青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「儘~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

像~ ~僕 僕~ 僕ら~ ~僧 僧~ 僧侶~ 儀~ 億~ ~儘
儘~
~優しい 優しい~ 優れた~ ~元 元~ 元年~ 元来~ ~元気 元気~ ~兄

「儘~」 3092, 33ppm, 3516位

▼ 儘~ (818, 26.5%)

96 して 27 なって 12 なつて 7 任せて 4 なつた, 任して, 任せた, 残って, 進んで 3 させて, しては, ふるまって, 振舞って, 放任し, 放置し, 書いて, 身を, 頭を

2 [40件] お話し, されて, しようと, それを, なる, なるわけ, やつて, フラ, 之を, 事實として, 保存し, 優劣は, 動いて, 受け入れて, 地に, 存し, 彼は, 我曰はむ, 手を, 捨てて, 描いて, 放って, 暮して, 書けと, 此の, 死んで, 流れ出て, 湯を, 溢れ出て, 看過する, 私の, 答へ, 素性を, 経過し, 聞き流して, 苦行を, 薄り, 過ぎて, 選ぶの, 閣下の

1 [549件 抜粋] あがな, あらはれて, ある想, あれこれと, いたして, いられるの, お前さん花魁が, お振舞い下さいましたなら, お香, くつきりと, くらして, くらすが, これで, これを, させたの, させないから, されては, しす, したの, したん, してたの, しても, しなさい此家, すぎない恋一つ, するという, するといふ, するので, する事, する氣, すれば, ずるずるベッタリ家, せしめたの, せなければ, せられたの, せられて, そう気, その本質, その赤く, その進行, そんなふやけた, ただ素直, だらだらと, ちやんと, つかまなくては, つねに飽く, どれだけ, なさりなど, なだらかに, なったの, ならずその後一年經つて今, ならず僕, ならないから, ならないもの, ならない家, ならない鬱憤, ならぬもの, ならぬ清らか, なりながら, なり勝, なると, なるならば, なるなら人間, なるなら刺違えて, なるなら直に, なるなら自分, なる一個, なる俺, なれと, はつきり答へ, ひら, ほんのその場限り, ぼっと映っ, まかせて, まかせ子供, まだゆら, やって, やってるの, ゐて, アゲナ調子で, ウンと, グングン訳し, コヂれ, ズイズイと, トロイア或は, ヒヨイと, ブラブラし, 一人の, 一應措く, 一隅に, 下りた, 乱暴した, 乾燥し, 争った事, 事する, 事實と, 二度ばかり, 云いあらわし得たの, 云わして, 五箱ばかり, 京を, 亭主に, 今日の, 仕置, 任すの, 伏さしめて, 休むこと, 伝はり, 伝へて, 何れかが, 何時でも, 何時の間にか意識, 何時まで, 何時迄も, 余りあらは, 余計な, 作り足したの, 使って, 保つ爲, 保存せらるる, 保存せられ, 保存せられた, 保存繼承した, 信じ得た時代, 信ずると, 信憑出來ぬ, 信用する, 借金を, 傳は, 働いて, 働きつづけること, 先づ, 入つて往, 入れた, 全然変化, 六十錢を, 兵士を, 其の方, 其二三を, 其音に, 再現した, 写した写真, 写して, 写し出す, 写し出す鏡, 写し出るも, 写実する, 写生した, 写生しよう, 処理する, 出して, 出せば, 出た, 出來, 出来る身体, 切符を, 別居し, 動きも, 勝った人, 勢力を, 十文字に, 単に歴代, 即ち文字的, 取殘, 受けられ何一つ事, 受け入れなかったもの, 口を, 只平, 可なり, 右の, 同じ天幕, 同君の, 吐露した, 吾人の, 呼び起した判断, 唯温しく, 唯穏, 唯足許, 問題が, 嚥み, 四辺を, 固定し, 圍みつ, 土の, 圧し潰された私, 在るに, 垂下し, 埋めちゃ, 埋没させる, 執権の, 堅く守, 場合を, 増長, 声の, 変化する, 多少驕慢, 夢心地に, 大使の, 大地に, 大量の, 太郎岬の, 奉公に, 始終吾等, 委された, 威力を, 娘つ, 存じて, 存すること, 存在する, 存置する, 実行される, 寢床に, 實力競爭時代と, 實行された, 尚三匹, 居れば, 左右し, 左右し得る, 差置けんから, 帰した東京, 帰ろうか, 座を, 座敷を, 廣州城内に, 建てられて, 引かせながら, 引きちぎったが, 形づくって, 形に, 彼れ, 後ろ向きに, 従ふ, 心では, 心の, 必要な, 忘られ, 応答した, 思うだけは, 思う情, 急いで, 恋しきも, 息も, 悠々と, 愈, 感じた, 應用も, 懸けられて, 成るならば, 成れないから, 我々が, 我とアヌンチヤタ, 戰國期の, 所持も, 所謂和蕃公主を, 手に, 手伝って, 手当り任せ, 打ち任せつ, 打ち明けた, 打つちやらかして, 打棄て, 抄録した, 持續したなら, 振舞うため, 振舞う金, 振舞ったため, 振舞つて少し, 振舞つて能率を, 振舞は, 振舞ひ, 振舞ふこ, 捨て, 捨て置く事, 捨て置く訳, 捨置かれねえ何処, 捷ち, 採つて, 採用した, 掻き亂, 描いたもの, 握り潰されて, 支拂はずに, 放つて, 放り出して, 放任する, 放任せり, 放免し, 放置する, 敷かれ止り木, 文字に, 新説を, 旅館を, 日本へ, 日本國を, 日本朝廷の, 暮してを, 暮すばかり, 暮れて, 暴れま, 暴れ廻つて悪魔共, 曰へ, 書いたもの, 書いた夢, 書きはじめて, 書くの, 書終り, 朝鮮に, 木に, 本を, 机の, 枝葉を, 棄て, 棄て置く訳, 次第に辮髮, 歌ふと, 歌われて, 止つてゐる, 止まれば, 正直に, 此処では, 歩いて, 死するごと, 死ねば, 残そうと, 残つてゐる, 残つて居る, 毎日市内を, 氷つた, 決定された, 泥水に, 洋書を, 洗濯物を, 派手なる, 消滅し, 涙を, 淡々と, 済むと, 済んだならば, 渠は, 滿谷等は, 演出する, 漸く消え, 澄むだ水底, 点いては, 為吉は, 焦点を, 煩惱が, 爆撃出来る, 爲て, 父の, 物思ひ, 物語りぬ, 狂奔し, 理窟で, 生きたいと, 生きて, 生け置かば, 生活て, 用ひた, 用ゐたる, 申す事, 申上ます, 百七州と, 目方を, 直に贊成, 直写し片言隻語, 相果てた, 相継し, 相違は, 看過し, 看過すべき, 看過せぬ, 眞似, 眞似する, 眼の, 睨ましめて, 短くはら, 短歌という, 短歌といふ, 神と, 神曲を, 私は, 秋に, 移すこと, 立って, 筆に, 筆を, 答えねば, 筵の, 節づける, 終らせずに, 終るであらう小屋, 続いたなら御, 綺麗に, 縮小した, 繼承し, 續行した, 置いて, 置くこと, 羽根を, 考へられと, 耳聳つれ, 聞いて, 聞く所, 育ちましたが, 腕を, 腰掛の, 臆する所, 自分に, 自分は, 自動車を, 自然の, 自由に, 興じ去り, 色を, 若くば, 落ちた, 藤川庄三郎は, 處刑さす, 行かぬ現象, 行く方, 行はれしめ, 行ひ, 行動される, 行動し, 襲踏した, 襲踏せる, 西瓜の, 西陣のと, 見えたの, 見えて, 見せて, 見るという, 見過す法, 解いて, 言つて下さらん, 言つて置かない, 言葉と, 詠んで, 話し尽して, 話は, 説明し, 読んだり, 誰の, 調理し, 貪つた, 賃銀を, 贅沢に, 赴いて, 起きて, 足馴峠と, 路地の, 跳梁する, 輕い, 近頃は, 逃出す, 通用しません, 逢引の, 遊ばして, 遊ばせて, 遊びたいばかりに, 遊べぬから, 運んだので, 運転させ, 過ぎ去りました, 過ごしその, 過すなどは, 道徳として, 達しられるとか, 違背しよう, 選び取れ多く, 酌み得べし, 酒が, 重ね合せたり, 野放しに, 金銭の, 録すれば, 鍵を, 闇の, 防人の, 阿部次郎の, 階子を, 隠れさせて, 雪江さんの, 靈魂の, 面白いこと, 領國で, 頭が, 頼りない, 顔に, 風物は, 飛び廻り囀り散らす小鳥, 飛び行き三人, 飢を, 飲めよ, 飲食が, 馬蹄に, 骸骨は, 黙々として, 黙って, 點い

