青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「俵~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

信長~ ~信頼 信頼~ 俥~ 修業~ 修行~ ~俳優 俳優~ ~俳句 俳句~
俵~
~俺 俺~ 倉~ 個~ 個々~ ~個人 個人~ ~個性 個性~ 倍~

「俵~」 1595, 17ppm, 6617位

▼ 俵~ (286, 17.9%)

16 ように 15 米を 9 上に 8 中へ 7 ような, 米が 5 中に, 底を 4 なかに 3 上へ, 中から, 山を, 米に, 蔭に, 間から

2 [13件] かげに, ぎつしり積まれた, 下に, 収入が, 尻へ, 年貢を, 数は, 数を, 炭を, 米は, 縄を, 間に, 飯米を

1 [166件] あいだに, あたりに, あとへ, うえに, うきである, うしろから, うちには, うめきの, お禄, かけ引きを, かげから, かげには, かげを, ごとく認定, ご扶持米, さん俵でありました, そばへ, つんで, なかから, なかの, なかを, なぞは, なまぐさき, はずの, ほかに, ぼろだ, ま, まま二枚の, やうな, やうに, ようなぶ, 一つの, 一つは, 一を, 一件は, 一俵ぐらい, 一個を, 上から, 上などに, 上には, 上にわ, 上の, 上や, 上を, 下から, 下です, 下を, 並べてない, 中です, 中の, 中へは, 中味の, 予定だ, 二俵相重なり, 二斗五升取です, 二斗五升取りです, 仕切金位ひ, 代官たる, 価でした, 俵へ, 俵を, 借りが, 側な, 側に, 側の, 側へ, 傍に, 儘残し, 内容を, 冠せて, 出し入れから, 切りほど, 切れや, 前後に, 勘定まで, 勘定を, 匂いが, 半分ぐらいしか, 半紙を, 収入を, 収穫が, 収穫だ, 収穫を, 取立てが, 口が, 口を, 向ふ, 四斗俵が, 場合も, 売行きが, 外から, 大きさ, 契約で, 奥の, 奥医師である, 字を, 寄付を, 小普請石川右近の, 小身我々仲間に, 小麦の, 尻を, 山の上に, 左右の, 年貢だ, 底が, 底叩い, 形を, 影絵を, 後方に, 御家人の, 御番士, 慣習は, 手持も, 数々が, 数に, 方の, 方へ, 方を, 旗本格, 旦那も, 木炭が, 栽培を, 様に, 火が, 炭が, 炭と, 炭は, 炭をも, 炭俵を, 燃え残り, 献上を, 玄米にも, 用いられて, 畳へ, 痩御家人が, 白米を, 目方から, 祿を, 禄を, 種籾を, 積み上げた中, 空いたの, 端つこ, 端をば, 米も, 米何タルの, 米俵と, 米俵を, 籾が, 縁語に, 縄で, 置いて, 胴中を, 自暴だ, 船積が, 藁を, 豫算なり, 貯えしか, 陰に, 頂上に, 類を, 餅は, 駄賃負ひ, 高で, 高を, 高持

▼ 俵~ (273, 17.1%)

9 積んで 5 編んで 3 抱えて

2 [21件] おろして, しょって, ほどいて, 両手に, 押して, 担ぎだして, 持って, 敷いて, 片手に, 積んだ上, 積んだ荷馬車, 立て, 給せられた, 背負って, 見た, 見て, 負うた若い, 買ふ, 転がすよう, 載せ或は, 馬に

