青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伊織~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

仲間~ ~件 件~ 任~ ~任せ 任せ~ 任務~ 伊~ 伊勢~ 伊東~
伊織~
伊藤~ 伊豆~ 伊賀~ 伊達~ 伊那~ ~伏せ 伏せ~ 休~ ~休み 休み~

「伊織~」 1004, 10ppm, 11013位

▼ 伊織~ (425, 42.3%)

8 武蔵の 4 あわてて, 刀を, 眼を 3 それを, 振向いて

2 [26件] さっきから, そこへ, それも, ふいに, グルリと, 丁度妊娠, 七十二歳る, 京都で, 何度も, 傍に, 勿論一座, 好い女房, 忘れて, 急に, 打って, 持って, 暗然として, 樹の, 江戸へ, 泣きやんで, 番町に, 目に, 絶叫し, 自分の, 金の, 駒を

1 [347件] あきらめて, あたりを, あんなに声, あッと, あッという, いいとも, いい歌, いかんとも, いきなり, いった, いつも武蔵, いひます, いぶかしそう, うしろを, うなずいた, うなずいたが, おどろいた, おどろいて, おぼろげながら, ここで, ごそごそ脇腹, さけんだ, さてこそ, したり顔に, すぐいっ, すぐ前, すぐ呼ばれ, すぐ思った, すぐ梅, すぐ草履, すこし不服顔, すこし落着, そういう種類, そうし, そう思いこん, そう思い直し, そう考え, そこに, そこまでは, そのまま黙っ, そのわずか, その人々, その人混み, その人間たち, その代り, その体, その刀, その姿, その後から, その晩, その気配, その無礼, その辺, それとは, それに, それらの, それ以来どうも, そんな物, ため息を, だんだん声, ちやんと, ちょうど八方, ちょっと驚いた, ついとそこ, つぶやきながら, つン, ときどきそんな, とたんに頭, どこまでも, なおいつ, なお諦めきれぬ, なお黙った, なかなかそこ, はからずも二人, はね起きて, はやく横道, ひとりの, ひどく嬉しく思っ, ひどく嬉しく思つて, びっくりし, ふと思いついた, へなへなと, へんな, ほんとにせず, ぽかんと独り, まず穴, また, またそこ, また刀, また急ぎ, まだ不思議, まだ依然として前, まだ子供, まだ帰っ, まだ帰らない, むしろ欣, めずらしげ, もうそこ, もう一度自分, もう先, もう彼, もう手, もう物置, もう起てなかった, もう黙っ, もっともっと厳粛, もっと何, もんどり打っ, やがてお供, やっとニコ, やっと武蔵, やにわに跳ね起き, やにわに跳ね飛ん, やはり気, ゆうべの, ようやくわれとわが身, ようやく霧, よけい安心, わざわざ廊下, わるく受け取っ, キョロキョロ眼を, ジッと, ベソを, 一人の, 一日の, 万一の, 三人へ, 上から, 不審を, 不思議な, 丑之助の, 両手を, 両眼, 事もなげに, 二ツの, 二十一歳で, 二十代の, 二本の, 人に, 人の, 今朝そこへ, 伊織で, 何でその, 何と, 何の, 何より未練そう, 何を, 何気なく店さき, 何遍も, 侍組の, 先に, 勇気の, 動かなかったが, 単純な, 厩へ, 取り合, 取り合おうとも, 口の, 口を, 同藩, 唾を, 問いに, 喚けど, 固唾を, 土橋の, 坐りこんで, 声を, 外へ, 大きな斧, 大声で, 太陽の, 奉公人らしくなく, 嬰児が, 嬰児の, 子ども心にも, 宙から, 家人に, 寝坊しなかった, 小石を, 少し呆れ, 少年の, 山の下を, 左の, 師の, 帰るにも, 広い土間, 店から, 庫裡へ, 彼が, 彼の, 往来へ, 待って, 後から, 後悔した, 御家老, 徳願寺へ, 心から思った, 心を, 怖くなっ, 思うと, 思ったが, 思わず, 思わず草, 息づまるよう, 悪たれを, 悪びれたる色, 悪戯に, 惡びれたる, 愕然と, 憂鬱だった, 憎んで, 憶えて, 懸命に, 戦闘的に, 手濡さず, 手紙を, 拍手を, 拒んで, 指を, 捜しあぐねた果て, 掌に, 救われたよう, 明けて, 時々むッ, 時には, 最後に, 村の, 案外若々しい, 梢の, 権之, 樹にも, 正直に, 武芸が, 武蔵からの, 武蔵に, 武蔵をさえ, 武藝が, 死んで, 母の, 母娘の, 水に, 河原の, 泣かない, 泣きじゃくりながら, 泣きやまなかった, 泣き腫らした眼, 注意された, 火を, 無事に, 無性に逃げ出し, 熱い眼, 爪を, 片手で, 牛を, 狂せる, 狡智に, 独りぼっちに, 独り言に, 甘えて, 田へ, 畏る, 疑った, 疾くから, 疾風みたいに, 病人の, 病床中で, 痛そう, 盆に, 相手を, 眉に, 真向きに, 真面目に, 確かかな, 神楽よりしか, 稽古の, 空を, 突然シュク, 突然悲しく, 立って, 竦んで, 笠を, 答え, 答えずに, 箒を, 米倉の, 納所坊が, 絶叫した, 絶叫を, 編笠の, 縄を, 群衆の, 翌る, 老人の, 耳が, 耳を, 肩先まで, 胆を, 背後を, 腹這いに, 膝を, 自分が, 舌を, 草むらの, 草庵へ, 萬一の, 藪の, 藪を, 蝉を, 表二階へ, 袖口に, 裏へ, 複雑な, 襟を, 見惚れて, 解せないよう, 訊いて, 誇った, 負けん気に, 身を, 軽いそねみ, 辺りの, 近づいて, 返事も, 返辞も, 追う, 連れの, 遂に何, 遂に見つけた, 遠くに, 遽かに, 野葡萄の, 錆刀の, 長岡佐渡に, 隣に, 雀躍りし, 青蛙の, 面倒と, 顏を, 顔を, 首を, 馬が, 馬の, 馬上の, 駈けて, 駒の, 骨の, 黙ってか

