青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「僕~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

僅か~ ~働い 働い~ ~働き 働き~ ~働く 働く~ ~像 像~ ~僕
僕~
僕ら~ ~僧 僧~ 僧侶~ 儀~ 億~ ~儘 儘~ ~優しい 優しい~

「僕~」 76809, 830ppm, 104位

▼ 僕~ (31103, 40.5%)

255 それを 235 自分の 222 僕の 188 君の 99 君に 97 何も 93 君を 75 その時 69 彼の 66 あなたの 63 君が 57 今まで 52 あなたを, 非常に 50 ここで 49 これで, さう 48 知って 47 それが 43 急に 42 これを, すぐに, 何か, 黙って 40 そんなこと, 気が 39 ここに 35 いつでも, 思った 34 自分が 33 今でも, 君と, 或る 32 かう云, 思う, 自分で 31 あなたが, あなたに, そこに, それに 30 あの人, 思うん, 思ふ 29 此の 28 あの時, お前の, それから, 僕に, 彼が, 彼女の 27 あの女, 信じて, 驚いて 26 これまで, 今日は, 子供の, 少しも 25 一人で, 心の 24 これでも, その人, 何の, 生きて 23 こんなこと, 例の, 前に, 思って 22 僕を, 眼を 21 その頃, もつと, 人間の, 僕で, 先生の, 知らない, 言った 20 お前を, なにも, 人の, 何を, 目を 19 いつもの, こう云う, その女, 何にも, 思つた, 昔から, 貴女の 18 そこへ, 僕は, 君から, 女の

17 [11件] あの男, あれを, この男, この頃, そこの, それで, そんな事, ちよつと, ほんとうに, 今の, 彼を

16 これは, そのため, そのとき, ひそかに, 今この, 答えた, 頭を

15 [12件] この事件, この女, この時, なんでも, 云った, 人に, 僕が, 彼に, 彼女を, 急いで, 自分を, 顔を

14 [17件] いつまでも, いやだ, さつきから, そこを, その男, どうした, もう何, 一人の, 妙な, 妻の, 学校の, 巻煙草を, 昔の, 父の, 考えて, 芥川の, 見て

13 [18件] お前と, この, この部屋, さっきから, びっくりし, もうこの, ハッと, 一つの, 一度も, 今日の, 今迄, 博士の, 喜んで, 失敬する, 彼と, 知つてゐる, 腹が, 自分に

12 [21件] そうは, そこで, そつと, そのこと, その日, それは, そんなもの, どうすれ, もうあの, 何でも, 変に, 妻を, 彼女が, 思うの, 手を, 東京へ, 生れてから, 疲れて, 直ぐに, 誰にも, 返事を

11 [20件] ああいう, ここへ, この家, こんな風, どんなこと, なんの, ふいと, もう君, 一生懸命に, 今も, 先に, 出来るだけ, 前から, 妙に, 彼等の, 忘れて, 気に, 考えた, 言って, 頭が

10 [21件] いままで, このホテル, この手紙, この話, こんな事, その中, その前, はじめから, やつと, 今度は, 他の, 君たちの, 声を, 大に, 始めて, 安心し, 思ふの, 日本の, 最初から, 生れて, 貴女に

9 [31件] あなたと, いやな, こ, この人, これが, そう思う, その点, なぜか, ひとりで, もう, 二人の, 今夜は, 今度の, 何かの, 何度も, 兄さんの, 口を, 家に, 家へ, 小さい時, 悲しいん, 惨劇の, 手紙を, 東京の, 煙草を, 第一, 自分でも, 覚えて, 諸君に, 静かに, 黙つて

8 [58件] あの家, あれから, いろいろの, おぼえて, おまえを, お絹, きつと, このこと, すべての, その声, その夜, その家, その方, その顔, それらの, ふらふらと, もうその, 一種の, 不図, 不幸にも, 不思議に, 今その, 今までの, 今日まで, 以前から, 僕自身の, 前にも, 勿論, 君には, 嘘を, 固より, 夢に, 夢の, 家を, 弱い僕, 彼らの, 彼等に, 思いました, 持って, 敢て, 日本に, 最後に, 本を, 次の, 正直に, 此処で, 歩いて, 母が, 母の, 率直に, 白状する, 知りません, 絶対に, 芥川が, 貴女が, 還るところ, 部屋に, 電車の

7 [76件] あのとき, あの人たち, あの頃, あわてて, いまは, おどろいて, お前が, お前に, こう言う, この上, この小説, この文章, この言葉, これらの, さすがに, しみじみと, そいつを, そのころ, ただ, ただそれ, ちつとも, ほんた, ほんとうの, ぼんやりし, また君, もう帰る, もう駄目, よく知っ, ペンを, マア坊の, 一緒に, 今, 仕方なし, 何うし, 何と, 先へ, 先刻から, 厭だ, 去年の, 呆気に, 変な, 夢を, 大へん, 天下の, 女を, 好きだ, 完全に, 少くとも, 少年の, 帰って, 帽子を, 平気で, 日本を, 明日から, 昨夜の, 最初の, 最後まで, 本当の, 歩きながら, 死んで, 母に, 母を, 毎日の, 立って, 聞いて, 胸を, 自然に, 船の, 訊いた, 話を, 誰よりも, 責任を, 部屋の, 酒を, 金を, 鏡の

6 [105件] あいつを, あなたから, あの日, あんな女, いい加減, いつだって, かねて, かの女, ぎょっとした, こう見え, ここから, ここの, このまま, この前, この通り, これ等の, こんどの, すつかり, その, その手紙, その翌日, その話, それまで, それまでに, それよりも, そんな風, たまらなくなっ, だまって, どうしたら, どうでも, どこへ, どんなにか, なんにも, びっくりした, まだ君, まだ見た, もうそんな, もつとは, 不安に, 不幸に, 世間の, 主人の, 久しぶりに, 人間を, 今に, 今年の, 何という, 何時でも, 信ずる, 僕と, 初めから, 前の, 努めて, 勿論この, 又この, 口の, 叫びつづける, 叫んだ, 君たちが, 君より, 君達の, 國つ, 始めから, 嫌だ, 学校へ, 実際この, 家の, 小説を, 巻煙草に, 廃墟の, 彼女に, 往来に, 思います, 思うね, 思ったの, 思ふん, 息が, 感心した, 断言する, 斯う, 日本人だ, 昨日から, 昨日も, 書物を, 東京に, 殆ん, 気を, 涙が, 父が, 突離された, 考えたの, 考へて, 芥川に, 苦笑し, 諸君を, 貴女から, 足を, 部屋を, 長椅子の, 青扇の, 非常な, 頭から, 頭の, 駄目だ, 駄目です

5 [127件] あのひと, あると, いまの, いろいろな, お父さんの, こうやっ, こう思う, ことさらに, この二つ, この二人, この先, この年, この本, この点, この船, この辺, この養父母, これも, こんどは, そういうこと, そう思っ, そう思わない, そこまで, そのなか, その場, それと, ぞっとし, ただ自分, たった一人, とんでもない, どこまでも, なんという, はっきりと, はつと, まじめに, もう僕, もう家, もう少しで, オンドリの, タクマ少年の, ベツドの, ホントに, ポケットから, 一本の, 不意に, 二階の, 人を, 人間が, 今から, 今は, 仕事の, 仕事を, 仕方が, 何よりも, 何んだ, 兄さんに, 先生に, 兎に, 別に, 千代子の, 即座に, 可なり, 壁に, 夢中に, 大急ぎで, 如何に, 姉さんに, 学校を, 家内が, 小供, 屈辱を, 帰ります, 帰るよ, 年の, 幸に, 幾度も, 彼女と, 後から, 微笑した, 心を, 思いますよ, 思い切って, 思うよ, 意外な, 愕き, 感じて, 慌て, 探して, 斯んな, 昨日の, 最後の, 朝から, 机に, 気分が, 永久に, 決心し, 滅多に, 無理に, 現在の, 用事が, 相変らず, 相手が, 真面目に, 知らないが, 知らないよ, 知らぬ, 知らん顔を, 確かに, 窓から, 窓を, 答へ, 結婚し, 罪を, 老人に, 耳を, 胸が, 腰を, 苦しさ, 見た, 貴女を, 身を, 身体を, 途中で, 過去の, 雑沓の, 驚いた, 魚戸の

4 [262件] あいつが, あちら側には, あの, ある日, あんたの, いけないん, いった, いって, いつまで, いつもその, いまその, うつかり, おとうさんが, おどろいた, おもふ, お父様, お雪, かくの, きょうは, こうし, ここぞと, ここまで, ここを, このま, この不思議, この事実, この原稿, この問題, この場合, この夏, この本屋, この河童, この詩人, これほど, こんなにかなしい, こんな話, さういふ風, さっきの, したの, ずっと前, そいつの, そういっ, そうし, そうじゃ, そう思った, その絵, その言葉, その金, それだけの, それについて, それには, それらを, た, たずねた, ただの, ただぼんやり, ただもう, ただ僕, だんだんに, ちやんと, ちょっとその, とうとう机, ともかくも, どうしても少しあの, どうしよう, どうだ, どうなる, どうにでも, どこに, ない, なぜだ, ひとの, ふと, ほかに, まずこの, また僕, まだそんな, まだ何, もういや, もうお, もうこんな, もう今, もう帰ります, もう自分, もとから, よく知つて, よく知らない, オーヴァの, ベッドの, ベラン氏の, マスクを, 一も, 一人なら, 一切を, 一杯の, 下手な, 不思議です, 不賛成だ, 世の中の, 中学へ, 久し振りで, 乙や, 二度も, 二階へ, 云つた, 人が, 人生の, 今こんな, 今僕の, 他に, 他人の, 伊作を, 何が, 何とかし, 何ものかの, 何処に, 何日でも, 信じます, 僅かに, 兄さんを, 先き, 先生が, 全世界, 円タクの, 冗談を, 冬の, 出かけて, 別の, 動物の, 卓子の, 博士を, 又, 又お前, 又何, 叫ぶ, 向側に, 君とは, 君みたいな, 呆れて, 呟く, 咄嗟に, 喫驚し, 地上に, 地獄へ, 外に, 大人に, 大変な, 大学の, 大島小, 失敗した, 失敬します, 失礼します, 好きじゃ, 好きな, 姉さんの, 姉の, 家で, 宿なし, 實に, 小声で, 少女の, 帰る, 当惑した, 彼等を, 待って, 思わず, 息を, 悲鳴を, 愉快だ, 愉快な, 愕い, 愛して, 慌てて, 憂鬱に, 戸を, 扉を, 揺すぶられ鞭打たれ燃え上り塞きとめられて, 支那の, 昔この, 時計を, 時間を, 普通の, 暫らくの, 書斎の, 未だに覚え, 本郷の, 机の, 東京を, 椅子に, 欣んで, 正直な, 此処に, 歩いた, 歯を, 死を, 気がついた, 水に, 水を, 永遠に, 決心しました, 汽車の, 泣いて, 海の, 熱心に, 犬の, 独りで, 玄関の, 異常な, 百も, 真の, 眼の, 知らないと, 知らん, 確信し, 神の, 窓の, 答えて, 精神の, 約束が, 繰返して, 考えたん, 胆を, 腹の中で, 腹を, 自分と, 自分自身に, 自動車の, 自殺する, 自殺を, 船長の, 茫然と, 見たこと, 言つた, 言葉を, 訊ねた, 誓います, 誓って, 誰れ, 諸君が, 貧乏だ, 貧乏です, 貧乏な, 身体が, 途方に, 運が, 酒が, 鏡に, 長い間, 阿難, 隣の, 雌の, 雨の, 雪の, 電車に, 霧の, 顏を, 風の, 養家に, 馬に, 馬鹿だ, 驚く, 鼻を

3 [507件 抜粋] あきれて, あそこの, あっけに, あなたがたの, あの時計, あの晩, あの連中, ある時, あれが, あれで, あれに, あんたに, いいん, いい気持, いそいで, いた, いつか, いつかこの, いつも思っ, いまでは, いまに, いま自分の, いやです, いやに, うれしいの, うれしくて, おとといの, おまえに, おも, お母さんが, お母さんと, お照, お酒, かっとなった, きいて, きっとこの, きみの, ぎくりとした, こういう者, こうして君, こう思った, こっちへ, ことによる, このため, このとおり, このひと, このへん, このよう, この世の, この僕, この大, この心もち, この日, この村, この機会, この道場, この際, これから先, これだけの, これと, これまでに, こんなところ, こんなふう, こんな夢, さうい, さうし, しばらくの, しめたと, すぐそば, すぐ気がついた, すべてに, そういう人, そういう意味, そういう風, そうだ, そう云う, そう言い, そこから, そのお, そのそば, そのつもり, そのほう, その何, その大, その新聞記者, その方面, その時分, その様, その為, その犬, その眼, その船, その若い, その通り, その間に, それこそ, それだ, それだけ, それの, それ等の, そんな話, ただ事実, ただ彼女, だめだ, だめです, ちっとも知らなかった, ちょいと, つかつかと, ときどきそれ, とにかくあの, どういうわけ, どうかし, どうかする, どうしてもっと愉快, どうしても自分, どこへでも, どんな事, なにを, なるほど, はっきり覚え, はっとした, はらはらし, ばかな, びっくりしました, びつくりし, びつくりした, ふとあの, ふらふら歩き, ふらふら歩き廻っ, へんに, ほんとうを, ほんとの, まずその, また, またこの, また例, まだこの, まだこんな, まだその, まだそれ, まだ一度, みて, みんなに, もうお前, もうそれ, もう一つ, もう二人, もう厭, もう学校, もう帰ろう, もう彼女, もう明日, もう死ぬ, もう死ん, もう観念, もっとはっきり思い出せ, やるぞ, よくここ, われを, ゐた, アメリカの, ギクリと, パリに, パンを, ピストルを, フランスに, ベッドに, ホッと, ボーイに, ポケットに, リヨンの, 一人でも, 一切の, 一日の, 一日も, 一時間ばかり, 一月ばかり, 一瞬の, 一言も, 七郎丸に, 万事を, 三人の, 三十歳以後に, 三益と, 上野の, 不安な, 不思議な, 不愉快で, 両手を, 中学の, 中学を, 久しぶりで, 事件の, 事業を, 二人が, 二十年後の, 二階に, 人から, 人生が, 人生に, 人生を, 人間だ, 今だ, 今までに, 今更の, 仕事が, 仰向けに, 伸子の, 何かに, 何ち, 何事も, 何度か, 何時までも, 何處でも, 余りの, 俄かに, 俄に, 信ちやんの, 信頼し, 俳優に, 偶然この, 傍で, 僕だ, 僕自身を, 元の, 元気だ, 兄さんが, 先輩だ, 兎も, 全くの, 全く知らない, 公園の, 其れ, 其処に, 冷やかに, 初めてだ, 別な, 前には, 勝手に, 勿論僕, 勿論死にたくない, 北海道の, 医や, 医者だ, 千代子に, 南京虫の, 博士が, 博士に, 又来ます, 友人を, 向うに, 君も, 君らの, 呻った, 呼吸の, 命を, 唯, 唯この, 唯一の, 問うた, 喉が, 困って, 図に, 地上の, 夏の, 外套の, 多くの, 夜の, 夜は, 夜中に, 夢から, 夢にも思わなかった, 大きな声, 大てい, 大勢の, 大変愧しい, 大学に, 大循環, 大胆に, 失敬し, 失敬しよう, 奥さんの, 女から, 女に, 好きです, 好んで, 妙子の, 妹の, 妻へ, 姉が, 婆やが, 子供を, 学校なんか, 学校に, 安心した, 官員だ, 実際無常, 室生と, 宿の, 寄宿舎の, 寒さ, 寝台の, 小学校へ, 岡田の, 市内の, 布団を, 平気な, 幸福だ, 幸福に, 幾度か, 床の, 彼らに, 彼女から, 往来を, 待つて, 後に, 後の, 従兄の, 御存じの, 心から感謝, 必らずしも, 念の, 思いも, 思い出したん, 思うな, 思ったね, 思ったよ, 思ったん, 思つてゐる, 思ひますね, 思ふね, 思わず声, 急ぐから, 怪物の, 恋を, 悲しかつ, 意を, 意地悪く, 意外に, 感じたの, 感動を, 感心し, 憶えて, 我慢が, 我慢し, 或時, 所謂, 手探りで, 手紙に, 持つて, 探偵を, 支那へ, 故意に, 散歩が, 断言し, 旅の, 日の, 日本人の, 早くも, 明日の, 昨夜は, 昨年の, 是で, 時計が, 朝の, 朝早く, 本當, 村の, 東京と, 様子を, 正直の, 此等の, 歴史を, 死ぬかも, 死ぬの, 死ぬるの, 死の, 残念だ, 毎日, 毎晩の, 氏が, 氏の, 気がついたん, 氣が, 永い間, 汗を, 決してそれ, 沁, 沼の, 洛陽の, 流石に, 満足する, 無条件に, 然しそれ, 照ちやんの, 燐寸を, 父さんの, 父を, 片手に, 犯人が, 犯人の, 犯人は, 狂って, 猛烈な, 現代の, 現在では, 田舎で, 田舎の, 甲板に, 病気だ, 痛切に, 癪に, 皆に, 目が, 相手の, 相手を, 眼も, 知ってる, 知つてし, 知らずに, 知らないん, 知らぬが, 知らぬ間, 確信する, 社の, 祈る, 神を, 神経質で, 科学者だ, 空の, 窓に, 立ちあがると, 立ち上って, 笑いながら, 箱の, 築地小劇場の, 素面で, 縁の, 繰り返して, 翁の, 聞いた, 腕を, 腕時計を, 腹の, 膝を, 自信が, 自分では, 自分ながら, 自由に, 船長に, 若い時, 苦しくって, 草田の, 莫迦だった, 衷心から, 西洋の, 見たよ, 見たん, 言いました, 言う, 言下に, 認めて, 誰にでも, 誰の, 諸君の, 變な, 負けて, 貴嬢, 貴方に, 貴方の, 起きて, 路ばた, 迷いました, 迷って, 逃げない, 逆に, 逢いたい人, 遠くの, 遠慮し, 遠慮しよう, 部屋へ, 酒の, 酒は, 金が, 金の, 鍵を, 長椅子に, 陸軍の, 階下に, 階段の, 隣りの, 雨戸の, 電気に, 面白いこと, 靴の, 顔が, 飛鳥の, 飯を, 馬鹿で, 魚の

2 [1954件 抜粋] ああ僕, あすこの, あつち, あのこと, あの夜, あの怪物, あの泉, あの髷, あらたな, あるとき, あれの, あんなところ, あんな立派, いいこと, いかん, いったい何, いつとは, いつもかう, いつも彼女, いつも貴女, いまごくこっそり, いまも, うつけた, うなずいた, え白, おどろく, おまえの, お別れ, お姉さん, お敏さん, お民, お登和さん, お金を, かたく信じ, きいた, きゅうに, ぎよつとした, こいつを, こうして別れた, こう答え, こたえて, ことの, このごろに, このプウル, この三階, この世の中, この二三日, この作品, この分, この句, この声, この子, この帆, この意味, この新聞, この春, この歌, この犯人, この病院, この矛盾, この秘密, この製本屋, この間から, これからの, これから出かけ, これらを, こんなに沢山, こんな問題, ごく小さい, さういふ事, さっきも, しかしやはり, して, しばらく立っ, すぐ自分, すっかり安心, そいつが, そうとは, そう言われ, そのうち, そのやうす, その人たち, その先, その夢, その室, その後の, その時間, その本, その目, その花, その誰, その音, それほどドン・ジュアン, そわそわし, そんな声, そんな馬鹿, ただユク, ただ感謝, だが, だんだん息苦し, ちっとも知らない, つい近頃やはり当時, つまらん奴, とうとう控室, とにかくいろんな, どういう訳, どうしてもその, どうする, どうもあの, どう云, どこかの, どれほど, なぜ小説, なんだか気, にらんで, はじめの, はっきり言っ, はつきりと, ひとり心に, ひよつと, ふとこの, ふと僕, ふと奇妙, ふと空漠, ふらふら歩き廻る, ぶるぶると, ほつと, ほんとに君, ぼんやりと, まず立派, またその, また別, また胸, まださっき, まだ一つ, まだ十分, まだ小学時代, まだ独身, まるで僕自身, みんなを, もうかえる, もうすこしで, もう一度あの, もう一度紙屑, もう今昔, もう口, もう夢中, もう安心, もう昔, もう目, もう言う, もっと早く, もの心の, やはりぼんやり探し, やむを得ず机, ゆうべは, よく憶え, よろよろと, われわれの, オベリスクに, ガランと, ジャケツを, ダンテの, ドナウの, ハタと, フランスの, ベルを, マア坊を, モウ此厚意だけで, ラザレフの, リンピイの, ロダンの, 一と, 一人甲板に, 一千九百十九年の, 一年ばかり, 一日に, 一昨日の, 一段落つく, 一般の, 一足飛びに, 七時の, 三四年前に, 上に, 下品に, 不幸な, 不破さんから, 世界に, 中, 中学校を, 之ぞ, 九時にでも, 予期し, 事実の, 二三の, 二冊の, 二百里も, 云つ, 人にも, 人間と, 今お暇, 今これを, 今たった, 今君に, 今忙しい, 今日でも, 今日東京へ, 今朝, 今目の, 仕方なく, 伊作では, 伯母の, 低い声, 何ごとも, 何だか変, 何となく遠い, 何んな, 作られてるの, 俗人の, 信ちやんを, 偶然の, 僕という, 僕達の, 元来怠けものだ, 兄貴に, 先輩の, 全か, 全身に, 兵隊を, 内心穏かでは, 冬薔薇を, 出て, 分らないん, 別れを, 前言を, 割合平然と芝居, 勇気を, 動悸の, 勿論作中, 北の, 医者の, 半信半疑で, 卓子を, 却て, 去年から, 又机, 又苦しみ, 友人の, 叔父さんと, 只だ, 右に, 同僚の, 同級生の, 君, 君たちを, 君らに, 君躍り, 呆っ, 周章てて, 哲学と, 唯父, 喉を, 嘗て, 四五分の後電話に, 図らずも, 地下室を, 坊主に, 堪えよ堪えて, 外から, 外国から, 多少心配, 夢中で, 大ぶ, 大切な, 大好きな, 大膽, 天性模倣癖旺盛で, 太田です, 夫人の, 奇怪な, 女にかけては, 好きでも, 妻と, 委細を, 嫌いな, 嬉しかった, 子供心にも, 孤独の, 宇野の, 実にはやキチョウメン, 実は, 実際一ぺん, 宿屋へ, 寝ながら, 實は, 尋ねた, 小人の, 小学校を, 小耳に, 少し仕事, 少なくともこの, 山の, 崖の, 左を, 帰らなければ, 平凡な, 年頃の, 幾たびも, 度々如何にも彼女, 弟の, 弱つて, 影の, 彼は, 彼女に対して, 後ろを, 従兄と, 御免だ, 徳二郎の, 心臓に, 必しも, 念を, 怎し, 思い出した, 思はぬ, 思わず大きい, 恋愛の, 恐ろしさ, 悟りに, 悲しくなり, 想像する, 愉快だった, 感謝する, 慥に, 或はこの, 或敵意, 戦時中この, 手帳の, 手足を, 挑戦的に, 推したいね, 政治などには, 救はれた, 数年前に, 文明に, 斯ん, 新聞を, 日本から, 日没前の, 早発性痴呆症患者では, 易者だ, 春の, 昨夜から, 昨日その, 時々この, 時々空気銃, 景色を, 書いて, 最早水車, 望遠鏡を, 木村に, 未知の, 本当に知らない, 本気で, 来週の, 東京で, 松の, 柿丘邸の, 森木の, 極りが, 横に, 横目で, 欄干に, 此八戸に, 歩きつづけて, 歸る, 死には, 殆どそれ, 母親の, 比留間先生に, 気の毒な, 永遠の, 池の, 決してそんな, 決心した, 河童では, 法廷に, 法隆寺の, 注意を, 浅草千束町に, 涙を, 深く安心, 渡し舟に, 満員の, 滞仏中, 火鉢の, 無数と, 無駄な, 煙草に, 父と, 物を, 犬を, 猟の, 珍らしく, 理解したい, 生きてるぢ, 生憎名刺, 男が, 畑を, 発見した, 皮肉を, 直ぐ外, 省線電車の, 真暗な, 真面目な, 眼で, 睨んで, 知らんと, 知ること, 硝子会社の, 確に, 社会の, 神経衰弱でも, 積極的に, 空転する, 突然生存, 竹さんに, 笑って, 筆を, 箸を, 素直に, 結びつきたい, 結婚を, 続けざまに, 置き去りに, 群衆の, 考えるん, 考へる, 聞きたくなかつた, 胸の, 自信を, 自分一個の, 自己小説家だ, 船乗に, 芥川から, 芸術的良心を, 若しや, 苦笑を, 菊の, 蒲団の, 蛇の, 行かないと, 裏門を, 見に, 観て, 言ふ, 計画が, 詳しいこと, 語らない, 誰からも, 調子に, 豆打の, 貴方に対して, 貴様の, 超人, 足が, 身に, 身體が, 軽く答えた, 近くの, 近頃大阪, 途方も, 遊びに, 運転室で, 遠いところ, 遠慮する, 郷田と, 重ねて, 野枝さんと, 釘に, 銀座裏の, 錯乱し, 長崎に, 間の, 陽気な, 雀躍し, 電車を, 霽波に, 青扇に, 静に, 鞄を, 須々木さんを, 頼んで, 飛んでも, 飲み屋の, 首尾よく, 馬場みたいに, 驚いたが, 高い空, 鮎子の, 黙るより

1 [16628件 抜粋] あ, あくまでも恩, あちこちと, あなたに対して, あのルンペン男, あの声, あの旅館, あの秋川, あの鐘, あまりふかふかした, あやうく身体, ある一つ, ある脚本, あんな高尚, いい法, いくつも, いずれまた, いつかこう, いつでもぞ, いつもこう思っ, いつも機会, いまこう, いまわしい疑念, いま自炊の, いよいよ怪しく, いろんな恐い, うどんを, おかしくなった, おと, おもいがけず詩人, お供です, お湯を, かういふ場合率直, かえって心, かつて日蓮, からかうよう, きっと大声, きょう初めて, ぐつたりとして酌女の, こういう問題, こうした場合, こう考えました, こないだ開気館で, このごろ幾らか, このサイクロトロン, この一言くら, この儘納屋, この垣根, この少し, この批評家, この曲, この病人, この艶, この通り官札, この間田舎から, この頭蓋骨, これからもう二十九日, これから彼ら, これから駿河台, こんなうまい, こんな信じ切れない, こんな遊び, さきほど匿, さっさと降りた, さまざまの, しかし君, しばしば宋思芳, しまひ, じりじりと, すぐ帰る, すこし当惑, すっかり取乱し, すばらしいこと, せかせかした, そういう向き, そうした関係, そう考えるべきだ, そっと帰った, そのときヘミングウェー嬢, そのゆるやかさ, その三郎, その価値相当, その困窮, その寝言, その後世間の, その方法, その暗鬱さ, その準備, その硝子窓, その茶, その錠剤, そは, それどこじゃ, それ故, そんな些細, そんな物, たいがい鉱区の, たしかにツーリストビュロオ, ただこの, ただ吉岡, ただ白紙, たちまち非常, たびたび耳, だらしが, ちっともひねくれ, ちょうど学校, ちょっと躊躇, つい今しがた, つねに現在, てめえ等の, とうとう悲鳴, とって, とにかくマア坊, どうか永久, どうしても蠅男, どうもこんな, どうも芸術家, どなたと, どんなに苦し, なおなお口惜しく, なぜ石, なるべくなら, なんだか本当, なんにもしない, のびのびした, はじめ犯人は, ばかだった, ひとり者の, ひどく面, ふた葉, ふと旧友, へんだ, ほとんど自分, ぼんやり昨日, まさか彼自身あれ, まず応接間, またほとんど, また兄さん, また戸崎, また追放, まだまだ大, まだ出来ない, まだ日本, まだ蔵, まつたく無所属, まるで野良犬, むくれて, むろん速記, もうごめん, もうちっとも困らない, もうゐない, もう一度秋田, もう会っ, もう半年, もう少しし, もう樺太, もう疲れ, もう見るべき, もう高等学校, もちろん物質主義者, もっと正しい, やがて餓え, やっぱりこちら, やつぱり日本へ, やはり怖, やらないよ, ようやくに, よく本, よもや君, わざと小さい, アダムスとも, イレネが, オオベルマンを, カフエ・シヤノアルを, クラバツクの, コロムバンのを, シェレイの, スウィッチを, ズボンの, タバンの, ツネちゃんに, ドイツ人の, ヌエ君の, バイロンには, パヴロワの, ピナンへ, ブラブラ歩い, ペンダア君の, マア坊から, ミチ子を, モンマルトルの, ランボオの, ロンドンの, 一つ君に, 一人心配してた, 一切野菜を, 一寸一座, 一年中の, 一徹です, 一昨年油井伯が, 一片の, 一番興味が, 一身上の, 七人の, 三十歳を, 三番よ, 上等の, 不図氷嚢, 不滿, 世間知らずの, 中泉画伯の, 久し振りに, 乳母やと, 二三日ここに, 二川家を, 云う迄も, 井上の, 人形に対して, 今いう, 今でさえ, 今不眠症, 今夜も, 今度こんな, 今日で, 今日高谷君と, 今法文学部, 仏蘭西へ, 以上の, 休息する, 佐藤と共に, 何だかこの, 何だか気味が悪かっ, 何とも云うまい, 何処でも, 何気ない顔つき, 余程ぼんやり, 便箋の, 信者では, 停留場で, 僕でしか, 元来そう頭, 兄貴と, 先刻奥さんに, 先輩知己に, 全く反対, 全然人かげ, 公爵夫人に, 其処を, 内心ひそかに, 再び群集, 凡ての, 出来るかぎり, 刑事弁護士の, 初子の, 別問題, 前もってきっぱり断言, 力みかえって, 動乱を, 勿論不幸, 北国の, 十五歳の, 十時起き, 半日で, 単に君, 却つてその, 去年わかれた, 又漢訳, 反問した, 受取つた, 叫び出した, 右でも, 同じ経過, 名古屋まで, 君ひとりの, 吹田氏の, 呻吟し, 唯った, 善惡美醜高下を, 嘗て拙, 四五日前の, 困らない, 土蔵の, 坊城君とは, 堪へよ静けさ, 変ったでしょう, 外套に, 夜分に, 大いに感心, 大丈夫と, 大変気分が, 大概始めから, 大阪毎日新聞社の, 夫人に, 女と, 好くは, 妻など, 始終食べ, 嬉しさ, 孤独を, 安南人, 実にどうにも不愉快, 実はあの, 実際まごついた, 室生犀星氏と, 寄宿舎ずまい, 寝れない夜々, 寧ろ羨んだ, 小さい位牌, 小暗い長, 少々心配, 少し不精, 少し腹, 尼と, 山彦の, 島が, 巧く描ける, 帝大, 常々彼に, 平和円満論者で, 幸福です, 幾番と, 庭なぞを, 引っ張り込まれ, 当分社会運動の, 当然同行者, 往生を, 御令妹の, 心あたりの, 心臓部が, 必ず蕎麦, 忠實に, 怒鳴った, 思うがなあ, 思はず叫んだ, 思ふと, 思わず感嘆, 思考力を, 恐々頭を, 恥しいです, 悪い処, 悲観的に, 意地の, 愛読し, 慌てたよ, 憲法或は, 或はいつの間にか, 戦前ほど, 所長に, 打たれた, 折合へ, 挫き, 接吻の, 改めて博士, 教えられた通り, 数学が, 文学者では, 断ること, 新しい駒下駄, 新賀君の, 日が, 日本画崇拝者で, 早速その, 明後日までには, 星は, 昨日京都から, 昼の, 時々日本人, 時局的な, 暫くぶり, 更に気, 最初ここへ, 月の, 朝方出, 未だ何となく脚, 本当に今, 本沢温泉の, 来月十四日から, 板垣の, 格別不思議, 森木国松の, 楽に, 橋の, 欲する, 此シヨツキングな, 此自殺によ, 歩くこと, 死ぬなら今, 死物の, 母には, 毎日日本めし食いに, 毛利先生と, 気六ヶ敷い, 水族館の, 決してこの, 決して安穏, 決して避けない, 波止場附近に, 津田君にばかり, 浴衣を, 淋しく悲しくなっ, 湖州を, 演劇といふ, 激怒し, 無性に, 無關心, 焼跡に, 燐火の, 牛肉や, 犬に, 狼だ, 王者を, 理屈を, 生きながら, 生意気な, 用心し, 男女の, 異邦人, 病気なんかに, 登用した, 盆栽という, 直ぐ出懸けます, 眉の, 眠った, 矢張あの, 知らなかったが, 石に, 碌に, 祈るべき言葉, 禅坊主だの, 程経, 空腹に, 窶れた豚, 競馬も, 第一回, 管理人の, 紅毛人たちの, 細君の, 結婚後一年程, 絶えず自分自身, 縁側へ, 美術学校に, 老いぼれた馬鹿者, 考へた通り, 聴きながら, 胆玉を, 臆病だ, 自動車で, 自身で, 船井三郎という, 芝生に, 芸術寄席に, 苦しくなった, 茶ぶ, 萎縮しきった, 蒼空の, 藝術的作品の, 蜘蛛の, 行く行くは, 裁判を, 西洋人が, 見切りを, 覚悟は, 解つてゐます, 言ひたい, 証人共の, 認めた, 読書を, 諾いて, 讀書を, 負けました, 貴殿が, 贅だ, 足手ま, 車で, 辞書を, 近頃かういふ, 追ひ詰められた, 透谷全集を, 逮捕された, 運動会の, 遠く及ばんです, 都會に, 酸っぱい酒, 野蛮人で, 鉄雄さんに, 鐘の, 間もなく田舎, 除名に, 隠しやしない, 雪雲を, 青春を, 音痴で, 頼んだが, 飛んで, 飲ない, 饂飩を, 騎士として, 高橋信造という, 鰯網の, 黒塚さんと

▼ 僕~ (15532, 20.2%)

195 顔を 132 ことを 114 ような 93 ところへ 91 方が 89 前に 78 家の 76 家へ 73 手を 72 方を 68 心を 67 ために 65 頭の 64 家に 60 心は 55 なかに, 方は 53 心の, 眼に 52 方で 47 家は, 耳に 46 方から, 眼の 45 やうな, 所へ, 手に, 方へ 43 部屋へ 41 なかで, 心に, 知って 40 名を 38 中に 37 眼は 35 事を 34 ように, 記憶に 33 方の 32 ところに, 方に 31 父は, 考えでは 29 目の, 眼を, 腕を 28 まはり, やうに, 胸に, 頭に 27 眼には, 胸を, 頭は 26 目に, 肩を, 話を 25 好きな, 母の 24 母は, 胸の, 頭を 23 いうこと, ことは, 上に, 場合は 22 妻は, 為に, 胸は, 顔は 21 父の, 部屋に 20 傍に, 家では, 生活は 19 心が, 言うこと, 部屋の, 顏を 18 言葉を 17 なかには, 云ふ, 友人の, 気持は, 身体は 16 そばに, 名前を, 心臓は, 手から, 知つてゐる, 言ふ, 部屋は 15 うちの, 方も, 足は 14 うちに, 処へ, 姿を, 家には, 家を, 持って, 現在の, 目を, 言葉に 13 なかを, 云う事, 前で, 子供の, 気持を, 注意を, 生活の, 見るところ

12 [14件] ところは, 云うこと, 今の, 仕事を, 体は, 友人が, 意見を, 所に, 手紙を, 生涯の, 目には, 考へでは, 背中を, 顔に

11 [11件] ところの, ほうを, 住んで, 口から, 外に, 家で, 書いたもの, 机の, 考えを, 耳を, 身体を

10 [21件] うちへ, ことも, まわりを, 中の, 仕事は, 処に, 前へ, 前を, 友人は, 名前が, 心には, 心臓を, 想像を, 最後の, 父が, 知る限り, 考えて, 耳には, 肩に, 見て, 親父は

9 [31件] お父さんは, ほかに, ものだ, 一生の, 下宿に, 作品の, 友だちの, 友人に, 名前は, 命を, 大事な, 女房は, 姉の, 希望を, 想像は, 手が, 持つて, 方には, 気の, 留守の, 病気は, 目は, 知ったこと, 背中に, 腕の, 見る所, 言うの, 言って, 頭が, 頭には, 顔が

8 [35件] からだは, からだを, そばへ, なかの, ほうで, ものに, 側を, 力で, 力では, 友人で, 向側に, 妻に, 妻の, 小学時代に, 小学時代には, 手で, 手は, 文章は, 方こそ, 方にも, 最初の, 村の, 歩いて, 父も, 画を, 留守に, 目が, 精神は, 考えは, 腕は, 言ったこと, 言を, 足を, 頭上に, 鼻を

7 [50件] あたま, ためには, ほうが, ほうに, ホームラン, 万年筆を, 下宿の, 世界は, 代りに, 例の, 側へ, 前の, 叔父の, 名は, 唯一の, 国の, 声が, 声は, 大好きな, 妻が, 妻を, 室に, 室の, 室へ, 小説を, 左の, 心持は, 想像では, 意志を, 書くもの, 横に, 氣持は, 生涯に, 知つてる, 知人に, 立って, 立場が, 胸には, 腕に, 視野を, 覚えて, 言葉が, 言葉は, 話は, 説を, 身体の, 部屋を, 顔色を, 魂は, 鼻の

6 [62件] いう事, いう通り, うちには, からだの, ことだ, ことなんか, これまでの, すぐ眼, ほうへ, もので, ベッドの, 事だ, 云うの, 云つた, 人生は, 仕事の, 作品を, 信ずる所, 友だちと, 友だちは, 君に, 声を, 如きは, 妹が, 妹は, 妻も, 学校の, 室を, 家まで, 家内の, 小説は, 影の, 役は, 心持を, 思った通り, 悪口を, 想像に, 意志の, 意見は, 愛を, 感情は, 手の, 昔の, 様子を, 母が, 母に, 父を, 生命は, 生活には, 病気の, 精神の, 考へは, 耳は, 胸へ, 記憶の, 話の, 足, 身に, 身の, 身の上に, 顔の, 顔へ

