青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「俗~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

侯~ 便り~ ~便利 便利~ 便宜~ 便所~ 係~ ~俄 俄~ 俊~
俗~
保~ ~保つ ~保存 保存~ ~保証 保証~ ~保護 保護~ 信~ ~信じ

「俗~」 2046, 21ppm, 5415位

▼ 俗~ (920, 45.0%)

18 これを 17 いう 10 云ふ 7 して 6 いふ 4 言ふ 3 いう虫, いえば, なる, 人の, 水道尻という, 謂ふ

2 [43件] いう稲荷, いう魔, いふところ, いふ美男美女, かぜは, さし乳, それを, どんどんと, シラコといふ, 七曲りと, 三方また, 之を, 九ツ谺と, 云う, 云う虫, 云えば, 云へ, 呼びて, 呼んで, 城山である, 堕ち申候, 堕つるある, 堕つる者けだし, 天狗の, 太田の, 媚ぶる, 寒割, 杭州舟と, 泣黒子と, 流れたもの, 現の, 白瀧と, 立ン坊と, 虫の, 見晴らし富士, 言う, 言えば, 超えた高雅異質, 金平糖という, 釣橋釣橋と, 離れた俺, 雪解の, 鳥熊の

1 [754件 抜粋] あの辺, あらずこの, いういぼ, いうか, いうから, いうずんぐり, いうつー, いうびんざさら, いうエヘン, いうドリ, いうブルドッグ型編上, いうユリ根, いう一, いう三町目谷, いう三行半, いう下町生活, いう不慮, いう九尺二間, いう内ロース, いう化け物屋敷, いう博奕, いう団栗, いう天井, いう尻, いう幽霊火, いう影, いう御身分, いう悪, いう悪魔, いう木の葉天狗, いう杓子面, いう根深, いう桂馬, いう梯子, いう武士, いう気, いう沈黙, いう瀬戸物町, いう犬公方, いう猫, いう玉, いう琴, いう病, いう白子, いう白川郷, いう相, いう眼, いう神経質, いう私立探偵, いう継母根性, いう総領, いう美人型, いう羞恥, いう色, いう色気, いう苦汁, いう茶腹, いう華客場, いう虎刈り, いう袂落し, いう見附, いう貧, いう軽便暖炉, いう達者, いう関八州, いう閻魔, いう頭, いう養子, いう鬼, いう鬼火石, いおう真実, いって, いふえら, いふが, いふマメ人, いふ下手, いふ世の中, いふ内氣の, いふ呑み込み, いふ大黒さま, いふ感心, いふ石刷, いふ船を, いふ虫, いふ鶴, いへる三世因果, いわゆるめぐり合わせ, いわゆる丸儲け, いわゆる犬, いわゆる番, いわゆる疵, いわゆる知識階級, おこりといふ, おできは, お山庫と, お新下り, お玉ヶ池の, お金改所とも, お鼻, かの虫, からたち寺と, きんちゃ, くだけて, この不明暸, この辺, これは, する事, そう呼ん, その名, その果, その辺, そら手, それあられ, たなばた流し, どんどん橋, なった, なってしも, なつちやつた, なりがち, なりやすい, なり鱒, なるの, なる突拍子, にがみばしったと, のど笛と, ひきずり餅, みえること, むじなともいひますがこれは, めくら乳, よく言, よぶ売笑婦, アカと, アフリカン, アンダ皺という, エタは, オデキの, カケコミ教と, カンカラ太鼓とも, ガチャ文, クサという, クラヤミでございます, グラン・トペラと, ケンネーと, コックリは, コレシュキといふ, サネと, シシ, スリートと, ズウフラと, セドと, タコマ富士と, チャヌチと, ツケギと, トオカンヤという, ハッパという, フレンチ, ホワイト・バーク・パイン, マグソアカという, ミガキ鋼板という, メトバナと, モチという, 一の宮は, 一寸法師という, 一本松と, 一杯水と, 七内八崎あり, 七座と, 三ツ星とも, 三十は, 三味線太鼓と, 三尺坊さまと, 三年坂と, 三幸という, 三王の, 三甚と, 三角とも, 三角屋敷と, 下冷泉, 不思議と, 丸鍛え, 丹波川と, 二六横町と, 二十六夜待ちと, 二階堂貞宗という, 云うお化け結び, 云うはじまらないこと, 云うべっかんこう, 云うゴロツキ, 云う千人縫い, 云う千鳥足, 云う戦後派, 云う日本, 云う無, 云う禁止物, 云う竜頭蛇尾, 