青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「価値~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~依 依~ ~依っ 依っ~ ~依然として 依然として~ ~依頼 依頼~ 価~ ~価値
価値~
~価格 価格~ ~侮辱 侮辱~ 侯~ 便り~ ~便利 便利~ 便宜~ 便所~

「価値~」 6886, 71ppm, 1583位

▼ 価値~ (1714, 24.9%)

51 もって 48 有つ 30 持って 23 認めて 19 知って 15 左右する, 有ち 14 有つであろう 12 有って 11 決定する 10 否定する, 有するもの, 有た, 発揮する 8 十分に, 失って, 有つなら 7 もつもの 6 判断する, 定めるもの, 減少する, 測定する, 置いて, 評価する, 高めて 5 もつ, もつて, 云々する, 充分に, 創造する, 否定し, 持つて, 持つの, 有するに

4 [11件] 実現する, 構成する, 無視した, 理解する, 発揮し, 見出して, 評価し, 認められて, 認める, 認めること, 認めるの

3 [37件] して, よく知っ, 主張し得る, 再生産, 創造し, 問は, 問題に, 変動せしめる, 変更する, 忘れて, 意味し, 批判する, 持たない, 持つ, 持つこと, 有して, 有つてゐた, 有とう, 根本的に, 標準として, 減少せしめる, 無視する, 生じるもの, 生ぜしめるもの, 生産する, 発揮させる, 発見する, 相互に, 絶対に, 自覚する, 落す事, 要求する, 認めなければ, 認めぬ, 認めるもの, 騰貴せしめる, 高めること

2 [98件] おいて, お認め, その芸術的価値そのもの, はかる物差, まるで知らず, もたないもの, もたなかった, もってるもの, もつか, 上下し, 下げること, 下落せしめ, 与えそして, 与えようと, 与えるもの, 世に問, 世間から, 中心と, 主張し, 主張する, 人生に, 他の, 低めて, 保って, 倒換し, 備えて, 全く解する, 刻印した, 半ばは, 半ば肯定する, 取出すこと, 否定したい, 問題と, 増加する, 増加せしめる, 定めて, 定めようと, 左右した, 引上げようと, 強調する, 得るであろう, 戯曲の, 手に, 担うの, 担って, 持ち純金, 持つかを, 持つもの, 支払うを, 教えたの, 明らかに, 有するという, 有する貨物, 有つと, 根本に, 正当に, 比較する, 決定し, 獲得し, 生ず, 生むの, 生むもの, 疑って, 発揮させ, 知つてゐる, 知らないで, 知ること, 私は, 科学的に, 秤量する, 置くの, 考えて, 考えると, 要求し得る, 見出さうと, 見出すこと, 規定する, 解して, 認めないこと, 認めないで, 認めないもの, 認められるか, 認めるん, 認める人々, 認め得るもの, 認得しよう, 認識し, 認識する, 語って, 論じたり, 論じて, 論じること, 軽視する, 附加する, 非常に, 騰貴せしめ, 高く評価, 高揚する

1 [967件 抜粋] あきらめずに, あまりみとめない, あらわすならば, あるいはかえって, ある程度まで, いっそうよく感ずる, うみ出すため, おきたくない, おく, おくところ, おく様, おとすだけ, かなりに, きめられて, きめられる場合, きめる訳, この人生, この接触, この貨物, この際理解, さえも, さぐり本質, さまたげなかった, さらに新しく, しっかりと, すぐつかめない崩れた, すべて奪い去った, その価値, それと, そんなに誰, ただロシア, つかむこと, つけられること, つけるが, つける為, つけ社会主義者, ところを, なくすよう, なくする, なすか, のみ狙うとき, はっきりと, はっきり見る, ひどく見下げた, ほとんど全く等閑, ほめちぎりあなた, ますます増さしめる, まなぶこと, みずから信じたい, みとめない者, みとめる, みるには, もたない, もたない物, もたない空想, もたなくなる, もたらし帰ったごとく満足, もちましょう, もち交換, もち得るの, もったものの, もった小説, もってるの, もっと見直さね, もつかも, もつたが, もつと, もつべき物, もつよう, もつ主題, もつ場合, もつ現象, よく感じ, よりたしかに自身, より高, グッと, フランと, 一切否定する, 一旦根底, 上げようと, 上下する, 下げる事, 下落させ, 不可避的に, 不当に, 与えられねば, 与えるため, 与えるの, 与える処, 与へたり, 与へる賢明, 世間に, 中心に, 主張しよう, 了解すべく, 云い現, 人々に, 人の, 他に, 他人に, 付して, 付与され, 代表する, 伴って, 低くされ, 低めざるを, 低めると, 低める所, 低下させ, 低減せしめる, 体験し, 余剰価値と, 作り出すところ, 作家の, 併せ有する作品, 価値の, 侮蔑した, 保った, 保つこと, 保つて, 保持し, 保持し得ないであろう, 保持するであろう, 保有し, 保有するであろう, 信じは, 倒壊させよう, 備へて, 充分もっ, 充分理解し得る, 入れないで, 全く否定, 全幅的に, 公衆の, 公言した, 兼ね備, 再認識, 冷静に, 判定し, 判断し得ない, 判断せらるるであろう, 前とは, 創作の, 加えたの, 十分ご存じでいらっしゃるでしょう, 十分発揮する, 十名の, 単に, 印せられて, 厳密に, 取得するであろう, 受取っても, 受取るに, 各作家, 向上させ, 否定若しくは, 含む, 含む所, 吹聴した, 問うの, 問うべきもの, 問う為, 喪失する, 固定させ, 増した, 増すに従って, 増加しない, 増加せしめなけれ, 増大する, 増減する, 変じたの, 変化し, 変更し, 外見上の, 多少なりとも認め得られる, 大切な, 大部分左右, 失い今, 失うといった, 失うばかりか, 失う結果, 失つて社会的価値といふ, 失ふ, 失わないが, 失わないという, 失わない記事, 始めて, 子供に, 安く踏もう, 定むべ, 定むべきもの, 定むるものとしての科学的要素, 定むるものは義務, 定めた上, 定めること, 定めるという, 定める最後, 定め批判, 実現せしめる, 害するとは, 尊び人, 尊重する, 少しでも, 左右されない, 差別せん, 帯びて, 常に有つ, 幾らかで, 廃止する, 引きおろすこと, 引上げんと, 引上げ得ない, 引下げる, 形成する, 彼は, 律せば, 従属せしめ, 得て, 得るすなわち, 得るに, 得るのみに, 得んが, 必ず減少, 必要と, 忘れるところ, 思うと, 思量し, 惹き起して, 意味し得る, 意識しなかった, 感じさせる, 感じさせ欣慕, 感じたの, 感じて, 感じました, 感じるよう, 感じ一家, 感ずる, 感ぜしめない, 憧れ求める文化的生活, 手軽に, 払って, 批判せん, 承認した, 抛棄し, 持たずもしくは, 持たないこと, 持たないよう, 持ち芸術価値, 持ったもの, 持った動機, 持ってるでは, 持つかという, 持つたもの, 持つてを, 持つべく余りに, 持つやう, 持つ二つ, 持つ筈, 指したと, 排斥し, 推測する, 損じ爾, 損ずること, 損ずるもの, 損ぜざるを, 損っては, 搾取する, 支払わしめる力, 放擲し, 政治的価値乃至, 教えより, 断然として, 明かに, 是認し, 曲げては, 最大限に, 有しえたの, 有し合計三千万, 有し得たの, 有する, 有するか, 有するから, 有すること, 有するため, 有するとも, 有するわけ, 有する天才, 有する発表, 有する豊穰, 有たなけれ, 有ち得ない, 有つよう, 本質的に, 極小に, 欠くであろう, 欲し造り支持, 止揚し, 正しく認識, 歴史の, 殆ど現, 比較したなら, 求めて, 決して低く, 決して忘れなかった, 決めそう, 決定しよう, 決定的に, 没収し, 活かすため, 活し, 消化する, 深く省, 混ぜ合わせるという, 添えて, 減じて, 減じ束縛, 減ずること, 減ずるもの, 減少し, 減殺し, 測るという, 測るべき特別, 測る所, 測定するであろう, 無に, 無視し, 無駄な, 牛ぱ以上も, 獲得した, 玩味する, 現して, 現実の, 理解し, 理解す, 生じる, 生じ得ないの, 生ずる, 生ずるやう, 生ぜしめるかと, 生み出さなければ, 生むから, 生産し得る, 生産せしめ, 疑う傾向, 疑ったこと, 疑ふ人, 疑われ古来, 発揮させよう, 発揮しなけれ, 発揮し得た, 発見け, 益々向上, 相当な, 看過した, 真実の, 知った, 知ったの, 知ってる商人, 知らしめるの, 知らせるため, 知らないお姫様育ち, 知らないの, 知らなかったの, 知らなすぎます, 知らぬ存在, 知られずに, 知らんと, 知りつくして, 知りました者, 知り合ってる戦友ども, 知るそれ, 知るに, 知る法水, 研究しよう, 確かめようと, 確実に, 示したで, 示す事, 私たちの, 称する人, 等閑に, 節約し得るなら, 累する, 絶した, 絶対的の, 置いては, 置かないで, 置き日本, 置くもの, 考えなおさせると, 考へた三十頁, 聞くと, 肯かせようとして, 肯定的に, 自らの, 自分が, 自分の, 自覚し, 自覚すれ, 若し作者, 落とすもの, 著しく害する, 表わし第, 表面的な, 裏側から, 見いだしつつ, 見いだすこと, 見て, 見ぬいては, 見ること, 見出さないでは, 見出し得るかを, 見出すの, 見出そうと, 見得て, 見極めようと, 見直さうとは, 観て, 解したり, 言い現, 言い表わそうと, 計るの, 訊かれても, 許して, 証明する, 評価される, 評価し得る, 認むべきであり, 認めあうため, 認めこれ, 認めず人間らしい, 認めその, 認めたこと, 認めての, 認めないという, 認めないまでに, 認めない愛, 認めぬわけ, 認めようと, 認めら, 認められずに, 認められないといふ, 認められません, 認められるやう, 認められ実際, 認めるかは, 認めるとき, 認めるよう, 認める心, 認め殊に, 認め自身率先, 認識せしめる, 認識せる, 説き示されねば, 誰にも, 論じた, 論じようという, 論じ歌壇, 論ずるところ, 論ずるは, 論ずる心得, 論ずる訳, 論理的判断, 識って, 貪ぼろう, 賞翫する, 賦与した, 賦与する, 超過する, 超過するなら, 越えて, 軽く御覧, 迫るもの, 逸するを, 過大視し, 遺憾なく, 重く見すぎ, 重く見たい, 重要視する, 閑却する, 附与する, 限定せん, 零に, 頭の, 騰貴せしめず, 騰貴せしめないなら, 高から, 高く感銘, 高く置こう, 高く買われ, 高めただけ, 高めること等, 高めるため, 高めるばかり, 高めるやう, 高める事, 高めん, 高め得るもの, 黒白の

