青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「侍~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~使者 使者~ ~來 來~ ~例 例~ 例えば~ 例へば~ 例外~ ~侍
侍~
~供 供~ 供給~ ~依 依~ ~依っ 依っ~ ~依然として 依然として~ ~依頼

「侍~」 5980, 62ppm, 1846位

▼ 侍~ (972, 16.3%)

17 出て 13 ある 10 あった 9 来て 8 立って 4 一人の, 声を, 提灯を, 腹を

3 [14件] いた, いった, いて, いるの, こっちへ, そこへ, たずねて, はいって, 急ぎ足に, 手を, 現われた, 蔵元屋へ, 馬に, 馬を

2 [54件] あって, あらわれて, ありますが, あるもの, いずれも, いる, おおぜ, お金を, こちらへ, そのお, その上, やって来た, ズラリと, バラバラと, 一人偶然父と, 三人まで, 下に, 二人門番が, 云った, 付いて, 住んで, 何か, 何十人と, 侍を, 先に, 入って, 刀の, 刀を, 制した, 同じよう, 呼んだ, 大ぜ, 大小を, 大手を, 寒そう, 帰って, 彼を, 後から, 息を, 抜身を, 拾って, 振向いて, 来た, 武芸を, 犬潜りから, 町人を, 眼を, 美しい娘, 草の, 追掛けて, 邪魔に, 部屋の, 静かに, 飛び込んで

1 [749件 抜粋] ああ何人, あったが, あったて, あったと, あの騒動, あらわれ当, ありましてね, あります, ありますだ, ありまする, あると, あるの, いいました, いかに威張っ, いきなりおどりあがっ, いきなり拝殿, いくらか酒気, いくら呼ん, いった時, いって, いやに, いようとは, いるから, いるらしい, うんとい, おとなげない, おびただしい料理, おらなんだか, お由羅, お茶の水の, かくかくの, かならず佇ん, かわるがわる宿直, ぐッと, こうしてこの, こう取次い, こう叫ぶ, こう告げ, ここから, ここへ, こなたへ, この位, この態, この矢場, この道場, この長屋, こんどは, こんな姿, さらに云った, しいッ, しめ残し, じッ, すでにここ, ずかずかと, そう一段声, そこに, そのあと, そのうち, そのゆくえ, その不機嫌, その妻, その役柄, その砂子塗り, その笑い声, その門側, その高く, そろりそろりと, そんな青春二十一, ただ一人あいさつに, たった今この, だいぶある, ちょうどあっし, ちょっと目礼, つかつかと, つづいて, つづけざま, つめたが, てれるであろうし, とうとう乞食, とつぜんあっとけたたましい, どうぞどうぞと, どうもかね, どこから, どこからとも, どこの, どこへ, どれほど陳腐, どんなにこの, なんの, にこにこ微笑み, のりこんで, はいれ白覆面, ひそかに, ひとりごとの, ひとりの, ひとり二頭の, ふたたびそれ, ふたたび出, ふたりうむ, ふとそれ, ますます道中稼ぎ, まず怪談, またどなった, また一名, まだ一人, まだ刀, もう一度慇懃, もう桜田, やって来て, やはり六十名, ようよう我, よく徹る, よし原, よんどころない用向き, ゐる, エタの, コリャ狐狸の, コロコロ負かされる, スラスラと, スーッと, トンと, ドンと, ピタピタと, ヤッ, 一人, 一人あらわれる, 一人その, 一人つい, 一人は, 一人やって来る, 一人付い, 一人前の, 一人小者を, 一人居りまする, 一人急ぎ足に, 一人悠々, 一人焼け死んだ, 一人衆に, 一堂に, 一塊に, 一方の, 一時の, 七人いる, 七人怒鳴っ, 七八名, 万一に, 三人いた, 三人までも, 三人庭先へ, 三人若い, 三四人付いた, 三四人奉, 三四名飛び出す, 上がり込んで, 下りて, 下下を, 下郎の, 不安と, 両手を, 並んで, 丸腰で, 乗って, 二三人一度に, 二三人出, 二三人通りかかった, 二人, 二人に, 二人の, 二人を, 二人一人は, 二人同じ, 二人快い, 二人次に, 二人用人の, 二人遥かに, 二十人余り橋の, 五人, 五人一隊を, 交じって, 交る, 人形の, 人混みの, 今や手籠め, 今詰部屋, 仲間と, 佇んで, 住む組長屋, 佐久間町二丁目の, 何やら話し, 何やら談合, 何者である, 使いに, 例の, 侍に, 俺達の, 傍に, 傘を, 先へ, 入り込んで, 八九人, 八十人鉄砲組の, 兵頭に, 其まま解らず, 再びお, 再度部屋, 冷然と, 出おって, 出た, 出来たん, 出没し, 切り斃した, 切腹し, 初め刀に, 初春の, 前に, 前へ, 前後を, 剣術の, 割り込んで, 勤めて, 十四五人来, 十四五人追い立てられた, 原に, 去って, 参りましたが, 参りましたと, 取りついできた, 取り抑えて, 叫んだ, 召し抱えられる世, 吃りの, 吉原の, 向こうから, 否応なく, 告げて, 呟いた, 周章て立つと, 味噌濃い, 咳を, 喚いた, 嗅ぎつけよう, 四人立っ, 四人退路を, 四角い白地, 地に, 城門の, 士族と, 夕方頼朝の, 外國人を, 多いが, 多少兵法, 大して屈托, 大分お, 大勢ここへ, 大勢こッち, 大名とも, 大声を, 大昔から, 大路の, 女を, 妙に, 嫌いでならない, 宇乃に, 宿の, 寝て, 小商人, 小者に, 居てな, 居るんで, 山手を, 岸から, 川の, 左右に, 左手を, 差して, 市内で, 幇間を, 幾人かい, 幾十人か, 廊の, 廊下を, 彌五郎, 当時は, 彼ら異国の, 彼女の, 往来から, 待ち新田義貞, 後へ, 徒歩の, 御城内, 忌々しそう, 忍んで, 応対に, 怒鳴った, 怖ろ, 怪しい語音, 恭しく現われた, 悲しそう, 惚れた女, 愚痴を, 懐ろへ, 或る, 戻ったらしい小屋, 手紙を, 手足を, 抱いて, 押える, 拙者の, 振冠, 捕縛に, 捨身に, 接待を, 提灯の, 揺り起こしたの, 数を, 斬たと, 斬って, 新手と, 新身の, 日吉を, 日本の, 昼食を, 時々聞えよがし, 暖簾を, 暗い柳, 暫く視, 書院の, 朝起き, 木像の, 木戸へ, 木曽街道を, 来かかりました, 来たと, 来たので, 来るかも, 松坂甚吾を, 松江藩の, 果し合, 柵の, 案内を, 棒鼻へ, 森然, 森閑と, 欲しい, 欲しくなった, 此方へ, 此方を, 武者修行の, 歩いて, 死んで, 死骸らしい, 毒を, 毛唐を, 気でも, 江戸へ, 沢山の, 沢山入り込ん, 浅野の, 浪人を, 湯も, 漁村の, 無礼にも, 無雑作, 燭を, 父だ, 物々しい顔, 物の具に, 狂犬を, 狼藉者と, 現われその, 現われない例, 用意し, 男泣きに, 病気あがりらしい, 癇癪玉を, 白刃を, 百姓に, 盃を, 相手では, 真実からの, 眺めて, 眼光を, 知って, 知るはず, 研ぎ澄し, 秀政の, 秋山要, 突然に, 突立っ, 立ち廻ったらすぐ, 立ち廻って, 立上っ, 立止まった, 端坐し, 竹槍を, 答えられるか, 紛れ込んで, 素早く駕, 絶叫した, 続いて, 編笠を, 縁のむ, 置いて, 翻然心を, 聞いた, 肉を, 股火を, 背後から, 脇差で, 腰を, 腰掛けて, 自分の, 自由に, 芝居, 芝居を, 花柳章太郎貞奴が, 花菱に, 苦鳴, 英人を, 落ちて, 蒼ざめた顔を, 蓮池の, 薄馬鹿の, 血の池の, 血刀を, 行き, 行きかかって, 行く影, 衣服を, 襖の, 襖を, 見たという, 見ん事, 言う甲斐, 言った, 訪ねて, 詰めよせた, 読売り, 諜し合わせ, 走り出た, 走り出て, 起って, 足を, 足許を, 足音あらく, 身を, 身体を, 軒先から, 辱しめられ, 近づいて, 追いおとし, 退屈らしい, 這入って, 通ったはず, 通ったらば, 通った筈, 通つ, 通りか, 通りかかった, 通用門を, 逞しい馬, 運が, 運よくも, 道ばたに, 邸内へ, 酔狂に, 采女という, 金子を, 銚子へ, 長いの, 長え, 長方形の, 門を, 陳謝し, 険しい眼, 階級を, 集まつて評議, 雪崩を, 電光の, 鞍つぼ, 鞭を, 頭から, 頭巾を, 顔を, 風流の, 飛びだして, 飛び出し五人, 館林様へ, 首だ, 駈けつけました, 駈けて, 駈込んだから, 驚きながら, 高端折, 鰻を, 鹿に, 鹿毛の, 麓へ, 麹町の, 黒い影

▼ 侍~ (845, 14.1%)

11 姿を 10 くせに, 顔を 8 一人が 7 ような, 姿が, 手に 5 中に, 刀の, 手を 4 すがた, 中の, 前に, 家に, 影が

3 [20件] うちから, ひとりが, ように, 一人は, 一人を, 一団が, 傍へ, 声が, 女房に, 姿は, 娘が, 子が, 子だ, 子の, 持って, 方へ, 様子を, 肩を, 親玉は, 間に

2 [56件] あとに, あとを, うち, うちに, うちの, たましい, ために, ところへ, なれの, ほうを, わきには, 一人に, 一名が, 世界は, 中で, 事が, 事で, 事を, 例も, 信一が, 側に, 分際で, 口から, 声は, 奉公という, 女房の, 妻に, 妻には, 娘は, 家へ, 容恰好も, 庄田が, 後から, 後へ, 掟も, 新九郎が, 方は, 方を, 最大な, 本分では, 案内で, 次三男, 眼が, 腰の, 誰やらが, 足が, 輩は, 輩を, 道の, 陣笠の, 階級を, 隣り部屋, 面を, 頭を, 顔が, 顔に

