青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「何ぞ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

佐藤~ ~体 体~ 体系~ 体験~ ~何 何~ 何かしら~ 何かと~ 何しろ~
何ぞ~
~何だか 何だか~ 何で~ ~何と 何と~ ~何とか 何とか~ ~何となく 何となく~ ~何とも

「何ぞ~」 1544, 15ppm, 7306位

▼ 何ぞ~ (133, 8.6%)

5 である 3 ということ, 彼等は

2 [19件] と, といふ問題, と尋ね, と言う, 一個の, 且つ他, 他なし, 但し此般, 彼れ, 我輩を以て, 曰く磊落粗, 民人これを, 相公閣下, 知らず所謂, 種々の, 蓋し進歩派, 藩閥是れなり, 要するに閣下, 閣下に

1 [84件] あゝいたい, いま黙っ, かく苦患, この世が, この場, この寒空, この日の丸, これである, そういうこと, その発達, そも, それぐらいの, そんなこと, という題目, といえ, といっ, といふ言, との問, とはピラート, とは議論, と云, と問, と私, と聞く, と言っ, と言われたら, などとやかましく, に答える, わが異, ニイチエの, 一味に, 不定形律, 亦唯, 人性本然の, 人既に, 今の, 今日の, 他に, 内より, 又この, 又両院, 又兩院, 吾人の, 呻吟習を, 国家的瑞兆だ, 国民的性情の, 土耳古人に, 天主とも, 夫の, 奸徒に, 娘を, 小児が, 弁信さんとも, 彼を, 悪漢は, 我これを, 探りも, 政党是れなり, 政黨是れなり, 日本の, 早, 曰く世界の, 曰く園芸に対する, 曰く園藝に, 曰く夫の, 曰く恋愛なり, 更に地方議員選挙干渉, 更に地方議員選擧干渉, 汝が, 無韻詩とは, 爾來官屬主義は, 爾来官属主義, 直接間接に, 碑文に, 私が, 第二, 若い娘, 英雄を以て, 藁屋の, 賊の, 跡も, 遣ひ込, 韻文とは, 駄々つ

▼ 何ぞ~ (128, 8.3%)

40 いうと 10 云うと 7 言つては 6 いふと, 云っては 5 問ふ, 言ふと 3 いえば, 人の, 問へば 2 いっては, いふに, 存じたれど, 膝を, 言うと

1 [30件] いふ, いふにかの, いへば, 云っちゃあ, 云ってるん, 云ふ, 反問せ, 問う, 問うたれば, 問うと, 問うに, 問えば, 問はれ, 問ひし, 存じましたが, 尋ねけるに, 尋ねつること, 思いましたが, 思えば, 思ふ, 振り返へれば, 曰ふ, 畫帖を, 聞ば, 見むと欲, 見よ, 見るに, 言いつつ, 言つて呉葉の, 言葉を

▼ 何ぞ~ (47, 3.0%)

3 折に 2 場合に, 聞違へ

1 [40件] お咎め, お間違, ときの, はしに, ふしには, やうに, やる踴りか, 事でも, 事も, 便りを, 先生様で, 取合せと, 問題と, 因縁と, 因縁やろ, 報告も, 場合には, 場合にはと, 場合にも, 御寸暇, 愛嬌に, 手がかりが, 手がかりでも, 手違いが, 折々に, 折と, 折には, 拍子, 時は, 時調べられたら, 材料に, 業を, 止むに, 用で, 端には, 約束だ, 縁で, 縁でございましょう, 行違ひ, 足しに

▼ 何ぞ知らん~ (38, 2.5%)

1 [38件] あなたは, あべこべだった, ここへ, このゆるやか, この地上, この炭焼小屋, この統領, すでにその, すでに兵車, その相手, その糜竺, それから, ただの, やがて南北両派, やっぱり時代, や上杉軍, わしは, アマチユアでも, 一人の, 世の中とは, 中国で, 事今日に, 人間と, 伏勢が, 味方の, 命を, 国際性を, 彼は, 彼ほど, 後に, 新九郎が, 此家は, 武器も, 真に新鮮, 石舟斎は, 舞台は, 芭蕉が, 藤吉郎直属の

▼ 何ぞ御用~ (36, 2.3%)

5 で, ですか 4 でございますか 2 でご, でも

1 [18件] か, かえ, かの, がある, があるなら, がお, がご, でおいで, でござるか, でもある, で御座, ならば, なれば, に立つ, の筋, はというよう, はなき, は御座いません

▼ 何ぞ~ (31, 2.0%)

1 [31件] ことづけでも, ことばを, たがい, つたえは, 云い残しでも, 入れ下さい, 出しに, 口を, 唄いなさい, 囲いに, 土産を, 庭の, 心当りでも, 心当りは, 心祝いの, 恨みでも, 手伝を, 手許へも, 支度し, 旗じる, 暖な, 書物でも, 望の, 望み今日, 荷物を, 薬を, 訊ねなされませぬか, 買ひなす, 食りなされ, 館の, 香の

