青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「傾向~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

傘~ 備~ 備え~ ~傳 傳~ ~傷 傷~ ~傾け 傾け~ ~傾向
傾向~
傾斜~ 僅~ ~僅か 僅か~ ~働い 働い~ ~働き 働き~ ~働く 働く~

「傾向~」 3577, 39ppm, 3007位

▼ 傾向~ (983, 27.5%)

136 ある 30 あるの 21 あるが 16 あると 15 あつた 14 あった 13 あるよう 12 あるから 10 あります 9 あるという 8 あつて, あること 7 あったの, あるであろう, ないでも, なければ 6 あって, あるので 5 ありそして, ありは, 強い, 見えて 4 あるか, あるもの, 強くなっ, 極端に, 見える

3 [20件] あったと, あらわれて, ありその, ありまた, あり従って, あるでは, あるに, あるやう, あろうか, はつきり見える, 出て, 多い, 多いの, 強いの, 強かった, 彼の, 明かに, 著しい, 見られる, 非常に

2 [44件] あったこと, あったので, あったよう, あり, ありそれ, ありました, ありまして, ありますね, あるかと, あるため, あるといふ, あるならそれ, あるにも, あるん, だんだん発達, つよい, ないとは, 古くから, 在る, 多分に, 如何に, 嵩じて, 強いが, 強いと, 強いよう, 有りは, 無いわけ, 現れて, 現われた, 甚しい, 生じたの, 生じて, 生れて, 発展し, 自分の, 見えない, 見えるの, 見えるよう, 認められる, 起こって, 近頃では, 進んで, 遂に, 高まって

1 [463件] ああ云う, あったか, あったかとも, あったから, あったが, あったとしても, あったとも, あったに, あったほど, あったゆえ, あっては, あつたら, あつたらしく彼, あなたに, あの悲劇, あまり明らか, あまり甚, あらはれたもの, あらわれたの, ありかくして, ありこ, ありこれ, ありたとえば, ありつい, ありと, ありましたね, ありますが, ありもつと, ありコリント, あり一方, あり一種, あり例へば, あり同時に, あり国際大会, あり多く, あり度, あり愛情, あり推古建築, あり泥酔中, あり甚だ, あり相, あり私生児, あり藝術家, あり誇張, あり高等教育, あるかという, あるかに従って, あるからこそ, あるかを, あるし, あるそこで, あるぞ, あるであろうから, あるであろうが, あるでしょうね, あるでせうが, あるとかいう, あるならば, あるね, あるものの, あるらしい, あるらしいこと, あるらしかった, あるらしく見える, あるんぢ, ある労働, ある我が国, ある所, ある禮, あろう, あろうから, あんなに易々, あんな形, いかにし, いささかある, いつでも, いつも社会, うかがわれるよう, かう言, かくして遂に, ここにも, ことに力強く, この中, この男爵, この青年, この面, これである, これによ, これも, これよりも, ございますが, ございますよう, そうであった, そうである, そこにおいて, そこへ, そのうち, その時代, たしかにある, だんだんに, ちがうの, ちゃんとあらわれ, つい邪道, つぎつぎに, つくもの, つくられて, つよいの, つよかった, つよくあらわれ, つよくなった, つよく例えば, つよく残っ, つよく現れ, つよめられて, ともかく自身, どこまでも, どのよう, どれだけ, ない, ないで, ないと, ないという, ないとも, ない場合, なくて, なくも, なほ餘り, はっきり見える, はつきりと, はつきり分裂し, はなはだしい, はなはだしく顕れる, ひとと, ひどく力強く, まことし, まさしくそれ, ますます強く, ますます激しく, ますます目だっ, まつたく国民大衆, まづ, みられます, みられる一方, もし世, やはり観察, よくわかる, より強く, わかるでしょう, わが国にも, わるいという, わるいよ, わるく家, グングン低級化, ジャーナリズムの, タツノを, プランクなどの, ヨーロッパの, 一層強烈, 一層甚, 