青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「個~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

修業~ 修行~ ~俳優 俳優~ ~俳句 俳句~ 俵~ ~俺 俺~ 倉~
個~
個々~ ~個人 個人~ ~個性 個性~ 倍~ ~倒れ 倒れ~ ~倒れた ~候

「個~」 5848, 63ppm, 1809位

▼ 個~ (3371, 57.6%)

26 人間の 23 人間が 16 人影が 15 人間として, 人間を 11 方程式が 9 人影を 8 人間である, 仮定説として, 商品の, 方程式の 7 小石を 6 人が, 人として, 人物が, 人間, 人間は, 立場から 5 トランクを, 人の, 例を, 巨大な, 形式を, 怪物が, 意見を, 生命が, 生命を, 説話に

4 [18件] タイプライターを, 事情を, 人は, 人格として, 人間たる, 女性としての, 対立という, 星の, 星を, 物体に, 男の, 男を, 男子を, 石を, 神話を, 箱を, 説話は, 顔形を

3 [64件] ために, ものに, 事を, 事実を, 人を, 人体が, 人物を, 人間では, 人間に, 個性は, 力では, 動詞も, 卵を, 史的源泉と, 商品と, 商品に, 壺を, 奇妙な, 女の, 女性の, 女性を, 存在が, 存在である, 存在として, 小さい人間, 小包が, 屍体を, 影が, 心の, 意志で, 意見としては, 手に, 指環の, 挿話を, 方程式は, 方程式を, 方面より, 未知数を, 林檎を, 柿を, 機械と, 死体の, 死骸が, 独立な, 独自の, 獨立せる, 生成力の, 男が, 疑問あり, 疑問たる, 石に, 神格化に, 神話と, 神話に, 科学として, 考へを, 肉体を, 花を, 芸術家として, 見解を, 規定だった, 陽電気と, 電球を, 餅を

2 [227件] うちに, ことで, ことを, ものあり, もので, ものと, イデオロギーとして, カムバスと, カールの, サツマ芋を, ズルフオンアミド基, ダイヤモンドを, トランクすら, トランクに, ドグマを, ベンチを, ボタンが, ボタンを, 一般均衡の, 不安定だ, 世界の, 中の, 人あり, 人ある, 人かげが, 人であった, 人に, 人形が, 人影は, 人影も, 人才たる, 人物あり, 人間で, 人間と, 人間という, 人間としての, 仮定説に, 仮定説を, 作が, 価格は, 偉大なる, 偏狭なる, 僧と, 元禄武士は, 公問題は, 冀望に, 凸点が, 利益の, 創作家たる, 劇壇に, 労働者として, 勢力に, 十の, 卵の, 又単に, 品物を, 唯物論者として, 問題から, 問題として, 器も, 四角を, 地歩を, 壮漢が, 大なる, 天, 天才なりといふも, 太陽を, 女性である, 女性と, 女性としてばかり, 好色漢であった, 孔が, 存在の, 学究に, 宝石が, 宝石を, 対立に, 対立の, 対立は, 小さい皿, 小世界, 少女である, 屍体は, 山体の, 川らしい, 庄の, 弾丸は, 弾丸を, 思想あり, 性格ある, 怪しい者, 怪物, 息子を, 惑星を, 想像説に, 感傷に, 文化人としてのみ, 文字が, 文字の, 文字を, 斑点が, 新しい女性, 方程式, 旅の, 旅人に, 普通の, 有力な, 机の, 村上義清が, 東を, 松明を, 核を, 棺桶が, 機械職工なりき, 機関は, 死体が, 死体に, 死体は, 死体を, 水晶の, 氷の, 氷塊を, 源泉は, 漢字で, 点として, 無心の, 焼物を, 爆弾を, 物の, 物体が, 物体を, 物體が, 特質を, 独立した, 球ある, 生命, 生命として, 生存は, 生活により, 生物だ, 生物の, 男子の, 疑問なれ, 発動機は, 盛典を, 目的を, 相容れざる, 眼が, 石から, 石が, 石の, 石屋が, 石片を, 破片を, 社会現象と, 神と, 神格を, 神話学を, 私見では, 科学である, 科学としての, 立場に, 立場を, 箱が, 箱の, 紳士で, 紳士の, 考えで, 考に, 考へでは, 腕時計を, 興味ある, 芸術家である, 芸術家と, 芸術家としての, 芸術的存在を, 若い店員, 英雄だ, 英雄であり, 荷物を, 菓物の, 葡萄酒の, 薪束の, 裸形の, 要点あり, 見処が, 見地に, 記事を, 説を, 説明神話に, 説話として, 説話の, 説話を, 財布が, 身に, 輪を, 道が, 遺算, 重病室が, 重要なる, 野人のみ, 鉄環を, 銀錠であった, 銃弾が, 鍵が, 鍵を, 鏡を, 陰電気とが, 階段を, 隧道を, 集団に, 雪の, 電子を, 電池から, 電球と, 青年が, 青年を, 非行に, 額面に, 首を, 首領あり, 骰子は, 魂を, 黒い影, 黒き姿, 黒影が, 齒にて

