青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「傍~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

停車場~ 健~ 健全~ ~健康 健康~ ~側 側~ ~偶然 偶然~ ~傍
傍~
傍ら~ ~傘 傘~ 備~ 備え~ ~傳 傳~ ~傷 傷~ ~傾け

「傍~」 11021, 119ppm, 892位

▼ 傍~ (4109, 37.3%)

159 立って 74 置いて 73 いて, 坐って 56 立つて 46 来て 35 寄って 30 腰を 27 寝て 25 居て 22 ついて 21 あつた 17 附いて 16 坐つて, 見て 14 立ちて, 落ちて 13 いると, 行って 11 あって 10 いるの, 一人の, 並んで, 立った 9 ゐて, 座を, 聞いて 8 ありて, いること, 人が, 佇んで, 坐った, 置いた, 身を 7 いた, いた者, して, 付いて, 戻って, 来ると, 椅子を, 横に 6 あつて, いる女, ひかえて, 人の, 在って, 寄つて來た, 居るの, 座って, 引きつけて, 近づいた

5 [13件] いても, いるもの, いれば, くっついて, ゐた, 仆れ, 女が, 寄った, 店を, 来た, 行つた, 近づいて, 黙って

4 [27件] ある, あると, いなかった, いなければ, いる事, いる人, いる者, やつて, 一本の, 二人の, 來て, 出た, 出て, 坐ると, 寝転んで, 居ること, 待って, 持って, 据えて, 突っ立っ, 突立つた, 立つた, 膝を, 行った, 誰も, 近寄つて, 馳け

3 [62件] あった, あり, あるの, ある間, いたいと, いたいの, いたお, いた女, いた私, いながら, いるという, いるよう, いる母, おいて, おいで, きて, すやすやと, すわって, それを, やって来て, ゐること, ゐると, ゐる時, 一疋の, 並べて, 住んで, 來た, 坐つた, 寄つて来た, 寄り, 寄ると, 寐て, 寝そべって, 小さくな, 居ては, 居ると, 居る事, 帰って, 引き寄せて, 彼の, 手を, 控えて, 控へて, 歩み寄って, 男が, 着いて, 突立っ, 突立った, 立つと, 置かれて, 置くこと, 置くと, 胡坐を, 腰かけた, 腰掛けて, 菫が, 轉が, 近づくと, 近寄った, 遊んで, 陣取って, 飛んで

2 [219件] あぐらを, あった刀, あった鞄, ありたる奈四郎, あるインバ, ある小さな, ある擬宝珠, ある時, ある机, ある材木, ある静か, あれば, いたくも, いたこと, いた一匹, いた学生, いた男, いた白娘子, いた紳士, いては, いないもの, いない時, いやに, いようと, いる, いる二人, いる友人, いる時, いる私, うずくまって, おかれて, おくと, お勢, かけて, これを, したる, すりよって, すわつて, たちて, つかつかと, つっ立って, どいて, どかりと, ながながと, ならんで, ねて, のいて, ひきつけて, ぴったり体, ぼんやりと, よらぬこと, よると, ゐながら, ゐるといふ, ゐるん, ドッカリと, ピッタリと, 一つの, 人無き, 仕えて, 付き添うて, 仰向けに, 住んだが, 何か, 來いと, 來る, 侍って, 倒れて, 倚添ひ, 備へて, 出して, 出でたり, 包みを, 千鶴子の, 卓を, 占めつ教, 参りまして, 口を, 呼んで, 咲きあかる, 在た, 在り, 坐して, 坐らせたが, 坐らせて, 坐りこんで, 坐りながら, 坐り込むと, 坐り込んで, 坐る, 坐を, 夜をと, 大あぐら, 大きな行李, 女は, 女房の, 寄せて, 寄つてその, 寄つて手を, 寄つて行つた, 寝るの, 寢床を, 少女は, 居た, 居たいと, 居たの, 居た看護婦, 居ても, 居ないから, 居ないので, 居るから, 居るなんて, 居るやう, 居るん, 居る一人, 居る人, 居る人々, 居る千島禮三, 居る者, 居合す此邸, 居残って, 山の, 席を, 座ると, 建てられた, 引きつけられて, 引き添って, 引き着けて, 引き附けて, 彼女を, 往って, 従って, 怒った顔, 我が, 手伝って, 拡げたまま, 持つて, 捨てて, 掛って, 接しその, 接近し, 斑牛ひとり居りけり, 新聞を, 来たので, 来りて, 枕を, 槍の, 横にな, 樫の, 歩み寄り蹲踞む, 残って, 母の, 母親が, 水を, 泣いて, 添つてゐる, 添寝を, 点いて, 父も, 牛の, 畏まって, 番を, 眠って, 私の, 移植しよう, 突っ立った, 突つ立つ, 突伏し, 立ちながら, 立ち竦んだま, 立ったまま, 立つ, 立てて, 立てるは, 立膝を, 紅の, 紫の, 紫檀の, 細々と, 置いたり, 置いては, 置きその, 置きました, 置き穴, 置く, 美しい娘, 老女が, 膝ま, 自分の, 自由に, 花を, 茫然と, 草を, 蓮池に, 行き, 行くと, 行儀よく, 褌一つの, 見ゆ, 誰と, 跪いて, 近づかば, 近づかれて, 近よって, 近より, 近寄って, 近寄ると, 進んだ, 運んだ, 避けると, 鉄瓶が, 銀の, 長くなっ, 附したるは, 青い魚, 青年が, 頑張って, 頭を, 駆け寄つたり

1 [2318件 抜粋] ああいう, あたる所, あったら自殺慾, あったソファ, あった丸絎, あった大きな, あった折鞄, あった書物, あった海軍ナイフ, あった石油缶, あった菓子屋, あった香箱, あらずして, ありました, あり合, あるという, あるべき所謂, あるより, あるパーク旅館, ある住所, ある原, ある古木, ある大きい, ある所, ある本箱, ある橋, ある男女両者, ある石地蔵, ある細格子, ある肴屋, ある配電盤, ある雲, ある麁朶, いさえ, いたいどうぞ, いたくせ, いたとて, いたばかりに, いたらすぐ, いたんだが, いたデビー, いた丸髷, いた僕, いた坊主頭, いた婢, いた将校, いた年寄, いた書生, いた瑠美子, いた真紀子, いた給仕, いた見習, いた道綱, いちゃあ, いつもいつも居, いないから, いない間, いなくなるの, いらして, いるあなた, いるから, いるだけ, いるにも, いるわたし, いる七番, いる兵馬, いる大, いる妹, いる寅吉, いる後妻, いる気力, いる父, いる細君, いる自分, いる間, うつ向いたまま, おいた弟子, おきたい慾望, おけ我, おとなしくし, おりながら, おりましても, お半, お立ちにな, お銀, かかって, かけよって, かしこまつ, きた幽霊船, くつつい, こう書かれ, この石, ころげて, ございます, さけた, さし立て, しくしく泣い, しゃがみながら, じっとし, じっと辛抱, すすめました, すり寄る, そっと腰, その区内町会所, その尊像, それ血が, たしかに坐っ, たった一つ, たつた一人, ちゃんと坐っ, ついてまわって, つけて, とどめて, どんな人, ならんだの, ぬくもって, のべた紙, ひかへて, ひざまずいて, ひとり残っ, へたへたと, ほこりだらけに, ぼろぼろに, ぽつねんと坐り込ん, また下に, まだ人, むんずと坐っ, やう, やっと聞きとれる, よく眠つて, よった時, よりそ, わが手, ゐたので, ゐた伊藤介亭, ゐた平公, ゐた瓜實顏, ゐた赭ら顔, ゐないでは, ゐなかつたら彼女, ゐようと, ゐるや, ゐるんで, ゐる小谷, ゐる自分, アンドロマケー近よりて, キャリフォルニアン号が, ゴロリと, シヤンが, スチームの, テント村の, ナヂェージダの, ピタリと, ペツタリ坐つた, ポツンと, ロシナンテの, 一人寄り二人寄っ, 一區域を, 一寸した, 一本杏の, 一段高く, 一羽の, 七宝焼の, 三尺近い, 三角測量標が, 下ろし安楽椅子, 並ぶ柱燈人造麝香, 丸型の, 之を, 乳を, 二ツ三ツ境の, 二列に, 五十ばかりの, 亭主然, 人は, 人無き若く緩, 今なお, 介抱すべくとどまった, 仕事を, 仲間の, 休んで, 佇めり, 住し, 住んだ蘭軒, 何, 何時の間にか太一郎, 何物かが, 侍し, 侍らせたる妻, 供が, 俵が, 停った, 傅き, 僅かに, 兄や, 入つて, 兵士が, 其方が, 内田さんが, 凝と, 出したまま, 出来あが, 切れた小路, 到りぬ, 勇ましき面し, 医者が, 十字架あり, 千万巻の, 南天燭を, 参りましょう, 古い石地藏, 召仕われ, 名も, 向日葵は, 命を, 唐画目利と, 土廂を, 在り子弟, 在るよう, 在る苦, 坐し左, 坐せる女, 坐った彼, 坐つたまま, 坐つた細君, 坐らせたけ, 坐りて, 坐り近い, 坐る女, 埃に, 堆く湯, 塹濠深く, 変ったこと, 多鶴子が, 大きな卓子, 大きな柳, 大型の, 大桶, 大釜が, 女も, 妻和子が, 始終着き, 嬰児の, 安置された, 宮内佐伯兩氏の, 寄せつけないやう, 寄つて來て, 寄つて行く, 寄りかかって, 寄りつきたい心持ち, 寄りました, 寄り添いながら, 寄り添って, 寄るほどの, 寄来る, 密接い, 寛政六年甲寅十二月, 寝かして, 寝る, 寝床を, 寢ころん, 寺の, 小さい孫, 小さい茶, 小さく蛙, 小さな水たまり, 小六, 小店一軒軒には, 小鍋立, 尻端折の, 居たかと, 居たもの, 居た事, 居た伜, 居た大勢, 居た婆さん, 居た朝井刑事, 居た與吉, 居って, 居ない事, 居ながら, 居らせて, 居られた石子刑事さん, 居らんこと, 居り近, 居るので, 居る叔母, 居る時, 居る眼, 居る見物, 居合せた相州さま, 山の神田の神塞の, 峙つ, 崩折れる, 差し置いた昌秋, 師父が, 平和街道へ, 庇髪を, 座ツて, 廊下より, 引きよせながら, 引っ付いて, 引込んだ森, 彼を, 往き顔, 御茶屋, 忍びやかな, 思ひがけ, 惹き附けながら, 慕い寄ったとか, 我れ, 所有出来た, 手附かず, 投げ出されて, 投り出し, 押し詰められて, 拝伏し, 振り分け荷, 捨て置き帰るとい, 据ゑてあつた, 掛けさせた, 掛茶屋あり, 推据へ, 揺籃に, 放り出して, 数種の, 敷く, 新しい小学校, 日向ぼっこを, 昼も, 書き添えた, 有った粗朶, 木の, 本の, 机が, 来いとて, 来たもの, 来た者, 来ました, 来るなんて, 来坐って, 東京に, 柿の木が, 桃と, 棒の, 椅子一つ, 極楽国迦陵頻伽の, 標的を, 横たわり拡, 機を, 正太少年が, 歩みよると, 歩るいて, 死んで, 残った, 毛だらけの, 汝の, 泊りました, 消え残った真赤, 渋紙包を, 滑り込むよ, 濱田という, 無造作に, 煩くつきまとつ, 燭台も, 狗の, 珍らしく, 現われて, 生じた芸術, 田舎には, 畏る, 病倒れた, 発見した, 白繻子の, 盆栽の, 直立してる, 眠ってまで, 眼を, 着席させるち, 短刀は, 砕けたる瓦, 祀った母, 移された, 積み上げて, 空地を, 突っ伏して, 突立って, 立たなくなつ, 立ちながらも, 立ち勧められるが, 立ち寄ると, 立ち止り外套, 立ち自分, 立った丸髷, 立った彼, 立つた家内, 立つ審判官, 立て, 立てるに, 立ツて, 立寄りて, 立膝の, 竹採, 簿記用の, 納めました, 細い路地, 終日屹坐し, 綿貫と, 縛りつけて, 繋れたステラ, 置いた器, 置いた紙入, 置いとくの, 置かれると, 置きたい口振り, 置きながら, 置き忘れて, 置き打, 置くには, 置く癖, 置るる, 老松, 聞くこと, 肩に, 脊中を, 脱ぎ捨てて, 腰かけた時, 腰掛けながら, 膝掛を, 自分に, 船板塀に, 芭蕉庵の, 若い女, 茂らして, 草刈りの, 華麗の, 落し短, 葛籠を, 薄の, 藩主の, 蟠竜軒, 行きました, 行くの, 行つて見る, 行商の, 襷がけの, 見すぼらしい家, 見ること, 見日夏耿之介, 記念碑まで, 訳も, 諸方から, 谿河の, 赤いフロシキ包み, 走って, 走り寄つた, 起った一種, 跪きました, 跼んで, 蹲み込む, 蹲んで, 身寄りの, 転がって, 辛くもその, 近く立てる, 近づきて, 近づき一言二言, 近づく汝, 近藤勇の, 追はれ, 連れて, 逸れて, 運動場の, 郵便局電信配達だまりあり, 野宿する, 鉄瓶の, 鍬が, 長くじっと, 閃くところ, 附きっきり, 附き切りで頗る, 附ては, 限られ村, 陣笠を, 雄蕋, 集まつて, 雜草の, 雪子の, 霊魂の, 青くな, 静かに, 頑張つて, 食っついて, 首い傾げ, 馳つける, 駈け寄って, 駿足の, 高の, 鵠立で, 黒く焦げた

