青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「修行~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

信念~ 信玄~ ~信用 信用~ 信者~ 信長~ ~信頼 信頼~ 俥~ 修業~
修行~
~俳優 俳優~ ~俳句 俳句~ 俵~ ~俺 俺~ 倉~ 個~ 個々~

「修行~」 1616, 17ppm, 6536位

▼ 修行~ (301, 18.6%)

15 ために 4 旅に, 武士は, 為めに, 身が 3 功を, 道場と

2 [18件] うちは, ため諸国を, つもりで, ような, 一つだ, 一つと, 名を, 手が, 方法と, 旅へ, 積んだもの, 第一歩であった, 者でござる, 身の上なれ, 途に, 道に, 邪魔に, 集まりを

1 [228件] あいだに, いでたち成って, うち四十五歳の, お体, お催促, お山の, お方と, お方なら, お方には, お様子, かいが, かたわらに, ことが, ことで, ことであり, ことに, ご様子, しきれる呪術, すがた, ためか, ためかつは, ためこの, ためであります, ためです, ための, ため職を, ため遊歴中の, のち枯木の, ひとつとして, ほうから, まねだ, ものなれ, やうだった, ように, アマチュアは, 一つじゃ, 一つとは, 一つ必ず, 一人らしい, 一念に, 一生を, 一道に, 一部を, 上で, 上洛とは, 世界ばかり, 中で, 中には, 中にも, 中途に, 乞食僧であったらしい, 事そして, 事その他に, 事で, 五人や, 仁と, 体で, 侍と, 侍は, 傍らこれへ, 僧侶が, 僧侶では, 先生が, 光景を, 兵法者である, 内容が, 出来た上の句, 出来ぬ道場, 初歩だ, 剣客とのみ, 剣客の, 力によって, 功によって, 功不, 功徳を, 勇士と, 北山という, 名が, 名だ, 名残りを, 君みづか, 味は, 土地, 場と, 場所で, 場所な, 場所へ, 外に, 多かった, 奉公人だろう, 妨げでも, 妨げに, 姿と, 容易ならざる, 履歴などは, 山伏などでも, 峻嶮を, 差は, 年も, 年月は, 床と, 床として, 床とも, 弟子五六人に, 後戻りが, 後私は, 御途次, 心底でござる, 心掛から, 心的修養に, 志ある, 意味が, 意義は, 態度としては, 態度は, 手を, 数は, 新九郎様も, 方は, 方も, 方法である, 方法や, 旅が, 旅より, 旅行中の, 日課を, 時には, 望みあれ, 望みは, 果てに, 格で, 案内を, 模様を, 武家だ, 武芸者でござる, 死体から, 死顔が, 死骸から, 気の, 浅いわれわれ, 浅い我々, 浅い新九郎, 浪人の, 淺い, 為とは, 為なり, 為なれ, 為に, 為めである, 為めと, 片手は, 玄奧な, 現に見た, 生命に, 生活は, 甲斐が, 痕ある, 目的である, 目的に関する, 真最中な, 真最中寸時も, 真最中少し, 眼が, 眼だ, 眼は, 程度では, 積まぬ身, 積んたお, 第一歩を, 精進を, 結果私の, 群に, 群集を, 者が, 者だけ, 者である, 者とも, 者らしい, 者を, 者千葉周作成政と, 者此處に, 者道場へ, 肩に, 至らぬこと, 苦しさ, 苦しみという, 苦心談など, 荒法師ぞろいと, 荷は, 試金石と, 話を, 謀叛が, 講釋見たい, 資格や, 足しに, 足らぬ者, 身の上だ, 身の上でございます, 身の上早く, 身の上路銀も, 辛さ, 辛苦と, 辛酸を, 迷悟を, 途中あの, 途次長州萩の, 遍歴者に, 過程を, 道, 道から, 道である, 道という, 道において, 道には, 道へ, 道を, 道場である, 道場でも, 道場を, 道程としては, 遣り遂げるまでは, 長い短いばかり, 門出せん, 際に, 際山野に, 頼みに, 顔つきが, 風が

▼ 修行~ (232, 14.4%)

37 して 9 積んで 6 した, しなければ, やって 3 つづけて

2 [19件] かさね毘婆舎那, させて, したい, した人, しても, しに, し会, し心身へとへと, すること, するの, する事, なさいました, なすって, 名として, 怠る事, 済まして, 積むと, 積んだもの, 重ねて