1 [2413件 抜粋] あらたな, いのちが, お菰, ことだ, ことマリユスの, ご潔癖, すばらしい金時計, ためでは, つづらの, とって, はやり語を, みごとなる, もの多し, りんごの, イデオロギー, カテゴリーが, カールも, クリストフと, コーヒ茶碗と, スイス製の, タイプと, タンク内に, ヂャアナリストたる, トランクと, ドーナツを, バラックで, パン屋として, ピラミッドが, プディングの, ヘリウム原子に, ボタンも, マドロス, ミナト屋の, モータルである, ルンペンに, 一ポンド金貨を, 万太郎は, 上では, 不安も, 不規則な, 世界的文學が, 中には, 中心點より, 中間的存在である, 丸木舟を, 主張が, 主義は, 予察地形図を, 事実との, 事実の, 事象に対しては, 亡骸は, 交換方程式を, 人につき, 人妻を, 人影あり, 人文神なり, 人格だ, 人格者と, 人民も, 人物という, 人物像の, 人間であり, 人間社会人として, 仕事, 他人の, 代三銭, 代表者に, 仮定説を以て, 企業家的存在である, 位地を, 住宅に, 体言が, 作家が, 佳人慇懃に, 例証に, 価格と, 俗物, 信念として, 俳人としての, 個性に, 偉人立ち現われた, 偽映, 傲骨男児なり, 僕であった, 僧の, 優れた俳優, 光の, 全國的階級利益, 六部でありました, 兵士である, 具体的なる, 内部の, 円筒を, 冷蔵庫を, 凡身などは, 分会を, 切れた古, 判断で, 別天地であった, 前の, 創作である, 劇作家乃至, 力は, 功利論家を, 労働者である, 勇者成功説話と, 動物, 動詞が, 包み, 区別の, 半ぺらを手, 半鐘が, 南京虫が, 単位としての, 印籠を, 厄介物の, 原始宗教換言すれ, 参考す, 友情から, 受影幕が, 古ぼけたお, 可憐嬢とも, 名ばかりか, 名女優, 名辞, 味氣なき, 品と, 商人あり, 営利会社で, 器械を, 噴火口より, 国民信仰なり, 圈状の, 土偶にては, 土産包を, 地理的概念に対して, 城より, 堅固な, 墓を, 士人としては, 壺と, 外曲した, 大きな思想, 大きな花, 大インテリ, 大人物をも, 大哲学家, 大小の, 大男なり, 大行李, 大集団, 天地の, 天才が, 太陽が, 失敗に, 契約を, 女丈夫です, 女性でした, 女性老いたるは, 好もしい下宿人, 妻として, 姓名の, 婦人である, 婦人を, 子音の, 存在と, 孤児院を, 学術研究論文と, 學者として, 守銭奴と, 完全なる, 定見あり, 宝石は, 実力による, 客床を, 家で, 家庭を, 寺院をさえ, 将来の, 小さい球, 小さな緑色ガラス, 小ヌカ星的, 小動物, 小噴火口, 小学校六年生児童の, 小石が, 小論文突如, 小龍溪, 少年と, 屍体が, 屍躰化生神話に, 山家男を, 岐路は, 島国にて, 工場で, 巨獣が, 市民たる, 帆影海を, 希臘人土耳格人などの, 常識家と, 平民と, 幸福の, 庄です, 座標の, 建物に, 弟あり, 強堅, 弾薬盒は, 形式あり, 形躰と, 影法師が, 得がたい戦争記録, 心理である, 快楽のみに, 思想として, 性慾の, 怪奇な, 怪物体が, 悪人であっ, 情熱的詠歎家であり, 惑溺の, 想像説であろう, 意志ある, 意思と, 意見の, 意識統一として, 感情から, 感激から, 憂うべき事併発, 成文神話として, 戦闘では, 手ごろの, 手提革包を, 才能とか, 投票箱を, 抽象體である, 挿話に, 推薦理由を, 提灯や, 支那説話の, 政府一個の, 教師も, 文化の, 文化運動である, 文字として, 文學である, 文明人に, 斑点の, 新しいベートーヴェン, 新人間たり, 新墓, 新聞紙包みを, 方便たる, 方程式に, 旅行鞄の, 日本人であっ, 旧東京下町人, 春日人形を, 暴民団体と, 書棚尚, 最も根本的, 有効需要の, 木偶に, 木片を, 未来を, 本心に, 村落は, 東であった, 林檎について, 柱頭を, 格言中に, 案山子も, 梵鐘が, 椅子と, 極めて異, 榴弾を, 横穴を, 機械では, 機関あり, 檻の, 歐人も, 武人な, 武弁に, 武門であり, 歴史哲学に, 死美人像によって, 死骸を, 比較神話学を, 民族が, 民間信仰と, 水準を, 氷嚢を, 池乗鞍岳頂上の, 法則もしくは, 波紋を, 洞穴が, 浪人姿, 浮浪書生筆一本あれ, 清く美しい者, 湯呑に, 滑車及び, 演劇理論家であり, 濡れた黄昏, 灯籠が, 点であり, 烽火と, 焦点を, 焼点を, 煉瓦の, 燈光は, 燭台を, 爲めに, 物それは, 物体として, 物資として, 特色を, 狂言作者と, 独楽へ, 独立的存在でなけれ, 玉みたいに, 現実の, 理想を, 理論を, 瓶は, 生きる心, 生命という, 生命は, 生活よりも, 生物が, 生物と, 生産物の, 産巣日神を, 男としてのみ, 男女の, 男子に, 画面から, 異例たり, 疑問を, 痩法師が, 白身ばかりへ, 的が, 盃と, 目を, 目玉を, 真っ黒な, 眼鏡の, 石は, 石塊も, 石神が, 砲門は, 磯の, 社会を, 社会人として, 社会層, 社會團體の, 神人の, 神将頭は, 神格化或は, 神話とは, 神話学に, 祠が, 私に, 私党たるに, 私線路であっ, 私黨たるに, 秘密でも, 穴だけ, 空想の, 空箱を, 窓より, 立ち人形です, 童子あり, 算盤で, 籠を, 精神的現象あり, 紙包を, 細君で, 紳士であっ, 紳士真黒羅紗の, 経験だけ, 絶対なる, 緊急動議を, 繩墨を, 罪悪である, 美しい物語, 美少年で, 美術国たるべく, 群像の, 翁とを, 老武人, 老車夫, 考えとしては, 考へから, 聖者のみ, 肉體として, 脚の, 腕環を, 膳も, 臣民たる, 自己爆砕によって, 自然児では, 自爆による, 自由平等平和なる, 自記晴雨計に, 船員らしい, 船燈を, 花園で, 花瓶を, 芸術品と, 芸術家だった, 芸術愛好家としての, 若者といった, 英雄あり, 英雄を, 英雄説話或は, 茶碗に, 茶釜を, 荷を, 菓子の, 著作として, 蒐集から, 薪束を, 藁椅子が, 藝術的洞察者が, 蛆虫のみ, 蟹浪にと, 行燈です, 表現であり, 袋を, 製作とを, 褐腐を, 要件あり, 見地から, 見識の, 観念的上層物, 解釈あり, 言いわけ, 言語の, 記録が, 詩なり, 詩的精神に, 誤謬も, 説話あり, 読者にな, 論理であった, 謎である, 豌豆でも, 貞盛という, 貧しい経験談, 貨物の, 貿易国として, 賭を, 趣味から, 蹄は, 軍人として, 輕氣球の, 辮髮を, 連環湖である, 遊離説話が, 道では, 邦国たる, 部分より, 部屋が, 都合本位に, 野晒を, 量見で, 金貨が, 鉄釦と, 銃と, 鋼鉄の, 鍵である, 長持を, 間諜に, 限定以外に, 陶器も, 階級, 雄蕊あれ, 難破船が, 需要方程式と, 青い月, 青年草庵に, 非職業的職業, 靴が, 鞦韆に, 頭と, 頭脳労働者です, 顔形と, 風船を, 飛行船に, 首と, 馬丁休らいたりき, 駕籠は, 驚くべき異様, 高山が, 鬼才を, 魔神の, 鶏卵と, 黍団子であった, 黒影合

▼ 個~ (177, 3.0%)

3 あって, もある 2 その次, だけ少し, である, にそんな, に止まっ, に湧い, の唱門, もない, も幸福, を抜萃

1 [151件] あるが, あるなど, ある建て, かががたがた, かならずある, かなりくさい, かに入っ, かに釘, かの擦過傷, かの温泉, から出る, から斜め, から起りました, か勤め, か知れない, がお, がモゴモゴ, ぐらいあった, さらにその, しかありません, すまして, ずつあっ, ずつ絵, だけあそこ, だけある, だけこの, だけで, だけであっ, だけよせぎれの色, だけ子供離れ, だけ弱点, だけ微か, だけ紫鉛筆, だけ選び, だってねえ, だと, であった, でいくら, でこれ, です, でまことに, でフィッション, で共産組織, で野営, とその, となく, と一二丁づゝ, と知れぬ, と風呂番, にあつめ, にかたまっ, にくつ, にすぎない, にた, になっ, にはこの, にはそんな, には死んだ, には詩人, にまとめられる, にもあつ, にも所有, に二千人以上, に偶然, に在り, に安住, に小さな, に招かれ, に掻き集め, に於い, に注ぎこん, に湧き, に湧く, に目, に積み, に立った, に群生, に落合っ, に落合つて, に設け, に過ぎぬ, に達するであろう, に遺伝的, に鈍器, に鍵, に防備, に附着, に集まっ, に集め, に非常, のある, の中, の中心, の傷, の傷口, の地割, の地図, の夜会, の岩, の引込線中, の槍傷, の用法並, の痕, の白, の色まち, の辻番, の門, の防砦, の陸軍病院, は上手, は日毎, は釜山, ばかりで発見, ばかり崖, ばかり強く, へ十三棟, へ密集, ほんとに泣けた, もあっ, もアゲ, も事實, も居, も明い, も病的, も瘡だらけ, や二個所, をかれこれ, をノート無し, をマメイド, を一週日, を基点, を変え, を引き裂い, を択んだ, を指, を指さし, を指す, を探偵小説, を数える, を楯, を直す, を蛇蝎, を襲った, を見いだした, を開い, 太い調子, 小高い丘, 残った, 熱いの, 貼つてあつ, 面白い場所

▼ 個~ (151, 2.6%)

