青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「供~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~來 來~ ~例 例~ 例えば~ 例へば~ 例外~ ~侍 侍~ ~供
供~
供給~ ~依 依~ ~依っ 依っ~ ~依然として 依然として~ ~依頼 依頼~ 価~

「供~」 3399, 35ppm, 3324位

▼ 供~ (792, 23.3%)

31 時から 20 者が 17 者を 16 者は 15 ように 12 男を 10 中に 9 時分から 8 男は, 者に 7 うちから 6 様に, 者も 5 うちに, 時からの, 男に, 顔を 4 ために, 一人が, 人数を, 小僧を, 男が, 男の, 者の

3 [14件] するよう, やうに, 世話を, 中へ, 侍が, 侍を, 女を, 後を, 手に, 泣声が, 癖に, 私には, 老爺が, 者どもは

2 [52件] うちは, うちへ, お守を, ない方, なかに, ものを, ような, 一人は, 中から, 事で, 事を, 二人に, 云うこと, 人々は, 人たちも, 人数は, 人数へ, 位牌と, 侍は, 六三郎は, 原士が, 声は, 女中が, 女中を, 平兵衛と共に, 心は, 手を, 指す方, 撤下物を, 支度を, 方で, 時に, 時の, 時何よりも, 時分よく, 樣に, 生立の, 男と共に, 着物を, 知って, 縫殿介は, 者たちも, 者と, 者には, 者にも, 者へ, 衆には, 衆を, 衆何十人前の, 衣服も, 郎党は, 頭から

1 [433件] あいだに, ある家, いたずら書としか, いふ事, うちか, うちには, うちの, うち何か, うち花の, うち非常に, おりや, お伽に, お伽話と, かいた画, この策略, ごとき, ごとく命令, しばしば行われた, すべても, そう云う, そこに, ためには, だから白い, ちゃんちゃんを, できるの, とあらゆる, ときに, とき家に, なかで, ひとり貞盛の, ふたりは, ほかは, まぶたの, ものか, ものが, ものたちへ, ものに, ものは, ものも, もの一同は, やつらを, ようで, ようです, ようよ, カタゴトじみた, シナ人に, シナ人は, 一人, 一人も, 一人を, 一同声を, 万右衛門が, 三人が, 三人は, 三人を, 上に, 下女と, 下婢は, 下役で, 下男にまで, 下男を, 世話に, 世話は, 両足を, 中について, 中には, 久左衛門は, 乳母車を, 予期通り口を, 事だけは, 事は, 二三の, 二人は, 二人も, 交際に, 人々う, 人々が, 人々であろう, 人々に, 人々には, 人々へ, 人々も, 人が, 人たちへの, 人は, 人へ, 人も, 人数と, 人数なども, 人間に, 今切藤五, 付き添いまだ, 仲間が, 仲間と, 仲間も, 伝吉は, 伸伸と, 佐吉が, 佐吉にも, 佐吉は, 佐吉も, 佐吉を, 佐屋桑十が, 佐屋桑十は, 佐屋桑十も, 佐屋桑十を, 余り大きく, 侍たちが, 侍たちは, 侍どもは, 侍には, 侍の, 侍数騎だけ, 俗でない, 修行には, 側を, 傍へ, 僕が, 八騎は, 六三郎も, 兵と, 兵五百と, 兵隊七八人を, 兵馬や, 内に, 写真を, 処で, 出京する, 列が, 列や, 列を, 勇気を, 十郎へ, 半数以上は, 又蔵は, 友達も, 口から, 古い形式, 同勢を, 周倉は, 呼名としては, 品々を, 唱歌が, 唱歌も, 問には, 嘉助と, 噂に, 四五名は, 声が, 声で, 声も, 太刀の, 女が, 女に, 女中岩と, 奴さへ, 奴なんか, 奴等の, 好奇の, 姿が, 姿を, 嬉々として, 嬉しがる, 守位に, 家中や, 家庭教師と, 家来どもが, 家来に, 寝る夜具, 寝床へ, 寝顔を, 小者は, 小間使の, 少年に, 少年を, 尿の, 居たところ, 居る所, 峯松と, 市助と共に, 布団の, 帰りが, 平三, 平兵衛が, 平兵衛と, 平兵衛に, 平兵衛を, 平生の, 床から, 引き合せにて, 当日で, 形を, 戯れの, 手へ, 手代が, 手代らしい, 技巧の, 持って, 持つぶら提灯その, 提灯を, 教育とかいう, 数だった, 料理人をも, 新助, 方が, 方はと, 方を, 昔に, 時からと, 時きき, 時だった, 時とは, 時は, 時も, 時住ん, 時分どんな, 時分などは, 時分に, 時分には, 時分喧嘩を, 時分本町の, 時分能く聞かされた, 時分門前に, 時泣蟲と, 時疱瘡に, 時見た, 末まで, 李固, 板面である, 枕頭から, 枕頭の, 桃井直常の, 様な, 機嫌を, 正直を, 武士が, 武士たちを, 武士であった, 武士に, 武士へ, 武士三人は, 武士三十人なんの, 武將の, 歳さえ, 死骸を, 歿く, 氣に, 水夫に, 水鉄砲くらいの, 水難を, 油, 泣き声の, 泣き声は, 泣くたび, 漸く女, 為た, 為めだ, 爪の, 父は, 牛飼の, 特別お, 玩具に, 玩具を, 生れた時, 生命が, 用を, 用意を, 男, 男たちは, 男だけを, 男という, 男とに, 男とは, 男には, 男めい, 男も, 男をも, 男ッて, 町内などでも, 病気が, 病気を, 病気平癒の, 発育を, 目を, 真似でも, 真似を, 眠気ざましにもと, 眼から, 眼に, 眼には, 着替や, 着物等を, 社員を, 祝いを, 神経と, 禿げ頭, 秀頼は, 私らは, 童僕めが, 童子に, 童子は, 端に, 竹原の, 笑ひ, 紀ノ, 絵では, 総領に, 縫殿介という, 縫殿介を, 羞か, 群が, 群に, 群は, 義助が, 義助は, 翫弄と, 考えたの, 者かと, 者すなわち, 者たちに, 者たちは, 者だ, 者で, 者であろう, 者でござる, 者という, 者とて, 者とを, 者どもが, 者どもの, 者などは, 者や, 者らしい, 者一人と, 者一同いまだに, 者一同も, 者一名を, 者仲間折助たちで, 者六七名を, 者共も, 者十四五名は, 者四五名連れた, 者大勢は, 者百人ばかりを, 背丈けほども, 腰元を, 腹は, 自尊心の, 自尊心は, 與曾平親仁, 船木頼春も, 若党が, 若党輩の, 若者は, 草履取が, 菊王を, 萌黄の, 萠黄の, 葬式は, 蔦王が, 蛙みたいなととのわない, 衆が, 衆は, 衆まで, 衆も, 衆や, 衣服よりは, 衣服を, 袖なし, 袴着の, 襤褸布を, 覚助と, 親に, 言葉を, 記憶と, 詞に, 話は, 話を, 説き出した所, 諸将, 足を, 足音が, 足音だ, 足音で, 足音の, 身に, 身の上については, 身内の, 輩は, 近習に, 近習も, 途次においても, 連中などは, 連中は, 連中を, 遊び場所であった, 道を, 郎党たちと共に, 郎党を, 郎従たちの, 郎従たちへ, 重さ, 長かつ, 関羽張飛たちも, 陸尺たちが, 青年は, 面々は, 面々へ, 面々へは, 面々も, 頃こんな, 頃は, 頃俺が, 頃小, 頃幾度か, 頃非常な, 頭でも, 頭の, 頭を, 顔が, 顔と, 顔は, 食いこぼした麺麭, 首は, 馴むは, 騎馬を, 騒しく, 髪の, 黒ン, 鼠花火音絶え, 鼻と, 鼻ばかり, 鼻を

