青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「傳~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~偶然 偶然~ ~傍 傍~ 傍ら~ ~傘 傘~ 備~ 備え~ ~傳
傳~
~傷 傷~ ~傾け 傾け~ ~傾向 傾向~ 傾斜~ 僅~ ~僅か 僅か~

「傳~」 4513, 49ppm, 2389位

▼ 傳~ (303, 6.7%)

11 に曰 6 がある, によれ 4 によれり 3 である, による, に據, に曰く, を傳説, を取り

2 [18件] からの引喩, があつ, が生れた, だけの話, としての意味, となつ, との間, と實相, などの合理化, にもとづき, によれる, のある, の上, の中, の味, の方, の時代, は傳説

1 [222件] ありこの, ありと, あるに, から來, から全く, から堯舜, があり, がない, が一時傳つて, が一部, が世間, が又, が大, が太古, が夭折者, が實, が實際, が教, が有, が有り, が歌, が殘, が漸次, が無い, が甚だ, が生ぜ, が生れ, が眞面目, が確か, が種々, が結びつき, が織り込まれ, が草木, が行, が隨, せられ新, たる所以, であ, であつ, であらう, ですから, でないこと, では右, では支那, では最初, では神功皇后, では自分, では藤原冬嗣, では齊, でもさ, でもない, で其以前, と, といふ, とが同, とが如何なる, として取り, として好く, となる, との比較調査, とはどう, とは曾, とは言, とをうたつた, とを作つた, とを側面, とを結び合せ, とを見つめ, とプルウスト, と三保, と事實, と共に傳, と同種たる, と橋立傳説, と歴史, と比治山, と異なれり, と空想, と結び, と開國後日本, などに親しみ, などは僻地, などは其の, なり, なりに於, にあらはる, にある, にかたどり, になつ, になつて作り話化, には先祖, には隨分詩的, には高句麗, にまで及びました, にもあります, にもつ, によつて, によりてこ, によりて幽, により中古, によるの外, に依ります, に借りる, に史蹟, に囚, に因, に因み, に多かりき, に存, に就い, に往昔西宮, に從, に文飾, に附會, のお, のやう, のよう, の一番最初, の世界, の人物材料, の人魚, の傳説, の出來, の土, の多い, の大, の大日如來, の如き, の姫君, の巨木, の徒是, の朝鮮二一二頁, の盛ん, の相違, の神, の美人, の耶馬臺, の苗代, の行, の見える, の謬, の重要, はあれ, はふた, は一層, は人形, は佐渡, は前漢時代, は同感, は商, は國民, は多く, は大海溟渤, は孔子以前, は平凡, は幼少, は廣, は後人, は極めて, は此自然的現象, は殷, は疑ふべき, は禹, は空しい, は誤で, は貴い, は雷電, は頗る, ばかりで出, ばかり多い, まで出, めいたもの, めいて, めくほど, もあり, もこの, も同じ, も有り, も眞, やグウテンベルグ, や小説的, や附會, らしい材料, をうたつた, をお, をもつ, を事, を作りあげ, を其儘, を含んだ, を土臺, を思ひうかべ, を思ひ出し, を打消すべき, を批判, を持ち出した, を指す, を探, を援, を攝取, を有する, を有り得べからざる, を比較的, を澤山, を研究, を紛らした, を聞かせ, を聯想, を自分, を裏切つ, を言, を認め, を語る, を道化, を闡明, を除い, を骨, 並びに歌謠, 亦委陀, 及び其藝術的感情, 第二, 若しくは記録

▼ 傳~ (292, 6.5%)

2918 たもの 12 たの 7 曰ふ 5 られる 4 たるもの, られるところ 3 なければ, られると, 言ふ

2 [19件] させる筈, しもの, その御代, たいと, たいといふ, たが, たので, たる, た淨土, なかつたまで, なかつた氏, ねば, む, られるの, られる御方, られる限り, 來る, 聞いて, 語りついで

1 [166件] いふアーサー, いふ初め, いふ宗祖親鸞, うるため, きいて, きき, きく人, ぎきでもしたから神經に, けむ, ける, さした, ざるべからざる, しこと, しにや, しませう, しむ, しめた斯く, しめん, しを, し人々, し壁畫, し文, し槍, し眞, すること, する冷泉, ず, ずしてか, ず建長三年頼嗣廢, その嫌疑者, その崇禎十五年, それに, たこと, たことは, たことも, たそうです, たるさまなり, たるなり, たるを, たるコロボックルの, たる事實ある, たる人に, たる口碑第, たる物を, たる遺曲, たれど, た徳川時代, た河村清雄氏, た震旦, た韓方明, だからと, てあつた, てない, であります, でありますから, であるか, ない, ないで, なかつたの, なさい此處, にくいが, によつて, ました, ましたが, ます, ますが, ますと, むことは, むと, むとする幸福は, ようだが, られざりし爲, られない, られなかつたので, られるかと, られるが, られること, られるつまり, られるので, られるやう, られる位, られる日これ, られる時, られる機縁, られる筆捨, られる話, られる資格, られる點, る報道である, 一昨夜根岸町柏原田中佐市, 下さい, 下され度候, 併せて, 來つた説を以て, 候ところに, 其名を, 其家に, 南部を, 又も, 各々其國, 囘暦百七十八年, 墨これを, 天下と共に, 如何樣, 居る事, 川柳その他の, 度き, 得たもの, 得ないこと, 得ない世界, 得ぬ樣, 得るまでに, 我邦に, 指導した, 支那の, 教に, 智はたらき, 曰へ, 更に日本, 段々と, 清淨の, 疵口の, 相別, 神の, 空海は, 給ひき, 給へ, 給へと, 而し, 聞いたおり, 聞いたもの, 聞いたマルコ, 聞いた國民, 聞いた平次, 聞いた所, 聞いた日, 聞いた細川家, 聞いた菊五郎氏, 聞かれて, 聞きそれ, 聞きたる賢者愚者, 聞きて, 聞きゐたるため, 聞き一見, 聞き之, 聞き或, 聞くところ, 聞くに, 聞くのみ, 聞くより, 聞くらく此河, 聞く其明け, 聞く唐土長安, 聞く漢, 聞く近頃, 聞て, 聞奉り, 聽い, 致して, 若くは, 衆迅速に, 行き, 説といふ, 諸侯が, 讀んで, 難き

▼ 傳~ (274, 6.1%)

29 つて居る 13 つてゐる 11 つて來た 8 つて, つて來る, つて居ります 6 つて來て 5 つたのは, つて居つた, つて居らぬ 4 つてゐた, りて 3 つたのである, つてその, つて行く 2 して, せたの, つたといふ, つての, つてゐます, つて居りませぬ

1 [147件] うとも, おとなしい娘, お勝手の, このあたり, こんな記憶, されましたよ, しむ, すいと, すると, せた, せたが, せたと, せたら半日, せたり, せながら, せ夜, たぶん魏略, つたお寳, つただらう, つたのだ, つたので, つたのでありませう, つたのです, つたのも, つたゴンドラが, つたニポール西藏の, つた些細な, つた佛教に, つた千兩箱の, つた南蠻祕法の, つた古人の, つた品の, つた大, つた如くに, つた威尼知亞女姫御前よ, つた對の, つた後ち, つた思想で, つた打撃の, つた書籍で, つた由緒ある, つた皇室關係の, つた紋附と, つた細田屋の, つた者が, つた起源であります, つた面白い, つてある, つてお, つてこの, つてそこに, つてそれから, つてどう, つてなかつた, つてもう一度, つてゐない, つてラアネフスカヤが, つて下へ, つて亞拉比亞から, つて人波は, つて以來隨分當時の, つて來てから, つて來ぬ, つて僧侶の, つて全身を, つて其の, つて出る, つて出口の, つて前の, つて危ふく手摺から, つて和助の, つて回教の, つて土間の, つて天井に, つて密教の, つて居, つて居たら, つて居ない, つて居らない, つて居りました, つて居りません, つて居れ, つて巣鴨大塚駒込界隈一圓の, つて度々, つて往つたのは, つて慶長, つて最近の, つて朱子學派である, つて枡屋の, つて枳殼垣が, つて枳殼垣を, つて此等新, つて此處へ, つて流れた, つて清新溌剌な, つて澤山の, つて猿の, つて聞え, つて自分の, つて舞臺の, つて蘇州の, つて行きました, つて行つた, つて西洋に, つて走る, つて降り, つて降りました, つて降りる, つて隣り, つて靜かな, つて飛降り, まず袁紹, みな似, る昔, 下の, 主として魏, 事實を, 今煩, 伯夷の, 公羊傳國語晉語呂氏春秋過, 公羊傳韓詩外傳國語晉語呂氏春秋行論篇などに, 公羊穀梁二傳國語晉語などに, 其處で, 劉向の, 北朝は, 史學だ, 單に, 囃方で, 圖を, 多くその, 大體, 年代も, 年月によ, 恐らく三家詩以後, 易の, 昭和七年氏の, 桓帝の, 楊雄の, 殆ど語りつくされ, 淨土宗全書第, 無かつ, 發智論第, 盤河橋畔の, 眼を, 福地源一郎の, 經典に, 詳か