一時相当有力であった, 一般の, 一般的に, 不健康な, 之と, 予めあっ, 人並すぐれ, 人間には, 仄見える, 今日まで, 他の, 伴うて, 何故可能, 作品の, 作風の, 依然続く, 俊成に, 俳壇にも, 備わって, 傾向が, 全くなくなる, 全く無関係, 全人民, 全然なかっ, 其作物や, 内的動機と, 再び起っ, 出るの, 出来そして, 出来たと, 出来つつ, 割合いに, 劇場そのもの, 加っ, 勃興し, 動きつつ, 募って, 十分に, 厭であります, 厳密に, 厳重な, 受け入れられると, 同じであった, 同一で, 含まれて, 哲學を, 囚われる唯心文化, 国民の, 在ると, 在るの, 増えかつ, 増長し, 多いこと, 多いので, 多いよう, 多いらしい, 多くていかん, 多くなっ, 多くなる, 多く見受けられる, 多少なりともある, 大いにある, 大いに関係, 妹娘の, 始って, 婦人画家としての, 実にある, 実は御子左一家, 実写的克明さと, 宮にも, 少しで, 少ないよう, 少なくない, 平衡を, 幼稚なる, 幽玄という, 幾分なりとも, 幾分寛大, 序歌系統の, 弟柏軒に, 強いこと, 強いにおいてを, 強いん, 強い勢, 強くあらわれ, 強くそのうえ, 強くて, 強くなった, 強く俳句, 強く出, 強く困る, 強く夜, 強く文学, 強く日本, 強く現, 強く集る, 当り前の, 当初の, 当時の, 彼れ, 彼等の, 従来われわれの, 循環的に, 必ずそれ, 必要である, 思わぬ力, 想像されます, 感情的だ, 或る, 択び出されたに, 拒絶に, 指摘され, 指示され, 数年前我々が, 文学に, 斯うい, 斯様である, 日一日と, 日一日若い, 日本の, 昂進し, 昨今あります, 是か, 時々師, 時あっ, 時により, 時に著しい, 時代の, 暗示する, 暴露され, 最も著しく, 最近特に, 有る, 未だ充分, 東洋人にのみ, 柔らかく感動的, 根本的の, 根深く植えつけられ, 極めて不用意, 極めて多く, 次々と, 次第に強く, 次第に徹底, 次第に珍し, 次第に頭, 次第次第に, 歌壇の, 残って, 段々と, 民主的批評家は, 永久に, 決して無い, 決心しない, 流れ込んだから, 流達な, 浮華である, 浸潤し始め, 深かつ, 清三の, 減少し, 漸次減少し, 潜んで, 激しいかも, 濃厚であった, 濃厚に, 濃厚過ぎは, 烈しくなつた, 無いで, 無いでも, 無自覚に, 物の, 特に強く, 特に批評, 特に露骨, 特殊だ, 現はれた, 現れた, 現れたと, 現れんと, 現れトルストイズム, 現われかけて, 現われたかも, 現われたの, 現われて, 現われる, 現代の, 現代日本の, 現在ある, 現在わが国の, 甚しか, 甚しかった, 甚しくなっ, 甚だしいの, 甚だしくな, 甚だしくなっ, 甚だ多く, 生じそうして, 生じその, 生じたり, 生じなければ, 生じる, 生じ勝ち, 生じ従って, 生ずる, 生ずるの, 生れ, 生れた, 生れたと, 生れたら私, 生れます, 生れる, 生れる社会, 生れ易い, 産み出した最初, 男の, 発現した, 益々助長, 益々濃厚, 目だつ, 目に, 目立つて, 目立つという, 目立つの, 目覚ましい躍進, 盲目的に, 真にある, 真にその, 眠って, 知識人の, 私が, 積極的に, 窮乏を, 窺はれる, 第二, 精神自身に, 終戰後には, 結局姿を, 絶体に, 続いた, 考えられるの, 聖母崇拝や, 自分に, 興って, 舞台を, 色々の, 若い彫刻家, 萌え出て, 萌して, 著しいが, 著しいの, 著しかった, 著しくなつ, 著しくなり, 著しくなる, 著しくなるであらう, 著しく窺, 著しく見え, 著しく誰, 著る, 行きつくところ, 見えだしたので, 見えはじめた, 見えます, 見えるという, 見え初めない, 見られたとして, 見られないこと, 見られると, 見られるの, 見られるよう, 覗えます, 親の, 語られて, 語られるところ, 論じて, 貫徹された, 起きて, 起るであろう, 起るの, 近代主義的であり, 造られるであろうが, 連体言と, 遂にドン底, 過去の, 違ったと, 違ふ, 選択を, 那辺に, 鋭く感じられた, 隅田川なる, 隈なく, 雄弁に, 震災後すべての, 震災後特に, 露骨である, 非科学性, 頭を, 顕れて, 顕著であった, 顕著であり, 顕著である, 顕著に, 顯はれる, 鮮やかに

