青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「傷~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~傍 傍~ 傍ら~ ~傘 傘~ 備~ 備え~ ~傳 傳~ ~傷
傷~
~傾け 傾け~ ~傾向 傾向~ 傾斜~ 僅~ ~僅か 僅か~ ~働い 働い~

「傷~」 4556, 49ppm, 2361位

▼ 傷~ (884, 19.4%)

40 負って 32 受けて 20 つけて 15 負は 13 うけて 11 して 9 見て 7 つけないよう, 負うて, 負ひ 5 つけた, つけたの, つけるの, 負わせたの 4 うけた, こしらえて, つくって, つけては, つける, 受けたとき, 拵へて, 負った, 負はせ 3 うけたの, つけること, 受けただけ, 持って, 癒すため, 癒や, 負いながら, 負はせる, 負わされて, 負わせて

2 [48件] おって, したの, つけたもの, つけたん, つけても, つけまして, つけようと, つけられて, つけるという, つけるとは, つけるよう, どうしたら, 与へ, 付けるの, 受けたときの, 受けた者, 受けては, 受けても, 受ける, 心に, 手で, 押えながら, 押へて, 拵えて, 拵へ, 気に, 治療した, 洗ったという, 洗って, 洗は, 癒して, 癒やす, 眺めて, 繃帯する, 背負って, 與へ, 茶店で, 見せて, 見ても, 見るが, 診て, 調べて, 負ったので, 負った足, 負へる, 負わせたこと, 負わせられながら, 遠距

1 [541件 抜粋] あたえたという, あびて, あぶった, あらためて, あらためてま, あらためました, あらためようと, あらっぽく糸, あんなに心配, いじられて, いたはり, いたわりついに, いたわり腹もち, いつのまにか受け, いま再び, いやされて, いやし文学, いやすレーテ, うけしかも, うけし者, うけたから, うけたが, うけたそれ, うけただけで, うけたなど, うけたよ, うけたらしくひりひり, うけたわけ, うけたん, うけた熊, うけつつ, うけなかったひと, うけるか, うけること, うけるに, うけ左, うけ流す血, うけ猛りくるつて, うけ黒い, うつちや, えぐって, えたのに, おいながら, おおさえ, おさえて, おさえるため, おつけに, おはしむる, おわせたこと, おわせたに, お洗いなさる, お負い, かくしたいと, かばいながら, かばい表, くくること, くっつけるのり, くるくる巻いた, こうむったまま, こしらえた, こしらえたの, こしらえた刃物, こしらえること, こしらえるの, こしらえるほどの, こしらえプラチナ, こしらえ土, こしらえ死んだよう, こじらせた深, さすり乍ら, さらし緑酒, さらに深め, しずかに, したから, したこと, したという, したん, した水兵, した者, してね, しながら, しなけりゃとっくに, しひどく, しました, しらべました, しらべ右, するか, するからね, すると, するという, するところ, そこに, その心, つくつたが, つくつたけれども, つくつて, つくるの, つけあう, つけずに, つけずには, つけず傾きかけたのれん, つけず復讐, つけそこ, つけその, つけたかといふ, つけたくなかつた, つけたく無いと, つけたこと, つけたと, つけたといつて, つけたとか, つけたに, つけたやう, つけたらどう, つけたら廓五町内, つけたり, つけた以上, つけた時, つけといて, つけないで, つけないところ, つけないもの, つけながら, つけねえよう, つけまいため, つけやがってさ, つけられた奴, つけられるか, つけるか, つけるつもり, つけるには, つける事, つける日, つければ, つけ俺, つけ墨, つけ居った, つけ散々, つけ真鍮, つけ過ぎても, とおして, なおして, なおすこと, なお深く, ながめその, なして, なすったって, なまなましくむき出し, なめて, のぞいて, のぞきこみに, のみ感ずる, ひどく見せ, ふせぐ為, まざまざと, みい, もう一度念入り, もって, よくみろい, ガラツ八に, ギリギリ巻きしめた, 一層大きく, 一眼見る, 与えた上, 与えつつましい, 与えるに, 与えるもの, 与えるよう, 与へるやう, 二た, 二ヵ所だ, 二太刀も, 二重ばかり, 介抱し, 介抱する, 付けたかと, 付けたので, 付けて, 付ける, 付けるかも, 付けるなどとは, 付ける位, 付ける傷, 付ければ, 何か, 作った, 作ってから, 光らして, 光らせて, 免かれた, 全身一面に, 写して, 刺戟する, 加へたり, 加へて, 劬りかばう, 労はる, 労わるため, 包んで, 包帯し, 十も, 受けざるを, 受けその, 受けそれに, 受けた, 受けたから, 受けたので, 受けたまま, 受けたもの, 受けたエーブラハム・グレー, 受けた人, 受けた屍骸, 受けた弟, 受けた彼, 受けた皮膚, 受けちや, 受けてを, 受けないで, 受けないと, 受けないよう, 受けなかった, 受けながら, 受けながらも, 受けました, 受けましたが, 受けました者, 受けるほど, 受けるまで, 受けるよりも, 受ける可能性, 受ける時, 受ける率, 受けアウステルリッツ, 受けルーツェン, 受け世間, 受け大, 受け最後, 受け血潮, 受け黒く, 叩いた, 名乗り代り, 吸われたという, 呪いました, 啼かして, 回復しなけれ, 埋めようとして, 大きくつけ, 女給に, 射透せり, 左衛門疵と, 巻き直して, 布で, 得たり, 得るだけで, 心配し, 心配する, 忘れて, 忘れるもの, 忘れ去ること, 念入りに, 恥じる, 恥ずること甚, 恨むと共に, 感じる位, 懐紙で, 手あてし, 手当てしろ, 手拭で, 払うよう, 抑えて, 抑えながら, 押えて, 押えようとも, 押さえた負傷者, 押さえて, 押した, 押へた手で, 拵えた, 拵えた豊, 拵えまして, 拵へただけ, 拵へる, 持たなくても, 持たぬ人, 持ちはや, 持った自分, 持つ人間, 指さしました, 指しました, 指摘しました, 撫でながら, 数ヶ所に, 朋輩に, 正直に, 残して, 残すであろう, 残す事, 残す理由, 水に, 求めるより, 求める悲惨, 汗衫の, 治したと, 治す, 治すこと, 治すより, 治す何より, 治す咒文等々, 治そうと, 洗い異物, 洗い金創, 洗う盤, 洗う酒, 洗った, 洗ったり, 洗った池, 洗つてから, 洗へ, 浴びせられそこ, 消毒し, 深くする, 潜ませて, 無数に, 無理に, 病んで, 痛が, 痛ませるかわり, 痛めたと, 癒さしむ, 癒さしむべし, 癒されぬ, 癒してから, 癒し彼等, 癒し得ば, 癒し破壊, 癒すこと, 癒すを, 発いたら口, 白布で, 相手に, 眺めながら, 眺め眺め, 知って, 硝酸か, 私に, 穿ち, 結えたから, 結えながら, 縛り直して, 縫い了, 縫い合せ八方手, 縫い合わせるの, 縫う事, 縫って, 繃帯した, 考えると, 背中へ, 背負つてそれでも, 背負つてそ知らぬ, 胴の, 自分の, 舐めて, 若しや, 蒙ったり, 表立たせたところ, 見せた, 見せたらいや, 見せつら, 見せても, 見せました, 見せると, 見た最初, 見つめて, 見てから, 見に, 見ますと, 見る, 見ると, 見るの, 見るやう, 見乍ら平次, 覚えて, 親分も, 親切に, 診す, 診察する, 説明する, 調べたが, 調べたり, 調べた上, 調べに, 調べにか, 負いうめき這う者四人, 負いたる事, 負いたる内儀, 負いとりわけ, 負いながらも, 負いましたが, 負い与力, 負い共に, 負い其痛み, 負い卑怯, 負い城門, 負い槍, 負い毛髪, 負い甥, 負い逃げて, 負い連絡, 負い進退, 負い馬, 負い鮑氏, 負うから, 負うこと, 負うし, 負うたが, 負うたの, 負うた一個, 負うた時, 負うた脚, 負うてからは, 負うても, 負せ, 負ったおれ, 負ったか, 負ったが, 負っただけ, 負ったの, 負ったもの, 負ったよう, 負ったらしく山浦丈太郎, 負った一角, 負った上, 負った仲間, 負った獣, 負った紋也, 負った者, 負った豹, 負っちゃ, 負ってから, 負っては, 負っても, 負ってるね, 負ってるの, 負つたの, 負つた樣子, 負つた者, 負つて, 負つて將棋, 負ふこ, 負ふて帰つたる, 負ふと, 負わされた, 負わされたでしょう, 負わされたので, 負わされながら, 負わされまいもの, 負わされ不首尾, 負わざるを, 負わしたが, 負わしたと, 負わしたの, 負わしたら少し, 負わしたん, 負わした事, 負わして, 負わしは, 負わしめたの, 負わし二十五人目, 負わせこの, 負わせさっと, 負わせたという, 負わせたは, 負わせたらしく翌朝行, 負わせた者, 負わせられたこと, 負わせられた人, 負わせられて, 負わせるばかり, 負わせ最も, 負わせ自分, 負わないと, 負わなかった, 負われたでしょうな, 負われて, 負われ中根正照どの, 身に, 身体中に, 軽くのせ, 醜く蔽う, 重ねて, 鎌風と, 長篠に, 門前の, 附けたくない, 隠して, 隠すん, 青年たちは, 鞭様の, 頬に, 養って