▼ 傳~ (217, 4.8%)

19 に來 15 をし 6 をする 5 に行つて

2 [12件] てわが, にやつ, に南, に參, に奧, に川千鳥, に行く, に降り, に離屋, をした, を情夫, 旁

1 [148件] があつ, たり, て, てい, ていよ, てお, てかへり, てくだり, てこぼれ, てむく, てめぐれり, てゆくべし, てよき, てエムピレオ, て上り, て上る, て下る, て冷たく, て出, て動く, て吉備, て土間, て幸, て我, て我等, て所謂榛原, て昇つた, て東, て柄, て段々, て清く, て火, て直, て科野, て船, て落, て行く, て諸, て走り, て進み, て進む, て遂に, て騰る, ながら一晩泊つて來, ながら耳, など, などに來, などをし, など致しました, に, にい, にお, におり, にお勝手, にこの, にでも行く, にのみ進んだ, にゆく, にグルリ, にバタバタ, に上, に下り, に二つ, に二階, に便り, に先, に入, に出, に別棟, に半, に右, に向, に土藏, に埃, に娘, に家, に寄越し, に密, に小松原, に廻つて來, に影, に彼, に往來, に忍び寄つ, に手近, に杉戸一枚, に歩い, に歩き出し, に江戸, に泉水, に玄關, に登れない, に私, に續, に自分, に船, に行け, に行つた時, に行つた段梯子, に行つて泊, に足尾, に足音, に近づき, に逃げた, に逃げ出した, に釣臺, に開けた, に隣, に雇, に頻々, に頼みました, に風呂場, に駈け, のお婆さん, のこと, の人達, の方, の近道, の道, はさせられまい, は出, は差支, は海老床, をさせ, をさせられます, をさせられる, をやつ, を加, を北, を歸, を皆, を頼みました, を願, 一列と, 三町ばかり, 二人限で, 二町三町町名は, 來り, 天窓を, 岨を, 差向き主人が, 帳場も, 手には, 日も, 水を, 汝を, 海軍御用商人の, 蔭つた庭の

▼ 傳へて~ (163, 3.6%)

22 居る 9 ゐる 8 居ります 6 來た 4 ゐるの 3 居るが 2 ゐた, ゐると, 呉れと, 居ない, 居るの

1 [101件] ありますが, ある, あるもの, ある通り, おいて, おかうと, きた, くれます, くれるもの, くれるやう, さうし, ぜひとも帝, のち, はてあらず, ひよい, やつた, ゐたこと, ゐたの, ゐたやう, ゐて, ゐても, ゐない, ゐます, ゐるか, ゐるかを, ゐるので, ゐるやう, ゐる事柄, ゐる人, ゐる勾玉, ゐる數字, ゐる現代, ゐる義光, ゐる間, ゐる隨筆, 一種の, 上は, 下さい, 之を, 云はくむかし年久しく, 今日の, 以來黄岡縣の, 來い, 來る, 働きの, 呉る, 呉れる人々, 地に, 妖怪と, 宦官を, 居たの, 居た數術, 居た豐原統秋, 居つた唯一, 居つた關東, 居ます, 居らぬ, 居ります山, 居りませぬ, 居りまた, 居るもの, 居るやう, 居る中, 居る人, 居る國民, 居る天菩比命, 居る職, 居る資料, 居る重要, 差支ない, 彼のみを, 彼等の, 我官を, 折々さまざま, 持つて, 斯くて, 曰く星亨の, 有樂會, 次の, 殆ど喪中の, 殘つてきたの, 然かも意識, 玉子も, 理解した, 甘んずべきでは, 田圃や, 盛んに, 石器時代の, 神は, 經學は, 翌る, 而し, 船頭は, 行くの, 貰ひ, 貰ひたい許り, 身には, 遺憾が, 還られました, 降る雨, 面白い

▼ 傳~ (155, 3.4%)

6 中に 3 解釋に 2 下に, 中には, 中にも, 如きは, 學問を, 序に, 後に, 文化を

1 [130件] いかめしき王笏手, ことば, ことを, ごとく僞, それも, ために, ため土地の, ところに, やうな, をがたま, ヂパングに, 一部と, 三世思想でありまし, 上に, 上疏を, 中で, 中玄照の, 事實に, 人々が, 人と共に, 佛典には, 作者なる, 信じ難い, 信憑すべき, 働らくドン, 内容即ち, 内左傳も, 出來る, 刀子だの, 前後の, 叔母さんが, 叺に, 嚴重な, 四百餘里といへる, 土俗學的考察, 基を, 基礎に, 堯の, 外に, 多くが, 大食國の, 如きもの, 如き即, 如き大著, 如き恐らく最も, 如く他, 如く技藝天, 如く編年によ, 如く重盛, 學問が, 學問の, 學者に, 學説とも, 宣公十五年初税畝の, 家康に, 弟子を, 志羅川夜船に, 意である, 成立の, 手文庫でし, 手段が, 手法に, 投馬に, 文に, 文には, 文より, 文一通それすらも, 方が, 方に, 方へでも, 智を, 本で, 正確なる, 正義には, 死んだの, 江戸兒は, 法が, 法としては, 法に, 法句は, 法句經即ち, 波に, 洒落れた叺, 煙草入を, 爲で, 爲めに, 状を, 生れた家, 神通もて, 禪宗を, 第一章, 第四卷, 筆を, 精神は, 經である, 總序として, 舅出の, 舊文では, 舜典が, 色に, 英譯が, 著には, 著者で, 藥草にて, 行程を, 襄公九年に, 觀方ばかり, 解釋が, 解釋と, 記事も, 記録された, 註に, 説に, 論に, 諸説の, 譚や, 遊び友達で, 運動に, 道具では, 遺義, 金剛智三藏の, 間に, 閔公の, 隱公五年初獻六羽の, 飜譯を, 首に, 體で, 體裁である, 魯の, 黒檀の

▼ 傳~ (149, 3.3%)

6 來て 5 よると 4 よれば, 出て, 見えて 3 よりて, 據る 2 列し, 於て, 見ゆ

1 [114件] あきたらざる所, あつた, あの長篇小説, ある, かかる, して, しるし, する合言葉, たのみたいと, なかつたの, なつて, なり金座, なると, はきまつた例, みる青木昆陽, よこさうかと, サレー・ペイガムバール上人此所を, 一支及倭國の, 下の, 不彌, 之を, 二箇所あ, 今少しく, 來た, 來てから, 來る, 依つて, 依つて言, 依ると, 入るる以上, 入れないの, 利用された, 劣らぬもの, 努める事, 在る天正頃琉球, 基づく, 増加したる, 始まつて, 始めて父母, 姫君の, 存し, 安息國, 專傳を, 幾ばくの, 引用されてる, 引當て, 彌三郎, 從へば, 据る, 據り, 據れ, 據れり, 斯う, 於いては, 於ても, 明記する, 春申君が, 是の, 曰く一二二四年フランチェスコアヴェルノの, 曰く死の, 曰く義に, 書いて, 有名な, 杜預, 渡したから, 滑國即ち, 異ならぬ, 當つて類似の, 當時の, 示せる方向, 示せる里程, 神代紀の, 精しかつ, 聞いて, 聞きつる如くおとなびて, 聞きまして, 聞けり, 臨, 自ら然, 至りては, 與へ, 般若三藏の, 行く, 行つていろんな, 見えたもの, 見えたるが, 見えたる倭國, 見えたる里程, 見えた魏, 見えるも, 記されたる里數, 記す所, 記せる千里, 詳しく載せ, 論ぜし如く, 載せたる事實, 載せて, 載せられず頑固, 載せられて, 載せること, 載つて, 辿, 追從, 送る薄色, 過ぎざること證明, 過ぎなかつたとわかつて, 遣つた, 遣つて, 關する, 關心を, 附帶し, 附載され, 隋開皇中云々の, 韓宣子が

▼ 傳~ (137, 3.0%)