▼ 供~ (431, 12.7%)

143 して 18 つれて, 連れて 12 した 10 させて 8 伴れ 3 したの, しろ, すること, 残して, 預って

2 [18件] いたせ, させようとは, したいと, しながら, するの, するよう, する時, せい, 亡くなした三千代, 伴れた, 先に, 呼んで, 対手に, 後ろに, 抱いた一人, 抱いて, 生んだ, 生んだが

1 [171件] あやす処, あわせて, いいつける, おんぶした, お命じくだされ, かえりみる, こんなに可愛, さしたもの, さして遣っ, させます, させよう, させること, させると, させるという, させる程, したいという, したおり, したから, したこの, したそう, したと, したという, したもう, した今戸橋, した傅役, した将士, した幇間, した此, した若い, した鷺坂靱負, しては, してる少女, しようという, しろと, しドイツ語, し遙, じっと見, すべくいっしょ, する, すると, するという, するなら主人, する侍たち, する小姓, する御用旅, する日, する気, する者たち, せぬか, その室, その家, たんと連れ, つかまへると, つらまえて, つれただけ, つれた奥女中, つれた旅装, つれられて, つれ躍龍潭, なくして, なして, なすったという, はじめ他の, ひきつれて, まとめて, ゆるされただけ, よろこんで, 一人つれ, 一人つれた, 七蔵に, 与える行事, 両人に, 両親が, 乗せて, 予備門に, 二人つれ, 云い渡した, 五カ所済まし, 享ける, 仰せつかりました, 休んで, 何氣なく, 修業に, 先へ, 入れたら出られないでしょうか, 利用し, 取り扱う様, 召連れ, 可愛がって, 叱つて, 名所に, 呼で, 呼び寄せる, 呼ぶ者, 呼んだ, 命じた, 命じた奥医師, 喪くし, 四方に, 外国で, 寝かしつけようと, 寝かして, 引きつれて, 後廻しに, 従えて, 従えると, 従え東照宮, 従え騎馬, 怒らせたの, 戒めた, 手先に, 承わって, 投げ与える風, 抱き締めるよう, 持った寡婦, 振り向いた, 教へて, 教へる, 権右衛門に, 殺しその, 殺したもの, 沢山に, 満伊商会, 満足に, 為よう, 狙う幾多, 玉拾い, 産ました, 申しつける, 申しつけると, 申しつけるという, 申しつける程, 申し出で先駆, 留守居に, 皆し, 皆遠くの, 盗んだ鼠, 相手に, 相手の, 肩車に, 育てるの, 致しました, 致しましょう, 致します彼処, 致しませう, 見る眼, 見上げて, 見守つて, 視るの, 観するもの有, 調えて, 調える料, 負いたるが, 負った神さん, 負つた神さん, 負て, 負ぶっ, 買物に, 返せ, 追つ, 連れいずれ, 連れた奥方姿, 連れない気楽, 連れ写山楼, 道ばたに, 隠匿し, 集めるの, 頼んで, 願ったが, 顧みた, 馬鹿に

▼ 供~ (239, 7.0%)

37 連れて 6 伴れ 5 して 3 ついた, ついて, 加えて, 従いて 2 した, つれて, なって, 加わって, 化けて, 執って, 担わせて, 立って, 親の

