青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「傾け~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

傍ら~ ~傘 傘~ 備~ 備え~ ~傳 傳~ ~傷 傷~ ~傾け
傾け~
~傾向 傾向~ 傾斜~ 僅~ ~僅か 僅か~ ~働い 働い~ ~働き 働き~

「傾け~」 1638, 18ppm, 6458位

▼ 傾け~ (1157, 70.6%)

117 いた 38 いたが 37 ゐた 27 いると 25 いる 18 いました 14 聞いて 12 いるの, ゐると 11 いたの 7 いるよう 6 ゐたが, ゐる 5 おりました 4 いなかった, いましたが, いるうち, それを, 何か, 考えて

3 [17件] いるが, いること, いるらしかった, おいでに, おります, くれるの, みた, みると, ゐるうち, ゐるの, ゐるやう, 下さい, 二人の, 居た, 見せた, 顔を, 黙って

2 [42件] いたこと, いた時, いた老, いつた, いて, いるので, いるばかり, いるもの, いる余裕, いる時, いる間, いれば, これに, これを, しばらく沈黙, しまった, しまったの, その中, その娘さん, みたが, ゐたの, ゐました, ゐるので, ゐるもの, 両手を, 京の, 君の, 寝に, 居たの, 居ました, 居りましたが, 彼方の, 来た, 来たの, 此の, 立って, 考えた, 聴いて, 行くの, 見たが, 見て, 静に