▼ 傾向~ (802, 22.4%)

36 もって 32 持って 21 帯びて, 有つ 17 持つて, 有って 15 示して 13 示すもの 9 生じて 8 もつて 7 有た 6 有ち 5 代表する, 多分に, 持ったもの, 有して 4 もつ, 現わし, 研究し, 示した

3 [14件] おびて, とって, もつもの, 助長した, 同じくする, 持つ, 指摘し, 指摘した, 有つこ, 有つであろう, 生じた, 生ずる, 示したもの, 示すの

2 [35件] たどって, とつて, 代表し, 余り歓迎, 僕は, 其の天分, 助長する, 含むところ, 大きくした, 如何とも, 幾何学的に, 復活させ, 批評する, 持った人, 挙げて, 暗示する, 更に低級化, 有したり, 有すること, 有するもの, 現は, 理解し, 異にし, 示したの, 表わすもの, 表わす方程式, 表わす総, 見せて, 見て, 語るもの, 読者に, 辿つて, 逆に, 釀さむ, 阻止し

1 [452件] あげて, あらはに, あらわして, あらわしはじめてからの, いつと, いやが, いよいよ高潮, いろいろの, うながしたか, おとりに, おのづか, かもし出して, ことごとく木炭, して, すこし考, そのま, その子, その性格, その戯曲, たどった, たどりつつ, たどり学良政権, たどり経営者, たぶんに, つよめて, とおして, とりあげて, とること, とるの, とる事, のべると, はじめ思想的にも, はつきり示し, はらむ一切, ぼんやりと, まじへて, または同じ, みると, もうすこし深く, もたど, もたらした, もちその, もち地租, もった史学, もった文学, もっとはっきり表現, もつこと, もつこれら, もつた労働者, もつた新, もつてるん, もつであろう, もつと, もつにあたって, もつの, もつブルジョア民主主義革命, よく覚え, よびおこしました, アヴァン・ギャルド即ち, チットばかり, ミジンも, ムキツケに, 一つの, 一に, 一変した, 一層激しく, 一掃し, 一掃しよう, 一方に, 与えたもの, 与へんと, 並べて, 了解しない, 予想する, 予言した, 云い得て, 云えば, 人間として, 人類の, 他人の, 代数的に, 代表させ, 代表してる, 代表するであらう, 伸ばし又, 何かと言, 何も, 余りにも, 作つた, 作つたのは, 作つてゐる, 例証するであろう, 促したりとまで, 促すこと, 克服する, 免れ難い, 全然持つ, 全然斥け, 全然有, 全然比喩, 公然と, 其間に, 具え居るので, 具へて, 再び愛する, 別にそれほど危険, 利用した, 刺戟し, 創作の, 加味し, 助けた, 助けて, 助成した, 助長させ, 助長させた, 助長させたらしい, 助長させる, 助長すべきです, 募らせ又, 包み初, 十分に, 反映さし, 取って, 取て, 取りあげちよ, 取りフランス革命, 取り入れた戯曲, 取り易い, 取るに, 取入れたが, 取入れて, 同く, 同じう, 同じうし, 同じうし共, 同じくし, 同じゅう, 同ふする, 同系列, 否定する, 否定せざる, 含み從, 含み集めて, 含む特殊, 嘉された, 回避する, 固有し, 培い文芸, 変ぜず, 変更する, 多く持つ, 大ならしめた, 契機と, 契機として, 好まぬもの, 如実に, 孕んで, 学界の, 実に立派, 実証し, 宣言した, 封じて, 将来する, 尊重する, 導いたため, 導き出して, 尻目にかけて, 帯びたの, 帯びた女, 帯びた小説等, 帯びないから, 帯びなかったとしても, 帯びる, 帯びるが, 帯びるだけに, 帯びるに, 帯びるべく余儀なく, 帯びるや, 帯びる丈, 帯びる事, 帯び来, 帶びてきた私の, 帶びてゐるだらうと思ふ, 帶びて來て, 帶びて行き, 幾らか逆, 幾何学的には, 幾分か, 強くした, 強めた, 強めたこと, 強固に, 彼が, 從屬的契機として, 徹底させ, 徹底させる, 忘れて, 性慾といふ, 悉く知っ, 想像する, 想定する, 愈々助長促進, 愈々著しく, 意識する, 愛して, 憂ふるもの, 我々は, 或イズム, 打破って, 批判され, 抜いて, 押し拡め, 押し進め国家無窮, 持たざるを, 持たずつまり, 持たせ又, 持たないのみ, 持たないやう, 持たない者, 持ちつつ, 持ち合せて, 持ち来したの, 持ったり, 持ったマルクス主義的社会哲学者, 持った多数, 持った殆, 持った無限性, 持った観念, 持つこと, 持つたもの, 持つた者, 持つた辜鴻銘, 持つてを, 持つであろう, 持つと, 持つの, 持つもの, 持つ上, 持つ作品等, 持つ作家, 持つ危険, 持つ自分, 指したもの, 指して, 指定した, 指摘しよう, 指摘する, 指示する, 指示せず, 捨て, 捨てても, 掃ひ去り, 排して, 排す等, 排撃し, 推して, 推し進めたもの, 握り過ぎる様, 放棄させ, 数学的に, 日本人に, 日本人自身で, 明らかに, 明瞭に, 是認する, 普及せしめた, 暗々裡に, 暴露し, 書いたもの, 最もよく代表, 最もよく實現, 最も健全, 有しおるもの, 有し次第に, 有す, 有するある, 有するから, 有するは, 有するも, 有するより, 有する事, 有する他, 有する同, 有する實在者, 有する類い, 有せざる, 有せずんば, 有たず, 有たなけれ, 有たぬ, 有ち得ない, 有ったこと, 有った諸, 有つた彼, 有つてゐた, 有つてゐる, 有効ならしめない, 植ゑつけ, 極めてよく示す, 欠いた衝動, 次第に発展, 歓び迎, 止めて, 止めるべき姉, 歯痒く感じます, 決定し, 注入した, 注意ぶ, 済ふ, 為します, 無意識に, 焦点として, 物語る一つ, 現し自, 現ぜり, 理解しなく, 生じそして, 生じそれ, 生じたから, 生じたこと, 生じたの, 生じたるなり, 生じた根柢, 生じつつ, 生じます, 生じやすい, 生じる事, 生じ世襲, 生じ何物, 生じ新, 生ずること, 生ずるに, 生ずるは, 生ずるゆえん, 生ずる恐れ, 生みつけられて, 生み出して, 生み法, 生んだこと, 生んだの, 生んでを, 異にした, 異にしたる, 疑うこと, 発見し得る, 発達させた, 發見したい, 皆もっ, 益々強める, 直覚する, 相異, 知って, 知ると共に, 矯正せん, 破産しなけれ, 確めて, 示さうと, 示したからでも, 示した社会秩序, 示しつつ, 示しながら, 示し出したので, 示すかと, 示すこと, 示すだらうこと明らか, 示すであろう, 示す書類, 示す最高一八五, 示す総, 私たちは, 究極まで, 窺ひ得べし, 立証し, 等しくし, 簡潔に, 結びつけること, 続け爛熟, 罵り乙, 考査する, 肯定し, 胚胎した, 脱せぬと, 自分自身に, 自然主義という, 自覚する, 自覚という, 與ふれ, 與へ, 著しく見せ, 薄くし, 表は, 表わして, 表わす場合, 要約し, 見いだすもの, 見た, 見ぬいて, 見る, 見るに, 見るにつけ, 見るべきもの, 見れば, 見受けるの, 見抜いて, 見拔, 見逃すわけ, 規定する, 解剖し, 言い表わすもの, 言表は, 詩は, 認めても, 認められつつ, 認める, 認めること, 誘致せ, 語りちょっとした, 語るため, 語ると共に, 読み取ろうと, 調べるため, 論じたの, 論じたり, 論じ終, 警戒し, 貴方は, 起したの, 超えて, 辿らなければ, 辿りつつ, 追ひ, 追ひ廻して, 追ふ, 追跡し, 造ること, 進めるに, 運動方向を, 達観し, 選んだつもり, 釀し成したる, 重量と, 長い間相殺, 開拓する, 防ぎ人民, 防止し, 除いては, 頗る遺憾, 顕わす, 餘り, 首肯いつつ, 馴致した, 高めた

▼ 傾向~ (396, 11.1%)

