青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「作品~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~作 作~ ~作っ 作っ~ ~作った 作った~ 作り~ ~作る 作る~ ~作品
作品~
~作家 作家~ 作業~ ~作用 作用~ ~作者 作者~ 併~ ~使 使~

「作品~」 11030, 114ppm, 921位

▼ 作品~ (2382, 21.6%)

126 中に 64 中で 30 上に 26 価値を 25 中には 24 うちに, なかに 19 世界に, 世界の 17 中では 16 なかで, 中でも 13 ように 12 中の 11 あるもの, 中から, 価値は, 方が, 芸術的価値を 10 一つである 9 うちで, 上で, 多くは 8 中にも, 前に, 底に 7 ような, 大部分, 女主人公, 後に, 間に 6 ことを, ために, 上では, 価値が, 全部を, 或る, 批評に, 批評を

5 [15件] うちの, やうな, 世界が, 世界では, 世界は, 世界を, 價値は, 名を, 唯一の, 基調を, 完成を, 根柢に, 精神を, 美を, 魅力は

4 [18件] ほかに, 一つで, 一つを, 上には, 上にも, 上の, 世界で, 主題と, 内容と, 内容を, 場合に, 実際で, 数も, 映畫化, 現実の, 裡に, 角度と, 重要な

3 [46件] うちから, ないこと, なかでは, やうに, よさ, テーマと, テーマに, 中へ, 主人公は, 主要な, 主題は, 例を, 全系列, 具体的な, 内に, 内容が, 内容は, 内部に, 制作に, 場合でも, 場合には, 大衆性の, 実際に, 底を, 感じが, 数が, 方向を, 最後の, 根柢には, 現実では, 現実に, 現実は, 発表が, 相違, 真の, 美しさ, 美醜の, 背景と, 良さ, 芸術的価値は, 評価が, 評価の, 評価は, 質の, 鑑賞に, 飜譯を

2 [144件] あとでのみ, あらゆる細部, いずれかを, うち, うちでも, うちには, ことは, すべてに, その, どこに, どれを, なかには, なかの, のこらぬこと, ほうを, ほとんど全部, もって, もつイデオロギイ, もつ魅力, よろしきもの, シナリオを, テーマは, テーマを, モチーフが, モティーヴは, 一つが, 一つの, 一つ一つについて, 上での, 上演を, 不思議な, 不滅を, 不道徳である, 与へるもの, 世界と, 世界へ, 世界も, 中その, 中核は, 主人公の, 主題として, 主題に, 二三を, 何処に, 何處に, 何行かを, 作者たちは, 佳さ, 価値の, 價値が, 價値を, 全ての, 全部の, 全重量, 全集や, 具体的内容と, 内容に, 内容や, 前では, 創られて, 効果を, 反影, 名前を, 商品化を, 基底に, 基礎を, 基調と, 場合は, 多くが, 多くに, 大きさ, 大きな特色, 大小論は, 如きは, 実質に, 幕切れの, 広告の, 影響が, 性質が, 悪口を, 意味も, 批評が, 批評という, 批評の, 政治的価値を, 政治的價値を, 数は, 新しさ, 方に, 方を, 本来の, 本質が, 本質に, 本質を, 核を, 根柢が, 構想に, 構成が, 構成の, 模倣で, 殆ん, 決定的な, 特徴は, 特殊な, 特異な, 現実で, 現実について, 生きて, 生みだした新, 生れて, 生命が, 発表の, 発表を, 真実が, 空想の, 簡略な, 系列の, 美に, 美は, 芸術としての, 芸術的価値の, 荒筋を, 表面には, 規模の, 観念を, 角度とは, 解説を, 調子には, 調子を, 讃辞として, 質に, 質は, 足を, 載つた雑誌, 間の, 隅々に, 随処に, 随所に, 面白さ, 題材の, 題材は, 顕著な, 魅力に, 魅力を

1 [1179件 抜粋] あらかたは, あり方に, ある事, あれこれに, いくつかを, いのちは, うえに, うちでは, うちにおいては, うち探偵ヂュパンの, うら, おもしろさ, お傍, かかれた時代, かき出しは, かげで, かつての, こくが, ことである, ことに, ことばかり, ごとき, ごときも, ごとき気, すべては, せいだろう, そういう本質, その関心, そまつな, それぞれは, たぶん代表的, ためであろう, ための, つもりだった, どういうもの, どこにも, どちらにおいても, どれもが, なかでも, なかみ, ひとくせ, ほとんどすべて, まわりに, もつて, もつ所謂, もつ風格, ゆとりの, よしあしは, よまれも, アラを, エスプリである, カメラ, コクを, サロン, スケールの, ダイアローグが, テクストについての, テーマの, デイテエルは, ネウチで, フィクション性から, プランを, ポピユラリテイイを, モデルだ, リアリティを, リズムの, レベルも, 一つかと, 一つだ, 一つに, 一つも, 一つ一つを, 一件を, 一例と, 一列として, 一篇に, 一貫した, 一部分と, 上にだけしか, 上側に, 上演は, 下稽古を, 不自然な, 世界から, 世界だけ, 世界であった, 世界とを, 世界に対して, 世相ルポルタージュに, 中ででも, 中にさえも, 中心を, 主人公が, 主人公とは, 主人公には, 主人公に対して, 主人公を, 主調たる, 主調は, 主題たる, 主題内容に, 事が, 享受鑑賞までを, 人性が, 人物の, 人間らしさ, 今日の, 仕掛けの, 代表的な, 仰せを, 伝統を, 体系そのものが, 体臭身ごなしまで, 何も, 何処が, 何箇所かで, 作家とを, 作者が, 作者であり, 作者の, 作者も, 価だけの, 価値とは, 価値ばかり, 価値判断に, 個別的には, 値打が, 値打を, 偉大な, 側から, 傾向の, 傾向も, 僞物と, 優劣は, 優秀性を, 先驅, 全体が, 全体は, 全價値, 全篇中, 全過程, 全部に, 具体性において, 具体的内容である, 典型と, 内容という, 内容とは, 内容の, 内容よりも, 内容表現に, 再検討, 冐涜であり, 冗漫性に, 写真が, 写真を, 冷鉄の, 出ること, 出来た時, 出来も, 出来不出来は, 出来不出来以外に, 出来栄えは, 出来栄から, 出版権は, 出現によって, 出現を, 分析を, 初演記録は, 制作という, 制作心理に, 刺戟と, 前には, 前後を, 創作される, 創作を, 劇的生命は, 力と, 力強さ, 動きとの, 十分の九までの, 半分ない, 単行本が, 印象は, 厚みとかを, 参考の, 反響も, 取捨に, 受取を, 右翼的傾向逸脱への, 名は, 周囲に, 味が, 呼吸の, 商品としての, 商品価値を, 問題である, 問題にも, 器物と, 囲壁に, 土台と, 地方色を, 型とでも, 執筆中で, 基調の, 基調や, 場合にも, 売約口など, 外つまり読者と, 外観との, 多くには, 多くの, 多すぎる, 多角性や, 大きな主人公, 大群は, 大衆性といふ, 大衆性に対して, 奥に, 奧深く, 好題目, 如くその, 如何にも, 妙味や, 字を, 存在すらも, 存在理由の, 完全と, 完成の, 実力は, 実質で, 実際と, 容易に, 審査といふ, 対社会対大衆的効果を, 将来にも, 專門飜譯家として, 對社會對大衆的效果を, 小説なら, 居住居を, 展覧会を, 市価の, 常として, 序文に, 底にも, 強味も, 形に対して, 形式が, 形式は, 影の, 後で, 後味は, 従者と, 心理解剖の, 忠実な, 思想と, 思想は, 性質と, 性質について, 悉くは, 意味構造も, 意図らしい, 意志を, 意識的な, 愛読者だ, 愛讀者には, 感想などを, 感覚的世界に, 成功な, 成果を, 成長範囲をも, 所謂, 打ち合せ, 扱いかたが, 批判は, 批評など, 批評についても, 批評価を, 技巧的な, 抄訳を, 持ち味だ, 持ち味としての, 持つ傾向如何, 持つ明る, 持味が, 描写に, 支持者です, 收録に, 效果を, 数から, 数多いといふ, 文学としての, 文学史的考察や, 文学的魅力が, 文體としても, 新しいもの, 新鮮味如何という, 方向に, 方法や, 日本的なる, 時代には, 時代的意義が, 時間的順序は, 書かれたる内容, 書かれた時, 書棚で, 最も良い, 最良の, 未完であった, 本来は, 本質問題に, 材料として, 枠に, 根を, 根本的な, 格を, 構図に, 構想が, 構想も, 構成から, 構成に, 様な, 標題として, 模倣である, 横へ, 欠点である, 欠点は, 歴史的真実性は, 殆ど全部が, 段階の, 気分的な, 永続性を, 活力は, 深い光沢, 深さ大さ, 準備された, 滑稽な, 演劇的な, 無意味な, 熱は, 特別な, 特殊性にも, 特色とも, 特色も, 特質は, 特長だ, 独立した, 現れるの, 現実が, 現実上の, 現実関係の, 理解は, 生まれた時代, 生まれ出る, 生れること, 生命と, 生命感を, 生態こそ, 生活に対する, 生活的確実さと, 生産ばかりは, 略, 異樣, 発展では, 発生の, 発表, 発表にあたり, 発表機関である, 発表禁止も, 登場人物を, 監督には, 相貌によ, 眞僞良否を, 真実の, 真髄を, 短い紹介, 石の, 研究明治文学の, 社会性を, 社会的意味を, 祕密は, 科学的認識に, 稀薄さが, 種類も, 空気に, 空疎を, 第一回, 第一幕, 筆致創作の, 筋を, 箇々についての, 範囲では, 精神の, 系列を, 素材は, 素材的な, 細部または, 紹介で, 紹介等も, 組織的生産という, 結末では, 結末の, 絶対的価値といふ, 緊密感は, 線の, 缺點をも, 美しい弾力, 美しさそのもの, 美作品の, 美点欠点を, 翻訳に関して, 肉づけ, 肉附け, 背後に, 背景としての, 背景には, 脊柱と, 自慢を, 自生的圧力の, 致命的弱点で, 舞台を, 良し悪る, 色彩と, 色調を, 芸術品として, 芸術性を, 芸術的価値が, 芸術的効果を, 芸術的実感と, 芸術的高, 蔭で, 虚構を, 行きづまりは, 行文の, 表現, 表現も, 表題は, 裁判官や, 裏には, 裏側に, 補遺などに, 製作年代を, 褒め合いを, 見かた, 見当らなかつた不思議, 観念的な, 解剖類別などを, 計画が, 計画を, 訳者として, 評価といふ, 評価とを, 評価にあたって, 評價という, 評價の, 評論追随, 詩趣と, 詮議だてを, 話その他, 話に, 誇張と, 説明簡略なる, 読後感が, 読者に, 調子に, 譬喩もしくは, 販売も, 購読者としての, 躍動しない, 近代性と, 通俗性とか, 運命を, 過多である, 道徳を, 遠い上, 遺憾な, 配列を, 重苦しさ, 量に, 量の, 金額への, 鑑賞ばかり, 長短にも, 間を, 限界と, 隅々までも, 雕琢に, 非点, 面白味が, 頁を, 順序とは, 題でしょう, 題名である, 題名発表誌の, 題材に, 風俗画的な, 風貌を, 骨子と, 骨組みである, 魅力であり, 魅力の

▼ 作品~ (2095, 19.0%)

54 書いて 29 読んで 28 見て 23 発表した 20 発表し 17 発表する 15 書くこと 13 かいて 11 見ると 10 よんで, 書いた, 生んで 9 例に, 批評する 8 見ても, 読むと, 鑑賞する 7 上演する, 出して 6 みて, 作るの, 愛読し, 讀んで, 貫いて, 集めて

5 [12件] ほめて, 愛して, 持って, 描いて, 書いたの, 書くに, 書くの, 書こうと, 残して, 決定する, 自分の, 見た時

4 [15件] のこして, よむと, 公に, 批評し, 書きたいと, 書く人, 生み出すの, 生産する, 製作し, 見せて, 見れば, 評して, 評価する, 読むの, 読む時

3 [27件] して, つくって, よみました, 一つでも, 上演し, 云々する, 否定し, 味は, 売りに, 好んで, 手に, 捜して, 注意し, 理解する, 生み出して, 知って, 示して, 紹介し, 見よ, 評価し, 読むとき, 読んだこと, 論じたり, 載せて, 送って, 選んで, 離れて

2 [131件] あげて, お読み, かくため, かくの, きりぬいて, そのままに, つくるため, とりあげて, どう考え, のせて, のせること, みると, もって, もつて, よんだ, よんでも, 一笑し, 享楽し, 人が, 人手に, 仔細に, 他に, 余り沢山読ん, 作って, 作っても, 作りさえ, 作り上げて, 先生の, 全部読ん, 公けに, 公衆に, 公開する, 分析し, 制作する, 前に, 創造する, 包んで, 収録した, 収録する, 取り上げて, 古い観念, 味う, 品隲する, 商品として, 大きい紙袋, 大衆に, 好むの, 好む事, 完成させ, 完成した, 少しは, 少しも, 市場に, 底流する, 彼の, 愛するの, 愛読した, 批判する, 拵へる, 持ち逃げし, 描いてのみ, 描かせて, 描こうとして, 提供する, 携帯し, 擇ばれる, 文学として, 書いたが, 書いたこと, 書いた時, 書いても, 書かうと, 書かないの, 書きながら, 書くという, 書くも, 書くよう, 書く時, 書こうという, 期待する, 残した, 残すこと, 特色づけ, 生かすもの, 生んだ, 生んだが, 発表しない, 発表しはじめ, 発表しはじめた, 発見し, 發表し, 目し, 直接に, 眺めても, 破壊する, 示した, 社会的事実として, 私の, 私は, 細心に, 紹介する, 自由に, 興味を, 舞台化する, 製作する, 見せろ, 見たこと, 見に, 見る, 見るの, 見る場合, 見渡した, 訳しつつ, 評價する, 説明し, 読みながら, 読み返して, 読むこと, 読むという, 読む機会, 読めば, 読んだあと, 課題に, 論ずるには, 論ずるの, 送り出して, 透して, 遺して, 除くの外, 陳列した, 頭の