云う糸切歯, 云う苦労, 云う茶屋町通り, 云う青大将, 云う餅屋, 云う鼻掴み, 云って, 京人形と, 京極曲輪と, 人格とか, 人魂とでも, 仏様くさい, 伝う, 伝う光武河, 伝う宋, 佐渡平という, 何, 侠気という, 信濃日光の, 傘という, 先代萩の, 八丁滝と, 八百八谷と, 六三と, 六方石の, 出来て, 刀気と, 利根利根といふ, 則った国柄, 北寺町と, 十二階と, 千住の, 千本桜と, 南京, 南京米という, 即き, 吸い出しを, 味方が, 呼ばれたお, 呼ばれてる白, 呼ばれるよう, 命と, 和し, 唐辛と, 唱えて, 喇叭の, 噛みくだいて, 四十二の, 四十二歳の, 四国町という, 四斗樽という, 土蜘蛛または, 地獄鉄道と, 坊主沢と, 堕したもの, 堕せずのんびり, 堕ちて, 堕ちればとて, 塩辛とかいう, 墮ち, 外法頭と, 夜叉と, 大口浦と, 大大夫, 大洞, 大試験, 大陸漂移論と, 大音寺前という, 天狗に, 天狗岩という, 天狗火天狗礫ととな, 天神池と, 奇人変人などと, 妓家千軒旅籠百軒と, 姫の, 娑婆と, 媚び悪, 安ん, 富士裏という, 小なる, 小栗の, 山ワロと, 山木という, 山王さんと, 山男と, 川戸と, 帰す, 帰るべし, 幽霊を, 幽霊風と, 引傾り, 弘法温泉とか, 御丹生さん, 御守殿前, 徹した信仰, 徹した大, 心酔すべからず, 恐いもの, 憎むところ, 應擧寺と, 戸外を, 所謂, 所謂厄年と, 所謂智識感情とは, 所謂筋が, 所謂踐みつけられ, 所謂麻自, 打てば, 抗する道也, 振袖火事という, 支那通と, 改まりたりと, 新屋敷と, 新橋の, 施薬院と, 施薬院とも, 日光の, 日本で, 暗がり坂と, 書いたもの, 木沓の, 本多横町と, 本玉とかいふ, 杓子面という, 東方と, 枕添の, 柘植黙で通ってる, 桐畠とも, 桟町という, 楠の, 楠谷とも, 機織結びと, 正月上子の日に, 武芸者は, 氏より, 気の, 気性の, 水一斗につき, 水底を, 江口の, 江戸ッ子の, 沖の, 沖の島と, 油が, 泉水と, 洋妾と, 活馬の, 流れがち, 海松とも, 混ず, 滄州までの, 灰山という, 無い袖, 煙ヂウと, 照降, 牛谷という, 牟射佐妣といふ, 物ごとの, 狐持, 猪子島と, 猫は, 猿ヶ馬場, 玉と, 現実的に, 球根と, 生れついたこと, 生臭坊主という, 甲籠山とも, 甲胄堂と, 申します神, 申すあてつけ, 申すぶらかすと, 申す一, 申す通り一, 申す鐘入り, 男は, 画と, 病院街と, 瘤寺と, 癖という, 白鳳の, 盗坊市場, 目なし, 相田屋で, 睨みの, 知識階級と, 砂摺りという, 硫黄島と, 祇園さんという, 神の, 神輿祭りと, 秋元家の, 称うる, 称して, 称せらるる, 称揚する, 竜宮と, 章魚船と, 符牒という, 精力と, 紫陽花寺とも, 細長いの, 絵そら, 綱取りとも, 義経山と, 考へられて, 聞えるが, 聞えるけれども, 背かを, 胴忘れという, 腐つて, 腸綿踊りなどと, 自由主義だ, 至つては, 舶来屋と, 色気が, 花火村とも, 芸術家と, 茅針と, 茜の, 落ちたもの, 落ちな, 葱売という, 薄いもという, 蘭法華の, 號する, 蚯蚓の, 蛇といふばかり, 蝦夷錦という, 螢の, 蟇は, 血の道の, 袈裟がけという, 西欧化と, 親爺という, 親馬鹿という, 言うあら煮という, 言うしっかり, 言うと, 言うケットバシ屋, 言う子供, 言う底部, 言う御, 言う照, 言う真綿, 言う触らぬ神, 言は, 言われて, 言われる, 諛びることなき真面目なる, 豆名月と, 貧乏坂と, 赤新聞と, 走りて, 足中といふ, 近まさり, 近兼, 通じる世界, 逢魔が, 邪魔が, 野師という, 釜司という, 鉄道草と, 銀線に, 鍋取, 長州の, 長州ヶ原と, 長範の, 陥って, 陥らない場合, 陥らぬやう, 陰嚢の, 陶器師と, 随つて断髪した, 随て, 隠亡穏亡, 隧道の, 雪は, 雪月花に, 霧谷と, 青梅在と, 頭が, 頭の, 風鈴そばとか, 飛躍と, 食い違い見付とも, 食傷新道と, 餓鬼鼻たれ, 首塚とも, 香箱を, 馬酔木とか, 驢を, 骨董と, 高崎扇という, 高等と, 鬼怒沼四十の, 魔の, 鮫肌と, 鰻畷と, 鱚の, 黄身の, 黒灰浦という, 黒部杉と, 鼠雲絳衣雲等の, 鼻寺でも