▼ 何ぞ計らん~ (20, 1.3%)

1 [20件] この献策, すでに蜀兵, そう考えた, その翌日君, それは, 其手近くせられ, 堂上方から, 如月の, 差出人は, 幾週間の, 従者の, 怪し火, 政職の, 敵には, 東京の, 此邊一帶の, 渡船小屋らしい, 現はれ出でた, 色情狂だ, 開会の

▼ 何ぞはからん~ (18, 1.2%)

1 [18件] この期, これが, これを, その身一つ遁, それは, 北畠信雄に, 墨黒, 實は, 山門を, 張任の, 彼が, 後に, 敵の, 時流の, 翩翻として, 自身に, 魏の, 魏軍は

▼ 何ぞ~ (17, 1.1%)

42 かい, がある 1 かと云う, かな, だツかいな, でありますか, でござるかい, ですか, でもあっ, でもある, ならその間

▼ 何ぞこの~ (15, 1.0%)

2 子を

1 [13件] たびの, 児の, 四五日中に, 女の, 子が, 子の, 封建ふうの, 封建風な, 明白なる, 狭隘の, 蔡瑁が, 訳分る, 高氏に

▼ 何ぞその~ (15, 1.0%)

1 [15件] こころの, ような, 務を, 壮烈なる, 心根の, 恆を, 悠悠たる, 無礼なるや, 痛快なる, 相肖たる, 色の, 言の, 醜を, 頃の, 騁する

▼ 何ぞ~ (13, 0.8%)

1 [13件] 不審な, 入用な, 分別は, 心に, 心配な, 所望の, 求被, 異状は, 紛失物は, 質疑ありたい, 贐に, 贔負様を, 都合が

▼ 何ぞ其の~ (10, 0.6%)

2 本に, 老ゆる 1 二者に対するの, 多能なるや, 奇なる, 心事に, 拘, 迂遠に

▼ 何ぞ図らん~ (10, 0.6%)

1 この会飲永劫, 他日山崩れ海, 却て, 原因では, 彼の, 彼は, 従妹の, 燈火の, 能く, 自分たちより

▼ 何ぞこれ~ (9, 0.6%)

1 がため, に如かん, に逆, へお, をき, をさとりえむ, を人, を外患, を歯牙

▼ 何ぞ~ (9, 0.6%)

1 あらう芝居もの, ござりましょう, もはや世, 一盃遣りましょう, 姿を, 寝んなりません, 引かれるやう, 引っ掻いたもの, 編んだもの

▼ 何ぞまた~ (9, 0.6%)

1 お問合せ, 不首尾でも, 世の, 叫ぶや, 憶ひ, 新しき女, 此家へ, 訳でも, 退屈払いが

▼ 何ぞ必ずしも~ (8, 0.5%)

2 利を 1 ここに, 姓王ならん, 書を, 涙潸々たらん, 独り日本人を, 窮通を

▼ 何ぞ~ (8, 0.5%)

1 にあらん, をなやます, を侮辱, を折るや, を捨て給う, を棄てた, を棄て給う, を裂く

▼ 何ぞかく~ (7, 0.5%)

1 と, 來る, 彼を, 思ひなやむやといふ, 消ゆる, 積りで, 身をか

▼ 何ぞそれ~ (7, 0.5%)

1 しかく詩調, その挙動, は一個御身, らしい証拠, 斯くの, 来たること, 迷うの

▼ 何ぞ~ (7, 0.5%)

1 あるよう, ちがいない, なって, なろうと, 絞ったら水, 附けて, 魘されて

▼ 何ぞやと~ (7, 0.5%)

1 いう, いふこと, 云えば, 云ふ, 云へば, 怒る, 改めて問い始める

▼ 何ぞよい~ (7, 0.5%)

4 御思案 1 干物御, 思案が, 知恵が

▼ 何ぞ~ (7, 0.5%)

2 れ滑稽, れ謬 1 れポンチ画中, れポンチ畫中, れ然

▼ 何ぞ仔細~ (6, 0.4%)

1 があり, がある, があるらしい, があろう, がなく, がのうて

▼ 何ぞ~ (6, 0.4%)

2 なる, の用 1 な御用, な用

▼ 何ぞ怪む~ (6, 0.4%)

4 に足ら 2 を須

▼ 何ぞ~ (6, 0.4%)

2 て天下 1 て, て一字, て仏性, て復讎

▼ 何ぞほか~ (5, 0.3%)

1 にご用, に御用, に思し, に新しい, に自滅

▼ 何ぞ~ (5, 0.3%)

2 れを, を済 1 を知る

▼ 何ぞ~ (5, 0.3%)