▼ 儘~ (316, 10.2%)

16 あつた 5 いた, 居た 4 云つた 3 傳は, 相対し

2 [23件] い, 一閃の, 何時しか安らか, 口を, 問うた, 土を, 堅く眠つて, 壁側に, 大きくならせる, 妙な, 宜いよ, 居たら, 居る, 強く頭, 柔軟な, 死ぬよう, 死んだの, 残つて居る, 氷つて居る, 紙莨を, 素朴で, 置く事, 飛び出して

1 [234件] あはれに, いいのよ, いいやと, いい生じつ, いうに, いそ, いたいけれども, いつまでも, いました, いられる, いる, いること, いるよう, おつぎ, お信さん, お気にも, お済まし, かしこまつ, ころりと, ござります, しっかりと, そして夜通し, そのままで, その顏, それで, どんどん移りゆく, ながい髪, なしに, のこって, ほかの, ぼんやりし, まるきり自分, もう一つ, よかった, よかろう, よその, より高い, ゐる, ゐると, ゐる存外, ゐ朝, ソロドフニコフは, ドッサリと, 一つ置かれ, 一生を, 上下し, 下げた, 之を, 云った, 人が, 人心に, 今以, 伝つたものと, 何とかお, 保存され, 假令油蝉が, 入ると, 全身皺だらけに, 其の握り, 其れ, 其処に, 其理想の, 円顱を, 冷えて, 冷たき静か, 出して, 出て, 出掛けて, 切干には, 別れて, 前の, 動かなかつた, 勝気で, 千石取, 受け取る男, 受取つて其中僕に, 口は, 右脚は, 各が, 呟いた, 唯だまっ, 四五人の, 四五分間も, 四五年来も, 声を, 壱銭も, 変形させよう, 外へは, 失礼する, 如何にも野趣, 嫣然と, 存在し, 季節が, 学生に, 安閑と, 完成させなかつた, 容易に, 小学校を, 少しも, 少し横, 少し汚れ物, 尚お, 居たが, 居たの, 居られなくなると, 居る実は, 居れたら好い, 山田は, 差支えない, 帰りました, 帰るの, 弁護士から, 彼の, 彼は, 御保養, 必要の, 思つて居た, 成仏する, 手早く式部職, 手紙が, 抜けスラ, 押し通した, 押通して, 採用つて貰ふ, 放って, 放任し, 救った機関隊, 救濟の, 是認する, 是非御, 昼間でも, 晶子さんも, 暑い時, 曲節が, 有るんで, 有る筈, 未だ手, 来たので, 来て, 松の, 柱に, 棄てた一幕物, 検事の, 止めようかとも, 歩いて, 死のうと, 死んで, 残された, 母子が, 気薄な, 汚名を, 汝も, 沢山だ, 泉水を, 泥中に, 浮氣で, 満足だ, 炉端へ, 焼け固まった結果, 熬つた栗, 片足の, 申しました, 登った南日君, 目に, 相対に, 相對, 看護婦を, 矢張馬鹿で, 破約なさいました, 磁石の, 祈るという, 私の, 稚いそれでも, 突きつけて, 立つ事, 笑顏を, 箸も, 紛失した, 素直に, 終って, 終わったが, 絵に, 置いて, 置かれれば, 置きたいやう, 置くならば, 美しい血色, 聲を, 腰掛けの, 自分では, 自分は, 苦しゅうない, 茶を, 蒲団に, 蓋したつ, 蔵裏の, 行き過ぎは, 行って, 行つたら, 行つた平次は, 行つては, 裾を, 視覚と, 解きも, 話しあって, 話した, 身体の, 身体は, 軌道に, 通すの, 進み入った入ると, 進んで, 運命には, 邪推を, 錠は, 長火鉢の, 間歇的で, 闇い, 陰氣で, 隣に, 雷が, 面ざし, 頬張つてゐた, 額の, 顎を, 颯々と, 飛び込んで, 馬を, 駆出し可愛い, 鷲は, 黄な, 黒い土耳其帽, 默つて居る, 黙つて

▼ 儘~ (189, 6.1%)

5 姿で 3 姿に, 形で, 物を

2 [14件] 世界を, 世相を, 姿である, 姿を, 姿勢で, 新家の, 服装で, 木材で, 永い時間, 浄化, 碧海が, 神経と, 自分の, 道を

1 [147件] いえる社会, おつぎ, お品, かなった身, ぎざぎざした, くだらない事, ことは, し放題, すが, そっと這入っ, ところに, なりで, はまぐり貝は, は茶珍, もある, ものであった, もの貝塚より, よごとに, を被, ストローから, 一例を, 且つ厳か, 世相の, 事ある, 事実を, 人柱も, 人生にて, 人當時盛に, 伝承を, 価で, 俺達は, 出来る旦那方, 出来る自分, 別居生活が, 劈裂面を, 力を, 匕首此の, 原稿を, 叔父の, 告白も, 土器を, 土器小, 土器繪具を, 声で, 多い女, 夜着の, 大きな冠門, 大阪弁の, 奧へ, 姿であった, 姿では, 姿にな, 姿は, 家が, 容貌では, 山伏だらう, 座敷牢縁の, 形が, 形に, 形にて, 役者型で, 彼は, 恣なる, 情景である, 情熱を, 意味と, 感じを, 手で, 手の, 手を, 手文庫が, 扮裝を, 把握から, 挙措に, 方が, 方法で, 旅が, 昔の, 景色を, 暇乞惜しき, 暮しを, 服裝で, 木立も, 本である, 本では, 本名な, 本當, 本質と, 材料を, 枝を, 樹幹の, 正直の, 毛に, 民族教が, 汚いコート, 洋傘を, 煙管を, 父が, 物であった, 状況な, 玉篇を, 現実を, 現實, 生竹, 画家の, 盛高な, 直接照明法で, 眞直な, 禿山である, 空想も, 笑顔を, 綾麿は, 線路伝ひ, 線路傳ひ, 縊死を, 肩と, 膠着状態を, 自然を, 色彩と, 芝草を, 若い主人, 荒けた姿を, 落下傘発見, 處が, 處に, 表現が, 襯衣と, 言ひ, 言葉では, 調子で, 質朴な, 身に, 身を, 軍隊と, 速度で, 運動を, 遣り方, 金, 金貨を, 針木峠其姿は, 銀貨を, 錯綜した, 長次郎が, 静寂を, 顏立で, 顔を, 顔立で

