青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「傘~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~健康 健康~ ~側 側~ ~偶然 偶然~ ~傍 傍~ 傍ら~ ~傘
傘~
備~ 備え~ ~傳 傳~ ~傷 傷~ ~傾け 傾け~ ~傾向 傾向~

「傘~」 2209, 24ppm, 4871位

▼ 傘~ (845, 38.3%)

51 さして 37 持って 16 持つて 12 傾けて 11 借りて 10 つぼめて 9 かたむけて, 畳んで 8 すぼめて, ひろげて, 手に 7 さしかけて, もって 6 ならべて, 開いて 4 取って, 拡げて, 杖に, 翳して, 肩に, 貸して

3 [11件] かざして, さすほどの, ひらいた, ひらいて, 取りに, 右に, 差しかけて, 張って, 斜めに, 片手に, 買って

2 [63件] お持ち, かざしながら, かついで, くださいここ, さ, さげて, さしかけながら, さしかざし高, さしたま, さしたり, さした海老茶, さした若い, さしてお, さして出た, さして散歩, さして歩い, さして通る, さすと, さす程, すぼめると, なげ捨てて, ひろげると, みせた, もらって, クルクルまわし, 上へ, 与へて, 並べて, 二本持っ, 借して, 借りに, 借りようと, 借り車, 半びらきに, 半開きに, 半開に, 取られそう, 奪ひ去る, 女に, 家の, 寄せかけ降る雨, 差したまま, 差して, 広げた, 引戻さう, 後から, 投遣り, 担いだ宮奴, 担いで, 拡げながら, 拡げると, 拾って, 持ちかえて, 持った手, 掛けたランプ, 搾め, 横に, 渡すなり簷下, 畳む, 立てて, 置忘れたもの, 過ぎて, 開いた