1 [578件 抜粋] あいだには, あったこと, あとから, あなたより, いたずらであった, いどころが, いる部屋, うけもちに, うしろ姿, うしろ姿が, うちで, うちでは, うちにゃ, うち一人が, うち弓術にかけては, うち彫物の, うち正使の, おふくろである, お伜, お伴を, お嬢さま, お客の, お客を, お言葉, お話を, かくまわれて, かり屋, かれ声, くせで, こしらえを, ことで, ことなども, ことばだ, ことばには, ことばよりは, ころ深く, ささやきを, さしだす提灯, しわざ, するもの, そうしてKABUKI, そばへ, つまらねえ見得と, とにかく日本KABUKI, どこかに, どれもが, なかから, なかに, なかにも, なにがしと, はしくれだけに, はしにまで, ひとりな, ひとりの, ひとりは, ほうは, ほうへ, ほとんどが, もたなかった自分, もって, ものだ, やうに, やって, ようだ, ようであった, よく謡う, よりあい, 一人だった, 一人として, 一人の, 一人や, 一人息子だ, 一件を, 一味で, 一喝に, 一団, 一団は, 一族は, 一死を, 一派にとっては, 一統が, 一群二群舞の, 一行, 一行が, 一行それを, 一行に対しては, 一行は, 一部に, 一部も, 一隊左右に, 一騎打ちの, 七人連れであった, 万田龍之, 三番の, 三躯は, 上に, 上へ, 上体は, 下司その, 下坂源次郎の, 世界の, 中から, 中では, 中でも, 中には, 中にも, 中間を, 丹波彌, 主人の, 主人自慢は, 主従が, 乱で, 亀田新九郎の, 事も, 二三に, 二三名が, 二童子を, 五十人や, 亡霊の, 人数を, 人物を, 仕事ぶりを, 仕方無法者の, 仲間には, 伊織が, 伏兵が, 住んで, 住居が, 住所氏名を, 佐藤源三は, 体が, 体は, 体を, 何者かによって, 何者である, 作った恋歌, 使者が, 働き効い, 典型だ, 内には, 内藤伊織面白ずくに, 冒険めいた, 冷たい特質, 処に, 出て, 出世という, 刀で, 刀などは, 刀を, 分限などについて, 分際として, 列にまで, 初志を, 刺客毛谷主水を, 前には, 剣と, 剣幕に, 力には, 化物に, 千田権四郎という, 千石取, 半身が, 反対側へ, 受領に, 口からも, 口ぶりには, 口上であった, 右の, 合図と共に, 名でございました, 名前は, 名誉にかけて, 向う脛を, 吠え面見る, 命令と, 唱へる, 喰って, 器量も, 四五人, 地が, 地位が, 声, 声々が, 声だったろう, 声で, 声であった, 多いのに, 多い溜り, 多くが, 多くでる, 大切な, 大切の, 大小思い思い, 大規模, 大阪詰は, 太い声, 奉公が, 奉公は, 奥方たちが, 女房, 如き表向き, 妖艶さに, 妹とかいう, 妻じゃ, 妻とは, 妻女だ, 姿だった, 姿で, 姿も, 姿形は, 威厳を, 威名は, 娘だ, 娘だろう, 娘である, 娘ゆえ中, 娘を, 嫁とも, 子じゃ, 子だろう, 子で, 子では, 子に, 子には, 子は, 子を, 子孫達が, 子孫遺恨を, 実兄なる, 室を, 宮川茅野雄は, 家が, 家と, 家には, 家庭とは, 家来だ, 家来らしかった, 家系を, 家風に, 容貌は, 寝顔の, 小細工この, 屁ッチョロな, 屋敷に, 屋敷を, 山脇左近, 左胴へ, 平の, 平伏する, 年頃や, 廂の, 廊を, 弱さかげん, 形恰好は, 影は, 後ろから, 後を, 後姿を, 徒輩が, 御奉公, 心, 心がまえという, 心理に, 心臓を, 忠節は, 快談, 忰いや, 怕いところを, 怠慢から, 恥か, 息子が, 息子じゃ, 恰好の, 意地とか, 意気とかに, 態度に, 態度は, 懐から, 懐を, 懐中物に, 戦慄の, 戰ふべき, 手から, 手が, 手で, 手下かも, 手柄でも, 扮装で, 持ち方, 控えにまで, 教養も, 数が, 斬り合いを, 斬込みである, 新六郎, 方が, 方だった, 方と, 方の, 旅姿と, 旅川周馬には, 日光月光両, 日課であった, 旧特権, 早馬が, 服装に, 服装までも, 服装を, 木工右馬の, 木綿の, 末だ, 本分を, 本多佐渡正信の, 本心に, 本意の, 来た時以来, 来援を, 板場じゃあ, 果てだ, 柘植半之丞などの, 株は, 株を, 権威は, 権官らの, 横へ, 横田という, 機嫌を, 此方に, 死とについて, 死体の, 死顔, 死骸らしい, 死骸を, 殺戮, 気の, 気持を, 気風を, 泥棒が, 爪先が, 片袖, 物を, 物語でありました, 男浄めす, 癖に, 白い顔, 白刃下へ, 百や, 相形には, 相手に, 相方の, 真面目さに対して, 眼から, 眼に, 眼には, 眼の, 眼も, 知行何年振りの, 石川五右衛門という, 碁天狗などに, 礼を, 社会を, 稲瀬十兵衛夫婦でございます, 空列も, 端くれでは, 端くれにも, 端くれも, 端になと, 竹刀から, 筋という, 素姓を, 組だの, 組打ちは, 絵姿, 繪の, 美濃部十郎, 美濃部十郎に, 群は, 群れに, 義理と, 者さえ, 耳が, 耳に, 背中に, 背後へ, 背後を, 胤だけ, 胤でござろう, 胤唯今では, 胸もとを, 胸倉を, 脇腹へ, 腕が, 腕に, 腰が, 腰に, 腹を, 色気に, 艶や, 芝居見物という, 芝居見物の, 菩薩においては, 落し子らしい, 落着き払った眼, 蒼白い横顔, 藁草履を, 血は, 血も, 血を, 袂を, 袖を, 被官だった, 袴が, 袴を, 視線は, 角が, 言いぶり, 言い草では, 言うこと, 言葉が, 討死などは, 詰めて, 詰め所という, 詰所でない, 話し声が, 話を, 足の, 足へ, 足下へ, 足柄を, 足音か, 跋扈する, 跡を, 蹇碩などが, 蹇碩らが, 身に, 身を, 身何で, 身分を, 身命は, 身許も, 軽佻浮薄と, 輦台が, 輩な, 返辞が, 逃げた方, 通念である, 道が, 道徳としてだけ, 遠乗りが, 邸宅とは, 部屋までは, 部屋や, 野梅折りけりおとしざし, 金を, 鎧の, 鎮撫策は, 間において, 間の, 間へ, 青地清左衛門であっ, 青地清左衛門という, 青地清左衛門の, 青髭の, 面々, 面々が, 面々は, 面は, 面倒は, 面影が, 面汚しと, 面汚しめ, 面目では, 面部へ, 頂骨の, 頭と, 頭上へ, 頭巾の, 頭目である, 頼みを, 顔とを, 顔には, 顔は, 顔へ, 顔も, 風や, 風を, 風体が, 風儀では, 風采も, 風采を, 首だった, 首へ, 首も, 首級が, 首級を, 馬まで, 馬乗りを, 髱を, 黒覆面から, 鼾声が

▼ 侍~ (738, 12.3%)

4 すぐに, それを, 声を 3 云った, 奥へ, 女を, 手に, 膝を, 黙って

2 [26件] いつかどこかへ, お侍, お綱, そこの, 一礼し, 不意に, 両手を, 二人とも, 云いすてて, 何か, 何者だろう, 刀を, 右手の, 女の, 年の, 慌しく身, 手を, 松明を, 歩き出した, 立って, 笑って, 編笠を, 自分の, 苦笑し, 顔を, 首を