4 非常に 3 たしかにある, ない, 多くの, 少しも, 老人の

2 [11件] あつた, あるが, それを, ボオドレエルの, 一方に, 今後益々, 極限にまで, 此の, 確かに, 私には, 著しい

1 [355件] あたかもかつての, あった, あったが, あったの, あらゆる国, ありは, ありません, あり莊子, ある, あるから, あるはず, いずれの, いずれも, いっそう助長, いつでも, いつの, いろいろな, おそらくあるであろう, かかる明白, かなりに, げにめざましき, この, このよう, この刺戟, この点, この理想喪失, この谷間, これと, これに, これを, さしたる発展, しかし無論, すでに天平, すべて, ずん, そういう訳, そうした露骨, そこに, その, その両極, その後文学全体の, その時代, その普遍的, その水準, それほど有力, それ自らとしては, それ自身ひとつの, たがいに, たしかに今年, たといそれ, たまたまフランス, だんだん年, とかく炉辺, どうだろう, どこにおいても, ないであろう, ないの, なお常に, なかった, なかつたであらうか, なかなか止まる, なほ美術家の, なるべくわずかな, なる程, はなはだしい, ひとりフョードル・パーヴロヴィッチばかりに, ふるい社会, ほとんどない, ほとんどまたは, ほとんどインネート, ますます増大, ますます激しく, ますます甚だしく, まず以, またすべて, また人物, まづないと云つて, みとめられません, みな同じ, もう早くからあらわれ, もう近年, もちろん働く, もっと客観的, もともと, やはり精神, ややこれ, ようやく両者, わるくない, インテレクトが, カフェと, シンボリズムとか, スター, ソヴェトの, デカダニズムまたは, プラトンの, マルサス氏の, ロシアの, 一つには, 一つ或は, 一九三七年度の, 一九四七年以来日本民主化の, 一層この, 一般に, 一般の, 一面商業主義と, 万葉集の, 上層では, 下落する, 下論に, 不正当, 不知不, 世の, 世界大戦後急に, 中学時代から, 主観において, 主観的で, 久しく彼, 久しく眼, 予め警戒, 交換方程式と, 人の, 人並より, 人力の, 人生の, 人間の, 今にたゆみ, 今の, 今日の, 今日も, 今日誰でも, 今日誰の, 他の, 何か, 何とかし, 何も, 例えばゴーリキイ, 例えばドイツ, 俊成の, 信長にとって, 傳教, 僕には, 先の, 全く個人, 全く持たない, 全く軽蔑, 全然ない, 共通らしい, 其後歌舞妓芝居の, 内容や, 出て, 到底否定, 前ほどには, 動機の, 北斎によりて, 十五六歳の, 十分見られる, 単なる殺人, 単にそれ, 単に学生, 単に旧劇, 却って彼, 原則的に, 反対の, 古き文化, 古今東西共通で, 古典的な, 古来男女関係の, 古浄瑠璃, 可能的, 右の, 各地で, 吉原を, 吾人の, 商品としての, 問題外と, 喋々される, 喜ばしいこと, 国民が, 国語音韻変遷上の, 多少遺憾, 多数へ, 大きく云う, 大体が, 大体に, 大体において, 大変よく, 大體, 奈良朝末期から, 女の, 如何なる原因, 娘の, 婦人の, 孔子以外の, 学究的な, 宗教家にも, 実は夙く, 実は常, 実は常軌, 実際に, 実際我々, 家屋の, 容易に, 富の, 対象の, 封建思想が, 小枝は, 少しばかり, 少ない, 少数に, 屡々作品, 層雲を, 常に到る, 年とともに, 年を, 幾何学的には, 幾時代に, 強い懸念事, 強くない, 強まつて, 彼が, 彼の, 後に, 徐々にで, 徒らに, 従来の, 必ずしも意識的, 必ずしも所謂民族性, 必然に, 恐らく永遠, 悉くこの, 意地で, 意識の, 感性的な, 慥に, 承久, 探偵小説の, 支配的である, 政府の, 敗戦に, 散る氣, 文化的には, 文化的生においても, 文学の, 文学美術などの, 文章道の, 新劇の, 新古今集, 既に奈良朝, 既に政治的, 日本に, 日本にとって, 昌造たちにも, 明かに, 昭和初頭以後の, 時代との, 更にここ, 更に判然, 更に甚, 最も著しい, 最も著しく, 最近舟橋聖一氏の, 有つて, 未来派に, 極めて少なかっ, 極めて著しく, 極端な, 次ぎ次ぎに舞台, 次第に増した, 次第に強く, 正に著しい, 武者小路実篤の, 歴史的也故に, 殆ど後を, 殆ん, 殻を, 江戸ッ子に, 決してこの, 決してなく, 決して昔, 決して濠洲, 決して独り婦人子供, 決して知識, 決して近代主義, 河間七篇に, 治療としての, 深くなる, 清朝を通じて, 減少する, 演劇絵画文学諸般に, 漸次跡, 無意味な, 無意識の, 無論ある, 無論出版界, 無論考えなけれ, 焼き尽す光, 爛熟し尽せる, 特に日本, 特に現代, 独自の, 王朝初期百年の, 現に西部日本, 現れはじめて, 現われて, 現代に, 現代文学の, 現在の, 甚だ軽蔑, 甚だ顕著, 生物に関する, 町村に, 病気前の, 益々激しく, 益々烈しく, 目下東京で, 目立って, 相反し, 相当に, 相手に, 真の, 瞬間において, 短い時間, 破壊的なる, 科学を, 第一次, 第二, 第二職業, 純文学に対する, 結局今の, 自然主義が, 自然科学的認識の, 自由論派を, 至極徹底的, 著しくは, 著しく認められる, 薄いにも, 見られないだろうか, 見出される, 見方によ, 誰も, 諸商品, 近来殊に, 近頃一層いちじるしく, 追, 退廃期の, 連句の, 連想の, 過度の, 違って, 長年ドイツ音楽の, 間もなく脅迫, 顕著に, 食物によ, 餘程外貌とは, 高まるインフレーション

▼ 傾向~ (353, 9.9%)

12 あること 11 あるの 8 あるもの 6 ものが 4 あつた, 中に 3 ために, もので, ものに, 作品が, 存する限り, 存在を, 画風と, 著しいもの

2 [18件] ことを, なかで, ままに, ものと, 一つは, 中には, 主な, 人が, 作品の, 俳人が, 俳句の, 戯曲を, 方が, 日本の, 為めに, 者は, 貫徹を, 間を