1 [161件] あんな芝居, いったと, うながされて, おしつけられて, お連, かわいいチョビ安, くれて, したがえて, しばしば忍ん, し踊, すぎませんさ, すると, するという, そう云う, そつくりな, その上総, ついて行く, ついて行く女中, つきわずか, つく, つく小, つけた, つけて, つれた, つれた紙問屋橘屋, つれた若衆ひとり, つれた銀之助, つれようかの, なっても, なれれば, はかの, ひとり選ばれ, もう一度脇坂様, やった白銅, やる, よく申せ, 三四十人の, 与えよと, 乳を, 云ったこと, 云って, 交じって, 京弥召し, 付けて, 伜どもの, 住まわれません, 使つてゐる, 出かけて, 分けて, 前後を, 加えさせて, 加えた, 加えられた, 加えられて, 加わった, 加わりかく, 勘定の, 又馬, 取って, 召連れながら, 可哀そうじゃ, 可哀そうじゃからと, 呼吸し, 命じた, 命じゲーレス, 地理を, 堪へて, 学問を, 宇田川橋の, 安心させよう, 小使ひ, 峯松て, 帰って, 平三郎と, 弄られるの, 引かれて, 役者の, 従うからには, 従くな, 恐れ入らなければ, 手を, 抱着いた, 拜殿へ, 持たせて, 持たせ北斎, 持たせ身軽, 故在原, 教へて, 木曾路から, 来たの, 来た人たち, 来て, 槍を, 歩いて, 歸へり, 気を, 洗礼を, 添乳を, 渡すと, 物を, 猿皮の, 現在その, 用心を, 痛む足, 眼くばせ, 知れても, 知れないよう, 立ちたれど, 立ちました馬作, 立ったが, 立った帰りがけ, 立つからは, 立つたが, 立つた柏軒, 立つもの, 立つん, 立つ俥, 立つ約束, 立てない兄, 立とうと, 紛れ込みビョルゲ邸, 耻づかしい, 聞いて, 聞かせては, 舁かせ給, 菓子も, 菓子を, 虐め殺された乎, 行きしやら, 行ったの, 見付けられた, 観音様へ, 解りやすい, 言って, 話して, 語つた, 調戯はれ, 講話を, 負けて, 貰って, 較べて, 連れ, 連れたシナ人, 連れてさえ, 連れふと, 連れ位山, 連れ参ろうとは, 連れ名古屋, 連れ歩いたりなど, 連れ江戸見物, 連れ立ち出, 過ぎなかった, 道を, 遣って, 選ばれたこと, 附いて, 附く者, 頤を, 顏を, 飛びつく事, 鴨を

▼ 供~ (235, 6.9%)

2 いつもの, こう云う, セルロイドの, 土から, 手を, 村山喜兵衛と, 連れて

1 [221件] ありません一度, いい子, いけないん, いらぬ, うそ云います, えらばれた極, おっ母さん, お前が, お好き, きっと立派, こう断っ, ここへ, この方面, この時分, こんな事, しなかつたといふ, せいぜい四, そう云う, そこで幾年, そこに, そつと, その短く, その高弟, その鴨, それが, たしかに独言, ただ一人, ただ五, つれません, とくに寝, どうなるだろう, どこへか, どこまでも, ない, なくよし, なし浪人暮し, なまじいに, ならぬ, ならんよ, なんにも言わない, はじめこれを, はにかむよう, びっくりし, まず第, まだ不安, みんな黒い, むこうを, めそ, もう三歳, もう眼, もしこの, やがて仁王門, やはり八, よく寝, よく泣く, わしと, ピチヨ, フランスの, 一名も, 一婢を, 一斉に, 三人も, 三日間鉄砲玉ばかり, 三歳位であった, 下許, 不用ぬ, 不足らしく, 両手で, 中童子, 主としてその, 久馬と, 二人か, 二人だけ, 二人の, 二十人くらい, 五六百人に, 五十騎も, 五百人に, 人を, 今度は, 仏前に, 何が, 何でも, 何時の間にかその, 何時も空車, 例外なし, 信用しない, 先ず少ない, 先づ少ない, 児供で, 入らんと, 入れぬこと, 六つと, 六畳の, 其の家, 内典外典の, 出来ませんでした, 別に, 刻々中流, 十万余騎と, 千世子の, 召連れず, 可愛相, 周倉一名を, 唖で, 唯火の, 喜兵衛に, 四人とも, 坊の, 塩沢丹三郎と, 声を, 夕方が, 夢を, 夢路を, 大きな食卓, 大勢を, 大層可愛い, 大福を, 奥座敷で, 女を, 妖精の, 学校です, 学校行きの, 安心し, 実にこの, 家へ, 寝つこうとしても, 實に, 小さな頭, 小人数, 少なくないだろう, 少なく二つ, 居なかったので, 崖く, 平気で, 平気な, 幾人も, 度々さう, 度々そういう, 弟子の, 当田舎新聞社, 彼を, 徽章の, 心の, 忽ち地, 怜悧そうな, 恐れて, 悪性の, 意外な, 愚か朔日十五日の, 感心に, 慌てて, 既に待っ, 既に通り過ぎ, 日常の, 日毎に, 明日の, 最初から, 村山喜兵衛矢崎舎人塩沢丹三郎の, 村山喜兵衛矢崎舎人辻村平六そして, 枕を, 横に, 歌道の, 殆ん, 母の, 母親の, 毎日母の, 決して宅, 沙弥の, 法慳貪の, 源吉が, 無し用, 無用, 無論猫, 独り待っ, 獅子鼻の, 生れて, 登だけ, 皆学校に, 相当地位, 相手ほどに, 省いて, 眠たいの, 眠つた, 眠つて居る, 眠る時, 祠の, 積極的にも, 笑いも, 笑ふ, 絶えず人, 腰を, 自分が, 自分の, 至って怜悧, 苦るしさう, 苦笑した, 蔀を, 蘇生しました, 裸体にて, 要らぬ, 誦しかけた経文, 誦経する, 赤川大膳先箱二つを, 走るの, 足を, 車に, 車夫に, 道を, 達弥だけか, 遣て, 震旦の, 霞ひく, 靴を, 顏を, 餓じ, 首を, 馬鹿に, 魔子を, 鼻が, 鼻の

▼ 供~ (201, 5.9%)

3 咳を

2 [15件] あって, ある, ないから, ないと, 三人しか, 何か, 出て, 可愛くない, 多いから, 崖の, 彼方向い, 従いて, 来て, 理由を, 遊びに