▼ 傷~ (538, 11.8%)

11 左の 10 後ろから 8 前から, 右の, 浅い 7 浅かった 6 下から, 浅いぞ, 背後から 5 一つも, 大したこと 4 首筋を 3 喉笛の, 痛みますか, 石か

2 [29件] いつ頃, いよいよ激烈, かなり重い, たしかに人間, つかない, どうした, なかった, ほんのかすり, ドウ思う, 刀や, 刃物で, 匕首か, 右首筋匕首か, 大したもの, 左乳の, 幸いに, 後から, 心得の, 正面から, 汽車に, 浅いです, 浴衣の, 痛みは, 癒った, 背中から, 背中の, 背中を, 胸から, 負って

1 [387件] あっても, あなたの, ありさ, ありません, ありませんか, ありませんでした, ありませんよ, あるが, あれで, いかにも重く, いずれも, いたむし, いつつけた, いやに, いやもっと, うけなかったが, えつ, えつと, お君, かえって事情, かすり傷, かなりの, かなり深い, かなり深かっ, かなり深く, かなり重く, かれの, ここだ, ことに危険, このまま, ございませんでしたか, ございませんでしたが, ささくれた肉, さしたるもの, さぞひどかっ, さらにより, ざるは, しうございますもの, しくもまた, しては, すっかり癒, すなわち戦い, ずいぶん痛んだ, ずきずき痛む, そうは, そこで, その前, その為め, それから, た, たいしたこと, たしかに出刃包丁, たしかに短刀様, ただの, たちまちに, たちまち数百, たった一ヶ所, たった一箇所, たつた一箇所, だいじょうぶだ, だいぶ古い, だん, ついたの, つかないの, つかんと, つく筈, つけないから, できないもの, できるだけ素顔, とても文学, とにかくあの, どういう結果, どうしても自分, どうじゃ, どうだ, どうだい, どうです, どうな, どう成つて, どこだ, どこで, どこです, どこにも, どんなか, どんな人間, ないから, ないと, ないな, ないの, ないよう, なおったか, なおって, なかったろう, なかつた, なかつたと, なかなかの, なかなか恢復, なくひと, なく肩, なほつてゐた, なまぐさくなかなか, ぬやう, ねえか, のこるだろうと, はかばかしく癒ら, ふじつぼやサーピュラ, ほとんどなおっ, まあ好い, まことに深く, まだそのまま残っ, まだ治っ, まだ生き, まだ痛い, まだ癒着, まだ糸, まるで俺, みなすでに, みな浅手で, もうすっかり癒, もうすつかり癒つて, もう大かた, もう大丈夫, もう痛まない, もう癒, わが目, わずかな, ァずぶろくぐでんに, イエス, 一そう深まる, 一つじゃ, 一つで, 一つ左襟下を, 一ヶ所も, 一刀の, 一太刀, 一層ひどかっ, 一週間前までは, 一部分だけ, 三ヶ所だ, 三ヶ所で, 三箇所を, 上から, 上向に, 不思議で, 与えない, 二か所とも, 二つ白く, 二センチほどに, 二ヵ所で, 二ヶ所しか, 二三か月前に, 二十三ヶ所ほど, 二月で, 五年ほど, 人から, 今はじめて, 他の, 付かなかったの, 付かなかったらしいあんまり, 付くかも, 付けませんでも, 伸び行く, 何う, 何處にも, 作られる, 俺が, 僅かながら, 僕の, 先生を, 光らないの, 光線が, 兎も, 全治二週間の, 兩刄の, 兩國の, 八五郎の, 六センチぐらい, 出合ひがしらに, 出来ぬ筈, 出血し, 刀傷です, 刄物で, 剃刀よりも, 前でございます, 加療の, 助かりません, 勝手に, 勿論貫通銃創, 匕首でも, 卓子に, 受けなかったか, 受けませんね, 受けるん, 受取れない, 右では, 右に, 右へ, 右を, 右寄りに, 右手首の, 右膝に, 向こう傷, 喉に, 喉へ, 喉を, 場所が, 大きいの, 大きかつ, 大きく深い, 大したことぢ, 大丈夫かい, 大抵癒, 大變, 如何とも, 存外軽く, 定規で, 容易の, 小さい人, 小さい唇, 小柄だ, 少し左, 少し手重, 尚更明瞭, 左寄りの, 左横から, 左肩の, 左肩胛骨の, 左脇腹を, 左貝殻骨の, 幔幕越しに, 年が, 幸に, 幸運にも, 引つ掻きほど, 弾丸による, 彼の, 後ろだ, 後頭, 心臓部の, 心配する, 忘れて, 快癒までに, 思ったより, 思ひの, 急所が, 急所を, 恐しいのです, 恰度お前が, 悪化し, 想像以上に, 意外にも, 手斧の, 打撲に, 抉れて, 拭えども, 摺り剥き, 数ヶ所受けたれ, 斜め横に, 新劇に, 日に, 日に日によくなっ, 早く愎, 最小限に, 本職の, 柘榴の, 案外に, 案外の, 極めて異様, 極めて鋭い, 構いませぬ, 次第に自分, 正直だ, 武器と, 武家, 死後に, 殆どなおっ, 殘るまい, 水戸の, 永え, 江戸御免しいんと, 決して不意打, 治りきつ, 浅いから, 浅いと, 浅いの, 浅いよ, 浅い二人一緒, 浅うございます, 浅え, 浅かったらしく, 浅くて, 浅く一ヵ所, 浅手です, 浅手な, 深いかな, 深いし, 深くは, 深く軽い慰め, 淺い, 淺か, 清次郎の, 火の, 無えんだ, 爾まで, 物の数にても, 猪目透二字切と, 猿轡のせゐだ, 生涯殘, 申し合わせて, 異様に, 痛いん, 痛みませぬ, 痛む隣の, 癒えざらむ, 癒え恋人, 癒つたが, 癒りました, 癒る, 癒着した, 白布を, 皆の, 皆浅い, 直つて, 直に癒つて, 眉間に, 真赤に, 矢の根に, 私が, 程なく癒えた, 突き上げた脇腹, 竜一の, 第四肋骨, 糸よりも, 細い深い溝, 股だ, 肩先から, 背に, 背中, 背中でなく, 背中に, 背中まで, 背後だった, 脇腹を, 脳天へ, 腦天から, 腰から, 腹部の, 自分の, 至って浅かっ, 致命傷だった, 致命的な, 與三郎同, 蔦代の, 薄刃の, 薩州邸の, 血も, 要するに何, 見えなかつたけれど, 見たところ肩さき, 見るま, 谷口金五郎と, 負わなかったが, 足の, 距離が, 軽い様, 軽かった, 逃た, 重い, 重いの, 重いので, 重そう, 重傷か, 重傷では, 鉄砲だ, 鉄砲の, 長く自分, 間もなく平癒, 間違ひもなく, 附けられたこと, 随分深, 隱居の, 頭の, 頭を, 頸の, 首筋の, 骨まで, 鬢から