1 [248件] あったの, あった鴎外, あらわれである, あるいかなる, あるかぎり, あるその, あるところ, あるタヌキ嬢, ある不義, ある五人, ある作者, ある剰余量, ある学者, ある文学的自由主義者, ある疾病, ある行動, ある道徳的, いき方で, うしろには, うちにおいて, うちには, うちの, かなり早い, かなり絶頂, ことで, ことである, ことに, さう, さらに, つよい中本たか子, ない女, なかからは, なかに, ひとつの, ひとつを, ひとと, ひとり舞台の, もち主か, もっとも顕著, もとに, もの, ものであっ, ものであった, ものでなけれ, ものとか, ものの, ものも, ものをも, ような, ように, よく似た, マイナスな, 一つである, 一例として, 一番あらわれ易い, 一端を, 一転機と, 一面として, 万葉巻八・巻十あたりの, 三つより, 上から, 上の, 下に, 不思議なる, 世界観は, 両者が, 中で, 中へ, 中心たる, 中途に, 中野鹿地江馬佐野硯等は, 中間である, 主なる, 主張を, 事を, 人々から, 人々にとっては, 人々は, 人々もつ, 人々同志の, 人かも, 人でも, 人は, 人ばかりの, 人達で, 今日よりも, 代表者として, 伝統的な, 作には, 作品です, 作品という, 作品といふ, 作品ばかりが, 作品を, 作家たちの, 作家たちは, 作家たちを, 作者である, 作者には, 作風に, 俳人だった, 俳人としては, 俳人には, 俳句を, 傾向であっ, 先駆を, 全部が, 共存は, 具体的説明は, 内容に, 分化し, 劇評界に, 力では, 力を, 加はつた, 加わったもの, 加わりつつ, 勝景, 匂が, 反面に, 句と, 句は, 句風を, 可能性を, 同一世界観, 同人雑誌, 吟味や, 品を, 商売を, 堕落と, 増進し, 変易に, 大体に, 大原因, 太鼓を, 夫, 女を, 如きは, 如きもの, 如何を, 存在できる, 学者の, 学術書を, 家庭では, 實際世界に, 小説なんか, 小説を, 岐路を, 帰する, 強いもの, 強い人民, 強い塾生たち, 強烈な, 役廻りに, 徹底したる, 徹底と, 性格に, 性質を, 愈々募らん, 意味も, 慨歎すべき, 戯曲が, 批評に, 抗議の, 折から, 押すところ, 指導的立場に, 推移に, 推移には, 推移を, 擡頭は, 故を, 文学である, 文学でない, 文学でなけれ, 文学を, 新しい各派, 新しい彫刻, 是非曲直を, 時局的文学史的意義は, 景色を, 最も強い, 最も甚だしかっ, 最も自然的, 最も著しい, 最小なる, 有力な, 有無に従って, 未だ多, 本質では, 横溢した, 欲求が, 歌が, 歌の, 歌は, 歌を, 歴史研究に, 源流を, 濃厚な, 片鱗も, 特殊な, 特色は, 特色を, 王座を, 現われ始めたこと, 生ずること, 画を, 画家と, 画家の, 発現の, 発生であった, 発生について, 発見者たり, 相異, 相違で, 社会科学者としての, 称道を, 窺われるの, 第一, 範囲と, 結果である, 絵で, 絵を, 綜合的観念を, 考え方を, 者には, 聡明なる, 船だった, 芸術は, 著しいこと, 著しい劇場, 著しい場合, 著しく見える, 著る, 製作が, 見えはじめたこと, 見える物, 言葉にか, 詞書きは, 詩風に, 認められる事, 諸作品, 赴くまま, 道徳を, 重圧が, 隠されて, 露骨さによ, 類似によって

▼ 傾向~ (207, 5.8%)

6 なって 4 於て 3 ある, 屬し, 立って 2 あった, あつた, つきて, よりて, 傾いて, 出たの, 属して, 応じて, 思想を, 相違は

1 [168件] あったこと, あったらしい, あった芸術, ありと, あり避難民, あり随, あると, あるの, あるん, ある人種, ある作家, ある科学者達, いつしか導き込む, おちいるの, おもねつて, こういう外国文学, したがって, して, しばられ女, それぞれの, つむじを, ないとしても, なった, なったという, なったの, なった原因, なってね, なつた, なつて, ならなかつたと, なりかけて, なりまして, なり初めました, なり彼女, なる, なるから, なる一つ, なる恐れ, にて, まかせるより, ますます磨き, わかつこと, カブレた, 一層深く, 一条の, 一番ふさは, 乗じて, 人類を, 任せたまま, 伴う一つ, 伴った日本女性, 全然打ち敗け, 共鳴した, 内応する, 分かれる, 分ける事, 分れて, 分れるの, 力を, 加えて, 加速度を, 十分に, 即した絵画, 反した蛮風, 反する, 反するの, 反対し, 反抗し, 反撥し, 向いつつ, 向かってるよう, 向っても, 向ひさへ, 基けり, 大油, 失望したらし, 富んだ男, 対立する, 對し, 導いて, 導きます, 就いては, 就て, 就ての, 居る学者, 属すらしい, 属すること, 属するもの, 属する戯曲, 引きずり込まれたかも, 当るべきかを, 従った故, 従って, 徹底する, 心づき反省, 感じられる, 懐疑的な, 抗し, 抗流する, 拍車を, 支配され, 支配される, 文化を, 於いては, 有利な, 来て, 次で, 次第に用語例, 歩みよらなければ, 比較し, 沿って, 深い理解, 準じて, 漸次移動し, 無関係で, 無関心, 照し彼, 特有の, 生徒を, 目覚めた運動, 相対し, 相応する, 相通じる, 相違ない, 真面目な, 矛盾する, 示唆を, 移動する, 種々の, 立ったの, 立つ, 結びついて, 結びつける必要, 育てようと, 背進する, 見える, 触れた, 賛同し, 走って, 走つたので, 走つて行, 走らず而, 走りやすかっ, 趨る, 輪を, 轉換し, 追従した, 追従する, 進ませた, 進みつつ, 進んで, 過ぎない, 重きを, 針, 関係なく, 陥って, 陥りしかも, 陥りその, 陥りやすい, 陥り五一年十二月ナポレオン三世, 陥り易い, 陥ると, 陥るといふ, 陷らむとしてゐた, 陷る, 隠れて, 順応し, 順應し