▼ 傍~ (1758, 16.0%)

197 寄って 143 来て 55 行って 47 よって 39 来た 33 往って 30 往った 22 持って 20 寄ると 16 寄った 14 飛んで 13 置いて 12 来ると, 行くと, 近づいて, 近寄って 11 腰を 10 いって, 呼んで, 坐って 8 きて, 來て, 戻って, 立って 7 やつて, 口を, 近寄った 6 やって来て, よると, 帰って, 近づくと 5 やって来た, ゆけば, 寄り, 行った, 進んで, 馳け

4 [15件] 出て, 呼んだ, 坐ると, 寄るな, 寄るの, 往くと, 持つて, 置いた, 置くと, 行つた, 近よ, 近よって, 近付いて, 近寄ると, 連れて

3 [14件] つかつかと, 下りて, 寄つては, 寄つて来た, 寄りながら, 寄れば, 来る, 立掛けた, 自分の, 行こうと, 行つて, 身を, 近より, 近よる

2 [84件] いざり寄って, いつて, きた, くると, すりよって, すわって, づか, とんで, ぴったりよって, やって, やってきた, やって来ました, 不動様を, 伴れ, 來た, 参って, 坐った, 坐らして, 坐らせて, 外れて, 寄せた, 寄せて, 寄せ付けも, 寄っても, 寄つた, 寄つて, 寄つて來た, 寄つて来, 寄らうと, 寄られると, 寄りつくもの, 寄りつく者, 寄りて, 寄りました, 寄る, 寄ること, 寄れと, 寝かされた, 寝て, 寝ませて, 座ると, 引きつけて, 引き付けて, 往くなり, 往つて, 手ごろの, 手を, 押し遣りながら, 摺り寄っ, 来そう, 来たとき, 来たの, 来たので, 来た千鶴子, 来た女, 来た時, 来た男, 来るの, 歩いて, 歩み寄った, 歩み寄りますと, 火を, 立寄ると, 置いた袂時計, 置きながら, 胡坐を, 自分を, 行く, 行くとき, 行ったり, 走って, 近づいた, 近よった, 近寄り, 返って, 退いて, 退くと, 進み寄って, 遊びに, 集って, 雑誌や, 駈け寄った, 麟を, 鼻を

1 [663件 抜粋] あがった, あがりました, あの名筆, あの煙, あゆみ寄つた, いざり寄った, いちいち行っ, いった, いっても, いつまでも, いつもよく来, うずくまった, うつること, うづく, おくか, おしやる, おずおず寄っ, お出なさい, お島, お現われ, かけてから, かけよって, かけより倒れて, かわした宗吉, くっ附けるよう, こっそり置い, さしおいて, しずしずと, しゃがみ込んで, しゃがんだ, しやが, すうっと, すぐまた戻っ, すりつけて, すりよ, すりよった, する, ずいと出, ずいと寄り, ずらす, ずらせた, そっと往, その便々, その頬, そらしたるにぞ, ちか, ちかづいた, ちょいと, つ, つききり, つけて, つと寄り, つれて, づかづかと, とまった, どいた, どっかと, ながながと, なる石垣, にじりよりその, にじり寄って, のいたら彼等, のけると, はいって, はっと風, ひきよせ, ひたひたと, ぴたりと, ぴったりくっつく, ぴったり寄っ, へばり着いた, ぽいと, ぽかり, まいります, また別, また附着, もう一つ, もどって, やってきて, やって来たの, やって来る, やって来ると, ゆく, ゆくと, よったらどの, よって片手, よびよせて, よらないと, よりそうて, よりそって, よる, われを, アルマンが, クッキリ赤い, チョイと, ツカツカと, ムク犬が, 一人の, 一足寄った, 一足寄つた, 上って, 上り込んだ, 下る, 並んで, 乗り始めた, 乗捨てると, 些と, 人が, 人ごみを, 今一羽, 他の, 付けて, 何の, 余計近, 來る, 倒されながら, 倒れるよう, 倚らむとせしメエルハイムは, 倚添い, 先手の, 入って, 其の便々, 凭らせ, 出して, 出た, 出席簿を, 分れて, 初めに, 助けに, 千枝子が, 卸したなり, 参つて, 参り, 参りますどころ, 参ろうじゃがの, 又附着, 取り除けられて, 吹込む, 呼びつけやが, 呼びて, 固くなっ, 坐ったお, 坐ったまま, 坐らした, 坐らせた, 坐らせながら, 坐りました, 坐り込んだまま顔, 坐り込んで, 坐わる, 塩野が, 外らして, 外れ遣過ごして, 大きな寫眞箱, 大きな男, 大重君が, 奪ったの, 子供を, 寄せないで, 寄せないよう, 寄せ着けて, 寄せ附けなかった, 寄ったが, 寄ったそう, 寄ったまま, 寄ったらプン, 寄ったわけ, 寄った二三人, 寄った時, 寄った者, 寄っちゃ, 寄っては, 寄つた者も, 寄つていつ, 寄つてかう, 寄つてだらり, 寄つても, 寄つて何かしら愛撫の, 寄つて來ちや駄目だつ, 寄つて來て, 寄つて思ひ, 寄つて来ちや駄目だつ, 寄つて様様, 寄つて片手拜み, 寄つて行き, 寄つて行く, 寄つて行つたら, 寄つて觸つて見る, 寄つて顏を, 寄らないよう, 寄りかけたの, 寄りつかないよう, 寄りつこうという, 寄りと, 寄りな, 寄りも, 寄りスパナー, 寄り付かない彼ら, 寄り合うの, 寄り手, 寄り添いながら, 寄り着いたこと, 寄り着かないよう, 寄り秋, 寄るが, 寄るなり, 寄るほど, 寄るまでも, 寄るや, 寄るよう, 寄るより, 寄るん, 寄る機会, 寄る船, 寄れたもん, 寄れないって, 寄れなかった, 寄ろうと, 寄ろうとも, 寄ツて, 寄添いながら, 寝かして, 寝かしても, 寝に, 寝られると, 小さく温井琴台, 少し離れた, 尻を, 居ちゃ, 差し寄って, 差寄っ, 己を, 帰つて来る, 帰りついたの, 帰り右, 幸子は, 床を, 座らせご, 座蒲団を, 廻って, 引いて, 引きもどすため, 引きよせた, 引き付けあんまり, 引き寄せ願い, 引き返した, 引き返す所, 引っ張って, 引つぱつて行つて耳, 引ぱって往って, 引付けて, 引寄せその, 引寄せる, 引張って, 引籠ろうとして, 引返して, 役人に, 往かさないよう, 往かれないと, 往き, 往きなます, 往きますから, 往き土地, 往くかと, 往くこと, 往くとともに, 往く者, 往こうと, 往っ, 往ッた, 忍び寄つて, 忍んで, 恭太郎が, 恭謙な, 悉達太子を, 戻つて, 戻ると, 戻ろうかと, 手紙を, 打倒れ, 打倒れる, 投げとばしそう, 投げる, 投げ出されあった皺苦茶, 投げ棄てた, 投げ棄てる, 抛り出されたまま, 押しやった, 押しやって, 押しやり, 押し寄せて, 押し転がした, 押束ね, 招いて, 招き寄せたい風, 持ッて, 控えて, 摩り寄つて, 摺り寄った, 摺り寄り, 擦りよる風, 擦寄って, 放って, 末の, 机を, 来い, 来い少し, 来かかると, 来たから, 来たよう, 来たら打って, 来たり, 来た叔父, 来た妻, 来た種夫, 来た駅員, 来ちゃ, 来ても, 来ない算段, 来なかった, 来なければ, 来まして, 来ませんか, 来や, 来られては, 来られても, 来られると, 来ること, 来るは, 来る事, 来る娘達, 来る明日, 来る竜, 来る者, 来合わせた三毛, 来掛る頃, 椅子を, 植えさせた, 植えた事, 横向けに, 横著げに, 歩き寄ったの, 歩き寄つたの, 歩みよって, 歩み寄って, 歩み寄つて, 歩を, 歩寄り, 歸つて來た, 沖氏に, 泳いで, 流すくらいの, 添って, 添れ, 片づけそして, 片手を, 片膝, 片足を, 猿どもを, 現われた, 生き震える手先, 用達しに, 畳の, 白で, 直また, 眼醒むるばかりに美しい, 着き呼び活かする事, 私の, 移した, 積んだ草稿, 突き付けるの, 突立った, 突臥し, 立ち並んだ, 立ち退いた, 立った, 立つて, 立つの, 立入る者, 筆硯と, 箒を, 縛り附けられた様, 置いたから, 置いたの, 置いたまま, 置いてから, 置いとき, 置かないと, 置きそれから, 置きたくない事, 置き印, 置き慣れ馴染んで, 置き換えた, 置く, 置くだけでも, 置くの, 置く手拭入れ, 置けないので, 羅馬字で, 翳さして, 聚めた, 肱枕を, 胡座を, 腰かけそういう, 腰かけながら, 自分から, 自分のも, 草薦を, 萩桔梗女郎花なんどを, 落すもの, 葬った, 葬って, 藤吉は, 行かなかつたといふ, 行かれて, 行きかねた, 行きたいと, 行きました, 行きゃぼっと, 行き小聲, 行くだけの, 行くという, 行くん, 行けなかつた, 行った間, 行つてし, 行つてその, 行つて上げ, 行つて四辺の, 行つて坐つた, 行つて大声で, 行つて片手の, 行つて見る, 衝き進み寄るが, 衝と, 話しに, 誰も, 走つて, 走りよりました, 走りよると, 走り寄っ, 走り寄ろう, 赴くの, 足場を, 跼ずいた余, 踏み出した途端, 蹲つて揉手を, 蹲んだ, 躙り寄った, 軒下へ, 転げ落ちたと, 転ずると, 転り込む, 近いても, 近か, 近づかないうち, 近づきざま, 近づくもの, 近づけず滝, 近よりながら, 近よります, 近付き抜きうち, 近寄つて, 近寄つて行, 近寄りましたが, 近寄れないの, 近寄れませんでした, 近寄ろうと, 迫って, 退いた, 退いたが, 這いずって, 這って, 這入つて行, 進み寄った, 進み寄つた, 進み寄ると, 運ばれて, 遣って, 避けた, 避けて, 附き添ったが, 除けようとして, 集った, 飛びのいたから, 飛び返って, 飛退き, 餘計な, 馬を, 駆けつけて, 駆け寄って, 駆け寄つて斯, 駈けつけた, 駈け寄って, 駈け寄つた, 駈け寄つて, 駈け寄りました, 駈け寄ろうとして, 駈付けた天川呉羽嬢, 駕籠を

