青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「倉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

俥~ 修業~ 修行~ ~俳優 俳優~ ~俳句 俳句~ 俵~ ~俺 俺~
倉~
個~ 個々~ ~個人 個人~ ~個性 個性~ 倍~ ~倒れ 倒れ~ ~倒れた

「倉~」 1984, 21ppm, 5364位

▼ 倉~ (428, 21.6%)

24 中に 11 中へ 8 中の 7 中で 6 中を, 前に 5 方へ, 話は, 隅に 4 ような 3 中から, 中では, 中には, 二階に, 奥へ, 屋根の, 戸を, 方を, 窓から, 言へば

2 [29件] なかに, むねを, ように, 中は, 中へは, 中まで, 中味を, 入口で, 右の, 壁に, 外で, 奴は, 姿が, 家に, 家へ, 屋根に, 戸が, 扉に, 扉を, 時貴人の, 曙立の, 案内で, 棚に, 河岸を, 病院生活を, 白壁に, 腰に, 若江の, 蔭の

1 [259件] あとを, あるうち, あること, あるの, お宝物, お蔭で, がある, すみに, そばへ, だといふ, ところあの, なかから, なかで, なかの, ねずみの, ひさしに, ほかに, ほとりに, ほめき, まえに, まわりをも, みすぼらしい米搗男, やかましいのに, よく縫物, わきに, アケタツの, 一つにも, 一つの, 一件も, 一城に, 一城を, 上には, 上屋階に, 下に, 下受け, 不思議な, 中, 中でも, 中な, 中にでも, 中へと, 乾分と, 二字を, 二階にでも, 二階住で, 人地を, 人異物を, 仕事から, 他に, 倉で, 倉庫番を, 内から, 内には, 内外を, 分家が, 刈り立て, 前から, 前で, 前には, 前の, 前へ, 北阪に, 半西洋, 名で, 名を, 土台や, 地に, 城で, 城と, 場合に, 塗直し, 塩もはや, 壁から, 壁の, 壁を, 声だつた, 外に, 外へ, 外壁や, 多治見国長を, 多紀分家は, 多紀安琢の, 天井を, 奥に, 奥を, 奧に, 女婿である, 奴に, 妾の, 字の, 守将, 宝に, 宝ものを, 実の, 家, 家から, 家の, 小城は, 居る方, 屋根から, 屋根が, 屋根を, 山牢に, 岩壁でも, 左手に, 庇に, 庇の, 庇梅の, 床下に, 床下普通なら這入れ, 底へ, 店に, 引っぱった縄, 張り番を, 形式を, 影に, 後ろへ, 後ろや, 御鞍打師, 御鞍打師辻萬兵衞, 戸の, 戸は, 戸ばかり, 戸へ, 戸前の, 戸前まで, 戸前を, 戸口に, 所在地です, 扉の, 手に, 手落だつた, 扱帶を, 扶持米の, 描きだすあやし, 方に, 方へな, 方角が, 明り窓から, 昼鼠ちよろり, 最初に, 木戸だ, 木槌型の, 末家の, 本地毘沙門と, 板敷踏みたる, 柱に, 棟からも, 棟に, 槍刀剣お, 様子は, 横の, 横顔に, 武器が, 母は, 母親から, 河岸の, 河岸本多隠岐守の, 淋しいところ, 焼打ちは, 物や, 物を, 特殊性は, 王, 王三柱, 番人を, 癖で, 発会に, 登りとは, 白壁が, 白壁の, 相手に, 矮小に, 神が, 福井楼迄, 秘密を, 稗粟は, 稲田は, 稻葉屋に, 稻葉屋の, 稻葉屋へ, 稻葉屋勘十郎, 窓からは, 窓みたいだ, 窗より, 立ち並んだ大きな, 笑いぶりは, 笑い方, 答えは, 米豆を, 糒などといふ, 罪は, 義なら, 義なるべし, 肩先, 背後には, 脇から, 脇で, 腕の, 臆面な, 若い者, 苦肉を以ての, 荷揚げ場へ, 落着く, 蔭から, 虚しいか, 表や, 裏に, 裏を, 親御さんの, 言葉を, 記憶に, 設置には, 設置は, 話を, 諸山と, 谷には, 軒に, 転訛だ, 辻萬兵衞, 近くに, 運漕堀に, 道に, 遣繰とで僅か, 邸の, 配下の, 重い戸前, 野郎は, 金は, 鉢まきから, 鉢巻が, 鎮守の, 間から, 間と, 間へ, 間または, 間違えでしょう, 闇へも, 闇釣舟の, 附いて, 陰で, 隅から, 隅の, 隅へでも, 隅より, 隈取りの, 階上に, 雪抜落て, 面を, 頂を, 頼朝の, 食糧は, 首ヒロの, 首根つこ, 驚きは, 高い建物, 髪は, 髪を, 鼠みたいな