2 に目的 1 に呼び, に御用, のこと

▼ 何ぞ~ (5, 0.3%)

4 らに 1 なくし

▼ 何ぞ~ (5, 0.3%)

2 れを 1 に及ぶ, の如く, の花のし

▼ 何ぞ~ (5, 0.3%)

1 く中る, く堪えん, く汲み尽くし得べき, く社稷, く言

▼ 何ぞ~ (5, 0.3%)

2 あるの 1 あって, あるに, でもある

▼ 何ぞある~ (4, 0.3%)

1 とおも, の, のであろう, のです

▼ 何ぞ~ (4, 0.3%)

1 備え附けて, 出て, 多く輸入, 有る

▼ 何ぞ~ (4, 0.3%)

1 の解する如く, をも益する, を感ぜし, を拷問

▼ 何ぞ~ (4, 0.3%)

1 に在り, の方, の方いそ, の浮沈

▼ 何ぞ急用~ (4, 0.3%)

1 かの, でも, でも起った, 出来た時

▼ 何ぞ料ら~ (4, 0.3%)

1 む京水自筆の, む数週の, む聖母の, む逍遙子が

▼ 何ぞ~ (4, 0.3%)

1 が名, と共にあらざる, の兄, を愛する

▼ 何ぞ證據~ (4, 0.3%)

1 ありやと, にてもある, にても有り, 有るやと

▼ 何ぞ~ (4, 0.3%)

2 きと 1 き, きやと

▼ 何ぞうまい~ (3, 0.2%)

1 お菓子ンで, こという, もので

▼ 何ぞ~ (3, 0.2%)

1 からん振り返ると, 吾を, 恃も

▼ 何ぞよく~ (3, 0.2%)

1 これに, せんや, その望

▼ 何ぞわが~ (3, 0.2%)

1 心を, 諸, 顏を

▼ 何ぞわれ~ (3, 0.2%)

1 になから, にも君, より礼使

▼ 何ぞ~ (3, 0.2%)

1 かしやと, 唄ふ, 考へるやう

▼ 何ぞ~ (3, 0.2%)

2 の商売 1 に気骨

▼ 何ぞ其言~ (3, 0.2%)

1 の人, の肝胆, の飄逸

▼ 何ぞ別に~ (3, 0.2%)

2 詳述する 1 理由ある

▼ 何ぞ~ (3, 0.2%)

2 だ相似 1 甚だひ

▼ 何ぞ~ (3, 0.2%)

3 なるや

▼ 何ぞ必らずし~ (3, 0.2%)

1 も区々, も和蘭王, も宗教上

▼ 何ぞ我等~ (3, 0.2%)

2 をかく 1 にかく

▼ 何ぞ~ (3, 0.2%)

1 に提げ, を刺され, を労し

▼ 何ぞ料らん~ (3, 0.2%)

1 この宗さん, その物, 成善は

▼ 何ぞ~ (3, 0.2%)

1 れ至楽, を在, を知らずし

▼ 何ぞ望み~ (3, 0.2%)

1 があるなら, のもの, の物

▼ 何ぞ欲しい~ (3, 0.2%)

1 か破落戸め, のか, ものは

▼ 何ぞ用事~ (3, 0.2%)

1 があら, でもある, でも思い出した

▼ 何ぞ~ (3, 0.2%)

2 とする 1 僧なる

▼ 何ぞ~ (3, 0.2%)

1 に御用, に用, の計略

▼ 何ぞ自ら~ (3, 0.2%)

1 の心宮, 欺くやと, 省みて

▼ 何ぞ行き~ (3, 0.2%)

2 も歸 1 も帰り

▼ 何ぞ~ (3, 0.2%)

2 ふに 1 無からん

▼ 何ぞ証拠~ (3, 0.2%)

1 が有ります, でもある, をお

▼ 何ぞ買っ~ (3, 0.2%)

1 てやったら, て来るだ, て行っ

▼ 何ぞいわんや~ (2, 0.1%)

1 人間界の, 海外万里の

▼ 何ぞええ~ (2, 0.1%)

1 仕事ありまへんやろ, 工夫あったら

▼ 何ぞおいしい~ (2, 0.1%)

2 もん食べさし

▼ 何ぞお前気~ (2, 0.1%)

2 に触つた

▼ 何ぞお召~ (2, 0.1%)

1 し, で

▼ 何ぞお礼~ (2, 0.1%)

1 がしたい, をしたい

▼ 何ぞかの~ (2, 0.1%)

1 古怪, 流れの

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 て居た, て那節

▼ 何ぞしらん~ (2, 0.1%)

1 これが, もし公衆

▼ 何ぞため~ (2, 0.1%)

2 らふ

▼ 何ぞって~ (2, 0.1%)