▼ 傍~ (1351, 12.3%)

23 椅子に 16 人に 14 者が 13 ものが 10 者に 9 ものに, 見る目, 見る眼 7 机の, 者の, 者は, 者を 6 方に, 柱に, 草の 5 ものは, ベンチに, 卓の, 壁に, 椅子の, 椅子へ

4 [14件] ものの, ものも, テーブルに, 人が, 人の, 人を, 壁の, 女が, 小卓, 方へ, 石に, 者には, 腰掛に, 部屋に

3 [29件] ウカル樹の, ソファに, テーブルで, 井の上に, 千鶴子に, 土を, 塩野に, 女を, 寝台の, 岩の, 岩角に, 床几に, 手文庫を, 方を, 木に, 木の, 林の, 柳の, 椅子を, 火鉢の, 田甫の, 男に, 男は, 石の, 私たちは, 箱から, 者も, 路を, 長椅子に

2 [93件] お濠端, ものを, コップに, ソフアに, バナナ畑の, ベンチで, ボックスに, 一人は, 三畳に, 三畳敷へ, 人たちを, 人は, 人をも, 人達の, 助手の, 千鶴子を, 叢から, 地面に, 坂を, 垣根の, 壁が, 壁を, 家の, 小さい卓, 小さい穴, 小供, 小机, 小松の, 小河で, 小窓, 崖から, 崖の, 巡査を, 席を, 床の, 庭石へ, 彼の, 径を, 御用を, 手文庫の, 新夫人, 方が, 方で, 暖炉の, 木机の, 木箱から, 本箱には, 杉の, 林には, 柱の, 柳は, 森の, 植込みの, 榛原ねも, 樹の, 民家に, 水の上に, 水溜には, 渓間へでも, 火鉢に, 灯の, 男が, 男を, 畑で, 畑に, 畳に, 目には, 真紀子に, 真紀子の, 矢代を, 砂の, 硝子棚の, 硯箱を, 私たちにまで, 窓から, 窓を, 窓際で, 竹垣の, 紙へ, 老人は, 者から, 舗石の, 茶店の, 薄萩茶の, 薄青い, 衝立の, 襖を, 路上に, 部屋で, 障子を, 雑木の, 電柱に, 電話室へ

1 [843件 抜粋] あかるき眞晝, いら草の, いろ, うるささが, おつきあい, おみささん, お堂, お方たちは, お柳, お膳, ことのみ, つまらなさ, つわ, ところ, はめ板へ, は人, ひょろひょろした, ほんとうの, ぼる高, もう一人, ものから, やかましいのに, ように, イタリー風の, インキ壺を, クションに, グラスを, コンパスに, シガー入の, スーツの, ダイスを, テェブルに, テラスで, テルソン銀行は, テーブルの, ディブァンに, トタン塀に, ドンドンの, ネギを, ハンドルに, ブランコに, ベッドでは, ベッドの, ベッドへ, ボタンを, ポンチ軒名は, ムシロの, ロハ台に, 一人から, 一同が, 一地, 一旅店にて, 一軒家には, 一閑張りの, 万屋の, 三畳, 三畳から, 下役人左右より, 丘又は, 並木の, 丸テーブルの, 乾いた草, 事務員が, 二三人に, 二人の, 二枚の, 二畳でも, 二等室の, 井戸に, 井戸へ, 井戸端で, 亜灌木に, 交番へ, 人々は, 人さえ, 人たちと, 人たち一様に, 人と, 人や, 人影を, 人白団とは, 人達に, 人達も, 人間が, 仁科六郎をも, 仏の, 仲仕に, 休息所が, 休息所へ, 低い丘, 住家の, 佐佐という, 俎板の, 保安隊士の, 倚子に, 傘の, 入口の, 八ツ橋畠へ, 八畳に, 兵士の, 具足櫃の, 兼子を, 冷え切った番茶, 処へ, 凹地で, 刀かけに, 切子の, 初花, 別箱の, 到る処, 剣を, 助手に, 化粧品店へ, 千鶴子にも, 千鶴子の, 半分壊れた, 卓に, 卓には, 卓子に, 友達に, 叢に, 叢を, 古い赤い家, 古ぼけた火鉢, 台から, 台の, 台所から, 台石に, 周三へ, 和草のに, 問屋の, 噺に, 土の, 土方歳三を, 土瓶を, 地藏樣ほどにも, 地面の, 坐舗, 垣根に, 堅い床, 塚である, 墓石の, 墻より, 壁には, 外國人へ, 夜光針の, 大きな文化住宅, 大きな水瓶, 大刀の, 大刀を, 大木が, 大理石の, 大連湾に, 夫人に, 女であった, 女と, 女の, 女工を, 女性一同に, 女達は, 奴等の, 姉夫婦が, 娘に, 学童の, 宇東記者を, 安楽椅子へ, 客たちも, 室にて, 室の, 家人に, 寝台に, 寝床を, 封筒へ, 小さい夫人, 小さい新聞屋台, 小さな女の子, 小さな痣, 小さな部屋, 小作人集会所で, 小卓子, 小堂, 小屋で, 小屋に, 小川から, 小川に, 小座敷も, 小房内, 小扉, 小沼の, 小皿に, 小石へ, 小石を, 小路を, 小路端に, 小高い岩角, 少年ボーイに, 尾張義直卿に, 屯所に, 山の上を, 山崎村に, 山道を, 岩に, 岩側面あるいは, 岩蔭に, 岩角を, 岸に, 岸辺を, 巌角に, 工場主の, 巨太鼓を, 巨螺を, 布団に, 布留と, 帳場に, 帽子掛けから, 幡江を, 平地で, 幸子を, 広場で, 広場まで, 床の間に, 床柱の, 店先を, 座に, 廊下から, 廊下の, 弟子待という, 往還に, 待合を, 思わくもあれば, 思惑な, 思惑など, 怪物の, 意志を, 戸口から, 戸棚に, 所で, 扉が, 扉の, 手あぶり, 手摺に, 手桶を, 捨札までが, 揚げ板が, 敷居に, 料理屋らしい, 新らしい, 新聞を, 日蓮宗の, 晴子の, 暗いアカシア, 暗い坂, 月の, 木の根の, 木屑の, 木戸から, 木納屋苫屋の, 木蔭から, 本堂の, 本箱お, 本箱の, 机上で, 村, 東野に, 松の, 松の木道プレイバックで, 松や, 松永博士と, 松葉杖を, 枕木の, 枝に, 枝折戸から, 枯芝堤に, 枯草に, 柴の, 栗の, 格子戸を, 桝へ, 棒杭に, 棕櫚の, 棚の, 棚見たれ, 椅子や, 楓の, 榎の, 槙三には, 横町へ, 樹木に, 機械の, 檜木の, 櫓なら, 武井さんを, 武士に, 死骸を, 水へ, 水兵に, 水道の, 汚い寺, 池には, 泥溝の, 洋室へ, 洋食屋で, 浄瑠璃口調の, 涼しかった, 清住町という, 清水に, 渓へ, 湯呑の, 溜り水に, 潜門を, 灌木の, 火に, 火も, 火炉中に, 火鉢から, 炉を, 無電機械は, 煙管とりあげ, 熊笹の, 燭台まで, 物置き, 狭いギャレージ, 猛虎が, 玄関の, 理髪店へ, 甚右衛門を, 田の, 田圃へ, 男たちの, 男の, 畑から, 畳の, 白い障子, 白土工場へ, 白薔薇に, 百姓達に, 皮を, 目からは, 目で, 目明良助も, 省線駅や, 真紀子が, 知らない小児, 石ころを, 石を, 石作りの, 石地蔵を, 石垣から, 石壁を, 石橋の, 砂糖の, 硯箱の, 神代文字花押, 私たちにも, 私たちまで, 私などに, 私達も, 空中で, 空地には, 空地へ, 空気枕を, 窓ガラスの, 窓下には, 窓硝子が, 竈の, 立木の, 立派な, 竹叢の, 笊に, 筆立には, 箱に, 箱へ, 篠懸の, 簾藤という, 籐椅子を, 粗末な, 糞壺の, 紅屋の, 紙片に, 細い急, 細い濡椽伝い, 細君を, 給仕の, 絹行燈の, 緋繻子張りの, 線路を, 羊歯の, 美和子は, 老人が, 老母の, 者, 者と, 者にゃ, 者までが, 者までに, 者数人を, 耳へは, 肉屋に, 肩の, 脇差取る, 脇息を, 腰掛を, 自分が, 自分にも, 舗石に当たって, 舞臺へ, 船板塀とか, 芍薬の, 芝生の, 芝草の, 花の木に, 若い者達, 茶の間に, 茶を, 茶店へ, 茶見世へ, 草ある, 草一本にも, 草原へ, 草地に, 草場に, 菩提樹下に, 萩の, 葉之, 葦間へ, 蒲団の, 蓬の, 薔薇の, 藤蔓を, 藪から, 藪陰から, 處, 虫けらの, 血の, 行雄は, 袋叩きの, 襖に, 西洋扉が, 西洋料理へ, 見物人に, 親戚の, 訶和郎を, 話は, 警官には, 谷へ, 谷川にて, 豆の, 赤松の, 赤沢引きかえし, 跳ね釣瓶の, 車台へ, 軒の, 輔星は, 農家では, 農家の, 通用口を, 運転手を, 道から, 道路の, 違い棚に, 邸の, 部長に, 酒瓮の, 重吉を, 重要書類を, 野雪隠の, 釣洋燈の, 鉄の, 銀の, 長櫃の, 門柱には, 闇から, 防寨を, 附添婦に, 陶, 隠家, 雑木林で, 雑誌を, 雪洞に, 電柱の, 電柱を, 電燈の, 露店で, 青い顔, 青苔, 静子の, 靜子の, 鞣革の, 食卓の, 食卓へ, 飾り箱に, 餌箱を, 香爐の, 馬に, 馬鈴薯畑の, 騒しい, 骨格逞しい, 鰻捺ぎは, 黄色に, 黒いもの