1 [214件] あけた, あつかって, あみ上げる, うかす力, かきのけ古, かぞえて, かついで, かついでは, かつぐ, かつぐとか, かつぐの, かつぐ力持, かぶせて, かぶせられて, かぶせる, からげて, がさが, くはへ, くれるという, こぢあけ, ころがしこむ, さき俵, さげて, しき並べた, した, しょいました, しょひました, すっかり馬, ずるずると, せっせとくら, つけたまま, つけた荷馬, つけた馬, つみ上げて, つんで, ながめて, ならべその, のせて, のっけて, はらう音, ひいて, ふまへ, ふまへた大黒さま, ほぐして, まけて, みんな降ろせ, むだに, もって, ゆすぶって, タテに, パッと, 一ツずつ, 一俵ずつ, 一俵持出し, 一杯に, 七ツまとめ, 三俵ずつ, 三俵または, 下した音, 与うれば, 中心と, 二つに, 二俵ずつ, 二俵附けるなら, 二十五六俵陸へ, 二十俵と, 二十俵に, 付けて, 伸突きに, 六俵積ん, 内庭に, 前の, 割いて, 取つて柏餅, 取り揃える手筈, 取り除けて, 取出した, 受けた, 受けたの, 四五俵分作らね, 四俵運べた, 坂の, 売りて, 外へ, 大上土と, 大下士, 大中士百五十俵を, 奪ひ去る, 実隆に, 家の, 家根へ, 少上土, 少下士, 少中土, 屋根に, 左右の, 平気で, 幾つも, 店先に, 引いて, 引きずって, 引つ擔, 引揚げる, 手に, 投げつけたよう, 投げつけて, 投げ出すよう, 担いで, 担ぐと, 持ち出す, 持つて, 持参し, 指しながら, 捧げて, 掴んで, 搗き出す穀倉, 敷いたお, 敷けるに, 明けて, 検分する, 槍にかけては, 沈めて, 献じ, 用意し, 発して, 目当に, 磨場に, 祭の, 程よくからげた, 積み上げて, 積み夜, 積み換えて, 積み木杭を, 積み直した, 積み重ねまする際, 積んだ, 積んだの, 積んだ店, 積んだ車, 積んどくですが, 積重ねた間, 結びつけて, 結び直して, 給し, 給せられて, 締る, 編みそれ, 編みはじめた, 編み了, 編むこと, 編むの, 編むはま公, 編んだ, 織つて, 置いて, 置き並べようと, 置き換えて, 置き故, 肘突きに, 肩へ, 背負いながら, 背負つた上に, 背負つた女達が, 背負つてき, 背負つてちよろ, 背負つて行く, 背負わせて, 背負わせられて, 脚継に, 艀から, 表記買入れの, 見つめて, 見まわした, 親爺の, 解いて, 解きました, 解き始めました, 計る棒秤, 詐欺横領しました, 詰めて, 負うたの, 負って, 買い入れその, 買って, 賞せられたよう, 贈られたから, 踏んまえて, 軒下へ, 転がしたよう, 載せたと, 送つて, 造って, 運びだすたんび, 運んだり, 都合を, 配達する, 重ねた下, 重ねて, 鋪いた, 開いて, 開く気力, 開けて, 開けました, 降りた, 離れて, 雪が, 音羽の, 食いつくして, 食い破る, 食む安, 食んで, 首結俵と, 駆けのぼったり, 鷲掴みに

▼ 俵~ (81, 5.1%)

5 して 3 つめて, 手を 2 入れて, 詰めて, 足を

1 [64件] うつす, かぶりついたが, くるんで, ころが, したる米, しちや, しなければ, し後, すること, する萱, つめ首, なって, なれば, のぼる陽, 一俵くらいは, 一俵も, 七十俵より, 三十俵より, 二人年寄りどもは, 二十俵より, 二百五十俵より, 五六十残っ, 五十俵より, 五百俵より, 似た形, 作つたり, 入れたり, 入れられて, 八百俵以上を, 六斗三升の, 利かせて, 包みて, 包んで, 噛りつい, 大股を, 就き三俵, 廻って, 当たる, 押し込んだ, 押込んで, 気が, 減ぜられたの, 火なぞを, 火を, 白い梅, 百俵より, 縄を, 肱を, 腰かけたり, 腰かけて, 腰を, 腰掛けて, 薪が, 詰めた大豆, 詰められ荒縄, 詰めるの, 詰める程多量, 詰め込まれこれ, 詰め馬につけ, 身を, 身体を, 附き百四十五両余, 首を, 鼠が