▼ 傷~ (523, 11.5%)

30 ついて 8 ある 7 あった, できて 6 あって 5 出来て 4 もとで

3 [12件] あつた, あつて, あるから, あるが, あること, あるん, ある筈, ついては, つくと, 残って, 治って, 痛んで

2 [26件] あります, あるか, あるその, あると, あるよう, あれば, いくつも, ございます, ついた, ついたところ, ついたり, つく, なかった, 三四ヶ所盲目突に, 付く, 元で, 出來, 出来ても, 承知しない, 浅いの, 癒えゆく秋めいた風, 癒えると, 癒った, 癒って, 癒る, 許さないの

1 [368件] あったか, あったから, あったけれども, あったこと, あったといったネ, あったの, あった筈, あつたさうだ, あまりにも, あやかにも, あらわれて, あらわれ眼落ち, ありその, ありそれ, ありましたわ, ありますが, ありますね, あり一見, あり彼, あり手足, あり突き, あるし, あるだらうどれ, あるだろう, あるぢ, あるとか, あるところ, あるなら取り調べて, あるの, あるやう, あるんで, ある丈, ある上, ある程度直れ, ある訳, あんなにハレ, いたみはじめたの, いたむと, いたむの, いたむので, いたむらしく歯, いちばん深く, いつまでも, いやされたの, いよいよ悩む, えぐれて, おあり, おとといも, おわるく, お痛み, かえって拡がっ, きれいに, くっきり浮き立っ, この地上, こめかみの, これが, ございましたが, ござったとな, ご覧の, さして古く, させた業, しくんしくんと, すぐ化膿, すこしかくれる, すこしばかり, すこし癒えかけた, すっかり癒, ずきんずきん痛みます, そこに, その傷, その栓, たいしたこと, たくさんつい, たくれるやう, ちょうどズキズキ痛む, ついたの, ついたもの, ついたゆえ, ついても, つかずに, つかず格, つかず調所, つかない, つかないからな, つかないよう, つかない程度, つかぬ様, つきました, つきます, つきますあたい, つきまするぞ, つき甚だしく, つき申そうぞ, つくお, つくかも, つくから, つくこと, つくだらう, つくでございましょう, つくという, つくどころか, つくにも, つくまいもの, つくもの, つくや, つくよう, つく筈, つく道理, できたという, できたよ, できどこ, できました, できるとは, ですな, とめの, どんなに被, ない, ないかしらべたり, ないけれど, ないと, ないばかりか, ない首, なおされるだろう, なおったら早く, なおったろう, なおっても, なおりかけると, なくて, なくなって, なく脣, なんだい, のこされるから, のぞいたからには, はじまるの, ひどい熱, ひどかった, ひどくうずい, ひどく痛み出した, ひりひり痛む, ふるいつきたいよう, ほとんど治癒, また妙, まだ完全, まだ残っ, まだ殘つて, まだ治らない, まだ痛む, まだ痛ん, まったく癒える, みえなかったか, みられた, むずむずと, もう一度癒える, ものを, ゆき子をぞ, よく白い, わからなくて, わかるかね, アングリと, クシャクシャに, チクチク痛ん, ヒリリと, ピリピリと, ピリピリ痛い, 一つ, 一つあったら, 一つありました, 一つ水に, 一カ所凶器は, 一層痛ん, 一晩の, 一筋細く, 一面について, 丈夫に, 上から, 両方の, 丹毒に, 二つ, 二色ある, 今に, 今日は, 付いて, 付いてを, 付かぬと, 付きて, 付きます, 付きますかね, 付きませんから, 付くから, 何か, 何だ, 元に, 光つたといふ, 兎に, 全治する, 出て, 出来た, 出来たそれ, 出来たとか, 出来ましたが, 出来やしないかと, 出来るそう, 出来同時に, 化膿し, 印されて, 原因し, 原因で, 又両足, 古いため, 古釘, 命取りだ, 喰ひ, 因で, 固まるに, 夕啼き, 夕啼き致しかかった, 多数あり, 夜鳴き致し, 大きいと, 大きくて, 大きくなっ, 大きければ, 大啼きし, 妙に, 実際凹込, 尋常でない, 少し痛まれ, 左が, 幾ヵ所も, 幾個も, 後頭部の, 恐ろしい印象, 悪くあと, 悪くなる, 悪化する, 悲しがろう, 或は化膿, 承知し, 拭い去られたごとく消失, 数えたくも, 昂奮の, 明くる, 普通の, 有と, 有るからには, 有るだろうか, 有るに, 有るはず, 有る之, 未だ治癒, 案外に, 椿の, 機関車に, 次第に悪化, 歪んで, 死因を, 殆ど癒着し, 残る, 残るでは, 残るのに, 残るよう, 殖えたね, 殘つてゐる, 毎日痛むらしく, 気がかりで, 治ったばかり, 治ってからも, 治つた後でも, 治りましたねえ, 治りましてから, 治るまで, 治ろうか, 泣くという, 浅いので, 海水に, 深い, 深いおかしいな, 深いから, 深いの, 深かつ, 深さ, 淺かつ, 漸く癒えた, 点の, 無いから, 無かった, 無かつ, 無くとも, 片頬, 物凄くて, 物怪の, 生々しくて, 生命を, 生長し, 男には, 疼, 病むの, 病んで, 痕に, 痛いとか, 痛くて, 痛まないよう, 痛みだした, 痛みだし源次郎, 痛みます, 痛みますか, 痛み出したの, 痛み出したらしく縛られたま, 痛むだけ, 痛むの, 痛むよう, 痛むん, 痛んでも, 癒えたら繃帯, 癒えて, 癒えても, 癒えないで, 癒える, 癒つたのか, 癒つたばかり, 癒つて若, 癒らない, 癒りかけ, 癒りゃ, 癒着しない, 癒着する, 癪に, 皆化膿, 真上に, 禿げて, 腐るん, 腕や, 腫れたとて, 膿んで, 自ら癒着する, 自分に, 致命に, 致命傷でない, 見えたので, 見えないと, 見えました, 見付かつ, 見参じゃ, 認められた, 認められました, 負は, 負わせて, 身体中に, 軽いわけ, 軽くて, 軽微で, 逃た, 邪魔に, 重いから, 重いので, 釣られるやう, 附いた, 附いたぞ, 附いたの, 附いてや, 附けば, 附た, 頭に, 顔について, 顔を, 飛んで, 鮮血に, 鼠呼きして

▼ 傷~ (522, 11.5%)

16 手当を 14 ために 13 中に 8 痛みに 7 痛みを 6 あるの, 早乙女主水之 5 ある男, お方, ように, 上を

4 [11件] あとも, ついて, 五右衞門の, 五右衞門を, 手当が, 手當を, 樣子では, 深さ, 痕を, 痛さ, 痛みも

3 [16件] あとが, あること, いたみを, お殿様, 上に, 下に, 中から, 中へ, 手当に, 手當てを, 為に, 痕が, 痛みが, 痛みは, 跡が, 鼻じ

2 [29件] あたりを, あとは, ある女, ことを, ためか, ところを, ほかに, ような, 上の, 主水, 五右衞門が, 付かぬよう, 写真を, 凄まじさ, 大きさ, 始末を, 御殿様, 方の, 方は, 様子では, 模様は, 治り方, 生々しい傷, 疼痛の, 疼痛は, 痕は, 痛みの, 療治に, 癒えるまで