1 [663件 抜粋] あすが, あてない空想, あまたたび, あるなり, ある程度まで, い, いく姿, いささか多弁, いたお, いたお客たち, いたから, いたせい, いたせき, いたという, いたらばなどと, いたわたし, いたビュルストナー嬢, いたモームス, いた一人, いた事件, いた候補生, いた宮地翁, いた少年, いた後, いた殿上殿下, いた泰さん, いた白髪, いた細長い, いた羊, いた良人, いた覆面探偵青竜王, いった, いつて, いてから, いても, いないという, いは, います, いますと, いらしったよう, いらっしゃる, いるあなた, いるおばあさん, いるか, いるかの, いるその, いるという, いるところ, いるには, いるらしい異常, いるらしくみえた, いる一人, いる云々, いる信用, いる奈良原, いる姿, いる彼等自身, いる所, いる日置正次, いる様子, いる片, いる玉鬘, いる生徒, いる私, いる筈, いる結果, いる黄, いろいろ質問, うかがうて, おきその, おたがいに面, おったが, おった友川某, おまじないの, おりましたこと, おりますゆえ, かういふ家庭, かぶった伸子, ききいれること, きた厖大, きて, くださったあなた, くるの, くれそう, くれた抱月氏, くれるよう, くれる人々, くれる学者, こういう家庭, こう答えた, この声, この煽情的, この誠, この講座, これにあたり, こん, こんこんと, さては君, さて表座敷, さも困った, しばらく戸, しばらく聞い, しまいました, しまつ, しまふの, じっとし, じっと自分, じっと顔, すすって, すでに一時間, そうしてわかった, そうして顔, そしてぶら, そして立ち上, そして言った, そのなか, その使命, その意味, その掌, その歌, その話, その道に, それから小樽, それらの, そんな些細, ちょっと考えた, どっと硯, なお写真, なほ飽きない, のろい祈ると, ひっかけながら, ふところ都合を, ほんのりする, また, また煙, まだ何, まっ白に, みよ, みよう, みるが, もしやだれ, もらいたい, やがて外, やつと, やはりおとなしく, やはり霜, やると, ゆくの, よく質問, ゐたせゐも, ゐたり, ゐたソオル, ゐた真弓, ゐた素子, ゐた青年たち, ゐない, ゐましたが, ゐるかと, ゐるかは, ゐるから, ゐるにも, ゐるらしいの, ゐる一群, ゐる事, ゐる五十格好, ゐる人達, ゐる伝, ゐる圭一郎, ゐる姿, ゐる彼女自身, ゐる斎藤, ゐる樣子, ゐる次第, ゐる茶呑茶碗, キッと, キリシトの, クリストフの, サント・イグレーヌに関する, スイスイと, ソヴェトに, テルヨさんが, フーと, ホホと, リキエーに, ンと, 一そうの, 一一の, 一件に, 一刻たりとも, 一口飲んだ, 一尺ずつ, 一度医者, 一杯の, 一礼し, 丁寧に, 上品に, 下さいおん, 下さつたの, 下り列車, 不審の, 不空羂索観音に, 両手の, 並んで, 中の, 乱酒の, 二人は, 云う, 云うこと, 云ふ, 交わって, 亭主という, 人生解決の, 他の, 他人よりも, 休息し, 佇めば, 何かしら考え, 何の, 何やら思案, 何やら笑, 何時までも, 何物をか, 余念も, 來る, 俗士婦女の, 働く積り, 克服した, 入れられるところ, 其の云, 凝乎, 前に, 劇作の, 協力し, 卯平を, 去年の, 反動でした, 反響を, 受けたり, 叫びし聲, 叱りその, 吐いた, 向うへ, 君に, 呉れたの, 呟いたが, 命がけの, 命を, 善処すべきであろう, 四杯目の, 土手の, 執筆された, 夢心地に, 大いに同伴, 大地に, 天の, 夫の, 女の, 姫の, 学内の, 実行した, 家を, 寂しくほほ笑む, 将に, 少女が, 居たおかみさん, 居たが, 居たならば, 居たり, 居た田中翁, 居た音楽, 居つたが, 居ても, 居ない栄蔵, 居られたお方, 居られましたが, 居りました, 居ります, 居り愉快, 屈托の, 展開される, 山を, 崇拝する, 己が, 帰納した, 幾人も, 床の間を, 店一ぱいに, 建設した, 彼と, 彼は, 待つうち, 後妻を, 従へり, 御覧なさい, 御身に, 心ゆくまで, 心配そうに, 忠実に, 忠節を, 念じた古人, 思わずハタ, 急ぎ脚, 息子の, 意外という, 愛し合いながら, 愛し彼女, 感心しない, 懸崖遥か下の, 我の, 手を, 打ちこんだの, 担がれて, 持ち釘, 指導した, 挨拶も, 探しましたが, 探偵社への, 描いて, 支那の, 政治への, 敬意を, 敬愛する, 敬礼した, 数十人数百人数千数万人の, 敵討物を, 文書を, 文章を, 早々と, 早口の, 時々会心, 暗夜の, 暫く無言, 暫し思案, 書かれて, 書物を, 曹操の, 最後に, 木の葉の, 木の間を, 本格的に, 杉の, 来たかが, 来たかと, 来たかを, 来たこと, 来たもの, 来た人, 来た学窓生活, 来た容子, 来り深, 来るもの, 来る力, 歌おうと, 歌ひ, 此自然の, 歩めり, 歩行た, 歸つた拙者に, 民也の, 民衆の, 気障, 水を, 汝に, 池の, 流して, 海外の, 海老名先生に, 深謝を, 渡りかかると, 湯とも, 火を, 為す程, 無謀の, 熟と, 熱き熱き珈琲, 熱心に, 物いふさまその, 物の, 物を, 物音を, 狐鼠, 独り笑いに, 用意し, 田植かな, 男は, 発言し, 白いずくめ, 目を, 相手に, 真鍮の, 眼の, 研究し, 社會運動に, 祈り乞ふ, 祝すること幾回, 私の, 私を, 稽首し, 立ち己, 立派な, 立聞け, 答えた, 緋緞子揃いの, 線路の, 練習曲を, 縁側の, 美しき組曲, 習慣性の, 考えこんだきり, 考えこんで, 考え出した一策, 考え込むよう, 考え込んだ, 考へ, 考へそれから, 考へました, 聞きたい興味, 聞き居たり, 聞き終りながら, 聞くといふ, 聞て, 聴き入って, 聴けば, 聽き, 肩に, 背を, 背延を, 胸を, 腕組みを, 腕組を, 膓に, 自分の, 自分を, 自分自身を, 自己の, 舌なめずりを, 舗道を, 舟を, 若殿の, 苦を, 蕪村の, 虫を, 行く, 行く旅客, 行ったの, 行って, 行過る, 見せるぞ, 見ますとね, 見ると, 見返るとも, 覗いても, 覗きこむ, 言つた, 計画した, 訓え, 語った, 語つた, 語りながら, 読んだ, 謹で, 護国の, 貴族の, 買った品, 費用を, 足の, 送り給うと, 逆手を, 通った, 通って, 通る, 過ぎ去ったその, 過ぎ行くを, 道術を, 遠ざかって, 酔った風, 酔っては, 酵母を, 鉄の, 錦繍を, 鎖鎌の, 闘ったあの, 闘わなければ, 阿波方の, 隠したの, 集めた美術品, 雨の, 顔や, 風浪と, 飛上る, 食器に, 飲むよう, 飲んだ, 馳け, 騒いで, 高い山, 高尾に, 高論し, 鰌を, 默つて立去つた