1 云うあて, 云うと

▼ 何ぞであろう~ (2, 0.1%)

1 に, 芝居もので

▼ 何ぞといつて~ (2, 0.1%)

1 はお, はこの

▼ 何ぞとも~ (2, 0.1%)

1 いふ, 思へその

▼ 何ぞにつけ~ (2, 0.1%)

1 御奉公, 相談対手にも

▼ 何ぞにわか~ (2, 0.1%)

1 なこと, な御用

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 いたく胸, 能く

▼ 何ぞやという~ (2, 0.1%)

1 ことが, 問いに対して

▼ 何ぞわし~ (2, 0.1%)

1 について聞き覚え, の話

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 に斯, に曰く借金政策二

▼ 何ぞ一つ~ (2, 0.1%)

1 でもたしかに, 見せてたも

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 あらんや, なからむ

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

2 るる鳥

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 に尋ね行くべき, を愛する

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 がご, の是非

▼ 何ぞ事情~ (2, 0.1%)

1 が無けれ, でもあっ

▼ 何ぞ事故~ (2, 0.1%)

1 ができ, が出

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 までにけったい, も起たざる

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 なこと, に杖

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 葬を, 薄あらん

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 ひを, 賣でも

▼ 何ぞ図ら~ (2, 0.1%)

1 む, む舌を

▼ 何ぞ変った~ (2, 0.1%)

1 ことは, 事でも

▼ 何ぞ多き~ (2, 0.1%)

2 を望み

▼ 何ぞ多人数~ (2, 0.1%)

2 を要せん

▼ 何ぞ夜風~ (2, 0.1%)

2 の息

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 でも御覧, の多き

▼ 何ぞ大事~ (2, 0.1%)

1 な御, のお

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 れ堅, れ迂遠

▼ 何ぞ姉さん~ (2, 0.1%)

2 に用だつ

▼ 何ぞ安から~ (2, 0.1%)

1 ん, んである

▼ 何ぞ容易~ (2, 0.1%)

1 ならぬこと, ならぬ計画

▼ 何ぞ少年~ (2, 0.1%)

2 の客気

▼ 何ぞ怪しむ~ (2, 0.1%)

2 に足らん

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 さする, だくみ

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 い客人, からん

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 とした, な證據有

▼ 何ぞ成王~ (2, 0.1%)

1 の子, の弟

▼ 何ぞ成算~ (2, 0.1%)

2 の未

▼ 何ぞ我が~ (2, 0.1%)

1 妻と, 生涯に

▼ 何ぞ散り散る~ (2, 0.1%)

2 鳥は

▼ 何ぞ旧主~ (2, 0.1%)

1 の貴, を忘れん

▼ 何ぞ早く~ (2, 0.1%)

2 之れ

▼ 何ぞ明室~ (2, 0.1%)

2 と因縁

▼ 何ぞ曰く~ (2, 0.1%)

1 があり, があろう

▼ 何ぞ松風~ (2, 0.1%)

2 かよふ

▼ 何ぞ比較的~ (2, 0.1%)

2 信用ある

▼ 何ぞ況ん~ (2, 0.1%)

1 や善悪正邪, や詩人文人たる

▼ 何ぞ泣き枯らす~ (2, 0.1%)

2 もの

▼ 何ぞ火急~ (2, 0.1%)

1 のしらせ, の用

▼ 何ぞ無い~ (2, 0.1%)

1 かな, 考えでも

▼ 何ぞ無策~ (2, 0.1%)

1 なると, なるはや

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 を言い, を言う

▼ 何ぞ甚だ~ (2, 0.1%)

2 多と

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 とすべ, とする

▼ 何ぞ目的~ (2, 0.1%)

1 が有る, はなき

▼ 何ぞ知ろう~ (2, 0.1%)

1 わし自身は, 血の

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 なる證據, な証拠

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

2 なるや

▼ 何ぞ考へ~ (2, 0.1%)

2 てエ

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 はなき, を出し

▼ 何ぞ自家~ (2, 0.1%)

1 の実力, の實力

▼ 何ぞ至善~ (2, 0.1%)

2 の觀念あらむ

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 がある, に遊ぶ

▼ 何ぞ買つて~ (2, 0.1%)

2 上げますぞ

▼ 何ぞ躁進~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 かりし, かりしである

▼ 何ぞ面白~ (2, 0.1%)

2 え話

▼ 何ぞ面白い~ (2, 0.1%)

1 本が, 話でも

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 ひん身後千載, ん神武

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 の蠅, へ被らなあかへん

▼ 何ぞ~ (2, 0.1%)

1 を濡らさ, を見

▼ 何ぞ食べる~ (2, 0.1%)

1 ものは, ものを

▼ 何ぞ餞別~ (2, 0.1%)

1 もしてやりたい, を遣ろう

▼1* [587件]