5 [97件] あとから, あとを, いうの, お母さんは, お父さんの, ここに, ことで, つもりで, とこへ, ところで, ところには, はただ, ほんとの, まわりに, ものと, やったこと, 一家は, 不安は, 両手を, 乗って, 事が, 側に, 傍で, 傍へ, 先生が, 写真を, 前には, 勝手だ, 友だちに, 友達の, 叔父に, 同室の, 唇に, 噂を, 夢を, 好奇心は, 家から, 家が, 家と, 家も, 将来に対する, 尊敬する, 小学時代の, 少年の, 弟の, 心もちは, 心持が, 思想は, 想像が, 感情を, 手紙の, 手紙は, 推理の, 推理は, 故郷の, 方でも, 方へも, 書斎に, 気が, 気持が, 気持ちを, 決心は, 生きて, 生命を, 生活が, 生活に, 生活を, 生涯は, 留守中に, 知つてゐた, 祖母が, 祖母は, 秘密を, 立場を, 考えが, 自殺の, 行動を, 言ひたい, 言葉の, 記憶は, 記憶を, 詩は, 詩を, 説は, 責任として, 足の, 足もとに, 身体が, 身體を, 通って, 運命の, 部屋には, 郷里の, 郷里は, 隣りに, 靴底を, 頼みを

4 [181件] いるところ, いる前, うしろに, お嫁さん, お父様, からだなんか, ことかい, ことです, せいで, ためにも, ですよ, ところへは, ところへも, どこが, なかから, は, ほうから, まえに, オフィスに, 一生は, 下宿は, 下宿へ, 中学時代には, 事で, 事に, 事は, 二階に, 二階の, 二階は, 云い方, 云ったこと, 人格の, 人格を, 今までの, 仕事が, 会社の, 伯父の, 体が, 体の, 傍らに, 兄の, 内の, 分も, 力に, 友人だ, 友人を, 口真似を, 右の, 名も, 名前に, 向うには, 向側にも, 君に対する, 周囲で, 周囲には, 唇は, 場合に, 場合には, 好奇心を, 妹を, 妻だ, 姿は, 嫁に, 子だ, 子供を, 家でも, 家のは, 家内が, 家内は, 宿へ, 小説が, 小説に, 帰りを, 帽子が, 帽子は, 弟は, 影が, 後から, 後に, 後ろに, 後を, 心配は, 志を, 忠告を, 怒りを, 思って, 性に, 想像した, 意に, 意志に, 意見では, 所の, 所有だ, 手帳に, 探して, 推定が, 散歩に, 文章を, 方大きい, 書斎へ, 望むところ, 本当の, 来たこと, 核心は, 様な, 様に, 横腹を, 死を, 死んだこと, 母を, 気もちを, 決意を, 熱心な, 爲めに, 父に, 理想と, 理想の, 生の, 生活も, 病気が, 目も, 相手を, 眼から, 眼前に, 知った事, 知つ, 知つた, 研究の, 祖父の, 祖父は, 神経は, 神経を, 空想の, 経験と, 結婚式な, 缺點を, 考えに, 考では, 考へ, 肉体は, 脳裡を, 腕時計を, 腰に, 自殺する, 自由に, 興味を, 芝居を, 若さ, 血を, 袖を, 見たところ, 視線を, 親友で, 親友の, 観察では, 言おうと, 言ふこ, 計算に, 記憶が, 話が, 話に, 誇りと, 誤りでした, 責任な, 責任は, 貴女に対する, 身体に, 身辺に, 過去の, 過去は, 部下が, 部屋で, 隣に, 面前で, 音楽を, 頬を, 額に, 顏に, 顔から, 顔も, 魂を

3 [320件] うしろで, うちで, うちでは, うちでも, おとっさん, お尻, お母さんを, お父さんが, お願いを, からだ, からだに, かわりに, ここへ, こと, ことだって, ことなら, このごろの, この原稿, この研究, これまで, したこと, すぐ前, する事, そばで, ための, では, ところぢや, ところでは, ところでも, ところまで, はうは, はうを, は全く, は違う, ひそかに, ほうの, ほかには, みるところ, やり方は, ポケットの, 一生に, 一生を, 不幸な, 不思議なる, 両腕, 両親は, 両親も, 中で, 中にも, 主張する, 主張は, 主張を, 主義として, 予言は, 云った事, 云ひたい, 人生の, 今居る, 今度の, 今日は, 今迄の, 代わりに, 仮説が, 体に, 体を, 作品が, 作品に, 作品は, 信ずるところ, 兄さんです, 先生の, 全存在, 全身の, 全身を, 内に, 内部には, 切ない心, 前から, 力を, 勝だ, 厭味と, 友だちだ, 友達で, 友達に, 友達は, 友達を, 叔父は, 受持の, 名が, 名前で, 名前の, 向うに, 周囲に, 周囲の, 周囲は, 味方に, 味方を, 国では, 外套を, 太吉と, 失敗した, 女房に, 好悪を, 如き, 妹だ, 妹も, 妻と, 姉は, 姿が, 嫌いな, 字は, 存在を, 宅へ, 家などは, 家なんか, 家にも, 家庭の, 家族の, 容子に, 容態が, 寝て, 将来の, 小供, 小学校時代の, 小説の, 小説も, 少年時代に, 帰るの, 帽子を, 平生の, 幼な, 座席の, 影は, 影も, 心から, 心と, 心持僕の, 心臓の, 怒りは, 思う通り, 思想を, 思考は, 恋は, 恋を, 悲哀を, 惡口を, 想像し, 意を, 意志では, 愛は, 感じから, 感想を, 我儘を, 所で, 所は, 所へは, 所謂, 手には, 掌の, 探究に, 推察が, 提供する, 搜し, 故家, 故郷では, 新発明, 方からは, 方な, 日記を, 映画月旦, 時計が, 書斎は, 最も親しい, 最初に, 最大の, 最近の, 望みは, 未来の, 村へ, 来たの, 来るの, 東京へ, 枕もとには, 枕許に, 此の, 死んだ兄, 母と, 母なども, 毎日の, 気を, 気持ちは, 水泳を, 求めるもの, 油断を, 演説を, 為めには, 父親は, 理想に, 理想は, 生れた町, 生存に, 生涯が, 生涯を, 生理には, 用を, 田舎の, 番に, 目的は, 相手に, 真実の, 眼が, 眼にも, 眼前を, 瞳を, 知ったもの, 知った人, 知らないもの, 知る所, 知人の, 知人は, 知識は, 研究は, 祖父が, 神経が, 空想に, 空想は, 穿いて, 立つて, 第一, 細君と, 経験に, 絵が, 考えるところ, 考へが, 考へて, 考へを, 考を, 耳元に, 肩の, 胃袋は, 背後で, 胸が, 胸底に, 脳を, 脳髄の, 脳髄は, 腕から, 膝に, 自殺した, 興味は, 花輪も, 芸術は, 荷物を, 著作権と, 處へ, 血が, 血は, 血液を, 行動が, 行動は, 裡に, 要求する, 要求は, 要求を, 見た所, 視線が, 視野の, 親友です, 親友でも, 親戚の, 観るところ, 言うとおり, 計画を, 記憶では, 記憶には, 認識は, 説に, 説の, 説明を, 論文の, 議論を, 財布の, 財産を, 貧弱な, 責任だ, 責任の, 質問に, 跡を, 身には, 身の上の, 身を, 身辺を, 近くに, 返事を, 通つてゐた, 運命だ, 遺産は, 酒は, 野心は, 間に, 阿爺, 青春は, 青春を, 非常に, 面前に, 靴は, 鞄の, 頬に, 頭では, 頭上の, 頸に, 額を, 顏いろ, 顔さえ, 顔ばかり, 顔や, 願いを, 願は, 鼻が, 鼻先に

2 [963件 抜粋] ありかを, いう意味, いったこと, いままで, いる世界, いる方, いわんと, うしろから, うちのは, おかあさんは, おとうさんは, おなかの, おやぢ, お家の, お母さんの, お父さんも, お願いです, かうして, きょうの, こころの, こちら側に, ことが, ことだけ, ことより, この主張, この手紙, この考え, この頃, こんどの, ごとき者, した事, しようと, すぐ側, すぐ向, すぐ隣り, すべての, その想像, そばの, そぶりから, たつた一匹, ためで, だよ, つく息, です, とこには, ところにも, とらないところ, とる道, どこかに, のらくらが, はそう, はまた, は深い, ひそかな, ほうからも, ほうは, ほしいの, まだ知らない, まわりの, やつた, やり方を, やること, わるい癖, ゐる世界, アパートへ, ウバもう, オフィスの, オーヴァを, カンに, タクシイの, テーブルの, パラオ語の, フアンにも, ペンから, ライフを, リアリズムは, 一つの, 一切を, 一家一族の, 一生も, 一番嫌いな, 一睨みで, 三人が, 下宿まで, 不審を, 世界にも, 両側に, 両親や, 中には, 中学時代からの, 中学時代の, 主人公に, 乱れがちの, 予想した, 予期し, 事務所に, 云ふこ, 人格には, 人生で, 今いる, 今日の, 今申し上げよう, 今迄, 仕事も, 他の, 伯母の, 伴れ, 住家まで, 住居を, 何にも, 作は, 作文の, 信じて, 健康は, 側の, 傍から, 僕たちの, 元来の, 先生たちや, 先祖の, 全く知らない, 全力を, 全身に, 全部が, 全部を, 写真も, 処へも, 出品した, 出方を, 分は, 切なる, 判断が, 前にも, 前途には, 創作です, 力できつ, 力は, 勝です, 勤めて, 北京の, 十倍も, 厄介に, 原稿料は, 友だちが, 友の, 友人である, 友人には, 友達が, 友達だ, 反対する, 取って, 口の, 口へ, 可愛いナオミちゃん, 司馬江漢を, 同級の, 名で, 名に, 名刺の, 名義に, 周圍に, 命が, 命令と, 哀れな, 商売は, 問を, 嘆きは, 回復祝いだ, 在不在, 地位に, 坐つて, 場合では, 境遇は, 変人である, 夜の, 大学時代の, 天使の, 天性の, 女房, 女房だ, 女房の, 好意を, 如き者, 妙な, 妹では, 妻じゃ, 妾に, 姉妹たち, 姿も, 子かも, 子でない, 子供たちも, 存在には, 孤独癖や, 宗教的情調は, 客間の, 室で, 家じゃ, 家とは, 家へでも, 家内です, 家内に, 家族は, 家来に, 宿で, 寐て, 寿命は, 小学時代である, 小学校に, 小説には, 小説にも, 少年時代には, 尻を, 崇拝する, 左に, 左隣り, 帰った時, 帰還を, 年来の, 幻覚に, 幼い魂, 床の, 座に, 弟が, 弱さ, 強さ, 影響を, 役目は, 得意の, 心も, 心中で, 心持だけは, 心持の, 心臟は, 忠告に, 念想な, 思いあがった, 思い違いかも, 思うには, 思つてゐた, 思ふ通り, 思想の, 怠惰性に, 性格の, 性質として, 恋人が, 恋愛を, 悪い所, 悪癖の, 想像する, 想像だ, 想像に従って, 意の, 意見と, 意識の, 愛情が, 感じたところ, 感じを, 感想は, 態度を, 所には, 所を, 所見に, 手よりも, 手伝いを, 手形を, 手相を, 手紙に, 投げ出したの, 指に, 推定は, 推察では, 推測は, 推理を, 提案を, 故郷です, 教へて, 敵の, 敵を, 文章に, 方からも, 方ばかり, 旅行の, 日本語が, 時代の, 時計を, 智恵で, 書いて, 書く人物, 月給を, 望みだ, 望む事, 期待が, 未来を, 本は, 本研究, 村から, 杯に, 枕の, 枕元の, 柄じゃ, 案で, 樂に, 権幕に, 機嫌を, 欲しいの, 歌声が, 正直な, 毀損された, 母親が, 毎晩の, 気に入ったよ, 気に入らない女房, 気もちの, 気持ちだ, 気持も, 汽車賃に, 洋服を, 涙で, 潔癖さは, 無言に, 熱情を, 父ちゃんな, 父と, 父なんかも, 父や, 父母は, 父親に, 父親も, 特質だ, 状態は, 狂熱した, 珍, 理智は, 生みの, 生れつきの, 生命が, 生家の, 甥から, 男が, 町へ, 留守へ, 番は, 疑惑は, 病気を, 発明した, 皮を, 目から, 目にも, 真の, 真意を, 睨んだ眼, 矛盾を, 知ってる家, 知つて居る, 知らないこと, 知らない間, 知りたいと, 知人なども, 知合の, 知覚は, 社では, 社内無二の, 祖先の, 祖父も, 神経だ, 神聖な, 空想力を, 突飛すぎる, 窮乏は, 立場と, 立場に, 童貞を, 筆記に, 精神が, 細君に, 組は, 経験は, 結論を, 綱と, 罪である, 美学, 義務を, 習癖の, 考えてること, 考えには, 考えも, 考える所, 考が, 考へとは, 耳へ, 聖女は, 聴覚が, 肉體は, 肩へ, 肱の, 背は, 背筋を, 胸倉に, 脚本が, 腑に, 腰かけて, 腹は, 膝を, 自信の, 自己沈潛の, 自然に対する, 船の, 良心を, 芸術の, 苦痛が, 落ちた穴, 行先を, 行手を, 行衛を, 袂を, 見かけた中, 見たの, 見た人形芝居, 見わたすところ, 視線の, 親が, 親友が, 親友は, 観察に, 観念と, 観念の, 解釈に, 言いたい事, 言う事, 言つたのは, 言つてゐる, 言わんと, 言葉も, 計画し, 計画に, 記憶から, 許しも, 訴えを, 試みは, 試験の, 詩論に対して, 話などに, 話も, 語彙に, 誠実さは, 読んだ一行, 談話を, 論旨は, 豫言は, 財産の, 貧しい経験, 貯金二千円の, 足さきに, 足に, 足もとには, 身にも, 身の上に関する, 身代りに, 身分は, 躯は, 車は, 近所に, 近況を, 返事は, 連れの, 進退を, 運動は, 運命に, 過去を, 遺伝的な, 部下は, 部屋からは, 郷里でも, 針には, 銀座通りへ, 長居が, 阿呆さ加減を, 隣には, 隣へ, 雑音, 青春, 靴が, 靴を, 頤の, 頭から, 頭も, 頼みだ, 額の, 顔と, 顔色は, 願とは, 風変りな, 食慾を, 養母と, 首を, 驚いたの, 高等学校の, 魂も, 鼻は

1 [5815件 抜粋] あいだには, あの言葉, あら探し, いうところ, いじきたなからおこつた, いっさいの, いつわらざる実感, いはなくても, いもしない, いる田舎, いわゆる神楽坂気分, うち急に, おとうさんだって, おやじが, お嬢さま, お母さんも, お父ちゃんも, お蔭と, お願, かう云, かってじゃ, がま口だ, きまぐれな, けらいだ, ことである, ことにまで, ことパッションないない, この世で, この峻烈, この眼, この身, こんな考え方, さしずする, した質問, じゃ君ん, するとおり, そこに, そばには, たこを, だったん, ちよつと, できる限り, ところなどでは, となりに, と何方, なさねば, ねて, はげしい疲勞, はそれ, はトーマス, は出来ぬ, は安い, は新聞, は略式, は重大事件, ひねくれた妄想, ほうのは, まことの, むごたらしい姿, もつて, ものの, も大分神秘的, やりかた, ような謂わ, よろこびであり米国, わるいこと, を一枚, イノチで, オヤジという, クシヤミといふ, コヅカイも, ステッキです, ゼーロンだ, テストでは, ドイツ語は, ノートを, フアウストが, プラン通りでない, ホテルへ, マスクを, モデルに, レコード, 一すじに, 一家言だ, 一日などは, 一番厭な, 一身は, 丈ほど, 三平翁が, 上海を, 下宿生活は, 不可解な, 不徳が, 不謹愼, 世界に, 両親に, 中隊で, 主義の, 乳の, 予期以上に, 事について, 二つの, 二年分の, 云う通り, 云ひ, 五月には, 京都の, 人相が, 今一番に, 仕事だ, 仕業では, 以前の, 件から, 休息とは, 伯父さん, 住む矢口, 体温, 余計な, 作として, 作曲が, 來た, 俊敏の, 信念の, 個性が, 健全な, 傘の, 像は, 優柔不断を, 兄僕の, 先に, 先輩は, 入つて來, 入院騷ぎで, 公明正大な, 内奥の, 冗談だ, 冷め果てた魂, 出たあと, 出来そう, 出迎いじゃ, 切斷された, 初めて芸者, 利己的な, 前へは, 剣を, 劇詩から, 努力した, 動悸が, 勝に, 十九の, 半分しか, 単なる偏狭, 厄落しだ, 去ったのち, 友で, 友人等に, 友達よ, 叔父さんなんか, 受けられる慰め, 口のに, 古い手帳, 右手は, 同感する, 名において, 名前位は, 向いあって, 告白に, 味方じゃ, 命ずるが, 咎じゃ, 問いを, 喉まで, 嘘が, 四囲の, 国民としての, 地位を, 報告を, 場所が, 声色は, 外套の, 夜具を, 夢見心地を, 大冒険, 大沢と, 失恋も, 奥さんに, 女王です, 如きも, 如く三十円の, 妹らしい, 妻なぞは, 妻君なぞは, 姓に, 娘だったら, 子と共に, 存在は, 学校も, 安否を, 実力おおよそ, 実験室には, 家という, 家ばかりは, 家庭では, 宿さ, 寄留地なども, 寝台へ, 實業雜誌主筆たる, 将来を, 小さな窪, 小屋は, 小遣銭は, 尻の, 居るのに, 屑し, 崇拝者が, 左手を, 師友なりと, 帰るまでは, 常に答えよう, 平民道と, 年齡は, 幻影の, 幼少より, 座敷に, 建築科に, 弟も, 張りつめて, 影に, 役目だ, 往くまでにも, 従兄弟に, 從兄な, 復讐などは, 心にも, 心事に, 心持に, 心臟が, 志と, 忠告でも, 思いちがいかも, 思い通りだった, 思はず瞠目, 思惑など, 性格だ, 性質としましては, 恋人さ, 恐ろしい予想, 息子にだけは, 悪い性質, 悪文などは, 悲痛は, 想いを, 想像以上で, 意図は, 意見って, 愚説が, 愛する見知らない皆, 愛用の, 感傷を, 感想文に対して, 態度が, 憎まれる筋, 懐には, 成績を, 所でだけは, 所謂強烈生活に, 手とともに, 手中に, 手柄であろう, 手練に, 手際は, 扮装が, 投げ出した足, 担当が, 持役は, 指人形に, 振りさける国, 掌を, 推察出来ない, 推理には, 提げて, 摩擦は, 救いか, 教訓なんて, 敵手として, 文学的経験な, 文章並びに, 新しい野性, 方だって, 旅嚢は, 日本主義が, 旧師であり, 昔を, 時を, 智慧は, 書いた文章, 書く手紙, 書生が, 最も好む, 最も痛快, 月謝や, 期するやう, 本だ, 本性に, 本質つまり, 机上には, 来た前, 東北弁の, 柄では, 案に, 植物採集は, 様子も, 橋渡しに, 欺れた, 正反対の, 此手が, 歯の, 死に水を, 死んだ母, 残った級, 母そのものに, 母も, 比に, 気に入るよう, 気持じゃけ, 気質からも, 決闘の, 泥足に, 洋服の, 浅草放浪時代からの, 游心帳が, 滞米中諸方の, 潜在意識が, 烈しい變化, 無躾, 爆撃によって, 父だ, 父親とは, 物思いとは, 独り占めの, 猟奇的精神が, 現状が, 理知欲は, 生き甲斐だつた, 生れるずつと, 生国は, 生活です, 生涯中で, 田舎では, 画室の, 留守中まさか, 疑ったくらい, 疲れた魂, 病気までを, 痛感した, 発明じゃあ, 発議で, 盛り上っ, 目や, 目的と, 直感で, 相手は, 真似を, 眠りを, 眼前は, 着る着物, 知った古墳, 知て, 知らない誰, 知る厳しい, 知人にて, 知情意は, 短篇の, 確信に, 祖母へ, 神経だけに, 私見を, 秘蔵の, 窓は, 立つところ, 立証が, 第三女, 管轄でも, 精神的自叙伝を, 素人である, 紺足袋を, 経験から, 結論に, 絵具箱を, 縄ばりな, 罪だけは, 義に, 翻意の, 考えてる未来, 考え込んだ心, 考察だけ, 耳元へ, 聴き取った所, 聾の, 肉體だ, 肩にかけて, 背なかに, 背後にしか, 胸にも, 胸板に, 脚本を, 脳髄を, 腕次第だ, 腹を, 臆測の, 自己沈潛には, 自然主義が, 舌は, 船も, 芝居に対する, 芸術観は, 英語は, 荷物なぞ, 蒙つた, 薬ぶ, 虚無は, 血液を通じて, 行く方, 行方などを, 衣が, 製作時の, 見たる, 見た話, 見参した, 見知らぬ父, 見送りかい, 視野は, 親じ, 親愛な, 親爺が, 観察には, 言い分が, 言ったよう, 言わなければ, 言語を, 計略に, 許諾を, 註文通りに, 詩を以て, 話した事柄, 話聞こえます, 語彙の, 説明が, 読んだ言霊, 調子を, 論文には, 識って, 讀んで, 財力と, 責任たるや, 買つて来る, 赤沢家とは, 足が, 足許の, 踵に, 身体だ, 身装が, 軍門に, 辯證的性質では, 近来の, 迷ひこんだ, 透谷の, 速い美しい友, 運命が, 道楽な, 遺産に, 部屋いつ, 部屋まで, 郷里に, 酒宴の, 野心の, 銀の, 鑑賞眼は, 長話の, 間柄じゃ, 阿母さん, 隊附き, 雑誌に, 電報が, 青春が, 非公式の, 面目まで, 韻律には, 頬ぺたがちくちく, 頭借りた, 頼んだ空氣銃, 顏にも, 顔ばかし, 願という, 食い物を, 飯盒の, 首途を, 骨, 高等学校に, 鵠沼の

▼ 僕~ (6567, 8.5%)

41 君の 31 それを 28 自分の 27 君に 26 ここに 21 持って 20 君を, 悪かった 17 僕の, 出て 16 行って 13 何を 12 何か, 生きて 11 これまで, 悪いん 10 ここへ, 今まで, 前に, 自分で 9 あなたを, わるかった, 先に, 勝手に, 知って, 顔を 8 あの人, あの女, お前を, ここで, して, ですか, やって, 彼に, 手を, 責任を 7 あなたの, これを, ついて, 代って, 何の, 彼の, 彼女の, 言って

6 [13件] あなたに, この部屋, したん, それに, 保証する, 声を, 家を, 帰って, 最後に, 此の, 眼を, 自殺を, 見て

5 [29件] お前の, かい, その場, そんなこと, ちよつと, どんなに貴女, はいって, 一緒に, 乗って, 云うと, 何かの, 出して, 口を, 君に対して, 始めて, 引受けて, 彼を, 心配し, 悪かつ, 歩いて, 殺したの, 発見した, 目を, 第一, 聞いた, 自殺する, 言った, 言ったら, 言ったら兄さん

4 [48件] あとから, あの男, いって, いままで, この事件, そこを, その時, その気, その男, とって, ひとりで, もしフランス人, もつと, よく知っ, わるいん, 云った, 云ふ, 今までに, 何も, 例の, 僕が, 先生を, 取って, 子供の, 学校から, 小説を, 引き受けます, 彼女を, 或る, 持つて, 教えて, 斯うし, 書くこと, 最初に, 来て, 東京へ, 東京を, 死ねば, 死んでも, 毎日訪ね, 水を, 行きましょう, 話を, 酒を, 非常に, 預って, 頭を, 黙って

3 [121件] あの願書, あれを, いつまでも, いなくても, お前に, こ, ここまで, ここを, この, この作品, この国, この手紙, こんなこと, さっき言った, そいつを, そう云っ, そこに, そのこと, その事, その人, たずねると, ついてて, つれて, どんなこと, どんな人間, なんの, もって, もつて, やる, フランスに, 一つの, 一人で, 一生懸命に, 三つの, 二十九歳の, 云った通り, 五年の, 京都へ, 人生に, 今でも, 今の, 今迄, 他の, 代りに, 住んで, 借りて, 先へ, 先生の, 助けて, 勝った, 去年の, 君たちと, 君と, 大学の, 大阪で, 好きな, 妻の, 家に, 寝て, 山へ, 帽子を, 引受けた, 引受ける, 引受けるから, 心の, 心を, 忘れて, 思い切って, 悪い, 悪いの, 悪かったです, 手に, 抱いて, 指摘した, 散歩に, 斯う, 日本の, 昔の, 書いて, 最後の, 本當, 東京で, 東京に, 案内し, 検事を, 此處に, 此處へ, 死ぬる時, 求めて, 犬の, 生れて, 病気で, 発見し, 知つてゐる, 確に, 経験し, 結婚する, 考えて, 聞いて, 腰を, 芥川に, 芥川の, 行くと, 行けば, 行こう, 行った時, 行つても, 見えて, 見ても, 説明する, 読んで, 貰って, 貴女に, 貴女の, 貴女を, 起きて, 送って, 連れて, 階段を, 預かって, 高等学校の

2 [431件] あの家, あの時, あの晩, ある女, あれほど, あれ程, あろうか, あんなに一生懸命, あんなに自動車, いいところ, いうと, いった, いったい何, いつも云っ, いつも行く, いつ頃, いないと, いなくて, いなくなっても, いふと, いまこの, いやだ, いろいろな, うそを, うまいこと, おんみ, お父さんに, お祖母さんや, お金を, お願いした, かうして, かくの, かけて, かの女, ききますと, けさの, こいつを, こうし, こしら, こちらへ, このこと, このよう, この世に, この世の, この健康道場, この室, この様, この海底都市, この物語, この話, これから僕, これから話そう, これだけ, これだけの, これほど, これまでに, こんな事, こんな所, こんな風, さきに, さだ子さんと, さっきから, しきり, したこと, すべてを, するん, そこで, そこへ, その, その一つ, その傍, その女, その子, その山, その手紙, その方, その選, そばで, それから, そんな事, たのんで, だ, だれだか, ちっとばかり, ついてるから, とりに, どういうわけ, どうかする, どうした, どうしてこの, どうしてコレラ, どうして君, どうしよう, どこまでも, どのやう, どれ程, どんなに軽薄, どんな気持, どんな風, なおして, なにを, なまじいに, なんにもしない, はいってから, ひそかに, びっくりし, ふとどうにも, ふり向いた時, へんだ, まだ学生時代, まだ小さい, みんなに, もういい, もしもこれら, もし死んだら, やっと体骼, やはりその, やらう, やらなければ, やります, やるよ, ようよう小学校, よく暗記, わるいこと, ウンと, グルーシェンカの, フランスの, ベーゼしたら, ホテルの, ホントに, モンマルトルの, 一つ作っ, 一人坐つてる, 一切の, 一文無しでなかつたら, 一昨夜申上げた, 一昨年の, 一番に, 一言半句口を, 三行読ん, 上って, 下りて, 不破の, 中学の, 中学校を, 乗つて, 予想した, 予期した, 云つたら, 京都に, 今こうして, 今この, 今云った, 今君に, 今夜の, 今日は, 今日まで, 今考え, 今言った, 今講談に, 他人に, 以上の, 仮りに, 住むん, 何と申, 何にも, 何年間も, 何時か, 僕という, 僕といふ, 僕自身に, 僕自身を, 兄貴に, 先刻から, 先刻貴女の, 先生に, 先輩です, 入って, 入院し, 八つの, 八歳の, 公開状を, 兵隊に, 其を, 其処に, 其処を, 其筋の, 出征した, 出立する, 初めて見た, 前から, 勉強, 勝ったん, 勝つと, 医者なら, 卒業したら, 原稿を, 去ると, 又た, 及ばずながら, 友人として, 友人に, 友人の, 受け合う, 可愛がると, 合図を, 吉弥を, 名を, 名前を, 向うへ, 君によ, 君達の, 和歌子さんに, 嘘を, 四年に, 四月の, 困つて, 囲炉裏の, 坊主に, 夢中に, 大学を, 夫だ, 失敗し, 奥さんと, 奥へ, 女と, 女に, 女を, 女房を, 奴を, 妻に, 嫉妬を, 安斉先生に, 実際に, 実際みる, 家で, 家の, 家へ, 尋問を, 小さい時, 少くとも, 少しも, 居なくなってから, 島へ, 帰ったあと, 帰ってから, 常に貴女, 幸子さんを, 引き受けた, 引き受ける, 引っ組んだ, 引受けたから, 彼と, 彼女から, 彼女と, 彼女に, 彼女に対して, 彼方へ, 後に, 心中に, 心得て, 心配した, 心配する, 思うのに, 思考し, 急いで, 急に, 恐がれば, 悪いと, 悪い男, 悪くない, 惡か, 想像した, 意趣晴らし, 愛してると, 感心し, 懐しくなる, 戻つて, 扉を, 手つだって, 手紙を, 手足を, 払う, 払って, 折に, 挨拶に, 探して, 敢て, 文士なら, 新田です, 新聞を, 日本へ, 日本を, 日本人だ, 是非とも, 昼飯を, 書いたこと, 書いたん, 書いても, 最初から, 木登りし, 本を, 来たから, 森田を, 植えたの, 歌を, 止めるの, 此処で, 此処へ, 武蔵の, 死ぬか, 死んだなら君, 死んだら信子, 死んだら道端, 死んだ母, 殺したという, 殺して, 母, 毎日この, 民子を, 気が, 気に, 汀に, 河童の, 泣くか, 清子を, 満足する, 煙草の, 父に, 犯人を, 率直に, 生きてるうち, 生活し, 甲板に, 甲虫の, 留守を, 病気を, 皆の, 直に話す, 直接に, 眠らないで, 眺めて, 知つたのは, 知らず識ら, 知らないと, 知りたいの, 知るもの, 破産した, 神の, 空想を, 笑って, 答えた, 答へ, 簡単に, 紹介してやろう, 結婚し, 義足を, 考えたよう, 聞くと, 聴いて, 肱を, 背負って, 自分を, 芥川と, 若かった, 苦しんで, 草の, 蕎麦団子を, 蝙蝠傘を, 行くこと, 行くの, 行くん, 行っても, 行つた時は, 見たって, 覚えて, 言うと, 言うの, 訊きたいと, 訪ねた時, 訪問を, 註文した, 証明し, 話さないでも, 話したよう, 話して, 話すの, 認識の, 誘惑した, 誤解し, 誰か, 誰かと, 諸君に, 講談の, 責任を以て, 貰ひませう, 貴方と, 買ひます, 賊を, 足を, 足掛六年も, 身体を, 身動きも, 迎いに, 迎えに, 迷信の, 迷信家に, 逃げたと, 途方に, 這入ると, 通ると, 適当な, 部屋を, 酔っ払って, 鎌倉の, 間違ったん, 間違って, 関係した, 階下に, 雨を, 電話を, 青木君に, 頂戴し, 風呂の, 飲まして, 飲んだくれぢ, 飲んだん, 餘り, 馬鹿だった, 驚いたの, 骨を

1 [4374件 抜粋] あああといふ, あける, あちこちと, あなたへの, あの地下室, あの晩ルリさん, あの辺, あらゆる俳句, ある用事, あんな愚劣, い, いい所, いかにも不平, いく, いくら喚い, いけないん, いた十七, いったらタクマ少年, いつて, いつも胸, いなくなったらこの, いまなにを, いま追, いるこの, うかと二, うって, うまくやる, おごろう, おまんま, お勝手を, お敏さん, お菓子を, お願, かうやつ, かつて自分, かわりに, きっと良い, きわめて近き, ぐずぐずし, こうして一人, こうして跼, ここ数日間帰らない, このひと, この二週間, この場, この島, この書, この点, この眼, この説, この願, これから急い, こんどは, こんなに困っ, こんなホテル, こんな綺麗, さう鸚鵡, さっき扉の, さつき云つた一から, した, しばしば引用, しも, すきやき, すっかり抜い, するうっと, ずっと成長, そうし, そう言った, そのあと, その一室, その名, その小説, その時間, その神, その話, その間に, それに対する, それ以前に, そんなふうに考え, そんな真似, たたんで, たとへ, だいて, ちょっと余興, ついてるじゃ, つくったの, つぶやく, ときどき後, どうしてあの, どうして助かった, どうして生き, どこまで, どれほど孤独, どんなに苦しい, どんな動機, なお生き, なぜ倭文子さん, ならなくちゃあ, なんと言っ, はしゃいで, はじめて接吻, ばかばかしく呶, ひとりでに聯想, ふと考え, べそを, ぼんやりし, まさか君, また喧嘩, まだようやく三十二, まだ十三四歳, まだ未練, まだ野呂, みんな悪い, めそめそし, もうやめよう, もう明日, もしボードレール, もし李君, もし金持ち, もっと明白, もらおうかしら, やっきに, やっと抱え除けた, やや陽明, やるので, ゆけば, よく話し, わからないよ, わざわざ言うまでもない, わるくって, アメリカを, ウォーズウォルスに, クビん, ゴーゴンの, ジムの, ズバリと, テルテル坊主を, ドストイェフスキイを, ネ幼少の, ビクター・トレヴォの, ブッフォンか, ホテルを, マルセーユを, ヨーロッパ旅行中ベルギーオランダドイツなどで, ルリの, ワリ込む, 一つその, 一の, 一人っ子だって, 一切世間に, 一度あの, 一日たり, 一生懸命外を, 一番好きな, 一番注目し, 一等不, 一週間かかっ, 三十六の, 三輪山の, 下した, 不可と, 不思議でならん, 世の中に, 中学五年間を通じて, 丸山へ, 乗った二等, 亀岡へ, 事にも, 二個貸し, 二厘の, 二度目の, 云え, 云つ, 五尺三寸ある, 人から, 人民戦線だって, 今あれを, 今でさえ, 今住ん, 今妙, 今忘れる, 今日はじめて, 今更誰, 今目撃, 今送っ, 仏蘭西劇は, 仙台の, 以前あの, 仲間に, 会えば, 伸子に, 佐田やす子を, 何する, 何とか工面, 何ん, 何度でも, 何気なく鴨東, 余りバタバタやった, 作家として, 便所に, 信者である, 倒れると, 停車場で, 傭って, 僕自身たる, 先だ, 先年或, 入つて, 入隊する, 八ヶ岳の, 其時返辞を, 再び鞄, 出させましょう, 出たあと, 出入とも, 出直して, 切符を, 初めて西君, 刻下の, 創作を, 加波山の, 勝ったら何, 医者に, 十五に, 千代子に対して, 卑怯だった, 占領し, 又上ります, 取りかえして, 取巻きでも, 受けた名誉章, 口だけを, 叱られますから, 合意の, 同志社を, 名刺差しの, 君たち六人の, 君ン家の, 呉一郎の, 味わった女, 呼んで, 哭きいさ, 喋るとき, 嘗て日本, 困ったとき, 困るといった, 国籍を, 坊主の, 塩入三段に, 変化した, 外国文学の, 夜に, 夢を, 大井広介の, 大変寒気だった思ひ, 大將, 大真理, 失おうとしても, 奢る, 女魔術師, 好きでも, 妙義の, 姉と, 婆羅門教の, 子供を, 学校に, 守ります, 実行的な, 宮本武藏といふ, 宿屋の, 富田さんからの, 寢て, 將來文科系統の, 尋ねる令嬢, 小學校, 小説中に, 少し変っ, 居た, 居なくなれば, 屈伏した, 山中で, 川手氏は, 市蔵に, 帰らなければ, 帰る時, 平生求めよう, 幽霊だ, 店へ, 庭先へ, 引きうけた, 引き受けるから, 引受けること, 強がりを, 当時の, 彼奴を, 待てと, 御室, 復讐として, 心配だった, 必要と, 念を, 思うに, 思ふ間もなく, 怪しき運命, 恐い, 悔恨と, 悪いン, 悪党らしく, 惚れて, 想像する, 愚か物だ, 態, 憐れむべしという, 我長なら, 戸外の, 手伝う, 手当を, 払いましょう, 承りたい, 投書と, 拝見し, 持たうよ, 持合せた, 捕鯨見物に, 採って, 探偵小説の, 描いて, 撃つ前, 攻撃してる, 教えたこと, 数年前米国に, 文学として, 断はる, 新冠の, 新聞記者なら, 既に系統, 早かったら, 明日から, 昔ホントに, 昨夜考えた, 時々あかりとり, 時機を, 暗殺する, 書いたやつ, 書きましょう, 書けなくなって, 最も信じ愛し, 最初は, 最近風邪を, 有望だ, 未に, 本部や, 来いと, 来てから, 東京以外で, 東洋人だ, 林田の, 桂をば, 森鴎外先生が, 極きさく, 様子を, 横目で, 檻の, 歌ひ, 正直に, 此話を, 死にでも, 死んだと, 死んだら葬式, 殆ど若い, 殺さなければ, 殺せるん, 毎夜グラン・ブル, 毎月自分の, 気付かなかった欄外記事, 求めるならやはり, 決めるん, 河童という, 泣くの, 津多子夫人に対して, 浮気したら, 深川の, 滋賀商業の, 漢詩を, 災難の, 無罪だ, 照らせる提燈, 父大山津見の, 犯人見たい, 独立で, 玄関へ, 現在に, 生き残つたこと, 生れるより, 生活を, 田口で, 男として, 番町邸へ, 病氣である, 発議し, 白馬に, 目指して, 直接株式市場へ, 看護婦の, 眺めても, 知ったの, 知らせに, 知るもん, 破片に, 社員に対して, 神木の, 秋川家の, 空想家だ, 窓から, 立ってる間, 立派な, 第一着, 篠田の, 紙の, 継いだん, 縁とは, 美味しい美味しいと, 考えついた一番, 考へると, 聴いたこと, 育った家, 脅迫状を, 膳を, 自己沈潛の, 臼だ, 芝居を, 若し事実, 若し當局者, 茶の間の, 著わ, 薄暗い部屋, 螫す, 行きつけの, 行つては, 行衛不明に, 襟首に, 見えますか, 見た瞬間, 見る所, 覚えられるかな, 解釈を, 言おうか, 言ったら総監, 言つても, 訊ねた, 許容を, 評価人たる, 話さうとして, 話します, 語らない海, 説明してやろう, 読んだ小説, 調べますから, 論文を, 警察官だったら, 負うからね, 負けるん, 財産の, 貰うよう, 貴方で, 買った鳩, 資本家を, 赤く焼いた, 起きてるまで, 路頭に, 身がわりに, 軍医に, 辞職した, 近頃度々使, 退屈さうに訊ねる, 逃がして, 這入らないうち, 通知を, 遊ぶの, 遠藤君の, 邸へ, 酒にも, 野枝さんに, 釣初める, 長々と, 間も, 附けて, 隻脚とな, 雪渓発掘の, 露風氏等の, 面白いもの, 音楽を, 頼んだ事, 飛んでも, 飮むのを, 饒舌る, 駄法螺を, 高慢だ, 鰥だ, 黒田組に