▼ 俵~ (69, 4.3%)

3 積んで 2 ある, 其処へ, 轉が

1 [60件] あって, あれば, いくらという, うんとこ, かつげるよう, そこに, そつくり自分の, たくさんあり, たった八十銭, たった四十五銭, つまさっ, とこじゃろ, もう木, もう燃え, わずかに, 一つ転がっ, 一つ転げ落ちた, 一個見えない, 一円, 三俵, 二つ三つ浸け, 二つ三つ立てかけ, 二三俵押し込ん, 何を, 処と, 匂いを, 十四, 十数俵も, 口を, 吊下って, 商品と, 岸に, 崩れて, 引上げられ, 持ていでは, 持てるの, 敷いて, 浮きはじめた, 燃えつきると, 燃えはじめると, 破れぬよう, 積まさっ, 積まれ親父さん, 積みあげられて, 積みあげられ女仲仕, 積み込んで, 空を, 縄を, 置いて, 背負ひなけれ, 腐敗を, 裂いて, 見物人の, 規則正しく積み, 資本と, 軋む程, 運ばれて, 運び込まれますの, 重重しく床板, 順序よく轉

▼ 俵~ (47, 2.9%)

1 [47件] いくらお, ございます, ごろごろ, しばらく音沙汰, それで, たちまち消え, とれるやう, とんぼ返り, どうしても夏, どんなに節約, なければ, ほとんど船室, まけて, もと置い, ホグシて, メリ, 一俵二斗五升入れ, 一軒隔い, 三河島が, 中なる, 僕の, 元の, 其元相応に, 出したが, 反対の, 取れること, 四十俵の, 底まで, 彼の, 必要な, 慥に, 持ち上げしぞ, 朝飯前に, 樂に, 此処に, 焼いたろう残ったの, 片手に, 私にとっては, 私の, 穀物を, 米を, 買えねえもん, 送れないよう, 遠方から, 重量が, 霜で, 飯米に

▼ 俵~ (42, 2.6%)

1 [42件] あつたら, ありませぬし, いただく御, おこしたほど, くわえて, ころがって, そして四つ目, その上, それから, それ以上も, たくわえて, ついて, のこるん, はこび込んで, むづかしかつた, ろくにない, 一人で, 三俵も, 不足する, 他家に, 受け取りながら, 四俵も, 安全です, 引いては, 有るづら, 来ましたの, 神前に, 積まさっ, 積揚て, 積重ねる, 穫れる立派, 立行かない, 米俵も, 編んだ, 背負って, 蓄えて, 要るか, 見えなくな, 買って, 貸して, 送って, 頂いて

▼ 俵一八郎~ (40, 2.5%)

3 の死 2 とお, と万吉

1 [33件] かれは, がいった, がとつぜん, が息, が死ん, が殺られ, が無念, である, でご, で万吉, というお方, という天満浪人, と一緒, と同じ, と妹, などと申す, に今度, の伝書鳩, の身, はさすが, は余, は阿波屋敷, は雁皮紙, も万吉, や常木鴻山, や源内, をここ, を一矢, を入れた, を八方, を引ッ, を救い出せる, 見るま

▼ 俵~ (34, 2.1%)

1 [34件] いわずそれ, くれ久兵衛, このお, したもの, して, し居る, なしめでたい, なったと, なると, 一人に, 並んで, 云う数, 云われて, 五十俵という, 俵との, 十五俵という, 十俵とが, 十俵との, 同じ大き, 家族一人に, 家族一人につき, 担いで, 施しその他雑穀, 書くよう, 枯枝とを, 清酒一樽を, 看做して, 種俵, 筵を, 籠と, 米俵との, 米俵を, 絹一疋と, 蜜柑を

▼ 俵~ (30, 1.9%)