▼ 傍~ (890, 8.1%)

62 見て 45 聞いて 10 きいて 8 それを, 聴いて 6 見ると, 話を 5 何か, 笑って 4 彼の, 私は, 聽い, 見る目, 見る眼, 黙って 3 お話を, はらはらする, 人の, 拝見し, 暮した方, 茶を, 視張つて

2 [47件] お前が, これを, さっきから, ひろった大きい, むなしく情けない想い, ハガキを, 一人の, 二人の, 云つた, 半鐘を, 各島民, 囁いた, 女の, 安易な, 寝て, 小さな声, 少しの, 微笑し, 思うほど, 急に, 死んで, 母親は, 気を, 洗濯を, 淋しいと, 火加減を, 煙草を, 物を, 破れるやう, 突然に, 細君は, 聞くと, 聞て, 胸を, 自分の, 花を, 莨を, 見ても, 見るの, 見るほど, 見物し, 観て, 言った, 遊んで, 酌を, 飯を, 鬼ごつ

1 [596件 抜粋] あかしたこと, あきれ顔, あつた, あらあらしい声, あわれな故郷, いい気持ち, いつかも, いつのまにか愚図り, いつまでも, いつもの, いつも弦斎もの, いま荷馬車を, いろいろと, いろんなお, うたたね, うつそりと, うつらうつらし, うとうとと, うまそう, おけいちゃ, おとなしく聞き, お口, お君, お君さん, お島, お新, お節は, お糸さん, お角, お針を, かみさんは, かわされた, がさ, くすくすと, ぐうぐうと睡っ, ぐびぐびやった, けらけらと, こういっ, こくりこくり居眠り, ここの, こんな黄金, ごそごそ本, ごろ寝という, さきから, さっと身の毛, さわがれた日, さんざん馬鹿, しかも私, しきりに目, しきりに美智子, しばらく話した, しみじみ言い, じっとうずくまっ, じっと聞耳, じっと聴い, すっかり体, せっせと悪戯, せつせ, そっと蓋, その署名, その顔, そよ風に, それが, それには, それらの, それ等テクニカル, そんな考え, たちまちこけこっこう, たみは, だまって, ちょっとの, ぢつと, でんぐり返った, とかく真紀子, とまった, とまったかと, なんだか微か, にわかに両手, はげしく罵り合っ, はらはらし, ひきはじめる時, ぼろつぎ, ぼんやりと, ぼんやり坐っ, ぼんやり椅子, ぽかんとし, ぽんぽん銃殺, ますます乱雑, またこんな, また呼ばる, また臨終, まゆみが, まるで自分以外, みて, みよが, みると, もって, やにさがり, やはりまどろん, よしや薬, わからない寂し, わざとそれ, わたしを, オロオロし, カーキー色の, ガヤガヤ騒ぐ, ギターを, シクシク泣い, ズボンの, タオルから, ニタニタと, ニヤリと, ブン, ボーボーと, マアガレットは, マッチで, ヤイヤイ言う, ヨウカンを, レスリングを, 一か月暮そう, 一つの, 一人が, 一人で, 一時間ほど, 一緒に, 七つに, 万国一覧という, 三人が, 下唇, 下婢に, 不安そうに, 不思議な, 不意に, 中尉と, 丸くなっ, 久しぶりに, 乾草の, 二階の, 云う, 云っても, 京子は, 亭主は, 仁王の, 今の, 伯爵は, 伸子は, 伺が, 伺がってる, 何かの, 作る文章, 例の, 俥を, 傍若無人に, 働いて, 僕の, 光った床, 光子の, 児の, 兩刄の, 六郎の, 兵隊の, 具合すれ, 冗談口を, 冷たそう, 凝固し, 出を, 出逢つた時, 出遇, 分別顔し, 切られて, 到底眠る, 制する磯野, 前後の, 前跼み, 力を, 勘作の, 化粧を, 医師から, 十九に, 千代紙を, 半襦袢, 卓上電話機の, 卓連俊が, 参右衛門は, 双眼鏡を, 反絵, 叔母が, 口を, 口説きますハハハ, 口説きますハヽ, 叫ぶ, 同伴の, 呆れて, 呻った, 咲枝が, 商ふ, 喋べ, 喋られて, 喋り笑い, 喧が, 喧嘩を, 喫べたじゃ, 嗅いじゃ, 嗅いぢ, 囁き合って, 囁く声, 国際情勢の, 土人が, 土瓶を, 土産の, 土遊びを, 売られる赤児, 変に, 夏羽織の, 夕食を, 多助が, 多計代, 夜を, 大きな鉄瓶, 大声で, 大安坐, 大笑いする, 女頭巾を, 妻も, 姉と, 姉の, 姉は, 始めて自分, 娘は, 嬉戯する, 嬰児に, 子を, 子路が, 宵の口から, 寂しく紅葉, 寝かしくださいまして, 寝たいなと, 寝る, 察する程, 寢たり, 小さい焚火, 小さくなっ, 小さなアルミニウム, 小野田と, 尹医師は, 居眠りを, 山伏が, 岡片とも, 崩し畳, 工部局属の, 左右に, 己が, 己れ, 帳面を, 常は, 年嵩の, 幾回と, 底の, 弁当を, 弄って, 弥吉が, 強いつけよう, 彼を, 彼女の, 待った俥, 待って, 御喋り, 御寺の, 微笑んで, 心配し, 怒鳴って, 思いました, 思い切って, 思ったの, 思つてゐた, 恐らくポカン, 息を, 息子は, 恰度私と, 想像する, 愉快そうに, 意地悪い, 感じたこと, 慰めて, 憎たれた, 成長し得ない, 戦争を, 手紙を, 把手を, 拭き得意, 振らせたり, 揺れたの, 撮食, 擦れちがい八幡祠, 擱く, 故障に, 敏子は, 教育され, 数カット皆サイレントである, 新版を, 日本が, 早苗と, 明が, 春ちやんの, 時々口上, 暖房の, 暮したので, 暮して, 暮そうと, 書かれちゃ, 木村は, 東本願寺は, 東野は, 枕時計の, 林の, 枯木を, 梶は, 棒立ちに, 椅子の, 横に, 樽野は, 欺し, 歌った, 正造は, 死ぬこと, 死ぬの, 気が, 気勢を, 氣が, 水を, 水垢離を, 泣いた, 泣いて, 泣きそう, 泣き泣きそんな, 洗濯物や, 海を, 消えて, 添伏し, 清住町という, 渋いお, 溶かされて, 漁師たちが, 濁酒を, 濡れた着物, 煙管の, 煮が, 父の, 父は, 父親からの, 爾を, 猿沢夫人が, 生れたの, 生れた浮浪人, 生ビール一杯を, 産衣を, 甲谷と, 発見された, 白壁の, 白磁の, 白衣白髪の, 皆の, 監視した, 目を, 看護すべき, 看護婦の, 眠って, 眠つた, 眺めて, 矢代は, 砂いじりし, 硼酸に, 私たちは, 私に, 私を, 種夫に, 空に, 窓硝子ご, 立止まっ, 立派な, 笑つて立つ, 笹村は, 筆記し, 粥の, 糸を, 紀久子は, 紫の, 紫煙を, 細い声, 経文を, 結は, 結んで, 編み物を, 縫いかけの, 縫物を, 繕いもの, 繰り返すもの, 繰返し巻返しそれ, 群った, 考へた, 耳を, 聞いた, 聞いたよう, 聞いた宗教的, 聞いた覚え, 聞いては, 聞えた, 聞えたので, 聞きながら, 聞けと, 聞てれ, 聴きながら, 育ったので, 胡弓を, 腹が, 自分からは, 自分を, 自然は, 舟底を, 般若の, 花束を, 若い人達, 若い美しい声, 苦り切って, 英雄が, 茹小豆を, 草でも, 莨ばかり, 落着いた, 薬缶頭が, 虫の, 行へ, 衍奥さんが, 袋を, 襷がけで, 見せつけられた, 見たお, 見たらさぞ, 見たり, 見た事, 見た時, 見つめて, 見ながら, 見るほどの, 見る事, 見る婆さん, 見付けたの, 見出しました, 見失った小女, 見張つて, 見殺しに, 視ると, 観る人, 言いました, 言つても, 言われて, 語る只圓翁, 誰か, 豕の, 買って, 賽の目の, 趙が, 足を, 踊り出して, 踊子たちが, 身體を, 転がり落ちた後で, 送ったあの, 通夜を, 通行人の, 逢いそれから, 逢ったと, 遇つた, 遊ばせて, 過ぎた日曜, 都々逸を, 金太郎ちゃんや, 針を, 針仕事を, 釣って, 鉄瓶は, 錺屋の, 電話を, 鞭撻する, 頭が, 顔を, 風に, 風車が, 飲んで, 飼兎の, 首を, 香水の, 馬乳酒を, 騒いでも, 骨を, 髷の, 鮓など, 鮪や, 默つてごはんを, 黙つてごはん

▼ 傍~ (685, 6.2%)

34 離れて 29 通って 25 向いて 15 見ると 11 離れた 9 通り過ぎて, 通ると, 離れると 8 通る時 7 歩いて 6 通りながら, 通り抜けて, 通り過ぎた 5 はなれて, 流れて, 通りか, 通るとき, 通るの, 離れずに 4 向いた, 通った, 通る, 離れるの 3 すり抜けて, 掠めて, 擦り抜けて, 通り過ぎようと, 離れないで, 離れなかった

2 [36件] かえり見て, かすめて, すうっと, つまみあげて, とおって, 並んで, 人が, 去って, 去らない, 廻って, 歩み過ぎなければ, 滔々と, 漕いで, 片時も, 立退いて, 自転車に, 見るが, 見れば, 退いた, 通っても, 通らなければ, 通りすぎて, 通り抜けながら, 通り過ぎる時, 通る人, 通る者, 通過ぎた, 過ぐ, 遠退く, 遥かの, 離れない, 離れようと, 離れようとは, 離れること, 飛んで, 駈け抜けて