▼ 儘~ (93, 3.0%)

3 事を, 生活を 2 もので, 子で, 方向に, 行動を

1 [79件] お嬢様育ちの, からだ, ことで, ことばかりを, ことを, ところで, ところの, のか, のだ, のである, のです, のは, のを, ふうが, ものだ, もんだ, やうだつ, る説を, ハイカラな, 一夜を, 不徹底な, 世間師の, 事が, 事し, 二十四五の, 人間は, 仕打ちは, 個性を, 傾向のみに, 兄は, 勤めとは, 医者の, 印象か, 境遇に, 声で, 夢中遊行を, 奔放自在な, 奴だ, 好悪感の, 妄想を, 姪の, 姿体を, 存在です, 山岳の, 悪い癖, 態度を, 慾張つた様な, 振舞いが, 放浪の, 敗戰國の, 日を, 暮しを, 根性は, 歌を, 殿様は, 湯治に, 生活に, 男で, 町住居を, 研究が, 研究を, 神経を, 空想妄想を, 立場に, 素振りを, 絵を, 臆測である, 自己陶酔に, 自由が, 舞い方, 表情が, 言廻しを, 註文にも, 詩です, 詩人の, 道を, 都合よき, 野に, 順序を以て

▼ 儘~ (81, 2.6%)

3 しても 2 して, ゆるして, 云わないで, 言って, 言ふも, 許して, 詠んで

1 [64件] ありの, させて, しちゃ, ただかざり氣, ぶちまけ, やり足りないで, やるという, よりよし, 上司へ, 云いあうこと, 云い争い度, 云い切れない気分, 云う四十男, 云う訳, 云つたのです, 云ひました, 云ふべく, 云ふより, 伝えて, 伝へる訣, 何んだ, 其の掌, 出して, 圖し, 存し, 寫生する, 御話しませう, 忘れませんでしたでは, 我が儘, 打明けしに, 振舞つてつひ, 採つた, 描かうと, 敍し, 教師に, 書いた為, 書いて, 書かんとして, 書取られしが, 書記し我家, 母が, 然々と, 用ゐた, 申しては, 申上げた, 示して, 私は, 筆記し, 筆録した, 答えたが, 答え全く, 答へ, 精緻克明に, 聞くよう, 言つた, 言ふ, 言立たりとて, 記した為, 記載候者に, 詠じ歌詞それ, 話したら悪, 輸入する, 通すこと, 通すなら其

▼ 儘では~ (45, 1.5%)

2 何か

1 [43件] いられないよう, いられません何もかも, おけない, お前の, じっと待っ, どうにもなり, どんなこと, なく代々, やりきれない苦しいと, チーハーの, 一向面白味, 不安に, 世間に, 二人は, 今日傳らぬ, 何等期待, 全く引つ, 到底一致, 危い, 可か, 可哀, 大井久我之, 後進が, 手のと, 抛って, 捨置く訳, 措けぬ, 決して出つ, 済まされぬから, 済むまいと, 濟ませない, 眠りを, 秀子の, 私は, 立って, 第一流, 納まるまいと, 絞首台上の, 置かれないぜ, 置けないと, 行つた娘も, 見苦しい思い, 長いこと

▼ 儘には~ (22, 0.7%)

2 ひ廻りそして, 捨置かれん

1 [18件] させなかつたこと, されず怖, すまされない, ならず一家, なりますまい, なるべきでない, 信憑し, 出て, 受領し, 執行されないだらう, 差し置けない, 帰られんたとえ, 戸一枚も, 捨置けぬと, 捨置難く, 映つて, 棄置かん, 許し難い

▼ 儘にな~ (19, 0.6%)

4 つてゐた 3 つて居ります

1 [12件] つたのも, つた金が, つてし, つてゐ, つてゐます, つてを, つて其会堂の, つて其會堂の, つて居た, つて居れ, つて歩く, つて留まる

▼ 儘その~ (17, 0.5%)

1 [17件] ことばかりを, 両手を, 中で, 事件を, 人の, 儘, 儘の, 場に, 廊下へ, 最後の, 楡の, 肱を, 草原の, 葉子の, 話を, 賑は, 顔に

▼ 儘そつ~ (15, 0.5%)

1 [15件] とあと, とし, としてそれ, として置い, とダンテ, と其処, と又, と台所, と帰つて, と後, と欠伸, と畳, と裏口, と解かれる, と逃げ出さう

▼ 儘~ (14, 0.5%)

1 [14件] からあの, から好いた, から急, が庭, さうだ, つた白面の, つた私の, といっ, といふ, と私, まつて, よこの間トランク, 何でも, 剛情だ

▼ 儘ならぬ~ (14, 0.5%)

2 を傷みぬ, 世や 1 からこそ憤ろしくなった, は浮世, ひとり息子の, ものが, をじれったく, 世の, 世の中だ, 世界へ, 浮世とは, 運命に

▼ 儘にて~ (14, 0.5%)

2 その功

1 [12件] あるべし, その弱, よしと, 仆れたる, 今日迄, 其真中に, 多衆, 幾法の, 御殿から, 戸表へと, 相止申候私儀幸隙人, 行を

▼ 儘~ (13, 0.4%)

1 [13件] いえば, いへば, かんじないよう, し日光箱根等, すると, なって, なつて, ほつたの, まつて, 信じられて, 決心した, 為った, 頑固な

▼ 儘~ (12, 0.4%)

1 [12件] つぎの, つぎを, づおづとしてゐた, 京さんの, 休みに, 倒れに, 受けを, 受取りを, 浦に, 経を, 蘭さんを, 面の

▼ 儘である~ (12, 0.4%)

1 [12件] から娘, がやがて, が此, といふ一證據, にも拘はらず, のが, のでわたくし, ので感じ, のを, 浮気である, 猶予すれ, 網の

▼ 儘~ (11, 0.4%)

2 つと立ち, つと考 1 つとその, つと動かず, つと唇, つと天井, つと嫂, つと石碑, つと見詰め

▼ 儘~ (10, 0.3%)

1 一応表象, 出て, 利く, 募る一方, 好いと, 好からう, 昂じて, 神である, 通るであろう乎, 頼めないから

▼ 儘ぼんやり~ (10, 0.3%)

2 して 1 こんな事, その表書, としていつ, と向側, と立ちふさがつ, 台所に, 眺めて, 立つて

▼ 儘そこ~ (9, 0.3%)

1 から必死, で居睡, で空しい, にはいつ, にはひつ, に一定, に長年, へとど, へ腰

▼ 儘~ (9, 0.3%)

2 つとして 1 つと仰向け, つと何時, つと僕, つと専念, つと美しい, やあつし, やない

▼ 儘なる~ (9, 0.3%)

1 も其実况, も眼, ゆえ之を, 体裁を, 少女の, 我国男女間の, 森林に, 磨製石斧出でし, 芝原青々として

▼ 儘~ (9, 0.3%)

2 これに 1 いうが, いえる, うい, つと先, 固より, 少し寝, 愛すべし

▼ 儘勝手~ (9, 0.3%)

1 である, な遊行, な願ひで, に水, に育てなけれ, に自分, に葬っ, に諸国漫遊, に遊び

▼ 儘~ (9, 0.3%)

