青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「佐々~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

住み~ ~住む 住む~ ~住ん 住ん~ 住宅~ ~住居 住居~ 住民~ 佐~
佐々~
佐々木~ 佐渡~ 佐藤~ ~体 体~ 体系~ 体験~ ~何 何~ 何かしら~

「佐々~」 1051, 10ppm, 10311位

▼ 佐々~ (236, 22.5%)

20 うちの 13 家の 6 一行が 5 家は 4 家で, 家へ 3 声が, 家庭に, 家庭の, 聲が, 話の

2 [16件] うちへ, ものが, 一家は, 乗って, 家に, 家も, 家を, 家庭では, 家庭とは, 家族の, 旦那, 旦那に, 親たちと, 話が, 話を, 身体を

1 [137件] いない時, うごきを, うしろを, うちあてに, うちで, うちとしても, うちには, うちを, おしや, おじさんと, おばけとでも, お古を, お父さんと, ことであった, ことな, ことを, とび出して, ほかには, みんなは, ものたちの, ものたちは, ものは, ような, ロケットに, ロケットを, ロケット何処, 一家の, 一家を, 一家五人は, 一行は, 一行を, 三人は, 上に, 両親が, 両親との, 両親に, 両親の, 両親は, 乗ったロケット, 事務所に, 人々は, 今夜の, 側へ, 全員の, 全家族, 六人が, 兵が, 冒険は, 右手には, 名物で, 声で, 声は, 外套を, 姿が, 姿を, 家が, 家では, 家という, 家にとって, 家にとっては, 家には, 家らしい, 家中では, 家庭にとって, 家庭には, 家庭にも, 家庭内の, 家庭生活と, 家族が, 家族に, 家族を, 家族旅行に, 帰りを, 帰国すべき, 微温的態度も, 手に, 手のものどもが, 方が, 方だった, 方で, 方である, 方に, 方は, 旗じるしで, 旦那あ, 旦那からの, 旦那つまらねえ, 旦那なにか, 旦那は, 旦那も, 旦那もうなんぼ, 死に, 特製ライスカレーだ, 猛軍, 田舎の, 病勢は, 病気は, 目を, 私に, 笑いに, 策動を, 耳に, 背後を, 胴中へ, 腰の, 荷物の, 親から, 親しい友人, 親たちが, 言葉で, 言葉は, 計画という, 話では, 話に, 調子には, 越中三郡も, 足が, 足の, 跡を, 身体が, 軍勢, 連の, 道案内に, 部将桜甚助が, 部屋で, 陣は, 陶器の, 青鉛筆, 面を, 頭が, 頭の, 頭は, 顎に, 顔を, 顔色を, 養子に, 體操も

▼ 佐々~ (151, 14.4%)

5 伸子の 3 自分の 2 バカだ, 急に, 玄関の, 顔を

1 [135件] あたりを, あわてると, いかにも重荷, いつもとは, いまいましそう, いまかけ上っ, きっと地球人類, ここん, これを, こんどこそ, こんな気持, すこし失敬, すこし後で僕, すばやくまた, そうだ, そこで改めて, その後も, その晩, その桝, その窓, その言葉, それに, それを, とくに探り, とって, どうなる, なるほどの, はり板を, ばかだ, びっくりし, ふところから, もう一度私, もう髪, ようやくの, エレヴェーターに, ゴクリと, サジを, ジロリと, スッと, バカという, ホテルでは, ポケットから, ムッツリと, ルリと, ルリに, ロケット室の, 一まわり小さい, 一体いまどこに, 一行が, 一言の, 三四日歸つて來ません, 不平だったらしい, 不遠慮, 人さし指を, 今夜ここへ, 今朝九時に, 令状を, 伸子と, 伸子に, 佃と, 佃とは, 佐々で, 何かの, 作業隊を, 健康で, 僕が, 六つの, 初めての, 博士の, 同じ型, 向うで, 問いかえし, 壁の, 声を, 夕刻まで, 外廻りを, 夜少量の, 大きなこえ, 大まかに, 大仰に, 大隅の, 天性面倒な, 奥羽地方の, 妻と, 妻に, 寝台の, 尾張春日井郡平井の, 帰って, 帽子を, 廊下に, 彼の, 彼を, 思った, 感激の, 戸口まで, 手帳の, 手真似も, 手間どって, 持ち前の, 改めて目, 時なる, 時計を, 暫く黙っ, 更に佃, 朝から, 柔道の, 椅子から, 母娘の, 比較的無聊, 気味わるく, 火星人に, 生れつきの, 痛む身体, 私に, 肩を, 自分一人の, 裸體モデルに, 言つた, 言葉を, 課長が, 課長を, 貴島たちに, 躊躇する, 身を, 連の, 部屋の, 階段を, 非常に, 面くらった, 靴の, 頭を, 顔面に, 首を, 馬鹿だ, 驛まで

