青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「側~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

偉い~ ~偉大 偉大~ ~停車場 停車場~ 健~ 健全~ ~健康 健康~ ~側
側~
~偶然 偶然~ ~傍 傍~ 傍ら~ ~傘 傘~ 備~ 備え~ ~傳

「側~」 12466, 135ppm, 798位

▼ 側~ (3745, 30.0%)

132 立って 45 置いて 41 いて 40 立つて 36 坐って, 腰を 33 あつた 31 居て 27 寄って 24 あって 20 来て 17 附いて 16 坐つて 15 ついて 14 ある, 於て, 落ちて 13 身を 12 あった, あるの, 寝て 11 いるの, なって, 立った 10 いた, 居るの 9 あるもの, 一人の 8 並んで, 立つ, 見て, 近づいて 7 ゐて, 人が, 仕えて, 席を, 立ちて, 行って 6 あること, いること, 出て, 寄ると, 寢て, 居ると, 立つた, 置いた, 膝を, 行くと 5 いる, いるよう, して, ゐる, 佇んで, 呼んで, 坐して, 姿を, 座を

4 [29件] なると, ねて, やって来た, やつて, 一つの, 人の, 仕へて, 付いて, 來て, 侍し, 倒れて, 坐った, 坐らせて, 寄つて後から, 居たの, 居ること, 居る者, 廻って, 控えて, 横に, 沿って, 私の, 立ち公然, 立つと, 置かれて, 胡坐を, 誰か, 近寄って, 顔を

3 [56件] あった一刀, あっては, ある井戸, ある樹木, いたお, いたので, いつまでも, いても, いなかった, いると, くっついて, しゃがんで, それを, なつて, ひかえて, まわって, よると, ピタリと, 上って, 二人の, 云わせれば, 住んで, 向って, 坐りながら, 坐ること, 妙な, 寄つて來た, 寝そべって, 居た, 居なかった, 居なければ, 居るお, 居るん, 手を, 捨てて, 於ても, 有利な, 有利に, 来た, 椅子を, 気の, 沿うて, 添うて, 眼を, 立つ者, 立て, 立とうと, 置きましたよ, 腰かけて, 腰掛けて, 誰も, 近よって, 近寄つて來, 開いて, 陣取って, 集った

2 [194件] あったウイスキー, あり, ありては, ありました, ありますが, あるし, あるだけ, あるを, ある木, ある納屋, ある芙蓉, ある長, ある電話, いたの, いた関羽, いない, いないと, いなくなって, いなければ, いるお, いるし, いるという, いる人, いる女, いる時, うつって, おれ, さした, じっと坐っ, すわって, だらりと, ついた, ついたり, つけて, では, とぐろを, ならんで, にじり寄つて, ぴたりと, へばり付いて, ぼんやりし, まわった, もちたいとは, もって, やって来て, ゐない, ゐると, ゐるの, ゐる誰彼, ウロウロし, 一台の, 三疋の, 並べて, 中学生の, 乗って, 乱雑に, 二疊か, 人あり, 休んで, 佇んだ, 佇立し, 位置を, 何か, 侍す, 倚り, 倚添ひ, 傾いて, 傾くこと, 出るの, 刄物が, 別の, 割り込んで, 動かされたと, 勢揃いを, 卓を, 取っては, 吊した白木綿, 同様土下座を, 向いて, 向けた, 喰附い, 坐ったまま, 坐りこんで, 坐り飽, 坐る, 埋めて, 女中の, 容認させた, 寄せて, 寄つた, 寄り, 寄りて, 寄りました, 寄り添って, 寢か, 小さくなっ, 居たお, 居たので, 居たもう, 居た一人, 居って, 居る, 居る時, 居る私たち, 屈んで, 属して, 幻の, 床を, 座って, 引付けて, 彼が, 彼の, 悪い奴, 戸口が, 招ぜられた, 捨てるつもり, 据えられて, 控へて, 文句の, 於てしか, 於ては, 日の, 春挙さんが, 木の, 机を, 来たものの, 来た時, 歩み寄った, 歩み寄って, 母を, 流れて, 添って, 渡って, 渡り商店, 片膝, 睡る, 破れ古びた洋服, 私を, 積んで, 突立った, 立ち, 立ちせめて, 立ち上った, 立ち羽, 立つの, 立つもの, 立つよう, 立つ垢, 立つ形象, 立てられて, 立て膝, 米俵を, 紙に, 繋いだ屋形船, 置いた小包, 置いた小道具, 置いとくこと, 置くの, 羅列され, 美しい新造, 聞いて, 腰かけた, 腰掛けた, 若夫婦, 苦情の, 茣蓙などが, 荒蓆を, 行つた, 行儀よく, 見えた, 見ながら, 見出した, 走り寄つて, 起きて, 足を, 転がって, 轉が, 近い方, 近づいた, 近寄ると, 連れて, 進みました, 進み寄ると, 進むと, 遊んで, 開け渡さすため前々, 陣取つて, 集まって, 雲が, 面して, 駈け寄った, 髪を, 黒子の, 黙って

1 [2219件 抜粋] あいた, あったか, あったニッケル鍍金, あった一輛, あった吉五郎, あった布切れ, あった矮, あっても, あの人, あらわれた, ありける鶏卵, ありながら, あるかぎり, あるという, あるほう, あるわけ, あるスイッチ, あるメエゾン・ド・プランタン, ある事務テーブル, ある人たち, ある切かけ, ある同色, ある家, ある小次郎, ある廣, ある拡声機, ある日出新聞, ある村長, ある植木, ある点滅器, ある瓦斯, ある筆硯類, ある芝生, ある見世物小屋, ある里程標, ある電柱, ある馬小屋, あれども, いたあだ名, いたけれども, いたはず, いたら彼, いたデュマ, いた人, いた儀助, いた千浪, いた子供, いた小役人, いた彼, いた手代, いた柘植嘉兵衛, いた田中さん, いた義経, いた蛾次郎, いちゃ, いないこと, いぬ妻, いま一ヶ所此処みたいな, いるおかみさん, いるだそして, いるらしかったが, いる人間, いる友矩, いる四方田政孝, いる客, いる御方, いる智者, いる深雪, いる美しい, いる者, いる馬ども, うつろうとして, おいたよう, おかなかったという, おしのけたまま, おづおづしながら熊吉, おり立つ足音, お嬢様が, お踞み, かかえたまま, かけよって, かしこまって, かたより居ると, きちんと坐っ, くっつくよう, くッ, この原, これに, ごろごろと, さし出た木, しても, しゃがみ親爺, じっと立っ, すりぬけようと, すわつて, その両親, その死神, その身, そんなこと, ぞくする処, たくさんの, たった一人, たどりついた時, ちゃんとつけ, ついてて, ついてるんでさ, つかえて, つきっきりな, つくこと, つっ立って, つめられて, とても色, どかりと, なお異論, なったチューブ, なるの, ぬぎ捨てた旅館, ねそべりながら, ひかえたルル公爵, ひき他方, ひとりだつた, ぶつかるとともに, へばりついて, ぼんやり突, ぽつかり, まつたく誠意, まわりそれから, むかって, もう六十, やってくるの, やっぱり緑色, よった雀, ゐた, ゐたの, ゐた下男, ゐた友達, ゐた清楚, ゐた老人, ゐた高橋, ゐるこの, ゐるジヤンパー, ゐる唐人髷, ゐる尾崎紅葉, ゐる板倉屋, ゐる者, アカイアの, オリーブの, キッシリ印刷した, コンクリート壁が, スツクと, チヨ子が, テーブルを, ブリアレオが, ポルトガルの, リストを, 一丈ぐらいな, 一人人が, 一夏を, 一寸膝を, 一方の, 一緒に, 三人の, 三座の, 下って, 下座した, 不断に, 世馴れぬ我, 並んだ, 丸め込むがい, 乗ったが, 乳山と, 二人を, 二枚下に, 云わせると, 五年生の, 人らしい, 仆れ, 今一枚だけ, 今迄, 他の, 代書屋が, 任せ切って, 伸子の, 佇んだなり反射的, 住んでる紙屋, 何でも, 何時までも, 來りぬ, 侍い, 侍りけるに, 侍立した, 促して, 倒れようかと, 停まつた, 備へ, 働いて, 先刻から, 入つて, 八寸ばかりの, 冷淡な, 出た後, 出ると, 分捕りせられた陣太鼓, 別室が, 剥げた箱膳, 加わって, 動いて, 千重子が, 半野生, 却つて作者の, 参列し, 又石, 取ろうその, 古き伽婢子, 可愛らしい十二, 合成アルミニュームの, 名産の, 向っては, 呆然と突, 四五人の, 四角く建った, 在った, 在って, 在りと, 在ること, 在る山, 在る統制的原理, 地面四百坪に, 坐したり, 坐った眉, 坐つた, 坐つて背, 坐りこみざぶざぶと脛, 坐り立膝, 坐ると, 坐を, 埋めし上, 壁に, 多いの, 夜更しの, 大きなヤチダモ, 大きな男, 大きな花環, 大岩の, 大胡坐, 天国を, 夷麦酒の, 如何なる準備, 婆さんらしい, 子供を, 安坐を, 実は不思議, 宵の, 寂然と, 寄ったが, 寄つてためつすがめつ, 寄つて來て, 寄つて窓口から, 寄らないとも, 寄りながら, 寄る, 寄れば, 寝かせて, 寝た, 寝室の, 寝転んだり, 対外硬, 小さい蓬, 小さなお守り, 小屋が, 小風呂敷, 少年の, 尾だけ, 居たこと, 居たん, 居た下男, 居た年寄, 居た番太郎, 居た與吉, 居た豚吉, 居ったこと, 居ないもの, 居られなくて, 居りましたお, 居るから, 居るわけ, 居る亭主, 居る娘, 居る看護婦, 居余るいづれも, 居流れたるを, 屈み込んだ, 属しないで, 属するチンドン屋, 山野夫人を, 工場が, 差寄つて踏み荒した, 席をか, 平次が, 座す, 座敷を, 延びて, 廻つたやう, 引き寄せられて, 引き附けて, 引付けたま, 引張り込むもの, 彌吉, 影の, 彳んで, 彼を, 待つ, 従いて, 徳利形の, 忘れて, 恐しい, 悪魔が, 感じながら, 懷ろ鏡が, 我輩を, 戸石川という, 手ごろな, 手拭を, 打ち仆, 投り出し, 折重なるやう, 押しやった, 拠った在京中, 挙げられて, 捨札が, 据ゑた小机も, 掛けられる, 控えてるからばかり, 提灯が, 擲げつけました, 散在し, 敷かれた, 斜に, 新しく記人, 於いて, 於ける成迹, 於てのみ, 明り障子が, 時を, 書き入れて, 書見を, 朋子が, 朱塗の, 来かかったよし子, 来ること, 杵屋新次師匠と, 梅雨の, 植木屋が, 楽師達が, 横はる, 橋を, 止めさせて, 武者押しを, 歩み寄りしに, 歩み近づいて, 死んだ筈, 残つてゐた, 毒物の, 永代両国乗合船の, 沢山同じ, 泊めて, 泣き濡れて, 派出な, 消えて, 添つて一本の, 渡ったこと, 溶芥子が, 点ぜられる灯火, 無慙の, 煙草などは, 片寄す, 物影が, 現われるもの, 生ひ立つた, 用意した, 痳痺を, 白髪交り, 目盛の, 看護婦は, 眠るよう, 短刀が, 碇泊し, 祖母さんの, 私も, 移そうという, 移って, 積さなっ, 積んだ, 穴が, 突き当ると, 突つ立つ, 突立って, 立た, 立たないわけ, 立ちつづけて, 立ち乍ら, 立ち止って, 立ち自分, 立った二人, 立った泰造, 立つが, 立つた儘凝然, 立つわけ, 立つ人々, 立つ大衆, 立てたる石碑, 立てられた, 立てる一株, 立居候, 竹屋様が, 節子をも, 粋な, 紫檀の, 絆創膏を, 綺麗な, 縋り付き, 繋がれた, 置いた合せ剃刀, 置いた蒟蒻, 置いた鳥籠, 置かれた机, 置きつけたでね, 置き死骸, 置くとか, 置炬燵を, 群り集っ, 聳える兎岳, 胡座を, 腰かけた中年, 腰掛けた黒ずくめ, 膝行り寄りました, 臥て, 自分の, 船板の, 若江氏は, 莨を, 落ち散って, 葬ったと, 葬られたという, 藤枝が, 蜂谷良作が, 血を, 行きトロイア人, 行くこと, 行ってから, 行つて今度は, 褥も, 見える, 見える高い, 見失つて, 親類が, 記入された, 話し込むという, 貧相な, 贔屓し, 走って, 起るグプラー痲痺, 足先を, 跪くと, 蹄ある, 蹲居ん, 車座に, 輝く星, 近い日本, 近づかんと, 近寄った, 近附き, 退却し, 這い寄って, 進みそれから, 進んだの, 遊び戯れ, 道を, 還元, 酒飲ん, 金の, 銃も, 長い黒い槍, 門戸を, 附けて, 附添う, 障子を, 集まった, 雨に, 青い顔, 面した南窓, 願います, 食料品屋が, 馳けより, 駈けつけて, 駈寄った, 高野金剛峯寺蔵の, 鳥の, 黒い影, 默つて聽い

▼ 側~ (2388, 19.2%)

19 壁に 15 方へ 14 者が 13 椅子に, 窓を 11 人々は 10 者に 9 家の 8 方が 7 方に 6 人で, 人の, 者は 5 人が, 人と, 人に, 家が, 建物の, 方で, 歩道を, 窓の, 端に, 者も

4 [29件] ものが, もので, ものも, ものを, ドアを, 一つの, 一室に, 二人は, 人々が, 反省を, 壁には, 壁の, 小路へ, 崖の, 戸を, 方は, 時計を, 柱に, 柱の, 梯子を, 歩道に, 歩道の, 者を, 花摘の, 草の, 角の, 記録に, 誤解を, 説は