1 [656件 抜粋] あたかも人目, あたりの, あなたを, ありゃ何, あれは, あわてて, いい男, いかさま不破小四郎, いかにも旅, いきなり私, いずれも, いず女, いつも朝, いないらしい, いるぞ, いるもの, いわゆる地卵, いんぎんに, おさえた手, おとなしい人, おのれ卑怯なり, おもむろに突きだし, おりませんよ, おッとり, お前の, お座之間の, お花, お金の, がやがや云っ, きっとわたし, きっと狐, くるに, ぐっとかれ, けげんそうに, こう云う, こう叫ぶ, こう命じ, こう独り言, こけ猿, ここの, ことごとに, こりご, これを, こんなまずい, ごく若かっ, さきに, さつと身, さも笑止げ, さらいでも, さらりと, しずかに, しっぺ返した, しばらくは, じりじりと, じろりと尻目, すぐその, すぐ番所, すげなく云った, すこし戸惑いしたらしい, すこし首, すなわち, すべて地に, するとクルリ, ずかずかと, そういえ, そう云っ, そう言う, そこから, そこで, そのままスタスタ, そのまま帰っ, そのまま立っ, そのまま静か, その後ろ, その懐, その手, その時, その眼, その首領, それからかれこれ, それが, それと, それには, それほど反対党, それ自身が, そんな嗜み, ぞっとする, ただちに刀, ただの, だんだん存在, ちょっと懐かし, ちょっと綺麗, ついと身, つづけて, つと懐中, どうした, どうしても生きなかった, どうで, ないと, なお下種, なぜ御, にこにこし, にやりと笑った, にわかにどこ, にわかに愉快, のけざま, はじめの, ひとたまり, ひどく剣術, びっくりし, びっくりした, ふり払おうと, ほかの, まかり間, またも, また云った, また念, まだうら若い, まだ前髪, まだ十八九, まだ逃げ, まるで逃げる, みな催促に, みな酒が, みんな中間より, むずと露八, むっとし, もうこっち, もうこの, もうはやらない, もう女, もう廃れた, もう自分ら, もちろん三人とも, もと来た, やがて路地, ややしばらく怖がる, よっぽど腕, よほど大作, よろめいた, わたくしの, グット胸を, サッと払い除けた, スルスルと, ズバリと, チッ, ト見れ, フラリと, ベタベタと, ホウ, 一人であったらしい, 一人でも, 一人も, 一層堕落, 一文銭の, 一斉に, 一本調子だ, 一生懸命です, 一生懸命に, 一瞬間キッ, 一笑に, 一足引い, 七八人に, 七瀬には, 七瀬を, 万事を, 三十四五の, 三十歳ばかり, 上を, 下に, 不思議さうに, 両刀を, 中でも一番不馴れ, 主人に, 予て命令, 二三歩さがっ, 二三間よろめい, 二人で, 二人の, 二人を, 二十人余りであった, 二百足らずという, 互に渾然, 五人組下人は, 京都の, 人中を, 今一度気色ばんだ, 今度は, 今日までも, 今日も, 今朝から, 付木から, 仙台河岸の, 仙波八郎太の, 仲間に, 伊織の, 佇んだ, 佇んで, 何かの, 何が, 何だえ若衆, 何を, 何処へ, 何様な, 何者かと, 何者かに, 何者だ, 何者であろう, 何者です, 余りの, 侍の, 侍を, 依然たる, 俄かに, 元の, 元天満与力, 元気付ける, 兄弟二人切りしか, 八郎太と, 公正な, 其の頃, 其処に, 其方へ, 凛々し過ぎる, 出かけて, 刀の, 初ッ, 別れ後, 前の, 前へ, 加茂で, 勿論それ, 十八九, 南町の, 博徒連を, 却って古狐, 厳格に, 去って, 参って, 又も, 又微笑, 取りつく島, 叩っ切った, 右側の, 各, 同時に彼, 呟いたが, 呟きながら, 呟くよう, 呼ばわった, 呼吸を, 呼吸詰まり, 喜びの, 嘘を, 嘲けるよう, 噛んで, 四方から, 四民の, 困って, 土手下へ, 土蔵の, 土足の, 城太郎や, 堪りかねたらしくたうとう, 壁へ, 多分その, 大久保に, 大勢の, 大手を, 大結髪, 大芝居, 奉公じゃ, 奥から, 姉思いから, 姿の, 威猛高に, 婆さんへ, 嫂を, 嫌えだ, 嫌だ, 字い知んねえ, 宗十郎頭巾を, 実に封建時代, 実父では, 家を, 家老の, 寒むさうに, 小堀義哉という, 小声で, 小指の, 少し恥ら, 尾州の, 居らずに, 居らなんだか, 岸を, 川口幾之助と, 己の, 帆綱の, 帰って, 幕臣湯川金左衛門邦純と, 幾つほど, 幾人かの, 幾度か, 庖厨の, 庭の, 廊下を, 廻廊の, 引っこんだ, 当分自分の, 彼を, 彼女を, 得たりと, 御奉公, 徳利を, 心有る, 必ず路, 忌々しそう, 忍び音に, 忠義の, 怒った, 怒りも, 急いで, 怪訝な, 恭しく頭, 意外の, 感心し, 態度も, 憎らしいほど, 懐中から, 戸外へ, 扇で, 扇を, 手前に, 折々耳側, 折目正しく, 押し伏せて, 押っ取り, 押取刀で, 招かずして, 挨拶を, 振返った, 振返って, 新八, 旗本御家人という, 早くも, 昨夜のう, 是なる, 暑さ, 更に彼女, 有りゃア, 本堂わきから, 村正を, 束で, 来て, 桜ヶ陣の, 検視の, 槍の, 横を, 次第に利章, 正直に, 武士の, 気がつかずまた, 気に, 気の毒そうに, 気絶した, 気軽に, 水戸家に, 江戸城の, 油断なく, 油断の, 油断を, 洞声で, 流行らない, 浪人を, 深く法然, 炭を, 無意識に, 無粋な執, 無言の, 無駄めし食いだ, 片手で, 牛の, 狐にでも, 狼藉者と, 玄蕃の, 生前の, 田の, 申すに, 番町に, 異った, 疲れた眼, 疵口を, 白刃を, 皆命懸けの, 皆敵に, 皆箱崎まで, 目の, 直と, 相役衣笠太兵衛の, 真赤な, 眼にも, 眼を, 眼球を, 硯箱の, 神主へ, 私用の, 立ちどまって, 立ち上がった, 立ち止った, 立止まった, 竹の, 笑った, 笑わなかった, 笑を, 筑阿弥の, 答えた, 紋作の, 絶えずにこにこ, 美しく耳, 義観を, 老臣の, 考えた, 聲潛ませ, 肩を, 肩衣を, 胡乱らしく, 胸を, 脈を, 腕組を, 腰の, 臥って, 自から, 自身たちの, 艫の, 芝居を, 若者に, 茶屋の, 草鞋を, 落ちついた綱手, 葉之, 蔵から, 藤内兵衛遠, 虚無僧ずれの, 蛆ほど, 衆を, 衆人の, 行き違いましたが, 衝と, 言った, 言って, 言ふも, 誠に運, 誰じゃ, 調度の, 貴様の, 賛成した, 走り寄る, 跛行を, 蹴飛ばすよう, 躍起に, 辞儀を, 近づいて, 近寄って, 返す言葉, 通って, 通り過ぎて, 遊ばぬか, 重々しく言葉, 重蔵の, 野暮の, 金森兵部少, 銅銭会員だ, 長三郎に, 陽気で, 隠し持つて, 雨戸を, 青屋太郎右衛門の, 静かに, 静に, 頑として口, 頭巾の, 頷いただけ, 頷いて, 顔の, 顔ア出し, 飛脚でも, 駈けて, 駕から, 駕の, 驚いて, 驚きまして, 驚きも, 髭の, 鯛の, 鷹揚に, 鸚鵡返しに, 黒い頭巾, 黒漆長髯の, 黒門町を, 齋藤瀧口なり

▼ 侍~ (294, 4.9%)

10 なって 6 して, なるの 4 なりたいか, 相違ない 3 取り立てて, 向って

2 [13件] なったと, なったの, なったり, ならんか, なる気, 似て, 出逢った, 化けた狐, 取立って, 持たせて, 目を, 突当って, 近い生活

1 [232件] あやめさせあやめたその, ありがち, あるまじき卑劣者, あるまじき醜態, あんなこと, いいました, いたるまで, お紅, かかって, かかると, かこまれて, かつがれて, かりうけた朱柄, かれこれ言わるる, きまって, くらべりゃまったく, くんだ瀧口時貞, こう命じられた, こう言葉, こちらへ, こんな料理, ござります, したら城, してからが, しては, しても, してやろうと, すがり付いた, すぎないッ, そう云う, そう言う, その刀, その怪しげ, たずねた, つい預ける, つかまって, なった, なったが, なったでわし, なったん, なった上, なった今, なつたんだ, ならざるを, ならないかい, ならなけれゃ, なられると, なりおろうとは, なりたい, なりたいさ, なりたいと, なりたいという, なりたいん, なりたい志, なりたて, なりてえ, なり堂々, なる, なること, なるぞ, なるな, なるには, なるんだい, なれ, なれて, なれば, なれるか, なれると, なれる事, なろうという, なんの, ばけて, ひきつがれた, ひどい目, ぶっつかろうと, ぶつか, みつかったらその, むかって, むざと命を, むざむざと, よびかけた, わざと声, インネンを, オビキ出され, ドンと, 一人は, 一泡吹かせ, 不伝流, 不審の, 与えて, 二君は, 人に, 付き従って, 代り合って, 任じられ夫, 任せて, 伺候致せ, 何が, 借り切られること, 傘を, 准ず可, 出あって, 出会いあの, 出会いますと, 出立って, 出逢いまして, 切られる所, 切掛けられア, 前後を, 加増が, 勤番という, 化けた女, 化けて, 化けると, 占められて, 占領され, 取り囲まれ半死, 取り立てたいそれ, 取り立てられたの, 取り立てられたり, 取立て數多, 取立られた, 叱られても, 叱られるの, 向い, 向かって, 向ひ, 呼びとめられて, 命じそこで, 命じて, 命じ蟇目, 喧嘩を, 喧嘩ア吹ッかけ, 嘘は, 声を, 大切な, 大将から, 大滝庄兵衛という, 大紋烏帽子の, 奪われた事, 娘っ子聞け聞け聞け, 媚びおもねって, 嫁がせそれ, 子どもあしらいに, 守られながら, 導かれて, 屁を, 帰って, 広野の, 引きつけられて, 引渡しさえ, 往き当たるてえこと, 御向い, 心を, 成っても, 成りきること, 成りたい念, 成るん, 手籠めに, 手車を, 投げる場合, 抱えて, 放っ掛けたん, 斬られたン, 斬られました, 斬りつけようと, 斬り囲まれて, 新陰流, 望みの, 木工右馬の, 未練を, 本づく, 正直に, 此方から, 死ぬる, 殴たれて, 殺されるところ, 油断は, 渡しては, 渡しました, 渡すと, 渡す僅か, 湯を, 燭台を, 生れあわせおれ, 生れおれ, 生れたれば, 申しいれること, 目が, 相談せず, 石を, 突き当らないばかりに, 突当る奴, 突掛る, 立ちまわり, 立ち雑, 糺されるの, 聞いたん, 聞いて, 聴かれて, 肩腰を, 脅やかされた, 腑抜け町人, 腕の, 至るまで, 荒らされた東京, 蒲生重代の, 見えた, 見つからぬよう, 見付けられて, 覚えが, 親しみを, 観破されて, 言わせると, 計って, 貰ったに, 蹴られましたから, 蹴倒されて, 躰当りを, 追いかけられたから, 退治された, 逢った, 逢ったと, 連れて, 違ない, 違ひありません, 酒を, 限らないおよそ, 頭を, 食いついて, 馴染と, 齋藤瀧口時頼と

▼ 侍たち~ (283, 4.7%)

7 の中 3 はその

2 [11件] がすぐ, に愚弄, のあと, のいる, の間, はすぐ, はもう, は口々, は彼, も, を見

1 [251件] が, があと, があまんじ, がぎらりぎらり, がこのごろ役目, がそんな, がぞろぞろ, がたけり, がとびだし, がどういう, がどんなに, がぷんぷん, がわっ, がブン, が一せい, が一升, が一心不乱, が万吉, が三, が三人, が不思議, が井伊大老, が促す, が光友, が半信半疑, が変装, が多く, が夜遊び, が奥, が女房, が当て, が慌ただしく, が扇, が捕まえた, が月見, が村上真輔, が来, が板敷, が残っ, が消し, が相談, が真下, が立ちふさがっ, が約, が臆, が虱, が蟻, が通る, が関ヶ原以後, が集まっ, が雑談, が高足, だ, だが, であった, でありました, である, でございました, でした, でだいぶ, で初め, で力, で少し, で背負い分ける, というの, とこわ, と一しょ, と一緒, と中, と共に, と喧嘩, と密議, と髪長彦, なので, にさえ馬, につい, についた, になる, には無論, には見覚え, にまじ, にも, にも知れ, にも聞かせたい, にやはり, に一番人気, に一礼, に囲まれ, に笑われ, に見つからねえ, に言う, に迎えられ, のあいだ, のうしろ, のうち, のお, のことば, のただ中, のため, のヒソヒソ, の乗り, の伊達小袖, の先駆け, の内官, の及ぶ, の右往左往, の声, の太刀, の姿, の屯, の弱み, の後, の怒号, の性質, の感情, の手拍子, の旅装, の水馬, の無情, の生活, の白刃, の耳, の胸, の行列ぢ, の装剣, の見せる, の言語, の詰部屋, の話, の跫音, の返辞, の駆け寄る, は, はあらかた, はあわて, はいま, はうろたえ, はおもしろ, はこもごも, はしばらく, はずっと, はそこ, はそれから, はそれで, はただちに, はたよる, はどう, はどこ, はびっくり, はぴたり, はまだ, はみな, はみな忍び, はみんな眼, はむず痒い, はわが子, はドッ, は一時, は一面, は三匹, は丑之助, は世間, は代る代る, は何しろ, は合点, は奈良, は嬉々, は家康, は崩れ立った, は平井山, は平尾出場, は廊下, は弓, は張り切った, は強, は日吉, は松, は森, は涙し, は照之助, は玄心斎, は皆, は目立たない, は胆, は若, は藤堂藩, は言った, は走り出, は退がっ, は長追い, は門内, は食蜃人, へも聞かす, へ師直, へ怒声, へ殿軍, へ肩, までが小森, もある, もいくぶん, もこいつ, もこもごも, もさわらぬ, もそれ, もばらばら, もべつに, もほか, もみな煙, も与力, も仰向いた, も侍たち, も六尺以上, も各, も同じ, も同時に, も夜, も大, も拍子抜け, も持て余し, も挙っ, も次, も歯噛み, も残らず, も相当, も眼, も空しく, も立ちあがっ, も遠く, や参詣, や蔵前町人, をお嬢様, をはじめ, をも励まし, をジロジロ, を一手, を乗せた, を叱, を叱咤, を呼ん, を招い, を睥睨, を睨みつけ, を置かれた, を見上げ, を見届け, を見廻し, を起しましょう, を追っ払っ, を退けた, を顧み, 猛りつづけては