1 [1300件 抜粋] あげようと, あつめて, あなたの, あまり好まなかった, あまり発表, あやつりあまつさえ, ある人, あれ程, いい画家, いかに多く, いつの間にか軽蔑, いなかへ, いろいろの, うつす仕事, うんだり, お書き, かいたと, かいた作者たち, かかさずに, かかなくなって, かきたいでしょう, かきはじめ一九二二年, かき与謝野晶子, かくとき, かくよう, かこって, からみつけて, きょうの, くらべて, けなすか, こきおろして, こしらえるおり, こなして, この集, こめての, これまでも, さういふ立場, さがし出すこと, しゃべるより, すきに, すっかり軍用, すでに退屈, ずたずたに, そつちのけに, そのため, その外部, それが, それの, それ自身独立した, そんな音樂, たくさん書き遺した, ただ読ん, たとえば昨夜, ちゃんとよん, つき抜けて, つくりそして, つくり出すため, つくるといふ, つらねたよう, とおして, とり逃して, どうする, どう思ひます, どんなふう, なしたに, なんらかの意味, のこしなほ家庭, のせるかという, のせ伝統的, のみならず彼, ひっさげ数年, ひどく恥ずかしく思い, ひろい範囲, ほめそやして, ほめる場合, また自分, まだ書かず, まとめた, まとめるとき, まるで狂気, みたらわたし, みるとき, みれば, もう一度そのままで, もたらすよう, もちろん昔, もとへ, ゆつくり, よく読ん, よみいろいろ, よむこと, より多く, よんだが, よんだ人々, よんだ自分, イヒヒヒヒとしか, シャウフェルが, チェコ語に, ハイフェッツの, フランス語に, ポオランド語に, ユニックな, 一つに, 一つ加うる, 一つ土中に, 一つ翻訳した, 一まとめに, 一二用意し, 一五三七年どまりと, 一册に, 一層高度, 一度よみたく存じ, 一本も, 一眼でも, 一篇のこさず読ん, 一読する, 一銭でも, 三つまで, 三讀すべき, 上演したる, 与えられた具体的, 世に送り出し, 世界美術全集に, 並べて, 中心として, 丹念に, 主軸に, 乱読し, 二三回上演した, 二回も, 人形芝居と, 今日の, 今日私共が, 仕上げなければ, 仕上げる上, 他人が, 代表する, 企圖せしめた, 何回と, 何遍も, 作つた芭蕉は, 作らにゃ, 作り出したと, 作ること, 作るならどんな, 作ろうと, 作者が, 佳作と, 信頼しつづけた, 傑作として, 僕は, 児童と, 入念に, 全部よまない, 全部大阪弁で, 公開しました, 再び世, 写し直し彼, 出さずに, 出したし, 出すかといふ, 出品し, 出版しない, 分析した, 切りとらせないかと, 列挙すべきでしょう, 初めて紹介, 初期と, 判断する, 利用する, 創って, 創り出すという, 創ること以外, 創作し, 創作する, 勇壮な, 包容する, 十分翫味し, 半分丈かくし, 却つて目立たせる, 原稿の, 厳選し, 参考, 取っても, 取り上げる, 取り巻く文壇, 取捨する, 受諾し, 古色蒼然たらしめる, 各名手, 含むすばらしい, 味いたい, 味読する, 問題として, 喜ばないよう, 單に, 嘗て物, 四五行読んだ, 売るの, 売約した, 外国語によって, 多彩ならしめ, 大変に, 好まないと, 如何に, 始めて, 子守歌の, 学び争い, 完成する, 実演し, 対照した, 小林多喜二の, 少しづつ, 少しもっ, 崇敬した, 巻頭か, 常識的だ, 平面的な, 広く作品そのもの, 広める方法, 引っつかみそれ, 弱くし, 当時の, 形象化の, 待って, 得て, 復元し, 心理主義の, 必ずしも彼, 忘れる事, 思い出したこと, 思い浮べるかも, 息はずませ, 意味し, 愛します, 愛すること, 愛好し, 愛好する, 愛讀し始めた, 慕つて遥々, 成る程, 我々に, 或形, 托する, 扱って, 批評した, 批評せよ, 投函し, 押しすゝめ, 拜見に, 拵えて, 持たない殘念さ, 持ち寄ったりも, 持ち寄るに, 持ったり, 挙げて, 捧げるよう, 採りまた, 探し出さうとして, 探せば, 描いた意図, 描くこと, 描ける罪, 提供するまえ, 提出する, 携へて, 撫で廻して, 撰んだ理由, 支配しきる, 攻撃され, 教えて, 數多く, 文芸に, 新に, 既にもう幾つ, 日本の, 早く出版, 明朗主義に, 昭和八九十十一と, 時には騷, 暗記する, 書いたか, 書いたそう, 書いたと, 書いたやう, 書いた人, 書いた作者落華生, 書いた動機, 書いた當時, 書かしめた力, 書かせて, 書かないで, 書かなかったという, 書かれて, 書きあげそれ, 書きあげる, 書きつ, 書きつつ, 書きわが, 書き上げた当時, 書き努める無名, 書き得ると, 書き更に, 書き終つたところ, 書き送ったという, 書くかも, 書くについて, 書くべきだと, 書く上, 書く以外, 書く場合, 書く毎, 書く自由, 書こうたって, 書終える, 最後として, 望まれて, 校正し, 極度に, 構成した, 槍玉に, 機械的に, 歓迎し, 殆どみな, 残さんと, 残した人, 残す所以, 殘した, 民主的な, 求めること, 汚すもの, 活かして, 活字によ, 渾然と, 漁り行くに, 演じるの, 演出する, 漱石は, 濃密に, 無視し, 照らしその, 燃えさせて, 片っ端から, 牧野信一に, 物した, 特殊な, 狭くし, 現代社会の, 理解し, 理解できない, 生かそうと, 生の, 生まなかつた事実, 生みだすに, 生みつ, 生み出したから, 生み出すため, 生み出すに, 生む, 生むため, 生むという, 生むの, 生むよう, 生む経路, 生もうと, 生んだ作家, 生んだ婦人作家, 生んでは, 生命づけてる, 生活態度として, 産み得る力, 産出できなかった, 當時喜ん, 発表された, 発表しだした, 発表し出した, 発表出来た, 發表される, 皆同一の, 皆買いも, 直に金, 眺むる眼の, 眺めると, 矢継早に, 知ってる名手, 知るまで, 研究する, 破り棄てた後, 示ししかも, 示しました, 示すには, 社会との, 社会的に, 禁止する, 私に, 穏和に, 第一, 箱から, 純然たる, 終へる, 経て, 經て, 網羅し, 罵倒し, 羅列する, 翻訳紹介し, 考へること, 耽讀, 聴かせようと, 聽か, 臓腑から, 自費出版した, 舞台の, 落して, 藝術が, 表象する, 補足する, 製造する, 褒められたり, 見せたり, 見せられたと, 見たあと, 見たとき, 見た事, 見てから, 見ないと, 見られよそこ, 見られよ如何に, 見る前, 見る様, 見出し難, 見物し, 見直すこと, 見遁, 観て, 観賞する, 解りにくく, 計りこれ, 評する場合, 詩である, 誤譯, 読まないもの, 読まぬ, 読みその, 読みなん, 読みゴーリキイ, 読み二三, 読み私, 読み較べて, 読む, 読むだろう, 読むべきである, 読むより, 読む人々, 読む場合, 読めるだけ, 読んだという, 読んだら好かろ, 読んだ人, 読んだ作家, 読過し, 論じ終つたやう, 論ずる場合, 論議せね, 識る, 讀む事, 讀んだ事, 貫くかし子, 貫く感激, 貴重に, 買ひ占め, 賞め上げた, 購いたいと, 踏台に, 載せた, 載せる時, 近くで, 送つて, 送り出した, 送ること, 通しまた, 通覧する, 遠くから, 選んだに, 遺した, 重くし, 量において, 長年憶って, 除けば, 除外すれ, 随分昔, 集めた本, 集めること, 集成した, 雑誌社に, 非難し, 音楽に, 類別すれ, 骨を, 髣髴させる

▼ 作品~ (1171, 10.6%)

8 私の 7 他の 5 一つも, 当時の, 日本の, 私に 4 それが, 一つの, 作家の, 容易に, 次の

3 [14件] この事実, た, どれも, ない, 別として, 外国の, 彼の, 或る, 未完成, 決してこの, 畢竟作家, 私たちに, 私は, 読者に

2 [76件] あまりに概念的, いわば自分, このとき以後, この作, この作者, この視角, さうし, そうである, その一つ一つ, その作品, その手法, どれを, なかった, なかなか記憶, なるほど, よくない, われわれの, カフカの, クリストフの, プロレタリアの, プロレタリア的イデオロギイに, ポーの, 一つとして, 一号一〇円から, 一方に, 世に, 二十世紀の, 五十年後に, 人に, 何れも, 作家が, 作家は, 作者が, 僕の, 全部読んだ, 共通し, 十九世紀の, 売らない, 多くの, 多くは, 大作にも, 完全に, 少くとも, 少しも, 幻想的である, 彼等の, 従来の, 必ず種々, 手を, 文人的な, 文学の, 日本では, 明らかに, 更に今日, 書いて, 書きませんと, 書くのみの, 書けない, 殆どすべて世間, 殆ん, 残りなく, 残る, 無気力に, 生まれて, 発見創造と, 益々, 確かに, 私たちの, 私にとって, 約四千首, 自分の, 自然主義の, 読者を, 非常な, 非常に, 革命の

1 [922件 抜粋] あくまでも文学座座員諸君, あつて, あの頃, あまりこれ, あまりない, あまり彼, あらゆる条件, あれは, あんな個性, いいん, いかにも冷ややか, いっそう感動, いつまで, いつも何, いづれも, いれなかったの, うまいけれども, うまく行つた時, およそ, かういふ主題, かくの, かつて同じ, きまって, きわめて良心的, くらい心, ことごとく, ことごとく旧, ことごとく赤裸々, このほか, このロマンティシズム, この原理, この場合, この真理, この詩集, これと, さうい, さっきから, すつかり, すなわち冒頭, すべてここに, すべてブルジョア文學作品で, すべて何かの, すべて古く, すべて情操の, すべて私自身にとっても, ずっと古くから, ずっと昭和, せんじつめれば, そこから, そこでは, そのまとまり, その主題, その人物, その作者, その内部, その可能, その存在, その年齢, その後継者, その成功失敗, その構想表現, その殆どすべて, その自, その裏地, その製作過程, その覘, その課題, その間の, その頂点, それぞれの, それぞれ注意を, それだけの, それでもいい, それによって, それは, それらが, それ自身が, そんな状態, たいてい私, たしかに観念, ただそういう, ただ一篇, ただ名前, たと, だいたいに, だめでございました, つよく否定, できなかつたわけ, ではどれ, とくに今日, ともかくも, どういうもの, どうかという, どうしてああ云う, どうしても拵え, どうなんだい, どう考えた, どこやら, どちらかと, どの一つ, どの位数, どれをと, ないが, ないで, なかったらしい, なるべく見る, なるほど立派, なんらの, ひたすらに, ほとんどなく, ほとんど正確, ますます末梢的, また貴方, まだしも良い, まだほか, まだよめない, まだ出現, まだ大阪弁, まったくヘヒト, まったく別, まとまらなかった, まるで触れ, みな現実奉仕の, みな近代説話として, むずかしいから, もう一つ, もう明日, もう物の数, やさしいほど, やや頼り, よくクライスト, よみかえすこと, よろしい, われらの, アルス児童文庫の, エッセイの, シナにも, スティヴンスンの, テーマを, ドイツの, バイキンの, フランス人に, ベートーヴェンの, マスターベーションである, ヤミ屋の, ラユール会社が, 一つだけ, 一つ一つとり離し, 一つ殘らず讀み, 一まとめに, 一九二七年の, 一九四〇年ソヴェトで, 一二に, 一個の, 一層難解, 一昨年の, 一様に, 一種の, 一般読者の, 一言で, 一部に, 一面に, 三段の, 上演し, 上等品とは, 上記の, 不備や, 不愉快である, 世界の, 世界的な, 両極に, 丸彫, 主に, 主我の, 事実かと, 二の次もっぱら, 云つては, 五十年六十年を, 人の, 人間が, 人間性か, 今では, 今十年も, 今日に, 今日までに, 今日迄, 以前雑誌に, 低俗かも, 何が, 何ていうか, 何でも, 何とかし, 何となく物足りな, 何と昔, 何んと, 何万という, 何故良い, 余技の, 作品そのものの, 作品の, 作者との, 作者不詳である, 作者自身にとっても, 例の, 俳優が, 俺の, 個人と, 傑作である, 僅少の, 僕に, 優れて, 先づ他の, 光り別々, 児童の, 全くいや, 全く絵画的意図, 全然免れ, 全部が, 全部抹擦し, 共通に, 其理想主義と, 写し取つたもの, 写意が, 凡てブロンズに, 凡俗とは, 出來, 出来合いの, 出版される, 初期の, 制作から, 前にも, 創られて, 十二月初めに, 十年前に, 卑俗な, 単に作品, 単に表現, 印刷され, 反撥を, 古い南画フワン, 古くから, 可なり, 可笑しいかも, 右の, 同じくみな観音, 同じ藤原時代, 同時代人, 同時代人一般, 吾, 唯衒気, 嚴しくいへ, 困るとも, 在来の, 地方生活を, 堂々たる存在, 塹壕から, 変った小説, 外国にも, 外見は, 多分は, 多少俳味, 夥しいが, 大きかったり, 大体において, 大分ある, 大抵中国, 大抵讀破, 大智氏自身にと, 大概成功し, 大気の, 大部分歴史小説, 天に, 天才の, 天草の, 好きで, 好意を, 妙法蓮華経であり, 婦人解放問題を, 完全そのものであった, 完全落第な, 完璧である, 実にどっさりある, 実話を, 實に, 小さなもの, 小説だ, 小説であります, 少かった, 少しく吟味, 少しより, 少なくない, 展覧されん, 山から, 巧みに, 常にその, 常に人生, 常に外国, 常に理論, 平たくおしつぶし, 年毎に, 幼時の, 強く悠々, 当時まだ, 彼を, 彼等が, 往々不可解, 後の, 後向立姿, 心がけによって, 心理解剖の, 必ず, 必ずしも多い, 必ずしも近代色, 必らず, 恐らく凡て, 恐らく現代文学, 悉く不評, 悉く次, 悉く論外, 慟哭を, 成功である, 我々讀者を, 戦前アントニー・アボットが, 戯曲的生命に, 所謂大衆文学の, 所謂高級な, 手堅い構成, 才気が, 持って, 推理小説と, 描かれた世界, 支那に関する, 数限りも, 文壇清掃の, 文学作品として, 文芸に, 文芸欄へ, 新たな, 新年号の, 方解石の, 既に識者, 日本には, 早晩そうした, 早速殿, 昔から, 昭和年代の, 時に読まなく, 時空を, 更に, 書いてない, 書かぬが, 書かれずに, 書かれたの, 書き拔, 書き直されなければ, 書けないで, 書けないでしょう, 書けないの, 書画に, 最初世間の, 朗読に, 本当の, 本格的な, 李唐以上に, 松井須磨子や, 果して文学, 架空的な, 極めて主観的, 極めて無造作, 極めて独創的, 概ね同種, 欠点や, 次第に暗, 武田さんの, 死滅し, 死灰の, 殆ど宝石, 残るの, 氏の, 気が, 気分小説と, 決してぐうたら, 決してポピュラア, 決して単純, 決して張り子, 決して時代, 決して洩らし, 決して率直, 決して通俗, 沢山遺っ, 流行と, 浮世絵的情趣などを, 滔々たる, 無いの, 無心に, 無意的記憶, 熱烈なる, 特にそれ, 特定の, 現はれ, 現在ある, 理論的研究の, 生きて, 生まれたけれども, 生まれます, 生れて, 男の, 画面の, 異った, 発表にあたり, 発表当時兎も, 百篇に, 皮肉にも, 省きました, 眞直に, 真平だ, 知つてゐる, 知識と, 短篇殊に, 確に, 社交の, 社会的目的小説であった, 神樣との, 私という, 私には, 科学には, 種々な, 窮屈である, 第一作品集, 第二回目, 精製した, 純粋であろう, 素材の, 終局に, 結局心理解剖を, 絶無と, 緩やかさの, 美しく魅力, 美文的価値に, 聴衆を, 肉合とか, 腰の, 自分に, 自己以外の, 自然と, 良くない, 色々読ん, 芭蕉の, 芸術であれ, 芸術品として, 茶碗酒器水指等々として, 落第だつた, 著者の, 血だらけである, 表現派や, 表題と, 複雑な, 要するに低調, 要するに未, 見えない, 見ること, 記録である, 訳されて, 評判が, 詩と, 詩歌にも, 語るであろう, 読まれなければ, 読んで, 誰が, 誰に, 誰も, 豊かな, 賞める, 載せたくないん, 近頃再び注目, 通用しない, 違つたで, 遠慮会釈なく, 部門の, 重要な, 鏑木さんの, 閑却され, 闘争的精神も, 阻害された, 隨分好きである, 雅俗折衷の, 雑な, 霊感によって, 面白くなし, 革命的文学である, 靴, 題も, 題材も, 風俗壞亂と, 高値を, 鬪爭的精神も, 魂から, 鴎外を, 默殺される