▼ 俗~ (130, 6.4%)

3 ことを, ものだ 2 ものと, ものは, 一面も, 事ばかり, 処を, 動作も, 歌の, 男な, 言い方を, 魂によって

1 [104件] お頼み, ことが, ことじゃ, ことで, どぎつい色, のが, のでさほど, のは, ほかく, ものが, もので, ものであります, ものである, ものとも, ものの, ものを, もんじゃ, もんだ, ようで, フラッパアを, 事である, 事を, 事情に, 云ひ, 交際など, 仕事に, 仕事を, 仕掛花火が, 仙人には, 仙人も, 分子が, 分野である, 卑陋な, 印章が, 友人は, 句に, 句や, 句を, 名が, 名を, 名稱, 善意と, 奴等だ, 好奇心との, 姿態を, 宗匠に, 宣伝を, 宿屋で, 富を, 小説を, 山だ, 山見, 彩りが, 心と, 念願は, 恋文から, 情愛の, 意味での, 意味に, 感覚の, 所で, 手法を, 打算を, 敬称を, 木だ, 根性を, 歌などは, 気質が, 点が, 物ばかり, 独断である, 用事は, 男だ, 男に, 発声と, 研究に, 社会の, 絵草紙である, 考えから, 考えは, 者である, 者なり, 艷出しに, 苦労も, 茶屋では, 表現だ, 覆面の, 見方の, 見苦しい古風, 言ひ, 言葉が, 言葉で, 誤解によって, 責任と, 質問を, 身贔屓すぎ, 遊びを, 野心を, 野暮天でも, 金銭の, 隷書で, 饒舌で, 馬鹿毛た, 魂を

▼ 俗~ (90, 4.4%)

3 の間 2 にヤンヤ, に容れられない, のため, の意, ばかりででき

1 [77件] か思い, がや, が徹底的, その堂, たらしめる罪, であり極端, である限り, とか愚衆, とこれ, とはまた, と同じ, と同視, と楽壇的騒人, と罵っ, と薬師寺, なりとは云, にすぎぬ, には流行, にもせよ, に人気, に入れられなかった, に媚びざる, に媚びる, に安価, に対する一種, に思わせる, に歓迎, に歡迎, に比し, に聴かせ, に見切り, の, のよう, のレベル, の人気, の人氣取り, の低劣, の前, の口, の嘲罵, の好み, の巴渦, の御, の心, の性格, の悦楽, の意味, の我欲, の所謂事業, の抱いた, の為め, の目, の相貌, の臆測, の詩人, の論, の近づく, はいよいよ, はかえって, はこれ, はまさしく, は敬遠, は自らおのれ, は自分, は詩, への威圧, への示威, やが, やを動かし得る, をあっ, を啓蒙, を喝采, を教化, を欺瞞, を眼下, を睥睨, を自ら