▼ 侍~ (246, 4.1%)

6 呼んで, 連れて 4 つれて 3 従えて, 見ると 2 つかまえて, やめて, ハッタと, 取り囲んで, 対手に, 斬り倒したの, 殺せば, 見た, 見て

1 [206件] ああし, あしらいながら, あたら愚か者, あとに, あれか, あわせて, いかに親, うんともすう, おこらせると, おどかして, お呼びに, お好物, お差図, お願いし, かえりみて, ご案内, さがして, させながら, した, したがえて, したり, して, じっと眺め, じっと睨みつけた, じっと見つめ, そそのかして, そっとつけ, そのままに, その虎尾剣, ただの, ださず呂宋兵衛, ちらりと視た, つけて, つとめるらしい一尺, つれても, つれ吏務検察, どうして疑う, どうやら一刀, どんじき屋の, どんと蹴起し, なぶった, はなれて, ば, ひき摺り込ませたの, ひとり見出し, ひと眼, ふたり従え, ふりむいて, ぶん殴って, またお, みつけた, みなごろし, みな殺しに, みると, もって, やめさせて, やめる, やめ役人, よびたてて, ムザムザ殺せた, 一つ最初は, 一人つけ, 一人なくし, 一人も, 一人刀の, 一人拾い上げ, 一人連れ, 三名彼の, 上使に, 不安らしく, 二十人も, 伏せて, 何んとか, 作り上げねば, 使に, 促して, 個々に, 兄上と, 先に, 入れて, 八人も, 六人まで, 内へ, 出して, 切り払って, 初め多くの, 前に, 剥出しに, 助けて, 十余人という, 十名一時に, 十四五人射殺した, 卒業し, 取りしずめたそう, 取り巻くや, 取押えた由, 取押えて, 取留めて, 取調べて, 召し抱えねば, 召し抱えるのに, 召し連れて, 台の, 各地から, 味方に, 呼ばんにも, 呼びいれた, 呼びかけたの, 呼びやがるかしら, 呼び意, 呼び止めた, 呼び立てて, 呼び起し, 呼び酒井どの, 呼べすぐ, 囲繞んで, 土足にかけて, 嫉妬しました, 嫌つて居た, 将軍家の, 尻目に, 巧みに, 庇って, 引き連れて, 引き随, 待つ三千歳, 後に, 思, 恐れず中, 打ち据えた, 打ん, 打倒して, 打据えに, 打棄て置け, 打留めまする, 投げ飛ばしたのち, 押しやった主人, 拝むと, 指すので, 指図し, 振りほどいて, 振り返り, 振向き, 捕えて, 探し出せ, 撲った時, 敵党の, 斬ったの, 新加入, 最初に, 案内に, 権に, 欺いて, 止めた, 殺した時, 永代橋から, 派し勝手, 添えて, 犬に, 狐だ, 狐だった, 狙うの, 甘んぜんや, 生んだこと, 畏れようとは, 目で, 真ッ先, 睨んだ, 知らねえか, 突き落としたほどの, 罵った, 腐らせた悪い, 船底に, 苦しめるとは, 苦縣に, 装った菅笠, 見か, 見かえって, 見かけたこと, 見かけたの, 見たまま, 見た事, 見つめて, 見なかったよう, 見まわした, 見付けて, 見失ってしも, 見守った, 見詰めたもの, 見返ったが, 誘降し, 走らせて, 迎えて, 追い返す声, 追い飛ばしたこと, 退散させ, 道案内に, 遠ざけて, 選りいちはやく, 選んで, 避けるよう, 部下として, 顧みて, 飼い肩, 養うこと, 鮨だ

▼ 侍~ (157, 2.6%)

34 ている 32 ていた 10 てい 7 てゐた 4 てその, てゐる, て介抱 3 て, ておられる 2 て献替補弼, て詩, て身

1 [50件] たりまた, ていないでしょう, ていなかった, ていぬ人, ていられる, ておられない, ております, てかたわら, てき, てこれ, てささめい, ての根気, てはい, ては大御所様, てゐ, てゐれ, て不如意勝, て久しく, て何, て修業, て婚期, て客舍, て宮中, て居, て居た, て巨大, て師, て弔問客, て拝賀, て書, て最後, て朝廷, て機嫌, て治療, て献替, て獻替, て百里, て看護, て神社, て終生, て総, て脈, て藥, て通夜, て雪, て零れる, て青巌寺, て顧命, 役使すべし, 江山風月常の

▼ 侍~ (157, 2.6%)

3 いえば 2 いって, みえて, 一人の, 一緒に, 三頭の, 喧嘩を, 聞くと, 話して, 連れ立って

1 [136件] あっては, あの十文字, いい羨ましい, いうだけに, いうでは, いうに, いうもののさ, いうより, いっしょに, いった, おなじく横路地, お北, お品, お婆さんとは, かぎられ元服, かや, きくと, ここに, したの, しちゃろくでもないほうだが, そのふた品, その与党, その乙女, それからもう, たびたび碁, つきあう要は, てんから呑ん, どういう縁故, どっちの, なして, なって, なつて, なんにも係り合い, にらんだとおり, ほかに, みえすぐ, みえ革足袋, ゆきずり, わかって, ケンカ, 一種独特な, 三位卿らしい, 三千歳との, 不義を, 与八と, 世間の, 並んで, 主人長な, 乙な, 乞食とは, 二百人ばかりの, 二階の, 云うより, 云うよりも, 云う事, 云えば, 云った, 云ったので, 云ふ, 云ふも, 亭主と, 今夜の, 俳談を, 倉田とが, 六十名の, 共に駈, 兵糧運びばかり, 分って, 切合が, 別れた, 別れる時, 口論し, 同じこと, 同じよう, 名の, 呼ぶ事, 喜助とでは, 喰い合おうと, 喰い合っても, 坊主と, 外に, 大ゲンカ, 奥を, 女が, 女とは, 奴とに, 奴どもは, 姐御, 娘, 娘の, 密会し, 差で, 思えば, 思ったもの, 恋して, 摺れちがった, 擦れ違ったが, 斬合いなんぞ, 来たひには, 来た日, 横田凉軒とは, 汝は, 浪人とは, 献上箱を, 生れて, 申さば痩せ, 申して, 申しますの, 男の子の, 百姓とは, 知ったら風, 知ってるん, 緑色の, 老女は, 考えたらしかった, 聞いたので, 聞いて, 膝突き合わせ, 自雷也, 若い女, 若い美しい女, 茶道衆が, 見えて, 見えまして, 見たの, 見て, 言うても, 言うん, 計って, 訳が, 話し殆, 較べて, 遊びに, 間違へ, 馬方との, 駈落

▼ 侍さん~ (127, 2.1%)

52 が女, だが, なの, の方

1 [114件] えへ, お侍さん, お見送り, か, がお茶, がこの, がどんな, がねじ込ん, がもし, がヌウッ, がヒョッコリ, が二人, が好き, が如何にも, が思案, が斯ん, が柿, が素敵, が罪, が花, が開き直り, が駕籠, この傷薬, じゃない, じゃア, じゃアそう, その晩大屋さん, だから, だけに度胸, だけに渡世人, だな, だね, だ以前, てば, でけが, でございましたか, でございますか, でした, ですがね, では, でガラリ, で商えを, とその, とは違っ, とも違う, と乞食, と何処, と途方, どうしてそれ, どんなこと, にあげる, にあやまらなけれ, におねがい, にし, につれられ, に何, に勧め, に義理, に誘われ, に近, に頼まれ, のお話, のできそこないみたい, の一人, の分, の大勢, の娘, の心意気, の心持ち, の持物, の物欲しそう, の眼, の腮, の袖, の誰, の首, は, はあっち, はいよいよ, はお, はご, はとうとう, はよく, は京師方, は何ん, は倒れ, は半分, は善悪とも, は大事, は女, は小太郎山, は死にました, は気の毒, は生活, へ酒, もう一度やっ, もとんだ, もまた, も寄っ, や鋸, や顔色, を, をあずかった, をからかっ, をこんな, を仮り, を当分, を探し, を町人, を隠匿, を駕籠, を高萩村, 小遊興, 随分怖

▼ 侍~ (100, 1.7%)

2 いたの, それを, ひとりや, 地に

1 [92件] ああなっちゃ, ある, あるもの, あれば, いたが, いたろう, いてこそ, いよ, いる, おそらくここ, おのずと遠慮勝, かけ着いて, こときれたよう, この世に, この横川, しきりと, すべて吉良千坂の, そうです, その出役組, その悲鳴, それぎり姿を, つい誘惑, どうやらこの, ない, なくしん, ひかえて, また膝, みな重蔵の, むなしく戻った, もう堪らなくなりました, やがて馬, ウーンと, 不知火道場の, 五人囃子も, 井上大, 交じって, 今は, 付いて, 以来, 侠客も, 倉皇と, 出て, 利章が, 労働者も, 及ばんと, 及ばん処, 反対せず, 吉原帰りで, 同じく助太刀, 同じく慌て, 多くは, 大勢あった, 奥の, 小平太が, 小手を, 小紋の, 居る, 山伏も, 平馬, 張合い抜けが, 彼の, 思わず提灯, 息を, 想像外に, 愛別離苦で, 手代も, 振向いて, 敵打の, 本当に刀, 次三男, 歩兵も, 毎日みな出払っ, 浪人も, 深雪に, 無気味に, 無言で, 玉枝玉枝と, 町人も, 疑うと, 病には, 百姓も, 立上った, 腰元も, 自然これに, 見当らず空しく, 親しい者, 門を, 面食らって, 鬘髭と, 鳥越へ, 黒いで, 黙って