1 [457件] あげて, あみだに, いきなり又三郎, いつの間にか手放した, うばはれまい, おろしすばやく, お借りします, お嬢様, お持ちなさい, お猪口, お緒口, お貸し, かかえ酒, かかれて, かさねて, かざさせて, かざした平太郎, かたげて, かつぎて, かぶせ写真, かぶったよう, きて, こう, こんなところ, さげた櫛まき, ささせて, ささない, ささないで, ささない男, ささなかったの, ささねば, さしかけさせて, さしかけさせ公服, さしかけたという, さしかけたよう, さしかけようと, さしかけられなど, さしかけられ沈んだ顔, さしかける郭, さしかけ磧, さしかけ縁側, さしかた, さしたの, さしたまま往来, さしたよう, さしたる一人, さした人, さした人一人, さした女, さした女郎, さした小, さした覚え, さした透きとおるほどの, さした陛下, さしては, さしてる者, さして入っ, さして出, さして出かけたくなります, さして出かけます, さして吉原, さして夕刻, さして寄席, さして小, さして帰っ, さして弟, さして往, さして待っ, さして扇, さして暗い, さして木戸口, さして来た, さして樹, さして歩み出した, さして淫売婦たち, さして町, さして研究社, さして社宅, さして立っ, さして落着, さして葵, さして行け, さして行こう, さして行っ, さして見送る, さして足駄, さして迎い, さして送っ, さして這入る, さして遊び歩く, さして鉄砲洲, さして風, さしびしょびしょ, さしもう, さし上げたところ, さし乍ら, さし出して, さし医科大学, さし塗足駄, さし夜, さし白い, さし足駄がけ, さすこと, さすなるべし, さすの, さすまでも, さすよう, さす人, さす必要, さそうぞ, さそうと, さそうとも, さら, さらさらと, ざらり, して, すぼめた, すぼめつつ, すぼめる姿, すぼめ黙々, そこにおいて, そこへ, その儘, そんなに破かれ, たずさえて, たたいて, たたき破るかと, たたく雨, たたみその他, たたみながら, たたんだ, たたんで, たまへな, だいじに, つかまえて, つかませたん, つかまへて, つぼめた, つぼめた所, つぼめながら, つぼめ自分, つぼめ跣足, つぼめ麥藁帽, とって, とられないよう, とりあげて, どう処理, ながされて, なくしたわけ, なくして, はって, はりながら, ぱつとひろげた, ひどい力, ひらいたが, ひらくとき, ひろげた, ひろげたやう, ひろげたよう, ひろげた喫茶店, ひろげも, ひろげようと, ひろげる, ひろげアイスアックス, ひろげ二人, ひろげ末枯れた崖, ふって, ふりあげて, ふりまわしたり, ふり上げて, へし曲げられそう, ほうって, ほうり出して, ほしいと, ぽつん, ぽんと, まず立てかけ, もたない私共, もったまんま, もったり, もった赤帽, もつこと, やや前下り, やろうと, ゆるがして, ゆわえて, サッと重ね, ブランブラン振った, 一つ差しかけ, 一本お寺様で, 一本借り, 三つつけた, 上手に, 下げたまだ, 下げて, 下したり, 下に, 中心に, 乾かすよう, 二人で, 二人に, 五円で, 人形に, 仕込んで, 仰ぎながら, 伏せたよう, 作へる, 作る者, 借りた, 借りたいと, 借りたる野路, 借りっ放し, 借りないだろうと, 借り足駄, 傾けた, 傾けながら, 傾けるよう, 傾げて, 光らしながら, 入れた籃, 入れて, 八つさし開く, 再び返し, 出させ夫, 出して, 出す, 切った, 切られた篁守人, 前歯で, 力に, 半分すぼめ, 半畳に, 半開き真白な, 取つて, 取られさ, 取りましたら初めて, 取り上げると, 取り出した, 取り勝手口, 取ると, 取るの, 取直して, 取違えて, 受けとりました, 受け取る風, 受取った, 受取って, 受取つた, 受取つて心持頭を, 受取りし, 右手に, 吉田さんの, 吊下げ雨, 命じ, 土間と, 圧して, 地に, 執りに, 売って, 大開き, 奪おうと, 奪はう, 奪られた, 姿の, 嫌ふ, 小女の, 小楯に, 少し傾けよう, 居士の, 巌君が, 左の, 差しかけたよう, 差しただけ, 差したまま宙返り, 差した儘, 差し掛けたので, 差すにも, 差す臆劫, 干し竝め雨, 幾本さした, 広げる人, 庇を, 廂より, 廻したもの, 廻して, 廻わして, 引っぺがして, 引つたくつた, 引担い, 張るの, 待ちかねて, 後ろから, 忘れた人, 忘れた悲し, 忘れて, 思います, 思ひぬ三条, 急に, 手許に, 打ち下した, 打ち柄, 打って, 打つしとしと, 打つ点滴, 打つ雨, 打つ霙, 払い除ける手間ひま, 投げたよう, 投げ出すが, 投げ捨てぴしゃと三木, 投げ捨てぴしやと三木, 折られて, 抛りつけて, 抱いたまま, 抱きか, 押し流されて, 担ぐよう, 拡げかけて, 拡げたなり, 拡げたよう, 拡げる, 拡げる音, 持たず, 持たずに, 持たせて, 持たせると, 持たないわたし, 持たない忠三郎, 持たない氏, 持たれよ, 持ちあげて, 持ちまして, 持ち出して, 持ち瀟洒, 持ち直し暗い, 持ち高, 持ったまま, 持った男, 持っての, 持っては, 持ってること, 持ってる手, 持つため, 持給へとて, 指し翳して, 指し高, 振りかえった, 振り帽子, 捨てる, 捨て平泳ぎ, 捨て駅, 採用し, 提げて, 握って, 握つた指先, 握り片手, 揮って, 揮ひ続けた, 揺, 携ふ, 携ふべき, 携へ, 支く, 斜に, 斬られると, 断わって, 昨夜忘れた, 時雨や, 暖炉に, 棄てて, 棚から, 楯に, 構へ, 構へて, 次の間の, 泥に, 洋傘に, 渡した, 渡しながら, 源氏に, 潜らす芸, 無造作に, 煽られまいとして, 獻じたで, 用いず, 用いるあるいは, 用意させ, 白い手, 直すの, 相傘, 相合に, 私に, 私らに, 突いたまま, 突き出された青年, 突翳し, 窄めて, 立てかけその, 立てただけの, 立てた下, 竪に, 笑ひさしを, 紛失し, 置き忘れた, 置く, 翳させ燦々, 翳した, 翳した一人, 翳し片手, 翳す程, 背に, 背中に, 落した, 被ったとき, 装飾する, 要するよう, 覆うて, 見つけて, 見つめて, 見て, 見ると, 許され由緒, 貰って, 買いに, 買うソコ, 買う程, 買わされたとの, 買わねば, 貸すこと, 貸せ話, 貸そうという, 貼つて, 購ひ来り, 車の, 軒と, 返しが, 返しながら, 返しに, 返し銀貨, 返却する, 逆手に, 連ねて, 遠慮した, 部屋において, 重そう, 開いたまま, 開かないうち, 開きました, 開き目, 開き身, 開こうと, 降ろしたやう, 頂戴, 預けたり, 頭上に, 黒く塗り, 黙って

