青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「個々~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

修行~ ~俳優 俳優~ ~俳句 俳句~ 俵~ ~俺 俺~ 倉~ 個~
個々~
~個人 個人~ ~個性 個性~ 倍~ ~倒れ 倒れ~ ~倒れた ~候 候~

「個々~」 1158, 13ppm, 8776位

▼ 個々~ (967, 83.5%)

12 場合 10 ものを, 作家の, 場合に 8 事物を, 人間の 6 ものに, ものの, 人の 5 作品の, 内容の 4 事象が, 作品に, 力を, 場合について, 場合の, 現象に, 現象の, 現象を, 結晶の

3 [23件] ものとして, ものは, 事物の, 事象に, 人々の, 人に, 人を, 人物と, 人物に, 人物を, 作家について, 具体的な, 力の, 問題を, 文章の, 特殊の, 状態で, 生命の, 生活の, 科学的諸, 精神の, 過程に, 部分に

2 [57件] 事件として, 事実から, 事実の, 事柄を, 事物は, 人に対しては, 人物の, 人間にとっては, 人間にも, 作品について, 作品は, 作品を, 俳優が, 俳優に, 具体的の, 具体的事件に, 具象的の, 内容に, 内容を, 力は, 単語を, 古語自身は, 国家が, 場合における, 場合には, 場合を, 孤立的な, 山名を, 常識内容を, 影響を, 心の, 心理には, 性格を, 患者の, 悪戦苦闘の, 感覚を, 才能を, 文章が, 日常生活を, 物個々の, 特殊性を, 特殊的な, 犯行を, 生活は, 知識や, 社会現象が, 立場に, 結晶が, 行為には, 行爲には, 行爲は, 記事の, 記者の, 詩語の, 諸法則, 隣人に, 麦の