3 薪を 2 土舟などが

1 [25件] ごみなどを, そこい, バケツが, 千兩箱の, 叺で, 枯草を, 枯葉を, 漬物桶の, 火鉢なども, 炭俵に, 百俵物交する, 米俵の, 糸革袋が, 芋俵を, 菰が, 菰を, 蓙や, 薪などが, 薪や, 藁束などが, 藁束や, 軍梱の, 酒樽などを, 野菜や, 雑人たちと

▼ 俵~ (21, 1.3%)

1 [21件] つめて, つめては, つめる, つめる手傳, むやみに, 二俵買う, 入れた小作米, 入れはじめた, 入れるの, 凭れて, 指を, 火を, 登つて其上に, 目を, 米を, 背中まで, 触れる彼女, 詰めお, 詰めたり, 霧を, 青竹を

▼ 俵ずつ~ (18, 1.1%)

2 両手に, 持って

1 [14件] とれました, へらしても, ほぐすと, わけました, 下されました, 二俵ぶらさげ, 四斗俵を, 四斗俵二ツぶらさげ, 左右へ, 持ったまま, 残って, 穫れでも, 背負って, 貫目に

▼ 俵~ (18, 1.1%)

1 [18件] い, そういうひどい, それを, どれだけ, は小, 一年ぐらい, 五六銭も, 内取, 勘弁し, 取るの, 扶持を, 日数に, 決して身分, 白米一石それに, 眼先が, 置いて, 貸そう, 足の

▼ 俵藤太~ (11, 0.7%)

1 [11件] が弓矢, が持っ, という, という事, とぞ申, とはいひける, とも書かれ, に加勢, の取れ, の竜宮入り, も頼光

▼ 俵から~ (10, 0.6%)

1 こぼれたお, こぼれる麦, 五六十俵取りぐらいの, 出して, 十二俵の, 多いの, 洋傘弁当に, 獣の, 米を, 量り出した

▼ 俵しか~ (10, 0.6%)

2 ない 1 ございませんなどと, ないという, なかった, ねいと, 取って, 有りましねえで, 穫れなかった由, 貰って

▼ 俵という~ (10, 0.6%)

1 ので, のである, のなら, ものに, ものは, 人が, 米が, 米も, 米俵が, 言葉の

▼ 俵でも~ (9, 0.6%)

1 かつぐよう, 二俵でも, 廻して, 引っ提げるよう, 捨てるよう, 政府へ, 玄関に, 禄米の, 縛るが

▼ 俵より~ (9, 0.6%)

1 七百九十九俵までを, 九十九俵までを, 二十九俵までを, 二百四十九俵までを, 六十九俵までを, 十九俵までを, 四十九俵までを, 四百九十九俵までを, 涌き銭

▼ 俵藤太秀郷~ (9, 0.6%)

1 がある, が平将門, というの, といふ者, にご, の子孫, の官軍, の後裔, の秘訣

▼ 俵~ (8, 0.5%)

1 が押しつぶされた, という, といっ, とえらい, なんてね, のが, ので隅, よ

▼ 俵だけ~ (8, 0.5%)

1 それでは供出, だったと, だと, で何, まけて, 徴収借受ける, 残して, 馬に

▼ 俵までを~ (8, 0.5%)

1 三十俵に, 二十俵に, 八十俵に, 六十俵に, 十五俵に, 四十俵に, 百五十俵に, 百俵に

▼ 俵同心~ (8, 0.5%)

1 とその, と万吉, と申した, と銀五郎, に探り, の手, もすばらしい, や万吉

▼ 俵~ (8, 0.5%)

2 の裏長屋 1 から滝太郎, に曳い, の往来, の方, の質屋, を去っ

▼ 俵だの~ (7, 0.4%)

1 くしゃくしゃに, くしや, 丁字だの, 供餅だ, 傘の, 味噌だ, 板だ

▼ 俵取り~ (7, 0.4%)

1 ぐらいの小さい, でお, でおまけ, ではもとより, で夫婦, の國原次郎, の御家人

▼ 俵~ (6, 0.4%)