▼ 佐々刑事~ (84, 8.0%)

4 であった, のこと 2 だ, の宇宙電話, の言葉, の電波, はその, は火星

1 [64件] か, から火星人, がとびこん, が主任, が前, が大きな, が大江山課長, が宇宙電話, が息, が火星, が言った, だよ, ともう, と特製ライスカレー, と話, にわかっ, の声, の強い, の手, の無電, の自席料理, の言う, の進ん, の電話, はあたり, はあまり, はいきなり, はいささか, はいよいよ, はいらいら, はいる, はうわずった, はおよそ, はかわり者, はきまり, はさっき丸木, はそんな, はだんだん, はどう, はのこのこ, はひとり, はもっと, はライスカレー, は丸木, は二人, は仮装, は何, は口, は大きな, は小首, は帽子, は思い出し, は思わず, は扉, は立, は綱, は自分, は言う, は課長, は身, は飛びこみざま, は首, もそこ, を呼

▼ 佐々成政~ (67, 6.4%)

2 が五十万石, はさき

1 [63件] がこの, がその, がそれ, がやがて, が北国すじ, が十五, が富山, が抗戦, が浜松, が目ざす, が立ち寄り, が軍勢, であった, と, とて善良, と井伊兵部, と前田利家, と同じ, などと違っ, などを併わせ, にさえ見限られた, にはならなかった, に攻め立てられ, のごとき, のさら, のさらさら, のむす, のよう, の三蓋笠, の別業, の前, の旗, の潰滅, の物頭, の物騒, の盲動, の耳, の菅笠三蓋, の表裏, の軍隊, の養子, は, はこの, はその, はたえずこう, はまだ, はやがて, は一夜, は城, は津幡, は重傷, は野々村, は雪中, ほどな, もそう, もや, も前田利家, も移りゆく, も結局, を信用, を御, を成敗, を熊本

▼ 佐々さん~ (66, 6.3%)

3 ですか

1 [63件] からお, からどんなに, が山, が見えました, こんにちは, じゃなかったでしょう, だ, だけに委し, て相当, でいらっしゃいます, というひと, と歩く, と言う, と話, どうしてきみ, にお目にかかる, にかこつけ, にきいた, にとって, にはわからないだろう, には分っ, にも似あわない, に会う, に悪い, に神祭, に負けました, のいう, のお家, の事, の云われた, の困る, の場合, の方, の理解力, は, はいやに, はお話し, はきょう, はここ, はそう, はのう, はまるで, はもっと, はやっぱり, はソヴェト, はパリ, はマクドナルド, は全く, は共産黨, は大分, は早い, は来, は理論, は生活的, ほんとに十一月いっぱい, まだ信じ, もいい, もいった, も飲, らしくて, をひとり, を愛し, 大した意味

▼ 佐々介三郎~ (26, 2.5%)

1 [26件] から聞い, がいちど国許, がおり, がつぶやく, が一頭, が承知, が江戸, つと寄っ, であった, である, でござる, とやらこれ, と江橋林助, なの, のそば, の披, はすくなから, はその, はつね, はもう一度, は京都, は寺, は尺八, は早, をこれ, をたずね

▼ 佐々~ (25, 2.4%)

1 [25件] あざ笑つて, いきなり壕舍, たいがい寢る, ちょいちょいした, どんな返事, 三ことを, 何を, 初めて次の間, 双方を, 叫ぶの, 攻めるよう, 攻撃的であれ, 来て, 枕に, 機嫌よく, 気づいたとき, 笑うの, 苦しそう, 言い立てて, 言つた, 言つても, 話すこと, 身仕度し, 鋭くとがめる, 體操を

▼ 佐々~ (17, 1.6%)

2 久保も

1 [15件] それに私, まじつて, 他に, 伸子も, 信長公の, 出かけるので, 合槌を, 居ないと, 居なくなつ, 帰って, 心痛から, 江橋も, 滝川も, 笑いを, 膝を

▼ 佐々~ (16, 1.5%)

2 對し

1 [14件] いろいろと, ののしられても, よびかけたの, 入籍させるさせない, 向かって, 尋ねた, 抱きつかれたよう, 會つて見る, 眼くばせ, 笑われたの, 紹介される, 聞いて, 言わせると, 詰め寄るよう

▼ 佐々兼武~ (16, 1.5%)

1 [16件] がニヤニヤ, が室, が居合わさない, だ, だつた, でも來, という人, の, の笑う, の訪問, はそれら, はトック, は共産主義者, は自分一人, は話, もビックリ