▼ 僕~ (3622, 4.7%)

32 一緒に 20 そう思う 19 そう思っ, それを, 君の, 知って 8 それに 7 いっしょに, これで, そうだ, その時, それは, 僕の, 君に

6 [14件] いやだ, そのつもり, その一人, そんなこと, またその, 何か, 思う, 手を, 承知し, 気が, 男だ, 知らない, 行って, 陳君も

5 [20件] あなたの, ここで, この頃, そうです, そう思います, そう思った, その方, そんな気, よく知らない, 今度は, 仲間に, 初めは, 君も, 安心し, 急いで, 昔は, 自分の, 見た, 賛成だ, 非常に

4 [26件] あなたと, あの時, いくらか, きょうは, さう, さう思つて, さっきから, その点, だ, またこの, 一生懸命に, 人の, 今に, 今の, 同感です, 君と, 好きな, 安心した, 少し汽車, 手伝って, 男です, 行くよ, 行こう, 覚悟を, 賛成です, 黙って

3 [69件] あらゆる青年, うあんな大きな, おとうさんの, お前と, ここへ, これは, これまで, こんどの, さう思, さすがに, さつきから, しまいには, すぐに, そうかと, そうだろう, そのとき, その人, その場, それが, ひとつ貰いたい, また僕, また彼女, やる, よくは, よく知っ, 一度は, 一時は, 亦, 亦僕, 亦君, 今それを, 今まで, 今夜は, 今来た, 仕方なし, 僕も, 先生の, 出来るだけ, 及ばずながら, 同感だ, 君が, 君には, 君を, 大に, 大賛成, 好きだ, 妹の, 子供の, 實は, 彼の, 後から, 悪かった, 正直に, 此の, 歸る, 疾う, 知らなかった, 知らん, 笑って, 続いて, 考えて, 聞いて, 行く, 見たよ, 見たん, 見て, 賛成する, 連れて, 驚いた

2 [215件] あった, あなたに, あのとき, あの人, あの女, あれから, あれが, あんな風, あんまり行かない, いろいろに, いろいろ考え, うれしい, おとといの, おどろいた, お供を, お前の, お登和さん, かうして, かつては, かねて, ぐるぐる廻りだした, こ, ここに, このごろは, このペン・ネエム, この二三週間, これが, これには, さうだ, さう云, さう思ふ, しゃがみこむと, すぐあと, すつかり, そうし, そう云われた, そう思ってる, そう考えた, そこに, そのこと, その中, その人間, その当時, その説, その辺, それで, それと, それについては, それには, そんな風, たつた今, ちょいと, ついて, どこかで, なんだか変, はじめは, ひそかに, ふるえたん, ほしいなあ, またかつて, むっとし, もう三十, もう帰る, もっと考え, やつと, よく承知, よく知らなかった, よく考え, よろめきながら, わけが, シャブリ乍ら家へ, 一しょに, 一しよ, 一人なら, 一処に, 不思議です, 之には, 之を, 二三度見, 二三度面識が, 二月の, 二階の, 亦た, 亦心竊, 亦時々, 京都は, 人間いくさの, 人間と, 今日の, 何が, 何だか昨日, 何時かは, 余り臆病, 先刻から, 先生と, 全く同感, 出席する, 出来るだけの, 初めて見た, 別の, 前から, 勇気を, 医者が, 口語詩を, 同じ事, 同情した, 同情を, 名を, 君等の, 困って, 困るから, 地獄に, 変った, 大いに心, 失礼した, 始めて, 始めは, 嫌だ, 嬉しい, 安心しました, 安心だ, 実はある, 実は御礼, 小さい時, 少々驚いた, 尽しても, 幸福で, 幽霊を, 彼が, 心中暗涙を, 忘れて, 思い出した, 思うの, 思った, 思出す, 急に, 恥しいし, 息を, 悪い, 悪いん, 或る, 手つだう, 招かれて, 新聞を, 既う, 昔読んだ, 時々は, 時々然思ふ, 書物を, 最初は, 本所に, 東京へ, 気の毒に, 気を, 水夫も, 河童の, 泣くこと, 泣くよ, 涙が, 淋しい, 湯河原で, 灰色に, 無理に, 無言で, 然だ, 甘んじて, 生前に, 異存は, 目を, 看守だ, 看客の, 眼を, 知ってる, 知つて居る, 知らないさ, 知らないん, 知りませんよ, 立ちあがると, 笑いながら, 笑いました, 笑った, 精神病院の, 群衆の, 考えてるん, 職掌柄いろ, 苦しい, 行かない, 行きたいな, 行きます, 行った, 行ったこと, 要らないん, 見たい, 見れば, 覚えて, 覚悟が, 言った, 認めます, 認める, 読んだ, 読んで, 貰ひたい, 賛成, 身動きも, 近々箱根, 近頃は, 郊外の, 閉口し, 閉口した, 静子も, 面倒臭いから, 飲んだ, 驚いたよ, 驚かされた, 骸骨に

1 [2512件 抜粋] ああし, あつちの警察, あなたが, あのやう, あの文典, あの遁げ道, あまりくわしい, あまり身体, あるいはあれ, あれを, あんなお, あんまりな, いい, いい気, いけませんでした, いささか冷や, いったんは, いつかつから, いつしよであつ, いつまでも, いまその, いま飛び出した, いよいよ先生, いれて, いろいろ思いあたる, うお, うっかり信用, うらやんで, おいて, おつき合い, おもしろ半分, おやじに, お世話に, お前許す, お情け, お母さんも, お約束, お願, かなり丈夫, がんばって, きっかり決裂, きみを, こいつは, こうしていま, このあいだ読み返し, このま, この不幸, この例, この方, この船, この通り, これからそこ, これから懸命, これから遣る, こんど戦地へ, こんなに寂しい, こんな淋しい, ご同感, さういふ一人, さうなん, さかんに, さっき胸が, さんせい, しばしば人, しましたが, じき帰る, すぐここ, すぐ行く, すこし寒く, すこし考えさせられた, すっかり同情, すでに十六歳, ずいぶん考えた, せめて三十円, そういいました, そういっ, そうきめ, そうしよう, そうと, そう云う, そう解釈, そっちへ, そのうちなんとかし, そのお父さん, そのまま布団, その事, その声, その後から, その意見, その當時, その花, その集まり, そりゃ惨め, それだけ責任, そろそろお, そろそろ大学, そんなに不愉快, そんな処, そんな男, たいへん残念, たじろいだね, たった一人, たまにゃ, だんだんに, ちと臆病, ちょっと見, つい乗, つい気の毒, つくづくいや, つぶやいた, てれずに, とうとう腰, とにかく新聞記者, どうかし, どうなった, どうも工合, どこかに, どんな物, なるべくなら, なんだ, なんだか世の中, なんでも, はじめての, はなはだ悪い, ひとつ勤め口でも, ひもじい, びっくりする, へんに, ほとほと敬服, ほんの少し, まいります, またあなた, またたまらなく, また君, また文壇, また痩我慢, また顔, まだまだ変, まだ来た, まだ食っ, まったく故郷, まんざら知らぬ, むしゃくしゃ腹, めんどうでなく, もうそろそろ打ち明け, もう三十五, もう御, もう毛皮, もう駄目, もっと勉強, やったが, やっぱりおまえ, やつて, やはりこの, やはり一種, やはり竹内くん, やられたよ, ゆくゆくそこ, よく相撲, よごれて, よんどころなくそこで, わくわくし, アメリカへ, エミちゃんの, キッと, サンダルを, シャツだけの, タオルを, ネコも, パリー人に, ペリウィンクルも, ミーちゃんから, ヴァイオリンの, 一つやろう, 一つ脚本でも, 一つ面白, 一人きりに, 一匹も, 一寸面白い, 一度だ, 一度帰る, 一応死体, 一昔前は, 一本ある, 一番芸者らしい, 一読の, 丁度その, 三年前に, 下りましよう, 不思議だ, 不真面目, 世間に, 中学なんか, 主人を, 乗る, 予め行徳君, 二三度だまされた, 二三日したら, 二日位飯の, 云うから, 互先で, 亡くなった父さん, 亦とつさ, 亦今, 亦各人, 亦思う, 亦母, 人ちがいかと, 人見君と, 人間は, 今そこへ, 今では, 今会社, 今家の, 今度という, 今日このごろの, 今晩出ます, 今朝本屋で, 仔猫だ, 他人より, 休日さ, 体の, 何だかぎくりとし, 何だか大連, 何とかなる, 何んかの, 何処か, 余り要領, 便秘を, 信濃町を, 倍も, 停車場へ, 僕なりに, 充分認める, 先生に, 入り口の, 全くひろ子, 全く退屈, 共に同感, 其内の, 其男どもと, 内藤君の, 冷嘲した, 出そう, 出来る丈忠告, 初めてうなずいた, 利口だった, 助からないかも, 勉強し, 勿論そうさ, 勿論秀才, 十四五の, 半分の, 厄介に, 又だらし, 及第する, 叔父が, 受取るの, 台湾で, 吉弥に, 同じ病気, 同感する, 同樣, 名前だけは, 吾一人でない, 品夫も, 喫驚したい, 嘴さへ, 四五日前に, 困つたよ, 囲炉裏の, 坐ろう, 壮年の, 変に, 多少の, 多少読ん, 大いにやる, 大きなこゑ, 大体知っ, 大塩沙漠へ, 大変多忙な, 大方そうだろう, 天聲君などと, 失礼する, 女房に, 妻が, 始末に, 嫌ひだ, 嬉しかった, 学校は, 安心する, 実にそういう, 実に此, 実はおまえ, 実はねえ, 実は後, 実は碌, 実は驚いた, 家へ, 寄席の, 寝ようかな, 實にが, 尊敬する, 小保内も, 小説を, 少々威張, 少々真似, 少しは, 少し困つ, 少し油斷, 少し聞きたかったです, 少し酔っ, 少なからず驚かされた, 山の芋を, 川手の, 巻煙草を, 帰つてする, 帰る, 帰るん, 帽子を, 平野丸の, 度々来, 引上げた, 弱つて, 強ては, 彼には, 彼女を, 後悔した, 御幣を, 微笑みながら, 心がけては, 心配に, 忍びかねて, 快諾した, 怖くありません, 思つてゐた, 思ひも, 思わなかったよ, 悉しい, 惡いこ, 意外さ, 愕きました, 感じて, 感服出来ない, 慎重に, 成長きくなります, 戦闘員な, 手伝おうや, 手控えるの, 承知そして, 折が, 持ちました, 握りかえしたこれ, 教へ, 文字の, 新体詩なら作った, 旅行好きだ, 日記中に, 早く帰っ, 早速内容証明, 明日の, 明瞭な, 春に, 昨日さう, 是非一度行きたい, 時々大きな, 時々閉口, 暇だった, 書くに, 最初の, 最近行っ, 望んで, 木彫の, 本を, 本田君と, 来年の, 枕に, 桂も, 検査証を, 横腹を, 欲しかった, 正直の, 此方の, 歸ります, 死んだら台風, 残念だ, 毎度御馳走に, 毛虫だ, 気の毒だ, 氣が, 永久に, 決して疑わない, 泡鳴が, 浅草に, 海苔巻を, 渡り鳥だ, 漸く昂奮, 無理やりに, 無論今, 然思ひしか, 熱が, 父親の, 独りで, 現代小説に, 甚だ面, 生やして, 田舎を, 町内一二の, 疑いませんが, 白人だ, 皮肉だった, 相当色々, 相談に, 真似し, 矢張り黙っ, 知つ, 知らなかったの, 知りません, 確かには, 神学の, 種々お世話を, 空には, 立ちどまつて默, 立合ひたい, 笑ったねえ, 第三層, 精神的には, 素人だ, 絵は, 縁側に, 老いた, 考えてる, 考へが, 聞いと, 肉眼で, 胸を, 自分で, 至極同感な, 船員の, 芥川の, 芽の, 若様と, 苦心の, 落語や, 蛇は, 行かないよ, 行きますよ, 行けばよ, 行つてみたいな, 見たいね, 見たね, 見当が, 覚えず冷, 親族の, 言つ, 言わないよ, 訳者として, 詩を, 話を, 認める中, 読んだよ, 譯す, 負けては, 貰って, 買わなければ, 起きなかった, 跡を, 車を, 辛かったです, 近頃またぐ, 迷信は, 退却以外に, 速水と, 進げよう要るなら取つ, 遅れじと, 道徳派かな, 遠慮なく話す, 酒さえ, 酔っただけ, 酔興な, 銀行を, 長いこと田舎, 開き直って, 閑でした, 降りて, 随分いろ, 随分呑気, 随行を, 難しいと, 非番だった, 面白い, 頑健で, 頼むから, 食通かも, 饒舌は, 馬鹿に, 驚きは, 鮪を, 鳩の, 黒いか

▼ 僕~ (3055, 4.0%)

43 とつて 22 向って 19 して 18 見せて, 話して 17 話しかけた 14 何か, 教えて 12 しても, とっちゃ, 言わせると 11 云わせると, 任せて, 声を 10 貸して 9 云は, 取つて, 向つて, 渡して 8 それを, 向かって, 手紙を 7 したって, だつて, 何を, 戻つて, 言はせる, 話しかけました, 話しかける 6 かう云, 取っては, 相談し, 示して, 言わせれば, 近づいて

5 [15件] それだけの, なんの, わかるの, 与えて, 云わせれば, 僕の, 取って, 同情し, 必要な, 押しつけて, 聞かせて, 言は, 迫って, 金を, 隠して

4 [32件] かう言, きこえた, くれたの, こんなこと, してからが, しては, できること, むかって, わかって, 云った, 云はせる, 代って, 任して, 何の, 告げた, 囁いた, 好意を, 對する, 惚れて, 戻って, 挨拶を, 用が, 知らして, 紹介し, 言って, 言つてゐた, 訊いた, 語った, 近づく, 酒を, 飛びかかって, 飛びついても

3 [62件] いままで, おくれよ, くれて, こういうん, こう云う, こう云った, こう言いました, この本, これを, ささやいた, それが, そんなこと, ですか, どうしろ, まかせて, むかつて, やらして, やらせて, 与えました, 云つた, 伝えて, 似て, 内証で, 出来ること, 取っても, 口を, 向て, 君の, 呉れたの, 問うた, 尋ねる, 恥を, 感謝し, 手を, 敵意を, 来て, 気を, 注意し, 相談を, 約束し, 紹介した, 聞かして, 芥川の, 見せた, 見られて, 言つ, 言ふ, 言わすれば, 言葉を, 話しかけて, 話したいこと, 話したの, 話したよ, 話したん, 誰よりも, 返せと, 返事を, 送って, 面白かつ, 預けて, 食って, 食べさして

2 [216件] あてて, あやまること, ありては, ある, あると, あるの, あるん, あれを, いっしょに, いった, いわせると, おくれ, おまかせなさい, お委せなさい, お聞き, お酌, お金が, かして, きいて, くれ, くれた, くれないか, こういった, この国, この矛盾, この話, さ, した, すすめた, すり寄って, そう言った, そっくりだった, そっくりな, そつと, そのこと, その時, その硯屏, その話, そんな真似, ちよつと, ついて, つかまって, つかまつて, つきあつ, つづいて, どんな仕事, なつて, のしかかり僕, はかの, はちよつと, はなして, ものを, よく似た, よく悪戯, わかつたの, わからないの, ア其, ドロシイの, ナガシメを, ピシピシと, 一つの, 一冊の, 一度も, 一束の, 一枚の, 一緒に, 一言の, 一言も, 一語を, 万一の, 三つ呉れた, 与へて, 云うの, 云ったの, 云ふ, 云わすれば, 交通事故の, 他の, 会いに, 会ひ, 会ふ, 何だか糸, 何に, 何にも, 何も, 作用し, 僕に, 僕を, 出て, 出来る事, 力を, 動顛する, 北沢の, 十分の, 叫ぶ, 向いて, 向けて, 吠えついて, 告げて, 告白した, 呻吟し, 呼びかけるの, 呼びつづける, 問へ, 囁いて, 回転し, 報告し, 売って, 天才が, 委して, 委せるさ, 対抗し, 對し, 尤も適した, 就いて, 幾度繰返した, 引裂かれる, 心臓を, 忌憚なく, 怒ったって, 恐怖だの, 意見を, 感謝を, 打ち明けたもの, 打ち明けて, 打明けたの, 抱きつかんばかりに, 挑戦し, 挨拶した, 接して, 握手を, 教えた, 教へ, 教へて, 書いて, 来たとしても, 来るの, 栄光を, 植えつけて, 構は, 死の, 死を, 残されて, 注意した, 洩らして, 流れすると, 深い感銘, 渡した, 潜在し, 火事の, 無断で, 無関心, 然云, 生活力を, 用事が, 留意しない, 目くばせ, 目を, 知らせるの, 示した, 礼を, 答えた, 節煙を, 約束を, 紹介する, 続いて, 罪を, 聞いた, 自然の, 與えて, 興味を, 色々と, 芥川が, 苦痛を, 茶を, 行けるか, 見えて, 見せるため, 親しむよりも, 親孝行しろ, 言いつけて, 言つた, 訊ねた, 訊ねる, 話が, 話しかけたの, 話したこと, 話したところ, 話すの, 誓って, 語つた, 説教し, 説明し, 譲って, 負けたって, 責任が, 責任なんか, 質問しました, 軽蔑され, 近い人々, 近い境遇, 返して, 通じないもの, 逢いたかったに, 還って, 関係した, 隠れて, 電話だ, 電話を, 青い青い流れ, 頼むん, 頼んだん, 飢餓が, 飲ませて, 驚き僕, 鳴りひびく

1 [1845件 抜粋] あいそを, あずけて, あったの, あつた, あてつけるよう, あてられて, あの創紋, ありがとうと, ありません, あるらしくて, あれほど, いいあてられたん, いうの, いちばんむく, いって, いつも手, いろいろの, いろいろ東洋, いろんなこと, いわせれば, うまく使いこなせる, うるほひを, おごられるもの, おなじみの, お前の, お喋舌, お礼し, お菓子を, お頼み, かえりぬ, かければ, かてパッション, かぶさって, かまわず行くところ, からだを, きいたって, ききたかったん, きたの, きつぱりと, くらべりゃシラノ, くれたくは, くれた女の子, くれました, くれるため, くれる方, こういう幸福, こう言っ, ここを, このギリシア, この自覚, この頃, これからおごらせ, こんな話, さうし, さう教, ささやいて, さつき群集の, さも憎々し, さんざん口, した時, しみじみする, しろと, じかに話さない, すがりついて, すこしわかつ, すすめて, すゝめさて, すゝめられ, そういう心, そう云った, そう訴える, そっと話, そのただ一言, その位, その勇気, その恒藤説, その畫, その罪, その説, その返事, それだけでも, そんなて, そんな力, そんな気持, たいした史学, たかる気, たずねたいと, たった一つ, たのんで, だつて犯人, だよ, つ, つき合って, つつこんで, できなくとも, できるかしら, できるなら, とうとう愛想, とつちやむしろ, とびついたかと, とんぼを, どうしても想像, どう影響, どんなこと, ない, なかった, なじんで, なついて, なにか用, ならって, なり過ぎるの, なれるんかしら, なン, のしかかるよう, はつきりし, ばかげた気, ひどい仕打ち, ぶちまけて, ぶつかけ, ぼろを, また戻っ, まるで百円紙幣, むかっては, もうまいらし, もしそんな, もし彼, もっとひろい, ゃあやっぱりまるで, やって, やらなければ, よい忠告, よく熟し, よこしたじゃ, わかつた, わかつて, わかります, わかるやう, わたし給え, アリバイが, エミル・ヤニングスを, コップの, コンコドスを, チャントわかっ, ニンフ達の, ハムだの, モラルが, 一しょに, 一つ, 一と, 一任させ, 一册の, 一大興奮剤と, 一度御馳走, 一本書い, 一枚描い, 一生を, 一通の, 丈けは, 上田敏と, 下さると, 下手な, 不快を, 不都合な, 与えた印象, 与へ, 両方の, 主義を, 事件を, 二度と再び斯くの, 云いに, 云ったが, 云って, 云わせりゃ不良少女, 五十圓出せ, 交渉を, 人なつかしい思い, 今までよりも, 今度長野, 仕方が, 仰っしゃって, 任すという, 任せると, 任せ給, 会いたいという, 会ったネ, 会わず退社, 似た先生, 似合って, 何ともいはなかつた, 何やら忠告めいた事, 何事も, 作用した, 促すため, 信じさせたがるだろう, 信頼したら, 倶楽部から, 傾倒した, 僻が, 元氣, 先き, 先生の, 入れといった, 全部を, 六百フローリンの, 内密で, 冠せられた, 出して, 出来ないと, 出鱈目の, 分っちゃ, 分らないの, 分りすぎる位, 分るもの, 初めて呂昇, 別居問題を, 利酒を, 前もって知らせなかったです, 劇藥と, 勧めて, 医者とか, 占いなんか, 友人たちの, 反抗する, 取つて其, 取れと, 古くなれ, 可能で, 合わせる顔, 同意を, 向うて, 向かっては, 向った, 向つてツウル, 君らの, 吸はれ, 呉れた人, 呉れる手紙, 周旋しよう, 命じた, 命ずるん, 問い返した, 問ふ, 喰らいつく, 嘔吐を, 囲碁の, 堂々たる文科, 報告しなかった, 変な, 外国行を, 大きな時計, 夫人を, 女子の, 好感を, 妻帯を, 委し給, 嫉妬が, 安心し, 宗教と, 宛てたもの, 家なんか, 宿題の, 寛大だった, 尋ねたじゃ, 尋ねました, 少しく云わし, 尽して, 左う, 帰って, 帰ろうと, 幸徳の, 座布団を, 引合せた, 強いようとは, 強ふる, 役を, 待ちぼうけを, 従いて, 御用の, 復帰を, 復讐を, 微苦笑を, 心配そうに, 忠告する, 忠実で, 怒られてるので, 思い当らしめた, 思ひ出されたの, 急な, 恥じ入らせようと, 恵め, 悪いとこ, 悪感を, 惠め, 意外な, 愛されて, 愛想を, 感じられるため, 感謝するだろう, 懇願する, 懸けられた莫大, 戯曲を, 手伝わせて, 手招を, 手渡し自分の, 手術を, 打ち明けたん, 投げ僕, 抱えられたまま, 抱負は, 担わせて, 持たする者, 指図が, 挨拶される, 授からんもの, 探偵を, 描いて, 握られてしも, 改めていい, 教えた教訓, 教へた, 文筆が, 文通の, 斯んな, 新しい生命, 於いては, 日記を, 映つた映像, 暗示した, 更にない, 書きのこして, 最も影響, 最も適当, 會ひた, 有れば, 本当に働かし, 東西を, 椅子を, 構わずに, 横取りされ, 欠けて, 此処で, 歩き好い, 死ねとお, 残ってる印象, 殴られたの, 母が, 比べると, 気が付かなかつたらしい, 気づきませんでした, 気品の, 求むること, 沾んで, 注意される, 洩らしたこと, 浮気したら, 渡したまえ僕, 游心帖時代を, 湯か, 激しく刻みつけよ, 災いした, 無慈悲な, 片手を, 狐の, 猿轡を, 理解出来た, 生きる, 用です, 用事だ, 畫い, 発って, 登ること, 盗めるだけは, 直接, 相談すれ, 相變ら, 知らせない秘密, 知らせる責任, 碁の, 示す丈, 禁酒法案の, 移つた事も, 空気銃を, 突然招待, 立戻つ, 答えた詞, 糺すの, 約束した, 紛れ込んで, 結婚せよ, 絵が, 綽名を, 羨望の, 耳うちし, 耳語し, 聞えた, 聞かせた詞, 聞きたい色々, 聞くん, 聞合せにでも, 聴え, 脚色し, 腕を, 腹立しい, 自分の, 自殺でも, 至っては, 色々な, 茶わんを, 菓子を, 落胤が, 蝶ちゃんを, 表現が, 襲いかかった時, 要るん, 見せたあの, 見せつけて, 見せましたよ, 見せる事, 見せ度, 見られると, 見送られて, 親しかつ, 親切でした, 親昵感を, 解つて来た, 解釈が, 言いました, 言うの, 言っただけ, 言つてからの, 言ひ, 言わせようと, 言われたこと, 計画が, 訊かれるの, 訊ねて, 訪れて, 許しを, 訴へ, 詩的感激を, 話さず僕, 話しかけたり, 話しかけると, 話したから, 話した時, 話しても, 話すよう, 語った言葉, 語りたるのみ, 語ろうと, 説明せよ, 読ませた小説, 誰も, 請求しなかった, 譲ると, 負けないでしょう, 責めたの, 貸したまえ僕, 資格が, 賜はれ, 贈って, 贈物を, 起らぬでは, 身体を, 近い仲間たち, 返しながら, 迫つて來た, 迫つて来る, 迷惑は, 追立てられ, 退屈だ, 通知が, 逢うと, 逢っても, 遇ふこ, 違いありません, 遠慮を, 邪念の, 金は, 鉱山学を, 鐸を, 関係が, 附添つて鵠沼に, 限って, 陰口を, 雇われたいから, 雷の, 非常に, 頁を, 預けたもの, 預け給わんければ, 頼んだ, 頼んだの, 顧問に, 飛びついて, 食は, 飲ませた酒, 馬を, 高木を, 鳥渡恩を

▼ 僕~ (2870, 3.7%)

54 見て 38 愛して 31 して 24 つらぬけ 23 連れて 22 信じて 16 助けて 15 訪ねて 12 不安に, 信用し 11 つれて 10 軽蔑する 9 知って, 見た 8 つらぬくもの, 待って, 慰めて, 見ると 7 侮辱した, 呼んで, 置いて, 苦しめて, 非常に 6 可愛がって, 案内し, 生かして, 相手に, 自分の, 軽蔑し, 馬鹿に 5 いぢめ, 不快に, 僕の, 感動させた, 救って, 殺して, 顧みて

4 [31件] こんなところ, たずねて, つかまえて, なんだ, 乗せて, 二十年後の, 侮辱する, 促した, 動かさずには, 呼んだの, 好きだ, 待つて, 忘れないで, 愛しても, 憂鬱に, 憎んで, 打ちのめした, 探す, 揺るがす, 残して, 生んだ母, 背負って, 見おろして, 見つめた, 見つめました, 見ました, 誤解し, 選んで, 避けて, 驚かしたの, 魅するの

3 [56件] かえりみて, からかってるん, ここへ, このまま, こんなにした, こんなふう, さへ, たすけて, つつんで, どうしよう, どこへ, みつめて, よんで, 不幸に, 中心に, 促して, 信用しない, 僕を, 先生と, 制して, 刺戟する, 動かして, 召しつれて, 喜ばせたもの, 守って, 容れて, 尊敬し, 尊敬する, 忘れたの, 忘れて, 感動させる, 捨てて, 探して, 救い出して, 束縛し, 温めて, 理解しない, 疑って, 眺めて, 眼ざめさせる, 睨みつけて, 睨んで, 知つてゐる, 絶対に, 背中に, 苦しめた, 苦しめなかつた女神たち, 苦しめる, 見ても, 見詰めて, 許して, 誘惑し, 迎いに, 迎えて, 静かに, 驚かせた

2 [219件] あなたの, あわれむよう, うつとり, お叱り, かばって, からかっちゃ, かわいがって, ここから, ここに, この生, こんなに苦しめる, したって, じっと見, そこに, ちよつと, つかまへて, つけねらってるん, とりまく世界, どう始末, どこかへ, にらんで, のせて, ばかに, ひっぱって, ひどく苦しめた, ふり向く, ほんとうに, ほんとに愛し, みつめこいつ, みると, めがけて, やつつけ, ゆり起して, ジロリと, バカに, モデルに, ロマンチックだ, 一室に, 一瞬感動させた, 他力宗の, 伴に, 伴れ, 何ちら, 何度も, 供に, 促しながら, 保護し, 信頼し, 倦ましめること, 偉いって, 僕に, 元の, 内側へ, 凝視るの, 出して, 初め何人も, 助けると, 動かしたの, 動かしたもの, 動かした文章, 受け容れ拒み僕, 召連れ, 叱ったこと, 叱りました, 君の, 呼びつけて, 呼びとめた, 呼びに, 呼びもどす, 喜ばせたの, 嘲る何もの, 噛もうと, 困らせるん, 圧倒し, 地上に, 売文の, 大いに頼もし, 大事に, 夫として, 好いて, 好きです, 威圧する, 小供, 少しも, 山の, 帝劇の, 帰して, 廻転させ, 引裂くすべて, 彼から, 後に, 恥しめる, 悦ばして, 悪く思っ, 想像し, 惹きつけた面影, 愛した, 愛し僕, 慰さめ, 慰めに, 慰め僕, 憐むやう, 憐れんで, 憐んで, 戦慄させた, 抱き締める, 押して, 押しのけて, 押つぶし僕を, 拒み僕, 拒む, 拘留する, 招待し, 拷問する, 持続させた, 指して, 振り返つて, 振落し僕, 捕縛しよう, 支えた, 支へ, 攻撃した, 教育する, 散々恥しめて, 散歩させ, 最初から, 本物の, 本能的に, 棄てて, 欺いて, 歩かせて, 死から, 殴るか, 殺しに, 殺すの, 毒殺しよう, 沈黙させる, 泣かして, 注意し, 満足させ, 滅茶苦茶に, 激励した, 無気味に, 無理に, 照らして, 爽やかに, 犯人に, 狙って, 玩具に, 理解する, 生の, 生んで, 生長させた, 疑つて, 監獄へ, 真の, 真面目に, 眩惑させた, 眺める, 睨みつけながら, 睨んだ, 研究する, 破滅に, 神の, 突抜けて, 笑ふ, 第二, 紹介し, 紹介する, 結婚し, 縛ること, 罵倒し, 脅かして, 脅すの, 腹立たしくする, 自由に, 苛立たせずには, 苦しめたもの, 苦しめ出した, 蛇蝎の, 裏切る, 襲った, 見かけて, 見くびって, 見ずに, 見たが, 見たまえ, 見た時, 見つめて, 見つめる, 見ては, 見ながら, 見る他国, 見上げて, 見付け出して, 見捨てて, 親友と, 訪れて, 診察に, 認めると, 誘った, 誘惑する, 誤解してる, 警戒し, 責めたり, 踏台に, 載せた担架, 迎へて, 迎へる, 送って, 遣て, 避けようと, 邪魔に, 部屋の, 隔てて, 震駭させた, 非難する, 預ると, 驚かせたの

1 [1710件 抜粋] あいつの, あの恐ろしい, あまり軽蔑, あを, いい加減な, いきなりあの, いじめなくなったの, いじめるの, いたわって, いつも数学, いままで, いろいろと, うしろに, うつん, お, おだてる言葉, おどそうと, おぶつ, お使い下さい, お寄こしなすった, お笑いなさる, かう解釋, かかえて, からかうの, からかって, きらいだった, ぐいぐいと, ぐんぐん追越し, こうまで, このタイム・マシーン, この室, この精神病院, これからたけ, こんなに困らせなけれ, こんな所, ご自分, さしずし, さそったん, さまよわし僕, さんざん使った, しては, じっと見てる, すきな, すてて, ぜひとも逃し, そこから, そっと部屋, その役柄, その附近, それほどに, そんなにせず, そんな人間, たいした不良少年, ただめかす, たべ物, だましたな, だまそうと, ちょっと眺める, ちらと, つかまへた者, つけ狙つてゐる, とがめないで, とらえました, とりまいた, どう云う, どこまで, どんなに喜ばした, どんなに苦しめ, なぐさめて, なぐるやら, なだめるの, なめ切って, にらみつけました, ねめつけたかと, のぞいてでも, はじめて見た, はなれない, ひきしめる, ひっぱり廻したもの, ひどい目, ひやかすの, びっくりさせる, ふった女性, ふらふらさす, ふりかえって, ぺちゃんこに, まごつかせはじめた, また突落さ, まだ坊っちゃん, まったく茫然, みじめな, みつけたもの, みんなで, もう手のうち, もっとよく見た, もと, やっつける, ゆさぶり僕, よこしたり, よろこばして, よわいと, わざと助け, エレヴエタアで, カフエ・シヤノアルに, ケチン坊だ, サンザ痛い, センチメンタルだ, ソファの, ヂロリと, ノルフォーク州の, ペシャンコに, メルキオルという, ヴェルダンの, 一ツ作っ, 一人連れまし, 一寸考, 一心に見つめ, 一杯はめた, 一目ぎろりと見た, 一見懐疑的に, 一途の, 下らない人間, 下手だ, 不器用に, 不幸の, 不断の, 不良青年か, 中学へは, 乗せた鯨, 九州まで, 交番や, 人生の, 人間並に, 仏蘭西学者と, 他人だ, 任命し, 伴さんの, 何と思った, 作用し, 使役ふと, 俗物だ, 信じないから, 信ずるか, 信用しなく, 信用せられ, 個人主義者だ, 傲慢に, 元気づけたもの, 先生の, 入れなければ, 全然知り抜く, 内部に, 冷凍人間に, 冷笑する, 出征させる, 別段怪しむ, 制した, 前に, 力に, 助けられるとは, 励まし支持, 動かす力, 勵げました, 包みました, 半年前から, 卑怯な, 単に口舌, 危険に, 厭った夫人, 去るか, 反撥する, 取り残して, 受持つて, 可愛がる可愛, 可愛やと, 叱って, 叱りつけてでも, 叱るやう, 叱咤する, 同時に追い出し, 君は, 否定するだろう, 吻と, 呑んで, 呪って, 呼びとめる男, 呼び寄せたの, 呼び止めたん, 呼ぶのに, 呼んだもの, 咎めようとも, 哀れんで, 善人に, 喜ばせるもの, 嗅ぐ, 嘲けつ, 嘲りたまえ, 噛む, 囚え, 困らせて, 坐らせた, 壓しつけた, 変だ, 外国人と, 大切な, 大連へ, 太夫さんだ, 夫人殺しなどと, 失望させた, 奴隷と, 好きだった, 好色の, 妹の, 威圧し出した, 嫌いに, 嫌うの, 子供っぽく, 安心させ, 完全に, 実験動物と, 宥めて, 寂しくさえ, 射ると, 尊敬しなけれ, 導いて, 小さい時分, 小蔭に, 少しぞっとさせる, 尾行し, 崖の, 年中濁酒を, 幾何ほど, 廊下の, 引きずりおろしながら, 引き付けるかも, 引き寄せたわけ, 引き込もうと, 引っぱり出し仕方, 引っ張り廻すだけ, 引つぱり, 引ツ張つて來たんぢや, 引張り上げるの, 引裂きそう, 弱らせた, 弾いた, 彷徨わせて, 彼女に, 待ち佗びてゐた, 待ち暮らして, 待つかの, 待合せ僕, 得意に, 御存知です, 復して, 快く刺す, 怒つてるつて云つた, 怖がったん, 怖れさせる, 思う存分殴らせる, 思つ, 恋人として, 恨むよう, 悦ばすため, 悩ました連中, 悩ませる, 悪く言った, 惡く, 惹きつけつかみ揺すぶつたの, 意地悪く, 愚弄しない, 愚弄致す, 愛しては, 愛してるの, 愛し切って, 愛するか, 愛す事, 感動せしめた, 感激せしめ, 憎いだろう, 憎み初めて, 憎んでは, 憐み, 憫れ, 扉の, 手先に, 打たない訣, 打ち据える事, 打つて, 扱って, 批判する, 折檻しよう, 抱きあげて, 抱きとめたの, 押えつけねじふせて, 押しのめしたな, 招いて, 招んだ, 持つわけ, 指名し, 振り返って, 捉え用意, 捉まえ, 捨てず僕, 掠めて, 探しま, 探そうと, 掴まえて, 揶揄する, 搾木, 撃とうとして, 撲滅した, 支えて, 攻撃する, 放っとくと, 救い僕, 救うもの, 救ひ上げた, 教へ, 散歩にか, 敵と, 文字どおり上から, 日が, 日本人じゃ, 明白に, 時間器械に, 普通の, 最も苦しめ, 本当に愛し, 某省の, 棄てたら自殺, 横に, 次第次第に, 欺かなかった, 止める積り, 此の, 死ぬ女, 殆ん, 殺し得ないでは, 殺すため, 殺すとも, 殺そうという, 毎日親切に, 気の毒がらせた, 気違いだ, 江戸趣味の, 泳ぎ疲れさせて, 浦山しがらせ, 海棲動物と, 涙ぐませる, 演劇愛好家に, 瀕死の, 無名作家に, 焦らすため, 煙たそう, 煽てたり, 爆発させた, 犯人だ, 狂気みたいに, 独りで, 玄関まで, 理解せず, 甥の, 畜生と, 疎外する, 疑ったり, 疑わないなら飲み友達, 病気として, 発見し, 益々苛ら苛ら, 目指して, 目標へ, 眺めた, 眺めながら, 睨みつめて, 睨んだり, 知ってる嬉しかっ, 知つてゐない, 知らない連中, 社会主義者と, 秘密研究塔に, 突き入れるよう, 窘めた, 竜宮へ, 笑って, 筆誅する, 紹介した, 絶滅しちまえ, 繼母に, 置きざりに, 罵倒した, 考えちゃ, 育てただけ, 背後から, 脅かした, 脅す積り, 臆え, 自分へ, 苛立しめる, 苦しい振り, 苦しめたよ, 苦しめなくたって, 苦しめると, 英雄仕立に, 落ちつけて, 蛙が, 行かせようという, 裏切るくらい, 襲ったの, 襲つた恋愛であり, 見かえって, 見それから, 見たとき, 見たら嬉しく, 見つけたの, 見と, 見なさい, 見ようとして, 見る, 見下ろして, 見出した, 見土, 見捨てようとして, 見放した, 見舞って, 見詰めるなよ, 見送りも, 視て, 親爺って, 訊問しはじめた, 訪ねずに, 訪問した, 評して, 詩の, 認めて, 誘つていつた, 誘わない方, 誣ひる, 誤解せず, 説きつける, 調理室へ, 諷諫した, 謙遜に, 責めた, 責めなかつた, 貰いに, 買ひ, 賞讃し, 起こした, 起しに, 踏み潰して, 車部屋の, 軽蔑した, 輕井澤に, 迎えた, 近くに, 迷路に, 追い出さないで, 追い出そうとの, 追い越したまえ, 追かけ, 追つて, 追ひ抜い, 追払おうと, 送ってなど, 送る辞, 透明碗から, 通訳として, 連れ出して, 逮捕しよう, 逸見と, 遊ばせて, 遠くから, 選んだの, 部屋に, 酔つてる, 酷い目, 野呂は, 金持ちだ, 銀座へ, 長く忘れない, 間抜けだ, 陥れること, 階段の, 離そうと, 離れんと, 霽波に, 鞍の, 鞭打つやう, 頭に, 頼つて, 頼りたとえば, 食うつもり, 飾つてひらく, 首肯せしめる, 駆って, 驚かした, 驚かして, 驚かせるの, 驚喜させた, 魅惑する