▼ 倉~ (166, 8.4%)

4 娘の 2 すぐに, つく, 三吉の, 夫の, 寂しそう, 平次の, 笑って, 縄を

1 [146件] ありたけ, あわてたよう, いくらか国訛, いつもがちゃがちゃ, いよ, おめかしを, お倉, お豊, お雪, この, この名残, この辺, ご覧の, さもさ, じれったいの, すつかり, それに, それを, つくづく儘, どうしてもこの, なおのこと欣喜雀躍し, ひとり関羽に, また新しい, みんな陰湿な, むやみに, よく覚え, エレーヌに, エレーヌの, オズオズと, ハンドルを, バッヂを, マルの, 一つの, 一瞬相手を, 丁度池の, 三吉に, 三日三晩の, 上から, 上の空で, 主人の, 二三間追っ掛け, 云った, 人手に, 今の, 低い声, 先を, 全國, 八の, 到頭平次, 力を, 勘兵衞の, 取るもの, 口を, 古びた簾, 吸付けた長, 哭かんばかりに, 四角な, 地上に, 堪りかねて, 外へ, 天子様の, 夫が, 妓籍に, 委細構はず素晴しい, 娘と, 実が, 小舎の, 少しあわてた, 島ぜんたいの, 左の, 平家が, 引取って, 引取て, 弟が, 弟の, 役目を, 彼を, 微笑んで, 心の, 思いの外素直に, 思出した, 意外に, 慰め顔に, 手前の, 挙げて, 摺れ違, 新宿に, 新宿の, 昨日産婆が, 未だ若かっ, 未だ話し込ん, 本当に涙片手, 本望を, 村長はじめ一同に, 来なかつたかね, 橋よりも, 款待した, 武蔵金沢の, 母親を, 気丈な, 気転よく, 永年の, 注文先には, 消防小屋で, 炎に, 焚落しを, 無事だ, 無論の, 爾る, 物も, 痩細った, 皮肉気に, 目に, 相変らず, 眼へ, 私が, 稍, 種々と, 稲垣の, 空つ, 立ったが, 笑いながら, 笑った, 笑ひ, 答えながら, 美人なり, 老ても, 聞いて, 胸を, 脚気を, 苦笑し, 蟹の, 言おうと, 言った, 遠い旅, 錢形の, 門を, 陥ちて, 際限の, 面は, 額で, 高宗時代より, 髪を, 鶴井を, 鼠色の, 鼻の

▼ 倉~ (110, 5.5%)

2 夏の, 挟んで, 満ちて, 納めて, 置いたもの, 預けて

1 [98件] ありますかと, あるもの, あるよう, あるん, ある二つ, ある伽羅, ある筈, いたもの, おさむることなきに, おさめたとたん, おとしいれられるまで, おり海保竹逕, お米, こぼれし米, こもってから, して, そっくりお伝え, たくは, ちよつかい, つづく座敷, つッ, できる本統, なって, ぶつかつて, 一ぱい物が, 何本かの, 入って, 入つて, 入つてせつ, 半襟一と, 反映した, 収むることなきになんじ, 収めず, 取って, 取つて, 向つて叮重, 向ひあ, 周章てたの, 品を, 国守る, 在って, 壇を, 大きな森, 大きな黄頷蛇, 大勝し, 大熊を, 就きては, 居た時分, 山形の, 巣食って, 彈かれ, 思いを, 所蔵の, 手を, 投げ込まれたかも, 折り重なって, 押しこめられて, 持たせて, 昵懇なれ, 曲げ込んで, 来て, 栄蔵と, 格子を, 案内し, 武者振りつきました, 比べると, 泊って, 浪人組の, 渡御す, 満ちたる穀, 満ちた金銀財宝, 滿た, 潜り込んで, 移った, 稲積の, 積みこませました, 納れる, 莚を, 落ちた, 蒸れ合うばかり, 蔵はれた, 蚕の, 親切だ, 言った, 設けて, 足を, 近い内, 近い方, 追いこめられて, 這入って, 這入ると, 運んで, 達した, 金を, 隠匿される, 頼まれて, 飛びました, 驅け