▼ 佐々~ (15, 1.4%)

1 [15件] 久保が, 久保それから, 云う与力, 今津博士との, 会話した, 前後し, 前田の, 同郷の, 是非無線電話で, 私の, 落ち合った, 話し伸子, 話の, 警官とは, 進少年は

▼ 佐々伸子~ (15, 1.4%)

2 ですが

1 [13件] からひきちぎられた, がソヴェト, が結婚, さ, と吉見素子, と父, と申します, と註, にこの, について一定, のところ, の半生, を憎悪

▼ 佐々~ (15, 1.4%)

4 と言う

1 [11件] か, がみんな, が主賓, が生き, ですか, の初, はこまる, はまだ, はやはり, は今, ハッキリ貴島

▼ 佐々泰造~ (15, 1.4%)

2 と多

1 [13件] がおどろいた, が官僚, との親しい, とは公式, の同, の若い, はいい, は日本, は陶器, も多, やつや子, を訪ね, 多計代

▼ 佐々~ (13, 1.2%)

2 は何時

1 [11件] が寄る, が手, だけで, と武田, はカラ駄目, は子供, は手拭, は晩, は村一番, は東京新聞, や武田

▼ 佐々村佐次郎~ (12, 1.1%)

2 でした, と平次, のニヤリニヤリ, はお茶, は町人風 1 は独り言, は獨

▼ 佐々砲弾~ (12, 1.1%)

2 のロケット 1 が, がこの, が忍び足, の, の乗っ, の乗った, の眼, はロケット, は卓子, は脱いだ

▼ 佐々どの~ (10, 1.0%)

3 の御 21 が北陸, とはむかし, に於い, の茶坊主, へ城

▼ 佐々~ (9, 0.9%)

1 が砦, では, のうごき, の先鋒, の内情, の神保氏張, の諸, は, は躍起

▼ 佐々村さん~ (9, 0.9%)

2 かしら, はあの 1 のお, の前, はまだ, は御存じ, は私

▼ 佐々~ (8, 0.8%)

1 が, のいる, の先鋒, の怒, の精兵二万余, はその, は包囲, も一とき

▼ 佐々~ (7, 0.7%)

2 の血統 1 と伸子, のあととり, の大事, の将来, の近臣

▼ 佐々一家~ (5, 0.5%)

1 が二三年來, が何, のよせがき, の人々, の家庭的

▼ 佐々前田~ (5, 0.5%)

1 などの大軍, などの旗本, などの諸, のともがら, の二勢力

▼ 佐々~ (5, 0.5%)

1 お久しゅう, に電話, の手紙, の熊本国権派, の熊本國權派

▼ 佐々波金十郎~ (5, 0.5%)

1 は左門太, は後ろ, は提灯, は独り言, もお

▼ 佐々記者~ (5, 0.5%)

1 はそんな, はなかなか, は壊れた, は記事, は遂に

▼ 佐々という~ (4, 0.4%)

1 けちな, 三十男で, 中流層の, 年の

▼ 佐々~ (4, 0.4%)

1 事務所へ, 正面から, 睨んで, 縛りあげて

▼ 佐々内蔵助成政~ (4, 0.4%)

1 が春日井郡, じゃよ, だった, のうごき

▼ 佐々友房氏~ (4, 0.4%)

2 は今, は自ら

▼ 佐々村君~ (4, 0.4%)

1 に対しては特に, の創作, の淋し, 確りする

▼ 佐々村村一~ (4, 0.4%)

1 に取すがります, に飛付きました, は死ん, は襟飾

▼ 佐々~ (4, 0.4%)

1 が津幡, の来襲, の行く, は約

▼ 佐々隼人~ (4, 0.4%)

3 正政次 1 がそういった

▼ 佐々伸子さん~ (3, 0.3%)

2 がプロレタリア 1 ですか

▼ 佐々博士~ (3, 0.3%)

1 の一家, の小さい, の末弟

▼ 佐々~ (3, 0.3%)

1 にも廻状, の国権派, の國權派

▼ 佐々お前~ (2, 0.2%)

1 はなかなか, はまだ

▼ 佐々から~ (2, 0.2%)

1 お聞きくださつた, 帰って

▼ 佐々さんあなた~ (2, 0.2%)

1 これから時間, はよくまあ

▼ 佐々~ (2, 0.2%)

1 思いがけない失敗, 買いとりたいと

▼ 佐々との~ (2, 0.2%)

1 不快な, 議論で

▼ 佐々とは~ (2, 0.2%)

1 永年の, 空しい悲憤

▼ 佐々などの~ (2, 0.2%)

2 諸将

▼ 佐々にも~ (2, 0.2%)