1 [168件] あった, あまり騒い, ありますので, あるはず, あるまでの, ある夜, あれを, いくらその, いつもの, いるから, うちわで, お茶屋へ, こう云う, この頃, ございます, したいと, しらの, すき見を, ぞろぞろやってくる, たくさんつく, たべて, たまつた樣, ついて, つまらな相, できた, なく自分, びっくりし, ふりかへ, また拾われ, ものを, やはり身動き, アノ通り遣, ゴチヤ, ワイ, 一つ学校の, 一人立っ, 一枚の, 丁度そこ, 丈夫でい, 三人で, 三人まで, 三四人連れ立つ, 三四人遠くに, 上り口まで, 不思議そうに, 世にも恐ろしい, 中毒って, 二三人これも, 二人で, 二人と, 二人控え, 二人萩と, 二階の, 云った, 云ったよ, 五十三次東海道の, 人と, 今年は, 仰向けにな, 何故自分, 何気なく外, 使って, 入ったらあがれないのね, 其前に, 出る, 出来たら乳離れ時分, 出来た時おむつ, 出来てから, 前後し, 十余人いた, 原へ, 去ったあと, 又寝入つた, 叫ぶ頃, 可哀そうじゃな, 合せて, 同じ縁者, 唱歌を, 土産の, 外国行の, 大人に, 大勢ゐる, 大工の, 好きかと, 好きじゃ, 好きな, 好奇心から, 嬉々と, 嬉し相, 学校へ, 席へ, 席を, 床の, 往って, 待って, 待ってると, 待つて, 後さえ, 御爺さん鉄砲玉, 怖いこれから, 意地っ張りを, 折敷の, 捏, 掻卷に, 新らしく, 早く寢, 木炭で, 来た, 来たら直ぐ, 来た小, 棺桶を, 槍を, 死んでも, 残って, 母親が, 母親に, 泣いて, 泣くたび, 泣くとき, 澤山居, 爭つてそれを, 獅子鼻に, 獅子鼻を, 生き返ったの, 生れた, 生れたよう, 生れないので, 生れますよう, 生白い顔, 産れる, 眠るの, 睡って, 積木を, 立上った, 続いて, 縄を, 翫弄に, 胎を, 腹を, 自分の, 舌が, 芋を, 英語を, 茲へ, 草履を, 葢を, 螢狩に, 衝立の, 見つけて, 読んで, 身動きの, 通る, 遊んで, 適して, 銘々に, 長きく, 非番でさえ, 頻りに笑, 食物の, 餅を, 馬鹿に, 馳けて, 馳出し, 駄菓子を, 鳥羽まで, 黒い頭, 默つて足音も, 鼻を

▼ 供~ (194, 5.7%)

15 ている 8 ていた 3 たりし, てあった, てゐる

2 [15件] て, てくれた, てくれる, てゐます, て下さる, て以, て参れ, て差支, て来た, て来る, て行く, て行け, て行った, て見よう, 自分の

1 [132件] かつ三千両, かねて報告者, しかも今や, すこぶる臭気, すなわち武士, その上三人, その實, その後一同で, その花, たり社交場裡, てあげます, てあと, てい, ておきたい, ておった, ておらない, ており, てお目見得, てか, てからく, てから突然, てきた, てきっと, てしまう, てしまおう, てその, てそれ, てなるべく, てひとまず, てまいりし, てまいりたい, てまで葉子, てみましょう, てみよう, てもなんら, ても尽そう, ても差支, ても悔いない, ても済む, ても灼熱, ても自分, ても自分一己, てゐた, て一緒, て二人, て京都, て他, て何人, て厭わない, て参っ, て参りまする, て参る, て命, て国防, て居る, て年始廻り, て往き, て戻る, て暴横邪曲, て曹操, て来, て来い, て椙山, て樹上, て機嫌, て歓心, て歩い, て歩く, て母者, て神, て立ち退かし, て終始, て置い, て置いた, て置かね, て置きたい, て船, て行かっし, て行き, て行きおった, て見ませう, て身祝い, て躬, て遊び, て金一郎様殺し, て食っ, て馬, て高価, ながら翻訳小説, またネパール人, また一つ, まだ小さき, 一上一下, 一同に, 一身以て, 三重県南海岸の, 且つ其英譯, 以て, 共に嘲, 各室に, 同時にその, 四民に, 国光国栄の, 夜中自室へ, 大名に, 子供, 宴を, 家中の, 後にこれ, 後には, 後者は, 押来り, 救世主たるの, 旛の, 時に舞妓, 来賓も, 火を, 社会上の, 神官は, 種々仁政, 笑語, 翌日伴ふて, 自分らは, 自由をも, 華美相競う, 裨益する, 読経祈, 談笑する, 貴族富豪は, 難い, 風呂も, 香を

▼ 供~ (132, 3.9%)

124 られて, 物も, 物を 3 し樒, ました 2 たと, てあつた, むとするのみ, られその, られた, 物, 物に

1 [88件] あり, き, けり, けるが, これを, し, しばらく瞑目, しめた, し墓, ずあまり, ずは, その余り, たいから, たうどん, たくまた, たといふ, たといふん, たの, たもの, たる油燈のみ, たる贄卓の, たんだ, た仏前, た卓, た夜, た媼, た小, た御飯, た机, た植物, た物, た線香, た花, た茶椀, た貝, た食物, つ, つけられる程有名, てあつて, どなった, なければ, ぬ道はるか, ましたが, また二条摂政さま, まつる, まつるの, まつる柿, まつれば, ものを, ようと, られきといふ, られた二升樽, られた其リボン, られた削り掛け, られた御, られた時分, られた桔梗二三輪, られねど, られました, られる, られる事, 下宿人にも, 候て, 其側に, 午後は, 参りつ, 參列者に, 大急ぎで, 奉つた, 或は火, 拝みけり, 新盆の, 桶毎に, 樽を, 物が, 物です, 物と, 物なる, 物己が, 畢れ, 私たちも, 置きし柿, 自分は, 言った, 訊ねた, 誓願を, 跡に, 鉦を

▼ 供~ (66, 1.9%)