3 取って 2 お定, 剥いで, 増して, 得て, 示し, 順次に

1 [136件] あけた, あげなさい面会料, うちのせ, うやうやしく盆, かんづめの, しばりつけ空缶, つくらせた, つなぎ合せた, とって, ともし盛ん, とり出して, のこして, のせて, ぱら, ひょいと肩, ふり廻して, またも発止, もちすぎて, もらい正宗一合瓶, もらった, もらつたパチンコ屋, よく生かす, スザにおいて, ボートで, 一個一銭の, 一列に, 一組と, 与えられ今一個, 並べえぬもの, 並列し, 中央に, 二合から, 使う勘定, 側面に, 備え主, 入れて, 入れる, 出して, 出て, 剖い, 剥ぎ取った, 創り上げそして, 加えた, 加へる, 北の, 取った, 取り出して, 取り出せしも, 叩きながら, 叩き出して, 叫ぶと, 右手に, 同じく竊取, 含むもの, 嚥下し, 増せり, 増加する, 大川に, 天びん棒に, 夫人に, 奪って, 娘に, 守つて, 寄進し, 導き入れれば, 小式部, 届けて, 店主が, 彼に, 彼女の, 恵まれたからとて, 所持し, 所有し, 手土産に, 手拭に, 抱えて, 拵えた, 持って, 挙げん, 捧ぐべしと, 捨てれば, 据付け主として, 授けて, 接続すれ, 提げて, 携え帰れり, 攫み出して, 支ふる, 数える, 数えるよう, 有するなり, 有するに, 有するのみ, 棺桶の, 欺くあたわざるを, 死骸の, 殆どそれ, 水中に, 決定した, 決定する, 没入せしめた, 渡されたという, 点ずる外, 特別に, 獲た, 當てが, 発掘し, 発見した, 百円に, 私が, 窃み, 窃取し, 窃取した, 窮めて, 紳士旦那博士に, 自分一個で, 船室の, 茲に, 袂に, 見つけそれ, 調べ上げたが, 貴家の, 贈って, 超えて, 軽く足げ, 追って来た, 運んで, 運転し, 釣り他, 鉄の, 附けその, 限定し, 面箱の, 題材として, 食い尽して, 食った桜田備前町料理屋太田屋嘉兵衛

▼ 個~ (116, 2.0%)

12 幾個も 3 ない, 並んで 2 たべて, 一度も, 出て, 捨てて, 落ちて

1 [88件] あちらこちらに, あった, あったか, あったが, あつた, あまさずやきつくし, ある, あるぐらい, あること, あるの, あるまい, あるまい而, ある卵, ある戸, ある麻雀牌, あろう筈, お礼すれ, かかる世界, くくりつけて, ございます, それを, つくると, とりかえられた, ないわい, ない余, なかった, はいって, はいるよう, ビール樽の, 一杯に, 仕舞い込んだ革, 何れも, 作り得ないの, 全も, 出た, 出来たの, 前途を, 受信機を, 右の, 姿は, 存在せず, 届いた, 嵌めて, 平らげて, 当てられて, 挽きぞ, 揃って, 有ること, 有る一方, 有る中, 残らずと, 残らず焼失, 殘つて居らぬ, 気前よく, 準備し, 無いの, 無し藻西太郎, 無事で, 煌々と, 片づけられずに, 生って, 真鍮の, 眼に, 空いて, 続いたり, 繋ぎ合せ, 脚高の, 補助席二脚へ, 見えた, 見えないが, 見えないそして, 見つからなかつた, 見当らないの, 買い不良少年, 軒灯が, 転がしながら, 近々年, 通り過ぎて, 連れ立って, 連続的に, 重なり現われて, 鏤めて, 長々と, 長く続き, 開いて, 降らぬよう, 飛び飛びに, 食べた

▼ 個~ (84, 1.4%)

2 それを, 消えても, 第二種

1 [78件] あった, あまりにも, あり壮観, あり得ない, あるであろう, いって, こげ目, さも憎, その庖丁, それぞれ一般均衡の, そんな不自然さ, たしかです, たしかにそれぞれ五百ドル, どこかに, なれば, ぬれ米一俵, まことに大切, まだイガ, やがて又, ブリチシ・ミュージアムに, 乳母さんに, 今は, 何れも, 余と, 個を, 偽物で, 全から, 全く浴衣, 八十カロリーだ, 共にその, 単に, 去年その, 土器表面に, 大丈夫だ, 大和ながらの, 大躰, 天女の, 如何に, 威風堂々たる, 宅送, 彼の, 彼らが, 後年浜田庄司に, 微暗い, 必ずしも一対, 我々の, 携帯し, 新境の, 早くすでに, 時計だけ, 様々である, 歪みが, 死人に, 殻を, 比較的古い, 減じて, 濁声を, 火の, 煙草火を, 疑も, 目下の, 真二つ, 石楠花の, 砲台近く破裂し, 私である, 穢多村なり, 簡單に, 罪人を, 背の, 脚折れ, 自己を, 蝋燭の, 誰の, 金貨で, 面箱の, 頼母が, 鼠色の, 齒輪車で

▼ 個~ (81, 1.4%)

4 がある 3 で, にまだ 2 ある, である, にも劣る

1 [65件] いちじるしくこぼれたる, があった, があり, がわからず, が一つ二つ, が之, が存在, が存外, が少く, が少し, が少なく, が眼, が頭, さえ少なく, だ, であること, ではカント, では妄り, で合図, で私, で述べられない, なの, なら今, に, におおいなる, にじっと, について質問, には限らない, に他, に出会す, に就い, に於, に真鍮, に鍵, に関して付け加え, に雪, の出入口, の技巧, の論文, は, はあ, は何遍, は動作, は可, は存じ, は直接, へ小刀, へ旅, へ火, へ眼, もある, わずかに, をなし, を何度, を含む, を図面, を指さし, を指摘, を発見, を示した, を袖形, を見いだした, を見よ, を話した, を詳細紙面

▼ 個~ (79, 1.4%)

3 なる 2 なくのめり込ん, 下女と, 相互に, 類との

1 [68件] いうが, いたします, この封筒一個, これも, それとを, なく並べられた, なく並ん, なく並んだ, なく出, なく懸, なく擔ぎゆきし日, なく残っ, なく渡る, なく無限, なく珠玉, なく立て並べ, なく置駢, なく袋, なく見え, なく韋, なつて, なりしかも, なれば, にぎりめし, みて, 不思議な焼いた, 云ったらほとんど, 五フラン銀貨二個と, 以後の, 個とを, 全体主と, 加えて, 十匹足らずの, 古筵一枚, 右の, 合せて, 呼ぶ大尉, 多彩の, 大きな銅貨, 女の, 宿敵尊氏との, 尺八と, 推定される, 数えて, 時たまつぶし, 机一台と, 柄の, 椅子二個なら, 洋銀の, 砂糖と, 碗が, 私が, 種との, 美代子さん自分が, 胸算用し, 花一個とが, 蚊帳ひとはりを, 蛋白石が, 衆の, 言ふ, 記したの, 貰って, 金貨約, 銀の, 電球を, 青, 類とに, 風邪の

▼ 個~ (79, 1.4%)

7 して 2 なって, 化して, 於ては

1 [66件] うけ継いで, お庇さ, さらにその, すぎない, ちかい計器, つながる無数, つめ込み民子, とかし結合, とどまらずすべて, なった, なる時, はねあがる, ひどく心, もどる, キャラメル三粒, 一匁五分見当の, 係った問題, 其の美しい, 分かれたれども, 分けたため, 分れねば, 割れて, 区劃した, 区画された, 區劃され, 即して, 及ぶ, 取つて言, 味噌が, 増され六七千キロ, 多少の, 夫, 妙な, 封じ込めたり, 對する, 尽きる, 引承け, 数えた, 書いて, 止ど, 此世で, 歯磨の, 歸し, 殿方は, 水を, 減らした, 無花果に, 片手を, 物凄う御, 私, 納めて, 肴ツ氣が, 興味が, 行つて來た, 言つ, 足りない缶詰, 過ぎない, 過ぎないこの, 過ぎないもの, 達した, 還元せられる, 銭の, 關する, 附隨し, 限らなければ, 食糧が

▼ 個かの~ (57, 1.0%)

4 部屋が 2 字が, 檻が

1 [49件] ものを, チックタックの, ボタンを, 不文律が, 丸薬に, 予言と, 事物が, 人の, 伝説と, 別棟の, 天幕が, 宿場や, 小屋が, 小独楽, 山幾個かの, 峠と, 建物に, 文字が, 早打が, 木戸口じゃが, 木造の, 村を, 梯子段を, 棟を, 樽の, 無機物に, 物語を, 異国的の, 皿すでに, 種を, 箱が, 籠は, 花へ, 花子の, 虫箱が, 行李を, 衣櫃が, 谷沢や, 赤提燈が, 迷信とに, 連続的論文は, 部屋だった, 部屋の, 郵便物を, 門や, 風船を, 風船玉が, 飛び石を, 骸骨で