2 五十俵しか 1 つぎで, コロコロコロコロと, 五俵独身者よりも, 小豆か

▼ 俵別荘~ (6, 0.4%)

1 に居られる, の入口, の方, の朝, へ引越, 見えハンケチ

▼ 俵五人扶持~ (5, 0.3%)

1 しきゃ貰って, と筆太, の御, の門田与太郎, を下し置かる

▼ 俵~ (5, 0.3%)

1 か, くらいになった, と云, の米, 取つた所

▼ 俵~ (5, 0.3%)

2 の土器 1 で, で面白い, にこんもり

▼ 俵持っ~ (5, 0.3%)

1 てめ, て往, て来, て来た, て来やした

▼ 俵~ (5, 0.3%)

1 ご恩, に届けたい, のこと, のご, も終生

▼ 俵には~ (4, 0.3%)

2 西日が 1 いつて, 松丸太の

▼ 俵にも~ (4, 0.3%)

2 ある 1 ありやすが, 有やすが

▼ 俵ほど~ (4, 0.3%)

1 やれ, 取って, 播いて, 買込んで

▼ 俵二人扶持~ (4, 0.3%)

1 ですから, に有りついた, の地位, の小身

▼ 俵~ (4, 0.3%)

1 なら俺家, の事, はある, は大丈夫

▼ 俵出す~ (4, 0.3%)

3 と言 1 という話

▼ 俵右門~ (4, 0.3%)

1 とかいふヤツトウ, とわかれ, とを見張らせ, も此四五日

▼ 俵~ (4, 0.3%)

1 にいた, にいる, には国, に住み変えた

▼ 俵法師~ (4, 0.3%)

1 が私, だ, にわな, は裳

▼ 俵~ (4, 0.3%)

2 御役料二百俵 1 の小身者, 御役料三十人扶持

▼ 俵ある~ (3, 0.2%)

1 からそれで, が買っ, きり

▼ 俵であった~ (3, 0.2%)

1 そうだ, に拘らず, のに或

▼ 俵との~ (3, 0.2%)

1 あいだに, すきま, 比較は

▼ 俵につき~ (3, 0.2%)

1 五銭だ, 大桝で, 手間賃一ミル

▼ 俵ばかり~ (3, 0.2%)

1 で何, 手荷物に, 注文が

▼ 俵ばかりの~ (3, 0.2%)

2 米を 1 土砂が

▼ 俵まで~ (3, 0.2%)

1 ちやんとして, 持つてられて, 調べましたが

▼ 俵三十人扶持~ (3, 0.2%)

1 である, の奥医師, を給せられた

▼ 俵二俵~ (3, 0.2%)

1 と担い, と施し, を目当

▼ 俵伯爵~ (3, 0.2%)

1 でありこっち, でどちら, に六升男爵

▼ 俵~ (3, 0.2%)

1 よわたし, を現金, 作らねば

▼ 俵取れる~ (3, 0.2%)

1 から此処の, 六十俵取れる, 斯ふ

▼ 俵~ (3, 0.2%)

1 の叔母, へ, へ礼

▼ 俵掛け~ (3, 0.2%)

1 て兄弟, て見やしょう, のよう

▼ 俵~ (3, 0.2%)

1 に標本, に通じます, は日頃

▼ 俵~ (3, 0.2%)

1 の必要, はいっさい小関, 交すること

▼ 俵盗ん~ (3, 0.2%)

2 で行った 1 でつめかえ

▼ 俵~ (3, 0.2%)

1 が出来ねえで困っ, て米屋, は不自由

▼ 俵あった~ (2, 0.1%)

1 かね, という

▼ 俵かつい~ (2, 0.1%)

1 だまま軍夫, でゆき

▼ 俵かの~ (2, 0.1%)

2 米を

▼ 俵からの~ (2, 0.1%)

1 儲けじゃが, 増収が

▼ 俵ぐらい~ (2, 0.1%)

1 だそう, 口で

▼ 俵ぐらいは~ (2, 0.1%)

