青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「依頼~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~供 供~ 供給~ ~依 依~ ~依っ 依っ~ ~依然として 依然として~ ~依頼
依頼~
価~ ~価値 価値~ ~価格 価格~ ~侮辱 侮辱~ 侯~ 便り~ ~便利

「依頼~」 1468, 15ppm, 7370位

▼ 依頼~ (232, 15.8%)

10 て来た 8 ている 7 てある, ておいた 6 ていた, てその 4 てあった 3 て, てきた, てくれた

2 [13件] てあります, ておい, てこの, てそうして, ては見た, てゐた, て事, て大事, て悪事, て描い, て来る, て置いた, て自分

1 [149件] ある波多野晋平, および電信局, こちらに, この解説, しかも他人, そういうこと, そこでようやく, その出来上つたの, たりし, たりした, たりする, たりそれ, たりなどした, たり或いは, たり白井, たり素人探偵, てあつたらしい, ていたら, ていった, ていつ, てお, ておきました, てこれ, てございます, てしまい, てそこ, てなお, てのこと, てのみ往生, てはいない, てはじめて, ては如何, てみ, てみた, てもう, てもう一度, てもなか, てやった, てやり, てようやく, てよけれ, てゐる, てキリスト教, てドラーゲ・マルコヴィッチ氏一族, てパン, てホテル内, て一時, て一時安心, て一週, て之, て二人, て仁義, て他人, て会員, て佛具十五事, て來, て便宜, て催促, て僕, て免職, て入朝, て其折, て勅額, て各校, て商法, て多く, て夥しい, て大, て大々的, て大大的, て大阪, て天下, て太刀, て妻, て子供, て宿昔青雲, て帰った, て帰り, て帰りました, て平岳, て彫らした, て彼, て復職, て持ち行かしめ, て断られた, て書い, て本場, て来, て来ました, て梅, て毎月父, て毫も, て漉い, て特別, て生存, て私, て稍安, て約, て細君, て細川家, て置く, て考えつく, て而, て自己, て草木, て蒐め, て薄田殿, て行く, て見よう, て誰, て調べ, て貨物, て辞し去った, て辞書, て農商務大臣, て遣た, て遣った, て電話, て電話室, て食, て首尾, にでかけた, にまわる, に行った, またキリスト教, 一切仏式を, 下男部屋を, 五月の, 何事も, 俊夫君は, 具体案を, 午後七時頃馳け, 実に気の毒, 度く, 所謂内助の, 所轄署では, 教室へ, 書物が, 村の, 次の, 炭焼を, 狩野君の, 直に披, 若干の, 警察と, 軟脆食物に, 轎夫の, 農大鈴木研究室において, 顔料を

▼ 依頼~ (173, 11.8%)

32 受けて 7 うけて 6 受けたの 3 うけた, 受けたので, 受けましたが, 受けると

2 [11件] うけましたから, した事, して, どう所置, 享けて, 受けた時, 受けた第一流, 受けてから, 受けました, 小学生に, 引き受けて

1 [94件] あえてする, うけこの, うけたこと, うけたわけ, うけたん, うけた人物, うけてから, うけまるで, うけるので, うけるもの, うけ二千四百両, うけ同じく, かねて, されたお, されたんで, した, したらと, した刑部省, しなければ, しろと, し殺人, するかも, すると, するの, ひきうけましたが, ひとつ懇願し, ほとんどすべて, また引受ける, みて, もつて, やっと今日, ようやく飲みこむ, よくうける, よこした, 一と, 今日中に, 伝える傍, 余りにも, 俟たず, 受けそうして, 受けたいろんな, 受けたこと, 受けたため, 受けたり, 受けたマラソン, 受けた人, 受けた人形師, 受けた川手家, 受けた旅行者, 受けた早苗さん保護, 受けた書, 受けた男, 受けられたの, 受け大, 受け居る由, 受け引き受けられるや, 受け本人, 受け諸, 唯々諾々として, 嘲るやう, 嘲るよう, 天に, 幕府から, 平気な, 幸に, 引き受けた, 引受けない訳, 引受けると, 御辞退, 忠実に, 快く承知, 快く承諾, 思ひだし生きた魚, 承諾し, 承諾する, 拒まれぬという, 拒絶し得た, 持ち出した, 斥けたの, 断わりかね旧師, 斷りきれない, 果すため, 果たして, 渠は, 無に, 無視し, 聞いて, 聞き入れて, 聞き分けたよう, 聞くため, 聞くと, 表すかの, 言い出す機会, 諾かれ