▼ 傾けながら~ (125, 7.6%)

2 そつと, それらの, チビリ, 信一郎の, 心の, 私の, 言った

1 [111件] いろいろな, うつとりと, こちらへ, この国境, この黒い, ごたすたやっ, さりげなく, しかも絶えず, しなやかに, そういう信仰, その一部始終, その妓, そろそろと, ほほえんで, ぼんやりした, ますます注意深く, また自分, めくってる楽譜, もはや書物, ゆき子は, ピエンツアの, フョードル・パーヴロヴィッチが, ラジオでも, 一座の, 一心に信乃, 三度目に, 上機嫌に, 不相変, 不破の, 五郎は, 今しも, 今夜の, 今日誰が, 今自分, 他の, 何かと弁明, 何方かと, 初瀬は, 前面の, 勿体さうに唸つた, 半鐘の, 又その, 反問した, 同行二人連れでござる, 吐息を, 囲炉裏ばた, 坐って, 夫人が, 女主人は, 始めて見る, 小指は, 屋上の, 岸本は, 彼は, 待って, 待つて, 微笑した, 微笑み, 急に, 怪訝な, 悒鬱だつた, 情勢次第に, 情勢次第によっては, 我からと, 或る, 時々こう呟く, 時々他, 時々壁上, 時々返事, 次第に呆気, 歩くの, 深草乃里の, 爪の, 片手は, 物思ひ, 独り語の, 目だけは, 相手の, 破れ靴に, 空間を, 立ち続けて, 緩, 縁端近くの, 考えて, 耳を, 肱掛椅子に, 胃病の, 自分の, 自慢しました, 荘厳を, 葉子の, 薄明るい, 行つて見る, 言葉少なく, 訊ねると, 詰め寄る彼, 話上手な, 跫音を, 近所の, 連中は, 遂にそんな, 過去の, 遠い所, 重々しく唸つた, 降る如く一面, 青木さんは, 静かな, 頷いた, 馬鈴薯の, 驚嘆すべき, 黙って

▼ 傾けたり~ (26, 1.6%)

8 して 4 した

1 [14件] ここで, する, するとき, するほか, するん, それからパイプ, またはその, また頤, 一心に大作, 仰向けたり, 士官の, 彼女の, 折々魚商, 這入って

▼ 傾けつつ~ (18, 1.1%)

2 その話

1 [16件] あること, ある同君, いいかげんに, 下って, 事の, 力無く, 少女の, 恐れ多く, 数多の, 時計を, 楠は, 物を, 真直ぐに, 育ったの, 赤染衞門は, 首肯いた

▼ 傾けても~ (17, 1.0%)

2 分りません

1 [15件] この江岸一帯, どうせ彼等, なお飽かない, はっきり聞きとれない, わからないらしい, 一つ左へ, 一度訊き返そう, 分らんかも, 化けて, 十分得心の, 惜しくは, 歯の, 水田として, 波の, 重心から

▼ 傾けその~ (15, 0.9%)

