青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「俳優~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~信用 信用~ 信者~ 信長~ ~信頼 信頼~ 俥~ 修業~ 修行~ ~俳優
俳優~
~俳句 俳句~ 俵~ ~俺 俺~ 倉~ 個~ 個々~ ~個人 個人~

「俳優~」 3716, 40ppm, 2898位

▼ 俳優~ (987, 26.6%)

14 演技の 13 演技に, 演技を 11 ように 9 場合には 6 ための, ような 5 仕事は, 側から, 場合は, 天職という, 演技という, 素質という

4 [13件] うちで, うちに, うちには, ために, 中に, 仕事という, 仕事を, 演技が, 演技について, 素質を, 芸が, 表現能力が, 顔を

3 やうに, 一人である, 写真を, 大部分, 手にか, 方から, 演技は, 社会的地位が, 顔に

2 [70件] あるもの, うちから, うち比較的, ことを, それと, 一つの, 一人と, 一団が, 一座で, 一座を, 中で, 中には, 中村係長は, 仕事が, 仕事に対する, 仕事の, 似顏, 位置に, 倫理という, 共進会と, 前に, 創造する, 動作に, 吉さんは, 名が, 名を, 問題に, 噂を, 地位が, 場合に, 声の, 形に, 役割は, 手で, 手に, 手踊りが, 才能と, 才能を, 技芸が, 技芸は, 教師は, 方で, 来るの, 演技といふ, 演技には, 演技によ, 演技も, 演技を通じて, 生活は, 直接表情によ, 科白廻しを, 立場から, 第一条件, 精神と, 紋どころを, 素質の, 細君に, 肖像を, 舞台に, 舞台顔, 芸の, 芸を, 芸術という, 身振, 都合で, 配りもの, 領域を, 顔ばかり, 顔触れも, 風上には

1 [666件 抜粋] あらゆる意味, ある者, いい声, いくたりかが, いくたりかは, いままでの, いわゆるスター, いわゆるスター心理, うち一人でも, うち相当, うち素質の, お仕, お話は, こ, この卑下, ごときは, ごとく灰色, した世話物, しゃべるせりふ, すききらいに, すそが, するやう, それであ, それの, それ自身に, ためだつたら, ところも, どこかを, なかに, ふんした, へたな, ほうが, また一つ, まはり, もつ理想, ようであっ, よりもはるか, カブキ的熟練, シグサだけの, シグサに, スター心理という, タイプという, バロンが, ファンが, ブロマイドを, プロマイドペンキ畫の, ロケーション染み, 一人, 一人が, 一人に, 一人一人が, 一人一人について, 一人一人についても, 一団を, 一群が, 一行とともに, 上に, 上り下りその, 上山草人と, 下っぱなどより, 下廻りが, 下着類は, 下駄箱の, 不名誉だ, 不検束, 世界では, 中から, 中では, 中にも, 中の, 中村係長が, 中村鴈治郎なども, 中野英治を, 丸三郎といへる, 事それを, 事だ, 事である, 人形化に, 人形化による, 人材に, 人間的魅力が, 仕事そのものを, 仕事或は, 他の, 代りに, 伊井蓉峰は, 似顔である, 似顔でも, 似顔の, 位地によって, 位置という, 住居が, 何人によ, 何某日本画家何某の, 使う言葉, 信用を, 修業に, 修業の, 個々人が, 個人, 個人的演技から, 個性が, 個性を, 値安芝居を, 側に, 優れた理解力, 先生では, 全部が, 八代目団十郎が, 共進会, 典型, 内職が, 写真が, 出ない映画, 出ると, 出入り口から, 出現に, 出現によ, 出現を, 利己的感情の, 前で, 前途に, 力如何によ, 力量という, 力量経験並びに, 努力も, 労働強化例えば, 勉強し, 勉強に, 勤務怠慢に対する, 占めて, 卵には, 卵へ, 口に, 口跡いづれ, 名, 名に, 名は, 名前を, 名札を, 名誉に, 問題について, 喋る話, 噂が, 噂や, 地位という, 地顔, 基礎教育が, 基礎的な, 基礎的訓練を, 場合どこからが, 場合にも, 場合の, 場合所謂変な, 場合生来の, 声が, 声は, 声色が, 声色もどきで, 外貌が, 多くが, 多くは, 天分が, 天才少女ベビー・ベッキイの, 天才的魅力が, 天職いいかえれ, 天職とは, 天職を, 好き嫌いを, 如くひろく, 妻も, 威信を, 子じみた, 存在を, 定めに, 実演が, 実演にも, 家に, 家庭である, 家庭を, 容姿を, 容貌風姿を, 小僧を, 小芝居出勤問題, 尾上菊五郎なども, 尾張屋の, 工夫が, 工夫の, 巧拙は, 幹部も, 庇護者である, 弟子と, 強味に, 強味は, 役は, 役名などを, 役目です, 後に, 心の, 心理は, 心理表現は, 思ひつき, 悉くが, 悉くに, 惰性による, 想像力が, 意見を, 感性は, 慎ましい自己批判, 或は追放, 或者, 戸籍名の, 手から, 手拭二本を, 手柄である, 手許に, 才能ここで, 才能という, 才能とは, 才能や, 払底時代を, 扮装した, 扮装に, 扮装の, 扮装は, 技倆が, 技倆について, 技倆を, 技芸について, 技芸の, 技芸を, 技芸者協会の, 技芸論は, 技術が, 技術を, 投票募集を, 指導とに, 指導方法が, 指導者たらん, 指導者でも, 故参, 教師ブレモンが, 教育は, 教養に, 教養について, 教養については, 教養及び, 数ある, 数は, 新劇化, 方が, 方の, 星を, 映画への, 書いた戯曲, 最後の, 木下が, 未熟よりも, 本人には, 本来の, 本格的養成に, 村上時雄だ, 東京技芸者協会の, 東儀鉄笛氏で, 柄や, 根本的訓練から, 業という, 様な, 横暴から, 橘之, 欠点には, 歌舞伎の, 正しい意味, 歩かうとして, 歴史を通じて, 死, 死は, 決して映画的, 河原崎権十郎に, 深井八輔は, 演じた, 演じ方次第, 演ずる舞台, 演ずる芝居, 演伎なる, 演伎のみによ, 演伎一切は, 演伎中特に, 演技からい, 演技がた, 演技だけ, 演技です, 演技と, 演技としては, 演技なんかにも, 演技についてのみ, 演技についても, 演技に対して, 演技に関しては, 演技のみ, 演技ばかり, 演技や, 演技を通して, 演技上の, 演技並びに, 演技以上重要な, 演技全体でない, 演技力が, 演技感覚を, 演技演出者の, 演技漸く, 演技的センスを, 演技能力を, 演技論は, 演芸が, 為の, 為めに, 為めの, 煽動性は, 特別指導, 特徴ある, 特権である, 特殊な, 特異な, 独創力を, 猿マネを, 現代物が, 理想, 理想です, 理想という, 生命の, 生命は, 生態を, 生活が, 生活向上中間搾取の, 生活日常では, 畏敬する, 発育の, 白, 白及び, 白粉の, 相手役と, 真の, 真似を, 真似事も, 眼に, 社会的地位の, 社会的地位は, 神経は, 神経を, 私に対する, 科白の, 科白は, 稽古芝居を, 立場からは, 立派である, 笑顔を, 第一免許状, 第一資格, 等級を, 精神的能力が, 糟粕を, 紋や, 紋所を, 素質, 素質が, 素質といふ, 素質に, 素質については, 素質や, 素質中最も, 素質及び, 素質等から, 細君である, 細君でした, 経歴は, 経験が, 給金値下げ策に, 給金規定を, 美貌風采に, 群に, 群れに, 羽左衛門だの, 職分そのものひいては, 職分とは, 職分は, 職業に対する, 職業的素質と, 職能を, 肉体と, 肉体という, 肉体の, 肉体的な, 肉体的条件がわりに, 肉体的条件文学的教養就中その, 肖像の, 肩書を, 背中流し, 胤を, 能力あらゆる, 能力を, 腕次第です, 自信, 自己陶酔を, 自意識の, 自由な, 自発性を, 自筆であった, 舞台を, 舞台顔という, 舞台顔の, 舞技と, 舞臺上に, 芝居や, 芯に, 芸つまり, 芸としては, 芸は, 芸一色で, 芸術から, 芸術が, 芸術にも, 芸術の, 芸術は, 芸術家としての, 芸術殊に, 苦心について, 著けた支那古代, 藤田である, 衣裳鬘を, 表情は, 表情や, 表現は, 表現能力は, 表現能力を, 被りぬといふ, 見得, 解釈が, 言語動作化粧法などという, 訓練といふ, 訓練即ち, 註文に, 話ばかり, 話も, 話を, 誰とかに, 誰なる, 誰彼は, 請には, 講演を, 貫禄という, 責任では, 責任ばかりとは, 資格として, 資格を, 質的改善と, 贅沢にまで, 身分が, 身分とを, 身振めい, 道場であり, 道徳として, 部屋が, 門が, 間で, 関係が, 関係は, 閲歴芸格など, 随一人坂田藤十郎は, 雅号でございます, 音声が, 音声を, 領域という, 頬が, 頭や, 頭領市川団十郎を, 顏の, 顏を, 顔とでも, 顔は, 顔ぶれは, 顔触れと, 顔触れや, 顔面姿態によ, 風俗を, 風姿を, 養成が, 養成という, 養成に, 養成を, 駒十郎は, 高勢某と, 魂が, 魅力ぐらい, 魅力しかも, 魅力その, 魅力について, 魅力の, 魅力を, 鼻が