1 [662件 抜粋] いのちの, いのちを, くだものの, ことは, それぞれの, むねには, もの, ものが, ものであり, ものと, ものとしては, ものに対して, もの個々の, もの即ち, インテリゲント分子では, エタ寺について, エネルギー水準の, オフィス, オリジナルの, ジャーナリストの, スケッチを, バラバラの, ブルジョアに, プロレタリアの, リベラリストも, ヴァライァティーに, 一々の, 一つ一つの, 一定の, 一家の, 一部が, 上に, 与えられた問題, 世界が, 世界は, 中に, 中心に, 中心を, 主権が, 主観的立場で, 乗客が, 事で, 事件が, 事件だけでも, 事件なり, 事例によ, 事変に, 事実や, 事柄は, 事物が, 事物として, 事物に, 事物にしか, 事物や, 事象から, 事象であっ, 事象との, 事象な, 事象にたいする, 事象にまで, 事象の, 事象を, 事象自身には, 二つの, 人々では, 人々に, 人々により, 人々は, 人々を, 人から, 人たちの, 人にも, 人による, 人家を, 人格に, 人格の, 人民を, 人物おの, 人物が, 人物なり, 人物について, 人物性格を, 人生観なども, 人間が, 人間であり, 人間においてのみ, 人間について, 人間に対する, 人間も, 人間を, 仕事なら, 仕事は, 位置は, 体験と, 作品, 作品については, 作品にまつわる, 作品並に, 作品論に, 作家が, 作家なり, 作家を, 作家個々の, 作者が, 作者には, 作者の, 作者を, 例について, 例については, 価値個々の, 俺達の, 個人が, 個人の, 個別的関係を, 個性は, 個性へ, 個所が, 個所の, 候補者に, 僕達の, 優れた作家, 優れた意志, 全能力, 公訴事実と, 具体的事例を, 具体的状態において, 具象性の, 具象的な, 具體的經驗内容の, 内容から, 内容と, 内容にも, 処置を, 出來事が, 出来事からでも, 出来事に, 出来事は, 出来事を, 切線の, 判決例は, 利害は, 創造が, 創造的使命は, 力では, 労働者につき, 勇士は, 動きそれを, 動作に, 動作の, 動物が, 勞働者と, 区別は, 区別を, 単語の, 印度日耳曼民族の, 印象を, 原子の, 原語や, 又特殊, 叙述は, 句の, 史的源泉の, 各一年内, 名を, 名目の, 命題の, 品物を, 哲学的方法乃至, 商品は, 問題, 問題に, 問題についての, 善を, 嚢と, 困苦の, 国家や, 国策に, 國民の, 垣内の, 基本と, 場合でない, 場合は, 場合をも, 場面や, 境遇や, 大衆作家の, 大衆青年に, 太陽系については, 失業現象の, 奮闘に, 女の, 姿から, 姿に, 孔子の, 存在としては, 存在に, 孤立した, 学問の, 学者の, 宇宙塵は, 実感は, 実験に, 実験の, 家, 家より, 家庭に, 家庭の, 家庭や, 家相のみ, 対象が, 対象に, 対象や, 専門的発意は, 将士の, 小さな世帯異変, 小勢力, 小家にも, 小理想家, 小閑には, 山名が, 岩塊は, 差別性を, 市場に, 希望は, 常識内容と, 常識内容の, 常識内容は, 建築にも, 弱さ, 形体に, 形象が, 形象を, 彫刻の, 彫刻は, 微粒子の, 心は, 心を, 心理に, 心理の, 心理まで, 心眼の, 思想や, 性情稟質を, 性格として, 性格に, 性格間の, 悪玉の, 情意内容, 情景である, 意志の, 意見として, 意見に対して, 意見は, 意見を, 意識も, 意識内容に, 感じとは, 感官の, 感情の, 感覚から, 感覚表象感情意志などの, 感覺の, 成員から, 成員に, 戦争は, 戦争を, 戦争ジャーナリストなどという, 才能の, 批評対象から, 批評対象に, 持ち味は, 振舞いなどは, 攻撃は, 政治を, 政治的事件, 教会に, 教授の, 数値との, 数字は, 文に関しての, 文化現象は, 文化現象自身では, 文化面の, 文字を, 文学作品が, 文学作品である, 文学研究会は, 文学精神が, 文学者が, 文明の, 文章だけ, 断片的な, 断面を, 新劇団ぢ, 方言領の, 旧家で, 旧族固有, 昔話を, 時代にまで, 時代個々の, 時間的動作の, 時間間隔は, 有志者をのみ, 未知数を, 材料例へば, 村舍を, 極めて詳細, 概念を, 標本では, 模型より, 樹の, 武者も, 歴史も, 歴史的事件を, 殺人方法を, 民家の, 民族の, 決意も, 法令個々の, 法規の, 活物の, 流派的宣言と, 流義に, 渦柱に, 測定値が, 滅亡を, 演繹に, 漫画家が, 点に, 点の, 点を, 熱情を, 物も, 物質性と, 特別な, 特殊な, 特異性を, 特種な, 犯罪事実を, 状態等々が, 状況に, 独立せる, 猛勇と, 現在個々の, 現象が, 現象としか, 現象としては, 現象なる, 理想を, 理論に, 生きかた, 生態を, 生活で, 生活に, 生活力に, 生活者として, 生涯を, 生物に関する, 生物の, 生産期の, 男や, 男女生活との, 異った, 発する恐し, 発行者としては, 登場人物を, 百千の, 盒の, 相互の, 真理内容と, 眼の, 瞬間に, 知覚が, 知識に, 知識の, 短篇が, 短篇を, 研究の, 研究者の, 社会事情の, 社会人が, 祈願の, 神人の, 神仏等を, 神格をば, 神話は, 神話を, 私たちの, 稜角を, 稲耕作者たちの, 空間的時間的綜合態は, 章段の, 筋道を, 範疇それ自身としては, 粒子が, 精神が, 精神を, 素質に, 細かな, 細目の, 細部の, 経済力の, 経験と, 経験資料乃至, 結婚の, 結晶と, 經驗である, 經驗の, 罪の, 美よりも, 者が, 者も, 背負つてゐる, 能知者たる, 能知者を, 自我とを, 自然現象や, 自由です, 自由は, 舞台芸術論から, 良心に従って, 色彩の, 芸術家を, 芸術的立場の, 芸術領域の, 苦悩を, 苦闘とか, 虚偽を, 蛸壺に, 行動を, 行為が, 行為者に, 行爲が, 行爲に, 衣服について, 表現の, 表現法である, 表象を, 被告の, 裁判官が, 複雑な, 要因や, 要求を, 要素を, 見本として, 規則という, 観念を, 観測によって, 觀察が, 解説と, 言葉を, 記憶や, 訴訟の, 試合には, 語には, 誤りを, 読者の, 誼み, 論理内容として, 諸文化, 諸文化面, 諸現象, 資本家との, 身を, 車の, 農人の, 農業者は, 進化の, 進歩的意図を, 運動は, 運命とは, 過程に関する, 道を, 道義人情までを, 邑落ごとに, 邑里の, 部に, 部分についての, 部分の, 部分を, 部分真理を, 部曲家門に, 部門例へば, 部隊を, 量又は, 鉄体を, 鍛錬を, 長官の, 間にても, 関係に, 闘牛士の, 集りで, 電子, 項を, 項目に, 項目の, 顔に, 香氣を, 魂では, abcなどが