▼ 作品~ (1007, 9.1%)

25 ある 8 多い 5 発表された 4 あります, 出て, 如何に

3 [16件] あった, あると, すぐれて, 一つでも, 一つの, 今日の, 他の, 収められて, 存在する, 日本の, 流行した, 現れて, 生れたの, 生れて, 生れる筈, 発表される

2 [68件] あつた, あり種彦, あるかも, あるが, あるの, あるもの, かきたいの, このよう, これを, そこから, その作家, それぞれの, それに, つめこんで, のせられて, まだ広島, より良く, 一般に, 一部の, 上場された, 不幸にも, 人に, 作者の, 出品された, 出来るもの, 出来れば, 判断される, 古典として, 同一の, 多かった, 多くその, 多くの, 大衆の, 好きで, 好きである, 完全な, 完全に, 少くない, 少なくない, 当時の, 彼の, 後れたり, 後世に, 従来の, 文学的に, 日本などでも, 書肆の, 根柢的に, 殆ん, 求められて, 活字で, 活字に, 演奏される, 現はれない, 現れた, 現實, 生まれたの, 生まれること, 生活の, 私たちを, 私に, 私の, 立派に, 自分の, 要望される, 賞美せられ, 通俗小説である, 非常に

1 [773件 抜粋] あくまでも文壇的, あったという, あったならば, あって, あまりに不用意, あらわれてからの, あらわれはじめた, ありましたら, ありましたら私, あり中島湘煙, あり得るし, あり追, あるけれども, あること, あるのに, ある内部的光明, ある白鶴三羽, ある短篇, ある雑誌社, あんまり世間, いいの, いかなる影響, いかにし, いかにも滑稽, いかにレコード, いかに暗鬱, いくつか, いちばん新鮮で, いま印刷され, いよいよもうまるきり取り柄, いるの, うちだされた, うまれる過程, およそ二十年後, かかれたとき, かくも, かち得る賞, かなり偶然性, ことに彼, こののこされた, この人, この人気, この種, この頃, さういう印象派以上, じつは彼ら, すでに十分, すべては, すべてマルクス主義文学の, そういう意味, そういう風, そうであった, そうである, そのあらゆる作, そのこと, そのしるし, そのまま成長, そのキズ, その人, その具体的, その文学的発展, その正当, その素直さ, その自然, その資料, それぞれ多かれ少なかれ, それではその, それは, それほどの, た, たいていは, ただ単に, たとえいかにまずく, たまたま傑作, たまらなくばかばかしいもの, ちゃんとどこ, ちらちら覗ける, つくられて, つねに未, できあが, できた, できたとき, できて, できるかという, でき上, でて, ともかく日本, どうにか二等, どう理解, どこからか, どこに, どっさり書かれた, どの新聞, どれほど自分, どれ程, どんなに奇想天外, どんなに非, どんな工合, どんな悪評, どんな風, ないから, ないといふ, なかった, なかなか生れ, なくて, なくなって, なぜ今日, なって, なんら新しい, のりはじめた, のりはじめた頃, はじめて当選, ぱっと彼女, ふえはじめて, へったわけ, ほしいそういう, ほとんどことごとくカトリック的, ほとんどまつたく, ほとんどペンネーム, ほめられて, ますます人間, また可憐至極, まだあまり粒, まとまるまでには, もしわれわれ, もし僕以外, もったいない, もって, もつ一般性, もつ意味, もはや単にその, よいばかり, よい小説, よくない, よくなる, よまれて, わからないの, アメリカを, キズでは, チラホラと, ディケンズの, ドシドシ発表される, プロレタリア作家によって, プロレタリア的観点からの, マルクス主義的イデオロギイに, マンネリズムに, リアリズムの, ロシア語に, 一つか, 一つから, 一八一八年に, 一刻も, 一文不知の, 一朝一夕に, 一流雑誌に, 一番好きである, 一篇も, 上演され, 上演された, 不完全であれ, 不当に, 与えたイメージ, 与えられて, 世に, 世界中の, 中心である, 主な, 主流を, 久保田万太郎氏の, 之を, 二三年前非常に, 二三篇でも, 二千円とは, 五月号の, 人の, 人目に, 今から, 今日らしい, 今日完全に, 代表的な, 何かの, 何故今日, 何物の, 余技であれ, 作られたと, 作品として, 作家自身の, 作者にとって, 保守的で, 健全の, 僅少である, 僕の, 充分な, 先ずキズ, 入選し, 全く, 全体としては, 全然ない, 全然或, 全部であり, 八千円しよう, 六千円した, 内包し, 内面的に, 写し出そうと, 凡庸に, 凡庸の, 出かかって, 出た一八九四年, 出ても, 出るか, 出ること, 出来そう, 出来た, 出来たので, 出来た前後, 出来て, 出来なかったから, 出来る, 出来るだろうと, 出来るの, 出来上って, 出来上つて, 初め作者によって, 初演された, 創造されん, 力強くドシドシ, 勅撰集を, 勤労者文学に, 十点二十点と, 単なる活字, 単純で, 厳粛で, 収録され, 受けやしないかという, 古いとか, 古くならず, 可なり, 可能であっ, 右顧左眄的な, 同じ, 同誌に, 名女優, 吾, 吾が國, 商品化された, 問題に, 單に, 固定化した, 堂々たるフォーム, 堂々と, 売れて, 売れるわけ, 売約済に, 多いが, 多いこと, 多いといふ, 多うございます, 多くあらわれた, 多くそのうち, 多くだいたい, 多くロシア, 多く中, 多く現れた, 多く現われる, 多量に, 夜通しの, 大変理念的な, 大正十三年頃つまり, 大量に, 失って, 女を, 好きだ, 好評を, 如何いふ, 如何なる芸術的価値, 存在した, 存在しない, 存続し, 存続する, 完成し, 宝石細工に対する, 実に不思議, 対外的な, 小さくなっ, 少いの, 少く見せる, 少なかつた, 少なく風俗画, 屡々読書界, 屡々遭遇, 帝国農会の, 常に単純, 常に自分, 広く読まれた, 底深い, 当時に, 当選作の, 彼によって, 彼によつ, 後代を, 得た収入額, 必らずしも, 思い浮ばない, 急に, 悉く皆客観的, 悪くなり, 感じさせる底なし, 感性的な, 我々の, 或は損害, 或種, 或行き詰り, 戯曲で, 所謂, 所謂左翼的立場に, 手法を, 才気に, 拍車と, 拒否せられたら, 挙げられるであろう, 探偵小説の, 掲載された, 描き出して, 放送せられる, 政治と, 数多く観られる, 文壇に, 文学として, 文学を, 文学上の, 文芸品を, 文語の, 新人たちの, 既成観念の, 日本における, 日本には, 明らかに, 昨年度の, 時代と, 普通の, 智慧に, 書かれたその, 書かれたの, 書きとうございます, 書けたり, 書けないの, 書けないよう, 書けぬという, 書ける事, 最も好き, 最も洗練, 最後に, 最高の, 月評家に, 有機的に, 朗読された, 木下恵介監督の, 未完に, 本もの, 本気で, 東京文壇に, 桂華に, 楽しみの, 次々と, 次つぎに, 歴史的色彩を, 死んで, 殆ど求めずし, 残らないに, 比較的好評, 民衆に, 民衆的であるべき, 氷つ, 永久性を, 氾濫し得る, 求めにくかっ, 決して少なく, 決して類型的, 沢山ある, 治療である, 活字によ, 消えるか, 淡い愁, 滅多に少ない, 漱石の, 無心に, 無批判, 無期延期に, 無限に, 熱狂的な, 特徴でした, 現れたという, 現れる可能, 現われた, 現代一般人の, 現実への, 理性にとって, 理解された, 生ずるという, 生まれて, 生まれるであろう事, 生まれると, 生まれ出るかと, 生み出された心理的過程, 生れざるを, 生れねば, 生れはじめまた, 生れるで, 生れるとは, 生れるの, 生れるはず, 生れ出たで, 生態描写風に, 生産文学という, 百分の一チェホフの, 百年まえ, 皆一度は, 益々作者, 目を, 目立って, 相当, 相当な, 相当多く, 眼の, 知識人の, 研究された, 示して, 示すよう, 示す両様, 示す工藝, 示す驚くべき創造, 社会問題を, 社会性において, 社会的所産であり, 私にとって, 私にとりまして, 積み重ねられて, 積極的利用の, 立派だ, 第一, 純粋小説として, 累いされ, 総じて図様化, 編集者の, 群を, 翻訳され, 翻訳されない, 自分を, 自然に, 舞台に, 舞台上で, 良くて, 良ければ, 花と, 芸術として, 芸術作品と, 芸術教科書, 芸術的に, 若し男性, 英国的であった, 行きついて, 西洋臭い, 見る者, 見出されて, 見物を, 観者を, 註釋せられ, 証明する, 評価を, 誤読されない, 説明し, 読みたくて, 読みたければ, 調えられるの, 調子に, 變化に, 超現実的, 軽蔑を, 農民作家によって, 近代画家を, 送り出されたが, 送り出されなければ, 逸れて, 過去に, 選考委員会で, 酷似し, 間違っても, 陳列され, 雄弁に, 集約的に, 雑誌なら, 面白かった, 面白くない, 頻りにあらはれ, 題材的には, 飽きるほど, 駄目と, 高い芸術性, 高まる筈

▼ 作品~ (879, 8.0%)

17 於て 12 就いて 7 於ては 6 依って, 現れて 5 あっては, しても, 對し, 對する, 手を, 比べて 4 さへ, して, なると, 即して, 反映し, 描かれて, 於ても, 現はれ

3 [15件] あらわれて, ある, しては, 似て, 何等の, 出遇, 反映する, 就て, 接する時, 於いて, 於いても, 比較し, 漂ふ, 登場する, 露るる