1 の側, の前, は二日, は其処, は其處, は外見, は教会, は窓側, は窓際

▼ 儘でも~ (8, 0.3%)

2 可いんです 1 あつた, その威力, 愉快相に, 放縦でも, 爭はれぬ, 鐘釣や

▼ 儘暫く~ (8, 0.3%)

1 の間, は動く, は消えず, は返事, は馬, は黙つ, 解ける樣, 轉が

▼ 儘~ (8, 0.3%)

1 で彼女, にだけ媚, は華やか, を, を放し, を明い, を火鉢, を開いた

▼ 儘にも~ (7, 0.2%)

1 いたし難い, せよ又は, なりますまいなあ, なりません, なりませんから, なりません定吉, 私は

▼ 儘部屋~ (7, 0.2%)

4 の隅 1 の中, の奥, の敷居

▼ 儘いつ~ (6, 0.2%)

1 までもいつ, までもゐ, までも俯伏, までも浸, までも空しく, 迄も

▼ 儘~ (6, 0.2%)

4 うして 1 それとも曲者, 宜しい

▼ 儘この~ (6, 0.2%)

1 国に, 山中に, 病院に, 粉薬を, 美しい患者, 青山内科の

▼ 儘~ (6, 0.2%)

1 う考へず, つさと, でもある, と頑さ, に見慣れ, ツさと

▼ 儘です~ (6, 0.2%)

1 から, から熊笹, が物好き半分, けれどすっかり, 事此方のは, 人々は

▼ 儘~ (6, 0.2%)

1 の眼, はお前, は棒, は毎日, は高く, も日出雄少年

▼ 儘茫然~ (6, 0.2%)

1 とあたり, とし, として三千代, と庭, と桜, と自分

▼ 儘こうして~ (5, 0.2%)

1 入らっしゃいます, 寝て, 暮らして, 私の, 自分が

▼ 儘すぐ~ (5, 0.2%)

1 それを, に封, に巴里, 座敷の, 近所の

▼ 儘それ~ (5, 0.2%)

1 に吸, を, を指, を父, を蒸す

▼ 儘だった~ (5, 0.2%)

1 とある, と思います, のです, ので賛五郎, 白面の

▼ 儘~ (5, 0.2%)

1 だけを靜, を付けず, を出さない, を着けず, を触れ

▼ 儘此処~ (5, 0.2%)

1 で初めて, にこうして, に出かける, に残らう, に誌

▼ 儘聞い~ (5, 0.2%)

2 ている, て居た 1 ていた

▼ 儘返事~ (5, 0.2%)

2 もせず俯い 1 に詰っ, もせず, も待たず

▼ 儘しばらく~ (4, 0.1%)

1 そこに, の間, は立つ, 三人で

▼ 儘そんな~ (4, 0.1%)

1 問題に, 彼女の, 無法な, 臥所でも

▼ 儘という~ (4, 0.1%)

1 ことだ, のが, 事, 状態な

▼ 儘~ (4, 0.1%)

1 たと, 初めから, 帰られませんから, 益

▼ 儘また~ (4, 0.1%)

1 一頻り溜らぬ, 他の, 俯伏し, 借りて

▼ 儘むし~ (4, 0.1%)

4

▼ 儘~ (4, 0.1%)

1 のんで, 我儘が, 自分の, 道楽は

▼ 儘~ (4, 0.1%)

1 か召し上らない, か探し, か自身, も知らず

▼ 儘~ (4, 0.1%)

1 てゆかれた, て来, て来る, て行っ

▼ 儘別れ~ (4, 0.1%)

1 てそれ, て家, て小, て帰

▼ 儘前方~ (4, 0.1%)

1 に差し出た, のゴタゴタ, の切り穴, を見

▼ 儘少し~ (4, 0.1%)

2 歩いて 1 俯向き加減に, 遠くは

▼ 儘帰っ~ (4, 0.1%)

1 てしまう, てしまった, て来, て来る

▼ 儘自分~ (4, 0.1%)

1 の何処, の欲する, の行先, の頭

▼ 儘舞台~ (4, 0.1%)

1 にのぼせたら, に伴, を引上げ, を駆け下り

▼ 儘~ (4, 0.1%)

1 てもゐられない, て居る, て戻ったら, も聞き

▼ 儘~ (3, 0.1%)

2 へなく 1 つても

▼ 儘じっと~ (3, 0.1%)

1 して, 枕下に, 身を

▼ 儘でない~ (3, 0.1%)

1 と云, もっと別, 方で

▼ 儘とは~ (3, 0.1%)

1 かくの, 昔から, 言はれませぬ

▼ 儘~ (3, 0.1%)

1 さりと, つかへ, つちへ

▼ 儘どこ~ (3, 0.1%)

1 かの隠れ家, へどう, へも嫁

▼ 儘まだ~ (3, 0.1%)

1 何処かの, 退かうと, 退こうと

▼ 儘もう~ (3, 0.1%)

1 そんな気休め, 何処へ, 十日ばかりに

▼ 儘もと~ (3, 0.1%)

1 に納めさせた, の土, 来た道

▼ 儘一言~ (3, 0.1%)

1 もいはない, も口, も言

▼ 儘二人~ (3, 0.1%)

1 で坐つて, の前, は縁

▼ 儘凝然~ (3, 0.1%)

2 として居る 1 として默つて

▼ 儘~ (3, 0.1%)

1 のある, をきらし, を殺し

▼ 儘打ち~ (3, 0.1%)

2 棄てて 1 任せた寛

▼ 儘放題~ (3, 0.1%)

1 に家, に育てられた, に育ん

▼ 儘暫し~ (3, 0.1%)

2 は子供 1 は動きませんでした

▼ 儘更に~ (3, 0.1%)

1 体を, 捗どる模様, 捗どる模樣

▼ 儘椅子~ (3, 0.1%)

1 におかけ, の脊, を反らせ

▼ 儘気絶~ (3, 0.1%)

1 したやう, した様子, をする

▼ 儘白い~ (3, 0.1%)

1 どろりと, 歯を, 障子を

▼ 儘見えなく~ (3, 0.1%)

2 なつて 1 なつた

▼ 儘見る~ (3, 0.1%)

1 ことが, と宿, 事も

▼ 儘起き~ (3, 0.1%)

1 てお前, てしまふ, てゐる

▼ 儘~ (3, 0.1%)

2 の方 1 が動き出し

▼ 儘障子~ (3, 0.1%)

1 に身, の明るい, の硝子

▼ 儘~ (3, 0.1%)

1 には血の気, を振り上げました, を見せまい

▼ 儘黙っ~ (3, 0.1%)

1 ていよう, てしまった, て息子

▼ 儘あたふた~ (2, 0.1%)

1 と部屋, と飛び出し

▼ 儘うち~ (2, 0.1%)

1 棄て, 臥し居ること

▼ 儘お勝手~ (2, 0.1%)

1 の横, へ行つて

▼ 儘かすか~ (2, 0.1%)

1 に人影, に汗ばん

▼ 儘しかし~ (2, 0.1%)

1 別にそれ, 蒼白い頬

▼ 儘しばし~ (2, 0.1%)

2 は物

▼ 儘しびれ~ (2, 0.1%)

1 てしまう, てしまふ

▼ 儘じゃ~ (2, 0.1%)

1 ア帰れねえ, ア置かない

▼ 儘すたすた~ (2, 0.1%)

1 と歩き出した, 歩き出すと

▼ 儘するする~ (2, 0.1%)

1 と戸, と格子

▼ 儘~ (2, 0.1%)