▼ 俳優~ (419, 11.3%)

11 自分の 7 舞台の 3 ある人物, それを, もつと, 演じても, 現代の

2 [22件] あった, います, その人物, それだけおくれ, ふつと, 一つの, 一に, 何十億の, 俳優である, 俳優として, 如何に, 小劇場, 或る, 演じ観衆, 独立し, 登場し, 簇出する, 自分自身の, 自己の, 舞台で, 舞台に, 見物に

1 [342件] あいびき, あって, あの種類, あの通り二人きり, あまりにも, ある, あるからには, あるよう, ある時紐育, いつたい前, いつまでも, いて, いる, うっかり折紙, うまくなる, おのずから与えられ, おのづか, かつては, こういう役, こういう運命, こうした蕭条, ここに, このこと, この世の中, この町, これ等の, さういふヂェスチュア, ざらに, じかに観衆, じっくり腰, すぐれた演技, すぐベルリン, すべて素質に, せりふを, その, その伝統的演技, その占めるべき, その場合, その座敷, その役, その時代, その真実性, その精神的, その至芸, その舞台, その蔭, その言葉, その責任, それぞれの, それぞれ配役の, それらの, だんだん贅沢, づぶの, どういうつもり, どういふ, どこかへ, どんなこと, ないとか, なかなか探し出せないで, なくては, はじめから, はじめて扮装, ふだん着に, ふんした, ほとんど無意識, まず予告, またその, まだ, まるで新, みんな現代の, みんな脚本に, むやみに, めいめい舞台の, もう少し, もつ, やつても, やはりいま, やる様, やる演伎, よくやる, ゐさ, ゐても, ゐない, ゐないから, ゐないこと, ゐないと, ゐないといふ, ゐなかつたから, ゐません, ゐる, ゐる場合, サラ・ベルナァルを, テストに際して, フランス風の, マダ小屋者と, ミチキン・ツァーリストヴォを, モリエエル夫人を, 一人でも, 一人の, 一人前でない, 一人起ち上らね, 一定の, 一度臨時, 一旦俳優, 一番鋭敏で, 一般社会と, 上手であれ, 上手でも, 上演映画化された, 下手は, 不信の, 世話物に, 並んで, 中心だ, 中心である, 主と, 主役に, 二人の, 二人最も, 交, 人形の, 人形浄瑠璃の, 人物の, 人間の, 今日まで, 他の, 他へ, 仮装した, 会社を, 何よりもさうでなけれ, 何等, 作るもの, 作家としての, 作者の, 來てる, 俄かに, 偶然ある, 優れた俳優, 先ず看客, 先づ, 先づ看客, 全く無, 全く表現, 全然違つた方面, 出て, 出ない, 出なかつたこと, 出なければ, 出演する, 出演するだろう, 出演中に, 助六そのもの, 勝手に, 勤めるの, 十年舞台を, 単独に, 即興的に, 参加する, 古典的な, 台辞の, 同じやう, 同じよう, 同志を, 名題に, 商業劇場の, 喋る言葉, 嘗て示し得なかつた, 四五人も, 団十郎菊五郎左団次らの, 国王よりも, 國王よりも, 圧し潰され大変, 地で, 地方を, 堂々たる城, 堂々と, 変な, 外国語で, 多くザッコニ, 多勢舞台から, 大勢でき, 大学者などと, 大臣の, 天才的な, 夫だ, 奇想天外な, 如何なる場合, 如何にも観客, 子役を, 宝塚より, 実見した, 実際においては, 将来どう, 少々下手, 少し有名, 居たが, 居る, 川上音二郎五代の, 工夫し, 巻尺の, 常にこの, 常にまた, 年紀二十有五に, 幾人か, 引っこん, 役に, 役の, 必ずしも自作自演, 必要である, 志願に, 思ふ存分, 悉く仏蘭西, 悉く心得, 戯曲から, 戯曲の, 所謂神を, 扮し, 扮した, 扮しなけれ, 扮すること, 担当しなけれ, 持って, 持つて, 振は, 控えてを, 揃って, 擡頭し, 文句を, 新劇俳優としての, 既に舞台俳優, 既成演劇の, 日本に, 日本の, 日本語で, 時には脇役, 普段の, 最も恵まれない, 最も普通, 有るん, 来る村, 案外, 槍を, 様々な, 機械から, 歌舞伎座で, 此の, 殆ど完璧, 殆ん, 殖えて, 殖えれば, 殴り殺されたの, 沢山います, 泊って, 泰西の, 演じたの, 演じて, 演じてこそ, 演じるその, 演じるもの, 演じイネ国, 演ずる舞台, 演つたら, 演つて初めて, 演つて見たい, 演出する, 演劇に, 演技の, 演技以前の, 演技的意図とは, 無教養, 特にむづかしく工夫, 独立した, 率先し, 現実の, 甘んじて, 生きて, 生れて, 生活人である, 生活人でなけれ, 番附の, 皆それである, 相当の, 相当長い, 真面目だ, 眼を, 矢張り河原者の, 社会人として, 神の, 私たちの, 科白の, 第二義で, 粗野で, 純正な, 素顔で, 組織せる, 続々, 続々これ, 美しく見え, 肉体化し得る, 育つやう, 脚本の, 腰を, 自ら指導者の, 自ら自分たちの, 自作自演を, 自信を, 自分たちこそ, 自分で, 自分では, 自分という, 致します極, 舞台から, 舞台を, 舞台俳優を, 舞台監督が, 舞台監督の, 良ければ, 芝居の, 芸術家だ, 芸術家だって, 芸術家としての, 芸風の, 英国風の, 草履取りの, 血の, 西洋劇を, 見当らない, 観客席の, 詩劇の, 贔屓だ, 足りないの, 身も, 身繕いを, 軍服を, 転社を, 軽んぜられるいわれ, 近代的色彩の, 通り過ぎたこと, 達し得ない理解, 適当に, 鋭い運動神経, 鮮かに