5 連れずに 3 連れずただ 2 した, 来る

1 [54件] ありました病人, いっしょに, お連れ, かういふもの, この間病人の, これなる, しなければ, すれば, それに, ただ一匹で, なくなった夫, なければ, なるべくは, むっとした, やはり芝生, 一人しか, 一概にこんな, 中供, 二三しか, 仆れ, 伴れず, 俺と, 出来たと, 出来て, 厳しく四家老, 声を, 始めは, 小人数, 年比の, 幾許も, 彼等に, 急に, 感謝する, 持たない一介, 服装が, 次第に多く, 焼いて, 皆その, 笑いだした, 肝を, 覗きに, 跟い, 連も, 連れずたった, 連れずであった, 連れず一人, 連れず何ん, 連れず深夜, 連れず訪れた, 連れず起き抜け, 連れず静か, 連れて, 連れぬ彼, 馬も

▼ 供した~ (55, 1.6%)

2 ことは, のであった, ものだ, ものは, 所謂孝子孝女は

1 [45件] からです, から富士見酒, かワケ, がその, が仏, が是, が死後回教, ことも, その他, という, という所為, といふ, とかいう語り伝え, とこれ, ところの, と云っ, と思われる, に過ぎまい, のが, のだ, ので, のであらう, のである, のは, ものであった, ものも, ものらしい, わけで, アルフレッド, ナイフは, 一度も, 上フロイスの, 両国橋畔の, 事を, 事実が, 俗謡には, 夥しい捜索船, 女の, 官医で, 實例に, 小女が, 後或, 昔話の, 標本類が, 者は

▼ 供へて~ (49, 1.4%)

4 あるの 3 ある, 日を 2 ゐた, ゐるの, 祈祷を

1 [33件] ありました, あります, ありますが, あり祈願, あるでは, あるので, おく, くれますし, もてなしけれ, もらひたい, ゐたの, ゐる, 三日三晩揉み, 主人の, 出すこと, 合掌懺悔し, 回向する, 回向観音様も, 娘の, 居りました, 居る山の神, 母よ, 番頭の, 神を, 稍, 置いて, 聲を, 若い伜, 若い女, 行きました, 行つた, 見たいが, 貰らふ

▼ 供へる~ (40, 1.2%)

2 のだ, のである

1 [36件] か, が否, ことこれが, ことは, といふ処, ときの, と二兩, と言, に足りる, のだらう, のでおかげ, ので射干, のも, のを, ものとては, やう, やうな, を待つ, 事の, 事も, 事を, 原因は, 團子に, 対象と, 形の, 形式をと, 木の芽草の, 為か, 画像を, 穀物は, 花が, 花の, 花を, 行事を, 表の, 馳走に

▼ 供~ (38, 1.1%)

3 の歌う 2 の挽歌, を安心

1 [31件] が六人, が午後三四時頃, が呼ぶ, が月桂冠, が鼻汁, には次, にや危, に見せる, の, のよう, の列, の前, の叫び, の大勢, の視線, の顔, はまだ, は二人, は好奇心, は彼, は怖く, は手, は曇った, は柩, は父, は讃歌, は馳, も楽器, や小, を対手, を集め

▼ 供~ (34, 1.0%)

3 いっしょに 2 思って

1 [29件] いうを, いえば, いっては, いつわって, なって, なり又, 一所に, 一緒に, 二臺の, 云うの, 云ふ, 些少も, 仰しゃっても, 使女の, 供の, 原へ, 名の, 大八車が, 家へ, 小さな鼻, 抱き合って, 母の, 深雪とを, 犬, 行きちがった時, 見えて, 見える縞物, 遊ぶ気色, 離れるも

▼ 供~ (32, 0.9%)

1 [32件] がけんか, がボート, が東京, と一日, と共に泊り, と源さん, と源さんきり, には罪穢, にボクシング, に強請まれ, のけんか, の朋友, の笑い顔, の耳, は, はいずれ, はそれ, はみんな, はもう, はやはり, はよく, は三組, は下, は六時半頃, は其方, は又, は見知らない, もおとなしく, もその後, も見, を喚ん, を連れ

▼ 供され~ (27, 0.8%)

3 ていた, ている, てゐる

1 [18件] あまつさえ中国出陣, てい, てしまう, てはいる, てもよい, てゐた, て書きたてられた, て来た, て腦, やがてそれ, テナルディエは, ドクタアと, 勢力家の, 忽ち乱歩氏, 数人の, 永楽は, 私は, 葡萄酒三鞭麦酒が

▼ 供には~ (24, 0.7%)

1 [24件] あれが, いつも吉野, かなわない, どれほど, わからぬ少し, 何を, 冷泉少将家房伊達, 却て, 可哀そうだ, 喜ばれないそういう, 大なる, 小供, 屈強な, 挟み箱, 数百騎を, 文武の, 栗原熊太郎一名を, 気の毒だ, 氣に, 矢張りどこか, 立たなかった, 親に対する, 遺憾ながら, 鍋なりと

▼ 供揃い~ (22, 0.6%)

2 の中, の用意

1 [18件] いかめしい一挺, いかめしく東海道, が下, が出来る, させい, で向島, のまま, の者達, はたった, までし, もいかめしく, も慌ただしく, をし, を命じ出した, を立て, を門外, 美々しく登城, 美々しく致す

▼ 供させ~ (19, 0.6%)

4 ていただきます 2 て下さい

1 [13件] て, ていただきましょう, ていただきやす, ていただけますまい, てくださいまし, てくださいませ, てもらい, て下さいません, て戴い, て戴きましょう, て華やか, て頂き, て頂きとう

▼ 供すべき~ (19, 0.6%)

2 ものである, 製作としては

1 [15件] がごとし, のみなる, ものあるなり, ものが, ように, ミカンの, 動植物を, 材料として, 氷雪の, 生活の, 田地をも, 種籾を, 経文が, 賤客は, 鼠の

▼ 供~ (18, 0.5%)

