青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「作家~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~作っ 作っ~ ~作った 作った~ 作り~ ~作る 作る~ ~作品 作品~ ~作家
作家~
作業~ ~作用 作用~ ~作者 作者~ 併~ ~使 使~ ~使い 使い~

「作家~」 11271, 117ppm, 905位

▼ 作家~ (2662, 23.6%)

39 作品を 18 間に 17 一人である, 作品の, 手に 15 中で 12 ものを, 作品に, 名を 11 作品が 10 ものが 9 ものは, 多くは, 或る 8 ように, 一人だ, 大部分, 生活の 7 うちで, 中に, 中には, 作品は, 多くが, 方が, 日記, 書いたもの 6 うちに, もので, やうに, 態度が, 社会性の, 立場から

5 [21件] ことを, 一人で, 一人として, 中では, 主観を, 人間を, 作品と, 出現を, 名が, 名前を, 存在を, 小説を, 悪口を, 態度は, 文学の, 活動が, 生活を, 生涯の, 眼を, 筆に, 頭の

4 [22件] うちには, ために, もって, 一つの, 中にも, 側から, 出発が, 前に, 家, 意慾は, 成長の, 才能の, 才能を, 日常の, 本当の, 活動は, 理想は, 生きかた, 生活という, 生活に, 精神の, 精神は

3 [41件] ありよう, うちから, うちでは, すべてが, ための, ところへ, もとに, 一人であった, 一人に, 一群が, 一群を, 上に, 世界像という, 主観の, 人生に, 仕事を, 任務は, 作品には, 作物を, 価値を, 内部に, 創作の, 努力は, 名は, 名前が, 多くの, 大多数, 姿は, 存在が, 小説に, 心理の, 態度の, 持って, 擡頭という, 文学に, 死は, 活動を, 特殊な, 生活は, 真似を, 誠実な

2 [189件] あるもの, うちでも, うちの, おかれて, おめ, かかる精神, ことは, そのよう, だらしな, とるべき道, なかで, なかに, ひとりよがり, ほとんど全部, ものか, ものと, ものとは, ものに, ものも, やうです, やうな, よい者, ようであります, ような, オメカケさんだ, 一人, 一人が, 一人です, 一人と, 一人間としての, 一種の, 一部に, 世界, 主観が, 二三の, 人物評に, 人間的, 人間的な, 今日の, 仕事に, 仕事の, 仕事は, 他の, 代表的作物を, 仲間にも, 会の, 作が, 作は, 作を, 作品で, 作品である, 作品でも, 作品について, 作品にとっては, 作品にも, 作品に対して, 作品への, 個性を, 偉大な, 側からの, 側でも, 側にも, 共通な, 典型である, 内には, 内的な, 内部にも, 内部の, 凝視, 出世物語な, 出現が, 出現によ, 出現は, 列に, 創造した, 力作を, 労作は, 勉強の, 動きとして, 動きは, 口から, 句は, 名と, 名に, 名前で, 哲學を, 団体に, 団体は, 地べたに, 場合に, 場合には, 場合よりも, 大部は, 女たちが, 如きは, 小説から, 小説には, 属して, 強調する, 影響の, 影響を, 後頭部である, 心に, 心を, 思想は, 思想や, 意慾である, 意慾に, 感想, 感覚の, 戯曲をも, 手から, 手で, 描くもの, 擡頭, 擡頭を, 数は, 文学が, 文章が, 新しい努力, 方で, 既成の, 日常生活が, 暗澹たる, 書いた, 書いたあの, 書くもの, 本質と, 某氏が, 根柢から, 業績は, 武田麟太郎氏が, 歴史は, 気分に, 活動の, 流派を, 独特な, 独自性という, 狼狽を, 現実, 現実に, 現実への, 生きて, 生活には, 生活も, 生活態度の, 生涯に, 発展の, 目で, 真の, 真似の, 真摯な, 眼が, 社会的な, 私生活に, 稟質といふ, 空想は, 空想を, 第一人者として, 筆は, 精神と, 精神を, 経験である, 老熟した, 胸の, 脚本を, 自我の, 良心は, 芸術とは, 苦心が, 角度から, 角度の, 言葉は, 評論を, 誰よりも, 資格において, 趣味から, 逸話を, 道では, 間で, 関心を, 陣営を, 面目を, 頭に, 頭は, 顔は, 鬼の, 魂が, 鼬の

1 [1637件 抜粋] あまり有名, ある人々, ある種, いかにも勤労者, いなおった民主化攪乱作業, うかつさという, うらぶれた心, おそかれ早かれ必ず, お手本である, かいた女主人公たち, きわだった特質, けっしてわるく, ことかいて, ことである, ことについて, こと永い, さういふ役割, すぐれた作品, すべてを, そのかなり, その精神的動き, たどたどしい脚本, だれ一人, つながり工合が, とらえどころという, なかでの, なかには, なしうるところ, ねらひど, はやさしい, ひとりに, ほうが, ほぼ定評, まねを, もちの, もつ社会性, ものなどは, ものの, もの例へば, やること, ようであった, より優れた, より高い, イメエヂとして, オルグ的活動の, キャパシティーの, グループが, サブジェクチウィチー即ち, ジェネレーションとして, ストウ夫人と, ダイアローグに対する, テムペラメントという, デビューに, フランス劇壇に, ペンに, モウリス・ロスタンに, ユーモア小説が, 一は, 一人だつた, 一人な, 一人も, 一人一人に, 一例として, 一杯の, 一群中に, 一部分しか, 上にも, 上泉秀信氏は, 不勉強, 不満を, 世の中の, 世界に, 中からは, 中ばかり, 主張する如く, 主観に対する, 事は, 事情は, 二重性分裂を, 人たちは, 人となりを, 人の, 人気の, 人物月旦やめよ, 人生と, 人生発育の, 人選の, 人間に対する, 人間的社会的な, 今日, 仕事への, 代表である, 代表作まで, 仲間入りを, 任務である, 会あたりには, 会合で, 位地全然, 住する, 住宅問題を, 何よりの, 作つた言葉の, 作と, 作例が, 作品から, 作品では, 作品とを, 作品における, 作品や, 作品中に, 作品全体について, 作品集を, 作家精神の, 作物が, 作風によっては, 価値が, 保守的な, 修業課程として, 個性が, 個性的な, 偉さ, 健康に, 側からより, 側にだけ, 傑作でも, 優れた才能, 先生との, 全スケール, 全生活, 全貌を, 内では, 内的世界から, 内的構成が, 内的節奏と, 内面に, 写実では, 凡庸な, 出る筈, 出身階級や, 列名の, 利権の, 制作事情を, 前には, 前進性や, 創作力が, 創作活動の, 創作的欲求を, 劇しか, 力な, 力量とか, 力量を, 努力が, 努力を, 労働調査の, 動きと, 動脈硬化という, 勝手な, 十五六年前に, 協力に, 印刷工の, 原稿まだ, 原稿料も, 友情について, 収入である, 古い作品, 可能性では, 各人の, 同類と, 名であった, 名や, 名前では, 名前まで, 告白と, 命とりの, 商売品にたいする, 問題と, 善意と, 喜びようと, 団体から, 団体とは, 国籍の, 地方的性格で, 域には, 場合その, 場合斯の, 声調という, 変ること, 夕べに, 多数を, 夢想であり, 大衆からの, 大部その, 夫人で, 奔走だけ, 奮励を, 女同士, 如く専業, 如く考へられて, 妙腕は, 姦通小説であっ, 嫉妬は, 存在にも, 孜々たる, 定評が, 実力の, 実感の, 実生活の, 実践によってのみ, 家族の, 対人間意識の, 小ッさい空想, 小田君, 小説と, 小説の, 少壮放蕩時代だ, 尤なる, 山岳小説の, 希望が, 平林たい子さんが, 年来の, 幸福は, 座談会が, 弱点と, 強みが, 影では, 役割, 從來の, 心という, 心の, 心境を, 心得るべき点, 心持は, 心構えを, 心理洞察の, 心臓の, 忘れられようとして, 思いよらざる, 思想性をも, 性根という, 性格勤き, 恣意によって, 悪口は, 情感に, 惡習慣の, 想像と, 意と, 意味を, 意思を, 意気組が, 意識には, 愛です, 感情の, 感情多く, 態度, 態度でない, 態度に, 慾は, 成長との, 戦線ルポルタージュは, 所へは, 手にな, 手法, 手腕であり, 才能だけ, 才能をも, 批評という, 批評を, 技倆如何に, 技法上の, 折衷派に, 持つそれ, 持味であれ, 指導力が, 接触と, 描いた人生, 描くよう, 擁護を, 敏感性や, 教師に, 教養に, 数々が, 文体に, 文学と, 文学及び, 文学的な, 文学的性格の, 文学的経歴とに, 文章と, 文芸対談が, 新しい作品, 新しい質, 新庄佐太郎は, 方にも, 日々の, 日記に, 星田と, 映像では, 時代意識について, 暗示力と, 書いた戯曲, 書いた本, 書きぶり, 書く雑文, 書斎の, 書簡集を, 最も根強い, 有名な, 未だ語らない, 末路だ, 本年度, 本業という, 本質を, 本質的才能の, 果した役割, 根柢的な, 森於菟彦が, 業績に対して, 楽しい夢想, 構成の, 標準に, 欲望と, 正直さは, 歩みぶりを, 歴史に, 歴史小説として, 歴史的使命は, 死が, 殆ど全, 母すなわち, 気持から, 気質が, 氣質といふ, 汲みとるべき教訓, 没落を, 活動する, 活動ぶりを, 流行性との, 消長は, 濫造座談会の, 為に, 無趣味な, 片隅に, 物を, 特徴を, 特異な, 特質に, 特質は, 特長の, 独特さは, 現在營んで, 現実に対する, 理念傾向を, 理想に, 理解の, 生きた時代, 生ひ, 生命が, 生態を, 生活との, 生活上, 生活感情の, 生活援助の, 生活権を, 生活的思想的孤独について, 生涯から, 生涯についてさえ, 生涯を, 産みの, 用ひる, 画き出せる粋, 病的な, 発展に, 発展的前進, 発見に, 發見を, 目と心とを, 目は, 目生き方の, 相互の, 真剣な, 真実の, 眼, 眼には, 眼は, 矛盾の, 矢車凡太と, 短篇集を, 研究から, 研究について, 社会性が, 社会的で, 社会的基盤を, 社会的立場の, 祖母は, 秀作と, 私で, 私小説的作家性を, 秘密の, 稟質を, 空想によって, 立場として, 端くれであっ, 笠井健一郎氏に, 第一要件, 筆端から, 答えは, 精進の, 紀行に, 素質とを, 素質如何に, 紹介又は, 経済事情が, 経済的困難は, 経済的必要に, 絵の, 線の, 羅列を, 群で, 義務である, 考へて, 肉体と, 肖像が, 胸を, 脚本のみを, 臨時無, 自信をね, 自慢に, 自覚を, 興味の, 良心から, 芳本の, 芸術的モティーヴが, 芸術的才能に, 芸術的良心は, 若々しい未来, 苦しみと, 苦心談でも, 著しい特徴, 血を, 行動を, 表現しよう, 製作には, 見かた, 見る世界, 覚悟, 観察と, 觀相を以て, 言としては, 言葉も, 言論に, 評伝を, 評論の, 話も, 誇, 誕生を, 誰が, 誰も, 諸作, 議論でも, 豊富さを, 責任に, 資格じゃ, 資質に, 資質の, 質だ, 赤は, 身の上に, 身辺に, 輝やかしい, 農村への, 述懐である, 通ヘイである, 進出と, 運命といふ, 道って, 違いが, 遺作展を, 醜怪, 重要な, 錚, 長谷川伸先生が, 間から, 間でも, 間にも, 関係は, 闘争は, 階級的任務という, 階級的発展に, 随想, 随筆集が, 雄大な, 面影を, 頭を, 頭目, 顔, 顔を, 養成と, 驚嘆すべく, 魂という, 魂胆は

▼ 作家~ (1214, 10.8%)

17 自分の 15 ある 9 自身の 7 その作品 6 それを, 出て 5 あって, 小説を, 彼の 4 これを, 女の, 日本の, 書いて, 未来の

3 [17件] あると, いて, これらの, そのよう, それに, 一つの, 作品の, 各自の, 己れ, 彼等の, 文学の, 書いたもの, 現はれ, 現代の, 現実の, 筆を, 輩出し

2 [76件] あつて, あなたに, あります, ありますよ, あること, いた, いろいろの, お好き, このよう, この数年間, これまで, さうし, すっかり離縁, そこに, その作品中, その愚か, その時代, それぞれに, それぞれの, それなら, ない, めいめいの, もって, ゐて, ジャーナリズムの, モチーフを, 人間を, 今日の, 何故に, 作品を, 偶, 全てを, 処世的に, 前進した, 多い, 大衆の, 女性の, 好で, 好んで, 存在は, 幾人ゐる, 当時の, 忠実に, 扱ったならば, 持って, 持てる才能, 文章などに, 日本に, 時代を, 最大の, 最近の, 本を, 本当にあります, 歴史の, 歴史を, 活動し, 潔く文士, 独自な, 現れたの, 現れる, 生きて, 生れて, 生活の, 画を, 真剣に, 神や, 突き放したの, 絵によって, 老熟の, 自己の, 自殺した, 葬られて, 辞書から, 集った, 雑誌の, 非常に