▼ 俳優~ (337, 9.1%)

4 それを, 自分の 3 一人も, 自己の, 舞台の 2 すべての, 戯曲に, 舞台に

1 [314件] ああし, あえて必ずしも浮浪民, あっと驚い, あべこべに, あまりにその, ある点, いくぶんまし, いくら勝手, いつまでも, いなかった, いやしいもの, いろいろの, いわゆる俳優術, いわゆる鈍帳, いわゆる青年俳優, うまい, ええと, おろそかに, お祭の, かういふつもり, きつと, こういうもの, この人物, この小屋, これが, これだけの, これを, こんな時, さう, さすがに, さほど必要, しなかつたが, すぐに, すでに人形, すべて方々の, すべて男で, そういう具合, そういう意味, そうした行人, そうばかり, そう容易, そこから, そこで, そこに, その人, その人数, その人格, その光り, その力, その姿態動作, その性格, その扮, その押出し, その混乱無秩序, その演技, その点特別, その理由, その肉体, その肉体的, その頤使, それから, それぞれ好む, それでもある, それとは, それ自身様々な, た, たくさんある, たしかにある, ただそんな, ただ長吉, だれが, だれさすな, ぢつと, つねに一作品中, ともかく戯曲作家, どうかと, どうする, どしどし云っ, どんな, どんな新米, ないか, なによりも, なるほど, ほかにも, ぼろを, またそれぞれ, また蟋蟀, まづ作者, みずから自己の, みなスマトラの, みんな十五六の, みんな熱心の, もう単なる, もう趣味, もっと空々しく, もともと人並以上, やはり観衆, よく端役, わが国の, わずかに, わりによく, アカグマ国の, アクチングの, アドルフ・マンジュウと, コメディアンと, サンボルです, スクリインの, スクリーンの, ドラマが, マチネの, 一つの, 一人の, 一体どういう, 一体何, 一度より, 一時に, 一般に, 一語一語を, 一面精神的に, 上等一円中等五十銭下等十銭, 上等三円中等二円下等は, 下賤, 不思議に, 与へられた脚本, 乍ち去り, 二た, 二人とも, 京大阪の, 人に, 人形で, 人間として, 仇の, 今の, 今は, 今云った, 今日も, 他の, 他人の, 仙昇荒太郎多, 伝統の, 何方らに, 作者の, 作者を, 作者即ち, 例によって, 依田さんの, 俳優の, 俳優カメラは, 借金取に, 偉大なる, 先ずその, 全く無, 全然自分, 八代目団十郎である, 公衆から, 公衆の, 其の人, 写実的な, 初めて隣り, 初代の, 刻々変遷, 劇作家の, 勝手に, 勢ひ, 勲章も, 勿論それ, 可愛らしい口元, 名代の, 問題でなく, 四季を, 団十郎を, 団十郎菊五郎と, 団十郎菊五郎左団次などの, 団十郎菊五郎左団次仲蔵半四郎宗十郎家橘小団次小, 団十郎菊五郎左団次芝翫福助家橘松助などで, 声に, 多く, 大嫌ひだつて, 如何なる役, 如何なる戯曲, 如何に, 嫌い, 嫌いだ, 実生活では, 専ら人気商売, 小伝次沢村宗之助吉右衛門銀蔵ほか二十余人の, 小山内を, 小芝居, 少い台詞, 少くとも, 少なくなる, 尾上菊之助という, 左団次一派と, 巴里市で, 巾が, 市川八百蔵市川寿美蔵市川新蔵中村伝五郎嵐和三郎中村勘五郎中村鶴蔵岩井松之助などという, 市川寿美蔵市川松蔦大谷友右衛門市川紅若, 市川福之, 常に, 常にその, 常に手, 常に自分, 平生俳優という, 平生自分の, 弁護士の, 当に, 当分映画に, 当惑する, 当時病家として, 往々に, 必ずこの, 必ずしも裸, 必ず舞台監督, 必然的に, 怖ご, 悉く本格的, 感情表現を, 成る所, 我が爲め, 戸口を, 所謂, 新作の, 旅役者の, 既に演劇, 既成の, 易々諾々これに, 春永, 時としてその, 書見を, 李香とかいう, 果してどういふ, 柄から, 案内者として, 梅幸高麗蔵宗十郎宗之助松助鴈治郎にて, 極つたやう, 楽に, 概して台詞, 樂屋で, 次第に社会, 歌舞伎劇中の, 殆ど全部出演, 殆ん, 毎日同じ, 民衆の, 気がついて, 決して, 決して中村何, 決して舞台, 沢村小伝次中村吉右衛門にて, 河原者として, 涙な, 滅んでは, 演奏家である, 演技によって, 演技の, 無いと, 無かった, 無能で, 片手で, 牧師の, 物言ひ, 特にその, 珍しいよう, 現代意識を, 現在の, 現在わが国の, 現在不, 甚しく, 生意気だ, 用いなかった, 発声に関する, 皆奇異なる, 皆関係者本人の, 目ばりを, 直接一般民衆に, 税金として, 立派に, 競つて汚れものを, 紛れも, 素人でも, 結婚の, 給金をと, 肉体美が, 背負って, 自己を, 自慢さう, 芝居する, 菊五郎左団次芝翫福助の, 落ちつき払つて返事を, 藤沢浅二郎経営の, 裏へ, 西洋の, 見ぬ代, 見物に, 見物を, 親子兄弟の, 言葉の, 誰が, 誰とは, 誰れ, 誰一人として, 誰一人スクリーンを通じて, 走りぬ, 身を以て, 金を, 鐘入りの, 長年正道的演技, 関三に, 頭を, 頼母しい, 顔の, 顔も, 高い税, 默阿彌

▼ 俳優~ (214, 5.8%)

6 して, なって 5 むかって 4 とつて 3 なつて, 必要な

2 [12件] あるの, しても, それだけの, なった, ならうと, なりたいん, なる, なる未来, なれば, なろうと, 向つて, 声を

1 [163件] あたるの, あつて, あてはめて, あて嵌めて, あらざる演出家, あらず, ある, いきなり, いったい何, いわゆる普通, お芝居, かえった, かぞえられて, この味, しろもち味, する決心, そこまでの, その人, それを, どうすれ, どんなファン, なったか, なった女, なつた, なられる前, なられる様, なりきるべきである, なりさえ, なりすました, なりすましたはず, なりたいさうだが, なりたいと, なりたいという, なり時, なるため, なるという, なるの, なるのに, なるやう, なるん, なる人間, なる意志, なる時, なる為, なる素質, なれそう, なれる, なろうという, はまるやう, ひとつ来, また駈け, みせて, もさういふこと, もって, やつて, やらせたらと, やらせるといふだけ, よく似た, よりて, アルバツクルといふ, エックホオフという, グングン惹き入れられ, ダメを, ポーズさせた, 一読を, 一面識が, 三国志の, 主題を, 事々しゅう秘巻伝授, 人物, 伍し, 会った, 会った印象, 会って, 似たがる若旦那, 似た顔, 似て, 何かを, 依つて, 信頼せられぬ, 俳優たるの, 偉い奴, 傾倒し, 充てはめて, 切符の, 劣らぬ, 化けたあと, 取っては, 向って, 命令し, 喝采を, 堕落し, 委せたくない, 委せること, 嫁がせて, 富み傑, 就いては, 川上音二郎ある, 幾人か, 当てはめて, 役を, 必要で, 応じた脚本, 応じて, 応は, 忠実に, 惚れこむべきである, 惚れて, 想い焦がれた, 感じさせるため, 戯曲を, 手紙を, 払って, 挨拶を, 授けられるけれど, 接した時, 支払ふ, 昇進し, 最も必要, 未だその, 比して, 比較する, 求めて, 注文を, 温情を, 演じられるやう, 無理な, 玄人と, 甘んずること, 知らせること, 知合の, 給料の, 自分の, 至つては, 舞台への, 花を, 被せるの, 見るか, 見切りを, 見放された劇作家, 見物の, 言っては, 註文が, 試験的に, 詰め寄りました, 説明する, 読まれたくないもの, 責任を, 贈られたいろいろ, 贈られた色々, 贈り物を, 転じて, 返ったので, 過ぎない吾儕, 限つた事では, 限らずあらゆる, 限らない社会, 限ること, 霊感を, 非ざる演出家, 非ず, 顔を, 魅力を