2 総力が

1 [13件] お二人, 唇の, 地方特有の, 声を, 声音を, 大盃, 審美の, 方は, 点の, 白い両手, 足跡を, 顏を, 魅力を

▼ 傾けては~ (14, 0.9%)

2 ならないの

1 [12件] いたが, いないという, いないよう, いなかった, いなかったらしい, ならない, ボリボリ薄, 何か, 打頷く, 病人の, 胸を, 静かに

▼ 傾け~ (14, 0.9%)

2 いよよ薄き

1 [12件] この傾, これとて, こんな身, その角度, どんな暴, また山, 其方向に, 夜おのづか, 姫路に, 実に国, 寒さ, 物語歌の

▼ 傾け~ (9, 0.5%)

2 して 1 くして, されたの, されて, され申すべく候, した, したのに, し或は

▼ 傾けそして~ (5, 0.3%)

1 それを, 小さい荷物, 感心した, 時たま一座, 若し聴手

▼ 傾け~ (5, 0.3%)

1 した, しなかつたが, するだけの, するの, せずいい加減

▼ 傾け自分~ (5, 0.3%)

2 の利得 1 で私, のしなやか, もそれ

▼ 傾けまた~ (4, 0.2%)

1 ネーデルランドの, 手を, 歩き出しまた, 自分自分の

▼ 傾け~ (4, 0.2%)

1 といふもの, とで曲線, と肩, の智的

▼ 傾けそれ~ (3, 0.2%)

1 が正しい, を支持, を論議

▼ 傾けてから~ (3, 0.2%)

1 いつも疲れた, じっと平, そのまま杯

▼ 傾けども~ (3, 0.2%)

2 伊藤侯は 1 その分

▼ 傾け~ (3, 0.2%)

1 ならなかった, 草へ, 行ったの

▼ 傾け~ (3, 0.2%)

1 の様子, の顔, は顔

▼ 傾け~ (3, 0.2%)

1 ひて, へ, へといひつ

▼ 傾け~ (3, 0.2%)

1 を上げた, を寄せ, を斜

▼ 傾けあるいは~ (2, 0.1%)

1 成田の, 臼で

▼ 傾け~ (2, 0.1%)

1 した, したまま

▼ 傾けさらに~ (2, 0.1%)

1 賭博に, 領事館に

▼ 傾けそう~ (2, 0.1%)

1 なもの, にもない

▼ 傾けそれからまた~ (2, 0.1%)

1 すこし行っ, ますます口笛

▼ 傾けての~ (2, 0.1%)

1 合成品ヘッピリ腰で, 帰りな

▼ 傾けてを~ (2, 0.1%)

1 つて自分の, りましたが

▼ 傾けながらも~ (2, 0.1%)

1 けちを, 大根を

▼ 傾けやがて~ (2, 0.1%)

1 は自堕落, 筆取っ

▼ 傾けよう~ (2, 0.1%)

1 ではない, などとは及ばぬ

▼ 傾け~ (2, 0.1%)

1 る, るべきである

▼ 傾け玄関~ (2, 0.1%)

2 の硝子戸

▼ 傾け盡す~ (2, 0.1%)

1 にも足らざる, も洗

▼ 傾け~ (2, 0.1%)

1 を欹, を注ぎつ

▼ 傾け~ (2, 0.1%)

1 をすがめ飽かず, を細く

▼ 傾け~ (2, 0.1%)

2 を返す

▼ 傾け遂に~ (2, 0.1%)

1 は自ら, は財産処分

▼1* [165件]