▼ 傘~ (375, 17.0%)

18 下に 17 ように 11 上に 10 柄を 9 柄に 7 ような 6 やうに, 上を, 下, 下から, 下で 5 中を 4 うち, 下を, 中に, 中へ, 女は, 雪 3 お化, かげに, 下の, 中の, 陰に, 骨の

2 [32件] うちを, うら, ことで, ころころと, さきまでを, ために, ない電燈, やうな, 上から, 上へ, 下へ, 中で, 中には, 代りに, 先で, 化物などは, 堤を, 尖で擽ぐる, 形を, 影が, 影ながら, 投影を, 様に, 涙を, 滴を, 片隅には, 耳を, 色が, 蔭から, 雫の, 音が, 骨みたいに

1 [162件] いらない程, いろが, うえに, おいて, お化けとか, お化けの, お化けみたいに, お壼, かかったデスク, かげから, かげは, こと, ことを, ごとく花, ご用心, しずくを, しづくが, しづくを, ついた明るい, なかで, なかを, はりかえ, へんを, ま, まだ乾かない, ままスッと, ようだ, スタンドイギリス産の, 一人, 一本足の, 上, 上からは, 上には, 上の, 下は, 下張りに, 中, 中から, 中にでも, 中まで, 中より, 中他人の, 主詣で, 代用までも, 修繕屋な, 先でした, 先を, 先をば, 内の人は, 内側の, 出て, 匂ひ, 化け車に, 化物とは, 化物とも, 化物にな, 化物に対する, 化物の, 化者, 卸しを, 古骨, 右にも, 外で, 如く八方に, 如し, 姿を, 小間隙間へ, 尻端折下駄を, 展げたのを, 布地を, 干場でした, 張換えだの, 形が, 形の, 影水に, 径が, 御用を, 意, 意味だ, 所有主を, 手を, 拡げられた刹那, 持ちよう, 握りなどとして, 揺ぎラヂオと, 方は, 曲や, 朱は, 柄にて, 柄の, 柄は, 柄へ, 柄漏り, 楽書の, 模様の, 武士が, 武士と, 武士の, 水を, 烈しく両手, 無いので, 用意が, 用意の, 畳みたるを, 畳み目, 白い影, 白ゆき往來も, 直し屋が, 直徑一寸餘, 相竹, 眼新しい, 矢野といふ, 破れたので, 破れて, 破れ目から, 端が, 紋処は, 紙を, 細々と, 結びめを, 絵を, 置所に, 自動, 色と, 花の, 若い女, 術でも, 裡で, 謎に, 車では, 車も, 輪は, 轆轤を, 辻から, 逸もつ, 金ものの, 隊を, 雨が, 雨きる, 雨の, 雪という, 雪とか, 雪を, 雪をも, 雫が, 雫で, 雫と, 雫を, 青みが, 面に, 音と, 頭を, 類では, 飛ぶが, 飛ぶの, 首だけを, 骨などは, 骨やら, 骨を, 骨以外には, 骨削り, 骨首縊りの