▼ 俳優~ (202, 5.4%)

9 して 3 中心と, 必要と, 志して 2 しかっては, 志すもの, 志望する, 標準に, 窮地に, 職業と, 舞台の, 連れて

1 [168件] あげるところ, あこがれては, あこがれるなんて, ある程度信用, いかに病中, うしなった, かき取材, しげしげと見た, そのまま使, そろえて, だれさすな, どういう風, どうみるべき, どう使っ, なして, ひつくるめ, ふくむ一つ, ほんとうの, もつて, やつて, やめさせて, バカ呼ばわり, ヒイキに, 一覧する, 下手だの, 不徳義無, 世間は, 中心として, 中心に, 主と, 主演として, 人形として, 人形の, 人形扱ひ, 人形視する, 人間として, 今日の, 伴ひ, 作つたか, 作り上げその, 作り上げた上, 作り得なかつた原因, 作るため, 使い彼女自身, 使つてうまい, 使つてや, 使は, 使はずに, 使ひ, 供給した, 侮辱する, 借りて, 傭つて静かに, 僕は, 内緒の, 利用し得べき優れた, 動かすには, 募集する, 単に芸術家, 友人に, 可愛がろうという, 向上させない, 含む, 呼ぶに, 呼んだん, 呼出して, 品評した, 外国へ, 夫または, 好きに, 官吏待遇と, 対象に, 小さくする, 巴里の, 希望される, 幾人か, 幾人でも, 廃めて, 引きあげて, 引立てるやう, 従はせる, 得るか, 志したか, 志したの, 志すこと, 志すと, 志すといふ, 志す研究生, 志す青年男女, 志望させね, 志望なさる, 志願し, 忘れて, 悉くヴィユウ・コロンビエ座, 悦び男子, 愛したの, 愛したる例証, 或る, 打ったこと, 批評し得る, 招きながら, 招くという, 指導する, 指導教育すべき, 指揮し, 排除する, 探し求めは, 描き文調, 敵と, 有しそのうち, 根本から, 根本的に, 標準と, 標準として, 標準としての, 欠く舞台, 止めて, 毒するもの, 求めて, 求めること, 求め得られない事実, 河原乞食扱いに, 河原者という, 活かし得たか, 活かすやう, 温め温めて, 演技の, 父と, 片端から, 狩り集めて, 率いて, 現代的な, 理想的の, 生みだす地盤, 生み出すため, 生徒扱ひ, 用ひ, 相談相手として, 真似ようと, 睨めつけるよう, 知って, 知己に, 私は, 結びつける同感, 考えつくらしいの, 考える場合, 育てるやう, 育てるよう, 苦しめて, 茶屋の, 萎縮させる, 蒲団の, 虐待し, 要求する, 見たこと, 見つけたり, 見出すチャンス, 解雇する, 論じた物, 軽蔑する, 追ひ抜く, 除いては, 除外した, 集めて, 雇うこと, 雇って, 養成し, 養成する

▼ 俳優~ (110, 3.0%)

5 なって 3 いえば 2 一緒に, 作者との, 同視し

1 [96件] МОСПС, あるべき脚本, いうと, いえども, いっても, いはずはた, いひ得るので, いふと, いへば, おなじよう, これが, さげすまれては, しちゃ, して, なったり, なつた, なつて, なりいとも, なりすませるなりき, なりたるお蔭, なり人間, なり得たかについて, なる, なるため, ドウとか, 並べて云う, 二つの, 云い文章, 云えば, 云える, 云ふも, 交際し, 仕事を, 仮想し, 作家との, 作者とは, 作者の, 信じて, 全く異, 劇作家, 劇作家の, 劇場監督と, 友達に, 口を, 同じく, 同じく河原者, 同じやう, 同等の, 呼ばれるもの, 呼んで, 場面を, 売笑婦の, 太刀打が, 娘との, 媾曳し, 思われず, 懇ろで, 或る, 戯曲とを, 所謂新劇の, 才能が, 批評家とには, 批評家との, 接吻する, 揃うて, 文士と, 映画俳優, 楽屋で, 正式に, 浮気し, 演出家との, 演出家とは, 演出家を, 演出者の, 申すべきであろう, 登場人物とを, 相場を, 相対し, 福岡一の, 称し得べき俳優, 称する, 等位に, 聞いた, 興行師とが, 舞台俳優とは, 舞台監督とを, 芝居帰の, 装置家と, 見なされて, 見物との, 親しく交, 観衆と, 言いました事, 言った比い, 遊んで, 関係が

▼ 俳優~ (74, 2.0%)

4 演出家も 2 それに, 一流の, 舞台監督も

1 [64件] ありありと, あり照明家, ある, あると, あるらしい, いる, この問題, この方, この翻訳, これに, これには, さういふ風, すぐれた劇作家, すべてこの, そこまでの, その, その人物, その動機, それぞれ先づ適役と, それを, できて, まず俳優, また一個, みな高い, やはり一つ, わすれがたい想い出, オリムピック選手も, ギロチンに, 一切貸さない, 中流であった, 久板君が, 亦, 亦その, 亦俳優, 亦訥子, 人及び, 仏蘭西などでは, 他の, 凡そ非, 出演する, 切符売り, 列し弔辞, 困ったらしい顔, 折角自分, 新劇の, 旅の, 映画製作者も, 来て, 来るとか, 歌歇み, 此の, 物真似に, 真似する, 知りません, 紳士も, 聽衆も, 興行元も, 芝居そのものの, 芸の, 若輩の, 見物も, 言葉動作表情の, 読者も, 部分的技巧に

▼ 俳優たち~ (67, 1.8%)

3 の生活

1 [64件] がいわゆる, がうそ, がかつら, がその, がどう, がどんなに, がモスクワ芸術座, が何だか, が又, が実質十日位, が性格, が無給, が相当, が秋, が純, が自ら広告, だった, とすこしも, との間, と交際, と変り, と藤間, と記念撮影, にことに, にとってはまたとないよい, によつて, に依っ, の, のいちばんスチューピッド, のうち, のそば, のよう, の低級, の動きはじめ, の後, の手, の演技, の踏み馴れた, はいくぶん, はこんなに, はその, はどこ, はみんな町, はアメリカ人, はスペイン無敵艦隊, は一人, は中日ごろ, は何と, は何年間, は又, は実に, は左団次, は彼等, は果して, は沈默, は異様, は舞台, は行く, は誰, や周囲, を動かされ, を満載, を眺め, を表面

▼ 俳優として~ (67, 1.8%)

