青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「俥~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

信州~ ~信念 信念~ 信玄~ ~信用 信用~ 信者~ 信長~ ~信頼 信頼~
俥~
修業~ 修行~ ~俳優 俳優~ ~俳句 俳句~ 俵~ ~俺 俺~ 倉~

「俥~」 1052, 11ppm, 9593位

▼ 俥~ (205, 19.5%)

10 下りて, 雇って 9 ひいて 5 命じて, 連ねて, 飛ばして 4 下りた, 呼んで, 駆って 3 つらねて, 待たして, 走らせた, 走らせて 2 おりると, ならべて, やとって, 乗廻し, 呼んだ, 引いて, 担いで, 曳出す, 降りて

1 [119件] いただいて, いつも二台, うけもって, おいて, おろした, お呼びよ, かえして, かりて, すてて, その女, その河岸, つけさせた, とめた, とめては, とめましてね, とめると, のりつけた, ひいたの, ひいた爺さん, ひき, ひきながら, ひっくり返されて, ひっぱった姿, ひろうと, よこすと, 下りたの, 下りると, 下りる跡, 下り高い, 並べて, 乗りつけたもの, 乗りつけて, 乗りつけ書記官, 乗廻した, 乘り廻し, 二台お, 二台で, 二台云いつける, 二台東の, 二台頼んだ, 云いつけて, 停めさせて, 停めさせ訝しげ, 停めて, 停車場へ, 傭つて山谷まで, 傭つて来た, 入れさせて, 列ねて, 列べて, 南へ, 呼ばせた, 呼ばせたいよう, 呼びに, 呼びましょうか, 呼べえ, 呼んだ手, 呼留め, 命じさせるとき, 命じた, 命じる, 命じ一臺, 帰して, 廃した, 廻わした, 引き返させた, 引くん, 待たした不思議, 急がした, 急がして, 択って, 拾ふ, 持ち悩んで, 持って, 挽いて, 挽きこれ, 挽き粒々辛苦, 捨てた, 断った, 替へるの, 棄てた, 横に, 止めて, 止めようか, 歩ませながら, 申附けました, 病院に, 知らないとは, 築地へ, 置いた事, 衆議院議長の, 見つけて, 見なかったかと, 見ると, 見送った, 見送つた, 見送られた時, 貰って, 走らせたの, 走らせるのに, 返し東行, 追って駈け, 追ひかねまじき, 追掛けるやう, 通す橋, 避ける拍子, 降りたり, 降りる時一度, 雇った, 雇つ, 雇つて千駄木の, 雇つて壇の, 雇ひたいと, 頼んで, 飛し, 馳せた, 駆りて, 驕ると, 黒門前で

▼ 俥~ (183, 17.4%)

33 上で 10 上から 5 上に, 上の 3 上へ, 幌に, 幌の, 音が

2 [18件] はしる轍, 上なる, 中から, 中で, 中に, 先に, 幌を, 影は, 影も, 持主は, 梶棒が, 楫棒を, 蹴込み, 輪が, 輪に, 鈴が, 音の, 音は

1 [82件] あること, ある處, うえから, うえで, うしろ姿が, おいて, ことばかり, すぐ側, すぐ前, はいらぬ路地, はやりはじめの, ひびきが遠ざか, ひびきすら, ふえた事, ほうは, わだ, ゴム輪が, タイヤに, ベルが, ベルの, 上からは, 上と下で, 上一眼は, 上下にも, 下で, 中は, 主ならず, 主の, 便も, 傍に, 先を, 列は, 前に, 前後に, 厄介に, 外へ, 姿が, 姿を, 帳場は, 帳場へ, 幌で, 幌は, 幌も, 影を, 往来し, 待たせて, 後に, 後の, 後姿が, 方へ, 旦那御, 来たこと, 柁棒が, 梶棒を, 様子が, 横へ, 歩みが, 母衣は, 瀧を, 番号は, 番号を, 群に, 背へ, 脇を, 膝掛の, 自由に, 行くにつれて, 跡を, 蹴込に, 蹴込へ, 車夫に, 轍の, 通った後, 通らないこと, 都合わるく, 間には, 音など, 音に, 音らしい, 音を, 響に, 駐り

▼ 俥~ (182, 17.3%)