1 [127件] いたして, いたしました, いたします, いたす身の上, かねて, こ, させたの, させたり, さっしゃりませ, さつし, しその, したあげく, したか, したの, した宮本武蔵, した後, した時, しつかりやれ, しないと, しなさい, しました, しようと, しろと, し都会人, すすめたいよう, すすめたの, すすめました自分, すすめるの, すべき運命, すまして, するうち, するだけの, するつもり, すると, するには, するにも, するもの, するん, する人, する命, する身の上, すれば, つづけました, つぶさにご, つみたる僧, つみ世に, とげたいと, どこで, なさいましたので, なさらんか, なさるとか, なさるの, なされ, なされたこと, なされ修行, はげみませう, もって, やっても, やつてる, やめて, 上げますよ, 主張する, 仰せつけられた一人, 兼ねて, 再び継続, 励み兵法, 受けたもの, 受けて, 名乗って, 差向けた方, 廃業する, 得ず, 心がけついに, 忘れて, 思いたちかく, 思い立ちこれ, 思い立ったもの, 怠って, 怠っては, 怠らせるの, 怠る風, 懇望する, 懇願する, 成じたものの, 捜し出す, 教えたって, 標榜し, 求めても, 為さしめん, 為し博士, 為し得るならば, 目的と, 積ませなければ, 積ませること, 積まねば, 積みやがて, 積み早く, 積んだ, 積んだの, 積んだ人, 積んだ僧, 積んだ兄さん, 積んだ心靈, 積んだ末, 積んだ者, 終えて, 終えました, 経た今日, 経た自信, 続けるつもり, 続けると, 致されまして, 致して, 致す身の上, 致そうと, 興味づけ, 見抜いた, 試みようという, 誓って, 語りあって, 踏襲した, 軽蔑し, 遂げたい気, 遂げ少なくとも, 遣って, 重ねること二十年, 頭から

▼ 修行~ (134, 8.3%)

3 が来, のよう 2 が訪ね, でいらっしゃいましょう, と師, の身の上

1 [120件] あるいは僧侶, か, があった, がこんな, がさめる, がはじめて, が乞食, が他人, が会合, が修行, が加賀, が参りまし, が宮迦羅, が寝, が居る, が後, が有った, が法然, が浄土教, が父, が立っ, が絶えず, が銭, が雲居寺, だが, だった, だったから, だと, だとか, だろう, であった, であったはず, でありしかも, であり天文, である, であるか, であるという, であるの, である松本, でございます, でございますから, でございますが, でござる, でなければ, でも商人, で何, で六部, で歴史上, という上, といったよう, とお, として受取っ, となっ, とは思われません, と云, と在住, と所謂濫僧, などが呪文, なの, にこれ, にては在さぬ, になりましょう, にもあった, に一つ雨, に交っ, に取, に瓜, に私, に私刑, に逢い, に首領, のうち, のお, のなした, のやり方, の任, の名, の地位, の天分, の広言, の往来, の心, の悟り, の手のうち, の最後, の殖えた, の流れ, の生れ代り, の生活, の直伝, の言, の運命, の間, の集, の集中, は世人, は乗願房, は乞食, は何, は修行者, は剣術, は巨人, は師, は年紀, は手, は既に, は泊らないらしい, は禪定三昧, は自己, は酔わじ, ばかりでなく, へは授業, もむろん, も出, も皆吉, よろしくの, を宿泊, を拒む, を装う, ノ狂歌

▼ 修行~ (111, 6.9%)

