青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伏せ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

伊~ 伊勢~ 伊東~ 伊織~ 伊藤~ 伊豆~ 伊賀~ 伊達~ 伊那~ ~伏せ
伏せ~
休~ ~休み 休み~ ~休ん 休ん~ 休息~ ~会 会~ 会い~ ~会う

「伏せ~」 1835, 18ppm, 6453位

▼ 伏せ~ (1192, 65.0%)

62 しまった 56 いた 16 いる 14 ある 11 いたが, おいて 10 あった 9 しまつ 8 いた眼, いると, ゐた 7 あつた 6 しまいました 5 いたの, 口を, 右手は, 唇を, 待って, 泣いて, 置いて, 黙って 4 いました, 膝の

3 [23件] あったの, あって, ある本, いて, いるので, こんなこと, しまう, しまうの, しまって, 云った, 溜息を, 眠って, 眼を, 私の, 立ち上った, 肩を, 自分の, 見る窓, 言った, 避けました, 静かに, 頭を, 黙り込んで

2 [60件] ありました, あります, あるが, ある平底, ある青, いたので, いたもの, いた顔, いること, いるの, いるもの, うつむいて, おいた, おいたの, おきその, おけば, おれ, しまったの, すすり泣いた, そこから, その上, その場, それを, みたり, ゐたが, ゐるの, キリキリと, 両手を, 二重に, 何やら念じ, 倒れて, 優勝を, 十秒ばかり, 堅き堤防, 声を, 小声で, 居た, 彼は, 彼女の, 後ろ手に, 微かに, 心を, 快活に, 恐ろしい相好, 息を, 我意の, 打ちたま, 控えて, 暗然と, 梯子段の, 楊枝の, 歩いて, 泣きながら, 畝竝に, 答へ, 置けば, 見たが, 身動きも, 顔を, 首を

