青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「僧侶~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

働き~ ~働く 働く~ ~像 像~ ~僕 僕~ 僕ら~ ~僧 僧~
僧侶~
儀~ 億~ ~儘 儘~ ~優しい 優しい~ 優れた~ ~元 元~ 元年~

「僧侶~」 1699, 18ppm, 6235位

▼ 僧侶~ (398, 23.4%)

6 手に 4 中には 3 やうな, ような, ように, 事で, 読経が, 身に

2 [21件] うちの, 中に, 兵役, 内生活, 勢力も, 姿を, 心を, 手によって, 手より, 数は, 方で, 本分として, 案内で, 生活, 生活の, 生活を, 腐敗を, 貧かつ, 身である, 身として, 身分で

1 [328件] あたかも読経, いつしかに, いないという, いんぎんな, うちで, うちに, うち慾心の, うち特に, おも, おる前, お話を, かたは, くせに, ことです, ごときも, ごとき表面, ごとく, ごとくそんなに, しなければ, ために, となえて, なかに, ほうが, ものだった, やうに, プラノ・カルピニ, 一人である, 一人は, 一人娘で, 一代記の, 一員でありました, 一団と, 一族で, 一生を, 一空に, 一般の, 下僕にも, 不道不徳, 不道徳かく, 中で, 中でも, 中においても, 中にも, 中の, 中を, 主唱する, 事について, 事は, 人種の, 仏教や, 仕業で, 仮装を, 仮面を, 会議, 位置に, 位置は, 位置も, 住する, 住所は, 作為したる, 作者の, 修業し, 修業を, 俸給その, 傳記も, 傳記をも, 先妻であった, 入つたの, 入竺求法, 全く無い, 出て, 出羽に, 分を, 列に, 列を, 制約に, 努力により, 勅任官の, 勅任官は, 勅任官を, 勇氣の, 務めを, 勝れた布教, 区別が, 友達までが, 反動も, 反抗の, 収入, 取締みた, 口により, 古い言葉, 同一見地, 名は, 名を, 名代人相集まり, 名望とに, 和田辨瑞君が, 品格を, 品行を, 品行下等の, 品行等の, 商群ヤクに, 商隊, 問答, 堕落とだけ, 堕落腐敗に, 外に, 多き推して知るべし, 多くの, 夢を, 大多數, 大書記官, 天分の, 好意をも, 如きも, 如きもの, 如き孤影, 妻に, 姿が, 姿さえ, 娘で, 娘を, 子で御座いまし, 存在が, 学禄なる, 学者が, 学識良智教養の, 守るべきもの, 定まった職務, 家が, 家には, 家の, 富かつ, 寺に, 尊敬, 少し学識, 少ない割, 山村が, 差別は, 布教上の, 布施金として, 常道である, 平等同権を, 広大な, 後に, 従僕ありしかばわれ, 心さえ, 思想を, 怠慢に, 意味でか, 愚かつ, 愚も, 愚劣な, 愛好飲料と, 態度に, 懐に, 或る, 所の, 所業を, 手で, 手を, 手当であります, 手本として, 托鉢する, 技能の, 拝命訓令は, 持つ如意, 指までも, 撰んだ文字, 支配にたいして, 支配下の, 教えるまま, 教育という, 数およそ, 数が, 数一千六百人あり, 数一百人あり, 数七万六千五百六十人あり, 敵, 敵たる, 文学と, 方々が, 方に, 方は, 族にて, 日に, 時局説法更に, 書いたもの, 最高官, 月給, 月給は, 服は, 服を, 服制, 服装を, 机の, 検挙だった, 權能の, 權能及び, 次の, 歌を, 正しい行い, 此等の, 比較表左の, 決心いかんに, 法衣である, 法衣では, 法衣の, 注意が, 活動を, 流浪する, 状態, 独身生活と, 生動し, 生曝し, 生活が, 生活である, 生活です, 生活と, 生活は, 用いるもの, 田舎の, 病人を, 登山が, 白文の, 目より, 目的, 眞似, 真似を, 眠食は, 眼に, 着る如き長き, 着物を, 知恵の, 破戒の, 破戒も, 社会理論の, 秘事や, 程度に, 種類です, 答を, 粗暴な, 総称を, 罪は, 群と, 群れが, 群を, 職業, 肉食妻帯は, 肩に, 胸像が, 腐敗をも, 芸文あるいは, 蔽いがたい, 行いは, 行うべき事, 行列に, 衣の, 衣食住は, 袈裟とかいふ, 被る法衣, 襟元を, 親元の, 親戚または, 言行に, 証言は, 話では, 話なんか, 話は, 認可も, 誦経が, 誦経に, 説教の, 読経と, 読経の, 読経を, 讀經に, 財産, 財産はと, 貧学生は, 貧学生より, 貪り求めし物, 資格を, 賦与した, 起居が, 起臥する, 趺坐した, 身から, 身で, 身でなさる, 身でも, 身には, 身を, 身分として, 身分な, 軍と, 軍隊や, 遁世哲学を, 道場と, 適切な, 遺産で, 遺骨の, 邸宅を, 重なるもの, 鈴の, 鈴製図板鉤針鏡面用硝子並に, 長い数珠, 開いた山, 間で, 間に, 陰気な, 階級, 階級から, 階級が, 階級を, 隣りに, 集まるところ, 音声は, 頭の, 頭蓋なら, 顔を, 類の, 飲み滓, 飲食物であるです, 首に, 騒音, 驕奢淫逸乱行懶惰なる, 黒い法衣