4 舞台に 2 立派な

1 [61件] あけっぱなし, あすこまで, いささか, さまざまな, しきたりの, そういう補助的, それだけで, どういう点, なんらかの意味, まことに心強い, まったく新しい, まづかうした, やはりいわゆる, よりむしろライナー, スタアの, 一般の, 一般公衆に, 不朽の, 不適当, 他に, 他の, 入る事, 出現した, 友田君は, 取扱われ大, 名ある, 大いに才能, 大なる, 大事な, 存在する, 当然これ, 彼等の, 必要な, 恐らく古今無双, 恵まれた性質, 恵まれた素質, 成効し, 断然群を, 既に確乎, 最も完成, 有つて, 正しい訓練, 活躍し, 熱心で, 現代日本の, 知られて, 立つ上, 立つ勉強, 立つ決心, 立派に, 綺麗だ, 肉体的資質に, 致命的欠陥では, 菊五郎の, 見る時, 見物の, 過しその, 適した素質, 適不適を, 非凡な, 非常に

▼ 俳優としての~ (63, 1.7%)

2 修業を, 意識を, 経験を

1 [57件] こまごました, そういう熱意, もちものが, ガーリンの, トレーニングを, ハツキリした, ベーアの, 人間描写の, 修業, 修業の, 優れた素質, 初歩の, 友田君は, 吉之助だけを, 同僚です, 名声を, 君が, 夢を, 天分も, 天分を, 存在が, 実力は, 強味は, 彼の, 想像力が, 感覚に, 才能が, 才能は, 才能を, 才能技芸には, 技巧と, 技術の, 持ち味は, 持味を, 教養の, 文化的役割が, 新しい出発, 正しい訓練, 比較的正しい, 汐見と, 生き甲斐を, 生命を, 生活が, 素質が, 素質さへ, 素質を, 素質才能容姿に, 素養としては, 経験, 経験は, 羨むべきひとつ, 肉体的条件から, 肉体的素質は, 芸術的精進に, 貫禄にも, 非力は, 面目が

▼ 俳優という~ (51, 1.4%)

11 ものは 7 ものの 5 のは 2 ものが, 職業が, 職業の, 職業を, 言葉の

1 [18件] その地位, のが, ものなどを, ものに, ものについて, ものについては, ものに対する, ものも, ものを, 仕事と, 仕事の, 問題を, 意識から, 職業に, 職業及び, 職業柄明治文化の, 観念と, 観念に

▼ 俳優~ (41, 1.1%)

4 あつた 3 行つたら

1 [34件] あつて, あり過ぎて, いざカメラ, いへば, この階級, すらも百五十円, その五ヵ年計画, その芸術的才能, それが, それを, とても一生懸命, ともかくも, どれほどロシア的, なんでも, ムネ・シユリイの, 云へば, 今は, 作ると, 名題俳優が, 唯今太閤記十段目の, 市川団十郎は, 師匠の, 幹部二三人の, 感性一点張りで, 最も人間的品位, 有名な, 活動写真で, 第一回興行, 素人画家で, 興行し, 舞台だ思え, 言えば, 適当に, 間に合うという

▼ 俳優~ (31, 0.8%)

2 歌手の, 監督は

1 [27件] ギャッグ専門の, 人形使いの, 何かの, 作家つまり, 劇作家の, 劇場労働青年の, 劇壇の, 女優たちが, 学者や, 座付作者たちから, 演出者の, 物持ちが, 狂言に, 生徒たちに, 監督が, 研究生とともに, 研究生の, 美人の, 職人や, 色の, 芝居に関する, 花柳界など, 芸者や, 詩人などの, 諸種の, 軽薄才子や, 音楽家などが

▼ 俳優~ (29, 0.8%)

2 が, も自分

1 [25件] がごたごた, が何処, が心配, が掻き集められた, が集つて, であつ, の, のお, のしぐさ, の互, の殆, の素顔, の芝居, の表情, はどれ, はほっと, は劇場, は彼等, は終電車, は自分, ほど独天下, も進ん, をねぎらい, を一々, を色彩あざやか

▼ 俳優自身~ (28, 0.8%)

2 が自分

1 [26件] がそういう, がその, が十分, が大きく, が徹底的, が必ず, が相当, が自覚, でする, としても企業家, についてもその, についてゐる, に動き, のもつ, の意識外, の教育, の生活, の社会的存在, の罪, の肉体, の芸風, はその, はハムレット, もその, も知らず, も色々

▼ 俳優である~ (26, 0.7%)

3 ということ, という意識 2 が故に

1 [18件] かもしれぬ, からこうした, が彼, が然し, ことの, ことや, ことを, という一つ, といふこと, ところの, にすぎず, ばかりでなく, グリュントゲンスと, 以上肉体的精神的に, 前に, 場合か, 芸術座の, 長原吉之助素子その

▼ 俳優には~ (25, 0.7%)

3 ウイリヤム・セキスピヤと 2 舞台用の

1 [20件] この感性, さほど必要, その方, その演技術, その自尊心, なれない, なれないし, なれやしない, やれないやう, 一度な, 一番苦手な, 中村伝九郎中村七三永島茂右衛門宮島伝吉藤田小三郎山中平九郎市川団十郎ら声名ありし, 二世団十郎元, 内証で, 原文を, 四世坂東彦三郎が, 役に, 欲しい, 畑違ひであ, 鑑札正

▼ 俳優諸君~ (25, 0.7%)

2 はこの, は舞台

1 [21件] が, がもう少し, が以上, が劇中, が存分, が自分, としても私, と話, について僕, には, に対してはた, に感謝, に次, の健在, の努力, はさ, はその, は当分, もよく, も無論, も随時参加

▼ 俳優~ (24, 0.6%)

2 といいあてる

1 [22件] かそんな, から映画, か何だか, がこの, が以前フロウマン, が数年以前, し一方, つたから, つたと, つてね, といつ, とか劇場關係者, とか金, と云う, と外人, と思った, と感じさせ, と申しました, なしたっぱ, なと思, ね, 判官三郎という

▼ 俳優では~ (22, 0.6%)

3 なかった

1 [19件] あるが, その効果, その肝腎, ない, ないが, ないこと, ないよう, なくして, なく現代劇俳優, なんとし, やはり長谷川一夫, チャップリン, 二人とも, 団十郎が, 左団次猿之助段四郎それに, 平均し, 幸四郎お, 演りこなせない, 無理だ

▼ 俳優としては~ (17, 0.5%)

1 [17件] いいこと, その作り出した, どうしても人物, みな相当の, 一個の, 一流中の, 人間は, 例外な, 可なり, 天成の, 得るところ, 成功する, 損を, 新劇の, 相当の, 舞台の, 買へ

▼ 俳優とは~ (17, 0.5%)

1 [17件] こういうもの, すべての, ちがう, どういうこと, なんである, 一点共通な, 一番嫌ひなものの, 云え半, 何か, 何を, 何者である, 何者でしょう, 全くの, 全然演技, 別々の, 如何なるもの, 舞台の

▼ 俳優によ~ (17, 0.5%)

3 つて演ぜられ 2 つて

1 [12件] つてかくの, つてさ, つてその, つてのみ, つて一度は, つて上演される, つて如何に, つて扮せられる, つて演ぜ, つて演ぜられる, つて肉声化さるべき, つて遺憾なく

▼ 俳優との~ (15, 0.4%)

1 [15件] 下廻りである, 仕事の, 個人的関係は, 合作といつても, 異つた見解, 間で, 間に, 間には, 間俳優と, 間隔を, 関係, 関係について, 関係は, 関係を, 隔りに

▼ 俳優学校~ (15, 0.4%)

2 の課程

1 [13件] が設けられ, というの, とかいふ処, と呼ばれた, に限らない, の創設, の必要, の意義, の日本歴史教師, の生徒, の設立, は女優, へ入

▼ 俳優養成~ (15, 0.4%)