▼ 倉~ (93, 4.7%)

4 開いて 2 そびらに

1 [87件] あけさせて, あらしたど, お作りに, かすめて, くぐりぬければ, したがえ三百余騎, たてて, たてること, つかまへて, つけて, つれて, のぞいて, ほりぬき驚くばかりの, もち石組み, もって, アメリカ人は, 上がって, 並べて, 二カ所に, 伴れ, 使つて素木の, 修飾する, 傳馬町へ, 出ず西, 出た, 出ようとして, 助けて, 呼んで, 夫, 奥座敷へ, 守りおる以上, 守るべく兵馬, 山刀で, 巡囘, 建てさせた, 建てら, 建て候, 建て商工業, 打つ真似, 押えた, 持った家, 持って, 振りか, 掘って, 掠奪し, 新築させ, 殺したの, 殺すなら解つて, 流, 焼いたり, 焼かれ親類, 焼き払って, 焼払って, 疑ふ氣, 目ざし強制的, 目し, 直したもの, 知って, 破り多く, 立てそこ, 立てて, 経て, 縛つて泥を, 脱し馬岱, 自由に, 落す中, 蔽い瞬間, 襲つては, 見しかば, 見つけて, 見つけられたので, 見ての, 見ますと, 見物する, 見舞って, 設け財宝, 認識した, 貰う身柄, 買受けた, 辞して, 追出したの, 送って, 部屋の, 開き財宝, 開けるわけ, 開こうと, 預かつて

▼ 倉~ (81, 4.1%)

3 言う 2 あって, ございます, 並んで, 俺たちの, 勘兵衞を

1 [68件] あった, あったと, あつた, ありますよう, あり夜露, ある, ある塀, ある様子, あれほどの, いうには, お豊, ここに, ござります, さっぱりしない, そんな噺, たつどころか, たつ平和, つづく塀, つぶれる平和, 一番疑はれる, 三つくらい, 並び恰度往昔, 主人の, 亭の, 代って, 俺の, 出来て, 初めてだった, 口汚く罵, 名も, 嗤ひ, 変な, 威張り出した, 嫁いて, 寄せた小舟, 建たない, 建つの, 建つわけ, 建て連ねて, 思わず言, 押えたの, 持ていでのう, 掘って, 曲者に, 有志の, 桃園の, 横から, 殺したと, 沢山たちます, 浴衣がけで, 無い, 焼き払えるもの, 燒け, 現れて, 目マルの, 立って, 立派であった, 答えた, 縛られたつて, 行くなら自分, 見えて, 言った, 言葉を, 訊ねた, 訪ねて, 重々しい口調, 陰湿な, 飛んで

▼ 倉~ (69, 3.5%)

1 [69件] があの, が一たび太郎, が内, が幾度, が心, が撰び, が既に, が此罪, が知れる, が身, とやら云う, と云う, と添遂, なり倉子, なるに, に出頭, に分れ, に向い, に密夫, に燭, に転, のため, のドギマギ, の事, の亭主, の前, の口, の姿, の容貌, の居間, の心, の所天藻西太郎, の持参金, の操, の為, の為め, の美, の自由自在, の言葉, の顔, の顔色, の驚き, は一声, は一言, は二時半, は今, は余等, は凡そ一分間, は却, は安心, は宛, は少し, は店口, は快, は此上, は煩悶, は私, は絶望, は足早, は遽しく, は関係, へ見え隠れ, も人知れず, も彼, よりの艶書, を尋問, を慰めし, を罟, を調

▼ 倉~ (58, 2.9%)