▼ 僧侶~ (217, 12.8%)

3 あって, あつた, 住んで 2 あった, あったが, ここに, 勤行を, 居って, 彼を, 死んだので, 鐃鉢を

1 [192件] あった豆類, あつて, あとで, ある, あるこれ, いかに人間, いかに仏教, いつでも, いつも多かっ, いて, いる, おって, おもに祈祷, およそ二万人位, お勤め, お寺の, お祝, お祭りし, この絵, これに, しゃく杖を, ずっと二十年間, その子供, その岩, それだけ沢山来, それを, だまって, どれだけ, なかった, なぜ奏任官, ならんで, ひとり, みなこの, みなそこへ, やって, やはりその, ゆっくり歩い, よく行, よばれたん, わたす引導, ゐた, ネパールの, ラサ府に, ラサ府を, ラホールにて, ロイヤルティーすなわち, 一人葉の, 一人訪ね, 一対の, 三千八百人マエ・ターサンには, 三礼する, 二人その, 二人つと, 二人見, 二名ばかり, 二百人ばかりも, 五百名程, 人の, 今幾人あるだらう, 介在し, 仏教の, 他の, 他宗に, 何か, 便所の, 信の, 修業してる, 個人的に, 僅, 入って, 入唐の, 其處に, 写真を, 出来た, 加って, 動きまわり人々, 参りますと, 古い壁画, 只鼻声, 唐の, 商売を, 問答の, 嘘を, 四十九日間七日目ごとに, 国際上の, 地方へ, 外へ, 多かった, 多くの, 多勢の, 夢の, 大仏殿に, 大概ごく, 天の, 天性の, 太鼓を, 奇怪な, 女を, 始めた低い, 娼妓が, 宋時代あたりの, 小便を, 居り別当, 居り観, 居る, 居並んで, 山を, 山門の, 市街に, 希望する, 帶とな, 幕府に, 床下へ, 彼の, 御尊崇, 念の, 意地の, 懺悔を, 戻って, 手伝うの, 抹香くさく, 持っても, 描いたの, 支那に, 支那人を, 放送員さながら, 教育を, 斬りころされ森, 日々参列し, 書いたらしい語, 最も神聖, 本国に, 来た, 来て, 林邑楽を, 格子越しに, 椅子にかけて, 死体へ, 毎朝早, 水底に, 沢山あったです, 沢山ある, 法衣の, 注ぐ聖水, 涅槃の, 無戒, 王の, 現れて, 生涯忘れる, 當つてゐた, 當時尚, 百六十五名ある, 直に玄奘, 眠りこけて, 着て, 知識人の, 祭壇の, 秘密の, 立上っ, 纏う金襴, 美麗な, 老子や, 聖書の, 聞いて, 自らこれに, 葬式の, 衆人に, 行くの, 衷心から, 製作する, 言った, 誓言を, 誘導した, 説教壇に, 貴下は, 迎えられて, 通るほか, 逢つ, 道筋の, 遠くで, 遠く藤原氏時代以来, 針や, 鋭い響, 鎗を, 長安に, 長柄の, 陶器の, 随分ある, 集まって, 集まると, 首を, 驚いて