▼ 侍~ (84, 1.4%)

3 これは 2 あつた, さへ, 一人は, 一旦出家, 島原の

1 [71件] あんな所, いい, いえば, いつも胴服, おざんす, おっかねえ, この一行, この人, この仕置き, この私, これも, ござって, ござりました, しかも毎晩, すら深い, せう, そのとき, それらの, つつましく膝, どうも忠義一途, どこの, な, ほかならぬ, エタの, キチンと, 世間の, 九重の, 五十石に, 信濃福島の, 候と, 六年以前から, 単に一時, 名主が, 商法家だ, 埋められた, 大塚と, 大隈という, 如何なる事, 如才なく, 宇治と, 平常巌流, 彼の, 御台所さまは, 御馬廻り, 抜き放されて, 持つが, 文武兩道の, 新しい三代将軍, 旦那と, 有ろう篤と, 本当にあんな, 棒の, 榊原藩でございます, 武芸も, 気に入らぬは, 男振, 目を, 眉細く, 立つ者, 繁昌した, 背後姿では, 胴に, 自分が, 行ったと, 西洋料理などは, 親父は, 貝の, 貴人の, 跡から, 那須野の, 青山播磨様と

▼ 侍ども~ (74, 1.2%)

2 はその

1 [72件] から下部, から組織, がおります, がお嬢様, がかく, がやって来た, がワイワイ, が人, が何, が夜詰め, が弓矢, が御府内, が振りかざす, が現われた, が立川町, が郷里, である, ではなかっ, とても同じ, と女中たち, にかぎります, にさまざま, にひけ, にも聞えまする, に取捨てさせれ, に捕われ, に明り, に護られ, に都合, のうち, のこと, の一部屋, の四, の心, の松明, の気, の狼藉, の顔, の風俗, はあっと, はいまや, はかの, ははあ, はひとしお, は主人, は入れる, は再び, は庭伝い, は彼, は悠々, は氷川下, は矢, は館, も, もこう, も不意, も多く, も顔, や一般, よく聞け, をお, をしりめ, をみんなクシャミ, を召され, を召しあつめ, を呼びあつめ, を尻目, を抱え, を玉藻, を見る, を語らっ, バラバラと

▼ 侍~ (69, 1.2%)

652 が相手, という

1 [54件] あの畜生打擲, から, からかわいそう, からか弱い, からこ, からこんど, からずいぶん, から御, から美食美服, から船賃, から駄目, か二本差, か判じ, か知る, がありゃァ, がいわゆる, がこの, がちゃんと, がどこ, がね, がわし, が二十七歳, が仔細, が侍, が服装, が食い, けれど手形, し嘉兵衛自身, し新之助, それは, つた頃の, と, とある, といったところ, とわかった, と思う, と思え, と教え, と此, と聞い, と聞いてる, と覚え, なあ, なんて平生大道, ね, のは, もの, よ侍, よ江戸生まれ, わつ, 俺の, 格が, 百姓風情が, 親方昨日お宅から

▼ 侍~ (57, 1.0%)

3 というもの

1 [54件] あのあの, えおはいりなす, えおはいりなすっ, えお買いなすっ, お寝れない, お恥, かわからぬ, が, がニョッキリ道, が一人, が一人お供, が凛々しい, が刀, が怒っ, が泊まっ, が百姓, が見えました, じゃこと, たいへんな, だ, で, でおいら, でございますかな, でございますから, でしたかしら, では, で幾値, で滝沢様, というの, と御, と見れ, どうぞちょっとお待ち, どうなさりました, などが訪ね, にいきなり, にお, に失礼, に手向い, に目, の代り, の子供, の智慧, の足, はこの, はこれから, は兇状持, は怨み, は西条様, も黙っ, やら, を, をお, をなで, を三人

▼ 侍~ (55, 0.9%)

4 の家 2 の女, はその, は女, は怒っ, は急い, は王給諌

1 [39件] がそれ, が不軌, が傲慢, が出, が早く, が言葉, という者, とが何, と仲, にいう, にお目にかかる, になった, に交際, に告げた, に知らした, に送っ, に逢っ, の夢, の河南道, の門口, の陳昌たち, はそこ, はそれ, はそれから, は不審, は京兆尹, は小, は朱, は郡守, は陽, は顛, もそこ, を弾劾, を恐喝, を究, を陥れる, 史参軍事で, 史張紘が, 直参か

▼ 侍~ (51, 0.9%)

6 の者 2 の人々, の家臣, の手, の腹心たち, の諸

1 [35件] からひと, から申達, が戦況, しこの, するに, とし, にあっ, にある, にいた, には土井, のひとり, の二人, の公卿, の司馬孚, の士, の大将, の家臣たち, の将たち, の将士たち, の方々, の栄, の老臣, の腹心, の臣, の荀攸, の蒋済, の行房, の親房, の面々, も諸, や問罪所, や蔭, をゆるされ, を従え, を払っ

▼ 侍~ (45, 0.8%)

12 ている 8 ていた 2 てい, てくれる, てその

1 [19件] ずくへ, ていたであろう, ていなかった, ていられます, ておられた, ておられまい, てもらいたい, ても実母, ても慰めきれない, てやはり, て三十年, て住み, て居た, て居る, て手, て時に, て来, て来た, て看護

▼ 侍~ (44, 0.7%)

1 [44件] ある, お殿様, お江戸見物, つぼ裝束, ならず者の, ならず者を, ものなれた随身, 一般民は, 中間など, 中間は, 乙に, 人夫の, 仲間などが, 伊賀侍を, 召使の, 召次の, 土豪とて, 多くの, 宿場の, 小者たちも, 小者までも, 山掘, 廊の, 得態の, 水破, 法師らは, 浪人ばかりに, 無頼漢が, 用部屋の, 町人や, 老臣は, 若党が, 表役人, 裕福な, 足軽たちが, 足軽たちは, 足軽では, 足軽などが, 足軽を, 通人は, 郎党や, 郷民の, 附人の, 雑人たちの

▼ 侍~ (42, 0.7%)

1 [42件] からお, か金持ち, がお, がその, がたくさん, がよくよく, が七人, が三名づれで, が来, が珍重, が町, が聞け, が触れ, が送っ, が音頭, じゃという, じゃと一座, ではない, ではもし, といつか, とひとつ, と一緒, なんて食い物, に囲まれ, に守られ, の, のお, のお金, の印籠, の噂, の御, の端, の言う, の話, はいろとり, は何, は四五十人, は死, へあの, もあった, をお, を十人以上

▼ 侍~ (36, 0.6%)

1 [36件] がおれ, がなんのかんの, がばたばた, が口々, が壺, が大分, が薄汚い, と何, にじろりと, に一番人氣, に追っかけられ, の住ん, の詰め所, はいよ, はその, はひとり, はやはり, はガヤガヤ, は互いにヒソヒソ, は女一人, は憤然, は次々, は無言, は眼, は自分, は重大, ばかりが行く, へ切っ, もうっちゃっ, もその, ももう, もわたくし, も口々, をしりめ, を追おう, 寄ると

▼ 侍部屋~ (30, 0.5%)

2 のほう, の人々

1 [26件] からお, からひとり, から下屋, から走り出, でもう, でも旅装, で元, といわず, にいらっしゃる, には人, には今, の一つ, の床や廊, の廊の, の方, の窓, の面々, は目下, へいざりこんだ, へ告げ, へ声, へ来, へ退がっ, もある, や下屋, を中心

▼ 侍~ (29, 0.5%)

3 声を

1 [26件] いう, こう云っ, たのんで, ど昨日, 一礼し, 上手を, 何か, 切り付けたの, 厳しく云った, 同じよう, 向かい, 問わせて, 喧嘩を, 寄れば, 尺八を, 往き当ったとか, 此方から, 無理難題を, 申し伝え, 申し入れ誰, 目を, 眸を, 縁づけ, 蘇学士の, 覆面武士達が, 近づいて

▼ 侍でも~ (28, 0.5%)

1 [28件] いて, いるの, こうして人, ございまする, さして, さすがに, ないなに, なかった, なく御三家あたり, なんでも, なんでも怖, 今度の, 仮令百姓, 伊賀甲賀の, 何でも, 及ばないほど, 同じ事, 学者でも, 弥生は, 彼に対して, 悲しいから, 文吉が, 料簡しねえ, 無理は, 若いもの, 身に, 進んで, 黒田五十五万石を

▼ 侍とは~ (23, 0.4%)

4 いわれまいが 3 何んだ 2 先へ, 確かに

1 [12件] こんなもの, まったく相撲, もと賤, 不埓, 何だ, 何を, 大違い, 申さず人並み, 見えぬ人体, 言えまい, 身分の, 進んだ

▼ 侍~ (22, 0.4%)

2 ように, 女たちが

1 [18件] うちつれづれ, が如く, ことを, こと至れり, と云う, のが, のを, ひとである, 上達部が, 人々の, 人の, 作法や, 女官たちは, 女官の, 小間使が, 数多の, 曹丕などとは, 老女や

▼ 侍では~ (22, 0.4%)

4 ない 2 ないか, なかった

1 [14件] ある, あるまいと, ございますが, ござるまいてな, ないかと, ないが, ないなと, ないもう, なかつたやう, なくて, なく浮浪, なく父久政, なし兄さん, 有りませんか

▼ 侍という~ (22, 0.4%)

7 ものは 2 のは

1 [13件] ことであった, ことにも, ささやきを, ものだ, ものの, もの全体の, やつ都合の, 名称も, 奴が, 思慕を, 渡世が, 者同士に, 証拠には

▼ 侍~ (22, 0.4%)

1 [22件] かな, がこぶし, がまだ, が毎日それ, でした, とお, ならあの, にそうした, に見せ付け, の士気, の腰, はいきなり, は冷たい, は我, は渋々, ももう, も翌日, も駈けつけ, をうごかし, を招い, を残らず追い払っ, 申し合せ候処

▼ 侍には~ (21, 0.4%)

1 [21件] おかしい, お咎め, かなりの, させぬ, たんと威張らせ, なるもの, なれるときどき, わざと姉, 一目も, 五位の, 何か, 侍の, 成れねえ人間さ, 成れませんよ, 村の, 百姓業は, 相違なかっ, 腕に, 装って, 遠光, 限らなくなつ

▼ 侍~ (21, 0.4%)

2 ノ別当

1 [19件] などには和田義盛, などを中心, になっ, にゐる, に別れた, に至る, に集っ, に預け置かる, のほう, の別当, の司, の奥, の長, の面々, の高, へ御, まで聞える, もその, 預かり細川頼春

▼ 侍らしい~ (20, 0.3%)

1 [20件] お侍, し第, ところに, のが, 人が, 侍が, 侍でなけりゃ, 侍に, 名分を, 單純さも, 壮い, 声が, 惣髪の, 潔癖を, 男が, 着つけで, 者も, 者を, 苗字である, 顔を