1 [375件] あけて, いそいで, うろうろし, お通り, お離れ, かえりみて, かけ通ろうと, からくも, ぐるぐると, ぐるりと, さびしい葬式, すっと抜け, すりぬけたが, すりぬけた時, すりぬけて, すり抜けた者, すり抜けようとして, すり拔けて, すれちがった女, すれちがって, すれ違ったので, そつと, それて, たどって, ちつとも, ちらちら飛んだ, ちらと, つと離れ, とおった時, とおりぬけようと, とおると, とおる師走, はなしませんでした, はなれた, はなれなかった, はなれまいとして, はなれること, はなれるやう, はなれるよう, ふりむくと, ふり向きこの, ふわりと, ぶらつきながら, ぶるぶるふるえ, まだも, まわるの, めぐつて元箱根, やっと離れた, やつと, やはり上品, ゆっくり登っ, ゆっくり通っ, ゆるやかな, よくよく見つめる, わたって, インディアンの, スコットランドの, スチームの, スレスレに, ポクポク歩く, ロシアの, 一人二人づつ旅姿を, 一叢の, 一廻りし, 一歩も, 一緒に, 三保の松原を, 上つたのである, 二時比から, 二時頃から, 京子と, 人の, 人力車が, 使用人達が, 傍丘と, 僅折り曲りたる, 分別顔の, 力づよく波と, 力漕し, 動かずに, 動かなかつた, 勢い然る, 去つた, 去らざる, 去らなかった, 去りがたく, 去りたくなかったという, 去りひとり居間, 去る能わず更に, 取り巻いた子供達, 同じよう, 向いた片, 向き, 向きそう, 向くたびごと, 向くと, 和船が, 困らせ抜きますうち, 夜遅く, 大きな帆, 大股に, 子守達は, 寸刻も, 小じんまり, 少しでも, 少しも, 少し掘, 少し掘り, 川へ, 影の, 往くので, 往っ, 往復する, 忍んで, 快活に, 思ひきり, 憚る, 手持ち無沙汰な, 手放すの, 打通れ, 払い諄々, 抱いて, 指さした, 指した, 指すので, 指で, 振向き, 掘って, 掛け声を, 掠めながら, 掠め過ぎようと, 摩れ違うの, 摺り抜けた女, 擦りぬけて, 擦りぬける, 擦り抜けた, 擦り抜ける時, 擦れちがうもの, 放さず持って, 放れない, 散歩し, 普通の, 杖を, 東北を, 構わず思い入ったよう, 歩いたり, 歩きまわった, 歩るいて, 水に, 水の, 決して離れる, 汽車で, 河沿に, 注意し, 流して, 流る, 流るる川音, 流れたり, 流れるエスコオ河, 流れる小川, 流れる溪流, 流れる綾瀬川, 流れ創業者, 滾, 漂つてゐる, 漂つて来る, 煙草一服の, 狂気の, 病院の, 白くちよろ, 矢の, 石炭や, 種々なる, 空車が, 突き進んで, 突進し, 窺うと, 立たなかった, 立ち退いたら精神上, 立った, 立去りかねて, 立去ろうと, 素知らぬ顔, 素通りし, 経て, 緑の, 腕を, 臆病そうに, 自動車で, 航行し, 苦しさ, 蛾が, 行くの, 裏崖へ, 見た, 見た時, 見て, 見ますと, 見られない偏狭さ, 見るか, 見上げると, 見向き, 見向きも, 見物人が, 視ると, 調べて, 走り抜けましたが, 走る巾二尺, 辷る省線, 近々と横ぎって, 近々と横ぎつて, 退いて, 退かんと, 逃げて, 這うた, 通ったよう, 通った時, 通った男, 通った門人, 通ってると, 通つた, 通つた時と, 通つた時彼女は, 通つてその, 通つてまた, 通つても, 通つて上水の, 通つて二月堂への, 通つて土手へ, 通つて帰る, 通つて段々, 通つて海岸の, 通つて自分の, 通つて行つた怪しい, 通つて首里に, 通ひ, 通らずに, 通り, 通りかかった時, 通りかかった男, 通りかかって, 通りかかりフト, 通りかかると, 通りすが, 通りすがりながら, 通りすぎた, 通りすぎる時, 通りすぎる筈, 通りぬけた, 通りぬけようと, 通りぬける時, 通りぬけ誰, 通りふと, 通りました, 通りましたあの, 通ります, 通りますと, 通りまた, 通り仄, 通り抜けた, 通り抜けたこと, 通り抜けたり, 通り抜けた健三, 通り抜けた者, 通り抜けてから, 通り抜けようと, 通り抜けると, 通り抜け書斎, 通り拔けながら, 通り掛った, 通り芝生, 通り芽, 通り草場を, 通り越して, 通り越そうと, 通り過ぎながら, 通り過ぎました, 通り過ぎるぎごち, 通り過ぎるだけ, 通り過ぎる誰, 通り過た, 通るであろう, 通るとか, 通るとき男, 通るに, 通るもの, 通る少女, 通る度び, 通る往来, 通る往還, 通る拍子, 通る汽車, 通る私, 通る間, 通抜けよう, 通過する, 遊行き, 過ぎた伝馬, 過ぎて, 過ぎぬ, 過ぎらんをだに, 過ぎりやがて, 過ぎ北辻橋南, 過ぐとて, 過ぐる, 過りしに, 遠く立ち退いた, 遠ざかりたいと, 金持が, 長い間, 離さず愛育, 離さないから, 離さないんぢ, 離さなかつたらしい脇差, 離すこと, 離るれ, 離れかねて, 離れざりしを, 離れずお, 離れず娘, 離れず寝顔, 離れず私, 離れず笑, 離れたあと, 離れたが, 離れたくないと, 離れたくないよ, 離れたくない心持, 離れたくなった, 離れたこと, 離れたらという, 離れちゃ, 離れないこと, 離れないと, 離れないよう, 離れない千束守, 離れない青江, 離れなかったお, 離れなかったけれど, 離れなかった浜子, 離れなかつた, 離れぬこと, 離れねえから, 離れまい, 離れまいと, 離れませんから, 離れませんでしたが, 離れませんので, 離れられないくらいに, 離れられないやう, 離れられないよう, 離れられねえよう, 離れる, 離れるに, 離れるのに, 離れるまるで, 離れる事, 離れる時, 離れる気, 離れる訳, 離れ得ざるなりき, 離れ得ない, 離れ知らずに, 離れ隣室, 離れ難く, 顧みて, 顧る, 風の, 飛びすぎる魔法使, 飛び廻りながら, 飛鳥の, 馳せぬけた, 馳せ去りたるあり, 騎りゆかん, 鼓舞し

▼ 傍から~ (588, 5.3%)

31 口を, 見て 16 見ると 7 見れば, 言った 5 それを 4 傍から 3 世話を, 声を, 教えて, 水を, 眺めて, 言葉を

2 [33件] いつた, いろいろな, じっと見, みても, 二三の, 云った, 取りなした, 合槌を, 女房も, 妾が, 妾の, 彼女の, 心配し, 心配なさる, 手を, 死んでも, 母が, 決して離れよう, 留めた秋野, 私に, 老師の, 聞えて, 自分は, 言ふ, 説明した, 説明句を, 賢太郎が, 離し得よう, 離せなくなる, 離れて, 離れられないかも, 離れると, 顔を

1 [403件] ああし, いう, いうと, いきなり真, いった, いって, いつまでも, いつもこう言う, いろいろ云われ, うっとりした, おしゃく, おとなしく二人, おりて, お祖母様, お菊, かすかに, かをるが, けしかけて, ことばを, この男, この精霊, ご覧に, さしのべられ彼, さし出でた, さへ, さんざんに, しきりにすすめる, しっかりした, じっと眼, すぐ忘れ, すぐ縁側, せきたてるので, そっと草, そっと見, そっと離れ, その様子, その決心, その男, その芽, その苦むの, その言葉, その返事, それに, そんな皮肉, そんな風, たしなめます, ただじっと, ちょっと口, であること, では, とりなして, とりなし顔, どいた, どうぞ御, どけない, どこかへ, ぬっと空, のぞきこんだ, のぞけば, はっきりと, はなさずに, はなさなかったが, ひったくるよう, ひっ掴むと, ひつたくる, ひろ子が, ぼんやり見守っ, まあ捨児, まあ棄児, まじまじ見, またしても, また報告, また村長, また注意, また饂飩屋, まっしろ, みたら変, みると, みんなし, もう一人, もう少し優しく, もう眼蓋, もどかしがっ, もり添える, やっと胸, やっぱりそれ, よく察せられた, よけいな, アマノジャクが, エルマの, カ氏が, スーッと, ニヤリニヤリと, マッチを, モグラ下士の, 一人が, 一人の, 一尺位の, 一本の, 一歩も, 一秒間も, 一羽の, 丁寧に, 不弥, 丑松は, 中村に, 主人が, 久慈の, 久慈も, 二三歩ぎょうさん, 二階の, 二階へ, 人に, 今は, 伊之助の, 何か, 何だ, 何とか云, 何奴かが, 余計な, 例の, 先の, 兎や, 入つた, 入ると, 八五郎が, 其の茶碗, 冷言を, 切りっぷり, 切りに, 別の, 劇薬の, 加勢し, 加勢した, 加奈江を, 助言する, 勧めて, 勧めました, 勧める, 勸めても, 去って, 又さつきの, 又その, 友田が, 友誼に, 反耶, 受話機を, 口など, 口添へ, 可笑しがっ, 同行の, 向うを, 呟いた, 味噌松も, 命じました, 和尚が, 哀れまれると, 唄いながら, 唸った, 啄を, 善吉の, 喚いたもの, 嗾しかける, 四十の, 団扇の, 地蔵様が, 壊して, 声が, 多々良君に, 夜風に, 大事そうに, 大井町に, 大崎の, 大明嘉靖の, 大西が, 夫人の, 奥へ, 女房が, 妻君が, 姉が, 家までの, 寝ころんで, 小橋を, 小突くやう, 少し離れ, 岩崎が, 崖の, 巨躯を, 平田が, 年増のが, 引き取って, 引き離しながら, 引下がると, 引取って, 引抜いて, 引離した, 張りの, 強い叫び声, 彼を, 彼女に, 彼女も, 心配そうに, 忘れて, 忠一も, 急に, 想像する, 意見し, 慰めた, 憐笑した, 憤怒に, 戸波研究所の, 打ち消した, 折々思い直した, 折々遊軍的, 抜け出した事実, 押しつけたレッテル, 押隔てる, 拳を, 拾ふ, 掬くい出さない, 揶揄う, 揶揄した, 揶揄する, 揶揄った, 放さなかった, 放しは, 放れた, 放れること, 教へて, 散って, 数多の, 数本の, 斜に, 斯うい, 新らしい, 日本の, 曲って, 木村が, 末に, 村山が, 来て, 松が, 松葉を, 柔かに, 梶原氏が, 森林の, 植えたこと, 椎の, 楢橋書記翰長が, 楽屋へ, 横槍を, 次の, 止める者, 母親は, 水色の, 注意した, 注意する, 注解し, 浅山に, 渓に, 湧き起った, 湯を, 溜息を, 濃い藍色, 燃えだして, 父の, 特殊群と, 甘ったるく睨みつけた, 申されました, 申しました, 皆笑い出し, 眉間へ, 看たら誰, 真直に, 真黒に, 眸を, 眺めたら凡そ, 眺めると, 着殺して, 石段を, 砕け, 破壊し, 私達は, 秋風吹きぬよしも, 稲村が, 穴の, 空間を, 窕子が, 窺うよし, 立ち上った, 立ち上つて遮切つた, 立ち上ると, 竜の, 笑って, 箒を, 粋な, 羨ましがられる, 老けた声, 老人たちの, 考えるよりは, 聞いた, 聞いたり, 聞いて, 聞えた, 聞て, 職人が, 肝入れし, 自分が, 自嘲した, 舞い立って, 茂太郎が, 蒸汽に, 薄が, 薄笑いを, 薄色髪の, 行った, 見えなくなって, 見せる, 見その, 見たがるもの, 見たその, 見たら可, 見てた, 見ても, 見てると, 見てるの, 見ぬ風, 見る, 見るほど, 見るん, 見下して, 見兼, 見守って, 見守られること, 覗いて, 覗き込みました, 覗き込んだ, 観ると, 観れば, 観察し, 觀て, 觀る, 解釈され, 言い出した, 言い添えるの, 言ったので, 言つた, 言つた家来の, 言われ言われした, 訊いた, 訊ねた, 訶和郎の, 註釈した, 註釈を, 話柄を, 語つた土瓶の, 説明を, 誰とも, 誰にも, 謂はば, 貴女に, 賛成した, 賛成の, 走り出して, 起つて, 躍り出した二人, 身を, 辰代も, 逃出し, 通うこと, 連れて, 遠ざかった, 遠退い, 邪魔を, 醜い穢い犬, 金五郎に, 鉛筆の, 鉦や, 鏡の, 長い黒いもの, 陣場夫婦も, 隣室の, 雉子が, 雉子などを, 離さなかった, 離して, 離れずに, 離れず彼, 離れず母者人, 離れた, 離れたい風, 離れないで, 離れなかったから, 離れなかつた, 離れること, 離れ去ったの, 青い葉, 頤へ, 飛び出して, 食うん, 首を, 鳥でも, 鼻にかけて