1 [282件] あかひ, あつた, あとである, あとです, あとなど, あとの, ありかの, あるおやじ, あるこの, あるその, あるのに, あるもの, あるやつ, あるわたし, あるガッチリ, あるスペイン人, あるスペイン人みたい, ある三十五, ある上, ある事, ある人間, ある厚化粧, ある堅気, ある大きな, ある女さ, ある岩石, ある左膳, ある方, ある日, ある服, ある村安伝九郎, ある様子, ある目, ある者, ある船員, ある赤ら顔, ある軍人, ある遊び人風, いたみで, いたみとしか, いたみは, いたみも, いたみわが, いよいよ全癒, うえに, うずきを, うちその, うちひとつとして, お手当, お方に, お方は, お祝, お蔭じゃ, お薬, ことばかり, ことも, ご苦痛, さらし場, そばを, ため, ためお, ため病床に, ため落伍する, ついたかき, ついたから, ついたこと, ついたもの, ついた睫, ついた青白い, つかぬといふ, つかぬよう, つくこと, できる憂い, できる気遣い, とくかの, ところから, ところが, ところで, ところと, ところにかけ, ところは, とこを, ないところ, ない人, ない卵, ない片身, ない芸, なおった尻尾, なかで, はげが, はずだ, ひとつとも, ふくしゅうを, ほうが, ほてりが, まだ癒りきら, まっ白な, まま自分の, みじめな, もとそんな, やうだ, やうな, ようだ, ようには, ハゼる, 一か所に, 一つの, 一つは, 一番最後から, 三十ヶ所や, 上方を, 下になんか, 両端が, 中の, 中を, 中程が, 事から, 二つや, 五右衞門, 五右衞門といふ, 仇を, 仕返しとして, 位置から, 何にも, 供養に, 側に, 傍一つ, 具合が, 具合は, 内部に, 内部は, 出馬と, 分らないよう, 利き目, 刺激から, 十は, 可恐き, 周囲に, 周囲の, 周圍に, 回復は, 圧倒的な, 場合に, 場合は, 場合よりも, 場所が, 塗薬や, 外に, 奥ふかく, 如くに, 如くには, 妙薬鶴の, 始まるまえに, 威嚇を, 子息や, 小さい穴, 工合じゃ, 幅は, 底から, 形を, 御前, 御前で, 御前であろう, 御前も, 御前後詰は, 御前様が, 御様子, 快癒よりも, 性質から, 恨事は, 悲憤を, 情ここに, 情を, 感いかで, 所に, 手あてが, 手あての, 手あてを, 手当てさえ, 手当ては, 手当てを, 手当なら, 手当の, 手当は, 手当や, 手当刀のて, 手當てが, 手當で, 手術に, 接待所望の, 方から, 旗本早乙女主水之, 有るの, 有る所, 有無を, 末端が, 様々なる, 横に, 正規の, 沢山有る, 治らぬうち, 治りが, 治療を, 治療代や, 洗濯は, 深い割, 深い淺い, 深ければ, 激痛に, 為では, 為めでは, 為苦痛の, 無い死體, 片腕を, 状を, 生きて, 男が, 男の, 男は, 画面から, 疼み, 疼痛で, 疼痛と共に, 痕, 痕と, 痕の, 痛々しさ, 痛いの, 痛みで, 痛みとで, 痛みどころか, 痛みよりは, 痛みよりも, 痛も, 痣であった, 療治を, 療養に, 癒えない情態, 癒えも, 癒えるの, 癒える日, 癒着と, 癒着も, 程度で, 程度でございます, 穴へ, 箇所に, 経過を, 縫い合わせを, 老獅子, 者は, 苦しさ, 苦痛が, 苦痛に, 苦痛も, 蝋形を, 血が, 血さえ, 血を, 血痕が, 見えない死体, 記念写真を, 診察し, 證明で, 跟, 跡では, 跡の, 跡は, 跡を, 身に, 部分を, 鋭さときたら, 鑑別方法である, 門人が, 間から, 附いたの, 附かない中, 附かんように, 面を, 面積は, 面積を, 養生に

▼ 傷~ (146, 3.2%)

5 ない 4 なかった, 何んにも 3 ありません, ついて 2 ないそう, 受けなかったし, 大したこと, 痛みも, 肩のは

1 [117件] ありませんが, あるし, あるぞ, あろうし, おできも, おむずかり遊ばす, ぐいとひと, さして深, せぬよう, そのため, その方, それから, それに, それほどで, たちまちなおる, つかずあざむき合って, つかず残って, つくらねば, つけぁしない, つけよう, つまりは, どっちも, どの傷, ないくらい, ないし, ないの, ないのに, ないよう, ない棺, ない良い男, なおったし, なおりますから, なおる, なかつたの, なくただ, なくて, なく両, なく毒物, なく疲労, なく痛み, なく黒血一つ溜つて, なければ, なつかしい早乙女, ほとんど癒え, ほんのかすり, まず最初, また同じ, まだ錆びぬ, むずむずと, もとより数える, やがて癒えるだろう, ようやく癒えた, チュウチュウと, ヒリヒリと, 二た, 二三日に, 今では, 付けないの, 何も, 其處には, 冴えやかな, 刀痕らしい, 受けず落ちた拍子, 周囲も, 外部には, 大きい石, 大して痛く, 大方癒つて昨夜は, 存分に, 小さいし, 小魚共, 平岡の, 平賀源内の, 年が, 忘れたよう, 思いの, 手当を, 斑點も, 斬り傷, 日が, 曲って, 更に無く, 有る既に, 本復わしの, 案外急所, 案外浅く, 次第にくっきりと, 残さず殺害, 毒物の, 氣のせゐ, 江戸御免なら, 治って, 漸く治り, 漸く癒え, 無いから, 無いところ, 無い上, 無かつ, 痛だ, 痛まなければ, 癒えて, 癒えませんのに, 癒えるかも, 癒った, 癒着しかけた, 直って, 矢張り手掛り先ず, 突き傷も, 見あたらなかった, 見付からなかったの, 負って, 負わずに, 負わず崇高, 負わず通り抜け得るか, 隠されて, 音蔵そっくり, 骨折も

▼ 傷~ (129, 2.8%)

3 なって 2 口を, 向って, 手を, 無言の, 物を, 相違ない, 臥て, 薬を, 血が, 血を

1 [106件] あまり血, うめくよう, おおわれことに, おおわれ身, おもひで, きくという, こたえる, こもる恐し, さいなまれたふたり, さわると, さわるという, したって, しちゃ, しちや短刀, して, しては, しとめまた, しみた, するよう, そのまま正気, たかる蠅, つられて, なった, なったくらいに, なった陶器, なっても, なります, なり美佐, なるの, なれた大人, はって, ひびいて, ふれて, よくない, 何か, 依つて罪, 傅次郎は, 凄婉, 出来るだけの, 勝え, 口唇を, 名代を, 向かう, 吾儕軍医が, 呻いて, 唾液を, 堪えやらず, 堪え兼ね大老, 堪え兼ね蹌, 對する, 巻いて, 布を, 幾度か, 悩む猛獣, 悩んで, 手当を, 暑気払いさせ, 東垣雑病に, 染まって, 残虐な, 気がつかなかったが, 気がつくと, 気を, 沁みて, 沁みるの, 油を, 注がれて, 注射された, 注意を, 流れる血, 添って, 湯を, 滲みるの, 無意識な, 熱を, 生きたる哄, 當て, 痛みを, 痛んで, 白鉢卷私は, 目を, 眞矢を, 絆創膏を, 繃帯を, 聲も, 膏薬は, 臥しここ, 苦しみながらも, 苦しむよう, 苦しむわたくし, 苦しんで, 見入った, 触る, 触ると, 触れたくないよう, 触れたため, 触れたよう, 負けない苦しみ, 違いない, 違いなかった, 醒めて, 醫者の, 障らなきや, 障ります, 響くの, 鼠泣きさせたい

▼ 傷ける~ (116, 2.5%)

6 ことは, やうな 5 ことが 4 ことに, もので, ような 3 事が 2 かと思う, ことなし, ことにも, ことを, やうにも, ように, 打撃に, 者死なん

1 [68件] いかなるもの, かという拡大, かと思ふ, からである, からね, ことだ, ことで, ことなく, ことには, ことの, こと甚しい, こと覚悟の, し男女, ために, だけである, ということ, という意味, とか或は, とこうなる, としても文化, と同時に, と思はれる, と考える, には十分, に十分, に堪えうる, に堪へうる, に忍び, に至らず, ので, のであります, のに, のみならず, のも, ものだ, ものである, ものでなく, ものと, ものとして, ものには, ものの, ものは, やうで, わけだ, ブルジョア達, ワケに, 刃物で, 場合が, 場合でも, 底知れぬ, 惧れ, 意志は, 所存は, 最大の, 様な, 様に, 樣に, 生命に, 短所が, 者の, 肉体と, 虞ある, 詞だ, 議論だ, 道理であり, 顔は, 鯰の, 鳥と