2 [71件] あらは, あり来りの, あるの, くらべて, こもって, それを, たえて, ついぞ見た, では, なって, なるの, にじみ出て, ふれて, まとめて, やたらに, ヒントを, 一味の, 一脈の, 人を, 似せて, 作者の, 依つて, 傾倒し, 傾倒する, 凝って, 到つて, 加へて, 劣るであろう, 匹敵する, 十分の, 印刻した, 及ぶ, 向って, 字を, 將來した, 導き入れた, 就いては, 帰れ, 幾多の, 彼女を, 悪口雑言を, 感心した, 感心する, 接したの, 接して, 権威が, 比べると, 熟慮専念する, 現はれる, 現われて, 登場し, 相違なく, 眼を, 私は, 立ち戻るには, 自信が, 興味を, 表現された, 見ら, 見られる, 親しんで, 記録され, 語られて, 距離が, 較べて, 通じて, 遜色の, 開花させた, 關する, 限られて, 非難を

1 [582件 抜粋] あった空気, あつて, あてはまる, あなたの, あふれて, あらざれば, あらはれた技術上, あらはれる夫人, あらはれる自然描写, あらわされた思想, あらわれたメレジス, あらわれた右翼的危険, あらわれては, あらわれる主人公たち, あらわれる相川良之介, あらわれる著しき, ありがち, あるもの, ある人間, ある光, ある古めかし, ある感じ, ある種, ある肉体哲学, ある誇張癖, ある遠近法, いちいちモデル, いみじくも与えた, うつったの, うつるところ, かかって, かかれて, かぎって, かけた希いであった, くっつけて, くらべりゃ簡潔, こと欠く, させたの, さへも, したかった, しばしば使われ, しろ, しろそこ, しろみも, しろフランス, しろ作者, しろ明治四十何年代, しろ自然発生的, じっと眼, すこしも似, すべてを, するとき, する外面的孤独沈静, せよ, せよ百パーセント, そういう奥ゆき, そのやう, その二つ, その例, その範, それぞれ自己の, それぞれ辛い, それだけの, そんなの, そんなふう, そんな高価, ただよう禁欲主義, だんだん引きつけられた, ちがいない, ちょっとした独創的, ちょっとでも, つき上演, つけたの, てんで注意, とけ出して, とびこんで, とらしめること, とりあげられて, とりかかつた, とりくんだが, どうして時代, どれだけの, ない骨格, なにか大事, ならないの, ならない場合, なるなど, なるなどと, なんらかのちがった, にじんで, はじまると, はや魅せられた, ひどく傾倒, ふりあてて, ふれての, ぶつかったこと, ぶつかつ, ぶつかつて, まさって, まさるもの, まず虚心, また感情波瀾, まったく没頭, まとめたという, まとめようと, みられる様々, めぐり逢っても, もさういふ風, もはや何, もられて, もりたかつたの, もり上げた, やつて, やや失望, よく出, よく書い, よく現れ, よりて, よれば, ガリヴアの, ケチを, サインさえ, ハッキリ現れ, ホントに, ホームズの, ユニックな, 一々結び付け, 一つの, 一味相通ずる, 一種の, 一種明快な, 一種芝居絵の, 一言も, 三拝九拝し, 下した評語, 不安を, 不安定とか, 与えて, 与へようと, 主観が, 人氣が, 人間が, 人間らしい生命, 今では, 仕あげ或, 仕上げたいという, 他人が, 付随する, 似た作品, 何か, 何よりも, 何らかの威圧, 何処か, 余り好意を, 使って, 使われた陶土, 例えて, 依ってのみ, 依らずに, 依れば, 価値を, 保たせたかったの, 倣つて勉強し, 働きかけて, 優ること, 優れたもの, 優れて, 光が, 光彩を, 全精力, 共通し, 共通せる, 共通な, 共鳴した, 再現する, 写さんと, 出して, 出す先生, 出て, 出るなかなか, 出会わないよう, 出発し, 切るよう, 前へ, 力が, 力を, 劣るとは, 劣るもの, 即した方法, 即した根, 即してか, 却つてピカリと, 及ぼす各種, 反映さすべき, 反響し, 取か, 取材した, 口を, 古典劇の, 向うと, 向う必然, 向かうとき, 向かって, 向ったその, 向っては, 商品以外の, 商業的価値を, 問題が, 器楽だけの, 四つに, 在るん, 変化を, 変貌の, 多かれ少なかれ芸術的価値, 多かれ少なかれ藝術的價値, 多大の, 多少でも, 大きな影響, 大事な, 天下り式に, 好意的に, 始まつたの, 子供を, 実現された, 寄せるなみなみ, 寄せる好意, 寄せる最も, 富んで, 対した場合, 少しばかり, 就いてだけ, 就いてだって, 就いての, 就いてよりも, 就きて, 就ての, 就ては, 就ても, 属する, 屡々破綻, 常に一抹, 強く心, 当って, 当てはめられるやう, 形式を, 形象化された, 形象化され切らなかった, 役だたせようと, 彼の, 彼自身の, 往々に, 従ふ, 従事する, 徴し, 徴すれば, 心を, 心理的には, 心酔した, 必しも, 応用される, 思えます, 恐怖と, 悪罵を, 惹きつけられて, 愛着を, 感じるだけ, 感心し, 感応し, 感服する, 感激した, 感激の, 感覚世界における, 慊らぬ, 成って, 或は遙, 打たれた理由, 打ち興じる兄, 打ち込むこと, 批判的である, 折角自信, 指標を, 捧げたとか, 捧げつくして, 採り入れること, 接したいと, 接したこと, 接した人達, 接した時, 接した瞬間, 接しないうち, 接するという, 接するに, 接するの, 接するやう, 接する日, 接すれば, 描いたの, 描いて, 描かれたそれぞれ, 描かれた下町, 描かれた世界, 描かれた人物, 描かれる人間性, 描き出されて, 描き出す能力, 支柱を, 散見し, 敬服も, 文学的ヒントを, 料って, 新しい価値, 新講談, 斷片が, 於いては, 於いてほど, 於けるこの, 於けるの, 於けるやう, 於ける人間性, 於ける個人性, 於ける八重子, 於ける合作, 於ける政治的価値, 於ける芸術上, 於てすら, 於てを, 旅の, 晴々強く, 暗示を, 更めて, 書いた平賀源内, 書いて, 書かれた実在, 曼舟氏の, 最もピッタリと, 最も多く, 最も近い, 期待される, 本当の, 染みて, 植えつける仕事, 概ね愛着, 構想が, 欠乏し, 欠陥ある, 残つてゐる, 比して, 比すれば, 比べても, 比べ得る器, 比較しました, 気づいたの, 気狂いに, 求めなければ, 求める心, 決定的に, 沁み出すため, 注意する, 流れる世間, 消費し, 深々と, 深い興味, 渾成の, 満ち溢れて, 溢れた空気, 漂う独特, 漂は, 漲って, 無関心な, 特有の, 特殊な, 犬養氏が, 独特なおも, 独特の, 現はれた, 現れた人物, 現れた人生観, 現れた或, 現れた組織活動, 現れた花卉樹木, 現れはじめたの, 現れますが, 現れるユーモア, 現れる人物, 現わ, 現われたこと, 現われた作者, 現われた材料, 現われる自然, 現われる諸, 生かされること, 生き生きと, 生命を, 生彩の, 発見できる, 皆無である, 盛らうと, 盛られる思想云々, 盛りこまれた, 盛る場合, 直ぐつづい, 直接間接影響され, 相当の, 真に信実, 着手し, 着手した, 着眼し, 確実性を, 社会性を, 神韻とも, 私が, 私たちほど, 移る, 筆を, 納得されなく, 納得されなくなっ, 素人の, 終れば, 結核が, 絡めて, 絶対的な, 絶望を, 署名しなかつた, 署名する, 美意識を, 臨み労働文芸, 臨んで, 自伝的な, 至るまでの, 與へた賞め詞だ, 興味が, 芸術的な, 芸術的価値が, 芸術的価値を, 芸術的構成の, 若しも時評家諸君, 血族的な, 衒学的な, 表現しよう, 表白された, 要求され, 見いだし得ると, 見たてても, 見ても, 見られたよう, 見られる愛国的, 見られる感動, 見られる骨組み, 見ること, 見るよう, 見る魯西亜, 見出すの, 覘ひど, 親しみを, 触れて, 触れること, 触れ余談, 触れ軽く, 觸れ, 許り, 註解を, 話が, 説明を, 誰かが, 課せられる第, 譲って, 賦与し, 近いもの, 近代の, 近代的テンポを, 近頃いたく心, 通じる道, 通ずる, 過ぎずそれ, 道徳性の, 遠く及ばない, 遠慮なく批評, 適用しよう, 遭遇しなかつた, 酔つ, 酔ふこ, 銀牌を, 鋭くふくまれ, 関わりの, 関心を, 附与する, 附属し, 限ったこと, 限って, 限つては, 限らずほか, 随喜する, 非ざる, 面すること, 面すると, 順応しよう, 頭を, 高価な, 麻雀の, 齎す必要

▼ 作品~ (250, 2.3%)

18 そのレコード 5 なって 4 なった, 作家の, 雖も 3 して, なるの, 云ふ, 作家との, 作者との

2 [18件] いえども, いっても, すると, それに対する, なつて, 云える, 作品が, 作品との, 作家が, 作家とが, 作者の, 同じやう, 時代と, 現実との, 申しますと, 言えば, 読者の, 通俗作品との

1 [164件] いうからには, いえば, いえる, いへば, くらべて, このペレアス, この世に, この作品, した人, すること, すれば, そのつくり, その作家, その作者, その個性, その影響, その為, その生涯, その目標, その置かれた, その風格, それに, それを, ちがうもの, つぎきれ, どちらが, なすに, なすべきであろう, なったの, なったもの, なつた, ならべて, なりえたかも, なり切ったもの, なり得よう, なり短篇, なれば, のさういふ結合, ぴつたり調和し, また古来, むしろ対蹠的, よばれるもの, よばれる作品, アンナ, オックスの, クリティシズムとの, ドストエフスキーの, ピカソの, ロダンの, 一致し, 並べた処, 並べられて, 並んで, 主張とが, 二人の, 云うこと, 云うもの, 云ったが, 云ったもの, 人間から, 人間とは, 今なほ取り組ん, 他の, 他二, 伍し, 何の, 作品の, 作家とで, 作家についての, 作家研究は, 作者と, 作者とを, 作者を, 併ぶ, 信ずること, 優秀レコードを, 出来の, 前に, 前後し, 又ちがった, 吉岡堅二の, 同じく無, 同じに, 同じもの, 同時に一方, 同様ある, 同様或は, 名づけられて, 名前との, 呼ばれ得る所以, 呼ぶで, 呼んで, 姓名から, 存じました, 実際生活, 小さな美, 広告, 序文とを, 彼に, 思う, 思はれる, 思われるが, 批評との, 択ぶところ, 持って, 探偵小説とを, 放言とを, 新聞の, 新聞小説と, 日記と, 映畫, 未だ名, 未発表, 比し得べき芸術品, 比較し, 津田青楓氏の, 深刻な, 混同される, 漱石の, 無関係である, 玉砕した, 現実が, 現實, 理解者の, 理論に, 生き方とが, 申しました, 異り, 相並ん, 眼前に, 称されるもの, 称へられ, 竝んで, 紹介され, 考えられて, 聞いただけ, 肩を, 自分に, 自己とは, 自己とを, 自身の, 舞台と, 行為を, 見ること, 見るべきだらう, 言いますかな, 言い得るの, 言えるが, 言って, 言つた方が, 言は, 認めて, 読み比べて, 読者とに対して, 通俗的作品との, 違って, 違つてゐる, 選ぶ所, 遺骨を, 関係づける, 関係の, 音楽的傾向を, 顔を, 風味に

▼ 作品~ (197, 1.8%)

3 ある 2 あまり発表, 出て, 孤独で, 少くない, 評論も, 限度に

1 [182件] あつた, あつて, あらわれた, ありました, ありましたから, あります, ありますけれども, ありますので, ありまた, あり奴隷的, あるが, あるけれど, あるし, あるしかし, あるといふ, あるとおり, いつかは, いまの, いろいろであろう, いろいろよん, いろいろ変化, かいて, かなりは, かろうじて全, きっとそういう, こうした有機的, ここには, この時代, この種類, この類, これは, これまで, さすがは, すべての, その企画, その例, その名, その時代, その部類, それが, それぞれに, それも, そんなに認め, ついには, できて, どうせブルジョウア・マダム, ないで, なかなかある, なく一つ, のせられた, まずそんな, またここ, またそれ自身, また一種, みな賞讃され, めずらしかった, もう描きあげ, やつぱりこれで戲曲な, よくなっ, イタリー文壇の, イプセンや, クラリモンドの, スリラアに, ダメに, プリント五十本という, モダーンに, リアリティーにおいて, ロシア人諸君に, ロマンティストとして, 一たまり, 一度舞台, 一篇残さず売り払っ, 上演脚本も, 不揃, 世界に, 五十年ほど, 交つてゐる, 亦深く, 人も, 仮定された, 何時かは, 作家も, 個性的である, 入選し, 全部は, 公衆の, 凡庸で, 出ようと, 出るの, 出來, 出来なかった, 出来なかったので, 出来上がった物, 出版資本家にとっては, 前とは, 創りたいと, 加へ, 勿論しばしば眼, 十数篇ある, 厭世主義的な, 吉屋信子氏が, 同じだ, 変るという, 多いけれども, 多かった, 多くなかった, 多く発表, 多産である, 大向うから, 大概が, 完全に, 富士山の, 寒川光太郎氏, 少くなかった, 少しずつは, 少し読ん, 当時は, 当然変化, 彼の, 彼らの, 彼等によって, 後に, 必ず儲け爲事, 悉く, 感心し, 成る可, 所謂底光りし, 拝見しました, 持て囃さるるやう, 持回わられ, 探求によって, 描いて, 数篇加へて, 文学らしい, 断片的である, 方々に, 時には余儀なく, 書きたいという, 書くけれども, 書けずひどく, 次第に身辺的, 此の, 歴史の, 死んで, 決して二つ, 決して少く, 沢山ある, 沢山残しただらう, 深い感激, 無くこれ, 無数の, 狭い, 現れた, 現れはじめた, 生まれる, 生まれれば, 目に, 相当な, 相当の, 相当高く, 相応に, 看過される, 私を, 稀薄で, 第三, 系統的に, 紅毛人の, 紹介し得る, 編入せざる, 芸術だ, 芸術派の, 若い作家, 蔵せざる, 観照者を, 読んだこと, 諸論文, 謎解き, 貧弱だ, 趣向は, 遙かに, 遺憾ながら, 階級闘争の