1 [729件 抜粋] あけると, あたりへ, あったよう, あったパナマ帽, あった吊鐘, あった天水桶, あった骰子壺, あった龕燈, あつて, あの絵, ありましたまだ, ありまして, あり右手, あるうち, あること, あるだろうな, あるでは, あるところ, あるに, あるもの, あるようすほか, あるん, あるガラス蓋, あるタッス, ある事, ある四月, ある捲物, ある洋盃, ある秘密, ある茶碗, ある鉄網, いい難そう, いかにも面目, いきなり鉤, いこうはは, いざと, いそぎ次ぎ刈る, いたから, いたひたい, いたヒデ子, いた一同, いた二人, いた児島高徳, いた左大臣, いた捕手たち, いた欲望, いた目, いた胸, いた視線, いた趙雲, いた配下, いた長い, いた頻を, いた龕灯, いつの間にかその, いない町人体, いやいやした, いよいよ執拗, いるが, いるきり, いるだろうと, いるのみ, いるばかり, いるより, いる三十郎, いる函根, いる四人, いる子守娘, いる富子, いる少女, いる少年, いる情血, いる様子, いる気持ち, いる自分, いる若者, うなずいた, うまくいかなかった, おいたので, おいたのに, おいた密偵, おいた我が, おいた腹心, おいでに, おきたいこと, おきましたから, おきましたゆえ, おきますと, おくかれが, おくと, おくという, おくの, おくれっ, おこうと, おしまいに, おちついた静か, おどおどし, おばさんの, おらるるの, おられたの, おりました, おる, おれば, お光, お待ちあっ, お目, かたく口, かれら, きいた, きかん気, きかん氣, きりぎりすはた, くすくす笑っ, くつくつと, ぐったりと, ぐつすり眠り込ん, ここに, こころもち胸を, この曹操, ころりと, こんな親切, ござりましょう, さえたその, さけび卯木, さて徐に, さびしそう, さめざめと, しきりと, しきりに短い, しくしく泣き出した, しずまりかえって, しっかりと, しばし戦機, しばらくは, しばらく何, しまうと, しまうわ, しまえッ, しまったが, しまったもの, しまった方, しまつては, しまはうと, しまひたいやう, しまわなくちや, しまわなければ, じっとから, じっとテーブル, じっと立っ, すくんで, すすり泣きつつ, すべすべした, せっせと鉢, せめてもう一, そこに, そこを, そっと頷いた, その中, その伏せた, その咽喉, その塵, その庇, その得物, その雑誌, その首級, それからあと, た, ただ亡くなっ, たれひとり, ついに秀吉, とり返す事, どうだ, なに喰わぬ, なるべく見ない, はっきりと, ひざまずいた味方, ぴつたりと兩手を, ふと黙っ, ほっと一つ溜息, ほんとうに, ほんとに泣いてる, またも, またゆうゆう, まつ毛を, まともな, みせると, みせる弱い, めくら特有, もはや泣言, やるん, やる丁半博奕, やろう, ゆかたの, ゆけ馬, わいて, わけも, わざと痛, わざわざ名乗りかけよう, ゐたい時, ゐたの, ゐた風, ゐる, ゐること, ゐるだけで, ゐるので, ゐる中, ゐる大里町子, ゐる隣, アルミ鍋飯櫃と, グタグタにまで, グレプニツキーの, チル子の, ヂツとして, ボロ, モジモジし, 一つの, 一散に, 丁半の, 上から, 上眼づかひ, 不思議な, 両手で, 主人を, 乳色を, 予の, 二人代る代る, 云つた, 五十嵐と, 人に, 今までよりも, 今日までの, 仕舞った, 仕舞ったそう, 何と云, 何の, 來たら, 例えば結婚, 俯向い, 僵れたる, 先づ相應な, 入って, 兩の, 再びその, 再び贄殿, 凝っと, 出た, 初瀬は, 制止声も, 加賀見忍剣は, 勇名を, 動かない, 卓上の, 博戯を, 又も, 又言はず, 口ごもり, 口の, 古里の, 叫んだ, 吐きだすごとく, 君の, 呟きました, 咽喉を, 咽喉笛を, 啜り泣いて, 啜り泣き始めた, 嗚咽の, 四方の, 在ったの, 在るん, 坐った, 坐りこんだ, 壁際の, 声は, 声も, 夜と, 大きな声, 大地へ, 大粒な, 天宇受女命という, 如何にもかしこまり切っ, 婆さんに, 室の, 封筒を, 射殺す, 小高いお, 少時は, 居た龕燈, 居眠りしてる, 屋根より, 左右を, 左手を, 帝に, 師直は, 底の, 庭の, 弾も, 彼の, 彼女は, 彼方の, 彼等が, 待った, 御免なさい, 御自身, 微笑ばかり, 心の, 心中に, 思い込んだ調子, 思はず正直, 急いで, 急ぎ足で, 急に, 愁然と, 慎んで, 戦死した, 戦犯の, 手ごろの, 手を, 手練の, 手酌で, 打の, 拝まずには, 捨てる, 接吻した, 撃滅を, 敵の, 日傘の, 早く恐ろしいもの, 明らけ, 暫く唇, 暫く黙っ, 曖昧な, 有る其横, 杖で, 来たら両手, 来て, 松林の, 板の間に, 柔順に, 植えおき靴, 様子を, 横から, 横を, 横膝を, 次郎の, 正木博士の, 歩いた, 殺したらう, 殺したろう, 気弱そうに, 水の, 沈黙の, 河原の, 泣きじゃくった, 泣きだした, 泣きました, 泣き出しました, 洋服を, 涕を, 涙ぐんで, 深々と, 深い呼吸, 漕ぎぬけて, 火の, 灰の, 無心な, 無理やりに, 煖炉の, 熱いいらだった, 父親に, 片手で, 独り笑みを, 猫いらずを, 王の, 畳の, 白土の, 盆が, 目を, 目蓋を, 真緑, 真鍮の, 眠つてゐる, 眼から, 眼の, 睫毛の, 瞑目する, 礼を, 祈るやう, 福州兵八千人を, 秀吉の, 立ちすくんだよう, 立ち上がろうと, 立ち上る, 立ち去って, 立って, 端坐し, 笊を, 笑ったの, 笑って, 箸を, 粛然と, 紅くなり, 紙幣の, 終った, 終つた, 結果だけから, 縄を, 罪人の, 置いたり, 置いたれば, 置いた勢, 置いた地雷, 置いた新撰組, 置いた洗, 置かれた, 置かれて, 置く, 置くと, 置くという, 置く方, 置く積り, 羊腸たる, 羞か, 考えて, 考え沈んで, 考え込んだ彼, 考え込んでると, 聞いて, 聞かない風, 聞耳を, 聴いて, 肯いたが, 腰を, 自ら一言言った, 若い教授, 苦笑する, 草へ, 菓子を, 薄い唇, 蚊帳の, 蝟の, 行かねば, 行くだろう姿, 衣類を, 表紙を, 衿から, 袖で, 見する, 見せた, 見て, 見まもって, 見ると, 見る間, 見調べるくらい, 言つた, 話して, 誰れ, 謝罪らせた, 起き上り窓際, 足もとの, 跪座まる, 身動き一つしたくなかった, 軽く峰, 軽く足許, 逃げて, 逆さの, 途中で, 通りながら, 避けた, 酔ったよう, 鉄縁の, 鎧の, 鎮まった, 長い長い間, 長い間我, 長衣, 関羽を, 闇に, 隠れて, 隠れなせ, 露八は, 露台の, 靴の, 音も, 頑健な, 頭脳を, 額に, 額際まで, 顫えた, 飢民の, 飼い粟, 馬鹿みたいに, 鳴りを, 黙々とつい, 黙々と歩きはじめた, 黙った, 黙つて頭, 黙りこんで, 黙然と, 鼻眼鏡を