▼ 僧侶~ (152, 8.9%)

2 どこまでも, 国会議員に, 彼の

1 [146件] いって, いよいよ乗り気, いろいろの, うなだれた彼, かかる修行, こういう物, しかたなし, しばしば当事者, すなわち版刷職工, すべてラサ府へ, すべて肉を, そういう沢山, その下等, その名, その国人, その学資, その廻り路, その村, その生計, その顔容, それから, ともに談ずる, どうしました, どこへ, どんな手ひどい, にわかに国家, ぶつ, ほとんどない, まず反対, またその, また問答, まだそこら, みな一般の, みな外の, みな自分の, もちろん出られない, もちろん見物人, やはりあの, よく故障, ホッと, 一人たり, 一人も, 一俵で, 一千三百八十余人も, 一国人民の, 一日として, 一生沐浴しない, 一番金の, 一種の, 一般に, 三日から, 上等僧侶の, 世襲なり, 乃ち譬喩的の, 二年間兵役に, 二間四面の, 云うまでも, 五人あるいは, 五六十人ほど, 人民を, 今も, 仏道を, 何も, 何れも, 何を, 俄かに, 俗人中の, 信者が, 僧侶型学者は, 元來睡眠, 全く戒律, 八十四間の, 兵役に, 其口に, 其名を, 出かけに, 前進後退法衣の, 十悪十重を, 厄介者だ, 厳粛そうな, 同じよう, 單に, 多くその, 多く惡徒, 大いに其の, 大きな薄汚, 大体樹下石上を, 大抵俗人, 天を, 奏任官見た, 妻帯する, 妻帯せざる, 妻帶し, 宗教を, 宗祖の, 実に結構, 宿銭は, 寺院より, 弟子であり, 心の, 急に, 戒法を, 政府より, 日本人に, 朝, 東方人の, 業を, 毎朝その, 泊ること, 無気力不見識の, 無論エタ, 特に知識人, 男女の, 異教の, 百六十五名ありまし, 皆鳥に, 直ちに退, 相互の, 確かに, 祈祷書を, 禪僧を以て, 筒袖の, 精霊中より, 純然たる, 自分の, 自身肉食妻帯が, 芸術家に, 若い貴族, 袈裟, 被選挙権を, 解放され, 誰の, 貴公子の, 貴族側の, 貴族階級の, 近代まれに, 遥かの, 選挙権を, 酒を, 金を, 非国教宗, 頻に, 顔色も, 高慢さうな, 鳥に, 黄色の

▼ 僧侶~ (121, 7.1%)

5 なって 3 して, なつた, なること, 依って, 至っては 2 なったの, なる, なると, 与えた宗門権, 比べると, 繰り返して

1 [89件] ありながら, あるの, あるまじき行い, いたっては, いたるまでも, お経, かかる信仰, かしずかれて, からかった歌, くれろと, この意見, しても, すべての, するは, なったため, ならなくては, なられたそう, なりたがるもの, なるか, なるの, なるより, なる柄, なる習慣, なれ学問, まとわりついて, よれば, 三億の, 不向きと, 任せて, 何か, 供養する, 依りて, 依頼し, 共通の, 出会つた, 劣らなかった, 化けて, 反抗した, 執っては, 売るの, 変装し, 大きい家, 奉仕せね, 委せて, 對し, 導かれるまま, 就て, 届出でずに, 従属した, 扮した, 指さしを, 指を, 指導させた, 救はれ, 望みを, 民衆から, 独占され, 相談し, 看護され, 眼を, 祝福し, 禁ぜられて, 等しい十字架, 管理された, 結婚を, 肩を, 至るまで, 被選権, 見せぬかと, 見せるため, 見つかつて, 言はせる, 訊いて, 訊ねても, 訓える, 譬えた岸本, 貸すという, 通ぜられたもの, 逢いたがって, 逢って, 連れられて, 進呈する, 適用する, 限った話, 霊跡の, 面し問うて, 頼まれて, 頼んだとき, 頼んで