1 [916件 抜粋] あたかもプレヤデス, あった, あったそう, あっただろうか, あつた, あつたでせう, あのゴシック, あらゆる人々, あらわれたの, あらわれはじめた, ありこの, ありサイコアナリシス, あるが, あるでしょうか, あるべき筈, ある作品, ある時政治家, あれを, いう面白, いかに奇矯, いたこと, いつしか段々臆面, いない, いまの, いる, いるそれ, いるでしよう, いるの, うすよごれた, おくめん, おのおのの, かなり勝手, こういう情勢, こういう態度, こうも, この, この一二年, この一年, この二三年, この五年, この最も, この溝, この舞踏会, この頃安心, これからは, これによって, これ等の, こんなに密接, こんな紋切型, さうであ, さがって, さし当たり現象上, すくない, せめて一人, そういう題材, そこらに, そだてられなければ, その, そのつよい, その一つ, その人, その俳優, その反面, その国, その実感, その小, その恋愛論, その才能, その文学活動, その文学的生涯, その生涯, その答, その統制, その要望, それぞれ特色ある, それへの, それをや, そんな便利, ただそれだけ, ただ実際, たとへ, ちゃんとした, てんでの, どういう質, どういう風, どうかう, どうしてやっ, どうして旧い, どうよむ, どこ迄, どのよう, どれほどリアル, どんなにひどい, どんなに無頓着, どんな意欲, どんな焦慮, どんな自身, ないこと, なかなか出ない, なくは, なぜ文答師, のしの, はたしてどの, ふたりいる, ぶつきらぼう, へんに, ほとんど大仏氏一人, またそう, また機智, まだほとんど現れない, みな同じ, みな絵画を, もうそろそろ新劇運動, もう一人, もしこの, もし個人道, もし大衆, もし心, もし社会, もっとまめ, もっとも多く, もつて, ものを, やがて旧い, より若い, わざと調子, ゐる, ゐるが, ゐるといふ, アナーキスト仲間の, イプセンビョルンソンを, カムバックした, サークルに, ジャーナリズムに, ソヴェトの, ソヴェト農民の, トリックと, ドシドシ文学サークル員, ブルジョア作家と, プロレタリア文学を, プロレタリア文学運動に, ヘタクソの, マルクス主義的藝術團體に, モダンの, ロクな, 一人や, 一人来た, 一定の, 一年に, 一日に, 一生の, 一生懸命に, 一番正面きっ, 一般国民としての, 一般的に, 三十何枚かの, 上手の, 不逞の, 世に, 世帯じみた, 中途で, 事実を, 二三すべての, 二人いる, 二人の, 二階の, 云って, 京都弁を, 人間としての, 人間らしく正直, 人間及び, 今後, 今日に, 今日大衆の, 今日現実に, 他に, 他の, 会話を, 何か, 何万枚かの, 作って, 作を, 作中人物の, 作家たらず, 作家として, 作家生活の, 俳優を, 個人としてさ, 健全に, 先ず人間, 入つて, 全く, 全く窒息, 全露作家協会, 公然と, 其作中の, 具へて, 円熟し, 再び富者, 出かけて, 出たという, 出ないこと, 出ないだろうかを, 出ましたが, 出るごと, 出るのね, 出るよう, 出掛けて, 出現し, 初めは, 制作に, 前の, 前時代, 創作の, 加わって, 勉強し, 動員された, 勢に, 勤労大衆の, 十分参加する, 十四年間かかっ, 厳しく自己批判, 反ファシスト行動委員会, 口を, 古典や, 可愛い鮎子ちやん, 同じほど, 同じニージュニ・ノヴゴロド, 同時にロカフ, 否定的に, 呈出する, 命を, 唯一人でも, 四十何年か, 国家機構へ, 執拗に, 変ったという, 変ると, 外国の, 多いと, 多い折柄, 多くその, 多くなつた, 多勢文学ウダールニクを, 夢にも考えなかった, 大声を, 大衆作家である, 大部分例, 大阪を, 太夫なら, 女にとって, 女主人公, 女性であった, 如何なる意味, 妄に, 委員の, 娯楽雑誌の, 婦人作家に対する, 子供の, 季節に, 完成し, 客分として, 家庭の, 寄ると, 将来において, 将来の, 将来真に, 小説家と, 少いので, 少しずつ, 少なからず, 少なからぬ, 居ない前, 属す階級, 工場から, 師表と, 常に一つ, 常に必ずしも現実, 常に甚だ退屈, 平凡生活を, 年中作品, 幾人あつ, 幾人か, 幾分苦しん, 強くブルジョア気質, 彼女を, 彼等貴族的道徳的藝術家の, 徒らに, 心の, 心構へとして, 心理的支柱を, 必ずよろこぶ, 志を, 思いも, 思わぬ顛落ぶり, 思想家で, 思想的立場を, 恋愛や, 恐縮に, 悉く劇的因襲, 惟一の, 意識し, 意識的に, 成長した, 我知らずこびる, 或る, 戦争を, 戦争ジャーナリストつまり, 戦場で, 才能に, 批評家を, 抗議し, 招かれたが, 招待された, 持前の, 振は, 捕えたの, 控へて, 描かうと, 描かんと, 描く対象物, 損害を, 擡頭した, 政治経済の, 教えて, 数人いる, 整理を, 文学へ, 文学をて, 文学青年を, 文芸復興という, 断定し, 新時代, 新聞社から, 方々荒らしまわった, 既に幾人, 日本には, 日本人であった, 日本文の, 旧い時代, 明らかな, 時に触れ, 曰くを, 更に多い, 書いたこと, 書いた戯曲, 書くこの, 書くとか, 書くべきもの, 書く書かないという, 曾て, 最も時代感, 未だ企て及ばなかつた, 本当に文学, 来た, 来たのに, 来るべき漢口陥落記録, 東朝の, 栄えるという, 様々な, 横光利一の, 横浜の, 次々に, 次第に忘れられよう, 此の, 歴史に対する, 死んで, 死滅した, 殆ど稀, 殊に雄図, 殺人方法として, 比較的自由, 民衆の, 永い生涯, 沢山展観物, 注目すべき, 活動し始めた, 清算しよう, 満洲, 演劇と, 澤山ある, 無批判, 無統制, 片っぱしから, 片っ端から, 特殊な, 独立に, 王党であった, 現に仏国劇壇, 現はれる, 現れた, 現れても, 現われなかつたこと, 現在では, 現在取つ, 現地視察に, 現実からの, 現実に対する, 現実社会の, 生きのこる, 生れたわけ, 生れはじめて, 生れる程度, 生れ難く, 生活し, 申し合わせたよう, 男より, 疲弊した, 病は, 百人まで, 益々作家, 直接に, 相次いで, 真似が, 真価以上の, 真実であるなら, 眠つてゐる, 知らないと, 短い自由, 示さなかった女, 社会から, 社会化し, 社会生活の, 神の, 私の, 秘密な, 積極性を, 窮極においては, 立って, 立場とか, 筆一本に, 答えられないとしても, 組織を, 経験する, 結婚の, 続々と, 美において, 考慮し, 肉体を, 肖像彫刻を, 育って, 腑ぬけ, 腹の中で, 自らを, 自ら冷汗を, 自ら打破し, 自分から, 自分で, 自分といふ, 自分には, 自分を, 自宅で, 自然に, 自由な, 自覚し, 舞台に対して, 舞台以外で, 色恋を, 芥川龍之介を, 芸術家として, 若い品, 若し地方出身, 苦しんで, 著作集を, 血肉を, 製作欲を, 西金堂の, 見おとして, 見たまま, 観照の, 言と, 評家に, 誇張で, 誠実であり, 読者との, 誰れ, 讀者に, 質的の, 身のほど知らずの, 軍事的社会風潮に, 転がって, 辞任した, 送られようと, 途方に, 連名で, 過去に, 遠く島国日本, 金ボタンの, 開拓し行くべき, 闘争の, 陥いって, 階級の, 階級社会の, 集まって, 集まりました, 順調に, 頭で, 頻々として, 題材的にも, 顧問兼監督を

▼ 作家~ (1074, 9.5%)

15 自分の 10 一人も 6 それを, 自身の 5 そこに, 作品を, 彼の, 過去の 4 これを, ない, 一面には, 他の, 何でも, 何れも, 作品の, 男の, 自己の 3 さう, その作品, どれか, フランスの, 仕事を, 何かの, 何を, 小説を, 珍らしい, 誰でも

2 [52件] いまは, この動かし, これに, これまで, すぐに, そのため, その中, その作品中, それぞれ我が, ただ自己, ともかく生きる, もつとも芸術家的, やうやく, ザラに, マルクス主義者である, 一生の, 一葉の, 一體に, 之を, 他に, 仮面を, 保健用の, 全てその, 出て, 各々の, 多くの, 女を, 学問の, 容易に, 弁明を, 彼等の, 思想家である, 或る, 描く自己, 新らしい, 日本の, 昔の, 殆どない, 永久に, 狂人の, 独歩の, 現在の, 現実に, 真の, 秘密の, 筆を, 自らに, 自分が, 自分一人であれ, 自然に, 衰弱する, 誰しも

1 [847件 抜粋] あきらめるの, あくまでも自由, あまりに不健全趣味, あまり考へ, あるいは基礎的工事, あるが, あるもの, いくらでも, いくらとしとっ, いくらも, いつこの, いつたい誰, いつの, いつも一番, いつも何, いづれも, いなかったの, いはば, いまこそ, いまやますます文運隆々, いよいよ窮屈, いわゆる軍人精神みたい, おそらくただ, おそらく三, おとなしくその, おのずから装われた, おのれの, かういふニュアンス, かくの, かなり存在, こ, こういう時刻, こういう註文, こうは, ことごとく落第, このみません, この事実, この人間, この団体, この広大, この時代, この時期, この機会, この溝, この芸術的構成, これある, これくらゐ, これによって, これまでの, これら六通りの, さうで, さうでない, さらに一歩, すこぶるスピード旅行, すでに昔, すべて事件の, そういう意味, そうです, そう考えた, そこが, そのとき, そのままでき, そのギャップ, その人々, その伝記, その地方語, その場合, その年, その態度, その成長, その数, その時, その漠然たる可能性, その細部, その苦しみ, その製作動機, その身辺, その面, それぞれの, それは, それまでの, それらの, それ自体として, た, たいがいモトを, たいてい自分自身, ただそれ, ただちに思想家, ただ一幕物, ただ死ぬ, ただ自分, たと, だめだ, だんだん少く, ちっともしら, ついそつ, つねに卵, では, とかく狭い, どういう作家たち, どういふ, どうしてこうした, どうしてもみんな人生, どうしても思はず知らず, どうです, どう戦うべき, どこから, どのくらいの, どんなささやか, どんなに育つ, どんな勉強, どんな発育, どんな芸術記録, ないで, なおこれ等, なかなかない, なるほどシェクスピイヤ, なんと云つて, ぶっきらぼうに, まことに多い, まことに少い, また彼ら, まだほか, まだ出ない, まだ標準語, みなナロードの, みな同じ, みな少女時代から, みんな, みんなそれぞれの, むき出しに, むろんそれ, めったに, もうあまりに有名, もう少し自分ら, もって瞑すべしです, もっとも多く, もっと人間, やっぱり従来, やつぱりチェエホフです, やはりさう, やめちま, よい仕事, よくやってる, よまれて, わざと平気, ゐないの, イージーゴーイングな, カントの, ガンコでなけれ, ゴルスワージである, スウェーデンの, スタインベックが, ソヴェト人民国家の, テムペラメントでだけ, ドアの, ドイツの, バルザックに, フランスでは, プロレタリア作家と, ポーストと, モチーヴが, ヨーロッパの, ロシア語そのものの, ヴィニイ, 一つの, 一人でも, 一向批評家, 一幕物作家より, 一年来声を, 一度彼, 一方に, 一時は, 一生涯の, 一膝のり出した, 一面, 万事この, 不安な, 不意に, 両性の, 主に, 乱作し, 二十年も, 二十枚と, 二重人格であるべき, 云々, 云わば, 五十歳で, 五雲の, 人民解放の, 人間が, 人間の, 仁清の, 今まで, 今後絶無であろう, 仕合せだ, 会うた順に, 低俗な, 何が, 何によ, 何ものにも, 何人いるだろう, 何人にも, 何故水野仙子一人, 作中の, 作品が, 作家そして, 作家であれ, 作家として, 作家らしく生きるべきである, 作家団を通じて, 作家的にも, 例へば鶴屋南北, 例外なく, 俗悪な, 信州の, 個人道が, 僧侶であり, 先ず似, 兎に, 党の, 全く作家, 全く泛, 全集とも, 八〇年代人とは, 冷い, 出版企業の, 初老前後と, 制作から, 前線に, 前述の, 創造し, 劇作の, 劇場の, 努力せよ, 動揺し, 勢ひ, 勿論この, 勿論一般演劇, 十九世紀末に, 半額で, 単独に, 原稿料を, 反響を, 叡智である, 古来たくさん, 各方面, 各自の, 同じ世界観, 同時に鑑賞者, 同様の, 周密に, 味気ない, 唯物主義思想から, 商品見本を, 喜劇作者よりも, 嘗て久米正雄氏, 国籍が, 執拗に, 外に, 外国作家一人一人の, 外国語の, 多い, 多いわけ, 多く, 多数者の, 大いに恐縮, 大いに迷惑, 大勢ある, 大学出身者であった, 大抵不明, 大概劇作を, 大衆の, 大衆を, 大衆性を, 大部分, 天才を, 夫として, 女優の, 奴隷の, 好事家が, 如何に, 始めから, 娘の, 嫌です, 孤独に, 孤立した, 宝を, 実は本来, 実地に, 客觀を, 害されて, 対話独白及び, 専門史家と, 小学教員に, 小説が, 少い, 少くない, 少しおくれ, 少ないし, 少ないの, 少なくあるまい, 少なくとも日本, 尚社会的責任, 屡々この, 島木健作と, 島木健作とは, 工藝に対する, 左傾党である, 巧妙にも, 常にそれぞれ, 常に公, 常に第, 平安末期という, 幸福だ, 度はずれな, 廣汎な, 強圧され, 当時の, 当然ダリ, 彼らの, 彼独特の, 彼等が, 往々好ん, 後者と, 従来そんなに, 従来の, 徳田秋声氏である, 心理の, 必ずやその, 必ず活生活, 志賀直哉氏だつた, 思いがけない花, 恐らく非常, 悄然と, 悉く期せずし, 惨めだ, 或は一人, 戦争と共に, 戦争指導者の, 所謂, 批判に, 批評文学論など, 掛値なく, 政治的活動の, 教養で, 文化啓蒙的な, 文壇を, 文学史上稀である, 文学的自伝, 文学青年の, 文芸上にも, 新しい文学, 新たな, 既にそれ, 既成の, 日本へ, 明るい頭, 明子の, 昔から, 時には自分, 暗い納戸, 書いて, 書くべきであった, 書けない, 書けば, 最も複雑, 期せずして, 木の, 本来的に, 本質的な, 机の, 東京の, 果して正気, 棚上げである, 森山本木楢林弟の, 極くあり得べき, 概して地方, 概して筆, 樋口一葉であった, 横山大観である, 次第にその, 次第に水準, 武田麟太郎氏しかも, 歩くよう, 歴史的に, 死んで, 殆ど気狂い染みた, 殆ん, 殺さなけりゃ日本, 民族と, 民衆の, 氷では, 永年にわたって, 決してさらされない, 決して再びバルザック, 決して自分, 沈黙の, 沈黙を, 洋服屋より, 無意識の, 無慈悲に, 熱心な, 特長として, 独り児童を, 現代の, 理想あれ, 甚だ与み, 生れなかったはず, 生れながらか, 生存難に, 生産の, 田園を, 申し合わせたよう, 男である, 画商の, 異性間の, 當國の, 瘠せ細って, 皆, 皆そう, 皆それぞれの, 益々切迫, 相当に, 省みて, 眼を, 知って, 知らず知らず感興, 短日月の, 社会に, 社会の, 福田平八郎氏である, 私には, 私の, 私同様に, 稀である, 稻妻形に, 稽古の, 突如と, 立体的に, 童話に, 笑いながら, 精力を, 精神科學と, 紙絹に, 紫玉に, 絵具皿の, 絶對に, 美が, 聞くとも, 肉体の, 臆面も, 自らの, 自ら駆使し得る, 自信を以て, 自分を, 自己抑制の, 自然の, 自然発生的よ, 自由な, 舞台を通じて, 芸術的に, 芸術至上を, 若い頃, 草稿や, 蔽は, 藝術と, 複雑なる, 要求されなかったであろう, 見当りませんが, 親しまないもの, 言葉を, 計らず自身, 訳者によって, 読者なり, 諸工業, 警戒し, 身ぐるみとびこん, 輩出しなけれ, 辛い状態, 途方に, 造物主である, 遂に文学青年目あて, 過去にも, 里見, 金科玉条として, 長篇を, 陳雲が, 階級文化の, 雑作なく, 雑誌社から, 震災後に, 静穏な, 革命家であり, 須くそ, 頽廃の, 題材さえ, 馬鹿である, 骨組の, 魯迅とも

▼ 作家たち~ (610, 5.4%)

16 の作品 11 の間 10 の中 8 はその 5 のよう, はこの 4 が, がこの, がその, の仕事, は 3 だ, のこと, の一人, の小説, の生活, はそれ, をその

2 [38件] がひたむき, がめいめい, がもし, が今日, が他, が何, が或, が文壇, が登場, が群, が集っ, ですから, とは全く, にしろ, に向, の全部, の努力, の動き, の変質性, の多く, の大, の心, の書く, の本, の活動, の現実, の詩, の話, はおそらく, はこれ, はよく, は何, は共同, は女, は日本, は自分, は自分たち, を待てるであらう