1 に揺動, に搖動

▼ 儘そつくり~ (2, 0.1%)

1 と柱, のもの

▼ 儘たつた~ (2, 0.1%)

1 一人悩ましい, 一言返事を

▼ 儘であった~ (2, 0.1%)

1 から皆, が日頃

▼ 儘とどめ~ (2, 0.1%)

2

▼ 儘とり片づけてない~ (2, 0.1%)

2 屍体が

▼ 儘なら~ (2, 0.1%)

1 む, 中の

▼ 儘ならず~ (2, 0.1%)

1 ご用を, 又は誰々

▼ 儘なり~ (2, 0.1%)

1 家の, 而し

▼ 儘なれ~ (2, 0.1%)

1 ば出来得る, バ湯着を

▼ 儘ぶらつ~ (2, 0.1%)

1 と下る, と兩手

▼ 儘ゆうべ~ (2, 0.1%)

1 のこと, のよう

▼ 儘ピクリピクリ~ (2, 0.1%)

1 と顏一體, と顔一体

▼ 儘ポケット~ (2, 0.1%)

2 に入れた

▼ 儘一ぱい~ (2, 0.1%)

1 の生活, を働きな

▼ 儘一時間許~ (2, 0.1%)

2 りも

▼ 儘一杯~ (2, 0.1%)

1 にできる, に育っ

▼ 儘~ (2, 0.1%)

1 から彼, に擴

▼ 儘下げ~ (2, 0.1%)

1 て来た, 遣わすこら

▼ 儘下り~ (2, 0.1%)

1 て来た, て行

▼ 儘~ (2, 0.1%)

2 に入

▼ 儘~ (2, 0.1%)

1 を併せ, を拭はず

▼ 儘~ (2, 0.1%)

1 による, 成るべしと

▼ 儘二つ~ (2, 0.1%)

1 の花瓶, の量

▼ 儘人知れず~ (2, 0.1%)

2 裏の

▼ 儘~ (2, 0.1%)

1 助の, 助は

▼ 儘何事~ (2, 0.1%)

1 もなかつた, も知らぬ

▼ 儘何処~ (2, 0.1%)

1 とも知らず駈出し, へかけし飛ん

▼ 儘何時~ (2, 0.1%)

1 でも動かなかつた, になく

▼ 儘使う~ (2, 0.1%)

1 ことに, 所に

▼ 儘保存~ (2, 0.1%)

1 して, する為

▼ 儘~ (2, 0.1%)

1 はそんな, は唐紙

▼ 儘入れ~ (2, 0.1%)

2 とも云はず窓外

▼ 儘其教~ (2, 0.1%)

2 へられた

▼ 儘再び~ (2, 0.1%)

1 大地に, 眠りに

▼ 儘~ (2, 0.1%)

1 の上, を隔てた

▼ 儘~ (2, 0.1%)

1 其業の, 腰を

▼ 儘受け容れる~ (2, 0.1%)

1 のでない, 事が

▼ 儘吐露~ (2, 0.1%)

1 されて, しただけの

▼ 儘~ (2, 0.1%)

1 らしいもの, を顫わせ

▼ 儘太子~ (2, 0.1%)

2 の耳

▼ 儘~ (2, 0.1%)

1 は二人, は顔

▼ 儘~ (2, 0.1%)

1 な頭巾, に悄気

▼ 儘~ (2, 0.1%)

2 あさん

▼ 儘婆さん~ (2, 0.1%)

1 の答, の顔

▼ 儘帰れ~ (2, 0.1%)

1 て近所, ば手打

▼ 儘帽子~ (2, 0.1%)

1 に手, も脱がず

▼ 儘引抜かれ~ (2, 0.1%)

2 て空

▼ 儘~ (2, 0.1%)

1 は口, も振り向かず

▼ 儘~ (2, 0.1%)

1 会話の, 都合により

▼ 儘志田君~ (2, 0.1%)

2 を見

▼ 儘思はず~ (2, 0.1%)

1 嗚咽の, 老人の

▼ 儘意識~ (2, 0.1%)

1 を失い, を失っ

▼ 儘慌て~ (2, 0.1%)

1 て飛び出した, て飛出した

▼ 儘手水~ (2, 0.1%)

1 に立ち, を使わせ

▼ 儘持ち~ (2, 0.1%)

2 堪へて

▼ 儘捨て~ (2, 0.1%)

1 ておいたら, て出る

▼ 儘放っ~ (2, 0.1%)

1 ておいた, ておきました

▼ 儘放置~ (2, 0.1%)

1 されたため, して

▼ 儘敷島~ (2, 0.1%)

1 に火, を出し

▼ 儘暫時~ (2, 0.1%)

2 は飽かず

▼ 儘書いた~ (2, 0.1%)

2 方が

▼ 儘書斎~ (2, 0.1%)

1 へ引き取っ, へ引き取つ

▼ 儘~ (2, 0.1%)

1 の方, の権幕

▼ 儘~ (2, 0.1%)

1 の向いた, を失つて了つたの

▼ 儘流石~ (2, 0.1%)

1 に呆気, に呆氣

▼ 儘~ (2, 0.1%)

1 の様, の樣

▼ 儘灯り~ (2, 0.1%)

1 をつけさせなかつた, を点けさせなかつた

▼ 儘無残~ (2, 0.1%)

2 な紙魚

▼ 儘煙草~ (2, 0.1%)

1 を喫し, を銜え

▼ 儘片手~ (2, 0.1%)

1 に次の間, に紫匂

▼ 儘相手~ (2, 0.1%)

1 が何, の目

▼ 儘眠つたの~ (2, 0.1%)

2 か眠らぬ

▼ 儘~ (2, 0.1%)

2 の長い

▼ 儘硬直~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 儘私達~ (2, 0.1%)

1 はとうとう, は恐る恐る

▼ 儘種々~ (2, 0.1%)

2 な事

▼ 儘立ち去らう~ (2, 0.1%)

1 とした, とはしない

▼ 儘立ち去る~ (2, 0.1%)

2 ことも

▼ 儘立つ~ (2, 0.1%)

1 て室, て本棚

▼ 儘置い~ (2, 0.1%)

1 て帰った, て貰つて

▼ 儘自動車~ (2, 0.1%)

1 は再び, を飛ばし

▼ 儘菜穂子~ (2, 0.1%)

1 にも我慢, は見かねた

▼ 儘見る見る~ (2, 0.1%)

1 四方へ, 蔓つた

▼ 儘言葉~ (2, 0.1%)

1 を呑み込んでしまつた, を続けた

▼ 儘言葉少な~ (2, 0.1%)

2 に郷里

▼ 儘~ (2, 0.1%)

1 にも気づかれず, やらの詩集

▼ 儘~ (2, 0.1%)

1 を硬, を飜

▼ 儘身体~ (2, 0.1%)

1 を廻そう, を椅子ごと

▼ 儘身動~ (2, 0.1%)

2 もせぬ

▼ 儘逃げ~ (2, 0.1%)

1 て了, て来た

▼ 儘逃げる~ (2, 0.1%)

2 ように

▼ 儘通りすぎよう~ (2, 0.1%)

2 かとも思ひました

▼ 儘遠い~ (2, 0.1%)

1 山奥の, 山奧の

▼ 儘~ (2, 0.1%)

1 に写る, に寫

▼ 儘開いた~ (2, 0.1%)

2 口が

▼ 儘~ (2, 0.1%)

1 だけを屈め, をリイケ

▼ 儘~ (2, 0.1%)

2 ひ入るばかりの

▼ 儘黄昏時~ (2, 0.1%)