▼ 僧侶~ (73, 4.3%)

4 して 2 保護し, 手に

1 [65件] あいてに, あつめて, あひ, うまく心服, おしたいなされて, その家, とりかこんだ, ひっぱりだして, まつべしと, 上等室に, 代表す, 伴ふて, 住せしめた, 作った, 併せて, 先頭に, 入れて, 別当と, 募るべし, 合して, 合同し, 否定し, 呼ぶにも, 啖った, 寵愛し, 尊敬せざる, 尋ねて, 導くところ, 廃めて, 待たせて, 憎み信徒, 招いて, 招き私宅, 招集し, 指したの, 指したもの, 指した言葉, 推して, 教育せざるべからず, 會し, 案内に, 監督す, 算せしに, 管理す, 統轄する, 置かずしかして, 罰する一牢獄, 罵っていう, 罵り僧侶, 聘しこの, 苛めて, 虐げて, 見たり, 見ると, 誘う奴, 送って, 還俗せしめた, 長安に, 集めるの, 頼まず神下し自身, 頼んで, 養うこと, 養成し, 馬鹿に, 驚かしたもの

▼ 僧侶~ (59, 3.5%)

3 尼僧との

1 [56件] あわせて, いえども, いふよりは, いふよりも, この村, し救世主, それから, なった, なったものの, なって, なつて, ならざるを, ならんと, なりいかに, なりしもの, なりたいと, なり下野, なり或, なること, なるの, なるべき資格, なれば, みて, ヤソ僧侶との, 一人の, 下士との, 二人の, 二百四十人の, 云うもの, 云ふ, 仏師の, 伍する, 信徒を, 儒者と, 共々に, 共にいで, 各地方, 同じよう, 同じ待遇, 在俗者とは, 壮士坊主, 姿を, 少年と, 尼僧とが, 平信徒との, 弟子との, 思ふよりは, 眼を, 言えば, 認むることが出来ない, 貴族との, 軍人は, 近い親戚, 近づきに, 道士とを, 雖も

▼ 僧侶~ (43, 2.5%)

1 [43件] あって, あり, ありますが, あり軍人, ある, あるから, あるです, この寺, しその, ずるい, たれも, ない, ひとつ輪に, また同じ, また多かっ, また富み, また拝み, また長, カルマ派の, クララを, サッキャア派の, 一度に, 一様な, 乞食であれ, 人民も, 別にある, 労働し, 千五百人程, 取り出した者, 商売を, 夜分で, 女も, 学者, 憐れまれて, 新聞記者も, 日本の, 書記も, 沢山です, 真に敬意, 社会政治も, 神官も, 置かなくちゃあ, 詩人も

▼ 僧侶~ (35, 2.1%)

2 牧師の, 牧師は

1 [31件] ブルジョアの, 二十歳以下の, 会葬者の, 侍を, 俗人が, 信徒にとって, 僧侶主義者は, 博士や, 呪術師であった, 堺の, 大名なども, 妾どもが, 寺侍に, 尼僧達が, 山伏や, 巫女が, 武士や, 浪人者と, 牧師が, 留学帰朝者などから, 紳士や, 茶道衆や, 蝦夷大臣などには, 貴族などの, 貴族の, 身よりの, 近所の, 道士と, 道士という, 遺族の, 金を

▼ 僧侶たち~ (34, 2.0%)

1 [34件] かもしれない, から睨まれた, が, がそのまま, が一様, が仏, が依然, が修業, が女人禁制, が彼ら, が新しい, が瞑目合掌, が祈祷, であった, であったらしく彼ら, とは余りに, とは違い, と利害, にとってはアジャンターあたり, によって集積, による死者覚醒, に麻酔, の占星術, の夜, の考, はあっと, はみんな日本語, は幼い, は毎夜, は花, もくり返し, もみな一様, も実力, も稚

▼ 僧侶~ (28, 1.6%)