傾けあたかもダンテの, 傾けあたりに犬, 傾けあの声に, 傾けある時は, 傾けあるいはまた草の, 傾けいくらか流れの, 傾けいちいち大きくうなづい, 傾けいっそ吉原へでも, 傾けいやな目付, 傾け通が, 傾けおれり, 傾けきよとん, 傾けこっちを隙, 傾けこれは是, 傾けこんな遠国へ, 傾けさえすれば, 傾けざぶりと土間へ, 傾けざらんや, 傾けしかもそこに, 傾けすべてを聞き取り, 傾けそこに集る, 傾けそれから瞼を, 傾けそれら一団の顔, 傾けそわそわした風情, 傾けちやア居られないん, 傾けてという風では, 傾けてばかりはいなかった, 傾けてまでも和算の, 傾けてやしないの, 傾けどうしたもの, 傾けどうも私は, 傾けどんな風に, 傾けばとだけつめよせて, 傾けひどい貧乏人の, 傾けむ麗人の, 傾けやつとの事膳, 傾けやや久しく思慮, 傾け妨げを, 傾けわが舌に, 傾けアフリカ内地の怪奇, 傾けクリストフを打ちながめ, 傾けホラチウスが詩, 傾け一口嘗めては, 傾け一同を代表, 傾け一心に球, 傾け一本の足, 傾け一般国民に公, 傾け一面クララへの愛情, 傾け万歳を呼び, 傾け三十分以上も論じた, 傾け乍ら前夜から博奕, 傾け二三の人々, 傾け二三抗弁しそれから, 傾け二時頃床へ入る, 傾け人馬を急がし, 傾け白い顔, 傾け作者の批判, 傾けりアテーネー神女, 傾け内部を覗い, 傾け別後の情, 傾け力一杯やって来た, 傾け半ば僕の顔色, 傾け折に, 傾けをつぐん, 傾けふ, 傾け執拗に一直線, 傾け場合によってはごく, 傾けにもたれ, 傾け外国人の友達, 傾け外界の物象, 傾けの防ぎ, 傾け大きく眼を, 傾け大体のところ, 傾けを一層しっかり, 傾け子供にもわかり易い, 傾け宗教的信仰の熱心, 傾け宮内からなるべく, 傾け密かにまた, 傾け山根さんをまじまじ, 傾け寄せて, 傾け布教の中心, 傾け幾冊かの本, 傾け彼等と共に愉し, 傾け従ってその説, 傾け微動もせず, 傾けを澄し欲, 傾け忠実なる記録, 傾け思いの外の酔心, 傾け悲しみに溢れた, 傾け慶喜が武田ら死罪赦免, 傾けを忘れ, 傾け或は非業の, 傾けも開け放し, 傾け挟箱持は濠端, 傾け數種の火藥, 傾け日本精神の根柢, 傾け日没余光燦然と輝く, 傾けとする, 傾け時には芸で, 傾けを取りて, 傾け暫くにし, 傾け暫くじっと聞き済ましたが, 傾け最後に身, 傾け服従して, 傾けの折れる, 傾けを隔て, 傾けを薙ぎ倒し, 傾けかと思, 傾けの間, 傾け次いで赤き, 傾けを超えた, 傾け気味に沈黙, 傾け汽船会社を保護, 傾け法皇の地位, 傾け深川の地所, 傾け渾身の情熱, 傾け溌溂たる動作, 傾けかな肌, 傾け片手を馬, 傾けを云いかけ, 傾け特にその間田中君一流の, 傾け涙相流る, 傾け皺手を当て, 傾け盛んに唄, 傾けをよせた, 傾けの救済, 傾けをひろげ, 傾け知らせの来る, 傾けを下, 傾け硝子箱の中, 傾けばった顔を, 傾け答なき声を空林, 傾け細い三日月が, 傾け給ひなば, 傾け考え考え, 傾けから詞, 傾け自分たちの列, 傾けの作る, 傾け花袋は耽溺, 傾け薬湯につけ, 傾けの群がってる, 傾け詩作についての教, 傾けにでも何, 傾け諸侯は争っ, 傾けへた, 傾け貧者は家資, 傾けの向く, 傾け軍隊教練を受けた, 傾け道中合羽の袖, 傾け道理だという, 傾けに江戸, 傾け遠くはなれ, 傾け醜く笑って, 傾けを砕き, 傾け鋭い鼻と, 傾け陶然たる醉心地, 傾けかりければ, 傾けを凌い, 傾け顔色をうかがう, 傾け食事が終る, 傾け飮料を口中, 傾け香水製造に熱中, 傾けのごとく叫ぶ, 傾けを入れ, 傾け黒い瞳で