▼ 価値~ (1001, 14.5%)

58 あるもの 21 ないもの 13 高いもの 9 あること 7 ある物, 上に 6 あるの, ないこと, 変動の 5 下落によって, 下落は, 半分に, 変動を, 騰貴は

4 [13件] ある事, ある句, ある問題, 下落から, 中に, 体系, 原因を, 大部分, 定まった本, 少いもの, 無いもの, 薄いもの, 評価は

3 [21件] あつた, ある人間, ある場合, ある男, ない人, ほかに, ものと, 下落と, 乏しいもの, 創造である, 問題が, 問題を, 変動に, 変動によって, 変動は, 標準と, 標準は, 段階を, 相違を, 真実の, 資本を

2 [70件] あらゆる変動, ある仕事, ある何, ある作品, ある女, ある比較, ある発見, ある部分, それ以上の, ないよう, ない者, もっとも少ない, ものに, ように, 一半を, 下落する, 下落に, 下落の, 下落を, 乏しさ, 二倍量を, 低いもの, 倫理学, 再認識, 前に, 劣るもの, 区別を, 半分は, 原因について, 原因の, 向上に, 唯一の, 問題ぢや, 問題について, 基礎である, 変動による, 変化や, 多いもの, 如何も, 完全な, 実現の, 客観的な, 対立の, 少ないもの, 尺度では, 尺度として, 尺度に, 尺度を, 差別は, 所得の, 標準尺度に, 標準尺度を, 正体, 正確な, 段階が, 比は, 比較を, 無い俗悪, 生産者は, 発見も, 相違は, 真の, 破壊は, 秩序を, 移転に, 著しい下落, 転換を, 間に, 騰貴によって, 騰貴の

1 [588件 抜粋] あったこと, あった事, あった人, ありなし, あるいろいろ, あるお, あるおくりもの, あるこの, あるそして, あるなし, あるにか, あるまた, あるもん, あるゆえん, あるよう, ある一つ, ある一例, ある事件, ある事業, ある人物, ある信仰, ある処, ある創造, ある力強い, ある名高い, ある国, ある変動, ある女性, ある宝貝, ある局部, ある島, ある建築, ある慈善事業, ある成果, ある或, ある所作, ある手段, ある文献, ある文芸作品, ある新しいいい, ある時代, ある本, ある本質, ある洞窟, ある活きたもの, ある為事, ある特種, ある独創, ある理想, ある矢立, ある考え, ある言葉, ある詞書き, ある試み, ある風采, ある魂, いつはりなき, うちで, うち一番躍動する, きめ方, ことでしょう, ことについて, ことは, この相違, すくないもの, すべてを, ためである, ためでは, ために, ため原産地の, つりあいと, とても高貴, ないお方, ないほどに, ないものの, ないインチキ名画, ない下らないもの, ない作家, ない取る, ない品物, ない女, ない将軍家, ない戯作本, ない料理, ない木札, ない気, ない物, ない現実, ない生涯, ない画, ない目的, ない私, ない自分, ない詩, ない論文, ない陶器, なかった, なかの, なきもの, なくな, ひくい千代女, へゲモニイ, ほか何一つ近代文明への, ほとんど少ない, まことに低い, まさにこの, ものかとも, ものが, ものだった, もので, ものであった, ものでなく, ものとして, ものとは, ものなら, ものも, やうに, ようやく賤しき, わからないよう, わからぬ下人, わかる人, わずか一, アナーキーの, モメントだった, モメントに, 一切を, 一定不変な, 一属性である, 一種でない, 一般的事実の, 一部といふ, 一部をしか, 一部をもって, 一部分を, 上からは, 上には, 上の, 上下が, 上下を, 下落か, 下落ごとに, 下落なく, 下落も, 不変的尺度である, 不足を, 世界が, 世界であっ, 世界においては, 世界の, 世界への, 世界を, 中その, 中労働階級に, 中核が, 中自分の, 主たる標準尺度, 主なる, 事実, 事実である, 事実と, 事実とは, 事実は, 二倍でなけれ, 二倍と, 二倍以上であった, 二倍以上であろう, 五倍は, 人々だった, 他に, 他の, 代りに, 低い, 低いこと, 低い代物, 低い婿, 低きはめ, 低さ, 低下, 低下は, 体系の, 体系を, 何らかの他, 余剰即ち, 信仰と, 倫理学である, 偉大である, 備わったもの, 備わった才女, 優劣に, 優劣を, 優秀, 全然ない, 全然認められない, 全部を, 全額に, 公認の, 六百倍に, 内容として, 内容に関し, 内容配当および, 内容配当使用が, 再生産, 出来た家々, 分るよう, 判別を, 判断では, 判断に, 別が, 創りてとしての, 創始人格の, 創造せらる, 創造と, 創造には, 創造を, 創造者でなけれ, 創造者に, 劣つてゐる, 劣等な, 十分さで, 十分の一ぐらい, 半を, 半減は, 印象を, 原因である, 原因としての, 原因についての, 原形を, 原理的, 叢源が, 可変的尺度では, 合計に, 問題である, 問題では, 問題に, 問題にまで, 問題の, 問題教育宗教に対する, 善悪上下は, 喪失と, 基礎と, 場合も, 増加とを, 増加の, 増加を, 増加をも, 増大に, 増大を, 増減も, 変動から, 変動ごとに, 変動では, 変動と, 変動については, 変動により, 変動より, 変化という, 変化に, 変化は, 変化を, 変革者としての, 外では, 外国貨物が, 多い人間, 多い労働, 多い物品, 多寡を, 多少が, 多少と, 多神論, 大い, 大きさ, 大きな愚直そのもの, 大なる, 大小, 大小が, 大小に, 契機と, 契機とが, 奴隷と, 如きは, 如何などは, 如何に, 妄動に, 存在, 存在からの, 存在の, 存在を, 安心立命を, 定まった物, 定まるの, 実体と, 実現を, 実現展開の, 対立が, 少くも, 少ないの, 少ないもったいないもの, 尺度たる, 尺度たるの, 尺度であっ, 尺度であるなら, 尺度と, 尺度の, 尺度を以て, 差の, 差別だ, 差別を, 差異や, 差異軽重について, 平面化教養の, 幾許なる, 度は, 建設の, 引き立たぬこと, 形而上学, 心理的観, 性格は, 性質につき, 性質は, 性質を, 怪しむべき常套, 意味に, 感じが, 感じだろう, 感じは, 感じよりも, 感情と, 感覚を, 懸隔である, 所有者が, 所有者でなけれ, 所有者では, 所有者は, 批判にも, 批判を, 批判をも, 批判者である, 批準が, 把握は, 探求, 損亡に, 改造即ち, 故に, 故に即ち報道, 斉一性へ, 新生に, 最も代表的, 最も大, 最も大き, 最も大きい, 最も現実的, 最高の, 最高標準と, 有る事, 有無を, 本体である, 本質的な, 林や, 枝を, 検討その他, 概念は, 標準が, 標準には, 標準に対する, 標準の, 標準を, 標準尺度たる, 標準等に, 欠如の, 正しい標準, 正体は, 正統な, 正邪を, 比すなわち, 比を, 比類なき, 水準にまで, 水準を, 決定を, 法則を, 活動そのものだ, 減る文化, 減少に, 減少を, 源泉の, 源泉を, 準尺, 点から, 点で, 無い平凡, 無ささう, 無意義を, 物に, 独特さが, 現下に, 理論が, 理論の, 理論を, 理論産業の, 甚だ尠, 生ずる処, 疑わしいよう, 発揮に, 発揮傾向に, 発散を, 発明や, 目やす, 相対的増減を, 相対的変化の, 相異, 相談に, 相違が, 真実かつ, 真実尺度である, 真相は, 眼識を, 研究は, 破壊を, 秩序だ, 秩序の, 穀物が, 等差が, 等級を, 精神史は, 結合を, 結合関係を, 絶対性向上は, 肯定が, 背後には, 自然的秩序を, 船舶を, 良さ, 蒸気機関を, 行使を, 見地から, 観念が, 観点から, 観点すなわち, 観点は, 評価が, 評価では, 評価に, 評価についてまで, 評価を, 評定に, 話と, 認められにくい, 認め方, 認識の, 認識即ち, 説明を, 豊かなる, 貨幣化によって, 貴い田舎, 買いどころ, 購買を, 起源に, 超越的妥当の, 転倒, 転換こそ, 転換と, 転換という, 転換も, 軽重は, 追求を, 通常の, 通用性が, 過重から, 遥かにより, 部分へ, 部分的下落は, 部分的下落を, 重い深遠, 重点を, 釣り合などで, 階段を, 階級は, 階級を, 頗る高度, 顕揚された, 顕現が, 顛倒し, 騰貴かによる, 騰貴に, 騰貴にも, 騰貴によってのみ, 騰貴を, 高いこと, 高いの, 高い使命, 高い僅少, 高い女, 高い現象, 高さ, 高まつ, 高下とは, 高下の, 高下は, 高低を, 高昇である