8 の御物 3 にある, の樹下美人図 2 の正語蔵

1 [42件] か古い, がその, が何だか, であったとの, と云, などはゆらい, なり, にはこの, にも何處, に伝える, に唐三彩風, に存する, に封じられ, に残っ, に置かれた, の勅封蔵, の名称, の地内, の尺八, の屋根, の広場, の建物, の御, の御物中, の拝観, の曝凉, の樹下美人屏風, の満, の目録, の絵, の蘭奢待, の話, の近く, の門戸, は今, は地下人, は聖武天皇, をはたして, を舍, を見学, 其の他, 御在位

▼ 倉~ (56, 2.8%)

3 手を 2 運びこんで

1 [51件] いらっしゃいますの, かどわかされて, くぐらするなどの, まいって, みたして, パツと, 優しい聲, 入ったか, 入った者, 入っちゃ, 入って, 入つた, 入つた者, 入れられても, 八五郎を, 出かけて, 出た, 出るん, 別れ別れに, 千俵の, 厳重に, 参って, 取りに, 呼びに, 帰ると, 急ぐの, 戻し臼, 投げこんで, 押籠められ, 持つて, 掻込む, 放りこむと, 月々の, 案内する, 渦を, 片づけてから, 移った, 納めねば, 蜘蛛を, 行こう, 行ったの, 行って, 行つたのは, 調べに, 這入るの, 運ばせました, 運ばれましたが, 運んで, 預けるの, 頭を, 食込んで

▼ 倉~ (50, 2.5%)

3 二人ぐらゐの力では, 呼んで 2 プロ亀が

1 [42件] あとかたすら, あるかぎり, いい飢民皆, いえば, いって, いつたもの, いふを, いふ所から, いわれるか, なしたる處, なり, なるであろう, よんで, プロ亀, プロ亀でありました, 一ノ, 亀とが, 二十ばかりに, 云う倉, 京都三十三間堂の, 倉との, 共にあるだだ, 反対に, 名の, 呼ばれおるもの, 呼ばれた男, 家が, 対ひ, 新しい東京, 普賢菩薩は, 普賢菩薩を, 書いて, 武器倉を, 母屋の, 称したの, 称しても, 称する壁立, 立入禁止の, 言つて伯母姪同士が, 言ふ, 長い棟, 鶴井の

▼ 倉なあ~ (49, 2.5%)

26 こは 15 こが 2 こに 1 こって, このする, この声, この掌上, こも, こを

▼ 倉~ (48, 2.4%)

2 と三室銀子, のもの, の助手, はそれ

1 [40件] こそはまことに, というの, との結婚話, と新婦, どうした, などという中老, にはよく, に騙され捨てられ, の二度目, の作曲, の冒涜, の半分, の周囲, の左, の往く, の悲惨, の持つ, の指導者, の指揮, の方, の肖像画, の調子, の邸, の門弟, はからから, はその, はグランド, はフィアンセ, は一ぺん, は四十六歳, は多, は山師, は本当に, は自分, は起っ, を供, を繞, を追う, 標と, 標を

▼ 倉から~ (43, 2.2%)

3 出て

1 [40件] あがって, いろいろな, おとといの, ずんずん籾, どんどん氷, ほら貝を, また矢倉下, エゾエンゴサクの, ハムレットを, ランプの, 下に, 例の, 借りだし上, 出させたの, 出して, 勝手口へ, 參りました, 取出して, 台所を, 四俵やらかした, 大水上山への, 始まって, 封印された, 小柴を, 少し離れた, 手を, 斜谷へ, 時計を, 毛利の, 火を, 物, 盗み出しましたもの, 聞いた時, 聞こえその, 自由に, 覗いて, 覗くよう, 逃げるがい, 金山沢を, 馬車を

▼ 倉さん~ (39, 2.0%)

2 というの, のお

1 [35件] かね福分, がまっ, が口, が大嫌い, が生前虐待, が静か, が非番, こんなところ, それだけの, だ, でした, とは誰, と云う, と交代, と喧嘩, と答える, と順平, にお, に代っ, に会いたく, の事, の二の舞, の旅, の生首, の生首ソックリ, の長唄, はもう, は亭主, は如何にも, は昔, も大変, や常さん, や順平, わざわざこんな, 少し殺生

▼ 倉~ (38, 1.9%)