▼ 伏せ~ (149, 8.1%)

29 なって 17 倒れて 6 して 4 なった, なったまま 2 なつた, なつたま, なり歯, 仆れ, 崩折れ, 崩折れた, 溝に

1 [75件] かむり犀星, したよう, した黒塗り, しても, ちぢこまって, どッ, なったわし, なった一個, なった幕兵, なった彼, なった御, なった水死人, なった顔, なつて, ならべて, なりヒモ, なり動かなくなった, なり声, なり救助, なり流れだす自分, なり片腕, なり知世子, なり血, なり頭, なる, なると, なる表情, なる酔漢, なれ, なろうと, ぱつと拡がつた, ベッドに, ペたんと, 両手で, 丸くなっ, 云い籠って, 仆れた, 会わしたりなんか, 倒れた, 倒れたの, 倒れたベナビデス, 倒れた上, 凭れて, 取って, 古畳, 土間へ, 地に, 寝かされ手足, 寝かせ懲治棒, 寝たの, 寝て, 寝ました, 寝るよう, 左右へ, 床に, 引つくり返し, 思われたから, 戻して, 投げつけた, 折れるでも, 押し伏せて, 斬ッ, 旅法師の, 暗涙を, 来たの, 横わった, 死んで, 焼香を, 突き倒すと, 臥て, 苦悶し, 身を, 陥ちこんだ時, 頭を, 魂は

▼ 伏せながら~ (70, 3.8%)

7 云った 2 次の, 言つた

1 [59件] いくらか上ずった, いった, いつまでも, おとなしく酒, お前の, くっくっ笑って, ごめんなさいね, しかも確乎, しずかに, しどろもどろに, しのは, すり寄った, そうつぶやいた, そしてそこ, そっとこう云った, それには, ちらりと瞬き, なお思い, ほのぐらい灯, まじめに, まるで苦し, クリストフの, コロを, ジット後先を, 一人も, 云い出しました, 仰向きに, 仲間の, 低く云, 保子に, 先に, 内庭の, 再び呶, 出て, 半分口の, 口へ, 嘆くよう, 太息, 小声で, 座敷の, 彼は, 忍び兼ねた, 念じるよう, 念入りに, 感じた, 死んで, 浮かべるあざやか, 突っこんで, 答えた, 耳と, 聞いた, 聞いて, 背中に, 自分の, 薄眼, 謁見室へ, 雪の, 飲むとぐあいが悪い, 默つてこの