▼ 傘~ (113, 5.1%)

5 ないので 2 ある, お玉さんの, 出て, 後に, 襤褸法衣の, 返って

1 [96件] あると, あるならひろげて, うつくしく開い, くるりと, ぐいと横, させて, させなかった, さっと涼しい, しっとりと, しっとり濡れた, じわじわ縮まっ, ぞろぞろと, つるべ, どんなに有難い, ない, ないのに, ない衣物, なかった, なくっても, なくて, なくなる, なくなる主人, はねて, ぱっと開いた, ひとりでに立ち直つ, ひらいた, ひろがった, ひろげて, べりべりと, また自然, むすびつけて, ステキに, バスの, パサリと, パラシウトの, 一つ出, 一時に, 一本しか, 一本その, 不思議に, 並んで, 二本立掛け, 何かに, 俄かに, 傾くと, 出てという, 出入りし, 却って魅力, 又役に立つ, 取り持つ縁, 吊られ棚, 地まで, 塵埃に, 大きいので, 左右に, 市中に, 干して, 干し並べ, 廻つてさ, 押し合つて, 揺れ柩, 映って, 映る, 昼ごろまで, 死骸の, 渋も, 無かつ, 無くっても, 生きて, 石の, 窄まるその, 紛失した, 肥後の, 膝の, 菖蒲の, 薄く大きく全体, 血の, 行くぞ, 行手を, 見える道, 見当らなかった, 触って, 触つて入口, 転がるあれ, 輪に, 轉がる, 透通るか, 連れ立って, 重くなっ, 重くなる, 開いた如きいずれ, 開いて, 開いてから, 開かないで, 風も, 颯と斜め

▼ 傘~ (87, 3.9%)

3 かかれて 2 かくされて, して, ふる雪, 代て, 姿を, 紅き揚羽蝶小褄, 絡まる軽い, 雨の, 雪を

1 [66件] うけかねて, おっかぶせられその, かかりぬ, かくれて, かくれました, かさなり車, さして, しばらく住, そへ, とまって, とまり来, はいろうとも, ふたり頭を, ふりしきる, ほこりを, もぐり込む男, チビけた駒下駄を, 下駄でも, 二人の, 代へて, 似て, 入って, 入り熊藏, 入れて, 凌いで, 包みを, 化けたと, 受くれ, 吹きつける雨音, 因みある法界坊, 大きくたしか, 弾ける雨, 当る雨, 手を, 打ちのめされずには, 掴まりながら, 支へて, 書いて, 柩にと, 油を, 激流を, 無論そんな, 照る日, 相下らず, 着て, 肩を, 落ちて, 葉ずれの, 薄灯, 行き過, 貼られた紙, 身を, 遠目にも, 邪魔され, 重たげ, 開けた辻, 附して, 隠れて, 雨が, 雨宿り, 雪の, 音を, 顔を, 風船を, 首を, 高足駄

▼ 傘~ (84, 3.8%)