▼ 価値~ (869, 12.6%)

68 ある 44 あるの 28 あると 27 あるか 10 ない 8 あった 7 あります, あるから, あるという, あるよう 6 あったの, あって, あるもの, ないと 5 あるかも, あるん, ないこと 4 ありました, あること, あるでしょう, あるので, あろう, ないもの, 十分に, 決定される

3 [12件] あるかと, あるかは, あるかを, あるが, あるだろう, あるであろう, 下落する, 他の, 充分に, 増して, 生じて, 社会的に

2 [50件] あつて, ありかつ, ありそう, ありそして, ありません, ありまた, あり交換, あるさ, あるぜ, あるだらう, あるといふ, あるとは, あるとも, あるね, あるわけ, あれば, すべての, それ以外の, ないから, ないの, ないので, ないよう, なかった, なかったら, なければ, より多い, より多く, わかって, マイナスな, 下落するなら, 低くなった, 出て, 利潤に, 労働者と, 十分だ, 問題に, 変って, 大であり, 存在する, 急に, 有れば, 減って, 無い, 無いと, 理解されない, 生ずるの, 直ぐに, 騰貴した, 高いという, 高いの

1 [449件] あったか, あったかは, あったという, あったもう, あつたなら, あまりに少ない, あらう, あらうとは, ありうれしゅう, ありさえ, ありと, ありましょう, ありますなればと, あります正気, ありませう, ありませんので, ありもっと, ありや, ありよう, あり且つ, あり之, あり作家, あり同時に, あり興味, あり要塞攻撃材料, あるかという, あるかといふ, あるかね, あるかの, あるからとか, あるからな, あるごとくこの, あるじゃ, あるそれ, あるぞ, あるだけ, あるだろうと, あるであろうと, あるとか, あるとかないとか, あるなし, あるならよい, あるのに, あるばかり, あるよと, あるわ, ある云々, ある他, ある俳句, ある場合, ある彫刻, ある然し, ある筈, ある道, あろうし, あろうと, いかに低い, いっそう裏づけられる, いまだ現われない, いよいよ減少, おそらく穀物, かえって深く, かき消えて, かくされて, きまるの, きまるよう, ここに, この価値, この標準, これに, これ以上認められた, こんなに易々, ございますか, しっかりのみこめ, しばしばその, じぶん, すぐ見破られる, ずっと小さく, そえられるという, そこに, その地盤, その特殊性, その稀少性, その自然価値, その製造, その額面通り, それが, それだけ減じた, それに, それを, ただちに内, ただ一回の, ただ雑多, だいぶ下落, だんだん下落, ちがう, ちっともない, つかないからな, どうかという, どうであろう, どうと, どうなるであろう, どうやっ, どこから, どこに, どの価値, どの理由, どれだけ, どれほどの, どれ位の, どんなにいきる, どんなに大きい, ないからの, ないという, ないといった, ないといふ, ないのに, ないのね, ないまた, ないん, ない事, ない幼稚, ない死んだ, なくては, なくなったの, なくなって, なくなってる, なくなります, なくなる, なくなるから, なく且つ, ねえわい, はかられるの, はつきりと, はつきり浮びあがつ, ほとんど常にその, ほんのわずか, まざまざと, まるでどうした, もっとあがっ, もはや真理, よく解る, より大, より高く, わからない, わからぬから, わかる, わかるという, わかるもん, わかる日常, わずか一時間, イデオロギーの, ゼロ, ゼロに, ブルジョア経済の, マイナス価値に, モジフハイされた, リンネル四片に, 一つの, 一クヲタアにつき, 一分一厘だって, 一夜の, 一応高い, 一時に, 下がって, 下って, 下ると, 下るとは, 下落し, 下落した, 下落しなかった, 不変である, 不変なある, 不定かつ, 与へられるの, 世界的に, 乏しいという, 乏しいので, 乏しいやう, 乏しい為, 乏しくなる, 九〇〇磅に, 二〇%だけより, 二度行き, 云々される, 交替する, 今に, 今また, 付せられるべきと, 以前に, 仮定された, 低いやう, 低い国, 低い時, 低くその, 低くても, 低くなつた, 低くなる, 低下し, 低下する, 低下俗化する, 低級である, 何かの, 何である, 何の, 何も, 何らかの出来事, 何らの, 余りに少ない, 余剰価値と, 依然と, 価値一般を, 保たれて, 個人によ, 備わって, 優位を, 充分あった, 充分ありました, 充分ある, 内より, 再認され, 出るらしいの, 分らなかったから, 分るだろう, 分るなんぞという, 分る訳, 初めて正しく, 判ったと, 判つたと, 判るまい, 判断できる, 到底いま目前, 労働の, 労賃に, 十年百年の, 却って正常, 向上し, 含まれて, 国家的な, 国民生活の, 地主の, 報道の, 増加し, 増加し得るなら, 増大し, 増減せられたる, 変動し, 変動した, 変動しなかった, 変更する, 多いと, 多い結晶, 多かった, 多くなる, 多くまたは, 多く生ずれ, 多分に, 大いに違う, 大きい, 大きいとは, 大きくなり, 大きくなるだろう, 大きすぎ, 大分下落致します, 天下って, 失われて, 始めて, 姫君に, 存する, 存するの, 定まって, 定まる, 定まると, 定まるの, 実は非常, 実在する, 実現せられる, 実質的な, 客観的に, 宮廷から, 富の, 尊いの, 少くとも, 少しも, 少ないという, 少ない書, 少ない証拠, 少なくない, 工業品や, 左右される, 常に相, 平等である, 年々幾何に, 広く認められる, 引下げられ得ないであろうこと, 引下げられ得ない限り, 引続き不変, 当時素直に, 彼の, 彼らに, 彼れ, 彼自身消費する, 必ずしも外国, 忽ち吹き飛ん, 感得される, 或は高く, 抑, 支払われるであろうが, 改まる訳, 改めて認識, 政治的価値である, 教会の, 日本では, 昂まる, 明らかに, 時に顧みられる, 時間と金にだけ, 暴騰し, 暴騰した, 最後の, 有ったらそれだけ, 有るの, 有るので, 本当には, 果して何処, 極めて下落, 極めて削減, 極めて大きい, 極印され, 歴史的社会の, 決定せられる, 減じて, 減じは, 減じやう, 減ずるという, 減ずるよう, 減少する, 減弱する, 測られまたは, 測られるの, 測定される, 測定器に, 演出を, 演劇の, 漸次に, 激しく暴騰, 無いから, 無いもの, 無視された, 無視せられ, 現わ, 現代の, 現象する, 理解される, 生じまたは, 生じるの, 生じるわけ, 生れて, 生れる, 生れるの, 生産された, 異常に, 発揮され, 相対的に, 真理と, 真理として, 知らず知らずその, 社会性を, 社会的な, 私には, 租税に, 空しく葬り去られよう, 窮極において, 第一等地, 第一義的に, 第二, 第二義的な, 等しいとの, 等級において, 粗生, 素敵だ, 終局に, 総てを, 繋つてゐる, 考えられて, 自分にも, 自然に, 自然的価値の, 芸術的価値に対して, 英国に, 英国において, 落ちること, 落っこちると, 著しく下落, 著しく違う, 著しく高まっ, 薄れるもの, 表に, 複利で, 要するに問題, 見出されるの, 解らなかったの, 解らなければ, 解り必ず, 解るもの, 計量せられ, 評価され, 評価され得る, 評価できる, 認められずきわめて, 認められてから, 認められどんな, 認められないの, 認められなくなる時世, 認められねば, 認められるの, 課税または, 論ぜられその, 論ぜられようとも, 豊富だ, 資本に対し, 資本を, 資本家階級に, 輝いて, 逆転し, 過ぎ去ったという, 過重に, 遺憾なく, 重く見られた, 金銭価格に, 金鋳, 銀行が, 附せられて, 階級を, 非常に, 騰貴し, 騰貴しないであろう, 騰貴しなかった, 騰貴する, 高い, 高いゆえ, 高いよう, 高い場合, 高かろう, 高くとも, 高ければ, 高まって, 高まらうとは, 高められるかの

▼ 価値~ (746, 10.8%)

10 それが 9 ない 8 ないの 6 ある, 充分に 5 ないと 4 あろう, それを, 一つの, 他の, 非常に

3 [15件] あるもの, これらの, その生産, ないでしょう, なかった, 以前の, 充分ある, 十分ある, 十分に, 吾, 大したもの, 本質的に, 稀少性に, 認めて, 騰貴し

2 [49件] あります, ありません, ありませんが, あるが, あるでしょう, あると, あるの, あるよう, おのづか, こんに, そのものとしては, その分量, それと, だから使用, ないよう, ないわけ, 一挙に, 下落する, 下落するであろう, 与えられた発展段階, 乏しい, 二倍と, 云うまでも, 人に, 兎も, 分らない, 分りません, 別として, 別問題, 労働の, 十分あります, 十分である, 古来信ぜられた, 増加しないであろう, 変らない, 存在の, 専ら交換価値, 年々増加するであろう, 有た, 決して下落, 減少するであろう, 無限に, 疑いも, 皆無である, 社会的価値である, 租税に, 絶対的な, 茸の, 騰貴する