1 [438件] かという質問, からえらく, からは疎んぜられる, からデンマルク・ユルラン派, から一般, から学ばね, があらゆる, がい, がいくら, がこういう, がさう, がし, がずるずる, がそれ, がそれぞれ手練, がどこ, がどれ, がはにかみ, がみな凡庸, がみんなイプセン, がやっと, がやはり, がスタエル夫人, がドイツ, がパリ, がプロレタリア文学, が一まとめ, が一九一七年, が一城一廓, が一時的, が一通り, が一面, が中年, が主観的, が互に, が今日男, が俺たち, が全く, が六十歳, が出入り, が初期, が刻々, が労働組合, が医師, が問い, が国内, が外的世界, が多少, が大衆, が実践, が少なから, が役所, が彼ら自身, が従来, が必死, が或は, が戦後日本, が所謂現世, が持っ, が文学, が文学そのもの, が新, が新聞, が新聞小説, が日本女流作家, が昔, が時々, が時代, が書く, が書斎, が来, が果し得ない, が次代, が次第に, が殆ど, が満州, が現われた, が現実, が生活, が生活環境, が疲労, が目下器用, が社会機構, が稚く若い, が空想, が組織, が経なけれ, が続々, が背後, が自分たち, が自然発生的, が自身, が良い, が若々しい, が若し, が視野, が詩, が語る, が軍事知識, が転向, が近ごろ, が過去, が都会生活, が重大, が鉛筆, が陥った, が震災以来今日, が高見順, こそ解放, ことにスタンダール, さえも生き, そしてまたソヴェト文学, だってあの, だつた, つまり戦後派, であって, であらう, である, でさえそういう, でも富農撲滅, というの, というよう, とお, とこの, とは夜, と云え, と共に平林初之輔その他, と共に心, と同列, と批評家たち, と根本的, と比較, と立ち場, と読者, ならば, にいい, について商品学的見地, について抱いた, にであらう, にとっての困難, にとってはその, にとっては各自, にとっては自分, にとっても判明, にとって彼女たち, にとって桎梏, にとって画時代, にとって退陣, にはその, にはまるで, には十分レハイズ, には気, にもう, にも不安, にも勿論, にも恐らく, にやけど, によってもそれきり発展, によって文学, にベルリン, に与へた, に何, に依つ, に切実, に大, に好かれた, に対してのみならず, に対して確, に対する第, に必要, に打撃, に拮抗, に期待, に海, に深く, に言葉, に認めなけれ, に非常, の, のある, のいわず, のうけた, のこういう, のしつかり, のする, のその後, のそれ, のとった, のなか, のほとんど, のまわり, のもの, のやう, のやっ, のルポルタージュ, の一人一人, の上, の主張, の二つ, の人気, の今日, の仕事振り, の代表的, の似顔, の作, の共通性, の内部, の写真, の到着, の前, の剣術先生的硬直, の創作慾, の創作的改造, の労働階級, の勉強, の半, の名, の噂話, の在り, の在りかた, の基本的動向, の場合, の声, の多数, の夢, の存在, の実名, の実感, の実生活, の属する, の広, の弱点, の影響, の心情, の心持, の悩み, の意匠, の成長, の或, の所謂政治的関心, の手, の才能, の持っ, の救い, の敗北, の散文, の数, の文学的関心, の普通, の書い, の本質, の業績, の正直さ, の気分, の気勢, の活躍, の海外漫遊, の熱心, の生活感情, の生育, の短い, の示し, の社会時評, の科学的知識, の立ち, の答え, の経, の経済, の絵, の美し, の考え, の自分, の良心, の解釈, の討論, の読まれ, の謬見, の身辺, の間にあっ, の関心事, はあく, はいか, はいずれ, はいつの間にか, はいづれ, はかう, はけっして, はこういう, はこれら, はそこ, はそれぞれ, はそれぞれ多種多様, はそれ等, はたちまち, はつまり, はどれ, はひそか, はひどく, はへん, はまじめ, はまだどうも, はみな乱, はみんな, はみんなオトナ, はめいめい, はもとより, はやって来, はより, はわれわれ赤軍, はイタリー, はジャーナリスティック, はジョイス, はナカナカ仕事, はハイカラ, はバルザツク, はプロレタリア, はプロレタリア文学, はプロレタリア文学運動, はボツボツ, はロシア, はロマンチシズム, は一枚, は一言, は一貫, は丁度, は七枚, は主として, は人形, は今日直接それ, は以上, は佐藤氏, は何しろ, は何たる, は作品, は作品発表, は俺たち, は創作, は十七音, は同じ, は大抵, は婦人, は少く, は幾人, は当然, は彼, は彼等, は心理, は必, は必ず, は我知らずこれ, は手, は数, は文学, は文学少年みたい, は文学本来, は文芸思潮, は新しい, は新た, は既に, は明日, は更に, は月評, は植民地成金, は次, は次第に, は殆ど, は段々, は民器, は民藝, は決して, は無産階級運動, は現代小説, は現実, は生々しい, は発見, は皆精進, は益々, は石坂, は確, は経験, は美徳, は腰, は自分以上, は自身, は芸術家, は表題, は西欧, は見かけ, は諷刺的短篇, は譬, は赤軍, は輩出, は辛苦, は辛酸, は農村, は阿部知二, は限り, は食券, は鼻もち, ほど激しく大きく, までがその, もそれ, もた, もまきこまれた, もプロレタリア文学, も同じ, も多く, も平和, も当時, も技術的, も本質的展開, も殆ど, も白樺, も面白い, よりもすぐれ, よりもズット, よりも或は, を, をまるで, をも各自, をも瞠若, を一括, を一貫, を今日, を前線慰問, を動員, を呼ぶ, を圧倒, を大幅, を新しい, を決して, を混乱, を私, を花屋敷, を見た, を通俗作家, 例えば島崎藤村, 例えば川上喜久子

▼ 作家~ (432, 3.8%)

14 とつて 12 して 9 なって 6 しても 4 なること, 課せられて 3 あっては, なるの, なろうと, 向って, 要求する, 見られるよう

2 [21件] あつて, なった, なるという, なる法, なれるかも, なれると, なろうという, なろうなどと, 与えるもの, 与ふ, 共通な, 共通なる, 冠せられても, 取つて, 向かって, 向ひ, 對する, 就いて, 比して, 軽い失望, 非ず

1 [323件] あこがれて, あてて, あひたい氣, あまりない, あまりにも, あらざる限り, ありがち, あるだろうか, あるでせうが, ある日, いま洗濯女と, うつって, おなり, かたこと, きまつて, くらべたら先生, くらべて, こいして, こうした洗練, このよう, これを, こんな注意, さうし, させようと, したがって, したという, した偶然, した所, してやりたいと, しろみんなそれぞれ一人前, しろ何, しろ演劇, すぎぬと, すぐれた作品, せよその, その五十回目, その人, その創作, その要求, それだけ違う, それらの, たのんで, たよって, だまされるな, とやかくいうべきでない, とりあげられたこと, とり上げられると, なかった, なったかも, なったという, なったとも, なったの, なったわけ, なってからは, なっても, なってる人, なつた, なつて, ならうかと, ならうと, ならうといふ, ならうなどと, ならうなどといふ, ならう作家, ならない時代, なり, なりかかる, なりそこ, なりたいと, なりたいの, なりたかったの, なりたくっても, なりたくて, なりつつ, なり上るため, なり度, なり得るだろう, なり得る可能性, なり銭形平次, なる, なるかね, なることさ, なるため, なるであらうが, なるであろう, なるでしょうとか, なるなら, なるに, なるには, なるほか道, なるわるい, なるん, なる代り, なる志, なる望み, なる私, なる素質, なれないと, なれないな, なれないの, なれぬもの, なれるか, なれるの, なれる見込み, なろうとは, のぞむもの, ふさは, ふさわしい何物, ふさわしい手腕, ふさわしい真面目, ふさわしく熱情, ふと女心, ふみ出した私, ふり向けて, ふれた前半, ふれて, ふれる場合, ぶつかること, むしろ不明瞭, もたらして, よい舞台, よき意志, よくわからない, われわれの, エドモン, オシツプ・デイモフと, ジャン, ジョルジュ・ド・ポルト・リシュが, ボッスュエといふ, ロクな, 一定の, 不明瞭な, 与えた点, 与えられた, 与えられた義務, 与えられないという, 与えるかという, 与える影響, 与える腐蝕作用, 与へる影響, 久保田万太郎氏が, 人間的社会的モラルの, 今や工藝, 今度は, 仕払, 仕立てやう, 他方では, 会う, 会えるだろう, 伴う罪, 似た批評家, 似合わない単純, 作品の, 作品を, 例の, 依つてさ, 先立ちして, 入つた絵, 全く自制力, 分配する, 分類されなくなる, 切にこの, 利己主義の, 前年に, 加えられた評言, 加えるわけ, 劣って, 劣らない詩, 勝って, 匹敵する, 危険な, 及ばぬこと, 及びがたい, 及ぼして, 古風なる, 可能に, 合作を, 同情を, 向い弁明, 向っていう, 向っても, 向つて, 向つて国民性, 告白した, 場面を, 大いに反対, 天才を, 女性が, 媚びるよりも, 存分の, 存在し, 学んで, 実に多く, 寛大で, 對し, 少くとも, 少し書い, 就いては, 就て, 属して, 岡田禎子田中澄江三宅悠紀子長岡輝子等々が, 川上喜久子が, 幸し, 当てはまるであらうと, 当てはまるであろうという, 彼が, 彼の, 得た方, 心を, 必要な, 忌憚の, 志してから, 恋して, 悪評を, 感じ入る者, 成り立て, 成長が, 或る, 手紙を, 扱われた通り女, 扱われて, 折紙を, 指導される, 接する人, 擬するは, 支援を, 教えるもの, 於いても, 於て, 映画製作への, 曲解された, 書いた人, 書かしたらコツクリとい, 書かせたこと, 書かせて, 書けないといった, 有名な, 期待される, 期待し得る, 未だ不足, 未来の, 本当の, 来る時, 次の, 止まること, 正しい歴史小説, 母国語で, 比べて, 比べても, 比類を, 気分的に, 求めて, 求めようと, 求めるの, 求めるものの, 法師の, 注意すべきである, 注文が, 洋画壇には, 煙草も, 特異性の, 珍しい純朴, 珍しく装った, 現れた近代, 現れる矛盾, 理想ありとい, 甘い点, 生活的, 益々より客観的, 直接間接影響を, 相違ない, 真の, 着目し, 礼を, 社会性が, 私は, 稀れな, 種々の, 縁の, 考えて, 背負は, 自覚され, 至りましては, 至嘱する, 芸術的独創性が, 見られる些末的, 見るよう, 見る能, 見渡すと, 親しむよう, 訴へて, 課せられた, 課せられた重荷, 課題として, 課題を, 課題小説を, 谷崎潤一郎佐藤春夫久米正雄松本泰等の, 較べて, 近いの, 追随する, 通じて, 通有な, 進呈した, 過ぎないと, 過ぎなかつた, 過度の, 違いない, 違いなかろ, 遠く及ばない, 重大な, 鍛え上げ作品, 附与せね, 限ったこと, 限つて到底, 限らず, 限らずいささか, 限らないすべて, 院展に, 随筆を, 隠匿できない, 集中する, 雌伏時代といふ, 飽いて

▼ 作家として~ (423, 3.8%)

6 自分の 4 世に, 持って 3 もって, 活動し, 立って, 紹介し

2 [22件] それを, では, ゴーリキイは, 一つの, 一家を, 仏蘭西劇の, 何事にも, 出発した, 名を, 問題に, 彼の, 意図し, 成長し, 暮して, 本質的な, 現実に, 現実を, 知られて, 稀有の, 立とうと, 自他ともに, 舞台の

1 [353件] あらゆるアメリカ, あらわれて, あるが, ある直感的, ある程度の, あれほどの, いいもの, いちばん早く, いろいろの, かういふ, かなり仕事, この上, この作品, この作家, この時代, この筆者, この近代女性, この集, これは, これまでの, しいなであるという, すぐれた手腕, すこし野望的, そこに, その制作, その理智的作風, その闘争力, それに, たった, たって, たつそこ, たつその, たとえばフールマノフ, ちゃんと立っ, つきあって, である, とても目ざましい, とにかく戯曲, とるべき態度, どんな角度, なみなみでない, ならば, のより, はっきりブルジョア文学者, ひっぱって, ひろい視野, まぎれも, またひところ, また一国民, また人間, また翻訳者紹介者, まだ完全, まだ新鮮, まちがいでは, まともである, まともな突こみで, むずかしくなる, もう五年, もう少し責任, やがて忘れられた, やはり作家, よくばり, よりむしろ政治的, より深い, わいわい持てはやされ, わたしにも, わたしは, ゐるもの, ゴーリキイの, シーモノフの, ジイドの, スタインベックフランス古典第, ストライキを, ソヴェト同盟では, テーマの, トルストイに, トルストイの, ドオデエが, パリに, フェルナンデスの, プロレタリア文化の, ホントに, マルセル・アシャアルを, マルロオの, リアリストである, リアリティーへの, リアルに, ロシアの, 一とう, 一定の, 一寸売出して, 一様に, 一点愧じざる, 一般の, 一言ここに, 三十代の, 不満を, 不遇な, 且執筆の, 世の中に, 世界に, 世界文學の, 世界的に, 中條百合子は, 主に, 乞われ, 二三の, 云えば, 互に要求, 五六年前には, 人情と, 今では, 今の, 今日も, 今日人情の, 仕事を, 仙子さんを, 仙子氏を, 代表的な, 何も, 何を, 作る, 作品の, 例外の, 信頼し得べき, 個人的な持ち, 倦怠に, 偶然めぐり合っ, 僅かに, 優れた天分, 先ず志賀直哉, 先駆者である, 光栄である, 其等に, 内面的な, 出現した, 出発させ, 出発し, 刺戟を, 割合に, 加賀氏は, 十分技術上の, 十枚二十枚の, 又は演出家, 又一般読者, 又評論家, 取残されて, 同じく念願, 同じ程度, 名声嘖々たる, 喝采した, 喧傳され, 嘱目せられ, 困難な, 地味である, 売り出して, 変りは, 外地の, 多作を, 大きな成長, 大分様々の, 大切な, 大成するだろう, 天稟の, 女として, 存在し, 存在し得る, 存在する, 完成する, 実に偉かっ, 實に, 小手先の, 少しも, 展開し, 島木赤彦を, 市井事物一点張りに, 師に, 年も, 底が, 当然な, 当然持つべき, 彼が, 彼に, 彼女くらい, 必要な, 思い起こされる, 恥しくない, 恵まれた天分, 意欲する, 愚かな, 感じようと, 感じる責任, 感慨を, 成功した, 成長する, 或る, 戦乱の, 扱うの, 扱ふかの, 技法的にも, 把握し得なけれ, 抒情詩は, 持つ自身, 持てはやされる事実, 採りあげたから, 描きたいと, 文壇に, 文壇の, 文壇ジャーナリズムにも, 文学の, 文学的に, 既に可, 既に築き上げられた, 既出の, 日常の, 日本が, 日本には, 日本の, 映画的表現に, 是非会いたい, 更に大きな, 書いてる人たち, 最も不幸, 最も大切, 最も当然な, 最も著しい, 有名な, 有島武郎が, 本当に自分自身, 果して必要, 横光川端その他を, 歌人として, 止まるなら彼, 歴史の, 歴史的な, 殆ど文学史的な, 殊にそれら, 永久に, 決していらない, 決して貧しい, 注目すべき, 活動したい, 活動する, 活動すれ, 深い疑い, 満足である, 片隅に, 牧野君が, 物を, 特徴的な, 特殊扱いに, 独特な, 独自に, 猛烈に, 王仁に, 現れた宮嶋資夫, 現代の, 生きて, 生きる爲め, 生きんと, 生き善意, 生存し, 生活させない, 生涯を, 畏敬するなるべし, 痛ましいほどの, 発展させなけれ, 発展せしめ得る, 登場し, 登場した, 相当の, 相当長い, 真に恥ずべき, 眼近に, 着目された, 示して, 社会的条件の, 私の, 積極であった, 突然にも, 窪川稲子の, 窪川稲子は, 立つため, 立つてから, 立つやう, 立つ第, 立つ限り, 立派な, 立派に, 第一流, 粘ること自体, 純真な, 終る者, 終始した, 経て, 絶えず自分, 考えさせるもの, 育てて, 自信も, 自分たちを, 自分に, 自分は, 自力で, 自己の, 自覚され, 自身に, 自身の, 致命的な, 興奮させる, 舞台に, 芸術的余裕が, 苦しい瞬間, 茲に, 落ちついた一つ, 葬られるの, 見るの, 見る心持, 見れば, 見事な, 訪問する, 許されるまでには, 評論家である, 詩と, 誇るべき新た, 認めて, 認められたもの, 認められなくては, 認められること, 認められ又, 認められ名, 誕生した, 誰々を, 誰彼の, 謙遜に, 身に, 身を, 転換し, 迎へられ, 近頃進み出し, 返り咲き得た, 邁進を, 重きを, 重大で, 野上彌生子が, 長次郎という, 闘わなければ, 阿川弘之という, 陥欠, 非常な, 食えるか, 飽くまでも合理的, 高まりプロレタリアートの, 鬼貫及び

▼ 作家~ (387, 3.4%)

9 読者との 5 その作品, なって, 作品との 4 いっても, 作品の, 雖も 3 なつた, なること, よばれて, 云っても, 作品, 作品と, 作品を, 教養の, 評論家との

2 [28件] いわれて, すれば, なると, よばれその, よばれること, 三人で, 云えば, 云って, 云ふ, 云ふも, 云われて, 云われる人々, 作中人物, 作品に, 同じよう, 同棲し, 呼ぶ人たち, 批評家との, 批評家とは, 文化活動の, 文学の, 男の, 異った, 結婚した, 肩を, 蠅, 評家を, 読者の