▼ 依頼する~ (131, 8.9%)

11 ことに 5 ことが 4 と同時に, のが 3 ことは, のは 2 がごとき, ことなく, と, ということ, のと, のも, の必要が, より他, 事に

1 [83件] かなと椽, からよろしく, から御, が如何, が故に, ことも, ことを, その必要, ために, ための, つもりだった, つもりであった, つもりである, という断腸, といずれ, とこの, ところは, とすれ, とそのまま, と言っ, どころか明日, に至った, に足らず, に足らない, に足らなかった, に足る, のだ, のに, のみ国, の多き, の心, の暴力, はただ, は司政者, ものである, ものと, ものなり, ものは, ものばかり, もの多し, やうに, ように, よう手筈を, より仕方, を余儀なから, を得れ, を迷信, んじゃ, んで, 一方オウクランドの, 事も, 人を, 代わりに, 以上は, 使者が, 信念が, 出版社が, 向きが, 和蘭王兼阿, 商人流行らぬ, 多くの, 大学綜理の, 形式で, 心が, 心を, 必要から, 必要も, 意を, 手はずを, 旅行する, 旨を, 明朝の, 時碌山の, 気にも, 無腸男子, 爲に, 秋成自著の, 立場から, 者と, 者は, 苦心は, 長手紙を, 風の

▼ 依頼した~ (99, 6.7%)

10 のであった 5 のである 3 のだ 2 がその, のも, のを, もの他は, ッて

1 [71件] あとだった, かそして, かはわからぬ, からであります, から送る, か書面, か聞い, がビベロ, ことから, ことが, ことこれは, ことだけ, ことの, ことは, ことも, ことを, こと自ら妾を, さに, という人, ときには, ところが大久保氏, ところである, ところ博士の, ところ返電が, とのこと, のが, のであります, のでここ, のです, のは, ものだ, ものであろう, ものです, ものの結果, もの三は, ようだった, わけじゃ, わけで, んだ, 三つの, 上こちらからも, 事が, 事件に, 事件を, 事実も, 人又は, 仕事の, 作曲家の, 共通の, 其の文句, 処先生頗る, 出版でも, 口上と, 場合あなたは, 場合雇傭関係によ, 当日より, 手紙である, 折に, 書面である, 氏は, 氷上山勅額勅願所の, 理由は, 男が, 百万円だ, 着眼を, 社へでも, 筋が, 處, 覚えが, 警察署の, 通禧らの

▼ 依頼~ (79, 5.4%)

2 がやってくる, のため, の方, の註文

1 [71件] あらば, からはなるべく, から何, から充分, から手紙, から画料, があつ, があります, がつづい, がみんな私, がやって来, が一人, が出来た, が原稿料, が多かっ, が来, だよ, であるモナ・リザ, ですから, でもあれ, として訪れ, と利害, なる北海メール社, なる者, に此趣, に聞え, のロリー氏, の前, の多い, の姓名, の婦人, の実験, の家, の感想, の我まま, の松谷秀子, の無事, の申し出以上, の真似, の知遇, の秘密, の立場, の絶対, の繪絹, の職業身分, の腹, の若い美しい, の要求, の財政, の身の上, の身分, はごく, はその, はちょっと, は園田黒虹, は悉く, は既に, は近頃, への信用, へは必要, へ結びつい, もある, もなかっ, も少なく, や讀者, をしばりあげる, を勝たせる, を困らせた, を弁護, を案内, を調べ

▼ 依頼~ (73, 5.0%)

19 応じて 3 見えたと 2 依って

1 [49件] おいて, くる畫會, でかけること, なったの, ひどく気, やってくるの, 一時は, 上った次第, 今更取消す, 付奔走の, 來た, 参じた次第, 参ったわけ, 及ぶから, 及んだ, 取り合うまいと, 取り合わずに, 呆れて, 就て, 御親切, 応じかねますな, 応じその, 応じたの, 応じたもの, 応じたり, 応じた時, 応じてからの, 応じない, 応じようと, 応じ玄文社, 応じ難く, 応ずる事, 快く応ずる, 来た, 来たこと, 来たの, 来た以上, 来られたの, 来られ然, 来る, 由って, 町民が, 行くとか, 行ったの, 行ったらあっさり, 行つたのは, 飽くまでも忠実, 驚いて, NOと

▼ 依頼~ (69, 4.7%)