何ぞあえて土地を, 何ぞあそばしちゃってちょうだい, 何ぞあったらきりじ, 何ぞあてに隠してる, 何ぞあなたが御, 何ぞあの人に, 何ぞあやしみを汝, 何ぞあやまれるの甚しき, 何ぞあるであろうと根, 何ぞさ, 何ぞいいつかってのお越し, 何ぞいうとすぐ, 何ぞいうたら証文書け, 何ぞいかなる祕事ぞ, 何ぞいざこざでもあったら, 何ぞうたはつせえ, 何ぞうれしい事でも, 何ぞえいことが, 何ぞおかけなさい, 何ぞおれは戦争, 何ぞお前樣が今日, 何ぞお変りでもあった, 何ぞお常ツ子かい, 何ぞお慰みを, 何ぞお話し下さらんか, 何ぞかつて見ん始めて, 何ぞかへつて自ら色に, 何ぞかわり候事も無, 何ぞきょうの悲運, 何ぞこいつにくれる, 何ぞここだく雫線, 何ぞこそこそ相談するらしい, 何ぞこの世に頼みおく, 何ぞこの方たちへ細工物, 何ぞ不服か, 何ぞごらん遊ばせ, 何ぞご用でございましょうか, 何ぞご馳走しようが, 何ぞさし上申度候へ, 何ぞさらりと棄て, 何ぞしたのか, 何ぞする主人の, 何ぞを用いん, 何ぞそこらの物, 何ぞそれ不意の雨, 何ぞそれ商骨に饒む, 何ぞそれ壮んなる, 何ぞそれ引き合に出る, 何ぞそれ旦暮の間, 何ぞそれ松陰が松下村塾, 何ぞそれ能く国家, 何ぞそれ談笑一夕の間, 何ぞそれ鑑識のひくき, 何ぞそれ雍容悠長なる, 何ぞそんな事は, 何ぞたしかな証拠, 何ぞたしなみはない, 何ぞただ畏怖し, 何ぞってと風邪を, 何ぞついでに奥方, 何ぞまえで, 何ぞであったように, 何ぞであるかのよう, 何ぞでないことは, 何ぞといはば此巻, 何ぞといはんのみ, 何ぞもし, 何ぞなお温かい馳走, 何ぞなほ疑ふや, 何ぞなほ汝の目, 何ぞなら鼻なし, 何ぞにて酷く疲れ, 何ぞにわかに思い立ち遊ばしたこと, 何ぞはげしく我が眼, 何ぞはるかなる, 何ぞふり放て行くや, 何ぞぶちつけでも, 何ぞまなことして, 何ぞみなこれ病者悉く熱, 何ぞもっと深い訳, 何ぞやからはじまり生産者, 何ぞやつて一文, 何ぞやの疑問に, 何ぞやまずそうに, 何ぞやらかす物は, 何ぞやを説かざるべし, 何ぞ何ぞよ, 何ぞよからぬ企ら, 何ぞよほどな御, 何ぞ角ぞ, 何ぞわけがあろう, 何ぞわたくしに落度, 何ぞわたしに急, 何ぞわれら武門いささかの, 何ぞインスピレーシヨン是なりこの, 何ぞシトロンかサイダア, 何ぞダンテのフランチェスカ, 何ぞパン無きこと, 何ぞボロイ儲けでもせな, 何ぞ一つ菓子折を持っ, 何ぞ一ヶの武蔵坊弁慶, 何ぞ一向薄情是の, 何ぞ一品別の肴, 何ぞ一家の言, 何ぞ一徹に我, 何ぞ一本の劍, 何ぞ一枚白木の板, 何ぞ一目論見致し度, 何ぞ一筆書いて, 何ぞ一言ないか, 何ぞ一鞭して, 何ぞ一顧を価せん, 何ぞ七面鳥の二所, 何ぞ万死を惜しまん, 何ぞ上げましょう烟草盆の, 何ぞ上げようと思っ, 何ぞ下々の者, 何ぞ下女に言, 何ぞ下痢を停めん, 何ぞ不吉なこと, 何ぞ不届きな仕組み, 何ぞ不毛とはい, 何ぞ不行届きでもございましたなれ, 何ぞに較, 何ぞと相, 何ぞ中途にし, 何ぞ主人のむくつけき, 何ぞ乃ち自ら苦むこと, 何ぞ九十歳なるを, 何ぞ予想もつかぬ, 何ぞ事さいあったら私, 何ぞ事前の策, 何ぞ云うてえ, 何ぞ亡びざるや, 