1 [268件] あれば, いう, いうけれども, いうと, いうならビアス, いうには, いうばかり, いうほどの, いうよりも, いえども, いえば, いはず俳優, いはれたかも, いはれて, いはれる人, いはれる作家, いふとも, いふべきだらう, いふべきでそれ以上, いへば, いわれたこと, いわれた人々, いわれた方, いわれるもの, いわれる者, おちやつぴい女優, きめこんで, きめられたからとて, されて, されるかを, されイプセン, した, したって, したの, して, してずゐぶん大きな, し二流以下, し谷崎潤一郎, する事, せんと, そうでない, そのよう, その人, その何れ, その傾向, その制作, その呟き, その実際, その對象, その日常生活, ちがって, どうして親しく, どことなく違つて, なったの, なったドストエフスキー, なった人々, なった桜痴居士福地源一郎, なった私, なった笹本寅, なつて, ならんで, なり, なりしかも, なりたい, なりて, なり以来, なり出版社, なり切って, なり吉川英治, なり得なかつた, なり歌舞伎座創立以来, なり縦横, なるが, なるに, なるべく生れ, なる上, なる人, なる最も, なる筈, なれば, まるでどこ, みなしその, よぶべき二人, オルグ的活動についての, ジャーナリストとの, テーマ, テーマの, ハンディキャップなし, フランスの, ブルジョア作家との, プロレタリア作家が, モラリストとの, 世間とに, 両々相俟たなけれ, 並んで, 云い得る, 云うと, 云う貼り札, 云えども, 云えない, 云つ, 云つても, 云は, 云へば, 云われた作家たち, 云われる作家, 交遊関係を, 人民層との, 今日の, 似て, 余り年代, 作品が, 作品とを, 作家である, 作家としての, 作家の, 作家活動の, 俳優この, 俳優と, 俳優とが, 俳優との, 俳優とを, 僞作家と, 全然異なった, 共通し, 再現工人とが, 出版企業との, 別れて, 別懇な, 劇団の, 勝手に, 区別は, 同じき, 同じくらい, 同じく真剣, 同じだ, 同じ位, 同じ立場, 同じ行き方, 同年代の, 同時代人, 同様に, 同等な, 名の, 名乗る資格, 名附けられるべきである, 呼ばれた阿部知二, 呼ばれるべきだが, 呼ばれる人々, 呼ばれる日本, 呼ぶこと, 呼ぶの, 呼ぶべきである, 呼ぶわけ, 呼応し, 地方から, 大地主, 大衆とが, 大衆との, 学者とは, 小さい読者, 小説を, 少しく態度, 属望され, 師弟関係の, 建築家の, 往来し, 思える, 思って, 愛された女優, 批評家とが, 批評家は, 数人の, 文学とを, 文学的タレントの, 新進作家とが, 新進作家とを, 既成の, 旧プロレタリア作家, 時代との, 時代の, 時代は, 時代感覺, 書いて, 期待される, 本屋とを, 本性を, 横並べ, 武辺者といふ, 歴史, 歴史との, 歴史家との, 比べたところが, 比擬する, 比肩し得る, 民藝との, 民衆との, 沢山金の, 混同し, 演出者とを, 演技者との, 演技者とを, 特別に, 理論家と, 理論家との, 生前特に, 生活の, 生産との, 画家の, 異る, 目され, 目的地との, 知り合うよう, 知識人の, 称して, 称す, 称する, 称するもの, 称する一人物, 称する人々, 称する陶人, 称せらるる, 称せられて, 称せられる作家, 称ば, 窪川稲子との, 等しく期待, 答えた伸子, 純文学作家との, 紹介され, 組織活動との, 結びつかうと, 絵の, 総括は, 編輯者の, 編集者とが, 自分とは, 自分等とを, 若うし, 裁かれるならそれ, 見たよう, 見られるの, 見立て, 言い或は, 言ふ, 言へるだらう, 評家だろう, 評論を, 評論家とは, 評論家に, 評論家は, 試合したら, 認めれば, 認め芥川賞, 読者と, 読者という, 読者とが, 読者とに対して, 読者は, 連歌作者とが, 違うところ, 違ふ, 選されよう, 銘うつが, 鑑賞し, 鑑賞者との, 雄弁な, 馴れあって

▼ 作家~ (365, 3.2%)

13 して 3 侮辱した, 侮辱する, 悉く含む, 訪問する

2 [13件] こめて, わたしは, 刺激し, 日本の, 殺す力, 煽動し, 発見し, 糾合し, 紹介した, 罵る文章, 育てて, 軽蔑した, 輩出せしめた

1 [314件] あげて, あげよ, いい方, いたはるやう, いながらにして見せつけられる, おいて, おくり出して, かく迄も, かつぎあげること, きめつけては, くって, ここに, こころざすに, こしらえあげて, この, これまで, こんな団体, さける必要, そこに, そのよう, その方面, その日常, その精神, たよって, つかまえること, つよい力, とらえて, どしどし紹介, どんなに勵, どんなに強引, ひそかに, ひとしく戦後派, ふくむ女, ますます流行作家, まず賞揚, まつり込むアカデミイ, まるで思ひ, みちびきだし価値, みて, めぐる論争, もたねば, もつと, もとめた大衆, もと同伴者作家, もはや名前, もはや通俗畑, もり立てなければ, よく知る, よく知れ, よしたい, よすこと, よそわねば, よんで, わる巧者, チャンピオンと, トクチョウづける, パプツチキ, ボイコットした, ボヒミアニズムの, リードする, 一つに, 一人も, 一人失つたといふ, 一人挙げよう, 一番愛読し, 不遇と, 世に, 世に紹介, 並べて, 中心として, 主と, 主体と, 二人の, 二種に, 人々は, 他人に, 以って, 会員として, 会員としても, 伸ばさない, 余りすい, 信頼し, 傷け, 入れたの, 公人として, 兼ねたピエール・カロン事ボーマルシエ, 冷笑し, 凌ぐ名人, 凌駕し, 出した, 出すには, 出す層, 分つて, 列挙すれ, 別として, 別に, 刺戟し, 刺激した, 動員した, 包含する, 半ばの, 卑屈に, 協議員として, 原料加工業読者を, 取り下して, 取り合して, 召集した, 各自が, 同人として, 同時に友達, 含む新劇関係者全体, 吸いあつめ文芸復興, 呼んで, 喜び丁髷王, 嘲って, 困らせるの, 報道活動に, 売り出して, 多分に, 大いに好き, 大きく肥し, 大して育てる, 大成せしめる, 失うと, 失望せしめ, 好かぬ, 好きだ, 好きである, 守るといふ, 実価以上, 容型し, 尊敬し, 尊重する, 導きまた, 導き出すこと, 少からず, 屈ふる, 屠つた手, 島崎藤村よりも, 左翼運動に, 師とも, 廻って, 引用し, 引立て, 引立てんと, 強大に, 得る曰く泉鏡花, 志して, 志し名, 志し小説, 志す若い, 志望し, 思い出して, 急に, 恐怖し, 悉くバルザック, 想ひ描きたい, 愛して, 愛する読者, 憶い出す, 成熟させる, 成長させる, 或る, 戦争目的の, 戦犯作家など, 押すでしょう, 拉し来って, 招いた, 拾つてみる, 持って, 指して, 捜して, 援助した, 搜し, 支配し, 攻撃し, 政治的な, 救い出すこと, 救い得ないでは, 救つたのが, 救ふ, 数ふれ, 敵と, 明るみへ, 時評で, 有しまた, 有するは, 有ゆる, 本名で, 栖鳳の, 次ぎ次ぎと, 正当な, 死ぬほど, 気の毒に, 求むれば, 求めて, 求め永井荷風, 決して無条件, 活かして, 浮気な, 消し兼ねて, 渇望し, 激励鞭撻し, 特に引きたて, 現世が, 現在の, 生みながら, 生み出すこと, 生み得る可能, 生むし, 生活的に, 生産の, 産んだ露国, 産業別に, 男という, 発見する, 益するばかり, 直ちに目, 直接活, 相手に, 真面目に, 眼中に, 知った, 知つて後急に, 知らない, 知らなかった, 社会的表面に, 社會から, 社會に, 私は, 突如と, 窒息させ, 立ち上らせた, 立直らせること, 競馬, 素人作家という, 索めて, 紹介する, 組織員と, 絞殺し, 網羅する, 罵倒し, 職業としては, 育てあげ得る極めて, 育てるもの, 育てるよう, 自任し, 自由に, 舞台の, 良人として, 良人には, 芸術家としては, 萎縮させる, 表に, 製造し, 製造する, 見たの, 見つけ出そうと, 見て, 見ること, 見ると, 見るに, 見下しうそぶくであろう, 見出したり, 見出すの, 解釈すれ, 訪れたり, 評価する, 評論する, 誘い出して, 誘引する, 語るといふ, 誡し, 読みはじめその, 読んで, 読者の, 誰か, 論ずるに, 貫いて, 軍人官吏実業家の, 軽視する, 輩出させ, 迎うる, 近い先輩, 迫害し, 追いまわして, 追いまわすだけ, 追いまわすとのみは, 追いまわす以外, 追いまわす結果, 追慕する, 送った, 送り出した, 送り出した時代, 送り出して, 送り出すでしょう, 通じその, 進めたの, 遅筆だ, 遇し, 選ぶ樣, 選んだの, 除いて, 除いては, 除きましては, 陸軍の, 集めて, 離れ作物, 鞭撻し, 頭に, 顧みても, 飛躍し, 鼓舞激励し, 鼻に

▼ 作家としての~ (334, 3.0%)

5 発展の 4 彼の 3 彼を, 心が, 生涯の, 私の, 立場から

2 [22件] イプセンに, ルナアルは, 仕事は, 僕の, 力量は, 女子, 小林多喜二, 彼が, 態度に, 成長を, 才能を, 技術を, 活動の, 特徴を, 生活を, 生涯に, 真の, 確乎たる, 自分の, 自分を, 自我と, 鍛錬歴史の

1 [266件] あなたにより, あらゆる才能, あらゆる面, ことな, そういうもの, つよい意図, のっぴきならぬ, エヴォリュションは, エーヴが, クウルトリイヌは, コムプレックスの, ゴールインとして, シェイクスピイヤは, ジイドを, ジュウル・ルナアルを, タレントには, デュ・ガールの, プラスマイナスなどにも, ホントの, マイナスである, モオリス・ドネエは, ユゴーよりも, リアリスティックな, ルナアルを, 一つの, 一生に, 一生の, 一生をも, 一種の, 中条百合子に, 中野さんは, 中野重治, 久板君の, 人生へまで, 今後は, 仕事に, 仕事ぶり生活ぶりに, 仕事を, 何よりの, 作品が, 作家と, 価値を, 信頼を, 修業の, 修業は, 個性の, 偉大さを, 傾向が, 僕と, 全業績, 公の, 共通な, 内的な, 再出現, 出発が, 出発は, 出発を, 出発当時先ず, 初期の, 力, 力量も, 力量を, 努力それは, 努力覚悟について, 半面が, 台頭の, 同志小林の, 名を, 名声を, 名誉で, 名誉は, 和田伝に, 哀しみと, 問題である, 問題は, 問題宿題予測を, 回想の, 因果な, 国民的功労が, 境地を, 大きな才能, 太宰さんの, 太宰にとって, 女の, 好い素質, 子規である, 存在そのものが, 存在と, 存在へ, 存在を, 完成という, 完成を, 定家を, 実践が, 実践で, 専門家の, 専門家過去の, 将来を, 小山内氏について, 尾崎一雄の, 山本有三の, 希ひ, 平林たい子をも, 幸福を, 弱点が, 弱点も, 強みは, 当然の, 彼に, 彼は, 彼らの, 彼女の, 彼女は, 彼女を, 彼自らをも, 彼自身の, 後半生は, 復活を, 心に, 心の, 心構へとしては, 性質は, 悪い宿業, 悲しみと, 意図では, 感情からだけ, 態度が, 態度の, 成功と, 成育では, 成長が, 成長の, 手を, 才能の, 批評を, 技巧においては, 抵抗は, 新しい展開, 新たな, 新理想, 方向が, 日常に, 明瞭な, 曼舟氏が, 最大の, 最高の, 本懐である, 本質に, 条件が, 東京での, 林の, 栄光の, 桂華氏には, 業蹟に, 榮光が, 横光君の, 横光氏の, 横光氏は, 欠陥に, 欲望の, 武田さんの, 武者小路氏は, 歩みを, 歴史の, 氏を, 気儘に関しては, 気魄が, 活動で, 活動に, 活動は, 活動を, 活動期である, 活動期を, 深い必然, 満身の, 漱石の, 火野氏や, 無類の, 特殊性歴史性を, 特色の, 特質から, 特質が, 特質は, 特質を, 独歩の, 現実の, 理想が, 生きかた, 生き方の, 生活その, 生活に, 生活の, 生活は, 生活以外に, 生活実質について, 生活振りを, 生活権を, 生涯について, 生涯にとって, 生甲斐は, 生長を, 田村俊子は, 痛苦, 目の, 目を, 真価は, 矜恃を, 短くない, 確信や, 社会性の, 神経が, 私が, 私に, 私は, 私への, 私自身にとっては, 私自身の, 稟質と, 積極的な, 立前, 立場で, 立場を, 第一歩を, 精神の, 精神的な, 系統も, 経験を, 線を, 義務である, 習熟の, 職業上そんな, 自分が, 自分などという, 自己と, 自己との, 自己の, 自己を, 自我という, 自身の, 自身を, 良心に, 良心にかけて, 良心の, 芥川さんも, 苦心制作の, 苦悩が, 菊池寛は, 葦平は, 評価であった, 評価という, 誇りも, 誇りを, 誠実さの, 誠意努力が, 責任と, 足どりと, 軽侮を, 追求を, 運命よりも, 野望を, 閲歴の, 降服の, 階級的な, 露伴は, 面に, 飾気の

▼ 作家~ (212, 1.9%)

10 ある 6 俳優も 5 読者も 4 あるが 3 あつて

2 [11件] あります, ありますが, あり高遠, いる, ゐる, 大衆の, 少くない, 社会的に, 編輯者も, 自分の, 評論家も

1 [162件] あったよう, あったり, あつた, あらうが, あらゆる率直, あらわれ難い, ありうるけれども, ありました, あり三四人, あり又, あり彼, あり得る, あるこの, あるだらう然し, あると, あるといった, あるには, あるの, あるまいが, ある大家, ある斯, いくらかの, いたのに, いると, いるの, かえりみる者, かなりに, こうなっ, このごろは, この問題, この新しい, この示威, この結合, この誘惑, これに, これまでとは, こんな世界, すきな, すぐれた写実的風潮, その後これといふ, その本質, それぞれの, それに, それを, ちまえの, どうかし, なかろうでは, へったくれも, まことに尠い, またさまざま, またその, また一日, また同じ, また問題作家, また房事, また新聞小説, また燃え出し, また相当, また私, みな秀吉の, もっと時代, やはりかう, よくこの, ゐて, キネマの, シッカリし, プロレタリア文学発展の, プロレタリア文学運動の, 久しぶりに, 事実の, 二三いた, 二三ゐた, 二三人は, 二度とそこ, 五十に, 亦おそらく, 亦庶民, 享受者も, 人間だ, 人間である, 今までの, 今日或, 仕事を, 他に, 他の, 例しなかった, 俳優の, 六日目には, 共にスティヴンスン, 共に威厳, 出ず自然主義, 出ました, 勿論ある, 十分な, 南や, 参加し, 及ばなかったこと, 及びも, 同じ人間, 同盟者的同伴者的作家も, 君たち純文学者も, 声を, 外交官の, 外界の, 多いよう, 夥しい型, 女の, 女房の, 子供に, 存在し, 完全に, 小説作家の, 居りますけれど, 弱らされたが, 情熱や, 意義は, 戦争を, 批評家へ, 批評家も, 推理小説に, 文学も, 文学をも, 新に, 日本には, 時には, 時代の, 時代も, 書かなかった意義, 書くこと, 最後には, 来た, 正しい発展, 正にその, 民衆の, 沢山いた, 津田さんくらいに, 無いもの, 特別に, 生み出すこと, 疎外しない, 皆それを, 矢張りそれと, 知ったの, 知らないところ, 社会性が, 私も, 等しくなさね, 等しく今日, 純文學, 経験が, 肉体を, 自分と, 舞台といふ, 若い俳優志望者, 表面上区別は, 訓練ある, 詩人も, 達し得なかったリアリズム, 違ったところ, 適は, 雑誌社には, 青い顔

▼ 作家である~ (166, 1.5%)

13 ことを 10 ことは 5 ということ 4 かどう 3 がその, ことが, と同時に, 良人と 2 かということ, かといふこと, がそれなら, が彼, と言, にし, 場合

1 [108件] お前にとって, かのやう, からかなり, からこそかんじん, からこそ私, からこの, からとか年長, からむかし, から一応, から彼, から現代, から現代日本, から自然, か私, がけれども, がそれ以前, がブルジョア・インテリゲンチャ, が今日, が作家, が批評家, が此, が知識人, が私, が金貨本位, こと, ことから, ことだ, ことには, しかしこの, しかし公平, し傲慢無礼, そこには, その意味, ために, というの, というよう, という理由, といえないであろう, といえる, といつたら, といはれるだらう, といふ事実, といふ前提, といふ定評, といふ態度, といふ点, といふ理由, といふ立場, といふ結論, といふ考, といへる, といわれるだろう, とか或は, とか時代的, とさえいえる, とすれ, とその, とたと, とともに, とともに実践運動者, と信じ, と共に社会的作家, と折紙, と考えた, と考えられる, と考へた, と言う, のかも, のに政治, のは, はずの, よりも心, よりも文学愛好者, よりも芸術理論家, わけも, わたしが, アンナ, ゴーリキイは, ヂロードー氏が, ドストイェフスキイは, メリメの, ワルター・イェンスは, 上に, 人々についてばかり, 仕事が, 以上どうして, 以上書かなけれ, 以上自分の, 以外に, 伸子が, 何んで, 吾, 場合に, 場合にも, 場合当時の, 所以の, 故か, 故に斯ん, 直線的な, 石黒敬七富田常雄などと, 私という, 私は, 自重の, 良人とは, 豊島与志雄新居格氏などからさえ, 青木の, 鱒井達の, 鴎外の

▼ 作家同盟~ (145, 1.3%)

6 に参加, の活動 3 が解散, に属し, の各, の指導部, の目的 2 がその, では農民文学, に加盟, の, のなか, の事務所, の全, の婦人委員会, は, 第三回全国大会