▼ 傍には~ (358, 3.2%)

3 これも, 彩色を, 誰も

2 [17件] また高い, トムさんの, 一人の, 二人の, 八つ手の, 又岸, 周将仕, 彼の, 明治時代に, 桜田門外の, 次の, 瀬戸火鉢の, 生れて, 白い布, 血に, 血色の, 風呂敷包

1 [315件] あなたの, あの青年, いずれが, いたたまれなくなっ, いつのまにそこ, いつの間にか, いつもそれ, いつも佐助, いつも果樹園, いつも濡れた, いつも私, いつ何処から, いないで, いないよそ, いなかったから, いまでは, おらずかかる, お勝手箪笥の, お松という, お雪, かわいらしい仔馬, きまって猫, こう書い, この運動, この頃毎日, その持っ, それぞれ嬉しい, それを, そろへて, だれも, つい三四日前, つかみ取らんと, つきりと, とてもたくさん, なほ一二人の, ぴかぴか光った, べつて, ほかに, また四五尺, まだ五六人, まるで狗ころ, もう一つ, もう光, もう十本, もう宵の口, もう誰, もはやかなり, やはり三十, やはり印袢纏着, ゐないで, キャフェ・テリヤの, グリムの, シガアを, ネッドを, バルビさんが, ヒヨロヒヨロの, フィオレンツァに, リュックサックなどは, 一寸離れ, 一挺の, 一族の, 一本の, 一株の, 丁稚らしき, 丈高い, 三人の, 三尺ばかりの, 三年前の, 下の, 下を, 不立文字不, 世話に, 両刀を, 両親の, 中年の, 主人が, 二三人の, 二人連の, 二抱三抱の, 五分と, 人の, 人體の, 今坂野が, 他の, 低い膳棚, 佐野さんが, 何か, 何にも, 何の, 例によって, 侍女が, 僕の, 僧道衍袁, 先き, 八五郎が, 初老に, 卓が, 南側の, 単なる一女性, 厳然と, 又魚蝋, 叔母さんが, 古びた箪笥, 古材木, 古白君が, 古風な, 可愛き児, 可愛き兒, 可憐なる, 周囲六丈四尺根廻りは, 和歌の, 唐松の, 嘉門が, 四人の, 四十歳に, 四角な, 國俊の, 土鍋の, 堆肥場が, 壊れかかった土塀, 壮い, 夕刊新聞の, 夜着などを, 大きいの, 大きな井戸, 大きな文字, 大きな枝垂れ, 大きな柘榴, 大きな箱, 大の, 大勢の, 大変に, 大抵の, 大株, 大樹蒼空を, 天狗の, 太田という, 女が, 女びれが, 女房が, 妾そっくり, 媼が, 嫡子小松の, 守刀さえ, 安行と, 実にささやか, 客の, 家中の, 寄らなかつた, 寝台も, 小さい窯, 小さな台, 小さな土藏, 小さな堂, 小さな車夫, 小卓子, 小羊, 少し背後, 居たたまらなくなっ, 居られないよ, 居られぬと, 居無かった, 岡持を, 工兵らしい, 帶美は, 幅の, 幹ばかりの, 幾も, 幾筋かの, 弓の, 弓も, 弟の, 張った弓, 恩を, 息子や, 悪魔が, 我を, 手代の, 掛茶屋めいた, 支械が, 数珠も, 斑の, 新しい木, 旅回りの, 既に出, 既に出来上った, 既に友, 日本の, 早附木, 春嬌が, 時々そつ, 時々話し相手, 暫く係, 最前縛られ, 松の, 根本家と, 桐の, 森氏の, 椅子が, 極って, 標本室の, 母も, 気の, 沢山の, 洗髪を, 清らかな, 満人, 漸, 焚火が, 父子の, 牧者である, 特高課の, 猿の, 珍らし, 番人が, 番頭が, 白い梅, 白だの, 白と, 白に, 白樺と, 百日紅が, 盗んで, 盛を, 砂利が, 確かに, 社会的風潮が, 神道や, 私は, 私等の, 秋壑の, 秋月が, 穂の, 端を, 第二, 笹ばかり, 粗末な, 紅白の, 紫色に, 紫陽花の, 細流あり, 綺麗な, 総之, 練吉も, 縄も, 縮れッ毛, 繃帯が, 繩も, 置かずすげなう, 美しい妻, 羽子板が, 翠緑眼醒めん, 肥料溜鶴嘴や, 背の, 背高く, 能樂の, 膳が, 臥たり, 若い美しい妾, 茉莉花や, 荒むしろが, 菓子の, 落葉で, 蒔が, 蘇我馬子といふけ, 補祭が, 見たところ六十五, 見劣, 親父を, 角井も, 証人として, 証拠物件が, 詩に, 読みかけの, 諏訪神号旗と, 豚の, 貫一の, 質屋も, 赤く焼け爛れた, 赤鬼と, 超脱の, 足から, 身を, 農家の, 道伴に, 道伴にな, 重太郎が, 金時計が, 釣瓶井戸が, 鉛筆五六本と, 銀の, 銀貨が, 銅線の, 鋼線で, 長女が, 長者の, 附いて, 隱居の, 露肆を, 青々と, 青い楓, 顔色の, 風呂桶, 飲み倒されたビール瓶, 香雲と, 骨の, 高祖真毫自刻帝釈天王東葛西領柴又経栄山題経寺と, 高級船員が, 高蒔絵の, 鬚の, 鰻掻に, 鶴富組の, 黄色い布帛, 黒塗の, 黒衣めが

▼ 傍まで~ (173, 1.6%)

14 来て 11 来ると 10 行って 9 来た 7 行くと 4 戻って, 歩いて 3 持って, 来たとき, 来た時 2 やって来て, 來た, 出て, 帰って, 引張って, 行ったん, 近寄って, 連れて, 駆けて

1 [87件] おいで, きました, くると, こつそり, ついて, やって, ゆっくりと, 上つて行つた, 二間程の, 五十嵐が, 來かかる, 入って, 出たの, 到着する, 動いて, 土手から, 地面を, 寄って, 差しか, 引いて, 引きずつて, 引っ返したが, 引張つて來, 往くと, 往った, 往って, 押しかけて, 押して, 押しよせて, 持ち行くを, 持つて, 散々の, 来かかったとき, 来かかると, 来かかる折柄, 来たかと, 来たところ, 来たの, 来たラエーフスキイ, 来ては, 来ても, 来ましたら生垣, 来られて, 歩み寄った, 歩を, 湛えて, 燃えて, 登って, 着ゐた氣, 私を, 立ちよ, 続いて, 行きがけた, 行きました先生, 行きますけど, 行き下, 行き息, 行く力, 行けるん, 行った, 行ったが, 行ったとき, 行ったの, 行った者, 行つてつい, 行つてゐ, 行つてゐた, 行つて勝ち負けを, 行つて突き飛ばす, 見ず知らずの, 誘い寄せること, 転がって, 転げ落ちました, 近づいた時, 近付いて, 近付くと, 追いついたが, 追い込んで, 退却させた, 逃げ込んで, 進んで, 運ばれて, 降りて, 顔を, 飛んで, 馬を, 駈けつけた途端

▼ 傍なる~ (63, 0.6%)

2 うつくしき人, 野茨の

1 [59件] かの蝋燭, その, それも, ドメニカは, バルザツク忽ち, フランソア・コツペエを, 一人の, 一閑張の, 一間に, 乞兒は, 井の上に, 人の, 侘住居で, 其の柳, 卓上に, 地が, 壁に, 大刀を, 女は, 女房に, 妣某氏の, 婦人を, 婦人數人は, 室に, 家より, 小き, 小卓, 小部屋, 少年の, 屋台店に, 巌窟にかけ, 帽を, 座をば, 彼女は, 手向に, 暗い隅, 木に, 林の, 桐火桶に, 椅子に, 椅子には, 樹に, 溜池の, 琴を, 皀莢の, 石に, 砂山の, 竜光山雲住寺縁起に, 細道の, 紳士に, 紳士は, 縁起棚には, 置炬燵に, 聖母の, 苫屋の, 菜の花の, 蔦蘿深く, 部屋で, 高草

▼ 傍より~ (52, 0.5%)

3 之を 2 八五郎の, 言を

1 [45件] かれこれと, これこそ, これに, これを, ほかに, また幸豐公, アントニオと, アントニオよ, 他日おん身の, 其面を, 却り, 取り給, 口を, 叱, 問を, 喙を, 妻は, 容喙し, 小幾, 左へ, 御覧なされ, 急に, 扶くる, 東に, 東の, 此返事を, 番を, 目もて, 看ること能, 看れば, 真田勢を, 笑みて, 老いたる婦人, 聞いて, 舟を, 花壇に, 蝋燭の, 見ん人, 見居たり, 覗ふ, 観て, 追い退ける事, 進み出で, 遠ざけ給, 離れて