▼ 作品~ (176, 1.6%)

17 あつた 10 あつて 3 あらう 2 あつたの, あらうか, その意味, なしに, 一つの, 作者が, 作者は, 私の, 私は

1 [128件] あまり凄く, あり得た, いいの, いまこまかな, いまだに私, うずめられはじめた, おそらく人間, かつてオランダ, きわめて瞑想的, げす, こなした世界観, この作家, この作者, この町, この陋巷居住者, ごく澁, さう, さういふ日附, さへも, すらも一切合財, ずっと王龍一家, せういちど, せう審査当日審査員間, そういうこと, そういう世界, そうな, そのまますき写し, その山巓, その時, その最, その當時, たしか, ただの, だいぶん支持, とらえられて, とりあげたの, どんな工合, なじみの, ね, はじめて野上彌生子, まだ下手くそ, もう少し作者, もつともよくこの, よくわかる, アメリカが, イギリスの, ゴーリキイは, ミレナは, レコードの, 一人の, 一寸特色, 一番古く, 世界的な, 主人公の, 乱歩は, 予言する, 二十二歳の, 二十二歳春の作である, 云えば, 人を, 人間の, 例を, 俄に, 優れたもの, 全くの, 其の一端, 其映画の, 力づよく描き出された, 嘘を, 売国奴, 外国トオキイの, 大金を, 奇怪な, 少くとも, 年末までには, 引用し, 彼の, 後に, 心平さんの, 思想性は, 意識的に, 感じると, 戦争中に, 探偵小説通の, 日本の, 昭和六年夏私は, 暴慢な, 最も傑, 最も印象, 最も興味, 東宝映画より, 柔軟な, 殊に所謂古典劇, 母の, 湯船の, 満ちて, 為されたとき, 物語る女性史, 独軍制下に, 現代が, 生前印刷出版された, 画家は, 知って, 示した一定, 示して, 示唆と, 私が, 稍まだ, 窪川, 翻訳され, 自分が, 自分に, 自分自身を, 色彩の, 言う, 語れなかった事, 読者の, 豫言する, 貧に, 農民を, 過去を, 部屋中が, 都会が, 醜を, 音楽に, 顕現し, 驚くべき朗らかさ, 高く低い様々

▼ 作品には~ (167, 1.5%)

3 それが, 何の, 作者の 2 さう, そういう稚気, プロレタリア的イデオロギイが, 一般に, 違ひない, 非常に

1 [146件] あたま, あまり見かけない, あんまり告白, いいが, いづれにも, おそらく最も自然, おのずからその, おのずから自分, かつて市場, かつて牧野信一, ことを, このよう, このキズ, このゲーム, この少年工, この焔, この社会的主題, これらの, さすがに, すぐれたもの, すべてに, そういう傾向, そういう意味, その形式技巧, その最も, それぞれ固有の, それぞれ寸評を, それだけの, どうしても遊戯分子, どこか, どこかしら, どのよう, どれにも, どれも, どれを, なかつたもの, ならなかったの, まいりました握手, また異常, めったに, もっとも大切, もっと面白い, よいもの, よく教えられる, よく東洋, わざとらしい伏線, シェイクスピアの, ト短調の, パリ下町ものの, ホフマンスタールの, 一人の, 一定の, 一応疑惑, 一種の, 不知不, 人物を, 今日では, 何ともい, 何故同じ, 何時も強い, 何處かに, 余りに性格, 余り使われ, 例が, 充実し, 全くデリカシー, 全然無, 前から, 前の, 勿論加筆, 単純な, 嘗て無, 好感を, 如何に投げやり, 実にくだらない, 実に色濃く, 少しは, 平和と, 当時の, 彫琢の, 彼が, 彼の, 彼らの, 彼女の, 彼女らしい, 彼等以前の, 必ずの, 必ず作者, 必然性という, 悪いところ, 悪ふざけや, 情緒纏綿という, 愚作が, 感心し, 感心しない, 批評の, 探偵小説本, 散見される, 文学における, 新しいもの, 明るい風景, 昔の, 時代が, 更に遙, 書かないという, 本名で, 本当の, 本間氏が, 楯の, 歴史的な, 殆ど見出されなかつた, 民俗的な, 気品は, 汚すこと, 火の, 無関心, 特にこの, 珍らしく, 現世の, 理智の, 矢張り他の, 研究室の, 神経が, 筋という, 筋らしい, 絶えず好意, 絶えず現れ, 縱横自在に, 背景の, 自ら日本の, 自分が, 自分たちの, 自然発生的な, 至るところ, 芸術品としては, 英人リーチ李朝柳説と, 表面的には, 見えかけ, 見られないかも, 詩が, 變態性慾と, 近代画家の, 遊蕩の, 鏡花氏には, 香水の, 魅力を

▼ 作品として~ (134, 1.2%)

1 [134件] あげて, あれこれの, いろいろ批判, うしろへ, おし出さなかったでしょう, お目, かの子さんの, この映画, この現代物語, これに対する, これらの, すばらしい長所, そういう境地, そして通俗性, その作, その新しい, その経験, その虚々実々, それだけの, それを, つかえます, とりあげられないで, ほめる瞬間, まとめること, まとめ読者, もっと形象, ものに, やはり人々, やはり無視, よまれたの, ドストエフスキーの, リアリズム論に, 一層象徴的気分, 不滅だ, 与える印象, 世に, 世上に, 世間に, 主観的だった, 事務所に, 今日の, 他愛が, 体質が, 作者自身にも, 偉大な, 優秀な, 全く申分, 公表される, 出たもの, 出来上がった結果, 出来上ったと, 出来上ったとは, 出来上った所, 出来上る, 別個に, 前々号の, 劃期的な, 勇気の, 十分の落付いた, 単独に, 受けた感情, 執筆され, 外の, 大衆に, 失敗する, 完結した, 実在する, 客観的に, 寧ろこの, 小説は, 当選し, 彼女の, 後世に, 感動させ, 成功か, 成功し, 成立する, 或る, 扱うこと, 扱ふ, 批判された, 批評も, 持ち回られたり, 指されるべき点, 挙げて, 挙げるべきは, 数多き古今, 数篇の, 文壇の, 文学的にも, 書かせずに, 書かれるべきもの, 書きあげて, 最も興味, 有名な, 歓迎せられる, 正面から, 歴史の, 歴史的な, 残して, 浮んで, 無条件に, 片づけて, 特別の, 理解し, 生み出さない画家, 生み出して, 生涯おもいで深い, 相当の, 省察する, 真実に, 石坂氏の, 示し得る才能, 私の, 種々の, 結晶しか, 結晶しかかっ, 考察し, 芸術化する, 表現し得る, 見たとき, 見た映画, 見る時, 見れば, 記念すべき, 評価し, 認めたくないもの, 誰れ, 選んだの, 長く残る, 間違つた点だけ, 関根秀雄訳, 類型に, 高く評価

▼ 作品である~ (105, 1.0%)

5 と思う 4 ことが

2 [11件] かも知れぬ, から, がそれ, ことに, ことは, ことを, ために, とはいえない, と同時に, ばかりでなく, 上に

1 [74件] あの高根薔薇, かどう, かのご, かのごとく取り扱われ, かのよう, かも知れない, からその, からである, から細か, か見たかつた, が, があまりに, がかの, がここ, がこの, がこれら, がそこ, がその, がどこ, が今度, が同時に, が尚, が現世, が発表, が私, が科学者, が読んだ, けれどもこの, けれどもその, こと, こと一度は, こと少年の, し今, というの, というよう, という意見, という紹介, といふこと, といふの, とかいう種類, とかいふ種類, ところの, とし, としたら, とすれ, とは思われない, とは私自身, と云つて, と何人, と信じ, と信じる, と思, と思える, と確信, と考える, と考へる, と言つて, と評した, にかかわらず, のです, のでそのまま, のに芸術, のを, またこれら, よりも訴え, 事が, 事である, 以上その, 以上最後に, 以上知識の, 割合に, 動的な, 限り進歩的な, 風呂しき包が

▼ 作品~ (105, 1.0%)

10 の人物 2 からその, では, に, に描かれ, に自分, に遺憾, のある, の一人物

1 [79件] から抹殺, から最も, その芸術的価値, で, での佳品, でもいろんな, でも大物, でも妖婉華麗, でも最も, でも殊に, でも決して, でも通俗, で七生輪廻, で示し, にあまり, にある, にいかに, にいくらでも, にここ, にその, には, にはあらゆる, にはっきり, にはなおさら, には相当, には鋼鐵製, にも, にもそれ, にも重き, に交った, に他, に併せ盛らう, に具体化, に原則, に取扱われた, に含まれ得る, に在る, に心理的考察, に於, に於い, に混ずる, に混在, に演劇, に現, に現われる, に登場, に童謡, に行為, に見出せる, に誠意, に陳列, の, のみならず, のゴンゾ唄, の主要人物, の人間, の佳作, の個性, の唯一, の多数, の文句, の最高位, の最高峰, の歴史小説以外, の秀粋, の色々, の逸品, の風景, もっともポピュラア, 唯一つ, 既に散逸, 最もいい, 最も厭, 最も完成, 最も自ら, 比較的等閑, 目立ったもの, 第一, 第一作

▼ 作品から~ (103, 0.9%)

4 一つの 2 他の, 次の, 私が, 離れて

1 [91件] あれだけの, この頃, じかに来る, その代表作, その個性, その内容, その生活, それを, どんな想像, どんな本源的, なんの, のがれよう固定, ほとんど感動, われわれが, カトリック的な, マンの, モティーフを, 一面に, 不思議な, 享ける, 人間生活の, 何かを, 何の, 何物も, 作品へと, 初めて知人, 判断の, 割り出せたもの, 剽窃し, 却つて脈動が, 受くる, 受けた感激, 受けた私, 受けとられるもの, 受けると, 受ける印象, 受ける思想的感銘, 受ける感じ, 受ける感激, 受ける感銘, 受け取ること, 受取るもの, 受取る表象, 吾人は, 圧迫を, 大したもの, 天才の, 如何に, 実際事件, 幾分人間的, 引き出して, 引離して, 後に, 得た上述, 思想を, 思想乃至, 想像する, 感ずること, 感動を, 慕って, 成って, 或は中間物, 或る, 打たれなかった原因, 推した心構, 新しく今, 次第にプロレタリア文学, 歸納された, 求めること, 活きかた, 深刻に, 漸次生活的内容, 現代の, 生きて, 直截に, 私は, 美感を, 肉感的な, 脚色された, 見た一面観, 見て, 見ると, 見れば, 言っても, 農民生活, 近代日本洋画の, 過去に, 遠くおかれ, 選んだ, 除いて, 離れ始めて

▼ 作品では~ (98, 0.9%)

10 ない 5 ないが 3 ないの, なかった, 無い 2 あつた, それが, ないし, 一升ビンなど, 多くの, 専ら人間

1 [62件] ありかつまた, ありますが, ありません, あるが, あるけれど, あるけれども, かうした際, かなり重要, これという, これまでの, さう, そこに, その時代, その色彩, それを, たしかに不出来, ないさ, ないと, ないといふ, ない広く一般, ない廣, なかつた, なかつたかと, なかつたの, なかろうかと, なく文学作品, なく日本, なく極めて, なく社会, なく私, なく高遠, ほとんどすべて, まだ語らず, 一方を, 三つの, 三人が, 主人公の, 今一, 何となし, 例へば, 元より, 兎も, 全く動物, 堕落を, 場合も, 寧ろ常に人道主義的, 彼の, 我々は, 所詮は, 時代の, 極めて用心, 武家気質そのものが, 殆どアナーキスティック, 殺すという, 特別音楽に, 男の, 細かな, 製鉄所は, 谷は, 関という, 題材と, 麻鳥に

▼ 作品~ (77, 0.7%)

2 といふ, と思います, と思う

1 [71件] かに知らない, からちょっと, からであります, からです, からと言っ, から商人, から美しい, か一切, か御存じ, が, がこれら, がそれ, がた, がとに角, がまだまだ, がストコフスキー指揮の, が亡くなった, が作品, が国内戦, が弦楽六重奏曲, が私, けれどあの, けれども作者, けれども感銘, しこれから, し観念, そうだ, そうで, そうです, つたといふ, つたので, つたのである, とある, という, ということ, といっ, とお, とか或は, ときめつける, とは思, とは思えなかった, とは思はなかつた, と一応, と主張, と云う, と云ふよ, と云われた, と伸子, と分った, と分り, と市木さん, と思った, と思つたの, と思つて, と思ひました, と思われる, と文学界, と決定, と無理, と考えられ, と言う, と言える, と言つて, と評された, と読者, と賞讃, な, のから, のが, のを, よとそんな

▼ 作品にも~ (63, 0.6%)

2 他の

1 [61件] あらわれて, うそが, かかわらず種々, そういう所, そのすぐれた, その理由, それらは, つづいて, とりどりの, なお作者, はるかに, ひたすら感服, ふれて, まして彼, まったく見向き, まとめられなかった片手落, やっぱりどこ, よく描かれ, プロレタリア作品にも, リルケの, 中野重治の, 人生の, 人間が, 何某の, 作者の, 佳作の, 偶然性が, 優美な, 充分見出される, 共通した, 出会ひ, 同じ傾向, 同じ郷愁, 同系列, 多い, 多少は, 少し出る, 影響を, 情調が, 或は作家, 手紙にも, 歴史的価値では, 歴然とあらわれた, 海老が, 満足が, 満足するであらう, 然ら, 生命が, 生活にも, 目を, 矢張りある, 秘められたところ, 絡んで, 脉打つ, 良いもの, 表はれ, 見出される特徴, 解放運動に, 認められるのみ, 運不運が, 頭の