1 [28件] あつた, あとは, その数, でも, はござりませぬので, まだ三十, オドリックという, 一つは, 一人旅の, 二十年間セラ大学で, 五十万位の, 仏道を, 大博士, 大学部に, 天台の, 奧州に, 広沢の, 数学者の, 本国の, 東國に, 無かつ, 爵位官職勲等などの, 私の, 秘密出版事件で, 紳士に, 草庵の, 西暦八世紀の, 道教を

▼ 僧侶~ (23, 1.4%)

1 [23件] がどんなに, が史跡擁護, が帰らない, が本当, とも交際, と一緒, と押し合い, に代った, に自分, のあえて, の宿房, の生涯, の言葉, の顔, はそこ, はマルクス主義, は人相, は墓石窃盗, は短い, は見受ける, は長い, までも坊主, よりも句仏氏

▼ 僧侶さん~ (14, 0.8%)

1 [14件] が三拝九拝, が居た, が自分, が賢く, が逝くなる, であつ, のお, のやう, の許, の食物, はうろ, は兎, は多分, や牧師

▼ 僧侶である~ (13, 0.8%)

2 かを洞察, ということ 1 かということ, かまた, から妻君, から礼拝, が何, が夜, ことから, だけ私, 彼女の

▼ 僧侶という~ (13, 0.8%)

3 ものは 2 ような, 厳粛な 1 人間界の, 全関係当事者, 名を, 役柄から, 有権階級のみに, 風に

▼ 僧侶には~ (12, 0.7%)

1 [12件] みな法師の, 一文でも, 同じ樣, 同樣, 皆清浄の, 臨時の, 藏經全部を, 被害者と, 見られない大, 路銀は, 閉口でございます, 鳳誉渓巌綜雲が

▼ 僧侶から~ (10, 0.6%)

1 バカに, 一般の, 出たかを, 十字架を, 好遇, 来た長い, 送って, 邪魔視され, 雑多な, 離れて

▼ 僧侶及び~ (9, 0.5%)

3 学者の 1 俗人の, 僻陬に, 婦人在家の, 嬖妾等が, 新派の, 普通政府の

▼ 僧侶~ (9, 0.5%)

1 かく墮落, その祖師, であ, に, に忠告, の, の宿所, を指す, 即ち專ら靈界

▼ 僧侶階級~ (9, 0.5%)

1 にのみ限られ, によってだんだんに, に止る, のうち, のもの, の先入的, の知能独占期, の私有物, を形成

▼ 僧侶たる~ (8, 0.5%)

2 ものは 1 と俗僧たる, にすぎなかった, にふさわしい, に過ぎない, チベット法王に, 御身に

▼ 僧侶でも~ (8, 0.5%)

1 あり名高い, 一人二十円内外の, 一人然, 医家でも, 婦人でも, 差支えないという, 或は長安, 行者でも

▼ 僧侶との~ (8, 0.5%)

3 二つの 1 交渉は, 比較, 諷刺人形を, 間に, 階級的対立は

▼ 僧侶主義~ (8, 0.5%)

1 が近世的, でありそして, の主人, の気持, の過激, はいつも多少, や先生的文化観念, をいだい

▼ 僧侶~ (8, 0.5%)

1 な, な仏教学者達, な意味, な教理, な教義, な歴史, な演説, な神秘主義

▼ 僧侶~ (7, 0.4%)

1 からだ, から嘘, つたと, といっ, と思ふ, と戯れ, のといふ

▼ 僧侶とは~ (7, 0.4%)

2 違つてゐる 1 別であった, 思へないやう, 思われず何, 確実に, 認めなかったの

▼ 僧侶に対して~ (7, 0.4%)

1 その書物, 一般上げらるる, 二十五銭とか, 信者から, 坊主の, 室の, 施した

▼ 僧侶~ (7, 0.4%)

1 だったの, だと, であって, であること, とはどういう, とは宗教上, の勝利

▼ 僧侶などは~ (6, 0.4%)

1 どしどしシナ, 弁護します, 最も恥ずべき, 甚だしくこれ, 皆そこへ, 私に対して

▼ 僧侶~ (6, 0.4%)