10 出て 3 あるいて 2 なると, 出かけ二刀流, 出るの, 心を, 来て, 身を

1 [86件] あれば, いそしんで, いちいち礼儀, おいで, かからねば, こう言っ, さすらいはじめたの, なったの, ならぬ, ならば, なりませんな, なるしなあ, なるので, なるもの, なろう, ひたむきな, 一年を, 一段落つく, 万恨の, 上り候雪踏を, 京都に, 倦き, 光は, 凝って, 出かけて, 出して, 出しやって, 出たからには, 出たが, 出たの, 出たん, 出た動機, 出た坊さん, 出た男, 出た第一歩, 出で, 出でし日, 出でし由, 出でん, 出で立つべく総髪, 出ようか, 出る, 出るという, 出るとこ, 出る宮本, 出る門人達, 出れば, 出掛けたが, 出掛けて, 出精を, 参って, 参らねば, 參つて居る, 執心する, 属ししかも, 徹した, 応用し, 授業を, 於いて, 旅立とうという, 時々吠え, 来たん, 来た者, 来ますが, 来られた方, 欠くべからざる物品, 歩いたり, 歩いて, 歩いては, 歩行い, 生死なし, 疲れて, 疲れ食, 相成りました, 移った, 窶れ老いたる面, 精を, 精進し, 縁者の, 聯関し, 肉体が, 肝胆を, 行くと, 行業は, 赴く, 越すもの

▼ 修行~ (106, 6.6%)

8 積んで 3 詰んで 2 あるの, できて, 出来るよ, 積むにつれて, 足りない

1 [85件] あろうと, いたしたいので, いると, おまえたちに, おれを, おわった, この物語, したくなったら僕, すんだらその, そのいと, その佐々木小次郎, ついて, つんで, てら上方見物, てら見物, できたに, できぬので, できましょうかと, できるでは, どれほど, どんなもの, また絵, むずかしく末世, もうこれ, もう少し積ん, ゾッとする, タジタジで, 三人ほど, 主として人格, 伸びる, 何十世紀かかる, 充分出来, 入る事, 再びゾッとしました, 出来たかも, 出来たの, 出来て, 出来上れば, 剣のみを, 厳しい, 四年前に, 多いの, 大いに用, 大切だ, 専一かと, 尋ねて, 小猿, 届かぬと, 役に立って, 必要だ, 成つて人間を, 押しかけて, 捕まったの, 控えて, 済みましたら東西南北, 済むの, 無駄に, 熱心に, 積めば, 積んだという, 積んだの, 積んだもの, 積んだやう, 積んだらゆくゆく, 積んだら一緒, 積んだ所, 積んでからの, 立去って, 竜之, 終わって, 肝腎じゃ, 肝腎で, 肝腎です, 臨終の, 裂石の, 要らあ, 訪れて, 諸国を, 足らないとても, 足らないの, 足らんね, 足りないから, 道場破りを, 道得の, 難事

▼ 修行~ (73, 4.5%)

2 水に

1 [71件] あくまでも真理それ自身, あるはず, いたらずとても, いらぬが, おっとりした, かなりむずかしい, ここだと, この種, これほど, さっと足, したくないもの, したろうが, しどろもどろの, すなわち真理, そういっ, そこでもう, そこへ, その発生期, ただ主宰, できて, できやせんまもなく, とても出来ない, まだ三十, まだ未熟, まだ本物, もとより何, やめだやめ, やりそこなうと, わが刃, 並々の, 云った, 人がらでない, 今や死なん, 他の, 何らかの形, 修行で, 修験者に, 切上げて, 到底薙刀, 困難であろう, 基礎に, 大手を, 太い麻縄, 寺でも, 弱い弱いって, 形相を, 彼としては, 愚癡に, 成るべく早く醜い, 或は其頃流行, 放擲せらるべき, 智恵を, 極めて地味, 死後の, 汗の, 淫売婦に, 湯では, 火薬の, 現世の, 由来行乞を, 積んだかの, 積んだの, 結構だ, 自らの, 血路を, 行はれた, 遍歴に, 道得が, 道得の, 金を, 随分長く

▼ 修行~ (73, 4.5%)

3 は私, へ移っ 2 から山, などを実地, を後

1 [61件] からその, から母, がある, が三度, じゃ, その時代, つまり私, であったと, でございます, では私, でも何, で一生涯, で不相, で本尊, で洞窟, となった, と思召, なの, には一人, にも別れ, に居った, に居り, に居りました, に引き上げました, に戻りました, に滞在, に連れ, に進み, の内部, の右手, の変更, の庭, の引越し, の所在地, の探検, の方, の模様, の裏山, の話, はあの, はきっと, は人, は山, は有る, へお, へと向った, へ引き上げた, へ引越した, へ戻っ, へ滞在, へ移る, へ訪ね, へ連れ, までお, よりも一段格, をのぞかした, を出かけ, を出掛けた, を出掛けました, を少し, を引き上げ