1 [98件] および文学, からは小林, から今度文学新聞, から出, から出版, から江口渙その他三四人, が一九三一年, が処理, が同伴者作家, が同伴者的作家, が大衆的組織, が婦人, が彼, が書記長鹿地亘, が特に, が犯した, が画期的, が組織, が階級的大衆組織, でもこれ, で下らぬ, で目下, というもの, という一組織, という組織, として雑誌, となった, と日本プロレタリア文化連盟, なんぞへ入っ, にはいった, には窪川稲子, に合流, に同志, に属す, のアッピール, のサークル員, のファッシズム, のフランス支部, の一員, の一部, の人たち, の仕事, の先輩たち, の内部, の国際的同盟加入, の基本的, の大会, の婦人作家, の婦人作家たち, の常任委員会, の後藤郁子, の成員, の或, の指導力, の指導理論, の指導的先輩間, の文学活動, の方向, の方針, の書記長, の木村好子さん, の構成, の機関紙, の機関誌, の画期的, の相貌, の第, の組織, の誰, はそこ, はその, はよく, はゴルバートフ, は三月十五・六・七, は前衛, は労農通信員, は大衆組織, は婦人作家, は婦人委員会, は文学サークル, は熱心, は現在七, は第, は考えるべきである, ばかりでなく, へ参加, へ大会, へ移った, もしくはモスクワ, も団体加入, も演劇, を右, を壊滅, を組織, 及び当時, 第三回全国大会万歳, 第三回大会, 第五回大会

▼ 作家~ (129, 1.1%)

20 あつた 4 あらう 3 あつて, 私の 2 この二つ, しかもその, すら単なる, せうね, それは, 彼の, 本当に人生

1 [85件] あなたに, あらうと, あらう棟方寅雄, あり得たの, あり得るの, いえば, いつかの, この人, この年投獄, さういふハメ, さえそう, すらその, すら書けない, その才能, その探偵小説, その老, その自己, それぞれ新劇団に, たとえばピリニャーク, だれの, ちょうど君, どんな風貌, のちには, ほんとうの, ほんとの, またよい, よく外國, アメリカでも, シャギニャーンと, ジャアナリストの, ヒトラーが, ポー以上の, 一夜に, 一番愛読され, 一部に, 不撓な, 云えば, 人生の, 今日まで, 作曲も, 俺が, 僕の, 全然戦争, 原始的生活が, 同じ時代, 多少売出, 妹の, 宇治に, 寿命の, 幾たりか, 彼らの, 怪奇抒情趣味の, 恋愛狩人として, 文学の, 新劇団の, 日本語の, 昔の, 時たまストランド誌, 最も新鋭, 東京パレスへ, 標題に, 毎月たくさん書きまくる, 無くいろんな, 無くとも, 無産者の, 生涯殆, 画に対して, 社會の, 私は, 立花秀子という, 胸の, 能楽に, 自分の, 英国人だ, 西洋の, 見れば, 誰が, 講演好きという, 逆に, 通り流行シナリオ, 通るの, 通具も, 通用する, 雲井秋生の, 風俗雑誌の

▼ 作家~ (110, 1.0%)

4 ということ 3 といふ, とすれ, と思っ

2 [11件] からこういう, からといっ, から単行本, この男, し, そうです, といわれ, とは思っ, と思います, と思う, と思つて

1 [75件] から, からそれ, からとて陶器, からばかりで, から世間, から五月一日, から安易, から小説, がこの, がその, がね, が度胸, が追究, ぐらいはこっそり, さう, し死, そうである, その時分, つたので, つた事を, つた彼も, つて人間である, つて新, という, というよう, という事, という事実, という二木, という青年, といふ事, といふ人, といふ論証, とお, とか云う, とか俳優, とか批評家, とか童謡詩人, とともすれば, とはい, とは思つて, とは言つた覚え, とは言つて, とふれ廻る, と一語, と云, と云う, と云つて, と吹聽, と強調, と思い, と思いました, と思った, と思ひました, と思ふ, と思われる, と申し上げ, と私, と考へられ, と聞け, と舌, と言, と言う, と評し, と評した, と誤り, な, などときく, などとは思へない, なんて言, わよ, 余に, 完成された, 巧い, 度胸で, 私は

▼ 作家という~ (108, 1.0%)

30 ものは 10 ものの 9 ものが 6 ものを 5 のは 2 ことに, ものに対して

1 [44件] ことが, ことだ, ことで, ことは, ちがいが, ところで, のであれ, ものことに, よび名さえ, 事に, 事実が, 人々の, 作家が, 分けかた, 包括的な, 印象を, 名に, 名前は, 名称を, 呼び名さえ, 問題は, 噂も, 天分に, 形で, 手品使いが, 文化専門家に, 方々が, 未熟練, 本筋からは, 特殊地帯で, 社会的な, 立場から, 章に, 者が, 者だ, 者には, 者は, 職業の, 肩書きが, 表現が, 言葉だけを, 語とを, 顔を, 風に

▼ 作家では~ (99, 0.9%)

15 ない 8 なかった 4 ありません 2 ありませぬが, ないが, ないと, なくて, 中野重治宮本百合子評論家では, 及び得ないやう

1 [60件] あっても, あらう, あるが, ある代り, さあ誰, その年, どんなに暗い, ないかと, ないかも, ないから, ないけれども, ないし, ないだろうか, ないの, ないまでも, ないよう, ない操縦士, ない生活人, ない記録作家, なおさらない, なかつた, なくかえって, なくとも, なく大いに, なく嫁, なく小説, なく従って, なく怪奇趣味, なく或, なく生れ, わからずなりに, イギリスの, オー, オーモニアゴルスワージーキプリンググレアム・グリーンモームドイルオプンハイムショーなぞが, ゴーリキイが, ジャック, チェスタートンと, トルストイが, トルストイ現代作家では, 中野重治と, 出来ないやう, 勿論芥川竜之介, 四人の, 夏目先生の, 山本有三氏歴史家では, 弱々しいセン光, 樋口一葉しか, 江戸川乱歩が, 江戸川乱歩を, 浜尾四郎の, 無い, 無いけれども, 瑞典の, 田村俊子水野仙子素木しづ子などという, 私の, 秋声白鳥春夫, 芥川龍之介久保田万太郎の, 誰が, 谷崎さんも, 野上彌生子氏が

▼ 作家~ (78, 0.7%)

2 その作品, 批評家に, 評論家が, 評論家の, 評論家は

1 [68件] あれこれの, その文学作品, グループが, ジャーナリストしか, ソヴェトに, ディレッタントや, 世の, 作品だけを, 作品という, 作品の, 作品は, 作品も, 作品を, 作品をも, 作品名を, 俳優が, 俳優たちが, 俳優に, 俳優の, 偉い作家, 傾向が, 僅少なる, 出版屋という, 出版屋の, 劇団を, 又はその, 反動作家は, 史家に, 大阪弁を, 女詩人たち, 学者の, 専門的文芸批評家が, 専門的文芸評論家の, 小説家なんて, 広義の, 批判家の, 批評家の, 批評家は, 批評家も, 技術家が, 文学理論家の, 文学雑誌の, 文芸批評家の, 新しい文学運動, 新劇専門家であり, 新聞記者等の, 日本の, 旧インテリゲンチア作家たち, 本は, 橋本正一氏長谷川一郎氏その他によって, 画家が, 画家でも, 画家は, 画家を, 純文学者は, 編集者や, 翻訳の, 肉体派さんたちの, 肉体派作家たちと, 芸術家は, 評論家という, 評論家を, 詩人たちが, 読者大衆を, 連続放送劇の, 進歩的自由主義作家, 音楽家の, 風変りな

▼ 作家自身~ (74, 0.7%)

3 にし, の態度 2 とする, には見える, の生活, の閲歴談, もそれ程

1 [58件] からさえ, がそれ自体, がどの, が一般に, が云う, が初め, が従来, が楽しん, が自ら, が自分, が評論, その低下, だけで, であるので, でかりに, としての問題, ともおぼしき, と定ま, と定まっ, どの国, にとってどの, にとって克服, にのみ其の, に向っ, に対しても, の, のインテリジェンス, の世界観, の主観上, の主題, の人民的立場, の作家活動, の内外, の出版, の分身, の利益, の創造, の問題, の大衆, の好悪, の実際, の實生活, の庶民性, の心, の情感, の理想, の金銭, はかつて, はその, はそのまま, は原作以上, は意識, は知っ, も戦争協力, を消し, を無力化, 既にその, 示すべき人間的生き方

▼ 作家~ (74, 0.7%)

2 が齢, と並ん, の間, は多く

1 [66件] ああ云う, が, があった, がこの, がわずか, がジャーナリズム攻撃, が全く, が全てさ, が全てそう, が前, が創作, が大きな, が大人, が所謂自由, が持つ, が提唱, が殆ど, が頭, である, でも革命, と, とは全く, と近い, にいわれた, にかうした, にこの, にとってはある, には発見, によって熱心, によって言われ, に対する彼, に求める, のもの, の並々, の中, の怠慢, の態度, の或, の日本, の書き直した, の盛大時, の社会的動向, の経済的向上, の関心, はあまりに, はこれ, はその, はそれぞれ, はどんな, は之, は反, は各々, は各自, は如何なる, は家庭, は年配, は既に, は殆ど, は西洋, は読み物, も歴史的, をも社会的, を二, を勉強, を皷舞, を私

▼ 作家には~ (68, 0.6%)

2 二つの, 幾何でも

1 [64件] いくら何, いつでも, こういう腰, こっちから, この二つ, この傑作意識, その作品, それが, それぐらいの, それ以外に, ちが, つくり得ざる名, ないこと, なれぬであらう, なれますまい, なれるの, まだまだこの, もはや執筆, アメリカ的に, ゾーシチェンコなどという, 不便宜, 世相風俗を, 全くない, 全く類, 其, 初めて手紙, 十分の, 外国が, 多少公平, 大した仕事, 好もしいこと, 年輩を, 広告を, 彼だけの, 必要な, 怒られるかも, 感じること, 批評眼が, 技術が, 文化勲章が, 文学の, 文学上の, 既成と, 日本だけ, 未だ類例, 本当の, 武者小路とか, 決して単なる, 注意しなけれ, 無理なく, 珍しい抒情詩人しげる, 相当すぐれた, 真似られぬ圓朝, 純粋に, 絶対に, 自己内容が, 興味ある, 興味の, 色々な, 蛆よりも, 評判が, 違ひない, 飛躍が, 饒舌が

▼ 作家でも~ (62, 0.6%)

3 なければ 2 あるという, ない, 批評家でも, 西鶴などの, 評論家でも

1 [49件] あったよう, ありません, おのれの, こっちに, そう思うであろう, その事務員, その所得額平均十万円, ないし, ないむしろ, ないよう, ない憾, なかみの造作の, なく哲学科, はじめて作品, やりさうな, やるの, わずかの, デュマは, モリエールほど, ロマン, 一人の, 一箇月に, 三つの, 何でも, 入れないのよ, 吉屋信子の, 執筆前に, 小説の, 彼が, 彼女が, 恐らくそう, 悲劇作家は, 或文学的苦境, 招き得られるのに, 文芸評論乃至, 日常性という, 日本の, 来月は, 注文と, 満洲, 現代では, 田山花袋とは, 矛盾相剋する, 科学者でも, 自分の, 芸術の, 貧乏し, 追憶囘想の, 非常に

▼ 作家にとって~ (55, 0.5%)

2 大切な

1 [53件] うれしいこと, これらの, すなわち生活, その成長, その批評, その机, そんな思い, どうと, まことに頂門, より大きな, 一二ヵ月の, 万年筆は, 並々ならぬ, 主観的に, 二つの, 仕合せの, 何より必要, 例えば一人, 具体的な, 危険である, 外部的に, 大事な, 大骨折りだ, 実に大切, 寒心すべき, 役に立つとか, 或る, 教養という, 数年を, 昨日は, 最も大切, 最も必要, 最も有難い, 歴史を, 殆ど落涙を, 決して侮り, 流れる想念, 無上の, 無価値, 無意味である, 特別に, 独特であった, 現実への, 痛い苦情, 痛切に, 真実の, 眼に, 絶対の, 自信ある, 自分が, 苦しみでも, 記念すべき, 重大な

▼ 作家生活~ (52, 0.5%)

2 が幾年, であつ, に入る, の三十年, は一途, を許さなくなり

1 [40件] がすすむ, が出来なかったろう, が崩壊, というもの, とへの意味, とを語る, と云, と文学, なしに, にきりかえ, にはいっ, にはいった, にはひつ, にもあまり金, に入った, に於い, に追いこんだ, の中, の出発, の初期, の前半期, の変化, の実態, の実質, の実際, の対象, の希望, の幾分, の時期時期, の火華, の現実, の閲歴, は死去, もなりたつ, をし, をしだした, をする, を保つ, を営もう, を辿っ

▼ 作家によって~ (49, 0.4%)

2 代表される

1 [47件] いわれた, うまれて, かかれたある, かかれた反戦的, かかれた戯曲, くりかえし論議, された, それぞれの, でなければ生れない, どう解決, 一つの, 一言で, 人間性の, 今日大衆は, 作られたもの, 前衛の, 呈出されたであろう, 思われた時代, 意企され, 或る, 所謂, 描かれそして, 描かれつ, 描かれる人間性, 描かれる女, 放たれて, 散文精神という, 書かれた, 書かれたと, 書かれたという, 書かれたもの, 書かれた一つ, 書かれた作品, 書かれた報告的, 書かれた小説, 書かれた真, 書かれて, 最も切実, 正しく把握, 独占され, 現在までに, 理解され, 生れて, 発表された, 芸術至上の, 見直されること, 覗われる

▼ 作家としては~ (42, 0.4%)

1 [42件] ある特殊, いつか勉強したい, その作品活動, その点, その苦しみ, どんな人, まだ新進, わが身に, エドガァ・アラン・ポウ以後ヴァン・ダインまでの, ゴーリキイが, モウパツサンは, ロマン, 一つの, 一番秀れた, 二十年ちかく, 仁清乾山木米等もっとも, 何びとも, 個人的に, 先ず第, 全く特殊, 単純に, 大泉黒石佐々木邦の, 太宰治檀一雄の, 屡々好意, 山上憶良山部赤人大伴家持大伴坂上郎女笠女郎の, 当然の, 彼は, 必ずしも損失, 怪奇を, 懸命な, 成り立たないの, 技術的に, 江口より, 無数の, 王位に, 珍しく見知らぬ, 社会現象に対して, 稟質上已むを, 粗末に, 肝要な, 自然でないでしょう, 退潮期に

▼ 作家たる~ (39, 0.3%)

2 ことの, ものは

1 [35件] あなた方が, ことが, ことは, だけのタンテイ眼, の地位, ものが, ものこの, ものなかなか, ものの, ものまた, ものまだまだ, ものを, バルザックが, 一面に, 人々は, 以上は, 佐竹君の, 僕は, 力量を, 友人連知らない, 場合は, 天分に, 強さ, 彼の, 所以である, 所以の, 所以は, 栄光得, 火野葦平によって, 男が, 私が, 立場として, 自身の, 若い甥, 資格を

▼ 作家~ (39, 0.3%)

10 のだ, のである 2 のです, んだ

1 [15件] のか, のかといふ, のかも, のじゃ, のだろう, のであった, のであろう, のでいえる, ので創った, のに作家, のね, わけである, んだろう, んです, んでも

▼ 作家との~ (34, 0.3%)

3 間に 2 差異は

1 [29件] ありよう, いきさつが, いきさつについての, いきさつは, ことを, しばしばの, 互の, 交遊が, 動きの, 区別は, 協力によ, 原稿一枚の, 差別は, 従属関係位デリケートな, 感じる困難, 本質的な, 正当な, 正当なあり, 見事な, 違いだ, 違いは, 違ひ, 間にあった摩擦, 間には, 関係が, 関係では, 関係の, 関係を, 附き合いなどで

▼ 作家~ (34, 0.3%)

2 といふもの, など今, の中

1 [28件] から追究, が出, が短い, でそれぞれ, でふれられ, というもの, とちがう, などへも興味, にしろ, によって自分, のかけら, のなか, の場合, の延長, の筆者, の面白, はちがう, は大体これ, は専門, は当時, は本当に, また年譜, をかきました, を初めた, を書い, を書き, を痛快, を言

▼ 作家協会~ (33, 0.3%)

2 に加入, に寄附, は会員

1 [27件] からソヴェト芸術全般, が主体, である, ではなく, というの, という長い, とした, との協定, と共に立っ, と小説家協会, に対して来た, に所属, のため, の会員, の作家たち, の共同金庫, の後援, の指導勢力, の規約, の議長, はその, は作曲家協会, は多数劇作家, は改造, は正会員四百, を創設, を設立

▼ 作家クラブ~ (31, 0.3%)

3 の建物 2 が浅草

1 [26件] がおかれる, が建てた, ではこの, ではオミコシ, でリビディンスキー, で朗読会, で行われる, にもなし, にリビディンスキー, に運びこまれ, のひろい, のデーニ・ウダールニク, の会員章, の告別式, の味噌, の幹部, の愚挙, の正門, の正面, の第, の結成, の若い, は, は僅か, は結成, へ行っ

▼ 作家~ (30, 0.3%)