▼ 僕には~ (2206, 2.9%)

43 それが 25 僕の 19 わからない 16 ある, 何の 14 分らない 12 よくわからない 10 わからないの, 何も, 見当が 9 君の 8 少しも, 非常に 7 あなたの, わかって, 解らない 6 これが, そんなこと, わかりません, 何にも, 君が 5 それを, なんの, よく判らない, 何か, 出来ない, 意味が

4 [20件] あなたが, さつぱり, すぐに, そうは, どうも不思議, どこかに, わからないよ, わからなかった, 一つの, 何うにも, 何が, 何と, 分らないが, 大問題, 彼の, 思われるの, 想像が, 満足である, 自分の, 見当も

3 [33件] あの女, あの広島, いまの, さっぱり見当, それ以上の, ちやんと, できない, どうしても, ない, ないの, はつきりと, もう一つ, よくわかる, わからないね, わからなかつた, わからんな, わけが, 今もっ, 信じられない, 全く見当, 分りませんが, 女が, 妙に, 彼女の, 思われた, 無い, 確かに, 縁の, 腑に, 興味が, 記憶は, 越えられない溝, 面白かった

2 [144件] あつた, あの人, あるん, いいん, いつも人生, いやあなた, いろんな人間, お前の, かなり分つ, このガラス, この恐し, この結果, この頃, これは, さっぱり解らない, すっかり分っ, そこへ, そのよう, その人, その女, その時, それは, そんな風, ちっともわからない, とてもその, とても出, どうしてもその, どうしても偶然, どうする, どうで, どこか, どちらでも, なぜだ, なんでも, なんにも, はつきりした, ひとつの, ほかに, まだマザ, まだ何, まだ嘆き, まだ帰られない, もと, やはりわからない, やはり何, よくお, よくわかっ, よくわかりません, よく分らない, よく分りません, よく分る, わからないが, わからない僕, わからぬ, わからん, わかる, アノ男と, ホテルよりも, 一文も, 一種の, 三通りの, 不可解である, 不快よりも, 不思議な, 両親も, 他に, 他人です, 何とも, 何よりも, 余人よりも, 僕が, 僕なりに, 僕には, 兄が, 全く自信, 全然通俗小説, 全部今迄, 出来ません, 出来ませんね, 分って, 分らないん, 分らなかった, 分らん, 分りませんね, 十哩も, 友達が, 君を, 君達の, 善い徴, 坐浴より, 変に, 大事な, 大体判っ, 大切な, 女生徒よりも, 妻が, 小説が, 強迫的の, 思いきって, 思われたの, 思われない, 恐しい, 恵まれて, 愉快だった, 愉快だつた, 愉快で, 愉快な, 意味の, 感受性や, 我慢が, 才分が, 故郷の, 斎藤氏の, 既から, 既に何, 日本の, 昔から, 昔馴染みの, 来そう, 欠けて, 此処は, 此時始め, 死ぬこと, 気がかりに, 深刻も, 無数の, 無気味だった, 父の, 理解出来ない, 考えられない, 肉体を, 背を, 臍が, 自分で, 自分でも, 自然な, 芥川が, 苦しかった, 見えないが, 親しみが, 解らないん, 記憶が, 責任が, 面白かつ

1 [1458件 抜粋] あいにくそういう, あなたに, あのセコンド針, あの卑劣漢, あの戰爭, あの棺, あの男, あの頃, あまり有難く, ありがたいです, あるの, あれほど, あんな重荷, いえません, いくつも, いっこうにおわん, いつでも, いつも見慣れた, いつ燃し, いまあたらしい, いやな, いろんなところ, うまくいえません, おしや, おのろけ, おもしろいか, お婆さんの, お母さんの, お金が, かえって嬉しかっ, かなわない, ぎりぎりに, けっして信じられません, こういう鄙びた, ここに, このクロクロ島, この人たち, この大, この時間, この浦粕, この絵, この言葉, この論文, これで, これぼっち, こんな問題, さうい, さだ子も, さっぱりわけ, さっぱり心あたり, さつ, すこしむずかしい, すでに負担, する, せい子つていふ者が, そういう他国, そうした思い出, そうも, そう思えなかった, そう見える, そのつまらない, その二三種きり, その勇気, その名称, その小さな水兵, その必要, その意味, その権利, その点, その理由, その部分, その頃, それすら, それだけの, それほどはつきり, それより, それ以上に, そんなにお, そんなもの, そんな信仰, そんな山, そんな気, そんな烈しい, そんな親し, たいてい見当, たくさんだ, ただどこ, ただ鴎, たのしい, たまらないあの, たまらなかつた, だいたいあなた, だんだん何, ちっともかんかく, ちっとも解りません, ちゃんとした, ちゃんとわかった, ちゃんと分ってる, ちょっと, ちょっと何, ついて行けさ, つきり, つまらんの, てんで見当, とうてい分からない, とてもいえない, とてもそんな, とてもやり切れない, とても優し, とても君, とても癪, とても行けない, とにかく何やら新しく, どうしてもこの, どうしても呑み込めない, どうしても濟, どうしても納得, どうしても飯粒, どうせ西, どうにも判断, どうもうまく, どうもできない, どうもぴったりしません, どうもわからぬ, どうも信じられません, どうも判らないです, どうも投げ出す, どうも芥川, どう呼ん, どつち, どんな文体, ないよう, なかなかありがたかっ, なつかしい本, なんだか, なんとなく意味, なんにも見えなかった, ねえ, はじめっ, はっきりわかんない, はっきり判る, はなはだしい, ひどく不愉快, ぴんと来ない, ほんた, ほんまの, また当惑, まだいろんな, まだまだ苦労, まだよく分っ, まだ仕事, まだ判らない, まだ夢, まだ疑問, まだ自分, まったくおもいがけなく思われました, まるっきり興味, まるでわからなかった, まるで思索, みんなわかっ, むつかしいこと, めずらしくない, もうあんた, もうすっかりのみ, もうそれ, もうとっくに家庭教師, もう一軒, もう希望, もう憎む, もう暖か, もう生, もう自分, もう蹴球部, もっと苦しい, ものごとが, もはや何, やっぱり分からない, やはりその, やはり一応反駁, やはり物珍しい, よくつかめなかった, よくわかった, よくわかんない, よく分つた, よく判らなかった, よく呑みこめない, よく解りません, わかったが, わかってるさ, わからないどうして, わからなかったの, わからなくは, わからんねえ, わかりました, わかりませんどうしてこう, わかるよ, わかんないです, わけの, インチキ文学ボクメツの, キリンビールの, クライヴも, サッパリ理解が, ツジツマの, ニイチエ以前の, ハッキリ言えます, フォン・コーレンという, プロパガンダの, マチスの, レヴェズが, ローマンスなんかは, 一体あの, 一向に見当, 一国の, 一寸想像, 一番たやすい, 一番自然に, 一番辛い, 一高英文科に, 不似合, 不可解な, 不審でならない, 不幸の, 不快な, 不思議の, 不断に, 不満足だった, 世界という, 中途から, 乳母やが, 事務なんて, 二つだけ, 二十年以前の, 亞の, 京都ほど, 人体, 人間が, 今でも, 今後あなたの, 今退院, 以前と, 休息という, 佐々さんを, 何うし, 何かの, 何だかおそろしかっ, 何だかさう, 何だか不, 何だか安, 何だか煩わしい, 何とも云, 何とも決答, 何もかもはっきり分った, 何もかも分らなくなりました, 何よりこれ, 何らの, 何んの, 何處から, 作風を, 信じて, 信じられん, 信仰が, 俳句の, 働くと, 僕たちが, 僕なりの, 僕自身の, 先生の, 全くやりきれない, 全く予備知識, 全く気づかれない, 全然新, 全然注意, 六ヶ敷い, 内緒で, 出来ないなあ, 出来ぬの, 出来んよ, 分からなかったが, 分らないこと, 分らないの, 分らない生きるか, 分らなくて, 分らんお前, 分らんの, 分りすぎる程よく, 分りませんでしたが, 分るやう, 初めてだ, 初対面の, 判らないこと, 判らなかった, 判らんですねえ, 判断が, 到底あの, 到底ゆるせなかった, 到底目的, 剣が, 勝利よりも, 勿論わからなかった, 十分な, 十勝は, 卒業試験を, 却って愉快, 却て, 友人が, 取柄が, 可愛らしい女, 同じくら, 同意し, 名目も, 君たちの, 君大, 呑みこめないやう, 和歌子さんは, 善悪の, 器量の, 困るん, 国の, 変な, 外国の, 多少気味が悪い, 大かたわかった, 大きな慈悲, 大体の, 大切だ, 大変面白い, 天国な, 夫程, 失望に, 女優問題などは, 女生徒らし, 好きな, 好感が, 如何にも気味, 嬉しかった, 子供らしく, 実に不思議, 実はそんな, 実験心理的にも, 家を, 容易であった, 寝台の, 寧ろ氣持, 小説を, 少しの, 少し意味, 少し耳, 少し陽気, 希望も, 平時の, 幼年の, 強直が, 彼が, 彼女を, 御主人, 心を, 必らずしも, 忘れも, 怖いの, 思えない, 思はれる, 思ひも, 思われて, 思われる, 思われるん, 恩人である, 悔いが, 情なかった, 想像されない, 想像出来る, 意外だった, 意見が, 慰めの, 或る, 所詮そんな, 手紙を, 打ち明けなかったこと, 按摩が, 描写が, 支那小説の, 政治的傾向は, 散歩が, 新聞社の, 旨くつかない, 明日は, 昼間は, 時間といふ, 暗合が, 書けないの, 最も自分, 最初窓が, 有りませんが, 有難いん, 未だおぼつかない, 未だ良い, 本田が, 横からも, 正直な, 歩けませんよ, 死に切れない, 殆どその, 残念な, 母を, 民さんを, 気に入った, 永久の, 決して珍しい, 波多野さんの, 淋しい思い, 滑稽に, 無いの, 無かった, 無理な, 父が, 物知りを, 特別な, 独自な, 珍しいの, 現代人が, 理解できない, 生きては, 生きる趣味, 用は, 異存は, 疑問で, 疑問です, 痛切だつた, 発言権は, 百倍も, 皆目のみこめない, 目ざわりな, 真実だった, 矢張り一人の, 神が, 神殿の, 神秘だつた, 穿鑿は, 笑ふ, 細君が, 絵が, 総べてが, 美しく思われた, 羨ましい境涯, 考えられて, 耐えがたい, 耐え難い, 聞えなかつた, 聞えるの, 職業を, 自伝恐怖症という, 自然の, 興味は, 良いの, 芝居よりも, 花一輪を, 苦しい秘密, 苦痛の, 葛卷の, 蔵書が, 血縁の, 見えないの, 見える, 見つからなかった, 親しい, 観音経の, 解つてる, 解らないこと, 解らんです, 言えないという, 言ふ, 詩という, 詩情を, 認められないの, 読み易, 読めません, 請合えない, 負けじ魂が, 貴重な, 起る余裕, 軽いけれども, 近代の, 追ひかける, 通じないところ, 逢いたくないと, 道化の, 遠く, 遺書よりも, 酒の, 重荷に, 野枝さんの, 長い夢, 闕けて, 青扇が, 面白くない, 響かなくなりました, 顔から, 駄目です, 骨董などは, 高邁な, 魅力を

▼ 僕~ (1620, 2.1%)

1716 の仲間, の前 14 の間, はその 13 の話 12 のやう 11 の方 10 はもう 8 の作品, の散文, はこの 7 の手, の顔, はそんな 6 と一緒, の家, の船, は彼等 5 のよう, の側, の時代, の東洋, の親分, は何, は僕等自身, をのせた

4 [11件] と同じ, のいる, の友だち, の命, の生活, の祖先, の關係, はこんな, は僕等, は火鉢, を乗せた

3 [33件] がたのしく, に, の, の中, の今, の国, の子孫, の室, の心理, の想像, の生涯, の眼, の知った, の精神的生活, の考え, の論理, の頭, の風俗, はこんなに, はそこ, はまた, はまだ, はやむを得ず, はベンチ, は二人, は今, は勿論, は君, は実際, は皆, は腕, もこの, を驚かした

2 [122件] が, がこの, がそこ, がもつ, がアカシヤ街, がストライキ, が作品, が入っ, が前, が席, だつて子供, と一, なん, にはもう, にも抒情詩, にやア, に向っ, に対する挑戦, に近い, に返事, のいた, のうしろ, のこと, のこの, のそば, のクラス, のテーブル, の一行, の乗っ, の乗った, の云, の作文, の先, の先輩, の先達, の全, の及ぶ, の向う, の堕落, の夢, の大川, の如き, の小学時代, の後, の後ろ, の心, の性格, の態度, の教室, の日本, の明治時代, の来た, の東京, の様, の樣, の歩い, の為, の生命, の監房, の組, の耳, の聖典, の胸, の衞生隊, の議論, の足, の部屋, の魂, はいつか埃, はいつか工事場, はいつも, はこれ, はさらに, はそれ, はどうせ, はどの, はみんな, はやはり, はドナウ, は一人, は一緒, は両国橋, は並ん, は丸, は亀沢町, は何と, は午飯, は又, は唯, は回向院, は川蒸汽, は弱者, は彼, は必ず, は或, は拝殿, は時代, は暫く, は月, は皆僕等, は皆福間先生, は相, は縁台, は見物, は親友, は読経, は迚, は通りがかり, は金, は門並み, は電車, は風, も, も出掛けよう, を, をその, をふり, を待っ, を救助, を教, を教えた, を見

1 [1001件 抜粋] あ一生懸命, からなんと, からみれ, がある, がうまく, がかなり, がその, がちょうど, がなくなれ, がはいっ, がふさい, がまだ, がやつ, がカッフェー, がダンチェンコ, がヤイヤイ言へた訳, が丁度, が中, が云つて, が何, が停車場, が先生, が六人, が出た, が到着, が原, が喜ぶ, が実際, が小学校, が居た, が彼等, が征服, が戦場, が探した, が支払った, が文芸家, が昔, が暖め, が書き放し, が此家, が死ん, が水車小屋, が涙ぐみ, が演, が焦心, が猿留村, が生きぬく, が看過, が眺める, が知りたい, が穴, が芸術的完成, が藪, が見, が談話, が逃げ出す, が鐘楼, が音楽, が餓ゑた時, だけ, だけに対してそんな, だつて, だのお母さん, である, では其様, で同人雜誌, で無い, という奴等, ときたら, としましては蒔岡家, との三組, とを取巻く, と全く, と共にあるべし, と共鳴, と同じく, と同類, と君等, と握手, と言った, と馬子, なるかを, なんかの側, にかう, にきく, にし, にぜひとも, にとってはそれ, にとつて, にはありがたい, にはお, にはできない, にはなかなか, にはまだ, にはコップ, には伸子, には冬, には可笑しい, には妙, には実に, には心理的, には文壇, には甚だ, には迚, には野蛮, にもある, にも伝, にも紹介, にわかる, にゲラアデ・アウス, に与, に乗つ, に仮, に伝えられ, に分らぬ, に取っ, に命ずる, に妙, に嫌応, に寂滅為楽, に対するや未だ, に少し, に挨拶, に敵意, に椅子, に気がつく, に注意, に知らそう, に聞え, に茶, に許す, に語つて是非, に近づい, に追いつき, に集め, のあ, のあはれ, のいふ, のうち, のこんな, のため, のほか, のやつ, のイイナ, のインテリ階級者, のテエブル, の一人, の一妻, の下, の世代ゼネレーション, の主張, の乗つた省線電車, の乳辺り, の事件, の云々, の五目竝, の仕事, の仲間達, の住む, の住ん, の何, の使命, の借り, の偏見, の僕, の兄, の円タク, の列車, の力, の友, の反省, の受難たる, の同志, の同窓會, の名馬, の問題, の団体, の國, の墓碑文, の大人, の嫉妬, の子孫たち, の学校, の家常茶飯, の寄宿舎生活中, の寝床, の尊厳, の小, の小舟, の差, の帰った, の帷幕, の幻象, の弱い, の後備歩兵, の心胆, の思想, の急行列車, の恋, の悲劇, の惡筆, の愛誦, の感情, の戦ひである, の所謂, の揚合, の文芸上, の新婚生活, の日本語, の模倣, の正面, の残し, の永年, の求めてる, の活動, の爲, の特長, の現実, の理想的老人, の生き, の異議, の目, の眞, の知らない, の立場, の筆致, の納屋生活, の組織, の結婚, の美術, の聲, の肝臓, の興味, の舟, の芸術, の苦しい, の血液, の裡, の視線, の言, の言葉, の話し声, の誉め, の語学的素養, の説, の論争, の貧乏, の質疑, の足もと, の転がっ, の運動場, の遠い, の醫療, の鑵詰, の間にあっ, の防空壕, の隣, の難, の靴, の顔馴染ぢ, の馬, の騒ぎ, の麻縄, はあなた方, はあまり, はいずれ, はいつか, はいつか教文館, はいのち, はお互い, はかつて, はこいつ, はこれから, はさ, はしのびこんだ, はしばらく, はその後者, はそば, はそれなり, はそれ等, はたより, はちょうど, はとうとう, はどうして, はどうも, はどっち, はなん, ははじめ, はほんとう, はまだまだ, はもう一応, はもつ, はカアネギイ, はシシ, はトツク, はニューヨーク, はピュリタン, はモウ, は一ノ宮, は一種, は一躍, は上総, は丸善, は久米正雄, は事実上地獄, は二人がかり, は些か, は人身擁護, は什麼, は今度, は今更, は仕合せ, は低い, は余り, は作品, は債権者, は先方, は先祖伝来, は全然, は其夜, は出, は別に, は別荘地, は前, は勉強, は勝手, は卑怯, は博物館, は句読点, は各人, は同情, は四五人, は四人詰, は困ってる, は國境, は夕飯, は夜, は大抵, は太陽, は妻, は始終, は学校, は安心, は実に種々, は寡, は封建時代, は小口, は少く, は屡, は山田君, は常に, は引地川, は当時, は往来, は後で何かと, は思はず, は恋愛, は感傷主義, は手, は故, は数列, は斯, は新聞雑誌, は早坂新道, は明日, は是, は時代もの, は暖簾, は朝, は本当にもう一度, は束の間, は東家, は格別急ぎ, は正規, は毎日, は気軽, は河原, は法律, は海水帽, は火かげ, は無残, は物, は玄関, は生前, は甲板, は病床, は痛み, は登志子君, は百姓, は皆知つて, は皆超人, は監獄, は眞人, は眼, は知らず, は社会民主党, は神經, は笑, は米国, は細い, は結婚式, は絶え間, は美しい, は聞かなかつた, は腰, は船内, は苺園ホテル, は葦, は蘇峰門下, は血, は街, は袋, は見, は言い合せた, は誓わなけれ, は誰, は講義中, は赤彦君, は足, は迷信, は遙, は長年, は阿呆, は額, は食わず, は馬車, は高く, は鴎外氏, ばかりじゃない, へ話しかけた, まで射殺, もいや, もう東京, もこれ, もさうであります, もそこ, もそんな, もつまらん, もまた, もみんな追放, もゼーロン, も中学, も亦, も保証, も出来る, も向う, も嘗て, も小児, も或は, も新聞記者時代, も深い, も知っ, も試み, も部屋, も飛, よりひどい, よりもはるか, よりも先, よりズット, より先, より足, をおびやかした, をだました, をはじめて, を乗せ, を促す, を冷評, を出迎え, を動かす, を又, を喜ばせる, を大名, を山, を後ろ, を成業, を押し上げ, を拘束, を救け, を斯く, を最も, を楽しませよう, を欺かなかった, を海上, を発見, を知らない, を置い, を育てる, を苦しめるであらう, を見る, を見出し, を見送り, を誘い出し, を迎えた, を送り出す, を連れ, を防波堤, を青年, を頭, んとこ, 本月八日入京

▼ 僕たち~ (1482, 1.9%)

30 はその 15 はもう 14 はこの 12 のこと 10 の仲間, の前, は 9 と一緒 8 のため, はどう 7 の家 6 がこの, だつて, のよう, の方, の部屋, はお, はそれ, は空 5 の間, の関係, はあの, はいま, はただ, はまた

4 [14件] がそれ, の, のほう, の中, の事, の学校, の眼, の知らない, の背後, の舟, はこれから, はちっとも, は僕たち, は学校

3 [28件] があの, がお, が何, が前, に残された, のからだ, のぞうきん, のもの, の仕事, の命, の恋, の教室, の目, の級, の結婚, の車, はいつ, はいつも, はここ, はしばらく, はどこ, はみんな, は今, は君, は宿, は少し, は用談, は皆

2 [100件] から見る, がこれから, がじく, がそっち, がその, がゐた, が二人, が君, が学校, が家, しっかりやろう, そんなこと, だけがまる, とは同じ, と骨牌, にうまく, にはわけ, に向っ, に気がね, に話し, に説かれた, のお母さん, のこの, のせい, のところ, のほか, のまわり, のれい, の乗った, の会, の住ん, の傍, の嘆き, の外, の尊敬, の心, の愛, の書いた, の書く, の本, の理想, の生き, の生活, の畑, の番, の目的, の真情, の組, の結論, の義勇隊, の耳, の胸, の行く手, の話, の誰, の連中, の頭上, の顔, はあなた, はいろんな, はお互い, はお爺さん, はすっかり, はそのまま, はそんな, はたつた, はちょうど, はどうして, はなに, はなん, はひどく, はまだ, はストライキ, は一般に, は一錢蒸氣, は何, は同じ, は命, は夫婦, は子供, は実に実に, は家, は小さい, は御, は急, は怪塔王, は戦争, は支那語, は昔, は本当に, は永遠, は生き, は自分, は警視庁, を促した, を信用, を案内, を見, を迎えた, を連れ

1 [931件 抜粋] あこう仲よく, いつもそこ, お友達, からも伺う, から朝倉先生, から申しあげる, があなた達, がいけなかった, がいつのまに, がお辞儀, がここ, がこっち, がさ, がじっと, がそば, がちっと, がつい, がのりき, がふびん, がほら, がまだ, がもらつ, がやり出した, がゆうべ寢, がトロイ谷, がパリー, がボルネオ, が一枚一枚, が三人一しょ, が上と下, が中学, が二日以内, が会員, が何日, が先, が入学, が冗談, が勝ったなら, が反抗, が四人, が困ります, が家来, が少し, が山, が幸運, が引きさかれ, が後, が必要, が忍びよった, が悦び, が手, が折角, が探偵, が日本, が正しい, が死んだ, が火星探険協会, が焼酎, が生活, が畳, が知らない, が答える, が結婚, が肉弾, が腰, が良い, が若い, が行っ, が裏庭, が要さん, が見つけた, が責任, が逢いたい, が遊び, が長い, が非常, が頂い, が飢え死, が高等学校時代, ぐらいの男の子, これからいく, さびしく無力, しつかりやらうねえ, せ片づけるって, そのとき, たった二人, だけで県庁, だけは二人, だったらすぐ, だってその, だってプロレタリアアト, だって佳い, だッ, ですが, でやつ, で喩えれ, で爆弾, で考えよう, で運びます, ときたら, としては差, とでみんな一, との距離, とは従弟同士, とまだ, と同じ, と坐, と彼, と比較, と遊び, なん, にあっさり, にいも, にお, におしえ, にかくしてる, にこんなに, にすぐ, にそれ, にたべさし, にだ, にだけと仰し, にでなければ, にとってはその, にとっては宇宙爆撃, にとつ, にはあれ, にはいわし, にはさう, にはそんな, にはなんにも, にはわかり易く, には三万フラン, には二人, には君たち, には大きな, には故郷, には薄気味, には逢っ, にばかり饒舌ら, にもマスク, によって戦争, にわかっ, にコーヒー, にヘイヘイ, に一つ, に乗り物, に何, に出来やしない, に取られたくない, に向い, に報告, に好意, に対して怒つ, に手紙, に披露, に敬礼, に残され, に漏し, に直接言, に紹介, に背, に見せる, に言われた, に話した, に説明, に貸し与え, に鉱山, に附い, のあと, のいま, のいる, のおかげ, のかけ, のこんな, のその, のとった, のねがい, のひそか, のまだ, のやう, のやつ, のよき, のクラス自治会, のレコード, の一ばん, の上, の不運, の乗つた汽車, の二階, の人間修業, の仲, の会合, の会話, の伸び伸び, の体, の信用, の健康, の先, の出発, の前方, の努力, の原っぱ, の叔母さん, の周囲, の団欒, の土産物, の場合, の夢, の天国, の子供, の学生時代, の実験, の家主, の宿, の尊い, の左手, の席, の帰り, の年齡, の影, の御, の心持, の思っ, の恩人, の悪, の想像, の意見, の懸命, の所, の拾った, の挨拶, の描いた, の放送, の散歩, の文学, の新, の方の, の時代, の暗黒, の書い, の望ん, の村, の校長先生, の歯, の母さん, の泡, の洋行, の為, の父祖, の現れる, の町, の監守, の知ってる, の祖先, の笑い, の紙一重向, の考え, の船長, の英雄, の見た, の計画, の話してる, の財産, の赤ん坊, の足跡, の送別, の遊ぶ, の運命, の釣っ, の隙, の青春, の靴, の頭脳, の願い, の首, の馳, の骨折り, はあす, はあっ, はある, はいくら, はいつたい, はいま父親, はいよいよ, はえらい, はおこず, はおとな, はお八つ, はかれ, はがっかり, はこの間花岡さん, はこわがられた, はさ, はさっき千葉県, はじきそこ, はそこ, はそれぞれ帝都, はたしかに, はたと, はたとえ, はたべました, はぢ, はついに, はです, はとやかく, はとんでも, はどうしても, はどうも, はどの, はなか, はなんだか, はひそか, はほんの, はまんまと, はみんな元気, はむき, はめったに, はもうじっと, はもちろん, はやりきれやしない, はやる, はよろこん, はわけ, はアンナ, はストケード内, はドイツ, はフォーク, はブルジョアジイ, はレストラン, はロケット, は一人, は一刻, は一度, は一片, は三日, は三時間, は三本, は上海, は下りられないだろう, は世間的, は中学生, は二人, は二十, は互に, は五つ, は人, は人造人間, は今一所けんめい, は今日, は仕合せ, は会いましょう, は会費, は何ん, は依然として, は僕たち自身, は元, は先, は先生, は全く, は其処, は初, は前進, は勉強, は口, は只目, は司令塔, は四人, は土佐エ門, は墜落, は大きな, は大分, は大抵, は宇宙, は宇宙尖兵, は完全, は尊敬, は島, は希望, は幼い, は強制的, は当局, は待ちかねた, は急ぐだろう, は恐らく, は悲しい, は愛し合っ, は憩, は成長, は或, は所属師団司令部, は握手, は新, は既成科学, は早口, は明日手紙, は時代, は最初, は朝むしパン, は本田君, は杉林, は来たい, は東京, は林野局, は正義, は死, は殺され, は毎晩, は氷山, は泥濘, は注意, は消毒, は滑らか, は片っぱし, は用意, は町, は皆一人づつ, は眉山, は磯伝い, は秋きのこ, は笊, は結核患者, は縫目, は考え, は肩, は自分たち, は苦心, は茶の間, は薪炭料, は行儀, は西方, は訓話, は話, は誰, は車, は遅まきながら, は選ん, は郁少年, は酒, は里見八犬伝, は鍵, は長い, は陸, は霜, は面, は頭, は顔, は風呂, は馬, は駅, は黙っ, ばかりだ, びくともしません, へ渡し給え, よりずっと, よりもずつと大きな, より強く, をいっしょ, をおどおど, をさがすだろう, をせめる, をそんなに, をだまかした, をだます, をてんで, をなにか, をまじまじ, をやっつけるだろう, をキッス, を一番, を体ごと撥ね, を使嗾, を前部艦橋, を叱りとばせ, を呼びました, を呼ん, を失望, を巻き込む, を心配そう, を恰も, を散歩, を楽しませ, を海, を睨み, を結び合わせ, を芝生, を見た, を見守った, を言いくるめ, を赤彦君, を軽蔑, を追い越そう, 云い出そうか, 助かっちゃうん, 困ります, 新しい男, 正しいこと, 知ってるの, 若いもの, 逃げようか

▼ 僕~ (1137, 1.5%)

84 一緒に 29 して 24 同じよう 23 いっしょに 16 結婚し 14 しても 10 一しょに 9 いつしよ 8 いえども, 僕の 7 並んで, 君との, 話を 6 三人で, 君と, 雖も 5 一しよ, 一所に, 君の, 彼女との, 彼女は, 結婚する 4 あなたが, 二人きりで, 二人の, 同じやう, 同様に, 彼との, 沢子との, 違って, 鞄が, 顔を 3 おなじよう, お姉さん, もう一人, 二人で, 妻と, 林田の, 此の, 結婚した, 静子は

2 [65件] あなたは, あの女, おせい, おとうさんの, おまえとは, お前との, お銀, きたひには, この部屋, しちゃ, しちゃあ, すれちが, それから馬場, ちがって, なって, ならんで, なること, クォーツさんだけ, リンピイの, ルリの, 一処に, 三ちゃんと, 三人が, 三人の, 云ふも, 何等かの, 侯爵と, 倒れまいと, 別れたいん, 別れてから, 同じくらいに, 同じく大島, 同じだ, 同じ家, 同じ様, 同じ歳, 同じ精神変質者, 同じ考え, 同じ道, 同居し, 同意見, 同様の, 君とは, 夢と, 大石とは, 夫婦に, 妻とは, 宝石には, 富子とは, 尾崎が, 岡田とは, 岩公とは, 彼らとは, 懇意に, 戀愛關係に, 握手した, 握手を, 書生の, 母とは, 結びつく, 親しくした, 違うの, 野呂の, 野呂は, 静子に

1 [646件 抜粋] あい子は, あなたで, あなたとは, あなたも, あの呉一郎, あんまり違わない, いいたまえ, いっしょで, いっしょでなけれ, いっしょな, いっしょにおいでなさい, いった, いふと, いわずに, おとうさんは, おなじく文科, おなじやう, おなじ年頃, おなじ温泉, おぼしき人, おまえとの, おんなじだ, お兼, お前の, お前は, お母さんが, お話しし, きたら若い, きちや, きみとが, こうして並ん, こちらの, このお方, この店, この影, この新聞, したこと, してさ, してよりも, しんから, そして木兎, そっくりだ, そっくりの, その事柄, その女, その従妹, その男, それから髪, たった二人, たつた二人きり, ちがったところが, ですか, ですね, なす尊き, ならいっしょ, ならなければ, ならん意思, なりて, なりてこ, なり主人, なり婢, なると, なれ, ねえさんの, ふたりし, べつな, またいつ, まるで反対, みづ江さん, もう一人ほか生還, もっと残っ, よく種々, よく酷似, わかれるべき雰囲気, ケティの, ケティは, コポオとに, サチ子の, ソーニャは, タイピストの, タクマ少年は, タミ子を, チツトも, テーブルを, ドッチが, ナオミとの, ナヂェージダ・フョードロヴナとの, ネッドが, ホレーショーは, ホールから, ボップ裏街の, マア坊と, マヌエラが, ミツキイに, ミツキイにと, リヨンの, リンピイにとって, ロクロー, ヴァレリイとが, 一しょ, 一ぱいやってかんかね, 一ぱい飲もう, 一緒について, 一處に, 一足さきに, 三つが, 三つしか, 三つち, 三人がかりで, 三人で撮つ, 三人も, 三人プラトニックな, 三人同席し, 三十ちがいだ, 三台の, 三浦等は, 三益の, 上森, 不破との, 両人で, 中野とは, 中野君とは, 事実上夫婦でない, 二人しか, 二人だけ, 二人っきりに, 二人つ, 二人に, 二人ぶんの, 二人切りしか, 二人切りで, 二人切りに, 二人本郷警察署に, 云うの, 云うもの, 云うものの, 云う男, 云う程, 云ふ, 五人の, 亡妻の, 交つてゐる, 交る, 交渉の, 交際し始めた, 人見さん, 他の, 仲よしに, 仲好な, 会ったあすこ, 会った以上, 会って, 会つた, 伯仲の, 位な, 体を, 使者, 使者即ち, 使者百ありき, 俊ちゃんが, 保が, 信子さんとの, 信子との, 僕と, 兄さんとの, 兄弟じゃ, 先生とが, 入れ換はり, 入れ換わり, 入替つて, 六さんとの, 六ちゃんと, 共同の, 共謀のうへ, 共通し, 共鳴し, 共鳴せ, 内藤君が, 冒険小説を, 別々に, 別れたい時, 別れること, 別れるの, 別れる前, 前からの, 前後し, 劇を, 十歳ぐらいしか, 千代子と, 千代子の, 千代子を, 協力し, 協力する, 博文館との, 友人は, 友軍投降勧告の, 口を, 古賀政男の, 吉弥とを, 吉弥の, 同じお父さん, 同じくらい, 同じく人間, 同じく報道員, 同じく気, 同じく音楽, 同じこのラ, 同じたこ, 同じである, 同じと, 同じな, 同じに, 同じの石川氏, 同じクラス, 同じ中学, 同じ二十三歳, 同じ人間, 同じ仕方, 同じ体験, 同じ側, 同じ印象, 同じ奴, 同じ宿, 同じ小, 同じ小隊, 同じ年齢, 同じ意見, 同じ文科, 同じ本所, 同じ村, 同じ町内, 同じ病気, 同じ経験, 同じ罪名, 同じ肉體, 同じ運命, 同一人格と, 同姓同名で, 同室の, 同居する, 同年だった, 同年の, 同年輩ぐらいの, 同年配, 同座し, 同感に, 同感の, 同時に学校, 同時代, 同棲しなけれ, 同棲中僕の, 同業なら, 同様あまり, 同様その, 同様で, 同様倶楽部員の, 同樣, 同窓だ, 同行し, 同郷の, 向いあって, 向い合った椅子, 向きあって, 向き合つて眞面目な, 君が, 君がさ, 君だけ, 君とが, 君とさえ, 呼び合, 和歌子さんは, 唇の, 喜久子さんとは, 喧嘩を, 四人か, 四人づれでパリへ, 四人坐った, 園子さんとは, 坂本君とは, 坊やとは, 埴生庄之, 堀井は, 声を, 大いに違っ, 大した違い, 大学の, 大辻さんとで, 天華堂と, 女中が, 女優数名で, 奴隷とを, 好敵手は, 妙子の, 妻との, 妻とを, 妻君との, 姉ちゃんと, 娘の, 嫂さんの, 子供侍が, 宋思芳とが, 定次郎と共に, 客の, 家の, 家内とは, 富山とは, 小学校の, 小川君は, 小栗は, 小池君とで, 小鈴, 山へ, 差向いに, 差向の, 市蔵とを, 市蔵の, 市蔵は, 平行に, 座間君には, 形影相追随する, 彼と, 彼の, 彼は, 彼女が, 徳光光子とは, 徳山だけ, 心を, 必しも, 恋愛し, 恋愛なんか, 恋愛関係に, 愛子との, 愛子は, 慶子さんの, 或少女, 戦うところ, 戦うん, 所見違う, 抱きつき三昧, 握手し, 擦れちがう, 数人の, 文代とで, 文学上の, 斎藤氏と, 日名子さんとは, 早慶戦を, 昔容易ならぬ, 晶子とは, 暫時話した, 曙村とが, 最初から, 服との, 服を, 木沢氏と, 東野さんは, 松男君は, 林寛でやる, 柳を, 柳田さんと, 根本的に, 桂は, 槇との, 橋本とで, 橘とが, 歩いて, 殺された老人, 母との, 比較する, 民子との, 気が, 気の, 決闘でも, 沢子と, 泉ちゃんと, 流とは, 深山とは, 深志に, 淺見君とが, 渡辺に, 無関係に, 照常が, 特別な, 犬, 狩尾君とが, 田口と, 申し合わしたよう, 申し合わせでも, 異った, 白昼出会わす, 白水その他の, 白水と, 百合子は, 目と目を, 目を, 相前後, 相対した, 相撲を, 相談し, 矛盾する, 石田, 祖母とに関する, 秋子さんと, 称ず, 竹内仙治郎, 筋向, 節野とは, 約六年, 約束した, 約束の, 組みうちした, 組みて, 結婚さえ, 結婚しない, 結婚しましょう, 結婚します, 結婚しよう, 結婚すれ, 絶つ, 絶交する, 老博士, 老梅, 肩を, 胡先生とは, 能勢が, 芥川と, 芥川との, 若様が, 茂ちゃんと, 茂夫とを, 落ちあって, 蓉子とは, 虹吉は, 行動を, 見て, 見分に, 見合した, 視線が, 視線を, 親しい中川紀元氏, 親しくなる, 親爺の, 言いかわしてるだけ, 言う人間, 言う者, 言ったり, 言ふ, 記者との, 許婚も, 詐欺老人とで, 話が, 話したいの, 話すこと, 話すため, 談ずるや, 談話でも, 論戦を, 議論を, 谷崎と, 豹の, 貴女と, 貴島が, 貴島は, 貴様と, 貴様を, 路で, 踊って, 踊らない, 速水とは, 速水は, 連れに, 遊びたいの, 遊びたがって, 遊んで, 違うつもり, 違つて土蔵が, 違ひます, 違ふところさ, 酒と, 酒井とは, 里子の, 里子は, 野呂という, 銀杏の, 鍋井とで, 間違へ, 関係し, 陳君を, 隠岐が, 離るる, 離れて, 霓博士は, 静子が, 面白そう, 順番が, 風呂で, 食事を, 飲み友達, 駈落して, 鯉とだけ