21 ささずに 4 ささないで 3 何も 2 ないし, なしに, 下駄も, 何んにも, 指さずに, 貸して

1 [44件] ある, お荷物, ぐしや, ささず歩けるから, ささず池, ささず痩せ細った若い, ささせぬ, ささないと, さされぬ窮屈さ, ささんで, させたが, そろいの, たわわに, ない塵芥だらけ, ない彼, ぬれる, また名, ステッキも, マントも, 一しよ, 両方とも, 体も, 使ひます, 借りずに, 借りて, 坂道に, 差さずに, 差さず麦藁帽子, 帽子も, 忘れて, 持たず, 持たずうち, 持たずびしょ濡れ, 持たず下駄, 持たないで, 持たなかった, 持たぬの, 挿さずに, 斜に, 杖の, 洋傘も, 肖わ, 貸せば, 長持も

▼ 傘~ (82, 3.7%)

3 私が 2 ささずに, そんなに急ぎません, なし, 一本さす, 絶えず一方, 身震を, 風に

1 [65件] ありませんの, いよいよお, いよいよ憎, おめ, お役に立ちませんでした, お荷物, がりがり風, ぐる, こ, ここで, さしてゐた, さして上, さして居た, そのままそのまま, その枝葉, その途端, それなりいもり, それ限り平一郎の, たちまち焔, ないかい, ないの, ぱっと開き, ひとまとめに, ぶらんぶらんと, もういらん, もつて, シケモノだ, 両女, 事実それ等の, 人冠に, 傘で, 僕には, 先生が, 夙に放, 大概楢よりも, 如何でございましょう, 姉さんの, 怖ろ, 拡げたまま, 持って, 旦那が, 有ったが, 染次が, 棟の, 欲しかろう, 決して無意味, 無いか, 無印であった, 用意し, 田植の, 畳むが, 畳んで, 疊んで, 白地に, 矢張開かれなかつた, 紐を, 自分の, 苧殻の, 英国公園の, 茣蓙に, 要らない, 要らなかった, 貸して, 雨が, 非常に

▼ 傘~ (60, 2.7%)

9 の吉 3 に奉公, の先, の先代, の吉三, の油ひき, の油引き, の者, の路次 2 の木島さん, の爺さん, の看板, の金蔵

1 [19件] か提灯屋, があっ, があった, がありました, におした, にはいり, のお母さん, の主人, の娘, の店先, の紙, の間, は傘屋, へ奉公, や提灯屋, をし, をはじめた, を代表, を訪ねた

▼ 傘~ (57, 2.6%)

4 下駄を 2 一緒に, 傘とが, 提灯とを, 空色の, 足駄を, 鞄を

1 [41件] あの舶来, いうても, これも, すべて嫖客の, すれば, なって, ひよけ, バナ, バナナの, ブラ提灯と, レイン・コウトの, 下駄とを, 両方では, 云うもの, 傘が, 傘との, 兩方では, 同じ傘, 名づけて, 名所焼の, 変じて, 履物を, 帽子と, 張る松, 提灯と, 書いて, 来た, 泥を, 湿れた袖, 答へ, 緒の, 脚下に, 花とで, 袂に, 足駄が, 足駄とを, 身体を, 鞄が, 風呂敷とだけは, 風呂敷包とを, 黒板と

▼ 傘~ (40, 1.8%)

2 受けました, 敲いて, 歩いて

1 [34件] あつた, かくしておくれやす, かくれて, ここへ, この新, その下, ちっと披げすぎ, ばッ, 一隅に, 万福寺に, 二人の, 出て, 土を, 姿が, 導く, 帰ったり, 後ろに, 日をよ, 柄漏, 歸つていつた, 死なれたお, 煙る霖雨, 石の, 腕を, 薄雲, 衝いて, 見すぼらしい半纏, 調子を, 連立って, 避けながら, 防けつつ, 雪の, 雪をよ, 駅まで

▼ 傘さして~ (23, 1.0%)

2 君と, 歩いて, 高下駄は

1 [17件] この牡丹, 出かけた, 出掛けた, 妻に, 小狸三匹ヨーチヨーチ, 帰る, 待って, 待ってな, 朝顔摘め, 此の, 菜っぱを, 落ちるよう, 行きしが, 通る人, 遊ぶ子秋, 降りかけて, 飛び下りるごとく高い