3 お清 2 の女房

1 [33件] からきいた, がやむなく, が大原草雪, が左近, が当日限り, が立ち去る, が立ち戻っ, ではなかっ, と一しょ, に手綱, のウチ, の上体, の倅, の最後, の目, の耳, の耳もと, の証言, の話, の語る, はムッ, は帰国, は平静, は思いだした, は草雪, は語り, は酒, は長い, もここ, も呼びだされた, も奉公中, をよぶ, を走らせ

▼ 倉~ (36, 1.8%)

3 ある, 言へり

1 [30件] ありながら, あり門構え, あるがん, あること, あるわいという, いくらか, いっぱいに, おろ, そこへ, それつ, たうとう, ないの, やむなく沈黙, 並んで, 嘆息した, 土蔵の, 姉娘の, 娘の, 嫌ひだが, 屋敷も, 建つ一方, 梯立の, 炊事場も, 物置も, 自ら首を, 衣服も, 見せて, 見たん, 錠が, 飮んだ

▼ 倉賀屋~ (30, 1.5%)

2 の主人

1 [28件] から, から布團, から追出された, が一つ, が割り込ん, でございます, と大寺源十郎くら, と浪人, に不, のもの, の丁稚小僧, の主人總七, の仲, の倉松, の倉松さん, の受持, の圍, の歸途, の肘, の花見船, は下谷, は特に, へ嫁, へ廻つて, へ廻る, へ第, も殺生, や大寺源十郎

▼ 倉~ (27, 1.4%)

3 は僕

1 [24件] が, がぴよん, が云, が叫んだ, が振り向い, が示した, と伴, と僕, と同じ, に遠慮, のた, の傷, の負傷, は, はそんな, はにはか, は価, は先程父親, は此処, は脚, は足, をおぶひ出した, をまるで軽々と, を抱きあげ

▼ 倉少佐~ (25, 1.3%)

3 は山岸中尉 2 は宇宙戦隊

1 [20件] からも帆村, がある, がその, が前, が就任, が幕面, であったけれど, と山岸中尉, のところ, のひきいる, の号令一下, の申し入れ, はたいへん, はただちに, は大, は帆村, は決然, へ届けられる, をはじめ地上員, を訪ねた

▼ 倉~ (20, 1.0%)

2 お俊, プロ亀の

1 [16件] お種, プロ亀あたりとも, プロ亀が, プロ亀と, 伝は, 土蔵には, 御祖, 民家を, 浅倉で, 海苔簾を, 煙硝蔵を, 物置や, 矛倉の, 長持などの, 鶴井は, 鶴井を

▼ 倉屋敷~ (18, 0.9%)

1 [18件] で国元, で彼, で賄, にでも行く, に一年, に兄, に勤番中, に居る, に押入つた賊, に長く, に飛込, の中, の家, の船頭, の船頭衆, の長屋, は大阪堂島玉江橋, まで取り

▼ 倉~ (17, 0.9%)

1 [17件] あまり大した, これは, すら持, その戸口, グーグーという, 井戸も, 人参を, 倉の, 働いて, 吟味を, 地は, 有った, 殺しが, 片側町に, 祈祷を, 色々な, 鼠だ

▼ 倉~ (13, 0.7%)

1 [13件] にある, のほう, の北, の口, の嶮, の王, の隘路, へいそいだ, へ兵糧, へ出, へ向っ, を八島ヶ池, を進ん

▼ 倉といふ~ (12, 0.6%)

3 のは 1 ことに, のださうです, 中年の, 処へ, 女, 新造鹽辛聲の, 浪人は, 綽名が, 諸莊

▼ 倉~ (12, 0.6%)

4 あが 1 あこそは, あその, あに相談, あに頼まれ, あの耳, あの趣向, あも, あを

▼ 倉~ (12, 0.6%)

2 を封じ 1 から二粒, にことごとく, に収む, に籠る, の貯え, をひらい, を建て, を破壊, 充ちて, 満ちて

▼ 倉には~ (11, 0.6%)

2 和漢の 1 いって, その頃妙, 何とも言っ, 先生の, 十分の, 千両箱が, 煙硝を, 金銀財宝が, 黄金は

▼ 倉甚六郎~ (11, 0.6%)