1 [539件 抜粋] ああ云う, あきらかである, あった, あったの, あらゆる他, あらゆる生物, ありさ, ありまさあ, ありませんよ, ありやせんよ, あるいは正確, あるかも, あるがね, あるだろうと, あるとしても, あるな, あるまい, ある物, いえずむしろ, いかにし, いっそう高く, いろいろあった, いわば彼, おそらくほとんど変動, かつて頭, かなりの, きわめて希薄, けっしてかかる, こうした点, ここから, ここに, この二つ, この価値, この現化, この金属, これらが, これ以下では, ございますまい, さう, さほどない, しばしば問題, すなわち評価, すべての, そういう時代, そこから, そこね, その, そのシンギュラリティー, そのダメ, そのトリック, その人, その仕事, その作品, その十五分, その各々, その対立, その感情, その教養, その物, その生産者, その社会的価値, その科学的機能, その精神, その色, その資料, その週期性, それだけ減少, それでこの, それにも, それによ, それに従って, それらの, それ相当に, それ自らの, そんなこと, そんな所, そんな皮相, たしかなる, たしかにある, ただこの, ただそれ, たとえその, だから思想, ちやんと, とうてい朕, とうに消磨, とかく誤解, ともかくなにしろそんなふうに手, ともかくも, とりも, どうである, どうなる, どこから, どこにおいても, ないとか, ないのよ, ない人間, なくなる, なくむしろ, なし, なにひとつ生まれ, なるほど, はかりしれません, はじめ何人かで, はたしてどうなるであろう, ひたすらカメラワアク, ひとへに, ほとんどすべて絢爛, ほとんどない, ますます向上, ますます大, まず人間, まず措き, まず殆, またも, また法外, まるで転倒, もうありません, もう十分, もう大分世界各国, もう永久, もしそれ, もって, もっとりっぱ, もっと尊重, もっと複雑, もつと, もはや問題, もはや所謂政治的価値, ゆるがないと, より高い, わからない, わからぬなど, わかりますまい, わずか一%, われわれの, アプリオリである, イデオロギー的, エコノミストの, ゼロに, ソヴェートに, ドミトリーに, パリという, パリッシーの, ブルジヨアの, マルクス主義イデオロギイや, マルクス主義批評家の, マルクス主義的評価に, 一〇〇〇磅であり, 一定量の, 一層明瞭, 一方が, 一段高く, 一般から, 一般に, 一般的価値である, 七二〇磅以上を, 七千ドルだ, 三矢先生と, 上りも, 下がらない, 下らない, 下向し, 下落し, 下落した, 下落せしめられ, 不変であろう, 世界古典の, 主としてここ, 主としてそれら, 主として思想的貢献, 主として貴金属, 主人公たる, 主観から, 二〇%すなわち, 二の次であり, 二四フランで, 二四フランである, 二銭でも, 云うに, 互にある, 互に排撃, 五十両が, 人によって, 人間の, 今さら説く, 今日でも, 以前と, 低いの, 低いもの, 低く持久戦争中, 何によって, 何も, 何らかの既知, 何らの, 何ら地代, 何んと, 何等の, 余自身から, 使う人次第, 例えばその, 供給の, 依然として変る, 依然として極めて高い, 依然大, 俄然暴落, 個々の, 個人の, 傍に, 充分あるだろう, 充分有, 充分認め, 全く別, 全く各, 全く輪郭的, 其を, 其等の, 内容の, 再生産, 出て, 分からないの, 判明する, 別箇の, 利潤率にも, 労働力所有の, 勿論その, 勿論神, 区々の, 十万円にも, 十分だ, 十分わかる, 十分評価されるべき, 十分認め, 単にその, 単に不可避, 単に二つ, 単に夫, 即ち彼女, 又そこ, 又別, 古くなれ, 只快活さ, 合計に, 同一であり, 同一である, 同時に芸術的価値, 商業といふ, 商業的価値のみ, 問ふこ, 問題に, 喜びも, 嘗て刹那, 因襲を, 固より, 固定かつ, 国際的重要性を, 地上の, 報道の, 増加し, 増加するであろう, 増大し, 増進せしめられ, 墨自身の, 変化を, 外ならぬ, 多少動く, 大いにある, 大きいの, 大して変らない, 大して違つて, 大分減じます, 大英博物館, 失われるであろうが, 女の, 如何う, 如何そういう, 如何に, 妥当する, 姑く, 子供時代の, 存在とは, 定めら, 定る, 実にこの, 実に大した, 実に量るべからざる, 実はもっと, 実現され得ない, 容易に, 寡黙な, 寧ろその, 寧世間に, 対等である, 専ら第, 小さいらしく, 少くなけれ, 少し加わった, 屡々問題, 工業品に, 常にその, 常に事実的, 常に人間, 常に現実的, 常に需要, 常に鴈治郎, 引続き変らないであろう, 引続き永久的, 強情を, 当の事物, 当時使用した, 当然変動, 形容の, 影響を, 彼にと, 徐々に築かれ, 必ずしも, 必ずしもそのまま本, 必然に, 必然驚くべき, 思惟経済上の, 思想や, 恐らく理知, 意味しない, 意志より, 意志同様に, 感情の, 戯曲の, 持って, 掛って, 支払われざる労働, 改めて喋々, 政治的価値のへ, 文字によ, 斉しく, 新旧の, 既に知った, 日常生活の, 日本の, 明に, 明らかである, 時と共に, 時代と, 普通の, 普遍的に, 更に低い, 書き方の, 有るに, 東京人には, 極まる, 極めて小, 極めて少なかる, 機制に, 機械の, 欧米人に, 正確に, 此の, 歴史の, 殆どゼロであろう, 殆ん, 殆無い, 段々下っ, 比較論争すべき, 永続する, 決してそれ, 決して低く, 決して同じ, 決して知的, 決して騰貴, 決定される, 泣かねば, 流動資本が, 消滅し, 消滅する, 減少し, 減少する, 減少せず, 満点です, 滅すべくも, 漁夫の, 演劇の, 漸, 為替相場によっては, 無いもの, 無さそう, 無論生産費, 物そのものに, 物的事物では, 独自性を, 獣の, 現実的であり, 現実的価値では, 理解された, 甚だ乏しい, 生じない多い, 生産の, 生産物の, 用いられた労働, 略, 疑う余地, 疑わしいもの, 発生する, 益々認められなく, 相互に, 相対的事実であり, 知識的無, 確かで御座います, 社会から, 社会的の, 神の, 私という, 私自身に, 稀少によって, 稀少性から, 種々な, 穀価の, 穀物と, 穏和なる, 第一年目, 第二, 等しい名称, 等量の, 節約された, 粘液体の, 純粋な, 純粋国民利潤を, 結局他の, 結局少し, 結局生活に, 絶大であり, 絶対無限だ, 美的本質による, 考えられず, 肥沃度のより, 能く, 脚本の, 脚本を, 自づ, 自らその, 自ら測定せられる, 自分自身の, 自然法則からの, 自然科学の, 自由競争の, 茲に, 荒増分るだろう, 落ちて, 著しく減殺, 著しく騰貴, 蔽い隠されて, 衝動そのものである, 表われる, 表現に, 表現の, 表現方法を, 要するにこうした, 要求に対する, 見出せるはず, 見直されて, 解らんじゃ, 評価され得る, 認めない癖, 認められずに, 認められない, 認識という, 語るまでも, 読まぬ身, 論ぜられないと, 負に, 買っても, 貿易相手国よりも, 資本の, 資本主義社会特製の, 起らないの, 転倒し, 近時または, 追, 逐次低下, 過般催された, 遥かに, 重んじられて, 重量の, 金または, 鉱山から, 鋳貨, 零である, 零と, 需要せられる, 靴の, 頭以外すなわち, 顧慮する, 食物の, 飽くまでも, 養ったり, 騰貴しないであろう, 騰貴するであろう, 騰貴せしめられないであろう, 高いとは, 高められそして, 高められて, 0と

▼ 価値~ (262, 3.8%)

10 於て 9 影響を 4 して, 依存する 3 なって, 帰着する, 影響する, 応じて, 於ては, 達するの, 関係づけられ

2 [18件] あるの, かなりの, なる, なれば, 基いて, 変りは, 変動を, 対立し, 就いて, 帰する, 数えて, 於いて, 比例し, 比例する, 無関心, 相当する, 重きを, 関係せしめた

1 [178件] あるから, あると, あるならば, いささかも, うたれそれ, おどろいて, おもい込みすぎて, おわる運命, かえられて, かかわるもの, したら今, してから, しても, しろ取得, し民衆全体, すぎないところ, すでにかなり, すべての, すれば, ずいぶん大きな, ぞくするもの, つくづくうたれる, とらしめても, どれだけ, なりつつ, なり最初, なるか, なるじゃ, のりうつって, ふさわしい結婚, めざめた自分たち, もっとも大きな, もとづいて, よらずこの, よるべきでは, 一括される, 一致する, 一般人類にと, 上下は, 下落し, 乏しいからと, 乏しいとでも, 乏しいもの, 乏しい所以, 人為的価値を, 何かを, 何の, 何も, 何らの, 何物かを, 依って, 依存しなけれ, 保持せしめる, 候, 優劣を, 充ちたもの, 具体化し, 到らないで, 包摂される, 及ぼすと, 及ぼす関係, 反対する, 反省を, 同一の, 向かいこれ, 呼び掛けるごときは, 執する彼, 基づくの, 堕落し, 増減の, 変りが, 変り所有価値, 大影響, 大満悦, 容嘴する, 寄与する, 富む, 富む作品, 寸毫も, 対立する, 導かれて, 就いての, 就いては, 就きては, 就て, 幾らかの, 引き直したらいか, 当るだけの, 影響した, 応ずべきで労力, 応ずるもの, 思われる顔, 悩まずに, 扱わしめよ, 換算したら, 換算し得る, 換算できる, 於いては, 於けるあらゆる, 於ける叙事詩, 於ける政治的, 於ける芸術的, 於ける魅力, 格段の, 構わず二百両, 標準尺度と, 止めねば, 正確に, 歴史の, 比例しない, 比例せしめられる, 比例せね, 気がつかぬに, 没頭し, 無関心な, 狂いが, 由って, 留まるならば, 目が, 目ざめさせプロレタリア文学, 目を, 直ちに還元, 相応し, 相応する, 相違が, 確信を, 私は, 移されるとき, 積つてあの, 立って, 等しい, 等しい低級, 等しくそして, 終るよう, 置き換えたに, 置き換えること, 置くこと, 置く様, 考え及んだ, 自信を, 至っては, 舞台の, 芸術的価値を, 見えるであろうこと, 見て, 触れたがる, 触れること, 触れる力, 言を, 調整されるであろう, 貶して, 起るすべて, 起るの, 踏むこと, 軒輊すべき, 転じて, 転ずる, 転化する, 輝くの, 近づかずば, 過ぎず単に, 適合せしめられるであろう, 還元する, 関わる, 関わるその, 関係させ, 関係し, 関係せしめ, 関係せしめられ, 関係づけよう, 関説し, 陥る場合, 集団的客観的価値が, 騰貴した, 高さ, 高下の, 高下は, 魅力を