1 に経文, の, のため, の以, の請, は

▼ 僧侶では~ (5, 0.3%)

2 ない 1 ないか, なかった, なくて

▼ 僧侶として~ (5, 0.3%)

1 そう言われ, なすに, わたしの, 商売を, 自分を

▼ 僧侶学校~ (5, 0.3%)

1 である, で教えられ, で用いる, に入っ, に帰

▼ 僧侶であり~ (4, 0.2%)

1 ながらカトリック教, ながら肉食, 乍ら支那の, 職人は

▼ 僧侶としての~ (4, 0.2%)

1 たましい, 存在が, 法師の, 生活が

▼ 僧侶としては~ (4, 0.2%)

1 それを, まだ多分, むつかしい事, 毎月十七日に

▼ 僧侶一人~ (4, 0.2%)

1 と二人, の割合, の収入, は六部

▼ 僧侶生活~ (4, 0.2%)

2 と無関係 1 が眼, に入

▼ 僧侶~ (3, 0.2%)

1 どちらが, 俗人か, 山伏などが

▼ 僧侶たる者~ (3, 0.2%)

1 が部屋, はまず, は女

▼ 僧侶だけ~ (3, 0.2%)

1 あって, であったので, 居るの

▼ 僧侶であっ~ (3, 0.2%)

1 てチベット, て戒, て肉食妻帯

▼ 僧侶でさえ~ (3, 0.2%)

1 あれば, 実に詰らぬ, 正三位

▼ 僧侶です~ (3, 0.2%)

1 からむろん, から酒, がこれ

▼ 僧侶とか~ (3, 0.2%)

1 町人の, 相當博識, 行者とかは

▼ 僧侶などに~ (3, 0.2%)

1 なりたくないと, なり度, 気に入る位い

▼ 僧侶について~ (3, 0.2%)

1 いわれ元来, よほど善意, 自分の

▼ 僧侶にも~ (3, 0.2%)

1 ある, 多くは, 金を

▼ 僧侶に対し~ (3, 0.2%)

1 これ見よ, どれだけの, 不律

▼ 僧侶より~ (3, 0.2%)

1 あるいは居残り, 大なるべし, 聞きましたので

▼ 僧侶以外~ (3, 0.2%)

1 に佛國, に各種, の學者連

▼ 僧侶仲間~ (3, 0.2%)

1 からも聞こえ, に盗賊, の顕要

▼ 僧侶~ (3, 0.2%)

1 ではない, に偏する, に顧念

▼ 僧侶社会~ (3, 0.2%)

1 には普通, の思惑, の間

▼ 僧侶あり~ (2, 0.1%)

1 て眠, 其他醫師職工會社員等あり

▼ 僧侶および~ (2, 0.1%)

1 世話人は, 国教宗の

▼ 僧侶ことごとく~ (2, 0.1%)

1 品行端正なる, 品行端正に

▼ 僧侶この~ (2, 0.1%)

1 場に, 家門に

▼ 僧侶これ~ (2, 0.1%)

1 に出席, を拝さん

▼ 僧侶その~ (2, 0.1%)

1 権を, 者に対して

▼ 僧侶たらん~ (2, 0.1%)

1 と志し, と欲

▼ 僧侶だけは~ (2, 0.1%)

1 仏教に, 役目として

▼ 僧侶であった~ (2, 0.1%)

1 かと思われる, かも知れぬ

▼ 僧侶であります~ (2, 0.1%)

1 がそれ, が肉

▼ 僧侶でない~ (2, 0.1%)

1 ことが, ことは

▼ 僧侶といふ~ (2, 0.1%)

1 ものを, 身分に対して

▼ 僧侶とかいう~ (2, 0.1%)

1 ものと, 者は

▼ 僧侶とも~ (2, 0.1%)

1 に千, 違いその

▼ 僧侶ども~ (2, 0.1%)

1 が古代異教國, の手

▼ 僧侶など~ (2, 0.1%)

1 一向歯牙, 恥死ん

▼ 僧侶などが~ (2, 0.1%)

1 チベットにおける, 要らざる密使

▼ 僧侶にとっては~ (2, 0.1%)

1 ラサ府に, 確かに

▼ 僧侶にな~ (2, 0.1%)

