青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「伸び~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

伝説~ 伯~ 伯母~ 伯爵~ 伯父~ ~伴 伴~ ~伸ばし 伸ばし~ ~伸び
伸び~
~伸子 伸子~ ~似 似~ ~似た 似た~ 佃~ 但し~ 佇ん~ ~位

「伸び~」 1974, 20ppm, 5839位

▼ 伸び~ (1070, 54.2%)

59 いた 50 いる 27 いるの 17 ゐた 16 来て 12 ゆくの, 行く 10 いて, しまった, 行くの 9 きて, ゆく, ゐる 8 きた 7 いった 6 いました, 来た, 行った, 行って 5 いたの, いって, いるので, いるよう 4 いたが, いるもの, いるん, ゆくこと, 咲いて, 行きます, 行つた

3 [16件] いたり, います, くるの, しまったの, ゆきました, ゐるので, ゐるやう, 來た, 來る, 拡がって, 来たの, 来る, 行くと, 行くので, 行くのに, 行ったの

2 [47件] いない, いないの, いるか, いるじゃ, いるその, いるでしょう, いるのに, くる, くれば, しまう, しまって, するすると, そこから, そこに, それに, ゆく力, ゆく背丈, ゐて, ゐること, ゐるの, 一方の, 乱れて, 五月には, 來て, 出て, 地球は, 太い眉毛, 寝て, 居ります, 居る, 平次の, 来たかと, 来れば, 武士の, 汐やけの, 窓の, 立派な, 花を, 行かないの, 行くよう, 行く方向, 行けば, 行こうと, 見えるの, 見事に, 角の, 軽い風