▼ 傍~ (36, 0.3%)

15 をし 3 もしない, もせず 2 をする

1 [13件] がてら, などなさり, なんかして, に過ぎない, ばかりし, もせず走り, もせず駈け, もできない, も出来ない, をしない, をせずた, を出来ない, 的な

▼ 傍について~ (31, 0.3%)

13 いて

1 [18件] いられたり, おいでな, おって, なくッ, ゐたの, ゐて, ゐる心靈研究會側, 介抱し, 仕事を, 在の, 堺筋の, 墨を, 居ずとも, 居る, 御奉公, 歩いた, 西片町の, 見てくれ

▼ 傍近く~ (31, 0.3%)

3 寄るに 2 に心, 坐ること, 歩み寄って, 膝行り寄り

1 [20件] で三日間相, なると, にいたなら, にいなかった, に居られる, に来かかった, に立っ, に置い, に迫つて, へ行く, まで燃えひろがっ, 住む人, 呼んで, 安坐かくを, 寄りて, 寄り難い, 寄るもの, 引き寄せた燭台, 見もし, 進み寄って

▼ 傍~ (30, 0.3%)

2 のほう, の常連, の窓, へ行っ

1 [22件] から成っ, から表, だの来客用, に住ん, に帰った, に集まっ, のまわり, の一室, の向う, の従僕部屋, の方, の狭くるしい薄ぎたない, はいかにも, は安, は空い, は邸内, へ下げ, へ入っ, へ出かけ, へ出かける, へ這いこん, を一度

▼ 傍へは~ (28, 0.3%)

2 寄って, 寄らぬ, 近よらない

1 [22件] いなかったし, お寄り, 五十人ばかりの, 人を, 寄せ附けずに, 寄らないこと, 寄らねえが, 寄りつかうと, 寄りつきたくなかった, 寄り付かなかつたわけ, 寄り付かぬよう, 寄れない, 寄れないの, 寄れぬ, 寄付けない, 寄附けも, 来なかった, 来れんの, 行かない, 近寄らないよう, 近寄らなかつた, 近寄れない

▼ 傍~ (26, 0.2%)

3 へ入りました 2 にそれ

1 [21件] から不意, で寺, とカンチェンジュンガ, になります, に入りました, に反れ, に外れ, に外れる, に種々, に這入っ, の仕事, へかかる, へそれ, へ入る, へ外れ, へ外れた, へ外れ込んだ, へ這入る, へ進みたがる, をしない, をしなけれ

▼ 傍~ (25, 0.2%)

2 自分で

1 [23件] すぐ空地, そういつ, そうさせない, たまらないの, ひとしきり静か, やきもきし, よい, ホテルの, 二十三十にと, 傍だ, 喧ましい, 御迷惑, 恋しかった, 恐いとか, 打っちゃって, 水が, 水を, 煩かろう, 芭蕉布の, 迷惑する, 離れたくないよ, 頻りにひきつる, 黒い蔵

▼ 傍にも~ (25, 0.2%)

1 [25件] あれば, いられなかった, ぢ, どつて, ひとつあった, わかった, ゐたいと, ゐる, 一々毒々しい, 住むこと, 又誰ひとり, 囲炉裡の, 寄りつかずに, 居られずああ, 幾抱えも, 惜気も, 押し転がされて, 沢山生え, 澤山蕈の, 熊が, 空いた場所, 見えませんでした, 近く遺言, 近づいて, 青木堂が

▼ 傍では~ (24, 0.2%)

2 あのお

1 [22件] あるが, うっかり名を, そんな途方, 五六人の, 分からずやは, 別段気づき, 参木は, 向ふ, 四十五十に, 土下座を, 夕陽新聞社長幸田節三が, 少なからず, 歩調を, 求められないから, 清ちやんと, 真鍮の, 羽も, 老妻, 静子が, 靜子が, 飯尾さんが, 黄色な

▼ 傍へも~ (22, 0.2%)

2 寄ること

1 [20件] たれ掛り幇間, よりつけないので, よりつけないやう, よれなくなって, 寄せつけない, 寄せぬ下, 寄らないよう, 寄りつかない昔, 寄りつけないが, 寄りつけないほどの, 寄りつけぬほど, 寄り付くまいと, 寄り付けるこつちや, 寄れないこれ, 寄れないところ, 寄れないので, 寄れない気, 寄れなかった程, 寄れめ, 来ぬ事

▼ 傍~ (21, 0.2%)

2 の人, の小

1 [17件] からさいぜん, から制し, なる歯, にあれ, にいた, には一基, に押しやった, に来, に酒, の木, の木剣, の清水, の石, の黒塗り, を夜, を見やる, を見る

▼ 傍~ (20, 0.2%)

4 して 2 するに

1 [14件] いたし, したる, したる氣樂さ, したる種々, した事, しては, する, するか, するもの, する樣, する頭腦的, なの, の態度, を喜べり

▼ 傍~ (16, 0.1%)

1 [16件] いつも和やか, なれず今宵, 冷えて, 常によ, 放れない, 春の, 海に, 直ぐに, 相変らず, 穀物を, 菜畑で, 離れないつもり, 離れないよ, 離れませんと, 離れません若旦那, 默つて通りすぎる

▼ 傍~ (14, 0.1%)

1 [14件] が丘, であ, といふ風, と言うた, など言, に飢人, の, の名, の場合, の如き, の楢, は丘, は狭い, を或は

▼ 傍からは~ (13, 0.1%)

1 [13件] さう, それ等の, とても慰める, なかなか面白く, なす事にな, 中, 判らねえ, 始終冷, 新しい芽, 眼に, 窺い知れない血液, 解らぬが, 離れられない

▼ 傍によって~ (13, 0.1%)

1 [13件] きた, ちょっとサイン, 仔細に, 何事かを, 優しく抱き起し, 声を, 来た, 来たから, 来て, 白い瞼, 聴き耳, 行った, 音盤を

▼ 傍~ (13, 0.1%)

1 [13件] からは見え, で見, にさ, にさえも気の毒, にのみ見過し得よう, には醜態百出トルストイ家, にもわかる, にも気の毒, に一寸, に見, もふらず, も触らず, も触れず

▼ 傍~ (12, 0.1%)

2 して 1 したり, したるもの, する樣, する者, せしもの, せし醫師, に來, に出掛け, は禁止, を許すべき

▼ 傍觀者~ (12, 0.1%)

2 の利己主義, の地位 1 ではなく, とす, には物, に於, に過ぎなくなる, の態度, の興味, も亦

▼ 傍~ (11, 0.1%)

2 と半纏, よ 1 からおのずから, からお待ち, かわからない, そうです, と聞い, 僕の, 土に

▼ 傍~ (11, 0.1%)

1 [11件] からユダ, にそれた, に入りました, に前, に外れた, に這入った, に這入る, へそれた, へはいっ, へ外らされた, へ外れ

▼ 傍でも~ (9, 0.1%)

1 かまいませんから, その姿, どういうもの, 三吉や, 余念なく, 八百尺と, 小さな弟, 少しは, 通るん

▼ 傍において~ (9, 0.1%)

1 ある水, この夷人, にんまり笑った, ゆつくり, 子供を, 改めてていねい, 育て上げるの, 藤枝は, 行った

▼ 傍にて~ (9, 0.1%)

2 お吉, 女房が 1 われらの, コクリコクリと, 媼は, 書見など, 朽木を

▼ 傍見し~ (9, 0.1%)

2 てゐた, てゐる 1 ている, てフト, て僕, て却つて, て帝展

▼ 傍への~ (8, 0.1%)

1 ベツド, ベンチへ, 人に, 棒示杭に, 洋館の, 物品に, 芝の, 障子に

▼ 傍~ (8, 0.1%)

1 からし, から考え, すでにかく, によってさらに, に徴, のみから類推, を社会学者, を観察

▼ 傍~ (8, 0.1%)

3 持つて 1 引張つて行, 来た, 来ると, 行つた時に, 顔を

▼ 傍~ (8, 0.1%)

3 の諸 1 の, の國, の國語, の私塾, の種族

▼ 傍~ (7, 0.1%)

3 母さんと 1 いうよりも, ファイヤプレイスと, 同じ意味, 記したの

▼ 傍へに~ (7, 0.1%)

4 立ちて 1 ある日, ぢり, 富士川が

▼ 傍聽人~ (7, 0.1%)

1 があつ, が押し寄せる, といふもの, に擲, はこんな, は皆腕まくり, は神主

▼ 傍~ (7, 0.1%)

1 に不意, に突き通した, の皮肌一枚, へ鋭い, を刺された, を斜め, を裂かる

▼ 傍~ (7, 0.1%)

1 が施し, が誤であらう, に, の一句, の付いた, をし, をもたぶん

▼ 傍にでも~ (6, 0.1%)

1 あれば, いなくては, いるよう, 坐って, 居ましたらもう, 居らる

▼ 傍へと~ (6, 0.1%)

3 行つた 1 寄つた, 往つた, 慕い寄る

▼ 傍からの~ (5, 0.0%)

1 この哀願, やっかみという, 入知恵で, 批評です, 目には

▼ 傍~ (5, 0.0%)

3 でほ 1 である, でほのぼの

▼ 傍~ (5, 0.0%)

1 した三百枚, して, し其北, し左側, の

▼ 傍聽席~ (5, 0.0%)

2 の一隅 1 の片隅, は滿員, を見る

▼ 傍~ (5, 0.0%)

2 をし 1 もしなかった, もせず, も揮ら

▼ 傍~ (5, 0.0%)

2 になる 1 があります, であ, を供する

▼ 傍~ (4, 0.0%)

1 の奥, を見る, 見を, 道に

▼ 傍などに~ (4, 0.0%)

1 むずかって, 一定した, 今の, 栽植せられ

▼ 傍へよ~ (4, 0.0%)

1 つてあれを, つて來た, つて来, つて顔を

▼ 傍~ (4, 0.0%)

1 な振舞, 夫人, 夫人に, 夫人の

▼ 傍い寄っ~ (3, 0.0%)

1 て来られ, て行っ, て顔

▼ 傍うて~ (3, 0.0%)

1 北に, 幻げに, 杉苗を

▼ 傍からも~ (3, 0.0%)

1 せき立てられて, よく鏡, 聞えて

▼ 傍じゃ~ (3, 0.0%)

1 おれが, ないか, 気苦労で

▼ 傍だった~ (3, 0.0%)

1 かにへらへら, ので琴, んでございます

▼ 傍です~ (3, 0.0%)

2 ね実に 1

▼ 傍につき~ (3, 0.0%)

1 きりであった, 添って, 添つて朝夕の

▼ 傍にばかり~ (3, 0.0%)

1 ついて, 喰つつい, 附き添っても

▼ 傍によ~ (3, 0.0%)

1 つて何やかや, つて行きました, つて訊いた

▼ 傍により~ (3, 0.0%)

1 これを, 傍に, 火を

▼ 傍にを~ (3, 0.0%)

1 く, らせ, る

▼ 傍ばつ~ (3, 0.0%)