8 して 6 のもの 4 の歴史 3 したもの, の年代 2 したこと, したの, に就い, に關, の土地, の田地, の相違, 正しいらしい

1 [97件] が主, が多く, した, したと, したといふ, した以上, した兩度, した兵法, した帝紀, した師説, した文化, した時代, した法, した種々, した西域, してから, しルッカ市聖マルチーノ, し波蕩風響, する間, せぬから, せる日本固有, せる精神, である, であるか, ではよく, では忠誠, でもと, で無く, で職, といふこと, といふ由緒, とそれから, との交錯状態, と共にバプテスマ, と思はるる, と重大, と隋末唐初, において自然, には未だ, による材料, に負, の, のしきたり, の上, の佩刀, の古家, の合併, の大, の大した, の家, の家寶, の將, の島, の形, の形式, の思想, の所謂恆産, の技術, の文物, の昔, の書, の樣式, の歴史的關係, の法, の浪人, の海中仙山, の濫觴, の男立, の異同, の眞蹟, の硬玉, の磁器皿, の秘佛, の空想, の糠味噌樽, の繪, の蓄積, の衣冠, の複合, の語法, の説, の財産關係, はさまざま, は多分, は正しから, は隋唐二代, も分り, を取り入れ, を知るべき, を總集, を見る, を記した, を重んじ, を重んずる, ノ民族主義ナリ, ノ舊套, 正しき

▼ 傳へられ~ (126, 2.8%)

42 て居る 35 てゐる 6 てゐた 4 て來 3 てゐない 2 て居つた

1 [34件] これに, その百年後, それに, たしかに私, てあ, てあります, てある, てから自分, てゐます, てゐる如く, て一つ, て今日, て其一角, て其午後, て居た, て居つ, て居り, て居ります, て最も, て權豪, て眞, て自費, て茶碗, みんなは, よ, 一は, 五代の, 如何に學説, 後伏見院後醍醐院, 恐怖せられ, 成年者によ, 漆が, 而し, 魏の

▼ 傳~ (105, 2.3%)

4 がない, の精神 2 があつ, して, と形, に對, に從つて, に深い, の問題, の教養, は疊, を引い

1 [77件] ある家, ある文化, から解放, がなほ, が再, が失はれた, が必要, が理解, が生き, が眞ツ, され得ること, する, では, といつた, といふこと, といふもの, とか幕末, となつ, と共に永遠, と輸入, なしには, など調べ, にたいし, には敬意, にも拘らず, によつて, に力強い, に就い, に從つて彼, に從つて考案, に患いされた, に捉, のあつ, の上, の中, の切支丹, の制度法令, の壓倒的壓力, の天文, の尊重, の意味, の熟語, の研究家, の示す, の禮教維持, の繼承者, の誇り, の説, の風格, は何等, は山河, は牢固, は長い, への信奉, までを旅, もあり, もある, もない, も法規, も違, をたづ, をつく, を信じる, を古し, を否定, を墨守, を持つ, を爲, を生かす, を破, を繼, を解, を辱, を辿る, を遵奉, を重, を顧慮

▼ 傳へる~ (104, 2.3%)

4 ために, ものは 3 ことが, と云, ので, もので, やうに, 爲に 2 ところでは, のでした, ものが, 事が, 人が, 子が, 子どもを

1 [64件] かの消息, からそれで, ことに, ことによ, ことも, ことを, し言, ためで, ためには, だけで御座います, だけの御, といふ, といふ大, ところである, ところの, とは何, と日本, と馬鹿笑, には外國人, にやぶさか, に過, のか, のが, のだ, のであつ, のであらう, のである, のです, ので此, のとで, のみでありました, のみのもの, まで, ものと, やうな, やうにと, よしにて, よりも口, わけぢや, わけに, 事は, 位な, 家が, 實驗を, 式殿の, 意味に, 所, 所で, 文獻を, 方法も, 昌造の, 時は, 氣分が, 江戸人の, 準備を, 爲には, 爲めに, 祖母と, 程に, 血脈に, 術を, 話が, 遺跡で, 風の

▼ 傳~ (99, 2.2%)

4 見ても 2 した, しなければ, 持つて, 根據と, 見ると

1 [85件] あげ著述, おも, かいて, させては, させました, させる事, して, しなくても, しませうか, するなどの, するもの, するやう, つくつたこと, なされそれ, 一瞥し, 丸めて, 主として書いた, 主唱し, 二度書きなど, 作つた毛亨以後である, 作つた體裁に, 作つて彼の, 作られて, 作りし時, 作ると, 兼ねた講演旅行, 再録, 刻したりき, 剩す, 失した者, 巧みに, 平次は, 待たずして, 得て, 愛藏し, 成すに, 撰んで, 支那人の, 收めて, 斷念する, 書いたから, 書いたの, 書かんが, 書くこと, 書くと, 書くので, 書くばかり, 書くん, 書く氣, 最も忠實, 朴氏に, 案ずるに, 殺して, 濟ました, 立つるに, 立てた班, 編める者, 編める者汝等牧者, 續け, 背負つてる, 臥讀し, 自説に, 著は, 見るに, 見渡しても, 記す其立憲大臣, 試みられつ, 試み此の方, 試むべ, 話して, 語りつ, 説くも, 讀めば, 讀んだと, 讀んだ時, 讀んで, 讀んでは, 負は, 載せて, 載せてない, 輯録した, 重んじて, 開いては, 附したもの, 頼まれましたので

▼ 傳つて~ (91, 2.0%)

3 居るの 2 くれたの, くれて, ゐる, ゐるの, 居たの, 居る, 行く, 行くの

1 [72件] あそんで, おくれ, きた, きたらしい二羽, きつと, くる, くれ, くれたん, この匕首, この界隈, この襦袢, これから包, そのありがたい, その金, と, はくれました, もらつて, もらはうと, も桑位, やきもの, やつて, やるさ, やる氣, ゐた, ゐたが, ゐたもの, ゐないが, ゐるお, ゐるとは, ゐるやう, ゐる浪人瀧山誠之進, ゐる調度, をら, をります, 上げます, 上げようと, 上げると, 下さいます, 下さるん, 下すつて, 何彼と世話, 危な氣, 取替へて, 呉れて, 呉れました, 呉れるの, 固辭, 少しづつ, 居た, 居たか, 居たと, 居た日, 居た與次郎, 居つたので, 居ました, 居ました日京卜, 居ますよ, 居らぬ, 居りますが, 居るお, 居るが, 居るやう, 居る密教, 居る詩文集, 昇り出した, 歩いて, 段々足, 流れた, 美しい露, 行くがい, 長く尻聲, 馴れないお

▼ 傳~ (87, 1.9%)

2 に對, に於, の一部, を書い, を讀んだ

1 [77件] があります, がこれ, が口, が庄太夫, が書い, が自分, だけを知つて, でいふ, ではない, では可, で私, で稗史小説, と異なり, などに就, などの發展, などは字義通り, などは讀んだ, などをすべて信頼, なり又, には總決算, にもずゐ, にも書い, によつて, による, によれ, に一段, に見える, に關, のうち, のみである, の如き, の必要, の筆者, の餘白, は七八十年, は侯, は出, は分りませぬ, は十年以前, は印度, は寶龜年間, は時, は生れた, は種々, もあり, も御, も法顯, も詳しく, やらで學んだ, や戲曲, や歴史, より撰び出したる, らしい傳記, をとり, をもらつ, をも一應調査, をよく, を世に, を作り, を作る, を反復翫味, を夏目君, を搜, を書け, を淡海三船, を繙い, を繙いたなら, を繙き見る, を繙け, を見, を調べる, を調査, を讀み, を讀め, を讀ん, 乃至カピテン・クツク, 又は特別

▼ 傳~ (68, 1.5%)

3 と申す 2 がこの, という者, といふの

1 [59件] か傳次, がひ, が三度, が三輪, が向, が様子, が眞, が路地, が逃げ込んだ, さ, だ, だと, だよ, てえ不調法者, です, でなきや, でねえか, といふ浪人者, とかいふ遊び人, と云う, と互に, と申します, なら人手, なら人樣, なりおやま, になり, にも相談, に寄り, の二人, の同居人, の妻, の家, の巣, の影武者, の襟髪, はヌクヌク, はヒヨイ, は全く, は右馬, は改めて, は斯, は早く, は本堂, は突き當, は聞い, は面部, は馴れ, は驚い, も見た, や尚, をあの, を縛れなかつたら, を追, 不勝手, 儀後見仕, 女房を, 郎等の, 郎等は, 郎等二十六名の

▼ 傳ふる~ (65, 1.4%)

7 所に, 所の 2 ことを, ものあり, ものが, ものである

1 [43件] がゆゑに, がゆゑに鏡, が信, が多く, が故に, ところだけ, ところに, ところまたは, ところ悉く, と好事家, なり金堂, にし, に在る, もの, もので, ものとは, ものなし, ものなる, やう, をうる, を筆記, 事と, 事を, 人ありし, 以上は, 口碑其二は, 各家, 君が, 始皇帝の, 婆羅門の, 所, 所と, 所なり, 所は, 所無く, 時余に, 者と, 者に, 者は, 能は, 處の, 鑛山の, 靡

▼ 傳~ (56, 1.2%)