▼ 俗~ (77, 3.8%)

3 俗なる, 姿で 2 すがた, ゴッタ煮, 世界に, 名を, 生活を

1 [61件] お姿, そのお方, まま書く, むやみに, やうで, ようで, 世界には, 世界は, 世間へ, 中に, 中には, 人で, 人の, 人民が, 今日はと, 俗たる, 信ずるところ, 償ひ, 冠を, 又俗, 古事など, 外に, 外の, 如きも, 妖怪と, 姿では, 姿を, 宗教家が, 室に, 屎臭を, 徒は, 徳との, 徳とを, 悪い厭, 意嚮と, 愚禿と, 方は, 時の, 様などを, 毀譽褒貶などを, 民に, 気には, 気を, 男が, 男を, 病に, 目を, 眼でも, 眼は, 粗野な, 者にも, 親鸞は, 言葉に, 説明に, 諺に, 辟易し, 迷信と, 部落二箇所を, 野心つよし, 頃よう, 香巷に

▼ 俗~ (71, 3.5%)

2 楽む, 笑ひ, 送迎し, 離るる, 離れた急用, 離れて

1 [59件] お離れ, そのま, その儘, ただ一人, たち伊勢, なし一般, なし遺伝性, なす自治主義, ぬき三千代, はなれし山境蒲田, はなれ不浄, 一人本堂の, 一洗し, 乱らざるを, 健前, 出て, 匡すに, 卑しきもの, 去だにも, 去ること幾何, 去るだにも, 受附で, 喜ばすべき侠勇談, 喜ばすべき奇異譚, 喜ばすもの, 嗤ふ, 壊る, 奬め英, 抜いて, 抽んでて, 改めたが, 易える, 有して, 有するもの, 有する傀儡子, 正しきもの, 漸化, 濫る, 狂せし, 生じたという, 睥睨する, 矯めて, 破りて, 移し風, 脱して, 脱し理窟, 脱せずに, 脱却し得ぬ, 證する, 超越した, 述べる内, 遁れ, 遠く離れた, 避け礫川, 釈くとて, 離れた世界, 離れ古今, 養ふべし, 駭かすに

▼ 俗法師~ (49, 2.4%)

7 の徒 5 の亜流 3 の研究 2 すなわちいわゆる, や土師部

1 [30件] ができ, が平安朝, が感神院, たる声聞師, であったらしい, であり口, ではある, となった, とも言うべき, なるもの, なる声聞師, にあてる, には当たらぬ, には関係, に接続, に隠す, のある, のこと, のみに注目, の一種, の声聞師, の多数, の方面, の流れ, はもちろん, や社会, を呼んだ, を声聞, を菩薩, を論じ

▼ 俗~ (46, 2.2%)

2 に墜ら, を迎合, を離れ

1 [40件] が国論, が幅, が真理, が聞え, が頭, さえも断じて, だけに訴, であっても, と見ず, にそむい, につきたがる, になずみ, にはごく, には相違, に全然, に墜ちざる, に妨げられまし, に媚, に役せられ, に忤らざる, に打ち勝つ, に疎き, に立っ, に立つ, に蹤はる, に通じ, に重き, のもの, のエッセンス, の了解, の動き, の横行, の禍, の精力, はどこ, をあらわ, を俗語, を直叙, を超絶, を遠く

▼ 俗なる~ (35, 1.7%)

4 ものと 2 ものである, 日常の, 者野卑に

1 [25件] に比し, はまた, まま小なる, もの, ものなり, ものに, ものは, ものを, もの一読に, ゆえこれに, ゆえメシと, 事ぞ, 事を, 人は, 小花瓶, 歌少し, 爲事を, 者なき, 者は, 者を, 者一読に, 者理窟ツぽき, 語を, 陸軍の, 鯉幟のみ