3 [35件] ものは, ドアが, ビルディングの, 三人の, 三疊に, 丘の, 主張は, 主張を, 人々を, 人たちも, 人は, 人を, 卓子の, 壁へ, 寝台の, 岸の, 座席に, 手から, 手に, 招待で, 杉の, 村, 椅子を, 男は, 窓から, 窓は, 者たちに, 者へ, 襖を, 要求を, 軒下に, 部屋に, 部屋へ, 隅へ, 雨戸を

2 [145件] それらの, ひょろひょろした, ほうから, ほうが, ほうで, ものの, ものばかり, テーブルに, プラットホームに, 上に, 中央に, 主張する, 事情は, 二人に, 二人伴れ, 二大, 二脚を, 云ひ, 人々であった, 人々によって, 人であった, 人では, 人間が, 代表と, 代表者だ, 例の, 先刻まで, 光線は, 入口から, 処にて, 処へ, 割れ目に, 勝利に, 半分が, 向うの, 味方を, 四畳半に, 坂を, 大籠, 女が, 婦人たちが, 婦人に, 宣伝的態度, 対支要求は, 小座敷へ, 小溝, 屋根の, 山の上から, 岩に, 岸に, 岸へ, 巨鐘が, 床を, 廊下の, 弁明も, 弁護士は, 思い過しか, 意向を, 意見では, 態度が, 扉が, 扉の, 斜面に, 斜面には, 方から, 方です, 暗いところ, 暗い小路, 暗がりで, 最後の, 木立の, 机にて, 机の, 板の間で, 框に, 梅の, 棚の, 椅子にかけて, 様子を, 横町へ, 樫の, 欄干に, 水源は, 水際に, 河の, 洗面器に, 火鉢の, 牽制策では, 独立行動は, 畳の, 白い道路, 白樺の, 石に, 石へ, 石段を, 砂の, 秦徳純氏との, 窓が, 窓硝子に, 竹藪は, 経蔵も, 美しく戦く, 者から, 者たちの, 者と, 者どもが, 者には, 脚は, 腰掛には, 臺の, 蔭に, 虚を, 蝋も, 行燈を, 要求が, 要求に, 要求全部を, 見解では, 記録といふ, 記録にも, 記録を, 話である, 誰彼との, 諸将, 責任を, 贈物も, 越境による, 路地に, 車窓から, 軍備は, 軒下を, 軒燈には, 道を, 鉄の, 鏡が, 長屋に, 間から, 間に, 陣営の, 隅から, 隅の, 雑草の, 電車で, 顔を, 騒ぎは

1 [1690件 抜粋] あたりで, あのやり方, いい分, いひ分, うちでも, お前が, お母様や, かげに, ぎっしり並んだ, ここでは, ことのみ, ことを, この憤慨, この辺は, これを, すること, その孔, ために, ぢき, とつつきに, は逆転, ひとりの, ふたりだった, ほうに, ほうを, もっと早く, ものと, やうな, やや狭い, ような, をこな, カフェーの, キミ子の, クッションに, サイセリヤスカールオデッサなど, シグナルの, スタントを, スパイです, ソフアで, テーブルで, デマ放送だ, ドユブウル町の, バスケットの, ピオニェールは, プラツトホームに, ベンチに, ポストへ, メイ・フラワ・ビルデングの, ランプの, 一つ向こうの, 一人として, 一人を, 一堂に, 一方に, 一条右衛門大夫信就に, 一番南の, 一角は, 一間を, 万屋の, 三氏野口村の, 上膊部以下に, 下駄の, 不徳に, 不興を, 与力席から, 両面には, 中の, 中老人が, 主な, 主催の, 主脳者, 乗車口降車口だけ, 予期した, 事情に, 二人の, 二階に, 五六軒先に, 人々なら, 人々のみ, 人からは, 人たちと, 人だ, 人とが, 人権蹂躙問題で, 人物その, 人物を, 人道へ, 人達も, 人間は, 仕事は, 代表者, 会堂から, 伝へと, 伸子の, 低い竹垣, 何とか研究室, 作つた広大な, 作戦である, 使臣を, 供らしい, 信仰から, 俥夫の, 偽らぬ肚, 傾斜を, 元柳原町, 光景に, 入口らしい, 公卿の, 六畳に, 兵を, 内容を, 処に, 出入口の, 刀架け, 列車の, 利益が, 前景気が, 力であろう, 努力に, 勝ちといった, 勢力が, 北は, 北平の, 千代子の, 半面には, 卓子掛けを, 友人から, 反対に, 反撥を, 取締りも, 口に, 叩きの, 右源太を, 各元首, 吉良邸の, 同化の, 名称に, 向うを, 呉服屋その, 命令は, 唐紙で, 喫茶部で, 四畳半の, 団結は, 土塀の, 土藏の, 地上に, 坂道を, 垣根で, 堤に, 報告である, 塩商人へ, 壁, 壁ぎわに, 壁上で, 士や, 声を, 多少の, 大きなパン店, 大きな樹, 大将である, 大工事場, 大木へ, 天幕の, 太い柱, 太平洋でしょう, 奇術や, 奇襲は, 女と, 女中へ, 女生徒達, 好きな, 妓樓にて, 姦を, 婦人たちに対して, 媾和条件を, 存在という, 安宿に, 宗易の, 客も, 客車と, 宣伝によって, 宣言や, 室まで, 家なみの, 家並と, 家人奴婢らは, 家士春日源之, 家臣も, 寄留係りは, 寝台に, 将たちは, 将校を, 小さい聖書, 小さな蒲団, 小学校の, 小川で, 小路に, 小集落, 少年では, 居心地よい, 屋敷その, 屋根瓦を, 山々こそ, 山に, 山も, 山河や, 山裾の, 岩の, 岸から, 岸は, 岸田劉生と, 崖下に, 川ぶち, 左端に, 市橋下総守の, 希望から, 希望値だ, 席の, 平野国臣に, 広小路といふ, 庄田喜左衛門も, 床机に, 座席から, 座敷に, 庭に, 廂の, 廊下へと, 弁才や, 弁論に, 弟子入りは, 張飛を, 強気も, 形勢は, 彼女をも, 徒輩には, 微塵物質は, 応援席の, 思想家と, 性格で, 悪趣味, 意図として, 意志を, 意気だけを, 意見で, 意見書をも, 態度には, 懸金, 戦力の, 戸へ, 戸外へ, 所に, 扉際に, 手にわたる, 手足胸腹背中背中腰と, 批判こそ, 指令を, 捕虜収容所で, 探査に, 接続を, 援助を, 支那船の, 敵へ, 文字によつ, 料理店の, 新しい家並み, 方々から, 方の, 方角から, 旅人に, 旌旗を, 日付は, 日本の, 日足の, 昼の, 景色は, 書斎, 最も近い, 月琴は, 有明海が, 木から, 木片を, 本箱を, 机へ, 材料は, 東の, 松の木に, 松山の, 林には, 果物屋は, 柔らかい椅子, 柵について, 栂の, 格子戸立ての, 桜ヶ井清水谷の, 梨の木に, 棕梠竹の, 棟を, 椅子が, 楓樹までも, 構造の, 権利としてだけ, 横山町は, 横通りには, 櫻の, 款待が, 正式回答を, 武蔵伝が, 歴史であります, 死者二十数名, 民政上の, 気勢は, 水甕の, 江戸時代古文書にも, 決意に, 河川は, 波宜, 注意を, 注目を, 洗濯屋である, 流説に, 海岸へは, 消息中で, 清浄な, 温い処, 溜場にも, 濡縁付の, 炉端が, 煉瓦塀に, 熟慮の, 燈油を, 片隅に, 牛飯屋の, 物語だ, 独立した, 玄関に, 理解と, 瓦斯灯には, 生垣の, 生活感覚に, 用意と, 申し出は, 男が, 町に, 番士なども, 畳敷の, 発した笑, 発達のみ, 白い緑色, 盆に, 監房の, 目が, 相談にも, 真中あたりに, 眼で, 知識層に, 石には, 石崖の, 研究生への, 硝子の, 神田川では, 科学史家が, 穴は, 空までが, 空店の, 穿ち過ぎだろう, 突端に, 窓にも, 窓硝子から, 窪地は, 立木へ, 竹へ, 竹藪まで, 筆頭に, 策士が, 箪笥には, 築山を, 系縁の, 細い道, 紳士淑女が, 経済問題に, 総敗軍, 縁に, 縁類の, 美しい娘, 羽目板の, 老母へ, 考えで, 者たちは, 者の, 職分から, 肝煎り役が, 胆嚢が, 脇下まで, 腰骨の, 腹心に, 自分の, 自惚れや, 自発的な, 舗道に, 舞台脇より, 船宿に, 芝の, 花形で, 若手と, 茄子畑が, 茶屋へ, 草に, 草中に, 荒廃し, 葉の, 蒋済が, 蕎麦屋へ, 薄畳, 薬種屋でも, 藪地の, 虎髯大尉に, 行動を, 行過ぎ人権侵害, 街頭を, 表白として, 被疑者に対する, 裏通りに, 褌の, 襖の, 要求は, 見る目, 親兄弟, 親房は, 観測材料を, 角が, 言い分である, 言論が, 記憶が, 記録で, 記録でも, 証人の, 詞章から, 話は, 説明を, 誰かの, 論告に, 諸先輩一, 諸県, 識者が, 識者は, 警察の, 譲歩が, 讃説者の, 負担として, 貧弱な, 貴所方に, 賣店, 足の, 足音が, 路地口を, 車道で, 軍備拡張は, 軒の, 軒下まで, 農家の, 連中が, 運動の, 道も, 遠慮の, 部分に, 郷士が, 酒場風景で, 重苦しい自分, 金庫の, 鉄道の, 銚子を, 鏡の, 長い松原, 長櫃を, 長短歌を通じて, 陣幕から, 陸地を, 階下の, 随身どもが, 隠宅まで, 雇人達を, 雑貨屋の, 雨戸は, 雪渓の, 露路から, 静かな, 面々すら, 音楽な, 頭目と, 風船の, 食堂へ, 首脳部と, 馬肉屋の, 駅名で, 騷ぎをちらと耳に, 高いコンクリート塀, 高圧線の, 鮓屋に, 黒ずんだ土

▼ 側~ (1348, 10.8%)

105 寄って 72 来て 38 行って 19 來て 17 寄った 16 来た 15 置いて 12 腰を 10 坐った, 持つて, 行くと, 飛んで 9 歩み寄った 8 来ると, 膝を 7 出て, 帰って, 立って, 行った 6 向側へ, 持って 5 やつて, 口を, 坐ると, 寄つて, 寄ると, 戻って, 歩いて, 歩み寄って, 走って, 近づいて

4 [14件] ついて, よって, 來る, 出た, 呼んで, 坐って, 寄りました, 廻って, 来たの, 渡った, 無限の, 落ちる, 近寄って, 駈けて

3 [22件] おいて, かけて, きて, やって来た, やって来て, 來た, 寄せて, 寄つた, 寄つて見る, 引きつけて, 往った, 泳いで, 移って, 立った, 置いた, 置くと, 行つた, 行つて, 足を, 逃げて, 運んで, 静かに

2 [62件] いって, いらっしゃい, おりて, つかつかと, つれて, でて, ぶら下げて, やって来たが, やるよりは, ゆくこと, よった, よって口, 下りて, 付いて, 來まし, 動かすに, 参って, 参加し, 呼びまして, 寄っても, 寄つても, 寄つて來て, 寄つて来, 寄らないで, 寄る, 寄るの, 寄れないこと, 引き寄せられた, 引寄せ, 引張るに, 往って, 往つた, 捨てて, 来たが, 来たもの, 来たものの, 椅子を, 渡って, 渡る, 立ち寄って, 置くの, 落ちた, 落ちて, 行くの, 行くまで, 行こうと, 行ったが, 行っても, 走りよると, 走り寄った, 走り寄り, 近寄りました, 近寄ると, 迫って, 連れて, 降りたわけ, 集まって, 馬を, 駆け寄つて, 駈け寄った, 駈け寄って, 駈け寄ろうと