5 して 3 した, したもの 2 すること, の經路

1 [41件] が遲緩, させないやう, された, された宗教, した徑路, した爲め, しなかつたが, し其信, し古事記, し得たの, する, するで有らう, するには, する時, する間, せる徑路, です, ともなり, には可也, に效力, に由つて支那, に與, に要する, の仕方, の例, の前面, の徑路, の故, の歴史, の状態, の跡, はあらまし右, は果してどう, や火藥, をなした, を壓抑, を生ずる, を研究, を考察, を試みる, を防ぎました

▼ 傳~ (52, 1.2%)

4 を受けなけれ 3 を受けた 2 したもの, と云, に依らなけれ, をする

1 [37件] がある, が信ぜられぬ, が始つて, が絶える, されまして, したアメリカ人ガムプル, した此, すべきもの, すると, するチヤンス, であります, です, でそれから, でやつ, でやり, といふこと, とか伊勢物語, とか書道, などは皆帝室, なんてもの, になつ, によつて, に與つた荀子, の中心, の如き, の有, の有名, の根本, の次第, の解釋, はよく, は應仁, は皇室, を傳, を其の, を受け, を請うた

▼ 傳はつ~ (43, 1.0%)

1814 たもの 2 たかを, たと, たので 1 たけれども, たやう, たわけ, た平次, た物

▼ 傳七郎~ (41, 0.9%)

2 に疑ひ

1 [39件] か又, が家, が殺される, が處刑, でした, でないと, といふ男, とは反, と娶合せよう, と深い, と通ひで帳面, のほか, の事, の拔, の方, の正直さ, の疑ひ, の短刀, の聲, の身許, はお, はどんなに, は一國者, は亥刻, は其の, は如何にも, は川崎一番, は正直者, は火, は輕, もさう, を, をあの, を始め, を擧げ, を擧げなかつた, を擧げよう, を縛つて, を縛らせよう

▼ 傳へられた~ (40, 0.9%)

2 ことは, と云, のは, 日の

1 [32件] ことを, この町, だけに恰幅, といふこと, とも聞い, のであらう, のでありました, のであります, のである, のでかく, ままに, ものか, もので, ものであり, ものであります, ものでありませう, ものである, ものと, ものなる, ものも, 傳説によ, 即ち別に, 山の, 市井の, 希望も, 御功績, 時かう聞き返し, 毎日朝日と, 珍籍が, 程です, 素懷である, 關係から

▼ 傳~ (38, 0.8%)

5 の生活 2 して

1 [31件] が始ま, されましてから, した, したが, したけれども, したの, した聖一國師, した隆寛, する鬪士, せなければ, であ, である, ではありません, では史記, によつて信者, に從事, の場合, の心得, の慾望, の旅, の機械, の歴史, の目的, の跡, の途次, は暴力, は最後, は爲, や通商, を始めた, を家業

▼ 傳はせ~ (36, 0.8%)

2 て死骸

1 [34件] てがたぴし, てこの, ても宜, てやつ, てやる, てゐた, て一度, て一日一, て三人力, て人拂, て假役場, て到頭, て十五六日, て卯八一人, て壁, て奉公人, て孫三郎, て家, て家中, て引摺り, て徹底的, て本筋, て死んだ, て洗ひざら, て町役人, て疑問, て網, て縁側, て血潮, て路地, て部屋, て隱, て頭, て髮

▼ 傳右衞門~ (36, 0.8%)

3 の娘

1 [33件] からうけ, が, がさ, がその, が聲, だ, と錢形平次, にすこし, のあの, の名, の家, の日記, の死骸, の生活態度, の花見船, の足, の遺骸, は, はすぐ, は一塊, は他, は千石取り, は商, は娘, は尚も, は平次, は拔, は横山町, は首, ばかりだらう, もうなづき, も隨分イヤ, を介抱

▼ 傳馬町~ (33, 0.7%)

6 の大牢 3 の加納屋 2 の越前屋, へ送られる

1 [20件] で唄, に送つ, に送られ, の丸屋長次郎, の伊豆屋, の大, の大牢ぢ, の宿, の方, の木綿問屋, の無宿牢, の牢同心, の牢屋, の萬屋, の萬屋善兵衞, の萬次, へ二人, へ廻し, へ行, まで歩く

▼ 傳~ (32, 0.7%)

1 [32件] が二階, が夢中, が家中, が殺され, が見事, といふ三十男, といふ惡者, といふ男, とはなん, と下女, と總右衞門, に訊く, に近づいた, の死骸, の殺された, の胸, の言葉, の身持, の鹽辛聲, はお前, はひどい, は何處, は夜半, は日頃, は死にました, もフラフラ, も萬之助, をたつた, を怨んだ, を殺し得る, を殺す, を殺せ

▼ 傳~ (31, 0.7%)

3 云ふも 2 云ふ

1 [26件] お半, なつて, はくツ, パウロの, 云うて, 云ふからには, 六助木戸番の, 又一には, 同じやう, 境遇應化とから, 大同小異で, 實行とに, 引きしこと, 思ひ込んだ當時, 搜神記と, 朝鮮傳とに, 殆どその, 爾雅, 申します, 申すの, 發明すべき, 編年の, 自説とを, 變改とを, 關係が, 體を

▼ 傳~ (29, 0.6%)

2 あるの

1 [27件] あつて, ありましたから, あり是, ある筈, ことごとく彼, それに, ない, また弟子達, 一變し, 出來, 原です, 吉田屋の, 帶方郡より, 彼の, 徹底せず, 持つて, 明かでないもの, 書かれたかういふ風, 死ぬと, 流行つて來た, 私の, 缺けて, 若旦那の, 行きすぎ, 見えない, 誌し, 魏略より

▼ 傳はる~ (28, 0.6%)

2 ありとある, に及び

1 [24件] から五十錢, ことでございます, ことを, というやう, とその, とともに幾, ともなく, と寶掘り, と非常, には僅, に及ん, に違, の子, は疑い, ほどするどい, もの, ものから, ものと, ものとを, ものは, やうな, を, 以上書物の, 美しさ

▼ 傳~ (28, 0.6%)

9 助は 4 助が 3 助の, 助叔父さん 2 助に 1 助, 助です, 助といふ, 助を, 助自身, 書籍也, 東國と

▼ 傳~ (28, 0.6%)

1 [28件] から出た, から見る, から話, がある, が作法, が信仰的色彩, が段々, が民譚化, が道教將來, せり, とその, となつて, に根ざし, に融合, の含む, の學問, の物語, は漢文, は見る, もある, や慣習, をなるべく, を伸し, を形づく, を背景, を見る, を通じて見れ, 説や

▼ 傳統的~ (26, 0.6%)

2 な, の學問

1 [22件] なもの, な形式, な成文律, な方法, な法則, な美, な考, に傳つて來, に受授, に太子時代, に女, に用, に習慣, に難解, のもの, の十惡, の唐律, の孝道, の慣習, の法律, の精神, の風格

▼ 傳~ (25, 0.6%)

3 やうに 2 雫の

1 [20件] が宜, ことを, この樹, に足るべし, のみわが, ばかり二つ, べかりしなれ, アキリュウス, テスピスは, 位に, 時の, 板垣伯は, 涙の, 生ぬるい涙, 白い顏, 積りで, 約束の, 酒の, 雨し, 頃ろ自由黨は

▼ 傳~ (22, 0.5%)

1 [22件] がこれ, が八月十七日, が盜ん, が縛られ, と, といひなさる, といふ中, と云う, の素頭, の顏, はわけ, は兩手, は好い, は提灯, は續, は辯解, も飛んだ, を清吉, を路地, 地びたへ, 広小路の, 道が

▼ 傳へた~ (21, 0.5%)

1 [21件] から西洋人, だけで, といふ, といふこと, といふ意義, とかいふもの, とは思つて, とは違つた者, と云, と見え, と見る, と見るべき, と言, と言はる, に違, のださうだ, のでは, は善, は玄奘, 最も藝者, 第一

▼ 傳する~ (20, 0.4%)

2 ために

1 [18件] かも知れない, ことのみを, だけでも何, ともなく, に支那固有, に神, ものである, ものと, ものらしい, 人が, 後日の, 御資格, 必要も, 此の, 祝官として, 積では, 者が, 類を

▼ 傳~ (20, 0.4%)

8 てくれ 4 てくれる 3 てくれます 1 たといつて, たり使, ています, てくる, てくれない

▼ 傳~ (20, 0.4%)

2 の野郎

1 [18件] が佛心, が立ち, が言つた金, といふ, と言つて, にし, にやる, に送られ, の小屋, の言つた金, はひどく, は昨夜醉, は船頭, は薄情, へきつ, を仲間, を誘ひ出した, を賭場

▼ 傳~ (20, 0.4%)

2 の, の使者, の役司

1 [14件] が持ち, して, となり, のタルチュビオス, の使, の使アカイア衆人, の司役, の奴, の徒, の笏手, の聲, はとりし, を呼び, 並びにプリアモス

▼ 傳通院~ (20, 0.4%)