▼ 価値~ (207, 3.0%)

4 美とを, 芸術的価値 3 なる, 同様に, 富との, 権威とを, 正確に, 芸術的価値とを

2 [14件] いえば, この商品, なって, 交換の, 交換価値とを, 人気が, 彼の, 政治的価値との, 稀少性の, 美を, 芸術的価値といふ, 芸術的価値との, 芸術的価値とは, 言ふも

1 [153件] いうからには, いうが, いうと, いずれを, いったら誠に, いって, いっても, されて, しなければ, すぐに, する所, そこから, そのギャップ, その区別, その存在, その機能, その秩序, それで, なりこの, なり次, なり社会的, なるであろう, なるといふ, はかように, もちが, アインシュタイン的価格とは, 一致し, 一致しない, 一致しなけれ, 世界が, 交換価値との, 仏法との, 他の, 低くても, 何らの, 作用との, 価値, 価格と, 信頼とを, 個人の, 其の利弊, 内容運命とを, 分量とを, 力を, 効果を, 原料及び, 反価値, 反比例に, 反発する, 古典的価値との, 古典的価値及び, 同じく文学, 同じ大, 同じ大き, 名づけられる, 名づける, 名と共に, 呼ばれ得るであろう, 商業的価値との, 器物の, 如何なる関係, 威信とを, 存在と, 学課の, 実践的価値との, 富とを, 将来財の, 少しも, 幸福とを, 幾分違つた形, 思想的哲学的な, 性格と, 性格とが, 意味とを, 意義ある, 意義とが, 意義とは, 意義を, 戯曲的価値とが, 戯曲的価値とは, 所有価値と, 所謂芸術的価値とが, 政治的価値, 政治的価値この, 政治的価値といふ, 政治的価値とが, 政治的価値とは, 政治的価値とを, 教師としての, 文化的意義とを, 文学の, 本質とを, 業績とは, 権威と, 権威は, 歓喜とを, 正しきこと, 正邪に関しては, 比例しない, 比較し, 比較する, 永遠な, 法律によって, 混同し, 演劇の, 無関係である, 現代的価値との, 現在の, 理由が, 生産価格との, 生産手段の, 生産費との, 由緒とは, 申すもの, 異つた政治的価値, 眼の, 知って, 私が, 秘密が, 称するもの, 稀少性との, 穀物その他の, 経済的無, 美しさ立派さ, 美的価値それに, 美的無意識とが, 考えられる理由, 考えるブルジョア文人的ヒューマニズム, 考える以上, 考え新しき, 自分の, 自由女神像の, 興味とをな, 舞台表現の, 芸術的価値の, 荒唐なる, 見えて, 見えるの, 見て, 見做, 観賞価値とを, 言われるもの, 訳しこれ, 誤られ易い, 資格とを, 質的展開の, 運命とについての, 道徳的価値と, 長さ, 関係せしめ, 関係は, 限度が, 魅力とを

▼ 価値~ (207, 3.0%)

10 ない 9 ないもの 7 ないこと 5 ないよう 4 ないと, ないの 3 ありません, ない自分 2 ある, あるの, ないという, ない私, なかった, 有た, 知れて, 興味も

1 [146件] ありましたが, ありゃしない, あると, あるという, あるまいがね, あるまいよ, ある文学論者, あれば, ございますが, ございませんけれど, さまざまで, さること, すくなくなる, すつかり, そのものとして, その著作, つけようと, できるし, ともに滅びなけれ, ないうす気味, ないから, ないが, ないけれど, ないだろう, ないで, ないであろう, ないでしょうが, ないとしても, ないもん, ないわ, ない些細, ない人間, ない仏像, ない偏屈, ない反故, ない古, ない女, ない安物, ない影法師同然, ない愚挙, ない方法, ない書物, ない植物類, ない様, ない漫談, ない父, ない物, ない玩具, ない玩具同然, ない筈, ない者, ない腐肉, ない軽易, ない黒い塊, なかつた, なかるべきはず, なくなって, なくなるじゃ, なく聞く, なく軽蔑, なく鐚一文, なければ, なしまた, なし権力, ねえん, またこの, また低劣, また何ら, また増大, また寿夭, また租税, みとめては, めちゃめちゃだ, もち得ない, もって, よほど無味乾燥, わかって, ゼロであり, 一致する, 丁度大津絵, 上り危く, 下がるだろうが, 下落した, 不断に, 乏しい文学書, 二つながら台, 云わば, 亦た, 亦社会的, 今に, 今日とは, 使命も, 信実も, 倫理価値も, 元来この, 全然認め得ない, 具象を通じて, 出る時代, 分らないであろう, 分らんからね, 半分も, 却つて洋画より, 同様であろう, 増加するであろう, 小切手や, 悉く人間, 感じられては, 技工過程に, 持たなかったし, 支持者を, 政治価値も, 極めて高く, 権威も, 残さないであろうから, 注目を, 減少せしめず, 測定出来ます, 無い, 無いという, 無いね, 無い程, 無しと, 相当に, 知って, 知らず秘密, 科学の, 等しく可変的, 純粋な, 美的価値も, 自ら低く, 自ら変らず, 自然下落し, 見出さなかったので, 親しみも, 認めずには, 認めて, 認めない女たち, 認めなかった, 認める, 逓増的に, 通用しない, 遺すところ, 限界も, 頗る乏しい, 高く社会的勢力, 高まる

▼ 価値ある~ (189, 2.7%)

10 ものを 7 ものと, ものは 5 ものとして 4 ものである, ものに 3 ことを, ものが, ものであろう, ものの 2 ものも, 教訓の, 詩歌絵画を

1 [134件] ある, いまだわが, かもしれません, からには芸術家, かをまた, かを知らなかった, が如く, ことで, そして多少, ためには, ということ, と認められる, のであっ, の理論, はただ, ばかりでなく, もしくは価値, もの, ものか, ものから, ものたらしめる, もので, ものであった, ものであり, ものであるなら, ものでない, ものでなかった, ものでなけれ, ものという, ものな, ものなり, ものなる, ものにも, もののみが, ものばかり, ものもっと, ものやら, もの値打ちの, もの高級な, も政治, や否や, ように, ザインである, 一つの, 下地と, 事件として, 人々が, 人々の, 人なりと, 人格の, 人間的魅力を, 仕事として, 仕事に, 仕事を, 体系は, 何かの, 余技も, 作品も, 例である, 功献を, 又は著しく, 収穫と, 口と, 口頭の, 可し, 史料の, 同地を, 大事件, 宮廷に関する, 容れ物, 影響をも, 思想を, 意見の, 態度で, 成功でもが, 文学という, 文学上の, 文献を, 新たな, 新作現代劇を, 日常的な, 書を, 本は, 業績を, 楽しみな, 歴史的に, 民族的地位を, 決して怪しむ, 点より, 物, 特質であります, 理想と, 生命のね, 生活である, 生活への, 目的の, 相当数の, 研究が, 研究だ, 研究対象である, 積極的知識としての, 築造物である, 経験の, 経験を, 絹靴下三〇〇〇足を, 罪人では, 美術と, 者が, 者でない, 者として, 者に, 耶, 職業は, 自己鍛練の, 芸術とは, 芸術は, 芸術家と, 苦しみは, 著作で, 著作物の, 解説書, 記録と, 証言に, 請願を, 財産と, 貢献を, 貨物に, 資料の, 転向と, 遺物と, 部分とは, 題材を, 食器に, 魂や

▼ 価値において~ (83, 1.2%)

5 下落し, 下落するであろう, 騰貴する, 騰貴するであろう 4 騰貴した 3 下落した 2 一〇〇磅だけ, 下落するなら, 変動しない, 変動する, 騰貴し

1 [46件] いかに高まる, かくの, それが, でなくかえって, まさに楽劇, ハムブルグの, 一分一毛を, 下落が, 不変である, 二〇%下落するなら, 五〇%だけ, 他の, 倍加され, 全く同じ, 卑しかるべき, 同じである, 四分の一すなわち, 四分の一だけ, 増加される, 増加し得るであろう, 増加する, 変動し, 変動した, 変動しないであろう, 変動しなけれ, 変動を, 変化しなかった, 大いに下落, 小麦十五クヲタアに, 常に相殺, 根本的に, 正確に, 決して変化, 没却すべからざる, 減少し, 異るであろう, 見られて, 貨幣が, 騰落するであろう, 騰貴しなけれ, 騰貴し得ないであろう, 騰貴し得よう, 騰貴するなら, 騰貴せしめられるなら, 高いという, 高まり従っ

▼ 価値尺度財~ (74, 1.1%)

16 で表わした 6 である商品 4 とする, の仲介, を仲介 3 でなされる, で表わされた 2 として採択, として採用, と交換, の単位, の原価, の需要, を捨象

1 [20件] が貨幣, たる職分, たる職能, である, である生産物, で表わし, とし, として役立つ, として用いられる, と呼ばれ, による価格, の生産費, の稀少性, または貨幣, までも捨象, を受け, を採用, を用いない, を用いる, 並びに貨幣

▼ 価値~ (48, 0.7%)

3 のだ, のである, ものだ 2 もので, ものと, ものに

1 [33件] ことを, のに, ものであった, ものであり, ものであろう, ものです, ものでない, ものとして, ものの, ものを, んでございます, 一句を, 事を, 人間である, 人間として, 人間な, 古い手紙, 品物と, 嫌味以外の, 成年者の, 手紙の, 担保を, 文学である, 暴徒に, 模造品と, 滅ぶる, 物は, 男を, 素顔に, 者でない, 者として, 自分では, 行動を