1 [653件 抜粋] あらわれたか, いったの, いつも傘, いらつし, うずくまった, おいたわし, おきそれから, おく人間, おずおずと, おより, おりれば, お出でなさい, お前達を, お坐り, お坐り下さい, お寄り, お寄んなさい, お庄, お徳, お礼を, お立ち寄りなど, お置き, かがみ仔細, かけだして, かけよって, かしげました, きのうは, くぐりぬけた, くつつい, くるのに, くッ, こ, この事, さがった, さし招き, しゃがみながら, しゃがんだので, すがった, すすみ, すすみ叮嚀, すすみ穢い, すべての, すりよりて, すり寄った, すり寄って, するすると, すわって, すわり火鉢越し, ずっと木の間, ずらして, ずり上った, その代り, その日, その驚き, ちょっと下り, ついて行きましたよ, つかつかやっ, つき抜けて, つねにこの, つん出て, とりついて, どうか, ねじむけて, のけて, はいより, はやらないやう, ひき寄せて, ひざまずき, ひたと貼りついた, ひとりの, へばりついて, また, まわった方, まわって, もどるの, やって来ては, やつちやいけない, やれないの, ゆき印可, ゆくと, よく行った, よった地点, よって声, よること, よんで, わかれて, わざとバット, ズイと, ズリ寄せる, ツカツカと, ヒタと, ヒョイと, ヒョロヒョロと, ヒヨイと, フラフラと, ポンと, 一葉の, 三人は, 上がる, 上りこんだ, 下りれば, 下り立ったが, 両手を, 二た, 二本垂れる, 二階と, 人々がぞ, 人参や, 人差指を, 人気者の, 仆れた, 仆れる, 今夜は, 仰せに, 仰向, 仲働が, 伴い行き蜻蛉返り, 体が, 何だか, 佞媚の, 來ては, 侍らせて, 侑めた, 俯伏し, 側へと, 傾いて, 全速力で, 再び着き, 出たとき, 出はずれかける場所, 出れば, 割りこんだり, 割り込ませ乍ら, 加えた, 加勢に, 動いた, 動きだすかと, 動坂三郎が, 匍ひ寄つた, 占いに, 参り, 参りましたが, 参りまして, 参り升, 参り又, 参り小さく, 又八は, 取って返しました, 右手に, 向いて, 向かせたの, 向きなおった, 呼びたくなったの, 呼びつけたがり銀子, 呼びて, 呼びよせて, 呼ぶの, 呼んだ, 呼出すに, 回った, 回って, 回ると, 坐らせ柔和, 坐りました, 坐り両手, 坐り込んで, 埋めて, 墨を, 売りこみ玄蕃允, 外して, 外らせると, 多く日, 大きく下り込ん, 大根卸し, 夫が, 姿を, 婆さん炭取を, 婆やをも, 子供の, 寄せつけないと, 寄せ付けは, 寄ったが, 寄ったり, 寄った或, 寄った節子, 寄つただけ, 寄つたのです, 寄つたらどう, 寄つた足跡もねエ, 寄つちや, 寄つてその, 寄つてつくづく, 寄つてよく, 寄つてコツコツ, 寄つて丁寧な, 寄つて來た, 寄つて其の, 寄つて呉れ, 寄つて木の根つ, 寄つて本当に, 寄つて来た, 寄つて知らん間に, 寄つて耳に, 寄つて自分の, 寄つて行きました, 寄つて軽く, 寄つて顔を, 寄つて飛んだ, 寄らないよう, 寄らなかった彼女, 寄らんやう, 寄りかけると, 寄りかねて, 寄りそ, 寄りそう, 寄りつかなくな, 寄りつけそう, 寄りなど, 寄り添った, 寄り過ぎて, 寄り附かなくなりました, 寄り静か, 寄ること, 寄るなよ, 寄るよう, 寄る様子, 寄れるだけ, 寄ろうと, 寄添いまして, 寄添うと, 寄附かれません, 寝た, 寝に, 寝返りを, 寢て, 小さくなっ, 小腰を, 少し寄せ, 屈み込むと, 差か, 差しかかると, 帰るまい, 帽子を, 幾段かに, 廻った, 廻ったの, 廻つた, 引かれ, 引きよせた, 引き付けて, 引き付け大尽ぐらし栄耀栄華, 引き寄せて, 引き寄せ仲よく, 引き渡したの, 引く, 引すえられた, 引よせ, 引付けて, 引寄せ親指にて, 引張つてあつ, 引返して, 当って, 彼女は, 往くつもり, 往つて煙突の, 従四位様を, 御辞儀, 愛らしい若児, 戻った, 戻つたら, 戻りやがて, 戻り肩越し, 戻ると, 手燭を, 投げて, 投げると, 抜けそう, 押しやった, 押し据えられたの, 招きよせて, 掛けなければ, 揃えて, 摺り寄せて, 摺り寄つて背中, 摺寄りました, 摺寄ります, 放り出される, 政権の, 数十歩有楽座側へ, 明け渡した, 普通石鹸の, 暴力団の, 曲がって, 曲げる位, 木曾川ぞいの, 来い, 来いと, 来たいよう, 来たかと, 来た守衛, 来ての, 来ては, 来な, 来なかったよう, 来や, 来ようとも, 来り, 来るが, 来るくらい, 来るまでの, 来るよう, 来るん, 来る子供, 栗や, 梯子を, 棒立ちに, 次第に姿, 此の, 歩きだしたという, 歩み寄つて, 歩み寄りながら, 歩み寄りました, 歩を, 水を, 求めたの, 汚れた茶碗, 泊らせる方, 注意を, 洩れて, 流れて, 流れ下ったもの, 浮いたが, 渡すこと, 渡ったの, 渡つた, 渡り返して, 渡るん, 滑つて平次の, 滑り下りて, 漂って, 漏れ事態, 漕ぎ寄せさ, 無闇に, 片寄せた, 狙けいろうと, 猿轡を, 現われないよう, 白い象牙, 知らせたもの, 砂利を, 磯伝ひ, 神経を, 移した, 移そうと, 移つて, 突き出て, 突っ伏して, 突込む, 立ち寄り, 立ち寄りながら, 立つて, 立寄って, 竝べて, 紙包みが, 置いたか, 置いたの, 置いた血だらけ, 置いちゃ, 置きに, 置きました, 置き箸, 群集をよけ, 翻って, 耕一君が, 腰かけて, 膝行り寄っ, 膝行り寄る, 自転車を, 菓物の, 落ちたなり, 落ちた小さな, 落ち堅く, 葬ること, 蒟蒻の, 血刀を, 行かう, 行かうと, 行かないが, 行かふと, 行かれる日, 行かれれば, 行きあたり, 行きこの, 行きそこで, 行きたい, 行きたく成つて畢つて, 行き一列, 行き卓, 行き青年, 行き馬, 行く, 行く事, 行く前, 行く氣, 行ったらすぐ, 行ったり, 行つたら, 行つてその小さな, 行つても, 行つて丹念に, 行つて他の, 行つて坊ちやんの, 行つて打つ, 行つて抱い, 行つて肩でも, 行つて膝を, 行つて見, 行つて見たら, 行つて見ます, 行つて身を, 行掛かった, 見つけに, 見張, 覗きに, 言った, 走つて來, 走り寄つて, 越した, 越して, 越し並んで, 跳んで, 蹲んで見て, 蹲居り, 躍り越えて, 転がって, 転ぶよう, 輸出し, 轉り出た, 辿って, 迂廻して, 近々と寄ります, 近々と近寄っ, 近づき, 近づくもの, 近よった, 近よって, 近よる, 近寄せるので, 近寄つた, 近寄らうと, 近寄りながら, 近寄るや, 近附く, 退いたので, 退けて, 這いより, 這ひよつた, 通りかかった, 通りかかって, 通りぬけられる, 進みたるお, 進みません花車, 進み寄ったが, 進んで, 逸らしたいと, 避けないと, 還る迂路, 部屋の, 醍醐弦四郎を, 開きはじめました, 闖入者が, 附いて, 附けて, 集つて紅茶など, 集まりました, 雪を, 頭を, 飛びついて, 飛びのいたが, 飛び出して, 飛び去りさうに, 飛び越えるつもり, 飛び退いて, 飛んだ女, 飜つて行く, 首の, 馳け, 馳けて, 馳せつけたの, 駆けつけそれ梯子, 駆け寄った, 駈けかえると, 駈けつけて, 駈けつけようと, 駈け付けて, 駈け出して, 駈け寄つて私達, 駈付けて, 駈寄つた, 騒がずに

▼ 側から~ (849, 6.8%)

25 見れば 21 見て 14 いえば 11 云えば, 口を 10 見ると 7 いうと, 出て 6 これを, 見ても 5 云へば 4 すれば, 云って, 考えると, 言えば, 言わせると 3 のぞいて, みれば, 一方的, 声を, 海中に, 自分の, 見るの

2 [38件] いった, いへば, かすかに, それを, だ, でなければ, では, みると, 云った, 云ふと, 來た, 入って, 呶鳴った, 呼びかけた, 問題を, 大勢の, 手を, 掘って, 日満, 申しますと, 眺めて, 眺めれば, 考えて, 自発的に, 見たの, 見たもの, 観れば, 言っても, 言つた, 言へば, 言われて, 語られて, 銅の, 鍵を, 離れた, 離れて, 響いて, 鼻を

1 [609件 抜粋] あいさつした, あちらの, あった, あわてて, いうこと, いう時, いっても, いつたので, いつて, いつても, いつも何, いはれて, えがく小説, おかみが, おこされたかという, お乗りなさい, お乘, お綱, かけたので, かけて, きびしいけれども, こういう状態, こうたずねだした, こっそりのぞい, こっちを, このよう, この抗議, この茶碗, これが, こんがらが, しきりに昨夜, してのみ, しても, じっとみつめ, じっと息, するもの, する科学論, する自由主義, する要求, そう取り, その人々, その広場, その心理, その意味, その方法, その身辺, そろそろと, たたく音, だんだんこちら, ぢぢむさく, つと文麻呂, つまり真正面, であった, でなく, でなく反対, ともかくも, とらえ掘り下げる必要, とり込まれた方式, どしんどしん足音, どんどん吉, ながめつつ, なぎ落されて, のぞいても, のです, はいだして, はいって, はいりこもうとして, はなはだしく忌みきらわれた, ひとりつ, ひょっくり烏, びっくりする, ふきこまれるし, ぷすぷすと燃える, ぽいぽいと, まず見, またこう, またも馬, また一策, また叔父様, また数十人, また秋子, みんな塞い, むかい側, むき出しに, めったに離れよう, もう距つた先刻, もっと文学, やい, やって来て, やっと匍, やはり奥底, よいよいと, よく描き出し, よほど行き届い, よろこびをもって, エレーナ・ニコライエヴナが, シャンシャンという, タキシーを, デスデモーナの, トラクターの, ハッキリ聞こえ, バアと, バタンと, バンチャなどという, ブック・レヴューを, ポツダム宣言の, マルクス主義に, モウ一つ別の, ヴァレイ夫人が, 一々命令, 一々面倒, 一つの, 一ノ谷鵯越え, 一句を, 一寸と, 一寸は, 一層の, 一艘の, 不意に, 不純な, 与えられたから, 与えられる父親, 乗った, 乘出します, 二三歩離れ, 二葉亭四迷君です, 云い添えた, 云ったの, 云っても, 云は, 云わせて, 交互に, 京都の, 人が, 人間を, 仏蘭西側へ, 他の, 仮睡ぐらいは, 低い声, 作者に, 係長が, 信州側に, 借りに, 側から, 優しく取次ぐ, 先に, 光悦が, 克己が, 入つて, 入智惠, 公式に, 公表しない, 共に介添, 兵は, 写しの, 凭うい, 出したもの, 出たかも, 出たよ, 出たり, 出た二本, 出た名称, 出た問題, 出た声, 出た記録, 出るこれ, 出る最初, 出発すれ, 切窓は, 別の, 利を以て, 割りこんで, 力を, 勧めた, 半ば岸に, 厳しい目, 去るでしょう, 反対が, 反対に, 反対側の, 取り上げて, 口許を, 叱咤した, 合槌を, 吉岡信敬将軍髯面を, 同じところ, 同じ新聞, 同じ結論, 名づけたもの, 向うへは, 向う側へ, 向側の, 含み笑いの, 告げて, 呶鳴つた, 喙を, 嚴密に, 団扇で, 土蔵の, 執拗に, 外れて, 多くの, 多く要求, 大きく曲りう, 大分離れた, 大家が, 奇妙な, 女の, 女中が, 女房が, 如何に, 妙な, 妙に, 妹を, 孝助は, 学校に対して, 定吉の, 家来が, 寺の, 小さな手, 小作継続を, 小供, 少し離れ, 屡々作家, 山を, 左右に, 巫女の, 差し出した人馬立辻帳, 市川九蔵も, 帰納的に, 幕府への, 幕府委員及び, 年の, 廊下を, 廻って, 引きとって, 引き離して, 引続い, 弘が, 張遼が, 当時の, 彼の, 彼女の, 彼女を, 彼方の, 征矢の, 後任者を, 後立山, 徐々と, 御慈悲, 心づける, 怖えた, 思いも, 急いで, 急激に, 惡口を, 惣七を通して, 想像する, 意地悪げな, 愛撫的に, 感謝の, 慰め兼ね, 憎まるべき筈, 應じた, 或ひ, 戯談らしい, 手伝うので, 手放したくないという, 打ち消した, 扱って, 抗議が, 押し出す, 押し開ら, 拍手喝采を, 拾つて來た, 拾ひ上げた, 持ち出した話題, 指命され, 挑戦する, 振向いて, 捲き上げて, 採り込んで, 掻巻を, 描いた短編, 描かれる, 提出され, 握手の, 放したくないから, 放すまいとして, 放送され, 数学へ, 敷布を, 新な, 新らしい, 旦那側の, 明らかに, 書いたりね, 書いて, 書かれて, 書く, 書くの, 服裝の, 望む時, 本を, 来た人影, 来て, 案じて, 棒で, 検死が, 樋の, 次々と, 次第に荒廃, 此事を, 此山に, 此方まで, 気を, 気勢を, 気持を, 水戸の, 汚涜, 河を, 沼波さんも, 波間に, 注いだ水, 流れて, 浜町大川端一帯を, 消えて, 涼しい声, 渡って, 湧出し, 満州側の, 濛々たる, 瀕死の, 焚き付けたの, 煙火見物の, 煙草盆を, 牛の, 物頭の, 猛烈な, 現れたの, 現れたもの, 生ずるの, 申すと, 申達した, 男にだけ, 男の, 男を, 痛めつけられて, 発する沢, 発源する, 登つたとか, 登りかけて, 登るの, 白刃を, 皮革工場, 目を, 直ぐ又, 直ぐ眞白, 直にいつた, 直に裏口, 眺めながら, 着陸用の, 短いもの, 示教を, 礼を, 祭事や, 秀吉の, 私の, 移動の, 積極的な, 立ちあがった, 立ち上がって, 立ち上って, 立って, 竹の, 笑った, 答える者, 答へ, 簾が, 素人の, 細い顎, 紹介し, 組織された, 給仕を, 老婆の, 考へて, 考へられる事実, 考へると, 聞いた, 聞いて, 聞えるの, 聲を, 聲援を, 腰を, 自身の, 舞姫が, 若き先進者たち, 萌え出る代り, 落下し, 藁を, 藤兵衞が, 蘇我氏に, 血走る眼, 行きますと, 行くと, 表現された, 袖を, 見えたの, 見えなくなって, 見える, 見おろした時, 見たこと, 見たこの, 見ただけに, 見たらまた, 見たら嘸, 見た均平, 見た鼻, 見よう, 見る, 見る者, 視ようと, 観る事, 観察し, 觀察する, 言い添えました, 言うたもの, 言うて, 言うても, 言って, 言つても, 言ひ, 言へ, 言わしめたならば, 詞の, 話すこと, 説明した, 説明すれ, 説明出来る, 調戯っ, 謙虚が, 貝塚まで, 資本主義社会の, 蹴放されて, 転げ落ちたか, 軽気球に, 輪かぎが, 近づいた女, 追っ手の, 退いたお, 逃げたいと, 逃げて, 遊佐君を, 道子の, 道連の, 遠くへ, 遠ざけられました, 鈍い抑, 鈴江の, 鉋飴売り, 銀五郎が, 鑑賞すれ, 開かれて, 間髪を, 降りろっこの, 限定し, 隆起する, 階下へ, 雑木林の, 離さなかつただけの, 離さぬよう, 離しませんでした, 離しゃしませんこの, 離しやしませんこの, 離す気, 離れずさ, 離れたくなった, 離れにくい, 離れねえでも, 離れふたたび, 離れました, 非常な, 非常に, 鞭打つ遣り方, 額の, 顔を, 飛びか, 飛びのいた, 飛び出したトラベラー, 飛び退いた, 飛出して, 食い始めて, 飯を, 養って, 首音の, 駆けつけて, 駆け出して, 騒がれると, 鷲の, 黒いよう