2 かり覗 1 かり覘

▼ 傍~ (3, 0.0%)

1 て千尋, て目, 半ばは

▼ 傍へでも~ (3, 0.0%)

1 寄つて見ろ, 往くだろうよ, 行って

▼ 傍~ (3, 0.0%)

2 早や 1 離れられないの

▼ 傍~ (3, 0.0%)

1 畑の, 空地には, 辻境などに

▼ 傍~ (3, 0.0%)

1 に住ん, に老僕, の伯父

▼ 傍~ (3, 0.0%)

1 突クナンテ危イコッテスヨアタシハ始メカラ不賛成ダッタンデス明日モイッソオ止メニナッタラ, 見ル時ハ肩, 通ッテマスシ疏水

▼ 傍斜術~ (3, 0.0%)

1 ができ, というもの, などのごとく

▼ 傍~ (3, 0.0%)

1 の分, 者から, 者として

▼ 傍聞きし~ (3, 0.0%)

1 ている, てゐる, て取り巻いた

▼ 傍聽者~ (3, 0.0%)

1 であるが, に與, の格

▼ 傍見する~ (3, 0.0%)

1 と不安, 毎に, 者は

▼ 傍~ (3, 0.0%)

2 小徑 1 をあけ

▼ 傍~ (3, 0.0%)

1 にはアンドリューシカ, の方, を曳

▼ 傍あがる~ (2, 0.0%)

2 神立雲の

▼ 傍あるいは~ (2, 0.0%)

1 沢の, 熱沙漠々たる

▼ 傍~ (2, 0.0%)

1 ほいなる, 恥かしい

▼ 傍ちかく~ (2, 0.0%)

1 侍って, 召され御

▼ 傍といふ~ (2, 0.0%)

1 ことでなく, 事で

▼ 傍にだって~ (2, 0.0%)

1 よれやしない, 木の

▼ 傍につつ~ (2, 0.0%)

2 立つて

▼ 傍によっても~ (2, 0.0%)

1 その臭い, 彼の

▼ 傍のかず~ (2, 0.0%)

1 枝が, 枝は

▼ 傍ひたる~ (2, 0.0%)

1 坂を, 壯丁は

▼ 傍へなど~ (2, 0.0%)

1 帰る事, 来るの

▼ 傍へばかり~ (2, 0.0%)

1 寄り付くの, 往って

▼ 傍へまで~ (2, 0.0%)

1 往くと, 行つてまごまごし

▼ 傍へる~ (2, 0.0%)

1 地を, 流は

▼ 傍までは~ (2, 0.0%)

1 来ぬと, 行っても

▼ 傍ゆく~ (2, 0.0%)

2 水の

▼ 傍よけて~ (2, 0.0%)

1 歩み來に, 歩み来に

▼ 傍よりは~ (2, 0.0%)

1 何も, 笑を

▼ 傍をと~ (2, 0.0%)

1 ほつて谷, ほりながら

▼ 傍をよ~ (2, 0.0%)

1 けるやう, けるよう

▼ 傍側道路~ (2, 0.0%)

1 がある, に面した

▼ 傍~ (2, 0.0%)

1 の可, の美国

▼ 傍小姓~ (2, 0.0%)

1 がお, をかえりみた

▼ 傍~ (2, 0.0%)

1 の岨, は岡

▼ 傍~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 傍御用~ (2, 0.0%)

1 の侍たち, の日記

▼ 傍新派~ (2, 0.0%)

2 の歌

▼ 傍日々一定~ (2, 0.0%)

2 の時間

▼ 傍日勝亭~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ 傍~ (2, 0.0%)

1 に丸善, の壺

▼ 傍正面~ (2, 0.0%)

1 にね丸窓, の姿見

▼ 傍用人~ (2, 0.0%)

1 が奥殿, であった

▼ 傍痛い~ (2, 0.0%)

2 次第です

▼ 傍痛き~ (2, 0.0%)

1 ことなれ, 余を

▼ 傍看しなく~ (2, 0.0%)

2 てはならなかつた

▼ 傍空風前~ (2, 0.0%)

2 しるしここ

▼ 傍~ (2, 0.0%)

1 に聞き, に記臆

▼ 傍聞する~ (2, 0.0%)

1 にも関わず, 女房を

▼ 傍見せず~ (2, 0.0%)

1 に, に勉強

▼ 傍觀的態度~ (2, 0.0%)

1 で靜, とか客觀的描冩

▼ 傍註し~ (2, 0.0%)

1 てある, て之

▼ 傍近く召使~ (2, 0.0%)

1 ひ度, ふが

▼ 傍部屋~ (2, 0.0%)

1 で琵琶, 貸を

▼ 傍~ (2, 0.0%)

1 の気, の氣

▼1* [236件]

あるデパート專屬の, 傍あれだけの趣味人, 傍余は, 傍うた大木の虚洞, 傍うてずッと, 傍かに捨てられたこの, 傍からいきり出した, 傍からうす色の帯上げ, 傍かんして, 傍きの人には聞えぬ, 傍ぐ船の船人, 傍寄ると, 傍て立言, 傍したる所あらざる, 傍すぐに田圃, 傍だけが灯に, 傍だけに寒さ, 傍ださうでえつへ, 傍だちに觸, 傍だろうとばかり考え, 傍やちん, 傍つきにじり寄りさて, 傍行く, 傍でございますからちょっと, 傍でして居る, 傍でしたのでビックリ, 傍での読書, 傍でやすが背中, 傍とかに住んで, 傍とかの意に, 傍とへ来て, 傍とも云ふまい, 傍ので, 傍などで屡々豊富, 傍などにて妨と, 傍などにも淡水産の, 傍などへ引っぱって, 傍などへはとても寄り付く, 傍などを通り過ぎる時, 傍ならでは若き, 傍なんか歩くと, 傍なんかへ寄り付く者, 傍にかけてたろうえ, 傍にさえ置いて, 傍になこんな梅干爺, 傍にねホラ南天の, 傍にのみメフィストは, 傍にのみは居らず朝, 傍にはも一つの, 傍にばっかりいて, 傍にべッたり, 傍にや親爺が, 傍によけます, 傍によけていると, 傍ばっかり恋しがっ, 傍ひたすら諸々の, 傍へから啼き立つた雉子, 傍へずつと寄つて来, 傍へつつと寄った, 傍へばッかし往きたがる, 傍へよつてよく, 傍へより顔を, 傍ほかひを, 傍または人家の, 傍までも山を, 傍までやつて来, 傍ゆ眼をあげ, 傍よりしも三尺許りなる, 傍よりも環境の, 傍わざわざ東京まで, 傍をも通つて行つた, 傍カラ直グト綺麗ニ流シチャワナイト気味ガ, 傍サ行つて, 傍向フ六弁長サ四寸許弁, 傍ニハ一冊ノ参考書モナケレバ, 傍ニ二間余ノ凹所, 傍ニ来ツテ語ル所ヲ聞クニ, 傍ニ邪魔者ガイルコトハイルガ何カ月ブリカデ颯子ト席ヲ並ベルコトガ出来タコト, 傍ノチャブ台ガ杯盤狼藉ト取リ, 傍ラニ字畫ヲ缺キ, 傍一地を相し, 傍一日分の食物, 傍一枚開けた雨戸, 傍去に, 傍丘地方にある, 傍丘山即この向, 傍之後心神違亂之間讓御劒於仲業朝臣, 傍二人の盲人, 傍互に相向ひ, 傍亡き南島第, 傍人形も舞, 傍人見否無也, 傍仏家の法式, 傍かに一時, 傍の祖師, 傍に取る, 傍先づ何よりと, 傍内側へどうやら, 傍の赤シャツ, 傍に道, 傍視学官を, 傍創作をした, 傍医師が心得, 傍につく, 傍南画を描く, 傍卜筮を習, 傍去らずの惟光, 傍田野には, 傍叱りたしなめはする, 傍のもと, 傍向けて徒ら, 傍向けた高輪田も, 傍向日葵の花叢, 傍唐紙を突き, 傍となる, 傍に就い, 傍地蔵の花, 傍堤等琳の門, 傍士駒市という人, 傍夏草が茂りたい, 傍大きな百日紅の, 傍に對, 傍女性の方, 傍刀剣書画法帖, 傍妬からさ, 傍は日本橋川, 傍嬰児のため, 傍子供を集め, 傍宣伝するもの, 傍へさげ, 傍の窓, 傍小説をもかい, 傍小路には矢来, 傍の意味, 傍山野の間, 傍の上, 傍のかげ, 傍の前, 傍の戸, 傍引該博のこの, 傍をしました, 傍や外道, 傍徒士町の會田, 傍思いがけない所に, 傍のくぐり, 傍には松, 傍接戰手鬪の武士, 傍故旧の安否, 傍新開町の方, 傍えたる, 傍旋花のからんだ, 傍旧記を閲覧, 傍書き溜めた文章, 傍書してあつたり, 傍へ肩, 傍東洋大学の構内, 傍板物の研究, 傍枕さがし, 傍植東叡王府所賜之梅, 傍楊柳の, 傍槐樹を見る, 傍標山の依, 傍たる善凡夫, 傍殖産興業の率先, 傍く青年投書家, 傍注ぎ注ぎてまはりぬ, 傍清泉所々に湧く, 傍湖一面開早起先登百尺台, 傍の畔, 傍演出者を兼ね, 傍に脅かされ, 傍火鉢にて林檎, 傍牧伯を恐れず, 傍独特な仏蘭西演劇史, 傍琵琶法師をもし, 傍生垣の前, 傍田舎の寄り合, 傍痛く眺めて, 傍看いたしていました, 傍看してゐる, 傍看したのとは, 傍看する外無かっ, 傍稼ぎに書く, 傍竹垣の内, 傍絵解きをし, 傍縁側の方, 傍美人画役者絵の板刻, 傍聞きをした, 傍聞している, 傍聽生とでも云, 傍少く目の下, 傍肩掛頭巾などを引, 傍自分ではかの, 傍舞台の前, 傍色香なき若し, 傍花砌とうたひ同じく, 傍若干の我が, 傍菊地松軒という先生, 傍行く鹿の子の, 傍見せられた隙に, 傍見らしく顔を, 傍觀氣を起し, 傍觀的にだ, 傍觀者たるに於, 傍觀者といへじつは, 傍なん, 傍読書をも勉め, 傍講堂の壇上, 傍の車, 傍貸本屋を渡世, 傍赤ン坊の着物, 傍赤色の大, 傍走るかにはてしなき見る, 傍へ打ち, 傍近いところへ, 傍近く出勤しけるにより, 傍近く千鶴子といる, 傍近く寄来て, 傍近く座を占め, 傍近く膝行り寄って, 傍近く誰か居った, 傍近く間の岳, 傍近く隨はしめつ, 傍近く馬から下り, 傍通り抜けましたがそ, 傍遊ぶ子らが, 傍ぐる者行人に, 傍を侵寇, 傍の女房, 傍附近を跋渉, 傍離さずに使つて, 傍離れて帰宅つた上, 傍離れず近く立ち, 傍離れること出来しません, 傍の有無, 傍飯岡の助五郎