1 [11件] から預つた, といふ浪人者, の口, の心持, の手, の死體, の浪宅, の調子, の門口, は, まことに水際立つた

▼ 倉~ (10, 0.5%)

2 が実に 1 からまえ, から比較的, が犯人, つたのです, つて打壞した, という異様, ね, 鍛冶屋の

▼ 倉~ (7, 0.4%)

1 とが実に, のほう, の高麗門, はもうすぐ, をはいり, をよこ, を入る

▼ 倉という~ (6, 0.3%)

1 のが, んでございます, 丸ぽちゃが, 人物が, 女傑が, 浜辺へ

▼ 倉との~ (6, 0.3%)

2 間を 1 一件の, 時もさ, 間に, 間または

▼ 倉奉行~ (6, 0.3%)

1 であつ, である, でもない, の役所, の斎藤四郎左衛門利行, はちと

▼ 倉~ (6, 0.3%)

3 の岡, の柴垣

▼ 倉だの~ (5, 0.3%)

1 その裏, 塀だ, 小屋だ, 焼きたてた数, 籾蔵などの

▼ 倉まで~ (5, 0.3%)

1 しのんで, 一夜に, 行かう風琴, 行って, 送つたり

▼ 倉平に~ (5, 0.3%)

1 リスト程の, 反省させ, 好意を, 捨てられた女流ピアニスト, 関係の

▼ 倉稲魂神~ (5, 0.3%)

1 でなければ, となっ, となり, と変った, を祭った

▼ 倉院御物~ (5, 0.3%)

2 と万葉集 1 でも見られる, に於, の有名

▼ 倉にも~ (4, 0.2%)

2 火の粉や 1 見当が, 錠らしい

▼ 倉~ (4, 0.2%)

1 とかいう奴, と太田, と金山, の邸

▼ 倉~ (4, 0.2%)

1 に近づき, の守将, の搦手, へ援

▼ 倉瀬泰助~ (4, 0.2%)

1 が悪, という, という当時屈指, は旅店

▼ 倉~ (4, 0.2%)

1 でその, に渡る, に至る, の菩提寺

▼ 倉院文書~ (4, 0.2%)

1 として残っ, に往々, の中, 続修後集

▼ 倉~ (3, 0.2%)

3 倉と

▼ 倉からは~ (3, 0.2%)

1 兵糧を, 十五町と, 早速三巻

▼ 倉だけは~ (3, 0.2%)

2 この身 1 餘計です

▼ 倉~ (3, 0.2%)

1 やありません, やない, やねえ

▼ 倉である~ (3, 0.2%)

1 から, ことに, 天井と

▼ 倉などを~ (3, 0.2%)

1 のぞいた奇怪, 伴って, 焼き立てついに

▼ 倉了以~ (3, 0.2%)

1 が掘った, が掘つた, が高瀬川

▼ 倉婆さん~ (3, 0.2%)

1 が其場, じゃない, というの

▼ 倉~ (3, 0.2%)

1 といっ, に加勢, は姉倉媛

▼ 倉~ (3, 0.2%)

1 からは何百兩, の羊羹, の黒羊羹

▼ 倉~ (3, 0.2%)

2 も地下方 1 の者

▼ 倉~ (3, 0.2%)

1 が仰山げ, までが浮かぬ, や衣笠

▼ 倉稲魂命~ (3, 0.2%)

1 すなわちウガノミタマ, で伊那, というよう

▼ 倉賀屋さん~ (3, 0.2%)

1 から, が特別, の前

▼ 倉賀屋倉松~ (3, 0.2%)

1 と大寺源十郎, と車坂, の人柄

▼ 倉閑吉~ (3, 0.2%)

1 が切り, と鶴井大次郎, はくるり

▼ 倉たち~ (2, 0.1%)

1 が途中, に狎れ

▼ 倉ちふ~ (2, 0.1%)

2 のは

▼ 倉って~ (2, 0.1%)

2 えだ

▼ 倉でございます~ (2, 0.1%)

2 のでまあ

▼ 倉でも~ (2, 0.1%)

1 たてるつもり, 和田平太胤長に

▼ 倉とか~ (2, 0.1%)

1 東海林とか, 納屋とかいう

▼ 倉とは~ (2, 0.1%)

1 往診の, 御手前

▼ 倉などは~ (2, 0.1%)

