 悪いの, 捜しなさったらきっと, 敵の, 旅行でも, 痛めは, 逃げ道でも, 避暑になと

▼ 何処~ (34, 0.3%)

96 のだ 4 のか 3 んだ 2 んです 1 と当分, のかね, のさ, のだろう, のであろう, のでしょう, のよまあ, の家, んだらう, ア按摩取だ

▼ 何処より~ (32, 0.3%)

4 帰り来らん 2 来るとも

1 [26件] おとづれて来る, とりて, 之を, 伝来した, 何処へ, 出づら, 出づる音, 到るかを, 参られて, 帰り来たらん, 手に, 援助来らん, 明るい唯一, 本艦に, 来りけん一人, 来りしとも, 来りしもの, 来りしやを, 来り我何処, 来る, 来給, 此の, 湧き出るとも, 発し何処, 蠢めき来り, 見ゆるとも

▼ 何処へとも~ (31, 0.3%)

2 なく出かけ, なく姿, なく消え, なく運び

1 [23件] なく, なく出歩く, なく押し移っ, なく歩い, なく歩いてる, なく歩き始めました, なく流れ移っ, なく消え失せた, なく漕ぎ去った, なく私, なく立ち去った家康, なく立去った, なく羅馬, なく自, なく走って, なく走り出, なく走り初めた余, なく逃げ去っ, なく飛び出し, なく馳, 召使にも, 無くフラフラ, 言わずに

▼ 何処やらに~ (26, 0.2%)

2 沢山の

1 [24件] して, どうやら法喜, まだ万葉, まだ姥桜, 俚歌を, 唐風な, 夕ば, 小春と, 未開の, 歌ふ, 残しながら, 濁りを, 琴の, 男くさ, 着き, 石油の, 絶望を, 船員上りと, 若いとき, 若い娘, 覚えの, 非凡な, 鳴く夕鴉, 鶴の

▼ 何処かを~ (25, 0.2%)

1 [25件] うろついて, さうし, さまよい歩いて, シトシトと, 一ヶ所私達の, 同じ声, 太い指頭, 工事する, 微小な, 悪くし, 拝借したい, 掠めた, 擽ぐってでも, 歩いて, 漁って, 破壊しよう, 突いた時, 突かんと, 見まもる, 見る, 覗きこまれ, 遥かに, 鋭く風, 頓狂な, 飲み廻って

▼ 何処かから~ (23, 0.2%)

2 寄せ集めて

1 [21件] こちらを, それとは, ひそかに, パイナツプルの, 井戸掘りの, 僕を, 優しい歌, 入って, 写して, 女の, 帰つて来た, 帰つて来る, 彼が, 彼の, 彼を, 忍び寄つた, 手榴弾を, 捻り出す算段, 潜って, 買って, 迷つて来た

▼ 何処かしら~ (23, 0.2%)

2 で何故

1 [21件] からますます, から微か, から物質, が悪, が悪かっ, にいつも, にお前, に尋ねれ, に持っ, に湧き立ってる, に漂っ, へゐなくなる, 古代日本人の, 未熟の, 東夷とでも, 死んだ九鬼, 苦痛を, 解らなくなって, 話が, 遁路を, 非常に

▼ 何処という~ (21, 0.2%)

3 ことなく, 的も 2 ことなし, 事なく

1 [11件] あても, ことさえ, ことは, ことも, 事なし, 事も, 個所は, 当も, 方角も, 目的も, 限りも

▼ 何処までが~ (20, 0.2%)

1 [20件] ほんとうか, ほんとうで, 何処の, 労働者か, 同じ運命, 嘘な, 夢の, 彼独特の, 待ちわびた自分, 悲しい嵐, 手管か, 本当で, 本来, 本気で, 果して根本, 機械であり, 真個うに涙を, 真個で, 真個な, 私の

▼ 何処~ (18, 0.2%)

3 行っても 2 でも

1 [13件] い, その地方, だらけて, もい, もつ, もと輿, ものつ, 人に, 受けるか, 本当か, 行くぞ, 行くん, 行って

▼ 何処ででも~ (17, 0.1%)