6 手紙を 3 件, 件は, 筋が, 電報が 2 件が, 用で

1 [47件] あった仕法立て, あった日, うても, お手紙, ことにも, ことは, ことを, すじを, ためでは, ため推参いたし, ついでに, できる人, ほかには, 三千子さんの, 事件の, 仕事に, 件あり, 件について, 件の, 件を, 原因が, 品で, 品は, 品を, 唱歌の, 客か, 序文を, 当夜の, 手簡を, 時拝借いたしました, 書状が, 書類を, 氣が, 点頭きを, 無電によって, 用も, 用談を, 短冊に, 紳士も, 脚本を, 脚本筆取るべき, 脚本資料を, 趣慥かに, 金は, 雑誌社数が, 電報を, 順序などは

▼ 依頼~ (58, 4.0%)

2 です, の方々

1 [54件] からまで馬鹿, がついに, がはいりこむ, がロス氏, がロチスター氏, が来た, が相手, が表, だから, だったが, であった, であったこの, である一人, である友人, であろうか, でいらっしゃるん, ではなく, とみえる, と一緒, と云う, なりとし, なん, にとってのさまざま, にはあの, に向っ, に売った, に対してどう, に対してやる, に対して手数料, に電話, のこと, のよう, のホール・ピイクロフト, の云, の夫, の帰つて, の知人関係, はいつた, はここ, はそこ, はにべ, はのんき, は主人, は云った, は彼, は若い, は裁判官, もいらっしゃる, をあくまでも, をすぐ, を失う, を持っ, を細い, 第六回参照

▼ 依頼された~ (56, 3.8%)

4 のである 3 のを 2 ために, ので, のは, 時の

1 [41件] ことが, ことも, ためである, ということ, という幣帛, といふ場合, ときその, とする, に過ぎない, のだ, のであった, のでやっと, ものだ, ものなどを, わけだ, ラジオの, 三十分ものの, 事入梅で, 人が, 人物が, 仕事の, 仲裁人では, 件を, 余は, 例の, 守りに関しては, 当時から, 或航海學, 手紙を, 新衣裳, 時は, 時私は, 用事の, 由である, 画家ウイツスラアの, 皇子の, 短篇小説を, 縫物を, 肖像の, 通りに, 雑誌の

▼ 依頼~ (48, 3.3%)

2 それとなく松原家, 書類の

1 [44件] あなたに, お前に, お邪魔, このイエジジ宗, この土地, こんな調査, ちょっと重大, やった殺人, やつて, わざわざ二, 三藏は, 二人の, 何か, 例の, 僕が, 僕を, 初めの, 加十さんの, 北見天鹽の, 半蔵は, 取り止めに, 基督教主義の, 実際の, 富子の, 対談を, 強ひ, 探検には, 日本に, 明治二十三年四月に, 書きその後斯ん, 書き直されたこと, 本を, 本年の, 様々な, 田鶴子には, 私は, 私を, 紛失いたしました, 自然と, 花宵先生が, 訳して, 面倒な, 騎馬組七人だけは, 高等の

▼ 依頼され~ (46, 3.1%)

5 ている 3 ていた 2 ておりました, てその, て作った, て居た

1 [30件] たりする, て, てある, ていた事, てお, ておる, てからのこと, てきた, てその間, てそれ, てもホームズ, ても出来ない, てゐた, てゐる, て三浦さん, て何度, て作っ, て原首相, て夢中, て実行, て宴席, て小, て山本, て無量, ながらこの, ながらみすみす, 印東を, 古川町の, 日夜その, 机に

▼ 依頼~ (38, 2.6%)

3 あった, あったの 2 あって, あつた, ある, なくとも

1 [24件] あったそう, あったと, ありました, ありサイン, あるとの, あるの, きて, きても, して, ないから, ながながと, なくても, なければ, まいります, ロンドン局へ, 参りました, 御座いますが, 来たん, 来て, 来ると, 殺到し, 生じて, 翁にとって, 行った時

▼ 依頼~ (31, 2.1%)

2 であつ, を認め

1 [27件] が七八日頃, さえあれ, だったの, である, などを認め, には私, によって脅迫, に添え, のこと, はたしか, はセルギウス, は三月十一日, まで受け取り, も添え, をかき出した, をたい, をだしなさい, を出した, を待つ, を持つ, を書い, を書いた, を見た, を貰つたの, を送っ, を遺し, を隠し

▼ 依頼によって~ (22, 1.5%)

1 [22件] この封書, ほんの席画, 一人で, 予め部下, 伝三郎が, 動く殺人請負, 北緯二十七度六分東経百三十度五分の海上を, 多少の, 大至急, 天国の, 委員諸氏に対し, 実隆が, 広島で, 当道場, 或る, 来て, 松吉の, 源氏物語を, 田川氏の, 蘭貢の, 袁更生の, 西班牙銀行団が