2 の雨

▼ 儘~ (2, 0.1%)

1 つてゐた, つて微笑した

▼ 儘黙然と~ (2, 0.1%)

1 涙を, 草の

▼1* [826件]

あがれという, 儘あたしは気, 儘あつたら千年, 儘あとに残し, 儘あとびっしゃりをし立ち上って, 儘あらはした, 儘あれだけ立派, 儘あわただしく崖の, 儘いい気もちで, 儘いきなり其処の, 儘いたるところに, 儘いっぱいにさせ, 儘いつかそれすら忘れ去つた, 儘いつぞやの雪, 儘いやそれは, 儘いろいろ妻を, 儘うしろに寝ころがった, 儘うす暗いランプの, 儘うっかり帰って, 儘うつとりとその, 儘うーんと呼吸, 儘おいたが事件報知, 儘おごそかにかう囁きました, 儘おだやかに済ませた, 儘おまえを置きざり, 儘おめおめと別れ, 儘おやぢとは, 儘お前さんに上げる, 儘お向ひの, 儘お寺の石垣, 儘お納めを願, 儘お越しになる, 儘かけ廻つてゐた, 儘かの女に, 儘から謡の, 儘きき入れられよう道理が, 儘くるりと身, 儘ぐうぐう鼾をかい, 儘ぐずぐずして, 儘ぐたりと椅子に尻, 儘ぐつしよりと湿つて, 儘こうあらわしたもの, 儘こうした無為の, 儘こくりこくりと, 儘こけて居た, 儘こちらは唯, 儘こみ上げかけた声を, 儘これを公, 儘これらの事, 儘こんな事が, 儘ごろつと横, 儘ごろりと横に, 儘さし過ぎてん, 儘さすがに鬱陶しい, 儘さっさと池の, 儘さつきのやう, 儘さながらに表現, 儘さよならも言はず, 儘しいて気を, 儘しかと抱き, 儘しかもなほ悠悠たる, 儘しきりに何か, 儘したのであらう, 儘しづかに楽器, 儘しどけない姿を, 儘しょんぼりと椅子, 儘じゃあ危い, 儘じゃがこっちは, 儘じろりと相手を, 儘すぎるッて, 儘すつと急い, 儘すわつてゐた, 儘ずつと叔父の, 儘ずるりと, 儘ずるずると引き込んだ, 儘を拔, 儘そう書いたもの, 儘そちらは其処, 儘そっくり書きしるして, 儘そつくり子に傳, 儘そつくり空の鞄, 儘それきり帰って, 儘ぞと大殿の, 儘たち去つて, 儘たった一つ彼に, 儘ためらっていた, 儘だけはおゆるし下さいます, 儘だけをお伝えする, 儘だっていいこと, 儘だつたら作次と, 儘だらんとぶらさげられ, 儘ちよいと相, 儘児だ, 儘ついと立つて, 儘ついまだ解かずに, 儘つづいてゐる, 儘つと部屋を, 儘であり人間も, 儘であるならば或は, 儘でして貰, 儘でしんばう, 儘でずつと斯う, 儘でつかつて, 儘でとほつたの, 儘で無い一弗五十仙にも, 儘とある沙山陰の, 儘とうに息が, 儘とく去れ何ぞ, 儘として考へるより, 儘とつた, 儘とどまっていた, 儘とばかりにこの四, 儘どうした訳, 儘どうぞお殺し, 儘どちらも読まず, 儘どどッと, 儘どんな面倒な, 儘なしれもの, 儘なすが儘, 儘なだらかな草原, 儘ならざるものなし, 儘ならないのであった, 儘なるべく立つこと, 儘なんかそれとも高く, 儘な向っ腹を, 儘にてはその才僅か, 儘にと旅亭の, 儘にに振舞えて, 儘に従い入るに, 儘に関しては私は, 儘のさばらせちゃア, 儘はき出すように, 儘はるか波向うに進まう, 儘ばかり働くは, 儘ばかりの人物では, 儘ばたりと斃れ, 儘ばっかし云って, 儘ばっかりいいまして, 儘ひき写したと, 儘ふいと室, 儘ふさはしい, 儘ふと彼女が, 儘ふんわり老いて, 儘ぶらりと宙へ, 儘ぶりを発揮, 儘べったりと上海, 儘ほって置く, 儘ほつれ毛と白い, 儘ほんとに眠つて了ひたかつた, 儘ぼろぼろと涙, 儘ぼんやりあたりを見廻す, 儘まいっても仔細, 儘まじまじ相手を, 儘まっすぐに三越裏, 儘まつしぐら, 儘みたやうな, 儘むなしく帰って, 儘もうかなり行き過ぎて, 儘もぐり込んでグツスリ, 儘ものと他人, 儘もんですさかい, 儘やってしまえ, 儘やった私が, 儘やや躊躇し, 儘短かき晝, 儘よとの一念に, 儘らしい申し出でござる, 儘らしく血潮に, 儘わからずしまひ, 儘わが家へ引っ返した, 儘わざと音を, 儘わずかに隆造, 儘わたしに手, 儘を通してこそ菊五郎だ, 儘アイヌであること, 儘インキ壺の傍, 儘エヴァンスはグロウヴス, 儘ガラツ八と瀧五郎, 儘クロニーオーン胸の中, 儘ゴム筒でつない, 儘ゴロリと横, 儘サイゴンの仏蘭西病院, 儘サザンプトンの港外, 儘ジッと目, 儘スルスルと蟹, 儘ズルズルと後家, 儘ソーッと棄置, 儘ツイ窺いて, 儘テレ隠しに愛想笑, 儘テレ隱しに, 儘トルストイの屋敷, 儘ドアの下, 儘ネパールへ行く, 儘バタリと斃, 儘バッタリとノビ, 儘パイプの煙草, 儘パタパタと二階, 儘フラフラとする, 儘プラットフォームにはいっ, 儘ベソをかき, 儘ポケツトに入れた, 儘マントル・ピイスの上, 儘ロダンの彫像, 儘ワーワーと泣きました, 儘一人がにこ, 儘一人幽かに微笑ん, 儘一切の秘密, 儘一同を見廻し, 儘一坪の大き, 儘一方で, 儘一時間位立往生したよう, 儘一生の悪罵, 儘一生私こんな暮らし, 儘一目でこの, 儘一緒に家, 儘一義的に実現, 儘一足飛びに往きつかれる, 儘丁度茶を, 儘七八間藤蔓の輪, 儘三人とも其中, 儘三十分余を眺望, 儘三千代と抱き, 儘三条の大橋, 儘へ上った, 儘上京し天平三年六十七歳, 儘上段の間, 儘上海へ行つて了つて, 儘下ろす水も, 儘下駄引きずりもつて, 儘不足さうに, 儘丑松の顔, 儘世間からこの, 儘肱を, 儘両側を見上げ, 儘両度の上京, 儘両手を左右, 儘主人と相対, 儘乗せてある, 儘乗り通して竜巻村, 儘せて, 儘乱闘の真, 儘乳房を含ませた, 儘乾かして冬着, 儘事実らしく物語ったもの, 儘二三度頭を振っ, 儘二人暮れ行く空, 儘二手三手と碁, 儘二月程校長, 儘二百里あろうが, 儘二階の窓, 儘云うみたいや, 儘云った方が, 儘亡命芸術家の群, 儘人々に挨拶, 