何ぞ亡主の仇, 何ぞか鎌倉, 何ぞ人世に相, 何ぞ人違いではあるまい, 何ぞなるや, 何ぞ今日のこと, 何ぞ仕事せなあかん, 何ぞ仕様があったら, 何ぞ他国の名, 何ぞを学ばずし, 何ぞて為さん, 何ぞ仮すことの, 何ぞ似合いの人, 何ぞ魯国のみ, 何ぞも新しく, 何ぞ余りにも多き, 何ぞ気葱, 何ぞること, 何ぞ例えば幽霊は, 何ぞ保元の兵乱, 何ぞ信ずるに足らん, 何ぞ信用あらん, 何ぞの話, 何ぞ倹素にし, 何ぞ傷心の事, 何ぞ働く所を, 何ぞ祿年間まで, 何ぞ兄上の助け, 何ぞ先人の規矩, 何ぞ先生の時事, 何ぞ光ちゃんの家, 何ぞ党勢の盛衰, 何ぞ全く変りはてたること, 何ぞ八年になる, 何ぞ公私を顧みざる如き, 何ぞ共に醫道を, 何ぞ其人のため, 何ぞ其妙なるや, 何ぞ其所見の狹隘, 何ぞ其暇を得ず, 何ぞ其朴訥なるや, 何ぞ其様な事, 何ぞ其無邪気にし, 何ぞ其罪の報, 何ぞ其術を施さ, 何ぞ其見地の高く, 何ぞ其頑童の号叫, 何ぞなる, 何ぞ再び變ずる事あらん, 何ぞ况んや亞細亞, 何ぞ出来いたしたそうじゃ, 何ぞ別段の思惑, 何ぞ前世の約束, 何ぞ劃策がある, 何ぞ劉伶の, 何ぞがなけれ, 何ぞなく信, 何ぞ勿体をつける, 何ぞ区々防禦のみを言わん, 何ぞ千万の愁, 何ぞ千里を行く, 何ぞだけの物, 何ぞ危ぶむことなく, 何ぞ畚, 何ぞ友次郎が藥, 何ぞ叡慮に達したい, 何ぞ史伝の階段, 何ぞ吉事に有付工夫, 何ぞ名案名趣向名句もせめて, 何ぞ名策はない, 何ぞ君が代を細石, 何ぞ君恩を感謝, 何ぞの犬, 何ぞ呉れ度えと, 何ぞ和尚さんに見, 何ぞふを, 何ぞ善いことに, 何ぞ善くこれに, 何ぞ喪うことを, 何ぞな物, 何ぞはざる, 何ぞするの, 何ぞ嚠喨と, 何ぞ固い約束でも, 何ぞ国史を了解, 何ぞの榮辱, 何ぞ圖らん原因ではなく, 何ぞ土産をと相談, 何ぞ地道な商売, 何ぞを出, 何ぞ堪へむ, 何ぞの安き, 何ぞの浦の戦, 何ぞ壮士に譲らん, 何ぞ声名の四方, 何ぞ変らざる姿勢と, 何ぞ夢にも忘れて, 何ぞに譲る, 何ぞ大正の聖代, 何ぞ大物がかかっ, 何ぞ大賊に等しから, 何ぞを仰い, 何ぞ天下の主たる, 何ぞ天地至大の精気, 何ぞ天罰を蒙ら, 何ぞ太甚しきやと, 何ぞ夫婦の持ち物, 何ぞ奇態な品, 何ぞ奢っていただかね, 何ぞ奢りなさいとでも嬲り, 何ぞ奮然として起り, 何ぞ好えところが, 何ぞ好きなもの, 何ぞ好き獲物はなき, 何ぞ妄念の有無, 何ぞ妙計があります, 何ぞ妨げん海門の, 何ぞ始めて孝且義, 何ぞ婦女の見識, 何ぞ婿どのに変事, 何ぞ実に建文の, 何ぞ客園の小池, 何ぞ宿題あるの, 何ぞ富国に止まらん, 何ぞ寧ろ其の語, 何ぞ将軍家へお, 何ぞ對揚に及ばん, 何ぞ商ひ, 何ぞ少なからん, 何ぞ尭舜揖譲の政, 何ぞ就きて都らざらむや, 何ぞ尼寺でお気, 何ぞ峨々たる, 何ぞりが, 何ぞ工合よう行なして, 何ぞ工夫をし, 何ぞ左樣の舌頭, 何ぞ差上げまするやうに, 何ぞ常に静謐なる, 何ぞ弱い尻が, 何ぞ強兵に止まらん, 何ぞ役に立たあの, 何ぞ役所に云, 何ぞを善し, 何ぞ彼等のうれひ, 何ぞの世, 何ぞ後暗き事は, 何ぞ徒然として止ま, 何ぞはむ, 何ぞ得手勝手なるや, 何ぞ御意の変らぬ, 何ぞひかれて, 