▼ 傘なし~ (20, 0.9%)

2 途中に

1 [18件] か, かい, かえ, じゃのいや, じゃ無理, でそれ, でにわか雨, でのそり, で元気, で妻, で帰る人, で歩い, で歩きながら, で池, で立った, で車蓋, に外出, のずぶ

▼ 傘~ (16, 0.7%)

1 [16件] た, ガラスの, トンビが, 下駄や, 団扇などが, 塗下駄に, 外套を, 履物や, 履物を, 杖を, 柳の, 洋傘の, 花の, 菅笠に, 蝙輻傘が, 馬印も

▼ 傘~ (13, 0.6%)

6 の娘 5 の翁 1 に精, の娘ぢ

▼ 傘~ (12, 0.5%)

6 の中 1 から引き出した, から抽, に僕, に入れ, の傍, の方

▼ 傘~ (12, 0.5%)

1 [12件] が揺, こそまさしく, の如く, は珠玉, までことごとく, をいただき, をかざし, をささげ, を傾け, を取り落し, を囲ん, を開い

▼ 傘さし~ (10, 0.5%)

41 てここ, てふらふら, ても間, てやっぱり, て行け, て雨

▼ 傘とを~ (9, 0.4%)

2 借りて 1 売る店, 択ばぬ, 拾って, 拾つて一しよ, 持つて, 次の, 等分に

▼ 傘~ (9, 0.4%)

2 のところ, の板 1 とかの茶碗, にあるいは, に組み, のもの, の部分

▼ 傘張り~ (8, 0.4%)

1 に頼むで, に頼ん, の浪人者, もいたしましょう, や竹刀, や門, 夜鳴きうどんなど, 提灯貼り

▼ 傘には~ (7, 0.3%)

2 見覚えが 1 あの紫苑, お銀様, ボンネット風の, 印が, 黒

▼ 傘では~ (6, 0.3%)

2 ないか 1 なかった, なくまた, なく番傘, 凌げません雨宿り

▼ 傘~ (5, 0.2%)

2 知って 1 てめえ達ゃ濡れ, どちらか, 昔人

▼ 傘から~ (5, 0.2%)

1 こぼれて, はね返って, ハミだし, 下駄まで, 落ちる雨だれ

▼ 傘~ (5, 0.2%)

2 の, のあら 1 ほしで

▼ 傘など~ (5, 0.2%)

2 につける紋章 1 一どきに抱え, 買つて來た, 預るので

▼ 傘一本~ (5, 0.2%)

2 で寺 1 下さいな, 着換え一枚, 買えない家庭

▼ 傘~ (5, 0.2%)

1 にとび散った, に広がる, に枝, の塔, の大きな

▼ 傘~ (5, 0.2%)

1 とか障子紙, として作られる, として用いられます, などの需用, の需用

▼ 傘だけ~ (4, 0.2%)

2 いただいて 1 差して, 持って

▼ 傘です~ (4, 0.2%)

4

▼ 傘ばかり~ (4, 0.2%)

2 借りて 1 では, 斬ったの

▼ 傘~ (4, 0.2%)

1 が届いた, が敵, に襲われ, に襲われた

▼ 傘かす~ (3, 0.1%)

3 寺の

▼ 傘さしかけ~ (3, 0.1%)

1 てある, てもらっ, て出

▼ 傘さした~ (3, 0.1%)

1 女中の, 狸の, 飴屋の

▼ 傘する~ (3, 0.1%)

1 までつと, 舞ごろもうし, 舞衣うしろ手見よ

▼ 傘~ (3, 0.1%)

1 がまだ, と思つて手, よこの

▼ 傘だけは~ (3, 0.1%)

1 持って, 畳んで, 疊んで

▼ 傘でも~ (3, 0.1%)

1 なんでも, ひろげたやう, よかった

▼ 傘とが~ (3, 0.1%)