儘人魚のよう, 儘は暗夜, 儘今朝製鉄所の病院, 儘ても仕ない, 儘他界した, 儘付ける者も, 儘仰々しい表情を, 儘仰ぐと天井板, 儘仰向けに倒れ, 儘任用して, 儘休憩となり, 儘伝えている, 儘伝えたほうが, 儘伝えれば不興, 儘伝へてゐる, 儘伝へたピラミツド型の, 儘伝記にならぬ, 儘伺候の人々, 儘但し今の, 儘声にな, 儘住みついて了, 儘何とも返事を, 儘何人もうろうろ, 儘何度も他, 儘何時間も昼, 儘何羽もぎつしり, 儘余り注意を其処, 儘作品の上, 儘の蟠り, 儘侍従に変, 儘信じ込む程人の, 儘信用するわけ, 儘をにらみつけ, 儘借用させた, 儘に苦笑, 儘の通り書物, 儘先づ四町四方もあらう, 儘入っていた, 儘全身の血液, 儘八寒地獄の底, 儘六道銭にもならう, 儘其処からよく, 儘其處に倒れ, 儘再現されて, 儘冷静と皮肉, 儘出かけたら何うだ, 儘出入の者, 儘切り取つたものありのす, 儘切れてしまいました, 儘別に見様とも, 儘別れたに相違, 儘別れたくなくなって来た, 儘利用すると, 儘を移さず, 儘ち性能, 儘の雨戸, 儘前屈みの姿勢, 儘を著述, 儘助けて返した, 儘動かず地上に, 儘勝手出入りも自由, 儘勝手次第にその, 儘勤行を続けた, 儘北京占領の外國軍隊, 儘十五分許り休憩, 儘十五分間じっとし, 儘十種に近い, 儘半日も何, 儘卒倒した, 儘卓子の前, 儘南方に永住, 儘南瓜の上, 儘単純に実地, 儘又はテンポだけ, 儘反吐をつい, 儘反覆してさ, 儘取りとめもなく, 儘取り次ぐか若く, 儘取り集めて申上候, 儘取扱ひ不正, 儘受け取らないで再三, 儘受け取られるような, 儘受け継いで何ら, 儘受納れない場合, 儘もきけなかった, 儘叮嚀に日本風, 儘名古屋の石, 儘吐き掛けられた唾の, 儘向うの方, 儘向日葵の側, 儘呆れて物, 儘呆気に取られ, 儘周囲を見廻した, 儘呻き呻き戸の, 儘呼吸をひきとっ, 儘咳払い一つ聞えぬ, 儘のやう, 儘お一人, 儘喘ぐように, 儘嗄れた声を, 儘嚥下して, 儘四年間私は歌一つ, 儘四本の肢, 儘困りましたなア, 儘土蔵の奥深く, 儘圭介が彼女, 儘坊ちゃんのお客様, 儘坐り込んで居りました, 儘ばかりの香華, 儘埋るとは情ない, 儘埋葬いたすなり, 儘墨守すること, 儘になっ, 儘夕日を背, 儘外出いたしました, 儘夜中われと我が, 儘夜空に昇る, 儘跨に, 儘大きく振られると, 儘大きな目を, 儘大事にする, 儘大儀相にし, 儘大切に保存, 儘大勢の日本人, 儘大口を開い, 儘大地へ俯, 儘大阪に残った, 儘天井を睨んだ, 儘天子に對, 儘太い太刀を, 儘太古の日, 儘失心したやう, 儘奈良の屋形, 儘奴凧のやう, 儘好い加減に二三枚, 儘如何はしい, 儘も子, 儘姫君の念仏, 儘姿勢を保つ, 儘威勢よく立ちあがりました, 儘は微笑, 儘娘一命泥烏須如来二つながら失ひし, 儘娘里を掻き抱き候う, 儘の姿, 儘嬉しそうに, 儘安からぬ眼, 儘安らかに永久, 儘実現されたの, 儘に戻っ, 儘容易に弦, 儘密閉された部屋, 儘寒い冬の, 儘寓居に歸着, 儘椅子の, 儘寝室にし, 儘寝込んでしまいました, 儘寢室にし, 儘小さい煙管を, 儘小夜子と別れるなら, 儘小屋の外, 儘小普請入を命ぜられ, 儘小石川陸尺町まで飛びました, 儘て下さい, 儘屋敷へ帰りました, 儘山登りにでも行きたい, 儘山谷の別荘, 儘山陽の夜半, 儘山高帽子と共に付近派出所, 儘を上つて多く, 儘の中, 儘川原の中, 儘巧みに逃げよう, 儘帰り申し候, 儘帰りましては親, 儘平伏つてしまつ, 儘平気な顔, 儘幾皿かの料理, 儘座敷の真ン中, 儘庭園の上, 儘庭木を見, 儘廻る時には, 儘引きずられて死んだ, 儘引き下つて行くが, 儘引き延ばして今, 儘引き返しても好い, 儘引っ返して来た, 儘引込むわけには, 儘当惑らしい顔, 儘役僧の手, 儘彼らの事業, 儘彼等はどやどや, 儘後で苦り切つて, 儘後ろに反, 儘後足を上, 儘徐かに風が吹き出した, 儘徐に黙祷の, 儘徒然として狹, 儘従い行く行きて藻西, 儘御陵の前, 儘復活さしたの, 儘微かな声, 儘微動もせず, 儘微笑しながら, 儘は差迫り, 儘心もち腰をかがめ, 儘心もち首を擡げ, 儘忘れて来た, 儘忠実に守つて, 儘忽ち風下の, 儘思い切ったと思った, 儘思い起していた, 儘思つた通り快い返事, 儘思はず知らずそこへ, 儘思ひ出して見, 儘思ひ切つたと, 儘思ふあらまし, 儘急いで土間, 儘急ぎ足に其処, 儘性急に説明, 儘恐れながら御斷申上候, 儘恐ろしい想像を, 儘息子と無知, 儘恰好の好い円い, 儘やし, 儘悠々と動い, 儘悲しさうに彼の, 儘悲しい声を, 儘慇懃に座敷, 儘慌しげに, 儘慟哭の声, 儘憩うて居た, 儘懐しい故郷へ, 儘懐中より彼, 儘さう, 儘懶惰者の大学生, 儘成仏はしなからう, 儘にもあらず, 儘我々の足もと, 儘戦場に遺棄, 儘を閉, 儘戸口の方, 儘戻ろうなどと考え, 儘手当り次第に模写, 儘打捨ておかれたのである, 儘抑留して, 儘投げてやった, 儘投げ出してゐる, 儘押し上げるものと, 儘押通し無数の, 儘持たしてよこした, 儘持ち帰って来た, 儘持ち帰らねばならなかった, 儘持って来る, 儘持続したと, 儘向きも, 儘振り続けてゐた, 儘挿入する, 儘捧げられて居た, 儘掛釘から帽子, 儘採り用ひました, 儘採用しては, 儘提げて呑気, 儘握りつぶしになつ, 儘支那人の妥協癖, 儘数右衛門は藩邸, 儘らしく二度, 儘旅宿の戸口, 儘に光つて, 儘早く帰して, 儘明け方まで斯, 儘明るい塲所へ, 儘明方迄祈り, 儘明方近くまで彼方此方, 儘昏睡の状態, 儘昨日東京を立つ, 儘昼飯は無論, 儘時折くり展げては, 儘晝飯は無論, 儘智子の母親, 儘暑苦しさうに寢て, 儘暗がりの中, 