▼ 作品~ (62, 0.6%)

4 の中 3 が出版, である 2 です, は堆い, を出す, を手, を見つけ出し

1 [42件] からけずられ, から中野重治, から計らず, がのこされ, が二十数万部, が出た, であるの, とあり, としたい, にたたえられ, にはケーテ, にもいれる, にも入れなかつた, にも安心, に仮に, に入れる, に収める, に添う, の内容, の出た, の出來, の数, は, はいろいろ, は文学, は決して, や戦災, をいよいよ, をかり, をよん, を出した, を出します, を刊行, を古谷綱武, を大陸開拓文芸懇話会, を眺め, を私, を纏めた, を纒め, を読み, を読ん, を買

▼ 作品~ (61, 0.6%)

2 作家により, 樂曲に, 論文を

1 [55件] ずっと後, そのお, その主張, その頃, に対して本能的, または花, ゴーガンカリエールドガモネマネセザンヌなど, フィリップ・ド・シャンパンニュの, ヴァイオリンの, 一生を, 丁度あの, 人柄に, 人間や, 作家から, 作家が, 作家たちつまり, 作家だけを, 作家にたいして, 作家にたいする, 作家の, 作家即ち, 傾向を, 前衛美術会の, 創作活動について, 動きは, 十九世紀の, 又夫等, 名も, 名前を, 図書の, 宣伝芸術が, 希望の, 幼年時代の, 心理の, 思想の, 才能などを, 技法の, 文学理論が, 文芸現象などに, 最も主立った, 最近, 本の, 歌合せなどの, 正統な, 無名な, 現代日本の, 生涯を, 研究などでは, 組合婦人の, 観念が, 記録は, 設備機関に, 論文を通して, 論文一束に, 足利時代の

▼ 作品について~ (54, 0.5%)

2 云って, 具体的に, 私は

1 [48件] あなたも, いうとき, かれこれ云, このよう, すこしばかり, それぞれ興味ある, もう一つ, もっと具体的, 一寸した, 不満な, 云々する, 云えば, 云えばも, 云へば, 云われること, 今細かい, 代表的な, 例證を, 全く対立的, 全生涯, 創作の, 加えられた批評, 受け売り批評を, 問い質すまでも, 報告する, 多く書かれ, 多少, 彼の, 心に, 思想と, 書かれた実存主義的, 書かれる批評, 沈黙を, 注意し, 考えて, 自らあそこまで, 自分の, 良いとも, 見ると, 親切な, 観察しよう, 言うの, 話が, 話しを, 語られたのみ, 語るに, 謙遜である, 長谷川如是閑が

▼ 作品に対する~ (53, 0.5%)

2 批評家たちの

1 [51件] お世辞, ごとき態度, マルクス主義批評の, 世評の, 世間的評価の, 仕事の, 以上の, 作者の, 個人の, 健全で, 傑作の, 僕の, 印象批評からは, 同氏の, 品評の, 弁難攻撃には, 悪評を, 意欲の, 愛着の, 或る, 批評は, 批評も, 批評性とが, 批評評価においても, 散漫なる, 敬意と, 敬愛の, 期待を, 本文批評の, 極度に, 正当な, 活溌な, 理解は, 理解を, 男の, 私の, 美術雑誌の, 考へ方, 肯定否定の, 自分の, 自己の, 芸術家と, 苦しみも, 要求は, 解説と, 評価が, 評価の, 評価は, 評価を, 非難は, 龍野氏の

▼ 作品でも~ (48, 0.4%)

2 畢竟は

1 [46件] あまりくさす, あり同時に, あるかの, あるかも, これが, そういう人間, そうだ, その作品, それを, ないもの, なく又, もし実際に, よいの, よほどそれ, オオドゥウは, スッと, 一再ならず出く, 之を, 二者の, 以上三つの, 何でも, 俳優が, 出ると, 出來, 又極めて, 味う, 味が, 味は, 大きなシンフォニー, 対話を, 将校はい, 山水は, 庫から, 悪口を, 明日の, 書けたらば, 書けないこと, 樹の, 比較的長く, 現わす, 私は, 稚さ, 絵でも, 翻訳者に, 芸術品としては, 見殺しに

▼ 作品としては~ (48, 0.4%)

1 [48件] あまり渋, ありがたくない, いいもの, いずれも, いろいろの, この, すでに不純, その形式, ただ一人, つまらない, つまらないもの, むしろ意外, ジャン, マヤコフスキーの, 一層破綻, 一応完成, 下手に, 不成功, 世界においても, 乙演出としても, 低く評価, 低く評價, 傑作の, 全くの, 公けに, 可も, 問題に, 大した傑作, 失敗した, 常にユーゴー, 平家物語の, 想像以上に, 意味を, 政治的価値の, 比較的芸術味, 特に感心, 珍らしく, 現に虎丘図巻, 発達すべく, 皮相的に, 相当に, 肉体派の, 自然と, 自然主義風な, 芭蕉啄木前者の, 読ますが, 阪中正夫君の, 魯文の

▼ 作品そのもの~ (47, 0.4%)

3 を見れ 2 とは別, の中, は極めて

1 [38件] がどうも, が不具, が何, が多く, が戀, が歴史, が空疎, が訴えん, で語らしめなけれ, で題材, とは無関係, と日本美術院, に何, に問題, に対する批判, に見出される, のこと, の価値, の価値批判, の値打ち, の内, の内容, の切り, の力, の支配, の理解, の生産, は, は他, は飽迄, への鑑賞, も古典, も変っ, よりむしろ, よりもむしろ, より批評, を書きたい, を決定

▼ 作品としての~ (47, 0.4%)

1 [47件] めやすに, ゆたかさ高, エッセイという, 一つの, 価値で, 価値によって, 価値は, 価値よりも, 価値以上の, 価値如何である, 傑れたる, 出来は, 出来ばえから, 取り扱いに, 取り扱いの, 問題である, 問題は, 存在を, 完成度の, 客観的存在を, 弱点や, 意味で, 意義において, 感想を, 成功不, 戯曲の, 戯曲は, 批判上には, 新作戯曲を, 日本映画を, 映画を, 未熟さは, 正常な, 現実が, 発展が, 統一を, 纏り, 興味とか, 著しい特異性, 被いがたい弱, 見地に, 調和を, 論文や, 象徴を, 面から, 面白さ, 高い価値

▼ 作品との~ (44, 0.4%)

9 間に 2 区別が, 関係で, 関係について, 関係に対する, 関係を

1 [25件] ことを, ちがいの, ような, 世界を, 区別の, 奇怪な, 対比について, 政論化に, 本質の, 正常な, 源泉的相異の, 生活面に, 直接の, 血肉関係の, 見分けが, 距離を, 連関で, 連関を, 間から, 間には, 間の, 関係では, 関係と, 関係の, 関係は

▼ 作品に対して~ (43, 0.4%)

2 批評する

1 [41件] いつたい何, この問題, さう批評, された農民, すぐれて, その評者, それを, だいぶん乗, とるべき態度, どんな態度, どんな註釈, はじめて主人公, まき起ったから, まったく対立, 世上区々として, 何か, 何等の, 作家が, 作者の, 働く, 加えた批評, 却つて厳である, 合評会なぞを, 吟味を, 国家的代表者の, 多分に, 如何に, 常に全, 批評家が, 支持的態度を, 文学的, 明確に, 無暗, 無限の, 理解ある, 筆を, 美術批評界の, 興味を, 見る者, 軽率きわまる, 野心的な

▼ 作品という~ (40, 0.4%)

13 ものは 5 のは

1 [22件] あなたの, あらそわれない味, ことに, ことは, その成果自身, ものだ, ものと, ものの, ものも, ものを, ような, 名で, 実物に, 意識によって, 意識を以て, 批評も, 文献学的材料から, 文芸財が, 気が, 点から, 生き物に, 語に

▼ 作品とは~ (32, 0.3%)

2 又生きる

1 [30件] あなたとは, いえない, いくらか知っ, いつまでも, どういうの, ならなかった様子, またおのずから, まったく異なった, アレだらう, 云へ, 云へる, 何の, 信じまい, 全く別種, 全く違っ, 切りは, 呼ばないで, 大いに違った, 如何なるもの, 必然性を, 思えないほど, 思われません, 殆ど縁の, 益々あます, 緊張した, 言えなかったであろう, 言えぬ, 言は, 鉛と, 題材も

▼ 作品~ (31, 0.3%)

12 のである 9 のだ 2 のであろう, んだ 1 のださうである, のでございます, のでのち, ので今に, のよ, のよ文学的

▼ 作品全体~ (30, 0.3%)

2 の味

1 [28件] から云え, がザッハリッヒ, が悪夢, についてみ, について云え, によって証し得る, に好ましい, に渡つた事, に溢れ, に漂う, の, のなか, のみが思想, の効果, の意図, の背景, の見通し, の評価, の詳細, の鑑賞, はもう, は交響曲, は右, を異様, を読ん, を貫く, を通じてどの, を養う

▼ 作品~ (30, 0.3%)

3 百六番の 2 一番, 三番, 二番, 十八の

1 [19件] 一五として, 七十三の, 七十八の, 三十一の, 九の, 九十一, 九十八, 二は, 二十六, 五十七の, 五十九番の, 十三番一七九九年, 十番, 四番, 百三十の, 百三十二番の, 百三十五, 百三十番の, 百二十七百三十百三十二の

▼ 作品ばかり~ (29, 0.3%)

4 書いて 3 である

1 [22件] だけれども, だったが, だつたやう, だという, で, であつ, でありいま, でなく他, でなく外国, でなく彼, でなく彼ら, でなく絵画, でなく音楽, では, で金箔, なの, 書く事, 演じては, 発表する, 読んだり, 選んで, 集めた一室

▼ 作品よりも~ (29, 0.3%)

2 もつと, 劣つてゐる, 心を

1 [23件] いわば凄み, さらに大きな, ずっと濃厚, もっと平易, エロと, ミッチェルの, ルブランの, 上を, 中世紀, 劣つ, 好きな, 実を, 寧ろ一時代, 或意味, 手際よく, 批評の, 既に聽, 書かれざる作品, 格別に, 私の, 自信が, 芸術派の, 高く値打ち

▼ 作品批評~ (28, 0.3%)

2 の場合, をする

1 [24件] が批評, だけの問題, であった, といふ, としてはそれ, としては当然, とはどういう, とは云え, と感想, などはありませんでした, にあたって評価, にあっ, になる, に際して唯物弁証法, のこと, の表現, はナカナカ, は今日そこ, は批評, は華楊, や作家批評, をもさらに, を書かせ, を終局目標

▼ 作品を通じて~ (26, 0.2%)

2 作者の

1 [24件] これこそ, そうである, その標題, それぞれ異, みられる空, みられる興味, われわれの, マアテルリンクの, 二百年後の, 僕の, 公衆に, 友マルヴィーダ・フォン・マイゼンブークと, 大体の, 技法的に, 描かれて, 新しい自己, 普遍的に, 更に現実, 殆ど到る, 特徴的な, 自分自身を, 見る時, 論ずる者, 通観し得た

▼ 作品発表~ (23, 0.2%)

3 が禁止, を禁止 2 の場面, の機会, の自由, を禁じられた 1 ができる, がゆるされなくなった, が可能, と新, の年月, の自由性, はまだはっきり, をせず, を禁じられ

▼ 作品において~ (22, 0.2%)

1 [22件] このよう, この根本的, その本質, とざされて, なんら正しい, はっきり一つ, バックは, 一種素朴な, 主張し得る, 主題において, 作家は, 具体化しよう, 同形同種の, 封建時代の, 空の, 竹造の, 第一, 素材は, 謎を, 野間という, 間違いが, 阿川弘之および

▼ 作品によって~ (22, 0.2%)

1 [22件] いおうと, いくぶんそれ, どのよう, ゴーリキイが, 両者結合の, 二十七だ, 反動文学を, 強烈な, 得た実際, 想像する, 感じて, 然ら, 熱烈な, 示されて, 素材の, 紹介されました, 美を, 自身と, 覆すよう, 見れば, 調べること, 過去の

▼ 作品であった~ (20, 0.2%)

2 ということ, と記憶, のだ

1 [14件] かもう, かを語る, がここ, ことも, し読者, という人, とのため, と同時に, と沁, にしろ, ので, のでこういう, わけであり, 事は

▼ 作品です~ (20, 0.2%)

5

1 [15件] からね, からネ, から我, が, がそこ, がその, が二, が仕舞, が作家, が女主人公レン, けれどもこれら, なかなか面白い, ねその, よ, 其にも

▼ 作品への~ (20, 0.2%)

1 [20件] 作家の, 偽つた解釈, 参考と, 基礎を, 失望と, 好意と, 展観にも, 愛は, 愛着と, 挑戦といふ, 消えること, 準備である, 無根拠, 焦慮から, 罵言, 血脈を, 讃美は, 間に, 間には, 関心を

▼ 作品であり~ (19, 0.2%)

2 方策であり, 自分の

1 [15件] それぞれその, ながら大正情調格別, ほんとに書かず, また従つて作品, レコードされ, 一は, 世評も, 云々する, 個々の, 冬期は, 大王の, 文学で, 血を, 謂は, 豊かな

▼ 作品とを~ (19, 0.2%)

2 較べて

1 [17件] こツぴどく批評し, もつやう, わけて, ハッキリ区別, 代表選集として, 加へて, 同一標準, 比べて, 比較検討する, 理解出来る, 系統たて, 結びつけて, 綾どっ, 見いだそうとして, 評すべくいろ, 責める訳, 開くべき鍵