▼ 側~ (664, 5.3%)

39 離れて 16 通って 14 離れた 11 歩いて, 見ると 9 離れると 8 通った 7 通る時 6 通り過ぎた 5 代表する, 向いて 4 代表し, 流して, 流れて, 通りながら, 通るの, 離れずに, 離れること 3 通りか, 通りかかると, 通りすぎて, 通りぬけた, 通ると, 過ぎて, 選んで, 離れない, 離れなかつた, 離れようと

2 [43件] すかして, はなれない, むいて, 一寸も, 内に, 去って, 向いた, 影の, 往っ, 急ぎ脚, 掴んで, 歩かせたもの, 眺めて, 眺めようと, 見ても, 覗いて, 走り続けた, 踏越え, 逃れて, 通つて行つた, 通り抜けた, 通り拔けて, 通り越して, 通る, 通る度, 通る我々, 進んで, 離さないでは, 離れては, 離れないで, 離れないよう, 離れない犬, 離れなかった, 離れなかったの, 離れまいと, 離れました, 離れません, 離れようとは, 離れるの, 離れ申さず候, 飛びのきつ, 駈け抜けると, 駈け通ッ

1 [389件] あごで, あまり好まなかった, ある並木街, いきなり, いそぎ足で, うって, おて, かえりみて, かぎって, く, くぐって, ごらんなさい, さっさと立去っ, さらず御, さわって, しめ付け乗っ立っ, しゅっと, すこし速めた, すりぬけて, すりぬけると, すり拔ける, すれすれに, すれちがうと, すれちがった, すれちがって, ずっと摺り抜け, そっと通り抜け, そつと, その流れ, それから裏, だませる筈, ちょいちょいいじくっ, てんどう, にらんで, ねめつけて, のぼって, のみ有するには, はしるもの, はっきり押し出し, はなさずに, はなれた乾児, はなれねえし, ひた押しに, ふらふらと, ぶら, ぶらぶら歩い, まいりましょう, まが, みわたすと, ゆすぶって, ゆっくり電車, ゆるされて, よくもりたて, よじのぼりはじめました, よじ登れるね, よって歩い, コツコツと, スッと, スーッと, フラフラと, ブラ, 一人通る, 一噛りしない, 三人の, 下って, 下の, 下りると, 中に, 主と, 九尺も, 乱暴に, 二三度通つた, 互い違いの, 人が, 今度は, 会釈し, 伝つて奥の, 何かが, 何んだ, 何処に, 作り始めた, 作る仕事, 俥夫が, 兎の, 別れ去ろうとも, 勇ましさうに, 動きましたか, 勢いよくよろけ, 勢よく, 包んで, 匐い廻る, 十五ばかりの, 十間ばかりの, 半ば見るなり, 去った, 去ったらいかに, 去つたおつた, 去らずに, 去らなければ, 去られん老, 去れ, 及び腰を, 反対に, 取り巻いて, 取り捲いて, 取替えるに, 取破して, 向くの, 向く時, 呑気そうに, 嚊座もしくは, 囲んで, 埃を, 塞ぎ, 壁に, 外して, 外に, 夢中ですりぬけ, 大きな灰色, 大門に, 太陽に, 好きな, 始終離れず, 守らせ越前守, 察し或は, 小使や, 少し右, 少し離れ, 川瀬が, 巡回させ, 巻きそこ, 巻くところ, 帰りかけた頃, 庭を, 廻り過ぎて, 引き下ろうと, 張ったりっぱ, 彼は, 彼女は, 往来し, 徐行し, 従えて, 忘れ各, 忘れ失敗者, 怒らせようと, 怖がって, 思いきって, 急ぎ足で, 恐縮させ, 恐縮させた, 悪しざまに, 打ち負かそうとして, 払って, 折れて, 折れ曲ると, 択って, 押される度, 招いて, 持て余さしたり, 指さした, 指したなるほど, 指差し, 挨拶し, 振り向いて, 探る, 摩り抜けるやう, 摺り抜けて, 摺り抜け先, 攀じ登って, 攀ぢ登りゐる, 支持し, 支持した, 放さんぞ, 新橋の, 来て, 枕に, 横ぎつた, 横に, 横切らんと, 次第に下っ, 歩いたか, 歩いても, 歩くかという, 歩くよう, 歩く人, 歩く松本, 歩んで, 水道の, 決定する, 流れてる川, 流れる溝, 淡藍色, 渦まき流れて, 溌溂たる, 滑りぬけたり, 燕の, 特に冷やす, 犇めきあひぞろぞろ, 現わし, 現わす, 理解する, 登ってから, 登りつくして, 登るの, 盗むよう, 監視し, 眺める, 眺めると, 睥睨した, 瞰下ろす, 私は, 空地の, 穿つて, 立ち上つた, 立って, 竹川町の, 竹村と, 紅くし, 線で, 自動車は, 花畑に, 行きすぎたが, 行くと, 行過ぎようとして, 衝と, 裏口へ, 裏通りへ, 西に, 西沢が, 見すてずに, 見たが, 見たの, 見て, 見ますと, 見る, 見るため, 見るよう, 見下した, 見卸したそう, 見廻しました, 見廻って, 覗いた, 親しい気持, 観じ或は, 説いたけれども, 説破し, 諭した, 護る役, 貰ひ, 走って, 走り船首, 走り過, 走り過ぎぬ, 走り過ぎると, 走り馭者, 走るかと, 走るの, 走る汽車, 軽く撫で, 辿って, 追いまわすよう, 退いて, 退去つて只恐ろしく, 逃げるよう, 逆に, 這ひ, 通ったとき, 通ったの, 通った女, 通った者, 通っても, 通つた, 通つた時には, 通つても, 通つて前, 通つて天神橋に, 通つて座敷から, 通つて往く, 通つて神社の, 通つて薄暗い, 通らうとして, 通らなくては, 通らなければ, 通り, 通りかかったお, 通りかかったという, 通りかかった島民, 通りかかって, 通りかけると, 通りが, 通りすぎようと, 通りすぎる, 通りまして, 通りますと, 通り一両人, 通り抜けて, 通り抜けながら, 通り抜けようとして, 通り拔ける, 通り掛って, 通り最後, 通り澤, 通り街路, 通り越した, 通り越し地球, 通り過, 通り過ぎようと, 通ること, 通るときそつ, 通る船, 通れなかつた, 通ろうとして, 通ツて, 通過ぎ, 通過ぎた, 進行中年若き, 過ぎたり, 過ぎては, 過ぎる際, 過ぎ垂楊, 過ぎ山, 過ぎ行く人, 過ぐ, 道路に, 選択する, 選擇する, 鍵屋の, 隙か, 離さずしたがって, 離さず可愛がつた, 離さない, 離さないやう, 離さないよう, 離れ, 離れざりしが, 離れしは, 離れずピストル, 離れず中, 離れず主君, 離れず喬国老, 離れず行進, 離れそう, 離れたが, 離れたくないと, 離れたくないよう, 離れたくも, 離れたこと, 離れたり, 離れた早坂勇, 離れた様子, 離れちゃ, 離れてから, 離れないの, 離れないやう, 離れない私, 離れなかったと, 離れなかつたの, 離れながら, 離れなきや, 離れぬが, 離れまいという, 離れます, 離れませんぜ, 離れまた, 離れやしないから, 離れられない期間, 離れられ無いの, 離れるな, 離れる事, 離れる頃, 離れれば, 離れ候, 離れ兼ねて, 離れ去って, 離れ去るとも, 離れ広間, 離れ難い, 離れ難かっ, 非難いたしました, 頼りに, 顔を, 飛びのいた, 首だけ, 駆けぬけた, 駈けだして, 駈けて, 駈け抜けて, 駈拔, 高柳は

▼ 側~ (525, 4.2%)

17 聞いて 15 見て 7 何か 4 それを 3 あつた, 手を, 聴いて, 遊んで

2 [22件] どうする, セコンドの, 口書きを, 叫んだので, 同じ町内, 呟いた, 怒鳴りつけた奴, 湯を, 片耳の, 私は, 笑って, 編物を, 聞きながら, 聽い, 自分の, 花子の, 見てるさ, 見懸けられたもの, 話して, 読んで, 餌を, 黙って

1 [426件] あなたに, あの人達, あの男, ある米人, いかに火災, いった, いつまでも, いつもの, いはれるの, いらついてる彼女, いろいろ昔, うまいな, おそくまで, おとつ, おもしろそう, お伽噺の, お千代ちゃん, お惠, お文, お浦, お父さんの, お目, お神さん, かがみ込んで, かさ, かしこまって, かような, きいて, きくあの, こう呶, この世に, この異郷, これを, こんな話, ごく忠実, ごろた石じき道の, さかり場から, させて, さほど自信, さめざめと, さら, しかしそれでは女, すっかり火, すらその, そいつが, そのタイクン, その可愛い, たけをが, たしなめて, たった一人, ちょこちょこと, ちょっと明けなさい, できるだけ身体, どなった, どのよう, どやどやと, な, ながめて, なつかしい人, にやにやし, はし切り無しに, はらはらしました, は娯楽, ぱたりと, ひどく動揺, ふざけた恰好, ぶる, また館員, みて, もさういふ風, やさしい声, やって, よくもそれほどの, よく歌, よく見た, よく話した, わき目も, わしらの, われ等の, アオカンやってた, アッケなく, オシッコを, カクテル壜を, カチカチと, コト, コンニャクの, サラミヤ姫と, サルタノフが, ジイッと, セラダが, ドイツ語の, ドブ六を, ニコ, ネクタイの, プツリと, ルスチニア鳥が, 一同を, 一帆は, 一服し, 一服やっ, 一服やり, 一様でない, 一羽啼い, 一足の, 三人は, 三人今日は, 三月の, 三町ばかり, 下から, 世界文学の, 両手を, 並んだ時, 久米が, 予て懇意, 事件後ま, 事務を, 二人が, 二番目娘の, 二箇の, 互いに腕, 五人揃っ, 五月一日に, 五里霧中の, 人声が, 今の, 仏蘭西の, 仙吉は, 以てからに, 仲良く暮せ, 伝令兵が, 伯父の, 似た例, 何やら白い, 何よりも, 何事が, 何処かの, 使うて, 使うらしい椅子, 使って, 俺を, 倒れた, 働きてえだもの, 僕は, 兄の, 先生の, 先生方は, 八五郎は, 八字髭を, 八百年来秘められた, 兵治君を, 其次が, 凝っと, 凝然と, 出来たての, 刻まれた大根, 割つて, 割れて, 動揺する, 勤務も, 半分裸の, 反吐つい, 受持つこと, 口まねを, 叩えたら, 只目を, 同じ制度, 君の, 呼留めました, 命松丸が, 団扇を, 坂の, 坐って, 墨を, 声が, 夜の, 夜は, 夜中に, 大きな土管屋, 大きな瓜, 夫人の, 奈何な, 奉公したい, 女に, 女人に, 女同志は, 女給に, 妻君が, 妻君も, 姉らしい, 子供が, 子供の, 孝子亀松が, 守宮に, 寢て, 対手に, 小山の, 尽きる右手, 岸本は, 川へ, 左か, 平和に, 幾代は, 広い庭, 庸三は, 弟は, 強くなっ, 彼が, 彼女と, 待つて, 待つてな, 後脚, 徒然と, 御酒イヤ, 心から憎ん, 心配した, 心配する, 心配そうに, 忠之の, 急いては, 恋人が, 悪口を, 悪智恵, 悲鳴が, 感じた, 感ずる気詰り, 慌しく叫び続けた, 懺悔を, 房子が, 手荒な, 手酌で, 手鏡を, 打つかる, 技手は, 折れるかも, 抵当を, 提灯の, 擦って, 敏子は, 新しい浴衣, 新聞の, 新聞紙を, 日の, 日吉の, 日本の, 旦那さんは, 昔の, 是非と, 昵と, 昼食を, 時には宿, 時を, 時間を, 晩飯の, 暮したか, 暮し度いと, 曳かれて, 書いて, 最初に, 朝日岳と, 本を, 枕もとの, 枕紙に, 林大, 桜井先生は, 森の, 楽しい暑中休暇, 樫の, 欠勤扱いに, 此方と, 武蔵の, 死にたいから, 死ねるを, 殺されて, 殺人の, 殿様へ, 母が, 母親は, 毎日の, 毎朝爺やは, 毛皮外套を, 毬投げ, 水の上の, 泣いて, 泣き立てられて, 泣くと, 洗ふ, 涙と共に, 清水は, 溜息吐く, 漏れ聞いた武原, 演じられるわけ, 煉瓦砕き, 煙管を, 熔鉱炉の, 熱い涙, 片膝, 狂人の, 狸の, 産ませれば, 用意し, 田辺の, 申しましても, 男の子が, 男女同権にも, 痛切に, 発見し, 白いエプロン, 皆と, 益々強腰, 盛んに, 相變ら, 眉を, 看病を, 看護の, 眺めながら, 石の, 神人の, 禁止せられる, 私たちを, 私ア溝の, 穢多といふ, 立ち止まった, 笑つて見, 筆録し, 精一杯玩具, 糊を, 繰り返された, 羽根を, 老婆は, 老栓, 考えて, 耳を, 聞いたこと, 聞いただけ, 聞えて, 聞くと, 聞く八五郎, 聞こえて, 聴講し, 聽かう, 肌に, 腕組を, 自分ばかり, 自分も, 自己を, 舟を, 良経, 若い娘, 茶色の, 草を, 荷を, 莨を, 蒲団を, 蓬を, 血を, 袖らしい, 裏二階の, 裸女を, 要求に, 見てるの, 見ると, 見るもの, 見るより, 見る嫂, 見張つて, 見張りを, 言争つて居る, 討たれる時, 話し合, 話し合うには, 話し込んで, 認める必要, 認識不足を, 誘って, 語り暮す時, 読んだ書物, 誰か, 警蹕の, 豫て, 負ふ, 責任を, 赤い布, 起ったり, 路が, 身を, 輝子を, 辛抱出来なかつた, 返辭, 逃出す, 遊ぼうか, 野良仕事を, 釣瓶から, 鉄屑を, 鉄瓶の, 銚子をと, 鋭く泣き叫ぶ, 鋸の, 鐘を, 鐵砲を, 長谷川は, 間誤, 雷鳴に, 静かに, 静子を, 面白い家, 靴の, 頭目の, 頷いて, 顫え, 食を, 饅頭笠を, 騒がれると, 騒動の, 高城が, 高瀬は, 高野川の, 髪を, 髮を, 鳴きました, 鳴りはためいた, 鳴り渡った, 黒い大きな, 默つて俯向い, 黙つて, 鼻寺の, 龍吐水式で