1 [17件] いいから, いくら酒に, するやう, そして誰, みんなそうであった, 出来ます, 出来ますが, 果よう国籍は, 死んでも, 独創で, 私は, 織りつづけたかと, 行き着いた土地, 見つけると, 見出されさ, 返つて, 遣ふと

▼ 何処よりも~ (16, 0.1%)

1 [16件] ぐっと深く, すぐ避け得られない, その切支丹村, 一番いい, 不潔であるべき, 先ず亀戸天神の, 先に, 嫌ひだと, 安らかな, 居心地の, 涼しい場所, 真っ先に, 繁華に, 芸術的に, 街頭的な, 貴重な

▼ 何処そこ~ (15, 0.1%)

1 [15件] い逃げはりました, から取り寄せた, では御馳走, にある, に音楽会, の住人, の何, の刺身, の叔父さん, の子供, の某, の蔵, へ旅行, へ誰, へ連れ

▼ 何処ぞへ~ (15, 0.1%)

2 行けへん

1 [13件] こっそりと, 仕事を, 出かけるところ, 出て, 取付こう, 廻り道でも, 往って, 移りたい面倒臭い, 行かうかしらん, 行って, 走ってしも, 逃げ道の, 飛び去る

▼ 何処である~ (15, 0.1%)

2 かという

1 [13件] か, かということ, かと繹, かどうして, かについてはすこしも, かをはっきり, かを知つたの, か井出村, か判然, の, のか, ので, んでしょう

▼ 何処かと~ (14, 0.1%)

2 聞くと

1 [12件] いうに, がった処, 云ふ, 云ふと, 土地の, 尋ねて, 彼女の, 恐々縄を, 申しますと, 聞かれた時, 言えば, 訊ねたらかう行つて

▼ 何処からと~ (14, 0.1%)

1 [14件] これだけの, なくうす, なく歩い, なく沢山, なく湧い, なく溜息, なく皆, なく知られ, なく薄, なく薄い雲, なく薄い靄, なく障子, なく集つて, なく靄

▼ 何処からでも~ (13, 0.1%)

3 鬼神に 1 伸びる手, 出て, 出るよ, 嫁は, 富士も, 忍び込めるよ, 目に, 見えた, 見て, 陸に

▼ 何処かが~ (12, 0.1%)

1 [12件] しきりなし, ストに, パッと, ピクピクと, 寒いよう, 悪かつ, 疼いて, 真個に, 破けたんぢ, 破裂し, 絶えず修補, 腐ってでも

▼ 何処其処~ (12, 0.1%)

1 [12件] に行っ, のお母さん, のとう, の喫茶店, の寺, の山, の校長, の海岸, の長, へ斯, を何時, を歩い

▼ 何処~ (11, 0.1%)

2 行ぐのす 1 お百度, か行ぐべア, も行かない, 今頃迄け, 行かつし, 行くだい, 行ぐ, 行げや, 行ってた

▼ 何処ぞで~ (11, 0.1%)

1 [11件] グンと, 会うて, 会うてんと, 会って, 呉れ捨てるつもり, 奥様と, 待ちよる, 昼飯を, 濡れの, 白桃の, 盗んで

▼ 何処へやら~ (11, 0.1%)

1 [11件] あれを, さっぱり判然ら, ただ俯向, どじょう髯は, ふつ飛んでしまつた, 一同は, 元気な, 動いて, 影を, 消え去って, 消滅し

▼ 何処って~ (10, 0.1%)

2 俺に 1 あそこだ, だが貴方ア腰掛, まあ仕方, まだ分る, 云われても, 全体が, 当は, 方々行きました

▼ 何処やらの~ (10, 0.1%)

1 おいしい最中, スイッチを, 下僕の, 人が, 割前を, 天領では, 室の, 工場の, 日本婦人が, 温泉に

▼ 何処だって~ (9, 0.1%)

21 いいこと, かまわないわ, そういえ, 出稼ぎは, 別に, 可い, 村は

▼ 何処よりか~ (9, 0.1%)

1 一通の, 入りけん, 帰来んと, 得ん, 微かなる, 来りけん忽ち, 照射といへる, 突然降来った, 風の

▼ 何処~ (8, 0.1%)