1 持てるだろう, 貯る

▼ 俵さては~ (2, 0.1%)

2 皿小鉢や

▼ 俵さん~ (2, 0.1%)

1 が洋行, の別荘

▼ 俵すなわち~ (2, 0.1%)

1 三ミル, 竹の

▼ 俵つん~ (2, 0.1%)

1 であった, で日

▼ 俵とか~ (2, 0.1%)

1 十五俵とかに, 原形も

▼ 俵とが~ (2, 0.1%)

1 平気で, 積んで

▼ 俵として~ (2, 0.1%)

1 換算すれ, 積って

▼ 俵とも~ (2, 0.1%)

1 なく飾りて, 一度に

▼ 俵とを~ (2, 0.1%)

1 一つに, 悠々と

▼ 俵などが~ (2, 0.1%)

1 潮に, 鄙びた停車場

▼ 俵などを~ (2, 0.1%)

1 担がせられた為, 陣屋の

▼ 俵について~ (2, 0.1%)

1 一言した, 金壹分百俵以下は

▼ 俵ほども~ (2, 0.1%)

1 ある大, 多く作らせ

▼ 俵みたい~ (2, 0.1%)

1 な恰好, にながれ

▼ 俵やら~ (2, 0.1%)

1 筵やら, 買うて

▼ 俵一ぱい~ (2, 0.1%)

2 に詰めた

▼ 俵一俵~ (2, 0.1%)

1 でどれ, を店先

▼ 俵一円~ (2, 0.1%)

1 と称し, なら

▼ 俵二円~ (2, 0.1%)

1 でしたが, もする

▼ 俵付け~ (2, 0.1%)

1 がなん, を括りつけた

▼ 俵以下~ (2, 0.1%)

1 は一分, 故

▼ 俵入れ~ (2, 0.1%)

1 こそは農業, すなわち臼場

▼ 俵内外~ (2, 0.1%)

1 の収穫, の旗本

▼ 俵国一氏~ (2, 0.1%)

1 が外国, が如何にも

▼ 俵宛三季~ (2, 0.1%)

1 に, に享保年中

▼ 俵~ (2, 0.1%)

1 だの, へ夜中

▼ 俵山荘~ (2, 0.1%)

1 へ不意, へ着く

▼ 俵替え~ (2, 0.1%)

1 という値段, の値段

▼ 俵殿~ (2, 0.1%)

1 では, はどう

▼ 俵~ (2, 0.1%)

1 にも手, の米

▼ 俵石閣~ (2, 0.1%)

1 で作つた, に泊

▼ 俵穫った~ (2, 0.1%)

1 ことの, のに対し

▼ 俵~ (2, 0.1%)

2 二等には

▼ 俵編み~ (2, 0.1%)

1 で女手, もなく

▼ 俵編ん~ (2, 0.1%)

1 でゐる, で四銭

▼ 俵買い~ (2, 0.1%)

1 の出来ない, の時代

▼ 俵~ (2, 0.1%)

1 えて掛け, へて掛け

▼ 俵運ぶ~ (2, 0.1%)

1 ごとに, たびに

▼ 俵銀五十枚~ (2, 0.1%)

2 の御

▼1* [293件]