▼ 傾向~ (94, 2.6%)

5 なって 3 結びついて 2 見るべきは

1 [84件] いい前者, いうか, いって, いっても, かわって, この南京虫, して, じみな, その作家たち, たたかうこと, ただに, ともすれば淫靡, なつて, ならねば, なりて, なるから, なるの, なるべきもの, みられる場合, よく似, カソリック精神とが, ヘーゲルの, 一所に, 一般的方則の, 並んで, 並行し, 云うと, 云うの, 云つた方が, 云ふ, 云わねば, 人柄とが, 余り距離, 傾向化性とを, 全然反対, 全然違つた詩, 其の不思議, 十分闘争し得なかった, 同じく美, 名づけんと, 呼びたいの, 唯物論との, 唯物論的傾向とが, 商業世界一般の, 執拗に, 対立的な, 常識からは, 戰つた, 戰は, 新思想, 比べて, 気分が, 深く結びつい, 混りあっ, 混同し, 申しても, 申しましても, 男子の, 相似たる, 相反する, 看做し得るであろう, 看過すべからざる, 突嗟に, 結合し, 絶縁し, 綯い合され文学, 能力との, 能力とを, 自分だけ, 自分の, 若い娘達, 見て取ったの, 見られたい, 見做, 解して, 言って, 言つた方が, 言ふべきである, 言わねば, 調和し, 調和する, 近代思想の, 関聯し, 順序とが

▼ 傾向~ (72, 2.0%)

4 ある 3 あった 2 あって, あるの, ないで, ないとは, 有た

1 [55件] あったの, あつた, あらう, あらうが, あらわれて, ありますし, あり或は, あるから, あるであろう, あるでせう, あるので, あるもの, あるよう, おのずからあらわれ, さも, そういう風, そうじゃ, その作家たち, その方, その機会, それを, たしかにある, ないし, なかなか勢力, また天平後期, わかるよう, スイスより, 一切を, 互に近かっ, 亦たある, 亦潜在的, 亦獨特, 亦関口君, 今や衰亡, 利害の, 十分に, 変って, 実は互に, 情熱も, 既に醸され, 有たぬ, 有つて, 漸く辛辣, 無いで, 独特で, 現れる場合, 現わし, 現われたの, 皆充分, 表情も, 見えたが, 見えぬ, 見受けられる, 認められる, 長くは

▼ 傾向から~ (51, 1.4%)

4 して 2 いうと, 云うと, 云えば

1 [41件] いふと, おそろしい結果, すれば, ひっぱり出そうと, バルザックを, 二つの, 云って, 云ふと, 云へば, 作家が, 傾向に, 去勢され, 古聖, 多少の, 守ろうと, 察する, 引き止めて, 彼を, 必然に, 必然の, 推して, 文学と, 新傾向, 日本人の, 来る悪い, 殆ん, 無理にも, 生れる作品, 発達し, 肯けて, 脱せしめて, 自分でも, 自然と, 自然に, 見ると, 誘はれて, 謂えば, 起こって, 通俗小説と, 進んで, 離れて

▼ 傾向ある~ (41, 1.1%)

3 ことは 2 のみ, は何ぞ, ものと, を知るざる, 作品に

1 [28件] あらゆるもの, がため, が如し, ことが, ことだけは, ことを, これら二つの, に反し, はここ, はこれ多く, は実に, は実践道徳, は打消し, は頗る, ほどにそれ, ものである, ものに対して, ものは, より推論, を私, を見る, 國に, 學派に, 小児を, 所謂私徳に対して, 故に, 方法である, 習慣を

▼ 傾向~ (36, 1.0%)

6 あつた 3 あつて

1 [27件] あつたなら, あらう, さう, それは, ほかに, またそう, 一時代絵の, 万一事ある, 世界に, 今日は, 其が, 其成立した, 処女と, 十時頃まで, 大部きめられる, 小説に, 彼が, 惰力し, 所謂お伽双紙の, 押しきらうと, 死ぬよう, 現われた, 理想化した, 能楽に, 貫かれて, 軽率である, 進めば

▼ 傾向として~ (35, 1.0%)

1 [35件] あげられて, ありますがね, この二者, さう, みられるけれども, むしろ喜ぶべき, 伝えられて, 其は, 古典への, 善いこと, 常に音樂的拍節, 当然都会的, 彼も, 或は少く, 或る, 戦史物語風の, 手續として, 抽象的に, 敬語でなく, 文献そのものを, 文章の, 標準方言選択が, 次の, 現れて, 用語の, 相手と, 祭式を, 第二段目, 美術界を, 與へ, 親方が, 非常に, 非論理, 飯米差押え一カ年禁止の, 驚嘆的に

▼ 傾向である~ (20, 0.6%)

2 かの如く, 華族の

1 [16件] いわばモダン型, か, からである, か漠然と, がこの, ことは, というよう, といふ意味, とさ, とせね, と云, と書かれ, と申さね, と見る, 前者は, 環境への

▼ 傾向~ (20, 0.6%)

2 名誉心の

1 [18件] いうて, これまでの, それぞれの, インテレストに, 人々の, 余罪を, 僧家の, 内容を, 右翼的逸脱への, 好みなら, 或は単に, 熱情や, 発展の, 科学論的検討への, 種類の, 自分と, 行動を, 趣味の

▼ 傾向~ (18, 0.5%)

1 [18件] からである, から紅茶コーヒー, がやはり, が謙虚, そうだ, という, というわけ, といふ, と彼, と彼女, と思, と思います, と思う, と思ふ, と私, なんて憤慨, ねお袋, よ