▼ 作品については~ (19, 0.2%)

1 [19件] いずれ別の, いろいろの, その厭世, それぞれ異, つい近年, どの新聞, はっきりと, はつきりと, ハースの, 之を, 云うまでも, 余り多く, 別に注釈, 多く語られない, 大いに頭, 学ぶもの, 少しも, 無知であっ, 言うまでもないこと

▼ 作品といふ~ (18, 0.2%)

4 のは, ものは 1 ことが, のだらう, ものが, ものに, ものを, やうな, 印象を, 感じである, 概念の, 程の

▼ 作品についての~ (18, 0.2%)

2 おそらくはいちばん適確, 感想は, 批評を

1 [12件] さしあたりの, すべての, そういう具体的, バイスナー教授の, 感想批評に, 或る, 打合せを, 批評であるべきであり, 現実的な, 科学的自己批判によって, 評価で, 評価の

▼ 作品活動~ (17, 0.2%)

2 をうごかす, をし

1 [13件] がそれ以来, が一時的, としては大衆作家, として行, として行われる, の中, の全部, の全面, はその, も旺盛, をこめ, を可能, を行った

▼ 作品によ~ (15, 0.1%)

1 [15件] つてまさに, つてポヂテイヴな, つて世評を, つて全身を, つて写実主義の, つて劇団の, つて彼個有の, つて或は, つて新, つて楽し, つて殊に, つて現代劇が, つて眠つてゐる, つて窺はれる, つて表現されたる

▼ 作品~ (15, 0.1%)

3 して 2 されて 1 された, されたもの, された姿, されなかった期間, したこと, した時, すること, する力, する力量, の浅かっ

▼ 作品~ (15, 0.1%)

2 というもの

1 [13件] でもあるまい, で宇野氏, としてで, として科学的内容, とみなさるべきで, などが学問, に示され, の場合, やこれから, をはじめる, をやる, をよん, を試みられ

▼ 作品~ (13, 0.1%)

1 [13件] そのよ, ふきつけること, 一つの, 一言の, 他の, 大幅に, 媒介する, 対しての, 導いて, 採入れたの, 濃く現, 移って, 進もうとして

▼ 作品しか~ (12, 0.1%)

1 [12件] うませなかった, ない, やりたくない, 作り得ないちょっと, 受けとらない以上, 書けない, 書けないの, 書けぬ自分, 残りは, 発表し, 見ること, 読まないの

▼ 作品など~ (12, 0.1%)

1 [12件] いいは, 一種の, 出て, 実にどうも悲しく, 尤物ぞろいであった, 当時に, 恥知らず書い, 或る, 折ある, 苦心しなかった, 面白いには, 顧られない

▼ 作品より~ (12, 0.1%)

1 [12件] さらに美しく大きい, ずっと多量, その一生, どの位, 先きだつて刊行され, 却って窮屈, 地が, 尠くしか, 引続き随所, 新しい感じ, 規模の, 高いところ

▼ 作品全部~ (12, 0.1%)

1 [12件] が生命, について帰結, に対してその, に対してもしくは, に適用, の版権, の題名, よりも多く, をあらためて, を包み込む, を引用, を読まない

▼ 作品からは~ (11, 0.1%)

1 [11件] そのよう, なれて, ほとんと何ら, 人物が, 今迄の, 我々は, 暗示を, 最も老熟, 純なる, 結論が, 色々な

▼ 作品であっ~ (11, 0.1%)

1 [11件] てこれ, てそういう, てそこ, てその, てみれ, てやはり, て何人, て彼, て現実, て自ら, て芸術品

▼ 作品をも~ (11, 0.1%)

1 [11件] かいて, つくらせる, つてを, 上演する, 今度は, 或る, 書かせて, 生んで, 益々大きい, 見て, 造り出すもの

▼ 作品だけを~ (10, 0.1%)

1 もとに, 互の, 大きく取り扱った, 対象と, 收録した, 書いて, 残し巨大, 目当に, 自分流儀で, 見ながら

▼ 作品でない~ (10, 0.1%)

1 ことを, この種, ということ, ところが, とまで見, とオペラ, と言, 小林氏ほどの, 日記を, 限りアマチュア芸だ

▼ 作品ほど~ (10, 0.1%)

2 時代が 1 まざまざと, 取り澄まして, 新らしい, 明かに, 普遍的要素を, 正当な, 美しいもの, 高く評価

▼ 作品以外~ (10, 0.1%)

1 に人間, に歌曲, に自己, に説明文, のもの, の所, の批評, の色々, の言葉, の重要

▼ 作品こそ~ (9, 0.1%)

1 到底外國文學, 却って何, 却つて何かの, 却つて忽ち, 悲劇の, 文学に, 新興童話の, 書きたい, 眞の

▼ 作品なら~ (9, 0.1%)

1 その作品, どれでも, どんな演出, ば一番無難, ば三度, ば即座, ば限り, 世にでる, 最も誇大

▼ 作品を通して~ (9, 0.1%)

1 その芸術家, 何よりも, 作者の, 作者を, 再び見る, 大政に, 眺めた夫人, 見る彼, 選者が

▼ 作品その~ (8, 0.1%)

1 作品の, 作家が, 作家ばかりを, 存在を, 態度に対しても, 次が, 物が, 物にも

▼ 作品とか~ (8, 0.1%)

1 あれは, そういうもの, では, トウエンの, 二流の, 科学上の, 美術とか, 言ふ

▼ 作品と共に~ (8, 0.1%)

1 ギリギリの, 不朽なるべき, 国宝に, 失うの, 生きて, 百代の, 私たちの, 賣れゆき

▼ 作品などは~ (8, 0.1%)

1 ことごとく古風, その点, 仕掛の, 愛好し, 文学として, 文学の, 時たま新聞, 表面個人主義的な

▼ 作品なども~ (8, 0.1%)

1 あるので, いやしくも人間, その世界, 同じよう, 無論それ, 発表される, 知性という, 私は

▼ 作品においては~ (8, 0.1%)

1 かなり重要, どうだらう, 主題と, 内容と, 封建的な, 戦闘的叙事詩の, 耳なれた, 質の

▼ 作品における~ (8, 0.1%)

1 ような, 世界の, 主張な, 主題の, 文学的ポーズと, 歌の, 神の, 表現という

▼ 作品らしい~ (8, 0.1%)

1 ところが, と見うけられた, ものも, スタイル, リアリティーを, 作品を, 稚なさ, 精髄は

▼ 作品~ (7, 0.1%)

1 とおも, まずい作品, 乃至は, 大衆小説の, 悪い作品, 楽節かを, 浅い作品

▼ 作品それ~ (7, 0.1%)

1 が何, は主として, は全く, は脱俗的, は魅力, も特に, を何処

▼ 作品でなけれ~ (7, 0.1%)

4 ばならぬ 1 ばならない, ば一般大衆, ば寧ろ

▼ 作品にたいする~ (7, 0.1%)

1 余地は, 公衆の, 反対の, 同感の, 意見を, 感情が, 私の

▼ 作品に対しては~ (7, 0.1%)

1 マルクス主義批評家は, 一言半句も, 今やそれ, 作者の, 多大の, 然し展観ごと, 礼譲を

▼ 作品へと~ (7, 0.1%)

1 いつも同じ, うつって, 何か, 常に前進, 正しい発展, 直線的に, 進まねば

▼ 作品及び~ (7, 0.1%)

1 これからの, その人柄, その作家, レコードに関する, 作者について, 創作の, 論議の

▼ 作品展覧会~ (7, 0.1%)

2 をする 1 が催される, というもの, は逸作, を思ひ立つた, を開いた

▼ 作品~ (7, 0.1%)

1 なもの, な根拠, な温情, にはまことに, にはダリ, には厳父的, に云う

▼ 作品自体~ (7, 0.1%)

1 から引き出し, から自然, で一般, に具体的, に添っ, の微妙, の性質

▼ 作品行動~ (7, 0.1%)

1 でも十分, として, にあらわれた, の上, の実践, は著, を営ん

▼ 作品評価~ (7, 0.1%)

1 がされなかった, についての拠り, の任, の基準, の根本規準, の決定的, を含んだ

▼ 作品だけが~ (6, 0.1%)

1 かかれなければ, 何故に, 問題です, 救いであります, 深刻で, 独立し

▼ 作品だって~ (6, 0.1%)

1 いつかは, そうだろう, それを, たくさんある, みんな卑俗だ, 如何にも三人

▼ 作品なる~ (6, 0.1%)

1 かを辨, ものが, ものは, ものを, も対話, 鍍金した

▼ 作品だった~ (5, 0.0%)

1 か一つ, があの, と思われる, と私, ので編輯者

▼ 作品などに~ (5, 0.0%)

1 ややそれ, 一言も, 新らしい, 次代の, 比べて

▼ 作品などを~ (5, 0.0%)

1 たのむ気, 原語で, 捜し出して, 歓迎する, 読むらしくご

▼ 作品に対しても~ (5, 0.0%)

1 これきりかという, より積極的, わざわざペエジ, 同様であっ, 良いか

▼ 作品に関する~ (5, 0.0%)

1 感想を, 批評だけには, 批評でなく, 文献, 複雑なる

▼ 作品のみ~ (5, 0.0%)

1 であ, である, ならず他, 産出されいたる, 載ること

▼ 作品のみを~ (5, 0.0%)

1 参考として, 発表し, 紹介する, 読み興, 集めると

▼ 作品ばかりを~ (5, 0.0%)

2 読んで 1 寄せ集めて, 蒐集し, 集めたもの

▼ 作品を以て~ (5, 0.0%)

1 堂々と, 示すの, 答えるだけ, 自分の, 蒼ざめた日本新劇に

▼ 作品一〇~ (5, 0.0%)

2 の一二 1 ノ一二, ノ五, ノ八

▼ 作品一つ~ (5, 0.0%)

1 だけを取り上げ, でどう, でも自分, も書けず, 得ずこうして

▼ 作品~ (5, 0.0%)

2 ノ五 1 のソナタ, ノ二, ノ八

▼ 作品たる~ (4, 0.0%)

1 ためには, 戯曲が, 戯曲の, 理由と

▼ 作品だけは~ (4, 0.0%)

1 ニイチェでなけれ, 偽ること, 書けば, 自分で

▼ 作品であろう~ (4, 0.0%)

1 か, が胴いちめん, ことを, と思った

▼ 作品でなく~ (4, 0.0%)

1 その文学, てもマルクス主義, てジャアナリズム, 街上そのものに

▼ 作品での~ (4, 0.0%)

1 主題とは, 構成は, 試みの, 面白さ

▼ 作品とも~ (4, 0.0%)

1 ちがった, なって, 云える, 考えられようかと

▼ 作品にたいして~ (4, 0.0%)

1 ただちに嫌悪, なし得るかぎり, 自分の, 軽侮的な

▼ 作品についても~ (4, 0.0%)

1 各人各様の, 同じ二様, 同様な, 私は

▼ 作品にとっては~ (4, 0.0%)

2 そういう名称 1 作者なる, 阿諛

▼ 作品を通じての~ (4, 0.0%)

1 一つの, 不安が, 思想感情乃至, 特徴として

▼ 作品並びに~ (4, 0.0%)

2 作家の 1 レコードについて, 作家については

▼ 作品以前~ (4, 0.0%)

1 のこと, のノート, の問題, の芸術

▼ 作品又は~ (4, 0.0%)

1 その作品, 一定限界の, 紹介的役割を, 論文という

▼ 作品~ (4, 0.0%)

1 がかなり, がもてはやされる, はプロレタリア文学, を朗読

▼ 作品自身~ (4, 0.0%)

1 が与える, が社会, の中, の方

▼ 作品~ (4, 0.0%)

1 に入る, はできない, をする, を避け

▼ 作品かという~ (3, 0.0%)

3 ことは

▼ 作品からの~ (3, 0.0%)

1 不満の, 抜きがきを, 衝撃を

▼ 作品からも~ (3, 0.0%)

1 作者の, 受けとること, 強く影響

▼ 作品さえも~ (3, 0.0%)

1 そこに, 上演を, 情報局は

▼ 作品そして~ (3, 0.0%)

1 その作者, 新しい魅力, 職場からの

▼ 作品だけ~ (3, 0.0%)

1 でございます, でなく世界, 云って

▼ 作品だろう~ (3, 0.0%)

1 という感慨, と思う, と思った

▼ 作品でさえも~ (3, 0.0%)

1 そういう取扱, そうである, 今日の

▼ 作品とが~ (3, 0.0%)

1 あるが, その人, 融合し溶け合わず

▼ 作品とくに~ (3, 0.0%)

1 女の, 小説には, 文学作品は

▼ 作品としても~ (3, 0.0%)

1 すぐれて, 下らぬもの, 後の

▼ 作品とともに~ (3, 0.0%)

1 並んで, 女主人公の, 育ち育った一歩一歩

▼ 作品などが~ (3, 0.0%)

1 この年, 多くの, 当時の

▼ 作品なり~ (3, 0.0%)

1 人物なりに, 作家として, 作家の

▼ 作品なんか~ (3, 0.0%)

1 どうでも, まつたくひどい, 百万部よまれ

▼ 作品にのみ~ (3, 0.0%)

1 ついて, 向は, 見られる無限

▼ 作品にまつわる~ (3, 0.0%)

2 私自身の 1 著しい欠点

▼ 作品に関して~ (3, 0.0%)

1 時々話, 時代転換の, 西鶴近松両者の

▼ 作品まで~ (3, 0.0%)

1 歴々として, 網羅され, 見られる便利

▼ 作品までを~ (3, 0.0%)

1 廉価版に, 考えさせるだけ, 集録し

▼ 作品一般~ (3, 0.0%)

1 と斉, に或, をよむ

▼ 作品世界~ (3, 0.0%)