2 の事業

1 [13件] といふ責任, に名, の一事, の主導権, の仕事, の先決問題, の国家的機関, の完備, の必要, の急務, の方法, の衝, を目的

▼ 俳優といふ~ (14, 0.4%)

5 ものは 1 のが, のは, ものが, ものに対する, ものを, 定評を, 折紙を, 職業に, 職業は

▼ 俳優にも~ (14, 0.4%)

1 [14件] せよひとたび, なって, また人, わかつて, 世間にも, 休養や, 作者の, 可なり, 此は, 無数に, 行くこと, 通用する, 適用する, 飜譯家にも

▼ 俳優~ (14, 0.4%)

1 [14件] がゲーテ座, が時, が書生芝居, が赤坂, ではなかっ, などの寄り集まり, にかえって, によって幾たび, の声, の無能さ, の狭量, の醜, は楽器, も同様

▼ 俳優志望者~ (13, 0.3%)

1 [13件] からでき, が概ね, でこれ, として再, に舞台的教育, のみならず, の中, の組, も舞台, をひと通り, を主体, を募らなけれ, を得る

▼ 俳優でも~ (12, 0.3%)

1 [12件] あっさりし, できるわざ, なくどうやら, なく結局一つ, デリケェトな, 人に, 今日は, 何でも, 出せる, 有つて, 段々舞台, 舞台以外では

▼ 俳優に対する~ (12, 0.3%)

1 [12件] ファンの, 一つの, 一種の, 不信任から, 場合の, 好き好きが, 愛情も, 批評的立場と, 演出者の, 理解の, 興行者の, 評価を

▼ 俳優協会~ (12, 0.3%)

3 のこと 2 の集り 1 てもの, の会, の喜劇部, の沢田弁護士, の話, へわれ, や猿之助その他

▼ 俳優について~ (11, 0.3%)

2 云へば 1 いえば, この人, こまかくその, できるだけ多く, 一々の, 徹底的に, 言へば, 語って, 語るからには

▼ 俳優~ (11, 0.3%)

2 では 1 その職業的訓練, には求め, に匹儔, の一二, の大半, の座頭, の王者, の粋, 最も名声

▼ 俳優とはなんぞ~ (10, 0.3%)

10 やという

▼ 俳優芸術~ (10, 0.3%)

3 というもの 1 という, に完全性, に於ける, に限りません, の修業, の最も, を守り育て

▼ 俳優から~ (8, 0.2%)

1 伝へ, 勧められて, 大道具までが, 巻尺を, 彼の, 熊と, 爾汝の, 見れば

▼ 俳優たる~ (8, 0.2%)

2 の幸福 1 ことを, に甘んじなけれ, の難き, 以上俳優とは, 十分の矜恃を, 資格を

▼ 俳優倫理~ (8, 0.2%)

2 という問題 1 という, というの, というもの, という言葉, という話, の問題

▼ 俳優でなけれ~ (7, 0.2%)

2 ばならない 1 ばすぐれた, ばならぬ, ば十分, ば演出者, ば通用

▼ 俳優なら~ (7, 0.2%)

1 ある意味, ばいくら, ば必ず, ば月収四, ば誰, 俳優の, 批評家や

▼ 俳優によって~ (7, 0.2%)

1 リードされ, 上演される, 上演せられ, 演じられて, 演ぜられなければ, 絶えず見せつけられ, 肉体化される

▼ 俳優に対して~ (7, 0.2%)

1 この人, 上位を, 不公平である, 不可思議なる, 少なくとも形式的, 抱き得る個人的感情, 敬意を

▼ 俳優~ (7, 0.2%)

2 な特色 1 ありよう, なもの, な遊惰, にのみはり切っ, にハリキ

▼ 俳優養成所~ (7, 0.2%)

1 でもせめて, で勉強, にこれ, に入, に入所, へ正規, を設け

▼ 俳優などの~ (6, 0.2%)

2 大部分 1 一部が, 卵どもであっ, 場合は, 過半数であっ

▼ 俳優にでも~ (6, 0.2%)

2 ありそう 1 あてはまるよう, おなりでした, なろうかと, やれるが

▼ 俳優らしい~ (6, 0.2%)

2 俳優が 1 俳優の, 俳優も, 若い男, 青年が

▼ 俳優教育~ (6, 0.2%)

1 といふもの, に情熱, のメソード, の一般課程, の新しい, の科学的メソード

▼ 俳優~ (6, 0.2%)

1 がある, とか墓, にあて嵌め, に捨てられ, の技芸, の方

▼ 俳優生活~ (6, 0.2%)

1 から脱, というもの, としてのどこ, の惰性, の表面, をやっ

▼ 俳優~ (6, 0.2%)

1 であるが, とか演技, の綜合, の革命, を学び, を学び取り

▼ 俳優部屋~ (6, 0.2%)

1 でねむる, で徳山, に蒲団, の一隅, の男衆, の風呂

▼ 俳優こそ~ (5, 0.1%)

1 戯曲作家を, 沙翁だった, 演劇の, 第一, 舞台の

▼ 俳優であり~ (5, 0.1%)

1 それらの, 多くの, 新派劇今日の, 殊に作者, 演劇の

▼ 俳優~ (5, 0.1%)

1 のだ, のであります, のである, のです, のねおじさま

▼ 俳優にとって~ (5, 0.1%)

1 名誉で, 最も演じ, 生きた人物, 致命的な, 非常に

▼ 俳優を以て~ (5, 0.1%)

1 して, する如何なる, する未来, する近代劇, 如何なる組織

▼ 俳優一座~ (5, 0.1%)

2 を連れ 1 というの, に加わっ, を登場

▼ 俳優以外~ (5, 0.1%)

1 にももと, に色々, のもの, の人, の要素

▼ 俳優志望~ (5, 0.1%)

1 のもの, の人たち, の寺門青年, の諸君, は許されなかつた

▼ 俳優志願者~ (5, 0.1%)

1 である, といふやう, のため, も少し, を採用

▼ 俳優養成機関~ (5, 0.1%)

1 とか俳優, と称せられる, について, の樹立, を先づ

▼ 俳優~ (4, 0.1%)

2 何かの 1 何かを, 名前は

▼ 俳優だった~ (4, 0.1%)

2 のだ 1 なよし, 父親に

▼ 俳優とか~ (4, 0.1%)

1 ダンサアは, 一生云われる, 画家とか, 舞台の

▼ 俳優としても~ (4, 0.1%)

1 つと大事, コポオは, 作家としても, 非常な

▼ 俳優とも~ (4, 0.1%)

1 つかず遊芸, なりますれば, 言われて, 関係が

▼ 俳優とを~ (4, 0.1%)

2 結びつけても 1 ここで, 好かなかつたからと

▼ 俳優にと~ (4, 0.1%)

2 つては 1 つても, つて発声法の

▼ 俳優のみが~ (4, 0.1%)

2 よくこれ 1 縁遠いもの, 若い見物

▼ 俳優よりも~ (4, 0.1%)

1 いちばん自然で, 先駆的な, 寧ろ作者, 蘭蝶を

▼ 俳優的空想~ (4, 0.1%)

1 があり, が曾我乃家, とその, への推移

▼ 俳優組合~ (4, 0.1%)

1 というもの, と関係, の協賛, の規定

▼ 俳優~ (4, 0.1%)

1 ができ, に最も, の移動, は未だ嘗て

▼ 俳優かと~ (3, 0.1%)

1 思い惑うとき, 思ひ惑, 見まごうばかり

▼ 俳優だけに~ (3, 0.1%)

1 ひと狂言, 理想としては, 責任が

▼ 俳優だけは~ (3, 0.1%)