▼ 修行~ (62, 3.8%)

3 ていた, ている, て歩い 2 て, て居る, て歩く, て行く, 証究す

1 [43件] さえすれ, つつある, つつ煩悩執着, てあるいた, てえらい, ておけ, ておる, てくだされ, てござる, てついに, てまさに, てみ, ても寒い, てようやく, てゐ, てゐた, てゐる, てドレ, て今度生死, て他国, て加賀, て善人, て天晴れ父, て居ります, て帰つて, て廻っ, て廻る, て廻るべき, て来た, て王女, て送った, やはった押し, 三歳の, 修行する, 商法ハ商法で, 太上を, 女人禁制の, 或いは諸, 或は怒, 武術に, 浅草の, 炎天に, 野宿し

▼ 修行する~ (41, 2.5%)

3 ことが, ことに 2 ために, といふ, ものは

1 [29件] うちもう, か一事業, がしかし, ことであった, ことも, ことを, こと語密とは, その時, だけで, ということ, という的, としよう, のじゃ, ので, のである, のよ, のを, はずだ, ものが, もので, 丈の, 人は, 仏法をも, 女道士中の, 宗旨は, 者である, 者にとって, 者は, 身には

▼ 修行~ (40, 2.5%)

2 あれば

1 [38件] あらば, いうほどの, いえば, いってるうち, その自信, なって, なりましたか, なる, なるであろうと, なる忍辱, なれば, 世の中へ, 兵法鍛錬の, 口に, 呼ばれる者, 存じますれば, 寺院との, 幽界の, 後から, 思いましたに, 思って, 思はずに, 時の, 武者修行的な, 現在の, 申すの, 申せば, 申ハ元, 称する客, 称んだ, 稱し, 経験とを, 聞かされて, 見られること, 見るべきでけっして, 言うが, 言ったところ, 辛苦と

▼ 修行~ (39, 2.4%)

1 [39件] ある, いた, いたします, いまは, おやり, かなわぬのみか, ここで, これまで, これを, したに, して, そうだ, その位, なかなか辛く, また上泉伊勢守, また仏道修行, もっと積みたい, 一通り出来, 今は, 全く無用, 呆然として, 多少は, 大円房の, 大分に, 実はそこで度胆, 少し積みました, 忠勤と, 思わざる所, 抛って, 早く進む, 未熟思慮も, 積まれて, 積み明るい, 積んだこと, 積んで, 要するに同じ, 足りないし, 鍛練も, 長くけわしかろう

▼ 修行~ (30, 1.9%)

2 の兵法者, の者

1 [26件] その妻鉄, その蜂須賀村, だからな, でご, でどう, なれば, にすっかり, にも一つ二つ, にモー一つ, に私, に経験, に誰, の僕等, の僧侶たち, の殿様, の琵琶, の第, の自分, の若い, の若輩者, の草鞋穿, の行衣, の身, はもう決して, は並々, 故ヤメテ居ルト云ウカラ

▼ 修行した~ (23, 1.4%)

2 んだ

1 [21件] かは知らなかった, か流名, が武芸, が遂に, けれどもそれでも, ことも, さうである, つもりである, という, ということ, とか申し, と言っ, のは, ものらしい, 人が, 時に, 時の, 末やつと, 法師すなわち, 男である, 話は

▼ 修行という~ (17, 1.1%)

3 のは, ものは

1 [11件] ので, のも, ものだ, ものに対して, ものも, ような, 声を, 文字は, 本質の, 称呼が, 鍛えは

▼ 修行~ (13, 0.8%)

1 [13件] からと云っ, からね, から年中旅, から我慢, と他宗, と思っ, と申し, と非常, な, の, のと, よ, 後学の

▼ 修行~ (9, 0.6%)

1 あつた, いそしみ道徳, おいでなされ, その中, へえー然, もしカン, 弟子が, 虚無が, 飽く迄も怨む

▼ 修行では~ (8, 0.5%)

2 ない 1 あつたらう, ありませんでした, なかった, なかったであろう, やりそこなうの, 夜の

▼ 修行として~ (8, 0.5%)

1 あるいて, したばかり, 京都へ, 営み励まれて, 彼が, 文字に, 江戸表へ, 稀

▼ 修行には~ (8, 0.5%)