▼ 伊織~ (195, 19.4%)

7 顔を 4 範之丞は, 頭の 3 体は, 体を, 前へ, 影は

2 [21件] すがた, アパートに, 叔母婿で, 声は, 妻る, 姿は, 小さい姿, 弟宮重は, 手に, 手を, 投げた石つぶ, 横に, 眼にも, 祖母貞松院は, 範之丞と, 範之丞の, 罪が, 背を, 身に, 身を, 面色は

1 [126件] あいだに, いいわけなど, いきで, いったとおり, うしろから, おばさんが, かくれて, ことなどは, ことに, ことばに, ことばを, ことを, さけびであること, じゃらじゃら声, そばへ, そばを, はずの, ひとみへ, ふたりが, ほうが, ほうに, やすんで, ように, 三人べつにそう, 上へ, 世話に, 両手を, 両脚を, 予言は, 人柄を, 仕方も, 体が, 体へ, 側へ, 勉学力を, 口から, 口へ, 向いに, 向ひ, 呆ッ気に, 声で, 声には, 声を, 好きな, 姉なる, 姿が, 姿を, 家筋に, 寝顔を, 小さい体, 小さい魂, 小さな身なり, 師宮本武蔵という, 帰りは, 幼い常識, 幼い精神, 建てた碑, 弥生, 弥生うしろの, 弥生が, 弥生きょうも, 弥生しきりに, 弥生と, 弥生同伴の, 影へ, 性格の, 息女お, 悧発な, 戦慄は, 手で, 手へ, 手や, 指さす方, 攻勢を, 敏捷は, 木剣は, 気持は, 泣きじゃくりは, 泣き声に, 消息に, 無事を, 父の, 眼と, 眼には, 眼の, 眼は, 知るところ, 答えを, 範之丞とは, 範之丞には, 素姓について, 縄を, 耳に, 耳には, 聲は, 肩へ, 肩を, 背なかを, 背丈より, 胸に, 胸には, 脛を, 腕く, 腰から, 襟が, 襟く, 話を, 読書の, 足の, 身は, 連れと, 適切な, 郷里の, 門外いつぞや, 頬は, 頭に, 頭には, 顔いろは唇まで, 顔が, 顔だった, 顔つきに, 顔とを, 顔にも, 顔ばかり, 首を, 首根ッこを