▼ 伏せ~ (32, 1.7%)

4 行を 3 行だ 2 かまへの, 禁呪で, 行が

1 [19件] ありさ, 一件それから, 修験者が, 修驗者が, 刑に, 呪禁である, 姿で, 姿勢の, 孤屋に, 形を, 構えを, 神だ, 神であった, 神です, 神ゆえ出来る, 稲荷が, 行だって, 行とか, 行などと

▼ 伏せたり~ (12, 0.7%)

2 して, 人間が 1 あけたり, しました, する, どうしても脱ら, 上げたり, 両手を, 立てたり, 顔を

▼ 伏せ~ (12, 0.7%)

2 した, して 1 させましょうか, したまま化石, したよう, した恰好, するどころか, 撒いて, 見おろして, 設けけるに

▼ 伏せては~ (11, 0.6%)

1 [11件] あろうが, いるが, いるけれど, おかれまい, また開い, また開く, ゐたが, ゐなかつた, サイコロを, ダメだ, 大声に

▼ 伏せ~ (10, 0.5%)

3 を張っ 1 するならしじゅう, するの, なん, はあと, もその, を張った, を張る

▼ 伏せ~ (8, 0.4%)

1 が一束, が側, て頭, と云, と傳吉並, と有, まま五体を, めんとの

▼ 伏せ~ (8, 0.4%)

2 気持ちで 1 やうな, 実感である, 様子で, 気が, 気持を, 眼の

▼ 伏せ~ (7, 0.4%)

1 あやにくや, その時, 入れ違つて前, 入れ違つて後, 前つ, 後つ, 死の

▼ 伏せその~ (6, 0.3%)

1 ことは, 上に, 眉の, 裾の, 首を, 馬を

▼ 伏せ~ (6, 0.3%)

1 いたいうの, なったまま, なった死骸, なり動かなくなるかと, のりたまひき, 申して

▼ 伏せまた~ (6, 0.3%)

2 河の 1 一枚ちら, 二人で, 何処かでは, 茶碗に

▼ 伏せ両手~ (6, 0.3%)

2 を胸 1 でズボン, で相手, を縛めあげた, を膝

▼ 伏せ~ (6, 0.3%)

1 となっ, になっ, の青眼, をし, を縮める, を翻し

▼ 伏せたまみ~ (5, 0.3%)

5 が郎女

▼ 伏せにな~ (5, 0.3%)

2 つてゐた 1 つてし, つてその, つて帰つたといふ

▼ 伏せ~ (5, 0.3%)

1 がある, がいるらしい, が何気なく, と争う, の兵たち

▼ 伏せ~ (5, 0.3%)

1 がしっかり, になっ, の役, をついた, を引っこめました

▼ 伏せ~ (5, 0.3%)

1 のなか, のひよこ, の雛, を持っ, を用意

▼ 伏せ~ (4, 0.2%)

3 を低め 1 を低く

▼ 伏せ~ (4, 0.2%)

1 の十間, の輸送隊, をひき寄せ, 戦いて

▼ 伏せ~ (4, 0.2%)

2 の瀬毎 1 の瀬, の瀬ごと

▼ 伏せさせ~ (3, 0.2%)

1 いつなり, さていつ, て

▼ 伏せたる~ (3, 0.2%)

1 やうなる, ようなる, 一位笠

▼ 伏せ~ (3, 0.2%)

1 あへず抱き, ならぬ焔, 大道博奕じみる

▼ 伏せよう~ (3, 0.2%)

1 とし, とした, としてゐる

▼ 伏せ~ (3, 0.2%)

1 にこちら, になった, を塞げい

▼ 伏せ~ (3, 0.2%)