4 往った 1 往くん, 行, 行っただな, 行何処え

▼ 何処へと~ (8, 0.1%)

1 いたわりながら, いったら品川, いって, なくふらふら, なく去っ, 云うあて, 問はれ, 聞いても

▼ 何処やらで~ (8, 0.1%)

1 小さな鈴, 滝の, 猿の, 自分の, 蕎麦を, 調子は, 馬の, 鶴の

▼ 何処よりとも~ (8, 0.1%)

1 なく八十八羽, なく哀怨, なく市中, 無く出, 知らず大, 知らず時々, 知らず電話, 知れぬ蛙

▼ 何処かには~ (7, 0.1%)

1 きっとい, 何となく擽つたい, 古羅馬中期, 家と, 恐らく大量, 置いて, 酔つた

▼ 何処だつ~ (7, 0.1%)

2 てい, ていい 1 たかね, てこれ, てやつ

▼ 何処であった~ (7, 0.1%)

1 かといえ, かね, かひどく, か忘れた, か谷中, か郊外, のか

▼ 何処でか~ (7, 0.1%)

1 キャンキャンと, 分れて, 幽かに, 異な, 藪鶯が, 遠方で, 非業の

▼ 何処何処~ (7, 0.1%)

1 であったろうかと, で会ひたい, で見た, とばかり啼い, のカフエー, の支店詰, までも幕府

▼ 何処だろう~ (6, 0.1%)

1 かこの, かと僕, が黙っ, と結構, と見廻す, な

▼ 何処であろう~ (6, 0.1%)

41 が到る, とも視野

▼ 何処にて~ (6, 0.1%)

1 捕へられしや, 求め給, 舞いて, 舞ひ, 踏み迷, 釣り候

▼ 何処へという~ (6, 0.1%)

3 目的も 1 ことは, 当も, 心の

▼ 何処~ (6, 0.1%)

1 か, かこう, かへ利用, からでも見, てあたし, て分らねえ

▼ 何処からが~ (5, 0.0%)

1 アナロギーとしての, 内容である, 哲学である, 嘘な, 知識の

▼ 何処ぞの~ (5, 0.0%)

1 お馴染, 姫か, 学校の, 山か, 美容院で

▼ 何処とかの~ (5, 0.0%)

1 倉庫が, 大学の, 女学校に, 按摩さんを, 田舎で

▼ 何処とは~ (5, 0.0%)

3 なしに 1 なくサッと, 云は

▼ 何処~ (5, 0.0%)

5 南北

▼ 何処かでは~ (4, 0.0%)

1 い, 富江の, 河田の, 淙々と

▼ 何処ぞと~ (4, 0.0%)

2 云って 1 云うて, 種々尋ねたれ

▼ 何処だい~ (4, 0.0%)

31

▼ 何処だった~ (4, 0.0%)

1 か, かこの, かしら, か記憶

▼ 何処だつた~ (4, 0.0%)

1 かと気, かなこれ, かねもう, けね

▼ 何処でした~ (4, 0.0%)

1 か, ことが, っけか先, つけ

▼ 何処でしょう~ (4, 0.0%)

31 と聞く

▼ 何処といふ~ (4, 0.0%)

1 きらひも, ことなく, 事なし, 目的も

▼ 何処へなと~ (4, 0.0%)

1 しばし身, 帰るなら帰るが, 行くつもり, 連れて

▼ 何処行き~ (4, 0.0%)

1 けん車夫, とも分らない, の列車, や

▼ 何処いで~ (3, 0.0%)

1 も一緒, も女, も逃げ

▼ 何処さん~ (3, 0.0%)

2 の子供衆 1 行かしたかと

▼ 何処ぞに~ (3, 0.0%)

1 あるか, 忍んで, 活躍し

▼ 何処~ (3, 0.0%)

1 やと言, やなんにも, ややら

▼ 何処つて~ (3, 0.0%)

1 きめないで, まだ分る, 訊くなら連れて

▼ 何処なと~ (3, 0.0%)

3 好きな

▼ 何処なる~ (3, 0.0%)