▼ 僕自身~ (500, 0.7%)

13 のこと 7 の生活 5 の作品 4 がその, にもよく, の中 3 には勿論, のため, の心, の眼, の経験

2 [38件] がそう, だ, だつた, だつて, で検, なの, にうまく, にし, にとつて, になるでせう, にもまだ, にもわからなかつた, に判然, に取, に見えた, に関すること, の, の問題, の場合, の外, の小さい, の影, の手, の気, の気持ち, の立ち姿, の立場, の肖像画, はっきり意識, は今, もこの, もその, も中産階級, を, を主人公, を冷笑, を冷静, を見る

1 [372件] あの婆, あぶないの, いわゆる指導部, からの求婚, からもそう, からも遠く, から云え, から出, から進ん, が, があなた, がいったい, がいつも, がかなり, がこんな, がさ, がすでに, がすべて, がする, がだらし, がつける, がどうにも, がなりたい, がよろめい, がゐる, がインチキ文学, が一番, が人, が他人, が何, が兄上, が出かけ, が出動, が加わる, が号外, が対手, が彼ら, が彼等, が後ろ, が必要, が感動, が最も, が望ん, が法律家, が無, が無学, が田舎生まれ, が疑われ, が病後, が知つて, が自伝的小説, が自演, が覺悟, が謎, が逢着, が連累者, が驚い, すら苦笑, そう僕, たいした自説, たること, だけで, だけの考, だった, だっていま, だって時々ひやりと, だって知っ, だらうか, である, でこれ, でさえ今僕, です, ですらが, ですらも, ではない, では一向, では相当, でもさうなけれ, でももうこ, でもよく, でも一つ二つ手, でも実は, でも青年たち, でよく, で僕, で出来る, で抹殺, で爾来, で確め, で考える, で譯, で金, としてのママ, としての回顧, としては持っ, としては気持, としては自由結婚, としては返上, としても君, と同様, と闘う, なん, にかえり, にさ, にさえ, にそう, にそういう, にそんな, にだ, にだってもっと, にだってよく, にだって分らない, にだって訳, について云, にとってどれ, にとってはたいへん, にとっては感謝, にとっても数百, になる, にはいや, にはそんな, にはつ, には偶然, には嘗て, には褒め過ぎ, にまだ, にも, にもあるいは, にもはっきり, にもふしぎ, にもわからなかった, にもハッキリ, にも今, にも何だかはっきり, にも保証, にも信じられなかった, にも僕, にも判らない, にも多少, にも實, にも少なから, にも強く, にも手落ち, にも書いた, にも真喜, にも解らない, にも関係, に似, に何, に取っ, に始まつた, に対してのみのそれ, に対するの, に対するもの, に対する反抗心, に従, に思い出す, に教えなけれ, に特有, に申訳, に相応, に考, に聞い, に至る, に興味, に裁かれ, に還る, に関した, のからだ, のこの, のした, のなか, のふるえ, のやう, のわずか, のカルチュア, の不平, の主張, の事, の亡霊, の人格, の体温, の偉い, の全部, の前科割り, の加えた, の加へた註釈, の十分, の印象, の天, の好奇心, の姿, の実感, の家, の容態, の幸福, の幸運, の当面, の心苦し, の性慾, の性格, の感じ, の拳, の支那語, の方, の方法論, の旅行中, の晴雨計, の正しい, の正義, の歩いた, の気分, の気持, の汗じみた, の為, の為す, の無力, の無名, の物, の現在, の理知, の用, の疑問, の病気, の發明, の監視, の給料, の縊死, の缺點, の罪, の考へ, の肉體, の肚, の胸, の自慢, の行動, の表現, の衰弱, の製作欲, の見た, の見る, の解する, の言いたい, の言葉, の話, の調査, の趣味, の身の毛, の身体, の阿呆面, の露呈, の面目, の頭, の顔色, の首がま, は, はいや, はこれ, はつ, はどう, はなんにも, はもう, はやっぱり, は与へられた, は何, は余りに, は個人, は夢, は大した, は大して, は始め, は宗教, は尊敬, は思う, は既に, は歌舞伎, は永久, は演出家, は猶一層, は考へ, は聖人, へ巣くう, までが本当, も, もあんまり, もいつ, もいつの間に, もいつの間にか, もうまく, もおかしく, もこんな, もさうである, もすりへらされる, もそんな, もたまらん, もどうして, もながらみ, もはなはだ, もまた, ももう, も一時, も一足, も不快, も不愉快, も二十数年間来, も亦, も人, も何, も保子, も傲慢, も僕, も十分之, も卑劣, も呪われ, も大, も小さい, も少し, も平素, も幾分, も幾度君, も心配, も怖くっ, も戯曲, も痩せ, も考へます, も肉体的, も腕白小僧, も腹, も自分, も諷刺画, も身動き, よりも更に, をかへりみる, をとりもどす, をほろぼし, をも冷靜, をも含め, を仇敵, を僞, を叩きつける, を含む, を嗤はず, を夢, を引き立てる, を思ひ出させ, を憐みたい気もち, を救う, を曝, を検討, を殺し, を涜, を満足, を理智的, を相手, を空想, を至当, を見せ, を見限つてる, を評價, を説得, を離れた, を鞭, ハッキリ解る, 乏しき才能, 何と母, 又いつ, 同じこと, 少々まとまり, 屡々事芝居, 度々聞いた, 悲しんだこと, 驚くやう

▼ 僕にも~ (384, 0.5%)

6 よく分らない 5 わからない 4 よくわからない, 何か, 見せて 3 ある, それは, わかって, わからないん, わかりません, わかる, 考えが, 覚えが, 責任が

2 [21件] そう見える, その気持, わからなかった, 一緒に, 僕の, 出せと, 分かって, 分からない, 分らない, 分りませんが, 分る, 多少の, 少しその, 少しは, 彼女にも, 欠点が, 自分の, 見当が, 覚えの, 解らない, 間接に

1 [292件] あったっけ, あつた, あのカーチャ, あります, あるさ, あるやう, あるん, いっしょに, いろいろの, うまく説明, おくれよう, おつかまりなさい, おまえにも, お分り, お手伝, きかせて, くれた, くれ給, この点, これが, これっきりしか, これで, これは, こんな話, さう, さっぱりこの, さつき, しばしばこぼし, すこし分りかけた, すこし責任, そういう時代, そういっ, そうで, そうです, そうでなくなる, そう思える, そのうち一册, そのお, そのしょぼ, その動機, その腹, その酒, そりゃわかる, それが, それぐらいの, それを, それ位の, そんなこと, そんな明るい, そんな気持, そんな覚え, そんな覺, たいてい分かる, たまには, ちょいちょいその, ちょっと吸わせ, ちょっと想像, ちよつと, ついで, つき合って, できるよう, どうしてよい, どうもわからない, どうも解せない, どうやら手, なんだかよく腑, はっきりと, はっきり言えません, はつきりした, はつきりとは, ひょっとこの, ぶつかったの, またその, また伴田氏同様, まだいくらか有る, まだわからない, まだ分っ, まだ分りません, まづ脈, やっぱり世の中, やつぱりエミルと, やらして, ようやくわかった, よくは, よくわかっ, よくわかりません, よくわかる, よく分っ, よく分ってる, よく判りました, よく想像, よこしやがったに, ろくに話, わからないが, わからないな, わからないよ, わからなかったよ, わからなかつた, わからぬが, わからぬこと, わからぬと, わからんの, わからんよ, わかりませんけれども, わかりませんでした, わかんない, サ, ドラマーがめっかる, ビイルを, ビールあ, マリ子にも, 一つ, 一つの, 一つ板前の, 一つ流させ, 一人こさえ, 一家言が, 一寸考えられません, 一度その, 一度も, 一度云, 一本下さい, 一生の, 三百円出た, 不快で, 不思議だ, 不思議だった, 云えない, 云わなくちゃ, 五六十銭ある, 五十キロの, 亦全然わからない, 亦時に, 仲間入を, 似合わず九文七分, 似合わず殊勝, 似合わないからね, 似合わないって, 何うし, 何かを, 何の, 保証は, 信頼しない, 候補者が, 入会を, 全然ない, 其れ, 内所に, 出来る, 分からんので, 分ったこと, 分つて, 分らないさ, 分らないの, 分らないよ, 分らなかった, 分らなくなっちゃったの, 分らんがの, 分らんね, 判つ, 判らない, 判らないしかし, 判らないの, 判らないん, 判りません, 判然とは, 別に一室, 別に信ずる, 同意を, 同行を, 呉れ僕, 命令した, 多かれ少なかれそんな, 多少そういう, 多少懸念, 多少考, 大きな目的, 大てい犯人, 大変よく, 大抵は, 大西洋を, 好きな, 妙な遣, 妻にも, 嬉しい気, 子供が, 実は余り, 寄稿させ, 察せられる, 小説を, 少々驚く, 少しくらい, 少しも, 少し見込, 少し飲ませた, 巣喰いだした, 幾つか, 彼らの, 心当りが, 必ずしも全然面白味, 応答の, 思いあたること, 愉快に, 意外であった, 或婆さん, 手を, 手紙を, 打って, 指輪を, 掛けさせた, 掴みかからずには, 早く歸, 明瞭な, 昔の, 映つて, 是非いっしょに, 是非出席し, 時々とても無理, 時々夏目先生, 最初に, 有るよ, 服まし, 本当ははっきりわかっ, 来たかと, 来てる自転車, 来ないかと, 来るかも, 此処に, 殆ど解らない, 残りおるなるべし, 母が, 母さんを, 気が, 気に, 気は, 水を, 決心が, 洒落気, 深い御, 漕げます, 無論はっきりした, 無論わからなかった, 然う, 特賞思った, 理解出来た, 生きられたら, 異存は, 疑問である, 直ぐ其, 相応の, 矢島が, 知らぬを, 経験が, 縁談を, 聞えない, 聞えます, 聞えるよ, 聞かせて, 聞きとれなかったくらいの, 行先を, 裾分けした, 見せろ, 見当は, 見番くらいは, 覚悟が, 親爺にも, 解って, 解らないが, 解らないよ, 解る, 言うべきこと, 話して, 話しませんでしたけれども, 説明の, 読まして, 読ませて, 誰にも, 調べさせて, 識別し, 讀まして, 豹の, 軍服を, 近頃流行る, 迫って, 迫つてゐるらし, 酒の, 金が, 関係が, 難しいの, 難解である, 雪子姉さんの, 餅を

▼ 僕だって~ (316, 0.4%)

5 そうだ 4 いつまでも 3 じきに, 少しは, 知って

2 [13件] あなたを, これで, それは, それを, できら, まさか, 何も, 君だって, 君の, 君を, 学校は, 死ぬよ, 見たこと

1 [272件] あなたが, あなただ, あなたの, あのとき, あの御手紙, あの朗読劇, あまり面白い, ありますよ, あるさ, あんな奴, いたずらは, いっそ気違い, いつも霊感, いままで, いやだ, うんとある, おかあさんと, おしえて, おとうさんは, おとうさんや, お前を, お花, きっとぶち, ここへ, ことが, このごろそうとう, このまま, この家, これでも, これ程の, こわいよ, こんなに無力, ご多分, さうだ, さ来年, すぐ五疋だい, ずいぶんやられ, ずいぶん下品, そうさ, そうします, そうじゃ, そうばか, そう思います, そう浮ついた, そう無責任, そう馬鹿, そのとおり, その場合, その孫文, その時間, そらこの, それくらい, それくらいの, それだけの, それで目, それほど深く, それや, そんなこと, そんなもの, そんな化, そんな安, そんな露骨, ただ吉川, ちっとも美しく, ちっとも落ちつい, ちゃんと権利金, つくしを, つらいこと, どっちでも, なぐられるの, なんでも, なんにも, のんきにばかり, はじめから, へぼ詩を, ほんとうは, まさか生れたて, まだ泥棒, まるっきり知らない, まんざらで, みんなだって, もういつ, もうこれからは, もう二十五, もう二十八歳, もう少し若けりゃ, もう暫く前, もう覚悟, もう遠慮, やっと十六貫足らず, やはりカラマゾフ, よく分りません, よく知っ, よく考え, よごれて, わかって, わざとなら, わざわざ北京, イヤに, エゴイストです, クリスチャンの, ケチを, シェーンブルンへ, スムーロフの, デカダンスの, デンマーク国の, マルクスや, ヤンレッグの, 一人で, 一人前の, 一旦は, 一生懸命だ, 三年も, 上級の, 上酒一升鴨一羽は, 下手な, 二ツ三ツ作た, 人が, 今すぐ, 今では, 今に, 今度の, 他あや, 伺わないでも, 何ともない, 何を, 何時までも, 俊ちゃんより, 保証いたします, 働いても, 働かずには, 先刻まで, 全く同等, 処女の, 出さないと, 分かってるさ, 分って, 分る, 切るの, 切符を, 別に, 別につっかかりたく, 別に研究, 前夜の, 十五の, 厭だ, 口惜しいから, 同じだ, 同じです, 同じよう, 同じ事, 向うに, 君そう, 君それほど, 君との, 君に, 君よりは, 君ヤリキレや, 君今なら, 君達の, 呼びたくないこと, 嘘なんか, 困って, 変な, 多少は, 大いに共感, 大変だ, 奴の, 好きな, 好奇心の, 嫌いじゃ, 子供じゃ, 学術用に, 家に, 小刀の, 小説が, 小説ぐらいは, 小説を, 少しも, 居心地が, 平気です, 平気な, 御菜上, 復讐する, 必ず落第, 忘れやしない, 恋愛と, 想像を, 意地で, 意地です, 愛されて, 愛国心に, 戦争へ, 承知しない, 描けますよ, 改良する, 故なし, 教えるほど, 教育こそ, 文学青年だった, 断らなかったの, 日に日に成長, 昔の, 春秋座の, 書損いだけなら, 最初は, 最前列, 朝鮮三界まで, 本の, 本当に病人, 根からこんな, 母を, 決して楽, 津軽で, 活きて, 海の, 理窟を, 甘すぎる, 男だろう, 男です, 留守番の, 疑って, 皆と, 知ってるさ, 知ってるです, 知ってるよ, 知らんこと, 確な, 社からは, 神には, 竹さんを, 笑うよ, 精いっぱいで, 経験が, 翼の, 考えて, 考えますよ, 考案者としての, 脚本を, 自分が, 自分で, 自分に, 自分の, 自分を, 苦しまなくても, 行きたくない, 見に, 覚えが, 覚えて, 言ったん, 言や, 認めて, 諸君と, 貧乏人な, 貴女を, 買う資格, 買ったもんじゃ, 車くらい, 軍人は, 退屈で, 逃げられるだけは, 逃出す, 酒飲みです, 酔興に, 金持という, 鈴岡さんを, 阿呆で, 青髪山, 面白くない, 面目ない, 須々木さんとは, 鱶に

▼ 僕~ (235, 0.3%)

219 つて 6 ツて 5 よ僕 4 僕だ 3 つてさ, つてさうだ, つても, ということ, よう, ッて

2 [13件] から, からこれ, から妙, これが, つてこの, つてさう, つてその, つて一人歩いてる, つて同じ, つて君の, つて男です, と僕, よ早く

1 [146件] からいい, からかなり, からこうして, からこそ踏み堪える, からした, からまあ, から不, から今更ら智者, から好い, から思い, から意地, か僕, か分らなく, があまり, がその, がそれ, がね, が一番, が上海, が大海, が白人, けれども本殿, その上衣, つたのか, つたのだ, つたので, つたのです, つたのに, つてあの, つてあまり心地が, つてあらぬ, つてあれには, つていくらも, つてことが, つてこんな, つてする, つてずいぶん, つてそれつ, つてそれや, つてそんな, つてた, つてできた, つてはじめから, つてふうん, つてまさか, つてもの, つてチツとも, つてルリ君の, つて一つ位の, つて七年も, つて人いちばい淋し, つて人間の, つて仕, つて僕だ, つて兄貴を, つて六年も, つて其様な, つて出られない, つて判然と, つて別に, つて厭な, つて君から, つて君それほど, つて君と, つて君に, つて君を, つて君同様に, つて君多少, つて嘘を, つて困ります, つて埼ちやんには, つて奇怪不思議な, つて子供ぢや, つて左うだ, つて左様冷い, つて平気だ, つて心配しました, つて心配で, つて忘れません, つて忘れやしない, つて或, つて斯うし, つて斯うなれ, つて新聞は, つて日本へ, つて書ける, つて本の, つて林田だ, つて此方へ, つて気狂ひ, つて泣き度くなる, つて浦賀に, つて無上の, つて犬より, つて男ぢや, つて知つ, つて知らない, つて知らなかつた, つて細かい, つて自信が, つて自分の, つて自然主義の, つて見かけほど, つて解つてる, つて起き, つて退屈で, つて遠くから, つて金持といふ, つて間違へる, つて隨分光ちやんを, つて面目ない, つて須々木さんとは, つて養へる, という事, とおいい, とか君, とこうなる, とて時に, とて空想, ともいい, と信じ, と思つて, と断定, と觀念, なんて, のが, のという, のにきびしく, のに悪い, のは, のを, もの, ようやっと, よたしかに, よと云わぬ, よと手, よもう, よアレクサンドル, よ寺田, よ木村, よ正太, ッても, 恒川だ, 文彦だ, 武田だ, 毛利だ

▼ 僕から~ (184, 0.2%)

12 見れば 7 見ると 3 いうと, 云わせると, 君に 2 あなたに, 云うの, 云えば, 君を, 見て, 言えば, 話すもん, 離れて

1 [140件] あなたが, あの女, あらためて云っ, いいよう, いい出したん, いつて, いわせれば, おい, お前を, お父さんに, お父さんの, お礼申します, お願いしたい, かの平明, きいて, これと, これを, こんなこと, さう言, して, すこし離れた, そうする, その便箋, その男, その頃寄贈, ですか, とびのいて, なぐられた頬あたり, なぜかういふ, なんとか話し, はつきりお願いし, はるか離れた, ひきはなしたん, もち出し, よく言っときましょう, よく話, よく話します, よろしくと, ルミへの, 一つお願いします, 一件を, 一言, 万一にも, 万事話す, 上申を, 主人に, 二た, 云つても, 云は, 云はせる, 云ふべき, 云わすれば, 五六歩の, 亡び去ること, 伯爵の, 何か, 何も, 何を, 僕の, 先ず始めます, 先に, 六七歩の, 冷かされたとでも, 出かけて, 勧めて, 十歩ばかり, 去って, 取るもの, 受け取ったら僕, 受け取るだろう, 右様の, 君への, 奪い去らないで, 奪ひ去つた, 届けて, 弱く出, 彼の, 戸籍役場へ, 手紙を, 抜けぬこと, 放れて, 教へて, 権利金を, 残金を, 滑り墜ちるの, 無理に, 照會し, 父と, 物を, 目が, 目を, 考えると, 聞いて, 能を, 脱がせる作業, 自分の, 行かなければ, 要求し, 要求した, 言いだして, 言い出したの, 言うこと, 言って, 言ひ出し, 言出し, 訊きたいこと, 訊く方, 訊ねること, 訪ねよう, 話して, 話せるよう, 話を, 詳しくお話, 誡められる, 説明し, 調べようて, 請求できる, 講釈されなけれ, 警察へ, 警部に, 買いこむに, 質問を, 起きたこと, 足下に, 辭表を, 逃げて, 逃げのびました, 逃げようと, 進んで, 遠のかせる, 釣道具を, 鈴木君の, 離さうと, 離さうとして, 離れては, 離れる, 離れ行くの, 離別した, 頼むの, 頼んだわけ

▼ 僕一人~ (154, 0.2%)

9 では 3 でやる, に限つて, の力

2 [14件] かも知れない, だから, だが, だと, だよ, であらう, である, で出, で大丈夫, なん, の恐怖, の時, の生活, 行って

1 [108件] いやはや, があの, がそれ, がぽつんと, がやつ, が世間, が会う, が何, が何と, が守つて, が悪者, が残っ, が道具, が選ばれる, ぐらいなん, さ, じゃありません, じゃちょっと, じゃないらしい, じゃ僕, だけがひどく, だけそこ, だけだったら, だけで, だけであらう, だけの秘密, だけはみんな, だけ信じてりゃ, だこんな, だった, だったもの, だつた, だつたの, だらう, であったらしい, である筈, であろう, でここ, です, でそう, でたくさん, でなに, でね, でみ, でも勤まる, でも本気, でやっ, でやっつけようと, でやって来ました, でやります, でカフエ・シヤノアル, で二尺, で僕一代, で午後, で反対, で喋, で寢, で思っ, で殆ど, で満喫, で留守番, で行か, で行く, で行っ, で行った, で行って, で遊ぶ, で飲ん, なので, ならともかく, に, にとっても大, になっ, になった, には限らない, に与へらるべきである, に背負わせる, に限らない, のきりきり, のこと, の不公平, の勝手, の四人暮らし, の奮励いかん, の専売特許, の意志, の感じ, の考え, の胸, の観, の身の上, の迷惑, の部屋, は可否, は飽きる, ばかりで, より好かろ, をつかまえ, を彼等, を待っ, を排斥, を残し, を留め置き, を部屋, を頼り, 従いたり, 憎まれ者, 来たん

▼ 僕とは~ (147, 0.2%)

2 なんでも, 何にも, 全然性, 血の, 違う, 顔を, 黙って

1 [133件] あかの, いえ, いわぬ友, お互に, かつて同じ, きまりの, これから本土, これつ, こんなに喧嘩, こんな風, しかし彼女, して, すでに事件, その仕掛, その日, その生きかえった, それから, それだけ懸絶, それを, そんなに親しく, たいへんよく似, ちがうの, つく, てんで違う, とても利害, どんなにびっくり, なれて, また相, また違つた立場, まるで正反対, もう永久, よく四国町, ろくろく口, グランドホテル何とか, スペイン人が, チリヂリ別れ別れさ, ドリ, ヘンリー・ジーキルの, モスクワの, 一体何, 一室には, 中が, 互先で, 今日から, 今日まで, 今朝雨の, 他人にな, 会えないん, 会へ, 似も, 何か, 何という, 何の, 何人ぞ, 偶然にも, 僕の, 兄弟だ, 入江道場で, 全く反対, 全く訣れ, 全く運命, 共犯者である, 初對面, 別の, 別れなくちゃ, 加はらなかつた, 加特力教会の, 単に作家, 又歩き出した, 反対の, 反對, 同じ病院, 同志で, 同輩に, 向いあった, 君の, 地上に, 境遇の, 変って, 多少危険, 夜よりも, 大の, 大ぶ, 大分違う, 大分頭の, 如何なる不思議, 実は幼馴染, 対蹠的な, 小さい卓, 小児の, 小兒, 府立一中の, 当時堺の, 彼の, 往っ, 従兄弟の, 恐ろしく趣味, 愛しあって, 所属の, 所謂, 旧阿蒙であった, 星田に, 最後の, 服装を, 本当に何とかし, 梅原から, 正反対の, 此等の, 気持ちよく酔った, 永久の, 満期に, 番人の, 盛んに, 石川に, 空しく退出, 筋向いに, 縁なき, 縁も, 肥り方, 苗字は, 茶のみ, 親一人子一人, 親子ほど, 話が, 趣味や, 身分が, 違うの, 違った風, 違って, 間違ったこと, 関係が, 限らないが, 顏を

▼ 僕~ (141, 0.2%)

2 あの, これで, そんなこと, 反対だ, 美緒を

1 [131件] ああいう, あまりそんな, いよいよ以, おやじの, おんなじこと, お礼を, かまはん, きらいさ, こうし, こうみえ, この目, こんな下らない, さっさとこの, すぐこの, ぜいたくな, そう思っ, それが, それを, そんなもの, そんな事, そんな意気地無し, そんな物, ただお前, たまげたなあ, ちょっと失敬, ですな, どうし, どうせ来月, どうもあまりよく知らん, どんな事, どんな目論見, なにも, なんか, ねあきらめてる, ねちねち死ぬ, ねなるべく, ね久我, ほほえましきもの, まだあんまり空かん, まだそういつた, まだ月給四十五円, めしは, もういい, もう帰つて, もう御免, もう知らない, もう絶望, もう闇黒, やっぱりなん, やっぱり現代, よく知らん, わかるん, ゾーッと, チョイチョイ見舞いに, ピサロの, ピストルの, ホントに, マッチを, モモコさんと, 一番強い, 中隊長その他の, 久我と, 乞食じゃ, 二人で, 人から, 今は, 今日來たんだ, 何と言, 何は, 何も, 僕あ, 僕一個の, 全体どう, 六時から, 兵隊に, 具合が, 出て, 別に, 勿論, 君の, 困っちまうです, 大嫌いだ, 嫁が, 嫌いです, 嫌いでない, 嫌だ, 実際思いがけない, 寝るよ, 帰った時, 弱っちゃった, 彼奴を, 応接間に, 思うん, 思案に, 恐ろしく単純, 感謝し, 早く戻っ, 昔買っ, 時による, 本当の, 此の際少し, 残ってるだけで, 気が, 氣が, 海空夏なんて, 深く感謝, 父さんの, 猿だ, 玄関で, 癪に, 眼なんか, 知らないと, 知りませんねえ, 科学者だ, 立派な, 考えちまったよ, 聞いて, 自分で, 芸者の, 苦しいもん, 行き先きの無い, 行く, 見たん, 言ってるん, 赤坊なんぞ, 趣味としては, 身分を, 頭が, 頼むよう, 駄目, 鶏の

▼ 僕より~ (123, 0.2%)

2 えらい, ほかに, 一枚上です, 上手な, 先に, 十も, 君は, 年が, 後に, 遥に

1 [103件] あなたの, あなた辛抱出来ます, あの女, うまい, ずっと左手, ずっと早く, たんと取りよる, できないけれど, どこが, どれだけ, はるかに, ひどい汗, もうまかりし, もっと余裕, もっと偉い, もっと新しい, や, よっぽど有利, ズツと, ハンサムじゃ, 一つ二つ年齢が, 一つ年上である, 一学年若い, 一年三ヶ月前だった, 一年上で, 一年下だつた, 一年前に, 一廻り, 一月早く, 一汽車後で, 一足さきへ, 三つほど, 三歳年下だ, 上かも, 上手かな, 上手だ, 上等な, 上等の, 下の, 二つ上だ, 二つ位齢が, 二つ年下で, 二ツ年齢が, 二三年先輩で, 二倍も, 二歳年長であり, 五つも, 五つ六つ上の, 五ツ六ツ年上の, 他何か, 偉い, 偉いん, 偉がる, 偉大な, 僕の, 先き, 出来ます, 出来る, 利口だ, 力の, 勝野保三郎へ, 十四五歳も, 叔父さんの, 右手に, 君が, 君の, 墨の, 奪い置きたる鍵, 好い, 嬉しからう, 小さいの, 年う, 年は, 年上の, 年長で, 弱いの, 弱くて, 弱虫だ, 強いから, 強くとも, 得してる, 拙いもの, 數秒先き, 早いぜ, 早くから, 早く一, 早く目, 有能であり, 林田を, 深かった, 百倍も, 盗むもの, 聡明な, 背の, 若いです, 質が, 身長が, 躯幹長大に, 造作なく, 鈍いもの, 長く関係, 骨が, Oが

▼ 僕との~ (109, 0.1%)

17 間に 5 関係を 3 間には, 間の 2 ことが, つながりには, 事だ, 交誼が, 会話の, 友情を, 命はか, 影は, 間では, 間は

1 [61件] あいだに, あいだには, あのこと, および保子, さし向いだ, はなしが, やうに, ように, ジャンケンに, 三人だけか, 三人であった, 三人に, 三人は, 二人の, 交渉により, 会話を, 体臭が, 勝手な, 友情が, 友情関係が, 合作な, 合名会社の, 合意の, 單なる, 四人が, 四人は, 奇妙な, 対談の, 心が, 意見の, 押問答だ, 接触に対する, 控室での, 楽しい関係, 氣質的類似の, 生活が, 盛大な, 相違, 相違は, 知友の, 知遇を, 約束を, 結びつきの, 腐れ縁の, 萬一の, 見方の, 距離が, 距離に, 距離は, 軍艦見物を, 違いは, 間だ, 間にはも, 間を, 間柄を, 関係である, 関係は, 関係までは, 關係です, 關係に, 離れがたき

▼ 僕としては~ (92, 0.1%)

2 それ程弱く, 僕と, 充分に

1 [86件] あ, あの時, いくつかの, いつも意外, いまだかつてこれ, こうせざる, これが, せいぜい彼女, そうより, その気まぐれついで, それが, それも, ただ今あなた, たとえ僕, なにか立派, はっきりと, ほとんど無理, まるで歩けない, むしろ不思議, めづらしく, もうすこし取っ, もっと単純, もつと, やはり自分, ダイヤか, ニコライ, マリーが, 一生懸命書いた, 一番気に, 一種の, 京都で, 今は, 今度の, 仕事に, 何だか寂しい, 余計な, 依頼文の, 僕等が, 僕自身が, 出来ない事, 勝手な, 医は, 可愛い二人, 大いに癇癪, 少くとも, 居ない方, 岩田氏の, 幸福な, 強いて, 彼女と, 彼女を, 後めたい, 心血を, 思いがけない知己, 悪い気持, 惡い, 愛着も, 挨拶にだけは, 最も正視, 朝日の, 本文に, 本望な, 本来なら, 構わないの, 死にたければ, 水火を, 満足な, 溝口ゆき子さんが, 然う, 然し下宿, 申し分ない, 疑ひを, 痛くも, 直様検死の, 稍物惜しみの, 精一杯お, 精一杯お詫び, 考えて, 聊考慮を, 脂濃く, 自分の, 話が, 誰それといふ, 身体の, 靴よりも, 體面も

▼ 僕なんか~ (91, 0.1%)

2 前は, 当に, 飯も, 首でも, 鯨だって

1 [81件] あちらの, あなたに, いい加減引っぱり廻され, いくらでも, いつでも, いつまで, いなくなったって, お嫁, お爺さんに, きっと立派, こうしてぶらぶら, すっかり嫌い, そりゃ健全, そりや, そろそろ怪しい, そんなに食べやしない, そんなむずかしい, ちやんと, つまり人間以下, とてもダメ, どういふ, どちらかと, どんなに働いてる, なんの, はじめて東京, ほくほく悦に入っ, まだ床, まだ疲れ, まだ行かなく, まだ論文, まるで道ばた, もい, もうこれから君, もうどうにかなっちまい, もうオウムさん, もう中学, イクラ飲んだ, キレイな, 一度も, 一日も, 三十枚ぐらいの, 下手な, 久し振, 伊豆を, 会ってても, 何も, 凝っと, 及びもつ, 噴火か, 四人も, 嫌で, 子供が, 年甲斐も, 意気地が, 或はお前たち自身, 批評する, 擦り切れてるどころか, 時々田舎, 書きたい事, 最初っ, 有望な, 本所育ちで, 東京に, 東京へ, 果して全力, 殺されて, 比べものにも, 牛に, 玄関払を, 玄關拂を, 結婚し, 考えて, 落ちる途中, 落第坊主だ, 見きり, 讀むやう, 貧乏は, 随分, 隙が, 面倒くさがり, 鯨だ

▼ 僕にとって~ (87, 0.1%)

2 何だった, 唯一の, 大切な

1 [81件] あまりに巨大, いつに, いのちの, かなり不愉快, この上, これが, これは, そうする, その本能, それが, そんなこと, ちょっとロマンチック, どのくらい, どの道, なくては, なんらの, ふと安らか, ほんとうの, ぼんやり僕, まさしく拷問, よく解り, トルストイが, 一人の, 一番の, 七輪や, 不利益な, 不満でも, 予定され, 交際は, 何という, 何な, 何に, 何よりも, 僕の, 凡て架空だ, 君の, 問題では, 嘆くべきこと, 嘘の, 堪えられない苦悶, 変って, 大きな力, 大きな喜び, 女よりも, 好都合だった, 如何なるもの, 幻滅的で, 当然の, 必要な, 忘れること, 怕い, 悔恨の, 愉快だろう, 意外だった, 懐しいの, 我慢ならぬ, 所謂, 揺らぐ不安げ, 数時間の, 最も大切, 本能だ, 正義の, 殆どはじめて, 決して愉快, 生活に, 生涯の, 生涯忘れられぬ, 純粋な, 結婚という, 美くしい, 自殺は, 芭蕉らの, 蕪村は, 蛾や, 親しみやすい, 認識する, 謎だ, 貴く親しいもの, 透明な, 非常に, 頗る親密

▼ 僕にとっては~ (87, 0.1%)

2 何でも, 青春という

1 [83件] あの八百円, あの奇怪, あの室内, あんまり気持, いよいよ都合, このカテゴリイ, このカムフラージュ, これが, これほど, さしずめ, さっきの, すでに悲しい, そのまま目, その女, その屋台, その当時, それが, それは, ちょっと骨, とても大変, どうしても解く, なおキベーレ神, なつかしい本, はじめ心臓らしい, また真理, もし世間, マア坊は, 一ばん好都合な, 一寸戸惑い, 不可能である, 世界の, 人情の, 今の, 以外だった, 余りにど, 先生を, 光明だった, 入谷の, 八百円の, 却ってその, 古代人の, 君の, 堪え難いこと, 多くの, 大いなるかてであり, 大きな鬼門, 嬉しいこと, 安全な, 容易なら, 市場に, 彼女は, 恐ろしい致命傷, 悪臭と, 所詮一生, 折角の, 敵国人に, 早朝でも, 春の, 最初に, 有難いこと, 本当に死活, 正に第, 死んだとは, 民族は, 永久に, 決して見知らぬ, 洋服の, 現実的には, 甚だ愉快, 生命にも, 皆同じく, 砂漠の, 秘密でも, 笑い事じゃ, 肉身の, 言わば一挙手一投足, 軽蔑したくなる, 重大な, 重要問題です, 陰鬱極まる, 音楽が, 頗るあ, 馬耳東風だ

▼ 僕はね~ (82, 0.1%)

2 だが私, ちよつと

1 [78件] あなたが, あの人, あの小説家, あの種, あの薬, おまえが, お彼岸, きっと流行る, けふ, この間君が, これはね, これも, これを, すこしでも, その時分, ともかくもうちょっと残ります, ともかく芸人, どうも巧, どんなに崩れ, ねえさんが, もしどこ, アリョーシャここを, アリョーシャヨーロッパへ, イ, エリザベート一つの, オルガさんあなたは, キザの, フザけた気持は, マリヤ, モンチゴモ・ヤストレビヌィ・コゴッチさ降参しない, 一度友達, 乳母やが, 人類猿類などという, 今日は, 今日運が, 仕事が, 他人から, 何時でも, 兄弟なんて, 先ず手初め, 先生, 八年もの間この, 千鶴子さんが, 君さへ, 君とも, 君定期市へ, 君飯の, 塩田大尉と, 失望した, 奥さんあの, 実はこういう, 実を, 実際窓, 家が, 崖の, 幽里子さん, 御承知, 恋を, 或る, 昨べも, 昨夜も, 昨日の, 景色に, 松の木くん君は, 横浜以来あなたに, 此間, 水筒の, 癩者の, 皿が, 自分の, 自分を, 船から, 若し彼女, 親父たちが, 軍隊で, 近頃悲観的, 開成学校の, 青い色

▼ 僕よりも~ (75, 0.1%)

2 少し年上, 知恵の, 第二

1 [69件] いっそうよく, いっそう鋭敏, いつも進給, こんなこと, ずッ, そっちの, ひと足さきに, まさって, まだあんこぢ, まだ余裕, もっと変人, もっと気, もっと臆病, もつと, より絶望的, ロボの, 一つ年上の, 一と, 一層話したかった, 一年おくれ, 一年先き, 三割が, 上に, 二三歳の, 五つ下だ, 偉い学者, 偉大だ, 優れた頭, 先き, 先に, 勝つて, 十も, 十歳ちかく, 十歳も, 半町ほども, 博士の, 君の, 味覚の, 大いに歓迎, 大きいほどの, 大きかった, 寛容の, 寧ろ彼女, 小さい子供, 山羊の, 年上の, 年少である, 幸運な, 幾層倍打撃を, 後には, 早く入所, 沢山作っ, 深く理解, 直木の, 確かな, 綺麗だろう, 脉が, 膏肓には, 若い人間, 若かった, 若かつたものの, 著書の, 裕福だったらしい, 赤星ジュリアさんが, 身輕な, 迂遠い, 遙かに, 遥かに, 遥に

▼ 僕だけ~ (68, 0.1%)

7 では 62 です, なの, 聞えなくなったの

1 [49件] こうして残される, ここに, だからね, だつたので, だよ, だらうか, だらうと, だろう, であった, でありさすが, でしょう, でない事, でなく人類総がかり, で僕, どういうもの, どうしてその, なごやか, なん, ひとり塔の, まだときどき思い出した, まだときどき思ひ出した, もうすこし此處, ゆく, アメリカへ, トーストを, 一人すこし, 一人富士前で, 二人前とっ, 二人前食べる, 五六ヶ所刺され, 可愛がっ, 君の, 境遇が, 外国人の, 失敬する, 帰る, 忙しいこと, 持って, 有って, 残る気, 知って, 臆病でも, 自分の, 行かないでは, 買って, 逃げられましょう, 逃げるの, 附いて, 馬車へ