2 に歌つて

1 [16件] がしば, がつめたい, が卷藁, が誰, と共に午前, に対しいかに, のこれ, の声, の教育, の歌, の騒ぐ, は声, は皆舟綱橋, は笑, も二人, も交つて

▼ 供につれて~ (17, 0.5%)

2 寺詣でを

1 [15件] その山荘, 両国の, 兩國の, 出かけるの, 出た, 大師の, 本多肥後殿の, 来たくらい, 来たの, 来た三百, 桂子は, 歩いて, 眼の, 街道筋へ, 香奠を

▼ 供~ (15, 0.4%)

3 と思っ

1 [12件] あね, からこの, からただ, から上手, から出さね, から小さい, とそん, と思つて, のの, ましでなく, よ, ナ

▼ 供~ (15, 0.4%)

1 [15件] ご苦労様に, しばしばそこ, すらが, その長屋, どんな面白い, ねあれ, はござりませぬかな, 一杯, 出たの, 外診, 意気地の, 松井町に, 登城いたしました, 知らぬ人, 野郎連中六人ばかり

▼ 供~ (15, 0.4%)

1 [15件] がズラリ, が三, が待ち, が提灯, が馬, のみでなく, の佐藤源三, の合図, の空列, や小者, らしい者, を引き, を従え, を見まわした, を見返った

▼ 供~ (15, 0.4%)

1 [15件] お陸尺, から帰っ, き許して, で一人, にいた, にても口論, にても口論等致又者惡言等申者, に兀山, に粗忽, の者共, は息づえ, へ立つた, を妨げ, 揃えながら, 汚して

▼ 供~ (15, 0.4%)

2 する俥, の車夫, の間 1 でお, では, でひかえ, に灯, に腰, の人間, の者ども, へ誘った, へ通じる

▼ 供~ (15, 0.4%)

2 にこの, に今にも

1 [11件] になぜあんなに, にも大, にも心細く, にも盲目, に女, に山伏, に悲しい, に羨ましかっ, に考え, に腹, に頼り

▼ 供したい~ (13, 0.4%)

3 と思う 1 からである, が実, とつねづね, とねがう, と存じます, と思います, と思っ, ばかりである, 微意に, 考への

▼ 供~ (13, 0.4%)

2 馬を

1 [11件] お負け, みんな濡れ, 大供, 奉公人の, 小娘に, 母親に, 無智, 猫に, 近所の, 馬ぐらいは, 馬の

▼ 供うる~ (12, 0.4%)

2 にとどめず 1 ときの, などよく, のですなわち, のほか, は天産物, を仙人食い, 人身御供として, 天の, 辻の, 飯などを

▼ 供された~ (11, 0.3%)

2 のである 1 が今, と謂, ので鱈腹, ものか, ように, 七種粥を, 時二人の, 父親が, 食物を

▼ 供でも~ (11, 0.3%)

2 ない, 生きて 1 あるまいに, お客さんの, ないん, 宜けれ, 東京辺の, 知ってるが, 許さん

▼ 供しよう~ (10, 0.3%)

4 とする 1 かねと撃て放せ, じゃございません, と思う, と申し, なぞ思っ, などの心

▼ 供する~ (10, 0.3%)

1 かも知れない, に至り, に足りる, に過ぎない, ので人数, までじゃ, までもない, ように, わ, わいなし

▼ 供らしい~ (10, 0.3%)

1 と思われる, 仲間を, 口調で, 声には, 心を, 心理状態を, 愛嬌が, 曹長だ, 笑い声が, 虚栄心を

▼ 供される~ (9, 0.3%)

2 ものである 1 そうだ, という観, とも知れなかった, のか, のである, 以上の, 各室へ

▼ 供し得る~ (9, 0.3%)

1 ある資源, かと思ふ, からに過ぎぬ, と思ふ, のである, ものを, 人なり, 極めて純粋, 程に

▼ 供たち~ (9, 0.3%)

1 が多勢, が立ち騒い, に, に自分, の声, はその, は黙っ, も, も何事

▼ 供ふる~ (9, 0.3%)

1 ことを, ところの, など諸般, なりとい, もの愛餐酒盃の, を, 華に, 飯を, 饌に

▼ 供では~ (8, 0.2%)

1 ない, ないか, ないと, なかつたらうか, なく思った通りトン公, まるで素肌, 勝手に, 続かないが

▼ 供もつれず~ (8, 0.2%)

1 ただ一人, に, に何, に廊下, に覚王院, 二人とも, 江戸の, 物思いがちに

▼ 供をも~ (8, 0.2%)

3 連れないで 1 伴れ, 連れずかれが, 連れずただ, 連れずに, 連れず参りました上

▼ 供です~ (7, 0.2%)

2 からね 1 から, からねえ, つてね, ものねえ, よ

▼ 供について~ (7, 0.2%)

1 呂布の, 小牧から, 朱雀門の, 来い, 来る支度, 歩く奉公人, 背に

▼ 供部屋~ (7, 0.2%)

1 に相良金吾, の人々, の前, の様子, へ帰っ, へ退がっ, を起す

▼ 供~ (7, 0.2%)

2 に向う, を捧げた 1 として欠くべからざる, に与つた, の式

▼ 供~ (6, 0.2%)

1 ず寺, てお, ておい, てお辞儀, て来た, な様子

▼ 供じゃ~ (6, 0.2%)

1 ありませんか, ないから, のう, ア有りません, ア有るまい, 云うても

▼ 供として~ (6, 0.2%)

2 連れて 1 内弟子の, 後に, 来たので, 野袴の

▼ 供にも~ (6, 0.2%)

1 やりました, 南江正忠矢尾, 少し關つて, 従いて, 立ったが, 連れて

▼ 供小供~ (6, 0.2%)

1 が非番, したところ, した一度, した事, した女, した小女

▼ 供~ (6, 0.2%)

1 などをささげ, のため畦, の用意, もなし, や香煙, を賜わっ

▼ 供から~ (5, 0.1%)