1 トラジェディアン即ち, 少くとも, 立派に

▼ 俳優とが~ (3, 0.1%)

1 フランスでは, 一体に, 手を

▼ 俳優としてよりも~ (3, 0.1%)

1 それ以上に, むしろコポオ, 探偵としての

▼ 俳優なる~ (3, 0.1%)

1 ものが, ものの, ものを

▼ 俳優にとっては~ (3, 0.1%)

1 実に容易, 幾らか自尊心, 非常に

▼ 俳優ばかり~ (3, 0.1%)

1 でなくすべて芸術家, でなく中軸, なら稽古

▼ 俳優を通じて~ (3, 0.1%)

1 まだ名優, 名作戯曲の, 舞台の

▼ 俳優一年生~ (3, 0.1%)

1 になら, の看板, の諸君

▼ 俳優~ (3, 0.1%)

1 に歌舞伎劇愛好家, に興行者側, に舞台装置者

▼ 俳優乃至~ (3, 0.1%)

1 は最初, 俳優志望者で, 傀儡子の

▼ 俳優修業~ (3, 0.1%)

1 のため, の第一歩, を目指し

▼ 俳優及び~ (3, 0.1%)

1 戯曲作家としての, 興行者の, 若い見物

▼ 俳優本位~ (3, 0.1%)

1 から考え出された, の, の芝居

▼ 俳優的才能~ (3, 0.1%)

2 を余りに 1 に敬服

▼ 俳優相互~ (3, 0.1%)

2 の有機的関係 1 の関係

▼ 俳優~ (3, 0.1%)

1 がある, の, の魅力

▼ 俳優~ (3, 0.1%)

1 としては最も, の好, をこ

▼ 俳優~ (3, 0.1%)

1 が襲名, とは別に, を恐喝

▼ 俳優この~ (2, 0.1%)

1 三つの, 両者の

▼ 俳優じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないだろうかね, ないの

▼ 俳優そのもの~ (2, 0.1%)

1 と違った, の領域

▼ 俳優その他新聞雑誌関係~ (2, 0.1%)

2 の人

▼ 俳優それぞれ~ (2, 0.1%)

1 の天分, の特質

▼ 俳優だけの~ (2, 0.1%)

1 問題では, 場合を

▼ 俳優だったら~ (2, 0.1%)

1 せりふを, 立派な

▼ 俳優だって~ (2, 0.1%)

1 まん更, 怒る時

▼ 俳優であった~ (2, 0.1%)

1 かということ, そうである

▼ 俳優であろう~ (2, 0.1%)

1 がなん, とは

▼ 俳優でし~ (2, 0.1%)

2 てね

▼ 俳優でした~ (2, 0.1%)

1 がまあ, ね

▼ 俳優です~ (2, 0.1%)

1 からお, からその

▼ 俳優でない~ (2, 0.1%)

1 ものは, 芸者である

▼ 俳優とかは~ (2, 0.1%)

1 別に取り立て, 問題でなくなる

▼ 俳優とともに~ (2, 0.1%)

1 夕方から, 大阪の

▼ 俳優とはなんぞや~ (2, 0.1%)

1 その返事, 俳優の

▼ 俳優なし~ (2, 0.1%)

1 にその, には作られぬ

▼ 俳優など~ (2, 0.1%)

1 であるが, まさにタジタジ

▼ 俳優などに~ (2, 0.1%)

1 やつて, 見られるよう

▼ 俳優などは~ (2, 0.1%)

1 まつたくわからない, 入社に

▼ 俳優にまで~ (2, 0.1%)

1 ニセモノが, 昇進した

▼ 俳優のみ~ (2, 0.1%)

1 で歌舞伎座, ならず演劇

▼ 俳優への~ (2, 0.1%)

1 好意ある, 心理的影響が

▼ 俳優ほど~ (2, 0.1%)

1 では, 感情を

▼ 俳優みたい~ (2, 0.1%)

1 なもの, な男

▼ 俳優みる~ (2, 0.1%)

2 ここちし

▼ 俳優らしき~ (2, 0.1%)

1 俳優だ, 俳優の

▼ 俳優らしく~ (2, 0.1%)

1 その表現, 俳優としての

▼ 俳優をも~ (2, 0.1%)

1 同時に饑ゑさせることだからである, 生み出すに

▼ 俳優を通して~ (2, 0.1%)

1 その情味, その表情姿態

▼ 俳優コクラン~ (2, 0.1%)

1 の妙技, の為め

▼ 俳優シヤンチリイ~ (2, 0.1%)

1 の事, を嘲

▼ 俳優マックスランデー~ (2, 0.1%)

2 を非常

▼ 俳優一人~ (2, 0.1%)

1 でできる, について子供一人

▼ 俳優一人一人~ (2, 0.1%)

1 の持味, の演技

▼ 俳優万能~ (2, 0.1%)

1 の, の観念

▼ 俳優二人~ (2, 0.1%)

1 と都合三人, の峻烈

▼ 俳優今日~ (2, 0.1%)

1 の観客, までの舞台装飾家

▼ 俳優似顔~ (2, 0.1%)

1 の絵本, をば線

▼ 俳優~ (2, 0.1%)

1 するもの, とし

▼ 俳優全体~ (2, 0.1%)

1 であるかと, の生れ

▼ 俳優協会事務所~ (2, 0.1%)

1 でその, へ俳優協会

▼ 俳優又は~ (2, 0.1%)

1 それに, 自分を

▼ 俳優同志~ (2, 0.1%)

1 の仲違, は無類

▼ 俳優~ (2, 0.1%)

1 の定期的南米巡業, の示威的定期興行

▼ 俳優市川左団次~ (2, 0.1%)

1 が明治四十二年, である

▼ 俳優或いは~ (2, 0.1%)

1 人形使いの, 人形舞わしその他の

▼ 俳優滝沢~ (2, 0.1%)

1 が, と

▼ 俳優演出家~ (2, 0.1%)

1 のグループ, 及び純然

▼ 俳優的天才~ (2, 0.1%)

1 を伴, を伴うらしい

▼ 俳優的政治家~ (2, 0.1%)

2 に非ずし

▼ 俳優~ (2, 0.1%)

1 が暴行, は方外

▼ 俳優肖像画~ (2, 0.1%)

1 の行, を以て醜

▼ 俳優~ (2, 0.1%)

1 では毎々, ひ位

▼ 俳優高級論~ (2, 0.1%)

1 とは一致, をとなへ

▼1* [261件]