1 わからないと, 有る

▼ 佐々一行~ (2, 0.2%)

1 の乗っ, を大使館

▼ 佐々介三郎ひとり~ (2, 0.2%)

1 だけがかなり, へ向っ

▼ 佐々君君~ (2, 0.2%)

1 だよ, ちょっと行っ

▼ 佐々夫婦~ (2, 0.2%)

1 のこの, の肖像

▼ 佐々~ (2, 0.2%)

1 左や, 左同苗与左衛門野々村主

▼ 佐々村佐次郎これ~ (2, 0.2%)

2 は二十六七

▼ 佐々村佐次郎さん~ (2, 0.2%)

2 の書いた

▼ 佐々村佐次郎それ~ (2, 0.2%)

1 を押, を押える

▼ 佐々村様~ (2, 0.2%)

1 の頼み, へ渡さなかった

▼ 佐々村樣~ (2, 0.2%)

1 の頼み, へ渡さなかつた

▼ 佐々殿~ (2, 0.2%)

1 しばらく, の舎弟

▼ 佐々波さん~ (2, 0.2%)

1 がそれ, は

▼ 佐々爺武田~ (2, 0.2%)

1 が吉本管理人, の前

▼ 佐々良路~ (2, 0.2%)

1 と天王寺路, の先頭

▼ 佐々見左仲~ (2, 0.2%)

1 はそれ, は斯

▼ 佐々警部補~ (2, 0.2%)

1 が出迎え, が彼

▼ 佐々軍二万~ (2, 0.2%)

1 がそこ, は米出川

▼ 佐々隆行~ (2, 0.2%)

1 その一族, の一族

▼1* [89件]

佐々からの話東郷の, 佐々からは聞いて, 佐々これを遣る, 佐々のみで, 佐々さんそれは何, 佐々さんついでにここ, 佐々さん何をおそれ, 佐々さん僕は苦しい, 佐々さん火星人はまだ, 佐々さん白ばっくれるなんて, 佐々さん私は一つ, 佐々さん自身にした, 佐々さん豊田淳さんのおかき, 佐々たちが借りよう, 佐々ですか, 佐々でも現われれば, 佐々としてはここで, 佐々どのこれをもっ, 佐々などと同列の, 佐々などより私の, 佐々なんて大きい目, 佐々はにが笑いを, 佐々かけた電話, 佐々貴島の, 佐々より佃の, 佐々一家独特の混雑, 佐々丸山のふたり, 佐々人見のご, 佐々人見江橋などが闖入, 佐々介三郎渡辺格外のほか, 佐々伸子さんこちらは吉見素子さん, 佐々伸子日本の民間婦人, 佐々はいよ, 佐々が狼狽, 佐々其他の一連, 佐々内蔵介前田又左衛門, 佐々内蔵助が剃髪, 佐々内蔵助前田孫四郎利家の二千人, 佐々内蔵助成政前田又左衛門利家, 佐々刑事あてに無電, 佐々刑事ひとりが元気, 佐々前田らの諸, 佐々十竹だの吉弘, 佐々千秋などの率いる, 佐々千秋岩室殿にも前後, 佐々向い合って母, 佐々向坂石浜の三幅対, 佐々を名乗れ, 佐々小左衛門なども吉田忠左衛門, 佐々岩室千秋なんど信長の先駆け, 佐々弘雄大森義太郎其他の諸氏, 佐々弾正と呼ん, 佐々征伐などがその, 佐々徹男と云, 佐々成政あたりであろうとは, 佐々成政北陸にあっ, 佐々政次がすぐ, 佐々政次千秋加賀守岩室重休などの三百余人, 佐々政次千秋季忠前田利家岩室重休等は信長, 佐々政次岩室長門千秋加賀守の首, 佐々明智前田などの錚, 佐々の濱野治八, 佐々村さん貴方がいらっしゃる, 佐々村村一さんということ, 佐々村村一君が隣, 佐々柴田佐久間明智丹羽などの諸, 佐々などの御, 佐々殿彼のねがい, 佐々江橋などを相手, 佐々波金十郎のは弱りました, 佐々泰造夫人という土台, 佐々玄八郎がいぶかし, 佐々異変を知っ, 佐々皆々様という宛名, 佐々砲弾君ですか, 佐々の山, 佐々紅華作ではなかつたらう, 佐々の二人, 佐々といふ物, 佐々良三八十王の勧進, 佐々行政などの人数, 佐々進藤村井明智佐久間の諸, 佐々醒雪を主筆, 佐々醒雪笹川臨風田岡嶺雲というよう, 佐々金森などの諸, 佐々金森徳山の諸, 佐々関東一円も当方, 佐々を上げい, 佐々に店