2

1 [28件] では, でヘンデル, なゴーチェ, な人気, な勘, な地位, な撰択, な構想力, な歎息, な気張りは, な氣持, な眼, な経歴, な考え, な興味, な身ごなし, な風貌, な魂, には, にも人間的, にも教訓, にも逞しい, に言, また人間らしい, 乃至人間的態度, 再出発, 無良心, 生きかた

▼ 作家であった~ (28, 0.2%)

2 ことは, ことを, のだ

1 [22件] ある女性, かどう, かも知れない, から発端, か否, か所謂低回趣味, がある, が大, が酒気, ことはじめて, こと同志小林が, ということ, といえる, と共に一部, と思う, に拘らず, のだろう, ので, のである, マーク・トゥウエンの, 山村は, 歴史性が

▼ 作家といふ~ (28, 0.2%)

8 ものは 5 ものが 2 ことが, ことにな

1 [11件] ことも, のは, のを, やうな, 仕事を, 代りに, 名を, 意味で, 立場から, 立場が, 貼り紙を

▼ 作家とは~ (28, 0.2%)

2 云へ, 個人的に

1 [24件] いえない, いえないが, いへ, その名前, どんな種類, ならなかった, まさかこんな, またちがう, もとよりその, 人間の, 何物ぞ, 作家の, 俳優に, 別種な, 大分ち, 大智勝観氏である, 心臟の, 明日の, 組織上どういう, 言えない, 言われません, 較べもの, 限らず本来作家, 驚いたが

▼ 作家から~ (26, 0.2%)

2 みれば, 多くの

1 [22件] あなたがたは, いうと, みて, もっとひろがっ, 不断に, 入って, 切り離された全, 受けた実, 感じるの, 文壇に, 文学に, 新らしい, 林芙美子真杉静枝その他当時の, 注意を, 滋養を, 現代文学の, 自分を, 見ると, 見れば, 言っても, 質問を, 離れた署名

▼ 作家であり~ (26, 0.2%)

2 批評家である

1 [24件] いわば彼ら, この胸像, しかもそのままいつしか, その人生, その即, ながらそして, もしダリ, 三上於菟吉が, 人間の, 作品中に, 出版屋であった, 単なる印象派, 又大村, 同時に当選, 同時に評論家, 同時に読者, 否殆, 必ず幾つ, 批評家, 文学であり, 模造大家である, 永松定氏の, 総てが, 舞台装置家であり

▼ 作家活動~ (26, 0.2%)

2 が起り, の原動力, は終り

1 [20件] が旺盛, が開始, といふもの, との間, とは別, と社会, に入る, に関して昨今, のよい, の中, の二面, の作用, の全体, の内部, の新, をしない, をはじめ, をやっ, を通じてこの, を開始

▼ 作家にと~ (24, 0.2%)

14 つては 6 つても 2 つての 1 つて小説は, つて自分を

▼ 作家なら~ (23, 0.2%)

3 作家の 2 誰にでも

1 [18件] すぐボロ, そうするだろう, その辺, ば一年一作, ば作家, ば到底, ば原稿, ば頼まれ, やはりそういう, 一つの, 井原は, 作家という, 作家としての, 作家みずからその, 充分に, 口にこそ, 日本人も, 誰でも

▼ 作家にも~ (23, 0.2%)

1 [23件] ありません, ずっと前進, ひけを, また観賞者, よるし, 劣らぬ色彩的, 劣るやう, 及ぼして, 如何なる作品, 影響し, 影響を, 数種あ, 書かれずに, 様々な, 氷片を, 矢張上手と, 罪が, 若い時代, 見られる, 視られ又, 読者にも, 警視総監にも, 限られた自分

▼ 作家~ (22, 0.2%)

1 [22件] が事務所, が大衆, が彼等, だった, でいえ, というよう, との連絡, との間, と云え, と作家団, などというもの, に働きかけられた, に対しては同年, に属する, の中, の問題, はこの, はどんな, は十月革命, は革命, を認めた, を通じて国家

▼ 作家大会~ (20, 0.2%)

2 がひらかれた

1 [18件] からとにかく, がもたれた, がソヴェト革命, が行われた, が開かれ, で行った, で進歩的, と新, にはソヴェート作家, には松山, の刺激, の報告, の記事, の議事録, の重要性, は一九三七年十月, も亦, も参照

▼ 作家よりも~ (19, 0.2%)

1 [19件] すぐれた, もう一つアク, ブルヂヨア的な, 一段上座に, 上手な, 何か, 優れた作家, 先行する, 古く本質的, 寧ろ菊池なぞ, 弱いという, 愛読し, 日本の, 晩く, 此の, 気が, 社会的関心が, 読者の, 進展的だ

▼ 作家団体~ (19, 0.2%)

1 [19件] から完全, がそこ, が愈々, だからと, であるの, として経, とはきっちり, と一般労働大衆, と密接, と赤色陸海軍作家連盟, に属する, のため, の中, の中心, の事務所, はどんな, はデモ, も構成派, 総連合主催

▼ 作家にとっては~ (18, 0.2%)

2 あらゆるテーマ

1 [16件] その静寂, もう一度その, デカダンスからの, 一人の, 一作品が, 些少の, 他山の石と, 何よりの, 作品は, 必要で, 書くもの, 生活でさえも, 致命の, 芸術的に, 逆転に, 重大な

▼ 作家~ (18, 0.2%)

2 のうち

1 [16件] が一九四九年, が動き出した, そのうち, と捕物小説, と昭和十年前後, と較べ, についてそれぞれ, によつて, のなまなましい, の中, の或, の輩出, は今後, をみる, を以て一方, を市井

▼ 作家~ (18, 0.2%)

2 の間

1 [16件] がその, が右, が変, が寄っ, が彼, であったらば, にはプロレタリア作家, によって齎ら, に向っ, のごとき, の壮行会, の詩集, は出版事業, は面白, も道庵, を小僧扱

▼ 作家としても~ (17, 0.2%)

1 [17件] この分野, その活動, よほどの, 一段深い, 一風を, 人間としても, 何も, 多くの, 尊敬に, 強靭さの, 当然至極, 正しく育っ, 残る石上乙麻呂, 演劇の, 理論家としても, 相当の, 非現実的

▼ 作家精神~ (17, 0.2%)

2 である, や情熱

1 [13件] から生れね, がいけない, が欠如, こそ重大, だとか, といふもの, のコムプレックス, の伝統, の位, の欠如, の精髄, は無慙, を捨てる

▼ 作家に対して~ (16, 0.1%)

1 [16件] いかなる注文, こんな事, その行為, まるで卒業生, より多く, 不公平であろう, 何か, 侮辱的な, 効果あるべき, 失礼です, 如何なる意識, 屡々繰返された, 抱いて, 持って, 聊か非礼, 能力を

▼ 作家に対する~ (16, 0.1%)

1 [16件] それと, ゆとりで, ような, コムプリメントであった, ボイコットが, 世間の, 予備知識なり, 好意を, 師匠役, 忠告注文と, 批評を, 興味この, 親切な, 親易な, 非難と, 駁論否定に

▼ 作家~ (16, 0.1%)

3 では

1 [13件] からゲエリング, でも殊に, にこれ, にその, にもある, にも稀, のハイカラー, の第一人者, もつとも歌舞伎劇, 優れた天分, 最もインテレクチュアル, 最も構成的, 最も永く

▼ 作家であっ~ (15, 0.1%)

2 て決して

1 [13件] てさえもその, てさえもやはり, てよかっ, てアクロバット, て何, て初めて, て十九世紀ロシア, て日本, て民衆, て目撃, て素人, て芭蕉, て近頃

▼ 作家らしい~ (15, 0.1%)

1 [15件] しそれ, し大人, ね, ものを, 作家に, 匂い, 悩みの, 戯曲作家が, 生活性などは, 男達が, 経営内の, 著実, 趣生活力が, 農民作家である, 非現実性

▼ 作家とも~ (14, 0.1%)

3 なれば

1 [11件] あらう者, あるもの, いえる, おぼえず心安, なると, 云われ大衆作家, 呼ばれて, 呼ぼうと, 悪徳派作家とも, 異り, 知己が

▼ 作家なる~ (14, 0.1%)

4 劇作家 3 が故に 1 ものこそ, ものの, ものは, ジャン, 和田伝が, 家持の, 者までが

▼ 作家について~ (14, 0.1%)

2 みれば

1 [12件] どういふ, 一応その, 云われた殆ど, 云われること, 何か, 充分な, 同じころ, 彼は, 研究する, 見ても, 調べて, 論じるとき無視

▼ 作家志望~ (14, 0.1%)

1 [14件] だと, でいらっしゃる, でいらつ, ではなかつた, でもなかつた, で東京, などを取り下げ, なん, の動機, の女, の女性, の熱, の若い, は遂に

▼ 作家評論家~ (14, 0.1%)

1 [14件] がある, がその後, が今, であった, などの間, にし, によって活溌, の一群, の名, の行為, の質, は, を指名, を集めた

▼ 作家です~ (13, 0.1%)

31 かなどと云, かなどと云う, から, からね, から普通, が人生, が作品, ね小説作家, よ, 爽快な

▼ 作家~ (13, 0.1%)

2 の間

1 [11件] がローマ, しからぬ粗笨さ, にたいしても同じく, のうち, の卑怯さ, は, は多く, は彼ら, は目先, をもっ, を憎んだ

▼ 作家こそ~ (12, 0.1%)

1 [12件] いいツラ, すべてである, ドシドシと, プロレタリア階級の, 存在そのものの, 文学の, 最も強い, 最も魅力, 独り芸術の, 生活と, 社会主義建設の, 自ら死の

▼ 作家への~ (12, 0.1%)

1 [12件] よいミセシメ, 働きかけを, 多くの, 忠告や, 忠言は, 愛情と, 慰労賞めいた, 是認は, 突撃である, 箇々の, 苦言を, 課題も

▼ 作家でない~ (11, 0.1%)

1 [11件] かどう, ことは, ことを, として作品, と分らない, 人達が, 他の, 作家の, 種類の, 谷川氏は, 限り内に

▼ 作家によ~ (11, 0.1%)

2 つて描かれた 1 つていろいろ, つてやうやく, つて唱道されなけれ, つて始められる, つて得た, つて或は, つて手ぎはよく外側から, つて書かれた, つて示される

▼ 作家及び~ (11, 0.1%)

2 批評家は 1 その作品的主調, その諸, 一つ一つの, 作品が, 展覧会との, 彫刻家の, 文学愛好者の, 読者の, 革命的進歩的良心的インテリゲンツィアの

▼ 作家連盟~ (11, 0.1%)

1 [11件] からの若い, からはポドソートスキー, から指導者, が握っ, とがその, にゆずった, の標語, はプロレタリア, は一つ, は左翼的作家団体, を中心

▼ 作家でなけれ~ (10, 0.1%)

2 ばならない 1 ばそれ, ばなしえない, ばならぬ, ばわからぬ, ば作品発表, ば味, ば味読, ば発言権

▼ 作家一人一人~ (10, 0.1%)

1 がそれ, が既に, が日本, によって様々, のどう, の仕事ぶり, の傾向, の文学業績, の運命, へ文学

▼ 作家~ (9, 0.1%)

2 美術家である 1 たいていお, 何かが, 何ぞの, 知って, 純文學作家, 読者か, 貧乏の

▼ 作家その~ (9, 0.1%)

2 人の 1 ひとである, ひとひと, 人を, 個々の, 名を, 多くは, 數極めて

▼ 作家にとっても~ (9, 0.1%)

1 そこに, 一年じゅうで, 共通であった, 前進の, 困難な, 最も基本的, 最初の, 知りたいの, 読者にとっても

▼ 作家~ (9, 0.1%)

1 あばれたければ, ここで, そして作家, めいめいの, もしこれら, もし貴方, 何者をも, 茶を, 茶道を

▼ 作家より~ (9, 0.1%)

1 はるかに, 何となく, 俺の, 優れて, 專門的な, 少なかった, 更に幾倍, 第三者の, 自然観照に

▼ 作家以外~ (9, 0.1%)

2 の仕事 1 のいかなる, のもの, の人々, の人物, の純文学作家, の者, の面相

▼ 作家気質~ (9, 0.1%)

1 がふっとばされ, でいう, というよう, とはそれ程, ともいう, と罵った, によった, の伝統, をすて

▼ 作家研究~ (9, 0.1%)

1 にあたって私, のうち, の一端, の立場, の興味, はどれ, をもっと, を中央公論社, を飽く迄

▼ 作家諸君~ (9, 0.1%)

1 が發想法, に問いたい, に対しては私, の作品, の大半, の小説, の感興, も少く, を優遇

▼ 作家でなく~ (8, 0.1%)

1 てしかも, てはそして, ては俳句論, ては大阪弁, てポスター, て対外的, も誰, 人の

▼ 作家とか~ (8, 0.1%)

1 中堅作家とかに, 何とか云, 何とか云う, 呼ばれて, 思ふまま思想, 批評家とか, 画家とか, 言われて

▼ 作家とが~ (8, 0.1%)

1 あると, どう生き, どんなに有機的, 同時にマルキシスト, 対抗し, 新しい歴史, 登場するでしょう, 離縁し

▼ 作家仲間~ (8, 0.1%)

1 が決定, とそれら, と酒, に毛嫌い, に身, のアマチュア芝居, の友人, の運動

▼ 作家横光~ (8, 0.1%)

1 の感懐, の複雑, の見解, の読者, は何故, は少く, は日本, は現実的

▼ 作家~ (8, 0.1%)

1 がむきだし, が昔日, が無駄, が資本家, のグループ, の側, の名誉, は一ヵ月

▼ 作家組合~ (8, 0.1%)

1 である, で共同購入, にはロシア, に加入, の事務所, の保護, の規定, の規約

▼ 作家だった~ (7, 0.1%)

1 からそう, けれども当時, けれども彼, とか何とか, のかと, のだ, ようです

▼ 作家などは~ (7, 0.1%)

1 そばへ, とても足元, 到底考へられぬ, 役人だった, 思索が, 手近に, 最初は

▼ 作家についても~ (7, 0.1%)

1 このこと, また興味, 同じであった, 同じやう, 現れた, 言い得る, 類推する

▼ 作家ばかり~ (7, 0.1%)

2 では 1 であつ, でなくいやしくも, でなく他, でなく種々, なの

▼ 作家~ (7, 0.1%)

1 お品, ただまんぜんと, 對する, 本社編輯部の, 迫つてゐる, 送った, 黙々握手

▼ 作家乃至~ (7, 0.1%)

1 その団体, 俳優について, 俳書を, 劇作志望者が, 小説家で, 文芸批評家に, 革命的作家団体間に

▼ 作家詩人~ (7, 0.1%)

1 がいくつ, が次第に, が軍事目的, という面々, のうち, の言葉, はある

▼ 作家諸氏~ (7, 0.1%)

1 に失禮, のかく捕物名人, の中, の熱意, は果して, や編輯者, を見

▼ 作家~ (7, 0.1%)

1 で書く, という表現, の主体, の衰退, は一見, をもっ, を私淑

▼ 作家たらん~ (6, 0.1%)

5 とする 1 と志す

▼ 作家だけが~ (6, 0.1%)

1 さながら低い, プロレタリア革命を, 主観的に, 寛容ぐ利益の, 当今, 特に

▼ 作家とを~ (6, 0.1%)

1 ある意味, とわず戦争挑発, 世界に, 出して, 問わず新しい, 差し引いた余り

▼ 作家については~ (6, 0.1%)

1 いづれも, その過去, 何れ詳しい, 健康を, 知りません, 私自身それが

▼ 作家ほど~ (6, 0.1%)

1 その文章, 深い倫理的試練, 深く確実, 現象的には, 自分の, 自然に

▼ 作家らしく~ (6, 0.1%)

1 こうした品物, こまかい気くばり, てわたし, 傲然と, 大きい矛盾, 生活の

▼ 作家をも~ (6, 0.1%)

1 こめて, 含む広汎, 含む組織, 多数包括した, 神経衰弱だ, 老女の

▼ 作家を以て~ (6, 0.1%)

3 任じて 1 するから, 世に, 自任してる

▼ 作家一人~ (6, 0.1%)

1 として青軒, によってされる, のため, の問題, の成長, を見る

▼ 作家同志~ (6, 0.1%)

1 が土牛, のこと, の何物, の協力, の嫉妬心, は徒党的

▼ 作家志望者~ (6, 0.1%)

1 たらしめたその, に読ませたき, の一番どんじり, の中, の諸君たち, は文学的野心

▼ 作家じゃ~ (5, 0.0%)

2 ない, ないか 1 ないが

▼ 作家そのもの~ (5, 0.0%)

1 が文学思潮的, として歴史, の実質, の感性, の道

▼ 作家たち自身~ (5, 0.0%)

1 が他, が生産, のうち, の情感, はどんな

▼ 作家だけの~ (5, 0.0%)

1 主観に, 仕事が, 問題とは, 決めて, 距り

▼ 作家であれ~ (5, 0.0%)

2 ばその 1 ばある, ばこそその, ば足りる

▼ 作家などを~ (5, 0.0%)