▼ 傾向~ (14, 0.4%)

3 のだ 2 のである, のです, んだ 1 ので, のであっ, のでしらべたら, のよ, んです

▼ 傾向では~ (13, 0.4%)

3 ない 2 あるが, なくして 1 あるまいか, あるまいかと, ないでしょうか, ないよ, 一つに, 幾等ひかえよう

▼ 傾向とは~ (13, 0.4%)

2 私の

1 [11件] いえなかった, いえぬ, およそ縁遠い, その社会的性質, まるで反対, 全く対蹠的, 問題でない, 独立と, 異った, 異って, 関係の

▼ 傾向あり~ (12, 0.3%)

2 といふは何ぞ, と認め 1 ただ歩い, たり, てフランス, て甲, と見た, 其例を, 故に甲, 此れ

▼ 傾向さえ~ (12, 0.3%)

2 あった 1 あります, ある, あるの, ある位, うまれて, 有って, 有つ, 現れて, 生じて, 見て取れるの

▼ 傾向としては~ (12, 0.3%)

1 [12件] あり得ます, さうし, そうだった, それに, 例外に, 全くジャーナリズム, 大きく言いたい, 大きな飛躍, 当然な, 第一, 西洋の, 遥かに

▼ 傾向~ (11, 0.3%)

2 も存, を私, 及び他 1 が従っ, が從, をもっ, を強調, を示す

▼ 傾向であった~ (10, 0.3%)

2 のである 1 いや今, かもしれない, かも知れぬ, から多少, が推理小説, と謂い得る, のは, 事は

▼ 傾向には~ (10, 0.3%)

1 たまらない不快, なって, エンゲルスの, プロチフ, 双方ともに, 反対した, 反対の, 問題が, 慊らない, 過般の

▼ 傾向にも~ (10, 0.3%)

1 あること, ある種, これと, よる事, 承服できない, 拘らずカント, 拘らず驚くべく現, 現われて, 関係が, 階級の

▼ 傾向とを~ (9, 0.3%)

1 そこでは, ほぼ知る, 手懸りとして, 決定する, 示すもの, 與へる, 見いだした, 見ること, 開発し

▼ 傾向について~ (9, 0.3%)

1 少なからず, 当局その他の, 書かれて, 若い演劇愛好者, 要路お歴々の, 見れば, 観察し, 論じはじめた, 諸方面

▼ 傾向~ (8, 0.2%)

3 ている 2 て来た 1 てきた, てゐる, て行く

▼ 傾向~ (8, 0.2%)

2 な色彩 1 である換言, なもの, な傾向, な文学, に見, の文芸

▼ 傾向であり~ (6, 0.2%)

1 その部分, ひとり信長の, 官僚政治の, 我々民族の, 描写は, 行政府独善の

▼ 傾向とか~ (6, 0.2%)

1 いうべきもの, いったもの, さう, 主要観念とかいう, 芸術の, 言ふも

▼ 傾向に対して~ (6, 0.2%)

1 これでは, 作家は, 前者は, 最も冷淡, 有って, 正当に

▼ 傾向に対する~ (6, 0.2%)

2 彼の 1 不満である, 何らかの抑制, 弁解として, 批判の

▼ 傾向です~ (5, 0.1%)

1 から, がその, が大体, が時に, しこれ

▼ 傾向という~ (5, 0.1%)

1 ことが, ものには, ものは, ような, 意味でなけれ

▼ 傾向との~ (5, 0.1%)

1 わかちがたく, 区別を, 摩擦で, 連関の, 間に

▼ 傾向なき~ (5, 0.1%)

2 にあらざれ 1 ことは, にあらざり, に非

▼ 傾向による~ (5, 0.1%)

1 ものか, もので, ものである, 技法を, 決定でも

▼ 傾向及び~ (5, 0.1%)

1 その再三, トピックを, 夫人の, 学者の, 才能を

▼ 傾向文学~ (5, 0.1%)

1 という言葉, にしか必要, の入っ, の潮流, や政治主義的作品

▼ 傾向であっ~ (4, 0.1%)

1 ても其, て国学者, て好く, て調子

▼ 傾向とも~ (4, 0.1%)

1 又有りふれた, 欠点とも, 謂うこと, 連絡が

▼ 傾向なり~ (4, 0.1%)

2 而し 1 詩風なりを, 調子なりが

▼ 傾向については~ (4, 0.1%)

1 たとえ全然捨離, 今さら論議, 拙著, 自分は

▼ 傾向によって~ (4, 0.1%)

1 分類しうる, 子どもっぽい, 惹起された, 読まれたに

▼ 傾向をも~ (4, 0.1%)

1 帯びて, 引き起して, 有た, 示した

▼ 傾向ありし~ (3, 0.1%)

2 を以て子 1 なり

▼ 傾向あれ~ (3, 0.1%)

2 ばなり 1 ども概して

▼ 傾向かも~ (3, 0.1%)

1 しれないが, 知れない, 知れぬ

▼ 傾向からの~ (3, 0.1%)

1 注意が, 発言などが, 脱却が

▼ 傾向からは~ (3, 0.1%)

1 ずっと遠かっ, わざと離背, 甚だ遠い

▼ 傾向すら~ (3, 0.1%)

1 あるの, ある者, できて

▼ 傾向する~ (3, 0.1%)

1 けれどそれ, に過, 素質

▼ 傾向において~ (3, 0.1%)

1 平面的に, 強められさらに, 民主的に

▼ 傾向に対し~ (3, 0.1%)

1 作家が, 作家は, 生きて

▼ 傾向ばかり~ (3, 0.1%)

1 でなく其道義感, ふり廻し, 見て

▼ 傾向~ (3, 0.1%)

1 入って, 転化し, 転落する

▼ 傾向への~ (3, 0.1%)

1 反省が, 理解の, 飛躍に

▼ 傾向より~ (3, 0.1%)

1 して, すれば, 考ふる

▼ 傾向乃至~ (3, 0.1%)