38 乗って 16 乗った 11 のって 6 乗つて 5 揺られて 3 ゆすられながら, 乗せて 2 ゆられて, 乗ると, 乘つた

1 [94件] あたしは, いたが, したま, します, するかを, それと, それを, たおされて, たよ, なさいますか, のせられて, のった, のったり, のった頃, のると, ひとり乗せられ, ゆられつつ, ゆられながら, ホロが, 一緒に, 両性が, 並んだ, 並んで, 乗せた, 乗せたろか, 乗せつけて, 乗せられた, 乗ったであろう私, 乗ったら落こと, 乗った先生, 乗った気配, 乗った養策, 乗ってから, 乗ってしも, 乗つかつて, 乗つた, 乗つて家, 乗つて行, 乗らなければ, 乗りかけて, 乗りこんだ, 乗りて, 乗りながら, 乗りカラカラ, 乗り前, 乗り幌, 乗り込んだだけを, 乗るけ, 乗るとは, 乗るの, 乗るや, 乗る時, 乗ろうと, 乗ろうもの, 乗移って, 乘せた, 乘つては, 乘つて來て, 乘つて來ては, 乘つて家へ, 乘つて建長寺の, 乘つて持つ, 乘つて牛込から, 乘つて走つ, 乘り, 乘る, 乘るなら, 乘揃つて瓢簟山へと, 出合った, 同乗し, 吠附き, 寄つた, 寒い風, 布団と, 投げて, 挽かれて, 掛けては, 揺す振られながら, 揺られながら, 揺られ来て, 搖られ, 永いこと, 狗の, 積み夜逃げ, 積み自分, 積んで, 脚の, 草臥れて, 荷物が, 身を, 載せると, 近く通り過ぎる, 送られて, 道に

▼ 俥~ (138, 13.1%)

2 [11件] やって来たの, 並んで, 今しも, 休んだ時立合, 幾台と, 斎場の, 来た, 来て, 橋を, 着いた, 行って

1 [116件] あったら乗ろうと, あった頃, ありましたから, いよいよヨタヨタ, お伴を, くるくると, ずらりと並ぶ, ずる, そこを, その辻, それなり駆抜けない, それらしい, たくさん並ん, ちょっとあと, つづいて, とまるやう, ない, なが, なくなっちまうん, はずむ酒手, ひとりでに石段, ぴたりと, ほんの一二間, まだ方々, まだ来ない, やがてまた現われる, ゆく電車, ゆるゆると列, ゐないので, 一台待っ, 一間ばかりの, 三臺つい, 三臺人が, 三臺揃つて, 三輛までも, 両国橋の, 二台店の, 何台と, 停車場へ, 出たから, 出なければ, 出ようと, 初出で, 動かない荷車, 勢よく, 十二三臺も, 四五台休ん, 壁の, 大門を, 嫌いに, 家の, 宿へ, 寄った, 岸本を, 幌へ, 幌を, 引っ繰返る, 得られなく自分, 忙しく往来, 揺れた, 揺れるたんび, 春風楼の, 朝から, 朝子の, 木戸へ, 来たあと, 来たでさ, 来たと, 来ないか, 来る, 来ると, 来るの, 果して東京, 桐油を, 桑畑の, 棧橋の, 横町へ, 横町を, 橋の, 止った時, 毎次でも, 永代橋を, 汚れて, 浜通を, 消えも, 消える時, 漸, 澤山出, 玄関に, 留った, 疾走し, 社の, 私の, 続いた, 置かれた順序, 自分の, 荷物ばかりを, 行く手を, 街を, 見えたら, 走った, 走り出すと, 轅を, 逆もどりした, 通うかも, 通うん, 通ったの, 通りかかって, 通る自転車, 進むに従って, 遅れるから, 門の, 関はず走る, 雪の, 駆け降りて, 駛る

▼ 俥~ (108, 10.3%)

3 かえる

2 [11件] やつて, 乗りつけた, 出て, 家まで, 易者の, 波止場へ, 行くと, 行って, 越えて, 過ぎて, 馳け

1 [83件] いつて, おいでね, お出, かえると, かけつけた, くる途中, ことこと行く, するらしく醫者, そこまで, そろそろ行ける, とおったみち, まわった, やって来た, アクト新田渡船場へ, 一巡しました, 上街道越前を, 上野の, 不動樣に, 乗りつけた時, 乗り着けて, 光子さんの, 出かけた, 出掛けた, 參る, 填まつた, 夜遅く, 大日枝山を, 女の, 嫂が, 学校へ, 家に, 帰って, 帰つて行つた, 帰りました, 帰ると, 廻り郡山, 後から, 日盛りを, 星も, 村を, 来たと, 来たの, 来て, 来る, 来老松館, 東中洲, 東京市中を, 歩行く, 洛西の, 牛込に, 牛込の, 狩野川の, 狹い明るい, 用を, 町まで, 福井に, 福済寺へ, 移って, 行かなければ, 行きました, 行く途中, 行ったらじき, 見て, 誰にも, 走って, 走つた, 走らした三人, 越されたそれ, 近所の, 通って, 通わせられるという, 運ばれた, 遠方まで, 金助町の, 門を, 随い, 飛んで, 飛込んで, 駆けつけ尋ねて, 駈けつけて, 駈付けた, 駒込まで, 麹町署へと

▼ 俥~ (80, 7.6%)