2 相手に 1 ひとたまり, 獲得する, 迎えたの

▼ 作家にな~ (5, 0.0%)

1 つてし, つてしまつたのは, つても, つてゐ, つてゐた

▼ 作家のみ~ (5, 0.0%)

1 では, ならずあらゆる, ならずそういう, ならず批評家, 無選択

▼ 作家ばかりが~ (5, 0.0%)

1 感じて, 永久性を, 流行って, 流行つてゐる, 進んで

▼ 作家個人~ (5, 0.0%)

1 として労働者農民, に執する, の成長, の範囲, の能力

▼ 作家意識~ (5, 0.0%)

1 から神経, が酔い, が頭, の信念, もたしかに

▼ 作家態度~ (5, 0.0%)

1 が確立, であろう, と合わせ, の益々, 描く自然物

▼ 作家自ら~ (5, 0.0%)

2 でもなく 1 がそれ, が力作, その思想

▼ 作家そして~ (4, 0.0%)

1 その作品, その作家, 人気作家と, 手紙を

▼ 作家だって~ (4, 0.0%)

1 少し売出す, 当時本国に, 犯罪そのものには, 自分の

▼ 作家であります~ (4, 0.0%)

2 からやはり 1 から例えば, が

▼ 作家であろう~ (4, 0.0%)

21 とも今, とも本当に

▼ 作家などには~ (4, 0.0%)

2 ならなくとも 1 なれないと, 真似さえ

▼ 作家なり~ (4, 0.0%)

1 不見, 作品なりを, 彼は, 興行者が

▼ 作家なんか~ (4, 0.0%)

1 へなへなに, テムペラメントの, 伝統の, 何を

▼ 作家なんて~ (4, 0.0%)

2 ものは 1 すぐ弟子, 全く何万

▼ 作家についての~ (4, 0.0%)

1 まともな, 具体的な, 感想を, 諸家の

▼ 作家にとっての~ (4, 0.0%)

1 大問題, 本年の, 活きた勉強場, 興味の

▼ 作家らし~ (4, 0.0%)

2 さを 1 さ愛づべき魂, さ手際

▼ 作家を通じて~ (4, 0.0%)

1 その, もっとも意識的, 戯曲への, 殊に新進作家

▼ 作家オルゼシュコ~ (4, 0.0%)

1 によって書かれ, の, の小説, の書いた

▼ 作家シーモノフ~ (4, 0.0%)

1 が日本, などが来た, はこの, は日本

▼ 作家バルザック~ (4, 0.0%)

1 とウーゼーヌ・スュー, の個人, の慧眼, の日常

▼ 作家~ (4, 0.0%)

2 を出す 1 に私, に紹介

▼ 作家所生~ (4, 0.0%)

4 の言葉

▼ 作家批評家~ (4, 0.0%)

1 が両, が地下, の大, の理想

▼ 作家的態度~ (4, 0.0%)

1 というもの, といふもの, は恐ろしい, を見すごす

▼ 作家的特質~ (4, 0.0%)

1 というもの, として認め, はその, 倒れに

▼ 作家自体~ (4, 0.0%)

1 が貪欲, の分裂, の観念, の足跡

▼ 作家若しくは~ (4, 0.0%)

2 批評家が, 批評家は

▼ 作家さえ~ (3, 0.0%)

1 出て, 現われたの, 虐殺した

▼ 作家たらしめ~ (3, 0.0%)

1 たりする, たり拙劣, 同時に亦

▼ 作家だろう~ (3, 0.0%)

1 か, かちがう, とヘボ詩人

▼ 作家って~ (3, 0.0%)

1 ほんとうは, 文才の, 案外現実家

▼ 作家であるなら~ (3, 0.0%)

1 ばその, ば自身, 彼らは

▼ 作家でさえ~ (3, 0.0%)

1 あわただしい雑記, 少しは, 文学の

▼ 作家としてよりも~ (3, 0.0%)

1 以前に, 供給者或は, 先ず人間

▼ 作家と共に~ (3, 0.0%)

1 この集, 応召し, 理解し

▼ 作家などという~ (3, 0.0%)

1 ものは, レッテルを, 馬鹿げた読み方

▼ 作家などの~ (3, 0.0%)

1 作品を, 到底及ばない, 身邊に

▼ 作家なりを~ (3, 0.0%)

2 両方で 1 理解し

▼ 作家にまで~ (3, 0.0%)

1 完成した, 成長しない, 迫って

▼ 作家による~ (3, 0.0%)

1 戦争の, 探偵小説に, 文芸批評であり

▼ 作家に関する~ (3, 0.0%)

1 短かい紹介, 社会的な, 蒐集癖が

▼ 作家まで~ (3, 0.0%)

1 生じた, 等しく自然主義文学, 自分の

▼ 作家よと~ (3, 0.0%)

1 呼ばれた作家, 称して, 言って

▼ 作家ゴーリキイ~ (3, 0.0%)

1 が階級性, になっ, の中

▼ 作家ジイド~ (3, 0.0%)

1 が好ん, の生涯, の諸

▼ 作家タラソフ・ロディオーノフ~ (3, 0.0%)

1 が彼, が本気, が鳥打帽

▼ 作家チェーホフ~ (3, 0.0%)

1 にわざわざ, の暗鬱, を支え導い

▼ 作家マアク・トヱン~ (3, 0.0%)

1 がある, がいつ, のところ

▼ 作家マクシム・ゴーリキイ~ (3, 0.0%)

1 である, として, の発展

▼ 作家一般~ (3, 0.0%)

1 におとし, の内, の利権擁護

▼ 作家~ (3, 0.0%)

1 な感受, に作品, に劇団

▼ 作家会議~ (3, 0.0%)

1 が去る, はアメリカ, は各国文化

▼ 作家例えば~ (3, 0.0%)

1 川端康成という, 弦斎渋柿園浪六等の, 諸君も

▼ 作家各自~ (3, 0.0%)

1 の問題, の秘密, より新人諸君

▼ 作家同士~ (3, 0.0%)

1 がほとんど, が自分, 或は作家

▼ 作家同盟内~ (3, 0.0%)

1 には既に, に最近, の婦人作家

▼ 作家廃止論~ (3, 0.0%)

1 と文学突撃隊, と関連, を説く

▼ 作家当人~ (3, 0.0%)

1 にある, の丹誠, は生活

▼ 作家~ (3, 0.0%)

2 執筆の 1 十歳の

▼ 作家~ (3, 0.0%)

1 が元, と小, をやっつけた

▼ 作家或は~ (3, 0.0%)

1 プロレタリア団体の, 思想運動者の, 文学少女の

▼ 作家批評家たち~ (3, 0.0%)

1 とともに広はん, の賞讃文, はこれ

▼ 作家梅野十伍~ (3, 0.0%)

1 の朝, は拳固, は罪汚れ

▼ 作家特に~ (3, 0.0%)

1 その人々, 劇文学に, 歌舞伎新派の

▼ 作家的手腕~ (3, 0.0%)

1 にこの, を揮っ, を示す

▼ 作家的才能~ (3, 0.0%)

1 がいよいよ, に於, のある

▼ 作家的発展~ (3, 0.0%)

1 のため, の過程, の頂上

▼ 作家的経験~ (3, 0.0%)

2 から若い 1 が蓄積

▼ 作家魯迅~ (3, 0.0%)

1 だった, の存在, を兄

▼ 作家あり~ (2, 0.0%)

1 モーランあり, 一方に

▼ 作家からは~ (2, 0.0%)

1 より以上, 何等教

▼ 作家ぐらい~ (2, 0.0%)

1 だという, 一目で

▼ 作家その他~ (2, 0.0%)

1 の人々, の心持

▼ 作家それ~ (2, 0.0%)

1 が成長, ばかりかプロレタリア文学

▼ 作家それぞれ~ (2, 0.0%)

1 にタイプ, の作品

▼ 作家たるべき~ (2, 0.0%)

1 決心を, 道を

▼ 作家たる者~ (2, 0.0%)

1 この覚悟, の責任

▼ 作家だけは~ (2, 0.0%)

1 どこへ, 始終かわらず

▼ 作家だけを~ (2, 0.0%)

1 取り上げて, 見わたして

▼ 作家だつた~ (2, 0.0%)

1 かをも示し, がシヤガール

▼ 作家だの~ (2, 0.0%)

1 人気商売だ, 私は

▼ 作家とい~ (2, 0.0%)

1 へよう, へる劇作家

▼ 作家とに~ (2, 0.0%)

1 向って, 通ずること

▼ 作家ながら~ (2, 0.0%)

1 その方面, 二人は

▼ 作家など~ (2, 0.0%)

1 戦後に, 文学全般の

▼ 作家などが~ (2, 0.0%)

1 また集っ, 云いたがる言葉

▼ 作家なみ~ (2, 0.0%)

1 に目星, のあなた

▼ 作家にたいする~ (2, 0.0%)

1 いかなる定評, 文芸批評家の

▼ 作家にだけ~ (2, 0.0%)

1 各社の, 許されたる

▼ 作家につき~ (2, 0.0%)

1 ものであり, 添ひ

▼ 作家にでも~ (2, 0.0%)

1 書かせたら或は, 非人情という

▼ 作家により~ (2, 0.0%)

1 添った場合, 添った追求

▼ 作家に対しての~ (2, 0.0%)

1 世間的評価は, 合評も

▼ 作家のみに~ (2, 0.0%)

1 任せて, 止つてゐた

▼ 作家または~ (2, 0.0%)

1 小説家としては, 日本の

▼ 作家までが~ (2, 0.0%)

1 生活の, 顔を

▼ 作家までも~ (2, 0.0%)

1 その動員, 象徴劇を

▼ 作家よりは~ (2, 0.0%)

1 偉いです, 幾らか買

▼ 作家アッシェンバッハ~ (2, 0.0%)

2 に異国

▼ 作家ツルゲーネフ~ (2, 0.0%)

1 という人, の葬式

▼ 作家トコロテン氏~ (2, 0.0%)

2 に贈る

▼ 作家トルストイ~ (2, 0.0%)

1 が伯爵さま, の叙事詩

▼ 作家ルナアル~ (2, 0.0%)

1 の, はミュッセ

▼ 作家ヴァージニア・ウルフ~ (2, 0.0%)

1 がイギリス, の書いた

▼ 作家代表~ (2, 0.0%)

1 はリベディンスキー, も出席

▼ 作家以上~ (2, 0.0%)

1 ではない, に多かっ

▼ 作家~ (2, 0.0%)

1 として学びとるべき, に取っ

▼ 作家先生~ (2, 0.0%)

1 へその他, もみな

▼ 作家共通~ (2, 0.0%)

1 のもの, の苦痛

▼ 作家其の~ (2, 0.0%)

2 他の

▼ 作家内村直也~ (2, 0.0%)

1 が舞台戯曲, は正統的

▼ 作家北村三唖~ (2, 0.0%)

1 である, と天才露伴

▼ 作家~ (2, 0.0%)

1 沒却理想の, 無用人

▼ 作家即ち~ (2, 0.0%)

1 われわれ自身が, 最も広く

▼ 作家叢書~ (2, 0.0%)

1 の一部, の中

▼ 作家同志小林多喜二~ (2, 0.0%)

1 の全国的労農葬, の虐殺

▼ 作家同盟婦人委員会~ (2, 0.0%)

1 がプロレタリア文学, の活動

▼ 作家団体連盟~ (2, 0.0%)

1 に対しても作家, の機関紙

▼ 作家夫婦~ (2, 0.0%)

1 にとっての関心事, を見た

▼ 作家学者~ (2, 0.0%)

1 のある, の方々

▼ 作家実に~ (2, 0.0%)

1 かいて, 尠い

▼ 作家小林多喜二~ (2, 0.0%)

1 がその, のあの

▼ 作家尾崎一雄~ (2, 0.0%)

1 のアミ, をひいき

▼ 作家山本有三~ (2, 0.0%)

1 は忽如, を理解

▼ 作家常識~ (2, 0.0%)

1 の當然, を疑ふ

▼ 作家~ (2, 0.0%)

2 の小説

▼ 作家必然~ (2, 0.0%)

2 の態度

▼ 作家志賀直哉~ (2, 0.0%)

1 から町会役員的正義観, に対しもし

▼ 作家志願~ (2, 0.0%)

1 の希望, の精進

▼ 作家書記局~ (2, 0.0%)

1 からベラ・イレシュ, から世界

▼ 作家横光利一~ (2, 0.0%)

1 の文学, の発生

▼ 作家殊に~ (2, 0.0%)

1 ヘンリック・イプセン, 本来密を

▼ 作家江馬兆策~ (2, 0.0%)

1 と一所, と関係

▼ 作家~ (2, 0.0%)

2 とみすぼらしい

▼ 作家牧野~ (2, 0.0%)

1 に最大限, はもつ

▼ 作家独自~ (2, 0.0%)

1 の又は, の研究

▼ 作家生活三十年~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, を記念

▼ 作家生涯~ (2, 0.0%)

1 はその, を始めた

▼ 作家的力量~ (2, 0.0%)

1 は地主社会, は巨大

▼ 作家的努力~ (2, 0.0%)

1 でこういう, の方向

▼ 作家的情熱~ (2, 0.0%)

2 の型

▼ 作家的愛情~ (2, 0.0%)

1 がなかつたなら, といつた

▼ 作家的懊悩~ (2, 0.0%)

2 が習慣

▼ 作家的成長~ (2, 0.0%)

1 とを結び, のため

▼ 作家的欲望~ (2, 0.0%)

1 の多く, を刺激

▼ 作家的気魄~ (2, 0.0%)

1 があった, の確保

▼ 作家的生涯~ (2, 0.0%)

1 に大きい, を戯作者

▼ 作家的空想~ (2, 0.0%)

1 から俳優的空想, との板ばさみ

▼ 作家的立場~ (2, 0.0%)

1 での内容, に原因

▼ 作家的自覚~ (2, 0.0%)

1 によって描い, の著しい

▼ 作家~ (2, 0.0%)

1 功成り, 豆粒よりも

▼ 作家相川良之介~ (2, 0.0%)

1 の写真, の趣味

▼ 作家石川達三~ (2, 0.0%)

1 の話, は文学者

▼ 作家程度~ (2, 0.0%)

1 に平俗, の収入

▼ 作家笠井一~ (2, 0.0%)

1 の絶筆, の縊死

▼ 作家編輯者~ (2, 0.0%)

1 との間, はこの

▼ 作家膝下~ (2, 0.0%)

2 に参ずる

▼ 作家自体人間~ (2, 0.0%)

1 すらもあ, すらもあやつっ

▼ 作家藤村~ (2, 0.0%)

1 の本質的, の独特

▼ 作家訪問~ (2, 0.0%)

1 なんての, をした

▼ 作家~ (2, 0.0%)

1 を執筆, 乃至作品評

▼ 作家評論家たち~ (2, 0.0%)

1 は現代文学者, は自身

▼ 作家諸兄~ (2, 0.0%)

1 が何, ようんと沢山

▼ 作家達個々~ (2, 0.0%)

1 の背負つて, の良心

▼ 作家部隊~ (2, 0.0%)

1 に参加, に選ばれ

▼ 作家野上彌生子~ (2, 0.0%)

1 の年齢的, は実に

▼ 作家馬琴~ (2, 0.0%)

1 に於, の所謂教養

▼1* [604件]