▼ 個~ (52, 0.9%)

1 [52件] いきなり一般, いただいて, けしかけたところ, この際, その生計, たいへんな, ただもらえる, ついにくるりと, どこかに, めざされ挑まれて, 一つ残らず売れ, 一両だ, 一銭菓子は, 不足し, 中心と, 二銭五厘, 五十円以上百円の, 人間一人で, 侮辱され, 入れて, 全を, 全編を, 円筒状を, 十円十五円二十円二十五円三十円五十円, 吾, 因で, 地球である, 宣伝の, 彼の, 我々が, 手に, 手引きを, 手足を, 数馬の足の, 整然と同, 死ぬまでの, 残されて, 活動しはじめる, 測定に, 狡くて, 生き個, 生白く描かれ, 白脛を, 百兩にでも, 身がるに, 遺留され, 重って, 金百両と, 銀貨である, 鏤めて, 陰伏的に, 頭を

▼ 個~ (48, 0.8%)

2 はない

1 [46件] あつて, おあがりなさいまし, きければ, しかなかっ, その半分, そんな魔力, できて, はなく, はまた, は計らい兼ねます, ひけらかして, ひよろひよろよろよろ, もう沢山, レンズ用ケースの, 一人一日分の, 一団の, 一日の, 三錢, 並ぶ, 五千万円という, 五千円動かせる, 八文で, 切りひらいた, 判らなかった, 十分である, 右の, 四弗四十五仙と, 壊滅するであろう, 大体片付けられ, 娘は, 小判一枚と, 幅を, 幾らという, 弾丸は, 既に秀子, 終りを, 考へろ, 背負つて眞に, 處分する, 訪問客も, 負うため, 身を, 降りた, 飽慾しよう, 鳥二羽を, 鼻に

▼ 個~ (45, 0.8%)

2 ある, 買い込みました

1 [41件] あった, あって, あつた, あらむ, あること, あると, あるの, あるらしくそれら, あろうと, かけて, これまでに, ついで売り, できたの, はっきりとも, 三個ぐらいしか, 三個で, 上むきに, 二十個買っ, 六個か, 円卓が, 十五個くらいの, 宿は, 幾個か, 店先に, 張られた天幕, 往来へ, 投げて, 持ツて, 掛けて, 桟橋際に, 森が, 檻が, 段が, 湧きそめて, 点々と, 現われたから, 皿に, 知らんいや, 落としたという, 配置され, 関門が

▼ 個ずつ~ (40, 0.7%)

1 [40件] あると, で一つ, で取り囲まれた万里, とって, なの, ズラリと, ポケットに, ポケットへ, 三列に, 与えられる, 中性子が, 二人一つを, 二包みと, 入って, 六個の, 分けようじゃ, 分配せられた, 四隅へ, 嵌めこまれた大きな, 弾薬を, 拾い集めた, 拾って, 指定し, 掛って, 握り飯を, 攫者の, 根茎すなわち, 特に旅行中, 積まれた, 行儀よく, 見て, 規則的に, 配ると, 附いて, 離れつづいて, 飛込んで, 食った, 食われる卵, 飲んで, 香炉が

▼ 個~ (34, 0.6%)

2 なかりしか, なり, の折衷派

1 [28件] との別, と名づけたる, ならざるもの, ならむのみ, なり人間, なり小天地想, なるため, に小天地, に近寄ら, のあら, の境, の発揚, は即, は實, は絶對結象, をおの, をも兼ね, を事造, を具, を宗, を尊め, を指したるなり, を理想, を立て, を貴, を非, を養う, 即小天地想とい

▼ 個ある~ (28, 0.5%)

2 だけで, のみなれ, ものは

1 [22件] かその, かと数え出した, かなどはそこ, かを数え, がそれ, きり壁の, だけの黄金色, という淀屋, という話, といっ, とする, の, のか, のみである, ほかは, 一個は, 其の十七個, 大倉口の, 引き上げ蒸氣機械, 昇降口めざし, 昇降口を, 様な

▼ 個一個~ (21, 0.4%)

4 の事実 2 の人間

1 [15件] が吾, としては咸陽宮, とりあげては, に書い, の中, の場合, の日本的意義, の果実, の正確, の玉みたい, の瓦, の私的, は自己, までもこうした, 討って

▼ 個中隊~ (21, 0.4%)

2 の騎兵

1 [19件] がどこ, が全部, が壁, との対戦, とブルンスウィック, と勇敢, と行, に及んだ, のうち, の兵力, の将卒総, の将校たち, の竜騎兵, の重, はカラビーヌ銃, は一軍団, も泊っ, をつづい, を最後

▼ 個ばかり~ (20, 0.3%)

2 盗んで

1 [18件] くッ, だ, だった, つまみ千歳船橋, 三和土の, 入れたもの, 入手, 受け取ったが, 合わせても, 啜る中, 喫べ, 拾って, 残って, 貰った, 買って, 買入れた, 貸して, 転がして

▼ 個でも~ (17, 0.3%)

1 [17件] これを, その過程, それを, とてもあまる, 一粒の, 出せる, 卸した, 大変に, 好いが, 悲劇名詞を, 汝の, 流失した, 無限の, 肉に, 買いますが, 造るという, 隣人が

▼ 個~ (17, 0.3%)

1 [17件] が死ん, が集合, としてで, としての他人, としての自己, として解剖臺, との隔たり, と個體, に對, に比べ, のこと, の不滅, の内部, の問題, の死, の甲, 若くは

▼ 個という~ (15, 0.3%)

1 [15件] ところだった, のだ, ものは, 凄じ, 南京虫腕時計が, 品物を, 多数の, 大きな数字, 姿の, 懐中時計を, 数が, 数である, 最後の, 鎖つきの, 順序に

▼ 個から~ (14, 0.2%)

1 [14件] なる忠魂塔, なる闕門, また桶板, 三十個ぐらいずつ, 三十個ぐらいの, 二万六千個まで, 二個三個という, 二十ぐらい, 全へ, 出発し, 多くて, 数十個の, 数百万個にも, 群へ

▼ 個としては~ (14, 0.2%)

1 [14件] あれについては, この都會, すぐれた聽覺, まずまず忍耐, むしろ柩, もう半ば, 其存廃を, 咸陽宮の, 意味を, 曾遊の, 此の, 泰平郷建設の, 犯罪の, 西洋の

▼ 個以上~ (14, 0.2%)

2 の恒星, の異種族 1 の円盤, の寺院, の正, の物体, の玉子, の異質的実体, の道, はどんなに, は売らない, は完成

▼ 個だけ~ (13, 0.2%)

1 [13件] あけて, あります, その左手, だわ, でなく実は, では, ひろいよせて, 代金を, 外海の, 打ち掛けようぞ, 知られて, 買った, 選び分けた

▼ 個~ (13, 0.2%)

2 の, の言語 1 なもの, な力, の傑作, の名, の型状, の思想, の技巧, の色, の趣味

▼ 個~ (12, 0.2%)

2 なところ, なもの, な自我 1 であろうとも, でなければ, な我, な深み, な関係, 及び相互的

▼ 個とも~ (11, 0.2%)

1 [11件] ちゃんとカバン, なき焼石, なくはめ, なく彼方此方, なく汚点, にさらし首, 一つに, 上げて, 切って, 厳重に, 封瓶の

▼ 個ほど~ (11, 0.2%)

1 [11件] あったので, あるか, あるこれ, 不足に, 並べて, 吊りさげて, 手ずから皮, 押しあげた, 組合せて, 行儀よく, 註文申込が

▼ 個師団~ (11, 0.2%)

1 [11件] がゴッソリ, ぐらいではどう, さらに国内, であって, の, の兵士, はそこ, ほど上下, を持っ, を梯隊, を進めね

▼ 個あり~ (10, 0.2%)