▼ 侍奉公~ (19, 0.3%)

2 の者, の身

1 [15件] がいや, したいため, したいと, して, するからには, するとよ, する身, に, の体, の嗜み, は二人, は初めて, までした, を, をする

▼ 侍から~ (18, 0.3%)

1 [18件] 一尺と, 乾雲丸を, 侮辱された, 先に, 先へ, 出た忍び, 出頭しろ, 受け取ったから, 奉戴せられた, 掏り盗った, 斬り込み, 浪人といふ, 父の, 牛飼の, 申して, 組頭たちまで, 見れば, 門を

▼ 侍屋敷~ (18, 0.3%)

1 [18件] から河向う, だの大名, でさえあれ, ではどこ, では侍, などで針, なら問わずとも, になっ, の人々, の塀, の数, の横, の門, の門前, は土壁, へ奉公, へ行っ, らしい構え

▼ 侍した~ (17, 0.3%)

2 のは, 人の

1 [13件] がそんな, ことを, と云う, と言, のであつ, まま具足も, ものであった, 三千代の, 場合を, 女房の, 成善を, 者一同を, 藝妓が

▼ 侍~ (16, 0.3%)

2

1 [14件] としてこれ, として宮中, とせし, の一士, の共有, の劉, の劉曄, の呉質, の王粲, へたのむ, を勤め, 奉車都尉霍光, 少府, 進んで

▼ 侍~ (16, 0.3%)

2 の公卿

1 [14件] では言った, となった, にはたれ, には三宝院, には坊門, に佇っ, の一将, の二人, の役僧たち, の洞院, の源中納言具行, の玉簪, の諸, はみな

▼ 侍~ (13, 0.2%)

1 [13件] がおしゃべり, が政事, のこと, の乱, の私心, の輩, の陥穽, は何進, も伊平, も何進, を励ます, を叱りつけた, を獄

▼ 侍姿~ (13, 0.2%)

2 に化け

1 [11件] が眼, でいい男らしかっ, で出かける, で待っ, にばけ, の右門, の者, の若い, はモウ前髪, は身, をさせ

▼ 侍~ (13, 0.2%)

2 だから

1 [11件] がその, が何だい, だのやれ, だの將官, であり露米會社, の聲, の職, の身體, は恭しく, や武官, を愛し

▼ 侍~ (12, 0.2%)

2 町人か 1 また新米, むりというやつで相当, よく見ない, わからぬよう, 何ぞの, 所司代付きか, 権式の, 父の, 町人かと, 知ら訝し

▼ 侍かれ~ (12, 0.2%)

2 慕はれ 1 て, ていた, ている, て入浴, て別邸, て姫, て朝夕新九郎, て通学, て道行, ながら人

▼ 侍です~ (12, 0.2%)

1 [12件] か, からうっかり, からかたき, から倒れ, から年, から無, から雷, が大, が眼, が間, ぜ, ってそれ

▼ 侍~ (12, 0.2%)

4 んだ 2 のだ 1 の, のであろう, のです, ので庄次郎, んで, んです

▼ 侍なら~ (12, 0.2%)

1 [12件] いつかも, そういうであろう, ばそれ, ばた, ばまさしく, ば先生, ば刀, ば油断, 不足は, 何とか自尊心, 北野あたりで, 牢人であろう

▼ 侍さま~ (11, 0.2%)

1 [11件] えもし, がございました, このとおり, さえもあんな, じゃ疎, と見申し, に御, の物, はいらっしゃいませんでしょう, はひとり, へ

▼ 侍~ (11, 0.2%)

2 に紙 1 がたしか, が掻き起す, である, に伴われ, に命じた, に碁盤, はあやしく, は芝居, を呼ん

▼ 侍だった~ (10, 0.2%)

1 からここ, が寄手方, が年, けど戦, って言う, というの, といったもの, のも, んだ, 四人の

▼ 侍とも~ (10, 0.2%)

2 無頼漢とも 1 いいたいよう, いった, いって, なんとも得体, 見えぬ青年, 覚しき人数, 近づきに, 馴染な

▼ 侍~ (10, 0.2%)

2 にお 1 ではなかっ, にし, にとり立てられた, にはわけても, に取立て, に取立てる, のもの, の子

▼ 侍小路~ (10, 0.2%)

1 から伝馬河岸, に宅地, のうち, の住宅地域, の古びた, の土塀, の裏, の邸, へ曲がる, をカラカラ

▼ 侍從武官~ (10, 0.2%)

1 かそれとも, か將官, がお, が入, が毎日, でさ, では比べもの, なんかてんで, に首, はおそろしく

▼ 侍~ (10, 0.2%)

1 にあ, にあっ, のつもり, の人通り, の大地, の生垣, の青田かな, を幾, を見わたし, を過ぎた

▼ 侍~ (10, 0.2%)

1 からし, があつ, が公, として御, と共に試驗, に擧げられ, のやう, は王命, は遂に, をも連れ

▼ 侍じゃ~ (9, 0.2%)

2 ねえか 1 ろくな金, アいかない, アない, アねえ, アねえか, 器量は, 貴様達を

▼ 侍である~ (9, 0.2%)

1 からいわゆる, からその, から弓矢, がそこ, ことは, ことを, と覚った, のだ, はず

▼ 侍とが~ (9, 0.2%)

1 お勝手箪笥や, ならんで, 何様な, 出て, 喧嘩を, 夫の, 現われて, 町の, 道場の

▼ 侍~ (9, 0.2%)

1 が畏, に叙せられた, の人達, の妾, の家, へむかっ, を容, を走らせた, 常侍

▼ 侍たる~ (8, 0.1%)

4 ものが 1 ものに, ものへ, 観音勢至両, 鎌倉武士らは

▼ 侍とか~ (8, 0.1%)

1 いわれたもの, さかんに, 又は見付, 同寺, 彫刻し, 武術の, 申したの, 逆に

▼ 侍として~ (8, 0.1%)

1 もの, 云い難い, 京から, 名乗り来るなら分っ, 尊敬は, 立派かも, 雲に, 高尚な

▼ 侍などが~ (8, 0.1%)

1 ぞろぞろと, ときどき隠れ遊び, 事俄かの, 大勢集っ, 大勢集まっ, 残るであろうこと, 毎日あなた様を, 追従し

▼ 侍にも~ (8, 0.1%)

1 いっそう同情, たれて, なれるだろう, 似げ, 懇意の, 見せて, 調度掛を, 逢った

▼ 侍ばかり~ (8, 0.1%)

1 だ, だったの, であるから, で薩摩, 住んで, 多いもの, 集まって, 食べつけて

▼ 侍一人~ (8, 0.1%)

2 は御用聞 1 だったと, に草履取り一人, は妖艶, を拘引, を給わる, 討ち果たし候段

▼ 侍~ (8, 0.1%)

1 かなんぞのよう, と見えない, と部下, なりとかぎり, に命下し洗, の晝, の間, ははや

▼ 侍長屋~ (8, 0.1%)

2 や兵舎 1 でも雷鳴, で成長, と庭ざかいの垣, の子, の子ら, へ呼ばわった

▼ 侍~ (8, 0.1%)

1 でこれ, に装っ, の人, の武骨, の男, の男ふたり, の者, を吹かし

▼ 侍~ (7, 0.1%)

1 になり, には, に囲まれ, に阿野中将, をうけ, 労わっ, 崇むる外に

▼ 侍~ (7, 0.1%)

4 紳士と 1 紳士は, 紳士をこそ, 紳士中

▼ 侍~ (7, 0.1%)

1 がみすみす, が出, が地位, が花道, の亂, は花道, を懲

▼ 侍~ (7, 0.1%)

1 すと, の人々, の百官, の臣, の軍人, らしい者, を勤める

▼ 侍階級~ (7, 0.1%)

2 に対する反抗 1 でも随分, の一般, の横暴, の歪められた, は威張り返り

▼ 侍~ (7, 0.1%)

1 が, として五百人, などをよびつけ, に過ぎない, の坂部十郎太, の柴田源左, は先刻そこ

▼ 侍だって~ (6, 0.1%)

1 いうん, 何様な, 容赦は, 抓られれば, 揃いも, 褒められたり

▼ 侍であった~ (6, 0.1%)

1 が今川家, が宝永年間, ということ, という正直, とかで, としてもその

▼ 侍であろう~ (6, 0.1%)

1 が, と容捨, と思った, と言っ, と誰, 侍部屋の

▼ 侍との~ (6, 0.1%)

1 ことであった, しお, 遠退く, 間に, 間の, 関係を

▼ 侍~ (6, 0.1%)

1 あいてに, が立ち並ん, である故, にとつて, に銀, の姿

▼ 侍~ (5, 0.1%)

1 めえ, めえっ, 師匠様に, 氷の, 綱を

▼ 侍でした~ (5, 0.1%)

1 からかわいそう, からどうか, から双方, から負けず, が同僚

▼ 侍などは~ (5, 0.1%)

1 およこし, よく名, 早くも, 横腹を, 興じて

▼ 侍なんて~ (5, 0.1%)

1 え者, つまんないもの, もうはやらない, ものは, 滅多にありゃしません

▼ 侍まで~ (5, 0.1%)

2 おのづと身の毛が 1 みな出, みな盛装し, 百名以上所せまし

▼ 侍らしく~ (5, 0.1%)

1 という言葉, 斃る, 片手に, 観念しろ, 逃げ匿れ

▼ 侍~ (5, 0.1%)

2 のもの 1 の人, の人柄, の者

▼ 侍~ (5, 0.1%)

1 かと思われる, として送り, のうち, の鹿, を設け置きし

▼ 侍~ (5, 0.1%)

2 すること 1 すべき至親, に便宜, を缺

▼ 侍その~ (4, 0.1%)

1 ように, 化物はかようの, 者の, 領主が

▼ 侍だの~ (4, 0.1%)

1 垢くさい, 奴だの, 色好みの, 駕籠の

▼ 侍であり~ (4, 0.1%)

1 ながら聚楽第, もう一人, もしくは従者, 後へ

▼ 侍でない~ (4, 0.1%)

1 か, ことは, といかん, 悲しさ

▼ 侍としては~ (4, 0.1%)

1 あまり好い, 勇者であり, 林之助は, 立派かも

▼ 侍などに~ (4, 0.1%)

1 何んで, 姿を, 恥ずかしい死目, 馬上から

▼ 侍などの~ (4, 0.1%)

1 中には, 眼に, 間には, 馬いきれ

▼ 侍ひとり~ (4, 0.1%)

1 が腹, でも大切, をこの, を玉無し

▼ 侍二人~ (4, 0.1%)

1 である以上, の給金八両, はひざまずい, は商人風

▼ 侍~ (4, 0.1%)

1 が銀, に命じ, を背後, 小厮たち

▼ 侍~ (4, 0.1%)