1 一つも, 見えますが

▼ 倉なる~ (2, 0.1%)

1 名を, 桶屋の

▼ 倉へは~ (2, 0.1%)

1 いる機会, 火が

▼ 倉プロ亀~ (2, 0.1%)

1 どぶ, に至る

▼ 倉ヶ野~ (2, 0.1%)

1 から高崎, へ一里半

▼ 倉一杯~ (2, 0.1%)

2 に溢れる

▼ 倉三夫婦~ (2, 0.1%)

1 の住居, は別に

▼ 倉住居~ (2, 0.1%)

1 がそうした, をせね

▼ 倉先生~ (2, 0.1%)

1 が來, をお

▼ 倉八十太夫~ (2, 0.1%)

1 とは聞き, もお

▼ 倉~ (2, 0.1%)

1 がきく, その嫁ミキ

▼ 倉小町~ (2, 0.1%)

2 と言

▼ 倉~ (2, 0.1%)

1 と称する, はこの

▼ 倉~ (2, 0.1%)

1 に関平, は土手

▼ 倉椅山~ (2, 0.1%)

1 は, を

▼ 倉次郎~ (2, 0.1%)

1 といふの, は更に

▼ 倉河岸~ (2, 0.1%)

1 の近く, へかけ

▼ 倉瀬泰~ (2, 0.1%)

1 助なれ, 助疾駆

▼ 倉~ (2, 0.1%)

1 した人, になり

▼ 倉社長~ (2, 0.1%)

1 がそこ, はその

▼ 倉見れ~ (2, 0.1%)

2

▼ 倉造り~ (2, 0.1%)

1 ではなかっ, の運送問屋

▼ 倉長江画伯~ (2, 0.1%)

1 が死人, を取り合わせる

▼ 倉門外~ (2, 0.1%)

1 の御, も大概空地

▼ 倉院御蔵~ (2, 0.1%)

1 の樹下美人, の玉箒

▼1* [210件]