▼ 傷~ (103, 2.3%)

5 ないよう 4 ないこと, ないで 3 ようと 2 ざらん, たるを, ないやう, ぬ, ぬほどの, ぬ程度, ようとは, 奉るの, 身を

1 [69件] おる, ざる範囲内, じと, それが, たくない, たくない汚したくない, たるもの, たるわが, たんじゃ, ない, ないだけの, ないと, ないもの, ない作家, ない程度, ない行動, なかつたの, なくて, なければ, なんかしません, ぬよう, ぬ方法, はせぬかと, ば体, まいと, ます, ますから, またはその, やうかの, ようとの, ようとも, 世を, 之を, 今日の, 侍りアントニオ, 右と, 合いさ, 合いはたき合いつまり, 合うこと, 合うよう, 合ったり, 合つ, 合ふ, 国体の, 堕落させる, 大先生, 夫としては, 子孫の, 害ふ, 後の, 得ないという, 戦後の, 挫けさせるもの, 昨日の, 時には脅威, 次いで, 殺して, 殺し又, 火を, 猛威日々に, 石火の, 神の, 給は, 美しい性格, 脛を, 芸術としての, 荒ましめやがて, 血を, 鮮血を

▼ 傷~ (94, 2.1%)

3 を与えた 2 であつ, になった, は深かっ, をうけた, を味方, を負うた, を負っ

1 [77件] からポタポタ, から滲み出した, があり, がだ, がはやく, がひどく, が一々, が新, が癒え切っ, だったと, だったの, であった, であったこと, である, ではあった, ではなかっ, でもうけ, でも癒, で権九郎, と, となり, となる, とはなりません, ながら飛びおり, に, にはかなく, にも屈せず起き上がっ, に信長, に冷え冷え, に堪えかねた, に堪えない, に堪らず, に悶々, に身, に身動き, のはなはだしい, の容易, の深刻, の病み上がり, はない, は孫権, は癒えない, は討死, は軽い, もすく, もややよく, もわすれ, も多く, も大きい, も忘れ, も自然, より聖, をうけ, をうたう, をおさえた, をこうむり, をこらえ, をふくんだ, をもの, をゆるゆる, を与え, を与へ, を噛みこらえ, を市民, を心, を忘れ, を忘れかけ, を持った, を持つらしい, を殘, を洗っ, を蒙っ, を蒙り, を蒙る, を負, を負わせた, を逃れる

▼ 傷だらけ~ (57, 1.3%)

8 になっ 4 にし 3 だ, になった, になり 2 になる, の姿

1 [32件] だが, だそれ, だった, であつ, ではある, で娘, で顔, なので, なみじめ, な凄, にさいなん, にされ, にならず, のところ, のフィルム, の人間, の体, の地べた, の地面, の少女, の心, の机, の東京, の毀れかかった, の自分, の薄, の身体, の醜い, の顏, の顔, よ, 高い崖

▼ 傷けられた~ (52, 1.1%)

4 ような 2 と存じました, ので鬱悶苦痛一時

1 [44件] か, かのやう, ことと, ことも, ことをも, せいらしい, という憤怒, といふ事実, とか何とか, ときたちまち, とき花村に, と感じた, と見え, ので彼女, ので私, ものであった, やうな, やうに, ように, 人の, 友情の, 反動と, 口惜しさ, 名誉心と, 大家先生の, 妹の, 彼等は, 心も, 感じが, 感情で, 潮田春樹の, 父の, 素子の, 細君の, 肉体と, 胸を, 自分の, 自尊心とでも, 處女に, 表情も, 表情を, 記憶も, 負けじ, 頭脳にも

▼ 傷でも~ (48, 1.1%)

2 ないよう, 負うたらしく着物

1 [44件] あった, あったらこの, あつたら, あるの, あるまい, あるん, こさえとかにゃ, こんな時, さしたらお父さん, したら大変, したん, ついたらしくそこ, ついたらどう, ついたら取り返し, ついて, つく事, つけられちゃ, できて, どうかしなくっ, ない, ない不思議, ない刀傷, ない突き傷, なくまた, なく俗, なく刀傷, なければ, わかるよう, 付けたが, 付けたと, 付けまいもの, 出来たらやっぱり, 受けたもの, 受けたらつまらない, 受けたら毒素, 持って, 数十ヶ所縫う, 殘つてはと, 決して死ぬ, 治ったら今度, 負うよう, 負わすもの, 負わせたら泉下, 負わせは

▼ 傷~ (48, 1.1%)

2 すれば, 云ふ, 深い爪

1 [42件] いうので, いえば, いえよう, すれた, そつくりだらう, それからの, なった, なりその, なり血, まさに呼応, まさに呼應, わかつて, わからない, わかりました, ソックリで, 一緒に, 五体の, 凍えの, 刃物が, 同じ者, 小刀が, 思う, 悲しみとを, 杜と, 氣が, 泥と, 流行病の, 火傷は, 病との, 痛みとを, 癒えざる病, 目に, 睨み合せると, 破滅を, 結びあわせ, 肉の, 見て, 言つては, 負担を, 退屈の, 過労と, 金モールの

▼ 傷~ (43, 0.9%)

2 の呻き

1 [41件] から聞い, が一人, が出た, が引っ張る, が斃, と幾人, には馬, のひとり, のみが大地, の一角, の体, の側, の兄, の勇士, の坊主, の影, の浪人, の片, の狐, の番人たち, の若い, の苦し, の馬, は, はことぎれる, はそっと, は息一つ, は行く, ひし將, もある, やら行方, や死人, や病人, や病兵, を出しましょう, を劬, を抱き起し, を渡す, を肩, 坊主を, 法師は

▼ 傷~ (42, 0.9%)

3 が, ね, よ

1 [33件] からけの顔, から刺され, から請合, から骨, があと, がそこ, がそれ, がねえ, が命, が折角, が氣丈, が照吉, が血, が酒, つたと, ということ, というその, という以上, という無慙, といふ無慙, とは思わなかったろう, と内, と思う, と思ふ, な, ねえ, も負わずし, 今まで, 刀を, 実に有り難い, 眸は, 第一他人, 顏も

▼ 傷いた~ (41, 0.9%)

2 兄の, 獣の, 美保子は, 胸を

1 [33件] からだ, ことすら, ことの, そしてしかも新, という者, ところの, ので彼等, 一羽の, 両手の, 妹美保子の, 小鳥の, 小鳥を, 左眼も, 心を, 心臓は, 手で, 昆虫の, 椋鳥の, 猪の, 獣に, 私の, 空虚の, 美保子さんの, 美保子を, 翼で, 艦と共に, 足で, 道具が, 野獣が, 階級的良心の, 雉子を, 青年が, 顔面は

▼ 傷~ (40, 0.9%)

2 ござります, 人の

1 [36件] いづれに, おおわれ身動き, これは, すっかり完成, せう, その顔, それが, ついて行った人間, どうする, ひどく痛む, へたばるよう, まだすっかり癒え, よほど体, バラ掻き, 井戸端へ, 人一人殺す, 何樣凄まじい, 兇器は, 変って, 大したこと, 容貌も, 往生し, 早乙女の, 有るて, 死ぬこと, 殆ど背中, 済んだもの, 生命を, 直ぐに, 落ちるよう, 見れば, 足の, 転がって, 逃げ延, 首筋を, 鶴が

▼ 傷ましい~ (40, 0.9%)

2 事件が, 気持に, 訃報を

1 [34件] といふ, ともいじらしい, のは, ものだ, ものに, ものは, やうな, わが子の, 不調和は, 先生は, 出来事は, 友, 史蹟が, 姿だけが, 姿で, 姿に, 姿の, 姿は, 心な, 心持に, 思いに, 悩みから, 悲劇は, 悲劇を, 松の木よ, 極みである, 真弓の, 考えの, 述懐を, 運命は, 運命を, 道鏡の, 青春へ, 風物だらう