1 をたれ, を垂れ, を垂れた

▼ 伏せがち~ (2, 0.1%)

1 に電灯, のおん眼

▼ 伏せそう~ (2, 0.1%)

1 である, に笑った

▼ 伏せそっと~ (2, 0.1%)

1 下唇, 指で

▼ 伏せそのまま~ (2, 0.1%)

1 五分でも, 動かなかった

▼ 伏せつつ~ (2, 0.1%)

1 君をこそ, 怖

▼ 伏せつて~ (2, 0.1%)

1 をります, をりますれ

▼ 伏せてから~ (2, 0.1%)

1 先方の, 棒か

▼ 伏せても~ (2, 0.1%)

1 かまわぬ, 埒あく処を

▼ 伏せ~ (2, 0.1%)

1 したが, 俗に

▼ 伏せやがて~ (2, 0.1%)

1 ダラリと, 散々に

▼ 伏せ二人~ (2, 0.1%)

1 に傷, は店

▼ 伏せ加減~ (2, 0.1%)

1 にし, にしかし

▼ 伏せ~ (2, 0.1%)

1 の中, を突ら

▼ 伏せ~ (2, 0.1%)

1 をかみしめ, を噛みしめ

▼ 伏せ~ (2, 0.1%)

1 から上, へ伏せ

▼ 伏せ孵し~ (2, 0.1%)

1 て生じ, て生ずる

▼ 伏せ居る~ (2, 0.1%)

1 巣の, 最中に

▼ 伏せ~ (2, 0.1%)

1 のうち, の見すぼらしい

▼ 伏せ~ (2, 0.1%)

1 をこらし, を詰め

▼ 伏せ更に~ (2, 0.1%)

1 寄り縋って, 見なおした

▼ 伏せ次いで~ (2, 0.1%)

2 天井が

▼ 伏せ気味~ (2, 0.1%)

1 にし, の悪い

▼ 伏せ~ (2, 0.1%)

1 をつぶる, を半分

▼ 伏せ眼鏡~ (2, 0.1%)

1 を外し, を額

▼ 伏せ銀色~ (2, 0.1%)

2 の短く

▼ 伏せ~ (2, 0.1%)

1 を赤め, を赭め

▼ 伏せ~ (2, 0.1%)

1 というの, は枚

▼1* [185件]