1 がまぜっかえす, に呼び止められ, はこう, を見た

▼ 侍~ (4, 0.1%)

1 がいきなり, がそろ, が見える, のたま

▼ 侍郎橋~ (4, 0.1%)

2 の水 1 の一件, も朝

▼ 侍いた~ (3, 0.1%)

1 きりで, のである, ものの御

▼ 侍こそ~ (3, 0.1%)

1 庄三郎で, 怪いと, 相棒の

▼ 侍~ (3, 0.1%)

1 なかった, まっ, まで入っし

▼ 侍さんたち~ (3, 0.1%)

1 が眼, に任せ, も刀

▼ 侍たる者~ (3, 0.1%)

1 の片時, の袴, を裸

▼ 侍だけが~ (3, 0.1%)

1 どうして溺れ死んだ, 時々見, 縁の

▼ 侍つて~ (3, 0.1%)

1 あらゆる感情, ゐるうち, 居るもの

▼ 侍とかいう~ (3, 0.1%)

1 ような, 卑しいまま, 賤しい

▼ 侍と共に~ (3, 0.1%)

1 客を, 庵の, 引き立てられた

▼ 侍のみ~ (3, 0.1%)

1 でなく天下, 二十人花嫁さまを, 詰めいたれ

▼ 侍~ (3, 0.1%)

1 があつ, て悟顏, 給ひける

▼ 侍ふたり~ (3, 0.1%)

1 が九兵衛, が警固, である

▼ 侍~ (3, 0.1%)

1 るので, る者, んぬ

▼ 侍~ (3, 0.1%)

1 てえ, てえな声, 経を

▼ 侍よりも~ (3, 0.1%)

1 喧嘩が, 家来の, 金子市の

▼ 侍一同~ (3, 0.1%)

1 が来るべき, に対して内密, 当の平馬

▼ 侍三人~ (3, 0.1%)

1 とをひそか, に闇, をよん

▼ 侍中郎~ (3, 0.1%)

3 の楊

▼ 侍人瘠環~ (3, 0.1%)

2 とを主 1 を主

▼ 侍同志~ (3, 0.1%)

1 であった, のつきあい, の喧嘩

▼ 侍~ (3, 0.1%)

1 に戯, に扮, のひとり

▼ 侍婢ども~ (3, 0.1%)

2 から其樣 1 からそんな

▼ 侍~ (3, 0.1%)

1 といふ, ともいふ, と稱

▼ 侍小頭~ (3, 0.1%)

3 の室木斎八

▼ 侍座し~ (3, 0.1%)

2 ている 1 て居た

▼ 侍烏帽子~ (3, 0.1%)

1 が丸官, が人山, をコツン

▼ 侍~ (3, 0.1%)

1 かと思います, だ, へとさがしました

▼ 侍~ (3, 0.1%)

2 が頬冠 1 に返っ

▼ 侍あがり~ (2, 0.0%)

1 じゃそ, 孫武や

▼ 侍~ (2, 0.0%)

1 の意, 人ほど

▼ 侍こそは~ (2, 0.0%)

1 また身分, 怨敵白河戸郷に

▼ 侍さえ~ (2, 0.0%)

1 幸福に, 臆病風か

▼ 侍さん何~ (2, 0.0%)

1 う思い, ぼお

▼ 侍さん達~ (2, 0.0%)

1 がドタドタ家, が河原

▼ 侍しかも~ (2, 0.0%)

1 剣の, 粗相は

▼ 侍それ~ (2, 0.0%)

1 じゃまた, はそう

▼ 侍だけ~ (2, 0.0%)

1 あって, あんなにやかましい

▼ 侍だけを~ (2, 0.0%)

1 おやり, 供に

▼ 侍だち~ (2, 0.0%)

1 に組みとめられう, はいや

▼ 侍だろう~ (2, 0.0%)

1 がそれゆえ, が此

▼ 侍つた~ (2, 0.0%)

1 ものが, 高い御身分

▼ 侍つて鶴~ (2, 0.0%)

2 は千年

▼ 侍づく~ (2, 0.0%)

2 わかい娘たち

▼ 侍でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばなかなか, ばならない

▼ 侍といった~ (2, 0.0%)

1 ふうだ, 類の

▼ 侍といふ~ (2, 0.0%)

1 のだ, のに

▼ 侍としか~ (2, 0.0%)

1 見えないの, 見えないほど

▼ 侍とでも~ (2, 0.0%)

1 云いそう, 懇意に

▼ 侍とともに~ (2, 0.0%)

1 一団に, 去った

▼ 侍とを~ (2, 0.0%)

1 斬りまくって, 見なおした

▼ 侍など~ (2, 0.0%)

1 いう佞臣, 六七人の

▼ 侍などと~ (2, 0.0%)

1 呼ばれた賤者, 旧い摸型

▼ 侍なども~ (2, 0.0%)

1 ついて, 入墨を

▼ 侍なる~ (2, 0.0%)

1 が維盛卿, ものが

▼ 侍なれ~ (2, 0.0%)

1 ばこそといいたい, ば再び

▼ 侍について~ (2, 0.0%)

1 奥へ, 廊下を

▼ 侍にでも~ (2, 0.0%)

1 なる方, 嗅ぎつけられたらすぐ

▼ 侍に対して~ (2, 0.0%)

1 かなり箇条, こういう口

▼ 侍のみが~ (2, 0.0%)

1 いるこの, 残ること

▼ 侍ばかりを~ (2, 0.0%)

1 さらうっていう, さらって

▼ 侍~ (2, 0.0%)

1 人ども, 人等白さく宇多弖物云王子故

▼ 侍~ (2, 0.0%)

1 がのそのそ, は

▼ 侍~ (2, 0.0%)

1 あれを, だけれどもつまらない

▼ 侍一人前~ (2, 0.0%)

1 で通用, のこと

▼ 侍一派~ (2, 0.0%)

1 の張譲, をたくみ

▼ 侍~ (2, 0.0%)

1 はこれ, は浪人

▼ 侍以上~ (2, 0.0%)

1 のたま, の者

▼ 侍僕頭~ (2, 0.0%)

1 がし, に向っ

▼ 侍内藤伊織~ (2, 0.0%)

1 である, にやりと笑っ

▼ 侍冥利~ (2, 0.0%)

1 であるからには, に適いました

▼ 侍~ (2, 0.0%)

1 して, の中

▼ 侍別当~ (2, 0.0%)

1 の事, をも兼ね

▼ 侍~ (2, 0.0%)

2 有男子一人

▼ 侍~ (2, 0.0%)

1 將也, 將正木彈正左衞門也

▼ 侍~ (2, 0.0%)

1 にも見あたらない, の方

▼ 侍座する~ (2, 0.0%)

1 人の, 四畳半式な

▼ 侍後藤助光~ (2, 0.0%)

1 と侍童, の姿

▼ 侍從ブリッゲ~ (2, 0.0%)

1 に對, も自分

▼ 侍思わず~ (2, 0.0%)

1 つり込まれて, 一足下った

▼ 侍根性~ (2, 0.0%)

1 から親, にない

▼ 侍椿三千麿~ (2, 0.0%)

1 ですよ, と聽

▼ 侍神尾喬~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 侍~ (2, 0.0%)

1 にも剛柔, のごとき

▼ 侍衛長~ (2, 0.0%)

1 走り去る, 馳せ来る

▼ 侍言葉~ (2, 0.0%)

1 がまず, で妙

▼ 侍~ (2, 0.0%)

1 を踏み滑べらせ, を開き

▼ 侍足軽~ (2, 0.0%)

1 がたくさん, の連中

▼ 侍~ (2, 0.0%)

1 が鬱憤, は幕

▼ 侍郎卓敬~ (2, 0.0%)

1 というもの, 執えら

▼1* [458件]