▼ 傷けられ~ (39, 0.9%)

3 て行く 2 ている, て卒倒, て殆ど生命, ながら赤面

1 [28件] かのウラゴーゴル, その上, たりと見たる, つつ行, ていた, てし, てしかも, てしまった, ては困る, てまったく, てゐる, てイケニエ, て世, て命, て感じ, て独り, て神経, はしまい, も, やすい日本人意識, んも, 一人は, 切断され, 又おだてられる, 家を, 溝の, 無性腹を, 革命の

▼ 傷では~ (33, 0.7%)

5 ない 3 ありません 2 あるが

1 [23件] あったが, ありませぬ, ありませんけれども, あるまい, すみますまい, たいへんだ, ないけれども, ないと, ないらしい, ない人, ない刀傷, ない心, ない様, なかった, なかつたけれど, なくかうして, なくて, なく血, 宮川氏は, 死にや, 死ぬまいよ, 無くこうして, 酒はの

▼ 傷しい~ (31, 0.7%)

2 光景を, 芸術家の

1 [27件] さまでに, とも恥, のは, やうな, 事べ, 事実は, 光景も, 回想の, 報知の, 後年の, 御方さえ, 悲劇の, 懺悔である, 懺悔者な, 景色が, 歴史を, 父の, 犠牲者であった, 状態に, 真実であった, 眼だ, 眼付が, 眼付を, 観察者の, 記憶の, 調子は, 運命

▼ 傷~ (27, 0.6%)

32 ながらしかも

1 [22件] おそらく傷, てその, てや少く, てパートロクロス剛勇, て助け, となり, ながら, または死んだ, を弔, 官軍将に, 斃れた, 易いこころ, 易い娘時代, 易い彼, 易い感情, 易い神経, 易く印象, 易さ, 片息に, 由子が, 轂相撃ちては, 透谷の

▼ 傷~ (26, 0.6%)

4 痛みを

1 [22件] 不幸や, 九人の, 何かは, 打撲傷で, 打身も, 機械油が, 浅傷を, 異様な, 病は, 痛みに対して, 痛みは, 皮膚病を, 目に, 矢傷を, 籠手の, 腫物の, 自分の, 苦痛の, 血のりで, 跳ねかかった泥跡, 身体の, 遊楽者達の

▼ 傷一つ~ (26, 0.6%)

2 つけずに, 負って

1 [22件] して, つかない, つけたこと, つけても, つけないで, でなく面, ないの, ないはず, なかったです, もない, も皮膚, 受けずに, 受けて, 受けては, 負うこと, 負わさない, 負わしなば, 負わせること, 負わないのに, 負わなかった, 負わなかったという, 負わなかったの

▼ 傷から~ (24, 0.5%)

3 血が 2 膿んだ

1 [19件] して, しみ出して, すべての, よしやいくら, 云えば, 出た呻吟, 出た血, 回復する, 少しずつ, 朱を, 来た淋巴腺, 毒が, 毒液がは, 流れ出た血痕, 流れ出る血, 熱を, 眞つ, 破傷風に, 私は

▼ 傷けて~ (21, 0.5%)

2 しまつ, ゐるか

1 [17件] しまった, すむ方法, それで羞, だらだらと, まだ息, ゐる, 一人を, 亡命せし, 仕舞ったん, 後来御, 拿破里に, 滅びまたは, 片輪, 牢屋に, 自重の, 行歩不自由に, 過ぎた

▼ 傷けられる~ (20, 0.4%)

3 ような 2 と恋愛

1 [15件] ことが, ことは, ことばかり, ときも, にはあまりに, のみの関係, のを, ように, 不安が, 事なく, 内供の, 女主人公の, 恐れは, 父の, 肉体が

▼ 傷持つ~ (19, 0.4%)

3 足の 2 方々が, 身には

1 [12件] 一同は, 奴は, 奴ばかり, 源助の, 父兄は, 私は, 者なら, 自分の, 身さては, 身と, 身という, 身私の

▼ 傷~ (18, 0.4%)

2 いづれの, ず水, それくらいの

1 [12件] ず, ず怒られても, それぐらいの, ない土, ない程度, ぬは, ァそれ, 太刀傷か, 槍傷か, 耳の, 運が, 鋭角性の

▼ 傷には~ (18, 0.4%)

1 [18件] かえられないほどの, かまわずただ, きかなかった, すべて関心を, たいした注意, とてもよく利く, ならないし, ならないの, ならないよ, なりません, なりませんでした, なんの, ほかの, やはり温泉, 各々戦闘, 疼痛は, 違いない, 重要性が

▼ 傷~ (17, 0.4%)

2 ていた, ている, てゐた

1 [11件] てももう, てゐる, て倒れた, て失敗, て居る, て敗退, ところである, 愛は, 気の, 活溌敢為の, 自ら殺す

▼ 傷負い~ (17, 0.4%)

1 [17件] が苦しまぎれ, と戦死者, と枕, と織田衆, の名, の手, はその, はたとえ, はのこらず引っ立て, はまさしく, は数, をおいた, を扶, を拉し, を蹴, 数名を, 馬など

▼ 傷~ (13, 0.3%)

1 [13件] い死や, さが, さに, さの, さは, さを, そうな, て之, て今, て再発, て血, と哭かぬ, と眺め

▼ 傷つくる~ (13, 0.3%)

2 ことを, な 1 ことなし, こと甚だ, そんな不心得, にあらず, に甚だ, に足らね, は古人, もので, よう竹槍を

▼ 傷です~ (13, 0.3%)

2

1 [11件] か, かこちら, からよく, がそれ, が是, しやはり, ね, の, よゥ, よ胸, 医者は

▼ 傷まし~ (13, 0.3%)

3 さに, さを 2 さから, さが 1 かつた, さ, さかも

▼ 傷~ (13, 0.3%)

1 [13件] で皮, に繃帯, の窓, へ手, も充分癒, よりいでたる, を包帯, を檢, を結えた, を見, を見せ, を調べ, を調べました

▼ 傷けたり~ (11, 0.2%)

2 すること 1 しない程度, する権利, または人, 不快に, 世間の, 泥に, 脅かしたり, 虐めたり, 陥れたり

▼ 傷~ (11, 0.2%)

3 のです 2 のだ 1 ので, のである, ものである, んだ, んです, 先生を

▼ 傷らしい~ (11, 0.2%)

3 ものは 2 ものも, 傷は 1 な, もの, ものが, 跡は

▼ 傷~ (11, 0.2%)

2 に至らず 1 ことあら, ことを, こと攻戰の, こと此實録より, ぞ是非, といふ蛇, やうな, ような, ように

▼ 傷~ (10, 0.2%)

2 たるの 1 ことである, ことなかりし, ことの, こと夥しく, の憂い, よりも此方, 恐れが, 率が

▼ 傷ひとつ~ (10, 0.2%)

2 なかった 1 してないん, しやへんの, でも絶命的, ないじゃ, 受けなかったのに, 負わず救い出されたの, 負わせても, 負わなかった

▼ 傷養生~ (10, 0.2%)

4 をし 2 は口実 1 が案外, せい, のため三週間, をいたせよ

▼ 傷さえ~ (9, 0.2%)

1 うけた様子, うけて, しなければ, どうにかなれ, 付かないらしい, 受けたほどの, 受けも, 拵えた, 浸けねば

▼ 傷くる~ (8, 0.2%)

1 な笛, に在りし, に在る, に於, もので, 等に, 者に, 限りは

▼ 傷けず~ (8, 0.2%)

2 流石は 1 にはすむまい, に各自, に東京, 之を, 何等世間, 正々堂々と

▼ 傷した~ (8, 0.2%)

21 からお父さん, から僕, きりであった, のん, 事や, 鳩は

▼ 傷じゃ~ (8, 0.2%)

1 ありません, ありませんぜ, ござんせんか, その傷, ない, ないから, ないでしょうか, ねえぜ

▼ 傷なら~ (8, 0.2%)

1 あっしだって, ぎっちょでねえ, ば吾, 下向きに, 二百石や, 今以て, 急所を, 眞つ

▼ 傷~ (8, 0.2%)