▼ 俗~ (26, 1.3%)

2 は要するに

1 [24件] が当然, でこね上げられた, でブーラール夫人, とたたかっ, とは全く, とも戦わね, について啓蒙, による, に依, に倦, に反対, に支配, に立っ, の世界, の捕虜, の源, の誤謬, は唯物論, は最も, は言, も発生, をもて, を啓蒙, 者流が

▼ 俗~ (20, 1.0%)

2 俗の

1 [18件] あらう, いる以上, だめだ, はあった, はある, はない, は水戸, もない, よし, 下根な, 世間師で, 人間の, 低級で, 所により, 旨く中らなかった, 詩といふほどの, 非芸術的, 駄目だ

▼ 俗~ (18, 0.9%)

5 ぽさ 2 ぽい

1 [11件] ぱなれのしたのもあります, ぽいぢ, ぽいといふ, ぽいところ, ぽいコローム版, ぽい意見, ぽい腐れ, ぽく, ぽくな, ぽく甘つたる, ぽく觀

▼ 俗~ (15, 0.7%)

1 [15件] が出, で知らない, として殆ど, と同, などを歌, に傾ける, に調子, の暗, の絶唱, の調子, をいい, を作つて曰く, を唄っ, を思ひ出し, を歌

▼ 俗~ (12, 0.6%)

1 [12件] あるだらうと, かかる火, その理, 國史に, 天意に, 室町時代に, 永く地方, 皆悉く, 自然を以て, 質朴簡易を, 跡を, 食老

▼ 俗にも~ (11, 0.5%)

1 [11件] いうこと, いうぞ, いう泣きッ面, 三年宿屋と, 云ふ如く, 正直の, 死人担ぎ, 申しますに, 申す多数, 聞ゆべき, 言う多勢

▼ 俗~ (11, 0.5%)

2 亦伯, 坊主も, 風雅も 1 ある, すこぶる変じたる, 俗はなはだしい, 大俗であれ, 甚だ貧弱

▼ 俗~ (10, 0.5%)

1 がその, が木彫り, という, といふ, としての観察, とはいへまい, と云う, なぞとくさす, などと負, ねえ

▼ 俗~ (10, 0.5%)

1 あるは, いうが, いつて, その社会的系統, なるなんて, なろうと, 下根な, 殆ど同じ, 浮沈し, 言ふ

▼ 俗には~ (10, 0.5%)

1 うす雲, すじ雲と, それを, なにか食物, 不帰谷とか, 出来悪い, 小さく尋常, 往々唯物論, 船を, 言うが

▼ 俗~ (10, 0.5%)

1 でとても, なるもの, な大官, な疲れた樣, な空氣, な都會, な酒場, のポンチ畫, の中, の文章

▼ 俗~ (9, 0.4%)

8 の俗 1 には

▼ 俗~ (9, 0.4%)

1 えぐさ, で厚顔, なところ, なるもの, な意識, な無難, な精神, には世, に押し

▼ 俗~ (8, 0.4%)

2 と成り 1 なるか, にでも多少, に感ぜし, に非ずし, は蝶子, をひねり

▼ 俗として~ (7, 0.3%)

2 排斥し 1 これを, 児童試筆を, 原始的の, 或いは祖先以来, 麦藁を

▼ 俗~ (7, 0.3%)

1 が数戸, で女, に媚びず, に置く, の区切りかた, の小, へお

▼ 俗~ (7, 0.3%)

2 にすぎない 1 がある, に錬金術, の佐賀, も起っ, を土産

▼ 俗でも~ (6, 0.3%)

1 あった, あるが, なさそう, 極彩色で, 浅薄でも, 竜宮じゃ

▼ 俗~ (6, 0.3%)

2 の事 1 とともに談, の横行, の資格, を擇む

▼ 俗生活~ (6, 0.3%)