▼ 側には~ (435, 3.5%)

5 夏冬なし 4 いない, 誰も 3 活版所が

2 [19件] いないが, すこしも同情, ゐない, 三つの, 何が, 例の, 傷ついた女学生, 十分読本作者や, 十分讀本作者や, 叔母の, 大一番, 太田に, 女の子が, 小規模の, 居なかった, 床も, 彼の, 緒方正規氏が, 鏡が

1 [381件] あのお雪さん, ある富豪, いかめしい制服, いつもの, いつもウォッカ, いないの, いないのに, おつぎ, おのがじし飾り繕, おもに新聞雑誌社, おゑん, お妾, お延, お房, お種, お糸, きわどい雪庇, この十二, この点, この秘境暴露, この紙片, これが, こんなこと, さぞ深い, さらし粉が, すぐ隅田川, すこぶる気味, すば, すばらしい大きな, そこに, その時, その猛毒, その行為, それぞれ店先へ, それでも畳んだ, たたなかった, たれの, つや子が, どの室, どれも, ないの, なくじつに, なくて, なんとも理解, ふり出した財布, ほかに, まあちやん, まず人家, またこういう, またもう, またやや, また嘔, まだ敵, まだ知られ, まだ色, まもなく永久, もうすっかり夜, もう一, もう太陽, やっぱりは, よく玩具, よく知れ, ウイスキー瓶と, ウツギの, オデッサスカールサイセリヤ此方の, オートバイが, カリンの, ギリシヤ辺りの, ギリシヤ邊り, ゲールラッハの, スリッパが, テンヤワンヤの, トサカの, トラックの, フランスの, マルも, ムウランルージュシルバースリッパラインゴルトなど, ユラユラと, ヨハネ黙示録の, 一人の, 一人も, 一人彼の, 一列に, 一幹の, 一成其次に, 一片の, 一緒に, 一部雪庇が, 一間の, 一面に, 三人の, 三十位の, 三味線も, 三尺ほどの, 三疊の, 三発発砲し, 三稜の, 三面鏡の, 下に, 下葉, 不明である, 中堂の, 中村清右衛門だの, 丹羽長秀も, 久世氏の, 久子を, 亀甲船が, 二人の, 二株ばかりの, 二條の, 五六人の, 五六十歳ぐらいの, 五六本の, 交番が, 今一人の, 伸び放題に, 低い生籬, 何でも, 何万とも数知れぬ, 何層倍も, 何時でも, 何時の間にかあの, 何発ほど, 俳書らしい, 僕の, 八五郎を, 八枚ある, 公卿大将も, 六双の, 六林班の, 出して, 別に小, 別の, 到底理解, 助役らしい, 動物小屋と, 北条の, 北条新蔵という, 十二三歳に, 半円形, 半歳しか, 即ち必要以上, 厚い書物, 厳重な, 参謀たちも, 又衣裳, 叔父が, 古びた手槍一筋, 同じく炭, 同じ層, 名士寄書きの, 向かい合って, 和倉温泉が, 哲が, 喪服の, 四五人の, 四人の, 四角な, 四軒の, 土井本多酒井などの, 坦々たる, 塀内に, 変った女性, 多勢村の, 夜来の, 夢の, 大きな桐, 大きな火鉢, 大きな荷物, 大きな葉, 大人の, 大刀寧岳と, 大胆な, 大阪の, 天水桶が, 夫が, 奧方が, 女が, 好物の, 妻が, 妻の, 妾の, 婆やの, 婦人側に, 嫁女の, 子供に, 子供等が, 學校を, 家具なんぞは, 寄り付こうと, 将士二十四万人が, 小さい小坊主, 小さい硯箱, 小さな子供靴, 小さな平家, 小さな松葉牡丹, 小僧が, 小屋の, 小屋主の, 小山の, 小池が, 少なからぬ, 居られません少し, 屋台店を, 屋臺店を, 屹と, 崖が, 川が, 川波勝彌を, 巨き, 常に煎, 常に自分, 常に虎痴許, 平安朝の, 幾つかの, 弥次, 彼女が, 彼女に関する, 後に, 徐和が, 御寵愛, 必ず犬, 必らず, 念入りに, 怕い, 怪しき大, 悪い奴, 悪狡い, 愛人の, 懐守と, 手拭が, 手頃な, 持ち出した草双紙, 掛鉄が, 攘夷を, 数箇の, 敵の, 新木の, 日蔽を, 旧い古道, 昔からの, 智尊という, 曹洞宗東清寺と, 最早懐しい, 月が, 朝からずつと, 朝鮮人の, 本多正純を, 机を, 杉の, 杉林が, 来るべき候補戦, 東西に, 松の, 柘榴の, 桜の, 桜井先生が, 梨の木も, 梯子を, 楓の, 槍や, 樫や, 次第に人, 正季も, 此の, 此時分二三の, 母上地に, 毎も, 毛の, 毛脚の, 水に, 水を, 汀から, 河骨も, 泣きじゃくるお, 添え状, 湯島の, 無数の, 煙草入が, 父親と, 父親似, 物置から, 現れないで, 瑪瑙色に, 生れて, 申し訳の, 町内の, 町家が, 畑地が, 番頭の, 発電用の, 白い花, 百丈も, 皇居の, 皮肉な, 盲目の, 相変らず, 看護婦が, 真つ, 石で, 石川数正が, 磨き立てた出刃庖丁, 磨ぎ立てた出刃庖丁, 神, 私の, 空瓶瀬戸物売出の, 窓が, 立派な, 竹叢が, 竹鋸が, 節子が, 節食節衣の, 篠垣を, 米友一人が, 索道の, 細い乾いた, 繩も, 置かれぬ, 羅漢が, 美しいギリシャ, 美しい内儀, 美しい深海, 義兄の, 肉の, 胡瓜が, 膝掛けまでも, 舟戸村が, 船着の, 色斑らな, 若夫婦, 茵三枚を, 茶碗へ, 荊の, 落葉が, 葵の, 薔薇の, 薪が, 藥籠箱が, 蟻の, 裸体に, 見物の, 誰と, 貝十郎が, 責任が, 赤十字病院の, 軽やかな, 辰さんの, 農家の, 近代茶房ミナトなどという, 途方も, 逢坂が, 遠方の, 遺書が, 郡県制を, 郵便箱が, 重々しくしかし, 釣道具は, 鉄灰色の, 鉄道従業員の, 鋭利な, 鏡板が, 長いこと隣家, 長い髪, 長大な, 関係が, 陰影が, 隣家も, 集団牧場が, 雌の, 雑種の, 青々と, 願人坊主の, 風の, 飯櫃や, 首一つみやげに, 驚く程沢山, 髪や, 髪を, 魚油を, 鳥取から, 黄子澄斉泰あり

▼ 側~ (312, 2.5%)

3 之を 2 他の, 党部の, 平民町で, 広い馬場, 急な, 秋山彌, 陽の

1 [295件] ああいう, あったよう, あの約束, あまり問題, あまり著しく, いかにも近代都市公園, いっそうたけ, いつも光りかがやく, いよ, いわゆる御, お座なりの, お高札, かえってこっち, かく朝野, こうして機密, ことわったけれど, このごろヒレが, このよう, この意見, この谷川岳東面, こんな結果, さんざんの, しばらく一本, すぐ畑, すっかり焼け, すっ恍けて, すつかり, すでにうす暗く, すでに科学, すべて平かな, すべて焼け跡で, そういう組織, そのたび, その一劃, その原因, その機会, その生垣, それに対して, それらの, それを, たしかにこの, ただに, たとえ前, だんじて拷問, ところどころ崩れ, どうだ, どうでありました, どうなっ, どうも草, どのよう, なお更景気, なかなか強情, なかなか思う, なんといふ, ほんのごく少し, まさに海面, まだでき, まだ見る, まだ避難, まばらな, まるで鼎, むっとする, もうほんのりと, もちろんの, やっと満足, やはり磚, わずかに, サッパリ儲らない, ソヴェト同盟, トタン葺の, ドカッ, ニツケル製だ, ブルジョア国, マツダランプ並の, モーヴェ・パーという, リヨンの, 一ぜんめし屋に, 一も, 一人の, 一冬中そうな, 一切の, 一切女からの, 一面に, 一面の, 丁度山手, 三省会議で, 上陸し, 不利の, 丘は, 中庭で, 中庭に, 中腹に, 主張し, 主張する, 主張出来る, 二百三十四師団の, 云うまでも, 五六十丈を, 井谷と, 人工の, 人数で, 他家の, 以前の, 低いし, 低くなっ, 住居附き, 何か, 何よりも, 何事も, 何発でした, 余程きさく, 全く人為, 全く処置, 全く濃霧, 全部ふさがっ, 全部アメリカ辺の, 切れて, 切れるほど, 切支丹坂に, 前者に, 動くまいという, 勿論聯合軍側, 十年前坪二円であった, 千フィートをも, 半ば葉を, 半分朽ち, 却つて此方の, 口を, 古沼, 各種の, 同じく両輪船, 同様な, 唯心的超絶的主観的道徳的宗教的という, 四五尺の, 四社連盟によって, 四角い, 因幡守お, 団子坂の, 土佐の, 多少お, 大いに駭, 大きく波, 大したこと, 大槻博士の, 大満足, 大犠牲, 大蔵卿その他の, 太陽暦な, 女の, 富山県を, 富津岬から, 寺院通りに, 導かれて, 小さい谷, 小借, 小坂の, 小舎まで, 小麦藁, 少しも, 少し下手, 居留民会役員満, 山である, 山の, 岩の, 岩場も, 岩壁が, 峠の, 崖です, 工場長はじめたいへん, 市内に, 常に此, 干草山の, 平馬, 幻灯の, 当人一人と, 彼らを, 往来だろう, 径三尺も, 徑三尺も, 恐悦しました, 戦争挑発の, 戰爭状態に, 所々に, 所謂, 折れ曲がって, 放れませんと, 故障を, 整理が, 断崖で, 新手の, 既に説けり, 日かげか, 日光も, 日本留学を, 早大野球部に, 昌平橋御門から, 明るくて, 時々口, 暴力団に, 書棚と, 月を, 木立に, 杉本画伯嘉治さんぼく, 東洋的戦術で, 板が, 林檎を, 柔かい雪, 根の国で, 棚が, 極めて複雑化, 槍を, 横を, 欠損どころか, 正当な, 武田信玄も, 死んだよう, 殆ん, 残りの, 殴ったの, 比較的冷静, 流れて, 涸沢谷へ, 深い谿谷, 清浄な, 漂渺たる, 濃い闇, 濠洲航路の, 火葬場であった, 焼木, 牛の, 牛尾菜という, 物凄かった, 皆樅だ, 皆菲の, 盆地に, 盛に, 眞新, 真白い斜面, 硝子戸の, 神田川で, 私と, 私を, 稀に, 空を, 立派な, 竹垣一つです, 紐屋馬喰町側は, 絶対者の, 絶崖が, 綺麗だ, 総大将, 羨望と, 腐朽し, 自身の, 舷が, 艦載の, 花川戸から, 若い課長連, 荷揚げ小屋の, 表から, 被告に, 被害者の, 褐色で, 西洋銀らしく, 西神田故, 見渡す限り砂漠, 語部の, 誤算し, 谷川連峰の, 貞之助夫妻に, 負傷者を, 足助次郎重成多治見国長土岐左近頼兼などの, 軍人被告に対して, 速すぎ, 部屋が, 重役三羽烏に, 金力その他の, 針葉樹が, 針葉樹に, 針葉闊葉の, 長さどの, 闇であった, 陰に, 険しい谷, 隣家の, 集積的である, 露西亜人の, 靄の, 非常な, 駄目です, 駐在所から, 高い石墻, 高瀬が, 高角砲を, 髪川で

▼ 側~ (152, 1.2%)