1 かは未だ, も女滝男滝, らん琴の

▼ 何処にだって~ (3, 0.0%)

1 ありそう, ありまさあ, あるさ

▼ 何処には~ (3, 0.0%)

1 いかならん好き処, こういう景色, 何が

▼ 何処へって~ (3, 0.0%)

1 おら村へ, 仰っしゃいますか, 遣っちまったよ

▼ 何処まででも~ (3, 0.0%)

1 何処まででも, 引っ着い, 行って

▼ 何処もかも~ (3, 0.0%)

1 明け放したまま, 皆な, 閉めきつて

▼ 何処やらが~ (3, 0.0%)

1 やると, 悪戯らしく見える, 水子にて

▼ 何処ん所~ (3, 0.0%)

21 ってねえ

▼ 何処~ (3, 0.0%)

1 国籍ニ属スルヤ全, 部屋ヲ, 馬

▼ 何処吹く~ (3, 0.0%)

2 風と 1 風かとばかりに

▼ 何処~ (3, 0.0%)

1 か御, でも, へもお話し

▼ 何処~ (3, 0.0%)

1 たかて, たっちゃ, の電車

▼ 何処~ (2, 0.0%)

2 なとやっ

▼ 何処いも~ (2, 0.0%)

1 出られへん, 行かんと

▼ 何処かお~ (2, 0.0%)

1 優しい品, 悪くつて

▼ 何処かさ~ (2, 0.0%)

1 ういふ噂, びしいところがあつて何となく

▼ 何処かにて~ (2, 0.0%)

1 必ずおんみ, 金剛邪禅の

▼ 何処たる~ (2, 0.0%)

1 かすら知らなかつた, 時の

▼ 何処だったろう~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, という話

▼ 何処~ (2, 0.0%)

1 かで, ちゃよ

▼ 何処でし~ (2, 0.0%)

1 ている, ても同じ

▼ 何処とか~ (2, 0.0%)

1 で五十銭, 知る

▼ 何処とかへ~ (2, 0.0%)

1 代議士が, 行くと

▼ 何処なり~ (2, 0.0%)

1 とお供, 行つて貰は

▼ 何処においても~ (2, 0.0%)

1 たやすく求め得る, 妨げられること

▼ 何処へとて~ (2, 0.0%)

1 お傘, ましますぞ

▼ 何処~ (2, 0.0%)

1 かし行かん, ねんやろ

▼ 何処やろ~ (2, 0.0%)

1 かしらん, とかナ

▼ 何処~ (2, 0.0%)

1 出カケヨウトスルノカ, 往ク

▼ 何処~ (2, 0.0%)

1 でも, に対しても要するに

▼ 何処此処~ (2, 0.0%)

1 とのたくり, と云ってる

▼ 何処~ (2, 0.0%)

1 ですか, を御撰定か

▼ 何処行かめ~ (2, 0.0%)

1 とさき竹, と山菅

▼1* [156件]