2 大人に 1 存在を, 酔の, 離れなければ

▼ 供します~ (5, 0.1%)

1 からこの, と言, のでその間, よ, よおじさま

▼ 供とは~ (5, 0.1%)

1 主としてこの, 共同食事神や, 申せお詫び, 立場が, 違って

▼ 供につれ~ (5, 0.1%)

1 上手奥より, 御番, 急遽休暇願い, 浜の, 道の

▼ 供~ (5, 0.1%)

2 を道人 1 は吏員, を取っ, を見

▼ 供しまする~ (4, 0.1%)

1 は神変不思議, もお, 次第, 黒鯨

▼ 供ぞろい~ (4, 0.1%)

1 の一行, をととのえ, 美々しくお, 美々しく大手

▼ 供でございます~ (4, 0.1%)

1 から, からどう, からどうか, どうかお気

▼ 供という~ (4, 0.1%)

1 のは, 中にも, 字は, 者の

▼ 供とか~ (4, 0.1%)

1 上に, 仏供とか, 女とかという, 申す鼻

▼ 供ながらも~ (4, 0.1%)

1 一生懸命で, 其時の, 学問が, 精神は

▼ 供まで~ (4, 0.1%)

1 できました小, 何処か, 皆恐ろしい, 見事に

▼ 供まわり~ (4, 0.1%)

1 の一隊, もない, も極めて, を随

▼ 供~ (4, 0.1%)

1 の者, の者ども, は屋敷, をそれ

▼ 供~ (4, 0.1%)

1 がなく, の人たち, はまだ, はやや

▼ 供いたし~ (3, 0.1%)

1 ている, ておる, てかならず

▼ 供~ (3, 0.1%)

1 小犬の, 年齢は, 跛か

▼ 供さなけれ~ (3, 0.1%)

1 ばならない, ばならぬ, ばならん

▼ 供さん~ (3, 0.1%)

1 とさえする, としてる, の場合

▼ 供せね~ (3, 0.1%)

2 ばならず 1 ばという門人たち

▼ 供せらるる~ (3, 0.1%)

1 だけの憂, も実際, 以外には

▼ 供~ (3, 0.1%)

2 ろへ 1 ろえ

▼ 供~ (3, 0.1%)

2 やない 1 やあるまい

▼ 供なら~ (3, 0.1%)

1 半額盲人は, 結構です, 間もなく忘れ

▼ 供にでも~ (3, 0.1%)

1 伝染する, 立ったよう, 訓へる

▼ 供~ (3, 0.1%)

1 いふて, の頭かき, まことに立派

▼ 供~ (3, 0.1%)

2 しの 1 しを

▼ 供~ (3, 0.1%)

1 に目籠, の形式, や目籠

▼ 供~ (3, 0.1%)

1 の姿, の草鞋よう, は供待ち

▼ 供うれ~ (2, 0.1%)

1 ば一円, ば神怒り

▼ 供されね~ (2, 0.1%)

2 ばならぬ

▼ 供しない~ (2, 0.1%)

1 であらう, 方が

▼ 供~ (2, 0.1%)

1 て罷ら, 案を

▼ 供せざる~ (2, 0.1%)

1 傾向あり, 者は

▼ 供せぬ~ (2, 0.1%)

1 か, といふ

▼ 供せらるべき~ (2, 0.1%)

1 ことで, ものです

▼ 供だまし~ (2, 0.1%)

1 さ, のよう

▼ 供っぽい~ (2, 0.1%)

1 様子を, 私は

▼ 供であった~ (2, 0.1%)

1 から先生, ことを

▼ 供と共に~ (2, 0.1%)

1 一等寝台車で, 大声を

▼ 供~ (2, 0.1%)

1 のか, のでした

▼ 供ながら~ (2, 0.1%)

1 ついその, 智を

▼ 供など~ (2, 0.1%)

1 役に立って, 霞むほど

▼ 供なる~ (2, 0.1%)

1 もので, ものに

▼ 供にまで~ (2, 0.1%)

1 厄介者扱に, 恥辱を

▼ 供ひとり~ (2, 0.1%)

1 を従え, 連れては

▼ 供へた人~ (2, 0.1%)

1 が最近, は間違ひも

▼ 供へた金~ (2, 0.1%)

1 が倍増, が本人

▼ 供へよ~ (2, 0.1%)

1 大きなる, 翁の

▼ 供へよう~ (2, 0.1%)

1 とする, と存じまし

▼ 供へられた~ (2, 0.1%)

1 夜に, 芋や

▼ 供みた~ (2, 0.1%)

1 ような, ように

▼ 供スル者~ (2, 0.1%)

1 ヲ果瓜ト為ス, ヲ菜瓜ト為ス

▼ 供両人~ (2, 0.1%)

1 の在米中, も飛脚船

▼ 供二人~ (2, 0.1%)

1 を早く, を連れ

▼ 供~ (2, 0.1%)

1 候も, 候秘術綱要一部を

▼ 供~ (2, 0.1%)

1 に想像, は掴む

▼ 供~ (2, 0.1%)

1 になっ, やら武士

▼ 供入り~ (2, 0.1%)

2 乱れて

▼ 供命鳥~ (2, 0.1%)

1 をかざり, を飾り

▼ 供待小屋~ (2, 0.1%)

1 から腰, であった

▼ 供待部屋~ (2, 0.1%)

1 である, を己

▼ 供~ (2, 0.1%)

1 にて太公登城, へ

▼ 供~ (2, 0.1%)

1 でこの, も万石以上

▼ 供染み~ (2, 0.1%)

1 ている, てゐる

▼ 供~ (2, 0.1%)

1 だ, は略式

▼ 供~ (2, 0.1%)

1 などの数十そう, を見廻した

▼ 供芝居~ (2, 0.1%)

1 とかいふもの, の域

▼ 供~ (2, 0.1%)

1 が成長, も数多く

▼ 供~ (2, 0.1%)

1 し始めたの, する程度

▼ 供~ (2, 0.1%)