何ぞ心づきもあら, 何ぞ心當りの, 何ぞ心配か, 何ぞ忙しいことに, 何ぞ忠兵衞が右長庵, 何ぞるるに, 何ぞ思い当ることが, 何ぞ思ひ願ふ, 何ぞ思想界の達士, 何ぞ怪しい祟りが, 何ぞ怪我でもなさった, 何ぞ怪敷事はなかりしや, 何ぞ恐い禁厭でも, 何ぞ恐るるに足らん, 何ぞ恐れむ日本海軍, 何ぞしむに, 何ぞ恩義にても受しこ, 何ぞ恩返しをと神様, 何ぞ悪意あって, 何ぞ悲しきや, 何ぞ悲むに足ら, 何ぞを決して, 何ぞしく顔見合, 何ぞ愛樂あらん, 何ぞ慇懃なる, 何ぞ憂えん席序下算の, 何ぞ我と倶に, 何ぞ我物を奪, 何ぞ戦慄せざら, 何ぞ所得を言, 何ぞ所持の品, 何ぞ手懸りになる, 何ぞ手掛りは無き, 何ぞ手許使や勝手許, 何ぞ投ぐるやと叫び, 何ぞまん, 何ぞ拙くも牛, 何ぞ拵えておくれ, 何ぞ持つてをる, 何ぞ持薬をお, 何ぞ出して, 何ぞ掛けてあげ, 何ぞ改めて怪しむに, 何ぞ救いを出し, 何ぞて我, 何ぞうるを, 何ぞ数々として我, 何ぞ数えんといい, 何ぞの弱点, 何ぞ文藏へ意趣遺恨, 何ぞ斑點となり, 何ぞの如く, 何ぞ斯くの如く, 何ぞらしい仕事, 何ぞ新正を迎, 何ぞ旅行費なきを, 何ぞ旦那様へ宜しく, 何ぞ旨い肴は, 何ぞやしるし, 何ぞ明日のこと, 何ぞ明白に吟味, 何ぞ是等のこと, 何ぞきや, 何ぞ智慧貸して, 何ぞい物, 何ぞ曰く無意義然ら, 何ぞ更に地を, 何ぞ書き洩らしてえへんやろ, 何ぞ書置きかなんか, 何ぞ曹操が残, 何ぞて古今, 何ぞ最期の御, 何ぞ有りましょうが是, 何ぞ未然によい, 何ぞでも持っ, 何ぞに危険, 何ぞ村人と話, 何ぞ村重がただ, 何ぞ東洋の, 何ぞになる, 何ぞ栄ちゃんと約束, 何ぞ桜樹を伐り, 何ぞの武帝, 何ぞに祟る, 何ぞ棄てむや, 何ぞ椿事が起った, 何ぞ極印にても有し, 何ぞの春しり顏, 何ぞ欧米の寺院, 何ぞ歌って聞かせぬ, 何ぞけると, 何ぞ此時を以て断然, 何ぞ殊更に敬, 何ぞ毀誉の掌, 何ぞの身, 何ぞ民心を論ぜん, 何ぞ民意を問わん, 何ぞ気イ紛れるよう, 何ぞ気量の狭い, 何ぞ水中の月, 何ぞ求むるのみを知る, 何ぞ汝等の心, 何ぞ汝飮食を牛, 何ぞ汝飲食を牛, 何ぞ沒却理想といひ, 何ぞ況や凡夫の, 何ぞを奉ずる, 何ぞ浅しと云はん, 何ぞ浮雲の富, 何ぞ消息が聞かれよう, 何ぞ淨火の門外, 何ぞ深い仔細が, 何ぞ深く敬する, 何ぞ深しき理由, 何ぞ温い物で, 何ぞ温かい物でも, 何ぞ温まる物でも, 何ぞ測らん右の, 何ぞ湿る医局の, 何ぞ溜むるや何ぞ投ぐる, 何ぞ溜むるや云々なる罵詈, 何ぞ溜らん庄兵衞は, 何ぞ滅跡亡影せざらん, 何ぞりに, 何ぞ為すところある, 何ぞ禮なる, 何ぞ煮炊きのもン, 何ぞ燒場へ納める, 何ぞき, 何ぞの下, 何ぞ牢内の苦しみ, 何ぞ物怪にでも襲われた, 何ぞ物語をし, 何ぞ更に之, 何ぞ特に御希望, 何ぞ狐狼の臥床, 何ぞ独り天淵のみなら, 何ぞ独り寿陵余子のみならん, 何ぞ独り法華だけが漏れる, 何ぞ狼狽して, 何ぞ猛省せざるや, 何ぞ猿公の大欲, 何ぞの皮, 何ぞらしい芸, 何ぞ現在の左右, 何ぞ現実を理解, 何ぞ理学の盛, 何ぞ甚しきやと, 何ぞ申出候べし, 何ぞ画師の如く遇, 何ぞ異ならんや, 何ぞ異変でも起こりました, 