1 からのへだたり, にはまだいくらか, の儘, をし, を営ん, を宗教色

▼ 俗~ (5, 0.2%)

1 あって, 住んで, 廃れずに, 後までも, 隨喜渇仰の

▼ 俗これ~ (5, 0.2%)

1 に迷い, を信じ, を幽霊, を画く, を解し

▼ 俗~ (5, 0.2%)

1 が提灯持ち的, に陷, らしくてよ, を遠ざかる, を遠ざかる思ひ

▼ 俗~ (5, 0.2%)

1 がなかっ, のすべて, の目, は巧み, を身

▼ 俗神道~ (5, 0.2%)

1 だ仏教的, といはれ, と称し, の中, は陰陽道

▼ 俗なら~ (4, 0.2%)

1 ざるには, ざる所を, ざる者の, 法師も

▼ 俗めいた~ (4, 0.2%)

4 所が

▼ 俗~ (4, 0.2%)

1 に依, に依る, ふる所, を最も

▼ 俗~ (4, 0.2%)

2 の好い 1 とを先づ問題, 善きだけ

▼ 俗宗匠~ (4, 0.2%)

2 の俳句 1 が附点選抜, の句

▼ 俗~ (4, 0.2%)

1 と交っ, に克ち, の底, を高める

▼ 俗社会~ (4, 0.2%)

1 にいわゆる, の塩漬, の律法, の義理

▼ 俗衆的~ (4, 0.2%)

2 であるという 1 であるけれども, でなくむしろ

▼ 俗うけ~ (3, 0.1%)

1 のし, のする, を狙った

▼ 俗である~ (3, 0.1%)

1 が東京, と云つて立腹, 歴史的誤謬

▼ 俗でない~ (3, 0.1%)

1 ような, 事を, 見解に

▼ 俗という~ (3, 0.1%)

1 のは, ものは, やつの

▼ 俗とは~ (3, 0.1%)

2 變り 1 変りて

▼ 俗~ (3, 0.1%)

2 成ス 1 改メシメズンバ遂ニハ自主自

▼ 俗~ (3, 0.1%)

2 して 1 でいけません

▼ 俗了し~ (3, 0.1%)

2 やすきは 1 今は

▼ 俗~ (3, 0.1%)

1 の大量販売, は一人, をもっ

▼ 俗宗匠輩~ (3, 0.1%)

2 がこの 1 またこの

▼ 俗~ (3, 0.1%)

1 のない, を聯想, を離れた

▼ 俗~ (3, 0.1%)

1 いかなる俗界, にても高人用, の中

▼ 俗~ (3, 0.1%)

1 の人, を希わん, を救う

▼ 俗~ (3, 0.1%)

1 に兎動物中, に十, を調べ

▼ 俗かと~ (2, 0.1%)

2 見れば

▼ 俗から~ (2, 0.1%)

1 拝まれて, 離れずに

▼ 俗~ (2, 0.1%)

1 だと, を有難がっ

▼ 俗すぎる~ (2, 0.1%)

2 なというよう

▼ 俗たる~ (2, 0.1%)

1 穢土と, 陸軍の

▼ 俗であった~ (2, 0.1%)

1 場合が, 時よりも

▼ 俗であり~ (2, 0.1%)

1 そしてよしんば, 愚である

▼ 俗とを~ (2, 0.1%)

2 区別する

▼ 俗ならしめざる~ (2, 0.1%)

1 ところ精細的美を, 処精細的美を

▼ 俗ならずし~ (2, 0.1%)

1 てかえって, てかへつて活動

▼ 俗なり~ (2, 0.1%)

1 ということ, 全体俗に

▼ 俗にべ~ (2, 0.1%)

2 と雪

▼ 俗に従って~ (2, 0.1%)

1 冷却する, 聊復爾り

▼ 俗への~ (2, 0.1%)

1 憤怒, 道である

▼ 俗より~ (2, 0.1%)

1 出た名, 出で

▼ 俗~ (2, 0.1%)

1 をさけ, を絶っ

▼ 俗~ (2, 0.1%)

1 の廻し読み, は盛

▼ 俗俳句~ (2, 0.1%)