▼ 価値である~ (45, 0.7%)

2 ことが, ことは, ことを, とし, とする, とすれ, と信じ

1 [31件] ことさへ, ことなどは, ために, ということ, という点, といつても, といふわかりき, とかいふこと, とか精神, とか階級的価値, として作者, とでも云, とは限らない, と主張, と云, と云うなら, と仮定, と吾, と哲学者, と断じて, と考える, と見, と言っ, と黄村先生, なぞと, にし, に違い, のである, のは, ように, 報道価値を

▼ 価値とを~ (42, 0.6%)

2 持つが, 示すもの

1 [38件] もって, もつもの, よく知っ, 一つに, 一応分離, 全く否定, 分離せずし, 受取りそして, 同時に高められ, 増すし, 対立させた, 忘れては, 持って, 持つこと, 教ゆる, 有するかを, 有つ, 此時代としては, 比較する, 注意深く区別, 理解する, 生ぜしむるの, 異にする, 異常な, 発見しよう, 知らないから, 確認した, 私が, 考え合わす, 考察する, 聞いてからは, 自覚し, 見ようと, 見出そうと, 解明する, 認められて, 認められる時代, 認容する

▼ 価値判断~ (38, 0.6%)

4 の標準 2 を受ける

1 [32件] から一切, から生ずる, があやふや, ができない, が果して, が根こそぎ, が極, が行, である, であると, である以上, にあう, に最後的決定, に置く, に関係, のない, の出来ない, の努力, の問題, の変化, の急所, の錯誤, はその, はそれ, はたちどころに, も困難, をいう, を加, を基礎, を抹殺, を排する, を混

▼ 価値関係~ (37, 0.5%)

5 づけという 4 づけは 3 づけでは 2 づけ, づけであると, づけに

1 [19件] が因果的, づけが, づけだけ, づけだけによっては, づけであった, づけであったが, づけである, づけであるという, づけとは, づけの, づけを, づけを以て, づけ以後, ではあり得ない, となっ, なるもの, の一定形態, の相違, は閉め出される

▼ 価値とは~ (34, 0.5%)

2 何かといふ

1 [32件] ある点, いへ, すでに述べた, それに, つまり作品, どういうもの, どういふ, ジャーナリスティックな, 二つの, 云えない, 但し人々, 何か, 全然別個, 全然別物, 全然無関係, 原則上別な, 同一であろう, 同一でなけれ, 固より, 大である, 微々たる形式, 必ずあります, 更に一層言, 次第に低下, 没交渉な, 特に現代, 社会的乃至, 私が, 統一される, 農業植民及び, 遂に, 関係が

▼ 価値なき~ (34, 0.5%)

7 ものと 2 にあらず, 者なら

1 [23件] かを, がごとき, が如く, が如し, に等しい, もしくは価値, ものたる, ものだ, ものである, ものなる, ものの, もののみと, ものも, もの廃棄すべき, 仕事に, 存在である, 沈黙, 法律を, 物と, 者であります, 者なりや, 身心において, 身心を

▼ 価値という~ (33, 0.5%)

4 ものは 3 ものを 2 ことを, 言葉も

1 [22件] ことが, ことで, ことは, ことをも, こと以外には, のが, のも, ものある, ものが, ものな, ものについて, ような, アプリオリが, 事が, 事も, 事を, 点から, 点のみから, 現象は, 言葉が, 言葉は, 語に対しては

▼ 価値から~ (30, 0.4%)

2 抽象される

1 [28件] いえば, いっては, いっても, いへば, して, 七五〇〇磅の, 云えば, 云って, 云っても, 云つても, 出発し, 切りは, 動くの, 反省せられた, 引きは, 得られ得るのみ, 所有価値へ, 来たところ, 申しますと, 発した, 絶縁した, 見ても, 言うと, 言えば, 言っても, 農業者が, 遙かに, 離れて

▼ 価値との~ (30, 0.4%)

6 間に 2 比すなわち, 間には

1 [20件] 不可思議な, 二つの, 二元論を, 優劣を, 分裂という, 区別についての, 双方を, 場合にも, 対立が, 対立に, 対立の, 対立は, 対立を, 差から, 差額たる, 故に敢, 機械的混合によりて, 累進的増加は, 責任に, 関係が

▼ 価値について~ (29, 0.4%)

1 [29件] いろいろ申されます, かつその, くりかえし歎賞, その優劣, それは, よく考え, 一つの, 一層明瞭, 云って, 云つ, 云わないならば, 人は, 余り考えなかった, 冷淡で, 別に良心, 十分把握し, 古物的な, 大いに争っ, 大いに意, 子供たちに, 指導者としては, 曖昧な, 無邪気であった, 無頓著, 考えて, 考へ始めたわけ, 自ら全く, 論じて, 長い講釈

▼ 価値~ (29, 0.4%)

2 理想を

1 [27件] これの, そのきびし, その他多くの, また抱一, 中, 事柄の, 交換価値を, 力の, 固有価値では, 国際平和を, 外交対象としての, 威力は, 宗教価値とも, 実用価値に関して, 弱小や, 模様の, 権威を, 正義と, 演出の, 理念や, 理想や, 生き方を, 研究の, 自由な, 自由を, 面白さ, 風味が

▼ 価値~ (28, 0.4%)

1 [28件] あつて, あらわれて, さへ, すらマルサス氏, それを, なければ, 何故ある, 充たそうと, 先の, 十三銭, 売らざるを, 大した女, 引きつけられたか, 引つけられたか, 心には, 思い起されたろう, 数人の, 文学の, 流通するであろう, 無いもの, 現われたし, 生かして, 能っく見て, 表現すべき, 輝くの, 通用し, 運転するなら, 非常に

▼ 価値しか~ (27, 0.4%)

5 ないもの 3 有た 2 ない, なかった, もって

1 [13件] ないかも, ないと, ない伝統的, ない物, もたない, もたないと, 判断できない, 成立し得ない, 持たないもの, 持たぬと, 有たぬ, 有たぬであろう, 知らない

▼ 価値では~ (27, 0.4%)

9 ない 2 あり得ない

1 [16件] あるまい, ないが, ないので, ないもの, ないよ, ないアクチユアル, ない本当, ない虚偽, ない象徴的価値, なくこの, なくして, なくて, なくなる, なく全部, 流通しないであろう, 絶対的な

▼ 価値といふ~ (23, 0.3%)

3 ものは, ものを 2 一つの, 二つの, 特殊な

1 [11件] ことは, のは, ものについて, やうな, カテゴリーの, 一般的な, 合財袋の, 演説筆記が, 言葉そのものが, 言葉の, 言葉を

▼ 価値あり~ (22, 0.3%)

1 [22件] てその, というべし, とする, とすれ, とは云, と主張, と信じ, と思ふ, と思惟, と認, と認め, と認めれ, と認定, また健康地, や, われは, プロでも, 交換せられる, 保障せられた, 最も信ず, 最も健全, 随つて彼らの

▼ 価値をも~ (22, 0.3%)

2 知って

1 [20件] あきらかに, あらわさないの, よく知っ, 低下させる, 判じ兼ねた, 増加するであろう, 得ずまた, 得ずもし, 意味する, 拒むこと, 有しないの, 有せざるなり, 有せざるべし, 正当に, 見出さぬであろう, 言外に, 認めて, 認めないと, 認めなかった, 認めまいと

▼ 価値によって~ (21, 0.3%)

2 左右される

1 [19件] すなわちその, わかる, 人々に, 代表される, 伝承に, 僕の, 公債の, 国家を, 増加されるであろう, 変動した, 定まること, 導かれる, 左右され, 律しようと, 批判される, 決せられずして, 決定される, 測られるべきでは, 選択された

▼ 価値~ (20, 0.3%)

1 [20件] から非我, しつい, しどうして, という, ということ, というの, というよう, という種類, とおぼし召されます, とこの, とする, とは勿論, とは夢にも, と言, なぞと批評, などと云う, は, もない, もなく, も置い

▼ 価値評価~ (20, 0.3%)

2 を結果

1 [18件] がくつがえされ, が成り立つ, すること, その意味, としての批判, に対する従来, に就い, に現れ, の基準, の客観的, の機関, の理論, の規準, やその, をうけよう, を下す, を主観的, を回復

▼ 価値として~ (17, 0.2%)

2 高いもの

1 [15件] ほめた, みても, 作者の, 具体的に, 刻印され, 創造し, 動かしがたい, 存在し, 実行し, 感ぜられるの, 私たちに, 芸術的に, 観るべきもの, 認められるそのもの, 軽侮する

▼ 価値~ (17, 0.2%)

2 へ溯らなけれ

1 [15件] にあった, における平均利潤, にそして, に於, に頼る, の一つ, の中心, の最, は実践的政策, は彼, は結論, も今日, を中心, を発展, 及び其の

▼ 価値における~ (16, 0.2%)

2 騰貴は

1 [14件] あり得べき変動, それに関する, 一七五封度に, 下落と, 下落による, 下落を, 変動の, 変動は, 変動を, 相対値及び, 騰貴では, 騰貴によって, 騰貴による, 騰貴及び

▼ 価値には~ (16, 0.2%)

4 少しも

1 [12件] おのずから他, どちらかと, ならないからね, 何の, 何らの, 何物をも, 全然無頓着, 全然適用, 内容の, 敬意を, 等級が, 適用し得る

▼ 価値及び~ (16, 0.2%)

2 富の, 富両者の

1 [12件] これに, その現代社会, その訳出, 一般急進的インテリゲンツィアの, 価値の, 価格を, 前二者, 国際性の, 市場価格である, 良心と, 良心の, 解放された

▼ 価値標準~ (16, 0.2%)

1 [16件] が, が存する, が巾, といたく, とし, となる, などももう少し, に置け, のうち, の本質, はちっとも, をあて嵌める, をどこ, を基礎, を定める, を持ち出し