2 いつも条約無視, 恐縮し, 日本側の, 赤羽行きで, 陽が

1 [142件] あった, あまりよく, ある, いいでしょう, いかに抗弁, いただく, いつ到着, お留守, すつかり, そういう目, その技法, その新人, その石垣, それに関しては, たえず波, ただ一人の, たまたま自信, ついて, どう出る, なんとか道義的, はらわたで脂肪とわ, ひきうける薩藩側, ほかに, ぼんやりとして, まぜこぜに, また艶, むしろかなり早め, もつ性質, もと空隙, もり上がって, やって来たぞ, やや高い, よく諒解, ハルビンに, ビッグ, フランスに, ローマの, 一人ふえた, 一倍半の, 一案を, 一番よから, 一番寂しい辛い, 一軒以上ぐるり, 丁度お, 七十人の, 三田先生の, 主人に, 九尺ばかり, 人形師の, 人数の, 人間学から, 今まさに, 伸子の, 低く出来, 余り快く, 僕と, 入れ代る間, 共同便所で, 割合楽そうだった, 勝を, 原で, 厭な, 受動的だった, 口穢く, 召集されなかつた, 問題に, 四角ふたつき, 壊れたから, 声を, 多かつ, 夜だ, 大きな松, 好い, 宗蔵の, 宜い, 客座である, 客座客の, 小松原, 崖沿の, 平家の, 強制し, 必ず言葉, 急なら, 恋しい位, 想像し, 意地悪く, 戦況の, 手を, 手酷しく, 抉り取られたよう, 撃って, 新村さ, 普通の, 更に, 月に, 本腰を, 来たらしくも, 果樹園な, 次第に文学態度, 死の, 決めること, 泥で, 海である, 海に, 渡した日の丸, 溝だ, 無断で, 無礼にも, 無財産, 爺やの, 狭くなっ, 狭すぎ, 直前に, 直接に, 直行き, 礼帽の, 祭りの, 私どもの, 突撃を, 窮迫し, 竹原村で, 終ると, 絶えず不快, 自分を, 自重で, 莫大な, 見えて, 見えないため, 覺醒し, 負うべきであって, 迫って, 迷惑します, 選ばれるの, 長くなる, 間違った愚か, 静な, 非常識で, 頼朝がと, 風で, 驚いて, 高い崖, 高い森

▼ 側まで~ (148, 1.2%)

10 来て 9 行くと, 行って 5 来ると 4 持って, 来た, 歩いて 3 帰って 2 出て, 来た時, 歩み寄って, 火照りが, 簪を, 走って, 近づいて, 連れて, 進んで

1 [82件] いった, おりて, その庇, つづいて, つれて, はっきりと, もどって, やって来た, やって来たが, やっと這い寄った, ゆくが, ゆくと, 一緒に, 下りた円く, 下駄は, 二十間と, 二時間ばかりも, 來た, 來る, 出入の, 参りますと, 参り温藉, 呼び寄せ, 寄って, 寄つて來て, 射して, 射し込む日, 平常でも, 引き擦って, 引っ張って, 引っ立てます, 引摺っ, 往った, 投げつけられた小, 押し返された, 拉し来ったもの, 掛け渡されて, 接近した, 来たかと, 来たから, 来たん, 来なかった, 来なけりゃ誰, 来りしに, 来るて, 来る工夫, 歩み寄ると, 漂い流された, 物を, 登って, 着いた事, 突ぬけるべき, 筏が, 行きました, 行きましよう, 行くか, 行くこと, 行った, 行ったかと, 行ったもの, 行つてつひ, 行つても, 行つて彼は, 襲って, 襲つて来, 誘ひ出して, 足を, 近寄って, 送って, 送ると, 逃げのびると, 這い寄って, 這って, 進み出で, 達する, 間もなく来た, 雪崩れ込ん, 顔を, 馳せ寄ったが, 駆け付けて, 駈けて, 駈け出して

▼ 側では~ (144, 1.2%)

4 それを 2 村の

1 [138件] あったが, いくら程, おそらく素直, お客さまが, こういっ, ここまでの, この機, この風, これで, ごく淡白, さつきの, しきりにお, すぐに, そういうこと, そういう処置, その事情, その説, そりが, それだけ, それとは, それに, それに対して, それ等の, そんなの, そんな卑屈, つい世間なみ, どうにかし, どの先生, どよめき立って, なくて, なって, ひとりの, またす, まるで物音, もう万端, もう学校, もしこの, もちろんない, やはりそれ, アイダホと, ソヴェト同盟の, ダーウィンハクスレーチンダールらの, ハーマン・メルヴィルが, モウする, 一切訪客に, 一般に, 三原選手が, 事務所の, 今ある, 今後の, 今私などの, 今週の, 何と, 何事が, 全然知らなかった, 八神殿の, 内務部長や, 凱歌を, 則光を, 加納諸平や, 勿論警察, 勿論通譯官, 北海道の, 十七人ほど, 博士の, 原因が, 又そんな, 又三郎, 古代人の, 同じこと, 商売柄痴情関係と, 喫んで, 土居藪鶯氏の, 夕陽新聞社長の, 大勢の, 大規模, 大阪の, 奥から, 女学生の, 学生の, 学者の, 定房の, 室蘭へ, 容易に, 容疑者として, 小野が, 尼の, 市長を, 当惑した, 恐しい, 憲法発布の, 戦争劇の, 手数が, 断じていう, 新たに, 早くも, 早川雪洲原節子主演の, 普通の, 最低収入の, 朋友に対しても, 来, 東は, 横田東四郎と, 武蔵の, 殆ん, 江戸の, 無いが, 犯人が, 疎末, 相場が, 看護人を, 神兵隊事件を, 私は, 糞尿を, 紀州の, 組合長の, 結局発起者たる, 絶縁状は, 腿から, 自分だけ, 自分に, 自分の, 荒い息遣い, 読んだ範囲, 誰ひとり, 譲歩の, 越前, 越後や, 這い歩き, 這ひ, 遂いに, 道場は, 重役からの, 野淵という, 門を, 陸中釜石の, 雪の, 飢饉であった

▼ 側にも~ (117, 0.9%)

3 ゐる 2 あって, ある, いる, 他方の, 動かされること, 困ること, 天皇の, 樹木が

1 [98件] あったの, ありありと, ありは, ありませんでした, あるだろうが, あるでせうが, あるという, ある凡俗さ, ある神聖, いたもの, いつか畜生同士の, いない軒端, いなかった, かうした職業, こっちの, この高い, しっかりした, ずらりと同じ, そういう術, その花, それに, たくさんある, たつこと, どこにも, ひとつ病院が, ほめられる, また中国側, やはり空, ようおらない, わかれて, ゐなかつた自分, スワが, レモナーデの, 一つの, 一基有之, 一郎弟と, 一部の, 不行屆, 並んだベンチ半数, 並んで, 五六人の, 人の, 信州側にも, 分って, 厖大な, 同じ岩, 土着の, 在りぬ, 多くの, 多少の, 女自身の, 寢しよ, 小屋が, 少なからず, 居られなかった, 居り候事, 幾人もの, 幾臺かの, 広い展望, 底にも, 建物が, 当然あるべき, 当篏めん, 後醍醐に, 必要な, 或国民, 打算が, 描いて, 日本では, 柿の, 様々の, 浪人の, 満足の, 無数の, 珍重せられ, 甲州側にも, 相当の, 確証は, 称揚さるべき, 空いて, 立って, 立派に, 罪が, 罪は, 若い人, 若干の, 落付い, 血の, 被告側にも, 責任が, 責任は, 越後側にも, 連合国側にも, 郷里なる, 都合が, 開け放した扉, 隔ての, 面倒が

▼ 側~ (82, 0.7%)

3 反対の 2 こちら側で, こちら側とに, 一緒に

1 [73件] いざこざを, いずれも, うまく行かない, きめて, これを, したらいっそう, して, すれば, そうされ, その反対派, ひと口に, ブルジョア国の, モン・ブランの, ロシア側の, 二つの, 二人の, 二派あります, 二種類あり, 云う廻り合せ, 云っては, 云ふ, 交渉した, 伸子の, 信仰によって, 全然放れ, 出版者側との, 分離した, 協同, 友人の, 双方から, 召使側と, 同じやう, 同じよう, 向う側と, 向ふ, 善い状態, 外国側と, 定まって, 定まつ, 対立した, 屈辱的な, 山陽側とでは, 思って, 成り片, 打ちあわせを, 折衝致候も, 政府の, 日本海側との, 昔は, 未だ客観化, 来客が, 此方側との, 池袋の, 波浮側に, 熱心なる, 独逸側と, 目賀野側との, 結びついて, 結んで, 自分達とで, 船上山との, 見下してから, 見張し, 覚ゆる, 言ふ, 警察と, 車道の, 辻燈籠の, 連絡を, 間を, 関係の, 雇人との, 領事館乃至

▼ 側でも~ (66, 0.5%)

2 そうだ

1 [64件] うすうすは, この問題, この書生上がり, すでに来, すべてが, そう言っ, その以前, その際, その魂胆, ぼんやりと, またその, また生理学者, むりやりにという, もう一つ, もしホント, やはりそんな, 一千箱の, 一旦証人, 万事が, 不思議が, 今後の, 今日では, 其翌日新, 別に人, 只これ, 同じやう, 同時にさう, 大変嬉しい, 大層もてあまし, 姦通は, 家々の, 当り屋と, 彼らの, 彼れ, 心配し, 戦いを, 戯曲についての, 文学の, 日本の, 民の, 気付いて, 気象学者が, 深く踏み込ん, 無論に, 焼米の, 父や, 特に気, 特に計画, 疑問を, 穏やかに, 自然科学的テーマを, 見られるの, 観客側でも, 責任の, 迷惑する, 通ると, 遺憾の, 金田兼次郎氏旭玉山氏島村俊明氏その他当時知名の, 離れるよう, 非常手段として, 面白くは, 頗る面食らった, 頻りに首, 黙って

▼ 側からは~ (57, 0.5%)

2 御離れ申した, 終始いろいろ

1 [53件] いろ, お落胤, こちらの, この屠, その現象, それが, それ相応に, そんなもの, ひつて, ひろい生活的, やはり同数, モンタンヴェルは, 一向何らの, 一回に, 之を, 人間の, 伊藤俊介他, 何んで, 元気らしく見えます, 八名の, 前田玄以長谷川丹波などが, 問題として, 国讃め妻覓ぎ, 日本の, 早速抗議, 杉の, 柿内が, 正宗藤村二人で, 此山は, 此襞を, 殆ん, 求めるもの, 浅野弥兵衛が, 清水も, 生活権の, 町奴が, 盛に, 知れなかったが, 研究の, 積極的に, 立ち得ると, 統率と, 絶えずある, 自然と, 自由に, 若林学部長を, 蛇蝎の, 見られて, 誰が, 踊り手が, 返事が, 錠を, 開けること

▼ 側からの~ (56, 0.4%)

2 批判であり, 発言が

1 [52件] いい分, いろんな輕蔑, ことで, どうせ二三年, なみはずれな, サーチライトを, 不信とを, 不信任は, 亭主の, 人生の, 偶然というばかり, 光が, 出席者は, 切実な, 困難が, 声である, 女の, 婦人に, 対立感情が, 強い要求, 強圧に対する, 強硬なる, 心持, 意志も, 愛されかた, 感傷的な, 態度について, 懐疑と, 成績申告が, 抑圧を, 新しいリアリズム, 添物として, 物と, 理論的な, 登り口を, 研究を, 示唆によって, 移住者によ, 答解からも, 要求で, 詩的認識という, 調査であった, 贈物は, 贈物目録が, 迫害が, 連絡使節が, 鋭い視線, 離婚の, 非難が, 頼みに, 願いの, 風を

▼ 側~ (55, 0.4%)

1 [55件] ある, いろんな事情, おもしろげ, おんなじだ, すぐ隣, だれひとり, ない, なければ, またそれ, また別, みんな女給さんか, もうケチ, やがては, やっぱりこっち側, よく見えた, ズーッと, ラジオが, 三俣蓮華側も, 伊太利側も, 傷つかずに, 初めから, 召し使い, 困り抜いて, 在留邦人の, 塔頭だろう, 大事な, 少数の, 徳島側も, 木も, 極力住民, 真暗闇, 石で, 磧は, 私と, 納まらないガヤガヤ, 素通りし, 見えるもの, 見てくれの, 諸将, 負けじと, 負けては, 負けない気, 賛成してた, 軍事上政治上の, 追撃また, 連合国側も, 進むこと, 金谷の, 開けて, 附いて, 隣席も, 非常に, 食糧の, 黄いろい耕地, 黙っては

▼ 側からも~ (47, 0.4%)

1 [47件] おおよそは, この主張, ただの, わいろを, わるく思われたくない, アッと, ブルジョア社会科学乃至, 一人駒込に, 一向分析的, 七八人が, 人が, 今の, 作家団に, 信頼される, 俳優の, 半畳が, 古いかたたち, 同情が, 多くの, 多大の, 多少の, 大衆の, 女の, 好かれやしない, 好奇心を, 将た, 尊重すべく, 少し書い, 当時の, 必ずしも愛好, 敵視され, 書かれる必要, 比較的好意, 求められて, 煙が, 煩わされたくなかったの, 男にも, 白い顔, 眺めて, 知ること, 種々の, 考へられる, 自省しなけれ, 誤解され, 説明を, 贈物を, 起こり得たこと

▼ 側なる~ (43, 0.3%)

2 戸を

1 [41件] すべての, フランチスクス派の, ヘレスポントス沿岸の, 一人の, 一團の, 上行寺は, 人を, 低く小, 卓を, 卓子に, 壁の, 天然の, 奴婢に, 室の, 小き, 小卓, 小房の, 小瀑, 山陽道では, 岩は, 帽取りて, 廢寺の, 待合妾宅などの, 徳利を, 揺籃の, 格子口より, 桑の, 毛無島を, 津川五郎子ばかり, 狹き, 田の, 畠地の, 百姓に, 石垣の, 築土, 細徑を, 舷へ, 芸者家新道の, 虚は, 隘き, 額の

▼ 側より~ (43, 0.3%)

6 見れば 4 いへば 2 見るとき, 觀れ

1 [29件] いう時, かの両個, ぢつと, みれば, やる方, 之を, 二軒目に, 何等の, 促して, 出で, 否定されるなら, 妹が, 差し出すよう, 時を, 殆ど自在, 獄吏手を以て, 発せられるもの, 短か, 笑いながら, 考へて, 見て, 見る故, 見子規居士, 言へば, 語だけの, 遥かに, 離さざる物, 離さなかった, 難じ