▼ 個々~ (70, 6.0%)

2 して, 善の, 就いて, 直面し, 色別し得る

1 [60件] あらわれる現象, その要素, それぞれ生命を, それ程精密, つきて, とつて, ばらばらと, べつな, よりて, わかれて, 一致せぬ, 並行し, 云って, 伝わって, 共通する, 具体化した, 具体的に, 分かれて, 分かれる, 分かれ無数, 分れて, 分離した, 分離せずし, 判明する, 力を, 収攬しよう, 可能と, 呼びいれ時計, 営んで, 在るの, 孤立し, 当時の, 批判し, 批判する, 持つユニホーム, 撃とうと, 收攬しよう, 敵団を, 断ち切られた瞬間, 明らかに, 有つて, 機構に, 殲滅され, 注意し, 活くべきである, 流す涙, 異なるその, 知る必要, 美食としての, 見れば, 観察する, 言へば, 訪ねて, 訪問する, 註釈時には, 諸処へ, 追いながら, 通じる, 進んでは, 露頭の

▼ 個々別々~ (31, 2.7%)

2 に私

1 [29件] であるから, なもの, な特殊, にそれぞれ, に主観的, に分裂, に切り, に切り離された, に孤立, に無限, に発生, に説く, に踊っ, に離し, に離す, のよう, の世界, の主義, の事実, の事物, の便宜, の内容, の原因, の性格, の性質, の感覚, の生存, の自分, の音色

▼ 個々内容~ (9, 0.8%)

1 ではあり得ない, との中間, の単なる, の性格, の背後, の諸, は内容的, も夫, 及びその

▼ 個々独立~ (4, 0.3%)

1 したもの, した歌集, には常々吾, の二つ

▼ 個々~ (4, 0.3%)

1 な発言, には未, に如何, のもの

▼ 個々~ (3, 0.3%)

1 有して, 未生から, 永世にかけての

▼ 個々~ (3, 0.3%)

1 一人一人打ちのめし, 問わずただ, 貫いて

▼ 個々事物~ (3, 0.3%)

1 の内容, の性格, の諸

▼ 個々にも~ (2, 0.2%)

1 なみなみならぬ, 外廓からも

▼ 個々一つ一つ~ (2, 0.2%)

1 にさえ影, の範疇

▼ 個々事象~ (2, 0.2%)

1 というよう, を結合

▼ 個々撃滅~ (2, 0.2%)

1 して, なされたほう

▼ 個々~ (2, 0.2%)

1 連続的な, 連続的に

▼1* [54件]

個々おのおの特別の, 個々その中心を以て, 個々それぞれの作品, 個々てんやわんやの戦列, 個々自分の, 個々であった織田方の, 個々ではなくして, 個々としての人性は, 個々としては目に, 個々感情では, 個々なる個性が, 個々においてもっと多様, 個々について云うの, 個々についての私の, 個々には持って, 個々によつてその, 個々塵芥的人權と, 個々ばらばらにきり, 個々きれいに, 個々一二の軍人, 個々一定の文化作品, 個々一身の上にも蔽いかかっ, 個々中心の分立, 個々人間の最上府, 個々介立の弊, 個々倒円錐形の大形花床, 個々全滅は目, 個々分立主義が正しい, 個々分離した状態, 個々勝手な方面, 個々單立の各科學, 個々専門に励み, 個々小さくてもよい, 個々平等の事実, 個々必ず癖が, 個々に関しない, 個々特別の場合, 個々特種の快楽, 個々特立して, 個々独特である, 個々獨尊の統一, 個々現象の観察, 個々理想に向わね, 個々異質的であり相互, 個々な生動, 個々直接の交通, 個々を生滅, 個々守るの, 個々自滅を与え, 個々討死して, 個々誇りを研ぎ, 個々ではなく, 個々離れ離れの状態, 個々電燈の光