あみ省作と, 俵あれば此, 俵いや出来ること, 俵お多福面戎大黒などが飾り付け, 俵かつがつの三段餘, 俵かつぎ出せばい, 俵からは老人の, 俵がたの几帳, 俵づしの, 俵くらいは容易に, 俵くわえることが, 俵ぐくりに締めあげるぞ, 俵ぐらいへいきで, 俵ぐらゐがこの地方では普通, 俵この春の, 俵ずつとを窮民の, 俵ずつのオマケを, 俵そこそこの御家人, 俵それをどうして, 俵それだけだった, 俵たらずと言う, 俵って言ったん, 俵つけて十一俵, 俵つけるところを, 俵つけ一まちにまとまった, 俵づつ三季に渡され, 俵づつ背中に負う, 俵づつ背負つて新宿迄くる, 俵づめのようにして火をつける, 俵づゝ持ち之, 俵であってこの, 俵でしたが二人, 俵ですがいざ, 俵では安い百石, 俵とかにすること, 俵とどけたか, 俵とに刺さるよう, 俵とは大したもん, 俵とられたんなあ, 俵とりにきよった, 俵とることも, 俵とれましてまったく, 俵とれる田に, 俵どれの所, 俵んざどうしてもとれべと思つてんのよ, 俵なぞの積ん, 俵なぞが蝋燭のも, 俵などであぶなっかしく一時, 俵ならぬ三斗五升いり, 俵なんかでね, 俵なんかに隱さず, 俵なんど私などのところ, 俵なんぼする思, 俵にかけては神様も, 俵にがつちり, 俵にて修築し, 俵のせて縄, 俵はこべば米一升, 俵はた薪か, 俵はどさっと蘆, 俵担がされて, 俵ばかりが目立つよう, 俵ばかりを積んだ小舟, 俵ばやしすなわちさん俵, 俵ぶらさげて歩く, 俵い貯, 俵ぺてんに掛けられた, 俵ほどの米が, 俵ぼつちを, 俵まけてくれ, 俵またスヂ俵の, 俵または五俵真ん中に, 俵まアどうやら残っ, 俵もの米を, 俵やらかしたんだ, 俵やらが屋根に, 俵やをはじめ市中の名, 俵多分, 俵らしいのを, 俵をめぐって人が, 俵をも贈与した, 俵ウマにつけ, 俵トラクターの重い, 俵ポツチでも被, 俵積ミ重, 俵一つは余り, 俵一つ赤銅の撞鐘一口, 俵一両としても五千両, 俵一八郎それを遮っ, 俵一八郎俵一八郎かれは, 俵一八郎庭先へ曳い, 俵一円五十銭で売っ, 俵一度に火, 俵一杯の砂金, 俵一軒隔いて, 俵七円に下り, 俵け戴い, 俵三人扶持を給, 俵三人扶持ダカラ困ッテイル, 俵三俵取れたところ, 俵三十人扶持小島春庵で和泉橋通, 俵三十俵の御家人, 俵三十銭二十五銭になっ, 俵三銭じゃ行くますまい, 俵上りの田, 俵下等には十二俵, 俵下駄箱上げ板薪雑多な木屑等, 俵下駄箱上げ板薪雜多な木屑等, 俵不足して, 俵国元矢の, 俵両手で二俵, 俵中等は二十五, 俵九俵十俵十一俵十二俵半と云, 俵二ツぶらさげて, 俵二両だなんて, 俵二俵づつ背負つて新宿迄くる, 俵二円七拾銭の大豆, 俵二十二円であった砂糖, 俵二十五文にて売り, 俵二十何銭では, 俵二十俵運んでも, 俵二十把入りその代金六両一歩二朱, 俵二圓の米, 俵二斗五升入れ四俵, 俵二枚合せて, 俵二百円からすんだ, 俵二石取りと致します, 俵五人扶持ヤッテ好キノコトヲシオルカラ, 俵五十五円です, 俵五十石内外の米穀, 俵に屑米, 俵付けあったってそれ, 俵代金千両余りの品, 俵以上を二百俵, 俵位用意する積り, 俵作り出だしたる米, 俵供出して, 俵誓願寺山崎宗円, 俵光石という房州北条, 俵光石氏も手伝いました, 俵八十五銭の佐倉, 俵六つ或は八つ, 俵六枚十八銭古新聞十六銭, 