▼ 僕~ (61, 0.1%)

3 さへ 2 分ること, 好いなら, 幾人目だ, 役に立つこと, 隣家が

1 [48件] あつた, あつて, あらうと, あり得ず彼女, こっそりサン, これから会社, さへも, すらもし, すら喘ぐ, たくさんだ, できること, なくして, またく, また君, また相当, もつて, ゆうべサミシェルの, よかったら伺いたい, スパァニッシュ・フライその, 万才を, 且つ同盟者, 主人の, 借財の, 働くの, 僕に, 出来ること, 判ること, 十二時迄, 十秒ばかり, 友の, 名人决定戰の, 呼ぶだろう, 外国の, 好きな, 孝行もっぱら, 宗像君の, 居る, 席主の, 時には詩人, 独立し, 築地の, 紳士の, 自分の, 至極それ, 話す, 話を, 隠すところ, 首く

▼ 僕です~ (61, 0.1%)

1697 か僕 3 僕です

1 [26件] かさ, かす, かずっと, からこんな, から僕, かア, か一竿風月閑生計, か二十二, か今, か別荘, か廿二, か見物, か遠い, が, がかうし, がそれでも, けど, その大河, という声, と明確, よ私, ボートルレです, 僕が, 文彦です, 深井です, 繁夫です

▼ 僕にと~ (60, 0.1%)

37 つては 4 つても 2 つての

1 [17件] つてあまり子供らしく, つていい, つてな, つてはずつと, つて二年間も, つて何者な, つて使ふ, つて君の, つて憎い, つて懐しい, つて数時間の, つて止む, つて理知を, つて空文に, つて迷執は, つて魅力である, 先陣を

▼ 僕などは~ (57, 0.1%)

2 この遍路, さう

1 [53件] あかん, あの女主人公, あまり讀まない, いままで, おじさんに, これで, こんなところ, そうは, その中, その噂, その極端, それが, ただ肉体, たちどころにこいつ, とうてい何人, とうてい絶対, どうしてそういう, どこまでも, まだ自殺, もうぶるぶる顫, もう三年, もう支那, ダダイストに, 一件大きな大きな, 一向ありがたく, 今でも, 今日では, 何か, 僕自身にさえ, 助平の, 医者と, 南からは, 危く辞退する, 名も, 唯指, 売文に, 大地震どころぢ, 子供に, 帰朝早々西洋劇の, 往生だつた, 微々たるソヨ風, 恐れを, 悉く落第, 文部省の, 未来記を, 気分が, 町人どもと, 眠さ, 終始一貫父母未生以前, 自分でも, 茎に, 行徳の, 話せぬ人間

▼ 僕なら~ (57, 0.1%)

2 そんなこと, 君は

1 [53件] いくら籤, いや若い, きっとたたき殺し, こうさ, こうは, こうやる, こう命名, こう考える, この船, こんな風, さうだ, すぐ殺します, そうする, そうだ, そのままを, それを, そんなもの, そんな莫迦げた耐圧力, どうした, どうせ役場, どんなに助かる, どんな洋食, ばむしろ, ば友達, ば天女, びつくりします, よたよた婆さん, 一万坪見当だ, 一層駄目, 丁度好い, 二千三百四十五萬六千七百八十九枚と, 他人の, 供を, 僕が, 僕に, 先ず事業, 千代ちゃんも, 反対に, 合唱交響曲の, 君, 君たちが, 唖鈴か, 大丈夫, 大喜び, 平気で, 早く帰っ, 最初の, 然しさ, 生命の, 百枚に, 直ぐその, 直ぐブン打ッ, 魚雷を

▼ 僕という~ (56, 0.1%)

7 人間は 6 人間が 3 ものが, ものを, プロレタリア作家は 2 のは, 人間には

1 [30件] ときそれは, ものから, ものに, ものの, ものは, プロレタリア作家によって, 一介の, 一個の, 事が, 人生を, 人間自, 作家にとっては, 名を, 夫に, 奴は, 悪い人間, 本当の, 泥棒が, 男と, 男には, 男は, 男を, 者とを, 者には, 若い男, 草は, 蕪雑な, 路連れの, 難物の, 順で

▼ 僕では~ (50, 0.1%)

18 ない 5 なかった 3 ないか 2 ありません, あるが, ないと

1 [18件] だめだ, とてもそこ, どうかな, ないかと, ないから, ないの, ないよう, ない僕, ない近所, なかつたそれら, なくて, なくなつ, なく突然, 器が, 太刀打は, 殺せないという, 無かったろうと, 誰も

▼ 僕~ (50, 0.1%)

6 とこに 4 とこの, ところへ 3 とこで, とこへ 2 ちは, ちへ, ですよ, とこと, とこへも

1 [20件] じゃない, だ, だよ, ちに, ちにも, ちのお, ちの近所であった, です, とこから, とこなぞに, とこなんかにや, とこは, とこへまで, ところだ, ところぢや, ところに, ところの, とこを, にも三輪車, 處へ

▼ 僕ひとり~ (46, 0.1%)

2 だ, でもどうにか, で行く

1 [40件] がこの, がする, が孤立, が悪かっ, が決め, が犠牲, が自由, しゃべる此の方, だからといって遠慮, だけは本当, だった, だって, で, であった, でございます, でそれ, でたくさん, ではダメ, では駄目, でまた, でやる, で何とか, で先, で惣兵衛氏, で毎日, で決心, で独楽, で車, なら何, になった, に何, のこと, の愛憎, の為, の秘密, はゆうべ, は毎日, ぼっちに, をこの, 憎まれて

▼ 僕でも~ (45, 0.1%)

3 なれるもの 2 ない太宰

1 [40件] あの子, あの頃, あぶない, いい, この確乎, さて寝込まれ, すぐ気がつく, そのくらい, ちやんとして, ちょっと鉛筆, ない, なければ, 三十分とは, 今日の, 兄さんの, 出来るかも, 同じ程度, 君の, 大丈夫か, 大学を, 密会に, 少々閉口, 少しは, 常々便宜をは, 幾分か, 役に立つよう, 心得て, 必ず眼, 戯曲に, 新聞の, 次に何事, 毎日の, 真心より, 矢ツ張り恥かしい, 碁を, 笑はずには, 行けるの, 行ツて, 金を, 難渋だ

▼ 僕~ (42, 0.1%)

2 永遠, 魂ハ恍惚

1 [38件] スグ前, 五六間前ヲ, 体力ガ年々衰エヲ増シツツアル, 動カスママニ動キナガラ実, 単ナル妄想デアルカモ知レナイガ, 在宅, 妻, 妻ハジェームス, 妻ハ今, 妻ハ午後ニソウイウ, 嫉妬カラソンナ風ニ気ガ廻ルノカト思ッテソノ考エヲ努メテ打チ消, 家庭デ, 寝台ト妻, 将来ヲ, 平素, 心臓ハニワカニ激シク脈搏チツツアルノヲ感ジタ, 性慾点, 想像ヲ, 推測スル限リデハ恐, 方カラモ電話ヲカケル, 方ガハルカニ淫蕩ナ, 方ニ背ヲ, 日記ニハ, 日記帳ニ貼付シテオク, 望ムトコロダッタノダ, 期待ヲ, 楽シミヨリ君ノ, 目, 眼ノ, 眼ヲ, 胸腕頬頸脚ナドヲ手デ, 行動モ同, 見テイナイトコロデ時, 見テイル, 親愛ナル新吉ヨ僕ハイヨイヨ希ヒガカナツテ勇マシイ水雷艇ノ, 豫想スルトコロデハ妻ハコ, 顔色ヲ, 首トガ一ツ胴カラ生エタリシテソノ全体ガマタ二重ニ見

▼ 僕~ (40, 0.1%)

9 んだ 7 のだ 5 のだらう, んです 4 のだろう 3 のか 2 のかしら, のです, ンか 1 のさ

▼ 僕もう~ (40, 0.1%)

3 失礼します 2 家へ

1 [35件] あなたの, あやまつたよ, あんな大きな闇, いいのよ, いくの, お母さんなんか, きたなくしちゃった, きらいに, こないだから, じき, だめだ, 一ぺん読ん, 一人で, 一晩泊る, 三百御用立てし, 五疋だ, 今朝許した, 何んとも, 八疋だ, 六疋だ, 厭だ, 唐辛子きない, 大きくなつたん, 失敬します, 学校なんか, 帰っても, 火星の, 知りませんよ, 腹を, 蠅の, 行っちま, 行っちまうぞ, 行つち, 貴女は, 酔ひで

▼ 僕に対して~ (38, 0.0%)

1 [38件] あれこれ談判は, いつでも, うるさいほどの, これ見よ, こんな失敬, すこぶる厳格, すまん事, つらくひどく, では, どんなひどい, やや打ち解け, よほど温情, アンナ失敬な, 不平な, 冷淡だ, 坊さんと, 失敬な, 岡田が, 得恋者たる, 思慕の, 恋の, 情熱を, 抱いた最も, 抱いて, 振舞うごとく大胆, 敵意の, 有する抗議, 死んだ父, 注いで, 無礼である, 熱情的でない, 版権侵害の, 特別の, 発せられず一番, 相当の, 腹を, 起すかは, 非常に

▼ 僕など~ (37, 0.0%)

2 三日も, 生きること

1 [33件] あそこの, いわば映画界, うっかり口も, すぐこんな, その人, それに, てんで眼中, とても足もと, どうなります, まだ早い, まっさきに返答, もう個々人, アおや, アどうして, 一人前で, 一日に, 一番子供で, 三歩さがっ, 強い方, 影響を, 後に, 手が, 文科の, 朝夕に, 民間に, 淺學には, 煙草は, 痛切に, 眼が, 返答に, 追っ付けそうも, 酒飲みの, 麻雀は

▼ 僕に対する~ (36, 0.0%)

2 貴女の

1 [34件] お前の, 一番素直な, 信頼と, 切実な, 反動が, 反駁でなく, 君の, 嘲笑では, 好意である, 好意に, 好意の, 好意は, 嫌がらせの, 彼女の, 応対ぶりを, 愛で, 愛と, 愛の, 愛は, 愛情の, 感じ方の, 態度が, 態度には, 攻撃の, 敵意の, 最初の, 死別の, 熱心なる, 社会的条件, 親切や, 観察中, 警告とも, 軽蔑だけは, 遠慮だろう

▼ 僕じゃ~ (34, 0.0%)

9 ない 4 ないん 2 ありません, ないという, なくって

1 [15件] ありませんよ, ありません書生, あるまいかと, いけないん, ないあの, ないいちばん先, ないか, ないです, ないよ, ない僕, 仕方ない, 危険だ, 少し工合, 承知しない, 無い僕

▼ 僕~ (34, 0.0%)

3 話しかけた 2 お話しください

1 [29件] いうから, いぜ, かたみに贈つた, かぶって, がむしゃらに, たのみとは, だろうね, どっちかが, のしかかる, はっきり云っ, やった, 云った, 來て, 僕の, 叫びはじめる, 告げました, 囁いた, 声を, 宛てたあいつ, 宛てた手紙, 対して, 指令が, 最後に, 直接いきなり, 肉迫し, 語るので, 近づいて, 進めはじめて, 靴音と

▼ 僕~ (33, 0.0%)

3 僕の 2 他の, 僕と, 君が

1 [24件] あの男, あれへんこの, お前が, だなあ, ラップと, ラツプと, 両親の, 乳母や, 叔父は, 君では, 君や, 堀口君ばかり, 天聲君も, 宇津木君なら, 家内に, 小作人の, 小島政二郎が, 本人が, 松本やがな, 槇たちの, 男達はずつと, 親たちに, 重子の, 馬を

▼ 僕とが~ (32, 0.0%)

1 [32件] この提携, これから書斎, こんな関係, その水飴, それらの, マルセーユで, 一緒に, 二人がかりで, 二人連れで, 何萬圓といふ, 兄妹の, 兄弟だ, 初めて霊肉, 同じ机, 四十年前親しく, 巣鴨へ, 戸籍の, 支持し, 新宿駅を, 日本へ, 本質的に, 案内を, 構内くまなく見廻っ, 歩いて, 氏の, 相和, 相和する, 落合うとは, 鉢あわせ, 鎌倉で, 食堂では, 馴染の

▼ 僕にだって~ (32, 0.0%)

2 よくわかる

1 [30件] あの男, いい人, すぐ打明け, すこしは, そうした企画, それくらいの, そんなには, できますよ, またいい, まんざら悪い, よくは, よくわかってる, よく分らない, よく解っ, わかって, わからんさ, わかりゃしないさ, 世界中に, 出来ますよ, 出来る, 名誉心が, 君以上に, 君以上には, 大人の, 大体の, 恋を, 理想が, 用も, 看破できる, 肉体の

▼ 僕みたい~ (32, 0.0%)

3 な男 2 なもの, な者

1 [25件] だ, な, ななん, な人間, な古い, な境遇, な性格, な才能, な氏, な無, な無名, な若輩, な酒, な風, な食いしん坊, にお上, にさ, にそこ, につら, になっちゃう, に帝大, に御, に斯, に未熟, に氣

▼ 僕~ (31, 0.0%)

2 あのウ

1 [29件] い, お母様, お父さんにも, お父さんの, きょうは, こないだ千草で, このすぐ, この網, この間宇都宮へ, すこしあと, そいでね, もじゃもじゃの, もっと早く, りすさんを, 一緒に, 乳母や, 今度ね, 内側が, 去年二囘喀血した, 去年二回喀血したでしょう, 夕方柳の, 大きくなったら, 大きな斑点, 少し金, 庭に, 明日また, 石を, 石榴の, 腸を

▼ 僕これ~ (27, 0.0%)

1 [27件] が始め, だけし, だけは必死, だけは断言, だけ皆, で, でなかなか, でも二十三, でも紳士, で失敬, で失礼, で帰ります, で東京, はあんまり, は疫病, ほしいな, までまちがっ, まで人, まで偉い, をあげる, をうち, を京都大市, を奇, を好まず, を学校, を得記さざる, 食べて

▼ 僕への~ (26, 0.0%)

2 いやがらせだ, 不平は, 用事は

1 [20件] いたわりの, お土産, お土産カレーパン, ご相談, ひとつの, 命令とか, 執行の, 好意とを, 愛から, 手紙にも, 打擲は, 批評は, 挑戦さ, 接し方, 救いの, 書物の, 深い尊敬, 病気見舞金二百円とを, 贈物であった, 遺書が

▼ 僕だけは~ (25, 0.0%)

2 例外です

1 [23件] あんまり不思議, こうして船乗り, この本庄さん, その時姿, どのヨタモノ, なおさらその, ほかに, 一回も, 一寸行っ, 一杯やり, 全然無関係, 君が, 大丈夫だ, 姿を, 岡山中学校の, 成るべく別, 抹消する, 最初に, 本当に心からしおれ, 格別で, 考へたり, 行かない, 開いて

▼ 僕ばかり~ (25, 0.0%)

9 では 2 見て

1 [14件] だ, でありません今, でかれら, でなくやや, でなく周囲, でなく松平局長, で一面, なかに, のせゐぢ, やっつけるが, わるいん, 叱ると, 憎むもの, 責めるがね

▼ 僕~ (23, 0.0%)

1 [23件] うちへ, かはり, しるこたべたい, たずね出来ません, 会いします, 使ひ, 兄さんの, 光さんの, 別れに, 医者さまを, 友だちに, 姉さんに, 姉さん味方に, 宅まで, 斷り, 水がの, 薬を, 詫を, 談話し, 談話しよう, 酒ちよつ, 酒を, 願ひなのです

▼ 僕こそ~ (23, 0.0%)

2 以後よろしく

1 [21件] あの肖像画, いよいよ斃, お礼を, きみが, ご無礼, しつれい, つまらぬおっちょこちょい, まさしく快楽児, 一番先かも, 君が, 呪われて, 大声で, 幸せだ, 彼奴に, 渾沌と, 無罪です, 甚だお, 生意気な, 礼を, 莫迦でした, 貧乏籤を

▼ 僕この~ (23, 0.0%)

1 [23件] あいだ前を, あいだ教室へ, うるさいつけ, ほかに, ま, ゆずが, トパァスを, レンズちょっと, ロータリーとかいう, 上から, 上へ, 事を, 前とっ, 十五人三十篇である, 宅が, 小僧つ, 木を, 赤ん坊が, 遊びを, 青い土, 頃うち腕が, 頃ね, 頃時間を

▼ 僕~ (23, 0.0%)

2 ねお

1 [21件] あんまり好, いつも葉ちゃん, いつ心臓, くやしくって, くやしくッ, この頃相当, さう, さういふ, さういふ工合, そんなに善く, どうも算術, ね僕ア, また, また駈出し, まつたく斯ん, もう五年, 実は昨夜こ, 居なくなつ, 知らんよ, 行かう, 面白いどころぢ

▼ 僕といふ~ (21, 0.0%)

2 人間を, 男の

1 [17件] ことを, ものに, ものの, ものを, メムバー, メムバーで, 人物は, 人間が, 人間の, 存在は, 官に, 男は, 男始める, 自我の, 霊気ある, 顔ぶれで, 顔ぶれウイスキーを

▼ 僕なんかは~ (21, 0.0%)

2 どうかなあ, 其

1 [17件] いまに, この魚, これを, こんな時代, さしづめ色白, そのためドストエフスキイ, とても出来やし, まったくほか, よしんばただ, 一生ただ, 三宝とは, 嗜きで, 奥さん, 女房を, 学校を, 聞ても, 酒でも

▼ 僕まで~ (21, 0.0%)

2 一緒に

1 [19件] あの人, あの声, この頃, これは, ただ茫然, ゾッとする, 余計な, 叱られて, 呼び寄せやがったの, 夕飯の, 威張れら, 嫌疑者の, 引張って, 本当に感激, 生活が, 眼の, 聞いてるよ, 聴手に, 花粉まみれにな

▼ 僕等二人~ (21, 0.0%)

2 は世間

1 [19件] がいつのまにか, がどんな, が入, が立っ, で引受ける, に限った, に限つた訣, の中学生, の事, の精神状態, の議論, の間, はすれ, はもとより, は令嬢, は共有, は除けもの, は驚いた, を見比べる

▼ 僕たち二人~ (20, 0.0%)

2 の間

1 [18件] がここ, が光, が友愛結婚, が新聞, しか知らない, ですから, でちゃんと, でみんな, とも欺かれた, とも超自然的, なら出るたんび, のこと, のため, の付き合い, の安息日, の手, の筆跡, を迎え入れる

▼ 僕とても~ (20, 0.0%)

1 [20件] あの足跡, かのふたり, また彼等見せかけ, ロシアは, 人並の, 何か, 僕に, 内職其ものを, 参って, 喉が, 学問は, 學問は, 将来この, 想像以外に, 感謝し, 見たいの, 見付かり次第病院, 言葉の, 面白いあそび, 飲まないほう

▼ 僕なぞは~ (20, 0.0%)

1 [20件] あの窓, これからだ, そんな話, もうその, 一週間に, 三十万の, 今聞い, 何も, 別に新しい, 君極楽へ, 始めから, 学資に, 師範校時代から, 擽ったくて, 文筆を以て, 最早チョン髷, 満足する, 芸術に, 賛成だ, 随分無理

▼ 僕なども~ (20, 0.0%)

2 兄弟の, 精神上の

1 [16件] そのお, その一人, その手紙, それを, 一緒に, 今に, 今日の, 同じ仲間, 始終滝田君, 実を, 平素の, 特に今日, 目の, 真面目に, 石の, 青木君同様可なり

▼ 僕~ (20, 0.0%)

2 刺戟シテクレル, 気ガ狂ウホド嫉妬サセテホシイ

1 [16件] オコサズニオイテソノマママダネテヰルカラトイツテワタシテオイテ下サイ, ソノ方ヘ, 助ケテ下サイ, 喜バス結果ニナッテイル, 喜バセタ者ノ, 拒ンデモ彼女ノ, 挑発シ性慾点ヲ, 楽シマセルト同時ニ君自身モ楽シムンジャナイカ, 欺ク, 狂気ニ導イテイルノデアル, 破滅ニ追, 苦シメヨウトシテカエッテ僕, 見付ケタ彼女ハ不意ヲ, 見付ケテ自分, 誤解シテヤシナイカ, 驚喜セシメタ

▼ 僕その~ (19, 0.0%)

1 [19件] うちでも, かわり今度いい, ことに, 人の, 人も, 代り手紙を, 位な, 位地を, 内チヤンと, 室に, 手紙に, 手紙を, 攘夷五郎太郎だ, 時は, 物に, 物の, 硯箱を, 説明が, 金を

▼ 僕だけの~ (19, 0.0%)

1 [19件] お祖母さんでは, ものだ, ものに, 僕で, 常識で, 想像だ, 想像な, 感じであろう, 死に方, 経験は, 考へ, 耳へでも, 観察だ, 解釈では, 解釋として, 身代りに, 遺憾事は, 量見, 隔離された

▼ 僕だけが~ (18, 0.0%)

2 変人であり, 知って

1 [14件] それを, もう一度本船, タッタ一人残った, 一人とり, 大分傍道に, 幸運だった, 彼奴は, 御贔負分, 応対に, 本艇についても, 残った, 沈没した, 生きたの, 知らないの

▼ 僕~ (17, 0.0%)

6 僕は

1 [11件] あ何時も, あ十六歳, あ君, そうさ, とにかくわれわれ, 二人の, 君かという, 女王に, 妻か, 日課を, 藤枝君か

▼ 僕なんぞは~ (17, 0.0%)

1 [17件] うっかり口, おんなじよう, もういい加減耳, もう老朽, 仲間の, 内に, 反対に, 只真理, 君これくらゐ, 国へ, 変な, 書物と, 無責任に, 生涯漂浪し, 誰が, 頻りに, 馬鹿だ

▼ 僕にや~ (17, 0.0%)

2 まだ解らん, わからん

1 [13件] そんな気, とても君, どかり, よくわからない, わからないや, アそれ以上の, アど, ア興味が, オペラつてやつは, 信じられなかつた, 水の, 身体の, 金は

▼ 僕かて~ (16, 0.0%)

1 [16件] あれ夢と, あんたが, あんたには, そう思て, そない, それ覚悟してる, やっぱりそんな, やっぱり何, 何も, 同じこと, 心配や, 必要に, 望むとこ, 男です, 石油が, 雪子ちゃんが

▼ 僕ここ~ (16, 0.0%)

1 [16件] からかたく, さ, ですビレラフォンさん, で失敬, で手伝っ, で番, で蓄音機, で食べる, にいつ, にいる, にゐる, に待っ, に書類, に来たい, に残る, へ来た

▼ 僕よりは~ (16, 0.0%)

1 [16件] あとに, いくらか, ずっと馴れ, つきり, ましな, 一つ方姉さんでした, 一枚役者が, 仕合せだ, 偉いよ, 四歳上の, 巧そうだ, 年が, 年上の, 年少である, 數字に, 比べものに

▼ 僕以上~ (16, 0.0%)

2 で引越す

1 [14件] に, によく, に僕, に固, に弱い, に深い, に知らない, に緊張, に頭脳, の人, の大胆, の年配, の熱愛讀者, の者

▼ 僕以外~ (16, 0.0%)

2 のもの, の誰か, ノ男性ガ彼女ノア 1 にそんな, にだれ, には誰, にもなんぼ, の人, の人々, の作家, の男性, の誰, ノ男カラブランデーノ杯

▼ 僕等人間~ (16, 0.0%)

3 は一事件 2 と変り, の情け, の顔 1 といううち, と云, のやう, のよう, は一事, は人間獣, を憐みたい気もち

▼ 僕達二人~ (16, 0.0%)

1 [16件] からとしたら, が貴様, こうし, とも誘惑, のこと, のもの, の他, はいい, は一生, は京都, は同じ, は性情, は普通, は鴉片, をその, を声援

▼ 僕だったら~ (15, 0.0%)

1 [15件] あの女, あんなこと, この擦り切れた, こんな千載一遇, たしかに竹さん, たとえ月世界, とっくに離縁, とても生き, もっと云う, メロンやる, 両手を, 初めっ, 君は, 本気で, 犬を

▼ 僕なんかも~ (15, 0.0%)

2 まだ自分

1 [13件] いいかも, ただ多年, まだ無名, もう今, 大いに煽動, 始めて小説, 小さい時, 未だに大丈夫, 東京に, 理窟は, 笛でも, 貴女に対する, 金と

▼ 僕~ (15, 0.0%)

1 [15件] から持っ, すぐ沓, でもそう, でも思い起こす, になっ, ねクレエゲル, までこんな, まで空気, も細君, 始めたばかし, 生きて, 芸者の, 迄こんなに, 迄そんな, 電話で

▼ 僕等自身~ (15, 0.0%)

2 の中

1 [13件] この名, にもっとも, のやう, の事実, の心持, の異国趣味, の短所, の自由, の複雑, の運動, の雑誌, を軽蔑, 語らずとも

▼ 僕からも~ (14, 0.0%)

1 [14件] あんたからも, お願いしたい, くれと, この場, ひとつ説得を, よく言っ, よく話そう, よろしくいつ, 佐世保へ, 御礼を, 自分の, 言い出せないし, 話したが, 頼んで

▼ 僕だつ~ (14, 0.0%)

2 て未だ, て然 1 てい, てもう, てわざと, て仲よく, て何, て僕, て全く, て実に, て屡々, て皆

▼ 僕である~ (14, 0.0%)

2 ことを

1 [12件] かぎりは, から内心, がこの, が大阪, が都, と云う, と共に, のに氣, ゆえ本郷の, わい, 故である, 故僕

▼ 僕などの~ (14, 0.0%)

1 [14件] いる前, そんなこと, ような, 不平を, 及ばない芸術家, 及ぶところ, 吹聴を, 弁護や, 態度は, 描く夢, 文学は, 無論知らない, 立入るべき筋, 言う批評

▼ 僕はも~ (14, 0.0%)

2 ツと, 少し深く 1 うい, うきちり, うまるで汽車, しさういふ事, すこしあと, ー行かう, 一つだけ, 少しここ, 少しで, 少し寝

▼ 僕それ~ (13, 0.0%)

1 [13件] から市長, がいや, が今, が聞きたく, が螫, でいい, に早く, は母さん, よく分らなかった, を向こう, を吹け, を結える, を見よう

▼ 僕そんな~ (13, 0.0%)

1 [13件] こと, ことが, ことは, こと大嫌いだい, ところへ, ものを, りんごを, 人を, 卑劣な, 卑怯な, 意味で, 旅は, 気が

▼ 僕とを~ (13, 0.0%)

2 伴れ

1 [11件] 一緒に, 半々に, 取り巻いた, 引き取る事, 引っ張って, 心よく, 招かしたの, 永久に, 見て, 隔離した, 顧みて

▼ 僕なんかに~ (13, 0.0%)

2 かまわないが

1 [11件] いいもん, こんな自動車, ごちそうする, そんなこと, そんな事, 危害を, 探偵を, 用は, 相談した, 解らないこと, 較べると

▼ 僕なんぞも~ (13, 0.0%)

1 [13件] いつ死ぬか, このガラン, そろそろ舵, なんだかこう旅さき, 三度も, 不自由を, 今に, 今まで, 僕なりには, 前には, 君らの, 或る, 言って

▼ 僕にゃ~ (13, 0.0%)

1 [13件] その心理作用, それだけは, わかって, わからない, 一つも, 仏蘭西料理だ, 先きだ, 分らないよ, 分らないん, 分らん, 判然と, 合わないん, 禁物だ

▼ 僕をも~ (13, 0.0%)

2 含めて

1 [11件] いっしょに, それからその他, 一處に, 下司な, 含むそれら一切, 夢中に, 寝台へ, 少し遊ばせ, 恐れて, 此女をも, 苦しめること

▼ 僕~ (13, 0.0%)

1 [13件] 一層手, 今モナオ妻, 全然ソウイウ, 叱リツケタ, 向ウヲ歩イテ行ク妻, 大イニ教エラレマシタヨ, 実ハ, 常ニ妻, 直チニ一ツノ着想, 第四次元, 見抜イテルンデス, 見落シテイタノデアッタ, 随分注意深

▼ 僕等三人~ (13, 0.0%)

1 [13件] が芸者, で負担, の姉弟, は, はしばらく, はやがて, は其, は同じ, は春浪さん, は話し合い, もここ, も初め, を延

▼ 僕~ (12, 0.0%)

1 [12件] ききかん, たしかにお父さん, ただ島田, よくなかった, ハッキリした, 思い出す, 思う, 思って, 構わないよ, 知らん, 言って, 黙って

▼ 僕一個~ (12, 0.0%)

2 の意見 1 であったらば, では, に係った, の事, の考, の考え, の自発的, の芸術家, の見地, の解釈

▼ 僕よく~ (11, 0.0%)

2 知らないん 1 出来て, 分らないから, 教えて, 植えたらつくよう, 知ってるぜ, 知ってるん, 知らないの, 見て, 釣れるところ

▼ 僕~ (11, 0.0%)

2 の考へ 1 なだけ, にゆがめ, に自分一人, に解釈, の型, の文学的観察, の無精, の結婚観, の考え方

▼ 僕あの~ (10, 0.0%)

1 うちの, お祖父さんだ, きれいな, 人を, 店を, 時の, 温室について, 立派な, 船を, 貝殻を

▼ 僕こんな~ (10, 0.0%)

4 愉快な 2 ところに 1 きれいな, げたを, とこは, のを

▼ 僕でさえ~ (10, 0.0%)

1 そう思う, そんな事, どちらが, わからなかったん, 困ること, 気の毒で, 王女の, 王妃さまを, 百円の, 知って

▼ 僕とで~ (10, 0.0%)

2 目方を 1 するから, ポン, 取替へ, 太宰氏に, 晩食を, 留守居を, 青野は, 麻雀を

▼ 僕などには~ (10, 0.0%)

1 さう, その十分一, それを, 些とも, 分らぬが, 実に英雄そのもの, 泣いて, 行きやすい, 論ずる資格, 非常に

▼ 僕にだけ~ (10, 0.0%)

1 いって, お茶を, して, そんな噂, 次郎なんていう, 真実を, 聞えるよう, 見せて, 見送られて, 通じる程度

▼ 僕~ (10, 0.0%)

2 芸術家な, 貧乏な 1 こんなところ, またてっきりそう, ダダ大学生です, 公園で, 始め誰かと, 役者だ

▼ 僕今日~ (10, 0.0%)

1 お姉さん, はお父さん, はこれ, はその, はなんだか, はなんだかたいへん, は気, は独り, は用事, 苦しんでるん

▼ 僕知らない~ (10, 0.0%)

61 けれど, や, や百, んだ

▼ 僕これから~ (9, 0.0%)

1 みんなに, 一人で, 人に, 堀口君と, 採集した, 旅行に, 歌ひます, 正直に, 行って

▼ 僕なんかには~ (9, 0.0%)

1 ちょっと真似, つくづくいくじ, とてもわからない, ぴつたりと來る, よくわかりません, 何も, 例えば今君, 東京は, 構わずに

▼ 僕ほど~ (9, 0.0%)

2 不幸な 1 ある人, では, みじめな, 嘘つきの, 嘘を, 彼女を, 艶福に

▼ 僕等日本人~ (9, 0.0%)

1 には原作, には堪らない, には容易, に其支離滅裂, の正確, の為, の船室, の麻雀, は歐米人達

▼ 僕いや~ (8, 0.0%)

2 です 1 だ, だぜ, だったけれど, だなあ, だやはり, 母さん

▼ 僕たち四人~ (8, 0.0%)

1 がそんな, がね, が勲章, の一組, の胸, は牛, は破産, も門前

▼ 僕だった~ (8, 0.0%)

2 のです 1 が年齢, けれどこの, こうして知ってる, のか, んだ, んです

▼ 僕ちよ~ (8, 0.0%)

1 つと, つとお話, つとまだ用事, つと君, つと家, つと心配, つと憂鬱, つと浜

▼ 僕なぞ~ (8, 0.0%)

1 うれしい事, から早く, の出る, はもうずん, まだ何処, 時々此, 自分の, 面白くも

▼ 僕などが~ (8, 0.0%)

1 もっと彼, 予備門へ, 予言した, 今更らしく言う, 出向いて, 想像する, 考へて, 行くズッ

▼ 僕なんぞ~ (8, 0.0%)

1 うつちやつと, こんな風, そんな物, でも, のも, カンニングは, 農科なんぞに, 駄目だ

▼ 僕のみ~ (8, 0.0%)

1 であつ, では, ならず佐藤春夫, ならず西洋演劇, ひとりひそか, 一人侘しく遠い, 主人の, 唯一人が

▼ 僕ほんとう~ (8, 0.0%)

1 にうれしい, にお母様, にそう, に困る, に死ぬ, に知りません, はそんな, は意気地

▼ 僕もね~ (8, 0.0%)

1 あすこで, きょうから, こうやっ, さっきから, はじめてここ, ひとりぢや, 今度県庁から, 学校なんぞ

▼ 僕~ (8, 0.0%)

2 も悪い 1 かいい, でも思った, にも云, にも欲し, にも知, を着

▼ 僕等四人~ (8, 0.0%)

1 だけが気, だけはとにかく, には狹, の一高, はその, は其広場, を愛し, を馘首

▼ 僕行っ~ (8, 0.0%)

3 てみましょう 1 てお茶, てみる, て云っ, て挨拶, て来ます

▼ 僕あなた~ (7, 0.0%)

1 が初めて, が勝つだろう, くらい大事, と別れ, に一度, のお母さん, のため

▼ 僕さえ~ (7, 0.0%)

1 しっかりし, ひやかすの, 丈夫で生き, 充分の, 図書室に, 止めたところ, 腹が

▼ 僕たる~ (7, 0.0%)

1 ものが, ものダーと, もの一つ英語で, もの全く, もの職業ぐらいは, 者實に, 身を

▼ 僕だち~ (7, 0.0%)

1 に云, は今, は東洋義団, は運命, は道, は野, は金銭利得

▼ 僕ちっとも~ (7, 0.0%)

1 こはくない, 怒っちゃ, 怒ってなんか, 睡くないのにさ, 知らないよ, 知らなかった, 知りませんでした

▼ 僕ちょっと~ (7, 0.0%)

1 いって, びっくりした, 外へ, 外出し, 失礼します, 検べ, 田沢さんところへ

▼ 僕であり~ (7, 0.0%)

1 それが, それを, ながら事実上, 僕の, 幕に, 社会を, 首を

▼ 僕でない~ (7, 0.0%)

2 ものの 1 ことだけは, といっ, とすれ, インタープレターに, 事が

▼ 僕として~ (7, 0.0%)

1 もより多く, 云ひたい, 人類の, 我慢が, 欠勤したくない, 殆ど絶縁の, 追跡する

▼ 僕どう~ (7, 0.0%)

2 したって 1 したの, したらい, したらいい, しようかと, でもいい

▼ 僕なる~ (7, 0.0%)

1 が如し, だけ早く, もの生活的に, んだ, プロレタリア作家とは, 我がコペイキン, 物に

▼ 僕について~ (7, 0.0%)

1 おいで, きた, 二階へ, 勝手な, 来た私服, 来るの, 来給え

▼ 僕にとっても~ (7, 0.0%)

2 一種の 1 おまえにとっても, なんと素晴らしい, なんの, 不思議な, 厄介な

▼ 僕まだ~ (7, 0.0%)

1 いいです, お祖父さんに, ずつと幼, 四五日は, 外に, 帰るのいや, 本を

▼ 僕~ (7, 0.0%)

2 の遺書 1 に, のカワセ, の手紙, の手紙類, の速達

▼ 僕うち~ (6, 0.0%)

1 にいたい, の親父, へ一遍, へ帰らなく, へ持っ, を黙つ

▼ 僕~ (6, 0.0%)

1 ういつた, うおめおめ, う云つたぢ, へきちんと, へ論戦, 僕が

▼ 僕たち二人きり~ (6, 0.0%)

3 になった 1 ですね, にされ, になつ

▼ 僕だけに~ (6, 0.0%)

1 ほんとを, 同情を, 知らせないの, 自信が, 話せ随分, 鳥渡教え

▼ 僕であった~ (6, 0.0%)

1 が唯, とき僕が, のです, のでそしてまた, のにどう, 例の

▼ 僕とて~ (6, 0.0%)

1 ご多分に, 同じこと, 文明人らしく, 民子の, 永い苦しい年月, 錨健次の

▼ 僕とも~ (6, 0.0%)

2 一人の 1 で四人, 四人ある, 思はずして, 越野とも

▼ 僕なぞが~ (6, 0.0%)

1 どれほど岸本君, 君, 君出掛け, 外国へ, 居たところ, 服膺したら

▼ 僕ばかりじゃ~ (6, 0.0%)

4 ない 1 ない第, アない

▼ 僕もう少し~ (6, 0.0%)

4 汽車へ 1 唄へる, 歩いて

▼ 僕一座~ (6, 0.0%)

1 が人気, が合同, の吹込み, も京都, を殺す, 総出演

▼ 僕二人~ (6, 0.0%)

2 だけで深夜 1 が打, に二匹, は酒, を呼ん

▼ 僕今度~ (6, 0.0%)

2 は何 1 かいて, はじき, は新体詩, またすばらしい

▼ 僕~ (6, 0.0%)

2 の年齡 1 だと, のもの, の大, の年齢

▼ 僕何だか~ (6, 0.0%)

1 こわかった, はずかしかった, よくない, わけが, 妙な, 気味が悪くなった

▼ 僕個人~ (6, 0.0%)

1 としては君, として二千六百年, に関する限り, の名義, の場合, の捜査日記

▼ 僕~ (6, 0.0%)

1 と交, に僕, のこの, の分, を呼び, を知らない

▼ 僕自分~ (6, 0.0%)

1 が時に, でちよ, でやる, のことっきり, のサーベル, の気持

▼ 僕あんな~ (5, 0.0%)

1 のほしい, のを, やさしいね, 人きらい, 小さいの

▼ 僕からは~ (5, 0.0%)

2 あれが 1 なれかなしき, まだ子供, 来月あたり手紙を

▼ 僕さっき~ (5, 0.0%)