1 て相, て穎外, て羽毛状, と申し, 中隊ごとに, 又美術品, 小さいの, 小棚の, 形は, 烈しく出血

▼ 個として~ (10, 0.2%)

1 そこに, もさういふ経験, より持たないなら, 人間の, 別にその, 基督が, 強いても, 描写された, 積極的に, 顕れて

▼ 個持っ~ (10, 0.2%)

3 ている, て来 1 てい, ております, ても実は, て来させた

▼ 個あっ~ (8, 0.1%)

2 てその, てそれ 1 て一, て共に, て冬, て前記残留

▼ 個しか~ (8, 0.1%)

1 ありますまい, ありませんから, ないので, なかった, なく早朝, 成功しない, 据えてない小さな, 缶詰を

▼ 個ないし~ (8, 0.1%)

1 二個の, 二千個という, 二百個が, 二百個くらい, 二百個という, 五個くらい, 千個くらいに, 数十個集まった

▼ 個ばかりの~ (8, 0.1%)

1 大荷物, 小さな島, 弾薬しか, 柵が, 火を, 穴が, 部下の, 餅が

▼ 個~ (8, 0.1%)

3 て来た 1 てきた, てきました, て来たそうです, て来ました, て来る

▼ 個大隊~ (8, 0.1%)

1 が横隊, ずつ十三, であり之, のイギリス兵, の工兵, の日本軍, を大半, を提げ

▼ 個~ (8, 0.1%)

1 と相違, にし, に仲人, のところ, の中, をも併せ, を見まし, を連ねられまし

▼ 個連隊~ (8, 0.1%)

1 が裏切っ, が遁走, くらいはい, の位置, の胸甲兵, は驚駭, ほども旗鼓, を徴募

▼ 個ずつの~ (7, 0.1%)

1 卵が, 卵子が, 小判型した, 指環が, 監に, 褐色な, 資格を

▼ 個~ (7, 0.1%)

1 か何十個, か数, そうである, つたのかい, つた着物と, と云ふから, 串戲ぢや

▼ 個独立~ (7, 0.1%)

1 した作品, した業, の学問, の学科, の島田三郎, の生計, の科学

▼ 個~ (7, 0.1%)

2 にまだ 1 がある, にご, は家長, も曲筆, を引用

▼ 個買っ~ (7, 0.1%)

1 てくる, てそれ, て下げ渡し, て宝塚, て来い, て翁, て飲む

▼ 個體的自我~ (7, 0.1%)

1 と普遍的自我, と結合, に對, に繋縛, の執着, はこの, を發見

▼ 個その~ (6, 0.1%)

1 ほかには, 一つは, 商店の, 孤独の, 次には, 菌蓋の

▼ 個とか~ (6, 0.1%)

1 あって, 一人とか, 七十個とか, 二個あて食べ, 二個とか, 金時計を

▼ 個~ (6, 0.1%)

1 が五十銭, と引換え, の代価, の面, はない, 程の血

▼ 個くらい~ (5, 0.1%)

1 あるいはそれ以下, だったの, である, 互いにくっつき合った, 載せて

▼ 個ぐらいの~ (5, 0.1%)

2 卵を 1 バッジが, 割合である, 棚が

▼ 個といふ~ (5, 0.1%)

1 ことに, ところ, ヘボ石の, 割当の, 最後の

▼ 個三個~ (5, 0.1%)

1 からからとテーブル, という順序, と加え, 入って, 遂に八個

▼ 個十円~ (5, 0.1%)

1 だった, だよ, でもいい, なんで, のドラ

▼ 個~ (5, 0.1%)

1 ありて, の爆裂彈, を持ち, 入れて, 目立って

▼ 個小隊~ (5, 0.1%)

1 くらいの兵士, ないし一分隊, ほどもある, を指導, を指揮

▼ 個想小天地想~ (5, 0.1%)

2 の三目 1 といふ美, の別, の詩

▼ 個旅団~ (5, 0.1%)

1 は二個連隊, をそれ, を右翼, を左翼, を除く

▼ 個月間~ (5, 0.1%)

1 に五件, の冬期, の葉書攻, やりつ, 潜んで

▼ 個あった~ (4, 0.1%)

1 がそのうち, がネ, のでそれ, 火打石の

▼ 個くれた~ (4, 0.1%)

1 がそれ, ものである, んだ, んです

▼ 個これ~ (4, 0.1%)

1 だけ持ち込ん, でようやく, に清水, はみな

▼ 個について~ (4, 0.1%)

1 一個位ある, 一銭だ, 言えば, 語ること

▼ 個にも~ (4, 0.1%)

2 達する 1 分れて, 別れて

▼ 個に関する~ (4, 0.1%)

1 ことで, ことです, 具体的の, 非礼に

▼ 個ほどの~ (4, 0.1%)

1 メダルが, 五十銭銀貨を, 価値の, 提灯が

▼ 個または~ (4, 0.1%)

1 一団体が, 多数の, 数個と, 数個の

▼ 個より~ (4, 0.1%)

1 なかった, ほか備えてない, 成る鑄造機, 議論が

▼ 個をもって~ (4, 0.1%)

1 新貨幣百円, 米ドルなり, 米銀百ドルと, 金一両四百個が

▼ 個三銭~ (4, 0.1%)

2 の蜜柑 1 であったが, なり

▼ 個並べ~ (4, 0.1%)

1 てあり, ている, て大きな, て日本

▼ 個並ん~ (4, 0.1%)

2 で居た 1 でいた, でいる

▼ 個~ (4, 0.1%)

1 あるが, しか揚り, の, は入れ得る

▼ 個入っ~ (4, 0.1%)

2 ていた 1 てい, ていました

▼ 個出し~ (4, 0.1%)

1 て, てそれ, て見せ, て見せた

▼ 個~ (4, 0.1%)

1 でもあたらない, でやろう, ならお, なんか子供だまし

▼ 個有名詞~ (4, 0.1%)

1 に用, は忘れた, は私一個人, を使

▼ 個~ (4, 0.1%)

1 とかある, の民, の百姓たち, を領

▼ 個軍団~ (4, 0.1%)

1 で攻囲, の兵, を向け, を迂回

▼ 個體的存在~ (4, 0.1%)

1 としての自我, に對, の局限, の弱小

▼ 個~ (3, 0.1%)

2 大抵で 1 取りなさい

▼ 個くらいは~ (3, 0.1%)

1 あり頂上, ある, 地球の

▼ 個ぐらい~ (3, 0.1%)

1 あって, うち貫いた, 註文し

▼ 個それ~ (3, 0.1%)

2 だけで 1 に地球

▼ 個だけの~ (3, 0.1%)

1 ことです, 人影であります, 豊満な

▼ 個である~ (3, 0.1%)

1 かそれ, ことだ, 以上此の

▼ 個です~ (3, 0.1%)

1 か, ぞ, ないまお話

▼ 個では~ (3, 0.1%)

1 ない, ないらしい, ない全

▼ 個とが~ (3, 0.1%)

1 ある, 並べられた, 出て

▼ 個とを~ (3, 0.1%)

1 媒介する, 示したもの, 載せて

▼ 個~ (3, 0.1%)

1 のだ, のである, のです

▼ 個によって~ (3, 0.1%)

1 全を, 満洲, 種が

▼ 個まず~ (3, 0.1%)

1 今の, 突立てり, 舞台に

▼ 個まで~ (3, 0.1%)

1 くれば, ついて, 数えられたの

▼ 個までも~ (3, 0.1%)

1 こうした日本民族, 列んだの, 同じ部分

▼ 個もしくは~ (3, 0.1%)

1 六個に, 数個ある, 数個が

▼ 個二個~ (3, 0.1%)

1 ずつ配る, でも大変, と数え

▼ 個作っ~ (3, 0.1%)

1 ても五個, て得る, て見た

▼ 個~ (3, 0.1%)

1 で三十円, の孵卵器, 住宅では

▼ 個十銭~ (3, 0.1%)

1 である, で買っ, とすれ

▼ 個~ (3, 0.1%)