1 [591件 抜粋] ああと, ある年, あツ, いく, いくさま, いくし, いくと, いくの, いくよう, いく聯合紙器, いたあと, いたから, いたそう, いたので, いたるところ, いたんだそう, いた四本, いた己, いた木, いた機械腕, いったの, いつた, いつて, いないので, いないわずか, いながら, いましたがね, いますが, いますよ, いよいよそのままと, いようとは, いるうち, いるからなあ, いるが, いること, いるし, いるため, いるだけ, いると, いるという, いるほど, いるルミ, いる乾, いる人, いる大きな, いる夾竹桃, いる岡田上等兵, いる店員先生, いる廊下, いる強味, いる新之助, いる方向, いる時期, いる梅, いる様, いる浜おもと, いる真青, いる砥, いる義一, いる老人, いる自分, いる草, いる荒れ放題, いる都会, いる靴, いる頃, いる麦畑, い仲次郎, おった, おり其他さまざま, おり殆ど, おり禿げた頭, おり頬, おる, お初の, きたの, きた乾雲丸, きた手, きた梃子, きた荒い, きますよ, ぎざ, くっきりと, くるか, くるから, くるさまざま, くるに, くるので, くるもの, くるよう, くるプロレタリア文壇, くれ, くれ咲いて, こすれ合わあ, こちこち鳴り, こぼれるべき花, これ丈けは, しなしなと, しまいました, しまうかも, しまうこと, しまうの, しまう両者, しまう人, しまったという, しまったよう, しまったん, しまった容子, しまった日, じろりと行っ, すらりと, するりと水, せっかくの, そっと畳, そのま, その上衣, その先, その南端, その合, その真青, その空中, その者, その襟髪, その襟髮, それから, ついには, とめて, どこまでも, はかなし, はや蕾, びっしり蕾, ぴんと弾け, ふわふわと, ぶら下がって, ぷるツと, ほとんど人面, ぽつ, まだ更に伸び, まだ最前, まだ葉, まばらな, みごとな, もう咲い, もう息, ももく, やがて対向, やろうか, やわらかい緑色, ゆかない, ゆかないし, ゆき百合さん, ゆくいのち, ゆくさき, ゆくであろう, ゆくでは, ゆくと, ゆくという, ゆくはず, ゆくふう, ゆくやう, ゆく不思議, ゆく休み, ゆく何者, ゆく唐もろこし, ゆく喬木, ゆく山, ゆく心, ゆく新鮮, ゆく昼, ゆく若芽, ゆく草, ゆく虚弱, ゆく跡, ゆく雨, ゐさせられました, ゐたかも, ゐたが, ゐたさ, ゐた私, ゐないの, ゐなかつたらうそして, ゐました, ゐるあの, ゐるが, ゐるだらうそれとも, ゐる九時半, ゐる塀, ゐる姿, ゐる小, ゐる己, ゐる柿, ゐる池, ゐる泉水, ゐる濠, ゐる田溝, ゐる筍, ゐる雑草, ゐる雜草, ゐる青竹, ゐる青草, イから, ダイを, チョビ安の, ツツ, ハゲ小林も, パッと, プロポーシヨンが, 一向にふとらない, 一年近くに, 一方へ, 一本の, 一点の, 三郎の, 三階にまで, 上の, 下が, 下手人の, 下段の, 中の, 丸窓を, 乞食僧の, 二つ三つの, 二メートルほどの, 五尺七寸ちかく, 人の, 人魂の, 今では, 伸びきつて草, 伸びたり, 伸びやまない, 何となく気, 何処までも, 何十階の, 余計にから, 充溢する, 先ずほっとした, 其處に, 再び電線, 冬瓜の, 出たやう, 出られたら魏, 出る関門, 出來, 初夏の, 剃刀箱を, 力を, 加十の, 勢の, 北上する, 十九歳で, 即ち或, 卵なりに, 参りました, 参る髪の毛, 双肩を, 叔父さんに, 口の, 古い切株, 古沼, 吹かれゐる獄, 咲いたるなづなであつた, 咽喉を, 四月を, 土筆を, 地へ, 地上三尺ばかりの, 地図で, 塀の, 声名海内に, 夜の, 大きくなった, 大きくなり, 大人と, 大十字架, 天まで, 天井から, 奔放の, 宇宙に対する, 家の, 寢て, 小さな爪, 小屋は, 小沛, 少々邪魔, 居た, 居て, 居ないぢ, 居なかつたと, 居ました, 居らるるの, 居るの, 居るので, 居る杣道, 居る草, 屈するなり, 屋根を, 山の, 山海関に, 山腹と, 岩壁の, 崩れだした雲, 幸福に, 幾本も, 床の, 座右の, 廻りつ畝りつ, 張れる木の葉, 弾性を, 形が, 彼の, 彼女は, 往くこの, 往く道, 後れなし, 後随伴する, 恰好なれ, 惡い, 懐中ランプは, 成長し, 戸障子や, 手足が, 手首を, 折角の, 指の, 振り返つて, 操り舞台の, 支那寺院の, 敷き砂, 日本に, 早くも, 時々不破, 曖昧に, 曾根部落の, 朝月の, 本艇の, 本葉, 来たこと, 来たもの, 来た今川, 来た体, 来た出羽, 来た物語, 来た鳶口, 来ながら, 来るから, 来ること, 来ると, 来るまで, 来るもの, 来る京都, 来二三指, 来掛った救い, 枇杷熟する, 林助手の, 枝と, 枯れ枝の, 桜貝を, 梅の, 棒立ち, 楽に, 欄の, 欲しい植物, 武州児玉郡か, 死んだよう, 毛並すらも, 気息えんえん, 水を, 池の, 泥田を, 流るるかと, 浮く処, 潰されて, 灯台の, 無數, 焼けない前, 片っぱしから, 牛の, 猶予らわ, 生えて, 痙き, 白いところ, 白い秋, 白く光っ, 皮膚が, 皺だらけの, 相手の, 真青な, 眠るとも, 秀江の, 私の, 私を, 穂に, 穂を, 紫琴女の, 紫色の, 細そりした, 終らうと, 繁って, 美しい花, 而も, 肥料も, 肩先へ, 肱を, 育ちゆく子供達, 腰車を, 良い素質, 色彩を, 艶を, 若木其ものが, 茂る権利, 草花の, 荒れたこの, 落ちて, 葉ずれの, 葉の, 蒼褪める, 蔓草の, 蔵の, 蕾を, 薄い夕霧, 蘭子の, 血まみれの, 行かないので, 行かなければ, 行かねば, 行きその, 行くうち, 行くか, 行くかと, 行くかという, 行くかの, 行くから, 行くにつれて, 行くもの, 行くらし青き, 行く事, 行く可憐, 行く心持, 行く春, 行く有様, 行く植物, 行く機械, 行く比率, 行く活力, 行く由良, 行く習い, 行く航路, 行く草木, 行ったが, 行ったけれど, 行ったこの, 行ったならば, 行ったもの, 行ったら今頃, 行つたのだ, 行つて, 行つて一番終には, 行つて何処までと, 行つて毛虫に, 見える, 見える葉子, 見せたり, 見苦しくそれ, 視界を, 覗いて, 親竹, 誰も, 豌豆の, 赤ん, 起った, 車が, 車扉の, 軒端に, 通つて来た, 遂に九州, 都の, 針を, 錫の, 閾を, 雄獅子, 雑誌, 青い穂, 青白い四角, 青白い顏, 青白い顔, 青葉を, 音立て, 頤の, 頬骨の, 顏にも, 顏の, 風に, 首に, 首筋には, 馬が, 馬の, 高くすつ, 鬢から, 黒かった, 黒ビロードの