1 からこいさん, からそれ, そう言った, その人, 一寸おもい

▼ 僕すっかり~ (5, 0.0%)

1 おなかが, 忘れて, 感心しちゃった, 次郎ちゃんに, 疲れちまったもん

▼ 僕たちどこ~ (5, 0.0%)

3 までだって行ける 1 へ来たらう, までだ

▼ 僕たち自身~ (5, 0.0%)

1 が学生, で少し, のこと, の眼, の血

▼ 僕だけじゃ~ (5, 0.0%)

2 ない 1 ないよう, ないん, なくて

▼ 僕~ (5, 0.0%)

1 やいけなかつたです, やけれど, やどう, やない, やま

▼ 僕などより~ (5, 0.0%)

1 ずっとしっかりし, もちよ, 君の, 早熟で, 遙に

▼ 僕などよりも~ (5, 0.0%)

2 強いの 1 かう云, こう云う, ちょっと偉かっ

▼ 僕なりに~ (5, 0.0%)

1 その日常, わかって, わかつて, 一つの, 向きも

▼ 僕なんかの~ (5, 0.0%)

1 前とは, 及ぶところ, 友情を, 小さい時, 板前においてを

▼ 僕なんかより~ (5, 0.0%)

2 遙と 1 ずっと文章, ずっと狡猾, ずっと高い

▼ 僕なんにも~ (5, 0.0%)

1 云や, 仕事なかっ, 欲しゅうは, 盗みやしません, 見て

▼ 僕にまで~ (5, 0.0%)

1 ひとつの, 判らぬと, 当り散らすもん, 知らせるなんて, 石を

▼ 僕に関する~ (5, 0.0%)

1 スケツチ文は, デマを, 文に, 限りは, 限り藤森氏の

▼ 僕はぞ~ (5, 0.0%)

1 く, つとした, ッと, ッとして, ーと

▼ 僕はと~ (5, 0.0%)

1 いうと, いふと, つくに, を飼っ, 云へば

▼ 僕までが~ (5, 0.0%)

1 うっかりオヤ, 本国に, 自分の, 血を, 面目ない

▼ 僕もさ~ (5, 0.0%)

3 うだつたんだ 1 ツき, ツぱりして思ひ

▼ 僕もっと~ (5, 0.0%)

1 うまく歌える, 小さいとき, 泊って, 考えます, 見て

▼ 僕カアル~ (5, 0.0%)

1 がまだ, だ, ではない, という名, と呼ばれた

▼ 僕一個人~ (5, 0.0%)

2 の生存 1 にとって痛快, に取, の幸不幸

▼ 僕~ (5, 0.0%)

2 へ帰っ 1 へいっ, へ帰る, へ歸

▼ 僕決して~ (5, 0.0%)

2 はずさない, はづさない 1 あのとき結婚

▼ 僕知っ~ (5, 0.0%)

2 てら 1 ていた, ています, てます

▼ 僕見た~ (5, 0.0%)

2 やうな 1 けどまるで, 事が, 様に

▼ 僕達三人~ (5, 0.0%)

1 に悪い, はそれ, はやつぱり温泉, は坂, は川手さん

▼ 僕あんまり~ (4, 0.0%)

2 永くお 1 云い過ぎました, 何でも

▼ 僕いい~ (4, 0.0%)

1 お点, けど, よ, んです

▼ 僕いつ~ (4, 0.0%)

1 だって陽気, でもここ, でもこれる, までだって飲みやしない

▼ 僕いま苹果~ (4, 0.0%)

4 のこと

▼ 僕いらない~ (4, 0.0%)

31 からやった

▼ 僕うれしい~ (4, 0.0%)

1 ことが, そんなに思っ, です, なあ

▼ 僕からの~ (4, 0.0%)

1 序の, 愛も, 手紙を, 第一

▼ 僕がね~ (4, 0.0%)

1 その問題, もうせん, 僕がね, 実はもう

▼ 僕きっと~ (4, 0.0%)

1 二人を, 勝つよ, 君に, 母さんの

▼ 僕こわした~ (4, 0.0%)

2 んだい 1 の, んじゃ

▼ 僕ごとき~ (4, 0.0%)

1 もので, 人間の, 凡庸の, 鈍物は

▼ 僕すぐ~ (4, 0.0%)

1 呼んで, 死ねば, 行くから, 貴女を

▼ 僕たちみんな~ (4, 0.0%)

1 が以前, が見てる, で食べました, に生涯

▼ 僕たち一緒~ (4, 0.0%)

2 に進ん 1 に行かう, に行こう

▼ 僕たち三人~ (4, 0.0%)

1 が同時に, でこれ, はいつも, は庭

▼ 僕たち子供~ (4, 0.0%)

1 が赤ん坊, だけでやる, だけはかわいがっ, でつく

▼ 僕だけで~ (4, 0.0%)

1 お目, この事件, せう, 狩を

▼ 僕でなく~ (4, 0.0%)

1 ちゃ分らん, ちゃ書けない, とも誰, 佐藤春夫に

▼ 僕としての~ (4, 0.0%)

1 愛が, 純愛は, 義務であり, 良心に

▼ 僕とっ~ (4, 0.0%)

1 てくる, て来, て来ましょう, て来る

▼ 僕とともに~ (4, 0.0%)

1 この島, カソリックの, 京都へ, 滅びること

▼ 僕などと~ (4, 0.0%)

2 違って 1 福岡へ, 違ひ

▼ 僕などとは~ (4, 0.0%)

2 縁の 1 まるでち, 雲泥の差なり

▼ 僕なんかが~ (4, 0.0%)

1 ぐずぐずいう, 口を, 口出しを, 話込ん

▼ 僕なんかと~ (4, 0.0%)

2 違って 1 同じよう, 来たら手先

▼ 僕なんぞと~ (4, 0.0%)

2 おどっては 1 ちがって, 同級で

▼ 僕なんぞに~ (4, 0.0%)

2 解らないん 1 そんな事, ゃこれでたくさんだからね

▼ 僕なんぞには~ (4, 0.0%)

1 かえってそう云った, かえってぴったりし, その微妙, 不躾だ

▼ 僕なんぞの~ (4, 0.0%)

1 やうな, 考では, 耳に, 顔は

▼ 僕にさえ~ (4, 0.0%)

1 ただの, まだ判然, 常識として, 恥ずかしがっ

▼ 僕はが~ (4, 0.0%)

1 あんとして, つかりした, つかりしたやう, つかりするだけ

▼ 僕はけふ~ (4, 0.0%)

1 は久しぶり, まで生き, 往来に, 窓の

▼ 僕はずつと~ (4, 0.0%)

1 以前から, 前から, 前の, 木曾川の

▼ 僕はた~ (4, 0.0%)

1 うとうある, うとう口, うとう憤慨, うとう眠れなく

▼ 僕また~ (4, 0.0%)

1 すぐここ, 来ます, 遊びに, 龜を

▼ 僕みた~ (4, 0.0%)

1 やうな, やうなひねくれ, ような, 様に

▼ 僕もち~ (4, 0.0%)

4 よつと

▼ 僕よりずつと~ (4, 0.0%)

1 先に, 年の, 悧巧です, 級の

▼ 僕らしい~ (4, 0.0%)

1 ぞといふ, 男が, 男に, 老人の

▼ 僕~ (4, 0.0%)

1 困ッテイルノハ, 負ッテアゲマスヨ, 負ブッテ行キマス, 送リマショウト云ッテ

▼ 僕ハ僕~ (4, 0.0%)

2 ヲ気ガ狂ウホド嫉妬サセテホシイ 1 ノ嫉妬カラソンナ風ニ気ガ廻ルノカト思ッテ, ノ性慾点

▼ 僕ン許~ (4, 0.0%)

1 の妹たち, の蓮池, は二階, へ来い

▼ 僕乳母~ (4, 0.0%)

1 やだ, やにやった, やに言う, やの家

▼ 僕~ (4, 0.0%)

2 何すれぞ首肯 1 先生の, 区々たる

▼ 僕~ (4, 0.0%)

1 といった, と云う, の人生, はほんとに

▼ 僕先生~ (4, 0.0%)

1 が感じ, にあんなふうに, にお目にかかりたい, のお

▼ 僕博物館~ (4, 0.0%)

4 でアルコール

▼ 僕同様~ (4, 0.0%)

1 この小説, に素人, に苦しん, の素人ラジオ研究家

▼ 僕失敬~ (4, 0.0%)

2 する 1 したよ, します

▼ 僕学校~ (4, 0.0%)

1 で理料, のかえりな, のため, の帰り

▼ 僕実は~ (4, 0.0%)

2 望遠鏡を 1 お姉さん, 家庭教師を

▼ 僕思う~ (4, 0.0%)

2 にわれわれ 1 に圭さん, んです

▼ 僕持っ~ (4, 0.0%)

1 ていた, てやしない, て寝る, て行った

▼ 僕昨日~ (4, 0.0%)

1 おもしろい魔法, ちょっと電話, の朝, は一寸

▼ 僕父さん~ (4, 0.0%)

1 といっしょ, となるたけ, に, のため

▼ 僕等の~ (4, 0.0%)

2 は金モール 1 とは違う, もツ

▼ 僕等夫婦~ (4, 0.0%)

1 が英国, の為, は元来, も倫敦

▼ 僕~ (4, 0.0%)

3 に乗らな 1 に乘ら

▼ 僕行く~ (4, 0.0%)

21 ね, よどうしても

▼ 僕あて~ (3, 0.0%)

1 てみせます, てみましょう, に手紙

▼ 僕いっ~ (3, 0.0%)

1 てくら, て本郷, て来

▼ 僕いつも~ (3, 0.0%)

1 の処, 考えて, 苺畑に

▼ 僕うそ~ (3, 0.0%)

1 なんかいわない, なんかつきません, 言わないよ

▼ 僕お母さん~ (3, 0.0%)

1 といっしょ, のエプロン, の星

▼ 僕お金~ (3, 0.0%)

1 あるから, なんかいりません, はもってる

▼ 僕かって~ (3, 0.0%)

1 そんなお前, 毎朝一緒に, 黙って

▼ 僕からと~ (3, 0.0%)

1 ほかつた, 云ふ, 同様に

▼ 僕がずつと~ (3, 0.0%)

1 前に, 向うまで, 君に対して

▼ 僕がは~ (3, 0.0%)

1 いつたこと, ちを, ひると

▼ 僕この間~ (3, 0.0%)

1 から万一, の夜, 申しあげたん

▼ 僕~ (3, 0.0%)

1 しんの, や, や不足

▼ 僕じゃあ~ (3, 0.0%)

1 カバンを, 母さんって, 角立つよ

▼ 僕そう~ (3, 0.0%)

1 しましょうっと, 思ったから, 感じるな

▼ 僕そこ~ (3, 0.0%)

1 いら, に美しき, へ行こう

▼ 僕たちいっしょ~ (3, 0.0%)

1 にすわりたいです, に行こう, に進ん

▼ 僕たち一~ (3, 0.0%)

1 同心配, 諸に行かう, 諸に進ん

▼ 僕たち人間~ (3, 0.0%)

1 でも昏倒, にとっていつ, には訴え

▼ 僕たち男類~ (3, 0.0%)

1 が聞い, に到底, は女類

▼ 僕とこ~ (3, 0.0%)

1 でなに, へいらっしゃい, よりも一つ

▼ 僕とに~ (3, 0.0%)

1 あるん, どうしても断ち切れない, 下さいました

▼ 僕と共に~ (3, 0.0%)

1 盃を, 私も, 縁に

▼ 僕どうして~ (3, 0.0%)

1 いいか, やろうかと, 谷川の

▼ 僕どうしても~ (3, 0.0%)

1 嫌や, 思つてる, 思ひ切れないん

▼ 僕どこ~ (3, 0.0%)

1 で待っ, へも出ん, へも行き

▼ 僕なぞの~ (3, 0.0%)

1 やうな, 作品を, 言葉ぢや

▼ 僕などに~ (3, 0.0%)

1 くらべて, 注意を, 物漁りなど

▼ 僕なんかを~ (3, 0.0%)

1 全然問題, 圧するという, 宣伝する

▼ 僕なんざ~ (3, 0.0%)

1 た, 嬉しくって, 御選択

▼ 僕なんぞが~ (3, 0.0%)

1 こんな学校, そんなそんな事, 裾の

▼ 僕なんだか~ (3, 0.0%)

1 いやだった, おじさんが, 心配で

▼ 僕においては~ (3, 0.0%)

1 精神は, 自分に, 苦しからざる

▼ 僕にたいして~ (3, 0.0%)

1 あまりに不満, どんな武器, 何が

▼ 僕にたいする~ (3, 0.0%)

1 愛の, 敵愾心を, 社会的条件

▼ 僕にとっての~ (3, 0.0%)

1 一大転機の, 地獄に, 障害とは

▼ 僕にな~ (3, 0.0%)

1 つたので, つても, つて僕が

▼ 僕に対しては~ (3, 0.0%)

1 その教義, 最も復讐, 遥かに

▼ 僕ねえ~ (3, 0.0%)

1 いいもの買つて, よく驚い, 田舎って

▼ 僕のだけは~ (3, 0.0%)

1 ゆうべから, 立派な, 絵の

▼ 僕のに~ (3, 0.0%)

1 ちょうどいい, よく似, ライターで

▼ 僕はい~ (3, 0.0%)

1 ぢらしく, つたいどう, つたい誰

▼ 僕はから~ (3, 0.0%)

3 だが

▼ 僕はな~ (3, 0.0%)

1 これから新規, なにも, 以前から

▼ 僕ばかりが~ (3, 0.0%)

1 こんなすばらしい, 住んで, 注目し

▼ 僕ひとりきり~ (3, 0.0%)

1 だったら僕, で思う, になつて

▼ 僕びっくり~ (3, 0.0%)

2 して 1 しましたよ

▼ 僕までも~ (3, 0.0%)

1 どうにも取返し, 一しょう, 殺す気

▼ 僕みんな~ (3, 0.0%)

1 たべるんだい, と上, の云う

▼ 僕もと~ (3, 0.0%)

1 から少し, 京師の, 答えた

▼ 僕やっ~ (3, 0.0%)

1 てみましょう, てみる, てやらん

▼ 僕やっぱり~ (3, 0.0%)

1 ねえ渋谷, 意気地なし, 母さんなんか

▼ 僕わるかっ~ (3, 0.0%)

1 た, たからさ, たん

▼ 僕ガ彼女~ (3, 0.0%)

1 ノ性慾点, ヲ心カラ愛シテイル, ヲ愛シテイル

▼ 僕ハ妻~ (3, 0.0%)

21 ヲ横抱キニシテ腰カケ

▼ 僕ン所~ (3, 0.0%)

1 であるんで, の阿, へ入り

▼ 僕一つ~ (3, 0.0%)

2 おどかして 1 聴いて

▼ 僕一寸~ (3, 0.0%)

1 其所まで, 寄り道を, 此近處に

▼ 僕一生~ (3, 0.0%)

1 のあやまちなり, の努力, の男

▼ 僕一身~ (3, 0.0%)

1 から言う, に関する他, のため

▼ 僕~ (3, 0.0%)

2 の私事 1 に通用

▼ 僕三人~ (3, 0.0%)

1 でいろ, の荷物, の親子会

▼ 僕五人~ (3, 0.0%)

1 が分けた, で日比谷, を連れ

▼ 僕今夜~ (3, 0.0%)

1 はゆっくり, は五円札一枚, は家

▼ 僕~ (3, 0.0%)

1 には浅から, 一カットで, 堀井夫妻と

▼ 僕~ (3, 0.0%)

1 によって質問紙, の如く, の歌漫

▼ 僕~ (3, 0.0%)

1 に行っ, へ帰る, へ行きます

▼ 僕~ (3, 0.0%)

2 来ますから 1 来るよ

▼ 僕及び~ (3, 0.0%)

1 人類を, 大王を, 新聞社の

▼ 僕~ (3, 0.0%)

1 すきだ, 失態を, 怒り大

▼ 僕大好き~ (3, 0.0%)

2 だよ 1

▼ 僕失礼~ (3, 0.0%)

1 します, ですが, ですけれど

▼ 僕如き~ (3, 0.0%)

1 に向っ, は眼中, 人生の

▼ 僕日本人~ (3, 0.0%)

1 だもの, にあった, 行っても

▼ 僕明日~ (3, 0.0%)

1 からでも出掛けます, の朝, また来ます

▼ 僕朝倉先生~ (3, 0.0%)

1 にお願い, にこんな, を訪ね

▼ 僕次郎~ (3, 0.0%)

1 こう三人, です, にも前

▼ 僕次郎ちゃん~ (3, 0.0%)

1 がいない, と仲, にこないだ

▼ 僕独り~ (3, 0.0%)

1 この願, で, であろう

▼ 僕知つて~ (3, 0.0%)

1 るよ, ゐます, ゐますよ

▼ 僕~ (3, 0.0%)

2 性の 1 明白な

▼ 僕等素人~ (3, 0.0%)

1 にはちと, の目, の見物

▼ 僕~ (3, 0.0%)

21 へて曰く

▼ 僕絶対~ (3, 0.0%)

1 に反対, に受けつけません, 行くのいや

▼ 僕自身の~ (3, 0.0%)

1 だか, とはかけ離れ, はすでに大抵

▼ 僕苦しい~ (3, 0.0%)

2 なあ 1

▼ 僕~ (3, 0.0%)

1 て, てあげましょう, に行っ

▼ 僕~ (3, 0.0%)

2 にも言わない 1 かと思った

▼ 僕釣り~ (3, 0.0%)

2 にいったら 1 にいく

▼ 僕~ (3, 0.0%)

1 であり行動, の手, を附け与えた

▼ 僕韓融~ (3, 0.0%)

1 の二人, は, はやがて

▼ 僕あいつ~ (2, 0.0%)

1 きらいだい, でも外出

▼ 僕あかさん~ (2, 0.0%)

1 であ, であった時分

▼ 僕あっち~ (2, 0.0%)

1 で聞い, へ置い

▼ 僕あもう~ (2, 0.0%)

1 フラフラだ, 大嫌

▼ 僕あれ~ (2, 0.0%)

1 からすぐ, から毎日一度

▼ 僕いろいろ~ (2, 0.0%)

1 な虫, 考えて

▼ 僕えび~ (2, 0.0%)

1 をおもしろい, をとっ

▼ 僕おかあさん~ (2, 0.0%)

1 にそっくり, に対する感情

▼ 僕お前~ (2, 0.0%)

1 の烏瓜, を軍曹

▼ 僕お母様~ (2, 0.0%)

1 に叱られる, に申しあげる

▼ 僕お祖父さん~ (2, 0.0%)

1 に言わ, の算盤

▼ 僕お腹~ (2, 0.0%)

1 がすいた, がすく

▼ 僕お話~ (2, 0.0%)

1 にならぬ, をききたかった

▼ 僕お願い~ (2, 0.0%)

1 がある, なの

▼ 僕かなんぞの~ (2, 0.0%)

1 ように, 様に

▼ 僕かね~ (2, 0.0%)

1 僕だって, 是非行く

▼ 僕かの~ (2, 0.0%)

1 荘官が, 頭を

▼ 僕がな~ (2, 0.0%)

1 ほるまで, 形を

▼ 僕がも~ (2, 0.0%)

1 しいつて, 一度歩い

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 つとあなた, つとまつ

▼ 僕きつ~ (2, 0.0%)

1 とその, と一番

▼ 僕ぐらいに~ (2, 0.0%)

1 なる, なると

▼ 僕ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 ものだろう, 子どもが

▼ 僕こういう~ (2, 0.0%)

1 気持が, 絵わからない

▼ 僕こっち~ (2, 0.0%)

1 の席, へ行く

▼ 僕こわい~ (2, 0.0%)

1 よーッ, んだ

▼ 僕こんど~ (2, 0.0%)

1 の試験, はうち

▼ 僕さがし~ (2, 0.0%)

1 てあげる, にきた

▼ 僕さつき~ (2, 0.0%)

1 お猫さん, ねえ

▼ 僕しばらく~ (2, 0.0%)

2 旅行し

▼ 僕そういった~ (2, 0.0%)

1 じゃない, んだ

▼ 僕その他~ (2, 0.0%)

1 の友人, の短篇集

▼ 僕そんなに~ (2, 0.0%)

1 おかしく見える, 長居した

▼ 僕ぞっと~ (2, 0.0%)

1 したね, するん

▼ 僕たちなん~ (2, 0.0%)

1 にも知らなかった, にも知らなかつた

▼ 僕たちの~ (2, 0.0%)

2 はヘロンの

▼ 僕たちふたり~ (2, 0.0%)

1 は浜辺, は障礙

▼ 僕たちほか~ (2, 0.0%)

1 の人の, の者みんな

▼ 僕たちみたい~ (2, 0.0%)

1 に家, のもの

▼ 僕たち何~ (2, 0.0%)

1 かの形, もない

▼ 僕たち夫婦~ (2, 0.0%)

1 の歴史, は若

▼ 僕たち村~ (2, 0.0%)

1 のもの, の子供

▼ 僕たち電車~ (2, 0.0%)

2 とかけっこ

▼ 僕たち青年~ (2, 0.0%)

1 が引受けます, の眼

▼ 僕たべたくない~ (2, 0.0%)

1 のだ, や

▼ 僕たら~ (2, 0.0%)

1 しめ給へ, む

▼ 僕だけしか~ (2, 0.0%)

1 ない顔, 知つてゐない

▼ 僕だつたら~ (2, 0.0%)

1 ここへ, 世界一周を

▼ 僕だの~ (2, 0.0%)

1 林田に, 父ちゃんが

▼ 僕ちつ~ (2, 0.0%)

1 とも寒く, とも小

▼ 僕ちゃんと~ (2, 0.0%)

1 わかったの, 知って

▼ 僕ちやん~ (2, 0.0%)

1 が安心, と洋服

▼ 僕って~ (2, 0.0%)

1 もの如何に, 男は

▼ 僕であろう~ (2, 0.0%)

1 か, とする

▼ 僕でした~ (2, 0.0%)

1 から, よ

▼ 僕でなくっ~ (2, 0.0%)

1 ても善い, ても驚くだろう

▼ 僕ときどき~ (2, 0.0%)

1 お父さんの, 一人で

▼ 僕とにかく~ (2, 0.0%)

1 ちよつと, 古龍亭

▼ 僕どっち~ (2, 0.0%)

2 でもいい

▼ 僕なくし~ (2, 0.0%)

1 てすまない, て現在

▼ 僕なぞには~ (2, 0.0%)

1 かけかまい無く, 余り結構

▼ 僕なぞも~ (2, 0.0%)

1 未だ若い, 青木君同様可なり

▼ 僕などでも~ (2, 0.0%)

1 次の, 記憶し

▼ 僕などを~ (2, 0.0%)

1 煩わさずに, 見給え

▼ 僕なに~ (2, 0.0%)

1 になる, もわからない

▼ 僕なりの~ (2, 0.0%)

1 一条の, 恋愛観は

▼ 僕なれ~ (2, 0.0%)

1 ばこそ君, ば害心

▼ 僕なん~ (2, 0.0%)

1 にも知らない, のこと

▼ 僕なんかでも~ (2, 0.0%)

1 ひどく自然, 会社で

▼ 僕なんぞにも~ (2, 0.0%)

1 何か, 樂に

▼ 僕なんて~ (2, 0.0%)

1 だまって, のは

▼ 僕にだけは~ (2, 0.0%)

1 ひそかに, 間違ひ

▼ 僕につき~ (2, 0.0%)

1 まと, 纏つてくる

▼ 僕にでも~ (2, 0.0%)

1 使つても, 話して

▼ 僕にね~ (2, 0.0%)

1 五十円ある, 僕は

▼ 僕にばかり~ (2, 0.0%)

1 盃を, 質問させない

▼ 僕によ~ (2, 0.0%)

1 つて回復しよう, つて晴さう

▼ 僕により~ (2, 0.0%)

1 かかって, そつて

▼ 僕に対してだけ~ (2, 0.0%)

1 三千子は, 特に優越感

▼ 僕はいりません~ (2, 0.0%)

1 から雨降り坊主, よ

▼ 僕はかま~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 僕はじつ~ (2, 0.0%)

1 と何, と見

▼ 僕はっきり~ (2, 0.0%)

1 言ったん, 言葉は

▼ 僕はつッ~ (2, 0.0%)

1 立ちあがり, 込んだこと

▼ 僕はは~ (2, 0.0%)

1 アそうです, ツとして

▼ 僕はネ~ (2, 0.0%)

2 君が

▼ 僕ばかりに~ (2, 0.0%)

1 では, 限らないで

▼ 僕ばかりの~ (2, 0.0%)

1 やうにも, 責任では

▼ 僕ひどい~ (2, 0.0%)

1 めに, 目に

▼ 僕ほしい~ (2, 0.0%)

1 な, ものが

▼ 僕ほんとに~ (2, 0.0%)

1 お前と, 寂しくなる

▼ 僕まるで~ (2, 0.0%)

1 息が, 日本に

▼ 僕みずから~ (2, 0.0%)

1 たびたび感ずる, 動かした僕

▼ 僕みづか~ (2, 0.0%)

1 らをも, ら行き

▼ 僕やった~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 ふべ, ふべの

▼ 僕よか~ (2, 0.0%)

1 以前から, 余程へん

▼ 僕よき~ (2, 0.0%)

1 処へ, 計策

▼ 僕よけい~ (2, 0.0%)

1 しゃくにさわって, 默って

▼ 僕エダマメ~ (2, 0.0%)

2 を喰

▼ 僕エビフライ喰~ (2, 0.0%)

2 べよう

▼ 僕ガ妻~ (2, 0.0%)

1 ノ貞節, ヲ抱キ起シテ

▼ 僕ガ木村デアッタトシテドッチニヨケイ惹キ付ケラレルカトイエバソレハ年ハ~ (2, 0.0%)

2 取ッテイルケレドモ母

▼ 僕キセル~ (2, 0.0%)

1 でなんか煙草, なんか隠し

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 見セヨウトシナイ, 見ラレテ彼女ハバツガ

▼ 僕ハソノ嫉妬~ (2, 0.0%)

2 ヲ密カニ享楽シツツアッタ

▼ 僕ハ君~ (2, 0.0%)

2 ノ最

▼ 僕ハ嫉妬ヲ感ジルトアノ方~ (2, 0.0%)

1 ノ衝動ガ起ル, ノ衝動ガ起ルノデアル

▼ 僕ハ彼女~ (2, 0.0%)

1 ヲ俯向キニサセ, ヲ酔イツブシテ

▼ 僕ハ彼女ト直接閨房~ (2, 0.0%)

2

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 とこの, ところ

▼ 僕一つ噴火~ (2, 0.0%)

2 をやっ

▼ 僕一度~ (2, 0.0%)

1 に三人, は是非光ちやん

▼ 僕一流~ (2, 0.0%)

1 のやり方, の解釈

▼ 僕一箇~ (2, 0.0%)

1 のもの, の了簡

▼ 僕一身上~ (2, 0.0%)

1 のこと, の事

▼ 僕上野~ (2, 0.0%)

1 に遊んだ, まで送っ

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 から上, から見

▼ 僕久しぶり~ (2, 0.0%)

1 でヴァライエティ, で客

▼ 僕人部屋~ (2, 0.0%)

1 に転がりいし, に転がり居し

▼ 僕以前~ (2, 0.0%)

1 の航海者たち, はもちろん

▼ 僕休み~ (2, 0.0%)

1 になったら, のため

▼ 僕何ん~ (2, 0.0%)

2 だか

▼ 僕兄さん~ (2, 0.0%)

1 が魚, に聞い

▼ 僕全く~ (2, 0.0%)

1 不思議だ, 君の

▼ 僕八蔵~ (2, 0.0%)

1 が泰助, を打倒し

▼ 僕其の~ (2, 0.0%)

1 お話は, 話は

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 て行かう, で迎

▼ 僕出来る~ (2, 0.0%)

1 から, だけ無駄

▼ 僕分りません~ (2, 0.0%)

2 もの

▼ 僕初め~ (2, 0.0%)

1 いうもの, に模写

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 にね屋根, 句を

▼ 僕勇ちゃん~ (2, 0.0%)

1 に見せよう, のところ

▼ 僕午睡~ (2, 0.0%)

1 から覚め, の夢

▼ 僕原作~ (2, 0.0%)

1 の, の渡辺篤

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 だぜと, だよ

▼ 僕叔母さん~ (2, 0.0%)

1 に頼んだ, の家

▼ 僕吉蔵~ (2, 0.0%)

1 と云, をした

▼ 僕喫驚~ (2, 0.0%)

2 したぜ

▼ 僕困つ~ (2, 0.0%)

1 ちやつたな, てゐる

▼ 僕大事~ (2, 0.0%)

1 なん, にし

▼ 僕嫌い~ (2, 0.0%)

1 さ, だったけれど

▼ 僕嬉しい~ (2, 0.0%)

1 な, なあ

▼ 僕宿題~ (2, 0.0%)

1 がある, でわからない

▼ 僕~ (2, 0.0%)

2 といふ綽名

▼ 僕山本正雄~ (2, 0.0%)

2 ですどうぞよろしく

▼ 僕帰る~ (2, 0.0%)

1 といっ, よ

▼ 僕幹水~ (2, 0.0%)

1 といふの, の畔

▼ 僕弁償~ (2, 0.0%)

1 して, するよ

▼ 僕思ふ~ (2, 0.0%)

1 にいつたい, に恐らく

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 にセンチメンタル, に結婚

▼ 僕悪かっ~ (2, 0.0%)

1 たん, よ

▼ 僕抜き~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 僕早く~ (2, 0.0%)

1 見付けて, 返しとかないと

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 にいない, に田舎

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 勿論である, 頗る僕

▼ 僕曰僕~ (2, 0.0%)

2 は仕事

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 からピアノ, から行かう

▼ 僕未だ~ (2, 0.0%)

1 宿題を, 彼自らの

▼ 僕東京~ (2, 0.0%)

1 へかえりたく, へ行っ

▼ 僕~ (2, 0.0%)

2 を高く

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 で立てる, は

▼ 僕正直~ (2, 0.0%)

1 になりたい, になる

▼ 僕死ぬ~ (2, 0.0%)

1 のが, 前に

▼ 僕母さん~ (2, 0.0%)

1 にも叱られる, のお

▼ 僕毛利~ (2, 0.0%)

2 です

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 のせい, をつけ

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 が出, のみたい

▼ 僕水沢~ (2, 0.0%)

2 の天文台

▼ 僕河野~ (2, 0.0%)

2 です

▼ 僕温室~ (2, 0.0%)

1 のこと, の窓

▼ 僕独楽~ (2, 0.0%)

1 も兵隊, を廻す

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 りで行つて來, りに

▼ 僕~ (2, 0.0%)

2 の茶碗

▼ 僕田舎~ (2, 0.0%)

1 の学校, はこり

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 の方, をつくろう

▼ 僕直ぐ~ (2, 0.0%)

1 に家, 五行程かい

▼ 僕眠い~ (2, 0.0%)

1 時うっとり, 時うつとりしてる

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 つて, つてる

▼ 僕知らん~ (2, 0.0%)

2

▼ 僕知る~ (2, 0.0%)

1 もんか, 所葉山左内なる

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 はそこ, を追いまわし

▼ 僕等一人~ (2, 0.0%)

2 や二人

▼ 僕等仲間~ (2, 0.0%)

1 の恥辱, の者

▼ 僕等先住者~ (2, 0.0%)

2 が充分

▼ 僕等凡人~ (2, 0.0%)

2 の意想外

▼ 僕等同志~ (2, 0.0%)

1 の歩い, の連帯責任

▼ 僕等日本~ (2, 0.0%)

1 の同志, の無

▼ 僕等無政府主義者~ (2, 0.0%)

1 だけで別に, の敵

▼ 僕縫つて~ (2, 0.0%)

1 あげませう, 呉れないなら裸

▼ 僕考え~ (2, 0.0%)

1 てみ, てみた

▼ 僕考へ~ (2, 0.0%)

1 てみた, て来ました

▼ 僕自身僕~ (2, 0.0%)

1 のポーズ, の小説

▼ 僕自身競馬~ (2, 0.0%)

2 は好き

▼ 僕~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 僕行っちまう~ (2, 0.0%)

1 から, ぞ

▼ 僕行つて~ (2, 0.0%)

1 も体, 来よう

▼ 僕西洋~ (2, 0.0%)

1 より帰, より帰り

▼ 僕見たい~ (2, 0.0%)

1 な穀潰し, に引込思案

▼ 僕見たいな~ (2, 0.0%)

1 ものに, 者が

▼ 僕言っ~ (2, 0.0%)

1 てしまいます, てやる

▼ 僕記者~ (2, 0.0%)

1 ですよ, に又

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 も何, を考えましょう

▼ 僕誓っ~ (2, 0.0%)

1 てもいい, て申します

▼ 僕貴女~ (2, 0.0%)

1 の劇団, をすき

▼ 僕買っ~ (2, 0.0%)

1 てくれなく, て來

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 の中, へのせ

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 同宿の, 騙して

▼ 僕鍛冶屋~ (2, 0.0%)

1 の小僧, へかえる

▼ 僕~ (2, 0.0%)

2 父さんに

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 が降っ, やったら洋服

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 の消える, を消そう

▼ 僕頂戴~ (2, 0.0%)

1 いたします, して

▼ 僕~ (2, 0.0%)

1 がし, に向っ

▼ 僕馬田~ (2, 0.0%)

1 がどんな, と同じ

▼1* [1326件]