儘暫時私の顏, 儘暫時言葉もなかつた, 儘書き誌すつもり, 儘書くことが, 儘書けばい, 儘書生は再び, 儘最後を遂げる, 儘に眠い, 儘未だ息を, 儘朽ちてもいい, 儘東京へ帰っ, 儘東大寺の宝蔵, 儘枝一つ動かす気色, 儘枯れた大きな幹, 儘柘榴の花, 儘の木, 儘梅子は瞬き, 儘梯子口から下, 儘椽側から書斎, 儘槇子は椅子, 儘模写するという, 儘に爲つて, 儘横臥場へ行った, 儘欠伸をしい, 儘次いで彼女から, 儘次第に遠のい, 儘欲しいま, 儘止まる筈は, 儘止む訳に, 儘止められぬままよ, 儘正体もなく, 儘正直に表現, 儘正規分娩にまで進ませ, 儘此慘憺たる光景, 儘此處に語る, 儘此鼓動の下, 儘歩いて居る, 儘歩み去ってしまった, 儘歴史に入れ, 儘の徐, 儘死なしてくれ, 儘死なすのは, 儘死ぬかも知れない, 儘死ねばとてこの, 儘死んでいる, 儘死んだ真似を, 儘死刑となり, 儘死骸は知れず, 儘殆ど明瞭とは, 儘残ってしまった, 儘残り惜しそうに, 儘殺すとも殺さぬ, 儘母娘はまた, 儘毒殺を決行, 儘毛布から目, 儘気息は絶えました, 儘気楽に世, 儘気軽く口笛を, 儘気随に空, 儘を失つて了つたの, 儘永い事印刷屋の, 儘永く殘る, 儘の子息, 儘決してアメリカの, 儘沈没した時, 儘沈黙を守った, 儘泊らうかもう, 儘泊り込みになっ, 儘法律に繼承, 儘泣き出しさうな顔, 儘泣き崩れたが, 儘洗いもせず, 儘浮かない顔色を, 儘海岸の料理屋, 儘海洋という千古, 儘消えてなく, 儘消え去るかと見えた, 儘液体を覗き, 儘淡い眠りに, 儘深い靜かさに, 儘深山幽谷へ行つて終, 儘深谷を隔て, 儘渡す事が, 儘満足さうに二人を眺め, 儘源吾殿まで御, 儘溘然として属, 儘滑り下りる稽古を, 儘漫然と叙述した, 儘漸く吊り下, 儘激しい霧と, 儘火事場の方, 儘暗に尻, 儘無理やりに鼻, 儘無疵で活きおる, 儘無言でゐた, 儘無限の愛, 儘煉瓦の大通り, 儘と是方, 儘爛れた太十, 儘の一二分, 儘のやう, 儘狂氣の如く, 儘狂騒なジンタ, 儘独断を振り翳し, 儘独白のやう, 儘狭い庭へ, 儘の前, 儘猶しばらくは眼, 儘玄関から引返しました, 儘現れたので雀, 儘現実がその, 儘生きている, 儘生やして置かれる, 儘生活をする, 儘用い来ったという陣笠, 儘へ仕事, 儘甲斐守は恐い, 儘と藪, 儘の前, 儘って, 儘留めもしない, 儘番頭に呉れ, 儘の下, 儘の上, 儘療養所へ引き返そう, 儘白くなって, 儘白百合の香, 儘と分れ, 儘皆んなの後, 儘を白黒, 儘目まぐるしい往来の, 儘直ぐに帰つて, 儘眉一つ動かさぬ春日, 儘真理で実際, 儘と稻妻, 儘着せてくれまし, 儘着換をする, 儘瞑目して, 儘石鹸の箱, 儘硝子戸に顔, 儘を見上げ, 儘空しく終える気, 儘空咳をせき, 儘空虚になつ, 儘突っ走った方が, 儘突然口を, 儘窓枠にぐったり, 儘立ち往生したやう, 儘立往生して, 儘竦んでいられよう, 儘ひ顔, 儘へをせず, 儘と鉛筆, 儘素直にいいあらわされ, 儘ぼそ, 儘結びつけて回想, 儘結んで湯殿, 儘結婚します, 儘継続して, 儘線路まで往復, 儘置去りにし, 儘美しい眼を, 儘美術品へ移し, 儘群集が抛り返し, 儘習慣的儀式的に維持, 儘聞き流してしまふ, 儘聴衆の方, 儘のなか, 儘肯定しての, 儘育ちだけにそれ, 儘に響いた, 儘胸悸して, 儘脱ぎ捨ててゐる, 儘に落ち, 儘腰かけてゐた, 儘のわき, 儘自らの衰弱, 儘自分ひとり煎餅蒲団に包まつ, 儘舐めるように, 儘が岸, 儘は褪めた, 儘色々と晩, 儘芝居へなんて行ける, 儘の中, 儘芭蕉の葉, 儘苛立たしさうな手真似, 儘苦しさうな声で, 儘茶の間の戸棚, 儘萎れて何, 儘葛の葉を吹き返す, 儘葬り去られようとし, 儘蒼白な顔, 儘明るい中, 儘薄明の中, 儘薄暗い拘留所の, 儘薄紫の愛らしい, 儘薨去して, 儘だまり, 儘血刀を持った, 儘へ何ぞ, 儘行き違は, 儘行き過ぎて了, 儘行き過ぎるであろう無礼至極の, 儘行くところまで, 儘行くなれば許し, 儘行儀悪くふんぞり, 儘裏庭に降立った, 儘が開い, 儘見世からこちら, 儘見合わせ申し候, 儘親方の遠のく, 儘親船の沈む, 儘許しを乞うた, 儘詰るやうに, 儘読みかけた夕刊を, 儘読みさしの本, 儘読めるやうである, 儘誰彼の容捨, 儘論文の中, 儘諦めて了つたの, 儘諸君へ贈, 儘財嚢の錢, 儘買った別荘地が, 儘貸してくれ, 儘起き上れるか, 儘起つて杯を打ち合せ, 儘を突, 儘路ばたの, 儘跳上りて突立, 儘身體の置塲, 儘転がっている, 儘転がりもせず, 儘転ぶやうに, 儘転んで了, 儘載せておく, 儘載せるべきであるとの説, 儘迂散らしく相手の, 儘返事一つせなかつた, 儘退屈を紛らす, 儘送り返したのだ, 儘逃げ出さうとしてゐる, 儘つて, 儘通りすぎたものか, 儘連れ出されて外海, 儘進んでも無論, 儘過ぎて行く, 儘適用すること, 儘酷く縛って, 儘釈然としてゐる, 儘重く口を, 儘重箱に入れ, 儘鉛筆でその, 儘銀座の外れ, 儘鋭き眼に, 儘鋭くあたりへ, 儘鍵穴へ嵌っ, 儘長く我々の, 儘長崎に歸つて, 儘閉めて帰ろうで, 儘隣りの小母さん, 儘集めてそれ, 儘雑貨屋だの床屋, 儘離そうとしなかった, 儘雨戸の開く, 儘の中, 儘青木さんはお, 儘に星, 儘静かにこっち, 儘静止する事, 儘非常に息苦し, 儘頂戴致す, 儘預け切りになっ, 儘を見せまい, 儘風呂敷包みにし, 儘飛び出したりする, 儘飛んで歸, 儘を垂れ, 儘けおり, 儘駈け出して往つて巡査, 儘高い二階を, 儘のやう, 儘鳳陽丸の甲板, 儘黄色く染まつた頭, 儘黎明の風, 儘黒い雲の, 儘默つて息子のする, 儘默然として言, 儘黙々と立って, 儘黙りこくつて了つた, 儘鼻緒の切れた, 儘を切つて