あたりは気, 倉あの越前屋の, 倉いっぱいある, 倉お前えの, 倉どこかへ, 倉からてまえも, 倉ぐらいはあったかも, 倉さんそんならどう, 倉さん番茶で沢山, 倉さん等先輩の言葉, 倉さ米俵がうんと, 倉じゃがここへ, 倉そのほか厳丈な, 倉それにぼぼ, 倉だけで十何戸前だ, 倉だつたものを, 倉ってってねえっ, 倉てえのが, 倉であったことが, 倉であり穴であり, 倉ですか, 倉ではないか, 倉といへる米倉, 倉とで家の, 倉ともに押領, 倉と共に焚尽され, 倉なあこ芳爺さんは, 倉なあこだがね, 倉なあこはくすっと笑った, 倉なぞもありました, 倉などいう名, 倉などから何が, 倉などが中国の, 倉などに見るよう, 倉などまで検分し, 倉なども長火鉢の, 倉ならば大抵, 倉なんか殘つて居る, 倉にからになる月, 倉にがちゃ倉それに, 倉にでもほうり込まれて, 倉にまで盗みの, 倉による中央集権によって, 倉のにやりわら, 倉はんプロ亀はんたちとよう腹, 倉へも投げこんだ, 倉までのして, 倉みたような, 倉めいて書齋, 倉めがけて殴りつけ, 倉もろとも乾燥室, 倉よりは岩倉の, 倉らしかつた, 倉らしい建物を, 倉ヒラヒラしてる赤い, 倉プロ亀らに対してもお, 倉プロ亀築地異人館の誰々, 倉入ッテ歩カレナカッタガ, 倉一名をつれ, 倉万太郎の山々, 倉三さん三円八十銭は, 倉三ノ倉九ノ倉, 倉三君の奉公, 倉不動の前, 倉与一の別邸, 倉に往来, 倉中米尽くれ, 倉亀太郎原福太郎井汲幸蔵原弥太郎川島民八漆原慶治小野熊次郎横塚治三久小曽根信吉, 倉二の沢烏帽子沢本谷と一, 倉二郎氏の, 倉五万人の侍, 倉五条下る処曹洞派禅院宗仙寺, 倉まで逃げ走っ, 倉人女この語る言, 倉の立派, 倉は大, 倉光治文師に候, 倉など呼ばる, 倉入りさせようと, 倉入り千俵と云われ, 倉八長四郎の子, 倉公亀公いいかげんにしない, 倉公列伝に斉王, 倉公列傳に臨, 倉兼川を越える, 倉別臣連伴造國造村主の保てる, 倉盈溢る, 倉は富み, 倉及び常平倉, 倉叔母さんが見えまし, 倉右近島左近の二人, 倉同格に取扱, 倉国民学校の職員室, 倉ではない, 倉地面から女房子供, 倉城外にある, 倉に狐, 倉の不遇, 倉外曲輪などの宏大, 倉菩薩の, 倉太夫の子, 倉娘二人それから他, 倉婆あと同じこと, 倉婆あと内密話を試み, 倉婆あと相談して, 倉子自ら真実の罪人, 倉官児弁倉児など呼ばる, 倉尾根に立ち, 倉岩次郎野口春蔵などが草鞋, 倉峡口の洞門, 倉市御免よ, 倉平がどう間違った, 倉平が三室銀子に楽壇, 倉平が今から三年, 倉平が伴奏を買っ, 倉平天才といえ, 倉幸生両山, 倉座敷であつ, 倉庫裏のせまい, 倉廖化糜芳などをあと, 倉廩空虚となつ, 倉廩賑給之, 倉建てむ屎遠くまれ櫛, 倉建て並め殿づくり朝日夕日の押し, 倉建て竝め殿づくり朝日夕日の押し, 倉御門外へかけ, 倉として工, 倉手前両国の渡し舟, 倉掃除夫港灣の埋立人夫, 倉方面に出た, 倉明神公時の母, 倉時代の, 倉有明楼おきく, 倉本部たる北山, 倉の人々, 倉柵門馬小屋にいたる, 倉桐太郎はイヤ, 倉桐太郎浜口興右衛門鈴藤勇次郎測量は小野友五郎, 倉に据ゑられたのである, 倉様お前今日はまあ少し, 倉には御, 倉から二階, 倉であること, 倉次郎受持の山麓, 倉武器倉に国, 倉母屋もはや炎, 倉は誓願寺, 倉民家なども軒, 倉泥亀河童の金さん, 倉流プロ亀派が景気, 倉流盛んな時, 倉清復活の声, 倉炭倉などまで検分, 倉牢問ひの, 倉甚六郎自身でした, 倉甚六郎西國の浪人者, 倉甚六郎身を捻, 倉番帳方舟手軽子頭, 倉番聖ジャゴの料理人, 倉病身の宗蔵, 倉白馬旭猫又劒の諸山, 倉眼鏡でもし, 倉知紀が又, 倉知行ルスなので, 倉石山の水分神社, 倉稲魂ウガノミタマという神, 倉稲魂神林野の守護神, 倉立碇関等を隈, 倉等備荒の用意, 倉を發, 倉続きの横町, 倉の傍, 倉繁氏とやらは喜田川志津子, 倉義倉等備荒の用意, 倉腰板鎧の味噌倉, 倉西は柴安倉, 倉覚三氏と日本美術院, 倉謙左衛門に贈られた, 倉谷川万太郎三国山など八千尺級, 倉谷川富士谷川岳の諸山, 倉前守, 倉賀屋總七はあまり, 倉賀屋長崎屋中田屋の主人, 倉まで西, 倉辺りから見る, 倉辻家の事件, 倉通路ニ於テ密航者ヲ発見ス, 倉銅山が小野組, 倉鐵砲洲新倉がある, 倉長江が嬉しい, 倉門それから坂下二重門内, 倉門内の旧, 倉門外龍の口, 倉門酒井は大手土橋口, 倉関平などみな杯, 倉院その他が当時, 倉院役人の私宅, 倉院拝覧にゆく, 倉院拝観に赴く, 倉院文書大宝二戸籍による, 倉院文書大宝養老の戸籍, 倉院文書造石山院所労劇帳にも見え, 倉院樹下美人図に見られる, 倉院見学は御免, 倉院関係の諸, 倉首比呂が女, 倉麻呂の一門, 倉黒トガワ青坊主ヤセ馬等といふ綽名, 倉黒森の山々, 倉鼠児倉官児弁倉児など呼ばる