1 り, りで無く

▼ 供~ (2, 0.1%)

1 と鍛冶屋, を倶

▼ 供連れ~ (2, 0.1%)

1 て, の公卿侍

▼ 供~ (2, 0.1%)

1 の方式, を意味

▼1* [214件]

あるがおの, 供いたしたいと思います, 供いたしてえもので, 供いたしとうござります, 供いたしとうござんす, 供いたしましたことに, 供いたしますとも, 供この巨人, 供うたのである, 供うっちゃりなさいよ, 供うといえり, 供うべき人に, 供うるですな, 供がかあいそう, 供ぐらいに想像する, 供げた見得, 供こそ眞の, 供ごころにあこ, 供ばたんに, 供さして遣られ, 供さねばならない, 供されしものなら, 供されしならんと考へ, 供しうるほど多量, 供しおわって舎利弗呪願, 供しか扈従し, 供したくない気持, 供したる人の, 供しないのみならず若しひと, 供しなけりゃなりませんぜ, 供しなければならなかった, 供しましたことが, 供しませうかな, 供すべきであるが殊に, 供すべきであるまいかと, 供すればよし, 供ずる所作をこめ, 供せざるべからざる難題直接に, 供せず必ず官府, 供せよと, 供せんちよふむ, 供そうと思う, 供その覗ひ, 供だけに無茶な, 供だけは一度も, 供だつたかな, 供だに為したもう, 供だの車引きだの, 供ってあなたと, 供づれの女, 供であるのは, 供でしたから何事, 供でないと云う, 供とかいう類の, 供としての関係の, 供としては名和悪, 供なぞと言ひ出した, 供などには殊更ら, 供などは相ならん, 供なんかいらないと, 供なんかって云うもの, 供なんぞはどこに, 供につき従ふ, 供にとって決して鼻, 供にとっても決して容易, 供に対しての読物の, 供に対する態度が, 供に従って車の, 供のみでは, 供ばかりである, 供びとはみな離して, 供対話風の, 供ふと云爾, 供ふべきもの整へよ, 供へがたしいささか, 供へしかの信仰の, 供へたりするので, 供へた三方の上, 供へた後もぢ, 供へた水に浸し, 供へた灯がかすか, 供へた者は六百文, 供へてはならぬと, 供へと一道の, 供へにも行つた, 供への土産にと, 供へられたりたつた, 供へるおはぎでもつくるか, 供へるべき宝が, 供へればよかつ, 供べやへさがって, 供までが洋装で, 供までも髮の, 供みたいについて来た, 供みな嫌いだろう, 供らしい見得で病気なんて, 供らしく質問する, 供んだ, 供れよと口口, 供わきの老臣, 供わった娘は, 供を以てなだめられなければ, 供を通して神様から, 供イタシマスト看護婦ガ見ツケテ附イテ来タノ, 供エル穴トヲ穿ッテアルアノ形式アレハイカニモ平凡デ俗ッポクッテ, 供シタルハ本邦ニ在リテハ其由来甚ダ, 供ストアリ而シテ現今本邦ニテ主トシテ用イラルルハみる及ビ, 供スベキモノ甚ダ多シ則チ名, 供スレバ見テ下サル, 供セムコトヲ期ス曾テ他意アルコト無シ後, 供御狂ヒアリテ, 供ニ連レテ行ケト云ッタラ聞済マシテ連レテ行クツモリニナッタラ正之助ヘ供先ノコトヲイロイロト教エテ, 供ヲシテモ詰マラナイカラアタシハ御免蒙リタイ, 供同愚僧, 供一人連れて, 供一人右へ御, 供一人連れ小袖幕をヒラリ, 供一切経のうち, 供一同は兵部省側, 供三人をつれ, 供三人最後に甚左衛門, 供三日昨夜もおそい, 供上げて來, 供両人彼のお, 供乗物が三つ, 供二三人住んで, 供二三十人を召し連れた, 供二人一人の雇男, 供二人三人召連れ春風と言, 供二人己が手一つ, 供二十人を選ん, 供仕つるべき大将共, 供の間, 供侍らを叱りつけた, 供侍三百余と共に物々しい, 供侍二十騎がそれ, 供侍達がばたばた, 供僧二人をしたがえ, 供僧坊とよぶ, 供先ノコトヲイロイロト教エテ御代官, 供八騎歩卒十数名という微々たる, 供公事物を送っ, 供出せられるだけすべし, 供を妨ぐる, 供可愛いさの, 供同士が集まる, 供呼ばわりにし, 供四十余名の猛者, 供四月は釈尊花祭, 供へ祭っ, 供対手にやはり, 供小姓小役人格より足軽, 供の馬子, 供待合室でほか, 供待所がどういう, 供打明け話し候, 供しなければ, 供だ, 供扱いにされる, 供持とて握り飯, 供を見返る, 供を意味, 供揃いはさほどでなかった, 供数十人という大, 供を奉仕, 供にと紅, 供料供米修理の足, 供方一同がひっそり, 供方二十人ばかりを連れ, 供なので, 供日宮日などと書く, 供時ニ厚薄アリ諸處, 供時代の憶出, 供染みた考へ, 供の者, 供し日比谷門下, 供泥棒したの, 供溜りにいたらしい, 供燈流燈の目的, 供の一事, 供申しあげるによりこれ, 供男一人ずつ連れ, 供男階級の者, 供町方衆へとその, 供相手の全集, 供等さへ高い, 供して, 供置きて与う, 供もわずか, 供脱衣場の番人, 供の物, 供自身もまた, 供し必要以上, 供華拈香などの厳か, 供華礼拝誦経心しずかに称名, 供見たような, 供して, 供触れをした, 供触れして駈ける, 供講説などのしばしば, 供資之性則亦無, 供にし, 供近頃君の小説, 供進所にまた, 供の間, 供道具を下, 供長家を立てた, 供には白米三合, 供の式, 供す, 供饌相饗の料, 供騙しのから, 供高声に話し, 供鼻語第二十