1 つて山の, つて逃れた

▼ 僧侶によって~ (2, 0.1%)

1 経営される, 自分の

▼ 僧侶に対しては~ (2, 0.1%)

1 何の, 特にお礼

▼ 僧侶に対する~ (2, 0.1%)

1 反感の, 反感を

▼ 僧侶のみ~ (2, 0.1%)

1 ならず凡てこれ, 従前どおりである

▼ 僧侶ばかり~ (2, 0.1%)

1 でなくまた, では

▼ 僧侶よりは~ (2, 0.1%)

2 世の中の

▼ 僧侶らしい~ (2, 0.1%)

1 者だの, 顔も

▼ 僧侶らしく~ (2, 0.1%)

1 ていねいに, ひらひらした

▼ 僧侶上り~ (2, 0.1%)

1 の思ひ, の思切り

▼ 僧侶~ (2, 0.1%)

1 には黄檗, の最

▼ 僧侶主義者~ (2, 0.1%)

1 であった, はもっともっと

▼ 僧侶~ (2, 0.1%)

1 地主大, 歌劇喜劇燦然たる

▼ 僧侶師父ブラウン~ (2, 0.1%)

1 というの, もいた

▼ 僧侶特有~ (2, 0.1%)

1 な眼, の妙

▼ 僧侶用語~ (2, 0.1%)

2 に対する最も

▼ 僧侶籠絡~ (2, 0.1%)

1 された村ソヴェト員, の手段

▼ 僧侶自身~ (2, 0.1%)

1 が反逆, も更生

▼ 僧侶階級的~ (2, 0.1%)

1 な反, な密儀

▼1* [190件]