1 [20件] で笹野新三郎, と植物園, にある, には, に向, に御, に移された, のぐるり, の傍, の前, の境内, の山内, の末寺, の近所, の門内, の門外, へ持込む, まで持參, 前あたり, 大修

▼ 傳~ (19, 0.4%)

2 あらう

1 [17件] お前の, はある, はない, はなかつた, は元, は震爲龍, もあり, 三尺で, 事實でなからう, 事實に, 傳へられた, 劍術は, 拔いた, 有らう, 治暦明時の, 見ると, 進行し

▼ 傳~ (18, 0.4%)

3 てゐる 2

1 [13件] てからその, てくれる, てそして, て人, て來, て居ります, て居る, て然, て茶, 乃至は, 市中の, 普及せる, 現に農相

▼ 傳には~ (17, 0.4%)

2 又もつ

1 [15件] これ無く, 一ヶ處艮之, 何等誤謬, 兌を, 入れられたが, 君子不, 既に正, 染つてゐない, 次有伊邪國, 此の, 猶, 石土門にも, 西村江間長島の, 記載し, 賈太夫が

▼ 傳~ (17, 0.4%)

5 して

1 [12件] されて, したつて, したの, した微笑, し合, する, するもの, せし當初, とを防ぐ, の危險, の患者甚, もしない

▼ 傳~ (17, 0.4%)

2 を持つ

1 [15件] がある, たのみ入院, だ, で, です, ですが, といふの, など持つ, により, をやつ, をよこしました, を傳, を頼ん, を願, 之

▼ 傳~ (15, 0.3%)

1 [15件] ありますから, ある, いれて, しました, なく主, 信憑すべきであらう, 公羊傳も, 同じく魏略, 同樣, 夜の, 大體, 決して少く, 無いと, 無い筈, 部分的には

▼ 傳はり~ (13, 0.3%)

1 [13件] あるひ, お釋迦さま, そして外, てこの, て想像, また寒, もしよう, 作られたもの, 又日本, 又此等遠西, 幾分宣傳用, 若くは, 響く

▼ 傳へん~ (13, 0.3%)

3 ことを 2 とする 1 が爲, ためと, ため南印度の, ため支那に, とし, との苦心, と望む如く, と長篇

▼ 傳~ (13, 0.3%)

1 [13件] にある, にすら一二, には投馬, に其劇秦美新, に在る, に女王國以東, に記せる, の一人, の主人公, の主眼, の人物, の壽, 帶方郡より

▼ 傳~ (12, 0.3%)

3 をし, をする 1 に來, に行きました, の暇々, は致しました, をさせる, 人夫でも

▼ 傳つて來~ (12, 0.3%)

321 たもの, た所, た支那, た法律, てゐる, ない以前, れば

▼ 傳~ (12, 0.3%)

3 國語に 1 また私, 名は, 大唐求法高僧傳, 家庭教師の, 性の, 特質によ, 義淨三藏の, 葛洪の, 道琳の

▼ 傳つたの~ (11, 0.2%)

1 [11件] かも知れない, か事, だ, だらう, である, で仕事, はお前, はそれ, は唐, は喜助, をおぼえた

▼ 傳~ (11, 0.2%)

4 を求め 1 から傳手, がある, があるちう, に御, は更に, をもとめ, を拵

▼ 傳といふ~ (10, 0.2%)

2 ものは, ものを 1 のが, のは, やうな, 四十五六の, 女から, 女が

▼ 傳にも~ (10, 0.2%)

1 あるが, つぶさであるが, ならなかつたが, なるからと, 出て, 博多の, 同樣, 布教にも, 私を, 載つて

▼ 傳~ (10, 0.2%)

3 ぬから 2 ない, ぬ 1 ざれば, ぬが, ぬので

▼ 傳~ (10, 0.2%)

4 つて 1 つた, つた海神の, つた説話が, つて來た, つて來る, つて信濃の

▼ 傳次郎~ (10, 0.2%)

1 が掴み, が相州湯ヶ原, といふ一著述家, に同情, の七名, の父親, は同年七月郷里, は四十三年四月七日, は明治三十八年十一月米國桑港, 他六名

▼ 傳道者~ (10, 0.2%)

3 としての生活 1 が鎌倉, としての使命, としての自, の使命, の如く, の生活, や殉教者

▼ 傳四郎~ (9, 0.2%)

1 ださうですよ, で御座います, とお, に疑ひ, の妹, は指導者, は歸つて來, は良い, も少し

▼ 傳統主義~ (9, 0.2%)

1 といふもの, の意味, の誤謬, はい, はまさに, はキリスト教, は生ける, を導き出す, を考へよう

▼ 傳へが~ (8, 0.2%)

2 吉野や 1 あつて一致, こんなところ, まじつて居る, 出來, 氣に, 違ふ

▼ 傳~ (8, 0.2%)

2 の三回忌 1 が年寄, が死んだ, です, の子分, の身内, は病死

▼ 傳教大師~ (8, 0.2%)

2 の遺骨 1 があの, が入唐, の一千一百年忌, の如き, は判官菅原清公, や弘法大師

▼ 傳~ (8, 0.2%)

2 するに 1 が遲, の作用, の器, の諸, を掌, を欲

▼ 傳~ (8, 0.2%)

1 から一人, が一艘, が炭俵, でこれ, は此方, を漕, 御井上妻狩道, 御改め

▼ 傳うて~ (7, 0.2%)

1 はふり落つる, 來て, 小涌谷に, 愛らしい瀧, 泳ぎ, 涙が, 花も

▼ 傳ふべき~ (7, 0.2%)

1 この大切, なし, に今, 一人も, 他の, 教なら, 程の

▼ 傳ふも~ (7, 0.2%)

2 の, のを 1 のありけれ, のあれ, の獨

▼ 傳への~ (7, 0.2%)

2 あるところ 1 あること, 八百屋お七の, 山莊太夫の, 殘つた一株の, 目録である

▼ 傳教士~ (7, 0.2%)

1 から取らね, から送, が歐洲, が非常, には及ばぬ, の中, を伴なつ

▼ 傳染病~ (7, 0.2%)

2 が出 1 がある, が出た, である, なり, は家

▼ 傳説的~ (7, 0.2%)

1 だ, な形容, な想像, な氣分, な話さ, に出, の歴史

▼ 傳~ (7, 0.2%)

3 の歴史 1 で書いた, に志, の斷代, を正史

▼ 傳つたもの~ (6, 0.1%)

2 である 1 だらうかと, と見え, と認められ, らしいの

▼ 傳はれる~ (6, 0.1%)

1 倭女王と, 大師の, 支那紙の, 熊襲の, 王プリアモスの, 點殊に

▼ 傳へは~ (6, 0.1%)

2 前に 1 あつて, よく要, 御存じで, 隨分たしかな

▼ 傳へも~ (6, 0.1%)

2 信じること 1 せむと, ないので, 諸所に, 違ふ

▼ 傳~ (6, 0.1%)

1 で仇, で搗き, なの, な調子, に不平, の法器

▼ 傳聞し~ (6, 0.1%)

1 てこれ, てゐた, て此, て知つて, て自分, 頗る其の

▼ 傳説地~ (6, 0.1%)

5 がある 1 であるが

▼ 傳した~ (5, 0.1%)

1 と思つて, と思ふ, ものに, 所の, 直後では

▼ 傳つた~ (5, 0.1%)

1 かも知れません, がその, が誰, としたなら, と仰

▼ 傳つて貰~ (5, 0.1%)

1 つたが, つたので, ひまして, へてよ, へるだらうネ

▼ 傳などの~ (5, 0.1%)

2 中に 1 五行思想は, 書が, 解釋を

▼ 傳へに~ (5, 0.1%)

1 いろ, よりますと, 來朝した, 敵地を, 聽い

▼ 傳へぬ~ (5, 0.1%)

1 こは, カドマイア, 深海の, 眞やみ, 程の

▼ 傳へを~ (5, 0.1%)

1 そのまま信じ, そのまま記録, 全く忘れ, 採るとか, 語つてゐました

▼ 傳~ (5, 0.1%)

1 といふ, と彼, と間もなく, やうで, 神祕の

▼ 傳~ (5, 0.1%)

1 と言, に父親, の墓場, へ, へ着いた

▼ 傳授書~ (5, 0.1%)

1 があつ, が返し, を奪, を持出し, 見て

▼ 傳~ (5, 0.1%)

1 としても相, に其無事, の類, もしました, を書き集めた

▼ 傳~ (5, 0.1%)

1 が迎, である, に出, の賽の目, も息子

▼ 傳馬船~ (5, 0.1%)

1 が太平洋, に乘つて, はすすむであらう, は洋々, よりもはるか

▼ 傳され~ (4, 0.1%)

1 そして其實際知識, ていたらしい, てゐる, て居る

▼ 傳って~ (4, 0.1%)