1 の安政二分判, 噸爆弾を, 食って

▼ 個半個~ (3, 0.1%)

1 いまだあらず, の目明し, の道人

▼ 個~ (3, 0.1%)

1 か, だけ存在, の一

▼ 個想派~ (3, 0.1%)

1 に優れり, の作, は理學

▼ 個~ (3, 0.1%)

1 にのせました, に引丸げ, に据え

▼ 個白面~ (3, 0.1%)

2 の貴公子 1 の美少年

▼ 個~ (3, 0.1%)

1 でい, の電球, を三階

▼ 個程度~ (3, 0.1%)

1 に殖える, の, はあっ

▼ 個買い~ (3, 0.1%)

1 それからほか, 万碧楼に, 四フィートは

▼ 個~ (3, 0.1%)

1 ひ座, ひ演舞場, ふ

▼ 個〇・〇二五ミリグラム~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 個あつ~ (2, 0.0%)

2

▼ 個あて~ (2, 0.0%)

1 は食べられなかつた, 食べて

▼ 個あれ~ (2, 0.0%)

1 ばどんな, ば事足りる

▼ 個かを~ (2, 0.0%)

1 忘れて, 藤や

▼ 個~ (2, 0.0%)

1 ぢを, ッつい

▼ 個くらいの~ (2, 0.0%)

1 ものでした, 増加を

▼ 個ぐらいは~ (2, 0.0%)

1 地球の, 添えた

▼ 個この~ (2, 0.0%)

1 八百八町に, 鍛冶屋を

▼ 個さしあげます~ (2, 0.0%)

2

▼ 個そして~ (2, 0.0%)

1 宇宙の, 後方には

▼ 個それから~ (2, 0.0%)

1 あとは, こればかりは

▼ 個たった~ (2, 0.0%)

1 それだけ, 百円だ

▼ 個だけが~ (2, 0.0%)

1 廻すと, 赤みがかった石

▼ 個つけ~ (2, 0.0%)

1 てあった, て錘

▼ 個であっ~ (2, 0.0%)

1 てかつ, てこれ

▼ 個といった~ (2, 0.0%)

1 のを, ような

▼ 個としての~ (2, 0.0%)

1 生活に, 考えでは

▼ 個との~ (2, 0.0%)

1 他周圍に, 否定的統一としての

▼ 個なら~ (2, 0.0%)

1 べテーブル, 興味が

▼ 個なる~ (2, 0.0%)

1 もの首の, 生命的存在である

▼ 個にさえ~ (2, 0.0%)

1 換算の, 是ほど

▼ 個につき~ (2, 0.0%)

1 二法, 百三十両に

▼ 個にて~ (2, 0.0%)

1 今日の, 十數人を

▼ 個には~ (2, 0.0%)

1 至当であった, 香料が

▼ 個に対して~ (2, 0.0%)

1 人, 何回の

▼ 個は種~ (2, 0.0%)

1 によって媒介, に於

▼ 個もの~ (2, 0.0%)

1 原点を, 虫箱が

▼ 個~ (2, 0.0%)

1 五個は, 長持の

▼ 個を以て~ (2, 0.0%)

1 新金百円, 購い得た古書

▼ 個一厘~ (2, 0.0%)

1 で買う, の廃球

▼ 個一銭~ (2, 0.0%)

1 の割, の十円

▼ 個七個~ (2, 0.0%)

2 並んで

▼ 個不思議~ (2, 0.0%)

1 なる時世, な女性

▼ 個主我的意思~ (2, 0.0%)

2 の強固

▼ 個乃至~ (2, 0.0%)

1 三個ならび, 四個の

▼ 個乗っ~ (2, 0.0%)

1 て居る, て蹲んで居た

▼ 個二十銭~ (2, 0.0%)

1 だもしも, なり

▼ 個五色~ (2, 0.0%)

2 の宝石

▼ 個五銭~ (2, 0.0%)

1 か十銭, で売り

▼ 個~ (2, 0.0%)

2 の形

▼ 個備付けた~ (2, 0.0%)

1 ばかりで, 計りで

▼ 個入れ~ (2, 0.0%)

1 てある, てやっ

▼ 個六個それ~ (2, 0.0%)

2 だけで

▼ 個六銭~ (2, 0.0%)

1 で売っ, の部類

▼ 個区隊~ (2, 0.0%)

1 いたか, です

▼ 個存在~ (2, 0.0%)

1 して, するか

▼ 個寄進~ (2, 0.0%)

2 し薦められて

▼ 個巨大~ (2, 0.0%)

1 な洞窟, の田舎

▼ 個幾何炭~ (2, 0.0%)

1 をつぎ, をつぎ足し

▼ 個~ (2, 0.0%)

1 にありき, の上

▼ 個弄ばれ~ (2, 0.0%)

2 て刎返

▼ 個~ (2, 0.0%)

1 の表示, よりさらに

▼ 個~ (2, 0.0%)

1 沢奥西河内二山の, 沢岳の

▼ 個愛す~ (2, 0.0%)

2 可き

▼ 個所繃帯~ (2, 0.0%)

2 し他

▼ 個~ (2, 0.0%)

1 に入れた, に入れる

▼ 個方陣~ (2, 0.0%)

1 をそなえ, 第二線

▼ 個未了~ (2, 0.0%)

2 の疑問

▼ 個未決~ (2, 0.0%)

2 の問題

▼ 個河野~ (2, 0.0%)

2 といふ人格

▼ 個清国~ (2, 0.0%)

2 の婦人

▼ 個漂着~ (2, 0.0%)

1 したと, 致し居るを

▼ 個発見~ (2, 0.0%)

1 した, しましたので

▼ 個百二十円~ (2, 0.0%)

1 だと, の栗饅頭

▼ 個的存在~ (2, 0.0%)

1 を失う, を失ふ

▼ 個的経験~ (2, 0.0%)

1 がいかに, の主張

▼ 個知られ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 個紛失~ (2, 0.0%)

1 したと, して

▼ 個茶呑茶碗~ (2, 0.0%)

2 が七個八個

▼ 個落ち~ (2, 0.0%)

1 ていた, ているで

▼ 個行儀~ (2, 0.0%)

1 よく二行, よく前

▼ 個製造~ (2, 0.0%)

1 し得る手際, すべき生産物

▼ 個貰っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て各地

▼ 個連れ~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 個選ぶ~ (2, 0.0%)

1 としたら, とする

▼ 個集まった~ (2, 0.0%)

1 いわゆる雪片, 位の

▼ 個集め~ (2, 0.0%)

1 それを, てみ

▼ 個顕れ~ (2, 0.0%)

2 出で

▼1* [646件]