1 どんなに詩趣, 軋り合いましたから, 重なり合って

▼ 傘なら~ (3, 0.1%)

1 いいじゃ, おれも, 山蕗の

▼ 傘ぶっ~ (3, 0.1%)

1 かして, こわしたり, 壊したり

▼ 傘まで~ (3, 0.1%)

1 お庄の, 商って, 天井に

▼ 傘よりも~ (3, 0.1%)

2 これこそ 1 もっと大きく

▼ 傘夫人~ (3, 0.1%)

1 がその, の効, の姿

▼ 傘持つ~ (3, 0.1%)

1 ほどはなけれ, 手を, 手をば

▼ 傘~ (3, 0.1%)

1 をひろげ, を震わせ, を高く

▼ 傘越し~ (3, 0.1%)

1 にかわ, に幾度, に肩さき

▼ 傘~ (3, 0.1%)

1 があの, といふ俳名, は冬

▼ 傘かたむけ~ (2, 0.1%)

2 て梅

▼ 傘かづい~ (2, 0.1%)

1 で, で出た

▼ 傘からは~ (2, 0.1%)

1 したたりが, 雨が

▼ 傘さい~ (2, 0.1%)

1 てこの, て跣足

▼ 傘だけを~ (2, 0.1%)

1 受取って, 売れと

▼ 傘ちかく~ (2, 0.1%)

2 のベンチ

▼ 傘との~ (2, 0.1%)

1 間から, 間の

▼ 傘とり~ (2, 0.1%)

1 て, て朝

▼ 傘なき~ (2, 0.1%)

2 野道に

▼ 傘などは~ (2, 0.1%)

1 させないから, 所詮なん

▼ 傘なども~ (2, 0.1%)

1 お増, 一つに

▼ 傘などを~ (2, 0.1%)

1 さして現れる, 取りに

▼ 傘なりに~ (2, 0.1%)

1 少し屈腰, 毒茸は

▼ 傘なんか~ (2, 0.1%)

1 させるもの, ない食物

▼ 傘にあたる~ (2, 0.1%)

2 雨の

▼ 傘はり~ (2, 0.1%)

1 の南部浪人, を商売

▼ 傘ひらき~ (2, 0.1%)

2 つつ大雨

▼ 傘~ (2, 0.1%)

1 さえ家, 体当りに

▼ 傘~ (2, 0.1%)

2 ゐら

▼ 傘みたい~ (2, 0.1%)

1 にし, に飛ん

▼ 傘をか~ (2, 0.1%)

1 ぶつた, ぶつて

▼ 傘をも~ (2, 0.1%)

1 差さず濡鼠, 持たずにかと

▼ 傘借り~ (2, 0.1%)

1 てお, て帰っ

▼ 傘売り~ (2, 0.1%)

1 がそこ, というの

▼ 傘屋町~ (2, 0.1%)

1 という所, のもの

▼ 傘~ (2, 0.1%)

1 だけが焼け残っ, と池

▼ 傘~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 傘~ (2, 0.1%)

1 だの風呂敷, になる

▼ 傘開い~ (2, 0.1%)

2 て肩身

▼ 傘高い~ (2, 0.1%)

2 足駄の

▼1* [159件]