2 いたの 1 やった, ジーモン叔父さんに

▼ 傳てに~ (4, 0.1%)

1 かういつ, 僕に, 名を, 教へて

▼ 傳はれ~ (4, 0.1%)

1 てらしく, て憚りさま, ば, 乍ら臥床の

▼ 傳ひます~ (4, 0.1%)

1 がこれ, やうで, よ, よ親分

▼ 傳ふれ~ (4, 0.1%)

1 ども熟, ど近頃, ば此消息, ば衆人

▼ 傳へでは~ (4, 0.1%)

2 萬法藏院は 1 大へん貧乏, 天照大神として

▼ 傳へらる~ (4, 0.1%)

1 とも, 當時ローマ聖ピエートロの, 而し, 醫を

▼ 傳三さん~ (4, 0.1%)

2 の船 1 は昔, は櫂

▼ 傳世品~ (4, 0.1%)

1 とし, となつ, に至つて, は兎

▼ 傳令使~ (4, 0.1%)

1 たる恒松某, は見る, もあるまい, 即ち之

▼ 傳~ (4, 0.1%)

1 で他, で患者, とでもいふ, など云つて

▼ 傳~ (4, 0.1%)

1 とか聽, の早速, の極意, の達人

▼ 傳~ (4, 0.1%)

1 二に, 二十七章である, 十章第, 四玄奘の

▼ 傳~ (4, 0.1%)

1 から出た, して, せしめた, の夢

▼ 傳習係通譯~ (4, 0.1%)

2 となつ 1 のこと, よりものち

▼ 傳習所~ (4, 0.1%)

1 が長崎, といふところ, の傳習係通譯, の通譯係

▼ 傳若く~ (4, 0.1%)

4 は誇張

▼ 傳説時代~ (4, 0.1%)

3 の事 1 の歴史

▼ 傳通院前~ (4, 0.1%)

1 でへエ, の成瀬屋, へ行, まで飛んだ

▼ 傳~ (3, 0.1%)

1 それこそ, 修理か, 或は吾輩

▼ 傳ちやん~ (3, 0.1%)

1 といふの, と月, は二三日前

▼ 傳つて行~ (3, 0.1%)

3 つた

▼ 傳である~ (3, 0.1%)

1 から彼, から正確, か明らか

▼ 傳とか~ (3, 0.1%)

1 人類といふ, 儒林傳, 編年とかの

▼ 傳との~ (3, 0.1%)

1 是非取捨如何に, 融合した, 衝突に

▼ 傳などに~ (3, 0.1%)

1 しても, 於ても, 見えて

▼ 傳はらなかつた~ (3, 0.1%)

1 のである, のも, ものが

▼ 傳ひし~ (3, 0.1%)

2 て車 1 て呼聲

▼ 傳へたり~ (3, 0.1%)

1 したの, 穴師を, 紙上で

▼ 傳へてを~ (3, 0.1%)

1 ります, り四國沖, れば

▼ 傳へで~ (3, 0.1%)

1 あつて, あなた方が, あらう

▼ 傳へよ~ (3, 0.1%)

1 かくいひ, 神の, 聊かも

▼ 傳へよう~ (3, 0.1%)

2 と思ふ 1 とするであらう

▼ 傳へらるる~ (3, 0.1%)

1 ことと, 創建清眞寺碑が, 古墳が

▼ 傳へるべき~ (3, 0.1%)

1 かについて迷, 文字といふ, 義務の

▼ 傳ビラ~ (3, 0.1%)

1 にも新聞, を市内中, を方々

▼ 傳七郎さん~ (3, 0.1%)

1 だ, とか言, とか言ひな

▼ 傳~ (3, 0.1%)

1 されたかを, されて, するの

▼ 傳~ (3, 0.1%)

1 と上野, などである, も寺田寅彦

▼ 傳~ (3, 0.1%)

1 の全局, の宮殿, の老大家

▼ 傳~ (3, 0.1%)

1 の際, をし, を含む

▼ 傳寫本~ (3, 0.1%)

1 にて流布, の原本, を所藏

▼ 傳~ (3, 0.1%)

21 に備つて

▼ 傳~ (3, 0.1%)

1 に都合, の有, を記

▼ 傳染病研究所~ (3, 0.1%)

1 に梅野博士, の病室, へ行つて

▼ 傳法大阿闍梨~ (3, 0.1%)

1 でありました, の位, の灌頂

▼ 傳燈阿闍梨~ (3, 0.1%)

3 の位

▼ 傳~ (3, 0.1%)

1 に少し, に盲目判, の書き入れ

▼ 傳~ (3, 0.1%)

1 して, とした, の末

▼ 傳うてゆく~ (2, 0.0%)

1 と一里半, に越した

▼ 傳から~ (2, 0.0%)

1 始まつて, 申しますと

▼ 傳さん~ (2, 0.0%)

1 と名, に任せ

▼ 傳しなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならなかつた, ばならん

▼ 傳せられる~ (2, 0.0%)

1 事が, 思想の

▼ 傳たで~ (2, 0.0%)

2 は無い

▼ 傳った~ (2, 0.0%)

1 のでつまり, 言葉かも

▼ 傳~ (2, 0.0%)

1 させる爲め, 來る

▼ 傳ては~ (2, 0.0%)

1 ありませんか, 聽いた

▼ 傳てを~ (2, 0.0%)

1 した土地, 傳へ

▼ 傳でも~ (2, 0.0%)

1 何でも, 無らう

▼ 傳とて~ (2, 0.0%)

2 何一言の

▼ 傳とに~ (2, 0.0%)

1 岐れ, 據つて書いた

▼ 傳など~ (2, 0.0%)

1 云ふ, 思ひ出す

▼ 傳などにも~ (2, 0.0%)

1 出て, 精通し

▼ 傳のみ~ (2, 0.0%)

1 であるが, ならず禮記

▼ 傳のみは~ (2, 0.0%)

1 何休の, 幾分の

▼ 傳はせる~ (2, 0.0%)

1 として二年くら, 相手を

▼ 傳はらず~ (2, 0.0%)

1 ただ卜筮, 一三一四年の

▼ 傳はらない~ (2, 0.0%)

1 のは, 人の

▼ 傳はらぬ~ (2, 0.0%)

1 からその, さうだ

▼ 傳はりし~ (2, 0.0%)

1 ものが, アキレウスの

▼ 傳はり支那人~ (2, 0.0%)

1 の當時, はコヂヤ

▼ 傳はるの~ (2, 0.0%)

1 はむづかしからう, は孔子

▼ 傳はる所~ (2, 0.0%)

1 との間, の

▼ 傳はる神~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 傳ひする~ (2, 0.0%)

1 といふ話, と宜

▼ 傳ふと~ (2, 0.0%)

1 は言, も

▼ 傳へたりと~ (2, 0.0%)

1 信ぜられしに, 雖も

▼ 傳へた品~ (2, 0.0%)

1 でございます, のやう

▼ 傳へた尚書~ (2, 0.0%)

1 との間, と墨家

▼ 傳~ (2, 0.0%)

1 て都下, 來る

▼ 傳わっ~ (2, 0.0%)

1 て中二階, て來

▼ 傳わら~ (2, 0.0%)

2 ない

▼ 傳以外~ (2, 0.0%)

1 に少く, の處

▼ 傳來説~ (2, 0.0%)

1 も普通, を述べよう

▼ 傳便~ (2, 0.0%)

1 とは違, の新語

▼ 傳列女傳~ (2, 0.0%)

1 の中, を見渡し

▼ 傳~ (2, 0.0%)

1 自是程氏, 遺傳

▼ 傳國語~ (2, 0.0%)

1 の纏まつ, を始め

▼ 傳奇的~ (2, 0.0%)

1 な, なもの

▼ 傳~ (2, 0.0%)

1 のほか, のやう

▼ 傳學者~ (2, 0.0%)

1 と公羊學者, はそれ

▼ 傳心寺~ (2, 0.0%)

1 に住ん, は桑原氏

▼ 傳授音樂~ (2, 0.0%)

2 の傳授

▼ 傳教以外~ (2, 0.0%)

1 に專門, に支那

▼ 傳~ (2, 0.0%)

1 と御, の中

▼ 傳染病室~ (2, 0.0%)

1 から普通, も今

▼ 傳~ (2, 0.0%)

2 於此矣

▼ 傳次さん~ (2, 0.0%)

1 かい, 貸したぜ

▼ 傳次郎氏~ (2, 0.0%)

1 の一座, の談片

▼ 傳次郎管野す~ (2, 0.0%)

1 がの如き, が大石誠四郎

▼ 傳法川~ (2, 0.0%)

1 と木津川, を下

▼ 傳法肌~ (2, 0.0%)

2 の三尺帶

▼ 傳法阿闍梨~ (2, 0.0%)

2 の位

▼ 傳~ (2, 0.0%)