1 またと, やはり武者修行精神, 出ないん, 四つの, 役立つところ, 最初から, 正しい師匠, 随分つらい

▼ 修行~ (8, 0.5%)

1 でありまた, とされ, とする, とは言えない, なの, の根柢, もまた, を異に

▼ 修行から~ (7, 0.4%)

1 この村, そのほか遊歴中, その鐘, 与えられた侮辱, 得た生活, 次ぎの, 死に際に

▼ 修行にも~ (7, 0.4%)

2 いろいろある 1 なりましょうし, なりません, 何にも, 歩いたり, 飯を

▼ 修行~ (7, 0.4%)

1 なにかと, 何段に, 山野の, 理性の, 理論が, 生活の, 自然への

▼ 修行風呂敷~ (7, 0.4%)

1 でくくりつけ, とともに一つ, とをその, と柄糸, をしばりつけた, をそっと, を解きはじめた

▼ 修行時代~ (6, 0.4%)

1 がどれ位, には指導役, には赤貧, に道場, は他, は終わる

▼ 修行とは~ (5, 0.3%)

1 いいながら, かくの, こうも, どう云う, 近ごろご

▼ 修行功夫~ (5, 0.3%)

1 となる, において現われ, によって実現, によって道得, もまた

▼ 修行未熟~ (5, 0.3%)

1 ですね, な若い, のその, の野天狗, を見せつけられる

▼ 修行いたし~ (4, 0.2%)

1 ておりまする, てくれる, て参れ, 松浦流と

▼ 修行~ (4, 0.2%)

3 何んかに 1 それも

▼ 修行なさる~ (4, 0.2%)

1 がよい, ことを, ために, 方を

▼ 修行によって~ (4, 0.2%)

1 仏と, 救われること, 救われる方便, 編み出されたもの

▼ 修行~ (4, 0.2%)

1 が出, が居り, が肉親, は集まつ

▼ 修行~ (4, 0.2%)

1 とよぶ, に入れ, へつつみこん, を振っ

▼ 修行じゃ~ (3, 0.2%)

1 ないの, な後, 汝も

▼ 修行でない~ (3, 0.2%)

1 ことが, ことは, ものは

▼ 修行でも~ (3, 0.2%)

1 あった, ない, なくして

▼ 修行といふ~ (3, 0.2%)

1 ことは, ことも, もので

▼ 修行とも~ (3, 0.2%)

1 なろうと, もとより違う, 呼び得よう

▼ 修行なら~ (3, 0.2%)

1 ばひとたび, まだとても本物, やはり都

▼ 修行修行~ (3, 0.2%)

1 といってる, と口, と言う

▼ 修行盛り~ (3, 0.2%)

1 のこと, の若い, はや起

▼ 修行こそ~ (2, 0.1%)

1 却って往々に, 真の

▼ 修行させる~ (2, 0.1%)

1 ことに, のも

▼ 修行したい~ (2, 0.1%)

1 といい出した, ような

▼ 修行しなく~ (2, 0.1%)

1 ちゃ出来ない, ては行けない

▼ 修行しなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばならない, ばならぬ

▼ 修行すれ~ (2, 0.1%)

1 ばよかっ, ばわし

▼ 修行であった~ (2, 0.1%)

1 かどう, かもわかるまい

▼ 修行としても~ (2, 0.1%)

1 ロクな, 一種特別の

▼ 修行との~ (2, 0.1%)

1 一ばん目立った, 生活関係にも

▼ 修行なされ~ (2, 0.1%)

1 て後, よ

▼ 修行ぶり~ (2, 0.1%)

1 などは典型的, もまた

▼ 修行らしい~ (2, 0.1%)

1 ことを, 様子である

▼ 修行をば~ (2, 0.1%)

1 塵芥の, 美しい花

▼ 修行三昧~ (2, 0.1%)

1 に永い, に耽っ

▼ 修行~ (2, 0.1%)

1 でもなし, の敬虔

▼ 修行代り~ (2, 0.1%)

1 でなと, にとかよう

▼ 修行体得~ (2, 0.1%)

1 しようと, はし

▼ 修行包み~ (2, 0.1%)

1 の中, の結び目

▼ 修行~ (2, 0.1%)

1 にある, また釈迦牟尼如来

▼ 修行~ (2, 0.1%)

1 といったよう, とも見なし

▼ 修行~ (2, 0.1%)