▼ 価値に対する~ (15, 0.2%)

2 相当の

1 [13件] あらゆる影響, ささやかな, 一〇%が, 一つの, 全附加, 凡ての, 地主及び, 強い信念, 比は, 自覚の, 観念は, 認識は, 迷信は

▼ 価値批判~ (15, 0.2%)

1 [15件] が誤, とでもいうべき, などする, にはならない, に於, のらち内, の上, の後, は, はできない, より現象的興味, を与, を忘れ, を真面目, を組立てよう

▼ 価値~ (15, 0.2%)

2 な, なもの, に見 1 だと, だといった, である, なるもの, な個性, な没意味, に反映, に復一, に考える

▼ 価値とが~ (13, 0.2%)

1 [13件] あって, かくの, からみあって, その国民, ないなら, 一致し得る, 区別される, 即ち又, 同時に存在, 同義語に, 彼ら武人にも, 或る, 百パーセント発揮され

▼ 価値への~ (13, 0.2%)

3 関係づけ 1 うらみを, 人間的確信の, 信頼という, 敬意を, 直接な, 真実の, 確信を, 要求を, 認識と, 転化具体化である

▼ 価値以上~ (13, 0.2%)

3 のもの 1 でも以下, にこれ, に好事家, に認められ, に高め得る, の一種, の多く, の根拠, はなんと, への紙幣

▼ 価値であり~ (11, 0.2%)

2 之に対して 1 この文化価値, これらと, しばしば危険, その作家, その比, 善悪が, 従って知識, 社会的価値の, 財貨を

▼ 価値なる~ (11, 0.2%)

3 ものは 1 がごとき, ことを, ものが, ものである, ものも, ものを, を冷笑, 語に

▼ 価値に対して~ (11, 0.2%)

2 過分の 1 おそろしく懐疑的, ひとつの, 力を, 意味を, 支払われるの, 比較的に, 熱心な, 盲目である, 盲目な

▼ 価値多き~ (11, 0.2%)

1 [11件] ものである, ものと, ものとの, ものとは, ものに, 世界もしくは, 巻である, 死亡表を, 種類の, 経験を, 部分なる

▼ 価値そのもの~ (10, 0.1%)

2 により全部否定 1 が社会的, に即した, の本質, の進展, は飽くまでも, も作品, を抹殺, を規定

▼ 価値尺度~ (10, 0.1%)

2 であろうが 1 であろう, では決して, としての法則, と一つ, と考えられる, なりと刻印, を二元的, を持っ

▼ 価値意識~ (10, 0.1%)

1 である, というは人々, の全般, の存在, の死骸, の理論, の背反, より放たれ, を捨てよ, を純化

▼ 価値とか~ (9, 0.1%)

1 いうと, 交換価値とかいう, 役割とか, 歴史の, 理想とか, 町人と, 芸術の, 著者の, 通用性とかいう

▼ 価値にも~ (9, 0.1%)

1 ありますし, ならぬこと, ならぬ都, また資本家, 三つの, 依存する, 影響を, 歴史家的な, 近づき得ないという

▼ 価値~ (9, 0.1%)

2 関係づける 1 或る, 無限に, 眼鏡を, 関係づけ, 関係づけられた, 関係づけられたる, 関係づけられる

▼ 価値よりも~ (9, 0.1%)

2 多いわけ 1 この点, もっと広い, 人間や, 好色雑誌の, 寧ろそれ, 相対的により, 高いかが

▼ 価値以外~ (9, 0.1%)

1 にいかなる, にその, には他, には何ら, の何もの, の何物, の価値, の種々, を知らない

▼ 価値~ (9, 0.1%)

2 なくし 1 でもなく, でも主観価値説, にはある, の擁護, もない, もなけれ, を混

▼ 価値さえ~ (8, 0.1%)

1 ありません, あれば, ないもの, なさそう, もつと, 自分の, 認めて, 隠約

▼ 価値すなわち~ (8, 0.1%)

2 小麦の 1 ある一貨物, 一貨物の, 余剰が, 尺度に対する, 自然価値の, 販売される

▼ 価値づけ~ (8, 0.1%)

1 ここで, ている, て体力, て見たい, とする, らるる, をし, を強く

▼ 価値とも~ (7, 0.1%)

1 あるべき筈, みられぬ悪, 名づくべき, 名づけるべきもの, 宗教や, 異なるの, 関係は

▼ 価値については~ (7, 0.1%)

1 あまり自信, 世評半ばし, 私は, 自ら二つの, 自分は, 誰も, 購買者の

▼ 価値によ~ (7, 0.1%)

3 つて根本的に 1 つて批判し, つて批判する, つて此主義の, つて決定的効果を

▼ 価値または~ (7, 0.1%)

2 他の 1 一〇〇〇足の, 二つの, 作業価値である, 必要価値を, 生産費の

▼ 価値~ (7, 0.1%)

1 がそれ, ではなくし, という作用, による選択, は存, を主観, を産む

▼ 価値高い~ (7, 0.1%)

1 ものである, ものまで, 任務の, 業績には, 純粋な, 自伝の, 豊艶な

▼ 価値などは~ (6, 0.1%)

1 ない, 将来世界医学の, 求められないと, 無論無い, 解らぬもの, 階級的な

▼ 価値においては~ (6, 0.1%)

1 三倍であるであろう, 到底ヨブ自身, 年々より, 決して後者, 男女の, 紙屑同然である

▼ 価値に関する~ (6, 0.1%)

1 いくつかの, 困難な, 第一版, 美学的論議にも, 認識は, 限りにおいて

▼ 価値体系~ (6, 0.1%)

3 の設定 1 が存在, も存在, を計る

▼ 価値実現~ (6, 0.1%)

3 の過程 1 のため, の理想, の生活

▼ 価値顛倒~ (6, 0.1%)

1 に陥っ, への野心, をそこ, を一般, を呼び起す, を行

▼ 価値あらしめる~ (5, 0.1%)

1 か, のである, のは, ものも, 婦人を

▼ 価値する~ (5, 0.1%)

2 名所が 1 に足らなかった, ほどの教養, 事が

▼ 価値づける~ (5, 0.1%)

1 ことが, ことの, ために, のです, 一助に

▼ 価値とでも~ (5, 0.1%)

2 いふべきもの 1 いへるやう, なったかの, 映じてるらしい

▼ 価値ない~ (5, 0.1%)

2 ものと 1 と云っ, ものであろう, 者と

▼ 価値なし~ (5, 0.1%)

2 とせず 1 とせぬであろう, と認めた, 実情に

▼ 価値など~ (5, 0.1%)

1 まったくない, 全然わからない, 全然問題, 考えなかった, 零である

▼ 価値にまで~ (5, 0.1%)

1 下落する, 引上げられ得る, 恢復する, 昂めて, 返し其処

▼ 価値より~ (5, 0.1%)

1 その作物, ないもの, ほかに, もより大である, 認めなくなって

▼ 価値一般~ (5, 0.1%)

1 がなぜ特に, の成立事情, の特色, の科学, を代表

▼ 価値以下~ (5, 0.1%)

1 であるならば, に下げた, に下落, に忘れられ, に観られ

▼ 価値対立~ (5, 0.1%)

1 でしかなかっ, にまでそして, の問題, の関係, は単に

▼ 価値騰貴~ (5, 0.1%)

1 せる三十封度, によってその, に対するもう, の結果, 従ってその

▼ 価値高き~ (5, 0.1%)

1 この名画, もので, ものとして, ものを, 十名の

▼ 価値だけ~ (4, 0.1%)

1 である, では, 引上げられる, 引上げられるであろう

▼ 価値づけられ~ (4, 0.1%)

2 ている 1 て地獄, て来

▼ 価値でも~ (4, 0.1%)

1 あった, ない, なければ, 説く事

▼ 価値に対し~ (4, 0.1%)

1 ほとんど影響, 以前と, 及ぼされる影響, 生み出され得る最大

▼ 価値ばかり~ (4, 0.1%)

1 でなくそれ自身, でなく信長, でなく自分, では

▼ 価値乃至~ (4, 0.1%)

1 は広告価値, 利潤の, 政治的価値, 階級的価値にのみ

▼ 価値多い~ (4, 0.1%)

1 描写により, 材料を, 記述を, 貨物を

▼ 価値感情~ (4, 0.1%)

1 が生れる, とは対立, の客体, を究竟

▼ 価値批評~ (4, 0.1%)

1 としての心理学, となる, はできない, をする

▼ 価値~ (4, 0.1%)

1 が蒙る, とならね, となる, を生産

▼ 価値自身~ (4, 0.1%)

1 とは独立, の内部, の内部的対立, の規定

▼ 価値からの~ (3, 0.0%)

2 乖離を 1 能うかぎり

▼ 価値~ (3, 0.0%)

1 へも失ひつ, へ隠, をよく

▼ 価値たる~ (3, 0.0%)

1 より激しき, 七二〇〇〇〇〇に, 三〇シリングと

▼ 価値だけを~ (3, 0.0%)

1 目標と, 考えて, 考えての

▼ 価値であっ~ (3, 0.0%)

1 て, てただちに, てはならぬ

▼ 価値としては~ (3, 0.0%)

1 そういうこと, 古典平家の, 完全な

▼ 価値とに~ (3, 0.0%)

1 いうべからざる厳粛, 比例し, 比例するであろう

▼ 価値についての~ (3, 0.0%)

1 正しい批判, 理解その, 論議学問という

▼ 価値に従って~ (3, 0.0%)

1 すなわち各人, 紙幣量が, 課税される

▼ 価値に関して~ (3, 0.0%)

1 いない, 主張した, 是非の

▼ 価値をしか~ (3, 0.0%)

2 意味しない 1 もたぬとは

▼ 価値低落~ (3, 0.0%)

1 の後, は妨げられ, は我国

▼ 価値内容~ (3, 0.0%)

1 とその, は之, は歴史的秩序

▼ 価値哲学~ (3, 0.0%)