何ぞ異常の事, 何ぞ異論がある, 何ぞ疎隔せざら, 何ぞぐられるようなこと云う, 何ぞ疑ひこれあるべく候哉片時も, 何ぞ病まん奸臣に, 何ぞ白人の横行, 何ぞ目的あらむ又何ぞ, 何ぞ目途するところ, 何ぞ直ちに自己の, 何ぞ直に其非を, 何ぞ戒めて, 何ぞ相当に人臭い, 何ぞ相応の用事, 何ぞの武魂, 何ぞ瞿曇が舌長, 何ぞ知らむ, 何ぞ確証がある, 何ぞ社家に御, 何ぞ祝うて遣, 何ぞ神さまの御霊現, 何ぞ神様仏様のお気, 何ぞ秘むやと夜, 何ぞ秘伝でもある, 何ぞ秘密でもあった, 何ぞあらんや, 何ぞ穢れし我侶を, 何ぞなる我, 何ぞ窮すとなさん, 何ぞ笑われたやえ, 何ぞを放た, 何ぞ篠田さん御赦下, 何ぞ米塩を用いん, 何ぞ粗末な有合せ, 何ぞ紛々をする, 何ぞ紛失の物, 何ぞ素人芝居でも始まった, 何ぞの筑波, 何ぞ細工をした, 何ぞ絶対的多数の政党, 何ぞ絶對的多數, 何ぞ縁由のある, 何ぞ織田殿から安価, 何ぞを朱, 何ぞ老人に用, 何ぞへて下され, 何ぞ聖造に妨, 何ぞ聞き違えてるのん, 何ぞ肉糜を食, 何ぞて数, 何ぞを上, 何ぞ自ら愧づるを須, 何ぞ自ら身をさ, 何ぞ自分も出し, 何ぞ至善あらむ何ぞ目的あらむ, 何ぞ致しましょうかと尋ねた, 何ぞ興るのに, 何ぞ興行ものの淺葱, 何ぞ良い考えは, 何ぞ艶福に富める, 何ぞ芝居に使う, 何ぞ若かん俗に, 何ぞ英雄剣を揮, 何ぞ茫々たる五州, 何ぞ菓子をやっ, 何ぞ落ちこぼれでもあり, 何ぞ落語の種子, 何ぞ古襲来, 何ぞでも思いまし, 何ぞという語, 何ぞの傍若無人, 何ぞ蜂須賀家の急所, 何ぞ行くをえん, 何ぞばかりに引, 何ぞ西の方, 何ぞ西洋料理を学ばん, 何ぞ見かけなかったか, 何ぞ見繕って参ります, 何ぞ覚えがある, 何ぞ親しく見ゆるを, 何ぞぞ他, 何ぞ言えば日本刀, 何ぞ記すをうべ, 何ぞ話して聞かせよ, 何ぞ認めてつかわせ, 何ぞ論ずるに足らん, 何ぞ諛言をいふ, 何ぞ諜報やある, 何ぞ謀んでいる, 何ぞがかかっ, 何ぞ貪り貯ふる, 何ぞ買物でもする, 何ぞ資産ありや, 何ぞ賊徒の族, 何ぞ賢慮はない, 何ぞ賭けやしょうコマを, 何ぞ賭けんとおもろない, 何ぞ趣向の変った, 何ぞ足らんとこある, 何ぞ足利殿のお, 何ぞを軽, 何ぞ身の上に仔細, 何ぞを避, 何ぞ軽快拙速局面を打破, 何ぞ迂なるの甚しき, 何ぞ途中の事ども, 何ぞ進らせられよと, 何ぞ進歩の遅々たる, 何ぞれ難き, 何ぞ遅きや, 何ぞするの, 何ぞ道案内を要, 何ぞ道理有らん, 何ぞ遥かなる, 何ぞにお, 何ぞ醉漢の心中, 何ぞ野獸の如き, 何ぞ金殿玉楼の人, 何ぞ金銀を奪, 何ぞにむかふ如く, 何ぞ長谷へ願, 何ぞ開かざりしや, 何ぞ開きて我, 何ぞ間違いであろう, 何ぞ關所破りといふ, 何ぞあらん, 何ぞ限らんの情, 何ぞ陣中料理でもしつらえ, 何ぞ除新あらんや, 何ぞがあったら, 何ぞ障壁のあるべき, 何ぞ雑沓して, 何ぞ非常の目的, 何ぞ面白き事で, 何ぞ預りたる物は, 何ぞ頼まれておく, 何ぞがある, 何ぞ風ろ敷包でも持て, 何ぞ風貌のうち, 何ぞ食物はない, 何ぞを俯, 何ぞするが, 何ぞ骨折の礼, 何ぞ鬼畜に類する, 何ぞの陣地, 何ぞ黄人の衰滅, 何ぞ黒船の憂, 何ぞ黙視し得ん, 何ぞ黨勢の盛衰