▼ 伸び~ (177, 9.0%)

56 して 27 した 20 しながら 9 すると 7 するよう 5 する 4 したり, しました 3 すること 2 したの, した時, してから, 取らんと

1 [34件] し, したもの, した半, しつつ, しはじめた, しまた, しようと, し大きな, し枕頭, し浴槽, し溜息, し空, し肩, するあんな, するの, する恰好, する時, する眼, する美人, すれば, せずに, つづけて, とれば, サービスとして, 一つし, 一回した, 与えて, 勘へる, 待つこそ, 打ち, 持った応対, 欲する, 見ながら, 試みた

▼ 伸びたり~ (67, 3.4%)

45 縮んだり 4 ちぢんだり 3 して 2 する

1 [13件] するその, するの, するアカシヤ, つまづい, ふくらんだり, また戦車, 動いたり, 山を, 消えたり, 紅く縮まっ, 縮んだりは, 膨れたり, 送り来し古

▼ 伸びあがっ~ (26, 1.3%)

2 ている, て手, て覗い

1 [20件] ていました, てくる, てどなった, てながめ, てひっ掴む, て佐伯氏, て何度, て光枝, て奥, て帆村探偵, て往来, て拝見, て振り向いた, て死体, て瓦斯, て笑い, て表, て見, て見送っ, て飛ん

▼ 伸び~ (24, 1.2%)

2 した声, した歌

1 [20件] いいまるで, したもの, した口, した台詞, した台詞廻し, した小唄, した悠長, した料簡, した臺詞, した調子, した野郎, した顔, ただに, ようでござん, 丈の, 利く長剣, 及腰に, 悪い木, 早いもの, 盛りに

▼ 伸び放題~ (23, 1.2%)

2 にし, になつ, に伸びた, 伸びた庭芝

1 [15件] うっちゃって, だ, でまるで, というやり方, となり, な蓬髪, になっ, に任せ, に伸び, に伸びる, に繁茂, に蔓, の不精髯, の姿, の姿態

▼ 伸びあがり~ (18, 0.9%)

2 伸びあがり

1 [16件] たった四カ月, つつ秀吉, て, て密, ながら, ながら云った, 仄白い, 伸びあがりたる, 伸び上りたる, 俺を, 加賀家の, 塀の, 小手を, 枝を, 父親に, 蚕豆の

▼ 伸び上る~ (18, 0.9%)

6 ように 4 やうに 2 気持ちに, 氣持ちにな 1 は言うまでもない, 中に, 気持が, 踏石と

▼ 伸び~ (18, 0.9%)

8 ている 2 てゐた, てゐる 1 そうと, てい, てくる, ても密閉, て咲い, て栗

▼ 伸び上っ~ (16, 0.8%)

2 ている

1 [14件] たり屈み込ん, たり縮ん, たり首, て, ていった, てき, てひっくり返り, てゆく, て店口, て来, て来る, て秋波, て見, て見る

▼ 伸び上り~ (13, 0.7%)

2 ながら, 首を 1 おとなしく西原氏, するうち, たる, ながら耳, 呂昇に, 太い枝, 手を, 窓の, 高く抛りぬ

▼ 伸び行く~ (12, 0.6%)

3 生命の 2 日本 1 さかりの, のを, 力によって, 地力と, 天才の, 日本の, 日本を

▼ 伸び~ (11, 0.6%)

4 がつて 1 がつて外, がつて後ろ, がつて炎天, がつて窓, がつて自分, がつて蔓草, がつて露草

▼ 伸び~ (11, 0.6%)