1 は必ずしも, を起した

▼ 修行~ (2, 0.1%)

1 なこと, な人間

▼ 修行精神~ (2, 0.1%)

1 がなけれ, が抱かれ

▼ 修行~ (2, 0.1%)

1 として受流し, に暮し

▼ 修行鍛錬~ (2, 0.1%)

1 したこと, を積んだ

▼1* [133件]

修行いたしますなれどまだ, 修行いたすようよく, 修行およそ日本国国々山々岳, 修行かたがた槍突きを御, 修行こちらは室町家以来, 修行させず撃剣のみを, 修行させたが馬, 修行させれば修行, 修行しあるく夢想権之, 修行してるんだ, 修行しないでい, 修行します立派に, 修行しませいでか, 修行しゆく所に, 修行しようと云う, 修行しろというの, 修行し年老いてここ, 修行し続けるのだ, 修行ゃあるめえし帯と, 修行すべし汝は, 修行ば二三週, 修行せしより後, 修行せねばいかぬ, 修行せよと誡め, 修行せられたことを, 修行せんものと, 修行そっくりと言われました, 修行そつちのけ餌代, 修行たちにとっては寺院, 修行たるや大変, 修行だけでも一日に, 修行だったな, 修行だの山の, 修行ていの侍, 修行であり鍛錬である, 修行である今日も, 修行でございますか, 修行でござるかの, 修行ですか, 修行でなくて渡り者, 修行とか兵法者とか, 修行とてそれに, 修行とでも見えるの, 修行とよんで差, 修行どもが馳せ加わっ, 修行んだらう, 修行なさるなら正しい剣術, 修行なされたか流儀, 修行なすべしと遍歴, 修行などやる必要, 修行などと云うもの, 修行などはあり得ない, 修行なら出来る現に日夜それ, 修行なんざあ甘えもんだおれ, 修行なんてもう止めよう, 修行にて武術の, 修行にでも行って, 修行にとって唯一の, 修行にとっては意表外だった, 修行によりて即身成仏が, 修行のみを思うて, 修行ばかりやって, 修行ひとつで戦場, 修行出るが, 修行へでも出ると, 修行へと追い立てられて, 修行への私の, 修行へはいかなる御, 修行ほどの働きも, 修行また以後の, 修行きたるなど, 修行を以て任じて, 修行シテ時節ヲ送, 修行出来ヌコトハアルマイ, 修行ハ出来ヌトイッタラサヨウナラ今日ハ吸オウト云ウ故ニ, 修行一切の見解, 修行一方で来た, 修行一筋の身, 修行七十万日然後, 修行不足である, 修行中多くは宿泊, 修行中安房の夷隅郡, 修行中彫刻を志望, 修行仕り狩野土佐雲谷円山四条の, 修行仕度其時ニハ兄上ハ御年六十ニ, 修行の二人, 修行僧侶等であ, 修行僧時代の若い, 修行入りせんため, 修行十分に屆, 修行半ばの雲水, 修行半ば頃からお父さん, 修行危ないのは, 修行反省して, 修行同士が行きずり, 修行城中城外亦建鎭國念誦道塲, 修行場そこはなかなか, 修行場生活もやがて, 修行になる, 修行徒弟僧の養成, 修行と云う, 修行念仏の本意, 修行悪く云えば, 修行に当て, 修行時代明治年間を想わす, 修行未熟精進せよ, 修行起経, 修行次第で呑気, 修行武士の修行, 修行武者修行という声, 修行海軍のというハ, 修行として肩, 修行の講釈師張り, 修行生徒七人の中, 修行生活をし, 修行などはとても, 修行終了の仰せ, 修行者お断りまでもない, 修行者ずれとあの, 修行者そこの崖, 修行者たちはただ, 修行者ガ来タカラ試合ヲシテ家馬ガ諸所歩イタトコロヲ書キ記シテイルウチ, 修行者弟子を眼中, 修行者短冊を書き, 修行者風情をお前ら多数, 修行菩提涅槃と離し, 修行術種々二カ月バカリニ残ラズ教エテクレタソレカラコノ南平ハボロノナリ故色々, 修行見聞感想と言った, 修行証究を前提, 修行遍路ではやつ, 修行遍路さんが話した, 修行に入り, 修行の若い