▼ 依頼~ (16, 1.1%)

1 [16件] あった, あったの, あって, ありました, あり私ども, あるので, された事, なかった, ばつたり, よく果たし, 付け加えて, 喜んで, 御座いませんでした, 来ないが, 果して, 果せずに

▼ 依頼~ (15, 1.0%)

2 を起す

1 [13件] が消え, が無意識, が起き, といふもの, のつよ, のつよい, また最も, をもち一種, を増長, を持っ, を排斥, を起さず, を起し

▼ 依頼~ (14, 1.0%)

1 [14件] お受けしない, お引き受けしたくない, ここでは, さすがに, ひかえて, われらの, 一切峻拒し, 何んなり, 冗談では, 切れて, 取消したいと, 受けて, 懐加減に, 甚だ残念

▼ 依頼される~ (11, 0.7%)

1 [11件] ごとに, その種, という日の出, といふそんな, とか, とわざわざ, と危険, と解決, ようの, 事に, 前に

▼ 依頼主義~ (9, 0.6%)

3 を取っ 2 であ 1 が横たわっ, と屈従主義, にむしばまれる, の底力

▼ 依頼により~ (8, 0.5%)

1 ですね, 其の趣, 埋葬仕, 晩秋に, 晩秋にな, 火薬を, 牧野博士の, 素早く天国

▼ 依頼せし~ (7, 0.5%)

1 こと真なり, に人々, むるというにあるならばその, 半截物の, 服部製の, 樂浪帶方の, 結果なる

▼ 依頼~ (7, 0.5%)

1 あるからは, いい朝日, なること, 云ひ, 御礼に, 恐怖との, 松波翁の

▼ 依頼~ (6, 0.4%)

1 が身柄, なる若井兼三郎, に世話, に対し相, の注文, はこの

▼ 依頼したい~ (5, 0.3%)

1 ことが, との先方, と思う, ものだ, 件が

▼ 依頼では~ (5, 0.3%)

1 あるけれど, ないか, ないが, なく時々, 断りも

▼ 依頼すべき~ (4, 0.3%)

1 ことは, 人達が, 何者をも, 有力者は

▼ 依頼すれ~ (4, 0.3%)

2 ばすぐ 1 ば, ばその

▼ 依頼せられ~ (4, 0.3%)

2 て調べた 1 ている, て今日

▼ 依頼~ (4, 0.3%)

1 かとにかく, からこう, からひきうけた, とはいえ

▼ 依頼~ (4, 0.3%)

1 のであった, のです, んでしょう, んで御座います

▼ 依頼に対して~ (4, 0.3%)

1 まるで努力, レーニンが, 今まで, 何日までに

▼ 依頼~ (4, 0.3%)

1 が早く, にかく, の出来上り, を描く

▼ 依頼通り~ (4, 0.3%)

1 にしてやりたくなる, になりかねる, になり兼ねる, に運んだ

▼ 依頼しなけれ~ (3, 0.2%)

1 ばならない, ばならぬ, ば今日今日

▼ 依頼しよう~ (3, 0.2%)

3 とした

▼ 依頼すべ~ (3, 0.2%)

3 からざる

▼ 依頼である~ (3, 0.2%)

1 から文鳥, けれどもいかん, ことを

▼ 依頼でした~ (3, 0.2%)

1 があなた, が今, 私は

▼ 依頼でも~ (3, 0.2%)

1 あったの, して, なかった

▼ 依頼~ (3, 0.2%)

1 に来た, 彼の, 我れ

▼ 依頼~ (3, 0.2%)

21 だの

▼ 依頼~ (3, 0.2%)

1 らしき入質物, を吹飛ばさるる, を監督

▼ 依頼~ (2, 0.1%)

1 人に, 可らず

▼ 依頼~ (2, 0.1%)

2 むと

▼ 依頼せざる~ (2, 0.1%)

1 も郵便, をえず

▼ 依頼せずし~ (2, 0.1%)

1 て他, て独立

▼ 依頼せね~ (2, 0.1%)

2 ばならない

▼ 依頼であった~ (2, 0.1%)

1 が, ことは

▼ 依頼です~ (2, 0.1%)

1 から兎, ね

▼ 依頼という~ (2, 0.1%)

1 のは, のを

▼ 依頼とは~ (2, 0.1%)