3 して 1 いい, したよう, よくて, よく火, 目に, 終つた頃には, 終らうとして, 足りなかった

▼ 伸びつつ~ (11, 0.6%)

1 [11件] あったこと, あって, あり地下室, あるお, あること, あるその, あるの, 先垂り, 届くを, 枝は, 長く美しく黒く艶

▼ 伸び縮み~ (11, 0.6%)

3 をする 1 があります, がきかない, がし, が次第に, が自在, が自由, が違う, をし

▼ 伸びあがる~ (10, 0.5%)

5 ように 2 やうに 1 それ自身の, とともに御, と狭い

▼ 伸び~ (10, 0.5%)

3 つて 2 がつて御覧 1 がつ, がつて教, がつて言, つた, にこんもり

▼ 伸び上つて~ (9, 0.5%)

1 その電信柱, はチヨキン, ゐるが, 居る, 新しい方, 眺めるが, 見ても, 見ますと, 覗くと

▼ 伸び~ (8, 0.4%)

3 しなければ 2 せずに 1 ない筆者, ならず縮みも, 縮みも

▼ 伸び出た~ (8, 0.4%)

3 ものと 1 だけのもの, のである, ような, 一本の, 鼻が

▼ 伸びきつ~ (7, 0.4%)

1 た, たタウモロコシ, た中年女, た姿, た或, た美しい, て種

▼ 伸び~ (7, 0.4%)

1 にも著しく, に影響, の関係, は一月, をし, をした, を世話

▼ 伸び縮みする~ (7, 0.4%)

1 ことが, のが, のであつ, わけも, 必要は, 筋肉逞しき, 赭い

▼ 伸び~ (6, 0.3%)

1 ている, て市十郎, て彼方, て見せつ, て魚津, は脊丈

▼ 伸びその~ (6, 0.3%)

2 黄色い花 1 なかに, 先へ, 先端に, 先端の

▼ 伸びては~ (6, 0.3%)

1 いたが, たぐまるよう, ゐない, ゐませんよ, 枯れ枯れては, 縮みしつつ

▼ 伸び~ (6, 0.3%)

2 伸びて 1 けり, なるが, 踉けさし, 身伸びを

▼ 伸びよう~ (6, 0.3%)

2 とする 1 がない, として伸びず, にも伸び得ず, をし

▼ 伸び~ (5, 0.3%)

2 して 1 しないかと, 彼が, 朝毎に

▼ 伸び~ (5, 0.3%)

1 ふとれよ実れよ, 伸びよ, 伸びよと, 唐辛よ, 実れ実れ

▼ 伸び~ (5, 0.3%)

5 が秀

▼ 伸び里人~ (5, 0.3%)

3 の野為事 2 の野爲事

▼ 伸び~ (4, 0.2%)

3 かつた 1 かつてゐた

▼ 伸びした~ (4, 0.2%)

1 ものに, 半鐘の, 鈴の, 顔を

▼ 伸びそう~ (4, 0.2%)

1 です, な手答, に見え, もない

▼ 伸びそして~ (4, 0.2%)

1 拡がるため, 消えた, 白茶けたよう, 象徴的な

▼ 伸び~ (4, 0.2%)

1 一緒に, 云ふ, 反りとの, 濃やかさの

▼ 伸び上った~ (4, 0.2%)

1 と思う, 勢を, 弁信が, 沢山の

▼ 伸び~ (4, 0.2%)

21 っていた, っている

▼ 伸び縮みし~ (4, 0.2%)

2 ている 1 て動く, ながらしずか

▼ 伸びちぢみ~ (3, 0.2%)

1 のある, のする, 自在に

▼ 伸びやがて~ (3, 0.2%)

2 貧弱の 1 はしに

▼ 伸び~ (3, 0.2%)

1 が爲, として遂に, 伸びんと

▼ 伸び上ろう~ (3, 0.2%)

2 としてる 1 伸び上ろう

▼ 伸び且つ~ (3, 0.2%)

2 縮むに 1 縮んだ

▼ 伸び乱れ~ (3, 0.2%)

1 ていた, ている, 顔半分は

▼ 伸び出してる~ (3, 0.2%)

1 ひどい子供たち, やつ, 草の

▼ 伸び揃うた~ (3, 0.2%)

1 小松の, 時其若草の, 頃に

▼ 伸び~ (3, 0.2%)

1 がこけた, がゲッソリ, は落ち

▼ 伸びあがった~ (2, 0.1%)