伏せいかにもわざとらしい慇懃さ, 伏せいくらか憂いの, 伏せいつか出し抜けにさあ, 伏せ念仏一ついまは, 伏せおのれもまた, 伏せかけると, 伏せから起上る, 伏せきまり悪る, 伏せくるりとうしろを, 伏せこたつにもぐった, 伏せこれに恐怖, 伏せさせた巫女の, 伏せしかば今は, 伏せしくくどくどした, 伏せしみじみと涙ぐんだ, 伏せしやと云, 伏せすぐ次の, 伏せずしては置かず, 伏せそして顔を, 伏せそつと下, 伏せそれへ繋いだ, 伏せたれどその片, 伏せちゃんと顔を, 伏せちょこなんと西洋服の, 伏せてかへせば, 伏せてからは池上が, 伏せてさえおけば, 伏せであったり遠慮, 伏せでありそこでただ彼女, 伏せでもあり言葉, 伏せ水師の, 伏せなおかかる者, 伏せながらも間違なく, 伏せなにかを耐え忍ぶ, 伏せなりに瓦が, 伏せなる業なりけり, 伏せなんかとなったらもう, 伏せにて同志とすら, 伏せひとりをここ, 伏せぶるぶると戦く, 伏せまだせましとして, 伏せもしくは瓦を, 伏せやすくなるの, 伏せやはり顔を, 伏せややながいこと, 伏せよろいの袖, 伏せわが陣に, 伏せわずかに煙, 伏せオドオドと玉繭, 伏せコップの酒, 伏せドアを閉め, 伏せハンカチを眼, 伏せホテルには入らず, 伏せモトムのからだ, 伏せ一人を薙ぎつけた, 伏せ一同は力, 伏せ三人以上の人数, 伏せ上目使いに相手, 伏せ下り松には名目人, 伏せ肌脱ぎて, 伏せ了んぬ, 伏せ二万デュカットの金銀, 伏せ五人は先廻り, 伏せよく, 伏せ様に, 伏せ低く呟くよう, 伏せ神経を, 伏せ勝ちにし, 伏せ十三騎に手, 伏せ卓上に肱, 伏せ厳格な様子, 伏せ何気ない風, 伏せ叩きのめし, 伏せ叩き伏せお念仏一ついま, 伏せ叩き伏せたらきさまは, 伏せ各所に溜井戸, 伏せつて, 伏せ嗚咽して, 伏せ地雷は鉱山発掘, 伏せ堅陣厚く, 伏せのよう, 伏せに弱卒三百, 伏せを仰い, 伏せ太鼓の上, 伏せ女竹のひと, 伏せ子供のやう, 伏せ孔明だけを生捕り, 伏せ富塚と遠藤, 伏せ小首をかしげる, 伏せの小道, 伏せ岩さんの平ら, 伏せ左側の男, 伏せ巻莨をすい始めた, 伏せ平三郎の足許, 伏せ年寄をいたわり, 伏せ知れぬ考え, 伏せ康平さんは芝田さん, 伏せ庸三の少し, 伏せの足, 伏せは逍遙, 伏せには十八九歳, 伏せは漆弓, 伏せ刀を, 伏せ御佩刀をその, 伏せ復讐なされ, 伏せを寛, 伏せ念力を凝らし, 伏せにガツクリ, 伏せ感情を抑える, 伏せ房吉を狙い討ち, 伏せ打ち伏せ舞台まで血汐, 伏せ打擲なせば, 伏せ折りたくもあっ, 伏せ挫ぐばかりに狩立てる, 伏せ捕り気ままに, 伏せ伏せ仰, 伏せ損じてはまた, 伏せりつけたか, 伏せ斥候の第, 伏せにし, 伏せが非, 伏せ時計を見た, 伏せに刀, 伏せ最後の最後, 伏せ有り難たがらせて, 伏せ本陣はなおも, 伏せ柴薪を積ん, 伏せの中, 伏せとした, 伏せの群, 伏せ次々に対岸, 伏せ此度は両手, 伏せ毛沓を穿いた, 伏せを飲み, 伏せ渡しにする, 伏せ火合図なども用いた, 伏せ無心に睡っ, 伏せ煙管へす, 伏せ煙草の吸口, 伏せ玄徳も両手, 伏せ皿小鉢は仕舞い, 伏せ真白な両手, 伏せ眠り猫のよう, 伏せ矢風が熄ん, 伏せのよう, 伏せ石突を返し, 伏せ硫黄を凝固, 伏せ磨きのかかった, 伏せ神々しい法悦が, 伏せのそば, 伏せ竪ざま横ざま十文字に馳通り, 伏せをあおのけ, 伏せ給仕の成瀬久馬, 伏せ繰り出す早繩が, 伏せをすぼめ, 伏せを顫, 伏せに両手, 伏せ自分のいのち, 伏せ自身河をわたっ, 伏せを食み出し, 伏せ舞台まで血汐, 伏せ花びらごと酒をぐいと, 伏せ芳しい草を, 伏せを乾す, 伏せの夜襲, 伏せ袁術の背, 伏せ観念したよう, 伏せ踏みこえ奮迅また, 伏せ軽く唇を, 伏せ追い散らしてしまった, 伏せを運ん, 伏せを被せ置き, 伏せを衣, 伏せ門弟十六名と峠, 伏せ関羽と一手, 伏せ陰気に聞き流し, 伏せ隊長の前, 伏せ震える手を, 伏せをあげ, 伏せ馬蹄をしのばせ, 伏せ高手小手に縛り上げ, 伏せ髪毛をつかん, 伏せを掴ん, 伏せじもの, 伏せをひそめ