ぁお前がかわいそう, 僕ぁこないだからチャン, 僕ぁせい子さんと結婚, 僕ぁひねり殺して, 僕ぁソロソロ委員会の時間, 僕ぁ一人の男, 僕ぁ人間として敬意, 僕ぁ取りに来た, 僕ぁ向う側へは行かない, 僕ぁ学校なんぞへ行きた, 僕ぁ斯んなもの, 僕ぁ明日からでも此, 僕ぁ此方側に属す, 僕ぁ王様でもなん, 僕ぁ自分では唯, 僕ぁ賛成できない, 僕ぁ雑誌の編集, 僕ああの絲満南風太郎って, 僕あいてにだぶつく, 僕あけようなんて思, 僕あげるよ, 僕あしたからこの, 僕あした東京へ行きます, 僕あそこのコーヒー, 僕あたしかに本庁, 僕あつたん, 僕あとからにし, 僕あべこべにいじめ, 僕あまた隨へ, 僕あまりにも違いすぎ, 僕あやまらなきゃならないと思っ, 僕あやまりに行っ, 僕あらざる所以なり, 僕あんずがほしい, 僕あ実あズツと, 僕いくらケチを, 僕いこうか, 僕いたく老いに, 僕いちばん単純な, 僕いっしょに行っ, 僕いっぺんも会った, 僕いまきたばかり, 僕いま一人じゃない, 僕いま勤務時間中をサボってる, 僕いま死生念頭全く絶ちぬ, 僕いま網を持っ, 僕いま親父の出し, 僕うっかりして, 僕うとうとしちゃったん, 僕うまくとって, 僕うむどん大好き, 僕うんと金持ちに, 僕ええように, 僕おきています, 僕おじいさんが病気, 僕おじさんに別れる, 僕おとうさんのこと, 僕おどろいたりしません, 僕おどろきましたよ, 僕おねがいです, 僕おばあさんの帰る, 僕おばさんを追いかけた, 僕おもしろいことを, 僕お伴しても, 僕お引き受けしますよって, 僕お母さんとこへ帰りたい, 僕お父さんの夢, 僕お爺さんと遊ばう, 僕お祖母さんは大嫌いだい, 僕お祖父さんとこにいつ, 僕お蔭様で素, 僕かいこを飼いたい, 僕かえるのいやな, 僕かえろうかしら, 僕かぜをひいた, 僕かならずめんどうを, 僕かも知れません, 僕からじゃありませんよ, 僕からって言った方, 僕がからかふと獲つた, 僕がちやんと, 僕がなんか売れそう, 僕がわざとぶちこはしたまでのことなのである, 僕きかなくていい, 僕きくよ, 僕きたんだよ, 僕きっとえらくなるから, 僕きっときっと勇敢に, 僕きっとまっすぐに進みます, 僕きまりがわるかっ, 僕きょうはそれどころ, 僕きょう乳母やのおかげ, 僕きょう学校でそんな, 僕きらいだ, 僕くたびれている, 僕くらいいい気な, 僕くらいの炯眼の, 僕ぐらいにはという但書が, 僕ぐらいはここで, 僕ぐらゐなものかも知れません, 僕ぐらゐな年齡の者, 僕ぐらゐのところが人間十人並の一生, 僕ぐらゐの年であるが, 僕こいから直ぐ, 僕ここらで失礼, 僕こそが結局なり, 僕こそと意外に, 僕ことによつたら, 僕こないで町子ひとり, 僕こないだお祖母さんと来た, 僕こないだ岡本の所, 僕このごろすこし神経衰弱, 僕この大きなほうを, 僕これからちょっと用事が, 僕これからなるたけお祖母さんの, 僕これからまだ少しクレエゲルと, 僕費用だけは, 僕ごまかすのが, 僕ごめんだ, 僕ご飯を持っ, 僕さえもあの時, 僕さえもが山木が, 僕さがすのは, 僕さきに失敬, 僕さつきどうしようかと思, 僕是等の, 僕しかしあんまり突飛, 僕しらないんだ, 僕しりごみなんかしてない, 僕じみたことを, 僕じゃとて決して連添っ, 僕すきだな, 僕すぐもう行って, 僕すてきなこと, 僕すでに罪を, 僕すなわち浅間新, 僕すみちゃんが大好き, 僕そちらへ伺います, 僕そっくりの顔, 僕そっとあっちの, 僕そのものへ用, 僕それぢや駄目, 僕それでいいん, 僕そんなふうに二人ずつ, 僕そッくりがひ, 僕たいへん口惜しいです, 僕たくさんもらうん, 僕たくさんあひるをもらっ, 僕たくさん砂鉄を取った, 僕たしかめて来よう, 僕ただなんだかびっくり, 僕ただちに腕を, 僕たちあたしたちも仲間, 僕たちお互いが大, 僕たちお母さんがかぜ, 僕たちきのふあそこを通つて, 僕たちこっちにいる, 僕たちこのごろいろいろの, 僕たちこんど慰問袋の中, 僕たちぜんたいどこに来た, 僕たちばらばらになろう, 僕たちみんな立上って, 僕たちコドモ委員で相談, 僕たちドイツ人みたいな胃袋, 僕たちボールを投げ, 僕たちマイナスの人間, 僕たち一つずつ貰いました, 僕たち一家をまもっ, 僕たち三名は一旦, 僕たち三次元世界にひっかかっ, 僕たち不幸せなん, 僕たち不運な余計者, 僕たち二三の友人, 僕たち二三人は行き, 僕たち二年生は全部, 僕たち五人は薄暗い, 僕たち人に見せる, 僕たち今日来たの, 僕たち今高台寺へ行く, 僕たち仲間だけの三土会, 僕たち個人同志の関係, 僕たち入院患者は塾生, 僕たち冒険をし, 僕たち凡夫はです, 僕たち労働者出の作家, 僕たち北極行きの方, 僕たち友人の責任, 僕たち友人数名で未成年者, 僕たち同士の変質, 僕たち外国にいる, 僕たち大人の気持, 僕たち大巻のお祖父さん, 僕たち大笑いしちゃった, 僕たち学友一同の手本, 僕たち学生の, 僕たち安心して, 僕たち小説家仲間に迎春館, 僕たち屋根からおっこちた, 僕たち山で月夜, 僕たち弟の世話, 僕たち当人同志の間, 僕たち探訪記者が永い, 僕たち推理家のすべき, 僕たち教員のテーブル, 僕たち旅客は宿換え, 僕たち旅心がぬけない, 僕たち日本人ほど他, 僕たち朝倉先生を見送っ, 僕たち東洋人が知識, 僕たち独逸人にあなた, 僕たち獣医同士で話, 僕たち現在の運命, 僕たち理科の時間, 僕たち男の学生, 僕たち白人は海賊, 僕たち白鳥会員はいつお別れ, 僕たち皆で飼う, 僕たち相戦う若い, 僕たち社員を救っ, 僕たち自分のことっきり, 僕たち自身ポンチの生活, 僕たち芸術家の役目, 僕たち蛙になってる, 僕たち街の子, 僕たち記者連の鼻息, 僕たち酔っぱらいには困る, 僕たち長屋住居の者, 僕たち雨の当たらない, 僕たち高校生としては高校生活そのもの, 僕たったひとりが, 僕たった今二人に, 僕たのんで入れ, 僕だいじにし, 僕だい僕だい水は僕, 僕だい水は僕, 僕だけでも親切に, 僕だけということに, 僕だけどそんなつもりぢ, 僕だけにかも知れないが, 僕だけにしか解りやしない, 僕だけにでも教えて, 僕だけはと断るの, 僕だけを医者の, 僕だつたかな, 僕だめだ, 僕だんだん人間が, 僕だ見ておれ, 僕だ解るかね僕, 僕ゅう人間は, 僕ちゃあんと, 僕ちょっとまだ用事が, 僕っていう人間は, 僕ついでに病院, 僕つかまえてピン, 僕つぐから, 僕つじうらを, 僕つてあの人あたし, 僕つまらないから帰る, 僕つらつら思うに, 僕つれていかない, 僕であったならどんな話, 僕であればもとより, 僕でさえとよりその, 僕でさえも普通の, 僕でしかないん, 僕ですわかりますか, 僕とうとうけんかしちゃった, 僕とおせいとの場合, 僕とか生意気な, 僕とかいう言葉を, 僕とかいふ代りに, 僕とかの黒衣のみ, 僕ときやうさ, 僕ところに居る, 僕としましてはこのカソリック, 僕とてもあながち絶対的に, 僕とではない, 僕ともに風雨樓に, 僕とんぼを捕ったらあげる, 僕どうもこの頃, 僕どもは指図通り, 僕どんな償いでも, 僕どんなに待ってたか, 僕ながら希望は, 僕なくなったと思っ, 僕なしには一日, 僕なぜだか, 僕なぞと親しくした, 僕なぞに近頃大阪, 僕なぞよりは地の, 僕などでやつて, 僕などにはと尻込みを, 僕などにも努力次第で, 僕などもね屋台には, 僕なほ一家を成す, 僕ならするかもしれない, 僕ならずとも誰, 僕ならもつとよく, 僕なら忘れないんだ, 僕なら考えるねえ, 僕なり俊なりは, 僕なりしを思へ, 僕なりには戦って, 僕なんかから見ると, 僕なんかにでも今の, 僕なんざあとてもおぬいさんのマッチではない, 僕なんざあとても敵わない, 僕なんざめったに口説いた, 僕なんざア斯う云, 僕なんざ年の暮, 僕なんざ江田島で鍛, 僕なんざ軍さに出なくっ, 僕なんぞからみると, 僕なんぞよりもずつとよくリルケ, 僕なんぞを騙すの, 僕なんぞをば芸者が, 僕なんだかとても悪いこと, 僕なんてのやうに, 僕なんで棒など, 僕なんといっても, 僕なんとも仕方ありません, 僕なんどが相談, 僕においてをやだ, 僕における賤民の, 僕にかういつて教, 僕にかへした, 僕にじゃない, 僕にすらなる資格, 僕についての批評かい, 僕については大使館で, 僕につけ加はつて, 僕にて天の, 僕にては無之候, 僕にともなく呟い, 僕にとり不可能, 僕にとりましてたしかに僕, 僕になんか分りませんよ, 僕になんかを註文する, 僕になんぞ会って, 僕にはどつちでも, 僕にはをかしくも, 僕にもなどとひとりで, 僕にもようく判る, 僕によって爆撃される, 僕によりてアルノより, 僕にらまれてるんです, 僕に対してというわけじゃ, 僕に対してに違いない, 僕に対してまでも不機嫌な脹れ, 僕に対しても君は, 僕に対するや水上君に対する, 僕に従ってこっちへ, 僕に関して僕は, 僕ねえさんがきらい, 僕ねむくありません, 僕のけふまでの生活, 僕のじゃない, 僕のせゐであらう, 僕のだけ分離され, 僕のてしたなん, 僕のどが痛く, 僕のねかわいい女, 僕のべんとうばこ, 僕のみがその投書, 僕のみと始めて一部, 僕のろくでないもくろみ, 僕はうら切られた夫, 僕はかへつて芥川さん, 僕はかぞへた, 僕はかぶりを振っ, 僕はからかはれて, 僕はきゃッなどと, 僕はぐーっと, 僕はけだもの, 僕はけふから道廳のへツ, 僕はじめてこういうもの, 僕はずかしいや, 僕はずしんとする, 僕はたとひ死別, 僕はてッきり気が, 僕はなんて云はれ, 僕はな君を捜し廻っ, 僕はねうまれつきあの貝, 僕はねさえき五一郎って, 僕はねもつと勉強, 僕はね返りばかりし, 僕はばあやだけには, 僕はへえ危いね, 僕はへどが出そう, 僕はまへにも言, 僕はやりはしません, 僕はをかしな, 僕はをととひ, 僕ばかな小さい, 僕ばかしじゃないよ, 僕ばかりにしかしなかったそう, 僕ひとりそこの雑貨店, 僕ひとりぢや掘つ, 僕ひとりママの亡くなった, 僕ひとり位ひが, 僕ひとり落第したみたい, 僕ひとり誠実を披瀝, 僕びわがたべたい, 僕ふくろをさがし, 僕へこたれちゃった袋もちさせられ, 僕へこんでいたく, 僕へは呉れないん, 僕ほどのタンデキ家は, 僕ほめるなんて変, 僕ほもうすつかり忘れてしまつ, 僕ほんのぽっちりしか, 僕まだ本当には泳げない, 僕までをあんなにも, 僕てっ, 僕みさちゃんがそんな, 僕みずから感情家たるゆえ, 僕みたいカケダシの若僧, 僕みんな頭どうかしてる, 僕めがけて向っ, 僕もうきっと誰とも, 僕もう一度研ぎます, 僕もかの尼の, 僕もし園子さんが, 僕もずつと勉強を, 僕もっともっと日本の, 僕もなかまに, 僕もなあ実は東京, 僕もも少し内偵, 僕もよ僕も, 僕もらってき, 僕もネ今の, 僕やがて默す, 僕やだなあどう, 僕やっと人から, 僕やつとの事, 僕やめにします, 僕や阿父の, 僕ゆうべ行くみち, 僕ゆうべ喀血しました, 僕ゆきたいんだ, 僕よりとしが, 僕よりゃ少し金, 僕よんだことある, 僕らしくなくなっている, 僕りゅうのひ, 僕わからないから教え, 僕わかりませんよ, 僕わかるような, 僕わかんないなあ, 僕わけがわかんないです, 僕わざと読みさしの, 僕わたしたちがクルディ, 僕わるいお点, 僕をからかつてでも, 僕をがみ, 僕をはぐらかしちやいかんよ, 僕をば空気の, 僕ををぢさんと, 僕を通して自分の, 僕ん所から出, 僕アおなかいつぱいだ, 僕アお前などに呼ばれる, 僕アお歴々の中, 僕アこんどの小説, 僕アはじめからはだし, 僕アむかむかして, 僕アガリ宿へ帰る, 僕アスピリンを持つ, 僕アムブロアジヌお婆, 僕アルバイトやろうと, 僕アンデルゼンのお, 僕ア中将になる, 僕ア主だよ, 僕ア今夜に限り, 僕ア今日一ン日彼女のこと, 僕ア何だと, 僕ア僕アいつも葉ちゃん, 僕ア公園で二三軒待合, 僕ア君のぐづ, 僕ア喧嘩して, 僕ア外国へ逃げ, 僕ア失敬だと, 僕ア女の人, 僕ア如何しても, 僕ア始め誰かと思, 僕ア實に嬉し, 僕ア役者だよ, 僕ア心配で堪, 僕ア慶応の学生, 僕ア星田代二という探偵作家, 僕ア海軍になる, 僕ア礼奴の兄, 僕ア算術は甲, 僕ア聽きたいん, 僕ア議論して, 僕ア道楽てえもの, 僕イヨイヨやります, 僕ウヰスキイのため, 僕エカキの久保, 僕オセロよりいい, 僕オタマジャクシ捕りに, 僕カタニア人を可, 僕カチカチすきだ, 僕カルタには負ける, 僕カーテンをつくつた, 僕ガイカニ彼女ノ裸体, 僕ガオ前ニソンナ, 僕ガコノクライニ云ッテモトテモ彼女ハ大胆ナ, 僕ガコレラヲ撮, 僕ガソノ天与ノ幸運ニ十分酬イテイナイ, 僕ガドンナニ妻ヲ愛シテイルカトイウ, 僕ガマダネテヰルカモ知レナイガネテヰタラ僕ヲオコサズニオイテソノママ, 僕ガモシ過去ニ彼女以外ノ種々, 僕ガ何ノ写真, 僕ガ出カケル時マデハ寝テイタガモウ何デモナサソウダ, 僕ガ口移シニスルト彼女ハ半バ夢見ツツアルカノゴトキ様子, 僕ガ帰宅シタ約一時間後ニ妻モ帰宅シタ, 僕ガ廊下ヘ出, 僕ガ彼ヲ敏子ニ妻ワセテハドウカトイウ考エガアッテ, 僕ガ彼女ヨリモ彼女ノ母, 僕ガ日記帳ヲ故意ニ彼女, 僕ガ昔カラ西洋ヲ見, 僕ガ死ンダラ骨ヲソノ石, 僕ガ猥談メイタ話ヲシカケルトタチマチ耳ヲ蔽ウテシマウ彼女ノイワユル, 僕ガ自宅デ現像スルノハ工合ガ, 僕ガ茶ヲ飲ミニハイロウトスルト, 僕ガ言つてはヤツパリ広目屋, 僕ガ醜悪デアレバアルダケ君ガ途方モナク美シク見エルッテコトサ, 僕クリームスープにミニツステーキ, 僕クヰーンビクトリアの研究, 僕コール天の足袋, 僕シャツを着てない, 僕ストライキがやっ, 僕スパイク買って, 僕チヤンそのま, 僕チヨツト行つて, 僕ツマンナイヤとは幼い, 僕デハナクテ相当強力ニ, 僕トノ情交ヲ拒マナイ, 僕ト木村トデ彼女ヲ風呂場カラ寝室, 僕ト木村ハ二人デ郁子ニ寝間着, 僕ドストエフスキイよりはニイチェ, 僕ナラ出来ルキット巧クヤッテ見セル, 僕ニタマラナイ愉悦ヲ与, 僕ニハ依然トシテ, 僕ニハ分リ過ギルホド分ッタ, 僕ニモ分ラン僕ハアンマリ浄吉ノコト, 僕ニ決シテ見セテクレナカッタ, 僕ノウ・ハットだから, 僕ノコウイウ不思議ナ心理, 僕ノヨウナ未熟ナモノガ撮ッタノデハピンボケニナリヤスイ, 僕ハアマリニ西洋人臭イスラリトシタ脚ヨリモ, 僕ハアンマリ浄吉ノコト, 僕ハイッタン書斎ニ上リ取リアエズ今夜, 僕ハイツモ彼女ガ厭ガッテイルトコロノ悪戯ノ数々, 僕ハイヨイヨ希ヒガカナツテ勇マシイ水雷艇ノ乗組員ニナツタ, 僕ハイヨイヨ彼女ノ忌避ニ, 僕ハイロイロナ方法デ自分, 僕ハオ前ガ果シテコノ日記ヲ盗ミ読ミシツツアルカドウカヲ知ラナイ, 僕ハカネテカラ敏子ガ木村ヲ避ケル風ガアル, 僕ハコンナ悪戯ニ耽ッタ, 僕ハジーットソノ夢ヲ視, 僕ハスデニ木村ニ対シ淡イ嫉妬, 僕ハソレニハ堪エラレナイ, 僕ハソレヲ取リ上ゲル気ハナインダ, 僕ハソレヲ考エルト不安デモアリ彼女ニ罪深イ, 僕ハソンナ仮定ヲ想像シタダケデモ嫉妬ヲ感ズル, 僕ハタダ手デ触, 僕ハッと思った, 僕ハトウニ食ベチャッタンデ梅肉ヲ下, 僕ハトキドキ恐ロシクナル, 僕ハフォークナーノサンクチュアリヲ読ミカケテイタノデチョット挨拶シテ書斎ニ上ッタ, 僕ハポーラロイドヲ返シタ, 僕ハマズストーブノ火ヲ一層, 僕ハマズソノ一点ノ汚, 僕ハマタ二階ニ上ッテイクガ敏子ガ一人デ台所, 僕ハマダ木村カラモ敏子カラモ妻カラモ何ノ説明モ聞イテイナイ, 僕ハモウ一度彼女ノ衣類, 僕ハモシ彼女ガ空寝入リヲシテイルノダトスレバ, 僕ハモトモト病気ニ対シテ大胆ナ方デハナクスコブル臆病ナノデアルガ今度ノ, 僕ハモーダメニナッテシマッタ毎日訳モナク号泣シテ居ルヨウナ次第ダソレダカラ新聞雑誌ヘモ少シモ書カヌ, 僕ハリキリボーイを歌, 僕ハワズカニ第一ト, 僕ハ一昨夜夜ガ明ケル前ニ螢光燈, 僕ハ下ヘ降, 僕ハ両刀使イダケレドモ鮒鮨ハアマリ, 僕ハ云ッテイタガアマリ長イノデ木村ハ気, 僕ハ云ワレルマデモナク郁子ヲ信ジル, 僕ハ今度クルブラ島ヲ去, 僕ハ今後モ頻繁ニ彼女ヲ悪酔イサセルニ限ルト思ッタ, 僕ハ何カ空白ガデキタヨウナ淋シサヲ覚エタ, 僕ハ何トカシテアノ素晴ラシイ美シイ足ヲ思ウ存分ワガ舌ヲモッテ愛撫シ尽シタイトイウ長イ間心ニ秘メテイタ念願, 僕ハ何トナク四角ナ, 僕ハ例ニヨリ嫉妬ト感謝トノ相半バスル気持, 僕ハ俯向キニ寝テイル妻, 僕ハ先刻カラ或ル計画ガ心ニ浮カビツツアッタノデ, 僕ハ児玉氏ナラ差支エナイト思ッタケレドモソレデモ妻ノコウイウ醜態ヲ見, 僕ハ内心非常ナ不安ニ襲ワレタ, 僕ハ医師ノ忠告ニハ耳, 僕ハ午前三時頃カラ約一時間以上モ妻, 僕ハ夜ナ夜, 僕ハ夫トシテ彼女ニ十分ノ義務ヲ果タシ得ナイノハ申シワケガナイケレドモ, 僕ハ妻ガ一生懸命酔イヲ隠, 僕ハ妻ガ嵩張ラナイデ音ノシナイアノ紙ヲ何, 僕ハ妻ハホントウニ寝テイルノデハナイ, 僕ハ幸カ不幸カ彼女ヲ熱愛シテイル, 僕ハ彼ノ心理状態ガ, 僕ハ彼ガ立チ去ッテシマイ, 僕ハ彼ニ上半身ヲ与, 僕ハ彼女ガ多クノ女性, 僕ハ彼女ガイカナル反応ヲ示スカト思ッテアノ性慾点, 僕ハ彼女ガコレヲ実際ニ盗ミ読ミシテイルト否トニカカワラズ, 僕ハ彼女ガドンナ身ナリヲシテイルカ見タクナッテ, 僕ハ彼女トノ性交ヲ嫌ッテイルノカトイウト, 僕ハ彼女ラヲ同等ニ愛シテイルノデアル, 僕ハ必ズシモ睡ラセルノガ目的, 僕ハ必ズシモアノ方ノ精力ガ常人ニ劣ッテイタワケデハナイ, 僕ハ意ヲ決シテ木村ニ云ッタ, 僕ハ日記帳ヲ入, 僕ハ昨今ヴィタカンフルノ注射液ヲ絶ヤシタ, 僕ハ普通ナラバ姦通シテイルト認メラレテモ仕方ノナイ状態ニ二人, 僕ハ木村ヲ, 僕ハ木村ニハ何ノ説明モ求メナカッタ, 僕ハ木村ニ対スル嫉妬ヲ利用シテ妻, 僕ハ本気デ注射ヲスルノガ馬鹿気テイルノデ, 僕ハ朱色デ拓本, 僕ハ果シテイツマデ続クカ分ラナイ不安, 僕ハ構ワズヴィタミンヲ射シタ, 僕ハ流シ場ニ下リテ脈ヲ取, 僕ハ生理的ニ彼女ノヨウニアノ方ノ慾望, 僕ハ白状スルトコノ間カラ心身ニ或ル種, 僕ハ盗ミ読ミハシナイケレドモソレニシテモ本当ノ, 僕ハ眠ッタラシカッタガ夢ノ中, 僕ハ精力ノ補給ヲスルタメニ相馬博士ニ相談シ, 僕ハ義務ノ観念カラ強イテ情慾, 僕ハ自分ニモ不思議ナクライ旺盛ナ慾望ニ, 僕ハ裸体ニナッテ浴槽ニハイリ妻ヲ抱エテ浴室, 僕ハ視力ガ衰エテ読書ニ不便デアル, 僕ハ豫期以上ニ積極的デアル彼女, 僕ハ足ヲ速, 僕ハ足音ヲ忍バセテイッタン寝室, 僕ハ関田町ヘ駆, 僕ハ雁皮ノヨウナ紙ガ急ニクシャクシャト揉ミクシャニサレル音, 僕ハ颯チャント此方デ寝, 僕パンパンと同棲, 僕ビールを飲み, 僕フロなんかよりいい, 僕プランの菊池物, 僕ボートに乗りたい, 僕ボールがない, 僕ママにそう, 僕モココマデ来テハ後, 僕モマダ寝床ニイタガ彼ノ声ガスルノデ起キテ茶, 僕モーゼは然, 僕モーティです, 僕モ声ヲ掛ケナケレバ彼女モ後, 僕モ彼女ニ劣ラヌ陰険ナ男, 僕モ思ワズハットシテ慌テテ螢光燈ヲ消, 僕モ汗ガナガレタリイキガハゲシクナツタリホコリガヒドクテ苦シカツタガ遠クデ笑ヒナガラ, 僕ヨリ先ニ僕ヲ見付ケテ自分, 僕ラウダはあれ, 僕ラガ郁子ヲ自動車カラ抱キオロシタ時ハ玄関ニウロウロシテイタヨウデアッタガ, 僕ラッパを吹く, 僕ラト入レ違イニ, 僕ラ家族ト夕食ヲトモニシ九時少シ, 僕レギイネ先生と一緒, 僕ロギンの墓, 僕ンとこを訪ね, 僕ンとこかいと云つた顔, 僕ン許のを買っ, 僕どで, 僕一しょに行きます, 僕一つ君に面白い, 僕一まわりして, 僕一万以上負けて, 僕一両日間より再び, 僕一人あとは三十, 僕一人きりなの, 僕一人ぢや, 僕一人ぽっちだから, 僕一人三日市へ高岡, 僕一人位だったよう, 僕一人先へ東京, 僕一人先づ目覚めて, 僕一人少年も僕一人, 僕一人日かげで本, 僕一人田舎に埋もれ, 僕一人自殺すること, 僕一人行つて来ますから, 僕一人警察へ行く, 僕一人鳥も鳴かず, 僕一代のうち, 僕一円五十銭の空気銃, 僕一向知らん, 僕一存の感じ, 僕一寸うちまで行っ, 僕一年ばかりも前, 僕一所懸命で血書, 僕一時精神的に革命, 僕一生けんめい働くよ, 僕一生懸命でやっ, 僕一番上手ですよ, 僕一言本読みに入る, 僕丁度上海に, 僕七時過ぎてから, 僕丈夫で有がたい, 僕三人集合宿泊のはず, 僕三十と分ける, 僕三径の菊, 僕三田です, 僕三高文三丙の梶鶴雄, 僕下らなく遊んで, 僕下りて行っ, 僕不憫と思召さば, 僕不肖を顧みず出, 僕ですあの, 僕中学を出たら, 僕中学出たての小僧, 僕丸木のこと, 僕に告ぐ, 僕乃至この補祭君並み, 僕久慈だ, 僕を見る, 僕は相, 僕二つも食べちゃった, 僕二郎ちゃんの兄ちゃん, 僕二部を三益, 僕五郎氏の来る, 僕京野です, 僕に可愛がっ, 僕人造人間のこしらえ, 僕今まで光子さん悪い, 僕今夜じゅうに船, 僕今夜会つて話して, 僕今度東京へも寄っ, 僕今度田舎の小さな, 僕今度皮の脚絆, 僕今日人形芝居の道具, 僕今日内藤君のところ, 僕今日四十を過ぎ, 僕今日如何して, 僕今日父さんにこの, 僕今日駄目だよ, 僕今自働電話から, 僕以上ニ熱心デアル, 僕以下の下手, 僕仮名で書い, 僕伊達です, 僕伊達正男です, 僕休めさう, 僕会つて来ます, 僕佐々は馬鹿, 僕何もかもすっかり言っちゃったん, 僕何日かそれ, 僕何處かで借り, 僕といふこと, 僕作詞になっ, 僕使うよし, 僕使玉わばまだしも, 僕俊夫です, 僕信号をし, 僕偉いんだろう, 僕忘れちゃった, 僕働いてきます, 僕僮一人として命, 僕元気なくクサ, 僕先づ出陣に及ん, 僕先年三田慶応義塾に勤めし, 僕先日ちよつとお話し, 僕先月末出京, 僕先月限りで勤め, 僕先達て赤坂へ出張, 僕入社の披露, 僕八十八の薦める, 僕八木沢ですと, 僕冗談に言った, 僕写生して, 僕冷静であ, 僕出てるんだ, 僕出ないよ, 僕出ませんよ第, 僕出国以来五箇月に相成り候え, 僕やなんか, 僕初めて顔を, 僕助くるなした, 僕動物園へ行つて, 僕勝ってみせる, 僕勝手に生きる, 僕勲章のよう, 僕勾玉を拾いました, 僕北原白秋と寝る, 僕十時に眠れ, 僕千二ですよ, 僕千駄木学校へ行きたい, 僕原作演出うちの役者, 僕冬以来死の, 僕去る日黄金ぬ, 僕去月二十五日より一臠, 僕及ばずながら心配, 僕及読足下所著諸書, 僕友だちのところ, 僕友達に案内, 僕双葉欣二にし, 僕叔父さんが大好き, 僕受持は水, 僕可哀そうで可哀そう, 僕なしだ, 僕向きたくない, 僕右脚を捻挫, 僕吉弥のお袋, 僕同情いたしますよ, 僕同様失恋になっ, 僕同然であって, 僕名作を得, 僕向こうから来ない, 僕呉羽さん大好きです, 僕唯一のオシャレ, 僕営業主任の園井, 僕嘗て平戸に, 僕噴火が見たい, 僕困ったのだ, 僕困っちゃったなあ, 僕困つたなあ, 僕を半分, 僕地理で知つて, 僕坊さんが其の, 僕堅くなりウハづって出来, 僕堪えられないんだ, 僕場所より自分, 僕という順, 僕だと, 僕夕刻ちょっとお, 僕夕飯までに帰る, 僕多忙でこまる, 僕夜中にイビキ, 僕夜半夢覚めて, 僕夜業をし, 僕夢にも思ひませんでしたよ, 僕大いにその厚意, 僕大丈夫です, 僕大人になったら, 僕大嫌いだ, 僕大木の幹, 僕大木弥一郎といふん, 僕大木老人はいい, 僕大槻重助は物語った, 僕大正八年の春築地, 僕大笑いしちゃったん, 僕天下の士, 僕天性浮気の身, 僕太いステッキを, 僕夫妻を招い, 僕夫婦の一夜宿つた部屋, 僕奇麗な銀, 僕なんか見, 僕女きょうだい一人もない, 僕女中がうしろ, 僕好きさ, 僕好き獲物を進せん, 僕如何しても, 僕をつれ, 僕姉ちゃんの云う, 僕嫌ひなんだよ, 僕学僕になり, 僕学者にあっ, 僕宇津といふ者, 僕安心しましたよ, 僕完璧の勝利, 僕宛ての名刺, 僕宛秋川駿三宛のさつき, 僕宝島へ行っ, 僕宝鏡先生にお, 僕実に疑問だ, 僕実際いやよ, 僕寂しくはなる, 僕寄宿舎を出, 僕富岡です, 僕寒暖計の脹らんだ, 僕テタンダヨ内, 僕寡聞にし, 僕専属オーケストラでない迄も, 僕射士孫瑞の二人, 僕射李福が下っ, 僕法師忌部川田某, 僕小さいろうそくを, 僕小使錢もあぶなく, 僕小原敬吉といふん, 僕小川君があの, 僕小林です, 僕小枝にほんとに, 僕小母様を, 僕少し気味が, 僕少壮の頃吉原洲崎, 僕尾田高雄ですよろしく, 僕てもかまいません, 僕山寺で菊池寛等, 僕山本です, 僕山本虎造です, 僕山田です, 僕岡本の所, 僕をとっ, 僕已に諸友, 僕えりますから, 僕帰ってから大沢君, 僕帰ったら赤ちゃんに, 僕帰りに送っ, 僕帽子をかぶっ, 僕年五十になろう, 僕年甫めて十八, 僕幹事大森都新地お千代, 僕幾島です, 僕幾島つていひます, 僕庄公を召しつれ, 僕廻っても可, 僕につれられ, 僕弥助に暇, 僕ツちやつた, 僕弱虫なんかじゃない, 僕強きもまた, 僕役人になっ, 僕役場へ, 僕待ちきれないんだ, 僕待っている, 僕からくわしく, 僕をし, 僕従ものの名, 僕得三高田お録もろ, 僕徳ちゃんが大騒ぎ, 僕徹夜だったん, 僕心配だもの, 僕必ず曲者を, 僕忘れていた, 僕忘れてたわけじゃ, 僕忘れること出来ん, 僕怒りやしない, 僕怖くないの, 僕つて, 僕思つたのが失敗, 僕思わず接吻し, 僕急いで持っ, 僕急ぐんです, 僕はくは, 僕恐ろしかったん, 僕恥しいんです, 僕恭ちゃんや俊ちゃん, 僕悲観しちゃったあ, 僕惘れて先生, 僕意富多多泥古, 僕愛唱の, 僕愛用の店, 僕憎まれたってもう, 僕少女に, 僕手つだっていい, 僕手エついて, 僕手伝うよ, 僕よりも遙, 僕折り入ってお願い, 僕持ってるほうが, 僕持参のウイ, 僕捕へて獻らむ, 僕探したんだ, 僕探し出してやる, 僕揮発油をつけ, 僕撞球場へ行った, 僕教えてもらえる, 僕教えるよ, 僕教師なら大, 僕数名を連れ, 僕文法をよく, 僕学年から, 僕新しい羽根を, 僕新年早々殺生, 僕新橋ですから, 僕新聞を配達, 僕新聞記者は嫌, 僕方々探して, 僕方解石を見つけた, 僕日本の方, 僕日比谷公園のそば, 僕早速呶鳴りは, 僕明日学校へ持っ, 僕明日山へ持つ, 僕明日里へ行き, 僕明智の事務所, 僕昨今の境遇, 僕昨夜向日葵の夢, 僕昨夜夢を見たです, 僕昨夜浅草公園へ行った, 僕昨夜金太郎さんの夢, 僕昨年から横浜, 僕昨日ここの床屋, 僕昨日剃髪した, 僕是非講義が聴きたい, 僕暗記して, 僕暢気なの, 僕曩日久保田君に, 僕曰小牧山の戦後, 僕曲馬の仲間, 僕最初っから, 僕最近お宅の前, 僕態に, 僕有明によつて, 僕朝寝坊だから, 僕へのぼった, 僕能く, 僕本当にシンチャンに, 僕本当はねえあった, 僕本来のわがまま, 僕本気で云, 僕てはわるかっ, 僕来ちゃったんだい, 僕来年も出, 僕林助といふ, 僕校番室のあと, 僕校長の所, 僕校長先生のお, 僕の木, 僕梯子をおさえ, 僕楼上にのぼり, 僕の方, 僕へ寄り, 僕次郎さんか, 僕次郎君のさっき, 僕欲しいねこの, 僕欲しくなんかない, 僕してたや, 僕欺そうとしてる, 僕が入ってない, 僕歓婢笑皆愚樸, 僕正しいと思った, 僕の湯沸し, 僕此二三日風邪を引い, 僕此方で稀, 僕武器を持っ, 僕武夫ですよ, 僕るよか, 僕死せりだ, 僕死んでもいい, 僕殺してあげよう, 僕殿様なんて厭, 僕に言つて, 僕毎夜或ひ, 僕毎日百ずつ息, 僕毎朝自転車にのっ, 僕気に入つちやつた, 僕にか, 僕水筒に水, 僕江戸に来り, 僕へいく, 僕泣いてやしません, 僕浜田です, 僕浴衣と着替え, 僕の中, 僕海軍の戦死者, 僕深井清一というん, 僕清水を怨んでる, 僕渡辺の富山, 僕満州に農場, 僕演出でやる, 僕瀬戸です, 僕に逢いたい, 僕無二の同志, 僕無休で働いた, 僕煉ってあげましょう, 僕熊岡です, 僕が出る, 僕父ちゃんが好きだい, 僕独得の流儀, 僕独耳を掩, 僕独自の解釈, 僕玄竜と申します, 僕珍しい程酔っ, 僕現在の仕事, 僕とは太, 僕生意気言って, 僕が一人, 僕用件があっ, 僕田丸の小, 僕田村へ行っ, 僕申しわけないこと, 僕だから, 僕から買っ, 僕留守番を云, 僕に後, 僕をかきたい, 僕病勢は変り, 僕病気だったの, 僕病院へ行きます, 僕痛快でした, 僕発動機をもう, 僕発明の蚤, 僕登っていっ, 僕すべきこと, 僕百円出しのわりに, 僕直に伏見迄, 僕相変わらず毎日ビールを, 僕相應の話し, 僕着くとすぐ, 僕着たかったんです, 僕着物のこと, 僕矢代だよ, 僕矢張りお母樣, 僕知ってるよ, 僕知らなかったお母さんに, 僕を運びます, 僕石川です, 僕神經痛が持病, 僕秀府の妻女, 僕秀湖に問う, 僕かに探り知れ, 僕立派な運転手, 僕竹屋春光が雑司ヶ谷, 僕を吹い, 僕等ぐらゐ貴い人間, 僕等すべての死んだ, 僕等みたいな思い切った仕事, 僕等一同が銀座, 僕等下戸仲間の爲, 僕等両人に下った, 僕等二三人の客, 僕等五人に宣言, 僕等以外の第三者, 僕等作家にとつ, 僕等兄弟は父, 僕等冬には薔薇色, 僕等友人が皆, 僕等友人数名が試食, 僕等同様近代の風, 僕等天下の売文, 僕等夫妻を送る, 僕等学生は厳か, 僕等安息もなく, 僕等少年ファンを嬉ば, 僕等年少の徒, 僕等後身は何, 僕等日本人全体の光栄, 僕等映画作家に映画製作, 僕等東洋人はかう, 僕等流の數, 僕等無名作家の名前, 僕等現代の日本人, 僕等畫かき連を全部, 僕等程度の重量, 僕等立か, 僕等群小の徒, 僕等自身さへ悉く, 僕等自身誰よりも知つて, 僕等蜘蛛奴を探す, 僕等被告人の食事, 僕等親子四人が悲しい, 僕等都会人はその, 僕答えられないで黙っ, 僕算術が二題出来, 僕約束します, 僕の奴, 僕細くて短い, 僕終りまで待ち切れませんでした, 僕結婚して, 僕結局負けた, 僕結局古賀も折れ, 僕絶望しちゃうなあ, 僕續滿之國, 僕矣, 僕老耄相増候得共先々頑健罷在, 僕考えたのん, 僕考えなしでこしらえて貰った, 僕者自今以後爲汝命之晝夜守護人, 僕聊か君の, 僕聞きましたよ, 僕聞こうという気, 僕を欺い, 僕はこんなに, 僕から実演, 僕自ら打ち破って, 僕自ら古今の英雄, 僕自ら整理に取, 僕自体が青年, 僕自信あり, 僕自動電話まで行っ, 僕自身あそこへ下っ, 僕自身あまり興味が無い, 僕自身いつか鮫の卵, 僕自身うつかり上野屋, 僕自身さへ身, 僕自身すつかり忘れて, 僕自身それまで細かく, 僕自身ガ自分ヲ制御デキナクナッテイル, 僕自身ピエルだから, 僕自身モソレヲ希望シテトドマル所ヲ知ラナイ, 僕自身一度しか捕虜, 僕自身一文の金, 僕自身不思議に思ふ, 僕自身今後どうして食つて, 僕自身回想しても, 僕自身安全なのに, 僕自身弓子に如何, 僕自身彼等の密会, 僕自身斯ういふ類, 僕自身時折はその, 僕自身歩行も不可能, 僕自身残念ながらその, 僕自身男の子だから, 僕自身痛切な経験, 僕自身発病して, 僕自身祖母に対して冷淡, 僕自身精神病院で気違い, 僕自身見聞したこと, 僕自身言ふこと, 僕自身運転して, 僕舞踊家になる, 僕花柳章太郎は欠席, 僕若し一兵卒たるを, 僕若様のおっしゃる, 僕苦しくなっちまう, 僕落っこちたかと思った, 僕藤山と北, 僕藤枝ですが, 僕へ來, 僕蛇使いの婆さん, 僕の跡, 僕つて, 僕行かないんです, 僕行きたいけど帰っ, 僕行こうか知らん, 僕行列虫の行列, 僕でもっ, 僕衣川柳太郎です, 僕から川口, 僕へ廻っ, 僕褒めるなんて変, 僕要りませんよ, 僕見せるけれどまだ, 僕見つかったんだ, 僕見つかるまで探します, 僕覚えてます, 僕親御さんたちのこと, 僕角帯をしめ, 僕解らないなあ, 僕言いますよ, 僕訊いてみた, 僕訊いたよ, 僕許してくれるやろ, 僕試験しらべで, 僕話したじゃない, 僕話したいことある, 僕誅幾日経営畢徙居入秋初, 僕読みますよ, 僕議論のため, 僕つてると, 僕豆腐はいや, 僕負けはしない, 僕負けたら色鉛筆を, 僕負けるもんか, 僕財布なんかいりません, 僕貧乏になっ, 僕赤インキをいれる, 僕走り出迎へ, 僕走り来て出, 僕起さなかったんだい, 僕踊りたくなったと云っ, 僕踊るのが, 僕を以て此行, 僕身神共に健全, 僕軍人だよと, 僕ですが, 僕近ごろ自分で自分, 僕近頃相当酒を, 僕近頃酒をやめた, 僕退出し時, 僕退学になる, 僕退治てやろう, 僕逃げたりなんか, 僕途中迄送つ, 僕逢いたいんだ, 僕遊びに行っ, 僕遊んでやらア, 僕を間違える, 僕道づれは出来ない, 僕道具をうち, 僕道江さんを腕力, 僕としての生活, 僕達一行はソレ, 僕達三高卒業生の據つて, 僕達二人きりじゃ余り, 僕達極東の漫遊者, 僕遠足はきら, 僕やしない, 僕邪魔はしない, 僕部屋をのぞき, 僕都合六人だ, 僕醉拂つてゐたもの, 僕野呂陳さんそれにもう, 僕野戦病院入りいつかニュース映画で兵隊, 僕野村です, 僕野村少年とみんな, 僕は相当, 僕金魚をほしく, 僕鈴子を身受け, 僕銀白蛇の肉一片, 僕鎌倉へ来, 僕閉口しちゃうさ, 僕間違っていました, 僕関原です, 僕阿久津弘つていふもん, 僕降らずとももはら, 僕随分びつくりしました, 僕雲水を突き倒す, 僕非常に好き, 僕をかぶる, 僕が小さい, 僕までつく, 僕づいて, 僕風船虫をお家, 僕風邪をひき, 僕飛行機をこしらえる, 僕食うよ, 僕食べたいのです, 僕食べますッ, 僕飼ってやろう, 僕養子に行きます, 僕香川です, 僕驚いちゃったや, 僕圉亞圉等の, 僕麹町一番町の家, 僕黄色な金剛石, 僕黒田先生にかえって