1 檣の, 炎の

▼ 伸びかけ~ (2, 0.1%)

1 ています, ている

▼ 伸びかけた~ (2, 0.1%)

1 のは, 下男の

▼ 伸びざま~ (2, 0.1%)

1 にもと, の水

▼ 伸びする~ (2, 0.1%)

1 やがてまま, ように

▼ 伸びそれ~ (2, 0.1%)

1 が地獄, の所所

▼ 伸びたま~ (2, 0.1%)

2 だらな

▼ 伸びたれ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ば蛇

▼ 伸びても~ (2, 0.1%)

1 差支えないほどの, 顔は

▼ 伸び~ (2, 0.1%)

2 読めるの

▼ 伸びひろがる~ (2, 0.1%)

1 とそれ, 一方でした

▼ 伸びほうだい~ (2, 0.1%)

1 に顔じゅう, の髪

▼ 伸び一人~ (2, 0.1%)

2 は横ざま

▼ 伸び上りかげん~ (2, 0.1%)

2 に自分

▼ 伸び出てる~ (2, 0.1%)

1 二株の, 若芽の

▼ 伸び出る~ (2, 0.1%)

1 かという問題, ものかという

▼ 伸び切つて~ (2, 0.1%)

1 しまつて, 居るん

▼ 伸び厚い~ (2, 0.1%)

2 大きな唇

▼ 伸び~ (2, 0.1%)

1 が横, を大きく

▼ 伸び拡がり~ (2, 0.1%)

1 或る, 眼眸は

▼ 伸び~ (2, 0.1%)

1 がつた顏, がる力

▼ 伸び~ (2, 0.1%)

2 のそよぎである

▼ 伸び濃い~ (2, 0.1%)

2 眉毛の

▼ 伸び縮みさせ~ (2, 0.1%)

1 たりする, ながらおもしろ

▼ 伸び縮む~ (2, 0.1%)

2 奇なる

▼ 伸び育ち~ (2, 0.1%)

1 方を, 早熟とも

▼ 伸び茂る~ (2, 0.1%)

1 もの立ち枯れる, 頃濠端づたいの道すがら

▼1* [219件]