俳優あるひは, 俳優いずれの道, 俳優いや世間に, 俳優かとも思われるよう, 俳優がもしさういふ力, 俳優づれの, 俳優こそは民族の, 俳優へそんなに, 俳優しか芝居しか, 俳優しよぼしよぼ, 俳優じみた青年や, 俳優すなわち歌舞伎役者であります, 俳優そして詩人は, 俳優その他の芸人, 俳優その他一切合財を乗せた, 俳優それ自身の精神, 俳優たちそれがなんで, 俳優たらしむる, 俳優たらんとする, 俳優たり得る地位, 俳優だけでなく一般, 俳優だけには絶対に, 俳優だすよつて, 俳優だろうだが奥さん, 俳優ってつまり活動, 俳優つまり芸術家としての, 俳優であって俳優, 俳優であったらそうであろう, 俳優であればある, 俳優でございます私は, 俳優といつても日本, 俳優としてかそれとも探偵, 俳優とでも云いたいよう, 俳優とはなんぞやという問題から, 俳優ともすれば山師と, 俳優どもに口輪, 俳優ながら気の, 俳優なくして, 俳優なぞはそんなに出, 俳優などがドシドシ集っ, 俳優などと共通の, 俳優ならたとへある, 俳優ならびにそれを, 俳優なら黙ってい, 俳優なりし彼は, 俳優なりにこのセリフ, 俳優なりの技倆なり, 俳優なれど東京, 俳優なんかの来る宴会, 俳優なんかも参りますよ, 俳優なんて事も, 俳優にすらなり得ないといふ, 俳優についてだけでも知り得る範囲, 俳優については殊に未熟, 俳優にて菊之助と共に, 俳優になつた, 俳優にのみ働きかけその, 俳優にばかりあるとは, 俳優による現代戯曲の, 俳優に対しては演技の, 俳優に関するどんな厖大, 俳優のみの称呼と, 俳優はちよつと見当らない, 俳優寄贈の, 俳優まず御挨拶, 俳優またその舞台, 俳優または劇団に, 俳優みたような, 俳優みな招待せらる, 俳優みんな芸が孤立, 俳優めいたおじぎを, 俳優めがけて腐つた, 俳優やは成るべく年端, 俳優よりは見た眼, 俳優らしさと, 俳優をのみ多く作り設け, 俳優をばその代表, 俳優イーザーク・レーヴィーの朗読, 俳優ウルフ・ホツパアがある, 俳優カメラはカメラ, 俳優グループに名, 俳優ゲッケだけでもっ, 俳優コルシカの女, 俳優ジヤツク・バリモアがある, 俳優ジューヴェの生涯, 俳優チェンタに特色, 俳優チャーレー・テーラー一座の西洋演劇, 俳優ヂオフライ空窖へ幽囚, 俳優トルコ人をやっ, 俳優ドン・モラガスである, 俳優ナド府内二千人ヲ超, 俳優若イ女形ニ性的魅力ヲ感ズルヨウニナッタ, 俳優ヒルデブラント氏, 俳優ヒルデブラントの細君, 俳優ファバントゥーと四人, 俳優ファバントゥーそれらは四人, 俳優ファバントゥー詩人ジャンフロースペイン人ドン・アルヴァレスおよびバリザール, 俳優ヘニング・ローマンとの浮名, 俳優モスクビン人情的役者で面白かっ, 俳優ルイ・ジューヴェに傾倒, 俳優ルッドイッヒ・ロンネは傍演出者, 俳優ルーテルゲンと結婚, 俳優レビューガールどんな大部屋, 俳優一同に傾聴, 俳優一団がドイツ, 俳優一般への認識, 俳優万能論に結び附かう, 俳優三段目以上の角力, 俳優不信の声, 俳優並びに演出家の, 俳優並みにかう, 俳優中将来ある人々, 俳優中心の場合, 俳優中村勘五郎から出, 俳優中村又五郎を怨み, 俳優中村梅玉の楽, 俳優中村福円の以前, 俳優中村鴈治郎を英国, 俳優中若干のもの, 俳優争奪戦に疲労, 俳優二三の新劇俳優, 俳優二代目嵐小六の家, 俳優二十七名の中, 俳優井上正夫と相識, 俳優以上に演技的素養, 俳優伊井蓉峰の真砂座出演, 俳優伊井蓉峰小島文衛の一座市村座, 俳優伊勢良一らしい人, 俳優何某の松王丸, 俳優作家劇作家画家それに文化専門, 俳優作者出版者文学上の楽屋, 俳優作者演出家批評家装置家その他演劇関係者を悉く, 俳優作者見物の協力, 俳優係りの手違ひで, 俳優個人個人の奔走, 俳優倶楽部あり新奇発明, 俳優からも種々, 俳優全部をもその, 俳優兼舞台監督たる水蔭, 俳優でたる寛永, 俳優劇評家作者装置家その他の演劇関係者, 俳優勉強のため, 俳優十人ばかりを玉井組, 俳優危険な年齢, 俳優になりぬ, 俳優及新入研究生に向, 俳優古今の景状, 俳優各自は台詞, 俳優同士でもその, 俳優名鑑に依っ, 俳優坊主小兵衛を描ける, 俳優型俳優を排除, 俳優型美貌は役に立たぬ, 俳優淘汰, 俳優女学生中学生あらゆる何, 俳優また何, 俳優学校卒業生なり, 俳優学校無用論についてである, 俳優学校生徒第一回公演, 俳優対劇作家の関係, 俳優対舞台監督を問題, 俳優尾上梅幸の旧宅, 俳優尾上橘之助, 俳優岩井家代々の墓, 俳優嵐璃鶴の後身, 俳優左団次と共に仏蘭西, 俳優市川海老蔵と其子市川三升, 俳優幇間芸妓等の大, 俳優志望者個々の素質, 俳優志願を前, 俳優戯曲家演出家といふやう, 俳優技芸論に従, 俳優技術確立の基礎条件, 俳優換言すれば, 俳優教師たること, 俳優教育上興味ある問題, 俳優教育方針及びその, 俳優教育法を実行, 俳優木田三千夫氏からのもの, 俳優本然の欲求, 俳優を訪問, 俳優林長之助の, 俳優を売却, 俳優機械視である, 俳優の三つ, 俳優に劇場主本位, 俳優気質っていうよう, 俳優沁みたアクシヨンを, 俳優沢村氏新戯場, 俳優沢田正二郎君の舞台, 俳優渋谷天外は何処, 俳優演出家いずれも警戒, 俳優演出家作者それぞれ自分の受持ち, 俳優演出家舞台監督舞台美術家などがそれぞれ困難, 俳優演出家舞台監督装置家道具方といふやう, 俳優演出者の, 俳優演劇労働者はみんな, 俳優演技の著作権, 俳優澤村曙山が逸事, 俳優特に新劇俳優の, 俳優を始め, 俳優生島新五郎のこと, 俳優生月駿三今日は気, 俳優田之助が人気, 俳優甲斐に洒落た, 俳優を蒐集, 俳優画報出征将軍の家庭, 俳優畑中蓼坡を支持, 俳優的使命の不足, 俳優的感性の鋭, 俳優的態度で引見, 俳優的所作に過ぎず, 俳優的技能とはまさに, 俳優的素質に恵まれ, 俳優的衝動の, 俳優的重要性をじゅうぶん, 俳優監督はどこ, 俳優真に俳優らしき, 俳優研究所を起し, 俳優福助をかかえ込ん, 俳優も改正, 俳優稼業の卑, 俳優一主義だ, 俳優等遊芸者の類, 俳優組合規則を無視, 俳優組合規約によれ, 俳優練習のため, 俳優羅馬皇帝が, 俳優羽左衛門の壮健, 俳優能力をもっ, 俳優脚本家たちがどうして, 俳優自身これに当るべきである, 俳優臭くない俳優, 俳優舞台演出それから観客, 俳優舞台面音楽観客が絶えず, 俳優舞踊家をマネキン, 俳優舞踊家音楽の演奏家, 俳優花柳一座の演劇, 俳優花柳方面の白粉屋, 俳優芸人にも教導職, 俳優芸妓旦那衆画家芸人噺家たいこもち金に糸目, 俳優芸者等凡ゆる階級, 俳優苦学生の順, 俳優菊五郎左団次仲蔵半四郎芝翫の一座, 俳優藤井六輔をこの, 俳優術修業の正統的, 俳優表方の気, 俳優を授与, 俳優評論家など芸術家, 俳優詩人の肖像, 俳優諸氏をよろこばせる, 俳優貴公子揃いの中, 俳優連衆ばかりは江戸期, 俳優道具方その他下廻りの係員達, 俳優道徳というもの, 俳優の星野, 俳優音曲落語家の人名, 俳優音楽家たちはこの, 俳優音楽家著作家ムーネ・シュリーサマンドビュッシーなどにたいする愛, 俳優養成者としてのあなた方, 俳優鴈治郎が芝居