1 から出発, というもの, は心理主義

▼ 価値問題~ (3, 0.0%)

1 について多く, はこの, は別

▼ 価値如何~ (3, 0.0%)

1 である, に関ら, に関係

▼ 価値標尺~ (3, 0.0%)

1 が発生, による, を基準

▼ 価値決定~ (3, 0.0%)

2 の標準 1 の上

▼ 価値甚だ~ (3, 0.0%)

1 低いもの, 少きを, 高く且つ

▼ 価値評価的~ (3, 0.0%)

2 な態度 1 なもの

▼ 価値転換~ (3, 0.0%)

1 が起るであろう, を与えるべきだ, を迫る

▼ 価値高く~ (3, 0.0%)

1 とも本質的価値, ないもの, 空想されよう

▼ 価値あらしめ~ (2, 0.0%)

2 んと

▼ 価値あるいは~ (2, 0.0%)

1 有害な, 気分的内容という

▼ 価値からだけ~ (2, 0.0%)

1 問題を, 見えて

▼ 価値こそ~ (2, 0.0%)

1 前時代, 現実の

▼ 価値さえが~ (2, 0.0%)

1 怪しくなる, 現実との

▼ 価値さえも~ (2, 0.0%)

1 含まぬと, 知らぬこと

▼ 価値すら~ (2, 0.0%)

1 なかった, 払ひ得ない

▼ 価値その~ (2, 0.0%)

1 主張を, 財産に

▼ 価値それ~ (2, 0.0%)

1 だけで月評, に宗教的価値

▼ 価値だった~ (2, 0.0%)

2 のである

▼ 価値であった~ (2, 0.0%)

1 が価値, という意味

▼ 価値であるなら~ (2, 0.0%)

1 ば我々, ば或

▼ 価値でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならず, ばならぬ

▼ 価値とに関する~ (2, 0.0%)

1 その定義, 諸概念

▼ 価値なく~ (2, 0.0%)

1 しかしてその, ともすて

▼ 価値においても~ (2, 0.0%)

1 またその, 数においても

▼ 価値のみ~ (2, 0.0%)

1 である, ならずむしろ

▼ 価値のみが~ (2, 0.0%)

1 下落せしめられるであろう, 沈黙の

▼ 価値のみに~ (2, 0.0%)

2 留まらず余

▼ 価値のみを~ (2, 0.0%)

1 強調し, 目標として

▼ 価値へと~ (2, 0.0%)

2 変更し

▼ 価値ほどには~ (2, 0.0%)

2 変動しない

▼ 価値よりは~ (2, 0.0%)

1 むしろ自分, 其を

▼ 価値を以て~ (2, 0.0%)

1 それぞれ国民の, 実在に

▼ 価値万金なんど~ (2, 0.0%)

2 と大

▼ 価値~ (2, 0.0%)

2 は認め

▼ 価値~ (2, 0.0%)

1 の差別, の批判等

▼ 価値低い~ (2, 0.0%)

1 もので, 者と

▼ 価値低下~ (2, 0.0%)

1 といえ, の状況

▼ 価値低落原因~ (2, 0.0%)

1 に比すれ, を弱める

▼ 価値倒換~ (2, 0.0%)

1 にほかならぬ, によって永遠

▼ 価値充分~ (2, 0.0%)

1 にし, のもの

▼ 価値創造~ (2, 0.0%)

1 の生活, の要求

▼ 価値必要~ (2, 0.0%)

2 の有無

▼ 価値概念~ (2, 0.0%)

1 となる, を自ら

▼ 価値構成要素~ (2, 0.0%)

1 を分析, を矢張り分析

▼ 価値比較~ (2, 0.0%)

1 をされる, をする

▼ 価値測定器~ (2, 0.0%)

1 と云う, の如き

▼ 価値的同一~ (2, 0.0%)

1 と形而上学的同一, の方面

▼ 価値相当~ (2, 0.0%)

1 に洒落, の文学的表現

▼ 価値等級~ (2, 0.0%)

1 の典型的表解, を付さない

▼ 価値規定~ (2, 0.0%)

1 からは遊離, は埋没

▼ 価値~ (2, 0.0%)

1 のうえ, は封建時代

▼ 価値転倒~ (2, 0.0%)

1 そうして無神論, の文学

▼ 価値~ (2, 0.0%)

1 は減少, を増加

▼1* [213件]

価値あらしむる思念とを, 価値あらしめようとさらに, 価値あらしめ得ないことを, 価値あらずかくの, 価値あらん我は, 価値ありき中房温泉着約, 価値ありとて妾, 価値あるごとく話すのだ, 価値あるならば地球, 価値あるべからんも, 価値あれば左, 価値いかんにある, 価値いずれにある, 価値いよいよ美術に, 価値あるいは間違った, 価値かも知れんが, 価値からばかりでなく更に, 価値こそはここで, 価値この数年来凡そ喧騒を, 価値さらに進んでは, 価値てゐた, 価値じゃなくて, 価値すらが純粋論理以外の, 価値せり上げ競争の犠牲, 価値その他すべての問題, 価値それらの価値問題, 価値たらしめるのである, 価値だけが彼には, 価値だけに使って, 価値だけによるのであろう, 価値だけの物を, 価値だけは充分に, 価値つけなければ空, 価値つけられて居る, 価値づけた立場は, 価値づけであるといふ気, 価値づけなかった時代に, 価値づけられた所以であった, 価値づけられることも, 価値づけ合っていた, 価値であるだらうか, 価値であろうと私, 価値ですね私, 価値でないことは, 価値でなく題材の, 価値とかいうものの, 価値とかから離れて, 価値とかに関係し, 価値とかも単に主観的, 価値としての芸術価値をも, 価値とにたいする感動すべき, 価値とより多量の, 価値と共に全くここ, 価値どころでは, 価値どころか役に立ちすぎて, 価値ないしは全然間違った, 価値ながらそれを, 価値なきいたづらな, 価値なぞいうもの, 価値なぞは問題では, 価値などについてしかも熱心, 価値などについては相当の, 価値などには顧慮する, 価値などに対してはまるで無知, 価値などの区別に, 価値ならば最後, 価値なりを味ふ, 価値なんてないなどという, 価値においてすら地代の, 価値にしかすぎなくなる, 価値にたいして幻影を, 価値にたいする感じを, 価値についてもこれを, 価値にとって絶対的に, 価値にのみ局限する, 価値にまでも高められ得るから, 価値によってのみ定まる, 価値によってはその保護者, 価値によるので, 価値に迄到達すべきだ, 価値に関し後者は, 価値に関しての議論が, 価値のみによつて批判し, 価値はたとへ数字, 価値はと隣の, 価値ばかりで判断する, 価値ばかりを見るならば, 価値ほか持ち得ないもの, 価値までが危なっかしくなり, 価値もしくは手段的の, 価値ものなれども此の度国表, 価値ものよ茶碗だって, 価値やを証明し, 価値をこそその芸術品, 価値をさえ自覚しよう, 価値をば直ちにその, 価値三幕物としての価値, 価値上なんの美術価値, 価値上比較的に考えます, 価値下落の有, 価値に興味, 価値並びに全資本, 価値中重要の地位, 価値主義に対して幸福主義, 価値乏しいものは, 価値九〇%銀半デカグラム, 価値二三畝千万銭なるに, 価値の理想, 価値人格の価値, 価値人生の意義, 価値人間の使命, 価値付けようとして全く, 価値付けることが, 価値以外江戸末期の浮世絵, 価値低きこと, 価値低くとも古典的価値, 価値何処にある, 価値例えば一ヘクトリットルの, 価値信頼すべき伴侶, 価値俳優の技倆, 価値個々の善, 価値より春信清長栄之ら, 価値先ずそんなもの, 価値判定と読者, 価値効力を述べ, 価値するところ, 価値千金とひたすら, 価値即ち芸術価値は, 価値又は多様なる, 価値哲学文化哲学がその, 価値器具の改良, 価値回復をし, 価値変動のただ, 価値変化を正常, 価値変革に外, 価値多く興味ある, 価値多しと見た, 価値存在の絶対圏, 価値宗教的価値である, 価値定めが衆議制, 価値及び効用, 価値小説としての価値, 価値少きものと, 価値少く見えるから, 価値少しさがったわね, 価値少なきかを理解, 価値尺度財以外の商品, 価値尺度財単位単位の変化, 価値後者は交換上, 価値性一般がなぜ, 価値悲劇として喜劇, 価値意味などの有機的, 価値感知されるの, 価値或は文化性といふ, 価値か全く, 価値抜きに対手, 価値新しい美を, 価値暴露せるをもって, 価値更に一幕物としての, 価値未来への期待, 価値となる, 価値栄養の集成, 価値標準社会秩序すべてこれを風俗, 価値殊に作者の, 価値比例はいかなる, 価値深い学識を, 価値深きかを熟知, 価値減退に対して其, 価値測定の手段, 価値無意義なるもの, 価値現象として主観, 価値理想によるわけ, 価値理論は凡そ, 価値生活の意義, 価値産業所有権これらは物, 価値の純粋, 価値との間, 価値百パセントあって, 価値的啓蒙であった, 価値的規定を度外視, 価値的評価を除外, 価値的評語であり倫理的, 価値こういう要領, 価値の説, 価値真によき宗教, 価値真贋を識別, 価値福利とは全く, 価値の生存, 価値科学者としての真, 価値一の, 価値を云々, 価値等々の合言葉, 価値等すべての問題, 価値や酒, 価値統一がほとんど, 価値美術的にそれだけ, 価値自体だ, 価値自由にし, 価値至上主義が行なわれ, 価値行動のテンポ, 価値表現でないの, 価値要するに人物本位的国政の, 価値観念を打破り, 価値証明のよう, 価値評価のよりどころ, 価値説利用は価値, 価値読んで今, 価値論争の産物, 価値進むに従い戦闘, 価値道徳の問題, 価値附けられ真に噛みわけた, 価値音楽家の興行, 価値高められて侠