2 に遊び 1 の調子

▼ 作品二六~ (3, 0.0%)

2 ノ一 1 ノ二

▼ 作品以上~ (3, 0.0%)

1 に盛られ, に興味, のもの

▼ 作品価値~ (3, 0.0%)

1 とは全然, は第, をどの

▼ 作品六四~ (3, 0.0%)

1 の二, ノ三, ノ二

▼ 作品~ (3, 0.0%)

2 の如き 1 は事変下

▼ 作品或は~ (3, 0.0%)

1 これに, 心理小説単なる, 研究の

▼ 作品芸術~ (3, 0.0%)

2 の如き 1 を品位あらしむる作品

▼ 作品かと~ (2, 0.0%)

1 云えば, 思われるもの

▼ 作品ごと~ (2, 0.0%)

1 にこんど, に自己

▼ 作品~ (2, 0.0%)

1 へ何, へ見受けられる

▼ 作品さえ~ (2, 0.0%)

1 出来れば, 書いて

▼ 作品すら~ (2, 0.0%)

1 今日の, 書き得ないであろうと

▼ 作品たとえば~ (2, 0.0%)

1 チェホフの, 笑い声を

▼ 作品だけに~ (2, 0.0%)

1 即した批評, 微妙な

▼ 作品だつ~ (2, 0.0%)

1 て如何にも, て決して

▼ 作品であれ~ (2, 0.0%)

1 ばこれ, ば一応

▼ 作品でさえ~ (2, 0.0%)

1 ある, あれば

▼ 作品でしょう~ (2, 0.0%)

1 きょうは, ね

▼ 作品とに~ (2, 0.0%)

1 一言を, 就きては

▼ 作品などでも~ (2, 0.0%)

1 よくこれ, 上演されない

▼ 作品などと~ (2, 0.0%)

1 全く異, 同列に

▼ 作品などにも~ (2, 0.0%)

1 なかなか微細, 痛さ

▼ 作品などよりも~ (2, 0.0%)

1 人間には, 映畫的

▼ 作品においても~ (2, 0.0%)

1 ゴーリキイは, 萎靡する

▼ 作品にさえ~ (2, 0.0%)

1 あてはまる意味, 現代の

▼ 作品についてさえ~ (2, 0.0%)

1 それを, 批評らしい

▼ 作品にとって~ (2, 0.0%)

1 てっとりばやい主人公, 芸術性は

▼ 作品にばかり~ (2, 0.0%)

1 なれた私ども, 見とれて

▼ 作品にまで~ (2, 0.0%)

1 地位を, 敷衍し

▼ 作品によつ~ (2, 0.0%)

1 てこ, て彼自身

▼ 作品により~ (2, 0.0%)

1 多くの, 深い美

▼ 作品に対し~ (2, 0.0%)

1 それが, 選者白井喬二氏が

▼ 作品のみに~ (2, 0.0%)

1 限らなければ, 頼るといふ

▼ 作品ばかりが~ (2, 0.0%)

1 現われたかという, 選んで

▼ 作品よりは~ (2, 0.0%)

2 今日の

▼ 作品をという~ (2, 0.0%)

1 ことで, 声に

▼ 作品を通してのみ~ (2, 0.0%)

2 作品に

▼ 作品コンクール~ (2, 0.0%)

1 が行われ, は

▼ 作品三つ~ (2, 0.0%)

1 を加, を集め

▼ 作品~ (2, 0.0%)

1 に出現, の構想

▼ 作品~ (2, 0.0%)

1 にその, にわが国

▼ 作品中最大~ (2, 0.0%)

1 のロマンス, の人気者

▼ 作品乃至~ (2, 0.0%)

1 文学運動そのものが, 評論の

▼ 作品九篇~ (2, 0.0%)

1 のうち, はそれぞれ

▼ 作品二七~ (2, 0.0%)

2 ノ二

▼ 作品二五~ (2, 0.0%)

1 の第, ノ一

▼ 作品五〇~ (2, 0.0%)

1 ノ三, ノ二

▼ 作品五一~ (2, 0.0%)

1 ノ一, ノ二

▼ 作品人物~ (2, 0.0%)

1 の性格的, をいたわっ

▼ 作品作り事~ (2, 0.0%)

2 とお伽噺

▼ 作品作家~ (2, 0.0%)

1 にふれ, の選定

▼ 作品作風~ (2, 0.0%)

1 の一寸, を見

▼ 作品例えば~ (2, 0.0%)

1 モーパッサンの, 御定まり

▼ 作品~ (2, 0.0%)

1 體に, 體上の

▼ 作品六つ~ (2, 0.0%)

2 読んだ

▼ 作品六七~ (2, 0.0%)

1 ノ一, ノ四

▼ 作品六三~ (2, 0.0%)

2 ノ三

▼ 作品其物~ (2, 0.0%)

1 に人間共有, を作り上げる

▼ 作品化す~ (2, 0.0%)

1 ことが, というよう

▼ 作品十数篇~ (2, 0.0%)

1 からなる, を今度

▼ 作品即ち~ (2, 0.0%)

1 小説なり, 第一類

▼ 作品四一~ (2, 0.0%)

1 ノ一, ノ二

▼ 作品年表~ (2, 0.0%)

1 にとってどの, をみ

▼ 作品~ (2, 0.0%)

1 らしい所, 科学的文芸詩

▼ 作品朗読会~ (2, 0.0%)

1 はモスクワ, をもちはじめた

▼ 作品殊に~ (2, 0.0%)

2 戯曲に

▼ 作品発表禁止~ (2, 0.0%)

1 がとけ, で中央公論社

▼ 作品目録~ (2, 0.0%)

1 なの, を見

▼ 作品研究~ (2, 0.0%)

1 にうつった, や評価

▼ 作品系列~ (2, 0.0%)

2 のなか

▼ 作品翻訳~ (2, 0.0%)

1 は必ずしも, を残した

▼ 作品舞台~ (2, 0.0%)

1 がいくつ, に接し

▼ 作品解釈~ (2, 0.0%)

1 の上, をどういう

▼ 作品~ (2, 0.0%)

2 の訳詩

▼1* [285件]

作品あのホラ染めた, 作品あるいは一つらなりの, 作品いずくんぞかくさんや, 作品うまくは無い, 作品おぼえていらっしゃる, 作品かも知れない, 作品がのつていた, 作品くらゐ感覺的, 作品こそは疑ひも, 作品ことごとくを挙げ, 作品この作家への, 作品しかも世評の, 作品じゃないから, 作品すなわち論文でも, 作品すらも読みこなす力, 作品そういう作品を, 作品そつくりだと, 作品その他に反映, 作品たちとはまるで, 作品たとへばチエホフの, 作品たらしめている, 作品だけから異常に, 作品だけで江戸川氏を, 作品だけの本質を, 作品だったらその方, 作品だったろうとおもう, 作品だのポウだの, 作品であったろうか, 作品であるならば恐らくは, 作品でございと売り出し, 作品でしたが小規模, 作品でなかったら俺は, 作品とかに雑り, 作品としてさう非常, 作品としてのみみると, 作品とでさうし, 作品とでは配色も, 作品とでも云ふ, 作品とによって今日まで, 作品とに対して与えられたという, 作品とまではゆかなくとも, 作品とよみものとの, 作品どうでしょう, 作品どころかそもそもプロレタリア的, 作品どもの殆ど, 作品なかなか正当に, 作品なしといふ決定, 作品なぞには無関心, 作品なぞもヒントばかり, 作品なぞを読んで, 作品などから影響を, 作品などについて将来この, 作品などの場合は, 作品なりが書ける女, 作品なりとて攻撃したる, 作品なりとの理由を, 作品なりを飛石伝いに, 作品なんかがなんだろう, 作品なんかでも今の, 作品なんかとその点, 作品なんかは滅茶苦茶だ, 作品なんかもパール, 作品なんぞ一つも, 作品なんて絶無と, 作品においてすら西洋人の, 作品においてのみならず理論, 作品におけるよりもいっそうよく, 作品にかのお伽噺の, 作品にこそよくその, 作品にたいしては好意を, 作品にたいしても無関心, 作品にたいするよりもより多く, 作品にては簡潔なる, 作品にとつては, 作品にといふぐらゐな意味において, 作品にまでもツイ引きつけられ, 作品によりも随筆や, 作品に対しての智識は, 作品に対してよりもその作中, 作品に対するからだと, 作品に対すると先づその, 作品に関してはこの一巻, 作品に関してまで悪口を, 作品のうへでは私の, 作品のちがひ, 作品のみが有する霊感, 作品のみに対する公正な, 作品のみの御下命, 作品のみを以て分類するなら, 作品はずつと文学的であり, 作品はちよつと拾, 作品はというと, 作品はめつたにある, 作品はも早や, 作品ばかりに場面を, 作品ばかりのプログラムで, 作品へは聾米と, 作品ほどにこの作者, 作品また今日かかれ, 作品または生活について, 作品までがその研究, 作品までに高め力, 作品めいたものだつた, 作品もし母親と, 作品もちろんそれを, 作品あのひと, 作品よろし感心した, 作品らしき作品一つも, 作品わけても小酒井不木が, 作品をさえ喜ぶ人々, 作品をでも贈ろうと, 作品をと私なりに, 作品をば規格品として, 作品をよこより, 作品を通してしか觸れる, 作品を通しての自分自身の, 作品を通してのみしか觸れ得, 作品を通じてのみ一般公衆に, 作品エスプリを見得ない, 作品オハチや何, 作品ショーロホフの, 作品ジイドプルウストの評論, 作品スタッグハウンドは五一年二月, 作品ストリンドベリイのある, 作品ニーチェの, 作品レコードは全部, 作品ワグナーが若く, 作品一々の俳句作品, 作品一〇九番のソナタ, 作品一〇二ノ一, 作品一〇六番の大, 作品一〇番の十二曲, 作品一つ一つに就い, 作品一一ノ一〇, 作品一一〇番のソナタ, 作品一一一番のソナタ, 作品一三一の, 作品一二七番の, 作品一二七番以後の晩年, 作品一五ノ二, 作品一八の六つ, 作品一定の政治的任務, 作品一種の詩, 作品一篇自選して, 作品ノ三, 作品七〇ノ一, 作品七一ノ, 作品七二ノ一, 作品三三ノ四, 作品三四ノ一, 作品上海寝園, 作品上演を監視, 作品中どれよりもすぐれた, 作品中の島の名前, 作品中はつきりその特殊性, 作品中ほんとうに沈黙, 作品中個人の少量製作, 作品中心主義できたといふ, 作品中必しもかう, 作品中映画に題材, 作品中最大傑作の一つ, 作品中生のまま, 作品中笑劇と云, 作品中素直なもの, 作品中絵画的効果を収, 作品中自己に擬せる, 作品中諸家の記憶, 作品中道徳を諷する, 作品ノ二, 作品九五の, 作品九番の第, 作品二五番の十二曲, 作品二八ノ一七, 作品二十七番の有名, 作品二四ノ四, 作品ノ二, 作品五九番の, 作品五六ノ, 作品今それを見よう, 作品何らかの気負, 作品何遍も読み返した, 作品作家作品をうむ, 作品作家芸術現象を含め, 作品作者より切離された, 作品は日本, 作品個々的には未, 作品健康無比な社会正義劇, 作品を認められず, 作品公演から不快, 作品公表できなかったわたし, 作品其の他, 作品内容の社会的相貌, 作品凡庸主義の論, 作品凡庸可なりの論, 作品出来栄え本位で行くべきで, 作品創作の上, 作品募集といふやう, 作品原稿料のため, 作品一篇を, 作品各部の間, 作品同士のもっ, 作品を賑やか, 作品品位高き作品, 作品器体は如何, 作品固有のもの, 作品境地的な作品, 作品大人の持っ, 作品宗達光琳などにいたる, 作品審査會は六月廿日東京帝國ホテル, 作品対ルポルタージュ文学乃至ルポルタージュ, 作品小作人と地主, 作品小川未明の作品, 作品展示会の模様, 作品年代を調べ始めた, 作品年譜でいう, 作品弔問者であり作家, 作品形式だけを取っ, 作品形式自身の内, 作品形成の一つ, 作品形象のうち, 作品必ずしも生命の, 作品或いは作家に, 作品所謂霊界通信なの, 作品打合せのため, 作品指導キカンの設置, 作品換言すれば, 作品は左, 作品数篇を選ん, 作品は左, 作品日本の透谷, 作品更には現在, 作品月評をかい, 作品本位の紹介, 作品構想の瞑想裡, 作品構成の都合上, 作品様式であり得る, 作品残さなかったけれどそれでも, 作品決してそれを, 作品活動一般についてなかっ, 作品滋味の感じ, 作品理解の大前提, 作品理論が発生, 作品生理の秘密, 作品生産にはよほど, 作品番号がいかにも, 作品番号順に連続演奏, 作品病中に強い, 作品発表会で自作, 作品発表機関の相対的減少, 作品的主調が最も, 作品的価値の認め, 作品的大観はこれら, 作品的欠点を無恥, 作品的要素は戯曲, 作品目録中の代表作, 作品研究会評論研究会などが持たれる, 作品なの, 作品程度では如何なる, 作品種篇を通じて作者, 作品に作者, 作品童画的な作品, 作品競技でその, 作品等々で一杯, 作品紹介と演出記録以外, 作品結構なもの, 作品體も, 作品舞踊力士の体格, 作品行為は政府, 作品の全面, 作品観賞上で有効, 作品評價の根本規準, 作品評評の適不適, 作品谷崎潤一郎の作品, 作品農村における農民組合, 作品量傑作力作を遺し, 作品鑑定眼とでもいうべき, 作品長編小説を算用数字, 作品阿部知二の, 作品集レルモントフ詩集などが今日, 作品雨月物語などを盛, 作品文学的な, 作品面白いかい, 作品音樂等に接し, 作品題未定の荒筋, 作品鼻ッ柱が強い強い