1 を取つ, を證

▼ 傳~ (2, 0.0%)

1 な小説, に傳

▼ 傳~ (2, 0.0%)

1 する者, せらる

▼ 傳~ (2, 0.0%)

1 がそれ, に九六

▼ 傳統的政策~ (2, 0.0%)

1 と一致, を上奏

▼ 傳統的精神~ (2, 0.0%)

1 から觀, は失はれた

▼ 傳習的~ (2, 0.0%)

1 な確實, の手段

▼ 傳~ (2, 0.0%)

1 となり, 少

▼ 傳聞した~ (2, 0.0%)

1 もので, 四つばかりの

▼ 傳~ (2, 0.0%)

2 に努める

▼ 傳記的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 傳説上~ (2, 0.0%)

1 の人物, の英雄

▼ 傳説中~ (2, 0.0%)

1 に養, のニムフ

▼ 傳説昔話物語~ (2, 0.0%)

1 というよう, の類

▼ 傳説等~ (2, 0.0%)

1 によりて鎌倉以來, を研究

▼ 傳~ (2, 0.0%)

1 即ち彼, 即ち班

▼ 傳~ (2, 0.0%)

1 文書, 文書賜遣

▼ 傳通り凡慧心僧都以後~ (2, 0.0%)

2 の物

▼ 傳道師~ (2, 0.0%)

1 になつ, になる

▼ 傳道説教~ (2, 0.0%)

1 に右, を始めた

▼ 傳達する~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことに

▼ 傳馬役以外~ (2, 0.0%)

2 の雜役

▼ 傳馬町二丁目~ (2, 0.0%)

1 の越前屋, の越前屋谷右衞門さん

▼1* [526件]