俵其他に豆, 俵凶年には四十万俵, 俵別荘掃除に女中なほ, 俵の以前, 俵十一俵十二俵半と云, 俵十二俵半と云, 俵十五貫なら百五貫, 俵十五銭と云ふところ, 俵十俵十一俵十二俵半と云, 俵十円の小麦, 俵千五百円で二十五俵, 俵千円で村, 俵半数が悪い, 俵卒八俵とこの, 俵叔母上の在世当時通り, 俵の家, 俵取ったときの, 俵取れたところで, 俵古川の叔母四人, 俵右門先生そつくりぢやありません, 俵合計四百俵の収入, 俵同心一角に縄尻, 俵同心力をあわせ, 俵同心近頃ではこの, 俵は一八郎, 俵呉れるから是非とも, 俵味噌一と樽, 俵味噌二樽漬け物一樽それに酒二樽, 俵四五十錢とすれ, 俵四円で二千俵, 俵四百円で米, 俵國一澁澤元治両博士, 俵っちのよう, 俵士族どもに到っ, 俵売って九両, 俵よ染み出む, 俵大俵が有るだろう, 俵大抵は十俵内外, 俵天王を押し, 俵天王屋臺の上, 俵孫一一家が泊っ, 俵宛貢納シ人夫労役ノ要, 俵家族一人に付一人扶持, 俵寄合医師から出, 俵小さ俵左から, 俵小学校の前, 俵小泉町田などの諸, 俵少なくも十五貫は, 俵屑籠などに包みたる, 俵の亀裂, 俵巌シャアロック・ホルムズアルセーヌ・ルパンルコックソーンダイクエラリー・クイーン等々の名前, 俵から見, 俵巻絹世に存, 俵と云う, 俵市令内田雄之介, 俵平均のところ, 俵庖刀鐘と心得童子, 俵引いて行った, 俵の容積, 俵当り十匁二十匁の徳, 俵形土器の中, 俵役料二百俵合計四百俵の収入, 俵役金三千両という高い, 俵役高を加え, 俵たりとて何, 俵足四十俵手島七兵衛六十, 俵打つべえ, 俵押し込んである, 俵担いでやる, 俵括りにし, 俵拵えて私, 俵持つんと, 俵持出し畠の, 俵提げるだよ, 俵させられちやつて, 俵が少なく, 俵之百俵, 俵正味百俵ばかりの米, 俵法師形も似た, 俵漬物桶又は耕作, 俵をつめ, 俵と見, 俵父安元として載せ, 俵父楽春院として載せ, 俵牛乳一本の注文, 俵独身者よりもよけい, 俵献納すべき旨申聞, 俵田口儀三郎の養女糸, 俵町一丁目俵小学校の前, 俵町界隈の犬, 俵百俵はたちまち, 俵百十五両小売百文に付二合五勺, 俵すまれました, 俵盗まれたといっ, 俵盗みだし袋に, 俵重なり廊下, 俵真ん中に積み, 俵などいふ, 俵砂糖千斤隠匿されて, 俵に下さい, 俵出来たので, 俵積んで来, 俵というやつ, 俵は尽き, 俵米一ヵ月およそ三斗八升, 俵米巻絹ともに取り用い, 俵で六円なにがし, 俵絹鎧剣鐘等とあり, 俵縛りに縛られた, 俵などを自分, 俵背負はせ, 俵背負ってさっさと, 俵若年寄直轄で法印, 俵蒸し同様になっ, 俵を掩, 俵蔵前取りの御, 俵が何百束, 俵薪五十六束という記録, 俵薪炭屋では店, 俵藤丈夫君が来, 俵藤太在世の頃, 俵藤新国劇が見舞, 俵藤氏や北野, 俵にはちゃんと, 俵見習い五十俵で決して, 俵負って行った, 俵責めの手段, 俵貰うて親玉, 俵買うて來, 俵買ってもらっ, 俵買ったよ, 俵贈らうかな, 俵転がしむっくりこと天窓, 俵送ってきた, 俵送ったところがその, 俵進呈すると, 俵運べた若い時, 俵運んでもお, 俵道之助に七斗, 俵の瓶, 俵酒三千樽を飲, 俵鎌倉海老などいずれ, 俵鐘五品を与えた, 俵附け青を, 俵附けるなら当前, 俵へ揚げ, 俵へるものぢ, 俵の高, 俵鳥取の佐々木さん, 俵鶏一羽獲られなかった