▼ 側~ (43, 0.3%)

1 [43件] から扇, から言つた, で三十数名, で人形, で犬, に, にあっ, にあった懸け, にある, にけばけばしい, にこの, にはびこっ, には小さな, には煙, にほうりなげ, にゐ, にグウグウ鼾, に伏し, に侍, に声, に居らしむ, に心, に擦りよっ, に甲形, に立っ, に置かせ, に誰, に貧乏徳利二ツ三ツ, に迷, の倉庫, の切石, の刑事, の壁, の安楽椅子, の手文庫, の架台, の棚, の硝子戸, の窓, の者, の鉄棒, の長椅子, を指さした

▼ 側近く~ (43, 0.3%)

4 仕えて 2 おいて, に仕え, 呼んで

1 [33件] おかれて, かしずいて, にたどりついた, に仕へ, に居並ん, に従う, に拳銃, の卓, へ坐った, へ来, へ置け, まで早足, まで進み出, まねいて, やって来たため, ゐた人, 仕へ, 使って, 召されるの, 召し使うて, 召し寄せた, 寄り, 居るによって, 差出せといふ, 引きつけて, 御呼びよせなさりながら, 招いて, 来たの, 立って, 置いて, 置くかの, 育てて, 貴重の

▼ 側において~ (34, 0.3%)

1 [34件] あつた, ある, ある二台, ある肘掛椅子, おきながら, かつて天智天皇朝, けっして看過, す, できるだけ私, のむなんて, はなはだ無, まさに行為そのもの, みたいなどの, みましたが, もらひたいもの, 何か, 去った, 実現される, 對應する, 年とった, 明証的に, 明證的に, 是非とも, 書物の, 朝夕に, 然る, 物理的及び, 生ずるもの, 生産の, 自分にも, 興の, 試みられる火, 論争せられ得ない, 論爭せられ得ない

▼ 側~ (34, 0.3%)

2 もあった

1 [32件] からこういう, からする, がたくさん, がつねに, さえ信長, だけをつれ, だの, でも裏面, で今, で聞い, と一部, と何, にかこまれ, にこう, には直江山城守, に手渡した, に見られる, のあいだ, のひとり四方田政孝, のひとり藤田伝五, の堀尾茂助, の戯陽速, の戲陽速, の重なる, の間, は怪しん, は玄徳, や一族, を尻目, を蹴とばし, を通じ, を集め

▼ 側について~ (31, 0.2%)

9 いて 3 ゐて

1 [19件] いない方, いましたが, おられる, おれば, きた啓之助, はらはらし, ゆるゆると, 会うの, 十年あまり剣技を, 将軍家とも, 居た, 居らなん, 左へ, 手を, 看病し, 細い路地, 見守った, 闘え, 離れません

▼ 側~ (27, 0.2%)

2 になる

1 [25件] だという, として来, となっ, と申した, などでは断じて, などに嫉妬, にくれる, にさ, にしよう, になら, に押しこめ, に現, のみや, の白女, の間, の首級, の鳰鳥, の鳰鳥はじめ多く, までが一斉, までをふくん, もない, を武士, を殿, を相手, を連れ

▼ 側へも~ (26, 0.2%)

2 寄れないほどの

1 [24件] はっきり色, 余り近づき得ない, 寄せ付けない, 寄せ度, 寄らず座蒲團, 寄らないよう, 寄りつかれぬ人, 寄りつくもの, 寄りつけない程, 寄り付くこと, 寄り付けやしません, 寄れないほど, 寄れない心地, 寄れません, 寄れるこっちゃ, 来て, 枢軸国側へも, 立ち寄らない理, 行きました, 行き冷, 行けないから, 行けないので, 行けなかつたん, 行つた

▼ 側~ (20, 0.2%)

2 ということ

1 [18件] からだろう, からもうすぐ, から何と, が, けれど一寸, し今, つたらしい, つていふから, て, てたり, てて, てていた, としてもどっち, とのこと, と云う, と感心, と考えた, よ

▼ 側へは~ (17, 0.1%)

1 [17件] づんでどんの腹の, どうも返せぬ, 出せない, 参りません, 参りませんよ, 坐らなかつた, 寄せない, 寄って, 寄らうとも, 寄りつかずに, 寄るわけ, 文ちやんが, 毎夜の, 民助, 行きたくなかつた, 行ぐんぢやねえぞ衣物汚す, 近寄らなかった

▼ 側~ (16, 0.1%)

1 [16件] からの返辞, からも聞い, から信玄, から柳営諸所, としてその, なども狼狽, に囲まれ, のひとり, の人々, の土屋右衛門, へ, まで仰せ, まで伺い出た, まで取次ぎ, もあらまし, もそれ

▼ 側との~ (15, 0.1%)

3 間に

1 [12件] はなしあいも, 二流れに, 仲裁を, 分水嶺に, 夫, 戦いが, 戦闘は, 接衝を, 税関吏が, 端と, 距離はと, 間の

▼ 側としては~ (14, 0.1%)

1 [14件] まだまだ慾, 何の, 出版権が, 場合によっては, 大きなもの, 当然前者, 折角ここ, 新之助松川源十大川時次郎大庭春吉三崎国造田中光徳の, 東征軍の, 極力その, 無条件に, 病院関係者と, 聴きての, 面から

▼ 側~ (13, 0.1%)

1 [13件] お縫物, まばらな, ミコシの, 井戸端に, 問罪所の, 学者間に, 林の, 物置部屋の, 田圃中の, 腕の, 芳川家がらみの, 蔭の, 辻の

▼ 側として~ (12, 0.1%)

1 [12件] あるまじきこと, 其で, 出席した, 学びとるべき何もの, 年期を, 恋愛的でない, 日本人が, 決意を, 秀吉が, 絶対手ばな, 誰を, 責任の

▼ 側~ (12, 0.1%)

4 のだ 1 のです, ので御座います, んで, んです, 小屋ぢや, 手桶の, 竈の, 障子が

▼ 側臣たち~ (12, 0.1%)

1 [12件] が, がもし, が朝, と一室, の中, の居, の眼, はそれ, はど, は即座, へも精勤, をあい

▼ 側~ (11, 0.1%)

2 を向い 1 にほんの, に傾い, に向い, に向こう, の壁, へか, より敵, を前進, を向け

▼ 側~ (11, 0.1%)

1 [11件] と思はれる, に向い, に迫らね, に迫るべきだ, に迫る如き, の廬山, を攻撃, を狙う, を脅かし, を衝き, を護り

▼ 側だけ~ (10, 0.1%)

1 だ, だと, で背後, むかし三叉と, 一軒づもりポカリと, 一面に, 垂を, 書いても, 白くなっ, 見える巨大

▼ 側にばかり~ (10, 0.1%)

2 いるから 1 あるかと, いつしか立っ, なって, なつて, 寄って, 居て, 居ないで, 雪の

▼ 側~ (10, 0.1%)

3 へのお 1 に拾わせよう, の足音, はあたふた, は彼女, は来, は馬, を自分

▼ 側においても~ (9, 0.1%)

1 あらかじめこれ, いま一歩積極的に, また極力, よくこの, 世間の, 中野三允氏が, 科学者の, 自己に, 邪魔には

▼ 側ばかり~ (9, 0.1%)

1 だった, でなく世態, でなく小説, では, で清潔, で言, 前に, 取って, 見て

▼ 側~ (8, 0.1%)

2 て崖際 1 この人, ている, てやっと, て男客, ながらこんな, ながら呟いた

▼ 側においては~ (8, 0.1%)

1 この新来, つとに, ヴェル, 一切の, 二つの, 政府の, 日本化の, 東洋哲学史とともに

▼ 側にて~ (8, 0.1%)

1 お殿様, ホトトギス六七册披き見る, 仮睡を, 前の, 大原が, 煙草を, 燒栗を, 笑い出し

▼ 側~ (8, 0.1%)

1 には鷲, に集まってる, のうち, へ入, へ入りました, へ外れる, へ逸れ, を清掃

▼ 側です~ (7, 0.1%)

1 から別に, から山冷, が, が古く, けれども何だか, よ, バスの

▼ 側によって~ (7, 0.1%)

1 うんと力, その字, よく改めて見る, 仕事ぶりを, 来た, 来た男, 熱心に

▼ 側~ (7, 0.1%)

2 の方 1 にある, には湯沸し, に近, に近づく, の前

▼ 側用達~ (7, 0.1%)

1 でいる, という重い, とを勤め, の戸塚助左衛門, は兼勤, は役, を兼ね

▼ 側~ (7, 0.1%)

1 に及ん, に手, のあたり, の子, へ夢うつつ, を刺され, を潜り抜ける

▼ 側からだけ~ (6, 0.0%)

2 見れば 1 彼女の, 理解し, 称えられても, 進んで

▼ 側からのみ~ (6, 0.0%)

2 社会を 1 でなく俳優, 投ぜられて, 描いて, 罪を

▼ 側としても~ (6, 0.0%)

1 それに対する, なんとかし, ほとんどみとめなかっただろう, やはりその, 大いに一考, 非常に

▼ 側とも~ (6, 0.0%)

1 また欧洲各国側, 南京政府側とも, 延安政府側とも, 悪感情なし, 連絡が, 重慶政府側とも

▼ 側へと~ (6, 0.0%)

1 一列ながら, 寄せつけて, 心の, 昇って, 横ぎってしまったが少し, 連れゆきぬ

▼ 側並べ~ (6, 0.0%)

2 てまた 1 ては塩, てバター, て別に, に仕切っ

▼ 側~ (6, 0.0%)

1 とは白く, のある, の入口, の地階, はもちろん, を並行

▼ 側衛的任務~ (6, 0.0%)

2 といふこと 1 であります, とは前衛, とは決して, のため

▼ 側からでも~ (5, 0.0%)

1 付くの, 同じよう, 死體までは, 解釈出来る, 貴公が

▼ 側からと~ (5, 0.0%)

2 西の 1 いうよりも, こっち側からと, 草刈りに

▼ 側すなわち~ (5, 0.0%)

1 台所の, 右方に, 底面から, 庭に, 朝廷側には

▼ 側にあたる~ (5, 0.0%)

2 栗林の 1 下館を, 田万里という, 草叢から

▼ 側にとって~ (5, 0.0%)

1 これは, こんな好都合, 不利な, 良しと, 面白くない

▼ 側にのみ~ (5, 0.0%)

1 ありて, あるの, 刃を, 存するであらう, 行われ得るもの

▼ 側~ (5, 0.0%)

2 となれ 1 が父, となった, の小姓

▼ 側~ (5, 0.0%)

1 が押し迫っ, の縁, の鼻, を木, を横切る

▼ 側~ (5, 0.0%)

1 です, に彼女, に搭乗, に腰, を指

▼ 側~ (4, 0.0%)

1 こっち側を, それとも多少, どこかの, 三側しか

▼ 側する~ (4, 0.0%)

1 けれどもの, といふやう, に止まっ, 所が

▼ 側だけの~ (4, 0.0%)

1 眼と, 話では, 責任という, 頭数だけが

▼ 側である~ (4, 0.0%)

1 かはいま, から彼, が, ので豊岡町

▼ 側とが~ (4, 0.0%)

1 あるっきり, なければ, 対立した, 無抵抗な

▼ 側とは~ (4, 0.0%)

1 これだらう, 分明であっ, 反対の, 言つても

▼ 側にとっては~ (4, 0.0%)

1 もっともいい, 予想外な, 全軍, 相変らず

▼ 側にまで~ (4, 0.0%)

1 分かれて, 移行させ, 達しその, 達して

▼ 側へに~ (4, 0.0%)

2 思惟する 1 ありて, 寄りそ

▼ 側へよ~ (4, 0.0%)

1 つて女王の, つて手拭で, つて茶碗の, つて首實檢を

▼ 側よりも~ (4, 0.0%)

1 むしろ氏の, むしろ澄みきった, もっと向う, 厳格で

▼ 側即ち~ (4, 0.0%)

1 博士邸とは, 大通り東側の, 左岸に, 次の

▼ 側~ (4, 0.0%)

1 が付い, で本陣, の仕切, の片隅

▼ 側小姓~ (4, 0.0%)

1 で殿さま, の外村惣江, を一人, を勤める

▼ 側火山~ (4, 0.0%)

1 として噴出, と噴気口, の側面, も同心円

▼ 側~ (4, 0.0%)

2 もふらず 1 ばかり使つて, もふらない

▼ 側~ (4, 0.0%)

1 からたれ, からチラ, と下方腰煉瓦, のなか

▼ 側~ (4, 0.0%)

4 の下

▼ 側~ (4, 0.0%)

1 に入らず, に取った, へそれ, へ逃げこんだ

▼ 側~ (4, 0.0%)

1 出て, 来たところ, 続いて, 行きホッ

▼ 側~ (3, 0.0%)

1 に引く, は新利根大利根, 池田勝三郎も

▼ 側だろう~ (3, 0.0%)

1 か, が流石, 其処で

▼ 側てて~ (3, 0.0%)

1 木の葉隠れの, 疾視付ける, 見る

▼ 側であった~ (3, 0.0%)

1 ことを, という, のに今度

▼ 側での~ (3, 0.0%)

2 幾らかの 1 茶呑み

▼ 側とに~ (3, 0.0%)

1 ゆったりと, 対座し, 心を

▼ 側なぞに~ (3, 0.0%)

1 そういう娘, 転がって, 霜枯れた雑草

▼ 側における~ (3, 0.0%)

2 生産の 1 順当な

▼ 側にかけ~ (3, 0.0%)

1 たま, 上って, 寄った

▼ 側にでも~ (3, 0.0%)

1 あるやう, 居るよう, 立てる場合

▼ 側によりも~ (3, 0.0%)

2 一方の 1 一層悪い

▼ 側にを~ (3, 0.0%)

1 らせ, られた梨本氏夫人, りました

▼ 側に対して~ (3, 0.0%)