僧侶あらゆる階級の, 僧侶あるいは武人の, 僧侶な高等僧官, 僧侶およそ七万人と, 僧侶かが書いたもの, 僧侶かにするつもり, 僧侶くさみの, 僧侶こそ沢山あれ, 僧侶さえももって, 僧侶さんだつたに, 僧侶じみた白い法服, 僧侶じゃありませんか, 僧侶すらそれを, 僧侶すらも自分の, 僧侶その他の名士, 僧侶それらはみないずれ, 僧侶たりとも従前, 僧侶たるべからざる運命を, 僧侶だけでも五岳の, 僧侶だって怪しまないです, 僧侶だの近所の, 僧侶だらうとは思, 僧侶でありましてどうも, 僧侶でありましたが此度, 僧侶であれば酒, 僧侶でしたが象牙, 僧侶でなかったなら毎日でも, 僧侶でなく儒者である, 僧侶でなければ此寺, 僧侶とかと一しよ, 僧侶とに鋭い諷刺, 僧侶とによって成立って, 僧侶とをあてがった, 僧侶と共に三万余りだ, 僧侶どころかろくに人間, 僧侶なぞの思い思いに, 僧侶などさえお手近く, 僧侶などには当世の, 僧侶などの姿も, 僧侶なども皆行っ, 僧侶なら寺へ, 僧侶ならずとも医師, 僧侶なりあるいはラサ, 僧侶なりが手を, 僧侶なりし時アヴェルラーナの, 僧侶なれば一人前大抵二十五銭, 僧侶なんという者, 僧侶なんどわれらと仏神, 僧侶において一層著しかっ, 僧侶にさえもそれが, 僧侶についてもあるいはまた学者, 僧侶にのみ向けられたもの, 僧侶によつて觀察せられた, 僧侶による山開きの, 僧侶に対しても一人平均六円位ずつの, 僧侶ばかりが暮して, 僧侶ひとりが路上, 僧侶ひとり愚なるあたわず, 僧侶ひとり貧なるあたわず僧侶ひとり愚, 僧侶へも一せいに, 僧侶ほどに極端で, 僧侶また読経す, 僧侶または才子らしい, 僧侶までが勝手を, 僧侶きたる制欲, 僧侶もしくは友人にて, 僧侶よりも一層世間離れ, 僧侶ら三人を認め, 僧侶ら三人城中へ逃げ込もう, 僧侶をさえこめて, 僧侶をも考察の, 僧侶ガ霊宝ノ伝来, 僧侶キリストの血, 僧侶コボスと船長リヤノ, 僧侶テッチェルとその, 僧侶ト名ノルモノ一人モコレ有ラザリキ, 僧侶ト軍人ヲ以テホトンド全部, 僧侶ハ祈祷ヲ商ヒ, 僧侶ロザリオは一行, 僧侶一名を指名, 僧侶三名を陣内, 僧侶三大学の僧侶, 僧侶三百四十人に過ぎず, 僧侶上進して, 僧侶官は, 僧侶中それを見得る, 僧侶主義的な生活, 僧侶主義的言説で彼ら, 僧侶乱童の五種, 僧侶二人が代わり合っ, 僧侶二人医師軍人教員画工新聞記者各一人, 僧侶二人医者二人武官一人船長一人ロシアのユダヤ人二人, 僧侶二千人ありと, 僧侶仏師経師なども群, 僧侶以上に何, 僧侶俗人らも殺された, 僧侶信徒を統轄, 僧侶傳授の解釋, 僧侶は魔法, 僧侶兵役のこと, 僧侶出入口で行, 僧侶医師の輩, 僧侶医師何くれとなく, 僧侶医師等が他人, 僧侶十七人列座して, 僧侶卜筮者あるは巫人, 僧侶又は修験者を, 僧侶名宛ての文書, 僧侶商人階級小市民, 僧侶の庇護, 僧侶団体の記憶, 僧侶型学者は学者型, 僧侶壮士坊主に至っ, 僧侶夫婦が, 僧侶学者や夫, 僧侶学者達はいくじ, 僧侶宗教家などには一人位, 僧侶富ちゃんお棺, 僧侶山伏し等, 僧侶山伏医者浪人者はひと, 僧侶巫覡で扶桑略記, 僧侶庄屋仕立屋カフェの給仕, 僧侶弥撒等を見, 僧侶形而上学では賢者, 僧侶彼らが増加, 僧侶恰もそんな風, 僧侶或いは罪を, 僧侶或は京都で, 僧侶或はまた癩病患者癲疳持狂人鼻ツかけ, 僧侶排撃の精力的, 僧侶政府の道鏡大臣, 僧侶教授たちの到底, 僧侶数百の武, 僧侶新聞記者種々な顔, 僧侶新聞記者等のため, 僧侶たりて読経, 僧侶がこ, 僧侶欧州に充満, 僧侶武士どもも追, 僧侶に禅僧, 僧侶気質として私, 僧侶法忌避者であった, 僧侶活溌勇進の気風, 僧侶から遊興物, 僧侶田舎の公証人, 僧侶男女の別, 僧侶男女こどもさまざまの車, 僧侶的俗物が可, 僧侶的宮廷的なもの, 僧侶的知識に対して意識的, 僧侶的社会の享受的観想的構成, 僧侶的社會主義がまた, 僧侶的象徴主義者とだった, 僧侶的貴族的呪文としての用語, 僧侶相会するなり, 僧侶碩学稚児雑人たちの阿鼻叫喚, 僧侶神官等が無, 僧侶神官誰でもかまわぬ, 僧侶等これを貪る, 僧侶等すべて見えず, 僧侶等寺院に屬, 僧侶等聖書及びこ高僧, 僧侶七十人の, 僧侶総出の勤行, 僧侶翼従甚だ盛ん, 僧侶自らが外, 僧侶自分が学者, 僧侶自身武装すると共に, 僧侶のない, 僧侶臭い男だ, 僧侶芸人など一般, 僧侶藝子及び舞子, 僧侶選権, 僧侶裁判の組織, 僧侶裁判所を設置, 僧侶を尊重, 僧侶課税の爭, 僧侶諸君の多く, 僧侶貴族一家一門の首領たち, 僧侶貴族武士法士の前, 僧侶貴族階級の中世思想, 僧侶賞罰の権, 僧侶軍人英雄豪傑といったよう, 僧侶の僻んだ, 僧侶農夫乞食女も行け, 僧侶通訳官は一団, 僧侶酷薄なるアテネ, 僧侶領主階級との文化, 僧侶な装い, 僧侶龍門の長崎知識