2 となり

▼ 俗俳家何心何ぶり~ (2, 0.1%)

2 などと詠ずる

▼ 俗~ (2, 0.1%)

1 仙的な, 僧の

▼ 俗~ (2, 0.1%)

1 に至っ, のいふ

▼ 俗士族~ (2, 0.1%)

1 の多い, は脇差

▼ 俗~ (2, 0.1%)

2

▼ 俗~ (2, 0.1%)

1 および俚俗, になつてしまつたの

▼ 俗~ (2, 0.1%)

1 に採用, をいとっ

▼ 俗~ (2, 0.1%)

1 あり, が口

▼ 俗~ (2, 0.1%)

1 に腐心, の奢り

▼ 俗~ (2, 0.1%)

2 および民俗

▼ 俗文學~ (2, 0.1%)

1 の方面, 即ち小説

▼ 俗~ (2, 0.1%)

2 を着

▼ 俗~ (2, 0.1%)

1 と做, なきに

▼ 俗~ (2, 0.1%)

1 に落ち, を言い出した

▼ 俗~ (2, 0.1%)

2 を避け

▼ 俗~ (2, 0.1%)

1 の覊絏牢, ヲ遠

▼ 俗~ (2, 0.1%)

1 を洗い清めます, を洗っ

▼ 俗見であっ~ (2, 0.1%)

1 てそれ, て哲学的

▼ 俗~ (2, 0.1%)

1 しだした, せられたの

▼ 俗~ (2, 0.1%)

1 の厭, 生ずなど

▼ 俗~ (2, 0.1%)

1 に入り, のとき

▼ 俗~ (2, 0.1%)

1 僧の, 郷俗新年改故

▼ 俗~ (2, 0.1%)

1 も無い, を絶つ

▼ 俗~ (2, 0.1%)

1 に余, ノ眼ニ

▼1* [227件]