あなんちや, 傳あるべし唯授一人, 傳いして搜, 傳いたし申候よし, 傳い行く意と, 傳て我と, 傳うて吹き上げる時土手の, 傳うて登つてゆく, 傳半と, 傳かも知れない, 傳されたところの, 傳したると共に又, 傳しつくすことが, 傳せざるをば汝, 傳せずまた木屋, 傳せること論なく, 傳そのものの本, 傳へたる, 傳たるに足る, 傳とて左, 傳だけ一册に, 傳だけでも用事は, 傳ださうでこれは, 傳だつたので取急い, 傳ちやんよ, 傳つたことだらうな, 傳つたわけぢやありません, 傳つた丈夫な男達, 傳つた時は皆, 傳つた時代は正確, 傳つた本木家藏本を掲げ, 傳つた結果種々其の, 傳つた起源をいへ, 傳つてあとを追, 傳つてさへ行け, 傳つてせつせと, 傳つてそこにある, 傳つてそれは控, 傳つてるのである, 傳つてポタリポタリと落つる, 傳つて三つばかり曲つて, 傳つて上りざまに屋根, 傳つて九州北部から瀬戸内, 傳つて二の腕, 傳つて今も行, 傳つて何をやる, 傳つて何處からか曉角, 傳つて佛樣の始末, 傳つて働らくのです, 傳つて其相當の祭り, 傳つて切り盛りするで, 傳つて午さがりの, 傳つて吉備の國, 傳つて奧の襖, 傳つて女房はそれ, 傳つて寢るまで, 傳つて屋根から出入, 傳つて引おろしたよ, 傳つて彼は元, 傳つて忍び返しを越え, 傳つて慥へて, 傳つて搜しましよう, 傳つて改良せられ最後, 傳つて斜上りの高い, 傳つて晩飯の支度, 傳つて朝晩の用位, 傳つて死骸をおろしました, 傳つて水洟をすゝ, 傳つて漁夫町の方, 傳つて灯の中, 傳つて用意をしてやる, 傳つて町内の殘, 傳つて礫の走つた, 傳つて私の心, 傳つて紬の糸, 傳つて肩身を狹, 傳つて胸の中, 傳つて苔の青い, 傳つて行つたのでは, 傳つて貰つて造りました, 傳つて貰つてこれはお座敷女中, 傳つて貰つて三重になつ, 傳つて貰つて梯子を滑らせ, 傳つて貰つて此處へ連れ, 傳つて越前地方まで達し, 傳つて際限もなく濃, 傳つて雜巾掛をし, 傳つて頂から麓, 傳つて頭の禿げた, 傳つて馬車に積みおろし, 傳つて鼻の上, 傳てなどして, 傳ですがどの, 傳とかいふもので, 傳として見て, 傳とともに一掃せられ, 傳とは全く解釋, 傳とを引くべくば, 傳なくしていかに, 傳などがあり繪, 傳などといふものに, 傳などには左傳程さ, 傳などはさういふ意味, 傳なども却つて正直で, 傳などを見ると, 傳なり左傳なりの, 傳なりの中に, 傳なりを讀んで, 傳なんて書く氣, 傳にでもありそう, 傳になつて美しい, 傳によつてそれを, 傳によつて往々, 傳により未だ竹簡, 傳によるも當時有名なる, 傳のみが主に, 傳はいは, 傳はかういつて, 傳はず默つたま, 傳はらうとした, 傳はらざるを得ぬ, 傳はらしてゐる, 傳はらせ初めるのだ, 傳はらねばならぬ, 傳はりこれと前後, 傳はりそれが西洋人, 傳はりたるはこれ, 傳はりまして七百年, 傳はりますが無造作, 傳はりませぬからどう, 傳はり今日も猶, 傳はり備後から更に, 傳はり六朝から唐代, 傳はり其祕訣が忘, 傳はり唐代の西域研究, 傳はり天皇の御殿, 傳はり是迄よりも一層, 傳はり橋本池田より遠, 傳はり歴史を家學, 傳はり流布したこと, 傳はり耶蘇教の學者, 傳はるか精神で殘, 傳はる仕事で不審, 傳はる何んとかの名, 傳はる唐物屋の店, 傳はる坂下より昔, 傳はる寳といふの, 傳はる巨萬の富, 傳はる度毎に渠, 傳はる攝養法に種々, 傳はる暖簾で當主, 傳はる暮しの贅澤さ, 傳はる涙が大粒, 傳はる畫像をみ, 傳はる稻葉屋の大, 傳はる豪族ですが, 傳はる道具で不, 傳はる金と公儀, 傳はれりと雖, 傳ばかりでありません春秋, 傳ひがしたいと, 傳ひさせて頂い, 傳ひでも仕事, 傳ひであると分つた, 傳ひで手桶に半分, 傳ひと火事見舞と燒, 傳ひなんかし, 傳ひならどんな無理, 傳ひなら何時でもやります, 傳ひもしたこと, 傳ひも御免蒙らうぢ, 傳ひゆくに信如, 傳ひ下りて己, 傳ひ下る聖徒の, 傳ひ渡り汝が, 傳ふお延でした, 傳ふかも知れない, 傳ふことはありません, 傳ふこなたには, 傳ふこれ聖徳太子の, 傳ふためにてんでに, 傳ふて急ぎ足に, 傳ふてゐまん, 傳ふべからず下は, 傳ふべきでない閭巷の, 傳ふべく令下せ, 傳ふべしああかれ, 傳ふらく此の, 傳ふる如きの事實, 傳ふる如くんば重忠秋毫, 傳へきくらく此海, 傳へたりとも知らず流行, 傳へたアラビア商人達がワクワク, 傳へたペアレット氏の功績, 傳へた人は北千住町, 傳へた佛教の經典, 傳へた僧禪鑑が英祖王, 傳へた内容を持ちこたへる, 傳へた國がある, 傳へた執筆法は即ち, 傳へた後の人, 傳へた所以上に何物, 傳へた文に, 傳へた文獻を知らない, 傳へた日本劇の衣裳, 傳へた曲にせよ, 傳へた書であるから, 傳へた秋祭の傅統, 傳へた種族の語, 傳へた都合のい, 傳へた電報は實, 傳へた點に於, 傳へつつ調停を, 傳へては居らぬが, 傳へといひ給はず, 傳へなどには何か, 傳へにはよくあります, 傳へば飯も, 傳へやあゝ一面, 傳へよと言ふた, 傳へられしものなる, 傳へられたらしく今夜の, 傳へられたる點は, 傳へられたれども是, 傳へられまして初めて, 傳へられました古經古書, 傳へられ居れば所謂, 傳へれば殘, 傳へをも取入れて, 傳へん爲め流沙葱嶺の險, 傳もしくは煽動の, 傳より更に後れ, 傳られたことを, 傳りさうに冷たく見える, 傳わりながら村じゅう, 傳わるものは, 傳を通じて啓示されたる, 傳サレツツアル平和主義非軍國主義ガ, 傳シタル不安騷擾ヲ釀スベキヲ以テナリ, 傳スルヨリモ百倍ノ有害ナリ, 傳ヘテ彼等ノ大多, 傳導クベキ内應者ナリト云フベシ, 傳一ページを書いた, 傳一四・一五に曰く, 傳一致を缺, 傳一郎といふ山田, 傳一郎君は倒潰家屋内, 傳七十有餘人とある, 傳三傳の弟子, 傳三國志水滸傳などを又, 傳三禮即ち詩經, 傳三角術などを講じ, 傳不朽の, 傳不詳十三世紀の半, 傳の燒物, 傳世傳來といふこと, 傳乃至實行を, 傳五郎工学士の奥さん, 傳にも皆, 傳令する女巫と, 傳令イダイオスヘルメーアスの側近く, 傳令使らは朗々, 傳令使ユウメーデース黄金に, 傳令使今城中を觸, 傳令使命を奉じ, 傳令使者の姿, 傳令者エーピュチデースの姿, 傳令者ユウリバーテス運び行く, 傳令者神明及び人, 傳以後と考へ, 傳伊勢守等の名, 傳佛失を糺す, 傳來われの友, 傳來以前日本肖像畫の全盛期, 傳來以外に實驗體得, 傳來品を用, 傳來學問の傳來, 傳來日なほ淺く作, 傳來等を書き, 傳來記六の二, 傳來集散などの大, 傳信士で寛文四年九月二十二日, 傳六三人目は主人, 傳六助與三郎金太の四人, 傳兵衞はいい, 傳兵衞さまかアハハハ, 傳其他世俗のこと, 傳其惟王居位在徳之首, 傳出役となり, 傳助家に害, 傳十郎樣の御, 傳即ち不斷, 傳卷首に聖人自然, 傳及び國語には, 傳右衞門お家を狙, 傳右衞門さんのところ, 傳右衞門何んとしても腹の虫, 傳右衞門内儀は五十近く, 傳右衞門千石取の, 傳右衞門如才もありません, 傳右衞門敗北は大, 傳右衞門父娘も唐辛子屋, 傳右衞門自筆の, 傳右衞門覺え書, 傳周禮儀禮禮記論語孟子理學の十一門, 傳四宛のハガキ, 傳四郎樣をお呼び, 傳國家を變, 傳國語晉語呂氏春秋過理篇, 傳國語晉語呂氏春秋行論篇などに出, 傳有の, 傳奇小説を愛讀, 傳奇探偵物語の類, 傳奇的生涯を送つた, 傳奇蹟人物である, 傳孝子體である, 傳孝義傳と云う, 傳宣公六年晉の趙盾, 傳宣公十五年初税畝, 傳も編年體, 傳家エワルド曾て其の, 傳家屯夕かげ暗し地, 傳家藏はおろか, 傳寫されしかを, 傳寫した本が, 傳寫本中の別, 傳導者としての自, 傳小説の一節, 傳と云, 傳に國語, 傳式説氏や趙正平氏, 傳心月叟と世捨人, 傳必ずしも孔子の, 傳ヲ打破シ盡シテ海上危險, 傳承されたのが, 傳承してゐる, 傳承したと考えられる, 傳承する民間の, 傳承せられ如何なる人々, 傳承ではめぐり, 傳などと比較, 傳授さるること, 傳授之は神樂, 傳授事ぢやありません, 傳授物だ, 傳授系統を論じ, 傳授而實解悟無, 傳授聞きたしと, 傳播せんと試むる者, 傳播せん爲と推測, 傳效果の逞, 傳教以下の智識高僧, 傳教士等の支那, 傳文學など書かう, 傳文言の乾元用九, 傳方法も穩, 傳既に記載せり, 傳早く人の, 傳春秋三傳周禮儀禮禮記論語孟子理學の十一門, 傳春秋釋疑の文, 傳昭公十二年の條, 傳時代に關係, 傳書鳩舍に同棲, 傳書鴿の使用, 傳服虔杜預注, 傳松氏よりの來示, 傳染つたのかな, 傳染つて來たかな, 傳染らない樣に, 傳染り相な, 傳染れたのぢ, 傳染感染の作用, 傳染病發生の噂, 傳染病研究所勤務醫學博士近藤奎三氏を伴來, 傳染病研究所東京外國語學校獨逸語學科に學んだ, 傳染病細菌の附着, 傳染病豫防の效能, 傳梅毒とそして, 傳次お前は同じ, 傳次さん此間はお, 傳次に頼まれて, 傳次御用だぞ, 傳次方私從弟定五郎, 傳次方私從弟定五郎と申者江跡式相續爲仕度, 傳次郎さんの奧樣其他, 傳次郎君が, 傳次郎堺枯川の三氏, 傳次郎外二十三名に對, 傳次郎外二十五名が刑法, 傳次郎外數十名は其犯行頗, 傳次郎始め廿六名の無, 傳興氏に, 傳といふ人, 傳氏ニ行ク小南朝日奈出間ト同クス, 傳法堂の乾漆佛, 傳法阿闍梨位の灌頂, 傳法院の横, 傳流せる一種の, 傳なり, 傳燈史上忘る, 傳と別, 傳に使, 傳用フィルムのなか, 傳のある, 傳的地位といふやう, 傳的色彩を強烈, 傳荀卿の, 傳皆秦漢の世, 傳になつ, 傳相承の事, 傳示於人者今江淮多用之雖士大夫, 傳祕法の不十分, 傳の妙處, 傳程さういふ, 傳穀梁傳などにも精通, 傳管子呂氏春秋山海經尸子國語等と同じ, 傳組織の言葉, 傳統形式を承知, 傳統政策にに對, 傳統的デモクラシーの形式, 傳統的中心トシテノ意義ヲ以テシタリ, 傳統的佛教に對, 傳統的咒詛を投げつけ, 傳統的國是ヲ打破スル者, 傳統的慣習なること, 傳統的文化は習慣, 傳統的美風とされた, 傳統的解釋に本, 傳統的説明は明, 傳統的風習である祭祖, 傳統精神があつい, 傳習係通譯以前の上半期, 傳習係通譯岩瀬彌七郎, 傳習感情として何うに, 傳習所傳習係通譯よりものち, 傳習所設置當時だから, 傳習生が毎年來, 傳習録の講義, 傳者兼實行者であつ, 傳聖徳太子始めて, 傳聞し得た時代である, 傳聞する所各, 傳聞せしのみにて未だ, 傳聞せる所を, 傳聞セシムルニ十分ナルガ爲メニ日本大多數國民, 傳聞仕候宗壽と申候者風流, 傳聞異辭とあ, 傳若しくは春秋公羊傳などの, 傳なども賣り, 傳と申します, 傳襄公十四年に秦人, 傳見たいにも聞える, 傳言可被下候, 傳言文など, 傳言秦始皇遣方士徐福, 傳記みたいなもの, 傳記ラ・ベルイスの傳記, 傳記中にも見ゆる, 傳記家が陳套, 傳記家イェーゲル氏は更に, 傳記年表等の形, 傳記的文章は主としてこれから, 傳記筆者の儘, 傳記者が附加, 傳記評論を讀ん, 傳記逸話年上の少年, 傳註三年一換主易居の類, 傳して, 傳で傳, 傳誦せられ記録せられした, 傳誦せられる間に, 傳説さへ混亂, 傳説作者は天地人三才, 傳説化された人物, 傳説化藝術化すること, 傳説學者は研究, 傳説學説に迷, 傳説巷談及び古代, 傳説樣式を離れた, 傳説行はれたるによる, 傳説論衡に其の, 傳説逸事史譚怪談巷説の類, 傳説集に載す, 傳説類で我國, 傳論催眠術パステルやコツホ, 傳論語それから諸子, 傳といふの, 傳卜筮, 傳載預斷禍福, 傳辭出入居處宮室樓觀城柵嚴設常有人持兵守衞, 傳辭説事或蹲, 傳通院あたりから金剛寺坂上, 傳通院内に移し, 傳通院寺中昌林院へ埋め, 傳通院殿のお, 傳通院畔に飛ぶ, 傳道中心の生活, 傳道印刷會社からその, 傳道印刷會社ガンブル商會を紹介, 傳道史上有名なる天主教, 傳道教習を事, 傳道明法道算道書道音道等であ, 傳道者たち自身が否定, 傳道者フランシス使徒フランシスとならなけれ, 傳道舟橋伏原二家の明經家, 傳道費として毎月五圓宛, 傳達しまた命令, 傳達したるのみであらう, 傳達せられ時の, 傳達器として存在, 傳達爰に致, 傳の人見氏, 傳部員の片手間, 傳部理事である人, 傳と云, 傳を押せり, 傳陶子生十五歳而佐禹曹大家注陶子即皐陶子伯益也, 傳集上にもいけ, 傳集中に在り, 傳韓詩外傳國語晉語呂氏春秋行論篇などに出, 傳馬呑手が揃つて, 傳馬型の, 傳馬役と三十二軒, 傳馬役相掛り右者, 傳馬琴種彦三馬時代の人, 傳馬町あたりへ宿