1 体協の, 好意を, 甚だしい反感

▼ 側に対しては~ (3, 0.0%)

1 一言も, 全然無力, 著しい権利

▼ 側はと~ (3, 0.0%)

2 いえば 1 いうと

▼ 側ばかりに~ (3, 0.0%)

1 そそがれました, 枝を, 限られて

▼ 側をも~ (3, 0.0%)

1 後には, 書き添えて, 馳け

▼ 側~ (3, 0.0%)

1 在ル, 屠ラレテ, 老功

▼ 側付き~ (3, 0.0%)

1 その万太郎, で折, となった

▼ 側~ (3, 0.0%)

1 だった, の地位, の所出

▼ 側~ (3, 0.0%)

1 の小屋, の空小屋, の通行

▼ 側~ (3, 0.0%)

1 しその, その上, の欠陥体質

▼ 側~ (3, 0.0%)

1 のとっつき, のよう, の前

▼ 側~ (3, 0.0%)

1 に茶色, の上, も置電灯

▼ 側~ (3, 0.0%)

1 はまるで, を登った, を直

▼ 側衆たち~ (3, 0.0%)

1 である, は思わず, もあわただしく

▼ 側~ (3, 0.0%)

1 をし, をした, 者には

▼ 側いや~ (2, 0.0%)

1 に建物, に淋しい

▼ 側~ (2, 0.0%)

1 志保も, 芋と

▼ 側かに~ (2, 0.0%)

1 取り囲まれ花, 組み込まれて

▼ 側ここ~ (2, 0.0%)

2 の松

▼ 側しか~ (2, 0.0%)

1 入って, 見えなかった油絵

▼ 側じゃ~ (2, 0.0%)

1 大分ごてた, 業を

▼ 側だけが~ (2, 0.0%)

1 いかに満足, 熱いばかり

▼ 側だった~ (2, 0.0%)

1 から甲板, のです

▼ 側ちかく~ (2, 0.0%)

1 坐らせて, 来てでも

▼ 側~ (2, 0.0%)

1 て阿駒, 時に冷やか

▼ 側であっ~ (2, 0.0%)

1 て約束, て線路の

▼ 側であり~ (2, 0.0%)

1 三郎や, 俳優監督は

▼ 側でした~ (2, 0.0%)

1 からこちら, し又

▼ 側でなく~ (2, 0.0%)

1 つていい, 平坦地に

▼ 側でのみ~ (2, 0.0%)

1 これが, 成り立つこと

▼ 側といふ~ (2, 0.0%)

1 のは, ものが

▼ 側としての~ (2, 0.0%)

1 お座なりな, 妥協性の

▼ 側などを~ (2, 0.0%)

1 作る軍需品工場, 拭いて

▼ 側なり~ (2, 0.0%)

1 実は吾人, 而し

▼ 側にだけ~ (2, 0.0%)

1 あるの, たって

▼ 側につき~ (2, 0.0%)

1 きりだった, きりで

▼ 側によ~ (2, 0.0%)

1 こたはり底, つて放心の

▼ 側に対し~ (2, 0.0%)

1 ドイツは, 相当理解

▼ 側に対する~ (2, 0.0%)

1 厭がらせ, 挑戦的態度が

▼ 側ばかりを~ (2, 0.0%)

1 歩いた, 選んで

▼ 側へでも~ (2, 0.0%)

1 どちらへでも, 被害者側へでも

▼ 側への~ (2, 0.0%)

1 つそり, 移行は

▼ 側へよつた~ (2, 0.0%)

1 ことだ, ことも

▼ 側ほど~ (2, 0.0%)

1 まばらに, 豊富に

▼ 側また~ (2, 0.0%)

1 北の, 柳原通の

▼ 側~ (2, 0.0%)

2 向側よ

▼ 側を通して~ (2, 0.0%)

1 貰は, 貰わなければ

▼ 側ガラクタ~ (2, 0.0%)

2 を入れた

▼ 側テーブル~ (2, 0.0%)

1 に載せられ, を

▼ 側~ (2, 0.0%)

1 呼寄セテ兄ガ家事不, 札束ヲ

▼ 側三人~ (2, 0.0%)

2 と女中三人

▼ 側並べて~ (2, 0.0%)

2 その上

▼ 側並木時~ (2, 0.0%)

2 をり

▼ 側代表~ (2, 0.0%)

2 と日本国民自身

▼ 側代表者~ (2, 0.0%)

2 と中国国民

▼ 側代表者達~ (2, 0.0%)

2 は中国国民そのもの

▼ 側~ (2, 0.0%)

1 權川路左衞門尉の, 權林大

▼ 側~ (2, 0.0%)

1 と称した, なりや否や

▼ 側切れ~ (2, 0.0%)

1 したり, をやった

▼ 側同志~ (2, 0.0%)

1 が結びつい, で背中合

▼ 側向御~ (2, 0.0%)

2 召抱お

▼ 側女たち~ (2, 0.0%)

1 がハッ, が眼

▼ 側委員~ (2, 0.0%)

1 にすこし, に贈物

▼ 側~ (2, 0.0%)

1 から生れた, と回教女

▼ 側~ (2, 0.0%)

1 の片, の裏口

▼ 側島根県~ (2, 0.0%)

2 の港

▼ 側時計~ (2, 0.0%)

1 は石, も石

▼ 側~ (2, 0.0%)

1 が二三本埃, の板張り

▼ 側~ (2, 0.0%)

2 に凭れかかっ

▼ 側構え~ (2, 0.0%)

1 でもなし, に一寸

▼ 側用取次~ (2, 0.0%)

1 というふう, と順々

▼ 側立て~ (2, 0.0%)

1 ている, 屋内の

▼ 側~ (2, 0.0%)

2 のはいった

▼ 側臣中~ (2, 0.0%)

1 でももっとも, には歴然たる

▼ 側~ (2, 0.0%)

1 には藪, の通り

▼ 側見た~ (2, 0.0%)

1 やうな, ような

▼ 側~ (2, 0.0%)

1 した栄三郎神変夢想, した泰軒

▼ 側道路~ (2, 0.0%)

1 がある, に面した

▼ 側~ (2, 0.0%)

1 へ, を模

▼1* [302件]

あたりまで行っ, 側あっちまでやけました, 側あっち側に緑郎, 側ありとせ, 側あるいは大庫, 側うて下って行った, 側おいた彼の, 側かがめる彼の, 側かけてはそろそろ, 側かへ引っぱって, 側からしか理由を, 側からだけで評価し, 側からとして説かれて, 側からとしての積極的な, 側からばかりでなくせめて, 側からばかりは考へること, 側からより文化水準の, 側ぎれて私は頭, 側ぎれをやり彼は荷鞍, 側ぐらい以後を, 側ぐらいの芝居は, 側ぐらいはすぐ積まれる, 側ぐるりと黒く, 側こちら側と言, 側こっち側と間, 側この側の, 側さえ見えなくして, 側さして進んで, 側さすか, 側したことだろう, 側しよつちゆう目を, 側それも血, 側それから柴車だの, 側たてるのは, 側だけでも見世物番付が, 側だけには並び切れず窓, 側だけにも五十破れが, 側だけは稍論理を, 側だけをああこう, 側だの藉い, 側だらうとあんな, 側かく侍, 側っていうものが, 側つまり表側に, 側つれども背後に指す, 側でと思つてゐる, 側でなければなりません, 側とか撥ねる所, 側とかいうこと, 側とでは砂鉄の, 側とでも云ふか井河氏の, 側とにおける同一の, 側とばかり梃子でも, 側とを結ぶ航海, 側ないし三側ぐらいの, 側なかなか散歩する, 側など稍それに, 側などから見れば, 側などに凭りか, 側などにはあまり見ない, 側などへはまいられませんの, 側ならべの肉, 側ならびに細い青い小さい蝦蟇口, 側なりし如露にて, 側なりはこのわたし, 側なんか寄りつけるものぢ, 側においてさう見る, 側にさえ居ったらほか, 側にすら一般には, 側にたいしても浅沼, 側にだけということな, 側につつ立つて, 側にては色情関係の, 側にてもあれ, 側にとつても, 側にとっての初音であります, 側になつてゐ, 側にばかりへばり付い, 側により來り, 側による東支鉄道の, 側に対しての一つの, 側に対しても我儘である, 側に従ってこの巨人, 側に関する限り最早, 側のみ思想の, 側のみで要求する, 側のみにあって, 側のみについて説を, 側のみの事柄である, 側はいふ迄もなく, 側ばかりが並んでは, 側へさえ姿を, 側へなどはやりたくないの, 側へばかり来たもの, 側へもにぢり出し, 側へよけなければ, 側ほどには知って, 側ほど後に角太郎さん, 側までは来ない, 側までも一杯に, 側て会釈, 側みたいなとこ, 側みな窯戸なり, 側もちろん事情に, 側やら板の間やらへ, 側よく苔の, 側よりの抗議文の, 側よりは吉岡幾三郎氏代理として, 側らところどころに明るく, 側をさえ離れて, 側ダンスをおい, 側ニウエシ事アリ報恩寺ト云寺ニアリシト云此寺ハ千光国師モロコシヨリ帰リテ初テ建シ寺也今ハ寺モ菩提樹モナシ畿内ニアルハ昔此寺, 側ニ侍衛スルモノ十数名ヲ見, 側ニ生ズ陸地ニ生ズ和名サワアザミ葉ハ小薊葉ニ似テ岐叉, 側ニ置テソノ才智ヲ計, 側中央口ニ近, 側バリエール・デ・ゴブラン街の寂しい, 側マウナ・ケアは鞍部地帯, 側ヨリ男子ヲ崇拜シ男子, 側一同は次, 側一杯に大きい, 側一間ほど南, 側一面に巨, 側三側ぐるりと, 側並ぶようにと, 側並べたら糠と, 側並んで居, 側の有金, 側腦部と, 側主として大英帝国, 側乗場の方, 側五〇番甲種で墓石, 側の感情, 側は辷る, 側ひ鍵屋, 側しか入っ, 側住居がある, 側使人頻拭老眸, 側信州側からは此山, 側先刻まで祝言, 側全部の鎧扉, 側公判廷に提出, 側凭れて酒, 側の穴, 側のベンチ, 側前後に膝, 側勤めをする, 側北岸の桜, 側医師というも一人, 側医師西崎松柏という者, 側医者の格, 側十数名の若者, 側十日ほどの行程, 側半分血にひた, 側卓子の上, 側奏上者或は, 側厚く明るんで, 側友群りて, 側へ廻らせた, 側にバラ, 側唯一の記録, 側四側につらなっ, 側四番砲門の下, 側土竈へ眼, 側土藏の前, 側坊主を召し, 側堆石までを具備, 側には主君信長, 側大岩の前, 側女中になつて, 側女中島を娶, 側女日ごろ野辺の若, 側女鳰鳥の首, 側の士, 側室杉浦氏の出, 側對面の側, 側小伝馬町側にあった, 側尾根の一つ, 側岸壁に引きあげた, 側へはいる, 側に通ずる, 側もなく, 側弁護人法学博士清瀬一郎は被告たち, 側弁護人達は海軍側弁護士団, 側弁護人首席として登場, 側弁護士団と呼応, 側後ろに精鋭, 側用人の, 側御用を勤められた, 側御用人など要路, 側御用暴力団という, 側御用達を兼務, 側をあけた, 側に積ん, 側捻転の相, 側ある中央, 側教会の角, 側時計女学校の優等生, 側暁橋の袂, 側がある, 側栢蔵篋笥中或夾冊子内経歳, 側格子はその, 側桟橋を上がっ, 側になりたる, 側がつい, 側次にあちら側と, 側次第と目端, 側死者巡査二名重傷者四名軽傷者十二名に及び, 側海底などの割れ目, 側深くのぞき込むよう, 側からは一間以上, 側が差し, 側火口とす, 側とが眼, 側炭庫へ逃げ込んだ, 側のこういう, 側物置の隣, 側物見として大勢, 側物見六名をゆうべ, 側獲る側から, 側玄関の外, 側白山道の方, 側を全体, 側は連, 側砲一斉に第, 側礼拝堂へ行き, 側祭壇の暗がり, 側稜取り付きから三五分, 側の美, 側立たせたしまた, 側立った屏風の, 側算すレバ九十里斗なるべし, 側管内を自然下降, 側継あれがちはやである, 側です, 側置いてまた, 側置卓子が一つ, 側者頭になっ, 側者頭竹内数馬長政が指揮役, 側者頭高見権右衛門重政でこれ, 側の鎧, 側を無, 側腹呼吸に拠つて歌つて, 側臣すべてが昼, 側臣らは一言, 側臣中彼ありと, 側臣数名と共に小舟, 側臣池田丹後守もまじっ, 側自慢の楊州料理, 側自身から阿諛的, 側芸能人の吹き込み, 側衆坪内伊豆守保之か, 側衆小原丹後が息, 側衆諸侯旗本たちの周り, 側行く人にも, 側衛的な任務, 側が比内, 側被告の特別弁護人, 側裁縫店の大, 側西園寺大納言へ伺い, 側要人らの陰謀, 側見するところ保平は, 側もせず, 側して, 側燒失にて, 側であつ, 側詰めてその, 側詳しく言へ, 側警備員たちも多, 側議論ばかりで実際, 側谷町館の東側, 側ありて, 側足受利四管頓情消失奴若有, 側路上に影, 側路地の中, 側輔弼の宰相, 側近い人たちの, 側近き谷の, 側近くお世話すること, 側近くお呼び被成, 側近く使召ひ度い, 側近く俯向いて, 側近く召仕い度, 側近く召使って来た, 側近く妻を坐らせ, 側近く寄つて来て, 側近く寢轉がつ, 側近く膝を進め, 側通譯官として活動, 側通譯官ポートマンとの間, 側遠く去るとも, 側は四十フィート, 側関係官庁と表裏一体, 側関東庁側の排撃, 側閣員内外の諸, 側し合うよう, 側防兵舎の中, 側の人々, 側附きの八畳, 側と云, 側離れると病人, 側は悪く