ありしと云, 俗ありとて槌, 俗あるいは蛇を, 俗いうタイラギまた, 俗いま誰と論ぜん, 俗いわゆる天狗が, 俗からは様々の, 俗さ中学生程度がとりあげられる, 俗さ加減は知れた, 俗てなん, 俗じゃありませんか, 俗すらなほ一道を, 俗つれづれ草, 俗であったり姿, 俗であろうが肥え, 俗ですな, 俗でなくて何より, 俗といったような, 俗との差は, 俗とやさる人々, 俗ながら高僧の, 俗ならず高雅で, 俗ならぬ深遠な, 俗なら中らなければ何, 俗なれども厭く, 俗な考へ方が, 俗にかざみといいまして甲の, 俗についてのたわいも, 俗によって使用される, 俗にをひを, 俗に対する大方針, 俗に関して種々の, 俗ぬけがし, 俗はなはだしい謬見じゃ, 俗へと移つて行つたのも, 俗かつた, 俗もっとも盛んで, 俗よりも俗なり, 俗をも摂取し, 俗をエ, 俗チリタケホコリタケなど呼ぶ, 俗ッポクッテ何事ニモ旋毛曲リノ予ニハ気ニ入ラナイ, 俗ぽい者, 俗ナベトリという, 俗ニ乾物ヲ謂テ巴ト為ス, 俗ニ伝フ昔女子アリ人ヲ懐テ至ラズ, 俗ニ来リ附ス志姓ヲ給ハランコトヲ願ハバ, 俗ニ西洋飾リノ門松ト詠フル如ク緑葉ヲ以テ柱, 俗ホンダワラてふ, 俗一人二十四五の若い, 俗三月三日木を刻ん, 俗経一に, 俗了する心地す, 俗了せしを憾み, 俗了人薄暮詩成天又雪與梅併作十分春, 俗の間, 俗二十の後家, 俗云てんがいば, 俗人並に落着, 俗仙人内田百間とロシア語, 俗以爲異因行祷祭, 俗は第, 俗信ずと, 俗信仰にまさり, 俗俳家が駄句, 俗俳時代です, 俗健そのものであって, 俗と表町裏町, 俗の言, 俗六騎と呼ぶ, 俗処世法と結びつけ, 俗出家といふ, 俗剣術の型, 俗であると, 俗加特力の教, 俗にし, 俗と凡雑, 俗菩提, 俗同化融合の実, 俗名月の戸華魁, 俗とか, 俗呼んで今, 俗和邇等の魚族, 俗唄算へ来, 俗唱門が辻子, 俗を顧みずし, 俗の考, 俗図断片中の美人, 俗坊主だけれど, 俗の眼, 俗はわが, 俗士婦女の蝋, 俗とはおもわず, 俗夏目漱石の全集, 俗の仙境, 俗多く同じ云々, 俗大臣の妻, 俗が竜, 俗天下ニ女色ヲ衒ヒ売ル者, 俗を拝すべからず, 俗如何なる汚名も, 俗姿の今, 俗學者の云爲, 俗官汚吏はしばらく, 俗専ら蜃を, 俗尊氏だがの, 俗尤野陋とす, 俗尼寺に入れん, 俗年始に糞土, 俗は不用, 俗廃れ家のみ, 俗は多い, 俗強制の殺戮, 俗形烏帽子狩衣伝説に昔皇子誕生, 俗より成る, 俗心盲いた心, 俗志士偽君子, 俗情的な挨拶, 俗惡性を許容, 俗惡極まる庭, 俗を斥け, 俗手凡手ではなく, 俗手洗いである, 俗を帯び, 俗支那語で書いたらしく, 俗政府の俸給, 俗文学までも究め, 俗死者を, 俗新年改故年, 俗春蘭の花, 俗の乏しく, 俗の丸箸, 俗とけなせ, 俗棄老俗とその, 俗極まっておる, 俗として賤, 俗に及ぼす, 俗次第に長ずるには, 俗正邪曲直の区別, 俗老俗, 俗民情に適, 俗氣俗意を何人, 俗氣匠氣の多い, 俗習の, 俗法師その他浮浪民の徒, 俗法師研究上種々有益, 俗法師等を概括, 俗法師系統の特殊民研究, 俗浪華の小, 俗し財, 俗に従い今日主義, 俗盤俎藉以, 俗を射干, 俗を馬留, 俗男俗女を拝すべからず, 俗異邦を汎稱, 俗的勢力にこび近づかん, 俗的待遇を省略, 俗的才覚葛藤は複雑, 俗的日常主義に堕した, 俗的発展が著しく, 俗的真理に対置, 俗的見解の道, 俗的規準で感じ, 俗的賢明さであるの, 俗的関係の顧慮, 俗的面と弱, 俗徒跣以蹲踞爲恭敬, 俗を驚かす, 俗破戒の親鸞, 俗にかかわらない, 俗社交がテン, 俗神職の多く, 俗神職らに一任, 俗神道中からもつ, 俗神道大意に真如, 俗といっ, 俗称すと出, 俗移風の効, 俗に死ぬ, 俗ありて, 俗を作る, 俗をたら, 俗精神の裏づけ, 俗紀事と對照, 俗紀聞遠山侯之全, 俗累肘ヲ内, 俗而莫之覺也, 俗でもいい, 俗のお点前, 俗を洗, 俗茶人の素人, 俗血穢を忌ん, 俗衆これを見ば, 俗衆主義のもの, 俗衆以下の場合, 俗衆化を主張, 俗衆批評を超越, 俗衆的使徒の数名, 俗衆的先入見を, 俗衆的愚劣のもの, 俗衆的時間になぜ, 俗衆的象徴主義者と僧侶的象徴主義者, 俗衆趣味はややもすれば, 俗行自由主義を唱道, 俗見であるらしいことを, 俗にも, 俗訳したりした, 俗を憚り, 俗話小説の移化, 俗謠一首あり, 俗謠詩人はあの, 俗を意味, 俗趣味にも墮, 俗をいつのまにか, 俗に堕落, 俗道場を設け, 俗に兼ね, 俗陰陽道などが古代, 俗に走っ, 俗難中に過去世界, 俗を脱し, 俗韻俗調の詩人, 俗腫れた時, 俗はどこ, 俗の四十男, 俗鰡堀へ差