1 いいながら, 金品交換の

▼ 依頼なさる~ (2, 0.1%)

1 ようにって, ようにと

▼ 依頼によりて~ (2, 0.1%)

1 和漢数学史の, 為されたるもの

▼ 依頼~ (2, 0.1%)

1 催促に, 留守宅慰問の

▼ 依頼~ (2, 0.1%)

1 であるので, です

▼ 依頼事件~ (2, 0.1%)

1 とは少し, の内容

▼ 依頼人たち~ (2, 0.1%)

1 はこの, は私

▼ 依頼~ (2, 0.1%)

1 なども描け, などをもちこむ

▼ 依頼通り取り~ (2, 0.1%)

1 計いかね, 計ひかね

▼1* [117件]

依頼かたがた遊びに来た, 依頼から咄嗟に, 依頼かを受けたもの, 依頼さえして, 依頼させたのです, 依頼されとる通り申立てない, 依頼されない事件には, 依頼されようとは殆, 依頼されるなら漫然たる仮定, 依頼される頼まれるといふ, 依頼しおき候えば同君, 依頼しすぎて技術, 依頼したくと存候, 依頼したるがため, 依頼したれば氏, 依頼しとるとの事, 依頼しないということ, 依頼しなくてはならない, 依頼しましたが何れ, 依頼し得る境遇は, 依頼し置きたる株券王子製紙会社壱百株, 依頼し買って貰っ, 依頼し進んで彼等, 依頼すべからずその弁論, 依頼すべきではない, 依頼すべく法水等は, 依頼すべく参ったわけであった, 依頼すべく来られたのです, 依頼すべく飛び出して家, 依頼するべきではない, 依頼せしめるやうな, 依頼せずあるいは同志, 依頼せよそしてその, 依頼せられざる可から, 依頼せられしといふ, 依頼せられたとはいう, 依頼せんと思う, 依頼その他仕事多し有, 依頼だけは御免蒙ります, 依頼ってどんな性質, 依頼てみる, 依頼つたからは二人, 依頼つていふこと, 依頼でありますから餘, 依頼であろうとポンポン, 依頼でないだけに七拝, 依頼というは他でも, 依頼とか私の, 依頼とても書けないことわる, 依頼とやら申すこと, 依頼とを果した, 依頼なさろうとなすった, 依頼なし置くとの, 依頼なすっていらっしゃる, 依頼など致しました, 依頼などでよく長い, 依頼などは日頃この, 依頼なら割に機嫌, 依頼なんかするわけ, 依頼について凝り性な, 依頼にて一筆申上候, 依頼には応じたくないと, 依頼にもならぬ救援, 依頼によつて物故した, 依頼に対しては汗顔平伏し, 依頼ぶりから想像, 依頼んただ, 依頼まれて二三度絵, 依頼はあたかも, 依頼むにあらず我の信仰, 依頼む処わが望, 依頼む所ならずや, 依頼やら挨拶やら, 依頼ことなく, 依頼をも芳本なら, 依頼シテ弱國ヲ併呑シ以テ私慾, 依頼シテ無理ニ切符ヲ手ニ, 依頼シ散歩遠足ヲ以テ肉體, 依頼シ本年五月其花ヲ得, 依頼スルカヲ知ッタトシタラ果シテ快クソレニ応ジテクレルデアロウカ, 依頼セントスルガ如キ淺薄ナル信念ニテ何ノ信仰ゾ, 依頼ニ応ジ専心建築工事ノ設計監督ニ従事, 依頼主義者として国家, 依頼事務が二つ, 依頼人秋川ひろ子嬢が十七日, 依頼人自身が身許, 依頼へ届け, 依頼原稿は首, 依頼受けたんです, 依頼受けるは絵師冥利, 依頼な物言い, 依頼心さへなくなれ, 依頼心同類感を絶, 依頼とのため, 依頼懇願するが, 依頼まず以, 依頼のつもり, 依頼早いのは, 依頼はほぼ, 依頼条件から考え, 依頼状座談会への人, 依頼申したので, 依頼申上ぐる決意を固めまし, 依頼申上ぐる資格がない, 依頼的根性は千数百年以来, 依頼を代表, 依頼者バアナム老人の代理格, 依頼者接見室で三方, 依頼者田方堂十郎氏のため, 依頼致したのに相違, 依頼致しますのは, 依頼致しまする心得で, 依頼致すというよう, 依頼致せよとのこと, 依頼致置候処昨日手頃の売家二軒有之候由周旋屋, 依頼成度候事, 依頼の振り方