作家あまり有名でない, 作家あらむと思ひ云々, 作家あるいはフランスの, 作家いって並ん, 作家いろいろあるの, 作家見それ, 作家かたぎが彼, 作家かと思います, 作家かとも思うが, 作家かもしらないし, 作家からでも容易には, 作家からよりも外国作家から, 作家がね自分の, 作家がへえつたつ, 作家がやぶつた, 作家がをかしくなく, 作家くらゐ実力, 作家くらいにはなれるかも, 作家けれども今まで, 作家こそは真の, 作家ことに批評家を, 作家このごろ更に数, 作家これは論外, 作家さえもあった, 作家さぞひとり合点な, 作家さんや肉体派さんたち, 作家しかもその作家的気質, 作家そういう大家ぶりの, 作家それぞれ独特の文学, 作家それらの諸, 作家それ自身もやはり, 作家たちさへなかなか, 作家たちめいめいが生き, 作家たちピオニェールたち労働者たちは今日, 作家たち十円会あたりの人々, 作家たち旺盛な詩人たち, 作家たち明日に属望, 作家たち深田久彌山本有三芹沢光治良等の諸氏, 作家たとえばドストイェフスキーなどが, 作家たとへば片岡鉄兵もしくは, 作家たらうとして少しく, 作家たらしむるものは政治的な, 作家たらずとも批評家, 作家たり舞台監督たり, 作家たろうとすれ, 作家だけで無く, 作家だったら之から, 作家だってねそんなら聞い, 作家だつたかと, 作家だらうと思ふ, 作家つて云や芝居, 作家つまらんですな, 作家つまりものを, 作家づらをし, 作家であったならその間に, 作家でありましてたとえば, 作家でございと云った, 作家でさえも明治四十年代の, 作家でしかない私, 作家でしたねそう, 作家でないだらうか, 作家でないらしくすべての, 作家でなかった所以, 作家でもをりに, 作家といふほどの意味な, 作家とかいう手合は, 作家とかに属する人たち, 作家としてだけ見ること, 作家としてという文句の, 作家としてばかりでなく人間, 作家としてよりは寧ろオルグ, 作家とで出版インフレは, 作家とともに認めて, 作家とのみ思って, 作家どころか文学者全体が, 作家どもから笑われる, 作家ども機会をねらってる似, 作家ないし作家, 作家なかるべき所以は, 作家なくして, 作家なぞと呼ばれて, 作家なぞという異った, 作家などといっては, 作家などといふ馬鹿げた読み方, 作家などとは言つては, 作家などに例を, 作家などにさえ最近まで, 作家などについて殆ど沈黙を, 作家などによって構成され, 作家ならありあまるほどゐる, 作家ならずとも感じ得る, 作家ならたれでもです, 作家なれば数十行, 作家なんかがいち早く疎開, 作家なんかでもドレミファを, 作家なんかは要らなくなる, 作家なんかもあったよう, 作家なんかを持出して, 作家なんぞには一行も, 作家なんとでも, 作家において本質的にも, 作家においては画家の, 作家における以上の, 作家にかぞへて, 作家にしか描けない女心, 作家にたいしてあくまでも自分, 作家にてその名, 作家にとってさえそれは, 作家にのみ要求し, 作家によってしか批評出来ない, 作家に対し一口に, 作家に対しても一つの, 作家に関しては自分の, 作家のみが善き叙事詩, 作家のみとは限って, 作家のみは何故に, 作家のみを指すよう, 作家はも早や, 作家はネ女を, 作家ばかりとは限らなかった, 作家ばかりについて何かを, 作家ばかりの座談会という, 作家ばかりは永遠の, 作家ばかりを細かくつっつきまわし, 作家ひとりのモティーヴ, 作家へも上げますし, 作家まわりが少い, 作家みごとに失格, 作家みずからその思想, 作家みたいな恰好, 作家めいめいがめいめい, 作家らしくない作家的面を, 作家らしく生きるべきであることを, 作家らしすぎるということ, 作家アプトン・シンクレエアは, 作家アリス・ホバードに, 作家アルフレッド・ド・ミュッセの名, 作家アントニー・アボットは, 作家アヴデンコというひと, 作家イェローボイに会う, 作家イバニエスの故国, 作家ウィシニェフスキーは農民作家, 作家ウェブスターの, 作家エリイザ・オルゼシュコの, 作家エルヴィユウの作品, 作家エレリイ・クイーンにはピアノ, 作家エロアが自作, 作家エロ作家なんとで, 作家オクスフオードを出, 作家オストロフスキーと輝, 作家オノレ・ド・バルザックの名, 作家カースン・マックカラーズが描き出し, 作家キプリングに有名, 作家キルションは工場内, 作家クラブ会長を引受け, 作家クラブ同人が協力, 作家クラブ員が建立, 作家クラブ等では団体, 作家クルィロフの膝, 作家グループはない, 作家コロレンコはその, 作家ゴンチヤロフは一, 作家ゴーゴリの作品, 作家サルウァドル・ダリの評論, 作家ザイレはしかし, 作家シャギニャーンが三年, 作家シンクレアに, 作家シーモノフ氏に会いました, 作家ジイル・ガリイヌが, 作家ジエーンライブラハは小説, 作家ジャン・ゲーノがパリー, 作家ジョウジ・エイドの作風, 作家ジョウジ・メレディスに同感, 作家ジヨン・シングである, 作家スタインベックは最近ソヴェト, 作家スタンダールの, 作家ステファン・ツワイグなどはドイツ, 作家センチメンタル時代です, 作家アル, 作家トランプをおもしろく, 作家ドゥーゼの紹介, 作家ドウーゼの創造, 作家ドストイェフスキーは信仰, 作家ネイオミ・ミチスンが一般, 作家バルザツクユウゴオゾラドオデエの徒, 作家バルビュスこのマルチネ, 作家バーナード・ショウなどは恋愛, 作家パウサニアスも建築家アガメデス, 作家ピエル・ルイスの説, 作家ピエール・ド・マリヴォオはその, 作家ファジェーエフ音楽家ショスタコヴィッチほか数名が代表, 作家フォルシュも黒装束, 作家フランツ・ウェルフェルに対するハース, 作家フリント・ヂヤックは一本, 作家ブルガーコフが, 作家ブレット・ハートの物語る, 作家ブレーデルが彼, 作家ブールヴァール作家といはれる, 作家プウシキンのうぐいす, 作家ヘルラーの長篇, 作家ベズィメンスキーのそういう, 作家ベルンスタンの戯曲, 作家ボイコット提唱を可能, 作家ポーストとフランス, 作家マアク・トウェンのところ, 作家マクス・ブロートの功績, 作家マルグリットはパリ, 作家マルグリット・オオドゥウの生活, 作家マルセル・アシアルの, 作家マルセル・エイメの, 作家モウド・ハインもいます, 作家モリエエルは自分, 作家モリエールの嘗て, 作家ヤコブセンの作品, 作家ヨコミツに, 作家ヨハンス・ベッヘルだ, 作家ラシーヌに対しての理解, 作家ラモンの短文, 作家リージンとその, 作家ルイザ・メイ・オルコット女史の三十七才, 作家ルイズさへやはり, 作家ルイ・ヴィアルドオの妻, 作家ローベルト・ムージルの, 作家ローレンスが発見, 作家ワシリェフスカヤの作品, 作家一作品の枠, 作家一同の利益, 作家一面には社, 作家万歳という形, 作家三上於兎吉も幸せ, 作家三島由紀夫の才能, 作家三糸重二, 作家不幸の底, 作家に時めく, 作家世相風俗を描いた, 作家中ドゥニ・アミエルとオベイ, 作家中二三人を除い, 作家中今日までその, 作家中唯一の勝れた, 作家中彼こそは小説壇, 作家中所謂甲の部類, 作家中村武羅夫は有名, 作家中條百合子氏のいちいち, 作家中歌人與謝野晶子氏と小説家樋口一葉女史以外, 作家中特異な地位, 作家中誰が, 作家中野重治の友達, 作家中間小説を主張, 作家主としてコムソモール出身の, 作家主義を脱し, 作家主義的な一面性, 作家五人の代表作, 作家五十歳六十歳のあの, 作家五弓和久朗氏である, 作家五百人の中, 作家井伏鱒二氏は軍報道班員, 作家人見小六の奥さん, 作家人間としての洞察, 作家人類の進歩, 作家は多く, 作家今ちゃんにそんな, 作家以下のもの, 作家以前芸術以前のもの, 作家伊藤整がいたましい, 作家伊馬鵜平君である, 作家会議報告の, 作家の連載, 作家似非インテリゲンツィアの恥知らず, 作家位これまでその, 作家佐々伸子と註, 作家佐多稲子は, 作家佐藤氏のため, 作家佐藤邦夫来る有望, 作家何某を攻撃, 作家作品をうむ, 作家修業の要諦, 作家修行の第一歩, 作家俳優などの一部, 作家俳優演出家及び純然, 作家俳優演出家舞台監督舞台美術家などがそれぞれ困難, 作家俳優音楽家たちはこの, 作家個々の作品, 作家倶楽部という, 作家れた俳優, 作家先生たちはその, 作家全体の生活, 作家六人を動員, 作家其他の文学者, 作家兼演出家の横沢太郎氏, 作家内海某が一番, 作家冥加では, 作家凡庸主義の論, 作家凡庸可なりの論, 作家出版者読者のコンフェレンス, 作家列伝ていうの, 作家前衛作家にも劣らぬ, 作家劇作家も勿論, 作家劇作家画家それに文化専門, 作家劇評家に抱かせた, 作家労働者学生今は絵本, 作家労農派の社会民主主義作家たち, 作家北原氏を感じさせない, 作家十一谷義三郎をし, 作家十余名の慰霊祭, 作家協会内の一味, 作家知ろうと, 作家及出版者たちの参考, 作家及評論家劇団築地座の舞台, 作家の観, 作家史的意味の重大さ, 作家各人の日常, 作家吉川英治が依然として, 作家同じアメリカの, 作家同伴者的作家などによって構成, 作家同士意気投合して, 作家同志小林の全貌, 作家同盟中央委員になり, 作家同盟主催の文学講習会, 作家同盟員に考え, 作家同盟国際会議の決議, 作家同盟常任中央委員会が, 作家同盟拡大中央委員会では二万五千, 作家同盟指導部というもの, 作家同盟東京支部における婦人同盟員, 作家同盟組織委員会の結成, 作家同盟者作家同伴者的作家などによって構成, 作家同盟講演会の後, 作家同盟音楽家同盟演劇同盟美術家同盟等の十三団体, 作家同門の出身, 作家名前をいう, 作家団体協議会では直に, 作家団体協議会クラブの広間, 作家団体間に強く, 作家団劇作家団が事務所, 作家団等が協力, 作家団自身生産の場所, 作家固有の個人的経験, 作家国際会議がモスクワ, 作家坂口安吾とても同じ, 作家坂口安吾氏は彼, 作家堀川保吉は一篇, 作家報道員を邪魔, 作家夏目漱石は文学的生涯, 作家に其罪, 作家大会報告を読み, 作家大塚楠緒子の詩, 作家大抵は怪談, 作家大衆文芸作家が開拓, 作家太宰治へ, 作家としての生活, 作家妄執とはそんな, 作家婦人作家実にかい, 作家宇津木秋子は今, 作家宇津木秋子さんといえ, 作家対作家としての感情, 作家対愛読者のありふれた, 作家対観衆の, 作家対読者という関係, 作家尊敬して, 作家小村の噂, 作家小説家の生活, 作家小説文学の巨匠, 作家尾崎士郎横光利一小林秀雄氏に紹介, 作家尾崎士郎氏との生活, 作家尾形が京城, 作家と読者, 作家山田美妙斎に文通, 作家岡本かの子は彼女, 作家島崎鶏二氏がたつた, 作家島木氏として現れた, 作家崩れの青年, 作家川田氏に材料, 作家左翼作家を迫害, 作家平林たい子の一つ, 作家廻りなどの, 作家彼ら自身の思想, 作家得意の観察, 作家心得なぞを読む, 作家必死の事柄, 作家思想家を投獄, 作家意欲の高, 作家会合の, 作家戯曲そのものの方, 作家戯曲家を真に, 作家扱いをし, 作家批評に限定, 作家批評家作家第一次大戦, 作家招待の二件, 作家拡大プレナムの決議, 作家探偵小説の作者, 作家擡頭も決して, 作家擡頭云々と云っ, 作家島崎藤村は, 作家文化の闘士, 作家文学者たちを資本主義, 作家文学連合中央評議会を組織, 作家文界の巨匠, 作家新しい日本の, 作家新庄佐太郎は戦争中, 作家日本の若い, 作家日本画展に, 作家春水の絶筆, 作家時代のお, 作家時代大阪を放浪, 作家曰く三万人の作家志望者, 作家有名な俳書, 作家本能の触角, 作家東野南次は文壇, 作家を核心, 作家果している, 作家の作品, 作家某大先生作, 作家根性でもう, 作家案内はなかなか, 作家梅ヶ枝十四子は先日女学校, 作家森田草平が平塚らいてう, 作家森田草平氏が入党, 作家構図でいえ, 作家横光利一氏の個人的, 作家次第でプロレタリア文学, 作家正宗の進歩性, 作家正宗白鳥氏を拉し, 作家武島裕吉をじかに, 作家武田麟太郎氏は日本文学, 作家に戯曲家, 作家殿貴殿は一人, 作家気どりで客観し, 作家水野仙子がその, 作家河東碧梧桐中塚一碧楼荻原井泉水等の諸氏, 作家法隆寺の作家, 作家の本来, 作家海野三千雄の名前, 作家深田久弥氏のもと, 作家漫画家などの社交場みたい, 作家漱石の自己, 作家火野の生活, 作家片岡鉄兵は当時, 作家特有の華美, 作家獲得のため, 作家現在の優秀, 作家現実のあり, 作家理想あり, 作家理論家の成長, 作家生れたのは, 作家生来の真面目, 作家生活全般のため, 作家生活十年以上に及ん, 作家生活結婚生活に入る, 作家田中が満, 作家田中千禾夫君をダイアローグ, 作家田中澄江はそれ, 作家田村俊子さんは貞奴, 作家甲野氏が現われた, 作家画家それに文化専門, 作家画家映画労働者劇場労働者みんな出かけたが, 作家画家音楽家俳優みんな芸が孤立, 作家的インテリジェンスのこと, 作家的エネルギーに較べ, 作家的主観の傾向, 作家的人間的突こみを, 作家的位置が日本画壇, 作家的傾倒の根源, 作家的全幅が何らかの, 作家的内容の一部, 作家的出生即ち家庭, 作家的出発の当初, 作家的反省と自負, 作家的地位を作れる, 作家的境地においてこの, 作家的天分を知らしめる, 作家的姿態に於, 作家的完成を棒, 作家的実力を証明, 作家的実践のまま, 作家的志向ははっきり, 作家的志望の感情, 作家的思想と呼ん, 作家的意企は思想, 作家的意欲だけから來, 作家的感興を刺戟, 作家的成熟とを一定, 作家的成長欲やその, 作家的手段として持っ, 作家的手法を排除, 作家的才能云々の理由, 作家的批判その全幅, 作家的批評とが二様, 作家的押し出し丈を俗的, 作家的文学的洞察と造型力, 作家的文芸批評家や専門的文芸批評家, 作家的日常の範囲, 作家的日暮しの姿, 作家的本質の或, 作家的業苦は恰も, 作家的欲求からする, 作家的歩みの興味, 作家的気質の主, 作家的水準は決して, 作家的活動とを完全, 作家的熱意を刺戟, 作家的現実を説明, 作家的生活を送るべき, 作家的生活期にある, 作家的相異よりはまた, 作家的矛盾を自分, 作家的短所は影, 作家的神経がありゃ, 作家的稟質にとってだけ真に, 作家的稟質社会所属の本質, 作家的立塲から次, 作家的素質に欠陥, 作家的緊張で書かれ, 作家的習熟を感ぜしめる, 作家的自己鍛練です, 作家的自負で立っ, 作家的観察力をもっ, 作家的観察眼でほとんど, 作家的評論と評論家, 作家的認識の世界, 作家的貪慾さはむしろ, 作家的野心というよう, 作家的鍛練と確立, 作家的閲歴としてもプロレタリア文学史, 作家的面を露出, 作家皆それぞれ快活なあるいは, 作家直木三十五や三上於菟吉, 作家着想の根本, 作家矢代静一の特色, 作家短篇特輯を出しました, 作家研究等の一般文学的教養, 作家研究随筆で社会時評, 作家祝ひといふ, 作家神田兵太郎が文作, 作家も作家, 作家自己の, 作家一次大戦に, 作家組織の代表百名, 作家絵画文芸展覧会を訪問中, 作家緑平の一面, 作家群久保田菊池山本久米といふやう, 作家老いて悲境, 作家聴講生は二つ, 作家自由思想家などもその, 作家自身ソヴェト農民は農村, 作家自身余りすらすらと, 作家自身女ながらもと飛行機, 作家自身専有の芸術品, 作家自身心意の熱, 作家自身自分も半面, 作家自身自身の課題, 作家良心は先づ画題, 作家芥川としての悲しい, 作家芥川龍之介はその, 作家花形の青年たち, 作家芸能家その他をも含む, 作家芸術家が共同, 作家芸術現象を含め, 作家著述家があらわれ, 作家に紹介, 作家行動十年来の金科玉条, 作家西鶴でさえ, 作家見直しの考え, 作家見習いにはなった, 作家をもっ, 作家記者は彼等, 作家評伝の間, 作家評論家歴史家新聞記者等を会員, 作家評論家江口渙氏である, 作家評論家詩人の多数, 作家詩人シンシナーチの音楽学校, 作家詩人戯曲家などもどうして続々, 作家詩人批評家美術家音楽家舞台及び映画, 作家謂わば命, 作家豊嶋与志雄君によつて指摘, 作家跣足だぜ, 作家農民作家によって見直される, 作家農民作家等のグループ, 作家通俗批評家に外, 作家通信員の出る, 作家連中に配った, 作家遂に我が文界, 作家達音楽家と舞踊家, 作家遺族の利権, 作家郁達夫の死, 作家の力, 作家にもう, 作家阪中正夫君は粉河, 作家の最高, 作家うて, 作家としてその, 作家雑誌記者それに先生, 作家雜誌への投書, 作家の如く, 作家非常に生気, 作家もし, 作家革命的作家に向っ, 作家音楽家俳優評論家など芸術家, 作家頭腦の惡, 作家風俗作家の文学論, 作家飢饉で多く, 作家高浜氏の小説, 作家鷲尾某と協同, 作家黄谷青二との両, 作家ABCは消滅