何処あろうトリエステな, 何処い出しても恥, 何処い行きたいいいましてもあんたさん, 何処い行きはりまんのん, 何処い行くこと出来ます, 何処い行くだん, 何処い逃げるいうこと前に, 何処かい行きたい, 何処かいき抜きに, 何処かけんの, 何処かずつとさし迫つた, 何処かぜ吹くかという, 何処かて同じこっちゃがな, 何処かなどとそんな事, 何処かにおいて一つの, 何処かにも矢張り, 何処かに使に出し, 何処かは未来の, 何処かもつと住み, 何処かもの鄙びた土堤, 何処からかいつか相, 何処からかうした声が, 何処からかしらポンポンと, 何処からって高山からさ, 何処からでせう, 何処からの到来物ぢや, 何処ここを歩き, 何処これを何処, 何処さあ迎いに, 何処じゃ美作では, 何処ぞい逃げよやないか, 何処ぞい旅に出かけ, 何処ぞい行てしま, 何処ぞい行きやはっ, 何処ぞい避暑に行こやない, 何処ぞから電話かけときます, 何処ぞは戦争が, 何処だい云つて見給, 何処だい特高課長は, 何処だらうと聞いた, 何処だ行って見ろ, 何処つて方々行きました, 何処であったであろうかという話, 何処であったろうかという, 何処であり空間に, 何処でありましょうか, 何処でかと云うに, 何処でございますかな, 何処でって忘れっぽいのネ, 何処でですいったい, 何処でというような, 何処でといふことは, 何処でともなく誰か, 何処では誰と, 何処でもかまひません, 何処でもがコンコンと, 何処でもに見られない新, 何処とかいう御大家, 何処とかから途方も, 何処とかに居た佐幕党, 何処とかへと貼紙が, 何処とかまで行つて漸く, 何処とて的も, 何処とのう苦味走った, 何処とばかり啼いて, 何処ともなう或年, 何処とを見せるといふ, 何処どこへ見当, 何処どん居んな, 何処などとよく使う, 何処なりやという点, 何処において居たか, 何処にだっても砲弾の, 何処にてと問ひけれ, 何処にてもまたやらかす, 何処にと葎の, 何処にとも言へ, 何処のといふことも, 何処のやしきも, 何処ひとところとして, 何処へかへ隠し去ったお, 何処へだって行ける, 何処へでもとは言われん, 何処へといふ確かな, 何処へとはなく走って, 何処へともとうなずく, 何処へなお匿い願いたい, 何処へのこのこと迷, 何処までと遠く詠むれ, 何処までといふことは, 何処までともなく奥の院, 何処までの範囲を, 何処までもてまえの, 何処までもと追いつづけて, 何処までを歌と, 何処もが把握する, 何処やらかも知れなかつたが, 何処やらにて表札を, 何処やらにはさすがに, 何処やらをとなしく見ゆるもの, 何処やらん黄金丸の, 何処くらむ沖, 何処ゆかも愛しき, 何処よりを歌と, 何処へか, 何処ら辺までが本当, 何処をも聖くなされた, 何処ん所つてねえ貴方, 何処ウ徘徊くだべえ, 何処カシラニ生キテイテ彼女ノ全身, 何処カソノ辺ヲ通リ過ギル時ニピイピイト, 何処カデ蟋蟀ガピイピイト鳴イテイル, 何処カニ潜ンデイテアザヤカナ声デ鳴, 何処カノ帝都ニアッタ実話ナドヲもでる, 何処カノ毛細血管ヲ突イタンデショウナ, 何処カヘ出テッタワチョット飲ン, 何処カヘ行ッテラッシャイッテ追イ出シタノヨ, 何処カラ見テモ立派, 何処カラカ現ワレタ, 何処カラカ部屋ノ中, 何処カヲ旅シタ折ニモ偶然人ガ野外ニ立ッテ拓本ヲ製作シテイルトコロヲ, 何処カ東京デナイ所, 何処デスルノカハッキリ分ラナイガ何処カソノ辺ヲ通リ過ギル時ニピイピイト, 何処ト云ウコトハ明カデナイガ多分割下水時代, 何処埋メラレタッテ構ワナイヨウナモノダケレドモ, 何処ニアリヤト考エルノニ要スルニ夫レハ主トシテ眉目, 何処ニカ遊ブなど, 何処ニモナイ君ノヨロコビノ為ニ元原ノ表出, 何処ニ御座ルカト見レドモ我輩ハ其顔, 何処マデガ麻痺デ何処マデガ痛ミト云ッテイヽカ区別ガツカナイ, 何処ヨリモ早キヲ以テ早稲ト称シ中古慣称シテ早瀬ト云後チ今, 何処ヨリ手ニ入レタルヤ, 何処一軒も起き, 何処今日は此処, 何処ゐの, 何処六本木と云う, 何処熱帯樹陰廬, 何処にも搬, 何処宿鉄車直下入旗亭, 何処川原かい, 何処沙望漠然, 何処といふこと, 何処東風では釣れぬ, 何処泊りは何処, 何処漏りてか霜, 何処が涕, 何処清身, 何処町何丁目何番地何の誰, 何処白雲の棚引く, 何処私共も東京, 何処行っても落つ, 何処行ってたんだ, 何処見渡したッて, 何処機縁, 何処まで到っ, 何処遍田家猶未