2 所以である 1 には至らざりし, に至らしめ, の恐れ, を以て人類, を禁ぜざる, 的の

▼ 傷より~ (8, 0.2%)

1 お墨附, 出る血, 敵に, 此は, 深紅の, 滴る, 目を, 血が

▼ 傷~ (8, 0.2%)

2 しゅうて 1 しく思い今日, しく食事, しゅう, ず, ずと, ぬ為兎

▼ 傷~ (7, 0.2%)

1 ことは, ところは, ロマンティシズムで, 何故に, 獅子伏す, 總帥の, 者はなはだ

▼ 傷けん~ (7, 0.2%)

2 ことを 1 という心, とおもう, とはなせし, も口惜し, 事口惜しく

▼ 傷だけ~ (7, 0.2%)

3 ならば 2 では 1 だ外, ならな

▼ 傷まで~ (7, 0.2%)

1 お治, つけて, つけられたの, 付けられた上, 彼は, 拵へて, 附けさせて

▼ 傷付い~ (7, 0.2%)

3 ている 2 て痛々しく 1 ていない, てゐない

▼ 傷である~ (6, 0.1%)

1 ありがた味が, からかも知れない, ことは, ことを, その場合, のは

▼ 傷にて~ (6, 0.1%)

2 目は 1 お立合, 対手を, 盲れ, 買いに

▼ 傷~ (6, 0.1%)

1 が売れるだ, などを塗っ, をつけ, を取り出しました, を買っ, を貼

▼ 傷けた~ (5, 0.1%)

1 かといふこと, かは想像, とのこと, 当の相手, 憎ッ

▼ 傷であった~ (5, 0.1%)

1 から理由, が富士額, とみえ, と分る, のか

▼ 傷でございます~ (5, 0.1%)

2 から死骸 1 からもう, これは, ゆえお

▼ 傷ましげ~ (5, 0.1%)

1 な枝, に, に光つて, に奏し, に彼

▼ 傷からは~ (4, 0.1%)

2 血が 1 なお血, 癒えないよう

▼ 傷けたの~ (4, 0.1%)

1 が事実, だ, である, は本当に

▼ 傷けられたる~ (4, 0.1%)

1 かの痛苦, が如く感じた, ものに, 事なきに

▼ 傷しく~ (4, 0.1%)

2 惨に 1 後の, 想像させる

▼ 傷~ (4, 0.1%)

3 やない 1 やねえ

▼ 傷といふ~ (4, 0.1%)

2 のは 1 ものだらう, ものは

▼ 傷にも~ (4, 0.1%)

1 ならなくて, 屈せず元気, 拘わらず思わず, 顛倒し

▼ 傷ましき~ (4, 0.1%)

1 ことの, 別離を, 時代が, 躁宴の

▼ 傷もつ~ (4, 0.1%)

2 脛の 1 足で, 身

▼ 傷~ (4, 0.1%)

1 てあはれ一山風, てより, 天下の, 家を

▼ 傷付いた~ (4, 0.1%)

1 この心, 体を, 彼この, 手足の

▼ 傷~ (4, 0.1%)

1 のいたみ, のよう, の歌, をいたわり慰めたであろう

▼ 傷うけ~ (3, 0.1%)

1 て, て不思議, て頭

▼ 傷ぐらい~ (3, 0.1%)

1 受けたて, 大したこと, 負わせて

▼ 傷けたこと~ (3, 0.1%)

1 から誤っ, がある, がひろ子

▼ 傷けながら~ (3, 0.1%)

1 その人, まだ飽きたら, 高めたり

▼ 傷そのもの~ (3, 0.1%)

1 の不便さ, は小さい, よりもむしろ

▼ 傷とを~ (3, 0.1%)

1 比較調査いたします, 見比べ見ながめじっと, 誰かは

▼ 傷などを~ (3, 0.1%)

1 出して, 見せて, 負って

▼ 傷ばかり~ (3, 0.1%)

1 だが, であった, でありました

▼ 傷ふこ~ (3, 0.1%)

1 とあるを, ともありつれ, と勿

▼ 傷よりも~ (3, 0.1%)

1 切り傷よりも, 楊弓の, 短刀の

▼ 傷られ~ (3, 0.1%)

1 ていた, 梢に, 給ひし

▼ 傷~ (3, 0.1%)

1 て眼, て身, 腸裂け

▼ 傷わっ~ (3, 0.1%)

1 て, て其の, て遣ろう

▼ 傷供養~ (3, 0.1%)

1 もしみじみ, もずんと, らしい傷供養

▼ 傷~ (3, 0.1%)

1 が又, とともにその, の主任

▼ 傷あり~ (2, 0.0%)

1 てその, と心付かぬ

▼ 傷うたこと~ (2, 0.0%)

2 がございません

▼ 傷うの~ (2, 0.0%)

2 は自然

▼ 傷けし~ (2, 0.0%)

1 が別に, を聞き

▼ 傷けたため~ (2, 0.0%)

2 に母

▼ 傷けたもの~ (2, 0.0%)

1 かひどく, である

▼ 傷けた者~ (2, 0.0%)

1 は死罪, を刺し

▼ 傷けては~ (2, 0.0%)

1 ならぬ, 困るが

▼ 傷けねば~ (2, 0.0%)

1 やまぬと, よいが

▼ 傷けは~ (2, 0.0%)

1 しなかったかと, しなかつたかと

▼ 傷けむ~ (2, 0.0%)

2 とし

▼ 傷けられし~ (2, 0.0%)

1 名残なり, 諸將軍

▼ 傷こそ~ (2, 0.0%)

1 あるべきが, うけなかったが

▼ 傷~ (2, 0.0%)

1 にお蔦, の限り

▼ 傷しか~ (2, 0.0%)

1 つかなかった, もって

▼ 傷しめた~ (2, 0.0%)

2 か分らない

▼ 傷する~ (2, 0.0%)

1 に非, 雄雀

▼ 傷そう~ (2, 0.0%)

1 であった, に爛れ

▼ 傷だった~ (2, 0.0%)

1 がその, ぜ

▼ 傷だの~ (2, 0.0%)

1 ズボンの, 打ち傷を

▼ 傷だろう~ (2, 0.0%)

1 か, と思う

▼ 傷つひ~ (2, 0.0%)

1 に, にふさがるなれ

▼ 傷づいた~ (2, 0.0%)

1 手に, 胸が

▼ 傷づける~ (2, 0.0%)

1 ぐらゐは何でも, ばかりで

▼ 傷でした~ (2, 0.0%)

1 がショック, ね

▼ 傷という~ (2, 0.0%)

1 のは, やつであっ

▼ 傷ながら~ (2, 0.0%)

1 まだ這う, 数ヶ所の

▼ 傷など~ (2, 0.0%)

1 どうだって, 受けて

▼ 傷などは~ (2, 0.0%)

1 どうあろう, 忘れたよう

▼ 傷なんか~ (2, 0.0%)

1 ありませんでした, 大したこと

▼ 傷なんて~ (2, 0.0%)

1 えもの, 案外直り

▼ 傷にかけても~ (2, 0.0%)

1 この謎, 御いや

▼ 傷にでも~ (2, 0.0%)

2 触られるよう

▼ 傷によって~ (2, 0.0%)

1 死したる如く, 死んだもの

▼ 傷~ (2, 0.0%)

1 届いたと, 眼を

▼ 傷また~ (2, 0.0%)

1 この二つ, 傷

▼ 傷らざる上品~ (2, 0.0%)

2 で痛々しい

▼ 傷られる~ (2, 0.0%)

1 うちに, ところを

▼ 傷わし~ (2, 0.0%)

1 い目, や

▼ 傷ツキ七分~ (2, 0.0%)

2 デ沈没シタ

▼ 傷一つ負~ (2, 0.0%)

1 はない, はなかつた

▼ 傷~ (2, 0.0%)

2 の悪者

▼ 傷~ (2, 0.0%)

1 いたれ物怪, られた時

▼ 傷以上~ (2, 0.0%)

1 ならば, の罪

▼ 傷~ (2, 0.0%)

1 はある, をお

▼ 傷個所~ (2, 0.0%)

2 を見しらべました

▼ 傷~ (2, 0.0%)