1 性格を, 習慣に, 趣味的流行だ

▼ 傾向~ (3, 0.1%)

1 がはじまった, が遂に, は影

▼ 傾向ある如き~ (2, 0.1%)

2 は其の

▼ 傾向こそ~ (2, 0.1%)

1 両方とも, 凡ての

▼ 傾向さえも~ (2, 0.1%)

1 持って, 生じたもの

▼ 傾向すなわち~ (2, 0.1%)

1 いわばこの, ギリシア仏教的様式の

▼ 傾向それ~ (2, 0.1%)

1 はすっかり, を打ち倒す

▼ 傾向であるらしい~ (2, 0.1%)

2 が物語

▼ 傾向での~ (2, 0.1%)

1 安定を, 自然主義的に

▼ 傾向でも~ (2, 0.1%)

1 あるん, 新しい要素

▼ 傾向といふ~ (2, 0.1%)

1 意味でなけれ, 言葉を

▼ 傾向とが~ (2, 0.1%)

1 あるよう, 種々の

▼ 傾向としての~ (2, 0.1%)

1 学問的世間的虚栄心とを, 神秘主義が

▼ 傾向とで~ (2, 0.1%)

1 いわれて, 姿を

▼ 傾向と共に~ (2, 0.1%)

1 はっきり我々, 少年ゴーリキイの

▼ 傾向なし~ (2, 0.1%)

2 にで

▼ 傾向なりが~ (2, 0.1%)

1 深く現実, 適して

▼ 傾向なる~ (2, 0.1%)

1 ものは, 共和的思想は

▼ 傾向につき~ (2, 0.1%)

1 まと, 素人なりの

▼ 傾向にな~ (2, 0.1%)

1 つたのであります, つてを

▼ 傾向によ~ (2, 0.1%)

1 つて窒息せしめられた, つて賑は

▼ 傾向に従って~ (2, 0.1%)

1 個性を, 特異な

▼ 傾向のみに~ (2, 0.1%)

1 任せて, 眼を

▼ 傾向よりも~ (2, 0.1%)

1 ひとつの, 明かなもの

▼ 傾向をこそ~ (2, 0.1%)

1 今後根こそぎ, 現わせ

▼ 傾向を以て~ (2, 0.1%)

1 勅撰集の, 書かれて

▼ 傾向ジャンル~ (2, 0.1%)

1 が含まれ, を掲げ

▼ 傾向即ち~ (2, 0.1%)

1 ブル気分を, 過去の

▼ 傾向~ (2, 0.1%)

1 などが起った, の作品

▼ 傾向~ (2, 0.1%)

1 の点, は極めて

▼1* [114件]

傾向あらゆる色調時に, 傾向あるいは消極的な, 傾向あるべきものだ, 傾向いかなるジャンルを, 傾向かといふと, 傾向かぶれの晦渋, 傾向がかへつてその, 傾向に大の字, 傾向ここにも現れ, 傾向した人間である, 傾向すらも含んで, 傾向そのテムペラメントの, 傾向それぞれに人間像再生, 傾向それらは本来, 傾向ただ宗教心の, 傾向たる写生の, 傾向だけが雪だるまの, 傾向だけでどうなる, 傾向だけに党を, 傾向だけの話である, 傾向だけをもって, 傾向だろうそれも, 傾向でありまして特に, 傾向でありますが之, 傾向とかいうような, 傾向としても現在の, 傾向とでも云いましょうか, 傾向とともに用いられ出したもの, 傾向どおりに大勢, 傾向などからは独立に, 傾向などが長い人生, 傾向などではなくて, 傾向などに気を, 傾向などをも考慮に, 傾向なりと曰ふ, 傾向なりは之を, 傾向なりを一々論議, 傾向なるべしと, 傾向においてのみならず本来, 傾向においてもすでに近代, 傾向における根本概念を, 傾向にさえなるの, 傾向によりこの量, 傾向に対してはどのやう, 傾向に対してもやはり最後, 傾向に従い自然の, 傾向はずつと早い頃, 傾向はなはだいちじるしいよう, 傾向ばかりがつよかった, 傾向へと文学の, 傾向へとに推進した, 傾向まで包含し, 傾向むしろ偏向が, 傾向もしくはモット大きい, 傾向やを世間では, 傾向をさえ与えて, 傾向をだけ認めること, 傾向をば他の, 傾向アル君ハヤタラニホルモン剤ヲ, 傾向異ニシ來リ且ツ, 傾向一部は欧米模倣, 傾向特に問題, 傾向他人の考え, 傾向作品の代表的, 傾向作風等に対し一通り, 傾向俳優の演技, 傾向包括的統一に対する好, 傾向を決める, 傾向化性とを持った, 傾向その作品, 傾向句風等及び俳句, 傾向境遇同年輩の, 傾向哲学的傾向は私, 傾向にはまりやす, 傾向に可, 傾向如何によって彼等, 傾向小説でもない, 傾向年齢の及ぼす, 傾向性格そんなもの, 傾向或は嗜好は, 傾向所謂ヒューメーンを標的, 傾向才能によつて, 傾向批評が主, 傾向攘夷思想の変形, 傾向に認めるであろう, 傾向文学的なもの, 傾向更に歴史の, 傾向之候, 傾向機械的な動作, 傾向とのある, 傾向気まぐれ現実に疎い, 傾向派中にも別に, 傾向流派形式等によって自然的, 傾向現象の一部, 傾向的作品と見る, 傾向的作家のうち, 傾向的意図によってであろう, 傾向的犯罪を犯し, 傾向的画家であるかも, 傾向的組織をもった, 傾向縁りて, 傾向福沢なんかの流れ, 傾向種類の作品, 傾向自然主義であるとか, 傾向色彩のもの, 傾向色彩味雰囲気などはそれぞれ, 傾向若しこの問題, 傾向藝術である, 傾向ひ換, 傾向を書い, 傾向資本主義末期の小, 傾向逸脱への危険, 傾向都会への偏狭さ, 傾向頗る歴史哲学の