1 [80件] ありませうか, ある坂道, ある町, いか, きかない, ごとごと土の, そのとき, だんだん明るい, どこの, どんどんその, どんどん進み, ないかね, ひとりで, まだ来なかった, もうみしみし云っ, もう電車通り, やがて川, やがて町端, 一軒の, 三代の, 三条の, 下つて, 両側に, 人通りの, 便らないで, 停った, 停車場の, 充分に, 先き, 再び走, 前後とも, 四台で, 坂に, 堤へ, 姉の, 実は芝一四〇二号, 家路へ, 寂然と, 幌を, 引きおらざりしとの, 引き返された, 待たせて, 敦賀まで, 方向を, 暫く車上, 曳き出された, 梶棒を, 樹立の, 段々の, 永代を, 池の, 牛込見附に, 狭い横町, 珍らしい, 生憎其方, 用心し, 田村の, 申しつけました, 登るまいなど, 直に大通, 相次いで, 祝儀の, 老樹の, 茶屋の, 落ちるもの, 裏門の, 見えて, 角の, 走って, 走りだして, 走る, 踏切を, 軌道を, 通れま, 速力を, 醉つて吐氣さへ, 長い長い橋, 霊岸島から, 靜かに, 養生園の

▼ 俥から~ (24, 2.3%)

3 降りて 2 でなし, 下りると, 降りた

1 [15件] おりて, おろした, 三十がらみの, 下りた, 下りた父, 下りては, 下りようとして, 俥の, 傍の, 引きずりおろされた, 話し送って, 降りたとき, 降りた婦人, 降りる婦人, 馬車馬車から

▼ 俥~ (19, 1.8%)

2 十輛近くあつ, 自動車一台も

1 [15件] あれば, この宿, すでに誂え, ない時分, なにも, ゆき悩む有様, 入らない処, 多いが, 待たないで, 持って, 来て, 車上に, 返して, 通れなかったの, 金貸しに

▼ 俥ひき~ (10, 1.0%)

1 が新, が朱塗り, が玄関, が立っ, に渡した, の親仁, はずらりと, はただ, は腹がけ, をうながし

▼ 俥~ (8, 0.8%)

2 乗って 1 乗った時, 乗るの, 乗ろうと, 君枝を, 無理に, 総がかり

▼ 俥~ (6, 0.6%)

2 一緒に, 自動車とが 1 すれ違, 同じ位

▼ 俥にも~ (6, 0.6%)

1 乗らずに, 乗らず傘, 乗らず幸い, 乗らないで, 乗れずと, 乗れずに

▼ 俥~ (4, 0.4%)

1 何かの, 当世の, 橇かを, 自動車が

▼ 俥~ (4, 0.4%)

1 から線路伝, から線路傳, のと, のは

▼ 俥でも~ (4, 0.4%)

1 乗りつけて, 引っぱって, 自動車でも, 駄目だろう

▼ 俥~ (4, 0.4%)

2 さんは 1 人の, 幾台もの

▼ 俥なんかに~ (3, 0.3%)

1 乗ったこと, 乗れると, 揺られるの

▼ 俥をや~ (3, 0.3%)

3 とつて

▼ 俥なんて~ (2, 0.2%)

1 ものは, 要るもん

▼ 俥にて~ (2, 0.2%)

1 いそぐ, 御出

▼ 俥にの~ (2, 0.2%)

1 つた, つてゆく

▼ 俥には~ (2, 0.2%)

1 さまざまの, 乘らない

▼ 俥へでも~ (2, 0.2%)

2 乗って

▼ 俥まで~ (2, 0.2%)

1 拵えて, 達引いた

▼ 俥より~ (2, 0.2%)

1 出づる, 出でたる女

▼1* [47件]

かえると玄関, 俥からは別の, 俥がとまつたので, 俥ざっと二時間三時少し, 俥すら登る事, 俥だけを元へ, 俥だったんです, 俥だったらそうだ, 俥だつたが武生, 俥つらねぬ風の, 俥では長い道中, 俥で御座いますから, 俥というものが, 俥というはその頃, 俥とともに動いた, 俥と共に走って, 俥なしの挨拶まわり, 俥なぞ待たしといて, 俥などが幾つも, 俥などに乗って, 俥などの通り得る道, 俥なり馬車なりが, 俥なんか見たの, 俥につき添うて, 俥になんか乗って, 俥ばかりを乗り廻した, 俥ひいて日帰り, 俥ひきらしくそこには, 俥までが不通だ, 俥までも寄し, 俥もござりますちょうど明日, 俥やには乗らないで, 俥やも亦お喋り, 俥やらに乗るより, 俥よりも三里の, 俥よんで参ります, 俥て言, 俥一つ飛べば, 俥一つ通りません, 俥から馬車, 俥四台とが来る, 俥宿すべて規則的な仕事, 俥引きにも劣る, 俥待たしてあります, 俥挽き土を, 俥殆ど通らず, 俥荷車荷馬車其が三方