1 をさし込むべし, を検め見れ

▼ 傷~ (2, 0.0%)

1 せしむるが, と国債

▼ 傷~ (2, 0.0%)

1 なんかした, をした

▼ 傷杜景死驚開~ (2, 0.0%)

2 の八部

▼ 傷死者~ (2, 0.0%)

1 の多かっ, を埋めた

▼ 傷~ (2, 0.0%)

1 はどう, は徳力屋

▼ 傷~ (2, 0.0%)

1 に這入らぬ, をつけられ

▼ 傷~ (2, 0.0%)

2 を埋める

▼ 傷重く~ (2, 0.0%)

2 して

▼1* [266件]

あの黒い吐血, 傷ありで魏にとっては, 傷あわせて五百余名, 傷いたらしい体を, 傷うけたる男らも, 傷うたか, 傷うた事も心づかず, 傷うた者は黒玉, 傷うなるべしさても, 傷うもまた大, 傷えるかとのみいい, 傷かも知れないと, 傷からの血だ, 傷がちやんと, 傷がなほると, 傷きし翼によろめき, 傷きたる猪の, 傷きめぐる観覧車, 傷き倒れたるを介抱, 傷き死する者も, 傷き眩む生おびえ, 傷き裏切る故に, 傷くしてくる, 傷くまじきに, 傷くも分く, 傷くらゐ負, 傷くるあれば必ら, 傷くる能わずと思っ, 傷くれば一種, 傷く厳しい時間は, 傷ぐちを洗, 傷ぐらいですむの, 傷けこそすれ官僚, 傷けしものをとお, 傷けし時君が打明け, 傷けず苦しめずにおく, 傷けたそうだが, 傷けたときの感想, 傷けたようだと, 傷けたりと知られんこと, 傷けたんだね, 傷けた事件に就い, 傷けた人に對, 傷けた原因をなした, 傷けた唇はひどく痛々し, 傷けた坂下門事件薩藩内部の同士討, 傷けた山鳩は怯, 傷けた恨みはさてさて, 傷けた為め暗殺されたの, 傷けた種牛が上田, 傷けた話など神, 傷けた警官隊の弾痕, 傷けてさえいる, 傷けても威張って, 傷けられずうちのめされていない, 傷けられたくないのである, 傷けられたれば重, 傷けられてると思っ, 傷けられなくて済む, 傷けられなければならぬ, 傷けられ怒っていた, 傷けられ死にながら生きなけれ, 傷けられ殺された人も, 傷けられ踏みにぢ, 傷けんやと気強く, 傷こわかろうが, 傷さえもない, 傷された時を, 傷さ情事となる, 傷しい寝姿では, 傷しく存じ上げ候, 傷しく思はれるのであつ, 傷しすぎるものが, 傷しみて松が枝, 傷しめる夕暮れ時に, 傷じゃろう間が, 傷すべてふさがれば, 傷せめてこう致して, 傷その子供たちの, 傷その他が全然, 傷それから紫斑が, 傷ぞやみな焔に, 傷た振るる苦患の, 傷だけで助った, 傷だしてみる, 傷だってつまり何だ, 傷だらけおまけに足袋, 傷だらけそれがお, 傷だらけぢやありません, 傷だらけ千之助は飛ん, 傷だらけ泥だらけになっ, 傷だらけ腕はミヽズ腫れ, 傷だらけ血だらけの頭, 傷だらけ違い棚にあった, 傷った血の, 傷っ付けたんだ, 傷つきもし, 傷づかない程度で, 傷づく行為である, 傷づけても血, 傷づけられて, 傷づけられた民族の, 傷づけられまい爲に, 傷づけられることによって, 傷であって両側, 傷でございましたわね, 傷でしょう本当に恐ろしい, 傷でとッち, 傷でないことも, 傷でなくうしろから, 傷でなければ一寸, 傷で無いと分る, 傷といふは石か, 傷とかいうものは, 傷としてえりこまれた, 傷との食違ひ, 傷とは三歳児でも, 傷とも言ふべき, 傷どころが癒, 傷なうものとか, 傷なぞある筈, 傷なっても自身独立, 傷なったらその身, 傷などのあるの, 傷などもよく見ました, 傷ならしばっとけばええ, 傷なりと同人の, 傷にすら特殊な, 傷について話だした, 傷についても公人としては, 傷にては彼の, 傷にとって何の, 傷にばかり目を, 傷によるのじゃ, 傷に関する考察を, 傷ていた, 傷ねず問うてこれ商人, 傷のちき, 傷のできっこは, 傷はず來りて, 傷はれてこの, 傷て, 傷ひいはば幻滅, 傷ひたる旨言ひ, 傷ふくわが季節, 傷ふものと, 傷ふわざぞとて日の, 傷かに, 傷ぶり復讐を公認, 傷ほかにもあるらしい, 傷まけをしない, 傷ましがるような, 傷または打ち傷らしい, 傷までがまた疼き出し, 傷までは負わぬに, 傷までもつけられた私, 傷みそ彈くに妙音の浪白銀, 傷むおもいを共にした, 傷もたぬ紳士よ, 傷もって天上, 傷もつともつと大きかつ, 傷もろともやおら, 傷やらありますが, 傷ゆえ長く苦しませる, 傷ずといふ, 傷らざるの孝子, 傷らしめんと, 傷らしく生温かい, 傷られたまひし, 傷られむことを恐れ, 傷わしくも御遺骸, 傷わしげに宮, 傷わしさが身, 傷わしそうに楓, 傷わるに秀子, 傷われて見る, 傷をと言うわけ, 傷をも受けしなれ今, 傷アトぐらいは考えられる, 傷この場, 傷急ニ化膿シテ死ン, 傷クルコト鋒刀ノ如シ, 傷クルノミナラズ或ハ意外, 傷ケザルモノナク日露戰爭ヲ以テ, 傷コッソリ光子さんに見られ, 傷ズキズキと痛みだす, 傷けるやう, 傷ツケルヨウナコトガアッタラ大変デアル, 傷ツケル糧ヲ曝シテ, 傷マザルハ非ズ, 傷メル河河ニ額ヲヌラシテヰルノダ, 傷一つ誰にもつけた, 傷一ツなかった, 傷一ヵ所右御たずね, 傷一ヶ所は腹, 傷一本染めみだれひと筋, 傷二ヶ所顔に薄い, 傷五穀如何如何霊而不幸殺牲以賽神霊而則, 傷付くかもしれない, 傷以来体中に波うっ, 傷休驚の三門, 傷何と心得おるか, 傷光らして静か, 傷其処此処に擦傷等, 傷の回復, 傷冴えやかな, 傷出来るはずあれへん, 傷刀傷です, 傷になろう, 傷を開け, 傷すべしふかく, 傷多分声も, 傷女出入りで受けた, 傷対手に治右, 傷引掻き傷の, 傷引敷かれ居る棘, 傷彼ひとりだけが感ずる, 傷披露に, 傷悲憤に堪えなかった, 傷に衝き入られ, 傷所数知れず其内, 傷手段で戦線, 傷せんというは, 傷抱きしめてキッ, 傷の歌, 傷敗けをしない, 傷のいや, 傷春乱酔半生をまったく, 傷春自棄私が落語家, 傷つ二人, 傷柄手を朱, 傷槍傷を負い, 傷した人, 傷死す次に広元朝臣亭, 傷死人を埋めた, 傷殺されずと, 傷がかったしわがれ声, 傷浅傷の槍創, 傷療治をしなけれ, 傷療養の土地, 傷癒して進ぜよう, 傷癒ゆと, 傷な響, 傷的気分の中, 傷眉間の真ン中, 傷知らぬような, 傷破してすなわち, 傷破れて血, 傷秘めよと袖, 傷に突き傷, 傷胆力ならば, 傷脱落者をのぞき, 傷薬これをお, 傷あさる, 傷のやう, 傷衣裳戸棚の中, 傷負える人の, 傷負天堂勇なりといえ, 傷貸してやる, 傷の将, 傷金創の入湯客, 傷附いた船は, 傷附けたる大胆者讐返という, 傷を見せ, 傷から頬, 傷や廃馬