あいての商売, 侍あがりで身体も, 侍あのときの, 侍あれが昨日, 侍いい客と, 侍いかなる身元かと, 侍いきなり守人の, 侍いさんは, 侍いったいどういう人物, 侍うて身の回りの, 侍もヤ, 侍おそるおそる沓ぬぎ, 侍おまえも侍, 侍かつら坊主かつら娘かつら老人かつら大福助, 侍かと思うたが, 侍かも知れない, 侍かれたそれが, 侍かれるといふ, 侍かわゆい忠義の, 侍がねぐさッと, 侍きおるとそれ, 侍きが和ませて, 侍くずれの能役者, 侍くものはあるまい, 侍くらい理屈の, 侍くんだ, 侍ぐっと丹三の, 侍協力的に, 侍げらげらと咽喉, 侍この関係には, 侍これだけはちょっと, 侍さえもあんな事, 侍させるというよう, 侍さだめしそれは, 侍さまこれはすこし, 侍さま方の刃, 侍さま表の二階, 侍さんあたいを助け, 侍さんここが奈良井, 侍さん同士は解り, 侍さん山の芋はいらん, 侍さん御存知じゃありません, 侍さん理に合わねえ, 侍さん皮一枚だきゃあ, 侍さん身の危険, 侍ざっと十人ほど, 侍しいて雑説, 侍しかば言葉の, 侍しばしにらみ合いの, 侍しばらくお待ちくださるまい, 侍じゃああるめ, 侍じゃがお許たち, 侍じゃろがこれ, 侍すなわち軍隊を, 侍すらが避けて, 侍ずいて一歩, 侍せり彼は, 侍せるが如き, 侍そうなった日, 侍そこのけだ, 侍そのままなので, 侍ば海神, 侍ただ色はあくまで, 侍たちひきもきらず, 侍たち五人がい, 侍たち六人が飛び出し, 侍たち四五人だった女たち, 侍たち嬉々として邪念, 侍だけでこの世の中, 侍だけでも五十余名足軽小者は, 侍だけに腕つ, 侍だったら大きな声, 侍だつてこ, 侍だつたよ, 侍になります, 侍ちなされませ女と, 侍ちょっと用が, 侍つかまつることと, 侍つた歌妓の一人, 侍てえものは, 侍でありますから小増, 侍であれお姫様であれ, 侍でいらっしゃるのにお足, 侍でございましたが運, 侍でございますか, 侍でござったがふとした, 侍でござる仮令浪人, 侍でさえ奥様を, 侍でなかった自分達の, 侍でなく七人の, 侍でなけりゃしょせんは, 侍とこそ見奉る, 侍としての彼の, 侍としても人間としても, 侍とても皆その, 侍ともどもぐいぐいと, 侍とやらは文字読む, 侍どうする気, 侍どういう身分の, 侍どころ所司検断所越訴奉行などのおびただしい, 侍ども代官に反, 侍ども八九名参って, 侍ども本気で怒り十組, 侍ども申合せ候ところこの節, 侍などで清元の, 侍などとはすっぱり縁, 侍などへ夫れ, 侍なら悟れぬはずは, 侍なら知らず多寡が, 侍なりとしてある, 侍なりになる心がけ, 侍なれなれしくならんで, 侍なんかに嬲り殺しに, 侍なんぞが邪魔に, 侍なんぞに驚くよう, 侍なんでそんな短刀, 侍にきびだらけの大, 侍にすらこれほど, 侍についても誰も, 侍にて有りけるが, 侍にてもあるか, 侍になんかなるの, 侍にまで育て上げられた恩義, 侍によってなるいわゆる, 侍に対しても入道は, 侍あれは, 侍のみを目がけたの, 侍はちよつと耳, 侍ばかりが厳冬氷の, 侍ばっかり七八百人いずれも, 侍ばっかりの中へ, 侍ひける嬉しさ, 侍ひょいと淀屋橋の, 侍ふざけちゃいけ, 侍ふたり刺し交えて, 侍ふなるあるかぎり, 侍へも生地の, 侍べりて怎麼, 侍べり此所にてハッテンドウ, 侍ぺっと掌に唾, 侍ほど手当や, 侍また岡引虎松から, 侍または郷士と, 侍までが空を, 侍までをこぞって招待, 侍まるだしの, 侍みたいなさしちがえを, 侍みんなお墓, 侍めッきいた風, 侍もうその頃, 侍やくざですが, 侍やら仲間随聞稚, 侍やられたのーッ, 侍ゆえ少しも, 侍ゆえ腕に覚, 侍ようおめ, 侍よく聞きねえ, 侍よと世に持, 侍より町人の, 侍よりは微禄, 侍らしくするかにある, 侍らしくない侍, 侍らしくなく渡世人じみた, 侍らしくなって歩き出した, 侍らめとあり, 侍ぬだけに, 侍をはだか, 侍をも憐み, 侍ウムと何, 侍オオ嫌だそんな, 侍ガッと膝, 侍ガ迎イニ来タカラ一散ニカケテ親父ノトコロヘ行ッタガ最早コトガ切レタ, 侍ダカラ中間小者ノヨウナコトハ嫌イダト云ッタラフトイ奴ダトテ吸物膳ヲ打, 侍冥加アリテ長久タルベク候, 侍ハ支配ヘ行クト金ニナルカラ, 侍リ美くしい又, 侍一二名があわただしく, 侍一人討果たし候段, 侍一人諏訪の前を通りける, 侍一代の総, 侍一体どこへ, 侍一同みなこう言っ, 侍一同今宵深更結城の城下はずれ, 侍一同今日は裃, 侍一向聞入れ申さず, 侍一味の軍士たち, 侍一夜の附, 侍一方は雲助, 侍一枚上をいっ, 侍三万バカリ道ノ左右, 侍三人萩乃などあっけ, 侍三千人の女房, 侍三千歳を出した, 侍三名に小者一名, 侍三百余と共に物々しい, 侍中太史令の王立, 侍中尚書などの職, 侍中尚書長史参軍これことごとく貞亮死節, 侍中群要に見え, 侍中辛毘からこう, 侍中零陵の太守, 侍丹波彌八郎, 侍水様とかいう, 侍九人錦繍の衣, 侍九間の渡廊, 侍二三の輩, 侍二三人は思わず, 侍二三人白刃を閃かしました, 侍二三人白刄を閃, 侍二人一ぺんに失わせ, 侍二人一人は花鋏, 侍二人具足持一人鑓持一人挾箱持一人馬取二人, 侍二人矢矧の大橋, 侍二人輿に付き添い, 侍二人麓の方, 侍二十人を別に, 侍二十騎がそれ, 侍二名小者三人ほど付い, 侍二本萌黄羅紗の道具金紋先筥, 侍五人を差遣, 侍五六人ずつが交代, 侍五十前後の淺黄裏, 侍五十嵐鉄十郎ら司馬道場の伊賀勢, 侍が入道, 侍今日は殊に, 侍仲間でも, 侍伝法大男で酒, 侍のひけ目, 侍何処かで見た, 侍信州訛りでは, 侍側十数名の若者, 侍側西園寺大納言へ伺い, 侍側閣員内外の諸, 侍も蘇我氏, 侍僧忠円の密書, 侍僧日野賢俊にむかい, 侍僮右手の扉, 侍僮戸口から出, 侍僮等二幀の画図, 侍八九人でこっち, 侍八人と共に銀延べ地, 侍八百人余り勝家の供侍三百余, 侍六十名がいずれ, 侍共これも宙, 侍共ッ直参旗本早乙女主水之介, 侍共裏木戸を開け, 侍共隈なく捜しました, 侍其數を知らざる, 侍兼田伊織様などという勤王, 侍冥加だぞ, 侍勤めにも馴れた, 侍十八人の家々, 侍十名の者, 侍十徳の老人, 侍十数名をつれ, 侍十騎が百騎, 侍千葉宇都宮そのほか戦線, 侍半島のお, 侍半沢良平と厄年, 侍吃驚したか, 侍各地のいなか武者, 侍吉岡鉄之進と申す, 侍同士の勝負, 侍向って右側, 侍が惜しく, 侍咽喉で笑った, 侍商人らによって自由, 侍四五名と町奉行, 侍四人仕丁らがつき添い, 侍四十一名と簾中上, 侍四十七人の名前, 侍たまふ, 侍士童子払子錫杖を左右, 侍多くこの大切, 侍大刀の柄, 侍大友瀬左衛門という者, 侍大尽は大尽, 侍大概にしろ, 侍夫婦のほか, 侍奉行たる忠清, 侍奉行上総介忠清, 侍の身柄, 侍妾らといっしょ, 侍妾アギナという賢明, 侍妾數百人をはぶき, 侍威張りやあがっ, 侍婢がわりに使われ, 侍婢らは屍, 侍婢千人少有, 侍婢千人罕有見其面者, 侍婢等を認め, 侍婢轅のもと, 侍婢近侍と共に出奔, 侍に絵の具, 侍学生が行縢, 侍学生細長を着た, 侍學生細長を着た, 侍官候所に往き, 侍寺中甚吾左衛門今がちょうど, 侍対手にうまく, 侍のひとり劉巴, 侍将たちがおごそか, 侍小屋の壁, 侍小普請組組頭よりの使者, 侍屋敷一軒だった, 侍属し水と, 侍山川七右衛門山川小七岸九兵衛の三名, 侍左団次の金子市, 侍巾着切が二八うどん, 侍座以外にはかたく, 侍建武将軍の役, 侍張譲などと共に久しく, 侍形気の親父, 侍の者, 侍は姫君, 侍從クリストフ・デトレェヴ・ブリッゲの死, 侍從大納言の女, 侍忽ち刀を, 侍を切らし, 侍七兵衛景清と, 侍愚僧大いに気に入り申した, 侍所京極持清はその, 侍所別当のお, 侍所広田新左衛門が中門, 侍所所司で山城国守護, 侍に寒竹, 侍控えいて何やら, 侍支度を小さな, 侍数人が轎, 侍数騎だけである, 侍數限りもありません, 侍斬りに就い, 侍方振袖の腰元衆, 侍方船に寄り, 侍旅川周馬という男, 侍日光月光は立像, 侍日本左衛門はそれ, 侍春日新九郎に討たれ, 侍普通にオカチ, 侍でしたが, 侍服部元成だった, 侍へ向っ, 侍柳河藩の某, 侍になつて, 侍棟梁を内職, 侍をつかんだ, 侍様あなたまでが, 侍様あれからどんな, 侍様お祭中はいき, 侍様りっぱな旦那方, 侍様五人が半, 侍様昨夜方そこの岩, 侍様農工商の上, 侍様駕籠に付い, 侍横顔をさしのぞく, 侍此方はか弱い, 侍殊に美貌で, 侍殴り付けるぞ, 侍を附けろ, 侍気取り弁政には, 侍汝ら一人を討ち取れず, 侍法師の屍, 侍法師絵を善く, 侍湖水の景色, 侍湯治に参りまし, 侍に木剣, 侍溜りから呼び入れ, 侍無理遣りに, 侍猫侍これだけはちょっと, 侍生死のほど, 侍生活は真っ平, 侍町人随分うつつ, 侍町人棟梁子供つれし女房, 侍町小流があっ, 侍白刃その中, 侍がいる, 侍をかけ, 侍目明し草履取槍持御用箱なんどがバラバラ, 侍相手に打ち寛い, 侍に錫杖, 侍祈祷僧は法來坊, 侍禁李貴西辺の塞主, 侍稼業をスッパリ廃, 侍の一隊長, 侍縛迦太子智馬は周利槃特, 侍繋綱を取っ, 侍美々しく装いお, 侍美しい縹緻を, 侍を扼し, 侍を巻きこん, 侍自身が牛若, 侍舎人などにもまた, 侍黨などが, 侍若くは伊賀侍, 侍若し行倒に, 侍若党などが交代, 侍茶店にあぐら, 侍菩薩二躯を造る, 侍薩州弁がここ, 侍薩摩弁の侍, 侍藤崎を思わず, 侍衆いずれも淡泊率直, 侍衆そこなは, 侍衆一刻もはやく, 侍衆数名もつい, 侍衛ら多勢それぞれ焚火のまわり, 侍衛スルモノ十数名ヲ見, 侍衛官前後花の粧, 侍衛番士哨兵その他軍卒多勢軍楽隊など, 侍の面かげ, 侍裏手の外庭, 侍見たような, 侍見る間に, 侍は知りません, 侍詔鄭洽欽天監正王之臣, 侍話し合ってみれ, 侍譜代の勇将, 侍した人, 侍趙忠や郭勝, 侍近江の山本姉川衆, 侍逃がしたほうの, 侍逃がすな, 侍の東道役, 侍を受け, 侍達めきっといろ, 侍達一度に大声, 侍達二人です, 侍の並ん, 侍郎卓敬先に書, 侍郎廖平刑部侍郎金焦編修趙天泰, 侍郎王子服は董, 侍郎王粛たちは初め, 侍郎王粲和洽杜襲などという軽薄輩, 侍郎董允と諫議大夫杜瓊, 侍郎金焦編修趙天泰, 侍郎黄奎というもの, 侍郎黄観蘇州知府姚善翰林修譚王叔英翰林王艮淅江按察使王良兵部郎中譚冀御史曾鳳韶, 侍郭勝だとも, 侍酒屋けんどん屋, 侍醫並獨逸醫ホフマンと申者, 侍醫李柱國が方技, 侍懸の, 侍長州侍薩州弁がここ, 侍門番がいない, 侍間宮鉄次郎の名, 侍随身小侍, 侍雑色たちまであふれ, 侍雨蛙のよう, 侍青地清左衛門の手, 侍を洗っ, 侍頭亘志摩どのをご存じ, 侍頭大学信盛の舎弟, 侍頭巾を取れ, 侍頭旗奉行などから一言, 侍頭進藤半助, 侍の一つ, 侍高価な物, 侍鳴川留之丞