▼ 伊織~ (87, 8.7%)

2 それを, 一飛に, 七五郎の, 妻を, 幸橋外の, 金を

1 [75件] あらたに, いい出したの, いうと, いうには, うんという, かかって, ここの, しきりにいばっ, そこを, そっと手, その指, ちょこなんと住職, とめて, どうしても後, はね飛ばされて, ひょっこり訪ね, ふたたび, ふと彼, めずらしく甘え, もう少し年, もっとも尊ぶ, わきに, ヒヤリとして, 上京し, 主家を, 仕えその, 仕えて, 再三掛け, 再三掛け合いました, 動かなくなったので, 呶鳴る, 外から, 娘の, 家老として, 家老を, 小倉藩の, 居あはせて, 居合わせて, 山から, 建てたという, 弥生である, 彼女の, 後ろ姿を, 戻って, 拝領し, 持って, 持つて, 振向いて, 教えた, 日に日に成長, 最初に, 梯子段を, 樹の, 気味わるがって, 渓流の, 男である, 神楽殿の, 箸にも, 続いて, 續い, 自身で, 草の, 覗きこんで, 負けたこと, 跳ね起きたの, 迎え取って, 逃げ上がって, 過って, 預かりますが, 預りますが, 顔を, 養父武蔵の, 首を, 駈け寄って, 黙って

▼ 伊織~ (46, 4.6%)

5 連れて 2 具し, 手当てし

1 [37件] これへ, しりに, そこに, つれて, ふり顧, よく世話, 下ろして, 使いに, 労りの, 取り巻いて, 名乗りその, 呼んで, 土間の, 客間へ, 尋ねること, 左右から, 庇いながら, 弥生と, 当分ここに, 捉え店, 捨て権, 探して, 探しに, 杉林の, 棒で, 留守において, 相手に, 睨む目, 知ったか, 知って, 称して, 見あげた, 見ると, 負ぶった, 追い駈け廻して, 追って城太郎, 麻の

▼ 伊織~ (33, 3.3%)

1 [33件] いつか眠っ, この小屋, すぐ後, すこしいい過ぎた, ぽかんと大日, またそう, また有馬直純, また負けない, まだやはり他愛, もう元気, ゆうべの, よく知っ, よそで, 丹三も, 二人の, 城太郎も, 声いっぱい, 外まで, 巌流佐々木小次郎も, 御成の, 忘れて, 手前も, 打重なっ, 渡って, 眠った, 眼で, 笑い顔を, 蔓を, 衷心から, 見つめる, 負けて, 迅い, 醉つて默つて妙子と

▼ 伊織~ (28, 2.8%)

2 下島とが, 権之

1 [24件] いい代々伊織, いえば, おなじ日, 丑之助が, 丹三早々, 云う士, 云って, 云つて宮重久右衞門の, 云ふ, 五人組との, 会えなかったろう, 偶然会った, 同じ憂い, 名乗って, 名乗り青山長者ヶ丸なる子恋, 名乗る家柄, 宣った, 帝釈丹三だ, 改め五人, 旅を, 樹の, 申し十四歳, 言い合って, 言ひ

▼ 伊織~ (26, 2.6%)

2 世話を, 妻を

1 [22件] かわって, こう甘えられる, ちがいない, 与える返辞, 刃向, 刃向う, 分って, 取って, 少し背, 感心し, 手紙を, 持たせ, 斬られて, 相違ない, 考えて, 菓子など, 訊ねた, 逢った, 逢つた, 逢はせ, 離別せられ, 黙って

▼ 伊織~ (16, 1.6%)

1 [16件] いうとも, いって, かぶせる熱湯, そういっ, そういった, ツケツケ忠告に, 一言捨て, 与えた最期, 云った, 声を, 当りが, 教え, 武蔵は, 訓える, 返せと, 酒の

▼ 伊織には~ (13, 1.3%)