つた少い, 個あずけてある, 個あたかも砲台の, 個あつまってもこんな, 個あまり卓子の上, 個あまり風呂敷に包める, 個ありましたが一度, 個あるいは数個の, 個てその間, 個いくらかというの, 個いずれも老若男女群れ, 個いまだあらず, 個おきその横, 個おくれよ, 個おの二個硝薬若干懐中磁石一個毛布数枚ゴム製の舟, 個おやじの名前, 個かがきて, 個かくしておいた, 個かせいでポケット, 個かは踏絵に, 個からからとテーブルの, 個がたがたんと, 個くらいしかない, 個くらいに落ちる, 個くらいまで測れる機械, 個くれたり, 個くれるなら敵の, 個ぐらいしかはいらない, 個ぐらいずつちゃんと用意, 個ぐらいも立ちならんで, 個ぐらゐづつは採れたらう, 個ぐらゐも貰ひましたかねえ, 個こぼれていた, 個ころがすのが, 個ござるの, 個ごとにその, 個ごろごろして, 個しかもその一つ一つ, 個じゃ重いから, 個すでに使い古して, 個すら持たず勿論, 個ずつしか配給されない, 個ずつに分裂増殖する, 個ずらずらと, 個そっくり無くなって, 個そなえつけることに, 個その他肉類をも食った, 個それ自身の美, 個たしかにちょうだいしました, 個ただそれ一つだけの, 個たらずの影, 個たりとも無駄, 個だけでたくさんだ, 個だけでも充分に, 個だけになって, 個だけをアスファルトの, 個やない, 個ついてゐます, 個つきなかなかいい, 個つける下から, 個つなぎ合わせて, 個つまんで帰宅, 個づつ提供する, 個づつ用意された, 個づつ相対する地点, 個づつ竈にはふり込ん, 個づつ茶箪子に似た, 個づゝ取つた, 個であったのだ, 個であったらばたとい, 個でありその消費数, 個であるならそこに, 個である生けるものに, 個であろうと言われる, 個でもって二百両ぐれえ, 個としても彼が, 個とっていた, 個ともとぼんと, 個とりあげては仔細, 個とりわけ珍奇なる, 個と共に久美子の, 個なかばは軒, 個ながら口に, 個なくなっている, 個などまあ程, 個などと捕獲した, 個ならびそのあいだ, 個ならんだ紫ぼかしの, 個なればなるほど, 個なんて間抜けめ, 個にだけ向けられたこの, 個にとつての, 個にとっては作品の, 個によつて還元し, 個により推進さる, 個に対しての攻撃即ち, 個ぬっと出て, 個のみにて享受しよう, 個のみの救ひ, 個のみを発育する, 個はずれている, 個ばかりも並んで, 個よいと, 個ひったりと翼, 個ひとつなにやら子供心, 個手を, 個への還元の, 個ほかに中村屋, 個また別の, 個までにした, 個まるのみして, 個まんいちの食糧, 個もってるよ, 個もらって来た, 個やはり灰色の, 個よくかきまぜて, 個らしく手荷車で, 個をも作るという, 個を通しての全の, 個イギリスから搬送, 個キャラメルソーセージ三種牛鑵二個レモン二個バターに角砂糖一箱, 個クマバチ一個などと捕獲, 個グリップ一個小鞄二個, 個ケインサック一個シネ・コダック及附属品一個これだけ持ち込ん, 個コビリ付いて, 個シネ・コダック及附属品一個これだけ持ち込ん, 個ステッキのよう, 個ゼリーそれからヤカン, 個て, 個ドライサアのもの, 個ニクラフトチーズ少量ヲ添エテ食ベ, 個ニ依頼セントスルガ如キ淺薄ナル信念ニテ何ノ信仰ゾ, 個バターに角砂糖一箱, 個ビスケット甘味品を主体, 個ブラ下って, 個ペケにし, 個ホウルド・オウル一個ケインサック一個シネ・コダック及附属品一個これだけ持ち込ん, 個マッチの小, 個マッチかんづめ一箱風がふきだしたら, 個ユルユルと闇, 個レモン二個バターに角砂糖一箱, 個一〇銭ですぐ, 個一つは鰐革, 個一ルーブルで買つて, 個一両とは是, 個一人の力, 個一個被布をかけ, 個一円五十銭づつとは廉い事, 個一円四五十銭で買った, 個一列に並べた, 個一山に積み重ね, 個一銭宛で売りつけ, 個ど石高道, 個七八歳の娘, 個七十哥して, 個七銭の部類, 個三〇光年以下のもの, 個三十六円位するの, 個三十円から七十円, 個三十銭の価値, 個三十銭位からある, 個三十錢以上といふことに, 個三厘で買い, 個三毛五糸にしか当たらない, 個三銭五厘当時に比べ, 個に出し, 個上げますから, 個下りてきます, 個不可思議の大人物, 個不忠の卑怯漢たる, 個不足とか生後十七年, 個世伝の君主, 個両方とも水, 個並ぶ線が, 個並べつくして持っ, 個並列して, 個太鼓が, 個中央にブラ, 個中隊すべての者, 個中隊グレーヴには軽, 個中隊何十個大隊が横隊, 個乘つて蹲むで居た, 個九円である, 個二人の姿, 個二十五銭の札, 個二十錢だ若しも, 個二厘が相場, 個二厘三厘の時代, 個二本に二個, 個二法の貸し枕, 個二銭何程なりとも思召, 個五個の敵弾, 個五十元の卵, 個五十円で刻つてやつ, 個五十銭が三個, 個五十銭弁償しなければ, 個五厘鮨は細長い, 個五銭位だったろうそういう, 個人間の際, 個今日リオデジャネイロへ向け, 個代金引換郵便で到着, 個以下は無理, 個任侠の大丈夫, 個任意の職業たる, 個伊井中将から一個, 個何銭ぐらいかな, 個余りの漢代, 個作った事が, 個作ると大概, 個侍らせようぞ, 個向けて, 個偉大なずぶ, 個側近者一個を題材, 個が二個, 個優秀の風格, 個入れなければ腰かけられない, 個入れるごとに, 個入口の方向, 個八十五銭ほどの鈴, 個八十銭の西瓜, 個八十銭つきまっさかいな, 個八厘の樽柿, 個八角時計の仰向け, 個八銭とを買った, 個六セントから八セント, 個六個並べて, 個六十銭位に売れた, 個六月二十八日ダイヤ二十三個白金二十二オンスなぞと解体, 個ノ自由, 個内外の, 個冊数にすれ, 個再び百草園に, 個冷やかに春, 個処うつろに穴, 個処個処を指摘, 個処字を直し, 個出來た, 個出来て痛い, 個出来上ってしまいました, 個分けてもらえない, 個列國權力の平衡, 個別に真中に, 個來スベキ世界聯邦, 個刻みつけるために, 個に置い, 個前後にすっと, 個割ってスクランブルド・エッグス, 個加わっている, 個加わったものは, 個加減抵抗機二個及び電流, 個勢力に結成, 個十五銭も十六銭, 個十円以上もする, 個千個と電球, 個千兩でも買ふよ, 個千円もの価, 個卓上の風呂敷包, 個南方支那のあの, 個な声, 個又は七個の, 個及び電流計, 個取り出してやつ, 個取る方だ, 個取ろうとする, 個受取ろうかと言い, 個から左, 個合せて四個, 個合わせたぐらいの丸い, 個遊せん, 個合った白い, 個唯今行違ひましたばかり, 個を立て, 個商人らしい四十, 個四個飛び落ちて, 個四個五個の敵弾, 個四十銭鶏一羽十二円牛乳一合六十銭靴一足三十円という, 個四月十八日ダイヤ十八個紅宝石十二個六月二十八日ダイヤ二十三個白金二十二オンスなぞと解体, 個在る頸骨の, 個地球のが一個, 個埋もっている, 個堂々たる大丈夫らしい, 個壮年のドクトル, 個売れたと種吉, 個売れるんだ, 個変った人物では, 個変わり種の落語家, 個夏蜜柑のよう, 個との矛盾的自己同一的, 個大切そうに抱えた, 個大型の龕灯, 個大急ぎで誂えた, 個大根を百本, 個大湊合の自然, 個大隊中二十個大隊を大半, 個大隊分遺される兵士, 個大隊分遣されるそれゃ, 個大隊半は野津大佐, 個天然の法則, 個天稟で誰, 個奇怪なる大丈夫, 個女子に逢った, 個に問う, 個奴馬鹿の様, 個婦人の身, 個が負う, 個の意識, 個孫太郎虫呼び商い, 個安いには安い, 個完成したもの, 個宏大なプラス, 個する人, 個宛まんじゅうを貰った, 個宛上向きに出, 