伸びあがりたい気持に, 伸びあがり立ちあがり各自の, 伸びあがれば大川, 伸びいまでは親父, 伸び昼寝し, 伸びおくれてやつ, 伸びかかった兇悪な, 伸びかつ縮んだ, 伸びきたると見る, 伸びぐあひをはかる占ひめいた儀, 伸びここまではようやく, 伸びざかりの胡瓜, 伸びすればガラス屋根, 伸びそこではじめて灰色, 伸びそれから今度は, 伸びそろわずおまけに, 伸びたりもするの, 伸びたるを結ばず, 伸びしふくれだし, 伸びちぢみころげうつむきあほむいた, 伸びちぢみしながらある, 伸びつづいている, 伸びてからは二人とも, 伸びてと思うと, 伸びてはからまつ若葉, 伸びてひどくなって, 伸びてをりますが, 伸びでもしたいよう, 伸びとに間合を, 伸びどうやら寿命も, 伸びどこまでもつづき, 伸びどんよりと黄ばんだ, 伸び鋒鋩を, 伸びながら小さい声, 伸びなどして, 伸びはうだいの, 伸びはびこった古塚, 伸びひろがってゆく, 伸びひろがりまた自分, 伸びちゃっと, 伸びまた彩られたよう, 伸びむとすることなきが故に, 伸びむとする梢には, 伸びもう一方の, 伸びがって, 伸びやまない人間に, 伸びようはずがない, 伸びよう道理がない, 伸びよく茂り慌てた蛙, 伸びわけて文化の, 伸びアッと思う, 伸び一方は固定, 伸び一番下の段, 伸び上げ細い前足, 伸び上ってるところは, 伸び上つて幹を検, 伸び上つて庭の方, 伸び上つて手に, 伸び上つて明り窓からヤン, 伸び上つて貧血したやう, 伸び上つて道臣の後姿, 伸び上らうとしてゐた, 伸び上らせ鬱金色の, 伸び上りかねて, 伸び上り伸び上りするうち, 伸び上り声を叫ぼう, 伸び上り寝そべりささやきあい忍び笑いし, 伸び上り寝そべりささやき合い忍び笑いし, 伸び上り屈みこみ一心にやみ, 伸び上り拡がり分散して, 伸びを這っ, 伸び交した大きな葉, 伸び享楽が増し, 伸びも無げ, 伸びの核, 伸び伊皿子かけて, 伸び伸びて行かなけれ, 伸び佐夜の中山, 伸び余つた蔓草であつ, 伸び出させようというつもり, 伸び出した葉は, 伸び出でた枝とも, 伸び出ないが軟ら, 伸びつた若葉, 伸び切り船体は今にも, 伸び初めたの, 伸び初めている一めん, 伸び加減だと, 伸び努力して, 伸び古りた幹や, 伸び同じ男と, 伸び同時にこっちの, 伸びふなり, 伸び咲き実りそして, 伸び咲き稔り枯れやがて朽ち, 伸びはとがっ, 伸び土手は大きく, 伸び土間へ勝子, 伸び均斉がとれ, 伸びの寝, 伸びの裾, 伸び如何に輝い, 伸び姿態にも女らし, 伸びらしい恰幅, 伸び山蔭の畑, 伸び左手で柱, 伸び巻いて断ち切り, 伸び巻葉が解け, 伸び帝都全市民, 伸びがる, 伸び引く手は曲る, 伸び弘がれり, 伸び張ったパルムの, 伸びが深まり, 伸び忽ち屈するの状, 伸び悪い垣の, 伸び成長するに, 伸びに取った, 伸び拇指のが一番, 伸び拡がっておそらく, 伸び拡がってる低い桜, 伸び拡がろうとする, 伸び按配も長旅, 伸び揃った青々しい, 伸び摩擦は共に, 伸び放題乍ら清らかな紋服, 伸び放題從つて熊の子, 伸び放題拡がり放題にし, 伸び放題身體も汚れ, 伸び教会の大きな, 伸びも三本, 伸び曲線を画い, 伸び更に相互扶助隣保親善の, 伸び本社との聯絡, 伸び来りし此の, 伸び来る刀鋩を, 伸びの花, 伸びの藪, 伸び榛名山の裾, 伸びはつた, 伸び次第良縁を搜, 伸び歪んで世にも, 伸び永久に固く, 伸び江戸娘らしく存分, 伸び流れながら, 伸び清らけし籠りゐて, 伸び渡つた草原を一散, 伸び渡つてゐる明るい, 伸び烈しく左右へ, 伸び無限にひろがる, 伸び熟れてゆく, 伸び物売りのラッパ, 伸び猛犬の背, 伸び申したなす, 伸びや村, 伸び疑いと打消し, 伸び白い冠毛の, 伸び百合は開き, 伸び皺ばんだと, 伸び盛る筈の, 伸び眼光さえきらきら, 伸び瞬時にし, 伸びを先生, 伸びには収穫, 伸びは重く, 伸び立つ盛りに, 伸び立派に平年作, 伸びから端, 伸び精一ぱいに開い, 伸び紡錘のよう, 伸びには人, 伸び縮み絡み合い死闘の, 伸び縮め緋縅の, 伸び繁つて眺望は全く, 伸び羚羊のよう, 伸びも円み, 伸び肥つてゐるの, 伸び育たなければならない, 伸び育ち発展します, 伸び育ち肥え太つた万般, 伸び育った美しさ, 伸びも高く, 伸び胡瓜がたくさん, 伸び脹れあるいは縮小, 伸びが円く, 伸びが開い, 伸び花びらのよう, 伸び茂っていた, 伸び落ち葉に埋もれ, 伸びは榧, 伸び蔓延っている, 伸び蕃社と蕃社, 伸びが咲き, 伸びは気, 伸び蚕豆の花, 伸び行き擴がり行きつひ, 伸びは大地, 伸び足らぬ者とほど, 伸び足りて真赤, 伸びもかなり, 伸びの忍草, 伸び農馬は草, 伸び進んで都市町村, 伸びしようと, 伸び錘が, 伸び銀ぶちの老眼鏡, 伸び長い鞭の, 伸び長ぜんとする, 伸び開いた地蔵眉が, 伸び開き簇生した莟, 伸び降りて来る, 伸び階上に達し, 伸び雲雀が空, 伸び青眼に微動, 伸び靡いた一条の, 伸び頭髪も百日, 伸び群れたり, 伸びは熟し, 伸び黒い布を