1 [13件] いくら説明, そうなれない, その子供ッ, めずらしくない, 不審であった, 信じられない, 分らなかった, 厳然と, 商家の, 意識的に, 智が, 泣けなかった, 滅多にそんな

▼ 伊織という~ (9, 0.9%)

1 んだ, 一弟子を, 人も, 侍だ, 名です, 名前だけは, 旗本の, 童は, 若者なんの

▼ 伊織~ (8, 0.8%)

1 か殿樣, とは御同, と仰, には御, のお, の一人娘, は病死, へお返し

▼ 伊織殿~ (8, 0.8%)

1 がポン, が中風, とご, とは同, の娘, はおらぬ, はおられぬ, も今

▼ 伊織さん~ (5, 0.5%)

1 あの二人, いませんか, か, 呼んでるぜ, 殺らしちゃ

▼ 伊織~ (5, 0.5%)

2 はあるまい 1 さも驚いた, はない, また

▼ 伊織とは~ (5, 0.5%)

1 おいらの, そうして自分ら, 二人きりで, 知らない仲, 顔見合せ

▼ 伊織~ (5, 0.5%)

1 いえいえあなた, か殿様, などという勤王, へお返し, 御屋敷

▼ 伊織~ (4, 0.4%)

1 の母, はもうこ, は従弟同士, 夫婦の

▼ 伊織から~ (3, 0.3%)

1 お預かり, 委嘱され, 武蔵へ

▼ 伊織では~ (3, 0.3%)

1 そちは, ないか, ないかな

▼ 伊織どの~ (3, 0.3%)

1 がお, が届けられた, も一緒

▼ 伊織おまえ~ (2, 0.2%)

1 は一人, は書

▼ 伊織その~ (2, 0.2%)

2 妹早瀬平次と

▼ 伊織ちょっと~ (2, 0.2%)

1 これへ, 御寝所

▼ 伊織といふ~ (2, 0.2%)

1 侍だ, 旗本の

▼ 伊織とが~ (2, 0.2%)

1 孜々として, 屋敷へ

▼ 伊織と共に~ (2, 0.2%)

1 山門の, 舞台へ

▼ 伊織にも~ (2, 0.2%)

1 丑之助にも, 感じられる

▼ 伊織~ (2, 0.2%)

1 佐渡, 帝釈丹三を

▼ 伊織七五郎~ (2, 0.2%)

2 の兄弟

▼ 伊織屋敷~ (2, 0.2%)

1 へ行っ, へ行つて

▼1* [57件]

伊織あの斧を, 伊織いま子恋の森, 伊織おもしろいだろうが, 伊織からも聞いて, 伊織ここに住もう, 伊織こそ引き受けまする, 伊織こと男装の弥生, 伊織この箸を, 伊織さあおまえも, 伊織さま涙がなみ, 伊織さん先生がいう, 伊織さん確かにお, 伊織せいせいしたな, 伊織なたに, 伊織そちは明後日, 伊織たちのいる, 伊織といったのだ, 伊織とか山本新三郎とかも, 伊織とかいうたの, 伊織とてそう急ぎ, 伊織どのよう気がついたな, 伊織なる若侍, 伊織なんて丁稚の, 伊織においてはその晩, 伊織にさえその, 伊織についても詫びやら, 伊織にまでいわれた, 伊織にやりと笑って, 伊織に対してはどこまでも, 伊織はかぶりを振っ, 伊織はつよく首, 伊織はやく来い, 伊織ふた組になっ, 伊織への書状, 伊織まだ見て, 伊織であったがな, 伊織もう心配す, 伊織より預かりおる品, 伊織らしい影を, 伊織を通じて武蔵と, 伊織一言の下, 伊織中ごろ養真後養竹, 伊織に寝, 伊織十四歳になる, 伊織博士や眞境名安興君, 伊織富士が見える, 伊織山本新三郎この二人, 伊織彦坂小四郎の手, 伊織心得ましてご, 伊織様大変一揆の群, 伊織樣御屋敷に勤め, 伊織を切った, 伊織をふさげ, 伊織を持っ, 伊織蕎麦を喰おう, 伊織青木三左衛門の三人, 伊織面白ずくにだんだん