個宛呈上致します, 個宛地階から六階, 個宛船に引上げ, 個宛花のよう, 個家庭を離れ, 個対百枚という比率, 個鞄二個ホウルド・オウル一個ケインサック一個シネ・コダック及附属品一個これだけ, 個小隊づゝの軍勢, 個て住む, 個居らぬ畑中, 個嵌め込まれている, 個川口の坊や, 個左右に一個宛, 個巨体を地上, 個師団イゾンゾ方面より四個師団, 個師団バルカン方面より三個師団, 個師団以上に達し, 個師団十個師団を持っ, 個師団増加せば, 個帽子箱一個グリップ一個小鞄二個, 個平らげさせてゆるゆる, 個平均ぐらいに原型, 個年少早熟の偽悪家, 個年紀の少い, 個年賦は, 個年間一年に一万円, 個年間心ひそかに研究, 個年間春秋二回づつ根気よく攻め続け, 個庭前にて何事, 個引っ抱えて, 個引剥しても, 個引奪つて三段ばかりある, 個当りの配達費, 個の手, 個後年の展観, 個御身のせい, 個微弱なる一少年, 個を爲, 個悲しみの聖母, 個情痴の人間, 個想なかりきといふ説, 個想像の所産, 個想家の作, 個想比較的に多く, 個或は横の, 個所ぐらゐ見るには, 個所サーベルの傷, 個所以前の乳母, 個所右側に一個所, 個所堯舜の名, 個所套靴の方, 個所岩の途切れ, 個所引用した, 個所彩色硝子の採光窓, 個所斯んな文章, 個所欠点がある, 個所次の年度, 個所此処でわが, 個所毎に縫い合せました, 個所水の色, 個所焚火があり, 個所生身と異ならぬ, 個所目障りな櫓, 個所硝子の窓, 個所秘密の出入扉, 個所竹竿の通らない, 個所膨んだ, 個所見物した後, 個所誤謬があった, 個所鉤裂きがあったの, 個所陰気な暗い, 個所非常に精鋭, 個所鬚摩と称する, 個打つたりし, 個投出したので店, 個抱いて歩行くに持重り, 個抱く時分にゃ, 個拡がった根っ子の, 個持ち込まれて四五十円, 個持主の慈悲, 個挿んであること, 個捨てて来た, 個据えられている, 個掘り出すと又, 個掛っていた, 個揃えて立ちどころに, 個揉ぎって食う事, 個提灯山笠みたいである, 個握らせられて蒟蒻買い, 個握らせると両手, 個握りしめてイヤンなつちやう, 個搭載しうるそう, 個放りこんでどう, 個散るのが, 個が増した, 個数寄を尽したる, 個数正どのもただ, 個数百個と言, 個敵対の神祇, 個敷き放しの寝床, 個文字通りの近代人, 個帰朝の, 個新たに発見, 個新奇の撰擇文明, 個族個體の内部, 個映ってい, 個曳網で採集, 個書籍を山積, 個書軸六十余本の多き, 個最も恐怖る, 個會員の數, 個月間興行して, 個月間行酒を絶つ, 個有りましたこれをも, 個有るのみなり, 個有名を云はず, 個有地名を誌さ, 個木星に四個, 個本基および投者, 個本部がある, 個朽木の像, 個松平正允から二個, 個松本伊豆守へ納める, 個果実全部を充, 個につけ, 個格段の差別的成立, 個條書をくりかえし眺め, 個條書きにし, 個梨五個キャラメルソーセージ三種牛鑵二個レモン二個バターに角砂糖一箱, 個極めて大作であり, 個樂園ノ根基, 個なる議論, 個はつて, 個吊看板二枚, 個正直に書い, 個残っている, 個残ってるはずだ, 個残り之が, 個残る七個は, 個殖やすところだった, 個殘つて記念となつ, 個母親に与へられ, 個毛布数枚ゴム製の舟, 個水牛に化し, 個求むメイフォード五十五円也, 個決論ヲ英國ニ對シテ求ムベシト云フコト是レナリ, 個洋服の扮装, 個浜田侍従から一個, 個浮いている, 個減り二個減りし, 個減りして現在, 個瀟洒たる人物, 個無生の人形, 個無罪の男, 個煙草盆何個草履何足幕何張それに供, 個燭台何本というよう, 個爲方が無い, 個父兄的愛情ヲ以テ, 個片足だけお, 個である, 個特別な職能, 個状書の一つ, 個獰猛ノ大, 個獲ずもあれ, 個はれて, 個現金四十五円参銭それから女持金指輪二個, 個が据, 個産神様へ届け, 個異境に彷徨, 個にころがり出た, 個發見した關係, 個白痴の美少年増田四郎, 個白金二十二オンスなぞと解体, 個白面朱唇年少美貌の神将, 個白骨に化し, 個には満たない, 個百両だ, 個百二三十円もする, 個百円前後もする, 個百潮の銘, 個的人間の完成, 個的作器観であること, 個的婦女として自覚, 個的成長に必要, 個的細分化の方向, 個的財布の中, 個に盛っ, 個に載せた, 個目位のところ, 個合して, 個相馬家に二個, 個真桑瓜を横噛, 個真面目の霊魂, 個短銃四個おの二個硝薬若干懐中磁石一個毛布数枚ゴム製の舟, 個砲兵中隊がついに, 個破られて捨, 個硝薬若干懐中磁石一個毛布数枚ゴム製の舟, 個硫酸の壜, 個硯箱インキ壺雑然とした, 個磨り潰しましたよ, 個私立の活計, 個移植したの, 個数えられて, 個程の椅子を, 個の関係, 個種個族個體の内部, 個積み上げたものを, 個穿たれている, 個窈窕たる美少年, 個して, 個立つと六個, 個立ててある, 個立的で同類反撥的, 個んで轉, 個の如く, 個簡単なる肉体, 個紅宝石十二個六月二十八日ダイヤ二十三個白金二十二オンスなぞと解体, 個まつて, 個納めるようにと, 個紙包みから取り出し, 個紙巻莨を入れたる, 個本入男女名取中, 個結びついてそれ, 個緑柱玉が三百十個, 個に四個左右, 個置いてあり, 個置かれてゐる, 個置き忘れてあった, 個置く権利を, 個美髯の紳士, 個聯隊の兵士, 個背負つて之が路案内, 個をむけ, 個自由党員の入閣, 個自由黨員の入閣, 個自立自存の思想, 個至情の文, 個芍薬種子三升程花菖蒲五百株送附, 個白く葉, 個花魁から貰いました, 個若くは數個, 個茶碗三個衣服ようのもの一つ, 個草履何足幕何張それに供, 個荷造りしたまま, 個荷駄につん, 個落ちましたこれは, 個蒔絵の蝶足, 個處意味不明のところ, 個虚偽の行為, 個蝙蝠傘が二個, 個血だらけの絨毯, 個行きおまけに, 個行列して, 個衣服ようのもの一つ, 個を合せた, 個袖口ボタンが一組, 個被布をかけ, 個見えたが絹, 個見えないので, 個見かけたが価格, 個角燈に類した, 個計り有れど, 個討って行っ, 個りとる, 個試みた處非常に, 個謹愼の天分, 個謹慎の天分, 個警官の事, 個貝塚からひろった, 個負傷者三百八名を収容, 個貪り吸うと皆, 個ふ, 個貰っとくぜ, 個貰ッたの, 個ふ, 個買いだめること, 個買ったがその, 個買つて来いと, 個買つて來いといふ, 個貸してやろう, 個赤井越前守から三個, 個足らずの脇息, 個身体のよう, 個を指揮, 個の上, 個近くもあるであろう, 個上った, 個連隊四個大隊であり之, 個遂に八個と, 個運び出された翌日廊下の, 個運転手に渡す, 個道誉のおすすめ, 個達旅人もちょうど, 個遣って追払おう, 個重ねた石垣が, 個金十五円也とし, 個銀紙でつくった, 個長身の武士, 個間敷者出来筋目, 個附けたものかと, 個附近温泉の湧出, 個限りの絶対秘密, 個のごとき, 個陸揚げすること, 個行かなければ, 個集まって一つ, 個難しい問題である, 個の消え失せ, 個青面の獅子, 個靴下留巾一吋半以内のもの一つ, 個頂戴しませうか, 個頼みに思う, 個飛び落ちて霎時歇, 個食えるように, 個食って座, 個食った男と, 個食べたからまだ, 個ってくれた, 個からぶら下げ, 個馬的に記述, 個駄夫に与へた, 個騎兵中隊を迎え撃たん, 個驚かす物こそ, 個驚くべき入神の, 個體學を紹介, 個體的の自我, 個體的内容に復活, 個體的局限を超えたる, 個體的自己の義務, 個體的自我個體的自我に繋縛, 個かに記され, 個黒ビロードの台座, 個黒衣の大入道