荷厄介だ, 傘あしらひたるなど, 傘いるよ, 傘かざし深みどり, 傘かた手にはっと, 傘かむって来る, 傘これも誰ゆえ, 傘さげて, 傘ささず襟頸を, 傘さしかけた白丁どもも, 傘さしかける牡丹哉, 傘さしし雨の, 傘さし合つて菊の花, 傘したるは, 傘すなわち龍宮の, 傘そいつを恭, 傘たたみ三騎の, 傘たたみもちて見, 傘だけじゃ駄目だ, 傘だってそうさ, 傘だつたら書生は, 傘って物が, 傘つぼめちゃうわ, 傘つぼんだ傘弓と, 傘づくり提灯づくり団扇に絵, 傘であるのにあちらの, 傘というのが, 傘とか羽織とか, 傘とがもの語り行く, 傘とともに肩を, 傘とはどんな形, 傘とりどりに陽, 傘とるひまも, 傘どころか茣蓙を, 傘ないときや, 傘ながら細りした背, 傘なくして, 傘などが張られたばかりの, 傘などに使用し, 傘なれば片, 傘なんぞさして歩け, 傘にて走り出づ, 傘にでもなって, 傘にねぐらかさうやぬれ燕, 傘によけて大観門外に, 傘のせ棚に, 傘ッさり, 傘ばかりが重なり合うよう, 傘ばかりになつて天井から, 傘ふかうさして君, 傘ふって踊っ, 傘へまで入れて, 傘ほどに大きな菅笠, 傘ほどもある大きな, 傘まではただ数歩, 傘までも気に, 傘めぐらせば川下, 傘もってい, 傘やらをわれわれの, 傘ゆらめく瓔珞美しく, 傘履物よと, 傘より当時は, 傘よりはとて菅笠と, 傘をがさりと, 傘をはづして, 傘を通してそれを, 傘貸せよと, 傘ニ代テ暴雨ヲ防グ, 傘ニ用ベシト云コレヲ南部ニテ十和田ブキト云此根ヲ取, 傘一つ山の端に大, 傘一本バケツ一箇に至る, 傘一本買て両方, 傘一重でふせぎ切れる, 傘主義は單, 傘二本自分の合羽, 傘人人人の隙間, 傘代りにかざし, 傘休みなく, 傘傘人人人の隙間, 傘傘傘人人人の隙間, 傘十本ばかりとり寄せ, 傘半開き雨が掛かっ, 傘参らせよ萩の, 傘台所の流し, 傘型電気スタンド木枠正方型巻上大時計未来派裸体巨人像の額縁, 傘壊してしまったら, 傘変わって助, 傘夢みるような, 傘の網, 傘屋靴屋は靴屋, 傘市女笠持ちの人足, 傘干す山の, 傘に木材, 傘とうつ, 傘張法橋の豚犬児, 傘形科の特徴, 傘形花穂を成し, 傘紋付きの, 傘恋風に, 傘意外にも腰掛, 傘房状をなし, 傘扇帽等に用, 傘打ちつぼめし女, 傘投捨てて追, 傘投棄てて岸, 傘抱えてどこ, 傘持たぬ一同たとえ, 傘持たねば歩み, 傘持って歩いとる, 傘持てけ, 傘挟箱用長持引馬までが動揺, 傘曳馬を引き, 傘に熨斗, 傘柳五葉牡丹花ぐるま, 傘に対す, 傘に肱, 傘止めの下, 傘濃い影を, 傘火花の雲, 傘の下, 傘無しではとぼ, 傘片身がはり, 傘物それぞれに防ぎ, 傘にもされず, 傘用心すれば, 傘畳み持ちて細き, 傘百句唐辛子百五十句などと随分, 傘百本を寄附, 傘直しの家, 傘など知らず, 傘やイス, 傘立ての蔭, 傘立傘恋風に, 傘の點滴, 傘を戴き, 傘を置く, 傘聞くも濡, 傘脊筋さがりに, 傘の三種, 傘茶店にありし, 傘蓋旌旗をまん中, 傘としてある, 傘といつ, 傘ひて, 傘買はんならんぞな, 傘貼りは一ぱし, 傘踊りといふ危, 傘輿は列, 傘造り居ぬ, 傘雨さんにお, 傘雨宗匠にこれ, 傘雨宗匠たるは天下, 傘雨宗匠善と称す, 傘雨宗匠頭を振っ, 傘がかかる, 傘たいていな, 傘風呂に入った, 傘飛びの場合, 傘馬印以下五十騎ほど連れ